青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「平民~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

平~ ~平凡 平凡~ ~平和 平和~ 平均~ 平家~ 平常~ ~平次 平次~
平民~
~平気 平気~ 平生~ 平等~ 平野~ ~年 年~ 年代~ 年寄~ 年月~

「平民~」 1146, 12ppm, 8866位

▼ 平民~ (236, 20.6%)

5 為に 4 手に, 間に 3 上に, 中に, 娘と, 娘の, 間にのみ

2 [18件] 中から, 出であっ, 声を, 女の, 娘, 娘だ, 子としては, 子は, 家に, 息子である, 意気を, 数が, 文化は, 生活が, 生活を, 病いを, 膏血を, 通る大通り

1 [172件] ことである, ために, だれかと, なかで, なかに, ほかに, ままでも, もとに, やうな, シバルリイは, 一人である, 七分の一に, 世界が, 世界なり, 両階級, 中でも, 乗馬を, 人には, 仕事では, 仙太と, 代表とも, 代表者の, 仲間と, 位地を, 住家における, 体臭を, 保有地のみが, 保護者と, 信仰が, 先輩にすら, 其人だけに, 内に, 内にも, 出だ, 出だった, 出であった, 別なく, 創立に, 創立は, 力にては, 区劃を, 区界を, 友と, 口へは, 名は, 名を, 味方から, 味方でも, 哀れな, 品位を, 善ばかり, 囚人らが, 団体登山が, 土地の, 土地所有を, 地位は, 地位を, 声なりと, 変化した, 多くの, 女であるなら, 女性は, 如くに, 姿で, 姿を, 娘である, 娘に, 娘は, 娘も, 娘平民の, 娯楽芸術は, 婦人が, 子が, 子であっ, 子であった, 子です, 子に, 子はね, 子も, 子らしい, 子を, 子供でも, 子供とが, 子供に, 子女は, 孤独な, 学校は, 富豪に, 少年が, 崛起を, 心裡の, 思想は, 思想を, 懐疑心を, 戸籍に, 所有で, 所有であった, 投票を, 政と, 文化に, 文化を, 文学なる, 文明を, 方からは, 方が, 方は, 旅行と, 時代に, 時節にな, 根性は, 森だった, 正常なる, 歴史は, 気象, 父が, 独り者は, 理想と, 理想の, 理想を, 甚だ不快, 生命は, 生存競争に, 生活に, 生活の, 生活ぶりは, 生活及び, 生活新, 用は, 画家なる, 異名, 癖に, 發展する, 真の, 矢代には, 知徳を, 社会と, 社会に, 社会を, 社会進化に対して, 祖先は, 福音から, 福音を, 称を以て, 種族の, 窮状を, 籍に, 結婚です, 群がり立つ軍勢, 考案せる, 聲を, 肉体と, 能でも, 腹の, 膏腴肆に, 自動車に, 若者に, 血筋にや, 諸有る, 資格を, 質素な, 贅沢と, 趣味に, 趣味には, 足跡は, 身分を, 部に, 醜さ, 門を, 間からは, 間で, 顔よりも, 首領等が

▼ 平民~ (113, 9.9%)

9 の現象 6 の社会 3 なもの 2 だったので, ならざりしと, な苗字, の分子

1 [87件] すぎて, たる必要, だ, だが, だと, だとか, だわし, であったこと, であつ, でありながら, であり得るところ, であり枢機官, である, でいい, でそれで, でまったく, で如才, で広かっ, で物, で高等学府, という言, といふ事, とで名, となつたの, とやらの群衆, と云え, な, ないい, なこと, なそれ, なはやし, ならざる可ら, なるその, なるに対して, なるのみ, なる日常道徳, なプライド, な人, な侯爵, な力, な大, な好意ぶり, な彼等, な思い出話, な情操, な散文, な文学者, な日常, な朗, な殿様, な気象, な法然, な活力, な浄土真宗, な熱狂, な男, な真似, な社会, な粗暴さ, な習慣, な行為, な遊楽, な魂, に, にくだけ, にご, にせよ, になっ, になった, にまた, に交際, に換言, に発達, に自由, に見えます, に親しみ, の世界, の傾き, の困, の富国, の形, の政治家, の政論家, の最も, の活気, また写実的, 常事犯

