青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「幾つ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

幹~ ~幻 幻~ 幼い~ 幽~ 幽か~ ~幽霊 幽霊~ 幾~ ~幾つ
幾つ~
幾ら~ 幾何~ ~幾分 幾分~ 幾多~ ~幾度 幾度~ 広~ ~広い 広い~

「幾つ~」 2883, 31ppm, 3755位

▼ 幾つ~ (791, 27.4%)

54 幾つも 21 並んで 18 ある 16 あった 10 出て 9 あって 7 あるもの, 並べて 6 あつて 5 あつた, あるが, 上へ, 暈の, 立って 4 列つて見える, 持つて, 漂つた凧, 越して

3 [16件] あるから, あるの, 作られて, 出来て, 年の, 挙げて, 書いて, 残って, 私は, 置いて, 見えて, 見せて, 越しては, 違は, 重なって, 重ねて

2 [35件] あいて, あったが, あるので, あるわけ, いくつも, かけて, ころがって, ついて, できて, ならんで, まわって, 上って, 下って, 下駄の, 作って, 列んで, 動いて, 同じよう, 壇上へ, 年が, 幾つもの, 描いて, 書かれて, 有るの, 炎を, 現われて, 縁談が, 落ちて, 見せる, 貼って, 越えて, 這入つて, 過ぎて, 頭を, 颯と吹い

