青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「床~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~広い 広い~ ~広く 広く~ 広告~ ~広場 広場~ 広間~ 庄~ ~床
床~
床の間~ 序~ ~底 底~ ~店 店~ 店先~ 店員~ 府~ ~度

「床~」 8957, 97ppm, 1136位

▼ 床~ (3043, 34.0%)

997 上に 199 中で 169 上へ 164 中に 87 上を 85 上で 63 中へ 59 上の 46 うえに, 上には, 中から 36 下に 35 上から 31 前に 24 なかで 17 下から, 側に 15 下へ 14 なかに 119 中には 8 上まで, 下を, 傍に, 前の 7 下には, 前へ, 方へ 6 わきに, 上では, 上にも, 下の, 辺に, 邊に 5 一枚岩の, 下が, 中, 中では, 方を, 正面に

4 [13件] ある家, うえで, なかから, なかへ, 上は, 下は, 中の, 内に, 壁に, 方に, 柱に, 裾の, 隅に

3 [19件] うえを, そばに, そばへ, ほうへ, ほとりに, まん中に, 上も, 上や, 下で, 中でも, 中は, 中央には, 外に, 外へ, 敷物の, 横に, 真中に, 脇に, 親方は

2 [64件] うえへ, かはり, じゅうたんの, すみに, そばで, ちごの, ところへ, どこかに, へに, わきで, 一点に, 一隅に, 上などに, 上において, 上にとり, 上ばかり, 上をは, 下では, 下まで, 中での, 中へは, 中まで, 中より, 中央に, 中央へ, 主人は, 側へ, 傍へ, 内を, 前を, 埃の, 壁には, 壺に, 大きなでこでこ, 寂しさ, 掛物に, 敷いて, 板に, 板を, 格子先から, 浄瑠璃は, 海雲雀, 爺は, 片隅に, 真ん中へ, 眺めに, 穴に, 端から, 紅楓黄菊の, 絨緞の, 置物に, 置物まで, 置物や, 花を, 花瓶には, 裾に, 親仁が, 親方, 軸物を, 違い棚に, 隅から, 青磁の, 香炉から, 高さ

1 [517件 抜粋] あいだから, あいだに, あくがれが, あげおろしおよそ, あげさげ, あげぶた, あたりに, あたりまで, あちらこちらに, あっちと, あとさきに, あとを, あなに, ある処, ある地下道, あわせめ, うえが, うえには, うえにも, うすべり, うちで, おきもの, おじさんに, おぢさん, おとし穴, おやぢ, お世話を, お懸, さきに, すえに, すぐ下, すぐ目, すこし上, すっかり北, すべり易き, すみからすみまでの, すみずみ, せいか, そとの, そのところ, そばの, たたきの, ためいきが, つぎめなどを, ところが, とばり, どこも, ないところ, ない下宿, ない控え, ない積木造り, なか, なかでじつ, なかにも, なかへも, なかや, ながめとならぬ間, なめらかに, ひしと鳴る, へりの, へ載せ, ほこりの, まえに, ままに, まわりに, まわりには, まんなかに, まんなかには, まん中で, むしろを, やうな, やうに, やや高め, ゆるぎたる心もとなき, ように, ろうそくの, わきにおいて, わきには, わきへ, コンクリートでも, コンクリートも, ゴミの, シーツがね, スイセンを, スリッパへ, タイルの, ダイナマイトだ, リノリウムを, 一つは, 一ト間へ, 一ヵ所から, 一ヵ所を, 一ヶ所を, 一所に, 一方に, 一点を, 一軸を, 一部が, 一部に, 一部は, 一部を, 一部分が, 一部分と, 三人の, 三絃を, 三脚に, 上か, 上げおろし, 上げ下げの, 上げ板を, 上じゃ, 上って, 上でか, 上です, 上と, 上などを, 上なる, 上にかけ, 上にかけて, 上について, 上につき, 上にまで, 上へは, 上までも, 上めがけ, 上をの, 上三尺までの, 上三尺以内へ, 上下し, 上二尺ちかく, 上八尺乃至, 上公子の, 上夢路たどりし, 上少し, 上手なる, 上振ふ, 上未だ, 上涙かたしき狭筵に, 上燃ゆる, 上西の, 上迄, 上風の, 下, 下いもぐり込ん, 下だらう, 下とか, 下などを, 下なりと, 下までも, 下や, 下やで, 下夜着の, 下深く, 下部に, 世話も, 世話を, 中だつた, 中でう, 中でした, 中にぶ, 中にも, 中ばかりに, 中を, 中君は, 中央部の, 中間で, 主は, 主人には, 亂れ, 二頭目だけは, 亭主が, 亭主の, 亭主まごう, 亭主伝吉は, 人影を, 仕掛けを, 代りに, 伝吉でござん, 伝吉の, 位置やら, 低いお家, 低いの, 低いオープン自動車, 低い二十畳, 低い四角い家, 低い方, 低い畳, 低い繁昌, 低い部屋, 側には, 傍を, 傾斜に, 光栄かも, 入りました座敷, 入り口に, 入口に, 全景, 全景を, 内で, 内です, 内にて, 内の, 内より, 内よりは, 内湿りおる, 円座に, 冒涜私通の, 冷えも, 冷えを, 処へ, 刀架に, 切穴の, 前, 前で, 前は, 前も, 前神棚の, 前面に, 割目から, 割目が, 動物の, 北の, 十二尋の, 半ばを, 半分は, 卓子に, 厄介に, 句碑二つ, 台に, 右並びに, 右横の, 向うが, 向う側で, 向をかへて, 向日葵には, 向日葵の, 周囲を, 唐獅子から, 唐美人図や, 喜八親方さまだ, 喜八親方ばかり, 四隅から, 土を, 地べたを, 埃で, 埃に, 塗りあげも, 塵が, 塵や, 塵を, 墨跡などは, 夏羽織, 外見である, 夢, 大花瓶, 大部分, 天井の, 太夫も, 奥から, 奥深く千条, 奴愛吉だ, 如く冷淡, 安全な, 家が, 屏風倒れ, 展べ, 層が, 山, 山あり, 山で, 山を, 山吹を, 岩石の, 峻しい, 嵌戸, 巌の, 左右に, 左右は, 幅であり, 幅について, 序開き喧嘩以来寝泊りを, 底へ, 店を, 店先に, 店先にて, 座を, 延べようで, 廻廊を, 張って, 張ってない小屋, 張つてある, 役介者は, 後ろで, 御亭主, 御風雅, 愛吉, 愛吉は, 懸け物, 懸物, 所々に, 手を, 抜けたの, 抜殻は, 拔ける, 拭きよう, 拭掃除を, 持分と, 振動で, 挿絵に, 掛け物に, 掛ものは, 掛物が, 掛軸, 掛軸を, 採光窓から, 採光窓だろう, 揚下しまで, 揚板を, 擦れ合, 敷きつらねて, 敷って, 敷ものも, 敷居の, 敷物を, 斑点が, 新しい彩色, 新画, 方が, 方にも, 方へと, 曙に, 有様が, 板かべ, 板が, 板さえ, 板の, 枕に, 枕上には, 枕元に, 枕頭に, 架かる時分, 柱の, 株を, 格子の, 桜かな, 梅ぞ, 梳場, 棚に, 棚には, 棚の, 横たわったところ, 横の, 檳榔樹の, 正面へ, 歩く領分, 毛皮それから, 氈が, 気短く, 水仙から, 水仙が, 水洗ひ, 水瓶から, 浄瑠璃の, 浄瑠璃ツケ拍子木の, 涼しきは, 混凝土の, 溝を, 滑か, 火の玉小僧馬琴の, 灯かげには, 照明が, 牡丹五山の, 物取りはずし置き, 玻璃に, 瑪瑙の, 畔の, 番する, 痛さ, 白, 真中を, 石板や, 石畳みの上を, 砂を, 硝子戸に, 穴へ, 穴を, 端が, 端だけは, 端に, 端近に, 籠花生けに, 紅い掻卷, 紅に, 絨毯の, 緋の, 線は, 縁下へ, 縁台では, 置ものにまで, 置ものも, 置物だの, 置物とか, 置物などを, 置物にな, 置物は, 群は, 者は, 職人に, 背後に, 脇には, 腰障子を, 腰高越しに, 腰高障子へ, 花どもが, 花に, 花原, 花已に, 若いの, 若い者, 草村に, 草雲の, 荒い格子, 莚敷の, 菊が, 落し掛けから, 血でも, 袖壁を, 裂れ, 裡の, 裸地を, 裾が, 裾を, 親分甚八蒼白い, 親方が, 親方だけ, 親方だった, 親方なんぞは, 親方なんぞも, 親方に, 親方の, 親方名を, 親方喜八といふ, 設けなきの, 話を, 調度類に, 谷へ, 足すら, 足型を, 足跡を, 足音が, 路地へ, 踏み心地, 軸などを, 軸にも, 軸は, 辺りから, 近くに, 途中に, 違い棚には, 部分に, 金碧燦爛たる, 鉄板に, 鉄板も, 鉄板を, 鉄棒を, 鉛に, 銀と, 鏡は, 鏡餅に, 鐵が, 開業を, 隅々にまで, 隅っこでも, 階段の, 隙間に, 障子に, 隣が, 隣の, 隣りは, 雛段には, 雪の, 震動が, 震動を, 霞に, 露地の, 青柿, 飾りつけから, 飾りや, 高いの, 高い子供, 高い家, 高い建物, 高い石, 高い縁側, 高い雨戸, 高さ六, 高低一つでも, 鬼子, 黒柿の, 鼻たれ

