青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「年代~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~平次 平次~ 平民~ ~平気 平気~ 平生~ 平等~ 平野~ ~年 年~
年代~
年寄~ 年月~ 年来~ 年生~ 年間~ 年頃~ ~年齢 年齢~ ~幸 幸~

「年代~」 1281, 14ppm, 8037位

▼ 年代~ (393, 30.7%)

10 日本の 6 ことである 4 終りから 3 初頭に, 昔に, 間に, 青年の

2 [32件] ことだ, ことで, ことであり, ころには, ものに, ロマンティシズムの, 丹治と, 事であった, 人で, 作家たちは, 児と, 初頭にかけての, 吉原には, 女の, 思想の, 故で, 日本における, 明かな, 昔から, 末に, 本所は, 空気から, 終りの, 者は, 若い人々, 連中みたいに, 長さ, 青白い憂愁, 頃でした, 順に, 順を, 麒麟児

1 [297件] ありふれた写実的心理劇, ある田舎家, ある陰気, いくつかの, こと, ころに, ころ石田三成が, すぐれた人, ずれが, ために, ついたいさみ, はじまりから, はじまりに, はじめごろ日本に, はじめだつた, はじめにかけての, はじめへ, はじめを, はなしとして, ひとたちが, ひとの, へだたりが, ほども, ものさえ, ものであろう, ものです, ものと, ものは, ものを, やや古, ような, アナーキストの, イギリスの, インテリゲンツィアの, グリムプスと, コーガンの, スピード, スローガンは, ソヴェトにおける, ドイツは, ハイカラー姿を, パリは, パリを, フランスで, フランス文学の, マザラン宮殿宝什目録に, ヨーロッパの, ヨーロッパ社会の, リアリティーが, ルノワアルの, ロシア, ロシアその, ロシアにおける, ロシアの, ロシア文壇に, ロシア生活の, ロシヤ生活の, ロマンティシズムが, ロマンティシズムも, ワインは, 一部の, 上に, 上より, 不幸な, 与えるもの, 世界的大, 世紀末を, 中葉以後の, 丹治即ち, 事である, 事です, 交錯し, 人々に, 人々の, 人たちでも, 人たちに, 人であります, 人の, 人心に, 人間, 人間には, 今ごろに, 今日に, 仏蘭西劇を, 仏蘭西及び, 低下が, 作品であり, 作家ゴーリキイが, 健康状態です, 分裂, 初めに, 初めには, 初め三年間ばかり, 初期に, 初期プロレタリア文学運動の, 初頭から, 初頭例の, 前後が, 前後には, 北大西洋は, 北村透谷だ, 区切りかた, 半頃に, 半頃奈良に, 古いもの, 古い九条家本, 古い歌, 古い點, 古きゆえ, 古き點, 古びたドツシリ, 古代神仙思想を, 古材, 吉原に, 団子坂名物であった, 国学者は, 土佐の, 天鵞絨の, 女性の, 如きは, 始めでした, 威厳が, 婦人に, 子供が, 学者の, 安永年間に, 富士山印東京レコードなる, 小説と, 小説を, 山の, 山路愛山という, 岸田の, 川田義雄で, 左右には, 差による, 差違のみ, 巻を, 廓の, 建造らしい, 影が, 役者絵は, 後半に, 後半は, 後半私が, 心が, 思想や, 思想を, 所謂, 扱い方は, 推定とか, 推歩を, 推算を, 政治に, 教育法は, 数字と, 文壇の, 文学が, 文学の, 文学を, 文學を, 新たな, 新型自転車は, 新旧によっても, 新派歌人として, 新聞は, 日本で, 日本と, 日本人と, 早い春, 明治に, 明記され, 春信において, 最も陰気, 有り様であります, 末から, 末だ, 末には, 末期から, 末期頃で, 東京, 東京の, 東京地図に, 東京絵図を, 板画には, 標準を, 武人型と, 歴史に, 比では, 江戸は, 決定が, 決定に, 汽船を, 流れの, 流行おくれ, 浅草風俗を, 浪漫主義に, 浪漫主義を, 浮世絵が, 浮世絵に, 浮絵は, 海に, 淑やかに, 溌剌たる, 火縄の, 為粉末に, 燦然たる, 片田舎での, 特質を, 現代の, 現実性から, 田舎の, 画風を, 異同は, 疑問が, 疑問に対する, 盛時に, 目に, 相違という, 相違などという, 相違などといふ, 相違は, 相違を, 知識と, 知識人の, 知識階級, 石壁に, 確な, 確實なる, 社会主義教授が, 立ったもの, 素朴な, 終りで, 終り七〇年代, 終り頃から, 終り頃までは, 終頃に, 経過せぬ, 纏った知識, 考定に, 考証論は, 者が, 自由主義者であり, 自由民権闘争に, 自覚ある, 色に, 色彩濃い, 芝居に, 芸術が, 芸術家らと, 若いひと, 若い女, 若い婦人たち, 若い学者, 若い新体詩人, 英国における, 荷風の, 表現については, 複雑な, 褪色も, 西インド, 計算に, 記憶ち, 証拠にまでは, 詩界を, 話である, 誤りという, 調査は, 諸国講社の, 農奴制度の, 進むに従って, 進歩人の, 郡司大尉の, 酒が, 醸造じゃ, 重なるに, 錆が, 錯誤と, 長州志士らと, 長州志士らと共に, 間には, 間人間味の, 関係から, 關係が, 限定出版として, 隔たる文献, 雰囲気が, 青年を, 青年男女の, 青鞜に, 革命運動に, 頃に, 頃には, 順序によ, 順序を, 馬籠の, 高揚は, 魂を

