青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「女~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

奉行~ ~奥 奥~ ~奥さん 奥さん~ ~奥様 奥様~ ~奧 奧~ ~女
女~
~女たち ~女の子 女の子~ ~女中 女中~ 女優~ 女史~ ~女子 女子~ 女学校~

「女~」 110703, 1028ppm, 81位

▼ 女~ (30074, 27.2%)

440 声が 352 顔を 344 人が 258 人は 257 ように 205 人の 201 方が 200 ような 195 ことを 186 姿が 184 顔が 174 ひとが 168 ひとの, 姿を 149 ために 141 方は 139 手を 135 姿は 128 ひとは 127 声で 122 児が 114 方を 111 顔は 110 声は, 心を 93 児の 91 やうに 87 人に, 手に 86 くせに 83 児を, 方で 80 児は 77 前に, 身で 73 ところへ, 心の, 方へ 7270 顔に 69 ことで 68 悲鳴が, 方から 67 口から, 方に 63 事を, 人を 62 名を 60 美しさ 59 生活の 58 人と, 癖に 55 心は 53 ひとに, 話を 52 やうな, 一生 50 手が, 顔の 48 家に 47 ことが, ことは 46 心に, 肩を 44 声を, 肩に 43 胸に 41 影が, 方の 40 身の 39 人も, 後を 38 ひとと, 身に, 首を 36 ことだ, 体を, 心が, 手で, 眼は, 顏を 35 ひとを, 身として 34 中に, 家の, 方も, 髪の 33 すがた 32 言葉を 31 ほうが, 声であった, 様子を 30 ほうは, 死骸を, 頭の, 髪を 29 叫び声が, 名は, 声の, 家へ, 腕を 28 体は, 死骸が, 眼が, 眼の, 眼を 27 前で, 影は 26 前へ, 死体が, 白い顔, 着物を, 笑い声が, 顏が 25 あとを, 体に, 児に, 声も, 姿に, 許へ, 顔と, 顔も 24 ことです, 中で, 兒が, 客が, 泣き声が, 生活を, 胸の 23 一人が, 家を, 眼には, 間に 22 ためには, 上に, 口を, 声に, 姿も, 聲が, 肉体を, 足の 21 ことに, 人たちの, 声だ, 声である, 影を, 手から, 眼に, 言葉が, 身体を 20 ひとたちは, ひとも, 一生を, 体の, 傍へ, 所へ, 様な, 横顔を, 足を, 顔には 19 ほうから, ほうで, 事だ, 体が, 足で, 首が 18 もとへ, 一生の, 中の, 人から, 側に, 手の, 為に, 肉体の, 足が, 頭を 17 中には, 傍に, 力で, 肉体は, 肌を, 腕に, 膝の, 身を, 髪の毛が, 髪の毛を

16 [16件] すること, ひとたちが, ほうへ, 人たちが, 人だ, 人で, 児と, 写真を, 手は, 持って, 気持を, 決闘, 生活は, 肉体に, 肌の, 顔へ

15 からだ, ひとたちの, 後姿を, 数は, 生活が, 背に, 話は, 面を

14 [22件] そばに, ところに, ひとで, ほかに, 人たちは, 人達が, 口に, 右の, 噂を, 姿で, 家は, 屍体が, 様に, 死体を, 目は, 目を, 着物が, 笑ひ, 肉体が, 肌に, 言うこと, 首に

13 [18件] ことも, そばへ, もとに, ようだ, 一人は, 代りに, 先生が, 姿の, 耳に, 肩の, 肩へ, 背中を, 胸を, 話に, 足は, 道に, 頬に, 顏は

12 [18件] うちで, 人, 名が, 子供が, 尻を, 左の, 心には, 心持が, 泣声が, 生活に, 生理の, 目に, 着物の, 背を, 言葉は, 話が, 足では, 顔

11 [37件] いうこと, からだは, からだを, ほうを, 事が, 事で, 人には, 出て, 匂いが, 名前を, 唇を, 声だった, 姿, 存在を, 帯の, 幽霊が, 後から, 心と, 方と, 最後の, 来るの, 死体は, 死骸は, 生涯を, 生首を, 腕が, 腹の, 袖を, 言葉に, 身の上を, 身体が, 身体に, 道を, 部屋に, 頭に, 顔であった, 魂を

10 [24件] あること, うちに, からだの, 不思議な, 事は, 人達は, 声と, 声には, 家で, 悲鳴, 手紙を, 本能の, 様子が, 様子に, 淫蕩の, 父は, 目の, 耳の, 腐ったよう, 足音が, 跡を, 部屋へ, 頭が, 顏に

9 [35件] ひと, 下駄が, 人達の, 側へ, 兒は, 処へ, 力では, 口の, 家, 形を, 影も, 後姿が, 心も, 心持は, 愛を, 手一つで, 正体を, 死を, 気持が, 耳には, 腰を, 膝に, 血を, 詞を, 誘惑に, 身では, 身は, 身体は, 身許を, 面が, 面影を, 頬の, 頬を, 顏の, 首は

8 [51件] あとから, いるところ, うしろ姿を, ことなど, ための, なかで, ひとから, やさしさ, 中にも, 乞食は, 人です, 仕事は, 住んで, 作家が, 先に, 児で, 児も, 兒の, 兒を, 唇に, 声であります, 外には, 好きな, 家が, 容子を, 帯を, 心持を, 恋の, 愛の, 感情が, 指の, 方だ, 旅, 様子は, 歌声が, 正体が, 爲めに, 生活という, 生涯の, 眼から, 着て, 群が, 群れが, 肌は, 腹に, 行方を, 裸体を, 言葉の, 返事は, 顔色は, 髪が

7 [63件] お客さまが, かおを, からだに, こと, ところで, むす子, 一人で, 一人や, 一生に, 上を, 世界, 人でした, 体と, 作家の, 先生に, 先生の, 先生を, 全身に, 力を, 友達が, 同志は, 名, 唇から, 嗜み, 声でした, 声です, 夫の, 子供は, 家から, 居所を, 影, 感情の, 態度が, 態度を, 所に, 手には, 手へ, 手紙が, 手紙は, 方です, 本能が, 歴史の, 死体の, 目には, 笑声が, 素性を, 群は, 聲で, 聲は, 膝を, 裸体は, 許に, 詞の, 話, 身にとって, 部屋で, 間を, 頬には, 顔や, 顔色を, 首と, 香が, 髪は

6 [119件] あわれさ, うしろに, おかれて, お友達, かんざし, ことである, ことと, ことばかり, さうし, それの, たましい, とこへ, ひとだ, ひとには, ほうも, やうで, ようで, ようです, 一むれ, 一生は, 下駄の, 世話に, 世話を, 両腕, 中から, 中でも, 乳の, 事に, 事も, 二つの, 云う事, 人という, 人などは, 人達に, 今日の, 仕事と, 作家は, 側から, 像は, 児, 写真が, 凝視の, 前を, 力が, 匂いを, 名前が, 唇は, 場合は, 声し, 声でありました, 声なり, 声や, 多くは, 夫に, 夫は, 姿態を, 客を, 室へ, 家では, 家と, 寝姿, 帯が, 形は, 影の, 役は, 役を, 後に, 性の, 悲しさ, 悲鳴を, 情に, 情慾を, 愛に, 手紙の, 手首を, 指に, 方, 方には, 日記, 本当の, 機嫌を, 母親は, 気に, 気持は, 泣いて, 泣く声, 為めに, 無智, 生きかた, 生涯は, 男を, 病気が, 目が, 眉は, 眼と, 瞳を, 立って, 美に, 美は, 肩から, 背後に, 胸へ, 腕で, 腕は, 腹を, 膝から, 裸の, 視線を, 話し声が, 話も, 運命は, 運命を, 面影が, 頭へ, 頸を, 顏も, 顔である, 髪の毛の, 髮を

5 [147件] ありよう, いないところ, いる所, うちには, くるの, ことでございます, ことなどは, ことなどを, するやう, どこが, なかには, なかの, ひとたちに, ひとという, ひとよ, ほうに, ほうの, もって, ものを, やうだ, 一人に, 一念, 一生が, 上にも, 乞食が, 事務員が, 二人連れが, 亭主は, 人である, 人でも, 人な, 人や, 人形を, 体臭が, 側の, 像を, 先生は, 先生も, 全身を, 写真屋の, 前では, 前には, 前の, 区別が, 半身が, 友の, 友達も, 口が, 名も, 名前は, 味を, 命と, 命の, 唇の, 唯一の, 坐って, 声では, 外に, 姿であった, 姿と, 姿へ, 姿態の, 子供の, 屍体を, 帯は, 幸福という, 幸福の, 幻影が, 弱さ, 心底を, 性質が, 患者が, 愛と, 愛情を, 感情は, 手, 手だ, 操を, 数が, 数の, 服を, 樣子を, 歌う声, 歌が, 歌である, 歌の, 歓心を, 死は, 死骸の, 残して, 気を, 気持も, 涙の, 生徒が, 生首が, 皮膚の, 真の, 眼, 眼で, 瞳が, 知ったこと, 私が, 笑う声, 細腕では, 綺麗な, 美が, 群の, 耳は, 聲, 聲を, 肉を, 背中に, 背後から, 胸には, 脚は, 腐ったみたい, 腰から, 自然な, 若さ, 著物, 藝術を, 行として, 表情が, 表情を, 言葉で, 話でも, 話などを, 読者が, 貞操を, 足だ, 足でも, 足音, 身には, 身元を, 身許が, 返事が, 道と, 部屋の, 酌で, 霊が, 顔から, 髪に, 髮の, 魂が, 魂の, 黒髪の, 黒髪を

4 [238件] あとについて, いふこと, いるの, いる家, うえに, うちの, お客さんが, お客さんは, お尻, お弟子, お花, お菰, かおは, からだには, ことから, ことについて, ことや, さかりの, さけび声, するよう, する仕事, どれい, なかに, においが, はだ, ひとであった, ひとでした, ひとです, ひとりに, ようだった, ハリアイの, ハリアヒの, 一人として, 一人な, 一念は, 一生と, 下駄を, 不幸を, 不貞を, 世界に, 両手を, 中では, 丸い肩, 乞食に, 事, 事から, 云うなりに, 云ふ, 云ふこ, 人では, 人などが, 人なら, 人ばかり, 人魚は, 仕事が, 仕事で, 仕事の, 仕事を, 住居の, 体へ, 体も, 何か, 作家という, 価値を, 傍で, 児だった, 児達は, 兒と, 前から, 前髮, 力, 力は, 助手が, 匂いだ, 匂いに, 友に, 友達を, 叫びが, 名まえ, 名前だ, 周囲には, 呼ぶ声, 命は, 命を, 哀れな, 問題が, 問題で, 問題は, 執念は, 声色を, 夢の, 夢を, 女らしさ, 始末を, 姿など, 姿や, 室に, 容貌に, 寝て, 寝室へ, 小さな声, 屍骸が, 屍骸を, 左手は, 年中行事も, 座敷を, 後ろから, 後ろ姿を, 心, 心から, 心だ, 心という, 息を, 悲鳴と, 悲鳴の, 悲鳴らしい, 意地の, 意志を, 感情を, 態度に, 成長の, 手であった, 手では, 手ひとつで, 手らしい, 持ちもの, 指が, 指を, 方ばかり, 日だ, 書いたもの, 服の, 服装は, 本性を, 本能から, 本能的な, 樣な, 横顔の, 櫛が, 歌声は, 正體, 歩いて, 死に, 母の, 母親の, 泣き声を, 浅はかな, 浮気の, 消息を, 涙は, 涙を, 爲に, 父親は, 物を, 理想は, 生活, 生活と, 生活とは, 生活も, 産む人, 甲高い声, 異常な, 病気は, 病気を, 癖だ, 癖で, 白い姿, 眼も, 瞳に, 立場は, 笑ふ, 筆跡だ, 筆跡らしい, 素性が, 素性は, 組の, 美しい顔, 美を, 耳を, 肉体と, 肖像が, 肢体を, 肩越しに, 脛を, 腕の, 腕一つで, 腹から, 自我を, 良人は, 血に, 行方が, 衣摺れ, 表情は, 裸体が, 裾を, 見世物, 言うところ, 言う事, 言ふ, 言葉には, 許を, 話では, 赤ん坊を, 足に, 身が, 身としては, 身の上が, 身元は, 身許は, 身體を, 躯は, 躯を, 運命が, 道は, 野遊び, 間では, 関係を, 霊を, 青春は, 靴の, 頬は, 頭から, 頭は, 額に, 額の, 額を, 顔にも, 風を, 風俗が, 風俗は, 風俗を, 首, 首の, 魅力に, 魅力の, 魅力を, 魚売り, 鼻の

3 [450件] あたしが, あたま, いぢらし, いったこと, いのちの, いること, うしろから, うちにも, うつくしさ, お世話には, お児さん, お化けです, お子, お産を, かたに, きげん, きょうだいが, きれいな, くさったよう, ことだけ, ことだろう, ことであり, ことなぞは, ことなら, ことなんか, ことばを, ごとく, さまざまの, したこと, して, しりを, すべてが, する事, そばを, つれが, ところへは, とても敵, どこに, なみだ, ひとだった, ひとって, ひととの, ひとにも, ひとりが, ひとりと, ひとりは, ひと達の, ふくろふ, ほかにも, ほかは, まえで, まぼろし, もので, ものである, ものの, ようでない, ようには, ようにも, よさ, ヒネた, 一つの, 一人であった, 一人である, 一人でした, 一人です, 一人も, 一人を, 一団が, 一団は, 一念も, 一方の, 一生という, 一番大事な, 一群に, 上には, 下の, 不具な, 世界の, 世界を, 両の, 両足を, 中へ, 主人は, 乗って, 乱れた髪, 乳を, 乳房に, 乳房の, 乳房を, 事なぞを, 事について, 云うこと, 云うまま, 亭主が, 亭主らしい, 人々に, 人々の, 人だった, 人って, 人形が, 人数を, 今は, 仕事に, 仲は, 会話の, 体には, 何やらお力, 何処に, 作家も, 使ふ, 俤が, 俤を, 側を, 傍を, 働いて, 像が, 像この, 像に, 像の, 兄に, 兄の, 児か, 児だ, 児であった, 児という, 兒で, 兒に, 写真, 冷やかな, 分際で, 剛情な, 力に, 力の, 労働者の, 勤めて, 匂が, 匂ひ, 印象を, 厚化粧が, 友達と, 友達に, 口へ, 叫びは, 叫ぶ声, 叫声を, 同志に, 名と, 名に, 名の, 名前である, 名誉の, 君, 周囲に, 命, 咽喉を, 哭き声, 喧嘩の, 型を, 執念の, 場合が, 境遇を, 墓を, 声だつた, 声らしい, 声らしく, 変な, 多いの, 夜の, 大部分, 大難を, 太, 奉公人の, 女が, 好きそうな, 好奇心を, 妹の, 妾の, 姉妹が, 姿であります, 姿という, 婿に, 嬌態を, 子供たちは, 子供を, 字で, 存在に, 学校の, 客の, 室で, 室は, 容を, 容姿が, 容貌は, 容貌を, 専売で, 屍体の, 左右の, 帯と, 帯に, 帯際を, 帰って, 常として, 年は, 年を, 年頃や, 幸福が, 幸福を, 幻が, 幻を, 弟子が, 強さ, 形が, 形と, 影法師が, 役目は, 後で, 後について, 後姿に, 御友達, 微かな, 心とは, 心持などは, 心持の, 心持も, 心理に, 心理は, 心理を, 快楽の, 思いが, 性格の, 性質を, 怨みは, 恋が, 恋愛には, 恥だ, 恨みが, 恨みは, 息が, 患者に, 悪口を, 悲惨な, 情夫の, 情慾の, 情熱と, 情熱の, 愛は, 感じは, 感情で, 感覚で, 態度は, 懺悔, 所作を, 扇の, 手一つでは, 手一つに, 手末の, 持つて, 指, 指は, 提げて, 操という, 教師の, 文学の, 新らしい, 方でございます, 方な, 方にも, 旅は, 旅人が, 最高の, 服装が, 服装を, 本性が, 本當, 机の, 枕もとに, 案内で, 様子や, 横ッ面を, 横顔に, 機嫌の, 歌, 歌と, 正体は, 歴史的な, 死ぬの, 死体と, 死骸だ, 死骸と, 母は, 毛を, 気もちに, 気持ちが, 気持に, 気配を, 洋服は, 浴衣が, 涙に, 涙には, 淋しさ, 父親が, 父親を, 片手を, 王様が, 生きて, 生徒たちは, 生徒に, 生徒の, 生活として, 生活についての, 生涯に, 生首の, 生首は, 男に, 番人は, 白い脛, 皮膚に, 目付の, 真実の, 真白な, 眼にも, 着物は, 着物や, 瞳は, 瞼の, 矜り, 社会的な, 祈祷は, 神の, 私も, 秘密が, 秘密を, 立ち姿が, 立つて, 笑顔を, 粋な, 素姓が, 素姓も, 紫の, 組が, 絵の, 罪を, 美くし, 美くしい, 美しい声, 美しい姿, 美醜を, 群, 群から, 群に, 群も, 群れを, 肉の, 肉体, 肉体よりも, 肉體は, 肌が, 股の, 肩が, 背の, 背中の, 胸から, 胸が, 胸は, 脊中に, 脚が, 腕く, 腕だ, 膚を, 膝へ, 臀部を, 自分に, 自我の, 良人が, 艶かしい, 苦悶の, 華奢な, 血が, 血である, 行動は, 衣裳を, 袂に, 袂を, 袖が, 裳を, 裸体画が, 裾が, 視線が, 視線と, 言った言葉, 言葉, 言葉も, 言葉や, 計略なんぞにと, 許しを, 詞が, 話だ, 話ばかり, 誰でもが, 調子が, 調子を, 貞操という, 資格を, 赤い帯, 趣味を, 足もとを, 身, 身そら, 身だ, 身にて, 身の上で, 身の上に, 身の上にも, 身の上話を, 身よりも, 身一つで, 身一人で, 身体の, 身近に, 躰臭と, 連が, 運命に, 過去の, 道, 道で, 部屋は, 醉つ, 間の, 関係は, 隣に, 雑誌が, 雪駄の, 靴を, 頬, 頬から, 頭髪が, 頭髪の, 頸に, 顏色を, 顔だ, 顔とが, 顔色も, 風俗も, 首筋を, 髷の, 鬢の, 魅力でした, 魅力という, 黒髪が, 鼻を

2 [1427件 抜粋] あいさつに, あとに, ありがたさ, あれを, いうの, いきさつを, いのちを, いるテーブル, いる酒場, うしろ姿が, おも, お半, お子さんでした, お客が, お客さんを, お方が, お組, お話を, かすかな, かわりに, くせで, こえ, こころに, ことか, ことだけは, こととて, ことにかけては, ことの, ことほか書けない, ことよりも, こわいろ, さういふ視線, した事, しぶといの, すすり泣きに, すらりと, する商売, その中, その後の, それに, たしなみとして, ためだ, ためな, だれである, つぶやいて, つもりだ, ところは, なかでは, なすが, にほひ, ひとがねえ, ひとたちを, ひとつて, ひとについて, ひとへ, ひと三人, ふくらは, ほうだけでも, ほかには, ほそ路, まことの, ままある, みじめさを, もとの, ものは, やうにも, やさしき砂, ゆつ, ようすは, よろこびだと, わたくしが, アパートは, アルト唄ひ, シャツを, パラソルの, ベッドが, 一人だ, 一人位を, 一人歩きを, 一分が, 一家は, 一心に, 一念という, 一途さに, 上から, 上唇の, 下等な, 世界から, 世話の, 中での, 乞食を, 事なぞばかり, 二人だけの, 云う声, 亡骸と, 亭主の, 人たちと, 人だけ, 人とが, 人とも, 人にとっては, 人ね, 人形, 人柄や, 人生は, 人達も, 今の, 仕事である, 仲間に, 住宅を, 住所は, 体臭の, 何処が, 俘囚と, 修道院は, 傍の, 働き夫, 兄と, 兄媛, 先祖の, 児だったら, 児とが, 児なら, 兒だ, 兒達にも, 全身の, 内に, 内通者が, 写真なりき, 冷淡な, 出る幕, 初々しさ, 前まで, 力も, 劫を, 動作を, 勤先が, 化粧が, 十九の, 卑弥呼であった, 卷煙草の, 参詣客は, 友は, 友達で, 友達なんて, 口には, 口元が, 口紅が, 口許には, 叫び声に, 叫ぶ聲, 可愛らしさ, 合唱の, 名だ, 名である, 名でも, 向上を, 君等に, 周到な, 味方を, 呼吸と, 命がけの, 唇が, 問題や, 喉を, 噂で, 図を, 垂れ髪を, 執念が, 場合に, 境涯を, 墓, 墓の, 声その, 声との, 声な, 声音が, 外の, 夜歩きは, 大事な, 天皇により, 奉仕した, 奴隷を, 好も, 如き者, 姉は, 姿である, 姿勢と, 姿態に, 嫉妬か, 嫌いな, 子供らしい, 存在が, 守り刀を, 実体を, 室の, 宮に, 家には, 家族の, 容色に, 容貌の, 寂しさ, 対象は, 小指の, 尻が, 尻ばかり, 居所が, 屍体に, 山籠り, 左り, 巧みの, 帯, 年なんか, 幸福は, 幽霊だ, 幽霊は, 幽靈, 底意地の, 弟子ばかり, 強かさは, 形, 影に, 役が, 役も, 後ばかり, 後姿あり, 微笑が, 徳である, 心をも, 心得を, 心持ちを, 心理, 心臓は, 忍び泣きの, 思い出を, 性格が, 怨じる, 怨みだ, 恨みを, 息は, 悲しい涙, 悲劇が, 悲鳴は, 情夫であった, 惡い, 意地という, 愚痴だ, 愛してるの, 愛情に, 感情と, 感覚は, 態度も, 懶げ, 所で, 手つきを, 手と, 手などでは, 手も, 手一ツにて, 手紙には, 手頸を, 批評家出よ, 押丁が, 持つ技巧, 持前で, 持物に, 振り上げた肘, 操なんて, 敏感さで, 教育も, 敵である, 數, 断末魔の, 方よりも, 日常の, 旦那は, 昔からの, 書いた字, 書いた物, 服従は, 服装などは, 望みは, 望むもの, 本来差異の, 来たこと, 枕の, 案内を, 棲んで, 様だ, 模倣に, 樺の木が, 欲望は, 歌か, 歌は, 正体も, 歯の, 歸り, 死んだの, 死体に, 死骸です, 死體は, 母親に, 毒舌は, 気が, 気も, 気持ちを, 気焔が, 氣持の, 求めて, 決心は, 泣き声と, 注意を, 洋服を, 浅き心, 浮気を, 消息が, 清々しさ, 潤みの, 無意識の, 無邪気な, 爪が, 爲す, 父親とか, 物の, 特殊な, 狂態を, 独立を, 玩び物, 理解する, 生き方に, 生命が, 生命も, 生殖器の, 生活などを, 生理に対する, 生贄を, 甥に, 画が, 異様な, 発達の, 白い横顔, 白い腕, 皮膚は, 相場が, 相手を, 真実が, 真情を, 眼からは, 眼であり, 眼瞼を, 瞳には, 石膏像を, 社会的地位は, 神に, 神経に, 私でさえ, 私は, 立ち姿それは, 立場に, 笑い声, 笑い声も, 笑顔が, 第一, 筆蹟で, 箔が, 粗笨な, 精神を, 純潔を, 素性に, 素質と, 紫色の, 細腕若し, 給仕を, 総ての, 縛めを, 罪では, 罪悪感を, 美しいの, 美も, 群れも, 老中, 耳たぶの, 聲と共に, 職業を, 肉体から, 肉顔を, 肖像画でも, 股倉に, 肩は, 背には, 背中と, 胸像が, 脇腹の, 脚や, 脛の, 腐ッ, 腕という, 腰へ, 腹の中に, 膚の, 自分に対する, 自害では, 自由という, 自負心を, 舌を, 良人に, 色は, 花車な, 苦しみは, 苦痛を, 草履の, 荷物は, 華やかな, 落語家が, 薙刀つかひ, 虚しい肉体, 蜘蛛でした, 行った先, 行水し, 行者は, 衣服は, 衣裳に, 表情に, 被衣を, 装束に, 裸身を, 褄に, 西洋人が, 視線に, 観察が, 言う所, 言に, 言葉では, 記憶を, 評判な, 詩は, 話で, 話には, 話声が, 説明を, 護身法を, 貌を, 賢いの, 赤ん坊の, 足もとには, 足元に, 足跡は, 足音の, 跫音だ, 身ながらに, 身の上は, 身体だ, 身元が, 身柄を, 身辺を, 躯が, 軽々と, 辛さ, 返答は, 通りな, 連れと, 運命も, 道理なれ, 部であったらしく思われる, 部屋らしく, 醜い所, 金で, 鋭い悲鳴, 長い髪の毛, 長所だ, 陰に, 隣の, 雪の, 霊魂を, 静かな, 面は, 面目が, 靴が, 靴音が, 頬であり, 頭, 頭や, 顏, 顏には, 顔で, 顔形だ, 首だけが, 首や, 首級が, 馬が, 駈落, 高慢な, 髪とも, 髪へ, 髮毛を, 鬢が, 魂魄が, 魅力は, 黒焼, 黙って

1 [10111件 抜粋] あいだじゃ, あさましい心, あつい息, あやふやな, あるよう, いうとおり, いそう, いづる時, いやがるにも, いる張り見世, うしろについて, うち笹眉を, うるほひの, おしゃべりだけが, おめ, お前に, お子さんには, お年も, お滝, お近, かけあ, かばねの, か細い声, きわめて日常的, ぐちであった, こしかた, ことでなく, ことゆえに, このみ, これが, ごとく絶えず, さしのばした, しかけた恋, しほら, すすり泣きが, する家, そういうジャンル, そうした容, その強い, それでは, たしなみでは, たまし, たツ, つかんで, つやの, ところでは, と二着, なかからさえ, なんという, はうでは, はだけた胸, は黒蛇目, ひとさえ, ひとであれ, ひとに対して, ひとり歩きは, ひと誰, ふとった膝, ほっそりした, まなざし一つで, むだ花ばかりが, もっとも大切, もとより, やうだつた, やりくりに, よう, よろこびは, わたしに対する, ゐる中, アパートだ, イビキ, オミナコの, キャッキャッと, コンヴェンショナルな, ジルファが, タカノ姫と, ナニハの, ヒステリーは, プロレタリア文学男の, ミヤゲです, リエに, ヲド姫と, 一人娘は, 一切の, 一心から, 一方的, 一群, 七十プロセントに, 上にだけ, 下半身を, 不仕合せな, 不承知または, 世わたり, 両極を, 中庭, 之等の, 乱れる思い, 了見が, 事也今, 二の腕に, 二十七八は, 云うとおり, 五六人が, 亭主から, 人がらだった, 人だれだ, 人に対しても, 人子供良人とともに, 人気を, 人肉売買を, 人魚でも, 仕事でない, 仕業です, 仲居は, 会話は, 住む家, 体をも, 何に, 作った青みどろの, 作法だろう, 供述だ, 保有し得る, 修道院と, 偉い人, 傍からは, 働き場所は, 僕への, 兄から, 先き, 先生達まで, 児でしょう, 児らしい, 兒には, 全身は, 其子を, 内的な, 写真などがは, 冷淡さと, 出世の, 出様によ, 分際として, 判断は, 前ぢ, 創作かと, 力駒井は, 労働の, 動作が, 勝気や, 匂ひです, 十七と, 半纏玩具の, 占者で, 友だちが, 友誼という, 双生児で, 取柄と, 口元は, 古びやつれた, 叫ぶよう, 右横顔は, 名だけは, 名前の, 君が, 吹鳴らす, 呼いお, 咬んだ傷, 品行も, 唱歌それらも, 問題です, 喋り, 喰べ, 噂の, 四肢が, 土地で, 坐りの, 堪忍ばれる恥, 境地は, 墳同, 声だっ, 声よりも, 声驚い, 外にも, 多い附添人達, 夢なら見る, 大厄と, 大鞘当, 太股の, 失策という, 女らしい言葉, 好い声, 如き優男, 妊娠を, 妻は, 始末な, 姿であっ, 姿渦を, 婦人病を, 嫉妬に, 嬰児殺しなどという, 字へ, 学生には, 定まらぬ心, 実際とは, 室へは, 家庭教師が, 容色が, 寝くたれ姿, 寝間へ, 寮に, 導者たる, 小便なら, 小袖, 少し足りない, 居た形跡, 居間の, 履き物下駄が, 巡礼が, 差し出たこと, 帝, 帶に, 幅を, 年齢という, 幸福も, 幽霊も, 度しがたい非, 廻礼は, 弟を, 弱身, 弾こうと, 影なら, 役目と, 後の, 従妹の, 御蔭で, 心ぐらゐはひと通り読める, 心もちにな, 心情には, 心持好, 心男を, 必死を, 怒りや, 思念は, 性器なら, 性欲的欲求から, 恋ごころ等, 恐ろしい顔, 恨めしさ, 患者たちが, 悲しい運命, 悲鳴つづい, 情という, 情愛も, 惡口ばかり, 意地, 愚劣さとして, 愛情の, 感情, 慄え, 憂鬱には, 戀の, 或時, 所在が, 手く, 手の平は, 手先に, 手技である, 手紙といふ, 手際で, 扱帶を, 投げた短刀, 押問答には, 持った心, 持ものは, 指先のか, 挨拶は, 捨て場所, 掏摸めに, 損失である, 故事にも, 教育に, 敵討は, 文學への, 斯う, 方かが, 方どっせ, 方達も, 日常にとって, 昔の, 智惠はく, 曲面が, 書記が, 有して, 服裝に, 末路を, 本心ばかりは, 本能には, 来ないよう, 柔かい肉体, 根本の, 棺の, 様々の, 樣子が, 横顏女の, 櫛一つの, 欲望の, 歌人としての, 正直な, 歳の, 死に草雲, 死因を, 殆ど全部は, 母とは, 毛なども, 気付かぬ事, 気持である, 気配も, 永劫に, 沓や, 泣きながら, 泣声に, 洋行は, 流儀に, 浮びつ沈みつして, 涙なら, 深甚微妙なる, 湯舟にも, 激しい嫉妬, 為す所, 無為を, 熱い血, 爪先も, 父兄にも, 片腕を, 物なぞを, 物語を, 犯罪人という, 狐が, 猜疑心を, 現れたの, 甘いあだっぽい溶ける, 生きる力, 生れ変りか, 生態が, 生活なんか, 生涯から, 生血から, 産出を, 申し出が, 町だ, 畫家の, 病室の, 病理学者は, 癖にと, 白い肌, 白粉や, 益と, 目も, 相で, 眉よ, 真価という, 眠りも, 眼差を, 着物とが, 瞼も, 矯飾な, 社会性は, 神さまの, 神経も, 私達が, 種類が, 突然な, 立てた家, 端くれな, 笑う美しい, 筆蹟であった, 節を, 精神作用において, 素姓だけは, 素足とか, 紹介で, 結婚問題に, 絵かきで, 絶無な, 縛を, 罪まで, 美しい点, 美人か, 羞恥心の, 羨しがる, 習ひ, 考へは, 聖者は, 職を, 肉体とて, 肉線を, 肌理の, 肥つた肉体も, 背なかまで, 胴体が, 能力である, 脚なら, 腐ったよりも, 腕よ, 腹の中で, 膝ばかりが, 自分をさえ, 自殺ばかりが, 臭いの, 船乗りさんには, 色忍びがはやるっていうからねべらぼうめべっぴんの, 花模様の, 芸術家たちが, 苦しい悲しい悶え, 苦痛は, 萩の, 葛藤脱走した, 薄い影, 虚栄と, 血で, 行倒の, 行路病者が, 衣裳これでもか, 袖の, 装身具は, 裸体像が, 裸身よ, 襟足を, 見るやう, 視野へ, 親分肌を, 観方, 言う通り, 言葉その, 計画では, 許で, 詠めるなるべし, 話です, 話女の, 誘惑は, 語気を, 読者諸君よ, 諸芸, 象かしこに, 負け惜しみでは, 買い物の, 赤いスリッパ, 走る足もと, 足とも, 足掻き悶える, 跣足の, 躍動を, 身なりで, 身の上話には, 身体及び, 身受けの, 身許の, 車, 輕い, 迎へで, 追手か, 通俗作家という, 連添わない若い, 運命こそ, 道おうしない, 道徳という, 適応性を, 郊外に, 都である, 酔っぱらいほど, 野性を, 釣り師とは, 鎖鑰を, 長襦袢を, 間柄を, 阿婆摺, 陸が, 集会の, 雪子とが, 青白い顏, 面前から, 靴跡の, 頤から, 頭挿を, 頼みは, 顏血烟立て, 顔ばかり, 顔貌が, 風俗の, 飲むよう, 首っ玉に, 香りに, 駕籠は, 體中に, 髪でも, 髪の毛一筋落ち散り, 髭っ, 魂と, 魅気は, 黄色い叫び声, 黒縮緬に

▼ 女~ (18611, 16.8%)

128 自分の 110 それを 99 男の 72 言った 66 私の 64 急に 58 顔を 57 黙って 51 いった 42 彼の 40 どうした 39 手を 37 云った, 何か 32 男に, 私を 31 眼を 30 男を 29 さう, 身を 26 それに, 一人も 24 すぐに 22 そう云っ, 何も, 女の, 目を, 自分が 21 立って, 答えた 20 彼を 19 それが, 笑いながら, 静かに 18 いいました, むす子, 笑って, 非常に 17 私に, 首を 16 そこに, 僕の, 声を, 子供を, 彼に, 泣いて, 驚いて 15 こう云っ, そんなこと, 云つた, 他の, 女で, 急いで, 涙を, 頭を 14 あわてて, それから, びっくりし, 何を, 例の, 出て, 男が 13 いつまでも, 両手を, 何の, 気が, 起って

12 [12件] こちらの, どこへ, わたしの, 二人の, 何うし, 僕に, 口を, 少しも, 帰って, 思った, 私が, 髪を

11 [14件] おれを, こう言っ, そう言っ, なかった, 不意に, 人の, 先に, 妙に, 家に, 年を, 男よりも, 相変らず, 笑った, 自分を

10 [18件] いって, いつまで, おれの, そういっ, そこへ, どうし, どこの, 一人で, 低い声, 体を, 夫の, 子を, 小声で, 死んで, 自分で, 訊いた, 足を, 返事を

9 [14件] そこの, その時, どこに, 人を, 子供の, 平気で, 息を, 悲鳴を, 渠の, 確かに, 私と, 誰だ, 酒を, 障子を

8 [21件] かすかに, これを, さすがに, しずかに, そこで, それで, そんな事, どうしました, どこか, 何と, 何処へ, 叫んだ, 叫んで, 喜んで, 年の, 男と, 答えなかった, 肩を, 言って, 言つた, 起きて

7 [40件] いつもの, おれに, しとやかに, そのとき, その前, その手, だまって, ちょいと, どうする, どうなった, どこにも, どんな女, びっくりした, ハッと, 三界に, 下から, 云って, 今まで, 今も, 何者か, 俺の, 前に, 君の, 嬉しそう, 家の, 思つた, 最後の, 未だに来ない, 無理に, 目に, 眼の, 窓の, 笑つた, 答えました, 耳を, 腰を, 膝を, 誰でも, 金を, 顔に

6 [56件] ある, あれは, いつでも, うなずいて, こちらを, これは, さっきの, そうは, そのこと, その中, その晩, その男, それには, ちらと, どこから, ない, ほんとうに, もとの, 一人の, 二階へ, 他人の, 何にも, 僕を, 外へ, 女だ, 姿を, 家へ, 左の, 己の, 平次の, 彼が, 心の, 手に, 手紙を, 明らかに, 気の, 江戸の, 無言で, 父の, 生きて, 男から, 男より, 目の, 着物の, 着物を, 窓に, 答へ, 結婚し, 美しかった, 花の, 言葉を, 誰も, 起つて, 部屋の, 顏を, 黙つて

5 [91件] あとで, いったい何者, いつた, いなかった, お前の, くるりと, こういっ, こう云った, これで, これまで, こんなこと, さけんだ, しみじみした, すつかり, そういう, そつと, そのよう, その上, その夜, その方, それに対して, どこまでも, なにも, なんの, また, 一と, 丁寧に, 両手で, 亭主が, 今度は, 何が, 何よりも, 何者だ, 何者である, 俄かに, 俯向い, 僕が, 其も, 口に, 右の, 右手の, 名を, 壺の, 夫に, 女に, 女を, 女同士の, 室の, 家を, 家庭に, 少年の, 帯の, 彼と, 彼女の, 恋を, 恥か, 扉を, 持って, 早くも, 普通の, 来た, 歩いて, 殆ん, 永久に, 泣きながら, 派手な, 滅多に, 無言の, 直ぐに, 眉を, 知って, 立つて, 笑ひ, 答へる, 罪が, 聲を, 胸の, 胸を, 腹を, 自身の, 色の, 裾を, 返辞も, 途方に, 門の, 雪の, 青年の, 頷いた, 頷いて, 顔の, 驚いたよう

4 [162件] あたりを, いづれも, うつかりする, うつむいて, おちついて, おめ, おれが, お前に, お庄, お狩場, からだを, きいた, こう云う, ここへ, こっちへ, こんな事, さうし, しんから, すべての, すまして, そういい, そこまで, その日, それと, それとも, それは, そんな大, たうとう, たった一人, どうかする, なか, なかなかの, なにを, なんという, にこやかに, にこりとも, にっこり笑っ, ひとりも, ふいに, また白い, また言った, もういなかった, もう眼, もう自分, やさしくあれ, よろこんで, わたしが, わたしに, わたしを, 一度も, 一生懸命に, 一種の, 一緒に, 一般に, 一言も, 三味線を, 下の, 下を, 二人で, 云ふ, 今の, 今日は, 仕合せな, 他に, 何んか, 何者です, 何處の, 余が, 余の, 俯向いた, 俺が, 元の, 内を, 前の, 十七八の, 半身を, 卓子の, 南の, 君を, 困ったよう, 変に, 夜が, 大きな声, 奥へ, 女です, 女として, 妊娠し, 始めて, 嫁に, 嫌いだ, 嬉しさ, 安心し, 小声に, 尼で, 岩の, 床の, 庭の, 後から, 微かに, 怒って, 思って, 思ひの, 息が, 手で, 手紙の, 指を, 斯う, 来なかった, 椅子の, 歩き出した, 歯を, 母親の, 氏なく, 気を, 氣が, 氣の, 水の, 消えて, 涙の, 淋しそう, 炉の, 無事に, 片手を, 生れて, 甲州の, 石の, 素直に, 続けて, 綺麗な, 綺麗に, 義雄の, 考えた, 胸に, 自分では, 自分に, 良人の, 草の, 蒼白い顔, 行って, 袖を, 見て, 言いました, 言ふ, 語る, 貞操を, 身じろぎも, 身も, 返事も, 逃げて, 邪慳に, 銚子を, 長い髪, 闇の, 障子の, 隣の, 静かな, 馬鹿だ, 魂ご, 魔物だ, 黒い眼, 鼠色の, 鼻で

3 [330件] あきれて, あたしの, あたりま, あっしが, あなたの, あの女, ありませんよ, いう, いた, いつとは, いろいろな, うっとりと, うなずいた, おどろいて, お互に, お酒, お銀様, かう云, かう云つて, かう言つて, かねて, かの女, きゅうに, きょとんと, くすりと, ここから, ここに, こっちを, この女, この家, この頃, これが, これだ, これに, さっきから, しばらくし, しみじみと, しめやかに, じっとその, すぐ出, すらりと, するすると, そう思った, そう言う, そこを, そのあと, その一言, その反対, その声, その女, その後どう, その言葉, その話, そんなもの, た, たくさんある, たずねた, たずねました, ただ, ため息を, だめだ, だれも, ちょっと眼, ちよいと, どうかし, どこかで, どのよう, どんな場合, どんな風, ないと, なお男, なほも, なんだ, にこりと, にっこりし, ぱっちりと, ひよい, ふと眼, ほかの, まじろぎも, ませな物, また女, また男, また笑つた, まだ処女, まだ気, まだ生き, みんな母親に, もう何, もう僕, ものを, やつと, りっぱな, わしの, ハツと, フイと, 一人だ, 一方の, 三十前後の, 三四郎を, 下りて, 下駄を, 不思議さうに立つ, 不思議な, 世間から, 丘の, 両手に, 両方の, 両眼, 主人に, 二人に, 云いました, 云ひ, 人に, 仕方が, 仕方なし, 仰向きに, 伯母の, 低い聲, 体が, 何かに, 何かを, 何でも, 何という, 何とも, 何に, 何んの, 何事も, 何度も, 何者な, 俺を, 兄の, 先刻から, 先生の, 兎角懸, 全身を, 八五郎の, 冷やかに, 冷然と, 出世の, 別の, 剃刀を, 前後の, 力なげ, 力の, 北の, 十九か, 半七, 即座に, 厭な, 去った, 又あの, 口で, 口の, 叱るよう, 向うの, 向うを, 吹出して, 呆れて, 咄嗟に, 喜んだ, 嘘を, 地に, 壁の, 外の, 夢を, 夢中に, 夫を, 夫を以て, 女だけの, 女である, 女と, 女としての, 女同志, 女学校を, 好きで, 好まない, 如何に, 妙な, 妻と, 娘の, 学士の, 完全に, 家庭の, 容易に, 容貌も, 宿の, 寝て, 寝床の, 小屋の, 小柄な, 小聲, 少くとも, 少しばかり, 少年を, 屹と, 巧みに, 己を, 帶の, 広巳, 床に, 店に, 弱いもの, 彼れ, 彼女が, 後を, 微笑みながら, 微笑を, 微笑んで, 心が, 忍びやかに, 忙しそう, 怒ったよう, 情夫の, 愛嬌を, 慇懃に, 慌てて, 憤然として, 我の, 手拭を, 斜に, 新聞を, 日傘を, 日本の, 昔から, 昨夜の, 曾て, 最後に, 朗らかな, 木内を, 本を, 東京に, 東京へ, 東京を, 柳橋の, 椅子から, 椅子を, 横を, 横浜の, 次の, 正直で, 此方を, 死んだの, 死んだよう, 母の, 毎晩の, 気に, 気絶し, 池の, 涙ながらに, 満足した, 澄まして, 火の, 無い, 無意識に, 無論の, 無邪気な, 父親の, 片手で, 片頬, 牛乳を, 物を, 狐の, 猫の, 瓶を, 生れ付きの, 男一人を, 疊の, 病人の, 白い歯, 皆な, 目が, 眠って, 眼が, 眼に, 瞳を, 礼を, 私よりも, 窓を, 立ち上がった, 立ち上った, 笑顔を, 笹村の, 約束の, 紛れも, 紫の, 結婚する, 絶望の, 続いて, 肉体の, 腰の, 膝の, 自分と, 自己の, 良家の, 若い男, 苦しそう, 苦手だ, 茶を, 茶碗を, 蒲団の, 蒼い顔, 蒼くなっ, 衣物を, 裏の, 言う, 話した, 誰にでも, 諦めて, 足早に, 踵の, 身の, 身動きも, 車の, 近頃の, 追って, 連れて, 道を, 金の, 針の, 鏡の, 陰性なり, 随分勝手, 隙を, 顎を, 餉台の, 馬車の, 馬鹿か, 髪が, 魚の

2 [1176件 抜粋] ああ云う, あすこに, あとを, あのまま, あの子, あるまい, あれから, あわてた, いい出した, いかが, いくらか, いそいそと, いったいどこ, いつと, いない, いなくなった, いやです, いよいよその, うしろを, うれしさ, おみち, お亀, お勝手の, お小間使, お梅, お玉と, お粂, かう云つて男, かさねて, かすれた文字, きい, きまりわる, きらいだ, ぐんぐんと, けろりとし, こういうこと, こう答え, こう言い捨て, ここにも, こちと, こちらに, このうえ一日, この二度目, この句, この安達, この辺, この都, こわいと, こんどは, さうは, さまざまの, さらに続けた, さりげなく笑いました, して, じっと顔, すうと, すぐ奧, すこしばかり, すたすたと, せきこんで, そういうもの, そうで, そう云った, そこらを, そのお, そのまま入っ, そのピン, その場, その姿, その左側, その心, その最後, その母, その肉体, その腕, その身, その顔, それだけの, そればかり, それ以来金曜日とか, そろ, たまらなくな, だが, だれでも, ちょっと眉, つと手, つんとして, ときどきその, どうしたら, どうしてお, どうしよう, どうだい, どうなる, どこかに, どこで, どこへか, どんなにうれしい, どんな工夫, ないぞ, なおその, なぜか, なんだろう, なんといふ, なんにも, にっと笑った, はつきり答へ, ひくい声, ひとつの, ひと息つい, ひどく恐縮, ふしぎそうに, ふらりと, ふるえ声, ほっとした, まことに国色, またそれ, また口, また妾, また棄て, また笑った, まだあの, まだ一度, まだ町奉行所, まったく途方, みんなあんな, みんな奇麗だ, むしろ二人, もうこの, もう一度心, もう寝, もしかする, もつと, もどって, もろかった, やけに綺麗, やっぱり自分, やはりお, やはり下, やはり黙っ, ゆっくりと, ようよう稽古, よろよろと, わたしたちが, オッチョコチョイで, ギクリと, コップを, コートを, スルスルと, セルギウスの, ツト身を, ドロドロに, ハヤ見えざりき, ヒステリックに, ビリビリと, ピタリと, ポケットから, マルボーロの, 一つの, 一封の, 一斉に, 一日も, 一枚の, 一生おれの, 七人の, 三十五六の, 三田の, 上半身すつかり, 不器用な, 不審そうに, 世間的な, 両袖, 主として大衆作家, 二つの, 二人とも, 二十歳を, 云う, 五十に, 井戸の, 人目に, 人間の, 今でも, 今眼, 仕事を, 伊勢に, 伸子の, 何かの, 何でもとり混ぜ, 何事かと, 何処かで, 何処にでも, 何寸と, 何者じゃ, 何者であろう, 便所へ, 傍に, 元は, 児を, 全く放たれる, 其処に, 其度男と, 再び, 処女と, 刑事に, 初めてだ, 別な, 別に怖, 別れて, 前とは, 前後を, 加治明神山の, 勝手に, 化物だ, 十三に, 十六七で, 半年ほど, 厭や, 去べし, 去ると, 又も, 友子と, 口が, 叫ぶ, 可哀想でした, 同じ血液, 君が, 吹矢の, 和尚さんの, 唇を, 喘ぎながら, 四五人ほかは, 困って, 土地の, 坐ったまま, 塀の, 夕闇を, 外套も, 多勢の, 夜にな, 夜目にも, 大いに気, 大きな眼, 大勢ある, 大抵の, 大胆に, 天使の, 夫が, 夫人以上には, 奥の, 女, 女といふ, 女らしく, 女同士だ, 女男は, 好きさ, 如才なく, 娘でない, 嫁ぐべきもの, 嫌でも, 子が, 子供に, 安心した, 宗近家へ, 家庭へ, 容色の, 寝たまま, 寝台の, 小刻みに, 小田島が, 少いの, 少しタチ, 少し弱, 少し綺麗, 尻込みし, 居ねえ, 島田に, 巴里にも, 帯を, 常に好人物, 平気な, 幸福な, 幾たびか, 幾つ身上を, 幾何でも, 店口から, 座敷の, 引眉毛に, 強くなる, 彈かれた, 影も, 待つて, 後の, 後姿に, 微に, 微笑した, 徳二郎の, 心配し, 必ず悪妻, 快感が, 念を, 怖気が, 思ひも, 恋人を, 恐らく早く, 恐ろしく正直, 恥かしがって, 恥ずかしく思った, 患者を, 悧口で, 悪魔だ, 悲しそう, 惘れたよう, 愕いた, 愚鈍な, 愛妻と, 感情を, 憎くない, 憲一の, 成長し, 我を, 或る, 手ランプを, 手招きを, 手燭を, 承知し, 承知を, 持前の, 握られて, 数えきれねえくれえ, 文吾に, 斜交いに, 日本橋檜物町の, 早口に, 昔の, 昼間は, 晴着の, 暗の, 曲角で, 最初から, 月の, 朝の, 木内の, 机に, 条件的に, 枕の, 林の, 根が, 森に, 楽しそう, 橋番所に, 次々に, 歓喜の, 此処の, 此詞を, 武家の, 死に, 死んでから, 殺された嫂, 母が, 毎日の, 毛氈の, 水に, 永遠に, 決してそんな, 決心した, 河獺にも, 泣いた, 泣くのみ, 洞穴の, 浅間しい, 海の, 涙が, 渠を, 源氏が, 激動の, 火を, 無上の, 然う, 煙草を, 熱心に, 片手に, 物ごしが, 獨り, 玉の輿に, 現実的肉体的な, 生まれて, 用が, 男と共に, 男に対して, 登の, 白い浴衣, 皆, 盛んに, 直助, 相手の, 真っ蒼, 真暗に, 真赤に, 睨むよう, 知らないと, 知るまい, 社会制度の, 神秘に, 私との, 私は, 空を, 突如彼, 窓外を, 立ち上がって, 立ち留まって, 立上りさうに思はれました, 立派に, 笑い声一つたてない, 答える, 箱の, 糸を, 紅茶を, 素早く拳骨, 続けた, 繰り返した, 美くしい, 美しい顔, 美人である, 義雄に, 翌日約束の, 考えたが, 聞いた事, 肩越しに, 背後から, 背後を, 腕に, 腕力に, 膝頭で, 自分から, 自分達が, 自殺する, 舞台の, 船の, 艶や, 花見衣の, 若いん, 若くて, 苦手です, 草履を, 莞と, 華美な, 薬を, 衝と, 袂から, 袖で, 裁縫や, 襖子の, 見たこと, 見向きも, 親分も, 言い, 言ったが, 許宣の, 誰か, 誰でしょう, 譲の, 豊かな, 買はれた, 赤いマフラ, 赤ん坊を, 起ちあ, 踊りの, 躍起と, 身に, 車を, 込み上げる涙, 返辞を, 逆上する, 逸作と, 遊女に, 邪魔にも, 部屋へ, 野村の, 鉄の, 鏡を, 門に, 門口の, 陳腐であり, 雉を, 青い上衣, 靴を, 頭の, 頸に, 風呂敷の, 飛び降りて, 食物を, 首に, 馬も, 馬車を, 駄々を, 駕籠の, 驚きも, 高氏の, 魅力が, 鶴源の, 黙った

1 [10889件 抜粋] ああいう, あくる日も, あちらの, あのつづら, あまえて, あらぬならん, ありゃ本当は, ある顕官, あんな指輪, いい幸い, いかにも尤, いきなり私, いくらでも, いずれ大機, いったい何, いつたい何, いつもと, いつも糸, いないと, いままで普通, いよいよ当惑そう, いろいろ細い, うちに, うなずいたが, うわ眼, おしでは, おとなしくその, おもちゃの, お前より, お手玉の, お蝶, かうも, かくれつ闇, かならず破壊, かんがえて, きっと坐りなおした, きらきらする, くやしそう, ぐんにゃりと微笑って, こうした仕事, こう結論, ことに自分, この世界, この広い, この激しい, この類, これはと, こんな工合, ご覧の, さすつて, さつき何處へ, さらに近, しかし歩き出さなかった, しつこく黙っ, しばらくぼんやり立っ, しめった声, じっと八重, すがるようについて, すぐ手, すこし上目, すっかり動顛, すでに乗込ん, すべて深められた, せいはすばらしく, そうか, そう事務的, そこから, そっと次, そのとき園, そのまま歩きだし, その人形, その命, その屍, その恋愛, その時急, その氷柱, その石塔, その菓子, その長い暑苦しい, そら見ろ, それぞれ違う, それについては, そんなに嫌い, そんな点, たいていそうらしい, たしかにまだ万国堂, ただこちら, ただ戦争, たちまち帰り来りし, たまさかに, だん, ちつと, ちょっと口, ちょっと言い渋った, ついに病弱, つつましくという, つまり何, でもまだ, とかくうるさい, とても商人, どういうもの, どうしても女同志, どうせ女, どうも危険, どこへでも, どんなに歓んだ, どんな者, なおまじまじ, なかなか出, なぐられたらしい, なにか口走り, なれた手つき, にこりとして, ねむたげな, はげしすぎ, はっきりした, ぱっとキュー先, ひとり室の, ひねくれて, ふしぎさうにこの, ふとこう思っ, ふらふらする, べたくさし, ほっほっと, ほんとに病気, まくしたてて, ますます無恥, またこっち, またわざとらしい, また入念, また怖, また燃える, また青, まだまだ沢山男, まだ子供, まだ浮, まだ頑是, まるで処女, みじんの, みな現身仏の, みんなそうだった, みんな歌う, むっとし, もうぐでんぐでんに, もうもと, もう二十六, もう夜, もう袖, もって居た, もとより夜, もはや夙うにこと, やがて店, やさしいいい人, やっと用, やつぱり弱かつ, やはり同じ, やや急, よい辰, よくパッシィ, よその, わが久しく, わざと浮いた, わめき, アグネスと, イベットが, カイの, ギョッとして, コートの, ジョージの, ズンズンあるい, チョン木が, ニコオロに, パイプなどは, フェリックスが, ベンチに, マーシャの, リゴーの, 一々何, 一人でした, 一切外に, 一寸歩み出した, 一応軽く, 一本指を, 一目でも, 一身を, 万三郎が, 三十両は, 三島家の, 上半身を, 下宿にでも, 不実に, 不手際よりは, 世にも蒼ざめた顔, 両肩, 主婦に, 乳呑児を, 二三丁も, 二人ながら, 二十二だ, 二十歳であった, 云いきった, 互に顔, 五月雨の, 人よりも, 人間か, 今にも波, 今年は, 今歩き, 仕度し, 以来つつ, 伯爵夫人に, 体じゅうの, 何です, 何もかも可, 何処か, 何時の間に笠, 何程か, 余分の, 依然として淑やか, 信者でも, 偽りの, 僕にと, 元大名, 先づ桑子に, 児の, 全く謎, 全體, 六疋の, 其の顔, 兼好と, 再び手綱, 冷笑を, 出世で, 切符を, 別けら, 利口すぎた, 前後も, 助言し, 勿論, 十九歳の, 十歳から, 半兵衛が, 単に一種, 卵形の, 又ウインク, 友だちの, 受け合って, 口早に, 叫びすわったまま, 可成り, 各々の, 名づけ親, 君長を, 周に, 和歌山縣の, 唯うろうろし, 啜り泣きを, 嘉津宇嶽に, 四男とな, 土間へは, 坐ったなり, 堅苦しい女房, 売卜者の, 外を, 多寡が, 夢みるよう, 大した天使, 大変美しい, 大抵売笑掃, 大聲, 天性その, 失恋した, 女であっ, 女らしく美しかった, 女学校以上の, 女軽業の, 如何にも達辯, 始めて若い, 姿も, 嫂が, 嬉しく床しくなつかしく親しさ, 季節後れの, 宗三郎の, 実家から, 家付きだ, 寄せつけまいと, 寝像, 小さい白扇, 小声にて, 小男で, 少々電話マニア, 少し前, 少し落ち着いた, 尚窃, 居りませんか, 山崎の, 峠の, 左右に, 巳之助が, 帰った人, 常に心遣い, 平次に, 年とる, 幼な, 庄兵衛の, 座を, 引っこみ潜戸が, 強いて, 当時宝塚の, 彼らにとって, 後をも, 御連枝, 心中でも, 必ず先づ, 快く起き上りました, 思いたって, 思ったよう, 思わずそこ, 性交の, 恃を, 恐らく一時手伝い, 恥ずかしがっ, 悧巧な, 悲しく思っ, 想像以外に, 愚か野良犬一匹姿を, 感じて, 憂鬱な, 懸命, 或程度, 所謂カフェーの, 手切れの, 打ち顫, 抜かせまいとして, 持つ愛, 振り返る, 掠奪者その, 撲ぐられた以上, 教会へ, 敷居の, 新しい小判, 既にファウスト博士, 日曜の, 旦那という, 昌幸へ, 春日局の, 時々振り返つ, 景蔵の, 暫く宮仕え, 書き返した, 最初自分の, 有明明神の, 木蔭から, 本當, 来て, 枕から, 柔軟に, 案外に, 森の, 榻の, 橇に, 欲しくは, 此三人で, 歩みをは, 死を以て, 殆どわれ, 殺されて, 毎日枕を, 気がついた, 気絶する, 水煙を, 江戸へ, 決して惡, 沢山ある, 泣いたこと, 泣き虫だ, 洞窟の, 浅草神社の, 海人の, 淋しい顔立ち, 混み入った裏町, 湯島の, 溺れて, 潤ひ, 火鉢に, 無いもの, 無理無, 煙草に, 父に, 物なれた, 犯人を, 狭い狭い路次, 玉突場を, 現在二ツずつ, 生れさえ, 生理的に, 申しました, 男君の, 異常な, 病気な, 白い毛布, 白粉の, 皆んな八の, 皆行つた様です, 目ぼしい, 直ぐ障子, 看護婦かな, 真顔に, 着て, 矢張り小, 知らなかつた, 砂糖づけ, 社会の, 禁物と, 秋の, 空せみ又, 突然袖, 立ち停まった, 立膝し, 笑い出した, 笑顔に, 答えるの, 籠詰の, 納屋から, 素早く呑まれ, 細く白眼, 結婚したら, 絶えず背後, 線路の, 織物を, 美しいと, 美でなけれ, 羨しいと, 考え深, 聾な, 肯かなかった, 脛ばかり, 臨月で, 自分自身戀しく, 興行師の, 良人しか, 花世の, 若い詩人, 苦しんで, 茶漬を, 菓子箱から, 蒼くなる, 藍子を, 蛤を, 行っては, 袂を, 裸でした, 見えぬ目, 見事だ, 規矩男と共に, 観念の, 言つて格子の, 詈って, 話を, 誰だらう, 谷の, 財布を, 賞める, 赤坊を, 足で, 踊りを, 身元は, 車台に, 辛うじて救われた, 近代の, 迸るやう, 逃げ場を, 通りませんでした, 遂にそれ, 道平の, 適度という, 都会にも, 醜悪そのものの, 金が, 金鈴を, 銅銭会の, 長い溜息, 門口へ, 防ぐよう, 階子段を, 隻頬を, 雨やどり, 露骨な, 非合法に, 頁を, 頭髪に, 顔へ, 食い放題, 首領の, 駅馬車が, 驚き透かし見, 髪の, 魚を, 黄繻子の, 默つて頭を

▼ 女~ (11998, 10.8%)

156 出て 78 立って 77 自分の 76 あった 68 来て 66 ある 61 いた 58 云った 47 あつた 44 坐って 43 男に 41 私の 38 いて 34 いる, 男を 33 あって 30 はいって, 男の 29 顔を 26 歩いて, 言った 25 それを, 入って 24 一人で, 何か 23 彼の 22 あると 20 いった 19 一人の, 住んで 18 手を, 来た, 立つて 16 いるの, 死んで, 私に 15 ありました, 先に, 手に, 現われた, 自分に, 自分を 14 あるの, あるもの, あるん, 好きな, 急に, 眼を 13 あります, いるという, ここに, それに, ついて, 働いて, 多い, 物を, 髪を 12 ゐる, 他の, 好きだ, 子供を, 居る, 帰って, 現れて, 私を 11 そこに, ひとりで, 何を, 声を, 居て, 持って, 現われて, 身を

10 [14件] いると, たった一人, やつて, 一人, 不意に, 僕の, 口を, 好きで, 子を, 来ると, 男と, 腰を, 茶を, 言つた

9 [15件] あったが, あつて, あれば, そんなこと, ゐた, 二人の, 云う, 倒れて, 出來, 寝て, 彼を, 息を, 生きて, 通る, 酒を

8 いました, ここへ, 一人いた, 一緒に, 入つて, 女を, 姿を, 泣きながら, 現れた, 答えた

7 [15件] おれの, これも, できて, 乗って, 二人, 云つた, 出来て, 前の, 君の, 女の, 居た, 泣いて, 男よりも, 自分で, 這入って

6 [29件] いるん, こっちへ, これを, こんなこと, すわって, その家, やって来た, わたしを, ゐて, 二人いた, 云ふ, 仆れ, 今の, 來て, 多かった, 女に, 好きに, 小説を, 待って, 持つて, 控えて, 横たわって, 気に, 着物を, 知って, 私は, 腕を, 見て, 訪ねて

5 [47件] あるという, いつた, います, いるから, こちらを, この世に, この世の中, こんな風, その男, できたの, どこの, やって, わたしの, 一人いる, 一人も, 世の中に, 二人で, 二人と, 人の, 付いて, 何かの, 傍に, 叫んだ, 同じよう, 四人も, 多かつ, 女が, 如何に, 嫁に, 家に, 家を, 己の, 幾人も, 店を, 必死に, 死んだの, 気が, 目に, 確かに, 窓から, 膝を, 言って, 足を, 通って, 金を, 集まって, 首を

4 [93件] あったので, あらわれた, あらわれて, あるが, あること, あるだろうか, あろうとは, いなければ, きいた, きて, この事件, これは, そこへ, それと, でて, ないの, びっくりし, ほかの, ほんとうに, まさか, よく働く, わたしに, ゐると, 一つの, 三人も, 二つの, 仰向けに, 何と, 何の, 俺の, 傍へ, 僕に, 僕を, 出る, 別の, 唇を, 坐つて, 外へ, 多いの, 奉公し, 女である, 妊娠し, 妙に, 子供に, 室の, 小走りに, 少女を, 居たと, 居るん, 幽霊の, 彼女の, 急いで, 憎くなつた, 戸口に, 戻って, 手紙を, 東京の, 欲しい, 欲しいと, 気を, 無事に, 目を, 盲目でなけれ, 眼に, 着て, 知らずに, 突然に, 笑った, 結婚する, 縛られて, 聞いた, 肉体の, 胸に, 自分から, 自分が, 苦しんで, 言ふ, 話して, 話を, 走って, 走り出して, 起きて, 跣足で, 近づいて, 通ると, 部屋の, 鏡台の, 降りて, 静に, 非常に, 駈け出して, 髮を, 黙って

3 [212件] あがって, あったと, あったもの, あったん, あっても, あつたら, あなたに, あなたの, あの女, あらわれました, ありますが, あるか, あるかと, あるから, ある日, ある男, あわてて, いくらも, いそがしそう, いたが, いたこと, いたの, いたり, いっしょに, いなくなったと, いるか, いるもの, おりました, お前の, かう言, きく, こう言っ, ここの, さうし, さっきの, しょんぼりと, すらりと, そう云った, そこの, そばに, ぞろぞろと, たくさんいる, たずねて, ただの, ちらと, できた, とりも, どうかした, どうした, どうしてこんな, どうしてそんな, どこへ, どんなにか, なんの, ひそんで, ひとりいる, ひとりの, ぼんやりと, まだ何, まだ若く, やって来て, わたくしの, ゐるの, オレを, 一人その, 一人何か, 一生に, 一生懸命に, 上って, 両手で, 両手を, 並んで, 二人何か, 二人出, 二階から, 亭主に, 今では, 今まで, 他に, 他愛も, 体を, 何うし, 何処で, 俺を, 僕等の, 先へ, 処女を, 出ると, 出来たの, 前を, 勝手に, 匕首を, 古くから, 向ふ, 問うた, 喉を, 売りに, 外に, 多いん, 多くなる, 夜の, 夜中に, 夢中に, 大の, 夫の, 夫を, 奥から, 女として, 妻と, 姉の, 嬰児を, 子供の, 寝台の, 居るから, 山から, 布を, 平気で, 年の, 年老いて, 幸福に, 店の, 座敷に, 庭を, 後ろから, 心を, 悪いの, 或る, 文学の, 日本の, 本を, 来たこと, 来たと, 来たの, 来たので, 来たよう, 来たん, 来る, 機を, 死ねば, 死んだという, 殖えて, 殺されたん, 水を, 求めて, 波の, 洗って, 洗濯物を, 派手な, 涙を, 火を, 犯人だ, 現はれる, 生活の, 申き, 男から, 男と共に, 男より, 白粉の, 白粉を, 盛んに, 目の, 眠って, 眼の, 私から, 突然, 窓の, 窓を, 立ちどまって, 笑いながら, 箸を, 粥の, 絵の, 美いから, 美しいだけに, 美しくて, 義雄の, 職業を, 胸を, 自己の, 自転車に, 良人を, 茶碗を, 莞爾し, 行く, 行って, 行方不明に, 裸で, 裸に, 見えて, 見える, 見ても, 親切に, 言いました, 言う, 言ふたんだ, 詩を, 赤い唇, 赤ん坊を, 足早に, 身に, 退屈の, 逃げて, 酒の, 鎌を, 附いて, 障子の, 隠れて, 面を, 飛び込んで, 馬に, 駈けて, 駈け込んで

2 [768件 抜粋] あそこにも, あったか, あったはず, あの大, あらはれた, あり彼女, あり過ぎて, あるさ, あるじゃ, あるだらう, あるだろう, あるって, あるとか, あるもん, ある時, ある筈, あればこそ, あれほど, あろうかと, あんなこと, いいの, いいました, いさましく盤台, いずれも, いたという, いつまでも, いなくては, いなくなって, いますよ, いようと, いるかと, いるそう, いるその, いるばかり, いる筈, うしろから, うしろ向きに, おかしいと, おずおずと, お久美, お前に, お店, お能, お茶を, お銀様, かくれて, かわいそうに, きいたとき, くれたん, こう云った, ここで, ここでは, こっちを, こつちを, このよう, この世で, この紳士, これまで, これまでに, こんなところ, こんな処, さきに, さぞ, すぐに, すこしでも, すでに鬼, すべての, するよう, そういった, そうだ, そう言い, そう言う, そこで, その中, その声, その夜, その恋, その手, その言葉, その首, それから, それによって, そんな, そんなよう, たが, たたずんで, ただ一人で, たつた一人, たよりない, つかつかと, つづいて, できたのよ, できるん, どうできてる, どうなる, どこかへ, どこに, どちらへ, どの道, どんな女, ないから, なぜこんな, なに者である, なんでも, ねて, のたうったり, はだしで, ひとり, びっくりした, ぴちや, ふと乳虎, ふらふらと, ほしい, ほしかった, まじって, まだ女, まだ居る, まぼろし, まるで違った, むきに, むす子, もって, やがては, やって来るの, やつた, よくて, わたくしを, ゐること, アキである, キャッ, ショールを, タスキを, ノメノメと, フッと, ランプを, 一人あっ, 一人うじうじ, 一人こちらを, 一人ずつ, 一人と, 一人は, 一人一行の, 一人不自然な, 一人入っ, 一人大きな, 一人寝, 一人居た, 一人御, 一人机を, 一人熱心に, 一人牛乳屋の, 一人裁縫し, 一人長襦袢一枚に, 一度に, 一本男が, 一生の, 一番不快だった, 一番反抗的に, 一群として, 七八ツに, 三十七歳の, 三味線を, 下の, 下手人ぢや, 不思議に, 不機嫌な, 不縹緻, 両側に, 乙彦の, 二三日前から, 二人ありました, 二人も, 二人並ん, 二人居た, 二人現れ, 二度目に, 二重廻や, 云い返したこんど, 云うには, 云って, 五人の, 五六人見えた, 交じって, 交って, 亭主の, 人に, 人前で, 人形を, 人目を, 仆れた, 今度この, 今度は, 仕事を, 休んで, 伴れ, 何が, 何も, 何事に, 何人も, 何故今, 何時までも, 何處で, 余の, 來る, 俯伏し, 停車場に, 側へ, 入つて來, 入るの, 入口に, 八兵衛あがりだった, 公主を, 六人位も, 六発打っ, 其処に, 内々鐘五郎, 出来た, 出来たって, 出来ね, 出迎, 判りました, 前に, 前掛, 十二支組の, 十人ばかり, 十許り, 半身を, 占めて, 厭に, 去つて, 去ると, 取次ぎに, 口から, 口ごもりながら, 口に, 可哀そうじゃ, 可哀そうだ, 可愛らしい女, 同じ女, 名主に, 向うの, 向き合って, 呼びかけた, 呼びこまれた, 咲き乱れた花, 唄を, 嘘を, 四十八本の, 図々しくも, 土間に, 堕落書生の, 外から, 外で, 外出する, 多いから, 多くなった, 夜分一人で, 夜目にも, 大いにケンヤク, 大原に, 夫に, 女王の, 好きだった, 姉と, 媚を, 嫉妬を, 嫌いで, 嫌いな, 嫌ひであつ, 安心し, 定まる, 宜い, 家から, 家へ, 寝台に, 寝床を, 小屋へ, 小説で, 少ないです, 居たが, 居ますぜ, 居れば, 山の, 川で, 川岸で, 巧みに, 巫女の, 巴里を, 席を, 帳場へ, 平凡な, 年を, 幾らも, 幾人か, 幾時間も, 床の, 座を, 座敷の, 往来で, 後に, 得を, 御白粉, 必要だ, 必要である, 応じないの, 怒って, 恋を, 恐ろしそう, 悪いこと, 悪党だ, 悶え死, 惚れたん, 愛想よく, 憎らしくて, 懐胎し, 戸を, 戻つて, 手拭を, 手筋を, 指を, 挨拶を, 揃いも, 教えて, 断言する, 新らしい, 旅の, 昔の, 映って, 昼寝を, 暖簾を, 曾て, 最後に, 有ましたろう, 木の, 本当の, 机の, 来たとき, 来るから, 来るよう, 来合せて, 案内し, 椅子に, 様子を, 欠伸を, 欲しいの, 欲しかったら, 欲しかつ, 正直な, 死に際に, 死ぬと, 死んだと, 死んだ重太郎, 殺されたこと, 殺されて, 殺したん, 母と, 気どらずに, 気に入って, 水の, 江戸から, 江戸の, 沈んで, 泊りに, 泣くので, 泳いで, 流れて, 浜の, 海へ, 消えて, 湯屋や, 濡れて, 無力に, 照子で, 父の, 片眼, 牛乳を, 犬を, 犯人で, 狂乱し, 独身で, 猿の, 獣よりも, 現はれた, 現れる, 現実に, 生涯の, 発狂する, 白い, 白い着物, 皆な, 相当な, 真実の, 眼鏡を, 着飾って, 知る, 社会的に, 私たちの, 移って, 稼いで, 突然目, 窓に, 立ちすくんで, 立ち上がって, 立ち廻るの, 立派な, 笑いだした, 第一, 精しいから, 納戸の, 素つ, 絶えねえだえ, 絹を, 縊れて, 縫いもの, 美い, 美いだけに, 美しいという, 美しいので, 美男を, 聞いて, 聞きくたびれたと, 肉体的に, 背を, 胸から, 腰かけて, 腹部へ, 自分と, 自動車から, 自動車の, 自殺した, 自然に, 自転車で, 舞って, 艫の, 良いと, 芝なんかに, 芸者に, 芸者の, 若旦那を, 苦しむだ男, 莚を, 菅笠を, 薄い胸, 血相変え, 行つ, 袖に, 裁縫を, 裸体で, 見えた, 見られること, 見ると, 覗いて, 言ったよう, 言葉を, 訊いた, 誰である, 誰でも, 賣りに, 赤い顔, 足の, 身体の, 身体を, 軒に, 轢死した, 近寄って, 近頃に, 逃げるよう, 逗留し, 通りかかって, 通りかかりました, 道を, 遣って, 部屋に, 部屋を, 酌を, 酔っ払って, 野菜を, 針の, 鍋を, 門の, 門を, 階段の, 階段を, 隣に, 隣家に, 雷に, 雷鳴が, 電話口に, 静かに, 靴を, 音頭を, 頓狂な, 額の, 顏を, 飛び出して, 飛出して, 騙されるって, 騙されるよう, 高荷, 髪の

