青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「岸本~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

屹度~ ~岡 岡~ 岡田~ ~岩 岩~ 岬~ 岳~ ~岸 岸~
岸本~
峠~ ~峰 峰~ ~島 島~ 島田~ 崇拝~ ~崖 崖~ 崩れ~

「岸本~」 2484, 26ppm, 4531位

▼ 岸本~ (1159, 46.7%)

56 自分の 23 節子の 20 言って 19 それを 16 独りで 12 節子と, 節子に 8 家の, 旅の 7 節子を, 部屋の 6 二人の, 兄の, 嘆息し, 牧野と, 節子から, 節子からの 5 何事も, 節子が, 言った

4 [15件] こんなこと, それらの, 三人の, 以前の, 例の, 岡の, 巴里の, 彼女の, 復た, 愛宕下の, 答えた, 節子や, 考えて, 自分で, 黙って

3 [20件] そこに, その部屋, 今まで, 元園町, 兄と, 姪の, 子供の, 家を, 寝台の, 彼女が, 手を, 牧野に, 牧野の, 病人の, 義雄兄の, 老婦人, 胸を, 谷中の, 長い旅, 長火鉢の

2 [55件] あれほどの, この人達, これを, そこへ, その二つ, その側, その前, その手紙, その時, その病室, その窓, その節子, その話, その足, ふいに, ギクリと, ビヨンクウルの, 一緒に, 今, 側へ, 兄から, 兄に, 兄や, 南向の, 国の, 声を, 好きな, 妙に, 嫂の, 彼女から, 後に, 思出した, 想像で, 断った, 旅に, 旅館の, 椅子を, 湯を, 父の, 番町の, 眼を, 知って, 笑いながら, 笑えなかった, 簡単に, 肉の, 胸に, 自分を, 言葉を, 連と, 遠い旅, 門の, 首を, 驚いて, 高瀬と

