青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「幸い~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

年月~ 年来~ 年生~ 年間~ 年頃~ ~年齢 年齢~ ~幸 幸~ ~幸い
幸い~
~幸福 幸福~ ~幹 幹~ ~幻 幻~ 幼い~ 幽~ 幽か~ ~幽霊

「幸い~」 3198, 35ppm, 3387位

▼ 幸い~ (1296, 40.5%)

255 して 11 私は 10 なるか 7 これを, 私の 5 命を, 彼は 4 それが, それを, 彼の, 自分の, 近所の

3 [12件] かれは, そこを, ヤクに, 助かったが, 反対の, 家の, 思います, 晴れて, 父が, 自分は, 誰にも, 難を

2 [51件] お君, お延, きょうは, ここに, ここは, この大, そこへ, その下, それは, たいした怪我, なった, なって, なること, わたしは, モースは, 一人も, 一命に, 二人の, 今日は, 今日まで, 他の, 何事も, 傘を, 僕が, 助かった, 半七, 又もや忍び込ん, 天気も, 女は, 女中が, 差したること, 彼を, 快方に, 息を, 新聞紙上に, 日も, 日蔭町から, 時間が, 晴天で, 泊めて, 火災は, 無事であった, 無事でした, 生きて, 箙の, 脚の, 若い女たち, 蘇生した, 雨は, 雪は, 黙って

1 [838件 抜粋] あった, あなたの, あるいは不幸, いささかで, いずく, いっそ泳い, いぶし殺されるの, い合わした倉地, うちの, うまくそそのかし, おふくろと, おもよ, お内儀さん, お怪我, お支配, お浪, お綱, お藤, お見舞い, お訴え, お顔, かすり傷, きって, ここから, ここでも, このとき池, この両者, この予言, この二本, この圭子, この奇怪, この弦四郎みなごろ, この戦陣, この柳, この比較研究法, この給仕女, この苦痛, この長浜, これから造船所, これに, これは, ころげるよう, こわれては, ございます, ささえる者, さざえの, さっぱり聞かなくなっ, すぐその, すぐに, すこしばかりの, する事, ずるい商人ら, せいぜい派手, そうだったら, そこから, そこで, そこに, そこまでには, そそくさと, そのあとわたくしたち, その中, その事, その剣, その危機, その原文, その古来, その嘘, その器械, その土人, その塔, その夜, その奉公先, その後においては, その怪しい, その時, その気運, その求めた, その目的, その自分, その葉, その行止り, その途中, その都度, その鉢, それでも彼, そんな事, ただ一人, ちょっと頼ん, ついでと, どこからか, どてらが, どの窓, なお生きる, なりましたよ, なるかも, なるもの, はやく目的地, ひとみを, ひどい雷嫌い, ふたりを, ほとんど人, まずかむろ, まだ一度, まだ僅か, まだ朱, まだ火, みんな重忠であった, もう書院, もし御座, やって来ると, やみましたが, ゆききの, よくこの, わけを, わたくしは, わたしたちは, わたしの, エンジンを, ゴロゴロ寝, サンフランシスコで, ジェームス・スチュアルト教授の, ストラルドブラグに, セゴーリの, デビーが, ドイツ語は, パリーに, ミルに, ロイドを, 一つ竈とやらに, 一人の, 一人前の, 一刀を, 一味の, 一度も, 一等を, 一緒に, 丈助も, 三郎は, 三里ほどの, 不問に, 不正工事を, 不相変金切声, 世界仏教の, 丸くなっ, 主人が, 之は, 乗物には, 乗組員には, 亀戸の, 事を, 二人が, 二人は, 井戸の, 人にも, 人びとは, 人畜に, 人間は, 今回湯川博士は, 今度は, 今度高橋氏の, 今日の, 今生に, 仏頂寺も, 他人目を, 伊都丸君が, 住所が, 何う, 何にも, 何物も, 余の, 例外的な, 俄かに, 俊夫君は, 偃松が, 健康を, 側まで, 傷を, 入り口の, 全快し, 全治した, 全軍, 八千噸ばかりの, 兵糧を, 内なる, 内廷で, 冠を, 出血は, 別条なく, 功成り, 助かりましたが, 勇士等が, 勝つこと, 十年この, 十数間の, 博士などと, 印刷術の, 危ないところ, 受けずと, 可児才蔵どのも, 右の, 合格し, 同級生の, 向うの, 君たち二人は, 呼吸は, 命は, 命活き, 喜右衛門は, 嘔吐はく, 嘘を, 因縁が, 土居画伯の, 土岐の, 城内の, 堤は, 塞がったが, 売り切れれば, 外神田の, 外記は, 夜であっ, 夜なかに, 夜の, 夜網の, 大きな岩, 大した痛み, 大事な, 大抵の, 大挙する, 大正の, 大阪の, 大雨でも, 天下を, 天子は, 天気は, 天祐を, 太陽が, 女と, 女に, 好天気, 妹と, 妾へ, 姉婿の, 娘は, 婚礼なし, 子供だけは, 子家鴨, 存外気に入ったらしい, 孫兵衛は, 官女の, 実例が, 家橘も, 富五郎が, 寝たらしい, 寺内が, 小判の, 小寺政職が, 小翠, 少年の, 尾行者も, 山岳会の, 岩蔭に, 岩陰でも, 帝国学士院や, 平和に, 平手も, 幾らかの, 床の, 座席が, 弁蔵は, 引っ縛め, 張, 強い南風, 弾丸の, 当日が, 当時は, 彼女は, 往きも, 後の, 後ろから, 後学の, 後継永井啓夫を, 御安心, 御役ご免, 御無事, 心臓部を, 志業ようやく, 快癒した, 思って, 怪しみもされず泥まみれ, 怪我は, 怪我人少なし, 愛と, 懇意の, 成功し, 成就せ, 我々西方国民は, 我が西京, 我らの, 或物, 所々の, 手に, 手洗鉢の, 手製の, 折助を, 抜き足さし足窓の, 抜足し, 拡がらずに, 指先に, 捉えること, 支流の, 救われた, 敵の, 斬るつもり, 新吉, 新時代, 旅絵師に, 日和つづきであった, 日本には, 早く気づいた, 早速次, 明察を, 春季に, 是と, 是非聞きたい, 普通部落内に, 暁方から, 暗いうち, 暗に彼, 最初から, 最初の, 木魚カネその他楽器を, 本土の, 本堂の, 本復した, 杖が, 杖で, 東西遠く, 柔かい髪, 根の, 案内を, 梅の, 椅子が, 植物が, 構外の, 正気に, 正気は, 此処に, 此等の, 武藤清左衛門は, 死は, 死人は, 死傷は, 殆ど自分, 殺っつけて, 殿下の, 毛利家加担を, 気がつく者, 気軽く職人, 永生きを, 沈没も, 河の, 泥坊が, 洞穴を, 洪水の, 消しとめたる場合, 湮滅を, 漁舟を, 瀬尾教授の, 火事は, 無上の, 無事で, 無事に, 無勢の, 無難であった, 焼け残って, 熊笹が, 父の, 犯人が, 玄蕃と, 玉之助信作という, 甚だしき衝突, 生えたらその, 生き残ったとしても, 生き返ったものの, 生来不精, 男女が, 疵は, 病人は, 発見された, 皆無事と, 直々の, 直義との, 相手として, 眼の, 着船地たる, 知らん顔を, 石が, 祖母は, 神が, 禍を, 秀吉どのから, 秀吉死なず, 私が, 私共が, 穴熊でも, 窓は, 窓を, 米友は, 純之進, 素早くそこ, 結婚せし, 綾麿は, 編笠を, 縁あっ, 縄の, 翌月の, 老女怪を, 聴き届けられましたので, 肩を, 肩揚げの, 自分が, 至極健康, 舌が, 般若の, 船は, 英国や, 草が, 落延びて, 落書の, 薙ぎ伏せ斬り伏せ竪ざま横ざま, 藤枝家へ, 蘆原, 血を, 行列を, 衝り散らし, 西北原の, 見のがして, 見物の, 言い出した勝負, 許容し給わらん, 証明せられ, 誤って, 誤りなから, 誨え, 誰が, 誰も, 誰よりも, 諸方の, 豊田の, 財産が, 財産も, 賃銀を, 賊難にも, 赤痢にも, 踊り子と, 身には, 身を, 車内は, 軽微であった, 農家に, 近年は, 近視眼で, 近郷の, 追い出されるし, 逃げ出す用意, 逃れた, 通り合わせた, 進んで, 遊学を, 遺って, 郷里の, 都合よく, 重武, 重蔵は, 野良犬にも, 鎮火した, 長命し, 陳宮に, 隠し方, 難なく旅, 雨が, 雨も, 非常に, 面倒な, 革命には, 類焼を, 風を, 風波穏やかに, 飛鳥の, 食堂に, 食料は, 首の, 馬も, 馬や, 騎馬を, 驢馬の, 骨を, 高輪の, 鬱結し, 魏へ

