青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「幽~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

幸~ ~幸い 幸い~ ~幸福 幸福~ ~幹 幹~ ~幻 幻~ 幼い~
幽~
幽か~ ~幽霊 幽霊~ 幾~ ~幾つ 幾つ~ 幾ら~ 幾何~ ~幾分 幾分~

「幽~」 1455, 16ppm, 7172位

▼ 幽~ (216, 14.8%)

5 して, 聞えて 3 なって, 覚えて

2 [15件] なる, 力強く流るる, 堂宇廃頽し, 声を, 帰すれ, 幽に, 日が, 日の, 月が, 眼を, 耳に, 聞えた, 聞ゆ, 見えて, 響いた

1 [170件] ある, いいました, いう, いまにも莞爾, えへん, おっかさんと, きこえて, きこゆ, ころりん, さびしすぎますが, しかも細く, したとね, そして震え, その松原, その状況, その腹部, それかと, なった, なつた, なりて, なり天, なり意志, ひた, ぶるぶると, みえて, わな, キリリと, チチと, トンと, ヒイと, ミリヤアドが, ヨハナーンを, 一つカアと, 一基燈って, 中に, 云ふから幼い, 互の, 人声, 似通う, 來た, 光を, 入って, 冷たくて, 出で, 口を, 叩きて, 叫ぶ, 呟くの, 呻いたと, 呻吟い, 呼ばる声, 呼ぶよう, 呼吸が, 唱名の, 城が, 外方より, 姉の, 宿す影, 小さい楓, 山あり, 幻の, 影の, 或は高く, 戦いだその, 打寛ろげた, 折から, 拊って, 振わし, 挽歌を, 揺れると, 撫子と, 散歩する, 明滅する光る, 映ずる空, 映った, 朦朧と, 松風が, 水清く, 水疾き, 求めました, 池の, 洩るる俯向き形, 洩れて, 流れて, 消え失せたが, 涼しく南瓜, 温味の, 湛えて, 漏れた, 激しくもつれ, 濃い, 点つた石の, 煙を, 燃えて, 猿島烏帽子島金沢なども, 生命を, 當つて見る, 白い紺地, 白きさ, 白歯を, 目も, 眉を, 石肌の, 立つた埃, 笑った, 笑つた, 笑む白い, 答えしが, 紙の, 細々と, 聞えようという, 聞える, 聞えるから, 聞えるだろう, 聞え其処, 聞こえた, 聞こえて, 聞こえぬ, 聞ゆる, 聽く, 肉の, 能く, 脈が, 脈を, 膝を, 舌打ちを, 蒼空の, 蘚碧うし, 蠢く人影, 血の, 行違う, 見えた, 見えましたわ, 見える, 見えるの, 見える夫人, 見える若, 見える若狭, 見ゆる観世音, 見渡される, 触る手, 託って, 起こり暫し, 跨り又, 透く, 遠き連山, 遠くなり, 里靜に, 鉄砲を, 閉じて, 開いた二輪, 開いた時, 陰々たる, 隅の, 雪よりも, 雪間の, 震えた女, 震えるよう, 青き瓔珞, 青く聯, 響いて, 響く, 頷いたの, 首を, 鳴ったばかりで, 鳴る, 鳴ると, 鶏の, 黒雲の, 點つた石の

▼ 幽~ (192, 13.2%)

16 のやう 6 が出る, の手 3 か, が人, が自分, だ, の仕業, の手紙 2 で, ですよ, ならぬ身, になっ, の出現, の樣, の正, を縛る, を見た, を見る

1 [126件] かい錢形, かと思はれる, から手紙, があり, がお前, がとりつい, がない, がもの凄く, がやつ, が仕返し, が出, が出た, が出ます, が姿, が後ろ, が掻き消え, が朝井玄龍, が江戸, が脇差, が薙刀, が血だらけ, が言, が記した, が車, が顯, さ, さながらの, だつて人, だと, だな, だよ, だらうか, だ幽, って誰の, てふ, であ, であつ, であるから, でないと, でないまでも, でなきや, でもい, でも見た, で俺, で御座います, といふの, とかいふもの, とかよりは百倍, として今朝お前, とでもし, とは幻影, と云つた形, と思ひ込んだ, と言, と顏, などは芝居, ならぬ海賊船, なら拍手, にそつくり, にでもな, になれません, に取付, に引き込まれた, に怨まれる, に脅かされ, に追っかけられた, に逢, に違, の, のお話, のため, のつき, のま, のもの凄い, のもの言, の出た, の國, の如く意識, の幽, の怖, の柩, の生じろい, の眞實, の眞相, の落し兒, の言, の詮議, の話, の講釋, の身許, の遊び所, の青ざめた, の顔, の髮, は, はいと, はかうし, はその, はどうしても, はほん, はインチキ心靈, は主として, は冷やか, は凄い, は出, は實在, は概して, は蚊帳, は面變, または私, も其後, も出る, も無く, も肉體, やお化け, や惡鬼ども, よけとしてすこぶる, よりや惡い, をさ, を信ずる, を思つて, を恐れる, を草雙紙, を見ない, を追, を退散

