青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「守り~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~孫 孫~ 學~ ~宅 宅~ ~宇宙 宇宙~ 守~ ~守っ 守っ~
守り~
~守る 守る~ ~安 安~ 安い~ 安らか~ ~安全 安全~ ~安心 安心~

「守り~」 1072, 10ppm, 10411位

▼ 守り~ (99, 9.2%)

11 して 9 しながら 4 したり 2 いいつけた, しなければ, 受けに

1 [69件] あずけた, うちやぶり千代田, お命じあれ, お命じください, かためるか, かため直し劉, ささげられながら, させない側, されながら, しかね植木屋, した, してる人, しとると, しながらでも, しなくちゃ, すてて, するが, すること, するため, するの, たのみと, たのみに, つづけたつう, なくしたよ, なし山陰山陽, まかせて, 主張し, 任ぜ, 作り出すの, 出たもの, 務めて, 十枚買った, 厳として, 叔父の, 取って, 取出しましたが, 命じた, 命ぜられた, 命ぜられたこと, 固うし, 固くし, 固く頼む, 固めた上, 固めて, 夢寐にも, 失って, 安心しきっ, 少し覗かせ, 怠るな, 捨てて, 改めて, 望んで, 申しつける, 神に, 突いたら楠木勢, 突破し, 竹原八郎らの, 築いて, 結集せん, 緩くせざる, 置くと, 置くの, 貸して, 賊の, 配給した, 鉄壁に, 離れたもう, 頂くの, 頼みました

▼ 守り~ (76, 7.1%)

3 身を 2 学の, 珍らしき

1 [69件] ありしが, いかなる変化, おるの, お丹, お前さまは, この世は, この家, この森不断, しかしてまされる, しづかなる, その日, その節, でありファシズム, なほ生ける, もろもろの, アイルランド人は, テラモーンの, 一生を, 一社会の, 二十八歳と, 云ふ, 人の, 人格が, 仮初にも, 便利なるべき, 俗物を, 児童に, 六時二十分前に, 出ざりき, 出来得る丈, 勤王の, 厘毛の, 夜も, 學の, 家に, 家庭の, 實力を, 居給ひし, 屹と, 彼我同等の, 心を, 志業を, 怖るる, 愚鈍者に, 捨てん, 摂生し, 敵に, 是非を, 時の, 暫らくも, 正しく事, 狗吠する, 生涯かく, 畜生に, 百年いた, 相犯さざる, 盾の, 終に奪, 義を, 脂肪に, 自から, 詩を, 身の, 金力に, 長州へ, 靜かに, 頸に, 騎士音楽家及び, 黄金丸の

▼ 守り~ (61, 5.7%)

5 留めて 4 ついて 2 いたしたいと, して, なって, 残して, 残って

1 [42件] おつかわし下さい, かたくなっ, き, くらべれば, これも, ご任命, しばらく安堵, しようと, たえません, ついた将軍, つくが, つけて, つけ殿軍, なるべ, まもれ君が代, やって, わずか千余騎, 任じ天子, 任ずる為政家の, 入れた, 劉, 励まされては, 当った呉, 当って, 当らせた, 当りながら, 思いきった非常手段, 怯, 抜擢した, 日本中の, 残った, 立って, 立つところ, 行かにゃ, 行くこと, 詰めて, 赴かせた, 赴かれながら, 身を, 返って, 過ぎない, 頂いて

▼ 守り~ (48, 4.5%)

4 の中 2 にこれ, に入れ, を出し

1 [38件] お届け候まま, からだ, か臍の緒書き, が一つ, だいつの間に, だった, といふやう, といふ様, といふ樣, と一しょ, など丹念, にあり, に入れた, に書付, に父, に生, に秘めた, の中味, の代り, の出よう, の地蔵菩薩, はつい, は足利, は遺品, へ入れ, も持つ, をさしつける, を取出し, を垂げ, を引きずり出し, を旅, を用意, を縫い, を肌, を見せ, を見せまし, を開い, 取出して

▼ 守り~ (40, 3.7%)

3 ために 2 ように, 女が

1 [33件] お松が, お松も, かんぺきさなど今と, なかに, やうに, 下に, 中の, 仙女が, 侍の, 僧が, 兵が, 兵は, 兵も, 厭勝のと, 夫婦のみ, 姿も, 娘穴生生れの, 少女上着を, 巫女と, 帯も, 方へは, 武士が, 渋柿の, 犬歯が, 生活を, 神, 神を, 紋所だ, 紐だけ, 義に, 銀鎖も, 門として, 食用に