1 [6712件 抜粋] ああいう, あたいと, あったね, あっとおどろいた, あには, あの時, あはれな, あまり慣れなれしくする, ありさうな, あり遊女おいらん, あるでは, あるやう, あれじゃ, あんなに平気, いいでしょう, いうと, いきなり平手, いくらブツブツいっ, いそいそと, いたので, いっしょだった, いつしか彼女, いつも真っ, いないの, いまごろ現われる, いよいよおとなしく, いるし, いるに, い他, うつむいたり, うわごと, おさえつけて, おどろいたよう, おりて, おろおろし, お参りに, お捻, お酌, かえって尻込み, かの為立物師, かんだかい声, きばって, きれいに, けさ行つて既に, こう云う, こちらの, このとき博士, この前, この意味, この社会, この部屋, これまでの, こんなにやさしい, こんな悠長, さう, さして, さびしそう, しかも今どき, したがいました, しばらく門前, しんみりと, すぐこう詠んだ, すっかり精, するでしょう, せっせと洗濯, そうか, そう会釈, そちにも, そのままいつ, その人, その夫, その恋人, その横, その肉慾, その青々, それほど男, そんなに入り組んだ, そんな身寄, たくさんい, たしなめる, ただ泣い, たまたま彼, だれである, ちょうしを, ぢやぶ, つつましや, てんでん, ですな, とって, とりかこんで, どうかし, どうしても寺, どうして私, どう云, どこぞから, どっと芸術, どんなにイワン, どんな恐し, なおにこにこ, なぜに, なにか芥川, なんという, ねえこと, はしゃいで, はね起きて, ひとかたまりに, ひとり参木の, ひとり飛びこん, ふたりこっそり, ふと厠, ぶかっこうな, ぺらぺらと, ほんた, またからかっ, また別, また立ちかける, まだ商売, まだ部屋, まるで生きた, みんなぼ, むすばれあつ, もう一人, もしあったなら, もたれて, もの馴れた, やったらしく, やって来たの, やはり男, ゆうべも, よくおしや, よもやそんな, わけて, わめこうと, ゐなかつたと, ゐるぢやあ, アーク燈の, オレンジ色の, キューピットと, グングン強め, シネラマの, ストレーカを, タツたちの, チラと, ドストイェフスキーみたいな, ハンカチフで, ヒステリー性の, ヘリオトロープの, マンサの, ヨウさんの, ヴェニスへ, 一ツ屋根の, 一人おります, 一人だけ, 一人ぽ, 一人三畳へ, 一人來る, 一人坐つ, 一人枕屏風の, 一人炉端で, 一人蝶鳥なんどの, 一人飛出したろう, 一家の, 一応, 一様に, 一番犯人に, 一足近づいた, 丁度私たち, 三人あ, 三人ひどく, 三十人あまり肩揚の, 三沢に, 上向きだろう, 下手人, 不具でない, 世にも稀, 両手の, 串へ, 主婦に, 乗りたりけり, 乘込んで, 二たびあざやかに, 二三人鳴りを, 二人か, 二人ものう, 二人会つて一時間話を, 二人暗い, 二人連で, 二十歳に, 二長町の, 云ったに, 五人に, 五十六十の, 京都から, 人形町あたりに, 人間的な, 今広い, 今踊っ, 代々に, 休んだもの, 低い声, 何かと里居がち, 何と言う, 何事も, 何故気絶, 何者だ, 例の, 信仰の, 倒れた, 偶と, 働きかけたん, 兄さんとさえ, 先刻から, 入れ墨する, 全く想像力, 公然と, 六歳に, 其人とは, 内心どれだけ, 冠つた手拭は, 出したの, 出るやう, 出来たから, 出来るかも, 切支丹屋敷の, 初めて顔, 前髪を, 動かしてるガルシア, 勤労者として, 化銀杏の, 十八, 半弓で, 南加州の, 厭な, 参詣に, 反物を, 口喧しいからと, 可哀そうで, 右往左往し, 同じ所, 名義上磯五の, 君だつたら, 呼ばれた, 命よりも, 唖だ, 喉の, 嗄れた声, 四人で, 四郎を, 土塀に, 執拗な, 壁の, 変るな, 外見は, 多く当った, 夜ち, 夜間薬品店に, 大ぜ, 大勢タカって, 大学者と, 大連の, 天若日子の, 奥の, 女乗物を, 好いので, 好きといふ, 好んで, 始終こころがけ, 婢の, 嫌ひだつた, 存在した, 安ホテル, 室内に, 容易に, 寝ましょうよと, 寝返りを, 封書を, 小さなコーヒー壺, 小包を, 小橋を, 少しも, 尼に, 居ないわけ, 居るからと, 居るんでね, 山陰道の, 巣を, 己が, 帯しろは, 帳場に, 平然妾が, 幾人ある, 床几から, 座用の, 引ずつて來, 強情張るぐれえた, 役向きの, 彼氏に, 待合の, 得て, 心から嫉み, 必ず皆, 快感を, 思い出されます, 急を, 怪訝な, 恋人を, 息せわしく, 悪うございます, 惚れたもの, 惨殺された, 愛しても, 感情に, 慰めて, 憤然立上った, 我慢し, 戻つて來, 手傳に, 手附を, 折々他, 抱擁し, 持ち得ない自由, 振髪, 掠めて, 描いて, 撃たれたの, 救いを, 敬太郎の, 斜めに, 旅人の, 旦那から, 明神下の, 時々そんな, 晩に, 暮しようも, 書類を, 最近土耳其から, 服と, 未だに附絡, 朱塗りの, 来たならば, 来ないよう, 東京で, 果してお, 柔らかみを, 案内する, 植木の, 横は, 機の, 欲けれ, 欲しくて, 歌道に, 歩いたり, 歸つ, 死んじまったから, 死骸も, 殺されたか, 殺人の, 毎日一億玉砕の, 毒消し売らなけれ, 気の毒に, 水死いたした, 永遠に, 沁, 泊まって, 泣いても, 泣く一団, 洗いざらしの, 流し眼, 浮きました, 海辺へ, 深い溜息, 清吉という, 湯殿へ, 潮来で, 炊事を, 無力である, 無遠慮に, 燈心で, 片端から, 特に悪い, 狂人に, 独唱する, 猿股ひとつに, 王樣に, 現れました, 理想的つていふ, 生き返って, 生れでた新鮮さ, 生涯で, 田人に, 男に対して, 画燈を, 當地へ, 病身に, 登を, 白昼裸で, 皆んな自分に, 盗ったの, 盲従的に, 眇かに, 真向いに, 眩ゆし, 着飾つて, 石を, 社会上に, 私共が, 稀れ, 突然参木, 立ちあがつた, 立ち話を, 競ッて, 笑ってるの, 箒と, 約束した, 紙片を, 紫好みの, 経験する, 給仕を, 続々現われる, 線路に, 縛り付けられて, 置かれて, 美しすぎ, 義理の, 耳に, 聽き, 肩肌抜ぎで化粧を, 胎毒下しを, 腰の物一枚裸体の, 自個, 自害し, 興味を, 船に, 良過ぎ, 花衣を, 若く美貌, 茄子の, 荷車を, 蒸汽の, 薄暗い物蔭, 蚊遣筒を, 行くと, 表の, 裏口から, 裾飾りの, 見えなかったろうか, 見つからぬわ, 見物の, 親しみの, 言い私, 言つ, 訪ねても, 誓願式を, 読み苦しい, 調子も, 變化に, 貧しくなく, 賃銀値上げの, 赤っぽい, 起立した, 踏み蹴られても, 身を以て, 転がって, 農婦よりは, 返事を, 退院する, 逃げ出したの, 通したの, 通りかけの, 逢引に, 運を, 遠慮も, 酒盃を, 重たらしい, 野性にな, 金髪である, 銀座の, 鎮魂呪法奉仕を, 長え, 門口から, 閨の, 降りたの, 際限も, 雄々しく生き, 雑踏に, 震災直後に, 青白い月光, 面くらったの, 頭と, 頼りな, 願い事が, 飛び起きた, 飯櫃を, 首ばかりに, 馴れ親しむの, 騎手に, 高源寺, 鯖の, 黄金島の, 黒百合を

▼ 女~ (7442, 6.7%)

126 連れて 94 見て 71 相手に 68 見ると 63 見た 52 愛して 45 つれて 41 殺して, 知って 32 自分の 31 伴れ 30 手に 26 呼んで 24 女房に, 妻に 22 して 21 殺したの 18 抱いて 15 呼んだ 12 ものに, 見たこと, 送って 11 持って, 買って 10 ありと, 捕えて, 描いて 9 妻と, 得て, 男に, 自由に, 見たの, 見る, 買いに

8 [17件] 三人も, 介抱し, 先に, 出して, 前に, 助けて, 嫁に, 待って, 探して, 搜し, 犯人と, 見つめた, 見ても, 見ること, 見るの, 軽蔑し, 顧みて

7 [16件] つかまえて, みて, もって, 促して, 口説いて, 娶って, 家に, 抱えて, 捨てて, 案内し, 殺した, 置いて, 見つめて, 見ながら, 見れば, 訪ねて

6 [24件] いつまでも, ここへ, 中心に, 乗せて, 使って, 口説くの, 呼びに, 家へ, 後に, 愛しては, 我は, 担いで, 発見した, 裸に, 見たり, 見た時, 見つけて, 見つめながら, 見に, 見ようと, 見るに, 買うの, 買ふ, 選んで

5 [42件] こしらえて, さらって, つけて, とらえて, どうする, 世話し, 保護する, 入れて, 奪って, 奪られ, 妻だ, 小脇に, 幸福に, 弄んで, 待つて, 思って, 愛すること, 慰めて, 所有する, 捜して, 救ふ, 残して, 殺すこと, 母と, 求めて, 無理に, 生かして, 発見する, 知らずに, 私は, 見せて, 見つけた, 見ては, 見る目, 見詰めた, 誘って, 誘拐す, 識って, 買うこと, 軽蔑する, 離れて, 非常に

4 [57件] かどわかして, こしら, そのままに, だまして, つくづくと, どうした, ひきつけて, ひどい目, もらって, よんで, 人柱に, 側に, 可愛がって, 呼ぶわけ, 女と, 好まず, 如何に, 対手に, 引き入れて, 快楽の, 思い出した, 恋して, 憎んで, 所有した, 抱きしめた, 押へ, 拵えて, 捉へ, 捜しに, 攫って, 放した, 斬って, 棄てて, 横取りし, 欺し, 殺すの, 犠牲に, 生んだ, 画いた, 監禁し, 目に, 眺めながら, 立てて, 紹介した, 背負って, 膝に, 與へ, 表現する, 見かけたの, 見下した, 認めた, 誘拐し, 諦めて, 追って, 頭に, 食べて, 馬鹿に

3 [132件] いたわって, いっしょに, おぶって, おれの, お前の, かかえて, からかったり, からかって, ここの, さがしに, じっと見た, すてて, つかまへて, とらえた, どこかへ, どこへ, のせて, みた, みつめて, モデルに, 一目見, 不幸に, 与えて, 世話する, 中に, 主人公と, 人の, 今日まで, 伴うて, 信ずるな, 俺が, 側へ, 傍に, 内へ, 卒業し, 取って, 口説きに, 口説くこと, 叱った, 呼ぶと, 問題に, 囲って, 奪はう, 女中に, 好いて, 好きだ, 妾に, 娶った, 嫌って, 尊敬し, 尋ねて, 己の, 帰して, 弄ぶの, 彼の, 待ち受けて, 後から, 後ろに, 怨んで, 情人に, 情婦に, 感じた, 憎むよう, 或る, 打とうと, 扶け, 抱いた, 招いて, 拵へて, 拵へる, 指さした, 指して, 捨てた, 描くこと, 描く場合, 携えて, 救うて, 敵に, 椅子に, 横取りされ, 横抱きに, 欲し, 欺くこと, 欺した, 欺す, 正式の, 殺しに, 沈めに, 泊めて, 渡して, 独占しよう, 独占する, 生んで, 男と, 男の, 疑って, 相手の, 眺めて, 知ってるの, 知つてゐた, 知らぬかな, 突き飛ばして, 細君に, 組み伏せたりき, 絞め殺せるもの, 肩に, 苦しめて, 裸体に, 見あげて, 見かけた, 見かけたこと, 見たいと, 見たが, 見たので, 見たん, 見つけると, 見ました, 見よ, 見上げた, 見入った, 見捨てて, 見返して, 調べて, 買うという, 買ひ, 追ひ出す, 連て, 連れずに, 連れ出して, 集めて, 養って, 驚かしては

2 [488件] あげたもの, あさるもの, あとに, あなたの, いたわるよう, いちずに, おだてると, おぼしめして, おれに, お憐, お渡しなさい, お白洲, かどわかしたり, かの女, こしらえては, こっちへ, さうし, さがして, さきに, さへ, したり, しっかりと, しつけるには, しめ殺して, すかして, すつかり訓練, そこへ, そのままには, そのよう, その中, その手, そんな虚傲, たまらなく好き, だ, だました気, だますの, つかまえようと, つくれ, ですかい, とりまいて, どうしよう, どう始末, どこかで, どこから, なぜ口説く, なだめた, なだめて, なぶり殺しに, ひとりずつ, ほめるの, ほろりと, みすぼらしくし, みつけようぢ, みると, むごたらしく殺し, むざ, めがけて, よく見かける, よく見る, よばいに, わが物, ハダカに, 一人や, 一人上, 一人呼び込ん, 一人蹄にかけて, 一人連れ, 一日眺め, 一晩抱い, 一歩も, 一番なつかしく, 不安に, 不思議に, 不意に, 世話したろ, 両腕, 中へ, 中心と, 乗せた, 乗せる事, 争って, 二三間やり過し, 二人で, 二階へ, 人に, 今度は, 今日の, 他に, 他へ, 何うし, 何が, 何処で, 作るよう, 使用し, 信じて, 俺に, 俺は, 僕の, 僕は, 入れたいん, 全身で, 共有する, 利用し, 利用する, 制して, 刺したの, 前へ, 加えて, 助けたところ, 助ける事, 助けろ, 包んで, 取る, 取扱ふ, 取込むこと, 口説いた, 口説きおとすこと, 口説きはじめたが, 口説きも, 口説き得ず姪, 口説くには, 口説くにも, 口説く方, 口説く足しには, 叩くと, 只で, 召出されるの, 台所から, 同格に, 呼ばせる, 呼びだして, 呼びよせた, 呼び入れた, 呼び出した, 呼び止めたが, 呼ぶの, 呼物と, 咒わ, 唯一の, 喚し, 嘲り出した, 囲うよう, 囲ったり, 坂の下の, 壻に, 外へ, 夢みて, 大へん, 大事に, 大分多く, 大切に, 奪え, 女として, 好かない, 好きな, 好きに, 妃と, 妻として, 妻の, 姉と, 姦した, 子を, 完全に, 室の, 室適, 家の, 宿の, 射た, 尊敬する, 導き入れました, 小突いた, 小突いて, 山へ, 巧みに, 平気で, 平沙, 庇ったつもり, 弄ぼうと, 引きずり込むやう, 引きつれて, 引き連れながら, 引っかけて, 引っ張って, 引っ抱え, 張り合って, 征服した, 待たせるなんて, 従えて, 得たこと, 得たと, 得たの, 得なければ, 御覧, 忘れて, 思い詰めて, 思うの, 思うよう, 思う男, 恋した, 恋の, 恋人に, 恐れて, 悪人として, 悪魔の, 想像し, 意味する, 意識した, 愛したいと, 愛したと, 愛してるの, 愛すが, 愛すだけ, 愛すると, 愛するという, 愛するやう, 愛するよう, 愛せずには, 感情的に, 憎みある, 憎んだ, 戀し, 我が物, 戸口の, 手招きし, 手放して, 打って, 批難する, 抱いても, 抱えるよう, 抱え起して, 抱かせて, 抱きか, 抱きかかえて, 抱きしめようと, 抱きすくめた, 抱きすくめて, 抱き上げて, 抱くといふ, 抱へ, 押えろ, 押しやった, 押入の, 招いた, 招じ入れました, 招んだ, 拵えたの, 拵へ, 持つて, 持つの, 指さして, 指さしました, 指す, 挙げた, 挙げて, 捉えて, 捕まえて, 捜せ, 掠奪する, 探しに, 掴んだら, 揚げて, 揺さぶる, 揺ぶった, 搜す, 撫斬に, 擁して, 操って, 改造する, 放して, 放免し, 救いだしに, 救うため, 救って, 教育する, 数人の, 斬り殺して, 旅先の, 暴力で, 曳いて, 書いて, 書くこと, 東京へ, 梯子に, 横に, 横取りした, 欺けるもの, 歩かせようと, 死の, 殴り大騒ぎ, 殴る, 殺さうと, 殺させる原因, 殺さねば, 殺しそれから, 殺したかも, 殺したこと, 殺したもの, 殺したり, 殺したん, 殺した事, 殺した四本, 殺しは, 殺すと, 殺すという, 殺すなんて, 殺すわけ, 殺す場面, 殺そうと, 殺めて, 殺害した, 母親に, 比べて, 求めに, 求めること, 泊めるの, 泣かせたこと, 泣かせる事, 洗って, 深く愛し, 渡り歩いて, 溺愛し, 漁ること, 漁るの, 演出する, 無視し, 物体と, 物色し, 犬の, 猟する, 猿女の, 生めば, 生活の, 産す, 申受け, 男が, 男は, 番所へ, 疵物に, 発見し, 皆んな善人だ, 盗み出すこと, 目下に, 相方に, 眉一筋に, 眺めた, 眺め何, 眼の, 睨むよう, 睨め廻します, 睨んで, 知った, 知った青年, 知ってから, 知ってるかい, 知つた, 知つてる, 知つてゐる, 知らずや, 知らないこと, 知らなかつた, 知らなければ, 知りつくして, 知るの, 示す風, 私たちに, 私に, 秘かに, 積んで, 突き出せ, 突き放して, 突き離した, 突き飛ばした利助, 納戸から, 紹介する, 結婚させ, 絶えず興奮, 締め上げ, 縛って, 縛るわけ, 罰すること, 美しくする, 美人と, 聘んで, 肉体でしか, 背負った彼, 背負ひこむ, 腕に, 自分から, 自分が, 自由の, 舷に, 船で, 荷って, 葛西から, 蒲団に, 蕩し, 薄暗がりの, 虐待し, 装って, 裏切って, 裏切つて, 見, 見おろしながら, 見かけたが, 見たいん, 見たか, 見たと, 見た儘, 見た彼, 見つけ出すこと, 見てから, 見てたん, 見ましたよ, 見ませんか, 見るもの, 見るや, 見るよう, 見る事, 見る眼, 見上げて, 見下して, 見付けた, 見出した, 見出して, 見守って, 見殺しに, 見給え, 見舞って, 見詰めて, 視た, 観察した, 解放し, 解脱させる, 訊問し, 訪ねたこと, 訪れて, 診察する, 詮議する, 誘つて出かけた, 誘惑した, 誘惑する, 警護し, 貰う気, 貰って, 貰ふ, 買い酒, 買った, 賜う, 蹴倒しても, 身請けし, 車に, 辱しめる, 辱めんと, 迎えた, 迎えたが, 迎へ, 迎へに, 迎へる, 返して, 返せ, 追いまわして, 追い越したが, 追った, 逃しては, 途中で, 連れての, 連れ戻つて, 運んで, 道づれに, 遠ざけて, 遠ざけるより, 選ぶ, 選り取りに, 避けるよう, 金で, 釣ろうと, 長年月にわたり, 隠した水, 隠して, 離れたなり, 静かに, 鞭打って, 頭の, 風呂で, 食い物に, 食はせ, 驚かさないよう, 驚かせる

1 [4245件 抜粋] あ, あさった, あつかましい者, あはれと, あやに, あわれと, いくら後添え, いじめるな, いたわるという, いとしく思ふ, いやしめる人々, うつかり, えらばれた, おごって, おどしにかけて, おめかけ, おれが, お前が, お持ちなすった, お造り, かえて, かくして, かすめ飛ぶ, かなり夏, からかうの, きびしく取り調べ, くじかれたもの, くわえて, ここで, こしらえたり, こっちの, この家, これに, こんな言, さうさせたか, さげすんだ, さっきの, しげしげと眺め, しばったり, しょげさせる事, じろじろ見つめ, すてが, そういうふう, そっちのけに, その一連, その本然, それとは, たうとう, ただちに死刑, たとい二年, たよるでしょう, だいぶさき, だましたの, ちょと, つかまえどこ, つくづく眺めた, つくるの, つつしみ沐浴, つれたあなた, でも小野田, とこに, とらえ簾戸, とり巻いて, どうしても生れ代る, どう心得, どなりつけた, ながめた, なぐり付けて, なだめながら, なんとか思っ, のさばらせると, のめのめ見のがし, ひかへ, ひそかに, ひっぱたきに, ひとりつれ, ひとり立ちで, ふと庄吉, ほしいと, まじまじと, まとめて, まるで強姦, まア何, みつめた, みんな知っ, むりに, めとって, もし貞女, もてあつかってる色男, やさしい人, やつぱりそんな気分で, やり過ごすと, ゆびさしました, よく見ない, よびよせて, ろうらくした, わしを, ア・バイの, グイと, スクタリへ, チラと, ノルマンジーホテルの, ピストルで, ポカポカと, モンパルナスの, 一二度引っ張りまわす, 一人の, 一人奪っ, 一人絞め殺す, 一切寄せつけない, 一度に, 一朝に, 一種の, 三十五六と, 上げて, 下すだけで, 不幸の, 世話介抱し, 中宮の, 主要人物として, 乗せ空いて, 争ったわけ, 二人ほど, 五人六人で, 交番の, 人質に, 介抱した, 代表し, 仰ぎ見るよう, 伴って, 何とか始末, 余りにも, 使う, 使わないと, 促し立てて, 信濃路へ, 傭うこと, 僕が, 先頭に, 入れまいと, 六十婆あだなん, 再び見出した, 冷嘲, 出しさ, 出代りさせたうえ, 初めて會つた時, 利用すれ, 刺そうとして, 力強く引き寄せた, 助けようとは, 労役に, 勞役に, 北条氏政へ, 千人彫っ, 却って珍, 反って, 取り上げようの, 取り押さえて, 取るも, 取調べること, 受け出してね, 口説いては, 口説くか, 口説く弁護士, 古風な, 可哀想だ, 叱らうと, 同時に愛し, 君は, 味う, 呼びとめ, 呼び寄せて, 呼び止めて, 呼べり遠矢射る, 品藻し, 喜ばせきれい, 喰い殺して, 嚇かす, 囲うて, 土中に, 埒も, 墜落させ, 売るとは, 外國から, 大へんい, 大阪の, 失つたから, 奪い取らせようと, 奪おうと, 奪われて, 女の, 女角力の, 好くよう, 如夜叉と, 威喝する, 娶らしむ, 娶り給仕, 婿に, 嫌う実感, 守って, 守護し, 宙に, 宥めるよう, 家政婦として, 寄せ付けず男, 寧ろ是きり, 専有しよう, 将監は, 小脇の, 川の, 己れ, 常に支持, 庇いお, 庫裏に, 弄ぶこと, 引かせること, 引き上げた, 引き取った事, 引き摺り込むの, 引っかけること, 引っ抱える, 引つ張り拔, 引入れ由紀子, 引挙げる, 弟の, 張る時, 当に, 往々町, 待たないで, 待つ暇, 徒らに, 得られなかったらそれ, 御存じじゃ, 御新造に, 心着かず入れ, 忘れる, 怒らせるつもり, 思いださせたの, 思い出すよう, 思い浮べ我々, 思つたのだ, 思ひだす見頓思漸, 思ふ, 思わずには, 性慾の, 恋いながら, 恋しようと, 恐がり嫌がって, 恐迫, 悪ものに, 想いつめるそんな, 想像した, 愚僧に, 愛ししかも, 愛したよう, 愛してなんか, 愛し始めた, 愛すもの, 愛する代り, 愛撫しよう, 感覚的に, 慰める手紙, 憎みながらも, 憎らしく思った, 憐れむ事, 戸口に, 手にも, 手渡す事, 打ちのめして, 払い除ける勇気, 扱らふ, 抛り込んだ事, 択んだので, 抱えた大, 抱き, 抱きしめながら, 抱きやれと, 抱き止めた, 抱くなど, 押えるん, 押しつけられるの, 押つけよう, 拉して, 拝すべからず, 拵え過ぎるから, 持ち肉, 持てば, 挙ぐ, 振りかえった, 振り向いて, 振切って, 捉まえ, 捕へて, 捜せ女, 捨てなくとも, 掠めと, 探しだして, 探し求めた, 探って, 描いたし, 描きだして, 描くとしても, 換えて, 搜しませう, 撃ち融かす分量, 撲らないとも, 攫ったの, 攻撃する, 救いより, 救うのほか, 教育しなけれ, 斥けること, 斬らなかったの, 断ったっていう, 日本内地に, 普通の, 書いたもの, 書くため, 朦朧状態に, 本当に知っ, 東京市外の, 栄介は, 楽しむこと, 横取りする, 次の間に, 欺けないまた, 死なせたの, 殴りつけ魂, 殺したという, 殺した下手人, 殺した訳, 殺しまさに, 殺すつもり, 殺すほどの, 殺そうとして, 母とは, 水汲み, 求むる者, 江戸へ, 泊めた部屋, 泳がせた甲斐, 浮田の, 深く好き, 渡せと, 漁って, 漸く引離し, 無批判, 煽動し, 片っぱしから, 牢に, 特に何故働く, 犯そうとも, 狩り集めて, 猴に, 玩ぶに, 現実した, 生かさうと, 生むは, 生埋, 留めて, 疑いましたが, 皆愛人と, 盗もうとは, 目の, 相当以上, 眠らせて, 眺めるだけ, 睨みつづけて, 睨んだとき, 知ってるかね, 知らずしかも, 知らない以前, 知らなかった私, 知らねえか, 知りませんでしたし, 知る機会, 示す, 私から, 移らせその, 突きとばした, 突きのけるよう, 突き放って, 突出した, 立たせてから, 競爭する, 納れさせ, 組み敷いた, 総称し, 縛つて兎も, 罪と, 置き小, 罵った言葉, 美人に, 考えて, 聘った, 肩ぐるまに, 背上に, 脅すため, 膨らましては, 自宅へ, 良妻賢母ばかりに, 苦しまし, 苦しめ低く, 荷物に, 葬ったの, 蕩かす術, 虐めずには, 表へ, 褒めちぎる, 襲つた, 見おろし見おろし伝六, 見かけた者, 見きと, 見せたいん, 見たくなった, 見たなどと, 見た人, 見た紋太郎, 見つければ, 見つめました, 見なかったただ, 見まして, 見るとき, 見る場合, 見上げつつ, 見付けたと, 見出すどれ, 見定めようと, 見或, 見掛けたこと, 見直すと, 見舞ふこ, 見送りしが, 視ること掌中, 親の, 觀察する, 討って, 訪れるつもり, 証人に, 詰つたあとで, 誑したり, 誘うという, 誘惑し, 誤解し, 誰が, 論じ徹頭徹尾, 警めず, 讃美し, 負かす, 責め始めた, 貰おうとは, 貴方の, 買うなどという, 買う可, 買ったもの, 買はず菓子買はず, 賜ふたが, 賭けようじゃ, 起さないよう, 踊らせた, 躍らして, 軽々と背負っ, 軽蔑の, 辱しめ, 迎えること, 近所の, 迷わしたか, 追いまわすこと, 追い廻して, 追っかけまわし, 追って田舎, 追ふ, 退治し, 逃さねえよう, 逢は, 連れた野辺, 連れ出しは, 連れ込んだもの, 過ぎた感じ, 遠くに, 選び新聞, 避けて, 酔わして, 野獣を, 釣らうと, 開いたメトロ, 阿母さん, 隠し持ったの, 雇ったはず, 離した, 露探, 順々に, 頭領に, 顧みなかつた, 食ひ, 飽くまで, 養わすほど, 馬鹿な, 騙すやう, 高め浄化

▼ 女~ (5864, 5.3%)

103 なって 78 して 52 向って 43 手を 37 しては 35 化けて 25 しても 21 對する 20 心を, 相違ない 19 会って, 似て, 生れて 18 惚れて 17 なつて, 對し, 違いない 16 なった, 言った 15 ちがいない, とつて 14 云った, 何か, 向かって, 向つて, 身を 13 なったの, なつた 11 なるの, 就いて, 自分の, 逢って 10 なること, 見えた, 言つた 9 なる, 夢中に, 眼を, 聞いて, 逢いに, 金を, 限って 8 会いに, 取っては, 惚れたり, 欺され, 気が, 渡した, 送られて, 酌を

7 [14件] なったり, なりました, なると, 何の, 出逢った, 取つて, 就て, 恋を, 捨てられて, 溺れて, 特有な, 礼を, 近づいて, 違ひない

6 [18件] しあれば, 与えて, 云つた, 亭主が, 仕立てて, 取って, 向ひ, 声を, 引っかかって, 懸想し, 未練を, 気を, 興味を, 見えて, 訊いた, 逢った, 酒を, 関係し

5 [20件] いった, うつつを, ございます, それを, なりきって, なろうと, 云って, 口を, 変装し, 心が, 心の, 恋した, 扮した, 教へる, 案内され, 用が, 目を, 逢うと, 逢ふ, 連れられて

4 [49件] あつて, ありがち, いって, かけて, されて, しようと, すたりは, ちが, ちょっかいを, なったと, なり, なりたい, むかって, むかつて, もう一度逢つて, 今まで, 会うと, 会った, 会ったの, 伴れられ, 別れて, 向いて, 向けて, 好かれるよう, 子を, 対って, 導かれて, 就いての, 惚れられて, 惚れると, 接近する, 最後の, 未練が, 比べると, 私を, 背中を, 見せて, 訊いて, 話しかけた, 誘惑された, 誰が, 迷って, 逃げられて, 逢うこと, 逢うの, 逢ったの, 道を, 違いなかった, 関係を

3 [115件] あっては, あてて, あの家, あり勝ち, きいて, きまって, くつつい, くらべれば, したよう, してはと, すること, せがまれて, それが, それは, そんなこと, なっては, なるという, なんの, ひっかかって, ひっかかるの, ひつか, むかっていう, もてて, サヨナラと, 一種の, 二人の, 二階へ, 亭主の, 代って, 会うこと, 会おうと, 似げ, 似ず, 何かの, 依って, 出会った, 出会った事, 初心な, 別な, 力を, 化けたの, 参って, 問うた, 圧倒され, 執着を, 多いの, 好かれて, 好かれようと, 好かれるの, 好かれるもの, 好かれる筈, 子供を, 尾い, 引かかって, 彼は, 惚れたの, 惚れる, 惚れること, 愛されて, 掛けては, 接すること, 接近した, 教えて, 文を, 欺された, 水を, 求められて, 注意し, 特有の, 生まれたこと, 生まれて, 用の, 目が, 眼が, 眼の, 示した, 素直に, 紹介した, 縁の, 罪を, 聞いた, 聞けば, 聲を, 自分が, 興味が, 袖を, 見せたり, 親しみを, 親切な, 言いました, 許されて, 話しかけて, 負けて, 贈物を, 跟い, 近づいた, 近づいては, 近寄って, 送る手紙, 逢いたいの, 逢ったという, 逢った時, 逢つた, 逢ひ, 逢ふと, 関係した, 関係の, 限りて, 非ず, 頼んで, 顔を, 養われて, 騙されて, 魂を, 麻酔を

2 [408件] あって, あっても, あなたは, あの死骸, あらず, あらねど, ありつくか, ありつくため, あり勝, あるの, いたるまで, いちども, いちゃ, いわれて, うつすこと, お客と, かえって, かかって, かかりあって, かかると, からかったり, からかって, からかわれて, きいた, くっついて, これだけの, こんなこと, ござります, さいなまれて, さへ, したやう, したり, しちゃあ, しろ男, すかれて, すぎない, すぎないの, すぎなかった, するため, そう言っ, それとなくもちかけた, だ, だつて, だまされて, だらしの, ちげえねえ, ちよつと, ついて, つかまって, つきて, どうしてあんな, どうしてこき使われ, どれだけの, なじみが, なったこと, なったもの, なったよう, なった時, なっちま, ならなければ, なりかかって, なりきつ, なりたいと, なりたいの, なりやがった, なり済まして, なるか, なるべき赤ん坊, なる時, のろい男, ばけて, ひきずられて, ひきつけられて, ひつかかり, ひどい目, ふさは, ぶつかった, まかせて, みえた, みえて, みつぐ程, みれんを, もう一度逢いたい, もて, もてること, もみま, やった手紙, やつて, よくある, よく似, サービスする, バラ撒く, 一と, 一人の, 三味線を, 不快な, 不自由は, 与えた, 与えられた一聯, 与えられて, 与え自分, 二人も, 二人以上を, 云いました, 云ふと, 人を, 今迄, 会いました, 会うの, 会わせて, 会釈を, 似たところ, 似たり, 何が, 何を, 佳麗多し, 例の, 入れ揚げて, 全てを, 共通な, 共通の, 冗談を, 冷たい理性, 出て, 出会ったもの, 出会って, 出来ること, 出逢ったの, 別れた, 別れたあと, 別れるといふ, 別れ際に, 到るまで, 制服を, 勝ちたい, 勧めた, 勧めて, 化けたんぢ, 化けるかと, 化して, 及び難い, 友の, 反り男, 反対します, 取られて, 取られる口惜し, 口も, 可愛がられて, 同じよう, 同情し, 同情を, 向い, 向うと, 向かい, 向けられたの, 向けられて, 向った, 向っても, 呼掛けられた, 喋って, 囁きかえした, 多い, 多少の, 夢中で, 奪われて, 好かれそう, 好かれた, 好かれる素質, 好奇心を, 好意を, 嫌はれる, 子供が, 学問を, 安心さし, 安心を, 定まりし芸, 寝とられた女, 対した感情, 対すべきである, 尋ねた, 對應する, 就いては, 屈み男, 弁解し, 弄ばれて, 引ずられて, 引つか, 待ちぼけ, 心當り, 思いを, 思われて, 恋された, 恋して, 恋愛を, 悩まされて, 悪戯か, 惚れきれる男, 惚れたこと, 惚れたら男, 惚れた話, 惚れても, 惚れられても, 惚れられるの, 惚れるため, 惚れるの, 惚れるよう, 惚れる別れるふられる苦しむ嘆くそんな, 惚れる烏, 惚れ女, 惚れ込んで, 惻隠の, 愛を, 憎まれては, 懐の, 戯るる, 戯れたり, 戯れて, 戯れるとは, 手当も, 手渡ししない, 手渡した, 投げかけて, 投影され, 折角隠し, 抱きついたし, 押あげられる, 拒まれるという, 拳銃を, 持って, 持てました, 指を, 挨拶を, 捉まる, 捨てられた男, 掛り合, 接して, 接吻し, 接吻する, 支えられて, 支払わせて, 斬られたり, 時々課せられる, 暇を, 有り勝, 本心を, 欺される, 死を, 残って, 殺されました, 毒だ, 毒づかれこき使われ客たち, 比べて, 気をも, 求めて, 泣かれて, 注ぎ込んで, 渡して, 渡しながら, 渡す, 渡そうと, 満足できる, 溝へ, 溺れると, 溺れる仕事, 溺れ家, 漕がして, 無愛想だ, 熱くなっ, 物を, 特別の, 狎れない唯一, 現を, 甘いと, 甘いとでも, 甘いの, 甘えのは, 生れたこと, 生れたって, 生れたという, 生れながら, 生れ更, 生命を, 用事は, 男の, 町内を, 番頭は, 目くばせし, 相当の, 相手に, 相違なかっ, 知らした, 祈祷奉る, 神託ありし, 私の, 私は, 移って, 稼がせて, 突きあたりそう, 突き立てて, 突き飛ばされたの, 紹介し, 結婚を, 縄を, 美しく若いの, 美麗を, 耽って, 聞いたが, 聞く, 聞くの, 背を, 脆かった, 自分を, 舐められたの, 良いの, 艶書を, 苦しめられて, 苦笑され, 血を, 行き会った, 襲われて, 見えたん, 見えなかつた, 見えるから, 見えるとか, 見せた, 見せました, 見せること, 見て, 見どころが, 見られて, 見るよう, 見惚れて, 見覚えが, 親を, 親切に, 触れたこと, 触れる気, 言う, 言って, 訊くに, 訊けば, 訊ねた, 話して, 誕生する, 誘惑を, 読ませて, 謝し, 負けるとは, 貢ぐため, 貴方が, 費う, 贈る, 赦しを, 軽蔑された, 軽蔑される, 近づかうと, 近づくと, 近付きは, 返して, 返ると, 迷うて, 迷うと, 追ひつ, 追われて, 送る歌, 逃げられた時, 途を, 通って, 逢いました, 逢う, 逢うた, 逢うため, 逢ったこと, 逢へる, 逢わせて, 遇って, 過ぎないの, 過ぎなかった, 違ない, 違ひ, 金轡を, 釣られて, 関係は, 関心を, 關し, 關する, 關係する, 限ったこと, 限つて色が, 限ると, 限るという, 隠し売女, 離縁状は, 頷いた, 頼まれて, 飛びか, 飛びかかって, 食券を, 飢えて, 飢え渇いて, 飽きが, 飽きて, 養わせること, 首ったけの, 馬鹿に, 馴染が, 髣髴の, 髪を

1 [3282件 抜粋] ああも, あう路, あこがれて, あづけ, あの花, あまいこと, あやつられて, あらで, あるか, あるという, あればとて, あんまり見かけない捲, いじめられながら, いつかむくい, いやがられたが, いわれた時, うやうやしくあいさつ, おくり物, おばさんを, おもわれて, お前の, お渡し, お逢いだった, かう云, かかりあったとき, かかわって, かけたら煮ても, かじりついた, かぶせるよう, からかってなんか, からむという, きくと, きょろきょろ見られ, ぐっと体, こう云われ, こだはるこ, この上, この山, こまかく話した, こんなひと, こんな種類, ござりまする, さした, させたかと, さわったからだ, しがみつかれて, したらやっぱり, してからが, しようかと, しろ吉川, しろ第, すが, すぎねえじゃ, すてられれば, する源氏, ずるいの, せよ影, せんを, そう大事, そこらを, そっと立ち寄っ, そのとき, その汁, そむき一しきり, そんな余力, たかっても, ただ遠方, たまたまの, だまされない様, ちやほやされ, ちょっと用足し, つかれて, つづいた深い永い, つれられた若い, とってた, とらわれた, とれば, どうしても來, どう反抗, どれ程, どんな関係, なったか, なっただろう, なったら急, なった女王, なつたり, ならず, ならないうち, ならねば, なりかかる年頃, なりきつて, なりたくないのよ, なり下ろうとも, なり果てる, なるだろうその, なるでしょう, なるまい, なるん, なる気, なれよ, なれるという, なろうという, のしの, のみ負わされて, はしらうなどと, はね旦那, ひかされるの, ひつかかる, ひッ, ふさわしくない, ふられるくらい, ぶつかりますと, へばり附かれて, ほれられるかと, まかれた彼, また逢う, まれ立あ, みつめられたとき, むかふとき, もう一度意識, もてたこと, もてへんの, もてるなんて, もとめては, やすたりは, やりますから, ゆきあへば, よくかう, よく言っ, よりて, ろくな小説, アハビを, イヤ味は, ケチを, ツギこんだ, フツフツ用は, ルーズであった, 一人でも, 一度も, 一目あっ, 一顧を, 三年作らせ, 上下四人を, 不似合, 不自由が, 不調法の, 与えた新鮮, 与えるため, 世話され, 予期し, 二十四歳の, 云いよる糸口, 云ひ寄る, 交つて後で, 仇名を, 仕て, 仕立てようと, 代つた, 任せるの, 会いたい思い, 会うたの, 会えないの, 会ったその, 会っても, 会ひたい思ひ, 会釈し, 似ず常に, 似た女, 似合はずが, 似合わぬ根強, 何とか云っ, 何処かに, 作って, 使用権が, 係り合って, 信じさせて, 値ひし, 傾くのみ, 優って, 克く, 共通だった, 内密で, 冬には, 凝る奴, 出させた折り素人客, 出っくわして, 出合って, 出来るわけ, 出逢ったこと, 出齒, 分る筈, 別れると, 別人の, 前後四五回会った, 助けられながら, 勝手な, 勵まされ, 化けたかつたらしい紅, 化けた光子, 化けられるだろうが, 化ける手, 化する, 半分やっ, 去られて, 反感を, 取っ憑かれて, 取り兄さん, 取卷かれて, 口移しを, 可愛がられる顔立, 合図を, 同意し, 名誉の, 向かい声, 向ける古い, 向つて徒ら, 吸い付かれたら山蛭, 告げる, 呼びとめられたり, 命じた, 品物の, 問おうと, 善良な, 嘘, 四人, 埋蔵され, 堀田原の, 売りました酒宴, 変な, 変貌し, 多しと, 大切な, 天性その, 失恋の, 契ると, 女が, 好かれたいなどという, 好かれない, 好かれるだろうと, 好かれるわけ, 好かれ相, 委せて, 婚礼の, 嫌われて, 嬉しかった, 子供迄, 宛てて, 容赦なく, 寄り掛りながら, 寫眞術を, 對した, 小指を, 就職しない, 嵌り親, 巧くまるめ込まれ, 帰ったよう, 常盤と, 店を, 弁解した, 引きずりひん廻される所以, 引っかかっちゃ, 引ツ懸けられ, 弱くて, 当りその, 彼女は, 御馳走するなら, 心安き者, 必要である, 忠義立てを, 思えた, 思はれるかも, 思われました, 思案の, 恋々と, 恋する, 恋ひこがれる, 恥じて, 悦びを, 悪戯を, 惚れきれないこと, 惚れた, 惚れた時, 惚れなかったもん, 惚れられたん, 惚れられるが, 惚れられる玉, 惚れるのに, 惚れ直したらう八, 想像された, 愛されたこと, 愛情を, 感謝された, 憎悪を, 憧れるという, 懸つて, 成つたので, 成り済まし男, 戯れ, 戯れる者, 戻ったよう, 手出しが, 手紙の, 打ち明けたの, 打明けて, 扮する場合, 投げつけるやう, 抱きつかれたこと, 抵抗する, 拘りなく, 持たせるの, 持てる顔, 振られたけ, 振られる悪, 捉えられて, 捧げ奉る, 捨てられる男, 掛り合った所, 接しない一種氷, 接する機会, 接近しよう, 握られて, 擦り寄って, 救いを, 教えられた改正道路, 敬礼を, 斬られるなんてさ, 於ては, 旅費を, 早足に, 書いて, 最も理解, 會ひ, 有り勝ちの, 服粧が, 未練未, 来られて, 柿を, 構わずに, 欺されよう, 正面から, 死ぬ気, 殴られたい方, 殺生な, 毒々しく見せた, 気がねし, 気取られたの, 永久に, 求める肉体的, 決って, 泥渦を, 注意深い眼, 洗われるたびごと, 深い恨み, 渇いた東, 渡すと, 溺れるとか, 無責任な, 熱くなる, 物思いを, 犬の, 独身生活者が, 現れて, 甘いこと, 甘えられるの, 生ませた子, 生みつけられたといふ, 生れたらよかっ, 生れた気の毒さ, 生れ出たる上, 生れ本名, 産れつい, 申しますと, 當て, 疑われた, 発見した, 目じりを, 直接の, 相談する, 眉毛を, 着するが, 知らすなと, 知れては, 社会的に, 祟れば, 移った, 突き当った, 立直らせまとも, 答へ, 紙と, 組みついて, 給仕を, 縋ろうと, 纏られ通した, 美人と, 老婆の, 聞いたの, 聞かすが, 聞こえるほどの, 肖たる, 育てたの, 脆い處さ, 臨まれると, 自分らの, 至って, 苟且ながら, 草鞋の, 行きあ, 行くに, 衣食を, 襟首を, 見えたの, 見えるの, 見かえるよう, 見せないやう, 見せられた不思議, 見つかって, 見られるから, 見入って, 見捨てられるか, 見立てて, 親しみが, 觀世縒の, 触れても, 言いつけて, 言い聞かせて, 言つてゐ, 言わしたらいい, 訊くと, 記したる, 訴える言葉, 話しかけられること, 話を, 誘なわれる, 誘惑の, 誤りし身, 課せられた不遇さ, 譲つた, 負かされるから, 負ける, 貢ぐ位, 買って, 質問を, 贈るの, 起こされたの, 身の上話を, 転身する, 辿りついたかの, 近い者, 近づかなかった, 近づくにつれ, 近づこうとして, 近寄つて, 返しますとね, 迷いだまかされ髪, 迷ったって, 迷つて親の, 追いだされて, 追い付こうと, 追ひ縋る, 逃げられたと, 途中まで, 通うよう, 逢いたくて, 逢い前, 逢う気, 逢ったが, 逢ったん, 逢つたのは, 逢ひたい, 逢初たる比故に, 連関し, 遊びとしての, 道具以上の, 違ひなかつた, 適したほど, 遭遇し, 還つて, 配すべしとて, 金で, 釣られ来りて, 間違いが, 関係しない, 附いて, 限ったもの, 限つて最も, 限りいいつけられる, 限るところ, 随分唇, 霊魂の, 靴の, 預ける事是, 頼むには, 食いつかれたという, 飢えた狼, 飼われること, 飽き飽きし女, 香水を, 駈落ちを, 髭が, 魅込まれたで

▼ 女~ (3276, 3.0%)

116 一緒に 37 いっしょに 33 結婚し 32 云うもの 21 二人で 20 云ふ, 結婚する 16 一しょに, 別れて, 思って, 男と 15 並んで, 言ふ, 話を 14 夫婦に, 手を, 関係し 13 いえば, 女の 12 同棲し, 男の 11 一人の, 云うの, 云えば, 云ふも, 別れること 10 遊んで, 顔を 9 なって, 口を, 生れて, 結婚した, 見れば, 違って 8 子供の 7 すれちが, 一所に, 二人の, 同棲した, 子供が, 男が, 男とが, 目を, 連れ立って, 関係した

6 [17件] いっても, して, すれば, なった, なつて, 一しよ, 同じこと, 同棲する, 同様に, 壮い, 寝て, 影, 歩いて, 肩を, 自分の, 見えて, 話して

5 云へば, 同じやう, 同じよう, 男は, 私は, 見ると, 酒と, 関係を

4 [30件] あの女, いうと, いへば, その子供, ちがって, であった, なる, みて, 交渉を, 似通つた所, 侮って, 名の, 妙な, 子供との, 子供ばかり, 家を, 心中した, 思はれて, 恋に, 恋を, 来て, 男との, 自分とが, 視線が, 親しくなった, 言えば, 話すこと, 逢って, 酒が, 離れて

3 [54件] あなどって, いうので, いうものの, いうより, いうよりも, いって, おぼゆる, お思い, きては, その妹, ならんで, なると, むす子, わかると, ダンチョンとは, 一緒にな, 一緒には, 世帯を, 云う事, 今の, 仕事の, 児の, 入りまじりの, 別れた, 別れるの, 博奕で, 同一人, 女との, 子供と, 寝る, 思うて, 思わずに, 思召し, 懇ろに, 戯れること, 男, 男とは, 相談し, 立話を, 結婚すれ, 結婚の, 聞いて, 聞くと, 花, 若い男, 認めて, 赤い鳥, 逸作が, 酒との, 酒に, 酒を, 間違えられて, 顏を, 鶏娘とが

2 [202件] いうよりは, いえども, いちゃついて, いったって, いっては, いはず既に, いはず腰, いふと, お前は, かけて, くると, このへん, この二人, この土地, この屋敷, これからの, す, すこしも, すれちがった, その周囲, その夫, その女達, その弟, その男, それから, たった二人, だった, つい此の間, である, であること, どう云う, どこが, どちらを, どっちが, どんな深い, なす, なにやらなごや, なら, なるの, ふたりで, もう一人, よもやまの, わかつた, 一体どう違ふんだい, 一晩中歓楽に, 一直線に, 一緒だ, 三人きりである, 三人の, 三日も, 下女が, 不幸な, 並んだ時, 乳母は, 二人きりで, 二人きりに, 云うこと, 云うやつ, 云う女, 云う感じ, 云う者, 云って, 云っても, 交際する, 仲よくし, 住んで, 何か, 何を, 侮ると, 信じた時代, 僕とは, 出て, 刀の, 判りましたよ, 別れたこと, 別れる, 別れるくらいは, 別れる道徳的責任, 十三年も, 十五六の, 十四五の, 半日一緒に, 南蛮鋳物師の, 同じに, 同じ一室, 同じ女, 同じ運命, 同樣, 同行せられし, 同衾し, 同車した, 名古屋を, 向い合って, 向きあって, 呼ばれる彼女たち, 喬生を, 売春婦と, 外で, 夜逃げを, 大風呂敷包み, 夫婦の, 女が, 女と, 婚約を, 婢の, 婢女の, 子供とを, 寝たん, 寝るよう, 寢て, 対する限り如何, 対照し, 対等の, 小供, 山奥の, 差し向いに, 差向, 差向いに, 平気で, 平生通りの, 徳二郎は, 思いきや, 思っても, 思ってるの, 恁うし, 恐れる男, 戦争との, 戯れたり, 手代とも, 挨拶してる, 擦れ違った, 暮して, 東馬とを, 枕を, 格子戸の, 正式に, 死ぬこと, 死んだ夫, 母とが, 比べて, 永久に, 浪之, 温泉へ, 無理に, 無言の, 犬と, 生きようと, 申すの, 申すは, 申す婢女, 男だ, 男とを, 男を, 看護婦とが, 眼を, 知った上, 知っても, 知りながら, 知ると, 知合に, 知己に, 素人屋の, 結婚しよう, 結婚するなら, 結婚なさる, 署し, 老婆は, 老眼鏡を, 肉体的の, 背の, 腕を, 自分との, 自分を, 自動車, 見たの, 見る, 見ること, 親しくなっ, 親しみが, 言うの, 言ふも, 話が, 話しながら, 語る, 誰が, 賭博で, 賽ころに, 軽しめて, 連れに, 逸作は, 遊ぶとき, 道連に, 酒は, 金と, 金の, 関係が, 關係を, 雖も, 養父との, 駆落, 駈け落ち, 鶏娘と

1 [1761件 抜粋] ああし, あそんで, あって, あの吹き, あまい風付き, あるの, いいひとしく, いい地中, いい業平, いうては, いうに, いえるは, いきさつを, いっしょでございます, いったが, いつしよ, いひ夫, いふよりは, いふ者の, いること, いろんなこと, いわれても, おさげすみ, おなじこと, おぼしめしたるか, おまえは, おれと, お伝の, お前の, お医者, お思いなさいました, お角, かかわりを, かなり深い, きた日, きめる訳, こういう場合, こう順序, この変, この文鳥, こんな事, さげしみなさん, さし向い, さへ, したの, しちゃあ, しゃべって, し女, じゃれるなあ, すつぱり, するも, すれすれに, そうでない, その二人, その友人, その子供たち, その情夫, その母, その源女, その読者, その連, その関係, それから植木, それとなく別れる, そんなこと, たかが治療, ただ差向いで, だと, ちがう, ちぎりを, つきあって, つるみ高座, でかけないよ, です, どうして手, どこで, どんな話, なく男, なったの, なったわたし, なつた, なにか話し, ならば, なりおり愧, なりました, なり一年, なり果てて, なるよう, なれり七年, ねて, のって, ばくちと, ひそかに, ひと口に, ふざけながら, ふたりさみだれの, ぺったり顔, ほんとうの, まさしく三人, まだ小さな, まつたく言葉, みえる, みつ枝なかんずく, みる花火, もう死ぬ, ゆるされた故, よりほか, わかったじゃ, わかつたん, わかる姿, わかれ落着, われ等夫婦とは, イチヤイチヤする, キキイとの, スカートを, ズルズルベッタリの, ダンチョンとが, テーティデイダーミアと, フザケて, メシツブの, 一かたまり, 一つ家には, 一ツしよ, 一人は, 一寸気まずい, 一応の, 一生暮し, 一緒かい, 一緒でなけれ, 一緒の, 三人で, 三十近き, 上へ, 上手に, 世帶を, 並び坐すること, 中年の, 主膳とは, 乗り替える了簡, 乳母と, 事が, 二人が, 二人だ, 二人どちらも, 二人よれ, 二人新しい, 二人逢い, 二人集つて従来より, 二千円の, 二度結婚しよう, 二色しか, 云う, 云うものの, 云う原稿, 云う姉妹, 云う講談, 云つたつ, 云わずに, 云われると, 五匹の, 些細も, 交わらなん, 交歩が, 交際が, 人形とを, 人間らしい恋, 今彼の, 他に, 仙仙という, 仲が, 仲居とが, 会うたこと, 会って, 会ひ続け, 会話が, 伸子たちとを, 住んでを, 何ら択ぶ, 使い果たして, 侮ったの, 侮つてさやう, 侮りまして, 係り合ひ, 俳諧この, 倶に, 元結作りの, 先刻から, 入りまじって, 入れかわりて, 全然無縁, 六年も, 共同の, 共謀である, 冗談を, 凜, 出くは, 出会つてゐる, 出来たの, 出現し, 切るに, 切れるとき, 判ったが, 判断したい, 別れてから, 別れやう, 別れるわけ, 別れる時刻, 別れ健全, 刹那の, 前後し, 助け合う様, 化して, 十七か, 卓袱台で, 危く衝突り, 友との, 取引きした, 可笑い, 同じい, 同じぐらいな, 同じで, 同じカフェー, 同じ年配, 同じ穴, 同一の, 同志の, 同棲, 同棲生活を, 同種に, 名乗って, 向いあって, 向きあうよう, 向合, 呑んで, 呼ぶから, 命名した, 唐突に, 喋って, 噂の, 四年間暮しました, 因縁の, 坊やんの, 境遇は, 変って, 変りなく, 外に, 夙縁が, 夜ふけに, 夢の, 大野とが, 大阪の, 夫から, 夫婦約束でも, 奇妙な, 契れば, 女だ, 女は, 奴婢との, 妹の, 姙娠の, 娘は, 娶合せたいと, 婚姻し, 婦人論を, 嬰児を, 子どもの, 子供たちの, 子供で, 子供丈けに, 安彦氏の, 宮原とは, 家庭とを, 寄り添つて, 寝そべつて, 寝たのに, 寢ね, 寸分違わぬ, 将棋とは, 小さな小, 小梅のを, 小野の, 少年武士, 山西が, 島田の, 巫山戯なども, 差向いで, 己との, 席を, 年よりの, 幾ん, 座頭の, 当時の, 彼女とを, 往来し, 御同伴, 心中しそこなった, 心中を, 忽ち結婚, 思うが, 思うなよ, 思えない早, 思った, 思っちゃ, 思つて油斷を, 思はず自分さ, 思ひこんで, 思わず顔, 思われたいなぞ, 思われ宮, 性欲とに関する, 怪しい赤児, 怪訝な, 恋とを, 恋愛が, 悪ん, 情事めいた, 情死を, 想ひも掛けない, 愛し合ったこと, 感じた験, 懇に, 我れ, 戯れる悪, 打って, 抱き合い暗い, 挨拶し, 掛り合っちゃ, 推尊し, 摺れちが, 敵対の, 断つてないからと, 旅を, 早瀬とだけが, 時の, 暗号した, 暮しながらも, 書いた, 最も因縁, 月白く, 木戸番の, 来たらもう, 松本と, 桟橋で, 棲み一大家族, 歓呼と, 武蔵は, 歴と, 死ぬ空想, 母さんとは, 毎晩泊つてた, 水入らずで, 汎称した, 決ったならお, 決まったぞ, 泣き続けた, 活動ぐらゐ見る, 浮気を, 涙とが, 添ふ, 澄子と, 為り非常, 無関係に, 煙草屋彦兵衛という, 爛れ合ったよう, 物かげで, 狂人の, 玲子さんとの, 生まれて, 生れたからには, 生れた大方, 生れる生きかわるわい, 生活したい, 申されたは, 申します, 申す女中, 男あり, 男とでは, 畑姉弟は, 異った, 病人は, 百姓を, 目つきの, 目黒駅で, 直接話す, 相対したるあり, 相見つる, 真夜中の, 睦じさう, 知つた, 知られた上, 知り合いに, 知れた, 知ろうはず, 知遇った, 破戒の, 祝言し, 私との, 私生児だ, 称うる, 称するの, 竈の, 童女との, 竹越との, 籠を, 約束した, 細面の, 結付く, 結婚させよう, 結婚しろ, 結婚後の, 絶えず往来, 綺麗に, 美しい柄, 老婆とは, 考えわれわれ, 肉体の, 背中合わせに, 自分たちの, 自動電話で, 良い女, 良源院の, 若い紳士, 華奢な, 落合って, 藍色ようやく, 虎之助君とが, 行き会った, 表裏の, 見えその, 見えぬ, 見える, 見える点, 見え臀, 見たら取捉, 見たら鬼, 見られたくない世間体, 見るほう, 見極めを, 見立てての, 覚しき見目, 親しくな, 親しくなる, 親密に, 覺られた, 言うた, 言う奴, 言つた風に, 言へば, 詩という, 話したそう, 話し込んで, 認めねば, 語り臆病, 調子は, 議論し, 貴婦人の, 賜わった男, 走つて, 踊する, 踊りながら, 踏み躙られた黒人, 輪転椅子に, 近所の, 通じて, 逢いそめてから, 逢おう, 逢はう, 逢引を, 連立ったは, 遊び歩き帰隊, 遊ぶの, 遊ぶ時, 遊客, 運命を, 過去に, 道連れに, 違うか, 違ふ, 遥か彼方, 都合三人の, 酒とを, 醜い女, 鏡, 長生きという, 間違えられるぞ, 関係する, 闘った覚え, 關係し, 随分違う, 離れるの, 青年を, 面と, 顔見知りの, 食物を, 馬鈴薯の, 馴染み出した, 駈落ちしよう, 騒々しいの, 鳴く音, 鶴さんが

▼ 女~ (2289, 2.1%)

39 男も 25 あった, 子供も 24 ある 19 いた 17 いる 16 あれば 14 さすがに 11 自分の 10 男と 8 それに, どの女, ゐた 7 あるもの, 女だ 6 して, それを, 一緒に, 非常に 5 あつた, 一人や, 上の空に, 出て, 居る, 手を, 男の 4 あります, あるの, あるもん, そこに, 人間である, 何か, 笑って, 続いて, 酒も, 黙って

3 [31件] ありました, あり男, あると, いたが, いたの, いるもの, その一人, それは, つづいて, ない, なか, またこの, わたしを, ゐたが, ゐる, 一人の, 一様に, 今では, 今は, 口を, 同じよう, 子供さえも, 後の, 心得ながら, 男を, 眼を, 知って, 私を, 笑いながら, 自分を, 顔を

2 [127件] あったもの, ありますが, ありませんよ, あること, あるし, あるといふ, あるまいて, あろうに, いない, いなければ, いるが, いると, いるという, い老人, おなじ位, かつてこの, かなりの, きやしやな, こいつが, ここに, この仕事, さうし, しめやかな, そういう意味, そうだ, その年頃, それには, た, ついて, どんなつまらない, ないで, なかった, なく娘, まじって, またそれ, また救, もとの, やがてそれ, ゆうべ廊下で, よく知っ, チラリと, ボンヤリし, 一人として, 一緒か, 七平と, 七面鳥ほど, 亦こちら, 亦自分, 人なり, 人を, 人間だ, 今晩の, 仕度を, 以前の, 休んで, 佇んで, 何の, 働かなければ, 別の, 十五六に, 同じこと, 同じもの, 同じ労働, 同じ服装, 声を, 変りはてた相, 多過ぎた, 大切に, 大島の, 大賛成, 女で, 女です, 女なら, 好き酒も, 嫌いで, 子供まで, 居ります, 左の, 平等の, 幾人か, 彼の, 必ずそれ, 必要の, 恐らく炎々, 我知らず深い, 手ぶらで, 手酌で, 握り返した, 斬られたかと, 旦那に, 時折は, 村中の, 来て, 東京言葉を, 武家も, 毒婦, 泊りに, 泣くもの, 男に, 皆選ばれ, 知る筈, 私と, 私に, 私には, 私より, 笑つた, 簷下を, 経済的に, 老いたるも, 老人も, 老眼鏡を, 自分と, 若きも, 裸で, 襷がけで, 見えた, 見たが, 言った, 路行く, 逆上て, 逞しい躯つき, 随分の, 青年も, 頭巾を, 首を, 騙されて, 鶏娘も

1 [1605件 抜粋] ああいう, ああなると, あきれて, あなたに, あの女, あの通り, あやまった運命, あらうに, あり, ありましたが, あり女姿, あり老幼, あるから, あるせえ, あるだらう男, あるという, あるのに, あれほどに, あわれでなくなる時, あんまり景気, いかで疾く都, いくらかふるえ, いた老人, いって, いつのまにかまた, いないじゃ, いました, いよいよ足早, いらないといふ, いるし, いるだろう, いるはず, いれて, いろいろとおる, うち勝つ, うるさいね, おぢ, おなじ方角, おりました, おり老人, お互いに, お婆さんも, お腹を, お雪, かたき役, かぶる樣, きつい女, きらいで, くるめて, けさまでの, こうして淋しい, こちらが, こっちへ, ことごとく這入っ, この偶像, この女, この話, この騒ぎ, これには, こわかった, ごちゃごちゃに, さうだらうか, さうは, さも懐かし, しかし四十, しないこと, しばらく立っ, し恋, じっと伏せ, すぐさまそれ, すぐ静か, すっかり磯五, すつかり取, すべて幇匪と, ずいぶん狂っ, ずかずかと, そうして近い, そうらしい, そう答える, そのそば, そのコツプ, その噂, その妹, その山男, その文学, その生活, その約束, その言葉, その顔, それだけは, それ以上待つ, そツと, たくさんあったでしょう, ただシャツ一枚, たつた一度会, だくこと, ちょうどその, ちょっとめずらしい, ついそれ, つぎつぎにで, つまらないね, できるだけの, とうに学校, ともに侮り, どこかで, どの出入口, ないだらうそれにしても, ないもの, なかなか目鼻, なかろうと, なくなっただァ, なし今さら, なに泣面は, なんにも言わない, のんびりし, はしゃぐ絶頂, はっきりめいめい, ひっくるめた全, ひとしく日本人, ひょっとしたらこの, ふうなどは, ほしい, ほほと, まじえ子供, まじり一人, また, またそういった, また一人, また人間, また君, また小屋, また情味, また江口さん, また縋りつい, また鉤, まだほんとに小綺麗, まだ遠く, まっ裸, まるで小説中, みな同じ, みな梁に, みな黒い, みんなてめえと, みんな振り向い, みんな自分を, みんな馬の, もうたいてい満足, もう乗りかかった, もたない佐太郎, ものが, やがてどの, やっと気づいたらしく, やっぱり年, やはりひみつ, やはり岩殿, やはり水晶, やられるに, ゆっくりと, よくない, よく識, わずか九歳, ゐたし, ゐるの, ガス, キミを, コップ酒を, ストーン氏も, チラと, デモフォーンテに, ニッコリし, ブルブルと, メリンスの, ロクな, 一しょに, 一人二人は, 一層のびのびと, 一度は, 一所に, 一樣に, 一番新しい, 一般の, 七八人あり, 丈夫で暮さなく, 三位一体だ, 三四人まじっ, 三浦老人の, 下りたが, 不安な, 不義理が, 並み並みの, 中年以下では, 串戯らしく打消した, 主水も, 乘つてゐた, 争って, 二つ椅子を, 二三人雑って, 二人の, 二度と倉地, 云つたのは, 互の, 些か私, 交えた数人, 亦それ, 亦同性, 亦渠, 亦義雄, 人々は, 人間としての, 今が, 今に, 今度は, 仔猫も, 他の, 仰ざま, 伊緒も, 伸子の, 佐助の, 何と居, 何も, 何やらん, 何彼に, 例の, 俄かに, 俯向いた, 俺を, 偉ら, 働かねば, 僕が, 僕を, 優れた彫刻家, 光君も, 入れて, 全く考え, 六尺褌一つだつたさうです, 共に漕ぎ, 其までは, 再び一個, 冷静であり, 出たには, 出るし, 出来ずだれ, 出来るだけの, 別だ, 利害も, 前夜の, 勿論その, 区別が, 十月には, 半裸体, 却って遊女, 又神, 口々に, 口説かれぬという, 古い道, 召し捕られたん, 合併の, 同じだ, 同じである, 同じ屋, 同じ立場, 同一労働, 同時に破滅, 名代の, 君に, 呂木を, 哄と, 唯者では, 喜々と, 喫驚した, 四人の, 団扇を, 国民として, 堪えられるだけは, 売り子, 外に, 多かった, 多く交つて, 多夫, 夢を, 大そう, 大抵は, 大阪の, 失業者も, 女中の, 女房も, 好きだった, 好きな, 委細承知なし, 婦芸の, 子供までが, 存外落, 安っぽくなる, 実にひととおり, 客だ, 宮様を, 家を, 家庭婦人ぢや, 富士の, 寝衣, 対手に, 将校も, 小さな河豚, 少くない, 少しずつ, 少ないよ, 尼にな, 居るには, 工場に, 市十郎も, 平和の, 年寄も, 幽霊女だ, 廿と, 彦根藩の, 役人に, 彼も, 後から, 従ひ, 微妙に, 心で, 必要だ, 応答を, 怒った, 思い出された, 思っては, 急に, 恐らくは尋常, 悪女では, 悲しそう, 情を, 惡い, 愉快らし, 意気の, 愚かでない, 愛情の, 憎らしくなりました, 我が身には, 或る, 手伝いとして, 手提の, 承知し, 抗議し, 拾って, 持たぬよう, 振返った, 撃たれて, 敵の, 料理法を, 斯の, 旨げに, 明治時代の, 是を, 時々豚小屋, 時間に, 暫らく無言で, 最初は, 會つた, 望んでは, 本心から, 来た, 果して女学校, 柴折戸の, 根絶し, 案外古風, 様々な, 橘町に, 欲しけりゃア金, 正直者で, 歩きだしたが, 死ぬ百姓, 殺されては, 母として, 母親や, 気がつかなかった, 気の毒で, 気狂に, 江戸の, 決して悪い, 法心理学者の, 泳ぐよ, 活, 浅墓, 浸出性体質で, 混じって, 混雑に, 湯気の, 源氏と, 為すまま, 無事だった, 無意識に, 無言だった, 無雑作, 牛の, 物語の, 狂い獅子, 率直に, 珍らしい, 生れて, 田圃に, 男が, 男にとっては, 留ったまま, 疲れてるでしょうから, 病気に, 白酒を, 皆ひどく, 皆入る, 皆泪ぐんで, 皆陶工, 直ぐその, 相和す, 相手の, 眞實だ, 真個に, 真面目に, 着てを, 知ってるよ, 知らないので, 知らぬ者, 短刀を, 磯五に, 祭日の, 私をぞ, 空席は, 立ちどまっては, 立ちましたよ, 立ち停まって, 立って, 立上つて, 立花カツミ先生も, 第一次大戦, 等しく用いる, 精, 終である, 結婚する, 絶望と, 締むる人より, 羊の, 美しい気立て, 美しく中, 美麗な, 老爺も, 耳馴染みで, 肩を, 脚絆し, 自ら幸福の, 自分で, 自分より, 自制の, 自然自分自身の, 色には, 芸者も, 若いが, 若しかする, 草履は, 葵だ, 蛇も, 行けるん, 衣を, 裾野の, 見えなかった, 見える, 見た, 見て, 見様次第で, 言葉を, 詰らないと, 誘はれたやう, 調子を, 豪いもの, 貴婦人も, 買は, 走って, 踊らうとは, 踏みにじりなさい, 身共の, 身持では, 軒下に, 逃がすな, 這入つた, 通る小児, 道具かい, 遠のいて, 酒の, 醉つ, 野蛮な, 金を, 鏡も, 長椅子の, 集まって, 音を, 顏を, 顫へ, 飛びこんで, 餘ほど, 首筋だけ, 馬鹿に, 驚きまして, 黙す

