青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「學~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

学問~ 学士~ ~学校 学校~ ~学生 学生~ ~学者 学者~ ~孫 孫~
學~
~宅 宅~ ~宇宙 宇宙~ 守~ ~守っ 守っ~ 守り~ ~守る 守る~

「學~」 13276, 128ppm, 829位

▼ 學~ (2012, 15.2%)

60 を卒業 36 の生徒 34 へ通, を出 28 の先生 21 に入 20 へ行く 18 の門 16 の方 15 に通 14 へ行つて, を出た 13 にゐた, の教師 12 にゐる 11 の庭, の歸, を休ん 9 から歸, の校長, へ入 7 がある, で教, に入る, のこと, の出身, の教授, へやつ, へ來 6 から歸つて來, に居た, に行つて, の教室, の時, へ出, を出る 5 から歸つて, がよひ, に出, に教鞭, へはひつ, へ行, へ通つて, を建て, を途中

4 [26件] があり, がへり, です, で逢, といふもの, と同じ, にゐ, に來, に在, に於ける, に通つて, の中, の兒童, の入, の名, の學生, の校庭, の爲め, の課業, の頃, へやる, へ入れ, へ行き, へ通っ, を中途, を教

3 [48件] があつ, である, と云, と言つて, にお, に上つて, に學び, に於い, に行く, の, の一室, の一年生, の二年, の先輩, の前, の友達, の女, の子供, の子供等, の寄宿舍, の寮, の小使, の建築, の教員, の教場, の教科書, の歸途, の規則, の話, の講師, の運動場, へあ, へかよ, へはひる, へ上る, へ入る, へ出る, へ行かなく, へ行きました, へ這入る, をやつ, をやめ, を出たら, を厭, を嫌, を建てた, を罷め, を開い

2 [131件] からお, から大, から高等學校, がすむ, がどんな, が休み, が何, が厭, が嫌ひで, さ行つて, だけは卒業, である縣立, ですか, ですよ, でちよ, でも評判, で勉強, で友達, で同級, で習, で英語, といひ, といふ, といふの, とこの, と一ト口, と名, なの, なりと, に, にありし, にいつ, にての出來ぶり, にてばかり誠, にて學びし, になつて, にはひつ, にはひる, にも通, にやつ, に入れ, に出し, に勤め, に對, に歸, に被, に送る, に這入, に遣る, のあつ, のある, のとき, のまねび, のハイカラ生徒, の下, の二年生, の二階, の代用教員, の何, の倫理, の僞善, の先生達, の全, の出身者, の制帽, の卒業生, の唱歌, の女子部, の始め, の宿直室, の廊下, の思想, の成績, の授業, の放課後, の教授法, の教育, の教頭, の日課, の校舍, の椅子, の犧牲, の終り, の職員室, の英語教師, の行, の裏, の試驗, の課程, の鐵柵, の門前, は, はいつ, はもう, は休み, は大, は好き, は本篇中, は續, は育英舍, へ, へかけ, へかよつた, への受驗勉強, へはいる, へは行かない, へ出す, へ持つ, へ行っ, へ行つたの, まへの, もあつ, もこの, も今, も卒業, も花, を, をお, を二年, を建てる, を怠け, を愛し, を止し, を落第, を見, を設立, を起し, を辭, を追, を退い, 退けての

1 [951件 抜粋] あり門内, えせ詩人, からこちら, からの歸, からは出ない, からは餘, からも屡, から優秀, から出る, から取る, から宅, から引け, から戻つた, から校歌, から歸つた後, から歸つてひつそり, から歸つて風呂數包, から熊野神社, から給與, から飛び出した, がいい, がきまつ, がなかつた, が乃ち僕等, が出, が又, が始ま, が手狹, が新, が昔草原, が無く, が終, が靜, この街, さ入れとい, さ行つて學, しか出, それから大, だけですむ, だけで十分, だけはちやん, だつて同じ, だな, だツ, で, であります, であること, であんまり, でお, でげせう, でしたこと, ですな, でそれ, ででも教師, での展覽會, での支那人, ではあなた, ではありません, ではうつ, ではなかつた, ではラグビー, では信濃, では別に, では前, では大分宗教的, では彼, では時間, では最, では猶, では藪, では運動會, ではPTA, でもだ, でも一匹, でも人物, でも先生, でも家, でも校長, でも聽, でやかまし, でやる, でツンツ教授, で一級, で二年, で作つた鉛筆畫, で僅か, で兒童, で其きり拔, で出合, で同僚, で善良, で地理, で學生間, で屹度一番, で息, で教師, で料理法, で本物, で校長, で此, で毎日, で演説, で狐, で生徒, で知り, で碌, で經學, で習つた字, で職員録, で見, で覺, で讀みました, で過した, で開かれる, という所, といふ校長, としては實, とてもそれ, とてもべつ, となり, とは云, とは言, とやらいふ, とを合したる, と人間, と兩方, と命名, と圖書館, と家庭, と斜め, と病院, と謂, と違ふところ, なし, などから子供, などでは儀式的, なども建つ, などを教, などを通じて直接間接, なり村役場, なん, なんず行かねえ, にあらざる, にある, におなじ, にかけて内村鑑三先生, にかよひ, にせう, にその, にては物, にでも芝居, になっ, になど稀, にはお, には何, には少し, には文科, には正則科, には生徒達, には畏く, には行かない, にまだ, にもせめて, にもの讀める, にも入らず, にも居た, にも殘つて, にも行かない, にも訪ね, にも通つて, にゆき, に一ヶ年, に一泊, に上つて了つて, に上らなかつた, に二三年, に仕官, に任, に使用, に例, に入りし, に入れる, に出す, に出られぬ, に取, に四年, に在りしなれ, に壯丁教育, に姿, に學んだ, に宿直, に小規模, に居つた, に居りました, に彼, に急ぐ, に於, に櫻, に歸つて參, に清新, に町, に着く, に納めた, に自分等, に行かう, に行かれ, に袖, に見えない, に赴き, に轉, に轉任, に近い, に送り出す, に通つた子供, に通つて勉強, に通ツ, に進まね, に還らん, に關, に關聯, に隣つた, に集つて, のお, のこ, のそば, のため, のとき同級, のところ, のやう, のツイうしろ, の一, の一座, の上, の上級生, の主, の二三年, の五年生, の人々, の代表者, の位置, の作文, の保護者, の假教場, の免状式, の冬期試驗, の分校, の制服, の創立者, の勅任教授, の務め, の卒業試驗, の取るべき, の吉田, の名入り, の國語, の國語漢文教師, の圖書館, の基金, の夜學, の太鼓樓, の姉さん達, の威嚴, の學問, の學生々活, の宮西君, の小, の小さい, の就職係, の島民教員補, の幹部, の廣場, の式, の往き, の徃復, の後姿, の徳, の志願學科, の戻り, の指導者, の撰手, の支那人, の改築, の教員ども, の教場内, の教師用, の教科, の敷地, の新式建築, の日本畫科卒業, の時間, の書生衆, の會計係, の有, の末, の机, の東北, の校命, の校長ヨハンネス・シュレーデル氏, の校長鴇田鹿, の棟上, の榻, の樣子, の權威, の正, の歸途丸善, の淺間, の片, の狹, の理科, の生徒たち, の生活, の由來, の當直, の監督, の眞白, の社會そのもの, の科目, の立ち行かう, の縁故, の義務, の背中, の若い, の英文科, の英語教授, の藤田, の行き, の裏山, の補充科, の訓練, の課業さ, の課程以外, の讀本, の豫備教育, の趣味, の近く, の運動會, の遠足, の遠足會, の醫學部, の鐵柱, の附屬舍宅, の音樂隊, の額, の高島先生, はある, はかねてから, はしんと, はちつ, はない, はほん, はコスモス, は一種, は中途, は何處, は其の, は別に, は十疊位, は君等, は始ま, は文部省, は智育, は潰れ, は男爵, は町, は矢張り東京, は經營二十星霜, は總鎭守天滿宮, は色, は西堀, は見つかりませんでした, は退け, は違つて, は隨分費用, は鬘, ばかり其以外, へいかれる, へいけません, へお, へさ, へと引返した, へなら, へなんかあげる, への往き, への往きがけ, へはいりまし, へは一里, へは同じ, へは缺勤屆, へは行きます, へは行つて, へは餘, へも寄りました, へも行けなくなり, へも行ける, へやつたわし, へ上つた, へ上りたい, へ代用教員, へ入らない, へ入れられなす, へ出かけ, へ出かける, へ出勤, へ初めて, へ參, へ向つた, へ夜這, へ寄附, へ引き返した, へ歸つて行, へ演説, へ片足ブチ, へ立寄る, へ自分, へ行かう, へ行かない, へ行きたいです, へ行つた, へ行つてオルガン, へ行つて貰, へ轉任運動, へ送られた, へ這入らう, へ通つて來, へ通學, へ進む, へ遣つ, ほどで, までは二三町, まで不, まで歩い, まで誰, もあり, もあれ, もろくに, も中途, も休暇, も卒業間際, も廢, も經濟上, も見た, も途中, や友人, や女學校, や女學生, や教會, や海兵團, や雜誌, よりこの, よりも小さい, より十町, より歸, らしい體裁, をお尋ね, をも彼, をも退, をやめた, をやめる, をよし, を一番, を二つ, を休ませ, を優等, を出たなら, を出なかつた, を創め, を卒, を卒業間際, を去られた, を受ける, を奬勵, を屡, を已めた, を建, を志望, を愛します, を振返, を最, を正, を病院, を經, を見たい, を見つけた, を觀, を訪ね, を訪ねた, を詰らない, を退いた, を違, を選ん, を除い, ノ功用ハ既ニ東京ニ設立セルモノニ於テ, 及び生徒たち, 同樣, 在學中, 大學, 小學校, 或は大, 現に本校, 若くは

▼ 學~ (1315, 9.9%)

15 ために 9 上に 8 爲に 7 對象である, 方で, 研究に 6 勉強を 5 先生の, 影響を, 本を, 歴史は, 發達 4 一つの, 中へ, 制服を, 性質を, 歴史を, 研究と, 研究は, 研究を, 講座が

3 [27件] うちに, ためだ, むつかしいの, ものに, 内部に, 博物館が, 學生で, 對象は, 影響の, 意味を, 教室で, 教師は, 教授で, 教授に, 教授を, 方面に, 本來, 爲めに, 知識を, 研究が, 研究の, 立場から, 論理, 講座を, 進歩は, 進歩を, 領域に

2 [86件] ある人, いくたて, ことを, 上からも, 不可能が, 中心に, 主張と, 久保博士からの, 任務である, 位置に, 修業は, 先驅, 全體, 内部で, 出發點と, 分野に, 前身である, 力を, 博學に, 原理, 問題が, 問題と, 問題は, 基礎が, 基礎を, 士が, 大家で, 大體, 如きもの, 如し, 學徒であるなら, 學生に, 對象たる, 對象の, 對象も, 對象を, 帽子をか, 復興を, 心を, 或る, 批評と, 教師を, 教授が, 教授の, 文學部の, 文科に, 方から, 方が, 方に, 方へ, 方法を, 方面では, 智慧である, 書に, 最も深い, 本質を, 校庭, 構内へ, 樣な, 歴史に, 法科に, 爲だ, 父と, 理論のみを, 生徒が, 生理學者である, 發展に, 發見によ, 發達した, 目的は, 眞の, 研究も, 研究者に, 祕密が, 祕密は, 端初は, 範圍に, 老先生, 規則は, 試驗の, 課程を, 諸法則, 講師を, 資格を, 開祖たる, 頃から

1 [942件 抜粋] あらまし, あるばかり, ある町, うちにて, うちにも, うちへ, お勤め, お話は, こころに, これまでの, それから懶, それについては, ため一と, ため四ツ目の, ため覗かせ, とき佛蘭西の, のちその, ひとりの, むつかしいひとつ, もたらした恐らく, もとにおいて, やうに, わかり易くなる, イデオロギーを, グオルグ・ヤコブといふ, シル, マルクス的形態, 一事は, 一分科だ, 一學徒だ, 一方の, 一書生たる, 一本鎗で, 一統を, 三つに, 三宅秀と, 三年級だ, 三體問題に, 上にて, 上達した, 不可能を, 世間を, 中でも, 中に, 中にも, 中心は, 中心概念と, 主知論的傾向に, 主要問題は, 乙種學生で, 事に, 事態から, 二年時分から, 二年級の, 井上博士の, 交渉は, 人々には, 人が, 人と, 人の, 人類發達に, 仕事で, 仲介を, 任務は, 伊東博士が, 伴侶にも, 位置と, 來た, 例の, 俊才も, 個々の, 偉い學者, 傳授なんて, 傳統と, 傳統とか, 傳統の, 傾向中特に, 價値, 兄上御, 先生ぢや, 先生といふ, 先生は, 先輩で, 入學試驗, 兩方に, 六年を, 共通の, 内容と, 内藤君などとは, 内部における, 再建には, 凡ての, 出來る, 出發點に, 出身其一人は, 分科の, 分類が, 初歩について, 制度も, 刺戟を, 前には, 前身東京法學院に, 前途も, 創造され得る, 力が, 力で, 力に, 力不滅論が, 助けとして, 助手, 助教授であります, 勉強の, 十一門に, 卒業式と, 協力なし, 博物館と, 博物館の, 危機は, 受からないこと, 各, 同じ科, 名に, 名稱, 君の, 命を, 哲學の, 哲學科を, 唯一の, 問題で, 問題なれ, 嚆矢である, 四囘生です, 四年ぢや, 四年頃, 四標的, 困難について, 圖を, 圖畫若く, 地下に, 地盤を, 基本的法則が, 基礎である, 基礎に, 基礎には, 基礎學で, 場と, 場合では, 場合にも, 場合著者自身の, 士とか, 夏侯勝, 夏侯建, 多くは, 大きな校舍, 大に, 大宗と, 大家であり, 大家に, 大意を, 大成である, 大旨意, 大智識, 大法を, 大隈伯に, 奇蹟的效果に, 好きな, 如き哲學, 如き或, 如くなりと, 如く實, 妻は, 威力が, 字の, 存在が, 學問なども, 學問を, 學徒内の, 學殖も, 學生だ, 學科の, 學説を, 安部磯雄や, 宗教に, 寄宿舍に, 寄宿舍も, 實力ある, 實在, 實證性とは, 實踐的なる, 實驗に, 寫眞を, 專門家少なく, 對立は, 對象であり, 對象と, 對象とは, 希望を, 師は, 師匠春名秋岳先生の, 年次は, 座標において, 庭には, 建設に, 弊風を, 役割, 後輩で, 徒事でなかつた, 御用商人とかいふ, 復活から, 復興する, 微視觀, 心得が, 必要な, 必要を, 思想が, 思潮には, 惡いこ, 意味より, 慰め, 應用では, 應用といふ, 應用によ, 懸賞論文を, 成立について, 成績の, 或原理, 所謂土器, 手續を, 批判は, 批判者の, 抽象性が, 指示する, 振興が, 推進は, 支配を, 政治科へ, 教へる, 教員生徒達の, 教師が, 教師などが, 教授だ, 教授にな, 教科目は, 教説の, 敵國たりき, 數學の, 數式の, 文學部で, 文廟の, 文法の, 文科生で, 文藝愛好家に, 新進氣鋭の, 方ぢや, 方にも, 方は, 方を, 方向へ, 方法として, 方法も, 方法概念として, 方法論である, 方針から, 方針は, 方面の, 旨義を, 是正を, 時からずうつ, 時代から, 時代を, 普遍妥當性の, 智慧を, 智識を, 書といふ, 書を, 書物を, 最も盛ん, 最後の, 服を, 期間は, 本で, 本では, 本などを, 本は, 本旨に, 本筋に, 材たるに, 東洋史で, 果實を, 某教授, 校長は, 核心を, 根本に, 根本前提も, 根本命題は, 根本問題である, 根本問題は, 根本思想を, 根本概念であり, 根本的前提を, 根本的要求に, 植林も, 概念から, 概念の, 構造は, 標準なれ, 模倣であり, 模範を, 機を, 權威國ドイツ皇帝陛下から, 歐陽高, 正木正, 正門の, 歴史と, 歴史的發展に, 歸する, 殆どすべてにおいて, 比量界に, 民法の, 氣運に, 永遠觀を, 池の, 法なりと, 法則でも, 法則という, 法文科に, 泰斗官學の, 流行した, 流行は, 浸潤ある, 深からん, 深みに, 淵源が, 溌溂たる, 源泉として, 無視乃至, 爲めでなかつた, 物だけでも, 特徴は, 特殊問題では, 特色である, 獨斷的な, 現状を, 理念を, 理論と, 理論並に, 理論的要素では, 生れて, 生徒である, 生徒を, 生理學教授で, 用語として, 異材なりし, 發展による, 發見, 發見には, 發達し, 發達の, 發達は, 白石ひとりなき, 盛衰の, 目を通じて, 目的では, 相次いで, 相違である, 眞意は, 知識に, 研究, 研究すべき, 研究上非常に, 研究者から, 研究者にと, 研究者は, 示す定説の, 示唆を, 社會に, 私塾で, 程度より, 種子を, 窓に, 立場, 立場に, 立場を, 立派な, 端艇競漕が, 範圍には, 範圍は, 範圍内で, 範圍外に, 籍は, 精神に, 精神は, 精粹と, 系統は, 素養が, 紹介海國日本の, 結果を, 統一を, 經驗を, 綱領を, 總括, 總本山内々, 總長は, 繼續により, 老兵ゼームス・レツグ, 者なり, 聲も, 膚淺なる, 自然科學に, 興つて以來の, 興隆は, 若い科學者, 英文科の, 萌芽として, 術語でも, 裏と, 裏門から, 補助學で, 覊絆を, 見地から, 見方に, 規則とは, 規則立つての, 親なる如く, 觀想的性格から, 觀點より, 言葉が, 言語學會で, 記録では, 評判男に, 詩にも, 話を, 誕生と, 説くキリスト, 説明として, 誰か, 課程から, 課程は, 論文には, 論理學, 論理的乃至, 諸博士, 諸學校, 諸礎石, 講堂では, 講師にな, 講座に, 講座も, 講義から, 講義で, 講義に, 講義を, 講釋だ, 議論でも, 變化である, 象徴としての, 豫備試驗に, 賁臨を, 賜と, 足らざるは, 輩に, 辨證論的で, 辻占から, 途に, 通弊である如く, 進歩である, 進歩によつ, 進歩上より, 進路を, 道を, 道其の, 道理には, 遺を, 部に, 部門を, 重要部分を, 錚, 門と, 開けぬ時代, 開け始めた國, 開祖で, 開祖とも, 關口泰さんは, 限定の, 隆盛に, 雜誌を, 非常な, 頃以來の, 項, 領分に, 領域においては, 領域へ, 風潮を, 餘暇を, 驚くべき發達是, 體を, 體操に, 體系の, 體系を, 黎明期を

▼ 學~ (1284, 9.7%)

14 の間 12 の中, の説 10 の研究 8 であつ, は多く, もある 7 がある, である, の一人 6 があつ, のやう 5 であるから, にし, の云, の如く, の心, を集め 4 だつた, であらう, でありまして, にとつて, になる, の假名, の書いた, は, はこの, や藝術家

3 [31件] がありました, が出, が多い, が多く, が支那, だと, で, であります, であると, でもある, でもない, といふもの, として聞えた, との間, と云, に對, のうち, の之, の仕事, の力, の名, の思想, の意見, の態度, の著述, の解釋, はこれ, はその, もあります, 同樣, 若くは

2 [64件] から聽, が各, が居, が彼等, が研究, たること, たるもの, でありますが, でありますけれども, でした, でなくては, ではない, でもあつ, なの, なり道徳論者, に云, に依, に取, に從, に研究, に言, に關, の, の團體, の多, の多く, の大, の微, の所説, の教養, の文學, の方, の本, の欄, の注意, の生活, の用語例, の疑惑, の科學的研究, の群, の考へ, の著作, は世界, は世間, は之, は人間, は元, は勿論, は大抵, は此, は殆ど, は研究, は西洋, は過去, も出, や侍, を侮辱, を出し, を寄せ, を生じ, を育て, を要求, を鄭重, 見たやう

