青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「岩~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

山口~ 山崎~ 山本~ 山田~ 山脈~ 屹度~ ~岡 岡~ 岡田~ ~岩
岩~
岬~ 岳~ ~岸 岸~ 岸本~ 峠~ ~峰 峰~ ~島 島~

「岩~」 8345, 86ppm, 1288位

▼ 岩~ (2346, 28.1%)

336 上に 53 上で 51 間に 50 上を 41 間を 31 ような, ように, 上には 30 間から 19 蔭に 18 中に 17 上から 15 かげに, 中から 14 上へ, 下に 11 下から, 方へ, 陰に 10 間の 9 うえに, 下の, 下を, 大塊, 廊下を, 蔭から, 間へ 8 割れ目から, 裂目から 7 すきま, 中の, 前に, 壁に 6 あいだに, やうに, 下は, 根に, 橋を, 窪みに, 露出した

5 [12件] ある所, かけらが, かけらを, かげから, ところへ, やうな, 割れ目に, 肌に, 色は, 蔭へ, 隙間から, 面に

4 [25件] あいだを, あるところ, くぼみに, さけめに, ために, ぬめりを, ほとりに, トンネルの, 下で, 下には, 前の, 壁の, 崖の, 崩える, 斜面に, 斜面を, 根を, 穴の, 端に, 蔭で, 裾を, 間で, 間には, 頭が, 鼻を

3 [50件] あいだから, あたりで, あひだ, ある山, うえで, かげや, かたまりが, さけめが, さけめの, われ目の, トンネルを, 上では, 上にでも, 上の, 下へ, 中を, 凹みの, 割れ目が, 割目を, 半面仮, 名が, 塊が, 壁, 天井が, 如くに, 家へ, 島が, 戸を, 根には, 根方に, 死骸が, 狭間から, 破片が, 端へ, 背に, 腹に, 色が, 裂け目に, 角に, 角を, 足型を, 陰から, 陰や, 隙間に, 頂上に, 頭に, 頭の, 頭を, 顔は, 鼻へ

2 [124件] あること, あるの, うえを, かけらに, かげには, かげへ, かげ又は, かたまって, ことは, ことも, さけ目に, さけ目を, すき間の, そばへ, ところまで, なかに, ほうへ, ほとりへ, まはり, むこうへ, わたしの, われめから, われめの, 上が, 上である, 上まで, 上より, 中からは, 中で, 中には, 傍へ, 傾斜面を, 先に, 円天井が, 凝灰岩大, 処に, 凸凹が, 出たところ, 出っぱりに, 出張った処, 列が, 割れ目を, 割目に, 原を, 向うの, 向ふ, 周囲を, 唇の, 堆積で, 堆積を, 壁が, 壁は, 声が, 多い山, 多い岸, 天井に, 天井は, 奇眺望の, 奥に, 奴は, 姿を, 家では, 層が, 山を, 崖うしろを, 崖に, 廊下に, 形が, 形に, 影から, 影は, 後へ, 扉の, 手がかりを, 方で, 方を, 日溜りに, 柱が, 根へ, 横裂面は, 歯が, 母親が, 浴槽に, 火山が, 痩尾根を, 瘤を, 砕石を, 碑が, 突き出て, 第一, 組上なり, 絶壁を, 群と, 肋骨を, 肌から, 肌を, 膚が, 蔭には, 蔭を, 裂け目から, 裂目に, 襞に, 襞には, 角, 角で, 角へ, 質が, 辺で, 道を, 鐘, 間や, 陰も, 隆起を, 階段が, 隙き, 露出し, 靴型を, 頂きに, 頭へ, 頽れ, 顔であった, 顔を, 高さ, 鼻の

1 [830件 抜粋] あいだこんもり, あいだの, あからさま, あたりに, あたりの, あたりまで, あはいには, あらわに, あるもの, ある支溪, ある淵, ある近所, いただきから, いた証拠, うえの, うしろにも, うららかな, おじさんかね, おひ, おもて, かけらばかりの, かけを, かげだ, かげで, かげを, かたまり, かたまりは, かどでも苔, からだの, きり岸で, くせに, くぼみには, くぼみや, ことに, これ程明瞭, ごときかたまりを, ごとく道, ごとく金吾, さけめです, さけめを, さまいと, しづくが, しわ目と, すぐむこう, すぐ近い, ずっとむこう, そうし, そばに, た, たたずまいから, たたずまい皆殿下の, つきるところ, てっぺんに, てっぺんへ, でっぱったところ, とげとげしきも, ところにばかり, どこから, どの谷, なかの, はざまに, はだにうつっ, はなを, ひとつひとつに, ふたを, ふやけたよう, へ物凄く, ほかなにひとつ見る, ほら穴の, まがりかどから, まんなかに, むこうから, むこうを, めぐりに, もと山, やったこと, やつ登っ, ようじゃ, ようだ, ようなすわり, ろうごく, わずかに, われめにでも, われ目から, われ目を, ゴツゴツした, デコボコ道を, トンネルです, ナイフエッジに, 一つが, 一つすら, 一つへ, 一つ一つに, 一つ海中に, 一に, 一党を, 一所へ, 一端へ, 一部に, 上, 上からでも, 上であった, 上です, 上と, 上などに, 上なる, 上において, 上の山に, 上は, 上または, 上をば, 上僅か一尺ばかりの, 上層が, 上部には, 下だ, 下なる, 下ゆく, 下より, 不祥な, 丘が, 丘つづき, 並んだ処, 中へ, 中央に, 中腹には, 中虚を, 乗った汽艇, 亀裂せる, 亀裂などは, 事じゃ, 亡霊に, 亡霊も, 仇, 仲を, 住居に, 作左衛門以下千五百人有家の, 側で, 側は, 側まで, 側面等に, 傍で, 傍を, 先へ, 先端は, 入江の, 内側へ, 冷たさ, 処へ, 凹みに, 凹みを, 出たけんそ, 出っ端に, 出来が, 出鼻を, 切り角から, 切れめの, 刷毛目の, 前まで, 前や, 割れ目の, 割れ目へ, 割目から, 割目の, 区別が, 危きも, 原の, 古い方言, 古焼, 名かも, 名の, 名は, 名刺を, 向うでは, 向うには, 向こうからの, 向こう側は, 向ふで, 呼ぶ声, 命令で, 唇に, 唇を, 四方に, 土地, 在りかも, 圭角を, 地域が, 城めがけ, 城門が, 堆積した, 堆積であっ, 堆積の, 塊を, 墨いろ, 壁かがやく, 壁です, 壁を, 壁面が, 声は, 変化によって, 変貌を, 多いの, 多い側崖, 多い切り立った, 多い小道, 多い島, 多い水涯, 多い海, 多い海辺, 多い磯, 多い細径, 多い草地, 多い路, 多い難所, 大きなさけ目, 大きなやつ, 大きな裂け目, 大岩小岩が, 大棟, 大破片, 大腸を, 天井の, 天地の, 奇は, 奇岩の, 女頭巾, 如き恰幅, 如き深成岩類, 如く刎, 如く千筋, 如く獣の, 妖精草の, 姿が, 姿に, 姿も, 婿養子に, 子分である, 孔を, 字に, 宮殿の, 家は, 家へも, 寝て, 小島が, 小島な, 尖りが, 尖りは, 尖塔が, 尽きた堂, 屋根を, 屏風の, 屏風を, 山で, 山であっ, 山に, 山上から, 山上で, 山脈や, 山道を, 岩かげから, 岩壁で, 岬まで, 岬を, 峙ちたるに, 峡や, 峡を, 峯の, 峻峰と, 峽間の, 崖と, 崩れ, 崩れが, 崩れた趾, 崩れる音, 崩れ落ちる音, 川中に, 左頬に, 幔幕, 平原も, 年よりも, 庇から, 床で, 床に, 廊下の, 廊下へ, 弧の, 形, 形で, 形なども, 形は, 影が, 影で, 影の, 往生である, 後から, 後に, 急傾斜, 急峻な, 急斜面を, 怨念の, 悲運, 戸が, 扉が, 扉は, 手から, 手前に, 手前まで, 抜け出た大穴, 散つて, 数々, 斜面が, 断崖に, 断崖絶壁削る, 斷層面が, 方は, 方面や, 朋輩の, 東の, 松原と, 枕だけ, 根から, 根が, 根の, 根元に, 根本に, 根締めやら, 桟も, 梯子に, 様子を, 樋から, 横腹へ, 橋が, 櫃も, 歩廊は, 死骸に, 段々を, 殿堂を, 氣窮まりなき, 水たまりに, 河太郎, 洞窟から, 洞窟の, 浴槽で, 海岸を, 淵の, 炎の, 熔けたもの, 爛砂が, 片眼, 牢の, 牢屋が, 特性を, 独言を, 狭間からは, 狭間に, 獄屋に, 現はれ, 生際, 畳みの, 疑問が, 痩尾根で, 登りが, 皮を, 真下辺りで, 着て, 石滝が, 破れ目から, 破片とも, 硬石, 碎けを, 磯で, 礫を, 稜を, 穗を, 穴でも, 穴に, 突出かと, 窪みの, 窪みを, 窪を, 筋目に, 節理に, 精か, 絶壁であっ, 縁に, 罅け, 罅隙から, 美が, 美事なる, 群が, 群を, 義, 聳えた渓川, 聳え立った谷, 肌さえ, 肌へ, 肩が, 背後, 胸の, 腰掛けへ, 腹から, 色から, 色丹く見ゆる, 色赤し, 苔枯れはて, 荒肌ふき割りて, 荒野の, 蔭, 蔭からも, 蔭などに, 蔭は, 蔭樹の, 蔭道た, 薬か, 蝶黒し, 行く方, 衣裳を, 表面は, 裂けめから, 裂け目などに, 裂目からは, 裂目からも, 裂目という, 裂目には, 裂目や, 裏で, 裏の, 裾から, 襞が, 襞を, 見えてる傍, 角には, 許へ, 認められること, 讐じゃ, 谷や, 赤くなっ, 起伏も, 足型が, 足首を, 身体が, 身体は, 軒からは, 輻射も, 辺などには, 辺りで, 近くでは, 近くに, 途中で, 逼る, 道に, 道も, 部屋で, 重なった間, 重疊, 鋭い頭, 錯峙した, 長柱, 門を, 間などに, 間は, 間を通して, 間岩の, 陰ったところ, 陰にも, 陰へ, 陰を, 陰木の, 陰道小松を, 隈々に, 隙間などで, 隙間を, 隠れたの, 露われ, 露われた, 露出で, 露出の, 青い鋸, 面は, 面へ, 響全く, 頂から, 頂に, 頂上は, 頗る曖昧, 領内を, 頭滲み出る, 額は, 顔から, 顔色は, 風化作用に, 飛び石だった, 骨が, 骨を, 骨書は, 高い断崖, 髪梳き, 髻を, 鬼魅の, 鶯が, 鼻に

▼ 岩~ (720, 8.6%)

39 腰を 16 腰かけて 11 激し 9 当って 8 せかれて 6 砕けて, 足を 5 なって, 手を, 身を 4 あたつ, くだけて, して, つかまって, ぶつかって, 穴を 3 両手を, 凭れて, 堰かれて, 変って, 牡蠣, 登って, 立って, 腰掛けて, 頭を

2 [52件] かくれて, かじりついても, さわりながら, しがみついた, しみ入る蝉, たたきつけて, ちがいない, ちょいと, とどいた, なった処, ひっ付いたみて, ぴったりと, ぶっ裂かれた, ぶつかつて, ゐて, 何かの, 傷が, 取り縋って, 向かって, 咽ぶ早川, 堰かれ旭日, 婿養子を, 孔を, 平に貼り, 座ったり, 当てて, 打ち込んでは, 打つかって, 挟まれて, 撞き当って, 沿うて, 沿ひ, 波が, 準長石, 激する, 生えて, 砕けては, 砕ける響, 突き当って, 立ちどまり, 綱を, 線を, 腰うちかけ, 薊咲かせ, 裂け目が, 触れ氷, 觸れ, 送った, 遮かれて, 隠れて, 雪が, 飛びかかって

