青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「年間~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

平生~ 平等~ 平野~ ~年 年~ 年代~ 年寄~ 年月~ 年来~ 年生~
年間~
年頃~ ~年齢 年齢~ ~幸 幸~ ~幸い 幸い~ ~幸福 幸福~ ~幹

「年間~」 4388, 47ppm, 2462位

▼ 年間~ (973, 22.2%)

13 生活は 6 うちに, 歴史を, 私の 5 ことであった, ことを, 生活を, 自分の 4 ことだ, 生活の, 間に

3 [12件] ことである, ことは, 人間の, 出来事を, 出生の, 努力を, 増加は, 大部分, 日本の, 生活が, 生活に, 経験に

2 [74件] ある体, いろいろな, ことで, ことに, さまざまな, 一切の, 世田ヶ谷若林の, 世界の, 中項は, 主なる, 事であった, 事に, 五人組帳前書は, 人類社会の, 作品を, 修業を, 僕の, 出生死亡結婚の, 利息を, 前借百円也では, 労働は, 和歌の, 唯一の, 囹圄に, 増加が, 増加率を, 変遷の, 大半は, 大噴火, 大火いわゆる, 契約で, 嫂の, 平均は, 年月に, 年月も, 心血を, 思ひを, 恋を, 恋人との, 愛情をも, 或る, 政治的活動は, 教育貧窮の, 文化の, 日本に, 此市の, 歩みを, 歳月が, 歴史に, 歴史の, 歴史は, 死亡以上に, 母や, 渠の, 生活から, 田舎での, 短日月のみ, 研究は, 社会と, 社会の, 禁錮に, 秘めたる思い, 約束で, 経験から, 経験によって, 結婚は, 絵画については, 罪業過失の, 自然主義の, 苦しい努力, 辛苦を, 農村行事を, 進歩は, 長きにわたって

1 [726件 抜粋] あいだあなたは, あいだに, あげくの, あひ, あまりに安易, あらゆる意味, あらゆる社會主義的宣傳, あらゆる艱難, ある火事, ある秋, うちいずれが, うちには, うち一番良質の, お女郎, かわらざる友情, ことであっ, ことであったらしい, こと姑蘇即ち, この方面, この超過, この鳥籠, ごく大, その恋, その日, その標準的, それに, なじみ朝夕, はじめである, めざましい戦績, ものと, ように, アメリカでの, オールドルフの, ジークブルク居住中経済と, ソヴェト・プロレタリア作家の, デッサン生活において, ハンデキヤツプを, フェートン号事件以降オランダの, フランスの, フランス文壇の, ブルッセル時代は, プリマドンナ生活の, マホメット教徒の, ヨーロッパには, ロウソクは, ロシアにも, 一心の, 一生に, 上海での, 上野公園について, 下駄の, 不健康を, 不自然な, 世の, 世界史という, 中位人口と, 中学の, 中期頃には, 久しきに, 事で, 事である, 事は, 事をも, 事変である, 事実に, 事業と, 事蹟であった, 交戦状態に, 京都在住の, 京都府下だけの, 人だ, 人の, 人口実測は, 人口減少は, 人土佐派の, 人智の, 人物では, 人類文明の, 人馬徴発の, 仏蘭西滞在中ロンドン在留同胞有志の, 仕事に, 仕事は, 他の, 代表的美人春信によって, 任務を, 任期の, 休学期間も, 休學は, 休業を, 会社勤めは, 余産ん, 作だ, 作と, 作品が, 作品には, 作品行動に, 価値に, 修了試験に, 修行を, 俳句の, 健全な, 傷痕を, 傾向は, 允成の, 先生方の, 光栄ある, 入牢に, 入院の, 全損害, 全盛時代を, 共同生活の, 共棲を, 兵火に, 其処に, 冥想は, 出来ごとを, 出来事にも, 出生に, 出生及び, 刑務に, 初めの, 制度の, 刻に, 副産物に, 剰余分を, 創作は, 努力と, 努力という, 労作に, 労働によって, 勉強の, 動きは, 勞作である, 勞役によ, 勤めを, 勤労表彰みたいな, 勤勉と, 北条与党の, 半ばごろから, 印度人社會の, 収穫の, 叡山は, 古鐘, 各教育雑誌, 各時期, 同居生活は, 名人その, 名人位失格は, 名僧と, 名奉行, 哀れな, 品川風景を, 因縁が, 困難について, 土産と, 地代も, 地球物理学に関して, 地震の, 埃が, 境遇は, 増加を, 増加如何または, 士人と, 売捌高だけ, 変化を, 外国滞在中に, 外国雑誌は, 多産豊饒な, 夢であり, 夢の, 大便は, 大塩中斎という, 大学生活を, 大臣と, 大饗宴, 大高潮, 奉公に, 契約を, 奮鬪も, 女王としての, 好事家探偵小説作家が, 如きは, 娼妓の, 婦人大衆の, 子供芝居全盛時代を, 孤独から, 孤独は, 孤閨を, 学費は, 學校生活が, 安芸国佐伯郡観音寺村林小六所蔵文書弾右衛門支配下の, 実際の, 家内の, 家庭の, 家庭生活に, 家庭用領収簿の, 寄り道であった, 寄宿生活の, 寛容について, 封鎖された, 将門の, 小学校生活を, 小学校生活中に, 小諸生活は, 小麦の, 居城であった, 岩手噴火とに, 差すなわち, 巴里駐在を, 帝都であり, 常の, 常冬, 幕末演劇史を, 平和が, 平均たる, 平均で, 平均と, 平均に, 平均を, 平均価格は, 平均年超過は, 平均気温が, 平泉の, 年季奉公, 年月を, 延長が, 引退興行を, 役わりとしては, 彼の, 後に, 徒刑を, 御研究, 心労から, 心構えの, 必死の, 忙しさ, 思いと, 思いを, 思ひつめた恋, 思想上の, 怠慢と, 恐る可, 恐慌は, 恩義が, 悪行乱行が, 惨憺たる, 意味ある, 愛慾を, 憎しみや, 成果を, 成績は, 成行を, 我が運命, 戦いを, 戦争の, 戦争中に, 戦費として, 所謂開化期の, 抑制を, 拮据経営によりて, 探偵生活に, 推移が, 支那留學中可なり, 放浪の, 政事次第に, 教員生活で, 教育が, 教育は, 教育科あれ, 文壇の, 文壇及び, 文学の, 文学界を, 文筆生活の, 新しい改良意見, 新しい文学, 新吉原図あり, 新日本文学会員, 旅中の, 日本から, 日本における, 日本人の, 日記だけを, 日記を, 日食は, 昼の, 時代においては, 晶子さんは, 暗いみじめ, 暗中模索傷ましき, 書きもの, 書籍出版用紙割当は, 最もせつない, 最も雄弁, 月日に, 期間も, 期限で, 末に, 村長の, 東京を, 東京生活で, 東京生活に, 根岸に, 様々の, 櫛風沐雨で, 正直な, 歩みは, 歳月飲まず食わず, 歸省時代の, 民衆の, 水も, 永い辛苦, 江戸では, 江戸の, 決算を, 沈黙の, 波瀾を, 泰衡征伐までには, 洛内の, 活動にも, 流行は, 浅間山噴火を, 浮世絵は, 淋しい心持, 深い交わり, 混乱期に, 清水坂と, 溜飲を, 溝が, 滞在を, 漂泊を, 無駄な, 焼亡以前には, 父母の, 牢獄生活より, 牢獄生活を, 特に活発, 狂愚な, 猶予という, 獄中の, 獅子王の, 現象なり, 生かされて, 生命を, 生活で, 生活という, 生活及び, 田園生活奈何に, 田舎の, 留置場生活から, 留置場生活の, 異民族, 疲労が, 病人で, 病歴が, 病氣の, 病院生活にも, 療養生活の, 発達は, 登録洗礼数は, 百姓生活ほど, 目まぐるしい変転, 眠から, 眠りから, 瞑想と, 研究に際して, 研究の, 研究実験を, 研究訓練に, 研究集大成として, 硯友社及び, 確固たる地位, 社会主義社会建設の, 社会思想史の, 社會の, 祝慶日には, 禁慾生活である, 私が, 私共の, 秘密が, 稼ぎをも, 積る物語り, 空白を, 空白期間が, 精神力と, 精神感動息子の, 約束だ, 経費一千百十七万四千六百五十九円なり, 経験だけによって, 経験では, 経験により, 結婚生活によって, 結婚生活の, 統計が, 經濟機構の, 經驗に, 総復習, 総計の, 美味追求の, 義務教育で, 習慣である, 習慣の, 胸の, 腰弁生活に, 自分自身の, 自然詩集を, 自身と, 舞台を, 舞台生活は, 良心のか, 花々しい同棲生活, 苦しい経験, 苦しみが, 苦しみの, 苦しみは, 苦労が, 苦労でしょう, 苦学は, 苦心が, 苦心の, 苦悩時代を, 苦闘によって, 英国穀物市場における, 草取に, 著述の, 蓮月尼において, 蟄居生活が, 血の, 衆生の, 衰弱から, 補正を, 見かた, 見積の, 親しみを, 計画だ, 記事を, 記録に, 試煉を, 詩作品を, 詩生活である, 話です, 読書の, 課業を, 諏訪の, 諸経験, 謂わば, 講義は, 謝礼として, 豫定で, 負担を, 責苦の, 費用を, 購読券, 軍隊生活の, 辛苦が, 農業其他家の, 近附, 追放に, 通し矢は, 連続所有でなけれ, 進歩に, 遊蕩に, 過激攘夷決行派の, 過程との, 道境三昧の, 道徳の, 選集である, 遺習と, 郊外生活に, 部落内結婚数一万四千五百六十九件に, 都会生活に, 酸化の, 重要なる, 長いあいだ, 長い変遷, 長い歳月, 長旅という, 間ただ, 間の, 闘いを通じて, 闘争を, 降雪と, 雑誌を, 雪の, 静寂と, 静養を, 頃平田将監という, 頭髪が, 額半分以下に, 風俗画として, 風土記に, 風雪は, 飛鳥の, 飢饉年には, 飢饉時代に, 養育料は, 骨折で, 高橋板の, 鳥海噴火と, 鹿島躍

▼ 年間~ (694, 15.8%)

