青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「平次~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

干~ 平~ ~平凡 平凡~ ~平和 平和~ 平均~ 平家~ 平常~ ~平次
平次~
平民~ ~平気 平気~ 平生~ 平等~ 平野~ ~年 年~ 年代~ 年寄~

「平次~」 17023, 184ppm, 555位

▼ 平次~ (8344, 49.0%)

142 さう 138 それを 90 靜かに 82 八五郎を 78 妙な 67 八五郎の 66 そんな事 44 斯う 41 相變ら 36 八五郎に 35 さすがに, 八五郎と 34 黙って 33 ガラッ八 32 妙に, 早くも 29 四方を 27 何を, 死骸の 25 それに, ガラツ八を 24 そつと 23 話題を 21 つく, 深々と 20 それから, 丁寧に, 兎も 19 さり氣, 最後の 18 そんなこと, 先を, 獨り, 自分の 17 すつかり, そう言い, 口を, 腕を, 膝を, 静かに 16 フトそんな, 二人の, 家の, 斯んな, 顏を 15 手早く支度, 縁側に, 考へ, 重ねて, 默つて先を 14 そう言っ, 不意に, 主人の, 併し, 問ひ, 氣輕に, 聲を 13 お靜, ガラツ八に, 何か, 手を, 番頭の, 訊ねました, 首を

12 [12件] この事件, その足, それが, ズバリと, 下女の, 何にか, 何も, 唸りました, 念入りに, 急に, 氣の, 言葉を

11 そのま, ガラツ八の, 外へ, 娘の, 後ろに, 思ひも, 變な, 默つ

10 [11件] いつもの, 何んの, 大變, 尚ほ, 手早く仕度, 日頃にも, 立上がりました, 素直に, 言ひ捨て, 誰へとも, 部屋の

9 [11件] いろ, この時, その前, 一と, 以ての外の, 先に, 其處から, 子分の, 念の, 氣が, 相手の

8 [21件] あわてて, お勝手口, お品, それには, なか, なほも, ガラツ八と, 何の, 何やら考へ, 宜い, 改めてお, 日頃の, 珍らしく, 穩かに, 顔を, 驚いて, 驚きました, 默つてその, 默つてそれを, 默つて考へ, 默つて聽い

7 [16件] お静, この女, この娘, こんな事, その後ろ姿, 事もなげに, 事件の, 何やら深々と, 容易に, 後ろから, 斯うし, 本當, 死體の, 眞つ, 自分に, 自分へ

6 [35件] いよ, お勝手の, この男, その中, その日, その間に, カラカラと, チラリと, ニヤニヤし, 一向氣, 一應の, 下男の, 不思議な, 何時に, 何時の間にやら, 八丁堀の, 其處まで, 小僧の, 思ひの, 手代の, 改めて訊ねました, 新しい問, 日頃に, 朝の, 死骸を, 煙管を, 簡單に, 續け, 考へて, 苦笑ひ, 荒物屋の, 見兼ねて, 言ひ, 訊きました, 驚く色

5 [54件] いきなりこんな, いつに, いつもに, うなづいて, これだけの, こんなこと, その先, それつきり, もう一度この, もう一度主人, よく知つて, ケロリと, ニヤリニヤリと, 何やら八五郎, 何心なく, 元の, 先刻から, 其處を, 其足で, 冗談を, 呼び留めました, 多勢の, 大急ぎで, 女の, 家へ, 少しばかり, 庭から, 庭に, 庭の, 後ろを, 念を, 手に, 手輕に, 押して訊ねました, 死骸に, 煙草入を, 狹い, 眼を, 立ち上がりました, 筵を, 縁側から, 職業意識を, 腰を, 自若として, 草履を, 訊き返しました, 話の, 調子を, 輕く, 重大な, 隣の, 顧みて, 飛んで, 默り込ん

4 [94件] うなづきました, お六, お勝手, お勝手へ, お徳, お比奈, お關, お鶴, かう説明, この美しい, さり気ない, その部屋, それ以上に, そんなもの, そんな無駄, ひどく下手, まだ腑, もうお, もう一, もう一度念入り, もう何, もとの, ズイと, ハツと, 一ぺんに, 三輪の, 上がり框に, 事もなげです, 二人を, 人を, 仕度も, 他の, 何に, 何よりそれ, 促しました, 側に, 口小言を, 問ひ返しました, 噛んで, 外の, 大事な, 女房の, 家中の, 小言を, 少しからか, 屹と, 巧みに, 店から, 庭下駄を, 後に, 思はず聲, 悄然として, 悠然として, 愛想よく, 指しました, 挨拶も, 曲者の, 朝飯が, 格子の, 此の, 此處まで, 気の, 淋しく笑, 煙草盆を, 猛然として, 猿屋の, 疊の, 盃を, 相変らず, 相手にも, 眉を, 眼の, 神妙に, 窓の, 立ち上が, 立つて, 精一杯に, 縁側の, 縁側へ, 聞きとがめました, 腹の, 苦い顏, 苦笑しました, 苦笑ひし, 見のがす筈, 言葉少なに, 謎の, 質問の, 路地の, 遠慮も, 面白さうに, 面白さうに笑, 頭から, 默つてこの

3 [200件] あつさ, あわて, いい加減, いきなり八五郎, いきなり妙, いつの間にやら, うなずきました, お勝手から, お勢, お崎, お梅, お町, お篠, お組, こ, こう言っ, この浪人者, この邊, さして驚く, そこから, そこを, その繩, その邊, それも, それ以上の, たまり兼ねて, とぐろを, ともかくも, どんなに骨, なんの, ひどく好奇心, まだからか, まだこの, もうそれ, もうそんな, もう一歩突, もう飛び出し, ようやく口, ガバと, ギヨツと, クルリと, グイグイと, グルリと, ヂツと, ツイそんな, ハッと, ヒヨイと, ピタリと, フト妙な, フラリと, 一とわたり, 一向驚く, 一座の, 一生懸命でした, 一體何を, 上總屋の, 下から, 乘出しました, 二階に, 井戸端で, 今までも, 何やら考, 僅かに, 兩手を, 八五郎だけを, 八五郎と共に, 其處に, 内儀の, 別に追及, 到頭言, 加納屋の, 半蔵の, 取り合, 口惜しがります, 向柳原, 呆氣に, 唇を, 問ひました, 坐つたま, 声を, 変な, 多見, 大きく手, 大きな舌打, 大して驚いた, 奧へ, 女房を, 如才なく, 始めて, 実在の, 容赦しませんでした, 寮の, 小首を, 少しばかりの, 少しも, 少し屹, 床の, 床の間に, 店に, 店の, 庭へ, 廊下に, 後から, 後の, 忙しく四方, 思いも, 思ひ出したの, 悠々と, 手の, 手燭を, 手紙を, 折入, 提灯を, 改めて訊きました, 斯う話し, 明かに, 時を, 暫らく考へ, 曲者を, 最初から, 最後に, 有合せの, 椽側の, 横槍を, 樫谷三七郎を, 次の, 次を, 気が, 氣を, 漸く問題, 澁い, 灯を, 無造作に, 無駄を, 煙草を, 父親の, 物柔かに, 物置の, 用人の, 異樣, 當らず, 當り, 當然の, 疾風の, 直ぐ飛び出しました, 眼顏で, 穩かな, 穩や, 突つ込みます, 突つ込んだ, 立ち上がって, 笑ひ, 笹野新三郎と, 笹野新三郎に, 笹野新三郎の, 精一杯の, 納戸の, 羽織を, 考えて, 胸を, 脈を, 腑に, 膽を, 自信に, 自分で, 自分も, 舌を, 舌打を, 苦笑ひしました, 萬七の, 蟠まり, 血染の, 見て, 見のがしませんでした, 言い捨てて, 言った, 言ふ, 諄々として, 諦めた樣子, 諦めて, 足を, 路地に, 身を, 追及の, 金六に, 門の, 間髮を, 隣りの, 面白さ, 面目次第も, 頭を, 題目を, 顎を, 飛付いて, 飛出しました, 飛込んで, 養子の, 驚く様子, 默つて腕を, 黙り込んで

2 [527件 抜粋] あとは, いきなり問題, いきなり大, いきなり廂, いきなり雨戸, いつかの, いつぞやの, いろいろの, うさんな, うなずいて, お幾, お民, お玉を, お秀, お蝶, かうして, かうでも, かう言, がっかりし, けろりとし, こう言い, このうえ失策, この健気, この大, この少年, この愚かしき, この淋しい, この素晴らしい, この藤次郎, この血染, この話, この騷ぎ, これだけ, これも, こんな女, こんな調子, さしたる怪我, さて何ん, すぐ縁側, すっかり興味, せめてこれ, せめてこんな, せめても, せめて春永, そう言い捨て, そう言う, そこ, そのうち, その側, その口, その場, その夜, その大, その子分, その寄託, その後から, その後を, その斑, その時, その眼, その調子, その辺, その鋭鋒, その隣り, その頭, それつ切り, それへ, それよりも, そんな氣, たいして驚く, たつた一, たつた一人, ついて行きました, つかぬ事, どうして年, どう慰めた, どこかに, ひどく不機嫌, ひどく張りき, ひどく氣, ひどく落着, ぼんやり口を, まことに劍, まざ, まだ三十代, まだ本気, まだ氣乘, まる二日物, もうこの, もうこれ, もう一つ, もう一度お, もう一度二階, もう一度娘, もう一度家, もう一度念, もう一度芝, もう一度部屋, もう八五郎, もう夕明り, もう少しで, もう少し突, もどかしさうに, やけに煙管, ゆつくり, よく知っ, ガラリと, ゴクリと, サッと次の間, サツと, ジッと, ズラリと, チラと, ツイこの, ツイポンポン, ツイ口を, ツイ可笑しく, ツイ斯う, ハタと, ヒョイと, フト口を, 一人頷き, 一寸胸, 一度左門, 一座を, 一應家の, 一本釘を, 一歩突つ込みました, 一番大事な, 三十を, 三河町の, 下つ, 下手に, 下手人の, 不可能な, 不淨門, 与茂吉, 世にも不思議, 中腰にな, 乾いた手拭, 二つ折に, 二階の, 井戸端へ, 人數の, 人混みの, 今更らしく, 仔細あり, 仕樣こと, 仰向けに, 休むこと, 佐の, 佐吉の, 何やら腑, 何やら隙間, 何んか, 何んと, 何んとは, 何んにも, 何時どこから, 例の, 俺だ, 側へ, 兄妹とも, 先の, 入口の, 全身の, 全部の, 八丁堀から, 八五郎から, 八五郎が, 八五郎へと, 其上に, 其処から, 其前に, 其處で, 其邊を, 冗談らしく, 冷靜な, 切支丹の, 別段その, 利助と, 到頭八五郎, 到頭投げ, 刷毛序に, 勃然として, 匕首の, 十二支組の, 十手と, 十手を, 半蔵に, 卒然として, 危ふく聲を, 危急を, 即刻赤井左門の, 又六, 叔母さんを, 取あ, 受取って, 口癖の, 向島の, 吾妻屋へ, 呑氣な, 呑込み兼ねた, 呼び止めました, 唐突な, 唯の, 問を, 喜三郎の, 單刀直入に, 四方の, 土の, 土藏の, 地團太を, 報告を, 場所柄も, 場所柄を, 塀の, 壇の, 夕飯の, 外に, 夜と, 夢見るよう, 大きくうなづきました, 大きく伸び, 大きく舌打, 大した氣, 大して氣, 大変な, 大骨折, 天井裏で, 天井裏の, 奥へ, 娘に, 子分に, 孫三郎を, 完全に, 定石通りの, 宥めて, 封を, 小さい方, 小判を, 小屋の, 小机の, 小脇に, 少しムキになりました, 少し嵩, 少し持て, 少し改まりました, 少し開き直りました, 少し離れ, 少し面白, 尻尾を, 屋根の, 峻烈でした, 川村左馬太の, 巴屋を, 平凡な, 平野屋を, 幾松を, 床の間から, 店へ, 店先に, 座下駄を, 庫裡の, 引返して, 彌太, 往來の, 後ろの, 得意の, 心得て, 必死と, 念入に, 思いの, 思はず唸りました, 思はず膝, 急所々, 恐る, 息を, 悲しそう, 感じました, 慰め顏に, 憑かれたやう, 懐から, 懷ろから, 懷ろ紙の, 懷中から, 懷中を, 懷紙を, 我ながら, 手つ取, 手早く顏, 打ち萎れて, 打ち解けた態度, 打ち解けた調子, 押して尋ねました, 押して訊く, 押入の, 指すの, 指などを, 指を, 指先で, 振り返つて, 振り返ると, 掌の, 改めてその, 敷居の, 日向で, 日本一の, 早速仕度, 早速埃, 早速支度, 早速攻手, 早速要件, 春の, 晩秋の, 暗い夜, 暗がりの, 暗然と, 暫らく待ちました, 最初の, 最早躊躇, 會心の, 有無を, 木戸に, 木戸の, 木戸番の, 案内されました, 案内の, 横から, 橋を, 正月早々, 此男に, 此處でも, 此處に, 殘る, 母屋に, 母屋の, 気が付きました, 気を, 水を, 江島屋の, 江戸中の, 油障子を, 泰然として, 泳ぐやう, 活動を, 湯島の, 溝口屋の, 滅多に, 漸くこの, 漸くとぐろ, 漸く八五郎, 漸く本, 漸く源太, 漸く自分, 火箸を, 火鉢の, 灯の, 無遠慮に, 片手拜み, 牡丹刷毛を, 物の, 物馴れた, 独り言の, 猪之吉を, 由兵衛の, 町内の, 町役人へ, 番頭とも, 番頭總吉の, 疊に, 病人の, 白い額, 皆んなの, 皆川半之丞の, 盆の, 直ぐには, 相手が, 相手に, 相手欲し, 瞑想から, 短い羽織, 短刀を, 確と, 神田へ, 禮を, 秋の, 秋葉の, 稼業柄幾度も, 穏やかに, 空地の, 突っ込んだこと, 窓から, 立ち上がると, 立上がつて部屋, 立上がります, 立上がると, 竹の, 竹刀を, 箸を, 粉煙草の, 粉煙草を, 精一杯手を, 糸を, 素知らぬ顏, 線香を, 縁側で, 縁端に, 縄も, 續けて, 老中阿部豊後守の, 老爺の, 聽耳を, 脅えきつて, 脚絆に, 腰紐を, 腹を, 膝行り, 良いところ, 若い男, 若主人, 若駒, 若黨, 苦々しく舌打, 苦い顔, 苦笑し, 苦笑ひする, 落着き払って, 薄暗い中, 薄暗くなりかける, 藁の, 藤三郎に, 藤三郎を, 藤次郎と, 蟠りない, 蟠りの, 裏から, 裏木戸の, 褒めて, 見たこと, 見徳庵, 見逃さなかつたの, 見遁, 言いにく, 言って, 訊きます, 註を, 話頭を, 誰にとも, 誰にも, 諦めた調子, 諦めませんでした, 諦らめた, 谷五郎の, 豫期した, 踵を, 躊躇しませんでした, 身一つに, 輕い, 近々と膝, 近頃す, 近頃江戸中, 返事を, 追っかけて, 途, 這, 遠慮の, 野次馬の, 長火鉢の, 門前の, 階下へ, 障子の, 障子を, 離屋の, 静かな, 靜かな, 靜かに八五郎を, 靜かに口を, 頑固に, 頸を, 顏色を, 飛ぶが, 飛んでも, 飛鳥の, 餌を, 首尾よく, 駕籠と, 駕籠の, 高々と, 高飛車に, 鸚鵡返しに, 默つてその後を, 默つて其處を, 默つて次を, 默つて首を, 默りこくつて, 默禮した, 鼈甲の, 齒に, 齒痒く

