青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「年頃~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

平等~ 平野~ ~年 年~ 年代~ 年寄~ 年月~ 年来~ 年生~ 年間~
年頃~
~年齢 年齢~ ~幸 幸~ ~幸い 幸い~ ~幸福 幸福~ ~幹 幹~

「年頃~」 1183, 13ppm, 8608位

▼ 年頃~ (399, 33.7%)

19 娘が 10 娘を 8 娘に, 娘の 6 女の 5 娘は 4 女に, 少女が, 男の 3 人は, 女が, 女を, 娘です, 男女が, 者は, 青年に

2 [28件] やうな, ドロシイが, 事であり, 人が, 兄が, 女で, 女には, 女の子には, 女は, 女房を, 妹の, 娘さんだ, 娘さんで, 娘さんと, 娘と, 娘も, 婦人を, 男の子に, 男女の, 紳士が, 美しい娘, 老いた女同士, 老人が, 者が, 者を, 芸者が, 青年が, 青年の

1 [254件] あまり違わない, あやしげ, あらゆる女, あんまり違わない, いかがわしい女, おとめに, お前に, お友達, お娘, お嬢さんが, お嬢さんとしての, お嬢様の, お持物, お方かと, お縫, お菊, お通, かういふこと, がまざつて賑かな, こと, ことじゃ, ことでした, ことです, ことと, さまざまの, しかし髪, しかも美貌, せいか, せいも, その家, その芳醇, ともがらが, ひとつの, ひとによって, まだ場所, むすめ, もの, ものが, ものの, ものばかり, ものを, ようで, ゴーリキイは, ハイカラ女である, フランスの, リキがは, 一人娘の, 三十七八歳かと, 下女は, 不良少女は, 中うとく, 中学生や, 事で, 事を, 二三人の, 人々には, 人で, 人の, 人間の, 人間は, 今に, 仲よしの, 伜を, 似た娘, 似寄つた小姑, 侍だ, 侍と, 信子の, 倅が, 倅を, 兵庫と, 動悸も, 卅近く, 友達だ, 友達なんて, 友達を, 古山お, 可愛い娘, 同じよう, 同輩に, 吾等の, 善太郎が, 大将や, 奉公人共は, 女それが, 女たちが, 女たちです, 女であります, 女といふ, 女の子が, 女の子と, 女の子に, 女の子の, 女の子は, 女も, 女もつ, 女子が, 女子の, 女子は, 女子を, 女性たちも, 女性に, 女房たちが, 女房の, 女生徒, 女達七千人の, 妓だ, 姪が, 娘かなんぞが, 娘さんから, 娘さんなどは, 娘さんまで, 娘さん令嬢奥さんそういう, 娘さん達は, 娘たちが, 娘たちと, 娘たちなどは, 娘たちに, 娘たちよりは, 娘たちを, 娘たち四五人連れで, 娘だ, 娘である, 娘でさえ, 娘でも, 娘とが, 娘との, 娘とは, 娘とも, 娘なら, 娘になんて, 娘ばかりの, 娘らし, 娘らしい, 娘らしいはにかみ, 娘らしく, 娘姿であっ, 娘達に, 娘達は, 婆やとでも, 子が, 子とは, 子どもを, 子を, 子供には, 子供ばかりで, 子供同じ, 学生が, 孫娘が, 家の, 家族と共に, 容色は, 宿願いつか叶へん, 小供, 小娘が, 小娘の, 少女に, 少女には, 少女の, 少年が, 少年だ, 少年と, 少年の, 少年ばかりが, 少年らは, 少年少女は, 従妹が, 御なつかし, 御鬱さ, 心中者, 志願に, 恋人, 息子に, 息子や, 患者と, 悦子の, 愚案と, 憂さを, 教育を, 春信が, 時分には, 未婚の, 未知の, 本意であった, 村の, 枉屈を, 次郎, 武士なら, 母親の, 氏真な, 氣の, 河邊亮太郎と, 派出や, 混血少年が, 溌刺たる, 片方よりは, 猟師で, 生命の, 生徒を, 生意気ざかりが, 生理や, 甥を, 男が, 男で, 男に, 男の子は, 男の子を, 男女銭を, 男子を, 男達に, 男達の, 異性である, 瘠我慢我に, 確り者, 私達は, 稚子, 経験から, 經驗に, 綺麗な, 老婆を, 考え方という, 者だった, 者で, 者であった, 者に, 者には, 自分自身の, 自意識の, 自然だった, 色の, 若い人, 若い女, 若い娘, 若い小, 若い男, 若い者, 若い親分, 若者にな, 若者らしく, 處女の, 蝋細工の, 見当は, 見當, 親子と, 詣で女は, 話し相手は, 身なる, 青年だ, 青年でも, 青年としては, 青年は, 青春の, 高島は, 麗々しさ

