青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「密~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~寂しい 寂しい~ 寂しく~ 寄~ ~寄せ 寄せ~ ~寄っ 寄っ~ 寄り~ 寄る~
密~
~富 富~ 富士~ 富岡~ ~寒 寒~ ~寒い 寒い~ 寒く~ 寛~

「密~」 1438, 14ppm, 7794位

▼ 密~ (296, 20.6%)

6 手を 4 出して, 出て, 寄って, 目を 3 口元に, 様子を, 裏口へ, 見て, 覗いて

2 [18件] 内証の, 取った, 取って, 吉野の, 家を, 密と, 左の, 忍んで, 手元へ, 抜け出して, 抜足を, 押遣って, 撫でて, 松太郎を, 盃洗を, 秋野の, 自分の, 袖を

1 [223件] あけて, あとを, あんなもの, いう, お知らせだけの, そこを, そのあと, その姿, その幕, その火, その縄, その袂, その鬢, だ, はずすと, またその, また閉め, クリームを, 一人が, 上りつつ, 下に, 下へ, 丑松の, 乗り軽く, 乘り, 二の腕に, 互いに相, 人の, 人目を, 件の, 伸ばして, 伸上っ, 傍の, 傍へ, 傍見し, 先づ其の, 入って, 入何喰, 其の窓, 内証で, 再び覗く, 出たの, 出たり, 出ると, 出るも, 出るん, 加減は, 勝手の, 参っても, 参りました, 取りのけて, 取ると, 取合つた手, 台所に, 吐き出さしめエヴァ, 呼ぶと, 嗅ぐと, 四辺を, 圧え, 坤竜を, 塩若干を, 声を, 外して, 大道の, 妾宅へ, 娘お, 宗吉の, 客間から, 室内を, 寄ったは, 寄添うた, 小僧を, 小宮山の, 少年を, 差し出して, 帰つて来, 帰へ, 座を, 座敷を, 庭に, 庭伝いに, 引いて, 引くと, 引掛けた, 引留めて, 当った柔, 影の, 後へ, 御廚子, 御部屋, 忠兵衞の, 惣吉に, 懷に, 戰ひ, 扉を, 手で, 手渡して, 打ち, 払い, 抜け出て, 抜け出でたから, 抜足で, 抱いて, 押える手, 押開ける, 拔出で, 拔足する, 招いて, 招き是, 持ったの, 指の, 振向いて, 振返って, 掛けた, 掛けながら, 探って, 掻巻の, 揺ぶる, 摺抜ける, 撫でようもの, 机に, 来た, 格子から, 框に, 椅子の, 横目で, 横顔で, 歌浦が, 正宗の, 此の, 歩いても, 歸つて來て, 河に, 洋盃を, 洩らしに, 渡しけれ, 潮を, 煙草盆の, 熊岡氏の, 爪立つよう, 片頬笑, 狙って, 當てた, 直ぐに, 相重, 立ち出で, 立ち去り度, 立上り襖の, 立停まっ, 立木の, 筒袖に, 箪笥の, 篠田の, 紋床へ, 縋り縋り聞いて, 續い, 置いて, 置くと, 美女の, 美麗な, 老爺の, 肌に, 肩に, 膝から, 臭気を, 舁いて, 舁ぐとお, 薄目を, 行きたいから, 行くと, 行った茲, 行っても, 袂へ, 見た時, 見ぬよう, 見べ, 見れば, 見上げて, 見參ら, 視たんで, 覗きに, 覗く, 覗くと, 覗込ん, 親しゅうし, 解かしたのよ, 触れると, 言って, 話した位, 請取り, 謂おう, 谷の, 負って, 貴女から, 賄賂を, 赤手で, 起きて, 起き直つたが, 起して, 起上り寢床にて, 起上り忍び足し, 蹈んで, 身を, 辿ると, 退側, 逃げるなどというは, 透して, 通ると, 通行いたしまする, 逢いに, 開けたが, 開けて, 障子の, 障子を, 隠して, 離れた処, 雨戸を, 雨戸一枚を, 音の, 頭を, 顔を, 鬢を, 鼻を

▼ 密~ (219, 15.2%)