▼ 幸いにも~ (241, 7.5%)

6 彼は 3 それが, 私の 2 それは, 彼女は, 無事に, 神は, 私は, 誰も, 雪が

1 [215件] あのへの, あの日, あの時, あの醜い, あまり大きく, あまり深く, いま座長の, お里は, このこと, この余興, この国, この時代, この段丘附近, この点, ごく少しずつ, さっきの, さっき本艇に, そういうこと, そこで降りた, そこは, そこへ, そのまま目出度い, その上手, その中, その人, その前, その名誉, その年, その歴史, その犬, その翌々日, その責任, その針, そばの, それらの, それらは, たいへん調子, たった一つ, ちょうど北赤道海流, ちょうど私, ちょっと身体, ですこういう, ところの, とっさに, どんな素顔, のがれること, ほかの, まだ二時, まだ手もと, まだ間に合った, もはや彼, やがて身体, やがて食事, わしは, われわれ人民が, アマリアが, カスミ女史が, カーテンが, クリストフが, クリストフは, クンツは, ジェームス, ジャン・ヴァルジャンは, ジョンドレットの, ズボンを, ドレゴが, バレエ, ミュースの, ラインハルト夫妻は, 一台の, 一向あと, 一通りの, 一部なら, 七月の, 万事すらすらと, 世界共通の, 両親の, 串の, 主税の, 二三度通う, 二人が, 五井は, 人の, 人間には, 今ぐっすり, 今は, 今日ある, 他の, 伊丹亘は, 伸ばした右手, 兄弟相争っ, 其処には, 切り抜けて, 北方は, 医者の, 危うく死, 又学舎, 叶いかけました, 各記者, 同乗者を, 君に, 四人の, 国家の, 地質時代の, 地面は, 多くの, 多忙なる, 多肉質, 夜だった, 夜襲機の, 夢の, 大事に, 大原の, 大過なき, 天から, 天孔明を, 女たちは, 子孫相続云々の, 孔明の, 安産であった, 実際的種類, 寝静まって, 将軍が, 少年時代へ, 居合せた唐七, 左様な, 帆村の, 帆村探偵は, 帝の, 帰りがけには, 帽子だ, 平氏の, 彼の, 彼女の, 後陣だった, 徐ろに, 心情を, 恋愛は, 恵まれた二個, 我がイギリス, 戦いには, 押収を, 拙者と, 持ち合わして, 指定日までの, 放牧の, 教育を, 数分の後に, 敵は, 文芸委員が, 新入会の, 旅の, 晩餐の, 木曾下流の, 来合せたの, 東京府から, 枕に, 果たして市長, 果中に, 様々な, 檀家の, 次第に晴天, 死にかた, 水は, 池谷控家の, 汽車ほど, 火星への, 灰燼と, 煙客翁の, 熱が, 熱も, 牧師が, 猿若, 生きて, 生まれつき聡明な, 生命には, 生擒, 発病し, 発見されなかった, 皇弟陳留王こそは, 盲目である, 真犯人を, 破壊されず, 祖先以来の, 私が, 程, 笹田は, 箱の, 編入された, 義経の, 良寛様には, 芝居が, 血脈中に, 襲って, 観覧人も, 読者の, 諸葛家の子たち, 貴下の, 貴軍, 資産の, 蹄に, 近くの, 近代の, 途端に, 連れの, 野原の, 鉢金は, 長くは, 陸軍省から, 非常な, 音楽会が, 頭痛だけは, 風の, 飯田橋華か, 黄蓋は

▼ 幸い~ (125, 3.9%)

44 ことに 39 ことには 5 ことは 4 事に 3 ことか, 事で, 事には 2 ことにも, のか, 事が

1 [18件] くらいで, ことが, ことだ, ことで, ことであった, ことでしょう, のだ, ので彼, は戸, ものだ, ものであった, 事は, 処へ, 史料であった, 後味を, 折柄で, 日だろう, 暖かい日和

▼ 幸い~ (110, 3.4%)