1 [3290件 抜粋] あいそよく, あの子供, あまりの, いかにもさり, いきなり下男, いきなり小屋, いきなり斯ん, いきなり現場, いきなり立ち上がる, いきなり變, いっこう張合い, いま打った, うなづきます, お上の, お信乃, お君, お朝, お此, お百合, お糸, お茶などを, お近, かう續, かなり面白, ぐつと下手に, こうして二度目, こう教え, こっそりやって来, このこと, この人達, この埋, この念入り, この曲者, この火事, この細引, この虚無的, この謎, この間に合せ, これを, これ以上追及する, こんな気楽, こんな術, さすがにとり, さり気なく, ざつと部屋の, しなだれて, しめたと, すぐそれ, すっかり有頂天, すまして, そういった男, そこまで, そのふくれ上った, そのまま家, そのまま長火鉢, その人達, その儘歸, その家, その弁解, その意味, その日八丁堀, その様子, その瓶, その肩, その裏, その赤い, その間にも, その騒ぎ, それっきり口を, それつきり引, それつ切り本所, それでも待構, それは, それをからか, それ位に, そんな心持, そんな話, たいして氣, たつた一目, ちらちらと, つくづくそんな, とうとうこの, とうとう猪口, どうせこの, どれほど, なおも近所, なんとなく苦い, はやる小豆澤小六郎, ひどく器量, ひるむ色, ぼんやり外に, まさに背負つた子, またも女, まだからかっ, まだ其邊, まだ朝飯前, まだ箸, まだ茶化し, まだ釋然, まんざらで, もうその, もう一度どこ, もう一度促しました, もう一度奮起, もう一度強く, もう一度東両国, もう一度橋場, もう一度眞夏, もう一度聲, もう一度裏口, もう一度首, もう仕度, もう少し突っ込ん, もう梯子段, もう立上つて外, もう路地, もっての外に, もどかしそう, やにわに部屋, ようやく居住い, よく心得, わけを, ガラツ八だけを, グイと, シクシク泣い, チヤリを, ツイと, ツイ小言に, ツイ権柄ずくで, ツイ言はい, ツイ餘計な, ニヤニヤと, パツと, フトこれほどの, フト好奇の, フト梯子段の, フト考込みました, フト顔を, ムカムカし, 一わたり調べが, 一人思い悩みました, 一同を, 一向気, 一寸考, 一応の, 一應うなづきました, 一應二人にも, 一應外へ, 一應手ぬかりを, 一應疑つて見ました, 一應錠前を, 一服吸ひ付け, 一歩死骸に, 一歩近づきました, 一気にまくし立てました, 一生懸命捜しました, 一目で, 一面には, 万七と, 三河屋の, 上を, 下職に, 不本意乍ら, 世にも眞顏, 中庭の, 主人孫右衞門の, 久しぶりで, 乘り出しました, 乾物か, 事務的に, 二つ三つ無駄な, 二十歳娘の, 二頭の, 井戸端から, 今さららしく, 今更そんな, 仕事に, 仮借の, 伊之助の, 伝吉の, 佐久間町三丁目から, 佐野喜の, 何となく氣, 何にやら, 何やらむづかしい方程式, 何やら嗅ぎ付けた, 何やら思い当る, 何やら期待, 何やら重大, 何時の間に拾つた, 何處までも, 例によ, 倉賀屋倉松の, 催促しました, 元通りに, 先ず今朝, 先づ八五郎と, 先づ金六に, 兎にも, 全く二の句, 兩國橋の, 八丁堀へ, 八五郎等と, 六疊の, 其儘出雲屋を, 其儘飛出しました, 其月堂鶯谷の, 内外の, 凡そ古文眞實, 出來, 切り出しました, 初夏の, 別の, 到頭出かけました, 到頭果し状, 剃刀と, 動かうとも, 勝手へ, 医者の, 千兩箱の, 半分茶に, 半蔵を, 原庭の, 又余計, 又深沈, 又驚かされました, 取つて, 取散らかした部屋, 受取つて端つこ, 古文真, 合せ剃刀を, 同心の, 向って, 呆気に, 呻りました, 咄嗟に, 唸って, 問ひすがります, 喧嘩を, 嚴重な, 四方に, 土手の, 坊んさんの, 場所柄にも, 壓迫的な, 外科医を, 大きく欠伸, 大してこだ, 大して迷, 大勢の, 大川橋の, 大番頭, 天井へ, 奧の, 女姿の, 好奇心で, 妹の, 妾の, 委細構はず首を, 嬉しさ, 安土の, 客を, 寅吉の, 寮に, 対等の, 小判の, 小犬の, 小膝を, 少しが, 少しもどかし, 少し中, 少し尻ごみ, 少し拍子抜け, 少し疊, 少し落着, 少し険しい, 尚も八方, 尻ごみしました, 屠蘇の, 岡崎屋三十郎の, 左右を, 布團の, 平らな, 年寄り臭い, 床几に, 座も, 庵崎數馬の, 引きあげました, 引揚げなけれ, 弥八に, 彈き上げられた, 彦兵衞を, 待つて, 御用聞だ, 徳利の, 心待ちに, 忙しく煙草, 思いの外気軽に, 思はずガラツ八, 思はず引入れられました, 思はず褒めて, 思ひきつて突込み, 思ひ附いたやう, 思わず息, 思わず顎, 急所を, 恐れる色, 恐ろしく酸っぱい, 愈々最後, 感じないわけ, 慰めの, 憤然と, 懷ろ紙を, 戸を, 手っ取り早くお, 手堅さ, 手早く死骸, 手水場から, 手順を, 押して, 拔き, 挨拶に, 掌を, 提灯の, 支度に, 改めて一同, 改めて問, 改めて次, 改めて靜, 敷居越しに, 斯ん, 方面を, 早々に, 早速その, 早速用件, 早速飛ん, 昨夜染吉の, 時々舌打, 智慧を, 暗い顔, 暫らくの, 暫らく考込ん, 月の, 朝霧を, 未練気も, 本題に, 板敷に, 柔かに, 案内顏に, 梯子の, 植込から, 榮吉の, 横手へ, 檢屍に, 次第に沈鬱, 正攻法に, 此事件を, 此坊主の, 此處を, 歩きながら, 殊勝らしく, 母親の, 氣さくに, 水際立った良い, 決して喜ん, 油屋の, 治太夫を, 津志田家の, 涙含む, 淺草の, 湯島への, 滿足さう, 漸く上がり框, 漸く大, 漸く活氣, 漸く笑顏, 潮時を, 瀧山誠之進に, 無反響, 無関心な, 煙管の, 照れ隱し, 燒け, 物蔭から, 独り言を, 猶もあら, 現場を, 生垣と, 町役人の, 當らず障らず, 疑を, 痛々しい氣持, 的の, 目を, 直ぐ後を, 直ぐ飛出しました, 真剣に, 眼配せし, 矢並行方の, 知つてゐた, 短兵急に, 碎けた調子, 神田ツ子と, 穴倉の, 突っ立った, 突飛な, 立ち上つて, 立上がって, 立止つて, 竹竿の, 第一, 箱の, 紅筆の, 紙入を, 素気も, 組屋敷あたりの, 綱を, 縁側を, 繪に, 翌る, 考へました武藝自慢, 耳を, 聽か, 背伸びを, 腰に, 膝行寄つて死顏に, 自分へでも, 至つて常識的な, 與助に, 船の, 花嫁の, 若旦那の, 苦笑いを, 茣蓙や, 菊屋の, 萬筋の, 落着き拂つてその, 落着き拂つて死骸の, 薄寒さうに襟, 蛤町の, 血潮の, 袂から, 裏庭から, 西洋ぎらいでもなくなった, 見て取りました, 見拔, 覺束ない, 言うの, 言ひ棄て, 訊ねましたが, 話を, 読んで, 諦らめ兼ねる, 谷五郎と, 責め手を, 起き上, 起って, 足音高く, 躍り上がりました, 輕くいなしました, 辛くも踏留, 辯護側に, 近づいて, 返事も, 追究しよう, 逃げ歸, 進み寄つて, 違つた方へ, 遠慮深く, 酢つ, 釜吉を, 銅六の, 鑑定しました, 長火鉢を, 間もなく暇乞, 闇の, 階子段から, 雀躍りしたい, 離屋に, 靜かに外から, 面倒臭さうに突, 面白さうに笑つて匕首, 音次郎を, 頭の, 顔色を, 飛上がりました, 飛込みました, 馬糞線香を, 馴れ切って, 騒ぎの, 驚くかと, 鬱陶しい心持, 黒星を, 默つて八五郎に, 默つて引下がる, 默つて控へ, 默つて眺め, 默つて笑ひます, 默つて顏を, 黙然として

▼ 平次~ (3461, 20.3%)