▼ 幽里子~ (54, 3.7%)

2 の母親, の顔

1 [50件] がこれ程, が口述, が命, が大きな, が瀕死, が自分, と, という署名, と東野, のため, のはしゃいだ, の傷, の唇, の家, の容態, の後, の息, の注文, の澄み切った, の災難, の瞳, の素晴らしい, の訪問, の調子, の身許, の頼み, の額, の魅惑的, はさすが, はそう, はつくづく, はもう, はニッコリ, は三枚, は健康, は僅か, は再び, は又, は声, は完全, は本当に, は艶爾, は返事, もそれ, も遠慮, を刺した, を扉, を抱き上げ, を殺し, を自分

▼ 幽~ (52, 3.6%)

3 の中 2 なる灯火, の地たる, の感

1 [43件] があつ, であつ, で一杯, なもの, なること夢, なるよりも, なる世界, なる事, なる室内, なる月, なる湯, なる無明, なロシア, な一室, な世界, な光, な唄, な場所, な壁, な大, な或, な景色, な樹陰, な気分, な熱っぽい, な薄, な街, な雰囲気, な顔つき, のうち, の世界, の地, の底, の根源, の気分, の王国, の臨みし, の色, の雰囲気, を恃, 不知の, 典雅の, 寂寥に

▼ 幽~ (51, 3.5%)

3 音の 2 幽な, 茅屋を, 葉を, 音が

1 [40件] あるか, しかし脈, ものに, やうな, ように, 反射は, 叫び声が, 呻吟を, 呼吸の, 咳し, 嘆声を, 声が, 声で, 外光によって, 富士の, 寐息, 幻影を, 底に, 微笑が, 暮しで, 横雲, 水音, 波が, 波を, 湯の, 物の, 物音は, 稲妻に, 空を, 肌襦袢ほどは, 茜に, 處何人間なりとて, 蛍の, 蛍火一つ二つない, 裾模様が, 谷川の, 跫音も, 陰を, 音, 音にも

▼ 幽~ (50, 3.4%)

54 かりけり 2 きも, き夜, き花, くきこえゐ, くて

1 [31件] かりけりまさに, かりしか, かり落葉松, かり高度, かるあ, かるなり, かるらし, きかも, ききはぞ, きに, きは, き吐息, き呻吟声, き夢路, き女松山, き庭, き星, き為すなか, き煙, き爲, き秋, き馬, くあらし, くなり, くも, くも気高い, く冥々, く吾, く暑くなる, く羽交, けど人

▼ 幽~ (33, 2.3%)

1 [33件] お声, お軸夫, ために, ほん物は, ものに, ような, 一件は, 三幅対が, 三幅対と, 主に, 名作が, 境を, 大作の, 字を, 山水が, 恐しい, 情肉に, 指した方, 掛物を, 描いた竜虎, 横物が, 死んだ頃, 気を, 沢の, 流れを, 獄に, 画も, 神農様と, 筆として, 膝から, 語たるや, 趣を, 鬼は

▼ 幽~ (31, 2.1%)

2 な庭

1 [29件] でしかも, で甘美, なもの, なるあり, なる哉, なる方面, なる趣味性, な七千呎, な匂い, な奥庭, な奧庭, な宗教, な小, な料亭, な楽器, な繁み, な美, な草堂, な趣, な趣き, な近代風, な雨霧, な風色, な香, な香気, の調, の趣, は木々草石, 愛すべきである

▼ 幽~ (30, 2.1%)