▼ 守り~ (40, 3.7%)

1 [40件] おそろしく厳重, おサク, かたくいつも, この柳原, これまた, しないよ, すこぶる堅かっ, そのそば, たつの, つぎつぎに破, とにかくとして, 何の, 例の, 依然堅かっ, 儂が, 勤めないはず, 固いけれど, 城将の, 大丈夫です, 天地が, 安し, 崩れず常陸勢, 嶮, 張, 彼の, 戦時態勢に, 手薄だ, 春野を, 決して憂うる, 泰山の, 牢の, 田舎医者の, 百姓だけ, 直義ならぬ, 総理大臣に, 苦戦に, 見ずや, 誰, 長江を, 項充と

▼ 守り~ (37, 3.5%)

3 のこと

1 [34件] が出る, じゃ, で銭, と合わせた, と定めん, と薬, と調合, などが全く, などもそこ, には蘇民将来子孫也, のうち, のごとき, の不, の効験, の改良, の袋, は, はその, は客観的, は殿様, は神仏, ひきまくり捨てければ, をこし, をもっ, をもらっ, を信念礼拝, を出だす, を帯, を柱, を設け, を貼れ, を魚籃, 必ずしも無用, 着換えという

▼ 守りながら~ (35, 3.3%)

2 初恋を

1 [33件] かえって主意主義的, じっと物思い, そこで, その女, それ以外の, ふたりの, ぼんやりとして, また新しい, レザールが, 一面で, 中軍について, 云つた, 何か, 十年臥薪嘗胆を, 季節に, 徐々と, 折からの, 数人の, 時々姉, 次第にさ, 気味悪そう, 浮かない眉, 目ざす大和田十郎次, 自分も, 街から, 諸国を, 貧乏ぐらしを, 賭博者の, 進んで, 陣小屋の, 雨の, 飯田の, 黙って

▼ 守り~ (31, 2.9%)

6 の鞘 2 なの, については不思議, の短刀, の袋, を見付けた

1 [15件] だつたらう, で, と来, は綿更紗, は腕, は葵, へ手, も共に, をぬい, を奪, を奪い取っ, を引抜き, を引拔, を投げ捨てたかった, を鳰鳥

▼ 守り~ (22, 2.1%)

3 して 2 犢鼻褌が

1 [17件] いったもの, おしてお家, おして来た, ぐることは, させたの, した, しまた, すこの, するか, するならおまえ, するべきよう, なすと, ほさうと, みちびきで物, 数戸の, 日の, 犬ぐらいの

▼ 守り~ (16, 1.5%)

2 出す

1 [14件] いまは, いよいよ固い, この流れ, これと, し獲得, その最終的, だし, ならず諸国, 不安な, 双方ともいよい, 得ぬほど, 敗れた, 研きも, 自然脆弱たる

▼ 守り~ (14, 1.3%)

1 [14件] ある, あるから, あるそう, いよいよ危急, かたいと, ござります, したいの, つく訳, まず破れ, 不壊鉄壁と, 乱れて, 悲嘆の, 掏代っ, 高い山の上

▼ 守りその~ (13, 1.2%)

1 [13件] 事を, 仕事に, 作法に, 儘母と共に, 兵は, 天に, 希望の, 法に, 癖内々では, 範囲内に, 調和を, 部下よりは, 面目名誉を

▼ 守りつつ~ (13, 1.2%)

2 しかもただ一つ

1 [11件] あったかという, この素質, 一日を, 不死薬を, 他人の, 仲善く, 日も, 現れたの, 生きたい, 降り行ける谷地, 雪の

▼ 守りには~ (8, 0.7%)

2 ならないと 1 ぜひ誰, ならなかった, 于禁李典の, 張翼と, 菊水の, 魏の

▼ 守りそれ~ (7, 0.7%)

2 もあなた 1 と運命, にじゃれつい, をまとめ, を失うまい, を発展

▼ 守り~ (7, 0.7%)

2 なの 1 じゃ, じゃと, と見, のお, は稲

▼ 守り通し~ (7, 0.7%)

2 て見せる 1 ていた, てきた, てご, てその間, て行っ

▼ 守りさえ~ (6, 0.6%)

4 すれば 1 すりゃ誰, せば

▼ 守りでも~ (6, 0.6%)

3 承諾せぬ 1 しそう, して, 仕て

▼ 守りとして~ (6, 0.6%)

1 これを, 外へ, 家庭の, 拝領した, 敬ひ信ずれ, 求めその

▼ 守りたま~ (5, 0.5%)