▼ 女たち~ (2122, 1.9%)

25 の中 15 の間 14 の姿 12 の顔 11 の声 10 はその 9 が, であった, である, のほう, の一人, の手, は 8 が彼, と同じ, のこと, の生活 7 のなか, の前, の方, の群れ, はそれ, はまた, は皆 6 がいる, が出, の噂, の眼, の笑い声

5 [13件] には稀, のあいだ, のよう, の咄, はいずれ, は唯, は噂, は彼, は文字, は板屋, もおびえ, も唯, を起し

4 [22件] がそう, がその, がそれ, がまじる, が却, と一緒, のうち, のよく, の凝つ, の心情, の賑やか, の馳, はお, はかうした, はそこ, はもう, は何, は復, は悲鳴, は顔, もそれ, を諭し

3 [23件] がこ, がこの, といっしょ, と一しょ, に何, に言った, のもつ, の刈り, の嬌声, の話, の騒ぎ, はこの, はさすが, はそう, はまだ, はみんな, は今, は全く, ばかりで, もよく, も彼, も皆, をおびやかす

2 [129件] があらわれ, がかも, がけばけばしい, がそこ, がちょっと, がまた, がみんな, がもう, がよく, が三人五人, が二三人, が何人, が十人, が卓子, が客, が家, が幾人, が月湖, が白い, が皆, が眼, が立っ, が笑い, が裸, が見物, が頻, が食事, だ, だった, であるから, でそれ, ではあるまい, で三人, と同様, なの, に, にその, には歴史的さん, には気, にもて, にもわかり, に再び, に向かっ, に手, に比べ, の, のある, のいい, のいる, のそば, のひとり, の上, の入る, の墓地, の容貌, の局, の心, の悲鳴, の旅, の最も, の服装, の歌, の淫ら, の白い, の群, の血, の衣裳, の表情, の視線, の話し声, の足許, の顏, はいった, はここ, はしばしば, はすぐ, はちょっと, はどう, はどこ, はほとんど, は一人, は互に, は何者, は前, は呼ばれた, は変, は大笑い, は女たち, は客, は室, は巧み, は帰し, は彼女, は手持ちぶさた, は抱き合っ, は更に, は歌, は私, は箸, は聞く, は薬局, は袖, は言っ, は言った, は誰, は誰一人声, は誰一人聲, は身, は首, は黙っ, も, もあった, もこの, もさすが, も一生けん命, も全く, も出, も寝ついた, も散り散り, も新, や器物, を伴れこ, を内心, を相手, を自分, を自由, を見る, を診察, を集め

1 [1381件 抜粋] かあるいは, からさそいかけられた, からは大, からも一種, から出入り, から敬遠, から身, から頼まれる, があらわれる, がいいました, がいつの間にか, がうしろ, がお産, がかつて, がかわるがわる, がくす, がこさえ, がし, がすっかり, がずらりと, がそれぞれ, がつけ, がどうか, がなまめかしいはやし, がはしゃいだ, がひっ掻き合った, がふり向い, がまるで, がみな, がみんな揃つて, がもどっ, がようやく, がわが子, がアルバニア山地, がヂヤンヂヤン宣傳, がブランデイ, がランデヴー, が一月, が丁寧, が七八人位づつあつまつて橋, が主, が二人三人, が五色, が今, が仲間, が体, が作る, が全部, が六さん, が其処此処, が出入り, が反物, が右往左往, が呼び交わす, が地面, が堪らなくなった, が多勢あちこち, が大勢, が女神, が嬉々, が宮廷, が宿下り, が寒中川, が巡査, が廓, が後に, が忍ん, が悦ん, が戯れ, が押売, が揃い, が日曜日ごと, が月蝕, が植民地英語, が櫺子, が正面向き, が歩い, が気の毒そう, が注意, が温かい, が無数, が物売り, が特殊, が現れ, が用心棒, が疲れ, が盛装, が着, が示した, が立ち廻ったなら, が第, が簪, が終日, が羨ましく, が肌, が腕, が興奮, が菜, が藪落し, が行きずり, が裳, が見せ, が記憶, が話した, が貯炭場, が跪い, が踊り, が逃げる, が遊び, が重い, が鉢物, が集まっ, が風雨, が騒ぎ疲れる, この宿, さえここ, さえ何処, その足さき, だけの話題, だって, だって自分, だのちん, であること, でございますから, でさえ音, ですはだし, ではある, で囁き合った, で行く, で髪かたち, という逆説, とここ, とその, とだ, との密会, との関係, とは違う, ともまるで, とマルタン, と並ん, と共に生活, と司祭, と幾日, と最, と画架, と自分, と質, と隠れ遊び, などは本籍, ならまだ, にあずけ, におだてられ, にかすか, にけち, にされる, にせいぜい, についてひそひそ, にとっては大, にとっては門, にとつて, になる, にはおとなしく, にはたまらなかつた, にはドンドン, には彼女たち, には目, にふれ回った, にまかせ, にまで肘鉄砲, にもしいた, にも会う, にも初対面, にも陰惨, にやっ, によって次, によって育てられ, によつて, にフト思い, に云, に会う, に助力, に命じ, に喝采, に天草弁, に対しても些細, に対する憎悪, に幾たび, に彼女, に愛読, に打たせた, に排他的, に朝夕, に案内, に比べる, に潮干狩り, に秘か, に続い, に聞えよがし, に詰め寄つた, に話した, に貞節, に路, に通っ, に配った, に間食, ね, のいと, のうごき, のうしろ姿, のきもの, のこれ, のし, のたるんだ, のなまめかしい, のほつ, のみいる, のめんどう, のやかましい, のゆらめき, のスカート, の下敷き, の世界, の二, の仲間, の傍, の内職, の出, の力, の口, の合唱, の啜り泣き, の喚きたてる, の困り, の場面, の多く, の大勢, の威勢, の寄, の小, の巣窟, の幾人, の役目, の後, の心づかい, の怨み, の悲しい, の愛らしく, の手当て, の指, の数, の日記, の末路, の極度, の欠点, の気性, の永遠, の泳い, の涙, の狂宴, の玩び, の生涯, の皆, の相手, の眉, の神事, の立てる, の精力, の給仕, の罪, の肩越し, の舞台, の色, の色彩, の落書, の見, の誰, の跫音, の身体, の遠い, の長い, の雇い主, の頭, の風体, の香, の髪の毛, の黙った, はあらゆる, はいつ, はうらら, はおもわず, はかなり, はきゃあ, はこう, はこんなに, はしかし, はすでに, はすれちがっ, はそれぞれ, はたいてい, はちっとも, はつぎつぎに, はどうして, はどんな, はなぜ, はぱッ, はひとしく寂しい, はぼく, はまる, はみな, はみな玉藻, はみんな一筋縄, はもうこ, はやっぱり, はわれがち, はアブレがち, はオイオイ, はキーシュ, はシュミーズひとつ, はタイラント, はハンド, はブルバラネク, はヴエランダ, は一つ, は一册, は一番上, は三姫, は不幸中, は云い合わせた, は人道, は仰天, は何故, は元, は公休, は初めそれ, は医者, は卯月初めごろ, は取っ, は叫び, は哮り立った, は国学, は塗り, は夜叉みたい, は大声, は好奇, は妻戸, は嬉々, は宮, は家庭, は封筒, は小指, は工場, は常に, は幼き, は待っ, は必ず, は忌, は思いきっ, は恐し, は恐ろしい, は悲しい, は悲痛, は成子, は我慢, は手先, は接吻, は救われた, は早昼, は昨日, は時々, は村, は極度, は歌い出しました, は正面, は気, は氣, は求め, は法師丸, は泣き叫び, は流れる, は温和, は濡れた, は無理, は爆音, は玉, は畏怖, は畠, は病室, は皆彼, は皆草双紙, は目白不動, は眉, は祭, は立っ, は笑つた, は紺絣, は線路, は習慣, は腕, は自分等, は芝居, は落附, は行っ, は西洋人, は詰らない, は賑, は足, は辨當, は遠く, は金, は銘めい, は陰口, は隠花植物, は頭, は騒いだ, は黒い, ばかりの奥曲輪, ばかり家庭医, へお, への仁義, へも一族, までが, もあいそ, もいい, もいた, もこれ, もまた, もみな林之助, もみんな熱海, もクウフリン, も一度, も人目, も兵庫たち, も去つた, も口々, も大半, も子供たち, も実に, も帰った, も心得てる, も手甲脚絆, も晴れ, も男たち, も矢張, も糸川, も膳, も親, も起きだし, も集っ, も黙っ, やシナ帝国, や尼さん, や幼い, や店, や無神経, や雑用宿, よとオレ, よりは親しく, よりも高い, をあ, をうっとり, をおもちゃ, をご, をつかまへ, をなか, をひきつけ, をむり, をもおおきに, をわざと, を一人一人ギンミ, を不当, を何とも, を傷つけ, を刀, を厳重, を哀れ, を奥, を尻目, を床几, を思いだそう, を押分け, を擧げ, を暗い, を歯がゆ, を片っ端, を眺めなおした, を秘密, を窘め, を羨ましく, を褒め, を見つめ, を見まわした, を見捨て, を見送る, を跳ねのけ跳ねのけ進ん, を追, を逃がし, を道場, を顧み, を魅了, 見るに

▼ 女~ (1696, 1.5%)

6154 と思っ 5242 ということ 3525 と思った 22 と思う 20 から 17 なあ 16 と云 14 ぜ, といふ, と云う, と思つて, もの 13 とお 9 からね, そうだ, つたと, つたのです, と思, と思い, わ 8 という 7 が, ぞ, と, といっ, と信じ 6 からな, そうです, という事, と思います, と私, 女だ 5 がその, そうで, つたから, つたのだ, と言っ

4 [16件] あの女, からそんな, からである, から何, から男, がお, という評判, とはどうしても, とは思, と分る, と思いました, と言, なア, ねえ, のう, ッ

3 [24件] かよく, からこそ夫, からで, からといっ, からまさか, から女, から少し, から私, から馬鹿, かわからない, か知らない, つたのさ, というん, とそれ, と云っ, と思われ, と思われる, なと思っ, の, のと, のの, ものだ, もんだ, ツて

2 [89件] かちょっと, かどう, からあんな, からいい, からきっと, からこんな, からそんなに, からだ, からつて, からという, からとても, からどんな, からねアッハッハ, から友達, から困る, から子供, から是非, から朝霞, から自分, から誰, から遣らないだらう, か全然まだ, か分らない, か男, か見当, か解らない, がこれ, がさすが, がとにかくああ, がネ, が何, が信心, が吉田屋, が君, が娘, が昨夜, が男, が結婚, が首, しこんど, ぜ親分, つたお, つたの, つたのか, つた相です, て, といふ意味, とおっしゃる, としたら, とすぐもうわくわく, とする, とすれ, とは思った, とも思ふ, とわかる, と今, と僕, と思ったでしょう, と思ったら, と思ってる, と思つた, と思つて馬鹿, と思ひ, と思ふ, と思わず, と感じた, と母, と源氏, と申す, と知った, と知る, と考へた, と褒め, と覺, なと思った, なんてをかしい, のが, ものです, もんで, よ先生, よ八, よ八兄イ, よ君, わい, 三年この方目を, 上品で, 分に, 男では, 美い

1 [788件 抜粋] あそばせ言葉で, あの赤ん坊, あの身輕, いいから, いかにも得意, いつかの, いつの, え, おまえの, おまえは, おれは, お吉, か, かおわかり, かすっかり, かそれ, かそんな, かということ, かなにか, かもう, からあいつ, からあきらめ, からあらまし, からいけない, からお, からおおかた, からお前さんたち, からかへつて, からこう, からさ, からさすが, からすぐ, からそう, からそこ, からその, からそれ, からそれほど, からそれ位, からちゃんと, からってお前さん方, からって油断, からであらう, からであり, からでない, からというひけめ, からという僻み, からという型, からという言葉, からとつさ, からとてすぐ, からとて容赦, からとまでは答えた, からと云う, からどう, からどうか, からどうにも, からどんなに, からなにとぞ, からなんかと思い, からねえ, からのそれ, からのっ, からびくとも, からふっと, からめったに, からめつた, からやっき, からよく, からよ女同士, からアコーディオンみたい, からコワリョーフ少佐, から一, から一たん, から一層, から三次, から不, から二人, から云え, から亭主, から今度顏, から仔細, から何だか, から何より, から侍女, から俺, から僕, から其時, から別, から別段どう, から千代子, から友人, から取り次い, から口出し, から同じ, から向う, から堅気, から好い, から始末, から子, から家, から彼等, から後ろ, から思っ, から恋人, から戦闘, から手, から料理, から昔, から時, から本統, から此, から気, から浮気, から浮氣, から無理, から爲方, から独り, から猶, から男子, から病気, から祝儀, から秘密, から稻子さん, から腹, から草, から行けない, から見え, から話, から車掌, から輝国, から逆, から金, から面倒臭く, から駄目, から驚きます, かわからねえ, かわかりやしない, かを知らない, かを聞い, か二人, か今夜, か僕, か分らなくなる, か分りゃしない, か分別, か判らなかつた, か化け猫, か女装, か少年, か想像, か殺し, か知らねえ, か私, か等, か解らぬ, か解りゃしない, か顏, があの, がおんなじ, がこいつ, がこの, がと直感, がどう, がどこ, がね, がわたし, が一緒, が二三日前, が今日, が付き合っ, が切っ, が切つて揃, が妾, が実は, が客, が常, が心, が惜しい, が現われた, が生れ, が白粉, が精神, が自分, が舞台, が財産, が酔つて, が附き, が飛んだ, くらいに思っ, ぐらいと思っ, ぐらいはお前, けどもみのる, けれど, けれどそういう, けれどもうち, けれどもその, けれども仕方, けれど体操, けれど支那人, この子, この家, ごん, しあの, しきりやう, しそれに, しとやかに, し働く, し分ってる, ぜジェリー坊, ぜ己, そう悟る, それ担げ, そんな事, ただもう, だからいけない, ちとあと, ちの手が, つた, つたが, つたそうです, つたといふ, つたなら, つたのかも, つたのださうだ, つたのである, つた事が, つた大田, つていふ, つていわゆる, つてさうです, つてさうな, つてね, つてやはり, つて一人で, つて同じ, つて大変だ, つて岡つ, つて弱い, つて思ふ, つて書い, つて柔道を, つて男から, つて男だ, つて茶屋の, つて貴様の, つて雲雀の, つまり馬鹿, ての役, とあの, とあれ, というの, というオッパイ小僧, という予想, という人, という噂, という意味, という感じ, という気持, という見, という言葉, という話, という軽蔑, といった, といってる, といつた, といふ恨み, といふ意識, といふ評判, といふ證據, といられない, といわれる, とうっかり, とおもっ, とお節介, とかいう声, とかいう見世物, とかで久江, とかはなはだ, とかノラみたい, とか他人, とか博士, とか念頭, とか自家, とか首, とこの, ところが僕, としか僕, としか思つて, として他所, としとい, とすっかり, とそれ以上, とてやがて, とて自己, とでも思っ, ととんでも, となる, とはいえ, とは云, とは云わなかった, とは信じ得なかった, とは分った, とは夢にも, とは思いたくなかった, とは思いました, とは思えず, とは思っ, とは思ひ, とは思ひませんでした, とは思わなかった, とは気, とは考えた, とは言った, とばかり思いこん, ともいう, ともいはなかつた, とも信じ, とも思へる, とも銘酒屋女, と不安, と不幸, と云った, と云った如く, と云つたの, と云われ, と人, と他, と他人, と仰有っ, と何, と何故, と修道女たち, と俺, と冷かされ, と判った, と口, と吹聴, と吾儕, と女中, と始め, と幽か, と弁護, と心, と思いこみたい, と思いこむ, と思いだした, と思い込み, と思つた事, と思はず, と思はれた, と思わせた, と思わせられた, と思われたくなかった, と思われたらしく, と思召, と想像, と愛想, と拝んでる, と振向く, と正直, と歴世略伝, と気づい, と清岡, と照ちやん, と申したなら, と申し上げました, と登, と知, と知れ, と知れない, と知れる, と罵った, と義雄, と考えた, と考えたくなかった, と聞いた, と自分, と自分自身, と自負, と葉子, と見た, と見下ろし, と解釈, と言いました, と言う, と言ったでしょう, と言つたの, と言われた, と言われたら, と話した, と謙譲感, と賞め, と道助, と驚いた, どうやら自分, なあすごい, なあという, なあと思った, なあと親爺, なとおっしゃっ, なとおっしゃった, なとささやく, なとよく, なと半, なと心, なと思いました, なと木, なと気が付きました, などといわれる, などと評し, なんぞと思っ, なんてそんな, なんてほんとう, な乞食, な女, な成, な阿, ねえと言っ, ねやっぱり, ねエ, のに接触, のに無邪気, ひどい奴, まさしく女, まりの, まるで藝人, もう少し小さい, もとは, もの偽りを, もの好かれ, もの座を, もの私なりに, もの薄馬鹿に, もんお, もんな, よお, よしら, よやりかねない, よ今夜, よ僕, よ十九, よ藤川さん, わえ, わね, んべ, オヤオヤ武士の, ッた, ツたらう, ネ, 一度この, 久しぶりに, 二人とも, 二重人格か, 今度は, 位に, 何だか楔, 何を, 何者だろう, 侍女も, 俺の, 厚かましい奴, 喜助の, 嘘は, 売女だ, 多分花房探偵, 女だって, 女で, 女王様だ, 姫様だ, 娘だ, 屹度あの, 強請だ, 思うさま勝手, 性質は, 斯うい, 枇杷は, 柿村屋は, 正直そうで, 気象の, 淫婦め, 源女だ歌った, 物凄い幽霊, 當つて見る, 相である, 眼尻の, 空涙一つこぼす, 素敵な, 綺麗な, 繻絆を, 自分に対してだけは, 芝居者だけに, 若いぞ, 薄情だ, 親父が, 誰に, 赤シャツの, 運五郎, 遺言は, 露子だ, 飽までも

▼ 女~ (1483, 1.3%)

190 あつた 12 これは 9 あつて, あらう 8 年は 7 せう 6 ござります, それに, でも 5 あつたなら, あらうと, さへ, 二人の, 名は, 夫の, 私が 4 いつでも, いて, それも, ね, 以前は, 名を, 自分の, 身を, 非常に

3 [16件] あつたらしい, いえば, これも, さへも, それが, なくして, 一人は, 前の, 名前は, 女の, 年の, 彼が, 御座ります, 顔は, 髪は, 髪を

2 [81件] あつたの, あつたら, あらうか, あらせようと, あらねば, あんなに慾, いざと, いつ見, お秋, お茶を, げす, これまで, ござりまし, しかも校長, しよう, せうか, そうやっ, その上頭, その女, その妖艶, その濃, そんな事, ひどく叱り, ふだんから, むす子, よ, わたしが, ゐて, アパートの, 主人彦七の, 亭主が, 人も, 人を, 今は, 何も, 何を, 兄の, 先代の, 千人の, 口は, 問題を, 四十五六でも, 学問は, 容貌も, 小屋は, 小野山は, 少しも, 少し毛並, 居ながら, 巣鴨中に, 平べ, 平次も, 店中の, 彼の, 彼は, 待合の, 御座り, 愛嬌が, 昨夜見た, 有る事, 此奴が, 流行りもの, 淫奔名題の, 無い事, 男に, 男の, 男女二人の, 眉を, 着物は, 禊ぎに, 美しくも優しく, 美人の, 背が, 良い年増, 色も, 裸に, 身許に, 部屋の, 酒を, 頭が, 馬に

1 [949件 抜粋] あけすけで, あつたり, あつた相, あつて陽神専属, あの位, あの方, あまつさえもう大, あらうかといふ, あらうネル, あらう其言葉, あらう私, あられも, ありすぎるの, ある時, あんな巧み, あんな恐し, いいの, いうと, いくぶん警戒, いざとなつたら, いたって, いちど嫁に, いっさいの, いつみても, いとうございます, いやな, いりは, おきみと, おそらくここ, おなじやう, おまけの, おれは, お丸さん, お前さんお, お勝手の, お勝手を, お喜乃さん, お孃さん, お楽, お正さん, お母様の, お萬, お駒さん, かたまつ, かつては, かつてパリ, かのお, がしょう親分, げすが, こいつは, こせつくよう, ことばも, このごろことに, この不愉快, この人, この伊勢屋, この女, この寒い, この年頃, この時, この病院, ごくきれい, ござりまする, ごぜえました, ごはす, さあネ, さうし, さんざんあの, しかも一人旅, しかも初心者, しかも戯談, しかも高価, しようね, すっかりはまり込ん, すっさ, すらなかなか, すら馬, そういう, そうして楽天家, そうと, そう言え, そしてどう, そのうち, そのため, そのよう, その一派, その下, その夫人, その帽子, その後ろ, その日, その病的, その自白, その長女, その顔付き, それで, それは, たかツて, ただたんに, たとえ美人, だから戦争中, だんだん痩せこける, ちょっと見る, つとめを, つまらない洒落, つまり当代, とうとう私, とてもその, とても気味が悪く, どうしてこうも, どうするだろう, どうみ, な, なあ俺, なここ, なるほどしみ, なんにも面白い, ねよく, ね判り切った, はいけなく, はござりませぬ, はたらいて, ぴったり洋服, ほかに, ほかの, ほとんどまっ黒, ぼけた芒, またありふれた, まだ当人, まともの, まめ, みずから轎を, むやみに, めん, もう一人, もう行き詰まっ, もさが, もしかしたら, もっと多く金, やがて全然醉つて了つて, やすく親がかり, ゆくの, よく働く, よく言え, わが娘, わしが, わたしより, ウソが, エポニーヌに, サン・サクルマンという, タケオが, ドロシーダという, ナア何でも, バクレン者らしい崩れた, ピストルを, ミルクホールが, リモオジュから, 一人じゃ, 一人を, 一度嫁いだ, 一旦ほか, 一番上の, 一緒に, 丁寧な, 三ツに, 三十五六の, 三年ほど, 上西門院に, 下が, 不きりやう, 両腕, 中へ, 主人が, 久美子という, 乾いたよう, 事情は, 二三年の, 二十二三の, 二頭の, 五十そこ, 五十銭炭を, 五郎には, 京町堀小町と, 亭主は, 人気の, 仁三郎と, 今でも, 今まで, 今日の, 仏讃歎よりも, 他へ, 仰向いて, 伊三郎は, 伯母に, 何かの, 何となく固い, 何事に, 何子と, 余所行の, 例えば後妻, 例へば後妻, 侠気で, 信用の, 傍へ, 働き者らしい代り, 働く農民, 僕と, 元が, 充満する, 入墨者だ, 八人藝の, 八幡村に, 其境涯を, 典侍は, 典薬頭某の, 冷え震え, 出来る仕事, 初から, 初めから, 別段家柄, 則重の, 前に, 前申, 力も, 勝蔵の, 勤めるの, 十七歳の, 十六位から, 千や, 占領され, 厶います, 去年十二月の, 口喧ましい, 古くなった, 只娘, 召使の, 可憐で, 史実には, 吉原へ, 同時に婦, 同級生の, 名前を, 向柳原中, 品よく, 嘗て讃岐介, 器量相当に, 四十歳位のが, 四段の, 国へ, 地蔵尼といふ, 埋まって, 壮い, 売出せやしません, 多少ヒステリー, 大きい時代, 大しくじり, 大福に, 夫には, 夫婦喧嘩と, 奉公し, 奥様を, 女中としては, 好い器量, 好色の, 妻の, 姉が, 姓は, 子は, 孕んだ例, 安っぽい銘仙, 定五郎, 実に何者, 実意を, 宮中へ, 家の, 家事の, 容色よし, 寝惚けて, 小さい聲, 小さなまげ, 小柄で, 小説を, 少しでも, 少し病的, 少し貧乏疲れ, 尚ある, 尻ばかり, 山内氏を, 工場管理者の, 左右には, 左衛門の, 己を, 平べつ, 平田が, 年が, 年中人の, 年明きの, 幸次郎の, 幼な, 廃藩置県の, 廉子と, 引率してる, 弟子達の, 当時二十一歳で, 彼と, 彼女の, 後西院天皇, 御子も, 御用達の, 徳川秀忠の, 心意気も, 思い詰めたら随分, 急いで, 恒川房枝, 悪い便, 愼しみ, 我の, 戦時中も, 戸主と, 手には, 手當を, 打ち身だらけに, 抱え主の, 振姫, 探しやう, 政代の, 政治的活動を, 敵が, 文学の, 文言の, 斯かる, 日中に, 早く亡くなっ, 昔の, 昼の, 時々旦那, 時に十六歳, 晝の, 普通の, 曾ては, 有らば, 有る筈, 服装にも, 朝日の, 末造に, 松井の, 柄にも, 梶四郎兵衛が, 極めてデリケート, 様子も, 權六は, 次が, 武家らしい, 歳に, 残余は, 毎も, 気が, 気分的にも, 気弱な, 水商賣, 汚い盥, 決してよき, 沢山苦労, 洋服の, 浮いた噂, 滿足出來ない, 澤山苦勞も, 焚火には, 無いこと, 無くて, 父と, 片手に, 物を, 猪之, 玉葱の, 珊瑚を, 理由も, 生まれは, 生来あ, 用に, 男から, 男では, 男とばかり, 男の子だった, 男も, 男装した, 痛々しい感じ, 白い上着, 白っぽい単, 白無垢の, 目の, 盲目で, 直に硯箱, 眉も, 眼と, 眼に, 着て, 瞳を, 瞿曇仙人の, 石田と, 破れ鍋どころか, 祖母の, 神田の, 私に, 私は, 私を, 科学者である, 空つ, 竜子の, 笛の, 米の, 粗い縞, 紅葉さん漣さんという, 素晴らしい人, 細帯も, 紺飛白のう, 継子に対しても, 綺麗程, 線の, 總三郎と, 考えるほか, 肥満と, 肱に, 育てて, 能く, 腹の, 自分乍らぞっと, 自分自分の, 舅の, 良人に, 色の, 芥川が, 芸が, 若いよう, 若くって, 苦労し, 苦労する, 苫屋由良といふ, 茶屋上りとは, 菊京の, 蒼ざめたこめかみに紅梅色の, 蝦蟆の, 行くの, 裁縫も, 要するに踏切らせた, 見たところ, 見識の, 親が, 親類の, 角太郎を, 言えば, 誠におとなしやか, 誰の, 請け出す人, 買いぐい, 赤縞の, 赫と, 足袋を, 身の, 身体つき, 近ごろの, 近頃はやる, 通せずそれ, 通る坂屋, 酒屋の, 酔つ, 里子に, 金の, 金儲けする, 鉄心道人は, 鏡女王の, 長く奉公, 長年使っ, 間に合う家業, 関口屋の, 阪東しゅうかの, 雍糺の, 青木の, 静まること, 面倒だ, 頭髪は, 頻りにちやほやと, 額田王の, 顔中に, 顔立は, 願の, 風呂に, 食うは, 食う色男, 飾屋へ, 馬来半島に, 高島田に, 髪の, 髮の, 鳶色の, 黒いスラックス, 黒い眼, 黒ずくめ闇の, 黒と, 鼻下には

▼ 女~ (1091, 1.0%)

1511 の中 8 の間, は皆, は私 7 の口 6 が私, の前, の姿, の方 5 が, はその 4 であつ, と一緒, のため, のなか, の顔, はこの, は急, もこの, よ

3 [16件] だ, のやう, のよう, の一人, の悲鳴, の手, の指, の群, の話, の話声, はそれ, はもう, は何, は目, ばかりな, を相手

2 [75件] がずらりと, がその, がぞろぞろ, が一ぺん, が二三人, が五六人, が伯林, が去った, が同じ, が四五人, が声, が数十人生活, が来, が男, が裸, が集っ, が風呂, だろう, でござる, といふもの, とどこ, ともじき, にお茶屋, には後で, に何, に對, に私, のうち, のおしゃべり, のところ, のめざましい, の声, の姦しい, の実, の心, の手前, の手紙, の眼, の硬い, の笑, の笑い声, の笑声, の聲, の言葉, の身, の驚き, はいつも, はお, はそう, はまだ, はまるで, はみんな, はよく, はアスパラガス, は一ぺん, は一斉, は三人, は二人, は大, は実際, は彼, は悲鳴, は翌, は舟, は花, は誰, ばかりで, もやはり, も百人, も皆, よきみら, を笑, を繞, を見, を集め

1 [766件 抜粋] から, から代金, から受けた, から聞く, から蜜柑, から騒がれ, があいつ, があまり, がいかに, がお, がおもに, がこの, がせいいっぱい, がそこ, がそれ, がたかる, がたと, がてんでに, がどうも, がどの, がどんなに, がはい, がふっと, がふとした, がみな山, がみんな薄命, がもだえ苦しん, がよく, がわめい, がカフェー, がザル, がセルロイド, がワルツ, が三十人, が三四人入れ代り, が不思議, が不意, が並んだ, が主人, が伊代, が住ん, が作る, が傍, が先, が光君, が其の, が出, が卓, が喋る, が喋舌, が嗅煙草, が噛む, が坐っ, が多勢, が太い, が失, が好ん, が子供, が小さな, が小麦色, が左, が左門, が帰つて, が幾十人, が広い, が彼, が往来, が悲鳴, が慎ましく, が揃っ, が揃つて足, が昨夜, が是方, が歌い踊っ, が殆, が洗濯, が洗面器, が火鉢, が焚き, が疎開先, が皆, が皆んな, が眼, が知, が縁, が縛られ, が肩, が背景, が腰, が膳椀, が英国, が茶, が行く, が行儀, が見る, が詰めかけはじめ, が走り込ん, が蹲つて切り, が近く, が通り過ぎる, が過去スペイン, が都會, が鍬, が闇, が隠れ, が順々, が順番, こそ判らない, さすがに, そしてそれ, だけで, だけで長い, だつたん, だつて, だろう何, であり私, であるだけに, であるの, です, でもわけなく, で厚化粧, で姉妹仲間, とおはじき, とそれ, との話, との間, とは比べもの, とは違っ, とは違つた道, とふざけ, ともっと, と一所, と三人枕, と共に之, と出歩く, と子ども等, と寢, と山の手, と心安く, と殺された, と比べ, と知合, と腺病質, と雜談, なぞは一太刀, などはま, なら一目, に, にあんまり, にいろいろ, にからかわれ, にしっかり, にたすけられ, にちよ, にとつ, になっ, にはしない, にはもっと, にはフレンドシップ, には信じ, には子供, には知らん顔, には至極, には重大, にまた, にもひとつ宛, にもまた, にも自分, によって運命, に一言, に云った, に会, に伝える, に何やら, に出, に別れ, に同情, に向っ, に多少, に大きな, に対しては言葉つき, に対する世間, に往き, に循つて來, に愛想, に投げた, に持ち運ばれる, に指一本, に掛り合う, に政治, に朗読, に気づかれない, に混, に渡し, に点け, に見られなけれ, に言, に語, に賞め, に追い廻され, に送られ, に逢, に還っ, に限つて, の, のあられ, のおも, のお喋り, のこと, のさまざま, のする, のすゝ, のなまめかしい, のほう, のケチ, のプロフィル, の丁度, の下, の主人, の乗っ, の仕事, の住める, の体臭, の余り, の例, の動く, の半分, の叫び聲, の周圍, の囃す, の夜, の奥, の客引, の崇拝, の席, の後, の徳性, の心持, の手車, の持つ, の数, の明, の朝晩, の椅子, の欲望, の死んだ, の泣い, の泣く, の淫蕩, の物, の用, の白い, の目, の着ける, の着物, の禍, の禍ひよりルクレーチア, の笑聲, の籾, の繃帯, の纏, の艶, の花簪, の蔭, の薄着, の衣, の袂, の見た, の親しい, の言葉使, の話し声, の話聲, の足, の踊り, の身体つき, の車, の遊楽, の鉢卷姿, の面上, の頭文字, の食べ, の饒舌, の騷ぐの, はあの, はあはあ, はあらゆる, はあれこれ, はいずれ, はいまさら, はお世話さま, はかうし, はきっと, はきゃッ, はきれい, はこう, はこんなに, はさっき, はしきりに, はしずんだ, はしばらく, はすすめるけれ, はそうした, はそのまま, はそれぞれ子供, はただ, はためらっ, はついに, はどうして, はひそか, はふと, はみなそれぞれ, はみな眼, はみんな影, はもうきっと, はもうすっかり, はキャツキャツ, はジロリ, はハブ, はバラツ, はポスト, はワッハワッハ, は一人殘ら, は一度, は一畝, は一番, は下り, は不安, は並ん, は久しぶり, は二つ三つ, は互に, は亢奮, は伊万里赤絵町, は休んださう, は何時, は傍, は初め, は利巧, は却って, は口, は口ぐち, は向う, は咽喉, は土塊, は声, は多かれ少なかれ, は多く, は夢, は大概鉄漿, は奥, は女達, は寄り添う, は寝, は居たたまれなくなっ, は居酒屋, は席, は彼の世, は心, は必ず, は怪量, は悪い, は愚か, は我々, は数百人, は昨夜, は暗く, は最初, は期せずし, は柔和, は梯子, は次の間, は歌, は死, は母さん達, は毎朝綺麗, は沢山, は河, は泣いた, は浮気, は湯殿, は無理, は生き返った, は由, は申しわけ, は疲労, は皆それぞれ, は皆んな知つて, は皆素性, は相当, は眉, は瞬間技師, は石狩川, は私娼, は立, は立花屋, は竹槍, は綺麗, は美くし, は肌, は肩, は自分, は自分達同士, は茶, は蛇皮線, は衣, は覗い, は言, は車, は辨當, は逃出そう, は遠慮, は野々宮, は雀, は雨, は霧笛, は顏, は顔, は飛びのきざまに, は食欲, は馬鹿, は魚料理, は黙っ, へお, へのみせしめ, また往還, までがこの, まで出, まで現れ, もある, もいずれ, もいる, もお, もせいぜい, もそれぞれ, もだまっ, もふん, もみな, ももう, もコソコソ, も一味, も不思議さうに, も今日変, も出, も各々, も増員, も大凡何様, も大変, も少く, も彼, も恟々, も手, も気の毒, も沈黙, も男達, も瞋恚, も知らなけれ, も近所, も逃げかけやした, も鏡台, も雀, やあの, やその, や小さい, や河原, や空しく, や陰口, よりもかうした, よりもわたし, よりも目立っ, よ神秘, わかれた後, をいぶかり, をその, を一人一人物色, を不思議さうに, を促し, を助け出す, を十重二十重, を呼んだ, を守らね, を引っ張りこん, を従え, を必死, を悼んだ, を愛し, を戒め, を指圖, を捕まえ, を残し, を泳がせた, を満載, を無愛想, を睨み返, を睨み返し, を美しく, を舟, を見まわし, を見る, を見舞つて, を載せ

▼ 女には~ (934, 0.8%)

9 女の 8 手を, 相違ない 6 それが 4 ちがいない, ほかに, よくあり, 何か, 妙に, 違いない

3 [14件] ああいう, 亭主が, 全く用, 少しも, 気を, 珍らしい, 用は, 男の, 相違ありません, 眼も, 眼を, 罪は, 自分の, 飽きて

2 [44件] あまいよう, あるの, いい女, お前まだ, この上, これは, こんな傾向, その障壁, それは, なんの, もてませんね, よくある, よくわかります, 一つの, 一目も, 不似合, 不思議な, 与え得べからざるもの, 何んとも, 受けが, 因果を, 学問を, 弱い方, 敵わ, 是非この, 珍しく頭, 珍らしく, 生れたくないな, 生れ故郷の, 生理的に, 男を, 皆好かれたがる, 目を, 眼が, 確かに, 社会的の, 私の, 色も, 見覚えが, 違げえ, 違ひありません, 霊魂が, 顔の, 騷が

1 [749件 抜粋] ああ行きません, あっしは, あとにも, あの立派, あまいからな, あまり厳格, あらくれ過ぎた, ありがち, あるべき月のもの, あるまいと, いかにもち, いかにも心細かっ, いささか病的, いざという, いっそう子供, いっそこれからの, いつまでも, いろいろと, いろいろわけ, いろいろ男, いわれるし, おかしく見える, おりゑ様, おれから, お化粧, お気を, かえって面白い, かかるうは, かないません, かなはん, かなりの, かなり好かれた, かなわねえ, からきし意気地, きかれた, きついところ, きまって犯罪者, こういう一面, こういう気の毒, こういう男, こちらから, この世の, この位, この猜疑, これが, これで, これより, これを, さうは, さして興味, しかし亭主, すぐに, すこしも聞こえないらしい, すっかり毒, ぜひも, そういうこと, そういう吉田, そういう眼付, そうする, そう感じられ, そのけ, そのこと, そのアト, その位, その女の子, その微, その戀, その日, それくらゐ, それだけでも, それで, それでもまだ, それほど遠い, それも, それ以上に, それ位の, それ自身で, そんなとき, そんな感情, そんな毒, そ言った, たいがい分る, たしかに左近, たしか絶命, たまらない業腹, たまらなく思われ, だらしが, ちかしい, ちやんと, つぎ, できない, できない多く, とてもかなわない, とても勝てない, とり立てて, とんと自信, どうして勝負, どうする, どうやらこの, どことなく諦らめ, ない, ないという, ながい時間私, なって, なりきれなかったの, なれない, なれませんかね, なんだって, ぬきや, ひとめ見た, ふさわしくない, ぶつかりたくないと, べつな, まけるもの, まさか好く, まざまざと, またそうした, また美人, まだハッキリと, まだ台所, まだ寿命, まだ我慢, まるで会わない, まるで年長, むしろ愉しい, めずらしい堅固, もうこれ, もうすっかりうんざりし, もう婿, もう眼, もちろん不平, もっとインテリジェント, もつたい, もとより何, やさしい摂津守, やさしい秀吉, やっぱりはた, やっぱり何かしら普通, やはり恋愛, よからぬ, よく分っ, よく分る, わからないさ, わからなかったが, わからん此題, わかるよう, わたくしは, われわれが, インテレクチュアルな, コゼットの, コンナ種類の, サイダアを, チェバーロフが, ハリアイという, ヒステリーという, モジモジし, 一向冷淡, 一寸変った, 一日一日が, 一段百二十歩ずつ, 一種ふしぎな, 一部分それとなく, 上さんで, 上品さが, 不自由を, 与えられて, 乳が, 乳呑児が, 事柄の, 二つの, 二十四五歳位からの, 云へ, 五分間も, 些細な, 亭主みたいな, 人いちばいお, 仕かた, 他に, 会いたくない, 会わなかったか, 似合わしい事, 似合わしからぬ容色, 似合わない至極, 何だかうすい, 何にか, 何にかしら, 何もかもが, 何もかもわかる, 何よりも, 何より一番, 何処か, 何喰は, 何處か, 余情が, 信用が, 俺自身で, 偶數, 僕は, 億劫な, 元来こういう, 先夫の, 児が, 全くかかり合い, 全く叶, 全然なかっ, 全然興味, 内々で, 内所の, 内證, 円髷の, 出来ない商売, 出来ない業, 出来る, 出来るはず, 分らないかも, 分らない男同志, 分相応, 初めから, 初心な, 判る, 別に, 別に男, 剣難の, 力が, 勝利の, 十六の, 半兵衞, 却ってむす, 却って魅力, 反感が, 口説き落されましたね, 古今集の, 可笑しかろう, 向かなかつた, 喘息という, 土壇場で, 堀川が, 堪えがたいこと, 大きな人道, 大人並, 夫も, 夫人も, 女でしょう, 女としての, 女らしくし, 女同士の, 好かるべき, 好かれたくは, 好かれないよう, 好かれまいが, 好かれますよ, 好まれ愚痴, 好もしいらしい, 好過ぎる, 如何にもこれ, 娘に, 婚家の, 嫌気が, 子供が, 守らさねば, 実の, 室内の, 家が, 寂しいこと, 寄りつけない評定所, 少しく荒らす, 尚変った, 巧者な, 巴葵山吹が, 幸せぬ, 幸福も, 底の, 弱い, 強烈なる, 強過ぎた, 当てはまるかも, 当りが, 彼が, 彼の, 彼是れ, 後妻嫉み, 徹頭徹尾わけ, 心を, 心痛の, 必ず二枚, 忌まれじ, 忘れること, 怖いところ, 怖い後ろ楯, 思いも, 思えた, 思われまいとして, 恋こそは, 悪い足, 悪相が, 悲しい凡夫, 悲哀なき, 情夫とか, 情夫の, 惚れられお金, 惚れられたいので, 惡夢で, 惡相が, 意外にも, 愛という, 愛嬌も, 愛嬌を, 愛想を, 懐しまれ, 懲りて, 懸想せざるべし, 戯談ひとつ言へ, 手も, 手紙を, 手荒だ, 投資として, 折々土人, 押えられて, 持てさ, 持參金道具類とも, 指一つ触れる, 指一本触れる, 振られ通したバルザック, 振向いても, 捨てられ女房, 支那人の, 放膽, 新らしい, 既に全く見る, 既往において, 明瞭り, 時に虐げられ, 普通と, 最も縁遠かっ, 最早こんな, 月のものが, 望まないで, 未だ古くさい, 本質的な, 根負けが, 棄てられ女房, 次の, 欲しいとは, 正式な, 正式の, 此上も, 歯という, 殊にこう云う, 殊に不品行, 母性の, 母親が, 毎々手, 毒が, 気に, 気に入るらしかつ, 気の毒な, 氣に, 氣附かず, 汲ませないと, 決して溺れない, 決して男, 洗いざらい言っ, 活字の, 渠の, 測り難い, 溜飮を, 滅多に, 潔癖な, 炊事は, 無いかの, 無愛想だ, 無数の, 無用の, 無関心な, 物を, 特別に, 独りで, 珍しい心, 珍しい明晰, 珍しい立派, 珍しい純粋, 珍しく緊, 珍しく緊つた顏立, 珍しく雄大, 珍らしくある, 理解する, 甘いあの, 生れたれども, 生れて, 生涯は, 用が, 男に, 男よりも, 男次第といふ, 疎まれたの, 病氣についても, 発火の, 皆ひとつの, 皆分る, 目が, 目も, 相手を, 相違ございません, 真実に, 眼の, 神人と, 神経が, 私が, 私には, 秘密の, 稀なる, 第一番, 第一自分, 簪ぐらい, 簪ぐらゐ買つてやらう, 精神的に, 紅も, 素敵な, 素晴らしい特長, 絶対に, 綺麗な, 美しいの, 義理が, 聞えなかったらしい振返って, 肺病の, 能く, 自分が, 舐められ通し, 舐められ通しぢ, 船場と, 良人以外にも, 若い血潮, 若さ, 苦しかった, 荒縄で, 落付たる, 虫が, 被虐の, 裏を, 見えたかも, 見えます, 見せないやう, 見られない妖冶, 見られぬ, 見向きも, 親切で, 親友という, 触れませんでした, 訊す, 訳が, 詩人が, 誇りと, 読書という, 誰でも, 誰にだって, 賽の目の, 赤く見え, 身に, 身の程を, 辛いの, 辛うございます, 逢いたくないな, 逢わない, 逢われないの, 遂に心, 違いありませんが, 違いなかった, 違無い, 適した感じ, 野暮氣が, 金は, 銀杏返, 銭一貫文与, 鍬を, 鏡で無けれ, 長いうち, 閉口だ, 阿難, 降参じゃ, 限らないで, 限りません, 除外例が, 随分こんな, 随分惚れる, 隠したい, 隠し男, 隱し, 非常な, 非常に, 面白いの, 鞄を, 飛んだ見せしめ, 食うこと, 飽きるほど, 香炉は, 駄目です, 騒がれる, 魅力な, 魅力を, 黒い着物

▼ 女という~ (618, 0.6%)

198 ものは 52 のは 35 ものの 34 ものを 21 ものが 14 のが 12 女が 9 やつは, 女を 8 ものに, 女の, 女は, 奴は, 者は 6 ことに 5 ことが, のを, ものには 4 ことを, ような 3 ものについて, ものも

2 [14件] のだろう, ので, ものだ, ものについては, ものはね, ものほど, ように, 事が, 側女を, 女だ, 字が, 字を, 意味である, 言葉が

1 [131件] いやしみが, きじが, ことさ, ことだった, ことで, ことであった, ことである, ことは, たのに, ところが, ところで, のも, ひと色で, ふうに, もっとひろく, ものこそ, ものさ, ものぜんぶの, もので, ものなし, ものに対して, ものに対してはね, ものに対するの, ものばかりを, ものへ, ものへの, ものや, ものをめぐって, ものをも, ものハ人にも, もの人間の, もの全体が, もの自身の, やつには, やつの, やつはね, ような見, 一字に, 一般の, 一身の, 中のの, 事に, 事を, 事実が, 二十歳を, 人には, 人種は, 割合な, 動物が, 動物だ, 動物は, 単純そうな, 古い掟, 名が, 名の, 名は, 名前であった, 声だけ, 女か, 女から, 女これが, 女です, 女なるほど, 女に, 女には, 女ほんとに, 女子お, 女子拙者必要必要でござる, 女客が, 女房が, 女男という, 奴十悪と, 娘が, 娘どう, 字, 字だけを, 字について, 定期便の, 実用一方の, 宿屋を, 小説を, 幽霊には, 性によって, 性の, 性を, 悪口が, 意味が, 意味で, 意味であっ, 感じが, 感じを, 文字に, 文字を, 方には, 気が, 点に, 点も, 物珍らし, 生きものに, 甲斐甲斐しい表現, 病菌の, 眼を, 称も, 立女形の, 符合が, 罪障の, 美しい娘, 考えかたや, 者の, 者を, 花粉に, 規準で, 観念と, 言葉だけ, 言葉によって, 言葉の, 言葉は, 言葉へ, 言葉を, 評判が, 評判を, 語を, 質で, 身, 身分にも, 造語の, 運命が, 関係の, 集合が, 響は, 題が

▼ 女では~ (554, 0.5%)

66 なかった 63 ない 25 ありません 22 ないか 20 ないの 18 あるが 16 ないと 13 ないが 10 なかつた, なくて 8 ないかと 6 ある, 無い 5 あったが, ないん 4 ありませんでした, あるまい, ございません, なかつたの, 無かった 3 あるまいよ, ないけれども, なくして, なくなって

2 [28件] あったけれど, あつた, ありますが, ありませんか, ありませんでしたが, ありませんよ, あるまいと, いけない, ございませぬ, ございませんから, ないから, ないけれど, ないつもり, ないという, ないに, ないはず, ないらしい, ないらしかった, ない男, なかつたで, なく, なくなったのよ, なく人間, なく私, 一生たった, 何の, 無いん, 無かつ

1 [173件] ありえない, ありましたけれど, ありませぬ, ありませんが, ありませんでした家中, ありませんと, ありませんのでな, ありません中央山脈, ありません背, ありもう, ありもしや, あり小うるさい, あるけれど, あるけれども, あるだろう, あるまいあの, あるまいか, あるまいかと, あるまいかな, あるまいから, あるまいがの, ある幾年幾月, あろうが, いけないと, いけないん, いけません, いつどんな, いやな, おれも, お婆さんだ, これも, ございますが, ございますまい, ございませぬし, ございませんお母様誤解, ござらぬ, すまして, できない女形, できない行き届いたサービス, とかくそこ, どんな凶器, どんな間違, ないある, ないあんまり, ないおれ, ないお前, ないかという, ないかなどと, ないかは, ないかも, ないくらいの, ないこと, ないこの, ないし, ないそのまま, ないぞといった, ないたしかに, ないだらうかと, ないだろうか, ないっ, ないであろう, ないでしょう, ないど, ないのよ, ないらしく, ないわい, ない其の, ない力, ない単に, ない四十, ない場合, ない感じ, ない憎いどころ, ない此方, ない積, ない筈, ない良人, ない藤吉, なかったであろう, なかったでしょう, なかったらしく, なかつたかと, なかつたから, なかつたが, なかつただらう, なかつたに, なかつたので, なかつたらうけれども, なかつた事, なかつた筈, なからう, なかろうか, なかろうはず, なくいつも, なくこの, なくその, なくただ, なくたった, なくって, なくつて, なくても, なくとも, なくな, なくなる, なくむしろ, なくもと, なくエドヴィナ伯爵夫人, なく一人, なく一種, なく仙界, なく冷酷, なく売子, なく男, なく背, なく見たところ, なく身装, なささうな, なさそう, なしどんな, なしに, なしよしんば, なしよしんばどうして, ねえ, ほんの二三人, やっぱり甘く, やつぱり, 一人っきりの, 一番ハイカラがった, 三人四人集めなけれ, 三宅やす子一人一五〇〇代, 不可能な働き, 丹羽フミエ石川タツ谷口マン井上トモ子, 二人きり, 二十貫の, 信用が, 却って妙子達, 原信子, 困ると, 大して成功, 太政大臣が, 失策る, 孕み女, 宣教師を, 容易な, 岡本かの子私きり, 巡査の, 年は, 幽霊を, 張合の, 彼女の, 御座いませぬ, 御座いません, 悪, 手を, 断じてありません, 旅が, 有りましたが, 有りましたけれど, 決してない, 無いか, 無いから, 無いが, 無いと, 無いという, 無いの, 無かったろうか, 無さ, 相当に, 綺羅子さん, 西川組之, 詰りませんね, 辛抱の, 食い足りないで

▼ 女でも~ (502, 0.5%)

9 男でも 7 ない 6 自分の 5 なかった, 何でも 4 ないの, なければ, よい, 子供でも, 救ふ 3 あって, 塚本が, 直接貴女に, 相手に

2 [25件] あるの, あるよう, あろうか, しっかりし, それが, そんな残酷, ないと, ないのに, ない人, なんでも, 何か, 出來, 口説きやれ随分, 子どもでも, 得物が, 感情上中途半端な, 時と, 殺したと, 真理でも, 結婚しない, 自分を, 自由に, 致したか, 花が, 見かけると

1 [388件] ああ云, あそこまで, あたくし, あったの, あったら身, あつたら, あつて, あのよう, あの事, あり, ありがたく思ひます, ありませんね, ありません近頃少し, あり得ますまい, あるか, あるかの, あるし, あるとじゃ, あるまい, あるまいし, あるまいに, あるやう, あるん, ある間敷, あれくらいの, あれば, あんな恥, いい, いいええ, いいん, いい女, いたらばなどと, いつの間にか側目, いといませぬゆえ, いるの, うっかり馬鹿, おじいさんの, おとなしくもらっ, おののき厭うの, およそ六呎, かまいま, こういう気, こうは, ここに, こしら, こしらえたら承知, ことの, こればかりは, これほど, これを, こんど禿にな, こんなところ, こんな不愉快, こんな面, ございませんからね, ごて, さすがに, さだめし悔い, さっぱりした, しますワ, する事, ずうずうしい奴, そうかと, そう思っ, そこは, そのこと, その仲間, その位, その境界, その女, その時心, それくらい, それぞれの, そんな好運, そんな所, そんな気持, そんな肥, たずねて, ただ黙っ, たとえば昨夜セキジュアル, だが, だましたかな, ちょっと思いきっ, ぢつ, つかまえて, できるという, できるの, です, とおるの, とかく耳, ないからな, ないくせ, ないけれど, ないのよ, ないはず, ないみたい, ないよ, ないらしかった, ないわけ, ないん, ない不思議, ない女, ない男, なかったらしい, なかつた, なかつたし, なかつたの, なかつたん, なかなかの, なからう, なかろう, なくすぐれた, なくて, なくなるの, なくほんとう, なく儒者ふう, なく百歳, なく陰気, なさそう, なしショップ, なし男, なるみの, ぬし, ひどいこと, ひよつとか, ひろい室, ふと自殺, ぼくら書生が, まさかネ, また見, まだしもしとやか, まともに, みるよう, みんなたった今, みんな一カ月に, めったに, もつて, ものに, もらう, やさしくじっと, やってきたの, やるん, よい何, よほどの, よもや口, わたくしの, アルジェリアの, アルヂェリヤの, チヨコレエトの, ヘレナに, 一と, 一ぺん綿貫に, 一人で, 一人のこらず, 一寸一卜位まで, 一度知ったら決っし, 一旦そこ, 一時は, 一晩ねる, 一生懸命勉め, 一緒に, 三間は, 中, 乃公が, 事情さえ, 二三年かかる, 二人か, 二日とは, 交つてゐる, 人である, 人でも, 人間でも, 人間次第そして, 今日まで, 俗に, 偉い方, 元はおぬ, 元服の, 先生に, 入れて, 兵隊に, 其頃は, 再びあんな, 冠でも, 処女や, 出口に, 出来たん, 出来て, 出来ること, 出来るわけ, 剣家の, 勾引し, 化粧しない, 十八歳から, 口説かうと, 只一人も, 可い, 可成, 合田の, 同じです, 同じよう, 同じ事, 周囲の, 呼ぶよう, 呼ぶらしく自身電話, 哀れを, 器量が, 夢中に, 大かた結婚と, 大抵矢張り僕なんかと, 大概一升飯を, 天秤棒を, 奥様か, 女という, 女に, 女の, 女郎には, 好いから, 好いわけ, 始めての, 婚期が, 子供にでも, 学問が, 宜い, 実の, 宮様だの, 容赦しなかった, 寝物語と, 小児でも, 小太刀か, 居ようもの, 山国の, 帯を, 年よりでも, 年寄でも, 幼い時分, 底なく, 弄ぶか, 引っとらえ, 引っ張り込んだらしいのよ, 引張りあげて, 引張るという, 引摺り込む, 彼が, 彼の, 彼女が, 待って, 待ってるん, 御座いません, 心が, 心に, 必死に, 慣れてれば, 戦の, 戸主の, 手がける事, 手に, 手を, 手慰みを, 手放すね, 手腕いっ, 抱いたつもり, 拵えたん, 捜し給, 探し当てて, 政治家と, 救う道, 斉田でも, 斯う, 早熟であった, 昔は, 時にはこれくら, 暴力に, 最早堪え難い, 月に, 来て, 来ぬと, 楢崎さんなんか, 楽に, 構は, 構わないそれ, 構わねえ髷, 樂に, 樂みたいといふ, 欲しければ, 此の, 武芸一と, 死んで, 死んでも, 気に入って, 決してお上, 油断が, 浅黒いの, 深夜の, 渡りも, 演説が, 瀟洒たる, 無い, 無かつ, 無さそう, 無一物の, 然樣お前等, 煙草屋の, 物を, 特別扱いな, 生かじり, 生きて, 生けっぷてえ奴, 生まれ故郷を, 男に, 男の, 登っちゃ, 登って, 登りますたい, 皆乗り, 皆大, 皆或, 真面目に, 着るよう, 矢っ, 矢張り女だ, 知って, 私にとっては, 絵図面でも, 總身に, 美しいお玉, 美しい人, 耳朶が, 胸を, 腹の, 自分が, 自分たちの, 自分では, 自分に, 良いもの, 芸妓でも, 芸者衆と, 若い盛り, 苦労を, 薙刀の, 行かないより, 行かれるの, 行けるには, 複雑です, 西洋の, 見つかったかい, 見つけだして, 見て, 見に, 見のがしっこないん, 見付かったならば, 見付け出しゃ一緒, 見張, 見張りの, 訪問客と, 誘拐か, 誰が, 謙遜の, 貴族階級の, 買いにでも, 貸端艇, 足が, 身体が, 躰は, 追っかけて, 逆様に, 通って, 造作なく, 連れて, 連合に, 遣り切れば, 適當な, 郷土の, 酒でも, 野菜を, 金剛杖が, 鎌倉の, 間男したら, 随分あんな, 隨分あんな, 雇ったのに, 非常に, 面白くない, 顔が, 飲める, 餘ほど, 魔の, 黒子は

▼ 女である~ (491, 0.4%)

33 ことを 25 ということ 20 ことが 18 ことは 8 ことも 7 といふこと 6 ために 5 ことに, のだ, 事を 4 ことの, と言, 自分の 3 か, かあるいは, かどう, ための, という, のか, ものの, 私は

2 [25件] かない, かのよう, かも知れない, からよる, からテツさん, から男, から自分, ことだけが, しるしを, というよう, といふ結論, とすれ, とのこと, と思い, と思う, と思っ, と思われる, にし, にせよ, のが, のは, のを, 事も, 故に, 自分を

1 [273件] あなたたちは, あれが, あんなの, お人好しの, お前に, かおとな, かがわからない, かそう, かということ, かといっ, かと我, かのやう, かは不完全, かは勿論, かもしれない, かもちろん, からいっそ, からお迎え, からこその, からこの, からそうして, からちがっ, からであった, からとかいふ, からとか物, からどこ, からひと筋縄, からま, からまず, から不測, から世間並, から人々, から刺戟, から在, から嫁小姑, から宗兵衛夫婦, から当人, から恰度君, から放, から新次郎, から東京, から母方, から癇癪, から細君, から背, から舞台, から藤子, から誘いかけた, から足, から身辺, から途中, かを知る, かを知れ, かを頭, か一度, か二等賞, か分らぬ, か分る, か商売人, か容子, か或は, か無い, か男, か知っ, か知らず, か知らぬ, がいし, がかうした, がこれ, がしっかり, がそれ, がため, がどこ, がべつに, がゆえに, がわたし, が一つ, が不思議, が侯景, が処女, が容貌, が当時, が心, が故, が故に, が植甚, が源氏, が舞台, が長年新富町, くらいは心得, けれどまた, けれどもこういう, けれど又, こと, ことこの, ことこれまでの, ことそして, ことだ, ことだけは, ことで, こととの, ことならびに, ことについて, ことやら, ことよ, ことをさえ, こと今井きよという, このごろ鏡を, このわたし, しかも当夜, し己, その借家主婆さん, それを, ためであった, ため昨年改易され, だけにいっそう, だけにその, だけに厭さ, だけに柿江, だけに自分, だけに自分自身, だけに變, だけ疲れかた, だけ私, とあの世, というところ, という事, という以上, という偶然, という単純, という唯一つ, という喜び, という噂, という意味, という意識, という目安, という相違, という者, という自ら, という自分, という自然, という面, といっ, といふだけで, といふ他, といや, とか, とし, としてあなた, とにかかわらず, とは思っ, ともいい, ともその, とも考へた, とも言い, とより, と云う, と云え, と云っ, と云われ, と作品, と信じき, と信ずる, と判っ, と夫人, と彼, と微笑, と思いたくなかった, と思え, と思った, と悟った, と推定, と断案, と深く, と牢固, と知っ, と確かめた, と考えた, と自覚, と見せかける, と言明, どころかむしろ, な, などと一途, に相違, に違い, のだらう, のだろう, のでこの, のでその, ので夫, のにこの, のにその, のにイワン, のに叱られる, のに女, のみならず, はずが, ゆえに, ように, よりも娘子, わたくしとて, アグネス, ジエィン・エアは, ナスターシャは, ラネフスカヤを, 上に, 事が, 事に, 事並びに, 人の, 代り着物も, 以上かれ, 以上この, 以上は, 以上ひと通りの, 以上妙に, 以上嫉妬も, 以上抗議は, 以上相手の, 以上誰でも, 伸子たちに, 伸子たちを, 伸子に, 伸子には, 伸子の, 伸子を, 其の女, 助太刀する, 吟味ち, 場合, 場合に, 場合には, 場合殊に, 夫人は, 女らしさ, 女子共産青年との, 女房の, 姉に, 姐御, 婆さんで, 婚約者です, 平凡な, 彼らは, 彼女には, 彼女の, 必要の, 新夫人, 早速頼ん, 明るいてきぱき, 時の, 母と, 民弥は, 湯原の, 父君に, 看護婦が, 私から, 私たちは, 私に, 私の, 私達には, 秋波を, 筆者が, 筆者は, 筈だった, 者の, 而も, 自分たちが, 自分に, 限りどんなに, 限りは, 須磨子の, 須美子の

▼ 女から~ (476, 0.4%)

6 男へ 5 女へと, 目を, 眼を 4 女へ, 金を 3 いえば, 手を, 男に, 身を

2 [34件] ばかに, もらいました, もらって, 一間ばかり, 云い聞かされて, 云う時, 享けた拒絶の, 何物をも, 別れて, 別れ話を, 取り上げて, 大名の, 大店の, 夫を, 女を, 子供まで, 宮廷の, 手紙が, 手紙を, 攻められる経験, 明日の, 来た手紙, 淫蕩を, 渡されて, 紫の, 聞いたこと, 聞いたの, 自分の, 見ると, 見れば, 誘惑された, 遠ざかって, 離れて, 顔を

1 [367件] あずかって, あの男, あまり立ち入った, あゝも, いくらかずつの, いくらかづ, いじめられる苦し, いつも馬鹿, いろいろの, うろ覺え, おッ母さん, お盞, お礼が, お礼に, お花頂戴頂戴, お貞さん, お辞儀を, お鯉, かくすそれ, かけられたエプロン, き, きいたこと, ききました一分始終, きた色, きれいに, くれた花環, こうまで, こう云われた, こう出られる, こう言われ, ここで, この不幸, この手紙, こんなに血, こんな態度, こんな気持, こんな見事, こんな調子, こんな風, さう云, さへ, せがまれて, そういう話, そうされる, その本代, その蚤, そむけた視線, それを, たくさん手紙が, ただ一時の, だと, だな, だまされて, だんだん愚か, ついにいちど, であった, であつ, であること, で色, どんな哀れ, どんな男, なの, のだ, ひったくられやすい, ふられること, へんに, ぺら, また小包, また歌, まんまと俺, むしり取り子供, ものを, ゆうべとけ, よいところ, よこしたので, よこした手紙, よこす手紙, わかればなし, わたくしは, イベットの, バレるの, ピストルを, ファンティーヌの, リア王の, 一と, 一人の, 一服一銭の, 一緒に, 七八人小児を, 三人の, 不当な, 不良老年と, 予期する, 二人置いた, 二百や, 京に, 仁木は, 仕立物を, 他に, 伝わって, 何か, 何かの, 何とか言っ, 何にか, 何の, 何を, 何代か, 侮蔑的な, 侮辱され, 侮辱せられた, 便りも, 俥に, 借りたんぢ, 偽の, 僕を, 先ず先, 先だ, 入るという, 出した文, 出たか, 出た一派, 出発し, 切り出された別れ話, 切り集めたの, 利潤を, 助けて, 助けを, 勧めたか, 包みを, 北海道へ, 十字架を, 十歩ばかり, 十言許り聞く, 半襟を, 卷き上げたもの, 取りもどしたのよ, 取り上げ自分, 取り戻さなければ, 取り扱われると, 取り残されあらゆる, 受けた自分, 受けて, 受けとったまま, 受ける屈辱, 受取った手紙, 受取った米友, 受取つて來た, 叫びかけられ, 可愛がっ, 可愛がられて, 合鍵を, 同情の, 吸い取られて, 吹く, 呉服代二百五十両を, 呼ばれた西洋人, 呼びかけられたこと, 呼出を, 品川四郎への, 品物で, 囲碁を, 塵を, 多く與, 夜中に, 夢にも予期, 奇妙な, 奪った箱, 奪つた箱, 女が, 女だけに, 女の, 女への, 好意を, 妬まれること, 妻は, 妻子の, 始まったこと, 始めて, 嫉妬半分の, 嬰児を, 存在を, 室内の, 少し離れ, 届いた時, 崇拝の, 己れ, 巻き上げた五十七フラン, 引出したの, 引導を, 強いられた, 弾き飛ばした, 彼の, 彼は, 彼を, 待合開業の, 得て, 御堂では, 必要と, 思わざる論理, 思われて, 急に, 恋歌を, 悪い病, 悲しい金, 惚れられたこと, 惚れられた覚え, 惚れられる亭主, 愁嘆の, 愛されたり, 愛憎尽かし, 感じる男, 成り上がった女, 手ひどい一撃, 手ひどい打撃, 手掛りは, 手紙か, 手紙などを, 手紙も, 投げる爆弾, 押しかけて, 持ち上ったこと, 指環を, 振向いて, 捨てられたまでの, 捨てられた本位田又八, 搾ろうと, 放たれたが, 救いを, 教は, 新聞を, 智恵子は, 智惠子は, 来たもの, 来たラヴ, 来た誘ひの, 来る, 来ること, 根こそぎ奪い取らなけれ, 極力逃れたかった, 橘之, 次々に, 毒殺されかけ, 気を, 水飼い料に, 油揚だの, 洟も, 活きた私語, 無理に, 無責任に, 片仮名の, 牢獄の, 玉の, 王子の, 甘く見られる, 生れかかって, 生れたと, 生れたもの, 生涯疎まれる, 生涯賤, 産れる, 申し出した, 男への, 異樣, 病気を, 発散する, 白紙の, 盆暮に, 直接に, 着物も, 知らず知らずおれ, 磯谷が, 稚拙な, 突然, 笑い掛けられたの, 筋の, 紅や, 絞ること, 綿服主義に, 締め殺して, 縁喜でも, 美しさ, 翻弄された, 聞いた通り, 聞いて, 聞かされた寂しいやさしい, 聞かされた時以来, 聞きました, 聞きましたが, 聞き得たすべて, 背負わせられた奴, 脂つ, 膝から, 自分が, 舅さんは, 船へ, 若さ, 薄情だ, 薄黄色, 薙力の, 裏切られると, 見たら実物以上, 見た男役, 見とれられた事, 覚えるだけに, 解放されなけれ, 言はれた, 言われて, 言伝つた手紙を, 訊きまた, 訴えられた, 話しかけた, 話しかけられて, 貢いだ金, 貰うの, 貰えば, 貰ったの, 貰ったもの, 貰った手切, 貰った手拭, 貰った病毒, 貰った眼, 貰つた赤ん坊だ, 買いたがるもの, 買ひたがる, 賞讃され続け, 起きろ起きろと, 躾けられた, 車夫に, 追い越されたその, 送った十円, 送って, 送られた長文, 逃げたいの, 逃げた經驗, 逃げて, 逃げ出されて, 逃げ出すなんて, 逃げ度くなった, 逃れた, 逃れたと, 遠ざかったよう, 遠ざかつて, 遠ざかりなさい, 都会の, 醒めること, 金が, 鋪道と, 隔れる, 離れなければ, 離れやう, 雲水僧の, 電話が, 電話ぐらい, 電話を, 音楽を, 預かって, 預って, 頼まれたん, 頼まれた手紙, 頼まれて, 頼んで, 顏を, 飛び離れ女, 飛去られた, 飼い殺しに, 騒がれるん, 騙されるとき

▼ 女です~ (452, 0.4%)

82462218 もの 1210 からね 8 から 75 って, の 4 からな, が, がね, ね親分, よ親分 3 かい, からこの, がこの, が何ん, が父親, な, よあなた

2 [17件] あなたは, からそれ, からとうとう, からどうか, からねエ, から見た, か男, がこんな, が一年, が感情, が昔, が白粉, しほんとにどうして, ぜ親分, のね, ものでも, わねえ

