青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「幕府~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

常に~ ~常識 常識~ 帽~ ~帽子 帽子~ ~幅 幅~ ~幕 幕~
幕府~
干~ 平~ ~平凡 平凡~ ~平和 平和~ 平均~ 平家~ 平常~ ~平次

「幕府~」 3098, 33ppm, 3506位

▼ 幕府~ (1196, 38.6%)

12 ために 7 嫌疑を 6 手に 5 役人が, 頽勢を 4 ご用金, 力で, 医官と, 役人に, 忌諱に, 方で, 時代に, 末年に 3 お役人, 命令を, 基礎は, 威信を, 政権を, 有司は, 眼を, 禄を, 軍艦奉行の, 間に

2 [82件] あいだで, うちに, うちへ, きげん, きびしい命令, ためにも, 一員と, 一手持は, 下の, 中心に, 人が, 人間は, 代官の, 倒壊を, 内へ, 初期には, 制度が, 制度は, 勘定方の, 勢力が, 勢力を, 医官たらしめ, 命で, 命に, 命を, 命令で, 命令によって, 基礎を, 外国奉行を, 外国方, 大目付で, 大筒を, 大老として, 奥詰医師を, 威信が, 威信は, 家来に, 役人の, 役人は, 役人を, 御用を, 御菩提所, 御附家老, 意の, 手によって, 手を, 政治家には, 政策に, 方が, 方に, 方は, 方針として, 方針は, 旗本で, 有司の, 末に, 末年には, 権力も, 権威も, 瓦解は, 用を, 直参に, 直轄と, 直轄に, 経営方針などにも, 老中に, 老中らは, 薬園後には, 親藩に, 記録が, 許可を, 調練場と, 諸有司, 講武所大名屋敷旗本屋敷の, 譴責を, 財政の, 軍艦が, 軍艦に, 軍艦を, 連歌師の, 頃は, 鼻息を