8 日本の 6 於て 4 亘って, 亙って 3 して, なって, 世界の, 出来たもの, 出生の, 於いて, 私の

2 [26件] あの人, どれだけの, わたしたちの, わたしは, わたって, 一度も, 七百万部の, 二週間を, 亘る時代, 人口は, 何という, 何回と, 倭寇に, 出來, 刊行され, 四百篇を, 堆積し, 婦人の, 存在した, 小麦の, 彼は, 政府の, 江戸城の, 沼田の, 私が, 至るまで

1 [599件 抜粋] あげたという, あったあらゆる, あの大使館, あの書, あり, ありし情死, ある人, いくらかでも, いろいろの, うけた抑圧, およそ五万人, およんだ, おわるの不可能, かくの, かれが, ここで, この二強国, この国, この方法, この方面, この比率, この点, この王国, この運動, この雑誌, これまで, これらの, こんなに変りうる, しみ込んだ俳優気質, すっかり変っ, すっかり蓄え, すでに新種, ずいぶん出来た, ずいぶん数多く, その傑作, その半数, その合理的構造, その実, その舞台, それが, それらの, たいていの, たかまって, たった二つ, たった二度, たつた芭蕉一人, だいたい補充, ちょうど十回, できたもん, できた地図, とれる数, どのくらい, どのくらいの, どぶ, なかったであろう, なされた仕事, なされた研究, なっても, なる, なんの, はじめて朝廷, はじめて狸, はや死語, ひろがった生産, ほとんど三倍以上, まいた種, また流行った, めだかの, めつ, やった仕事, やった新しい, やっと芸術, よくもこ, わが工師, わたったもの, わたった奥州, われわれの, われわれは, オランダで, スピードアップし, ソクラテスから, ダムの, ナイチンゲールが, フランスと, マホメット教國内に, ラジオが, 一〇〇名の, 一さい偶然の, 一とわたり, 一人も, 一千万人以上の, 一対二四であり, 一年しか, 一日でも, 一枚の, 一遍凡ての, 七倍と, 七八十個の, 万国の, 三万冊の, 三倍の, 三円しか, 三度か, 三日だけ, 下野足利の, 世界で, 世界でなく, 世界史にも, 世界文学の, 主として雑誌, 二〇七の, 二万七千フロリンを, 二三の, 二倍に, 二十七名の, 二十三回同じ, 二度まったく, 二度も, 二度目の, 二百円しか, 五万人死せりとは, 五代の, 五十万人殖えた, 五十倍の, 五名まで, 井上伝女の, 亘った, 亘つていろいろな, 亘る人生修業, 亘れる仮名文字活字日誌, 亙った帝人事件, 亙つて, 亙りて, 亙る勤労奉仕, 亙る意味, 亙る支那, 亙る放浪, 亙る旺盛, 亙る時期, 亙る自身, 亙る鳥瞰図的, 人民に対する, 人間として, 今日だけが, 付けたもの, 伝染病が, 伴い来ること, 何と急速, 何十と, 作つたと, 作家として, 作製した, 使を, 來朝せられた, 係る爾, 傳道した, 僅か〇・八%, 僅かに, 儒教は, 元白, 先祖から, 入って, 入唐し, 八代将軍が, 八割強を, 公の, 六つの, 六人の, 六千六百六十六人多く, 六度海越え, 凌いで, 出した論文, 出た, 出た會元, 出て, 出来た, 出来たかも, 出来たたった, 出来た名, 出版せられた, 出生及び, 出生率の, 出生総数は, 出雲の, 刊行された, 初めて支那, 初めて日本, 別に何, 別家を, 到りては, 功労ありし, 加賀侯に, 動いた人達, 動いた軌道, 動く見掛け上, 十万ドルの, 十万人の, 十三月降雨す, 十二貫五百目の, 十五円上がりました, 十何冊とか, 十倍程度に, 十年ほど, 単に八〇名, 原稿用紙三百枚それも, 及び鈴木春信, 及ぶ作家生活, 及ぶ病気, 及ぶ間, 及んだ偽り, 取り扱われた問題, 取り盡, 取潰された犠牲大名, 各年齢, 同じく奥州, 同一地点, 唐僧道慈律師が, 唯一回の, 唯一度あった, 唯二十七戸の, 善無, 営々と, 嚥み込む, 四人の, 四十二フラン十スーしか, 四百四十四万四千四百四十四貫四十四匁に, 図書館設置の, 国として, 国外で, 国費だけでも, 増加率は, 売られた部数, 変ったソ, 変動が, 夏の, 多くの, 夥しい社会, 大いに増殖, 大いに変化, 大した金儲け, 大気中の, 大西洋岸から, 大財産, 天下を, 太史令を, 失う熱量, 女は, 好奇の, 始めて, 始めての, 娘を, 学び得るところ, 実にかわった, 実にめずらしく, 実行され得た, 実証した, 家庭内の, 實際に, 少々借金, 尾州領内を, 屋代輪池の, 山頂近くから, 島津齊彬に, 巨万の, 巴里の, 市場に, 幕府は, 幾百万の, 幾百萬の, 幾通りと, 庄助が, 建った表町通り, 建てられた藩, 当り戦国, 彫ったもの, 彼が, 彼女の, 得たところ, 得た金銭, 得た頑, 徴募せる, 志を, 急速な, 急速に, 恢復し, 成就し得る, 我邦に, 戦死し, 所要の, 手紙の, 描いたペン画, 支那政府は, 改修せられた, 教ふべき, 数億の, 数十万円の, 文学運動の, 新しく雇, 新案された, 方々で, 於ける一二, 於ける五百八十三年, 於ける人材分布, 於ける全, 於ける史論, 於ける吾邦, 於ける我が, 於ける政治的伝記, 於ける政治的傳記, 於ける日本, 於ける松平定信, 於ける死物狂い, 於ける法隆寺伽藍修繕, 於ける猛, 於ける藩閥政府, 於ける饑饉, 於る, 日向国の, 日本から, 日本が, 日本では, 日本へ, 旧日本, 書いたこと, 書いた断篇, 書いた随筆, 書かれた橘南渓, 書きとられたもの, 書き上げたという, 書き溜めたの, 書残して, 最も私, 有ろうと, 有名な, 期待し得る, 木立が, 村で, 来た西洋人, 東京の, 東京近県の, 東洋第, 某火山系, 根津谷中駒込を, 桔梗の, 植学なる, 欧洲の, 歐米に, 正味四時間の, 此八幡で, 此種の, 此運動に, 武器の, 死亡が, 死亡した, 殆ど文化, 残して, 残りし江戸狭斜, 殺された現代文学, 殺しまた, 母國の, 毎年一度ずつ, 江戸大阪京都の, 流行し, 流行した, 海軍大佐ジエームズ・クツクに, 深く胸, 渉った, 渡ったもの, 渡って, 渡島津軽津の, 渡来した, 渡良瀬川の, 溜めた涙, 漂着し, 漂着した, 炬火を, 焦, 焼失した, 熱輻射の, 燒け, 父は, 版を, 特別五ヵ年計画として, 特殊な, 現われる書物, 琉球から, 生きて, 生きられた文学, 生じた突然, 生れその, 生れたもの, 生年月日を, 生産各, 生長し, 當つて居る, 病に, 発表された, 発表し続け, 登場した, 發生した, 百七十余人の, 百万人増し, 百五十の, 百名の, 百本までの, 盗の, 相当の, 知る, 短縮する, 社会史的に, 私たちの, 私は, 租税徴収の, 称名寺という, 種々の, 穀物の, 積み来った悪業, 約三千枚, 約二十四フラン, 約二千五百萬圓, 約八〇〇, 約十万人, 納めた魚河岸, 経営した, 経済事情を, 経験し, 経験した, 締結した, 縄張争い等の, 翁屋の, 考えよう, 聞いた事, 育って, 脱漏が, 腕の, 自分の, 自分自身の, 至って成島柳北, 至つて始め, 至つて繁昌を, 至り泉石, 至ると, 英蘭の, 著しく急速, 著しく減少, 著しく衰頽, 著した, 蒔いた種, 藤原不比等の, 藤原浜成が, 藥師寺の, 藩閥軍閥財閥学閥という, 蘭軒と, 行なわんと, 行燈から, 袁黄といふ, 複雑な, 見られるのみ, 見違えるよう, 規定された, 親しく両, 解体した, 講堂の, 貉が, 貰いためた労役, 貰った手紙, 資産を, 赤十字社に, 起って, 起つた囘教徒, 起つた自分, 起つた食人肉, 起つて, 起れる政変, 越後を, 足利の, 足利義昭を, 跨つて, 返納する, 通過し, 通過する, 造立せられた, 過ぎなかったので, 道人の, 遡って, 郡家を, 里と, 鐵砲が, 開かれたもの, 降った流星球, 随分数多く, 際立つた收, 隣字の, 非常な, 顕著だった, 飛騨の, 飯沼の, 驚くべき発達, 高められた彼ら, 鱈で

▼ 年間~ (243, 5.5%)

