青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「岡田~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

山上~ 山中~ 山口~ 山崎~ 山本~ 山田~ 山脈~ 屹度~ ~岡 岡~
岡田~
~岩 岩~ 岬~ 岳~ ~岸 岸~ 岸本~ 峠~ ~峰 峰~

「岡田~」 1149, 12ppm, 9178位

▼ 岡田~ (199, 17.3%)

5 僕の 4 その時, 云った 3 それが, 眼を, 自分の

2 [13件] いつまでも, お兼さん, かすかに, じつに偉大, 三・一五の, 何か, 太田と, 太田に, 家を, 微笑した, 手を, 笑いながら, 草稿を

1 [151件] あす上条を, あとじさり, ある朝, いっこう気, いつと, いつの間にか用意, いなかった, お玉の, かねてから注意, こう云い捨てた, こう云っ, ここでは, この時, この話, こんな事, こんな話, さうい, しばらくする, すうと, すぐ, すぐに, すぐ自分, すこぶる念入, すでに酔っ, そういっ, そうともと, そう答え, そつと, そのたび, そのどれ, その一人, その夜, その度, その日, その晩, その最初, その視線, それまで, それを, ちょうど好い, とうとう判断, とっくに死ん, どうした, どこに, どこへ, はっきりした, ますます真面目, ますます笑った, またお, またしかつめらしく, またその, また白い, また防毒面, まだ寝, まだ寢, むしろ愉快, もとより百合子, やっと気, わざと低い, わざわざ細君, ヨロヨロと, 一体いつ, 一層大きな, 一足後戻りし, 一體いつ捕はれた, 丁度鉄門, 不思議そうな, 不精らしく, 両手を, 二十日に, 今までに, 今夜己の, 今日どう, 今日どういう, 会社へ, 会社を, 体格では, 何事も, 何故か這入っ, 俯向き加減に, 元の, 兄の, 兩手を, 冗談じゃ, 卒業の, 単にわが, 又, 又無縁坂, 又白い, 口と, 只それ, 太神宮, 女の子に, 女主人の, 好く見よう, 宇津木の, 寝て, 寢て, 小僧に, 小僧の, 巧な, 己れ, 平気で, 庖刀が, 度々勢いこめ, 強いて, 彫刻も, 彼ら三人の, 待ち兼ねたよう, 心の, 怜悧な, 急に, 慌てたよう, 戸口を, 故意でも, 新しい細君, 昼の, 極まって, 次第に, 母の, 母方の, 滝壺に, 片端から, 目を, 真面目に, 知らないの, 硫酸か, 禿げかかった頭, 突然体, 窓の, 立ちあがった, 答えた, 築地に, 腕木に, 自殺を, 苦悶の, 苦笑し, 虞初, 虫の, 要領を, 見送って, 言葉を, 足が, 跳ね起きた, 躊躇した, 返辞を, 郷里から, 開き直って, 震へる, 高商, 鹽原へ

▼ 岡田~ (164, 14.3%)

6 顔を 4 着物を 3 ように, 元の, 方を, 言葉の

2 [24件] いわゆる, その言葉, ために, 一言は, 世界は, 今示し, 全身を, 名をのみ, 地位に, 場合に, 場合は, 好意を, 家へ, 家を, 手紙を, 手足の, 指先を, 方へ, 死体が, 監房の, 監房を, 面影が, 面貌は, 顔に

1 [94件] いうこと, えん罪は, ことゆえ, この一面, そばを, ためには, やうな, ような, フロックの, 下駄の, 事ばかり, 事ゆゑ氣の, 事を, 二人を, 人で, 体を, 作品が, 作品に, 側に, 側を, 全身が, 勤めて, 厄介に, 口から, 同情を, 名刺が, 国生村あたりが, 塀へ, 声が, 声も, 変り果てた姿, 外に, 外套が, 奥さんとが, 好きな, 姿は, 宅まで, 宮, 宮に, 家で, 家に, 家の, 左に, 左耳から, 帰った後, 帽子を, 急激な, 意味は, 懐中時計に, 所へ, 手に, 手を, 文学趣味も, 方である, 日々の, 机の, 様子を, 次男は, 死体は, 死体を, 氏名と, 留守に, 神経に, 空想の, 立ち姿を, 立姿を, 細君の, 細君は, 経済事情を, 耳に, 肩から, 苦悶を, 菊正に, 言うと, 言ふと, 話では, 話は, 話を, 變り果てた, 通って, 通る時刻, 部屋の, 部屋へ, 配下の, 金も, 電話が, 霊に, 顏を, 顔が, 顔とを, 顔には, 顔の, 顔は, 髪の毛は