1 [935件 抜粋] あたま, あわて者, いぬな, いれるところ, うちでも, おいい, おこな, おわり, お召も, お叱り, お方の, お舟蔵, お蔭も, くずれ信長, ことが, ことで, ことは, こまごました, ごときもの, ご権臣, ご猶予, さいご, しごと, その賦役, ためと, とがめを, ないあと, なかからも, はうが, はらなの, ほうへ, むごい機構, やうな, やりそう, ように, よわい外交, アカデミアであった, ロシヤ應接係筒井肥前守川路左衞門尉などの, 一令下に, 一執権職として, 一存を, 一部からは, 一門たる, 万歳なら, 上の, 上下会桑二藩が, 上層や, 上役共何か, 下においては, 不遜な, 世頃とは, 中世以後に, 中心勢力と, 中心点を, 主宰者たる, 主戦論者の, 事を, 二条城の, 二藩の, 交渉委員竹本甲斐守にたいして, 人々の, 人に, 人は, 人別帳に, 人小栗上野介, 人質政策で, 人選なかなか, 今の, 仕儀が, 仕打ちよ, 代りに, 代既, 任命は, 使節で, 使節と共に, 使者として, 侍所預かり, 信用失墜し, 倉庫が, 倒れたるは, 倒壊と共に, 倒壊に, 儀式慣例そういう, 儒官也, 優秀なる, 允許なく, 全力を, 全盛時代を, 公書類と, 公用を, 兵も, 兵学者が, 兵隊の, 典医山本宗英の, 内では, 内情は, 内状は, 内紛も, 内許事, 内輪もめが, 内部は, 凝視, 初めには, 初め慶長年間に, 初年の, 初期に, 初頭に, 制しがたき, 制度に, 前途も, 創始者頼朝の, 劈頭に, 力が, 力に, 力を, 功臣小田原藩大久保の, 勘定奉行であった, 勘定方を, 勢力の, 勢力はなはだ, 勢威と共に, 医官たらしめよう, 医官を, 医官山崎宗運に, 千歳丸に, 博労頭が, 危惧が, 厳重な, 参謀原仲寧の, 取締りが, 古屋台を, 召しによって, 右筆に, 同心に, 同朋が, 名で, 吏と, 吏人の, 周旋斗致セしなれ, 命によって, 命も, 命令に, 命数の, 命数は, 命脈は, 命脉は, 命運既に, 問合せに対して, 営中は, 四面を, 国府や, 国目付が, 土台が, 圧制殻威張り, 圧迫に, 地頭政策から, 城内に, 執政に, 執権北条高時将を, 基幹である, 基礎と, 声威は, 外交を, 外交手段に, 外務省には, 外国方から, 外国方英語通辞の, 大きな力, 大事な, 大命雷発京都では, 大失策, 大官重役に, 大目付山口駿河を, 大義を, 大老井伊直弼の, 大軍に, 天下を, 天文方にでも, 太平が, 奢侈禁止令に対して, 奥医師の, 奥詰の, 奴の, 始末は, 威を, 威信に, 威力を以て, 威勢では, 子弟に, 存在じゃ, 存在は, 存続を, 学問奨励に, 學者は, 安危に, 官医中に, 実権を, 室町界隈は, 家人株を, 家來で, 密偵では, 實權全然, 寿命が, 封建制度を, 封建的支配の, 専断を, 専横と, 専横を, 将軍さえも, 将軍を, 小官吏, 小石川関口の, 小軍艦, 屋台骨の, 崩壊を, 干渉が, 年中行事である, 底意地わるい, 廃滅は, 建設に, 式楽とな, 弱体は, 強固なる, 強要に, 当局が, 当時と, 当途者, 形勢一変京都の, 影が, 役人たちも, 役人である, 役人などに, 役人中で, 役人連で, 後押しも, 後援により, 御世話, 御制度, 御嫌疑, 御家人でも, 御家人なりし, 御徒士, 御意向, 御成立, 御政務, 御治世, 御用壮士と, 御用船, 御直参, 御繪所, 御老中, 御船手の, 御藥園, 御重臣, 徳川将軍家と, 徴税使として, 忌むところ, 忠臣義士が, 忠臣義士こそ, 思惑を, 急務と, 恩賞にでも, 悪政による, 悪政を, 意向が, 態度を, 慣例では, 懐を, 或る, 手が, 手で, 手により, 手へ, 手前を, 手合いに, 扱い方でありまし, 抹殺は, 招致には, 指令も, 捕り方, 採った参観交代制, 探偵が, 援助をも, 損害に, 攘夷も, 攘夷論は, 支配内の, 政庁も, 政治, 政治が, 政治の, 政治家に, 政治的機構は, 政略として, 政策として, 政策や, 敗北と, 敵たる, 文教政策を, 方から, 方の, 方針が, 方針と, 方針も, 方針を, 施薬院としては, 施設も, 旗下の, 旗本であり, 旗本の, 旧風, 時と, 時にも, 時世に, 時代では, 時代ほど, 時代久しい, 時代江戸に, 時開成所の, 最後の, 最高等法院, 有力者から, 有司などは, 朝廷に対する, 末世に, 末期まで, 末造に, 末黒船始め, 栄禄を, 構成, 模様が, 権力の, 権威が, 権臣との, 横暴が, 横暴に, 機嫌を, 武人に, 武士用うべ, 歩兵たる, 歩兵には, 歩兵を, 歴史を, 殿様方は, 水戸における, 江戸城を, 江馬入道に, 治下には, 法令の, 法律は, 注意人物が, 注意人物を, 洋書取調所, 海軍は, 海軍奉行が, 滅亡を, 潰れたの, 為政者に, 無力や, 無条件大政奉還などという, 無言な, 牙営は, 物で, 物を, 特命によ, 犬であろう, 犬でございます, 犬よと, 狸の, 用心棒と, 用途方で, 甲賀者が, 番犬だった, 発足と, 監視の, 目を, 目的を, 目附方へ, 直参な, 直営と, 直轄の, 直轄地であっ, 直轄地内の, 真相を, 眷顧をも, 知行所だ, 確立という, 礼儀式典に, 祈願所であり, 神経は, 祿に, 禁令が, 禁制が, 禄こそ, 秘密主義で, 第四次, 管轄に, 管轄の, 米倉は, 紀律に, 紅葉山文庫の, 純臣たる, 細作に, 終焉を, 組織に, 綱紀も, 編纂した, 罪人でも, 置かれた江戸, 老中から, 老中で, 老中も, 老中らも, 老中方や, 老中田沼の, 考えは, 聘を, 聯合軍たる, 職制大目付という, 能吏矢部駿河守との, 脅威では, 腐え, 臣の, 自衛手段であった, 若年寄とも, 菓子師大久保主, 薄免地, 薬園に, 蘭方医官大槻磐水が, 衰えが, 衰亡, 衰滅とともに, 要人に, 要路という, 要路の, 要路及び, 覆滅と共に, 覚醒を, 解体過程の, 訂結した, 討伐隊を, 記録である, 記録にも, 設けた救小屋, 誅求が, 諭書によ, 諭書を, 諸学校, 警察官として, 豪奢を, 財政が, 財政は, 財政を, 財物隠匿に, 貿易干渉も, 賞を, 質と, 走狗に, 趣意であった, 軍を, 軍艦と, 軍艦の, 軍艦咸臨丸が, 軍艦奉行木村摂津守喜毅に, 軍艦操練所教授と, 軟弱な, 辣腕家原市之進に, 追及は, 追討総督田沼玄蕃頭の, 造船所が, 進歩派小栗上野介の, 進歩的方針の, 運命は, 遣使栗本, 遺跡を, 醜吏, 重職たる, 重職を, 重臣数名だけしか, 金用達を, 鎌倉に, 鎖国政策で, 長い専制時代, 長州征伐に, 門が, 門閥制度鎖国主義が, 開港策とが, 開設は, 間を, 間諜を, 関趾が, 隠密でござる, 隠密一宮隼人は, 面目を, 頃南茅場町辺の, 顛倒を以て, 類族を, 飜訳局に, 首座に, 高家が

