青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「幽霊~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~幸福 幸福~ ~幹 幹~ ~幻 幻~ 幼い~ 幽~ 幽か~ ~幽霊
幽霊~
幾~ ~幾つ 幾つ~ 幾ら~ 幾何~ ~幾分 幾分~ 幾多~ ~幾度 幾度~

「幽霊~」 3483, 38ppm, 3077位

▼ 幽霊~ (835, 24.0%)

103 ように 67 ような 19 やうに 11 話を 9 様に 8 姿を, 方が 7 ことを, やうな, 正体を, 正体見, 真似を 5 姿が, 存在を 4 ごときは, ごとく, ようだ, 噂を, 本質的な, 正体が, 身体は 3 お話を, すがた, 前に, 方へ, 様な, 正体は, 絵を, 話でも

2 [58件] ことだ, ことで, ごとくなって, ごとく見えて, ために, ほかに, ようだった, 一匹に, 両手は, 仕業か, 代理を, 写真の, 写真よりも, 写真を, 出そう, 出ると, 出るという, 出るまえの, 出る室, 出現を, 噂が, 噂は, 声を, 妄想を, 姿は, 宙乗りを, 実在しない, 実在を, 幽霊らし, 廂合の, 形を, 掛物が, 方で, 方は, 株が, 正体, 現ずるは, 現るる, 現れし場合, 現出に, 真似なんか, 真相を, 移転, 立って, 絵は, 絵も, 腰に, 衣裳を, 複合体, 親分で, 観世物なぞは, 観世物を, 観世物小屋で, 話が, 話は, 談は, 頭の, 餌

1 [397件] あとを, あと始末は, あるよう, いうこと, いうと, いること, いるらしい気配, いる場所, うしろに, おそろしさ, お嬢さんが, お尻, お相手, お見舞, かかれたの, かたちで, からだが, くせに, くやしさ, こととて, ことな, ことばは, ことや, ごときみな心, ごときも, ごとき冥界, ごとき妖怪, ごとき数個, ごとき美麗, ごとくたとえん方, ごとくはいだして, ごとくふうわり, ごとく引き取った, ごとく消える間, ごとく現われて, ごと啼けるあり, ごと歩い, しわざででもあるかのように見せかけ, すぐ側, するが, その形, そばで, つきで片手, でるには, でる場所, でる時刻, ときにゃ, ときも, ところまで, ふりを, ほうが, まねし, まぼろし, もって, もつあくどい, ゆだ, ゆの, ようじゃ, ような痩せた, よって起こる, ウラゴーゴルが, 一つで, 一人ぐらいは, 一人に, 一人の, 一人のみにて, 一件は, 一団の, 一団は, 一軸を, 一部始終を, 一項あり, 不景気な, 与易, 世話を, 中で, 中でも, 中に, 中には, 中の, 事が, 事も, 事を, 事件と, 事件の, 事実あり, 事実として, 二乗を, 云ったこと, 人形が, 人眼に, 人間である, 仕掛けの, 仕業だ, 仕業とでも, 代理, 仮装を, 仮面だ, 仲間が, 仲間の, 件について, 伝説は, 伝説放縦な, 伴侶に, 体積に, 余りの, 作意を, 侵入を, 側に, 入り所の, 再現だ, 冒険談は, 冗談は, 写真, 冷たい手, 凄さ, 凄味の, 凄味は, 処置は, 出ずる時刻には, 出たところ, 出たの, 出た様, 出でし, 出ようが, 出るの, 出るよりも, 出る処, 出る因縁, 出現の, 出現説を, 前身な, 力と, 力学の, 区別, 千倉が, 名を, 吐息が, 呻り, 命令に, 唸り声, 問題に, 図が, 図の, 図を, 国へ, 執念が, 執念に, 声, 声々も, 声が, 声だ, 声です, 声の, 変化のと, 変形, 外形自体は, 夢か, 夢は, 大捕物, 大撥条は, 女を, 如き妖しい, 如き手つき, 如き数個, 如くすう, 如く出没進出, 如く足, 如く飛んで, 如く鮫, 妙な, 始末だ, 姿それ自体も, 姿だ, 姿にでも, 娘と, 媒妁で, 存在す, 存在という, 存在肯定説を, 実にあり, 家柄で, 寺参り, 寺参りが, 寺参りであろう, 寺参りと, 小屋へ, 小説を, 居た場所, 居場所を, 屋よりか, 島, 幻影を, 幻覚が, 形が, 形にな, 影が, 影では, 影を, 御本尊, 御蔭です, 復讐です, 微笑に, 微笑の, 念力は, 怖さ, 怖れ, 思想は, 性質に関する, 恋物語の, 恐怖だの, 想像を, 意志を, 戒告し, 戸惑いは, 所置は, 手か, 手から, 手つきで, 手に, 手紙は, 手附を, 押着もの, 持つ本質的, 指は, 掛物を, 掛軸を, 新題目, 方からは, 方に, 方にも, 方を, 曰くです, 書いた手紙, 書物だ, 書物を, 有無の, 望みで, 末に, 本さ, 本体は, 本名だった, 来るの, 来襲を, 林檎なんか, 株の, 棲家, 概念であり, 正体だけは, 正体と, 正体という, 正体なる, 正体も, 歯型, 殺人, 殺人事件に, 気配などは, 油を, 流行よ, 浜風が, 浜風に, 浮力を, 漕ぐよいよいよい, 火の, 為に, 片方の, 物凄いの, 物語が, 狂言を, 現れたるもの, 現れる古城, 現れる場所, 現われたところ, 現象を, 生じろい火, 画の, 発した初めて, 発見が, 発見に, 真似なぞ, 真偽を, 眼が, 知盛を, 石の, 研究の, 研究は, 研究幽霊の, 礼奏なんか, 科学, 科学な, 種類, 種類に, 空き株が, 空中に, 笑い声の, 笑った顔, 紙包みなぞ, 素朴な, 絵としては, 絵姿など, 綿入れを, 美を, 胸から, 腰から, 腰の, 自分の, 自然に, 葬宴に, 行列を, 術を, 衣裳に, 装束で, 裾からは, 襟が, 見世物に, 見世物小屋が, 観世物, 観世物なぞという, 観世物について, 観世物小屋が, 言葉を, 訪れは, 訪問を, 訳はね, 訴えが, 註文な, 註文贅沢な, 証あり, 詮議を, 話じゃ, 話だ, 話な, 話など, 話などは, 話も, 話鬼の, 語たるや, 誤りある, 誤覚, 説, 説が, 説幽霊の, 講釈でも, 賭は, 足に, 足を, 足跡, 足跡は, 足音, 足音が, 跡を, 身の, 身体を, 身振りに, 身許が, 身許詮議に, 転がって, 軸が, 迷信すこぶる, 追却, 這入って, 這入れない様, 通りそれを, 通りゆく姿, 重圧に, 重荷は, 鉄の, 鎧らしく, 鑑札を, 長ばなしは, 長髪を, 関係に, 関係について, 陰に対しては, 雛の, 音なき声を, 頭であった, 頸の, 頸へ, 顎が, 顔くらいに, 顔ときたら, 顔とともに, 顔に, 顔にも, 顔や, 類に, 食物は, 餌の, 餌を, 首に, 首を, 髪の, 髪の毛の, 髪振り乱せる, 魔法にでも, 鳴らすベル

