青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「幻~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

年齢~ ~幸 幸~ ~幸い 幸い~ ~幸福 幸福~ ~幹 幹~ ~幻
幻~
幼い~ 幽~ 幽か~ ~幽霊 幽霊~ 幾~ ~幾つ 幾つ~ 幾ら~ 幾何~

「幻~」 1853, 20ppm, 5746位

▼ 幻~ (470, 25.4%)

69 ように 28 やうに 27 ような 10 中に 6 影を 5 うちに, 民五郎の 4 中の, 人間を, 様に, 民五郎が, 民五郎は 3 やうな, 中を, 国に, 境を, 寢臺, 民五郎に, 美しければ

2 [28件] あの白い, ちまたに, ままに, ヴェールに, 世界に, 世界は, 世界を, 中から, 中で, 城は, 大な, 如き巨人, 姿を, 屍體は, 幻何物でも, 後に, 意味を, 様な, 民五郎には, 清淨を, 目にも, 盾, 破片きらめけり, 繪馬, 群が, 顔が, 風景の, 駱駝にの

1 [223件] あとへは, あらわれた境, うしろ姿である, うちの, かげとして, ことを, ごとき殿宇, ごとき過去, ごとく, ごとくかなた, ごとくなり, ごとく二百里, ごとく処世, ごとく感じられるもの, ごとく浮んだの, ごとく軒, ごとく飛んで, ごとし顛倒, したたりに, すみかならず, すみかならずや, ために, なかに, なかの, ひとは, ほのめいて, ままでなくなっ, まわりを, もみじする, やさしい便り, ようである, ようでも, クリストフだった, トリコに, マダム, 上に, 世を, 世界だけ, 世界でした, 世界では, 世界の, 中だけ, 中だけに, 中でのみ, 中でも, 中にすら, 中には, 中にも, 事, 事を, 五段に, 人力車, 人物な, 人間だ, 伴子たる, 佃を, 住居ともし, 何である, 倉で, 僕が, 僕は, 優しい愁, 光が, 兵だ, 兵は, 動くとしか, 又幻, 君が, 喚起が, 嗤いが, 国へ, 国石鹸玉の, 園で, 墓が, 墓では, 墓の, 声を, 変化に, 夜が, 天女と, 女こそ, 女に, 女の, 女は, 女性を, 如き想念, 如き間, 如くはては, 如く其の, 如く忽ち, 如く我が, 如く映ツ, 如く来, 如く浮び出ました, 如く消えては, 如く消え失せるであらう, 如く眺めし, 如く眼, 如く立現われる, 如く自分, 如く若, 如く見えた, 如く飛び散り實在, 如しとは, 姿に対して, 姿の, 婦に, 宝庫が, 室を, 寢臺は, 山を, 形を, 彩りの, 影が, 影では, 影にも, 影は, 彼を, 御機嫌, 悲哀よ, 意味は, 戦いの, 戯では, 手が, 描くもの, 教訓, 敵にたいする, 敵の, 暗い穴, 月の, 月夜なり, 林檎の, 栖所の, 椅子に, 植物を, 標識は, 橇なんて, 民五郎, 民五郎だつた, 民五郎といふ, 民五郎とでも, 民五郎とは, 気が, 河の, 浮いて, 浮ぶと, 消えた後, 消えないうち, 消え去らぬ限り, 清君も, 清浄を, 渦が, 煙を, 特徴, 王国の, 生々しさ, 生因, 男女たちの, 界ぞ, 痣を, 目に, 砂である, 砲車を, 空に, 立ちこめた曠野, 範囲での, 糸に, 組み合わせを, 絵を, 綾を, 美しかった, 翼は, 舟と, 舟の, 船は, 良人が, 色に, 色は, 花にも, 花環は, 花環一つ黒髪の, 花輪の, 花輪車が, 華と, 華の, 薄絹, 藤の, 街だつた, 衣に, 袖の, 裡に, 裳に, 走馬燈だ, 跡は, 跡を, 踊りの, 軍, 追憶は, 道を, 道具屋の, 部屋に, 都会の, 重りあうたの, 銀杏, 鍵が, 間に, 陣を, 陽炎に, 階段の, 階段を, 雨とは, 雪の, 雲に, 霧の, 露の, 靄が, 青い河, 面影へ, 音曲である, 高塔, 髭と, 魚, 黒髪き

▼ 幻~ (260, 14.0%)