1 [455件] あがった, あがって, あがるため, あがろうという, あたってから, あづけし, あてて, ありしたか, うちあたる, うちあてまた, うちつけて, おくる方法, おちたり, かいて, かかり流れ, かきつけ侍りける, かくれある, かくれたと, かこまれた浴槽, かこまれた盆地, かこまれた部屋, かこまれ一方, かじりついたとき, かじりついて, かじりつきわなわな, かじりつき生きた心地, かじりつくところ, かたよりて, かなづちを, かぶりついても, かみつくやう, からむこと, くくりつけて, くくりつけるん, くだけざらん, くだけしぶき, くだける水流, くだける水音, くだけ一枚岩, くっつくよう, くっつけて, くっ着いて, くつ, くらべれば, ぐるぐるぐる, こだまし, さいなまれて, さえぎられて, さまざまな, さわって, しが, しがみついて, しがみつき, しがみつきながら, しがみつけ, しっかりと, しばりつけて, しみこんだよう, しみついて, しみ入, すがって, すがりつきたく波, すがり一歩一歩, せかるる其の, せかるる瀧川, せかれては, せかれながら, せきれい, せばまれたる一条, そって, ちらちらと, ついたまま, ついたもの, ついた苔, つかまったまま, つかまりながら, つきあたらないよう, つきあたりました, つきて, つくたくさん, つたわりながら, つないで, つながれて, つなぎては, つばさを, つまずいたん, つまずいて, つッ, ところどころ小さな, とどいて, とどかないほどの, とどきますよう, とりついた, どしん, なったところ, なったの, なった表面, なつた, なつて, なにか当った, ならんで, なる, のって, のぼったらいきなりすぐ, のぼりけりか, のぼると, はえた松, はげしくつきあたる, はさまり見ゆるかな, はさまれたまま, はらんば, ひざまずいて, ひしがれて, ひしがれる骨, ひそます恐ろしき, ひそめるかもめ, ひっか, ひっかけて, ひらみついて, ふたりなら, ふれて, ぶちあたって, ぶっつかり材木, ぶっつかる音, ぶっつけられて, ぶっつけるつもり, ぶっ衝, ぶつかった, ぶつかったため, ぶつかったと, ぶつかったの, ぶつかっても, ぶつからないの, ぶつかりくさった木, ぶつかります, ぶつかり岸, ぶつかり方, ぶつかり脾腹, ぶつかり船, ぶつかり逆巻いて, ぶつかり遠く, ぶつかるならん, ぶつかるの, ぶつかる前, ぶつかる大, ぶつかる如くはね返され関取, ぶつかる浪, ぶつけて, へばりついて, べつたり, ほりつけて, またがったの, またがって, またがりしなびた皮, また一杯, まつ白な, みんなおのずと, もたせかけるが, もつれて, やせかれる, よじあがろうと, よりかかった, よりかかったり, よりかかって, ミヂンと, 一々名, 一つかみの, 一人腰掛け, 一条の, 上った時, 上りて, 下る道, 乗りあげると, 乗り上げた舟, 乗上げて, 乳や, 人が, 付いて, 会ったがの, 似た岩群, 似て, 似ぬ人, 作られた洞穴, 來る, 倚り, 倚りか, 倚りかかった, 倚る, 傳は, 凍りついて, 凭つて腰に, 凭れ掛りさま一息, 出来た巨大, 刻まれた人, 刻まれて, 刻みつけられて, 刻られた, 刻んだとて, 刻んだ段々, 刻んで, 匍ひ上り, 化けたの, 化つて残つた, 印されて, 印しただけ, 及べるを, 反響し, 反響する, 取り付くばかり, 取り縋り半死半生, 取り附きかねて, 取付い, 口つけ, 口づけて, 口づける, 叩かれる水, 叩き付けた, 向って, 吸ひつけられ, 囁く, 土橋が, 坐するに, 垂れ下, 堰かれたおり, 墜つ, 大きなほら穴, 大きな檜笠, 大小二つの, 夫人の, 寄せて, 密着してる, 対した姿, 居て, 届かないで, 属して, 嵌つた金粒, 布を, 帰った, 幾らも, 引か, 引きあげられるの, 引っか, 引っかかりなかなか, 引っかけると, 引つかけ船, 引ッかかっ, 当たり幽か, 当ったので, 当る怒濤, 彫って, 彫りたる他, 彫刻を, 彫物ある, 從ふ, 愚僧共が, 戞然と, 打ちあたる波, 打ちつけて, 打ちつけられそれ, 打ちつける, 打ち上げられたの, 打ち付ける所, 打ち寄せて, 打ち掛けて, 打つか, 打揚げられ, 打突かる, 投げつけたいと, 投げつけられたと, 抱きついて, 押しつけられて, 押し潰されりゃもうどう, 挟まり動く能わず作事奉行川上某, 挟まれた深い, 捉まっ, 掘った小さな, 推移し, 掻き上って, 搦むで, 搦んで, 攀じ洞, 攀じ登るなんぞが, 攀じ藤づるにつかまって, 攀上る, 攫り, 攻められた不規則, 散る波, 映山紅盛, 来たり, 松ありつ, 松の, 架けて, 止めて, 残して, 残れる夕空, 比す可, 注連を, 流れついた, 流れついたおわん, 浸込んで, 深くジグザグ, 深く刻まれた, 深く穴, 湍く, 湛えて, 潜って, 激し砂辺, 爪かけ, 片足おかけなすった, 片足を, 牡丹の, 獅噛みつい, 獅噛みついた, 獅噛みつき, 獅噛み付いた, 現れた自然, 痩せた身体, 登った, 登ったり, 登る, 白く立ち, 白菊一輪だ, 眠る川, 着いた, 着物を, 着生し, 矢を, 砕かれるか, 砕くる数丈, 砕くる波, 砕くる遠海, 砕けたよう, 砕けた死, 砕けつつ, 砕けると, 砕けるよう, 砕ける水煙, 砕ける波, 砕ける白い, 砕け日, 砕け滔々, 破らるるとも, 碎かれて, 碎くるわが, 碎くる波, 碎くる海邊, 碎けて, 碎けては, 碎けるの, 確かと, 祠の, 突きまた, 立てかけた自分, 築かかる, 紫と, 結んだ針, 絡まって, 続く, 緊乎結び付け, 緑青が, 縋ったまま, 縋って, 縋り付いて, 縋り草, 縋るべしされど, 縛ばられ, 縛られし所, 置いて, 群がり, 背を, 胸打ち, 脱いだ白足袋, 腰かけた, 腰かけたが, 腰かけた素子, 腰かけとりあえず, 腰かけとりあへず食事, 腰かけ樹, 腰打ち掛けたる, 腹を, 腹這ひ, 自分の, 自然の, 至ると, 舟底を, 舫って, 苔むしてさ, 落ちつく木の葉, 落ち波間, 落ち附く枯葉, 落つく木の葉, 薫は, 行かなぐり上り, 行くには, 行手を, 衝きあたって, 衝突船は, 衣を, 裂かれたる向う, 裂目が, 襞や, 見え喜兵衛, 触れて, 觸る, 變じ, 走る, 赴き暴風雨, 足がかりを, 踊った水, 踏みかけて, 踏み堅め, 踏み懸けては, 躍り渚, 躓いた, 躓いて, 躓ずき, 身体を, 近づいたころ, 近づけば, 送って, 這うて, 達すると, 遮られて, 鉄分ある, 開き戸が, 阻まれた水, 附て, 附着し, 降りて, 限らず国見山, 限られて, 随い, 隔てられた道, 隠れるさえ, 集注する, 雲が, 項を, 額を, 類似せる, 飛びあがつたとさ, 飛び上がり西, 飛び付こうと, 飛び移ると, 飛び移る長次郎, 飛び移ろうかと, 飛び降りて, 飛んだ, 飛沫し, 食いつくよう, 食事を, 駈け上り名, 鳥が, 鳴る水, 黒ペンキで, 鼻でも

▼ 岩~ (548, 6.6%)

18 の下 15 の上 9 の暦 6 の間 5 との間, を露出 4 であった, の裾 3 である, にし, に懸けられた, の奥, の横, の突端, の縁, へ背

2 [38件] が屹立, が高く, であるから, には無数, に凄, に向っ, に沿う, に添っ, に私, のある, のすぐ, のパイプ, の一方, の一角, の中, の中途, の傾斜, の凸凹, の壮大, の大, の彼方, の水, の窪み, の色, の襞, の面, は大陸, は高く, へ走っ, へ身, をよじ, を刳り抜い, を削りとっ, を搦, を登っ, を見上げ, を離れた, を露

1 [382件] あるいは渓流, からである, からは離れなかった, から下っ, から体, から反射, から岩, から差し出した, から滝, から滴, から火, から直ぐ, から落ち, から逆様, から長々, があっ, があり, がある, がいきなり, がすこし, がちょうど, がよく, が丁度一輪, が何十, が光り出した, が前方, が厳然, が右側, が屏風, が崩れ, が更に, が殆ど, が段, が河, が流動, が深谷, が現れ, が痛々しい, が穹窿, が聳え, が蒼黝, が蝙蝠, が見えます, が赭, が重なり立っ, が長く, が露出, が鶏冠, さえも私, そばだちその, だから, だった, であつ, でありそして, であろうと, でずっと, でそれ, ではない, でも百米前後, で囲まれ, で塞き止められ, で片側, で皺襞, で造られ, という, という岩壁, とそれ, となっ, と其間, と天井, と岩礁, と斜面, と洞窟, と雲, なども露出, など充分目, なり, にあたり跳ね返っ, にかじりつい, にかじりつき, にくだけ, にこだま, にしがみつき, にしたたる, にそ, にたたき附ける, につづい, にとりかかった, になっ, にのしかかっ, にはいつも, にはさまざま, には太い, には年月, には採光, には斜, には氷河, には白樺, には見張り, には頂上, にひたひた, にぶつかる, にぶつつ, にもさ, にも高山植物, によじのぼり, によぢ, によって他, にクリーム色, にチロチロ, にピッタリ, にベタベタ, に一, に丁度, に下す, に二, に仏像, に余り雪, に刻, に刻まれた, に十誡, に反射, に反響, に取り付く, に取り着けられた, に名付けられた, に吹き付ける, に喰い入っ, に囲まれ, に囲まれた, に塞がる, に大きな, に密集, に小さく, に平行, に幾たび, に建て懸け, に彫った, に彫刻, に懸けられ, に懸け連ねられた, に打ちつけた, に接した, に摺りつけた, に撞き当る, に據つて, に日傘, に横, に水, に沿い, に深く, に添い, に熱烈, に白い, に着生, に示され, に穿った, に突き当たっ, に窓, に縋り, に縋る, に背, に背中, に腰, に術, に衝突, に近き, に逆巻く, に這, に適用, に遮られ, に青く, に額, に高山植物, に黙々と, ねアンザイレン, のあいだ, のあたり, のうえ, のこと, のつづき, のところ, のところどころ, のやう, のよう, のクラ, の一たん, の一外国船, の一寸, の一片, の一箇所, の一部分, の中段, の中腹, の二分の一, の八人, の内側, の内部, の切れ込み, の前, の半圏, の南, の右, の右側, の向う, の喰い欠かれた, の坂, の外, の外輪, の天, の奥深く, の尖頂, の山, の峭抜, の左側, の截, の所, の擦, の方, の根, の根方, の森林, の横合, の横道, の溝, の濃い, の狭間, の痛, の白い, の破れた, の穴, の空, の突処, の窪, の符号, の筋目, の肌, の背, の背後, の脈, の腰, の苔ら, の蔭, の表面, の裂け目, の褶, の記号, の誌文, の豪宕壮大, の附近, の隙間, の隠れ, の頂上, の頭, の高, の高い, の鷹, の麓, はある, はいつの間にか, はこの, はとても, はまん中あたり, は一層, は一波, は両側, は両方, は切り立てた, は前, は動かない, は十町, は多くうす赤い物々しい, は容易, は微動, は攀, は日本アルプス, は最早, は果て, は楽, は次第に, は殆, は水際, は百米余, は益々, は石, は硅岩, は鉄色, は青味, は鹿島槍側, へくっ付い, へさ, へひきよせる, へぶらさがっ, へもたれた, へピッタリ, へ上つて, へ仰向け, へ体, へ出, へ届く, へ押し寄せ, へ更紗, へ照明, へ爪, へ走った, へ躰, までぶるぶる, もありません, もある, もすべて, も上半部, も天井, も水, も物, や木の根, や裂目, や頂, よりも寧ろ, より火焔噴出, をかく, をかけのぼっ, をこすり, をさぐっ, をつたい, をつたっ, をてらした, をまわっ, をまわらね, をも一層, をよじ上り, をよじ登っ, をよじ登らなけれ, をグイ, をポクポク, を上り下り, を仰い, を動かし, を厚く, を右, を向こう, を圧しつけ, を境目, を多く, を天外, を封じ, を峙て, を峰伝い, を幾万, を意味, を手探り手探り奥, を打ち砕い, を指, を控え, を攀じる, を攀ぢ, を斜め, を検, を無数, を爆破, を穿ったる, を突崩, を突破つて, を縫い, を背, を背後, を背景, を舞い下り, を裸出, を見た, を見られ, を見る, を見上げる, を身, を輝らす, を辿る, を這いずっ, を這っ, を離れ始めた, を飲込ん, を駆け下り, ヲ見, 高く瀑布

▼ 岩~ (544, 6.5%)

12 あって 8 あった 7 ある, 出て 5 落ちて, 露出し 4 あつた, あるの, まるで運動場, 四角に, 根の, 突出し, 立って 3 ありました, あります, あると, いくつも, なくなって, 二つに, 川の, 突き出て, 聳えて

2 [39件] あったから, あつて, あらあ, ありその, あるか, いつか離れ島に, うずくまって, けずられて, たくさん縦の, ところどころに, なくなった, ならびその, われて, グルリと, 並ぶと, 剥がされると, 動いて, 多くて, 多くなった, 大へん柔らか, 屏風の, 岩に, 崩れて, 川に, 幾つか, 幾つも, 根に, 根を, 父さんに, 現れて, 秩序無く, 穿れ, 縦に, 裸に, 見える, 赤くなった, 重なり合って, 雨に, 顔を