1 [162件] ああ口惜しい, かえ, かしら, からあなた, からあの, からあれ, からあんまり, からうまく, からお, からお婆さん, からこう, からこれ, からこんな, からさぞ, からずいぶん, からそこ, からそんな, からちっと, からどう, からどうして, からどんなに, からなあ全く, からなあ身, からなにひとつ, からねあの, からねえ, からねどう, からね腹, からね酔い, からふだん, からもしや, からやっぱり, からアノ一言, からバカ, から一旦, から人, から今, から何, から前, から勘辨, から取紛らす, から大いに, から嬉しい, から少し, から幾分, から惣次郎, から承知, から末永く, から水仕事, から沁, から油断, から猶, から私, から私共, から節廻し, から美しい, から自分, から蘆屋, から見る, から誰, から遊び, から過去, から道中, から針, か又, か親分, がある, がこれ, がそれでも, がそれにしても, がただ今, がどういう, がな, がなんだか, がなんと, がなんとなく, がねそいつ, がまだ, がよく, がわり, が世馴れた, が伜, が何, が出戻り, が四十五歳, が妹, が平次, が当時, が心掛, が心掛け, が斯ん, が独身者, が猛毒, が生, が確り, が花鳥, が顏立, けどお, けれどもわたし, けれど女, けれど忠実, こと, し, しこういう, し冬坡, し普通, ぜこの, ぜしかも, そしてあなた, その女, ぞ, という, といったの, ともさ, と大きい, と瞳, どうか, なあ, なア, ねあの, ねあれ, ねえ, ねお, ねとても, ね手切, ね江戸あたり, のあなた, のにあの, のにどうして, ばい, ものあァ, もの分け, もの口が, もの命までも, もの容易に, もの男の, もの私一人の, もの身請を, もん一緒, よあれ, よそれ, よそれで, よわたし, よアレ, よエリザヴェータ・ウォロベイ, よヘッ, よ美しい, よ藍微塵, よ黒雲五人男, わ小母さん, ネ, 今ここに, 兄が, 巡礼し, 彼女には, 愚かな, 斯うい, 最う貴方, 母は, 水にでも, 牢の, 縫物も

▼ 女~ (428, 0.4%)

25 子供の 19 子供は 18 男が 15 子供が 11 男の 10 子供に 8 子供や 5 子供たちは, 子供を 4 子供たちが, 子供では, 子供も, 男や 3 よつて, 子どもの, 子供ぢや, 子供には, 老人の

2 [16件] こどもらは, その夫, 子供じゃ, 子供でも, 小磯まで, 折れた針, 武家や, 水島の, 男を, 眼の, 童が, 老人や, 老婆たちと, 自分の, 萌黄の, 金沢の

1 [249件] いうて, いずこぞと, いふさうや, いふて, いろ, い女, うるさい田舎爺, おいらん衆が, お上り連, が顔, さかいな, さかい浪子はん, すべたには, その両親, その保護者, それと, それらが, ときどき湯, とき子という, なんかじゃ, なア, はしたない町, まあ一般, また他, また顔, むす子, もっと醜い, もの, ものいらいらする, よその, カフェーの, ディフィの, バクチの, ボア・ドュ・ブウロウニュを, ヤミ屋の, 一日中シェパードを, 一杯売り, 万河魚類すし吸物さ, 下駄ずれの, 中気病み, 丹波ごとき, 乃至は, 事業を, 以前大阪で, 仲居なども, 仲間が, 伊達男や, 伏見には, 何だかごちゃごちゃし, 修練女らは, 僧や, 兒たちの, 其保護者の, 労働者の, 労働者や, 動物試験の, 博奕では, 取巻きたちが, 取巻きの, 吾れ, 告訴や, 周囲の, 品川から, 商人の, 商人や, 増の, 売女であろう, 壺装束の, 外交官の, 夜鷹に, 大勢の, 大地や, 太つた仏頂面を, 夫の, 女の, 女を, 妹娘の, 婆さんばかり, 媒介業の, 子どもが, 子どもこれを, 子どもなどが, 子どもにも, 子どもまでを, 子供たちから, 子供たちに, 子供たちにも, 子供たちの, 子供たちまでも, 子供たちも, 子供だ, 子供だけの, 子供でなく, 子供と, 子供とかの, 子供などで, 子供にとって, 子供にとっては, 子供にも, 子供ばかり, 子供ばかりを, 子供まで, 子供らが, 子供らの, 子供乃至, 子供男達散歩し, 子供達が, 子供達の, 子供達を, 安お召, 家来たちが, 家畜など, 小供, 小僧の, 小児を, 小兒, 小女房ら数名, 小男は, 小関紀子という, 少年までが, 山桜, 年とった, 年取った男ども, 年寄は, 年寄ばかり, 年寄りにも, 年寄りの, 年寄りや, 幼い小児, 幼女が, 幼子を, 当世風の, 待合などが, 後家なぞに, 後家などに, 思いながら, 悪党の, 手代の, 探偵や, 教師や, 料理人まで, 新聞を, 日本の, 早く帰っ, 朱鷺色の, 板裏草履の, 桟敷番が, 歌妓などより, 母親が, 毛ぎらいばかりしている厭な, 水神へ, 水茶屋の, 洟垂らしの, 浦人の, 渠と共に, 溜めて, 牛を, 物語の, 犬の, 犯罪は, 田舎も, 男たちが, 男たちに, 男で, 男とかにたいしては, 男に, 男の子は, 男は, 男へ, 男まで, 男やは, 男衆それに, 男達と, 男達の, 男達ドッと, 町人の, 町人は, 畑の, 発狂する, 目ざとい婆さん, 眼が, 眼鏡の, 短衣, 秋の, 空の, 童は, 竪琴を, 紀州へ, 紺地の, 結婚し, 結婚を, 縫工女たちが, 老人に, 老人任せ, 老人子供たち, 老人達が, 老婆が, 老幼も, 老母なぞが, 耳の, 腰抜の, 良縁を, 色町の, 芸子が, 芸者じゃ, 芸者等と, 若いお, 若い男, 若衆の, 草刈童や, 菊や, 華奢な, 萩丸をも, 蔬菜静物と, 薬屋それに, 蚕飼の, 要介, 見たこと, 詩を, 詩人という, 貧乏人の, 賭博の, 足洗主膳に, 足軽の, 身の, 通りがかりの, 通りすがりの, 遊び場所などで, 酒に, 酒の, 酒は, 酒を, 酔どれの, 野々宮さんは, 野菜を, 銀三へは, 長い舌, 阿片や, 雛妓たちを, 霜降りの, 非人咎めなどが, 風流騎士の, 馬に関する, 骸骨の, 髪の, 髪を, 鬘の, 鶏娘が, 黒いから

▼ 女として~ (419, 0.4%)

11 自分の 5 人間として 3 作家として, 妻として, 生きて, 生れて, 自分を

2 [20件] あらわれて, のこるばっか, ロダンに, 人の, 人生に, 女の, 彼女は, 心置なく, 性的な, 成長し, 描いて, 描かれて, 死にとうございます, 生きること, 生き女, 神事に, 私は, 自身の, 遇する, 部将として

1 [348件] あげつらふ人, あなたから, あのお方, あの人, あまり大胆, あまり相手, ありがたくお, ある程度文学, いとおしく思わせる, うけ入れるこれ, うまれて, お嬢さんは, お延, かように, こういう時, この世で, この世の中, この世代, この人生, この西の丸, これまで, これまでに, これらの, さし向った, さまざまの, しかも古, すこし明るい, すなわち男, そういう対照的, そういう顔容, そういわず, そこへ, そして芸術家, そのお, その人, その女, その実感, その座, その心, その文章, ただ一つ, たっぷりさ, たっぷりと, つくづく同情, つまらぬもの, でなく描かれて, とき子の, どう生き, どんな, どんな努力, どんな幸福, なにか, ねたまれた, はた目にも, はねかえして, ひたすら成長, ひとにも, ひとの, ひろ子が, ふさわしくない, ほんとにど, ぼくの, また一人, また学問, また芸術家, まもるもの, まるきり正反対, めざめた眼, もう暫らく, もって, もっともノーマル, もっとも機微, やはり何, より先, より負担, より関心, わたしを, ゐただけで, ゐるの, ティピカルな, モスク, 一人一人が, 一枚の, 丈生き, 三十間堀の, 世間の, 中宮も, 五十過ぎ, 五色の, 人から, 人として, 人並に, 人間的な, 今日の, 今日を, 仕事人生に, 他人の, 伸びたい心, 伸子が, 伸子たちの, 伸子を, 何か, 何と, 何の, 何れが, 何年も, 作家としての, 価値の, 侮蔑された, 働いて, 優しい弱い女性, 充分燒, 全く偶然, 其話が, 出現した, 切ないよう, 初めて逢った, 刺戟を, 力の, 力限り鬪つた, 匂いの, 区別され, 十二時間労働を, 十分花咲き, 原始人の, 又一分の勤め, 又芸術家, 友として, 友達として, 取り扱, 取り扱われるん, 取るべき道, 受け取つたの, 同時に古い, 名高い人, 向上させた, 囃されても, 地方出の, 堪えられないよう, 堪え難い苦しい感情, 外見から, 多くの, 大きな不足, 大人たちの, 夫人の, 女が, 女王蜂であった, 妻は, 姙娠といふ, 姫君を, 婦人が, 媚びて, 媚びてゆくいはれはないのだ, 存在する, 学問の, 完全に, 完成しよう, 実に興味, 実感の, 宮中に, 家庭と, 宿の, 寝台の, 対立の, 尊ぶべき心持, 尊敬される, 小布施をも, 小町が, 少しも, 尤もらしい, 居ずまいを, 岸本の, 峻烈に, 常處女, 平生から, 幸せです, 幸である, 幸福な, 幸福に, 幸福を, 幸福至極だろう, 座敷に, 当座の, 当然の, 彼は, 彼女の, 彼女を, 往來に, 往来に, 心から, 心得て, 心持の, 心霊上の, 忙しい大晦日, 思い上って, 思い出すだけ, 思ったの, 恋めいた, 恐怖は, 恥しくない, 悲しかった, 惹くもの, 愛される素質, 愛する良人, 感じさせないと, 感じる母, 感服せず, 憎まれて, 憐れ深く, 成熟の, 成長させ, 我々の, 我慢の, 戦争中から, 戦時の, 手ずから機, 手づか, 才女の, 扱えなくなったの, 扱って, 扱はれる, 拾われてから, 持って, 描いた, 損失に, 教師としての, 新しいタイプ, 日本の, 映る代り, 普通に, 普通の, 暮して, 書かれて, 最も勇ましく, 最も恃むべきもの, 最低の, 最後の, 最早解雇, 最高の, 来て, 様々の, 此の, 死ねば, 母として, 母の, 求める確乎性, 深さ, 演出する, 無意識に, 無断に, 無礼呼ばわり, 物を, 現は, 現われたの, 甘くみ, 生かして, 生きられるの, 生きられるもの, 生きるため, 生きる一生, 生きる方法, 生きる道, 生れかわらせて, 生れ年, 生れ甲斐が, 生活し得る, 生長し, 男が, 男に対する, 男は, 発展させ, 発達する, 目ざまさない, 相当の, 真剣な, 真情吐露の, 眺めるの, 確りした, 示されて, 社会に, 社会における, 社会的な, 社会的に, 私に, 素子の, 細かな, 終るか, 経験し, 結婚についても, 置いて, 美しい位, 美しい出来, 美貌と, 考えさせられること, 考えさせられるし, 耐えて, 耐え難いこと, 耳に, 聞こえありし, 職場での, 育って, 育つて, 育てて, 育ててを, 育てられること, 背の, 胸に, 自ら覚めた, 自分が, 自分たちの, 自然発生に, 自省されるべき, 與へられたい, 舞台に, 花開かしたい, 苦しんだ, 苦しんだ様, 苦痛と, 表現し, 表現する, 見られた, 見ること, 見るよう, 見るん, 見れば, 見女, 見得, 見直すの, 見給, 視ようと, 視ること, 覚醒させる, 親類の, 許されるという, 許せる柄, 話に, 話は, 認める男女同権, 読むと, 身許を, 辛かった, 辱しめる, 過した一生, 都を, 階級の, 雇い入れたもの, 雇った女, 雇われて

▼ 女~ (390, 0.4%)

81 のだ 73 んだ 36 んです 25 のである 23 のです 17 のか 16 のよ 87 ので 6 のだろう 5 のであった, んだろう 4 のさ, のであろう, のでございます 3 のじゃ, のであらう

2 [13件] のかと, のだった, のだらう, のでその, ので日頃校長, のね, ものか, もんかい, んで, んでございます, んでしょう, ンか, ンだ

1 [44件] のかい, のかしら, のかしらと, のかねえ, のかも, のだつたら, のであけすけ, のでありました, のでいたずら, のでとても, のでなんとなく, ので云い込む, ので共稼ぎ, ので周圃, ので外, ので大変困惑, ので奥さん, ので御座います, ので或, ので手, ので独身者, ので自分, ので訳, ので長い, のに, のにお前, のにそんな, のにもかかわらず, のに何とか, のに何となく, のに反し, のに気, のを, の夫, んざあどの, んざそれ, んざ泥溝へ, んだらう, んでしたろう, んでまだ, んで出る, んテありゃ, んテウーイ女な, 彼奴は

▼ 女ども~ (375, 0.3%)

4 の中, はその 3 のふる, はそれ

2 [18件] がかへつて遠慮, がごろごろ, だってそんな, では気勢, とその, に騒がれる, のゲラ, の不安, の方, の耳, の首, はげたげた, はこの, はこんな大きな, は彼, は門, を相手, を笑

1 [325件] お神さん, か, からかれこれ, からちやほや, から二言め, から聞い, から金, があすこ, があそこ, がいかにも, がいらぬ, がおおよそ, がどう, がにわかに, がひっきりなしに, がヴェルサイユ, が主人, が乗りこん, が二, が云う, が云つた呪詛, が再び, が出, が出し, が力, が卑しい, が取持ち, が口, が口出し, が古び, が可愛, が台所, が右往左往, が向う, が呉絽, が唄っ, が嗚咽, が塵芥, が大勢, が彼女, が憐れん, が押しこめられ, が昔, が晒した, が普通, が朝, が本, が来る, が正午過ぎ, が毎日, が水筒, が申, が申しまする, が畏まる, が番, が登場, が皆, が知った, が私, が穀物, が続く, が肉, が自分, が若く, が落とし, が要, が見た, が見下ろし, が調子, が跋扈, が車, が集まっ, が集まる, が雪隠, が餅屋, が騒ぎ, じゃ, だけ, だってそう, だと, だなア, であった, でありますが, である, でなくつて, ではなんと, では力, で長い, とあぢきなく, といい知れぬ, といえ, とかり, とはもう, とは比べもの, と一緒, と両, と云い知れぬ, と夕食, と恋歌, と打ち交じり, と打つどい, と来たら, と酒, なれば, にかこまれ, にご, にすすめ, にその, にちらっと, につきまとわれ, にとっては話, にとり, には, にはかれ, には判っ, には千両, には目, には違い, にまで懐都合, にもたま, によって燔祭, に云付, に今晩, に仔細, に伝授, に傳, に取巻かれ, に命じた, に守らせ, に弾き競わせよ, に意張つた話, に手伝わせ, に日曜ごと, に水, に立入った, に笑われた, に與えられました, に話し, に賜ひき, に逢っ, に長上下, のある, のいみじ, のさかり傾, のす, のせい, のため, のなか, のひしめく, のふるまい, のほう, のま, のよう, の一人, の仲, の前, の取, の命, の噂, の声, の声々, の多く, の妙, の姿, の対手, の屋, の幹, の形, の後ろ, の悲鳴, の意見, の愛, の憎い, の持っ, の指図, の振舞, の死物狂い, の気, の気に入る, の疳高い, の白い, の眼, の種類, の笑, の精神, の給分, の芝居見物, の衣, の言い争い, の言い伝え, の試合, の話, の譫言, の通る, の運命, の高髷, の魂, はいずれ, はいつも, はおしゃべり, はここ, はさがれ, はさすが, はしりかかりぬ, はそう, はそろそろ, はつい, はまた, はみな無事, はみな立て, はみんな君, はわざわざ, は一人, は一寸, は互に, は人間, は今, は何, は何ん, は僕ら, は口々, は口さがない, は哄, は坂, は大概三字名, は寄る, は小, は少し, は弟子, は心柄, は悲鳴, は手, は振り向い, は更也, は油, は溢れ出よう, は無, は片耳, は生き残つ, は皆んな徳利, は皆んな私, は皆俺, は眞面目, は神さま, は秀吉, は笑つた, は絵葉書, は縁側, は義雄, は肩, は茫乎, は草ッ原, は落ち, は路, は身体, は近づく, は逃げる, は道, は酒, は重う, は間違い, は階下, は騒ぎ, へみな暇, へも歓び, までおっしゃりつけでございました, までみな, までも飛び出し, まで呼び集めます, まで彼, もいる, もお, もおどろい, もひとりでににょきにょき, もまた, もみな, もやって来た, もやっぱり, も二三杯, も人形, も余, も男ども, も町, も驅, や侍たち, よりも別, をうまう, をかきのけ, をつかっ, をな, をなぐさん, をもちましてお, を一挙, を交え, を人, を出掛けさせ, を呼べ, を喜ばせ, を嚇し, を引っ, を忘れ, を怒鳴りつけた, を怖がらせ, を捜し出し, を探す, を揚げ, を散々, を皆こ, を窓越し, を竹, を腕, を見, を買い取る, を起すで, を近, を退かせ, を遠慮, を部屋, を集め, 出て, 恐れて, 来って, 稼ごうなどとは, 見飽きたまひ, 誠に気持

▼ 女子供~ (350, 0.3%)

6 や老人 5 の文章 3 が多い, ではあるまい, の悲鳴, ばかりで, を相手

2 [20件] が, がこの, が多く, だ, でも見境, とみれ, にもたやすく, に一刀, に出, に至る, のなか, の下駄, の仕業, の手, の遊び, は争っ, は泣き叫ぶ, は馬鹿, やお店者, を入れ

1 [284件] からそれら, から年, から年寄り, から調べあげ, から髪, か年寄, があげ, がいる, がぞろぞろ, がたとえ, がキャッ, が一人, が三々五々, が乞食, が彼, が押し合った, が泣き叫ぶ, が皇宮警手, が相手, が立, が花棒ふりふり, が負傷, が踏まれ, が逃げ惑う, が遊び, が雜魚寢, さえあった, じゃあるめえし, じゃない, じゃ泥棒, その騒然たる物音, だから, だけで人手, だけで何処, だけ目だつ, だってお茶, であっても, である, であると, です, ではなかっ, では無し, でもあの, でもそう, でも其の, でも容赦, でも年, でも楽, で血, という表現, といわず, とかいう人, としての海, と一括, と嗤, と思っ, と海産物, と老人, と見, と雖ども油断, など, などが住ん, などと別離, などはいよいよ, など何, など相手, など襲った, ならずとも, に, にそれ, にでも向く, にでも理解, にでも面白, にはお, にはちょっと, にはむずかしい, にはむづかしいが, には内証, には好かれ, には東京, には締め殺され, には罪, には読め, には讀め, には釣れなくなった, にまで危害, にまで馬鹿, にむざんな所為, にも出, にも容易, にも忍び込めます, にも押し, にも理会, にも絞められ, にも覚え, にも親しめる, に云うべき, に侵入, に先んじ, に取っ, に差図, に怪我, に愛読, に易々, に暴行, に竹槍, に見せ, に説教, に退治, に限った, に雑誌, に雜誌, に面白, に食い詰め, のうへに何彼と, のおまえ達, のすべて, のたぐい, のほう, のほまち, のほんの, のみで, のもてあそぶ, のピクニツク, の一人歩き, の二三人, の人気, の仲間入り, の列, の区別, の吹く, の唄, の喜びかた, の声, の売価, の外出, の大, の大勢, の姿, の安全, の差別, の往来, の心, の慰み, の慰み物, の書く, の来る, の様, の機嫌, の泣き叫ぶ, の泣声, の玩具, の珍し, の知った, の知る, の端くれ, の群, の群れ, の羽子, の血, の見境ひも, の読む, の足, の足弱, の輪, の騒ぎ, はあわれ, はいずれ, はうかつ, はこれ, はどう, はなかなか, はね, はましてそう, はむろん, はバラバラ, は一日, は一時, は三十里, は云う, は先, は勿論, は呀ッ, は和泉あたり, は外, は大, は屋内, は怪我, は恐る, は恐ろし, は数える, は日, は泣きさけん, は畏れない, は皆美, は皆避難, は竹, は行き悩んだ, は行けぬ, は言うまでもなく, は討つ, は逃出, は門口, は阿鼻叫喚, は非, は顫, は馬車, ばかりだ, ばかりの家, ばかり住ん, へ枡, へ気, までが, までがその, までがそれほど, までが広場, までが申すなり, までが覗き, までその後, までそんな, までのぼる, までは殺すまい, までも亡ぼし尽くした, までも鞭, まで初め, まで斬られました, まで狂喜, まで眉, まで立ち交じっ, まで軒下, もはいりました, もまじっ, もよく, も出, も参りまする, も嘸かし, も城中, も嬉々, も死守, も走り出し, も骨, や家財, や生活資材, や老人たち, や老女みたい, や近所, や隠居老人, よ, らしいから, をおびえさせた, をかばっ, をたぶらかし, をだます, をひきつれ, をひき寄せる, を交ぜた, を先頭, を勵, を合せ, を呑ん, を城中, を多く, を守っ, を引き連れ, を押し退け, を攫い, を数, を斬る如き, を監督, を突落す事, を脅かし, を護っ, を買っ, を質, を送出, を連れ, を連れる, を銃殺, を除い, を除いた, を驚かせ, 合せて, 新しき, 約三十名

▼ 女主人~ (327, 0.3%)

22 のお 7 が言った 5 は云った 4 の方, の顔 3 の操, は

2 [23件] お兼, が, が入っ, が勘定書, が橇, というの, と同じ, にでも嗅, に云った, に好まれ, に見せました, のお雪様, のやかまし, の浪乃, の食卓, はいう, はお, はきせる, はすぐ, はその, は女中, は座敷, は総

1 [233件] お米, お美野, お釜, かも知れない, から二千五百圓, から頭ごなし, があいさつ, がいう, がいた, がしきりに, がすすめた, がそう, がなお, がなに, がほん, が云った, が休み休み, が伸子, が何かと, が僕, が出, が存命中, が情, が敵, が気, が気さく, が浮き浮き, が清藏, が湯沸し, が立派, が続い, が行動, が鄭重, が酒, が開けた, が頼んだ, が顔, であったの, であり現代, であるが, ではない, とが和合, とが時々, としての必死, として描かれる, とは顔なじみ, とみえる肥えた, とフリイデリイケ, と一夜, と下足番, と云う, と伜, と向きあっ, と向きあった, と喃語, と女中一人, と娘, と差し向い, と愛し合っ, と若, と見なれぬ, などはあの, など丁寧, なのに, なり忘れても, にこんなに, にさえ挨拶, にささげてる, に乞, に代, に会っ, に何, に切り出す, に別れた, に勧める, に向い, に向っ, に新しい, に知れない, に礼, に耳, に薬, に見せ, に見送らせる, に訊い, に駒千代, のいう, のこころもち, のこと, のため, のところ, のはでやか, のよう, の云う, の冷たい, の出, の危き, の厳し, の口笛, の同情, の名, の地位, の執拗, の夫, の姿, の娘, の婆アさん, の家, の席, の後, の心, の意志, の房枝, の所, の持ち物, の指圖, の旦那, の昔, の本心, の様子, の横, の歌, の死ん, の母親, の気, の滿足氣, の潔癖, の為め, の無明, の爲め, の物語, の狂態, の生活, の甥, の福井, の穴蔵, の穴藏, の素性, の背後, の腕, の芳江, の行く, の視線, の親切, の言葉, の趣味, の辰代, の返事, の過去, の部屋, の非行, の顏, はあ, はあと, はあらゆる, はいきなり, はいつも, はうなずい, はさっき灯り, はそう, はその後, はそれ, はそんな, はただ, はどう, はどうぞ, ははっきり, はふしぎ, はもう, はわが, はわざわざ, はわだかまり, はガーゼ, はキエフ, は不審そう, は二十余年, は云いきった, は五尺, は其処ら, は医師, は唇元, は問, は墻根, は妹, は嬉し, は客, は小豆色, は少女, は幾歳, は引止めた, は当然, は息, は抽斎, は昼間, は柔和, は椅子, は気の毒そう, は無邪気そう, は病弱, は発狂, は真面目, は私, は突然, は素子, は言っ, は話, は買わぬ, は躍起, は遮っ, は醫師, は雑誌記者, は雙手, は顔, は高等師範, もみな部屋, も女中たち, も笑い, も遠ざけた, や女中, より立派, らしい声, らしい母, をかえりみ, をきびしく, をこ, をした, をつかまへ, をもりたてなく, を何ん, を怪しまぬ, を恐れる, を飾り, 立ったまま母親

▼ 女との~ (317, 0.3%)

27 間に 7 関係が 5 あいだに, 間の, 関係は, 関係を 4 二つの 3 交渉を, 距離が

2 [14件] いきさつは, それよりも, 交渉の, 以前の, 区別が, 場合, 奇蹟の, 心理を, 恋を, 愛と, 結婚を, 縁は, 間には, 関係も

1 [225件] あいだの, あれの, いきさつでは, いざこざが, うるさい話, おしゃべりの, かけ合ひ, こと, ことに, ことむずかしい, ことも, こと健気である, この宿命, この相違, この違い, そういう人間的, そして自分, その後の, たたかいは, たましい, ために, たわいも, ちがいは, つき合いなどは, つき合いは, つながりが, なかに, なかについて, なまなましいいつも, ふしぎな, ほかには, まじりけ, やせおとろえた黒ずんだ死体, やりとりの, わけ合いでさあ, アイビキに, 一団であっ, 一年僕は, 一行が, 三人が, 三人の, 不潔な, 世界では, 並行する, 二人づれで女は, 二人旅兵馬は, 二人立の, 二年間の, 交わりも, 交換する, 交換とは, 交渉が, 交渉なぞを, 交渉は, 交渉中に, 交際だって, 交際には, 交際の, 交際は, 享楽に, 人形が, 他に, 仲には, 仲にも, 会話には, 会話は, 会話を, 作ったもの, 佳話が, 偉い違い, 共犯者です, 出会の, 初対面である, 別れ話に, 区別は, 協力の, 協同の, 卷中に, 口論の, 同棲は, 同棲も, 告白を, 呪は, 問答, 問題が, 四つ五つの, 四人だ, 夜毎の, 大仰な, 奔放な, 如く對立, 如何を, 媾曳を, 子だ, 子では, 子な, 季節を, 対照に, 対照を, 対話中に, 小さな子供, 差が, 差に, 差は, 幕は, 建設を, 影法師へ, 心が, 心持の, 恋と, 恋愛の, 恋愛は, 恋愛や, 情事が, 情事の, 情事を, 情愛と, 愛情だけで, 愛欲生活を, 愛猫が, 戀に, 戀を, 戀愛を, 手を, 接吻を, 接触が, 散歩の, 文通は, 最後の, 本当の, 歓楽は, 浮いたうわさ, 激しい遊び, 特殊な, 生なましい血, 生活が, 生活という, 相互的な, 相婚, 相思ひ, 真実の, 真面目な, 私の, 程度の, 立ち話が, 立ち話まで, 約束を, 終生の, 組は, 経緯を, 結合という, 結合に, 結合離別に際して, 結婚であり, 結婚には, 結婚にまで, 結婚は, 結婚式も, 絵などは, 縁組は, 群れが, 腐れ縁に, 腐れ縁の, 膝の, 華やかな, 行為の, 行為を, 行爲の, 見分けが, 見分けは, 話し声が, 話に, 話の, 話は, 語らいは, 距離は, 辛酸を, 逢曳を, 遊興を, 過去を, 道ならぬ, 違いこそ, 違いだ, 違ひ, 適偶性も, 醜関係, 長い間, 長い関係, 間が, 間で, 間であれ, 間にあって, 間にのみ, 間にも, 間の子, 間は, 間を, 間柄に, 関係から, 関係ごとから, 関係だ, 関係であります, 関係なかんずく, 関係など, 関係に, 関係について, 関係についても, 関係の, 関係までも, 関係よ, 関係全体を, 関係女は, 関係時子が, 關係が, 關係で, 關係に, 關係の, 關係は, 關係も, 集まりて, 靴が, 鞘当ての, 顔で, 顛末などに, 鬪ひ

▼ 女にも~ (308, 0.3%)

10 見ま 7 男にも 3 ある, して

2 [16件] こんなの, その一分, それが, それを, もてるだろうし, やがて子供, 何か, 惚れるの, 於七が, 時々話しかける, 殺せないこと, 精神は, 色々ある, 誠の, 金にも, 飲ませながら

1 [253件] あの羅, あらぬ一種怪異, あるその, あるの, あれいたは, あれそれほど, あれほどの, あんなあばずれ者, いろいろあります, うたわせ往年, うち込まれ, おれは, お出入り, お別れ, お強い, かかはらずおしげはぶつきら棒, かかる例, かかわりが, このくらい, このよう, この男, さぞ利き, したいほどの, じかに言い聞かした, すぐ想像, すっかり魅力, すまないの, ずんずん引き離され, せよいっしょ, せよ必ず, せよ町奴, ぜひ弾け, それぐらいの, それは, そんなこと, そんな慾情, そんな気持ち, そんな話, たいへん臆病, つかめる武器, できるまたは, でき上がって, とうと, どこかに, ない特徴, なか, なければ, ならずに, ならずほか, はや二人三人, ひとりの, ふと覆いかぶさっ, まけなかったが, まごう手先, ますらを, またあったであろう, また多く, また感染, まだあ, まだお前達, まだ人, まとまって, みえるその, むつかしいことぢ, もっと戦う, やって, よる, わかつて, わからないの, わかりまする, わたしには, 一つだけ, 一人も, 一杯ビイルを, 不機嫌な, 不用です, 中, 亦銭, 今まで, 他の, 会うだろうし, 伝わった, 似げ, 似ずいかにも, 似合わざる大胆不敵, 似合わず生さぬ仲, 似合わねえな, 何かしら直覚力が, 何事も, 何等新鮮味, 偉いところ, 僕を, 元服は, 全く解釈, 公爵夫人の, 共通の, 其が, 出あわない, 出会つたのだ, 出来ないこと, 出来ること, 出来るという, 出来得るだろう, 分かつて, 分らせる爲め, 分らない或, 分るだろう, 切なき情, 判らない, 判らなくなって, 別に, 別嬪と, 劣るね, 劣る芸, 博奕にも, 原因が, 厭気が, 友達が, 受け合, 同じよう, 同じ爪, 含蓄が, 味わ, 嘘も, 因果を, 国事人事を, 変わりは, 大事な, 失望した, 女の, 女神が, 好かれ相, 好意を, 妻にも, 娘の, 嫉妬を, 嫌われた, 子供にも, 家庭の, 寿かつ美な, 尋ねましたが, 尋常女子の, 小説が, 少年たちが, 幾分か, 幾分の, 廻り合はず, 弱いやう, 強いの, 強要しよう, 当らず触らずの, 彼らの, 往き逢わなかった, 御得心, 心から魅せられ, 心を, 心惹かれない, 必一種の, 必要である, 必要な, 性欲衝動の, 恋の, 恋は, 惚れること, 意味が, 愛だの, 愛読された, 感じた, 戯れて, 手を, 捉へ, 授けやすん, 教えて, 数多近, 敵わ, 断じてひけ, 斯る, 早く来, 會へ, 望まれない, 来ること, 東京に, 棄てられたん, 此の, 母は, 気が, 水明館の, 消極的に, 湯に, 漸くに, 漸次に, 烈婦が, 物思いを, 猫にも, 理想の, 生理的に, 用いられると, 用心しない, 申しわけの, 町芸妓にも, 町藝妓にも, 異存は, 目が, 目を, 相応な, 相逢, 知らせて, 硫酸を, 祝儀を, 祝福を, 私は, 笑ひ, 綺麗ごとでない, 老人にも, 考えさせるもの, 腕の, 自分にも, 色々あります, 色々種類, 華紅とか, 複雑な, 要求が, 見えなかつた, 見えますが, 見ぬほどの, 見まがうほど, 見られる現象, 見出される, 触るななどと, 触れずに, 言い交した男, 討ちたいもの, 誰か手を, 豫防的用意の, 辛かった, 近代人の, 通じて, 逢う空, 逢つ, 逢つて來たんだらう, 逢われないと, 遊びにも, 選ぶという, 郷土は, 酒にも, 隙が, 非ざる, 面伏せであり, 面白い一面, 顔を, 飢えて, 黙って, 點頭かれる

▼ 女とは~ (264, 0.2%)

3 似ても

2 [17件] ちがう, どういふ, どうしても思えなかった, どうしても思へない, わけが, 一言も, 似も, 全く縁故, 気が付かなかったよ, 縁の, 裏通りなどで, 見えない, 違う, 違うん, 金杉の, 限らない, 限るまい

1 [227件] あそぶこと, あの空屋敷, いいながら, いうが, いうものの, いえあの, いえまさか, いえ今, いえ浅ましい, いえ置き去られては, いつも文使い, いわば同業, うつらないらしいので, うまくいかない, およそ対蹠的, お別れ, かけ違って, きき棄てならぬ, きちんと膝, きっと何, こうすべき, さすがに, そういうもの, そういう要求, その仕事, その後で, それぞれたしなみ, それまでに, たがいに, ただでは, ちがうよう, とうとう別れ, どういう女, どういう生きもの, どうしても思えない, どうしても思はれない, どこの, どのベンチ, どんなもの, どんな人, どんな女, どんな物, なぜ中, なりし, ひとしいもの, ひどくふつりあい, へえ惚れた, また違う, まともに, まるで別人, まるで違う, まるで違った, みぬか, みんなこの, もうきれい, もう逢わん, ものが, よくよく前世, エマニュエルの, ハマ子, モンマルトルの, ラグナートと, ワケが, 一つした, 一つテーブルの, 一つ建物に, 一体何者, 一基の, 一度も, 一度警察, 三たび目を, 不びんな, 不伝, 不釣合な, 事変り, 二たび目を, 二度と会えなかった, 二言三言囁いた, 云いながら, 云うまでも, 云えそれなり, 云えなかっ, 互にひどく, 五十歩百歩である, 京都からの, 今しがたまで, 今差向い, 他愛ない, 何ぞや, 何の, 何らの, 何処へ, 何時も態, 僻める我が, 全く別, 全然別, 全然正反対, 切支丹の, 別々の, 別れた方, 去年の, 反対の, 反對, 受け取る場所, 受取ること, 同じもの, 同一人, 同性で, 同数であるべき, 土手を, 声を, 変って, 夢の, 大違い, 婚約の, 子連れか, 小声ながら, 少し背, 居を, 年にも, 庚申塚の, 彼女は, 征服階級の, 御達, 必ずくつ, 思いませんでしたが, 思うまい, 思えない, 思えないあどけな, 思えないが, 思えないくらい, 思えないほど, 思えない乱暴さ, 思えない位, 思えない力, 思えなかった, 思えぬほど, 思えぬほどの, 思えぬ力, 思えんの, 思って, 思はれぬぐらゐ気立, 思はれません, 思ひやう, 思わずほほえんだ, 思わないでしょう, 思わなん, 思わぬイヤ, 思われず聴衆, 思われなくなって, 思われぬ恐ろしい, 思われぬ程小娘, 思考する, 性欲においては, 抱き合ったよう, 抱月氏が, 援け, 断然ちがう, 新聞記者の, 晩飯だつた, 村重の, 板と, 正反対の, 此方の, 気が, 氣が, 永久に, 状態が, 申せあの, 異った, 異なつて心, 相並ぶべしだ, 相変らず, 相求め, 知らなかった, 突っ立った, 窒塞する, 立つて, 立場が, 笑いさざめい, 結婚しません, 縁が, 聽きました, 肩を, 自由に, 芽出度い, 若い人, 若人の, 茶山の, 見えけるが, 見えなかったが, 見えなかつた, 見たものの, 見破ったが, 見破つたが, 親しいよう, 言うまい, 許すもの, 認めないが, 誰です, 貴様の, 身に, 身分が, 辛じ, 退屈な, 途中まで, 遊ばないと, 遊ぶだけの, 違いまして, 違います, 違いますし, 違いますねえ, 違います余り人, 違った意味, 違った種類, 違って, 違つて私たちの, 違ふ, 金で, 長い日, 長い月日, 間もなく別れた, 関係できない, 露ほども, 顔を, 顔型の, 高官の

▼ 女としての~ (256, 0.2%)

4 自分が, 自分の, 自分を 3 彼女の, 感情の, 生活の, 誇りが

2 [16件] 伸子を, 完全な, 宮廷神女から, 彼女を, 心の, 心情が, 悪さ, 意義を, 日常の, 生活に, 私が, 私に, 自由意志が, 自身の, 解放を, 身の

1 [200件] あなたこそ, あなたに, あなたを, ありよう, おしもを, お前さんに, お定さん, きまった生活, この世の, すべての, そういう努力, そういう苦痛, その人, その微妙, のびやかさを, ひけめ被, むきだしな, やんちゃとしての, ゆらぎかた, わたくしに, ナイチンゲールの, マリアは, 一生が, 一生についても, 一生は, 二つの, 交際が, 人生の, 人間らしさ, 伸子は, 体面を, 価値と, 個人的な, 傷は, 優しみに, 充実した, 共感という, 内容を, 凜, 分を, 動揺も, 勘で, 危険を, 反撥を, 口には, 同感同情思いやりという, 咲きかかった, 品位を, 商標を, 嗜みも, 四苦八苦の, 回想として, 困難解決の, 土台から, 地位が, 境遇に, 境遇は, 売行表とも, 壺井栄さんが, 夕やけの, 大きい同情, 天真の, 奇智の, 妾は, 威厳が, 娘だった, 嫉妬の, 孤独感に, 実体を, 実力が, 幸福か, 弥生は, 彼女たちの, 彼女に, 彼女をも, 彼女自身の, 微妙な, 心が, 心を, 心持との, 心持を, 心理が, 怒りが, 思いの, 性を, 性慾と, 悲しい無言, 情感などについて, 情感は, 情熱の, 意地も, 意識は, 意識を, 愛の, 愛情から, 愛情の, 感じを, 感動人間としての, 感情が, 成育に, 成長の, 我が心, 抗議に, 敏感さで, 教養も, 日常性が, 春琴を, 時代的な, 時期が, 暮しその, 服装も, 未来への, 本心は, 本性どおりに, 本来は, 条件の, 権利も, 権利を, 機微に, 波瀾も, 活氣は, 烈しい情熱, 焼けつく, 熱い熱い燃える, 特権とを, 特色などについて, 現在の, 現実に, 現実を, 理解と, 生きかた, 生活が, 生活と, 生活とは, 生活人間としての, 生活婦人作家としての, 生活態度の, 生涯に, 生涯の, 男との, 男は, 発達を, 真の, 真実な, 真心を, 眼は, 矜り, 確固たる誇り, 磨きが, 社会生活の, 社会的境遇を, 社会的文学的存在を, 神妙な, 空気を, 立場から, 立場からだけ, 立場それから, 立派な, 競争に, 約束によって, 純情に, 経験も, 美しさ, 羨やみ, 考えかたに, 能力すなわち, 自らの, 自分たちの, 自分に, 自尊心を, 自然な, 自由な, 自由を, 興味はまるでなかつた, 若さ, 苦しい思ひ, 苦しかった, 苦悩の, 苦悩は, 苦痛の, 行末も, 複雑な, 見所も, 角度から, 触角は, 訴えが, 誇りの, 誕生が, 重大な, 長い生活, 閑子への, 関心を, 際には, 須磨子が, 須磨子に, 願ひ, 骨髄をも, 魂それが, 魂胆を, 魅惑に対する

▼ 女一人~ (249, 0.2%)

6 のため, の手 5 では, の力 4 の生活 3 でこの, のこと

2 [15件] でいる, でございます, でどう, で子供, で此路, で行く, のきやす, の世帯, の仕事, は気楽, は雑役, を入れた, を殺せ, を身うけ, 降りられる梯子

1 [187件] ありて, いるん, おり立ちたり, から脱, がいきなり, がこういう, が仕事, が住み付い, が女, が完全, が平均四人半以上, が現れた, が生き, が白痴, が稼ぐ, きりおりません, くらいどこ, くらいは影法師, ぐらいを倖, ぐらいを対手, ぐらい何, ぐらい通し, しかない, しかなかっ, じゃア, だ, だけが意味, だけで, だけにそこ, だけの感じる, だけ足, だと, だ無造作, で, であった, であったがほど, である, であるから, であんな, でこんな, でございますから, でさえ, ではじめて, でも油断, でも油斷, でも風呂, で上月, で人気, で今, で今時分, で來, で供, で働い, で居る, で往く, で持ちきれない, で海岸, で淋しい, で生活, で用心, で甲府, で男, で自ら, で行かれ, で討てる, で越える, で身, で逃げた, で逗留, で通れる, とがいた, とすれ, とである, と多寡, と思っ, などでは通れない, なのに, なれば, にあまりに, にこけ, にだってできる, について窓, にては敵し, には充分, に一か月, に代え, に惚れ込ん, に男二人, に男五人, に男十三人, に男四人, に相手, に着物, に限った, のいきさつ, のいずれ, のいのち, のうち, のお客, のため棒, のつましい, のところ, のほだし, のゆく, のよわ, のアパート, の住居, の使者, の処, の夜歩き, の妻, の姿, の子, の子供, の後家ぐらし, の恋しい, の接触, の漂着, の潜めた, の為, の生活者, の生長, の留守宅, の肩, の腕, の自分, の責任, の身, の身軽, の部屋, の配慮, の霊魂, の骸, はかなくなった, は孤独, は故里, は男, は若い, は食べ, よりも夫婦者, を, をあずかっ, をたやすく, をつれ, をどう, をもう, をもてあました, を中心, を争った, を供, を全面的, を助ける, を取り巻い, を口説く, を喜ばさん, を夜中, を大勢, を引っ, を強いられ, を手, を拾つて, を持て余し, を斬っ, を残した, を殘, を殺した, を気の毒, を波瀾, を片づける, を生かす, を男, を目の敵, を置い, を育て, を舞台, を見, を話題, 使うにも, 怖べき, 斬って, 斬つて三百兩, 棄て, 殺すほどの, 立てり, 行ったところ, 迂濶加勢, 遠き伊豆の山肌

▼ 女なら~ (242, 0.2%)

8 では夜 4 誰でも 2 お小夜, ば, ば男, ば自分, ば誰, 尻を, 幾何でも, 納れる, 結婚し, 首ったけに

1 [210件] あの人物, あの女, あんな男, あゝいふ, いいが, いいだれ, いいだろ, いいわけ, いい女, うまく自分, おせんちゃんも, おれの, おれも, お初と, お猿, きっとリボン会位, きゃーっと, こういう性質, こそ助け, この世間, この挑戦, この陰鬱, こんな時手水, こんな淋しい, さしづめ, さっさと帰っ, せいぜい大事, そう思わない, そちは, そちらにも, それくらゐ, それぐらいの, それだけあれ, それほど切ない, それも, それ位の, そんなご馳走, そんな芸当, たいていな, たとい頭, たとえばほんとに, ちっとも申し分, ちゃんと棺, ちょくちょく来る, ちよこちよこつと, ではのう, では行き届きかねる, とにかくとして, どうして追い出さない, どんな遠く, なにも, なにを, ばいくら, ばいっそ, ばいつ, ばうっかり, ばおどし, ばかえって, ばこの, ばそれ, ばどう, ばどこ, ばなお, ばまだ, ばみんな一様, ばや京, ば二十, ば人妻, ば何, ば何人, ば偽筆, ば傾城, ば出入, ば出来る, ば右, ば同じく, ば吾, ば夫, ば女房, ば女神, ば尋ね, ば引き上げ, ば後むき, ば怖がっ, ば悪女大姉, ば末, ば機, ば生命, ば目, ば直に, ば真に, ば碁磐縞, ば絹, ば良妻賢母, ば芸者, ば若い女らしく, ば話, ば銀, ば障子, ほかに, まさかここ, また考えよう, もうダメ, もう突き戻した, よかろう, わしうつ, わしも, んかと, ん其歌に, アレほど, パンチの, ヒステリー位ひ起す, 一応誰, 世間體も, 両足を, 中村の, 二三日も, 二号に, 二日も, 二時間も, 五分利なんて, 人の, 今までに, 伊勢屋に, 何だって, 何とか捌き, 何んだって, 使ひ, 信用しません, 俺で, 俺の, 傾国の, 兎に, 其で, 別に美しい, 前に, 助けをも, 勿論愛想, 半月くらいは, 卒倒し, 又諦め, 口惜しまぎれ, 因縁は, 場合によって, 夢中で, 大抵それ, 大概の, 大概銭金には, 太宰は, 女なり, 女の, 女同志この, 女老人なら, 娼妓でも, 家の, 容易の, 少しは, 島へ, 左中将へ, 差し詰め医師の, 己だって, 巴里へ, 幾島は, 彼は, 御母さん, 必ず閉口, 悪いこと, 悲しい思い, 支障なく, 料理茶屋の, 早く其の, 最初から, 校長先生は, 桜の, 楡皮製の, 殊勝らしい, 毛糸や, 気を, 泥の, 海野三千雄も, 爭ひ, 王様を, 生命より, 男も, 直ぐに, 相当に, 相手に, 相談相手に, 福村の, 私だって, 私も, 笠森おせん飴屋は, 縁談は, 芸妓仲居までが, 若い方, 草平氏も, 血の道とでも, 見世物に, 話は, 話を, 誰だって, 誰にでも, 誰にも, 身を, 金地院範覚は, 鋏で, 門を, 随分資格, 隨分資格の, 電車の

▼ 女だった~ (219, 0.2%)

26 のです 98 のか 7 のだ 5 に相違 4 が, ということ, んです 3 そうだ, と云う, な, のかと, のである 2 かい, からである, がこの, が私, ことに, としたら, なあ, のだろう, んだ

1 [119件] お蔦に, か, かけっして, かどうしてもはっきり, かな男, かはほぼ, かも知れない, かも知れなかった, かも知れません, からあの, からこそあれ, からだ, からでしょう, からです, からといっ, からどうやら, から友, から姪, から寝る, から小僧, かフィリップス, か彼, か校長先生, か解らなかった, がかねがね, がどう, がどこ, がひそか, がひと, がふっと, がやせ, がわざわざ, がカッ, が三十, が公爵, が内心負け目, が四年, が女の子, が宗教, が小柄, が常に, が当代, が彼女, が早くから, が此, が此時, が死んだらしい, が海神ポセイドン, が目, が縁, が自分, が茂兵衛, ぐらいにしか考えない, けれどもその, けれど亡くなっ, ことが, ことだ, ことでしょう, し橘, そうで, そうです, だけになおさら, っけ, というの, といえ, とした, とする, ともいえる, と云った, と思います, と私, と見え, と見えます, と見える, と言う, には疑無い, にも拘わらず, ね, のかい, のかも, のが, のさ, ので, のでいまだ, のでこんな, のでございましょう, のでございます, のでした, のでしょう, のでその, のでそんなにびく, のでただ, のでもう一度, ので伝統的, ので住持, ので夫, ので彼女, ので御, ので急, ので老人, のに, のに妊娠, のに惜しい, ものです, ようである, ろうと想像され, わ, わけだ, わでも, わよ, 事を, 場合君は, 形の, 彼は, 私は, 筈だ, 証拠な, 雪子は, 頃異母兄の

▼ 女じゃ~ (196, 0.2%)

30 ないか 17 ない 11 ありません, ありませんか 9 ねえか 6 ないん 5 ないよ, ないわ 4 ありませんよ, ないと, ないの 3 ありませんね, ございません, アない 2 ないから, なくってよ, なくて, ねえん, アねえ, 駄目だ

1 [69件] あの女, ありますがね, ありませんが, ありませんでしょう, ありませんとも, ありませんわ, あるまい, あるまいかと, あるまいなどと, あるまいの, あるめ, ここへ, この女, ございません男, ござんせぬ, ござんせんか, しかし悪党, そちから, で言いはせぬ, どうにもなりません, ないかと, ないかね, ないかも, ないからな, ないが, ないさ, ないし, ないだろうか, ないつもり, ないです, ないとは, ないのに, ないわけ, ないわよ, ない家, ない波子, ない疑い深く, ない許嫁, なかった, なかったが, なかったそして, なかってよ, なくても, なさそう, なしもっと, なしよし, ねえかと, ねえから, ねえてめえ, ねえな, ねえのう, ねえや, ねえよ, ねえ様子, ろが, アな, アねえや, 他人に, 女に, 御座んせんでしたよ, 無いからね, 無いの, 無いん, 無い今, 無かったん, 誰が, 貴殿が, 食われない食いも, 駒木野を

▼ 女といふ~ (188, 0.2%)

79 ものは 23 のは 7 ものが, 奴は 5 のが, ものに, ものの, ものを, 女は 3 もの 2 ことが, ことに, 女が, 女には

1 [36件] ことを, ところだ, のも, のを, もので, ものには, ものに対して, ものはね, やつは, イタリイ語です, 事が, 二つの, 名に, 境更に, 女に, 女の, 女華魁も, 奴ひどい, 奴ア思ひつめる, 奴ア薄情な, 奴世馴れた, 宗祖樣は, 小鳥位愛さる, 念慮の, 怖ろ, 性の, 怪物は, 感じで, 橋を, 無人格, 男を, 立女形の, 自分を, 言葉を, 關所の, 魔物に対しても

▼ 女とが~ (177, 0.2%)

4 立つて

2 [11件] どちらも, ならんで, 並んで, 乗って, 互の, 同等な, 大きな声, 夫婦に, 恋仲と, 手を, 肩を

1 [151件] あつた, あると, いた, いつでも, いて, いてさ, いる, うちまじっ, おなじ起伏し, おりました, お互いに, お互に, かかわりあって, からむという, かりに平等, こういう夫妻, この店, この現実, この空き地, これは, こんがらがって, そうし, その勤労, その基本的, ただ一人である, つくりあげて, とうとう飯, ともに助け合っ, なんらの, にこにこ笑い, ひょっこり現れた, ほんとうに, もたれ合って, よれば, ゐた, ゐますこの, カルタの, 一つ, 一つの, 一つ寄宿舎の, 一つ衾に, 一と, 一緒に, 一銭の, 乱れた姿, 二十分位しか, 互いにひかれあう, 互にほんとに男らしく, 互に協力, 互に束縛, 五十人余り珠数繋ぎに, 代る, 何が, 何十度その, 偶然に, 偶然向いあった, 入って, 共に歌比丘尼, 共に物, 共謀か, 再び街路, 分れて, 刺し殺された, 十三人も, 古参にな, 同じ数, 向うむき, 向き合つた, 呉井嬢次と, 喧嘩を, 場処を, 声を, 変った事, 夜中かたまり合っ, 大勢一緒に, 奥から, 宮ノ下の, 密接し, 少し馴れなれしく, 居るやう, 居酒屋から, 差し出たばかりの, 席を, 平凡な, 府中と, 弱い彼, 後に, 息を, 愛しあい互, 愛撫し合っ, 戻って, 抱き合ったりなんか, 抱擁し, 掻き消すよう, 散歩を, 新しいプロレタリア映画, 暗闇で, 月光に, 来て, 棲むの, 極めて放恣, 楽しそう, 正体も, 歩いて, 残った, 沖の, 洞窟の, 温かに, 生活に, 生活の, 異様な, 相互的な, 相愛の, 相抱い, 相方ともに, 社会の, 神の, 私を, 立ちて, 精神の, 糸車を, 組みに, 組んで, 結婚する, 自由な, 舞台を, 芋の, 茶卓を, 草っ, 裏街裏街と, 裸体に, 見合せる顔, 言ひ交す, 話して, 赤ん坊の, 赤暗い, 足りないよう, 踊らうと, 踊り狂っ, 通りを, 都合によって, 酒を, 酔って, 長閑そうに, 附着かね, 階段の, 隣り合つて, 集って, 雑って, 飲食店で, 髪毛を

▼ 女教師~ (170, 0.2%)

4 の下宿, の目 3 の方, は

2 [23件] から見る, が云, が初めて, が来, とは同時に, と三人六箇, の並木孝子, の口, の啜り上げる, の孝子, の背, の膝, の自分, の顔, はその, はそれ, はどんなに, は三年, は卓子, は女神, は擽, ももと, を泊めた

1 [110件] から不安, から主任, が, があった, がいっしょ, がいった, ががみがみ, がつかうらしく, がまた, がゐた, がモスク, が今度, が何, が定規, が来た, が来る, が生徒, が粗末, が美しい, が通勤, である, である瀧子, で今, で健康そう, という, という地方, とがしんがり, として暮し, となれ, と一名, と低い, と子供たち, と怪しい, と話, などに大体, には共学そのもの, に校長, に話しかけ, に話し聞かせた, に説明, のところ, のほう, のやう, のよう, のギーザ, の一人, の上, の下, の中, の動作, の子息, の家, の常識, の平穏, の役目, の手記, の日向智恵子, の日向智惠子, の日記, の旦那, の有田道代, の死, の渚女史, の生活, の答える, の縊死, の表情, の言葉, の許嫁, の足もと, の郷里, の間, の顏, はいった, はいつも, はかえった, はこういう, はしみじみ, はそんな, はびつくり, はむこう, はもう一度, はわたくし, はアボルト, はクラス名簿, はフリーダ, は何, は何と, は兵士, は又, は四十余, は子供たち, は思いやる, は新しく, は猫, は自分, は言った, は默つて校長, は黙, もこの, もその, もみなそこ, もアウグステ, も共に, も微笑んだ, も来る, も顏, も顔, らしい洋装, をあまり

▼ 女~ (163, 0.1%)

9 男か 5 何か 3 え, どうか, 子供の

2 [12件] この女, それが, それさえ, どうだ, なぞの, わからないよう, わからない者, 分らないが, 多少の, 知らねえが, 老人か, 見たいやう

1 [116件] ああ世, あの女, あるいはその, えそれとも, えとが, えに, えの, えのう, えは, え男, こいつは, この俺, これも, さうでなけれ, さっぱり分らなかった, その人間, その区別, その場所, その顔, それさへ, それすら, それとも地獄, それとも子供, それなら身なり, たしかめて, ちょっと判断, である, でなければ, とおも, どうかの, どうかをも, どうしてそれ, どんな途方, なびきこもらふ, まだ見, まだ解りません, まるで分らぬ, よくわからない, よく判らなかった, よく知らない, よく見, わからない, わからないへんな, わからないほどの, わからないやう, わからない人, わからなかったが, わからなかつた, わからぬよう, わかりゃしない, わかる位, パリ広し, 丸ビル女だらう, 人形の, 今さら私, 今度とおる, 何う, 何かじゃ, 何かと, 借金か, 僕か, 僕は, 冬の, 分らぬのさ, 分らぬ是, 分りませんが, 判らないので, 判りませんが, 博奕きまった, 国者か, 夫に, 女中か, 妖女か, 妻か, 娘か, 子供か, 子供で, 子供でしょう, 子供と, 子供忙が, 尊敬し, 後家さんらしい, 探って, 放たしめん, 旅の, 有耶無耶の, 河原ものの, 物に, 玉突か, 男かが, 男かさえ, 百人目の, 目にも, 矢張彼女は, 知って, 知らないが, 知らないけれど, 知らん, 知らんとも, 知れないけれど, 知れないそれ, 知れぬが, 確とは, 秋と, 老年の, 花の, 若いか, 若いの, 若い奴, 見て, 見わけ, 醜い女, 長さんに, 頓智一つ持ち合わせない, 食物の, 魚臭い

▼ 女であった~ (156, 0.1%)

5 ということ 4 のか 3 から, という

2 [13件] か, から私, がそれ, がどこ, が何, が彼女, そうだ, ために, のだろう, のである, のを, 時は, 私には

1 [115件] おたま, かそれ, かと彼, かと言う, かまたは, かも知れない, からあまり, からかも知れない, からこんな, からその, からそれ, からであります, からと考えた, から今, から何, から名手, から少し, から早く, から源氏, から袖子, から醜く, かを知っ, かを証明, か判らなくなっ, か年, が, がある, があゝ, がお, がこのごろ, がすっかり, がその, がそれだけに又, がたった, がなかなか, がほか, が一しょ, が一ト目, が今, が今日, が体, が内部, が哀れ, が夫, が年老い, が廃め, が心, が思う, が明, が本質的, が東京, が気まま, が源氏, が然, が熟睡, が男, が眼, が美しい, が美作, が表情, が見ず知らず, が遊び, が雨, が非常, ことが, ことなどを, ことは, ことも, ことを, ことをも, し動坂, そうな, そしてファンティーヌ, その姿, ぞ, と, という思い出, としたら, としてもなお, とわかりました, と言い伝え, にし, に拘らず, に相違, に違い, のかな, のかも, のが, のだ, のであら, ので信長, ので少, ので後, のに違い, はずである, もので, ように, よその, よわし, んです, イルマ・ボアシーは, 上坂の, 事も, 凡人では, 女性である, 婆さまは, 常磐御前で, 日にゃ, 時穴隙を, 由今は, 私が, 筈だ, 豊玉媛が, 連れと, 鈿女命が

▼ 女二人~ (154, 0.1%)

5 を殺した 4 では 3 の間 2 だけ黙っ, の中, の子, の白い, の話, は生き, まで殺し, を護り通した, を路地

1 [124件] あり, ありて, が, がある, がかたまっ, がウロ, が一つ蒲団, が仲, が出, が天麩羅, が最も, が行っ, が錯, が風景, して, だけの外地, だと, であったが, であなた方, でございます, です, でトランプ, で万一, で男, で萬一, と, というよう, とがあつ, とのあいだ, とも揃っ, とも泣きつづけ, とも負けず劣らず, と一緒, と共に二階, と男, と省吾, と近所, と黒い, ならべつに, にさいなまれ, になった, に一人, に争われ, に対しても別に, に擦, に擦違おう, に気, に氣, に男一人, に眺められ, のあいだ, のいる, のうち, のかかり, のため, のみならず, のコソコソ, の乗物, の乘物, の仕業, の会話, の写真, の前, の味気, の問い, の始末, の影, の旅人, の旅券, の智慧, の気分, の法諡, の渾身, の生活, の眠つた天井裏, の精霊, の腕, の自分たち, の褌, の話題, の身, の身じまい, の身分証明書, はお, はそれっきり, はどこ, はほつ, はまだ, はまつたく捨てられた, は何, は傍ら, は其兩側, は困却, は境笛子, は奧, は嶺太郎, は滑稽本, は相, は眼元, は私, は突然, は良い, は話し話し働いた, は赤い, は近所, は金内, は顔, までがおれたち, まで奪, も慎み, を代る, を使った, を出入り, を前, を弔う, を生んだ, を見, を認めました, を調停, を連れ, 互に身, 口惜しいながら, 居た處, 頼まねじゃ

▼ 女ばかり~ (150, 0.1%)

11 では 8 だから 75 です 3 だと, である, ですから 2 だった, だったので, であるから, でございますのね, でした, ですよ, でそんな, でなく男, 口は, 見て

1 [90件] あるもの, いる, いるから, きりいないん, こさえて, これも, そこへ, だけど, だったから, だったが, だったの, だつた, で, であった, であって, でございます, ですからね, ですもの, でその, でたいてい, でできた木, でない男, でなく今夜, でなく十数人, でなく同じ, でなく大きな, でなく往来, でなく若い, でなく随分, でべつに, でも, で丁度, で三十以上, で他, で別に, で剣舞, で十人, で外, で夜, で子供, で客, で客商売, で寒い, で左様, で心細う, で心細くっ, で恐れ気, で此, で泊るところ, で淋しくっ, で男, で男ッ気, で装束, で踊るこの, で長火鉢, で食って, で齢, なの, なン, な寮, はいりやがった, ふえて, 三人だ, 三四人の, 三四人集っ, 住んで, 体で, 叩き起したところ, 四人し, 四人ぢや, 声も, 多い寂しそう, 多い貴族的, 姉妹二人で, 居る所, 常に見なれ, 引きつ, 引っかけまわって, 抱えて, 探した, 揃って, 揃つて居る, 数人の, 生んで, 総勢九人しかも, 芳さまの, 詮議した, 追っかけて, 集って, 集まる処

▼ 女~ (141, 0.1%)

2 が何れ, の中, の顔

1 [135件] から噂, から御, から知らせ, から聞いた, がい, がお前, がごろ, がどいつも, がみんな野原, がをります, がヴエルサイユ, が二人, が云い, が五六人, が來, が動き出した, が口々, が味, が問い, が大勢, が日毎, が時々, が晝間, が泣く, が獅子舞, が留める, が秋口, が笑, が續, が誘う, が起き, が遠慮会釈, であつ, である, ではあります, ともいへよう, と一, と一所, と申し, と近所, にちやほや, についつい, には判つて, には言わない, にも絶対, によって天国, に今晩, に向っ, に定められる, に彼女, に悦ばれ, に指, に挑み掛っ, に負けない, のお, のけた, の寢込, の帯, の所, の抗議, の来, の甲高い, の聲, の臆病, の虐待, の軽い, の部屋, の酒精, の鑑賞, の騒ぐ, の騷ぐの, の魂, は, はきゃっと, はこの, はさすが, はだ, はどう, はな遊び場所, はのけぞり, はもうこ, はやはり, は二階, は元, は夜通し, は大, は山陵, は彌, は悲鳴, は柔, は田螺, は番頭, は疑, は疑わし, は皆んな徳利, は皆んな私, は皆生首, は縁側, は肝, は膽, は薄情, は重う, は鍋, は間違ひも, へ呉れ, まで呼び集めます, まで飛出しました, もいる, もお, もふと, も一網, も二三人ジヤラジヤラ, も同じ, も此の間じゅう, や書生, をふり切っ, を叱った, を叱りつける, を叱り散し, を呼ん, を喰いあきた, を害め, を尻目, を引き寄せ, を掠め, を救う, を無事, を物, を相手, を笑わせ, を退かせ, を部屋, を除け, を集め, 早う逃がし

▼ 女主人公~ (140, 0.1%)

3 の姿 2 がそれ, が戀人, にし, に見出した, のお, の名前, の王妃, は美人, は自分, を何

1 [117件] が, があやなされ, があらわれ, がいかにも, がかね, がこの, がその, がだんだん, が初め, が幻想, が彼女, が御飯, が或, が死ぬ, が比較的, が片腕, が男, が私, が穴蔵, が経験, が自分, が草原, が部屋, が首, だと, である, である女, である娘, である私, ですか, でその, として, としてこく, とする, ともう, と主人公, と云う, と使われる, と彼女, にした, になつて, に作為, に向かっ, に扮, に扮する, の, のうち, のつもり, のよう, のわな, のエゴイズム, のネルリ, のノラ, の上, の事, の個性, の冷めた, の吉村, の境遇, の容貌, の小間使, の幸福, の幻影, の幻想, の心, の心持, の心理, の性格, の態度, の戀人, の成長, の方, の未亡人, の母, の氣もち, の浪子, の物悲しい, の生き, の生活, の精神, の老父, の苦難, の語る, の運命, の顏, の香代, はこの, はそう, はもちろん, はソヴェト同盟, はマリア, は多く, は大きな, は尼さん, は掌, は日本, は真に, は若い, は酷薄ムザン, は音樂家, も, もただ, よりもや, を, をし, をした, をとおし, をもった, をモンティオン賞, を中心, を忠義, を慈愛心, を演, を突ッ, を芸術, 或は副, 覚えて

▼ 女~ (133, 0.1%)

4 の顔 3 と役者, の室 2 が長い, のなか

1 [119件] が, がありました, がいた, がいる, がお茶屋, がじっと, がふと, がホール, が三組乘, が二人, が仰山, が何者, が可哀そう, が吸い寄せられた, が大分, が店, が片隅, が訪問, が足早, が造花屋, が顔, が髪, が黙っ, じゃなかった, だけはおおいに, ではなかつた, でも何, というの, との会話, との応待, との話, との隔て, と思い, と肩, などは声, などは朝夕, などは朝夕親ん, などは蒼い, にはかえって, に対する店じゅう, に手相, に注いだ, に自分, に頭, のため, のオーバー, のトオク, の七分, の來, の全身, の執, の多かっ, の姿態, の往来, の恐れぬ, の手, の手紙, の方, の浅ぐろい, の為め, の目, の眼, の落着き, の訪, の贔屓, の足, の顔色, はいう, はさう, はとびあがる, はふと, はぽかんと, はまだ, はみんな, はわりに, は一気に, は低い, は入浴時間, は又, は堂内, は宮, は幾らか, は引戸, は心, は成駒屋, は手, は手提袋, は明らか, は時々, は格別, は浅草区西鳥越町, は湯, は稀有, は立, は話しかけられ, は面, は顔, ばかりが二三人一, ばかりが二三人一しょ, ばかりを注意, もあと, もあッ, もよかろ, も俄, も多かっ, も稀, も葡萄酒, や飲まない, をお, をひとり案内, をもてなし, を三階, を対手, を招い, を断わる, を片腕, を自分, を見た, を迎え

▼ 女~ (130, 0.1%)

4 の眼 3 のよう 2 がいつさん, のもの, は皆, を奪い

1 [115件] から育てられ, がい, がいかに, がいた, がいっしょ, がその, がそれ, がどういう, がやる, が一人一人発見, が九月十四日, が住ん, が列する, が実, が寢やう, が或, が持つ, が散在, が歌う, が母親達, が私, が美しき, が謙譲, が顔, でありました, と, となす, とはかった, と同じく, と諍い, にあり, にはこの, には禁じられ, にも許可, に会う, に對, に言葉, のあり, のそれ, のふる, の一人, の一生, の仲間, の住居, の信仰, の修道院, の化粧, の友だち, の埋まる, の女らしい, の姿, の布, の帰りかけた, の平和, の悲し, の戯れ, の手, の敬意, の洞穴, の白い, の礼拝堂, の群れ, の規則, の追憶, の隠語, の露店, の顔, はいわゆる, はここ, はそういう, はだれ, はほとんど, はベネディクト・ベルナール派, はベルナール派修道士ら, は一年中, は二列, は会員, は何, は何ら, は別に, は前面, は囚人ら, は夢, は大, は奥, は少し, は左, は店, は思いきり, は慧敏, は昔彼女ら, は死ん, は特別室, は私, は精神的, は綿撒糸, は美しい, は腕, は裳衣, は身元, は部屋, は重々しい, は陰気, みて, も決った, も若い, を, をからかっ, を人々皆後, を奪った, を指図, を斬るべく, を迷わせた, を追い散らし, を集め

▼ 女同士~ (119, 0.1%)

9 の友情 3 のこと, の話, の間 2 だから, の喧嘩, の細かい, は幾度

1 [93件] お老人, がよかろ, がより, が互に, が円滑, が夫婦, が言い交わし, が誘い合わせ, だ, だもの, だわね, で, であんた, でいっそ, でさえそれ, ですぐ, でそっと, でそつ, ではいっ, でもあり, でもこころ, でやはり, で一番気, で最初, で矢張り, で自分, で話, で語れ, で贔屓, で踊っ, といい, ということ, といったよう, といふもの, としてその, としてのいつわり, なる姑, にはみなちやん, にも戀仲, の, のあ, のあり, のいきさつ, のいやさ, のお, のお仙, のこころもち, のつかみ, のなみ, のほんの, のテーブル, の一, の一種執着, の下女, の争闘, の会話, の共感, の友達, の咄, の嫉妬, の寄合い, の小心さ, の心, の思い, の愚痴, の朋輩, の気, の異常, の痴話喧嘩, の痴話喧嘩みたい, の目, の眼, の競争意識, の習慣, の芝居, の葛藤, の親しみ, の話題, の連盟, の長, の鞘当て, はしきりに, はそれでも, はとかく, はわあ, は勘次, は樅, も男同士, よ, より却って, らしい話, 寄って, 苦しめあって

▼ 女に対して~ (117, 0.1%)

2 ざんげを, 懐いて, 男の

1 [111件] あまりい, ある感情, いさ, いつも注意, うんと贅沢, おばさんと, さほど厭, すること, する事, ずるいの, そうは, その執着, その肉慾, その逸作, それに, それ相当の, そんな感情, たいした興味, だれが, ちっとも自惚れ, とる態度, どういふ, どんな取り調べ, どんな男, なんの, まず男, また野村, まともに, もって, もつて, やりたいらしく学生, よく持つ, ゐれば, クレハの, 一つの, 一人でも, 不思議な, 乱暴な, 云ふ, 人間たる, 人間として, 何の, 何んな, 俺が, 冷淡で, 冷淡を, 半ば同感する, 却って云い知れぬ憐れみ, 同情の, 向うと, 女と, 好きか, 妙な, 威張って, 嫉妬深い, 将軍夫人などという, 尊敬を, 常に自信満々, 強権的で, 強要は, 当時色々, 形容詞の, 影口を, 彼は, 律儀な, 従順である, 心が, 心に, 怒り出した, 性慾的な, 性欲を, 恋などを, 愛嬌の, 感じた情, 憎しみも, 憎悪の, 手紙を, 才が, 打ちこんで, 抱くだけの, 早くより, 極端に, 深い感謝, 無条件な, 熱愛が, 現実的なる, 男が, 直吉は, 眼を, 知りながら, 第一, 精神的な憧れ, 終に自己, 義務のみ, 自信を, 自分が, 自分の, 自分は, 興味が, 興奮した, 薄情な, 観察の, 貴き精神内容, 道徳上とやかく, 酬ゆる, 隠元田螺の, 非常に, 飛んでも, 馬鹿らしい狂言, 馬鹿馬鹿しいロマンチック, 驕慢な