3 になった

1 [27件] であれば, で気, とも不平, ななやましい, な人間, な仮面, な六十過ぎ, な冥想, な容子, な心, な感じ, な暗, な木の下, な現在, な空, な肉欲, な落葉樹, な響, な顔, な顔貌, に主, の山, の毛織, の色, の象, はあれ, らしい人間

▼ 幽~ (25, 1.7%)

1 [25件] が, した塚原, して, するに, で手写, なので, には矢来, に深く, の, のあいだ, のうち, のなぐ, の御所, の日, の身, の身の上, へ届けろ, へ近づきかけた, もまた, や小米花, や都, をお, を写す, を命ぜられた, を揀び

▼ 幽~ (23, 1.6%)

2 微趣

1 [21件] ですが, なる恋愛的画題, なる歌曲, なる画題, なる画風, な姿, な寝姿, な抛物線, な揺れ方, な涙ぐましい, な瞑想的, な芸術, な趣き, な響き, にし, に捕えられ, に見える, の傑作, の境, の天地, の文辞

▼ 幽~ (19, 1.3%)

6 あり

1 [13件] あるかを, この上, たと, と諧調, なるは, に非, は地, を帶, を描いた, を極, を極めたる, 亦棄, 無きに

▼ 幽なる~ (16, 1.1%)

2 光を

1 [14件] こと太古の, さへ, も哀れ, 中に, 声を, 山彦を, 幻である, 微妙なる, 心は, 朝風に, 杲たる, 空に, 處貫井辨天の, 香を

▼ 幽~ (16, 1.1%)

1 [16件] かすかという, それを, むっとしました, 一致幽界の, 伊之, 初めて信綱, 名画家の, 思いました, 画絹を, 自から, 親殺しの, 言ひきつ, 選し, 金襴の, 顫える, 鬼神に

▼ 幽~ (15, 1.0%)

3 がある

1 [12件] があり, がこの, だけはどこ, であって, となっ, となり, にみちた, にも出逢わず, に凝結, はどこ, はみな, を吸つて

▼ 幽けさ~ (13, 0.9%)

2 とやなり, やこの 1 がいくら, に心, は, は印旛沼, は笛, や昼寝枕, よ, を表し, 満ちて

▼ 幽~ (13, 0.9%)

4 善く相似 2 明と 1 つけたといふ, 光を, 松平伊豆, 清楚とを, 申します, 顯と, 顯とに

▼ 幽~ (13, 0.9%)

2 に間

1 [11件] から空, にぽつねんと, に君横, に無言, に監禁, に近い, の外, はもちろん, へはいっ, へ案内, を造る

▼ 幽~ (13, 0.9%)

1 [13件] から着いた, が多く, など河北, に封じ, の劉虞, の城下, の鴻家, へ凱旋, へ去った, へ嫡子袁譚, へ引, へ進攻, を守っ

▼ 幽~ (12, 0.8%)

1 [12件] で高雅, なるあり顕明, なる幽玄, なる感情, な感じ, な雰囲気, になつ, に譬へば, を探る, を聴く, 予輩た, 知らざる可

▼ 幽~ (12, 0.8%)

1 [12件] で楽しかっ, なの, なるを, なる境, な処, な棲居, な趣, な趣き, になる, の感, を感ぜしめ, を賞

▼ 幽~ (11, 0.8%)

2 な伝説 1 なる夜陰, な傳説, な光景, な姑娘, な屋敷, な魔女, な魔所, 凄絶の, 神秘の

▼ 幽~ (11, 0.8%)

1 [11件] が公卿, とは違った, に誹諧, は灯, もやはら, を, をつくし, をはじめて, を添える, を目がけた, を訪れよう

▼ 幽~ (10, 0.7%)

1 だけが残った, などの申す, のみが頃, はすぐ, はまず, は奥, は次に, は耳, までがよく, も云った

▼ 幽~ (10, 0.7%)

2 を虧 1 なる仏味, なる小天地想, な世界, な愛, の下, の人心, の処, の子

▼ 幽~ (10, 0.7%)

1 で大変, なる清きわびし, な妖気, な歌声, な第, な趣, に彼女, の気, を極めて, を白日

▼ 幽~ (10, 0.7%)

1 と孤独, なる汝, なる積土, な鉛製, な陰影, な顔, な風ぼう, になった, に捕はれ, の夕

▼ 幽里子さん~ (10, 0.7%)

2 死んでは 1 から貰っ, には宜しく, の後, の愛, の言葉, も退院, を死なせない, 幽里子さん

▼ 幽~ (9, 0.6%)