1 [690件 抜粋] あだ, あっと驚いた, あの不幸, あの勝子, あの四本, あの嫂, あの思慕, あの病人, あべこべに, あらかた世帯, ある劇場, ある漁村, ある私立, ある舞台, ある雑誌, いくらかでも, いくらかの, いたいたしいいらいら, うち萎れた, お篠, がっかりした, きびしい現実, こうしたところ, こうした陥穽, このリモオジュ, この人, この友人, この問, この婆, この屋根, この幼少, この手紙, この断ち, この根岸, この珈琲店, この珍客, この簡単, この縁談, この義理, これから出発, これから当分, こんな空気, こんな言葉, こんな話, じっとし, じっと眺め, すぐに, すべてが, すゝめられた, ずっと簡単, せっせと台紙, せっせと部屋, そうした頽廃, そう云い, そこい, そこにも, そこまで, そのこと, そのまま受け, その一枚, その事, その二階, その仏壇, その便り, その初冬, その声, その夫婦, その奔放, その影法師, その心, その料理屋, その東洋植物, その根, その水辺, その沈黙, その港, その画室, その界隈, その砂揚場, その税関, その空虚, その素木, その言葉, その門, その電話口, その青年, その食卓, その騒ぎ, その骨張った, それぞれ別の, それほど急い, それ以上の, そろそろ引越, そんなこと, そんな旅, そんな覚束, ちと驚きました, つくづく, つくづく澱み果てた, つくづく辛い, つぶやいた, どうしてこんな, どこか, なおやっき, なりました, なるべく他, はっきり思い出した, ふと一葉, ほっと息, またその, また一日, また彼女, また親掛り, まだありありと, まだこの, まだ二人, まだ旅, まだ牧野, もうそんな, もう一度この, もう一度自分, もう二度と同じ, もう準備, もっと広い, もっと激烈, やたらに, やや心, よくそれ, よく子供, よく新橋, よく目立つ, よく節子, よく自分, ろくろく眠らなかった, アベラアルと, コップの, シャトレエの, セエヌ河口にあたる, テエムズの, ニコ, ニコリと, パスツウルの, ビヨンクウルを, ビヨンクウル宛に, マドマゼエルの, リモオジュの, 一つの, 一人に, 一人逆らっ, 一刻も, 一夜を, 一寸そこ, 一年ばかり, 一年余の, 一度国府津附近, 一度彼女, 一息に, 一旦出した, 一時的ながらも, 一歩動いた, 一郎の, 一郎をも, 三年前この, 三年振, 上海に, 下宿に, 下宿の, 下宿を, 不安そうに, 不幸な, 不気味に, 世にもさまざま, 中根夫婦の, 主人の, 久しぶりで, 事情の, 二週間も, 二階の, 云い続けた, 云った, 亡くなった長女, 人の, 人知れず溜息, 今の, 今までの, 今復, 仏蘭西へ, 仏蘭西マルセエユの, 仕事を, 以前から, 以前住った, 何かに, 何よりも, 何を, 何処に, 何時まで, 何時間眠った, 余計に, 倒れるよう, 元来た, 兄との, 兄夫婦の, 先ずそれ, 全くそれ, 全く見知らぬ, 全然見当, 八月の, 再び兄夫婦, 写真屋まで, 冬枯の, 出したくない顔, 出来るだけ, 初めて親夫, 初めて逢う, 別れて, 劇の, 力を, 勘定を, 十七年も, 十四五年この, 半分独語の, 半日民助, 叔父らしい, 台所から, 台所の, 吃驚した, 同じ橋, 同じ路, 名残惜しそう, 名状し, 呆れたよう, 呆然として, 唯々気の毒で, 唯一人の, 唯黙っ, 喪心した, 嘆息する, 四方八方へ, 地べたへ, 地団駄を, 堅く閉された, 墓地での, 変らずに, 夕飯の, 夜汽車で, 大きな長い, 大陸の, 太い綱, 夫婦と, 女の, 女中の, 女性という, 好い案内者, 好ましく思っ, 嫂と, 嫂等の, 嫌な, 嬉しそう, 子まで, 子を, 子供等に, 子供等の, 学校の, 学校宛の, 安心しなかった, 宿を, 宿屋にでも, 宿屋を, 寝衣, 小旅行, 屋外へ, 山国の, 岡から, 岡に, 左の, 巴里に, 巴里へ, 巴里を, 帰国の, 平素めったに, 幼い子供等, 幾度と, 底疲れに, 庭の, 弁解した, 弟の, 当分客を, 彼の, 彼女への, 後の, 後尾の, 心から深い, 心に, 心の, 心を, 心易い, 心配が, 忌々しく思った, 思いついたよう, 思いも, 思い出したくないこと, 思い出したよう, 思って, 恋しい畳, 恥の, 悄れた, 悪い夢, 意地悪く, 意外にも, 愚図, 愛子宛に, 感嘆した, 態と話, 懊悩を, 我ながら, 戦時の, 戦時以来全く, 手に, 抗弁しよう, 折を, 挨拶した, 掃除を, 探して, 改めて嫂, 断言した, 旅から, 旅を, 旅姿の, 既に半ば旅人, 既に図書館, 既に激しい, 日本人には, 日頃めったに, 日頃親しい, 日頃逢い過ぎる, 旧い馴染, 早や, 明るい仏壇, 普通の, 暫くもじ, 更に思いつづけた, 書きかけた旅行記, 書き出した, 最早旅人, 有難く受けた, 望みを, 朝早く, 未だこの, 末の, 本堂の, 机に, 東と, 枝折代りに, 根岸の, 楽しそう, 横浜の, 樹木の, 橋を, 次第に西南, 歩きながら, 殊にいそがしい, 残りの, 母屋の, 気を, 水からでも, 水辺まで, 氷の, 汽車で, 河岸を, 泉太の, 泉太を, 注文し, 洗濯物を, 海から, 海外の, 涙の, 温泉地の, 満洲, 漸くの, 漸く七月, 漸く旅人, 無事に, 父が, 父を, 物の, 独りぎりで部屋に, 独り悄然と, 独語の, 狼狽し, 町から, 町へ, 番町に, 異郷の, 疲れた旅, 病院の, 病院を, 白い立派, 皆の, 皆より, 目慧く, 直ぐには, 相槌の, 眼が, 眼鏡越しに, 硝子戸に, 確かに, 祖母さんに, 祖母さんや, 祖母さんを, 祖母さん達と, 窓に, 立上っ, 笑い紛わした, 笑った, 筆を, 箪笥の, 節子と共に, 節子にも, 精神の, 紙に, 絹商と, 縁側から, 縁側に, 置戸棚の, 美しい眉, 義雄の, 義雄兄に, 義雄兄にも, 翌日の, 聞きつけた, 背中に, 腰の, 腰掛けた, 膳の, 膳を, 自分でも, 自分ながら, 自分まで, 自分故に, 花を, 若い時, 苦しいほど, 英吉利まで, 茫然として, 荒々しく言っ, 葡萄の, 蓄音器の, 行く先で, 裏庭の, 見物の, 言いきかせて, 言い紛らわしたものの, 言ったものの, 言わずじまい, 言淀んだ, 訪問の, 詫った, 話の, 読みつづけた, 誰に, 誰よりも, 警察署に, 赤い毛氈, 起ったり, 起って, 足早に, 身体全体を, 輝子と, 辞し去ろうと, 迎えの, 返事に, 返事を, 迷いに, 連の, 遅く部屋, 遠く離れ, 遠路を, 部屋, 郷国を, 酒の, 酒屋の, 針医の, 長いこと子供, 階下へ, 隣室の, 隣家の, 離座敷の, 電話口に, 電車の, 青い紙, 静かに, 頭を, 風呂敷包の, 食堂の, 驚いた, 高い甲板, 高い石, 高輪の, 鳥渡顔を, 黙し勝ち