1 [367件] あちこちに, あちこち朝の, あったが, あったの, あったので, あったら踏み越え川, あらわれて, ありましたので, ありますね, ありまた, あり専門, あり山上, あり岩, あり春先, あり犁, あるさうかと, あるそう, あるだから, あるでしょう, あるでせう, あるわけ, あるん, ある岩, ある訳, ある雲, いうの, いきなり横, いたるところ, いちどきにこっち, いちめんの, いやです, うかんで, うごめいて, うす白く輪かく, おそろしい顔, おのずから進む, お母さんの, かけたら私, かさなりあうこと, がんばった両側, きに, くずれた, くずれて, くだけ落ちます, くれ, くれに, ぐらぐらと, ぐらりと, けわしい上, ここ其処に, こぶの, ころが, ころがって, こんなになっ, こんなに小, ごつ, さまざまの, しかたなし, じゃまに, すぐ目, すべるよ, するどくそそり立ち, ずぶりと立っ, そういう形, その周囲, その外, その時, そばだって, そばに, そびえて, そび立つ, たくさんあっ, たくさんあったろう, たずねました, たたまり, ただ真青, たびたびみち, ちぎって, ちょうどさっき, ついそこら, つかめるもの, つきたつて波, つき立って, つき立つてる, つまって, つまり道という, つるりと動き出した, でございますか, でっぱって, とび出して, とり囲み平常, どいて, どこまでも, どなった, どのくらい, なくそれ, なくなりましたので, なだらかな, ならんで, によつきり, ねに, はげしい鋭さ, はっきり見えない, はるか下の, ぱくりと口, ぱっと二つ, ひとつ墜ちる, ひとつ海の, ひとつ飛び出た, ふたの, ぶちやぶっ, ほんとうに, ぼろぼろ上, まいりました, むきだしに, むき出しに, むき出しの, もとは, もりあがって, やらじと, ゆらゆらと, ゆるんだの, ゆるんだん, ゆれだすよう, ゆれるよう, アデンそのもの, グラリと, スックと, セメントで, ヌメヌメと, バネ仕掛けの, 一つあった, 一つありました, 一つだけ, 一つ枯草の, 一列に, 一夜に, 一杯で, 一面に, 七つ水面に, 三つばかり, 三つ四つ積み重ね, 三町ばかり, 上の, 丘の, 両側に, 両方の, 並び滿潮, 乗って, 乱れ立ち水, 乱立し, 二つならび, 二つ三つ重り合っ, 二十一の, 今でも, 今にも転がろう, 今の, 伊右衛門の, 低くなっ, 何千年という, 何百と, 傾斜の, 凄い顔, 凹んで, 出来て, 削壁, 前に, 割れたぞ, 割れて, 動かせたとしても, 動きだした, 動きだして, 動く, 動くって, 勤むる参謀本部に, 半身を, 危く段を, 危険な, 口を, 右の, 向側から, 四つ五つ並ん, 在る, 垂氷の, 多いから, 多くなっ, 多く従って, 多く濡れ, 多く露出, 多少の, 大きくなっ, 大きくなる, 大きくひろがっ, 大きな岩, 大峡谷, 奉公先を, 好くなっ, 妊娠し, 妙な, 室町の, 容易くころげ落ちた, 寄りあつ, 尊崇し, 少しばかり, 少なくて, 尽きると, 層層として, 屹立し, 岩と, 崩れ落ちて, 川でも, 帯状を, 帰って, 平凡に, 平板状に, 庖厨の, 引つか, 後へ, 後向きであっ, 急な, 恐しい眼, 恐れる敵, 戦死した, 戸の, 扇を, 手より, 抜け出して, 押し重って, 指に, 掩い被さる, 月から, 月光に, 村の, 東北, 根も, 根白牡丹, 根道も, 桶の, 楯を, 極く, 樹木の, 櫛を, 此方側即ち, 死な, 死んだこと, 死んで, 残ったかの, 段々に, 毒薬を, 水の, 水上に, 水平線の, 水辺に, 水面より, 沈んで, 沢山あっ, 河原に, 河床に, 波に, 波の, 流れの, 流れ出し瀑布, 海中に, 海陸, 湖の, 滑かなため八木澤のより, 濡れたので, 濤を, 点出し, 烏帽子を, 烏帽子岩じゃ, 無くち, 無くな, 無くなって, 熱かった, 燃えるよう, 片手を, 牛の, 狂人の, 現われる, 現われ偃松, 現われ雪, 甃を, 畳り合っ, 白くされ, 目茶苦茶に, 相手の, 眉を, 真直に, 真赤に, 砂に, 破れやしまいかと, 碑と, 私の, 積まれ小さな, 積み重って, 立て掛けて, 笑いだす, 筆跡なり, 答へ, 簇立し, 紛れこんで, 線路に, 美しくしかし, 聳立し, 肩ぽん, 脆いので, 脆くも, 脆く崩れ, 腰かけとして, 自ら開い, 自然に, 自然の, 船底に, 船底を, 花崗岩と, 蒐まっ, 蒼黝い, 蛙の, 衝突り合っ, 見えて, 見えないの, 見えなくなって, 見えはじめた, 見えるの, 見え始めて, 見え縣道, 見られると, 覗くその, 記念碑みたいに, 貧乏山に, 赭い, 身体を, 転がって, 轟然たる, 轟然と, 近いぞ, 通せんぼうを, 道の, 道傍の, 遠くまで, 部下に, 都合よく, 配置され, 重り合って, 野原の, 鋭い歯, 鋭くそびえ, 鍋で, 鎖の, 防波堤と, 降る日中, 除かれた, 雑然と集まっ, 露はれ, 露れ, 露れる, 露出した, 面を, 頭を, 顕われ, 飛びましたり, 飛び出して, 飛び出すところ, 鬼に, 黒い線, 鼻で

▼ 岩~ (544, 6.5%)

8 枕に 6 伝って 5 よじて, 噛んで, 飛んで 4 伝わって, 砕いて 3 こづきながら, つたわって, 伝うて, 抱いて, 真二つ, 穿って, 見て, 飛び岩

2 [45件] かんで, けずって, こえて, た, とんで, はがして, ぶつこ, めがけて, もとの, 三つ四つ横っ飛びに, 下って, 下りて, 両手に, 切って, 削って, 剥がしたらまだ, 叩き木の根, 変質させた, 岩は, 巡って, 引起し, 掘って, 掩うて流れ, 攀じて, 攀ぢ, 机と, 楯に, 洗って, 洗ふ, 渡って, 登って, 砕くの, 穿ちて, 穿つたトンネル, 肩の, 背に, 背後に, 見つけて, 走って, 越えると, 越して, 踏んで, 離れて, 飛び越え遮二無二, 飛び雪

1 [393件] あた, あの原子爆弾, いくつも, いつまでも, うごかしました, うつて, うつ力, えて弁当, おさし, おしのけること, おし分けて, おすこと, おすに, かがったよう, かすめて, かみくだいて, くずすこと, くだいて, くだるもの, くりぬいた牢屋, くり抜いたもの, くり抜いた重油タンク, くり抜いた隧道, くり抜いて, くんだ野天ぶろ, ぐらつかせたり, ぐるぐる巻き, こっちへ, こづいて, さぐって, さけて, さして出かけました, さらして, しきりに押し, しっかりと, そのまま使っ, そのまま刻んだ, だいて, つかみて中, つかみ夢中, つかみ恐しく強い, つかもうと, つかんで, つたって, つたつて, つたつて酒が, とばすこと春, とびこえて, とび歩いても, とび越えまた, とりまいて, どう思う, どかしたね, どよもし, ながめました, なにかで, なんでこ, にらみたり, にらみつけながら, ぬらしけり, ぬらして, のせた球形, のぞくこと, のり踰, はい上った, はこんで, はさんで, はなれた, はらいショール, ふせぐため, ふまえた虎, ふみすべったの, ふりあげました, ふんで, ぶち破り, ぶーん, まるでまり, まわって, みあげては, みつけました, みよ岩, むくましたや, めくり板張り, めぐりて, めぐり草の根, もちあげ向う, ゆるがし得るもの, よじる必要, よじ上りけわしき, よじ水, よじ登る, よじ登る猟人, よじ道, よって彼等, わざと切り崩した, われわれが, グルリと, ロダン岩と, 一つ一つたんねんに, 万一いわゆる, 三ツ山と, 上まで, 上りゆくは, 下に, 下りると, 下り流れ, 主塊, 乗り越えた, 乗越えて, 二ツ三ツ飛び越え, 二百文岩と, 人工で, 介錯し, 仔細に, 伝いて, 伝いながら, 伝う滝, 伝える一条, 伝ったり, 伝は, 伝わった, 伝わっては, 作ったの, 偶然発見した, 傳うて, 傳つ, 傳はらう, 傳はりて, 入れるの, 入れ池, 八の, 出雲石と, 切つて作つた階段に, 切りぬいても, 切り出すこと, 切り割った, 切り拓い, 利用し, 刳って, 刳り抜いて, 刳り拔, 刺激し, 削つて點, 削る力, 割き地, 割ったり, 割るやう, 割るわけ, 割る力, 動かして, 動かすなんて, 包もうと, 匐っ, 取りのけること, 取り巻いて, 取り除けて, 叩いたよう, 叩いて, 叩き岩, 叩く音, 向う岸の, 吸い吸い色, 呉れろと, 咬む急, 咬んで, 噛みつつ, 噛み水脈, 噛み泥, 噛み高く低く, 噛む乱流, 噛む利根, 噛む大洋, 噛む奔湍, 噛む岩石峨々, 噛む怒濤, 噛む水, 噛む水瓦斯, 噛む波, 噛む神通川, 噛む間, 回れば, 土臺として, 城太さんは, 基礎に, 大きくした, 天から, 始め北, 宥めようと, 小盾, 少し小, 尻眼にかけて, 屏風岩畳みあげたる, 崖の, 崩して, 崩すな, 巡り奥, 巡ると, 己の, 平にした, 平四郎と, 幾つも, 序幕として, 廻って, 彫る, 忘れて, 恐れ氷, 截り開いた, 打ち岩, 打つ, 打つ勢い, 打つ水, 打つ滝, 打つ音, 打叩い, 払うて, 抑えて, 投げかけた, 投げつけましたよ, 投げつけられるし, 投げると, 投げ込みヨブ, 投げ飛ばす, 抱き夏, 抱き起そうと, 押した, 押して, 押し落し, 拾って, 拾っては, 指さした, 指さすと, 指しあの, 指しながら, 挟んで, 振り飛ばし斃, 据えたの, 掘り下げる音, 掘ること, 掘るでしょう, 掘るでせう, 探りつつ, 探りながら, 掩へ, 掻くネール, 揺り起して, 搖る, 摧く, 撫でて, 擡げ合って, 攀じたり, 攀じ登ったり, 攀じ登ろうとして, 攫み根, 支えながら, 散ざんに, 敵に, 敷き詰めた些, 是非見たい, 横に, 歯の, 殆ん, 残すには, 殺した, 殺したな, 毀い, 水際の, 泣きながら, 洗う怒濤, 洗う浪, 流まで, 浸し砂地, 浸触してる水, 満足さす, 濡らすの, 火を, 炭を, 照らして, 照らし夜, 田宮家から, 画く, 畳み上げて, 畳んだ巨大, 発見したる, 登り切って, 登る処, 白う岩, 百文岩こちらの, 目のあたりに, 相手に, 眺めながら, 砕いたり, 砕きながら, 砕き根, 砕き石, 砕き詰めて, 砕くにも, 破れば, 示すと, 私が, 稱し, 積みたる庭, 積み上げその, 穿ち石, 穿つて, 突かうと, 突きそこ, 突きやわらげて, 突き落す地響, 竿で, 縫って, 縫ひつ絡ひつ, 置き各, 肋骨に, 背負い軽傷, 虐待し, 蜿ねり, 裂く樣, 見せて, 見たが, 見つけたり, 見つけ出して, 見つめて, 見ても, 見ないで, 見なければ, 見まわって, 見るよう, 見付けやう, 見出すこと, 覚えて, 貫いて, 賞し門前, 賞美する, 走る清水, 越えて, 越え岸, 越え石, 足場に, 跳越え, 踏みて, 踏みはずしそう, 踏み分けながら, 踏み崩す音, 踏み越えて, 踏むと, 蹈み, 蹴ったり, 蹴るやう, 蹴るよう, 転ばした, 軽々と擡げ, 辷らぬやう, 辷ると, 辿って, 返して, 追いだすよう, 送り終わりて, 這い上がろうと, 這って, 這ふ, 逞しい肩, 過ぎてから, 道路の, 避けて, 重ねて, 降らしめざること, 降りた, 降りて, 降りながら, 降りなむ, 降りる, 隔て, 離し津民谷, 離れた, 離れる事, 離縁した, 雨か, 露出し, 音なし, 頭の, 飛ばすこと春, 飛び影, 飛び歩いたこと, 飛び渡つて, 飛び胸毛, 飛び越えて, 飛び越えねば, 飛び越して, 飛び飛び憂鬱, 飛出して, 飾った海松, 黒く染め, 鼠かなんかと

