青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「年来~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~平気 平気~ 平生~ 平等~ 平野~ ~年 年~ 年代~ 年寄~ 年月~
年来~
年生~ 年間~ 年頃~ ~年齢 年齢~ ~幸 幸~ ~幸い 幸い~ ~幸福

「年来~」 1452, 16ppm, 7187位

▼ 年来~ (536, 36.9%)

8 ことである 7 日本の 6 暑さ 5 私の 4 彼の 3 友であった, 宿望を, 経験で, 野望を

2 [23件] ことだ, ことで, 友と, 友達で, 希望であった, 幸運で, 御素願, 恋の, 悲哀の, 文明を, 旧知を, 望みで, 望みを, 物価騰貴に, 習慣で, 習慣である, 習慣にて, 考えを, 苦闘を, 親友であり, 詩壇の, 郎従の, 重荷を

1 [448件] ああちゃん, いろいろの, おくりもの, お尋ね者を, ぐるりを, ことであっ, ことであった, ことであり, ことです, ことな, ことの, ことを, この作家, この古い, こんたん, ご勉強, さんざんな, そちの, その組合仲間, つかれも, なじみと, ものかも, ものであり, ものです, ものとも, ように, よき山, よき時代, よしみで, よしみも, わが家も, ウンチクが, コンデイシヨンから, プレハーノフの, プロレタリア文学運動の, 一代の, 一日一夜も, 不作で, 不名誉を, 不孝を, 不安混迷の, 不景気の, 不気味な, 不運は, 中原制覇を, 中国の, 中風で, 主人を, 主張たる, 主張で, 主張の, 主張は, 主張を, 主義は, 予定の, 予期に, 事情が, 事業が, 事業の, 交誼を, 人間の, 人骨が, 仇敵であり, 仏蘭西新, 仲の, 伝統で, 伝統によって, 余弊とは, 信仰と, 信条だ, 信条であった, 信長の, 修行およそ, 先輩, 共同の, 内乱で, 出入も, 出版, 出版界は, 切望を, 刻苦によって, 剣の, 功を, 友, 友だった, 友である, 友人だ, 友人だった, 友人であり, 友人である, 友人でも, 友人同士である, 友人知己の, 友情の, 友達である, 古い建物, 古今調の, 古巣に, 古都の, 叫びであった, 史実で, 同情なき, 名宝の, 名所に, 后を, 否三千年来の, 呉越の, 命の, 和議を, 商売である, 問題を, 因習を, 圧迫を, 地震だ, 塵を, 変化は, 変遷を, 大内住に, 大吹雪, 大和の, 大局から, 大患を, 大藪だ, 大議論, 大雨が, 大雪, 大願としての, 天野の, 失踪者が, 奮闘に, 女子教育の, 奴隷的位地を, 好みその, 好みで, 好誼に, 学友で, 守護神であり, 宝探しに, 実情に, 実習が, 実行も, 実際に, 実験の, 家に, 家事で, 家族主義は, 家来筋で, 宿将や, 宿志を, 宿敵好敵手と, 宿望に, 宿望相達し候て, 宿痾が, 宿痾に, 宿願だった, 宿願であった, 宿願は, 寒さ, 寒気の, 小生の, 居城だ, 島津家などと, 希望が, 希望である, 希望の, 師壇の, 常夜燈, 平生を, 平静な, 建物が, 建設的努力が, 弊習の, 弊習を, 弱点な, 当分の, 役者似顔絵並に, 彼は, 御交誼, 御希望, 御懇意, 御持病, 御鴻恩, 徳川だ, 徳川の, 徳川政権を, 徳川智者も, 心友, 志望が, 志望であった, 志願だ, 志願に, 忠勤を, 念願であり, 思索に, 怨み重なる, 怨恨が, 恐ろしい思想, 恐慌が, 恩ある, 恩沢に, 恩義を, 恩顧の, 患いで, 悦ばしい仕事, 悪因果, 悪弊を, 