▼ 床~ (2281, 25.5%)

72 ついて, 就いて 51 ついた 47 入って 26 就いた 22 つく 20 入った 15 はいった 14 坐って, 落ちた 13 入ってから, 横たわって, 落ちて 12 ついたの, 倒れて, 膝を 11 ついたが, ついたきり, 入ると 10 ついたまま 9 つきました, つくと 8 ついてからも, なって, 侍し, 就いたの, 就いてから 7 入ったの, 入つた, 掛けて, 臥して, 落した, 這入つた 6 つくこと, 入る前, 寝て, 置いて, 腰を, 足を, 身を, 這入って

5 [12件] ついてから, つけて, 伏して, 入ったが, 入ってからも, 入つて, 就いたきり, 就いてからも, 手を, 眼を, 突いて, 額を

4 [24件] いて, おろして, ころがって, すわって, つかれて, つくよう, つく前, つこうとして, はいったが, もぐり込んで, 入っても, 入りました, 入るの, 就くと, 就くよう, 就く前, 居た, 敷いて, 来て, 横に, 活けて, 立って, 衝いて, 顔を

3 [34件] ありて, すりつけて, たおれて, ついた切り, ついた時, ついてからは, つくの, つく時, はいりました, 二つの, 入りて, 入りても, 入る時, 叩きつけて, 唾を, 就いたが, 就いたつきり, 就ききり, 就きました, 就きましたが, 就く, 居て, 居る, 居ると, 戻って, 散らばって, 於て, 横は, 横わっ, 片膝, 目を, 粗末な, 落ちました, 這入つて

2 [109件] あって, あり, ある母親, いるうち, うづく, おとして, おろすと, かけた紅楓黄菊, こすりつけた, ころがして, ころがった, ころがりました, たおれた, たたきつけた, ついたとき, つかなければ, つきつきり, つきましたが, つき切り, つき立てて, つくか, つくなり, とりつけて, ながれて, なつた, なれ, ねかして, ねたきり, ねて, はいったの, はいったまま, ばらばらと, ひざまずいて, ひざを, ひとりさやけ, ひれ伏した婆さん, みおやらの, もぐつた, もぐつて, ポッカリと, 一幅の, 人間として, 人間並の, 仆れ, 伏した, 伏す如く, 倒れた, 傾けた, 入ったけれども, 入ってからは, 入り, 入りしが, 入ります, 入る, 入るか, 入るべき時刻, 入るもの, 出て, 叩きつけた, 向って, 呼び鳴くごとし, 坐るの, 寝たきり, 寢て, 就いたので, 就いた後, 就いた時, 就かんと, 就き, 就きたる時, 就きました時, 就き切りであること, 就き熱, 就くの, 就て, 居たので, 居るうち, 平伏して, 懸けて, 打ち倒れて, 投げつけて, 投げられて, 挿した松, 挿して, 掛けた軸, 最後の, 流れても, 清浄な, 潜り込んで, 眠って, 穴が, 立ち, 立った, 耳を, 腹ん, 臥させしに, 臥したきり, 臥すほどには, 至るまで, 落ちたが, 落ちたもの, 落ちる, 見舞ふ, 起きて, 転がされて, 送るべき目出度き, 這入つたので, 達する高, 頭を

1 [1186件 抜粋] あいて, あがって, あけて, あたったらしい, あったので, あつて, ありき首, ある溝, あッた, いたり, いながら, いまし, いましたが, いるよう, いる妻, いれたあと, うっ伏し, うつ伏せに, おちて, おちる, おつきに, おろす, お入りなさい, かかって, かくし戸, かける雑巾, かすであろうか, くだけて, けし飛んだの, こほろぎの, こぼれかかる, こぼれ落ちた, ころがした林檎, ころがった面, ころげたまま, ごたごたと, ごろりと寝, ごろりと横たわり, ごろ寝を, さは, さわって, しいて, しがみついて, して, しゃがみその, すとんと, すべって, すりつけた, すりつける位, すりつけ佩劍, すわったまま, すわりこんで, ずらす音, ずり倒れた, そのボタン, ぞうきんがけを, たたきつけて, たたきつけられた, たたき捨てられ同時に, たつた一つ, たらしたつや子, ついたその, ついたと, ついたのち, ついたほど, ついたよう, ついた上皇, ついた妻, ついた晩, ついた筈, ついた雨戸, ついてるとき, つかざるを, つかずころり, つかせて, つかせ自分, つかない前, つかれたこと, つかれた方, つかれぬよう, つきっきりであった, つきながら, つきます, つきよく, つき今度, つき床, つき細君, つき非常, つくそして, つくまで, つくやう, つく力, つく時間, つく用意, つく迄, つけ, つけるの, つけ歩きながら, つこうと, つばを, とぐろを, とどくほど, とび下りた, どうと, なくむし, なげつけて, なにかチラッと, ならべられ階段, なりに, なるかも, ねころんで, ねむる時, のこして, のびて, のぼれば, はいったまま眼, はいらなかった, はいりながら, はいりませんでした, はいり夢, はずゐぶん, はらばった, ばたばたさせ, ひきずりながら, ひざまずき頓首, ひっくりかえった, ひるがえり小, ひろげた一枚, ぴったりと, ふせって, ぶっつかったり, ぶっつけて, ぶっ仆, ぶつからない, へばりつくよう, ほうりだしました, まいた毒, ましましき, ませて, もがいて, もぐつて仕舞, もぐりこみました, もぐり込みその, もぐり込んだり, やすみながら, ゆらゆらと, わずか飛散, ゐる人, カーペットを, クナクナと, スウツケイスと, テイブルが, パックリ, ホコリの, ポットリと, 一二・〇〇の, 一日完全に, 一突きし, 三尺の, 上って, 上る, 下しました, 不圖, 並べて, 中たっ, 乘せ, 乱れた藁, 二人は, 二枚の, 人も, 仆れました, 今日も, 付き添いながら, 代用する, 伏し妻, 伏す身, 休らへ, 伸びて, 何か, 何度も, 侍って, 俯向けに, 倒れた市長, 倒れながら, 倒れるの, 倒れ一脚, 倒れ伏して, 光は, 入ったところ, 入ったのに, 入ったらこんな, 入った勉, 入ってまで, 入つて往, 入らず暮しました, 入られると, 入りがたい, 入りたいが, 入りどうにかうとうと, 入りながらも, 入りは, 入りましたの, 入りますから, 入りよく, 入り休みます, 入り十二時頃, 入り暫く, 入り目, 入り腹, 入るすぐ, 入るのに, 入る午過ぎ, 入る迄の, 入れた, 入れません, 入れると, 入ろうと, 冷たい夢, 刺って, 千種忠顕が, 危坐し, 參じた思ひ, 取落す, 古稀庵から, 叩きつけたり, 叩きつけられて, 叩き付けました本当に, 可なりの, 吐いた, 吐き散した桃, 吸い取られるこの, 和合神の, 喘ぐよう, 四散し, 固着し, 在った, 地響きを, 坐せば, 坐つた, 坐らせ己, 坐りあたかも, 坐り仕事台, 坐り皿, 坐り長椅子, 坐る席順, 坐を, 埋もれて, 堅く足, 壁に, 大きなトランク, 大きな穴, 大きな足跡, 奉行と, 女を, 姿を, 安置した, 容れざる一, 寐てる, 寝かされも, 寝かしたまま, 寝そべりあるいは, 寝た, 寝たまま眼, 寝てる秀子, 寝みいたり, 寝転んで, 寢かしつけ, 寢たま, 小さくちぢこま, 小田原と, 小親, 就いたくらい, 就いたっ切り三度, 就いたなり, 就いたまま, 就いた切り, 就いても, 就いてを, 就かしたり, 就かせて, 就かせる細君, 就かれる人, 就きづめ, 就きましたゆえ, 就きますと, 就き切り, 就き医者, 就き明るい, 就き甘き, 就き養策, 就くほど, 就くまえ, 就く事, 就く日, 就く気, 就けなかつたと, 就こうと, 尻餠を, 居ながれた当夜, 居りました, 届かない, 届きかねて, 屍を, 崩れた, 崩れるよう, 嵌め込んだ小さな, 帰った, 帰って, 帰らねば, 平五郎と, 幾つと, 引きずる位, 弥陀如来が, 役介に, 後向きに, 心から礼儀, 懸けた容斎, 懸け懸花瓶, 戻る, 手放したまま, 手燭を, 打ちつけウン, 打向った, 投げた時, 投げつけ微塵, 投げられた, 投げ付けると, 投げ叫んだ, 投げ言った, 抜けて, 押勝を, 挾まれた空隙, 捨てると, 据えて, 据えられた, 据わった, 掛けたかの, 掛けた花開万国春, 掛って, 掛物も, 摺り付けて, 撒き散らした, 撥ね返って, 支える, 放棄って, 散らかつ, 敷いた油団, 敷かれた, 敷かれた畳, 敷き寝ねて, 敷き詰めた暗紅色, 昏絶し, 春琴か, 是非なく, 板石が, 染み窓, 植え付けるの, 植木屋が, 横た, 横たはる, 横たわった, 横たわったまま, 横たわり翌日, 横たわる身の上, 横はり候, 横わった, 歎き続け, 正五吋, 歸れる, 残ったところ, 気息奄々の, 永くいる, 沈んで, 油燈を, 泣けば, 活けたは, 活けられた花, 流れた, 流れる程多量, 浦島が, 浸出す, 渋い顔, 滑って, 滾れ落ちるの, 潜り込めますぜ, 潜込みやした, 炬燵を, 熱を, 片足を, 特殊の, 生れ落つる幼兒, 畳が, 白い服, 盆を, 眠つてゐる, 眠ること, 眺むる莟は, 着いて, 着き通しですもの, 着くが, 瞼を, 私の, 積重ねて, 突いた, 突くと, 立った鐘巻, 立つまえから, 立てた蝋燭, 立て眼, 粉々に, 組み伏せて, 緩く響いた, 縛られた大きな, 置いた, 置かれて, 置き捨てに, 美しい幻, 聞こえつつ, 肌に, 腰かけて, 腹這ひ, 臥さしめ己, 臥しても, 臥し給, 臥す直前, 臥って, 臥就い, 苦しみ心, 荒らい毛の, 落さずきまりよく, 落した時, 落して, 落ち, 落ちし響き, 落ちたこと, 落ちたる上沓, 落ちたブロズキー, 落ちた書類, 落ちた薔薇, 落ちてるまったく, 落ちる音, 落ち散って, 落として, 薄縁を, 行き着いたと, 行李と, 衝突する, 装置し, 親しんだお, 触れて, 触れること, 赤い敷物, 起き直った, 起臥し, 足跡を, 跪いた, 跫音が, 踞り或は, 躍り折角, 転がった拳銃, 転がり落ち音, 転って, 轉が, 近い下層, 近づく前, 迷は, 這ったまま, 這入ってから, 這入つた青黒い, 這入つてると, 這入らうといふ, 這入りましてから, 這入ると, 這入るまで, 連なって, 達する程, 遺書し, 重く落っこちた, 鉢物の, 錠前を, 長々と, 附ききりであったお, 附けて, 降り立った, 隱れ, 離れて, 青楓の, 靴を, 風船を, 飛び亂, 飛び降りて, 飾ったマジョリカ, 飾られて, 飾られ室, 飾る場合, 駈け上って, 魂が, 鳴った, 鳴らして, 鼠が