▼ 年頃~ (197, 16.7%)

33 なると 20 なって 8 なれば 7 なっても, なつた 5 なってから, 達した夫人 4 なるにつれて 3 しては, なった娘, なるに 2 ない安, なった, なったの, なつて, なりました, なるにつれ, なるまで, 成って

1 [83件] あったお, ある, あるの, かかる娘, かわる, しちゃあ, すぎないの, たけしい, とると, なったかと, なったが, なったこと, なったと, なったところ, なったどこ, なったな, なったなら必ず, なったので, なったよう, なったらば, なったら嫁, なったり, なった人間, なった彼女, なった時, なつたら, ならぬ中, ならぬ先, ならねば, なられましても, なりそろそろ, なります, なりもうこ, なり売物, なり義妹, なるでございましょう, なるや, なる少し, みな来, シヨペンハウエルを, 一生忘れ, 之を, 二十四五歳, 人々に, 今は, 他国へ, 似合いの, 似合うか, 停滞し, 及んだ処女, 受けた苦い, 国神まで, 多い, 多少の, 容赦なく, 岸本は, 徒歩で, 必要な, 成った, 成つた頃は, 成るから, 成る子, 早くも, 有勝, 有勝ち, 民間の, 畫壇の, 相当する, 私は, 至って, 芭蕉を, 見えた, 見えて, 見えるなら必ず, 賤しい, 近い弟, 逢った勝子, 達したばかり, 達したる者, 達して, 達しては, 達しながら, 達すれば

▼ 年頃~ (61, 5.2%)

2 二十一二で

1 [59件] うむなるほど, これ, そうさ, どうしても津田, ない, なんでも, はっきり分らない, ひどく老人, まだ七十, まだ十七, まだ盛ん, よくわからない, わけも, わたしの, 七十以上であろう, 三十を, 三十三四竜之, 三十二三という, 三十二三の, 三十二三服装は, 三十五六でしょう, 三十五六でも, 三十四五の, 中年である, 主じ, 争えませぬ, 二十一二と, 二十三四で, 二十五六, 二十五六であった, 二十五六の, 二十八九江戸にも, 二十前後で, 五十がらみで, 五十七八, 五十五六で, 十七八から, 十七八で, 十七八雪江さんと, 十八九かなり, 十八九番茶なら, 十六七であった, 四十か, 四十ぐれえで, 四十を, 四十二三であろう, 天才と, 市十郎より, 年長者から, 廿七八でも, 忘れたに, 持つ, 新聞紙上に, 漸う十六, 特殊な, 皆この, 若い, 誰でも, 雪の下に

▼ 年頃~ (53, 4.5%)