11 見て 9 描いて 7 見た 5 描いたに, 筆に, 見たの, 見るよう 4 胸に, 追ひ 3 描くこと, 追つて, 追ふ 2 えがいて, 寂しく描い, 浮べること, 目に, 見せたでは, 見たり, 見ました, 見る, 追うよう

1 [178件] あざやかに, いたむ思ひが, いだいて, いだきたがる, いつとは, いつまでも, うち立て, うち立てんと, えがき, お上さんの, かけさして, かけたい要求, かけたの, かけて, かけてるの, かけは, かけました, かけようと, かけようなどとは, くって, こしらえること, この一室, さしつけて, しっくりと, そのままの, その上, その似, それとなく心, だにひと夜与, どうする, のがれて, はらいのけるよう, まとってるもの, もたないごく, もてる人人, もととして, 与えるもの, 二日も, 作った, 作り出す, 信仰する, 凝視し, 前に, 去らずして, 吐出して, 吹き飛, 喰って, 坪井君は, 変えて, 失って, 女に, 始終笹村, 守り続けると共に, 実在に, 幻の, 幾度見た, 形見に, 彼は, 心に, 忘れて, 忘れるため, 思い浮かべたり, 思い浮べた, 思い浮べて, 思ひ浮べた, 恐れなければ, 息も, 愛して, 愛し続けましょう。↓, 懐いて, 払いつつ, 投げかけて, 抱きながら, 拾いあつめて, 持続させる, 掛けた, 探し求めて, 掴み乍ら, 掻き消すため, 描いた, 描いたの, 描いてから, 描いては, 描いてるので, 描かせたところ, 描きだした, 描きだすもの, 描きつづけた, 描きつづけること, 描きながら, 描き出して, 描き出すこと, 描く, 描くか, 描くには, 描くの, 描く時, 描こうと, 有して, 束ねた雲, 梁の, 極めてゐる, 汲みつくした後, 注ぎこまれて, 洗ひ流す, 浪費した, 浮き上らせる事, 消さんと, 淡く染める, 現実の, 生々と, 生ぜしむるにはあまり適, 画いたこと, 画いたに, 画いて, 画く平和, 白日の, 真と, 眺める, 瞶めた, 私に, 突きつけて, 笑われた不名誉, 築いて, 築き上げる幸福, 織る四季, 考量し, 能くし蛇, 自分の, 見せたもの, 見たあの, 見たかと, 見たと, 見たよう, 見たらしく口, 見たろうと, 見た一日, 見た刹那, 見つめたと, 見ながら, 見ましたが, 見よう道理, 見られたこと, 見ること, 見るだろう, 見ると, 見るの, 見るので, 見る人, 見る私自身, 見続けた熱, 見詰めながら, 視たろう, 視て, 視め, 認める, 起すこの, 趁い, 趁いかけ, 趁う, 追いかけるよう, 追いでも, 追うこと, 追ったり, 追って, 追ってるよう, 追って夜, 追って未知, 追ふたり, 追ふよ, 透かして, 醒まさせた, 鑑賞する, 離れて, 露に, 頭に, 飛ばして, 駆使する

▼ 幻~ (165, 8.9%)

22 のよう 7 の絵 6 のやう, の影, を映し 5 のまち 4 の中, の花輪車, はこれ, を見

2 [16件] だ, です, で見た, というもの, にしない, に己, のぼかし, の光, の画, の画面, の雪, は第, もはじまります, をはじめる, をやります, を見た

1 [65件] からレンズ, か思ふた, がうごく, が映し出された, が珍しい, しながら, だった, でもし, でも併用, で中空, で享和年間, で拡大, で映し出された, で白い, で示され, といふもの, とその, などを知る, なので, なら此, なるべし, に, に仕組み, に似た, に寫つた美人, に映し出された, のおかげ, のゆめ, の世界, の人物像, の伴奏, の像, の夜, の如く, の始末, の幕, の後ろ, の感じ, の方, の様, の機械, の準備, の火, の画片, の眼鏡, の種板, の空, の繪, の街, の通り, はその, は只, へ幻燈, もあり, や活動寫眞, を, を一刻, を以て白帆会, を写す, を用, を知らなかった, を知らなかつた, を見る, 使ったの, 大神楽

▼ 幻~ (163, 8.8%)