134 問ひ 108 家へ 88 顏を 80 言葉は 72 前に 62 ところへ 42 前へ 39 調子は 38 女房の 33 聲は 32 顔を 28 問は 27 手に, 言葉の 25 論告は 24 話は 23 言葉を 22 手から, 袖を, 説明は 21 手は, 言葉に 20 後ろから, 耳に 19 姿を, 家の 18 家に, 眼に 17 言ふ 15 方に 14 眼は, 言葉が 13 方が, 注意を 12 ために, ところに, 家を, 手を, 方へ, 方を 11 推理は, 最初の, 言葉には, 足は 10 後を, 明察は, 眼には, 胸には, 話の, 調子には

9 [11件] 女房お, 態度は, 慧眼に, 戀女房の, 眼にも, 聲に, 膝に, 膝の, 説明を, 調子が, 顏は

8 子分で, 心持を, 手で, 眼の, 聲を, 話を

7 問いは, 問に, 後から, 後に, 後ろに, 心を, 手からは, 手が, 指は

6 [15件] ためには, 來る, 側に, 命令は, 子分の, 想像は, 日頃の, 注意は, 活動は, 胸の, 舌は, 調べは, 頭は, 顔は, 馴れた眼

5 [16件] やうな, 一行を, 叡智に, 声は, 心の, 手許に, 投げ錢, 眼も, 繪解き, 肩を, 自信に, 袂を, 言ひ, 説明の, 調子の, 顏に

4 [28件] ことを, 十手は, 叡智にも, 口から, 声に, 家から, 心持が, 態度には, 態度や, 手には, 掌の, 探索は, 方から, 旨を, 智惠を, 智慧の, 狸狩りにも, 眼を, 胸に, 袖へ, 觀察は, 説明に, 調べの, 身體は, 頭腦は, 顏が, 顏色を, 鼻を

3 [75件] ところで, ような, 住居を, 側へ, 働きで, 叡智は, 口を, 叱, 唐突な, 外には, 女房に, 好奇心は, 家で, 家まで, 家も, 帰りを, 後ろには, 後ろへ, 後ろ姿を, 心に, 思惑を, 恋女房の, 意志に, 感は, 態度の, 所謂大, 手の, 指さしたの, 指圖で, 推理の, 斯う, 方も, 早い眼, 明智に, 明智は, 智惠の, 智慧を, 樣子を, 歸り, 氣持を, 狙ひ, 獨り, 留守宅へ, 疑ひの, 眼から, 眼が, 眼と, 神經を, 第一, 緊張した, 耳へ, 聲には, 肘を, 肩に, 肩へ, 腑に, 腕に, 號令に, 袖の下を, 観察は, 言ふこ, 話が, 調べに, 論告に, 論告を, 論理に, 論理の, 豫言は, 躊躇する, 身分を, 靜かな, 頭の, 頭を, 頭脳は, 骨折りも

2 [201件] あわてやう, お膝元, くどいの, この豫想, さ, ところへは, やり方は, 一喝を, 一行が, 不審に, 不審を, 世話に, 予想は, 仕事は, 傍に, 先に, 出した手紙, 出世試し命にかけても, 力は, 力を, 助力で, 動きを, 勘を, 危難を, 叡智の, 叡智も, 口許を, 口調は, 右の, 右手が, 名が, 周到な, 命な, 問いに対して, 問に対して, 困惑する, 塩垂れ果てた, 声には, 声も, 声を, 失敗でした, 失策も, 女房, 好奇心の, 好感を, 姿は, 嫁には, 子分ガラツ八の, 子分福屋の, 子分達が, 宅を, 宗旨には, 家, 家では, 家は, 家までは, 家族を, 寢込みを, 尊さ, 巧みな, 弱氣, 後について, 後ろの, 心持も, 必死の, 怒りは, 怒りを, 怪我と, 恬淡な, 息が, 息のか, 情けで, 情で, 惱み, 想像を, 愛読者だ, 愛読者の, 感じ易い, 感傷を, 態度が, 慧眼で, 慧眼は, 手下が, 手柄でした, 手柄の, 手練が, 打撃は, 指さした方, 指圖に, 指圖を, 指摘した, 指金だ, 探索振りを, 推理には, 救ひ, 教訓より, 敵意の, 文身は, 方からも, 明察で, 明察に, 明察には, 明察の, 明察も, 明察を, 時代の, 智惠も, 智慧で, 智慧でも, 朋輩やら, 望みを, 横で, 次の, 武器という, 気の, 潔癖さの, 爲には, 独身もの, 男に, 留守を, 留守宅やら, 疑は, 疑問は, 癇に, 目の, 目顔の, 直感から, 眞似, 真意は, 真意を, 眼配せ, 知恵を, 神經は, 穩かな, 穩や, 竹刀は, 第六感に, 答へは, 答へも, 答を, 築き上げた空想, 考えは, 考へ, 耳にも, 耳の, 聰明さに, 聲, 聲が, 聲です, 職業意識は, 職業意識を, 胸にも, 自信あり, 船は, 良い相談相手, 若さ, 蟠りの, 行屆いた, 袂に, 袖に, 袷を, 裾に, 見込みまで, 言つた, 言葉で, 言葉も, 記憶に, 許嫁に, 評判が, 話に, 説明には, 調べも, 調べを, 論告の, 論理は, 質問は, 足では, 足を, 身体は, 身体を, 身體を, 迎ひ, 返事は, 鑑定も, 長屋を, 隣に, 頭に, 頭には, 頭にも, 頸に, 頼みは, 顏には, 顏の, 顏も, 顔が, 首に, 首は, 首を, 馬鹿野郎, 鮮やかな, 鼻の

1 [976件 抜粋] あとについて, あらゆる豫期, いつたこんな, いるところ, うしろから, お茶らかす, からかいにも, かんは, けげんな, ことはと, この予言, この問, この日, この目論見, この豫言, こんな激しい憎, さり気ない, したこと, すぐ後ろ, そばを, たしなみでした, たった二人, ところから, ところまで, はしやぎ樣も, むづかしいと言ふ, やりさ, やりやう, やり方とは, やる事, よく知っ, カンの, カンは, コーチは, ニコ, ファンの, モーシヨンが, 一行は, 不審は, 不精を, 並々ならぬ, 乾分に, 予言した, 二つの, 二人を, 人柄や, 人間らしさ, 仕掛けた罠, 代に, 代理を, 企画の, 会心の, 住まいを, 住家の, 住居は, 住居貧乏臭い, 作で, 作戦は, 使で御座います, 信條だ, 側には, 僞手紙に, 先入心のせゐ, 六つかしい, 冷たい一瞥, 冷たい声, 冷たい觀察, 冷たい顔, 冷淡さが, 出した條件, 出した陶磁, 出やう, 出不精を, 出動を, 出現で, 出馬を, 判斷は, 前, 前では, 前には, 剣幕は, 力でも, 力添へで, 助けが, 助け舟に, 助け船に, 助手として, 動きは, 勘は, 勝です, 勢いに, 十手だった, 十手捕, 反抗心は, 取なし, 受け役として, 叡智を, 口吻が, 口添で, 口調では, 叱咤が, 叱咤の, 右足は, 同じ問, 同意を, 名代で, 名聲, 向うを, 周到さは, 唇から, 唸つたの, 問いには, 問うまま, 問に対しては, 問ひでした, 問ひとは, 問ひも少し, 問も, 喉笛へ, 喜び勇む, 器量の, 執こい, 執拗な疑ひ, 声, 声だけが, 声の, 外に, 大先輩, 大縮尻, 天才その, 失望の, 女房で, 好まないこと, 好奇心を, 好謔, 妹お, 妻お里は, 姿が, 子分, 子分や, 子分思ひ, 子分達に, 家からは, 家へと, 家や, 家障子の, 寝て, 寢屋に, 小さい家, 尻を, 履物を, 峻烈な, 差した盃, 差出した提灯, 席を, 常識と, 常識論を, 庇護に, 庭も, 引出した言葉, 引込み思案に, 張り切つた動き, 強大な, 強盗は, 当時には, 影も, 待って, 御意の, 心, 心ざし, 心には, 心やりから, 心境を, 心持や, 心覚えを, 忍耐力でも, 思ふ壺, 思惑などに, 思惑などには, 恋心が, 恐れ入, 恐縮振りと, 悲しみは, 惡い, 想像に, 意を, 意圖は, 意気込みに, 意気込みを, 意氣込みを, 意見が, 意見に, 愚かさを, 感で, 感動を, 慧眼でも, 憂鬱も, 憤怒の, 憮然としてを, 應への, 懐中に, 懷中に, 懷疑は, 戀女房何時までも, 成功は, 戰鬪力は, 戸籍調べである, 手さぐりでも, 手にも, 手もとへ, 手掛けた事件, 手柄にな, 手柄も, 手練に, 打ち萎れた顏, 投げた捕繩, 投げ銭, 投げ銭は, 投げ銭を, 投った, 投錢を, 押しの, 拔群の, 拳を, 拵へが, 持出した猪口, 持札を, 指した暁, 指の, 指先の, 指図は, 挨拶は, 捕物の, 捕縄を, 掌から, 掌には, 掛け合ひ, 探るよう, 探求慾は, 探求本能を, 探索が, 探索の, 探索を, 推理と, 推理も, 掲げた提灯, 攻撃が, 敗北は, 方からは, 方は, 方法は, 日頃を, 明察もう, 明智だ, 明神下の, 時代には, 智恵まで, 智惠で, 智惠と, 智慧も, 會心の, 望みが, 望むがまゝに手を, 本音だ, 板の間に, 根の, 條件を, 樣子が, 樣子は, 樣子や, 横手から, 橋渡しで, 止めは, 正義感と, 武力も, 死鬪は, 気紛れで, 気組みは, 気風を, 氣の, 氣を, 氣性が, 氣性では, 氣持は, 氣組に, 氣組の, 氣違ひ染みた, 永い間, 決心は, 法律を, 注意で, 注目を, 活動が, 活動も, 流儀でも, 深い疑, 深甚な, 準備知識と, 潔白さが, 激しい聲, 激勵に, 烱眼が, 無理でした, 無言の, 無関心な, 熱は, 熱心な, 片手は, 物々しい樣子, 物々しさ, 物語りの, 特技なる, 狂態は, 理性が, 生きて, 用心深いの, 申上げた, 申出でを, 留守中近所の, 番頭に, 當て, 疑いでした, 疑いも, 疑いを, 疑ひに, 疑ひもそれ, 疑問を, 癖で, 皮肉を, 目こぼし, 目にも, 目算にも, 目配せ一つで, 直属上官の, 眞つ, 眞面目な, 真面目な, 眼で, 瞳に, 知りたいこと, 短篇の, 神経に, 神経を, 秀麗な, 穩かさ, 空とぼけた顏, 突き詰めた顔, 突っ込んだ語気, 突つ込んだ, 立場は, 笑い声は, 笑つた顏が, 第一話, 第六感は, 答の, 築き上げた假説, 系統立つた, 素破, 組み立てた想像, 經驗から, 緊張も, 練達は, 縄張なる, 縄張内と, 縮尻も, 繩張りへ, 繩張内でも, 罠でした, 義憤を, 羽織に, 考えも, 考へたプラン, 考へも, 耳へも, 耳許に, 聲それが, 聲と共に, 聲も, 肘は, 肩先へ, 背後から, 背後姿を, 胸へ, 胸倉くらゐ, 胸倉を, 脇を, 脈を, 腕には, 腕や, 腰の, 腰巾着の, 膝から, 膝へも, 膝元へ, 自信の, 興味は, 興味を, 舌では, 舌の, 良心の, 若々しい顔, 苦心談を, 著者なる, 蔭へ, 號令は, 行屆き過ぎる, 表情は, 袂でも, 袖にも, 裾を, 要領の, 見幕の, 見当では, 見當違, 見込違いでした, 覚え帳, 覺え, 解剖の, 解説の, 言い草だ, 言うとおり, 言つたのは, 言つた通り肝腎の, 言葉では, 言葉のを, 言葉主人の, 計らひで許され, 訊きたいこと, 訊くこと, 訪ねたの, 許婚の, 許嫁の, 註文通りでした, 話には, 誕生ばなしは, 誘ひに, 誘ひの, 語氣には, 説明が, 説明した, 調べで, 調子, 調子で, 調子も, 論旨は, 謎の, 謙遜な, 變つた望みに, 豫想は, 豫想を, 豫想通りでした, 豫言が, 負けでした, 責任感を, 足でも, 足癖は, 身にも, 身體が, 軒にも, 近頃の, 返事を, 返答一つでは, 追つかける, 追及を, 途は, 逞しい智慧, 遊びの, 部屋には, 醉態が, 醉態を, 野郎が, 鋭い勘, 鑑定に, 長い十手生活中, 閑居は, 間には, 隱や, 霑んだ, 頬には, 頬へ, 頭で, 額には, 額を, 顏から, 顏です, 顏ばかり, 顏色は, 顔です, 顔も, 顔色から, 飛込んだ姿, 首根っこへ, 馬鹿な, 馬鹿野郎は, 馴れた手, 驚きの, 骨折で, 高笑いに, 高飛車な, 鼻でも