2 [12件] この戰役, 働いて, 喪に, 完全に, 市の, 是非とも, 有効に, 無事に, 相互に, 私の, 自分の, 辛抱した

1 [219件] あなたと, あまりくわしく, いくらという, いくら五年間, いくら十五年間, いくら十年間, うすあたたかい平穏, おそらく幸福, おとなしくいた, おのれが, おもにこんな, おれを, かつてない, このこと, この種, この種初期和算書, これに, さうし, すでにこの, すべてを, そのかみ垂仁天皇の, その人, その後を, その故, その温室, それでもヘボ, それほどの, それを, そんなこと, ただ五千フラン, ただ新聞, ただ爛熟, ちょうどまた, どうしよう, ほとんど月, ほんの休息, また朝, また私, まったく無意識, まつたく, むしろ前, めざましい文運隆昌, もう有頂天, アンナの, コポオに, シッキリなし, シャーロック, スタインが, タップリ間に合っとる, トロツキストとの, ブールボン家なく, 一年刻みに, 一般性から, 上流社会の, 不毛の, 不羈な, 中で, 主としてデビー, 主として欧州大戦, 九十二シリングであり, 予に, 予にとって, 事の, 人から, 人の, 今日では, 今自分, 仮に西洋美術史上, 何といふ, 何とか店, 作者の, 修練女の, 俳諧史の, 健康を, 元祖団十郎が, 元禄に, 先ず何事, 免ぜられて, 全く何, 全く夢中, 全く自由, 全く軍事目的, 全然無意識, 凶年と, 出歩き詰め, 勉強が, 十年コッキリで, 半芸術, 原型をと, 古典の, 四畳半に, 執拗な, 外国劇の, 多くは, 大した変化, 大丈夫つづく, 大体に, 大石先生をも, 天下に, 子どもという, 実にかれ, 実に政論史上, 実に昼夜チベット語, 寄宿生活を, 寝食い, 専ら郷里, 少しも, 帰らなかったと, 平和で, 平均この, 年々三十五万貫から, 幸福愉快ばかり, 幾勢が, 度々病気, 彼に, 彼の, 彼処で, 彼等が, 彼處で, 思ふ所, 意識が, 愛用出来る, 我が國, 我国民生活に, 或程度, 支那の, 政を, 故あっ, 文化十二年乙亥に, 日常の, 日蓮の, 暮せる, 最も意義, 最も熱心, 最大の, 月々給与の, 木の根草の根ばかり, 木村に, 本國, 杉村の, 東京医科大学に, 松平内蔵の, 校歌の, 株式会社にな, 業績が, 極めて凡庸, 欧州大戦の, 歌舞伎座が, 此処に, 武州物の, 武鑑の, 死亡以上に, 殆どその, 殆ど住所不定の, 殆ど毎月開演, 殆ん, 毎年ひとりで, 比較的たのしい, 比較的に, 活動の, 溝口駒之介の, 潜行し, 無制限に, 無料その後は, 無税だ, 父子の, 物理學史上いは, 物質の, 猶傳説, 生きて, 生れて, 異樣, 相当人生, 眠る間, 眼疾を, 矢張り心では, 私たちの, 私に, 私にとっては, 私は, 精神肉体共に, 約三分の一, 紋付を, 経って, 結果が, 絶対に, 続いたよう, 維持し得る, 繁殖し, 自分一人で, 自由の, 色彩と, 芸妓の, 英山の, 草も, 蜀山人の, 西洋の, 見ること, 親の, 親子三人の, 言はば, 訣れた後, 試みた事, 諸国の, 逢えなかったの, 過ぎた, 過した, 都会の, 鋭意治平, 長い月日, 閣僚や, 雀までが, 静養させ, 非常に, 非芸術, 音信不通, 音沙汰無しで, 飢えないそう, 麻痺し

▼ 年間~ (233, 5.3%)

3 一緒に

2 [13件] その囚人等, ただの, 住んで, 土地を, 坐り通して, 大学に, 失明し, 彼は, 眠らないで, 肌身は, 英語を, 見馴れた小路, 迷惑を

1 [204件] あった, あなたの, あのよう, ある人, いた家庭料理, いて, いるん, うらみを, お会いし, お探しなすった, くらして, こうして姉さん, この器械, この島, この病院, この色, ころがして, さうし, さる高貴, して, じっと正しき, そこに, それが, たてつ, つづいたの, つづいたら按吉, つづいた飢餓感覚, つづけたという, つまらない役, ともに生活, なんだの, のがれて, ふんづか, まだ石盤, まったく風月, まるで音信不通, やって, ゆすッ, よくまあ, わたしの, アフリカの, アメリカで, ドタ靴や, パリーを, ロンドン市中を, 一つの, 一つ社へ, 不可解な, 世間と, 世間に, 丹精し, 人事の, 人間と, 人類を, 伊丹の, 会わないで, 住って, 何も, 何を, 何年間も, 作品らしい, 作物は, 使った後, 使われた旧い, 働いたとき, 僕からの, 僕も, 先に, 入れられあまり, 全然仕事, 八方に, 公民權を, 写真とともに, 冬の, 刊行を, 別れて, 制作から, 動かぬ人, 動く機能, 半分は, 同じよう, 同居し, 否たった, 否定されつづけ, 喪に, 固い字, 国連軍, 在学し, 在留し, 地方を, 地方官を, 地震の, 坐りつ, 埃芥に, 執政を, 夜間診療程度の, 大きな地震, 妾同様に, 婿を, 子供も, 孤独を, 学問し, 学校に, 家の, 家を, 寝起きを, 小刀の, 居ったと, 居て, 山家住居の, 岩窟に, 師匠岩井半四郎の, 待ったという, 忘れて, 思いつめて, 思ひつめた愛人, 思案した, 患者の, 意地を, 意志の, 戦乱の, 手品師で, 技術者として, 持ちそして, 持ち続けた憤りの, 持続される, 掛かったので, 探し求めて, 提擧市舶の, 支持し, 支那に, 改選なし, 放り出して, 故郷から, 教員室で, 方々の, 書を, 最も辛抱強く, 有つて, 木村君と, 未納だ, 本当に女房, 東京で, 楽に, 歩くの, 母親は, 毎日浅草に, 毎日見, 水呑百姓を, 泳ぎ続けて, 津軽で, 涸らさないと, 無事に, 無沙汰を, 生埋めに, 留まって, 留置され, 疎遠に, 発見されなかった, 眠って, 破損せず, 礼を, 禁慾し, 私に, 積んだ人, 絶えて, 継続した, 継続する, 続いたそう, 続いたと, 続いたの, 続いた地震, 続いた大, 続けて, 繰り返してでも, 續いた, 自分たちの, 自分の, 自力にて, 舞台を, 苦しみ通した最初, 苦労し, 茶色の, 蜀が, 行われた, 親は, 読んだこと, 謝恩会には, 貞應の, 身命を, 身體を, 過ぎて, 配当保証する, 銭一文も, 閉じこめられて, 閉めっ放し, 間を, 露伴の, 音信不通なら, 頑張り通したの, 顔を, 食事を, 馴らされて, 高い櫓

▼ 年間~ (105, 2.4%)

3 要した 2 平均し, 根よく, 生きて, 私は, 経過した, 自分の

1 [90件] からんで, こ, ここに, この作, その女, たった三十分, つとめて, とにかく書い, のぞき, はたしてわれわれ, ひたすら疑団, むなしく囚われ, よくも無銭, ヨーロッパで, 一口に, 三十年間に, 三日に, 上京し, 中国に, 他人事, 働きづめ, 努力した, 占めて, 可能に, 吉と, 吉野時代と, 回顧すれ, 地の, 太十, 失意に, 如何に, 始り, 宗房は, 少年級と, 少年級として, 屈辱の, 市内に, 平安朝といふ, 思いかえした, 思えば, 想わすもの, 慰めるため, 戦争に, 打ちすてて, 打捨てて, 押し通した, 押し通して, 指すに, 振り返って, 振返つた, 支えるに, 文化人が, 日本の, 暮した学校, 暮らします, 有効に, 横たわって, 此作品に, 決して押売, 浅草で, 深い感慨, 準備に, 省る, 祝福した, 自分で, 自動車と, 苦しめた, 要すること, 要すると, 要するのみに, 見て, 見送り果した, 語って, 諸国を, 費したが, 費したの, 転々した, 農村で, 追加された, 送った, 通じる波瀾, 速力構造および, 過ごしロンドン大学, 過し四人, 除いて, 除いては, 除けば, 顧みて, 風雨に, 飛越し

▼ 年間には~ (69, 1.6%)

1 [69件] いは, おそらく通常以上, お殿様, さう, すべての, それは, どこに, まだ日本, もう和寇, わずかに, フランスとの, 一の, 一クヲタアについての, 一ヵ年と, 一三六対一〇〇であった, 一二七対一〇〇全, 一四二対一〇〇後の, 一四八対一〇〇後の, 一年の, 一躍七百七十五艘, 三磅六シリング六ペンスであった, 上総下総安房を, 五人組帳なる, 京の, 今川家が, 何とか家, 何も, 何事か, 何遍血の, 僅に, 優に楽々と, 元年から, 八十歳を, 兵粮丸に, 出羽方面において, 千万よまれる, 南画, 同一の, 増加は, 売り切るつもり, 大分更迭が, 大審院控訴院宮内省等に対して, 実に二倍半, 宮中で, 少からぬ, 我国には, 文室綿麻呂の, 有名な, 死亡率は, 江戸の, 津軽九浦の, 流行も, 父と, 玉川清右衛門に, 百八シリングであった, 百分の二七・一〇と, 相当な, 私達の, 腹を, 蘇我入鹿の, 遠くイギリス, 金利は, 関東大震災日本製紙の, 随分沢山, 雑戸を, 電信も, 非常なる, 高倉三位と, 高橋某

▼ 年間~ (46, 1.0%)

4 はこの 2 はその

1 [40件] が住ん, が倹約, が夢, と子供, と机, にとっては五十年, に就い, のいのち, の主任, の作品, の歌歴, の歩ん, の眼, の頭, はいろいろ, はただ, はひそか, はひとり, はヴィユウ・コロンビエ, は七百枚, は下鴨, は仕合せ者, は働い, は六月末, は出張手当, は古, は奴隷, は威張り, は当然, は愈々, は憂鬱, は故郷, は歌一つ, は留學, は矢田津世子, は美味, は自分, は芥川賞, は親孝行, を思いつづけ

▼ 年間~ (43, 1.0%)

3 あつた 2 はない

1 [38件] すら産児, せう, その盛ん, その間に, その間は, どこよりも, はありました, は出生, は彼女, は未だ, やって, よい, アベコベだ, 一年間勤務したら, 三百圓溜めた, 二十五万留ぐらいの, 伸子は, 先づ實用に, 八万何千円という, 初度のは, 割れば, 卒業出来る, 印度で, 商法を, 園主は, 増殖のみによって, 教えこんで, 文政二三年の, 日本全, 日本橋に, 書き終った, 東京の, 法科の, 立ち直るが, 終了する, 罷んだ, 自分の, 近江の

▼ 年間という~ (41, 0.9%)

13 ものは 3 ものこの 2 のは

1 [23件] ものお客の, ものかなり, ものわたくしが, ものトルコで, もの人々の, もの人を, もの僕は, もの大和を, もの山口恵海先生に, もの彼等の, もの故郷に, もの日本中を, もの青扇の, もの鼻の, ように, 如き昔, 時期をも, 期間は, 永い間, 長い年月, 長い時期, 長日月の, 間も

▼ 年間この~ (28, 0.6%)

2 事を

1 [26件] お屋敷, ことだけは, ことばかり, へんへ, 不愉快な, 二つである, 今朝の, 冷蔵鞄の, 問題の, 問題を, 国に, 娘の, 封を, 島で, 島に関して, 新大陸への, 椅子に, 油揚げと, 治安維持法によって, 浦和町に, 瓦堂の, 癖が, 職を, 辺を, 邊を, 黒い箱

▼ 年間~ (27, 0.6%)

