青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「山田~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

層~ ~山 山~ ~山々 山々~ 山上~ 山中~ 山口~ 山崎~ 山本~
山田~
山脈~ 屹度~ ~岡 岡~ 岡田~ ~岩 岩~ 岬~ 岳~ ~岸

「山田~」 1827, 19ppm, 6054位

▼ 山田~ (304, 16.6%)

7 彼女の 5 何か 4 急に, 秀子の 3 それを, 今まで, 溜息を, 自分の, 辻の

2 [11件] さう, それに, びつくりし, ふいに, 伊沢に, 妙に, 帰つて来なかつた, 自然と, 苦笑し, 苦笑する, 顔を

1 [247件] あの夜, いずまいを, いつのまにか知っ, いつまでも, いつもその, いやな, がんと, きっと下, こう云っ, このひどい, こんな会見, さういふ時, さつきから, すぐ数日前, すぐ浜松, そう云う, そこに, そのまま首, その列, その前, その午後, その姿, その意見, その時, その誘惑, その顔, ただ口, ついで一段と, とつさに, どうした, にやにやと, ねむいらしく, はっとした, はっと胸, はつと, はや為す, ひどく苦しそう, びっくりし, ふとあくび, ふとこんな, ふと二日前, ふと今朝, ふと大阪駅, ふらふらする, ふらふらと, ほかの, ぼんやりし, ぼんやりと, ぼんやり眼, また彼女, みつ子と, みつ子を, むつくり起き上る, むらむらと, もうさつき, もうすこし旧友, もうそんな, もう反抗, もう帽子, もう眠れなくなる, もう自分, もう語る, もう面倒くさく, もつと, もはやただ, やっと伊沢, ゆっくり繰り返し, トランプを, 一度も, 一歩後に, 一種の, 三日泊つて居た, 不安な, 不安らしい, 不意に, 二三度見かけた, 云ったまま, 今夜の, 以前よりも, 伊沢が, 伊沢を, 何が, 何とも, 何とも云えず, 何とも云えない, 何とも答えない, 何年か, 何故とも, 何處までも, 作者の, 保と, 信州の, 元来閉戸主義で, 先妻の, 入れ代り, 全く呆気, 全く社務, 其処に, 出嫌ひで, 初めて人, 前に, 勉強家で, 動作も, 半身を, 又, 吐き出すよう, 執拗に, 声を, 奮激の, 好奇の, 妻を, 姉と, 婢に, 嫌々ながら別れ, 実は自分, 実際その, 尋ねた, 小便を, 小刻みに, 少し後れがち, 崩れるやう, 左様なら, 帰る, 帽子も, 年賀郵便の, 座つた, 強く思ひ, 彼の, 彼女を, 従順な, 微笑し, 微笑した, 微笑を, 心の, 心中で, 必然この, 怒りと, 怒りを, 思はずはつ, 思はず声, 思はず聴き返したが, 怪しんで, 愚鈍な, 感じなん, 感激に, 慌てて, 憂欝に, 憤激した, 我慢出来ない, 手を, 押へながら, 押入の, 挑戦的な, 数十年の, 文章を, 斬られると共に, 新らしい, 既に其作, 時々口, 時々戦死, 暗い陰鬱, 暫く行く, 暫し思案, 梯子段に, 植ゑなめて目にも, 極温厚, 構わず占い, 構内を, 次第に夢見心地, 正子と, 正造が, 殆ど知らなかつた, 母校の, 毎号一篇の, 毎日勤めから, 気が, 決して一言, 泊って, 海老蔵の, 深い溜息, 渋々二重廻, 湯に, 漠然とそれ, 無邪気に, 煙草を, 物を, 目を, 眉を, 真っ赤な, 眼が, 瞬間言葉が, 矢吹の, 砂糖を, 硝子越しに, 突然不快, 突然辻, 笑えなかった, 笑ひ, 答えた, 細いささやく, 細字を, 絵本を, 考へた, 考へて, 聞いた, 聴いて, 肩と, 胸が, 能く, 臨時仕事に, 自ら秀子を, 自ら身を, 自分に, 芝から, 花見なぞ行つても, 荒々しく尋ねた, 蒼白くなっ, 見えなかった, 見て取つた, 見下すよう, 見覚えの, 見返しながら, 言つた, 言ひたく, 言文一致體, 訊いて, 訳の, 身動きも, 軍刀の, 辻が, 辻を, 返事の, 遠慮勝ちに, 遠江国敷智郡都築の, 金港堂から, 鉄片であった, 銚子を, 降りて, 電報の, 電車の, 電車通りに, 頻りに知識欲, 首を, 驚いて, 鹿沼へ, 麦酒を, 黙って