▼ 女だって~ (105, 0.1%)

3 云う事 2 いうぜ, 生きてるとき, 自分の, 苦しむだけじゃ

1 [94件] あさってに, あの女, あまり口数, あるん, いうから, いうこと, いうん, いうんで, いう事, えから, おんなじ人間, お兄様, ことが, このくらい, これほどの, そうは, そうよ, そう踏み, そのくらい, その臭い口, それが, そんなに細い, どうせ人間, まさかこんな, もう結婚, やはり電車, わたしあ, ドリス, プロレタリアートなら, ホールへ, メトロの, 一生懸命という, 事に, 事を, 二人なら, 云いましたからね, 云うと, 人を, 人間です, 何処へ, 何処へでも, 信玄袋を, 副食物拵え, 友だちだ, 双刀, 同じさ, 同じと, 同じ人間, 君なんぞの, 君よりは, 吸って, 多数の, 女かも, 女房に, 嫌な, 子供じゃあ, 容姿から, 容易な, 少しは, 岡っ, 年に, 弱いけれど, 怒るでしょう, 思いがけない処, 恋に, 構や, 死人じゃ, 沢山います, 沢山いる, 活物だ, 理性の, 生産単位として, 男だって, 男と, 男の, 男の子を, 男並に, 祇園の, 自分が, 裸が, 言いますぜ, 言うけど, 許して, 貰おうと, 軽業お初と, 途中で, 遠くが, 酒を, 銘々性格が, 随分ウカウカ, 雲雀の, 霊いが, 飲めなくては, 馬鹿だって

▼ 女學校~ (104, 0.1%)

7 を卒業 4 を出 3 の寄宿舍 2 である縣立, に學び, に教鞭, の先生, の教師, の校長, の椅子, の生徒, へ行つて, へ通

1 [70件] からお, から女子挺進隊, があり, がある, が乃ち僕等, が校歌作成, だけですむ, ででも教師, で一緒, で教育, で死んだ, で習, で運動會, で開かれる, となり, と謂, なぞとは違つて, になっ, にも勤め, にやられない, にゐた, にゐる, に二三年, に入, に入る, に出, に出し, に勤め, に在る, に奉職, に當時, に轉任, に通, の, の一團, の上級生, の不始末, の倫理, の制服, の制服姿, の卒業式以來一度, の古い, の名前, の國語漢文教師, の女子運動, の家政科, の教諭, の教頭, の時, の校舍, の遠足, はかねてから, はなかつた, は中途, は其の, へいく, へかよつて, へはひる, へも行かんしよう, へ入, へ行かし, や女學生, を出た, を出なかつた, を出る, を創め, を卒, を卒へた十七, を去年卒業, 在學中

▼ 女に対する~ (103, 0.1%)

6 男の 3 封建的な 2 一種の, 彼の, 心持の, 恋の, 愛が

1 [84件] あらゆる若い, および神近, こっちの, ことが, この古来, ごとく畏まった言語, さまざまな, すべての, ときの, なだめよう, むか腹立, 乱暴にも, 仕打は, 伝六郎の, 例の, 僕の, 優しい期待, 前の, 劇しい, 劬り, 君の, 呪咀と, 嗜好が, 執着が, 場合能きる, 好奇心は, 妙な, 嫌悪と, 封建性を, 年ごろの, 強烈な, 強烈無比な, 彼女の, 心からの, 心の, 心理が, 忠相の, 恋情は, 悪口は, 愛である, 愛情の, 愛欲の, 感じが, 態度から, 態度に対して, 態度の, 慾求を, 成年戒, 敬遠の, 春一の, 智識と, 未練からの, 根本の, 正当に, 残った愛, 淡白さ彼女は, 淫虐と, 渠の, 烈しい愛, 焦燥が, 煩悶それを, 理会言ひかへれ, 甘さ, 疑を, 眼だ, 礼は, 礼儀の, 美醜の, 羞恥の, 肉親の, 自分の, 自己の, 自然で, 興味の, 興奮が, 見かた, 見方が, 言葉づかいも, 貞操とか, 過去の, 関係について, 関係を, 雇い主という, 青年英雄の

▼ 女~ (102, 0.1%)

5 の中 4 の衣 3 の手 2 の口, の名, の姿, の心, の様子, の色紙, は自分

1 [76件] かなんぞのやう, が, がいや, が一人, が出, が山の手, が本来, が聲, といふこと, とかお, とちがっ, とも判断, と為す, など猴, なんぞをお, には一寸, にむけ, によつて, に云った, に思いくらべ, に気, に渡し, のおす, のかお, のさる, のすき通る, のそば, のやう, のわき, のゐる, の代表的, の唇, の大きな, の居る, の後姿, の権力, の歌, の目, の知合い, の祖, の美貌, の耳, の褒め, の託言, の身, の遠祖, の酋長, の首長, はするだらう, はその, はそれ, はたえられない, はだまっ, はにげる, はまだ, はまぶた, はよく, はソー, は光君, は後向, は後室, は御, は恐れる, は懐硯, は来ない, は浅間, は海辺, は眉, は縁側, は額髪, もうとしごろ弟君, もそれでは, も嫌, よなつかしき, をつきとばす, 最上位

▼ 女とも~ (101, 0.1%)

3 人には, 別れなければ 2 思ふ, 沢山接し, 男とも, 見れば

1 [87件] あまり口を, いうべき豊饒, いえる, いえるでしょう, いちど会っ, いふべし, うけとれるアクセント, これで, その後再び, それは, つかないよう, つかない繊細, つかぬ若い, つかぬ風態, なりえたの, なる, に今, みえません, 一緒に, 七年間ひと足も, 云うの, 云えますなあ, 今は, 付かない, 何か, 何とも思, 何とも思っ, 公けに, 分らないいや, 判らない人, 別れた, 別れたくないの, 別れて, 別れてね, 別れること, 區別の, 十人並の, 善光女とも, 声は, 女子とも, 家政婦とも, 寝てるじゃ, 年寄りとも, 弁別える, 当然ちがう, 形式試ケンで, 後姿の, 思えないが, 思えなかった, 思えぬ窈, 思えぬ迅さ, 思はれません, 思ふべけれど, 思へない程, 思へぬほど, 思われない, 思われない壮烈, 思われません, 恋らしい, 意識しなかつた, 有耶無耶に, 来たこと, 歌妓とも, 片の, 知りあいに, 私娼とも, 秋山要, 考えられるの, 考へては, 見えない狂女, 見えん, 見まごう整った顔, 見わかぬ風俗, 見紛うたふくよか, 親しくなっ, 言うし, 言ってないじゃ, 言つてない, 言ふし処によ, 言わず郊外, 訳し居るが, 識る, 身投とも, 近付, 遊んで, 附かず男, 附かぬ奇妙

▼ 女~ (101, 0.1%)

3 の眼, はその 2 が, が去, の顔, の鼻唄, は今どこ, もゐた

1 [83件] が子供, が寫生, が文子, が新しき, が甘海苔, が趙, であった, と, と署, にしばしば, に優れる, に向, に彼等, に近, に酒, のいと, のくぼを, のさやぎ, のもと, の一人, の乳房, の事, の冷たい, の声, の手足, の文章, の本体, の為め, の生活, の群, の耳語, の苦しい, の親子批判, の言葉, の話し声, の頬, の顏, の香, は, はいずれ, はこの, はそれ, はた, はど, は中, は二人, は互に, は何ん, は先, は公然, は女学生, は恐ろしく美しかっ, は手, は持ち前, は未だ, は此, は殆ど戀, は皆少時, は精緻, は衣類, は誰もかも, は辛い, は遥か, は邪魔, は鏡, ほどへてこれ, も, も金切り聲, や死人等, よ彼等, を, をひやかす, を仮に, を憎く, を指, を相手, を眷属, を知ろう, を見よ, を追, 専ら下, 美しく品物, 若し

▼ 女って~ (100, 0.1%)

19 ものは 6 えもの 4 やつは 3 そんなもの, 云うもの, 奴は 2 どういうの, のが, ものはな, 浅間しい

1 [54件] あさはかなもの, あるもん, あれは, いいもん, いったいどんな, えの, えば, お内儀, ことも, これだ, こんなもの, こんなもん, しっかりし, そうな, そんなに嘘, だらしが, なんだ, のは, のを, へんな, みなばかだ, みんな私と, ものあ, ものの, ものはなあ, ものはね, やつ他愛は, やつ妙な, 一皮むけば, 世間は, 云うこと, 優しくて, 凄いもの, 嘘ばかり, 奴あ, 奴が, 妙な, 小説か, 損ねえ, 格別きれいな, 気の, 水神様の, 獣は, 男が, 皆こんな, 皆そう, 皆哀しい, 私が, 結局しかたが, 見たこと, 誰だい, 誰です, 随分失礼, 駄目だ

▼ 女乞食~ (93, 0.1%)

9 のお 2 が, が二歳許, が土下座, にし, の周匝, は奉行所, を思, を見た

1 [68件] いずこよりか, から手, がいた, がこ, がひとり, がよもや, がロハ臺, が俄盲, が大, が宮廷, が日, が栗鼠外套, が私, が驚い, だ, であった, でありされて, とは見えぬ, と思い儲けぬ, と繋いだ, にした, にドルフ, に手, に打っ, に投げ与えました, に掌, に渡されました, に肖, に腕立て, に金員, のうす, のする, のその, の二, の仕方, の出来, の前, の姿, の掘出しもの, の方, の泣く, の異変, の眼, の腕, の葬列, の身, の醜い, の顏, の顔, は, はいま, はその, はどう, はわたくし, はわア, は今, は咄嗟, は早速, は泥濘, は珍しく, は痩せた, は訴える, も死んだ, を救いたる, を洗った, を洗つた上, を追, 少くとも

▼ 女~ (91, 0.1%)

2 がこの世, に別れましたせゐ, の手, の涙, の狭い

1 [81件] か認識, がそりゃ, がつき添っ, がない, がわり, がヒステリイ, が先, が少し, が幼い, が相談, じゃからッ, じゃった, だけになおさら, だけに子, だという, であるかを, です女親, とあと, というもの, といふもの, といへ, としての, としては淋しく, として知らず, とてこれら, との愛, とは愚か, なる人, にし, にはな, には娘, に似, に似る, に別れる, に女の子, に対して斯, のいちばん, のいない, のせい, のまえ, のみが発明, のよう, の卵巣組織, の境遇, の役目, の愛, の愛情, の感情, の憂い, の手ひとつ, の手一つ, の扱帶, の方, の様, の櫛名田姫, の泪, の甘, の甘い, の私, の聲, の肌, の胸, の馬鹿, はあまく, はやはり, は乾, は危く涙, は場合, は女親, は妙, は甘い, ばかりで随分, ほどにまで強く深く, まじりに, も売笑婦, をとり乱させる, を一つ, を圧迫, を失った, を慕い, を附け込む

▼ 女自身~ (90, 0.1%)

2 のため, の生活, の行為, も神

1 [82件] からは乗り出せない, から進ん, がそれぞれ自分, がただ, が一つ, が一番, が世の中, が人, が兵士, が単独, が墓, が女, が女同士, が必ずしもさ, が書いたら, が白封筒, が知っ, が考え, が自身, が餘, すら驚嘆, であること, でした, ですら, で光, で毒藥自殺, にあっ, にとって勇敢, にもよく, にも悲しい, にも自分, にも覚え, にも追, によりもいくら, に愛, に感じ, に病的, のうち, のうち明け話, のむす, のもの, の低, の個性, の労作, の右, の命, の天賦, の姓, の実感, の強味, の心, の心覚え, の恥辱, の意志, の手, の無, の無力, の物好き, の眼, の祕密, の経済的無力, の誓い, の誤り, の足, はい, は何, は八百歳, は知らない, は義雄, ましてインテリゲンツィア, もその, もふしぎ, もまた, もむす, も思ふ, も流行る, も艶, も言, わからなかった, をのぞい, を腐敗, 知って

▼ 女~ (89, 0.1%)

13 の方 5 の客 3 の中 2 ですよ, のほう, の天井, の扉口, の流し, の浴槽, の石榴口, をあけた

1 [52件] から出る, が総立ち, であった, で子供, で惨殺, で歌, とある, というもの, とにわかれ, とのあいだ, との仕切板, との境界, との真ん中, との間, とを仕切る, と男湯, にも人, にも大変, にも板の間, に二つ, に入る, に多かっ, に聞かせよう, に駆けつけた, のよう, の入口, の内部, の区別, の境, の天井裏, の天窓, の広, の惨殺体, の戸, の揚場, の流し場, の脱衣場, は一種, は外囲い, は男湯, は遅く, へも早く, へ入っ, へ早く, へ来た, へ行っ, へ這入っ, もたま, をのぞく, を見下ろし, を覗く, 必ず隣り

▼ 女~ (88, 0.1%)

3 向って, 手紙を 2 云った

1 [80件] あんなに忙しく, いい直した, いった, お手, お言い, こう云っ, じっとその, そっと訊ね, その呉服屋, その手紙, それが, とうとうその, なら巻軸, のきまつた仕送り, ぶっつけたり, またの, むける態度, やつた, よく目, よこしたやはり, ガチリと, チョッカイは, 両者の, 二つ三つ訊問した, 八重子は, 合圖を, 向った, 寄せて, 対するもの, 対する本能, 對する, 届くやう, 当てたもの, 往った, 恥を, 打ち明けられよう, 掛かって, 斷り, 書いた, 書き送った, 来た, 渡したの, 渡して, 渡り歩く一番下等, 渡り歩く男, 猿轡を, 用を, 男の, 町人が, 當て, 目を, 直素直, 眼を, 着せ堀, 知らせに, 私は, 移した, 移った, 移る, 積極的には, 糸箱から, 細かく物語った, 縋ったが, 聲を, 話しかけた, 誘惑する, 調戯たがる, 謝罪す, 貴郎, 贈り物に, 身を, 近づくにつれて, 近寄って, 迫って, 迫るため, 都合を, 金の, 頼んだ, 頼んで, 飛びついた

▼ 女でない~ (86, 0.1%)

8 ことは, ことを 3 ことが, ことも 2 ことだけは, ということ, と云, と思, と思っ, のを, ような, 事を

1 [48件] あんな素晴, おれは, か, かと思われる, から, からかも知れない, から猿, ことや, だけは事実, だけは事實, とあの, という事, という点, といえ, といふこと, とおっしゃっ, としてもとにかく, としても悧巧, とする, とて逐歸, とは云わぬ, とは決して, と信じた, と内職, と告, と大, と天草, と思える, と思った, と満足, と確か, と芸者, と阿Q, なんていう, のだ, のです, のみならず, ものに, やうな, ようにと, 事だけは, 事は, 嘘を, 女の, 女を, 女房は, 者が, 者まで

▼ 女~ (85, 0.1%)

4 の張本 3 の小波 2 が入っ, は滝太郎

1 [74件] お滝, がそれ, がなんでわざわざ, が不便, が入, だという, って人, であったとしても, であるという, であるらしい, となり, とは, とはいえ, と判官, と南, などではあるまい, なの, にだまされたらしい, になっ, に不思議, に扮, に盗まれた, に縄, のけはい, のする, のはかり, のもえる, のよう, の下っぱ, の噂, の大将, の威望, の巨魁, の張本傾城小銀, の張本赤格子九郎右衛門, の手, の方, の智恵, の気違い, の用心, の盗んだ, の眼, の胸, の自尊心, の誘拐, の誘拐計画, の車, の隠れ家, の面影, の顔, の黒衣, はいきなり, はいとも, はこれ, はしかし, はその, はまだ, はハッ, は一体全体, は今, は大急ぎ, は数年, は美しい, は身体, は髷, ばかりで, もまけない, らしくテーブル, をにらみつけた, を促し, を捕えよう, を逃がした, を顎, 見返りお

▼ 女ばかりの~ (82, 0.1%)

2 家に, 端居かな

1 [78件] ところを, どの人も, アパートには, アパートは, クラブが, ボートで, 一と, 一区劃であっ, 一家では, 三人暮らしであった, 世帯だ, 世帯で, 世帶では, 世帶の, 世界であったら, 事へる, 催しを, 党を, 処で, 処へ, 国は, 大世帯, 奉仕隊が, 奥の, 妄想が, 姉妹たちの, 学校と, 学校は, 室へ, 家で, 家では, 家は, 家を, 家庭で, 家族という, 家族の, 家族を, 家族環境女性的な, 寂しい家, 寮と, 小集団, 弱い家庭, 心理葛藤に, 所へ, 手で, 文明であれ, 旅です, 旅では, 暮しから, 暮しでは, 暮しに, 株式会社, 株式会社は, 株式会社も, 楽屋に, 水入らずの, 消防団まで, 淋しい年越, 湯壺に, 湯壺の, 生活であった, 生活に, 生活には, 生活の, 生活を, 留守を, 盆踊りを, 私たちが, 空気が, 舞台といふ, 芝居へ, 部屋へ, 部屋借りで, 都, 間に, 集りの, 音楽の, 黒衣の

▼ 女軽業~ (82, 0.1%)

35 の親方 8 のお 6 の小屋 5 の美人連 4 の一座 3 大一座

1 [21件] と書い, などというもの, にしろ, のおち, の一行, の中, の元締, の前, の太夫, の娘, の掛小屋, の棟梁, の看板, の芸人, の親方以上, の連中, の頭, の頭領, や力持, を憎む, を見物

▼ 女でした~ (81, 0.1%)

1053 が, よ親分 2 から, からな, がさすが, がその

1 [52件] かお, からしたがって, からそんなに, からね, からもし, からやっと, から反射的, から和尚さん, から変, から帰りたい, から突如, から若い, から變, から頼まれ, か男, がこれ, がそれでも, がね, がほか, が一たび, が七本, が何, が何分, が僕, が可哀想, が善, が夫卓二, が女, が少し, が年, が彼女, が御存じ, が御新造さん, が急報, が悧口, が根, が正直, が死ん, が男, その女, ね姦通, ね生かし, ので同じ, もの大した, よあれ, よ薄暗く, 下女の, 無論その, 私が, 若い綺麗, 蒼白い品, 血の

▼ 女としては~ (81, 0.1%)

2 かなりのて, もう年増, 朝霞に, 相当の

1 [73件] あまり存在, いえなかった, およう, かなりゆたか, この上, これからほんとう, これまでの, そのやう, それが, それも, そろそろ老い, そんな思い, まことに尤も, まして若い, まず品, まア八十点, もう充分, よく決心, ゼロだ, 一度も, 中途半端は, 九州に, 何といふ, 何より彼, 余程正直, 全く意外, 全力を, 全然彼, 冒険に, 別に目立つ, 可成理解力, 唯一無二の, 大がら, 大柄である, 大柄の, 完全以上に, 寧ろ短い, 小夜子は, 幸福な, 幾分反り気味, 思い切った冗談, 思ひ切つたこと, 恐ろしさ, 恥かしがる, 早晩夫を, 昼間きれいで, 最高学府を, 栄華の, 正しい道, 此上も, 殊に変つて, 水準以上の, 水際だ, 浅草の, 煩悶を, 物分りの, 特にね, 珍らしい, 珍らしい冴えた, 生きて, 神に, 肥え過ぎるほどにも, 背丈が, 腹が, 見せつけたの, 達者で, 重い方, 頭が, 顔や, 驚くばかりに, 高い方, 高い身長, 黒い方

▼ 女生徒~ (81, 0.1%)

3 の群れ 2 が台所, には無論, に裁縫, はことし, は男生徒, よりも一人前

1 [66件] からの文通, がいる, がお, が一人二人, が三人通り, が出した, だったが, だとかいう, である, というの, とが田舍者, とは別, と呼ぶ, と鼻, にたいしても人間, には父兄, に向っ, に唐詩選, に担がれ, に笑い, に近づいた, のつくる, のよい, のよう, の一人, の一群, の中, の先頭, の割合, の多く, の家, の座談会, の恥し, の扱, の方, の田原ひで, の畑, の着物, の綴り, の羞恥, の背中, の臀部, の荷物, の蝶子さん, の話, の門, の間, はこの, は入口, は女優, は新しい, は殆ど, は階下, まで工場, もあれ, もまじっ, も多く, も学内, らしかった, らしかつ, をつれ, を接吻, を率, を置い, を走らし, を預る

▼ 女だてら~ (79, 0.1%)

5 に, に大 2 にあられ, に男

1 [65件] あの胸, といおう, とたしなめた, にあぐら, にあまり, にこういう, にこの, にこんな, にだいそれた, にと思われたくなかった, にばくち, にバクチ打ち, にポンポン, に一人, に乱軍, に何, に党, に入口, に力, に十手, に口説きかけ, に喧嘩, に団八, に声, に大尽遊び, に太, に好き好ん, に少し, に屋根, に山かん, に岡, に平手, に怖, に折角, に掴み, に掴み合い, に旗本組, に昼間, に木太刀, に机, に気, に海岸, に狙っ, に理窟, に生血, に眼, に綽名, に自転車, に薪, に見, に見物, に親分たち, に親父, に言過ぎ, に負け, に酒, に酔っ, に鞘当, に鞘當, に飲めます, のお召, の動作, の血判, の遠慮, やけれど

▼ 女よりも~ (78, 0.1%)

6 男の 2 はるかに, 好きな, 恩寵を

1 [66件] あのアパート, あやしい快楽, いい顔, かう言, かえって自分, さらに男らしく, すぐれ女, その表情, つよい嫉視, なお一層, なほ厄介な, なよやかな, みごとに, もっとしきりに話しかける, もっともっとふしぎ, もっと地道, もつと, やさしい性情, よほど執念深い, スリルが, ノーブルで, フランスの, ロマンティストの, ロマンティック趣味に, 一日二日早く, 上手に, 久子さんの, 二つ三つも, 亭主を, 他人の, 他氏の, 僕には, 優しい親切, 先に, 八歳の, 処世に, 勝れて, 反って, 品の, 大きい気, 女らしいよりも, 女らしく人形, 寧ろ眞, 弱々しく小児, 強いかなしみ, 悪い者, 情熱的であり, 手足が, 欲望も, 気の, 気弱で, 決心かたく, 浅ましい熱情, 烈しい愛, 男ビールよりも, 痩せた女, 真っ白くなっ, 矢張り女房の, 稚馴染, 美しい, 自分の, 自由であった, 見えながら, 身に, 遥かに, 酒酒よりも

▼ 女部屋~ (75, 0.1%)

5 のほの暗い, の窓, の老女たち, の薄暗がり 4 は日あたり, までも何時, を出ぬ, を膝行 3 に起き臥し, の方, まで来る 2 まで來

1 [28件] からお, から出, から終に, から膝行, でのひそめき, にはぢ, に休ませる, に伝わった, に入, に寝, に平常着, に掛け, に起き伏し, に起き臥しし, のこと, のもの, の壁, の宰領役, の構え内, の錠口, へお, へは来ません, へ往, へ来, へ来ない, へ預けれ, までも何時もずかずか, を出ない

▼ 女にとって~ (74, 0.1%)

1 [74件] あとあとの, おれは, お銀様, きびしくとも, この錯倒的, これまで, これより, こわい光, その恐るべきこと, それは, である, どういう意味, どんなこと, どんな苦しい, どんな苦しみ, もう一度新た, マルクス主義的世界観が, 一つの, 一ばん恐し, 一生の, 一番の, 不仕合せな, 何か, 何かの, 何と, 何と特別, 何の, 何よりの, 切ない板ばさみ, 別々の, 危険な, 大したこと, 大切な, 夫は, 実に幸福, 家は, 家庭は, 当時の, 当然と, 影の, 必要な, 忘れられないこと, 思いやりない, 恍惚の, 悲しいもの, 悲しい残念, 意味の, 時の, 最も非, 染汚, 此上も, 洋装は, 父兄弟という, 生命がけ, 生涯に, 男という, 男を, 画期的な, 着物の, 社会生活が, 結婚が, 職業か, 自然でない, 自由だ, 良人を, 苦しい二重性, 苦しい日本, 苦しい結婚生活, 辛いか, 随分不自然, 面倒な, 馴染の, 魅力が, 龍子は

▼ 女であり~ (70, 0.1%)

2 さえすれ, その他にも, ながら私, 私と

1 [62件] いつでもの, かつての, さえすりゃ, しかも二十六歳, そしてこの, その仕える, その弱点, その養女重子, それらが, ながら, ながらしかも, ながらそれだけ, ながらまるで, ながら何となく, ながら偏屈, ながら先, ながら御, ながら男, ながら稲荷様, ながら英国陸軍士官, また彼女自身, また猿, また身, ままごと狂女の, ワクの, 一室の, 今又, 以後数代南部信濃守と, 其仕へる, 勤労で, 夫婦であっ, 女らしいと, 妙子と, 妻である, 娘である, 娘と, 嫁に, 子である, 常識的な, 日曜日の, 日本の, 朗であり, 未婚であり, 本当の, 海晏寺の, 牧師は, 生半可の, 男として, 男は, 町娘ふうに, 粗野な, 素直な, 綱宗の, 美名とか, 自分は, 自分を, 良人の, 若いさむらい, 近松自身の, 酔っぱらいである, 采女は, 鼻っ

▼ 女ながらも~ (68, 0.1%)

3 離れとも 2 富五郎は, 師範出だ, 立派な

1 [59件] お隅, かう生れたらん, この怨み, ずば抜けた知恵者, そういう画材, それは, それを, もう覚悟, やはり一人, アッパレさね, 一党の, 一生懸命に, 一生懸命重い, 上手に, 仇を, 仕事師としては, 其由の, 再度願, 再挙を, 切り捲く, 千々に, 命限りに, 咲耶子までが, 大看板, 大親分, 大豪族, 将帥の, 山間の, 帝室技芸員歴と, 幸蔵主殿は, 店肆をも, 強そう, 心に, 心得たもの, 心男々しき, 必死の, 捨ておき難き, 掛縄投縄引縄釣縄抜縄何でも, 敵討を, 明暦義党の, 歯痒い位, 汝らごとき, 無念に, 田宮流の, 白無垢の, 相当教養, 立て者, 米国政治家の, 胆の, 胆ッ玉の, 自力で, 自宅に, 西大陸の, 見惚れて, 誰かと, 遂ぞ, 部下を, 骨の, 齒痒い

▼ 女~ (67, 0.1%)

62 の宮 2 の尼宮 1 の宮以外, の宮内親王, ノ御子

▼ 女殿~ (66, 0.1%)

2 か, は, をその, を置く, を連れ

1 [56件] いつもの, が拙者, が策したと, が萩丸殿, こまりましたな, だけがその後, ちょっと戸外, でも, とうとう成功, とうとう目, とわし, と引き合わせ, なかなかお, に, にとりましては色仕掛け, には, にはそこ, には三十郎, には例, には可愛らしい, には昔, にも是非とも, に策, のそういう, の場合, の帰られる, の本性, の様子, の様態, の歌声, の母親, はいなかった, はどこ, は人波, は助けなけれ, は時々, は行衛不明, は難役, へお知らせ, へは拙者, へ訊い, も, もおいでなされ, も洞窟, をそこ, を助け, を取り返す, を宿, を当方, を林蔵, を見失っ, を頂戴, 仰せられたい, 要介, 要介お迎え, 開けまする

▼ 女事務員~ (65, 0.1%)

2 と云っ

1 [63件] があつまった, があれ, がおる, がお茶, がくぐり, が公務, が受け損じる, が売店, が大抵, が小さい, が評判, が駈け込ん, だけはそんな, だけを懲罰的, でも支店, とおぼしき, とか令嬢奥様, として務め, との間, とも仲, とを昔風, と腰弁くら, と話, なぞを見, なン, にあんた, にでもなる, になり, に一寸, に似, に出された, に案内, に聞い, に訊ねる, に退職手当, のこと, のよう, の一人, の一部, の仲間, の倒れ, の大, の年増, の方, の社会生活, の群衆, の青, の顔, のS子, はみょう, はみんな, は一日一日, は大抵, は茶, は辞職, も町娘, や女給達, をかかえ, を今, を募集, を呼びあつたりしてゐた, を箇人紹介, を雇つた

▼ 女だけに~ (63, 0.1%)

2 信吾は

1 [61件] いじらしさ, お媼さん, お杉, こちらの, この一行, さすがに, しどろもどろな, すれば, そう云う, その淋し, その話し, それを, つつましさ, てかけという, とうとう親, ふびんだった, まことに上品, まず遮った, ませたこと, また格別, まったくおそろしい, もう一歩, もう生き, やはり妙, 一時間も, 二人の, 二十年後の, 他人の, 何處と, 別に反抗, 厄介です, 口数の, 声を, 女の, 家の, 富岡は, 将軍家の, 居催促も, 底まで, 彼の, 彼女は, 御米, 心配し, 忘れないで, 手燭を, 敏感で, 敏捷な, 棉の, 深くかかりあう, 男を, 相手も, 矢張り妙に, 笑いながら, 聲を, 自分の, 薄汚ない, 蝙蝠傘で, 通ずる微妙, 遂に大藏, 限ったもの, 随分曲りくねっ

▼ 女より~ (63, 0.1%)

2 さきに, はるかに, 外に

1 [57件] いっそうパリー的, お園さん, すこし分量, その範囲, ないはず, ほかに, ジャルウズ, ハべし, 一桁張りの, 一段と高い, 一足先に, 二千年も, 五つ六つ若く, 余程美人, 偉くなる, 出づ, 十倍も, 十分間ばかり, 叔母の, 取りまた, 受取る, 告訴せらる, 品行が, 大事起らん, 女に, 女の, 少し背, 年を, 年増女の, 年嵩だ, 心から思う, 思い詰めさせる男, 思ひ詰めさせる男, 慈悲が, 慾です, 承わっ, 時間的な, 椿艶, 洩れ來, 浅く大様, 特権を, 生れしもの, 生れし人, 男に, 短かった, 立ち勝り, 自分の, 誠意を, 転じて, 軽いもの, 輕薄な, 選ばれ君, 金魚の, 階級的に, 雨の, 面白いのにね, 飛んだ洞察力

▼ 女なんて~ (61, 0.1%)

8 ものは 2 一人も, 云うもの, 自分の

1 [47件] ありますか, いうと, いうもの, いないもの, いふこと, いふもの, いやだ, おっかねえ, おろかな, ことを, そんなつまらない, そんなにいつも深い, そんなに軽々しく, そんなもん, そんな下らない, そんな原始的, つまらねえもん, どうしてこんな, どうせいつか, どうせ自分自身, どうもこりゃ, どっちへ, どんなに嫌, ひとりだ, ひとりも, まだ見た, みんななっ, もっての外だ, もともと, ろくなこと, ソンナもんだ, 一人で, 不思議な, 化物は, 千人に, 大したこと, 好きじゃ, 実際分らない, 弱いもの, 条件を, 柄にもねえ, 滅多に, 甘め, 男の, 行くとこ, 駄目だ, 魔物です

▼ 女同志~ (61, 0.1%)

2 だと, でなければ, のこと, の友情, の親密, の話

1 [49件] がああ, が初対面, が向き合った如く, が向き合つた, が囁き合, が好い, この苦しい, だけ初め, だもの, である場合, でいつ, ではない, で同じ, で幾組, で惻隠, で此, で湯治, で組まない, で自分, で踊る, という縁故, という諺, とかが多い, としていくら, としてしん, にても見よ, のあいだ, のつかみ, のひいき, の低い, の友達, の好奇心, の心, の愛, の憚り, の方, の真剣, の親しき, の間, は一緒, は互に, は同類, は無言, は直に, は話した, は重, は重宝, も言葉, 若侍

▼ 女ひとり~ (60, 0.1%)

2 が何, だ, の仕合せ, を殺し

1 [52件] か, がだめ, が加わっ, が四ツ, が夜道, くらいにその, だけと, だ大丈夫, で, である, でうろ, でこれ, では夜, でやはり, でよう, で参詣, で思い切っ, で歩い, で江戸, で船, で諸事, とあなどっ, とあなどる, と云え, なの, にかかっ, にそう, にそんな, になった, に大勢, に就い, のうしろ影, のせい, のところ, の動き, の姿, の寝, の所帯, の暮らし, の生命, の生活, の身, の部屋, は五分月代, は初めて, をどう, を取巻い, を引っ立て, を打っ放す, を持てあまし, を請け出す, 死ぬよう

▼ 女なんか~ (58, 0.1%)

3 一人も 2 目も, 相手に, 要らんぢ

1 [49件] ありゃしないよ, ありやしないよ, あんな美しい, いくらも, いはしない, いやだ, おいら大, かみさんなんか, けがらわしくって, こなければ, すぐに, そうザラ, だと, でも, どんなの, ないん, なんだ, なんでえ, ばかに, ひと眼, みんな豚だ, よしたが, ゐない方, 一人だって, 世の中は, 仕方が, 伴れ, 何かといふ, 何でえ, 勝手に, 女では, 女なんか, 悪魔に, 振向, 揶揄う, 撮って, 新しがっ, 来たって, 来て, 来ませんよ, 殊に思ひつめ, 決して其那こと, 真平だ, 私に, 要らないと, 見て, 買う気, 連れ込んで, 顔でこそ

▼ 女~ (58, 0.1%)

2 お前は, それを, わしは, わたし自身よ, 彼女らは, 落葉松よ

1 [46件] あな, あなたは, うれし, お前の, この方, これを, その懶, とてもお, なし, なぜ私, なんで汝, にこ, むねを, めぐし姪姫, やがて戦慄, アキリュウスの, 今こそ, 俺に, 兄を, 再び暗, 口を, 君を, 天国愛恋自由とや, 女は, 女よ, 女よと, 心安かれ爾, 心弱きとは, 思ひ出て, 我は, 更に我, 書いた, 森へ, 歌へ, 武やん, 爾は, 男と, 眠れ爾, 祈願きこしめし, 窓を通して, 笑って, 胸乳抑, 臓腑の, 若先生, 菊女よ, 菊女よわし

▼ 女でなけれ~ (56, 0.1%)

8 ばならない 3 ばいけない, ばならぬ 2 ばできない, ばならず, ばわからない, ば書けない, ば用意, ば解らない

1 [30件] ばこんな, ばそれ, ばつかまない, ばつとまらぬ, ばならなかつた, ばなりません, ばやせよ, ば一流, ば使, ば供, ば出ない, ば出来, ば出来ない, ば出来ぬ, ば分らない, ば分らぬ, ば即ち, ば善惡, ば打ちのめし, ば持っ, ば無, ば理会, ば真面目, ば示されない, ば穿鑿, ば行けない, ば表せない, ば解, ば解らぬ, ば触れる

▼ 女~ (55, 0.0%)

30 やない 11 やありません 32 やあるまい, やア 1 やお, やから, やございません, やねえ, やわからねえ, や失敗, や御座いません

▼ 女役者~ (55, 0.0%)

4 の一座 2 の扇女

1 [49件] あがりの, が乗込ん, が座頭, が弟子, だ, だって学問, で, であった, でござる, ではあります, で私, とか奸黠, としてその, としても立て, と呼ばれ, と娘義太夫, と脇役者, なんてあたしたち, にこんな, にし, について申し上げる, になっ, にもなれ, のあいだ, のおも, のはじめ, のみで一座, のもの, の住居, の八重梅, の女王, の存在, の常, の悪い, の最後, の死骸, の群, の荻野八重梅, の阪東小篠, はこの, はルイ子, は縁日, は舞台, もそれ, も急病, や半, らしい, らしい女, 随分沢山集まっ

▼ 女さん~ (54, 0.0%)

2 の実家, の訃, は俳句

1 [48件] あたくし, あの辺, からも椿子句会, かを突きとめ, がある, がもつ, が亡くなられた, が刺繍, が寂しく, が師匠, こんなきれ, て妙, です, ですよ, といえ, ならば, に会った, のお, のおっ, のこと, のファン, の刺繍, の姿, の家, の形見, の折角, の数寄屋町在住, の方, の百ヶ日, の著書, の足もと, はせかせか, はとっとと, は一人生活, は並の, は佝僂, は妙, は果報者, も, もし手すき, もなん, も初め, も疾うに, を引き取った, を見舞, を視, 可い, 御婚礼前

▼ 女などは~ (54, 0.0%)

1 [54件] あからさまに, いくらも, お犯し, けがらわしきものみたい, その筆致, それとは, それどころぢや, どこにも, にこにことして, みんなそうした, めったにない, よく, ベラ, 一人も, 九十二歳で, 人形の, 作者の, 全く貴婦人, 全治し, 其上洛の, 凄味が, 到底東京, 前に, 夜歩きは, 大分に, 天が下二人に, 少しかわっ, 少しも, 居ないと, 峰が, 強うございます, 数え年で, 斯うし, 昼間出逢っ, 極めて文化的, 此の, 気働きの, 気味わる, 永久に, 決していない, 浅墓, 男客の, 皆んなさうし, 目先に, 立ち止まって, 絶対に, 置かなかった, 蛇を, 見向きも, 視野の, 随分余計, 髪を, 髪切の, 魂を

▼ 女~ (54, 0.0%)

2 のため

1 [52件] がまず, が何, が男, が苦い, が言っ, が訪問者, だったとばっかり, だと, づきの, という名, とお, と呼ん, と改めました, と改名, などの加入, などは就中, にはいや, には思いだせない, に惚れ込ん, のおでん, の不幸, の乗り込み, の唇, の夫, の好み, の守住月華, の家, の弟子, の扮装, の芸, はこの, はしみじみ, はそれ, はまだ, は一木一石, は下谷佐竹ッ原, は凝, は女団洲, は審, は日本, は理窟, は眼, は老, は考え, は若い, は莨, は襟白粉, は銀, は鷺草, も思いうかべ, も門下, を評し

▼ 女であっ~ (53, 0.0%)

3 てみれ 2 てくれれ, てしかも, てもその, て源氏

1 [42件] て, てお, てくれたら, てこんな, てずっと, てその, てそれ, てそれからまた, てどこ, てはならない, てはなるまい, てみる, てもそんな, てもほか, ても一年あまり, ても何, ても其得意, ても少し, ても必ずしも, ても男, ても要するに, ても貞子, てやはり, て世間的, て主, て他, て八百歳, て初めて, て唐風, て或, て杓子, て欲しい, て永く, て玉琴, て男, て神, て老年, て肉感的, て豊か, て輝いた, て閨秀画家, て髷

▼ 女學生~ (53, 0.0%)

3 のやう

1 [50件] がサイン, が下り, が二人來, が來, が出, が四五人, が後, が私, が自, が長い, が隊, だけは休み, であつ, としては變, とでももつ, とどこ, とは道, と三人, と中學生, などとは違, などは中, に共通, に訊く, に關, のノロさん, の一群, の修學旅行, の制服, の團體, の夢みる, の家庭教師三千人, の患者, の氣風, の涙劇的ヒロイズム, の群, の靴, はいつ船, はとても, は最も, も働い, や小, らしい, をからかつ, をも私, を呆, を救, を蕩, を連れた, 小學生, 短い袴

▼ 女であろう~ (52, 0.0%)

75 と思った 2 が子供

1 [38件] かと考えた, から作者, か筒井, がそうした, が八女, が私, が若い, が黙っ, けれども, そんなこと, ぞ, といつ, とさぞ, とたった, となかろ, とまた, とまたは, とも, ともす, ともやがて, とも二人, と夫, と宮, と容赦, と彼女, と思っ, と思われた, と思われる, と源氏, と男, と第, と誘惑, と選挙, と香折, の, もしれぬ, 変装した, 雪子は

▼ 女だけ~ (51, 0.0%)

43 あって, では 2 あつて, 家に

1 [37件] あつて挙措, ありて, いれば, この惨事, その容子, だし, だった, だと, だという, だもん, であった, であなた, であります, であるの, です, ですか, でその, でないと, でなく私, で未知, で男, なん, ひとり残されたら, 作家として, 出して, 出来るもん, 初めからの, 取り残された, 引止めた, 残されると, 殺したの, 殺して, 気の, 考えて, 除けものに, 陰気な, 集って

▼ 女ほど~ (51, 0.0%)

2 同情の, 実際の, 微妙な

1 [45件] いいもの, がっちりし, ことにその, さらに危険, そういう事, そうだ, みじめな, よくこれ, よけい罪つくりに, オニに, ヒステリツクな, 下等で, 不心得な, 不愍な, 厭な, 同情に, 喧しくは, 器用な, 始末に, 宛に, 強いもの, 強壮な, 恐しい, 恐ろしうございます, 惡い, 憐れな, 早く人, 気味の, 汚いもの, 深く不興, 私にとって, 窮屈な, 綺麗な, 脆いは, 自分に, 詰らんもん, 貞操を, 貴きもの, 近所の, 醜くしかも, 靜かで, 頭の, 頼み難き, 高尚で, 魅力的な

▼ 女みたい~ (49, 0.0%)

3 に内輪 2 だと, なの, な声, な手, な顔

1 [36件] だとか, だなあ, だね, だよ, ですね, なこと, なしなを, なてんで, なアクセント, なイヤ味, な優男, な内輪, な奴, な愛嬌, な打ちかた, な泣き声, な狡猾さ, な男, な男たち, な筆蹟, にきみ, にしなやか, になつ, にぺそぺそすることではありません, によく, にゴテゴテ, に婦人科, に屈曲, に意地, に気, に癇癪, に細く, に綺麗, に育つ, に頭, 白い顔

▼ 女先生~ (49, 0.0%)

2 の噂, の自転車

1 [45件] からその, がうらめしかっ, がくる, がし, が一, が休みだし, が杖, が気, だとて, といった, とは少し, にあり, におそわった, にこの, にちがい, にはもちろん, に申し開きしたい, に近, のがまん, のこと, のほう, の名, の小さな, の心情, の責任感, の退職勧告, はその後, はそれ, はだまっ, ははじめて, はひそか, は不平, は姿, は思いだす, は思いつい, は毎日, は自転車, は見舞い, は遠い, もはじめて, もまた, をおろす, をおんぶ, をも芋女出, を見たがっ

▼ 女とを~ (48, 0.0%)

2 比較し, 連れて

1 [44件] くつつけ, すり変えて, よく知らない, 一つに, 一人ずつ, 一緒に, 久しい時代, 乗せて, 乘せた, 争って, 代わる代わる見比べたあと, 前に, 勤めて, 区別する, 厳しく区別, 友人に, 合せたり, 合わせて, 同志として, 問はずこの, 問はずその, 喜ばせたり, 夜の, 尋ね給, 平等な, 心の, 思い比べながら, 思つてゐる, 拵えた神様, 振りかえり, 描いた構図, 暗いところ, 知りその, 等分に, 結びつけて, 誘い出して, 贄釜の, 較べて, 近々と見せ, 追いまわして, 進物に, 配合し, 順々に, 黙って

▼ 女それ~ (47, 0.0%)

2 はあの, は四千五百石, は市川団十郎, は彼女

1 [39件] がそんな, がへん, が下女, が今や, が他人, が又もや, が大, が日月, が柿崎, が殺す, が評判, と知っ, にまだ, によって語られる, にコテ, に直れ, はめずらしく, は主人, は伊勢屋, は伝馬町, は何者, は八五郎, は半, は大きな, は女軽業, は生活, は見返り, もついで, もまだ, も墨染, も若い, をかい, を中心, を望む, を無上, を立派, を聞い, を諒, 故いけない

▼ 女友達~ (47, 0.0%)

2 ばかり黒田孝子, への彼

1 [43件] から借りた, が, があったなら, がある, がどんなに, がやって来, が結婚, が遊び, で小原さん, として伸子, として慰安者, とつきあっ, とつれ, とひとり暮し, と二人, と暮す, と燃, に借り, に向い, に洩れなく, に語った, のため, のところ, の一人, の下宿, の前, の吉見素子, の声, の嫉妬, の感情, の来訪, の松下文子, の留守, の笑い声, の言葉, はこの, はみな例外, は誰, は遠慮, もとうとう, も男友達, を得られる, を見出した

▼ 女などが~ (46, 0.0%)

5 何でも 2 そなた, 門口に

1 [37件] あまり多い, あるらしいと, いい着物, いは, うっかりここ, おりましたあんな, お供について, こせつかない上品, こんなところ, すぐ寄りたかっ, それであった, そんな恰好, ぞろぞろ二階, たくさんいまし, なんだ, よくあの, ジロジロみる, ピラリシャラリと, 云ふ, 停ち止って, 其だ, 其堂の, 出て, 大それた, 大声で, 奴風を, 悄然そこに, 手を, 擦れ違うと, 歩いた, 発言する, 知ったこと, 稀有な, 茶屋に, 荷物に, 通って, 首つ

▼ 女~ (46, 0.0%)

3 はこれ 2 の声, の姿, の生れ変りで, の身の上

1 [35件] が出し抜け, が現われ, が莞爾, が邪魔, が鋏, であったの, であった昔, である, となっ, と名乗っ, と思った, と白髪小僧, になった, に寸分, に誘われ, に預けた, のお, の一大饗宴, の両親, の兄様, の心, はあまり, はこの, はもう, は二度吃驚, は前, は大層物, は少し, は最早, は気, は白髪小僧, は胸, は自分, も一生懸命, も同じ

▼ 女連れ~ (46, 0.0%)

1 [46件] か, があった, がゆき, が向う, が親類, が試み, だ, だと, だとか, だ殊に, で, であったから, であるか, でなく必ず, ではある, では武者修行, でもある, でも夕暮れ, で來, で出かけた, で遠く, で金, で鍋物, と見る, などで来, なので, ならたのしめるが, に, に少し, に誘い, に連れられ, のある, のなか, の三人, の上, の二人, の侍, の客, の旅, の男, の群れ, の見物人, の身許, や子供づれ, を羨まし, 殊に昨夜

▼ 女~ (45, 0.0%)

2 半は, 銀の

1 [41件] あつらえの, いやでしょう, せいさんが, のぶサンという, ひとりぢや, めえなんか, りゅうを, 三重さんお, 倉という, 八重は, 六だけは, 兼以上の, 勢と, 吉は, 君の, 品と, 園を, 夏という, 大尽を, 妻殿が, 文女御様御, 新と, 楽を, 樂を, 泊まりなさん, 浜の, 浦という, 浦を, 照の, 米という, 若で, 若の, 萬と, 藤が, 蝶という, 豊は, 銀様には, 関所の, 駒に, 鯉の, 鶴といふ

▼ 女でございます~ (45, 0.0%)

62 か, から, からはしたない, がまだ, が今

1 [29件] あのよう, かえ, からあんまり, からお話し, からやはり, からドミトリイ・フョードロヴィッチ, から大変直接, から奥方, から宜, から御飯, から怖い, から本当に, から見惚れ, がただいま, が其の, が夜昼, が御, が心, どうかお, どうかお気, どうぞお, ねえ, ので自然, のよ, ものそれなのに, ものです, 南三復と, 小児が, 私は

▼ 女にとっては~ (45, 0.0%)

2 一生の, 一種の, 何か

1 [39件] あまりありがたく, この上, その粕, それは, ただ二つ, ちょっとした魅力, どんな義理, なおさらいけない, まるで一疋, やはり小さな, トロイカを, 一人ぽっちに, 何も, 何よりも, 処女を, 反対の, 在って, 堪えられぬほどの, 夜々を, 大問題, 子供な, 容貌です, 幸福かも, 必要で, 恋人の, 愛に, 愛の, 愛情は, 気持の, 沈黙を, 献身が, 生れて, 羨やましい事実, 芸術が, 苦しい十五日, 親戚の, 言葉という, 貞操は, 過ぎ去って

▼ 女髪結~ (45, 0.0%)

6 の二階 4 のお 2 の家, はこの

1 [31件] がいじくった, がする, が三人, が住ん, が春陽堂, が立っ, が遅く, だな, で善昌, で直樹, とのあいだ, とを両手, にでも成ろう, に女, に若い, に髷, のたぐい, のよう, の中, の亭主, の何心, の娘, の店, の看板の, の職, の話, はちと, は浮気, は頻々, を笑わせた, を見つけ

▼ 女盛り~ (44, 0.0%)

5 をまだ 4 の人々 2 を凄まじい

1 [33件] じゃ, でありながら, である, であるが, ではある, でまさに, で尼僧生活, で脂, で艶艶, といい, には美人, に持っ, に良人, のむっちり, の余香, の妖艶さ, の妻, の年頃, の未亡人, の正真正銘, の燃える, の祖母, の脂, の葉子, の豊満, の貴女, の身, の體, の魅力, を無駄, を過した, 滅法綺麗, 若葉の

▼ 女~ (44, 0.0%)

6 の女 3 を持っ 2 や揉烏帽子, を脱いだ

1 [31件] だの, と女草履, などが流れ, に杖, に被衣, に陽, のうち, のよう, の下, の娘, の形, の様, の樣, の紅い, の紅紐, の越後娘, の麗人, はきのう, やらが数, や白い, をかぶ, をかぶった, をかむった, をぬい, を切った, を捧げ, を携え, を被っ, を被り, 折れたる台傘, 持って

▼ 女ながら~ (43, 0.0%)

2 五月五日の, 養子の

1 [39件] いかにも活, うっとりさせられ, おかしい心, ここに, こんな気性, さうし, すぐ腹, そうした烈しい, つくづくこの, つねにその, なかなか確か, もとどの, もと飛行機に, 一念の, 一所懸命の, 一死を, 万兵衛に, 中, 二人の, 出来るだけ, 天分が, 天晴れの, 好奇心に, 弓が, 心がけの, 怪き奴ゆゑ入牢, 惚れぼれと, 愛素を, 日本の, 本草学に, 武士道が, 泥棒渡世を, 男の, 福三郎より, 稲妻小僧と, 自分の, 萩井十太夫の, 随分荒い, 非常に

▼ 女車掌~ (43, 0.0%)

2 の声

1 [41件] がいう, がだ, がイヤ, が切符, が必ず, が思ひ出した, が眠, が紹介, が蟋蟀, が金切り声, だけが地べた, だけはホントウ, なん, なんかになっ, なんて止し, にすつかり, になっ, になった, になる, になんか成っ, にもわからなかった, に甘ったるい, に訊いた, の, のとこ, の一方, の中, の事, の仲間, の品定め, の習慣的, の背中, の胸, の説明, はちょっと, は疲れた, は金切声, は露骨, や運転士, を引っかけ, を満載

▼ 女さま~ (42, 0.0%)

2 があんなに, の方

1 [38件] がお待ちかね, がさ, がただお, がやって来た, が帰った, が御, っていうだ, っていった, でございます, では, というの, という名, といっただ, にすぐ, のおふくろさま, のこと, の問題, の御用, の来た, の霊, はあれ, はこう, はその, はたいそう, はなおも, は一人っきり, は三十六七歳, は今, は四十年, は大, は杢助, は生涯不自由, は産, も亡くなっただ, も今, も出, よ, を産んだ

▼ 女だけが~ (41, 0.0%)

2 始て, 持つ不思議, 残って, 自分の

1 [33件] あれほどの, いる, こんなショーバイ肩身, その鳴き声, びんぼうな, もって, エンゼルの, ホガラカで, 一生独りで, 二人で, 人を, 助かりましたの, 彼らの, 持つさまざま, 持つて, 提灯を, 暮すこと, 残った, 残つて殺気立つた, 残つて神に, 殘つて居る, 殺されて, 水の, 淺ましい, 生き残つて, 生き残りアイノコ, 目当てな, 私を, 絹靴下に, 見物する, 親爺の, 遺って, 間違つた生き

▼ 女大学~ (41, 0.0%)

3 の教訓, は古来女子社会 2 の猛, よりも寧ろ

1 [31件] でも読む, でも読め, で育てられ, とかの家庭用書, と題し, なりき, なれば, にだ, に対する, に読み耽りました, の, の二篇, の優等生, の文, の新, の新論, の末文, の末章, の条々, の毒筆, の著述以後二百余年, の記者, の評論, の趣旨, は人, ば出る, をソツクリ, を唱え, を時事新報, を暗誦, を見

▼ 女~ (41, 0.0%)

3 が多 2 の声, や畑

1 [34件] から頼まれた, がひっきりなしに, がナフタリン, が売り, が多かっ, が大勢, が嬰児, が気, が途中, だすで, でも下駄履き, なんぞこの, にあんまり, にどんな, に好かれる, に話し, の中, の寢言, の悲しみ, の粗相, の返事, の間, の面, は, はよく, は前, は恥, は我家, まで喰う, まで殆, もその, や年寄り, や淫賣娘みたい, よ

▼ 女など~ (40, 0.0%)

1 [40件] あてがうの, あり, うるさいの, かえって都人, からだをね, きらいだ, ことに味気, である, でなくこの, とらえて, どこが, どんな目, なり, 一人も, 不気味に, 世間に, 並ぶるは, 伴はんには, 何とも言, 何の, 十五段に, 嘆声を, 居ないでも, 幾人も, 忍びて, 思ひ出したこと, 愛する人々, 折々いで, 振り切って, 早く佐助, 正月らしい, 殺せるよう, 眼中に, 糾問したら, 色々ゐた, 見られてたは, 誘拐し, 買ったこと, 路傍の, 連れて

▼ 女への~ (40, 0.0%)

2 愛を, 愛着が, 慾望が

1 [34件] あこがれの, くやしさ, その戒律, みれんな, ような, 七年間いいかげん, 不気味な, 仏弟子の, 供養に, 否定が, 復讐にも, 心からは, 悪口で, 想いやり, 愛と, 態度は, 手紙の, 批評と, 掟に, 支払ひ, 支送りが, 未練と, 無言の, 猥言と, 現実は, 理会から, 突発的な, 義理人情や, 要求が, 讚歎として, 送別品の, 過剰な, 道を, 隔心ならず

▼ 女~ (40, 0.0%)

52 は肉

1 [33件] あんな所, いっこうに動こう, いったい手前, がいう, がしゃべった, が何, が野豚, きたる初秋, このおれ, そのままには, だ, てんでおれ, とう, と人目繕ら, と叫び, と思つた, と思召, と眼付, と言樣又, に今, に横, はどこ, は何, は泣いてる, も弁口, りい, を仕止めん, を探し出せっ, 下らぬかと, 怖ろ, 捕えられたぞ, 捨てては, 笑ってや

▼ 女をも~ (40, 0.0%)

2 ナハバーリンとして

1 [38件] あの頃, かなり多く, その本能, なお且つ, またおれ, マリユスほどに, 不幸の, 亦持っ, 何とか先途, 同時に見た, 含めて, 呼んで, 喜んで, 奪って, 好いて, 屋外と, 思うたらしい, 恋すること, 恨むまいただ, 愛さなかった, 愛した, 手なづけ置き, 斬った, 最後は, 永の, 泣かせるほどの, 激しく揉む, 磯五をも, 経験し, 老体をも, 自然児に, 自由に, 見出すこと, 許さじ, 迷わすの, 退けかねた, 顧みなくなるの, 駝鳥の

▼ 女~ (40, 0.0%)

12 の人形 2 は男

1 [26件] だぞ, では肉, という男, とふざけ, と互違, と五人, と続いた, にし, によび出され, に放浪, に草々, のやう, のよう, の全, の數, の波, の滝, の神嶽巻き, の肌, の読者, の陽吉, の雛, は彼一人, は背中, は若々しい, 即懐

▼ 女だろう~ (39, 0.0%)

3 か, と思う 2 と思っ

1 [31件] あの位, かと彼, が, が殺し, が見境, と, という意味, という興味, という軽侮, と云う, と伸子, と呆れ, と彼, と思いだした, と思います, と思った, と思われます, と想像, と折竹, と新吉, と癪, と考え, と考えた, と見た, と言われ, な, などと思, なんという, ね, ソーニャ, 私は

▼ 女でなく~ (39, 0.0%)

2 てはいけない, ては書けない, なツたん

1 [33件] いつもその, ちゃあ理解, ちゃならねえ, ちゃ役者, ちゃ駄目, ては, てはいかん, てはこれ, てはその, てはできぬ, ては事, ては理解, ては男, ては解らぬ, ては話相手, ても思いつき, ても東京, てわたし, て全裸, て男, ともあの, とも単に, とも顔, なつた証拠, なつた證據, むしろ一つ, 不幸の, 初恋の, 多数を, 大榎の, 女性自身の, 幼い頃, 無邪気な

▼ 女と共に~ (39, 0.0%)

1 [39件] いて, お紺婆, この家, さまざまの, して, すっかり謎, する方, どうやら彼, ゆふ, スルスルと, センチメンタルな, 他の, 回復し, 失せようとは, 寂しく暮し, 急いで, 押入に, 新興國の, 昼夜を, 来るという, 極めて居心地, 沓脱に, 泉に, 海岸より, 牡鹿山の, 登つて了つたから, 白木屋へ, 秀吉の, 窓に, 立ち上った, 籾を, 純銀の, 聲を, 臥し居たり, 赤染氏に, 越年しよう, 遊びに, 鞍馬貴船に, 鶴見の

▼ 女について~ (39, 0.0%)

2 秋葉エンジから

1 [37件] いまかう呼ぶ, おふさ, お話を, この性欲, しらべて, すらりと, できたとか, ほとんど知つて, まはつ, ゐるやう, 事実の, 二三間ゆく, 二人の, 云われる家庭, 入った, 又今, 呼ばれたの, 問い糺し, 喋る仲間, 多くの, 妥協し, 宗久が, 帽子つくりについて, 海岸まで, 登った, 矛盾した, 知りたいから, 研究し, 私たちは, 種々様々, 考えて, 考えながら, 話しながら, 話すの, 話を, 詳説した, 論じあって

▼ 女持ち~ (39, 0.0%)

4 の金時計 3 の懷劍 2 のよう, みたいな

1 [28件] かと俺, だ貰ったところ, のこの, のにやけた, のパラソル, の一つ, の傘, の可愛らしい, の品, の小, の小さい, の小さな, の小型, の小形, の嵯峨錦, の懐剣, の扇, の提紙入, の旅行ケース, の細い, の華奢, の装身具, の雨傘, の青い, の飾り, 小型拳銃の, 帽子箱と, 洋傘を

▼ 女~ (39, 0.0%)

7 の邸 3 のおや, の屋敷 2 のやしき, の乳, の宿所, の杉並木

1 [18件] から練っ, って, のお迎え, の一邸, の佐々木道誉, の体内, の宏壮, の深夜, の自邸, の衆臣すべて, の道誉, の門, の館, は無人同様, へおちつき込んだで, へ連れ戻される, まで一ト鞭, を辞した

▼ 女~ (39, 0.0%)

2 のよう, は一通り, よりも狡い

1 [33件] がお, がそれ, がよく, が屋敷内, が御, じゃわ, てい, であるより, と, とが掴み合い, と男狐, なぞが豆狸, なぞと申す, にでもたぶらかされた, に魅まれ, のお, のご, のその, のもの, のやう, の持ってる, は, はそれ, はなかなか, はほんとう, はまだ, は七日, は平公, は打たね, は櫛簪, は財布, をたらし込んだ, をたらす役に立った

▼ 女だったら~ (38, 0.0%)

2 どうする

1 [36件] あの夜, あの道具, かえって食い残し, この失敗, こんなつましい, こんな歯, こんな遠廻し, そしてその, そりゃ素戔嗚, それは, たしかにそんなに痛手, どうか, どんなに心, ばという期待, オレが, キャーッとか, ダメで, ネキットそう, 一体どんな, 世間の, 人さまに, 人眼を, 今頃亀井戸の, 俺と, 俺らこんな, 僕は, 僕らは, 嘘に, 大抵家の, 好いの, 指先で, 私も, 絶叫し, 自分の, 虚栄心だらけの, 隆中の

▼ 女~ (38, 0.0%)

38 の宮

▼ 女かと~ (37, 0.0%)

2 思って

1 [35件] いうに, うずくよう, お思い, お考えなさい, 云うこと, 云った, 云ったら職人, 占います, 嫌いもし, 思いましたら急, 思うと, 思うばかり, 思えば, 思った, 思ったの, 思つて引つ捕へる, 思はれた, 思はれる位, 思ふと, 思われた, 思われるほどに, 思われるよう, 歩く人, 気に, 氣にな, 疑ったであろう, 疑われるほど, 空想される, 立って, 聞いたので, 見えて, 見ると, 見れば, 見当は, 驚いた

▼ 女こそ~ (37, 0.0%)

2 彼が, 牛なれ, 男の

1 [31件] あれ, い, いい迷惑, いい面, かつてドーブレク, この世で, この要, さっき迄, してを, まさしくあのお, ストリート, 一番美しい, 今の, 使用ふなれ, 円転滑脱な, 女の, 女を, 女軽業の, 憎くも, 敵の, 正当な, 狂人な, 猶個人関係, 目前差し迫った, 矢部の, 稀代の, 習俗の, 肌も, 自分の, 鞭打つべきだと, 鬼の

▼ 女角力~ (37, 0.0%)

3 のよう 2 というもの, というやつ, のこと, を毎日, を見た

1 [24件] が流行った, でございますって, でも女力持, で鳴らした, としてのお前, とばかりきめ, と取組ませる, と圧倒的, なんてやりゃしません, になった, の中, の仲間, の前頭, の後身, の昔話, の様, の経歴, の美人, の腹, の裸体, の関, はちょい, はちよい, をやっ

▼ 女なる~ (36, 0.0%)

10 が故に 2 ものは, 者が, 藤原女の, 身の

1 [18件] かの広岡, ことも, ことを, ために, に天地神, に子孫, ものに, ものに対する, よな, ニンファ, 人を, 巫女で, 巫女であった, 我に, 物との, 由を, 言葉に, 身が

▼ 女勘助~ (36, 0.0%)

1 [36件] か, がお, がこっそり, が例, が冬次郎, が変, が怒る, が疑, が笑い, が謝る, が館林様, だ, っていう奴, であった, とであった, との姿, とを従え, と大日坊, と火柱, に, によって介抱, に相違, に鼠小僧外伝, の前, の妖艶, の家, の手下達, の方, はこう, は手, は横, は町娘姿, は眼, や夜叉丸, や神道徳次郎, をジロリ

▼ 女太夫~ (36, 0.0%)

3 の笠 2 とか鳥追, とて木綿, の白秀英

1 [27件] がお客さん, が其, が間近, という, といふもの, と新, などが出た, なの, にございます, にはしません, に仕込み, のあやめ, の二人, の名, の名残り, の楽屋, の演出, の糸, の美しい, の部屋, の隔離, はやはり依然として, はやりきれますまい, ばかりだ, を呼ん, を奥方, を引攫

▼ 女かも~ (35, 0.0%)

6 知れない 3 知れないと 2 しれない, 知れません

1 [22件] しれないが, しれないと, しれないわ, しれなくってよ, しれませんもの, しれませんわ, わからない, わかりません, 今朝何とか, 分らなかった, 判らない, 知れないが, 知れないけれ共, 知れないな, 知れないの, 知れないわね, 知れなかつた, 知れぬ, 知れぬと, 知れませぬけれど, 知れんよ, 解らないし

▼ 女~ (35, 0.0%)

4 が手 3 もかけ出し

1 [28件] お直, からはのがれられ, が大, であった, でそういう, となる, と一緒, と出来合っ, と母親, なり女中, に, になりたら, に圧され, に支配, の声, の女郎, の居間, の後, の案内, の梅仙女, の脇, はくどい, は帳場, は東京, は良人, は誕生, よわが, を呼び

▼ 女弟子~ (35, 0.0%)

3 の小 2 であったが, の驚いた

1 [28件] かな, がゐる, でさえあの, とが交, とともに悲鳴, に別れ, に告げ, に稽古, に親切, のカミイユ・クロオデル嬢, のジヤンヌ・ルミイ, の三味線, の口, の家, の寿女さん, の江馬細香女史, はいらん, はまだ, は一個, もあった, ももうこ, も取っ, も連れない, や男衆, をその, を相手, を自分, 淋しい生活

▼ 女遊び~ (35, 0.0%)

6 をする 2 の話, もできなくなり

1 [25件] ぐらいした, といっ, にちがいありません, に出かける, に宜, に対してバチ, に身, に遠, に遠ざかっ, に馴れ, はする, はその, は言, もきわめてときたま, もし, もしません, もめつたに, もやめた, や勝負事, や極道, をし, をした, をしない, をはじめて, を知らない

▼ 女などに~ (34, 0.0%)

1 [34件] うつつを, かよって, からかい逃げ出すと, そう目, つかい果たして, なったの, なるもの, やる法, よく見る, 任じた事, 出会ひがしらに, 出來, 取っては, 取られるより, 夢中に, 嫉妬する, 実によく見られる, 引っかかって, 時々出遭った, 殺されさ, 比して, 溺れて, 現を, 眼を, 突然背中, 著しい, 見えるよう, 見せびらかした, 解るの, 軽々しく預け, 関って, 関係すれ, 馬を, 鷹を

▼ 女三人~ (34, 0.0%)

3 のうち, の手 2 で親分, の眼

1 [24件] あり, が浅瀬, でたべ, でどうにかこう, では, で歩ける, と一緒, と男三人, と稚き, と近所, に取らせ, に獅, の名, の子持ち, の生活, の調べ, の身持, の関係, は, は初め, は思はず, は思わず, は葉撰, を片っ端

▼ 女~ (33, 0.0%)

2 の時代

1 [31件] からの贈り物, から英皇, が崩, が自ら宮中, が贈った, だと, とその, と先帝, についで即位, に謁見, に選挙, のつい, の不器量, の侍從, の治世時代, の皇女, の第, の統治, の署名入り, の良人アルバート親王, の談話七百語, の遣, の銅像前, はいま, はだれ, はもう, は側, は初めて, は街, への捧呈文付き, 崩ず八十余歳

▼ 女あるじ~ (32, 0.0%)

2 のお, の家

1 [28件] から初めて, がさも, が囲い者, で, である, というお, と相談, に不慣れ, の人, の住居, の名, の後見, の柔, の死体, の登世, はおまえ, はその, は幾らか, は思い合わす, は急死, は我等, は朱羅宇, は肚, は若, へ秘書, や後家暮し, らしい人, をみつめた

▼ 女その~ (32, 0.0%)

2 女が, 後ろに

1 [28件] ほか空しきはかなき, ま, ユダヤ人なる, 一人は, 乳児を, 人は, 仲に, 儘の, 切り札と, 取り合わせが, 夫の, 女にたいする, 女の, 年その, 弓矢とり, 心に, 息子の, 時近寄り, 末のが, 次が, 物が, 男の, 異様な, 空ろな, 結婚の, 美しいみ, 脚銀光を, 馬の

▼ 女だけの~ (31, 0.0%)

2 ことしか, 家では, 腕で, 都

1 [23件] ことだ, ことは, つとめを, ものかも, ものだ, ものである, パチンコ屋という, 三人旅でも, 住まいを, 共同の, 劇であり, 力である, 大きな恥, 家族には, 島で, 席, 手で, 方が, 物価という, 祀る神, 責任でない, 鑑定を, 音楽に

▼ 女なり~ (31, 0.0%)

2 しその, しょせんは, 和漢倶に, 楊貴妃は

1 [23件] ありますよ, されど貌, せでわが, そのほか何人何十人, その内, ただこの, ともして, など云う, やいなやこれ非人, やさしき心入れ, イアソンを, ツルヌスを, 中に, 姉とも, 役目とは, 御台所の, 故に蒲生家断絶後内藤家, 此上は, 此女は, 當時ポレンタ家と, 老母なりが, 非倫, 馬鹿なら

▼ 女~ (31, 0.0%)

2 は兄比, は兄比売, は宮主矢河枝比

1 [25件] の, の男らしい, の略字, は刺國, は前津見, は勢夜陀多良比, は勢夜陀多良比売, は大, は布帝耳, は弟財, は日河比, は木, は沙本, は波邇夜須毘賣, は神, は神大市比, は細比, は針間, は高, は髮長比, は黒日, は黒比, まえが, まへの, を敗

▼ 女店員~ (31, 0.0%)

2 まで呼び集め

1 [29件] がいそぎ足, がその, がたけ, がガラス, がニセ札, が見はり, が雇われ, とかカフェー, とか専門の, とコンパクト, など地方, になる, に任せ, に手渡した, の中, の団体, の地位, の徒歩競争, の心, の澄子, の高浜みほ子, は一寸, は入口, は小麦色, や女工員, を使わぬ, を呼んだ, を書き, 見張女

▼ 女~ (31, 0.0%)

2 が編成, の女たち, の将, を指揮

1 [23件] が相当, であると, として活動, に取りまかれ, のよう, のハケ場, の一方, の中, の傍, の先頭, の勇者, の包囲, の奮闘, の女王, の由来, の総, の補助, の襲撃, を, を督励, を破っ, を破つ, 亡ぼせり