21 ふもの, へとお, へ私

▼ 守り~ (5, 0.5%)

1 えと一心, はむ事, ふた天, ふべし, へり

▼ 守り通した~ (5, 0.5%)

2 のだった 1 それは, という話, と思っ

▼ 守り~ (4, 0.4%)

1 するが, 官軍は, 高く守つ, 黒いゴム輪

▼ 守り~ (4, 0.4%)

1 としてもつ, として旧来, に抜かり, のない

▼ 守り~ (4, 0.4%)

2 へとお 1 のやう, ふ御事

▼ 守り自分~ (4, 0.4%)

1 の理想, の頭, を守る, を腐らせない

▼ 守り自己~ (4, 0.4%)

1 の力, の特色, を他者, 及び同胞

▼ 守り~ (3, 0.3%)

2 約束の 1 ほせなかつたこと

▼ 守りかつ~ (3, 0.3%)

1 また会う, 憤懣の, 見はるため

▼ 守りについて~ (3, 0.3%)

1 おられる, おる身, しかと怠る

▼ 守りまた~ (3, 0.3%)

1 あやしつ, これを, 守るため

▼ 守り~ (3, 0.3%)

1 何かで, 徳川家の, 火除け

▼ 守り~ (3, 0.3%)

1 だけで, の命令, を眼前

▼ 守り固め~ (3, 0.3%)

1 ていた, ております, て極力

▼ 守り~ (3, 0.3%)

1 の乱れ, を窺う, を討つ

▼ 守り生涯~ (3, 0.3%)

1 を潔く, を貫い, 温たかく平穏

▼ 守り~ (3, 0.3%)

1 などを貰っ, や土産, を作る

▼ 守り~ (3, 0.3%)

1 けるの, け世間, け娘御用聞

▼ 守り育て~ (3, 0.3%)

1 てやる, て来た, て行こう

▼ 守り逃げ~ (3, 0.3%)

2 もせず 1 もせず隠られ

▼ 守りきびしき~ (2, 0.2%)

1 を見, 処両者の

▼ 守りこの~ (2, 0.2%)

1 伝統の, 道徳を

▼ 守りこれ~ (2, 0.2%)

1 と同様, を拠り

▼ 守りした~ (2, 0.2%)

1 娘の, 時郷民徳川勢に

▼ 守りする~ (2, 0.2%)

1 役で, 職分から

▼ 守りそして~ (2, 0.2%)

1 事件の, 遂行する

▼ 守り~ (2, 0.2%)

1 そうで, つた俤を

▼ 守りです~ (2, 0.2%)

2

▼ 守りという~ (2, 0.2%)

1 ものは, ものを

▼ 守りとおし~ (2, 0.2%)

1 その任務, ている

▼ 守り~ (2, 0.2%)

1 ば, ば多額納税

▼ 守りなすっ~ (2, 0.2%)

2 て下さいまし

▼ 守りにさえ~ (2, 0.2%)

1 なればよ, 行けば

▼ 守りまたは~ (2, 0.2%)

1 児子の, 若干の

▼ 守りもし~ (2, 0.2%)

1 外敵の, 性欲に

▼ 守り~ (2, 0.2%)

1 であったという, でご

▼ 守り~ (2, 0.2%)

1 てその, て祭主

▼ 守り信仰~ (2, 0.2%)

1 して, すること

▼ 守り六月朔日是~ (2, 0.2%)

2 を開

▼ 守り勉強~ (2, 0.2%)

1 して, もし

▼ 守り~ (2, 0.2%)

1 主張する, 先生の

▼ 守り~ (2, 0.2%)

1 を出さない, を狭く

▼ 守り~ (2, 0.2%)

1 に仕え, を養

▼ 守り専ら~ (2, 0.2%)

2 一酔また

▼ 守り小説~ (2, 0.2%)

2 は可能

▼ 守り居り~ (2, 0.2%)

1 まゐ, 小生の

▼ 守り~ (2, 0.2%)

1 としてわが子, をもする

▼ 守り忍耐~ (2, 0.2%)

1 して, と細心

▼ 守り~ (2, 0.2%)

1 かうと, き貫き通す實

▼ 守り正路~ (2, 0.2%)

1 にし, に家業

▼ 守り~ (2, 0.2%)

2 の教

▼ 守り決して~ (2, 0.2%)

1 尻ッ尾を, 調子に

▼ 守り組合~ (2, 0.2%)

1 は人々, は固く

▼ 守り~ (2, 0.2%)

