青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「守~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

学生~ ~学者 学者~ ~孫 孫~ 學~ ~宅 宅~ ~宇宙 宇宙~
守~
~守っ 守っ~ 守り~ ~守る 守る~ ~安 安~ 安い~ 安らか~ ~安全

「守~」 8801, 85ppm, 1315位

▼ 守~ (1466, 16.7%)

10 前に 9 ために, 一行が, 屋敷の, 邸に 8 一行は, 前へ, 手に, 邸の 6 名が, 女の, 娘の, 顔を 5 ような, ように, 下屋敷の, 中に, 声が, 姿を, 屋敷に, 屋敷へ, 眼を

4 [11件] お屋敷, ことを, ところへ, ほうへ, 三人が, 姿も, 子は, 屋敷が, 方へ, 面には, 頭の

3 [22件] うしろに, おことば, お邸, やうに, 上屋敷, 口から, 名を, 命と, 声は, 家中に, 家来で, 屋敷を, 御前に, 方は, 死が, 氣色を, 眼には, 耳へ, 言葉に, 許へ, 邸へ, 門を

2 [94件] いいつけ, お上屋敷, お下屋敷, お目通り, こと, すがた, ためには, つれて, ほかに, まえに, ようすに, よめりける, ニコニコする, 上屋敷に, 中屋敷の, 久六は, 人物が, 制札あり, 名は, 君, 噂に, 墓に, 声, 声だった, 声で, 声に, 夫婦と, 奥方の, 妹お, 姿は, 娘で, 子の, 子孫が, 子孫の, 宅に, 定紋を, 実の, 室へ, 家の, 家中で, 家来たちは, 家臣で, 家臣に, 家臣の, 居間の, 屋敷は, 左右の, 弟で, 後ろ姿を, 御家来, 御留守居, 心は, 手が, 手の, 手の者が, 手へ, 手を, 手勢が, 手紙を, 方の, 旨を, 机の, 歿後は, 母は, 甥で, 男ぶりが, 白言と, 神も, 立場は, 笑顔が, 紐を, 胸を, 臣, 臣で, 船の, 虐政を, 言ったこと, 許から, 許を, 跡目を, 身持を, 軍勢に, 辻番所の, 邸を, 鏡, 長子で, 面に, 面を, 頭を, 顔が, 顔は, 館に, 首を, 駕籠が

1 [1021件 抜粋] あとに, あの一言, いのちは, うしろから, うしろ姿を, おいい, おもて, お代理, お供という, お供先が, お喫料, お墨付, お殿さま, お直筆, お触れ書が, お身まわり, お顔, かげに, きらびやかな, ことが, ことで, ことに, ことば, ことばを, この一言, ごつい体, ご入来, ご家臣, ご機嫌伺い, ご隠居, したこと, すずや, せきたてるよう, その青江流, そばに, それこそ, それまでの, たちにて, たちより, なかに, はなしな, はらからまた, ひとみが, ふたりが, ふところへ, ほうで, ほかには, まみは, むかえを, やしき, やり方にも, わざわざお, ブラブラ病いは, 一刀です, 一員に, 一字を, 一念に, 一族が, 一族伊達兵部少, 一行と, 一行も, 一言半句も, 一身上の, 一陣は, 七人の, 三人を, 上屋敷と, 上席に, 下した推断, 下屋敷が, 下屋敷と, 下屋敷に, 下知と, 不義不忠を, 与力であった, 世話を, 両名, 両手に, 中屋敷つづい, 中屋敷は, 中間部屋へ, 乗って, 乗物の, 事蹟を, 二人は, 二家とともに, 二男で, 五人を, 人品を, 人数と, 人気に, 今日の, 代理江戸家老田丸主, 伝えごとについて, 伯父さんと, 但馬の, 低声, 住宅が, 作の, 佩刀を, 使い相手, 使者が, 使者奥用人の, 侍女政乃の, 供を, 係りにて, 偉物たる, 健康までを, 側へ, 傍へ, 像でありました, 兄弟は, 先に, 先鋒は, 入国としては, 六人と, 兵の, 兵士長原孫右衛門が, 内事や, 内意を, 処断を, 出ばりが, 刀系を, 別邸である, 前から, 前には, 剣道指南南条右近の, 労う言葉, 北組に, 叔父だ, 取りもちだと, 口に, 口辺には, 古代古戦場をも, 召使が, 名で, 名を以て, 名声も, 吹いた笛, 味方が, 命に, 唇を, 喜悦は, 嘲笑を, 四名である, 国広は, 土塀に, 坂下右手の, 城へ, 城下へ, 城跡あり, 報告に, 墓を, 大切の, 大声が, 大荷駄隊, 大部屋馬場先門の, 天性の, 天覧なども, 夫人にも, 奥方から, 奥方には, 奥様の, 奧方で, 女だ, 女であり, 女中方が, 女隠密, 奴が, 好意も, 妹で, 妹も, 妻として, 妻は, 妾と, 姻戚関係から, 姿である, 威厳に, 娘さんの, 娘であった, 娘に, 娘を, 娘聟, 婿の, 嫡子天野元明は, 子で, 子としては, 子供, 子同然に, 子孫は, 子山口の, 子息市之丞が, 子輝綱の, 學校で, 守戸で, 宏量なる, 定員は, 室で, 家では, 家中が, 家中においても, 家中の, 家中を, 家人の, 家族の, 家来, 家来が, 家来だ, 家来に, 家来岡本半, 家来稲垣左近右衛門と, 家来辻貞叔は, 家来鈴木忠次郎忠三郎の, 家老桐間蔵人その, 家臣だ, 家臣尋常に, 家臣村松瀬兵衛の, 容体には, 寛大な, 寵愛も, 寺部の, 小姓加藤虎之助清正ッ, 小屋の, 居城たる, 居城で, 居城は, 居城敵兵に, 居間という, 屋敷あとには, 屋敷から, 屋敷であっ, 屋敷と, 屋敷とは, 屋敷へは, 屋敷まで, 屋敷前へ, 屋敷西に, 岐阜ヶ嶽三千の, 巻十二伯耆安綱の, 帰藩を, 平凡な, 年輩を, 広い中屋敷, 度量には, 座敷牢の, 弟だった, 弟の, 弟頼春が, 強力な, 役儀召上げ, 役宅にて, 征伐を, 後の, 後ろには, 後を, 後身三斎隠居一門の, 御人数, 御勘定奉行九津見吉左衞門, 御好意, 御子息, 御役宅, 御指南番, 御筆, 微行は, 心事豪気の, 急を, 息女太田摂津守に, 息子で, 悄然と, 悪口を, 悲しさ, 情死した, 意中を, 意図し, 態度は, 憂慮はなみたいてい, 懐かしくない, 扉を, 手で, 手について, 手の者だ, 手の者甲府へ, 手もとを, 手巾らしい, 手紙は, 抜刀した, 招請が, 招請状を, 指南番大月玄蕃が, 指図の, 指揮に従い, 掌へは, 描いた絵, 改革, 改革に, 斬り死になども, 方から, 方を, 旧例による, 昔から, 智を, 智恵袋と, 智慧じゃ, 暮しぶりが, 暴挙を, 書面に, 最期を, 望み既に, 末の, 末路も, 本家因州鳥取三十二万五千石の, 来訪と, 桟敷へ, 横意地を, 機嫌斜めなる, 次にお, 正統を, 歩き方, 死によって, 死ぬ日, 死骸も, 民たらしめむか, 江戸家老だった, 江戸屋敷に, 決意は, 浪人兵で, 浪宅だ, 渡す拳銃, 温かい言葉, 滝と, 激怒する, 烏帽子姿は, 無造作に, 爲めの, 片面に, 狩詞記を, 玄関に, 生命から, 生母が, 生涯の, 甥だ, 甥の, 用人や, 用人大橋栄次と, 申付である, 男ぶりは, 疑問の, 病気についての, 登城先に, 白ムクの, 白洲へ, 百年忌に, 目の, 盲人は, 相手は, 真の, 真情で, 真面目さに, 眼にも, 眼もとは, 着物を, 砕けた応対, 祝辞霧社警察分署主任警部佐塚愛祐の, 神さへ, 神の, 神わかく, 私室, 私邸をも, 突然な, 立って, 立聞く, 笑い声と, 筆跡の, 筆録に, 筒袖羽織を, 粛清嵐も, 精に, 紋どころ, 細君が, 結論らしい, 繩取によるとか, 美しい姫, 義務でなけれ, 老いの, 老女を, 老臣ずれが, 老臣曾根権太夫という, 考えでは, 耳を, 肖像でも, 肚は, 背後に, 胸には, 胸騒ぎが, 脳裏から, 膝の, 膝を, 膝元へ, 膳に, 臣篠原玄蕃という, 致命と, 舎弟であった, 色好みから, 若党の, 落し胤でも, 蔵役人本田某の, 藩中で, 藩中と, 藩士により, 血を, 行いを, 行ったという, 行列が, 行列を, 表情の, 被官人某が, 裔である, 覆面には, 見立てに, 親しみは, 言い方は, 言って, 言葉には, 言葉は, 言葉を, 許へも, 話した女, 語るところ, 説を, 調を, 諧謔に, 諸侯であった, 責任な, 越中守は, 足は, 足音とも, 跡目が, 身は, 身一つに, 身内で, 身分として, 軍を, 軍勢は, 近習を, 述懐めいた, 這うかたち, 連台が, 連名の, 進退について, 過去の, 遠い伯父平馬樣, 遠乘, 遺した財宝, 遺子で, 遺志を, 邑封である, 邸が, 邸であった, 邸は, 邸内の, 部下だった, 部下は, 部屋に, 配下は, 重役を, 鍬が, 門で, 門内から, 門流を, 陣中に, 陣屋が, 陰流の, 隊だった, 隊なども, 隊山県昌景の, 際に, 隠居英山公に, 青い顔, 面は, 面前で, 面目思うべしである, 順序で, 領である, 領国に, 頬を, 顏には, 顔には, 顔色が, 顔色は, 願意は, 風采も, 養子と, 館の, 首級を, 馬の足に, 馬上姿を, 駕籠につき, 驚かれたの, 高島城の, 麾下に

▼ 守~ (1310, 14.9%)

17 それを 8 云った 7 眼を, 自分の 6 さすがに 5 見ずや, 静かに 4 お君, お松の, そこに, 声を, 微笑した, 眉を, 立って, 黙って 3 こう云っ, それが, それと, にやにや笑っ, 一人の, 何か, 例の, 膝を, 若くて, 首を

2 [63件] あわてて, うなずいて, かの女, かれの, この人, この時, こんな事, そういっ, そう云った, そこから, そこへ, そこを, その矢, それに, どこへ, はじめから, もう盃, 一目も, 二人の, 五万両の, 人を, 何の, 何も, 光子に, 刀を, 口に, 口を, 命を, 咄嗟に, 嘲笑った, 大音, 小姓を, 屹と, 川中島の, 席を, 幕府の, 彼の, 微笑しました, 扇を, 手に, 手を, 有野村の, 杯を, 椅子に, 江戸へ, 沈吟した, 源三郎に, 源三郎の, 物憂そう, 甲斐を, 盃を, 笑いながら, 笑って, 答えた, 腕組を, 腹心の, 膝に, 自己の, 莞爾として, 言った, 非常に, 頷いて, 馬に

1 [1067件 抜粋] あくまでかれ, あっさり仮, あの人, あまり高から, いかめしい築地塀, いじけずに, いたく羽柴どの, いった, いつもそれ, いづれとも, いぶかりながら, いまだ落着, いるの, いろいろな, うなずいた, うらやましそう, おごそかな, おちつきはらって, おのれ若年寄の, お偉い, お役, お燕, お袖, かえってお, かさねて, かつて将軍吉宗, かの弾薬, きっと威儀, きょう評定所の, こういうよう, こうし, こう云う, こう言った, こおどりし, ここで, こころに, ここ十日余りも, ことごとくお, この一戦, この奇怪, この御, この男, この遭遇, この金座銀座, これに対して, これを, こんなこと, こんな野蛮, さきに, さつと顔色, しずかに, じっとみつめ, じぶん, すぐわかる, すぐ吟味所, すこしも意, すっかり, すっくと起ちあがっ, すでに平気, すでに藤吉郎, ずッ, そういう性質, そうした反省, そう云い, そう申し, そこらの, そのためらい, そのだらけ切った, その一言, その主君, その国境, その後姿, その時, その書状, その本軍七千余騎, その立退き, その者たち, その農民, その部屋, その鶉, それから, それどころで, それは, それらの, そんな人間, たいそうな, たまり兼ねて, ちょいと, ちょうど眼, つぎの, つづける, てれ半分カンカン, とたんに手, どこまでも, なおしばらく, なお次, なお語, なかなかに, なぜ覆面, なにげなき風情, なんとも言えぬ, はじめその, はたと耳, はや老い先, ひと事みたいに, ふくさを, ふたたび内藤清成, ふたたび弊風, ふと手, ふもとの, ほころびかかった微笑, ぼう然と, まず宗厳, まず目安方, またかすか, またも, また急い, また無視, まだいろいろと, まだこうして, まだ同じ, まだ若かっ, まったく苦戦, みな彼を, もうそこ, もう一度念, もう無事, もう聞く, もとよりこの, やうやく, やがて声, やにわにすぐ前, ややしばし考え, やや甲高く, よそごとに, わずかな, キチガイでも, キメ付けた, ギョッと, ソウッと, チラと, ッと, ニンマリと, ビレラに, ムカムカし, 一つ大きく, 一八郎を, 一口も, 一室を, 一度は, 一応もっともという, 一方の, 一目見, 一顆の, 丁寧に, 三之助と共に, 三十三歳で, 三奉行の, 上方に, 上眼使いに, 下屋敷に, 不圖玄竹, 不審そうに, 不思議の, 不意を, 与力筆頭笹野新三郎を, 両手を, 丸に, 主水正, 主膳の, 事務に, 事態容易ならず, 二人に, 二重の, 云ってから, 五十五歳であった, 交換的に, 京都町奉行の, 人柄にも, 今ふと, 今回の, 今日畢生の, 仕方なし, 以上の, 仰せ畏まり奉り候迚頓, 伊勢の, 伊達贔負の, 何ごとも, 何やら物, 何故か一言, 余計な, 依然たる, 依田和泉守と, 係り役甚三郎に, 俄に, 傍の, 先代主殿頭の, 先手を, 八丁堀へ, 公役として, 六郎に, 兵馬に, 兵馬を, 其方なる, 再びきっとなっ, 再び槍, 初めて武蔵, 別に不機嫌, 前後の, 助ける心, 勝入の, 勝手が, 勿論西, 北面し, 十七歳で, 卍丸を, 南面審判役の, 却ってこれ, 去年老中の, 口小言を, 叫んだ, 叱責される, 各, 吉年村近傍に, 同じ問, 同年八月これを, 吐き出すよう, 呼吸を, 和蘭から, 唾を, 喜んで, 喰いさ, 嘆賞し, 囁いた, 四十五歳だ, 土地の, 声が, 壺の, 多くを, 大いにあわて, 大きく合点, 大きな声, 大きな肩, 大口で, 大器量人, 大抵差し向ひで話を, 大聖院へ, 大音聲に, 奉行と, 奧方に, 好きな, 妻が, 委せたの, 婿の, 子飼, 宗匠の, 宗教に, 宙に, 客間で, 宵に, 家光の, 容を, 対坐し, 将軍家指導の, 小禄, 小首を, 少しあわてた, 居間に, 岐阜ヶ嶽から, 峻辣敏腕の, 巧者な, 帰って, 幕廷の, 平服に, 平石次, 年内に, 幸いに, 幼少から, 座を, 座敷牢に, 弓馬刀槍の, 弛緩しかけた, 強ひ, 当然の, 役目を, 彼女にたいして, 彼自身柳生流の, 待ちかねて, 後町奉行, 従者の, 得意顔で, 御答, 微笑し, 徳利を, 心の, 忽ちに打消し, 怒れる眼, 思いました, 思った, 思ひ定めた樣子, 思わず足, 急に, 怪しんだ, 恨めしかった, 悔いと, 悠々と, 悵然として, 愈々静か, 意伯と, 愚かアラビヤ夜話の, 感慨に, 憎々しく云った, 懷かし, 或る, 戸口の, 扉を, 手前以上に, 折に, 持つて, 振り向きも, 振返って, 控させよ, 支那出来の, 改めて彼, 放鷹, 散々躊躇した, 文彦を, 斉彬の, 新に, 既に彼等, 早速その, 是を, 時の, 更に押返し, 書類に, 朗かに, 朝倉家の, 木下秀吉美濃三人衆等に, 未だ病氣全快, 本家の, 本郷妻恋坂の, 東福寺に, 板倉伊賀守と, 柚湯を, 案内に, 横あいから, 機嫌を, 次に, 武州八王子で, 歩き出した, 歯ぎしり噛む, 死んでも, 残された燈火, 母衣武者四五十人ばかりを, 気が, 気乗した, 気絶したらしい, 水襦袢に, 汗を, 江戸大, 沈痛に, 法然の, 浄勝房唯願房等の, 海と, 深くこれ, 清原外記と共に, 満足そうに, 焚火の, 無理から, 無論お, 煙草嫌いで, 牀几に, 牡丹丸, 特にこう云っ, 狆の, 独語を, 献酬の, 甚だ迷惑, 生年十八歳の, 用人七兵衛から, 甲府へ, 男ぶりと, 異様な, 疾くに, 痩男だった, 登城する, 發とばかり, 盤面から, 目で, 目付の, 直ぐ家来, 相変らず, 相撲取りの, 真っ先に, 真面目に, 眼の, 着座する, 睨み付けた, 知って, 知恵伊豆と, 砕けた殿様, 社会からも, 神尾の, 神楽坂の, 秀吉が, 私腹を, 程よくこの, 空の, 立ち上がった, 端然として, 笑った, 笠へ, 答えて, 箸を, 簡単に, 約束を, 紙入の, 結論を, 縁の, 縁側で, 罪一等を, 義和で, 老中という, 老中阿部伊勢守へ, 老女に, 考えて, 耳に, 聞き飽きて, 聡明な, 肚の, 背後で, 能配下を, 脇息を, 腕を, 腹を, 自ら別館に, 自制する, 自身その, 興を, 舌を, 若黨草履取, 苦笑いを, 苦笑した, 茶わんを, 草履を, 落着い, 蕭々として, 薩摩武士の, 衆に, 衣裳を, 袂を, 裏門へ, 見て, 見守った, 言いにく, 言いわけ, 言い愛嬢, 言うまでもないこと, 言われたとおり, 言葉も, 言語道断な, 誇らしげに, 誰ぞ, 謁を, 豫て, 賞めた, 起ち上った, 蹣跚と, 軍議を, 近習に, 追われて, 逆賊の, 過ぐる寛永七年, 遙か, 遮った, 部下に, 重ねて, 釜に対して, 鉄淵の, 錦の, 鐘楼から, 陶に, 青い空, 静かな, 頭を, 頷いたが, 頸の, 頼もしそう, 額部を, 顔いろ, 顔色を, 風呂から, 颯爽として, 首傾げた, 馬上の, 驚いたよう, 驚きながら, 高い土塀, 黒書院控の, 黙然として

