青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「平野~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

平均~ 平家~ 平常~ ~平次 平次~ 平民~ ~平気 平気~ 平生~ 平等~
平野~
~年 年~ 年代~ 年寄~ 年月~ 年来~ 年生~ 年間~ 年頃~ ~年齢

「平野~」 1368, 15ppm, 7571位

▼ 平野~ (317, 23.2%)

12 上を, 中に, 中の 7 上に 5 中で, 中を, 方から, 里に 4 中へ, 方へ 3 一部に, 中でも, 果てに, 間を

2 [15件] うちに, うちには, けしきは, 一角で, 一隅に, 上には, 上の, 中央に, 人々は, 汽車旅は, 畑の, 真ん中の, 記録, 銀と, 青田も

1 [204件] あなたに, あの行為, うちでも, うちの, うちを, おとうさんの, おもて, かなた天つ, こと一座直属と, この方, ごときも, さきには, すえに, すべてが, それと, ところどころに, どこからも, どこを, なかへ, なかを, ならい糸の, ならい顔も, ほうへ, まっただなかである, まっただ中, まなか, まんなかのちひ, まン中, ま近, ものから, やうでありませう, やうに, ように, ドンヅマリの, パノラマが, フィニアスに, マンナカへ, 一本杉に, 一本道は, 一番首よりも, 一端に, 一端を, 一角が, 一角を, 一部が, 一部で, 丁度中央に, 上にも, 中, 中には, 中心の, 中楊柳の, 云って, 人々との, 人の, 停車場にて, 兄と, 光景である, 光景は, 入口に, 出口へ, 出来事なら, 到るところ, 前哨の, 北端に, 十里, 南部を, 南門に, 単調を, 向うを, 唯中に, 国々に, 国道を, 土に, 地で, 地図であっ, 地平へ, 地方では, 城が, 城へ, 城市は, 場所がらと, 塵埃の, 外に, 夜を, 大きな掌, 大なる, 大半が, 奥に, 奥へ, 如し, 家々に, 家々の, 寂しさ, 寒々と, 対峙だった, 小丘, 尽くる, 展開も, 岸崩し, 川, 川には, 川の, 川を, 川海湖水, 広大さと, 広茫, 広袤, 彼方から, 彼方に, 彼方には, 彼方遥かに, 意で, 戦はあやうし, 所所に, 手を, 打続く衛, 打續, 押し迫った白山山脈, 拓殖も, 接点だ, 文明が, 方が, 方言が, 景色, 景色でも, 景色の, 景色を, 未亡人などから, 未開を, 未開土に, 村から, 村であった, 村落は, 村里に, 東北に, 東南に, 東寄りの, 東方, 果ての, 果てを, 架の, 正中なる, 水え, 水には, 水を, 氷雪に, 波の, 涯へ, 港に, 湾の, 湿地帯にまで, 点景も, 無数な, 熱っぽい謎, 牧の, 町に, 百姓である, 盡くる, 真唯中, 真正面一里の, 眺めは, 神社も, 稲の, 稲は, 稲田を, 空が, 空に, 空は, 空へ, 空も, 空を, 端から, 端に, 縁は, 縁までに, 羽前水沢駅という, 耕作地に, 腕に, 花の, 草の, 草の根を, 荒さんだ, 蓬の, 行為を, 裳裾が, 西北に, 豪族たちに, 赤い土ほこり, 農民と, 道に, 道を, 開拓が, 間にかけて, 間の, 隅である, 雪に, 青草に, 青葉の, 面に, 養分は, 馬車, 骨折で, 麥畠に

▼ 平野~ (140, 10.2%)