1 にた, を取り

▼ 守り藩外~ (2, 0.2%)

1 には処法, には處法

▼ 守り~ (2, 0.2%)

1 に人生, を殺し

▼ 守り難き~ (2, 0.2%)

1 意を, 節を

▼ 守り高め~ (2, 0.2%)

1 つつある, 美しいもの

▼1* [330件]

守りああやって, 守りあくまで世俗に, 守りあつて暮し, 守りあなたのふるさと, 守りあの歌を, 守りあらゆる困難を, 守りいつまでも彼女, 守りいよいよ悪戯が, 守りうそはつかず, 守りおおさせたいわゆる, 守りおのれの境, 守りかけを胸, 守りかたの表現, 守りかに見える, 守りから官員へ, 守りぎんちゃく, 守りくけ込んで愚, 守りここより坊主, 守りこそは実に大事, 守りごく短い休息, 守りなり君, 守りさようの事, 守りて暮らさん, 守りしかも敵の, 守りそうして寺は, 守りそこから採った, 守りそばへ寄りたい, 守りたて断じてボロ, 守りたとい一日にても, 守りたまいたるああ刻, 守りたまいぬうるみたる貴, 守りたりしが, 守りたりけり心清しく, 守りたるが奥, 守りだの鏡だ, 守りつたへたるたつ, 守りてかへつて守らざる, 守りてぞ行かな敷島, 守りてとなって, 守りてのみあるなるべし, 守りても事足るべけれど, 守りであったおしず, 守りとおした平和と, 守りとおす事が, 守りとしての継続の, 守りとともに須彌壇の, 守りとも成らんと, 守りおして来た, 守りどのような, 守りながらも持前の, 守りなすつて下さいまし, 守りならやきもちを, 守りなりがいるの, 守りなるべしあくまたちは, 守りなんかええ加減, 守りなんかに日を, 守りにおいて帰ったの, 守りについての深い感動, 守りにもこれに, 守りに関しては飽くまでも信用, 守りひそかに育ん, 守りひたすらこれを, 守り望んで, 守りほとんど不相応な, 守りまでひとりで, 守りもう一人の, 守りようが真実, 守りらしい男までが, 守りわが洛陽を, 守りわしに代っ, 守りむ, 守りソコデ誰が何と, 守りテネドスを, 守りファシズムと奴隷教育, 守りマサツもやっ, 守りにも守備, 守り一ツ橋の武士達, 守り一切の浮薄, 守り一家一糸をも乱さず暮したい, 守り一廉の紳士, 守り一組は垣根, 守り一致した行動, 守り一身を苦境, 守り一錢二錢の袖乞, 守り七福神組の連中, 守り三太郎である, 守り埓の, 守り中国を固め, 守り中央の指令, 守り主張しうちたてるの, 守り乍ら居ても, 守りと云, 守りの出ない, 守り乾艮に岡山屋敷, 守り了せたものである, 守り二の丸詰の方々, 守り二者を混同, 守り交際必ず誼, 守り亭主の歸國, 守りの二隊, 守りを正し, 守り伝えて来た, 守りにもあれ, 守り何一つ口出しは, 守り何處で見, 守り余分な精力, 守り作物を豊穣, 守り來つた思想が何らかの, 守りに抗する, 守り俯仰天地に愧, 守り俳諧を守り, 守り候方可然, 守りは民, 守り元気よいと, 守りのかぼそい, 守り共産黨がプロレタリア, 守り其大楯に彼, 守り其夫に從順, 守り其為に局部, 守りに入っ, 守り刀ようの姫君, 守り刀天児などを持っ, 守り刀様のもの, 守り分相応の待遇, 守りの錦, 守り勅命を仰ぐ, 守り勇敢な精神, 守り勤勉で自分, 守り北海道函館との間, 守り十三歳の忠之, 守り十数人の嘉門, 守り卑弱以て自ら, 守りえるべき, 守り収入相応の生活, 守り叡子さんをはじめ多く, 守り口七つもあり, 守りふの, 守り同列の方々, 守り周囲にもそれ, 守りを待ち, 守りを歌つて, 守り国民たるの分, 守り堅めている, 守り堅固の羊欄, 守りは国防, 守りになっ, 守り大成の時, 守り大阪に出, 守りの時, 守り奉らむ, 守り奉りたると同じく, 守り婀娜窈窕たる佳人, 守りを守る, 守り子供は沢山, 