青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「床の間~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

広い~ ~広く 広く~ 広告~ ~広場 広場~ 広間~ 庄~ ~床 床~
床の間~
序~ ~底 底~ ~店 店~ 店先~ 店員~ 府~ ~度 度~

「床の間~」 1460, 16ppm, 7152位

▼ 床の間~ (525, 36.0%)

30 前に 18 上に, 方へ 12 隅に 8 方を, 柱に 6 前へ, 花瓶に 5 ほうへ, 壁に 4 刀を, 前には, 前の, 掛軸が, 正面に 3 ほうを, 上へ, 前で, 壁の, 掛物を, 方に, 横の, 置時計を, 花を, 隅の

2 [38件] あたりに, ある座敷, ある部屋, かまちに, まえに, 上には, 中央に, 傍に, 処に, 前を, 土が, 壁へ, 天井に, 天井の, 山水の, 床板に, 懸物, 抛入, 掛軸や, 掛軸を, 梅が, 汚點, 置き物みたいな, 置物が, 置物で, 置物の, 脇に, 花活に, 花瓶には, 花瓶の, 裏へ, 見事な, 軸も, 違い棚の, 釘へ, 隅ツこの, 青磁の, 鴨居が

1 [283件] あいだが, あたりへ, おきもの, お花, お荷物, がほん, さっき西尾が, すみに, そばへ, ついた六畳, ついた四畳半, ついた部屋, とこに, ところに, にせものを, にせ猿, ぬけがら, はにせもの, ふちに, ふんいきを, ほうに, ほんものを, ような, わきの, わしの, ケースの, スーツ, 一つ位は, 一方に, 一蝶の, 一軸も, 一軸を, 三つの, 三宝に, 三宝の, 三幅対も, 上から, 上の, 上へまで, 上まで, 上を, 上下の, 上座には, 上座へ, 下に, 不審な, 両側へ, 中程より, 人形に, 仏壇の, 位牌の, 信玄袋に, 側の, 傍には, 傍の, 傍らに, 傍正面にね, 冷たく透き通った, 凹みに, 刀かけに, 刀掛けの, 刀掛に, 刀掛へ, 刀束へ, 刀架から, 刀架け, 刀架に, 刀架にかけて, 刀架の, 前では, 前なる, 前までは, 千両箱にも, 千両箱を, 千兩箱の, 千字文と, 卓の, 南天が, 南画の, 古き壺, 古書類を, 右の, 名画は, 呉竹の, 唐紙一と, 在るお座敷, 在所そこを, 地袋から, 基督受難の, 塔が, 壁から, 壁で, 壁と, 壁との, 壁には, 壁は, 壁裏が, 壺に, 壺を, 大きいがま, 大きな瓶, 大きな花瓶, 大刀へ, 大花瓶, 大輪, 奥から, 奥を, 奧の, 寒牡丹が, 寒牡丹の, 小さい旅行李, 小さな香爐, 左の, 左右に, 席が, 席は, 席を, 幅に, 床側を, 床板を, 後に, 後ろが, 後ろに, 後ろには, 後ろの, 後方に, 怪しい山水, 感じに, 懐月堂の, 所に, 所へ, 手函の, 手文庫から, 手箱を, 拝見である, 掛け物であります, 掛け物や, 掛け軸達摩の, 掛物として, 掛物は, 掛物亀に, 掛物屏風机電燈の, 掛物花瓶の, 掛軸です, 掛軸に, 掛軸の, 掛軸は, 敷板を, 新聞を, 方から, 方の, 方らしい, 明り取りと, 書棚には, 本棚の, 本箱の, 机の, 松に, 松一本と, 松竹梅の, 松竹梅を, 板が, 板じきに, 板を, 柱から, 柱の, 柱は, 桜を, 植木鉢, 楊柳観音が, 楊柳観音を, 楓の, 横へ, 正面である, 正面には, 正面は, 正面へ, 水さしを, 洋灯を, 活花が, 清純な, 温い処, 濃い闇, 片すみには, 画像が, 画幅は, 白玉椿怪しき, 白鞘の, 百合の, 真つ, 真向かいの, 眼覚時計の, 矢車草, 硯を, 神棚の, 種々な, 空の, 端に, 竹筒には, 籠に, 粟の, 紅梅の, 絵または, 繪に, 罌粟の, 置き時計を, 置き物と, 置き物の, 置き物を, 置時計は, 置物でも, 置物と, 置物なぞに, 置物に, 置物には, 置物を, 脇は, 脇を, 脇差へ, 脇押入の, 花かけに, 花かしら, 花が, 花と, 花などを, 花の, 花瓶と共に, 花立てに, 花籠に, 花籠を, 花釜の, 菊の, 菊は, 落掛から, 落掛が, 薄暗い涼しい所, 薬筥に, 血, 袋戸に, 袋戸棚の, 裏に, 見透さる, 誂えにも, 講釈を, 軸と, 軸に, 軸は, 軸や, 軸を, 軸物が, 軸物の, 達磨が, 違い棚や, 違ひ, 遺骨の, 金太郎や, 錫杖取る, 鎧を, 鎧櫃から, 鎧櫃の, 長押の, 陰翳を, 隅っこに, 隅で, 隅には, 隣の, 電話器を, 青銅の, 風なども, 風呂敷包を, 飾りも, 飾り付けが, 飾り弓を, 飾り物に, 飾物を, 香炉からは, 香爐の, 香爐兼子の, 骨壺の, 骨壺へ, 髑髏が, 鴨居には, 鹿の