▼ 平民主義~ (70, 6.1%)

7 の運動 4 の大勢 3 をもっ 2 の政治世界, の進歩, を信じ

1 [50件] から来, がふさわしい, が力, が栄え, が甚だ, とともに平民主義, と云, と風紀頽廃, ならざるべからず, なるもの, な貴族, にあらずし, により, に傾き, に共鳴, に在り, に對, に献身, のいかん, のため, の下, の主張, の仇敵, の信者, の共和政治, の分子, の勢力, の基督, の天下, の徹底, の態度, の政治, の旗幟, の流行, の第一義, の罪人, の行われたる, の貴族, の貴族主義, はその, は今日政治世界, は権利, は生産機関, は社会, を上, を実行, を持っ, を解釈, を論じ, を鎮圧

▼ 平民~ (57, 5.0%)

4 より 2 に入る

1 [51件] から首途, が解散, に入れ, に同情, に對, に歸, に頻繁, に飛び込ん, の一員, の中堅, の中心, の二階, の仕事, の会計, の先輩達, の内部, の出版, の出版物, の前, の客員, の思ひ, の思想, の手, の有力者, の楼上, の活動, の生活, の畸形兒, の直ぐ, の相談役, の経営, の維持方法, の編輯室, の背景, の親しい, の解散後, の諸, の諸君, の諸氏, はた, は三十八年秋, は今, は幸徳, は直に, は良き, は遂に, へ立寄つた, へ行く, を叩けり, を訪れ, を辞し

▼ 平民~ (50, 4.4%)

2 なるの, 同じくす, 比して

1 [44件] お腹の, してからが, なったもの, なったよう, なった皇族たち, なって, なる自由平等革新, のぼせました, 下げて, 与える, 伍せしめたと, 何の, 克く, 准じ, 列せられた代り, 參政權が, 及ぼした有力, 及ぼす事なき能はず, 取りて, 同じくなった, 同じゅうすとの詔, 同情する, 向って, 向っては, 多く見出される, 幾分でも, 強いる事, 払い下げるの, 特種の, 生存の, 異ならず言語, 相違ない, 移るべき段階, 縁遠きが, 至るまでの, 苗字, 落されたという, 見るよう, 解るよう, 過ぎないと, 過ぎない全く, 遠ざかるべしこれ, 金を, 限られて

▼ 平民~ (48, 4.2%)

2 なるの, 云うもの, 同じくす, 愛

1 [40件] ある, いうと, いえども, いへば, した場合, した天平年間, せられ囚人, そう社会的地位, なした時, なって, なりました, なること, 一人ずつ, 云い特殊部落, 云えば, 云って, 云っても, 云ふも, 同じくした, 同じくなり, 同じやう, 同じ地位, 同じ扱い, 同じ階級, 同格なる, 同様に, 同等に, 呼ばれて, 小民と共に, 書くこと, 異なるなき, 異なるなし, 融和し, 見做, 言へば, 認められても, 貴族とを, 賤民との, 雖もとより, 離れたるに

▼ 平民新聞~ (45, 3.9%)

2 の, のとじこみ

1 [41件] が倒れ, が戦争反対, が日本, が発刊, だけであった, であつ, というの, には外部, には女, にも有力, に満載, の上, の二紙, の創刊, の執筆者, の思想的態度, の新年號, の綴込, の話, の論説位, の讀者, はこの, は一年, は初め, は告發, は唯, は発行禁止, は裁判, へ思想的, をこんなに, をやっ, を出し, を出す, を可愛がっ, を見, を見た, を講読, を賑, を起し, 第三十九號, 第十九号

▼ 平民~ (35, 3.1%)

2 ある

1 [33件] その圧制者, どの位貧困, のさばって, 人に, 何等の, 利息を, 勢力を, 參政權を, 哀れな, 地方に, 士族の, 大勢下に, 奇妙な組みあわせ, 学塾を, 宗秩寮によって, 寄付けない, 居るなんて, 平民以外の, 彼等の, 指揮官たる, 政治上に, 新に, 旧白丁, 普通民から, 未だ大, 生まれるの, 知識を, 絵画の, 美しい思想, 解放された, 貴族の, 趣味を, 隠れて