▼ 山田~ (281, 15.4%)

8 顔を 5 主人は, 家へ, 廬堂を, 方を 4 主人が, 曾富騰, 町を, 道場の 3 主人と, 家で, 家の, 手を, 方は, 案山子, 町へ, 眼の, 頭に

2 [19件] おばあちゃん, 主人に, 主人も, 二女史は, 塾に, 姿を, 家を, 心を, 手首を, 方から, 旅籠に, 案山子の, 烏は, 畔の, 畔を, 筧の, 言葉を, 郎女, 顔に

1 [172件] あとは, おつる, おばあさんが, おばあさんの, お奉行様, お話は, ことが, ことばで, ことを, この建議, ために, ところなり, のこした地図, ばか, ような, カガシという, ソホドとも, ハシャギ方は, 一地方吏から, 一家の, 三年間の, 両手が, 中の, 主人として, 主人の, 久延毘古を以て, 乙女濡れ, 乳媼, 予期しない, 事も, 云うに, 伯父は, 体が, 使に, 信次郎さんの, 停車場から, 働いて, 先輩の, 六坊へ, 兼重萬次郎, 内部の, 制止であった, 功績を, 勤仕, 友達なら, 古市に, 商人勾玉より, 土一揆の, 地図に, 地所や, 塀の, 塾には, 外に, 大虎事件, 夫婦が, 夫婦で, 奥さんの, 如き名, 姉らしい, 守武とは, 家でも, 家という, 家とは, 家にのみ, 家も, 家世の, 家庭は, 家族の, 容子を, 寝て, 寝床へ, 小説が, 帰りには, 平生の, 度会氏の, 廓新道の, 御師, 心が, 心に, 意見をも, 態度が, 所へ, 所謂, 手が, 手紙も, 文章憎むべき, 新町から, 新町の, 方が, 方がずつ, 方で, 方に, 方へ, 方へも, 方まで, 旅籠から, 時代が, 景色が, 書斎は, 曽富騰, 曾富騰だ, 木賃宿に, 机に, 某書店, 案山子と, 案山子を, 様子を, 武さん, 武さんを, 母親と, 気持は, 沢に, 法名を, 洞ちかき, 洞と, 洞に, 洞は, 清新なる, 温泉に, 源さまが, 父の, 猪脅し, 産故, 田居に, 町であった, 町に, 町の, 町中を, 畔が, 畔ごとに, 畔に, 畦を, 番人であろう, 眼に, 知らないの, 秋も, 稲穂青き, 空には, 筧もり, 精神を, 素人下宿が, 美妙が, 耳許に, 肩に, 肱が, 肱を, 背中を, 胸に, 腕の, 腕は, 船江町にも, 襟首を, 視線を, 詞才を, 返事に, 通った所, 遅いこと, 道を, 道場から, 郎女次に, 門口まで, 電車が, 露天の, 頭には, 頭を, 頭髪に, 顔から, 顔だった, 顔吉川の, 養子の, 首に, 馬力の

▼ 山田さん~ (83, 4.5%)

8 の奥さん 3 では, は 2 が奥さん

1 [67件] お二人, か, からねずみ, から云っ, から伺った, から電話, がいた, がお, がこれ, がそう, がその, が一箱, が不都合, が呼んでる, が苦し, が言っ, が郷里, が驚い, だよ, ちょいと, てえ人, でいらっしゃいましょう, で次, という刑事, とは歳, と同じ, と結婚, と義弟, にあやまり, にお, に生き, のお, のこと, のところ, の努力, の坊ちやん, の夫妻, の奇抜, の婚礼, の意義, の指図, の方, の昔, の緑色, の自伝的小説, の話, はこれ, はそれ, はとても, はとにかく, はもう, は中学校, は二年, は人間, は同じ, は安心, は御元, は鬼門, へ出入, ほどの人, もそれ, もどう, も丹精, や高橋さんみたい, を知った, を見, を通してでは

▼ 山田~ (75, 4.1%)