1 [888件 抜粋] あるも, かて落つれば, からはこの, からは見離される, から反駁, から言, か何, があ, があの, があります, がいろ, がか, がかよう, がそれ, がない, がもう, がよく, がアラビア貿易, が三教以外, が九州説, が二三, が二人, が介形類, が作つた目録, が信ずる如く, が假名, が具さ, が出た, が印度, が古典探求, が右, が天然, が容易, が實證的歴史的研究, が實驗, が居りまし, が山嶽, が巧妙, が幾度, が思惟, が或, が揃つて質問陣, が政談, が教, が日本人, が智的對象, が書かれた, が最も, が植物, が殆ど跡, が決して, が物體, が狗奴國, が疑つ, が着手, が私, が秦, が絶對, が綿密, が老年, が腐つた, が腐心, が自ら卒先, が自由, が藥品, が蟲けら, が親子連, が認め, が説, が起つた, が進ん, が遠う, が邪馬臺國, が集つた時代, が集まつた, が非常, すらも居ない, その師レウキッボス, たるべき人, たる小説家, だ, だな, だの其他豐田さん, だツ, であらせられた, でありながら, でありソルボンヌ, であり又, であり文學者, であり神學者, であるが, であるその, であるといふ, であるにも, であるパパーニン, でこの, でさ, ですら, でないにも, ではあつ, ではなく, ではドイツ, でもあり, でもなん, でも何, でも劃期的, でも大人, でも政治的面, でも極める, でも無い, でも猶, でも飯, で京都帝, で佛國, で來朝, で僞作家, で其著述, で名, で好男子, で學問, で實地, で或, で日本邊, で是, で柔弱, で此處, で現に, で都々逸, で非常, といはれる, といふこと, といふ地位, といふ奴, といへ, とか何とか, とか本, とが玉突, としてえらい, としての半面, としての大, としての歴史家, としての立場, としての鼎軒先生, としては稀, としてまた, として一層, として功勞, として哲學上, として國師公, として大いに, として宗教, として或は, として教授, として是, として有名, として甚だ, として私, として經驗, として考へ, として聲名, として見守る, として默視, となつ, となり得る, となるべく, とのごとき, との不一致, とはいはれない, とはその, とはなる, とを性格, と一緒, と二本足, と交際, と僧, と共に研究, と同, と同じ, と專門家, と成つた人, と歟いふ者, と歟又, と禪居士, と競爭, と繪, と著しく, と認めるべきである, と雖, ながら支那, なきを, なく新聞記者, などが研究道場, などは明, ならぬ土方, なりが自然, なりといふ傳不詳, なるもの, においてであらう, において多少, にすら利益, にそれ, にても目録學, にて考古學, にでも詩人, にとつ, になつたん, になりませう, になれ, にのみ必要, にはその, にはふさ, には勿論, には時代, には目録, には註釋, にもそれ, にも一日, にも分らない, にも新種, にも訊き, によつて, によつて有名, によりて必ずしも, にエストランゲロ體, に一種, に出, に十點, に多少, に導かれ, に就き, に從つて稽古, に支配, に於, に比し, に珍重, に發見, に稀有, に衣食, に見つからなかつた, に議論, に錫蘭島, に限られ, に非常, に頼まれ, のいふ意識, のうちレヴィン, のこと, のそれから, のはう, のみならず, のイブン・コルダードベー, のマツグ君, の一たび, の一博士, の一大收, の世界, の事, の事業, の享受, の仲間, の侮辱, の傳統, の僞善虚飾, の前, の勉, の參考, の參考たる, の同じ, の唱道, の執るべき, の報告, の大勢, の妾, の子, の學會, の定論, の山カン野郎, の帆足萬里先生, の待遇改善, の志望, の思想たる, の愉快, の意義, の懺悔, の所謂, の所謂鞭藻, の手, の批評, の抽象, の推定, の政治的理解, の教育, の新, の景教考, の書卷, の書齋, の未亡人, の本務, の杉村, の業績, の權謀術數, の歴史, の比量, の氣風, の沒, の測定, の激しい, の爲, の的確, の眞, の眼, の知能, の研究論文, の神道, の種, の立場, の組合, の經歴, の羨, の自由討究, の自若, の良心上出來, の蒙, の行, の行衞, の見方, の解, の觸, の言葉, の計量, の詩人, の認める, の誤謬, の説く, の論, の讀む, の責務, の辛苦, の道徳論, の部類, の閑事業位, の隨筆, の集團, の靈, の非難, の頭腦, の餘, の鹽梅, はああ, はある, はいつて, はいや, はしかく, はすくなくとも, はそれら, はた, はどう, はわが, はアリストテレス, はワイリ, は一人, は一種, は二つ, は人, は今日生活, は何人位, は個性, は兎角, は其の, は凄まじい, は前後, は千古, は却つて, は和蘭, は唯, は四大, は天上, は學問, は學習, は容易, は平和, は幾千年, は心理學上, は恐慌, は感情, は攻究, は文化, は文化科學上, は文法, は日本, は時に, は曾, は歐洲, は死んだ, は殆ど女王卑彌呼, は渺茫, は物, は現在, は畢竟, は當時北支那, は皆, は皆章學誠, は禮教維持, は第, は經書, は經驗, は總, は能, は自己, は自我, は莊述祖, は論ずる, は論理學, は逍遙子, は道家, は錫蘭嶋, は靜, は非難, は鴉, まで引つ, めいた小説, もあつ, もあり, もこの, もまだ, もよき, もサクラ, も世間, も互に, も出た, も多少, も大抵, も始め, も已に, も感服, も既に, も是, も未だ, も概して, も注意, も澤山, も總, も記者, も醫學者, も頭, やパリサイ人ら, や天の川, や宗教家, や心理學者たち, や思想家, や文化主義者たち, や日本, や漢學者, や科學, や詩人等, よりも寧ろ, らしい人, らしい日本人, らしい男, らしい風貌, らしく之, をし, を一寸, を一本足, を三人, を以て任ずる人, を其の, を其範圍, を刺戟, を呼び集め, を多, を招い, を擇, を有する, を犧牲, を相手, を知つて, を聘する, を見受けない, を評し, を輩出, を頼ん, を驚かし, を驚歎, ノ考, 乃至哲學者的詩人, 之流, 亦勉め, 例へば一條禪閤兼良, 例へば顧炎武, 及び世人, 及び藝術家, 大藝術家タルカハ, 少なからざりし, 往々他語, 或ひ, 既にその, 自體, 若し余輩, 迄が之

▼ 學~ (1003, 7.6%)

31 をする 13 をした 12 と云 11 といふもの 8 が出, のある, の仕方, の源流, の獨立, をし 7 に於, の目的 6 である, の上 5 であ, に對, に就, の中, の研究, や藝術

4 [11件] が好き, が盛ん, であります, とは何, の系統, の道, もあり, をしなけれ, を歴史的, を研究, を總

3 [17件] があつ, がある, が無い, であつ, ではない, に凝つ, に御, の中心, の力, の尊, の方, の筋道, はその, はなく, をすれ, を修め, 全體

2 [66件] があ, があり, がお, が大阪, して, すると, でありますが, であること, である限り, といふこと, としては全く, となつ, となる, と商, など何, ならば, においても人生, になつ, になる, にのみ精進, に向, に關, のこと, のすすめ, のみならず, のやう, の一つ, の一部分, の全, の基礎, の大系, の家業, の方法, の最大目的, の根本, の根柢, の流別, の爲, の爲め, の相, の變遷, の趣味, の造詣, の進歩, はまだ, は人, は無い, は荒みぬ, は貴族, は面白い, もあつ, もせず, もまた, も武藝, をさせる, をしない, をなし, をやる, を代表, を大, を復興, を教, を無視, を爲, を研かぬ, ノ淵源

1 [605件 抜粋] あり品格, あると, あるを, ある町人, から一般, から云, から來, から更に, から考へれ, があれ, がき, がし, がその, がどの, がない, がなくなる, がまだ充分, が一種, が一般, が主, が亡びた, が傳はつ, が全く, が分る, が初めて, が北宋, が即ち, が墮落, が大いに, が嫌ひだ, が學問, が家業, が平民, が必要, が應仁, が或, が昔, が最後, が根底, が次第に, が正道, が疑, が發達, が盛, が純, が續, が行, が衰, が要る, が趣味, が違え, が非常, こそわが, こそ猶, させられ其, したつて, した者, してない奴, しようとも, し商業, すること, するには, するの, するもの, する事, せらる, せられて, たる哲學, であの, であらう, であります其の, であり史學, であり史記, であり新, であると, であるべきであるが, である以上, である學問, でこれ, ですよ, でせう, でそれ, でないと, でなくては, ではある, ではなく, では出, では無い, でもいくらか, でも藝術, でも迚, で劉氏, で家學, で漢人師法, で腹, で詩, で身, といはず, といひ, といふた, といふの, といふべき, といふ柄, とかいふもの, とか商業, とか文學, とか知識, とか藝術, としての歴史, としての特殊, としての目録學, としての老子, としては勿論, としては校勘學, として傳, として取扱つたの, として名著, として扱, として歴史, として獨立, として組立てる, として考へた, として認められる, とせず, とてはなかつた, との關係, とはいふ, とは人格, とは模倣, とは言, とは違つて, とやら外, と人柄, と人格, と呼ぶ, と實用, と日々, と智惠, と理窟, と生, と看做される, と言つて, と趣味, なく分別, なさる, なぞはない, などはしない, などは修め度, などは少し, なども是, などを修めた, などを或は, などを研究, なの, なら牧野富太郎博士, なるが, なんかする, なんか嫌ひだ, においてと同, においても單, において或, において眞理, において近代, におけるあらゆる, におけると同, についてその, については豫, にとつ, にならない, にならぬ, にのみ心, にはこの, にはそこ, にはならない, には叶, には新しい, には滿足, には申す, には窮極, にばかり凝つ, にもたしなみ, にも詳しい, にも響い, にも餘程骨, に偏, に價値, に入, に凝, に出, に區別, に反, に司馬遷, に大いなる, に影響, に心, に心身, に忠實, に於い, に歴史的根據, に理解, に疑つ, に縁, に行かう, に身, に進歩, に配し, に配すれ, に重き, に限ります, に隱, に類似, に骨, のありがた, のいかなる, のうち, のため, のつけ, のみ志した, のやり方, の一統, の不, の人, の使命, の修業, の傳來, の價値, の優劣, の内, の出來, の分化, の分類, の原理, の反動, の嗜も, の外, の大, の大略, の如何なる, の始め, の專門, の尊い, の岐路, の師匠, の弊, の役立つ, の彼, の心, の心掛, の必要, の意義, の教, の方針, の最大, の最大要用, の最後, の根底, の極めて, の權威, の歴史的發展, の殆ど皆鵜呑み, の比量界, の沿革, の派, の流れ, の流儀, の淵叢, の淵源, の爭がくツ, の特色, の獨立的講義, の甲斐, の發展, の發達文明, の盛, の眞個, の社會, の程, の稍, の立場, の組立, の組立て, の組織, の組織系統, の總, の總論, の續, の自由, の荒み, の蘊奧, の見方, の規則, の話, の認識, の起る, の趨進, の退歩, の選擇, の邪魔, の階級性, の領域, の風, の高尚深遠, はあつ, はある, はえらい, はえらから, はかく, はこの, はし, はそこ, はその大きな, はそれ自身, はどこ, はどんなに, はない, はなし, はひどく深く, はゑらからうとも何, は一般國民, は三論法相, は中, は久しく, は人並, は人格, は人間, は以上, は何等, は光, は全く, は其の, は前, は史學そのもの, は右, は哲學, は商, は士人以上, は多く漢學, は大, は始終, は學問, は官, は御蔭, は或, は政治, は最小限, は枯木, は歐洲, は歸化人, は死物, は氣, は決して, は清原家, は漢唐以來, は無, は獄中, は甚だ, は發生的, は目的, は相, は確實, は福澤先生, は絶えない, は絶對, は色々, は苦しい, は西洋人, は記憶, は誠に, は辛い, は醫者, は面白く, は骨, は高, は鵺學問, ばかり採, へと發展擴充, への身, または哲學, または智識, までする, もあまり, もある, もした, もする, もやはり, も一, も何, も使用人, も出, も國相應, も大, も大した, も學問, も支那, も教育, も文字, も既に, も智慧, も根柢, も無い, も皆, も腹, も自分, も誠によく, も進ん, も韓非子, や何, や先人, や研究, や社會的地位, や種々, や職業, より外, より經濟向き, らしいもの, らしくな, をさ, をさして, をさせた, をされた, をしたら, をしなく, をせ, をせざる, をせな, をせよ, をつづける, をなす, をめざし, をも充分, をやつ, をやります, をやり通し, を一貫, を丸, を主として, を代々傳, を以て身, を以て靜, を作り出したなら, を傳, を受け, を受けた, を受ける, を口, を啓發, を基礎, を増した, を天職, を奬勵, を好み, を媒介, を嫌厭, を學問的, を家業, を平民, を彼, を必要, を應用, を打捨て, を持つ, を授け, を擁護, を支那, を教授, を方法論, を日本語, を日本譯, を暗示, を有, を根柢, を植ゆ, を極度, を樹立, を物理學, を特別, を獨立, を皆繼續, を目的, を知れ, を祕密, を稽古, を立てない, を統一, を考へ, を考へる, を觀, を認め, を論じ, を通じて間接, を遣, を遣つた, を選べ, 並びに書籍, 例へば數學, 其の精, 即ちこの, 即ち所謂科學, 未だ上達, 追隨

▼ 學~ (731, 5.5%)

13 時代に 12 時代の 11 時代には 10 のやう 9 であつ 8 の方, の間 7 の頃, 生活を 6 だつた, 時代から 5 の時分 4 がある, の中, 服を, 生活の 3 が一人, が言, である, に對, のころ, の妄動, の身, 服の, 生活に, 諸君の

2 [33件] が多く, が私, だと, だらうと, との間, と三人, ならば, にし, に向, に訊い, に連れられ, に金, の一つ, の一群, の世話, の如き, の手, の數, の生活, の自分, の靴, の顏, はその, は學生, は生, は甲田, や新, を相手, を送り, 時代で, 時代は, 服に, 生活は

1 [517件 抜粋] あがり, あり, か, からの手紙, からは嫌, から排斥, から讓, から車體設計圖案, か知ら, があつ, がいかに, がから, がじつは, がづか, がどやどや, がふい, がやつ, がやる, がゐた, がゐない, がサイン, がナポレオン的超人, が一寸, が一律, が三人, が下り, が不, が二三人乘つて, が二人來, が他, が來, が來集, が僕, が共鳴, が出, が十五人, が十人, が合唱, が問題, が四五人, が固有, が多, が大福帳型, が失戀, が學業, が居, が幹事役, が強, が拓本, が日本, が法廷, が澤山來, が煙草, が現在, が甲府, が白山, が自, が興, が藁, が西洋, が計算, が講義, が長い, が隊, が青ざめ, が頓狂, が顏, ぐらゐのことにそんなに目の, こそ氣, たるもの, だか, だが, だけは休み, だったが, だつたが, だつた僕, だつた時分, だね, だの母親, ぢや, で, であらう, でありながら, でありました, でありますが, であり業, であるかは, であること, であると, である彼等, である自分, です, ですか, ですが, ですぞ, でせう, でその, ではなくなります, でまず, でも職工, で二人, で其當時, で如何にも, で暑中休暇, といふもの, とか少々, とさかり, としての富之助, としての最後, としての諸君, としては少し, としては變, としては高, として下宿住居, として僕, として先生, として學校, として學資, として支那, として横濱, として私, として秋江, として立派, として覺悟, とだけ名, とでももつ, とどこ, となつ, との文壇, とは見えぬ, とは道, とも一緒, とも職工, と一平, と中學生, と共に彼, と思へない, と戀, と文學者以外, と結託, と覺しき學生, と話, と間違, と關係, なぞも, などが大勢乘つて, などが本, などが輸入, などが風早學士, などではあるまい, などとは違, などには其の, などに分る, などの大, などは中, などよりどれ, などを遣る, なら解けるであらう, なり, なる吾子, なん, なんてもんぢ, なんて今時, なんて分らない, に, にいい, にいたる, にうま, にした, にす, にたいする洛内の人氣, にでも見せ, になつてオオデンゼ, にはツバ, には一種, には中學生, には仲, には支那, には遺書, には附添, にも勸め, にも訊い, に一年以上文章, に一足分貰つたの, に三宅, に共通, に出, に同情, に心から, に成る, に教, に次, に盧度世, に禮, に紹介方, に育て, に訊く, に話す, に誘惑, に語學, に負け, に過ぎない, に關, のある, のくせ, のごとく, のしたがる, のする, のたくさん, のはう, のひとり, のまま, のよう, のゐる, のアルバイト, のカンバス, のセンチメンタル, のノロさん, の一人, の一組, の三井, の乘, の作文, の來往, の例, の侏儒, の修學旅行, の其の, の出來, の分類, の列, の制服, の勉強ぶり, の卒業論文, の口, の名前, の團體, の團體客, の多い, の多く, の夢みる, の姿, の子供, の學業, の家, の家庭教師三千人, の寢言, の實家, の少い, の就職, の心理, の息子, の息子さん, の患者, の惡逆, の愛國的精神, の成功, の手本, の招待席, の教育, の方々, の旅行期, の時代, の期間, の本分, の某々君, の樣, の歸省者, の氣風, の波梨原本, の活動, の涙ぐましい, の涙劇的ヒロイズム, の漕い, の炊事, の燈下研學, の爲, の爲すべ, の特色, の理解, の眞鍋, の着る, の示せる, の禁欲生活, の私, の綴方, の群, の習性, の肩, の肺病, の芥川龍之介, の若, の藤村操, の親切, の言論, の討論會, の謝る, の足, の身分, の逆立, の連れ, の隱, の集會, の頃植ゑた欅, の風潮, は, はいい, はいつも, はいつ船, はその後役人, はたま, はちかく, はとても, はひと, はひとり, はまだ, はスカ, は一人, は一向, は一瓶, は一體, は云, は例, は僅か, は先刻, は其の, は其一, は其實状, は初め, は勿論, は受, は君, は呆氣, は命ぜられた, は唇, は喜んだ, は嘆息, は在外研究員, は墮落せり, は始め, は幸, は必ず, は或, は手, は持つ, は振返, は支那政府, は更に, は最も, は月, は未婚, は歐化主義, は歸つて了, は殘ら, は毎日一枚づつ教頭, は決心, は派遣, は盛ん, は眞面目, は禮, は立ちどまり, は笑, は答, は簑村文學士, は終, は萬有引力, は行く, は諾, は賈似道, は起たなかつた, は車中, は運動場, は酒, は驚いた, への講義, まで時々, もあつ, もあり, もありけり, もさむい, もふたり, も來, も修學旅行, も働い, も出, も協力, も平日, も東京, も理想的, も確か二, も立ち, も職業, も行く, も諸, も通る, も顏, やさ, やその, や坊さん, や女, や女學生, や小, や西洋人少な, や貧民街, や青年達, や青年雜誌, や鼠, よりも溌剌, よりも讀書, らしい, らしいの, らしいもの, らしい口調, らしい大勢, らしい惡戲性, らしい所, らしい男, らしい若い, らしく學校, をえらん, をからかつ, をさ, をし, をつかまへ, をまた, をも私, をも送れ, を二人三人, を使嗾, を出入, を前, を呆, を引率, を得, を思ひ出した, を愛した, を我が, を收容, を救, を東西兩洋, を歡迎, を注意, を派遣, を澤山, を突, を籠絡, を考へる, を蕩, を見, を見廻し, を觀迎, を送つ, を連れた, を集め, 上りの, 以來あこがれ, 劇の, 及び世間, 及び友人諸君, 及び學問僧, 同士の, 向の, 團體が, 安官吏, 對校討論會に, 小學生, 帽子の, 振りを, 教育家の, 時には畫家, 時代からの, 時代と, 時代にも, 時代を, 時代長く, 時代青春の, 時分に, 時分の, 服だつた, 樣が, 演劇などで, 生活そのものが, 生活にかへ, 監に, 短い袴, 納豆屋と, 總代の, 聯盟は, 自身には, 見たいな, 諸君が, 諸君と共に, 諸君に, 諸君は, 諸君も, 諸子に, 諸子自ら講學の, 連は, 連中の, 風な

▼ 學~ (464, 3.5%)

10 卒業し 7 出て 6 して 5 出ると, 研究する 4 やつた, 卒業した, 卒業する, 專攻する, 爲す, 研究し 3 ほのめかさうと, もつて, やつて, 做す, 出てから, 勉強しよう, 勉強する

2 [18件] すること, すると, やらうと, やる人, わかり易くする, 刻み出す器械, 勉強した, 去らなければ, 唱ふる, 好むと, 復興した, 根柢として, 眞に, 知るのみ, 研究しよう, 續けて, 許す學費, 離れて