1 [27件] いつも一頭, お世話に, かつて書いた, こつこつと, この宮殿, そいつらと, それでもって, つまらぬくり, みんな妻に, アフリカの, 一貫した, 五年間通学させる, 代診として, 全く遮断, 努力を, 引き込んで, 強いて, 彼は, 文学上に, 暮して, 毎場所自分, 毎日, 知らず知らず肩, 私の, 通った, 過して, 都會生活に

▼ 年間日本~ (24, 0.5%)

2 に住ん, に滞在, の文学

1 [18件] から相当, で初演, で起らなかった, で開業, にい, にいた, にゐ, に通商, のすべて, のブルジョア文学, の一般, の人民, の全て, の婦人雑誌, の学校, の民主主義, の生んだ, の財閥間

▼ 年間その~ (23, 0.5%)

2 ために

1 [21件] あいだに, シーンを, 事實を, 仕来りを, 傍に, 医者の, 博多附近の, 四壁の, 国の, 女に, 実情より, 怨霊に, 教授を, 母子との, 比率が, 独断と, 統治の, 編輯主任と, 製造に, 風格は, 高等科を

▼ 年間~ (23, 0.5%)

3 云ふも 2 いへば, 云うもの, 書いて

1 [14件] いはず有島君, おぼしきもの, おぼしき長崎, さだめた終刊, その後引続い, 云う長い, 云ふ, 伝へられ長禄元年, 変らないの, 思いくらべたとき, 思いやつれて, 思われる, 生活し, 言ったところ

▼ 年間~ (18, 0.4%)

1 [18件] あの辺, いけなかった, すぎて, その好悪, ケーテにとって, 一番楽しい, 中心時期である, 師父としても, 彼としては, 待てなかった切ない, 必要だった, 憶はれる, 程女の, 終わりに, 経過, 製作の, 過ぎたの, 過ぎ去りました

▼ 年間にも~ (18, 0.4%)

1 [18件] こんな気持ち, せよ父, だんだんに, つくりかえる勤め, まさった恋, 三宅島八丈青ガ島が, 亘って, 亘つて部落を, 亙って, 充満し, 出生と, 夥しい増加, 大和古寺には, 度々細君, 彼は, 或は噴火, 練吉の, 芸の

▼ 年間における~ (16, 0.4%)

2 日本の

1 [14件] わが国文明の, イギリスの, 上治郡の, 原子物理学の, 如くいわゆる, 彼の, 日本文学が, 清水坂及び, 減少の, 田沼意次の, 登山界の, 社会情勢の, 私の, 自分の

▼ 年間から~ (15, 0.3%)

2 して

1 [13件] あるという, ここに, ここの, この武蔵野, さらに三年間, はじまって, 七十年余も, 城内の, 天保年間へ, 家内工業として, 掘りつづけて, 明治五六年まで, 生田の

▼ 年間にわたって~ (15, 0.3%)

1 [15件] しゃれに, 主権者であった, 分布し, 彼らの, 日本の, 東京の, 権力を, 毎冬実施, 江戸城は, 潜伏信徒と, 王朝の, 研究を, 苦心し, 蒐集と, 講演を

▼ 年間にわたる~ (14, 0.3%)

1 [14件] 単式機関船時代に, 噴出による, 大量生産の, 彼らの, 悲壮な, 最も忠実, 激しい争覇戦, 生活は, 血と, 血戦に, 記載であっ, 長い乱世, 長い長い苦闘, 顕治の

▼ 年間において~ (13, 0.3%)

1 [13件] いつとは, どんな風, 二十世紀の, 仕出かした不都合, 四九八六〇と, 外国と, 如何に, 成つたらしい, 政論状態は, 欧州の, 短歌を, 社會の, 重大な

▼ 年間ばかり~ (13, 0.3%)

1 [13件] いた赤坂檜町十番地, かなり親しく, そこで, その方, でなく徳川三百年, ツルゲーネフは, ヒレ肉の, 地方に, 平尾氏の, 洋行させたい, 私が, 私は, 陸軍の

▼ 年間かの~ (12, 0.3%)

2 生活で, 生活の 1 この輿論封殺時代, ものが, 一生懸命だ, 動静を, 婦人雑誌類が, 準備期間が, 生活態度について, 病床及療養の

▼ 年間でも~ (12, 0.3%)

1 [12件] いいから, おりないから, わざと犬殺し, 一年間でも, 二十五年間でも, 将軍家が, 引き受けるという, 末の, 氷冠の, 泊りたいと, 父と, 縮めて

▼ 年間といふ~ (12, 0.3%)

4 ものは 2 ものこの 1 ことに, ものあの, ものこ, もの彼の, もの彼は, 歳月に

▼ 年間を通じて~ (12, 0.3%)

1 [12件] なるほどしばしば, 使って, 受けた教育, 同じ優良鶏肉, 常に給仕, 平均に, 幾分でも, 思弁的な, 東京では, 熱量, 約四五年ごと, 自分自身または

▼ 年間~ (12, 0.3%)

1 [12件] に会わなかった, に幾多, はあちこち, はこの, はその間, は一日, は嘗て, は実に, は招提寺, は東奔西走席, は職務上, は自分自身

▼ 年間自分~ (12, 0.3%)

1 [12件] が生活, で働い, としては実直, の探し求め, の洗濯もん, はあまりに, はこの, は一緒, は写真, は山の手, は毎日, を尋ね

▼ 年間~ (11, 0.3%)

2 の仕事 1 に過ぎない, の中, の責任, はこの, はそれほど, は何, は打, も何, やらせるの

▼ 年間あの~ (9, 0.2%)

3 子は 2 裏山で 1 人の, 地下室に, 家庭を, 小屋へ

▼ 年間だけ~ (9, 0.2%)

2 でいい 1 でこれ, でなくその, 好きに, 持続する, 辛抱し, 通はせる, 遊学し

▼ 年間ほど~ (9, 0.2%)

1 あす知れない, 人間が, 文壇に, 書いて, 村井長門守に, 洗, 芸妓の, 郷士として, 関八州一円に

▼ 年間一日~ (9, 0.2%)

1 たりとも, としてクリストフ, の休み, の如く, もあなた, もここ, も休まなかつた, も竹刀, も缺

▼ 年間先生~ (9, 0.2%)

2 には東京大学 1 に師事, のお側, の助手, の実験室, の講義, は文字通り快活, は時計

▼ 年間一度~ (8, 0.2%)

2 も酒杯 1 もこの, もその, もなかつた, も冒涜, も和らげられなかつた, も感情

▼ 年間~ (8, 0.2%)

2 もせず 1 かにつけ, かまちがっ, の波風, も喰はず, をした, を求め得

▼ 年間ほどの~ (7, 0.2%)

2 間に 1 うちに, わたしの, ブランクが, 記録である, 間死に

▼ 年間全く~ (7, 0.2%)

1 一日の, 世の中と, 作品公表できなかった, 忘れ果てて, 暗黒の, 母の, 神を

▼ 年間東京~ (7, 0.2%)

1 で何件, で法律書生, にいた, にいる, に出, の英語学校, を着

▼ 年間絶えず~ (7, 0.2%)

3 彼を 1 つよまる日本, 外國貿易船の, 日々の, 稿を

▼ 年間いや~ (6, 0.1%)

2 ははははつい, 兄が, 兄の

▼ 年間~ (6, 0.1%)

1 互に孤独, 借上げの, 妹さんを, 小夜に, 貸し下され, 酒の

▼ 年間こんな~ (6, 0.1%)

2 純粋の 1 ことは, 体に, 段々胸元, 生活を

▼ 年間それ~ (6, 0.1%)

1 が不可能, が高く, はなんだか, も一年, を持ち続けた, を続けました

▼ 年間~ (6, 0.1%)

2 に手跡 1 に見られず犯されず, の国, の手, らしい思

▼ 年間同じ~ (6, 0.1%)

1 事許りやつて來て, 大学で, 屋根の, 本を, 精力を, 級に

▼ 年間続いた~ (6, 0.1%)

1 ことに, だけであっ, のだす, のであった, 応仁の, 無内容

▼ 年間肌身~ (6, 0.1%)

4 はなさず持っ 2 はなさず

▼ 年間かかっ~ (5, 0.1%)

1 ている, てためた, て厚, て書いた, て繊維

▼ 年間ぐらいは~ (5, 0.1%)

1 それまでの, 乗船不可能に, 著作を, 都会で, 風流を

▼ 年間ずっと~ (5, 0.1%)

1 その筆名, アメリカを, 事故無しで, 体格は, 婦人の

▼ 年間ばかりの~ (5, 0.1%)

2 間に 1 ところに, 父の, 間であったろう

▼ 年間一緒~ (5, 0.1%)

2 に暮した 1 に暮し, に泣い, の教室

▼ 年間~ (5, 0.1%)

1 ういふ, だという, の劇場, の島, の役

▼ 年間生活~ (5, 0.1%)

1 した土地, して, してこ, をし, をみ

▼ 年間その間~ (4, 0.1%)

1 には往年, に数え切れぬ, に楢雄, に私

▼ 年間ただ~ (4, 0.1%)

1 もう東京, 眺めて, 茶箪笥の, 遊ばせた利子

▼ 年間といふもの~ (4, 0.1%)

1 好きな, 春秋併せ, 私は, 頭の

▼ 年間どの~ (4, 0.1%)

2 やうに 1 としもどの, ような

▼ 年間においては~ (4, 0.1%)

2 彼は 1 町などは, 西海の

▼ 年間ほとんど~ (4, 0.1%)

1 おなじだった, 作曲の, 都にたいして, 随筆的心境といへる

▼ 年間よりも~ (4, 0.1%)

2 むしろもてなされ 1 この十年間, 著しく急速

▼ 年間働かね~ (4, 0.1%)

2 ばならぬ, ばなりません

▼ 年間~ (4, 0.1%)

2 が眠らない 1 が小学校, はもう

▼ 年間即ち~ (4, 0.1%)

1 わたしが, 半世紀, 将門死し, 碧子虚子

▼ 年間同棲~ (4, 0.1%)

2 して 1 した, した一つ年上

▼ 年間~ (4, 0.1%)

2 一任被 1 修錬の, 心配やら

▼ 年間生き~ (4, 0.1%)

1 ていた, て來, て働い, て暮し

▼ 年間継続~ (4, 0.1%)

1 しその間, して, すれば, の工事

▼ 年間~ (4, 0.1%)

2 いた 1 いて, きました

▼ 年間芝居~ (4, 0.1%)

1 というもの, へ往く, をし, をしない

▼ 年間~ (3, 0.1%)

1 て三年生, て十一, て追い出された

▼ 年間かに~ (3, 0.1%)

