青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「庄~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

幾度~ 広~ ~広い 広い~ ~広く 広く~ 広告~ ~広場 広場~ 広間~
庄~
~床 床~ 床の間~ 序~ ~底 底~ ~店 店~ 店先~ 店員~

「庄~」 1855, 20ppm, 5739位

▼ 庄~ (535, 28.8%)

6 自分の 4 そこへ, 急いで, 母親の, 目に, 終いに 3 その顔, それを, ただ笑っ, 磯野と, 顔を

2 [35件] この家, ごちゃごちゃした, そこに, そのたび, その側, その少し, それから, へどもどし, また母親, マルの, 久しぶりで, 伯母の, 体が, 出たり, 叔父の, 叔父を, 台所の, 外の, 帯の, 帯を, 日焼けの, 時々この, 机の, 母親と, 母親に, 気爽に, 磯野の, 笑って, 聞いて, 落ち着いて, 落ち着かないよう, 邪慳そうに, 銀貨を, 隅の, 黙って

1 [424件] あの部屋, あまり嵩高, いじめるよう, いつごろ帰っ, いつも曖昧, いつも猿, おそろしいよう, お増, お袋からは, お袋に, お袋の, お鳥, きのう以上な, きまりはずかしい, くすくす笑い出した, けたたましい声, ここに, ここの, ここへ, ここまで, ここを, この, この人たち, この前, この叔母, この女, この日, この母親, さっき車夫が, さらに伝通院横, しっくり体, しばらくこの, しばらくそこ, しばらくそんな, しばらく座敷, しばらく見なかった, しみじみした, じきに, じっとし, じめじめした, じれったいよう, すること, せッ, そういう時, そうし, そうして奉公気, そうも, そう言い, そこから, そこからも, そこで, そこで二, そっとし, そっとその, その予備工作, その値打ち, その入口, その切り戸, その夕方, その悪戯書き, その日, その時, その時帳場, その晩, その晩大道, その柄, その様子, その男, その着物, その茶の間, その薄暗い, そんなこと, そんなところ, そんなにびくびくする, そんな中, そんな手伝い, ちょいちょい母屋, とうとう一緒, どこか, どの家, ふかふかした, ぷりぷりし, べったり体, またべったり, また会社, また俥, また弟, また方々電話, また本気, また釜, また顔, また骨組み, まだこれ, まだ叔母, まだ思い断っ, まだ目蓋, めずらしくチョッキ, もうそんな, もうちかい, もう半分, もう暮, もう歩き疲れ, もう素足, やがてこの, やがて堅く, やがて的, やっと十一, ようやくほっとした, よく叔母, よく河岸, よく聴き取れなかった, よく迎え, わが家の, ジミな, ニヤニヤし, パッと, ビールや, プラットホームを, メソメソし, ランプを, 一々それら, 一人で, 一月の, 三条家の, 三条西家の, 上り口で, 上り框の, 下から, 下宿の, 下駄や, 不思議に, 世間摺れ, 両手で, 中村や, 主婦が, 九時ごろに, 乳呑み, 二三日前に, 二人に, 二人の, 二度も, 二日ばかりの, 二階へ, 人気の, 今年築地の, 今朝から, 仮りて, 伯母と, 伯母にも, 低い鼻, 体の, 何か, 何だか嘘, 何だか担がれ, 