5 あつた 3 背は 2 可憐な

1 [43件] あの位, いて, お内儀さん, お銀様, この病気, さすが船稼業, しかもなかなか, しかも人生, それでも出来あひ, それは, そんなこと, そんなはず, どうして読まず知らず, まだ一人前, まだ孔明, むしろ背, もう一人, もう女, 一度愚図, 一番美人の, 世の中が, 亡くなった, 亡くなった園子, 京都名題の, 仕入, 何方が, 元から, 同じ位, 多羞, 妻も, 小柄ながらも, 当然の, 日曜日には, 無理じゃ, 父親の, 甚く, 知らない土地, 結婚する, 色の, 若々しさ, 血色が, 食うこツ, 鬢の

▼ 年頃~ (35, 3.0%)

2 よしお, 人相も, 似て, 顔かたちも

1 [27件] いいし, おつかつだった, お名, ここへ, その説, ちょうど兄, ほぼ想像, まだ四十七八, まったく知らない, まるで違っ, わからない, わたしとおつ, 丁度同じ, 世の中の, 何も, 劉備と, 十三四, 同じだし, 同じ位, 同じ娘, 孫策と, 容形も, 年頃人品, 弥三郎から, 恭一に, 机竜之, 面だまし

▼ 年頃~ (24, 2.0%)

2 からその, つたと

1 [20件] からこんな, からそろそろ, からな, から万次郎, から京都, から恋, から若い, がその, が鉄漿, こと, しお, ぜ, ということ, といっ, と云う, なあ, のう, ものよ, 少しは, 日本では

▼ 年頃から~ (22, 1.9%)

1 [22件] いっても, で精神, はじまって, 二十五年頃まで, 云えば, 云へば, 人相が, 人相まで, 人相を, 人相風俗なるたけ, 始まったもの, 家業を, 山が, 師範学校が, 年よりは, 朝鮮へも, 為氏, 私は, 私達より, 紅葉山人が, 結社を, 西洋人の

▼ 年頃では~ (22, 1.9%)

4 ない

1 [18件] ありこれ, あり双方, あり家内, あるが, あるとは, そういう階級, ないとしても, まあ無理, まだ早い, 全く遣りかねなかった, 恐らく誰, 浮世に, 病人とか, 真面目であれ, 真面目に, 細かに, 色々な, 遊びという

▼ 年頃にな~ (22, 1.9%)

5 つても 3 つてからは, つてゐた 2 つて音樂會が 1 つたなら, つた小さな, つてから, つてゐ, つて伜と, つて死んでしまつ, つて生成を, つて輝やく, つて遊びを

▼ 年頃~ (21, 1.8%)

2 いひ人, 推定され

1 [17件] いい人相, いい姜維, いって, おなじほど, そのくせ緊張, なった, なって, なりしかば, なるに, 云うもの, 思いますが, 思うが, 思ふが, 思われるのに, 考証され, 聽きました, 釣合わぬところ

▼ 年頃には~ (21, 1.8%)

2 やはり時流

1 [19件] あのぐらいに, あの子たち, えてして起りがち, そんなこと, たれでもが, とかく気, どこの, みな大きな, もうかなり, もう忘れられ, 二百戸に, 人に, 全く無くなっ, 小胆で, 年がら年じゅうあっちにも, 相応しくない, 表具師幸吉加賀の, 親の, 随分思いきった

▼ 年頃~ (19, 1.6%)

1 [19件] いつまで, お母さんの, かんがえると, こえて, すぎた妹, はずすと, 今すぎやうとして, 困る処, 引籠り, 思いめぐらして, 我儘三昧に, 日々の, 測ると, 糺すと, 見縊って, 詳しく訊い, 過したもうか, 過そうと, 選んでは

▼ 年頃~ (15, 1.3%)

3 んだ 2 のに私, んです 1 のだ, ので, のであっちこっち, のでございます, のです, のに堅く, のに相当, んでしょう

▼ 年頃~ (12, 1.0%)

2 人相が 1 さかいかう, まだうら若い, 人態まで, 人相などを, 人相や, 人相を, 人相風俗が, 服装などを, 着物や, 風俗について

▼ 年頃~ (11, 0.9%)