悪政の, 悲しい歳月, 情人に, 情実にも, 情実を, 情誼を, 惰性と, 意中の, 愛好家が, 愛読書が, 愛読書の, 愛読誌である, 慣習を, 慾望を, 懇意です, 懇親で, 懸案を, 戦争強行と, 所帯の, 所蔵が, 所見を, 所見を以て, 持病は, 持論で, 持論に, 政治問題を, 教育統制などは, 数繁き, 敵たる, 敵同志だ, 敵国だ, 敵手である, 文学の, 文治と, 新日本主義的提唱, 新発明, 方法である, 日本としては, 日本に, 日記帳手帳の, 旧を, 旧友である, 旧友みたいに, 旧家と, 旧知である, 旧知己, 昔から, 昵懇だ, 晃刀に, 最も無能, 望みであった, 望み遂げるは, 札幌の, 根拠地が, 歌稿全体に, 武家政治も, 武蔵の, 歴史によって, 歴史的発展を, 歴史習慣, 氏族政治を, 汚名を, 江戸だ, 江戸の, 江戸人の, 江戸趣味の, 決算書類を, 沖縄の, 波瀾の, 泰平を, 流行です, 浮世の, 深い馴染, 深馴染, 淳風美俗たる, 溜飲が, 潔白が, 潜在意識から, 火の, 災害で, 災禍の, 無礼をも, 無音を, 煤を, 父祖の, 父立花博士の, 牛飲馬食で, 特色を, 狂言に, 独自な, 独逸の, 狸の, 現象である, 理想であっ, 生活から, 生活で, 生活と, 生活の, 生活状態から, 生活苦に, 田辺元, 由緒あり, 画債整理と, 画業に, 番頭が, 疑いである, 疑問である, 疑問に, 病芽が, 痳疾膏盲に, 発達と, 皇居が, 皇恩を, 盟国である, 目的であった, 目的を, 目論見である, 相識たるを, 真の, 眼病を, 知り合いだった, 知る限り, 知友である, 知己が, 知己で, 知己よりも, 知己横山天涯君統計好きの, 研究に対し, 研究を, 碁が, 確執じゃ, 社会情勢の, 社会的, 神歌の, 禍根であった, 私たちの, 私生活さえ, 秘密は, 秘密窯で, 秘策を, 系図が, 約束を, 素志を, 経歴を, 経済恐慌とは, 経験である, 経験に, 経験を, 統治権を, 絶望の, 繁忙な, 織田家における, 罪府の, 習であった, 習わしで, 習俗なれ, 習慣が, 習慣だつた, 習慣であっ, 習慣でしょう, 習慣です, 習慣と, 習慣は, 習慣を, 肩の, 胃弱を, 胃腸の, 胸が, 胸の, 腎臓結核によって, 腐れ縁に, 自説に, 自負心に, 色々の, 色調の, 苦節も, 苦節を, 荒んだ顔, 蔦衣を, 蟄状鬱憂に, 衆望であった, 行きつけの, 親友, 親友で, 親友である, 親友です, 親友に, 親友の, 親友をも, 親密今では, 親類つきあいが, 観察を, 計たる, 計画の, 記憶すべき, 記録にも, 誤信を, 誤謬である, 読者に, 誼を, 諦観である, 謎であった, 谷の, 豊作だ, 負担まけ, 貧乏ぐらしから, 貸金を, 資産の, 身体的疲労神経衰弱わずらわしき, 軍学を, 転戦君側の, 通商の, 速断と, 運動によって, 道友です, 道徳教育が, 都市計画を, 金の, 金科玉条苦しみの, 鎖国を, 長江は, 長谷川伸の, 関係な, 閲歴に, 闖入者が, 雄敵, 難題であり, 雪だ, 露店なりき, 革新の, 頗る不振, 顔なじみの, 願いであります, 顧客を, 風来坊の, 飲み仲間, 馴染と, 馴染みだ, 馴染みである, 驕慢, 鬱念を, 魏の

▼ 年来この~ (27, 1.9%)

2 三者から, 巴里の, 生を

1 [21件] くらい嬉しい, とおりです, ような, 事業の, 二つの, 先生とは, 単調な, 商売を, 寺の, 山国を, 投書に, 文学運動に, 方の, 方務めつ, 方面の, 木曾地方を, 片田舎に, 社を, 種の, 窟に, 辺を

▼ 年来その~ (17, 1.2%)