5 描いて 3 見て 2 なって, 奇しくも美しい, 描いた, 見えたるがまこと, 見た, 見ること, 見るよう, 酔つてゐた, 酔つてゐる, 魅せられて

1 [135件] あどけない笑顔, あのころ目, あらはれて, うかされて, うかんで, うつるの, うなされるという, えがいて, えがくの, して, しては, しても, しろ本物, すぎない, すぎないこと, すぎないという, すぎないの, すぎない単なる, すぎなかった, すぎなかったこと, すぎなかったとは, すぎまい, せよ現実, その光景, つきまとわれて, とつて, とらわれて, とらわれること, とりつかれて, とりつかれ四十三年, どんな意味, なったの, なった水, ひかされたが, ぽち, まだつつまれてる, みたという, やっと一人, 一人多い, 一葉紅の, 不思議な, 交じった天, 会うため, 似た荘厳, 似て, 住さん, 出たらしい, 包まれて, 取り憑かれて, 向つて, 向つて言, 哀愁を, 囚われること, 堪えよ, 堪へよ, 変じて, 夕映ゆる, 左右され, 引かれて, 影向あった, 彼は, 彼女が, 御息所は, 怯か, 恍惚と, 悩まされて, 悩まされながらも, 感じた, 憑かれて, 我身ばかりの, 打ち克とうとして, 描いたの, 描いた作, 描くこと, 敵は, 映つた, 未生のう, 残つた, 殺された, 浮ぶ水底地獄, 浸ること, 消えても, 満ちたあの, 溶かして, 烏鷺を, 照し, 燈れ, 現れたといふ, 白く浮いた, 移り変って, 立つよう, 箜篌とる, 組みあがる, 脅かされて, 船の, 苛まれながら, 襲われつつ, 見えた, 見えた通り, 見えて, 見えますよ, 見えるの, 見える樣, 見たこと, 見たと, 見た夜店, 見た婦, 見ました, 見るあたり, 見るが, 見るは, 見るやう, 見る心, 見立てて, 視たため, 視たとしても, 誘はれるの, 誘われるよう, 転ぶもの, 軽蔑の, 近きかり, 過ぎない, 過ぎないかも, 過ぎないの, 過ぎないほどな, 過ぎなかったの, 過ぎなかつたらしく庭, 過ぎぬと, 酔ひ初める, 酔ひ痴れた, 陶酔し, 静慮する, 非ず, 驚いて, 驚かされました

▼ 幻~ (143, 7.7%)

7 消えて 6 浮んで 5 私の 3 彼の, 浮かんで, 目に 2 ありありと, 彼に, 眼底から, 見えて, 静かに

1 [106件] あった, あるやう, いつも庸三, いるよう, かけられるでしょうか, ここに, すうっと, すっかり消え失せ, そのおぼろ, それは, たくさんの, ちらりと浮かん, つきまとって, つっ立って, なかつたらどう, なかなか幻, はっきりと, はつきりと, はてしなく, ほんとうに, ぼオーッ, まざまざと, またありありと, またし, まだ映っ, もう少し生々, ゆら, フワフワと, マリユスの, モヤモヤと, 交じって, 今目の, 余りに美しく, 光って, 具象化された, 出ますと, 出るところ, 刻まれて, 加わったの, 堰を, 夢の, 実に漠然とした, 実在に, 實に, 彷彿として, 彼女の, 恐ろしい顔付, 恐ろしかった, 掻き消, 揺曳し, 映つたの, 昨日の, 暗示する, 最前電車の, 果してその, 次第に輪廓, 死ぬだけで, 殺されたよう, 汚れて, 泳いで, 浮び上るの, 浮ぶ, 浮んだとき, 消えうせるの, 消えたやう, 消えた後, 消えても, 消えません, 消え失せた跡, 消え失せて, 混同する, 添って, 満足気に, 瀕死の, 牧仲太郎殿に, 現れたの, 現れて, 現われた, 現在の, 現実と, 畳み込まれて, 目の, 目や, 眼を, 眼瞼の, 私に, 空遠くに, 突然電, 立ち罩め, 聯想の, 苦笑された, 裏階子に, 見えたの, 見えるよう, 見も, 覺めか, 記憶の, 走馬燈の, 通りすぎた, 闇の, 隆造の, 雪の, 順造の, 頭の, 風の, 髣髴と

▼ 幻~ (64, 3.5%)