1 必要な, 異常に, 養われるという

▼ 年間くらいは~ (3, 0.1%)

1 それを, 何でも, 寄りつきません

▼ 年間ぐらい~ (3, 0.1%)

1 つ, チョンマゲを, 太宰を

▼ 年間そこ~ (3, 0.1%)

1 にいた, に暮し, に暮した

▼ 年間ついぞ~ (3, 0.1%)

2 同盟を 1 安定を

▼ 年間であった~ (3, 0.1%)

1 が彼ら, と思う, などとそれ

▼ 年間であり~ (3, 0.1%)

1 それを, ふじ子は, 文化哲学や

▼ 年間とも~ (3, 0.1%)

1 に起き, 出席日数不足で, 知れず永代橋

▼ 年間ばかりは~ (3, 0.1%)

1 すべてが, 實に, 栄えた

▼ 年間~ (3, 0.1%)

2 かけて 1 かけての

▼ 年間~ (3, 0.1%)

1 その歿年, つても, つて行きます

▼ 年間やっ~ (3, 0.1%)

1 ておいた, て卒業, て居る

▼ 年間より~ (3, 0.1%)

1 享保八年まで, 漢学にても, 隋と

▼ 年間わが~ (3, 0.1%)

1 図書館界は, 賈舶の, 邦人の

▼ 年間~ (3, 0.1%)

1 半亡國史ハ實ニ朝鮮人, 同棲ノ, 教育ハ其ノ

▼ 年間ヨーロッパ~ (3, 0.1%)

1 とアメリカ, のいろんな, の旅

▼ 年間~ (3, 0.1%)

1 がハイド・パアク, ねて, は萬朝報

▼ 年間京都~ (3, 0.1%)

1 に住ん, に留まった, に集まった

▼ 年間~ (3, 0.1%)

1 から三百七十年, から二百餘年前, に至っ

▼ 年間仕事~ (3, 0.1%)

1 する人, もできず, をし

▼ 年間以上~ (3, 0.1%)

1 も前, も彼, も考え

▼ 年間土中~ (3, 0.1%)

1 したもの, に埋まりいたり, に埋没

▼ 年間~ (3, 0.1%)

1 に居ります, に為す, に籠

▼ 年間引續~ (3, 0.1%)

3 いて

▼ 年間彼女~ (3, 0.1%)

1 の生活, の豊富, は羅馬

▼ 年間日本人~ (3, 0.1%)

1 が孟子, に使われ, は

▼ 年間最も~ (3, 0.1%)

1 みじめな, 親密な, 親愛なる

▼ 年間江戸~ (3, 0.1%)

1 にはかつて, には曾, に勃興

▼ 年間沈黙~ (3, 0.1%)

1 した海舟伯, し前著, で押通せる

▼ 年間無事~ (3, 0.1%)

2 に生きのびる 1 に奉公

▼ 年間~ (3, 0.1%)

2 の頭 1 が外国暮し

▼ 年間~ (3, 0.1%)

2 一流の 1 二期の

▼ 年間続い~ (3, 0.1%)

2 ていた 1 ておしまい

▼ 年間考え~ (3, 0.1%)

1 ていた, てそれから, てようやく

▼ 年間苦役~ (3, 0.1%)

1 して, に處, われて

▼ 年間音信不通~ (3, 0.1%)

1 でS, にし, になつて

▼ 年間あなた~ (2, 0.0%)

1 のお世話, はその間

▼ 年間あまり~ (2, 0.0%)

1 が危険, 住みなれたテント小屋

▼ 年間あらゆる~ (2, 0.0%)

1 新聞社が, 階級の

▼ 年間ある~ (2, 0.0%)

1 山奥の, 知事の

▼ 年間あるいは~ (2, 0.0%)

1 三年間ぐらいは, 宗教の

▼ 年間いわば~ (2, 0.0%)

1 嵐の, 年ごとに

▼ 年間お前~ (2, 0.0%)

1 の収入, を苦しめた

▼ 年間かは~ (2, 0.0%)

1 ドン, 乳人の

▼ 年間ぐらいの~ (2, 0.0%)

1 ものだろう, 短期間に

▼ 年間ぐらいを~ (2, 0.0%)

1 中心に, 取って

▼ 年間~ (2, 0.0%)

2 うか

▼ 年間そのまま~ (2, 0.0%)

1 に捨て置き, 廻国を

▼ 年間~ (2, 0.0%)

1 とかいうこと, もの

▼ 年間だけで~ (2, 0.0%)

1 クビに, 九十五万五千余名と

▼ 年間だけの~ (2, 0.0%)

1 ことだ, 狂態であった

▼ 年間ついに~ (2, 0.0%)

1 中止せず, 天下無敵の

▼ 年間つづいた~ (2, 0.0%)

1 がその, 日記は

▼ 年間つとめる~ (2, 0.0%)

1 ことに, わけです

▼ 年間である~ (2, 0.0%)

1 ことが, ことである

▼ 年間では~ (2, 0.0%)

1 ない, 歌舞伎は

▼ 年間とは~ (2, 0.0%)

1 私にとっては, 通せなかつた

▼ 年間など~ (2, 0.0%)

2 費す必要

▼ 年間なる~ (2, 0.0%)

1 軍隊生活にて, 長時間は

▼ 年間にかけて~ (2, 0.0%)

1 すまして, 江戸や

▼ 年間にわたり~ (2, 0.0%)

1 後で三巻, 続刊

▼ 年間ほか~ (2, 0.0%)

1 にする, の人

▼ 年間ほどは~ (2, 0.0%)

1 御愛情, 懲役に

▼ 年間または~ (2, 0.0%)

1 二十年間で, 十年間の

▼ 年間までも~ (2, 0.0%)

1 この踊, 地下に

▼ 年間まもりつづけ~ (2, 0.0%)

2 信長の

▼ 年間~ (2, 0.0%)

2 てやれ

▼ 年間もう~ (2, 0.0%)

2 眠れないの

▼ 年間もの~ (2, 0.0%)

1 経験が, 長い間講師

▼ 年間わかれ~ (2, 0.0%)

1 ていた, てゐた

▼ 年間わし~ (2, 0.0%)

1 はわし, も迷惑

▼ 年間われ等~ (2, 0.0%)

1 のプロレタリア美術家, はどれ

▼ 年間カプリ~ (2, 0.0%)

1 に止った, に止る

▼ 年間一〇〇〇磅~ (2, 0.0%)

1 の費用, の資本

▼ 年間一人~ (2, 0.0%)

1 の赤ん坊, も抱かなかった

▼ 年間一回~ (2, 0.0%)

1 の割合, もこの

▼ 年間一歩~ (2, 0.0%)

1 もこの, も外

▼ 年間一生懸命~ (2, 0.0%)

1 にやったら, にやれ

▼ 年間三人~ (2, 0.0%)

1 の兄妹, の搾った

▼ 年間世界~ (2, 0.0%)

1 はこの, 第一

▼ 年間世話~ (2, 0.0%)

1 になっ, になった

▼ 年間今日~ (2, 0.0%)

1 にいたり, に及ん

▼ 年間伸子~ (2, 0.0%)

1 はどんなに, は素子

▼ 年間位地獄漫遊~ (2, 0.0%)

2 と出かけ

▼ 年間住まっ~ (2, 0.0%)

2 ていた

▼ 年間住んだ~ (2, 0.0%)

1 土地です, 札幌の

▼ 年間~ (2, 0.0%)

1 にわたり最も, の間

▼ 年間作品~ (2, 0.0%)

1 を出さず, を発表

▼ 年間使用~ (2, 0.0%)

1 した労働, に堪

▼ 年間保つ~ (2, 0.0%)

2 と計算

▼ 年間修練~ (2, 0.0%)

2 するなら命

▼ 年間~ (2, 0.0%)

1 はここ, は秘か

▼ 年間僅か~ (2, 0.0%)

1 に三十五万八千六百二十七人, に似たる

▼ 年間働い~ (2, 0.0%)

1 てどうやら, て得た

▼ 年間元禄~ (2, 0.0%)

2 と天明

▼ 年間全力~ (2, 0.0%)

1 をつくし, を傾倒

▼ 年間全部~ (2, 0.0%)

1 をとれ, 揃って

▼ 年間内弟子~ (2, 0.0%)

1 にし, の修業

▼ 年間~ (2, 0.0%)

1 ぐらいも東京, を計上

▼ 年間初めて~ (2, 0.0%)

1 この位置, 日本へ

▼ 年間別れ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ 年間勉強~ (2, 0.0%)

1 して, すると

▼ 年間勤続~ (2, 0.0%)

1 し明治二十八年, の座員

▼ 年間十六歳~ (2, 0.0%)

2 の秋

▼ 年間十手~ (2, 0.0%)

1 で飯, をとっ

▼ 年間可愛い可愛い~ (2, 0.0%)

2 と思っ

▼ 年間向島~ (2, 0.0%)

1 にて橘守部, の地

▼ 年間唖者~ (2, 0.0%)

1 になった, になつ

▼ 年間~ (2, 0.0%)

2 の洗礼

▼ 年間執拗~ (2, 0.0%)

1 な攻撃, に葉子

▼ 年間変り~ (2, 0.0%)

1 がない, なくつづけ

▼ 年間夢中~ (2, 0.0%)

2 で走りつづけて

▼ 年間天皇~ (2, 0.0%)

1 は日向, は穴門国

▼ 年間夫婦~ (2, 0.0%)

1 として暮した, として親しんだ

▼ 年間奮闘~ (2, 0.0%)

1 して, をし

▼ 年間~ (2, 0.0%)

2 の身一人

▼ 年間~ (2, 0.0%)

1 をお, を密室

▼ 年間学問~ (2, 0.0%)

1 に精進, はした

▼ 年間学校教育~ (2, 0.0%)

1 の事, をうけ

▼ 年間寝る~ (2, 0.0%)

1 瀬が, 眼も

▼ 年間少し~ (2, 0.0%)

1 もあがっ, も時刻

▼ 年間居た~ (2, 0.0%)

1 ことが, のである

▼ 年間居馴染んだ~ (2, 0.0%)

1 空気風情の, 空氣風情の

▼ 年間常に~ (2, 0.0%)

1 至誠の, 雪の

▼ 年間~ (2, 0.0%)

1 から年中, に一二度

▼ 年間延期~ (2, 0.0%)

1 されたこと, するならば

▼ 年間引続き~ (2, 0.0%)

1 与えられしかして, 増加し

▼ 年間徒刑場~ (2, 0.0%)