▼ 岸本~ (573, 23.1%)

37 胸に 25 心を 18 ところへ, 眼に 17 方を 15 心は, 方で 14 耳に 13 許へ 12 顔を 10 前に, 心に 7 家へ, 方から 6 ために, 家の, 方へ, 胸には, 胸を, 身に 5 側へ 4 下宿へ, 沈思を, 眼には, 耳の, 胸の, 言葉は, 足は, 部屋の 3 ことを, 二番目の, 側で, 名を, 家を, 心の, 見て, 言葉を, 許に, 頭脳の

2 [32件] ような, 下宿の, 下宿を, 口から, 外に, 姓を, 子供等は, 家から, 家では, 家と, 家に, 帰りを, 心にも, 手に, 手を, 方に, 方にも, 旅の, 末の, 本意で, 机の, 気に, 父の, 留守中に, 眼前に, 耳には, 胸は, 胸へ, 胸中を, 行く先に, 足を, 頭は

1 [188件] たましい, つもりで, ところに, ところへも, ものであった, 一切を, 上にも, 上京後小父夫婦や, 下宿には, 乗組を, 二階で, 二階に, 二階へ, 仕事を, 仮の, 住む町, 側から, 側に, 側には, 側へは, 側を, 内部に, 再婚に, 冗談が, 写真と, 出発前に, 初恋の, 前で, 動き方一つでは, 半生の, 又聞きに, 叔母さん, 叔母さんだ, 古い写真, 周囲へも, 問には, 嘆いて, 噂の, 四十二という, 堅く閉した, 報告を, 外には, 外出中に, 外遊は, 外遊を, 夢に, 好きな, 好ましく思う, 妻が, 姉が, 姿が, 子供に, 子供の, 実の, 家で, 家という, 宿に, 宿へ, 宿屋を, 尋ねる家, 居るところ, 居間の, 帰りの, 帰国を, 常であった, 影法師を, 待侘び, 待受けて, 後へ, 心, 心では, 心とても, 心には, 心持は, 心持を, 忠告を, 思い立ちに, 思い立ちは, 思い立ちを, 思わなかったよう, 思惑を, 思立ちは, 恩人にあたる, 想像に, 想像を, 意識に, 感じなかったよう, 態度が, 所望で, 所望は, 手許に, 手許には, 手許へ, 持ってる写真, 方からも, 方が, 方の, 方をも, 旅も, 旅らしい, 旅館まで, 旧い学友, 旧詩, 書き溜めて, 書斎の, 書斎を, 書生時代から, 期して, 未だ見た, 村が, 東京に, 枕頭へ, 様子を, 横顔を, 歩き廻る, 母は, 母親が, 母親や, 決意を, 泊って, 浸って, 為なけれ, 無事に, 父は, 父らしい, 牧野と, 独りで, 独身は, 現に眼前, 生れた家, 生活を, 甥でも, 痛いところ, 癖の, 皮肉は, 相好は, 眼前には, 知らない家, 知らない西洋草花, 知らない間, 知るよう, 神経は, 答は, 精神に, 精神の, 細君は, 考え方は, 耳にも, 聞きたいと, 肩を, 背後へも, 胸からは, 腑に, 腰が, 腰掛て, 腹の中に, 膳だけを, 船に, 苛, 英語は, 見るところ, 親戚で, 言葉に, 詩集が, 詩集は, 話は, 貰った手紙, 身体は, 過去は, 部屋から, 部屋が, 部屋で, 部屋と, 部屋に, 部屋は, 部屋を, 長兄夫婦, 隣室を, 鞄の, 頬を, 頭に, 頭脳へ, 額からは, 顔の, 顔は, 願いは, 食堂で, 鼻へ