2 手にも, 消えた, 消えて, 眼の

1 [56件] あの花瓶, かえって目前, けっして出, すべて滅びた, そういうもの, その刀, その場限り, それから, それとそつくり, どうして私, どんなに毒, むしろ真実, もっと痛く, やがて崩壊, やがて彼, わが心, クリストフの, モントルイュ・スュール・メールから, 一生けんめいに, 一種の, 何度も, 前者の, 単なる幻, 即座に, 却て, 可なり, 吾, 哲丸も, 夢と, 帝の, 幾度か, 幾度と, 彼ら二人が, 悉く消え, 払ひ落さう, 早く切り捨てた, 暫く漂っ, 未来の, 母である, 水の, 浮びぞ, 消え, 消えないの, 消えぬの, 漂うては, 無意志的, 物の, 現実に, 瞬間に, 私に, 見ず刀, 見るも, 誰も, 走って, 間もなく消え, 頭を

▼ 幻~ (45, 2.4%)

1 [45件] が, がそのまま, がほぼ, がわれわれ人間, が刻々, である, となり得る, にこそ超, にやつ, による微妙, に仕上げる, に到達, に過ぎない, のその, の中, の交錯, の哲學, の描き, の文学, の構成, の深, の猟人, の発展的, の神秘, の糧, の絶対的価値, の芸術, の谷, の連続, の進行, の隈, は, は異常, へ内容, をはつきり, を作る, を内容, を形づくる, を想像, を感, を捉, を畳み絡める, を精密, を追, を透し

▼ 幻~ (34, 1.8%)

3 なって, なつて 2 見れば

1 [26件] いい又, いづれを, いま円光の, うつつとの, ごつちや, し真実, その日, なし霊, 全く同じ, 呼び夢, 変えるまで, 夢とは, 微笑を, 思い切れなかった, 浮かぶかな, 海中で, 現在門の, 現実との, 神通が, 見並べて, 言いおかしな, 話を, 誤るであろう, 重ねるよう, 闘つた, 面を

▼ 幻~ (31, 1.7%)

2 だらう, なん, に襲, に過ぎない

1 [23件] が再び, が如何にも, が若し, すわれは, でないと, では, で無論, で臺石, とか錯覺, とで一ぱいになつてゐる暗黒, にすぎず, になつ, に何かしら, に知的, に耽らぬ, の中, の月夜, はいづ, も一時, も消え, を訂正, を起させる, 或は錯覺

▼ 幻でも~ (23, 1.2%)

6 ない 2 ありません, ない証拠, なかった, 見て 1 ありますまいし, ありますまいね, ごらんなさった, ないの, なく取返し, なければ, 単純な, 瞬間の, 見たん

▼ 幻~ (20, 1.1%)

1 [20件] ありけり, が横, なりしなり, にかへりけり, に入りし, に入る, に再, に向, に変ず, に流し行き, に着きたる, に隠れし, の同, の名, の往事, の思出ひとつ今日, の門, は彼, を備, を照らし

▼ 幻~ (18, 1.0%)

1 [18件] が殊に, たるに, で感動, と結びついてゐるのはいふまでもない, に似た, に浮かされた, に見えた, に見た, のつづい, のやう, の中, の園, の楽土, の釀, は混亂, は間もなく, を意味, を積み重ねた

▼ 幻~ (15, 0.8%)

1 [15件] その俤, その差別, ないまっ暗, もたない, もたない自然, フッと, フツと, 一瞬の, 二度まで, 崩れて, 差別が, 影さえ, 神通も, 稍とも, 見えなくなつ

▼ 幻~ (14, 0.8%)

2 あつた

1 [12件] あつて, あらうと, そりゃ飽ちい, ねじが, 凡そ永久, 包んで, 大変面白い, 杭に, 澤山だ, 私が, 見ました, 身悶えでも

▼ 幻では~ (14, 0.8%)

4 なかった 2 あるまいかと 1 あるが, ございます, ござらぬぞ, ない, ないかという, ないでしょうか, なかつたの, なく勿論

▼ 幻燈会~ (14, 0.8%)

2 なん, にはきっと, のとき, は十一歳, をやります 1 がある, をし, をやった, を催した

▼ 幻とも~ (11, 0.6%)

1 [11件] つかないもの, つかない世界, なく動い, なく彼, なく現, なく神経, なって, 分かず, 夢とも, 煙とも, 現とも

▼ 幻燈器械~ (10, 0.5%)

1 と数十, なの, の一つ, の箱, はあの, は普通玩具屋, は直ぐ, もいつ, や電池, を作ろう

▼ 幻から~ (9, 0.5%)