▼ 床~ (1238, 13.8%)

64 敷いて 30 並べて 27 離れて 23 取って 20 とって 19 延べて 17 出て 14 のべて, 敷かせて, 離れた 12 蹴って 10 出た 9 しいて 8 展べて 7 あげて, かいて, 背に 6 見つめて 5 払って, 見て, 踏んで, 鳴らして

4 [11件] とらせて, ならべて, ぬけ出して, 上げて, 伸べて, 取らせて, 取りに, 歩いて, 脱け, 見た, 蹴った

3 [17件] とつて, のべに, はなれて, ふんで, 出して, 剥いだり, 取つて, 叩いて, 延べさせて, 拔け, 持って, 這って, 部屋の, 離れずに, 離れたの, 離れること, 鳴らしながら

2 [64件] いできたり, うしろに, うつこと, かいた, けったので, けって, たたいた, つくって, つつき足蹈, とらして, ならべしメエルハイム, ぬけて, のべた, のべる, はなれました, はなれること, 一つに, 上げさせて, 伸べましょうか, 叩きながら, 叩きよろめきながら, 塞いで, 展べ, 延べに, 延べる, 張って, 張りたいと, 打つと, 払った, 抜け出して, 指さしながら, 掃除する, 揚げさせられて, 換へて, 敷いたり, 敷き並べて, 敷く場所, 疊んで, 移さねば, 移すなど, 突きながら, 背負って, 見つめた, 見る, 見ると, 覗いて, 設けて, 踏みならした, 踏み鳴らさんばかりに, 踏み鳴らして, 蹈み, 蹴つて一喝, 這い出して, 這い廻って, 離れた頃, 離れなかった, 離れるが, 離れると, 離れる事, 離れる時分, 音高く, 飾って, 高くし, 高くした