1 [484件] あいます, あげられます, あちこちと, あったけれど, あったこと, あて, あまた縫い付, あらわれた, ありその間, ありというのも, ありは, ありました, あります, ありません, ありませんぜ, あり同じ, あり東加藤, あり江戸, あり濁つて, あるかも, あるけれど, あるけれども, あること, あるそう, あるだらう, あると, あるという, あるなか, あるに, あるはず, あるやう, あるよう, あるわよ, ある同形, ある帽子, ある庭, ある廻り角, ある我々, ある所, ある木, ある東海道, ある樣子, ある満, ある舞踏場, ある阿片寝床, いただけるお, いたもの, いません, いるの, うつつに, うようよしてる, おいて, おネンネ, お腹に, こえない若, こしらえて, この町, こよりに, ころが, ころがして, ころげて, ころげ出すだらう, ござる, ごろごろと, さういふ, さまよって, した, すき間が, そういう難関, その下, その中, その間に, たえず光っ, ちがわない, ちらつくと, ついたの, つけて, つけられて, つづいた, つづいて, つづけたよう, できた, ともされました, とりだして, ないが, なく南さん, ならんでる祈祷所, のかますに, のこのこと, のせた異様, のせて, はいったよう, はじいて, ひら, びんの, ぴかぴかと, ぶらさがって, ぶら下, また打出の小槌, まはつ, まるで卯の花縅, みたよう, キスし, チヤラチヤラと, ボタンが, 一時に, 上げて, 上り降りした, 下げて, 下った下, 並べさ, 並べられて, 並んだよう, 他の, 仰向けに, 伏せて, 伝えられて, 作った, 作つてそれを, 作らせて, 作りなす, 作る, 作る彼, 作れるんぢ, 傑作を, 傷口に, 光った, 入り乱れた跫音, 入り乱れ弧, 八重に, 写生し, 出して, 出た, 出てたよ, 出ない美しい, 出まいと, 出る, 出來, 出迎えの, 出逢う, 分れ道が, 列って, 列なって, 列べて, 初まつ, 判で, 別荘を, 前に, 前行, 創るわけ, 印を, 反乱を, 取って, 取り出された, 取散らされたまま, 取除きました, 口に, 口を, 句を, 叩いた, 召し上がっても, 可愛いらしい, 台に, 合せたよう, 吊して, 吊り下げた金銀二色, 吊下って, 同じ例, 名高い滝, 呆れ顔, 噴火山の, 団体の, 困難が, 圖解し, 土窖の, 在るので, 在る間, 地焼きに, 報道され, 壁に, 夢を, 奉納し, 宗教的聖典を, 容れたもの, 寝そべって, 寝台が, 對岸の, 小さな部屋, 小世界, 尾を, 屋上に, 屋形を, 山が, 山を, 岐れ, 岸に, 峰が, 島が, 左右に, 巨き, 巻いて, 巻きつづけ衝突, 帆舟がか, 年は, 年上で, 幼児から, 廊下の, 廊下を, 建ったでしょう, 建てられ色々, 引つかいた筋, 引出しが, 彼等の, 御座います, 必要な, 惨死した, 意識のうへに, 懸かって, 懸け並べて, 戸の, 戸口は, 扉が, 手が, 手に, 手玉にとって, 打ちましたよ, 打って, 抑へる, 折れ曲って, 折れ曲つた所, 抛りこんで, 抜けるん, 抜け桑畑, 押されて, 担ぎあげさせました, 拳骨を, 拵えた, 拵えて, 拾ふ, 持ちました, 持った赤煉瓦, 持って, 指に, 挙げられて, 挾んで, 挿した団扇, 挿んで, 捕へること, 捲き起して, 掘って, 掘り出されました, 掘り出して, 掛けて, 放射してる, 散らかつて, 散見される, 数えて, 敷居の, 新しい墓, 新しく現われ, 新聞で, 方々から, 明いて, 星が, 昼夜間断なく, 曲がった, 曲った, 曲った末, 曲つ, 曲つてだ, 曲つて大きな, 曲り角を, 書き並べて, 書き写したこと, 書き出した, 書き散らされてるうち, 書き続けて, 有つて何, 有りまして, 有るから, 有るでその, 木の, 本の, 机の, 束に, 条を, 枕の, 根を, 棚を, 森林地帯を, 棺桶が, 様々な, 横たわって, 橋を, 櫛型に, 止つて頻りに, 止まって, 殘つてゐる, 油火の, 泳いで, 流し浮べる, 流れて, 流れ込むの, 浮いて, 浮んで, 深い淵, 混ぜて, 渡った, 源氏が, 溜つてゐた, 溜つてゐる, 漂って, 漬つてゐた, 潰れて, 灰の, 熊笹に, 犯したの, 現れて, 生きた霊, 生まれると, 生れるので, 用意する, 田野から, 疎末, 痘瘡が, 発表する, 白波に, 盛り上って, 目籠の, 眼の, 着けて, 睡眠剤の, 知られた, 知りませんが, 硝子皿に, 私が, 私の, 積み重ねたその, 積み重ねる, 積み重ねる光景, 積重なって, 穴を, 空ざまに, 空を, 突き刺さって, 突立っ, 窓外を, 立ち動く, 立ち違いに, 立つので, 立てた燭台, 立てて, 立て続けに, 筋が, 箱を, 築かれ評判, 紙に, 紙箱を, 組合つて存在する, 結いつけた, 結婚の, 絵が, 絵画が, 絶えず動い, 続いた共同病室, 続けざまに, 緑楊の, 線と, 繋いで, 繰返して, 續い, 罠を, 罪を, 置かれて, 置き並べられた手提げ, 署の, 美しい短篇, 群が, 考へて, 臍の, 舟端を, 若い田代, 落ちた, 蔭干し, 薄暗い空, 蜘蛛の, 行ふ, 行われて, 行李が, 街の, 見えた, 見える, 見えるやう, 見える如き星雲, 見せられた臆病, 見た, 見たあと, 見よう, 見受けられる, 記されて, 訣らない, 設け置いたと, 詰め込んで, 話して, 説いて, 貼りつけたの, 赤黒く路面, 起った, 起る筈, 超越の, 越えてない若殿, 越えないで, 越さずこの, 越さない樣子, 越さぬらしい若々し, 越した年紀ごろ, 踏んで, 蹶飛ばされたよう, 軒を, 転が, 転がして, 転がす, 転がって, 転がり出した, 輝かせて, 追い越した, 通つて来た, 通らねば, 通り抜けし後, 通り抜けてから, 通り暖か, 通り過ぎた, 通る, 通ること, 通るペナン, 連つた小山の, 連なって, 進出し, 遊んで, 運ばれた, 道を, 違いませんが, 違うまいが, 違うまいと, 違ふ, 違わないはず, 違わない二人, 遠慮なく付い, 配置する, 重って, 重つて, 重な, 重なり合うこと, 重なり合って, 重なり重なって, 重ねたくつろいだ姿, 重ねた表, 重ね薫香, 重ると, 釣替, 鉈を, 開かれて, 開け放しに, 附いた鬢着油, 雨に, 霞の, 露地の, 音を, 頂戴い, 頭と, 頭の, 顔を, 飛んで, 飛出す景色, 食った, 首を, 駕屋を, 骨立した, 高櫓, 鳥の, 黒ん, 黒子の, 鼠を, 齢の

▼ 幾つかの~ (695, 24.1%)

5 竪薦を 4 学校を, 歌を 3 硝子窓を, 角を, 階級が, 顔が

2 [44件] 中洲が, 事件を, 仕事を, 会社に, 作品が, 例を, 元素である, 入江が, 列に, 古びた家具類, 台の, 呼吸を, 問題が, 型を, 大きい石, 小さい黒い影, 小判の, 小国家, 小間が, 山々が, 山嶽は, 島が, 島と, 恋愛を, 指紋が, 暗示を, 本格的な, 椅子を, 歌が, 死骸が, 死骸を, 注意を, 瀑が, 為事を, 石が, 石を, 礬土の, 種類が, 章で, 群に, 腑に, 船が, 行事が, 階梯が