1 [11件] そうな, ちようど似たりよつ, 一ばん英語を, 似かよって, 似て, 同じくらい, 同様であれ, 年頃だけに, 彼の, 急に, 違って

▼ 年頃である~ (11, 0.9%)

1 [11件] お京さん, からその, から曇り, から自然双方, から舅姑, がおそらくは, が今, が才学, に拘わらず, のに外, 慧鶴は

▼ 年頃まで~ (10, 0.8%)

1 たッ, まだ生きながらえ, まったく無, 待て, 監督し, 自分に, 裸で, 過したの, 郷里では, 野田の

▼ 年頃だった~ (6, 0.5%)

1 から, からであろう, というわけ, と思う, ので脳, のを

▼ 年頃です~ (6, 0.5%)

1 からね, からねえどこ, がしかし, がひどい, が不思議, しむかし

▼ 年頃でも~ (6, 0.5%)

2 あるし 1 あるまい, あるまいし, なかった, 無いが

▼ 年頃であった~ (4, 0.3%)

1 からこの, から何, から彼女, から海綿

▼ 年頃じゃ~ (3, 0.3%)

1 でな, ないさ, 判りますまいが

▼ 年頃だけに~ (3, 0.3%)

1 充分可愛らしく, 文三も, 紅いもの

▼ 年頃なれ~ (3, 0.3%)

2 ばにや是 1 ばにやこれ

▼ 年頃らしい~ (3, 0.3%)

1 一人の, 女の子の, 魅力が

▼ 年頃三十二三~ (3, 0.3%)

1 ぐらいで, なる男, の抜ける

▼ 年頃十八九~ (3, 0.3%)

1 ぐらいの可愛らしい, になりましょう, の婦人

▼ 年頃近く~ (3, 0.3%)

1 なった娘, になり, までロアール地方

▼ 年頃~ (2, 0.2%)

1 教えに, 教えを

▼ 年頃だつた~ (2, 0.2%)

1 が, のでお座敷

▼ 年頃であり~ (2, 0.2%)

1 ながら何ぞ, 良人も

▼ 年頃でございます~ (2, 0.2%)

1 から, からもうそろそろ

▼ 年頃とが~ (2, 0.2%)

2 長吉を

▼ 年頃とて~ (2, 0.2%)

1 ついした, 前日も

▼ 年頃とも~ (2, 0.2%)

2 ならば

▼ 年頃なせし~ (2, 0.2%)

1 悪事の, 悪業の

▼ 年頃なる~ (2, 0.2%)

1 人々にて, 女の

▼ 年頃における~ (2, 0.2%)

1 春信風の, 鳥居清満の

▼ 年頃にも~ (2, 0.2%)

1 なって, なれば

▼ 年頃まだ~ (2, 0.2%)

1 三十に, 元服前の

▼ 年頃までは~ (2, 0.2%)

1 三人以上, 女の

▼ 年頃より~ (2, 0.2%)

1 ひそかに, 大乗院の

▼ 年頃三十位~ (2, 0.2%)

2 の大

▼ 年頃二十一二~ (2, 0.2%)

1 でございますが, にて色白

▼ 年頃二十七八~ (2, 0.2%)

1 にてかっきり, の小

▼ 年頃二十二三~ (2, 0.2%)

1 になる, の若い

▼ 年頃二十餘~ (2, 0.2%)

2 りの

▼ 年頃~ (2, 0.2%)

1 た時, てからは草刈

▼ 年頃~ (2, 0.2%)

1 に懸け, に掛け

▼ 年頃淮安~ (2, 0.2%)

2 に杜九如

▼1* [141件]