3 僕は, 思って 2 存じます, 早速そこ, 言わねば, 風を

1 [96件] あそこの, いうか, いうべきであろう, いうべきです, いえば, いきなり打っ, いって, いっては, いっても, いわなければ, いわぬばかり, うしろに, お神さん, こういう綱のぼり, さきに, しなければ, そこの, その場, その時計, その村, その欄, その風説, それを, なに心なく, なるやら, ほかに, ものの, よい買い手, わしは, わたしが, ガッチリ引っかけた, ドクトルは, 一役買っ, 丁稚に, 万が一の, 不幸いい, 云う程, 伝右衛門が, 何の, 何時か, 兵曹長は, 其れ, 内々ホクソ, 再びおさよがお艶, 冷たき人, 切って, 即座に, 同じくその, 同じ様, 向かい風では, 君が, 善八は, 喜びの, 喜んで, 嘲弄する, 土地がらに, 場内の, 声を, 大きな声, 天気が, 存じて, 孝行な, 実は当地, 宮方に, 思いまして, 思い金を, 思い駅前, 思う, 思うが, 思ったけれど, 我にも, 拝見し, 持って, 日陰者の, 曲者の, 武田の, 泣きさけぶチョビ安, 海の, 瀧の, 直通切符を, 私に, 考えた, 船員を, 言うよりも, 言った色, 調査を, 赤ン坊を, 赤十字社の, 身を, 近処, 道場を, 郷里にも, 鏡丹波などが, 飛び出して, 骨休めを, 鬼の

▼ 幸い~ (39, 1.2%)

5 ように 3 ことに 2 ことだ, 事で

1 [27件] あったの, うちに, ことお前に, ことこれから, ことじゃ, ことと, ことには, ついでで, ようにも, 事には, 儀に, 優曇華機乗ずべし, 匿れ, 夕啼き, 好天気, 折からと, 折だ, 死処でございます, 獲物此方が, 神, 神も, 縁談まことに, 花の, 賜ものである, 闇俺は, 雪の, 騒ぎで

▼ 幸い~ (33, 1.0%)

3 と思っ 2 が天, と

1 [26件] あれを, からあす, からこの, から何, から私, か知れない, が, がそんな, がとあれ, がと思う, が紋所, しあの, て, という, というよう, とし, と云い, と存じまし, と存じます, と思います, と思う, と言っ, 人の, 売り物の, 己は, 拙者も

▼ 幸いこの~ (30, 0.9%)

1 [30件] たび召集され, ところは, 事については, 二三日は, 二派は, 五月三十一日には, 八月十七日に, 刀は, 国に, 夫婦を, 家が, 家は, 寺の, 小説は, 屋敷の, 山の, 帆船には, 御秘蔵, 放火は, 新火山, 日は, 時は, 暴風雨では, 楠の, 機会に, 火も, 画は, 百姓は, 私の, 詳しい紹介

▼ 幸いなる~ (28, 0.9%)

6 かな 2 かな心, かな泣く, 者よ

1 [16件] かなだ, かなである, かなです, かなという福音, かなとき, かなとなんど, かな妾, かな完全, かな橋の, かな欧州人民, かな民衆, かな身, ことに, ことには, 哉とても, 報酬を

▼ 幸いその~ (24, 0.8%)

2 都度世の中の

1 [22件] ころ近所に, 世話で, 二冊の, 人達に, 子は, 希望を, 床下には, 日の, 日は, 本に, 株を, 牛屋は, 男が, 破れから, 縄を, 胡笳の, 辺は, 途端に, 部屋に, 鞄は, 頭の, 鶏を

▼ 幸い~ (20, 0.6%)

1 [20件] が下, には夫婦二人, には西陣, に教え, のへん, のやった, の先代, の小学校時代, の心, の所, は, はその間, は丈夫, は水泳, は自分自身, は西鶴, は質問, は音楽, も参列, を知っ

▼ 幸いここ~ (18, 0.6%)

1 [18件] が病院, では鰌, で見, には英信さん, には門, によい, に一両, に二歳, に百十余, に革細工, に鯉, は主人, は人目, は甲斐, は胆吹山, へ来, へ置い, よりわしら

▼ 幸い~ (18, 0.6%)

1 [18件] に嫌疑, の住む, の名, の喜作新道, の居る, の片手, の目下, の腰かけ, の蒲団, の計画, はぐっと, はこの, は二階, は在宅, は彼女, は桶屋, をし, を案内

▼ 幸いである~ (17, 0.5%)

1 [17件] かということ, からさ, からどうか, から誰, が, がこういう, が私, といえ, といわなけれ, とお, とも思った, と云わなけれ, と僕, と古川, と思っ, と気がつきました, のみならず

▼ 幸い~ (16, 0.5%)

1 [16件] みやは, りき方の, 作に, 医者さんも, 命を, 妾の, 延が, 泊り合せの, 由羅と共に, 知己に, 秀は, 繼が, 膝元の, 菊が, 葉も, 連れも

▼ 幸い~ (15, 0.5%)

2 も怪我

1 [13件] にも咎められず, にも発見, にも見咎められず, もいなかった, も居ない, も居ません, も死ななかった, も気づかなかった, も聴い, も見る, も見咎める, も起き, れも

▼ 幸い~ (14, 0.4%)

1 [14件] いますよう, うかうかと, お譲り, ござります, そのお方, その死屍, もし英語, ようやく恐竜, 万人の, 会いに, 屋敷中の, 有った, 私は, 酒は

▼ 幸いであった~ (14, 0.4%)

2 と思う

1 [12件] かもしれない, かもしれぬ, か不幸, がただ, が次に, けれど我々, ということ, と何時も, と寝床, と言わなけれ, のは, ようにも

▼ 幸い自分~ (14, 0.4%)

1 [14件] から脱, が先, が参っ, の会社, の伯父さん, の宅, の寝室, の心当り, の番, の知り, は免許状, もあの, もこっそり, もその

▼ 幸いそこ~ (12, 0.4%)

1 [12件] から新橋, には誰, にも巡礼者, に地蔵堂, に私, の一つ, の小蔭, の框, は陽, へ向っ, へ巡査, へ怯

▼ 幸い~ (11, 0.3%)

1 [11件] ていた, ていない, ている, ており, ておる, てこれ, てゆくだろう, て取乱した, て善政, て春宵, 裁判所の

▼ 幸いそれ~ (11, 0.3%)

1 [11件] が当たっ, が真実, くらいの持合せ, で何, は枕木, は私自身, も大した, を知っ, を突き伏せ, を自分, を辿っ

▼ 幸い~ (11, 0.3%)