1 [687件 抜粋] あおったので, あげたり, あげること, あげ下げ, あさって, あわてて, うちたるは, うち二回足, うった音, うつし今, うつべしと, うつ水, うるおすもの, おいたまま, おうと, おとすスィッチ, おとり申しましょうか, おのべいたしましょう, お取り, お離れ, かいた男, かきむしるの, かくす, かつかつと, がた, きしらしながら, くぐって, けたたましく走り出した, こころもちすり足で, こすって, こするので, こせば, こつこつと, こつこつやり, ころがって, ころげて, ごく念入り, さう云, さして, しいた, しいたの, しいたのに, しいてね, しいて読書, しいんと開け, しかせて, しきながら, しき奥さん, しき机, しき里見, しらべて, すざって宇治, すべって, すりつける, する音, その側, た, たたいて, たたきまわったり, たたき二人, たたく, だした, だんだんおく, つけさせなかった, つらぬいただけ, つらねて, つるべ, でたばかりの, でて, でること, とっくりと, とったま, とっといて, とびおきて, とらせた, とらせた上, とらせましょうか, とらせ昼寝, とらせ菊池先生, とりに, とりましょう, とり横, とり終った露子, とり蚊帳, とる, とんとんと, どしどしと, なおす事, なでて, なめんばかりに, ならべた遍路さん, ならべ華奢風流, にらみつけ声, ぬけ出たそして, ぬけ出たため, ぬれ雑巾, ねだりし, のべさして, のべさせますから, のべさせゴロ, のべさせ横, のべながら, のべると, のべるの, のべ布団, のべ終って, はい上っ, はい廻り, はい機械, はぎ人, はずしたいの, はなれなかったという, はなれようと, はなれる, はなれる時間, はなれ布団, はねおきると, はられた店内, はり板, ぱっと蹴った, ひいて, ひかせて, ひきずる足, ひたした飲物, ひたして, ふいて, ふまないうち, ふみしめ一歩一歩博士, ふみならす音, ふみました, みつめて, みて, みんなで, もった部屋, もって, やんわりと, わが座敷, わざと裸, コツコツと, コツンコツン云わせ, コロコロと, スリツパで, ドシンドシン踏みならした, ドンデン返しに, ドンドン踏み鳴らし, ハイ, モザイク式に, 一つ部屋に, 一遍踏み鳴らしたら, 三つ敷いた, 三階分も, 上げさして, 上げた, 上げたよう, 上げてからも, 上げましょうとさえ, 上げられなかった, 上げ座敷, 上に, 上段に, 下げたり, 下って, 下りて, 下駄で, 与えて, 並べさせたの, 並べたこと, 並べた姿, 並べて寝込ん, 並べて親しんだ, 並べるの, 二つとっ, 二つ並べ, 二つ敷かし, 二人で, 二階に, 伸べようと, 低く切り下げ, 作りその, 作りに, 作ろうと, 保護し, 傍に, 出たとき, 出た今朝, 出た時, 出でて, 出ないの, 出まして, 出られるか, 出る, 出ると, 出真四角, 分ち兄, 列べて, 刳いで暗い, 刺し厳寒, 剥がし壁, 剥がし天井, 剥がすこと, 動いて, 動かすん, 匍う, 匍って, 区切った太い, 卓子を, 占めて, 卸した落ちついた家, 去る事五寸, 取った, 取った上, 取ってから, 取らして, 取らせながら, 取らせようと, 取らせると, 取りますから, 取り巻いて, 取る寝ると, 取捲いた二百五十組, 取替えて, 叩いたり, 叩きつ, 叩きに, 叩き立てて, 叩き項, 叩くの, 叩くタツプ, 同じうし, 同じゅうして, 同に, 向うの, 唐紅に, 嗅ぎ始めた, 四角に, 囲って, 囲みながら, 埋めた所, 埋めて, 埋め鼠, 壁際へ, 大きくへこませ, 大きく沓, 大理石で, 室の, 少し寄せます, 少し高く, 展って, 展べろ早く, 左に, 左右に, 延べた, 延べた儘, 延べました, 延べましょうかと, 延べようと, 延べる時, 延べる音, 延べ始めた, 引つぱり, 張った, 張ったよう, 張った病室, 張つた, 張らず, 張らずして, 張らず木, 張らぬ小, 張りして, 張り屋根を, 張り隣, 後ろに, 思う存分おどり, 思わせる, 恐るべき死, 成すもの, 扇がせ女房, 打ち鳴らすと, 打った, 打って, 打つ音, 払ふ, 抜けて, 抜け出したの, 抜け出すと, 拔い, 拭いて, 拭きはじめるの, 拵えて, 拵へる, 指さして, 振り向いて, 振動させ, 捜し自分, 据ゑ色紫の, 掃いて, 掃きながら, 掃き欠けた瀬戸物鉢, 掃くの, 掻いて, 掻き, 掻くが, 掻く音, 掻く馬, 揚げる時, 搏ちました, 搏った, 擦る夥しい, 擦る靴音, 放棄し, 敷いた, 敷いたの, 敷いた樣子, 敷いた隣りの, 敷いてからも, 敷かせた, 敷かせると, 敷かれちま, 敷かれちまひ, 敷きっぱなし, 敷きながら, 敷きならべて, 敷きましたが, 敷きましょう, 敷きませう, 敷きようやく, 敷きズボン下, 敷き乍ら, 敷き出す, 敷き彦, 敷き終る, 敷くと, 敷くわ, 敷く面倒, 敷け, 敷し, 敷って, 敷らせよう, 斬るよう, 板張りや, 果実と, 染めて, 構へて, 横に, 横合から, 正面に, 歩きながら, 歩き廻る小娘, 歩く人, 歩く衣擦れ, 歩るき廻っ, 残して, 汚す面積, 洗うこと, 洗うのに, 洗ひはじめた, 清掃させ, 滑って, 漆喰みたいな, 濡されたら, 焦がして, 照し, 照らすの, 物置に, 用いたり, 畳む元気, 疊ませ, 白タイルで, 眺めた, 眺めて, 眺めまわしました, 眼八分に, 睨んだ, 瞶めて, 磨いたごとく清く, 移して, 突いた, 突いたが, 突いて, 突き抜けて, 突くこと, 窓側から, 立ち出, 立て, 素足で, 緩やかに, 考えるよう, 自分で, 自分の, 蔽う絨氈, 衝って, 被って, 装飾する, 見おろしました, 見おろす, 見たり, 見つめあたかも, 見つめました, 見ましたらその, 見まもって, 見まわしては, 見まわりながら, 見るが, 見廻しながら, 見物し, 見物した, 見舞ふべく駈け付け, 見詰めて, 覗きに, 覗き見ようと, 覗けば, 訪うた, 訪れて, 設けあり食堂, 設けその, 設けたが, 設け地袋, 読まされるよりも, 調べはじめたが, 走る小刻み, 起き出, 起き出る事, 越え乾, 足で, 跳ね起きた, 踏まえて, 踏みつけて, 踏みならしながら, 踏みならし節, 踏みならし酔い, 踏みならす音, 踏み口笛, 踏み破るるばかりに, 踏み鳴しながら, 踏み鳴らした, 踏み鳴らしつつ, 踏み鳴らしました, 踏み鳴らします, 踏む, 踏む足, 踏む靴先, 踏む靴音, 踏んだかと, 蹈みぬい, 蹴ったり, 蹴つた, 蹴り羽目板, 蹴る, 蹶って, 蹶りて, 蹶る音, 転げて, 軽く蹈, 辷りながら, 透かして, 透かしてまで, 這い出した, 這い寄って, 這った, 這つて尾を, 這ひ出し, 這ひ出した, 這ふ, 通した広間, 通るよう, 造つた, 造り得た, 遶り, 鋼鉄張りに, 開いたよう, 階下に, 隔てながら, 離れたらしい男女, 離れた庸三, 離れた時, 離れないで, 離れないの, 離れない時分, 離れない細君, 離れなかったらさっさと, 離れました, 離れやう, 離れられないので, 離れるや, 離れるやう, 離れるよう, 離れる途端, 離れ室, 離れ葛西用水, 離れ起きて, 震わしながら, 靴で, 靴尖で叩き, 高くつくっ, 鳴らしたの, 鳴らしたり, 鳴らしはじめる, 鳴らしめくら反り, 鳴らし或, 黄いろに

▼ 床~ (405, 4.5%)

17 入って 16 入る 11 入ると 8 はいって, 落ちて 6 入ってから 5 入った, 入つて, 入り, 這入って 4 入ったが, 落ちるまでの, 這入ると 3 はいった, はいっても, 入つた, 坐って, 投げつけた, 投げつけて, 置いて

2 [27件] つくには, はいってから, はいると, もぐり込んだ樣子, 倒れた, 倒れて, 入ったの, 入っても, 入つたの, 入ろうと, 叩きつけた, 唾を, 坐りこんで, 届かないよう, 引上げられた, 戻つて, 投げつけある, 潜り込んで, 眼を, 突いた, 納めて, 膝を, 落ちたの, 行って, 這入つて, 飛んで, 鬚を

1 [232件] あとさきに, おいでに, おき顔, おっぽ, おはいり, おまえを, おりた小男, お伏せり, お入り, かなぐり捨てて, きちんと四列, くくりつけ追風, こぼして, こぼし妙, ころがした行李, さし込む朧ろ月, さっきの, したたり, じかに並んだ, じかに事務服, すすんで, それぞれもぐり込んだ, たたきつけ, たたきつけた, たたきつけられて, たたきつけるまでさ, たたきつけピアノ, ついたお, ついたまま, ついてから, つかすの, つくと, つくまでには, つく時, とまったの, ぬけて, ねころがって, ねじ倒す, のぼって, はいったお, はいったが, はいったの, はいった君太郎, はいった彼女, はいった時, はいってからの, はいっては, はいりました, はいる, はいること, はいる気, はいろうと, はらん這, ぱたりと, またはいり, もぐつた, もぐりこみました, もぐり込む, もぐり込んだ様子, ゆくくらい, クッキリと, ダブダブと, ペッタリくず折れ, 一尺ほど, 上がって, 下した, 下したの, 下し再び, 下降させた, 五体を, 仆れた, 仆れる, 仰向けに, 倒れたと, 倒れ落ちては, 入ったのよ, 入った大作, 入ってからも, 入つた時, 入つた樣子, 入らうと, 入りうと, 入りす, 入りすぐ, 入りたいと, 入りました, 入りアダリン, 入りセリフ, 入り一時, 入り四時, 入り日記, 入り昼寝, 入り本, 入り武者小路, 入り芥川竜之介, 入るこったね, 入る前, 入る又, 入る明日, 入る時, 入れて, 入れば, 入ろうとして, 出座し, 出掛けるが, 出掛けるやう, 刀を, 割込んで, 力一杯たたきつけた, 半分か, 取り落して, 取り落とした, 口を, 叩きつけたあの, 向直って, 向直つて眺め, 坐った, 坐ったまんま溜息, 坐り, 坐りこみます, 坐り込んで, 夫だけの, 就いてから, 帰りました, 座ったまま, 引いて, 往く途中, 往って, 懸けて, 戻つたの, 手を, 打ち当てた際, 投げた, 投げだして, 投げて, 投げ出された鹿, 投げ出されて, 投げ捨てたかと, 抜けると, 押しつけられて, 据えて, 探偵を, 掲げられて, 撒いて, 撒き散らしました, 敷く, 數く, 月に, 月影が, 来ますと, 梳手, 棄て手箱, 横たえられた玄白斎, 歸つた, 歸つたら, 歸らない, 歸る, 水を, 泣きくずれ, 泣仆れた, 泣伏した, 浸出す, 潜り込む, 潜り込んでも, 燃えあがっちゃうでしょう襖, 直かに何人, 真つ, 着かないよう, 移られたが, 種子を, 穴が, 突いたの, 突っぱったなり, 突っ伏した, 突入と共に, 立て爾, 罪人の, 置き黄金, 置くと, 脚を, 腹ん, 落されたの, 落した, 落したこと, 落ちた, 落ちた時, 落ちた芋, 落ちぺたと平伏, 落ちる途端, 落ちる音, 薄つ, 蛸の, 血など, 行きましょう, 行つ, 行つて將棋を, 行らつし, 見舞つた, 触るらしく小股, 身を, 転げ落ちて, 辷りおちて, 近いほど, 近く膝行り寄りました, 追ひやられる, 送るため, 這うと, 這入ったの, 這入ったよう, 這入ってから, 這入っても, 這入つた, 這入りたい, 這入りは, 這入りますると, 這入り暫らく, 這入る, 這戻り, 通って, 重ねお, 鋸屑を, 降ったあの, 降りて, 降り着いた熟, 響くと, 額を, 飛び下りて, 飛び込むなり, 飛び込んだ, 飛び降りると, 飛び降り台所, 駈けつけた勘次

▼ 床から~ (251, 2.8%)