1 [17件] うちの, ことのみを, 一事を, 事を, 人と, 先駆的な, 家運が, 常識が, 恩顧を, 方面の, 水準が, 率は, 男と, 精緻な, 良心として, 隠し事に, 風土と

▼ 年来~ (14, 1.0%)

2 大分の

1 [12件] さぞ漁村, インフレ出版という, 一層脆弱, 信州林檎の, 健康が, 尋常人の, 小説も, 忘れて, 戦争は, 春に, 未醒号を, 米の

▼ 年来日本~ (9, 0.6%)

1 には外国作品, に流行, の大衆, の女, の婦人たち, の学者, の文学, の気候医学, を治め

▼ 年来~ (9, 0.6%)

1 に勧告, の読んだ, の迎へた正月, はこの, はたいてい, はほとんど, は女性, は新庄, は青森市

▼ 年来~ (7, 0.5%)

1 おたがいに猜疑, しのんで, 交渉が, 其の別荘, 投げ放しにな, 武事に, 自炊生活を

▼ 年来一度~ (7, 0.5%)

2 も外れた 1 もない, もなかっ, も欠かさなかった, も遊んだ, も顔

▼ 年来~ (7, 0.5%)

1 が一度, が住ん, と仲, は一見, は世俗的, は毎朝, は火元

▼ 年来~ (6, 0.4%)

2 に釈然 1 にとめ, に溜っ, の店, を用いた

▼ 年来~ (5, 0.3%)

1 宅の, 屋敷さまへ, 屋敷へ, 慕い申して, 浦の

▼ 年来住ん~ (5, 0.3%)

1 でい, でいた, でいる, できた, でゐる

▼ 年来~ (5, 0.3%)

1 の取り来りし, の浅草放浪時代, はこの, は小説, は恐怖

▼ 年来常に~ (5, 0.3%)

1 予が, 同じメソッド, 現前の, 空腹の, 簡単の

▼ 年来~ (5, 0.3%)

1 奉公申し, 尽力被, 懇意で, 懇意にも, 贔屓に

▼ 年来苛政~ (5, 0.3%)

5 に苦しめられ

▼ 年来これ~ (4, 0.3%)

1 ほど戯曲, をくり, を商標, を愛好

▼ 年来それ~ (4, 0.3%)

1 が一つ, で間に合っ, に心命, を行い

▼ 年来~ (4, 0.3%)

1 なく渦, なく舅達, 出入し, 言へる

▼ 年来~ (4, 0.3%)

1 なかった, なくもっとも, 三十五度に, 読みました詩論

▼ 年来同じ~ (4, 0.3%)

1 ことを, 方法で, 机の, 鯨音を

▼ 年来~ (4, 0.3%)

1 に増し, に増した, に新聞, に目

▼ 年来自分~ (4, 0.3%)

1 が目, が考えた, の心, の肩

▼ 年来貴族院~ (4, 0.3%)

2 で藩閥政府, の闘将

▼ 年来という~ (3, 0.2%)

1 ものお前が, もの年一年と, 大雨

▼ 年来なかっ~ (3, 0.2%)

1 たこと, たほど, た程

▼ 年来まだ~ (3, 0.2%)

1 かつて戦, ほんたうの, 梶から

▼ 年来わたくし~ (3, 0.2%)

1 が郊外, は宿痾, を後援

▼ 年来~ (3, 0.2%)

2 一人 1 生涯ニ積ミ重

▼ 年来初めて~ (3, 0.2%)

1 です, の, 失業者の

▼ 年来~ (3, 0.2%)

2 に忠 1 ノ小心ト暗愚

▼ 年来大いに~ (3, 0.2%)

1 態度が, 為す所, 進歩し

▼ 年来懇意~ (3, 0.2%)

1 にした, にする, の所為

▼ 年来文学~ (3, 0.2%)

1 が転々, の世界, 及び一般

▼ 年来未だ~ (3, 0.2%)

2 曾て 1 嘗見ない

▼ 年来未曾有~ (3, 0.2%)

2 の珍事 1 の吉野流離

▼ 年来東京~ (3, 0.2%)

1 に於い, の空気, の街

▼ 年来欠かした~ (3, 0.2%)

1 ことが, ことの, ことも

▼ 年来珍しく~ (3, 0.2%)

2 もなく 1 もなくなった

▼ 年来芸術~ (3, 0.2%)