1 [11件] お味方, もたらす福神, 天地の, 思いなさい, 感じて, 感謝せず, 望んで, 求むる者, 祈り天理人道, 祈ろうと, 見れば

▼ 幸い今日~ (10, 0.3%)

1 の日本, はよい, は主, は何, は御, は県庁, は閑, は閑暇, は非番, まで親分

▼ 幸い~ (9, 0.3%)

2 私に 1 あると, あるの, この一家, ない, 何所に, 待って, 私の

▼ 幸いあなた~ (8, 0.3%)

2 と行き 1 がそういう, が会社, が博士, が御, は上野, を愛し

▼ 幸いこれ~ (7, 0.2%)

2 に過ぎませぬ 1 には米穀研究, に過ぎません, は滝川問題, を呼びよせる, を音

▼ 幸いです~ (7, 0.2%)

1 から, がなあ, が手元不如意, よこの, よ実は, 他日貴方も, 私の

▼ 幸い~ (7, 0.2%)

1 が気がつい, の外, の担当, はこの, は家庭教師, は新聞記者, は眼

▼ 幸い~ (7, 0.2%)

1 と知己, の来る, の部屋, の頭, はぐっすり, はすぐ, は生命

▼ 幸いあたり~ (6, 0.2%)

4 に人 1 に睡る, は人通り

▼ 幸いする~ (6, 0.2%)

1 か, か籤, ことには, ものでなく, やをである, 日杉林が

▼ 幸いとして~ (6, 0.2%)

1 人間は, 及ばずながらも, 強いて創作, 東京神田万世橋の, 死にたいと, 無事教授を

▼ 幸い~ (6, 0.2%)

1 ありません, いかばかりならん, その怪しい, ウルスス君が, 弥次と, 無い

▼ 幸いある~ (5, 0.2%)

21 ほどに正しく, を祝する, 時悪

▼ 幸いなり~ (5, 0.2%)

1 かかる眺望, として言い合わせた, とは基督, 神に, 貰って

▼ 幸いまだ~ (5, 0.2%)

1 ポケットには, 家が, 息だけは, 誰も, 顔を

▼ 幸い一人~ (5, 0.2%)

1 ございます, にはなん, の学友, の方, もない

▼ 幸い~ (5, 0.2%)

1 に手蔓, の人, の人達, の感情, の者

▼ 幸い~ (5, 0.2%)

1 は浅い, は浅かっ, は痛みませぬ, は癒, も肩の

▼ 幸い~ (5, 0.2%)

1 当主の, 当地の, 方様も, 研究の, 精日なれ

▼ 幸い~ (5, 0.2%)

1 がそろっ, に入った, に竹槍, の付けよう, の古傷

▼ 幸い~ (5, 0.2%)

1 のお, の全, の城, の紙入, の馬

▼ 幸い~ (5, 0.2%)

1 のない, は上った, は小降り, は止んだ, もあがっ

▼ 幸い~ (5, 0.2%)

2 のない 1 だけになった, もない, も大した

▼ 幸いした~ (4, 0.1%)

1 ことの, というの, のであったなら, のは

▼ 幸いじゃ~ (4, 0.1%)

1 ないですか, アのう, ア只た, ア近ごろ評判の

▼ 幸いだった~ (4, 0.1%)

1 かも知れません, と弦三, のだ, ので

▼ 幸いという~ (4, 0.1%)

2 ものだ 1 ところである, もの

▼ 幸いなれ~ (4, 0.1%)

1 ここに, もしも内実, 信長めを, 彼の

▼ 幸い~ (4, 0.1%)

1 のうち, のところ, まで眼, 申した筆屋幸兵衛

▼ 幸い在宅~ (4, 0.1%)

1 して, でありまして, ですぐ, とのこと

▼ 幸い天気~ (4, 0.1%)

1 は穏, も上々, も好い, も好し

▼ 幸い好い~ (4, 0.1%)

1 のが, 伝手が, 花が, 鮎が

▼ 幸い~ (4, 0.1%)

2 の者 1 が近かっ, の傍

▼ 幸い怪我~ (4, 0.1%)

1 はありません, はしなかった, はせず, も致しませぬ

▼ 幸いあの~ (3, 0.1%)

1 乞食の, 時には, 遊行上人は

▼ 幸いあれ~ (3, 0.1%)

1 と同じ, に意見, ツォイスの

▼ 幸いお前~ (3, 0.1%)

1 が横合い, の文身, は釜吉

▼ 幸い~ (3, 0.1%)

1 ベートーヴェンは, 七兵衛の, 今夜は

▼ 幸いそっと~ (3, 0.1%)

1 刀に, 取出し鳥越様, 暖簾を

▼ 幸いそのまま~ (3, 0.1%)

1 人目を, 奥の, 長持の

▼ 幸いでした~ (3, 0.1%)

1 あれが, が今, よ

▼ 幸いでも~ (3, 0.1%)

1 あった, あり不幸, ある

▼ 幸いとも~ (3, 0.1%)

1 不幸とも, 思った, 申せるでございましょう

▼ 幸いどこ~ (3, 0.1%)

1 の火の見, も, も怪我

▼ 幸いなりき~ (3, 0.1%)

1 あやうく命拾い, 十蔵なんじ, 無事立山縦走も

▼ 幸い~ (3, 0.1%)

1 共に苦, 得べければ, 長くは

▼ 幸いわたし~ (3, 0.1%)

1 がはるばる, には食堂係, の生れた

▼ 幸い一つ~ (3, 0.1%)

1 だけある, の薪割, の階段

▼ 幸い主人~ (3, 0.1%)

1 が寝る, が帰っ, は朴念仁

▼ 幸い二人~ (3, 0.1%)

1 がまだ, とも舞台, の科学者

▼ 幸い人間~ (3, 0.1%)

1 に知己, の舌, は馬鹿

▼ 幸い今夜~ (3, 0.1%)

1 の海龍倶楽部, はこっち, は十五夜

▼ 幸い今度~ (3, 0.1%)

1 の場合, はさっき, はひとつ

▼ 幸い~ (3, 0.1%)

1 うやら, のこと, の故障

▼ 幸い其処~ (3, 0.1%)

1 には誰, に行っ, の角

▼ 幸い~ (3, 0.1%)

1 の明けぬ, も明けた, を警める

▼ 幸い~ (3, 0.1%)

1 があい, の怨み, の行衛

▼ 幸い子供~ (3, 0.1%)