8 拔け 6 起きて 4 脱け 3 乗り出して, 半身を, 天井まで, 拔出し, 身を

2 [13件] むくむくと, 一尺も, 下へ, 五尺ほど, 出て, 吃驚し, 牛蒡拔き, 起きられるよう, 起き上って, 跳ね起き, 這ひ出し, 離れて, 首を

1 [192件] いった, おき出して, おろされたの, ころがり落ちて, ささやいて, じかに幅, すくい上げた, すぐそのまま立ち出, すこし汗ばんだ, すべり出た, すれば, ずり落ちそう, そこら中を, その一冊, とびあがった, ぬけ出した妻, はがれない, はね起き素早く, ひっこめて, ぴょんと跳ね上がっ, まだ十数センチ, むっくり起き上った, よほど離れ, ストウヴの, ベランベランベランと, ムックリ, 一つぶらさがっ, 一メートル四五の, 一同の, 一定の, 一張の, 一米ばかりの, 三フィートの, 三尺ぐらいの, 三尺も, 上げて, 上衣の, 下に, 下り立つと, 乗出して, 乘出す, 二十センチメートルばかり, 二尺あまりの, 二尺という, 二階まで, 五六寸離れた, 五呎許り, 五寸余りも, 亭主を, 伸ばされた章魚, 伸ばした兄, 体が, 体を, 何から, 何インチか, 免れて, 八ヤードも, 円蓋の, 出お, 出た, 出た閑枝, 出なかった, 出ました, 出ます, 出られなかった, 出られませんでした, 出るの, 剃刀を, 勘当を, 十センチぐらいの, 十六米程, 千五百尺ほど, 半分脱け, 参りました, 取り上げたもの, 取上げたので, 吹き上げんばかり, 器械を, 四フィートばかりの, 四段ばかり, 土間へ, 地面に, 壁から, 壁に, 壁にかけ, 壁を, 外して, 外へ, 大体七尺ほど, 天井を, 完全に, 少しのり出し, 床へ, 庭さきへ, 引出しました, 扉の, 手を, 手燭の, 抜けます, 抜け出して, 抜け出しどてら, 抜け出し加減, 抜出して, 抜出し加減, 抱き起そうと, 拾って, 拾ひ集める, 持ち上げながら, 持ち上げられて, 指四本の, 捩取ったよう, 掬いあげられた瞬間伸子, 数尺高く, 板廊下へ, 板敷を, 機械の, 死骸が, 泉が, 浮き上が, 浮き上がって, 浮離する, 湧くやう, 滑り落ちて, 煙りが, 牛蒡抜きにつれ, 独楽を, 生えた木乃伊, 生えた石像, 生え上がって, 生命へと, 発せられやがて, 眼を, 硝子の, 礼盤の, 私の, 立ち上がったが, 立ち上がった友人, 缶を, 胸を, 脚光の, 脱出し, 脱出しました, 菌の, 落ちたらしく雪, 落ちた血, 蝋燭を, 覚めて, 起きあがりムルタック, 起きあがれなくな, 起きたばかり, 起きだした, 起きようと, 起きられた時, 起きること, 起き上がり奧樣, 起き上がろうと, 起き上ると, 起き上るの, 起き上る力, 起き出した, 起き出すの, 起き出た地丸左陣, 起き出た彼, 起き出て, 起き始めた, 起き直, 起こし部屋, 起されて, 起てなかった, 起上っ, 起上って, 起上ろう, 跳ね上ると, 跳び上った, 辷り出た, 退がると, 這いあがった春木少年, 這い下りてへ, 這い出した歌麿, 這ひ出, 這ひ出した, 遠く離れ, 釣りあげられ暫く, 鉄片を, 離れなかつた叔母, 離れます, 離れること, 離れるの, 頼まれて, 飛起き, 首が, 高く離れた

▼ 床には~ (232, 2.6%)

17 いって 10 いってから 6 いつて 4 いってからも, いると 2 いっても, いつた, 何か, 探幽, 敷物も, 細仕立の, 絨緞が

1 [177件] いかがわしい墨画, いちめんに, いってること, いつたが, いつても, いつも何, いること, いるだけの, いるという, いるの, いるを, うしろの, おばけガニの, きのう草心尼が, きまって何如璋, じゅうたんが, じゅうたんを, それが, それらしい, たくさんの, つい此間, どうかな, はいって, ひつた, ひつてからも, ひどい凸凹, ひらうと, ひりながら, ひると, ひるの, ひるやう, ふかふかと, また鹿, まっかな, よよと泣きむせぶ, カルカヤや, カーペットが, キルクが, ダブル寝床が, ハヤ良人あり, リラと, 一尺も, 一本の, 一鉢の, 一面に, 一面の, 並びきれないで, 二十年の, 今槍と, 伊弉諾尊伊弉冊尊の, 住吉派の, 何脚かの, 例の, 侍つて居る, 偉なる, 入り眼, 六フィートに, 円屋根と, 冷たい藁, 凉し, 刀架が, 剥製の, 勿論いろんな, 厚い柔かい青, 厚い緋色, 古い小さな, 召の, 同じ色, 呪水を, 唐画の, 四ヶ月も, 四角な, 固護謨製, 圓形の, 坐らないで, 垂直からは, 塵が, 塵埃が, 夜を, 夥しい血潮, 大きな扁平, 大きな熊, 大きな石炭, 大観の, 天照大神宮の, 妄想の, 安楽椅子に, 宋画が, 寂厳和尚の, 小杉榲邨の, 少からず, 帳が, 常信の, 幾個の, 引き戸も, 彼の, 後光の, 御自慢, 必ず聞こ, 必ず虎, 我国の, 手袋が, 抱一上人の, 探幽斎, 支那の, 日本の, 服を, 木が, 松園女史の, 柔かい絨毯, 桔梗の, 梨が, 棒を, 棕梠を, 椅子と, 楠の, 極彩色の, 歩いても, 死んだ父親, 毒悪な, 水瓜の, 油団を, 泥が, 海中文殊の, 深青, 灰と, 灰色の, 炉が, 烈火を, 煉瓦が, 狩野派の, 現在なにやら, 琴月琴ガラス箱入りの, 畳が, 白木造りの, 砂が, 稚拙な, 立てぬと, 筵が, 簀掻藁を, 粗目の, 紅白黄紫の, 紫の, 細かいモザイク, 絨毯を, 絨氈が, 綺麗に, 編みかご, 羽根蒲団やら, 自分で, 花も, 荒筵を, 莚を, 菖蒲の, 落ちないで, 蕎麦の, 藁の, 藤田東湖の, 蜜蝋を, 蝦夷菊を, 血さえ, 血の, 見た様, 証明しよう, 諭吉から, 足跡らしい掠れ, 野火の, 錦繍を, 雨華上人の, 青と, 高価な, 高雅狩野派の, 鶯居の, 麺麭の, 黄と, 黒い敷物, 黒い爆弾

▼ 床~ (221, 2.5%)

3 敷いて, 鏡の 2 次の間に, 空つ, 賑やかに, 風吹きぬけて

1 [207件] あらましいっぱい, あるが, いくらか高め, いつしか動かなくなった, うるほひに, お島, お調べ, かねて山, からっぽだった, がらんとして, きれいに, しいてあります, しばしばあっ, しろじろとした, じゅうたんも, すつかり, その儘, その四壁, そんなこと, ぞうきんが, た, たたきに, ただ水, ただ背後, ちがって, ちゃんと上げられ, つまり椅子, つめたいコンクリート, つるつる光っ, とつて, どう致したら, どんどん下っ, なだらかで, はるか下へ, ばりかんの, ぼろぼろで洗え, またすーっ, まだ敷かなかつた, むき出しに, もうそこ, もう展, やたらに, ガンドウ返しにな, コンクリートの, コンクリート四方は, ハネ上げ, リノリウムの, リノリューム張りであった, 一番奥の, 一間を, 一面に, 上げて, 上って, 上意の, 並べて, 九尺床でございまし, 乾く間, 二つとも, 二つ敷い, 二つ敷かなく, 二枚しき, 五人目の, 今に雪, 今過つた, 他愛も, 低い, 低いけれども, 僕が, 僧よりも, 全体が, 凸凹だらけの, 出られない, 別々でも, 前晩, 剥いだま, 勿論椅子, 単なる赤煉瓦, 印刷される, 厚いコンクリート, 参ってから, 取りっぱなし, 口を, 古い幅物, 呪水に, 四角な, 固い物質, 固くそして, 土間です, 地上二フィートの, 地面から, 塵垢の, 塹壕を, 壁より, 声を, 夜具が, 夜分仕事を, 大地そのまま, 大工は, 大通りの, 奥の, 客間に, 家の, 少し高く, 嵐山渡月橋の, 幅が, 平床を, 床であっ, 彈力性を, 彼が, 御一所, 心地よく掃除, 悉く大理石, 掃いて, 掃除が, 数箇処砂地の, 敷かず枕, 敷かないで, 敷きつ放したま, 明けっ放しよ, 明瞭に, 昨夜の, 晶玉, 暗闇の, 木だ, 木を, 朽ちて, 東海坊の, 板に, 板の, 板張りで, 枠によって, 栂の, 構わず棚下, 樟の, 歩くたび, 気温の, 水で, 水平に, 氷を, 消えた, 清閑境である, 湿気を, 溢れるばかりの, 滑らかな, 濡れてた, 無かった, 無し, 特に今夜, 特に命令, 瓦を, 留置人が, 白ちゃ, 白ちやけて, 直ぐ傍, 矢張墓だ, 矢筈組樫木張で, 石灰石で, 石畳で, 石畳に, 砂じきだった, 砂地であった, 磨いた黒漆塗り, 磨き込まれ周囲, 神官達の, 私が, 稲妻に, 空であった, 空である, 筏の, 箪笥の, 箱や, 紅い木綿, 素敵に, 絶望した, 綺麗な, 綺麗に, 綿に, 美しかった, 美事な, 背後へ, 腐り床板, 色大理石と, 草履の, 落ち柱斜め, 薄いホコリ, 藻抜け, 藻拔けの, 蝋燭の, 血の, 話が, 誰が, 講堂と, 質の, 足の, 軸を, 道路と, 道路面から, 部厚の, 離さねえでも, 顔を, 顫え, 食器炊事道具など, 高くて, 高く座敷, 高く降りる, 黄金と, 黒煙を