▼ 女だつた~ (30, 0.0%)

52 ことが

1 [23件] か, かね, かはつきり記憶, から, からと云, かを知る, か甚だ, か眉, か記憶, がこの, がその, が子供, が愛らしい, が重い, ことに, ぜ, ぞ, ね, のでもう一度, ものです, やうな, んだ, 筈だ

▼ 女だの~ (29, 0.0%)

2 金満家の

1 [27件] お目見得泥棒だ, かなりの, または散歩, 七八人寄っ, 七八人寄つてたかつ, 仇討だ, 又八, 名状し, 家族たちの, 小供, 小僧だの, 少年だ, 年上の, 悪い女, 感に, 憎いやつ, 杓子だの, 犬の, 男だの, 町の, 碓氷を, 茗荷の, 袂を, 裸体に, 都では, 雑多な, 鶏娘だ

▼ 女なれ~ (29, 0.0%)

2 ど思はれ, ばか

1 [25件] ど, ども喜内, ども渠, ども道, ども鬼, ば, ばこそこうして, ばその, ばとて広い, ばとて特に, ばと案じ, ばどうして, ばもう, ば今, ば依, ば先方, ば出, ば必ず, ば持參金道具, ば此二人, ば此程, ば決して, ば進み出, ば髪の毛, 共腰元

▼ 女にでも~ (29, 0.0%)

2 いい加減な

1 [27件] ありそう, かまッて, その御, それぞれこう, ぞっこん打ち込む, なるほか, ふられたの, また他, また幾人, 会ひ, 入れ揚げたの, 共鳴される, 向うが, 呼びかけるよう, 少し器用, 引っかかったという, 情を, 惚れられるよう, 惚れるの, 接するの, 有りさ, 来られては, 欺され, 直ぐ掴む, 逢ったの, 關係を, 食わせて

▼ 女~ (29, 0.0%)

3 のお, は

1 [23件] がお, が飛ん, としてのお, に周旋, に知れない, の心掛け一つ, の盡力, の細い, の藝者, の話, の顏, はお, は二人, は何, は初め照ちやん, は又, は斯, は照ちやん, は直ぐ, は點頭, も笑つた, を何, を尊敬

▼ 女猿廻し~ (29, 0.0%)

7 のお 2 お葉

1 [20件] が聡明, が静か, とお, とがかかげ, とがその, とが秋山様通り, とが肩, と連絡, になっ, には逃げられました, のあの, の一味, の姿, はお, は云っ, は力, は揺り上げ, より得た, を呼ん, を引っ

▼ 女まで~ (28, 0.0%)

1 [28件] あたしもよと, いるん, この名古屋, こんなに違う, そんなこと, どうと, 一緒に, 出されて, 出て, 勞働用に, 取られて, 呆れた面, 呼ぶ, 夜は, 大胆に, 引張って, 引張られるまま, 念仏に, 数えたてると, 斬られたずいぶん, 来て, 殺して, 混えた, 男子は, 知って, 置いた生活, 赤い顔, 険しい眼

▼ 女さえ~ (27, 0.0%)

2 お手玉の, 見れば

1 [23件] あるじゃ, あるのに, あれば, この庵, この時飛び上がり走り, すでに数千人, その気, ない事, なければ, 処分し, 口を, 在ったし, 我第, 捕えれば, 捕縛すれ, 来て, 止めれば, 溶けて, 竪琴を, 自分の, 見れアじき金, 見付かれば, 見兼ねた

▼ 女にと~ (27, 0.0%)

12 つては 2 つての

1 [13件] いくら苦笑, ぢ男何れも, つても, つて一つの, つて天使どころか, つて影の, つて渝らぬ, つて牛である, ほりすが, 取換, 成熟し, 苦笑し, 進んで

▼ 女隠居~ (27, 0.0%)

1 [27件] から引出せ, がある, が一人, が盗られた, が自分ひとり, が養子, と, とする, と一緒, にちょっと, にも意外, にわざと, に当りちらす, の名, の姿, の屍体, の相手, の行衛, の言葉, はこう, はこの, はどんな, はなかなか確り, はゾッと, は危うい, は危うく, は幾つ

▼ 女にて~ (26, 0.0%)

2 絶世の, 講演を

1 [22件] これも, そのうえに, はなし私, よく二千本, アエネアスの, メルクリウス, ヨアキムに, 一たび人に, 三年以前浪々の, 候, 奉公人より, 家内を, 小生も, 市より, 我がありし, 東の, 母と, 繋獄三年に, 美人也, 自由自在なる, 解きたる黒髪, 釣りしなり今日

▼ 女師匠~ (26, 0.0%)

1 [26件] が命ずる, が房州, が現われる, が練習, だなんて, であったと, であろうと, とが手分け, とに請う, とはかなり, になれ, に一生一人生活, に全く, のもと, の両, の声, の家, の浮気さ, の稽古屋, の豊志賀, の遊戯, は, は三十六歳, は見えぬ, は麹町三丁目辺町家, や折

▼ 女~ (26, 0.0%)

2 の一部, の黒色, を天下

1 [20件] がだらし, が単なる, が友禅染, が滔々, が目, だった, であった, でなかった事, では勿論, に止まらなかつたら, の擦れる, の模様, の間, は地上, ほどの幅, をしめる, を捨て, を締め, を締め直した, を織つ

▼ 女教員~ (26, 0.0%)

2 だから

1 [24件] から苦情, が一人隅, が天, が独身者, だった, でさえ四十一歳, とが差し向い, と來ちや, と来, なぞいう, になる, のさえた, の可愛, の白地, の細く, の蔭口, は下, は手, は教員室, は村, は菫色, は黄いろい, らしい女, らしかった

▼ 女相撲~ (26, 0.0%)

4 の興行 3 のやう

1 [19件] があった, がどこ, だから, だな, で是, という一見事件, といえ, と周信氏, と大, のこと, の一行, の大関, の禁止令, は三月, は御, へ弟子入り, を見, を見た, ビッシリ軒

▼ 女姿~ (25, 0.0%)

4 の者 2 で育ち, の方

1 [17件] が, であり或は, です, というもの, と女心, に化ける, に際, の, のまま, の子ども, は, は遊山, よ, をすぐ, を変じ, を想像, を隠す

▼ 女~ (25, 0.0%)

2 といふの, と同

1 [21件] から分離, が寇, である, で主, で今一つ, と同じ, と生, に於ける, に關, の中, の勢, の君主, の爲, の豪族數千家, の辮髮, の金, はその, は騎射, を倒した, を裏切り, を防禦

▼ 女~ (25, 0.0%)

2 の中

1 [23件] があった, がすえられ, がつづい, が多く, が来ました, が静か, であまりたいそう, でも華麗なみ妃車, で人, で遊び, とそれ, に乗っ, に乗った, に召し, のうしろ, のそば, の声, の歯, は垂扉, は女車, ばかりでございます, も一部分, を遣り過した

▼ 女道楽~ (25, 0.0%)

2 の噂, をした, をはじめ

1 [19件] からそれ, でもあるまい, でも初めたら困る, で老い, で身代, とから同時に, とならざる, と勝負事, なぞする, にこりはじめ, に身, の味, の女, の片手間, はなお, ははた, もこの, をすゝめ, を見抜かれ

▼ 女からは~ (24, 0.0%)

2 すぐまた, 不義理の

1 [20件] そんなこと, まだ一度, 今でも, 佐助さんと, 何にも, 何も, 何んにも, 依然として毎月一日, 再び何, 初めて心, 君は, 彼の, 彼女が, 手末の, 歌を, 源氏を, 相当の, 簡単な, 要求できる, 要求出来る

▼ 女にかけては~ (24, 0.0%)

2 全く甘い, 其のつもり, 然程慾

1 [18件] かなり鋭い, じゃ, どっちの, なかなかの, なかなか手腕, まるでウブ, 世間では, 並々でない, 凄い方, 凄い男, 剣術以上に, 強かな, 悪魔的な, 根っから二本棒, 決して負, 町内でも, 相当な, 脆いもの

▼ 女によって~ (24, 0.0%)

2 求め得べからざるもの

1 [22件] されて, その悪霊, それが, はじめてわれわれ, また乙, 作られた蓮台, 充実する, 奪還されつ, 少からず, 彩られる, 得るという, 恋の, 恐らくあの, 意識された, 描こうと, 書かれて, 有名に, 此処へ, 現実に, 表現される, 説かしめられて, 陶酔され

▼ 女義太夫~ (24, 0.0%)

2 に三味

1 [22件] か女役者, で占め, としては外貌, と取つ替へる, になっ, に竹本美蝶, ねえ, のくせ, のベテラン, の人気, の堂摺連, の尻, の弟子, の若い, の衰退, はすべて睦派, は文化文政頃, は百日以上, は面目, を若党ども, を藝術家, 見たいなこと

▼ 女あり~ (23, 0.0%)

1 [23件] てこれ, てダンテ, て一封, て人生運命, て皆王妃, て金谷, て雲, とかはりつけ, とこしえに, とすれ, と云ッ, と心, と考えなけれ, などといわれます, やなし, ジサと, ティレジアの, 双手で, 幼に, 牡丹かがや, 老人あり, 酋長アティ, 顔玉の

▼ 女であれ~ (23, 0.0%)

2 ばある, ばそれ, ばよい

1 [17件] ば, ばいい, ばおそらく, ばそれで, ばたとえ, ばまた, ば世間並, ば兄弟, ば先だって, ば同じ, ば失敬, ば死ぬ, ば母君, ば自分, また長身, 人の, 声によ

▼ 女に対しては~ (23, 0.0%)

1 [23件] お節介すぎるらしい, こんなにも強い, そうでない, そうポンポン啖呵, その胎, そんな片手, たとえ品性上, ほとんど関心, 一寸甘い, 一層ひどい, 今までの, 当座こそ, 彼は, 心の, 悉皆共通, 愛想よく, 普通以上に, 権利を, 相当選り好み, 絶えず注意, 脆いもの, 謙遜で, 頭が

▼ 女世帯~ (23, 0.0%)

2 の事

1 [21件] だって誰, でこんなに, ですから, ですもの, では何かと, でもお, で気味が悪い, で角店, となっ, とも云, などの玄関, に馴れ, のうち, のお, のよう, の町人, の絵草紙屋, はまた, ものぞい, をこの, を張つて

▼ 女寿~ (23, 0.0%)

4 の家

1 [19件] が経師職, ではなかっ, と呼ばれる, と喧嘩, のところ, のふところ都合, の娘, はわざと, は今年四十八, は意地, は歯ぎしり, は無, は自分, は蒲団, もだんだん, も二つ返事, も持て余し, よりも年下, を快く

▼ 女隱居~ (23, 0.0%)

3 のお 2 お妻

1 [18件] お市, から引出せ, がブラ下, が盜, が跣足, と, にわざと, に盛つた毒, の死骸, の相手, の言葉, はす, はなか, はゾツ, は危, は危ふく, は此時, は雲丹

▼ 女髪兼安~ (23, 0.0%)

2 の柄, を腰

1 [19件] が手近, が抜き放され, だ, だけは駕籠, と道場, なの, のこと, の由来, の鞘, はがっ, を今, を伴大次郎, を喰らっ, を帯, を抑え, を振りかぶっ, を横, を躍らせ, 抜けば

▼ 女とか~ (22, 0.0%)

1 [22件] そういった怪物, そんな女, でありましたので, ないしは普通, ゴルキーの, 一人の, 何とか記され, 労働者階級の, 化粧図とか, 坊さんとかに, 女店員とか, 子供とか, 庶子などに, 怪物が, 或いは現に, 決めて, 男とかの, 知つた人は, 芸者とか, 芸者とかいう, 言うより, 記載した

▼ 女などの~ (22, 0.0%)

2 儘に, 在へ

1 [18件] あつまり, ことが, ような, タラシとも, 上の, 中には, 事件で, 交, 後では, 才色すぐれたる, 書く手紙, 泣きくずれ, 澤山乘合せたる, 白く塗り立てた, 罵声が, 記載が, 間で, 面に

▼ 女などを~ (22, 0.0%)

2 振り向いても, 連れて

1 [18件] あやめる人間, どうして愛する, 呼び寄せる八五郎, 多くさし, 引き入れてさ, 引っ立てて, 戀しくもない, 打つ, 拙者たちが, 相手に, 知つてゐる, 置いて, 見かけやっぱり, 見ると, 誉めたこと, 連れ真昼なか, 陣中まで, 雇います

▼ 女ばかりが~ (22, 0.0%)

2 家に, 集って

1 [18件] いた, お残され, こうと, すでに七人, つくりだす空気, 三人も, 二十人ばかりも, 嫌に, 子供を, 山羊を, 此日に, 滞在し, 災難に, 特に愛用, 特に持つ, 知る軽い, 肌ぬぎ, 貴族社会に

▼ 女子ども~ (22, 0.0%)

3 をも寄せつけず

1 [19件] が好きこのん, が震え上がった, にはお, には目, に気, の知る, の知るべき, はこわ, はそれ, はどう, は佐渡, は焔, は酒肴, まで走りで, も勤労奉仕, をもっと, を打ち捨て, を救っ, を見る

▼ 女菩薩~ (22, 0.0%)

4 の画像 2 の幢

1 [16件] が妙, だなどと, であろう, でも探し出し, とは心得ず, とも信仰, と思いし, のやう, のよう, の前, の姿, の旗竿, の頬, は身慥, をお, を拝もう

▼ 女詩人~ (22, 0.0%)

2 だと, の

1 [18件] が今, であり統一, である, で熱心, としての竹内さん, のブラウニング等, の書いた, の肩, の藤村女史, は, はどの, はまことに, は生み, よ, らしくいふ, をどっさり, を気どる, を渾身

▼ 女~ (22, 0.0%)

5 の冠, の胸 4 の方 1 が被る, そろっての, のみ台さま, の王冠, の秘密, もそろっ, を右近の橘, を綿

▼ 女こじき~ (21, 0.0%)

2 でした

1 [19件] がつくっ, がのっ, がひとり, がもどる, が立っ, にお礼, にばけ, の背中, の顔, はかた, はその, はへいきです, は名, は心から, は手, は門, をらんぼう, を思い出し, を見

▼ 女としか~ (21, 0.0%)

2 映らない男, 見えない

1 [17件] 受取れなかったので, 思えない, 思えない女, 思えなかった, 思えません, 思えませんでした, 思へません, 思われないこと, 思われぬ程, 映らなかつた, 育ちやう, 見えないその, 見えなかった青服, 見えなかつた, 見えぬにも, 見て, 踏めない客

▼ 女~ (21, 0.0%)

3 やくそく 2 じゃ, の契

1 [14件] ありて, が祝言, にし, になりたい, になる, の出入, の別れ, の意味, の方, の盃, の相撲, の秘事, の約束, の約束代わり

▼ 女~ (21, 0.0%)

2 の中, の全体

1 [17件] から一般, が同じ, が始ま, が歩いた, が通る, が遊ん, のうち, のなか, のわきたつ, の一人, の一人ひとり, の一隊, の存在, の頭上, は今, は以前, やルンペン群

▼ 女芸人~ (21, 0.0%)

1 [21件] がやはり, がコバルト, が人力車, が懐中電灯, が舞台, であった, であるから, とあざけられ, として名声, ともある, とよばれる, ならずして, のお玉殿, のこと, の仲間, の家, の後許, の心持ち, の注意, は水際立っ, や年寄

▼ 女~ (21, 0.0%)

19 の島 1 の島みたい, の島見たい

▼ 女からの~ (20, 0.0%)

2 手紙は

1 [18件] あてがい扶持, 刃物三昧も, 呼出しじゃあ, 当りまえ, 影響よ, 手紙だ, 手紙である, 手紙には, 手紙の, 手紙を, 様に, 激しい教唆, 艶文だ, 葉書が, 誘ひに, 返事が, 送り物で, 電話である

▼ 女これ~ (20, 0.0%)

2 が見えない, は不思議

1 [16件] かれ浴, がお, がおかしい, がまた, が万吉, が信徒, が情婦, が終始, が自分, が萬吉, こそ正銘偽り, に遇わ, も, もあなた, も夢中, を夾む

▼ 女~ (20, 0.0%)

2 ういふ, へ見れ

1 [16件] ありゃこの, ういつた一人一人, うした, うして, う云, う言, さうさ, しかし他, すなわち君, と山野, へあれ, へ何処, へ口, へ歌妓, へ見付かれ, 國から

▼ 女じゃあ~ (20, 0.0%)

3 ありません

1 [17件] ありぁしない, ありませんか, ありません私, あるめ, ない, ないかと, ないからねえ, ないよ, ないん, ない男, なかった, ねえから, ねえらしい, ほかにも, 不可まい, 埒が, 決してありません

▼ 女だけは~ (20, 0.0%)

1 [20件] さう, どうぞ手, よせと, オレが, 一方の, 全くの, 役目の, 心の, 思い切れと, 愛したもの, 曲に, 正真正銘稀に, 死んで, 殺し得まい, 母家へ, 母屋へ, 江戸に, 流れたもの, 覚えて, 許されて

▼ 女だらう~ (20, 0.0%)

2 と云, と言

1 [16件] か, か知らん, が, がお前, ぢやあ, つていふ, とは思, と一圖, と十吉, と必要, と思ふ, と義雄, と考へ, と野村, まさか化物ぢ, 何に

▼ 女~ (20, 0.0%)

3 ちょだ 2 ちょが, 気の, 気は

1 [11件] ちょ, ちょか, ちょの, ちょめ, ちょめが, 児, 気が, 気と, 気なし, 気など, 臭いの

▼ 女~ (20, 0.0%)

2 のたぐい

1 [18件] がこうして, がすでに, が居た, だから, であったろうから, というの, というもの, とを配した, と云っ, と書い, などは唯一, のこと, の名, は作歌, は生きん, は髪, もまじ, を相手

▼ 女~ (20, 0.0%)

6 の額 5 の方 1 が包まれ, といふもの, に思ひ合せたる, の佛像, の夜光石, の歡喜天樣, は觀音樣, よりも頼母, を包み

▼ 女この~ (19, 0.0%)

1 [19件] とし, カフェーの, 二つに, 二日間小田島に, 二階に, 女こそ, 女と, 女など, 女の, 女は, 娘は, 新九郎には, 時艶に, 極めて単純, 正義の, 自分までが, 船に, 語る言を, 阿女

▼ 女づれ~ (19, 0.0%)

2 であるか

1 [17件] が目立っ, が眺められた, で来る, と視る, のこと, のところ, のほう, のよう, の侍, の同行, の客, の旅行者, の武者修業, の西洋画家, は大, を相手, を窓

▼ 女なども~ (19, 0.0%)

5 居た 2 いるし

1 [12件] あったが, あつた, あつたさうです, ある, その中, ゐた, ゐて, 多く昨夜, 待てちゃ, 東洋的な, 混つて居る, 目に

▼ 女にな~ (19, 0.0%)

3 つて生れた 2 つてし, つてゐた, つて居, つて見たい 1 つた様に, つてしまつ, つても, つて來て, つて子を, つて客を, つて横顔の, つて行つた

▼ 女にゃ~ (19, 0.0%)

1 [19件] ああるまい, あまだ, あ違い, いろいろな, すえられない, どうせ敵, わからんよ, アちげえねえ, ア不自由しねえ, 何一つ罪は, 勿体ないよ, 好かれるし金, 惜しいくらいの, 振られるし博奕, 昔から, 甘いに, 男が, 真似が, 見せたくねえ

▼ 女~ (19, 0.0%)

1 [19件] と名乗らせ, にささやいた, に同情, のわがまま強情, の亡霊, の健康, の墓, の弱った, の言質, の魂, はとうとう, はどうも, は去年, は泣い, は火葬, は若い, もこの, をぜひ, を無理

▼ 女~ (19, 0.0%)

1 [19件] ありて, が小, が生れる, が鞦韆, とが殘つて, との圖, と三人, なら假令旦那樣御夫婦, のため, の喜ぶ, の手, の爲, の生命, は三十日目, は其時六七歳, は如何, もまた, をば夙く, を可愛がる

▼ 女友だち~ (19, 0.0%)

2 は如何

1 [17件] から愛され, でもわたしたち, でも連れ, とよく, なぞという, なのに, に迎えられ, に送っ, のうち, のうわさ, のところ, の一人, の生活, は, は彼, を介し, を夢みた

▼ 女名前~ (19, 0.0%)

3 の手紙 2 の主人

1 [14件] が妙, が果して, じゃあった, であったが, で出し, で国許, にし, のほう, の公開状, の匿名, の小, の表札, はなんと, をエリザヴェート

▼ 女~ (19, 0.0%)

1 [19件] ああ何, があなた, その末, だけが持つ, だつた, と呼ん, と執した, と女, と想っ, と男, ならば, にし, のよう, の半分, の旦那, の犯罪, の素姓, ばかりの妄想, もそう

▼ 女幽霊~ (19, 0.0%)

1 [19件] が手, が負ぶさる, と海坊主, についてある, に入られる, に対してこれぞ, のこと, の人形, の仕業, の余り, の呻, の妙, はどういう, はどんな, は何, は鉄, をいくら, をうつそう, を幽霊

▼ 女探偵~ (19, 0.0%)

2

1 [17件] かね, じゃない, だと, だ女探偵, ですね, とあっ, というの, ともあろう, などという, になる, には頷く, のこと, の前, の助力, の速水さん, の速水女史, は次第

▼ 女煙術師~ (19, 0.0%)

1 [19件] がはいった, が小走り, が煙術, だこっそり, というよう, としてお, と山県紋也, などには逢いませんでした, に印籠, のお, のほか, の変った, の足, は入り込んだ, は小, は誰, も曲者, を眼, を見送った

▼ 女~ (19, 0.0%)

2 でも千早先生

1 [17件] あり, があります, が二列, が扇, と云う, と伴う, に向, に向かい, のうち, の円陣, の婚約, の袴, の裁縫, は未来, もその, も男生, を率

▼ 女~ (19, 0.0%)

2 の夫井戸応助, の嫁

1 [15件] が于帰, が四十三歳, が阿部家, じて, である, のみである, のサント・ジェルトリュード長老, の婿, の津山碧山, は三十四, は四十二, は当時十六歳, は阿部家, を斥, 時の

▼ 女でしょう~ (18, 0.0%)

4321 お気に, かおとな, かネエ, ところが女, な, まだ二十, 併し, 子を, 山の

▼ 女に関する~ (18, 0.0%)

2 上品な

1 [16件] ある種, ことだけ, ことは, よからぬ, 卑猥極, 問題に, 怨み, 悪口が, 掟を, 昔の, 書類や, 自分の, 話で, 話を, 迷信などは, 限りは

▼ 女ばかりを~ (18, 0.0%)

3 相手に

1 [15件] いうの, いたわっても, 多く雇う, 想像し, 探が, 描くよう, 数えたり, 真正面に, 見馴れて, 覘って, 警しめ, 責る, 除け者に, 集めて, 雇い入れた

▼ 女下駄~ (18, 0.0%)

2 で足跡, の古い, の足跡, の跡 1 が一足, が履ける, ですよ, で出, と丸万, の主, の側, はこの, らしい足跡, を履い

▼ 女~ (18, 0.0%)

2 に通っ

1 [16件] があり, だつた, では英語, という女子, にいた, におります, に時折, に通った, に通学, のある, の場面, の幹事, の校主, の舎生たち, の裏庭, へ新

▼ 女笛師~ (18, 0.0%)

5 のお 2 お雪, の死骸, の雪女 1 とよほど, と郁次郎, の家, の鷺江, や巫女, を殺した, を殺害

▼ 女給仕~ (18, 0.0%)

1 [18件] がいる, が急, が殊に, が津田, と何, にたずね, に案内, に珈琲, に言った, の裸, の透視, の運ん, はその, は一人づつ変つて, は使えない, へ彼, もせいぜい, を廃

▼ 女記者~ (18, 0.0%)

2 になっ, になりすました

1 [14件] お何, がこたえた, が彼女, が青, それから女優, だつて評判, に云った, のむくんだ, の中島氏, の名前, の太い, の身体, やらにし, を尻目

▼ 女道樂~ (18, 0.0%)

2 が強く

1 [16件] から書畫道樂普請道樂, がし, がひどい, がひどく, が内, が嫌ひなら妙, が嵩じ, が過ぎ, と勝負事, に浮身, の味, の激, はなかつた, は大, も外, を始め年上

▼ 女でさえ~ (17, 0.0%)

4 あれば

1 [13件] そういうやり, なければ, 一番苦しい, 中村鴈治郎を, 今は, 単身やっ, 後れては, 惚れ惚れする, 私なぞには, 美しく見える, 羨ましがる, 軍国的であり, 闘牛士に

▼ 女なんかに~ (17, 0.0%)

3 生れて 2 手出しなんか

1 [12件] すてられたり, なるもん, ぶつかると, 何が, 引つか, 惚れゃあがって, 手を, 生まれは, 縁の, 興味の, 負けて, 逢つたつてし

▼ 女までが~ (17, 0.0%)

1 [17件] いい仕事, おだてられて, おめおめと, お雪, こういうこと, ラケットを, 一斉に, 一緒に, 先に, 屡々迷, 私を, 自分に, 葉子の, 裂いた菖蒲, 追ツ拂, 隊を, 集まって

▼ 女~ (17, 0.0%)

10 の宮 4 と通り 1 だん上, の三, はトロイア

▼ 女乗物~ (17, 0.0%)

1 [17件] がたった, だ, で裏, としてもこれ, に乗っ, に納まっ, の一行, の中, の棒先, の行列, の連中, の金鋲厳, は左京, は赤坂表町, を促し立て, を用意, を都合

▼ 女掏摸~ (17, 0.0%)

1 [17件] がどう, がよろめい, がアア, だったの, だという, でご, でも捕まえません, というの, とな, とのこと, とは気づかなかった, と並び, の兇状, の兇状持, の見返り, の髪, を成敗

▼ 女ふたり~ (16, 0.0%)

1 [16件] が幾ら, が拳銃, が湯, で惣領, に云い込められ, のこの, の主従, の暮らし, の耳, は何, は天晴れ父, は爭, は確か, は越前守様, を残し, を送り

▼ 女よりは~ (16, 0.0%)

1 [16件] あわれさ, きっと美しい, きらい私, よほどばか, よほどよく物事, 一そうな, 七八つも, 三つばかり, 入りこんで, 女の, 好いの, 自由だ, 酒少し, 金と, 金とにかく, 面白いに

▼ 女大臣~ (16, 0.0%)

1 [16件] がミルキ閣下, が一歩室内, だとて, と目, に反抗, の到着, の悪, の手, の策動, の音楽浴二十四回法令, はこらえかねた, はにわかに, はミルキ閣下, は扈従, は無遠慮, は眉

▼ 女~ (16, 0.0%)

1 [16件] がすべて女寅, が登場, が適当, だったが, です, でもレビュウ, というもの, にし, になっ, のかれ, の此役, の荻野八重梅, ばかりこの, もまじっ, をやり, をやる

▼ 女~ (16, 0.0%)

2 を受け, を受けた, を受ける 1 が済め, である, とも名, に属した, の前, をうけたらしい, を享けた, を守つた人, を授けられた, を村

▼ 女特有~ (16, 0.0%)

1 [16件] な頭脳, のすねる, のやさし, の性質, の感覚, の曖昧, の本能, の残忍, の神経, の秘密好き, の身勝手, の遺伝病, の重い, の鋭い, の驚くべき, の體臭

▼ 女芝居~ (16, 0.0%)

1 [16件] から借りた, がかかっ, で後に, というの, などと相手, の一座, の女王たる, の楽屋, の歴史そのもの, はすべて女役者, はふた, へやっ, も馬鹿, や男芝居, を組織, を興行

▼ 女だけを~ (15, 0.0%)

2 ここへ, 責めるの

1 [11件] こんなに傷つけ, その次ぎ, つれて, なにぶん頼む, 他家へ, 愛してたのに, 持って, 書きつづけた, 梯子に, 賞める, 選んで

▼ 女はと~ (15, 0.0%)

3 見れば

1 [12件] すぐに, その低, はうに, やかう思案, 中段から, 云つてゐる, 問に, 女の, 思える事, 悪態を, 探って, 視め

▼ 女出入~ (15, 0.0%)

2

1 [13件] か縄張り, では人, で命, なら駒次郎兄哥, に都合, に飽き果てた, のこと, の出来事, の怨み, はそんな, は地味, は派手, も知らねえ

▼ 女~ (15, 0.0%)

2 のよう

1 [13件] か, が出る, けはあつし, さながらの, だったが, だね, に縛りあげられ, の二つ, の住ん, の声, の影, は酔った, をあきれ果てた

▼ 女あの~ (14, 0.0%)

2 女紛れも, 娘を 1 下女の, 下着は, 女が, 女と, 女とばかり, 女をも, 媼あの, 純潔な, 華繊な, 顔を

▼ 女とでも~ (14, 0.0%)

1 [14件] やって, よし, 一時間以上話し, 云いたげな雄々し, 仲好く, 同じ家, 同棲を, 喜んで, 待ち合し, 死にたくなると, 気軽く遊べる, 泣けた時代, 結婚しよう, 話を

▼ 女とに~ (14, 0.0%)

2 分れて, 造りたまい 1 あやまらせて, ついて, どう作用, わかれて, わかれました, わけて, 出会った, 根ざした嫌惡, 身を, 送られて

▼ 女~ (14, 0.0%)

1 [14件] て, てえ, てえもの, ての, てもの, てやつアこれ, てやつアそれ, て変, て妙, ぽくちょこ, 動くまいッ, 待て, 振が, 逃げるか

▼ 女~ (14, 0.0%)

2 呼ンデ, 生ム 1 凌辱シヨウトシタノダ, 友田サンニ取, 娶リ四男一女, 愛シ能ハザリシカ, 殺シ, 殺シタルハ余ナリ, 相シテ夫ニ配スト, 見タコトガナイ, 見ルト, 貰ッテヤロウト云イオルカラ頼ンダラバ私ヘ

▼ 女一人大地~ (14, 0.0%)

12 を行く 2 をゆく

▼ 女~ (14, 0.0%)

1 [14件] ぐらいの女学生, っ嫌いさ, で一緒, に競争, のこと, の平野智治夫人其他, の菅支那子夫人, 中津比賣, 多数の, 學, 學流で, 學流の, 必ずしも毛ぎらいすべからず, 觴

▼ 女奴隷~ (14, 0.0%)

2 と等しい

1 [12件] が主人たち, が立っ, だったが, として労働, のため, の使女, の恋, の情火, は何万人, は美しい, は財物, を買う

▼ 女~ (14, 0.0%)

10 の姫 1 が敵討, の顔, は, を家内

▼ 女巾着切~ (14, 0.0%)

3 のお 2 とか何とか, と思込ん 1 に似ぬ, のお前, の強か者, をひどく, を介抱, を捕ま, を痛める

▼ 女馬子~ (14, 0.0%)

2 の引く

1 [12件] が立っ, が馬三頭, に曳かれた, に逢った, の君江, の声, の脊中, はニッコリ, は手綱, は脊, へ何, 怪しいぞ

▼ 女~ (13, 0.0%)

3 子だ 2 子に 1 こどもの, ていうもの, 子ぢ, 子でも, 子も, 子女郎, 気が, 気の

▼ 女でこそ~ (13, 0.0%)

2 あれなかなか

1 [11件] あれ, あれあゝ, あれお, あれこの, あれと, あれどんな, あれ学問の, あれ山, あれ武士の, あれ目明し, あれ私

▼ 女スリ~ (13, 0.0%)

2 の見返り

1 [11件] が長, だっていう, だという, でした, ですか, ですよ, と呼びかけられた, と玄長様, のお, はいずれ, を横抱き

▼ 女以上~ (13, 0.0%)

1 [13件] にあれこれ, にスラリ, に思い上がった, に深刻, に色好み, に色気, に駿敏, のするどい賢, のもの, の何もの, の女, の汚い, の理想

▼ 女泥棒~ (13, 0.0%)

2 だと, になった 1 がいる, だなどという, だなどといふ, と仰, なぞがその, になつた目つき, の方, の犯行, の私

▼ 女~ (13, 0.0%)

2 の一語, の形, を熊 1 と男根, などといふ, にいとよく, の名, の毛三筋, は玉門, をオカイ

▼ 女~ (13, 0.0%)

3 の跡 1 がいりみだれ, が一足, の小さい, の踵, は靴屋, をあたり, をのせ, をはい, をはかせ, を眺めた

▼ 女からも~ (12, 0.0%)

2 可愛がられて 1 おみち, つくづくと, 取って, 同じよう, 嗅ぎ出されて, 手紙を, 皆好意, 私同様の, 聞いたん, 関心を

▼ 女そのもの~ (12, 0.0%)

2 が装い 1 がいよいよ, が俺, にも感激, の性質, の立場, はどうしても, は賣らない, をフシギ, を嫌い, を救おう

▼ 女とかいう~ (12, 0.0%)

1 [12件] あの女, ことに, そんな類, のが, ものが, ものでも, ものも, ようにさ, 事は, 女だった, 女芸人が, 辻占に

▼ 女などには~ (12, 0.0%)

1 [12件] あまり好かれない, そんなこと, どうにも愛され, 分からぬもの, 好かれる顔, 寄りつけも, 少しも, 惹かれたこと, 戯れても, 用の, 目も, 近よる

▼ 女にだって~ (12, 0.0%)

1 [12件] あるわ, ときおりは, わかりますもの, アンナのは, 分ること, 同じこと, 愛想を, 有る事, 私ほど, 雇うこと, 難儀な, 面子は

▼ 女にばかり~ (12, 0.0%)

1 [12件] かかりあ, ちやほやする, 先へ, 出来るの, 向けられて, 子供を, 有ること, 甘いといふ, 罪の, 義理を, 責めるの, 過酷で

▼ 女また~ (12, 0.0%)

1 [12件] ある時, いう, さらして, そんなこと, なく可愛い奴, 二度出る, 姫とも, 小児の, 手紙と, 歸り, 火性なる, 男て

▼ 女一匹~ (12, 0.0%)

1 [12件] が怖い, しっかりしろや, だという, だもの, では, で善心, というもの, という了簡, とふたたび, のため, を持て余し, を考える

▼ 女世帶~ (12, 0.0%)

1 [12件] だから, でこんな, では何彼と, では心細い, には危なく, に構, に馴れ, のくせ, の中, の刄物, らしい色彩, らしく小綺麗

▼ 女乗り物~ (12, 0.0%)

1 [12件] が上っ, その中, と一つ, のよう, の同勢, はピタリ, は動き出した, より, を去年, を取り巻い, を担がれ, を真ん中

▼ 女~ (12, 0.0%)

5 との間 4 の間 3 の峰

▼ 女武道~ (12, 0.0%)

2 の型 1 としての理会, として書い, となつ, の片寄つた融通, の範囲, はだから, を可, を本役, を演じる, を発揮

▼ 女~ (12, 0.0%)

4 ひを 2 ひや 1 せるが, つまり悪所入, にこり, ひに, ひのせゐだぜ, ひは

▼ 女臭い~ (12, 0.0%)

2 ところが 1 いきれの, ことを, ぞ, ところつまり, ところの, とも思はない, ものが, 女が, 娘らしくない, 愛情なんか

▼ 女~ (12, 0.0%)

2 ひに, ひを 1 が出来なく, にゆく, に費, ひについて, ひは, も悪く, をした, をする

▼ 女隠密~ (12, 0.0%)

2 の梶子 1 だが, だという, であるだけに, であると, で鉄, というよう, という一所, としての必要ゆえ, と申し, の梶子ら

▼ 女~ (12, 0.0%)

6 の王 2 のわが 1 のやう, の二人, の王三柱, はよろめいた

▼ 女~ (11, 0.0%)

1 [11件] がこう, さんは, だなあ, だチャーン, で言って, ならええ, は蛇體, よもう, らよ, 丁寧な, 忘れて

▼ 女なぞは~ (11, 0.0%)

1 [11件] いけないん, いない筈, どうでも, やとって, 中, 去年の, 呑気な, 子持の, 決してそういう, 腹を, 餘程面白

▼ 女などと~ (11, 0.0%)

1 [11件] いっしょに, かいたらまた, このよう, ならんで, 云うもの, 云つたのか, 云ふも, 情人関係を, 浪之, 言ふ, 面白そう

▼ 女なんぞは~ (11, 0.0%)

1 [11件] こんな田舎, そこに, どんなに恥知らず, なんでも, 二十年前の, 入れて, 影も, 思いも, 振向き, 来や, 肌を

▼ 女にしか~ (11, 0.0%)

3 見られないもの 2 見えなかったが 1 みえない, 恋の, 見えないよう, 見られないその, 許されなかった, 過ぎず

▼ 女にとっても~ (11, 0.0%)

1 [11件] このごろは, この事実, 不幸な, 住みよい, 大問題, 幼児にとっても, 思いがけない出来事, 性欲は, 新しい一日, 男にとっても, 結婚が

▼ 女のみ~ (11, 0.0%)

1 [11件] ありて, だしなみが, だしなみを, では, ならず今日, ならず男, なりしに, やという, れんがよほど, 一人除け者の, 住んで

▼ 女一の宮~ (11, 0.0%)

2 の女御, の女房, の御 1 のお, の女御さん, の御殿, の母女御, の美貌

▼ 女事務員たち~ (11, 0.0%)

1 [11件] がやっぱり, が並ん, とつき合わされる, のやる, の中, の眼, の間, は, はそんな, はめいめい, もみんな誰

▼ 女~ (11, 0.0%)

2 とし 1 ぞ目, ぞ目覺め, でこそ半数以上成人, では幸福, でも未だ, の女, はた, までに一辺, 返し更に

▼ 女以外~ (11, 0.0%)

2 にたよる 1 には優しく, に君, に対する無知, のもの, の人, の人間, の女, の物, の風景画

▼ 女助医~ (11, 0.0%)

1 [11件] が酔っぱらっ, だった, のしどろもどろ, の白い, の顔, はどう, はやっと, は上の空, は伸子, は率直, もむこう

▼ 女~ (11, 0.0%)

3 の蝦夷萩 1 と, として吉原, とよび, は皆様, もいない, や下僕ども, を買う, 死んで

▼ 女~ (11, 0.0%)

2 から門之助 1 が煩った, となり, と言, などのほか, などは殆, のお, の千早姫, はかの, 死す二十八歳

▼ 女~ (11, 0.0%)

1 [11件] である, と生れ, と縁組, には病, に限らず, の伝, の伝承, の男, の祖神, は大正女流中, 無くして

▼ 女~ (11, 0.0%)

1 [11件] が外, の肩, の討取った, の顔, は側, は刀, は少し, は顔色, を睨んだ, を見上げ, 立てっ

▼ 女生徒達~ (11, 0.0%)

1 [11件] のお下げ髪, の前, の半裸, の弥, の間, の隙, はあ, はけげんさうに, はしばらく, ははっきり, は軽く

▼ 女~ (11, 0.0%)

1 [11件] だったの, で鳥, と考へられ, の美し, の美しい, をかくし, を受け, を呑んだ, を讃, を鞭うつ責め苦, 被犯

▼ 女陸郎~ (11, 0.0%)

1 [11件] が銀座裏, だよ, はいい, は察し, は懐しい, は苦笑, は酔ひ, もその, をかへりみた, を見送り, を迎

▼ 女~ (11, 0.0%)

2 の事 1 がさながら, しな, と申しましたら, なの, にお, の廻っ, へのあこがれ, を得る, を持ち来り

▼ 女~ (10, 0.0%)

1 いつでも, おれの, が人, だ, ねえまったく, 一人っきりじゃ, 今に, 大した豪傑, 平民の, 気が

▼ 女ざかり~ (10, 0.0%)

1 じゃねえ, だナ, で, であった, とにかく凄い, の女, の姿, の熟れ, をわれと, を見せ

▼ 女ちょう~ (10, 0.0%)

1 のひとりごと, の姿, はまだ, は一気に, は昨日, は本能的, は目, は考え, は自分, をなぐさめる

▼ 女つて~ (10, 0.0%)

2 いふもの 1 いふほか, かはります, それだけの, そんなところ, そんなもの, もの位, 冷たくて, 情ないわ

▼ 女とて~ (10, 0.0%)

2 いかにあなどる 1 いまの, いろいろな, かわりは, やはりびっくり, 一わたりは, 御布令, 恋には, 終始子供

▼ 女とで~ (10, 0.0%)

1 ストレーカと, 二十人以上も, 何かしら, 到頭この, 死人の, 気持が, 縺れるよう, 若党一人を, 身代を, 間もなく無一文

▼ 女とともに~ (10, 0.0%)

1 あの入道殿, その束縛, 公会堂を, 家庭経営について, 添寝し, 登って, 自分が, 近々エークス, 野菜作りの, 雨に

▼ 女どうし~ (10, 0.0%)

5 の競技 1 だから, で書く, の会話, は奥, は近

▼ 女なぞ~ (10, 0.0%)

2 引張り込んだり 1 ありッこなし, いそう, であるわけ, では, どうなっ, の見る, 一人で, 居ないと

▼ 女にまで~ (10, 0.0%)

1 均等の, 引っぱって, 惚れたり, 持て囃される, 苦を, 蔑まれる弱々しい, 行きわたり, 軽蔑され, 軽蔑される, 馬鹿に

▼ 女まじり~ (10, 0.0%)

1 にそろそろ, に三, に三人, に廊下, に立っ, に里人, の五, の五人組強盗, の賑, 月を

▼ 女ゆえ~ (10, 0.0%)

1 である, です, と諦め, にこの, に仲間, に御覧, に見苦しい, に陣中, 実に斯, 見苦しい振舞い

▼ 女をば~ (10, 0.0%)

1 いかにもし, いつの, ことごとく嫌, その愚昧, 両親の, 他へ, 奪はれ, 女性でない, 待つ, 見立てませんでした

▼ 女~ (10, 0.0%)

1 かにつけ, かヒソヒソ, か御用, て妙, でも止めど, の故, をうま, を泣いた, を言う, んで染吉

▼ 女即ち~ (10, 0.0%)

1 その当時, アイギスを, ネクタルと, 佩帶の, 其愛づる同胞の, 娼婦の, 新時代, 羽廣く, 辻節子が, 近寄りて

▼ 女~ (10, 0.0%)

1 という女神, に向かっ, は, はお, はかしこまっ, はさっそく, はその, は怒っ, をお召, をお呼び

▼ 女四人~ (10, 0.0%)

2 はお松, も殺し 1 だが, である, で賑やか, とに燭, のちょッ, までも狙

▼ 女学雑誌~ (10, 0.0%)

1 から離れ, であったし, で三宅龍子, で云っ, という舞台, には慥か, には星野天知君, の表紙, は婦人雑誌, を把

▼ 女~ (10, 0.0%)

10 もがも

▼ 女来也~ (10, 0.0%)

2 と聞い 1 か, が現われたら, とな, とは他, と名乗った, に逢いたい, の腕, よな

▼ 女歌手~ (10, 0.0%)

2 の味方 1 です, との最近, にささげた, にたいする彼, のこと, の方, や女, を待っ

▼ 女歌舞妓~ (10, 0.0%)

1 が根, が生れ, が禁じられ, の初め, の和尚, の太夫, の後身, の後進, の時代, はお

▼ 女~ (10, 0.0%)

8 油地獄 1 で八釜, 油地獄の

▼ 女~ (10, 0.0%)

4 しの 21 しさ, しも女狩り, しを, らしの

▼ 女親方~ (10, 0.0%)

1 がああ, がここ, のお, のため, のへや, の一室, の取柄, の口, の方, はちょうど

▼ 女言葉~ (10, 0.0%)

1 があった, がはいっ, でかかれ, といこう, といふやつ, になっ, のよう, の多い, の確然, を彼

▼ 女買い~ (10, 0.0%)

1 が女, が自分, にも行く, に行った, の費用, も共に, も酒, を, をはじめた, 一つする

▼ 女ある~ (9, 0.0%)

2 のみである 1 がため, が故に, のみ, 媾曳ある, 朝寝床の, 者を, 道女なき

▼ 女がた~ (9, 0.0%)

1 に死ぬ, に迷っ, のまわり, の戻り, の艶顔, の許, の雪, を片, を見た

▼ 女しかも~ (9, 0.0%)

1 それが, 女郎の, 小山の, 年齢の, 彼等が, 決して羞, 津の, 経験に, 自分とは

▼ 女たる~ (9, 0.0%)

1 かを檢査, ことは, ことを, に過ぎない, の, ものは, わたしの, 女歌手との, 自覚が

▼ 女っぷり~ (9, 0.0%)

2 があがった 1 がいい, が一段, が上がりました, が上がる, だったん, としてもさすが, に事新しく

▼ 女であったら~ (9, 0.0%)

2 何と 1 この恐ろしい, ごつごつし, そしてたとえば自分, とは彼女自身, わア, 気味わるがって, 源氏は

▼ 女なし~ (9, 0.0%)

2 に私 1 でいる若い, でやりてえん, でやれると, と淡泊無味, には實際, の旅, 皆前後を

▼ 女については~ (9, 0.0%)

1 いずれお前, ことに名, この世で, どうなった, むしろ知的, 一向に心あたり, 決して語るまい, 肌の, 語っては

▼ 女のみが~ (9, 0.0%)

2 そんなにも 1 かみさんの, これを, それに, 和文を, 派手な, 知る気高い, 食し得るもの

▼ 女はちよ~ (9, 0.0%)

2 つとふり返, つと好奇心 1 つとした, つと後, つと白い, つと黙, と俯

▼ 女ギャング~ (9, 0.0%)

1 が, が二人, だと, でいらっしゃるん, でなければ, との遣り取り, の言動, よ, をね

▼ 女~ (9, 0.0%)

6 の宮 2 の宮様 1 のみこの

▼ 女仲仕~ (9, 0.0%)

1 がうっとり, として働い, とに仕切られ, のジュン, のタカ, の原田タネ, の手, は全部, もまじえ

▼ 女商人~ (9, 0.0%)

1 か何ぞ, がグウグウ鼾, に売りつけ, の商品がさつぱり, の群れ, はいろいろ, はひどく, は丁寧, や百姓

▼ 女~ (9, 0.0%)

1 が初め豊島屋, すなわち女王, では案, に入, に立寄つた, の名, は葱嶺, へ入, を以てこれ

▼ 女地主~ (9, 0.0%)

1 がまるで, が答えた, が訊いた, にやった, の手許, の邸, はすぐ, はすっかり, はポーチ

▼ 女~ (9, 0.0%)

1 と言え, の医者, の図書, の欠くべから, の英語, の道, また岸田俊子, もお, を起し

▼ 女~ (9, 0.0%)

4 供が, 供は 1 供の

▼ 女歌舞伎~ (9, 0.0%)

1 という, の, の太夫, の太夫上がり, の舞踊, は前, も明治, を呼んだ, を見

▼ 女漁り~ (9, 0.0%)

1 に一生, に日, に耽る, の猛烈さ, の與三郎, はひどい, や掠奪, をする, 以外は

▼ 女~ (9, 0.0%)

1 でその, とは別々, と棟, にいる, に入れられ, の中, の前, の方, へ侍牢

▼ 女生徒たち~ (9, 0.0%)

1 が探し, に評判, の哄笑, の過度, はあれこれ, はこんな, は昨今何, は腕, は花世

▼ 女~ (9, 0.0%)

1 から江戸, から自ら遮断, であるから, の一世一代, の全体, の形態, は女曲舞, も同一, を辞む

▼ 女裁判官~ (9, 0.0%)

1 がもう一度, が説明, と陪審員, に云った, に挨拶, はその, はエレーナ, はドア, を尊敬

▼ 女護ヶ島~ (9, 0.0%)

1 から逃出, ってある, なの, のやう, へ渡らう, へ行, へ行つて, へ転がし, へ轉

▼ 女順禮~ (9, 0.0%)

2 が賣 1 が始まつた, が踊つて興, と念佛講, の風儀, はとゆ, は奧州, 多くし

▼ 女~ (9, 0.0%)

2 まで狩り出し, をあんこ馬 1 かあんこ馬, なら小, に子供, まで残らず狩り集め, も雌猫

▼ 女高師~ (9, 0.0%)

2 を出た 1 の中途退学, の全, の女学生, の学生たち, の学生用, の方, を卒業

▼ 女~ (9, 0.0%)

1 に心, は掻き消す, は結立, を伝わっ, を売っ, を短く, を見ん, を覗い, 何と仰せられた

▼ 女~ (9, 0.0%)

2 に男魚随 1 そのなか, といわれる, の名, の味, の大, を助くるなら, 汲み行く方

▼ 女鳥王~ (9, 0.0%)

4 のお 1 というある, といっしょ, の珠, はたいそう, をお

▼ 女だつたら~ (8, 0.0%)

1 この手紙, そんな詩, とてもさ, と言, また結婚, 六月の, 母親ぐるみお前に, 派手な

▼ 女っ子~ (8, 0.0%)

1 が抱ける, でしかなかっ, に限っ, のするこっ, も叩き出し, も器量, を一人, を道案内

▼ 女でしか~ (8, 0.0%)

3 なかった 2 ない 1 ないと, ないの, ないよう

▼ 女としても~ (8, 0.0%)

1 けれど娘, この手紙, 好きな, 感じて, 種々思い深めざる, 至上の, 見られないやう, 身體の

▼ 女とても~ (8, 0.0%)

1 うまくて, こちらの, また若い, むす子, 人です, 山猿が, 敵ひ, 自分が

▼ 女なぞに~ (8, 0.0%)

1 どうしてあの, ふざけて, 執着なぞを, 思い比べて, 構って, 比べて, 環菊の, 見られない線

▼ 女にだけ~ (8, 0.0%)

1 あった気持, こだはるか, それを, なって, わかる猛烈さ, 与えられて, 強要された, 通じあう負い目

▼ 女に対しても~ (8, 0.0%)

1 けっしてあり, これまで, 同じ力, 同じ理由, 多少の, 妙に, 常にある, 臆面の

▼ 女はか~ (8, 0.0%)

2 のお 1 あいそう, ういつてそつ, ういつて丁寧, のむらさき鯉に, はりを, ぶつて

▼ 女はね~ (8, 0.0%)

1 しじゅう自分, そんな弱い, てうつとり口, とくにそんな, なるべくお代さん, 先生わしが, 女はね, 通常以上の

▼ 女ばかりで~ (8, 0.0%)

2 暮らして 1 いたなんて, 埋まって, 暮して, 暮すなど, 款待した, 興行し

▼ 女ばかりは~ (8, 0.0%)

2 人に 1 どうしても自由, 恟え, 情欲の, 放されぬ, 立ち話に, 黙って

▼ 女へと~ (8, 0.0%)

2 盛んに, 移って 1 いふよりも, 云う一文, 思って, 渡り歩く通人

▼ 女~ (8, 0.0%)

1 コトヲ, 中座ニ幣束ヲ, 入浴ノ, 子ノオマワリサンガ, 子ノオマワリサンガヰテ, 子ノバウシデシタ, 打伏セニナレルヲ起シテ首実検ヲシタガ腕時計ヲシテヰル女ハ一人モナカツタト云フ, 負傷者ハ兵隊サン助

▼ 女~ (8, 0.0%)

1 を知り, 介など, 助, 助と, 助とでも, 助に, 母同入, 貞潔其則有

▼ 女仙外史~ (8, 0.0%)

1 に忠臣等名山幽谷, の人, の作者, の名, の奇, の西遊水滸三国諸書, より換骨, を化し来れる

▼ 女~ (8, 0.0%)

2 れの 1 に怪しまれない, の侮, の客, の後影, はもう, は時どき

▼ 女~ (8, 0.0%)

2 にし 1 がありました, であった, の寄り神, の足, はわが国観音, を安置

▼ 女~ (8, 0.0%)

1 があり, が飛び退いた, とも自分, はまた, ばかりを四百, も髪, を加え, を調練

▼ 女学員バラ~ (8, 0.0%)

1 とだった, と同じ, に臨時, の三人, の無言, は急遽, は瞑目, は計算器

▼ 女~ (8, 0.0%)

1 どのやう, の辱さ, 人間皆死ぬ, 懷中より, 捨てんと, 間違も, 離縁状を, 騾の

▼ 女敵討~ (8, 0.0%)

1 だね, で, なん, にやつ, の名, の小峰助右衛門, の浪人, を心掛け

▼ 女~ (8, 0.0%)

2 から眺めやる 1 である, と男橋, の杭, の辻番小屋, を渡り, を踏みはずし

▼ 女歌人~ (8, 0.0%)

2 で父 1 があった, のうわさ, のやっ, の中, の集り, は

▼ 女秘書~ (8, 0.0%)

2 の小島 1 から受話器, がある, が私, と恋仲, の同意, は石村

▼ 女~ (8, 0.0%)

2 と一緒 1 がまた, がわあわあ, が両手, は一, は一先別室, は鉄兜

▼ 女親分~ (8, 0.0%)

1 が笑い, とか姐, のかっぷく, の威勢, の留守, の総会, の貫禄, も居る

▼ 女~ (8, 0.0%)

2 が悪い 1 が悪く, だと, という, にも果報, の無い, を右

▼ 女~ (8, 0.0%)

1 かな, という生き物, と理解し合った, と男類, の中, の額, は夭折, は金

▼ 女首領~ (8, 0.0%)

1 から明智, が手, にあて, に報告, のこと, のねまき, の寝室, はきみ

▼ 女かの~ (7, 0.0%)

1 ことと, 判断に, 前で無けれ, 区別くらい, 区別も, 孰れ, 肖像を

▼ 女がと~ (7, 0.0%)

1 いうより, いって, とみの不思議な, 云った, 彼は, 木村重吉は, 葛木は

▼ 女しか~ (7, 0.0%)

1 おらぬ家, 御存知ない, 描けない, 残されて, 残つてゐない, 知らないので, 迎えなかったと

▼ 女~ (7, 0.0%)

1 えやつ, え女, ことを, すごいやつ, ふ, ものは, やつに

▼ 女であったなら~ (7, 0.0%)

1 ば京子, ば恋, ば私, ば警戒, 旦那も, 気の毒な, 自分の

▼ 女でございました~ (7, 0.0%)

2 があの 1 がこの, が人, が芹沢先生, でもこれから, よ

▼ 女ながらに~ (7, 0.0%)

2 その小さい 1 惚れ惚れと, 気性の, 漢学を, 界隈では, 私の

▼ 女についても~ (7, 0.0%)

2 あくどいほのめかし 1 店の, 戀愛や, 知って, 表面的な, 随分考え

▼ 女にや~ (7, 0.0%)

1 とつて, ア不自由しねえ, 外へ, 煎れね, 神様も, 神樣も, 罪作らせた

▼ 女ばかりじゃ~ (7, 0.0%)

2 ない 1 つまらないと, ないん, ない人間, ねえか, 駄目よ

▼ 女もう~ (7, 0.0%)

1 お蕎麦, ちゃっと, 一人は, 一躰は, 助からぬぞ, 叶は, 叶わぬところ

▼ 女われ~ (7, 0.0%)

1 かく多勢, さへも, すらも, と, に五百金銭, は爾, も呼べ

▼ 女一般~ (7, 0.0%)

1 だの男一般, としてそれ, にたいしてはずかしい, に女, に還元, の平凡, や恋人

▼ 女~ (7, 0.0%)

1 がセジュー派, がラザール派, が設立, とは別, に出演, の古風, も同じく

▼ 女~ (7, 0.0%)

4 は貴女 1 が手, は好き, を自分

▼ 女兒等~ (7, 0.0%)

1 が呼ぶ, が夢中, の心々, は何有男, は騷ぐ, も急, を見

▼ 女全体~ (7, 0.0%)

1 としての水準, の代弁者的立場, の歴史, の生活, の関係, を恐ろし, を通じての嘘

▼ 女~ (7, 0.0%)

1 て只一人, て来た, て来ぬ, でたり, でない小さな, で窓, ときめ

▼ 女占師~ (7, 0.0%)

5 の敵意 2 が這入つ

▼ 女~ (7, 0.0%)

2 が今 1 であり母, というの, どち, に遣れる, を拾い

▼ 女売子~ (7, 0.0%)

1 が両手, のキラキラ, の唇, の殺人犯人, の背中, はお, はその

▼ 女学世界~ (7, 0.0%)

1 が置い, といふ雑誌, などに寄稿, につい, には女名前, に何, のよう

▼ 女~ (7, 0.0%)

3 の生徒 2 を卒業 1 の国文科, へ通っ

▼ 女~ (7, 0.0%)

2 のみぞ 1 に八餅金, の女, の隅, は音作, を打ち

▼ 女~ (7, 0.0%)

2 を上げ 1 が違つて, はよほど, もあがった, を視, 姫が

▼ 女教師たち~ (7, 0.0%)

2 に可愛がられ 1 がいきなり, とこの, の間, は, は口

▼ 女~ (7, 0.0%)

2 の丸殿 1 が活け, の位, の大きい, は女, を描いた

▼ 女狩り~ (7, 0.0%)

1 に出, に従事, に着手, の不良少年, ばかりが能, もいずれ, をし

▼ 女画家~ (7, 0.0%)

1 から何, との方, とはドリ, の小川レイ子, の涙, は千早館, も一緒

▼ 女白浪~ (7, 0.0%)

1 だから, との出逢い, になっ, になつ, に気取られ, のお初, を稼い

▼ 女相手~ (7, 0.0%)

1 だから, なら見識, にお話, に金, のショウバイ, の行商, はどうも

▼ 女眞人~ (7, 0.0%)

1 からの上表, が後に, が生, であるけれども, と漢人, の入寇, や蒙

▼ 女~ (7, 0.0%)

1 つまらないもの, どこも, 与えられたもの, 分からずに, 心細いもの, 物見高いもの, 美しく装い得る

▼ 女興行師~ (7, 0.0%)

2 の親方 1 お角, につかまっ, のお, の元締, の手

▼ 女豪傑~ (7, 0.0%)

5 の大将 1 ありたらば, といわれる

▼ 女風情~ (7, 0.0%)

1 がこうして, が稽古場, にあの, に何, の眼, やお前, を討ち取る

▼ 女麗卿~ (7, 0.0%)

3 の柩, 之柩 1 之棺

▼ 女こそは~ (6, 0.0%)

2 紛れも 1 噂の, 外ならぬ, 彼が, 懐疑の

▼ 女すら~ (6, 0.0%)

2 羞しめうる 1 あるそれほど, すべての, 段々あつ, 白服だった

▼ 女そんな~ (6, 0.0%)

2 ふうな 1 こととは, のを, 中に, 女に対して

▼ 女だけしか~ (6, 0.0%)

1 いないよう, しなかつた, ない, 愛して, 目に, 知らない

▼ 女っていう~ (6, 0.0%)

3 ものは 1 のは, んだ, 女が

▼ 女つてもの~ (6, 0.0%)

1 は, はどうして, はどこ, は三界, は瞬間, をそんな

▼ 女でありました~ (6, 0.0%)

1 からです, から兵馬, がこいつ, が素人風, よ, 向こうも

▼ 女でし~ (6, 0.0%)

1 て, てけふとい, てなじき破裂, てね, てね一寸, て綺麗

▼ 女とばかり~ (6, 0.0%)

1 しゃべって, 云ふ, 交渉を, 思って, 遊んじゃ, 遊んで

▼ 女なりし~ (6, 0.0%)

21 が先, が若し, ぞ奇遇, や一向に

▼ 女にすら~ (6, 0.0%)

2 羞しめられる 1 一種の, 云ふ, 自分の, 見捨てられるよう

▼ 女にだけは~ (6, 0.0%)

2 良く分り 1 ばかに, 人間的な, 優しい心もち, 誰一人知らさう

▼ 女についての~ (6, 0.0%)

1 いかもの食いでは, ことです, 噂話し, 感想は, 感想を, 手がかりには

▼ 女に関して~ (6, 0.0%)

1 いっさいの, だがその, とかくの, どんな考え, 用いられチュウゲン, 立ち入った話

▼ 女はに~ (6, 0.0%)

21 こつきながら, つと笑つた, やり笑, ッと

▼ 女ばかりに~ (6, 0.0%)

1 くつろいだ室, なります, なりやがって, 勧むるとは其意を, 限った話, 限らないよう

▼ 女ぶり~ (6, 0.0%)

2 に眼 1 があがった, さえ上がった, や粗末, を上げた

▼ 女よと~ (6, 0.0%)

1 云つてある, 思った, 手を, 指弾きせ, 言うであろう, 言わぬばかりの

▼ 女~ (6, 0.0%)

2 で刺し, を刺し, を水

▼ 女~ (6, 0.0%)

1 がちがっ, のため, の妻, の子, をばか, を見れ

▼ 女住居~ (6, 0.0%)

1 と思う, と聞いた, に塵, に置きます, の家, らしい庭

▼ 女~ (6, 0.0%)

1 が巧, の中, の犯行, は某, も可, をし

▼ 女及び~ (6, 0.0%)

1 人間そして, 作家として, 作家としての, 成年式を, 籐の, 芸術家としての

▼ 女大臣アサリ~ (6, 0.0%)

1 との二人きり, とミルキ閣下, の男妾, はお, は早く, よはじめ

▼ 女大臣アサリ女史~ (6, 0.0%)

1 が憎々し, だった, とミルキ閣下, の眼, はついに, は今

▼ 女学園~ (6, 0.0%)

3 のやんちゃ 1 と一緒, と小学校, の連中

▼ 女~ (6, 0.0%)

4 九郎 2 九郎女自

▼ 女~ (6, 0.0%)

1 が廟, と見立てた, の佩, の徒, の相承, は今

▼ 女~ (6, 0.0%)

2 若く我 1 はじめて十六, よりと知り合い, よりは宗門, わかくわれ

▼ 女~ (6, 0.0%)

1 のなよよかなるい, の一つ, の根本, の看板, の第, を損じない

▼ 女悪魔~ (6, 0.0%)

1 が踊り, さ, に出会った, のコンパクト, の裸体, を向う

▼ 女~ (6, 0.0%)

1 が忘れた, だったが, の竹, の絵, をぐいと, を使い

▼ 女教諭~ (6, 0.0%)

2 の縊死 1 と逃亡, に命じ, に対して特に, もその

▼ 女文士~ (6, 0.0%)

1 かブルジョア奥さん, とかいう言葉, にしてやろう, の勇敢さ, の救濟家, やら女記者

▼ 女方術師~ (6, 0.0%)

1 の冷泉華子, の北王子妙子, の彫像, の華子, の蝦蟇夫人, を抱え

▼ 女~ (6, 0.0%)

1 である, と子供服, の美, の飾, の飾り, を脱ぎ放ち

▼ 女~ (6, 0.0%)

1 と腿, に大破, に破壊力, に象る, は人類, まで決して

▼ 女~ (6, 0.0%)

1 がまだ, に相続, に至つて, は山内氏, を愛し, 同三年十月十九日生れ

▼ 女~ (6, 0.0%)

1 ご無事, で私, には馬, の生活, をお呼びくだ, 悲しいお

▼ 女殊に~ (6, 0.0%)

1 パリ女の, 主婦の, 姿と, 屋敷は, 年若い, 自堕落な

▼ 女~ (6, 0.0%)

1 ではござる, の上衣, の木履爪先, の松金油, の蓑, の西洋封筒

▼ 女~ (6, 0.0%)

1 が愛する, と同じ, と夫, と彼女, の前, はお前

▼ 女~ (6, 0.0%)

2 一番の, 二の 1 一の, 一回の

▼ 女紅場~ (6, 0.0%)

1 では屋台, で列, で支度, に顔, の庭, の沐浴

▼ 女~ (6, 0.0%)

1 で鳴り, などへ遊び, にはあやめ, に貢い, のせまい, の時

▼ 女~ (6, 0.0%)

1 か, がかかっ, が女, でもない, として源順, もじつは

▼ 女酋長~ (6, 0.0%)

1 があった, がちょい, が出来上る, であったとしても, である天照大神, のよう

▼ 女~ (6, 0.0%)

1 には皺, の木菟, へ疵, をあわす, を真白, を集め

▼ 女あれ~ (5, 0.0%)

1 が烏組, が田巻家, はどこ, はわたくし, も女

▼ 女~ (5, 0.0%)

21 たりし, やうだいに, やうだいの

▼ 女ことに~ (5, 0.0%)

1 お延, お角, 半病人, 巴里女なんて, 浜松城に

▼ 女そして~ (5, 0.0%)

1 そのためスワン夫人, 何処の, 深く深く愛され, 結婚し, 結局一生に

▼ 女そのまま~ (5, 0.0%)

1 である, という形, との仰せ, の美留藻, の風情

▼ 女~ (5, 0.0%)

1 あそびける野, かし, かし父さまの, たやすくは, 一人

▼ 女ただ~ (5, 0.0%)

1 この最下等, の芸妓, もう十八, 肉慾の, 運命に

▼ 女たり~ (5, 0.0%)

1 しを, し房子夫人, し由, し門閥上, とも産婆営業勝手

▼ 女だけで~ (5, 0.0%)

1 やって, リレーしなけれ, 芝居する, 芸術が, 飲んだり

▼ 女だち~ (5, 0.0%)

1 がわざわざ, がゐ, が言, が評判, 物恥を

▼ 女ちゃん~ (5, 0.0%)

1 が栄さん, つれて, のこと, はどう, は面白い

▼ 女といった~ (5, 0.0%)

2 ような 1 人々で, 同家中, 神経質な

▼ 女どこ~ (5, 0.0%)

1 から聞き出し, か病気, がええ, にいる, へ入る

▼ 女なりと~ (5, 0.0%)

1 いふ, 云い, 思ひしに, 見る人毎, 長三郎は

▼ 女なんかと~ (5, 0.0%)

1 云うもの, 凭れ合つて, 出来合うなんてさ, 見換, 見換えちゃ

▼ 女なんぞ~ (5, 0.0%)

1 あいつだって, あるもの, うらやんでも, 影も, 送りつけやがって

▼ 女はも~ (5, 0.0%)

21 いちどおくれ, ひとつ体を, ーそこらに

▼ 女はん~ (5, 0.0%)

2 ですなあ 1 にぢ, に惚れはらん, を口説い

▼ 女ばかりと~ (5, 0.0%)

2 言って 1 云えず男, 侮って, 言っては

▼ 女ばっかり~ (5, 0.0%)

2 苦しいめ 1 だったなあ, でないん, 並びくさって

▼ 女ひで~ (5, 0.0%)

2 りの 1 りが, りに, りは

▼ 女までも~ (5, 0.0%)

1 亡くしたかも, 何か, 巻きあげられて, 手に, 法師に

▼ 女みた~ (5, 0.0%)

3 ような 1 ように, よな

▼ 女めいた~ (5, 0.0%)

1 なつかしさ, 口臭を, 姿で, 恰好で, 身振りを

▼ 女を以て~ (5, 0.0%)

1 これに, 亀の, 海神の, 自任し, 蓬莱の

▼ 女アンマ~ (5, 0.0%)

1 が出入り, と芸者, に肩, の稼ぎ, 来り十時半頃

▼ 女パラス~ (5, 0.0%)

1 ぞ遣はせる, に惠まれ, に詣う, の殿堂, は納受

▼ 女ヘーレー~ (5, 0.0%)

1 とアテーネー, の惠, は偉, 見たる時, 計りて

▼ 女三界~ (5, 0.0%)

5 に家

▼ 女主人たち~ (5, 0.0%)

2 の意志 1 と一緒, に別れ, はこの

▼ 女五人~ (5, 0.0%)

1 そして子供十三人, と男二人, の割, の名前, を相手

▼ 女人夫~ (5, 0.0%)

1 が担ぎこまれた, が掃除, の傷, は一日八銭, をやった

▼ 女~ (5, 0.0%)

1 ならぬ烏組, ならぬ鷺組, の諸, はブダペスト, へかしずきし

▼ 女~ (5, 0.0%)

1 の中, の嬉々, はやがて, は何事, を狙う

▼ 女侠客~ (5, 0.0%)

1 がそれ, といわれる, として鳴らした, の為, は全身

▼ 女~ (5, 0.0%)

1 がやっ, であった, に逢う, の隣, は知らない

▼ 女~ (5, 0.0%)

5 から

▼ 女入り~ (5, 0.0%)

2 鉄砲 1 来たりて, 来ぬ, 来り甲

▼ 女兵隊~ (5, 0.0%)

1 から宝塚, がクーデタ, が何物, という型, に対する反逆

▼ 女冥利~ (5, 0.0%)

1 が尽きます, でござんすから, というもの, につきた, につきる

▼ 女剣戟~ (5, 0.0%)

1 さえかけれ, なんか見, にすっかり, は女性, みたん

▼ 女~ (5, 0.0%)

1 国々の, 山の神と, 巫女として, 或年齢, 或期間

▼ 女団洲~ (5, 0.0%)

1 で通る, という異名, と呼ばれた, なんて嫌, の名

▼ 女~ (5, 0.0%)

1 にはオソレ, に類する, の二種, をつくる, をとった

▼ 女~ (5, 0.0%)