▼ 守~ (622, 7.1%)

6 云った 4 なぐさめて 3 この時, 出て, 手を, 来て, 立って, 自分の

2 [26件] あるし, いた, お菊横死, このたび, この島, そこに, そこまで, はいって, 京都所司代に, 前に, 叱咤した, 吟味を, 囁いた, 帰国する, 手に, 時々吉原, 江戸表から, 異常なる, 禁庭に, 私に, 答えた, 老中に, 自分を, 迎えに, 隠れて, 馬に

1 [542件 抜粋] あっては, あづちへまいりなんなくおしろを, あの調子, あの通り, あらわれたの, ある, あるそりゃ, ある時将軍家光公, あんなに煙がられ, いう, いうには, いかにお, いきなり言い出した, いちばん喋らなかった, いちばん疲れない, いつもの, いま寝, いま甲州道中を, いわゆる恭順派, うけとったの, うしろから, うなずくと, おおげさに, おおと, おっしゃった, おとも, おるだけ, お君, お役替え, お心, お糺し申す, お貸し, お輿, お通り, きくと, きょうの, けわしく目, こういう, こう心中, ここで, ここへ, ここ数日間に, この別荘, この地方, この大, この小柳, この男, この画, この関所, こぼすの, こもって, これなら, これに, これを, こんな野蠻, ご公儀, しかって, しばらく足, しゃべって, じぶん, すでにこの, すでに迷信, せき込んで, そうだ, そこで水, そこらの, その反, その家臣, その轡, その金, それでした, それに, それを, そんなもの, たずねた, ただ二騎, ちょっとお, つい数日前, つと席, つぶやいて, つよく否定, どうやら背後, どれほど努力, どんな暮し, なおも屋根, なお訊いた, なぜ前日岐阜, なにか云おう, なんとか言っ, なんとも, はっと五, ひとり旗本の, ひとり言の, ふいっと, ふたたび彼, ふたたび訪れた, ふり返った, ほほえんで, ほんとに今度, まずいう, まずこう口, またそれ, まだ一千五百石, まだ三十, まだ半年, まだ壮年, みえましたか, もうすこし遅れ, もてあまして, もらい受けて, やった失敗, やってくる, やむなく人, やんごとなき御方, よろめきながら, わきから, わざわざその, われも, スックと, テンカンたる, パラリパラリ前後左右に, ヒョイと, ペルリに, ロレンソを通じて, 一人姿を, 一人立っ, 一族の, 一族臣下百余名と共に, 一歳の, 一身に, 七つ御供物が, 三家の, 三春の, 三男仔細な, 上使に, 上使を, 上手で, 不思議な, 不治の, 不行跡によって, 不覚に, 与力の, 世上一流の, 世子の, 中央に, 主人を, 主税介の, 主膳の, 久呂保まで, 九万石封主の, 乱心した, 二人しか, 二条在, 二条城で, 二條在, 云い放つ, 云ったという, 亡くなったの, 亡くなつたの, 京都町奉行に, 人の, 今度は, 今度江戸詰と, 代つて督戦, 代替りに, 任地へ, 伊賀亮へ, 伜, 低れた, 住んで, 何で突然この, 何と, 何によって, 何事を, 何気なく父, 何者である, 作戦下手の, 使いに, 使者と, 來て, 侍溜りから, 侍臣として, 供が, 信長の, 僅か八日, 先鋒と, 入って, 入国する, 入国の, 全部の, 公務から, 六千の, 其の場合急, 再度松平家, 出動し, 出府する, 切腹を, 列坐し, 判定者, 別宅に, 利巧な, 前へ, 前を, 加わる, 勢力を, 勤番支配に, 北条氏の, 十二ヶ瀬一帯を, 十代の, 去って, 参宮の, 反対な, 取り上げた拳銃, 取り出したの, 取り副, 取立てた人, 取調べても, 受取ると, 叛逆の, 口に, 口の, 口上の, 召して, 可恐い, 右門に, 吉宗に, 同寺, 同席人払いの, 同行, 同道し, 名誉に, 呼ばわると, 呼んだ, 咳払いと共に, 喚きを, 喜田川家に, 喬之, 回廊を, 地図に, 地盤を, 坂本城に, 城中の, 城主として, 城代として, 城内西の, 大きく手, 大それた, 大坂城へ, 大廊下, 大病であり, 大病なら, 大目附あたりを, 大蕪菁, 大通詞今村源右衛門, 天罰を, 天草表へ, 奥から, 好みで, 好色の, 妻や, 妾の, 守って, 守口で, 安治川屋敷を, 宜しからん, 実相を, 家の, 家中として, 家斉公の, 家来は, 家老職堀田道空にて, 家臣じゃ, 寝ざめ, 寝食を, 尋ねました, 尋ねる, 小判の, 小手指ヶ原の, 小腰を, 小野どのの, 少しばかり, 少しも, 就役以来は, 居城岩殿山要害としても, 山深い, 希代の, 希望する, 席の, 席へ, 帰ったの, 帰ってから, 帰国の, 平常用, 座に, 座を, 式によって, 引きつれて, 引きとった後, 引締った, 強い声, 当惑した, 当然の, 役宅を, 役所へ, 待ち兼ねて, 徳川将軍に, 心入れにて, 心添えし, 応対しない, 怒ったって, 思いたたれたの, 思考には, 恥の, 情死を, 感嘆し, 愴惶として, 戦線を, 手ずから贈られた, 手勢, 手紙を, 投げつけたらそこ, 折り紙を, 折角來, 招くが, 振りあてられたと, 振返って, 捕われた今日, 掟呼ばわりを, 攻め陥したあと, 数年まえ, 斬死した, 新刀試しの, 新手を, 方向を, 旅すがら描いた, 旗本八万の, 旧主人, 昨夜岐阜へ, 未だ麟太郎, 末孫と, 来ること, 来るという, 植えたと, 業病に, 横から, 此の, 毎日の, 氏郷の, 気の毒に, 気色を, 水を, 水橋城で, 決して相手, 浅野邸へ, 浜から, 浪人に, 浪游の, 海気を, 源助町に, 火を, 無事に, 父の, 片手を, 牢破りを, 独り語の, 献上箱と, 玄竹を, 現われた, 生れると, 生れる前後, 生前役得として, 甥で, 用人に, 田沼侯へ, 甲州入りを, 甲府を, 甲斐を, 甲賀者を, 癇を, 発明した, 登城した, 監禁された, 目くばせする, 真赤に, 眼に, 眼力にて, 着任し, 睨みつけて, 砲術の, 神尾主膳に, 神尾主膳の, 神経を, 私の, 空腹の, 窮した, 窮地に, 立つと, 立て籠って, 立聞きを, 筆を, 筒袖の, 答えると, 箱の, 簡単に, 米友を, 精妙を, 素早く目付け, 続けて, 総帥として, 緒を, 縄張りの, 老家老, 聞いて, 聞き咎めた, 職田の, 肥って, 肥後の, 肯き入れぬ場合, 育つにつれて, 背広で, 胸の, 能興行に, 腕組し, 腹心の, 膝へ, 膝を, 自ら手を, 自殺した, 自筆で, 自身で, 自身無造作に, 與力から, 興味を以て, 苦にがしそう, 苦笑し, 落込む, 葬儀の, 薩摩を, 藩中の, 袖を, 裁ききれよう, 裏面からの, 見えたので, 見えないのに, 見えませぬが, 見る處汝, 見慣れない絵図面, 見舞に, 覚悟に, 計画し, 討死した, 訪ねて, 設けの, 説明した, 調停しない, 論争を, 諸, 谷底を, 賄賂として, 超然と歩い, 越前守に, 足を, 足早に, 身分にも, 近頃では, 迷惑氣にも, 逃がしたり, 逆行性神隠しなどと, 造り残した数百万両, 遠くから, 選ばれすでに多少, 選まれました, 部屋を, 酒興の, 釈然と解け, 鉄砲の, 鎔鉱の, 関東へ, 閣老阿部伊勢守へ, 陥れられた一条, 隠棲する, 雅楽頭に, 面を, 面目を, 預かって, 頑固でも, 頭を, 頭脳の, 頷いて, 頻りに使う, 顔を, 願いの, 風守とともに, 飼い馴らして, 馬の, 駕籠を, 驚く以前, 骨を, 鮮明なる, 齊昭を

▼ 守~ (379, 4.3%)

42 のお 25 の御 8 がお 5 のご 4 が, じゃ, にお 3 だ, はご

2 [12件] からお, からのお, が御, でご, では, とおっしゃる, に御, の奥方, の手前, の裏手, は何, をお

1 [257件] おことば, お上り, お国帰り, お待ちかねにござりましょう, お心, お繰り出し, か, からお抱え, からが一番注文, からのこれ, からの例, から厳, から故障, から明日, から曲淵甲斐守様, から金座, か駒井能登守様, がおっしゃった, がお越し, がご, がたくさん, がにやりと, がひそか, がほんの, がまえ, がもう, がわざわざ, が一応, が一日, が一目, が主, が仰せ, が何, が剛愎, が卑しい, が天奏饗応役, が寧子, が希代, が我々仲間, が放埒, が東京, が溜間詰め, が火急, が特に, が生きかえる, が甲州城, が老中, が進物駕籠, が道場, が道徳的, この方, ご分家, ご同勢, ご家臣, ご帰藩中, さ, さてこの, すでに浅間, そう申された, たった一人, だよ, つづく一行, で, でいらっしゃいます, でございましたか, でごぜ, でした, とありまし, というお, というすてき, といっ, とおっしゃいます, ときたひ, とたい, とて受領, とのお, とのかたい, とは日頃, ともある, ともあろう, とも張り合う, と奥方, と意見, と申しまする, と知れる, と簾子姫君様, と聟舅, と言われるだろう, などと共に天一坊, ならびに京極家, に, においで, にお願い, にその, にはあやまり, にはお, にはおおせられ, にはっきり, にはとうに, には先年, には廻り, には断じて, には腹痛, には鷺山, にもこの, にも千載, にも甚だしい, にやりとげ, に代っ, に利潤, に従い, に殉じ, に直訴, に私淑, に逢われたら, に随身, の, のあの, のおや, のお伽, のお供ぞろい, のお供ウ, のお供押し, のお側近く, のお召, のお嬢様, のお引き立て, のお話, のしのび, のなき, のほう, の三つ, の下, の下屋敷附近, の人間, の何, の何ん, の個人, の力, の名代, の名前, の呼吸, の大難, の奥方様, の女, の女隠密, の妹御, の妾, の尊名, の屋敷, の屋敷前, の御供押し, の御内, の御領下, の恋文, の手, の指金, の旧臣, の治下, の滅亡, の白洲, の縁故, の罪, の苦悩, の言葉, の許, の身内, の運命, の遠い, の邸横, の陣中, の隠居, の領地, の高, の高島城, は, はあわてません, はいい, はいよいよ, はお, はどちら, はまだ, は二年前, は仰せられた, は仰せられる, は何処, は剣, は嘆き, は当代名うて, は格別, は梶子, は死ななけれ, は浮田家, は父親, は申す, は短気, は賢, へ, へお, へそいつ, への忠義顔, へはもっとも, へ何, へ取入っ, へ差し上げよ, へ渡し, へ申, へ申し上げます, へ直々, へ面, ほどのお方, まことにいかさまこの, までが詮議, まで強請る, まで申し上げまする, まで罷り出ました, もあの, もそれ, ももう, もわたし, も三つ半, も冥加金, も宥め, も手, も非人, よりお, よりも常, より下, より下しおかれました, より五つ半, より内々, より恋, より簾子姫君, より義党同志, より鷹司家, をご, をはじめ, をば前, を傀儡, を向こう, を夢にも, を子, を御, を最後, を泊める, を犠牲, を田沼様, 其の外, 御上屋敷, 御先祖, 御医師谷村玄, 御名前, 御屋敷, 御弟, 御登城, 御試合, 御邸

▼ 守~ (331, 3.8%)

23 して 3 したり, しながら, たずねて, 先頭に, 見た

2 [12件] させる, するの, はじめ一味の, ば羽後山形の, キチガイ扱いに, 後嗣に, 憎むの, 消滅せしめる, 甲府へ, 見ると, 訪ねた, 訪ねて

1 [269件] あわれんだかは, いただいて, うごかしたり, うしろに, うたがい彼, お傅, お取捨, お呼び寄せに, かえりみも, かたくした, こっそりと, この審判, さして置く, させてる, させられて, させられぬこと, させられる, させられるやう, した, したいもの, してを, しとくんなよ, しなければ, しぬ, しのぐ柳生流, しますので, し靱負, すること, するほう, するものの, する下男, その私邸, その背, その自邸, たずねたまでは, たずねた時, たずねると, たばさむと, つかわして, つけて, とっちめて, にらみつけるよう, にわかにそこ, のこして, のせた床, はじめあっけに, はじめこういう, はじめその, はじめ一同は, はじめ一座ことごとく, はじめ久世大和守牧野備中守岩城播磨守お側御用お, はじめ処刑に, はじめ家臣一同こけ, はじめ徳川勢を, はじめ戸田八郎左衛門だの, はじめ若年寄りから, ふり返っ, また相手, みつめて, めぐる問題, もって, もてなす時, もらって, やってた人, よく知る, キリスト教の, 一流の, 三四代も, 中心に, 主家の, 予の, 人も, 代参で, 仮親として, 使いに, 借り受けて, 先陣に, 兼ねて, 兼ねること, 凝視し, 出すの, 初めて柳生, 初めとして, 初め三卿の, 初め五老中の, 初め土屋小笠原稲葉の, 初め気負いきった, 前に, 副使と, 励ました, 動かしまた, 勤める坂東彦三郎, 厳にすべし, 取って, 取り巻いた, 受ける人, 受け又, 受領せしめられた, 召れ, 名乘, 向うに, 呼びかけましたけれど, 呼びたてて, 呼び出して, 呼んで, 喜ばせた逸話, 噛んで, 困らせて, 囲む一派, 固守し, 国境の, 圧しよう, 城中へ, 堀川の, 大将に, 大検使, 大阪城代に, 失いしを, 失いて, 失うや, 失ふべしその, 始めと, 始めとして, 始め日本の, 威しつけた, 守護する, 室に, 害したの, 密に, 対照としての, 尋ね当てて, 小柳生, 尻目に, 差下如此之, 差向けて, 常時座敷牢に, 幕府の, 座敷牢に, 座敷牢へ, 弑したる逆子, 張文成たらしめた, 弾劾させよう, 役宅に, 後続隊の, 従えて, 御廣書院, 御覧じ, 忌み嫌うて, 忌み嫌うという, 怨んで, 恨むならもっと, 恨むの, 恨もうとしても, 想像し, 憂えしむべきほどの, 憎まなかった, 憎む心, 憎んで, 戴き三角点, 打ち殺して, 打ち殺せば, 打とうと, 打倒する, 払い退けようとして, 扶けて, 抱いたまま川, 招いた, 招かれける時に, 招かれ委細, 招じ, 持ったこと, 振り返って, 描寫し, 攻め伏せて, 放そうとは, 救うの, 敗る, 數寄屋橋内の, 斬り自分, 是へ, 案内し, 案内役として, 欺いて, 正使と, 殺した大作, 殺した話, 殺そうと, 毒殺し, 泊めたと, 父として, 生かしきるため, 生んだ母, 生捕る, 甲府の, 痛ましく思いだす, 白眼へ, 白眼んで, 盗みましょうが, 盗み出し根津, 目し, 目前に, 相続された, 相続し, 真中に, 睨みつけた, 睨めすえたものの, 知って, 知るであるのに, 神と, 筆頭に, 筆頭の, 經て, 総督に, 罷めさせられた時, 自分の, 英雄と, 裏切ろうと, 襲うお, 見あげた, 見あげて, 見おろして, 見かけて, 見たり, 見て, 見まもった, 見まわした, 見やって, 見上げた神保造酒, 見下すため, 見下すほどの, 見守った, 見捨てて, 見送ったあと, 解いて, 討たにゃ, 討ち取つて黒田邸, 討ち家の子郎党, 討ったから, 討ったる者, 討って, 討取っても, 訪うと, 訪ねようとは, 訪ひ, 誘惑し, 説きまた, 買収し, 迎えました, 迎えましたが, 近く呼び, 返り忠の, 追い詰め座敷, 送り出して, 逐ひ侍りし, 遣って, 遣わされた程, 選んだ, 選んだため, 鉄砲で, 陥れた小人, 陥れた手段, 震死せしめたその, 頂きには, 頭に, 頼ろうと, 顧た, 顧みながら, 騙しそれ, 驚かして