▼ 岡田~ (84, 7.3%)

6 云った 2 何を, 散歩に, 生きて, 自分の

1 [70件] あたりを, あの死体, あの顔, いなくなったの, こう云った, しまいに云った, そんな男, ぞうり袋を, たしかだって, どんな男, どんな顔, ぼくに, また何で, わざわざ東京, アトリエに, 二人を, 云い出した, 云う, 今ああ, 休んだので, 住んで, 作ったの, 例の, 冷かした, 分隊の, 剣も, 去った後, 又, 又いつも, 口を, 古本屋を, 唇の, 問うた, 変な, 始て, 宿を, 彼らの, 後へ, 微笑し, 手を, 提議した, 歩いて, 歯医者に, 殺される相手, 池の, 洋行の, 激怒に, 父に, 独言の, 留守に, 病院へ, 立去ってから, 紫色の, 自分に, 薬で, 藪から, 蛇退治を, 話す時, 赤門から, 転向を, 轉向を, 通り掛かって, 通り掛かると, 遠慮の, 金蓮に, 電話を, 電話口で, 顔を, 駄々ッ子の, 駆けて

▼ 岡田さん~ (50, 4.4%)

3 のところ

1 [47件] いろいろと, お兼さん, がお, がこれ, がまた突然, が六円, が内, が変装, が来た, が残し, が紹介かたがた, が足, だったらと, というの, どうした, なんかの話, にお, にお礼, にはおぼこ娘, にはなぜ, には分かっ, に一, に会う, に会っ, に伺いましたら, に手紙, のし, の事, の奥さん, の描いた, の方, の葬式, はその後, はたかが, はひどい, はわざわざ, は久しく, は五六年, は実に, は抱月, は酒, は鹽原, へ行つて御覧, もです, をどの, を御覧, 御夫婦

▼ 岡田~ (45, 3.9%)

3 一しょに, 云ふ 2 お兼さん, 一緒に, 僕とは, 自分は, 話を

1 [29件] いっしょに, お玉とは, それに, 三人で, 並んで, 二人岡の, 二十五歳の, 云う名, 云う学生, 交代し, 会釈を, 佐野は, 僕とを, 分らぬ様, 同じ会社, 呼んで, 唇の, 大体の, 少し心安く, 店先で, 急いで, 聞いて, 親しく話, 話すこと, 話す機会, 話す機會, 逢った時, 逢つた時太田は, 顔を

▼ 岡田~ (45, 3.9%)

2 ですか, と連立つ

1 [41件] お重, がいふ, が礼, この呉春, です, としてつき合っ, とは間接, とも一緒, とも同, と別れ, と同じ, にうながされ, には土地, にも別れ, に世話, のあと, のよう, の世話, の先輩知友, の勸め, の外套, の家, の従兄弟, の案内, の細君, の許, はいつも, はいつもこう, はどういう, は五年制, は何時, は大変奇抜, は子供, は絵, は親類, もそれ, も一緒, も鷄二, や故人, を見る, を識つたの

▼ 岡田~ (37, 3.2%)

2 向って, 礼を, 言った, 話しかけて, 貸したその

1 [27件] あっては, あつて, わたした, 交って, 似て, 借りた金, 勧められて, 叮嚀な, 和服を, 外套の, 当って, 惨忍, 挨拶し, 接近しよう, 比べて, 物を, 相談し, 若干の, 蛇を, 話しかけた, 近づいて, 近づくの, 近寄りたいと, 逢うと, 逢おうと, 連れられて, 違いは

▼ 岡田道彦~ (26, 2.3%)

3 の歯型

1 [23件] がどこ, がふと, がまるで, が怪写真, が温泉宿, であったの, です, ですか, という変りもの, と極め, に相違, のもの, のアトリエ, の不気味, の墓地, の顔, は, は二人, は化物みたい, は当の, は本当に, は見す見す, まで三谷

▼ 岡田~ (25, 2.2%)

2 先頭に, 畏敬し, 相手に

1 [19件] ひっかけ買わす, ライプチヒへ, 中に, 中心に, 主人公に, 傭ったから, 前へ, 尋ねて, 尋ねるよう, 待ち受けて, 怒らした事, 救助者として, 素裸に, 紹介した, 行き過ぎさせて, 衝いた, 褒め始めたの, 見て, 通り新田を

▼ 岡田良造~ (21, 1.8%)