年頃いたづきける書深き, 年頃いひ捨て置きし句いづれ, 年頃うき世の, 年頃お前が恋し, 年頃かと思われる二十四五, 年頃かもしれない, 年頃恩を, 年頃や, 年頃じゃあなかった, 年頃そうして自己の, 年頃つきあひし, 年頃であろうが, 年頃でございました永寿庵という, 年頃でございましょうところが私, 年頃でなければ十分, 年頃とかでさまざま, 年頃として思い上がって, 年頃としては大出来, 年頃とは違って, 年頃ながら眼には, 年頃など私に, 年頃なども訊きただした, 年頃などを反問される, 年頃ならよおらども, 年頃なりしが真砂助, 年頃にかけての信長の, 年頃にても女子は, 年頃にでもなつたら, 年頃にゃそれを, 年頃によってこの気持, 年頃ふたたび御奉公, 年頃かけて, 年頃まえの小娘, 年頃までもほとんど同じ, 年頃をし, 年頃やらが山善の, 年頃ゆえの恥し, 年頃ゆえ双方とも心持, 年頃よりはいま少し, 年頃われ曹彼の金眸, 年頃ニハミンナヤメル時分ニ不届, 年頃一方ならぬ御, 年頃三十ばかりの男, 年頃三十がらみ風体から見, 年頃三十五六の口髭, 年頃三十八九に成る, 年頃三十前後の屈強, 年頃三十歳位の小綺麗, 年頃二十七八苦み走ッ, 年頃二十三四とも見ゆる, 年頃二十五歳より三十歳, 年頃二十余りの意気, 年頃二十六七の男, 年頃二十六七歳位運転手風の好男子, 年頃二十六七背高く肩, 年頃五十の上, 年頃五十五六ではある, 年頃五十位の背, 年頃の顔見世, 年頃人品もよし, 年頃人麿二十七歳ぐらいの作, 年頃でも憶え, 年頃今に我が腕一ツ, 年頃よき友達, 年頃の児童, 年頃が家一番町, 年頃作者の脳裏, 年頃來てんのに遣る, 年頃入籍いたしました, 年頃全廃し農業, 年頃六十以上の背, 年頃別而昵近に致し, 年頃の云, 年頃前後の子供三人, 年頃十代で若しくは, 年頃十八あまり頭には黄金, 年頃ばかりで, 年頃取りつたえて居た, 年頃受けし御恩, 年頃同じような, 年頃同宿の尼, 年頃取るか, 年頃善く母に, 年頃四十あまりと, 年頃四十二三はたしか, 年頃四十五六の人物, 年頃四十八九にもなろう, 年頃に何, 年頃外房州の海岸, 年頃契り深からず, 年頃好きなお客, 年頃定家四歳位のとき, 年頃頃という, 年頃尋ねた親の, 年頃尋ねる実の, 年頃廿六七にも成りましょう, 年頃の世話, 年頃従来の業, 年頃領分の, 年頃念仏の行者, 年頃思っていた, 年頃をし, 年頃恐らく二人とも, 年頃恰好の似通った, 年頃恰好着類所持の品, 年頃を掛, 年頃戦いを挑ん, 年頃込んだ板敷, 年頃指南した小太刀, 年頃数多の獣類, 年頃日頃憎しと, 年頃日頃片時はなる, 年頃をつかい馴れ, 年頃桂月様をお, 年頃此山中を経過, 年頃此辺にて殺生関白, 年頃毎朝いさ, 年頃波斯の王, 年頃泣き濡れては居ります, 年頃滔々として文明開化, 年頃物堅かりし金三, 年頃特有な気持, 年頃かりし叔父君, 年頃をかけた, 年頃相応に化粧, 年頃の境遇, 年頃る意恨, 年頃せられた, 年頃節倹の功, 年頃絶てなかりき, 年頃青ざめて, 年頃苦しみつる局部の, 年頃観潮楼歌会といわれる, 年頃諸所を巡り, 年頃近い本然の, 年頃遠野郷の昔, 年頃を過ごした, 年頃金眸が取り, 年頃には慣れ, 年頃風俗その説明, 年頃鳥居清重の作