12 して 2 なって, なつて, なる, 人を, 古服, 物に, 遁げ去りたら

1 [193件] いとほのか, いふ, いふなり, いふべし, おろし思い, おろすこと, お案じ, お袖さん, かれは, この別院, ささやきよく, しその, し再び, し白磁, すかしたれば, すること, するという, する必要, そだつ傾き, その実, たくらまれて, だぞ, なりぬ, なり江戸, なるの, なるので, なる道理, なれば, ひとつの, よくよく臍, わが家の, 一室に, 一里半の, 上壮く, 下山を, 不可抗の, 並んだ二列, 主の, 乳母を, 云々の, 云つた, 交渉する, 人に, 來りけれ, 例の, 優越を, 儲位を, 元の, 入りつつ, 入り込んで, 兵器を, 其下へ, 典物として, 冷汗を, 出先を, 列を, 列植し, 剞, 勢力拡張策を, 匂って, 參列の, 叢を, 叢生させ, 古道具屋に, 召して, 合ふと, 同人方へ, 啓し, 図るもの, 図る者, 埋伏の, 堕さぬその, 奪おうなどという, 女を, 妙に, 妻に, 存するかも, 山川草木およそ, 差覗く, 巻き手足, 帝を, 帝祠に, 幸徳の, 張, 張り渡すの, 彼に, 彼の, 彼は, 後を, 徳太郎君に, 心知れる, 心髄に, 思うのみ, 思う処, 思ふて, 情を, 感服しました, 我家へ, 招き吉之助, 招き語る樣, 捜した, 据えようと, 探るやう, 支度を, 政教の, 文を, 旅館を, 期すること, 柳屋の, 樣子を, 歩いて, 歩を, 決するところ, 決心し, 流盻, 浦, 海路を, 深いもの, 混合し, 淺間の, 渉つて論ずれ, 準備を, 溜飮を, 火器毒弩を, 生えて, 申上ぐべきことの候, 男の, 疑なき, 白色の, 目を, 相包ん, 相纏う, 相関係, 示したところ, 祁山を, 私し, 私は, 窺ひ, 立つて, 立出門の, 竜池に, 符合し, 組みたる, 網目が, 編んだり, 繁って, 繁つた樹, 繋がれてを, 群れば, 考える脳力, 聞き胸中, 脱出し, 腰元お, 自分ひとりが, 自分方へ, 舌をば, 茂って, 茲まで, 葉を, 蔽い重なる濃き, 藏まり其大外無く, 行なわれその, 術無き拳, 裡を, 西洋に, 見えて, 見回す折柄壁, 言ふ, 計を, 評論された, 請托し, 諫言を, 諸國, 謝貴, 警めて, 貫一の, 跡に, 辺取っ, 連合し, 過ぎかえって, 過ぎれば, 遣つた手紙, 酒の, 針葉樹多く, 鎖して, 関係が, 関連し, 降り積むの, 隣の, 頼みてし噴水の, 首を, 驚く声, 高利の

▼ 密~ (69, 4.8%)

4 の為, を帯び 3 の第, を受け, を受けた 2 などと云う, の一部分, をうけ, を持っ

1 [44件] か知らぬ, が三個, だか, ですから, では決して, でも帯び, とか云う, とは人, と云った, と共に情死, と称し, などとは余り, などを持ち出す, に忠義, に身, の一つ, の一部, の儀, の到底, の届かぬ, の届く, の性質, の成就, の此, は三つ, は叔父, は大事, は少し, は帯び, もそっと, も果たして, も様々, をうけた, をまで見究めよう, を啣むところあるが, を手伝う, を捨て, を授けた, を果し, を果たさね, を添え, を誰, を達した, 並びに夜泣き

▼ 密貿易~ (63, 4.4%)

3 の証拠 2 に出動, の書類, の科, の罪, をし, をする, をやる, を行っ

1 [44件] が出来る, こそ国, だけの仲間, では白昼, とか禁止品, におもむく, にて死ぬ, には好適, にも従事, によって一億以上, によって集めた, によりて外国貿易, のさかん, の一件, の件, の利, の品, の嫌疑, の時代, の本拠, の港, の秘密, の船団, の親船, の証拠品, の責任, の費用, は厳禁, は国益, は斉彬公, も彼ら仲間, や僅か, らしく倉田組, をやっ, をやった, をやり, をわし, を今, を企てた, を口実, を嗅ぎつけられ, を犯させ, を行わせ, 抜け荷買い