1 で何者, におる, に火の気, のあいだ, の兄, の灯, はどうも, へ法談, を破らん

▼ 幽~ (9, 0.6%)

2 の宗次郎, は何處 1 といふの, といふもの, とか言, は便り, は萬七親分

▼ 幽~ (9, 0.6%)

1 が出ました, が出る, では, と云ひたい, のでる, の現れる, は, や病気, をだし

▼ 幽~ (8, 0.5%)

1 つれて, 兼ねた土地, 出でて, 去って, 帰しては, 突破し, 闡き, 闡く

▼ 幽暗に~ (8, 0.5%)

2 慣れて 1 くまどられ明方, して, は, はあゆむ, 宜しければ, 逐い出されて

▼ 幽~ (7, 0.5%)

1 ざっと八十年位, すぐに, に於ける, のあらまし, の修行, 間もなく意識, 随分永い

▼ 幽~ (7, 0.5%)

1 がしいんと, な処, な山の上, な峰, につつまれ, を背負っ, を鞍

▼ 幽~ (7, 0.5%)

1 がかえって, なる能はず, なる能わず, な場處, の地, の温泉場, をしのび

▼ 幽~ (7, 0.5%)

2 なる孟宗竹林 1 なる姿, な古い, な天上, な影, な恍惚境

▼ 幽~ (6, 0.4%)

1 はやはり, は人, は大物主神, を掌, 不妨官事劇, 喜ぶべし

▼ 幽~ (6, 0.4%)

1 として畏, となりゆく, なる性情, なる観念, の姿, は依然として

▼ 幽~ (6, 0.4%)

1 と同棲, と秋水, などの新, はいよいよ, はどう, は告発

▼ 幽澤坊主~ (6, 0.4%)

1 が刺されました, が昨夜托鉢, が附き, の宗次郎ぢ, を縛つて, を追

▼ 幽~ (6, 0.4%)

1 な音, の内, はない, は囁く, を分つ, を聞付け

▼ 幽にも~ (5, 0.3%)

2 傑作なし, 傑作無し 1 揺曳し

▼ 幽~ (5, 0.3%)

3 相当に 1 むげに, 相當

▼ 幽~ (5, 0.3%)

2 ならず朴 1 と同じ, ならず, の苔

▼ 幽~ (5, 0.3%)

1 が覗い, の傳記, は前, は無言, は糞甕

▼ 幽~ (5, 0.3%)

2 の暴挙 1 された当時, せられた諸, の身

▼ 幽~ (4, 0.3%)

1 あり応挙, あるとき松平伊豆守信綱, 和歌の, 贋物だ

▼ 幽~ (4, 0.3%)

1 から輝きでる, に詢, に赴く, の仙家

▼ 幽~ (4, 0.3%)

1 には飛橋, に逍遥, の中, ノ潜蛟

▼ 幽~ (4, 0.3%)

1 におり, のまゆ, の幽, の秘窓

▼ 幽暗い~ (4, 0.3%)

1 帳場格子の, 影が, 新開の, 豆ランプの

▼ 幽~ (4, 0.3%)

2 の底 1 の, の鈍め

▼ 幽~ (4, 0.3%)

1 にあの, に沈思, の下, の拘束

▼ 幽~ (4, 0.3%)

1 なる想像, な光りが, な感激, な気違い

▼ 幽~ (4, 0.3%)

1 なきらびやかさ, な死顔, な美人, の美

▼ 幽~ (4, 0.3%)

1 いかでか, の媚, をもつ, を容

▼ 幽靈ぢ~ (4, 0.3%)

3 やありません 1 やない

▼ 幽香子~ (4, 0.3%)

1 と金儲, は仇敵, は結婚生活, を愛し

▼ 幽さん~ (3, 0.2%)

1 といふあれ, に訊き, もその

▼ 幽とは~ (3, 0.2%)

2 不可見 1 見るべからざる

▼ 幽~ (3, 0.2%)

1 であった, の微苦笑, は三途の川

▼ 幽以後画~ (3, 0.2%)

3 の門閥

▼ 幽~ (3, 0.2%)

1 が見えます, との間, とをつなぐ

▼ 幽~ (3, 0.2%)

1 に包まれ, を二十世紀, を射

▼ 幽~ (3, 0.2%)

