青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「幼い~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~幸 幸~ ~幸い 幸い~ ~幸福 幸福~ ~幹 幹~ ~幻 幻~
幼い~
幽~ 幽か~ ~幽霊 幽霊~ 幾~ ~幾つ 幾つ~ 幾ら~ 幾何~ ~幾分

「幼い~」 1811, 20ppm, 5870位

▼ 幼い~ (212, 11.7%)

7 の記憶 4 に両親 3 から母, のこと, の事, の話

2 [16件] からお伽話, からその, からただ, からの癖, からよく, からわし, から今, から私, から自分, から親しく, に父母, に聞いた, の思い出, の思出, の自分, よくそれ

1 [157件] からあらゆる, からいっしょ, からいろいろ, からお, からかほど, からこういう, からこの方, からこれ, からずつと隅田川, からそう, からそういう, からそのまま, からそれ, からたがい, からどこ, からどんな, からのこと, からの倣慢不敵さ, からの学校友達, からの欲望, からの知りあい, からの知り合い, からはげしい, からわれわれ兄弟, からクララ, からフランス語, から中学, から九条, から会う, から余程, から僕, から共に, から内, から刑死, から別れ別れ, から剣術, から動, から十九, から叔父, から和歌, から喘息やみ, から塔, から夏, から多紀安琢, から大好き, から女, から妙, から娘時代, から学問, から家庭, から富士, から寺, から小波, から小説類, から崔家, から弟, から弱く, から彼, から憧れ, から我儘, から手塩, から教, から日本, から村, から歌, から泣き虫, から海, から深い, から父, から甘やかし, から生来, から白川楽翁侯, から百姓, から眼, から秀子, から科学, から聞い, から聞き覚え, から背, から舌, から舞, から草木, から見, から見馴れた, から親類, から記憶, から貧乏暮し, から透視的直覚力, から遊芸, から養子, から馴染ん, その親, っから, ですら, に, にあった, になくし, になくなっ, にはかう, には非常, にゴットフリート, に一度, に二度, に亡くな, に亡くなっ, に亡くなり, に何, に共に, に別れた, に合戦, に度々, に彼, に得た, に怪我, に戦死, に打擲, に抱い, に正しい, に死ぬ, に無心, に父, に聞い, に見た, に覚えた, に起った, に逝, に離れまし, の, のお話, のその, の名, の君, の回顧, の姿, の幸福, の心持ち, の感触, の教育, の楽しい, の運命, の遠い美しい, の面影, は人, は友達, は大変, は此, まだ故郷, よくこの, より利発者, より莫大, をすごし, をそのまま, 初めて事物, 別れた兄, 別れた私, 聞いて, 覚えた唱歌

▼ 幼い~ (132, 7.3%)

4 の思い出, の記憶 3 のこと 2 からひどく, から世, から母, にも已に, のお, の元, の思ひ

1 [107件] から, からお, からこの方, からずっと, からで, からのさまざま, からの数々, からの癖, からほとんど, から一生, から一緒, から五泉家, から内地人, から叔父, から可愛, から名工, から四十四, から培う, から始まつ, から子供, から巣くっ, から彼女, から春風楼, から此處, から母さま, から深川, から漢学, から煙草, から目, から知っ, から聡明, から親, から親しく, から言葉, から里, から飽きる, から髪, きいた人, この室, この小石川, こんな遊び, ときどき父, にお世話, にはそう, にはそれ, にはタンポポ, には師, には毎日ここ, には眩, には覚え, には麹町区役所, にもよく, にも忘れない, にも老人たち, にエヂプト, に呼ばれた, に手ずから, に母, に父, に父母, に見た, に郷里, のこの, の七宝寺, の乳母, の事, の夢, の姿, の巴里, の強い, の彼女, の思い出話, の悦び, の悪戯遊び, の房吉, の故郷, の昔話, の朧ろげ, の添い寝, の父, の秀吉, の私, の空気, の話, の読書慾, の追憶, の遊び夥伴, の遠い, の釈迦, はお, はお盆, は何, は吉原, は我儘, は深草, は義務, は色々, は郷士屋敷, よく其処, よりのおかしな, より私, を囘顧, を思い起こす, を顧み, 見た写真, 話し好き, 読んだこと

▼ 幼いころ~ (78, 4.3%)

