青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「屋敷~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~居ります 居ります~ ~居る 居る~ 居士~ ~居間 居間~ 届け~ 屋~ ~屋敷
屋敷~
~屋根 屋根~ 屍~ ~屍体 屍体~ 屏風~ 屑~ 展~ ~展開 展開~

「屋敷~」 9429, 98ppm, 1125位

▼ 屋敷~ (2671, 28.3%)

51 中に 42 方へ 41 中へ 31 中で 30 門を 22 中を 20 中の 19 中は 18 ほうへ, 外へ 17 内に 16 前で 15 お蝶, 門の 14 うちに, 前に 13 前まで, 周囲を, 門前に 12 ように 11 まわりを, ような, 中から 10 うちの, ことを, 中には, 前へ, 前を, 名を, 奥の, 庭の 9 塀の, 様子を 8 土塀の, 塀に, 方を, 門が, 隅に 7 中では, 方で, 者も, 裏の, 角を, 門前を 6 なかは, 周囲には, 奥に, 庭に, 庭へ, 方から, 方は, 者が, 者に, 門前で

5 [11件] お菊, 中が, 主人の, 名は, 奥へ, 子は, 御家風, 方が, 方へは, 者は, 門へ

4 [22件] うちには, お長屋, なかに, まわりに, 人たちは, 内の, 内外に, 内外特に, 外に, 大屋根, 子と, 玄関へ, 窓の, 老夫婦, 者で, 者の, 者を, 裏門から, 跡で, 門から, 門に, 門前へ

3 [51件] うちは, うちへ, うちを, そとへ, どこかに, なかで, なかの, なかへ, ものは, 一隅に, 中へは, 主人は, 二階に, 仕事は, 内で, 内へ, 内外を, 前の, 厄介に, 名前にも, 周囲に, 土塀に, 土塀を, 外から, 外側を, 大部屋へ, 大銀杏, 屋根が, 屋根棟から, 幽霊に, 広場にも, 建物の, 役人が, 御迷惑, 方に, 木を, 横から, 石垣の, 秘密を, 表門を, 裏で, 裏へ, 裏門を, 評判が, 跡を, 辻番所へ, 近くに, 近所に, 長屋に, 隅の, 高塀

2 [156件] あたりを, あった事, あつた, うちが, うちで, うちでは, お名前, お孃さん, お寺は, お島, お庭, ぐるりを, ことで, ことは, ご主人, すぐ南, すみの, そばまで, なかを, ほうから, まはり, まわりには, めぐりは, もよう, やうな, ようすを, ようで, 一つの, 一室に, 一所に, 一部を, 一間で, 上の, 上へ, 不入の, 中での, 中でも, 中間で, 中間は, 主人と, 主人に, 乱闘の, 人々が, 侍が, 側へ, 先代の, 内から, 内も, 内側から, 内輪の, 内部を, 分は, 前, 前から, 古い建物, 古長屋, 召使いの, 名に, 名も, 噂が, 四方を, 土塀が, 土蔵の, 塀で, 塀外なぞ, 外の, 外は, 外聞にも, 大奧, 大掃除, 奇怪な, 奉公が, 奥さまが, 奧方が, 女部屋, 奴が, 子の, 官庫の, 寝殿二棟が, 小川の, 屋根から, 屋根の, 屋根棟へまで, 年始廻りを, 広さ, 庭から, 庭で, 廣場にも, 建て方, 建物が, 往き帰りに, 待ち伏せの, 御奉公, 御家来, 御用人, 悪い噂, 戸蔀を, 手前に, 新造が, 方々, 方々大変でござん, 方も, 方角から, 方角へ, 時は, 構内から, 様子は, 横を, 横手に, 横手へ, 櫛まきお, 殿様が, 池から, 牢の, 牢獄に, 物語りを, 玄関に, 玄関の, 用人から, 皆樣, 秘密は, 立って, 絵巻物対支貿易に, 練塀を, 者か, 者だろう, 花見の, 若侍, 若奥様, 若樣, 蔵の, 表は, 裏に, 裏庭の, 裏手, 裏手の, 裏門の, 西に, 角から, 辺から, 迷惑に, 道場を, 金を, 門内に, 門内へは, 門前は, 門前まで, 門際に, 間に, 附近を, 隅々に, 隣の, 雨戸の, 露路の, 駅の, 黒板塀を

1 [1356件 抜粋] あいだに, あたりに, あたりまで, あったという, あった河村山, あとだった, あとも, あの白梅, あひだ, ありさま, あるじ長岡頼母等, ある三百俵蔵前取り, ある坂, ある小路, ある御, ある永井和泉守樣, いずれかの, いちばん奥の, うち重なった, うんきの中, おそろしい古, お中, お出入り, お厩, お嬢さん, お嬢さんです, お嬢様で, お局さま, お父さんだけは, お近さん, お頭, かどまできた, くだりと, ここかしこに, こっ側, ことだったらしい, ことには, ことをか, ごつごう, ご用地, すぐ側, すばらしい財宝, すみを, その頃, そんなにも, ために, とある横町, ところへ, どこか, どこに, なかには, ぬれ縁ぎわ, へいぎわにころがっているというんですよ, ほうが, ほうは, ほかの, ほんの一部, まわりでも, まわりへ, ものが, もので, ものなら, もよう様子, ようでした, ようには, わきの, サザンプトンかたで, テントに, メイフェアの, 一つかが, 一件が, 一例は, 一大事と, 一室夕闇せまる, 一族な, 一知夫婦が, 一軒の, 一部に, 一郭ときたら, 一間から, 一間の, 一隅へ, 七蔵か, 三人美女と, 上にか, 下男が, 下絵図面だ, 不可思議な, 並んで, 中からは, 中でしょう, 中なんぞ, 中へと, 中塀の, 中小姓が, 中小姓を, 中心に, 中間どもが, 中間の, 中間部屋へ, 主の, 主人へ, 主人公と, 主人明智光安入道の, 主婦としての, 乗物ならいう, 乱闘で, 事情に, 云うこと, 井戸の, 人々と, 人々も, 人たちも, 人と共に, 人や, 人達に対し, 人間, 仕事中に, 代官婆, 伝兵衛を, 住ひ, 何者だ, 侍を, 係りで, 借家主で, 傍では, 僣上した, 元の, 先代, 八重桜にも, 内である, 内には, 内を, 内外が, 内外要所要所へ, 内状を, 内部での, 冠木門の, 処置の, 出入町人と, 制度下に, 前へまで, 動静を, 勝手は, 化物が, 北の, 北隣に, 南側に, 南端に, 原因では, 厩に, 厩舎で, 取りこわされたの, 取散らかされて, 古びた障子, 古屋を, 召使いと, 召使の, 召使も, 台所に, 台所門の, 同僚たちを, 名や, 名残りの, 吟味部屋へ, 周囲をめぐって, 味方でも, 品だ, 四囲に, 四方八方捕方を, 図面では, 土の, 土地とを, 土蔵から, 地に, 地勢は, 地坪は, 地面から, 坊ちゃんは, 垣ご, 執事と, 堀の, 塀が, 塀である, 塀や, 塀外に, 塀際に, 売れるの, 夕蝉, 外には, 外まで, 外を, 外廓を, 外聞など, 多いところ, 多い幅, 多い通り, 夜の, 大きい椎の木, 大事と, 大先生, 大将でも, 大扉, 大殿様, 大竹藪を, 大部屋にでも, 大門であった, 大門を, 太鼓を, 奉公人, 奉公人でございます, 奉公人らしい, 奥から, 奥では, 奥まった箇所, 奥向に, 奥座敷に, 奥深いところ, 奧に, 女中達だった, 奴だ, 奴を, 好き者の, 如く雇人, 姪で, 威光を, 娘さんと, 娘は, 娘双生児の, 子弟に, 宅助は, 宏大さ惜し, 官庫から, 実験談, 室は, 家です, 家族の, 家来らは, 家棟から, 家老亀谷清左衛門である, 寮は, 小座敷で, 小笠原隼人の, 小間使を, 尺取り横町櫛巻き, 屋敷神として, 屋根や, 屋根棟の, 崖の, 左手に, 常識には, 幹部の, 幽霊を, 広大な, 床の, 座敷へ, 庫も, 庭には, 庭や, 庭先から, 庭木が, 庭隅に, 廓内であった, 建って, 廻し者であった, 式台を, 役人まで, 後で, 後ろに, 後ろへ, 後庭と, 御出入, 御妾腹, 御息女, 御殿も, 御用は, 御用人様, 御老女様, 御重役, 御馬場, 怪談かね, 怪魔の, 恥自分の, 惣領娘で, 懸人, 所へ, 手すきに, 打ち壊しが, 拝領物だろう, 掃除には, 掛り人にな, 控えの, 故実から, 敷居ぎわまで, 新阪町, 方々どう, 方じゃ, 方でも, 方までも, 方角で, 方面は, 日当たりの, 早い桜, 時の, 曲輪うちには, 書生さんが, 木立や, 杉の, 東の, 東北の, 板塀が, 林立し, 桟橋へ, 棟へ, 植木職の, 楓ばかりの, 構えも, 構内に, 構内へ, 構造も, 様子が, 様子であった, 様子にも, 模型を, 模様御存じであろう, 横で, 横手には, 横町の, 欅朴の木柳庭の, 歌留多会から, 正当の, 武士横淵官左衛門伝兵衛の, 殆ん, 殿様だ, 母屋と, 水仕事を, 水見番所, 池田出羽の, 注意は, 洩れ灯, 浪人あたりの, 混乱し, 渡り奉公なんぞ, 渡辺さんの, 源次郎さんが, 溝の, 滝蔵だった, 潰れた跡, 灯や, 焼き打ちと, 焼討とか, 爆発が, 片側町を, 片隅の, 牢獄から, 特色的な, 犬の, 玄関と, 玄関先へ, 現状が, 瓦礫の, 生活を, 用人に, 用向きで, 界隈でも, 留守居に, 畠には, 番を, 畳代えにも, 白壁打続く, 皆々様にも, 真下だった, 真相は, 矢声, 知人ん, 石塀に, 祖先が, 神様として, 秘事を, 秘密と, 秘密も, 稽古に, 空井戸な, 空地や, 空家の, 空長屋を, 窓が, 窓や, 竹藪の, 管理を, 納屋倉にまで, 絵図面と, 縁が, 縮図だ, 老人の, 老夫婦殺し, 者, 者たちは, 者であろう, 者には, 者一統へ, 者共みな狩り出し申す, 耳には, 肥料小舎の, 脇坂山城守に, 脱走者が, 自宅を, 船頭に, 芝浜へ, 若い者, 若党さんへの, 若後家, 若様で, 若殿さまで, 若黨, 荒れたの, 荒れ者, 菩提寺です, 菩提所光隆寺へ, 藤六の, 蚊帳を, 表から, 表戸, 表門は, 裏, 裏側へ, 裏口は, 裏庭には, 裏手に, 裏手髪を, 裏畑へ, 裏門に, 裏門口まで, 見えるここ, 見当は, 解釈, 記念物も, 詰所で, 誤り又, 豪傑が, 豪華な, 貧しい家, 賣却高, 足軽が, 跡が, 跡に, 跡らしい, 跡目を, 輪廓を, 辻にあたって, 辻番所は, 近くから, 近くへ, 近所を, 近辺には, 近頃の, 連中は, 運命を, 遠い者, 邸内では, 部屋住み, 野郎共ったら, 鉄窓に, 長い土塀, 長い廊下, 長屋であった, 長屋塀の, 門だった, 門は, 門内は, 門内を, 門前から, 門前と, 門口に, 門松を, 門長屋が, 間ごと間ごとを, 間取りを, 間近に, 附近へ, 隅々までも, 隅なら, 隠密組旅川周馬, 雁股へ, 雑草に, 離れを, 離庵では, 雪隱の, 露地口で, 面目に, 顔を, 飯を, 飼い殺しと, 馬丁と, 駅で, 駅へ, 高いコンクリート塀, 高臺, 黒幕が, 黒沼という

▼ 屋敷~ (1166, 12.4%)

40 帰って 20 行って 10 はいって, 奉公に, 帰ると 9 戻って 7 お帰り, 引っ返して 6 出入りし, 来て, 連れて, 遊びに 5 入ること, 呼ばれた, 帰っても, 忍び込んで, 歸る, 行った, 養子に

4 [11件] いって, 乗込んで, 入って, 入り込んで, 出入りする, 出入りを, 帰ること, 御帰参, 行くと, 行くという, 行つた

3 [21件] お出入, お届け, お帰, たずねて, 上って, 使いを, 出かけて, 取りに, 呼び出されて, 帰った, 帰る途中, 帰ろうと, 御奉公, 押しかけて, 火を, 狸が, 知らせて, 縁付いて, 行くの, 行くん, 訪ねて

2 [60件] おいで, お出入り, お前を, お連れ, つれて, どんな本, はいったの, はいり込んだと, もどって, やつて, ゆくと, ゆく途中, よばれて, 乗り込んで, 伺うこと, 伺って, 來て, 入ったの, 入り込むの, 入れた奉公人, 出かけたの, 出て, 出入の, 参って, 参りました, 呼び戻して, 呼返した, 女賊が, 寝に, 帰らなければ, 帰る, 帰れば, 年始に, 引っ立てて, 御還り, 忍び入って, 忍び込んだの, 急ぎました, 持って, 探索の, 斬り込んで, 来い, 来てからも, 来なければ, 申出でましたところ, 着いた, 着いて, 着くと, 移って, 稽古に, 行こう, 行ったこと, 足を, 踏み込むの, 近く行きたい, 隠して, 顔を, 飛び込んで, 飛んで, 飛込むと