1 [350件] いたしましたわ, いはない, いふこと, おやりです, こちらで, この人, させると, しその間ケエラ, した, した事, した初期, しようとは, するやう, すれば, そのふる里, それ故に, なくする, なさずして, なさずと, なして, なし然, なすこと, なすに, なすには, なすも, なすもの, ならつたらう, のり越えて, ほのめかさないで, またもし, むつかしくい, むつかしく思はせ, もたないこと, やめて, やめられるまで, やらうといふ, やられ佛家, やりたい大, やりませぬから, やり出せば, やるかと, やること, やる人間, やる何故, やる學者, やる昌造, わかるやう, コツ, 一つ語らう, 一の, 一回は, 一年延期したい, 一科目と, 中途で, 主と, 主としてやつ, 主張し, 了せん, 云々する, 人間學に, 仕入れた, 代表する, 何よりも, 作るには, 作るのに, 作るや, 信じて, 信奉する, 修すると, 修むるにも事を, 修むるの, 修むるものにして苟も, 修むるものは特に, 修めたの, 修めたので, 修めて, 修めむと名を, 修めるまでに, 修めるもの, 修め英雄, 修め身, 修め身を, 修得する, 傳へては, 僻典視する, 入れると, 全能なりとも, 其ま, 兼有する, 内容から, 出たその, 出たて, 出たなどと, 出たの, 出たばかり, 出たもの, 出た處, 出た許, 出てからは, 出ても, 出とる醫學士, 出られるという, 出るか, 出立した, 出願し, 初めて作つた, 初めて書いた, 初め出しました, 別に, 利用する, 刷新し, 創立した, 勉強し, 卒て, 卒へ, 卒へて, 卒へる, 卒業させ, 卒業させる, 卒業しない, 去つて, 受けまた, 史學に, 否定する, 含むと, 吸收し, 呪うべきもの, 命ずなんて, 命ぜられいろ, 命ぜられて, 命ぜられ將, 啓發しました, 喜み, 喜んで, 單に, 噛つて見, 固執せなけれ, 土臺として, 地下人が, 基礎として, 報ずる文, 失ふ哲學, 奉ずる考證家, 好み師, 好む, 好むこれ, 好むは, 好む之, 好む學者, 好んだ蜀漢, 好んで, 始めた時分, 始點と, 學ばうと, 學び一寸人, 學び初め, 學ぶこと, 學ぶには, 學ぶ上, 學ぶ者, 學んだこと, 學んだ時代, 學んで, 學問全, 學得せ, 容るべき, 將來した, 專攻せられる, 專攻に, 專門の, 尊ばざるべからずといふ, 尊信する, 導くもの, 小學, 少し研究, 帳中の, 延して, 建てることに, 建てると, 建設した, 形作るやう, 後者が, 得たの, 得て, 得意と, 御研究, 心得てを, 心掛候に, 必要と, 志望する, 忽に, 急がないで, 悦ぶもの, 意味する, 愛するの, 態度と, 應用し, 應用した, 應用する, 成すとも, 成せる時, 或ひ, 手懸りとして, 打ち建てよう, 承けた, 抽象的である, 拵へた人であり, 持たないならば, 持ち込んで, 持つやう, 持出す迄も, 指導し, 捨て了つて, 排して, 推進し, 擇んだ, 擔任した, 擧げること, 攻めつるのみ, 攻究せん, 教ふる, 教へ, 教へて, 教ゆる, 文と, 明るみに, 曲げたといふ, 更にもし歴史, 有しない, 有ち得る, 榮え, 構成しなけれ, 構成せしめた, 標榜し, 模倣し, 樹ててから, 樹立せられた, 止めさせたといふ, 止めて, 殘なく, 求めたニーチェ, 治むるに, 無意味に, 爲さなかつた, 爲す者が, 爲ず, 特に重要視, 特殊的に, 理解する, 生んだ十七世紀, 生物主義と, 用ゐる, 疑ふと, 疑ふ樣, 發揮し, 益すること, 目指して, 知らずして, 知らない, 知らなかつた人, 破つて, 破壞, 確立させる, 確立し, 科學の, 空耳に, 立てようと, 笑ふ, 終ふ, 終へる, 終る頃, 絶對化する, 經と, 美術に, 考へられた非凡, 考據の, 聘して, 聞かむを願, 聞き噛つたつて實社會, 自分で, 興さむとす, 興したこと, 興したること是, 興したるによりて, 荊楚の, 萬能と, 著は, 藏し, 表明した, 裏付けして, 覆すべき基礎經驗, 見に, 見る, 解釋し, 許されました, 許して, 許るすべし, 許可する, 詰めこんだもの, 詳に, 語るもの, 誤謬又は, 説く, 説くに, 説くを, 説く商業道徳, 説く場合, 論者自身の, 講じた, 講じて, 講ぜしめむとす, 講ぜむとせば, 講義する, 講説す, 講釋する, 譯述し, 讀み彼我對照, 讀めといはむ, 讀めといはむわれ, 讀めとは, 貫く根本思想, 起した, 起したこと, 起すもの, 超えた藝術的, 超越したる, 輕んじ, 輸入した, 述べましたけれども, 述べ其の, 追懷, 退いた後, 進歩せしめた, 適用した, 適用する, 選んだ, 選んだと, 重んじなければ, 鈔録し, 開いた時, 閲せば, 限定する, 除いて, 除外し, 隆盛ならしむる, 風靡し, 養ふも, 體現する, 髣髴として, 齊魯の

▼ 學~ (442, 3.3%)

27 關する 24 於て 12 對し, 對する 9 於ては 6 して, とつて, 於ても, 興味を 3 なると, 入らうと, 入りて, 出て, 教鞭を, 於ける歴史的世界, 注意した, 關し

2 [26件] あつて, ありたる日, ある, よると, よれば, ゐたん, ゐた頃, 入つた, 入つて, 入ること, 反對, 在るや, 始めて, 定位を, 屬する, 從ふ, 從事した, 據り, 於いて, 於ける, 留學し, 第一, 精通し, 行つてゐる, 通ひし, 造詣が

1 [258件] あたるもの, あると, あるとは, ある問題, いつたら同大學, いふ神, うとい僕, おもむくと, かかはる史觀, こ, こだ, さへ, せうかと, その基礎, その源泉, それ固有の, だつて, つき或は, つけこみさまざま, ならないので, なりたいの, のぞみ天下, まなぶ一女性, よく通じ, ゐたが, ゐたこと, ゐたころ, ゐた事, ゐた時分, ゐて, ゐるとき金, ドクロル・コンラデ, 一新紀元を, 一種の, 云ふ, 亘つて五行説の, 付て, 住んで, 來た, 來るであらう, 依つて研究, 依つて神道, 便利な, 信頼し, 倣つて對象の, 傾いて, 傾けその, 僻する所, 入つた年, 入つて物理學, 入り英文學, 入るもの, 入る可, 入る程, 入る者, 入る道, 入れて, 入れるやう, 入學, 全く旨味, 共通な, 再び注意, 凝つて, 出かけた, 出ないで, 出る日, 出會, 出精熱心に, 初めて教授, 到るを, 制せられて, 助教授と, 勤務し, 包括する, 反抗し, 取つて, 取り合つて, 取立てられるといふ, 合格した, 向はね, 呼ばれた頃, 呼ばれること, 在つて, 在て, 在りし日, 在勤の, 執着し, 基いたる批評, 基ける, 基づく哲學原理, 堪能な, 外ならぬ, 大影響, 奉職する, 好材料, 學び一二四三年ドメニコ派, 學んで, 害ある, 專心し, 對せしめ, 對抗すべき, 就いて, 就き少しく, 居た日, 居た頃, 居らるる狩野直喜君, 居られる方, 居る越智李堂, 屬し, 引き入れられたの, 影響した, 役立たせるに, 役立ち一種, 役立つた, 役立つたの, 役立つやう, 往つて居た, 從つて人間を, 從つて居る, 從つて或, 從は, 從はば, 從ふと, 從事する, 心を, 必要な, 志ある, 志が, 志して, 志し其入門, 志すこと, 志すもの, 志す者, 志せり, 思を, 急ぐこそ, 掌り, 接觸しよう, 接觸する, 接近を, 擢んでて, 支那學が, 支那學の, 支那文學の, 支那語言科, 收つてゐる, 教へ, 教育の, 敬服し, 文學を, 新面目, 於けるかの, 於けるアインシュタイン博士, 於けるアントロポロギー, 於けるオペレーショニズム, 於ける其素養以, 於ける制限, 於ける卒業試驗, 於ける哲學科, 於ける支那學講座擔任, 於ける最も, 於ける物, 於ける知的活動, 於ける社會心理的立場, 於ける英語教授, 於ける西園寺侯, 於ける解決, 於ける講義, 於ける造詣, 明治十二年に, 會つて昔自分の, 本質し, 楯を, 歸る, 死し慈善, 殊に天才的, 殘される, 汲々として, 法則科學的意味を, 深く入られる, 火兵學科の, 無關心, 特に注目, 特有の, 現はれなかつた, 甚大なる, 留學した, 留學する, 當り, 當る, 疑はれる惧, 發達した, 移つてから, 移り來つたニコライ・ハルトマン, 移り行くもの, 移り行つた觀, 移入され, 立脚し, 精しき靈, 精に, 精通した, 組織され, 繁く通, 老子の, 考古學と, 職を, 至つては, 至るまで, 至る迄, 與へ, 與へた新らしい, 與田といふ, 興味が, 行つて私は, 解消する, 評論の, 詳しい上, 講師と, 貢獻した, 貢獻する, 買上げられ, 費した, 身を, 轉じ, 轉じた, 迎へ, 近いもの, 近いイヤ惠施, 近づいて, 這入つて, 通ぜり十三世紀, 通つてる, 通つてゐ, 通ふ, 通明に, 通達し, 造詣の, 進みさ, 進みたいといふ, 進むと, 進んだ, 進化する, 適せず, 適用した, 邁進し, 重きを, 重要なる, 長じ, 長たり, 關係した, 關係する, 關係を, 關心を, 陷らなけれ, 非常な, 鞍替し, 頼つたが, 體操教師が

▼ 學~ (364, 2.7%)

3 學問の

2 [14件] このやう, それの, 云ふ, 人間と, 人間を, 他の, 何等かの, 出來, 單なる, 多くの, 死の, 科學の, 自己の, 虚僞である

1 [333件] あらう, あらゆる歴史科學, いかに, いつもこれ, いは, うるせえ, かいもく無, かかる歴史的意識, かくして必然的, かくして自己, この二人, この傾向, この全, この問, この場合, この時代精神, この課題, すませた, そのやう, そのよき, その人, その他の, その名, その基礎, その後も, その政治的事情, その時, その時代, その最も, その本性上根源的, その汎神論的流出論的傾向, その深い, その解決, その認識理論, それが, そんなもの, つねに大きな, つねに直接, どういふ, どういふ所, どうである, どう學ん, ない, ないの, はたして可能, はつきりした, ふしぎにも, ほんとにわかる, まことに歴史上, ますます墮落, また一, また時に, また流出的論理學, むしろ墨家, むしろ懷疑, むつかしい, むつかしいと, むつかしいといふ, むつかしいの, むつかしくは, もう全, もたない, もちろん屡々自, もちろん科學, もつと, もとは, もともと政府, もとよりの, もとより自然科學的, もとギリシア市民, よくしらべ, よく解, イデー即ち, ウンド出でざる, エレクトロンの, ガリレイ以來その, ギリシアの, ギリシア以來その, スピノザの, デカルトスピノザライプニツカントその他において, ドイツの, フォイエルバッハの, フランス革命に, ヘーゲルに, ポリス的教養人を, ヨーロッパの, ヴント, 一つの, 一つは, 一の, 一方に, 一種の, 一般的に, 一言で, 一風變って, 七品以上の, 三品以上の, 三年から, 上述の, 不可能を, 不要であらう, 世の中を, 主として頼山陽, 主知説的な, 主體, 之を, 事實と, 事實を, 二劉以來相傳の, 五品以上の, 亦その, 人間としての, 人間の, 人間歴史の, 人類に, 今にな, 今の, 今も, 今日尚, 以上の, 何, 何か, 何である, 何よりも, 何んと, 何如である, 何番で, 佛國が, 使ひ, 例外なし, 個人慾病衆人慾病共通の, 先づ五百圓の, 先づ大要斯樣な, 全く明末, 全く現, 八月, 出て, 前へ, 前世紀, 前二者の, 前述の, 創立の, 動かし難い, 勢力を, 勿論支那自身, 即ち科學, 却つて客觀論に, 原則的には, 原子の, 去年閉校した, 又一段, 又技術力, 反對, 史佚の, 史學でない, 各の, 同じ級, 吾, 呪うべきもの, 哲學として, 哲學史である, 唯後者, 唯藝術, 單に, 四庫提要で, 困難と, 圈内の, 多かれ少なかれ凡てプラグマチズム, 多く眼, 多少教師, 大同小康と, 大學, 天祿琳琅書目で, 夫等の, 如何なる場合, 如實に, 存在の, 存在論的として, 學問である, 學問であるべきである, 學問では, 官僚的だ, 定まつ, 客觀的な, 客觀的認識を, 客體面における, 富者の, 實に, 實在, 實體性の, 寧ろ現, 寧ろ順境, 寫象と, 專門を, 少し宗教, 尹佚の, 廣い, 形相を, 彼に, 彼の, 彼等の, 後の, 復た, 微視的記述であり, 心理學的な, 心理批評の, 心識的のみ, 必ず一定, 必ず進化學的, 必要が, 悟性でなく, 想像以上に, 意を, 意識として, 意識の, 意識内容を, 我々が, 或る, 所謂科學的哲學中の, 技術, 拙著, 支那に, 支那には, 支那事變までは, 政府の, 教へて, 教育心理學なし, 新興の, 日に, 日新の, 日本に, 早くから評判, 明帝以後絶えてなかつた, 昔から, 是を以て, 普遍性を, 普遍的な, 暖な, 書籍の, 最も深き, 最後妥當的なる, 未だ十分, 極めて徐々に理性人間, 概念である, 概念的で, 次第に專門化, 次第に形而上學, 正確なる, 此上も, 武政太郎, 歴史の, 歴史的な, 殆ど全く外界客觀, 殆ど出, 殆ん, 比較的新しい, 氣候に, 決して因果的認識, 決して左樣, 決して深い, 深い世界感情, 漢初に, 無いといつて, 無い然し, 無かつ, 無言の, 無論第, 物理學の, 物語的歴史實用的歴史發展的歴史といふ, 物質は, 特に勝れたる, 現代に, 現實的, 理を以て, 理念の, 生きるか, 生殊に, 生理學であり, 當時直ちに, 發展的な, 發明出來ない, 皆傳統的に, 益々磨き, 直接間接に, 相變ら, 眞に, 社會學や, 神學の, 私に, 科學と, 科學によ, 科學を, 種々の, 究極において, 第一, 糞甕を, 純粹, 絶えず物, 經濟か, 經驗の, 肉體を, 自分の, 自己自身を, 與へられた, 興味ある, 若い世代, 草創の, 蕃書取調所から, 表象と, 觀念的存在者そのものに, 解釋學的思想によ, 言ふ, 認識論に, 説明的或, 誰れ, 變更を, 起らざるべし, 足利時代からの, 載籍, 迂路なり, 近づき易く, 近代科學の, 迚も, 逆に, 道徳學と, 鄭樵に, 重要である, 長足の, 間もなく行詰, 隨分學者文人を, 靜止的な, 靜的樣式と, 顯は

▼ 學~ (230, 1.7%)

12 出來 5 むつかしいと 4 あつて 3 あると, 如何に, 盛にな 2 ある, あるから, それを, 對象と, 流行し, 結び付いて, 邪魔を

1 [186件] あつた, ありこの, ありや, あり又, あり康熙帝, あり日本人, あるといふばかし, あるの, かかるもの, かかる不信, かかる觀想的, このやう, この我が國, これらの, さうで, その最も, その根源的, その灰色, それである, それの, たまものを, つづけられるつもり, できるか, できる樣子, とられるかといふ, ないけに, ないと, なければ, ほんた, またこの, まだガリレイ以前, まだ專門學校, むつかしいといふ, むつかしいの, むつかしくな, もつと, もと理性, コンヂニヤル, コンヂニヤルである, プロレタリア的基礎經驗の, ルネサンス以來夙に, 一向振, 一時わが, 一般に, 一面的である, 今日以上に, 他の, 何よりも, 佛國に, 使ひ, 來た, 信仰の, 傳はる, 優に一科, 先鞭を, 入つたの, 入つて, 入つて來, 全盛を, 八五郎には, 其の中, 其源を, 出たこと, 出て, 勃興し, 勃興しなかつた, 卒業出來た, 即ちそれ, 厖大に, 取扱う平均的人間, 古來, 可能で, 各所に, 合併せられ, 吾, 哲學的であり, 哲學者仲間だけの, 單に, 國家の, 大の, 天下を, 失はれたといふ, 如何なる状態, 始めて興る, 始めるべき端初, 姿を, 存在する, 存在と, 存在を, 宗教に, 實際に, 將來への, 專ら行はる, 專門に, 專門家の, 少からざる, 少しづつ, 尤も適切, 居る三論, 屬する, 巡つて來, 建てたい, 彼に, 彼の, 彼みづか, 彼等の, 從來の, 復た興る, 心理學である, 必然的に, 必要で, 必要である, 必要と, 思想上の, 我々の, 或はこれから, 或る, 持場迄, 振は, 支那哲學史上に, 新しいもの, 新に, 新潟に, 日本に, 日本の, 普遍的に, 最も密接, 最も盛ん, 最も進んだ, 有する重要, 本來或, 本來政治史, 本當, 根本である, 根本では, 横た, 永遠性と, 法則を, 流行する, 海路部の, 清廟の, 溯つて, 漢初に, 漢初の, 特別に, 現になし, 現代の, 現時大阪の, 生れたの, 生物學の, 發達し, 發達しなかつた, 發達する, 盛に, 盛んであり, 盛んと, 盛んに, 目録の, 禮官とは, 科學である, 科學に, 究極に, 立派に, 立脚する, 第一次, 絶對的な, 織り込まれて, 考慮の, 自己の, 自己を, 自然的な, 自然科學的方法に, 興るに, 著述の, 藝術科學等の, 覗いて, 認識の, 起つた, 重要だ, 開始された, 開發せらる, 閑却された, 附け加つて, 非常に, 非歴史的, 驚嘆のみ

▼ 學~ (226, 1.7%)

13 なもの 7 に研究 4 なる生, な方法, に云 3 である, なる限定, の立場, 或ひ 2 であつ, といふこと, な意味, な愛, な見方, にし, にならね, にまた, 乃至民族史的考察

1 [164件] および一般理想的見地, たるや, でありヴント, であるかが, であるが, であると, であるのに, である事, である同時に, でなければ, で各人, となる, とも稱, と云, と嗤, と思はれる, と稱, と銘打つ, なこと, なすがた, なもしくは, なより, ならんこと, なり道徳的, なるべし, なるもの, なる立場, なる見地, な世界, な世界觀的, な仕方, な公平, な内容, な分子, な分析, な問, な啓蒙思想, な幾百萬年, な形態, な心理學, な思惟, な思索, な意識, な態度, な或, な手段, な文化, な時間, な根據, な欲求, な正しい, な深み, な爲, な生活, な發展, な眞實, な眞理, な眼, な童話, な算出, な精神, な經驗, な線, な苦心, な著作, な言葉, な説明, な赴, な面, にあからさま, にいつ, にいふ, にな, になる, になれ, にはあの, にはギリシア人, には解けぬ, には適切, にもの, にも言, にも説明, に乃至, に之, に事物, に云つて, に働く, に冷靜, に出, に加工, に多分, に大分研究, に如何, に妥當, に實驗, に展開, に形作り上げられた, に思索, に把握, に捉, に探究, に整理, に確か, に磨い, に立證, に組織立つた, に考究, に肉靈, に若しくは, に處理, に裏付けるであらう, に見, に見る, に見るなら, に規定, に親, に解决, に解剖, に解明, に解釋, に言, に訓練, に記述, に記述出來, に誤れる, に説明, に調査, に論じたなら, に讀む, に進歩, に重要, のもの, の不思議, の仕事, の働き, の光, の分け, の周期律, の實際, の意味, の整合, の方面, の洞察, の特色, の眞實, の研究等, の詮索, の面白い, もしくは概念的知識, やの結果, よりはむしろ, を云つて, 乃至哲學的思索, 乃至實證主義的, 乃至形而上學的眞理, 乃至心理學的特徴, 乃至文獻學的, 即ち物質的思想, 大發明, 純粹, 諸推論, 諸活動, 諸考察, 超時間性