6 の記憶 2 から宰相

1 [70件] からこの, からさ, からしみこん, からそう, からの孤独感, からの自分, からほしい, から何, から利根川, から動物, から存じ, から幾十回, から愛国, から有栖川家, から本田, から武子さん, から母, から父, から田万, から相手, から私, から窮地, から聞いた, から非常, が際限, こういう築, たえず病気, たしか父, にはそれら, にわたし, に心, に言いなれた, のあらゆる, のいちばん, のおぼろげ, のお父さん, のこと, のこの, のよう, の人殺し, の出来事, の同窓, の寂しかっ, の感動, の日本, の松篁, の気もち, の気味, の消え去った, の淡い, の生活, の神童, の茸狩り, の話, の追憶, の運命, の面影, はだれ, はともかく, は今日, は伊賀, は兄弟, は臆病, ものの使, よくあの, を追憶, を過した, 知って, 見た絵草紙, 遊んだあの

▼ 幼いとき~ (64, 3.5%)

2 からの仲, のこと, まで随分

1 [58件] あたくし, お別れ, からあたたか, からこの, からし, からたいていいつも, からだ, からつかえ, からの, からの味, からの手遊び, からの教育, からの許嫁, から一しょ, から両者, から今, から利根川, から地主, から娘分, から気, から氣, から沢山, から熊, から特別, から知っ, から礼儀作法, から絵, から育てれ, から苦しい, から葉藏, から蝗, から親しんだ, から雛妓, から饂飩, には力, によく, に下駄, に世, に口, に手塩, に故意, に東京, に母, に母親, に病気, に私, に聞いた, のその, の泣き声, の疱瘡, の経歴, の話, の身の上ばなし, は, は薯汁, は親, よりひ, 甚だ貧窮

▼ 幼い時分~ (59, 3.3%)

5 のこと 2 から親

1 [52件] からかうし, からこの, からそんな, からちょっとした, からのけ者, からの習慣, から一向に, から一種, から今, から住ん, から多少, から学問好き, から寝付き, から寝惚ける, から探偵小説, から晃一, から本, から苦勞性, から街道, から親方, から辛い, から辛抱強く, から遊び, この作, だと, には一度ほとんど, には一番, には祖父, によく, にフランク, に両親, に二階, に別れた, に屡々, に春先, に母, に父母, に見た, のよい, の半蔵, の太郎, の寐物語, の手習い, の為, の盛子, の私, の記憶, の軟らか, の遊び友だち, は正月, を思い出した, 最もうまい

▼ 幼いもの~ (56, 3.1%)

1 [56件] がすべて, が互いに, が泣い, が生意気, だが, だけれども, と下女, と大人, にはなん, にまで極刑, に対する愛憐, に就い, に絡, に見せ, に話しかける, のおの, のする, のため, のわがまま, の世界, の側, の先天心, の友だち, の口, の夜更し, の存在, の方, の旅姿, の楽, の泣き声, の生命, の病気, の目, の胸, の門出, の頭, の顔, はてんでに, はまだ, は皆, は竹藪, は驚, まで合わせる, もある, や若い, をつまずかす, をひかえる, を一寸, を助け, を守る, を後, を手放しかねる, を控え, を託する, を護ろう, を負った

▼ 幼い子供~ (55, 3.0%)

2 が, が使用, にだけは欺かれる, に対する時, の手, を先生, を愛する, を連れ

1 [39件] からあるいは, から中学生, があの, がいない, がこんな, が何, が折檻, が死, が残っ, が母, が玩具, が袖子, だから, なので, にもたやすく, に藁沓, のこと, のとき, のひたむき, の協力, の呼びかける, の声, の感覚, の無心さ, の調子, の顏, は恐ろし, ほど神, もあり, をかかえ, をかわいがった, をもった, をもつ, を不安がら, を可愛がる, を抱い, を抱擁, を残した, を絶対的

▼ 幼い~ (50, 2.8%)

2 の手, の泣き声

1 [46件] から皆, がいなかった, がうずくまっ, がそれ, がそんな, がふたり, が容易, が手, が遊戯, とがいつ, と常磐, にし, にそ, にでも経済, にはあり, に向っ, に意外, に採用, に聞かせた, に親, のやう, のよう, の叫喚, の声, の姿, の父親, の考えおよばぬ, への愛しみ, まで, もみな無事, もやつ, も喰, も帰りたがっ, や年寄, や弱い, らしく喜々, をおだて, をおびえあがらせる, をつれ, をよろこばし, を刺す, を喜ばせる, を左右, を擁し, を解い, を質子

▼ 幼い~ (47, 2.6%)

2 に立ち帰らね

1 [45件] がうずい, が今, が思, が感じた, こそい, でその, と共に最早, につきささった, にどの, にはこの, には後年, にも了解, にも多少, にも彼ら, にも沁み渡った, にも深く, にも異常, にも込み上げ, に印象づけられた, に叫んだ, に小さな, に恐怖, に植えつけられた, に残さない, に立ち帰っ, に翼, に苦しみ, の中, の最大, はた, はとつく, もこの, も行く, をうたれた, をそ, をそそった, をその, を傷つけまい, を失っ, を失つて, を持つ, を掻き, を曇らせず, を楽しませた, を虐げる