▼ 年代~ (153, 11.9%)

5 關する 4 於て 3 あっては, 亙って, 入つて, 就いては, 關し 2 すると, 人知れず斯, 入って, 安定の, 就て, 至りて, 通じて, 達するであらうさ

1 [113件] あふれ出した熔岩, ありては, ある人々, いくらかでも, いたって, かかる頃, こんな人, して, すでにその, そのよう, つきては, といた真理, なって, なってから, なっても, なつて, なると, なれば, はいつて, はじまったと, もう地下室, よくあった, よらず主として, わたって, シャレマアニュが, スコレスビーあるいは, ゾラや, フランスの, フランスへ, フランス人によって, プロレタリア作家たちが, 一人の, 一度に, 三宅花圃が, 上京した, 五年も, 亙つて, 亙る所, 京伝文化文政に, 伝承され, 伴う言葉, 作った音楽, 依つて, 入ったころ, 入ってから, 入っては, 入りて, 入り鳥居清長, 入ると, 写生文学という, 出來, 出来た俗, 初めて癩, 到つてフランス, 南畝が, 吉江喬松, 名ばかり南太平洋岸に, 唱えられた, 噴火した, 圓朝燕枝と, 基き順次, 壮年期の, 外務卿アルムストという, 夙く其跡を, 太平洋航路に, 女らしさ, 婦人作家の, 就いて, 就きて, 建てられたもの, 当るかが, 従ひ, 從へば, 徴し, 応じて, 成人し, 改訂されぬ, 數回の, 文学の, 新婦人協会, 於ける大食國, 既に一般読者, 早く夜明け, 早く生じ, 明瞭に, 書かれたもの, 桑田熊蔵工学博士が, 死んだ人, 歿しき, 比べて, 渉り, 現われた谷崎潤一郎, 當てて, 相當, 看板をか, 組織され, 美術的芸術的に, 聖林で, 至つてあの, 至つては, 至つて河東節を, 至るや, 良い絵, 萩野半之丞と, 蝉脱し, 記憶すべき, 起こりたり, 連れて, 進んで, 適するよう, 雑誌, 餘程差が, 鶴谷南北の

▼ 年代~ (117, 9.1%)

12 経て 3 明らかに 2 知ること, 経たもの, 超越した

1 [96件] きめて, きめること, これらの, さぐると, たしかめにくい, つい記録, つけた, はかる標準, はっきりと, みな爪へ, より古代, 一眄する, 与えようと, 代表せる, 先に, 写した北里文学, 区別する, 去ること, 取り揃えて, 同じくし, 同じゅうすと認, 問題と, 天啓三年と, 定むることの不可能, 定むることは, 寛政といふ, 審に, 振り返って, 推せば, 数えるよう, 数へれ, 明記してない, 明記する, 決めなければ, 決定する, 特記する, 生きぬいて, 異にした, 異にする, 疎かに, 的確に, 直ちに卑弥呼, 知りたがる人, 知るのに, 知るよし, 知る上, 知る必要, 示すに, 示すべく原本, 経たに, 経た事, 経た傷あと, 経た先祖, 経た古木, 経た大榎, 経た物, 経ないと, 経るとともに, 経るに, 経るに従って, 経過し来った, 經し, 經て, 經る, 繰り上げて, 繰り上げ或は, 置き代えたりは, 見て, 見ると, 観る上, 言い当てたり, 計算する, 記したもの, 記載したる, 詮さくする, 詳に, 誇るべき意匠, 調べるため, 調べ始めた, 調査する, 論ず, 超越し, 追うて, 追ってその, 追って伸子, 追って輯め, 追わずに, 送つた人たち同士, 逐うて, 通つて四十年代に, 遡り当今流行, 遡れば, 重ねて, 重ねるに従って, 隔てて, 顧り