2 めぐる遠い, 地中海の, 横切って, 瞰望した, 越して, 連れて, 過ぎて, 遥か東方に

1 [124件] あなた方の, いう, きずいたの, して, すぎて, すべて, そめて, ただ一人, ながめた時, なぜ一度, のぞきかけた, のぞく以外, のたくりゆくうち, ひかえてる低い, ひらいて, へだてた東羽黒, よこぎり森, 一座へ, 一望の, 一段高く, 丘を, 中心と, 久求の, 二月作品打合せの, 何処までも, 何處までも, 兩分し, 写生し, 分けて, 北へ, 北上し, 北上川が, 南へ, 吹く風, 呼び後姿, 圍む山腹の, 圧するもの, 夜更けの, 定めるには, 実地に, 少年連盟は, 展開させる, 山の, 左の, 平定し, 徘徊してる, 悉くおのれ, 意味する, 扼し京都, 抱いたり, 指さして, 指し, 捲く高き, 控へた館の, 擁しその, 明るくせり, 月の, 望むこと, 望んで, 横ぎっていった, 横ぎって汽車は, 横ぎって私は, 横切りながら, 横断し, 歩いて, 流れる利根, 流れる大小十三, 海洋と, 点々と, 照らし星辰, 燒き, 環の, 疾駆処々に, 眺めた, 知らない山間, 神と, 突切らう, 立てこめて, 縄張りに, 縦断した, 縦横に, 縦走してる, 罩めて, 肥すならば, 背後に, 蔽いつくす耕作力, 蔽うて, 行くこと五里, 覆うて, 見おろした景色, 見おろして, 見おろしながら, 見て, 見下して, 見下しアヤ, 見下し水運, 見下ろすこと, 見渡すよう, 見黒土, 視るごとき胆, 貫ぬく, 買い占めてのう, 走りしだいに, 越えて, 踏んでから, 踏査し, 迎へに, 逃げはしる其あと, 通つてゐた, 通つて地中海に, 進み來, 過ぎた暴れ, 過ぎりはじめても, 過ぎると, 道場に, 開墾する, 限って, 限つて北には, 隅から, 隔てて, 馳り, 駈けて, 驅り進み, 黙々と飾る

▼ 平野~ (139, 10.2%)

4 一代々, 出て 2 一定の, 下りて, 分岐し, 向って, 孤立し, 臨んで, 黄ろい

1 [117件] あっては, あるカタクリ, ある村, ある村落, いぢ, うつくしい小川, おとずれるはず, おりて, これが, これだけの, して, その式, それほど住んだ, つかまり体, つづいて, ところどころこんもりと, なる, のびて, のぼる, ひたすら謝った, みちあふれ, セーヌ河を, 一代一代都遷し, 上ぼるであらう, 下り立たずして, 下り行く白馬, 下る時, 主たり, 久しく農人, 交渉させる, 人影も, 任せること, 低湿の, 住む人間たち, 住む多分, 住む者, 住む農夫, 住んで, 倒れた六万, 先つこ, 出た, 出た陳調元, 出てから, 出ました, 出ます, 出る, 出るであろう, 出ると, 出るには, 出張った形, 包まれた湖, 向ひ, 君臨し, 囲まれた清艶, 土着し, 在る時, 声を, 大乱を, 大雨が, 存在し, 孤立する, 家康を, 島の, 拡がる, 持ち下る習い, 捕捉し, 散在してる, 散在する, 於てばかり, 於ても, 時おり開かれる, 暮れて, 望んだ低い, 来た, 来り基次, 極めてふさわしい, 横たわった同胞, 残って, 殺到し, 氾濫し, 沸いた物, 沿ひ, 注ぐので, 流れる揖保川, 深く移つて後, 照って, 燃えて, 生ずるが, 生ずる植物, 生まれたもの, 生まれ育った人, 立たざりき, 米を, 続いて, 聳えたて, 育ったまま, 臨んださびしい, 至るまで, 舎営した, 落ちて, 落ちやう, 行く傾斜地, 行く著く, 起る地震, 躑躅や, 軍神の, 近く多分は, 近く聳立し, 通じたころ, 連って, 野陣を, 開けてる断層, 降りて, 雑草の, 雲の, 雲煙縹渺たる, 響き渡れよとばかり

▼ 平野~ (75, 5.5%)