2 現実に 1 はっきりと, やうやくはなされた, 幻に, 幻へと, 現へ, 醒めた, 離れ忘れなん

▼ 幻たち~ (9, 0.5%)

2 に, は嘗て最も, は幻たち 1 がたちまち, はいる, はゐる

▼ 幻~ (9, 0.5%)

1 のか, ものか, んで客観的, 妖気に, 様子を, 歌声が, 第一楽章, 趣と, 顏を

▼ 幻~ (9, 0.5%)

2 の中, の完全, の美 1 が何等, は何等, を伴

▼ 幻住庵~ (8, 0.4%)

3 の記 1 の跡, は同, は菅沼曲水, を結んだ, を芭蕉

▼ 幻~ (8, 0.4%)

1 であったに, である, ということ, なるべし, につきまとわれた, にみた, の如く表現, の覚めたる如く

▼ 幻~ (8, 0.4%)

2 の術 1 な事, な武術, な術, な響き, の腕, はこの

▼ 幻である~ (7, 0.4%)

21 かを想像, がその, ことは, ように, 君らの

▼ 幻~ (6, 0.3%)

1 ないしはこっち, 何かの, 我は, 朦朧たる, 高厦十年, 魏の

▼ 幻~ (6, 0.3%)

1 ということ, と仰, と思ふ, と考え, などとしていつ, 何が

▼ 幻だった~ (6, 0.3%)

2 のだ 1 のか, のかも, のでしょう, のです

▼ 幻妙不可思議~ (6, 0.3%)

2 な芸術 1 なも, な怪現象, な手法, の通力

▼ 幻~ (6, 0.3%)

1 との隔て, なり, なるべきや, にかの, に外, に馳せ

▼ 幻であった~ (5, 0.3%)

1 かしら, かもしれない, と思う, と極め, 雪の

▼ 幻として~ (5, 0.3%)

1 地下に, 夢等に, 心の, 描くこと, 目に

▼ 幻との~ (5, 0.3%)

1 境に, 束の間の, 見境さえ, 間には, 間は

▼ 幻かと~ (4, 0.2%)

1 思った, 思ったの, 見ゆるばかり, 見れば

▼ 幻だけが~ (4, 0.2%)

1 いやに, この島, まだお伽噺, 此の

▼ 幻にでも~ (4, 0.2%)

1 ひかれるよう, 呼びかけるよう, 神仏を, 襲われて

▼ 幻にも~ (4, 0.2%)

1 あらず身, せよこの, 姿を, 思い当たらざること

▼ 幻~ (4, 0.2%)

1 の甥, の話, は北条早雲, は此

▼ 幻~ (4, 0.2%)

1 が又, が幽霊, とが恰度水底, の世界

▼ 幻燈機械~ (4, 0.2%)

1 なの, のある, や, を据えつけ

▼ 幻~ (4, 0.2%)

1 のあざやか, の恵み, をひらひら, を呈する

▼ 幻であり~ (3, 0.2%)

1 また眩惑, 夢の, 永遠の

▼ 幻とでも~ (3, 0.2%)

1 いいたげな, いうの, 云いますかな

▼ 幻とは~ (3, 0.2%)

1 全く異, 思われないほど, 私の

▼ 幻に対する~ (3, 0.2%)

1 愛であろう, 感じです, 感じに

▼ 幻をも~ (3, 0.2%)

1 うち立て, かけては, かけなかったろうし

▼ 幻出する~ (3, 0.2%)

1 ことの, に至らしめ, 所なる

▼ 幻~ (3, 0.2%)

1 な物語, については近郷, の予感

▼ 幻魔術~ (3, 0.2%)

1 が現代, のこと, もしくは

▼ 幻じみた~ (2, 0.1%)

1 お話を, 光線の

▼ 幻であっ~ (2, 0.1%)

1 てくれたなら, てくれれ

▼ 幻でなかったなら~ (2, 0.1%)

1 ばあの, 自分は

▼ 幻とを~ (2, 0.1%)

1 一つに, 合わせたよう

▼ 幻なし~ (2, 0.1%)

1 にはいられなかった, には済ます

▼ 幻によって~ (2, 0.1%)

1 カンブロンヌは, 一瞬間の

▼ 幻ばかりが~ (2, 0.1%)

1 浮かんで, 追われるよう

▼ 幻ばかりを~ (2, 0.1%)

1 いだいて, 夢見て

▼ 幻~ (2, 0.1%)

1 胸を, 蜃気楼は

▼ 幻よりも~ (2, 0.1%)