2 の魅力 1 の裡

▼ 年来親しく~ (3, 0.2%)

3 して

▼ 年来~ (3, 0.2%)

1 にも洩, にも逢わぬ, ひとり考え

▼ 年来随分~ (3, 0.2%)

2 と人 1 特別異常な

▼ 年来いだい~ (2, 0.1%)

1 ている, て今日

▼ 年来いつも~ (2, 0.1%)

1 彼等を, 活火山として

▼ 年来こういう~ (2, 0.1%)

1 景色に, 疑問を

▼ 年来そんな~ (2, 0.1%)

1 事ばかり, 習慣に

▼ 年来つづけ~ (2, 0.1%)

1 てき, てやっ

▼ 年来ときどき~ (2, 0.1%)

1 想い出す我が, 私の

▼ 年来にも~ (2, 0.1%)

1 なかったよろこび, 珍らしく

▼ 年来わが~ (2, 0.1%)

1 国体民情に, 御主君

▼ 年来わし~ (2, 0.1%)

1 が参った, が餌

▼ 年来われら~ (2, 0.1%)

1 にその, の骨折っ

▼ 年来われわれ~ (2, 0.1%)

1 が突入, が致し来りし

▼ 年来~ (2, 0.1%)

1 かしな, 聞召し

▼ 年来一日~ (2, 0.1%)

1 に一度, も欠かさず

▼ 年来一貫~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 年来不遇~ (2, 0.1%)

1 な頼政, の地

▼ 年来世界~ (2, 0.1%)

1 と孤立, の各

▼ 年来主張~ (2, 0.1%)

1 して, し来たったところ

▼ 年来人間~ (2, 0.1%)

1 におどかされ, の脳

▼ 年来今日~ (2, 0.1%)

1 ある事, を待っ

▼ 年来伝わった~ (2, 0.1%)

1 日本人の, 民族固有の

▼ 年来住み慣れた~ (2, 0.1%)

1 墳墓の, 家の

▼ 年来住み馴れた~ (2, 0.1%)

1 イギリスを, 家の

▼ 年来~ (2, 0.1%)

1 かに附け, も相

▼ 年来依然として~ (2, 0.1%)

1 小使で, 忠実だ

▼ 年来凡て~ (2, 0.1%)

2 の物

▼ 年来始め~ (2, 0.1%)

1 て, てこう

▼ 年来~ (2, 0.1%)

1 で漢学, のまわり

▼ 年来小田原~ (2, 0.1%)

1 へ戻, へ戻っ

▼ 年来少し~ (2, 0.1%)

1 も家, も進歩

▼ 年来市区改正~ (2, 0.1%)

2 と称する

▼ 年来帝展~ (2, 0.1%)

1 に御不, を見

▼ 年来~ (2, 0.1%)

1 に雇, に雇われ

▼ 年来愛読~ (2, 0.1%)

1 して, の上田秋成全集

▼ 年来手広く~ (2, 0.1%)

2 取引を

▼ 年来数億~ (2, 0.1%)

1 の人, の人々

▼ 年来書物~ (2, 0.1%)

1 から人間, らしい書物

▼ 年来有名~ (2, 0.1%)

1 なマルサス人口論, になった

▼ 年来次第に~ (2, 0.1%)

2 肥満し

▼ 年来~ (2, 0.1%)

1 のダリヤ, の才学

▼ 年来江戸~ (2, 0.1%)

1 に来, の禄

▼ 年来~ (2, 0.1%)

2 の財力

▼ 年来特に~ (2, 0.1%)

1 私と, 駄目に

▼ 年来独逸~ (2, 0.1%)

1 によつて標榜, の雑誌

▼ 年来生活~ (2, 0.1%)

1 の唯一, の活

▼ 年来生理的~ (2, 0.1%)

1 な関係, に夫

▼ 年来病弱~ (2, 0.1%)

1 で始終, の身

▼ 年来~ (2, 0.1%)

1 の前, の底

▼ 年来知っ~ (2, 0.1%)

1 ている, ております

▼ 年来研究~ (2, 0.1%)

1 せる妖怪事実, の題目

▼ 年来種々~ (2, 0.1%)

1 な不幸, の問題

▼ 年来経験~ (2, 0.1%)