何だか気, 何だか淋しい, 何だか軽佻, 何となし, 俥屋を, 倦み疲れたよう, 倹約家の, 傍に, 傘の, 入口の, 内密で, 冬の, 冷や汗で, 前に, 前垂で, 剛情に, 剛愎な, 勘定前を, 十一の, 半襟の, 厭な, 叔母から, 叔母が, 叔母と, 叔父から, 叔父が, 叔父や, 取り縋るこの, 古こびれた, 呆れた顔, 呟きながら, 呼吸が, 四辺を, 声も, 夏の, 外から, 夜に, 夜も, 大木戸, 天神の, 奥の, 奥座敷の, 女たちに, 妙に, 始終外, 始終磯野, 姿が, 婆さんに, 婆さんの, 嫁に, 子を, 子供を, 安火に, 客の, 家々豊かだった, 家から, 家が, 家に, 家の, 家へ, 寝かされて, 小僧に, 小紋の, 少し笑いつける, 尖ったよう, 尻から, 席を, 帯取り裸の, 帰りに, 帰ろう帰ろうと, 帳場の, 帳場格子の, 年増の, 幾度と, 幾度も, 広々した, 店の, 店頭の, 店頭へ, 座敷で, 弟から, 弟と, 弟を, 形の, 後から, 後でお, 後でしばらく笑い, 後で思い出し, 後で磯野, 後で聞いた, 後歯, 従姉と, 心から憎い, 応答の, 念を, 思い断って, 思って, 急に, 息が, 懈い体, 手伝いに, 手洗い水を, 手鈍い, 打ち消した, 押し戻した, 押入れから, 押入れの, 挨拶を, 振りの, 振り顧り, 捻ねくって, 文明十一年に, 断わるの, 日が, 日本橋の, 日蔭ものの, 明けて, 明け方まで, 明りが, 明治時代の, 昼間しまっ, 時々お袋, 時々こんな, 時々その, 時々そんな, 時々口, 時々疲れた, 時々言い出そう, 晩飯を, 暗いところ, 暗いよう, 暗い物干し, 暗い町, 暗い窓, 朝から, 本郷の, 東京を, 柳の, 構内の, 橋の, 橋を, 欲に, 正雄と, 母親が, 毎日弁当を, 気味の, 気味悪そう, 気忙しいなか, 気遣わしげ, 水口の, 汚れた病人, 汚れた茶道具, 泣き出す小さい, 洗濯ものに, 活人形の, 浅山の, 浴衣に, 涼しい朝, 淋しい男坂, 湯島の, 火鉢の, 灯影を, 爛れた頭顱, 父親が, 父親と, 父親に, 片側の, 片蔭, 牡丹の, 狂気じみた, 独りで, 猫背の, 珍しそう, 理も, 瓶を, 用心深く暗い四下, 男の, 目の, 目を, 目見えの, 真顔に, 着物など, 着物を, 磯野との, 秘し逐, 積めるだけの, 空罎の, 空腹を, 立ち停って, 立ち際, 笑いながら, 箪笥の, 簾の, 糺に, 糺や, 紅い顔, 紅味の, 経を, 美濃尾張の, 老婦に, 考えて, 肩に, 背や, 胸から, 胸が, 膝へ, 色の, 芝居の, 花を, 芳太郎の, 茶の, 菓子折などを, 蒲団や, 蓮の, 蓮葉な, 蔭で, 薄暗い縁側, 薄暗い隅, 薄暗くなった, 衆に, 袂で, 袂の, 袋の, 裏口の, 裏通りを, 裾を, 襷を, 見たこと, 見世物小屋の, 見出した, 言ったが, 訊いた, 訊き出した, 話を, 賑やかな, 赤い襷, 赧い, 赧らんだ, 足の, 足利の, 身幅の, 軽く胸, 迎えを, 迷子に, 逃げるよう, 途中まで, 通りの, 遅い昼飯, 遊び人肌の, 重苦しい母親, 金六町の, 鉄道馬車で, 銚子を, 長いその, 長い指, 長く客商売, 長火鉢の, 門に, 随分働かされた, 隙に, 雑巾を, 雨の, 頷いた, 顔も, 顔や, 食べる気, 馬車を, 骨張ったよう, 高座の, 髯の

▼ 庄~ (246, 13.3%)