1 [582件 抜粋] うちの, お寺と, かつちり, くわりん, ことそれによって, この湖畔, ごくりっぱ, しほれか, すいかを, それらの, とうてい越え, なかでも, の, ものそれが, ものに, ものを, よい芝居, アメリカ映画館が, アームチェア, エポックに, コブが, スタンドまで, ダイヤの, トンネルを, ドイツ語の, ハッキリした, バンガロオも, ピアノ曲が, プレリュードや, ボタンを, ポイントを, レントゲン写真を, レンブラントの, 一般的な, 上方者らしい, 不可犯の, 不思議な, 世界を, 世相や, 丘の, 並んだ薄暗い, 中央火口丘が, 丸々と, 主な, 主観が, 乱れたひづめ, 事件が, 事件の, 事実と, 事実の, 事實記録にも, 事情が, 事業に, 二階の, 人命にも, 人家が, 人形を, 人影を, 人目の, 他の, 仙台語の, 休火山は, 会社の, 伝説が, 作品では, 例でも, 信仰の, 停車場が, 停車場を, 傑作を, 傷を, 元素が, 光によって, 光を, 入江を, 公式な, 共通な, 内容物が, 内私の, 円屋根と, 円舞曲と, 凶兆が, 凸凹の, 分裂し, 列車が, 別々の, 前代社会の, 功を, 勝れた高原, 勲章を, 印象が, 印象に, 原稿を, 反感と, 古い城, 古見が, 古見または, 古語が, 古駅, 句は, 可憐な, 和紙に関して, 和音を, 品を, 哲理を, 唐櫃と, 問屋に, 喜歌劇を, 嘘を, 因子を, 国民酒場を, 土台の, 埋没し, 報告を, 場面と, 場面の, 場面を, 墓標が, 壁で, 声の, 壺や, 変り品が, 変化が, 夢として, 大きな実, 大きな書棚, 大きな石, 大きな窓, 大きな美しい, 大きな雑貨店, 大人が, 大公園, 大名屋敷の, 大小の, 大樽, 大熊を, 大願を, 天国を, 太陽, 太陽が, 夫, 夫婦と, 奇怪なる, 奇抜な, 女御や, 女車を, 存在が, 学問は, 宇宙が, 宗教とも, 定式に, 宝石の, 宝石を, 実を, 客観的な, 室が, 室内は, 室内楽や, 宮社が, 宴席の, 家に, 家庭に, 寸馬豆人を, 対立物に, 封じ文が, 専門的な, 小さい字, 小さい箇処, 小さな人影, 小さな畑, 小さな祭, 小さな谷, 小包を, 小名, 小屋の, 小山の, 小山を, 小川に, 小料理は, 小橋が, 小池と, 小皿の, 小石を, 小節の, 小粒の, 小説が, 小説は, 小説を, 小隆起, 小香炉には, 尾根が, 屋台店が, 屋根幾つかの, 層を, 山が, 山を, 山嶽も, 岩の, 岩壁は, 峯の, 峰と, 峰に, 峰頭が, 島々との, 島を, 巨大な, 差支えが, 巻と, 布片を, 帆や, 年譜に, 広告ビラが, 広間が, 店に, 廊下を, 建物の, 弊を, 弦四重奏曲は, 形式が, 影が, 影の, 彼女の, 必要品と, 怪しげな, 怪我を, 怪物は, 息苦しいエピソード, 情景が, 意見を, 懐中電燈の, 戒名を, 或るきまった, 戦争音楽を, 所へ, 扉が, 手荷物を, 技術類に, 指令によって, 指輪を, 捕物小説を, 探偵小説幻奇小説, 推進機は, 提案の, 支谷を, 支那の, 改造を, 政治改革が, 敵首を, 文化科学的辞典の, 断片的な, 新聞は, 日本選手権を, 星も, 星座に, 時初めて, 時機において, 景色についても, 景色の, 暗示が, 本草書, 村のも, 村を, 条件を, 杯を, 林の, 果実を, 枝を, 根の, 根本的研究が, 格率であるであろう, 桜の, 棟は, 森林帶が, 椅子と, 槍の, 槍は, 槍瘡や, 横丁が, 歌の, 歌曲を, 歳であった, 残りを, 段落が, 段階である, 民族的勢力として, 江戸小唄と, 汲出機が, 沼で, 洋酒の, 洞窟の, 活用形式を, 海村に, 深い谷, 渓を, 温泉地を, 湖と, 滝つ瀬を, 漁村を, 濡れた灯, 瀑の, 火の, 火は, 灯台を, 煙硝火が, 煤けた硝子窓, 煤色の, 煩悶は, 燈火が, 燭台に, 片仮名が, 物の, 特徴的な, 特殊展覧会を, 犬が, 犯罪が, 独楽が, 独立新, 狭い路地, 王子を, 珍味や, 現象を, 瓶を, 町の, 町や, 番組の, 異った, 異なった人種, 発想法に, 発見を, 発電機の, 白い波頭, 白髪豊かな, 百味箪笥馥郁たる間を, 眼が, 矛盾を, 短い脚註, 短篇に, 短篇は, 短篇を, 研究室に, 研究調査機関が, 砦を, 破片を, 社会層の, 社会部通信市内通報員の, 神歌にも, 祠の, 祭りから, 祭礼の, 秘密の, 稲作国と, 空き俵に, 空き地さえ, 空席が, 空気抜きの, 窓が, 窓の, 窯が, 等級が, 筋飾りを, 箱から, 箱の, 箱部屋と, 範式を, 篝で, 籠に, 紙や, 紙函から, 紙切れを, 絵で, 絵を, 綿に, 総桐の, 編纂された, 繪詞類は, 美しい, 美を, 美術館を, 老人と, 老年に, 老舗に, 考えの, 者の, 職業を, 胼胝も, 能力の, 脆い新しい花, 自作脚本, 興味ある, 舟を, 舟影は, 航路が, 船関が, 良い作品, 色と, 花びらに, 花園が, 花壇が, 花弁の, 英米の, 茶屋が, 茶箱や, 草山が, 荻江を, 葉を, 術語や, 表庭, 裁決を, 裏口の, 補充訂正を, 褒賞を, 要素的な, 見世物学校を, 見事な, 見附の, 見附は, 規矩準, 視線が, 角, 言い伝えに, 言葉の, 言葉を, 証明方法が, 試験を, 話しかた, 話も, 語学に, 説明が, 論文参照, 諸階級, 講壇からのみ, 證據は, 谷を, 谷川が, 賀の, 足跡が, 車とか, 透明な, 途方も, 連峰全部を, 連絡が, 逸事は, 道の, 郡において, 部屋, 部屋が, 部屋の, 部屋は, 部屋を, 部屋部屋には, 部落を, 部門に, 部隊にも, 都を, 都会が, 酒瓶を, 重なりを, 野蛮の, 鈴の, 鉢に, 鉤裂まで, 銅製シリンダア壁や, 鏡が, 鑛山を, 門や, 陣門を, 階段を, 雁の, 雑言を, 雑誌で, 雛鳥を, 難事件が, 難事件を, 雪渓は, 電燈菜の花を, 電燈隅々の, 電車の, 青銅製の, 面白いタイプ, 音を, 題目の, 額と, 顔にも, 顔の, 願を, 類例には, 類型に, 類型は, 飛行機が, 食卓が, 香ひ, 駅を, 駅逓や, 驚くべき出来事, 高まりが, 高原と, 高速度の, 鳥の, 黒焦げの, 龜裂の