▼ 床の間~ (406, 27.8%)

22 置いて 13 飾って 10 掛けて 7 立てかけて 6 かけて 5 かかって 4 腰かけて 3 きれいな, 向って, 活けて, 置並べた, 腰を, 身を, 飾った

2 [19件] あって, おいた, おいて, お据, かざって, 先祖伝来の, 安置された, 安置し, 懸つた古い, 据えて, 生けて, 立てて, 紙入が, 置いたところが, 腰掛けたが, 膝を, 自分が, 飾り隣, 香炉が

1 [280件] あがって, あった, あったこの, あったと, あったの, あった銃身, あつた, ありし大形, ありまする小さな, あるいは棚, ある花瓶, ある調度掛, ある鳥銃, いるのに, いるらしいとだけしか, うず高く, うや, うやうやしく置い, おいたの, おかないと, お母さんが, かけた大島将軍, かけた抱一, かけた火炎, かけられた, かけ鐵劑, くすんで, こう墨黒, これが, これも, ころがして, ごたごた化粧瓶, さきごろかけ, ささやかな, しっとりと, して, すえた例, すえて, すえるにも, すすみそこ, そっと置いた, その写真, その家伝来, それを, ちかづいて, つづいた押入, つみあげ床の間, のせられてる机, ふさわしい安くします, へんな, ぽつりぽつりと, まだ栓, わざと雪景山水, ゐざり寄ると, チヨコンと, ブロンズの, ポツンと, ヴアイオリンの, 一ぱい積み上げ, 一本飾て, 一行物を, 三個の, 三挺の, 三方に, 上げて, 並べ女, 並べ有, 乗せた細い, 亂雜に, 二タ箱買ったる, 二ツまで, 二三挺の, 二通並べ, 五月人形諸方から, 些と, 人型を, 今戸焼の, 何如璋葉松石王漆園など, 供えると, 傍に, 元信の, 先頃掛け, 其の家伝来, 刀に, 刀掛を, 切り口の, 列んだ押入れの, 初端午, 剥製に, 剥製の, 南無妙法蓮華経か, 古い鏡, 古流の, 古風な, 叩きつけたり, 吊りさ, 向けて, 向ひ, 在った梨地, 在る其煙草入, 大きく構えた, 大きな紅葉, 大字で, 大座布団, 大雅堂, 天神様の, 寝そべって, 小さな幣帛, 小手鞠, 小豆革の, 山水花鳥の, 差置いた, 己の, 幾つも, 幾時間も, 床几を, 引き揚げたそう, 御座いました, 忠孝の, 恭しく飾られる, 懸けて, 懸けられて, 懸つて, 懸ると, 或る, 戦死した, 投げ入れた八重桜, 投げ入れた金雀枝, 押し上げられたお, 押上げました, 据えた, 据えた茶棚, 据えられたる肩, 据えられて, 据ゑたもので餘つ, 据ゑた品々を, 据ゑてある私専用の, 据ゑて蝋燭を, 掛けた, 掛けたり, 掛けますと, 掛けられて, 掛けられるよう, 探幽, 擬いの, 放り投げる, 故父, 日が, 景気よく, 有ります其の, 束で, 柱を, 柳灣の, 桃を, 梅と, 極彩色の, 横に, 武士を, 法外先生の, 泥だらけの, 注連を, 活かったばかりの, 活立らしい, 清々しい白百合, 渡辺省亭筆蜆の, 燃ゆる, 燈明の, 父の, 瓢斎の, 生ける, 画幅の, 登って, 登つて狆潜りの, 白桃色朱一株の, 皇后陛下, 目を, 