▼ 平次~ (1053, 6.2%)

57 さすがに 30 八五郎も 25 驚きました 11 ガラッ八, ガラツ八も 10 この時, 少しばかり 9 よく知つて 8 それは, それを, 舌を 7 息を 6 これは, すつかり, ツイ膝を, ハタと, 二の句が, 手を, 持て餘, 暫らくは, 氣が, 默つ 5 妙に, 思はず顏, 首を

4 [12件] これには, こればかりは, ツイこの, ツイ乘出しました, 一と, 一應は, 何にか, 妙な, 手の, 胸を, 膝を, 膽を

3 [19件] あまりの, これでは, これ以上は, なか, ガラツ八の, 世間へ, 何か, 其處までは, 呆氣に, 少し呆れました, 斯う, 滿更知らない, 眼を, 知つて居ります, 知り過ぎるほど, 笹野新三郎に, 聽い, 腕を, 苦笑ひ

2 [77件] ここまで, この上, この恐ろしい, この男, これが, これ以上の, さう言, その日, それに, それ以上の, それ以上は, ひどく興奮, まさに開いた, よく心得, よく知っ, ゾツと, ツイそんな, ツイ乘氣に, ツイ口を, ツイ斯う, ハツと, フトそんな, 一度は, 一応は, 一艘の, 三日詰め切りました, 事の, 事件の, 今度という, 何の, 何んと, 全くこの, 利助も, 到頭御輿, 勝手口の, 唸りました, 喜三郎も, 少しあわてました, 少し乘出, 少し乘氣, 少し持て, 少し持て余し, 少し真剣, 少し豫想外, 少し面喰, 尻尾を, 左門も, 幾つか, 思はず聲, 思はず膝, 思わず顔, 愕然として, 斯ん, 次第に圧迫, 此處まで, 気が, 眼の, 立派でした, 續い, 聞き知って, 聴いて, 肝を, 苦笑ひしました, 萬七も, 諦らめて, 豫想外だ, 負けては, 近頃人も, 遠慮する, 金太も, 釣られるとも, 開いた口, 頭を, 驚いて, 驚かないわけ, 驚き呆れるばかり, 黒雲五人男の

1 [525件 抜粋] あの純情, あまり樂, あまり顏, いくらか好奇心, うっかりした, うつとりし, うなずいた, おどろいた様子, お前を, お民, お粂ら, お舟, お萬, お葉, お静, お靜, かなり好奇心, がっかりし, こうなる, こう言う, ことの, このとき, この一種, この下手人, この八五郎, この冒險, この十日, この執拗, この報告, この女, この娘, この手, この晩, この浪人者, この珍客, この調子, この謎, この邊, この醜女, この關係, この隠居, この頃, これだけ, これほど, これ程驚いた, こんなに閉口, こんなの, こんな女, こんな突拍子, こんな馬鹿, さう言ふよ, しばらくは, すっかり今日, すっかり恐れ入っ, すっかり気, すつかり腐, せき込んで, そうでも, そう聞く, そう見当, そう言う, その上, その不, その不気味さ, その人波, その先, その後ろ, その氣, その英名, その裏山, その説, それだけで, それには, そんな事, たいしたもの, たつた一日, たまりかねて, たまり兼ねて, だいぶおもしろく, ちょっと日帰り, ついから, ついこの, ついに玩具集め, つい釣られます, つく, つくづくそう言う, とうとうしびれ, とうとう吹出し, とうとう御輿, どうする, なかなか引い, なんとなくカッと, ねえもの, はじめは, ひどくタジタジ, まことに迂遠, まことに迂遠千萬, まさに二の句, まさに袋路地, またそれ, また一, また一伍一什, また予測, また大黒屋, また豫期, むげには斷り切れません, もう一度苦笑, もう事, や, やつて, ようやく真面目, ようやく膝, ようやく自信, よく, よくよく手, よく承知, よく記憶, カラカラと, ギョッと, サッと顔色, ヂツとしては, ツイ, ツイかう, ツイから, ツイこう, ツイさ, ツイそう, ツイその, ツイ乗出しました, ツイ乘り出した, ツイ出動する, ツイ吐月峰を, ツイ吹出し, ツイ唸つ, ツイ噴き出し, ツイ固唾を, ツイ居住ひ, ツイ我慢が, ツイ打ち解けた, ツイ洒落れた, ツイ滅入, ツイ物の, ツイ相手の, ツイ笑ひました, ツイ苦笑ひ, ツイ苦笑ひしました, ツイ落着か, ツイ蟠りも, ツイ親類の, ツイ誘はれる, ツイ起き直りました, ツイ釣られ, ツイ釣られました, ツイ釣られます, ツイ頬を, ヒヤリと, ホツと, ホロリと, ポンポン言, 一々眼, 一ぺんに, 一寸立ち止, 一寸迷った, 一寸迷つたの, 一寸面喰ひました, 一寸驚いた, 一歩も, 一緒に, 一言も, 丁寧に, 三人の, 下りません, 乗気, 乘出しました, 予想外だった, 予期しない, 今さら驚きました, 今は, 今度ばかりは, 今更驚きます, 仕樣こと, 仰天しました, 何かしら一と, 何から, 何となく暗い, 何やら予想外, 何やら待ち, 何やら自信, 何んか, 係り同心, 備を, 充分相手が, 入って, 入つて, 入ります, 入れ歯の, 全く思案, 全く手, 全く承服, 全く豫想, 全く豫想外, 八五郎や, 八五郎を, 兼吉も, 内儀も, 出しゃ張るわけ, 出しや, 初めてカラカラと, 判斷は, 到頭ガラツ八, 到頭吹出し, 到頭坐り直しました, 力負けが, 十手と, 半蔵と, 半蔵の, 半蔵も, 友次郎の, 受け應, 受け答, 受太刀に, 口いっぱいの, 口のき, 只唸る, 合點が, 同情し, 呆れました, 呆れ返つて言葉, 唯一の, 唸つた, 唸るばかり, 唸る外, 善兵衞の, 固唾を, 大助も, 大店の, 大方は, 奥から, 女房の, 娑婆つ, 宜い, 宿の, 寝起きの, 察しない, 小言を, 小首を, 少しうんざりした, 少しからか, 少しが, 少ししびれ, 少しタジタジ, 少しムカムカ, 少しムツ, 少し不機嫌, 少し予想外, 少し何, 少し呆氣, 少し引入れられ, 少し感, 少し扱, 少し扱い兼ねた, 少し持て余した, 少し本, 少し氣色, 少し焦立っ, 少し焦立つ, 少し照れ, 少し當, 少し穩, 少し緊張, 少し面喰ら, 少し面白, 少し面白く, 少し驚きました, 居住ひ, 屈服し, 山登りの, 屹と, 左門次も, 年を, 年始疲れの, 幾度か, 度胆を, 度胸を, 庵室へ, 引入れられるやう, 引揚げる, 弟子入りを, 弱りました, 強ひ, 彌次馬も, 後の, 御多分に, 徳五郎の, 心細いこと, 忙しい御用, 忙しく日, 思い出したの, 思い及ばなかったでしょうか, 思い及ばぬこと, 思はずせき込みます, 思はずたじろぎます, 思はずカツ, 思はずゾツ, 思はずタジタジ, 思はず唇, 思はず固唾, 思はず太, 思はず悲憤, 思はず敷居際, 思はず眞劍, 思はず笑, 思はず腕, 思はず腰, 思はず起ち上がります, 思はず足, 思はず身, 思ひ及ばなかつたで, 思ひ及ばなかつたの, 思ひ及ばぬこと, 思ひ當, 思わずタジタジ, 思わず唇, 思わず声, 思わず感歎, 思わず立ち縮みました, 思わず腰, 思わず膝, 急には, 恐らく手, 悉く知つて, 悉く降, 感心させられた, 感歎しました, 慰めやう, 慰めよう, 成程と, 我慢が, 手持無, 手繰れそう, 承服しない, 承認しない, 投げる外, 抗いやう, 折れるだらうと, 持て余しましたが, 指を, 挨拶に, 捨て置き難い, 放って, 放つても, 散々の, 斯んな, 新しい糸口, 斷念しなけれ, 旗を, 日が, 日頃, 日頃よく, 早くから, 明神前の, 昨夜の, 時々受け, 暫くその, 暫くは, 暫く閑寂, 暫らくたじろぎました, 暫らく見惚れた, 暮へ, 最初から, 朝飯が, 本當, 案外氣輕, 樂な, 次第に事件, 次第に多, 歎賞の, 正己, 此上は, 此上動かず, 此上追及する, 此儘では, 此判じ物には, 此時ほど, 此男の, 此處で, 此邊で, 武鑑に, 歸りました, 死物狂いで, 死物狂ひでキツト風太郎を, 気を, 氣色ば, 油斷でした, 泣いて, 深々と, 済まされなかった, 漸くその, 漸くホツ, 漸く本気, 漸く眞劍, 漸く開き直りました, 無事で, 焦立たしい心持, 煮えくり返るよう, 煮えこぼれるやう, 物置を, 狐に, 獨り, 甚だ中, 男つ, 皆川半之丞兄妹の, 相手の, 眉を, 眞面目に, 眺めて, 眼中に, 知つてを, 知らん顏, 知り悉, 知り拔, 知り盡, 知る由, 石津右門も, 神経を, 立ち上がりました, 立ち竦みました, 立上がつて來, 立留つて唸, 笑い出した, 笑えない気持, 笑つ, 緊張しき, 緊張しました, 縮尻った, 罠に, 聞き知つて, 聴かないでは, 聽か, 聽き知つて居りました, 腰を, 腹に, 腹の, 腹は, 腹を, 自分の, 船を, 若い娘, 苦笑いを, 苦笑を, 草履を, 薄々それ, 薄々は, 薄々知らない, 薄々聞い, 蟠りの, 見たこと, 見るに, 見當, 覗きました, 覺らされた, 言って, 言ひます, 言葉を, 説き伏せやう, 調べやう, 諦めて, 諦らめる, 豫想外の, 豫期しない, 貧乏な, 足を, 踏込みようは, 追及が, 追及せず, 遊んで, 遠慮は, 釣られて, 釣り込まれて, 長く見, 陣の, 雀色に, 顏を, 飛びました, 飛んで, 飛出しましたが, 飛起きました, 馬場要も, 馳け, 駈け付けましたが, 驚いたほど, 驚きの, 驚きましたこれ, 驚きました飛んで, 鬪爭心を, 鬱陶しく籠つて, 默つて後を, 默り込ん, 齒ぎしりし, 齒を

▼ 平次~ (903, 5.3%)

13 聲を 10 さう言 9 顏を 7 手を, 驚いたの 6 來た, 行つた時は, 飛んで 5 さう言つたの, 訊くと 4 それを, 八五郎に, 想像した, 氣の, 活躍し, 腹を, 豫想した, 逢つたのは

3 [25件] お勝手へ, やつて, ガラッ八, 乘り出した, 何を, 來て, 先に, 入つて, 八五郎の, 唸つたの, 店から, 後ろを, 心配した, 心配する, 憎くて, 手一杯に, 振り返ると, 斯う, 早くも, 眼を, 立つて, 自分で, 言ふと, 顔を, 飛込んで

2 [72件] いひました, おこうを, かう言, こんなに怒る, こんなに腹, こんな冗談, もう一度驚いた, 一と, 一緒に, 不意に, 乗り出し宵, 乘出した, 乘込んだ, 付いて, 何か, 何やら囁く, 來さへ, 來る, 側に, 八丁堀へ, 利助を, 原庭, 取出したの, 向柳原, 咄嗟の, 夫婦づれで, 嫁を, 家の, 寄合の, 帳場格子の, 庵室に, 引受けると, 引揚げた, 手習師匠に, 持って, 指さすと, 日頃に, 明神下の, 曲者を, 期待した, 期待する, 木戸口へ, 果し眼, 案外シンミリ, 次の, 歸つて來た, 氣輕に, 泥棒の, 注意した, 留守だ, 盛んに, 神田から, 腰を, 行き着いた時, 行き着く前, 行くと, 見込みで, 見透した通り, 言い出した, 言った, 言ふ, 訊いた, 訊ねると, 訪ねて, 豫言した, 進むと, 道の, 關係した, 飛出しました, 飛込むと, 駕籠を, 驅け