▼ 幽霊~ (406, 11.7%)

15 出て 11 出ると, 出るの 8 出るという 7 出るとか 4 出そう, 出たと 3 この部屋, 出た, 出たの, 出る, 出るって, 出るなどと, 出るん, 来るから

2 [24件] いるの, いるん, うようよし, この地底戦車, でると, 人を, 人間の, 出たという, 出るなんぞと, 出るなんて, 姿を, 宙に, 宙乗りを, 居るなら一つ, 手を, 来たと, 来たり, 殺されて, 気に, 現れて, 生きて, 立って, 自分の, 足を

1 [274件] あった, あの世から, あの林檎, あの窓, あらはれたり, あらわれた, あらわれたらば, あらわれました, あらわれるとの, ある, あるか, あるでしょうか, あるとか, あるもの, あるもん, ある決して, いうて, いうと, いたので, いつ侵入, いて, いないか, いる, いるなどという, いるもの, おそろしく地底戦車, おりました, おる筈, かくも, かくれて, きらひである, くしゃみを, ここで, ここに, ここの, この世に, この戦車, これらの, こわいも, こんな戦車, こんな手つき, こんな調子, ございます, さながら風, じぶん, すがた, すんで, その傍, その間ずっと, それだけ口ききゃあ世話, それである, それに, それまで, たしかにいた, たまらない美, つっ立って, でて, でなかったら君, でるかと, でるぞ, でるという, でる刑事事件, どんなこと, ないと, ないもの, ぬけ上った青い, のこのこ歩い, のこりの, はいって, ふうと, ほかにも, まじって, まっすぐに, もって, もっと不愉快, わざと床, わたしの, アメロンゲン城の, スウッと, スマシタ顔付を, ドアを, フワフワと, ヨシ子ちゃんの, 一週間前に, 三世も, 不思議な, 丑満すぎには, 世の中には, 主観的の, 二人で, 云うと, 亜米利加独立軍の, 人殺しなんて, 今どきこの, 今夜百両の, 仙七に, 何を, 侵入する, 倒れて, 側へ, 先に, 先刻も, 入って, 再びここ, 再び現われた, 写真に, 出ずる, 出たかも, 出たとか, 出たなぞと, 出たもの, 出たよう, 出たらそれ, 出たり, 出たん, 出ねえの, 出ねば, 出ましただ, 出ますので, 出るか, 出るそう, 出るぞ, 出るつて云ふん, 出るといふ, 出るとかいう, 出るとの, 出るに, 出るよう, 出る事, 出る地方, 北岸の, 半身を, 参るという, 友蔵の, 取り付くぞと, 同じ姿, 呼んで, 地上より, 塀の, 墓には, 墓の, 墓場に, 外へ, 夜なかに, 大きらい, 大禁物, 大金庫, 大隅, 女の, 子供づれで, 室内で, 寺に, 射撃を, 小池助手の, 山の上を, 幽霊を, 幽霊自身の, 廊下を, 引き込んだので, 引続い, 彼の, 彼らの, 往た, 後光を, 徘徊致す, 復帰し, 忍び込んで, 怖がると, 恋の, 恐いと, 恐くは, 恨みを, 息を, 悄然として, 悪代官, 憑い, 憶し, 戦車の, 戸惑いを, 戻って, 手に, 手伝って, 指紋を, 提灯や, 日本の, 日本内地の, 昔馴染の, 時々我々, 時計を, 書いて, 有りまする, 札が, 来たなぞ, 来たらば, 来ると, 果して偽者, 果して真者, 極北, 歩いて, 死んだら蘇生, 殺された, 殺されたって, 殺されたら人間, 毎晩あらわれ, 毎晩あらわれる, 毎晩立っ, 消えるの, 無電などを, 熊野と, 物凄く描い, 現はれる, 現れたとき, 現れない, 現れると, 現れるなんて, 現れる話, 現われた, 現われて, 現われなかったと, 現われるよう, 現われ見て, 現出しいたり, 町へ, 登場し, 白昼戸惑っ, 百両の, 百人来る, 盆に, 盗坊, 相手じゃ, 真っ蒼, 私に, 私の, 秘術を, 種々の, 空気の, 空虚に, 突っ立っ, 突然くるりと, 窓から, 窓に, 答えた, 答えるには, 自分を, 自然科学的研究の, 花道へ, 菓子折を, 蔦芳の, 虫の, 裏窓から, 襲いきたる, 見えたん, 解りさえ, 話しかけた, 負ぶさるよう, 質問を, 足音を, 退場した, 這入って, 避雷針の, 酒好きでない, 銀の, 鎖を, 鏡の, 降き歩くそれ, 離れないので, 霧の, 飛び出して, 飛んで, 飯を, 飴を, 駆けこんで, 鳴らすベル, 麻酔薬を

▼ 幽霊~ (306, 8.8%)