▼ 密~ (48, 3.3%)

3 うちに, 間に

1 [42件] ところである, ながれに, やうに, クロニオーン我に, 一つであっ, 三種の, 両宗, 二教を, 功徳にて, 博士なりと, 嗜は, 声は, 奥旨を, 学問に, 学者であった, 害悪は, 屋敷の, 御用とやら, 意味における, 教法は, 数を, 月を, 棟梁と, 棟梁山門の, 槽へと, 爲に, 碩才であった, 禅杖に, 者法を, 自然の, 薄い衣, 行の, 行法を, 観想を, 計であった, 語が, 諸行を, 関係ありし, 関係を, 陳情表に, 雲ふかきみ山に, 霊場叡山を

▼ 密~ (38, 2.6%)

4 の狂言 2 と逢曳, をひき入れ, を引入れ

1 [28件] あるぞとは, されたお前, されたと, でございますから, と云う, と同衾, と走った, などは致, にあら, に伸べられた, に落され, の七人, の児, の如海坊主, の恐怖, の悴丹三郎, の有る, の行動, の隠れた, らしい要心, をこしらえ, をこしらえた, をし, を作っ, を引入れる, を拵えまし, を拵え遊ばし, 仕たりと

▼ 密なる~ (37, 2.6%)

2 を要す

1 [35件] が第, ことは, ところに, に比すれ, ものある, ものが, ものと, ものを, も太, も腰部, や内, をとうとぶ, をもっ, を以てよし, を策, を貴ぶ, 上にも, 作戦の, 喬木帯の, 塲所へ, 所と, 新法律, 旅行を, 枝は, 洞中の, 活動力によ, 海底戰鬪艇の, 發明とは, 聯關より, 記事なり, 蹠は, 部分と, 関係あるべき, 関係を, 關係を

▼ 密~ (34, 2.4%)

2 が其, を立ち

1 [30件] が亞拉比亞, が有る, して, ぞと聞く, であること, で仏教, といつた, といふもの, といへ, となっ, と看做し, と稱, などし, にしいんと, に充ちた, に時, のうち, の中, の声, の聲, は, は最早, や, を, をきき, をささやきかわした, をさずけた, を交す, を交わし, を急

▼ 密~ (32, 2.2%)

532 たが, て言

1 [20件] たの, た声, た聲, た鷺太郎, ていた, てしたし, てそ, て中, て云, て何, て右, て手代, て来, て窺っ, て這い進ん, ながら, ると, るなどという, 合って, 御令妹お花樣御事豫

▼ 密~ (30, 2.1%)

3 の花 2 と栗

1 [25件] があつ, だ, とを頂戴, と呼ぶ, と煙草, と菓子, につい, には異, のかをり, の分家, の如き, の方, の木, の残つたの, の皮, の蕾, の里, は萩密柑, むく, やら田舎饅頭, をあげる, をひっくりかえし, を売り, を持つ, を贈っ

▼ 密~ (25, 1.7%)

6 して 2 がはいった

1 [17件] がはいっ, が前日, が来, した, したと, したので, した次第, した結果, した者, すべく昼夜, する, だけで, にはすぐ, は諸処, をうけた, を出した, を諸

▼ 密~ (25, 1.7%)

3 を拝 2 をうけ

1 [20件] があらわれた, でも秘め置かれ, と錦, と錦旗, のこと, のご, の往来, の檄, や宮, を, をうける, をそっと, をふところ, を下し, を以てし, を受け, を示した, を賜わっ, を降し給わ, ヲ捧ゲテ

▼ 密~ (22, 1.5%)

5 の中 2 の壁, の扉

1 [13件] で一枚, に, に則っ, に立ちのぼる, に跪く, のよう, の天井はいちめん, の家根裏, の感じ, の時間, は今, は男禁制, へ入れた

▼ 密~ (18, 1.3%)