1 [578件 抜粋] あごを, あつて, あの凄い, あの可愛らしい, いきなり飛出す, いっこうに驚かなかった, いった, いひます, いろ, うなづくと, お世話いたしませう, お夏, お常, お樂, お福, お臺所町, お辰, きく, こういうの, こう言った, この事件, この二人, この屋敷, この馬鹿馬鹿しい, これだけの, こんなに人, こんなに怒, こんなに激しい, こんなに言, こんな分別顏, こんな大事, こんな戦闘的, こんな突, こんな自惚れ切った, こんな馬鹿, さう聽, さう言つた, さう言つた時, さう言つて, さう言つて踏臺, さう訊くと, さう訊くの, しかも三輪, しきりに感心, すつ頓狂, すめば, するやう, そう覚悟, そう言う, そこへ, そそくさと, そつと, その後を, その清廉さ, それつ, そんな事, そんな捨鉢, そんな計, そんな間抜け, そんな間拔, たしなめたの, たずねる, つくり船奉行向井将監支配, どうして斯ん, どれだけ, どんなに器用, どんなに驚い, どんなに骨, ぬるい茶, のほほんで, はいつて, ひどく困っ, ひどく腐つ, ふき出すと, まだ独身, まだ若く, もう少し甘い, もう諦め, もとの, ものを, やったよりも, やって来たとき, やって来たの, やつたと, よく分つ, わからなかつたん, わざと避け, ウマの, ガラツ八の, ギヨツと, クルリと, ケロリと, スゴ, ヂツと, ツイ乘出した, ツケツケやる, ハッと, ハツと, パッと, パツと, 一つ目くばせする, 一とわたり, 一世一代の, 一体それ, 一喝する, 一喝を, 一番先に, 一番怪しい, 三日がかりで, 上り框に, 上總屋へ, 下っ引, 下女の, 不思議に, 不精を, 中に, 中坂下の, 中橋の, 久治と, 乘出す, 乘氣に, 九人の, 事件の, 事勿れ主義で, 二千五百兩の, 二度喫驚した, 二階へ, 井戸端で, 人中で, 人殺しの, 今まで, 仕事場の, 代言した, 仲間に, 伊八の, 伺ひますつて, 佐吉に, 何やら思い当った, 何遍肱で, 來ても, 保證し, 停めたが, 兄らしく話しかける, 先代とは, 先廻り, 入つて來, 入つて行つたの, 入り込んだの, 兩國の, 八丁堀から, 八五郎から, 八十五にも, 八州役人の, 其場で, 内儀お, 凝つと, 出かけたの, 出かけようと, 出て, 出動し, 出動する, 出馬する, 助郷願書, 動き出すと, 動き出せば, 半蔵と, 危機一髪の, 危機一髮の, 參つたと, 參つた丁度宜, 又訊ねます, 及ばぬところ, 取上げたの, 取上げて, 取上げると, 取合, 受取つたのは, 叩いたの, 叫ぶ間, 合圖する, 合圖を, 名古屋あたりへ, 名題の, 呆れてるの, 呻くと, 呼びとめる間, 呼び出されました, 呼出されました, 唐紙の, 唯一の, 嘗て經驗, 土器を, 地團駄踏んだ, 城彈三郎の, 堀周吉その他の, 壇の, 外から, 多賀屋の, 大縮尻, 大言壯語した, 奢って, 女房の, 妻籠本陣での, 妾の, 嫌ふ, 子分の, 家へ, 容易ならぬ, 容易に, 富崎佐太郎を, 寝ずの番で, 寢ず, 尋ねる, 尋ね顔, 小細工を, 少し持て, 尻ごみした, 居ないと, 居るせい, 居るもの, 巣鴨仲町の, 差した指, 巾着切に, 帰ったの, 帰って, 帰ると, 年久しく, 幽靈, 床の, 庭石の, 弓町の, 引受けて, 引受けます, 引受けますぜ, 引揚げる, 引留める間, 引返す迄も, 弟の, 強盗か, 強盗する, 強盗を, 役目柄で, 彼を, 往來に, 待ち受けて, 待って, 待つて, 後にも, 得意の, 御用が, 御用の, 御輿を, 徳蔵稲荷へ, 徳藏稻荷へ, 心配し, 忙し過ぎ, 念を, 思はずたじろいだの, 思はず聲, 思ひの, 恐れたやう, 恐れたよう, 恐ろしく眞面目, 息子の, 悄気返るの, 悪いよう, 惡い, 感じないわけ, 感歎した, 慄然と, 憚かつて, 應じました, 懷中から, 戸長役場の, 戻つて來, 手から, 手傳つて灯の, 手掛けた幾つ, 手早く外出, 抱き付いたの, 押して, 持つて, 指さした, 指さしたの, 指さした壁, 指さした娘, 指さす方, 指したの, 指した粂, 指すあたり, 指すと, 指先に, 指圖を, 指揮する, 指摘した, 挨拶する, 挨拶に, 捕頭, 推察した, 搜し, 支度を, 斯う附い, 新しい仕事, 旅から, 旅に, 早附木, 昨夜の, 曲者から, 書いた一本, 最初に, 最後に, 會つたのは, 會つた下女の, 月の, 望むまま, 望むまゝにいろ, 村の, 来ずに, 来て, 来るまでは, 枕元から, 枕元に, 案内した, 椽側に, 歡呼を, 止めて, 止めるの, 正己, 此處まで, 歯噛みを, 歸つて來ました, 死骸を, 死體の, 残して, 気がついて, 氣が, 江戸で, 決然として, 活躍した, 浪人者の, 海真, 海老床へ, 深々と, 滅多な, 濠端を, 点頭いたこと, 無事で帰らなきゃ, 無氣味, 煙草入から, 物を, 狙はれる, 独り言の, 狹い, 現場を, 田原町へ, 甲府から, 當つて見る, 疑ふの, 登場し, 登場する, 白髪あ, 盛んだ, 盛んだった, 直感した, 相手だ, 相手に, 相談相手に, 眉を, 眼配せする, 着く前, 着て, 睨んで, 矢の, 知つた, 知らなくて, 神田へ, 穩かに, 突っ込んだ問, 突つ込む, 突つ込ん, 立ち上がると, 立ち竦んだの, 立上る, 竜手様を, 竪川の, 笑いながら, 第一番, 精一杯呆れ返っ, 紫琴女の, 組み伏せたの, 組み立てたストーリー, 組み立てた筋, 經驗した, 締めて, 締め上げると, 縛つ, 繩を, 考えた以上, 考へたの, 考へたやう, 聞いた手掛り, 聽く, 聽手に, 腰繩を, 膝を, 自殺だ, 自重し, 與力笹野新三郎の, 色氣違ひ, 苦い顏, 莚の, 葭簾の, 蒟蒻問答の, 蔭に, 號令を, 蟲の, 行き着くまで, 行くの, 行くまで, 行った先, 行つたのは, 行つた先は, 行つた時丁度, 袂から, 見たところ, 見た部屋, 見ては, 見て取ったの, 見て取つたの, 見ると, 見付けました, 見張って, 見張つて, 見破つた, 見限ったの, 見限つたの, 親元にな, 解いて, 言い添えて, 言う, 言うまでもなくさっそく, 言ったの, 言った事, 言ひ, 言ひつける, 言ひ出した, 訊き返した, 訊ねました, 訪づれると, 訪ねたの, 試みたより, 話して, 説明し, 説明役にな, 調べ上げ, 變な, 路地の, 路地へ, 躍起と, 近づくと, 追及する, 這ひ, 這ひ上がらう, 通りか, 逢つたばかり, 遠慮し, 部屋の, 金の, 金沢町へ, 銚子を, 銭を, 錢を, 門番の, 開けて, 陰に, 階下の, 障子を, 隣室に, 静かに, 面を, 預つて, 預り親, 頑張つて調べ, 頼むまでも, 飛びかかるの, 飛び込んだ時, 飛んでも, 飛付いたの, 飛付かうと, 飛込みました, 飮むのも, 首を, 馬鹿に, 駆けつけた時, 駆け付け三輪, 髷を, 鬼鹿毛に, 默つ, 默つて後を, 默り込ん

▼ 平次~ (895, 5.3%)

215 八五郎は 78 ガラツ八は 73 八五郎が 64 ガラッ八 46 八五郎の 42 八五郎を 21 八五郎と 17 ガラツ八が, 一緒に 15 八五郎に 13 ガラツ八の 10 子分の 7 ガラツ八を, 申すもの 6 ガラツ八と, 八五郎 5 お静, その子分 4 主人の, 八五郎も, 顏を 3 ガラ八が, 二人で, 利助の, 同じやう, 雖も, 顔を

2 [23件] いふと, お六, ほぼ同じ, 倉造が, 八五郎について, 八五郎にも, 力を, 喜三郎は, 喜三郎を, 島吉は, 思うか, 母親の, 瀧五郎は, 申す者, 町役人に, 知つて居る, 自分の, 言は, 違って, 金六が, 金六は, 顏が, 馬吉の

1 [172件] あまり年の, いうと, いって, いへども, おこうが, おこうは, お兼, お品, お村, お神樂, お若, お谷, お靜, お靜夫婦, すつかり融和, すれ, すれすれに, そして狐, その子分ガラツ八, その背, ひとり息子の, ガラツ八, ガラツ八に, ガラツ八には, ガラツ八も, 一と, 一時両国で, 一時兩國で, 一時張合つて近頃は, 一緒にな, 万七の, 万七は, 三五郎は, 三尺とは, 主人と, 久三郎へ, 久三郎を, 久保木桂馬との, 事ごとに, 事毎に, 二人つながつ, 二人枕を, 二人椽側に, 二人額を, 仲の, 伊三郎は, 伊藤治太夫は, 倉造は, 儀八は, 元町の, 八五郎それに, 八五郎だ, 八五郎だけ, 八五郎でした, 八五郎です, 八五郎には, 八五郎を通して, 八五郎若, 八五郎赤羽橋有馬屋敷の, 八五郎驚き騷ぐ家人を, 兼吉は, 判ると, 別れて, 利助も, 利右衞門は, 前後し, 勘三郎の, 半蔵を, 友吉は, 叔母さんの, 同じである, 同じよう, 同年輩平次の, 同年配, 同様である, 同行する, 名乘つて, 周吉と, 周吉に, 周吉の, 周吉は, 呼應し, 喜三郎と, 喜八は, 四つに, 多吉に, 太助が, 女房の, 寅吉は, 専次の, 對立的な, 小林習之進の, 少しも, 島吉, 幾つも, 廊下で, 廻り逢ふこ, 張り合って, 張り合つた御用聞, 張合った御用聞, 張合って, 張合つた顏の, 張合つてゐる, 張合つて手柄を, 張合つて手柄爭ひ, 彌太, 彦兵衞は, 彦太郎は, 彼とは, 思ひきや, 手柄爭ひ, 挨拶を, 新吾に, 新吾は, 杵太郎の, 枕を, 氣が, 求馬は, 池田大助は, 淺吉は, 源吉と, 火事, 爭つた練達無比の, 狷之介と, 申して, 申しますが, 申すさ, 知つた, 知つたのは, 知つたのも, 知つての, 竜手様を, 笹野新三郎は, 群衆が, 聞いて, 聽い, 肩を, 脇本陣の, 與吉と, 萬七が, 萬七と, 萬七の, 行燈だけ, 見定めると, 見破つたんぢ, 見込んでの, 親しくいい交わす, 親しくな, 親しくなっ, 言つてお上の, 言はれる, 言ふ, 言ふか御, 言われる人気者, 話し込んで, 話を, 谷右衞門と, 逢つた, 連れだって, 違った方向, 酒盃を, 金之助, 金六と, 金六の, 金六を, 金太の, 鉢合せを, 長い間張り合つて, 間違へ, 間違へて, 雖ども今日ばかりは, 鞘当を

▼ 平次~ (680, 4.0%)