20 顔を 4 目にも 3 姿を, 目に

2 [15件] ところへも, 住民は, 側へ, 前に, 地頭代を, 城の, 城は, 城を, 家へ, 心も, 様子を, 耳には, 胸に, 胸にも, 長者は

1 [186件] うちで, おしろが, おしろに, おん曹司が, ことなどは, ことも, ごけいりゃく, ご軍備, さくらの, すぐ目, ところへ, とぼけた姿, はたご屋に, ぶよぶよした, ほかに, まだ知らない, めっきり大人びた, もつと, ようすを, わずか七千石足らず, をさし, 一党, 一家が, 一家にも, 一尼寺に, 下司多賀菅六という, 下司次郎太夫友方と, 不乱次を, 不動堂の, 中堅でございます, 丸い顔, 主として, 主柴田権六勝家の, 主脳部, 五つの, 人であった, 人である, 代官が, 代官としては, 代官職を, 住貞氏の, 体を, 作楽神社に, 俥が, 傍へ, 傍を, 元の, 内には, 内河彦太郎などと, 出屋敷に, 前で, 前の, 前祝いに, 厭がる, 収入は, 問題を, 国もとから, 国元に, 土蔵だ, 城あとが, 城から, 城も, 城下は, 城中では, 城主で, 城廓で, 城廓は, 城跡織田氏の, 変った様子, 大地主, 大手の, 失笑す, 姿や, 字と, 守護であり, 宮崎八幡宮を, 家とは, 家の, 家来は, 小姓頭毛受勝助の, 小春に, 屋敷とかへ, 屋敷へ, 屋敷まで, 山は, 山間に, 岡見の, 帰ったの, 帰って, 心が, 心に, 心持が, 心持は, 所領も, 手に, 手を, 擬声とで, 支度を, 攻略と, 旅籠屋の, 明智城に, 明智城の, 明朝の, 曹司又, 本位田と, 柳生家とは, 柴田勝家こいつも, 柴田勝家も, 柴田勝家盟友一益の, 森蔭だった, 植木神社に, 業火が, 横顔を, 橋の, 欲しがる, 江崎氏を, 河原, 浄教寺村から, 涕汁なぞを, 滝の, 父親とも, 片着く, 猥らな, 甥どの, 甥は, 田舎訛りが, 盆地に, 目には, 目を, 真赤に, 知らない顔, 祖父君, 築城町屋の, 結いつけ, 結立ての, 縁談は, 耳元で, 肉着き, 肩越しに, 背後の, 花の, 若殿又, 落城が, 落城の, 落城物語を, 行った家, 行宮へ, 表向きの, 襦袢などを, 見て, 見とれるよう, 覗く顔, 詰めて, 豪家の, 豪家藤村家の, 豪族として, 身に, 身の上を, 身内が, 身内だ, 身内と, 身内に, 辺で, 辺りへは, 退いた火鉢, 遠くから, 郷, 野村の, 闇は, 附近に, 陥落と, 雪深き, 預り処明石の, 領主であったらしく, 領家でござる, 領民は, 頭が, 頭脳を, 顔にも, 顔も, 風に, 風を, 館に, 首級を, 髪を, 鬼柴田と

▼ 庄兵衞~ (79, 4.3%)

3 の氣色, は少し, は氣

2 [23件] がため, の心, の顏, は, はいかに, はお, はこら, はまだ, はまとも, は不思議, は五節句, は今, は今さら, は其場, は只, は只漠然と, は喜助, は彼此初老, は心, は思, は此稱呼, は空, は自分

1 [24件] か女, が御用聞, が教, が説明, だな, です, と申します, の聲, の苦澁, はニヤリ, は主人, は二人, は八五郎, は口, は困じ果てた, は土藏, は小首, は愼, は擽つたい, は疊, は職業的, も今, を呼ん, を猿江町

▼ 庄~ (74, 4.0%)

24 助は 10 助の 6 助さんの 5 助が, 助という 3 助さんは, 助には, 助を, 助自身 2 助に 1 助さんが, 助さんという, 助さんには, 助さんも, 助さんを, 助さん方へも, 助てえ, 助で, 助でさえ, 助も

▼ 庄~ (70, 3.8%)

3 母親も 2 一緒に, 傍で

1 [63件] ああし, お増, お鳥, すっかり様子, そこらを, それに, そんなよう, ちょいちょい見かけた, つい引き込まれ, べろりと舌, まず上出来, また立ち, みな梢に, むっと黴, やり返した, わるくない, 中形の, 中江などから, 二三度その, 仲間に, 傍へ, 厭な, 叔母から, 叔母の, 叔父が, 型の, 壊れた頭髪, 大分頭が, 媒介人から, 学校の, 安くは, 寄りついて, 寒い外, 少し逆上せた, 弟の, 強いられた酒, 従姉の, 思い出した, 懈い体, 我を, 時々外, 晴れ晴れした, 湯島時代から, 目録を, 看護婦も, 砂埃を, 築地に, 糺も, 胸が, 腹を, 自分の, 芳村の, 衆と, 襷がけに, 足に, 近所の, 酌に, 酒の, 野口屋で, 鏡に, 陥ちたとは, 飽き飽きして, 黙って