1 があつ, のこの, の作品, の名, は読み終った

▼ 女夜叉~ (5, 0.0%)

1 かもしれない, さね, にほれられた, に突如, の本性

▼ 女~ (5, 0.0%)

2 ひに 1 の御前様, ひであるといふ, ひらしいです

▼ 女子供ら~ (5, 0.0%)

1 がしのび泣く, が侵入, の家族, もうろたえ, をお守り

▼ 女学部~ (5, 0.0%)

1 の主事, の五年, の舎監, へ, もあった

▼ 女学館~ (5, 0.0%)

1 であるという, というの, なぞに入学, に入学, に通学

▼ 女~ (5, 0.0%)

3 生時代 1 生めいて, 生同士

▼ 女學校時代~ (5, 0.0%)

1 からの友達, にはくせ, に才, の友達, の體格檢査

▼ 女家庭教師~ (5, 0.0%)

1 そしてその, とが右, と尼僧, に普通, に話しかけた

▼ 女將さん~ (5, 0.0%)

1 が雜作, の家, の甥, はあの, はゐるだらう

▼ 女巡礼~ (5, 0.0%)

1 の仇, の方, の身, は涙, を大

▼ 女巾着切り~ (5, 0.0%)

1 に似ぬ, のお, の強か者, を介抱, を捕まえた

▼ 女平次~ (5, 0.0%)

3 はそれ 1 とガラッ, とガラツ八

▼ 女店員たち~ (5, 0.0%)

2 の室 1 はそれぞれ, は何日, は朝

▼ 女庭訓~ (5, 0.0%)

1 で育った, という写し物, とする, にも教え, を外れ

▼ 女御用聞~ (5, 0.0%)

1 とかなんとか, と言われる, のお, もしゃれ, もしやれ

▼ 女恋し~ (5, 0.0%)

2 さを 1 さに, さの, さは

▼ 女患者~ (5, 0.0%)

1 が入院, との接近, の咽喉部, の悲鳴, はもう

▼ 女指圧師~ (5, 0.0%)

1 がまず, が駅, に揉まれ, のこと, は入っ

▼ 女~ (5, 0.0%)

2 のため 1 の初, の夫, は九つ

▼ 女~ (5, 0.0%)

1 が入る, に最う, のない, の心弱き所, の悲しき

▼ 女狩右源太~ (5, 0.0%)

1 が堤, じゃ, と申します, の家, も二人

▼ 女~ (5, 0.0%)

1 がそつ, だろう, はまだ, よびにと, を慕う

▼ 女~ (5, 0.0%)

1 の工役, の方, の非, へ往来, へ行く

▼ 女監取締り~ (5, 0.0%)

2 の如き 1 となす, の監房, 一々これ

▼ 女看守~ (5, 0.0%)

1 がその, につきそわれ, に手, に見はられ, のひと

▼ 女~ (5, 0.0%)

1 でお, といっ, には東猿, の腕車, 始まって

▼ 女~ (5, 0.0%)

1 の猟人, の香い, へ没する, を常食, を満載

▼ 女臭く~ (5, 0.0%)

1 てかなわねえ, ない娘, なったよう, なつたやう, ならないよう

▼ 女船頭~ (5, 0.0%)

1 か, とただ二人, のお玉, の声, は客人

▼ 女~ (5, 0.0%)

2 の盃 1 になる, の子供, の翼

▼ 女~ (5, 0.0%)

1 てえな, て相, て能, て議らむものぞ, 究わめ付かぬ

▼ 女~ (5, 0.0%)

1 から男體迄, この二つ, の布引瀑, の美し, や雲

▼ 女軽業師~ (5, 0.0%)

2 の親方 1 の小, の犯罪, 幸い斯

▼ 女邯鄲師~ (5, 0.0%)

1 そんなよう, で宿, で平塚, として縄目, のお

▼ 女~ (5, 0.0%)

1 の例, は我国, ノ興起スルニ至リシヤモ知ルベカラズ, ヲ尊ブ習俗, ヲ重

▼ 女長兵衛~ (5, 0.0%)

1 と称えられた, の格, もお, も控え, をきめこん

▼ 女~ (5, 0.0%)

1 がある, が矢川文一郎, で長唄, に藉, はこの

▼ 女~ (5, 0.0%)

1 が, に本, の女, の白い, の長襦袢

▼ 女駕籠~ (5, 0.0%)

1 が一挺, であって, です, へ声, をにない

▼ 女~ (5, 0.0%)

1 かもしれぬ, が人, という, のむれ, をえがく

▼ 女あそび~ (4, 0.0%)

1 なんかもした, にゆく, も知りません, を思わせる

▼ 女~ (4, 0.0%)

1 たり, なとよと叫び, 女とは, 束髪に

▼ 女および~ (4, 0.0%)

2 その夜 1 作家として, 其夜に

▼ 女お前~ (4, 0.0%)

1 が内儀, のほう, の故郷, の最後

▼ 女かくして~ (4, 0.0%)

1 ヘレネーを, 室に, 戰亂の, 痛心の

▼ 女じみた~ (4, 0.0%)

1 善良さも, 所は, 真似を, 身ぶりで

▼ 女じゃが~ (4, 0.0%)

1 とろとろと, どこの, 誠に審, 貴様の

▼ 女すなわち~ (4, 0.0%)

1 召使女の, 女でなけれ, 石婦か, 答えて

▼ 女だつ~ (4, 0.0%)

1 たりし, ちんだ, てなかなか, ぺ併し

▼ 女であります~ (4, 0.0%)

1 から, から何かと, から起上り, があれ

▼ 女であるなら~ (4, 0.0%)

1 ばかう, ば佐々, ば何故, ば思わず

▼ 女で無けれ~ (4, 0.0%)

2 ば出来ぬ 1 ばわからぬ, ば決して

▼ 女ときたら~ (4, 0.0%)

1 決意しなく, 淫乱な, 潮風で, 爪の

▼ 女なぞが~ (4, 0.0%)

1 出て, 所詮この世, 発揮する, 苦学生と

▼ 女なぞを~ (4, 0.0%)

1 しんから, 相手に, 見たいと, 連れて

▼ 女なみ~ (4, 0.0%)

1 だという, にこの, にたま, に家

▼ 女なりに~ (4, 0.0%)

1 それに, 昔を, 歎き, 男は

▼ 女にかけて~ (4, 0.0%)

1 やつた, 不良青年たる, 図々しい男, 経験の

▼ 女にのみ~ (4, 0.0%)

1 守ること, 接して, 見られるよう, 限らず玲瓏玉

▼ 女に対し~ (4, 0.0%)

1 たとえば小間使い, 勝利の, 第一, 高びしゃな態度

▼ 女~ (4, 0.0%)

2 時計屋さんの 1 あれが, 確かお

▼ 女のち~ (4, 0.0%)

1 えは, えを, からとで煩悩, ひさい部屋

▼ 女のみに~ (4, 0.0%)

1 ある特有, 強いられた苛酷, 必要な, 限るよう

▼ 女はじつ~ (4, 0.0%)

1 としてその, とそこ, とその, と妻戸

▼ 女はな~ (4, 0.0%)

1 あの時番頭, ものず, ものずき, 俺の

▼ 女~ (4, 0.0%)

1 くちに, くちの, し, 無理矢理に

▼ 女ばかし~ (4, 0.0%)

2 では 1 ぢや, で僕

▼ 女~ (4, 0.0%)

2 てえ 1 てえな肌, めかたち人に

▼ 女もしくは~ (4, 0.0%)

1 女の, 女装した, 貴賤長幼賢愚正邪いくらでも, 金による

▼ 女やもめ~ (4, 0.0%)

2 の住み 1 に花, は焚火

▼ 女をからか~ (4, 0.0%)

2 ひに 1 ふこと, ふは

▼ 女をと~ (4, 0.0%)

1 かの源氏物語, ひそかに, 日本の, 気が

▼ 女~ (4, 0.0%)

1 とこだ, とこへ, ところにゃ, なったん

▼ 女~ (4, 0.0%)

1 き貴様, ね女ッ, 抱けねえだろ, 知らねえから

▼ 女アテーネー~ (4, 0.0%)

1 あるは城壁打ち, に捧ぐる, の宮, を祭らしめ

▼ 女ッ子~ (4, 0.0%)

1 とグル, の, の行方, は可哀相

▼ 女ツ子~ (4, 0.0%)

1 が言, ちひせい時, と, の肌

▼ 女ベアトリス~ (4, 0.0%)

2 をフェルラーラ 1 はシャルル・ダンジュー一世, 即ちシャルル・ダンジュー一世

▼ 女ボーイ~ (4, 0.0%)

1 が一人, が居眠り, の差出す, も口

▼ 女一生~ (4, 0.0%)

1 の大事, の欠点, の経験, の間

▼ 女~ (4, 0.0%)

1 に一時間, に御, は容易, を後

▼ 女三宮~ (4, 0.0%)

1 である, との間, の条, の現れた

▼ 女~ (4, 0.0%)

2 弥の 1 きりやうで, きりょうではあるが八五郎が

▼ 女主人公たち~ (4, 0.0%)

1 の内的成長, の悲しい, はこん, はほとんど

▼ 女人形~ (4, 0.0%)

1 であ, と, のた, を送

▼ 女人間~ (4, 0.0%)

1 として現実, と性慾, になる, の叫び

▼ 女仲間~ (4, 0.0%)

1 からは箇性, で薄笑, に入っ, の手紙

▼ 女伝道師~ (4, 0.0%)

1 が三四人, とが落合つた事, に言, は口

▼ 女作家~ (4, 0.0%)

1 という, の事, の庭, の持っ

▼ 女~ (4, 0.0%)

1 が生れた, に少納言, の病, を娶った

▼ 女修道院~ (4, 0.0%)

1 の構内, の生活, は中世, は最も

▼ 女俳優~ (4, 0.0%)

2 だと 1 と言いました, はあべこべ

▼ 女六人~ (4, 0.0%)

1 に男一人, の世帶, もの中, も居たら

▼ 女~ (4, 0.0%)

1 に出, の夜番, の夫, 玉比賣

▼ 女~ (4, 0.0%)

1 のうねもごろ, 汝己の, 親たちの, 陥りかけてる女

▼ 女又は~ (4, 0.0%)

1 忌服ある, 椅子に, 男と, 職や

▼ 女壮士~ (4, 0.0%)

2 のさけび 1 の殺風景, 正太夫

▼ 女大学記者~ (4, 0.0%)

1 が男尊女卑, の一私言, は是等, も余程

▼ 女~ (4, 0.0%)

1 の成, より降り到り, をさながら, を祈りき

▼ 女天下~ (4, 0.0%)

1 すこぶる泰平, という, と言, の一巻

▼ 女夫人~ (4, 0.0%)

1 にてぞありける, の愛児, は例, は遙

▼ 女~ (4, 0.0%)

1 きたない顔, の生き, もし, 之名

▼ 女学子~ (4, 0.0%)

1 の社界改良, は時勢, を以て此傾向, 若し今

▼ 女学者~ (4, 0.0%)

1 がこの, どんな地位, なの, はいい

▼ 女~ (4, 0.0%)

1 とが長歌, の風邪, を, 葉巻の

▼ 女~ (4, 0.0%)

1 によく, の乳母, は御, を廢

▼ 女尊者~ (4, 0.0%)

1 の両, の体, は女郎屋, は紛失物

▼ 女小児~ (4, 0.0%)

1 の手前, の遊ぶ, は騒ぐ, を怯えさせ

▼ 女~ (4, 0.0%)

1 ではあるまい, の繪, やいつも, 細く腰

▼ 女弁護士~ (4, 0.0%)

1 と同じ, にお, に手紙, の事務室

▼ 女~ (4, 0.0%)

1 が結婚, だと, であつ, は村

▼ 女~ (4, 0.0%)

1 につづく, に思わぬ, に真葛尼, まさに五百男子

▼ 女戸主~ (4, 0.0%)

1 が預, であつ, の財産, を原則

▼ 女~ (4, 0.0%)

1 からハンカチ, をかえ, をとっ, を上げ

▼ 女按摩~ (4, 0.0%)

1 ぐらいがおまえ, でお, のお, は球江

▼ 女故に~ (4, 0.0%)

1 三田さんも, 祿も, 禄も, 身を

▼ 女~ (4, 0.0%)

1 ありて, の額, は早く, もまた

▼ 女~ (4, 0.0%)

1 であった, の丹前, の反物, の湯上がり着

▼ 女武者~ (4, 0.0%)

1 であったの, であるそう, の棗, の白い

▼ 女~ (4, 0.0%)

1 がついてる, が狂はず, ちが, をつける

▼ 女~ (4, 0.0%)

2 はなにか 1 が身, は弾きぬ

▼ 女~ (4, 0.0%)

1 宙に, 政府主義者ジェルメン・ベルトンの, 智なる, 智なれ

▼ 女~ (4, 0.0%)

1 がお出まし, な, なもの, はばれました

▼ 女監守~ (4, 0.0%)

1 が休憩, が女囚, が無茶, は各

▼ 女眞族~ (4, 0.0%)

1 の同, の如き, の祖先, は或

▼ 女~ (4, 0.0%)

1 のえびす, の兵, の艦, の賊

▼ 女社長~ (4, 0.0%)

1 だな, である, として東京, ないです

▼ 女神妙~ (4, 0.0%)

4 にせい

▼ 女~ (4, 0.0%)

1 だから, だぞ, のほう, の手紙

▼ 女細作~ (4, 0.0%)

1 であるところ, として使っ, なの, らしい執拗さ

▼ 女給仕人~ (4, 0.0%)

1 お民, だから, を見, ノ中

▼ 女絵師~ (4, 0.0%)

1 が急, になろう, の夜逃げ, は突然

▼ 女老人~ (4, 0.0%)

1 なら老人, は森, は自分, や老婆

▼ 女自体~ (4, 0.0%)

2 がどうせ 1 が虫, が豚そのもの

▼ 女自分~ (4, 0.0%)

1 がオセッカイ, のところ, の結婚, を捨てる

▼ 女~ (4, 0.0%)

2 の鎮守 1 の港, 及び福良

▼ 女行者~ (4, 0.0%)

1 だという, とな, のよう, の身

▼ 女~ (4, 0.0%)

2 して 1 したジジ, せしめて

▼ 女~ (4, 0.0%)

2 ふまでも 1 はぬか, ひわけ

▼ 女貴様~ (4, 0.0%)

1 にきく, のよう, は主人, は小男

▼ 女輪田夏子~ (4, 0.0%)

1 が牢死, だと, の墓, を熱心

▼ 女~ (4, 0.0%)

1 に乗っ, のこと, の供, の巧雲

▼ 女~ (4, 0.0%)

3 の話 1 と言う

▼ 女~ (4, 0.0%)

1 が夭, が生れ, である, を喪

▼ 女類猿類~ (4, 0.0%)

1 いや女類, が気, とこう来なく, まさにしかりだ

▼ 女風俗~ (4, 0.0%)

1 があります, などでも新しい, を何, を画い

▼ 女馬賊~ (4, 0.0%)

2 にでもなりたくなる, になっ

▼ 女~ (4, 0.0%)

1 のうち, の中, の前, の御

▼ 女體山~ (4, 0.0%)

1 と男體山, に上る, の道, より下らる

▼ 女~ (4, 0.0%)

1 がおつき, が丘, と申す, にとりつかれた

▼ 女あった~ (3, 0.0%)

1 がその, が相当, 第二妻ヘカベー

▼ 女あら~ (3, 0.0%)

1 いやだ, はれぬ, ばその

▼ 女いう~ (3, 0.0%)

2 もんはな 1 までもなく

▼ 女かて~ (3, 0.0%)

1 人間や, 傍について, 宜しう

▼ 女かな~ (3, 0.0%)

1 この木履, 今もし, 武士の

▼ 女かは~ (3, 0.0%)

1 わからなかったが, 見ての, 解らぬが

▼ 女かれ~ (3, 0.0%)

1 はもと品川, らに, らを

▼ 女かを~ (3, 0.0%)

1 察したり, 見破る話, 選んで

▼ 女がね~ (3, 0.0%)

1 お臀, それは, 自分より

▼ 女がよ~ (3, 0.0%)

2 お産だの 1 友禅の

▼ 女くさい~ (3, 0.0%)

1 あれこれは, と笑い, 臭いが

▼ 女ぐせ~ (3, 0.0%)

1 が悪い, が惡, の悪い

▼ 女こと~ (3, 0.0%)

1 に婆さん, に美くしい, 甘川歌枝

▼ 女こども~ (3, 0.0%)

1 は怯え, ばかりの住まい, をおびえさせる

▼ 女ごと~ (3, 0.0%)

1 に十円づつ, に手, 引ったくろう

▼ 女さあ~ (3, 0.0%)

1 それから, 男を, 私を

▼ 女しばらく~ (3, 0.0%)

1 芝居を, 茫然と, 預けて

▼ 女じゃから~ (3, 0.0%)

1 そこまで, 南無三宝この, 彼の

▼ 女そういう~ (3, 0.0%)

1 女と, 感じの, 観念を

▼ 女そうして~ (3, 0.0%)

1 両手に, 二人の, 妾の

▼ 女その他~ (3, 0.0%)

1 にはどんな, を書い, 何である

▼ 女それら~ (3, 0.0%)

1 が大きく大きく, の幼い, を保養

▼ 女たち二人~ (3, 0.0%)

1 が去り, と話, もさ

▼ 女だけでも~ (3, 0.0%)

1 二三に, 先に, 近郊を

▼ 女だけには~ (3, 0.0%)

2 限らない 1 敵の

▼ 女ださうだ~ (3, 0.0%)

1 が肌理, これは, ね

▼ 女だっ~ (3, 0.0%)

1 さへん, たりした, たり車夫

▼ 女だっても~ (3, 0.0%)

1 数珠を, 現在ウチの, 馬鹿な

▼ 女だな~ (3, 0.0%)

3

▼ 女~ (3, 0.0%)

1 ゅうのは色気に, ゅうものはど, ゆうもんは

▼ 女つまり~ (3, 0.0%)

1 アガーフィヤと, 何する, 理性と

▼ 女であるらしい~ (3, 0.0%)

1 ことは, のです, 外には

▼ 女でござん~ (3, 0.0%)

21 すかね

▼ 女でござんす~ (3, 0.0%)

1 ぜ雲水様, 一つには, 悪い女

▼ 女でござんせぬ~ (3, 0.0%)

3 又形の

▼ 女でさえも~ (3, 0.0%)

2 洗面所で 1 其通りです

▼ 女でしたら~ (3, 0.0%)

1 それこそ, どうなさる, 面白いと

▼ 女とち~ (3, 0.0%)

1 がつた意味, がつて, がふ

▼ 女とのみ~ (3, 0.0%)

1 別に, 思うより, 思って

▼ 女~ (3, 0.0%)

1 きっとし, れいが, ろぼうした

▼ 女どろ~ (3, 0.0%)

1 ぼうと, ぼうの, ぼうは

▼ 女どんな~ (3, 0.0%)

2 身分でございました 1 原因で

▼ 女なぞも~ (3, 0.0%)

1 ここでは, そうでございます, 着飾つて

▼ 女などでは~ (3, 0.0%)

1 あり得ないと, 断じてない, 綱持ちの

▼ 女などといふ~ (3, 0.0%)

2 ものは 1 男は

▼ 女などとは~ (3, 0.0%)

1 体格においても, 思われないひどく, 思われない民弥

▼ 女ならぬ~ (3, 0.0%)

2 お客樣は 1 お客様は

▼ 女なりが~ (3, 0.0%)

1 やがてここ, 欠くべからざる要求, 誰に

▼ 女なりの~ (3, 0.0%)

1 ただの, 人間としての, 生活を

▼ 女なんかは~ (3, 0.0%)

1 そういう騒ぎ, もう門, 飽き飽きして

▼ 女なんぞに~ (3, 0.0%)

1 引っかかって, 惚れて, 騒がれて

▼ 女における~ (3, 0.0%)

1 直視により, 知識は, 鏡は

▼ 女にかけても~ (3, 0.0%)

1 するどい野郎, そうだろう, 名うての

▼ 女にから~ (3, 0.0%)

1 かつたり, かつたん, かつて忘れる

▼ 女にこそ~ (3, 0.0%)

1 あれ汝も, わかり思いやれるの, 女の

▼ 女にさえも~ (3, 0.0%)

1 まったくその, 化けるという, 肌を

▼ 女にたいしては~ (3, 0.0%)

1 いくら苛酷, 憎悪を, 憐憫に

▼ 女にたいする~ (3, 0.0%)

1 内心の, 愛情を, 興味を

▼ 女になど~ (3, 0.0%)

1 多いの, 惚れたこと, 触れたら十数年

▼ 女にまでも~ (3, 0.0%)

1 私を, 見あらわされたこと, 謀叛され

▼ 女はけ~ (3, 0.0%)

1 だもの, ふも勘定台, ふも郊外

▼ 女はちよツ~ (3, 0.0%)

1 とふり返つた, と出, と返事

▼ 女はでも~ (3, 0.0%)

1 私が, 私鉄の, 笑って

▼ 女はわ~ (3, 0.0%)

2 ッと 1 ーっと

▼ 女はを~ (3, 0.0%)

1 とめの, らぬ, りを

▼ 女ばなし~ (3, 0.0%)

1 かする, などは好き, に笑いあい

▼ 女びいき~ (3, 0.0%)

1 ですよ, のお前, のくせ

▼ 女へは~ (3, 0.0%)

1 一伍一什を, 寄りつかなかった, 或はさ

▼ 女へも~ (3, 0.0%)

1 それを, 会釈の, 返杯しました

▼ 女めい~ (3, 0.0%)

1 てどうしても, ても見えた, て顔立ち

▼ 女めら~ (3, 0.0%)

1 が貴女, の盗ん, はまい

▼ 女もし~ (3, 0.0%)

1 つかりして, 居らば, 慎みて

▼ 女もち~ (3, 0.0%)

1 にし, のもの, のタバコ

▼ 女もつれ~ (3, 0.0%)

1 ている, て行く, て行こう

▼ 女もろ~ (3, 0.0%)

1 ともわれ, とも一味, とも河童野郎めどこ

▼ 女やら~ (3, 0.0%)

1 みわけが, 人間やら, 男やら

▼ 女よく~ (3, 0.0%)

1 働く代り, 外国婦人の, 捏ね上げられた魂

▼ 女わが~ (3, 0.0%)

1 前に, 應護, 手を

▼ 女わらべ~ (3, 0.0%)

1 の泣き, の知る, も総がかり

▼ 女をという~ (3, 0.0%)

1 つもりだった, 三人三役, 当の野村

▼ 女を通して~ (3, 0.0%)

2 矢田津世子の 1 自分の

▼ 女スパイ~ (3, 0.0%)

1 とともに毒瓦斯, なんかじゃない, には経験

▼ 女~ (3, 0.0%)

1 だまして, まことにおもしろき, 満二十五年ニ達シタル後ハ此限ニ

▼ 女ホレイショ~ (3, 0.0%)

1 がオフェリヤ, の媚体, の模本

▼ 女マダレイ~ (3, 0.0%)

3 に先刻

▼ 女一人位~ (3, 0.0%)

1 どうだって, ならどう, のいい

▼ 女一通り~ (3, 0.0%)

1 の事, の学問, の芸

▼ 女並み~ (3, 0.0%)

1 に浮き名, のつき合い, の軽い

▼ 女~ (3, 0.0%)

2 之丞 1 の頬

▼ 女乗り~ (3, 0.0%)

1 の紅色, の自転車, の車

▼ 女~ (3, 0.0%)

1 で失敗, に依り, 快よく

▼ 女亡者~ (3, 0.0%)

3 の姿

▼ 女~ (3, 0.0%)

1 が徐ろ, なり, はもと

▼ 女代議士~ (3, 0.0%)

1 かと思ったら, が立候補, は何

▼ 女伊達~ (3, 0.0%)

1 となり, とも思われる, めいた気風

▼ 女何者~ (3, 0.0%)

1 だろう, であろう, を助勢

▼ 女使ひで~ (3, 0.0%)

3 上られた姿

▼ 女~ (3, 0.0%)

1 というもの, にし, のたぐい

▼ 女~ (3, 0.0%)

1 の中, は圖, を見渡し

▼ 女~ (3, 0.0%)

1 に敬礼, の臍, は夫

▼ 女分限者~ (3, 0.0%)

1 ができ, と金番頭, になる

▼ 女別当~ (3, 0.0%)

1 が代筆, はその, を出し

▼ 女剣舞~ (3, 0.0%)

1 の前, や手, 及び洋式演劇

▼ 女~ (3, 0.0%)

2 や雪まろげ 1 に髻

▼ 女半ば~ (3, 0.0%)

1 歌うが, 青きシラガミススキ, 青きシラガミススギ

▼ 女博士~ (3, 0.0%)

1 で今, はす, は静か

▼ 女口一つ針仕事~ (3, 0.0%)

3 で通せない

▼ 女士官~ (3, 0.0%)

1 が電話, として佩剣, になりすまし

▼ 女多い~ (3, 0.0%)

2 髮の 1 髪の毛を

▼ 女天一坊~ (3, 0.0%)

1 だの華族, というの, は幾ら

▼ 女太夫さん~ (3, 0.0%)

1 でございますよ, は佐用姫様, は美しい

▼ 女夫雛~ (3, 0.0%)

1 は言う, を一対, を片

▼ 女~ (3, 0.0%)

1 では無い, にて殊に, の名

▼ 女学校~ (3, 0.0%)

1 で一緒, に通う, に通学

▼ 女学論~ (3, 0.0%)

1 など唱, など唱うる, など唱え

▼ 女学雑誌社~ (3, 0.0%)

1 と云, の社長, を代表者

▼ 女學校出~ (3, 0.0%)

1 でもあるらしく, とは思はれない, とは思はれぬ

▼ 女宣教師~ (3, 0.0%)

1 が幾千万, である, も知った

▼ 女小兒~ (3, 0.0%)

1 はその, を悸, を脅かす

▼ 女小姓~ (3, 0.0%)

1 が勤め, に取らるべきであった, は茶

▼ 女~ (3, 0.0%)

1 との間, の峰, の間

▼ 女巫女~ (3, 0.0%)

1 の占った, の素性, は

▼ 女~ (3, 0.0%)

1 がある, や桃色, を借りた

▼ 女帽子~ (3, 0.0%)

1 が灰色, の下, の品定め

▼ 女~ (3, 0.0%)

1 だな, とは何ん, なら恰度

▼ 女弟子たち~ (3, 0.0%)

1 が涙ぐん, は彼, を呼び

▼ 女~ (3, 0.0%)

2 青師の 1 青師として

▼ 女彼女~ (3, 0.0%)

1 が第, はこの, は愛してる

▼ 女~ (3, 0.0%)

1 にもだえた, にやぶれた, の辛苦

▼ 女~ (3, 0.0%)

1 においてはさき, におぼれ, の坩堝

▼ 女或は~ (3, 0.0%)

2 一人の 1 男が

▼ 女支配者~ (3, 0.0%)

2 の威厳 1 の沈静

▼ 女教授~ (3, 0.0%)

1 が呟いた, が言, は驚き

▼ 女~ (3, 0.0%)

1 して, で先, と侮り

▼ 女松山~ (3, 0.0%)

1 の下, の女, の春雨

▼ 女~ (3, 0.0%)

1 に入り, の唱歌教師, の怪火事件以後

▼ 女~ (3, 0.0%)

1 は杉井, を娶る, を生んだ

▼ 女毛唐~ (3, 0.0%)

1 の死骸, を殺した, を片付け

▼ 女河童~ (3, 0.0%)

1 であ, でも時候, なんか描い

▼ 女澄江~ (3, 0.0%)

1 に似, のこと, の姿

▼ 女~ (3, 0.0%)

1 の中, の心, を確

▼ 女~ (3, 0.0%)

1 が四匹子供, のよう, は厭

▼ 女~ (3, 0.0%)

1 の編輯者, の裏, を観

▼ 女番頭~ (3, 0.0%)

1 といえ, といったよう, として住みこん

▼ 女~ (3, 0.0%)

1 がどうして, とあり, 約して

▼ 女~ (3, 0.0%)

1 の丹前, の衣裳, の袴

▼ 女禁制~ (3, 0.0%)

1 だ, の世界, の男宿文珠屋

▼ 女~ (3, 0.0%)

3 へて彼

▼ 女絵かき~ (3, 0.0%)

2 の孤芳 1 のお話

▼ 女置場~ (3, 0.0%)

1 からぬけ出し, がある, の前

▼ 女美しい~ (3, 0.0%)

1 そうで, 女あでやかな, 寶石明い

▼ 女~ (3, 0.0%)

2 には白無垢 1 には緋

▼ 女~ (3, 0.0%)

2 雷也女鳴神 1 雷也と

▼ 女芳樹女史~ (3, 0.0%)

2 を訪う 1 も今楠氏

▼ 女若い~ (3, 0.0%)

1 のも, 女と, 女という

▼ 女藝術家~ (3, 0.0%)

2 としての作者 1 をひどく

▼ 女~ (3, 0.0%)

1 だと, なのね, に魅入られた

▼ 女~ (3, 0.0%)

1 から破り取った, の下, の膝

▼ 女見た~ (3, 0.0%)

1 ことは, やうな, ように

▼ 女~ (3, 0.0%)

1 たる日本左衛門, だし, とみ

▼ 女貂蝉~ (3, 0.0%)

1 が袖, であった, というもの

▼ 女賢う~ (3, 0.0%)

3 して

▼ 女連中~ (3, 0.0%)

1 の足, は観音堂, を安心

▼ 女運転手~ (3, 0.0%)

1 が勇カン, の後姿, は冷笑

▼ 女達摩~ (3, 0.0%)

1 と私, の赤地, をもつ

▼ 女頭巾~ (3, 0.0%)

2 を拾っ 1 が落ち

▼ 女餓鬼~ (3, 0.0%)

2 の官女 1 に子

▼ 女驛員~ (3, 0.0%)

1 にたのん, に近, はみな

▼ 女高山~ (3, 0.0%)

2 のお婆さん 1 の婆さん

▼ 女ああ~ (2, 0.0%)

1 イビキを, 何という

▼ 女あしらい~ (2, 0.0%)

1 に馴れ, に馴れきっ

▼ 女あたり~ (2, 0.0%)

1 の心持, を見廻し

▼ 女あっ~ (2, 0.0%)

1 ての後, て表

▼ 女あるいは~ (2, 0.0%)

1 ご友人, 老える

▼ 女いつも~ (2, 0.0%)

1 ちちくる, 男と

▼ 女いわく~ (2, 0.0%)

1 わが力能, わが父母君

▼ 女かた~ (2, 0.0%)

1 のごとく, の如く愛

▼ 女かって~ (2, 0.0%)

1 しつこく聞かれた, 問いただす

▼ 女かなんぞの~ (2, 0.0%)

2 ように

▼ 女がさ~ (2, 0.0%)

1 三沢の, 尋常の

▼ 女がつつ~ (2, 0.0%)

1 うと, 立つて

▼ 女がも~ (2, 0.0%)

1 すこし自分, 一人の

▼ 女がを~ (2, 0.0%)

1 とめの, ります

▼ 女きょうだい~ (2, 0.0%)

1 の処, をああ

▼ 女きらい~ (2, 0.0%)

1 だわ, や

▼ 女きり~ (2, 0.0%)

1 であった, 残って

▼ 女ぎらひかと思つて~ (2, 0.0%)

2 ゐるの

▼ 女くさく~ (2, 0.0%)

1 なって, 男は

▼ 女くらい~ (2, 0.0%)

1 いじらしく憐れ, 現実に

▼ 女ぐらし~ (2, 0.0%)

1 の家, 又海手

▼ 女こうして~ (2, 0.0%)

1 だんだん進ん, 兵馬の

▼ 女こっち~ (2, 0.0%)

1 の女, へ向い

▼ 女こんな~ (2, 0.0%)

2 のが

▼ 女さえも~ (2, 0.0%)

1 もはやとりたて, 前回とは

▼ 女さすが~ (2, 0.0%)

1 に沈黙, 貪婪な

▼ 女さながら~ (2, 0.0%)

1 に走っ, の声

▼ 女ざわりの地所~ (2, 0.0%)

1 ってそんな, ではありません

▼ 女~ (2, 0.0%)

1 を搜, 思ほ

▼ 女しばし~ (2, 0.0%)

1 が程, 君に

▼ 女~ (2, 0.0%)

1 やない, や無い

▼ 女じゃった~ (2, 0.0%)

1 けれどもう, よ

▼ 女じゃと~ (2, 0.0%)

1 合点し, 答えなされ

▼ 女すぐ~ (2, 0.0%)

1 そばでは, 牛肉屋へ

▼ 女すこし~ (2, 0.0%)

1 ばかり嘔きし, 気が

▼ 女すらも~ (2, 0.0%)

1 奪いとって, 現れない生憎さ

▼ 女~ (2, 0.0%)

2 え喃

▼ 女ぜんたい~ (2, 0.0%)

1 の恥, をけがす

▼ 女~ (2, 0.0%)

1 なたには, を受取り

▼ 女そこ~ (2, 0.0%)

1 に問題, の硯筥

▼ 女そっくり~ (2, 0.0%)

1 だ, であった

▼ 女その他神尾某~ (2, 0.0%)

2 の子持ち

▼ 女~ (2, 0.0%)

1 かよ二十九, ア違う

▼ 女たちそれ~ (2, 0.0%)

1 がここ, にはじめて

▼ 女たちふたり~ (2, 0.0%)

1 を炬燵, を逃がさなく

▼ 女たちみんな~ (2, 0.0%)

2 が嫉妬

▼ 女たち一人一人~ (2, 0.0%)

1 に浜路, を相手

▼ 女たち一同~ (2, 0.0%)

1 の恐怖, は生れ

▼ 女たち三人~ (2, 0.0%)

1 の顔, はそれぞれ

▼ 女だけじゃ~ (2, 0.0%)

1 ないよ, 人様にゃ

▼ 女ださう~ (2, 0.0%)

1 で, で此家

▼ 女ださうで~ (2, 0.0%)

1 すぐわかつ, 名前から

▼ 女だつかい~ (2, 0.0%)

2

▼ 女だつたさう~ (2, 0.0%)

1 ぢや, で

▼ 女だらけ~ (2, 0.0%)

1 な家, に見える

▼ 女だ言え~ (2, 0.0%)

2 ッ七人の

▼ 女っけの~ (2, 0.0%)

2 ある店

▼ 女っぽ~ (2, 0.0%)

1 さや, さを

▼ 女っぽい~ (2, 0.0%)

1 ことを, 言葉で

▼ 女つと~ (2, 0.0%)

1 寝が, 来て

▼ 女づれで飛~ (2, 0.0%)

1 込めるもの, 込めるものぢ

▼ 女であったろう~ (2, 0.0%)

1 か, がお

▼ 女でが~ (2, 0.0%)

1 さあ, つしり

▼ 女でございまし~ (2, 0.0%)

1 てあれ, て角太郎

▼ 女でござんすわい~ (2, 0.0%)

2

▼ 女でないなら~ (2, 0.0%)

2 そいつは

▼ 女でなかった~ (2, 0.0%)

1 かとたずねました, ことが

▼ 女でなかつた~ (2, 0.0%)

1 かさへも, とする

▼ 女でなき~ (2, 0.0%)

1 やならない, や出來

▼ 女でなくっ~ (2, 0.0%)

1 てはこんなに, ては出来ない

▼ 女での~ (2, 0.0%)

1 今も, 先輩で

▼ 女でのう~ (2, 0.0%)

1 ては知れん, てよかっ

▼ 女で御座います~ (2, 0.0%)

2 がねえ

▼ 女で無い~ (2, 0.0%)

1 とわかつた, と言う

▼ 女で無き~ (2, 0.0%)

1 やその, や先

▼ 女というは~ (2, 0.0%)

1 そうしたもん, 母一人子一人の

▼ 女というも~ (2, 0.0%)

1 謡曲に, 金次第

▼ 女とかという~ (2, 0.0%)

1 ことを, 種類に

▼ 女とき~ (2, 0.0%)

1 まつて, まつてるやう

▼ 女とだけ~ (2, 0.0%)

1 だった, 人には

▼ 女とでは~ (2, 0.0%)

1 だね, 青年期なる

▼ 女とね~ (2, 0.0%)

1 こっちじゃ, 日本の

▼ 女とねん~ (2, 0.0%)

2 ごろに

▼ 女とまで~ (2, 0.0%)

1 成り下がって, 言葉を

▼ 女どう~ (2, 0.0%)

1 しただろうどう, して

▼ 女どころか~ (2, 0.0%)

1 お隣り, 南蛮北狄の

▼ 女ども猥~ (2, 0.0%)

2 に卿等

▼ 女なかなか~ (2, 0.0%)

1 しゃれ者, のしたたか者

▼ 女なぞという~ (2, 0.0%)

1 ものは, アバズレの

▼ 女などで~ (2, 0.0%)

1 わざわざ牛乳, 実地に

▼ 女などという~ (2, 0.0%)

1 やつは, 種々の

▼ 女などよりも~ (2, 0.0%)

2 髪の毛が

▼ 女などをも~ (2, 0.0%)

1 不徳の, 乱闘によって

▼ 女ならず~ (2, 0.0%)

1 と此爺, ばわれ

▼ 女ならでは~ (2, 0.0%)

1 と思, の千古不変

▼ 女なら知らない~ (2, 0.0%)

2 ことも

▼ 女なら逃がさない~ (2, 0.0%)

1 やうに, ようにって

▼ 女なりけり~ (2, 0.0%)

2 戻り橋

▼ 女なりとて~ (2, 0.0%)

1 靈または, 非道の

▼ 女なりゃ~ (2, 0.0%)

2 こそ

▼ 女なりや~ (2, 0.0%)

1 こそ, 今年ある

▼ 女なりを~ (2, 0.0%)

1 大勢の, 除けば

▼ 女なん~ (2, 0.0%)

1 じゃろうか, じゃろか

▼ 女なんかが~ (2, 0.0%)

1 そのまま故国, 使つた

▼ 女なんかには~ (2, 0.0%)

1 こっちから, 唾でも

▼ 女なんぞが~ (2, 0.0%)

1 口を, 平気な

▼ 女なんぞの~ (2, 0.0%)

1 こと忘れ, 出る幕

▼ 女なんと~ (2, 0.0%)

1 いうもの, いう妓

▼ 女において~ (2, 0.0%)

1 恋愛の, 最高の

▼ 女にか~ (2, 0.0%)

1 あいがられるものサ, ぢりつい

▼ 女にかけての~ (2, 0.0%)

1 凄腕を, 成功率が

▼ 女にく~ (2, 0.0%)

1 ひ下がらうと, ッついてる

▼ 女にさえ~ (2, 0.0%)

1 見えて, 関係しなけれ

▼ 女につき~ (2, 0.0%)

1 ものという, 何か

▼ 女にても~ (2, 0.0%)

1 なし, よしその

▼ 女にとってね~ (2, 0.0%)

1 そういう深い深い, 私の

▼ 女になんか~ (2, 0.0%)

1 あうと, 成り下ること

▼ 女にばかりは~ (2, 0.0%)

1 かしわの, 頭が

▼ 女にもの~ (2, 0.0%)

1 わかりの, 分りよく

▼ 女によ~ (2, 0.0%)

1 つて傷づけられまい, つて知る

▼ 女によっては~ (2, 0.0%)

1 あんなの, それの

▼ 女にを~ (2, 0.0%)

1 しへ, つとなんか

▼ 女に対しての~ (2, 0.0%)

1 ことさ, 毒舌と

▼ 女に対すると~ (2, 0.0%)

1 どうも一目, 何となく尻籠

▼ 女に関しては~ (2, 0.0%)

1 ことさらに, 全智全能の

▼ 女のけ~ (2, 0.0%)

1 はいも, はその

▼ 女のね~ (2, 0.0%)

1 うちが, がひで

▼ 女のみの~ (2, 0.0%)

1 問題でなく, 遊戯で

▼ 女はい~ (2, 0.0%)

1 ざとなつても小, づれもそこにゐなかつた

▼ 女はかぶり~ (2, 0.0%)

1 をふり, を振った

▼ 女はが~ (2, 0.0%)

1 つかりした, つくりしたやう

▼ 女はきゃ~ (2, 0.0%)

2 っと云っ

▼ 女はじぶん~ (2, 0.0%)

1 の幸福, の美

▼ 女はじツ~ (2, 0.0%)

1 とこちら, と考

▼ 女はて~ (2, 0.0%)

1 すりに, てなし

▼ 女はは~ (2, 0.0%)

1 づかしさうにより, ばの

▼ 女はや~ (2, 0.0%)

2 はらかに

▼ 女ばかりも~ (2, 0.0%)

1 い, いいもの

▼ 女ばら~ (2, 0.0%)

1 と見たれ, へお

▼ 女~ (2, 0.0%)

1 さが, ッ捕えろ

▼ 女ひととおり~ (2, 0.0%)

1 の稽古事, の芸事作法

▼ 女ひどい~ (2, 0.0%)

2 痘痕で

▼ 女~ (2, 0.0%)

1 ぜいが, ぜいに

▼ 女ぶつ~ (2, 0.0%)

1 つかりは, て今

▼ 女ほか~ (2, 0.0%)

1 知らない境地, 知らない感情

▼ 女まかせ~ (2, 0.0%)

1 という旧い, に着せ

▼ 女まさか~ (2, 0.0%)

1 と思い, 人を

▼ 女までを~ (2, 0.0%)

1 くわなければ, ふくんで

▼ 女みずから~ (2, 0.0%)

1 がより, にぎりめしにして喰

▼ 女みな~ (2, 0.0%)

1 かくの, というもの

▼ 女め今~ (2, 0.0%)

1 すぐだ, に見よ

▼ 女もと~ (2, 0.0%)

1 は浅草, 婦人一名という

▼ 女もは~ (2, 0.0%)

1 いつてる, ッと

▼ 女やす~ (2, 0.0%)

1 は保さん, 五女こと三男信平四男孫助である

▼ 女やつ~ (2, 0.0%)

1 たよ, たらまだ

▼ 女やと~ (2, 0.0%)

1 思いますわ, 思い体裁

▼ 女やに~ (2, 0.0%)

2 摩れ違

▼ 女やは~ (2, 0.0%)

2 ある朧月

▼ 女やらの~ (2, 0.0%)

1 影は, 記憶が

▼ 女よりか~ (2, 0.0%)

2 いくら家の

▼ 女らしい~ (2, 0.0%)

1 とは思います, と云う

▼ 女をつつ~ (2, 0.0%)

1 むうるはしき蕊, むうるはしき蕋

▼ 女を通じて~ (2, 0.0%)

1 きまりきった, 亡妻と

▼ 女カフェー~ (2, 0.0%)

1 がある, を出た

▼ 女ッ気~ (2, 0.0%)

1 に飢え, を加えなかった

▼ 女~ (2, 0.0%)

1 ていふ, てやつ

▼ 女トヨタマ姫~ (2, 0.0%)

1 の命, を差し上げました

▼ 女~ (2, 0.0%)

1 て月琴, 好カレヨウナンテ馬鹿ナコトヲ思ウ訳ハナイ

▼ 女ヘーレー高らか~ (2, 0.0%)

2

▼ 女マリア~ (2, 0.0%)

1 との関係等, に天使

▼ 女ユタ~ (2, 0.0%)

1 が流行っ, はでたらめ

▼ 女レスラー~ (2, 0.0%)

1 のたぐい, や今

▼ 女ヴィドック~ (2, 0.0%)

1 となる, なの

▼ 女一人前~ (2, 0.0%)

1 として嫁, の資格

▼ 女一人外~ (2, 0.0%)

2 へ出しやしない

▼ 女一人殿~ (2, 0.0%)

2 めきて

▼ 女一代~ (2, 0.0%)

1 の古び, の長

▼ 女一八一一年父~ (2, 0.0%)

2 が牧師補時代

▼ 女一名~ (2, 0.0%)

1 が爆發物, です

▼ 女七人~ (2, 0.0%)

1 の子, の手

▼ 女七分の客~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 女万歳~ (2, 0.0%)

1 とも謂っ, の広告

▼ 女三従説~ (2, 0.0%)

1 の如き, 即ち家

▼ 女三神~ (2, 0.0%)

2 貪狼巨門等北斗

▼ 女上がり~ (2, 0.0%)

1 と馬鹿, の愛妾

▼ 女不思議~ (2, 0.0%)

1 と思へ, な事

▼ 女不足~ (2, 0.0%)

1 の社會, 無い衣食

▼ 女両脚~ (2, 0.0%)

2 をそろえ

▼ 女並びに~ (2, 0.0%)

1 その家, 馬の

▼ 女久利~ (2, 0.0%)

1 である, は此年

▼ 女~ (2, 0.0%)

1 の手頃, の自転車

▼ 女乙女さん~ (2, 0.0%)

1 が生れた, は十七歳

▼ 女二三人~ (2, 0.0%)

1 が狭い, 居た

▼ 女二人づれ~ (2, 0.0%)

1 で乗りこん, の旅客

▼ 女二十人~ (2, 0.0%)

1 あまりに迷惑, に對

▼ 女云々~ (2, 0.0%)

1 そうとり出し, は最古

▼ 女~ (2, 0.0%)

2 りに

▼ 女亭主~ (2, 0.0%)

1 と言, の仇

▼ 女仇討~ (2, 0.0%)

1 と云いました, の積り

▼ 女仕立屋~ (2, 0.0%)

1 という仕事, の書いた

▼ 女何処~ (2, 0.0%)

1 が好い, を歩い

▼ 女何處~ (2, 0.0%)

1 かくね, か病氣

▼ 女修道者~ (2, 0.0%)

1 のくろい, の着る

▼ 女修験者~ (2, 0.0%)

1 の梅仙女, の道場

▼ 女個人~ (2, 0.0%)

1 としての男, の意思

▼ 女兄弟~ (2, 0.0%)

1 は一人, は源氏

▼ 女兒達~ (2, 0.0%)

2 は園内

▼ 女~ (2, 0.0%)

1 幇者も, 鉄砲

▼ 女兵ども~ (2, 0.0%)

1 が二人, を呼び寄せ

▼ 女具したる~ (2, 0.0%)

2 法師かな

▼ 女冥加~ (2, 0.0%)

1 さ拙者たち, と手の内

▼ 女出え出え~ (2, 0.0%)

1 の半人前, の若い

▼ 女力士~ (2, 0.0%)

1 と熊, の数

▼ 女力持~ (2, 0.0%)

1 でもたいした, はやった

▼ 女力者~ (2, 0.0%)

1 の見世もの, を試す

▼ 女~ (2, 0.0%)

1 といはれる, の外貌

▼ 女~ (2, 0.0%)

1 は全く, 第十房

▼ 女千代~ (2, 0.0%)

1 は清水氏, を生んだ

▼ 女卒業程度~ (2, 0.0%)

1 のもの, の娘

▼ 女厄坂~ (2, 0.0%)

1 と男厄坂, をあがつた

▼ 女古典的~ (2, 0.0%)

2 な眼鼻立

▼ 女同じ~ (2, 0.0%)

1 処に, 様な

▼ 女名取~ (2, 0.0%)

1 の間, より茶緞子丸帯

▼ 女君制度~ (2, 0.0%)

2 は九州

▼ 女君名~ (2, 0.0%)

1 として常に, は如何にも

▼ 女唐服~ (2, 0.0%)

2 を着

▼ 女団十郎~ (2, 0.0%)

1 と呼ばれ, と称

▼ 女団長~ (2, 0.0%)

1 だね, にゃならないぜ

▼ 女土方~ (2, 0.0%)

1 がどっさり, が小さな

▼ 女土間~ (2, 0.0%)

1 に臥せる, の文次

▼ 女~ (2, 0.0%)

1 と改名, 之介

▼ 女城主~ (2, 0.0%)

1 どうです, はここ

▼ 女執事~ (2, 0.0%)

1 からこの, のいう

▼ 女塾内~ (2, 0.0%)

2 には呉一郎母子

▼ 女夕陽~ (2, 0.0%)

2 に照らされ

▼ 女外套~ (2, 0.0%)

1 あずけの, らしいもの

▼ 女多く~ (2, 0.0%)

1 なりて, 菜を

▼ 女大使め~ (2, 0.0%)

1 はわが国, をうちとりました

▼ 女大学生~ (2, 0.0%)

1 と話し, のダリア嬢

▼ 女大学評論~ (2, 0.0%)

1 の第, 及び新

▼ 女天女~ (2, 0.0%)

1 の説話, の辱

▼ 女夫岩~ (2, 0.0%)

1 という, といふ

▼ 女夫池~ (2, 0.0%)

1 かな, に妻

▼ 女奇術師~ (2, 0.0%)

1 の一座, の顔

▼ 女奉公~ (2, 0.0%)

2 摺れの

▼ 女~ (2, 0.0%)

1 の讒, の難

▼ 女女女~ (2, 0.0%)

1 と執した, ばかりの妄想

▼ 女好み~ (2, 0.0%)

1 に阿波, のする

▼ 女~ (2, 0.0%)

1 この広い, というの

▼ 女姫路殿~ (2, 0.0%)

2 は信長

▼ 女~ (2, 0.0%)

1 の隠し処, をし

▼ 女~ (2, 0.0%)

1 に上っ, は

▼ 女子供たち~ (2, 0.0%)

1 の避難, までが殺戮

▼ 女子供たる~ (2, 0.0%)

1 とをとわず, を問わず

▼ 女子供ぢ~ (2, 0.0%)

1 やねえ, や泥棒

▼ 女子供等~ (2, 0.0%)

1 には勿, は魚

▼ 女子供達~ (2, 0.0%)

2 の十人

▼ 女学士~ (2, 0.0%)

1 にて夫, にマドレエヌ・ド・スキュデリイ

▼ 女学校長~ (2, 0.0%)

1 をし, 元警部某

▼ 女學雜誌~ (2, 0.0%)

1 である, 第二九〇號

▼ 女~ (2, 0.0%)

1 秋門院が, 秋門院には

▼ 女~ (2, 0.0%)

1 とて膚艶, の講釈

▼ 女寡婦~ (2, 0.0%)

1 に花, のいと

▼ 女小袖~ (2, 0.0%)

1 だった, は萩井家

▼ 女小間物屋~ (2, 0.0%)

1 のお, の女房

▼ 女~ (2, 0.0%)

1 は大坂, は大阪

▼ 女~ (2, 0.0%)

1 たり, たり友次郎

▼ 女~ (2, 0.0%)

1 には遠く, に奇岩

▼ 女~ (2, 0.0%)

2 の劍

▼ 女巡禮~ (2, 0.0%)

2

▼ 女~ (2, 0.0%)

1 多遲, 多遲比

▼ 女帳場~ (2, 0.0%)

2 の女主

▼ 女~ (2, 0.0%)

1 が生れた, の三子五女

▼ 女~ (2, 0.0%)

2 下に

▼ 女影身着戎衣服頭戴烏帽子右方~ (2, 0.0%)

2 執弓矢

▼ 女彼ら~ (2, 0.0%)

1 に長く, の故国

▼ 女彼等~ (2, 0.0%)

1 に長く, はかつて

▼ 女後ろ~ (2, 0.0%)

1 に胡床, の女

▼ 女忍び衆烏組~ (2, 0.0%)

1 とかいう連中, の連中

▼ 女恋しく~ (2, 0.0%)

1 なって, 湯屋の

▼ 女恐らく~ (2, 0.0%)

1 島津方の, 長い間

▼ 女惚れ~ (2, 0.0%)

1 がする, さえする

▼ 女愚連隊~ (2, 0.0%)

1 とかハンケチ女, のくせ

▼ 女~ (2, 0.0%)

1 し, にかけても異常

▼ 女成金~ (2, 0.0%)

1 になりたい, の中村照子

▼ 女~ (2, 0.0%)

1 と共に酒宴, は爾

▼ 女戦士~ (2, 0.0%)

1 がある, の一人一人

▼ 女手早く~ (2, 0.0%)

1 袷の, 裾の

▼ 女拙者~ (2, 0.0%)

1 を狙う, を親

▼ 女支配人~ (2, 0.0%)

1 が彼, はきいた

▼ 女支配人たち~ (2, 0.0%)

2 の綿密

▼ 女教師山本孝子女史~ (2, 0.0%)

2 はいつの間にか

▼ 女敵討ち~ (2, 0.0%)

1 だと, に出立

▼ 女断髪~ (2, 0.0%)

1 の女, の方

▼ 女新しい~ (2, 0.0%)

1 思想を, 詞で

▼ 女新聞記者~ (2, 0.0%)

1 というお転婆者, になったら

▼ 女方術師蝦蟇夫人~ (2, 0.0%)

2 その本名

▼ 女方術師鉄拐夫人~ (2, 0.0%)

1 その本名, は頸

▼ 女日本~ (2, 0.0%)

2 の女

▼ 女易者~ (2, 0.0%)

1 だと, の自分

▼ 女~ (2, 0.0%)

1 から女, から知つて

▼ 女暮し~ (2, 0.0%)

1 で斯, のわが家

▼ 女曙色~ (2, 0.0%)

1 か浅緑, か淺緑

▼ 女書生~ (2, 0.0%)

1 とでも呼ん, のタイプ

▼ 女本名~ (2, 0.0%)

1 を隠した, を隱

▼ 女杏庵~ (2, 0.0%)

2 の妻

▼ 女来り~ (2, 0.0%)

1 て漁夫, 姫を

▼ 女~ (2, 0.0%)

1 とを連れ, の五衣

▼ 女校長~ (2, 0.0%)

1 が出る, にこりさせない

▼ 女桂子~ (2, 0.0%)

1 と一緒, の過去

▼ 女案内人~ (2, 0.0%)

1 か, の声

▼ 女~ (2, 0.0%)

1 に耽っ, を好ん

▼ 女横着~ (2, 0.0%)

1 な女, の女

▼ 女權同盟~ (2, 0.0%)

1 の會員, の祝賀會

▼ 女~ (2, 0.0%)

1 で逃走, は酒

▼ 女次に~ (2, 0.0%)

1 小仏, 小仏峠で

▼ 女歌子~ (2, 0.0%)

1 が生まれた, との二人

▼ 女武道併合~ (2, 0.0%)

1 が盛ん, の風

▼ 女~ (2, 0.0%)

1 して, に臨み

▼ 女死ぬ~ (2, 0.0%)

2 がよい

▼ 女~ (2, 0.0%)

1 にお, に遊女

▼ 女殺した~ (2, 0.0%)

1 といわれる, 女殺された

▼ 女殿そう~ (2, 0.0%)

1 では, はなりませぬ

▼ 女水木~ (2, 0.0%)

1 が生れた, はこの

▼ 女水滸伝~ (2, 0.0%)

1 のやう, のよう

▼ 女決して~ (2, 0.0%)

1 あかの, 渡すこと

▼ 女泣い~ (2, 0.0%)

1 てあやまりやがった, てはいない

▼ 女泣かせ~ (2, 0.0%)

2 の良い

▼ 女洋服~ (2, 0.0%)

1 ですまし, のボタン

▼ 女~ (2, 0.0%)

1 に掛けた, の掛言葉

▼ 女~ (2, 0.0%)

2 青の

▼ 女源氏~ (2, 0.0%)

1 と称する, と言われる

▼ 女為子~ (2, 0.0%)

1 の君, ノ君

▼ 女~ (2, 0.0%)

1 になる, は相談

▼ 女独り~ (2, 0.0%)

1 で寝る, と侮っ

▼ 女~ (2, 0.0%)

1 は引っ, めく

▼ 女理学士~ (2, 0.0%)

1 がこんなに, の名

▼ 女生徒といつて~ (2, 0.0%)

2 も赤い

▼ 女~ (2, 0.0%)

1 は豊, 猶足慰竜鍾

▼ 女用文章~ (2, 0.0%)

1 の中, の処

▼ 女画学生~ (2, 0.0%)

1 がいた, のズラリ

▼ 女異人~ (2, 0.0%)

1 が一人, の乗っ

▼ 女癸巳~ (2, 0.0%)

1 が感染, が生れた

▼ 女発狂~ (2, 0.0%)

2 いたしまして

▼ 女登梅子~ (2, 0.0%)

1 が急病, と女の子

▼ 女皇内閣~ (2, 0.0%)

1 の権力, の權力

▼ 女皇陛下~ (2, 0.0%)

1 と呼ばれる, は御

▼ 女~ (2, 0.0%)

1 となっ, となつ

▼ 女相応~ (2, 0.0%)

1 のもの, の滑稽

▼ 女眞種族~ (2, 0.0%)

1 の金, を大

▼ 女眞語~ (2, 0.0%)

1 で上表, に直

▼ 女着物~ (2, 0.0%)

1 を泥棒, を脱ぎすて

▼ 女矢車草~ (2, 0.0%)

1 とつい, の花

▼ 女~ (2, 0.0%)

1 の親子四人, を下さった

▼ 女~ (2, 0.0%)

2 として生き

▼ 女~ (2, 0.0%)

1 がその, として祭られた

▼ 女~ (2, 0.0%)

1 が人間, は一個

▼ 女突然~ (2, 0.0%)

2 貴方の

▼ 女~ (2, 0.0%)

2 の知る

▼ 女端嚴~ (2, 0.0%)

2 のヘーレー

▼ 女笛師殺し~ (2, 0.0%)

1 の捕物, の用意

▼ 女等大~ (2, 0.0%)

2 は磐長姫

▼ 女等比婆須比売命~ (2, 0.0%)

2 次に弟比売命

▼ 女~ (2, 0.0%)

2 であります

▼ 女~ (2, 0.0%)

1 とが木版, の方

▼ 女紛れ~ (2, 0.0%)

2 もねえ

▼ 女素人~ (2, 0.0%)

2 とも玄人

▼ 女~ (2, 0.0%)

1 など一しょ, を見

▼ 女群遊~ (2, 0.0%)

2 には七処女

▼ 女義中~ (2, 0.0%)

1 でまず, の一等品

▼ 女義界~ (2, 0.0%)

1 の名人, の綾之助

▼ 女羽織~ (2, 0.0%)

1 と一通, の色

▼ 女老幼騎馬~ (2, 0.0%)

2 の人

▼ 女聖人~ (2, 0.0%)

2 に接し

▼ 女~ (2, 0.0%)

1 から男職, 久しく続い

▼ 女~ (2, 0.0%)

1 のあたり, の早鐘

▼ 女自身何~ (2, 0.0%)

1 を喋っ, を喋つて

▼ 女~ (2, 0.0%)

1 で来る, に乗り合した

▼ 女~ (2, 0.0%)

1 のよう, の如く

▼ 女~ (2, 0.0%)

1 といっ, と人

▼ 女芸者~ (2, 0.0%)

1 が五人, を載せたる

▼ 女草履~ (2, 0.0%)

2 が片

▼ 女薄暗がり~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 女薬剤師~ (2, 0.0%)

1 などもルウス・ジュッド, の無礼

▼ 女虚無僧~ (2, 0.0%)

1 は背中合せ, をしばらく

▼ 女~ (2, 0.0%)

1 捕りでございます, 捕りは

▼ 女西洋館前~ (2, 0.0%)

2 のだらだら

▼ 女西鶴~ (2, 0.0%)

2 といひ

▼ 女見たい~ (2, 0.0%)

1 な, にぶくぶく

▼ 女見る~ (2, 0.0%)

1 からに浮気そう, 女を

▼ 女親一人~ (2, 0.0%)

1 で育てた, になつ

▼ 女親分姐~ (2, 0.0%)

1 御の, 御は

▼ 女角力取り~ (2, 0.0%)

1 のげ, のよう

▼ 女計り~ (2, 0.0%)

1 てイーリオン, 鳥羽屋五蝶に

▼ 女詐偽師~ (2, 0.0%)

1 ではない, も同様

▼ 女話それ~ (2, 0.0%)

2 にモ一つ

▼ 女~ (2, 0.0%)

1 だか, にでもなれなれしい

▼ 女豊玉姫~ (2, 0.0%)

1 の従婢出, を得

▼ 女~ (2, 0.0%)

1 の萌芽, を写し出し

▼ 女~ (2, 0.0%)

1 のよう, の様

▼ 女貌山~ (2, 0.0%)

1 とが此色彩, や赤薙山

▼ 女~ (2, 0.0%)

1 と解した, を詠んだ

▼ 女賢しき~ (2, 0.0%)

1 夫思い, 夫思ひ

▼ 女踊り~ (2, 0.0%)

1 にし, の達人

▼ 女身像~ (2, 0.0%)

1 は冷たい, をみつめ

▼ 女軍人~ (2, 0.0%)

2 の部隊

▼ 女輪田~ (2, 0.0%)

2 お夏

▼ 女述意~ (2, 0.0%)

2 と称する

▼ 女連れ二人~ (2, 0.0%)

1 が大きい, が泊っ

▼ 女遍路~ (2, 0.0%)

1 がお, が君子

▼ 女~ (2, 0.0%)

1 から杉坂, に逢

▼ 女道中師~ (2, 0.0%)

1 だらう, だろう

▼ 女道士仲間~ (2, 0.0%)

1 ではこう, に招かれ

▼ 女達五人~ (2, 0.0%)

1 とボルネオ, ばかりと廣島

▼ 女達磨~ (2, 0.0%)

1 の絵, も豊後竹田

▼ 女~ (2, 0.0%)

1 津年魚目目微, 津待根の神に

▼ 女酒場~ (2, 0.0%)

1 の亭主, の浜路

▼ 女~ (2, 0.0%)

1 があつ, は重い

▼ 女間違い~ (2, 0.0%)

1 なく捕えて, はない

▼ 女関係~ (2, 0.0%)

1 で苦しむ, の恨み

▼ 女~ (2, 0.0%)

1 の方, を上っ

▼ 女除け~ (2, 0.0%)

1 のお守り, の護符

▼ 女隠し~ (2, 0.0%)

1 などは罪深い, 後家見舞ろくな

▼ 女離れ~ (2, 0.0%)

1 がし, した気性

▼ 女非人~ (2, 0.0%)

1 の様, は田宮

▼ 女~ (2, 0.0%)

1 があり, を挙げえ

▼ 女頸城郡~ (2, 0.0%)

2 の僧知良

▼ 女類同志~ (2, 0.0%)

2 の会話

▼ 女類男類~ (2, 0.0%)

1 か, の順

▼ 女飛行家~ (2, 0.0%)

1 の死んだ, を志願

▼ 女~ (2, 0.0%)

1 の子, を炊く

▼ 女騎手~ (2, 0.0%)

1 の競馬, はそれ

▼ 女鬼ども~ (2, 0.0%)

1 はいきなり, はまもなく

▼ 女~ (2, 0.0%)

1 が死んだ, のお

▼ 女~ (2, 0.0%)

1 の頭, は白髪

▼1* [2707件]