2 ことは, 親しげ

1 [14件] こんもりと, のが, ので一二間先, ので遠い, 北陸東国などへ, 図を, 堅い織で, 布陣を, 林の, 竹櫛を, 筆が, 考えを, 鉄格子は, 関係が

▼ 密~ (15, 1.0%)

1 [15件] さがすなんて, やった所, やるに, 吸いつつ, 喜ぶの, 喜ぶ作家, 学び前身, 巻きこめおなじく, 成じ我, 成じ速, 流すよう, 綜べ, 要す, 運ぶやう, 錯綜し

▼ 密~ (15, 1.0%)

1 [15件] がすんだ, だったが, になりだした, に他念, に充ちた, に最も, の相手, をかわし, をぬすみ聞きし, を交, を偸, を傍, を残らず聞きおった, を聞こう, を聴こう

▼ 密~ (13, 0.9%)

2 を結ん

1 [11件] がむすばれ, とかたち, なきもの, などをそんな, には甲州, に名, に応じた, の下, の話, をむすん, を持った

▼ 密~ (11, 0.8%)

2 と格子, と玉菜, 一人で, 木賃宿へ, 衣服などを 1 と板の間

▼ 密~ (11, 0.8%)

2 である, に心, を解き得たら, を解く 1 がかかる, を中, を含ませ

▼ 密~ (10, 0.7%)

1 が一町余, が最も, した林, した落葉松, に分け入り, の中, へ行き当る, へ誘き込まれる, を匐, を押分け

▼ 密~ (9, 0.6%)

2 あつた 1 もしも人, 一方が, 仕事と, 厚みが, 圖畫を, 色白く, 艶が

▼ 密~ (9, 0.6%)

1 あり郎従秀府, でしょう, として一族幕僚, と面々授受, のある, の一ツ, の証文, はささげ, をもちだす

▼ 密~ (9, 0.6%)

1 あるの, が掩, に声々, の下, の枝, の梢, の繁茂, の間, を分け

▼ 密~ (8, 0.6%)

2 なる所以, の関係 1 な主観的意味, な自己, な連けい, な関係

▼ 密~ (8, 0.6%)

1 から云, がある, といふもの, とした, の出來やう, はある, はない, を附ける

▼ 密つと~ (7, 0.5%)

1 ついて, 側に, 動かすと, 椅子を, 盗むやう, 藏つ, 鳥の

▼ 密~ (7, 0.5%)

2 と其後, と離室, 逃げ出して 1 と娘

▼ 密~ (7, 0.5%)

1 でこの, とが方々, のこと, は伝えられ, をうけた, をつたえた, を帯び

▼ 密~ (7, 0.5%)

3 心経 1 的司得宗もしくは, 的宗または, 經は, 經を

▼ 密~ (7, 0.5%)

1 がやすやす, が来, だ, なども尊氏, のお, の内容, を宮

▼ 密~ (7, 0.5%)

7 の間

▼ 密~ (6, 0.4%)

1 ぞ住む, だった, へ入りこむ, へ入りこもう, へ入り込もう, を探ろう

▼ 密っと~ (5, 0.3%)

1 入れたの, 廻って, 引掛けた, 殿様の, 自分の

▼ 密培地~ (5, 0.3%)

2 へもぐりこんだ 1 にもぐりこんだ, へは行けなかった, をおさえさせ

▼ 密~ (5, 0.3%)

1 した時, した若杉貞子, しに, の折忠兵衞, を申し込んだ

▼ 密~ (5, 0.3%)

1 がしらべられ, で蔽われ, に蔽われ, に被われ, の下

▼ 密貿易仲間~ (5, 0.3%)

1 とそんな, とむすび, のうごき, の者, は急激

▼ 密とは~ (4, 0.3%)

1 口に, 心に, 手に, 身密語密意密の

▼ 密夫人~ (4, 0.3%)

1 に勧告, は出, は要らない, は鴨

▼ 密~ (4, 0.3%)

1 が洩れた, をさぐっ, をさずけられました, を聞かした

▼ 密なれ~ (3, 0.2%)