▼ 幼い~ (46, 2.5%)

3 の心, はその, は父

1 [37件] とをむかえた, と一つ, と母, に, にとってはそれ, にはそれ, にはそんな, には目新しく, にも予覚, に余裕, に向っ, に告げた, に聞かせる, に言う, のため, のなか, のまえ, の上, の中, の性情, の目, の知る, の自慢, の躯, は, はあっちこっち扇子, はこの間, は人さらい, は人界, は姉, は歓声, は母, は溜息, や弟, をかかえ, をし, を連れ

▼ 幼い~ (45, 2.5%)

6 のこと 4 の思い出 3 の記憶 2 を送った

1 [30件] からついた, からのあこがれ, から母, こんな寂寥, に別れ, に始終, に聞きなれた, に赤い, に起った, に郷家, のおも, のことども, のころ, のわたし, のロマン, の下町, の中, の仕草, の喜び, の夢, の女, の思い出物語, の思ひ, の故郷, の楽しみ, の物語, の生活, の雪, の驚愕, への侘しく懐かしい

▼ 幼い~ (22, 1.2%)

2 の夢, はやがてすやすや

1 [18件] がどうして, が何, だった時分, であったろうと, とてもそうであった, とを知己, と自分, には養子, に店番, のよう, の藻, は乳母, や息子, を一喝, を懐き, を老後, を膝, を連れ

▼ 幼い自分~ (21, 1.2%)

2 の耳

1 [19件] が別に, とで宅, にも何と, により添っ, に躍り, の一擧一動, の搗き, の方, の頭腦, の顏, はお, も交じっ, も今朝, も平七, や若い, をギユーツ, を祝福, を肴, を見出した

▼ 幼い~ (21, 1.2%)

3 の中 2 にしみ込んだ, へ微妙

1 [14件] ではきらり, ながらも考え, にすっかり, にどんなに, にもこれ, にも少し, にも自分, にエキゾチズム, に何かしら, に印象づけよう, に描かれた, に絡みつい, に義理, を掻き

▼ 幼い二人~ (18, 1.0%)

2 の子, の子供

1 [14件] がたまたま, が二人, については伸, のもの, の交際, の姉妹, の娘, の遺児, はいつか, はよく, は存外, は背戸, へ一瞥, を相手

▼ 幼い~ (16, 0.9%)

1 [16件] がぴったり, が先, であった, であります, にいろんな, にかへって御, に嫁, に見る, のこと, の上, の真似, はびく, は救われた, も埋もれる, を十余日, を抱い

▼ 幼い記憶~ (16, 0.9%)

2 に残っ

1 [14件] が浮ん, が突然, で, にある, にはその, にはなんにも, に上つて來, に怨恨, に残ってる, に残つて, に残る, に浮び, のなか, 幼い快感

▼ 幼い子供たち~ (14, 0.8%)

1 [14件] が, がいつか, がギャア, が新しく, が目, にもごく, に各自, に腰, のこと, の向かった, の聲, も何だか, をひっくるめ, を姉

▼ 幼い者たち~ (13, 0.7%)

1 [13件] があった, が刺し, が和洋とりどり, に教え, のはしゃぎ廻る, の行く末, の身, へ, も, もみな, も一家一族, をつく, を抱い

▼ 幼い~ (12, 0.7%)

2 春が, 春も 1 三輪を, 丸ちゃんに, 妻の, 子たちや, 子の, 心の, 燕を, 高と

▼ 幼い~ (12, 0.7%)

1 [12件] が姉, が彼女, とが無事, とのこと, に頼まれた, のこと, の子守, の手, の胴着, もそれ, や妹, 御様

▼ 幼いゴーリキイ~ (11, 0.6%)

2 にとって悪夢, のいう, の智慧, の知性 1 が子供心, の心, は母

▼ 幼い子ども~ (11, 0.6%)

1 [11件] がおもちゃ, だったの, ですから, でもたしなめる, でウジャウジャ, にいくら, にかえって, に教え, のよう, までが魏, を学校

▼ 幼い~ (10, 0.6%)

1 が母, と弟, と手, なども起される, に食べさせ, のそば, の久田姫, の事, の手, や弟たち

▼ 幼い~ (9, 0.5%)

5 に染みつけられた 1 にも伝えられた, に何, に沁みた, の印象

▼ 幼い~ (8, 0.4%)