17 云った 6 言った 5 叫んだ 4 答えた, 言葉を 2 ある一人, おごそかに, それを, つづけて, みなこの, スクルージの, 陰の

1 [256件] ああいう, あつい壁, あまり顔, ありや無し, あるもの, ある商店, いった, いないでは, いなかった, うなずいて, おかしさ, おくらに, おごそかなこえ, おちつきはらった声, お岩, かくして現代青年, からからと, かれら, きわめてぼんやり, くそおち, くらがりに, ここに, この何, この壁, この大, これが, さしあたりこの, さっきから, しばい, しばらく両人, そういい, そう云いました, そのあと, その手, その旅びとだね, その時手, その池, その頑丈, そろそろと, そんなもの, そんな事, たいていは, たいへんよろこんだ, たちまち裾, たとえ一人, だんだん進ん, でませんかな, でやせんよ, とんと怖, どういう筋合い, どうしても武家奉公, どうなる, どこから, どこからか, どこに, どこにも, どこへ, どこへか, どの帷幄, どんなもの, どんな厳重, なんだか苦し, はあ吸血鬼, はじめてみた, ほんとうに, またもや其の, またもや声, また出, また奇妙, また言いつづけた, まだ出る, まつぴらごめんだ, まるで火取虫, もういけどっ, もう一つ, もう宙乗り, もう時計塔, もう樹蔭, もう消滅, もとより世, もと霊魂不滅論, やはり返事, やはり重力, わざとらしい咳払い, われわれは, ゐないか, カリーンキン橋の, ジニヤスの, スウッと, スクルージに, ドアを, ネネムの, ハツキリ目に, パイ軍曹と, パイ軍曹の, パイ軍曹を, ピストルの, ホンモノよりも, 一体に, 一寸耳, 一度も, 一本するどく, 一種の, 下の, 不意に, 両腕, 二人の, 二十四五度見ました, 二本足の, 人によって, 人間の, 人間より, 今夜どこかで, 付き物だ, 休業だ, 何と, 何物である, 何者だ, 偽者に, 僕の, 全然身動き, 六ヶ所に, 再び元, 再び叫び声, 冬その, 出ては, 出ないこと, 出ますめ, 出ませんよ, 出るだろうて, 出んから, 出現しない, 十中七八まで, 卓子の, 呶鳴った, 声を, 大てい, 大夫の, 大嫌, 大抵この, 大概女に, 大海の, 大金庫事件以来, 太夫の, 嬉しそう, 完全に, 実に此観念, 射的店で, 尚呼びかけた, 屈んで, 帰って, 幽霊であった, 幽霊なる, 廊下の, 廻転窓に, 引込む時分, 形体ある, 影も, 徐々に厳か, 得意気な, 心中の, 必ず毎夜, 必ず無い, 怖ろ, 怪物に, 悪魔とち, 意味あり, 扉の, 手に, 押して, 振つて, 操縦席の, 日本文学の, 日本語が, 明日の, 時計塔の, 普通とろとろ, 最も悪い, 有るに, 有名な, 有形なりと, 本を, 李香の, 概念的作品で, 次にピート一等兵, 此奴が, 歯が, 段々餓鬼, 毎晩の, 毛布を, 法水に, 海の, 消えうせ盗賊, 消えて, 淡路の, 満足そうに, 無いかと, 無いという, 無いよ, 無性に彼, 無霊, 片手を, 物の, 物心の, 物理学に, 狂し, 珍しくない, 生前の, 男だ, 町の, 町を, 画工が, 白日出でき, 白衣を, 白骨の, 目に, 相手の, 睦言を, 矢張有ります, 知って, 研究室へ, 神様あつかいであった, 私を, 立ち上がった, 答えない, 約二分の後, 純白の, 細い声, 老人の, 落第である, 藤代の, 蜘蛛の, 行燈の, 見得べきもの, 解って, 言下に, 訊ねた, 語りつづけた, 誰だった, 贖罪を, 起ちあがりながら, 足が, 足許は, 路の, 返答した, 這入って, 過去は, 鉄の, 鎖を, 陰惨を, 霊魂論と, 静かに, 頭から, 頭が, 髪を, 鬼門な

▼ 幽霊~ (264, 7.6%)

32 なって 5 しては 4 違いない 3 おびえて, して, 出て, 化けて, 相違なし, 責められて, 足の

2 [15件] あらずまた, ちがいない, つきて, なった左太松, なること, なるの, 会って, 似て, 出たくなるの, 取付かれた, 成って, 百両の, 相違ない, 見えたり, 足が

1 [172件] あったら幽霊, あらざるに, あらず, あらずして, おどかされたらしい, おどろいて, おどろきの, かじられたらもうとても, さからった者, された女, したところ, しましたよ, すぎないの, すること, するぞ, そっくりである, そッくりだ, だまされた, だよ, つかまったん, つかまっちゃったの, つかまって, つかれたという, とりつかれて, なったなどという, なったの, なったほう, なったまま, なったよう, なったり, なったん, なっちゃ, なっても, なつた, なつて, なやまされて, なりすまし青い, なりそう, なりたいの, なりに, なりは, なり彼, なり済ます権利, なるそう, なると, なるほどの, なる事, なる女, なる必要, なろうとは, ふるえて, むかって, ハムレットの, 交じって, 介抱を, 仕立てたの, 他ならない, 付き合いはねえ, 会った気持, 似すぎて, 似たもの, 何故足, 信頼し, 催促する, 元気を, 入られると, 出くわしまた, 出くわすとは, 出ずる, 出づるか, 出られたよりも, 出られては, 出ると, 出るならば, 出会いましたとても, 出会ったの, 出会ったよ, 出逢うこと, 出逢う話, 出逢ったなぞと, 出逢ったよう, 出逢って, 出逢ってから, 化かされた, 化けたお, 化けたの, 化けること, 化して, 化するなり, 取り殺されようと, 向く人相, 向って, 喰い殺されちまったん, 売渡し人一倍, 尋ねた, 居直って, 屈服し, 山彦なんか, 引っ張り回されて, 形体あり, 役所の, 復讐された, 怨みを, 悩まさる, 悩まされたる談, 悩まされると, 悩まされるところ, 悩まされるよりは, 惚れられるとは, 憑かれてる, 操られでも, 文字が, 映りおったか, 暖められながら, 柳落語家に, 次いで, 止められたの, 殺されたん, 殺されて, 殺され他, 相違ないとお, 着物を, 祟られて, 笑はれた, 縁故ある, 肉を, 肩を, 脅かされて, 脅かされる事, 至りては, 襲われがち, 襲われないという, 襲われ救い, 見えて, 見せかけたの, 見張って, 見込まれたん, 覚らせるに, 親類が, 話しかけさせて, 話しかけて, 話したこと, 誰より, 象り作った仮面, 貰った百両, 貸して, 足なし, 足音は, 追い廻された, 追われたと, 追われたとしても, 逆う, 逢いたいの, 逢いに, 逢うて, 遇った話, 違いありません, 違いございません, 遭遇したる, 避けに, 金が, 金を, 附きまとわれて, 附纏われた, 降参し, 際会したる, 青い林檎, 頼まれたと, 頼まれて, 頼んだ, 驚くべき変化, 魅られ

▼ 幽霊~ (223, 6.4%)

4 見たと 3 見たこと, 見たん, 見て

2 [19件] お眼, だして, 信じないこと, 偽造し, 出したり, 怖がって, 怖れ, 案内し, 研究する, 見た, 見たという, 見たとか, 見たの, 見ても, 見るが, 見るの, 見るは, 見気絶, 退治した