▼ 岸本~ (233, 9.4%)

18 言った 14 言うと 7 訊いた 5 言出した 4 言って 3 巴里の, 心配し, 知って, 節子の

2 [13件] 下宿の, 仏蘭西の, 国を, 声を, 尋ねた, 巴里で, 後方の, 恩人の, 懇意に, 旅で, 病人の, 節子に, 自分の

1 [147件] あの谿谷, いら, こうして家庭, この主婦, この人, この墓地, この寺院, この手紙, この祖母さん, これから未知, これまで, これを, そう答える, そこに, そこへ, そこを, その声, その絶交状, それを, そんな深, ふと眼, まだ若かっ, アウストリア対セルビア宣戦の, ビヨンクウルの, マルセエユから, 一人ずつ, 一年近い, 一番年長の, 一番末の, 一緒に, 三年振で, 三番目の, 上って, 上方唄なぞの, 下宿を, 二週間あまり世話に, 住んだ頃, 信濃の, 倫敦出発以来の, 先立って, 入ったの, 初めて園子, 初めて巴里, 別に多く, 勧めた雑誌, 半分串談の, 友達と, 古い小曲, 叱るよう, 同じ窓, 同年配, 告白の, 周囲の, 唯一人の, 国の, 塔の, 夕飯を, 外国の, 妻から, 妻子を, 婆やに, 実際に, 家の, 尋ねると, 少々酔っ, 少年の, 岡の, 巴里から, 巴里に, 帰りかけた頃, 帰りの, 帰国の, 引移ろうと, 彼女から, 彼女に, 待受けた夜明, 心づいた時, 心中の, 心配した, 志賀の, 思い立った懺悔, 悄気切っ, 悪い顔, 想像した, 意を, 愛宕下へ, 感心した, 懇意な, 手を, 持って, 教えた昔, 旅から, 旅に, 旅の, 旅仕度で, 春待つ, 最後に, 末の, 来訪の, 東京へ, 東京浅草の, 極楽と, 歩いて, 母の, 毎日食堂で, 泊って, 浅草時代の, 父の, 父を, 父母の, 牧野の, 独逸の, 町から, 病室の, 病院まで, 病院附の, 矢張それだ, 知るよう, 祖母さんを, 神戸を, 稿を, 節子に対する, 築いた四つ, 約束し, 罪過の, 義雄兄の, 自分で, 自分と, 若い時分, 蔭に, 見たこと, 見聞し, 言ったので, 言下に, 記憶し, 訪ねたいと, 訪ねて, 車窓から, 辿り着いた愛, 送ったり, 遠い旅, 遽に, 郷里へ, 重い毛布, 長兄の, 階下へ, 高い波

▼ 岸本~ (137, 5.5%)