4 云った 2 何か, 立って

1 [67件] いいました, いけないという, いった, お新, ききました, こう云った, この島, その時何, その顔, それを, ついにこなかった, とくに念入り, どんな屈辱, まず立ち去った, また口, よく口, 予備門では, 云つ, 今の, 仕事を, 先に, 其処を, 其吹聽と, 前年既に, 勿論と, 叫んだ, 問うた, 四級に, 坂本へ, 失業しなけれ, 失職する, 奪い合って, 姙娠した, 寝て, 峡の, 差かけ, 庭石の, 彼女の, 微笑した, 思ふやう, 急に, 担任で, 持って, 捕へられたの, 新一郎に, 新一郎を, 既に竪琴草子, 来ると, 正造, 無遠慮に, 犬塚の, 獨り, 玄関なら, 立上った, 立派な, 答へる, 置いて, 背を, 自分達を, 言葉を, 貸した五六冊, 転向者の, 辻と, 隷書で, 頷いて, 驚いて, 鼎足の

▼ 山田~ (51, 2.8%)

4 眺めて 2 じつと, つれて, 見上げた

1 [41件] あらしに, さぐると, すぎ五里大蔵谷駅, つくり, はじめ二三の, はばかって, バケットの, 三人称で, 伯父の, 作つて, 凝視めた, 出た武蔵, 出て, 力まかせに, 呼んで, 地上に, 始め七人の, 守って, 守り猪鹿, 惡く, 抱いて, 押しのけると, 押へる, 捕えて, 欲しいと, 甚七の, 生き上らせること, 生き上らせるには, 白状させる, 眺めた, 私は, 自分の, 蒲団の, 見, 見おそろしく, 見つめて, 越え更級, 連れ出したので, 頼つて出, 顧みて, 顧みながら

▼ 山田~ (51, 2.8%)

2 がこの, であろう, に早く, の, の痛撃, の話, は凍傷, を掘り出す, を除く

1 [33件] からぷつつりと音信, がいま, がその, がワニ君, が一同, が不愉快, が地代論, が身もだえ, が飛び上った, だった, であつ, というの, などの教育家, にもらした, に来られ, に養わるる, のほう, の世話, の公論, の友人, の好意, の日本, の日本資本主義, の発起, の紹介, はその, はまだ, はホテル, は福井県, は私, も今, やイヴォンヌさん, より昨年

▼ 山田~ (50, 2.7%)

3 の霊 2 どうした, は

1 [43件] から, からあなた, から手紙, から教えられ, がなげいた, が今度, が訳した, だ, とが抱い, とは人殺し, と君川君, と婦長さん, と嬶, に一日, に会う, に手渡した, に甲, に追越され, の, のお, の好ん, の専売, の所謂酒狼, の父, の評, はその, はた, はどんなに, はポケット, は久しぶり, は何, は内, は初め敬語, は始め敬語, は殺された, は病気, は目, は立ち木, も山田君, をつれ, を慰め, を殺した, を訪ねた

▼ 山田~ (37, 2.0%)

2 向って

1 [35件] あったよ, いわれました, かえる, さう投げつけて, それを, つく九日外宮, なにがしといふ, 久保三之丞の, 云った, 会ったか, 何が, 劣らない, 及ばないが, 取って, 喧嘩見た, 尋ねたらわかる, 尻を, 居て, 微笑みかけた, 悪感を, 掴みかかった, 毒づいて, 相図, 相談し, 相談する, 聴かせようとも, 背を, 花見に, 見せて, 言はれ, 許す唯一, 説得され, 逢たく, 逢に, 青く車中

▼ 山田~ (29, 1.6%)

2 一緒に, 云う男

1 [25件] 云う医師, 云えば, 云ふ, 伊沢の, 伊沢は, 偽名さえ, 別れ帰宅, 口論し, 吉川とが, 同郷で, 向ひ, 呼ばれて, 大議論, 彼女との, 断定する, 申すところ, 益親密に, 石橋と, 石橋とを, 硯友社との, 秀子とが, 私とが, 私とで, 視線が, 話を

▼ 山田~ (27, 1.5%)

1 [27件] こっちへ, もうかなり酔がま, もう物, やはりその, 中西も, 亦気, 亦硯友社, 仕事を, 伊沢も, 僕も, 吉川も, 屋根へ, 忘れて, 戯談に, 手を, 新一郎を, 旧友も, 来る筈, 止めた, 瞑想を, 秀子の, 私も, 自然と, 芽出度く, 蒲団の, 訊いて, 読売新聞へは

▼ 山田先生~ (25, 1.4%)

3 の薬 2 である, は或は, は第

1 [16件] が来, だった, とちがっ, と辻田君, に教え, のおかげ, のところ, の作, の受持, の地図, の地図以外, の墓, の特色, の遺物, はあまり, はやっと