1 [767件 抜粋] あがったお, あがるたび, あがる前, あなたともども, あわただしく駈け付けた, いこう, いった, いれて, うか, おいて, おいでに, おくる御, おさんを, おっぽ, おつれ, おもむいて, お住込, お供する, お出かけに, お北, お客人, お届けもの, お帰り下, お引, お抱えに, お招き, お目, お粂, お越しなされ, お送りしなけれ, お集まり, かえった, かえったのち, かえってゆうゆうと, かえって来た, かえって骨, かえりつくと, かくれたまで, かくれること, かけ込んだ, かつぎこみ, このまま, この夜, こんなにも立派, ご奉公, さ, さぐりに, しかじ, しょんぼりと, しらせた, そのふらふら, それとなく目, たち向かいました, たどり着いたもの, だよ, だろうと, つか, つづいて, つれ戻る, である, とって返すと, どういう訳, なぞはいり込ん, なんの, のぼるには, はいったが, はいったという, はいったので, はいったのみ, はいってからも, はいられた, はいりおれ, はいりこんだの, はいると, はいろうと, はこび込まれたその, ひきあげて, ひきこむほう, ひっこした, ふだん出入りする, まいられませんか, まいり, まいる事, まいる筈, まぎれこみ灯, また一個, まわって, まわると, やった以上, やってきて, やって来た, やれ, ゆき八十島主計, ゆくの, ゆけと, よく上がりました, よびよせて, わけを, ゐら, ネヂ込む, ノコノコはいっ, 一と, 一人ずつ, 一同入った, 一旦連れ, 一番先に, 七十郎が, 上がって, 上ったこと, 上ったって, 上ったもの, 上ると, 上る時, 下女を, 不意に, 不淨, 中小姓として, 乗りこんだ, 乗り込むなんぞは, 乗込みました, 乘り込ん, 乘込める, 乱入し, 乱入する, 二人とも, 云って, 人が, 今夜も, 仕返しに, 伜の, 伴なった, 伺いませんでしたか, 伺ひませんでしたか, 住み込み機会, 住み込んで, 住んで, 何が, 併合せしめた, 侵入し, 催促に, 光が, 入った, 入ったに, 入った追い返せ, 入つて, 入らうといふ, 入り込みます, 入り込むこと, 入り込むという, 入り込んだは, 入り込んでは, 入るところ, 入るなどは, 入る時, 入れた, 入れて, 入れられた, 入ろうという, 入込んで, 内通し, 再び顔, 出した, 出たとき拝領, 出ること, 出んければ, 出入する, 出入りの, 出入る職人, 出向いて, 出向きました, 出向くの, 出掛けたとの, 刀が, 切り込んだが, 切り込んだ時, 勤めたこと, 単身に, 参った時, 参らぬか, 参られますので, 参り, 参りましたところ, 参りましたの, 参りまして, 参り実父鹽原角右衞門, 参り災難, 参る者, 参上し, 参候した, 參りませう, 取って返しました, 取って返す, 只今焼き討ちを, 召し寄せて, 同じく招待, 同道致す, 向かって, 向けられたとたん, 向った, 呼ばれて, 呼び付けられて, 呼び付けられる以上, 呼び寄せて, 呼び寄せるの, 呼ぶわけ, 呼んで, 呼寄せたい, 器量望みで, 四時過, 埋めたと, 報告する, 売込むんで, 売込もうという, 夜毎出入りする, 夜這に, 奉公した, 奉公する, 奉公易, 奥様付に, 女中奉公に, 女煙術師は, 妹の, 威儀を, 威嚇の, 宣り出た切られた二人, 宵ごろ着いた, 寄せること, 寄って, 富士を, 対して, 将軍家が, 尋ねて, 小間物屋とは, 尾い, 届けて, 届けようという, 届け出るか, 差出して, 帰ったかも, 帰ったの, 帰ったものの, 帰ったら万太郎殿, 帰ったら今夜, 帰った小一郎, 帰った時, 帰ってからと, 帰っては, 帰らず忠作, 帰らないの, 帰らねば, 帰られなくなって, 帰られ翌, 帰りたい早く, 帰りついたの, 帰りました, 帰りましたが, 帰り着いたころ, 帰り着いたの, 帰るから, 帰るからね, 帰るところ, 帰るな, 帰るまでは, 帰るもの, 帰るよりも, 帰る時節, 帰る積り, 帰る頃, 帰れずまた, 帰れないこと, 帰れないと, 帰れると, 帰れ高力, 帰参する, 帰参すれ, 常連として, 平生出入し, 廻って, 引きさ, 引き上げた方, 引き取られて, 引き取るや, 引き揚げて, 引き揚げました, 引き返させました, 引き返して, 引っ立てい, 引っ立てられて, 引取つた跡でした, 引取つて若, 引取り, 引揚げ, 引渡されそう, 引渡そうという, 引返して, 張り込むよう, 彼女を, 往くの, 往った, 御宰, 御帰り, 御引き揚げ遊ばしました, 御用聞き, 忍びこんだ際, 忍びこんぢや御手許金と, 忍び入りお, 忍び入り将, 忍び込まれたの, 忍び込みお, 忍び込むという, 忍び込んだ, 忍び込んだので, 忍ぶと, 忍んだ, 忍んで, 忘れて, 急がせて, 急ぎ熟睡, 急使じゃ, 怪盗が, 愛一郎が, 我々風情が, 戻ったが, 戻ります, 戻ること, 戻る途中, 戻ろうと, 手伝ひ, 払暁から, 投げ込まれたやう, 投獄する, 抜ける道, 押しこみ狼藉中, 押し寄せて, 押し掛けて, 押借りや, 押込むということになっているらしいんです, 招いて, 招かれた, 招かれ物数奇, 持つて, 持参いたせ, 持参致す, 捕吏の, 探険に, 斬りこもうと, 斬り込むと, 新墓, 早馬が, 晩餐に, 本日参上いたしました, 本職の, 来た, 来た二人, 来た夜, 来た時, 来てからの, 来ること, 来ると, 来るや, 来るよう, 来れば, 案内し, 棲む事, 植え込んで, 様子見に, 武器を, 歩いて, 歸つて來ました, 歸られ, 歸れない, 残って, 江戸からの, 江戸家ち, 泊まったという, 泊まった五味左門, 泊まり合わせ, 泥棒が, 注進あり, 注進に, 渡しちまって, 潜入いたしました, 無断で, 物盗り, 牽いて, 現れなかった, 申上げる, 百兩ばかりの, 盗棒, 真昼の, 着いたの, 着くや, 矢文を, 礼に, 神尾主膳を, 移った, 移ると, 積みこまれた, 立寄るもの, 立帰っ, 糞を, 納めた西瓜, 素手でも, 絵図面を, 繪圖面を, 置いたが, 置くわけ, 聞えました所, 腕を, 腰元に, 臨検した, 自分の, 若党として, 落着いた, 行かうと, 行き事情, 行き俺, 行き庭先, 行くか, 行くほど, 行くまことに, 行けた, 行ける筈, 行たら, 行ったの, 行ったり, 行つた時お, 行つて來ます, 行つて改めて, 行つて皆んな種明しを, 行つて遲く, 行て, 西郷が, 見えたこと, 見習奉公に, 見舞いに, 親分と, 討ち入りの, 討手の, 訪れたとき, 訴訟に, 誓紙起証を, 請待した, 贈物と, 走り左膳, 赴く列, 踏みこんで, 踏み込むか, 踏ン込んだ, 近づくなと, 近づくにつれて, 近よる, 近付いて, 返さないやう, 返さないよう, 返した, 返るよう, 迷い込んだ感じ, 迷込んだげす, 追い返されること, 送りこんで, 送りと, 送り届けられた前後, 送り込みとくと, 送り返し自分, 送るが, 逃げて, 逆戻りお, 這入る, 通じる道, 通って, 通知する, 逢いに, 連れられて, 連れ参ったが, 連れ帰り御, 連れ込もうという, 連れ込んで, 連込むこと, 運び込みそのまま, 運ぶの, 道場を, 還って, 閉じこめ切れろ別れろ別れなきゃこれ, 集って, 集まれと, 預けたほど, 預けられてから, 願い出た, 飛ばして, 馬に, 馬の脚が, 駆け込み届けを, 駆け込み訴訟に, 駆け込んで, 駈けこんだ, 駈け込んだり, 駈け込んで, 駕を, 駕籠を

▼ 屋敷~ (960, 10.2%)

29 住んで 20 奉公し 8 なって 7 忍んで, 行て 6 御奉公 5 奉公する 4 いて, 勤めて, 瑕が, 隠されて

3 [16件] お帰り, 住むよう, 何か, 係り合いが, 出入し, 出入する, 出入りする, 奉公に, 居て, 巣を, 帰って, 戻って, 殘し, 行た, 身を, 隠れて

2 [56件] ある大, いた時, いた時分, いながら, いる, いる者, おいでなさろう, おいでに, お歸, とめて, なる, はいった, ぺんぺん草を, 一陽来復の, 上りますまで, 乗り込んで, 乘込んだ, 入って, 入り込み妹, 出入りし, 厄介に, 呼び出されるやう, 呼出された平次, 囲まれて, 奉公を, 寝て, 居るうち, 居る人別, 幽閉されおった, 幽霊が, 幽靈, 引立てられ危なく, 忍び込んで, 投り込んだ, 招いた, 招いて, 招かれて, 於て, 来て, 残して, 滞在いたし, 潜伏し, 火を, 眼を, 着いたの, 着いて, 立て, 籠って, 討ち入ろう, 詰めて, 違いない, 長くいる, 長居は, 関係の, 預けられて, 駆け込んで