55 取つて 18 さう言 15 聲を 9 斯う 7 しては, しても 6 言はれ 5 そう言われる, たしなめられて, 繪解き, 言はれた 4 任せて, 別れて, 喰つてか, 注意され, 絵解きを, 見せるの, 言はせる, 訊ねました

3 [16件] 似て, 促されて, 先を, 呼ばれて, 囁きました, 報告する, 對し, 對する, 指さ, 挨拶した, 渡しました, 言はれる, 訴へる, 誘はれて, 説明を, 鼻を

2 [53件] お任せ, これほどの, さ, してやられて, すがりつくの, たしなめられると, ついて行きました, リードされ, 代つて, 任せなければ, 何やら説明, 促が, 助け舟を, 叱られて, 喰って, 噛みつきさ, 囁きます, 圖星を, 場所を, 声を, 好感を, 引取られ, 心服し, 念を, 手首を, 持出すの, 捕まって, 掴ませようと, 教へ, 斬つて, 楯を, 注意された, 注意する, 渡します, 突つか, 素晴らしい印象, 絡むの, 縋り付いたの, 繪解を, 褒められると, 見せたの, 見せます, 言いました, 言ひつけられ, 訊かれて, 話しかけました, 説いて, 説明し, 迎へ, 逢ひ, 鉢合せし, 頼んで, 飛付きました

1 [357件] あるので, いろ, いろいろの, うんと油, お任せ下さいません, お民, お禮, お谷, お辭儀, かう言, かう説明, かかる疑い, からかわれて, きいた, こうチョッカイ, こう打ち明け, こう説明, この事件, この俺, こんなに怒鳴られた, こんな調子, さうまで, さう數, さして, さして見せた, して, してやられながら, しなければ, せがみました, せがみます, せがんで, そう言っ, それでも八五郎, そんな事, たしなめられました, たんとお礼, つかまつて, つかみか, とがめられないだけの, ない態度, ない詭計, なく峻烈, ぬかりは, のしか, はまるつきり, よく似た, わかる筈, ガラツ八は, ブチまける, ヘボ碁を, 一と, 一とか, 一切の, 一句も, 一喝され, 一應の, 一生懸命に, 丁寧な, 万一三輪, 不利益な, 世上の, 二の句を, 云はれる, 仕込まれた通り, 代って, 代つて鑿, 伴われて, 似ないこと, 似氣, 何にか, 促されるやう, 促される前, 催促される, 傾倒し, 先に, 八五郎と, 八五郎は, 冠せる, 冷かされつけて, 冷かされながらも, 出て, 出來, 出来ること, 判らないこと, 力を, 助力を, 勵まされ, 反問する, 取っては, 取り出して, 取次がせたの, 取次がれること, 取縋りさうに, 叩き落されて, 叱られたガラツ八, 叱られると, 叱り飛ばされて, 吉住求馬は, 向いました, 向けたの, 向つたお, 向つて腹, 告げて, 告げに, 呑込ませた, 呼びかけても, 呼び付けられても, 呼び留められて, 呼留められ, 命ぜられたの, 問はれた, 問ひかけました, 問ひかけます, 問ひかける, 問ひました, 問ひ詰められる, 問われたお, 問詰められて, 喰い下るの, 喰はせよう, 噛みつきそう, 囁かれると, 囁くの, 囁やきます, 囁やくの, 埒を, 報告された, 報告されました, 報告し, 報告した, 報告しました, 女と, 好ましいこと, 妬く女房, 嫌味の, 宛てて, 寄り添, 密告の, 對しました, 導かれて, 小手招かれる, 小言を, 屆けたのは, 席を, 引合されました, 引合せて, 引合せました, 引揚げを, 引摺られ, 引留められて, 引立てられて, 引繼いで, 張子の, 征服され, 待ち呆け, 後から, 従います, 從い, 從つて納戸の, 從ひます, 心惹かれ, 思ひ當ら, 急を, 悪気が, 感じさせたので, 感じさせようと, 感ずるの, 感服し, 慘憺たる, 手を, 手招きされ, 手渡したの, 打ち明けるの, 承知を, 投げ銭を, 押へ, 持つて, 指さされると, 指された支配人, 指されて, 指でも, 指も, 指図される, 挑むの, 挨拶し, 挨拶しました, 捜し出して, 探索させよう, 搜し出し, 擧げられて, 救いを, 教わった木戸, 教わった欄干, 散々言ひ負かされた, 文句も, 斬り付けるの, 斬付けたもの, 智慧を, 月下の, 本拠を, 極め付けられて, 止めを, 此事件の, 殘る疑ひ, 毎々舌, 比べると, 氣が, 水を, 注意される, 渡された鍵, 渡した煙草入, 溜飮を, 滿身の, 激勵され, 瀧五郎は, 煙草盆などを, 現場を, 畳み込んで, 疊み込ん, 疑はれたとは, 疑われる原因, 發見された, 目禮した, 目禮だけ, 相当する, 相談し, 相違ない, 盾を, 眼くばせし, 眼を, 眼配せされ, 睨まれて, 睨まれました, 睨まれます, 睨まれること, 睨まれ三輪, 睨まれ乍ら, 知らせ一, 突き出しました, 突っかかって, 突つかかりました, 競爭心が, 笑はれ, 紛れも, 組付いて, 絡みつきますが, 絡みつくの, 縋りついて, 縋り付かぬばかりに, 縛られた男, 縛られて, 縛られると, 耳打しました, 耳打ちしました, 耳打を, 聽い, 聽く, 肩を, 脅かされながらも, 腰を, 自慢を, 若い娘, 茶を, 處分させよう, 裏を, 褒められたの, 要領を, 見せた眼潰球, 見せた紅皿, 見せました, 見せると, 見られるの, 見付けられでも, 見出されたの, 見向きも, 見放される心細, 見破られたの, 親み, 解かせ主人, 解らない事, 解るわけ, 解説を, 言いつけられた通り, 言い付けられた通り, 言い含められたの, 言うの, 言ひつけられた, 言ひ付けられた, 言ひ宥められ, 言われるまでも, 訊かれてさえ, 訊きました, 訊くの, 訊ねましたが, 記憶され, 訴えたの, 訴えようと, 訴えるの, 訴へ, 註を, 詰め寄るの, 話しかけるの, 話した末, 誇るため, 誘はれた八五郎, 誘ひかけました, 誘われて, 説き進められると, 説明する, 説破され, 證明され, 警告を, 負けずに, 跟い, 輪を, 迎えた娵, 返つて, 迫りましたが, 迫ります, 追い立てられて, 追はれ, 追ひ立てられ, 追拂, 送られて, 逆ね, 通じて, 逢つたのです, 逢つたらさう, 逢つた八五郎は, 逢つて見よう, 遠慮の, 重寶, 関心を, 附いて, 附け文, 雇はれ, 預けた母親, 預けて, 頼まれて, 頼まれると, 頼み切つた樣子, 頼み度い, 頼み込みました, 頼み込むの, 頼むこと, 頼むの, 頼む望み, 頼んだの, 顔を, 飛びかかるの, 飛んだ一, 飛込まれて, 食つてか, 食ひ下がる, 駄々つ, 黄色い聲, 默禮などを

▼ 平次~ (490, 2.9%)

19 迎へ 10 訪ねて 7 待つて, 案内し, 迎へて, 驚かしたの 6 見ると, 顧みました 5 つれて, 見上げました, 迎えて, 迎へる 4 呼んで, 相手に, 見上げるの, 誘ひ出して 3 先頭に, 書いて, 案内しました, 見付けて, 誘ふの, 迎えました, 迎へに, 顧みます

2 [37件] おびき出して, 三方から, 乘出させる, 前に, 加へて, 呼びました, 呼止めた, 奥へ, 小手招ぎました, 屹と, 待ち構, 怒らせた事, 拜むのです, 拝むの, 振り仰ぎました, 振り仰ぐの, 斜め下から, 有名に, 案内します, 焦立たせたの, 現場へ, 睨んで, 私は, 突きます, 笹野新三郎は, 考へさせます, 自分の, 苛立たせます, 見やるの, 見上げながら, 見下ろしました, 訪ねたにも, 読んで, 辟易させました, 迎ひ, 驚かすに, 驚かすばかり

1 [287件] あわて, うすのろ, おびき出したあの, おびき出せば, おびき寄せお, お絹, かけさせて, きめる奴, けしかけます, さし招くの, さへ, じぶん, すっかりハラハラさせる, すっかり亢奮, すつかり手古摺らせて, すつかり押し負かしたこと, せき立てる有, せき立てる有様, そこに, それまでに, たしなめる調子, つかまえて, つかまへて, つかまへては, つれ込み一杯, どんなに力づけ, のぞきました, はじめその, はじめとして, ふり仰ぎます, ふり返りました, ほ, ほほ笑ませます, まいて, もう一つ, もう一人, やつつける, ゆり動かしました, よく知っ, よろこばせた, ガラツ八は, ジロリと, センチメタルな, ハタと, ハツと, プルタークスの, 一敵國に, 一歩も, 一番驚かしました, 丁寧に, 三百八十幾つ書いた, 三百篇も, 下手人と, 中に, 主人の, 乗出させるの, 乘せた, 事件の, 二百回以上書かせた, 仙太は, 仰ぎました, 仰ぐ眼, 仰ぐ顏, 仰ぐ黒い, 仰天させました, 伏し拜むの, 伏し拝むの, 伴つて龍の, 伴れ, 何とかし, 何百か, 作り出した動機, 促して, 促しました, 保養させる, 信頼し切, 先に, 入れて, 兩斷に, 八五郎が, 八五郎は, 別室に, 加えてからの, 助けながら, 助七夫婦, 動かさうと, 動かして, 動かし暫らく平次, 動かすこと, 動かすの, 動かそうという, 勧善懲悪だ, 半蔵の, 友達に, 取卷いて, 口説き落すと, 召し連れました, 召連れ, 向うに, 呼びとめました, 呼びに, 呼びます, 呼び入れました, 呼び出しに, 呼び出しました, 呼び止めました, 呼び留めるもの, 呼べ, 呼んだ, 呼んだの, 呼んだので, 呼入れて, 呼出しては, 呼出しました, 呼留めるで, 唯の, 外に, 外へ, 大坊主, 好い心持, 妙に, 宇佐美直記は, 宥め乍ら, 寛ぎの, 導いて, 尻目に, 居間の, 差向け度, 庭へ, 庭先から, 弄んだ積り, 引きとめた, 引つ張り出したところ, 引つ張り出して, 引つ張り出すの, 引つ張り出すガラツ八, 引つ擔ぐやうにして, 引入れました, 引出したの, 引出すの, 引取り出す, 引合せるの, 引張り出したガラツ八, 引張り出すの, 引摺つて行きます, 引止めようと, 引留めること, 引立てさうに, 強く打つた, 待ちました, 待った, 後ろから, 後ろに, 怨みましたが, 怨むかも, 憂欝に, 憂鬱に, 手古摺らしたもの, 打つだけ, 打つやう, 承服させる, 抱き起すと, 拔き討ち, 招じます, 拜んだり, 拜んで, 持て餘, 捕まへ, 捕頭, 掛けさせて, 掻き退けるやう, 搜し, 擔が, 日本一の, 書きはじめた頃, 書き続けさしたとも, 書くこと, 書くとき伴奏, 書くよう, 書く代り, 書く端緒, 案じて, 歸し, 母屋に, 江戸から, 激勵する, 焦立たせた樣子, 煩は, 片隅に, 物の, 牽制しませんでした, 狩り出しに, 現場に, 甘く見, 當分に, 白い眼, 白痴に, 目がけて, 目で, 眺めたま, 眺めました, 睨みそれから, 睨みましたが, 睨み据, 睨み据えました, 睨むの, 睨め廻し乍ら, 知つてゐる, 知つて居る, 笑わせるつもり, 索制した, 翻弄した, 考えつく前, 考へ, 興奮させます, 舞臺の, 苛つかせ, 苦笑させた, 落胆させる, 裏の, 見くびつて, 見て, 見に, 見やりました, 見るたび, 見るの, 見上げた眼, 見上げた素顏, 見上げた賢, 見上げた顏, 見上げて, 見上げます, 見上げる眼, 見上げ乍ら, 見付けた萬七, 見付けると, 見入るの, 見入る一生懸命, 見士げた, 見守ります, 見据, 見据えます, 見据ゑて, 見比べて, 見詰めた女, 見詰めました, 見返すの, 見送る時, 言いくるめて, 訪ねたの, 訪ねました, 誘いながら, 誘います, 誘い入れた, 誘って, 誘つて店へ, 誘ひに, 誘ひました, 誘ひ入れました, 誘ひ出させたの, 誘ひ込んだの, 誘惑します, 誤魔化しよう, 読むよりも, 踏込ませる氣, 載せて, 辟易させる, 迎い入れ, 迎えたの, 迎えた主人, 迎え入れました, 追つて一氣, 追ひやる, 送りに, 錢形と, 靜から, 面喰は, 頼母しがらせます, 顧みるの, 馬鹿に, 騙せると, 驅り立て, 驚かしたこと, 驚かせました, 鬼の, 鰌と, 鼻で