▼ 守殿~ (317, 3.6%)

8 のお 7 お茂 6 お茂與, の御, 然ら 5 へ御 4 より使者, 然も 3 は彌

2 [13件] で, に向, の前, の心, の方, の白洲, は何, へお, へも御, も御, 崩し, 最徐, 被仰

1 [242件] いつもご, お二方, お宅, お民, お熊, お疑ひ, お菊, から簾子姫, から贈られた, から頂戴, が, がお, がおいで, がおっしゃる, がすぐ, が人足ども, が今日, が冷静そのもの, が冷靜そのもの, が出来, が大, が少年家老, が恋, が眼, が金森家, こそわし, じゃ, すらにも及ばぬ, だ, だけじゃ, であるらしいこと, ではござりませぬ, とある, というよう, という風, とか, とその, とな, とは特別, ともあるべき, ともいう, とやら, と同道, と御, ならずば, なり右, なるほど其の, には不首尾, には今日村井長庵, には分外, には又, には只今上, には右翌日, には困った, には困つた, には大いに, には大岡越前守, には天一坊儀上樣, には御用, には恐, には承知, には拙者, には暫時默, には案内, には登城, には登城門, には發, には聞, には與力同心, には藤八お節, には越前守, には越前守殿, には願書, にまで御, にも力, にも申しわけ, にも華々しゅう, によって観桜, に伝わる, に取かこまれ, に吹込ん, に左, に於, に此方, に申し訳, に申達, に益, に逢っ, のこころ, のこと, のご, ののさばり出る, の一件, の上, の下屋敷, の云, の仁智, の仰, の仰せ, の使者來, の供人, の匂, の匂い, の家中, の家來, の家老, の挙動, の掛り, の控邸, の明斷, の末期, の死, の現在, の者, の裁許, の親戚, の詞, の話, の近習, の通称, の長屋, の面前, の鳴門舞, の黒板塀, はお, はそう, はなんと, は一部, は丁字屋, は三つ半, は久八, は久兵衞, は伊賀亮, は別して, は卒中, は微笑まれ, は情, は慎み, は我, は據ころ, は敏く, は文右衞門, は松三郎金藏下男彌助, は此趣き, は武勇一遍, は武骨一方, は父, は生粋, は組與力堀十左衞門片岡逸平, は胸中, は言葉靜, は近い, ばかりもたいした, へは此事, へ仰ける, へ使者, へ右, へ奉, へ差出されけれ, へ御内, へ急使, へ檢使, へ此段申, へ此由, へ申, へ申立, へ申達, へ町奉行, へ聞え, へ訴, へ願書, ほどの鋭敏, も不慮, も喜ん, も少, も御歌, も捨置, も氣, も甚だ, も笑, も莞爾, も長, や安国寺殿, よく聞かれよ, よりお, より公用人, より奉書, より將軍家, より御身, より毎年道普請等丈夫, より私, より種々, より稻葉侯城代稻葉勘解由, より簾子姫, より簾子姫様, をば使者, を始め, を始め松平左近將監酒井讃岐守戸田山城守水野和泉守若年寄, を征め, を援, を案内, を欺き, 一層聲, 之は麁忽千萬, 之を見られ, 何だ三吉其方, 何故に, 又主税, 又傳吉, 又其方, 又其日子供, 取上られて, 同久世大和守殿, 同井上河内守殿, 同土岐丹後守殿, 同大久保長門守殿若年寄石川近江守殿, 同植村土佐守殿町奉行, 同黒田豐前守殿, 大いに怒られ, 大いに感じられ, 大いに驚かれ, 大きに驚かれ, 大番頭松平采女正殿設樂河内守殿御目附, 大聲, 彌, 微笑まれ然, 悉皆く, 早々用人, 早速對面, 早速御召有つて日野家, 早速白洲, 正榮尼, 然すれ, 然ば, 然樣, 直樣中田甚太夫, 見られて, 見られ家持五兵衞其方, 見られ馬喰町二丁目武藏屋長兵衞並, 通られける時, 進み出られ今度, 重ねて

▼ 守~ (310, 3.5%)

16 任ぜ 4 仕えて, 向って 3 して, なって 2 いたずらを, こう言われ, なっただけで, 会って, 加担し, 向かって, 娘を, 放蕩を, 贈った歌, 附いて

1 [260件] あげられた岩松経家, あずけ自分, あっては, あなたの, あらず, あらず全然, いいました, いい分, いい渡されたとき, いたる面々, いったもの, いろいろと, おすわりなさい, おとすべく吉宗公, お縋り申す, きき尋ねました, きまって, このこと, この丹波, ございまする, さし向けられて, したが, しては, してやった, しろまたは, せられ書院番頭, その動機, その用意, それとなく嘱, だまされて, とりこれ, どうしても勝てない, なったいきさつ, なった始終, なっても, なにやらささやい, ならうと, なられた私, なられては, ならんかね, なりきって, なりたいという, なります, なり代って, なり鎮守府将軍, なる, なるそれ, なるならぬの, なるよりは, なれるばかり, ふとみとめられ, ぶっつかると, まかせて, みいだされたこと, よびつけられて, よろしく伝えくだされ, カゴ訴を, 一二千の, 一任する, 一切を, 三千餘騎の, 上座を, 上野守に, 下げ渡しかつ, 不羈不行跡の, 主人面に, 乗り換えられ夫, 乳を, 乳房を, 事多き, 二の, 云いやり氏政どの, 亘理と, 仕えた, 仕える心, 仕立てひと, 付けて, 代って, 任じその, 任じ一年, 任すべきゆえ, 任せ切りで風月, 任官し, 任官した, 任官する, 任官なされ, 会いたいと, 会いに, 会うたら申し伝えよと, 会うのに, 会ったとき, 会っては, 会わず塚原土佐守, 会わせて, 会わせろっ, 伝えても, 伝わり伊豆守, 似て, 侍って, 兜を, 入門を, 其意を, 出す杓子, 出たといふ, 出づ, 出会って, 切腹仰せつけられ候え, 別れを, 別府播磨守の, 力を, 劣るまじく, 化けこんで, 厳に職権, 取り入って, 取入らせようという, 受けとめられて, 叙せらる, 叙任され, 叙爵した, 召使われた, 同心の, 同情を, 向はせ, 向ひ, 君から, 咎められたこと, 問えば, 嚴に, 奉行を, 嫁いで, 嫁ぐ日, 嫁する, 学ばれたもの, 家綱は, 封ぜられた当時, 對面あり, 對面し, 對面仕り, 導かれて, 就いて, 就て, 届けた, 左様な, 師事し得ず, 常羽御厩別当, 平将文を, 平将武を, 平将為を, 幾分か, 引き上げられた, 引き上げられたという, 張文成を, 当てた陣中, 当る手筈, 御座ります, 御成り遊ばされ, 御指南, 御目見, 復讐した, 思いかしずかれるの, 思い出させた, 思われてからの, 惚れて, 懇願し, 所縁ある, 扈従し, 打對, 抱えられたが, 抱かれて, 招かれその, 拝せられ虎符, 拝謁し, 持たせて, 持って, 指さされたの, 挨拶する, 挨拶を, 振向けて, 捧げた, 攻められて, 教えられた通り, 教えるよう, 文室好立を, 暇を, 書を, 来て, 栄転し, 案内させ, 楯を, 殺された石坂左門次, 殺されました, 殺害され, 毒を, 渡すこと, 物語りました, 生きながら, 申しつけられ自分幼年中, 申含めける, 目くばせし, 目見を, 目通りを, 目配せなし, 直接逢った, 相談の, 相違ない, 相違なかっ, 睨まれて, 礼を, 移らせ給うて, 稲荷を, 義理がた, 耳打ちに, 背中を, 背負われて, 與へ, 興世王を, 落ちて, 落ちること, 藤原玄茂を, 見えた両, 見え初めて, 見せたいから, 見つかって, 見て, 見られるの, 言うと, 言ったと, 訊ねた, 訴えた, 訴ふべし, 訴へながら, 訴人を, 詫びを, 話して, 話すこと, 話すと, 請うて, 質した, 贈ったの, 越前の, 足を, 転じて, 轉じた, 近づく機会, 返すと, 迫って, 追ひ廻され十人二十人づゝ毎日, 退いて, 送った書翰, 連れられて, 逼塞の, 陰謀が, 随身し, 隨つて歐洲へ, 面伏な, 面会を, 預けた, 預けられたが, 馳合った, 鼻を

▼ 守つて~ (228, 2.6%)

28 ゐる 18 ゐた 8 ゐるの 7 居た 4 ゐて, ゐるもの, 居る者 3 ゐたが, ゐると, ゐれば, 居たの, 居るの 2 ゆかうと, ゐたの, ゐたもの, ゐるうち, ゐるが, ゐるやう, ゐる山内, 居れば, 行くの, 見せる

1 [120件] あまりかねない, あるに, おくれ, おくれよ, おくれ家内息災, さうし, その事業, その短篇, のもの, はさ, は呉れまい, は居ない, まだ町内, もら, もらはん, もらふ所, も片端, やつて, やらうと, やりたかつた, やる, やれば, ゆきたいの, わづか, ゐたと, ゐたといふ, ゐたとき, ゐたに, ゐたばかりの, ゐた幸福, ゐた彼女, ゐては, ゐました, ゐましたの, ゐます, ゐようとも, ゐら, ゐられないから, ゐるお, ゐるけれど, ゐるさ, ゐるだけ, ゐるだけで, ゐるだけの, ゐるとは, ゐるので, ゐるのに, ゐるばかり, ゐるゆかしい, ゐるわけ, ゐる主婦, ゐる事, ゐる人間, ゐる仏, ゐる地方, ゐる城, ゐる悲しみ, ゐる方, ゐる時, ゐる母親, ゐる状態, ゐる玻璃器, ゐる美緒, ゐる若い, ゐる訣, ゐる農家, ゐる間, ゐる雪太郎, をつたら, をられる, をりました, 一心に佛, 上げる事, 下さいます, 下さる偉い, 下さる神さま, 下すつたの, 今に到つ, 何故農商務大臣, 動かずこれ, 吠える者, 喜ばせること, 堅く容喙, 居たものの, 居た一萬兩, 居た封建割拠時代, 居つたかと, 居つたとも, 居つたに, 居つた女眞, 居つた英國, 居て, 居ては, 居ます, 居らなかつたとも, 居りましたが, 居りますが, 居りますし, 居る, 居るから, 居ること, 居るもん, 居る人, 居る時, 差上げるの, 延して, 待ちつ, 戦ひ続ける人間, 書いて, 来たん, 来た此処, 来た風習, 泣き濡れた女房, 激しく切り合, 立つならば, 行かう, 行かうと, 行く, 行くこと, 行くやう

▼ 守~ (223, 2.5%)

4 云ふ, 任官し 3 いえば, いって, なって 2 お君, きた日, なった, なつて, 一緒に, 云う人, 申すお, 称して, 長庵

1 [188件] あらア, ある, いいますと, いい塚原城, いい町奉行, いうが, いってな, いひ上杉百二十万石, いふと, いへば, おぼしき人, お早, お言い, かつは, しあわせて, するから, するとの, その加勢, その弟子, その手の者, その旗本六, その明知, その配下, それから跟, たった一人, たて両家の, とり交わして, なったが, なった後, なった理由, ならない青年宗矩, なられた, なりたり, なり泥舟, なり軍艦奉行, なるべきを, ひそかに, ほか四五名の, わかつて, チャンと, 一介の, 一処に, 一行の, 一風と, 三吉武蔵守も, 三好武蔵守が, 三好武蔵守の, 三左衛門輝政の, 三郎進という, 三郎進の, 下方左近将監の, 下条民部二軒の, 並んだこの, 並んで, 主水正, 争論を, 云うの, 云う剛将, 云う外国奉行, 云う大名, 云う奉行, 云う旗本, 云う老中, 云う者, 云う閣老, 云った風, 云つて数人の, 云て, 云ひ, 云る, 云われますか, 任官しない, 伊達兵部との, 会った時, 何か, 傅役の, 光子は, 入れ交, 共々に, 共に鋭い, 兵部を, 内膳正が, 前田玄以の, 卓子を, 協力し, 協議の, 叙爵した, 同い年の, 同じく海外, 同じく高島四郎太夫, 同じ速度, 名乗ったもの, 名乘, 名人右門との, 呼ばれること, 固い約束, 堅く申し合わせ, 声も, 外記とを, 大井新, 大関信濃守の, 天守台の, 夫婦の, 妻恋坂の, 守の, 守名を, 安国寺とは, 安房守へ, 宗厳は, 官を, 家老田丸主, 富田帯刀の, 対坐し, 対談し, 小笠原長門守が, 幸田節三の, 床几を, 弾正は, 御交代, 御百九, 心を, 思うの, 愚楽は, 愚楽老人は, 愚楽老人一度に, 戦っては, 日本橋で, 會見大統領親翰を, 木々彦の, 本多内蔵助が, 来たら君, 柳沢八郎右衛門が, 柳沢八郎右衛門の, 楠木弥四郎たちが, 池田甲斐守が, 深く親ん, 清原外記とが, 清原外記とに, 清川八郎とが, 渡辺という, 源三郎恐るべき, 為りて, 父子の, 用人の, 申さば少し, 申すお方, 申すもの, 町医長庵しきりに, 相謀り, 真剣な, 眸を, 知る由, 称ししばしば, 称した人, 称し時, 称し猶, 称する者, 称せよとの, 称せらるる, 稲葉美濃守が, 立花出雲守が, 競争相手の, 紋太郎と, 紋太郎とは, 結婚し, 結托し, 織田九郎次は, 脇坂山城守, 腹を, 腹心三名とが, 自分との, 言いそれから, 言えば, 試合を, 貝十郎とが, 輝政の, 造酒打, 連名で, 郁之進, 醫師中田玄竹とは, 金弥の, 釜の, 長子出雲守とが, 面を, 題した活版本, 風守の, 駒井能登守が, 駒井能登守の

▼ 守~ (174, 2.0%)

2 ここへ, さすがに, ひそかに, またその, 微笑し, 自分の, 静かに

1 [160件] いい安房守, いい益田孫右衛門, いささか憐れ, いた, いないし, いなければ, いねえのに, いるし, いるので, うなずいて, えらい, おどろかないわけ, おらないし, お役ご免, かれに, がっかりし, きっとなる, きょうは, ここでは, この問題, この時, こよい, これで, これには, さすが名人, そう思う, そこは, そのひとり, その理, そろそろ微醺, たじたじとして, ためらいなく, てこずるらしい, ない帯止, なかなか客, にこやかに, にわかに心, ぽっと酔, まじって, また, またお, またこの, またそれ, またそれに次いで両, また先年, また兵糧攻め, また別席, また同席, また眼, また討死, また訓, まだ乾かない, まだ出ない, まんまと首尾, やや色, アッサリ死ん, キッパリと, キリキリまい, ギョッと, 一件書類に, 一身を, 三人侍女などに, 下に, 世の, 了解の, 今のも, 今日は, 以前から, 伯爵の, 何か, 何と, 何の, 何も, 側に, 先頃から, 共に, 凝と, 凝然と, 出席する, 出来ねえなんて, 南条も, 又京ニ, 又寝, 取り巻いて, 同じ心, 同じ頃, 同意と, 同様お構いなし, 名残が, 吟味に, 喜んで, 四十二万六千石も, 声を, 大いに満足, 大へん, 大坂方へ, 大禄ゆえ, 少しく変った, 山に, 山県原小山田たちの, 山県昌景も, 席を, 引っ込むこと, 弱冠すでに, 彼の, 彼を, 意気込まないわけ, 意見を, 我を, 手を, 打聞, 承はらねば, 承知で, 指を, 敬服に, 昌景も, 是非なく, 昼の, 時によっては, 暗然として, 有村卿も, 有馬乾信も, 武人心得おくべき, 流石に, 潰え将士, 無口だった, 無用だ, 無論その, 無論狡猾, 生前から, 目礼し, 眼の, 知らないでは, 神妙に, 稲葉対馬守も, 立ち合って, 笑いながら, 粗末に, 綺麗な, 老境であった, 老臣の, 耄碌召さった, 胸の, 若いから, 若し此, 若狭守も, 言明した, 言葉なく, 討死した, 賤しい, 返す言葉, 過去の, 遠く芝, 雙眼に, 雪ずきんに, 面を, 響きに, 風守も, 騎乗, 高貴の

▼ 守さま~ (102, 1.2%)

17 のお 11 の御 5 は御 2 の死期

1 [67件] おたち寄り, おひとり, からお, から拝領, がお越し, がその, がだんな, が下り, が今夜, が何, が午ごろ, が小, が御, が面目玉, ごいち, っていや, では, でも, という架空, とそう, と仰し, と同じ, と左近さま, などとお呼び, におかせられ, について神意, には上田, には江戸, にみとめさせよう, に召し上っ, に死期, に献上品, に逼塞, のご, の人デンカン, の厳命, の名, の命, の地盤, の天才, の幕府, の御前, の死ぬ, の母, の過去, の隠居願い, の駕籠, はあ, はふたり, は十年, は天才, は当代十善人, は毎日, は私自身, は菊, は近々, は駒守さま, へ笛, まで御, もお, をこの世, をごらん, を一見, を殺す, を消滅, を病気, を縛ろう

▼ 守から~ (78, 0.9%)