2 でもなく 1 なり

▼ 幽~ (3, 0.2%)

1 と険怪, なる渓谷, 並ぶもの

▼ 幽~ (3, 0.2%)

1 をやらむとしたる, を漏らさしめぬ, 胸に

▼ 幽~ (3, 0.2%)

1 であるとしても, と北方, 問無

▼ 幽~ (3, 0.2%)

1 の歌, の窺, の聲

▼ 幽~ (3, 0.2%)

1 とか何とか, とは性, の裏

▼ 幽篁書屋~ (3, 0.2%)

1 と云, に入る, 之約

▼ 幽~ (3, 0.2%)

1 の世話, をお引受け, を指導

▼ 幽~ (3, 0.2%)

1 にも満ち, は直に, を寓

▼ 幽~ (3, 0.2%)

1 をたどり, を辿り, を辿れる

▼ 幽けさよ雪~ (2, 0.1%)

1 の渓, の溪

▼ 幽~ (2, 0.1%)

1 はあった, 透き徹る

▼ 幽とか~ (2, 0.1%)

1 小学校の, 暗とか

▼ 幽ながら~ (2, 0.1%)

1 ハツとして, 見えて

▼ 幽なり~ (2, 0.1%)

1 烟水蒼茫として, 谷深く

▼ 幽には~ (2, 0.1%)

1 あい, 御覚え

▼ 幽~ (2, 0.1%)

1 て行った, るその

▼ 幽をもって~ (2, 0.1%)

2 宅と

▼ 幽~ (2, 0.1%)

1 だ, で源三郎

▼ 幽光院~ (2, 0.1%)

1 というお寺, というの

▼ 幽~ (2, 0.1%)

1 がでる, が来る

▼ 幽~ (2, 0.1%)

1 は少し, を感ぜ

▼ 幽~ (2, 0.1%)

1 す, するとでも

▼ 幽境一木一草~ (2, 0.1%)

1 も見, も見当らん

▼ 幽婉さ~ (2, 0.1%)

1 と第, は比類

▼ 幽婉奇聳~ (2, 0.1%)

2 の新

▼ 幽~ (2, 0.1%)

1 で男性的, な気

▼ 幽居中~ (2, 0.1%)

1 の一夜, の玄蕃允

▼ 幽州并州~ (2, 0.1%)

1 の四州, の軍馬

▼ 幽州營州~ (2, 0.1%)

1 が多い, となつて

▼ 幽幻神秘~ (2, 0.1%)

1 なる境地, の宝物庫

▼ 幽~ (2, 0.1%)

1 の窮まる, を通じてゐる

▼ 幽~ (2, 0.1%)

1 この篇, を養

▼ 幽~ (2, 0.1%)

1 に釣糸, のやう

▼ 幽蘭女学校~ (2, 0.1%)

1 というの, に通学

▼ 幽蘭香~ (2, 0.1%)

1 を焚い, を用意

▼ 幽賞雅懐はじめ~ (2, 0.1%)

1 のごとし, の如し

▼ 幽閉められ~ (2, 0.1%)

1 て想像, て暮し

▼ 幽~ (2, 0.1%)

1 の処, の猿精狐怪

▼ 幽靈みたい~ (2, 0.1%)

1 なもの, な人間

▼ 幽靈め~ (2, 0.1%)

1 がまだ, が難破船

▼ 幽靈船~ (2, 0.1%)

1 でも釣ださう, のうかぶ

▼ 幽靈話~ (2, 0.1%)

1 やブレーデ, を人

▼ 幽~ (2, 0.1%)

1 と謂つた, の二道

▼ 幽顕域~ (2, 0.1%)

2 を分かち

▼ 幽~ (2, 0.1%)

1 といふ人, に其の

▼1* [190件]