1 [172件] あらわされんこと, いう奴, いくら追いかけ, うつそうとして, おそれずに, おそれて, おっかけて, かえして, かく時, かついで, かつぎだすの, こしら, こしらえたの, こしらえたら何, この部屋, ごらんに, さかんに, しばりあげひどい, せせら笑って, その根本, たおしその, たくさん見た, だそうと, だんだん観察, つかまへ, つかんで, つりだすにも, つれて, でっちあげそして, でつちあげそして, とりおさえさせるつもり, なぜ逮捕, はじめから, ばかに, ひどく怖がっ, ひんぴんと, みせられたの, みたという, みてから, みました, みる思い, よぶ術, わきにかかへ, モティフに, 一役やらせた, 人間の, 今田さんの, 何か, 作りたいん, 作り出す様, 作出せし, 使って, 信じた, 信じた方, 信じないと, 信じない君たち, 信じること, 信じ淡谷のり子氏, 信ぜよなどという, 再び此, 再興し, 出して, 出しては, 出現させ, 刺せまいと, 勤めて, 召抱えて, 吊らせて, 吟味しよう, 呼び出す実験, 噛みちらしまつわり振ったそのまま, 垂柳の, 女鬼と, 宙乗りさせる, 家に, 幽霊とは, 幽霊らしい, 引き留めようとも, 彼は, 怖がらなかった二人, 怖がる恐怖心, 思い出して, 思い出しました, 恐るるそう, 想う, 打ち殺すと, 抱えてるだろう愚民, 押えて, 押し退けて, 招く, 挙ぐれ, 捕え損なった時, 描くまでは, 映し出す機械, 書いた小説, 本気で, 歓待した, 求めるとともに, 消しながら, 済度し, 滑稽化し, 照し, 現す反, 現す手順, 現に見, 現見したる, 現見する, 生どっ, 相手に, 真中に, 破り霊妙的幽霊, 神様あつかい, 科学的に, 突き殺す胆, 笑ふも, 縛るの, 背負って, 背負つてゐる, 脊負っ, 脊負って, 自分の, 草双紙の, 落ちついて, 装いて, 見かけました, 見し事, 見せて, 見せる機会, 見たね, 見たもの, 見たよ, 見たよう, 見たよりも, 見たり, 見たりと, 見たりというは, 見たる人, 見たビルマ, 見た例, 見た気持, 見た者, 見つけたと, 見つけに, 見とどけたん, 見に, 見ようと, 見ること, 見ると, 見るという, 見るなどという, 見るよう, 見んと, 見遣った時, 話すには, 話そうやには, 認めて, 認識する, 説く者, 説明せん, 警戒する, 追いかけて, 追いはらって, 追い詰めたあたり, 退散させる, 連れか, 連れて, 連想した, 逮捕し, 逮捕する, 釣りだす餌, 除き真に, 雇い入れるなどという

▼ 幽霊~ (139, 4.0%)

5 なりて 4 なって 3 間違えて 2 いう, いえば, なつて, 一緒に, 云うもの, 云ふ, 命を, 自ら化し, 見て, 霊魂不滅論者の

1 [107件] いいいまだ, いい驚き, いうよりは, いったって, いったんじゃ, いって, いふ, いろいろの, いわずに, いわないで, おなじ長い, きまれば, さしむかえ, すべきもの, なすもの, なった時, なった証拠, なりしこと, なりし人々, なりよって, なり戦場, なり物質文明, なれよう, まぼろし, スクルージとは, タマシイの, 一しよ, 争闘する, 云いたいところ, 云ったの, 云っても, 他界の, 伴藏と, 信じて, 全く反対, 化学書に, 友達づき, 取組んだまま姿, 叫ぶに, 同じこと, 同じよう, 同日に, 同様青衣の, 名のる, 呼びは, 呼ぶべきであろうか, 呼んで, 四次元世界とかいう, 国家との, 大金庫, 妖怪と, 妖気に, 寝たの, 川北先生とは, 彫像と, 必然的に, 思い込んで, 思ったかも, 思ったの, 思つては, 思へたり, 思われた組, 揉み合った, 摺れ合って, 擦違って, 文字で, 暗い陰惨, 来ると, 海坊主との, 申して, 申すの, 申すべきもの, 申すもの, 相対し, 相異なる, 碁を, 称するもの, 考えたの, 聞いたのに, 聞いて, 聞た, 肩を, 見し若き, 見たとは, 見ちがえるよう, 見るほどに, 見るよう, 見誤ったの, 言い今, 言い出したの, 言った方, 言ふと, 話して, 話を, 認むることあり, 認めざるもの, 認めたること, 語るくだり, 誤って, 逢引する, 道連れに, 違うて, 違うの, 間違えたよう, 間違えられたの, 雲助は, 首の

▼ 幽霊~ (103, 3.0%)

54 の甲板 3 と運命, に近 2 が現, のこと, の秘密, の船長

1 [80件] かそう, かどう, かな, かもしれません, がある, がいや, がとおった, がやっぱり, が一向に, が出る, が姿, が果して, が通っ, が通る, が遠く, だから, だった, だったかも, だって, だと, であるかも, です, でなかったの, でなくどこ, でも出, というもの, といふ名前, となり, との関係, とばけ, と名付け, と幽霊船, ならあの, にいる, にはお, には檻, にゆきあう, に一発弾丸, に出あひました, に対して怒り, に近づき, の, のやう, のよう, の上空, の下, の中, の仕業, の出, の姿, の幽霊武者, の恐ろし, の様子, の横, の歩, の犠牲, の胴中, の船体, の船尾, の話, の謎, はと見れ, は不思議, は丸尾たち元, は意識, は憎い, は海底, は生き, は相, は長い, へやっ, へ探険隊, も彼等, をみつけ, を別, を探っ, を撃っ, を脱, を脱する, 現わる

▼ 幽霊~ (96, 2.8%)

4 の前, の方 3 の底, へ帰っ 2 でお, と云う, の中, の修繕, の庭, の持主, の秘密, の話, へ入り込ん, を立てた

1 [62件] から僅か, から尾, が売り物, で私, との間, とは二丁, と世人, と名, と名づけ, と書く, と称する, にあった, には合点, には着いた, には隣, に入っ, に就い, に居ろ, に帰った, に帰り, に引き続いた, に満ち, に行かし, の事, の元来, の内部, の境内, の夜会, の大, の奇談, の時計, の書斎, の検査, の裏庭, の近辺, の間近, は奇妙, は本来, は無事, へかえり, へ上った, へ入り込んだ, へ帰ります, へ帰り着いた, へ帰る, へ引き返した, へ来ぬ, へ現われる, へ秀子, へ行かず, へ行った, へ行ったなら, へ詰め切っ, へ馳せ返っ, まで行った, を何, を出る, を去る, を建てた, を昼, を自分, を買い取れ