守り子供たちの敬礼, 守り子弟に教え, 守り孔明の手足, 守り安からぬ義, 守りを作つて, 守り家業にいそしむ, 守り容易にその, 守り寒暑に耐え, 守り寺院の導き, 守り将来社会主義的社会をますます, 守り少しも他, 守りたりし, 守り山中城には城将松田康長, 守り紐天乳海中に, 守り常に長老を, 守り平和と安定, 守り幸福を授ける, 守り幾代となく, 守り幾艱難のその間, 守り廊下を先, 守り建築は自然, 守り弁解し認めようと, 守り弥勒を俟, 守り形骸を苦め, 守り彼女にとっては唯一, 守り徳川氏に向っ, 守りより, 守り急ぎアカイアの, 守り恒吉は両方, 守り悴道之助, 守りを貫きたい, 守り憂鬱に傍, 守り憐めり, 守り廢する, 守りを誤らん, 守り我々の仕事, 守り我不在にはわが, 守りを持, 守り或いは長々と, 守りを護る, 守り政治の事, 守り政治家は病, 守りへりイーリオン汝, 守り敢えて進まんと, 守り数万の大軍, 守り新しい自分たちの, 守り斷頭臺は築かれ, 守りを経れ, 守り日本と同一, 守り明かしまた神, 守り明白にこの, 守り更に新儀, 守り曹操が都落ち, 守り曹操打倒の永遠, 守り最も愛される女性, 守り最大の犠牲, 守り有無相通じる道, 守りじゃからのう, 守り札そのものは迷信, 守り来ってい, 守り来った思想が, 守り来客あれば, 守り東洋を守った, 守り林田を疑う, 守り構えの青眼, 守り模範的囚人と呼ばれ, 守り権力とたたかっ, 守り権力平均を保て, 守り樹木を育て, 守り次に荒々しい広い曠野, 守り次第に流行戦に, 守り正しく発展するなら, 守り正道をふみ, 守り死人を迎え, 守り殆ど生命を, 守り毅魄は千載, 守りは寺, 守り民主教育を推し進める, 守り民主的な新聞, 守りを抑える, 守りを養, 守りを飲み物, 守り江戸にて五ヶ年, 守り沈黙すること, 守り油斷のならぬ, 守りを攻究, 守り温和な支配, 守り滅多にここを, 守り燦爛の槍投げ, 守り父兄に対しては孝悌, 守りも天然, 守りッぽ, 守り物品金員を貯え, 守り物言はぬ, 守りの手伝い, 守り猪鹿の害, 守り現にラサの, 守り現在に執着, 守りを弁じ, 守り甲賀家を支え, 守りは外, 守り登場地の上, 守り皇帝の下, 守り益々労働者階級に対する, 守り眞蹟の筆意, 守り確立しなければ, 守り礼儀作法を知らね, 守り祭壇の前, 守り福徳を授け, 守り窓戸の開閉, 守り立ての努力, 守り端嚴の女性, 守りを出し, 守りせたるは, 守り終って母, 守り終始一の, 守り総理の国会軽視, 守り續けたが何時, 守り罪悪には負けない, 守り置物のやう, 守り義務を果たす, 守り聖ニコラスに加護, 守り聰明なり, 守り育てた主君から, 守り育てたいために, 守り脚神速に進み行く, 守り自らの非, 守り自分達の悲劇, 守り武士の, 守り若殿の誕生, 守り茣蓙に包んだ, 守り華奢に走らず, 守り落日残灯の下, 守り蘇武が胡地, 守り虚飾に関与, 守り血気に逸っ, 守り行く末高徳の聖, 守り行者の作法, 守り下度候, 守り裕福に暮し, 守り見つめている, 守り覚悟して, 守りや妹たち, 守りを續ぎていふやう, 守り調和は人, 守り護り給うて, 守り貞淑な石井夫人, 守り貧しい孤立の, 守り貧窮に困, 守り起算点を一代前, 守り時間的存在者も, 守り転々の一生, 守り農民が帰っ, 守り通し続け通さねばこの, 守り通りして, 守り流氷河, 守り遠方への配達, 守り邪戀の聲, 守りの家, 守り鍋島信濃の軍勢, 守りとともに添え, 守り防ぎは忘れぬ, 守りをなす, 守り難いのは, 守り難しとさとっ, 守り非常を戒め, 守り音楽家さうかと思ふ, 守り風儀や料理, 守りたるべき動物, 守り館林様が事, 守り馬宣は東, 守り馬衣に身, 守りを奉る, 守り魔物を払いのけ, 守り魯粛を大, 守り鳥七面鳥は卵