▼ 山田~ (25, 1.4%)

5 であると, の荒れ 4 と言つた, は役君小角 2 の旧, の舊構 1 と言った, の旧蹟, は役

▼ 山田という~ (19, 1.0%)

1 [19件] おとなしい男, お寺の, のは, 人だった, 人は, 人夫は, 人物が, 人物は, 人物を, 古名に, 名を, 娘が, 村の, 男が, 男に, 男の, 男は, 紙屋では, 青年である

▼ 山田伸吉~ (19, 1.0%)

1 [19件] から色々, が柳永二郎, で麻雀, とで雀, とロンシャン, と待ち合せ, と打ち合せ, と朝日ビル地下, と柚木与市, に教, のデザイン出来上り, の案内, の紹介, の部屋, まだ二階, も勉強不足, も来, を呼び, を連れ

▼ 山田申楽~ (16, 0.9%)

3 の座 2 の一同

1 [11件] のながれ, のはじまる, の一座, の一曲, の二十余名, の出向いた, の奉仕, の楽, の端くれ, への座入り, を勧請

▼ 山田美妙~ (16, 0.9%)

2 が多年名誉

1 [14件] が同じ, が小説, が脱走, であったの, とのいきさつ, との恋愛, との恋愛事件, に会う, の, のごとき, の作品, の後, の追懐談, や尾崎紅葉

▼ 山田春雄~ (15, 0.8%)

1 [15件] が射すくめられた, が竦然, が遠く, だった, のまなざし, の場合, の家, の寝, の母, ははた, は再び, は実に, は意地, を見た, を見附ける

▼ 山田~ (15, 0.8%)

5 に多い, へ竹内谷 4 から移つて二百年 1 から移っ

▼ 山田から~ (14, 0.8%)

1 [14件] ずッ, 二里ばかりの, 借りねば, 借りるが, 借金を, 十五六日頃に, 又手紙, 御馳走に, 手紙が, 来たの, 来た言うて, 栄転し, 相の, 送って

▼ 山田博士~ (14, 0.8%)

2 の講義, は 1 が, が工業, などには既に, にお, に拠る, の如き, の説, は原文, は葬儀, も

▼ 山田美妙斎~ (14, 0.8%)

1 [14件] が編輯, であった, であつ, でご, といふ人, とは同級, と二葉亭四迷, などによって提唱, による言文一致, に文通, の, の小説, は尾崎紅葉, は改進党

▼ 山田藤六~ (14, 0.8%)

1 [14件] が, が後, が忍び込ん, が恟, が突かなくっ, が障子越し, という者, の耳, はそっと, は何, は帰っ, は肝, は蟠, も恟

▼ 山田~ (13, 0.7%)

1 [13件] お参りに, お預けなさった, 出かけて, 出掛けて, 密使が, 帰る翁, 廻りますから, 来たの, 注意した, 着いた日直, 行く時, 行った話, 行って

▼ 山田~ (13, 0.7%)

2 に保管

1 [11件] から秋川家, で立, に帰り, に泊った, のあの, のいや, の下男, の不幸, の息子, の歓迎, は朗

▼ 山田奉行~ (12, 0.7%)

2 の大岡忠右衛門 1 から召し出された, から御, から移っ, であった時, としての彼, としてまた, となっ, の役人, の方, を勤め

▼ 山田八蔵~ (10, 0.5%)

2 が何, はその, は声 1 が又四郎, という御蔵方随一, のやしき, はすぐ

▼ 山田~ (10, 0.5%)

3 はこの 1 が倶, が本所割下水, が来, の家, はその, は亀沢町, をし

▼ 山田~ (9, 0.5%)

1 あつた, はぐれた奴, やり大いに, 一泊し, 二の, 御座ります, 稲や, 謡が, 養子を

▼ 山田には~ (9, 0.5%)

1 はつきりと, まだ気づい, 何の, 内密でこつ, 切実に, 勿論女, 彼女が, 思はれるの, 考えられなかった

▼ 山田源之助~ (9, 0.5%)

1 だと, と一緒, の二人, の屍体, の遺族, の頭文字, はどう, は中気, は二人共

▼ 山田右衛門作~ (8, 0.4%)

1 がひそか, ぐらいに考えられ, と申す, なるもの洋画, の遺著, は天草, や脱走, を江戸

▼ 山田敬一~ (8, 0.4%)