1 [702件 抜粋] ああし, あったの, あった由緒付き, あつまること, あり, ありさえ, ありて, ある, あるまじき囃子, あるケウスキイ, ある世子定広, ある大きな, ある木, ある私, ある長, あろうという, いた, いたが, いたころ, いたッ, いた事が, いた伊達安芸, いた小間使, いた当時, いた者ゆえ, いつきません, いつまでも, いては, いないと, いますの, いま私は, いるあいだ, いるお, いるから, いるそう, いると, いるはず, いるほどの, いるもの, いるより, いるん, いる人たち, いる俺, いる内, いる奴, いる実父鹽原角右衞門, いる必要, いる我々, いる時分, いる気, いる瓜生長三郎, いる筈, いる間, いわば座敷牢, おいただけに, おいででございます, おそろしいのろいの, おちついて, おった久良, おとどけする, おりましたの, おりました頃, おりましょう, おりますが, お供, お化けが, お客様が, お小屋, お屆, お渡り, お艶, かくして, かこわれて, がんばって, くすぶって, こけ猿, この晩, この者共, こもったまま, こもって, これを, ご滞在, されて, したり, しては, し堀, せつせと, せよ余り, その総代人, その黄金, それを, たいへん心, たいへん興味, たちかえりました, たった一日, たつた二人殘, ちげえ, ちげえねえ, ついて, つたわって, つづいて, つめかけたこと, つれて, とじこもったまま, とじこもって, とどまる, とめ置いては, どうやらご, なき骸, なったと, なったという, のがれた坂本, のこして, ひき取って, ひそかに, ふさわしい和田呂宋兵衛, まいりまして, また一層, やつて, やや不, よく見られる, わずかながら, ゐた, ゐた伴天連, ゐて, オオランド鏤版の, 一し, 一と, 一个処みさき明神と, 一夜を, 一年ばかり, 一度バットを, 一時とめ, 一泊し, 一足ふみこめ, 三人が, 上が, 上がって, 上り一両日逗留, 上ること, 下女と, 下男奉公を, 不祥事が, 並々ならぬ, 中間奉公し, 久しく住居, 久しぶりで, 乗りこみました申, 乗り込みねえよ, 乗り込みますか, 乗込もうという, 乘込まう, 乱入いたし, 乱入致せし, 予が, 人数を, 人數を, 今夜は, 仕える青侍, 仕へること, 付属し, 仲間に, 仲間奉公を, 伝って, 伯母さんと, 伺候し, 似た門, 伽羅や, 住まうどころ, 住まって, 住みたいと, 住みたい位置, 住み勿堂, 住み荒ら, 住み込み妻, 住む大身, 住む関久米, 住んだところ, 住んだ屋根葺, 住んでるんぢ, 住込ん, 使われるよう, 來合せた, 例の, 係り合いの, 兄と, 入った, 入つて, 入りこんで, 入りました, 入り座敷, 入り来る邪悪, 入り込み殿樣, 入り込んだ女, 入り込んで, 入ると, 入れた, 共謀だ, 共通の, 兵衛らしい, 出て, 出はいりを, 出入りなんぞ, 出入りの, 出入りを, 出入中の, 出掛けて, 出這入りして, 出頭し, 劣らぬ怪物, 勤番中の, 化物が, 十四五人の, 十数年以前から, 参って, 参り道場, 參上する, 取って, 取り囲まれて, 取り残されたの, 取残されて, 召し使われて, 召還された, 叱られるので, 同じよう, 名前を, 向けて, 呼ばれた, 呼ばれて, 呼び出されるよう, 呼び寄せ朝命, 呼入れること, 囲まれたたんぼ, 圍ま, 在った, 在るの, 在るべしとの, 地味に, 埋め世, 報告する, 変ったの, 変って, 大きな銀杏, 夭死する, 奉公した, 奉公中何にか, 奉行を, 女ふたりの, 女中二人ッきり, 安置し, 容易ならぬ, 宿泊した, 寄って, 寄りその, 射込んだもの, 小屋のかず, 就いて, 居あわせない, 居たお, 居らっしゃると, 居られず私, 居られたよう, 居られぬ事, 居られねえ事, 居りましたが, 居りました見識, 居りませう, 居ること, 居るとき, 居るので, 居るよし, 居る三人, 居住んで, 居合す者, 居合わさなかったの, 居合わせた御家人崩れ, 届けて, 属する石垣, 山茶花も, 巣喰ふ, 帰った, 帰つてそこから, 帰りついたの, 帰りつきました, 帰り互に, 帰り愛妾, 帰ること, 帰ると, 帰る見込み, 常連が, 幾軒の, 庇護され, 引き上げて, 引き取って, 引入れました, 引取られ, 引続い, 強盗に, 当り元禄年間, 当り文化年間, 当年はじめて, 御奉公中, 御用伺いに, 心当りの, 忍びこんで, 忍び込み勘七, 忍び込んだもの, 志士或いは, 忠義がった, 怪談を, 悠々と, 悪い評判, 愛せられて, 感じて, 戻らぬの, 戻られて, 戻ると, 所嫌わず, 抱えられて, 押しこめられて, 押し掛けて, 押入つた賊の, 押掛けて, 招かれた, 挟まれて, 捕えられ鴻山, 推参し, 推参なし, 攀ぢ登つたのでございます, 斬りこみが, 斬りこみを, 於ては, 明りが, 暮して, 暮しながら, 暮らしたが, 最早や, 有りて, 木曾福島の, 本営を, 来たの, 来た時, 来てたもらぬか, 来合せて, 根城を, 棲んで, 槽の, 歌留多の, 止まって, 此よし, 此程から, 歸りました, 歸る, 残されたの, 残されて, 残って, 殘した, 殴られたこと, 気儘に, 永年奉公を, 決して栗, 沿うた曲浦, 泊つて笹野の, 泊まつ, 泊まる場面, 注意し, 滞在し, 滞在中の, 潜って, 潜伏いたしおる, 潜入し, 火の手あがり, 灯火一つまばたい, 犬や, 狼藉でも, 生い立って, 生き延び最後, 生ぬるい女子, 生まれましたの, 生れたから, 生れ立派, 用事が, 用人の, 田崎草雲という, 申し訳ない, 監禁され, 目を, 相当逞しい, 相違ねえ, 眠るだろう, 着いた時, 着て, 睨み合って, 知れた以上, 石川良右衛門を, 石神様の, 神尾を, 祟るの, 移りあるいは, 移りまして, 移り住んで, 移り平沢, 立ち向, 立て籠った, 籠も, 納まろうという, 納めるよう, 絶えずあんな, 縛りつけられて, 置いて, 美女が, 老母もろとも, 而御長屋拝借被, 職位四階以上の, 育って, 脱ぎ捨てた着物, 腰元一人増えた, 臨幸した, 自分たち家族以外の, 自分と, 自由に, 自訴する, 舞いもどって, 蔵し, 藏し, 行き帰宅, 行き歸宅, 行たら, 行ったらしく手筐, 行って, 西岡鶴之, 西郷なる, 見張りに, 見限り, 親しみを, 訪ねたの, 訪ねて, 詰めきりだった, 誕生した, 買い手が, 起きふし, 起こった事実, 足踏みを, 足軽が, 踏みとどまって, 躍り込み首級, 迎いに, 近いところ, 近いので, 近い御家人崩れ, 近い長屋門, 近くなった, 近づけるん, 近よる, 送って, 逗留なさい, 這入って, 通ずる国道, 通ずる道路, 通れる山木, 連れて, 遊んだこと, 遣つて, 遷つた時品は, 遷つてから, 金比羅さまを, 鎧が, 長居を, 長年させ, 門標は, 門礼が, 門限が, 閑を, 関係が, 附いてるん, 限って, 陣を, 隱され, 集まって, 集まる御, 集合し, 雇われて, 非人が, 領地内に, 顏を, 顔を, 願ったら晩, 飛んで, 飛込で, 食客として, 飲まそうなどと, 飼って, 香川甚五郎という, 馬が, 駆け込み予て, 駆け込むかも, 駈け込み奥, 騒動が, 騒動の, 麗子唯一人残る

▼ 屋敷~ (777, 8.2%)

40 出て 20 持って 17 出た 14 構えて 10 持つて 6 出たの, 構へ, 脱け 5 もって, 一垣内, 構へて 4 お暇, かまえて, 出た時, 出ると, 構へる

3 [12件] あとに, たずねて, ぬけ出して, 出てから, 出る時, 思うと, 殺したの, 立ち出でたの, 立出で, 訪れて, 賜わって, 飛び出して

2 [40件] あなた様へ, お城, しくじったの, しくじるよう, とりまいて, ぬけて, のがれ出て, わたしの, 仕事場に, 出たが, 出たばかり, 出た後, 出た時刻, 売って, 外から, 多年出入りの, 奪はれ, 左に, 引払いました, 指して, 放逐された, 明けては, 焼払, 用意し, 知って, 縮尻り, 見て, 見れば, 訪ねること, 訪問し, 買う者, 買って, 走り出た, 追ん, 逃げて, 逃げ出すより, 逐電した, 遁れ, 飛び出してから, 騒がして

1 [507件 抜粋] あざむいたな, あらかたなくし, あらし廻って, いまも, えらんで, おいて, おつ建てられ, おまえ知らない, お代地, お前は, お前知つて居る, お目, お訪ね下された, お金に, かしたお前, かれはさ, くるまが, こしらえて, これほどに, こんなに能登守, さがし歩いては, さがすの, さがりました, さがるより, さして行く, さっそく手入れ, しくじったと, しくじっちゃあ, しくじって, しげしげとして, そつくり嫁入道具として, そのまま使った, そのまま学校, それぞれ駈け廻っ, たくさん持っ, たずねあぐんで, たずねたところ, たずねた時, たずねました, たずねると, たずねる遍歴, たたきこわして, つ, つきとめしだい, つくって, つくれば, つつんで, でた, とうとう手放す, とびだした, ともかくこれ, とりまき近所, とりまくなまこ塀, どんな目, ぬけだして, ぬけ出した, ぬけ出したの, ぬけ出したものの, ぬけ出しました, ぬけ出そうと, ぬけ出たので, ぬけ出て, のがれ出てから, はじめ別府じゅうは, はなれたころ, はなれました, ひき払った大友近江守, ひき払った時, ひっくり返して, ひとつこちらから, ひと足外へ, ふらりと, ますます立派, まちがえまして, まわって, まわりました, みだしさえ, みつめて, みんな出, めがけて, めどに, もう一度完全, もう一度巡った, もち夏, もらった, やめれば, ゆすりに, ゆるぎなくするものよしの祝言, オン出, グルグルと, グルリと, 一つに, 一と, 一まわりし, 一刻も, 一途に, 七兵衛が, 三つに, 上地させ, 中心として, 中心に, 乗っ取って, 人手に, 今は, 仕事場の, 他人に, 代りに, 仮りの, 住居に, 何んか, 何んと, 何故買う, 作って, 修繕した, 借りたいと, 借りたので, 借受けて, 偲ばせる何物, 偽装した, 先き駆けられ, 入ったり, 入谷に, 全部のこる, 全部売払っ, 六七軒駈けまわった, 六十ポンドで, 内々お, 写山楼と, 出かけたこと, 出かけたの, 出かけて, 出かけました, 出された時, 出たお, 出たきり, 出たとき, 出たもの, 出たア, 出た家来, 出た弥生, 出た弦四郎, 出た殊に, 出た泰軒, 出た目的, 出ても, 出でて, 出ながら, 出なくては, 出なさろうと, 出はずれた一軒, 出ましたが, 出ましたけれども, 出ます, 出ますと, 出られて, 出られない彼, 出られなかった, 出られまいと, 出られるか, 出るが, 出ること, 出るとき, 出るとは, 出るは, 出るん, 出る位, 出る前, 出る折, 出る時七軒町, 出る様, 出んければ, 出奔した, 出発した, 出立した, 出離れて, 切り廻して, 刑務所に, 初め市中の, 初め甲賀組一帯が, 前に, 助けて, 勘当の, 包囲し, 半分上げ, 半分廻つて裏庭に, 半折, 南に, 南へ, 博奕宿に, 占領し, 厳重に, 去った, 去って, 去る時, 又売り, 取らせろ, 取り上げられたの, 取り囲もうという, 取り壊した時, 取り払った跡, 取り違えて, 取囲んだ数本, 取巻く塀, 取換えて, 呪咀わ, 営むこと, 営んで, 困らして, 囲まれて, 囲む木立, 囲んで, 堅めて, 売り払, 夾んで, 奪われ三年前伏見屋伝七, 始めて, 守らせて, 守れ, 家出した, 尋ねあてて, 尋ねら, 尋ね金子, 巡って, 巡り出した, 巣に, 巣窟として, 左手に, 左東左平が買った, 左東左平に, 広く取る, 建てたが, 建てた混血児, 建てて, 建てなおすつもり, 建て真, 廻って, 廻つて背負ひ, 廻りました, 引きあげたと, 引き払って, 引き揚げた紀州方, 引き揚げはじめたとの, 引出すの, 引払うこと, 引払うと, 引払うもの, 引払わねば, 引揚げよう, 張り込め, 当分の, 彼らの, 後に, 御門あきとともに, 忍び出て, 忍んで, 思はせる天井, 思わせるもの, 怪しがる, 恐れたもの, 悠々と, 惜しいもの, 意味する, 憧憬と, 戴き薄, 手入れし, 手放すこと, 打壊さないで, 承は, 折り廻して, 抜けいでられたの, 抜けて, 抜け出すと, 抜け出て, 抜け出るが, 抜け出る時, 抜出して, 抵当流れに, 押囲ん, 拝借したい, 拝領いたしたい, 持ち以前, 持ち周囲, 持ち身, 持つこと, 持つよう, 指さした時, 振り捨てて, 捜しに, 捜しまわったよう, 捨てて, 捨て笠置, 掃除し, 掘らなければ, 掘り返したら浮ばれない無縁, 探らせました, 探検した, 控えて, 撃とうと, 改造した, 攻めて, 攻めるにゃ, 放逐される, 教えたから, 教えて, 数えるよう, 數へる, 明けて, 明けるわけ, 明けわたし, 明渡し, 昔の, 暗室へ, 有して, 有って, 望むと, 本来の, 本邸に, 東片町に, 構えた大, 構えながら, 構えるよう, 構え家造り, 構え蔵, 横奪, 横領し, 歩いて, 殴って, 殺そうなどと, 殺害した, 殺害する, 毀たれるの, 浄める, 渡りある, 演じて, 無断で, 焼いたの, 焼き払うので, 焼き払えと, 焼き払って, 焼き討ちに, 焼打し, 焼払おうと, 照らす満月, 片つ, 畑に, 疑わねば, 発見する, 発足する, 目ざしたので, 目掛けまっしぐら, 目掛け一人, 目掛け無二無三, 目見を, 省いて, 知つてゐる, 知つて居るなら, 知らなけりゃ眼, 私が, 空けがち, 窺って, 立ちいでました, 立ちの, 立ちのいたと, 立ち出, 立ち出たの, 立ち出でた, 立ち退いた, 立ち退くより, 立退いて, 立退くに, 立退くより, 繋いで, 繞り, 置きどこ, 置くかという, 脱した先生, 脱出した, 舐めつくし丹後殿前, 荒らし廻って, 落すよう, 落ちのびた二人, 落ちのびて, 落ち延びたの, 蛇屋敷と, 行先の, 表から, 襲うて, 襲ったとは, 襲って, 見いだしたの, 見せ, 見せて, 見た, 見ながら, 見に, 見まわって, 見るに, 見上げ見下ろして, 見張って, 見張らせること, 見捨てて, 見舞った, 見詰めて, 覗いて, 言って, 訪ずれた, 訪ねた帰路, 訪ねた平次, 訪ねて, 訪ねました, 訪れたが, 訪れた人, 訪れた家康, 訪れた時, 訪れると, 訪れる時, 設けたので, 許しても, 調べないとは, 貰って, 買いつぶせあの, 買い入れて, 買い入れ落ちつくこと, 買い取り此, 買い取ること, 買い取る事, 買うこと, 買うと, 買うなんて, 買うん, 買う事, 買え買, 買つて緑色の, 買取ること, 買受けて, 貸して, 賜わったもの, 賜わるであろう, 賣渡した後, 赤面させ, 走り出て, 踏み鎭め, 踏み鎮めること, 踏み鎮め祓, 辞した時, 辞して, 辞してから, 迂回し, 追ひ出されました, 追われた混血児, 追われると, 追出されて, 追放に, 退散しよう, 退轉, 逃がして, 逃げたの, 逃げだした二官, 逃げ出しここ, 逃げ出して, 逃れ出た小, 逃亡した, 逃出し, 逃去る, 逐い払われた不運, 通り過ぎると, 遁げ出す, 遅く出た, 過ぎ今沢石見, 過ぎ御厩小路, 道場や, 違つた世界でも, 選んで, 錢に, 除くのほか, 陰気だ, 隅から, 隣り合わせて, 離れたいと, 離れた家並, 離れた草川巡査, 離れて, 頂戴致しおる, 飛びだす, 飛び出したの, 飛び出したゆえ, 飛び出しました, 飛出したほどの, 飛出した銭形平次, 飛出した錢形平次, 駆け出し二人, 駈け出した, 駈け出す時, 駈出して, 駈落, 駈落する程, 駈落ち致し, 駈落致, 騒がし宿直, 驚かせたが