1 の貯金, は無い, も帰りたがらない

▼ 幸い~ (3, 0.1%)

1 が照っ, もとっぷり, を選び

▼ 幸い昨年~ (3, 0.1%)

2 の九月 1 の秋

▼ 幸い~ (3, 0.1%)

1 が背後, の夜, は隠れ

▼ 幸い無事~ (3, 0.1%)

1 に保存, に向う, に発見

▼ 幸い~ (3, 0.1%)

1 右衛門は, 司令部の, 司令部天然資源局の

▼ 幸い若い~ (3, 0.1%)

2 時分から 1 諸君は

▼ 幸い路地~ (3, 0.1%)

2 は三尺 1 の外

▼ 幸い途中~ (3, 0.1%)

1 で誰, の一豪家, の枝

▼ 幸いおれ~ (2, 0.1%)

1 が従妹, の手

▼ 幸いお嬢さん~ (2, 0.1%)

1 と向かい合っ, や坊ちゃん

▼ 幸いかも~ (2, 0.1%)

1 しれぬ, 知れぬけれど

▼ 幸いさあ~ (2, 0.1%)

1 そのお, 一息

▼ 幸いし給う~ (2, 0.1%)

1 ところ, ところです

▼ 幸いせず~ (2, 0.1%)

1 かえってわざわい, ついに上

▼ 幸いせずし~ (2, 0.1%)

2 てかえって

▼ 幸いそう~ (2, 0.1%)

1 でない限り, 願えれば

▼ 幸いだれ~ (2, 0.1%)

1 もいま, も人

▼ 幸いであり~ (2, 0.1%)

1 紋也にとっても, 誇りであった

▼ 幸いとは~ (2, 0.1%)

1 思わないまでも, 言えません

▼ 幸いどの~ (2, 0.1%)

1 呻吟声も, 大水も

▼ 幸いなに~ (2, 0.1%)

1 がしか, より幸い

▼ 幸いぼく~ (2, 0.1%)

1 のすぐ, は母方

▼ 幸いまた~ (2, 0.1%)

1 彼らが, 此の

▼ 幸いよい~ (2, 0.1%)

1 助手を, 天気でございます

▼ 幸い一緒~ (2, 0.1%)

1 に来, に連れ

▼ 幸い七十八歳~ (2, 0.1%)

2 の今日

▼ 幸い~ (2, 0.1%)

1 に着, は焚きつけ

▼ 幸い~ (2, 0.1%)

1 へ潜り込んだ, 看板の

▼ 幸い~ (2, 0.1%)

1 がいい, も大して

▼ 幸い何事~ (2, 0.1%)

1 も, もございませんでした

▼ 幸い~ (2, 0.1%)

1 が軍人時代, の嫌い

▼ 幸い其の~ (2, 0.1%)

1 うちに, 紛れに

▼ 幸い~ (2, 0.1%)

1 の縁, 次様は

▼ 幸い医者~ (2, 0.1%)

1 だった彼, になった

▼ 幸い叔父~ (2, 0.1%)

1 が三日, は皆

▼ 幸い召使~ (2, 0.1%)

1 にも出会わず, もいない

▼ 幸い向う~ (2, 0.1%)

1 の岸, は獲物

▼ 幸い吾妻屋永左衛門~ (2, 0.1%)

1 少しやっ, 若い時分町道場

▼ 幸い~ (2, 0.1%)

1 というもの, を潜め

▼ 幸い~ (2, 0.1%)

1 が多額, の命日

▼ 幸い~ (2, 0.1%)

1 にはヒステリー, も工場

▼ 幸い~ (2, 0.1%)

1 窓に, 芳と

▼ 幸い~ (2, 0.1%)

1 のくれ, の加減

▼ 幸い~ (2, 0.1%)

1 の中, の方

▼ 幸い徒労~ (2, 0.1%)

1 にならず, に終らなかった

▼ 幸い~ (2, 0.1%)

1 ざす仏さま, にまかせ

▼ 幸い持合せ~ (2, 0.1%)

1 がございます, の些泥

▼ 幸い新築~ (2, 0.1%)

1 の別館, まも

▼ 幸い普通~ (2, 0.1%)

1 ありふれた恋, より大きな

▼ 幸い本人~ (2, 0.1%)

1 が講演会場, は留守

▼ 幸い東京~ (2, 0.1%)

1 でも井戸, の方

▼ 幸い~ (2, 0.1%)

1 く上等, 板を

▼ 幸い此処~ (2, 0.1%)

1 に吹矢筒, に革細工

▼ 幸い用意~ (2, 0.1%)

1 した柿色, した河童

▼ 幸い相客~ (2, 0.1%)

1 がなかっ, の中

▼ 幸い相手~ (2, 0.1%)

1 がこう, の眼

▼ 幸い~ (2, 0.1%)

1 におられた, の方

▼ 幸い私たち~ (2, 0.1%)

1 の中, はみんな

▼ 幸い葉子~ (2, 0.1%)

1 の慰撫, は岡

▼ 幸い~ (2, 0.1%)

1 の小, は紺屋

▼ 幸い貴方~ (2, 0.1%)

1 が医学生, は血圧

▼ 幸い貴様~ (2, 0.1%)

1 に頼む, を呼び寄せ

▼ 幸い~ (2, 0.1%)

1 に着いた, を以て遁

▼ 幸い~ (2, 0.1%)

1 ながと, の山

▼ 幸い長崎~ (2, 0.1%)

1 の丸山, の豚料理

▼ 幸い~ (2, 0.1%)

1 の藤茶屋, へお

▼ 幸い~ (2, 0.1%)

1 が盛ん, で人

▼ 幸い~ (2, 0.1%)

1 にし, も掻かれず

▼ 幸い駕籠~ (2, 0.1%)

1 が二つ, へ中った

▼ 幸い~ (2, 0.1%)

1 の子, の居ない

▼1* [683件]