▼ 幾つ~ (356, 12.3%)

29 ある 9 あるが 6 あった 5 あったが, あって, あつた 4 持って, 越えて 3 曲って

2 [19件] あつて, あるに, あるの, あるよう, ころがした, である, 並んで, 有る, 海の, 潜めて, 現れる, 知って, 祠が, 続いたり, 続いて, 見えた, 見て, 越したでしょう, 連なって

1 [248件] あったこと, あったそんな, あったらしい, あった筈, あつた末, ありまして, あります, ありますが, ありナルクミ・テルクミ, あり一方, あり別に, あり広大, あり秀歌, あるけれども, あること, あるであろう, あるので, ある合間, ある団十郎像, ある大, ある庭石, ある日語学校, ある部屋部屋, あろうと, いつも持っ, かぞえられました, きまった数, くぐり隧道, こしては, こしらえ出した, ごろ, さきに, しただらうと, すぎた, すぎて, せわし気, そういう, その住, その歌, その種, ちらばるよう, づつ繩で, づつ送つ, であった, であっただろう, できて, でしょう, ですから, のさういふ記録, ひろいだして, ぶつかって, ほのかに, もくもくと盛りあがっ, もじって, やり藤山, よく磨いた, キチンと, コッパと, ダイヤモンドの, ピアノを, レコードされ, 一緒に, 上だ, 上で, 上に, 上らしく, 下に, 下ると, 並べた中, 並べて, 並べられて, 並べると共に, 丸形の, 伝えられて, 作つてゐる, 作つて孰れ, 作られて, 例を, 保存され, 保存せられ, 傾き埋もれて, 兜兒に, 入って, 入れた重, 其の周囲, 出た年ごろ, 出て, 出來, 出来るだらうと, 出来上ります, 分けて, 分の, 加わりまたは, 包んで, 取り出されて, 取上げて, 取出して, 取揃えて, 取換, 叩かれて, 合は, 吊して, 同じ処, 名を, 名高い小曲, 呼吸する, 報告され, 売って, 大切に, 奏されて, 妙に, 存在する, 寂しく洩れ, 小屋が, 年上で, 年上の, 年下という, 形作って, 彼女の, 心に, 忽然と生え出た, 思い出して, 想像されないで, 折れ込んだ山襞, 抜けて, 抱え込んで, 拵えて, 拾い出すこと, 拾い出すに, 持ちその, 持つて, 挙げて, 挙げること, 掘り出して, 掛けて, 探して, 揃つて居る, 描いた, 撰り出し, 散らして, 散り残って, 数えてから, 数えること, 文句が, 文字面の, 既婚か, 昇つて思ひ, 曲り蘆, 書きつけた, 書きとめて, 書き集めて, 有った, 有つた, 木箱でも, 束に, 来て, 横に, 横切りつつ, 歌った時, 残った, 残って, 殘され, 求められると, 浮び三味線太鼓, 浮び上がって, 涌いて, 溜ると, 滝田君に, 点々として, 煉り合せて, 猫の, 生まれて, 生れて, 畝り, 発表し, 発表した, 登攀した, 目には, 真鍮で, 眼に, 知つて居りました, 短篇小説に, 石棺の, 突き出て, 章魚の, 符合した, 紙に, 総括した, 縞を, 置いて, 習うた平家, 聽い, 胸の, 若くて, 若くなっ, 荷駄馬に, 落ちて, 行きては, 要る, 見えて, 見えはじめた, 見える, 見たが, 見た入り, 見つけまして, 見られその, 見られます, 見付けた, 記録に, 話した, 誂える, 読んだこと, 買い求めました, 買い足して, 越えし翁, 越した, 越したが, 越したくらい, 越したぐらいの, 越したらしい立派, 越したり, 越した年輩, 越した年配, 跳び越して, 車に, 転が, 通り過ぎたが, 連って, 連つた丘陵の, 連なりその, 選んで, 部屋が, 部屋を, 重なって, 重ねた, 重ねて, 開かれては, 附け足すので, 集って, 雷に, 預け手廻, 頭を, 顔へ, 顕れたり, 顕われる, 駢んで, 鳴いて, 麦藁の