4 見えぬ 2 月光蒼茫として

1 [69件] いたる所, いま大きく, かくて, ここに, この六百年後, この戦勝, さらに広い, すべてこの, そこでは, その下, その様, でこぼこし, なぜああいう, ひときわ明るく, また山裾, まだ人間, まっくら, もっとちゃ, エレヴェータア・ボオイに, ガンボウジ伊那も, キラキラ輝く, 一瀉千里に, 一面に, 一面の, 上々の, 丑松の, 乏しく山, 今日でも, 今日人間の, 低いから, 低い山並み, 凡て耒耜が, 前の, 古層の, 夢の, 宛然戦場の, 少しも, 帰京, 帰京し, 幾たびも, 広かった, 微笑し, 悉く乾き, 悉く黄熟, 政宗が, 未だ海, 本木の, 武蔵野の, 淋しい不気味, 田圃で, 真暗な, 真暗に, 眼の, 米の, 紫に, 絶好の, 翌日は, 自然の, 蒼茫として, 西に, 見えない, 見渡す限り除虫燈, 赤城颪し, 関東勢の, 陸羽百三十二号という, 際限も, 雲に, 青々として, 馬籠の

▼ 平野~ (66, 4.8%)

2 つづいて, 或は高く, 遙か

1 [60件] あった, あつた, あらはれ, あり河川, ある, あるとは, お手のもの, かすかな, つらなるところ, のびて, ひかえ一年中, ひろがって, 一時に, 一望に, 一目に, 一眸の, 五穀豊穣であった, 何処までも, 其處に, 多くその, 大倭神, 安曇川を, 展開し, 山に, 広く農事, 廃都の, 廣い, 手に, 来た, 来た昨日京都, 来て, 来り一緒, 東京より, 概ね信濃川, 海だったら, 海と, 満鮮, 無人の, 田方郡の, 目の下に, 目も, 眼の, 私の, 私達の, 紐で, 美しく横たわっ, 薄青く, 表はれた, 裾野を, 見え銭塘江, 見晴せる, 見渡され更に, 遠く絵, 遠く見渡される, 遠く開け, 都市と, 開ける, 雙眸の, 雪で, 震える水

▼ 平野~ (57, 4.2%)

11 のお 3 のうち 2 のおとうさん, の話, の門, はその, ばかりで

1 [33件] か, からの注文, がその, が声, が立ちどまっ, ごとき思索家, という少年, とお, とてやっぱりそう, とてやつぱりさうだ, とわかれ, に案内, のおかげ, のおねえ, のだいすき, の失言, の心, の推察, の説明, の近く, はいきなり, はおねえ, はすこし, はそれ, はなぜ, はにわかに, はゾーッ, はネコ, は必ず, は更に, は理科, もしかた, を意識

▼ 平野~ (40, 2.9%)

1 [40件] いえば, いへば, すべきであって, その上, なる, なるそれ, ホテ・グリへ, 三人で, 三直で, 二人で, 二人に, 人体の, 共に行き, 出かけ広小路敷島パン, 出て, 加古, 又十一時, 同じほど, 呼ぶのみ, 女房同道で, 居て, 山間の, 川の, 市街との, 揃って, 東京から, 東北の, 毛野川の, 沼地と, 海とは, 海路の, 湖を, 熱海銀座へ, 筑波の, 耕田の, 西の, 見えて, 解釈し, 遊びに, 関東平野は

▼ 平野~ (35, 2.6%)

5 の如く 2 が兵隊, にはこの, もその, を時々

1 [22件] が中野, が居合, が最も, が独身者, が私, が見る, と私, などという良く, などといふ良く, にかう訊かれた, に叱られた, のやう, のよう, の場合, の失言, の如き, の小林多喜二, の方, は苦笑, を交へた三人, を引合, を引合い

▼ 平野少年~ (30, 2.2%)

2 のお, の顔

1 [26件] がうち, がお, がたずねます, といっしょ, とおとうさん, となかよし, と北村さん, にもの, のまわり, の名, の四人, の身, は, はおとうさん, はその, はそんな, はなにげなく, はふしぎそう, はウッカリ, はギョッ, はブーン, は小学校, は懐中電灯, もきれい, も小林君, をご