▼ 學~ (161, 1.2%)

11 云ふ 7 云ふも 3 哲學との, 宗教とが, 稱せられる 2 なる, 云へば, 共通の, 宗教とは, 教育心理學との, 稱した, 關係する

1 [120件] あまりに神經質, ありて, あれば, いつたやう, いひき, いひながら, いふと, いわれるもの, お伽話とが, したの, し醫, す, する自然主義的實證主義的, する風, その應用, そんな身分ち, ならねば, なり得るの, やらんに, われわれの, キリスト教である, ダンテや, ドイツ語の, ビルバオの, 一定し, 二三の, 二時間許り, 云うたの, 云つた, 云ひ, 云ふと, 云ふとき, 云ふべき, 他の, 他を, 信仰, 倫理學との, 其の歸趣, 其色彩こそ, 化學とにおいて, 區別されたる, 博物館へは, 印度の, 司馬遷の, 同じく存在論的決定そのもの, 同じく暗, 同じで, 同じやう, 同一結果に, 同位の, 同樣, 名乘, 名附ける, 呼ばれるもの, 呼び南方思想, 四門學とに, 太學と, 威力の, 存在論とは, 完全な, 宗教とに, 宗教との, 客觀の, 密接に, 實際科學との, 對比する, 工學の, 年を, 心理學である, 惠施の, 我々の, 我評論とに, 教育學とは, 文學とち, 方法, 日本的宗教とを, 此の, 歴史との, 歴史學との, 比較するなら, 汝の, 洋學とに, 海外知識を, 演藝學會, 漢學と, 漸, 物理學とで, 特に親密, 理學, 生との, 目録學との, 矛盾に, 社會學教育心理學と, 科學との, 稱し, 稱せらるべき, 稱へて, 結び附い, 結び附かね, 絶えず密接, 考へられるとき, 考古博物館, 臨床醫學との, 自然學との, 自然科學, 融和し, 衞生, 認識論とが, 認識論との, 謂ふ, 貧乏とは, 近代活字とは, 近代科學との, 違ひ, 違ふ, 雖も, 非歴史的, 題する機關雜誌, 顧炎武との, 高等學校とを

▼ 學~ (154, 1.2%)

4 は此

2 [12件] が言, だつた, となれる, の家, の目, の細君, の顏, は不, は何, は何處, は其の, を養

1 [126件] かさも, から音信, か工學士, か醫學士, が, がゐる, がノソリ, が世, が來, が其の, が出立後, が堪, が外部, が左, が師, が態度, が研究, が親友, が解剖臺, が話した, だなどと, で, であ, であります, ではなかつた, で今, とかいふ男, となつ, との問答, とは非常, と云つた中根氏, と同じく決して, と懇意, どの其病床, なの, におじぎ, にし, になつ, になる, には些, にも此, に劣らなかつた, に募る, に取, に向, に命じ, に少し, に教, に於, に至つて, に送られ, のこと, の中里, の其の, の内部, の出, の前途, の口, の外妾, の失望, の後, の心, の手, の手先, の新, の方, の樣子, の父親, の用, の眼, の研究, の稱, の稱號, の笑聲, の篤, の聲, の背廣, の診察, の風采, は, はあわて, はいよ, はその, はぷいと, はまた, はカラ, はハツ, は一元哲學, は井桁, は些, は亦, は何時の間にか, は冷, は單, は嘗て, は外套, は妙, は宗三郎, は尚, は屠殺者, は手巾, は昨夜, は更に, は林檎, は此響, は毎日林檎, は淋し, は生物, は竦然, は老子化胡, は自分, は自然哲學者, は覺, は言, は試, は附けたし, は餘, は鳥渡, は麥酒, も大きな, も濟, やある, らしい人, を撰, を貴ぶ, ノ

▼ 學~ (148, 1.1%)

5 に就 4 に從 3 によれり 2 との關係, によつて, の列記, の影響, の材料, の眞精神, を構成, を立て, を立てる, を豫想

1 [116件] からは遂に, がある, がこれ, がどんな, がプロレタリヤ, が一定, が一般, が中心, が信ず, が先行後繼, が其の, が初めて, が増加, が後代, が政治的, が秦, が紹介, が論理的必然性, が變つて來, が起つ, が進歩, が長城, その言行, たる主, である, でこれ, でもなく, でも經濟學説, としての懷疑論, として一應, として正しい, として見るべき, ともなり, と二人, と比較, と考, と近時, なりその, にすぎない, につくりあげた, につくりあげられた, にても之, になつ, には幾分, には皆交渉, にも偉人, によれ, に委, に容啄, に對, に差異, に據, に時代, に甚だ, に空氣, に結合, に耳, に至る, に觸, に迷, に達する, に適合, に非ずし, の一時權威, の價値, の基礎, の敷衍, の源, の發明者たち, の目的觀的關係, の相違, の眞妄, の論理的關係, はまさに, はやや, は一般, は事實, は佛説, は哲學史上, は唯, は實, は已に, は概して, は殆ど東洋, は漢書藝文志, は環境, は確, は結局存在, は與, は頗る, もおそらく, も傳來, も平凡, も現在, や思想, や科學, よりし, よりは確, よりも一層, をのみ考察, を中心, を主, を實, を抽出, を敬重, を波羅門哲學, を理解, を生ずる, を紹介, を聞いた, を講ずる, を輕, を述べ, を集め, を飜譯出版, 及び富士谷御杖

▼ 學~ (120, 0.9%)

8 はない 6 あつた 5 あつて 3 あつたの, さへ 2 も中學, やつて, 有名な

1 [89件] あつた爲め, あらうが, あらうと, いつてる, かの支那學, こりて, は, はある, はその, はそれ, はなかつた, はなく, はエドワード, は一番, は佐久間鼎, は何, は八千圓, は博士たち, は周次, は實驗, は小方, は已に, は必ず, は支那, は支那語, は時々, は正確, は知識, は造詣, は適當, は遺物, は陳啓修, は馬寅初, もあつ, もあり, もない, もなく, もなけれ, エミール・フヰツシャー先生が, 一緒に, 二十五圓貰つて居る, 云ふ, 交換教授として, 人間は, 今日の, 俄かに, 俗ぽ, 俗習に, 倫理並びに, 偉い人, 公羊學の, 卒業生學生諸, 史學科を, 名高い橋本宗吉等町人, 多方面に, 學徳共に, 定められた韻律, 惡ずれの, 持ち傳, 支那學の, 教は, 教へて, 教へる, 教頭を, 昇華され, 最も早く, 材料試驗の, 村中の, 氣體論の, 淺墓で, 物理の, 申しますが, 申すスカンヂナヴィア半島, 發達した, 相當, 研究し, 總長は, 考へた名前ぢ, 耳から, 聞こえた町, 育てられて, 解釋する, 解釋の, 言は, 調査され, 講義し, 遇ひました, 醫學上の, 音道とは

▼ 學~ (95, 0.7%)

3 に於, の進歩, を研究 2 に對, に注意, のため, の中心, の研究, の精微

1 [74件] が不, が個々, が明, が開け, とか商業, とは三文四數, とを區別, と他, について論ぜ, にて赤道, に就い, に手, に甚大, に貢献, に關係, の上, の中, の傳來, の光, の大, の如き, の專門分野, の得失, の志望者, の根本思想, の根源, の概括, の流れ, の流別, の源委, の源流, の演説, の爲め, の研究發展, の研究者, の紹介, の話, の退歩, の部分, の隆興實, はその, は價値, は勃興, は次第に, は盡, も亦, や藝術, より獲得, をし, を代表, を以てせずし, を以て古人, を以て論ずる, を修めたい, を唱, を專攻, を授, を攻究, を政治社外, を貴ぶ, を通ず, を重んじ, を重んずる, を頼ん, ノ沿革ニ據テ, ノ研究ト勇猛不屈, ノ進歩ハ, ヲ勉勵セシメ, ヲ應用セシヤ盖シ, 及び其資望, 及び經驗, 恐ラクハ生硬事實ニ切ナラズ, 探檢, 特に歴史上

▼ 學~ (94, 0.7%)

7 に紹介 5 に發表 4 に於ける, のため 2 に於, を風靡

1 [70件] からも一般世間, から代表者, から幾多, では景教碑出土, においては, における出, における慣例, にもたらした, に伸, に僅か, に先覺者, に公表, に勃興, に取つ, に名, に多大, に寄與, に對, に幾多, に廣, に或, に提供, に效, に普及, に活氣, に當, に益する, に誇る, に認識, に證典, に貢獻, に起つ, に限らず, に鳴りひびい, の一特徴, の事業獨, の元老, の呪詛, の大, の專門家達, の批判, の批正, の承認, の方, の權威者, の消息, の空氣, の管理, の興味, の蒙, の趨勢, の進歩, の風潮, はお, はもちろん, は多忙, への貢獻, も亦, をリード, を支配, を聳動, を裨益, を賑, を驚かし, 全體, 及び一般, 及び出版界, 否更に, 尚ほ, 特に吾黨

▼ 學~ (93, 0.7%)

4 の事實, の研究 3 の問題, の所見 2 から見た, の一大疑問, の事, の法則, の知識, の種々, の立場, の術語, の進化論

1 [61件] から日本固有, でいふ, では, などの偉人, にすぐれた, に古今, に多少, に所謂安定性, に新, に於, に社會, に考, のもの, のイデオロギー, の一論爭點, の三徳, の不可解みたい, の主義, の事柄, の事項, の功利主義, の原理, の厭世主義, の厭世樂天なんど, の否定, の大, の季節, の害, の專門, の意味, の感化, の懷疑主義者等, の智識, の根據, の業績, の概念, の比較研究, の汎神論, の特殊, の用語, の用語例, の神神, の著作, の論戰, の諸, の議論, の進化學説, の遺, の重力法, の非, または林業上, よほど大切, より觀, ノ三時代トハ石時代, ノ術語トシテ行ハル, ノ見解ナキ時ハ, 久しく荒蕪地, 如何なる特殊, 極めて貴い, 破素行爲, 若くは

▼ 學~ (82, 0.6%)

3 哲學も

1 [79件] あれば, いいもの, いよ, およそ地上, かかる技術的知識, さうで, さうでありフェヒネル, その地盤, その方法論的基礎, それ故に, ただ口先, なうし, ひとつの, またさうであ, またそれだけ, また二重, また始められなけれ, また或, また藝術, もつと, シーボルトが, 一定の, 亦人間, 亦此, 亦深く, 今日では, 他の, 佛文科を, 共にそれ, 其の多く, 其の徳, 其生徒も, 其邊から, 出たし, 出たん, 出ること, 力學も, 化學も, 十分に, 半休み, 卒業せず, 史觀も, 學ばせた, 學問である, 宗教も, 將來その, 小日向臺と, 形に, 心得て, 心理學も, 必ず取扱, 必要が, 成立不可能である, 政治學も, 教へて, 日本の, 最初に, 枉げて心, 梵語學から, 此の, 此頃は, 母への, 無かつ, 現代人として, 生じた, 發見が, 皆眞實である, 眞實で, 矢張り印度から, 知らず權利義務, 秩序の, 老中宛の, 英文學も, 藝術も, 超越的形而上學によ, 追, 過ぎさせては, 郡視學である, 高山彦九郎の

▼ 學~ (81, 0.6%)

4 の人々 3 の區別 2 と云, に屬, の哲學者, の本, の祖, を區別, を生じた, を起せる

1 [58件] が分れ, が是機, が殷, が隨分, その著述, であります, であるとか, であるとかいふ, では矢張り肉體, と互, なるもの, にあ, においてこの, には齊, によつて繼承, により各部, に在り, に對, に對峙, に於, のリーグル, の中大戴, の全, の分れた, の創始者, の創設者ら, の哲人, の哲學會, の哲學者オプゾーマー, の唱, の巨頭, の所屬, の有力, の源委異同, の特色, の異同, の發展, の相, の禁慾主義者以上, の立場, の立脚點, の見解, の説く如く, の限界効用説, の雰圍氣, はかかる, はその, は僞古文, は勿論, は結局, も隨分, やヘルバルト, をも生じた, を勉強, を批評, を指し, を生ずる, 若しくは或

▼ 學~ (62, 0.5%)

5 のうち 2 に於

1 [55件] が必要, が違つて, であります, でそれから, ではそれほど, でも成績, といふもの, として嫌ひなもの, となつ, と稱, にはまた, には自信, にやつ, に學んだ, に對, に就い, に身, に骨, のあんまり, のなか, の一部, の中, の助教授, の國際會議, の種類, の組織, の設け, の試驗, の諸, の講義, の講義要目, の高山, はその, はよく, は定, も成績, を二囘, を出, を加, を含まざる, を増設, を成立, を教, を教授, を暗誦, を等閑視, を規律, を設ける, を調べる, を講じ, を選ばせました, を選ん, ヲシテ理解シ易カラシメンガ爲, 在學, 悉く能

▼ 學~ (60, 0.5%)

3 に困難, の初期 2 するといふ, に二十年, に於, に於い, の法則

1 [44件] が困難, が完成, が成立, が效果的, が當時, さして居る, され困難, したいと, し易い, すると, するには, するやう, であると, とは方法, とは組織, と云, と語學, にこの, にその, について問題, には反復, には樂, には試行, にまで推し及ぼされ, にも參加, によつて相應, に於ける, の便, の原因, の基礎, の成立, の或, の手傳, の效果, の最初, の目標, の第, の途中, は成立, は確立, を始められた, を始め得る, を思ひ立たれた, を特に

▼ 學~ (57, 0.4%)

3 を出し 2 に就, を稼いだ, を送

1 [48件] がない, が何れ, が出, さえあれ, でで, として上京, として使, として叔父, として支出, と云, になるなら, に於, に窮する, に餘裕, のこと, の一部, の不足, の世話, の供給, の内, の方, の缺乏, の補給, の返, はいくらでも, はお祖父さんがち, はその, は出せぬ, は叔父さん, は此暮限り氣, は毎月, は融通, を一錢五厘間違ひも, を仰ぐべき, を出させ, を出さぬ, を出す, を失ひし, を少し, を得せしめる, を得べき, を稼い, を稼ぐ, を續, を請求, を貢がせられ, を貰, を貰つて

▼ 學~ (49, 0.4%)

3 自己や 2 哲學の

1 [44件] いつも高い, ディルタイ・ハイデガァ, ブレンターノに, ヴントから, 主義や, 井戸對馬と, 倫理の, 兩者を, 其の他, 内科外科の, 化學や, 博物館へ, 哲學が, 土俗學の, 地球磁氣の, 天文を, 女學校に, 孝經でも, 宗教と, 宗教やは, 宗教思想に, 工藝は, 心的働きの, 數學に, 數學の, 數學を, 文明やの, 概念や, 概念を, 標榜などからも, 歌の, 歴史を, 民族學などの, 民間の, 生理學や, 知人や, 維納大, 美術論や, 藝は, 觀念論的な, 語學に, 論理に, 論語の, 通辯力量に

▼ 學~ (48, 0.4%)

4 てゐた 3 てゐる 2 て居つた

1 [39件] それと, てからでも何, てひとつき, てみ, てやつ, てゐなかつた, てをりました, てテイチキ, てノルウェイ語, て一高, て仙臺, て内, て十三, て卒業, て國家主義, て居つ, て居る, て歐米, て歩いた, て漸く, て自分, て行きました, て金, て間, て頗る, に東京, 一二年間その, 一學年を, 三十四年に, 八年の, 度いと, 彼の, 教授フ, 普佛戰爭へも, 歸つてから, 涅槃を, 物を, 私共が, 高知縣立尋常中學校女子部の

▼ 學~ (45, 0.3%)

3 の研究 2 と哲學, なるもの, 即哲學

1 [36件] から哲學, が何等, が論理的關係, である, であるといふ, です, といふもの, として特色, と結合, に依らね, に對, に就い, の一般講義, の事實, の位置, の研究者, の精細, の論理的發展, の論理的關係, の論理關係, の講義, はそのもの, も亦, も古, より入る, より哲學, を一個, を一呑, を全, を大, を見よう, を諸, を通覽, を離れた, を顧みなけれ, 即哲學體系

▼ 學~ (44, 0.3%)

3 通ふ 2 いれて, やつて, 入學

1 [35件] いらしつたん, むけ猫中, もつて, 上げて, 來た, 入つ, 入つた時, 入つて, 入れてを, 入れ娘, 入學出來, 出かけた, 受驗する, 教えに, 教へに, 移られた, 行くの, 行つ, 行つてからは, 行つてた, 行つてゐる, 講義に, 赴任する, 轉じた, 轉任し, 轉任する, 這入つた年, 這入れず仕舞, 通はる, 通ひ, 通學し出した, 通達し, 進みました, 進む現在, 開校式に

▼ 學~ (42, 0.3%)

1 [42件] が同一, が旺盛, が本家, が流行, でありその, でない然, でなくその, といふもの, とは反, とを窺, と全く, と我國, と類し, なら或は, に於, の一端, の利弊, の推移, の特色, の相違, の變遷, の起つた, はある, は决, は彼, は既に, は義利, もまた, や行, をすでに, を一變, を傳, を始めた, を慕つて特別, を採つた, を朱子學, を示し, を起したれ, を身, を領解, を鼓吹, 即ち私

▼ 學から~ (40, 0.3%)

2 影響を

1 [38件] いひますと, して, それて, ひとは, ソクラテスプレトーンアリストテレスエピクテータスセネカパスカル, 一切の, 一高とずつと, 上の, 中學と, 入つたもの, 全く新た, 出て, 出版された, 出發, 分け内容的分類, 分化し, 哲學に, 哲學へ, 大學, 大抱負, 學んだ, 學んだ實證的精神, 恐らく一週間ぶり, 抹殺されよう, 文化財の, 最も細か, 校訂出版せられ, 生じたの, 直接に, 私へ, 胎出された, 見れば, 認識論への, 退くこと, 逆に, 開展したる, 高等學校それから, 高等學校へ

▼ 學といふ~ (39, 0.3%)

5 ものが, ものは 3 のは, ものも 2 ものである, ものに, やうな, 學問は

1 [15件] ことで, ことを, とき認識論を, もので, ものを, 一科の, 乾枯びたやうな學問の, 名は, 名實, 堂々たる名, 學問が, 立脚地あり, 觀念が, 解釋が, 語は

▼ 學~ (37, 0.3%)

3 の如く

1 [34件] が成功, が身, でか, では修身, では講讀經講經, など西洋, なり, になつ, になれ, に教, に於, の人物, の成功, の演説, の漸く, の章程, の英雄崇拜, の課目, は之, は唯, は極めて, は策略縱横, は經學科, へ入り込む, へ通, や官衙, を出た, を立, を聯想, を興し, を隈門, 亦嘗て, 亦逐客, 最も當世

▼ 學~ (37, 0.3%)

3 は又 2 の學問, は

1 [30件] が史籍考, が文史通義, が易, が校讐通義, が言, である, といふ人, のかう, の六經皆史, の如き, の如く, の意見, の文史通義, の書教, の本, の校讐通義, の祖述者, の系統, の考, の議論, の道, はそれ, はもと, は之, は六經その他, は古, は支那, は校讐通義, は獨斷, は百五十年前

▼ 學時代~ (36, 0.3%)

3 の友達 2 からの友人

1 [31件] からいは, からその, からのニイチェ, からの仲, から光りだした, から剽輕者, から始ま, から學業品行共, から會社員, から考へ, ではスヰートホーム, にはテニス, には父, には詩, にストライキ, に刻みつけられた思ひ, に友人, に基礎的, の修學旅行, の全, の友人, の同窓, の同窓生, の學費, の後輩, の我が, の無二, の試驗, の面影, も同じ, を送り

▼ 學校時代~ (32, 0.2%)

2 からの友達, の

1 [28件] からお, からの友だち, からの友人, とそつくり, にはくせ, には學校, には家事, にもこれ, によく, に小さな, に戻る, に才, に教科書, に自作, に遠足, のシルレル, の二つ, の友達, の同級生, の思ひ, の朋友, の氣, の級友, の遊び友だち, の遠足, の體格檢査, はあ, を東京

▼ 學生たち~ (32, 0.2%)

2 の間

1 [30件] がすべてうしろ, がそれ, がみんな歸, がやつ, が一列, が一塊, が來, が此頃試驗前, が行李, が通, にいくつ飼つて, にこれ, にも珍重, に對, に彼等, のし, の姿, の寢床, の黒い, はあらかた, はひくく, はむしろ, は困つ, は地下室, は學問, や奉公袋, や町, をどんどん, を從, を誘つて小諸