2 だって, だつて, であったこと, であつ, であること, の今, はその, は畏敬 1 っていうん, に逢った, に逢つたの, の捕はれ, の捕われ

▼ 岡田嘉子~ (14, 1.2%)

2 がかえ

1 [12件] が, が発見, である, と共に越境, と出奔, などと出, に偶然, の二人, の国境突破ニュース, の越境, を除く, 若き愛人杉本良吉

▼ 岡田~ (14, 1.2%)

1 [14件] から水沢, が素朴, だけで一万八千円, とはまた, に行き, のあの, のつ, の宿屋, の民俗学者, の灯台, は勉強, へ行く, まで大きな, もよそ

▼ 岡田という~ (13, 1.1%)

2 のが, 男は 1 その男, のは, 人物, 人物に, 初年兵, 男が, 男を, 良家の, 青年は

▼ 岡田少年~ (13, 1.1%)

2 が云った, に云った 1 がびっくり, が口, のほか, はとき, はとし, は云った, は英語, は黙り, を制し

▼ 岡田~ (12, 1.0%)

3 僕も 2 母の 1 その籠, それを, どうしよう, 只窓, 呼ぼうか, 気の毒だ, 矢っ

▼ 岡田~ (11, 1.0%)

1 [11件] が私達, が美保, では舳, でも待つ, で私達, に乘つて, に戻, の寄港, は境, は海そうめん, は美保

▼ 岡田内閣~ (11, 1.0%)

1 [11件] がどう, だという, で一躍, に遂, のこと, の成立当時, の擁護, の方, の苦境, はどこ, を承認

▼ 岡田夫人~ (11, 1.0%)

1 [11件] から, から教, が此, が贔負, として改まっ, の, の作品, の噂, は意地張り, は此, を惜しい

▼ 岡田先生~ (10, 0.9%)

1 と一緒, などもかなり, のところ, の使い, の静坐会, は, はその, は何事, よりの使い早田隼人, を評し

▼ 岡田~ (10, 0.9%)

1 とともに車行, とにて, と僕, の家, はもし, は五人説, は勉強家, へ一度, へ行つて御覧, より仕事

▼ 岡田~ (9, 0.8%)

2 藤次は 1 藤次って, 藤次であった, 藤次なら, 藤次の, 藤次利武で, 藤次利武と, 藤次利武殿の

▼ 岡田首相~ (9, 0.8%)

1 との会見, と会見, の何より, の生存, は, は一時, は健在, は暗に, や陸相海相

▼ 岡田博士~ (7, 0.6%)

21 が, に従って凍, の名著, の言, もかつて

▼ 岡田夫婦~ (7, 0.6%)

1 といっしょ, と仲, の云う, の今昔, はまた, は約, を捕まえ

▼ 岡田から~ (6, 0.5%)

1 お貞, 受取った手紙, 来た一枚, 松本まで, 金を, 電話口へ

▼ 岡田では~ (6, 0.5%)

2 ない今日 1 ありません, この旦那, なかった, なくて

▼ 岡田弥市~ (6, 0.5%)

2 の拝み 1 というの, とがこれ, と共に後詰, は何

▼ 岡田磯吉~ (6, 0.5%)

1 とキッチン, のとき, の家, はびっくり, はまっさきに, は困っ

▼ 岡田辰弥~ (6, 0.5%)

1 が家, が来た, はびっくり, は答えた, は聞きとれない, は重たい

▼ 岡田~ (5, 0.4%)

1 さえ打って, 一里二十八町岡田から, 岸沢の, 帰るなり, 金を

▼ 岡田三郎助~ (5, 0.4%)

1 などいふ, などが早い, のところ, の両氏, の雛妓

▼ 岡田かつ~ (4, 0.3%)

1 という女, に当, の取り調べ, は辰吉

▼ 岡田三郎~ (4, 0.3%)

1 の, の伸六, の半身像, の手

▼ 岡田三郎助氏~ (4, 0.3%)

1 などと一緒, の描かれた, の油畫, はやはり

▼ 岡田三郎氏~ (4, 0.3%)

1 によっていわゆる, の二元論, はまだ, も誰か

▼ 岡田上等兵~ (4, 0.3%)

1 はあっ, はなんと, は月光, は草

▼ 岡田八千代さん~ (4, 0.3%)

1 がびっくり, に逢う, は水, も箏

▼ 岡田八千代女史~ (4, 0.3%)

1 が笑顔, と呂昇君, のお, も国木田治子女史

▼ 岡田との~ (3, 0.3%)

1 対話を, 對話を, 間に

▼ 岡田とは~ (3, 0.3%)

1 その晩石原, 今でこそ, 随分心安く

▼ 岡田~ (3, 0.3%)