1 だったこと, でない, というトテツ, と私, にあった, については書きたい, の話, はとにかく

▼ 山田信之助~ (7, 0.4%)

1 という男, とを呪いつづけた, に対するもの, のそれ, はあの, は林田文次, を呪いつづけた

▼ 山田孝雄氏~ (7, 0.4%)

1 がその, に別, の, の痛撃, の驥尾, は人麿妻死, より下

▼ 山田~ (7, 0.4%)

1 でコツプ酒二杯二十銭, という宿屋, といふ, に宿る, に移った, の向い, は大きい

▼ 山田友次郎~ (6, 0.3%)

1 がうすい, が心配, が青年, と栗原彦三郎, の二人, を伴っ

▼ 山田~ (6, 0.3%)

4 美濃の 1 學校二年生は, 美濃以下の

▼ 山田~ (6, 0.3%)

2 右衛門から, 右衛門の 1 右衛門が, 右衛門と

▼ 山田耕筰氏~ (6, 0.3%)

2 その左, なり 1 がゐ, の作曲

▼ 山田長政~ (6, 0.3%)

1 が威, が活躍, が象, である, となる, など徳川時代

▼ 山田とは~ (5, 0.3%)

1 すでに相談, 文庫を, 違ふ, 階下の, 音信不通の

▼ 山田椿庭~ (5, 0.3%)

2 である 1 が本郷弓町, の塾, は其遺稿

▼ 山田珠樹君~ (5, 0.3%)

1 がその, がもう, と鈴木信太郎君, は僕, は先頃

▼ 山田さん夫婦~ (4, 0.2%)

1 が写真, と自分達, を見送る, を鹿島槍

▼ 山田では~ (4, 0.2%)

1 唱門師の, 尾上町の, 水が, 紀州の

▼ 山田といふ~ (4, 0.2%)

1 お寺の, 男が, 看護婦が, 老人に

▼ 山田にも~ (4, 0.2%)

1 美津子にも, 聞かぬ上, 西洋館あり, 鉱毒問題に対する

▼ 山田一郎右衛門~ (4, 0.2%)

1 であった, でその, のこと, は立

▼ 山田五十鈴~ (4, 0.2%)

2 のヱハガキ 1 のトリオ, の顏

▼ 山田勇吉君~ (4, 0.2%)

1 という人, の訪問, の証言, は或

▼ 山田女史~ (4, 0.2%)

1 が右, とこの, の解答, は近頃

▼ 山田徳兵衛君~ (4, 0.2%)

1 から女人形, から送, に此事, はなんと

▼ 山田清三郎~ (4, 0.2%)

1 が右翼的日和見主義, が獄中, であった, の妻

▼ 山田甚之助~ (4, 0.2%)

1 が嘲る, に会った, は手, は近衛大尉

▼ 山田秋甫さん~ (4, 0.2%)

1 の, の橘曙覧伝, は鏑木姓, 調べる所

▼ 山田鬼斎氏~ (4, 0.2%)

1 が大作, が百円, にお, は楠公

▼ 山田とか~ (3, 0.2%)

1 その他の, 云う空名, 土井内田などといふ

▼ 山田との~ (3, 0.2%)

1 境界争いやら, 関係に, 關係は

▼ 山田にと~ (3, 0.2%)

2 つては 1 つて腹立たしい

▼ 山田三造~ (3, 0.2%)

1 そう云う, は机, は追悼会

▼ 山田佐内~ (3, 0.2%)

1 はその間, は奥, は奥方

▼ 山田信之~ (3, 0.2%)

1 助すなわち, 助及び, 助程

▼ 山田写真師~ (3, 0.2%)

1 が急い, の, は雲

▼ 山田~ (3, 0.2%)

1 お俊, が明治二十年十月二十九日郵送, という人

▼ 山田殿~ (3, 0.2%)

1 っ, というよう, の許

▼ 山田源吾~ (3, 0.2%)

3 の養子

▼ 山田美妙君~ (3, 0.2%)

2 の言文一致 1 の努力

▼ 山田耕筰~ (3, 0.2%)

1 に三千円, に三千圓, の音楽

▼ 山田鈴木両君~ (3, 0.2%)

1 に会つて, に此, を推さね

▼ 山田鬼斎先生~ (3, 0.2%)

1 の教室, は余り, を担任

▼ 山田からは~ (2, 0.1%)

1 別に紀州, 音沙汰ない

▼ 山田さま~ (2, 0.1%)

1 それではまた明日, 暫くでございました

▼ 山田って~ (2, 0.1%)