1 ども能, ば帝, ば雨

▼ 密~ (3, 0.2%)

1 が蓮, の屋敷, の屋敷内

▼ 密~ (3, 0.2%)

1 して, という形, を軍

▼ 密夫密婦~ (3, 0.2%)

1 に蒐, の居場所, の隠れ場所

▼ 密~ (3, 0.2%)

1 に蒐, の居場所, の隠れ場所

▼ 密~ (3, 0.2%)

21 の旅

▼ 密~ (3, 0.2%)

1 でも使う, ともに合符, ヲ壊リ

▼ 密淫売~ (3, 0.2%)

1 で洲崎署, と合図, をさせる

▼ 密着け~ (3, 0.2%)

1 たりなどしました, て入れる, て百蔵

▼ 密英上人~ (3, 0.2%)

1 から寄せられた, で現に, のやう

▼ 密陀絵~ (3, 0.2%)

1 でありますこれ, という絵風, の花

▼ 密あり~ (2, 0.1%)

1 と思はしめたる, 直々丞相に

▼ 密として~ (2, 0.1%)

1 置くばかり, 置く方

▼ 密なり~ (2, 0.1%)

1 ともなほこれ, と謂

▼ 密~ (2, 0.1%)

1 ないやう, 直に解る

▼ 密まっ~ (2, 0.1%)

1 ていた, てしまう

▼ 密んで~ (2, 0.1%)

1 いたら一颯, いるに

▼ 密加持~ (2, 0.1%)

1 と称し, の修行

▼ 密~ (2, 0.1%)

1 たる良三, になつ

▼ 密~ (2, 0.1%)

1 の指示, は

▼ 密~ (2, 0.1%)

1 と共に遊び, に相場

▼ 密~ (2, 0.1%)

1 でも無い, な塊

▼ 密~ (2, 0.1%)

1 をかさね, を貫く

▼ 密會所~ (2, 0.1%)

1 なるに, に貸し

▼ 密~ (2, 0.1%)

1 の例, は

▼ 密淫賣~ (2, 0.1%)

1 と合圖, の現行

▼ 密~ (2, 0.1%)

1 といつ, はその

▼ 密~ (2, 0.1%)

1 のよう, は七兩二分密女

▼ 密~ (2, 0.1%)

1 の如く, は即ち

▼ 密~ (2, 0.1%)

1 は宗藩, を上る

▼ 密着き~ (2, 0.1%)

1 あつたりは, 合ひ

▼ 密~ (2, 0.1%)

1 の樣, 到

▼ 密~ (2, 0.1%)

1 に懸る, の目

▼ 密~ (2, 0.1%)

1 して, せる森林帯

▼ 密~ (2, 0.1%)

1 した樹木, して

▼ 密著し~ (2, 0.1%)

1 てはゐない, て来た

▼ 密~ (2, 0.1%)

2 させ置き候

▼ 密~ (2, 0.1%)

1 して, せる樹枝

▼ 密~ (2, 0.1%)

2

▼ 密貿易商~ (2, 0.1%)

1 として刑, として海外

▼ 密貿易者~ (2, 0.1%)

1 の群, や浪人ども

▼ 密貿易露見~ (2, 0.1%)

1 のこと, の暁

▼ 密陀画~ (2, 0.1%)

1 がその, における人物

▼1* [182件]