2 のだ 1 ンかに

▼ 岡田には~ (3, 0.3%)

1 それが, 別に深い, 梅が

▼ 岡田大将~ (3, 0.3%)

1 に大命, に決定, に降下

▼ 岡田寒泉~ (3, 0.3%)

1 が擢用, などの墓, の墓

▼ 岡田~ (3, 0.3%)

1 も大分, も気, や伏水

▼ 岡田武松君~ (3, 0.3%)

1 との初, の細君, は文科系統

▼ 岡田汽船會社~ (3, 0.3%)

1 の專務取締役, の岡田丸, の渡邊君等

▼ 岡田禎子~ (3, 0.3%)

1 が珍しく, なんか会話, にしろ

▼ 岡田~ (3, 0.3%)

1 か, である, 降間木村

▼ 岡田からの~ (2, 0.2%)

1 勧誘が, 電話は

▼ 岡田~ (2, 0.2%)

1 つたのか, と信じ切っ

▼ 岡田である~ (2, 0.2%)

1 と認め得なかった, と認め得なかつた

▼ 岡田とを~ (2, 0.2%)

2 一つ棟に

▼ 岡田に対する~ (2, 0.2%)

1 極度の, 義務としては

▼ 岡田より~ (2, 0.2%)

1 人車に, 先へ

▼ 岡田三郎加藤武雄浅原六朗龍胆寺雄楢崎勤久野豊彦舟橋聖一嘉村礒~ (2, 0.2%)

2 多井伏鱒二

▼ 岡田三郎助さん~ (2, 0.2%)

1 の妻八千代さん, の招待

▼ 岡田三郎吉田甲子太郎下村千秋~ (2, 0.2%)

1 などに出, などに出会

▼ 岡田信一郎氏~ (2, 0.2%)

1 などに会う, に先ず

▼ 岡田吉顕さん~ (2, 0.2%)

1 に請う, の姻家

▼ 岡田啓介~ (2, 0.2%)

1 に就い, も消息不明

▼ 岡田文部大臣~ (2, 0.2%)

1 だけは分っ, の室

▼ 岡田朔太郎~ (2, 0.2%)

1 がはいっ, は溜息

▼ 岡田~ (2, 0.2%)

1 がこの, 御案内

▼ 岡田武松博士~ (2, 0.2%)

1 の生家, をはじめ

▼ 岡田熊次郎氏~ (2, 0.2%)

2 とにお伴

▼ 岡田耕作~ (2, 0.2%)

1 に示す, 至る

▼ 岡田良平~ (2, 0.2%)

1 なども居っ, は

▼ 岡田虎二郎~ (2, 0.2%)

1 と云, に逢

▼ 岡田辰弥少年~ (2, 0.2%)

1 の四人, はいま経験

▼ 岡田郡羽生村~ (2, 0.2%)

1 であった, という処

▼ 岡田長門~ (2, 0.2%)

1 が示された, が詫びる

▼1* [155件]