▼ 岩~ (373, 4.5%)

7 だを 5 だが 3 それを, 身を

2 [16件] ごろっと, しぜん, その根, どうした, びくとも, みょうな, 乾いて, 伊右衛門の, 伊右衛門を, 喜兵衛の, 左門の, 東の, 波を, 粘土と, 自分の, 顔を

1 [323件] ああ冷たい, あきれた, あったが, あっても, あの大金, あの山木, あまりタロー, あるか, あれよりも, あッと, いかなる場合, いきなり小平, いたく悔悛覚悟, いち早く子爵夫人, いままでの, いよいよ高く, いろ, うなずきたり, うやうやしく一礼, うんうんうなっ, おりおりまいり候由, お袖, くずれて, ここへ, この山, この瀬戸, この船, これから何, これで, これを, さっき宅悦が, さらに山木, しんとして, じいっと息, すでにその, すべて火山性である, ずっと低い, ずっと高く, そういわれ, そう云い, そこで, そこで喜兵衛, そっと動きはじめました, そのまん中, その少なき, その瞬間, そんな機関車, ただの, だからはなれ, だんだん小, ちらと, つい目, とても足場, どうして逃げ, どう取りついたら, どっこいしょと, なかなか重う, なくその, なしそれ, なに兎出, なをば, なんだか急, な堤, にわかにゆれ, ほどなく彼, また元, まだ上流, まだ来ない, まだ熱い, まるで煉羊羹, みつかりません, みなふところ深く, むくむくと, むくりと, むくりむくりと, もう身方, やがて一年, やってこなかった, よろよろと, わかって, わけなく登れるこれ, エメラルド色に, カラスの, キシミながら, スルリと, セリ上がり地上を, タローを, チェッと, バッフィン島の, フッと, 一つに, 一室に, 一所懸命であった, 一枚扉に, 一面に, 下の, 不在なりし, 不容貌, 不思議な, 不意に, 世界的怪盗だ, 両あご, 人を, 人工だ, 人工でございます, 人間の, 今さら抗議, 今摘みし, 今迄, 体を, 何, 何かしら, 何という, 何といふ, 何を, 何事をも, 何処へ, 何時も淵穴, 作り物であった, 依然として運命, 俄に, 俺たちの, 其の口, 其の声, 其の手, 其の鼻, 其光を, 其弟子鐵山等と共に, 再び大息, 再び態度, 冬とて, 凄じい地響き, 刀の, 分明に, 切れよと, 割れない, 動かばこそ, 勿論山みち, 勿論島全体, 北方の, 千仭の, 千断れ, 半ば没し, 半没, 南山士雲と, 博士に, 即ち之, 参謀本部の, 古女房, 可成, 合流点の, 唸りながら, 地の, 地べたで, 地面の, 坑道を, 堅くて, 堅く緊, 声を, 壱州の, 夕方に, 多くの, 夢を, 大きい, 奇されど, 奥地の, 女陰の, 始末が, 子分の, 子分を, 宛ら獅子, 宝石が, 実にかく思い, 実際困難, 家ほども, 寧ろ一之関, 小く, 山木の, 岩と, 左右に, 巨体を, 帯を, 干割れし, 平然として, 幾度と, 彼が, 彼にとっては, 後に, 微動さえ, 心からさびしく, 心の, 思いきって, 急いで, 恐れ多く, 恥かしくも, 悉く削った, 慨然として, 懲りずま, 手を, 手帳の, 手紙を, 手首の, 打ち明けて, 持仏堂の, 掘りかえされて, 揺れた, 斜に, 斬れじわが, 日光に, 早くこの, 昔ながらの, 昔建御名命と, 時々来る, 時々濃霧, 普通の, 暗い暗い空中, 暫く考え, 来たらずしきりに, 来る日, 橘中佐の, 機関車の, 櫛を, 次第に崩され, 武男が, 武男の, 歯を, 死せるなり, 殆ど峭立った, 民部大輔が, 気配を, 水利の, 水垢が, 泣きくずれた, 泣きながら, 泣き出して, 泣き叫んだが, 洪水の, 海水に, 淡色を, 湿った苔, 火山性である, 火石から, 烏帽子という, 無心波も, 煮え返る胸, 熱い灰, 片目を, 牛ほどの, 物乞に, 獅子が, 生暖いが背中, 畑の, 畢竟芹沢不動, 疱瘡に, 痛そう, 登り登っ, 白く空, 百マイル以上も, 皆軍兵, 目眩く, 真黒な, 矮林の, 石英粗面岩では, 石英粗面岩と, 砂は, 研きを, 砕かれて, 砕け大地, 神さまに, 空の, 突然参謀本部, 立ちたるまま, 答えなかった, 粟沢の, 約束を, 紫紺色の, 細心の, 絶対に, 聳え滝, 胸の, 腹立ちまぎれに, 自然と, 船から, 船よりは, 花崗岩でも, 苦しい体, 英雄である, 落ちなかったしかし, 西側を, 親しく往来, 諦めるだろうと, 貞女で, 負けて, 赭く, 起ちて, 身は, 転がって, 逢痴と, 逢痴宅悦は, 運転を, 道元の, 遠方から, 避けて, 郷党の, 醜くなった, 重からず, 重なり合い坂, 銀象嵌を, 鋼鉄の, 鏡を, 長い弧線, 雪崩れ, 青い望樓, 頭の, 駄目であります, 驚いて, 高さ数仞, 黒かった, 黒く光る, 黒水晶の, 黙々として, 黙然として, 黙然と坐しいる

▼ 岩~ (290, 3.5%)

9 に腰 4 に立っ 3 にぶつかっ, に頭, の上, の犬羊歯, の苔

2 [18件] と雑草, につかまっ, につかまる, にめりこませ, に当っ, に懈怠, に手, に立つ, に腰掛け, に顎, の蔭, の間, へ腰, へ足, わたりまでゆきし, をつかみ, を枕, ヲ

1 [226件] かに躓い, からあっち, からかなり, からすべり落ちる, からひょっこり, からトンボ, から下, から切り, から大事, から崩れる, から現れ, から腰, から藪, から足, から身, から離れた, がそれ, がまっ黒, がもろく, が崩れ, が段, が相, が砕けなかった, が立っ, が肩, が自然, が雨, でお, での擦過傷, でひそか, で一刻近く, で一足踏み, で休ん, で地団駄, で後頭部, で擦剥い, で確保, で足, とに腰, と思う, と衝突, などに縋っ, なんかに上, に, にあつめろ, にあて, にあらはれ, にあるいは, にかけてゐる, にかけて反身, にかけて身, にかじりつい, にこの, にしがみついた, にすがっ, にすがり, にその, にそのまま, にたたきつけられたら, にたたきつけられる, についてゐた, にでも跨がつ, にでも蹉, にとりすがる, にはえ, にはまだ, にふれ, にぶっつけ, にぶつ, にぶつかり, にまた, にまたがり, にも突き当たらず, にも肉体, によりかかり, にチョコナン, にポーン, に一人ぼっち, に三四尺, に中っ, に二三度, に佇ん, に佇んだ, に吹き散らし, に咬りつ, に嘯く, に尖鋭, に尻, に居睡り, に当, に当った, に打ちつけ, に打ちつけられ, に捕まっ, に来た, に漕付け, に片足, に白く, に破られ, に突き当たり突き当たり, に突っ張った, に突裂, に立ちすくん, に結び付けられ, に結び付けられたる, に結び付ける, に縋り, に縋り付い, に繋がる, に腰かけ, に膝, に落ちた, に血, に衝当り, に衝突, に触れ, に触れる, に足, に跟蹌, に蹉, に蹲, に身, に身体, に這いあがり, に銃身, に隠れ, に隠れた, に雄, に集まっ, に靴, に鷲, に鷹黝, のぬきさし, のはざま, の一方, の凸凹, の凹み, の匂, の斜め, の方, の水泡, の氷柱, の灌木, の登攀, の線, の花, の足がかり, の通路, はウッカリ, は宛然, は旧道, は滑る, ばかりで敷き詰めた, へするする, へとあちこち, へとび乗っ, へのしかけ, へぶっつかろう, へぶつ, へまたがり, へパラパラ, へ叩きつける, へ打, へ結びつけ, へ躓い, まで行く, まで這っ, まで飛び返った, やよく, や木の根, や深山木, や灌木, や砂礫, よりのぞく, より火花, を, をかん, をくぐっ, をたどた, をたどっ, をちよ, をつかむ, をつき破っ, をぽっかり, をまわっ, を一つ, を上っ, を伝わっ, を分ける, を包み, を右, を噛む, を天, を奥, を巡っ, を巡り, を慌てない, を掘り出し, を掠め, を掴ん, を掴んだ, を攀ぢ, を斜め, を曲っ, を曲つて, を横, を沒, を畳み合せてる, を登り初めた, を登る, を示す, を行く, を越え, を越える, を踏み, を踏み砕き, を踏み試み, を踰, を躍り越え, を辿っ, を降りました, を頼り, を飛, 忽ち崩れ, 蟠る樹, 躓き倒れ傷つきては

▼ 岩~ (232, 2.8%)

36 岩との 19 岩の 4 云ふ, 小平の, 氷と 3 松とを, 船との

2 [12件] なって, 云って, 土とから, 岩とが, 断岩との, 書いて, 水と, 氷の, 浪との, 白い飛沫, 違って, 麦畑の

1 [135件] ある者, いい始めたもの, いい時々, いい樹, いっても, お袖, くいちがう, しばらく隠れた, すれすれに, そして女子, そして自分, そっくりの, たたかい流, つたいながら, つづいて, なつて, なるだらう, なるという, なれあいで, べろべどと, まぎらわしいよう, みえ脈, よばれ土地, よぶ所, わずかばかりの, カラス岩という, カラス岩とが, ガッキと, ガブリ四ツに, 一と, 一緒に, 一間ばかり, 並びて, 云うれっきとした, 云う女中, 云う此辺, 云ふも, 今一人の, 伯仲する, 倒れた木の間, 偃松の, 全く同, 古い家家, 同じやう, 同質である, 名づけその, 名を, 名付けられたの, 呼ばれて, 呼ばれる岩の上, 呼びその, 呼び今に, 土と, 土の, 土ばかり, 地中で, 壁面との, 小平を, 小野錦, 小野錦である, 小野錦の, 小野錦生, 山木を, 岩と, 岩とに, 岩とは, 岩に, 岩頂と, 峰松が, 思えば, 思われるもの, 戦う波, 斜面では, 月島海岸で, 木々に, 木立であり, 木立の, 松との, 松の, 松は, 松井友閑を, 森とを, 樹木との, 水である, 水の, 水草と, 氷河で, 波と, 波とが, 泥で, 浸み入る蝉, 清水の, 灌木の, 熊笹とに, 田宮の, 申しますの, 申すの, 申すもの, 相談の, 石と, 石とから, 石の, 砂との, 碧の, 磧と, 称う, 稱する, 空の, 粗面岩とは, 素人の, 緑と, 聞くその, 能く, 船と, 茨の, 茶褐色の, 草と, 藻とが, 見えたの, 見えるもの, 見せた, 見回し歩き木, 見紛うけれども, 言いたいくらい, 言ふ, 遥かな, 銚子の, 間違えて, 闘ったか, 雑木に, 雪とだけしか, 雪の, 雲の, 顔見あわしつ, 飛びながら

▼ 岩から~ (139, 1.7%)

15 岩を 14 岩へ 5 岩へと 4 黒い細長いさき 3 岩の, 落ちて, 身を 2 できて, 実にはっきりし, 岩に

1 [86件] いが栗の, いきなりあつい, いきなり海, おりて, お盆の, ごぼ, それと, ぢり, てんらくざぶと浪を, とびおりて, とび下りて, なって, なつて, なら二百文, わき出る清水, コンクリー使へ, スッと, 一かけの, 一条の, 一筋水が, 三時間ぐらいも, 上へ, 上る木場道, 下へ, 人間の, 何かの, 傾斜し, 分離させる, 北の方へ, 半カイリぐらいの, 半町北だ, 半町北と, 向うの, 向う岸の, 吹き落しさうに, 営養を, 垂れ下げた, 墜ちる途端, 外へ, 大きなヒザラガイ, 寒い水, 導かれたもの, 小石へ, 岩づたいにわたって浅瀬を, 岩と, 岩の上へ, 岩浅瀬から, 岸に, 左へ, 引き離されたとき, 引き離した, 成って, 成り中央, 成り立って, 成る山, 掻き落して, 新しい家, 来た, 東は, 枝へ, 水道の, 沁み出る清水, 泉水が, 流れおちる血, 流れ落ちる清水, 海の, 海へ, 渓流へと, 湧れ出し, 滑り落ちる時, 滴り落ちる水, 滴る泉, 生れるの, 程遠くない, 立ち上がるが, 腰を, 舞い上がったが, 落つる大きな, 血が, 見た景色, 見下した山領谷, 跳び下りて, 飛びおりるなり, 飛び込むの, 飛び降りては, 鮑を

▼ 岩~ (87, 1.0%)