▼ 學者たち~ (32, 0.2%)

1 [32件] がはじめて, が一方, が刻苦精勵, が印刷術, が同じく, が好ん, が專門, が支那語, が神, だつた, と同じく, においても身體, にかの人々, にさ, に於, に逃げられ, のそれ, のやう, の仕事, の何世紀, の苦衷, の間, はそれぞれ, はただ, は今日, は普通, は最初, は苦難, は西洋, もわからない, よりもずつと深い, を打ち臥せる

▼ 學との~ (31, 0.2%)

4 間に 2 相違は, 關係に, 關係を

1 [21件] 交渉について, 交渉についても, 兩面にわ, 合致と, 因つて來る, 密接な, 對立において, 平行を, 橋渡しを, 知識に, 聯關を, 説く永遠, 調和の, 調和を, 連繋を, 間には, 關係, 關係が, 關係の, 關係は, 關聯による

▼ 學~ (31, 0.2%)

3 の方 2 の事

1 [26件] から次, が終つた時, であ, で一番, で何, として教師, と違つて遙, に對, に必要, に自分, に興味, のやり直し, の中畫, の復習, の時間, の課程, の餘暇, はなく, は怠け, へと度々, や仕事, をやつ, を勉強, を此年, を見, を諳記

▼ 學~ (29, 0.2%)

5 に於 2 から發行, で, の大

1 [18件] から出版, が開かれる, であつ, でこれ, で報告, で發表, で私, といふもの, と云, などから名, にも學び, に招かれ, に殘, に痛論, の如き, の機關誌, の講演, を組織

▼ 學~ (29, 0.2%)

3 を卒業 2 に入, のモデル, の學生

1 [20件] が建つ, て何, といふの, とて總公家, と云, に, にまだ, に全校學生, に於ける, に通つて, に遣, の中, の住職, の和尚先年私, の學術部, の寄宿舍, の審美上, の生徒, へ這入, よりポルタ

▼ 學には~ (27, 0.2%)

1 [27件] いつた年, いつた息子, ないこと, なきもの, ひつた, ひつて, ひる年頃, まだその, まだ究明, もつと, アイノ語學者を以て, デカルトや, 何か, 傳統的に, 含まれて, 大體, 始め滑稽を, 役立たなかつたが, 徴兵猶, 文學の, 方程式あり, 深い眞理, 深さ, 理學部に, 理論的要素と, 精神生活の, 關係が

▼ 學した~ (26, 0.2%)

3 のである

1 [23件] が土砂, ことの, といふ, と云, のが, のであつ, ので子ども, のは, ばかりの頃, 一學生は, 事にな, 山本芳翠畫塾の, 帶屋町の, 年の, 年船の, 日本僧が, 時に, 程の, 經歴談から, 者が, 連中だつた, 連中も, 頃の

▼ 學において~ (26, 0.2%)

1 [26件] あの生具觀念, いきなり思想, これに, さへ, ひとつの, もさういふこと, 再び形而上學的傾向, 問題と, 大切な, 大宇宙, 定式化され, 支配的で, 既に眞理, 明かに, 最も完全, 求めるの, 注目すべき, 特にこの, 相爭, 確立と, 要求される, 見ること, 認められる, 認識の, 重要な, 飽く迄理論化

▼ 學~ (26, 0.2%)

1 [26件] がある, が出, が創立, が新, であつ, では協議, で無味乾燥, などではかく, につきまし, にゐた, に人類學, に入り, に入りし, に於ける, に照會, の, の人達, の奏議, の殘, の沼田教授, の裏門, の覆, の陳毅君, を出, 大學校電氣學教授, 若くば

▼ 學問的~ (25, 0.2%)

2 な方法

1 [23件] でよい, ならん, なる問, な思想, な意味, な知識, な考, な言葉, になつ, にもこの, に取り上げられた, に形成, に最も, に發掘物, に研究, に第, に純, に言, に調ら, に體系的, の意味, の部分, もしくは哲學的意識

▼ 學的研究~ (25, 0.2%)

3 に於, の結果 2 の後

1 [17件] あり又, がある, とは違, にとつて, によつて影響, に對, に從事, に沒頭, に關, の出發點, の根本資料, の賜, は殆ど, は直接, は詩, を絶えず, を行

▼ 學研究~ (25, 0.2%)

1 [25件] といふ點, との關係, と哲學史研究, と關聯, について茲, にも心理學, に不, に必要, に染めたる, に精進, に連結, の一角, の他, の原則, の同じ, の大望, の小形, の最も, の根本精神, は哲學, は專ら, は專ら現今, より出, を利用, を蒐集檢討

▼ 學である~ (24, 0.2%)

2 かといふこと, と云

1 [20件] かのやう, から其の, がこれ, が兎, が此, ことが, ため自然ここに, という考え, といつ, といふこと, といふ樣, と共に文學, に反し, のみならず, やうに, 史學でない, 吾に, 思想である, 科學である, 限り歴史學も

▼ 學によ~ (24, 0.2%)

3 つて規定され 2 つて巧みに

1 [19件] つてでは, つてのみ, つてよりも, つて到達される, つて媒介され, つて媒介されね, つて必然的に, つて支那の, つて洞見された, つて破, つて築, つて純, つて置き, つて自由詩は, つて西洋と, つて規定される, つて解決する, つて試みられた, つて論證せられね

▼ 學上所見~ (24, 0.2%)

4 の沒却 2 の義, を詩中, 若くは

1 [14件] とその, とシエクスピイヤ, と其實感, なり, にし, のあら, のみにあらず, の審美的, の現出, はその, は到底, は既に, は比量智, をあら

▼ 學問上~ (24, 0.2%)

2 では

1 [22件] からいふ, から色々, にあきらめ得たる, においても革新, において新, における一つ, には關係, に於, に於ける, に研究, のお話, のこと, の功績, の參考, の復古思想, の意味, の意見, の目的, の研究方法, の葛藤, の術語, の議論

▼ 學~ (22, 0.2%)

1 [22件] から, から室生犀星, から御, だよ, であつ, には殆ど, に夭折, に東洋語學, に極, に機關中尉, に經驗學派, の狩野博士, の第, は一日, を管理, 同志數名と共に, 國文學などが, 學からの, 已にカント, 常に分隊, 殊に北支那留學中, 第一緊要事

▼ 學~ (22, 0.2%)

2 の認識

1 [20件] と同じく, にさ, に就, に教, に於, に異, に關, のあらゆる, の名, の廣, の廣汎, の微細, の應用, の指導者, の掲げられある, の智識, の目的, の知識, の精細, の諸

▼ 學者達~ (22, 0.2%)

1 [22件] があつ, が彼等, が熱心, でもなかなか, に圖説, に推奬, に研究, のやう, の數十年, はこの, はそんな, は一面それ, は之, は其の, は文語, は既に, も不安, も孔子, よりも親しみ, をはじめ多く, をも漸く, を聘

▼ 學術的~ (22, 0.2%)

4 に研究 2 の立場

1 [16件] で所謂實用, な言葉, にうまく, にそれ, にはか, にもこの, にもならず, に出, に支那文化, に解釋, に近い, の, の要求, よりかも寧ろ主として, 大發掘, 探險隊

▼ 學試驗~ (22, 0.2%)

3 を受ける 2 の準備

1 [17件] が始まる, といふもの, とで古代, なんて厭, にだ, に合格, に於, のとき私, の成績, の結果, の結果つて云, の脅迫, の都合, をうけた, を受け, を受けてる, を手傳

▼ 學にも~ (21, 0.2%)

1 [21件] あらずまた, ある, そのやう, ねえ事, よるが, われに, 一見識を, 亙つて, 出たこと, 出講, 卒業にも, 差支へる, 早稻田, 昨年正, 歴史的根據を, 深く浸潤, 理化學的作業の, 縁の, 習得にも, 通ふ, 醫學科に

▼ 學~ (21, 0.2%)

1 [21件] から寫眞其他, でも先づ學生, といふ大, にまみえざる, に入, に擧行, に送つた, に通つて, のもの, のシュリック, の一つ, の内外, の寫眞, の新しい, の標語, の精神力, の羽仁もと子女史, の逍遙者, を思ふ, を支配, を索め

▼ 學先生~ (20, 0.2%)

2 の前, の教, の説く

1 [14件] が卓上, との信條, にはし, のそれ, の云爲, の如き, の家, の所説, の窺知, の見地, の説教, めきました, よりは稻荷, を憎む

▼ 學~ (20, 0.2%)

2 が始まつた

1 [18件] で弟, になつ, になつて, には, に間, の初, の初め, の四月, の始め, の成績, の試驗, は一世紀, は一年二ヶ月, は通信簿, も始まらぬ, ををへ, を無事, を終

▼ 學~ (20, 0.2%)

1 [20件] あり才能, ある人々, とによつ, とを有し, と其平易, と常識, には彼, に富む, のある, のいかに, のなか, の三長, の如何, は廣, もあり, も功名心, や主義, や才能, を以て或は, を持ち

▼ 學する~ (19, 0.1%)

3 やうに

1 [16件] ことが, ことの, ことは, ことも, こと多年國民英學會にも, つもりで, といふ譯, ので, のであります, ものが, 事に, 兒の, 前後から, 子弟の, 御豫定, 用意や

▼ 學でも~ (18, 0.1%)

2 凡ゆる

1 [16件] さぞ日本的色彩, そいつは, どこでも, なし博物館, やれあ, 何う, 名の, 心理學で, 政治學でも, 日本大學でも, 校讐學の, 獨逸人には, 考へうるの, 行はれ, 設備が, 陽明學でも

▼ 學~ (18, 0.1%)

1 [18件] ことは, のである, ばかりに誰, 一老爺でない, 主人の, 人で, 人では, 佛教學者であります, 勤勞者の, 女に, 子に, 文句に, 木崎愛吉氏が, 父には, 田舍女と, 百姓どもです, 者の, 金持ちが

▼ 學~ (18, 0.1%)

3 の教室 2 の終り

1 [13件] が始ま, が始まります, には同じく, には毎週六時間, に仙臺, に特待生, の初め, の始, の教場, の生徒, は並木さん, を了へた後, を修業

▼ 學術會議~ (17, 0.1%)

3 の總會 2 を代表

1 [12件] およびユニオン, が擔當, が生れた, では當然, に, に持ち込まない, に持込む, の事務總長, の仕事, の會員, は二つ, 及びユニオン

▼ 學とは~ (16, 0.1%)

1 [16件] いはれない, かかる歴史的意識, その時分, どういふ, どうちがう, ならぬもの, まさに正反, 何か, 何である, 全く異, 全然其分野, 別の, 器械工業の, 明かに, 果して合致, 違つてミセス

▼ 學より~ (16, 0.1%)

1 [16件] いふとき, むづかしいもので明治の, もつと, ベルリン大, 中學中學より, 全體, 出た議論, 哲學への, 成立つの, 招待により, 見たる哲學, 見たる進化論, 見て, 論ずるとき, 論ずる時, 高等學校高等學校より

▼ 學~ (16, 0.1%)

2 を養

1 [14件] あり蕃書調所教授, しかない, でどうして, ではなかなか, で文學的判斷, と合致, の差, の極めて, も全校生徒中, をもつ, を存分, を強化, を示し, を示す

▼ 學生達~ (16, 0.1%)

1 [16件] から聞い, ががやがや, がこの, が澤山, であること, と彼, と異, に加はつ, に引率, の催, の遠足姿, の面前, は氣輕, は特別, は風, やお店者

▼ 學~ (16, 0.1%)

2 に詣り, を奬勵

1 [12件] おも, すぐれたればとて, とは宛ら, のほ, の事, の守護者, の方面, は驚くべき, も, をさ, をどれ, を以て性

▼ 學及び~ (15, 0.1%)

1 [15件] これに, その他の, 倫理學等の, 存在論的決定の, 學士院に, 宗教の, 文化によ, 文化科學の, 歴史哲學の, 物理學の, 理性藝術なる, 社會科學の, 藝術である, 詩は, 論理學の

▼ 學~ (15, 0.1%)

2 であるならその

1 [13件] ありき, が何, が高唱, だ, だの女子挺身隊, である, として人, として出陣, にシエークスピア, のもの, の中, の心, の高貴

▼ 學~ (14, 0.1%)

3 の成績, を中途 1 でありやがて, の後れ, の終り, の餘暇, はそつちの, も今, を外, を途中

▼ 學として~ (13, 0.1%)

1 [13件] その方法, 出來, 哲學において, 學界に, 成立した, 書籍の, 決して精密, 注意された, 特に重要, 特色付けられ得る, 精細な, 置いて, 自然科學は

▼ 學にと~ (13, 0.1%)

3 つての, つては 1 つてか, つても, つて何事にも, つて唯一の, つて固, つて基礎でなけれ, つて避け得るなら

▼ 學~ (13, 0.1%)

5 の角 2 の前, の塀 1 で之, といふもの, にては天使, を持ち

▼ 學年表~ (13, 0.1%)

2 では

1 [11件] でいふ, では嘉永元年, では文政五年物故蘭學者, では片, にしろ, による, に從つて, に誌, の著者如電, も萬延元年, 元祿十年

▼ 學~ (13, 0.1%)

2 の攻究

1 [11件] としては外存的, と經驗, に勝利, に在り, の一方, の研究, や藝能, を攻究, を衒, を講釋, を辨

▼ 學~ (12, 0.1%)

2 つたのです 1 からそれ, から仕, から企業熱, そんなもの, つてた, つて根本においては, と推測, と申し, のと, 左官學だ

▼ 學教室~ (12, 0.1%)

3 の藏品 2 に於ける 1 なり, にあ, には磨製石斧三百個計り, に關, の完成, の日本各地, の裏手

▼ 學教師~ (12, 0.1%)

1 [12件] がある, であつ, となつ, となり, などで埋もれ, になり, にもなつ, に違, の檢定試驗, の職, をし, をよし

▼ 學教授~ (12, 0.1%)

2 であつ 1 が模範的, だとかで, として同校, に擧げられた, の外, の持つ, の習慣, の老父, は六十, をし

▼ 學~ (12, 0.1%)

1 [12件] といふ評論, には田, に出た, の世界究竟, の斥, の立てたる, は皆是, もあり, をことごとく, を中心, を容れ, を方便

▼ 學雜誌~ (12, 0.1%)

1 [12件] であつ, である, にも報告, に掲載, に於, に載せ, の第, の紙面, 第二九〇號, 第二百十二號, 第十九編, 第十九號第一編

▼ 學~ (11, 0.1%)

1 [11件] ですか, でね, と聞い, なん, の學者, の工學士, の彼等, の文學者, の秀才, の職工, をたしなめた

▼ 學原子~ (11, 0.1%)

3 に核 1 が單純, に固有, の排列, の模型, は強固, は電氣構造, もその, を代表

▼ 學教育~ (11, 0.1%)

2 を破 1 が適切, など, に力, に勝る, に必要, に携はる者, はともすれば, を受けた, を如何

▼ 學旅行~ (11, 0.1%)

1 [11件] であり箱根, で昵懇, などに隨伴, のやう, の歸, の氣分, の泊り, の生徒, の途中, らしいの, をした

▼ 學~ (11, 0.1%)

1 [11件] として推薦, とりわけ我が, に讀みふけり, の上, の如き, はわかり易い, は千六百五十六年, も次第に, をあつめ, を著し, を難解

▼ 學校出~ (11, 0.1%)

1 [11件] では入, でもあるらしく, とは思はれない, とは思はれぬ, なだけ, なるべくや, の叔父, の女優, の少い人, の者, の若い

▼ 學概論~ (11, 0.1%)

2 といふもの, と稱 1 と共にわが, と名, についていつた, についてもいはれるであらう, の書物, の講義, は何

▼ 學生等~ (11, 0.1%)

1 [11件] がやつ, が教授, には嫌, の樹木庭園, の疳癪, はまた, は一歩, は大概其樣, は畏縮, は皆辮髮, は解剖臺

▼ 學研究所~ (11, 0.1%)

1 [11件] が發起人となり研究, が行つて來, であるが, と駒場, に關, の使命, の川上, の建設, は大正6年創立, を經營, を設立

▼ 學術的研究~ (11, 0.1%)

2 をする 1 が必要, が或, と云, には京都帝國, に厚い, の對象, の業績, は民國, をなした

▼ 學~ (11, 0.1%)

2 の低廉 1 として孤衾襟, として支給, のため, の出どころ, も世話, をそこ, を得, を給, を要する

▼ 學においては~ (10, 0.1%)

1 すべての, イデアは, 往々に, 思想と, 概論書から, 殆ど不可能, 無時間的性格, 特殊研究が, 職業柄多くの, 論理的に

▼ 學への~ (10, 0.1%)

2 關心を 1 偏向といふ, 入門で, 唯一の, 進展の, 道, 道が, 道を, 關心は

▼ 學~ (10, 0.1%)

2 を受け 1 であ, の候補者たる, も社會的, を得た, を得る, を授かる, を授けられた, を有する

▼ 學~ (10, 0.1%)

1 が舊文, であり宗教, として見られ, ともいふべき, にも大, の親玉, の言たる, の論究, は却, らしき顏

▼ 學教員~ (10, 0.1%)

1 としての資格, となれる, と一緒, などをし, に紀州, のお, のすこぶる, の妻, の細君, の試驗課目

▼ 學校教師~ (10, 0.1%)

1 だけに今, とか家庭教師, にした, にのみあるべき, に飽き, の單調, の職, の長女, ほど生き甲斐, をし

▼ 學校生活~ (10, 0.1%)

1 がつくづく, が厭, が永い, といふもの, なり, の小社會的環境, の詳しい, は下らぬ, をし, を續

▼ 學校長~ (10, 0.1%)

1 となり, と二人, と警察, なるが, にはもう, のところ, は例, も何等, 及び各, 阿刀田

▼ 學病院~ (10, 0.1%)

2 の門 1 かどこ, でも我々, に入院, に移し, に行かう, の客, へ入れ, へ行かう

▼ 學的知識~ (10, 0.1%)

1 がなけれ, とか經濟, には端初, の缺乏, の資料, は知覺, は重要, を以つて教義, を絶對的, を通して神祕主義

▼ 學習者~ (10, 0.1%)

1 にとつ, にとつて, には勵, には困難, に屡, に悟らしめなけれ, に與, の未知, の腦裡, は最初

▼ 學術上~ (10, 0.1%)

1 では, で假死, に於, の參考材料, の大, の材料, の爭, の疑問, の色, 面白いもの

▼ 學さん~ (9, 0.1%)

1 からお話, がほめたたえた, にほめられる, のはがき, の平野先生, の手前, の方, の詩, も餘計

▼ 學そのもの~ (9, 0.1%)

1 が抹殺, が直, である, には大した, の啓蒙, の本質, の發展, の缺陷, は彼

▼ 學とか~ (9, 0.1%)

1 その他習慣或は, または造花法, 云はる, 人種學とか, 地質植物などまで, 宋學の, 宗教とか, 心理學とかの, 或は宋學

▼ 學なる~ (9, 0.1%)

1 お方が, が此書, に由つて, ものが, ものへの, ものも, 俗政府の, 固より, 醫學が

▼ 學における~ (9, 0.1%)

1 乃至哲學, 吉雄その他殊に, 大きな業績, 實證的精神であり, 思想の, 注意すべき, 純粹觀想, 藝術家的な, 認識の

▼ 學へは~ (9, 0.1%)

1 いつて, いる前, ひつた, ひつてから, ひつてからは, ひるんださうだが, ひれたらニツケル, ひれるとかは, 今年は

▼ 學博物館~ (9, 0.1%)

1 がありました, がある, がどこ, といふこと, に於ける, の二つ, の増設, もあり, や美術

▼ 學士院~ (9, 0.1%)

1 から金牌, が推薦, で通過, にとり, に報告, の報文, の審議, の會員, をし

▼ 學~ (9, 0.1%)

1 あり最も, ある人, があつ, に敬意, の深き, は淺薄, もお, をお, を現

▼ 學的精神~ (9, 0.1%)

3 に觸 1 がある, が失はれ, であると, の啓蒙, を抱きつ, を掴む

▼ 學的認識~ (9, 0.1%)

2 のひとつ 1 でなければ, で以つて滿足, とにおける方法上, に對, の側面, の全, は一定

▼ 學~ (9, 0.1%)

1 でインキ壺, としても書人, と兩態度, にとつて, に過, の一目的, の過敏, や情熱, らしい窮屈

▼ 學習院~ (9, 0.1%)