真黒い軸, 破れた靴下, 祭った, 祭壇が, 福壽草を, 移すと, 積みかさねた書籍, 積み上げて, 積み重なって, 積み重ねて, 積むの, 積んだ三つ, 積んだ五十五, 積んで, 積重ねて, 立たせて, 立てかけであった長い, 立てかける, 立て懸けて, 立て掛けて, 立向う, 端座し, 紫檀の, 緋毛氈を, 縫物の, 置いた, 置いたスーツ, 置いた帙入, 置いた影, 置いた洋灯, 置いた用心, 置いた眼鏡, 置いた私, 置いた筈, 置かれた小さな, 置かれて, 置かれるので, 置き三尺すさつて拝, 置き幸太郎, 置き忘れて, 置き捨てた三味線, 置き無造作, 置く, 置くと, 置けば, 置換えて, 自分は, 自筆の, 花あり, 花は, 花を, 若い女, 菊の, 落ちたの, 薫るとも, 藺を, 虞美人草を, 蜀山人の, 行脚の, 袖畳みを, 見える八雲箏, 赤い鹿の子百合, 躍り上って, 軍人に, 載せた, 載せて, 近いいちばん端, 近いほう, 近く坐つ, 近く端坐し, 近より, 這わせて, 重代の, 金魚鉢でも, 釣り下げて, 釣り合わない大きな, 鎧が, 鎧櫃を, 雁来紅を, 青江の, 青磁の, 靱が, 預けたり, 預ける安兵衛, 飛びあがったはずみ, 飛び付いた八五郎, 飾ったって, 飾ったと, 飾った孔雀, 飾った甲冑, 飾つ, 飾つてあつ, 飾つてある, 飾つてお, 飾られた, 飾られた大, 飾られた花瓶, 飾られて, 飾られること, 飾られ弓術, 飾り込み今更, 駈け上つて, 駈け上ると, 高さ二尺

▼ 床の間には~ (118, 8.1%)

2 昔を, 父の, 白い躑躅

1 [112件] あれが, いかがわしい文晁, いつも花, いつも花びん, いつ行っ, お菊, こ, このあいだ, すすきが, その半江, たたんだ六枚, ちょっとした軸, ひとた, まだ明るい, もう北斗七星, やはり呉竹, よく粗末, ガラスの, ランプが, 一幅の, 一度も, 七宝焼の, 三幅の, 三藐院の, 二三輪の, 二幅対の, 五日前村を, 似つかわしからぬ, 何んな, 光琳風の, 刷毛でが, 南画風の, 印刷した, 口の, 古机, 古風な, 合ひ, 唐美人の, 四五日姿を, 墨絵の, 大きい支那, 大きな山水, 大小とりどりの, 女學世界婦人世界などが, 妻の, 安並と, 宋細工の, 定紋の, 富士山の, 寒梅と, 寒椿が, 小箪笥, 小説本が, 小谷さんの, 山水の, 師匠の, 幅つたく, 幅を, 幅物一つ花活け一つ置いてなかった, 御嶽山蔵王大, 御聖像軸, 忠孝, 恐れ多く, 掛け物が, 掛軸が, 数々の, 旅行鞄や, 既に宝物, 日の出に, 春蘭の, 書の, 木の根ッこの, 杜若が, 果亭の, 桃が, 源平の, 漢詩の, 漱石先生の, 濡れた千兩箱, 父が, 父忠寛と, 白い平鉢, 白と, 白孔雀の, 相州三浦の, 眞四角な懸, 石版摺りの, 祖父が, 空つ, 竹田の, 箱入りの, 籠型の, 紅葉先生の, 細い軸物, 肩衣を, 色々の, 花も, 菊などを, 蒐集品が, 袋に, 袋を, 赤, 造花の, 遊女の, 過ぎた物, 重豪の, 銀製の, 雑誌ばかりが, 青光り, 香の, 鷹を, 黄金の