▼ 庄~ (63, 3.4%)

2 言って, 話しかけた

1 [59件] いたじぶん, いた頃, いながらも, いる, かためて, くれた, こう言っ, ござりまする, せまって, そう言っ, ひとまず旗, 三千貫の, 下駄と, 住む楠木正成, 住んで, 入って, 出屋敷を, 到り五月一日, 取りに, 口留めを, 呟いた, 在る日, 声かけた, 寄留する, 小言を, 居ず去年, 帰り直ちに, 手渡した, 書をか, 東京へ, 案内し, 比べ比較的, 気軽に, 渡した, 渡御密儀なりと, 用事を, 田舎の, 目は, 着城, 私くらい, 突き放されると, 笑われた, 縁談を, 繰り返し繰り返し厭味, 落ついて, 解らないよう, 言いかけた, 言った, 訊いた, 話しかけながら, 話した, 話して, 足を, 近く, 近所で, 追ッ, 遣わしたという, 零すとも, 馴染んで

▼ 庄~ (59, 3.2%)

2 帰って, 弟を, 目を, 行ってから

1 [51件] ある朝, あわてて, お照, ここに, ここへ, ございまする, そっとその, その酒屋, ちょっとでも, つんけんし, やっと芳太郎, やや昵ん, 上って, 下谷の, 下駄を, 中村の, 亭主運の, 何か, 傍で, 出る前, 切符を, 半襟などを, 厭がる, 叔母から, 叔母に, 台所で, 呼び起し, 四ツ谷へ, 困って, 夜その, 天狗の, 奥から, 女中に, 客の, 帳場へ, 手招ぎする, 持ち込んで, 料理場から, 昏睡状態に, 朝目を, 来てからも, 来る少し, 洲崎へ, 浅草の, 湯から, 磯野を, 笑い出すと, 行くとき, 覚えてから, 身元引受人に, 運び込んで

▼ 庄~ (58, 3.1%)

3 出て 2 見に

1 [53件] いびったり, お逃げなされ, くれて, じろじろ眺めた, そっち退け, 主力に, 傍に, 六日の, 出るとき, 去って, 取り持った四ツ谷, 呼びに, 呼び込んだ, 唆か, 奪ったと, 守って, 宥めて, 居城と, 幾度と, 引っ張り出して, 手招ぎした, 手放したくは, 振り顧, 攻めて, 望んで, 根じ, 櫛巻きの, 為相に, 片着ける, 田舎へ, 留守に, 発した, 発したるやに, 相手に, 眺めた, 睨めつけながら, 祖先の, 立ち出たとき, 立った, 立ったと, 立つ前, 紹介す, 経て, 落ちて, 見てから, 賜ったほどの, 起して, 載せた俥, 速く呼び還せ, 連れて, 離れなかったと, 領し, 驀し

▼ 庄~ (53, 2.9%)

2 が, が来た, をつけ, を召しつれ

1 [45件] あーん, いやあー目出度, か, がもう, が今, が向き直っ, が尋ね出し, が着い, が鎮座, その辺, そんな堪忍, っ, っあの, っよ, です, でも出, という若い衆, となる, とは昨夜, に向っ, に味方, に頼ん, の仲間, は, はまた, はまだ, は不自由, は宿, は小用, は少し, は帰宅, は惚れ, は感心者, は深雪, も, もわし, も一つ骨, も梨の礫, も益休, より年下, を引き立て, を次の間, を目附, 来やあ, 落ちついて

▼ 庄左衛門~ (51, 2.7%)

1 [51件] あり忠輝海, から大事, がズカズカ, が主君, が杯, が満座, が脱, だの, であった, です, とは出会わなかった, と云, と懇意, と末娘, と選ぶ, には侍, にも妹, にも特に, に何, の, のこと, のことば, の三人, の二の舞い, の体, の女, の姿, の家, の手勢, の持ちかけ, の方, の相手, の行状, はすぐ, はそれ, はそれでも, はわざと, は他人, は先, は声, は多寡, は女, は居なかった, は断り, は池, は父, は近頃, もつい, もぽっつり, や一閑, や雄

▼ 庄~ (46, 2.5%)