▼ 屋敷~ (383, 4.1%)

4 段々家構 3 大爆発

2 [15件] いやな, どうなった, どれも, まだ確か, 住む人, 借金の, 堅いもの, 夕陽に, 宗助が, 屋敷で, 旧幕臣, 火を, 番町の, 苦手だ, 荒れて

1 [346件] あすこかい, あった, あつた, あとかたも, あまり広く, ありませんかい, あるかい, あゝなった, いうまでも, いったいどなた, いま空家に, いま隅田公園の, おっかねえと, おどろに, お前にとっては, お千絵様, お取り潰し, お城, お祝いの, かなりな, こ, ここから, ここだ, ここでございます, こっそり暗室, ことごとく跡形, こな, このとおり無人, このまま, この一劃, この上, この両側, この人, この朝, この辺, この通り, この邊, この邊ぢ, これかね, これだ, これは, ご料林, さがし求めた日, さして廣, さすがに, さらに左衛門尉義盛さま, さわぎに, さんざん住み荒らし, しまいには, すぐそこ, すぐ左, すぐ明るく, すぐ解りました, すぐ近所, すごいところ, すべてだ, すべて官憲の, ずっと長い, そこから, そのくらい, そのまま残っ, その立派, その翌, その頃上屋敷中屋敷下屋敷, それから間, それなら軽部, それに, それほど陰気, それより, たしか百坪, たった一度, たつた一本, だいぶ荒廃, とても以前, どうも然るべき, どこだろう, どこでしょう, どこまでも, どこら辺りで, どちらでしょう, どなた様の, どのへん, ないの, ないはず, なかなか手広, なくて, なんだろう, ねえの, のちに, ひどく逼迫, また化物屋敷, みなものものしい, みな小さい, もと石屋の, やはり駿河台, よく存じ, よく知っ, よっぽど前, わけの, ガストレルという, ガラ空に, ドコだ, ユダヤ人に, 一時私が, 一村の, 一番最初と, 一箇所も, 七条の, 三方から, 三百五十五両の, 上を, 不及申, 不幸な, 不意に, 不首尾と, 乱脈で, 二つの, 二人の, 今の, 今天下, 今日限り本所の, 他人の, 代官の, 以前よりも, 何と荒れ, 何万坪にわたるか, 何方で, 何方でございます, 依然として化物屋敷, 僕の, 元の, 元来町に, 先生の, 全国各地に, 全滅し, 兩方に, 六百五十石で, 出口出口を, 前が, 前と, 前に, 前にも, 前の, 加茂の, 勿論町屋, 化物屋敷に, 千五百石という, 半蔵門外で, 単に筋, 古くから, 只今は, 可なり, 名実共に, 名題の, 向柳原, 和泉屋によほどの, 四谷に, 国王から, 土壁に, 土御門に, 坂なりだ, 塀も, 塀隣りで, 塵一つない, 夜が, 夜まで, 大したもの, 大丈夫かな, 大久保式部という, 大寺の, 大抵海陸軍, 大昔においては, 大町に, 大町一丁目西, 大縄で, 大苦手, 大阪の, 大阪堂島玉江橋と, 奮然と, 嬉しいぢ, 存じて, 安全地帯に, 安泰な, 宏大であり, 宗門方の, 定まる当主, 実際上, 富豪の, 寝静まつて, 封建時代に, 小さいが, 小栗上野介らの, 小石川の, 小石川原町, 小石川武島町だった, 小路の, 尺取り横町の, 山寺の, 崩れかけた塀, 川ひとつへだて, 市ヶ谷に, 幸橋御門まで, 幾棟にも, 広いが, 広かった, 広くって, 広くて, 広く俺, 床の, 廃屋の, 廣い, 建って, 当主の, 当時の, 当時霞が関を, 彼の, 彼奴ら盗賊の, 御上地, 御徒町に, 御用の, 怖いよ, 思い当らないの, 急に, 愛宕下の, 戦前人手に, 手狭な, 手近だ, 持たぬ, 掘り下げられた, 換え屋敷, 改易でございます, 改易に, 新宿の, 旅籠では, 既に家屋, 旧麻布, 早く立ち, 昔時長者の, 昼でも, 昼に, 普請祝いであった, 暗室から, 最早見られなかった, 最近建てた, 朝顔屋敷, 本所に, 本所長割下水, 本郷森川町に, 本願寺の, 村の, 村中の, 栄華と, 格別普通の, 森さんの, 極度に, 構えが, 構えるつもり, 樹木と, 此処で, 此家じゃ, 此方だ, 此辺じゃ, 武芸専門という, 段々家構え, 永年の, 江戸じゃ, 決して此出来事, 滅びるぞ, 潰れたから, 潰れる, 炎に, 点々と, 無いと, 無人でございます, 無役, 焼け落ちて, 煮えくり返るやう, 牛込だ, 牢屋敷裏門を, 王政時代の, 田安家であった, 由緒ある, 甲府を, 番町だ, 益々しずまり返り, 直ぐ解りました, 相馬に, 眠ったよう, 眼の, 知って, 知てる, 知らず當家, 石垣で, 福澤諭吉の, 私に, 私生涯往く, 種々雑多, 空気に, 立ち上ると, 立って, 立木と, 立派だ, 結構なお, 維新後まで, 缺所に, 美人屋敷では, 荏柄の, 荒れるが, 荒れるに, 荒廃し, 薩州の, 西野郷からは, 見えなかった, 見えなかつた, 見るかげ, 見舞を, 親分も, 調練場と, 諸侯の, 豪勢でした, 軽部を, 近所である, 近所の, 近頃急, 追放本郷丸山の, 這入つて, 遠くない, 邦原家で, 郊外に, 野武士の, 銀歯組の, 門を, 陰々と, 青葉の, 静かであった, 静かである, 静寂の, 非常に, 非常の, 音羽七丁目の, 館林街道に, 高倉通り六角下ル和久屋町という, 高台だった, 鬱蒼たる, 鴨河原に, 麹町に

▼ 屋敷~ (316, 3.4%)

17 あった 13 立って 12 ある 10 あって 6 ありました 4 多いので 3 あるから, あるという, それです, 並んで, 処々むやみに, 幾らも, 暗室へ

2 [13件] あったり, ありまして, あるん, だだっ広い上, つづいて, 七十六軒盗んだ, 不用に, 出來, 出来て, 売物, 多いから, 私を, 處

1 [207件] あったかな, あったからの, あったが, あったそう, あったその, あったところ, あったの, あった処, あってね, あと一時間と, あと五分足らずの, あの仲間, あの辺, ありお, ありそこ, ありその, ありましたが, ありますが, ありまた, あり唐人館, あり夏, あり奥山家, あり本郷, あり梅, あり焚きすてられた焚火, あり越前, あり邸内, あり門, あるからな, あるが, あること, あるだけ, あるならば, あるの, あるはず, あるばかり, あるよ, ある其処, ある所, いうには, いくらでもある, いつそこ, いとど色めい, おそろしいところ, おそろしくて, お取り払い, お父樣, かず多く, きまって, ぎっしりと, この根岸, この辺り一体, これだけでも, ございましょうか, ございますから, ございますんで, さう呼ばれるの, さながら人, そうだ, そうで, そこに, その屋敷, その辺, そもそも不審, そんなにおそろしく, たくさんありまし, だいい, だんだん好き, できあがったのち, できない前, どうかしました, どうかなすった, どうやら立っ, どこの, どんどん出来た, どんな事情, ないもの, なくなったから, ならびしいんと, ふたつに, またし, もうそこ, もう一時間, ようございます, アリアリと, ウィルムコートに, ズラリと, バクチの, 一両とは, 一町四面ほど, 一軒叩ッ斬る, 一銭の, 三四軒つづい, 不気味であろう, 並び人, 並ぶやう, 中ノ島の, 二三百あ, 人手に, 今や焼き討ち, 何だ, 何を, 僕の, 兩方に, 六分を, 其処此処に, 出来上った, 出来部落, 刀影下に, 勤まるこったのう, 即ちいわゆる, 即ち水戸家, 厳しく並ん, 厳然として, 四百坪ばかり, 売れるまで, 多いせい, 多いなか, 夜空を, 大分手広い, 天智天皇様の, 好きに, 定まったら迎えて, 家来や, 幾軒と, 幾軒も, 広い, 広いから, 広いとは, 廣いから, 建ち門, 建つて, 建つらしいですよ, 建てられたの, 当番だ, 思われるから, 悪いと, 戦時中の, 手に, 抜けられない, 改易にさえ, 散在し, 敵と, 料理屋に, 斯くも, 明日から, 時代の, 暗室から, 月夜に, 月江や, 有島邸だ, 次第に立派, 汐留に, 江戸の, 没落し, 沢山あった, 沢山ある, 滅亡の, 潰れたについて, 潰れましょう, 焼き討ちに, 焼き討ちの, 焼けたので, 焼けた晩, 焼けて, 焼打ちに, 爆発する, 物騒だ, 界隈の, 直に改易, 秘密に, 空いて, 立ち並びその, 立ち並んだ中, 立ち塞がつて, 篝火幔幕槍長柄弓矢によって, 絶家に, 続いて, 置かれ荷船問屋, 自慢で, 芝の, 草深くなっ, 要所要所, 見えた, 見える, 見られた, 見られます, 親しく見え出す, 誰の, 豪壮であり, 買って, 賣り物, 賣却, 軒を, 軽部に, 近い, 近いせゐ, 道向かいには, 醜悪極まる, 重クロム酸アンモニア, 長屋町家を, 門構え厳めしく立っ, 隅田川へ, 類焼し, 飯塚薪左衛門という, 騒がしくなっ, 高燥の

▼ 屋敷から~ (295, 3.1%)

11 出て 5 一歩は 3 中間の, 人が, 引き揚げて, 棧橋まで

2 [13件] あまり遠く, お前を, 何んな, 出るはず, 呼出されて, 引き取った, 放り出された上, 暇を, 脱け, 追い出して, 通って, 遠くない, 頼まれたの

1 [241件] あがった献上, お使, お南, お拂箱, お松の, お蝶, お鷹地, ここへ, ここまで, ここ迄, こちらの, こっそり抜け, この府中, これを, すぐに, その小石川, ちっとも眼, ちょいと, ちょうどお客, でございましょう, でございます, にげだしたの, にげだした透明人間, のがれて, のがれ出たとき, ひょいと体, ほこりも, ほんの手近, また其の, まる見え, みな妻子眷族を, もどって, わが宿, わが輩の, わざわざ同心, チラチラと, フォルス監獄へ, 一人で, 一人も, 一時旅費の, 三四丁を, 上野までの, 下る二年前, 不意に, 二百五十両を, 人でも, 人数が, 人数を, 仁平が, 今見えた, 他に, 仲間足軽を, 伊藤の, 何かの, 余り遠く, 余一郎が, 使が, 來た, 信州の, 内々の, 内々音信でも, 内密の, 円塚山で, 出さなければ, 出して, 出すの, 出たに, 出た怪し, 出た様子, 出た物, 出ましたお, 出ましたもの, 出ました品, 出ること, 出る筈, 出入りの, 出奔した, 出張ったもの, 助勢に, 助太刀に, 北へ, 十円秋山大尉の, 半年でも, 南北兩町奉行所まで, 参った者, 参りました, 参りましたという, 取りよせるつもり, 受け取った以上, 受取ったもの, 吉祥寺の, 和泉橋の, 品川に, 品川へ, 国おも, 外へ, 夜逃げ同様に, 大きな重箱, 大よそ目, 大川を, 天国の, 失われて, 奥様が, 始めて, 宋江の, 小石川の, 少し來, 少し離れた, 屆いた, 届いたお菓子, 届けて, 屋敷へと, 屹度屹度す, 幕府お金蔵の, 幾日かの, 広間書院錠口より, 引き上げたこと, 引返して, 必ず二三羽, 急いで, 或る, 戴いた西洋, 戻って, 戻つて來, 手を, 抱車で, 拉致された, 拝領の, 持ち出して, 持ち出しトラック, 持出された様子, 持出されちゃ, 持出されちや, 提重を, 故あっ, 救いだして, 新しくこしらえ, 日本橋まで, 早駕籠, 暴風報らせ, 有野村の, 木曾街道経由で, 本人を, 来た, 来たが, 来たので, 来て, 東北は, 東南の, 東海道に, 横町までの, 橋は, 正気も, 歩いて, 歸つて來る, 殆ん, 殴られる理由, 毎晩女の, 池袋まで, 河向うの, 泄れ, 注文の, 洞白の, 洩れたの, 消えました, 火の手を, 火を, 火事が, 猿若, 現われた二人, 生きて, 町つづき, 町奉行所へ, 町家に, 病院へ, 盗った千両箱, 盗み出した贓品, 盗み取った品, 盗んだ品, 盗んで, 盜つた千兩箱と, 盜み取, 盜んだ, 目の玉を, 眺めて, 眼と, 私は, 程近い, 程遠からぬ, 立ち出でた, 立ち去られて, 立派に, 縄付を, 繩付を, 聞き込んで, 脱出したい, 自分の, 艶ツぽい, 花の, 蛮語に関する, 行ける所, 行方知れず, 表向きに, 見えたん, 見えなくなったこと, 親元へ, 解き放たれた日, 解放され, 誘い出して, 諸越, 警備に, 豊島園まで, 買って, 貸して, 質子の, 贋物を, 走り出なければ, 身を, 迎いの, 迎いを, 迎えの, 追ン, 逃げだせといった, 逃げて, 逃げ出したこと, 逃げ出したの, 逃げ出し姿, 逃げ出そうと, 逃亡し, 通知によって, 遁走した, 道路を, 遠いので, 遠い巨木, 降りて, 難題が, 頂いて, 頂く野菜, 顔や, 駈けもどって, 龍之