て言, 密いずれも兵書, 密くる由, 密ごころのふところ, 密を加え, 密も益無, 密その上を, 密そりさし置きなば, 密であってもいけないであろう, 密であったとみえる, 密であればある, 密でもなく夫婦, 密とうしろ向きにする, 密などでこの間の, 密ならずして是, 密ならず見るからに明るい, 密なりしこと近衛の, 密な打ちあわせでもあるらしい, 密になつてゐた, 密びやかに中へ入る, 密び逢て話し, 密ッて, 密ませながら追い, 密ませるのを, 密また密に, 密まった感じである, 密まりおれば, 密めきも聞え, 密めコレ彌十, 密め声で囁く, 密め小鼻を動かし, 密め拇指を出し, 密め語が洩れる, 密め變な事, 密精進波羅密寂照は, 密りして, 密り起きて圍爐裏, 密だ坂道, 密カニ拙意, 密カニ婆サンニ焚キツケタト見エテ, 密カニ怺エツツ誰ニモ何モ語ラズ気ヅカレモセズニ過シテシマッタガ, 密カニ都門東京ヘ輸送セントス, 密カニ養育シテアリシヲ後高綱世ヲ恨ミ申ス事アツテ, 密と這出し, 密ナルモノノ相対デアリ, 密ナルヲ良シトスだの敵, 密ニシテ遠ク和漢, 密ニシテ上漸ク稀ナリ, 密ニシテ良材多シ, 密下るほどに宵, 密を温め, 密会い様子を, 密をする, 密修している, 密のあらず, 密先づ自ら布置せずして, 密入者を上陸, 密に誘い通ず, 密しつつ, 密勤行布施心無悋惜, 密厳浄土也フタリ枕ヲナラベテネタルニヒトリハ悪夢, 密参内と薩会淀, 密修行解並列の, 密号名字ヲ知レバ鬼畜修羅, 密報せられたる方に対し, 密して, 密売淫や強姦, 密夫商売気に入った, 密夫昌次郎に大金, 密夫有故に渠, 密夫源次郎を突こう, 密夫貴様は何処, 密契宮中内々のお, 密始まるところ即ち, 密に通じ, 密があらゆる, 密寂照は愈々, 密州五絶の一, 密するの, 密布ス子房ハ卵形ニシテ外面絨毛ヲ帯ビ先端ニ短柱, 密の法, 密意密の三種, 密意義を與, 密房組織の二重張, 密捕獲者のやう, 密接合つて顫へた, 密旨今時に密旨, 密旨密命に使われ, 密旨密旨今時に密旨, 密會場所に提供, 密柑柿茶の木, 密柑等々の店, 密から明るい, 密槽花盤があり, 密樹林の中, 密樹緑林の影, 密樹闇く之, 密毛叢生せる故, 密法ニ逢ヒタル乎ト五体ヲ地ニ擲チ, 密法修法ノ承仕, 密淫売のかどで, 密淫売町の大工町, 密淫賣町の大工町, 密爾列の煎, 密はひん, 密獵監視船のやう, 密獵者に發見, 密生んでい, 密がある, 密男拐帯も仕, 密を作り, 密疏言事事秘不伝, 密盟組らしい切ッ, 密も詰め, 密着くと, 密着けた上を, 密着け合わせたまま床から, 密着せる關係あり, 密なる区劃, 密に接し, 密禅波羅密般若波羅密の自然, 密で装われ, 密を送り, 密に詳しく, 密として一切經中, 密羅繁網を縱横, 密でした, 密を忍ばせ, 密聖道浄土仏教の一切, 密聚部隊のよう, 密至細に赴く, 密般若波羅密の自然, 密茂貌元, 密けて乃公, 密著いてゐる, 密蔵すること堅から, 密蔵難見, 密は大坂, 密藏難見, 密に隱, 密に後, 密西尾末広水谷長三郎氏が集まり, 密話内談秘計その外形, 密話密談には極々, 密話清話した歴史的, 密語中の密語, 密語密意密の三種, 密による呉軍内, 密した火薬, 密買行商人といった日本, 密貿易たちの跳躍, 密貿易なぞに従っ, 密貿易なんどと, 密貿易品のこと, 密貿易港では最大, 密貿易者たちの治世破壊, 密貿易船の三次, 密貿易阿片みんなあぶないこれいちばん, 密し看護婦, 密車二隊を奔ら, 密軍兵は捕吏, 密輸出がどんどん, 密迹王金剛王不動明王地蔵尊弁才天吉祥天及び北面, 密の至公, 密し奉れる後白河法皇, 密を西蔵, 密のこと, 密醸された新鮮な, 密醸してそっと, 密錯雑ナル我植学ニ在テモ資, 密陀僧の朱, 密陀塗のよう, 密陀油に色, 密陀絵具でかささぎ, 密と号し, 密集ったやつが, 密のよう, 密雲散せず時, 密へ命がけ, 密飾画然とした, 密香竜涎の香り, 密をも休めず