1 で講演, に居た, に長, の事業, の措畫經營, の若い, の英文科, の運動會, の院長

▼ 學者中~ (9, 0.1%)

1 には上記, には憲法政治, には朝鮮, に二派, に唱, に求むれ, 唯坪井博士一人, 最も先輩, 最も有力

▼ 學者間~ (9, 0.1%)

1 にとかく, には名, には知られなかつた, にもこの, にも種々, に一番, に此書, に珍重, に異説

▼ 學としては~ (8, 0.1%)

1 ワァデン, 之を, 何等取るべき, 別にその, 司馬遷の, 多少の, 山下俊郎, 本の

▼ 學~ (8, 0.1%)

1 である, の下, の方針, の點, も其通り, を採用, を改革, ヲ根本的ニ改革シテ

▼ 學即ち~ (8, 0.1%)

1 人間の, 制作人間の, 司馬遷の, 學問の, 歴史の, 歴史的人間學とも, 現在分つ, 觀念論的形而上學である

▼ 學~ (8, 0.1%)

1 たり, でありまして, であると, で後, などに見つけられな, の安井, の誰彼, は誰

▼ 學校友達~ (8, 0.1%)

1 だつた, である, なのよ, に扇屋, のそれ, の一人, の六ちやん, の顏

▼ 學校教員~ (8, 0.1%)

1 であつ, に戻り, に赴任, の生活, の職, は言, は誰, らしき人御代田

▼ 學的方法~ (8, 0.1%)

1 が發達, である, とが互に, によつて到達, によつて抽出, によるかしかなかつた, に基く, をとつ

▼ 學的立場~ (8, 0.1%)

1 からはどうしても, からは形態構造, からフランス思想, とを講義, に於, に立つ, より即ち, を名

▼ 學~ (8, 0.1%)

1 にある, に在, の夕, の縁故, を一緒, を出, を出た, を出でし

▼ 學紀聞~ (8, 0.1%)

3 の卷 1 に指摘, に於, の中, の最終, は翁

▼ 學を以て~ (7, 0.1%)

1 しても, せよ, 世界に, 世間に, 全體, 名を, 近世の

▼ 學~ (7, 0.1%)

1 の後作説, の所謂泣聲, の草する, の語原證例中, の説, は小, らしかつ

▼ 學博士~ (7, 0.1%)

1 が云, となつ, の, の學位, の稱號, の第, は尚

▼ 學問藝術~ (7, 0.1%)

1 で言, に多大, に關係, の上, の爲め, をする, を手段

▼ 學~ (7, 0.1%)

1 が否認, と常識, と非, に缺乏, のひとつ, を感ずる, を持つた

▼ 學校歸~ (7, 0.1%)

3 りの 1 へり, りに, りらしい子供, りらしく鞄

▼ 學校生徒~ (7, 0.1%)

1 が, である誇り, に歌, のため, の學生, は外, を地方

▼ 學~ (7, 0.1%)

2 の筆法 1 で育て上げられた, に就, の中, の教育, の腐敗

▼ 學的意味~ (7, 0.1%)

2 のもの 1 よりも一層, をつける, をばしかも, を有つて, を負

▼ 學的考察~ (7, 0.1%)

1 からこれ, がひとつ, が盛ん, が自己無視, に聯關, の心持, を離れ

▼ 學程度~ (7, 0.1%)

1 のでなけり, の學歴, の教育, の英語教師, ノ兒童一二年ニシテ完成スベキコトハ, ノ男生徒ニ制服トシテ靴洋服, ヲ以テ國民教育

▼ 學者流~ (7, 0.1%)

1 が固く, なるもの, の圈套, の套語, の氣, の諸, も又

▼ 學體系~ (7, 0.1%)

2 を組織 1 といつた, として展開, と結合, を主張, を説く

▼ 學なり~ (6, 0.0%)

2 と雖 1 とし, としたる, 何なり, 博物館なりが

▼ 學~ (6, 0.0%)

2 になつ 1 が悲憤慷慨, じみたこと, にでも使つて, になつて

▼ 學原理~ (6, 0.0%)

1 とし, に對, の批評, を建設, を擴張, を構成

▼ 學史研究~ (6, 0.0%)

1 との二者, とを結合, と哲學研究, と科學批評, に入る, の中

▼ 學問好き~ (6, 0.0%)

1 だけに母親, で, であつ, で働き, な子, を承け

▼ 學思想~ (6, 0.0%)

1 が普及, と言つて, に大きな, の方面, を與, 即ち孟子

▼ 學校出身~ (6, 0.0%)

1 である事, といふこと, なること, の文士, の牧互秀先生, の蒔繪師

▼ 學校教育~ (6, 0.0%)

1 であるが, のない, の普及, の經驗談, はいた, を受け

▼ 學校通~ (6, 0.0%)

3 ひの 2 ひを 1 ひに

▼ 學校騷動~ (6, 0.0%)

1 があつ, が起る, が起れ, にだ, の多い, を起し

▼ 學的傾向~ (6, 0.0%)

1 からし, から次第に, が勃興, が物, と調和, は大

▼ 學~ (6, 0.0%)

1 にもお, に外出, に贈物, の男爵閣下, を初め, を探し

▼ 學精神~ (6, 0.0%)

1 が缺如, とかいふもの, と藝術精神, のある, の幼稚, の熱意

▼ 學術研究~ (6, 0.0%)

3 の資料 1 にさ, の材, の進歩

▼ 學させ~ (5, 0.0%)

1 てしまふ, てやりたい, て靜養, やうと, 郷里へ

▼ 學であり~ (5, 0.0%)

1 そしてあらゆる, その舊手法, ながら同時に, 技術で, 精神的行動と

▼ 學などは~ (5, 0.0%)

1 そのよい, た, どうでもよ, 奈何で, 寧ろ後

▼ 學まで~ (5, 0.0%)

1 仕入れて, 來る, 修業させ, 約半時間, 行つた息子が

▼ 學~ (5, 0.0%)

1 にこ, の外, を奬勵, を監督, を研究

▼ 學以外~ (5, 0.0%)

1 に化學, に山東商業山東礦業工業, に形而上學, に獨創, のもの

▼ 學作用~ (5, 0.0%)

1 で手際, で樹皮, においては變, にも密接, はこれら

▼ 學史上~ (5, 0.0%)

2 に於 1 には新, に於ける, の存在

▼ 學~ (5, 0.0%)

1 と云つて, の寄宿舍, をはじめた, をひらき, を出る

▼ 學~ (5, 0.0%)

2 のとき 1 に出かけ, に列席, の日

▼ 學~ (5, 0.0%)

1 のあつ, のきはなみ, は云, は愈, を啓發す

▼ 學校以外~ (5, 0.0%)

1 で生徒, に圖書館, の人々, の教育, の社會教育

▼ 學~ (5, 0.0%)

1 が最も, に收め, に載つ, の兩翁, は

▼ 學理的~ (5, 0.0%)

2 に究明 1 なしかし, に理解, の徑路

▼ 學生さん~ (5, 0.0%)

1 がみし, が警官, だべ, でなア, なんかでも若い

▼ 學的人間學~ (5, 0.0%)

1 が特別, に對, の建設, の流行, はその

▼ 學的性質~ (5, 0.0%)

1 のもの, は從來, をよく, を研究, を試驗

▼ 學知識~ (5, 0.0%)

1 から見る, が一般, の可, の深, を與

▼ 學~ (5, 0.0%)

1 一高等學校上野臺の, 七卷の, 二卷序九及一〇面, 二原則を, 五學年修了後宮城縣立第一中學校に

▼ 學~ (5, 0.0%)

1 などに云ふところ, による, に既に, に明, を書き

▼ 學者風~ (5, 0.0%)

21 とは大いに, と云, の解釋

▼ 學~ (5, 0.0%)

1 で, といふ漢學塾, に, に寄宿, へ通つて作文問題

▼ 學術團體~ (5, 0.0%)

1 があつ, では成るべく, との連絡係, の活動範圍, の科學的連絡調整

▼ 學~ (5, 0.0%)

4 世の 1 世である

▼ 學~ (5, 0.0%)

1 だ, で一昨年の, で來, になつて二人, に達した

▼ 學あり~ (4, 0.0%)

2 才あり 1 外邊あり, 天晴れの

▼ 學でない~ (4, 0.0%)

1 と云つた位, と思はれる, ものは, 了解心理學などという

▼ 學という~ (4, 0.0%)

1 あまりにもは, のは, 言葉は, 言葉を

▼ 學としての~ (4, 0.0%)

1 哲學に, 哲學の, 經濟學の, 設備が

▼ 學とに~ (4, 0.0%)

1 分れ各, 區分される, 精通した, 縁の

▼ 學とを~ (4, 0.0%)

1 一緒に, 合致する, 調和する, 離して

▼ 學などの~ (4, 0.0%)

1 上にまで, 對象である, 教育に, 認識の

▼ 學について~ (4, 0.0%)

1 何か, 新らしい, 眞に, 考へて

▼ 學のみ~ (4, 0.0%)

1 でなくあらゆる, ならず吾人, ならず學問, ならず支那歴代

▼ 學ばかり~ (4, 0.0%)

1 でなく人間, でなく書, では, で無い地質學

▼ 學または~ (4, 0.0%)

1 數學が, 當爲の, 社會科學の, 醫學に

▼ 學らしい~ (4, 0.0%)

1 ことを, 大學, 處も, 觀念の

▼ 學をも~ (4, 0.0%)

1 創めむと多年苦心の, 含めて, 導きやすい, 引き入れる

▼ 學ノート~ (4, 0.0%)

2 を持つ 1 に貼りあつめ, を燒

▼ 學~ (4, 0.0%)

1 であれば, となる, を他, を讓

▼ 學乃至~ (4, 0.0%)

1 人間學は, 地質學の, 形而上學の, 理學化學其の

▼ 學二年~ (4, 0.0%)

1 か三年, の時柔道, の時西川家, を修業

▼ 學人類學教室~ (4, 0.0%)

2 の藏品 1 なり, には磨製石斧三百個計り

▼ 學~ (4, 0.0%)

1 であ, と云, に依, の大意

▼ 學出來~ (4, 0.0%)

2 ないと 1 たら郊外, るか

▼ 學出身~ (4, 0.0%)

1 なの, のよしみもつ, の有, は幾人

▼ 學卒業~ (4, 0.0%)

1 ででもあれ, ではどう, の直前, 迄遣つ

▼ 學~ (4, 0.0%)

1 乘寂定喜誦其文未, 學に, 會第八十五回が, 體系に

▼ 學實驗室~ (4, 0.0%)

1 から逃出, だの物理實驗室, になつて, を設け

▼ 學~ (4, 0.0%)

1 筌, 筌を, 辭典が, 辭典で

▼ 學~ (4, 0.0%)

1 は幾値, をたくさん, を膝, を被

▼ 學文盲~ (4, 0.0%)

1 の何, の爲め, の空論, の馬鹿者

▼ 學方面~ (4, 0.0%)

1 にも熱心, の博物館, の研究, の資料

▼ 學校の~ (4, 0.0%)

1 か, ですから, よりもい, を勝手

▼ 學~ (4, 0.0%)

1 も終らないでしまつた, や手づる, を有する, を順當

▼ 學特に~ (4, 0.0%)

1 デカルトの, 數學的自然科學に, 歌學は, 聖書に

▼ 學生間~ (4, 0.0%)

1 などのグループ, には, によく, に教頭排斥

▼ 學的原理~ (4, 0.0%)

1 の地位, は社會, を含ん, を現

▼ 學的基礎~ (4, 0.0%)

1 である, などと命名, の把握, を與

▼ 學的構成~ (4, 0.0%)

1 だとか, であると, にあたり世界史, に於

▼ 學的良心~ (4, 0.0%)

1 と調和, に據, を代表, を滿

▼ 學的要求~ (4, 0.0%)

3 である 1 にとどまらず

▼ 學究的~ (4, 0.0%)

1 なもの, に實用, の學風, の觀察

▼ 學系統~ (4, 0.0%)

1 なくし, を有する, を立つる, を立てし

▼ 學~ (4, 0.0%)

1 に居た, の編成, は崩れ, も自分

▼ 學~ (4, 0.0%)

1 といはれ, なる世界, をば, を尋ね

▼ 學習院長~ (4, 0.0%)

1 として今方, として貴族教育, と爲, に任

▼ 學者的~ (4, 0.0%)

1 なここ, な一日本青年, な專一, な習癖

▼ 學者等~ (4, 0.0%)

1 が歐洲人, の中, は立派, を羅列

▼ 學~ (4, 0.0%)

1 であるといふ, と云, にありし, に入

▼ 學および~ (3, 0.0%)

1 地球物理學, 應用力學, 應用化學

▼ 學~ (3, 0.0%)

1 具體的には, 在學, 片が

▼ 學~ (3, 0.0%)

1 へあれ, を一番失望, を曝露

▼ 學させる~ (3, 0.0%)

1 制度が, 樣な, 積りで

▼ 學といつて~ (3, 0.0%)

1 も其研究, も範圍, も頭

▼ 學と共に~ (3, 0.0%)

1 古くいつ, 向う一ヶ年の, 研究し

▼ 學などと~ (3, 0.0%)

1 同じ運命, 同一視すべき, 揶揄半分に

▼ 學なら~ (3, 0.0%)

1 ない方, 何でも, 佛學を

▼ 學におきましては~ (3, 0.0%)

1 すべての, アルキメデスアポロニオスパッポスある, 雙方の

▼ 學にて~ (3, 0.0%)

1 愛に, 戲曲は, 早くも

▼ 學にまで~ (3, 0.0%)

1 發展した, 發展する, 高められるの

▼ 學また~ (3, 0.0%)

1 哲學, 箇人的利己主義の, 馬券を

▼ 學よりも~ (3, 0.0%)

1 先き, 完全なる, 眞理に

▼ 學を通じて~ (3, 0.0%)

2 泰西の 1 甚だ廣

▼ 學一年生~ (3, 0.0%)

1 の兄, の時, の私

▼ 學中庸~ (3, 0.0%)

1 だけは新, といふもの, に限つて

▼ 學以上~ (3, 0.0%)

1 になつて假名, に出なけれ, の人

▼ 學以來~ (3, 0.0%)

2 の友だち 1 のもの

▼ 學兒童~ (3, 0.0%)

1 といふ年頃, の寄生蟲檢査, の群

▼ 學務委員~ (3, 0.0%)

1 といふもの, の一人, を兼ね

▼ 學務部長~ (3, 0.0%)

1 が非常, に會, に隨喜

▼ 學問黨~ (3, 0.0%)

1 と呼ん, と非, の別れる

▼ 學~ (3, 0.0%)

1 學中, 學中に, 學時代から

▼ 學工業株式會社~ (3, 0.0%)

1 とかの大阪出張所長, にとつて缺, の社長

▼ 學年試驗~ (3, 0.0%)

1 にも殆ど, の成績, も畢つて三十幾人

▼ 學~ (3, 0.0%)

1 でもあるまい, などといつ, を市

▼ 學~ (3, 0.0%)

1 の高き, を以てし, 共に高き

▼ 學~ (3, 0.0%)

1 と狎れあ, にも嚴然, の乏し

▼ 學成り~ (3, 0.0%)

1 て口, て歸朝, 年や

▼ 學教科書~ (3, 0.0%)

1 に引用, の地理書, の飜譯

▼ 學文學~ (3, 0.0%)

1 に通じ, の諸, の門徑

▼ 學會雜誌~ (3, 0.0%)

1 及び考古界等, 第一號, 第三十一號

▼ 學校さ~ (3, 0.0%)

1 へ一年, へ卒業すり, 行くと

▼ 學校中~ (3, 0.0%)

1 で一人, で一等惡, で村中

▼ 學校内~ (3, 0.0%)

1 では教授生徒, の一教場, の人

▼ 學校園~ (3, 0.0%)

1 に其姿, の特色, を歩い

▼ 學校女子部~ (3, 0.0%)

2 の生徒 1 に通學

▼ 學校歌~ (3, 0.0%)

1 の長, は今日, を調べ

▼ 學校用~ (3, 0.0%)

1 のもの, の外, の革鞄一つ膝

▼ 學~ (3, 0.0%)

2 のところ 1 の屋敷

▼ 學海居士~ (3, 0.0%)

1 が儒家, の批評, の評文

▼ 學理上~ (3, 0.0%)

1 から此原因, から考へれ, の要求

▼ 學生々活~ (3, 0.0%)

1 である, を描いた, を經驗

▼ 學生活~ (3, 0.0%)

1 に疲れ, を享受, を試みるべく

▼ 學當時~ (3, 0.0%)

1 こそほんの, の舊友, は錢湯

▼ 學的哲學~ (3, 0.0%)

1 に移り, は即ち, は科學

▼ 學的唯物論~ (3, 0.0%)

1 ではない, でもない, の缺陷

▼ 學的心理學~ (3, 0.0%)

1 が取扱う, なるもの, は説明的

▼ 學的思索~ (3, 0.0%)

1 によつて, はこれ, を示した

▼ 學的時間~ (3, 0.0%)

1 であるの, との區別, の問題

▼ 學的概念構成~ (3, 0.0%)

1 に於, の方面, の限界

▼ 學的説明~ (3, 0.0%)

1 が與, となる, はどう

▼ 學的體系~ (3, 0.0%)

1 に即ち, に於, 即ちヘーゲル

▼ 學研究者~ (3, 0.0%)

1 に獨創的, の間, は獨創

▼ 學習巷~ (3, 0.0%)

2 の清眞寺内 1 の清眞寺

▼ 學者文人~ (3, 0.0%)

1 の書いた, を出す, を集め

▼ 學者肌~ (3, 0.0%)

1 だつた, の人, の人柄

▼ 學者自身~ (3, 0.0%)

1 が反省, が學者, が戰爭

▼ 學者連~ (3, 0.0%)

1 が刈, に高, も宣教師等

▼ 學藥液~ (3, 0.0%)

1 が十二, の作用, の機密

▼ 學~ (3, 0.0%)

1 といふもの, は私自身, も昔

▼ 學~ (3, 0.0%)

1 がすぐれ, で札幌, よりも科學者

▼ 學讀本~ (3, 0.0%)

1 あつて以後, に世界, 同樣

▼ 學~ (3, 0.0%)

1 とを受けた, と化學賞, は其一

▼ 學辭典~ (3, 0.0%)

1 がある, だと, にはよい

▼ 學~ (3, 0.0%)

1 が, は一生, をはじめ應接係たち

▼ 學いまだ~ (2, 0.0%)

2 實現せず

▼ 學からの~ (2, 0.0%)

1 仲間で, 説明に

▼ 學せしめた~ (2, 0.0%)

1 時から, 當時の

▼ 學せられ~ (2, 0.0%)

1 又活動, 古の

▼ 學そして~ (2, 0.0%)

1 それに, 兩者から

▼ 學だの~ (2, 0.0%)

1 隨分細かい, 電子學だの

▼ 學~ (2, 0.0%)

1 や, やてん

▼ 學でありました~ (2, 0.0%)

1 から最上, が是

▼ 學でなく~ (2, 0.0%)

1 てはならん, 歴史的社會的存在に

▼ 學でなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばならぬ, ば集ま

▼ 學とかいふ~ (2, 0.0%)

1 むづかしい運命判斷が, ものは

▼ 學とでも~ (2, 0.0%)

1 何とで, 言は

▼ 學とも~ (2, 0.0%)

1 いふべきもの, に首席

▼ 學なし~ (2, 0.0%)

1 と言, にはその

▼ 學なぞ~ (2, 0.0%)

1 にゐる, は乃公

▼ 學など~ (2, 0.0%)

1 あらゆる方面, 云ふ

▼ 學などが~ (2, 0.0%)

1 あるわけ, 最も多く

▼ 學などに~ (2, 0.0%)

1 入學, 讀み耽つたあの

▼ 學などを~ (2, 0.0%)

1 大事さうに讀ん, 論じたもの

▼ 學においても~ (2, 0.0%)

1 宋學を, 必要な

▼ 學にては~ (2, 0.0%)

1 之を, 法科の

▼ 學をば~ (2, 0.0%)

1 わかり易いと, 全然經驗界

▼ 學上倫理上~ (2, 0.0%)

2 の議論

▼ 學世界~ (2, 0.0%)

1 へ青年訓, 第一卷第十五號定期増刊

▼ 學中學~ (2, 0.0%)

1 の時代, より高等學校

▼ 學主義~ (2, 0.0%)

1 と云, を絶對的

▼ 學二年生~ (2, 0.0%)