▼ 平野から~ (23, 1.7%)

2 旭ヶ丘に

1 [21件] すぐに, また黒部, 中部山脈を, 出づるのがよろしい, 切り離された急峻, 北へ, 吹きあげる千年, 山地にまで, 広い夜, 弥彦山を, 暗い空, 次第に谿谷, 甲府までの, 相模野が, 眺める四囲, 眺望する, 矢張り山中湖畔の, 西は, 追, 遙かに, 都へ

▼ 平野~ (23, 1.7%)

2 の話

1 [21件] がわたし, が小林多喜二, が本, が私, が軌道性, が選挙対策, に天皇制, の前提, の心理, の書かれた, の案内, の生んだ, の覚え, の言, はああ, はこの, はその, はもっ, は語っ, は雲, も違った

▼ 平野~ (21, 1.5%)

1 [21件] あの如く荒れよ, あれば, おちこちに, ことごとく一望, このよう, この辺, それと, ひろびろと, ふくんで, 一方は, 一緒に, 丘も, 収穫を, 実際は, 日本海も, 来て, 沙漠も, 湖も, 牛と, 甲州上州の, 西の

▼ 平野~ (19, 1.4%)

4 のおば 3 の夜店 2 に住ん, の女房, の里方 1 だった, であつ, に夜店, の伯父池田瑞仙, は御霊神社, へ来る

▼ 平野~ (18, 1.3%)

2 育てられた雲

1 [16件] いかなる小民, おざる, もし敵, 去年の, 恰度月が, 新市街, 村, 極めてなだらか, 止つた村には, 田圃と, 紅白亭へ, 芒や, 谺しはじめた, 進路を, 過ごした, 部落も

▼ 平野には~ (18, 1.3%)

1 [18件] その前哨戦, そんなもの, はてしも, 今ぞ, 入間川の, 処々に, 将門の, 平野らしい, 母衣を, 汽車電車の, 独特の, 稲が, 至って河, 至って珍, 葵の, 足利直義の, 青い物, 麦や

▼ 平野老人~ (16, 1.2%)

2 は首

1 [14件] がこれ, がようやく, が呟きました, でありました, につづい, の手, の言い方, はこう, はそれ, は再び, は呑, は得意, は打返し, は眼鏡

▼ 平野~ (15, 1.1%)

1 [15件] でて, またスワ, やって来た, わたる風, 下りた頃, 下るの, 出したら一トつかみ, 出てからも, 出る川, 帰って, 戦列を, 流れて, 私を, 里開, 降りて

▼ 平野神社~ (15, 1.1%)

3 といふもの 2 に就 1 で其の, なども同, に詣らなけれ, の伴信友, の四座御祭, の研究, の神主さん達, や宮中, を拝む, を片付けたい

▼ 平野~ (10, 0.7%)

2 は地主 1 が江戸, など有名, にきまる, にのこつ, に成城学園, をきり, を切上げ, を呼び

▼ 平野さん~ (8, 0.6%)

1 から, から一時払い, がしわがれ, が来た, だと, のお父さん, の子供, の家

▼ 平野という~ (8, 0.6%)

1 ことに, ところへ, もとからの, 人は, 佐々の, 家の, 料理屋が, 料理屋の

▼ 平野~ (8, 0.6%)

1 めぐり流れる川, アカシアの, 小林以上に, 川を, 河や, 海の, 湖水も, 田を

▼ 平野では~ (7, 0.5%)

1 あるが, この難点, これと, すでに激戦, ないかと, 到るところ田打ち, 頼む木蔭

▼ 平野~ (7, 0.5%)

1 それから今, で跡部, に行く, の敵, の東詰, の西詰, へ掛からう

▼ 平野との~ (5, 0.4%)

1 あいだ, 境すなわち, 無人境同, 間で, 間に

▼ 平野~ (5, 0.4%)

1 で急, に乗つ, の客室, は乗客, を見捨てた

▼ 平野国臣~ (5, 0.4%)