あいてに侍, 女あか抜けて愛嬌, 女あがりということ, 女あきれて兎角, 女あたかも歎き, 女あつたが, 女あつかいばかりが莫迦, 女あでやかな女, 女あとの二人, 女あなたは柳生家, 女あふるるばかりの愛嬌, 女あめてつきり人を乗り, 女あらずなりてむくつけ, 女あらそいなどにかかわらず, 女あらゆる風俗の, 女あらわれたるがごとく, 女ありしが, 女あれどこの女, 女あれ常習犯で病院, 女あわせて九人, 女あわただしく来りて, 女あんまとかそんな, 女いい加減に, 女いいまするにはなかなか, 女いかなるサラチーノの, 女いかにも変った性質, 女いくらでも哮えろ, 女いけないよ行っ, 女いずれも古今, 女いずれ後から怪しから, 女いたいけな少女, 女いたたまらないで東京, 女いったいそちは, 女いつを後妻, 女いつか来て, 女いづれも人, 女いでて手紙, 女いとこのする, 女いないと忽ちこう, 女いふ主よそ, 女いまだ我に, 女いもと両人, 女いやあの野郎, 女いわくわれは平木, 女いわば烈女型だ, 女うちの店, 女うつしたのん, 女うとましながら恋しから, 女うらないでもある, 女うらまどひ, 女うるはしきポリドーレー, 女うれしそうに, 女うれしき嬌姿あり, 女ええのか, 女おきなひたひ, 女おくつき所, 女おしながその時刻, 女おそのさんの談片, 女おまへには道義, 女およそ問題に, 女おんなって女, 女お母様は年, 女お爺さんお婆さん青年や若い, 女かいそれは, 女かがどつ, 女かくまで美艶, 女かさえ知らないらしかった, 女かしらないけれど, 女かしらと疑われるくらい, 女かすらも殆ど判断が, 女かつていふだけ, 女かということも, 女かといったような, 女かとか電車の, 女かなどとよう訊かれる, 女かなり贅沢な, 女かなんかと思って, 女かに会いたいの, 女かねに手, 女からかふ, 女からでも聞いたの, 女からばかり聞かれるよう, 女がいはしまい, 女がかはつて現れたら, 女がぞつこん血道, 女がどつと重い, 女がなある朝おれ, 女がなんかして, 女がねえ飛び込むまへにどんなことを, 女がのそりの, 女がはために, 女がはの評判でありました, 女がまん丸い男, 女がやつてを, 女がらすがじっと, 女きっと私が, 女きまつてるなこれ, 女きょうだい一人もない, 女きょうだい三人だけが苦労, 女きようだいに対しては, 女ぎらいか未だに独身, 女ぎらいかと言われたほどの, 女ぎらいだから知って, 女ぎらいだなんて噂もありましたでしょう, 女ぎらいだのと抜かして, 女ぎらいで通って, 女ぎらいという噂すらあった, 女ぎらいなのかも知れないが, 女ぎらいな僧侶の古い, 女ぎらいの男男ぎらいの女は無い, 女ぎれえで通ったおれ, 女ぎれえは自慢にならねえ, 女くさくって, 女くされおかしじゃよ, 女くせえ手, 女くみを娶った, 女ぐらいで感情, 女ぐらいなとこが, 女ぐらいのことで, 女ぐるいして, 女ぐれえに切られる, 女けが無くちゃ, 女をよせつけよう, 女こうの二人, 女ここではお, 女こじきひとりはその, 女こそがにくからぬ, 女こと三男信平四男孫助である, 女こどもさまざまの車, 女こなた白方, 女これからの女性, 女これらの物, 女ごしと小さい, 女ごろつきはどう, 女さあたしのお, 女さあれでも昔, 女さかしゅうして, 女さそひし歌の, 女さまざまなドイツ人, 女さま権之丞, 女さわがせてすまん, 女さん今年のやう, 女さん割り合せを頼む, 女さん増長して, 女さん来庵すぐ帰つ, 女さん達は男, 女さア欲しくなった, 女さ女の名前, 女さ身体あ役に立たなくなっ, 女さ間違いっこはねえが, 女ざかり男がほしい, 女しだいでオス, 女しょっぴいてきました, 女じゃあねえか尻な, 女じゃでのはて月夜, 女じゃとはますます不思議, 女じゃねえ男だ, 女じゃねえって俺啖呵を, 女じゃろうか, 女がたし, 女すてきな別嬪, 女すでに何年も, 女すべてが活き活き, 女すみ子と偶然電車, 女すりじゃござんせん, 女ずっとずっと美し, 女ずれがし, 女そう云った女, 女そうした女を, 女そこでお常, 女そしてまたこんなに遠く, 女そそれが水神様, 女そちはどこ, 女そっと土を, 女その他二三の人, 女その後に続く, 女その後半生は吉田, 女それから下働きの, 女それきりであつ, 女それぞれの一種, 女それだけのこと, 女それでいて濃艶, 女それにしても澄子は, 女それ等はすべて, 女それ自身が嗚咽, 女ぞろいでこれ, 女たかが十七の, 女たぐいなき魅力, 女たちこれが一國, 女たちはうら声で, 女たちもらい泣きに慰め, 女たちエイフアとその, 女たちホホと笑ん, 女たち七人ばかりを頭痛膏, 女たち三百八十余人はすべて, 女たち丸髷の仲居, 女たち二つの典型, 女たち二三人づれで目黒の大黒屋, 女たち六人は分けなけれ, 女たち十二三人の住所姓名, 女たち同性に眼, 女たち君等はいかに, 女たち四人は初めて, 女たち土地の芸者, 女たち大ぜい起ちあがり, 女たち大勢に取り巻かれ, 女たち女以上の何もの, 女たち小野小町和泉式部式子内親王それからわれわれ, 女たち意気な軍服, 女たち折助は逃げ去った, 女たち楽屋番の銀兵衛ほか, 女たち無学を吹聴, 女たち狡猾な悪漢, 女たち盃と燐寸, 女たち相手ではつまらん, 女たち英吉利旦那のすばらしい, 女たち部屋の至る, 女たった一人で, 女たとえお役目柄, 女ためらいながら左, 女たらんとし, 女たれ男は, 女だいあんな狼婆, 女だから閑子は, 女だきりょうが, 女だけかも知れないが, 女だけじゃあ芸に, 女だけとは限らないもの, 女ださうですよ, 女だったってます, 女だったでしょうか, 女だったらしく目立った汚れ物も, 女だったろう生れつきの, 女だった知っているだろう, 女だってね云ってるそう, 女だつたらうか年恰好, 女だてら勇敢にもあらゆる, 女だてら夜遊びしくさって, 女だてら娘なるが, 女だてら日本の産業, 女だてら親譲りの乞食, 女だましいとあそび, 女だらううつむいてゆく, 女だろあの泣き声, 女だ切りぬけて永く, 女だ当ってみる, 女だ来やがれ, 女だ歌ったのは, 女だ死んでいる, 女だ洒落ている, 女だ知らないために, 女だ脅してみ, 女だ蹴破ってやれ, 女だ重ねて問いかえせ, 女ちうものは, 女ちかが佝僂病, 女ちと打笑う, 女ちぼと例, 女ちやらと称した, 女ちょっとお登和さん, 女ちよを妻, 女ぢゃないから腹が立つ, 女っけはなかった, 女っこが深川, 女っちょなんざあこれきりふっつり, 女ってないわよ, 女ってなあこの江戸, 女ってもの変な, 女っとさけんだり, 女っぽく扱われその, 女っ逃がしゃあしねえぞっ, 女つかひ候て, 女つきのホテル, 女つぎに男, 女つこばかりだ, 女つたらそれや, 女つづけッ, 女つてお金をかけ, 女つてやつは手, 女つて云ふもの, 女つて何処へ行つて, 女つて呑気だね, 女つて變な意地, 女つらなり荷を, 女づくって毎日, 女づれが一人あっただろう, 女づれが三四人来たと, 女づれだからちょっと言, 女づれだからってベルリンの表通り, 女づれではどちらにしても無理なこと, 女づれではムリであるから, 女づれでは逃げおおせられなかったかも, 女づれでも塩豚とキャベジ, 女づれと懇意になつ, 女づれのことでた, 女づれの一家族の一人, 女づれの一組などで日曜日, 女づれの群が四隅, 女づれを後に残し, 女づれ乳呑児づれで路頭にも迷う, 女づれ二人をさき, 女づれ馬車牛行李まるで難民, 女てえものは, 女てると申す, 女であったなら投げ出されずにもす, 女であったらしいのです, 女であったらしく京都に, 女でありまして二人, 女でありましたならば二三年, 女でありましょうが然し, 女であり云いよる男なら, 女であり生きるために, 女であり祝われる朝子は, 女であるべきことを, 女であるらしくも思われました, 女である如くゆき子は, 女でいらっしゃるんでございます, 女でございもねえ, 女でございまする歌を, 女でござるとな, 女でござんしたよ, 女でしたろうよ, 女ででもあれば, 女でというそういう云, 女でない成るほど自分, 女でなかったらどうする, 女でなかつたならば其女, 女でなかつたら僕は, 女でなかつたらぶん殴つてやる, 女でなかろうかぼく, 女でなきゃ話に, 女でなきゃいけませんと, 女でなきゃならないワケが, 女でなくするために, 女でなくたつて男, 女でなくつたつてお蔭さま, 女でなくなった妻を, 女でなけりや音楽家, 女でなけりゃ何な, 女でなけりゃならないような, 女でねえだよ, 女でもかはいいもの, 女でもが高いところ, 女でる間に, 女で御座ったのう, 女で明けつ放しな表情, 女といつては唯一人, 女といふは西京の, 女といふもの珍らしく思ひ, 女とうとう淫らな, 女とおもふ, 女とかく癇癪で, 女とかにうつつを, 女とから離れること, 女とくに結婚し, 女とさえ言えば, 女としてかの女に, 女としてぜつたいに, 女としてのねうちに, 女としてはからだが, 女としてはと女に, 女としてばかり作者を, 女としましては砒石などとは, 女とずつと接近した, 女とだけしか眼には, 女とだけでぼんやりした, 女とだって分りゃしないわ, 女とどつちがええか, 女となつては, 女とにかけては人後に, 女とには不自由せず, 女とによって発意的に, 女とはどつちが, 女とほどよくこれ, 女とめが家, 女ともども月影を避ける, 女とやらに見えるん, 女とやらの仔細を, 女とよりはむしろ男らし, 女とよりも百本の, 女とらえられたはいい, 女とらえられないのだ, 女とんとここらでは, 女どういう素姓の, 女どうし戸をしめて, 女どうやら女役者らしい, 女どしだからお前, 女どす黒く脹れ上つて顔, 女どたばたと走り出, 女どちらも若い, 女どっちへ行った, 女どのの御, 女どもあちらへ行け, 女どもあまたの前, 女どもどこの者, 女どもめ相談なしに, 女どもわらべなどは連れ参る, 女どもバットをてんでに, 女ども一生懸命雨戸を開けよう, 女ども下着を出せ, 女ども五六人二人を中, 女ども只洗濯にいそ, 女ども天使と自ら, 女ども子供どもには泣く, 女ども束髪に黒縮緬, 女ども楽屋口より出, 女ども立ち出でて, 女ども立出是は, 女ども聞て此丸龜, 女ども苦情たらだらなり, 女ども袴と腰の物, 女ども裳の絲, 女ども足を揉め, 女ども酌せぬか, 女ども酒をどんどん, 女ども麻屑の鬘, 女どれも先づ自身, 女どんなに気持ちが, 女なあ男に, 女なき道どう, 女なくば自分, 女なぜ泣かせたこの, 女なぞと口を, 女なぞには目も, 女なぞのあろうはず, 女などから聞される恋愛談, 女などと共に全然不, 女などについて描くとき, 女などに関する閲歴が, 女などはな蛇を, 女などよせよ, 女なにをする, 女ならありそうなこった, 女なら分らして貰おう, 女なら引っ担いでくりゃ, 女なら惚れてみ, 女なら知つてます, 女なら秘したがるような, 女なら考えようも, 女なら言うところで, 女なら請け合って桝新, 女なら黙ってい, 女なりき惡魔の, 女なりけるをたばかりとり, 女なりしかば此夜の, 女なりなど云程なく, 女なり因って往き, 女なるべし若き女, 女なるほど必要ござろう, 女なんかからかばわれるの, 女なんかもゐるぢ, 女なんかをひやかしながら, 女なんぞには評判が, 女なんぞにゃ理屈も, 女なんぞも家に, 女なんぞを引きずり込まれては, 女なんてもなあへ変りば, 女なんで不思議が, 女なんど洟もひっかけない, 女な欺けるもの, 女にあたる妹の, 女においてはいっさいの, 女にかの女の, 女にかはつてゐる, 女にかへつて, 女にかよひ詰めた, 女にからかふに, 女にけしからぬいたずら, 女にすらも話さないらしい, 女にずつと近づくなら今, 女にせものだったから, 女にたいして自分で, 女にたいしても自由たる, 女にだけしか言ひ得なかつた, 女にだけでも色の, 女にだけはと思つて一切の, 女にだってもやれ, 女にっと白い歯, 女にてぞおは, 女にてはカトリツク派の, 女にとっての幸福の, 女にとり入る術, 女にどたりと突きあたった, 女になんてなれる自信, 女にのべつに, 女にばかしやつては, 女にまつわるあやしい挿話, 女にまではとどかぬ, 女にもさなま身, 女によってのみ自分は, 女により多く課し, 女によりも彼女に, 女による陥ち込み, 女に対してすらがもうこうなった, 女に対してずつと持つて, 女に対してのみは全くの, 女に対してばかりの偏見では, 女に対するにはふさわしいもの, 女に従ってただ只管, 女に関してよりも専攻の, 女す人, 女ぬすまむ変化もの来よ, 女ねえ横着な, 女のうでで一家, 女のうはべを賞める, 女のくびから下が, 女のこたへたのが, 女のじゃないか, 女のせゐであたし気, 女のねがひは, 女のねんごろに, 女ののべつに, 女のみを愛したい, 女のよこが, 女はいお蕎麦なら, 女はうツとりし, 女はおつほつほと笑, 女はおぬしを見かぎっ, 女はかはつた生活様式を, 女はからかつた, 女はかりそめにも不正, 女はぎゃっと云っ, 女はさのみ驚きません, 女はじめ三人の沈んだ, 女はずう, 女はちようど譲の前, 女はつツ立ちあがつた, 女はという旧来の, 女はとのがたの, 女はのびあがつて両手を, 女ははははやいもの, 女はぶざまに仰向け, 女はへだての, 女はまるつきり感情を, 女はみめかたちのすぐれ, 女はみンなだらし, 女はむツとして, 女はものわかりよく, 女はらから牡丹に名, 女ばかしにしてね, 女ばかりか草さえ, 女ばかりからそんなにとる, 女ばかりてすから, 女ばかりなのかい, 女ばかりにて淋き, 女ばかりになつて困るだ, 女ばかりによって形成され, 女ばくちのいんちき師がある, 女ばっかしで, 女ばっかりだってそうそうつけ上っ, 女ひじりともに, 女ひとり永年艱難辛苦の末, 女ひとり男ひとりお近, 女ひと組づつの創作, 女ひと通りの諸, 女ひろ生る, 女びなを, 女びれが居た, 女ふうに堅気, 女ふくは当歳, 女ふたり四つの提灯, 女ふみが一月二十九日, 女ッた, 女ぶみが如何, 女ぶろうと, 女ぶんを娶った, 女ぷつりとそれを噛み切って, 女ぷつりと其を噛み切つ, 女ぷりぷりして, 女へか一角は, 女へだけは貴郎, 女へではなくて, 女へでも渡って, 女へというような, 女へにこっと, 女へびひと皮ぬいで, 女ほしかろう, 女ほしさにとうとう, 女ほとんど同一である, 女ほどに好まぬ者, 女ほんたうに高慢, 女ほんとに闇の, 女ぼりぼりせんべいを, 女まあ嫌です, 女まあいわば先年帝展に, 女まさしく二体で, 女または一の, 女まだ十二三の, 女ままごと狂女お浦, 女みこは極めて, 女みずから腹を痛めし, 女みたい顔してるな, 女みづからの, 女みな流星よりもはかな, 女みまかりて後いくばく, 女みんなわいわい集まつ, 女みんな顔の色, 女むこう隣の, 女むずかしく謂えば, 女めおのれら売女の分際, 女めかすのであった, 女めめしい悲鳴は, 女めッだまって, 女め一人で腹, 女め体温まで冷, 女め其處を放し, 女め啓之助にもいよいよ, 女め如何樣にべら, 女め宥免状は書かぬ, 女め強情に渡しおらぬ, 女め我に愛想, 女め扁平麺麭一つで火酒, 女め手前はな, 女め汝より外, 女め火のよう, 女め熟ら高利の塩梅, 女め由ないこと, 女め百兩の金, 女め種々なこと, 女め立ち聞きして, 女め草履を返せ, 女め蟷螂の斧, 女め襤褸を返せ, 女め誰も知らぬ, 女め貴様あの紙, 女め長年御恩, 女め鼻声になっ, 女もう二度とあなたに, 女もが持つて, 女もさ美しいは, 女もち前の涙, 女もっと頼み甲斐の, 女もつ母親の, 女もという性の, 女もと云つた方がより, 女もにこ, 女もむツとして, 女もめたん子が, 女やが皆顏, 女やがてかいがいしくばたばた, 女やっかんでいる, 女やったら私だけや, 女やなんかと一緒に, 女やの気もちを, 女やらはこないこ, 女やを見出す時, 女ゆえ家中のこと, 女ゆきかふ, 女ゆゑ寒き船, 女よくよく聞いて, 女よしのあのぶん, 女よりはずつと若く且つ, 女よろよろと立ちあがり, 女よわしはどんなに, 女らくは実, 女らわれの宣, 女ら乞ふ告げよ, 女ら汝らこれに取りすがれ, 女ら辱しめ, 女れつじよ, 女れんがぺちゃくちゃとしゃべり, 女わくら葉の新緑, 女わすれてなるまい, 女わたしの悲しい, 女われらを顧み, 女をかばつて, 女をかどはかし何処, 女をかばふやう, 女をからかつて怒らせ, 女をすらまだしもと, 女をでせう, 女をともなふ野辺, 女をほど経て, 女をめぐって殺し合うの, 女をやッつける, 女をよ断って, 女アひでえ腋臭, 女アイリスは急, 女アエネアスの妻, 女アテーネーかたへに近くメネラオス, 女アテーネー之を憂ひ, 女アテーネー勇將ヂオメーデースを勵, 女アネットの名, 女アパッシュの群達, 女アプロヂテー之を守り, 女アプロヂーテー之を救, 女アルセーヌ・リュパンとまでいわれる, 女アルダナといいます, 女アンナから胡魔化, 女アンナ・スラビナの周囲, 女ア総体に悪党, 女ア魔物だ, 女イヅシ孃子という神, 女イピゲネイアを犧牲, 女イヴよりもずつと前, 女イーリス今汝, 女エエ法月さんとはずっと, 女エリザに向, 女ってどなる, 女カラーの高, 女カリテを娼妓, 女カンナギに当る, 女現ワレタラ, 女ガアルガソンナノハ何ヨリ好キダ, 女ガイアより取らず, 女ガイド上りの社交婦人, 女ガ口バシリデ今日ハ六ノ大目, 女ガ沢山見ニ来テルワ, 女キタヤンカであった, 女ギライであった, 女クララの身の上, 女クレメンツァの事, 女コック一名至急入用, 女コデと為る, 女コロニスがアポロン, 女ゴッサンの話, 女ゴ衆ドンと, 女サンシヤは同, 女サーカスを招聘, 女シィヌが裸体, 女シソワットの居城, 女シビルレのあなた, 女シマダさんの親類, 女シミーダンスの得意, 女シャツの裾, 女シラ几帳面のお, 女ジャコビン党員は後方, 女ジヨヴァンナは父, 女ソロソロおっこちても, 女ゾラの小説, 女タイピストの指, 女タイピスト女医者女薬剤師女会計なぞいう, 女タラシの名人, 女ターザンと云う, 女ターニャと暮してる, 女ダナオイ軍兵の, 女チボか知らんけん, 女チャンポンひっこき稲本髷, 女チュウーデーデース訪ひ行けば, 女ッおいッ降りて, 女ッぷりであったが, 女ッ切れの一本立ち, 女ッ御諚だぞ, 女ッ無礼だぞ, 女ツクシ山という, 女ティベリウス・セムプロニウス・グラックスの妻, 女テチスを親, 女テバイ王アムピオンの妻, 女テミスよ其事, 女アル, 女トロイアよりの歸途トラキヤ, 女ト思ウノデスカト怒ルデアロウガ, 女ドクトルの方, 女ドモ芋洗フヲ見, 女ドロボウと間違えました, 女ナゼさいぜん申しつけた, 女ナデージュダに絹ブラウズ, 女ナンキン墓の墓番, 女ナーバスになっ, 女ニススメラレ結婚シソレヨリ非常ニ淪落シ窃盗罪デ告発サルルニ, 女ニナラ殺サレタッテイヽト思ッタト, 女ニホレテ困ッタコトガアッタガ, 女ニ付シテ春声ヲ譜セシム, 女ヌカノワクゴの郎女, 女ネネがこの, 女ノウチヘ私ガ参ッテ是非トモ貰イマスカラ, 女ノブ子を誘う, 女ハおしろいあぎのかまほねより先キ, 女ハコレモキマッテ胸ヲ張リ, 女ハゴム人形ダイテ歩イテイタツカンデ見, 女ハムレットの不幸, 女ハ救ヒクレタル男ヲ避ケ嫌フ事ハ, 女ハ枕サガシダト分ッテモ却テソノタメニ興味ヲ惹カレテ, 女バセドウ氏病つて言ふの, 女バナレさ, 女バリザール劇詩人ジャンフロー老俳優ファバントゥー, 女ヒサがそこ, 女ヒデリでない当節, 女ビクとも心, 女ビルか雌ビル, 女ピストルを突きつけやがった, 女ファンティーヌへの生前, 女フイリッポフのところ, 女フォチュンテラーと英文字, 女フシギな女, 女フタヂノイリ姫の命, 女フランチェスカをマラテスタ・ダ・ヴェルルッキオ, 女ヘレナの寄附, 女ヘーレーかしこみて, 女ヘーレーかたはらに, 女ヘーレー勵ましつ, 女ヘーレー欣然と, 女ベタベタと地面, 女ホテルに余分, 女ボオイに義理一遍, 女ボーイトナシ又女給トナスモノ, 女ポムペイウスの妻, 女ポーリン・デュプールの証言, 女マクダのやう, 女マスミだった, 女マッサージ師美容術師女車掌や運転士, 女マリイの君, 女と云っ, 女メたんぽぽが食える, 女ヤスを嫌っ, 女ラウィニアがかの, 女ラシクナイ食ベ方デアル, 女レオノオレの重要牲, 女レスラーみたいなひとたち, 女レートーも亦さ, 女一の宮女三の宮, 女一一五・七というの, 女一一五四年に生れ, 女一三〇〇年には九歳, 女一二九〇年頃生れ一三一五年フランス王ルイ十世, 女一二九六年夫ニーノ死して, 女一人くらゐは, 女一人ぐらゐならどうにでも, 女一人それも主人, 女一人ゆえにどの, 女一人一人の現実生活, 女一人前庭を奔, 女一人子一人あった, 女一人敵は早苗さん, 女一人父が戻る, 女一人留守して, 女一人行つたところ, 女一人酒一杯の争, 女一体なん, 女一匹それを入札, 女一匹ものにした, 女一対三六合計一対三四・五結婚対総人口一対九四, 女一度に数弁, 女一方は傷負, 女一時腰曲り形毀れて, 女一権現というの, 女一生側におく, 女一生懸命に僕, 女一男を生む, 女一連これは丸顏, 女一週間思い詰しが, 女一集の姿, 女七人八分強となる, 女七分位なるが, 女万歳師になった, 女万知が夭, 女三々五々群を, 女三の宮アゲマキ浮舟など月宮殿, 女三の宮柏木光源氏と三人三様, 女三の宮桐壺の方, 女三ノ宮のタヲヤカ, 女三一・九で婦人, 女三人へとへとになる, 女三人庭番男が二人, 女三人男五人を生贄, 女三人袖吹き払, 女三人連れが火事, 女三分の一ぐらいになる, 女三分の一以下は男, 女三分の四段ずつ八人, 女三十すぎて二十七八, 女三十二人で役所, 女三十二人男九十一人合計百二十三名といふ大, 女三十五銭ぐらい, 女三十六人となっ, 女三十郎が忘れよう, 女三十銭の賃銀, 女三名都合六名の酒盛り, 女三斎屋敷へこの, 女三杉磯がひいき, 女三柱の女王, 女三越の売出し, 女照る比, 女下働きに来る, 女下女同樣, 女下女同様にこき使われ, 女下郎風の男, 女下駄等が捨てられ, 女不審げにこのほど, 女不幸早亡, 女不自由舎の附添, 女に比, 女世にいう高田殿, 女世帯お嬢さんというの, 女世界に無かっ, 女世相に浮いてる, 女両方とも, 女並五六十銭より上玉一円どまり, 女中共御連樣, 女中将姫が和州当麻寺, 女中小糸が現れ, 女で暖簾, 女丹波の阿, 女主としてもう往来を, 女主人のはだ, 女主人イレエネ・ホルンであつ, 女主人セレスティンは三階, 女主人側でたった, 女主人公お玉に扮, 女主人公そのものも一人, 女主人公その他重な人物, 女主人公サビイヌを不朽, 女主人公デスデモーナの運命, 女主人公ドミニックの生活, 女主人公フサコがやつ, 女主人公ルイザの熱誠, 女主人公レンは支那, 女主人公ヴィオレエヌの惜しげ, 女主人公一人より居ない, 女主人公中にて尤も, 女主人公明子の苦悩, 女主人公朝子の姿, 女主人公榕子の人間性, 女主人公滝人の絶望, 女主人公私大好きよ, 女主人公継娘であった, 女主人公自らが破り去った, 女主人公自身が熊野, 女主人公葉子に対して示した, 女主人公達と共にその, 女主人初め女中達も物柔, 女主人岩太郎は今, 女主人役であった, 女主人様に会っ, 女主啓窪田氏である, 女主水之介, 女乃ちオサカベ姫で有らう, 女乃ち決然として起ち, 女久利一つ柏軒と妻俊, 女久左衛門の三人, 女乍ら弓が名, 女乍ら本草學に詳しい, 女乍ら萬兵衞に代, 女乍ら賊軍の大物, 女乘物を用意, 女に扮する, 女九州浪人でこいつ, 女九歳の時不幸, 女乞食二人枯芒の原, 女乞食今この処, 女乞食膚の色, 女乞食諸共に一体, 女と断, 女を以て多く, 女争わず服罪した, 女事ハ伏見寺田や家内, 女事務員たちみんながれい子, 女事務員ぢやいけない, 女事務員ひとり他はすべて, 女事務員一同宛, 女事務員一同に戸籍謄本, 女事務員二人年中無休, 女事務員二名惨死し路上, 女事務員入用とあった, 女事務員勤人の生活, 女事務員女店員見張女, 女事務員女給老嬢女房たちである, 女事務員町娘等のムウビイ・ゴウアス, 女事務員給仕女といった人々, 女事務員達の間, 女事情を明し, 女事業家を気取つ, 女二の宮付きの人, 女二人がかりで大きな, 女二人きりよりはその, 女二人ぎりで菓子などは方々, 女二人一つ財布で暮した, 女二人一緒に参る, 女二人世帶で淋し, 女二人全身火焔に包まれた, 女二人八分強となり, 女二人共負けず劣らず美しくも, 女二人小僧三人それに船頭二人, 女二人左の口, 女二人必死と逃, 女二人成功綜合力がある, 女二人杓子と擂粉木, 女二人松葉の土, 女二人竝べたてまつれる, 女二人肩を並べ, 女二人舎衛女一人の漂着, 女二人限りの姉妹, 女二円にて事済み, 女二十と云, 女二十一人を武蔵国, 女二十一人十四五歳から五十六七歳, 女二十一歳とも子, 女二十七八になり, 女二十七八メリンスの帯, 女二十九位と思われる, 女二十五歳以後は婚姻, 女二十人其他いろ, 女二十人合計五十五人の子持, 女二十人老少十人といふこと, 女二十年もの間教壇に立っ, 女二年と尋常六年, 女二日市の武蔵温泉, 女二柱ましき, 女二男五男を持っ, 女二番目が女, 女二百九十七人合計五百〇四人なり, 女二百歳まで生き, 女五六人男達七八人いづれも, 女五円位でもあろう, 女五十になれ, 女五十鈴姫命をお, 女五女で典侍, 女五年間そんな事, 女五柱ましき, 女五百の釈種童子, 女五百重娘で新, 女五鍛冶屋同士の耳打話, 女井上半十郎, 女井上氏を以て霞亭, 女じゃは大抵, 女亡者丙疲れた足, 女亡者達はいずれ, 女名長目比, 女を生んだ, 女亭主持だろう, 女人妻になっ, 女人形以上なんださざえ, 女人形達は夢見心地, 女人足と自分, 女人間同士ひょいとしたはずみでそういうことになった, 女討ちにでも, 女仇敵を狙ってた, 女今ごろいるもん, 女今にも泣き出しそう, 女今一つからカストル, 女今一人は保科氏, 女今川の口絵, 女今年十七歳なるが, 女今度生れたの, 女を拾いあげる, 女仏さまからとんだ, 女仏御前もなく, 女仙人になった, 女仙外史一百回は清, 女代さんのお, 女代りて漸く, 女以前の女, 女以来幾人もの女性, 女仲よく徳利酒を, 女仲仕たちが四人, 女仲仕風情が持っ, 女仲居お茶子芸娼妓もかため, 女仲買人だけで, 女よ女, 女伊佐を娶つた, 女伊勢子と結婚, 女伊迦賀色許賣の, 女伏見院の后, 女会計なぞいう, 女会計婦人外交員女製図師図書館その他の整理係, 女会長の美しい, 女などと申す, 女伝承に蓄, 女伯爵も若い, 女但し見たところ, 女位知的で活動的, 女何すれぞ守るべき客, 女何んにも知らねえ, 女何人ぐらいいる, 女何女らの女らしい, 女を余, 女であった, 女作ることなんて, 女作法と言, 女使の二人組, 女使いで上られた, 女使者とは異, 女使部を殺した, 女るは, 女の話, 女侍従の許, 女便所が三つ, 女かに贈, 女俊寛で炭, 女俗っぽい柄付眼鏡かなんかを, 女信夫の奥さん, 女信子に配す, 女信州川中島附近の越後, 女信徒達は逃げ迷った, 女修道士のよう, 女俯向きながら歩い, 女を呼び, 女に白鳥, 女偏頗なく生んだ, 女から出た, 女傲慢な男, 女傳陶子生十五歳而佐禹曹大家注陶子即皐陶子伯益也, 女像全体にかかる, 女像柱が天井, 女が七十二名, 女のこと, 女儀さまのお, 女優姿のいかに, 女元田肇を知っ, 女兄弟其に宿主, 女充ち溢れる魅力は, 女先ず鎖を, 女先づ横になる, 女先生アンナ・ドミトリエーヴナの住居, 女鳴の, 女兒共に問, 女兒計りが僥倖, 女入口に立ち, 女入道にされた, 女全般について区別, 女全身糜爛の怪物, 女全部の貞操, 女八らが去った, 女八人の子, 女八以外のわかい, 女八参考資料の中, 女八坂の入日, 女八市川かつらの女優, 女八役は花道七三, 女八時間の社会的, 女八起上り合方よろしくあっ, 女八重姫に恋, 女公内侍より以下, 女公子の福寿, 女公親類の附合, 女六七百人名太子爲利歌, 女六女二男五男を持っ, 女六朝の血, 女六法にかなつて, 女共どこへ行った, 女共に立入つたこと, 女共五人のいひ, 女共共一散走り, 女共気まぐれ主水之介, 女共通の幽か, 女兵士達のすてた, 女其の上侍の, 女其他京阪神の諸君五, 女其家さして去り, 女其後にあり, 女其方に奉公, 女其言葉ひとしほ, 女兼用といったもの, 女円い青い顔の, 女冥利妾アどうあろう, 女冬子さんが病死, 女凄いほどの美人, 女凝然の恐怖, 女凡てが爛壊, 女出来るならば新しい, 女出身だった, 女出面らしい母親, 女出鱈目な饒舌家, 女の朝鮮, 女切り合いの場所, 女切髮姿に被布, 女も青褶, 女を挙げ, 女初めて出家し, 女判任か事務員, 女判任官女医女歯科医女薬剤師婦人記者婦人速記者女会計婦人外交員女製図師図書館その他の整理係, 女としたら感づいてる, 女別々の室, 女別当内侍そのほか, 女剣戟フアンだから, 女剣戟団は二百組, 女剣戟流行時代と化し, 女剣舞師に花房百合子, 女剣舞玉乗り猿芝居曲馬因果物熊娘牛娘角男それらの大, 女力役に堪へず, 女加之も眼, 女加茂の川千禽, 女も若手, 女助けておくれ, 女助けたがよろしい, 女助太刀したところ, 女勇みて颯爽, 女動くな, 女勘介お前はどう, 女勘介他の連中, 女勘介紫紐丹左衛門こう六人, 女勘助一人だけでも是非, 女勘助冬次郎の両刀, 女勘助殿に痛, 女勘助男とは見えぬ, 女勘助紫紐丹左衛門稲葉小僧新助, 女募集の勧誘員, 女勤める気や, 女ふ女, 女化け物に神尾, 女の一子三女, 女北次男磐四女やす五女こと, 女匪中の美人, 女匿おうと意地, 女十七歳というの, 女十二一重をき, 女十二三人見世番料理番の下男七八人, 女十五人に男一人, 女十人の出面賃, 女十八番の喚い, 女十六で周, 女十六人合計四十二人といふ澤山, 女十真が天宮, 女千代一つという揃い, 女千代三郎のまえ, 女千子が俳諧, 女千歳であつ, 女午後長し, 女半月中三日斎法を受, 女の方, 女南蠻祕法大毒藥は七味唐辛子, 女博士つていふぢ, 女博物館が開花, 女占い師の無言, 女即金と言つた, 女厄坂三十三段男厄坂四十九段あはせ, 女厚い駱駝の, 女去るは痛み, 女及譜を作る, 女友いまの娼婦, 女友イベットに呼び寄せられ, 女友二人の如き, 女友人にも逢おう, 女友情や恋愛, 女友達ここ七年間逢わなかった昔なじみ, 女友達二人の共同炊事, 女友達燃ゆる荊, 女友達関係の紛れ, 女取り戻すのに, 女取引所にあらわれる, 女受話器をかけ, 女叙事詩が宮廷, 女口調は使わなかった, 女古い埃に, 女可愛可嬉, 女右内梶子の六人, 女合して九人, 女合羽を着, 女同伴上京して, 女同前の輩, 女同士あんただちの気持, 女同士こまやかな思いやり, 女同士ならではと思はれるや, 女同士男同士あい知人, 女同士私のよう, 女同士長官の細君, 女同志ぢやこれ, 女同志ラブする事, 女同志一緒に身, 女同然だ, 女同胞の一人, 女同行で来た, 女名前のもほぼ, 女名前何でも持っ, 女名取中からは勝久, 女名取中大額並黒絽夢想袷羽織勝久門弟中十三年忌が三世, 女向きな所, 女君氏の伝承, 女君男君の哥, 女君達の小机帳, 女すべての, 女否応なく夜, 女呉れし餅火の, 女呟いたがヒタヒタ, 女命石許理度売命玉祖命の五人, 女なの, 女唄い乍ら舞う, 女とがフロック張り, 女唐洋傘を開い, 女唐箱根の桜花, 女唐買ひたりその, 女なり枯野原, 女来る, 女商売柄に似合わず, 女があった, 女喜代女及三沢老母, 女喧嘩餓鬼のよう, 女喰いピエールという, 女嘉永元戊申年十二月六日卒, 女嘉禰が亡父晩年, 女嚇しや力, 女囚徒らに仕事, 女四五人各自の卓, 女四五歳ばかりの男の子, 女四人都合八人の子供, 女四十先のお, 女四名堺山川荒畑なぞもこの, 女四方をかけ, 女四書の内, 女四男の中, 女四番目に狂女, 女四騎手の雑兵, 女四高等二年六年三年三年と並ん, 女因果やな, 女因縁の譚, 女団七と言, 女団員が後日, 女団洲粂八の名, 女団長河合ナオミは, 女困っちまうな, 女国二十二安十四琴十一柏軒の妾春四十一, 女国二十五安十七柏軒の妾春四十四, 女国二十四安十六柏軒の妾春四十三, 女国二十安十二琴九つ柏軒の妾春三十九, 女国十九安十一琴八つ妾春三十八榛軒未亡人志保六十三であつ, 女こそ大吉, 女土人が呼び出され, 女土大に吉, 女土工は徹頭徹尾, 女圧迫されながら, 女子は, 女在学中同校の明星, 女在校中無二の親友, 女地中より生じ, 女坂上ツルの挙動, 女坂口安吾とよばれ, 女城主毎日欠伸ばかりし, 女堕落のうち, 女ヲ傾ケ袂, 女に倚, 女塗盆片手に, 女咽殆ド, 女塾生に関する以外, 女に寄せつ, 女を設け, 女士あてなの, 女士官大尉夫人は何, 女売子のであるという, 女壹與なる一小女, 女が為隣, 女壽陽麗姫庭園を歩, 女に似, 女夏子の墓, 女男少, 女多勢に怪我, 女夢癆にかかっ, 女大いにせき込んで, 女大人気ないこう, 女大使が手, 女大使ゴールドなんぞにさ, 女大名と奴, 女大学七去の, 女大学女孝経等をもらつた, 女大学式なもの, 女大学流の訓育, 女大学的に説明, 女大学的良妻賢母主義がなぜ, 女大学等の主義, 女大学評論並に新, 女大学論など唱え, 女大学風に育てられ, 女大将さ葵のご, 女大抵悪摺, 女大明神と崇めよう, 女大概数エ年十八九歳以上ハスベテ眉ヲ剃, 女大橋氏の膝, 女大神布留大神の六座, 女大臣何をなさる, 女大阪の女, 女大雨の晩, 女天使の白光体, 女天外にひかり, 女天狗だ, 女天神の命, 女太夫一人で八人分, 女太夫共が昼, 女太夫立派な方々, 女太宰だね, 女太平洋を航海, 女太陽の御子, 女夫一対にそろえ, 女夫中に生れた, 女夫双方のほのか, 女夫婦喧嘩をする, 女夫巾着の中, 女夫巾著番頭は早く, 女夫木があり, 女夫松とて名高き, 女夫滝と言う, 女夫瀧と言, 女夫猿をあしらい, 女夫稲荷だったの, 女奇麗かい, 女奉幣使様の唐櫃, 女の障子, 女女優を一人一人訪問, 女女優一切であろう, 女女女女ばかりの妄想, 女女学生とその, 女女幇だな, 女女店員洋風女髪結のたぐい, 女女悪魔が踊り, 女女房雷鳴様にまでなりまする, 女女日本の女, 女女男と五人, 女女郎らしい女, 女女酒酒よかつ, 女奴何を言っ, 女奴隷たちの胸, 女好三男八三郎山内氏の出, 女好事にて諳厄利亜, 女好夫故大方, 女如きが口, 女如何にも身に, 女如花満会堂, 女妖江川蘭子の悪魔, 女に雨, 女を娶る, 女妻家庭と考える, 女妻母としての生活上, 女姉妹とは他人, 女姉妹同士にはいくら, 女始め人々も其孝貞, 女姓名だけに金貸, 女姪井上氏を以て霞亭, 女姫二人より他, 女姫用がある, 女姫美留女姫用がある, 女姫路城天守の貴女等築城, 女娘すべての者, 女娘微笑封曰風流之士, 女娘語曰賤妾之意, 女婢其の後, 女婦あたりの口吻, 女嫌ひだツてほんと, 女嫌ひでは通らな, 女嫌ひで學問にのみお, 女嫌ひで私と小僧, 女嫌ひな元帥は結婚, 女嫌ひな独身主義者にとつ, 女子どもすべてそれがし, 女子ども炬燵の間, 女子供たちそれの避難, 女子供一人では, 女子供三百余人殺した, 女子供以外の町内, 女子供子守老婆幼児に対してはまったく, 女子供家族連れで陸張り, 女子供年寄りから病人, 女子供年寄り實に澤山, 女子供往來の人, 女子供猫犬鶏も同様, 女子供相手の草双紙, 女子供総動員ですからな, 女子供老人である, 女子供舌の先, 女子供許りを, 女子供足弱に対して変, 女子供連れで遊び, 女子供風情の些事, 女に帚, 女存じませぬな, 女孝経等をもらつた, 女と, 女学ざっしを読みいたり, 女学勃興期の少女, 女学卒業生二人様などは女子, 女学史流が却, 女学子其一部の責, 女学投に通っ, 女学校卒業の才媛, 女学校校長吉田秀穀さんで画学校, 女学校紀念会の催し, 女学校長会議で婦選問題, 女学校長田辺氏に命ぜられた, 女学校長神田精輝同名護中学校教諭豊川善曄両君, 女学校長鈴木兼三氏は次, 女学業考えると, 女学論発表の次第, 女学部三年が出す, 女学雑誌社中を攻めん, 女孫の手を引く, 女學世界第一卷第十五號定期増刊, 女學世界婦人世界などが積み重ね, 女學校一年生の妹すみ子, 女學校女子師範學校などこれ也, 女學校生は堵列, 女學校舍ハ或ハ此レ, 女學校長は例, 女學校門外の溝, 女學生きりだわ, 女學生たちを從, 女學生並みに, 女學生二人がカルチエエ・ラテン, 女學生二人隣室に遊び, 女學生地方から上京, 女學生流に念, 女學生達の面前, 女學生間などのグループ, 女學者で四書五經, 女學館であるといふ, 女宅助はその, 女安かれ他には, 女安宿の女房, 女宗教人の上, 女宝千鳥や黒百合, 女宝生では増, 女宝生流では増, 女実業家も映画女優, 女客あけびの前, 女客たちは大げさ, 女客夜は男客, 女客夜男客というの, 女客文金の高髷, 女客相手の立ち話, 女客達が私, 女宣教師みたいに力, 女でこの, 女家内でもある, 女家庭の妻, 女家庭教師ともども大食堂, 女家庭教師最後に少年, 女家族の中心, 女容姿美にし, 女容目ことに美, 女寅四代目片岡市蔵などもそれぞれ, 女寅染五郎などに女形, 女寅染五郎新蔵舛蔵などの青年俳優, 女寅梅幸吉右衛門松助菊五郎などという顔ぶれ, 女寅等を座員, 女寅閣下という名, 女密偵などといろんな, 女富み栄え衆人に, 女寝そべりて或, 女實盛だ人別, 女えて, 女対一人の男, 女対女の関係, 女対男の限られた, 女寿子を除く, 女寿藤田芝女橘町にも女役者, 女寿陽公主の髪, 女専みたいな上, 女専中退のクリスチャン, 女將さん此二つを昨日買つて來, 女將來の一轉化, 女將年まだ若く, 女將軍の肩, 女尊主義を主張, 女小使いのお, 女小熊子の郎女, 女小癪な奴, 女小竹の秀, 女小蔭へまわっ, 女小説家のところ, 女小間物屋さんは語った, 女少くとも男, 女少しの美し, 女氏具志頭按司朝受室, 女局員が少し, 女居りて日暑し, 女居る由此所へ, 女のある, 女乞休始止, 女山内棠四男幻香五女癸巳七女幸の三子五女, 女山師に比べる, 女として, 女岐多斯比賣に, 女岡西へ嫁, 女峯山の裏, 女峰志津などがある, 女へ行く, 女巡査が張り込ん, 女巡査キャザリン・オコナアの三人, 女工場と唱, 女工場委員はホント, 女工業と言うた, 女の手, 女左大将の長女, 女巫楚服なる者自ら, 女巫隊出て, 女差俯向きて床, 女市民とよん, 女帝釈を助けた, 女師匠俺は持った, 女帰り来たれり, 女帳塲の女主, 女幇間唄の小, 女平気で答, 女年中何の, 女年十六が粮米, 女年寄の前, 女幸若とも言うた, 女があつ, 女に青き, 女幾人の男, 女幾何と明瞭, 女幾勢が仕へ, 女を延べ, 女店員あとは夥しい, 女店員中島せい子と細工師谷村三造, 女店員時代から詩, 女店員洋風女髪結のたぐい, 女の方, 女座員のへや, 女座山男座山を経, 女座布團が一枚, 女康子は十八歳, 女康子ターンその他無慮十二人, 女建築家女技師等は男子, 女弁慶だつて, 女弁男弁いずれ劣らぬ, 女弁護士女建築家女技師等は男子, 女弟子ひとり手許へたのむ, 女弟子らはもう, 女弟比賣に, 女弟苅羽田刀辨に娶ひ, 女弥生のこと, 女張りに行く, 女張り込みをまい, 女強盗の話, 女彌次郎が床, 女当り前です, 女当分の別れ, 女当時人気力士の横綱小錦八十吉, 女を見ん, 女彫刻家はあり, 女彰子の立后宣旨, 女役実悪半道なんて各自役所, 女役者どもの髪, 女役者一座の三崎座, 女役者同様男まさりの, 女役者水蔭比丘尼露伴後室逍遥踊の師匠眉山, 女役者笠屋一座の荻野八重梅, 女役者紀久八は小説, 女役者蝮酒屋へ入り込む, 女役者金の切れ目, 女後姿のどこ, 女後家で仕立物, 女従わざれば迷薬呪語, 女眞津比賣, 女御存じでしょう, 女御岳うまれの, 女御用だぞ, 女必ず五百人と, 女必ずしも奥ゆかしい超俗, 女忍び衆鷺組の頭, 女忍藻も見, 女志士として語らしめ, 女志理都紀斗賣に, 女怒りて兇暴, 女思いしれ, 女思いがけなく私が, 女思うままに, 女思わず悲鳴は, 女思われたのみならず, 女思案に余る, 女仕込の, 女放縱, 女怪ども睡りいた, 女怪メズサの首, 女怪操を平次, 女怪退治の勇者, 女恋いするねんよって, 女恋しい女死んでる, 女恋しきもまた, 女恋愛を不浄, 女恐る恐る電話に, 女恐れ多い気が, 女恥ぢらひつ, 女息長の水, 女息長眞若中, 女悪党だとの, 女悪夢に襲われる, 女悪戯とは何事, 女悲しげに, 女情痴的な面, 女惚れた脹れたの浮気, 女惜しいところを, 女惣身に打, 女意地が悪い, 女意富藝多志比, 女愚かな女, 女と憎しみ, 女愛するものと, 女愛らしい男児を, 女慧しゅうして, 女憤慨して, 女べし後, 女成ればは, 女成人して, 女成仏品といふ一巻, 女我が前離れず, 女我と共に来れ, 女戒前の物忌み, 女戦士扈三娘を先, 女戸塚まえで, 女氣取りで, 女房枝といいました, 女所為のごとき, 女に花, 女扇子に口許, 女手品師君去りに, 女手巾もて口, 女手跡もまた, 女扱いではかなうまい, 女承諾して, 女技師等は男子, 女も折, 女持ちらしいじゃない, 女指抜の若者, 女按司部は, 女捕らえられるは知れ, 女捜してるとこい, 女捨鉢にどこ, 女掃除女に到る, 女探偵速水女史に附き添わせ, 女控えおろうぞ, 女揃いも揃っ, 女描いた眉と, 女操子四歳法諡麗樹院がある, 女放浪者はどこ, 女放火をした, 女政客も女実業家, 女ふべく巨多, 女の大要, 女教員渚の方, 女教員私と四人, 女教員虎間トラ子女史は同, 女教員諸君が庶務, 女教師ニナッタシモーン・シニョレノ顔近頃評判, 女教師一人のみだ, 女教師代用で髪形, 女教師先生は小さい, 女教師女医者女弁護士女建築家女技師等は男子, 女教師生活に亘っ, 女教師等が地方, 女教師連の視線, 女教祖的で私, 女教諭虎間トラ子女史によって発見, 女の病, 女数千といわるる, 女数千人が皆, 女敵方の一人, 女されし獸, 女文士つて道樂氣の多い, 女文子を送出, 女文選としての技術, 女斯くして, 女生活を, 女新たに寡, 女新内の若, 女新堀割の人, 女方術師お前も知っ, 女方術師背後で燃え, 女於千代を従え, 女施しを好み, 女旅芸人の腹, 女の戦争好き, 女族長でやらし, 女既にわが目, 女の爲, 女日ごろ野辺の若, 女日照の國, 女日蔭の女, 女日野資枝の養女, 女早々膳を, 女早く外国人に, 女旱天の世間, 女旱魃の國, 女昏倒す, 女昏迷して, 女易者様のお, 女昨夜の酒, 女へと呼, 女昼寝したり, 女時としては三十女, 女時には十五六の, 女時代の姿, 女景清の逸話, 女暴君と伊達者, 女曰ク殺し殺サレニはる, 女曲舞とも女幸若, 女曲芸師の演技, 女曲輪の境, 女曲馬師は男, 女更にまた華麗, 女曾男曾の中, 女最初のあいだ, 女最後はいつも, 女に三日宛, 女月姫が行方不明, 女と同, 女有しが容貌衆人, 女有りと若し, 女朝日奈の島, 女に近づいた, 女木戸を入り, 女末尼七十人は皆, 女末尼七十人皆死在回, 女末裔は大, 女阿彌, 女て帰れ, 女来って商人, 女来りし時また, 女来り見てこれ, 女来るかと思い, 女来也殿もご, 女来訪酒がま, 女松そこから吹き込ん, 女松山ゆき野山ゆき弟と語らふ, 女松山幹むらさきに東明, 女松浦氏に恋し, 女松男松水見櫓, 女板女が逃げた, 女板女板女が逃げた, 女至って古い, 女枕至つて古いもの, 女柏七つ柏軒と妻俊, 女柏三つ女久利一つ柏軒と妻俊, 女柏五つ柏軒と妻俊, 女柏八つ柏軒と妻俊, 女柏六つ柏軒と妻俊, 女柏十一柏軒及妻俊三十六女洲五つ国二つ蘭軒の女長三十二, 女柏十七全安, 女柏十三柏軒と妻俊, 女柏十二柏軒及妻俊三十七女洲六つ国三つ其他長は三十三, 女柏十五柏軒並妻俊四十女洲九つ国六つ男鉄三郎一つ蘭軒の女長三十六, 女柏十六孫女梅一つ柏軒並妻俊四十一女洲十国七つ柏軒の妾春二十六, 女柏十四柏軒と妻俊, 女柏十柏軒及妻俊三十五女洲四つ国一つ長三十一, 女柏四つ同久利二つ, 女が一等船客, 女染めほどの風流気, 女かに宗春, 女柔術でも出来る, 女から離れ, 女柴野比賣に, 女があつ, 女栄子は舞台, 女校内に発生, 女株式会社の女, 女根上に毛, 女案内人稍高級なところ, 女梁山泊を以て任ずる妾, 女梅一つ柏軒並妻俊四十一女洲十国七つ柏軒の妾春二十六, 女梅事此度自分養女に致し, 女梅十一柏軒五十一子鉄三郎十二女洲二十国十七安九つ, 女は心, 女梶子などの一党, 女棲み給ふ, 女と青紫蘇, 女検事から, 女検非違使に任官, 女楠木と云っ, 女の効, 女が悪い, 女極まらば彼約束, 女極めて渇仰し, 女楽三万人虎を市, 女楽宮との婚儀, 女橘町にも女役者, 女櫛名田比売を吾妻, 女權問題も他, 女權論者として見た, 女次第ですわ, 女欲しさの, 女である, 女歌手ジニー・ジョンズが黒い, 女歌舞伎宇喜川お春, 女歌舞伎手なづけて, 女歌舞伎達はこの, 女歌舞妓以来の風, 女歌舞妓流行の頃, 女歌舞妓禁止後其俤を若衆, 女歌舞妓若衆歌舞妓が止まり, 女歌舞枝の, 女止むを得ぬ, 女正しく三十前後の, 女のフェイドオ劇場, 女武士とか男, 女武道的な所, 女武道系統の烈女, 女歯科医女薬剤師婦人記者婦人速記者女会計婦人外交員女製図師図書館その他の整理係, 女死すといえ, 女死んでる憐れな, 女死物狂いで男, 女殆ど見えず, 女殺された女およそ, 女殿どこにおります, 女殿マ参りましょう, 女殿内からは近い, 女殿内一族の本家, 女殿出立じゃ, 女殿危険でござる, 女殿向こうへ向こう, 女殿声を立てましょう, 女殿明日ともいわず, 女殿腕揮われい, 女母后に告げた, 女母子の為, 女母親もアンナ・フロラ・ヒルダ, 女毎日来ては, 女に当っ, 女比呂比賣の, 女比左子である, 女比那良志毘賣に娶ひ, 女を切っ, 女民弥梶子の四人, 女気づいとったとです, 女気の毒な女, 女気質でまだまだ, 女の上, 女水性なるも, 女水木六歳五男専六五歳六男翠暫四歳七男成善二歳の四子二女, 女水泳教師の薄い, 女水神と称え, 女水酌まんが為めに井, 女氷羽州比賣の, 女で大蛇, 女沐浴の図, 女沙汰盗難沙汰つまらない家中, 女沙蚕三十筋ばかりと袋餌数筋, 女河合銀二郎へ縁談, 女油断がならぬ, 女法師とあっ, 女泣きしを, 女泣き乍ら屈みて, 女泣き叫び地上に, 女泥中に現れたる, 女洋裁師が出る, 女津幡秀子が席, 女ありと, 女洲一つ蘭軒の女長二十八, 女洲七つ国四つであつ, 女洲三つであつ, 女洲九つ国六つ男鉄三郎一つ蘭軒の女長三十六, 女洲二十一国十八安十琴七つ妾春三十七榛軒未亡人志保六十二であつ, 女洲二十国十七安九つ, 女洲五つ国二つ蘭軒の女長三十二, 女洲八つ国五つ蘭軒の女長三十五, 女洲六つ国三つ其他長は三十三, 女洲十一国八つ男鉄三郎二つ蘭軒の女長三十八, 女洲十七国十四安六つ, 女洲十三国十安二つ, 女洲十九国十六安八つ, 女洲十二国九つ安一つ, 女洲十五国十二安四つ, 女洲十八国十五安七つ, 女洲十六国十三安五つ, 女洲十国七つ柏軒の妾春二十六, 女洲四つ国一つ長三十一, 女活玉依毘賣, 女流行の二百三高地, 女浄るり女相撲手品師ろくろ首の種, 女浄瑠璃の大, 女浜四つ四女千代一つという揃い, 女浜路にお仙, 女浴衣などが入, 女消えさりにけり, 女のの, 女に走っ, 女清ちやんの變事, 女渡せと迫ッ, 女渾名を白魚, 女湯覗きをし, 女二十五年に, 女満悦の姿, 女溝挾氏室に瀬兵衛某, 女溶けて添っ, 女滅多にゃ負けねえ, 女という所, 女烈女型で尋常, 女無しではいられない, 女無残の焼死, 女無理して, 女無芸な不, 女無造作なつくり, 女れども, 女然し又人並以上, 女煙管で煙, 女煙術使いでもあります, 女煙術師煙術師のはいり込んだ, 女を娶れ, 女照手の末流, 女熊坂は死に際, 女熊坂血潮の紅葉, 女燈台局の官員さん, 女ひて, 女の勅, 女父母なき我と, 女は何故, 女片手に小児, 女片足の草履, 女牛八幡宮両所へ参る, 女牛小路から火事, 女牛込南町における河野家, 女牡丹に蝶, 女物差を棄て, 女特色あるを, 女犬ころ初夏の風, 女犯すともわれ, 女狩何か外, 女狩殿御在宿, 女独得の世界地図, 女独特の問題, 女独立の女, 女が子, 女であり鬼女, 女猛獣使いはなんてすばらしい, 女猩々とも言, 女猫背の支那女, 女のやう, 女猿飛佐助ぐらいのもの, 女獅子使いのさっそうたる, 女りでお, 女の如し, 女玉姨の墓, 女玉姫を愛し, 女王侯滑稽なまた, 女珍しの好奇心, 女珍しからぬ土地柄, 女の利者, 女現れていねいに, 女現われその破, 女理学士内藤房子女史の断髪姿, 女理学士認定の蔭, 女が生れた, 女琴女がその, 女瓢箪男の端, 女瓶男瓶ござふね, 女のあとさ, 女甚だ若くし, 女生かしてはおけぬ, 女生きておりまする, 女生まれた時占婦卜し, 女生れていまだ, 女生兩方の學生, 女生十五人に向っ, 女生徒たちほうぼうからワーッ, 女生徒たち以外にそんな, 女生徒たち待ちかまへてゐた, 女生徒二人手を取り, 女生徒何れにし, 女生徒専用の通用門, 女生徒打ち混ぜて, 女生徒漣女壮士正太夫, 女生徒等は盛, 女生徒見物に来る, 女生意気な, 女生活のうち, 女生達三四人団結して, 女生鈴子といふ, 女用マチス型ソファーバッグシーツ枕一組何円のセット, 女用上靴と一しょ, 女は角助, 女甲田に岡惚, 女申して云はく, 女男みたいな奴, 女男優を買う, 女男同士女同士苦しめあって, 女男女のいきさつ, 女男子を生ま, 女男子殺戮の事, 女男甲の傍, 女男白色黄色あらゆる人種, 女の男達, 女町内の小売商人, 女描きかね, 女画史にお, 女画史豊が画, 女画家マリー・ローランサンに惚, 女画描は自炊, 女番頭格のお, 女異人ひとりが江戸見物, 女はずに, 女病気に而末, 女癸巳一歳の六人, 女癸巳七女幸の三子五女, 女登勢に壻, 女白い喉を, 女白く青ざめたる, 女白百合の花, 女白粉燒のした, 女白銀の御衣, 女白首にだ, 女白鹿に育てられた, 女百八十二人を汚す, 女百合として願済, 女百四十一人その女子, 女百姓みたいなもの, 女的性格の上, 女的淫猥の情痴, 女爭つて輕粉を以て, 女皆それぞれに盛粧, 女皇いまのマリア・フェタロヴナ, 女皇たちは皆にこにこ, 女皇中の女, 女皇剣を提げ, 女皇座の文字, 女皇角をいただき, 女盗みの相談, 女盗人女喧嘩餓鬼のよう, 女盗賊の手下, 女盗賊三島のお仙, 女監一巡が熱心, 女監獄はウイホドヌイ, 女監督エレーナ・アレクサンドロヴナを母さん, 女目付のバルバラ, 女遼東に, 女直垂衣の男, 女相当の八ツ当り, 女相志が好い, 女相應の希望, 女相撲取りの顔, 女相撲手品師ろくろ首の種, 女相撲抜弁天大一座, 女相撲江州音頭海女の手踊, 女相談に来せられた, 女看守ロン・ジョルダン夫人と一緒, 女看護婦交換嬢女給店番なぞいう, 女眞一つは熟女眞, 女眞文字女眞語で上表, 女眞明に於ける, 女眞服を着け, 女眞臺灣に於ける, 女眼脂の出た, 女矢河枝比賣の, 女矢田津世子のこと, 女つてるかい, 女知ってるか, 女知らねえか, 女の日, 女石井さんの隠居仕事, 女石井留女を九月尽日, 女社長タイプというの, 女社長女学者どんな地位, 女祈祷師からこの, 女祐筆とその, 女神戸に鳥屋, 女神海波の白沫, 女の界, 女禁物か, 女福井藩主松平越前守慶永の養女, 女秀子は女学校, 女秀才であった, 女秋子とても信子, 女秋山中に五人, 女秋田県由利郡などの荘内, 女秘密にする, 女秘書室の方, 女秘書聯盟の書記, 女秘書闇の事業, 女程に純真な, 女程のウブ毛も, 女程度を卒業, 女種々の珍饌, 女稲福婆失せて, 女稼ぎは休んだ, 女穂男穂のこと, 女穉子等を嘲, 女の草原, 女立ち小便の証拠, 女立派な女, 女を退治, 女章児も, 女童下郎たちも辿りつい, 女童貞であるとの, 女端午が男, 女端正好く舞い, 女競輪を御覧, 女竹子さんの世話, 女竹野比賣に, 女ひて, 女笑って歩い, 女笛師鷺江お雪の死体, 女笠持ちの人足, 女筆始と同書, 女等すべての男, 女等ネエレウスのたけ, 女等三人の内, 女等教育なき美人, 女等群がりて, 女等親子を導い, 女策士が政治, 女を取る, 女に触れた, 女で利巧, 女粗くて重い, 女のし, 女の若子, 女糠子の郎女, 女糸井比賣に, 女系統の口頭伝承, 女紀文を気どる, 女紅葉が十月二十二日, 女紅頬の, 女紙吹石さげたる裸体男, 女素性が知りたい, 女っぽい帽子, 女細工で色どり, 女細面のその, 女しぼり, 女終に熱湯の, 女絞殺さる, 女給仕時代並びに同棲生活, 女続きのところ, 女の目, 女綺麗なところ, 女線路工夫など殆ど, 女編輯者の言葉, 女が薄く, 女打つと, 女縫女というの, 女織江に似, 女のない, 女置場病人置場その他の小さな, 女罷出よと有ら, 女美しき褄も, 女美しければ國, 女美人だったので, 女美貌を商品, 女美貌智慧併に無双, 女群スルリスルリと着衣, 女群一座の中, 女群長さんの健気, 女義党の虎の巻, 女義太夫これがまた, 女義太夫ドースル連の直後, 女義太夫一座によって占領, 女義太夫竹本春廣其他釣魚落語の類, 女義妹澄江であろうも, 女義朝の寵, 女義界五厘問題大紛糾, 女羽根のよう, 女にをしつべし, 女翠蓮を送っ, 女女子の, 女老人子供あわれなる人々, 女も一旦, 女而モ彼女ノ義理, 女を誕, 女聯隊の隊長, 女の大, 女聲最低音平次は妙, 女職校に入学, 女肉欲愛結婚生活親子の関係, 女の薫, 女で一人, 女をかける, 女腰かけなにやらむ花, 女腰元八重縛められて, 女腹切の型, 女臈小女臈侍女すべて蒔絵轅の美しい, 女臈聟方には待ち, 女自らの生活, 女自由自在融通無礙に働きたい, 女自相随, 女自身冷かにとりなし, 女自身女の詩, 女自身無意識的なもの, 女自身男と生理的, 女さを, 女の方, 女興行師風情のわたし, 女が長い, 女舞太夫だつた, 女舞臺一パイに匂, 女舞衣三勝半七酒屋の段, 女舟橋は誰, 女船員が舞踊, 女良い女だ, 女良人を持ち, 女の白, 女色々の点, 女色っぽく何かと話しかけ, 女艶子とがいた, 女芋女といっ, 女芝居掉尾の全盛, 女芝居陶器食もの思想, 女芳紀まさに二十二, 女芸一切女の病, 女芸一通りは出来た, 女芸一通り能く出来, 女芸万般ねえ何ひとつおでき, 女芸人たちのばからしい, 女芸人らは陪観, 女芸人一人ぐらい出来ない, 女芸人一生の間, 女芸人上りの身分違い, 女芸人風情より, 女芸妓らしい女, 女芸者二人話しながら, 女苅羽田刀辨に娶ひ, 女若くないの, 女若しトロイア及び, 女苦しゅうない, 女苦労などうるさく, 女が夫舜, 女英雄の色, 女茶碗のかわいい, 女草鞋解けたり, 女荘子に嫁ぎ, 女荻野八重梅市井の毒婦, 女莊嚴のすべて, 女莨放肆な生活, 女菊女助けて, 女菩薩たちの御, 女菩薩像が愈々, 女菩薩内心女夜叉に突如, 女菩薩枕のもと, 女菩薩様我が家にとっての福の神, 女華魁も新造, 女萬之子てふ, 女落籍されてから貯めた, 女葬後廿餘年にし, 女蒼面乱髪帯も, 女蕗子の場合, 女で散つた, 女ぺらな唇の, 女薄雪その人, 女薫子の事, 女薬剤師女会計なぞいう, 女薬剤師婦人記者婦人速記者女会計婦人外交員女製図師図書館その他の整理係, 女蘭燕尾香都梁香または千金草, 女蘭軒の姉, 女蘿柔を以て乃ち其根, 女蘿蔦などに掩, 女を捕える, 女は赤精, 女蝶男蝶の一対, 女蝸氏未だこの, 女螺旋との外, 女ばかり多く, 女の混ずる, 女血迷うている, 女衆どもは少し, 女行くことを, 女行先に立塞, 女行商人とは細い, 女を濯, 女衣巾幗の辱め, 女衣服の上, 女衣装は花, 女表札による, 女袁杼比賣を, 女より鹽煎餅二枚, 女造物に, 女被官の通称, 女被衣にし, 女が一枚, 女裁判官ぐるみソヴェト裁判そのものをてんから, 女裁縫の出来る, 女裁縫師としてオオドゥウ, 女装束に使う, 女裝考には寛文, 女にて今, 女製図師図書館その他の整理係, 女製圖家の妻, 女のほう, 女要するにすべての, 女見たいですね, 女見世物の勧誘人, 女見世物小屋の太夫, 女見物人は腰, 女見習に上京, 女見覚えのある, 女見返る女かな, 女されて, 女覚え書, 女覚悟は宜, 女親たちにとりかこまれ, 女親一軒の主人, 女親娘をかばう, 女親子の愛, 女親類たちであること, 女角帽湯屋帰りの紳士, 女言い残すことは, 女言う妾実は, 女言うまでもなくそれは, 女言わぬか, 女言濫りに, 女言葉的魅力であったこと, 女計りいる庭先へ, 女計算を爪, 女記者一名女コック一名至急入用, 女記者矢留瀬苗子の隣りで, 女記者等で明敏, 女許さず贖を, 女訶具漏比, 女にもその, 女詞五首の第, 女詩人サッホオ等に代表, 女詩人ノアイユ公爵夫人其他への紹介状, 女詩人深尾須磨子はイタリー, 女とはといふ顔, 女誘拐にとりかかった, 女のやう, 女読二十一篇も始読, 女課長連が各, 女肌脱ぎで, 女諸処に家居, 女謀りて彼, 女謁政治が以後, 女謁盛んで将軍家, 女護ヶ島ここから根岸, 女護ヶ島つてあるわけ, 女護ヶ谷でもあるまい, 女豆狸のよう, 女豊国の女房, 女豊玉昆売を以て蛇, 女豐玉毘賣に婚, 女の髭三本, 女豪傑巴だ, 女豪勇のヂオメーデース, 女貌それに男体, 女貌等を泌, 女貌郎才相当って居り, 女貫一は両個, 女妹の, 女貴族賤民の何, 女買いしたくもない, 女買ひといふもの, 女賊お初にたぶらかされ, 女賊めならぬ, 女賊プロテアの様, 女賊プロテアそっちのけの身軽, 女賊マジャーンに出会, 女賊映画の主人公プロテア, 女賊枕探し邯鄲師だから他人, 女賊白魚のお, 女賊目黒のお, 女賊風情の饗応, 女賊黒猫トミー及びその, 女賑やかを通り越し, 女賢い女愚かな, 女賢しゅうしてと, 女従三位為子腹の, 女赤ら顔で縮れっ, 女走りいで, 女走り出で逸早く, 女走る走る東北へ, 女起き上がると思いの外, 女越前の松平越前守慶永, 女越後生まれの大, 女跛足の大, 女跳ね飛ばされて, 女踊り手が顔, 女身の程を知らぬ, 女身一人出歩こうとは, 女身仏像だ, 女車掌一人乗車しようと, 女車掌前橋あたりから新婚旅行, 女車掌女店員など地方, 女車掌監督係長宛に発送, 女軍吾本陳, 女軍寄せ來し時, 女軍水泳の図, 女軍突進さながらに, 女軍襲来は絶え, 女軍観兵式にはアグネス, 女転坂と道, 女軽業一軒では, 女軽業太夫元かくという名前, 女軽業興行師のパリパリ, 女雪満, 女輕業師として大した, 女が衣裳, 女輿を中門, 女辻君夜鷹に到る, 女近づいてくる, 女近代主義の楽天家, 女返しもせざりけれ, 女返り文を, 女迦具夜比賣の, 女退けツ, 女逃がしておくれ, 女逃げ込むように, 女途方に暮れ, 女となる, 女通いが童謡, 女遊び一つしたこと, 女遊び曲輪通い折々の, 女遊人みたいなの, 女道士中のやや, 女道案内の礼事, 女道楽女郎買い芸者買いメカケ, 女道樂ぢやありません, 女道花やみだれ, 女達さへいと, 女達わりあひ, 女達ガコレマデズイブンボクヲ愛シテクレマシタヨ, 女達一人一人にかずける, 女達七千人の内, 女達三人枕を並べ, 女達上流社会の有閑紳士, 女達中には赤い, 女達二人は極, 女達二人下女のお, 女達何者であろう, 女達十三人の姿, 女達失業者街にうろつく, 女達子供達も老人達, 女達広太郎の方, 女達斯うした, 女達特有の毒悪, 女達男まじりワンさ, 女達皆素性が悪, 女達相續きて, 女達義党の人々, 女達聲を聞きたい, 女達自身を幸福, 女達船が廻廊, 女達銘々に石, 女達鏡の間, 女遠くに一人兎, 女遥かに芳香, 女の東隅, 女怒の, 女都合三人の娘, 女酋卑弥呼が死んだ, 女を忘れる, 女あるいは芸術, 女酒ばくち悪事, 女酒口どき上手, 女酒屋の下女, 女酒酒よかつ, 女酔つて家を忘れた, 女醜い女賢い, 女醫保姆看護婦の方々, 女醫學校の生徒さん, 女里恵である, 女野性の女, 女金子は盗まい, 女金貸の丸屋, 女金酒そのどれ一つ, 女金銭千文くれりゃ行こうくれずば, 女金魚鉢をかき, 女など呼ぶ, 女鉄槌を持っ, 女銀杏返の, 女銀杏返しに髪, 女銀行家マンハイムの知力, 女は何れ, 女鐘師, 女鎮魂の起原, 女という雑誌, 女長一つ全安, 女長一人である, 女長七つ良五つ全安, 女長三つ良一つ全安, 女長三十七蘭軒の姉正宗院八十, 女長三十九全安, 女長三十二蘭軒の姉正宗院七十五, 女長三十五蘭軒の姉正宗院七十八, 女長三十八柏軒の妾春二十七, 女長三十六蘭軒の姉正宗院七十九, 女長九つ良七つ全安, 女長二つ全安, 女長二十良十八, 女長二十三蘭軒の姉正宗院六十六, 女長二十五蘭軒の姉正宗院六十八, 女長二十八蘭軒の姉正宗院七十一, 女長二十六蘭軒の姉正宗院六十九, 女長二十四蘭軒の姉正宗院六十七, 女長五つ良三つ全安, 女長八つ良六つ全安, 女長六つ良四つ全安, 女長兵衛式に納まっ, 女長十七良十五, 女長十丈ばかりの大蛇, 女長十九良十七, 女長十二良十, 女長十五良十三, 女長十八良十六, 女長十六良十四, 女長十四良十二, 女長十良八つ乃夫二つ全安, 女長四つ良二つ全安, 女附け編笠, 女門下生の美しい, 女間夫狂いをする, 女間諜をめぐり, 女関所の灯, 女関白淀君と比べ, 女にほ, 女阪峠を上る, 女露君, 女阿久斗比賣に, 女陣十郎の情婦, 女陰神に仕へる, 女阿嬌, 女陳ぜよ君の, 女陸三歳五女癸巳一歳の六人, 女陸十二歳六女水木六歳五男専六五歳六男翠暫四歳七男成善二歳の四子二女, 女陸郎教授のもうろう, 女隅っこの羽目板, 女がアマゾン流域特産, 女隊ニては西川, 女階段を上つて, 女随分おとなしいのよ, 女隠密女のことゆえ恋, 女隱居目を覺, 女の巣, 女雀どもの巣, 女雅宴楼閣清集等ヲ画ケルモノ, 女集金人の家, 女雑種ではない, 女雛のと一対, 女雛男雛一対が大枚五両, 女の如し, 女雪子の不仕合せ, 女雪駄をとり出した, 女雲助か何, 女電車の混雑, 女青塚郷を攻めた, 女青年英雄に勧め, 女青沼馬沼押比賣に, 女静かに歌いやん, 女面作師は初めて, 女面女身で鳥, 女面獸の微笑, 女面獸身の怪物, 女面白い組合だ, 女靴下をびっしょり, 女靴下専門店に思はず, 女が置い, 女韓比賣に, 女順々に後, 女順禮胸に木板, 女須世理毘賣を嫡妻, 女須勢理比売出で見, 女須勢理毘売を嫡妻, 女須勢理毘賣出で見, 女須磨子は只単に, 女のよう, 女頭獣なり, 女頭獸なり, 女頭目らしく悠然, 女額田王の御, 女顔役の世話, 女顔色ハ美ナルモ腰ハ大イニ太シ, 女類一般の概論, 女類男類猿類の順, 女風カルメン風歌麿風などあらゆる, 女風服装より容色, 女風病の男, 女飄トシテ来リ岸蘆ニ倚ル鳥ハ眉上ノ翆, 女飛び上り窓を, 女飛び込み跳飛ばされ重傷, 女飛込んだガラッ八, 女食いて長寿, 女食物などが語られた, 女飢饉からいろいろ, 女飴玉か何, 女飾髻鬘帯摺箔縫箔後で着けます, 女を取らせ, 女首獅身の石像, 女にも隔絶, 女香雲と共に小石川植物園, 女馬ぢや無, 女馬子姿の君江, 女馬鹿もいつも, 女馭者の千代, 女と申す, 女駕籠気になります, 女騎兵中尉だなんて, 女騎兵士官の寝床, 女驃騎兵とも言える, 女驚いて駈け寄る, 女驚くを見, 女なしの, 女骨プラス慾念の場合, 女骨細で脂, 女體寶珠の二峯, 女高いところから, 女高助のたちばな姫, 女高工は女, 女高工女高農が出来る, 女高慢の上衣, 女高農が出来る, 女高音に近い, 女髪一筋伊賀の若様, 女髪云々というの, 女髪兼安弓削家代々の名刀, 女髪剣必ずともにその, 女髪結いの娘, 女髪結い使い屋の老, 女髪結製本屋質屋といったよう, 女髮結の留, 女髮長比賣に, 女鬼九頭大蛇等諸怪, 女既に亡, 女魅ガラテアに愛された, 女魔女魔焔の踊り, 女魔法使かシンダレラ, 女魔焔の踊り, 女魔窟の女, 女魚さへとらざれ, 女魚売の競争, 女魚男魚掘のけたる沙石, 女魚男魚ともに尾, 女鳥王はかぶりをふっ, 女のよう, 女鳩男鳩が入乱れ, 女鳰鳥の首, 女鳴神ッて頭, 女鶴女と申, 女の若し, 女麻組の郎女, 女黒い瞼, 女黒人の兒, 女黒姫という者, 女黒比賣に, 女黒田筑前守治之の室, 女とが仲よく, 女が生れた