▼ 幽霊~ (48, 1.4%)

2 ということ, と思う, と思っ, よ

1 [40件] あ, あッ, かそれとも, からそう, からとつぜん, からね, から切り払われ, か何だか, か知りません, があの世, がお前, が美しい, ぜと通りがかり, つて云ふんです, と, という気, といっ, とか何, とか吾輩, としたら, とする, とも思直しよう, と云っ, と口争い, と思, と思った, と思われ, と白状, と知っ, と駭, なんのって, ね, のと, のなんて, のの, よ死んだ, ア, ッた, 影法師だ, 祟だ

▼ 幽霊~ (46, 1.3%)

1 [46件] ありがたいね, あるといった, あるもの, いよいよ馬鹿, おなじ四十面相, ここへ, これなら, こわかった, こわくは, しばしは, そのまま倒れ, その常識, その後さっぱり, その後は, それが, なんにもなかっ, また友, また弁じ得べき, 下駄音高く, 人魂も, 化け物も, 化ものも, 古い絵巻等, 同じく精神作用, 四十面相が, 大抵は, 大袈裟だ, 大金庫, 実在せりと, 幻灯機械も, 彼とともに, 怖くない, 怖くは, 思わずそこ, 昆虫も, 明らかに, 正体が, 消えて, 犯人を, 現われずあたら, 由公にまで, 見たこと, 遊びに, 青白い髪の毛, 面倒な, 頭を

▼ 幽霊では~ (41, 1.2%)

5 ない 3 なかった 2 あるまいかと, ないと, なさそう

1 [27件] ありますまい, ありません, ありませんでした, ありませんよ, あるまい, あるまいか, ないか, ないかしら, ないかと, ないかという, ないから, ないが, ないし, ないだろう, ないの, ない生きた, ない真実, なかろうか, なくして, なくてよ, なく只, なく恋しい, なく生きた人間, なく生きてる人間, 無い, 無い死骸, 無さ相

▼ 幽霊でも~ (40, 1.1%)

3 何でも 2 お化けでも, ない, 出て, 見たよう

1 [29件] あること, あるまい, あるめ, お父さんだったら抱きつこう, さあ出, ない生きた, なかった, なく化け物, なければ, なんでも, はしや, モモンガーでも, 付いて, 出そうな, 出たの, 出たよう, 出るの, 己が, 幽鬼は, 心に, 拾って, 椅子なぞに, 無きゃそっと, 無きや, 研究し, 見るかの, 見る様, 魔でも, 魔法使いでも

▼ 幽霊という~ (34, 1.0%)

6 のは 5 ものが 4 ものを 3 ものは

1 [16件] ことに, ことばを, のか, ものだ, ものだった, ものについて, やつが, やつは, やつはネ, ような, 名は, 名を, 大真打, 物ある, 物は, 言葉が

▼ 幽霊~ (30, 0.9%)

2 お化, お化けが, お化けの

1 [24件] お化けは, な, 人魂が, 何かの, 化け物でも, 化け物に対する, 化け物の, 化け物を, 化物の, 大入道の, 妖怪が, 妖怪変化が, 妖怪変化の, 宙釣りが, 幽霊が, 心霊などは, 忌な, 怪火など, 悪鬼の, 悪魔や, 海坊主の, 狐狗狸の, 骨人や, 魔物などが

▼ 幽霊~ (29, 0.8%)

2 何ぞの, 妖怪か, 幽霊でない

1 [23件] いね, そういうこと, でなければ, どうか, どうかを, なんかが, ッ, 他人の, 仮面を, 但しは, 何かの, 僕の, 化けものか, 否かをナ, 悪鬼だったら, 悪魔か, 狐の, 生きて, 知らとは, 知らん, 知らんと, 金の, 鬼か

▼ 幽霊じゃ~ (27, 0.8%)

4 ないの 2 あるまいし, ない, ないか, ないかと, ないだろう, ないん, アない 1 ありませんよ, あるまいな, ないぞ, ないだろうか, ないですよ, なかったん, ねえの, ねえや足が, もともとぼんやり

▼ 幽霊~ (24, 0.7%)

5 の下手人 4 の正体 2 の話

1 [13件] からし, があと, じゃねえ, とかの眼, なんて存外, にぐっしょり, に襲われ, に襲われる, のうわさ, のほんとう, の評判, の詮議, はゆうべ

▼ 幽霊とは~ (20, 0.6%)

1 [20件] あんなもの, いつも一緒, そも何者, ちがって, どんな感じ, 一体どこ, 不可見, 互に話, 人間の, 何んだ, 再び並ん, 別です, 思ったけれど, 思わないで, 生前随分, 目に, 縁の, 背恰好から, 見るべからざるもの, 魂魄神の

▼ 幽霊~ (19, 0.5%)

1 [19件] がある, が掲げ, であるが, について事実, になる, の一項, の中, の国家学会, はいたる, はこの, はひとり, は先年発行, は全く, は十中七八, は大抵, は幽霊, をする, を組み立つるであろう, を載せ

▼ 幽霊~ (18, 0.5%)

5 でも

1 [13件] ござります, すらなお, その位置, ね, まったくあべこべ, キツネタヌキ雪女等の, 三世も, 嚇か, 夢が, 夢中に, 大抵それ, 威嚇した, 苦しめられて

▼ 幽霊~ (16, 0.5%)

3 のでしょう, んです 2 のか, のだ, のよ 1 のであろう, ものか, んだい, んというは

▼ 幽霊みたい~ (16, 0.5%)

1 [16件] だったので, なところ, なの, なもの, な蒼白, な輪郭, な運命, に, におれ, にじい, になっ, にスーッ, にドア, に立ちふさがっ, に蒼く, に青ざめ

▼ 幽霊かと~ (15, 0.4%)

2 思った, 思って

1 [11件] おっかなびっくりで, お菊, 思いあわてて, 思いましたよ, 思いましたわ, 思い声慄わし, 思うかも, 思うくらい, 思えば, 思ったがな, 見ちがえて

▼ 幽霊には~ (15, 0.4%)