▼ 床の間~ (98, 6.7%)

23 背に 5 うしろに 4 見ると 3 後に, 枕に, 見て 2 前に, 背後に, 背負って

1 [51件] がたりと, しつら, すかして, つぶして, ながめましたが, のぞけば, ほめる事, ゆびさしました, 借りて, 凝と, 後に胡坐, 拭きつづけて, 拭きながら, 持った部屋, 持つ古典日本建築, 指さしました, 指し, 指した, 指し示した, 振向いたところ, 探るに, 楽しくした, 残して, 照し, 片づけた, 片着け, 盲目さぐり, 睨みつけて, 睨んで, 第三會場みたい, 脊に, 見た, 見たが, 見たよ, 見た彼, 見つめたまま, 見ましたが, 見る, 見る毎, 見入って, 見廻すと, 見給え文晁, 見詰めて, 視線で, 覗いて, 走り回りあたり, 辷って, 隠すので, 顧みた, 飾るため, 飾るには

▼ 床の間~ (69, 4.7%)

3 かけて 2 ずらりと並べ, 並び出した, 眼を, 置いて, 行って, 近づくと, 降った血, 飾って

1 [50件] あがりこんで, あけた穴, お返し, かけようと, かざって, たらしたあの, とりあえず供え, とんで, どっかと坐り込ん, 三百円も, 上ると, 吊し一同に, 名画を, 向けた, 坐した, 坐つた, 大門札, 安置し, 寄せ北, 寄った一面, 帰って, 御仏像, 投出すと, 持って, 捲いて, 掛けて, 摺り寄っ, 歩いて, 百燭光の, 目が, 直った, 立てかけ見事, 置いた, 置かないと, 置物がわりに, 腰を, 血が, 血を, 行き三宝, 走つて行つて, 足早によって, 軸ものを, 近づいた, 近づいて, 近づきながら, 逃げ上った, 這は, 預ける時, 飾つと, 飾れ

▼ 床の間~ (31, 2.1%)

4 あった, ついて 3 あって

1 [20件] ありまして, あり前, あり来た時, ある, あるわけ, ある上, せまくな, まがっちゃった, 二三寸位離れる, 出来上るし, 取り散らされて, 変化する如く, 如何に, 少しちがった, 淋しいから, 相当高く, 見通される, 設けて, 附いて, 頭の

▼ 床の間から~ (27, 1.8%)

1 [27件] おりて, こっちに, 一巻の, 一振, 下げても, 二挺の, 刀と, 刀を, 取り外しました, 地下道に, 壁へ, 将棋盤を, 座敷の, 愛用の, 書物を, 朱塗の, 白地に, 盜み出した, 睨んだら否応, 碁盤を, 算木の, 行李を, 襖に, 退がった, 鋏を, 革帯の, 黒い箱

▼ 床の間~ (24, 1.6%)

2 あって, ある, なければ

1 [18件] あった, あったし, あり餉台, あるの, あれば, ちがいだ, ちやんとして, ない, ないよう, 何にも, 何も, 廻り縁, 押入れも, 改めて見直せ, 水仙机の, 無ければ, 薄暗かった, 長押も

▼ 床の間~ (20, 1.4%)

1 [20件] あったが, あつて, あるけれども, しゃれて, た, ついて, ない, もちろんない, 一間で, 一間の, 余の, 元の, 全集や, 大概昼も, 尽くこれ偽物, 山桑の, 最も濃い, 空つ, 色彩と, 鳥居棚こちらは

▼ 床の間~ (15, 1.0%)