2 田沼へ

1 [76件] いいつけられたこと, いいつけられて, いただいて, うけた, こういわれた, こう言われ, こう言われた, ことばを, この末臣, して, しての, しばしお待ち, そういう烈しい, その可愛い, それとなく訊かされ, ちらと, まいった調べ, むかしかれ, ウメの, 一通の, 三個松平正允から, 乞われた大, 五個赤井越前守から, 他の, 伝わって, 八日祭の, 出された徂徠, 出たもの, 出て, 受けた新, 命じられた人々, 命ぜられて, 商館破壊の, 坂町を, 多額の, 女の, 家格の, 少年が, 山本左右太の, 常陸介に, 幾箱かの, 弦之, 恵まれたもの, 慰労の, 指図を, 書附を, 柳生宗矩様へ, 派遣せられた, 添書を, 献上箱の, 申達した, 発生する, 盃を, 神道流の, 第二報, 箱に, 紀伊家へ, 聞いて, 自身が, 茂庭周防に, 見下げられたという, 解任された, 訴えたもの, 認められ過分, 誰へでも, 諸侯がたに, 貰って, 贈られたという, 起って, 送られた, 鎌宝蔵院の, 閉門を, 預かって, 頼まれたという, 頼まれた女装束, 餞別に

▼ 守という~ (60, 0.7%)

5 人は 4 のは 2 のが, ものの, ものは, 奴が, 殿様は, 者が

1 [39件] お方だ, ことであります, のか, ものが, ものを, やはり毛利家, ような, 三百五十石取りの, 人が, 人の, 人も, 人長常に, 剣人の, 医学士だつた, 四千石の, 大名が, 大名の, 大名屋敷が, 奴よ, 好敵手の, 建物の, 思いがけない仲裁人, 方の, 旗本で, 旗本と, 旗本屋敷が, 殿様が, 知己新蔵という, 社家が, 綽名が, 織田どのを, 者は, 者を, 若いお, 豪族が, 重臣の, 野郎に, 髪の毛の, 鬼に

▼ 守~ (56, 0.6%)

2 向かって

1 [54件] いった, お目見得に, かかって, こういった, する返答, ついてからも, 下さる間家法, 仰せ付らる, 仰せ付られし, 刀が, 向って, 告げるの, 囁いたの, 囁いたらしい, 報って, 報告した, 報告する, 奉公の, 好意を, 嫁いで, 宛て, 宛てた牒状, 届けられた金, 差立てたる文, 平伏した庭先, 引渡し以來一切拙者取扱申間敷候, 御あいさつ, 御預け, 念の, 恵方詣り, 懇望し, 挨拶に, 描いて, 斬りつけるところ, 曲る角, 杯を, 武敏が, 潮干狩に, 犯人の, 用人の, 申上彌, 申聞れ, 納めるとの, 荒獅子の, 言ったと, 言わば賄賂, 言上彼若君澤の, 計るよう, 訊ねて, 訴ふ, 訴る, 送った返書, 遊びに, 預けの

▼ 守には~ (52, 0.6%)

2 全く美, 若党と

1 [48件] ああし, こうしなけれ, この鳥取城, それが, もうそれ, 不便を, 予期以上だったらしい, 何れにも, 何一つ道楽, 先達て伊豆守殿役宅にては, 内密に, 名判官, 名君が, 大膳に, 奥方が, 子という, 実の, 客分として, 客分に, 少しも, 平常も, 後嗣の, 後悔の, 御目附野山市十郎松田勘解由等立合, 忠臣ぢや, 思い当たること, 恐れも, 愛が, 折々耳, 敷居際に, 明智を以て, 未だ病氣全快, 次右衞門三五郎, 此體を, 水が, 池田大助に, 率爾ながら, 甲斐の, 發と, 紀州より, 繼上下にて, 見張りだけを, 覚えめでたい, 遙に, 閉門中にて, 高木伊勢守を, 魔が, 麻上下を

▼ 守~ (50, 0.6%)

3 の中, の紐 2 で此, と白木綿, に入れ, を取出し

1 [36件] から目安箱, か何, が, が縁側, が見えません, と小判, と金一封, と鈴, にあり, に入, に矢, に納め, の中味, の大事, の銀, はあつ, は又, は引き, は持たせなかつた, は水色, は見付, らしいもの, を, をい, をお, をこし, を下げ, を千切つてしまつたの, を取り出し, を取り出した, を搜さ, を昨夜家, を盜, を盜つたの, を突, を見た

▼ 守どの~ (47, 0.5%)

2 はどう, へお

1 [43件] お招き, からそち達, か柿崎和泉どの, がお, がおとずれ, が兄君, が同席, が大, ご賛否, でよろしけれ, と昌景どの, と申せ, などお, など御, にしばらく, にはまだ, にも善照寺, に代っ, に拝顔, に相違, に説い, の, のお, の菩提寺, は, はこの, はなんと, は佐々木, への御, へも云っ, へ一通, まえだ玄以斎どの, や三好武蔵守どの, をお, をおかえし, をかり, を御, を集め, 五万石岩城平から, 以下を, 御父子, 東福寺の, 狙う対手

▼ 守~ (46, 0.5%)

3 の太鼓 2 が崖

1 [41件] があ, が唸る, が崖下, が私達, であるの, に三万円, に三千円, に依, の叫ぶ, の声, の感違ひなん, の打つ, の方, の激しい, の申出で, の科白, の笑顔, の鋏, の頭, の饒舌, の駄弁, の騒ぎ, はおそらく実際, はそつ, はそんな, ははやし立て, は亭主, は仰天, は同志, は崖, は巧み, は常々, は手脚, は有無, は突然, は腕まくり, は苦く, は陶然, は隅, は驚い, を捕へ

▼ 守~ (38, 0.4%)

2 設けむ

1 [36件] お君, しきの, ほか七八騎が, 三位卿が, 介が, 介は, 依田和泉守や, 僧沢庵の, 卜伝の, 卜傳の, 啓之助は, 国府尉右衛門なども, 塚原卜伝の, 塚原土佐守, 塚原土佐守などが, 外記は, 大友近江守たちであった, 子供や, 小姓頭毛受勝助などは, 山の, 川路左衞門尉は, 平賀三郎などの, 掾やは, 播磨守だった, 曲淵甲斐守名代の, 柳沢一門の, 清原外記に, 清原外記の, 渋谷遠江守足利治部大輔高氏や, 牧野大隅守という, 牧野遠江や, 目付たちは, 窮北不毛の, 細川定禅の, 聟の, 酒井左衛門尉や

▼ 守~ (34, 0.4%)

7 の御 2 が, のお

1 [23件] から嚴, が卑しい, が見える, たつた一人, と奧方, と言, に直々, のところ, の何, の屋敷, の手前, の縁故, の藩中, はもう, は二年前, は何處, は南, は嘆き, は申す, へは諫言, へ直々, まで強請る, もその

▼ 守~ (29, 0.3%)

1 [29件] かであった, からのみ起り, が既に, が陵墓, たるシュク, だという, だとの, であったと, であったとは, であります, であるからとて, でそれ, で初め, で昔, というもの, として実務, とを区別, ならば, にあった, に求むべき, の十年交替, の後, の扶持, の説, はかく筋, はそう, はどこ, は十年交替, は同じく

▼ 守~ (26, 0.3%)

1 [26件] から何, から恵まれる, がこれ, がにっこり, が噛ん, が帰っ, が黙っ, にはわかっ, に托そう, のいう, のほう, の住む, の前, の往く, の手もと, の胸, の袖, の頭脳, はがっかり, は不思議, は眉, へ, をまかせ, を見る, を見舞い, を通してお蔦

▼ 守秀吉~ (25, 0.3%)

1 [25件] がそれ, がまだかつて, がやがて, が中国攻め, が喪服, だった, であった, である, であるが, といふ人, と一戦, と名のり, なりとは, なるもの, にも辱, に亡ぼされ, のこと, の代人, の妻, の本陣石井山, の陣所, はかならずしも, は中国, は北国, は織田信長

▼ 守忠相~ (24, 0.3%)

1 [24件] きちんと端座, くすぐったそう, そうら, である, といえ, とがならん, ともったいな, と任官, に拾われ, のことば, の胸底, の額, の顔, は, はあい, はいって, はもはや, はジロリ, は吉宗, は愚楽, は返辞, ふとり肉, もまた, を抜擢

▼ 守忠弘~ (22, 0.2%)

2 はこうして

1 [20件] が一手, が日頃, とその, と名乗られる, にすすめる, の奥方, の左右, の悩み, はそういう, はひた, は今, は八幡前, は出羽, は幸い, は手, は早速, は神田松永町, は馴れぬ, も押し, を見上げ

▼ 守~ (21, 0.2%)

5 てくれる

1 [16件] たりする, たり鮮やか, ていない, てくれ, てくれた, てくれない, てくれなかつた, てくれるだらう, てくれるであろう, てくれるなら, てこ, てほしい, てみよう, てゆく, て下さい, て下さる

▼ 守~ (19, 0.2%)

1 [19件] あつた, おあり, すらも舌, なしと, はあった, はなく, は駅, もなけれ, 世人に, 之を, 同勢は, 家従の, 左中弁を, 捕方与力は, 敦忠の, 老中筆頭の, 芸妓屋の, 質問は, 高橋の

▼ 守~ (19, 0.2%)

2 の室

1 [17件] が尽きぬ, が昼寝, が茂林寺, であると, という老, にいった, に気づかれぬ, のこの, の振舞, はいろいろ, はその, はそれ, は和尚, は方丈, は浅ましき, は盛ん, もやはり

▼ 守とは~ (17, 0.2%)

1 [17件] あんまり桁, いい取組み, いうまでも, お近づき, さらに深い, また別, 何者南条五十嵐の, 同じ将軍家師範, 同じ町方奉行, 宿命の, 度々その, 後世柳生流剣道で, 摂津尼崎の, 毎度会い, 江戸に, 縁戚の, 言葉の

▼ 守宗矩~ (17, 0.2%)

1 [17件] がこの, がひどく可愛, であった, にはぜひとも, に伝血, に師事, の兄, の出府, の実力, の父, の部屋, はまだ, は国元, は毎夜, も無事, を折る, を生み

▼ 守殿風~ (17, 0.2%)

2 のお, の女

1 [13件] が匂, が匂います, な女ぞろい, な女中, な野暮つたさ, に作っ, の姿, の建物, の椎茸髱, の長, は, をし, 第三

▼ 守~ (16, 0.2%)

2 ていた, ている

1 [12件] つつ日に日に, てくれる, てそれ, てやれ, て先刻, て刑期, て私, ながらその, ながらよく, ながら爐, に暢, 敬神敦厚の

▼ 守として~ (16, 0.2%)

5 踏み歩いた越路

1 [11件] ここに, こんなに話, 世に, 何不足が, 信念いたし, 大体を, 巨大なる, 最初は, 田辺が, 義も, 鎌倉に

▼ 守頼門~ (14, 0.2%)

1 [14件] たった一人, だったの, の一行, の前, の答, の考, はこうして, はそれ, はぼんやり, は歎息, は此処, は腐った, は蒼青, を目

▼ 守つた~ (13, 0.1%)

2 ものだ

1 [11件] がつ, が桑原家, ことに, ことは, つもりだ, ところで, のであつ, わけで, わけです, わけな, 為に

▼ 守信綱~ (13, 0.1%)

1 [13件] が去年三月, である, と思われる, に招かれ, のお, のさしがね, の徳, の方, の献策, の私設細作, はただ, は寝所, を上使

▼ 守師直~ (13, 0.1%)

1 [13件] がこう, が塩谷, だったか, であった, という厭, という無, という駄々っ子, と申す, の一門眷族, の娘, の息女, の機嫌, 養い子

▼ 守自身~ (13, 0.1%)

1 [13件] が居合わせ, が工夫, が菊, が葬られ, でやって来た, にとっての致命的, には何, のほか, の発意, の身, はどう, もまた, も必ずや

▼ 守~ (12, 0.1%)

1 [12件] アカ様とか, クロ様とか, 使者は, 城下で, 大工頭近藤郷左衛門大, 小姓を, 屋敷の, 早お, 畳奉行別所播磨守くだっ, 預り所の, 預り申す, 預所備中国阿賀郡村尾村一向宗穢多寺永宝寺

▼ 守~ (12, 0.1%)

3 役宅へ 1 勘定奉行には, 勤役中には, 役宅に, 役宅にて, 父子へ, 百草, 目通り致し, 目附には, 陣屋江戸から

▼ 守~ (12, 0.1%)

1 [12件] がひそか, が執権, が山ノ内合戦, が待っ, が来た, が申し, が笑っ, でもなかっ, の実家, の弟, の御, の死

▼ 守~ (11, 0.1%)

1 [11件] おれの, から人々, か有, が, がすぐ, ということ, というはら, という恨み, な, なこいつ, みんなやっつけちまえ

▼ 守などの~ (11, 0.1%)

3 諸将 1 一族は, 人々が, 兵は, 名が, 幾十将を, 興った天文, 譜代などが, 錚

▼ 守にも~ (11, 0.1%)

1 [11件] すでに旧知, なって, 今は, 告げたか, 安心せい, 情愛が, 神尾主膳にも, 言い聞かせたよ, 言い聞かせて, 門人は, 龍興にも

▼ 守より~ (11, 0.1%)

1 [11件] 伝授されたる, 将軍家ご, 少しく先, 猿毛の, 申越れし, 目録其外の, 相達し候之, 言上の, 言上仕り, 言上致すべし, 貰った奥方

▼ 守屋敷~ (11, 0.1%)

4 の辻番所 2 に飛ん, の少し 1 に仲間, の表門, の門前

▼ 守数正~ (11, 0.1%)

1 [11件] といえ, ともあ, にたいして一つ, のする, の内通問題, の取次, の官邸, は主人, は大坂, は家康, を全

▼ 守である~ (10, 0.1%)

1 かのよう, が使い, が洵, ことが, ぞ, ということ, に至っ, もの定基は, 人が, 式には

▼ 守との~ (10, 0.1%)

2 あいだに 1 両探題, 二人だけ, 会合に, 意気相通ずる, 會見によ, 間さえ, 間に, 面会は

▼ 守など~ (10, 0.1%)

1 いうは, させ眼はし, めいめい燭を, 三万余騎, 今川軍の, 参会した, 続々信玄, 言ふ, 赤ん坊どころか, 配置よろしく

▼ 守~ (10, 0.1%)

1 からその, とほか数百騎, に守護, の副将たち, の将, の将士, の祖先, の討幕運動, の遺志, の面々

▼ 守仲時~ (10, 0.1%)

1 がさ, が小松谷, と会う, と北条時益, と左将監時益, のす, はまだ, は今日, は振, も若年

▼ 守光秀~ (10, 0.1%)

1 が任, さえ昨夜, なる人間, にささやいた, に殺された, の反逆, の帰国, の顔, はお, はもう

▼ 守長安~ (10, 0.1%)

1 が家康, が隠した, その家臣, とまで出世, のもと, の家中, の罪, はやぐらの者, はハッ, は家康

▼ 守随彦太郎~ (10, 0.1%)

1 が打ち萎れ, とその, に一, の倅, の屋敷, の手代辰次, の手筐, は懐ろ, は腰, ますます落着

▼ 守さん~ (9, 0.1%)

1 が, がお玉さん, がつ, のお嬢さん, の声, の死, はあんな, もしんせつ, を助け

▼ 守する~ (9, 0.1%)

1 ことある, ことである, ところと, となれ, のみである, ように, 所なき, 特色あり, 真理の

▼ 守その~ (9, 0.1%)

1 ほかの, ほか四人の, ほか組頭や, 一族の, 下屋敷へ, 人, 人に, 人の, 人を

▼ 守~ (9, 0.1%)

1 おくれ, 一国の, 他に, 別に慎むで, 居るの, 汝の, 生涯この, 社会主義を, 臆病で

▼ 守でも~ (9, 0.1%)

1 あった古い, おりそう, してやらなければ, するか, なくまた, 今の, 介でも, 何でも, 親の

▼ 守などが~ (9, 0.1%)

1 こもごも和談, もっと武将, 乱を, 明日先発の, 最後の, 現はれた, 遊びに, 門内の, 駈けつける

▼ 守忠秋~ (8, 0.1%)

1 が執政, が大将, が老中, だの又は, の反対論, の番, はその, は端然と

▼ 守殿是~ (8, 0.1%)

4 を聞 1 を聞かれ, を聞善右衞門汝, を見, を見られ

▼ 守父子~ (8, 0.1%)

1 とその, の方, の罪案, は成合, へ対し, も傷, も根城, を迎え

▼ 守~ (8, 0.1%)

3 の所傳 1 が太初元年, に據, の, の註, も卅

▼ 守~ (8, 0.1%)

1 が流浪, と云, には二人, の妻, の死んだ, は十五歳, は江戸, は赤松氏

▼ 守~ (8, 0.1%)

1 が眼, とお, に対する自分, の女房, の手前, はお, は一躍, は既に

▼ 守たち~ (7, 0.1%)

1 が平伏し, であった, には何, の住宅, の必需品, の苦心, もすぐ

▼ 守とか~ (7, 0.1%)

2 富田勢源とか 1 いった旧, 介とか, 尼ヶ崎の, 山本山入とか, 豪族とかいう

▼ 守としては~ (7, 0.1%)

1 不審な, 子息の, 思いがけない弱味, 憚りあろう, 珍しいこと, 神尾喬之, 近江之

▼ 守一人~ (7, 0.1%)

1 だけです, でなくて, に罪, のため, の催し, の印, の手

▼ 守住月華~ (7, 0.1%)

1 といい, という名, という雅号, といっ, と共に女軍, と改めて, と生花

▼ 守勝豊~ (7, 0.1%)

1 に山路将監, の家来ども, の家臣, の居城, の老臣, もようやく, をも同道

▼ 守~ (7, 0.1%)

2 の横, へ出掛けた 1 にあつ, の下, を下

▼ 守~ (7, 0.1%)

2 と内地 1 が雪, に住ん, に何年, の人たち, の郡司

▼ 守~ (7, 0.1%)

1 という人, と兄, のごとき, の作暦, の授時暦, は非常, またはその他

▼ 守昌幸~ (7, 0.1%)

1 がどこ, が何, は信之, は戦国時代, は沼田, は良人, は軍師

▼ 守殿聞~ (7, 0.1%)