1 [46件] いそぐ途中, おしよせて, お入り, かえるとちゅう, かえるの, かえれば, かけて, くだるもの, くれて, ご凱旋, にげて, 入って, 再嫁する, 出勢, 同道な仕ろう, 土産に, 巣を, 帰して, 帰ったら鑁阿寺, 帰っては, 帰りつき主人勝家, 帰るの, 引き払った, 引籠った, 急いで, 急ぐ途中, 押しすすんで, 攻め入り橘寺に, 旅立たせたばかり, 着いたならかならず, 着いて, 立ちかえるの, 落ちて, 落ち行くなど, 行き着くはず, 行くつもり, 行くの, 行った, 送らせましょう, 逃げかえりこの, 逃げて, 連れて, 陣を, 馬を, 馳せ帰って, 駈け込まれたので

▼ 庄さん~ (39, 2.1%)

2 ていふ, はどう

1 [35件] お唄い, お願, から道具一式讓, がいふ, が氣, それでもよかっ, ちょっとそこ, っ, というこれ, という若い, と呼んだ, と話, には焦れ, にも藤さん, に似, に後, はいつ, はそんぢ, はもう, は幾歳, は惡, は此店, もいつの間にか, もう一度お, もっと詰め, も偉う, も家, も席, も幸福, も納得, も藤さん, を殺すなら, 本当に知っ, 行く気, 行って

▼ 庄右衛門~ (33, 1.8%)

2 や主

1 [31件] が一粒種, が前, っていうの, というの, という宿屋, とも心安く, の, のため, のほか, の実, の家, の藪, はそういう, は二三人, は喜ん, は広言以上, は庭, は手織, は点頭, は考えた, は隠居届け, を切った, を悪逆無道, を武士, を殺し, を殺した, を殺害, を襲い, を討ち果した, を討っ, 同じく磐梯山

▼ 庄ちゃん~ (29, 1.6%)

1 [29件] いいでしょう, お庄, か, かいしばらく, か正ちゃん, がみれ, が先, が困っ, だってなに, どうでした, なんか行っ, にきっぱり, にも済まなかっ, に連れ, のこと, のとこ, のよう, の髪, は一足先, は女, は香炉, もここ, も昨, も浅草, も行っ, を引っ張り出した, を私, を貰っ, 来たの

▼ 庄~ (29, 1.6%)

3 の眼, の顔 2 だつた, の方

1 [19件] だと, と房一, には衣裳, に会, のやはり, の後, の気持, の白味がち, の眼尻, の細い, の背中, はあの, はうしろ, はほんの, は知らない, は自分, は逸早く, も知り抜い, を眺め

▼ 庄~ (27, 1.5%)

9 一緒に 2 二人で

1 [16件] いいむかし平治, いうが, いうへ, いえば, いって, いっても, いわれて, しばらく話し込ん, ひそひそ話し合っ, 云って, 叔母との, 植木屋と, 母親が, 母親とが, 田舎から, 近江小野庄とが

▼ 庄から~ (20, 1.1%)

2 して

1 [18件] これへ, しての, やっと一つ上, 一色郡の, 一里ほど, 十里, 妻子眷属までを, 宝蔵坊まで, 密使が, 府中へ, 引っぱり出されて, 志を, 江戸入りし, 納付に, 西へ, 近江路へ, 金を, 長鍬

▼ 庄左衞門~ (19, 1.0%)

2 の孫

1 [17件] が誌, とは友人, と改め, に男子, の友人, の名, の存在, の實子, の意圖, の時代, の著書, の通詞的立場, は公用, は十七歳, は蘭語, ほどの人物, を中心

▼ 庄馬鹿~ (15, 0.8%)

1 [15件] が学校, が手製, が撞く, が米, が自慢, が言, の手作り, は一通, は今, は洗足, は腰, までやつて, もやつ, を始め, 子坊主

▼ 庄にも~ (14, 0.8%)

2 解って

1 [12件] いろいろの, うらやましかった, おかしく思われた, お愛想, 勧めた, 居られなくなりおなじ, 悦ばせた, 悪くは, 感づけた, 注いで, 見え透いて, 部下を

▼ 庄~ (14, 0.8%)

1 [14件] が三輪, が漸く, が鍵, でした, と死んだ, の家, はこれ, は何ん, は少し, は錢形平次, は顎, まで面白く, も良い, を入れ

▼ 庄太夫~ (13, 0.7%)