岡田かつ子と申しました, 岡田からでも出て, 岡田からは花の, 岡田くんたのむよ, 岡田さまか, 岡田さんあなたいくら年を取っ, 岡田さんあんたも直子さん, 岡田さん和田さんあたりであらう, 岡田さん夫婦の周旋, 岡田さん私このごろヘトヘトに自分, 岡田さん達がかえる, 岡田だったのか, 岡田だの福井だの, 岡田って知ってでも, 岡田つて知つてでもゐる, 岡田酒を, 岡田とかよべる酒楼, 岡田とが詞を, 岡田としてまた六畳, 岡田なぞ近所から毎晩, 岡田などは変則の, 岡田なんぞからそれを, 岡田に対してはつけつけと, 岡田築地の, 岡田一人のため, 岡田三郎みんな御年配, 岡田三郎助先生のところ, 岡田三郎助青木繁満谷国四郎その他, 岡田三郎助青木繁石井柏亭など日本, 岡田三郎塚原健次郎などという人達, 岡田三郎尾崎一雄尾崎士郎大鹿卓和田伝上泉秀信田辺茂一楢崎勤室生犀星窪川鶴次郎福田清人浅野晃榊山潤水野成夫と申す, 岡田三郎神崎勝とまでは指摘, 岡田二郎君は死亡, 岡田井蔵小杉雅之進と医師二人, 岡田で催, 岡田以蔵てすごい, 岡田以蔵ここらあたりが名代, 岡田伸弥の家族, 岡田信一郎氏来訪久し振りで御, 岡田先生以下の諸氏, 岡田克己中村三弥湯川十郎木幡勝之助松本俊蔵高野長右衛門松本主税といったところ, 岡田八千代の劇文学, 岡田八千代与謝野晶子からまだ, 岡田八千代夫人の談話筆記, 岡田八千代小金井喜美子森しげ子国木田治子歌人の与謝野晶子, 岡田八千代山川菊栄松村みね子などという人々, 岡田八千代與謝野晶子等々皆振は, 岡田八千代茅野雅子森真如など美しい, 岡田兼一氏御夫婦, 岡田内閣そのものでなければ, 岡田内閣以来特にやかましく, 岡田内閣小原法相の訓示, 岡田初段が駈けつけ, 岡田利武という鹿爪, 岡田は前, 岡田創以下が前日福山, 岡田半江の高弟, 岡田半江小田百谷などの画人, 岡田の母, 岡田博士即座に, 岡田即ち唇の, 岡田は創, 岡田君それから二人, 岡田善右衞門の二人, 岡田喜一君の, 岡田嘉子その他当時の良心的, 岡田四郎兵衛友治をよび出し, 岡田国老をも隠居, 岡田大介岡半七等, 岡田夫人八千代さんの紙包み, 岡田女史の, 岡田子爵越後の甘粕少将, 岡田孝吾谷元八栗原宰次郎その下流, 岡田学校というの, 岡田宗司鈴木茂三郎の諸氏, 岡田というお宮, 岡田寒泉柴野栗山尾藤二州古賀精里同, 岡田寺田というよう, 岡田少年とたんば老人, 岡田屋馬喰町井筒嘉七さては吉原大門前, 岡田岡田良造っていうん, 岡田岡田良造つていふん, 岡田左衞門郡右衞門蒔田源右衞門大音安太夫唐津口には郡正太夫, 岡田幡陽氏とか新聞社関係, 岡田の精神修養, 岡田式みたいなもの, 岡田式静坐法の姿勢, 岡田徳夫河添原泉中耕斎玉置季吉があり, 岡田指月よりチョコレート, 岡田撫琴居士におくる, 岡田政府ではこの, 岡田斎藤青木在其内, 岡田斧吉本山小太郎が戦死, 岡田玉宇治の, 岡田時彦に似てるやろ, 岡田時彦さんである, 岡田時彦右太衛門, 岡田朝太郎博士ら数名とともにこの, 岡田本妻を出す, 岡田村全体が谷間谷間, 岡田松浦大塚三氏を料理店, 岡田某青木昌吉戸川秋骨の諸氏, 岡田柳原と一隊, 岡田正之氏の, 岡田正美氏もさ, 岡田武松藤原咲平黒田正夫の各, 岡田毅三郎氏の所藏, 岡田毅三郎氏藏上の左, 岡田毅三郎氏藏口の周圍, 岡田氏母堂並夫妻に会い, 岡田浅原吉田下村などと一廉, 岡田海軍大将が内閣, 岡田淺原吉田下村などと一廉, 岡田画伯に会, 岡田画伯水上瀧氏既に在り, 岡田相馬埴生の各, 岡田磯吉くんいないん, 岡田禎子さんの, 岡田禎子内村直也久板栄次郎伊賀山精三故三宅悠紀子, 岡田禎子堀辰雄石坂洋次郎その他読むべくして, 岡田禎子田中澄江三宅悠紀子長岡輝子等々がある, 岡田均衡を, 岡田竜吟と云う, 岡田総理や小原法相, 岡田総督の彼岸, 岡田総督不快に付, 岡田総督始人夫迄之御, 岡田総督始夫卒迄御酒, 岡田総督御用に而, 岡田総督手文礼出張被仰, 岡田自身が替玉, 岡田航赴の準備, 岡田良一郎が座標, 岡田良之進との事, 岡田良助等笑ひは, 岡田良平上田萬年澤柳政太郎などであ, 岡田良造つていふん, 岡田華陽のため, 岡田虎二郎氏にお, 岡田虎次郎さんは生前, 岡田虎次郎先生を知った, 岡田とか何とか, 岡田要君は竜野付近, 岡田謙三氏の大作, 岡田謙三氏島崎鶏二氏の両, 岡田辰弥くんかとたずね, 岡田道玄の子, 岡田長門守の四名, 岡田長門守浅井田宮丸津川玄蕃滝川三郎兵衛の四名, 岡田雄三氏来訪せらる, 岡田雪子新潟の甘粕花子, 岡田静江を訪れ, 岡田領事御夫婦, 岡田館長の好意, 岡田鶴子つていふの