3 足が 2 形あり 1 あらで, 俺が, 反魂香に, 姿も, 恐れる, 目方は, 種々ある, 興味を, 色あり, 足の

▼ 幽霊屋敷~ (15, 0.4%)

2 ですよ, のよう

1 [11件] じゃやれ, じゃ血, だとか, でございまして, で通っ, となる, と云いふらされ, にはいっ, の中, の近辺, や化け物話

▼ 幽霊~ (15, 0.4%)

2 とか幽霊草

1 [13件] が一面, が女, が相, じゃありません, ですよ, で薄, なん, の伝説, はまったく, は毒草, を, を怖がる, を抱い

▼ 幽霊なら~ (12, 0.3%)

1 [12件] お茶の子サイサイ狃れ切っとる, さっきわしも, その後姿, ちと幽霊, ば何処, ば有る, ば本当に, もっとゆっくり歩く, んと, 丸い帽子, 何も, 物を

▼ 幽霊退治~ (12, 0.3%)

2 の同勢 1 がどんな, が始まった, などを始め, に綾吉, の仲間入り, の催し, の騒ぎ, はさんざん, はどんなに, をしよう

▼ 幽霊なんて~ (11, 0.3%)

3 ものは 1 ありは, あるもん, いっちゃ, いるもん, えの, だれも, ものを, 話に

▼ 幽霊あり~ (10, 0.3%)

6 と信ずる 2 といい, と論ずる

▼ 幽霊などは~ (10, 0.3%)

1 まったく信じない, 下っ端の, 今の, 信じないの, 出や致しません私, 初めから, 妖怪と, 忽然と消滅, 手捕り, 顔も

▼ 幽霊に関する~ (10, 0.3%)

2 報告, 心霊学協会の, 記事, 記事や 1 とりとめも, 滑稽談が

▼ 幽霊~ (10, 0.3%)

1 が水うち際, といおう, と申し, と見えた, なるもの, のこと, のごとき, の如く輝い, も大抵, を見

▼ 幽霊なんか~ (9, 0.3%)

1 あるもん, この世界, こわがって, なんでも, まごまごし, ゾロゾロ現れるだろう, 出るもん, 引っぱりこむもん, 過去の

▼ 幽霊にも~ (9, 0.3%)

1 あてはめられなくては, あらず悪魔, いろいろの, この場, せよ父, 奇体の, 自分の, 足が, 馴れて

▼ 幽霊から~ (8, 0.2%)

2 本当に絶縁, 貰った百両 1 使いを, 力を, 発する光, 百両の

▼ 幽霊である~ (8, 0.2%)

2 ことを 1 か, か但し, が我国, という, といえる, 上に

▼ 幽霊でない~ (8, 0.2%)

1 かその, かたしかめる, ことだけは, ことを, ということ, と云っ, よ誰, 夢の

▼ 幽霊とか~ (8, 0.2%)

1 おばけとかいう, お化けとかいう, アフリカとか, 云うもの, 妖怪とか, 形容した, 悪魔を, 神とか

▼ 幽霊などを~ (8, 0.2%)

2 見るから, 見る者 1 信じる気, 信じる者, 信じ得ぬ教育, 生捕る

▼ 幽霊よりも~ (8, 0.2%)

1 もっと恐ろしい, タヨリない, 不気味な, 今の, 却って薄気味, 影の, 或る, 馬賊の

▼ 幽霊ども~ (7, 0.2%)

1 が食事, に一々, に暇, の中, はたしかに, をこれ, を見た

▼ 幽霊らしい~ (7, 0.2%)

1 のだ, ものは, 感じに, 本当の, 者の, 者は, 若い娘

▼ 幽霊だった~ (6, 0.2%)

1 かもしれない, がきょう, のかしら, のかとも, のでしょう, んです

▼ 幽霊だって~ (6, 0.2%)

1 いうん, どうする, 云うん, 増長し, 悪魔だって, 気が

▼ 幽霊です~ (6, 0.2%)

21 か, かね, ね, よそれ

▼ 幽霊などという~ (6, 0.2%)

2 ものが 1 ものは, 事は, 合理的性質の, 名が

▼ 幽霊について~ (6, 0.2%)

1 あること, なお述べたい, コント, 喚いて, 大騒動, 研究する

▼ 幽霊にでも~ (6, 0.2%)

2 なりそう 1 なって, 何んでも, 出会ったと, 出会ったよう

▼ 幽霊に対して~ (6, 0.2%)

1 これぞという, なんとなく反抗, 子供心にも, 家宅侵入および, 生ける肉体, 訴訟を

▼ 幽霊事件~ (6, 0.2%)

1 からこの, なんてもの, について筆, にも興味, のこと, の落着後ことごと

▼ 幽霊~ (6, 0.2%)

2 を命ずる 1 の助手, の古島, の古島老人, をつとめる

▼ 幽霊~ (6, 0.2%)

1 が最も, でなくみな, となっ, はあと, を思い出し, を思い出した

▼ 幽霊論者~ (6, 0.2%)

2 が僅, の説く, はたいてい実際

▼ 幽霊~ (5, 0.1%)

1 あんまり煙たい, が入り込ん, とうとう妖怪変化, また今夜, 迷って

▼ 幽霊~ (5, 0.1%)

1 な不思議, な倍音, な強, な細い, に足

▼ 幽霊船虎丸~ (5, 0.1%)

2 の甲板 1 はどう, は運命, を一

▼ 幽霊じみ~ (4, 0.1%)

1 て宗教的, て居る, て旅人, て見えた

▼ 幽霊じみた~ (4, 0.1%)

1 事は, 姿を, 形を, 限りない

▼ 幽霊たち~ (4, 0.1%)

1 があたり, がそれ, は盛ん, を人々

▼ 幽霊だろう~ (4, 0.1%)

1 かそれとも, とその, と思いこみ, なんていっ

▼ 幽霊って~ (4, 0.1%)

1 えの, ことに, ものが, わけで

▼ 幽霊であり~ (4, 0.1%)

1 また幽霊, 淡島の, 独立戦争の, 辻斬の

▼ 幽霊とも~ (4, 0.1%)

1 いうべきもの, ネーベルガイスターとも, 映ったかも, 見える仕事着

▼ 幽霊などが~ (4, 0.1%)

1 あると, でて, 出るはず, 現れて

▼ 幽霊なる~ (4, 0.1%)

1 が生きた, もの, われらは, 者が

▼ 幽霊写真~ (4, 0.1%)

1 というよう, とか空中, に近い, のやう

▼ 幽霊~ (4, 0.1%)

1 というの, とかいうの, とかいう忌, とか幽霊花

▼ 幽霊西~ (4, 0.1%)