1 がよそ, である, とその, はおいた, は十三, まで次々, も連れ, を預かっ

▼ 幼い女の子~ (8, 0.4%)

1 がある, がさらわれた, が泣き声, が生死不定, だけをここ, には敵, の報告, も同様

▼ 幼い少女~ (8, 0.4%)

1 がこんな, でした, と少年, のもの, のよう, の愛, の注意, の顔付

▼ 幼い~ (8, 0.4%)

2 に弄んだ 1 に家出, に父, に見た, の惨め, の話, りから

▼ 幼い~ (7, 0.4%)

1 が先生, であるらしい, といっ, に結婚, の顔, は何処, をはばからず見せ

▼ 幼い~ (7, 0.4%)

5 の児 1 の児邦子, の身

▼ 幼い~ (7, 0.4%)

1 が卑しい, が綴った, にこびりついた, は終日, へ兵学, を守っ, を閉じこめてる

▼ 幼いうち~ (6, 0.3%)

1 からものごと, から孤, にはしか, に慈悲, に秀吉, は方々

▼ 幼い子供達~ (6, 0.3%)

1 が一斉, が遊ん, であった, のうち, の顔, は間もなく

▼ 幼い~ (6, 0.3%)

2 の心 1 が背負, の印象, は不安, は命

▼ 幼い~ (6, 0.3%)

1 が見上げ, ざしを, に映る, の中, は日曜日ごと, を眩まし

▼ 幼い~ (6, 0.3%)

1 にも祖父, の中, へ何, をときめかし, をときめかした, を抉られた

▼ 幼いからの~ (5, 0.3%)

3 聡さ 2 聰さ

▼ 幼いながら~ (5, 0.3%)

1 この絵, 共にわかちあった, 嫉妬なぞと, 数多い日日, 親戚の

▼ 幼い人達~ (5, 0.3%)

1 が誓, なり自分, の側, の手, を道連

▼ 幼い~ (5, 0.3%)

1 がする, が聞こえ, で, でもっとも, も交った

▼ 幼い姉妹~ (5, 0.3%)

1 が連れ, の一生, の姿, の立場, は自分

▼ 幼い子たち~ (5, 0.3%)

1 が次々, の面倒, は大和路, を抱い, を見た

▼ 幼い子供ら~ (5, 0.3%)

1 のそば, の柔かい, の見つけ, は時々, をひかえる

▼ 幼い少年~ (5, 0.3%)

1 が凭れ合っ, が泣き叫ん, のころ, の日, の蒼い

▼ 幼い時代~ (5, 0.3%)

1 からの親しい, が過ぎ, に徳川時代, の可憐げ, を過した

▼ 幼い頭脳~ (5, 0.3%)

1 がこれら, と小さな, に吹き込まれた, に此家, は恐怖

▼ 幼い~ (5, 0.3%)

1 が少し, やこれ, を修吉, を打ち眺め, を見る

▼ 幼いおり~ (4, 0.2%)

2 のこと 1 の自分, の馴染

▼ 幼いわたし~ (4, 0.2%)

1 が締めた, にとって菊人形, のあ, の頭腦

▼ 幼い兄妹~ (4, 0.2%)

1 が人骨, が歩調, の言葉, は食器棚

▼ 幼い兄弟~ (4, 0.2%)

1 が何, は揃い, は無邪気, をしょせん

▼ 幼い~ (4, 0.2%)

1 と並ん, のわり, を抱いた, を持っ

▼ 幼い姿~ (4, 0.2%)

1 がなつかしい, が刻まれ, の中, をすぐ

▼ 幼い子ら~ (4, 0.2%)

1 が何人, に歓迎, のため, を負

▼ 幼い子供等~ (4, 0.2%)

1 の姿, の面倒, を控え, を残し

▼ 幼い弟妹~ (4, 0.2%)

1 と継母, などが恐ろしい, など八, など六

▼ 幼い愛情~ (4, 0.2%)

1 が原稿, のいろんな, ややさしい, を年

▼ 幼い慧心院僧都~ (4, 0.2%)

4 が毎日

▼ 幼い~ (4, 0.2%)

1 ではて, で独り世の中, で遠い, で鎌倉

▼ 幼い道綱~ (4, 0.2%)

1 が片言, とがその, をお, を相手

▼ 幼い頃祖母~ (4, 0.2%)

1 から聞いた, によく, に連れられ, や其他

▼ 幼いから~ (3, 0.2%)

1 じっとここ, 辛い目, 馴れた山

▼ 幼いながらも~ (3, 0.2%)

1 何か, 暗憺, 猛然として

▼ 幼いなりに~ (3, 0.2%)