▼ 幾つもの~ (244, 8.5%)

4 穴を 2 人影が, 人間の, 小山が, 扉が, 種類が, 衝立の, 部分が, 門を

1 [224件] お堂, お座敷が, かたまりを, ことを, その表, わき芸を, アパルトマンの, ガラス棚の, ギヤマンを, ダイヤモンドの, チャカチャカした, ドアを, 中心が, 事が, 事件が, 事務所を, 人名表を, 今様を, 仔虫が, 仕切板の, 位牌を, 佳作を, 例を, 俳句が, 個所が, 借室, 偶然が, 偶然を, 儀式が, 凱旋門を, 分身が, 切れ切れが, 別荘を, 前代生活の, 副演出, 原因が, 叫び声に, 吐けぐち, 命令書を, 品の, 哲学理論の, 団々たる, 図形を, 土饅頭いずれ, 土饅頭が, 垂氷の, 城塞を, 塁砦が, 声が, 夜々を, 夜と, 夢が, 大きな卓, 大きな蜘蛛, 大ビルディング, 大屋根, 大木に, 大樽, 大牧場, 女輿, 学派が, 小さいくちを, 小さいつむじ, 小さい編髪, 小さな岬, 小さな波, 小城が, 小工場, 小舟で, 小鉄工場, 屋根を, 屏風を, 山が, 山と, 山を, 岐路に, 岬も, 峯が, 島影も, 差別で, 巾着が, 巾着守札椿の, 広間の, 影が, 御門を, 思い切って, 悪口新聞が, 想像し, 意見を, 感嘆符号を, 感銘と, 懸子へ, 扉を, 手が, 手紙や, 手錠を, 指導書も, 提灯を, 數に, 文化上の, 文科の, 斑点が, 斬傷, 方法で, 旁証を, 昔話を, 暗い小さな, 書物が, 木綿袋に, 札の, 朴の木の, 条件が, 株根を, 桶を, 椀に, 楽屋部屋の, 標本にも, 橋が, 橋の, 歌謡が, 死体が, 死骸や, 段々を, 段階に, 池に, 池を, 河の, 波が, 波紋を, 洞穴の, 浴室を, 温泉が, 湯槽が, 漁場の, 火の, 灯, 灯と, 燭台を, 理由が, 異った, 異説が, 異説を, 痕跡が, 白い骨, 皺が, 皺を, 皿, 皿には, 砦を, 礼拝堂が, 礼拝堂を, 神話や, 私有地に, 科が, 穴が, 空咳が, 空洞を, 空間が, 空間は, 窓の, 立派な, 笊や, 等差が, 筋から, 箱の, 箱を, 節日行事を以て, 籠に, 結び目を, 絵が, 編隊と, 縞に, 縞の, 翼が, 聖像が, 職業をかへて, 胼胝を, 船舶の, 色彩さへ, 花という, 花壇に, 荷は, 荷を, 荷箱の, 蝋燭に, 血相が, 街を, 街角を, 表現が, 袋を, 裏面を, 要害を, 要素が, 角を, 言語が, 註が, 証拠が, 赤い土耳古帽, 赤い火, 足跡が, 輪が, 辻を, 部分を, 部屋を, 銀貨が, 鍵と, 鎌の, 鐘形覆いの, 長汀曲浦を, 間数を, 階級が, 随筆類に, 難関が, 静止を, 面を, 顔が, 顔や, 風呂敷包みを, 首とが, 鳥が, 黒い影, 黒い細い水平, 黒くて, 鼠の

▼ 幾つ~ (111, 3.9%)