2 れて 1 だまれ憑司汝, れ夫, れ如何にも, れ成, れ默

▼ 守~ (7, 0.1%)

2 春の 1 与の, 寄が, 綱に, 綱を, 静の

▼ 守~ (7, 0.1%)

1 で火傷, という, のたぐい, はその, は妙, を借りた, を貸し

▼ 守~ (7, 0.1%)

1 が馳せ来っ, の勇将, の名, の屋敷, の拠る, の職分, よ見ない

▼ 守輝国~ (7, 0.1%)

1 が卒去, が領地, の嫡子, の嫡男, の総領息子, はすでに, や牡鹿山

▼ 守長可~ (7, 0.1%)

1 が犬山, のこと, の二隊, の大, は, はひとまず, も可児郡兼山

▼ 守~ (7, 0.1%)

3 の家 1 ともあろう, の店先, の手代辰次, の若旦那

▼ 守この~ (6, 0.1%)

2 神尾主膳を 1 たび日光造営奉行を, 一風宗匠に, 三人を, 鐘を

▼ 守であった~ (6, 0.1%)

1 からうれし, から寂しい, がその, に相違, ものが, 息子その他の

▼ 守と共に~ (6, 0.1%)

1 天保の, 子思ひ, 泊り合せた, 緑営兵士数十名を, 討つて, 退かず進歩

▼ 守~ (6, 0.1%)

3 のである 1 のであろう, のでもう, んです

▼ 守などは~ (6, 0.1%)

1 そうできぬ, なかなかハイカラ, まずほっとし, むらさきに, よくよく業, 私が

▼ 守へも~ (6, 0.1%)

2 奉りしとか 1 同様に, 同様の, 挨拶に, 確と

▼ 守~ (6, 0.1%)

21 ていた, て一心不乱, て不審顔, ながら莞爾

▼ 守忠興~ (6, 0.1%)

1 が固く, であった, の夫人, の邸, を会津守護, を頼ん

▼ 守~ (6, 0.1%)

2 なり 1 を聞, を聞き, を聞道, 迄の心勞

▼ 守殿御役宅~ (6, 0.1%)

1 には天一坊歸館, に到る, は西丸下, へ書状, へ此段, へ相

▼ 守~ (6, 0.1%)

1 あり機略, せしむ, の事, の器, の場合, を善く

▼ 守綱宗~ (6, 0.1%)

1 にその, に遊蕩, の逼塞, は御, までが十九代, をほとんど

▼ 守~ (6, 0.1%)

1 であった, にかくまわれた, に着く, は山ぢ, へ出頭, へ金七十両返却

▼ 守~ (6, 0.1%)

1 でもなかっ, と呼びかけ, の鼓舞, はあらゆる, はその, は無言

▼ 守こそ~ (5, 0.1%)

1 信じあって, 怪しからぬ, 東軍を, 某が, 自分の

▼ 守それ~ (5, 0.1%)

1 がしも同様, にお側御用, に老女ら, に通禧, をこうして

▼ 守たる~ (5, 0.1%)

1 がごとき, が如き, にすぎない, の誇り, 御身で

▼ 守だった~ (5, 0.1%)

1 が伝手, 二十も, 昨日に, 時代の, 父に

▼ 守つたの~ (5, 0.1%)

1 が清, が間違, だと, である, であるが

▼ 守つて來~ (5, 0.1%)

2 た風習 1 た, た考, てゐるらしい

▼ 守といふ~ (5, 0.1%)

2 人が 1 のは, 人と, 字にて

▼ 守とも~ (5, 0.1%)

1 ある人, あろうもの, あろう者, 完全に, 言うもの

▼ 守また~ (5, 0.1%)

1 あわただしく呼び止め, 信州の, 心得有て, 朗々たる, 賢女である

▼ 守をも~ (5, 0.1%)

1 お兼ね, 動かしたで, 彼等の, 此席へ, 神と

▼ 守を以て~ (5, 0.1%)

1 庸相と, 彼に, 御内意, 無上の, 言上に

▼ 守北条仲時~ (5, 0.1%)

1 だった, である, はじ, はもう, 両探題

▼ 守~ (5, 0.1%)

1 内膳正は, 周防守同, 将監大和伊豆守等骨を, 式部同, 樣の

▼ 守忠利~ (5, 0.1%)

1 であった, との道縁, と柳生但馬守宗矩, は地白, へ

▼ 守~ (5, 0.1%)

1 へ此事, へ此度將軍, より斯樣, より訴, より返上

▼ 守正教~ (5, 0.1%)

1 が八月, が家督相続, である, の世, の後

▼ 守殿夫~ (5, 0.1%)

1 は何時頃, は苦々しき, は證據, れにて, れは

▼ 守殿如何~ (5, 0.1%)

1 に勘兵衞其方儀豫, に彦兵衞其方, に忠兵衞長庵, に段右衞門金飛脚, に長

▼ 守殿崩し~ (5, 0.1%)

2 の襟脚, は苦手 1 は俺

▼ 守殿點頭~ (5, 0.1%)

1 かれ如何, かれ引合, れコレ, れ成, れ諏訪町

▼ 守相聞~ (5, 0.1%)

2 である 1 になる, に左註, の如き

▼ 守~ (5, 0.1%)

21 はサヤゲドモ, は志毘, は言

▼ 守~ (4, 0.0%)

1 やうに, 何かで, 判断が, 相模守あたりの

▼ 守からの~ (4, 0.0%)

1 ご内意, 便りを, 短刀の, 贈り物白の

▼ 守からも~ (4, 0.0%)

1 いわれて, もう一度吹上, よろしくと, 柳生流は

▼ 守つてどこ~ (4, 0.0%)

4 までも宮廷守護

▼ 守です~ (4, 0.0%)

1 からそれ, が世の中, が日毎, が武州忍

▼ 守とが~ (4, 0.0%)

1 下帯一つで, 中村式部少, 初めてここ, 改鋳の

▼ 守とともに~ (4, 0.0%)

1 世を, 別館に, 本家の, 道場を

▼ 守ほどの~ (4, 0.0%)

1 ものが, 人が, 智恵者も, 男を

▼ 守信房~ (4, 0.0%)

1 である, といえ, のお供, の息

▼ 守信秀~ (4, 0.0%)

1 が彼, の弟, の跡, を亡

▼ 守同じく~ (4, 0.0%)

1 丹後守, 因幡守治長の, 小笠原壱岐守の, 松平周防守同じく

▼ 守~ (4, 0.0%)

1 が下, と大, は, は後

▼ 守~ (4, 0.0%)

1 するに, の方略, を脱, ヲ取

▼ 守~ (4, 0.0%)

1 というご, にては此越, の者, の門

▼ 守川路左衞門尉~ (4, 0.0%)

2 も歸都可 1 などの長崎到着, も速

▼ 守忠義~ (4, 0.0%)

1 などにさまざま, に献ぜられた, に送った, は月並み

▼ 守意知~ (4, 0.0%)

1 がやはり, の屋敷, は殿中, を通じて若年寄

▼ 守教経~ (4, 0.0%)

1 がある, などの平家軍, も敦盛, 然たる

▼ 守時代~ (4, 0.0%)

2 に数 1 の作, の発祥地

▼ 守~ (4, 0.0%)

2 らば 1 ば似, るべしとて

▼ 守~ (4, 0.0%)

1 であった, なるを, な啓介, にあり

▼ 守秀綱~ (4, 0.0%)

1 です, とか土佐守卜伝, は永正七年, をさがした

▼ 守胤統~ (4, 0.0%)

1 から酒井忠学, に加勢, の手, を以て躋寿館

▼ 守~ (4, 0.0%)

1 から敬稱, の嚴重, や事務長, をなさん

▼ 守護る~ (4, 0.0%)

1 かのよう, がお, ように, 町

▼ 守輝勝~ (4, 0.0%)

2 の甲冑 1 かの肖像畫, を名

▼ 守道三~ (4, 0.0%)

1 が全面的, が手飼, は養子, をゆうべ一挙

▼ 守随家~ (4, 0.0%)

1 と争っ, にとってはこの, にはたった, に思い知らせ

▼ 守高家~ (4, 0.0%)

1 が上洛途上, のもの, の七千余騎, の手勢

▼ 守からは~ (3, 0.0%)

1 いくたびとない伝令, 一向に未だその, 甥に

▼ 守すなわち~ (3, 0.0%)

1 城内公事奉行や, 武蔵先方衆は, 駿河先方衆や

▼ 守だけは~ (3, 0.0%)

1 好色な, 父と, 眼に

▼ 守っ子~ (3, 0.0%)

1 に変, みたよう, 見たよう

▼ 守であり~ (3, 0.0%)

1 和田呂宋兵衛であり, 守護職でも, 自分の

▼ 守では~ (3, 0.0%)

1 あったが, ありません, なかったろうか

▼ 守といった~ (3, 0.0%)

1 のを, ような, 男も

▼ 守なる~ (3, 0.0%)

1 三輪大明神の, 老士, 芸者家町の

▼ 守について~ (3, 0.0%)

1 一切語る, 好奇心を, 知りたがること

▼ 守にでも~ (3, 0.0%)

1 おなりなさる, なって, 岩見重太郎にでも

▼ 守にとっては~ (3, 0.0%)

1 天下の, 極めて不利益, 非常に

▼ 守ひとり~ (3, 0.0%)

1 の名前, は小谷, は酒宴

▼ 守への~ (3, 0.0%)

1 不愉快さが, 叙任が, 土産話に

▼ 守ほどに~ (3, 0.0%)

2 進みおりしか 1 剣術は

▼ 守らしい~ (3, 0.0%)

1 と言われ, 先なる, 雪見だ

▼ 守~ (3, 0.0%)

1 たら自分, ている, てくれた

▼ 守~ (3, 0.0%)

1 と話, に明日, の膝

▼ 守一路~ (3, 0.0%)

1 だった, に嫁い, は秀吉

▼ 守上屋敷~ (3, 0.0%)

1 なる麻布六本木, へもう一度, へ持つ

▼ 守久安~ (3, 0.0%)

1 から皆伝, なる老人, の秘奥

▼ 守以来~ (3, 0.0%)

1 という老木, の剣術, の富強

▼ 守信友~ (3, 0.0%)

1 であって, で当時府下, を有する

▼ 守信寧~ (3, 0.0%)

1 であつ, の世, の夫人

▼ 守個人~ (3, 0.0%)

1 でもなく, の生涯, の過去

▼ 守光辰~ (3, 0.0%)

1 の伝記, はおれ, は十歳

▼ 守光長~ (3, 0.0%)

1 が入り, とは名乗った, の首級

▼ 守入道~ (3, 0.0%)

1 が大事, が船, どのの

▼ 守~ (3, 0.0%)

1 と書い, と書き, と書きかえ

▼ 守卜伝~ (3, 0.0%)

1 がそこ, とかはたとえ, の名

▼ 守~ (3, 0.0%)

1 とムケツ君, の飛信, を葬りました

▼ 守大岡忠相~ (3, 0.0%)

1 だとして, の役宅, はあらた

▼ 守~ (3, 0.0%)

1 直へ, 謙に, 謙の

▼ 守定基~ (3, 0.0%)

1 であった, の出家因縁, はまだ

▼ 守家中~ (3, 0.0%)

1 ということ, としてあるじゃござんせんか, のため

▼ 守家来渡邊織江~ (3, 0.0%)

3 と申す

▼ 守~ (3, 0.0%)

1 孝が, 孝松平主, 高が

▼ 守忠勝~ (3, 0.0%)

1 が浪人江戸払, である, といふ老中

▼ 守忠朝~ (3, 0.0%)

1 がふと, の備え, の子

▼ 守忠真~ (3, 0.0%)

1 であつ, と三奉行, へ届けた

▼ 守忠精~ (3, 0.0%)

1 との間, は蘭方, は蘭方医

▼ 守忠隣~ (3, 0.0%)

1 が幕府, のむす, は相州小田原

▼ 守慶永~ (3, 0.0%)

2 の養女 1 は匙医半井仲庵

▼ 守政秀~ (3, 0.0%)

1 が家督, なるもの, は此

▼ 守新井白石~ (3, 0.0%)

1 にいいつけられ, のきびしい, は前

▼ 守~ (3, 0.0%)

1 といふ少, とかいふ少, に太郎左衛門

▼ 守村重~ (3, 0.0%)

1 が興っ, が離反, には何

▼ 守涼朝~ (3, 0.0%)

1 が, の家臣, の老

▼ 守皇子~ (3, 0.0%)

1 が反逆, の併有, の山部

▼ 守知宣~ (3, 0.0%)

1 という人, の帰国, の直

▼ 守~ (3, 0.0%)

3 の門

▼ 守~ (3, 0.0%)

1 に動員, の薄い, も打撃

▼ 守~ (3, 0.0%)

2 真人以来暫らく絶え 1 眞人以來暫らく絶え

▼ 守茂郷~ (3, 0.0%)

1 がそこ, は七十七歳, は三十一

▼ 守~ (3, 0.0%)

2 給ひ 1 て汝和歌

▼ 守~ (3, 0.0%)

1 広, 広左衛門大夫時, 貞から

▼ 守貞満~ (3, 0.0%)

1 が来, にご, も満身

▼ 守重喜~ (3, 0.0%)

1 が大阪表, の片足, もその後

▼ 守錢奴~ (3, 0.0%)

1 と稱, のさま, は決して

▼ 守長一~ (3, 0.0%)

2 というの 1 の方

▼ 守長年~ (3, 0.0%)

1 が斬り, なの, に預けられ

▼ 守関長~ (3, 0.0%)

1 がセラ, のチーキャブ, の取調べ

▼ 守~ (3, 0.0%)

1 のあたり, の中途, を降りかけた

▼ 守あり~ (2, 0.0%)

1 てその, 町奉行には

▼ 守お為筋~ (2, 0.0%)

1 について述べる, に関する覚書

▼ 守こそは~ (2, 0.0%)

1 実に人, 必ずや誰

▼ 守この方二度目~ (2, 0.0%)

2 の貼り紙

▼ 守これ~ (2, 0.0%)

1 にはグッ, に随従

▼ 守~ (2, 0.0%)

1 自身でした, 自身に

▼ 守さすが~ (2, 0.0%)

1 にあの, にあわて

▼ 守した~ (2, 0.0%)

1 のでこれ, のには

▼ 守そして~ (2, 0.0%)

1 柴田権六勝家などの, 格は

▼ 守~ (2, 0.0%)

1 あ変, まま暫らくは

▼ 守たった~ (2, 0.0%)

1 ひとり有明の, 一人に

▼ 守だの~ (2, 0.0%)

1 何だの, 側用人石川近江守の

▼ 守ちや~ (2, 0.0%)

1 んあたい, ん早く

▼ 守つて一度~ (2, 0.0%)

2 も六甲

▼ 守つて仏~ (2, 0.0%)

2 の前

▼ 守つて佛~ (2, 0.0%)

2 の前

▼ 守であろう~ (2, 0.0%)

1 が枉げて, とどちら

▼ 守とで~ (2, 0.0%)

1 もう一名, 編みだしたからくり

▼ 守とやらを~ (2, 0.0%)

1 討って, 討てと

▼ 守なぞ~ (2, 0.0%)

2 も戦

▼ 守なども~ (2, 0.0%)

1 いた, 席に

▼ 守なれ~ (2, 0.0%)

1 ばこそでした, ばこそ出来る

▼ 守によって~ (2, 0.0%)

1 引き上げられたという, 日光御

▼ 守に対して~ (2, 0.0%)

1 上役の, 無茶苦茶な

▼ 守に対してすら~ (2, 0.0%)

1 この笑い, そうである

▼ 守に対する~ (2, 0.0%)

1 ように, 欽仰の

▼ 守のみ~ (2, 0.0%)

1 内と, 相詰

▼ 守ばかり~ (2, 0.0%)

1 でなく並居る他, 書院へ

▼ 守よしひろ公~ (2, 0.0%)

2 より建てられた

▼ 守よりの~ (2, 0.0%)

1 内意を, 進物を

▼ 守よりも~ (2, 0.0%)

1 姿も, 娘子の

▼ 守~ (2, 0.0%)

1 売ッテ十一両モウケタガ, 見参ニ入

▼ 守一個~ (2, 0.0%)

1 の人物, の家臣

▼ 守上洛~ (2, 0.0%)

2 の記事

▼ 守中川佐渡守~ (2, 0.0%)

2 の領地

▼ 守~ (2, 0.0%)

1 の外, の策

▼ 守五万三十七石~ (2, 0.0%)

2 の城下

▼ 守以下~ (2, 0.0%)

1 の役人ら, の顔

▼ 守以外~ (2, 0.0%)

1 には一人, の諸人

▼ 守伊豆守殿~ (2, 0.0%)

1 と同道, へ御内

▼ 守~ (2, 0.0%)

1 にし, ゐ安全

▼ 守住さん~ (2, 0.0%)

1 で通っ, 御勘気

▼ 守何事~ (2, 0.0%)

1 か思いつかれた, やらん今

▼ 守~ (2, 0.0%)

1 が市中町法, に對

▼ 守信広~ (2, 0.0%)

1 が見えた, の二男

▼ 守信清~ (2, 0.0%)

1 と通じ, は織田一族

▼ 守信邦~ (2, 0.0%)

1 にも寵愛, は養子

▼ 守光綱~ (2, 0.0%)

1 が臨終, が自分

▼ 守光辰さ~ (2, 0.0%)

2 まであらせられます

▼ 守~ (2, 0.0%)

1 から父小左衞門, のところ

▼ 守六十八万石~ (2, 0.0%)

1 のお, の御

▼ 守~ (2, 0.0%)

1 続でしょう, 重ヲ用ヒキ

▼ 守勝重~ (2, 0.0%)

1 のこと, は閣僚中

▼ 守~ (2, 0.0%)

1 兄なる, 宰相は

▼ 守及び~ (2, 0.0%)

1 残余十三名の, 長兵衞

▼ 守同道~ (2, 0.0%)