4 一冬の 3 山も 2 あった, また幽, 人の, 出て, 大陸も, 木も, 水も, 私も, 裂けよと

1 [62件] あまり大きく, ありその他, ありました, あります, あろう黄, かなり高い, たくさんあった, ただなだらか, とどろ, どの岩, ないの, ないもの, ない単調, なかった, なければ, ぬれて, ふたたび海水, ほ, ほとんど一色, もとの, よく岩, 一つ, 不思議そうに, 何も, 偃松も, 其存在が, 冷えて, 動きぬ, 味えず, 多いとは, 小さくなった, 底の, 彼の, 思いのほか軽く, 揺がぬと, 日中は, 春らしい, 枯れた柴木山, 柔い, 柔いようだ, 次第に色, 此岩も, 洪水の, 無い, 焼け林, 皆遠く, 眩いまでに, 砕けよと, 硝子の, 紅葉の, 続いて, 船出の, 藪も, 見えます, 見えません, 見ゆる, 見られない, 記すべし, 谷の, 連敗の, 雪が, 雪も

▼ 岩~ (85, 1.0%)

4 できて 3 頭を 2 どうせ昔, 岩の上へ, 錨の

1 [72件] あつた, あとは, かこまれた池, かためられて, からだを, ごつごつの, たたんだよう, できた地面, できた小さな, できた島, できた平原, できた廊下, できた盃, でも, とても人間, どれだけの, なんだかおそろしくなる, ね一つ, ふさいだ, ふさいで, ふたを, もうすぐ頭, われわれの, ガリガリに, ブルブル慄, 一分の隙も, 作った建物, 傷つかぬと, 出来た屏風, 出来た岸, 出来た底, 出来て, 北方は, 卵を, 右は, 囲んだ井戸, 固めた片山里, 城を, 小提燈, 山は, 川に, 従つて水は, 打ち砕き思うさま, 打ったらしくまったく, 數町さきの, 昔は, 次第に大, 次第に大きく, 水面は, 深い海, 滑り背骨を, 畳まれその, 畳まれた孤島, 畳まれて, 畳まれ諸所, 畳んだ鬼, 痛く腰, 築かれ二重, 築かれ正面, 築き上げたよう, 背景の, 膝を, 蓋が, 誰も, 造られて, 酷く打つた, 酷く頭, 釣れるし, 錨を, 食事に, 骨が, 高さ

▼ 岩~ (83, 1.0%)

3 に身 2 から出, に何, に潜ん, に落ち, に隠れ, の孔

1 [68件] からじっと, からすっと, からガバ, から南日君, から岩魚, から潜ん, から白波, から細々, から身, から転がり出した, である為, で咲いた, で唸っ, で弁当, で昼寝, に, におりました, にかくし, にし, にたたずんだ, にたまった, になに, には萩, にまぎれ, にアーエート, に人夫小屋, に休ん, に加多, に半分以上, に咽ぶ, に嘯い, に坐った, に家, に寝ました, に小さい, に待たし, に待っ, に托し, に杉皮, に波, に測量部員, に潜みかけた, に潜め, に火, に置きました, に聳えたる, に腰, に若き, に雪白, に青い, のあたり, の井, の波, の濃い, の窪み, の自分, の銀, の青, へ引い, へ落ち, へ飛び込んだ, やあらゆる, をさがし, をと身, を三町, を岩蔭, を縫い, を起っ

▼ 岩~ (72, 0.9%)

6 腰を

1 [66件] あたって, うつる境め, かかると, かかれる吊橋, しがみついて, つたひ, つたわって, とびうつって, ひっかかりブランカ, ひよい, ふんどし干し, ぶつかって, ぶつかつ, ぶつけたに, ぶらさがって, べつたり, よりかかって, チロチロ流れ, ピッシリ体を, ピッタリ耳, 上がって, 仏を, 何処へか, 叩き付けて, 吸いついて, 大油紙, 子の, 寄せて, 岩から, 彫り付けられて, 思い思いに, 打つ, 打つけ, 投げかけた, 抱きついたよう, 括り付けて, 掛け右足, 掻きついては, 木から, 来て, 架け渡して, 深く斜め, 渉っ, 渡して, 牛の, 眼を, 縋り付いて, 腰かけた, 行きますまい, 行って, 衝突たった, 貝は, 轉ずる雪なだれ, 近づいた, 逃げ廻わっ, 逃げ移って, 遊びに, 醋を, 雨だれを, 顔を, 飛びうつつ, 飛びうつりながら, 飛び移り跳, 飛び移り静か, 飛んで, 齧りついて

▼ 岩~ (71, 0.9%)

3 石の 2 土が, 松が, 松を, 樹の, 硬い橄欖岩, 藻と

1 [56件] あり, お前歩ける, カラス岩は, ヒースの, 伊右衛門は, 倒れた木, 同じよう, 土の, 土を, 大木の, 大木を, 大石が, 大石の, 対岸の, 小石で, 小石を, 山などの, 岩窟の, 島の, 崖の, 廢址カイプが, 恋は, 木の, 木の根を, 木や, 木を, 木以上に, 木立の, 松は, 松や, 根笹を, 水を, 治まったから, 泡立つ渦, 泥は, 洞穴に, 浪に, 深い谷川, 準長石, 灌木が, 牡丹燈籠が, 石が, 石ころが, 石だけ, 石で, 砂利そして, 砂洲の, 砂質の, 砦や, 磯馴の, 空洞と, 自然に, 草花など, 藻や, 赤土は, 雪と

▼ 岩形氏~ (65, 0.8%)

4 の屍体 3 の変死, の枕元, の死状 2 の名刺, の屍骸, の掌, の泥靴, を殺した

1 [42件] がこの, がどうして, がひょっこり, が手, が昨夜泥酔, が昼間, が註文, が鍵, と洋装, には多分, に不, に支払った, に麻酔, のすぐ, のポケット, の事, の住所, の変死体, の小切手, の平素, の急, の手, の持物, の横死, の泥, の背広, の言葉, の足跡, の身の上, の身辺, の金, の靴, の預金, はじっと, はどこ, は多少, は昨夜誰, は紺羅紗, は電話, を尋常一様, を殺そう, を秘密

▼ 岩~ (63, 0.8%)

3 の堆積 2 の上, の如く, は少し, を検査

1 [52件] がいくつ, がころげ, が先頭, が冬空, が危く均衡, が水の上, が爆発, が跡, が鋭く, が錯列, が露出, が鮮やか, と細砂, にそれ, にとりつき, にはもう, には松, に残された, に竹, のすそ, のふき, のやう, のチムニー上, の一部崩壞落下し, の狼藉, の狼藉たる間, の縁, の表層, の集り, の頂, の頂上, の頭, はどれ, は高山, や樹梢, をかん, をちりばめた, をふみ, をもと通り, をよじ上っ, を三, を交え, を全部, を右, を壊し, を廻り, を揉み砕き, を溢れ出, を畳み上げた, を置い, を踏み越え, を避け

▼ 岩かげ~ (60, 0.7%)

4 に身 3 まさしく水 2 から見, から顔, に隠れ

1 [47件] かどっか, かに早く, からそっと, からとびだしました, からねっしん, からコソコソ, から出, から興梠, から躍り出, こなたの, で, ですぐ, で清君, で清少年, などにとくに, においこまれる, にかくし, にかくれた, にかくれました, にしゃがん, にすくん, にたどりつい, にとこなつ, にとん, にふわふわ, に動かず, に吾が, に教える, に立っ, に組んだ, に腰, の事務室, の地面, の深み, の淵, の港, の滝, の穴, の藍色, へひっぱっ, へ廻る, もない, をのぞきのぞき, をはなれた, を作った, を利用, を見つけ

▼ 岩との~ (52, 0.6%)

13 間を 9 間に 4 間へ 3 間から, 間は 2 間には, 間の

1 [16件] あそび, 下を, 不思議な, 争闘の, 凄じい闘争, 割目に, 区劃線は, 幅広い断れ, 曠野と, 殿堂を, 狭間に, 重なり合った罅隙, 間水晶の, 間離座敷の, 隙間から, 雪路を

▼ 岩~ (52, 0.6%)

2 が, と一緒, の阿, はやめなかった, を泣かす

1 [42件] いる, がきょう, がこの, が一心に, が何, が先, が殺された, が自分, が薄暗い, が音頭とり, が飛び出した, が駈け上がっ, が麻布聯隊, じゃない, とは下駄, とは月, と寝る, に少し, の兄貴, の口, の襟, の逃げ, の首, はすぐ, はむっそりと河原, は上, は仰向い, は同じ, は振, は河原, は泣虫, は泥土, は満足そう, は笑ってる, は藁, は黒紋付, まだ探してる, もふびん, も大家, を, を渡さぬ, を理解

▼ 岩~ (50, 0.6%)

32 から出, で露営

1 [43件] からそれ, からだんだん, からも三頭五頭, から姿, から川舟, から昨日, から現われた, である, でみえなかった, でもあります, で暫時雨, で虫気, などにい, にある, にうずくまり, にかくれ, にかたまっ, にくっつい, にてんと, にはすでに, にはたこ, には残雪, には陣十郎, には雪, にへたへた, に三人身体, に入った, に加多, に目, に繋がれ, に身, に隠れる, の人手, の穴, の青, はことごとく, へ搬ん, へ見つけた, まで走れ, もない, や近く, を曲った, を見つけ

▼ 岩~ (43, 0.5%)

3 の間 2 にぶっつかる, の上, の中, の岸, は川, をイギリス海岸

1 [28件] かあるいは, からなる, から成り, がすっかり, が主, が冷え冷え, が天工, が平ら, が露出, であるとか, であるとかいう, ともいうべき, と風化, にうら寂びた, に手足, のあいだ, のありあり, の壁面, の小高い, の斷崖, の淵, の風致, は僅か, も見え, や岩質, を差し伸し, を差し延ばし, を衝撃

▼ 岩さん~ (38, 0.5%)

2 が仕事場, だけに女房, の安否, の殺生, は

1 [28件] あんな薄情, がお母さま, がやって来る, が何ん, が我等宅, が来る, で大騒ぎ, という方, とそう, と申します, と逢う, などももと, に云い付ける, の夢, の怨, はどうして, はもう, は何処, は日暮れ, は昨日, は殺されたろう, まア掛け, より可, を迎い, 不量, 取持って, 帰ったん, 迄

▼ 岩~ (35, 0.4%)

3 の上 2 を踰

1 [30件] から又, から正南, が一列, が二つ三つ突立, が目, が続いた, が聳え, が脚元, が錐, である, で第, と変っ, と小さな, にし, に達せられる, の上り, の東正面直下, の横, の登り, の群, の頂上, や尾根尾根, や頂上直下, をぽつんと, を下っ, を二つ許踰, を崛起, を猿, を経, 及び二

▼ 岩~ (31, 0.4%)

532 が, がきちんと, だがな, だな, だ岩頸, で, の講義 1 から, だつて岩鐘, だなんて, というの, といふの, の一列, は篦, まで, までつ

▼ 岩~ (27, 0.3%)

2 ないい, な普請, な木戸, な潜戸

1 [19件] なから, なワーレンキ, な大, な弾条, な無愛想, な物, な男, な石壁, な箱, な舎房, な舟, な金網, な鉄, な鉄拐, な防塞, な青塗, に張り, に泥, らしくは

▼ 岩~ (25, 0.3%)

32 かなりの比重, し急

1 [18件] かへな, かわからない, か土堤, か知らない, か知らねえ, とか乳房榎, とんび岩だ, と傍ら, と大利根博士, と見られ, と言っ, ね, のによって, のまで, ッ, 岩だ, 底を, 砲台岩岩岩岩

▼ 岩という~ (25, 0.3%)

9 のが 3 のは 2 のも, 三つの, 大岩が 1 のだ, 奇岩を, 岩あり, 岩が, 意味では, 男です, 高さ八丈

▼ 岩には~ (24, 0.3%)

2 上から, 沈んで

1 [20件] あとかたも, しだいに花やか, もう敵, アラメカジキ鮑も, ドス黒い, 俊亮が, 俗に, 土地の, 心してかつ, 昨日名も, 松が, 沢山の, 洞穴が, 燕が, 甌穴が, 白花の, 相變ら, 苔, 貝の, 青苔が

▼ 岩~ (24, 0.3%)

2 が一部

1 [22件] からくる, が堅牢, が変っ, が押しひろがっ, が硬く, が非常, が鮎, で, で黒ずんだ, などを研究, には深い, に因る, に眼, の山, の石, の道, の関係, は何, は何で, は俄然, は鮎, 脆くし

▼ 岩かどに~ (23, 0.3%)

3 つまずいて 2 腰を

1 [18件] くくりつけその, こしを, しがみついて, しばりつけその, すれて, つかまって, つまずきては, つまづい, とまりいたる兀鷹空, ぶっつかりころがったかと, ぶつけたから, むすびつけそれ, むすびつけて, 縛りつけました, 蟹の, 這いつくばって, 頭を, 顔を

▼ 岩~ (23, 0.3%)