1 またそれだけにそういう, 余り歪められ, 弱ければ

▼ 幼いまま~ (3, 0.2%)

1 なお人, になる, に抱擁

▼ 幼い~ (3, 0.2%)

1 にこう, に教, に雷

▼ 幼い好奇心~ (3, 0.2%)

2 から丈伸び 1 を動かし

▼ 幼い姫君~ (3, 0.2%)

1 も母君, をお, を扱った

▼ 幼い小児~ (3, 0.2%)

1 の数, の間, をこれら

▼ 幼い弟達~ (3, 0.2%)

1 の前, の生活, を抱

▼ 幼い思い出~ (3, 0.2%)

1 にひたっ, に満ちた, ばかりにとどまっ

▼ 幼い~ (3, 0.2%)

1 で多く, に懐剣, の林

▼ 幼い文字~ (3, 0.2%)

2 幼い詠み 1 ではない

▼ 幼い~ (3, 0.2%)

1 の手, の獅子頭, はアハハアハハ

▼ 幼い~ (3, 0.2%)

1 がそぞろ, が懐かしく, の神

▼ 幼い空想~ (3, 0.2%)

1 をおぼらし, をとりとめ, を喜ばした

▼ 幼い~ (3, 0.2%)

1 が一人, のひと, もとうとう

▼ 幼い童子~ (3, 0.2%)

1 で冥土, にせよ, の記憶

▼ 幼い頃父~ (3, 0.2%)

1 に伴われ, に連れられ, の口

▼ 幼い~ (2, 0.1%)

1 たまにこの, たまに沁み入った

▼ 幼い~ (2, 0.1%)

1 りこう, 天性の

▼ 幼いそして~ (2, 0.1%)

1 やわらかい子, 素直な

▼ 幼いつや子~ (2, 0.1%)

1 が佃, が食堂

▼ 幼いなつかし~ (2, 0.1%)

2 さを

▼ 幼いので~ (2, 0.1%)

1 海保へ, 諸臣

▼ 幼いのに~ (2, 0.1%)

1 よくお気, 待る

▼ 幼いものたち~ (2, 0.1%)

1 が走り, だけだった

▼ 幼いものの~ (2, 0.1%)

1 ごとくあ, だれでもが

▼ 幼いわし~ (2, 0.1%)

1 をどうぞ, を虐めた

▼ 幼いクリスト~ (2, 0.1%)

1 の中, はエヂプト

▼ 幼いマルキスト~ (2, 0.1%)

1 であったぼく, ではあった

▼ 幼い~ (2, 0.1%)

1 から面倒, に殺し

▼ 幼い主人~ (2, 0.1%)

1 の供, を引き摺っ

▼ 幼い人々~ (2, 0.1%)

1 にその, に口ずさまれ

▼ 幼い人たち~ (2, 0.1%)

1 が模倣, とトランク

▼ 幼い仕事~ (2, 0.1%)

1 の処女作, の第

▼ 幼い~ (2, 0.1%)

1 の雄吾, は奥利根

▼ 幼い信輔~ (2, 0.1%)

2 に自然

▼ 幼い凡太郎~ (2, 0.1%)

2

▼ 幼い同士~ (2, 0.1%)

1 が威勢, の夢

▼ 幼い~ (2, 0.1%)

1 が傅人, を迎え

▼ 幼い女師匠~ (2, 0.1%)

1 の遊戯, は

▼ 幼い姫たち~ (2, 0.1%)

1 であった, はかたわら

▼ 幼い子どもたち~ (2, 0.1%)

2 だった

▼ 幼い子どもら~ (2, 0.1%)

1 は麦めし, やその

▼ 幼い子等~ (2, 0.1%)

1 にはまだ, によって毎日

▼ 幼い孤児~ (2, 0.1%)

1 が嬉しい, は神

▼ 幼い安徳天皇~ (2, 0.1%)

1 のお, も海の

▼ 幼い宗一~ (2, 0.1%)

1 が母, をつれ

▼ 幼い将軍家~ (2, 0.1%)

1 をからく, を弑し奉らん

▼ 幼い~ (2, 0.1%)

1 供の, 初に

▼ 幼い希望~ (2, 0.1%)

1 ではなかっ, を無

▼ 幼い年頃~ (2, 0.1%)

1 でした, の次

▼ 幼い弟たち~ (2, 0.1%)

1 の兄, や従弟たち

▼ 幼い強がり~ (2, 0.1%)

1 とか或いは, にちがい

▼ 幼い彼女~ (2, 0.1%)

1 にそんな, の胸

▼ 幼い思想~ (2, 0.1%)