1 [13件] から二世, が通詞, といふ人, と同じく, にし, の蘭語, はえらばれ, はその, は元, は秀でた, は諱, より祐齋, を召抱

▼ 庄殿~ (13, 0.7%)

1 [13件] がっ, にたいして云い, にはどこ, にはまだ, に会っ, のお, の御前, の戦法, の立場, は殿, へはわし, へ加担, も確約

▼ 庄~ (12, 0.6%)

1 [12件] おつつがなく, お通, みすぼらしく寂しく暮らしました, もって, よく見知っ, 一郡という, 四十二万石に, 服部家は, 生れたまま, 親しく新, 降りて, 麦若干米一石前後地子月別五十疋くらい

▼ 庄には~ (11, 0.6%)

1 [11件] あまり居, どうせまた拵える, どこか, 不思議な, 同胞の, 深い事情, 渋過ぎる, 若い夫婦, 見えすくよう, 解らないよう, 黙って

▼ 庄~ (9, 0.5%)

1 が母子, の上っ, の入っ, の控え, の気, の耳, はこの, は田舎, も早く

▼ 庄十郎~ (9, 0.5%)

2 の陳述 1 に訊ねた, の挙げた, は何事, は割合, は当然, は意外, を去らせる

▼ 庄まで~ (8, 0.4%)

1 お落ちあっ, でる船, 引いた, 焼き払うであろうこと, 落ちて, 落ちのびて, 落ち行いて, 馳け

▼ 庄~ (8, 0.4%)

1 お前通りまで, 椎葉方面などへ, 椎葉村の, 母親の, 母親を, 細君, 越中方面から, 鎌倉に

▼ 庄という~ (7, 0.4%)

1 たの, んです, 名前が, 村の, 親分が, 部落の, 鍛冶屋が

▼ 庄母子~ (5, 0.3%)

1 にじき, に自分, に話し, は家, も下

▼ 庄~ (4, 0.2%)

1 が徳山夫妻, に招かれ, の室, の招待

▼ 庄~ (4, 0.2%)

1 と領民, のところ, までただちに, をへ

▼ 庄からは~ (3, 0.2%)

1 母の, 鏡餅を, 鯉を

▼ 庄~ (3, 0.2%)

1 おかしな考え, 待てっ, 溜飲が

▼ 庄では~ (3, 0.2%)

1 ありません, 卯月廿日に, 芝三松の

▼ 庄とは~ (3, 0.2%)

1 ここから, つい隣国, 谷中へ

▼ 庄へと~ (3, 0.2%)

1 いそぐか, 向けた, 泊りを

▼ 庄へも~ (3, 0.2%)

1 しきりに知らせ, 越中魚崎の, 足利へも

▼ 庄~ (3, 0.2%)

2 宛テ行ハルベシ 1 宛テ賜ハルベキ也

▼ 庄陥落~ (3, 0.2%)

1 のとき, の一別以来, の状

▼ 庄からの~ (2, 0.1%)

1 兵糧入れだろう, 収入をも

▼ 庄でも~ (2, 0.1%)

1 幾日かを, 深い御

▼ 庄といふ~ (2, 0.1%)

1 これも, 有名な

▼ 庄とやらは~ (2, 0.1%)

1 この辺り, はやここ

▼ 庄より~ (2, 0.1%)

1 この丹波篠村, 幕府の

▼ 庄~ (2, 0.1%)

1 なる人物, に前川満兵衛

▼ 庄兄弟~ (2, 0.1%)

1 が消し炭, のため

▼ 庄八郎殿~ (2, 0.1%)

1 では, には数々

▼ 庄~ (2, 0.1%)

1 の周囲全面, を完全

▼ 庄屋敷村~ (2, 0.1%)

2 のお

▼ 庄左衛門殿~ (2, 0.1%)

1 では, にお

▼ 庄左衞門ら~ (2, 0.1%)

1 に英語, の活動

▼ 庄浄教寺村~ (2, 0.1%)

1 の富田流, の流祖

▼ 庄親子~ (2, 0.1%)

1 と三人顔, の古

▼1* [127件]