▼ 平民~ (34, 3.0%)

3 大道と 2 犬神に

1 [29件] いっこうあずかっ, かえって新, すぐに, その容貌, たちまちに, どんどん諸方, どんな貧乏, みな土下座を, みんな六畳二た, よろこんだの, トムバと, 一切思想上の, 一本の, 何にも, 余分の, 僧侶に, 口分田の, 唯税, 土下座しない, 実に徳川氏, 家来以下です, 平民の, 従前の, 我平民の, 斯うし, 自ら生長し, 自ら重んずる, 自由の, 道で

▼ 平民社界~ (17, 1.5%)

1 [17件] には, には之, に拡がれり, に行はる, に起りし, に迎, の保護者, の初声, の心骨, の或, の暗澹, の紳士, の胸奥, の預言者, も亦, を翼, を覆

▼ 平民との~ (15, 1.3%)

4 間に 2 思想を, 関係は 1 二に, 区別が, 名義上の, 堅壁を, 考えが, 趣味の, 関係が

▼ 平民~ (14, 1.2%)

1 [14件] いる, すべて貴族に, ない, 一斉に, 亦た, 区別を, 差別は, 平民汝の, 殿上人も, 皆な, 目暗, 貴族から, 遠慮なく参会, 馬鹿に

▼ 平民時代~ (14, 1.2%)

1 [14件] でもない, といふの, といふもの, になつて來, になります, に入る, に變つて來, の平民, の平民精神, の新しい, の特殊, の現出, の生活, 即ち近代

▼ 平民~ (10, 0.9%)

1 入れる事, 図らむと, 士族の, 崇むるに, 最もよく理解, 済度しつ, 生殺与奪する, 知るを, 見た, 貴族より

▼ 平民社会~ (10, 0.9%)

2 となす 1 となら, となる, となるべし, にては立春, の信用, の勃起, を見る, を見れ

▼ 平民~ (10, 0.9%)

1 で社会, と命名, と訳し, にあり, に拡げた, に開い, の大本, は予て, は武士道, を主張

▼ 平民~ (8, 0.7%)

2 とか町人, ね 1 つて何だ, とした, とは無論, なんて其様

▼ 平民發展時代~ (8, 0.7%)

2 が即ち 1 かといふこと, といふこと, と申しまし, になつ, になります, の前

▼ 平民として~ (7, 0.6%)

2 余り意気地が 1 今自ら皇室を, 仏蘭西に, 依然その, 地方の, 見るたび毎

▼ 平民ども~ (7, 0.6%)

1 が, が低い, が自分, である, と打, には聞えない, の取って置き

▼ 平民階級~ (7, 0.6%)

1 からのがれ出, とのある, と握手, に結びつき, の中, の住宅, の反抗心

▼ 平民~ (6, 0.5%)

2 して 1 が将校行李, であります, と, の特色

▼ 平民から~ (5, 0.4%)

1 一躍し, 人頭税を, 出ること, 天子にな, 賤められた

▼ 平民である~ (5, 0.4%)

1 というよう, という階級的, といふこと, 一般人民と, 以上は

▼ 平民といふ~ (5, 0.4%)

3 ものは 2 ものを

▼ 平民には~ (5, 0.4%)

1 わからない犠牲, レー閣下は, 乘れ, 大して必要, 大変な

▼ 平民より~ (5, 0.4%)

1 えらいん, 一階級上の, 出て, 出身した, 遠く勝れ

▼ 平民労働者~ (5, 0.4%)

1 である事, ではない, と解釈, の為め, を其の

▼ 平民文学~ (5, 0.4%)

2 の時代 1 とか社会文学, において最も, も起こり

▼ 平民~ (5, 0.4%)

1 に入, の, の侠客, の侠気, の理想

▼ 平民たち~ (4, 0.3%)

1 から遠ざかっ, と衝突, は敷石, は自分たち

▼ 平民~ (4, 0.3%)

1 あたしは, あつた, その間の, 国家の

▼ 平民という~ (4, 0.3%)

1 別の, 名も, 戸籍上の, 身分制が

▼ 平民ばかり~ (4, 0.3%)

1 だ, 其様に, 斯の, 普通の

▼ 平民以上~ (4, 0.3%)