▼ 年代~ (92, 7.2%)

2 いつ頃, これを, 不明である, 交, 大正十五年七月より, 大正十五年暮春より, 天武帝の

1 [78件] あなたが, ありませんが, いつごろ, いつごろだろう, いろいろ異論, かく相違, この種, すでにドイツ, ずっと早かっ, そう古い, その大, たしかに分らない, たしかに覚え, だからこれ, はっきりと, はっきり分らない, まだわからない, まだ古代神仙思想, まだ生活, まだ秦前漢時代, まだ非, もはや動揺, やったコレラ, やや不明瞭, よく知らん, よほど明, わからぬ, イギリスが, セイロンの, ナロードニキー運動と, ナロードニチェストヴォと, マズルカの, ロシア解放運動史の, 一九四八年私の, 一八三八, 一六五五年前後らしい, 一面に, 不詳だ, 世界史の, 元より, 分明でない, 前述せし, 半ば伝説的で, 単にロシア, 各世紀, 啻に絵画演劇, 地理的に, 多少前後, 多少異説, 大きなその闘い, 大正から, 實際よりも, 後であらう, 後代に, 数十年後に, 日本の, 日清戦争で, 明らかでない, 明記されてない, 昭和年代よりか, 男も, 相当の, 知ること, 知れない, 知れぬが, 筆執り, 終ります, 舊石器時代に, 蓮如の, 詳か, 詳ならざれ, 詳に, 違ひます, 鎌倉期に, 随分違います, 青年時代の, 飛鳥の, 鳥居派三世の

▼ 年代~ (69, 5.4%)

2 あるの, 前後數年にわたる, 古くて

1 [63件] あける, あまりにも, あると, きまる, きめられる, ごく新しい, ずいぶんたっ, ずって, それ自身の, ちがいすぎて, ちがうの, ちがわなかったちっとも, なく曲り歪ん, はじまったばかり, はつきり明記され, やや古く, わかりますね, わたしたちに, アメリカの, 一致しない, 下るから, 云へ, 京都語よりも, 伝説的に, 前後数年にわたる, 勝川春章を, 千年以上続い, 古いからと, 古いこと, 古いとか, 古いの, 古いので, 古いわけ, 合ひ, 始まった, 宋の, 少し合わない, 既に自分, 明記され, 書いて, 書いてないけれども, 決められた, 滅茶滅茶です, 甚だしく隔たる, 相違し, 確かでない, 確に, 稱する, 経たねば, 経って, 経つうち, 経つてから, 記入し, 記入した, 訣らない, 訪れる数年前, 誰で, 變つて居ります, 距りすぎてゐる氣が, 遅い, 違ったり, 違ふ, 降るに従って

▼ 年代~ (53, 4.1%)

2 などに記載, の中, を書きだした

1 [47件] があっ, がない, がわかる, こそ天, ですか, と雖, なぞを取り寄せ, などの記事, にある, には, には飢饉, にまで出, にもない, にも出, にも明かで, にも明らか, にも野暮, にモスコウ, に依ります, に出, に在る, に生じ, に目立った, に紹介, に繋がる, に載っ, のあと, のうろ覚え, のくわしき, の作者, の元, の示す, はすべて判明, はただ, は御苦労, へ特書, ものぢ, もので, も相手, をかり, をわが, を作っ, を作つて, を書いた, を書かう, を知らない, を繰返し

▼ 年代~ (42, 3.3%)

3 に並べ 2 によらず, に列記, に排列

1 [33件] からかぞえ, からはみ出し, から申します, から言, が附く, としつ, にした, にそうして, にその, にはなっ, に一九三九年, に並べた, に並べてない, に並べます, に並べる, に並ん, に区別, に各, に春夏秋冬二巻, に暗記, に此歌, に添え, に略伝, に示し, に繰, に見, に読ん, に載せ, に選び, に配列, の芥川, よりすれ, をふり替へ

▼ 年代から~ (33, 2.6%)

3 いうと 2 大正初頭へ

1 [28件] あるいはもっとずっと古く, いえば, いって, いっても, いへば, おくれて, でそれ以前, チャンと, フランス文学に, ローマン主義時代までの, 一九四二年にかけて, 九〇年代へ, 云っても, 云へば, 今日まで, 八〇年代は, 大正震災すこし, 始めるの, 微かな, 末世な, 柳生, 王事に, 米国の, 約四分の三世紀, 考えると, 考へますと, 言いますと, 言うても