1 については露, の唯一

▼ 幼い息女たち~ (2, 0.1%)

1 は母, も多かっ

▼ 幼い息子~ (2, 0.1%)

1 であった国男, をのこし

▼ 幼い想像~ (2, 0.1%)

1 と好奇心, をめぐらし

▼ 幼い感じ~ (2, 0.1%)

1 が残つて, であった

▼ 幼い感傷~ (2, 0.1%)

1 という, に浸され

▼ 幼い感情~ (2, 0.1%)

1 に似, を今

▼ 幼い憧憬~ (2, 0.1%)

1 の気持ち, をもつ

▼ 幼い文吾~ (2, 0.1%)

1 にこんな, にはそれ

▼ 幼い日々~ (2, 0.1%)

2 が夜毎

▼ 幼い日私~ (2, 0.1%)

2 はこの

▼ 幼い有信~ (2, 0.1%)

1 の行末, を抱い

▼ 幼い武蔵~ (2, 0.1%)

1 は奇異, は村

▼ 幼い~ (2, 0.1%)

1 が眼瞼, に乱れる

▼ 幼い~ (2, 0.1%)

1 だが, の神様

▼ 幼い珍客~ (2, 0.1%)

2 を自分

▼ 幼い生徒ら~ (2, 0.1%)

1 にやさしかっ, は歌

▼ 幼い~ (2, 0.1%)

1 の宗一, を呼びつけ

▼ 幼い~ (2, 0.1%)

1 が海, と貴女

▼ 幼い笑顔~ (2, 0.1%)

2 をこの

▼ 幼い~ (2, 0.1%)

2 な心

▼ 幼い者ども~ (2, 0.1%)

1 がひもじい, を何とか

▼ 幼い~ (2, 0.1%)

1 がする, を揃

▼ 幼い~ (2, 0.1%)

1 が上っ, をした

▼ 幼い藤村~ (2, 0.1%)

1 に, の手紙

▼ 幼い詠み~ (2, 0.1%)

2 かたそれらが

▼ 幼い詩人~ (2, 0.1%)

1 だったし, であつ

▼ 幼い足音~ (2, 0.1%)

1 が響い, に私

▼ 幼い身空~ (2, 0.1%)

1 で世, で苦労

▼ 幼い遊戯~ (2, 0.1%)

2 であります

▼ 幼い~ (2, 0.1%)

1 に広大, はやや

▼ 幼い面影~ (2, 0.1%)

1 が今, をしげしげ

▼ 幼い頼朝~ (2, 0.1%)

1 ごとき者, をよく

▼ 幼い顔つき~ (2, 0.1%)

1 を, をし

▼1* [371件]