4 あつて 3 なく並ん 2 ない細長い窪み, なくかか, なくございました, なく矢部川, なく置き並べられた, なく群, なく起伏, なく露

1 [88件] あって, いうので, いふと, お聞き, ない入口, ない地方語, ない平家史話, ない火の玉, ない異称, ない銀色, ない電車, なき方式, なくかけられた, なくたくさん, なくつけ, なくぶる下っ, なくめざましい冒険, なく並んだ, なく事業, なく伐り倒した, なく停車場, なく入り口, なく出来, なく分類, なく去来, なく取り附け, なく古い本箱, なく同じ, なく啼い, なく国境, なく壁, なく大, なく大小様々, なく山, なく年, なく彷, なく持っ, なく揃っ, なく撒く, なく数え上げられ, なく暗誦, なく書き続けられた, なく有る, なく枝流, なく橋, なく気味悪い眼球, なく温泉, なく火, なく点在, なく燃え, なく燃された, なく発見, なく目, なく空, なく算, なく籠, なく細い線, なく網膜, なく繰返し, なく群がり咲い, なく聴かせた, なく舷側, なく落ち, なく見, なく走っ, なく身, なく転げ廻る, なく近づい, なく送っ, なく造る, なく連ねた, なく過ぎ, なく部屋, なく重なっ, なく隅, なって, なれば, 云う今, 云ふ, 年が, 幾つ, 打ち割つたところ, 数えられた, 数ふる, 書いて, 渾天儀が, 無く我々, 粗末な

▼ 幾つにも~ (73, 2.5%)

8 分けて 4 幾つにも 3 なって, 別れて, 岐れ 2 わかれて, 分かれて, 分れて, 切断され

1 [44件] こまかく折りたたみ, して, ちぎって, ぼやけた二三, まだ肝腎, わかれ倉, 仕切って, 仕切られた巨大, 仲間割れが, 係はる, 分けるわけ, 分ち下ろし, 分れる, 切って, 切つて客の, 割ったよう, 割りまして, 割れて, 区分けを, 区劃し, 千切って, 千切れ, 及ぶが, 及ぶ事件, 変化する, 小さく折っ, 屈曲し, 岐れる, 成つて出たらしい, 扉を, 折ったもの, 折りたたんだり, 折り重なつて稲妻, 折れて, 折れ曲つて, 朝雲が, 殖えた自分, 水銀の, 筋を, 細かく分かれ, 細かく引き裂きはじめた, 見えた, 身を, 關はる

▼ 幾つ~ (61, 2.1%)

12 なっても 5 なる 4 なるん 3 なって 2 おなり, なると, なるの

1 [31件] おなりなさいます, おなりなさる, おなりに, おなん, なったかとか, なったの, なったら何, なったん, なつた, ならはるな, なられた, なられましたかな, なりはりましてん, なりました, なります, なりまするやら, なるえ, なるかな, なるかの, なるだろう思えば, なるつんぼの, なるまで, なる半, なる息子, はじまって, 分れよう, 分裂し, 劃って, 成つたつて碌な, 成りあんすねわし等, 終るの

▼ 幾つ~ (54, 1.9%)

2 提灯に, 胸にも, 部屋を

1 [48件] おりに, ものを, わたしの, ゴシツプを, 主導旋律を, 事に, 人種を, 侍女に, 倉庫納殿などの, 元素が, 元素を, 半病人, 和泉屋を, 壮年時代で, 変化なんて, 女の, 山幾つの, 年だつた, 影が, 御用の, 心臓を, 性格を, 抽出が, 提灯と, 時から, 時でした, 時に, 時を, 月を, 棟に, 森林を, 橋幾つの, 火山が, 火山と, 眼を, 短剣を, 級が, 老夫婦, 老婆に, 花輪が, 蜻蛉が, 見世物館の, 身で, 違った音, 部屋が, 階段を, 頃から, 馬の

▼ 幾つかを~ (50, 1.7%)

2 見ること

1 [48件] あるいは縫い, きめて, ここに, このモヤモヤ, 一つも, 与えては, 何故好ん, 共に知っ, 出来る限り, 反對, 取って, 君が, 呉れた, 売払, 女房に, 年代を, 廊下へ, 廻られたこと, 思ひ出すこと, 打ちぬき, 抄録し, 拾った, 拾つて当時を, 持つて, 按排し, 教わった, 数えました, 数え出される事, 横断した, 済ませた後, 渡つて夜に, 点在し, 無理に, 糸に, 経歴し, 結びつけ履物, 肚の, 胸に, 自分の, 見せて, 見たので, 見て, 見るやう, 覗いて, 買ひ切つ, 重ねて, 集めて, 順序無しに

▼ 幾つかに~ (43, 1.5%)