▼ 年代~ (24, 1.9%)

1 [24件] なくすなわち, はつきりし, ほぼ明らか, また今後, まだ明らか, 不明の, 分らぬ古, 判って, 判つてゐない, 古いし, 多少推測, 恐らく相, 新しくかつ, 早い頃, 消えて, 漠然で, 相当に, 知ること, 終りを, 経ったこと, 記されて, 記されてないが, 記録に, 餘程古

▼ 年代には~ (21, 1.6%)

1 [21件] あらはれなかつたもの, いってから, いつた頃, いつて, いると, ここらに, その全盛, ひつて, まだほんの, シナ海で, 何かしら新し, 婦人参政権運動の, 岩瀬肥後の, 幕府は, 異説が, 盲目で, 眼が, 翻案の, 自ら文学殺戮の, 葛飾北斎も, 鳥居清信が

▼ 年代~ (12, 0.9%)

1 [12件] いい植物性, いえば, されて, そんなに考えがち, なると, なるや, 婦人作家, 定価見くらべ, 真喜の, 築き上げて, 製作年月が, 見るべきもの

▼ 年代~ (10, 0.8%)

1 あつた, いうと, はない, わかれて, 凡そ區別, 周囲に, 西洋医学を, 見ると, 黒茶けて, 鼠色に

▼ 年代~ (9, 0.7%)

1 あると, 六十年代に, 内容を, 名前が, 大い, 日付や, 月日の, 考証がかった, 順序なぞは

▼ 年代~ (8, 0.6%)

1 ということ, なすがた, な正確, にみ, にシーザー, に知っ, に繰, に行く

▼ 年代において~ (7, 0.5%)

1 上古の, 他の, 故田口卯吉博士, 柱絵を, 民主主義文学運動は, 海底超人が, 空前絶後の

▼ 年代記もの~ (7, 0.5%)

1 だぜ, だと, である, です, ですよ, とこ, の黒羽二重

▼ 年代からの~ (6, 0.5%)

1 御停止木, 御年貢皆済目録, 文學者故人としては, 民衆の, 老舗で, 長い伝統

▼ 年代より~ (6, 0.5%)

2 いへば 1 いうの, ずっと以前, 四〇年代の, 謂へば

▼ 年代以後~ (6, 0.5%)

2 の言葉, の詩 1 のロシア革命史, の氏子

▼ 年代~ (5, 0.4%)

1 から發明後二十年そこら, が出版界, が私, とか系統, なと思う

▼ 年代という~ (5, 0.4%)

2 時代の 1 ときは, ものには, 時代に

▼ 年代~ (5, 0.4%)

2 かけて 1 かかると, かけての, 掛けて

▼ 年代である~ (4, 0.3%)

1 から分ってる, から分り, しまた, ばかりでなく

▼ 年代でも~ (4, 0.3%)

1 あって, よも今日, 今から, 今めかしい

▼ 年代によって~ (4, 0.3%)

1 又相当, 放射能の, 流儀が, 褐色黄泥薄

▼ 年代史的~ (4, 0.3%)

1 には正確, に地理的, に考古学的, に訂正

▼ 年代記的性質~ (4, 0.3%)

2 を帯び, を帯びた

▼ 年代であった~ (3, 0.2%)

1 かと思う, と思っ, と言っ

▼ 年代における~ (3, 0.2%)

1 スミスの, 宗門人別帳の, 近代物理学の

▼ 年代にも~ (3, 0.2%)

1 他の, 日本の, 触って

▼ 年代まで~ (3, 0.2%)

1 八厘, 出没し, 延命活躍せしめた

▼ 年代以來~ (3, 0.2%)

1 の所謂水帳, の準備期, わが國

▼ 年代~ (3, 0.2%)

1 に就い, に就き, を研究

▼ 年代記的~ (3, 0.2%)

2 に書きだした 1 なもの

▼ 年代こそ~ (2, 0.2%)

1 だぞ, 隼人この

▼ 年代だけで~ (2, 0.2%)

1 口実は, 見ようと

▼ 年代つまり~ (2, 0.2%)

1 この人生, 彼の

▼ 年代などは~ (2, 0.2%)

1 よくわからぬ, 忘れて

▼ 年代なども~ (2, 0.2%)

1 それぞれ史的根拠によって, ハッキリしない

▼ 年代においては~ (2, 0.2%)