けしなまじ寝, 幽けし青竹の弾き, 幽せる小児は, 幽のに一枝, 幽でしたかある, 幽ですか, 幽といふのは, 幽とかいう巨匠と, 幽とに分れて, 幽なお月様の, 幽ながらに声は, 幽ながらも聞えて, 幽などがありなお, 幽などの巨匠が, 幽ならずゆえに至, 幽なりということも, 幽なれば雛, 幽なんです, 幽にともれて, 幽になつて啼い, 幽より出でて, 幽宮月の, 幽ハ更ニ幽ナリ, 幽一貫の神霊主義的運動, 幽一雪舟一北齋を攻究, 幽世に入るとも, 幽界の, 幽亜山埃水入吟眸, 幽人酒初醒, 幽人高士のあまりに, 幽以後畫の門閥, 幽以来何十年かになります, 幽信士と戒名, 幽にし, 幽の地, 幽僻地の伝説異聞怪談, 幽なる池, 幽十八獄にもこんな, 幽なる夫人, 幽古から眠気ざましの, 幽きは, 幽の月, 幽の月, 幽の穹窿, 幽ヲ耳ニ徹セシム, 幽という頭, 幽の境, 幽婉さ二十四曲の練習曲, 幽婉体を翻, 幽婉典雅等既に使, 幽婉縹渺として底, 幽婉美妙の名, 幽婉雅麗で時, 幽婉體を飜, 幽婉高雅にし, 幽をつれ, 幽寂しき処が, 幽無僧住, 幽居日日易凄涼, 幽居時代に方々, 幽居等生活上の変転, 幽屏問題に解決, 幽に登, 幽山楽光悦宗達等の色彩絢爛, 幽岫月皎然, 幽峯君が突然, 幽州冀州并州であ, 幽左甚五郎など日光結構書, 幽の四州, 幽并營の三州, 幽南山, 幽に裏方, 幽当座の私, 幽当時の私, 幽後こちらの世界, 幽後四百年余りでさして, 幽後生前の良人, 幽後神として祀られる, 幽後私の暗い暗い, 幽忻猶且向人誇, 幽思ひとり孤境の閑寂, 幽怨趣味にかわり, 幽怪録の話, 幽なる心理的小説, 幽情記を読む, 幽意人の悟る, 幽も動く, 幽斎藤孝の終った, 幽斎藤孝公御留守, 幽を洞, 幽星亨の墓, 幽時代のもの, 幽暗な方に, 幽の所, 幽幽妙, 幽の如く, 幽林蔭を穿つ, 幽林院岱翁良椿居士と云, 幽の上, 幽欝民権論ともいうべき, 幽欝症さえも彼ら, 幽に世, 幽の筆, 幽を見ず, 幽沢山と小沢岳, 幽沢山左は三番手及三石, 幽沢邃谷の中, 幽深蔵仏, 幽深見難し甚大無量, 幽たる趣, 幽渺境窮みなし, 幽となすべからず, 幽するの, 幽澗無人の所有, 幽の宙, 幽にまでも道, 幽異になつて, 幽眇不測なもの, 幽の世界, 幽を抱く, 幽石梅だ, 幽の學, 幽の大義, 幽の袂, 幽禅染もしくは繍箔, 幽禽境静猶親, 幽窈玄麗の趣, 幽窓膝を抱きし, 幽な世界, 幽絶境はこれから, 幽のほとり, 幽されるならば, 幽興限なし, 幽艶清雅な境, 幽艶温雅誠実艶美貞淑の化身, 幽にたなびかす, 幽を想像, 幽の香, 幽草白花を点ずる, 幽の剰水, 幽な庭, 幽蘭ひとり吐く深山, 幽襟鶴翁才気元天性, 幽谿につつまれた, 幽趣加はりてげに, 幽趣掬するに, 幽な蛍火一つ, 幽道人というの, 幽遷喬の希望, 幽という号, 幽里子さん左様なら, 幽里子さん顔色もすっかり, 幽里子それに不思議, 幽里子様と書い, 幽里子自身の手, 幽から救っ, 幽閑これ大いなる師, 幽閑境に養神, 幽閑清寂の茶旨, 幽などと専ら, 幽のあなた, 幽に海, 幽限り無きもの, 幽隠な気を, 幽靈共通の白い, 幽靈問題を取扱, 幽靈坂猫又坂くらがり坂, 幽靈怪物の出る, 幽靈火一つでもケチ, 幽靈船みたいな櫓, 幽靈草草とも木, 幽靈退治はもう, 幽静崇高なる道念, 幽なる境, 幽音悲調に耳, 幽のよう, 幽香子お前はとうとう, 幽香子さんからです, 幽香子何んという美しい淋しい, 幽香子無事であって, 幽鬱さがあります, 幽鬱して病患, 幽鬱そうに黙り込ん, 幽鬱性の精神病患者, 幽は真如, 幽を為せる, 幽の底, 幽齋三齊以來近衞家, 幽齋三齋とつづい, 幽に惡魔