1 して, せぬ冒険

▼ 年来絶え~ (2, 0.1%)

1 て久しく, て客

▼ 年来絶え間~ (2, 0.1%)

2 ない創作

▼ 年来~ (2, 0.1%)

1 にする, に馴れ

▼ 年来~ (2, 0.1%)

1 藩の, 蛮を

▼ 年来諸国~ (2, 0.1%)

1 の高き, を遍歴

▼ 年来~ (2, 0.1%)

1 といえ, の他

▼ 年来非常~ (2, 0.1%)

1 な困難, に健康

▼ 年来馴染~ (2, 0.1%)

1 であったが, も深く

▼ 年来鬱積沈滞~ (2, 0.1%)

1 せるもの頃日, せる者頃日

▼ 年来鴫沢~ (2, 0.1%)

1 に寄寓, の家

▼1* [572件]

年来あざむかずまたあざむかれず, 年来あったのである, 年来あらゆる悪辣な, 年来あれ程目, 年来あれらの足柄の, 年来いかばかりの蛇, 年来いまだかつてない経験, 年来いまだに樹下石上を, 年来いろいろの点成長, 年来いわれている, 年来お側にご, 年来お尋ね者の五万円籠抜詐欺犯人, 年来やうな, 年来かたまった手紙は, 年来かつ迷いかつ, 年来かつてなかった, 年来かの国の, 年来かもしなされて, 年来かれが江戸, 年来くる年くる, 年来こがれ抜いたお綾, 年来ころがっている, 年来こんな情無い, 年来自身の, 年来ささえて来た, 年来さらに面会したる, 年来しきりに問題を, 年来しばしば繰返して, 年来ずっと店を, 年来そういう知己を, 年来そこにおい, 年来そこもととは武士, 年来それぞれの職分, 年来それらのもの, 年来たいがい一人で住ん, 年来たえず危惧の, 年来たくわえておいた, 年来たずねていた, 年来ただの一度, 年来たのみがいある, 年来ついぞそれは, 年来つとめている, 年来つれ添って, 年来であった由, 年来といふものは, 年来とくにこのごろは, 年来どこの家, 年来どんな国家の, 年来ないかしら, 年来なに一つ過ちをし, 年来なりある年九月十八日, 年来なんとかして, 年来にわたつて, 年来にわたる確執を, 年来のみ続けて, 年来はじめて行われたという, 年来ひそかに有力, 年来ひとり外形上の文明, 年来ひどくまずい小説, 年来ひろ子が愛着, 年来ほとんど縁が, 年来まず見られないの, 年来また急に, 年来まったく諦めて, 年来まるきり魚の, 年来むし込んでおいた, 年来むすことむす, 年来つきり頭, 年来めきめき活況を, 年来もちつづけて来た, 年来やって来ました実地の, 年来やっと見当が, 年来ようやく組織的計画的に, 年来わかっている, 年来わたしたちの一家, 年来を通じてそして特に, 年来アイヌ教化に没頭, 年来シベリヤの空, 年来ソヴェトの生産, 年来テュイルリー宮殿の烏, 年来パリイで人, 年来ピンの押入婿, 年来フランス民族を今日, 年来プロレタリア文学と称する, 年来プロレタリア解放運動における革命的プロレタリアート, 年来メートレスの役, 年来リオネロのうち, 年来リョウマチのため, 年来ロシヤでもせい, 年来にも二, 年来一つの現象, 年来一つ家に暮らした, 年来一時中絶して, 年来一色党はじめ三河在国一同の切, 年来七カ年の辛苦, 年来万世不易なるべしと, 年来三人の進歩的人物, 年来下十条に住ん, 年来不思議な世界, 年来不景気の店, 年来不眠症でしてね, 年来の教育家, 年来世の中の違った, 年来世上の通り名, 年来世界文芸批評の分野, 年来止す, 年来中止せる研究, 年来丹精ヲシテ拵エタモノ故惜シカッタガ, 年来主人がなく, 年来久しぶりに, 年来事欠かなんだ, 年来二十七戸の内, 