1 でも無けれ, にいる, のもの, の種族

▼ 平民~ (4, 0.3%)

1 たらしむる, となすべき, を指示, 興りこれ

▼ 平民生活~ (4, 0.3%)

1 のもの, の新しい, の気分, の観察者

▼ 平民的思想~ (4, 0.3%)

1 なるもの, の変遷, は人間, を創

▼ 平民精神~ (4, 0.3%)

1 が入, が又, が學問, といふもの

▼ 平民美術~ (4, 0.3%)

1 として見る, についてはその, は殆ど外人占有, を取り

▼ 平民芸術~ (4, 0.3%)

1 でないに, にはあら, はそう, もまた

▼ 平民かと~ (3, 0.3%)

3 問へば

▼ 平民たり~ (3, 0.3%)

1 し者, とも乗馬, とも武事

▼ 平民とか~ (3, 0.3%)

2 特殊部落とかの 1 云う様

▼ 平民とは~ (3, 0.3%)

1 思はれないし, 決して一室内, 物を

▼ 平民~ (3, 0.3%)

2 金銭を 1 苗字

▼ 平民宗教~ (3, 0.3%)

1 が起りました, の一つ, の開祖

▼ 平民文化~ (3, 0.3%)

1 が精神, のデモクラシー, はこうした

▼ 平民的虚無思想~ (3, 0.3%)

1 といふこと, の絃, の聚成

▼ 平民しかも~ (2, 0.2%)

1 その無位無官, 雇人の

▼ 平民すなわち~ (2, 0.2%)

1 常民との, 良民と

▼ 平民たる~ (2, 0.2%)

1 の権利, 我々風情の

▼ 平民だって~ (2, 0.2%)

1 人の, 可いや

▼ 平民だらう~ (2, 0.2%)

1 が成金, なんて

▼ 平民だろう~ (2, 0.2%)

1 が何, が成金

▼ 平民でも~ (2, 0.2%)

1 かまわない, 前の

▼ 平民にては~ (2, 0.2%)

1 塾と, 帳場と

▼ 平民にも~ (2, 0.2%)

1 あります, 発言権を

▼ 平民よりは~ (2, 0.2%)

1 えらいといふ, 多少の

▼ 平民よりも~ (2, 0.2%)

1 ずッ, 一層自由

▼ 平民らしい~ (2, 0.2%)

1 生涯で, 答えかたを

▼ 平民らしくなく~ (2, 0.2%)

2 寧ろ貴族風

▼ 平民を以て~ (2, 0.2%)

1 任ずる義雄は, 純真の

▼ 平民ナポレオン~ (2, 0.2%)

1 がオーストリア, は一度

▼ 平民以外~ (2, 0.2%)

2 のもの

▼ 平民倶楽部~ (2, 0.2%)

1 と称した, へ高田早苗先生

▼ 平民~ (2, 0.2%)

1 のもの, の中

▼ 平民~ (2, 0.2%)

1 である法然, の法然

▼ 平民~ (2, 0.2%)

1 の貴族気質, を煽り込んだ

▼ 平民新聞社~ (2, 0.2%)

1 と堺, に投じ

▼ 平民~ (2, 0.2%)

1 もあり, もありゃ

▼ 平民殿様~ (2, 0.2%)

2 はすっかり

▼ 平民~ (2, 0.2%)

1 で官庁, で官廳

▼ 平民画壇~ (2, 0.2%)

1 の中心点, は実に

▼ 平民發展~ (2, 0.2%)

1 といふこと, の時代

▼ 平民的画趣~ (2, 0.2%)

1 ともいうべき, とも云

▼ 平民的短歌~ (2, 0.2%)

1 の作者, の史論家

▼ 平民的社会~ (2, 0.2%)

2 となす

▼ 平民的道徳~ (2, 0.2%)

1 の率先者, を教

▼ 平民社同人~ (2, 0.2%)

1 に代り, の思想的態度

▼ 平民社時代~ (2, 0.2%)

1 に日本, の人達

▼ 平民社楼上~ (2, 0.2%)

1 に枯川, の会合

▼ 平民福沢諭吉~ (2, 0.2%)

2 と署名

▼ 平民~ (2, 0.2%)

1 から差別, の生活状態

▼ 平民者流~ (2, 0.2%)