2 の底, を墜落

1 [19件] が一丈二, が続い, が続き, でも有る, と夫, などの到り, には藤, に与えられた, に其姿, に咲く, に懸り, に生え, の横, の間, の露出, をのけ反る, をはい, を仰ぎ, を高

▼ 岩小屋~ (22, 0.3%)

1 [22件] が右手, が大好き, で二日間雨, で冷飯, にかえりついた, に八高出身, に帰っ, に戻った, に置いた, に荷物, のある, のなか, のよう, の名前, は水, は自分たち, へと下り, へやってき, へ下り, も半, をおとずれた, を使う

▼ 岩登り~ (22, 0.3%)

3 の下手 2 をやっ

1 [17件] が実に, が岩登り, といっ, として登山, とスキー登山, と同様, のテクニック, の凄い, の勢い, の稽古, は足, もスキー, や冬期登山, や雪中登山, をはじめた, をやった, 岩歩きが

▼ 岩~ (22, 0.3%)

1 [22件] が血, に些, に加えられた, に印された, に吸いつけ, に数尾, に水垢, に沿う, に湯垢, に薄く堅い, に鹿, の小さな, の龜裂, は磨いた, も広, よりも岩, を瀉下, を蛇, を走っ, を走り, を踏んだ, を露出

▼ 岩矢天狗~ (20, 0.2%)

2 が京都, が葉子, と煙山

1 [14件] が十時四十七分, であった, であるが, です, と上野光子, と共謀, に三百万円, に二十日, に札束, に金, のよう, の衣服, への支払い, を退らせ

▼ 岩より~ (19, 0.2%)

2 岩へと

1 [17件] もそッ, 人間人間より, 以北の, 堅く基礎, 堅く基礎確, 岩へ, 岩を, 彼方の, 成りその, 成り中腹以下, 成り櫻島本體, 成り離山, 組成せる, 舟に, 落ちて, 離すには, 高く裂け散っ

▼ 岩まで~ (18, 0.2%)

2 二里半畠山の

1 [16件] 下ったが, 來る, 出て, 引き返して, 来たと, 来たね, 此等の, 泳いで, 登って, 行った, 行って, 見えさ, 這い着いた, 這ひあげる, 運んで, 長雨で

▼ 岩~ (18, 0.2%)

2 ですよ

1 [16件] がある, がいい, がほとばしっ, が横, といいます, といひます, と雲, に阻まれ, のうえ, のかたち, のくず, のほとばしり, の入った, へ這い上がり, をズウ, を十二薬師

▼ 岩でも~ (16, 0.2%)

2 なんでも

1 [14件] あるもの, あるよう, かまわない錨, これから槍下, とろけ出したでしょう, なかったら, なければ, ヅン, 丸木橋でも, 斜面でも, 登れますか, 転がるかの, 鉄の, 鋼板で

▼ 岩ばかりの~ (16, 0.2%)

1 [16件] でこぼこした, 地面を, 岬に, 峡谷の, 島で, 島に, 怪島が, 海岸で, 海岸に, 海岸線も, 海底に, 海底を, 渚で, 穂高の, 道で, 高い切立った

▼ 岩~ (16, 0.2%)

4 を曝露 2 が剥き出し, を剥き出し 1 が尖り出, そのままの, の破片, の逞, は恐らくは, を露わし, を露出, 削るが

▼ 岩~ (15, 0.2%)

10 の上 5 の凍る

▼ 岩あな~ (14, 0.2%)

2 の中, へはいっ 1 がならん, がふたつ, にころがし, にはいった, にひびきわたった, のそ, のてんじょう, の天井, をおく, を懐中電灯

▼ 岩だらけ~ (14, 0.2%)

1 [14件] でた, なの, な山稜, な山肌, のあ, のところ, の山, の所, の波打際, の海, の海べり, の海岸, の路, の陸

▼ 岩をも~ (14, 0.2%)

2 転ばすべき風

1 [12件] とおす, とおすため, 大木をも, 徹さで, 徹す情, 有しないこと, 沈めかくす黒い, 砕く頭突き, 貫く大, 通す十二, 通す桑, 通す譬

▼ 岩~ (14, 0.2%)

1 [14件] さしもな, にぶつかった, に剣, に原因, に水, のよう, の上, の尖り, の火皿, の露頭, は裸足, らしい不屈さ, を利用, を割る

▼ 岩では~ (13, 0.2%)

2 なくて, なさそう 1 ありません, ない, ないかと, ないかも, ない熊, なかつた, なく相手, まるで宝石屋, 偃松が

▼ 岩~ (13, 0.2%)

1 [13件] が一眼, が見える, とは反対, と千々岩松原, に対して立つ, に散らばる, に橘湾, に添う, の入日, の碧湾, も空, を抱擁, を隔て

▼ 岩さま~ (12, 0.1%)

1 [12件] がお供, がお産, がたいへん, だな, てえお, ので, の方, の株, の顔, へ, もしもし, を殺した

▼ 岩にも~ (12, 0.1%)

3 たれて 1 たれた物凄い, まけないやう, 侵み入らん, 南無妙法蓮華経と, 打っつかり身体中傷だらけ, 打つ付, 樹木の, 水の, 池にも

▼ 岩むら~ (12, 0.1%)

6 はこごしく 2 の上 1 に変っ, に立っ, の羊歯, の聳え

▼ 岩~ (12, 0.1%)

1 [12件] から成っ, が忽ちに, と変っ, などは何処, の大, の薄気味悪い, は崖, は止めど, や土, をすくい上げる, を押し出した, を掘り出す

▼ 岩~ (12, 0.1%)

1 [12件] だけあと, と二人, と約束, と離婚, に三百万円, のもの, の姿, の急ぐ, の態度, はいつのまにか, は明日, 搦めに

▼ 岩とが~ (11, 0.1%)

2 画面の 1 そびえて, 一つところに, 丁度屏風, 何とか相互, 何んとか, 呼物で, 自然に, 衝突り合い, 重なって

▼ 岩ばかり~ (11, 0.1%)

1 [11件] だ, だし, でありましたが, であります, である, です, ですか, でその, でなかには, でも, で雲

▼ 岩~ (11, 0.1%)

2 ないい 1 なから, な大, な潜戸, な潜扉, な物, な縁, な舟, に泥, に造られ

▼ 岩稲荷~ (11, 0.1%)

1 [11件] から恐ろしい, があり, と一般, について下町派, にゆき, のお, のかげ, の物かげ, の縁起, の近所, はお

▼ 岩である~ (10, 0.1%)

1 からです, からドシャ降り, から下, が他, が新, けれども我慢, ことだけは, ためその, という, なと心付い

▼ 岩~ (10, 0.1%)

1 ですよ, では評判, に入りびたっ, の夕顔, の店さき, の店口, は遊ばなくっ, へむやみ, へ出張っ, へ行っ

▼ 岩~ (10, 0.1%)

1 から鎌首, が一カ所, が二筋, になっ, にのめりこんだ, に坐っ, のむこう, の上, の端, へ据えつけ

▼ 岩~ (10, 0.1%)

1 え礼, とお, と馬鹿, なぞは此方様, の幽霊, の役, の罰, を気, を祭つて, 誠に貴方

▼ 岩~ (10, 0.1%)

1 から剥離, がぬらつき, が多那川, の富源, の岱赭, の雨, も山並み, を現, を踏む, を露出

▼ 岩あり~ (9, 0.1%)

2 て馬屋, 一騎立の 1 その岩, て, て乳, 大いなる圈, 樹木ある

▼ 岩~ (9, 0.1%)

2 なにかに, 牝牛に 1 何かが, 何かの, 土な, 累にでも, 陸地の

▼ 岩へと~ (9, 0.1%)

1 あがるは, おどり飛んで, チヨロチヨロと, 深緑の, 渡りあるきながら, 落ち転げて, 長い間, 飛びかうて, 飛んで

▼ 岩尾根~ (9, 0.1%)

1 が低い, が右, だった, に新, の不逞, の工合, はない, は醜, を登り

▼ 岩竹女史~ (9, 0.1%)

1 であること, においで, に対してうやうやしく, のねむっ, はいつの間にか, はたいへん, ほどのいい, をこの, をしばりつけ

▼ 岩~ (9, 0.1%)

1 から上越国境, が出る, が顔, などは二千米, の下, の山脈, の花, らしいもの, 大真名子

▼ 岩といふ~ (8, 0.1%)

3 のが 1 さうであるが, ところを, のは, 大屏風, 巨岩も

▼ 岩にあたって~ (8, 0.1%)

1 あれくるいまき, それからどの, はねかえる波, 包まれて, 圧しつぶされた, 漲り激つ川, 砕ける所, 飛沫を

▼ 岩~ (8, 0.1%)

1 な妻, な樫, な紳士, な膝, な船員風, な身体つき, な金鎖, の仕掛

▼ 岩形さん~ (8, 0.1%)

1 が帰っ, が御, の代理, の件, の室, はいつ, はいつも, を受持っ

▼ 岩~ (8, 0.1%)

2 の天井, の奥, は遠く 1 である, や西山温泉

▼ 岩~ (8, 0.1%)

1 が城中, こそは御, というん, の左手, の強情, の背, はそち, はほどたたぬ

▼ 岩銀杏~ (8, 0.1%)

1 が隙間, などが目, に交っ, の原, の間, や梅慶草, を主, を敷き詰めた

▼ 岩とは~ (7, 0.1%)

1 五十メートルも, 兄弟であった, 同じ火成岩中, 少し色合, 知らずに, 見えなかった, 鋭く截ち割られ

▼ 岩~ (7, 0.1%)

1 が, が今, が自重, と二人, に咲い, に聳え立ってる, は牛

▼ 岩組み~ (7, 0.1%)

1 である, と一面, などの線, になっ, に水晶簾, の白い, の陰

▼ 岩~ (7, 0.1%)

1 だった, に拳, のある削, の壁, もいまはいちめん, を求め, を透し

▼ 岩かどを~ (6, 0.1%)

1 いくつも, とびこえ大きな, にぎって, ひとつまがる, まがって, 真白く消し

▼ 岩だの~ (6, 0.1%)

1 かさね法界坊, 又熔岩, 海草だ, 石だ, 花崗岩だ, 谷の

▼ 岩とも~ (6, 0.1%)

1 呼ぶそう, 形を, 泥とも, 親しかった, 言うそう, 言ふ

▼ 岩とを~ (6, 0.1%)

1 お前さんは, やや久しく, 含める, 含める恩, 持ち去られて, 洗います怒濤

▼ 岩なる~ (6, 0.1%)

1 ものが, ものを, 基督です, 文字を, 物が, 花崗石で

▼ 岩亀楼~ (6, 0.1%)

1 でロイド, とはどこ, のはしたない, の喜遊, の娼女洋銀三枚, の小

▼ 岩~ (6, 0.1%)

1 か, の立身, もお, もま, も悪い, も来た

▼ 岩安彦~ (6, 0.1%)

1 が五尺, とて当時参謀本部, なり, のため, の名, は孤

▼ 岩形圭吾~ (6, 0.1%)

1 というの, と印刷, と名乗っ, と名乗る, を問題, 否志村浩太郎

▼ 岩~ (6, 0.1%)

1 からじっと, が赤く, にかくれ, にかくれる, にやつ, は去り

▼ 岩~ (6, 0.1%)

1 だから, で戸袋, な身體, な鐵格子, な顏, の體格

▼ 岩~ (6, 0.1%)

3 がちら 1 がちらばっ, のたたずまい, の岩

▼ 岩~ (6, 0.1%)

1 が危険, という柔術, という柔術家, という男, は柔術家, ひょろ

▼ 岩おこし~ (5, 0.1%)

1 で歯ざわりは, で組みたて, のべとべと, は柔らかい, を一つ

▼ 岩かどから~ (5, 0.1%)

1 そっとのぞい, ヌーッと, 怪塔王の, 怪物が, 足を

▼ 岩とか~ (5, 0.1%)

1 云うよう, 何, 山川草木という, 石畳み, 鳥とか

▼ 岩~ (5, 0.1%)

2 しる水 1 しる渓流白泡, なに, なに生ふ

▼ 岩~ (5, 0.1%)

1 丞が, 丞という, 丞に, 丞の, 助の

▼ 岩伝い~ (5, 0.1%)

1 に北, に敏捷, に殆, に落ち, に辿った

▼ 岩~ (5, 0.1%)

1 というところ, に縛られ, 坊が, 坊に, 坊は

▼ 岩太夫~ (5, 0.1%)

1 すこしも騒がず, と申しまする, に巻きつい, もそこ, 咬み合いの

▼ 岩形圭吾氏~ (5, 0.1%)

1 が何者, と申します, の変死事件, の屍体解剖, は現在印度貿易商

▼ 岩~ (5, 0.1%)

3 の離れ 1 という家, までぞろぞろ

▼ 岩~ (5, 0.1%)

1 がその, が咲く, などがそれ, などが疎ら, などは他物

▼ 岩~ (5, 0.1%)

2 の娘 1 という人, はこの, はよせ

▼ 岩絵具~ (5, 0.1%)

1 こそ使, に手, の粉, の色調, を盛り上げた

▼ 岩菊丸~ (5, 0.1%)

1 が逆怨み, であった, という僧, は首鼡両端, を御

▼ 岩風呂~ (5, 0.1%)