幸いあいつはあたし, 幸いあいてる腰窓から, 幸いあした巨勢博士が来る, 幸いあそこの峠, 幸いあたしは天保八, 幸いあちらからお話, 幸いあと継ぎがない, 幸いあまり人通りも, 幸いありといい慣わし, 幸いありがたい涙が, 幸いいかにも彼女が, 幸いいざ三ぴんと, 幸いいずれも十両, 幸いいっそ磯五さんを, 幸いいま少しとくにこの, 幸いいまだれも見, 幸いいま恋愛は自由, 幸いいま自分には暇, 幸いうまい口実を, 幸いうんと懲し, 幸いおのれが平常, 幸いお前さんが左官, 幸いお客になりすまし, 幸いお許しがでた, 幸いお返しもうしたいので, 幸いかく何日までも世間, 幸いかというと, 幸いかに多くとも, 幸いかの女に, 幸いかれを案内, 幸いよいここ, 幸いこう佐吉を, 幸いこちらの世界, 幸いこちら様がやはり, 幸いこっそり僕等の, 幸いこっちも見つけられ, 幸いことか悲しい, 幸いこの世に残る, 幸いこの間に摺り抜ける, 幸いこの間自分たちの卓子, 幸いこんどそれらの人, 幸いこんにゃく桶は水, 幸い同様道に, 幸いこの近所, 幸いさしあたりねずみどもを, 幸いさしたる怪我も, 幸いさせてくれた, 幸いさらにまたそれ, 幸いさる人の, 幸いされていよいよ, 幸いされなかった連中の, 幸いしばらく旅行でも, 幸いじっとそれを, 幸いすうちゃんが, 幸いすえ子には子供, 幸いせしめたものは, 幸いそういった気色も, 幸いその後に跟, 幸いその後鹿や兎, 幸いそばにマリヤ・スィソエヴナ, 幸いそれぞれバラバラに, 幸いそれでこの通り, 幸いそれとなく伊香保に, 幸いそれ程多く喫, 幸いそんな句は, 幸いただ一晩だけと, 幸いだつたかとせめて, 幸いだろうと考え, 幸いだんまりの場面, 幸いちっともお怪我, 幸いつい側に, 幸いつぶっていた, 幸いてめえに糺す, 幸いであったりする, 幸いでありますから此, 幸いでききたいと思ってる, 幸いできるだけ気を, 幸いでございますから何卒, 幸いでござる源女とも, 幸いでだまされない現代人が, 幸いでないとは言えない, 幸いで思ったほどの怪我, 幸いとで輝いた目元, 幸いとでも思ったの, 幸いともに手を, 幸いどうか直ぐに, 幸いどうせ細った私, 幸いどちらにも都合, 幸いどれこの隙, 幸いどれ妾に障らせ, 幸いどんどんと穴, 幸いどんな悪いこと, 幸いなかりし彼は, 幸いなにとぞ拙者の, 幸いならんただ子らの, 幸いにていまも, 幸いにと云うか, 幸いひとりで浅草, 幸いひまだったので, 幸いまずその用向き, 幸いまるで見世物を, 幸いみんな揃いのもの, 幸いめった斫りに, 幸いめ組の惣助, 幸いもし乗ったらけだし, 幸いぐら下の, 幸いやはりご独身, 幸いゆうべは怪物, 幸いゆえ之を父上, 幸い丁度虎, 幸いよき物見の, 幸いかお, 幸いわが国の通信事業, 幸いわしの命, 幸いわしたちにはまだ, 幸いわたくしの町内, 幸いわたくし子供の時, 幸いわっしも少し, 幸いわれらも満足, 幸いわれわれが替玉, 幸いイナリを作った, 幸いオークランドに小, 幸いガラッ八が, 幸いキミエの手もと, 幸いコキ使うから, 幸いコショーがきい, 幸いコックス家の前, 幸いシャラントンに着く, 幸いジイドの協力, 幸いズボンを隔て, 幸いセラダは二世, 幸いソッと秘密, 幸いトレベリアン博士は顛癇病, 幸いドイツ人でないし, 幸いナースチャが平然と, 幸いノルマンデーは小川, 幸いパリ大学の若き, 幸いビクターにストコフスキー, 幸いピシャリピシャリの響, 幸いブラームスの音楽, 幸いホテルは部屋, 幸いモモのいくら, 幸いモンド氏も納まる, 幸いヤミヨセは別, 幸いリストの中, 幸いルピック夫人の冷やか, 幸いロスバハロイテンの戦果, 幸いワイクマン博士が昇華核, 幸いヴァイオリンも疵, 幸いと月, 幸い一しょに船, 幸い一人乗の車, 幸い一匹残らず槍玉, 幸い一命を取りとめ, 幸い一学は玄卿, 幸い一度も参加, 幸い一本道だったから, 幸い一稼ぎする気, 幸い一致して, 幸い一足ちがいでうまく, 幸い一軒置いた隣, 幸い一郎はまだ, 幸い七兵衛は自分, 幸い七輪の火, 幸い万一の場合, 幸い万年町の刀屋, 幸いなす草, 幸い丈夫で可愛がられ今, 幸い三つばかり売地, 幸い三人を入れました, 幸い三田の越後屋, 幸い三疋立ちの雪隠, 幸い三谷さんもいらっしゃる, 幸い上方に持米, 幸い上海には社, 幸い上陸が行われず, 幸い下図は以前, 幸い下敷きにならず, 幸い下野の平野, 幸い不在だった, 幸い不思議な妙薬, 幸い世話して, 幸い丘子もそれ, 幸い少年とも, 幸い両刀は持っ, 幸い両親が新しい, 幸い中学へやる, 幸い中村大尉がころされた, 幸い丸の内まで逃げのびた, 幸い馬之, 幸い久しい以前に, 幸い乗り捨てなさんしたあのお, 幸い乗換の切符, 幸い九太夫の家, 幸いを誤らず, 幸い二階にいた, 幸い二頭の牛, 幸い五両と纏った, 幸い五郎蔵親分にはあの, 幸い交換局の交換手, 幸い京都に行っ, 幸い京都麩屋町の伊勢久, 幸い亮先生の兄上, 幸い人ッ子一人あたりに見えない, 幸い人形は雌牛, 幸い人気がない, 幸い人生の荒波, 幸い人通りもなし, 幸い今一度あなたのお目にかかっ, 幸い今夜十一時に横浜, 幸い今宵は満月, 幸い今年医科を卒業, 幸い今度転任者が一人, 幸い今日往って見, 幸い代りのシャフト, 