▼ 床~ (218, 2.4%)

7 敷いて 6 取って 5 あって, ある

2 [17件] あつた, ぐらぐらと, とって, とつてあつ, のべて, もう敷い, 並んで, 出来て, 動いて, 地面から, 外れて, 大部分, 崩れ落ちて, 左右に, 庇合の, 滑石で, 煉瓦で

1 [161件] あげられて, あった, あったので, あつて, あります, ありますぜ, あり伊賀土産, あるから, あるだろう, あると, あるなら望むと, あるので, あるばかり, あれば, いまは, いやな, うす暗い光線, おとしあな, おみ足に, きしみ腕, ぐっと上, ごくん, しいて, しき石張で, しつら, すこしずつ, すっかり水, ずっと高く, それを, たえずこまかい, だんだんと, ちゃんと敷い, ちょっと揺れ, つきコタツ, つるつるし, つるつる滑り, とつぜん消え, とつて, とまったので, どさり, ないの, ひらいたよ, びりびりと, ほんのりと, ぽっかりと, まだそのままに, まだ敷いてなかった, まだ敷いてなかつた, まるくポッ, みえて, むき出しに, むくむくと, めりめりとおん, ゆれて, よごれるの, エレベーターの, ガタンと, ギシギシ云う, スポリと, スーッと, ズーッと, ズーツと, タタキで, チャンとして, ブカブカし, プロレタリアート群の, 一かたまり, 一つ草を, 一箇所異様に, 三方に, 三畳町印の, 上げられた時, 上る, 下へ, 二つ, 二つ敷かれ, 人と, 低くて, 低く妙, 低ければ, 何の, 作られ菊, 八尺くらいの, 出來, 出来たんで, 刷りたての, 割れて, 動きだしたの, 向うの, 地の, 壁もろとも, 女帯ほどの, 妾の, 尽きて, 展べて, 廊下より, 張って, 張ってないそう, 張つてあつ, 彼の, 彼丈には, 彼女の, 戀しく, 所謂神馬厩作りだ, 承る, 抜けたとか, 拔けて, 拵えられたり, 持たないでしょう, 持上げられるよう, 探険者の, 敷いたま, 敷きつ放しに, 敷けるや, 敷って, 斜めに, 暖い, 板でない, 没落した, 浮び上つた, 無ければ, 生創, 畳一枚ほど, 発見された, 真中の, 磨き込まれて, 空っぽだった, 空つ, 空に, 筵の, 組まれる程, 絶えずゆすれる, 美しく大理石, 腐らうと, 自分に, 自分の, 自然の, 落ちあッ, 落ちたん, 薄暗くなった, 藻拔けの, 血みどりに, 見えた, 見つかったという, 見て, 護謨敷に, 路面より, 跳る, 造りつけて, 部屋の, 音も, 響き円天井, 頭の, 高いけれど, 高くその, 高くなっ, 高く上っ, 高すぎる, 魚屋の, 鳴ったろう, 鶯張りに

▼ 床~ (116, 1.3%)

11 天井も 6 壁も 4 敷いて 3 枕も, 羽目も 2 しっかりし, そのま, なければ, 四方の

1 [81件] あげて, かいて, かたいコンクリート, さはれ, せましとばかり, その儘, それでも帚, つめたい壁, なかった, なく畳, なるべく低き, びりびりびり, むき出しの, ろくに疊, コンクリートで, 一緒くたに, 一面の, 三十度かたむい, 三和土の, 共にし, 冷たき雪, 別々に, 剥いだ浅ましい, 剥いだ淺, 割合に, 去りがてに, 取って, 同じよう, 埃で, 変に, 大きな石, 好事なり, 居間の, 左右の, 延べて, 承塵, 持って, 敷いたなり, 敷いてないの, 敷かず紅白粉, 敷かなかつたで, 敷かれて, 敷きつぱなしでせうね, 敷きつ放しですが, 敷って, 旅だ, 枕もとの, 柱も, 棚も, 止したと, 泣き悲しみ, 漂ふ, 濡れて, 火吹竹も, 無装飾, 然うだ, 畳も, 疊も, 疾に, 皆彩色, 石である, 立ち樹も, 綺麗に, 置かないで, 荒けずり, 荒野の, 落つると, 薬を, 見えぬほど, 見たいし, 變へ, 部屋の, 鉄の, 銀の, 離れにくく, 青く澄ん, 非常に, 頑丈に, 頼もし, 高く出, 黒い室

▼ 床~ (71, 0.8%)

2 叫ばれた以上, 最後の, 洩した

1 [65件] あつた, およったからって, こう目, こっぴどく頭, この子, こんどは, ざわざわ騒ぐ, するには, そう言, それを, ただ妻, たべて, つるりと足, とる, ふたりの, みんなが, もがくばかり, やる芸, リノリウムの, 一つの, 三方が, 上に, 上山さんと, 下剃, 不平を, 久振りに, 人々は, 何を, 光明に, 同室患者が, 四五軒離れた, 大判司の, 天野が, 夫人が, 子供が, 孤独でありうる, 寝るん, 尼さんが, 岸の, 幼い私, 必ずかたき, 新しい使者, 暮し来る日, 気が, 父の, 生前の, 相擁し, 私に, 稲荷の, 立てつづけに, 繰り返すの, 自分の, 覆ふよう, 設備が, 読んだ聖書, 謂った鴨川, 道庵と, 釘抜藤吉は, 釣を, 音を, 頭を, 頭髪を, 顏を, 食ふ, 髪を

▼ 床~ (70, 0.8%)

3 同じ高 2 し旅, 天井とを

1 [63件] いうか, いって, いっても, いわず入口, いわず眩しき, しそして, して, しに, す, する, する傳えも, すれ, すれすれに, つて, なしぬそ, なすを, ならうも, なり得るらしい形勢, なる, エナメル塗の, スレスレに, スレスレの, チョコレート色の, ドアーの, 一つの, 下の, 並んで, 並行すべきで, 云うこと, 云うそれでも, 云ふも, 云わず四方, 円柱アフガンの, 同じ薄墨色, 同じ赤い, 同一じゃ, 同高度, 向ふ, 囃子の, 壁とで, 壁との, 天井とが, 小さな暗い, 師の, 彼の, 戸袋の, 手入れの, 擦れすれだった, 湯屋と, 溝とが, 白い古びた, 石の, 肱掛でした, 萠えいで, 見分けが, 言い見るから, 言って, 言っても, 認めて, 赤く書いた, 遣るん, 革張の, 高い河岸

▼ 床について~ (69, 0.8%)

5 いて 2 いました, しまつ, ねて, 居た由, 居りました, 燈火を

1 [52件] あけて, いたり, いない時, いらしても, いられました, うんうん呻, うんうん唸り, おしまいに, おられる知らせ, からもう数回彼女, ぐっすり眠った, ことしの, そのうち, その年, ねむりました, ぶるぶる顫, やがて犬, ゐた, ゐる, ゐる妻, ゐる手の甲, ゐる父親, 世を, 五十一に, 仕舞った, 余命いくばく, 嘆き沈ん, 多少昏迷, 居た, 居たので, 居た揚句, 居る, 居る家中森, 彼女の, 枕を, 横に, 次郎と, 滂沱, 煩ったの, 疲労の, 痩枯れ, 眠た, 眠った, 眠ってること, 眼を, 翌日まで, 自分は, 被居し, 連続的に, 重たげな, 静かに, 飯も

▼ 床にも~ (37, 0.4%)