▼ 幕府~ (247, 8.0%)

5 於て, 雇われて 4 向って 3 呈した系図

2 [12件] あっては, 仕えて, 仕へて, 召し出されて, 呈した, 對し, 心を, 提出した, 攘夷を, 歎願せしめた, 罪を, 較べて

1 [206件] あって, ある上, ある将軍, ある時, お示し, お詫びを, こうぎを, このこと, こびへつらい下僕, さきがけて, さし出された, して, しても, すすめられても, その処置, そんな余裕, ちゅうぎそうな顔, つかえつう, つづく第, つながるかという, とどめを, とりあげられること, なかったなら, なってからは, ひとりも, むかって, むだな, 一撃を, 一時仕えられた, 一泡吹かせよう, 三本マストの, 上りかく, 上前を, 上書し, 不満の, 京水の, 人が, 仕うる事, 仕え一戸, 仕へた, 仕へたの, 仕へた家柄, 代るもの, 代る幕府, 代れと, 代わって, 仰いだ上, 伝統的に, 伺ったが, 伺候し, 伺書を, 佞しつれ, 依りて, 促そうと, 候せらる, 倣って, 先手を, 入らんと, 入り仮, 入るといふ, 公認せられる, 其現住所を, 内々運動中であった, 内通するらしい, 出した勅書, 出すこと, 出むいて, 出願された, 力を, 効した, 勝算なき, 勢力の, 十年の, 占めずんば, 参り給, 参候し, 参昇を, 反対し併せ, 反意, 反抗し, 反抗心なかりし, 反旗を, 取つて, 受容れられた, 叛意を, 召されたという, 召されて, 召され次年, 召され高足若山勿堂, 召しだされ還俗, 召出されて, 召抱えられた, 同じ事, 同情し, 向わんと, 呈せむがために, 呈出した, 味方した, 呼び出されて, 哀訴し, 回収せん, 在るの, 執着する, 報告し, 失敗したる, 好意を, 好感は, 存すると, 容れられず, 寄せる重臣ら, 密告された, 寝返りを, 届けて, 届け出での, 帰順を, 弓引かれいと, 引渡したと, 当たろうと, 当ること, 御委任, 忌憚され, 忠告し, 忠実な, 怨恨を, 恐れ入って, 恨みを, 恭順を, 感服せぬ, 抗するよう, 抗敵, 捕われて, 捧げたの, 捩込んで, 接近した, 操を, 擬すること, 攘夷の, 敵するの, 書翰を, 最後の, 有力な, 服さず管領, 気味悪がられる, 求めるの, 決答を, 没収された, 注意した, 献じた, 献じて, 献じ大いに, 献じ而, 献上したい, 獻納した, 獻言し, 獻議した, 用の, 異なり騒乱再来, 登庸せられる, 盡し, 直轄すべし, 相州大膳大夫の, 睨まれて, 確めさせ, 納めたの, 絶望せざりし, 聞えたには, 肝腎の, 蒐集し, 薦むるは, 薦めた志, 藩の, 行幸を, 要求した, 見切りを, 許されても, 訴うる, 訴えたこと既述, 訴えて, 説いて, 請ふて, 謝せしめたりき, 責めこれ, 迎合し, 返して, 迫って, 迫つて来た, 迫らしめるといふ, 迫り一切, 迫ると, 迫れと, 追われて, 追討を, 都合の, 重用せられた, 金の, 開港を, 隙さえ, 雇わる亜米利加, 雇われたの, 雇われ横, 離反する, 願って, 願われたので, 食下った, 養われた家の子, 馮り