1 あえて不正, 専ら勝川春章

▼ 年代にかけて~ (2, 0.2%)

1 まず第, 約四十年間西太后

▼ 年代にな~ (2, 0.2%)

1 つてから, つても

▼ 年代にわたって~ (2, 0.2%)

1 いて, 何回もの

▼ 年代までの~ (2, 0.2%)

1 人数を, 汽船は

▼ 年代以前~ (2, 0.2%)

1 に世間, の主観的随筆的評論

▼ 年代以来~ (2, 0.2%)

1 からの宿方, の古い

▼ 年代初頭~ (2, 0.2%)

1 の日本, の記憶

▼ 年代~ (2, 0.2%)

1 の標本, も嚴密

▼ 年代前後~ (2, 0.2%)

1 に言文一致体, の意識

▼ 年代後期~ (2, 0.2%)

2 から二十年代

▼ 年代記風~ (2, 0.2%)

1 な意味, のもの

▼1* [123件]

年代ある大新聞社, 年代いじりなどは抜き, 年代ほくの, 年代および地方の, 年代鉱毒に, 年代からは諸大名公役ら, 年代からも作物からも, 年代がずつと新らしい, 年代この第二次大戦, 年代これに準ずべき, 年代さえも確定し, 年代すなわち今次の, 年代その他のこと, 年代だけに捉え所, 年代だつたのであつ, 年代づけをしたがる, 年代であり貧しき詩人, 年代であれ一切の, 年代でなければならぬ, 年代とおない年, 年代として登場し, 年代となつてからは, 年代とに雪の, 年代とを合わすこと, 年代と共に次第に深, 年代どこのホテル, 年代などよりはよほど大きい, 年代などを忘れ変, 年代ならびにその編纂者, 年代にかかつて地方, 年代にかけての日本に, 年代にかけてはまだ殆ど, 年代については諸書に, 年代についても黒川, 年代につき私の, 年代にわたっても外夷の, 年代に対する疑問が, 年代に従い行数少なく, 年代のなんぞといふと, 年代はずツと遡るし, 年代また年代と, 年代までは物資を, 年代ものらしいが, 年代もので紋の, 年代やらが判明し, 年代よりか進んで, 年代よりも遥か以前, 年代をも示して, 年代をもって終りを, 年代を通してほとんど片道貿易, 年代を通じての羅馬貨幣の, 年代アメリカの軍艦, 年代ウプサラの大僧正オラウス・マグヌス, 年代ゴッホゴーガンによってそれ, 年代ニハ記憶ノ誤, 年代ハ伝ヘザレド新座郡小榑村ヨリ高橋図書ト云フモノ来リ発シトモ云リ, 年代ムンクより始まっ, 年代一世を驚倒, 年代一八四〇年および現行, 年代一般の画風, 年代不明の満, 年代不詳と書かれ, 年代に横, 年代中頃まではふんだんに, 年代とは呼ばれ, 年代以来世界交通の道, 年代以来黒船の到着, 年代以降今日に至る, 年代に至る, 年代八〇年代といえ, 年代八〇年代以降今日に至る, 年代初期という年代, 年代別けになっ, 年代卓一が中学生, 年代即ち西暦八百〇四年迄には, 年代及び姓名から, 年代古きは西暦前十四世紀, 年代の抜萃, 年代四〇年代のパリ, 年代土地の風俗, 年代のボンネツト, 年代家系というよう, 年代から考え, 年代執筆の, 年代或いは数学の, 年代日本の渾沌, 年代早々に催された, 年代こうも, 年代の数年, 年代甚シク古カラザル場合, 年代生まれのお互い同士, 年代ヲ絶チタル年代, 年代的穿鑿を離れ, 年代的解釈を許さない, 年代的順序とは次元, 年代及ぶといふ, 年代の幼年時代, 年代符節を合, 年代紀すべからざる永歳月, 年代終りのこと, 年代を發, 年代考久米邦武氏の日本上古史等, 年代自由党左派の決起, 年代英国において民権説, 年代英国帆船がやっと, 年代茫々たり暦日茫々, 年代西川風の, 年代西洋人情噺を以而, 年代計算が正確, 年代記物になる, 年代記的歴史以上の客観性, 年代記的集積配列でもの, 年代記続編嘉永五年の下, 年代記類にも記載, 年代および四十三年説, 年代がそれ, 年代譲りの言葉, 年代錯誤による, 年代は並び行われた, 年代阿部豊後守忠秋が執政, 年代の書, 年代鳥居清信出でて, 年代齟齬するに