1 でないほう, にからだ, のほう, の景勝, へ降り

▼ 岩かけ~ (4, 0.0%)

2 が度々 1 がたびたび, の小さく

▼ 岩です~ (4, 0.0%)

1 からよほど, この大, ね, 岩です

▼ 岩はだに~ (4, 0.0%)

1 さわりながら, そって, 八本の, 大きなほら穴

▼ 岩みたい~ (4, 0.0%)

2 にかたま 1 な姿, な胸板

▼ 岩よりも~ (4, 0.0%)

1 かたい, かねよりも, 夫らしく, 銅の

▼ 岩ヶ崎~ (4, 0.0%)

1 で一万五千石, にある, へ送る, まで送った

▼ 岩ヶ根~ (4, 0.0%)

1 の出ッ鼻, の近く, の隣駅, の魔

▼ 岩団三郎~ (4, 0.0%)

2 である 1 と称する, は神社

▼ 岩多き~ (4, 0.0%)

1 ガダラマの, 斜面を, 草地へ, 荒涼たる浜辺

▼ 岩~ (4, 0.0%)

2 もまた 1 の尖り, より人間

▼ 岩崩れ~ (4, 0.0%)

1 がし, のした側崖, の跡, や落石

▼ 岩~ (4, 0.0%)

1 から発し, だけに石楠, にたちくらむ, も三

▼ 岩~ (4, 0.0%)

1 に立合, の一派, の腕, を独創

▼ 岩石菖~ (4, 0.0%)

1 が流行った, だの, の贈物, をご

▼ 岩~ (4, 0.0%)

2 が鼠, と二人

▼ 岩~ (4, 0.0%)

1 にすべる, に手, のやう, や松

▼ 岩~ (4, 0.0%)

1 といふ種類, の産地, の美, を採る

▼ 岩~ (4, 0.0%)

1 の花, の花弁, の蕊, や薄

▼ 岩~ (4, 0.0%)

1 などの咲き亂, に高根日蔭縵, の紅色, の花

▼ 岩高蘭~ (4, 0.0%)

1 と苔桃, も多い, や岩梅, や苔桃

▼ 岩~ (3, 0.0%)

2 富与 1

▼ 岩かど~ (3, 0.0%)

1 がきみ, ですり切れたん, でやぶれたの

▼ 岩かべを~ (3, 0.0%)

1 おおいかくすほど, みつめました, 懐中電灯の

▼ 岩くず~ (3, 0.0%)

1 の上, や泥, や石

▼ 岩こそ~ (3, 0.0%)

1 また光彩陸離, 前の, 赭色なれ

▼ 岩さえ~ (3, 0.0%)

1 あって, どけりゃいい, 見れば

▼ 岩じゃ~ (3, 0.0%)

1 ないか, ないという, ないよ

▼ 岩だった~ (3, 0.0%)

1 が, とおもう, のです

▼ 岩つばめ~ (3, 0.0%)

1 が低く, が軒端, のよう

▼ 岩であっ~ (3, 0.0%)

1 たりする, てその, て,人

▼ 岩などで~ (3, 0.0%)

2 取囲まれた台地 1 打ったから

▼ 岩なり~ (3, 0.0%)

1 これは, また柳, 岩の

▼ 岩のね~ (3, 0.0%)

2 もとに 1 もとを

▼ 岩~ (3, 0.0%)

1 の小松, も共に, 数十丈の

▼ 岩また~ (3, 0.0%)

2 岩を 1 熊本県八代郡などにも

▼ 岩もう~ (3, 0.0%)

1 いいかげんに, いうまい, わが輩は

▼ 岩もね~ (3, 0.0%)

1 上等兵の, 二週間する, 其当座は

▼ 岩やら~ (3, 0.0%)

1 こわごわ谷底, 石やらを, 見わけ

▼ 岩~ (3, 0.0%)

1 の属, は外貌, を指す

▼ 岩吉方~ (3, 0.0%)

1 から野辺, へまいり, へ遣わしました

▼ 岩~ (3, 0.0%)

1 で作り出した, の仕事, の惣太

▼ 岩天井~ (3, 0.0%)

1 にうつった, の釣灯り, へ手繰り

▼ 岩~ (3, 0.0%)

1 の前, へ悪, へ拝登

▼ 岩屏風~ (3, 0.0%)

1 から高い, に縫いつけられた, のご

▼ 岩~ (3, 0.0%)

1 に打つ, の不壊力, も揺れおののく

▼ 岩~ (3, 0.0%)

1 と彫った, と承, の形

▼ 岩扇山~ (3, 0.0%)

1 といふはおもしろい, に似, を右

▼ 岩打つ~ (3, 0.0%)

1 しぶきが, 波の, 波は

▼ 岩~ (3, 0.0%)

2 の研究 1 の技術

▼ 岩~ (3, 0.0%)

2 の菩提山 1 の旧

▼ 岩~ (3, 0.0%)

1 だとか, のひびきでした, を庭

▼ 岩~ (3, 0.0%)

2 の奇峭 1 を呈し

▼ 岩~ (3, 0.0%)

1 の上, の間, はいつか

▼ 岩長姫~ (3, 0.0%)

1 の如く, の御, の醜き

▼ 岩ある~ (2, 0.0%)

1 ところに, にはあらず

▼ 岩おこし屋~ (2, 0.0%)

1 の二階, の軒先

▼ 岩かと~ (2, 0.0%)

2 思はれる家

▼ 岩かべに~ (2, 0.0%)

1 ふりむけました, 鉄ば

▼ 岩かべの~ (2, 0.0%)

1 一方を, 色が

▼ 岩かも~ (2, 0.0%)

1 しれない, 知れないいつかボート

▼ 岩がち~ (2, 0.0%)

1 の岬, の海岸

▼ 岩こっち~ (2, 0.0%)

2 は流

▼ 岩すべて珍味~ (2, 0.0%)

2 です

▼ 岩そっくり~ (2, 0.0%)

1 にされ, の相好

▼ 岩その~ (2, 0.0%)

1 人を, 左門と

▼ 岩そのもの~ (2, 0.0%)

1 から出る, が発光体

▼ 岩だけ~ (2, 0.0%)

1 であった, 海を

▼ 岩だけの~ (2, 0.0%)

1 この世界, 山の

▼ 岩だって~ (2, 0.0%)

1 もとは, 沫雪の

▼ 岩とかいう~ (2, 0.0%)

1 名は, 軟かな

▼ 岩として~ (2, 0.0%)

1 それぞれの, 記載し

▼ 岩と共に~ (2, 0.0%)

1 蹌めき, 頽れ落ちた

▼ 岩~ (2, 0.0%)

1 ので緊張, んだらう

▼ 岩などが~ (2, 0.0%)

1 見えるだけ, 頭から

▼ 岩などと~ (2, 0.0%)

1 同様であった, 名づけて

▼ 岩などは~ (2, 0.0%)

1 誠に少なかっ, 重きを

▼ 岩なども~ (2, 0.0%)

2 あって

▼ 岩にでも~ (2, 0.0%)

1 乗り上げたもの, 面を

▼ 岩にな~ (2, 0.0%)

1 つて残つた, つて立つ

▼ 岩によ~ (2, 0.0%)

2 つて一つづつみんな味は

▼ 岩によって~ (2, 0.0%)

1 うっとりと, おさえられて

▼ 岩~ (2, 0.0%)

1 のか, 踏み鳴す斯く

▼ 岩のうへに~ (2, 0.0%)

1 船は, 集り居り

▼ 岩のみ~ (2, 0.0%)

1 ならず加茂湖畔, 多い渓

▼ 岩へは~ (2, 0.0%)

1 彼が, 遊びに

▼ 岩または~ (2, 0.0%)

1 その間に, 海にか

▼ 岩までが~ (2, 0.0%)

1 反響する, 青い水平線

▼ 岩もの~ (2, 0.0%)

1 をゴテゴテ, を盛上げた

▼ 岩らしい~ (2, 0.0%)

1 のを, ものは

▼ 岩をよ~ (2, 0.0%)

1 ぢのぼれる, ぢ上り

▼ 岩~ (2, 0.0%)

2 とこで

▼ 岩亀岩~ (2, 0.0%)

2 などの名

▼ 岩付近~ (2, 0.0%)

1 の川原, の河原

▼ 岩~ (2, 0.0%)

2 ふ雫

▼ 岩~ (2, 0.0%)

2 ふ雫

▼ 岩動炎天~ (2, 0.0%)

1 はこの間, 同じく露子

▼ 岩向こう~ (2, 0.0%)

1 の人数, は荒海太平洋

▼ 岩團三郎~ (2, 0.0%)

1 だつた, であると

▼ 岩壁伝い~ (2, 0.0%)

1 に乗鞍岳, の日誌

▼ 岩多く~ (2, 0.0%)

1 狹く, 碎け流れて

▼ 岩~ (2, 0.0%)

1 がこの, を振り仰いだ

▼ 岩~ (2, 0.0%)

2 に線

▼ 岩~ (2, 0.0%)

1 とは鶴ヶ岳, を中心

▼ 岩~ (2, 0.0%)

1 がすっかり, に一艘

▼ 岩~ (2, 0.0%)

1 から発源, より発す

▼ 岩~ (2, 0.0%)

2 の下

▼ 岩~ (2, 0.0%)

2 を伝い

▼ 岩斬れ~ (2, 0.0%)

2

▼ 岩松吉致~ (2, 0.0%)

1 であったの, なの

▼ 岩~ (2, 0.0%)

2 汚れし眼

▼ 岩~ (2, 0.0%)

1 と相対, の城

▼ 岩桔梗~ (2, 0.0%)

1 が可憐, も白山風露

▼ 岩~ (2, 0.0%)

1 に湛えた, へ落ちる

▼ 岩櫃山~ (2, 0.0%)

1 という, の城

▼ 岩~ (2, 0.0%)

2 で岬

▼ 岩~ (2, 0.0%)

1 厳として, 巌と

▼ 岩~ (2, 0.0%)

1 も畢竟, を見つける

▼ 岩~ (2, 0.0%)

1 の外, へこ

▼ 岩田京四郎~ (2, 0.0%)

1 が検挙, は非常

▼ 岩~ (2, 0.0%)

1 による亀甲模様, を

▼ 岩~ (2, 0.0%)

1 と一歩一歩, などがさしあたり

▼ 岩~ (2, 0.0%)

1 に梅, よりのぞけ

▼ 岩竹先生~ (2, 0.0%)

1 のお, 痛くありません

▼ 岩~ (2, 0.0%)

1 からなる, はある

▼ 岩緑青~ (2, 0.0%)

1 を産, を買占め

▼ 岩義尹~ (2, 0.0%)

1 あるのみ, などである

▼ 岩~ (2, 0.0%)

1 でその, をよぢ登つて

▼ 岩~ (2, 0.0%)

1 をかぶった, を採集

▼ 岩裂け~ (2, 0.0%)

1 云々と, 墓ひらけ

▼ 岩見澤~ (2, 0.0%)

1 に於い, の陶器

▼ 岩角洞門~ (2, 0.0%)

1 にうち, のうち

▼ 岩~ (2, 0.0%)

1 りごろごろ, りである

▼ 岩質中~ (2, 0.0%)

2 に含まれた

▼ 岩~ (2, 0.0%)

1 をのぼりかけた, を攀ぢ

▼ 岩野口~ (2, 0.0%)

2 と長蛇

▼ 岩附近~ (2, 0.0%)

1 に坊主, のもの

▼ 岩隠れ蔦~ (2, 0.0%)

2 がくれ

▼ 岩~ (2, 0.0%)

1 と書い, を光らし

▼ 岩~ (2, 0.0%)

1 が堆く, などは其土

▼ 岩飛び~ (2, 0.0%)

1 の図, をする

▼ 岩~ (2, 0.0%)

2 の眼

▼ 岩黄耆~ (2, 0.0%)

1 が多かっ, が非常

▼1* [462件]