▼ 平次にも~ (106, 0.6%)

4 わかりません, 初耳でした, 豫想外でした 3 よくわかります, よく判ります, よく呑, 想像が, 見當 2 よく解ります, 全く見当, 少しは, 少しばかり, 忍びない, 旅籠賃の

1 [67件] いよ, この消息, この謎, これから先, これは, これ以上の, その消息, それは, なか, はつきり判ります, また理由, よくその, よくは, よくわかる, よく解る, わかりました, わかります, ガラッ八, チヨイと, 一寸見當が, 事件の, 似ぬ興奮, 何に, 全部へは, 八五郎にも, 判斷が, 含んで, 呑込めない, 呑込めません, 唯の, 喰つてか, 大きい謎, 好い印象, 容易ならぬ, 少し鬱陶しい, 引出しやう, 忘れよう, 思ひ知らせるため, 息を, 手輕には, 捉へ, 斯の, 油斷が, 異樣, 確と, 精, 精一杯, 聽えました, 聽こえました, 腑に, 自信が, 見られるやう, 見覺, 解け相, 解りません, 言わずに, 言われましたが, 訊くこと, 讀みきれないもの, 讀みきれません, 豫想外です, 返答は, 難儀でした, 面白い發見, 頼んで, 顏を, 鬱陶しい日

▼ 平次には~ (96, 0.6%)

4 それが 3 よくわかります, 腑に

2 [12件] ないこと, まだ腑, よくわかる, わかり過ぎるほど, 不思議な, 事件の, 何よりの, 判りすぎるほど, 外の, 好感の, 少し勘定, 昔の

1 [62件] お静, この下手人, すこしもあの, そのいきさつ, その冷た, その意味, その日, その考, それは, それを, たまらない結構, できないこと, どうしても呑, まだ何やら腑, まだ物足りない, まるっきり見当, もう一, もう一切, 下で, 何も, 何よりイヤ, 全く違つた事, 判つた, 別に, 取つて, 呑込み兼ねた, 唯の, 大した參考, 大事でした, 大方見, 寧ろ嫌惡, 少しも, 少し閉口, 幾度も, 想像が, 意味が, 慰むるところが, 手に, 日頃恩にも, 最初の, 次第に解決, 氣にか, 氣にな, 江戸で, 用事が, 町人としての, 相手の, 眼も, 結構過ぎ, 耳新しいこと, 聞えなかった, 腹の, 腹立たしかつ, 自分では, 見當, 解って, 解りません, 誂へ, 豫想外だ, 音を, 顏見知りの, 餘つ

▼ 平次親分~ (70, 0.4%)

5 のところ 32 が夫婦連れ, とその, に來, の片腕, はこれ, は後, も箍

1 [48件] がお, がたつた, がなぜ, が乘, が來, が来, が縛らない, この御, そのお, だ, だから, でも歯, でも頼ん, で御座いますか, といふの, といふ荒神樣, ともあろう, と子分, と鉢合せ, などは一文, ならワケ, にお, にお願い, にも似合, に注意, に皆んな, に逢つてお話, に頼ん, のお, のやう, の一, の家, の目, の陣立て, はどんな, は曲者, は腹, も, も思い, よくいらつ, を伴, を呼ん, を宥め, を引張り出し, を連れ, 丁度宜いところ, 御助力, 御在宿

▼ 平次~ (46, 0.3%)

18 つたのです 75

1 [16件] がお, がこの, がちよい, がなにか, が主人, が何, が何ん, が子供, が明け, それくらいの, それ位の, とて片目, な, よ手間, 平次だ, 良い気持

▼ 平次殿~ (45, 0.3%)

3 と言 2 でござるか, にお, のお, のこと, の大名, の御

1 [30件] お屋敷奧庭, お願, か伜, か何分宜しく, か先日, か飛んだ, が名前, が行, この上, その言葉, それに一點, だ, では, とやらに早速, にその, には筋違, に乘出, に八五郎殿, に逢ひたい, の仰, の仰る, の外, の智慧, はお, は嬉しい, へ短刀一本, 御察, 御檢分役, 許して, 飛んだお

▼ 平次さん~ (35, 0.2%)

2 の家, はそんな

1 [31件] からその, が生き, こう江戸, このまま, この酒, とうとうわたし, とおれ, にし, にも頼ん, に見せます, に見せる, に認められた, のとこ, のよう, の方, の言い草, の言う, の話, はお里さん, はなかなか, はなんと, は塩野, は岩倉様, は高見, まあお, もし相州, も妻籠, も御, も狸, も話し込ん, 泊まって

▼ 平次~ (29, 0.2%)

7 はありません 4 はなく 3 さへ 2 さへも, はなかつた

1 [11件] お言葉, この公役, これくらいの, さえこう, はこれ丈, はなかっ, はよく, もあつ, もなく, 平次の, 御病中

▼ 平次~ (29, 0.2%)

2 武者振り付きます, 浴びせようと

1 [25件] かけて, くれた不思議, ちよつかい, よくそう言っ, 一通り報告した, 半分後ろの, 合槌を, 喰つてか, 囁くよう, 報告する, 報告に, 妥協的な, 持込まれました, 挨拶しました, 果し状を, 突っかかります, 縋りに, 詫びるの, 話し度, 變な, 追ひすがる, 間髮を, 頼みこんだので, 頼みに, 飛びかゝらうとするのです

▼ 平次です~ (28, 0.2%)

3 がさすが 2 が, がこう, がまだ

1 [19件] がお, がかう, がここ, がこの, がこんな, がこんなに, がどんな, がやがて, がよくよく, が叔母さん, が外, が富島町, が役向, が役向き, が御新造, が御用聞, が斯, が近頃, よご

▼ 平次~ (22, 0.1%)

4 八五郎に 3 ガラッ八 2 八五郎の

1 [13件] あご十郎の, お靜, ガラツ八の, 佐吉を, 八五郎と共に, 八五郎にとって, 八五郎には, 八五郎は, 八五郎も, 左門次も, 得右衛門までが, 池田大助を, 磯川兵助は

▼ 平次~ (21, 0.1%)

3 丁度宜い 2 何の, 忙しいところ

1 [14件] い, いや御, いや飛んだ, お前が, その方, 何分頼む, 其方の, 千兩箱が, 大儀で, 大分顏を, 岡っ, 岡つ, 待つて, 御苦勞

▼ 平次お前~ (17, 0.1%)

2 が俺, なら話, はあの

1 [11件] がお, が見通した, にも似合わない, の思案, の望み通り, の潔白, の腕前, はまた, は又, は本, は本気

▼ 平次とは~ (17, 0.1%)

2 九つ違いの, 自然張合と

1 [13件] どうして氣, まるっ, まるで貫祿, よくウマ, よく馬, 一歩先に, 互いに顔, 思はずに, 手習仲間大店の, 涼しい風, 言はさん, 話が, 貫祿が

▼ 平次自身~ (16, 0.1%)

1 [16件] が却つて覺束, が屍體, が述懐, と言, と言い触れさせ, にもよく, にも屋敷中, に言, の乘出, はこの, もひどく, も一日一度づつ, も土地, も救, も江戸, よりも文七

▼ 平次とも~ (12, 0.1%)

4 あらう者 3 あらうもの 1 あろうもの, あろう者, いふ讀者諸君, とうとうお, 別れて

▼ 平次ほどの~ (12, 0.1%)

8 者も 2 者が, 者の

▼ 平次から~ (11, 0.1%)

1 [11件] この痛快, 借りて, 内々の, 夢の, 寺へ, 御聞きで御座いませう, 改めて父庄司右京, 聽か, 見られると, 見れば, 預つた羅紗

▼ 平次これ~ (11, 0.1%)

2 はお上, は容易 1 だけを聞い, は何ん, は何處, は大, は大変, は肝腎, ほど見事

▼ 平次といふ~ (11, 0.1%)

2 ものです, 者です 1 のは, ものだ, 控が, 綽名の, 者だ, 荒神樣が, 言葉が

▼ 平次それ~ (10, 0.1%)

2 をさし招く 1 から下谷一圓, が本, は先づ, は珍, へ火入れ, もこれ, を聞い, を話し

▼ 平次さん君~ (8, 0.0%)

2 の方 1 の意見, の村, はこの, はそれでも, はよい, も聞いたでしょう

▼ 平次でも~ (8, 0.0%)

1 付けやう, 何よりの, 想像は, 手の, 疑ひやう, 相手が, 見當, 調べやう

▼ 平次~ (8, 0.0%)

1 がすこしも, と一緒, に背, の一行, は復興最中, は本陣, は離れ, は願書

▼ 平次得意~ (8, 0.0%)

4 の投げ 3 の投げ銭 1 の天眼通

▼ 平次その~ (7, 0.0%)

2 日の, 時は 1 半九郎, 子分八五郎の, 後ろに

▼ 平次とやら~ (7, 0.0%)

1 お前の, お前は, よく聽, 一々尤も, 其方の, 困つた事, 御苦勞

▼ 平次より~ (7, 0.0%)

2 先に 1 だいぶ上, 一つ下だ, 外には, 大分上で, 少し年上

▼ 平次という~ (6, 0.0%)

1 のは, ものは, 名前である, 御用聞を, 綽名の, 者だ

▼ 平次とか~ (6, 0.0%)

1 なんとか評判, 何んとか, 大層顏, 言ったな, 言つたな, 言つて當今大した

▼ 平次にとっては~ (6, 0.0%)

1 なか, ガラッ八, 全く我慢, 申分の, 精いっぱいの, 若い女

▼ 平次はた~ (6, 0.0%)

2 うとう御輿 1 うとうこの, うとう來, うとう言, うとう錢

▼ 平次よく~ (6, 0.0%)

2 來て 1 来て, 見て, 言った, 言つた

▼ 平次~ (6, 0.0%)

1 うだ, とし, のこ, の躊躇, を差, を思ひ付いた

▼ 平次~ (5, 0.0%)

1 品の, 筆は, 絹に, 舟も, 静の

▼ 平次さすが~ (5, 0.0%)

2 に腰 1 に持てあまし, に放っ, に放つ

▼ 平次でございます~ (5, 0.0%)

41 が何

▼ 平次はが~ (5, 0.0%)

2 つかりして 1 つかりした樣子, つかりしました, つちり考

▼ 平次もう~ (5, 0.0%)

2 駄目だ 1 つかり見遁, 御墨附, 相手の

▼ 平次何とか~ (5, 0.0%)

2 しろと 1 ならぬもの, 工夫は, 相成るまいか

▼ 平次にまで~ (4, 0.0%)

2 食つてか 1 無用の, 賛成を

▼ 平次のさう~ (4, 0.0%)

3 言ふ 1 言つた見

▼ 平次はからか~ (4, 0.0%)

1 ひながらも, ひますが, ひ乍ら, ひ面

▼ 平次への~ (4, 0.0%)

1 お礼心か, 會釋の, 義理で, 言傳が

▼ 平次よりは~ (4, 0.0%)

2 むしろ母親 1 十歳も, 幾つか

▼ 平次一代~ (4, 0.0%)

1 のうち, の不, の大, の縮尻

▼ 平次八五郎~ (4, 0.0%)

1 と申した, の組敷いた, を促し, を書く

▼ 平次夫婦~ (4, 0.0%)

1 にこれ, の人柄, は唾, は若い

▼ 平次~ (4, 0.0%)

2 墨附は 1 奉行朝倉石見守様から, 奉行朝倉石見守樣から

▼ 平次からは~ (3, 0.0%)

1 京へ, 少し離れ, 見通し

▼ 平次この~ (3, 0.0%)

1 たけり狂, 御恩, 時ばかりは

▼ 平次だけ~ (3, 0.0%)

1 でした, です, 八五郎も

▼ 平次~ (3, 0.0%)