年来二進も三進, 年来云わば産業技術, 年来云われて来た, 年来互いに相見なかった, 年来交誼のあった, 年来交通せし国, 年来に逢った, 年来人々の待ち望んだ, 年来人知れず苦ん, 年来人跡未踏の大, 年来人類が築い, 年来仁科に対して見せ, 年来今に江戸からの, 年来他人の書, 年来代々漢室の大, 年来のよかつ, 年来伐りくずしにかかっ, 年来て非, 年来住みなれて来, 年来住み古るしたる住宅は, 年来住み慣れて来た, 年来住む人も, 年来住める身の, 年来何んな状態, 年来何一つ殖えたもの, 年来何処からかいつか, 年来何千人の人, 年来が目撃, 年来余り坐り通しで大いに, 年来使ひ減らして, 年来使い馴れたユークリッド幾何学, 年来使った家来が, 年来使用したこと, 年来がない, 年来侵略を目標, 年来信ぜられて来た, 年来信階の女幾勢, 年来俳句に疎く, 年来偲びに偲んだ, 年来側近く育てて, 年来働いてゐる, 年来儒者の道, 年来兄貴に野暮, 年来兎角お墨付, 年来懇に, 年来村の, 年来全国各地方, 年来全然子と, 年来公務に恪勤, 年来共棲して, 年来再興して, 年来凡そ喧騒を極め, 年来凡庸と雖, 年来出入し日本赤十字社, 年来切り離されていた, 年来に変った, 年来別々に暮し, 年来別居せる内情, 年来到るところで, 年来剣術柔術等修行いたし松浦流, 年来劇文学の領域, 年来功労のある, 年来功績あったマヤコフスキー, 年来勤めました家来で, 年来北地頻りに警報, 年来北極圏内の開発, 年来十里四方お構いに相成りおる, 年来半身不随の老, 年来危険な状態, 年来特に過去一年来, 年来反覆主張する, 年来取りかかっておる, 年来取りつけの東京四谷, 年来取り組んでやっ, 年来受けて来た, 年来口語文を作り, 年来古い道徳観念に, 年来古今東西の哲学, 年来召し使っている, 年来作家は, 年来吉岡一門というもの, 年来同一趣旨の判例, 年来同校の名物, 年来周公孔子の徳教, 年来和睦と同時に, 年来和算史の研究, 年来和蘭人の居留地, 年来唐手に凝っ, 年来商業に従っ, 年来問題に触れ, 年来営業を続け, 年来嘗めつくした片恋の, 年来国事その他公共の事業, 年来国語の問題, 年来国防婦人会愛国婦人会その他婦人を家庭, 年来に還れ, 年来圧制の下, 年来を争, 年来地方人心の中点, 年来染みた傷寒論, 年来培われた親子の, 年来培養して, 年来堅固なる家風, 年来堆積して, 年来堪え忍んで来た, 年来を大きく, 年来変りなき大, 年来が来る, 年来へ出掛ける, 年来外国の交際, 年来多くの女, 年来多少有名に, 年来多数の読者, 年来塩家に, 年来大学その他専門学校で物理実験, 年来大納言家に奉公, 年来大衆作家となり, 年来天文学者の計算, 年来太平の海波, 年来太鼓の製皮, 年来失却したる我耶蘇基督, 年来奇異の血跡, 年来奇行がつづい, 年来如意と申す, 年来になっ, 年来妙見宮ヲ拝ストイッタラ, 年来妻君はドレスさ, 年来始めてであった, 年来婦人自ら内にある, 年来婦選のため, 年来孤独に住ん, 年来学問有志於今天晴宏才之聞有, 年来学業出精に付, 年来学界言論界政界はこの, 年来安住して, 年来安心して, 年来定まったその生活, 年来実に急速に, 年来実行して, 年来家事の加勢, 年来寄席通ひを, 年来密かに秘策, 年来ヲ恣ニシ, 年来富士山の詩, 年来寝食を忘れ, 年来封鎖して, 年来少くとも一年, 年来少しく工夫を, 年来け狙っ, 年来屡次登攀を試みました, 年来一層の, 年来山登りを続け, 年来左上肢特に手首, 年来帝国学士院の補助, 年来平和主義的な反, 