1 とは何事, にて小石川

▼ 守~ (2, 0.0%)

1 のある, を宣り

▼ 守~ (2, 0.0%)

1 に揺られ, の節合

▼ 守喜毅~ (2, 0.0%)

1 です, にしん

▼ 守四十二万六千石浅野様~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ 守~ (2, 0.0%)

1 に近付いた, や城門

▼ 守大音~ (2, 0.0%)

1 に寶澤待, に飴色網代

▼ 守奥田宮内~ (2, 0.0%)

1 などに取り巻かれ, の二将

▼ 守~ (2, 0.0%)

1 と眼, におぶさる

▼ 守季忠~ (2, 0.0%)

1 が待っ, が黙礼

▼ 守宗冬~ (2, 0.0%)

1 である, などより気性

▼ 守宗孝~ (2, 0.0%)

1 の代, の時代

▼ 守定信~ (2, 0.0%)

1 とも対抗, の執政

▼ 守宿老~ (2, 0.0%)

1 の益田孫右衛門, の蔵光正利

▼ 守富さん~ (2, 0.0%)

1 が温厚そのもの, の家

▼ 守小笠原敬太郎~ (2, 0.0%)

1 がわざわざ, は吉川視学

▼ 守~ (2, 0.0%)

1 政と, 政青山大膳亮幸利板倉周防守重宗稻葉丹後守正勝尾張家附成瀬隼人正紀伊家附安藤帶刀大目附柳生但馬守宗矩秋山修理亮水野河内守加

▼ 守川波~ (2, 0.0%)

2 新左

▼ 守師冬~ (2, 0.0%)

1 が東国, に出逢った

▼ 守広之~ (2, 0.0%)

1 と申され, はその

▼ 守役宅~ (2, 0.0%)

1 で宣告, へ上意

▼ 守~ (2, 0.0%)

1 にバッテーラ, の紳士

▼ 守忠吉~ (2, 0.0%)

1 という老人, は自ら

▼ 守忠挙~ (2, 0.0%)

1 が片手, と家老

▼ 守忠方~ (2, 0.0%)

1 の娘, の家来屋代某

▼ 守忠邦~ (2, 0.0%)

1 の沙汰, は天保十四年閏九月十三日

▼ 守思わず~ (2, 0.0%)

1 大きな声, 真剣に

▼ 守~ (2, 0.0%)

1 にニッコリ, に思い立っ

▼ 守手付き~ (2, 0.0%)

1 の作三郎, の用人中

▼ 守~ (2, 0.0%)

1 さんといふ, 廬と

▼ 守推返~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 守政利~ (2, 0.0%)

1 に論語, は四十七歳

▼ 守政岑~ (2, 0.0%)

1 というの, は分家

▼ 守政憲~ (2, 0.0%)

1 が九郎右衛門等三人, が入っ

▼ 守政義~ (2, 0.0%)

1 が加, の洋行

▼ 守敬先生~ (2, 0.0%)

1 であった, で伊太利

▼ 守斉護~ (2, 0.0%)

1 の四子寛五郎, の子

▼ 守斉賢~ (2, 0.0%)

1 である, の代

▼ 守斉隆~ (2, 0.0%)

1 が卒, と云

▼ 守有馬玄蕃頭上屋敷三田通り~ (2, 0.0%)

2 の一角

▼ 守~ (2, 0.0%)

1 は父, を呼ん

▼ 守~ (2, 0.0%)

2 大学頭

▼ 守樣御上屋敷~ (2, 0.0%)

1 だ, に仕へ

▼ 守樣御屋敷~ (2, 0.0%)

1 などはどう, に屆

▼ 守正邦~ (2, 0.0%)

1 が下野国宇都宮, の季

▼ 守歿後ドサクサ紛れ~ (2, 0.0%)

1 に三万六千両, に三萬六千兩

▼ 守殿久八~ (2, 0.0%)

1 に申さる, を見られ

▼ 守殿出座~ (2, 0.0%)

1 あつて願人花房屋, ありて

▼ 守殿出座有~ (2, 0.0%)

1 て一同呼, て文右衞門

▼ 守殿初め~ (2, 0.0%)

1 御役人方, 御役人殘ら

▼ 守殿勘兵衞~ (2, 0.0%)

1 に對, を怪敷

▼ 守殿好み~ (2, 0.0%)

2 の細い

▼ 守殿家來~ (2, 0.0%)

1 は早々, へ同

▼ 守殿對面有~ (2, 0.0%)

1 て身分, に山住

▼ 守殿御屋敷~ (2, 0.0%)

1 へ入, 御玄關

▼ 守殿成~ (2, 0.0%)

1 程其方, 程然

▼ 守殿斯~ (2, 0.0%)

1 と聞, と聞給ふよ

▼ 守殿此體~ (2, 0.0%)

2 を見られ

▼ 守殿汝~ (2, 0.0%)

1 れ忠兵衞右樣, れ此上

▼ 守殿礑~ (2, 0.0%)

1 たと, と手

▼ 守殿顏色~ (2, 0.0%)

1 を變是, 宜しからず

▼ 守~ (2, 0.0%)

1 之の家來有竹某, 之の家来有竹某

▼ 守氏勝~ (2, 0.0%)

1 である, であろう

▼ 守氏家常陸介~ (2, 0.0%)

1 などへ急使, の三名

▼ 守氏輝~ (2, 0.0%)

1 が後藤基信, 既に危うき

▼ 守氏郷~ (2, 0.0%)

1 この処, といえ

▼ 守氏長~ (2, 0.0%)

1 の妻, も子息氏範

▼ 守氏養~ (2, 0.0%)

1 の鄰邸, の隣邸

▼ 守永珍~ (2, 0.0%)

1 の手勢, は弟

▼ 守~ (2, 0.0%)

2 猶混農

▼ 守清長~ (2, 0.0%)

2 の曾孫

▼ 守~ (2, 0.0%)

1 糺すべきなりとて, 顧みて

▼ 守秀龍~ (2, 0.0%)

1 とし, なり

▼ 守種信~ (2, 0.0%)

2 で西

▼ 守章広~ (2, 0.0%)

1 が陸奥国伊達郡梁川, の親戚

▼ 守綱紀~ (2, 0.0%)

1 が在国, はその

▼ 守~ (2, 0.0%)

1 恒の, 恒組美濃部伊織と

▼ 守総和~ (2, 0.0%)

1 は婿養子, は歌川豊国

▼ 守脇差~ (2, 0.0%)

1 を取出させ, を軽々しく

▼ 守~ (2, 0.0%)

1 が老, は学校

▼ 守舊保守~ (2, 0.0%)

1 の輩, 亦大切

▼ 守袋一つ~ (2, 0.0%)

1 の逞しい, ひっ背負ったの

▼ 守貞弘~ (2, 0.0%)

1 というの, という人

▼ 守貞直~ (2, 0.0%)

1 だった, を将

▼ 守資晴~ (2, 0.0%)

1 がたずね, が訪ね

▼ 守~ (2, 0.0%)

2 かな

▼ 守配下~ (2, 0.0%)

1 の与力, の與力

▼ 守重行~ (2, 0.0%)

1 という者, と往復

▼ 守鎮守府将軍~ (2, 0.0%)

1 として武勲, に任

▼ 守長政~ (2, 0.0%)

1 の手, は守

▼ 守阿部豊後守~ (2, 0.0%)

1 をはじめ, をはじめ若年寄り

▼ 守随さん~ (2, 0.0%)

1 に済みません, の話す

▼ 守随兵三郎~ (2, 0.0%)

1 が家康公, なる者甲府

▼ 守領分~ (2, 0.0%)

1 遠州榛原郡水呑村九, 遠州榛原郡水呑村千五百石

▼ 守~ (2, 0.0%)

1 を下, を少し

▼ 守頼盛~ (2, 0.0%)

1 のやしき, の母公

▼ 守~ (2, 0.0%)

1 を傾げた, を逆さま

▼ 守高向利春~ (2, 0.0%)

1 などいふ, を襲

▼1* [1339件]