1 にいました, の舗石

▼ 年間心血~ (2, 0.0%)

1 を注いだ, を注ぎ尽し

▼ 年間我大学~ (2, 0.0%)

2 の教師

▼ 年間我政界~ (2, 0.0%)

2 の主動力

▼ 年間戦争~ (2, 0.0%)

1 がない, をし

▼ 年間手塩~ (2, 0.0%)

1 にかけて, にかけてお

▼ 年間支那~ (2, 0.0%)

1 に留學, のある

▼ 年間放擲~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 年間政治~ (2, 0.0%)

1 の中心, の任

▼ 年間教授~ (2, 0.0%)

1 して, はこれ

▼ 年間数千~ (2, 0.0%)

1 の人, の菌類

▼ 年間~ (2, 0.0%)

1 から旅, に出る

▼ 年間朝鮮~ (2, 0.0%)

1 の官吏, は日本政府

▼ 年間未決~ (2, 0.0%)

1 にいた, におかれ

▼ 年間村長~ (2, 0.0%)

1 は置かぬ, を置かぬ

▼ 年間毎夏~ (2, 0.0%)

1 この別荘, 必ず山

▼ 年間毎日~ (2, 0.0%)

1 のよう, やって

▼ 年間~ (2, 0.0%)

2 のよう

▼ 年間江戸中~ (2, 0.0%)

2 に火事

▼ 年間海軍機関学校~ (2, 0.0%)

2 で英語

▼ 年間滞在~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 年間特に~ (2, 0.0%)

1 一七八九年には, 太平洋戦争が

▼ 年間~ (2, 0.0%)

2 深くなる

▼ 年間租借~ (2, 0.0%)

2 したという

▼ 年間~ (2, 0.0%)

1 居て, 山籠を

▼ 年間稼い~ (2, 0.0%)

1 で勉強, で稼ぎ抜いた

▼ 年間空しく~ (2, 0.0%)

1 瓦礫とともに, 瓦礫と共に

▼ 年間~ (2, 0.0%)

1 三百回に, 二年にわたる

▼ 年間織田~ (2, 0.0%)

2 のもと

▼ 年間老いる~ (2, 0.0%)

2 事が

▼ 年間肺病~ (2, 0.0%)

1 で寝, と闘っ

▼ 年間~ (2, 0.0%)

1 にフィラリア, をさびしく

▼ 年間~ (2, 0.0%)

2 が黒い

▼ 年間色々~ (2, 0.0%)

1 と親しみ合った, な事情

▼ 年間英蘭~ (2, 0.0%)

1 における結婚, の土地

▼ 年間衆生~ (2, 0.0%)

2 を化度

▼ 年間~ (2, 0.0%)

1 の方, の脛

▼ 年間親しく~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 年間諸国~ (2, 0.0%)

1 の神社, をめぐり

▼ 年間講義~ (2, 0.0%)

1 をし, をした

▼ 年間辛抱~ (2, 0.0%)

1 しなければ, すれば

▼ 年間辛苦~ (2, 0.0%)

1 して, なさった万引

▼ 年間通学~ (2, 0.0%)

1 させて, させるだけの

▼ 年間遊ん~ (2, 0.0%)

1 でしまった, で使った

▼ 年間遊学~ (2, 0.0%)

1 して, の許可

▼ 年間鎖国~ (2, 0.0%)

1 して, の状態

▼ 年間黒田家~ (2, 0.0%)

2 に勤め

▼1* [988件]