1 だの同志, に, は月照遺品, もこの, や沢

▼ 平野権平~ (5, 0.4%)

1 が来, だの片桐助作, であった, と大谷, なども

▼ 平野からは~ (4, 0.3%)

1 全く視界, 女の, 望めぬが, 谷川岳の

▼ 平野でも~ (4, 0.3%)

1 ない, よい其等, 廃物に, 楠木勢は

▼ 平野ゆりかさん~ (4, 0.3%)

1 がただ, が怪人, のへや, はひとまず

▼ 平野一郎少年~ (4, 0.3%)

1 と小林君, にはひとり, はま, は昼間

▼ 平野一面~ (4, 0.3%)

1 こそもっとも, に這い拡がっ, を見晴す事, を見晴らす

▼ 平野地方~ (4, 0.3%)

1 が裏, においては勿論, においても認められぬ, にアイヌ

▼ 平野富二~ (4, 0.3%)

1 が銀座, についても述べね, に見出される, の略傳

▼ 平野謙氏~ (4, 0.3%)

1 が反覆, が日本, の, のよう

▼ 平野とが~ (3, 0.2%)

1 ここで, ことに烈しい, そこへ

▼ 平野国臣様~ (3, 0.2%)

1 がこの, がすぐ, に伴

▼ 平野義太郎氏~ (3, 0.2%)

1 と好一対, の, の自由主義

▼ 平野街道~ (3, 0.2%)

1 から龍田, へかかる, を赤坂

▼ 平野警部~ (3, 0.2%)

1 がはられた, の手落ち, の訊問

▼ 平野だけに~ (2, 0.1%)

1 かぎられるので, はつきり目に

▼ 平野だの~ (2, 0.1%)

1 八ヶ岳の, 皺だらけの

▼ 平野といふ~ (2, 0.1%)

1 うちの, 料理屋が

▼ 平野なら~ (2, 0.1%)

1 ば一時間平均五哩以上進行, ば霰

▼ 平野にも~ (2, 0.1%)

1 その最初, 山人が

▼ 平野まで~ (2, 0.1%)

1 流れて, 逆襲し

▼ 平野までも~ (2, 0.1%)

1 望みました, 高い山腹

▼ 平野よりも~ (2, 0.1%)

1 甚し, 甚だし

▼ 平野らしい~ (2, 0.1%)

1 所は, 英雄が

▼ 平野~ (2, 0.1%)

2 に何ら

▼ 平野~ (2, 0.1%)

1 にあり, にうねうね

▼ 平野~ (2, 0.1%)

1 には蟻, の村

▼ 平野先生~ (2, 0.1%)

2 へ御機嫌

▼ 平野力三~ (2, 0.1%)

1 の三氏, は山梨県

▼ 平野名人~ (2, 0.1%)

1 の如く, も謙遜

▼ 平野君ら~ (2, 0.1%)

2 はどうも

▼ 平野君自分~ (2, 0.1%)

2 の手

▼ 平野~ (2, 0.1%)

1 で生活, の話

▼ 平野~ (2, 0.1%)

1 で討死, ともなれ

▼ 平野橋淡路町~ (2, 0.1%)

1 に闘, の三度

▼ 平野海上一面~ (2, 0.1%)

2 に包囲陣

▼ 平野義太郎~ (2, 0.1%)

1 という人々, を始め

▼ 平野義太郎小林良正等~ (2, 0.1%)

2 の有力

▼ 平野遠く~ (2, 0.1%)

1 開けては, 露はれ

▼1* [138件]