2 ぬけ穴, 壁にも, 天井にも, 座敷にも

1 [29件] かく美しき, さけ目, それが, ただの, つかず何, はいらず恋, また地面, テーブルの, 人は, 入るや, 全き, 塵ひとつなかっ, 家具にも, 就きたりとか, 彼の, 必要だ, 愛しけ, 注意し, 石油の, 縁にも, 羽目板にも, 胡弓や, 血が, 鏡を, 間に, 隠し戸, 隠し戸などは, 雪の, 黒くひとつ

▼ 床~ (29, 0.3%)

3 の壁 2 の棚, の窓, の違い棚

1 [20件] から彼, にある, においた, には五葉, に在りし, に据えた, に白く, に置い, に蹲居, の三尺, の地袋, の小, の小太刀, の戸棚, の押入れ, の棚等, の違棚, はシロコ, へ寝る, へ片寄せ

▼ 床~ (26, 0.3%)

9 の上 2 の間

1 [15件] おかしな話, が温まり始める, が足, に素足, に誘われる, に顔, の塀, の洞窟, はもう, をたどり, をみがい, をやっと, を川, を持ち上げ, を敷きつめた

▼ 床まで~ (25, 0.3%)

1 [25件] おりますと, すっかりあけ放たれ, たれて, とどく鉄, とぶの, のぞきこんだが, ぴったり下らない, ぶらさがって, チョロチョロと, ベコベコに, 來る, 垂れて, 大理石ばりの, 張りっぱなしに, 敷いて, 斜に, 波打たせて, 燃えあがっちまうわ, 真紅な, 落ちず宙, 赤ずくめで, 這いあがると, 鳴らすの, 黒塗りに, 黒靴で

▼ 床襲衾~ (15, 0.2%)

1 [15件] からお, から出, こそ大嘗祭, である, で御身, といふもの, といふ白い, と申し, と称した, に包まつ, に包まれ, を度々, を引き, を被, を被られ

▼ 床より~ (14, 0.2%)

1 [14件] そっと出, ムッと, 上は, 下がって, 墮ち, 密と, 恋の, 我に, 抜け出て, 登ること, 立ち上り, 起して, 起てり, 飛び起きて

▼ 床~ (11, 0.1%)

2 から首, をも舊 1 から柴田欣一郎, から這い上る, の所, の方, へ体, へ向っ, を覗き込もう

▼ 床でも~ (10, 0.1%)

1 あわてて, 公卿たちの, 可哀, 噂が, 壁でも, 忽ち南京虫, 捨てるより, 構う気, 私は, 隙間という

▼ 床との~ (10, 0.1%)

1 中の, 中間で, 区別が, 境目が, 間が, 間に, 隙間から, 隙間に, 隙間は, 隙間を

▼ 床において~ (9, 0.1%)

1 あるの, ある一つ, さるぐつわを, ポケット小僧の, リッパア事件と, 両手を, 彼の, 看護した, 飲む歌う舞うの徹底的

▼ 床わき~ (9, 0.1%)

1 には蒔絵, には西, にぴたり, に一面, の出入口, の地袋, の書院窓, の違い棚, へ横

▼ 床とが~ (8, 0.1%)

2 グル 1 あべこべに, また各々, 互いちがいに, 全くあべこべ, 角度を, 逆に

▼ 床へは~ (8, 0.1%)

1 ひつた, ひつてから, ひる前, ひる習慣, 入りしもの, 入るまで, 落ちも, 階段で

▼ 床べた~ (8, 0.1%)

1 では尚更よく, で眠っ, にカテリーナ・リヴォーヴナ, に伸びきっ, に坐りこむ, に敷いた, へ引っくり返した, をころげまわっ

▼ 床~ (8, 0.1%)

1 で冬, で悶々, で握りつめ, で母, で痛切, に呻吟, をはなれる, を見廻す

▼ 床~ (8, 0.1%)

1 に三斎父娘, に伏目がち, に坐らせられた, に座蒲團, に散らし, に水月, に端座, の白綸子

▼ 床という~ (6, 0.1%)

2 床屋が 1 のは, 字を, 床屋へ, 髪結床の

▼ 床として~ (6, 0.1%)

1 おぼろげながらも, ごろりと身, 上には, 建てられたもの, 朝から, 見わたし

▼ 床なる~ (6, 0.1%)

21 一刀スラリ, 九歳ばかりの, 白菊を, 花瓶の

▼ 床よりも~ (6, 0.1%)

1 すこし高い, なおきれい, 一尺ばかり, 少し高い, 我を, 高い丈

▼ 床~ (6, 0.1%)

1 に床几, の五六間手前, の内, へも行かない, へ寄つて, へ行つて髪

▼ 床~ (6, 0.1%)

1 で扉, の金具, の音, をおろした, をこわした, を肩

▼ 床張り~ (6, 0.1%)

1 からその, でそこ, にし, の中央, の木, 突當り

▼ 床いっぱい~ (5, 0.1%)

1 になり, に滝, に狩野山楽, に金銀極彩色, のよう

▼ 床だけは~ (5, 0.1%)

2 生温かく 1 アタリが, 上げると, 迷彩を

▼ 床についてから~ (5, 0.1%)

1 初めて自分, 昼間学校の, 次郎の, 洗い流すよう, 自分を

▼ 床についても~ (5, 0.1%)

1 いられなかった, さっぱり安眠, とうとう三時, なかなか眠れなかつた, 眠られなかつた

▼ 床につき~ (5, 0.1%)

1 きりであった, ぐっすり睡った, どおし, 勝ちでした, 早く起きる

▼ 床にでも~ (5, 0.1%)

1 いわゆる大地, ついて, 当るかと, 當る, 着かれると

▼ 床のべ~ (5, 0.1%)

2 にわが 1 てうち, に, に我が

▼ 床一面~ (5, 0.1%)

1 にひろがった, にトランプ, に何やらふわっと, に投げ散らかし, に蓆籘

▼ 床~ (5, 0.1%)

2 の柱 1 に置い, の唐木, を枕

▼ 床頭台~ (5, 0.1%)

2 の上 1 に彼岸桜, の傍ら, の方

▼ 床~ (4, 0.0%)

1 にお, へっへ, へ沾, へ濡れぬ

▼ 床~ (4, 0.0%)

1 と嗅ぎ出し, と思っ, のの, んだ

▼ 床では~ (4, 0.0%)

1 あったが, なく昨夜, 今や, 誰ひとり

▼ 床にと~ (4, 0.0%)

4 何ならぬ

▼ 床~ (4, 0.0%)

1 には書棚, に見入つて, を茫然, を見入つた

▼ 床篦子~ (4, 0.0%)

3 の下 1 や弾丸

▼ 床あげ~ (3, 0.0%)

1 に弁松, をする, を機

▼ 床いちめん~ (3, 0.0%)

1 にガラス, に洪水, に灰色

▼ 床からは~ (3, 0.0%)

1 なれて, 三メートル近くも, 蝋を

▼ 床すなわち~ (3, 0.0%)

1 花托, 花托の, 蓮房が

▼ 床である~ (3, 0.0%)

1 かあたり, ということ, とか西洋

▼ 床とは~ (3, 0.0%)

1 どんなもの, 名ばかりの, 比較に

▼ 床~ (3, 0.0%)

1 ので私, のよあたい, んだろう

▼ 床なし~ (3, 0.0%)

1 の宙ぶらりん, の宙踊り, の段

▼ 床にな~ (3, 0.0%)

1 つてゐ, つて居り, つて草書の

▼ 床へと~ (3, 0.0%)

2 落ちなされたの 1 落ちがたん

▼ 床~ (3, 0.0%)

1 といふ時, になる, もしねえ

▼ 床~ (3, 0.0%)

1 にも陰扉, をふさぐ, を閉め

▼ 床格子~ (3, 0.0%)

2 の上 1 の前

▼ 床~ (3, 0.0%)

3 を呼ん

▼ 床~ (3, 0.0%)

21 の上

▼ 床見世~ (3, 0.0%)

1 があった, があつ, で講釈場

▼ 床~ (3, 0.0%)

2 の偶像 1 にあり

▼ 床いそぎ~ (2, 0.0%)

1 せんでも, のじん助

▼ 床うち払~ (2, 0.0%)

2 ひ君

▼ 床~ (2, 0.0%)

1 のべ致しま, もて通り

▼ 床だけが~ (2, 0.0%)

1 残った, 残って

▼ 床だの~ (2, 0.0%)

1 壁だ, 天井だ

▼ 床であっ~ (2, 0.0%)

1 てもその, て光線

▼ 床での~ (2, 0.0%)

1 司馬先生の, 誂えです西洋床

▼ 床とっ~ (2, 0.0%)

2 てねる

▼ 床とり~ (2, 0.0%)

1 に座敷, 久保田万太郎

▼ 床など~ (2, 0.0%)

1 すこしの, 人眼に

▼ 床などを~ (2, 0.0%)

1 見廻ったり, 見物の

▼ 床なら~ (2, 0.0%)

1 格別普通, 門並知つ

▼ 床なんて~ (2, 0.0%)

2 ものは

▼ 床にばかり~ (2, 0.0%)