1 いい子, 云う家

▼ 山田とも~ (2, 0.1%)

1 付かず石橋, 越後か

▼ 山田にては~ (2, 0.1%)

1 土葬する, 蜃気楼年々見

▼ 山田にとっては~ (2, 0.1%)

1 もはや秀子, 云い難い

▼ 山田はじつ~ (2, 0.1%)

1 とみつ子, と眼

▼ 山田まで~ (2, 0.1%)

1 のせて, 継がせん

▼ 山田~ (2, 0.1%)

1 かへす, 松坂街道の

▼ 山田わか~ (2, 0.1%)

1 を好き, 両女史

▼ 山田わか女史~ (2, 0.1%)

1 が近く, であったと

▼ 山田を通じて~ (2, 0.1%)

1 よく相談, 送られたが

▼ 山田一家~ (2, 0.1%)

1 は気もち, を呪

▼ 山田三次~ (2, 0.1%)

1 がいつた, である

▼ 山田不孤庵~ (2, 0.1%)

1 という町医, のつぶやき

▼ 山田~ (2, 0.1%)

1 介について, 介は

▼ 山田吉川~ (2, 0.1%)

1 などを恨む, など五人

▼ 山田君君~ (2, 0.1%)

1 は何, は吾輩

▼ 山田夢男~ (2, 0.1%)

1 では翻訳料, といえ

▼ 山田夫人~ (2, 0.1%)

1 の夫君, の独唱

▼ 山田夫婦~ (2, 0.1%)

1 には面白く, を送り出し

▼ 山田守る~ (2, 0.1%)

1 僧都の, 僧都も

▼ 山田富田三氏~ (2, 0.1%)

1 および他, 及び他

▼ 山田小田~ (2, 0.1%)

1 の彼方此方, の紫雲英

▼ 山田左門~ (2, 0.1%)

1 の墓, の白骨

▼ 山田左門先生~ (2, 0.1%)

1 のおかげ, の地図

▼ 山田~ (2, 0.1%)

1 をすぎ, 之丞

▼ 山田徳兵衞氏~ (2, 0.1%)

1 とは別項, を訪

▼ 山田忍道~ (2, 0.1%)

2 の店

▼ 山田~ (2, 0.1%)

1 右衛門などという, 右衛門近習の

▼ 山田新左衛門~ (2, 0.1%)

1 の許, を訪ね

▼ 山田方谷~ (2, 0.1%)

1 が茶山, の門弟宮内鹿川

▼ 山田昌栄~ (2, 0.1%)

1 の塾, の門人

▼ 山田朋子~ (2, 0.1%)

1 だった, のこと

▼ 山田~ (2, 0.1%)

1 から津田村, の牛方

▼ 山田椿町~ (2, 0.1%)

1 が蘭軒医話, の校本

▼ 山田~ (2, 0.1%)

1 へいっ, も本当に

▼ 山田次郎吉~ (2, 0.1%)

2 は六十

▼ 山田武太郎~ (2, 0.1%)

1 と表札, なる少年

▼ 山田~ (2, 0.1%)

1 の先生, の琴

▼ 山田清三郎氏~ (2, 0.1%)

2 のところ

▼ 山田清子~ (2, 0.1%)

1 のところ, の私室

▼ 山田温泉~ (2, 0.1%)

1 から著い, に着いた

▼ 山田玄瑞~ (2, 0.1%)

1 と云, 仕来

▼ 山田珠樹~ (2, 0.1%)

1 と並ん, のところ

▼ 山田~ (2, 0.1%)

1 の吉田キヨ, の雨傘

▼ 山田留吉~ (2, 0.1%)

1 という生まれながら, の母

▼ 山田病院~ (2, 0.1%)

1 に入院, へかつぎこまれ

▼ 山田盛太郎平野義太郎小林良正等~ (2, 0.1%)

2 の有力

▼ 山田~ (2, 0.1%)

1 とした, と云う

▼ 山田~ (2, 0.1%)

1 が被害地, という門弟衆

▼ 山田美妙氏~ (2, 0.1%)

1 の, の平清盛

▼ 山田耕筰さん達~ (2, 0.1%)

1 がいる, に声楽

▼ 山田肇君~ (2, 0.1%)

1 に校訂, よりほか

▼ 山田自身~ (2, 0.1%)

1 までがきょとん, もあの

▼ 山田虎二郎~ (2, 0.1%)

1 という存在, という当年三十八

▼ 山田要蔵~ (2, 0.1%)