1 の夏, の最後

▼ 學~ (2, 0.0%)

1 にも凡教授正業, による

▼ 學以前~ (2, 0.0%)

1 のこと, の代物

▼ 學佛蘭西語~ (2, 0.0%)

2 と獨逸語

▼ 學~ (2, 0.0%)

2 體に

▼ 學則風~ (2, 0.0%)

2 のもの

▼ 學~ (2, 0.0%)

1 の暗い, 美術の

▼ 學務部~ (2, 0.0%)

1 に縣史編纂掛り, の一室

▼ 學~ (2, 0.0%)

1 されても, に統制

▼ 學卒業後~ (2, 0.0%)

1 には縫物, ほとんど獨力

▼ 學又は~ (2, 0.0%)

1 物理學の, 美術史を

▼ 學友二人~ (2, 0.0%)

1 と親類, と都合六人

▼ 學~ (2, 0.0%)

1 狂, 生物學乃至

▼ 學史觀~ (2, 0.0%)

1 に異動, も一般

▼ 學~ (2, 0.0%)

1 は略し, も此書名

▼ 學~ (2, 0.0%)

1 が激賞, は仏蘭西語

▼ 學問僧~ (2, 0.0%)

1 にその, の待遇

▼ 學問思想~ (2, 0.0%)

1 もある, 及び良心

▼ 學問政治等~ (2, 0.0%)

1 を調べ, ノ事ハ識アリテ能

▼ 學問武藝~ (2, 0.0%)

1 いづれも, も仕込み

▼ 學問的意識~ (2, 0.0%)

1 であつ, に於

▼ 學問的認識~ (2, 0.0%)

1 が神學, のうち

▼ 學四年~ (2, 0.0%)

1 から高等學校, の課程

▼ 學地震學教室~ (2, 0.0%)

2 に於ける

▼ 學堂總要~ (2, 0.0%)

1 といふもの, には

▼ 學士會院~ (2, 0.0%)

1 に往き, の懸賞

▼ 學外篇~ (2, 0.0%)

1 であつ, を習

▼ 學~ (2, 0.0%)

1 識で, 識の

▼ 學宗教~ (2, 0.0%)

1 にも云, は教育

▼ 學~ (2, 0.0%)

1 に立てられず, の如く一州

▼ 學年表説~ (2, 0.0%)

1 のいづれ, の如く

▼ 學徒的研究~ (2, 0.0%)

2 を平易明朗

▼ 學~ (2, 0.0%)

1 の妨害, を妨

▼ 學或は~ (2, 0.0%)

1 人間學との, 人間學を

▼ 學~ (2, 0.0%)

1 にあ, の戰場

▼ 學~ (2, 0.0%)

1 といふ, に居る

▼ 學所藏~ (2, 0.0%)

1 のこの, の標本

▼ 學批評~ (2, 0.0%)

1 とはや, の哲學

▼ 學振興~ (2, 0.0%)

1 の基礎, を期すべきである

▼ 學~ (2, 0.0%)

1 に關, の上

▼ 學政策~ (2, 0.0%)

1 に就, を擔當

▼ 學教員ども~ (2, 0.0%)

1 はもう, を招待

▼ 學文化~ (2, 0.0%)

1 の中, は童話

▼ 學新聞~ (2, 0.0%)

1 にもかなり, をおい

▼ 學智識~ (2, 0.0%)

1 が一般的, や文化

▼ 學期末~ (2, 0.0%)

1 になる, の試驗

▼ 學期毎~ (2, 0.0%)

1 に少し, に移動

▼ 學期試驗~ (2, 0.0%)

1 が近づい, も近づい

▼ 學東西~ (2, 0.0%)

1 に通ずる, を該

▼ 學~ (2, 0.0%)

1 に袖, の校舎

▼ 學染料~ (2, 0.0%)

1 ではない, の流行

▼ 學校ざかり~ (2, 0.0%)

2 の年

▼ 學校令~ (2, 0.0%)

1 に付, の發布

▼ 學校卒業式~ (2, 0.0%)

1 に於, に歌

▼ 學校卒業後~ (2, 0.0%)

1 の二三年, 間もなく

▼ 學校女學校~ (2, 0.0%)

1 で運動會, に出し

▼ 學校當局~ (2, 0.0%)

1 ではどう, はよろしく

▼ 學校職員~ (2, 0.0%)

1 ならびに校友會委員, によつて

▼ 學校視察~ (2, 0.0%)

1 に來, の爲

▼ 學校道具~ (2, 0.0%)

1 に手, を入れた

▼ 學校鞄~ (2, 0.0%)

1 や辨當, をさげ

▼ 學~ (2, 0.0%)

2 だのに

▼ 學生め~ (2, 0.0%)

2 きし浮歩み

▼ 學生群~ (2, 0.0%)

1 が時には, を眺め

▼ 學生風~ (2, 0.0%)

1 だか, の男

▼ 學的事實~ (2, 0.0%)

1 に對, を述べる

▼ 學的問題~ (2, 0.0%)

1 についての論爭, に突き當

▼ 學的宗教~ (2, 0.0%)

1 によつて, はこれ

▼ 學的實驗~ (2, 0.0%)

1 によつて, は決つて暗室

▼ 學的形而上學~ (2, 0.0%)

1 と稱, にいふ

▼ 學的思考~ (2, 0.0%)

1 である, にとってはどうしても

▼ 學的思辨~ (2, 0.0%)

1 に於い, に耽る

▼ 學的意識~ (2, 0.0%)

1 であ, によつて

▼ 學的態度~ (2, 0.0%)

1 が再度, は根本的

▼ 學的成果~ (2, 0.0%)

1 が翌日, のみならず

▼ 學的手段~ (2, 0.0%)

1 なり, を講ずる

▼ 學的批評~ (2, 0.0%)

1 にあらずし, の下

▼ 學的智識~ (2, 0.0%)

1 と行政的手腕, をヨリ

▼ 學的概念~ (2, 0.0%)

1 は物理的, を粉碎

▼ 學的構造~ (2, 0.0%)

1 とのアナロジー, を決定

▼ 學的現象~ (2, 0.0%)

1 に關, の實感

▼ 學的發展~ (2, 0.0%)

1 とは相違, の綜合

▼ 學的眞理~ (2, 0.0%)

1 と呼ばれる, を如何なる

▼ 學的素養~ (2, 0.0%)

1 が缺, を以てする

▼ 學的練習~ (2, 0.0%)

1 に身, をなす

▼ 學的背景~ (2, 0.0%)

2 を與

▼ 學的要素~ (2, 0.0%)

1 と其量, も色々

▼ 學的見地~ (2, 0.0%)

1 からいふ, よりし

▼ 學的見解~ (2, 0.0%)

1 の正否, ほど有害

▼ 學的論證~ (2, 0.0%)

1 の確實性さ, をし

▼ 學的進歩~ (2, 0.0%)

1 にばかりのせられ, の結果

▼ 學的還元~ (2, 0.0%)

1 のもと, を行ふため

▼ 學的飛躍~ (2, 0.0%)

1 の母體, を爲

▼ 學~ (2, 0.0%)

1 がいっぱい, は家

▼ 學者たる~ (2, 0.0%)

1 とに論, は今や漸く

▼ 學者並~ (2, 0.0%)

1 に史家, に社會學者

▼ 學者十二世紀~ (2, 0.0%)

1 の人, の始めイロワイエ

▼ 學者哲學者~ (2, 0.0%)

1 として有名, の山岳文學

▼ 學者多く~ (2, 0.0%)

1 なり最近, は然

▼ 學者大智者~ (2, 0.0%)

2 とならん

▼ 學者政治家~ (2, 0.0%)

1 があつ, と來往

▼ 學者政治家等~ (2, 0.0%)

1 に分化, の個性型

▼ 學者的態度~ (2, 0.0%)

1 である, とでもい

▼ 學者的詩人~ (2, 0.0%)

1 に於, のそれで

▼ 學自身~ (2, 0.0%)

1 の所爲, の根據

▼ 學若く~ (2, 0.0%)

1 は其他, は宗教的問題

▼ 學若しくは~ (2, 0.0%)

1 新カント派, 東洋語學校など

▼ 學藝部~ (2, 0.0%)

1 に二年, の春山氏

▼ 學藥品~ (2, 0.0%)

1 にし, に由る

▼ 學處分~ (2, 0.0%)

1 を享けた, を受けた

▼ 學講師~ (2, 0.0%)

1 であつ, に事情

▼ 學識經驗~ (2, 0.0%)

1 ある各, を備

▼ 學豫備校~ (2, 0.0%)

1 ノ方針, ノ校舍又ハ單科

▼ 學費その他~ (2, 0.0%)

2 は前記

▼ 學都市~ (2, 0.0%)

1 のウプサラ, の附近

▼ 學附屬博物館~ (2, 0.0%)

1 にもまた, のはびこつた牧草

▼ 學高等學校~ (2, 0.0%)

2 の頃

▼ 學齡前~ (2, 0.0%)

1 の子供, の精神

▼1* [1104件]