年来あらたまる毎, 年来幾多の新しい, 年来幾度となく, 年来幾度十幾度毀しては, 年来広範な思想善導戦線, 年来度々邂逅う, 年来引きつづいてること, 年来弥之助は並々, 年来形式の習慣, 年来彼女らがなしてる, 年来従事せるところ, 年来御高恩を, 年来復員局ではいく, 年来心掛けている, 年来忍び忍び心がけて, 年来念仏の功, 年来思い合っておいで, 年来思い浮かべたことも, 年来思うていた, 年来思想的放浪に置かれた, 年来急激に変革, 年来恩遇を受けし, 年来恬然と, 年来悩まして来た, 年来悩みぬいている, 年来をうけ, 年来なる前例, 年来感傷に焼けただれ, 年来慣れたことすら, 年来憧れてい, 年来成功して, 年来我国の人貴国留居, 年来我我の見慣れた, 年来にした, 年来手紙を呉れる, 年来手飼の家の子郎党, 年来打ち続いた合戦に, 年来批判は到る, 年来投機によって証券, 年来に触れ, 年来抱いていた, 年来招かれている, 年来持ち来ったつぎまぜ, 年来按吉ぐらい憎むべき, 年来按吉ぐらゐ憎むべき奴, 年来捕物作家クラブの若い, 年来捜している, 年来捲き起って来, 年来提携した間柄, 年来搾られた精神の, 年来放任主義であまり, 年来政府の御用達, 年来政海の激浪, 年来文化の意識, 年来文学以外の領野, 年来文学的な本, 年来新潟の地酒宣伝特売, 年来新聞の共同販売制, 年来新選組は京洛, 年来既知あるいは未知, 年来日常生活の愉快, 年来日本アルプスとかいっ, 年来日本人は付け焼刃, 年来日本国をし, 年来日本映画界の前線, 年来日本男子をし, 年来旧態依然として今になほ原始, 年来映画をまったく, 年来時々人を, 年来暖衣を退け, 年来暗示のやう, 年来暮していた, 年来暴力の犠牲, 年来曹操から眼, 年来てない腰, 年来最大の関心事, 年来はこうして, 年来朝夕を知らせ, 年来朝威を忽諸, 年来朝廷に忠誠, 年来朝晩使い慣れた木, 年来朝鮮の移民, 年来朝鮮李朝藝術の美, 年来未経験の大暑, 年来本当に知らなかったと, 年来本所相生町の家, 年来村住居の私共, 年来東京高裁民事部長の職, 年来東西両洋, 年来染むると真紅, 年来根気よく書きつづけた, 年来桃源の夢, 年来桑門同様の渡世, 年来森枳園を扶掖, 年来様々な腹案, 年来様々変化は多い, 年来欠かさず観音様へ, 年来欠かすことなく, 年来されて, 年来欺かれていた, 年来歌舞伎や講談, 年来正月といえ, 年来正月元旦には姉夫婦, 年来此生を味, 年来を卑し, 年来歩み馴れて今, 年来歴史の風波, 年来死ぬことばかり, 年来残存せるもの, 年来毎日見馴れた世界, 年来民主主義文学を語る, 年来気まずい仲で, 年来水戸人士のこれ, 年来のごとく, 年来永住して, 年来決して不振とは, 年来沈滞して, 年来河上から流れ, 年来活動して, 年来海外のこと, 年来淀んだ空気は, 年来深いお世話に, 年来溜っている, 年来溜めて置いた, 年来漁師をやっ, 年来漂うて今日, 年来漢室の禄, 年来潜心その蒐集, 年来点しつけている, 年来為すところ上は, 年来無意味の分裂抗争, 年来片時も欠かさず, 年来物理学の危機, 年来特別の関係, 年来特殊民の研究, 年来独り思い独り, 年来独り外人のみがその, 年来独乙の統一, 年来猛烈な動き, 年来玄徳を殺さん, 年来王覇の争い, 年来珍しいことであった, 年来現代文学は社会性, 年来理想の新種, 年来理論的材料が増加, 年来殺の, 年来生命をかけ, 年来産金額も九州, 年来用い慣れた是公を, 年来田沢の乾分, 年来甲州家に宿怨, 年来町役場の書記, 