1 とこの, はこの

▼ 山田辯護士~ (2, 0.1%)

1 が聲, にすら告ぐる

▼ 山田邦子~ (2, 0.1%)

1 として故郷, は十八歳

▼ 山田金兵衞~ (2, 0.1%)

1 で至って, と申す

▼ 山田金吾~ (2, 0.1%)

1 という者, も驚きました

▼1* [250件]

山田あき田中律子という二人, 山田ありて蛙, 山田からの報告を, 山田きく子女史だが, 山田きく子氏の招待, 山田さんお子さんの協会, 山田さんらが建て, 山田さん位の青年, 山田さん夫妻と死んだ, 山田さん家へお, 山田さん御免蒙って, 山田さん柄は小さい, 山田だけ残る, 山田だけはお席, 山田ですが, 山田でも忠相は, 山田と共に脱藩し, 山田どうした家, 山田んだ, 山田などいうの, 山田などは当時一切手を, 山田なにがしといふ名代, 山田なんだ目, 山田なんとかってその, 山田にて別れおれ, 山田のなーかの一本足の, 山田はさうした, 山田はぞつとした, 山田へとてにはあらざるべし, 山田への愛情が, 山田へも差送り, 山田より前だの, 山田の参議, 山田らしくもない, 山田わかさんのところ, 山田わか子というよう, 山田わか子さんのお, 山田わか子君の如き, 山田わか子女史は私, 山田わか氏を訪問, 山田をと云う事, 山田カフエーなどが知られ, 山田一人をつれ, 山田一夫氏にも宿, 山田一郎右衛門殿高崎五郎左衛門殿など, 山田三十郎三番は不破萬作, 山田三十郎山本主殿助, 山田三良博士を法例起草, 山田三良君の補助, 山田三造君は最後, 山田の植木屋, 山田下りて來, 山田不二男のこと, 山田久州男という女形, 山田二十三才のとき, 山田二女史に到っ, 山田五十鈴位の美人, 山田五十鈴入江たか子それぞれ自分の容姿, 山田仁右衛門のそれ, 山田今日は帰ろう, 山田以文の家, 山田伊勢は津, 山田伸吉夫妻それにクス子姐さん, 山田伸吉東京より来る, 山田伸吉田中三郎同道で蒲田, 山田佐右衛門の口述書, 山田佐太郎と言う, 山田佐太郎生年二十三歳アアこれまでの娑婆, 山田侍従は皇太子, 山田と云う, 山田健一が満, 山田健三かつて渋江氏, 山田健三氏の従兄, 山田先生がけものをとる, 山田先生独りだった, 山田八郎と云う, 山田写真師槇君及私の外, 山田刑事は病気, 山田刑事さんの仰し, 山田と定, 山田勇その他に会う, 山田勝次郎の兄社会ファシスト, 山田勝次郎大塚金之助服部之総羽仁五郎それから猪俣津南雄, 山田勝次郎平田良衛野村二郎寺島一夫河野重弘等の同志たち, 山田勝次郎氏が京大, 山田勝氏と東北出, 山田友次郎岩崎佐十野口春蔵等を先頭, 山田友次郎永島与八の三人, 山田友次郎田野入利三郎, 山田友次郎等が正造, 山田友次郎荒井友七郎須藤与惣治の三名, 山田号令を懸る, 山田吉川幸田久保の五人, 山田吉彦氏訳のリボオ, 山田吉郎兵衛松村介石の二十名, 山田君らの一隊, 山田君子さんの, 山田和市氏の夫人, 山田嘉三郎さんとに同じ, 山田嘉吉というの, 山田嘉吉君及び其の, 山田地方の人々, 山田坐っておれ, 山田外十名が足利郡, 山田外宮御師, 山田太郎みたいに変名変名, 山田太郎的に変名, 山田奉行ヨリ長崎奉行ニ転役シタガソノ月水心子秀世ガ云イ人デ虎ノ門外桜田町, 山田奉行勤役中殺生厳禁の二見ヶ浦, 山田奉行大岡忠右衛門がどんな, 山田奉行当時の友人, 山田奉行忠相の器量, 山田奉行所の白洲, 山田奉行手付の小者, 山田孝雄がかい, 山田孝雄先生宅へ走ろう, 山田孝雄博士の説, 山田季治が長崎, 山田学士が, 山田宇兵衞召仕への居, 