幸い任地から一日, 幸い伯父は金持, 幸い伸子は紫羽織, 幸い住居は突き止めた, 幸い住所も分った, 幸い住職はいた, 幸い何処へも落ちず, 幸い何遍も何遍, 幸い余暇もある, 幸い依頼をうけました, 幸いがある, 幸いと共にみんな, 幸い俺たちの護衛, 幸い健康に恵まれ, 幸いを見ます, 幸い僕等には子, 幸い元日の早朝, 幸い先年長崎留学の砌, 幸い先方が訪ね, 幸いに角, 幸い入山の第, 幸い入賞して, 幸い全快して, 幸い八田という意中人, 幸い公爵は裏, 幸い六尺もある, 幸い六年もいた, 幸い兵どもが早く, 幸い其方と采女, 幸いかくしに, 幸い内弟子書生にし, 幸い再版の時, 幸い写真だけは残っ, 幸いだから, 幸いて来た, 幸い出来たところが, 幸い出発の前, 幸い分量が少かっ, 幸い切り口だけは綺麗, 幸い切れた球は, 幸いに問題, 幸い別居するに, 幸い利発なよい, 幸い剃刀は奪い取りました, 幸い割れなかったので別に, 幸い加藤静子さんはおまえ, 幸い助かったといっ, 幸い助太刀をし, 幸い北西ですから, 幸い十年足らずかの地, 幸い十銭銀を投, 幸い千両箱の細工, 幸い千代子と百代子, 幸い午後からは授業, 幸い午近くのこと, 幸い半蔵の懇意, 幸い半襟の買入方, 幸い半道ほど下, 幸い南京虫は出, 幸い南玉も旅, 幸い博物館には思いがけず, 幸い危ういところで, 幸い厄払い縁起直しに思いついた, 幸い友達の未亡人, 幸い取られはしなかった, 幸い取付きの農家, 幸い古道具屋は家, 幸いい証人, 幸い可能であると, 幸い台所へ行っ, 幸い右左前後左右に前後, 幸い合っています, 幸い合格はした, 幸い同室の朋輩, 幸い同宿で旧臘伺い, 幸い同郷の友人望月幸一氏, 幸い名主に逢おう, 幸い吐き下して命拾い, 幸い吐き気も来ない, 幸い君たちの目的, 幸いにあら, 幸い呉氏は現れた, 幸いだけは一つ, 幸い和軒氏は居つ, 幸いも豊富, 幸い商売が的, 幸い商売繁昌した暁, 幸いは急げ, 幸いにこみあげ, 幸い四十二年八月十二日正午上高地の仙境, 幸い四方がアパート, 幸い四月からまた, 幸い四発であるから, 幸い回復できた, 幸い国許よりこの, 幸い土手の呑み屋, 幸い土牢にまで行く, 幸い土産物を買い, 幸い在宿乃ち面会して, 幸い地蔵愛の遍歴者, 幸い地震の火事, 幸い坂道は長かっ, 幸い埃風も吹かない, 幸い堀川の若殿様, 幸い境内には誰, 幸い墺軍の行動活発, 幸いの夜, 幸いのお客, 幸い外れて居なかつたら, 幸い外出の出ました, 幸い部分が, 幸い大いに稼ごうという, 幸い大した傷では, 幸い大事に至らぬ, 幸い大岩がある, 幸い大森で求めた, 幸い大池と昆虫館, 幸い大阪直行の汽船, 幸い天井が落ちた, 幸い天候にも恵まれ, 幸い天王会の本殿, 幸い太い瘤だらけの, 幸いの座敷, 幸い奥村主殿の一行, 幸い女中の持っ, 幸い女房が石川淳, 幸い好奇な下女, 幸い好評であったらしい, 幸いと二人, 幸いが秋, 幸い始末をする, 幸い姫君の姿, 幸い婆さんが表, 幸い嫡男として役所, 幸い子供心にも匂い, 幸い安さんがえらい, 幸い安田一角がお前, 幸い宝玉屋の名, 幸い実行すること, 幸いはなし, 幸い客人は一刀流, 幸い家の子にし, 幸い宿まで来, 幸い密談にわたり候え, 幸いの車夫, 幸いは市外, 幸い寺男佐平の手引き, 幸い小僧を泊らせ, 幸い小刀だけはわたし, 幸い小夜子サンは店先, 幸い小屋近くに良い, 幸い小山さん御夫婦, 幸い小川先生もおいでくだ, 幸い小川君が非常, 幸い小川通りを下っ, 幸い小銭がポケット, 幸い少女は正面, 幸い尼寺仮令仇, 幸いは登る, 幸い山木家の郎党, 幸い山鹿の方, 幸い岡崎敬之助はアマチュア, 幸い岡田の名刺, 幸いに繋ぎ捨てた, 幸いは桑, 幸い工兵が演習, 幸い左右の岩壁, 幸い巨勢博士を訪ねた, 幸いの三要, 幸い帰りに, 幸い常磐津の師匠, 幸い平素の欲望, 幸い年頃も同じ, 幸い幾らも保存, 幸い幾人かの同志, 幸い幾分都人士の, 幸い座敷の一隅, 幸い廊下には誰, 幸いということ, 幸い当方に於い, 幸い当日は曇天, 幸い当時若年寄を勤め, 幸い彦右衛門はきょう恵瓊, 幸い後顧の憂い, 幸い御身と同伴, 幸い復讐いたしたき所存, 幸い微罪によって一月, 幸い心得のある, 幸い忍び込んだのです, 幸いを同う, 幸い快方に向っ, 幸い思い付いた鍼卑怯には, 幸い思い出したのは, 幸い思い切って店, 幸いにその, 幸いが通っ, 幸い運強く, 幸い愚僧が通り, 幸いに金, 幸い成績が悪く, 幸い我らには, 幸い房州小湊の産, 幸い手もとに残っ, 幸い手傷はおいません, 幸い手前の方, 幸い手当が速かっ, 幸い手続きも漏れなく踏ん, 幸い扶持して, 幸い抱き留めて下されました, 幸い僧が, 幸い拙者がその, 幸い持ち直し二十八日には, 幸い持って参りました, 幸い捕り方たちは, 幸い援助して, 幸い改札口もうまく, 幸い政ちゃんはお母さん, 幸い数馬はこの, 幸いに巡り合っ, 幸いうして, 幸い新九郎様へお, 幸い新刀が手, 幸い旅館の前, 幸い日下部さんのお, 幸い日暮里までのびた, 幸い日曜桜は散った, 幸い日本服で行った, 幸い日本橋の大, 幸い日露戦争の勝利, 幸い旦那の御, 幸い語学校の, 幸い早く研究題目を, 幸い早速に用いましょう, 幸い明いていた, 