年来異常な建築ブーム, 年来の広, 年来痼疾の精神病者, 年来発展し来った進路, 年来発行して, 年来発達し過ぎる位発達, 年来百種ばかりかいた, 年来百費を省き, 年来皇室を中心, 年来盆栽になるべき, 年来盗難など一度, 年来に活動, 年来盲目であったそして, 年来直接に徳川, 年来からんで戸別, 年来相撲場の木戸, 年来相馬殿を亡くさん, 年来眼鏡がない, 年来知らぬ奥在所の, 年来研磨して, 年来研鑽して, 年来破裂したるアフガニスタン境界論, 年来と聞こえず, 年来礼儀三千威儀三百の中, 年来社会事情の変転, 年来祝うということ, 年来私たちはあの, 年来秘められた財宝が, 年来秘蔵して, 年来稽古をし, 年来空想天を舞いあるいた, 年来窺っていた, 年来立ち寄ってたことを, 年来競馬場に出入り, 年来筑摩殿に対し少し, 年来糖尿病で神経系統, 年来紙幣の料紙, 年来つつある, 年来経営されて, 年来絶えず繰返して, 年来続けてゐる, 年来続けてるという彼独特, 年来置かれていた, 年来置き古し見, 年来美事に育, 年来美学上の見地, 年来義直を鍾愛, 年来翻訳といふ仕事, 年来老人はだんだん, 年来考えて見, 年来聞き及びました理想を, 年来肌身を離した, 年来を病ん, 年来にわだかまっ, 年来胸中にしらず, 年来腐敗したる人心, 年来腐食され涸渇, 年来自然に親しみ, 年来良人に買っ, 年来芝公園を万国博覧会, 年来芝居を改革, 年来芥川賞直木賞文芸懇話会賞等々夥しい賞, 年来若い男女の, 年来苦しんで求めた, 年来苦痛の歳月, 年来英魂を埋めた, 年来莫逆の友, 年来菊正宗の信者, 年来菲才その任, 年来して, 年来落第の中老, 年来るしく随喜者, 年来著しく思想化的傾向を, 年来蓄え置く武器硝薬, 年来蔦屋には随分, 年来薩南の地, 年来藩閥控制の術数, 年来蘊蓄した知識, 年来蘭書読みたき宿題, 年来蛮勇狼藉の遺風, 年来血圧が高く, 年来行ったことの, 年来行方を捜し, 年来は南子夫人, 年来西洋の書, 年来西瓜を作る, 年来覚えなかった安らかな, 年来親しい間がらの, 年来試し置いた杼, 年来読書趣味図書館趣味の養成, 年来読者にとって馴染, 年来講談社の諸, 年来議会の問題, 年来貧乏をしつづけ, 年来貧窮と屈辱, 年来貯えて乏しから, 年来買ったことの, 年来賭博風は吹き過ぎ, 年来起居をともに, 年来輸入物の仕入れ, 年来近習番頭取を勤め, 年来を絶つた, 年来連綿と続い, 年来進化論が唱, 年来遂に因果律に対する, 年来遠慮のな, 年来郷国を隣, 年来重い糖尿病を, 年来重恩の郎党, 年来金子を溜め, 年来金沢市内三百余町に飴, 年来金輸出禁止とか解禁, 年来鍛えられている, 年来鍛錬し得たる手腕, 年来を見る, 年来開きしことな, 年来間隙なく持続, 年来関係して, 年来附近一帯に恐慌, 年来陰陽五行の妄説, 年来陳腐なくらい, 年来隠していた事, 年来隠し切っていた, 年来隠岐出雲鳥取など各地, 年来雑誌分類の台本, 年来離さず犬の, 年来雨戸を閉め切っ, 年来の研究, 年来雪斎は病み, 年来非道を行, 年来面倒な台所, 年来音楽が成功, 年来預かって来た, 年来頓に萎靡沈滞し, 年来領する山を, 年来頻々として強震, 年来顛癇の発作, 年来食ったことの, 年来飲んだ酒だ, 年来飼うて居る, 年来飼った勝れて賢い, 年来飽くことなし, 年来ひ来つた全, 年来養成されて, 年来首尾一貫して, 年来馴れっ子に, 年来馴れたる足場を, 年来騒々しく発せられて, 年来高まっていった, 年来高踏不覊塵累, 年来鬱積して, 年来鬼王丸の縄張り, 年来黒谷の吉水禅房