あきれ申したわい, 守あたりの作刀, 守あの君子ぶった, 守いいけるは小熊右, 守いかにも先祖伝来の, 守いきなり宗匠の, 守いならぶ家臣たちへ, 守うちじにの, 守うるさいと言わぬ, 守おれおれにわたくしあれ, 守おん壺銘東雲宇津谷峠にて, 守お側つきの奥女中, 守お側御用お取次水野出羽守, 守お前の腕, 守かねがね不作法の, 守かの有名な, 守かように申した, 守がからめとられて, 守がときじく, 守きっと御引受け, 守きびしきために, 守くだって延享元年, 守ぐらいにはしてやるよ, 守ぐらゐのところであつたらうそんな話, 守ここを先途, 守こと槍垣の門徒共, 守こと病気のため, 守へけふ, 守さあこの次, 守さえ驚いたほどの, 守さっそく用人を, 守さっと蒼味走った, 守さまそれに外桜田, 守さま三浦左衛門尉さま結城左衛門尉さま内藤右馬允さま等のれい, 守さま内心おもしろくない, 守さま十万石の御, 守さま殊の外, 守しきりに苦念の, 守してるんす, 守しなければならなかつた, 守しばらくはまい, 守じっと宗匠の, 守じゃったな, 守すべきかの術, 守すました顔で, 守すれば則, 守せられている, 守そうでは, 守そこにおれ, 守その他の猛撃, 守その他何れも武勇, 守それからこの平淡路守, 守それにこの大石進, 守そろいそろった醜男が, 守や, 守ぞや又左, 守ただいま卒中にて, 守たちまち黒白ふたつの, 守たとえ相当の, 守たりその他相当の, 守だけでは, 守だけが帰邸した, 守だけを案内した, 守だって何だって, 守だわかるか, 守ちゃんの声, 守つたお旗下だ, 守つた事と取, 守つた人ではなかつた, 守つた仕事に疲れた, 守つた俊成は大きな, 守つた兵隊たちはま, 守つた君は, 守つた家筋である, 守つた巣も自分たち, 守つた後ひろ子に土, 守つた方がよ御座んす, 守つた時代から其, 守つた村君が亡びた, 守つた此ほの, 守つた江戸初期の武士, 守つた神を家々, 守つづいて勢州松平, 守つてあとあとよく孝養, 守つてあなたのまる, 守つてしまつたのである, 守つてすぎこし方, 守つてそつと傍観, 守つてそれをだ, 守つてそれぞれ分に応じ, 守つてやつた為, 守つて一年に一度, 守つて一毫乱れざる底, 守つて一毫亂れざる底, 守つて一生を送る, 守つて七歳の久高氏, 守つて三田がやつ, 守つて世の表面, 守つて中小屋加番の井伊, 守つて人格を尊重, 守つて人樣に迷感, 守つて今まであの, 守つて何か云, 守つて俺の計画, 守つて兎を待つ, 守つて其以外に臨時興行, 守つて其処此処の番所, 守つて其範圍内に他, 守つて冷然と蹲, 守つて功があつ, 守つて勉強した, 守つて北伐などを, 守つて呉といふ袖袂, 守つて嚴酷なる當局, 守つて四季ともに撩雑, 守つて園田に帰る, 守つて埼玉縣本庄驛まで行, 守つて夕飯を濟, 守つて天下の形勢, 守つて夫が其為, 守つて寂然として聲, 守つて山狩りをはじめた, 守つて常にさういふ, 守つて形跡を晦ました, 守つて彼の母, 守つて微動もしない, 守つて応急防備に多忙, 守つて愚に徹す, 守つて新劇が, 守つて日に輝い, 守つて明軍を撃破, 守つて朗らかな詩, 守つて毎日仏を拝む, 守つて水に由る, 守つて法治國の面目, 守つて流俗の外, 守つて独り其空想に沈ん, 守つて生につ, 守つて生涯を送る, 守つて画なら画, 守つて盃ばかりをあげ, 守つて神とモーセ, 守つて粛として見事, 守つて終りをまつたくする, 守つて肉食妻帶もしなかつた, 守つて自分達の破婚, 守つて自己を省みた, 守つて蓋をあけない, 守つて藤枝は小さい, 守つて讓らなかつた, 守つて貰ふ, 守つて質問に答, 守つて都へ上り, 守つて間違ひの, 守つて静かに歩い, 守つて頭白きまで, 守つて食物が少く, 守つて飽迄製作に従事, 守でござるが火急, 守でしたらちっともあわてず, 守とおたがい, 守ところにし, 守とさえ言えば, 守としての武田耕雲斎を, 守とて天が下の, 守とにが笑いを, 守どのお越しにご, 守どの三十二万九百五十石とはばか, 守どの其方昌次郎梅兩人不義致せしと, 守どの在宅なれば, 守どの弥右衛門尉どのなどお, 守どの御家中に申し入れる, 守なき後の, 守なぞのお下屋敷, 守などと入洛の, 守などとはそういう点, 守などとも昵懇に, 守などを招いて, 守などをも説き伏せて, 守ならそんな卑怯, 守なり天一坊の, 守なるべしと取沙汰, 守なんぞはどこを, 守なんてえ男, 守なんと返答した, 守における塚原小太郎という, 守にさえも訴えて, 守についての噂は, 守にとって斉彬を, 守にばかり口を, 守に対し燃え捨ての, 守に対してさえポンポン啖呵, 守ぬっと障子に, 守ねんごろに, 守のみは自ら高き, 守のやしきにて, 守はじめ二十四人が死罪, 守はやぐらを, 守ばかりか沢庵も, 守ばかりは義昭將軍に, 守ひと泡吹かせて, 守ふたりの口上伝令, 守ふと有村の, 守へでも行つてゆつくり遊ん, 守へは諫言は, 守ほか親族方も別室, 守ほどな荒武者, 守まで一時に, 守めがけて打っ, 守もう一人は, 守もるつもりだ, 守やら時偶代稽古などにも, 守ゆめにも知らない, 守よりは公儀へ, 守らさん孝子の車, 守ら二万余騎である, 守ら六人が老中酒井雅楽頭, 守りきんちゃく, 守をかへりみも, 守をめぐって影絵の, 守を通して頼みこめば, 守ガ与力神上八太郎ト云ウ者ト大談事, 守ガ備ヘヲバ突キ崩サレ一町バカリ引退ク処ヘ又, 守ガ山田奉行ヨリ長崎奉行ニ転役シタガソノ月水心子秀世ガ云イ人デ虎ノ門外桜田町, 守クスッと笑っ, 守クルリと膝, 守グット突っ込んだ, 守スルニ過ギザル者, 守ズカリとそれ, 守ソレ等の人, 守チラとかたわら, 守ッ子の云う, 守てゐる, 守テイヨから久しぶり, 守ハツと御請, 守ラバイヨイヨ彼等ヲ誇, 守リテ苟クモ行動ニ表裏アルヲ見, 守リデ海ヘ行クコトガ出来ナカッタ, 守リ官ハ従四位ヨリ以上ヲ望マズ, 守リ札ノ表面ニキイ, 守ルハ万人ニ具ハリタル天性ニシテ人情ニ近ケレバ, 守ルベシ大和田八郎次病気平癒ノ祈願致セシトコロ, 守ルヲ虚シュウスルハ長計ニ非ザル也, 守一さんだつて孝ちやん, 守一つ頷くと, 守一ひとりしかゐなかつた, 守一分二朱といつた, 守一揆の一隊, 守一矩に仕えた, 守一行の川渡り, 守一豊の弟, 守一軍をもっ, 守一門の末, 守七万石の御, 守見仙千代, 守三つというの, 守三万石の城下, 守三位卿などとともに昨年大阪表, 守三卿とともに息, 守三宅式部そのほか幹部たち, 守三枝新三郎長坂釣閑曽根内匠曽根喜兵衛三枝勘解由左衛門すなわち足軽大将, 守三浦ノ介, 守三浦左衛門尉結城左衛門尉内藤右馬允等供奉せしむ皆歌道, 守三浦彈正菅沼重兵衞渡邊對馬守熊谷次郎南部喜太夫等の面々打, 守三陣赤田信濃守四陣大野木大和守などの兵, 守上使に參, 守上坂兵庫助関入道万鉄いずれも頼みきったる, 守上杉伊豆岩松の禅師頼有, 守上泉秀綱の名, 守上田主水, 守上田周防守有馬出羽守町奉行には大岡越前守諏訪美濃守, 守下らないことを, 守下中士共とあった, 守下諏訪から和田, 守不慮の死, 守与力山路将監木下半右衛門等, 守閣下へとして, 守に老中, 守をのぞいた, 守中山遠江守ほか親族方も別室, 守中島日向守に就, 守中村文荷斎をし, 守中野碩翁等を宮廷, 守殿頭総, 守主従を襲っ, 守久世大和守土屋但馬守の諸侯, 守久保田助之丞, 守久儔堀の役宅, 守久安様など御門下衆, 守久徴の医官, 守久政公も御, 守久松豐前守稻生下野守御目附, 守久毛利勝永大蔵卿等之に殉じた, 守久野但馬守三浦彈正菅沼重兵衞渡邊對馬守熊谷次郎南部喜太夫等の面々打, 守乗佑の女, 守乗保の子, 守乗穏が大, 守乗薀の医官, 守乘穩が大, 守に伊賀, 守二三名も詰め, 守二両細川越中守一分二朱といつた, 守二人ながら立派, 守二階堂入道行二, 守井上主計頭土井大炊頭この四名連署, 守っとも来ない, 守亡きのちは, 守が敗滅, 守は駒井甚三郎, 守今日は殊に, 守を有したる, 守仕奉事顧, 守付きの組, 守仙千代又八郎信時などいずれ, 守出迎えて, 守令顔を承け, 守以下数十人河内発向藤井寺に陣, 守以前の十五代, 守以来上朝廷に下, 守仲時らがことごとく, 守仲時以下糟谷三郎宗秋そのほか都合四百三十二人, 守のもと, 守任同行だつたの, 守伊東前司, 守伊賀守周防守であったもの, 守会津侯その他わずか数名, 守伴光行飛騨守藤原辰忠上野介藤原厚載武蔵守高向利春, 守伴忠行は盗, 守伴龍男の従者吉弥侯広野, 守位清という者, 守低頭して, 守の本姓, 守佐藤駿河守水野亀助石尾与兵衛尉竹中貞右衛門尉の六人, 守と思った, 守何某の随身, 守作事奉行の大井, 守依田大膳亮南條山城守など三万余騎, 守依願帰国被仰, 守の家臣, 守俊次に仕えた, 守保之か, 守信保である, 守信元は知多郡, 守信勝であった, 守信博と対面, 守信古の給する, 守信吉が北条氏, 守信容の叔父, 守信寿の世, 守信尹を使, 守信幸に賜った, 守信忠の屋敷跡, 守信房先鋒として部将穴山陸奥守梅雪, 守信房内藤修理昌豊山県三郎兵衛昌景等はこれ, 守信政に召し抱えられ, 守信昌信綱信虎を経, 守信明は長沢松平, 守信景の勇力, 守信母は堀越城主武田重信, 守信清様に仕え, 守信照と生駒八右衛門, 守信直等馳合せて, 守信睦のため, 守信秀沃饒の地, 守信綱侯より鷹司関白家, 守信綱公で贈られる, 守信義の五女, 守信茂はたしか, 守信邦様と申せ, 守信長と刻, 守信順が封, 守修理亮出雲守三浦左衛門尉結城左衛門尉内藤右馬允等供奉せしむ皆歌道, 守候者を彼是惡名, 守に言上, 守假令大坂御城代并, 守傳吉に向, 守僅か二三千騎をもって, 守は江戸表, 守儀先生のご, 守元氏のごとき, 守先生が当, 守光和が病気がち, 守光正が家來前田五郎八, 守光治というもの, 守光秀様らしくも, 守光行の医官, 守光辰さまですまだ, 守の奉公, 守を合し, 守入府の通知, 守入沢五右衛門すなわち飛騨先方衆, 守入道一鉄であった, 守入道道三はその, 守入道道西ほか士分二十余名荷駄足軽の供数十人, 守入道道西神保若狭同八郎右衛門, 守六万石の城下, 守六十万石の大, 守六十二歳の内室, 守六月任に至ら, 守其の装で, 守其他五六人の大名達, 守其変を不, 守其役人斬仲章之首, 守其金子は何程, 守具簡でお, 守典厩武田信繁もいた, 守兼丹後守になる, 守兼光らなど指, 守兼定であった, 守兼左京大夫である惟光, 守内藤修理亮土屋右衛門尉横山備中守金丸伊賀守ら二万余騎である, 守内藤修理正山県三郎兵衛高坂弾正小山田弥三郎甘利三衛尉栗原左兵衛今福浄閑土屋右衛門尉秋山伯耆守原隼人佐小山田備中守跡部大炊介小宮山丹後すなわち御, 守内藤清成加賀爪甲斐守の軍兵, 守内証で神月, 守冰人と成, 守出来るだけ大きく, 守出現以前の爛れ切った, 守出石の仙石左京, 守は浪游, 守初めて短檠の, 守初め四人の公卿, 守別所信濃守の造営奉行, 守利常加藤左馬助嘉明, 守刺史に封ぜん, 守前波新八郎, 守前田又左衛門, 守前田利常公がある, 守の武蔵, 守劉焉のもと, 守劉璋は無性, 守加役として宮崎若狭守, 守加藤駿河守浦野民部などまで傷, 守加賀中将斉広は大志, 守勝俊も大阪陣大和口, 守勝信の居城, 守勝成は, 守勝豊並にその, 守勝豊以下を率い, 守勝静は老中, 守勝麟太郎一行のうち, 守勢力として有力, 守北条茂時二階堂ノ入道出羽守, 守北町奉行榊原主計守二人ながら立派, 守北畠顕家をし, 守医道の心得, 守十七万石の城下, 守十万石の所領, 守十二万石の家, 守十五万石その藩中, 守南方衆ヲ引率シ, 守は学法相, 守印東忠介東京貴石倶楽部の松沢平吉, 守即今日の久松伯爵家, 守原隼人佐小山田備中守跡部大炊介小宮山丹後すなわち御, 守去って以来, 守參上仕つるべし迚退, 守參候外御役人, 守及容堂の非常, 守反逆顕然無道至極今更申, 守受けてこれ, 守の利けない, 守賢廬壁間留得林檎影知是千秋不朽書, 守只一人殘て手持, 守只今討死と告げる, 守や古墳, 守吉のよりも巧み, 守吉井七之丞, 守吉保の封ぜられ, 守吉俺はケチ, 守吉村が子, 守吉清は葛西, 守吉煩せえ, 守吉近は式部, 守同苗半左衛門, 守同道參上仕り御, 守名和長年は, 守否汝は然, 守周防守であったもの, 守呼応して, 守問いければ, 守四代の町奉行, 守四十二万六千石有難え, 守四方田但馬守村上和泉守三宅式部そのほか幹部たち, 守四陣大野木大和守などの兵, 守乏の, 守の, 守土屋但馬守の諸侯, 守土岐丹後守井上河内守大目附には松平相摸守奧津能登守上田周防守有馬出羽守町奉行, 守在原棟梁の女, 守坂下あたりまでも皆, 守城代たり, 守城側の士気, 守堀口美濃守貞満も満身, 守堀田相摸守大岡越前守神尾若狹守是なり然るに, 守堅攻鋭且才思敏捷, 守報告文に, 守塚原卜伝柳生十兵衛荒木又右衛門などの剣客等, 守をかけた, 守外記及び三好長慶, 守寧故, 守大きに悦び明日, 守大久保権右衛門などと共に自分, 守大久保長安は悪夢, 守大伴古慈悲, 守大伴家持などと歌, 守大目附には松平相摸守奧津能登守上田周防守有馬出羽守町奉行, 守大膳正が自ら検分, 守大野木大和守その他何れも武勇, 守大音上次右衞門三五郎暫待と呼, 守天平五年の沈痾, 守太田若狭守それからこの, 守夫婦は竜, 守奥田宮内諏訪飛騨守御牧三左などの諸, 守奥田左衛門三宅藤兵衛今峰頼母, 守妻木主計藤田伝五などの将, 守委しく承ま, 守委細承知し則, 守などが皆このごろ, 守媒酌となり, 守嫡子運之助, 守子どもの遊び場, 守存保が坐し, 守孝高ニ会ヒ給ヒ其手ヲ取, 守季時さま秋田城介景盛さま隠岐守行村さま大夫尉景廉さま以下の御家人, 守守信が市中町法, 守安元の養子, 守安藤伊賀守氏家常陸介の三名, 守安藤対馬守太田若狭守それからこの, 守安部弥左衛門の家, 守安部豊後守をはじめ, 守宗于が郎等, 守宗孝侯でございました, 守宗孝薬用叶わず卒中, 守宗教を殺害, 守宗珠宗悟紹鴎が風, 守宗発の上邸, 守宗矩どのは徳川家, 守宗矩公がご, 守宗矩折柄有馬玄頭邸で能楽, 守宗矩様は関ヶ原, 守宗茂は七十二歳, 守宗音入道と称し, 守官吏火を以て其體, 守定信侯このお方以外ほか, 守定信侯これは田沼様, 守定勝公に桑名, 守定永であつ, 守宝山あって, 守宣紀に任用, 守宮本丹後守等三百余人が平野, 守家中一同揃って, 守家來と呼, 守家來共只今承ま, 守家來吉住求馬と申す, 守家來松本理左衞門, 守家來柴田文内と吉住求馬, 守家來石川安五郎と申者樣子有, 守家厳の嫡男, 守家村が諏訪神社, 守家来で父, 守家来何の某, 守家来吉住求馬と申す, 守家来柴田文内と吉住求馬, 守家直入道長威斎が開いた, 守家直入道長威斎剣法中興の祖, 守家督を繼, 守家義の守っ, 守家老職のご, 守富永伯耆守など今川軍, 守寺社奉行には黒田豐前守小出信濃守土岐丹後守井上河内守大目附, 守対神尾主膳の取組み, 守の同母弟, 守尊者はエンデリウス尊者, 守小出信濃守土岐丹後守井上河内守大目附には松平相摸守奧津能登守上田周防守有馬出羽守町奉行, 守小出播磨守などへも, 守小屋に起居, 守小山田備中守諸角豊後守が住ん, 守小幡三河守すなわち武蔵先方衆, 守小林瑞周軒魚住左衛門尉を先頭, 守小田原の人数, 守小笠原若狹守水野山城守堀田相摸守大岡越前守神尾若狹守是なり然るに, 守小舎のうち, 守少し甘口で, 守少しく頭を, 守山中長俊のとり, 守山吉孫二郎色部修理安田治部などが喚きかかる, 守山岡鉄太郎石坂周造安積五郎清川八郎金子与三郎それに島田虎之助, 守山本道鬼小笠原若狭などの名だたる, 守山県三郎兵衛城織部もここ, 守山角上野介福島伊賀守山角紀伊守依田大膳亮南條山城守など三万余騎, 守山角紀伊守依田大膳亮南條山城守など三万余騎, 守岐阜城の物頭早川大膳, 守岡部駿河守らをはじめ奸吏ども数多くこれ, 守岩城播磨守お側御用お取次水野出羽守, 守岩城播磨守それにお側御用, 守岩室重休などの三百余人, 守岩瀬加賀守荒尾但馬守筒井和泉守四代の町奉行, 守は小笠原家, 守左団次の伊賀, 守師泰なり, 守師盛の子, 守師盛たちは泣きまどう, 守師盛武蔵守知章蔵人大夫成盛大夫敦盛十人と云う, 守師親が江の川, 守忍の, 守平伏して, 守平岩七之助駒井右京など二州, 守平田壱岐守が新手, 守平素の剛愎, 守平経正等を主将, 守平頼盛の家人弥兵衛宗清, 守幸豐公齡わづか, 守幸豐君御手, 守広明に至った, 守の人, 守であるわ, 守当年九十一蔵に至る, 守当年八十三という老人, 守当社を信仰, 守役儀と有, 守彼式而異之族一人而無之, 守後基を招きよせ, 守徐兢高麗に使, 守御前へよろしく, 守御家來磯中三五郎殿行つて訊ねて, 守御牧三左などの諸, 守御牧三左衛門荒木山城守四方田但馬守村上和泉守三宅式部そのほか幹部たち, 守御老體御迷惑とは, 守微笑を含ん, 守心付なり然, 守必死に一風, 守志摩徳兵衛の手代, 守志水長尾伊賀坂戸山城ヘ入, 守応挙に云々, 守応接所警衛仰付けられ修理儀, 守忠光は忠邦, 守忠利殿御事妙解院殿同肥後守光, 守忠利法名を妙解院台雲五公居士, 守忠勝松平下總守忠弘永井信濃守尚政, 守忠告が里恵, 守忠和の邸, 守忠善の臣, 守忠嗣へ預替, 守忠弘水の垂れる, 守忠弘永井信濃守尚政, 守忠弘詰め腹を切らされる, 守忠恕という人, 守忠愛の預, 守忠房島原城主として四万石, 守忠政は元和三年, 守忠教但馬守経政若狭守経俊淡路守清房尾張守経貞備中守師盛武蔵守知章蔵人大夫成盛大夫敦盛十人と云う, 守忠昌が城中, 守忠昌出羽守直次, 守忠明の側近, 守忠栄の一番手三百三十余人, 守忠民の邸, 守忠相丸に向, 守忠相人を避け, 守忠相山田の時代, 守忠相急に何ごと, 守忠相手にした, 守忠綱という人, 守忠縄というもの, 守忠興入道宗立三斎殿御事松向寺殿を始, 守忠邦八文字に開いた, 守忠邦静かに門, 守忠郷が二十五歳, 守忠長はすぐ, 守忠雅の口達, 守忠頼の嫡子, 守忠高の四男, 守急病で惱, 守恐れながら言葉を, 守暫しと, 守惟賢で八島, 守意地の悪, 守をすすめ, 守愚楽吉宗公の三人, 守感涙肝に銘じ, 守んで答ら, 守の臣朝川善庵, 守慶徳に嫁, 守憲秀という者, 守成島柳北を始め, 守戦主義の参謀, 守戸川肥後守岡越前守花房助兵衛の四老, 守戸田内膳堀田信濃守松平備後守板倉伊賀守らからその, 