▼ 屋敷~ (269, 2.9%)

2 ああいう, かのむす, ござります, 人を, 待って, 私は, 育ったの, 門の

1 [253件] あつた, あの源十郎, あぶねえところ, あらうか, いかにもた, いちど, いっしょに, いろんなやくざ, うつ惚, おりてから, お使いなさっ, お待ちのほどを, お手伝, お揃い, お暮し, お松に, お目見得以上と, お草履取, お酒, かのヨハン, かの瞽女節, こうむったところ, ここまでは, こんな騒ぎ, ごく簡単, ごぜえます, すだれ, すでに焼け死ぬ, すらも中位以下, する朝, すんでに, ずいぶん出世, せう表, その兵馬, その横手, その話, その間に, そんな栄華, たった一度, ちょっと紹介, でも, どうしても御存じ, どうもおだやか, どうも手前ども, どこまでも, どろどろに, どんなに心配, どんなに遲, どんなもの, どんな人, な, なかなか立派, ひらかれると, まず第, もう次, もつてね, やったこと, やり初めたやう, ようございました, よく聞いた, グルリと, 一度や, 一月一杯居りました, 一組売った, 一軒きりだ, 七兵衛所有に, 三日三晩にわたって, 下宿屋などの, 下手に, 下郎にでも, 与力笹野新三郎の, 世間馴れた, 主人公が, 五十両の, 井戸の, 人に, 人減し, 今の, 今日も, 今頃は, 代官松の, 仲間たちが, 休息する, 会ってから, 伺いましたので, 何か, 何を, 何んとかいふ, 使う唐草瓦, 保管し, 信心の, 俺は, 儲けるからねえ, 兄上が, 先頃から, 切支丹族の, 到頭人死, 剣怪左膳を, 勝手に, 勿体らしく贋物, 南条力を, 原田甲斐が, 叔父は, 取ったという, 取られたと, 口紅を, 吉良様は, 同じく仕舞, 品物を, 唐通詞の, 嘉門を, 囲の, 囲まれて, 固くお, 国元の, 地方長官の, 執行され, 堂上公卿たちと, 場末には, 塀の, 夜桜どころの, 大きなくり, 大入道の, 奉公人も, 奪い取った二つ目, 女中が, 女中二人だけとは, 婚礼を, 嫌な, 宵に, 家賃は, 尋常に, 小者たちから, 山県紋也と, 左は, 左門によって, 幾らかの, 広重が, 庭に, 弓弦が, 強飯の, 当夏虫干, 彼が, 彼は, 彼是いやアしない, 待たされた, 御両親様, 御奉公, 御老女様, 御酒でも, 御隠居さま, 御馳走でも, 悲惨な, 成長した, 我々の, 手ご, 手に, 払て, 拝見した, 斬り殺された者, 明日から, 昨今義貞も, 暮して, 暮らして, 最期の, 月見の, 月謝を, 朝に, 本藩の, 松蔭の, 柱も, 桃, 樹を, 歌留多の, 歩くと, 死んだ者, 殆ど気, 殺されたもの, 殿様の, 殿様は, 江戸家老とか, 池が, 流しの, 海鼠壁が, 涼みを, 渡すという, 演じた頭脳的失態, 演奏会が, 澄江の, 火事が, 火事に, 生れたの, 用人その他の, 申分なし, 町屋は, 直接の, 神尾主膳が, 神尾主膳の, 神尾主膳は, 私の, 稽古を, 立派な, 笹野の, 紋也や, 紙帳の, 細井と, 結構よ, 縛り首に, 聞きましたが, 聞こう, 聞こえたん, 育て, 腰元が, 腰元奉公を, 膝ぐみで, 臣下に, 與力笹野新三郎の, 若い乳母たち, 葬儀を, 葬式を, 行くたびごと, 行先が, 裏宿の, 見たり, 見つけて, 親子三人の, 角右衛門や, 試し物が, 調べた熊井熊五郎, 貰た, 賄の, 起つた, 軒並嘗めた, 軒並甞めた, 通って, 逢ったと, 野良犬と, 長刀の, 長屋にも, 門を, 門内には, 門前に, 開くと, 隠居の, 雑用に, 静かな, 預かって, 頼んで, 飼って, 飼馬の, 養って, 鮨屋でも, 鳥を

▼ 屋敷~ (211, 2.2%)

6 に住ん 5 にある, の者 3 のこと, の井戸, の様子 2 にいた, に移させる, に移し, に高く, の方, の瀦水, の納屋, の道場, へも呼び入れられ

1 [168件] からで, から一足, から主, から火の手, がいよいよ, が廣, が整然と, が騒がしかっ, だから, であって, である, でいや, でさえ西郷どん, でしたよ, ですら, でね, での行事, では上下, では思う, では旗本, では話す, では議論, でも一つ屋根, でも其方, でも羽振り, で何, で大, で宝石, で待っ, で詰腹, で遠慮勝, で馬, と来たら, などであろう, にあっ, にあった, にいる, にいろは番号, にお, にさよう, にて怜悧, にて菜大根, にはいり込んだ, にはまだ, には女, には幾カ所, には幾棟, にも彼, に一本以上, に一種, に二つ, に住む, に住んでる, に係り合い, に入れなかつた, に勧請, に国, に在る, に大きい, に妾, に実りました, に小さい, に居る, に引入れ, に忍ん, に急, に怪しい, に朝顔, に来かかりました, に桜, に植ゑる木, に歐羅巴風, に潜ん, に潜伏, に知る, に祭っ, に移さう, に移そう, に突然, に竹林, に繼, に罪, に羅列, に群鶏, に草一本, に親子兄弟, に起った, に起臥, に送り込まれた, に這入り込む, に限られ, に隠れ, に馬場, のあらゆる, のありとあらゆる, のどこ, のひろい, の一角, の下役, の井, の人々, の便所, の備え, の儀, の出来事, の北隅, の奥まった, の峰丹波一味, の掃除, の数多い, の旧, の森, の植木, の気受け, の水天宮, の牢屋, の物, の白洲, の皆, の石神堂, の神たち, の稲荷, の自分, の茶席, の藩士, の長屋, の雪室, の食料, の馬場, はすでに, はなぜ, はひっそり, は丸山邸内, は寝静まっ, は静か, へあまりやすやす, へお, へどうして, へ乱入, へ入っ, へ入り込もう, へ入るべからず, へ入れん, へ口実, へ姿, へ寄っ, へ忍び込ん, へ忍び込んだ, へ棄て, へ自由, へ這入る, へ運びこむつもり, もひどく, や親類じゅう, をくまなく調べ, をそこここ, を切, を回り見れ, を廻っ, を廻りまし, を歩い, を沢山, を清潔, を見, を見まわる, を見廻っ, 又は他所, 大きな泉水

▼ 屋敷~ (176, 1.9%)

7 の方 3 です, にある, の中, の小路 2 のなか, のよう, の塀, の闇, や新, を得意, を抜け, を歩い, を通っ

1 [139件] いづこの, がつづい, が参差, が直角, が見える, じゃねえ, だから, だった, である二番町, でしたが, でその, でない方, ではいくら, ではなく, でもある, でも往来, でコンクリート, で勝伯爵, で危難, で娘たち, で川, で店駕籠, で得意, で春, で昼, で殊に, で近所, で電灯, という屋敷町, といったの, として開かれた, などであんな, などの階級, などは泥濘, なので, にあった, にさしかかっ, にさしかかります, にし, にしかも, にちらほら, にては味, になっ, になる, にはなん, には全く, には情景, には赤とんぼ, にむかし, に住む, に出た, に取, に在る, に大きな, に折れ, に春, に時, に深井, に過ぎない, に限っ, に響いた, のうち, のこと, のもう, の一つ, の一隅, の中庭, の人々, の人目, の入口, の単純, の土塀, の垣根, の塀外, の夫人連, の宵の口, の屋敷, の屋根, の往来, の往還, の暗夜, の朝, の木立, の武者窓, の火事, の片側通り, の真中辺, の私, の素人屋, の裏, の角, の通り, の道, の道傍, の門, の門前, の閑寂, はさ, はみな, は人っ子一人, は更ける, は東京, は灯, は私, は落葉, へとテクテク, へはいった, へはいる, へ入ったらしかった, もあっ, もさみしかっ, や町外れ, をあるい, をうねり, をぐる, をぐるぐる, をさっき, をただ, をたどっ, をどこ, をまわった, をグルグル, をホツキ, を出る, を割りあて, を半分, を売り歩いた, を安全地帯, を幾度, を彷徨, を歩いた, を流星, を灰色, を真直, を西, を見通した, を通つて四つ角, を雨, 最先

▼ 屋敷~ (173, 1.8%)

6 いえば 5 いっても 3 いうと, ご用地, なって, 呼ばれて 2 いって, なる, 云って, 云ふ, 垣一つ隔てた, 申すもの, 町家だ, 隔てた長い

1 [134件] いいその, いいたいくらい, いい平素, いうから, いうだけの, いうに, いうには, いってね, いふと, いわずお, いわるる家, いわれたこの, いわれた家, いわれた広い, いわれるよう, うわさされる, おなじ構え, おんなじだ, きた日, この家, さらに二棟, して, すると, それの, たずねられては, なりますと, なること, なるとは, なればね, みんなが, よび内部, よぶよりは, よぶ所, 一學の, 一緒に, 下男の, 並び合い板垣駿河守, 並んで, 主婦とが, 云いふらされて, 云い出して, 云うは, 云う客, 云う小説, 云う者, 云っても, 云ひ馴らした, 云処も, 人は, 仰しゃるのは, 仲好く, 伝馬町の, 似たり, 八幡山との, 反対の, 同じ小路, 名の, 向かい合い内藤修理亮, 向かい合ったバリエール・デ・ゴブラン街, 吾妻橋と, 呼ばれいつ, 呼ばれるこの, 呼ばれる遺蹟, 呼ぶよう, 呼ぶ方, 呼んで, 唱えら, 変死人見世物は, 奉って, 安楽寺という, 家伝製薬の, 寛永寺の, 寺と, 寺の, 屋敷の, 山県邸と, 広い土地, 庭そつくりで, 庭とを, 庭の, 思いますが, 恐ろしい貧乏, 戸田兵部の, 新聞を, 旗本屋敷ばかり, 村の, 来ちゃあ, 染井稲荷との, 極まった, 田舎に, 申しました, 申しまして, 申します屋敷, 町の, 町家と, 町家の, 町屋で, 畠地を, 盜まれた, 相対した, 知って, 神明の, 神社仏閣を, 私は, 称せられ病気, 続いて, 聞けば, 聽いた, 背中合わせに, 船蔵が, 落雲館の, 裏合せに, 見え数寄, 覚られまいため, 言えば, 言ったが, 言つた, 言ふ, 言合える, 評判の, 豐島町寄りにな, 財産が, 財産に, 輪王寺公澄法親王の, 道場と, 違って, 違ってね, 鄰接し, 附近の, 須田村の, 食うに, 首尾の, 馬場屋敷の, 馬場屋敷二つの

▼ 屋敷には~ (142, 1.5%)

4 いって, 響く物音 3 大勢の 2 主人の, 安達さんという, 手を, 昼間でも, 桃華文庫と, 樫の, 百坪ほどの, 立派な, 若い侍

1 [113件] いたたまれないよう, いつもの, いつも多数, いない時刻, いねえん, いられないから, いるの, いろ, いろいろな, おあつらえ, お上の, お通, かきや, かぎらない町家, きちがいが, きっとむくむくした, この数年前, この頃, ございません, そのじぶん, その屋敷, その後別に, それぞれに, それを, たくさんの, ただいま何人, ちと憚, ついさっき, どうかする, どうしてもいられません, どうしてもゐられません, まだお, まだまだ大きな, まだ竹屋三位, まだ雨中剣刃, もうひとつ, やはりもと, わずかな, ゐられないから, ゐられませんから, モルヒネが, ヤリウス様の, 一人も, 一昨夜から, 一種の, 不審は, 中間二人を, 主人夫婦や, 五代まえ, 人並秀れた, 人間一人いない, 今では, 伝蔵の, 伺ったが, 何匹いる, 何者が, 係り合いの, 儒者ふうを, 先住が, 六人の, 内通者が, 凄いお, 別に, 厳重な, 土俵が, 堂々たる門, 多少残っ, 大変化が, 奥も, 家の, 家族の, 小池という, 居られない外, 居らん, 居らんと, 幽霊の, 彼と, 往々そんな, 御宝蔵, 御寶藏, 御座いません, 志保の, 怪談が, 慶長元和太閤伝来の, 昔から, 時々に, 暗澹として, 有り過ぎるほど, 此頃怪しい, 武具や, 物音も, 狩野探, 玄性寺寄りに, 生き埋めの, 留守居という, 皎, 相違ありません, 相違ない, 相違なかろ, 矢張り何んか, 竹屋三位様が, 肥後七左衛門南部弥八など, 腕に, 腰元も, 色んな雜草, 草が, 落とし穴が, 見知らぬ者ども, 見覚えが, 豪勢強い, 足を, 長藩以外, 頼母の