1 ついて, 就て

▼ 床にまで~ (2, 0.0%)

1 手さきの, 達する大

▼ 床のうへで~ (2, 0.0%)

1 ひとしきり足, 辷りは

▼ 床はと~ (2, 0.0%)

1 いへば, 尋ねたもの

▼ 床はも~ (2, 0.0%)

2 ぬけの

▼ 床~ (2, 0.0%)

1 しらへ, しらを

▼ 床ばかり~ (2, 0.0%)

1 さがして, で何物

▼ 床まき香水~ (2, 0.0%)

1 もこの, を思わせる

▼ 床までの~ (2, 0.0%)

1 光の, 深さざつと三間くら

▼ 床みたい~ (2, 0.0%)

2 な工合

▼ 床をは~ (2, 0.0%)

1 ひいでて, ひ出て

▼ 床ん中~ (2, 0.0%)

1 からお, に百両

▼ 床~ (2, 0.0%)

1 取リマショウ, 繞ッテ青梅ヲ

▼ 床ン中~ (2, 0.0%)

1 で聞い, に入っ

▼ 床一杯~ (2, 0.0%)

1 に掛けられ, に獣

▼ 床全体~ (2, 0.0%)

1 が桜井さん, の趣

▼ 床又は~ (2, 0.0%)

1 地下深い, 地面に

▼ 床同じ~ (2, 0.0%)

1 ように, 夜着の

▼ 床寄り~ (2, 0.0%)

1 に交い, 約四分の一

▼ 床~ (2, 0.0%)

1 の, を沾

▼ 床揚げ~ (2, 0.0%)

2 の配り

▼ 床~ (2, 0.0%)

1 の上, 延べて

▼ 床板の間~ (2, 0.0%)

2 に挿し

▼ 床~ (2, 0.0%)

1 の臭気, を塗った

▼ 床~ (2, 0.0%)

2 を鋪

▼ 床~ (2, 0.0%)

1 な布く雪, 布雪真珠

▼ 床~ (2, 0.0%)

1 榊四方流れの, 榊根越の

▼ 床~ (2, 0.0%)

1 にくるまっ, の黄八丈

▼ 床着い~ (2, 0.0%)

2 てよどう

▼ 床磨き~ (2, 0.0%)

1 をよんだ, 掃除お茶の

▼ 床続き~ (2, 0.0%)

1 のヴェランダ, の隣

▼ 床~ (2, 0.0%)

1 のある, や炉縁

▼ 床花瓶~ (2, 0.0%)

1 に投, に菊一輪

▼ 床~ (2, 0.0%)

1 から首, へじかに

▼ 床~ (2, 0.0%)

1 に灰, に金

▼ 床~ (2, 0.0%)

1 り, りの

▼ 床~ (2, 0.0%)

1 がある, に音楽的エフェクト

▼ 床頭台上~ (2, 0.0%)

1 に点ぜられた, の水瓶

▼1* [238件]

ぐるまで, 床あきで凹み, 床ありて一童子, 床ありひる居る座あり, 床あれば踏み, 床事のう, 床いづる牧羊の, 床いんだ慕しいんです, 床うつりが悪かっ, 床壁を, 床かけてクシヨン, 床かしい大和国を, 床からの高さ, 床がくづれたのである縁起のよい, 床ぎわの乱れ籠, 床ぎわへこわごわすわると恐ろしいもの, 床こっちへ取っちまう, 床ごと下へ下っ, 床さんですか, 床しかして, 床しからぬにもあらぬ, 床しかりし親しき友, 床したの土中, 床しむべき真の, 床しろき囘廊の, 床すらそこには, 床すれすれにまげ, 床せられるのだ, 床ぜんたいがモーター, 床そのものが動く, 床それに黒い, 床だけ持って, 床だけで何一つ家具, 床だけに真空掃除器を, 床ちかく宿りては, 床ってもの, 床づいてい, 床づくりに余念, 床づたいに奥の方, 床であったものが, 床であったならば古い, 床でありその右, 床であるらしく二尺近く掘っ, 床であろうか, 床でございまして探, 床でしたけれどそこ, 床ででも斉彬は, 床でなければならない, 床といったまるで審理, 床とつとかない, 床となさばや, 床とに二個所硝子の, 床とはに宿りさだめぬ身, 床ともいえる, 床とらせて十一時頃, 床とれの, 床なぞずぶずぶと, 床なつの露うち払ひいく夜, 床などがあって, 床などの張換へ, 床などは抜けて, 床などもそのままに, 床ならぬ黒ビロードの, 床なれば古き, 床なんぞ敷くなあ, 床にかけて眺めて, 床にがちゃんとぶつかった, 床にこそはついて, 床についてはいるが, 床につけ腕を, 床にとよ女を, 床にとり落した, 床にははいつたもの, 床にへたって, 床にもかべにもぜったいに秘密, 床にものおもふ, 床によこに, 床にわたっていて, 床のうへにた, 床のうへに仰向, 床のしもに二人ばかりぞ, 床のみ床には, 床はいちめん足の踏み, 床はからつぽ, 床ひろし寄れ枕, 床ふかく霜満, 床へべっと唾も, 床へも滅茶に, 床または鴨居の, 床までが硝子ばりに, 床までで三十メートルでした, 床までも沾れた, 床むきだしの壁, 床むしろを後退り, 床めいたものを, 床めくものを, 床もしつかりして, 床もて我を, 床もろとも下りだしたでしょう, 床ゆららとわれ, 床よりはだいぶ高い, 床らしく踏むとじめじめ, 床をとつて寝た, 床をばみつめつつ, 床をめぐって左右前後に, 床を以て名あり, 床を通して感じた独逸, 床所まで, 床イデアの位置, 床コンクリートのかべどこ, 床セセッションまがいの祈祷机, 床セセツシヨン紛ひの, 床てくらいなんで, 床ッ附ばかりはその, 床おり候もの, 床ニ落シテスタンドヲ消, 床ハダカの卓子, 床ランプのコウド, 床ワゴンに落ち着きました, 床ヲハナレタソレカラ今ニナントモナイカラ, 床ヲ立出行衛遥カニ忍ビ給フ, 床一重が天国, 床上の山梔の花, 床低く屋根低く, 床何年も側, 床侘人の住家, 床全面に約, 床冷えを感じ, 床即ち火口底な, 床取ってくれ, 床司甚内からの色道芸術化, 床は死んだ, 床囃子方その他劇場一般の構造, 床を仕込まねえ, 床を剥ぐ, 床場賃を呉れた, 床壁天井にまでも血, 床壁天井みな木造で角材, 床壁天井等が熱, 床壁緑っぽき黒, 床は設け, 床天井を損, 床のお, 床という床屋, 床なり, 床尾板がほか, 床尾鈑やで, 床居酒屋出來, 床の如く, 床岩其上の祠, 床崩れてわが, 床があっ, 床平が恁う燒けた, 床平が自分で燒あと, 床広し寄れ枕こ, 床い着布團, 床延べときます, 床張り作業にかかりはじめた, 床張り出したるが男女, 床慣れない枕慣れない, 床ひを, 床据ゑつ一方の, 床掃除に雑巾棒, 床探勝の予定, 床の祝, 床揚げするどうも身心, 床摺れも出来, 床撒き香水とか, 床敷きて布団, 床敷く日夜西顧父母を, 床敷けば机, 床敷物にいたる, 床と人, 床新さん達に用, 床昨夜お紋自身, 床とお, 床机私の身体, 床のむかう, 床に異様, 床それからこいつ, 床正面に廊下, 床歩くにつれてがたがた, 床殊に二階への, 床の壁, 床氷柱の御簾, 床洗いをし, 床海鼠の棲息地, 床を我, 床涼み笠着連歌の戻り, 床涼み笠著連歌の戻り, 床淋しく自ら露霜の, 床深々とした, 床湯屋町醫者と根氣, 床玄関笛師らしい住居, 床瑪瑙の柱, 床甚八とに組, 床甚八それに番頭, 床畜生めか何, 床畳壁障子襖小さな天地, 床が痛い, 床の常, 床磨き人は権威, 床程のことは, 床箆子の附近, 床篦子卓子机子花模様の茶壺, 床粗く光乏しき, 床紫丁の花, 床置き位な, 床將の, 床臨川寺からの眺望, 床華やかなる氈, 床蒼古の上, 床から床下, 床の上, 床見世同然の洋食屋, 床親方はずんぐり, 床豪勢な飾電灯, 床走る鼠の, 床踏み鳴らして, 床車革命後の三等車, 床を見上げ, 床近く立てかけられた絵絹, 床近く蟋蟀が鳴い, 床退りをした, 床退りした女は, 床配置を乱し, 床の座蒲団, 床電灯も点きません, 床青玉の壁, 床を穿き, 床はこける, 床頭臺の抽斗, 床馬蹄螺床海鼠の棲息地, 床に作られた, 床高い家に, 床高き屋裏に, 床高く室内清潔衛生に, 床黒光りのする