をじ, 岩いまだ落ちざりき, 岩うしろも岩, 岩うつばかり, 岩うつり啼くは河原鶸, 岩かげ木かげに倒れた, 岩かつら土くれに, 岩かどが見えた, 岩かどまで走って, 岩かに突き当たったの, 岩かべぜんたいが, 岩かべにあたって火ばな, 岩かべは灰色に, 岩かべも遠くは, 岩からの風に, 岩からは滝が, 岩からも横の, 岩がかった岸が, 岩がよかつた, 岩がらみが纏っ, 岩にこもらまし, 岩ぎしにもどりました, 岩くだきの強, 岩くらいのものだった, 岩くらくらししなどの, 岩くれ立つた磯を, 岩ぐまくまなくも苔にう, 岩ぐるみ今太郎君を載せる, 岩こういう天然の, 岩こそはまた光彩陸離, 岩こちらの岩, 岩ころが落ち, 岩ごと泥が堆かっ, 岩乗り上げんな, 岩さん今日は, 岩さん妻だの子, 岩さん妾が悪かっ, 岩さん家では四円十五銭, 岩さん御苦労だったの, 岩さん絶交料三千円は随分, 岩しぶきが立つた, 岩せみの音, 岩ぜんたいが動い, 岩その間から噴き出す, 岩そりア何だ, 岩それだけがあらゆる, 岩そんなものは, 岩たけくるみきくなみる, 岩たたなわって谷, 岩だけでできた高い, 岩だろうつかまえどころが, 岩ちょっと足を, 岩かけを, 岩ってどれな, 岩つぎの岩, 岩つづきでただ左手, 岩づたいに落ちる細い, 岩づたいにわたって浅瀬を通っ, 岩づたいに三廏から宇鉄, 岩づたいに川のまん中, 岩づたいに水を跳ん, 岩づたいに流れを渡り, 岩づたいに滝のちかく, 岩づたいに谷の方, 岩づたひに荒い浪, 岩この一度, 岩てこなりというそうそう, 岩てこバンカラ辰三郎に比肩, 岩てこバンカラ辰三郎らが至芸, 岩てこ太神楽の人々, 岩てめえの話ア, 岩であったら頭を, 岩でありますから突兀, 岩であれご随意, 岩でこそないが, 岩でしたがうしろ, 岩でしょうか, 岩でなけりゃ駄目だ, 岩といへるは, 岩といったほうが, 岩といつても大きな, 岩とかがただ一つ, 岩ところどころに冬, 岩とて大なる, 岩とでかわり番に, 岩とともに墜ちるところ, 岩とにはさまれて, 岩とによって形作られて, 岩とばかり思って, 岩とよぢの, 岩とより成る赤裸, 岩どもは気心, 岩なだらかな弧, 岩など冤魂が, 岩などという名前の, 岩などの遺跡も, 岩なら別に問題, 岩なりなどと所以なき, 岩なればこれら, 岩なんか担ぎ込んだの, 岩なんぞ見て, 岩なんてあまり聞いた, 岩にかけて肌の, 岩にてガサガサ岩の, 岩に対しては鉄と, 岩に当たって微塵に, 岩に関する注意を, 岩ねの極み, 岩のうへで笑つたな, 岩のうへより鳥居より, 岩のけはしい, 岩のぼりのとき, 岩はぜの花の, 岩はだのほかの, 岩はにやり笑いつ, 岩ばかりから成り立った嶮, 岩ばかりがまっ黒に, 岩ばかりになり谷間, 岩ばかりを説いて, 岩ばっかり噛って, 岩ばっかりの島で, 岩ばつかりある中, 岩ひとつ白かりしかな, 岩ぶすま, 岩へでもおかけなさい, 岩への熱情と, 岩べやの向こうの, 岩ほどにも重さ, 岩ほどの雪五郎の, 岩こは, 岩までの間は, 岩までは上から, 岩みたような, 岩みんなびりびりやりだした, 岩むろのモリイシャ, 岩もしも上らぬもの, 岩もて洞穴の, 岩もるあるじ見し, 岩やなんかでなくて, 岩れんげが生え, 岩をでもつかむよう, 岩をとッ捕まえる, 岩を以て成立し, 岩イソメ砂イソメドバミミズシマミミズボッタヒル蝦蟹類車蝦芝蝦赤蝦藻蝦甲殻類の鯖蟹, 岩ウチワの薄, 岩カラス岩という三つ, 岩コブだらけの崖, 岩ヂシャもしくは岩崖ヂシャ, 岩ツころのやう, 岩ツヽジの肉色, 岩与ヘテ離別, 岩モテ畳メル密室アリ王及ビ王妃ヲ幽閉セル処, 岩ヶ下にまで溢れ出し, 岩ヶ岡という岩, 岩ヶ崎一万五千石の館主, 岩ヶ袋の鉄橋, 岩一つ一つ神が斧, 岩一つ島一つもない, 岩一帯の奇岩, 岩一枚子産石と申しまし, 岩七ツ岩を賞し, 岩七厘を用います, 岩丈造りの半白, 岩上津浦大矢野口野津小浜等十数ヶ村の庄屋三十数名, 岩上角之助, 岩下重兵衛が撃ち損じた, 岩丘岩九郎はその, 岩中尉と申し, 岩乗作りの老人, 岩乗絶壁のよう, 岩乙鳥さまざまな鳥, 岩九郎はその, 岩亀之助が常陸山, 岩亀亭へつけさせ, 岩以北も相, 岩伐木などが雪崩, 岩伝う雫の, 岩俎板岩釜岩硯岩烏帽子岩抔申なりといと, 岩側面あるいは林下, 岩僧都と申す, 岩入道とか遠く, 岩公左様なら, 岩其上の祠, 岩の町, 岩凄まじき所, 岩も後, 岩動炎天岩動露子柴浅茅あるいは石川啄木, 岩動露子柴浅茅あるいは石川啄木, 岩勝ちの, 岩十時十五分長次郎頭十一時二十分着十一時四十分出発, 岩千鳥といふの, 岩千鶴ヶ崎蝋燭岩鼓ヶ浦と詠, 岩原郷立山に地, 岩及び新火山岩, 岩及硅岩より成り, 岩叢竹作兵衛滝の水, 岩などの篤志家, 岩とがる杉間, 岩の談, 岩雲坐, 岩の痣, 岩城山とは南北百余里, 岩城山権現の条, 岩基部をトラバース, 岩に登った, 岩堰水の音, 岩塊状になった, 岩塊狼藉して, 岩塊錯立して, 岩塊風に乗っ, 岩の下, 岩墜ち風水の, 岩壁それらの間, 岩壁ぞいの道, 岩壁みたいにこんな, 岩壁下には紺碧, 岩壁像のまえ, 岩壁切りひらいて, 岩壁厳かめしい赭色, 岩壁四圍悉く水晶とこほり白壁, 岩壁多くの針葉樹, 岩壁寄りを幽か, 岩壁洞窟を利用, 岩壁添ひに, 岩壁濃緑の偃松, 岩壁生のこの, 岩壁等の急斜面, 岩壁連続する瀑布, 岩壁道路を伝っ, 岩壁面の一端, 岩壁飛瀑の見る, 岩である, 岩大明神と言, 岩大石の状, 岩大砲鬼ヶ谷鬼龍山谷の音, 岩太博士が洋画, 岩太夫これは縄, 岩太氏のやう, 岩夫婦は元, 岩奇峰を眺める, 岩好きだな, 岩妖怪じみたもの, 岩お袖, 岩安彦保証人の名前, 岩宝塔等等等の名, 岩小屋内には流木, 岩小屋辺から完全, 岩小屋附近に槍沢, 岩小浜串山三村の代官高橋武右衛門, 岩屏風岩などいづれ, 岩層橋梁樹木雜艸空低く飛ぶ, 岩は浮世, 岩岨道で一日, 岩岩戸不動滝垂釣潭宝船重ね岩宝塔等等等の名, 岩岩瀬の陽石, 岩崖ヂシャと称, 岩崖地に生育, 岩崖等の上, 岩崖芝地椰子樹の下, 岩崩れ足辷る, 岩をタラムチェー, 岩に, 岩巣だらけで一寸, 岩は淵, 岩左右より我等, 岩帽子岩ただ見あ, 岩に飛び降り, 岩という者, 岩延傳衞と申します, 岩延方へ渡し, 岩延縁す, 岩同和田国次郎, 岩弥佐栄兼て御, 岩形圭吾事志村浩太郎と妾, 岩形圭吾氏こと志村浩太郎氏の変死事件, 岩形氏以外の誰, 岩形氏所持の大型金時計, 岩形氏直筆の十一万五千円, 岩形氏自身ではありません, 岩徹る清水は, 岩などという姓, 岩怪石に富み, 岩成一族も城, 岩成兵助の三名, 岩抜け山津浪そう, 岩押しに押し, 岩ちて, 岩摺子岩があり, 岩にし, 岩で死んだ, 岩松原を両, 岩松山譲鏡山などいう, 岩松白樺子供葦を渡る, 岩枯梗やムカゴトラノオ, 岩栂栂桜などが目先, 岩栗神社あり孝, 岩桔梗四葉塩釜など一面, 岩梅ちんぐるま草, 岩梅姫鍬形苔桃などが多い, 岩梅白馬黄者白山一華深山塩竈などの高山植物, 岩梅雲間草黒百合などの咲い, 岩もまだ, 岩梨黄花石楠なども咲い, 岩などいう, 岩の構造, 岩樹木石ころ思いのまま, 岩橄欖岩みんなびりびりやりだした, 岩歩きが上手, 岩段沓抜組方というの, 岩殿に霊, 岩氏人柱に立つた, 岩氏某がき, 岩氏自身の袴, 岩民主攻めの岩, 岩洞清風冷雨鎖して, 岩洞窟から通, 岩洩る水に, 岩洲友当が陰陽博士, 岩流小次郎ト仕合致スベキ由, 岩浅瀬から浅瀬, 岩の如く, 岩渓裳川先生の門, 岩を吹け, 岩湯通ひの, 岩の海岸, 岩にでも落ちこん, 岩瀧村より船, 岩灘天草洋有明海等幾多の区分, 岩烏帽子岩カラス岩の順, 岩烏帽子岩抔申なりといと, 岩焚火夕闇不恰好な一本, 岩栗メリヤスうどんそば密柑等々の, 岩しや, 岩照りを迎, 岩熊鷹氷室の連山, 岩片端から動い, 岩を平常, 岩の闇, 岩が尿所, 岩の子, 岩瓢箪形の池, 岩田内蔵之助御勝手方, 岩畳み鬼蔦あ, 岩の一つ, 岩瘤だらけな山稜, 岩瘤みたいな根, 岩登り用のロープ, 岩白糸の滝長滝などの名所, 岩凡ならず, 岩目館につく, 岩眼鏡岩ライオン岩亀岩などの名, 岩矢天狗さんと交渉, 岩矢天狗氏よ, 岩矢氏が一しょ, 岩石そのものが流水, 岩石原であるため, 岩は焼け切っ, 岩の太刀, 岩破岩溪の上, 岩ノ, 岩磐二州会などは日本, 岩磐新地貝塚なるが, 岩の下, 岩神社として祭られ, 岩積みが見え, 岩立ち並んだ山傾斜地の, 岩竹さんは今日, 岩箭渓の動ぎ石, 岩轟々たる音響, 岩の最大露出, 岩絵の具でかいた, 岩絵画的な舟, 岩続きの山, 岩緑青等に類する, 岩群れてひたすら, 岩羽衣の松, 岩の句, 岩でつい, 岩脈山骨樹姿それらのもの, 岩脈状をなし, 岩自由攻め岩民主攻めの岩, 岩苔谷が入っ, 岩苔谷等を合せた, 岩苔谷落合ひ凡そ三里, 岩苔谷附近からはさしも, 岩の蔓, 岩草花しろき夜あけ, 岩菅白砂等も五月頃, 岩菅那須横手山等で略, 岩菊浜菜もるちの花叢, 岩を摘ん, 岩菜科花葱科などの様, 岩蓬莱岩岩戸不動滝垂釣潭宝船重ね岩宝塔等等等の名, 岩蔭そこにし, 岩蕈採りが此崖, 岩や羊歯, 岩薄片のけむりがただよひ, 岩藤九小駒, 岩と雑, 岩のほう, 岩蚕岩白糸の滝長滝などの名所, 岩だ, 岩蛇紋岩が鍋, 岩蝶ヶ岳から押し流された, 岩と女, 岩街道でもあらう, 岩の神, 岩角木株細流を, 岩角松松には藤, 岩角監視所の下, 岩角谷間に白い, 岩角雑草が人, 岩触れる岩片端から, 岩負け源氏山負く, 岩質粘板岩や角岩及硅岩, 岩赤く海碧き, 岩越さまあなた様のお洒落, 岩越一盃やれ, 岩越何うだえ, 岩越境の山脈, 岩越次郎左衛門や秋田加兵衛, 岩越賢藏と申す, 岩路御台さま付きの腰元, 岩遊びの場合, 岩重れば, 岩金剛力で引き抜いた, 岩釜岩硯岩烏帽子岩抔申なりといと, 岩の地, 岩鏡一葯草其外名も知らぬ, 岩鏡苔桃などが下草, 岩だつて, 岩鐘一列くもる, 岩長姫命とも称え, 岩関羽や関平, 岩附近竜田山の一部, 岩陰伝ふ, 岩からは例, 岩隠りまして夜, 岩面上へのぼる, 岩面稜々として當, 岩と頂, 岩頸列はまだ, 岩荒ければ, 岩とて岸の上, 岩飛びわたる納涼かな, 岩飛中返などに関する, 岩飛石の暴状, 岩馬氏は先づ發, 岩駱駝岩眼鏡岩ライオン岩亀岩などの名, 岩骨稜々として天空, 岩さ二間半に, 岩高く聳えて, 岩高蘭立山竜胆蔓苔桃麒麟草猩々袴鷺菅などがあり, 岩高蘭苔桃蔓苔桃が一面, 岩髭千島竜胆など生, 岩鬼岩蟇岩帽子岩ただ見あ, 岩を三四人, 岩なる崖, 岩黄耆深山塩竈青栂桜岩梅雲間草黒百合などの咲い, 岩でなくつばめ, 岩の中, 岩龜横丁の暗がり