平野あの海辺あの, 平野こちらへ来る, 平野さんぢやない, 平野その樹木それらの, 平野たる関東平原の, 平野だけだったかも, 平野だけは古来から, 平野だって一月なかばを, 平野ちゑ嬢に私, 平野とか田甫の, 平野としては余りに広, 平野とで日日新聞へ, 平野となつてずつと, 平野とは又ち, 平野なからざるべからざる事, 平野などさしも広汎, 平野などはこの楽土, 平野などを旅行した, 平野における大機動戦, 平野にかけてお寺の, 平野にまで及ぼさなかったこと, 平野によって別天地を, 平野のどつちを, 平野へと崩れて, 平野ゆ, 平野みどりの三人, 平野より出づ, 平野よりは遙かに, 平野一帶がゴウ, 平野一旦帰り女房買, 平野万兵衛といふ人, 平野万里さんから寄越した, 平野万里氏が借り, 平野万里等と九州, 平野三十郎ひとりだけが立っ, 平野三十郎加藤虎之助の三人, 平野上田諸氏が集, 平野丘陵を望み, 平野両氏を援用, 平野亀三郎同家へ養子願済引移, 平野京都の今宮祭, 平野亮二と名前, 平野の法外, 平野作物小鳥日の光, 平野全面の村村, 平野八田共譯, 平野森へ, 平野力三三宅正一川俣清音宮井進一吉田実田所輝明稲村隆一等々で学生, 平野力三中村高一らが集まっ, 平野には渤海, 平野同宿で色々, 平野同道行く, 平野君フザけたま, 平野君フザけたもう, 平野喜房の, 平野国臣らの生野義挙, 平野多きを以て低し, 平野大和川住吉堺までを作戦地域, 平野大海の中, 平野行き以来, 平野富治を推す, 平野寿徳寺に永眠, 平野将監らも降, 平野将監以下の約, 平野将監以下三十余人は降参, 平野小児科医院そこに多賀治君, 平野山地の広, 平野嶺夫君の, 平野に沿う, 平野数十郷の百姓, 平野智治夫人其他の諸, 平野を経, 平野村医王寺境内にある, 平野村寄りからで, 平野村沖は過ぎ, 平野村長吏九郎左衛門小田原長吏太郎左衛門訴訟の事, 平野来り同じやう, 平野来ると電報, 平野梅田と云った, 平野検事のお, 平野権平が答えて, 平野権平大谷平馬, 平野権平石田佐吉糟屋助右衛門など七, 平野権平脇坂甚内等の勇士, 平野権平脇坂甚内糟屋助右衛門片桐助作桜井佐吉伊木半七, 平野権平長泰が声, 平野橋一本二本蘆の中, 平野次郎ぐらいが目, 平野次郎国臣は嘘言, 平野次郎野村望東尼は尚, 平野氏亀三郎を養つて子, 平野氏途中まで送, 平野はふさ, 平野琢磨君が鄭寧, 平野生品の郷, 平野の馬, 平野田園の盡, 平野町通りから二三軒南, 平野畷道または波うち, 平野白く眞下に, 平野にて気に入らず, 平野秀吉氏の唐詩選, 平野秀吉著唐詩選全釈, 平野稲村私らは日本農民組合, 平野と土地, 平野は三十日, 平野に二十日間留置, 平野義太郎山田盛太郎小林良正山田勝次郎大塚金之助服部之総羽仁五郎それから猪俣津南雄, 平野義太郎氏川田久長氏郡山幸男氏馬渡力氏川端康成氏土屋喬雄氏手塚英孝氏岩崎克己氏阿部眞琴氏等その他澤山の友人知人, 平野義太郎氏等と衝, 平野義太郎羽仁五郎をよこし, 平野耕作に, 平野脇坂七人の働き, 平野茫々一望無涯しかしてみな耕地, 平野萬里さんから寄越した, 平野萬里竹友藻風の諸氏, 平野の茂み, 平野衣笠山その衣笠山, 平野見渡すかぎり連り続いた, 平野謙その他の人たち, 平野謙佐々木基一荒正人本多秋五などといふ評論家, 平野謙私つ, 平野謙荒正人と俄, 平野謙荒正人その他の人々, 平野謙荒正人氏たちの論説, 平野の舞人, 平野農人の畑一齊, 平野へに来り, 平野運平氏と相, 平野部落へかけ, 平野長田源長氏の離れ家, 平野長蔵翁がある, 平野関八州雲の上から見る, 平野陰鬱なる大洋, 平野雄高警部は心眼, 平野革谿の, 平野馳せ來る, 平野鹿島などであった