1 [15件] あの砂浜, いえば, いわず女中部屋, ならんで, はんたいが, 一間の, 三尺の, 云うもの, 云うよう, 四尺の, 廻り縁とが, 新らしい, 段々物の, 物置との, 相ひ

▼ 床の間~ (13, 0.9%)

1 [13件] そこらじゅうに, 唐紙の, 壁には, 天井や, 座敷の, 本箱の, 欄間の, 神棚の, 置戸棚の, 袋戸棚も, 違い棚の, 銀襖を, 鴨居に

▼ 床の間~ (8, 0.5%)

2 見付けて 1 ござります, そのいち, 北が, 古びた横もの, 袋に, 長政と

▼ 床の間つき~ (5, 0.3%)

2 の六畳 1 で蒲団, のお座敷, の方

▼ 床の間において~ (4, 0.3%)

1 あるそいつ, あるの, ある金庫, いて

▼ 床の間にも~ (4, 0.3%)

1 古書類が, 書籍といふ, 残ったが, 金仏木像古い

▼ 床の間これ~ (3, 0.2%)

1 なども少し, に, に対して歎息

▼ 床の間ちがい棚~ (3, 0.2%)

2 は設け 1 の造作

▼ 床の間なし~ (3, 0.2%)

1 の八畳座敷, の四畳半, の座敷

▼ 床の間などに~ (3, 0.2%)

1 可成, 特に落書, 置いても

▼ 床の間にかけて~ (3, 0.2%)

1 一人で, 観賞する, 香を

▼ 床の間よりに~ (3, 0.2%)

1 席を, 敷いた床, 机を

▼ 床の間寄り~ (3, 0.2%)

1 に厚い, の隅, の食卓

▼ 床の間いっぱい~ (2, 0.1%)

1 にあふれる, に立ち上りました

▼ 床の間~ (2, 0.1%)

1 戸袋の, 箪笥の

▼ 床の間からは~ (2, 0.1%)

1 先に, 掛軸が

▼ 床の間それ~ (2, 0.1%)

1 に近松門左衞門, を背

▼ 床の間~ (2, 0.1%)

1 が屏風, アね

▼ 床の間づき~ (2, 0.1%)

1 の座敷, 時代に

▼ 床の間では~ (2, 0.1%)

1 ない一方, 無い一方

▼ 床の間とか~ (2, 0.1%)

1 書院窓の, 箸茶碗の

▼ 床の間まで~ (2, 0.1%)

1 突き拔けた, 黄色い穀粒

▼ 床の間よりの~ (2, 0.1%)

1 一隅を, 側に

▼ 床の間わき~ (2, 0.1%)

1 の座, の押入れ

▼1* [50件]

床の間いつぱいに, 床の間さえあるのに, 床の間ちかく芸者幇間を, 床の間やよ, 床の間つんである, 床の間でなければ通用, 床の間という古ぼけた長屋, 床の間として使は, 床の間との取り合わせが, 床の間とも見える板, 床の間なぞの存在を, 床の間などがお雪, 床の間などというものに, 床の間などには砂壁が, 床の間などはない, 床の間なども書院造りらしく見せ, 床の間などを這い回って, 床の間なる刀掛より, 床の間にかけ朝夕礼拝した, 床の間にさえ原稿紙や, 床の間にだって天井にだって, 床の間ひとつで保たれる, 床の間ふきながら十五, 床の間ふとん枕, 床の間へでもこれを, 床の間への心づくしを, 床の間へは寄りつかない男, 床の間へもちゃんと活ける, 床の間まえをや, 床の間まではのびない, 床の間めいた高いところ, 床の間もののぼたん, 床の間一パイに積ん, 床の間一杯におびただしい, 床の間中の間後ろ納戸次の間口の間, 床の間仏壇机上食卓をきれい, 床の間付きの十二畳, 床の間の, 床の間左右とも無地, 床の間建て具なかなかどうして, 床の間押し入れの中, 床の間掛軸に活花, 床の間横一間に三尺, 床の間渋い襖, 床の間紙表具の軸, 床の間近くに寝る, 床の間違いだな, 床の間の六畳, 床の間障子から白地, 床の間風景は子供