▼ 幕府~ (208, 6.7%)

2 ここに, それを, 切支丹禁制の, 斉彬を

1 [200件] あいたい死, あったが, あるが, あれども, いまやてんてこ舞い, いよいよ藩主, おのれに, おれに, ここにおいて, この答, これで, これを, さらに松平信綱, しばしば喫煙, すぐ瓦解, すでに憚, そこで後, その中間, その十月, その弊, その徳性, その日, その時, それまで, そんなに脆く, ただ彼ら, どういう処置, どっちへ, どんなに気, なか, なくなって, まえに, まずもっ, もう永く, もう開港, もちろん三百諸侯, もっぱら江戸, やむなく和平方針, よろこぶだろうし, オランダに, フランスにとり, ペリーの, 一季居, 一年のちに, 一方に, 一面で, 三代将軍家光に, 三十五年間から, 両統迭立の, 事ある, 五月九日を以て, 亜米利加合衆国に, 亡びて, 亡び去る, 亡んでも, 京都と, 京都へ, 人数だけの, 今や余儀なく, 代々ここの, 何うし, 何にか, 何故に, 依然として幕府, 倒れりさらに, 倒れ諸侯, 全国に, 全国の, 内紛の, 列祖の, 初め浪士の, 力で, 医家中に, 十五代二百六十五年を以て, 即刻六波羅へ, 即刻工藤右衛門次郎諏訪三郎兵衛の, 厳重その, 参覲交代で, 受けて, 命令を, 和蘭通詞に, 品川の, 嘉暦元年工藤右衛門尉祐貞を, 国学に対して, 地方に, 外国との, 外様の, 外樣大名に, 大いに狼狽, 大名の, 大小目付三奉行の, 天皇の, 失敗に, 奉行を, 奥羽諸, 妻家官禄を, 孝明天皇の, 学芸の, 守護地頭を, 安政三年二月に, 安政五年に, 安泰国は, 完全に, 宮中会計の, 寛永四年京都所司代板倉周防守重宗を, 将士を, 專門の, 小利根川以西, 少くとも, 局面の, 年々は, 幼冲に, 建設された, 当時長崎在留の, 彼の, 後事に, 後嵯峨院の, 従来の, 御医師, 微動も, 心中崩れの, 怒ッ, 成りその, 戦時令に, 手きびしく, 承久, 抜け目が, 放任政策に, 散々な, 新たに, 新に, 既にピサ倒塔, 既に精神的自殺, 日本の, 日本国を, 早晩倒さなけりゃならない, 早晩倒さなけれ, 昔からの, 時の, 最早これ, 最早諸, 朝廷に, 朝廷を, 条約に, 松浦侯に, 極力それ, 極楽寺坂まで, 権力を, 死んだもの, 水戸の, 江戸に, 江戸の, 泥舟を, 浪人の, 無力を, 無能だ, 無謀な, 父君が, 特別に, 独立し, 瓦解した, 甲冑を, 皇室の, 盛に, 直ちに浪人, 真実自分も, 禁令を, 第三条, 総勘定, 義と, 老中水野和泉守の, 老中罷免に対する, 肥壺である, 腐っても, 自分で, 自然に, 許可せず, 諸大名, 諸家の, 講武所を, 譜代の, 財政に, 足もとから, 躋寿館に, 追っかけ追っかけ節約令や, 進退きわまっ, 遂に仆, 遂に白石, 金が, 鎖国主義の, 長崎入港の, 間もなく喫煙, 間者を, 閣老堀田備中守, 非常に, 頻々として, 館員の, 駒井の, 驚いて, 黙って