▼ 屋敷~ (109, 1.2%)

2 ない, 人手に, 大事には

1 [103件] ああした, あたりを, あったはず, あらゆる権勢, あり, ありあまるほどの, あり人家, あり何事, あり身寄り一族, ある, あるし, あるとか, いちど洗っ, ことごとく焼き崩し, このごろは, この日, この秋, ございます, ご近所, さすがに, さること, そこの, そのうち, それ等の, そんなに遠く, どうなっ, どこだ, なかった, なくな, なくまた, なくまるで, ひっそりと, また案じ, めざされて, よくねえ, 一軒も, 両芝居, 今度焼け, 今日かぎりお移りと, 以前は, 何にも, 何も, 倉, 光り輝き唖然, 全焼し, 出たッ, 出來, 原さんの, 原因を, 取られちや, 召上げられ, 商品も, 土塀は, 在って, 売らないですみました, 売らないと, 変りは, 多い, 多かった, 大名の, 太りました, 娘に, 寺も, 小川町の, 幾世紀かの, 度々の, 廣いのです, 建てこんで, 御大藩, 御覧の, 怪しく思われる, 所詮潰れる, 持つて, 数多く有せ, 新築する, 旧家で, 星と, 時々植木屋, 時代時代によって, 暇を, 松吉の, 沢山ありました, 潰れて, 潰れる, 無くなり寺, 無慈悲な, 焼かれて, 田も, 田畑も, 異常は, 目に, 眼の, 腰の, 自分の, 見とおすこと, 評判の, 身寄りも, 軒なみ焼け, 軽部も, 金作という, 門構えで, 開放し, 高さ五

▼ 屋敷では~ (92, 1.0%)

2 外へ, 昔から, 都合が

1 [86件] あのあと家中一同, ありませんか, あるが, あるけれども, お砂糖, この, このごろずいぶん, このごろ召抱えた, この三つ, この槍, この馳走, ござらぬか, せっかくお, その出先, その夜, その女, その晩, その本職, それこそ, つい人目, どこでも, ないか, なかった, なく主人, なぜ彼, まず従来, みな, もちろん相当, ケンペルは, 丁度八月, 丹下左膳が, 主人の, 二日前に, 五六軒寄っ, 今夜が, 仲光と, 何一つ話が, 何十人の, 侍の, 北隣は, 国詞を, 大きな声, 天晴れ神尾主膳の, 奥さまの, 娘師邯鄲師源氏追い, 孫の, 安芸の, 家士しもべの, 家来が, 宿下りは, 工合が, 幽霊が, 強飯を, 御心配, 御老女様, 必ず賊, 新お代官, 昼餐は, 桃の, 槍を, 武家も, 殆ど一種の, 殿様を, 浅五郎, 清水の, 滝尾という, 火事早い, 町家の, 相解り兼ねる, 草双紙の, 草雙紙の, 藩中の, 親子兄弟が, 誰あっ, 誰と, 赤の飯を, 軒の, 逗留仕事を, 遊里に, 重なる騷ぎ, 金太郎様が, 金太郎樣が, 門を, 降って, 飼わんぞ, 鼠で

▼ 屋敷~ (77, 0.8%)

543 ということ 2 と, といっ, と思っ

1 [59件] え, からおおかた, からお客様, からどこ, からまだ, から僕ら, から困る, から常, から落着ける, から誰, か判らなくなっ, か知ってる, か見当, が, がこれ, がその, これだけの, し徳川, ぜ, ぜこれ, そうだ, そうでござる, そう無茶, そこを, っけウン, つた, つたとか, つたな, というん, という地所, という家, という推量, という評判, とかお化け, とか承わりました, とする, との人, とよく, とわかります, と思ってた, と聞かされた, と言っ, と言った, と雪達磨, どう思っ, などと云われた, ね, ねえ, ねえそう, の, のに, のに一向, のに人, よ錢形, わい, ア, アーッ, アーッ化け物屋敷だ, 躑躅ヶ崎の

▼ 屋敷~ (69, 0.7%)

3 のよう 2 だそう

1 [64件] あるいは庭園, か, から茶わん, が彼, が眼, だか, だと, であつ, であると, で庭, で村, というところ, という名, といふこと, とかで, とか庭園, と解せられぬ, にすら漸, には代官屋敷, には古い, には名高い, には裏手, にやつ, に今, に創設, に小さい, に建てた, に思い出した, に近く, に集った, の一部, の光景, の分譲地, の前, の名残, の屯所, の松坂町, の松山, の様子, の石, の石垣, の間, は, はありませんでしょう, はすっかり, はどちら, はタタリ, は一, は今, は矢張隣家, へは道程, へ入る, へ出, へ引, へ目, へ行つて, もあり, もいま, も今, も新免氏, らしい大きな, らしい空地, をみ, を買い求め

▼ 屋敷奉公~ (66, 0.7%)

13 をし 4 をした 2 して, せし叔母, に上がっ, に出る, は出来ない, をしたい, をする

1 [35件] が縁, させて, したから, では前借, でもし, といっ, なん, にあがっ, にあがった, にだんだん, にやった, にゆく, に上げ, に出, に出した, に出す, に出れ, に出歩いた, に慣れた, に江戸, に肩, に過ごし, のお, のもの, の伝手, の口, も我慢, をすりゃ, をやめ, をやめた, を嫌, を承知, を棄て, 致して, 致せる者

▼ 屋敷まで~ (63, 0.7%)

2 人手に, 引いて, 送って, 連れて

1 [55件] おまえに, お供, お出開帳, お足労, そっと走っ, そっと運ん, つけて, とどけて, はよう引っ担い, ひきかえしまた, ひた走りに, 不殘賣拂, 伺うこと, 使いに, 出かけること, 出るつもり, 出向いて, 参り川上様, 參り, 取りに, 同道し, 引上げた, 忍んで, 急げと, 抵当には, 担保に, 改めて出直し, 来た時, 来ちゃ, 来るが, 案内いたそう, 案内し, 歩いて, 歩き, 真ッ直ぐ, 知って, 知らせに, 聞えそう, 荒して, 行きました, 行ったもの, 行って, 行つ, 行つて見よう, 見えられるよう, 見送っては, 護衛し, 送らせたの, 送らせて, 送り届けた, 逃げて, 金田一氏を, 馬を, 駈けて, 鳴り響くよう

▼ 屋敷という~ (55, 0.6%)

15 のは 6 のが 2 うわさが, 空家を

1 [30件] うわさの, ことであります, この一画, この境地, それへ, のであった, のへ, のも, のを, ものが, ものは, ものも, んだ, 一軒の, 二上屋の, 仇名の, 別世間, 名が, 名で, 名に, 名前で, 名前を, 四角に, 巌窟あり, 怪談の, 所に, 文字も, 特殊の, 男の, 評判で

▼ 屋敷~ (48, 0.5%)

10 の者 6 の人々 3 の者ども 2 の物

1 [27件] ぐるりと, でも親孝行, で一番, で知らない, で見, で見張っ, にあっ, にパッ, に不心得, に立ち別れた, に立派, のもの, のヒソヒソ, の人, の別, の噂, の小者, の梨, の疑い, の評判, の評判者, の騷ぎになつたが, を, を一, を狩り立てました, を駈けめぐっ, 探がす

▼ 屋敷~ (46, 0.5%)

2 旗本屋敷に, 町家の

1 [42件] お寺方の, この湯島, その美しい, でなければ豪家, なつかしい江戸, なんかに, 一つの, 佐久間町の, 何か, 前庭を, 化け物話を, 古い石垣, 商人店を, 土蔵の, 地所の, 大斜面, 大町人, 奉行所公方様の, 家財一切を, 寺の, 寺や, 小さい御家人, 川や, 廃墟壊屋に, 役所の, 旗下の, 旗下屋敷が, 旗本屋敷で, 旗本屋敷などが, 旗本屋敷の, 旗本屋敷へも, 武家屋敷なぞに, 町家へは, 町家を, 町屋からも, 町屋へ, 真鶴の, 花園の, 若干の, 藪ばかりが, 陣屋役宅などが, 館へ

▼ 屋敷でも~ (37, 0.4%)

1 [37件] あぶら引き, あろうか, えらい評判, おどろきました, おどろきましたが, お多聞, この不思議, この春, すぐに, すこし大きな, そういうところ, その出入, どこに, なし江戸, なんでも, またキャバレー, マダし, 不淨門, 今夜は, 代金を以て, 初めから, 大抵知っ, 奥さまと, 奥方を, 女手を, 幸内さんの, 建てて, 挨拶に, 捨て, 用いるかな, 素町人どもの, 軍用金は, 迎い火を, 迷惑に, 門を, 隣でも, 驚きません

▼ 屋敷へも~ (37, 0.4%)

3 出入りを 2 仇を, 出入りし, 寄って

1 [28件] いいえいいえそれどころ, お出入り, かえらずそのまま, きこえて, ここへ, 一応ことわった, 中川修理太夫様の, 出ませんでしたが, 出入りする, 参りよく, 姿を, 寮へも, 帰らねえから, 懇望したい, 戻らなかった, 時どき出入り, 来たこと, 水野豊後守様の, 決して迷惑, 牧野遠江守様の, 移るかも, 立寄られない, 行った, 行って, 言訳が, 鉄棒で, 顏を, 顔出しに

▼ 屋敷うち~ (33, 0.3%)

2 にある

1 [31件] か, からは姿, がシイン, では眼ひき袖引き, でも口, で看経, なので, ならともかく, にちゃんと, には違い, にも遙, に例, に児太郎, に居すわり, に影, に忍び入っ, に林, に流れる, に誰袖源七, に谺, に通じ, の催し, の離れ, は上, へなだれ込ん, へ埋めた, へ足, へ飛び込ん, より外, をあちらこちら, をぶらつい

▼ 屋敷~ (32, 0.3%)

3 の女中 2 の人々, の内輪, の御, の案内

1 [21件] があの, じゃございません, でも滅多, で默つて, にては暑中, にはどこ, には屋敷言葉, に出入り, のお, の中, の内神樣, の得意さき, の用事, の脱走者, の詮議, の避難者, の離散, はいう, はむしろ, は格別, へも手広く

▼ 屋敷へは~ (31, 0.3%)

2 戻って

1 [29件] いつから, いるもの, ひと通り挨拶に, ほんの最近, 一度も, 今宵も, 今日はじめて, 住んだの, 兵隊が, 参りませんでした, 帰らないつもり, 帰らないで, 帰らねば, 帰りません, 帰るまいと, 帰れなかった, 帰れません, 戻らずゆくえ, 戻られない, 戻りませんあなた, 来て, 滅多に, 私も, 稽古に, 立ち寄らず駿河, 行けないの, 車を, 迂濶, 遊びに

▼ 屋敷~ (27, 0.3%)

2 だから, らしい男

1 [23件] か, が元日二日, だとよ, であると, では無い, で遊ばせ言葉, といえ, としか見えねえ, となる, とばらばら, などがわざわざ, なんぞがちっと, には一寸, の見識, はきらい, はほんとう, は忌, も楽, らしいから, らしい上品, らしい美人, らしい風俗, を好ん

▼ 屋敷~ (26, 0.3%)

3 のです, んだ 2 のかと, のだ, ので, のである, んです 1 のであった, のであろう, のでした, のでしょう, ので土塀, ので男, ので英田川, ので表門, のになんと, んでございます

▼ 屋敷~ (24, 0.3%)

2 とも町家風, の娘, の小娘, の門

1 [16件] さようし, でその, ではない, とを論ぜず, に, に反逆, に建てかえる, のお松, のキリリ, の上品, の品, の女, の家庭, の建物, の恭, の頭巾

▼ 屋敷です~ (23, 0.2%)

52 か, が身分

1 [14件] からこれ, から上品, から地面, から好き, から年々, から御, から門, がここ, がね, けれどもなんだか, って, とうしろから, もの, よ龜戸

▼ 屋敷からは~ (21, 0.2%)

4 稍坤によ

1 [17件] お帰り, すぐ下, ひとまたぎだし, 一人も, 与力笹野新三郎の, 人の, 人も, 人数の, 倉田大次郎という, 夜食の, 河一つ隔てた, 犬の, 相当の, 程遠からぬ, 稍坤に, 與力笹野新三郎の, 誰もが

▼ 屋敷じゅう~ (21, 0.2%)

3 の者

1 [18件] ざわめいて, ではおどろき騒い, にとん, にはほか, に跋扈, の人たち, の家捜し, の男ども, の者ども, の部屋, は慌てふためいた, をうろうろ, を各, を探しまわる, を見まわる, 探しても, 残らずの, 空いた部屋

▼ 屋敷~ (21, 0.2%)