年間あきない高を, 年間あちらで何, 年間あまり世間から隔離, 年間あまり国文学研究の中道, 年間ありますが其の, 年間いいえ私の, 年間いいかげん変りも, 年間いかにのびるでしょうか, 年間いた間に, 年間いつの頃, 年間いらせられまする様に, 年間いると起る, 年間いろいろの問題, 年間いわゆる部の, 年間おくれおるという, 年間おそろしいもがき, 年間おった寄宿舎からは, 年間おとどまりになり, 年間おなじ表紙で, 年間おりましたか知らん, 年間おれがむさぼる, 年間お互いに助け合っ, 年間お客にお, 年間お母さまはお, 年間お話にも何, 年間お金もお, 年間かうして稼い, 年間かかったと云う, 年間かかるよりも一分間, 年間かたむけて書いた, 年間かにわたつて, 年間からと伝えられて, 年間からの収穫です, 年間からはシナ, 年間からも変らない意味合ひで, 年間かわらずに敬愛, 年間かを経たでしょう, 年間きれいな雪景色, 年間きわめて閑散な, 年間くらいが非常に, 年間くらいの我慢だ, 年間くらしてみた, 年間ぐらいで御免蒙る, 年間ぐらゐ生きるもの, 年間ぐらゐも石器時代であつ, 年間こういう生活を, 年間こうして寝て, 年間ここまで百難, 年間こそ今日の, 年間この間三回にわたる不景気, 年間これも本職, 年間さぞ苦しかったろう, 年間さまざまの人, 年間しだいしだいに情操, 年間しばしばこういう文句, 年間すなわち私が, 年間すらすでにしかり, 年間ッと, 年間ずいぶん派手な, 年間ずつの刑を, 年間せつせと, 年間そう云う機会, 年間そしてその後の, 年間その他の研究会講習会, 年間それから江戸南町奉行に, 年間それぞれの大, 年間それ等の学課, 年間そんな事を, 年間たとえ順番が, 年間たびたびものの書けない, 年間だいこんはスラックス, 年間だけを抜き書きした, 年間ちらとたった, 年間つけたことも, 年間つづけて衣服食糧等, 年間つぶさに修学した, 年間つまり私が, 年間でありますが其三四年間, 年間でやしたからもうだいぶ, 年間ときどき学校へ, 年間として諸人に, 年間とじこめられている, 年間どうのかうの, 年間どこにでも引ツ, 年間どれほど気を, 年間どんな暮しを, 年間のだった, 年間などはまだ黄金, 年間なにをし, 年間なるべし裔孫西村氏所藏, 年間なんてたいしたもの, 年間なんとかして, 年間にさえ大小二十余隻の, 年間にだってそんなに沢山, 年間にて修了する, 年間にわたつて, 年間にわたっての失業救済事業案が, 年間のばし得た結果と, 年間はじめての事, 年間ばかしの生活を, 年間ひいたりたし, 年間ひでえめ, 年間ひとりの女, 年間ぶっ通しに, 年間ぶっ続けに息, 年間ほどに躍進的に, 年間ほどもちょうど今, 年間まあ人並に, 年間まずこれほどに, 年間また別に二年近く, 年間まだとけて, 年間まつたく消息を, 年間まで残り在た, 年間までで十一代に, 年間までの間の, 年間までは朝, 年間まともな格好, 年間まるで忘却し, 年間まア六年間ぐらいは, 年間みつちり仕込む, 年間みつしり治療し, 年間もくもくとしてつちかっ, 年間もさつきあって, 年間もっていた, 年間もつかどう, 年間もつれ添ってい, 年間やかましい小言を, 年間やった学習の, 年間やっと暮らし得るだけの, 年間やはり摩擦の, 年間よく辛抱した, 年間よしていた, 年間わし一人じゃ, 年間わびしく墓表ばかり, 年間われらを愚弄, 年間て詩人, 年間ゐたといふ女, 年間を以て最活動, 年間アイルランドの王様, 年間アフリカの大, 年間アメリカが日本, 年間アルミニュームの弁当箱, 年間イギリスに留學, 年間オランダスイスオーストリヤチェコベルギー等を巡業, 年間ギリシア系のプトレマイオス王朝, 年間ギリシャで最も, 年間グライハ僕ハ常ニ妻, 年間ケリルとエマル, 年間コキ使って, 年間シカゴ交響楽団にいました, 年間シベリアを流浪, 年間スイスに逃亡, 年間スウェーデンを支配, 年間スカンジナビアに住居, 年間スマトラ地方で同棲, 年間セラ大学で修行, 年間ソヴェト同盟が耐え, 年間ダイヤモンド鉱山のこと, 年間ツルゲーネフはパリ, 年間ディーニュに住ん, 年間ニ二倍セシ人口増加率ニヨリテ百年後少クモ二億四五千萬人, 年間ニ至ツテ松葉屋某ナル者魁主トナリ, 年間バルザックの大胆不敵, 年間バルナバスはこの, 年間パリに生活, 年間ヒマラヤ山と離れなかった, 年間ビールばかりのん, 年間フランシス・カルコばりの憂愁, 年間フローレンスのヴィラ・ロマナ, 年間ペストが流行, 年間マゲを落さなかった, 年間マダガスカルの守備隊, 年間マリユスはほとんど, 年間マージの許, 年間ミス・ミンチンの学校, 年間ヨリ雪下ノ時毎ニ黒色, 年間ラジウムを取出す, 年間ラジオの機械, 年間レスパネエ夫人に少量, 年間レブン寺の法律, 年間ロウマ帝国の各市各州, 年間ロシヤ側の執拗, 年間ローマに遊学, 年間一貫セシメ日本精華ニ基ク世界的常識ヲ, 年間ヴァレリーの言葉, 年間一つの仕事, 年間一万九千噸提供に応じた, 年間一九三三年頃まで文学, 年間一八三〇年代であつ, 年間一切の対局, 年間一刻も変らず, 年間一千二百曲の生産, 年間一字も書い, 年間一定不変の感情, 年間一年に一万円, 年間一座の横綱, 年間一斉に肩, 年間一族の宗祠, 年間一晩として服用, 年間一片のお便り, 年間一番の席, 年間一羽の鶏, 年間一般世人が三千三百万, 年間一軒の家, 年間一里半向う, 年間一銭のお金, 年間一體どんな事, 年間一體何をし, 年間七〇〇〇フランを貸与, 年間七回の夏, 年間三代の工人, 年間三備地方を巡遊, 年間三十歳を越す, 年間三味線が渡来, 年間三好三党に襲われ, 年間三河屋の佛心, 年間上海に居り, 年間下宿屋から一高, 年間知行の, 年間不自然な經濟界, 年間与えてきた, 年間の荒浪, 年間世帶の切盛り, 年間世間一般の就職難, 年間中原と江南, 年間中学校に通い, 年間中絶して, 年間中風に罹っ, 年間を発表, 年間乗船を海事局, 年間九十三歳で死んだ, 年間予て御丹誠, 年間予備校に通っ, 年間予期しつづけて, 年間予算が二千八百円, 年間二一〇〇磅の資本, 年間二人は呑気, 年間二十の春, 年間二十七歳の秋, 年間二十五編の作中, 年間二四磅から二五磅, 年間二百季間六百月間一萬八千二百六十餘日間四十三萬八千七百餘時間を經, 年間二頭が生き, 年間云々の伝説, 年間五千円の貯金, 年間井上流砲術の完成, 年間井伏さんの作品, 年間亡命一八七〇年普仏戦争による帝政崩壊後, 年間交誼のある, 年間京師に上り, 年間京濱間に興行, 年間京都医大附属病院で助産婦見習兼看護婦, 年間京都大阪の市民, 年間人々はいかに, 年間人力がつくせる, 年間人手を離れ, 年間人生のいろんな, 年間人食いの歴史, 年間仏徒の横肆, 年間仏教徒の尊崇, 年間仏蘭西で百姓, 年間仏蘭西文壇の, 年間仕込まれて未だに, 年間仕込んだので一問, 年間のどの, 年間他国に流浪, 年間以来の古, 年間むつまじく連れそっ, 年間任期の五人, 年間休ませている, 年間休んだのは, 年間休学したが, 年間休養して, 年間会った事が, 年間会堂裏に自炊生活, 年間伝馬町御牢内, 年間位さきは見当, 年間位百合子とともに暮した, 年間位鄭重に保護, 年間住み氣象の, 年間住みなれた身延を, 年間住み荒されて来, 年間住んで來, 年間佐々の家, 年間何とかして, 年間何とも云へ, 年間何ものにも眼, 年間余り手も通さなかった, 年間作曲生活を続ける, 年間使い馴らした椅子, 年間依然たる読書嫌ひで, 年間便りしないと云つて, 年間修業して, 年間俳句界におる, 年間倉庫に寝かせた, 年間倦まずに修業, 年間倭人の事, 年間停止して, 年間停止待合芸者やも廃業, 年間働かせられている, 年間働きづめでためた金だ, 年間にさせ, 年間優勝者の權力, 年間に云った, 年間先づ無事に勤めた, 年間先輩として最も, 年間光田園長の指導下, 年間入れられて苦役, 年間国民が, 年間全国周遊中各所において妖怪, 年間全集刊行のこと, 年間八州を以て又, 年間公務に就い, 年間六十パーセントの児童坑夫, 年間六十八篇に及んだ, 年間共に住み実に, 年間兵役に従事, 年間其の間大小様々の, 年間其編纂に腐心, 年間内城の某家, 年間内科教室で, 年間再婚をなさらなけれ, 年間冷飯を食, 年間出雲大社の巫女阿国, 年間切っても切れない, 年間刊行の巨勢彦仙, 年間の執行, 年間割合にちょくちょく, 年間劇場を閉鎖, 年間努めに努め, 年間労働者階級はともかく, 年間勇太郎を育てた, 年間勉學をし, 年間勝負師として生き, 年間勞役に從, 年間勤めて年額七千七百円, 年間勤めあげたことが, 年間勤めた商業學校の, 年間勤務したら退職手当, 年間勤王一途の忠勤, 年間北条泰時が宇治攻め, 年間北海道へ行つて, 年間医学の勉強, 年間十一歳で藩地, 年間十五年の星霜, 年間十余人の子女, 年間十分に勤めなけれ, 年間破矢家, 年間半身不随でおりました, 年間半額などとね, 年間南支那に滯在, 年間博多で修業, 年間博大の筆陣, 年間印度哲学を勉強, 年間印行の地圖, 年間受け持っていただいた, 年間受持つべく招聘された, 年間古今圖書集成なりて, 年間古着屋をし, 年間只奉公して, 年間号令をかける, 年間吉原の橋本楼, 年間同一の供給, 年間名人戦ばかりでなく, 年間が僕, 年間吹かれた数千の, 年間吾妻太郎行盛の城跡, 年間呼吸して, 年間をかけ, 年間に留學, 年間喜んで協力, 年間喜田川氏の旧居, 年間喪服を着けます, 年間噴火山上の泰平, 年間囘教東漸説の起源, 年間四十三億三千万キロワット時と計画, 年間四十余年を通じての人情, 年間四国九州と渡り歩き, 年間四条院の天福延応年間, 年間図画を習った, 年間国会の審議, 年間国民は毎年, 年間国民的運動の首領, 年間國外に追放, 年間國詩の經歴, 年間土佐の経世家, 年間土匪全軍, 年間土曜日ごとに逢っ, 年間在世であったとは, 年間在京いたし荊妻, 年間在勤して, 年間在学したので, 年間在家となる, 年間地下にある, 年間城内は荒れる, 年間執念に戦, 年間執念深くつきまとわれた, 年間増加し始めて, 年間壮一君からはまったく, 年間だけを聞い, 年間売上げ七十億円十五の工場, 年間外出できなかった, 年間多大の労力, 年間夜分外出しないと, 年間にも思わなかった, 年間夢にも現にも口癖, 年間夢想してるの, 年間衍暦を, 年間大きな比率の, 年間大勉強して, 年間大勢と一緒, 年間大地に沁みとおる, 年間大学の仏文科教授, 年間大島氏の家, 年間大庭さんにとっては心, 年間大政翼賛会文化部の仕事, 年間大王は国力, 年間大石先生にとってこの, 年間大繁昌をし, 年間大蛇となりいた, 年間大谷大学ついでまた竜谷大学, 年間大食國に拘留, 年間天下をお, 年間天主教が支那, 年間天狗さんにつままれ, 年間天部部落が四条河原, 年間太陽の照り, 年間は何と, 年間奈良京造営の際, 年間奉公した, 年間奢侈のゆえ, 年間奥羽の中央, 年間奨励金の援助, 年間女中生活をし, 年間好きな本, 年間如何にし, 年間妖術者キルケの為め, 年間妻子ニ対スル送金ヲ絶チタルガ如キ場合ニ, 年間始めてぶつかった, 年間姿を隠した, 年間婦人作家の活動, 年間婦女を遠ざけます, 年間孜々として吾巣, 年間孤独の間, 年間孤閨をまもっ, 年間学校へ通った, 年間学業を怠る, 年間宗藤家に辛抱, 年間のお, 年間定期洪水の起る, 年間実在し第, 年間宣教をした, 年間宣教師によつて印刷術, 年間宮本の獄中生活, 年間家事の雑務, 年間家庭を営む, 年間家族を養う, 年間宿老に列, 年間と繁栄, 年間寒参りをした, 年間足に, 年間寝とまりした職人の, 年間寡婦として旧家, 年間寡婦生活をなし, 年間尊い血潮が, 年間小生の為, 年間小言も云はず, 年間小都会の劇場, 年間就職しつづけた人々, 年間尽く揃って, 年間尾行につき纒, 年間居ない留守中に, 年間居るだけの学資, 年間居住ノ後, 年間渡海する, 年間屡々国劇の, 年間屡次にわたつ, 年間山城の宇治, 