4 へ行く

▼ 幽霊鬼神~ (4, 0.1%)

1 の類, は通俗, を信ずる, を論ずる

▼ 幽霊および~ (3, 0.1%)

2 祟の 1 未来世界と

▼ 幽霊かとも~ (3, 0.1%)

1 思われる, 思われるよう, 見えるよう

▼ 幽霊かも~ (3, 0.1%)

1 しれんですなあ, しれんよ, 知れぬ

▼ 幽霊だの~ (3, 0.1%)

1 お化けだの, 亡者だ, 鬼だ

▼ 幽霊であった~ (3, 0.1%)

1 か, としてもそれ, のだ

▼ 幽霊であろう~ (3, 0.1%)

1 か, ともこれ, と思い

▼ 幽霊として~ (3, 0.1%)

1 奇怪な, 宙に, 現われたの

▼ 幽霊どの~ (3, 0.1%)

1 に申, に笑われ, をはげまし

▼ 幽霊なし~ (3, 0.1%)

2 と断言 1 とする

▼ 幽霊など~ (3, 0.1%)

1 ありは, この世に, ちっとも怖く

▼ 幽霊などの~ (3, 0.1%)

1 世界でしょう, 出ないこと, 此の世に

▼ 幽霊に対する~ (3, 0.1%)

1 恐怖の, 裁判の, 訴訟

▼ 幽霊~ (3, 0.1%)

2 てえ 1 てい

▼ 幽霊一件~ (3, 0.1%)

1 だ, はまったく, を同心ら

▼ 幽霊使い~ (3, 0.1%)

1 だと, なんてもの, のよう

▼ 幽霊問題~ (3, 0.1%)

1 はことごとく, はこのごろ, を取り扱わなけれ

▼ 幽霊~ (3, 0.1%)

1 のところ, の上, の下

▼ 幽霊姿~ (3, 0.1%)

1 で宙, のお, を捕え

▼ 幽霊~ (3, 0.1%)

1 と唱え, にて妖怪, を通りかかりけれ

▼ 幽霊殺し~ (3, 0.1%)

1 の一件, は面白い, を捜し

▼ 幽霊~ (3, 0.1%)

1 たる眼鏡, たる額に, たる風景

▼ 幽霊現象~ (3, 0.1%)

1 とかメスメリズム, ならいつも, は遭難海員

▼ 幽霊~ (3, 0.1%)

1 とかいう名, の方言, またはシンダモンバナ

▼ 幽霊~ (3, 0.1%)

1 の七二頁, の帰結, を結びきたれ

▼ 幽霊あるいは~ (2, 0.1%)

1 何にも, 衆人の

▼ 幽霊じゃあ~ (2, 0.1%)

1 なかった, 振り切れまいね

▼ 幽霊~ (2, 0.1%)

2 やない

▼ 幽霊であっ~ (2, 0.1%)

1 て念仏, て空虚

▼ 幽霊でさえ~ (2, 0.1%)

1 なけりゃそれ, もまず半

▼ 幽霊としては~ (2, 0.1%)

1 あんまりしみったれ, すこぶる例外

▼ 幽霊とでも~ (2, 0.1%)

1 いうの, いうのほか

▼ 幽霊なぞ~ (2, 0.1%)

1 こしらえぬよう, よりはもっと

▼ 幽霊などと~ (2, 0.1%)

1 動揺きしが, 馬鹿に

▼ 幽霊などに~ (2, 0.1%)

1 でられて, 襲われないで

▼ 幽霊ならぬ~ (2, 0.1%)

1 は稀, 身の

▼ 幽霊なりと~ (2, 0.1%)

1 信じその, 吹聴したる

▼ 幽霊なんかに~ (2, 0.1%)

1 負けるもの, 関係は

▼ 幽霊なんぞ~ (2, 0.1%)

1 こわがりは, 有るもの

▼ 幽霊にとっては~ (2, 0.1%)

1 利益かも, 大事に

▼ 幽霊ばかり~ (2, 0.1%)

1 だ, でこの

▼ 幽霊または~ (2, 0.1%)

1 山水, 私の

▼ 幽霊みた~ (2, 0.1%)

1 ようだ, ように

▼ 幽霊らし~ (2, 0.1%)

2 さを

▼ 幽霊ウラゴーゴル~ (2, 0.1%)

1 と関係, などは何ん

▼ 幽霊塔同様~ (2, 0.1%)

1 に立ち, に誰

▼ 幽霊実験談~ (2, 0.1%)

1 はいかに, を作為

▼ 幽霊封じ~ (2, 0.1%)

1 に有効, は無い

▼ 幽霊捕縛~ (2, 0.1%)

2 に歩行

▼ 幽霊有無~ (2, 0.1%)

2 の問題

▼ 幽霊武者~ (2, 0.1%)

1 に担がれ, は一団

▼ 幽霊沙汰~ (2, 0.1%)

1 が起こった, である

▼ 幽霊物語~ (2, 0.1%)

1 の類, ばかりで

▼ 幽霊狩り~ (2, 0.1%)

1 などには最も, を始め

▼ 幽霊~ (2, 0.1%)

1 ると, るると

▼ 幽霊~ (2, 0.1%)

1 との二つ, をさまよっ

▼ 幽霊~ (2, 0.1%)

1 あれども, の説明

▼ 幽霊船長~ (2, 0.1%)

1 が七年ぶり, と

▼ 幽霊蜻蛉~ (2, 0.1%)

1 ですだアい, 消えただかな

▼ 幽霊~ (2, 0.1%)

1 は問題, を蛇蝎

▼ 幽霊談中~ (2, 0.1%)

1 にはことに, には往々

▼ 幽霊~ (2, 0.1%)

1 の訴言, は昔ながら

▼ 幽霊~ (2, 0.1%)

1 ととなえる, 吹きなでる深夜

▼ 幽霊騒ぎ~ (2, 0.1%)

1 の原因, をする

▼1* [205件]