5 から喰

1 [16件] が拡大, だから, とかも借財仕法立て, と畑一枚, ならば, にまで引き摺り廻された, のこと, の一つ, の一条, の広, の拝借, の方, は貢税, をもらった, を払下げ, を拝借

▼ 屋敷とは~ (18, 0.2%)

2 どこの

1 [16件] いいながら, いったい何, その間が, ちがって, ちょうど真向かい, つまり神尾主膳ら, どういう性質, まるで違っ, もう一つ家, 何だろう, 反対の, 深い関係, 見えなかったが, 違うので, 限りませんぜ, 黒鍬組の

▼ 屋敷にも~ (18, 0.2%)

2 次三男

1 [16件] あったもの, あります, あるまい, いつきませぬ, おりませぬ, かなり広い, しばし飼いおい, それ相当の, たくさんある, よりつかない, 出入り万歳という, 寄って, 行けば, 透明人間は, 関係が, 隠し道

▼ 屋敷である~ (17, 0.2%)

1 [17件] かどう, からには例, から上便所, から之, から伊平, か判らない, がそれ, が主人, ことが, ことなどは, ことは, ことや, ことを, だけに私, とか本所, と共にそこ, のに

▼ 屋敷~ (15, 0.2%)

1 [15件] あゝ此の間兼吉, ここは, さもなければ中, まだ突き留められません, 刑部屋敷は, 山県邸か, 怖ろ, 懇意な, 手品師の, 旗本屋敷ことに, 染井の, 柳沢家の, 畠の, 知らないが, 道理で

▼ 屋敷ばかり~ (15, 0.2%)

2 であった所

1 [13件] その中, である, では, で容易, で日, で突き当たりは, なり東洋, 並んで, 多い市, 広うても, 日は, 盗るもの, 盜る

▼ 屋敷あと~ (14, 0.1%)

1 [14件] だの大毛島, で刑, といわれる, なの, なん, には草, の土地, の大樹, の広い, は金箔付, へいく, を見る, 且つは, 乃至城あと

▼ 屋敷でございます~ (14, 0.1%)

421 か, かあれ, かそうして, から好い, こと, と, のお礼, わい

▼ 屋敷じゃ~ (10, 0.1%)

1 あるまいし, あるめ, ござんせんか, みんな追い追い, やれ血, アない, 大迷惑, 血が, 見たこと, 踏ん込んで

▼ 屋敷であった~ (10, 0.1%)

1 からである, がいかにも, がそこ, がその, が御大, とか, と思え, のです, のを, 時分の

▼ 屋敷勤め~ (10, 0.1%)

2 の昔 1 でも望むなら, にきょう, のわたくし共, の中小姓, の仲間, の腰元, の若党, の間

▼ 屋敷屋敷~ (10, 0.1%)

1 から花, が長屋町家, でその間, の垣, の恩人, の洩, の洩れ, の犬, の門, へは兵隊

▼ 屋敷だった~ (9, 0.1%)

1 からでもありましょう, そのころ, という学者, と只, と思った, と聞く, のだ, のを, んだ

▼ 屋敷廻り~ (9, 0.1%)

4 の地形 3 の石垣 1 の片づけ, を気

▼ 屋敷からの~ (8, 0.1%)

1 二梃の, 帰り銭形平次, 急使を, 手當として, 手紙で, 拜領の, 拝領の, 早飛脚が

▼ 屋敷さん~ (8, 0.1%)

2 のお嬢さん 1 かどういう, だえ, だっていう, だとかいう, だろうと, で殿様

▼ 屋敷などは~ (8, 0.1%)

2 どうでも 1 かけ離れても, たいして危険, ない, なんとも思っ, 生命を, 蹴落されさうな

▼ 屋敷などへ~ (8, 0.1%)

2 おいでなさる 1 お兄様, しげしげお, たとい私たち, ゆくの, 人目を, 行って

▼ 屋敷へと~ (8, 0.1%)

1 お駒, この騒動, すっとんで, たずねて, 人知れず罷り越した, 急いだ, 櫓韻を, 駈けつけました

▼ 屋敷小路~ (8, 0.1%)

1 から三軒目, で見た, などへなぜ, の往来, の荒廃離, を出, を急ぎ足, を通り

▼ 屋敷~ (8, 0.1%)

1 があった, があつ, に提灯, の下, の薄暗い, をくぐった, を後ろ楯, を見

▼ 屋敷その~ (7, 0.1%)

1 お隣が, ほかにも, 女煙術師の, 屋敷の, 玄関から, 真ん中で, 隣りも

▼ 屋敷であっ~ (7, 0.1%)

3 てその 1 てそれほど, てどの, て深夜, て覆面

▼ 屋敷との~ (7, 0.1%)

2 間に 1 ちょうど中間, ほかに, 境の, 間也, 関係を

▼ 屋敷より~ (7, 0.1%)

2 外へ 1 原因不明の, 成る一区域, 我らが, 掛合う故, 毎夜サラサラ

▼ 屋敷らしい~ (7, 0.1%)

1 がはてな, 構えの, 物靜かな, 狭い通り, 縁の, 邸内の, 鉄柵の

▼ 屋敷~ (7, 0.1%)

1 であったという, というの, にあつ, に開いた, の濠, はいま, へ行っ

▼ 屋敷~ (7, 0.1%)

2 の長屋 1 に平伏し, の人, へ出す, へ出る, を槍持六尺棒持

▼ 屋敷続き~ (7, 0.1%)

2 の畑 1 で少し, になっ, に住ん, の登り坂, の荒地

▼ 屋敷近い~ (7, 0.1%)

4 処へ 2 谷中まで 1 処にも

▼ 屋敷での~ (6, 0.1%)

1 こと, 一条を, 出来事, 女白浪との, 宴に, 暴女王お

▼ 屋敷とも~ (6, 0.1%)

1 いうべきもの, わきまえなく無断, 万歳を, 思わるるなか, 社とも, 見られる

▼ 屋敷なら~ (6, 0.1%)

1 ばその, もうじき, 二百両三百両じゃあ, 内でも, 真平御免, 麹町です

▼ 屋敷なる~ (6, 0.1%)

2 ものが 1 ものの危険, ものも, ゆえ主人島原藩主より, 水戸家へ

▼ 屋敷への~ (6, 0.1%)

1 出入も, 出入りなぞは, 出入を, 方向を, 疑いも, 警戒も

▼ 屋敷へまで~ (6, 0.1%)

2 お送りいたす 1 吹聴に, 招んで, 行って, 送って

▼ 屋敷ほど~ (6, 0.1%)

5 庭を 1 な構え

▼ 屋敷みたい~ (6, 0.1%)

2 だ, な家 1 なアパート, な煉瓦建て

▼ 屋敷~ (6, 0.1%)

2 とかいう 1 の小さな, の血, を荷車, を通る

▼ 屋敷育ち~ (6, 0.1%)

2 で頓 1 では有り, で可, の三つ指, の武家娘

▼ 屋敷近く~ (6, 0.1%)

1 で当時下宿代, には名, に火事, の往来中, へ参る, へ漕ぎつけ

▼ 屋敷あたり~ (5, 0.1%)

1 の噂, の者, の街裏, までかなり, まで密か

▼ 屋敷といふ~ (5, 0.1%)

1 のは, のを, ものの, ものは, 異名が

▼ 屋敷などが~ (5, 0.1%)

1 あって, まま利用, 出来人間ども, 整然として, 立並んで

▼ 屋敷などで~ (5, 0.1%)

1 つまらないこと, 大観音の, 気味の, 針など, 長屋門を

▼ 屋敷において~ (5, 0.1%)

1 これを, 五百人の, 月見の, 木刀立合いいたしました, 飯も

▼ 屋敷へでも~ (5, 0.1%)

1 ふみこんだ感じ, 出入りする, 来たよう, 誘拐された, 駆け込まなきゃあ

▼ 屋敷ほどの~ (5, 0.1%)

2 家と 1 男の, 豪勢な, 面積は

▼ 屋敷まわり~ (5, 0.1%)

1 などに人参, に手配り, の一定, の大きな, を兄

▼ 屋敷もち~ (5, 0.1%)

1 のエンゼル, の花つくり, の花づくり, の若い, は京見物

▼ 屋敷よりも~ (5, 0.1%)

4 もつと 1 もっと広大

▼ 屋敷一軒~ (5, 0.1%)

1 しかない, だけで, だけで食いとめた, だった, のため

▼ 屋敷全体~ (5, 0.1%)

1 がどうやら, に拡がつた, に関する私たち, のこと, を薄暗く

▼ 屋敷~ (5, 0.1%)

1 から戴, のよう, の御, は高台, へお

▼ 屋敷~ (5, 0.1%)

1 がぴったり, の大きな, の静か, はどの, は一夜

▼ 屋敷からも~ (4, 0.0%)

1 いくらでも引きだす, やがて不時, 仕事が, 大勢が

▼ 屋敷だの~ (4, 0.0%)

2 寺だ 1 大名の, 思わず足

▼ 屋敷として~ (4, 0.0%)

1 わる御家人旗本の, 住みたいと, 使う以外, 羅馬名所の

▼ 屋敷などには~ (4, 0.0%)

1 あったらしいから, ない不思議, 世間に, 往々こんな

▼ 屋敷につれ~ (4, 0.0%)

2 込まれて 1 込みその, 込み妾奉公

▼ 屋敷にでも~ (4, 0.0%)

1 いるよう, 住んで, 召し使うが, 行くとき

▼ 屋敷~ (4, 0.0%)

21 めの, めを

▼ 屋敷構え~ (4, 0.0%)

1 である, とちがう, に直し, はどう

▼ 屋敷~ (4, 0.0%)

1 あり, だと, でかなり, らしい開けた土地

▼ 屋敷そのもの~ (3, 0.0%)

1 が旗本, にも嘉門, はずいぶん

▼ 屋敷だけの~ (3, 0.0%)

1 土塀を, 大門を, 町で

▼ 屋敷てえ~ (3, 0.0%)

1 のが, のは, のを

▼ 屋敷など~ (3, 0.0%)

1 あぶないもの, すべてそのまま, 持って

▼ 屋敷における~ (3, 0.0%)

1 この待ち伏せ, ジャヴェルの, 或る

▼ 屋敷にて~ (3, 0.0%)

1 お好み, お客来, ここに

▼ 屋敷までは~ (3, 0.0%)

1 たった五六丁, とうてい逃げられまい, もう二

▼ 屋敷をも~ (3, 0.0%)

1 構えさせたのに, 領地をも, 驚かした

▼ 屋敷万歳~ (3, 0.0%)

1 がたくさん, の定宿, はめいめい

▼ 屋敷以外~ (3, 0.0%)

1 には身, のどこ, の地面

▼ 屋敷~ (3, 0.0%)

1 の事, を請取, 渡しその他

▼ 屋敷~ (3, 0.0%)

1 入りの, 同心の, 抱の

▼ 屋敷旗本屋敷~ (3, 0.0%)

2 の跡 1 そうでなけれ

▼ 屋敷替え~ (3, 0.0%)

1 という絶好, になっ, を親父

▼ 屋敷浮田中納言様~ (3, 0.0%)

1 の奥様, へお移り, 迄入らせ

▼ 屋敷~ (3, 0.0%)

1 としてゐた, との問答, の祠

▼ 屋敷~ (3, 0.0%)

1 から同じく, まで來, まで来る

▼ 屋敷長屋~ (3, 0.0%)

1 のペンキ塗り, の壁, の端

▼ 屋敷駕籠~ (3, 0.0%)

1 が二丁, なの, は板橋

▼ 屋敷かと~ (2, 0.0%)

1 思うの, 覚ゆる

▼ 屋敷こそ~ (2, 0.0%)

1 一ツ橋家の, 兵馬には

▼ 屋敷さま~ (2, 0.0%)

1 へお, 御伝来

▼ 屋敷~ (2, 0.0%)

1 ゃといいだしたのでござります, ゅうのどんなすみずみまでも調べた

▼ 屋敷すなわち~ (2, 0.0%)

1 上屋敷中屋敷下屋敷御用屋敷小屋敷百人組その他の, 寮の

▼ 屋敷そこ~ (2, 0.0%)

1 での企み, での恐ろしい

▼ 屋敷そのまま~ (2, 0.0%)

1 であった, の営所

▼ 屋敷それ~ (2, 0.0%)

1 は説明, は鼻

▼ 屋敷それから~ (2, 0.0%)

1 新大橋, 特に

▼ 屋敷だけ~ (2, 0.0%)

1 だと, では

▼ 屋敷だけで~ (2, 0.0%)

1 一番殴られるべき, 済んだらしい

▼ 屋敷だけでも~ (2, 0.0%)

1 何万坪とか, 大小およそ

▼ 屋敷だろう~ (2, 0.0%)

1 が, 殿様だ

▼ 屋敷つづき~ (2, 0.0%)

1 の暗い, の畑

▼ 屋敷であり~ (2, 0.0%)

1 ながら今, 今は

▼ 屋敷であるなら~ (2, 0.0%)

1 ばけふ, ばこん

▼ 屋敷でございましょう~ (2, 0.0%)

1 か, その阿波様

▼ 屋敷でなけれ~ (2, 0.0%)

2 ば成瀬屋

▼ 屋敷といった~ (2, 0.0%)

1 ところで, 風

▼ 屋敷とかへ~ (2, 0.0%)