幼いあなたの娘, 幼いいかにも腕白者らしい, 幼いいたずら時にもまだ, 幼いうぐいすのこと, 幼いお前までを押しひしぐ, 幼いお方には, 幼いくせに金, 幼いけれどなかなかしっかりし, 幼いころのもあります, 幼いころ一ばんさきにおぼえた, 幼いころ乳母のお, 幼いころ何か大病, 幼いころ坊主の叔父, 幼いころ天真な自然児, 幼いころ彼はある, 幼いころ故郷の寺, 幼いころ母に甘, 幼いころ母親に連れられ, 幼いころ父に伴われ, 幼いころ田舎でかいぼり, 幼いころ私は故郷, 幼いころ自分の通っ, 幼いころ芝浦かどこ, 幼いころ養女にやる, 幼いさほどやかましくない, 幼い妻は, 幼いしぐさで球江, 幼いしみじみした気持, 幼いため親と歩行, 幼いといふ意で, 幼いとき夜泣きして, 幼いとき家出した浮浪少年, 幼いとき小学校の, 幼いとき父に伴われ, 幼いとき生母に悲しい, 幼いとき畳に坐った, 幼いとき養女に行った, 幼いとき馬の小便壺, 幼いながらに詠んだ歌, 幼いながらにも母の, 幼い似ずよく, 幼いにも似ず, 幼いはしゃぎ声で, 幼いはずであるが, 幼いふうにうなずく, 幼いふたりの男, 幼いみなし子が, 幼いみよ子に怒鳴りつけた, 幼いもの三人ばかりを寝せ, 幼いもの三人許りを, 幼いようでは, 幼いよろこびを失っ, 幼いわが子を抱え, 幼いわれわれのファンタジー, 幼いだから, 幼いアンデルセンにお, 幼いカヤノさえあんなに, 幼いクレオン画で, 幼いケティは死ん, 幼いコトエのかわいそう, 幼いサント・マルト姉いつも皆, 幼いセリョージャを作中, 幼いチョビ安を夜露, 幼いドヴォルシャークはその, 幼いパンパンがタクサン, 幼いマチルドと婚礼ごっこ, 幼いマリアにも劣らぬ, 幼いマルスリーヌを伴つて, 幼いルイズの消失, 幼いルシャイトが亡くなりました, 幼いロザリーが叫ぶ, 幼い一つの生命, 幼い一員に対して社会的連帯責任, 幼い一団を白く, 幼い一太が稼い, 幼い一徹な本能, 幼い一心が大人, 幼い一本の武蔵野, 幼い一男一女があった, 幼い三人の愛児, 幼い三造たちに説いた, 幼い三郎がかさね, 幼い三郎丸や観世丸, 幼い丑松の眼, 幼い両人は今罪, 幼い両親と共に東京, 幼い主上を抱きまいらせ, 幼い主君の遺子, 幼い久子がいつのまにか, 幼い了簡だけれども, 幼いを考へ, 幼い二人兄は十四, 幼い二郎を伴, 幼い五人の天使, 幼い五六歳のころ, 幼い人生にも暴風, 幼い人道主義的観点から描かれ, 幼い伊代には男一人, 幼い伊織にさえその, 幼い伸子の見馴れた, 幼い住民の間, 幼い体臭が漂う, 幼いも知らない, 幼い作者の努力, 幼い侍童のもの, 幼い健三の世話, 幼い働き手をその, 幼い兄姉たちを自由, 幼い児共みなせわしそう, 幼い児童もまた, 幼いをその, 幼い内親王を一人, 幼い写真は知つて, 幼い切ない魂は, 幼い初恋のうれし, 幼い利己心のため閑却, 幼い加藤二郎さん川越の老母, 幼い北条氏のわすれがた, 幼い十兵衛はやがて, 幼い千寿王やら妻, 幼い単調な其故, 幼いだ飛翔, 幼い友達のため, 幼い可愛い顔が, 幼い君一人をつつみ, 幼い君臣は朝廷, 幼いを救, 幼い和助が子守時代, 幼い和助なぞは半分夢, 幼い和子さまたちの行く末, 幼い和子さま方のお, 幼い和子たちもあった, 幼い和子様たちはどう, 幼い唱歌を歌い, 幼い商売女の顔, 幼い嗣子復とに代, 幼い土民の子, 幼い圭一をすっかり, 幼い城太郎にも弱い, 幼い基督を抱いた, 幼い夏目先生がどこ, 幼い多聞丸や二郎丸, 幼いの絵巻物, 幼い夢想とだんだん, 幼い天才に渡ります, 幼い女ひとりが夜道, 幼い女中が案内, 幼い女児とがつつましく, 幼い女児二人は縁側, 幼い女王の世話, 幼い妹たちは姉, 幼いにとっては奇妙, 幼い姉弟はむき, 幼いが父, 幼い姫様とがお住い, 幼い娘ケーテは兄, 幼いをとめました, 幼い嬰児に乳, 幼い子ども等弟妹また老いたる, 幼い子供さん達と一緒, 幼い子女らと他愛, 幼いで長く, 幼い字體の平, 幼い学問である, 幼い学校の生徒達, 幼い学生達に能, 幼い学科である, 幼い学童たちに是非, 幼いへ贈り物, 幼いを珍しく, 幼い宮たちが幾人, 幼い富太郎が目, 幼い寿子に見出し, 幼い少女裏口のへん, 幼い少年期の幅, 幼い岸田劉生氏があるいは, 幼い島流しの俊寛, 