18 取って 15 取っては 10 言って 5 言った 4 して, 言わせると, 随い 3 取っても, 向って, 思わせた, 指して, 言われて 2 取出して, 告げた, 宛てて, 尋ねた, 見せた, 訊いた, 話し聞かせた, 起って, 逢いに, 随おうとする

1 [42件] ささやいた, それが, ぴったり身, 与えた, 伝えること, 何を, 別れを, 安心を, 引合せた, 打明けたの, 気を, 汲取って, 注意する, 疑問として, 続いて, 船着場を, 蘇生の, 見えて, 見せるため, 見せるもの, 見せるよう, 見せ岸本, 見出したという, 言われても, 話しかけながら, 話しかけに, 話した, 話し始めた, 話し聞かせたこと, 話し聞せた, 語り得なかった, 語り聞かせた, 説明し, 起させた, 起させるもの, 近く来た, 近づいた, 通わせた, 逢いたいと, 酒を, 随おうとし, 餞別と

▼ 岸本~ (80, 3.2%)

7 待って 5 見に 4 見て, 連れて, 驚かした 2 乗せた船, 前に, 待受けて, 笑わせた, 紹介し, 見ながら

1 [44件] いやがらせた, じろじろ眺め初めた, にらんだ, 促した, 利用し, 力に, 励した, 励ますよう, 区別する, 叱るよう, 名のる, 名乗る家, 呼ぶ一同, 呼んで, 噴飯させる, 困らせた, 導いた, 導いたの, 導いたもの, 引きつけた, 引留めて, 待ちつづけるよう, 待ち受けて, 待つという, 慰めて, 抑制めない, 捜しに, 探すよう, 教会堂まで, 案内した, 楽ませた, 淋しがらせた, 眠らせなかった, 絶交し, 落付か, 見つけて, 見掛ける度, 見送りに, 見送ろうと, 試みた, 試みないでは, 誘って, 迎えて, 静止さして

▼ 岸本には~ (57, 2.3%)

3 それが, 考えられなかった 2 嬉しかった, 思われた, 見えて

1 [45件] あの仏蘭西印象派その他, あの墓, いじらしく思われた, このこと, この旅, それも, まるで, まるで訳, めずらしかった, もう秘密, 一寸それ, 七年の, 何か, 何となく国, 余り好い, 別にそれ, 動かないでは, 可哀そうに, 好都合であった, 妙に, 忘れがたい, 忘れられずに, 思いやられた, 想像も, 感ぜられました, 改まって, 既に小, 更に分らなかった, 正月の, 気がつかなかった, 珍らしい, 異人という, 知ること, 続いて, 船にでも, 見て, 見知越し, 観て, 言えなかった, 訳が, 起きて, 起って, 返事の, 通じなかった, 遠いところ

▼ 岸本~ (34, 1.4%)

1 [34件] しばらく彼女, その後に, その花, また動こう, まだ若く, めずらしく酔った, よく知っ, 一緒に, 不用意でした, 仕方なし, 例より, 停車場まで, 友人の, 同行を, 委しい事, 心ひそかに, 忸, 思っても, 気を, 洋酒の, 相変らず, 看て, 答えて, 節子も, 背中を, 言った, 詰って, 貰わないでは, 足早に, 部屋に, 隅田川に, 雨や, 骨牌の, 黙って

▼ 岸本さん~ (31, 1.2%)

2 は気

1 [29件] お国, その娘, だ, です, ですか, ですら, では, という方, とは何, と来たら, なぞはもう, にお, には綽名, に御, のよう, はお, はそんな, はまだ, は何, は坊主, は子供, は滝さん, は長く, もうすこし顔, も万更, も来た, を一つ, 争われないもの, 頼みます

▼ 岸本~ (24, 1.0%)

5 一緒に 2 牧野とは, 節子との

1 [15件] マダムとは, マダムの, 並んで, 二人で, 云う青年, 前後し, 同じよう, 同じ旅館, 姪との, 対い合った, 彼等とは, 書記とが, 殆ん, 話す場合, 顔を

▼ 岸本から~ (16, 0.6%)