1 やない, やねえ, や御座いません

▼ 平次どう~ (3, 0.0%)

1 した, したと, だ曲者

▼ 平次などには~ (3, 0.0%)

1 ガラッ八, 反って, 指も

▼ 平次なる~ (3, 0.0%)

2 人物は 1 人が

▼ 平次にからか~ (3, 0.0%)

1 はれて, はれながら, はれ乍ら

▼ 平次にとっても~ (3, 0.0%)

1 この話, 予想外だった, 深い驚き

▼ 平次に対する~ (3, 0.0%)

1 濃厚な, 讃歎に, 黒雲五人男の

▼ 平次ばかり~ (3, 0.0%)

2 では 1 でなく小屋一パイ

▼ 平次また~ (3, 0.0%)

1 お前は, 盗賊を, 風太郎だ

▼ 平次までが~ (3, 0.0%)

2 見事に 1 諦らめた

▼ 平次住居~ (3, 0.0%)

3 の段

▼ 平次~ (3, 0.0%)

1 はもう, は残念, もそう

▼ 平次~ (3, 0.0%)

1 お前は, 盜賊を, 風太郎だ

▼ 平次大層~ (3, 0.0%)

1 な手柄, 威張つた口を, 脅かすぢ

▼ 平次少し~ (3, 0.0%)

1 も驚きません, 着膨れて, 骨の

▼ 平次捕物控~ (3, 0.0%)

1 に, は, を時

▼ 平次等四人~ (3, 0.0%)

1 はあわ, はいづれ, も下

▼ 平次間もなく~ (3, 0.0%)

2 味噌汁臭い 1 思ひの

▼ 平次いきなり~ (2, 0.0%)

2 大塚へ

▼ 平次お蔭~ (2, 0.0%)

2 でよく

▼ 平次~ (2, 0.0%)

1 へ側, へ縛る

▼ 平次さんわたし~ (2, 0.0%)

1 はこんな, はそれ

▼ 平次さん吾家~ (2, 0.0%)

1 にいる, のこと

▼ 平次しばらく~ (2, 0.0%)

1 立ち淀みました, 闇の

▼ 平次たった~ (2, 0.0%)

1 一人と, 一人に

▼ 平次たつた~ (2, 0.0%)

1 一人, 一人に

▼ 平次だけは~ (2, 0.0%)

1 判然知っ, 面と

▼ 平次だった~ (2, 0.0%)

2 のです

▼ 平次とが~ (2, 0.0%)

1 こんな言葉, 隣り合って

▼ 平次などは~ (2, 0.0%)

1 まさに千百人中, 読みそう

▼ 平次なら~ (2, 0.0%)

1 斯ん, 無暗

▼ 平次ならず~ (2, 0.0%)

1 とも大方, とも思つた

▼ 平次はまるつ~ (2, 0.0%)

2 切り相手に

▼ 平次まだ~ (2, 0.0%)

1 三十そこ, 小判は

▼ 平次よろめく~ (2, 0.0%)

2 利助の

▼ 平次をも~ (2, 0.0%)

1 辟易させます, 飽きさせなかった

▼ 平次ガラッ~ (2, 0.0%)

1 八, 八と

▼ 平次~ (2, 0.0%)

1 と骨折っ, と骨折つて

▼ 平次一家~ (2, 0.0%)

1 の者, 残らず縛り上げて

▼ 平次三百八十三編~ (2, 0.0%)

1 は二百編, も第

▼ 平次今度~ (2, 0.0%)

1 は二人, は縮尻

▼ 平次今日石原~ (2, 0.0%)

2 の利助

▼ 平次仕込み~ (2, 0.0%)

1 にきり出しました, の入念

▼ 平次兄妹~ (2, 0.0%)

1 がすでに, の祖母

▼ 平次~ (2, 0.0%)

2 を投げ出す

▼ 平次土間~ (2, 0.0%)

1 に突, に突っ

▼ 平次増長~ (2, 0.0%)

1 しちゃ, しちや

▼ 平次如き~ (2, 0.0%)

1 は眼中, は足許

▼ 平次~ (2, 0.0%)

2 に書いた

▼ 平次~ (2, 0.0%)

1 蔵, 蔵それに

▼ 平次寄る~ (2, 0.0%)

2 なこの

▼ 平次察し~ (2, 0.0%)

2 てくれ

▼ 平次~ (2, 0.0%)

1 の騒ぎ, の騷ぎ

▼ 平次忙しく~ (2, 0.0%)

2 羽織を

▼ 平次~ (2, 0.0%)

1 入っての, 入つて

▼ 平次捕物~ (2, 0.0%)

1 にかけては天下, のうち

▼ 平次智恵~ (2, 0.0%)

2 や侠気

▼ 平次有無~ (2, 0.0%)

1 を言, を言わせず

▼ 平次木戸~ (2, 0.0%)

2 の前

▼ 平次~ (2, 0.0%)

1 お助け下さいまし, お願ひで

▼ 平次殿私~ (2, 0.0%)

1 が此處, にもわからない

▼ 平次煙管~ (2, 0.0%)

2 を投

▼ 平次爺さん~ (2, 0.0%)

1 が居なく, とでは全く

▼ 平次物蔭~ (2, 0.0%)

2 に身

▼ 平次祝言~ (2, 0.0%)

2 の席

▼ 平次~ (2, 0.0%)

1 もどうも, も何

▼ 平次親分私~ (2, 0.0%)

1 は世にも, は少し

▼ 平次贔屓~ (2, 0.0%)

2 ですが

▼ 平次赤井殿~ (2, 0.0%)

1 の出発, の出發

▼ 平次~ (2, 0.0%)

2 舸を

▼ 平次退かない~ (2, 0.0%)

1 か, か丸橋先生

▼ 平次遊里~ (2, 0.0%)

2 へ足

▼1* [227件]

平次あまりの事, 平次いい加減に, 平次いつの間にやら羽目, 平次いよいよ怪盗風太郎と, 平次からの使いで, 平次さえ側に, 平次さま横須賀行きを思い出す, 平次さり氣ない, 平次さんお願いがあります, 平次さん今度の旅, 平次さん何十年となく, 平次さん四文銭を六把, 平次さん御覧なさい, 平次さん旅に出る, 平次さん江戸から横須賀, 平次さん調印もしましょう, 平次さん馬籠あたりの百姓, 平次しつかりやれこれは, 平次そっくりの姿, 平次それほどの名人, 平次たいそうな手柄, 平次だ話して見, 平次であったことまで, 平次であることは, 平次でしたそのまま朝飯, 平次でないことは, 平次でなければならない, 平次で御座いますが此の度, 平次とかいう男は, 平次とがらつ八といふ, 平次としては首を, 平次とても半蔵に, 平次との一別以来の, 平次とやらに申付け, 平次とを見比べながら, 平次と共に三間五間と, 平次どの大變, 平次など読みそう, 平次などの報告を, 平次などを読むよりは, 平次にかはされて, 平次については私は, 平次にとつては, 平次にとって銭を, 平次になつて一杯, 平次にばかり手柄を, 平次に関する噂も, 平次のせゐだつたに, 平次はかういひさして, 平次はくはへ楊枝, 平次はくり返しました, 平次はちよつと突, 平次はとぐろをほぐしさうもなく自棄に, 平次はのつけからからか, 平次ははなっから, 平次はも一度家の, 平次は種吉に別れ, 平次まぐれ當りと, 平次まことにお気の毒, 平次まさに膽を, 平次まで遡つて, 平次もう少し後先を, 平次よりも八五郎の, 平次らしい嗜みが, 平次らしく思ひ定めたのでせう, 平次をからかひ始めました, 平次をのつけから, 平次ガタガタ顫えて, 平次ガバと飛, 平次ガラツ八と中間, 平次ガラツ八勘助の三人, 平次スリにやられる, 平次ツツツと前, 平次ニヤリニヤリと笑つて迎, 平次一つはその, 平次一世一代の大, 平次一人を外, 平次一人手柄で宜, 平次一向物驚きを, 平次一座は思はず, 平次一期の浮沈, 平次一氣にその, 平次一生に一度, 平次一行の姿, 平次七平の頑固, 平次万一の事, 平次三百八十何篇五十巻始め池田大助十巻外幾つかの捕物小説, 平次三輪の萬七, 平次になり, 平次下手人は解, 平次与力筆頭笹野新三郎から特別, 平次主人半左衞門, 平次主従が閉じこめられ, 平次亂暴なこと, 平次二人が力, 平次二階へ登っ, 平次井戸の中, 平次迎ひ, 平次今日中と言いたい, 平次今更頼むも, 平次仕込の頭, 平次佐七は二の句, 平次佐太郎はさすが, 平次何もかも知って, 平次何やら期待する, 平次何分にもなれない, 平次何心なく行燈, 平次何時の間にやら羽目, 平次何處の藩, 平次信仰で一パイ, 平次先代芝翫の松前鉄之助, 平次八五郎等たそがれの赤坂見付, 平次共々御數寄屋橋内, 平次其の邊を, 平次半開きの雨戸, 平次厄介なこと, 平次及ばず乍ら御, 平次右手が高々, 平次呆気に取られた, 平次命冥加な奴, 平次咄嗟の間, 平次四日の御用始め, 平次困ったことに, 平次夕景から界隈, 平次の明ける, 平次夢枕とか千兩箱, 平次大して驚く樣子, 平次大変な事, 平次天水桶を覗い, 平次夫婦得右衛門それに勝重なぞ, 平次女難というよう, 平次姿も声, 平次子分のガラツ八, 平次安西四郎など云う, 平次寢亂れた八五郎, 平次市五郎を膝, 平次年寄役得右衛門の二人, 平次幸先が惡, 平次座敷の中, 平次引つ張り出しを, 平次引揚げようとして裏口, 平次後ろからは八五郎, 平次得右衛門は妻籠, 平次得右衛門得右衛門が養子, 平次御墨付は贋物, 平次御宿と書い, 平次忍ぶともなく, 平次思わず四方を, 平次怪奇な事件, 平次悠々と朝飯, 平次戸村次郎左衛門石川内匠石田典膳古市喜左衛門山辺勇助中川蔵人大森弾正齋藤一八雨森静馬六郷六太郎榎本金八郎大河原八左衛門辻五郎秋山七左衛門警衛として付い, 平次料理屋の前, 平次ではわずか, 平次明日からは對等, 平次春日邦之助殿の潔白, 平次時代みたいな実演会, 平次暫らく立ち淀みました, 平次暫らく闇の中, 平次本庄新吾いづれも, 平次本庄新吾犬塚段八三上郡藏があわ, 平次本当の下手人, 平次殺しがあった, 平次殿お家に取つ, 平次殿それは本, 平次殿一藩の危急, 平次殿世上の噂, 平次殿嫁は見えませんでした, 平次殿御在宿ならば, 平次殿恩に被る, 平次殿暫らく此處へ泊つて, 平次気の毒だが, 平次の毒, 平次池田大助を始め, 平次泥棒に商, 平次の觀察, 平次浮かない顏を, 平次淀橋の叶屋, 平次禮だらう, 平次父上も御, 平次を勧善懲悪, 平次犬塚段八三上郡藏の三人, 平次狸穴まで行つて, 平次狼汁をし, 平次相手が悪い, 平次つ直ぐ, 平次一話, 平次は構はず, 平次粗末な三尺, 平次縁側の下, 平次置床の柱, 平次脇本陣の得右衛門なぞ, 平次與力筆頭笹野新三郎から特別, 平次の人突き騷ぎ, 平次落ちるにし, 平次見たいな顏, 平次親分さんへ渡す, 平次親分ところの八五郎, 平次親分手輕に言, 平次親分昨夜の手際, 平次親分留守中は大層, 平次親分目が届く, 平次親分隨分久し振りぢやありません, 平次覺悟せい, 平次解ったか, 平次話して見る, 平次誕生からはじめ, 平次だか, 平次譲りの事務的, 平次赤い毛氈を, 平次身體を充分, 平次近江屋治兵衛それに番頭, 平次迷子札は何, 平次途中で名主, 平次遅かった, 平次かつた, 平次配下の下, 平次醫者殺しの下手人, 平次金兵衛さんはことし六十七, 平次錢形の平次殿, 平次隨分厄介な仕事, 平次面白次第も, 平次面目次第もなく, 平次頃合を見, 平次頼みがある, 平次を押え, 平次を一つ, 平次養子半蔵の次男