年間山越しで通学, 年間山陰諸国に祭られた, 年間岩魚を釣っ, 年間崇徳院から百首, 年間崔荘で質庫, 年間巡礼して, 年間工場生活をしなけれ, 年間工夫して, 年間左近は密輸船, 年間巨額の資本, 年間れの, 年間師匠の家, 年間帰らざりし男の, 年間帰らぬ恋人を, 年間帰郷しなかったの, 年間常設的にその, 年間幕府へお, 年間平和を保ち続けた, 年間平田将監という者, 年間年々四五篇以上の生産, 年間幸いにも非常, 年間幽閉されたるこの, 年間幾万人の日本人, 年間幾多の詩人, 年間庇われる者なく, 年間についた, 年間へださない, 年間座右にある, 年間康煕帝の勅, 年間延長させたため, 年間建長寺内の山の上, 年間弁護官の椅子, 年間引きつづいて, 年間引き続いて過度, 年間引き続いた罪となりは, 年間弘前城築城の際, 年間造られて, 年間役人をし, 年間彼地で彼, 年間往来して, 年間待たなければその, 年間待ってくれ, 年間堀川院の, 年間徒然として過した, 年間従事した事, 年間復興に必要, 年間徳川吉宗が将軍家, 年間に掛け, 年間心ひそかに研究, 年間志士にたいする幕府, 年間志願女であって, 年間忠勤を擢, 年間思いだしたことも, 年間思いつめて接吻, 年間思ひに思つて, 年間思ひつめて接吻, 年間思慕已まなかつた, 年間怠けつづけた根性が, 年間恒春園に薪水, 年間恥ずかしい痩せた小説, 年間悪名ばかり負っ, 年間惡人方に轉落, 年間愛用して, 年間慎重熟慮の結果, 年間懲役に服せしめ, 年間程己, 年間成長してからも, 年間我が中村屋の, 年間我外交の始末, 年間我慢して, 年間る時, 年間或は全将来, 年間戦争強行の目的, 年間房州で歌舞伎芝居興行, 年間所謂素人文学というもの, 年間をつけ, 年間手荒い仕事に, 年間手鹽にかけて輝く, 年間払込ヲ継続シサヘスレバ, 年間へに抑, 年間投げ太刀を, 年間押されとほし, 年間押されとおしている, 年間押し付けられ小さく凝集, 年間押し動かして来た, 年間持ちこしたのが, 年間持ちつづけて来た, 年間持続した渾沌, 年間捨て飼いに飼っ, 年間授乳して, 年間掛つて段々と, 年間探ねている, 年間探索すれども, 年間支払猶予され事実上, 年間放置した後, 年間政論の全局, 年間教育に尽し, 年間敬虔なる佛教徒, 年間数十万の参拝者, 年間数学殊に幾何学, 年間敵兵衛の行く, 年間文壇に介在, 年間文字どおり夢にまでみつ, 年間文学に励精, 年間文学専攷の結果, 年間文筆家として生活, 年間文體に苦心, 年間料理の修業, 年間らしい妻, 年間新しき文学と, 年間新川の酒問屋, 年間新撰組如上の本質, 年間日曜のほか, 年間日本じゅうの青年, 年間日本中を巡廻する, 年間日本国中を探し回った, 年間日本婦人の可能, 年間日本文化の基礎, 年間明治十八年迄用, 年間映画というもの, 年間映画界を隠退, 年間春秋二回づつ根気よく攻め続け, 年間の權相, 年間時々兄に, 年間時勢の変遷, 年間時計というもの, 年間さえあれ, 年間暖められた事の, 年間暮し無条件降伏と, 年間暮した目白の, 年間更に勉強し, 年間書きたく話したいテーマについて, 年間書きつづけられたのである, 年間多忙の, 年間最悪の数年間, 年間最盛期を過ぎ, 年間月々の生活費, 年間月々生活費を送っ, 年間有利な収穫, 年間朝夕をともに, 年間朝夕二回の屋敷, 年間朝鮮語を習ひと, 年間木の実を食っ, 年間嘗てこの, 年間未亡人生活を強いられる, 年間未開のまま, 年間本州の蝦夷, 年間本当に屋根裏に, 年間札差がはじまつ, 年間は自分, 年間李善が書いた, 年間束縛の多い, 年間来毎朝鬚を剃る, 年間東両国に小屋, 年間東亞の霸國, 年間東京専門学校経営の経験, 年間東洋の同志, 年間東洋新報に勤め, 年間東西に奔走, 年間東西遊記を上梓, 年間松下見林が其の, 年間松山に駐屯, 年間林応竜適情録二十巻を編, 年間果敢ない努力を, 年間柳枝さんが真打, 年間案内者を専門, 年間桑名の楽翁, 年間桑港の探偵捜査事務, 年間検事をし, 年間概して言へ, 年間しい事, 年間横浜に居る, 年間横濱に居る, 年間横綱を張っ, 年間横須賀村は門戸, 年間機会を狙っ, 年間欧羅巴へ遊学, 年間をよむ, 年間歌一つ作らなかつたけれど, 年間止められしと云う, 年間正しい方針で, 年間正しい情深いそして進ん, 年間正しく云えば, 年間正午と夕刻, 年間正平以後にかけてまで半, 年間正木の家, 年間正親町一位入道の青侍, 年間此処に住つて, 年間此眼で見, 年間此雰圍氣の間, 年間武士道を以て一般国民道徳, 年間武芸を学ん, 年間武術を怠り, 年間歩いてその, 年間歩き馴れたとほり, 年間を磨いた, 年間んど, 年間殆ど俳人としての交通, 年間殊に日清戦争から, 年間残存の江戸浮世絵師, 年間殺伐野蠻な塞外諸族, 年間母貝を海, 年間毎夜夜中に四時間, 年間毎年供給されても, 年間毎年冬になる, 年間毎年堆肥を入れれ, 年間毎年正月になる, 年間毎日五十囘づつ床に額, 年間毎日毎日質屋と薬屋, 年間毎月一度は必ず, 年間毎月一本づつ決つた日に舞, 年間毎月二度つ, 年間毎朝冷水を浴び, 年間毎朝納豆の呼び, 年間民主主義文学運動にたずさわっ, 年間のむく, 年間気温が昇りつづけたら, 年間気違いのよう, 年間に噛まれ, 年間水力発電所に労働生活, 年間水道端の荒木坂, 年間江戸伝馬町佐久間某の婢, 年間江戸劇界の人気, 年間池塘に居, 年間決して指揮棒を, 年間汽船に乗っ, 年間沒頭シテ尚何, 年間河豚毒の問題, 年間治安維持法というもの, 年間泡鳴の品行, 年間波瀾に富んだ, 年間泣いたりわめい, 年間泣かされて来た, 年間洋服というもの, 年間洗濯の御用, 年間津軽に於い, 年間津輕藩に於ける, 年間活動すると, 年間活躍して, 年間浄火の中, 年間浅井朝倉が聯合, 年間浮世絵師の色彩, 年間を見ない, 年間の谷, 年間減価しその間, 年間渡りなれた長い巴橋, 年間滯在して, 年間漂ってい, 年間漸く我慢を, 年間潜伏布教一六三三年長崎で穴, 年間澄江をめぐ, 年間濃くされて, 年間為せし如く, 年間刀の, 年間無い所で, 年間無数の騾, 年間無敵を誇った, 年間無料で教えよう, 年間無用の證據物件, 年間無配當で我慢, 年間焼失の講堂, 年間煩わしい政治騒ぎの, 年間熱心に, 年間父母の喪, 年間父親から無視, 年間を村, 年間牢獄におかれました, 年間を言わない, 年間特待生として数々, 年間特殊な血統, 年間狩谷掖齋の手, 年間独りでおる, 年間独国及び英国, 年間独居生活をした, 年間独立を全う, 年間に繋がれ, 年間獨佛國境の古都, 年間たり, 年間現在と同一, 年間理学部のもの, 年間理研で寺田寅彦先生, 年間理論と創作活動, 年間の中, 年間甚内の恩, 年間生きる者も, 年間生き残ったこの書, 年間生命が延びました, 年間生存の美人画家, 年間生活全体が空白, 年間生産に従事, 年間生産量からみ, 年間生類憐みの沙汰から当時, 年間用いそしてもう, 年間田地二町二・六段を当然, 年間田沼主殿頭様, 年間田舎に引込み, 年間由井正雪が一味, 年間留まってあの, 年間留まりしと云う, 年間留學いたした, 年間病少年の習, 年間病床にあった, 年間病臥して, 年間癇癪を起し続けな, 年間癇癪もちの倹約, 年間発覚しなかったが, 年間発電量は四十七億キロワット時, 年間登山をし, 年間發見再建されたの, 年間百二十人の多く, 年間百人の労賃, 年間百回の契約, 年間盛夏の一二ヶ月, 年間監禁されて, 年間目立たぬが本当, 年間眠った黄金だ, 年間眠らなかったのかしら, 年間眠らなかつたのかしら, 年間眠り続けた後に, 年間眺めたものかも, 年間知らぬ土地へ, 年間石炭を運搬, 年間石版屋へはいっ, 年間石経山房を守つて, 年間研究実験をし, 年間研究室のレトルト, 年間砲兵工廠に勤め, 年間磨いたらさぞ雅致, 年間磨きつづけて漆, 年間社会から隔離, 年間社会教育方面の仕事, 年間して, 年間祖先の祀り, 年間神田錦町の小さな, 年間私どもには結婚式, 年間私自身は殆ど年, 年間秘密に計画, 年間移建の際, 年間種々転変しつつ, 年間空虚となった, 年間立ちん棒を, 年間立ったままで, 年間立山に山崩, 年間立廻りに耽っ, 年間筒井順慶が織田信長, 年間築き上げたる文明を, 年間を置いた, 年間粒々辛苦の所得, 年間糧船来らず全島, 年間組織的詐欺を働い, 年間経営して, 年間結婚がもっと, 年間を休ん, 年間絶対にしゃべらん, 年間続けてゐた, 年間続け得る準備が, 年間編成の松崎祐之, 年間編数にし, 年間編纂の, 年間縫い通したもの, 年間繼續した, 年間美学の講義, 年間美術記者を勤め, 年間に師事, 年間翻訳探偵小説が大いに, 年間老いの今日, 年間へて来, 年間耐え忍びながら機会, 年間肉食といえ, 年間を病ん, 年間背負ふために三百六十五日, 年間が立っ, 年間臣ポローニヤスのみならず, 年間自らすすんで, 年間の助手, 年間舞台に居た, 年間良人に別れ居りし, 年間芥川家の者, 年間に捧げた, 年間花柳風俗の変遷おの, 年間苗木の生長, 年間若い彼の, 年間若くは十年間國外, 年間苦しい修行を, 年間苦労をし, 年間苦心惨憺して, 年間苦節を守りし, 年間苦難の道, 年間英国の歴史, 年間英国中のドイツ人, 年間英国文学協会で劇文学, 年間英国留学を命ぜられ, 年間荒野にさまよい, 年間菅氏の養子, 年間菅田村の神主二宮和泉, 年間菱川師宣が絵本, 年間落ちついたのであった, 年間蒐めるに, 年間蓄積されて, 年間薩摩守齊彬公樣より江戸神田小柳町, 年間虚堂録を提唱, 年間にまみれ, 年間行っていた, 年間行ない澄ましたのである, 年間行われなかったのである, 年間行雄の一家, 年間西太后の信任, 年間西暦十世紀頃京の都大路, 年間西洋で仕込んだ, 年間眞大師も, 年間見ず知らずの他人, 年間見たそのままの, 年間見なかった伝通院を, 年間見られた増加は, 年間見事に先生, 年間覚えている, 年間親交を続けた, 年間親戚としての往来, 年間言いだすのを, 年間言わば私は, 年間記事に, 年間りであ, 年間試験を受ける, 年間語学の教師, 年間説法の後, 年間調べたが似た, 年間調布町に住ん, 年間諸人の洋服姿, 年間諸役を免除, 年間謂わばまあ, 年間講堂の炎上, 年間議会と政界, 年間費した事は, 年間費やせる金額中帝室より, 年間貿易輸出入の不, 年間賢くないまま, 年間質實にし, 年間にしみ, 年間輾し, 年間転々としてアメリカ, 年間輸出入の不, 年間は独身, 年間農村の小学校, 年間農業に従事, 年間辿つて来た, 年間近くが半, 年間近く諸賢に與えられた, 年間つて來た, 年間通い古代英語の書体, 年間通い続けている, 年間通っていた, 年間造立に係る, 年間逢わなかった昔なじみの, 年間進歩の景況, 年間遅れるんだ, 年間遊女屋の在った, 年間運搬に困る, 年間をつくらず, 年間道場へ叩かれ, 年間遺族がこれ, 年間郷里を離れ, 年間都城を改修, 年間酷使されて, 年間重用し来つた家臣光秀, 年間金アミの中, 年間釣る量よりも, 年間鋭意して, 年間鎌倉の山, 年間から遮断, 年間長藩一藩を支配, 年間閉めっきりだった, 年間閉扉の間, 年間開いたことの, 年間開かずの家, 年間開かれなかったが三年目, 年間開業医としての診療, 年間闘い商務大臣の, 年間闘って今日, 年間院政をお, 年間陸奥の安倍頼時父子, 年間随一の大, 年間隠れていた, 年間の国, 年間雋異の才, 年間に打たせ, 年間雪中通夜の問答, 年間露西亜がエトロフ, 年間静かに貯金, 年間静坐して, 年間面壁して, 年間かつてゐた, 年間預りまたは院外保育児, 年間頭痛を忘れ, 年間飛び続けたこの研究, 年間食べる物も, 年間飢饉がつづきました, 年間飲まず食わず殊に一言, 年間飲んだとして一万九百五十日, 年間飽きもせず, 年間養生致しまして, 年間の廻らぬ, 年間馬鹿あがきの疲労, 年間馴染んだ江戸を, 年間塔山の, 年間鬼子母神の御, 年間鯨飲の悪習, 年間を飼っ, 年間麹町の屋敷, 年間の手巾, 年間黙って湖畔