この犬狼んか, 庄これはもと正親町三条家, 庄さえ辛抱する, 庄さんお前もそれでは, 庄さんお前先生のお, 庄さんどこへ行っ, 庄さん一人で行き, 庄さん庄さんと呼んだ, 庄さん度胸をお, 庄そこにいた, 庄たけ光の山, 庄たちと同じ, 庄酒倉の, 庄だけでも去年の, 庄だの椎葉などへも, 庄ちゃんあなたにはすまない, 庄ちゃんこの間, 庄ちゃんと言って, 庄ちゃん公園知って, 庄ちゃん叔父さんは, 庄ちゃん夫婦のため, 庄ちゃん小母さんとこの, 庄ちゃん私氷が飲みたい, 庄とがあったが, 庄として載せて, 庄とだけのことです, 庄との間に, 庄とも横領し, 庄とやらまでもお慕いし, 庄とをつれて, 庄どうだ景気, 庄どののお, 庄どんという農夫, 庄どんお前一つ行つて来とくれ, 庄などが二里おき三里おきに, 庄なりを思い出せば, 庄にて新妻を, 庄にでも聞えたら本位田家, 庄にとってさまで, 庄のみならず石原塔森等, 庄へでも行き着くならば, 庄へはどう参りましょう, 庄ほど富有な, 庄また共に三条西家, 庄までのご辛抱, 庄までは行程わずか, 庄ら夫婦がこの, 庄ヘコモラレケレバ太閤僧ヲ使トシイニシヘノ傍輩ナリ一命ヲ助, 庄七千石の領土, 庄上々に行った, 庄九郎でそれ, 庄五氏来るビクター, 庄五豊川稲荷のお, 庄介前川満兵衛それから山村紋左衛門, 庄仙道には白河, 庄以下の宗たる, 庄以北のこと, 庄佐々木高綱の屋敷, 庄入りの盛儀, 庄公お前でなくて, 庄公お前お嬢様についておいで, 庄公びっくりするな, 庄公め何処へ行っ, 庄公一つ富士春仕込みの怪しげ節, 庄公手前嫉妬じゃあねえか, 庄公江戸の流行唄, 庄六方からきわ, 庄兵衞あれは大, 庄兵衞無口らしく頑固, 庄右衛門宝暦六年の坂本運四郎, 庄右衛門庄右衛門恵林寺の慢心, 庄右衛門従来の知行高, 庄右衛門志津女久左衛門の三人, 庄右衛門恵林寺の慢心, 庄同じく揖保郡に, 庄こそどんなに, 庄大滝の郷, 庄太夫以來世襲的な, 庄太夫以來家藏の書物, 庄太夫十九歳以前のこと, 庄太夫本姓林氏世々松浦侯に仕, 庄太夫死後は十數年打ち, 庄太夫移住の萬治二年, 庄太夫良意の, 庄宗十郎多兵衛団, 庄の妻, 庄家一致シテ違反ナカルベキ旨御上意也, 庄家阪田氏が二百本, 庄小柳生城, 庄左衛門博多弓之丞笠間甚八峰淵車之助箭作彦十郎荒木陽一郎それに屋敷, 庄左衛門箭作彦十郎飯能主馬春藤幾久馬等の声, 庄左衛門西国某侯遺臣ニシテ幕府有司ニ含ム所アリ主トシテ大名旗本, 庄左衛門諫早五郎などすべて同郷, 庄左衞門以來は佛蘭西語, 庄左衞門以來英語の家柄, 庄左衞門以來長崎通詞中で英語, 庄左衞門健在の事實, 庄左衞門正榮の, 庄左衞門歿後洋學年表では嘉永元年, 庄がかけ込ん, 庄広瀬の庄, 庄などでも討ち死に, 庄思いの糺, 庄指して落ちた, 庄時代に取り立てられた, 庄なので, 庄某あてのハガキ, 庄柳生谷といっ, 庄もま, 庄にもいかばかり, 庄殿村のエタ, 庄母子兄弟のこと, 庄浄土寺村の産所, 庄滅亡の最大, 庄熊石に上り, 庄石田の庄, 庄羽鳥の庄, 庄芝崎村の一寺, 庄茶屋場となる, 庄落城のみぎり, 庄落城前縄付きの姿, 庄藤原といふ所, 庄谷そのものもす, 庄坐村, 庄鍛冶の老婆, 庄から金, 庄願文山之間信實追討之訖