4 分れて 2 分けて, 裂いて

1 [35件] くずれ立並ぶ檜, なって, なつて, なる老人, なる陸軍, また劃, 仕切ったもの, 仕切った恰好, 仕切られ周囲, 出逢ったが, 分れたやう, 分れた岸本兄弟, 分れ始める, 分類する, 切つて更に, 切り放して, 区劃し, 壊れるの, 就て, 岐れ, 巻きつき, 折つた, 折つて手に, 折れて, 折畳んで, 斬り放して, 毀れたの, 畳まり聳え, 疊んで, 砕けて, 破つて, 融通した, 裁断し, 見える, 見られて

▼ 幾つかは~ (29, 1.0%)

1 [29件] あの才物, いって, いま再演された, 二十年の, 人手で, 今だに, 偶然の, 別としても, 向う山の上に, 吹き落されて, 小さい箱, 庇の, 庚申と, 弟の, 書いたの, 棒か, 次第に発達, 此時既に, 武蔵も, 死に金, 殘る, 生産され, 目に, 立入り禁止, 舞い上って, 血を, 記憶し, 谷らしい, 顔の

▼ 幾つとも~ (28, 1.0%)

4 知らぬ郡村 2 わからない

1 [22件] なくあったの, なく並べて, なく並んだ, なく出, なく切れ, なく前, なく天井, なく小さい, なく括りつけて, なく描いた, なく棟, なく椿, なく殪, なく漂い来ります, なく簇, なく通って, なしに, 思われる, 数知れぬ, 知れない花束, 知れぬ女, 知れぬ檀那村

▼ 幾つ~ (25, 0.9%)

32 か私, と思ふ

1 [18件] あのお, え, え何, かの死体, か御存じ, か誰, すかな, それを, っけかな, っけね, つけな, とお, と思っ, と思召, と悪者, と言ったら, んのや, 廿六かな

▼ 幾つでも~ (23, 0.8%)

2 ない若さ, 取つて

1 [19件] これと, どこへでも, はいりさうだつ, やすやすと, 並べて, 出来るだけ, 同様な, 埋もれて, 年の, 意外な, 戦争映画ばかりが, 指摘できるだろう, 挙げ得られる, 提出し得る, 申込む, 立案し, 製造できるで, 食べて, 食べる様子

▼ 幾つ~ (19, 0.7%)

4 せう 3 どこの 2 どんな女 1 あらうが, いらつし, え, ござりませう, どんな人, なんという, 何年奉公し, 何時何處へ, 名は, 耳が

▼ 幾つある~ (18, 0.6%)

2 かということ, か判らない

1 [14件] かしれない, かそれ, かという, かと思う, かわからない, か數, か知っ, か知らねえ, か知れぬ, か私, か言いかえれ, とか溝, んだろう, んで

▼ 幾つかが~ (16, 0.6%)

2 水に

1 [14件] いつのまにか減っ, ガラガラと, 午後三時頃の, 圧しつぶされ壊滅, 急に, 指摘された, 星の, 次から, 燃える, 狐火の, 示すよう, 纏まって, 置きっぱなし, 見られたが

▼ 幾つぐらい~ (10, 0.3%)

4 だね 1 でございましょう, でございます, でしたろう, でしょうね, でどんな, で人品

▼ 幾つです~ (10, 0.3%)

51 かって, な, ね, の失礼, 若宮さん

▼ 幾つ~ (10, 0.3%)

1 ある, かな, かわからなかった, だと, になつ, になるでしょう, に見えるだらう, のとき, の時, の鍵

▼ 幾つ~ (8, 0.3%)

1 とおぶち, の, のか, のです, んだ, んだい教え, んで, んです

▼ 幾つ~ (6, 0.2%)

1 かの停留所, かの曲り角, かは甚六郎, であったそう, の記念日, の部屋

▼ 幾つあった~ (5, 0.2%)

1 かしれない, か忘れた, か知れない, か知れません, か私たち

▼ 幾つぐらいの~ (5, 0.2%)

1 お歳, ときだった, 人です, 奴だ, 子で

▼ 幾つあっ~ (4, 0.1%)

2 ても足らない 1 ても足らぬ, ても足りない

▼ 幾つだった~ (4, 0.1%)

1 かね, ね, のかしら, のなんだか

▼ 幾つといふ~ (4, 0.1%)

1 ことを, んだ, 年が, 程の

▼ 幾つにな~ (4, 0.1%)

2 つても 1 つたのかい, つて居

▼ 幾つもの室~ (4, 0.1%)

1 の間, を作つて, を持っ, を通っ

▼ 幾つあつ~ (3, 0.1%)

1 たか, たかと, たん

▼ 幾つかで~ (3, 0.1%)

1 年が, 死んだので, 白い鬚

▼ 幾つかには~ (3, 0.1%)

1 今すぐ, 夫, 秋の

▼ 幾つでした~ (3, 0.1%)

1 かね, ね, の

▼ 幾つという~ (3, 0.1%)

1 たかな, もの綺麗に, 城国が

▼ 幾つもの電燈~ (3, 0.1%)

2 が驟雨 1 が煌々

▼ 幾つやろ~ (3, 0.1%)