幽霊あらば畜生, 幽霊ある事は, 幽霊いいえ夢では, 幽霊いまに目, 幽霊いや幽霊では, 幽霊いや柳の木, 幽霊かなア, 幽霊かのように, 幽霊がへいって, 幽霊ぐらい馬糞とも, 幽霊ぐらいはいるだろうな, 幽霊ここに死し, 幽霊こそ彼の, 幽霊さえ出て, 幽霊さながらの弱々しい, 幽霊さまさまと拝み奉っ, 幽霊さわぎといい, 幽霊ざむらい丹下左膳という無法者, 幽霊ゃあありますめえ, 幽霊じゃあねえ確かに, 幽霊じゃけにいつまでも, 幽霊じゃとか人の, 幽霊せり出しはテーマ, 幽霊そっくりだった, 幽霊その物の, 幽霊そのものは存在, 幽霊その他の怪物, 幽霊だけだろうか, 幽霊だけに取憑, 幽霊だけを照し, 幽霊だちに爪立った, 幽霊だったでしょうか, 幽霊だばけものだ, 幽霊であったらばヒンクマン氏, 幽霊であれ是非その, 幽霊でしょう怖いわ, 幽霊ででもありは, 幽霊でなくてお, 幽霊でなくって本当, 幽霊でなければきゅう, 幽霊でねえか, 幽霊というも幽霊の, 幽霊といふものは, 幽霊とかいうものも, 幽霊とだけはあれだけは, 幽霊とともに未知の, 幽霊とに執念ぶ, 幽霊とはなんて貧弱な, 幽霊とやらが折々出る, 幽霊と共に偕老同穴の, 幽霊どころか人一人にも, 幽霊なかなか話せるぞ, 幽霊なぞがあるべき筈, 幽霊なぞは這入られねえじ, 幽霊なぞもある, 幽霊なぞを御覧なすった, 幽霊などに対する恐怖では, 幽霊なども形あり, 幽霊などよりもいっそうおそろしくぶ, 幽霊なら居る気遣いは, 幽霊なり其現ずるは, 幽霊なりしかばさては十万八千, 幽霊なれば別に, 幽霊なんかの真似を, 幽霊なんかより幾層倍も, 幽霊なんかを信じて, 幽霊なんぞとわれわれ連想し, 幽霊なんぞというものは, 幽霊にとってまことに気の毒, 幽霊にばかり悩まされて, 幽霊にまでくるしめられるとは, 幽霊に対し最も近い, 幽霊に関しては法学士は, 幽霊あれも, 幽霊はと見ると, 幽霊はもうずうっ, 幽霊ばかりは兵馬も, 幽霊ばかりはにが手な, 幽霊ばかりを彷迷わせる, 幽霊ばなしを人, 幽霊ふたりに責められ, 幽霊への本能的な, 幽霊まで拵えて, 幽霊めおれたちとあまり, 幽霊ものをしました, 幽霊やったのかいな, 幽霊よりお前の, 幽霊よりはもっと客観性, 幽霊はまったく, 幽霊らしい死して鬼, 幽霊らしくあわれ, 幽霊らしくしたらどうだ, 幽霊をさえガラスの, 幽霊をはだかに, 幽霊ウブメの幽霊, 幽霊カブトムシだ, 幽霊コーヒーだぞ, 幽霊シャコアミ昆虫類のハヘ, 幽霊ホテル自殺室などと新聞, 幽霊主人公を自由自在, 幽霊二月堂の牛王, 幽霊だった, 幽霊人形の手, 幽霊人魂骸骨妖怪蝉蜻蛉蜘蛛の巣, 幽霊仕掛に乗っ, 幽霊以上の恐ろしい, 幽霊以来右門の名声, 幽霊会社を起し, 幽霊会社創立をやっ, 幽霊信者の巨漢, 幽霊催眠のごとき, 幽霊じゃ, 幽霊写真位御希望, 幽霊出現の定刻, 幽霊助手を拝命, 幽霊同様の影, 幽霊和蘭派学ぶは, 幽霊塔全体が夏子, 幽霊塔幽霊塔と世人, 幽霊を見届け, 幽霊妖怪の実在, 幽霊妖怪幻覚錯覚精神異状泣き中気, 幽霊にはくわしい, 幽霊学士を迎える, 幽霊守銭奴狂犬ほら吹き, 幽霊実験をやらね, 幽霊専用のため, 幽霊小八と云う, 幽霊ではない, 幽霊弾丸の怪奇, 幽霊我国のアルブレヒト・ドュウレル, 幽霊扱いにする, 幽霊投げやりな昼間, 幽霊招待の実験, 幽霊指揮官どのに笑われる, 幽霊接待係のわし, 幽霊教室の名, 幽霊日本橋の本石町, 幽霊を見やし, 幽霊有形説の道理, 幽霊有無論は霊魂不滅論, 幽霊林檎の素性, 幽霊どうして貴方, 幽霊のお, 幽霊潜水艦隊から攻撃, 幽霊火怨霊火等の名, 幽霊灯台と申した, 幽霊犯人の正体, 幽霊狐憑きの類, 幽霊狐狸天狗犬神祟その他諸怪異, 幽霊狐狸天狗鬼神その他諸怪物, 幽霊狐狸犬神天狗鬼火妖星その他諸外界, 幽霊狐狸等は人身, 幽霊現れて下女, 幽霊現存説を信ずるあたわず, 幽霊現象千里眼予言者なぞいう, 幽霊環形燭に照らさるる, 幽霊生霊神罰仏罰心霊現象などの不, 幽霊の両側, 幽霊というモティフ, 幽霊病患者になっちまった, 幽霊白衣婦人の幽霊, 幽霊的現象として映ずる, 幽霊真昼の化け物, 幽霊研究とかいうよう, 幽霊研究会とか妖怪攻究会, 幽霊祟物怪を済度, 幽霊がない, 幽霊立ち現れて, 幽霊章魚なぞだらう, 幽霊細い手の, 幽霊紳士は僕, 幽霊自身の地獄, 幽霊船めこんどは只, 幽霊船中にある, 幽霊船幽霊等あれども, 幽霊船探険を志願, 幽霊船長ヴァン・シュトラーテンの上陸, 幽霊花火というの, 幽霊花狐花などというあまり, 幽霊花等の方言, 幽霊蝦蛄活烏賊イカナゴ擬餌芋味噌団子烏賊の腸, 幽霊や仏壇返し, 幽霊見物に出かけ, 幽霊を聞いた, 幽霊談皆無といっ, 幽霊論そのものを結ばん, 幽霊貨物列車の怪談, 幽霊買って帰りましょう, 幽霊買わねばならぬ, 幽霊軍隊がうんと, 幽霊連中からなに, 幽霊野郎は首, 幽霊閣下はこの, 幽霊閣下只今我々はちゃんと, 幽霊隊みたいな奴ども, 幽霊雪女等の怪談, 幽霊雪隠のバケモノ等, 幽霊なし騎士, 幽霊騎士とは旋風, 幽霊騎馬した記事, 幽霊騒動において事, 幽霊鬼神等のなに, 幽霊鬼神談を一陣, 幽霊鶴亀竜の類