幸い明家が有りました, 幸い明智は在宿, 幸いでもある, 幸い昭和三十年一月二十七日をもって接収, 幸いは春, 幸い時間もある, 幸い晴れた晩が, 幸いにまかせ, 幸い暴風雨にも逢わず, 幸い書物展望社の好意, 幸い最も手近なる, 幸い月夜でもあり, 幸い有難い評判を, 幸い有難からぬ御面相, 幸い木目見事の欅板, 幸い木立の尽きる, 幸い本堂のアタリアタリ, 幸い本省からはその, 幸い本郷の一書店, 幸い本間さんには少し, 幸い来年の四月頃, 幸い東野にだけ聞える, 幸い栄三郎方の裏口, 幸い桂子の身体, 幸い桃花坊のあたり, 幸い梅ちゃんの前, 幸い植幸の離屋, 幸い横手は河岸, 幸い横顔を向け, 幸い橋下の左膳, 幸いの対局, 幸い次男であるから, 幸い正気だけはついた, 幸い此家で逢う, 幸い歴史学者なる立花博士, 幸い死人はありませんでした, 幸い死体をひっかつい, 幸い殿のお, 幸い毎日平次を訪ね, 幸い毒瓦斯発生器は不完全, 幸い気候も暖か, 幸いは温かく, 幸い水素瓦斯を使っ, 幸い水谷町その手前, 幸いはどこ, 幸い求めしこれなる, 幸い江戸に於, 幸いのほか, 幸い泥田であったとは, 幸い洗面器を持っ, 幸い洲崎の土手, 幸い浅いゆえ兎も, 幸い浅井に一切, 幸い浅瀬の柵, 幸い海岸へ散歩, 幸い清松は軽症, 幸い源右衛門の負傷, 幸い滑走路の両側, 幸い濡れた黒瞳さえ, 幸い瀬越の同郷, 幸い火打道具の用意, 幸い無住の薬師堂, 幸い照国丸がロンドン, 幸いさましの, 幸いの賢造, 幸い物理学校の前, 幸い物置が空い, 幸い物静かなこの, 幸いの血, 幸い狙いは外れたれ, 幸い独身者の気楽, 幸い現状維持のまま, 幸い生命には別条, 幸いがあんた, 幸いと類似, 幸いと女, 幸い男女取交ぜて, 幸い畑中に一人, 幸い病身の長男哲郎, 幸い療養の効, 幸いになっ, 幸いには先, 幸いを覚まさなかった, 幸い眼鏡を持っ, 幸い石川主殿とは面識, 幸い磯部へ参り, 幸い神山さんと土居画伯, 幸い私ことは世にも, 幸い私達はみんな, 幸いから残し, 幸い秘境に到る, 幸い秘蔵の品, 幸い種々伝説を, 幸い空け放ったままの, 幸い空襲もまぬかれた, 幸いに背, 幸いの灰, 幸い立花先生は気がつかなかったらしく, 幸い笠置はこの, 幸いは何, 幸い節穴があった, 幸い紅一点で雪, 幸い紙型だけは無事, 幸い組頭に型通り, 幸いが好き, 幸い継母の濤子, 幸い継父のガイヤー, 幸い綾吉の長屋, 幸い綾子も燿子, 幸い縁側の突きあたり, 幸い縁辺の話, 幸い縹緻はよし, 幸い美人だから, 幸い美濃岩村の旧, 幸い美術協会の関係, 幸い美食に肥った, 幸い義兄の病気, 幸い翌日はめずらしい, 幸い老母も子供, 幸い聴許されて, 幸い肥前唐津に多々羅, 幸い脅しつけろと腰本様, 幸いにだけは異状, 幸いにさし, 幸い臆病でないだけは, 幸い臥竜梅を早く, 幸い自身が兇行, 幸い至極と思う, 幸い舎房には被害, 幸い舞台の照明, 幸い芝居も休み, 幸い芸州の屋敷, 幸い若し世話が, 幸い若宮が近く, 幸いで四方, 幸いでも一つ, 幸い茶道がこの, 幸いの舅父, 幸い落ち散る抜刀, 幸い隠の, 幸い著物の中, 幸い董相国には妙齢, 幸い薄氷を踏む, 幸い薙ぎ倒していた, 幸いだけは豊富, 幸い薬毒からは免れ, 幸い藪山のすそ, 幸いを立つ, 幸いの, 幸い行かずに済ませる, 幸い行き止まりの二方口, 幸い行水の季節, 幸い衣服は濡れず, 幸い見えがくれ, 幸い見ずにいれ, 幸い見合いをし, 幸い親しく山城守に, 幸い親譲りの地所, 幸い解けたもののさて, 幸い試みにお, 幸い詮議の眼, 幸いし合せた茶屋, 幸い識合いの者, 幸い警察も呉清源, 幸い豊作の上方, 幸い貰い合せの, 幸い貴公をその, 幸い貴子は美貌, 幸い資本を見, 幸い贋物ではなかっ, 幸い足音を忍び, 幸い路加少年は早く, 幸い踏切りの柵, 幸い車掌の姿, 幸い辞職もしなかった, 幸い農事にかけては七兵衛入道, 幸い迎え撃って雌雄, 幸い近くには人影, 幸い近く平和が成立, 幸い近所合壁はなし, 幸い近日来肉体は健全, 幸い近村の人, 幸い追及中の有明荘, 幸い送って行っ, 幸い這う這うの態, 幸い通り掛った他の, 幸い通行人は一人, 幸い速やかに新野, 幸い造作も附い, 幸い遅参者が加わっ, 幸い道庵が通りかかった, 幸い道端の水溜り, 幸い道草を食っ, 幸い道路が平坦, 幸い遠慮はいらねえ, 幸い酷い傷も, 幸い重役の引立, 幸いが欲い, 幸い金五郎の耳, 幸い金儲けの前祝い, 幸い金吾はギョッ, 幸い鎧蔵の前, 幸い長い間レコードの, 幸いの上の楼, 幸い間に合って飛び込んだ, 幸い間もなく正気付きました, 幸い間諜の疑い, 幸い防空壕を埋めない, 幸い陛下には当夜有明荘, 幸い陣中へ招い, 幸い陣場夫婦だけはほんとう, 幸いの斑点, 幸い隣室が空い, 幸い電線に引っ掛っ, 幸い電車はまだ, 幸い震災には焼けず, 幸い露顕に及んだ, 幸い青少年義勇軍の古賀氏, 幸い静かにやれ, 幸い静岡市に浅草, 幸い非番だから, 幸い非番ゆえ浅草へでもまいろう, 幸い革命党に人物, 幸いばき, 幸いと違っ, 幸いをあつめ, 幸いでなくノーシントー, 幸い飛込んだお前さんは, 幸い飛附たいほど貰いたかった, 幸い食堂の二階広間, 幸い食料も燃料, 幸いが中途, 幸いか鷭, 幸い黒眼鏡であった為友人達