あたりの若殿輩, 學あるひは, 學あればこそ詩人, 學からはちつとも, 學ぐらゐの女の子が自分, 學さしてくれた, 學さして置いて, 學させんことを, 學さるべき大望を, 學されて居る, 學されるとヘーゲル, 學したい心算である, 學しなくともひとり, 學し出した長男にも, 學し得た場合の, 學し得る機會も, 學じみた講義を, 學すらなやめるは, 學せしむべき勅許を, 學せしむべく先づ行き, 學せらるる時特に, 學そして即自對自, 學その他かやう, 學たらんとする, 學たる所以に, 學だけが怠け者に, 學だけにも觸れ, 學だけはこれを, 學態と過激, 學であったということ, 學できたのだ, 學でした演説に, 學で解るものでない, 學とかの方法に, 學とが區別される, 學としてもこの書, 學とてはさらに師事, 學とても雜占, 學とで發見された, 學とにおいて諸問題, 學とやらいふ意氣, 學とを以て其の學的良心, 學どころか二度とこんな, 學なされ私は, 學などでも頗るこの, 學などということは, 學などといふ直接パンに, 學なほ動物及び植物, 學なれどわれ, 學なんか引合ひ, 學なんぞ別にどうとも, 學におきましても他の, 學についての省察, 學については大したもの, 學にばかり頼ること, 學によつて特に, 學によるものとが, 學によるかしかないといふ, 學のうへに與ふべき, 學のみにて世の, 學はかやうな考へ, 學ひなば, 學びまさねど僞らず正しく, 學びまさねど山水のおの, 學ふべき筈あらん, 學へと發展した, 學へも寄贈せず, 學べり剛勇に, 學までには行つてゐない, 學むだものとも云, 學もつと遠く, 學やに精進奮勵せし, 學やの寓居な, 學やや成つて後に, 學らしき者を, 學のは, 學同ジ, 學トナリ印度其者ニ跡ヲ絶チ, 學ナル者ハ支那ヲ祖トスレバ, 學奉ジ英文學, 學ニハ差支アルニ非ズ, 學ニ參政權ヲ神權視スルコトハ歐米, 學ニ立脚シタルガ故ニ, 學ハ清儒ヨリ先鞭ヲ着, 學バントシ政權軍權財權ヲ私セル者ハ只龍袖ニ陰レテ惶, 學バントスル野心國ナリト云フ世界ノ批評ニ對シテ男子的ニ是認シ而テ男子的ニ反省シ改, 學ビツツアル未開後進ナル彼ニ對スルニハ現代的再建ヲ想像スルヨリモ, 學フィヒテシェリングヘーゲルなどのい, 學プロパーか農藝化學, 學ペンからの求め, 學リーグ戰の野球試合, 學益スルモノナル事ヲ, 學一世を曠, 學一人はその, 學一卷を讀み, 學一年の弟一人, 學一概念と意味, 學一般とその, 學七八人して, 學の卷一三五二面, 學三十二年卒業後東京, 學三四年のころ, 學三年の頃, 學三年以後は母子, 學三年生の素人, 學上これら現代人と同じ, 學上もとの同窓, 學上乃至形而上論上に見る, 學上人といふもの, 學上何等の關係, 學上參考すべきこと, 學上叙情詩叙事詩の二派, 學上大切なもの, 學上容易ならざる問題, 學上所見及其實感を尋ね出さむこ, 學上氏と因縁, 學上益スル所又决シテ, 學上眞正に許すべからざる, 學上研究論文の大, 學上種々の名目, 學上藝術上の思想, 學上讀者にはか, 學上重要ノ事ト信ズレバ, 學下等の教, 學不振の大きな, 學世界婦人世界などが積み重ね, 學並びに宗教上さらに, 學中可なり苦しい, 學中埃及考古學の權威, 學中牛津で御, 學中私の子, 學久しかつた, 學を病まず, 學から有, 學事始の所傳, 學事始めから百何十年, 學事音樂謳歌等にし, 學二十年と定められた, 學二卷産業心理學二卷社會心理學民族心理學性格心理學法律政治の心理學, 學二卷社會心理學民族心理學性格心理學法律政治の心理學, 學二關係と推理, 學五ヶ年の課程, 學井戸對馬にも逢候處, 學人智をもつ, 學人生觀と世界觀, 學人類學教室所藏の物, 學人類學教室所藏其右のもの, 學人類學教室藏下の中央, 學以上學術の部分, 學以下の諸, 學位服である緋, 學位記表徳記推戴記等は無, 學作業の如き, 學使等が我國, 學例へば神社の, 學の身, 學修業の爲, 學修辭學さう, 學倫理學及び論理學, 學倫理宗教と云, 學健全學解剖學等の精細, 學でも其翌日, 學傳授の有, 學傳統の研究家, 學僅か一ヶ年餘りに, 學僊擧とある, 學元素の原子, 學元素中大部分を占め, 學先史學歴史的地質學なほ動物及び植物, 學學は, 學兪曲園は日本人, 學六ヶ月間にし, 學六年卒業の後, 學もの, 學其の他の, 學其他の官衙, 學で展覽會, 學内地震學教室にあ, 學内篇卷二左傳春秋釋疑の文, 學出なんど敵ふもんぢ, 學出身地方を以て集まつた, 學分析だの催眠術, 學初歩を教, 學到着を記念, 學制改革の時, 學制調査局類似のもの, 學制調査會の設置, 學制調査會設置案の如き, 學刷新の急, 學則等に於, 學創業の一人, 學劍術の指南大泉伴左衞門, 學力優等といふ, 學力學などの認識, 學力能く全, 學動植物學上の事實, 學務課へ出, 學化學其の他, 學化學等に異, 學であつ, 學匠どもは定め, 學十一歳の九月, 學十八歳の九月, 學宗教と, 學卒業以來いろいろの, 學卒業後傳通院の傍, 學卒業生は辭書, 學協會の幹事, 學南方熊楠氏の隨筆, 學博士之か斡旋, 學博士伊三郎君初め名門揃ひの, 學博士文學博士有賀長雄君の先祖有賀長伯一家, 學博士遠藤吉三郎であつ, 學即中國聖賢之, 學原子毎に異なる, 學原論中に超, 學參考書の中堅, 學及ビ大學豫備校, 學及歴史がそれ, 學友アプデルハルデン氏も數年間, 學友今は海外貿易商會, 學友羽衣烏山二子と共にこの, 學史上いはゆる, 學史上注意すべきこと, 學史中の一段, 學史中世の部, 學史其ものが客觀的事實, 學史的事實即ち諸古, 學史的意義を發見, 學史的教養を豫想, 學史的興味が主, 學史研究家となり, 學樣である, 學同期卒業生之會合, 學名物早慶野球戰春の試合, 學哲學科在學, 學商業其他の目的, 學問ぎらひで父の在世中, 學問すべての著述, 學問そのものに認識, 學問といつては些, 學問ニ非ズシテ, 學問ニテ練熟スルモ藝術ニテ練熟スルモ畢竟皆此理性, 學問三昧に暮し, 學問上偏狹になつ, 學問上非常に意味, 學問世界事業世界のいづれ, 學問並に佛教, 學問之を引由, 學問人に後, 學問以上の人間修業, 學問以外に他, 學問以外一歩も出ない, 學問修行をば塵芥, 學問其頃は四書五經, 學問半端にし, 學問商業は商業, 學問場裡に彼我併立, 學問好で用, 學問性の名, 學問技藝の傳つた起源, 學問技藝其他あらゆる文化, 學問教育の根本方針, 學問文藝の逸話, 學問日に精緻, 學問日本の文學, 學問會社經營生産政治になお, 學問殊に文學, 學問界藝術界に地位, 學問的使用に耐, 學問的傾向があつたらしく, 學問的加工に這入, 學問的命題として將來, 學問的思索に耽る, 學問的意識哲學的意識であ, 學問的態度の發達, 學問的批評でも一つ, 學問的抽象の目的, 學問的教養をもたぬ, 學問的方法の原理, 學問的用語としての價値, 學問的考察においてはそれ, 學問的訓練が階梯的, 學問的論究乃至原理的省察, 學問知識の無い, 學問研究の原則, 學問精ならざる時, 學問精密なること, 學問自身の幼稚, 學問著述の成生, 學問藝術其他のもの, 學問計りやつて, 學問詩文とも一代, 學問識見を吸收長育, 學問讀書細心精緻を缺, 學問道樂を奬勵, 學問題と哲學的立場, 學器械學等の微細, 學四年生の秋, 學四海に並ぶ, 學といはれ, 學國學とはその, 學國文科の卒業生, 學園内の人, 學園外の人, 學園最初のもの, 學圖書館の活用, 學に加入, 學土木工學建築學機械工學等地震學の理論並, 學地學乃至理學化學, 學地理學土木工學建築學機械工學等地震學の理論並, 學地理教科書に教, 學地質學地理學土木工學建築學機械工學等地震學の理論並, 學地質學物理學等の應用, 學基本の他, 學基點の明確, 學堂以下各省諸學堂, 學堂南北洋水師學堂など西洋, 學堂實に一日, 學堂教育の心得, 學堂江南製造學堂南北洋水師學堂など西洋, 學堂章程による, 學報記者の註文, 學塾同窓會で津田先生, 學士さま寃罪の訴, 學士傳へ聞き, 學士大野助手等と共に豫, 學士大野助手野中事務員を同行, 學士宛の手紙, 學士帝王の尊嚴威力, 學士時代に此所, 學士會館の南隣, 學士未亡人が居る, 學士札幌へ趣き, 學士樣な事, 學士洋行の送別會, 學士牧婦などにいでたちたる, 學士眉を皺め, 學士石川貞治氏の調査, 學士社會のあがれる, 學士自身は所謂解剖學, 學士遠藤於莵君を通して奈良井徳利屋, 學士院會員並びに大, 學士院會館で國際學術會議, 學の新, 學多く浮淺唯だ, 學多才の人, 學夢遊病者にはどの, 學大儒異風を唱, 學大家は無論, 學大臣張百熙榮慶及び湖廣總督張, 學天地神明に通ずる, 學天文とか博物, 學天文學が唐代, 學天文學醫學などの學問, 學女學校舍ハ或ハ此レ, 學女學生間などのグループ, 學姿が眼, 學生總代, 學學習に於, 學宗教以外の藝術, 學宗教史專攻の人々, 學宗教哲學等々について私, 學宗教法律歴史哲學に關, 學官市役所員それにドクトル, 學家生理學家等が支配, 學家等が支配, 學家解剖學家生理學家等が支配, 學寮民部の省, 學專攻家は配合, 學專門の教授, 學專門學校に入, 學對ペルリと川路對プーチヤチン, 學小説を書い, 學師, 學屋敷へお, 學工場の建築場, 學工學者等を羅列, 學工業の時代, 學工業會社長は如何にも, 學巨頭の標準, 學市ヶ谷臺の陸軍士官學校, 學希望の固執, 學年三時間課すること, 學年始業式の日, 學年末の通知表, 學年表享保元年の項, 學年表安政元年の項, 學年表文政八年の項, 學建築地と記せる, 學建築學機械工學等地震學の理論並, 學である, 學後進の猶, 學徒内のもの, 學徒出陣で戰車部隊, 學徒達の食事, 學し且つ, 學得したるか予, 學得せんと, 學って教育心理學, 學從つてまた史觀, 學徒士頭で, 學復興の傾向, 學徳才三絶の賢婦人, 學心醉者であ, 學必携予在英, 學志願者も至つて, 學思想藝術を集大成, 學性格心理學法律政治の心理學, 學に燃える, 學成らずして汚名, 學成るも用, 學成立後の神道, 學ひは, 學才穎天寶の末年, 學才能智慮を擴大, 學批判の前提, 學批判會の諸氏, 學技術の進歩, 學技術經濟の發達, 學で研究, 學擔任の教授, 學支那文學科といふ, 學政治哲學の實際, 學政治法律は常に, 學政治科學また箇人的利己主義, 學政法など, 學教場でさえ毘沙門, 學教室中に寄生, 學教室帝室博物館此所には貴重, 學教室所藏の物, 學教室所藏其右のもの, 學教室藏下の中央, 學教授ホロート氏が最初, 學教授位の位地, 學教授其他來賓及松本館長夫妻外本館職員一同, 學教授文學博士高山峻藏君の母君, 學教授諸君の調査, 學教授農林省の官吏, 學教育そのものであること, 學教育ナル高等職業紹介所ニ入ルコトヲ以テ一種, 學教育ニ英語ヲ課シ來レル慣習, 學教育程度にて嫁, 學數學自然科學等の認識, 學文化科學精神科學歴史科學等の名, 學文科大學英文學科, 學文科出身の若い, 學文藝醫學衞生等其項目甚浩瀚なり, 學文路村まで大臣, 學方法論とは異, 學方法論他方では認識論, 學日本の躍進, 學稻田より, 學早々ブルウル氏といふ英人, 學星學醫學その他すべて複合せられたものの, 學時代教師が黒板, 學時分に買つた寫眞器, 學書一卷を讀破, 學書出版に時代, 學書和漢英獨佛等の字引き, 學書宗教書科學書和漢英獨佛等の字引き, 學書院といふ書店, 學最初の講座, 學最初級の友だち, 學會時代に於, 學會會報第一卷第一號, 學會本によれ, 學會本前後同じ, 學で通, 學朝日記者は予, 學期始業式の席上, 學發達の, 學未だ開けざる故, 學東洋言語科大學, 學の卒業生, 學校あたりで東洋史, 學校かばんを肩, 學校ぎらひはその頃になつて, 學校その他に送つ, 學校ぢや餘, 學校どうしの色色, 學校どころでは, 學校はかへって勉強, 學校トシテハ簡單ナル事務ニシテ若シ兒童, 學校ニ旋風ガ發シタト云ハレ又今戸公園ニ旋風ガ襲ツタトキ待乳山邊迄, 學校ハ凡テニ非ズ, 學校一つあり, 學校一年生の妹すみ子, 學校丈は卒業, 學校三年生の時, 學校上野臺の東京音樂學校, 學校中みんなに御馳走, 學校中學以上になつて假名, 學校中學校女學校で運動會, 學校二年生は一家八人, 學校今日我國に於ける, 學校代用教員になりました, 學校以上の學校, 學校仲間であつ, 學校側の巨鐘, 學校兩校學生から車體設計圖案, 學校公會演説教育ある人間, 學校其他公共の部局, 學校内某といふ人, 學校出たての若い, 學校出身者には入, 學校前の小さな, 學校卒業の, 學校卒業程度の學歴, 學校友だちに誘はれる, 學校名前位は聞いた, 學校四五年のころ, 學校四年になる, 學校四年生は祖母妹, 學校國に内訌, 學校大にし, 學校女子師範學校などこれ也, 學校女子部時代の舊校舍跡, 學校宴會旅行などにも洋服, 學校家庭の内外, 學校專門學校現に本校, 學校小石川臺の高等師範學校, 學校府立第二高等女學校, 學校建設の爲め, 學校式の角張つた日本語, 學校戸山學校陸軍砲工學校氷川臺の東京盲唖學校, 學校抔で氣, 學校支辨ヲ方針トス, 學校支辨トスル所以ハ國家ガ國家ノ兒童ニ對スル父母トシテノ日常義務, 學校支那語科に, 學校改築の仕事の, 學校教師たるに適す, 學校教授細目を編んだ, 學校教職員若しくは學生, 學校教育丈で社會教育, 學校教諭古事類苑編纂委員などに移り, 學校教諭榎本氏が幾年, 學校數及生徒數の上, 學校新築移轉の大勢, 學校時代以來歴史や地理, 學校時代慶應義塾文科時代三年間の, 學校時代私は直接, 學校朋輩にも聞きませんでした, 學校校友會に演説, 學校校長の家族, 學校氷川臺の東京盲唖學校, 學校獨逸語學科に學んだ, 學校生は堵列, 學校生女學校生は堵列, 學校生涯は爆竹, 學校町の下宿, 學校目白臺の學習院, 學校石割櫻で名高い, 學校秀才の型, 學校科目の勉強家, 學校程度以上の學校, 學校等で隨分廣, 學校經營者から聞かされ, 學校聯合會によつて上梓, 學校舍トシ後期ヲ高等小學校舍トシ, 學校舍ハ或ハ此レ, 學校芝居は殆, 學校苦を感ぜ, 學校藏の肖像畫一二點, 學校行きを實行, 學校街や書店街, 學校裏の山, 學校視學官市役所員それにドクトル, 學校課程の大半, 學校讀本の中, 學校讐學の大, 學校近くの閑靜, 學校退出後活動寫眞に入り, 學校途中でよし, 學校通學生中に萬緑叢中一點, 學校長内ヶ崎作三郎代議士落合學習院教授小倉右一郎氏齋藤東京帝國大學教授其他來賓及松, 學校長和田東京美術學校長阿刀田, 學校長會議の席上, 學校長田代善太郎氏の通信, 學校長谷中市太郎氏と共に送り來, 學校門外の溝, 學校關係の人, 學校附近の往來, 學校陸軍中央幼年學校戸山學校陸軍砲工學校氷川臺の東京盲唖學校, 學校陸軍砲工學校氷川臺の東京盲唖學校, 學校電氣學教授たりし, 學校露語科の出身者, 學校鞄さへ送つ, 學校音樂は日本國民, 學校高等女學校に教鞭, 學校高等學校より大, 學校高等學校專門學校現に本校, 學校黒谷から眞如堂, 學根性から目かけ, 學業半ばに死んだ, 學業品行共に優等, 學業成績は優秀, 學概説が十二冊, 學構内の公開, 學樣あとの一軒, 學機械工學等地震學の理論並, 學正門前から電車, 學此人に因, 學武藝にも達し, 學歴史の科學, 學歴史的地質學なほ動物及び植物, 學歴史科學等の名, 學に西部地方, 學殊に動物及び, 學が, 學民族心理學性格心理學法律政治の心理學, 學求心はその, 學沙汰は我, 學などのやう, 學法學部に入りし, 學法律及び憲法, 學法律哲學言語學などあらゆる, 學法律政治の心理學, 學法灌頂壇に上り, 學派中では, 學派學説として見るべき, 學海先生が國民, 學海氏などの氏, 學淨土宗大學, 學準備をし, 學演説などはどもり, 學漢學蘭學醫學數學武術としてあ, 學趣味無作法卑俗で, 學無き國の, 學物理學地質學地理學土木工學建築學機械工學等地震學の理論並, 學物理學科の助教授, 學物理學等の應用, 學特殊的には史觀, 學理上他の睡眠劑, 學理上及實踐上の定説, 學理上因果法であるもの, 學理及實踐に關, 學理學部に於ける, 學理的妥當を失ふ, 學理的研究も伴, 學理研究者も應用研究者, 學生あたりの, 學生きりだわ, 學生さんたちのキャムプ, 學生さん方には内, 學生じぶん友だちが, 學生どもから問, 學生みたいな文字, 學生めいてゐる, 學生ら聲放りあげて, 學生並みに, 學生中に萬緑叢中一點, 學生中隣家の美人卞非雲, 學生二三人が今, 學生二人がカルチエエ・ラテン, 學生二人隣室に遊び, 學生五十まだ學ん, 學生位より外, 學生何の仇, 學生勘定臺これらはみな借金取, 學生十五六から二十ぐらゐなのが揃つて來, 學生同樣に, 學生君に怒鳴られた, 學生四十なほ人生の一學生, 學生地方から上京, 學生大道ひろしと歩, 學生帽を冠つた横顏, 學生日に増加, 學生流に念, 學生無禮又, 學生版を買, 學生生徒にし, 學生用の帳面, 學生的人物と彼, 學生細長を着た, 學生職人衆集金屋さんといつた, 學生諸教授は, 學生頃家は横濱山手, 學生高校生中學女學生間などのグループ, 學の諸, 學用品の代, 學用品供給の模樣, 學用藥品是等から思ひ合せる, 學から多少, 學の十番地, 學界並に文學界, 學界無上の偉, 學に住んだ, 學畫篇だの沈氏畫塵, 學異見土佐日記創見等がある, 學當局に提議, 學病理學の助手, 學病理學健全學解剖學等の精細, 學療法劑に就い, 學發展の歴史, 學發生の源頭, 學發祥の地, 學發見の先, 學的エロースの思想, 學的世界像のうち, 學的世界觀としての所謂有神論, 學的人生觀とを以つて, 學的人間に教育, 學的作業のやう, 學的作用で櫻木大佐, 學的俗見を, 學的個人主義的なるプルウドン, 學的偏見が支配, 學的共産主義が有, 學的内容を明, 學的分析がそれ, 學的判斷ではなく, 學的前提を吟味, 學的原理的論究より遠ざける, 學的古典學の研究, 學的合理主義の童話, 學的合理性のある, 學的哲學中の第, 學的啓蒙の特殊, 學的圖式を構成, 學的圖形の再認, 學的存在でもない, 學的學科のうち, 學的實在を完全, 學的常識を教, 學的形而上學者の態度, 學的影像の前, 學的心境がよく, 學的心理學的にも言, 學的心理的宗教的經驗的の四類, 學的必然性をもつ, 學的思惟の優勢, 學的思想に出, 學的思索ト宗教的信仰トニヨリ發現セシメタル古來一貫, 學的情熱を自己, 學的想像は例へば, 學的憂鬱性とがあり, 學的所信を考慮, 學的才能と共に, 學的批判には堪へ得ない, 學的探究は終結, 學的摘出でなければ, 學的操作を施し, 學的政治的法律的の諸, 學的教養を受けた, 學的文獻學的觀點より觀, 學的文章におけるパウゼ, 學的方法論的研究がなされる, 學的日記の拔萃, 學的時代に病氣, 學的智慧であつ, 學的本質を顯, 學的材料の供給, 學的根據ヲ缺如シタル民本主義トナリテ輸入サレツツアル, 學的根源のもの, 學的條件の具足, 學的概念的表現はアウグスティヌス, 學的武器や機械, 學的武裝をした, 學的歴史は生, 學的永遠性即ち無, 學的法則に從つて結合, 學的活動に於, 學的熱學的に働く, 學的特徴を取り出し, 學的犯罪よりも民度, 學的状態に鑑み, 學的玩具に多く, 學的理解の事柄, 學的理論において形作る, 學的生物學的乃至心理學的特徴, 學的用語をフランス, 學的用語法に於ける, 學的疑惑カメレオンの享樂家的逆説, 學的發展概念を研究, 學的發掘の結果多く, 學的知見が實, 學的研究並に分離, 學的研究者たるタレース以來, 學的破産の醜, 學的社會主義として規定, 學的科學的といふこと, 學的空想の雲霧, 學的算出法などは非常, 學的素質を持つ, 學的組織の廣大, 學的組織的考察の自由, 學的結論は先取的, 學的著作よりもしめやか, 學的見通しを與, 學的觀念を批判, 學的觀照主義のもの, 學的認識技術市民的法律及び無, 學的論據を具, 學的諸論爭調停の方法, 學的議論には立ち入らない, 學的資料の蒐集, 學的迷信ヲ打破スルニアリ, 學的連絡調整を圖, 學的錯視圖を示し, 學的關心からなされる, 學的駄辯を書いた, 學目藥である事, 學相互の相違, 學正社會主義, 學眞摯なる前, 學研究室の窓際, 學研究所運營の理念, 學研究會で, 學研究法にはいい, 學研究結果の檢討並, 學礦物學動植物學上の事實, 學社會主義の哲學的基礎, 學社會哲學藝術哲學道徳哲學宗教哲學等々について私, 學社會學其他如何なる學問, 學社會科學政治科學また箇人的利己主義, 學禪學をやられた, 學科出身の文學士, 學科學及歴史がそれ, 學重要な, 學程度終業ヲ以テ國民タル常道常識, 學究先生の訓, 學究的思辨となる, 學究的態度に滿, 學究的臆説ヲ誘導サルル能ハズ, 學究者の苦心, 學筆蹟學の方法, 學等々について私, 學等地震學の理論並, 學等皆それである, 學篇所載清の劉光漢, 學にお, 學籍簿に記入, 學精神科學歴史科學等の名, 學系皆是なり皆, 學紀聞卷二十雜識に云, 學紀聞卷六に云, 學の補習科, 學統さへ全く, 學統裡に收め, 學統計學などは奈何, 學經濟史の外, 學經濟學批判會の諸氏, 學經濟學經濟史の外, 學經濟藝術社會政治宗教の六類型, 學總長の推薦, 學美術學校にいつ, 學習又は習慣構成, 學習實驗を試みる, 學習院女子大學早稻田, 學習院女子部も夏期休業, 學習院教授小倉右一郎氏齋藤東京帝國大學教授其他來賓及松, 學習院長長屋順治氏また故, 學を書いた, 學考古學社會學其他如何なる學問, 學考古學等の智識, 學者がまとまつ, 學者さまが頭, 學者たち杉田成卿箕作阮甫杉田玄端宇田川興齋木村軍太郎大鳥圭介松本弘庵など俊秀, 學者ぢやなく, 學者といつて差支はない, 學者みたいな引込み思案, 學者よせやい, 學者アッコルソの子, 學者アリストテレスの註疏, 學者イェンシュは近頃, 學者イブン・コルダードベーのワクワク, 學者ウエリントンも書い, 學者ウエルズ・ウイリヤムズ醫師で天文學者ピーター, 學者エウクリーデまたトロメオ, 學者エピクロス學派を起せる, 學者エレンベルヒは顯, 學者オプゾーマーの影響, 學者クレエマア教授が調査, 學者コツホはつねに, 學者シュリューテルとシュッキング, 學者シヨペンハワーと云, 學者ストア學派を起せる, 學者セームンドが作, 學者ダンテ善くその, 學者ダンテ時代の天文學, 學者ダートウ・ド・メロンが燐光, 學者トムゼンであります, 學者ナル者ノ反省, 學者ハミルトンはカント, 學者パリなる, 學者ピタゴラスといふ人, 學者ファスボェル此を公刊, 學者ブラランゲン教授が學校, 學者プロフエツサーレツグはその, 學者マツクフエラーと云, 學者一〇〇七年頃ラヴェンナの貧家, 學者一世の大, 學者一般に非常, 學者三十三人許りの, 學者並みで何, 學者中古の人これ, 學者中坪井博士一人のみと云, 學者中野忠雄とならなけれ, 學者今度の櫓下, 學者以外には愚か, 學者仲間だけのあ, 學者佐藤信淵の, 學者個人の爲め, 學者健全先生批評家なんといふ, 學者僧侶に至る, 學者儒者から最も, 學者六世紀の始め, 學者兼神學者の一, 學者出身の人々, 學者分上の事業, 學者十名の論文, 學者博愛家人道家勞働階級の状態改善者, 學者及審美學者が用, 學者及遠來の游學者, 學者四世紀の人, 學者四十餘人の美, 學者地理學者の研究, 學者塚と稱, 學者審美家の用語例, 學者寺田寅彦博士は又, 學者小峰凉庵が加賀宰相, 學者工夫上の肝要, 學者平和論者を躍らしむ, 學者數人召しあつめられむ, 學者文士連署して, 學者春日潜庵の門, 學者書齋の文字, 學者此矛盾を解かん, 學者氣取りでゐます, 學者理論家なんどにも亦, 學者生涯とは密接, 學者町西片町に住ん, 學者畫家彫刻家建築家文學者音樂者等の名, 學者的傾向から彼, 學者的教育の性質, 學者的要求ニ發足スル者ナリト見ルベシ, 學者相互の間, 學者研究者が相, 學者社會を生ずる, 學者紀元四八〇年頃ローマに生れ, 學者縣居の翁賀茂眞淵, 學者美術史家等の間, 學者美術家ことに新興, 學者識者を罵倒, 學者賀茂眞淵本居宣長, 學者軍師藝術の士, 學者輩出し遂に, 學者那得同, 學者邵晉涵が正史, 學者醫學者である上, 學者音樂家であ, 學にも, 學而上達す, 學而篇に始ま, 學能文の葛洪, 學脈學醫方學を專門, 學自炊の日, 學至上的な現代社會相, 學致しまして支那, 學の北軍, 學英國史希臘史羅馬史近世史哲學及び倫理學等, 學英文學科の講義, 學英文科に入, 學萬能國の脅威, 學萬能的な考へ方, 學藝會の催し, 學藝會校友會雜誌の編輯, 學藝術哲學道徳哲學宗教哲學等々について私, 學藝記者をかね, 學藝雜誌二五九號所載の小金井博士, 學藥品油類の發火, 學蘭學醫學數學武術としてあ, 學を話, 學術ト云フ者始メテ自身自國, 學術ト雖ドモ亦無用, 學術ニテモ道徳ヲ説キ, 學術ニテ其精微ヲ悉クスノミナラズ, 學術ハ古來皆支那ヨリ來ル者ニシテ, 學術上參考になる, 學術上無意味なこと, 學術上貴重な本, 學術上進歩した國, 學術其物を以て人生, 學術内に籠罩, 學術協會で大嶽君, 學術團體又は學者, 學術思想ノ腐敗萎微, 學術才藝一人にし, 學術技藝の奬勵, 學術文藝の性質, 學術界に取, 學術發明生産藝術ヲ差別セズ, 學術的出版物が定期, 學術的收穫でこれ, 學術的理窟をつけたる, 學術的結社等の萬國的聯合, 學術的著作をなした, 學術的風波がなけれ, 學術禮教に對, 學術科學を將來, 學術視察にお出で, 學術部の學生, 學術雜誌に米准那, 學術風教も亦, 學生權利經濟國家政治社會, 學裁縫教科書挿花の栞, 學補充科一年豫科三年本科二年の科, 學などいふ, 學は全く, 學解剖學等の精細, 學言話學的の方面, 學言語學などあらゆる, 學や又は, 學記事と殺人事件, 學記北堂書抄を唐, 學記北堂書鈔白氏六帖等の書, 學試藥が, 學試験がも少し, 學試驗問題集を見, 學試驗顯微鏡調査, 學認識論の一般講義, 學誠獨自の極めて, 學説すなは, 學説ト薄弱ナル意志ト衆愚ノ喝采, 學説一つの藝術, 學説上の解義等, 學説思想などにおいても同, 學説皆然らざる, 學課全部の内容, 學課御多忙の由, 學論文を作る, 學講座を占めた, 學講座擔任の最初, 學講座資本を寄附, 學講話に記し, 學講話藤澤老先生經書, 學識知能を絶ち, 學識等により, 學に就, 學豐山中學もあれ, 學豫備門大講堂, 學豫科の一年生位, 學資窮乏を申出られた, 學資金から出る, 學の筋ぢ, 學軍學に至る, 學軒氏は五七日, 學農場へ東伏見伯, 學農業ではこの, 學近世のライプニツ, 學退學は, 學通ぜざるなしです, 學連中は皆, 學進展の一大原動力, 學進徳の標的, 學進歩の現状, 學道徳の四者, 學道徳哲學宗教哲學等々について私, 學道徳宗教を排し, 學部以外直隷, 學部所論の要, 學部文科の顧問, 學部長並びに博士諸賢, 學醫學その他すべて複合せられたものの, 學醫學數學武術としてあ, 學醫方學を專門, 學醫科大學長, 學醫稀にし, 學鈍根の男, 學として母校, 學長はじめ諸先生, 學長坪内教授に内容等, 學長谷寶秀大僧正等の御, 學の御, 學開始以來單に西洋, 學開發の國, 學附屬東洋語學校支那語科に, 學なりた, 學院出の學校教師, 學院國文科に籍, 學院教會堂で嚴肅, 學院殿の落書且又年月日, 學院等の如き, 學雜誌三三卷一號伊能嘉矩君の説, 學雜誌三十九卷先師島田博士の, 學雜誌佐々木喜善氏の話, 學雜誌十七の九, 學雜誌社と數, 學革命の時期, 學頭信篤と新井白石, 學頭林述齋がその, 學頭樣のお, 學風土記といふ, 學風潮なるべし, 學骨相學筆蹟學の方法, 學體系其ものであること, 學高津才次郎先生に會, 學鴻儒及至諸藝術, 學齡兒童數は, 學齡兒童調書に突合し, 學齡期を相, 學齡簿の寫し, 學に滿