山田宇右衛門とか申人, 山田安蘇茨城埼玉の一部, 山田宗六主従四人真柄に馳, 山田宗順の楼, 山田宮野香山など新人, 山田實君の兄さん, 山田専六の名, 山田小竹女の許, 山田少し耳を, 山田尾上町といえ, 山田尾張權守高知等が嘉暦年間, 山田屋主人に酒, 山田屋等の袋物店, 山田山畑を荒らし, 山田岩淵町の人中西用亮, 山田岫雲氏の口, 山田ともいふ, 山田其の川上, 山田左膳というよう, 山田市太郎さんが本尾, 山田市岩淵町に住ん, 山田常夫君と波田きし子女史, 山田平作は夜, 山田平市郎谷平助芳野宮内などの旗本, 山田平野両氏を援用, 山田幸男君からの所報, 山田巳です, 山田康彦氏が東宮侍従長, 山田弥太郎今川孫二郎薄田与五郎などは問われる, 山田後藤石川竹内その他の助手, 山田情熱的で意志的, 山田批判と主, 山田政次郎の杵屋勝丸, 山田教授もすでに, 山田敬中さん抔も描い, 山田文郁もある, 山田文郁浪合の増田平八郎, 山田新田の両, 山田日光と金銀山, 山田昌栄先生へ入門, 山田昌栄業広である, 山田春塘の著, 山田時子鈴木政男寺島アキ子その他の人々, 山田朝右衛門がやる, 山田村伊達藩士が拓いた, 山田村近道で其の, 山田桂華桃中軒雲右衛門渡辺亮輔など多く, 山田森佐々木君等がはなばなしく, 山田椿庭らが病牀, 山田椿町須川隆白の三人, 山田朗吉氏の, 山田の諸氏, 山田武岡馨が出廷, 山田氏ツーさん等も見えた, 山田氏羽仁氏にも御, 山田泰雲君は元, 山田流のも幾面, 山田といふ男, 山田清三郎さんもこの, 山田清三郎亀井勝一郎その他の著作, 山田清三郎林房雄その他の人々, 山田清夕飯に来, 山田湿ト云ウ法学士ガアッタ, 山田源一郎先生は, 山田源之助さんが呼び, 山田濶二と云う, 山田玄升差出候, 山田珠樹君流で名訳, 山田珠樹鈴木信太郎の両君, 山田甚之助久保三之丞吉川隼人幸田八五郎その他みな二十から三十, 山田田鶴子さんに時折, 山田申楽一行の報告, 山田申楽春日の大和申楽, 山田盛太郎小林良正山田勝次郎大塚金之助服部之総羽仁五郎それから猪俣津南雄, 山田盛太郎平野義太郎を始め, 山田盛太郎氏を神様, 山田石橋の三氏, 山田秀三水落昭夫知里アサ萩中美枝の一行, 山田秋甫さん等の業績, 山田章子さんというの, 山田竹次郎の二人, 山田へひっぱられちゃった, 山田美妙斎あたりが音頭, 山田美妙斎長谷川二葉亭が言文一致, 山田美妙著の平清盛, 山田美妙長谷川二葉亭二氏などの眼, 山田美妙齋がその, 山田耕作岡田三郎助などいふ, 山田耕作氏には目, 山田耕筰さんなんかが餓鬼大将, 山田耕筰一つ部屋に居, 山田耕筰君が作曲, 山田耕筰家の稲荷祭, 山田肇山本修二舟木重信岩田豊雄原久一郎諸氏の行き届いた, 山田肥前の人, 山田良叔先生の, 山田花子といつた, 山田芳洲のよう, 山田を横領, 山田菊子というパリ住居, 山田藤堂氏の領上野, 山田要蔵一人は中西常武, 山田論愚の二人, 山田謙輔と云う, 山田貞順という名前, 山田から志州, 山田へに来り, 山田逃れぬぞ, 山田道庵といふその, 山田達二君でしたね, 山田邦子さんが歩い, 山田と思える, 山田郡吾妻郡いずれにも仕事場, 山田郡四カ町村の総代数十名, 山田郡毛里田村で開かれた, 山田の山田殿, 山田酒店の, 山田野口大出山本原青木が上京, 山田金兵衛を討ち取った, 山田金次氏たちのほか巡査二人, 山田長左衛門さんと山田嘉三郎さん, 山田隆弥の唯円, 山田霊林というかた, 山田顕義という政府, 山田顕義伊藤博文大隈重信などの各, 山田顕義伯は我国, 山田顯義を始め, 山田香之進が音, 山田駿三と云, 山田漸青