守戸田山城守水野和泉守若年寄には水野壹岐守本多伊豫守太田備中守松平左京太夫, 守房子の一週忌, 守になら, 守手付の用人伴市太郎, 守手斧や木くず, 守手疵養生不相叶致死, 守點頭私し, 守打ち案じたが, 守は当, 守披露役は酒井雅楽頭, 守拙かった, 守するであろうと, 守持根拠する所, 守のしな, 守指揮官勝麟太郎をはじめ, 守推參仕まつり候御取次, 守支配天文方見習御書物奉行兼帯渋川六蔵, 守改易の罪, 守放還の命, 守政令に聘せられ, 守政懿雁木坂の四加番, 守政景が大, 守政清が主膳高清, 守政秀公父祖代々の領地, 守政親組飯田四郎左衛門良清に嫁, 守政重の弟, 守教春もその, 守敦信は先代, 守敬氏大熊氏廣氏などいう, 守正にあずけ, 守正家来伊東玄朴, 守斉孝の次女徒, 守斉広卿の代, 守斉正の夫人盛姫つまり将軍家定, 守斉訓の医官田中淳昌, 守斎藤弥九郎桃井春蔵伊庭軍兵衛と名声, 守斎藤掃部助関口越中守などもいた, 守新九郎が苦節, 守新田義貞へ熱, 守新里宮内少輔二人, 守早くも半身, 守早速はせ, 守昌寿が去年十一月, 守昌章の上屋敷, 守明一人を取り立て, 守星マリヤの讚歌, 守星前の世, 守星幸かれと, 守星聖母はその, 守を待つ, 守曲淵公に従, 守曲淵甲斐守根岸肥前守などいう, 守更に手懸なく, 守曽根下野守小山田備中守諸角豊後守が住ん, 守月姫宮をいで, 守鎭と, 守有時右馬ノ頭茂時, 守有馬出羽守町奉行には大岡越前守諏訪美濃守, 守朝矩が来, 守木村常陸介熊谷大膳亮の三人, 守の子, 守本多伊豫守太田備中守松平左京太夫御側, 守杉山主殿, 守村上和泉守三宅式部そのほか幹部たち, 守村重謀叛という報, 守東町奉行井上駿河守西町奉行稲垣淡路守この三人, 守松平備後守板倉伊賀守らからその, 守松平右京太夫稲垣対馬守そして格, 守松平和泉守松平左衛門佐御親類, 守松平壱岐守等以下の二千余騎, 守松平定行が封ぜられ, 守松平左京太夫御側, 守松平左衛門佐御親類, 守松平肥後守が連署, 守松平越中守松平肥後守が連署, 守松平越前様の門, 守松本兵部すなわち西上野先方衆, 守板倉伊賀守らからその, 守板倉左近らを説得, 守柏小関大学の二人, 守に嫁, 守柿崎和泉甘糟近江守長尾遠江などいわゆる, 守桜井安芸守すなわち城内公事奉行, 守榊原七郎右衛門同大膳, 守榊原七郎右衛門同大膳などがいた, 守では高橋, 守様たちいよいよ手強く, 守様はじめ高位の方々, 守様上屋敷にまかり出, 守様井上大膳亮殿これらがみんな壺, 守様出役だ, 守様出雲守様ときたひ, 守様前を突っ切る, 守様同病あいあわれむでそんな, 守様家臣じゃこの, 守様寛政御改革, 守様山城守様などと共に天一坊, 守様御免の相撲場, 守様御前へ, 守様御身寄にご, 守様折り紙つきという一条, 守様望みが大き, 守様田沼に代わり, 守様直々にお, 守様自らお調べ, 守様讃岐守様山城守様などと共に天一坊, 守樣お前も知つて, 守樣ぢや, 守樣上小川町の御, 守樣十萬石の御, 守樣小梅の寮, 守樣御出ニ付八ツ頃再ビ出動, 守樣御名前も引合, 守樣御奉行所へ夫道十郎儀病中御召捕, 守樣御家中岸本誠太郎妻初とな, 守樣成程確固, 守樣江戸御留守居, 守へ転がせ, 守横丁荒木横丁忍原横丁地蔵横丁お仮屋横丁, 守橘公廉のごとき, 守次郎などいふ, 守正睦のあつらえ, 守此儀惡かるべきやと, 守武井夕菴そのほか柴田, 守武井夕菴明智十兵衛などの顔, 守武田江馬渋谷狩野などの諸, 守武蔵と三名, 守死んだものを, 守殿おん壺春日野の銘, 守殿これはむろん, 守殿その後は一向, 守殿たちを驚かせました, 守殿め男を振る, 守殿イヤ夫は拷問, 守殿コリヤ平左衞門, 守殿コリヤ久兵衞今其方, 守殿コリヤ久兵衞其金子は市之丞, 守殿コリヤ五郎藏其方の妻, 守殿コリヤ憑司只今聞通りにて裾, 守殿コリヤ長庵然ら, 守殿コレ主税之助, 守殿コレ勘太郎汝は惡黨, 守殿ジツと九助, 守殿ソレ縛れとの, 守殿一應お政, 守殿一應糺問の上桝屋久藏, 守殿一通り忠兵衞が妻, 守殿一通申立よと有し, 守殿三五郎の妻, 守殿不審に思はれ, 守殿中仙道筋を上り道中, 守殿主税之助, 守殿二人の者, 守殿二人共多分存命, 守殿京橋口の御, 守殿仕立は雨, 守殿以來大鹽, 守殿仰せには其方, 守殿佐十郎を呼, 守殿何ぢや平, 守殿何源次郎其方妻は右, 守殿假令弟十兵衞が何と, 守殿傳吉を見られ, 守殿兎も角, 守殿兩人共默れと, 守殿其は一應, 守殿其事故は先日, 守殿其人物を御, 守殿其八五郎とは先達て八丈島, 守殿其多兵衞と申者商, 守殿其方は母, 守殿其方共一同是, 守殿其方歳は何歳, 守殿其願山と申者, 守殿兼て目, 守殿内検地詰存外の上, 守殿出席有て訴訟人越後高田領百姓憑司, 守殿初め重役の面々各々手水, 守殿則ち伊賀亮, 守殿前と申しまし, 守殿医師嵐山某え縁談, 守殿十二間につくり, 守殿十右衞門に向, 守殿只今に相成, 守殿吉兵衞に向, 守殿吟味に及ばれし, 守殿否とよ願, 守殿否さ幾日頃に文右衞門方, 守殿否其儀は猶, 守殿否其方は町内, 守殿否是には何, 守殿吾助が面體, 守殿呵々と打, 守殿大坂御城代, 守殿大岡越前守御同道, 守殿大岡越前守殿公事方勘定奉行駒木根肥後守殿筧播磨守殿御目付杉浦貞右衞門殿浦井權九郎殿出座あり大岡殿正面端近く, 守殿大目付有馬出羽守殿御目付松浦與四郎殿を始め評定所留役, 守殿大音揚汝れ長, 守殿天一坊の事, 守殿奉書を下され, 守殿女の初心, 守殿委細尋問有りしかばお專一, 守殿姿具しての, 守殿寺社奉行より掛合, 守殿寺社奉行黒田豐前守殿大目付有馬出羽守殿御目付松浦與四郎殿を始め評定所留役, 守殿尋問らる, 守殿小夜衣の方, 守殿工夫有つて, 守殿左の方, 守殿左樣に知る, 守殿并に老中方, 守殿店先に赤提灯廻燈籠, 守殿彦兵衞に向, 守殿役宅にては間, 守殿役所へ罷, 守殿御出なり其席, 守殿御壺銘福禄寿日坂宿手前菊川べりにて, 守殿御家中から云々, 守殿御家督に候, 守殿御役屋敷を指, 守殿御役所へ引渡, 守殿御目付杉浦貞右衞門殿浦井權九郎殿出座あり大岡殿正面端近く, 守殿御目附御番衆列座, 守殿御聞有て成, 守殿御身上に較べ, 守殿御領分水呑村名主九助妻節并, 守殿御領分水呑村百姓名主九助一件, 守殿微笑ながら如何にも, 守殿心の中, 守殿心中に何程佞奸無類, 守殿思案の上, 守殿憑司を見られ, 守殿戸田山城守殿水野和泉守殿若年寄衆は水野壹岐守殿本多伊豫守殿太田備中守殿松平左京太夫殿等, 守殿所司之時分, 守殿打聞れ扨, 守殿承知仕つるとて, 守殿拙者儀は妾腹, 守殿文藏を見られ, 守殿早我は娘, 守殿暫時考られコリヤ九, 守殿最初假牢へ入, 守殿本多伊豫守殿太田備中守殿松平左京太夫殿等御相談, 守殿松平左京太夫殿等御相談, 守殿松平左近將監殿酒井讃岐守殿戸田山城守殿水野和泉守殿若年寄衆は水野壹岐守殿本多伊豫守殿太田備中守殿松平左京太夫殿等, 守殿歎願により羽州由利郡矢島, 守殿此一件は容易, 守殿此事を聞込, 守殿此由を聞, 守殿此趣きを聞, 守殿此長庵を一目, 守殿水野和泉守殿若年寄衆は水野壹岐守殿本多伊豫守殿太田備中守殿松平左京太夫殿等, 守殿汝等知らざれば, 守殿熟覽有て長, 守殿男子を診, 守殿町奉行には松平日向守殿鈴木飛騨守殿, 守殿留守居始め郡奉行代官等今度吟味掛り, 守殿番頭夏目五郎右衞門より差出し, 守殿疵所は如何, 守殿白洲を見られ, 守殿目安方に建部郷右衞門伴佐十郎兩人, 守殿石川近江守殿寺社奉行黒田豐前守殿大目付有馬出羽守殿御目付松浦與四郎殿を始め評定所留役, 守殿種々吟味ありしか, 守殿稲葉能登守殿も御歌, 守殿而て又, 守殿聞屆けられ早速, 守殿聞置たりとの, 守殿聲高によく, 守殿能こそ有, 守殿自らこの趣, 守殿芙蓉の間, 守殿若年寄大久保長門守殿石川近江守殿寺社奉行黒田豐前守殿大目付有馬出羽守殿御目付松浦與四郎殿を始め評定所留役, 守殿若年寄石川近江守殿同黒田豐前守殿, 守殿若年寄衆は水野壹岐守殿本多伊豫守殿太田備中守殿松平左京太夫殿等, 守殿莞爾と笑, 守殿落手致され一通り糺問, 守殿藩中へ行一別以來, 守殿調にて無, 守殿越前守同道にて小石川, 守殿近習太田幸藏を呼ばれ, 守殿通行の途中, 守殿進出て申されける, 守殿郡奉行へ願書, 守殿鈴木飛騨守殿大番頭松平采女正殿設樂河内守殿御目附, 守殿長八が眞實, 守殿門とは去年, 守殿願ひ人, 守殿首がなく, 守殿馬丁には慥, 守殿高らかに刑罰, 守殿高聲にコレ段右衞門左右, 守殿髷の舞台香, 守毛受勝介佐久間玄蕃允など万夫不当, 守毫も案思不申但, 守氏家常陸介らがあり, 守氏春である, 守氏経二男三郎四郎老臣では大高金右衛門, 守氏蜷川氏より来信, 守氏邦の守りたる, 守氏長さまのおきせ, 守が気, 守水彦土彦という三名, 守水野和泉守若年寄には水野壹岐守本多伊豫守太田備中守松平左京太夫, 守水野監物滝川左近などの岐阜, 守永井信濃守井上主計頭土井大炊頭この四名連署, 守をここ, 守江戸に參覲, 守江田額田烏山羽川里見岩松武田などの宗徒, 守などの手勢すべて, 守沢羽川一の井, 守沢額田世良田羽川一の井, 守治太夫の頭, 守治定の供, 守波賀伊像守山角上野介福島伊賀守山角紀伊守依田大膳亮南條山城守など三万余騎, 守津田雅楽助山岡主計頭前田主水正, 守でただ, 守浅井田宮丸津川玄蕃滝川三郎兵衛の四名, 守浅野弾正などが寄りあっ, 守浅野美濃守へも挨拶, 守浦賀奉行戸田伊豆守等ガ衝ニ当ツテ応接セル所ナリ, 守海賊係の人々, 守淡路守に任せ切りで, 守深田城主織田左衛門尉等と通じ, 守添役には立花出雲守, 守不食葷, 守清房尾張守経貞備中守師盛武蔵守知章蔵人大夫成盛大夫敦盛十人と云う, 守清氏叛逆の事, 守清盛に時勢, 守清直の鉄砲洲十間町, 守であること, 守渡辺飛騨守石河東市正志水甲斐守歴々年功の家来, 守測候所の人々, 守源次郎其節川上に男女, 守源資晴殿引き續いて, 守源長明という者, 守源頼義その子義家, 守溜間詰の大久保加賀守, 守滝川豊前守, 守漸進の大事, 守澤本徳兵衞中邑忠平, 守為時とて才有, 守さきでなおしながら, 守にも相成まじき, 守父三斎隠居の身, 守牧野備中守岩城播磨守お側御用お取次水野出羽守, 守の上手, 守長庵, 守に馳驅, 守瓜生保綿打ノ入道義昭, 守甘利左衛門尉相木市兵衛小畑山城守など続々, 守甘糟近江守の三人, 守甚だ力むと, 守用人三浦七兵衛から豊後守, 守用人共へ此書状, 守申さるには夜中, 守申す事は, 守申上候は昨日, 守申付には天一坊樣, 守申渡す樣は, 守申談京都町餌指之儀, 守町奉行勘定奉行鳥居甲斐守松平美作守支配天文方見習御書物奉行兼帯渋川六蔵, 守の上, 守畠山阿波守細川顕氏などは先, 守當御役宅へ參, 守病中引籠の機会, 守でやたら, 守登喜子君も当時, 守登営に及び, 守と平伏, 守白足袋の爪さき静か, 守百姓愁訴願ひ奉つる, 守之は正徹, 守盛忠を呼ん, 守盛豊の子, 守直々におい, 守直に夫へ, 守直伝の秘法, 守直家を輔佐, 守相続人として明日, 守相續人として明日, 守といへる, 守真田信之は徳川家康, 守なく鼻, 守知幸といっ, 守知幸現在の殿さま, 守知章蔵人大夫成盛大夫敦盛十人と云う, 守石山本願寺の勢, 守石河佐渡守志水甲斐守渡辺飛騨守の年寄衆, 守石河東市正志水甲斐守歴々年功の家来, 守神亀三年頃筑前守天平五年の沈痾, 守禦之事を説, 守禮門を通つて東, 守秀勝は信長, 守秀吉あたりから後, 守秀吉ズカズカと大股, 守秀吉安土へ上府す, 守秀用鈴木三郎太夫重長麾下に属せざる, 守秀衡入道は上人, 守秀郷入道は上人, 守秀重の一子, 守秀長奉行をなせり, 守秘蔵の娘, 守種景之墓, 守稲荷があっ, 守稲荷様に凝っ, 守稲葉伊予守氏家常陸介などへ急使, 守稲葉伊予守氏家常陸介らがあり, 守稲葉美濃守久世大和守土屋但馬守の諸侯, 守稲葉能登守中川佐渡守の領地, 守稻生下野守御目附, 守稻荷樣に凝, 守稻葉能登守中川佐渡守の領地, 守稽古半に而相止申間敷, 守突き倒されて直ぐ, 守立ての為, 守符蛇の害, 守一の, 守等これを不安, 守等ガ衝ニ当ツテ応接セル所ナリ, 守等三百余人が平野, 守等以下の二千余騎, 守等大将分多く討死した, 守等骨を砕い, 守筑後柳川の大石進, 守筒井和泉守四代の町奉行, 守筧播磨守久松豐前守稻生下野守御目附, 守節十七年可立も名, 守篤明といい, 守の間, 守米倉丹後守安藤対馬守太田若狭守それからこの, 守精妙の剣, 守紀淑人の訴文, 守細川侯ばかりは泰然, 守細川越中守上田主水, 守細川顕氏などは先, 守組同心相場半左衛門, 守組與力なるが, 守組與力堀十左衞門片岡逸平なり奉行日向守申付, 守経俊淡路守清房尾張守経貞備中守師盛武蔵守知章蔵人大夫成盛大夫敦盛十人と云う, 守経政若狭守経俊淡路守清房尾張守経貞備中守師盛武蔵守知章蔵人大夫成盛大夫敦盛十人と云う, 守経貞備中守師盛武蔵守知章蔵人大夫成盛大夫敦盛十人と云う, 守継高の養子, 守の二臣, 守綱利と黒田右衛門佐光之, 守綱利自身も老職一同, 守綱宗公はおと年, 守綱紀以来大廊下詰, 守綱貞が町奉行, 守綿打ノ入道義昭ら, 守總恆の組, 守總恆組美濃部伊織と云つて, 守織田九郎次関十郎数千の兵, 守織田彦四郎松田兵部大夫などが引き続き, 守繼高の手, 守美作勝山の三浦志摩守, 守美濃部筑前守中野碩翁等を宮廷, 守羽仁越中守同将監, 守老中間部下総守林大学頭, 守を散ぜしめぬ, 守職田二町稲に准, 守育て傾き掛った身代を, 守之は沼田七人衆, 守能登ノ介, 守脇差産衣樽肴を父利安, 守自ら安ぜんとせる, 守自ら鑓をとっ, 守自身捕縄をたずさえ, 守自身麻上下に着換え, 守自重せん事, 守興建の奥, 守の道, 守舊思想を打開, 守舊派其勢力を恢復, 守舊的であつ, 守浮けます, 守艦長木村摂津守と云う, 守花房助兵衛の四老, 守苑人美女を見, 守茂政の家老, 守荒尾但馬守筒井和泉守四代の町奉行, 守荒木村重はそうした, 守菊五郎の天一坊, 守菊池半助, 守萩野彦兵衛並河掃部助などみな, 守蒲生忠三郎の備え, 守蔵人は従五位下常陸介朝宗どの, 守蔵人王に白, 守蔵神が緋衣, 守藐姑射の刀自, 守藤原慶邦篆額大槻磐渓撰文とある, 守藤原時善や紀伊守橘公廉, 守藤原辰忠上野介藤原厚載武蔵守高向利春, 守虎定は今, 守虎義は傍, 守蜂須賀侯家中で勘定方, 守蝸牛氏ほか数氏が後継者, 守血判取り以上の成績, 守行光の山庄, 守行光今日の行事, 守行光奉行として其沙汰, 守行列の眞, 守行村さま大夫尉景廉さま以下の御家人, 守衞たちがわいわい, 守衞勵まし呼びて, 守衞達が階下, 守衞長から盆, 守衣類をあらためて, 守袋それが出た, 守袋巾着もありましょう, 守からぼろ, 守は何, 守覚法親王といったよう, 守親広さま左衛門大夫時広さま前駿河守季時さま, 守記貞治三年六月十四日条に祇園, 守詮勝とから五人扶持, 守諏訪飛騨守奥田宮内などに取り巻かれ, 守諸角豊後守が住ん, 守譲り与えて, 守護っています, 守豊後守によろしく, 守豊明権現様に御, 守豊資の家, 守貞勝が一五七三年, 守貞宗からこう, 守貞将を破り, 守貞意は彼, 守貞昭が帰国, 守貞継はなにかじっと, 守貞能一番乗であったが, 守貞良の第, 守貞謙の家来原田某, 守貞重貞宗宗貫と三代, 守貫名重実の次子重忠, 守賀藤弥三郎の五騎, 守正入道三樂齋, 守資愛摂津守資順備後守資言であらう, 守資言であらう, 守資順備後守資言であらう, 守賢盛と云, 守赤き烏帽子を, 守赤尾みまさかの, 守赤沢加賀守が関東, 守越前守倶に言上, 守越前守同道參上仕り御, 守越前役宅迄參, 守越度に付, 守越後ノ前, 守足利治部大輔高氏や結城七郎左衛門, 守跡部大炊介小宮山丹後すなわち御, 守輝国公御嫡男, 守輿の左右, 守迄がもう一人, 守貞, 守近くは荒木又右衛門, 守通宗朝臣女子達歌合に, 守通憲が伝えた, 守通行末葉遠江貫名五郎重実と云, 守進出て申, 守道三様にご, 守道広の弟, 守乘り, 守遠乗りの帰り, 守遠山豊前守, 守遺子鉄三郎を隠し, 守遺子鐵三郎を隱, 守來而諮之, 守郡奉行伊藤半右衞門外下役二人, 守郡方役人として此度九, 守というの, 守配下これが白石治右衛門, 守の夕秀, 守酒井大学頭, 守酒井左ヱ門尉ならべると, 守酒井忠勝こういう人々, 守酒井雅楽頭阿部豊後守稲葉美濃守久世大和守土屋但馬守の諸侯, 守重喜ハッタと庭面, 守重喜茶亭からここ, 守金丸伊賀守ら二万余騎である, 守金森法印有馬法印佐竹備後守其他五六人の大名達, 守鈴鹿勝芸との両人, 守錢奴ぶりだ, 守錢奴ト詈リ侵略者ト誣ユルハ昏迷者ノ狂言ナリ, 守錢奴自らにとり, 守鐵道の側, 守長井新八郎新五郎の兄弟, 守長和の邸内, 守長富という, 守長尾遠江などいわゆる, 守長尾遠江守鮎川摂津村上義清高梨政頼柿崎和泉守などの諸, 守長常の方, 守長年結城の判官親光, 守長房でお, 守長房これなるは, 守長政公のお, 守長時に至つて松本, 守長晟は大御所徳川家康, 守長曾我部宮内少輔盛親, 守長武である, 守長治の娘, 守長矩がふと, 守長矩侯だ, 守長谷川橋介それに小姓, 守長谷川橋介佐脇藤八山口飛騨守賀藤弥三郎の五騎, 守長通に仕え, 守門番など皆, 守阪下から阪町下, 守阪髪結の家, 守阿部対馬守の連名, 守阿部豊後守酒井忠勝こういう人々, 守阿部豊後守阿部対馬守の連名, 守陳香泉の序, 守陸奥の人石川義光, 守陸奥大国造正四位上道嶋宿禰嶋足, 守隆兼は陶方, 守隆喜に嫁, 守隆国と言う, 守随さん大間知さんそれに私, 守随彦太郎両手をつく, 守随彦太郎独り栄えて, 守随彦太郎腹でも切らなけれ, 守隠居名に注がれ, 守隠居謹慎六月一日同じく岡田国老, 守雜染に梵行嫌疑, 守のごとき, 守承に, 守領内に百姓一揆勃発, 守領分越後國頸城郡寶田村百姓傳吉一件這入ませいと, 守領分越後高田在寶田村成, 守頭取の辻番所, 守頷いたが, 守頼儀には五人, 守頼寧であつ, 守頼常成瀬因幡守正定であつ, 守頼氏この山中, 守頼縄さまだった, 守頼胤はきっと, 守頼説の臣, 守頼門後に頼元, 守頼門殿と聞い, 守頼門風情に媚, 守を正し, 守顕家へたいし, 守風守の二人, 守を進め, 守ある名物男, 守高猷である, 守高経が新田党, 守高義公国替で美作, 守鬼小島弥太郎などが迎え, 守鮎川摂津村上義清高梨政頼柿崎和泉守などの諸, 守鶴少年の遺品, 守鶴西堂の天目, 守麾下のフランス伝習隊