1 奉公とやらへ, 手取り足取りし

▼ 屋敷とが~ (2, 0.0%)

1 待って, 背中合せに

▼ 屋敷とて~ (2, 0.0%)

1 別にわれわれ, 当然な

▼ 屋敷とでも~ (2, 0.0%)

1 いうの, いうもの

▼ 屋敷とやらは~ (2, 0.0%)

1 どこの, なんの

▼ 屋敷なぞ~ (2, 0.0%)

1 留守がちでございました, 維新前後より

▼ 屋敷などと~ (2, 0.0%)

1 いえば, 言い触らすこと

▼ 屋敷などという~ (2, 0.0%)

1 のか, 気味の

▼ 屋敷などに~ (2, 0.0%)

1 ある左右, ご上人様

▼ 屋敷などの~ (2, 0.0%)

1 伝説が, 声色を

▼ 屋敷などへも~ (2, 0.0%)

1 一緒に, 再三出かけ

▼ 屋敷などを~ (2, 0.0%)

1 借り受けたもの, 見おろした

▼ 屋敷なんか~ (2, 0.0%)

2 ない方

▼ 屋敷なんて~ (2, 0.0%)

1 そんなこと, 随分久し振り

▼ 屋敷について~ (2, 0.0%)

1 前に, 嫌な

▼ 屋敷に関して~ (2, 0.0%)

1 まだまだ残っ, よけいな

▼ 屋敷へさえ~ (2, 0.0%)

1 お連れ下され, もどれば

▼ 屋敷へなど~ (2, 0.0%)

1 お寄せ付けなされ, 二度と帰り

▼ 屋敷へばかり~ (2, 0.0%)

2 忍び込んで

▼ 屋敷~ (2, 0.0%)

1 はりなどに, んとる

▼ 屋敷めいた~ (2, 0.0%)

1 あき工場だ, 妙に

▼ 屋敷もの~ (2, 0.0%)

1 から町娘, が零落れ

▼ 屋敷をめぐって~ (2, 0.0%)

1 樹の, 険悪な

▼ 屋敷~ (2, 0.0%)

1 住ンデイタ日々病人迷人ソノホカ加持祈祷ヲ, 行ッテ家主ヘ

▼ 屋敷三十七武家~ (2, 0.0%)

2 には奉行衆

▼ 屋敷世間~ (2, 0.0%)

1 に聞こえる, の噂

▼ 屋敷仕え~ (2, 0.0%)

1 などは柄, のお

▼ 屋敷以来~ (2, 0.0%)

1 のこと, の事情

▼ 屋敷住まい~ (2, 0.0%)

1 をし, 高音という

▼ 屋敷住居~ (2, 0.0%)

1 から解放, を許さなくなった

▼ 屋敷先代~ (2, 0.0%)

2 の成瀬屋

▼ 屋敷~ (2, 0.0%)

1 番士が, 部落の

▼ 屋敷出入り~ (2, 0.0%)

1 の悪, の飛脚

▼ 屋敷向こう~ (2, 0.0%)

1 の増屋, の町

▼ 屋敷~ (2, 0.0%)

1 の蔭, の角

▼ 屋敷~ (2, 0.0%)

2 火消御

▼ 屋敷御用~ (2, 0.0%)

1 にも無, の声

▼ 屋敷~ (2, 0.0%)

1 が足りない, つけられるなんて

▼ 屋敷拝見~ (2, 0.0%)

1 いたしたくかつ, とか一宿一飯

▼ 屋敷拝領~ (2, 0.0%)

2 被仰

▼ 屋敷換え~ (2, 0.0%)

1 になっ, をし

▼ 屋敷~ (2, 0.0%)

1 になる, の沙汰

▼ 屋敷~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ 屋敷生活~ (2, 0.0%)

1 の躾, や武家階級

▼ 屋敷~ (2, 0.0%)

1 の方, を下り

▼ 屋敷~ (2, 0.0%)

1 一で, 五番に

▼ 屋敷自分~ (2, 0.0%)

1 の住家, の頭

▼ 屋敷~ (2, 0.0%)

2

▼ 屋敷言葉~ (2, 0.0%)

1 だよ, で鷹揚

▼ 屋敷~ (2, 0.0%)

1 却の, 立も

▼ 屋敷通り~ (2, 0.0%)

1 に来た, の塗町

▼ 屋敷~ (2, 0.0%)

1 だつた, に小さく

▼ 屋敷附近~ (2, 0.0%)

1 へ火, をうろつい

▼1* [271件]

屋敷あったを幼少, 屋敷あと城跡と言った, 屋敷あるひは, 屋敷あるいは休息屋敷とも, 屋敷いっぱいに物凄く, 屋敷うちの人にとびつい, 屋敷うち隅々消し忘れた灯, 屋敷引移申候段御, 屋敷おまけに悪, 屋敷かとばかり思って, 屋敷かなその気, 屋敷ぐらいな幅で, 屋敷ぐらいのもので, 屋敷ことに旗本屋敷の, 屋敷この大蔵ヶ谷はじめて, 屋敷これはとても, 屋敷こんな陰気臭いところ, 屋敷承知の, 屋敷さえ売り払って, 屋敷さてはお気に, 屋敷じゃあ賭場あらしを, 屋敷じゃがして, 屋敷じゅうひとりとして見ぬいた, 屋敷じゅう総立ちの轟き, 屋敷すじへもそっと, 屋敷ぜんたい異様に静まりかえっ, 屋敷そうでなければ, 屋敷そこでミリッと, 屋敷そっくりじゃ, 屋敷たる所以でありましょう, 屋敷だけをひと廻り, 屋敷だっ別府の, 屋敷だったら屋敷の, 屋敷だって思わなかったに, 屋敷だ切り込んだところで, 屋敷だ誤摩化し, 屋敷やない, 屋敷ってあるもの, 屋敷つづきであるのでどこ, 屋敷づとめをしていた頃と違っ, 屋敷であっただろうそれが, 屋敷であろうかそれとも, 屋敷でこそはなかった, 屋敷でございまして人間, 屋敷でござんすかそりゃ, 屋敷でさえあれば, 屋敷でしたが今, 屋敷でしょこんなお, 屋敷でないことが, 屋敷でなきア荒さない, 屋敷でなきゃア荒さない, 屋敷でなくて主人, 屋敷でなくなるわけさ, 屋敷でねえなんてぼやぼや, 屋敷というは全く無人, 屋敷とか八幡の, 屋敷とかいうのでしょう, 屋敷とかがある高麗村, 屋敷とかくに番町, 屋敷としては総てが, 屋敷とみえ棟が高い, 屋敷とみえ母屋は幾棟, 屋敷とやらで随分, 屋敷とやらにも必ず何, 屋敷とやらのことは, 屋敷とやらへ拙者を, 屋敷とを比較し, 屋敷どうでも怪しい, 屋敷どころの話, 屋敷なぞに見られる紋, 屋敷なぞには大した変化, 屋敷などでは絶対に, 屋敷などとは比較に, 屋敷などにも出入し, 屋敷などへはあまりお, 屋敷などもあった, 屋敷なら問わずとも斎藤家, 屋敷なりけりか, 屋敷なりともと望んで, 屋敷なんかと違って, 屋敷なんかよりその方, 屋敷なんぞもあるの, 屋敷なんぞを造らえる時, 屋敷なんど呼ばれて, 屋敷においてはずっと地位, 屋敷におきましては酒いただく, 屋敷についてのいろいろな, 屋敷にゃぜひ何, 屋敷によって毎朝その, 屋敷に対しては忠義を, 屋敷に関する反別年貢掟年貢なぞを, 屋敷あすこの, 屋敷のみにして, 屋敷はずれ曲ろうと, 屋敷ばかりがならんで, 屋敷ばかりの住宅地との, 屋敷ばかりはいよいよ四方, 屋敷ふうなの, 屋敷へすらゆかず使者, 屋敷へでござります, 屋敷へなんぞ何だって, 屋敷へまでは少しく距離, 屋敷まえへ取っ, 屋敷まえと知っての, 屋敷まちには炊ぎ, 屋敷までがこの穏, 屋敷までへは二町足らずの, 屋敷てえ, 屋敷えにも, 屋敷めいて聞こえ, 屋敷めぐりで穴埋め, 屋敷もね何だか不祥, 屋敷もろともオーカミイナリ, 屋敷もんだから, 屋敷やかたが目, 屋敷ゆえ黙っても, 屋敷ゆえ憚るの, 屋敷よりの早使より, 屋敷らしく天井は, 屋敷をずつと離れて, 屋敷ん中の隅, 屋敷ガ建ッテイタノデソノ一部ヲ残シテ, 屋敷ニ怪事有之右ニ付村内ハ, 屋敷一個が一両, 屋敷一帯は何事, 屋敷一方は寺社, 屋敷七不思議のその, 屋敷三田通りの一角, 屋敷三軒ほどの地所, 屋敷上段の間, 屋敷下名を童子田, 屋敷下屋敷ベッタリその, 屋敷中何處までも聽, 屋敷中誰一人知るもの, 屋敷丸山は中, 屋敷二つの屋敷, 屋敷と軽蔑, 屋敷の畑, 屋敷付近は適当, 屋敷以前女が殺された, 屋敷仲間でもなし, 屋敷伝通院の境内, 屋敷はどうしても, 屋敷ひに, 屋敷住いをし, 屋敷作りなので, 屋敷らしい着つけ, 屋敷傳通院の境内, 屋敷にいた, 屋敷へ届ける, 屋敷内の人になっ, 屋敷内他にある, 屋敷内高音と申す, 屋敷再建のため, 屋敷てえ, 屋敷出入の骨董屋, 屋敷は黒山, 屋敷勤務下級藩吏の二男, 屋敷即ち下屋敷が, 屋敷反別帳その他青山の家, 屋敷を出す, 屋敷名物の三人腰元, 屋敷周囲三里あるという, 屋敷唐通詞陳東海の宅, 屋敷地二畝六歩とを隣家, 屋敷地取りの方式, 屋敷地域の裏山一帯, 屋敷地辺りまでやって来た, 屋敷地面を買いつぶし, 屋敷埋蔵の溝, 屋敷堀楊は寒し, 屋敷の高, 屋敷傾斜面五百頭千頭もの放, 屋敷大奥の噂, 屋敷にひそか, 屋敷奧庭の祠, 屋敷で足袋, 屋敷始まって始めて, 屋敷姿は又, 屋敷宏大な宅地, 屋敷寺院町屋のすべて, 屋敷小判の匂い, 屋敷小屋敷百人組その他の組, 屋敷小町と評判, 屋敷の柿, 屋敷居住高音という女, 屋敷で顔, 屋敷左隣に僅か, 屋敷だの御所, 屋敷引きだ, 屋敷強盗団の知らせ, 屋敷従兄の信さん, 屋敷御上始め重役の銘々, 屋敷御座候間其宅を借, 屋敷御高恩を, 屋敷所在地の地名, 屋敷所蔵の詳細, 屋敷を命ずる, 屋敷払いに三日, 屋敷拝借御長屋, 屋敷拝領仕度奉内, 屋敷探険を強く, 屋敷摺れがしてる, 屋敷改めされるを, 屋敷改めて申しますと, 屋敷方奥向並長局金蔵等に忍入り, 屋敷曲輪のどこ, 屋敷最初の居留地, 屋敷朝顔屋敷とかくに, 屋敷から人, 屋敷にぐるり, 屋敷横法恩寺の川, 屋敷横自身番のところ, 屋敷に一二本, 屋敷浪人暮しなどの人, 屋敷深良屋敷と云っ, 屋敷無数の馬, 屋敷無頼なるテナルディエ, 屋敷片側は大川, 屋敷牛込の中山, 屋敷でご, 屋敷を殺しむくいし, 屋敷玄関先まで艶姿, 屋敷珠緒さんが寝室, 屋敷田圃の堤防, 屋敷甲賀家の門, 屋敷町区域はまったく, 屋敷町屋が潰れた, 屋敷留守居役便託としるし, 屋敷砲撃と相成った, 屋敷空家ではなかっ, 屋敷等火攻の謀, 屋敷きで少し, 屋敷續きの廣い林檎, 屋敷者相手と見え, 屋敷耕地の過半, 屋敷自身が馬鹿, 屋敷若くて切れ者, 屋敷荒れ寺を, 屋敷菊池半助, 屋敷菖蒲の寮, 屋敷行き下の半分, 屋敷裏手までまいる, 屋敷裏門をそのまま, 屋敷見たような, 屋敷見たいな家, 屋敷言って見れ, 屋敷言葉職人仲間には職人言葉, 屋敷り立並んで, 屋敷詮議するには, 屋敷に成りまし, 屋敷に遠く, 屋敷跡いまの有楽町駅あたり, 屋敷鑛毒水が, 屋敷近所の脇田さん, 屋敷近辺へ置かん, 屋敷通用門の潜り, 屋敷通過証ともいうべき, 屋敷野黒沢王滝などから北, 屋敷鈴川の家, 屋敷鈴川源十郎の離庵, 屋敷鈴川源十郎方ではあるじ源十郎, 屋敷ぬけろくろ首, 屋敷門前ヘ群集差止候ニ付屹度相守申可者也, 屋敷門番左五兵衛に頼む, 屋敷開かずの部屋, 屋敷闖入を決心, 屋敷に, 屋敷附属の圃場, 屋敷隠密組の宗家, 屋敷の百草園