3 見ると, 言えば 1 三年前に, 云えば, 出した手紙, 実際の, 焚きつけられて, 贈ったもの, 贈った珠数, 送った手紙, 送った男, 離れなかった

▼ 岸本~ (16, 0.6%)

2 は巴里

1 [14件] がこういう, が巴里, なぞも一度, のため, のよう, の独り, の立合, の詩集, は何, は時々, は知らない, もう一度骨折, を尊敬, を思っ

▼ 岸本~ (11, 0.4%)

1 [11件] が七時間, が楽しい, が着いた, に対しては又, の宿, の腰掛けた, の荷物, の顔, は停車場前, を引合わせた, を見送り

▼ 岸本にも~ (8, 0.3%)

3 よく感じられた 1 出掛けて, 感じられた, 直にそれ, 見えて, 言えなかったが

▼ 岸本由豆流~ (6, 0.2%)

1 が件, に請待, の万葉集攷證, の向島, は, は寛政元年

▼ 岸本監督~ (6, 0.2%)

1 の言葉, はさすが, はすぐ, は一男, は低い, は喉

▼ 岸本先生~ (5, 0.2%)

1 の発音, はお目にかかる, は何, は真実, もしばらく

▼ 岸本一人~ (4, 0.2%)

1 になっ, に宛, の外, より外

▼ 岸本兄弟~ (4, 0.2%)

1 のため, の家, の家族, を生んだ

▼ 岸本捨吉~ (4, 0.2%)

1 が, で立て, と連名, を捨て

▼ 岸本誠太郎~ (4, 0.2%)

1 はもう, はケラケラ, もさすが, をねぢ

▼ 岸本青年~ (4, 0.2%)

1 がニコ, の依頼, はとうとう, は所在

▼ 岸本では~ (3, 0.1%)

3 無かった

▼ 岸本さん僕~ (2, 0.1%)

1 はこの, は御

▼ 岸本だけが~ (2, 0.1%)

2 残った

▼ 岸本との~ (2, 0.1%)

1 交通を, 比較が

▼ 岸本とは~ (2, 0.1%)

1 互いに不思議, 道頓堀の

▼ 岸本はさ~ (2, 0.1%)

1 も重荷, 程子供等

▼ 岸本よりも~ (2, 0.1%)

1 半年ばかり, 多くの

▼ 岸本啓介~ (2, 0.1%)

1 の耳, はそう

▼ 岸本園子~ (2, 0.1%)

1 の墓, 之墓

▼ 岸本独り~ (2, 0.1%)

1 寂しく留守, 残った

▼1* [47件]

岸本からの返盃を, 岸本さえ今まで, 岸本さんあなたはどう, 岸本さんあなた身投の上った, 岸本さんスエズを経由, 岸本さん一緒に東京, 岸本さん主人が喧しくっ, 岸本さん嫌に支倉さん, 岸本さん岸本さーん, 岸本さん御覧なさいあれ, 岸本さん心配しなくても, 岸本さん火でも焚きましょう, 岸本さん精がでる, 岸本さん警察なんて随分, 岸本さん髭が無くなりました, 岸本さーん, 岸本だけにはそれが, 岸本だけをそこに, 岸本であっても三年, 岸本であったということ, 岸本とか云う君, 岸本とがそこへ, 岸本とも一緒に, 岸本と共に時を, 岸本にまで伝わり遺って, 岸本に対しても遠慮が, 岸本向って, 岸本より先に, 岸本よりはずっと年少, 岸本をも鈴木の, 岸本一門の名誉, 岸本名宛で, 岸本以下数名の青年, 岸本君今夜は大いに, 岸本君僕はもう, 岸本嘉代とした, 岸本の先祖, 岸本弓弦がある, 岸本清一郎と云う, 岸本清一郎青年である, 岸本由豆流此年三十三歳であつ, 岸本義雄とした, 岸本自身も動い, 岸本親子なぞが嫂達, 岸本誠太郎妻初とな, 岸本辰雄熊野敏三磯部四郎本野一郎の諸, 岸本通夫氏が送っ