2 なほ果敢な

▼ 幻をでも~ (2, 0.1%)

2 見るよう

▼ 幻何物~ (2, 0.1%)

2 でもない

▼ 幻~ (2, 0.1%)

1 に見惚れ, の中

▼ 幻出したる~ (2, 0.1%)

1 ものに, 武備の

▼ 幻~ (2, 0.1%)

2 が見える

▼ 幻夢涅槃~ (2, 0.1%)

2 の妙説

▼ 幻奇小説~ (2, 0.1%)

1 であり有名, めいた物

▼ 幻~ (2, 0.1%)

1 のたぐい, を証拠立てる

▼ 幻~ (2, 0.1%)

1 が走った, となっ

▼ 幻~ (2, 0.1%)

1 を現, を見た

▼ 幻~ (2, 0.1%)

1 か外法, のこれ

▼ 幻~ (2, 0.1%)

1 志などから, 志に

▼ 幻神秘~ (2, 0.1%)

1 なる境地, の宝物庫

▼ 幻~ (2, 0.1%)

1 に彼自身, のやう

▼ 幻~ (2, 0.1%)

1 の生滅, を顧みず

▼ 幻~ (2, 0.1%)

2 ふらむ

▼ 幻~ (2, 0.1%)

1 は亡くなっ, 同四年十月八日生れ

▼1* [117件]

あとは又, 幻うち笑めり他界, 幻かなんぞのように, 幻かもしれない, 幻に形づくりたる, 幻さえ一斉に, 幻さ蜃気楼さ, 幻しに過ぎないのだ, 幻すなわち諺に, 幻すら忘れ果てて, 幻するの態, 幻だけでみたされて, 幻だけとともにまわりは, 幻だけはかたく胸, 幻でない滝に, 幻でなく眼の, 幻というのでしょう, 幻といふより夢, 幻とから成ってる一つ, 幻とが入れ代る気配, 幻としか見えない, 幻とだけでは, 幻とに脅やかされつづけ, 幻とやらに驚かされたの, 幻ながら此の, 幻などは打消すだけの, 幻ならず最も目, 幻なりき事映, 幻なる清きわびしさ, 幻なんて頭から, 幻にすら母を, 幻について考えふけって, 幻にをはる處, 幻に対して悲しみに, 幻のみ果敢なくそこ, 幻はずつと眼から, 幻ばかり目で, 幻へと幻が, 幻までも奪い去られたと, 幻みたやうな, 幻みたいに見える, 幻めいて雨具, 幻めくお夏, 幻よりは少し明るく, 幻れる午後十時半の, 幻ろげながら筆者, 幻をばかり見続けて, 幻を見, 幻仮定推測空想のローマンス, 幻のほとり, 幻住老人といふ僧, 幻光禅童女である, 幻なんとも名状, 幻出させている, 幻出している, 幻出し人をし, 幻を失い, 幻なり, 幻化上前較勝紛相持羅公如意奪顏色, 幻化窟の尊者, 幻味幻覚などが伴った, 幻多方, 幻夢的のもの, 幻妙さに酔, 幻妙不思議の忍術, 幻の肩, 幻をだす, 幻の法, 幻師やすゑし妖, 幻師軽業師で歌舞乞食, 幻を瞼, 幻で尚, 幻悪用され濫用, 幻支那は文, 幻を吐い, 幻水荘である, 幻に譬, 幻のごとく, 幻燈のにほひ, 幻燈みたいにグラグラ, 幻燈スライドではなく, 幻燈内の電燈, 幻燈写真を見せ, 幻燈器が置かれ, 幻燈映画へはあまりに, 幻燈會の入口, 幻燈板を売る, 幻燈気違いもでも, 幻燈絵の消え, 幻するところ, 幻を讚, 幻ですら, 幻の如し, 幻の妄現, 幻翳空華解脱して, 幻を追っ, 幻を咀, 幻華一現暫娯目, 幻ゆ, 幻見たんや, 幻された像, 幻覺的にあいた, 幻の偉い, 幻詭猥雑の談, 幻語幻気を吐い, 幻象也仮にソフィヤ, 幻象化或は眼, 幻ひて, 幻酔感はこの, 幻長吉が彦三郎, 幻長吉みんな好うござんした, 幻陽炎や, 幻雲ために宿神像, 幻との軽羅, 幻香五女癸巳七女幸の三子五女, 幻香水子はその, 幻魔作用の印象