幼い巫女の後ろ姿, 幼い常識でも考えられる, 幼い幻影にさながら, 幼い幻想とまた, 幼い幼兒は別, 幼い座員の中, 幼い建築を企てる, 幼い弟妹たちがもの珍し, 幼い弱い声で, 幼い形容詞が多く, 幼い彼らである, 幼い彼等は小屋, 幼い従弟を道, 幼い嫡子を, 幼い心臟は紅玉入, 幼い快感が私, 幼い思ひ出が, 幼い思念で解こう, 幼い思索はいらいら, 幼いを知っ, 幼い恋人たちは或, 幼い恥毛との隈, 幼い息子たちの生活, 幼い悦楽を失ふ, 幼い悲しくやりきれないもの, 幼い情熱はあたかも, 幼い想像力によってブールゴーニュ, 幼い愛娘があり, 幼い憧れであり驚喜だった, 幼い成善も戸主, 幼い我流ながら多少, 幼い手つきで使っ, 幼い手ぶりで彩っ, 幼い批評を耳, 幼い折小児の折, 幼い拘泥ではない, 幼いを豆だらけ, 幼い搖籃のたま, 幼い政治郎時代は相当, 幼い方々がまだ, 幼い日日にも読経, 幼い日警察を懼, 幼い時お年玉としてある, 幼い時たくさん可愛がっ, 幼い時三尺か四尺, 幼い時両親に死別, 幼い時乳母から或, 幼い時京水の墓, 幼い時先生の膝, 幼い時分二三度家へ来た, 幼い時分悪戯をし, 幼い時分意地の悪い, 幼い時分日本橋の家, 幼い時向島小梅村に住ん, 幼い時小学校でやらされた, 幼い時彼はその, 幼い時期もあった, 幼い時母に分れ, 幼い時母親に死なれ, 幼い時母達に伴, 幼い時竹片を持つ, 幼い時笛吹川で溺れる, 幼い時經驗した無念さ, 幼い時腫物をし, 幼い時藩の造士館, 幼い時鞦韆から落ちた, 幼い智慧はえらい, 幼い曹叡が立ち, 幼い最初の記憶, 幼い望みを満足, 幼い朝成は母, 幼い未開人めいたその, 幼い末弟のす, 幼い東太の片腕, 幼いの葉, 幼い松江は気, 幼いの初節句, 幼い柔かいそして瑞々し, 幼い栄一と一処, 幼いの新芽, 幼いは脱走, 幼い歌人の幻滅, 幼い己, 幼い正義感に甘え, 幼い死児の亡霊, 幼い死兒の亡靈, 幼い死骸は花, 幼い殿様の乳母, 幼い気もちに立ち返っ, 幼い氣持ちになりき, 幼い洋服姿の男の子, 幼い源六郎のおも, 幼い滋幹はたとえ, 幼い滑稽絵師が今, 幼い潔癖に甘え, 幼い片仮名でフジサンガマタナク, 幼い猟犬を一匹, 幼い生徒にはかなき, 幼い生徒たちは殆, 幼い男女二人があっ, 幼い男子はこの, 幼いに仲間入り, 幼い皇太弟をお, 幼い皇帝が逆臣, 幼いをいからせ, 幼い神経をなだめられ, 幼い秀ちやんを自分達, 幼い私達のはらわた, 幼い童女のよう, 幼いひを, 幼い笑いを視凝, 幼い二の, 幼い精神の中, 幼い紀行文をまた, 幼いの上, 幼い絶望はきわめて, 幼い総領娘の手, 幼いであるかと, 幼い次は, 幼い義良親王を上, 幼い考え方ではある, 幼い者二人らしい, 幼い聖母に似, 幼い聖者がいわゆる, 幼い聴手の批評, 幼い肉体は昨日, 幼い肉身がどんなに, 幼い肺臓では呼吸器, 幼い胸中に幾度, 幼い脳裡のこと, 幼い花形の葉子, 幼い芳太郎を育て, 幼い若君を振り捨て, 幼い英司君の写真, 幼い英子までが一緒, 幼い茂少年はもう, 幼いの芽, 幼い葉子の寝, 幼い藤二には廻し, 幼いの顔, 幼い観察から急, 幼いとは思う, 幼い調べが途絶え, 幼い調和を形づくつ, 幼い論難を大, 幼いに不安, 幼い踊り子たちは親しい, 幼い身体を伸び上がらせ, 幼い軍治に対してさ, 幼いを立て, 幼い通学姿を眺め, 幼い逞しさが, 幼い遊び友達と二人, 幼いは妙, 幼い孤を, 幼い野心を燃え立たせた, 幼い鉄三郎は第, 幼い銀造を抱い, 幼い長女と共に写した, 幼い長子とを神戸, 幼い阿部の童子, 幼いからああ, 幼いの時, 幼い雛妓を招, 幼い雛遊びの場, 幼いが泣い, 幼い青春が見舞った, 幼いかな興味, 幼いで話しかける, 幼い頃キジという猫, 幼い頃一時私を悩ました, 幼い頃両親に伴われ, 幼い頃乳母から聴いた, 幼い頃京都辺で夜, 幼い頃作衛の背, 幼い頃公園の木かげ, 幼い頃大人からよく, 幼い頃巫女の祈祷, 幼い頃恭一に対して抱い, 幼い頃春になる, 幼い頃母の作った, 幼い頃田舎で渦, 幼い頃相国寺の陣中, 幼い頃私は世界, 幼い頃私らの子供, 幼い頃野山を歩い, 幼い須世理姫がしつ, 幼いを血, 幼い香川が家, 幼い驚異の種, 幼い魔女なので, 幼い黄色に膨ん, 幼い黒吉の心, 幼い鼻垂れの子供