1 の理想, の自然

▼ 平民趣味~ (2, 0.2%)

1 のもの, の情操

▼1* [143件]

平民あるいは最下族が, 平民いじめとこうした, 平民新平民, 平民からも頼みに, 平民のみである, 平民じゃあないか, 平民その人は, 平民ただの国民, 平民だけです, 平民やある, 平民であった翁の, 平民でなくたつて沈欝, 平民でなくって高等種族, 平民ではいったいどれ, 平民で無いかは容貌, 平民とかいう様な, 平民とが夫婦に, 平民とでた, 平民とを一団の, 平民ないし平, 平民なぞの中から, 平民なら各自探せ, 平民なる一般国民に, 平民なんかに教育され, 平民になつて世の中は, 平民に対して些の, 平民に対してはある観念, 平民に対する預言者の, 平民のみなること, 平民ばかりを客に, 平民までをも湿ほし, 平民もしくは特殊部落民の, 平民奴隷は, 平民らしいちゅっという, 平民をなど新旧には, 平民をも誇るところ, 平民ナポレオン・ボナパルトの腹, 平民バーといったよう, 平民蹴リテ怪シマズ, 平民一人ずつの力, 平民の獅子, 平民中世の領主, 平民主義運動の先登者, 平民以下に見られ, 平民何某となった, 平民の習慣, 平民の女, 平民出身の一般兵, 平民勢力の發達等, 平民化智識の民衆化, 平民医道の二柱, 平民市民胡椒と, 平民即ち下級人民までが, 平民取りまぜて, 平民同様ならざるべからず, 平民ともいふべきで, 平民商人との間, 平民固有の文学美術, 平民大衆共には一寸, 平民奴隷があり, 平民実にこの煩悶, 平民で今一方, 平民富者と貧者, 平民實力の興起, 平民平等観の軌道, 平民廢刊まで, 平民思想とかを當時, 平民態度に立つ, 平民扱いにされ, 平民振りはまあ, 平民教育がお, 平民文化讃仰者であるの, 平民文学貴族文学の区別, 平民文學といつた, 平民文明そのものがこれ等, 平民新聞其他日本社会主義者の言論, 平民新聞紙上には足尾鑛山勞働者至誠會, 平民新聞記者の笑つた, 平民時代といはんこそ更に, 平民本位になつて來, 平民毛谷村六助とである, 平民気質を煎じ詰めた, 平民の内, 平民に属する, 平民的人物であり又, 平民的傾向から自然, 平民的元気に満ちた, 平民的共和思想の発達, 平民的嗜好の産物, 平民的常識が遂に, 平民的平等的なる興味, 平民的性格の中, 平民的批評家としての活用論者, 平民的教育ですから, 平民的文化を作る, 平民的文学を創め, 平民的文學といふ特色, 平民的模範を与, 平民的民衆的になつ, 平民的気象は太平, 平民的生活を描く, 平民的親和力を持つ, 平民的詩人なり, 平民的賛辞を発せさした, 平民的音曲に対する同感, 平民的飲物としての素質, 平民相手の大量生産, 平民社一派の歴史的事實, 平民社中に深い, 平民社演説会を神田, 平民社當時たしか共産黨宣言, 平民社發行の繪ハガキ, 平民社経営に関する意見, 平民社經營上の相談, 平民社解散の後, 平民社解散式の夜, 平民社解散後であつ, 平民社關係から世, 平民私生子という差別, 平民科学叢書の, 平民に列, 平民を抱, 平民紙上に掲げ, 平民紳士の服装, 平民絵画史に掉尾, 平民自身モマタ奴隷タルベクコノ世ニ生レ出デタルモノニシテ人格ト権利ヲ没却セラレテモ, 平民若くは労働者, 平民菊島市松の妹, 平民藝術を味, 平民衣料となった, 平民論派と言うべし, 平民論者ならしめば, 平民週報の寄書, 平民週報主筆行徳秋香なり彼, 平民週報社の楼上, 平民道徳でこれ, 平民のため, 平民部大輔名は昭武, 平民部大輔様箱館討手被為, 平民部太夫外国奉行喜多村瑞見などの, 平民に伝道, 平民領主と農奴, 平民首相