1 か, な, な若い

▼ 幾つ~ (3, 0.1%)

2 て来 1 て来た

▼ 幾つ~ (2, 0.1%)

2 つても

▼ 幾つかずつ~ (2, 0.1%)

1 分け占めて, 火が

▼ 幾つかと~ (2, 0.1%)

1 乾葡萄の, 聞くので

▼ 幾つかも~ (2, 0.1%)

1 こうして飜訳, 私は

▼ 幾つから~ (2, 0.1%)

1 眼が, 踊を

▼ 幾つくらいの~ (2, 0.1%)

1 時の, 顔を

▼ 幾つだす~ (2, 0.1%)

1 か, のや

▼ 幾つだって~ (2, 0.1%)

2 構や

▼ 幾つである~ (2, 0.1%)

1 かそして, か自分

▼ 幾つとか~ (2, 0.1%)

1 あると, 言つても

▼ 幾つなら~ (2, 0.1%)

1 んでゐ, んの

▼ 幾つにもな~ (2, 0.1%)

2 つてゐる

▼ 幾つまで~ (2, 0.1%)

1 二十五年の, 何

▼ 幾つ~ (2, 0.1%)

1 なそう, なア

▼ 幾つ~ (2, 0.1%)

1 経過する, 越え霜柱

▼ 幾つ~ (2, 0.1%)

1 なく点したる, なく點

▼ 幾つ寝る~ (2, 0.1%)

1 とオルガン習, と学校

▼ 幾つ押せ~ (2, 0.1%)

1 ばお茶, ば奥さん

▼ 幾つ残ります~ (2, 0.1%)

2

▼ 幾つ綴つて來~ (2, 0.1%)

2 るとか

▼1* [109件]

幾つありましょうか, 幾つあれば杉, 幾つあろうか, 幾ついるといふ, 幾ついるかさあ, 幾つお鍋の山, 幾つかこえ威容人品ふたつながら, 幾つかしら幾つだ, 幾つかとも思われる, 幾つかにも風が, 幾つかに数へられるよろこび, 幾つかよまされて, 幾つかをも知ること, 幾つレコードだった, 幾つくらゐで, 幾つぐらいでどんな女, 幾つぐらいとも計りがたい, 幾つぐらいな男, 幾つぐらいやのんその, 幾つぐらゐのとき私はこの世, 幾つこれに氷, 幾つございますな, 幾つしたかまで知つて, 幾つずつ配るも, 幾つずつか合した小区, 幾つそこに縞, 幾つお紋, 幾つたつということ, 幾つだい年は, 幾つだけどの部分, 幾つだろうがその, 幾つちがいだっけな, 幾つづりつぎつぎ赤し今宵冷ゆ, 幾つ一應調べさして, 幾つであろうと敢, 幾つでございますえ, 幾つでしょうか, 幾つとかになるが, 幾つとかを盗み取り逐電, 幾つとは無い名, 幾つ浅ましくも, 幾つばかりあれば, 幾つぴちぴちとやっつける, 幾つほどでどの, 幾つづきの, 幾つまでの種族が, 幾つもに分れて, 幾つもの台が整然と, 幾つもの音を聞いた, 幾つブラ下がって, 幾つブラ下がつて, 幾つから下, 幾つ下げた処で, 幾つ並べてみた, 幾つ並べたとて其の, 幾つを殺し, 幾つ余計になります, 幾つ作つた処でどれ, 幾つ八十余歳七十五十ほか合せて, 幾つつて來ても, 幾つ叩いていい, 幾つは何, 幾つ居たということ, 幾つを越し, 幾つ幾つになったら, 幾つ幾つ棒で打たれ, 幾つ建て廊をどう, 幾つ振構わず小金, 幾つ思い出の数, 幾つ悪い鍵穴が, 幾つ探す気でしょう, 幾つ探偵として押し, 幾つつか, 幾つ攀ぢ盡して, 幾つ数える事が, 幾つ書いたことで, 幾つ木兎を彫つたつ, 幾つで打たれ, 幾つ横町があるでしょう, 幾つ残るか, 幾つ泊って来, 幾つ減るかわかりません, 幾つ無限記号を附けたら, 幾つ犯罪があっ, 幾つ病院があります, 幾つ発表した論文, 幾つ社長をし, 幾つがある, 幾つ続いても赤彦君はつ, 幾つ続くのだ, 幾つ綴って来る, 幾つ綴つて来るとか, 幾つ自殺が有, 幾つ自覚されるもの, 幾つ見つけてぞ, 幾つ息づくごとし山, 幾つ貰ったって髢屋, 幾つ越えて, 幾つ踏みつぶすよりもそこ一つ, 幾つ身上をフイ, 幾つがつて, 幾つ転がっている, 幾つ通ったかということ, 幾つ遣損なったかそれ, 幾つ集って逆巻こう, 幾つの時代, 幾つ飛んでも足りぬ, 幾つが眞白, 幾つが違