▼ 幕府~ (180, 5.8%)

2 [12件] かくも, これを, できて, オランダ政府から, 倒れて, 倒れると, 召し集めて, 大名の, 政権を, 瓦解の, 蘭法医を, 鎌倉から

1 [156件] あなどられたいへん, あらわれて, あること, ある間, いったん取潰した, いよ, うかうかと, おれたちを, かうした難関, きびしく禁じ, けしかけたの, こうしてすっかり, こうして三百年, このごろ募集しかけた, この人, この進発, こんどは, すでにロシア, ついて, つぶれると, どうとか, どう出る, なんで瓦解, はなはだ浪人, わの, イギリスの, グラつき出す, ソテロの, 一橋慶喜に対する, 一番手を, 三十年もか, 三百万両からの, 三百年間續い, 与うるに, 云わば, 亡びかかった時代, 仆れ, 今の, 今やふたたび迎, 今よりも, 今少し, 今日の, 仏蘭西の, 仰天し, 何ものだ, 倒せるか, 倒れた時, 倒れても, 倒れようと, 倒れようとは, 倒壊し, 傭って, 公式に, 公武合体の, 公許し, 出來, 出来たころ, 出来る, 出来るとして, 切支丹宗を, 印刷所を, 危いから, 危ないと, 厳重な, 参覲交代制度を, 取りさばくであろうという, 各藩, 呼んだもの, 命令を, 問題の, 喫煙禁止令を, 固執し, 国を, 国政の, 変を, 外人から, 外国から, 外国の, 外国政府より, 大名取潰し, 大改革の, 天子の, 始て, 実権を, 将軍の, 常陸下總の, 幾度も, 彼に対して, 御用倫理学と, 必死に, 忌むところとなつて崋山は, 憎むもの, 成立する, 成立とか, 抽斎を, 探訪の, 提供した, 政略の, 斉彬を, 新たに, 新に, 新見豊前, 最も苦手, 最後の, 朝廷に, 横浜の, 江戸から, 江戸に, 江戸の, 没落の, 法令を, 浅草弾左衛門を, 浪人を, 消滅し, 演劇興行を, 潰れたと, 潰れようとも, 無能だった, 王室に対する, 瓦壤の, 瓦解し, 瓦解する, 異国と, 當時目撃した, 百五十年に, 立てた新帝, 章広に, 築いたもの, 築いた品川沖, 米国との, 細川家を, 絶対に, 維新の, 総べて, 自分で, 自家の, 興ってからは, 船改めの, 許すで, 諸大名, 諸藩, 講武所を, 起るよう, 躋寿館に, 選んで, 都の, 酒井家を, 鎖国主義を, 鎖攘を, 開かれてからの, 開国した, 開港の, 開港を, 霊廟造営を, 非人の, 頑な

▼ 幕府~ (168, 5.4%)

3 して, 倒すこと, 倒すの 2 代表し, 佐け, 倒して, 倒そうと, 廃し, 窮地に, 鎌倉に

1 [145件] あらたに, うごかした, うらみ奉るもの, おしつける心, おどかした, おどろかしたかは, おびやかしその, お留守, くるしめるもの, せめたてました, たてて, つくりは, はじめ諸, はじめ諸侯という, ひへ, ひらいた, ひらいた徳川家康, ひらいた源頼朝, ひらいてからは, みとめよと, みとめること, やっつけない以上, やぶる宮方, 中央に, 中心に, 京都に, 仆したる, 仆せ, 佐けて, 佐ける, 何んとか, 作るもの, 作るよう, 侮ること, 倒さうと, 倒さずとても, 倒さでは, 倒さねば, 倒さんが, 倒したる暁, 倒しては, 倒し天皇, 倒すか, 倒すため, 倒すという, 倒すに, 倒すべしとは, 倒す運動, 倒せ夫, 倒そうという, 倒そうなどと, 倒壊させる, 再建する, 初め凡ての, 利す理, 利用する, 制える, 制するには, 助くるの, 助けたいとか, 助けて, 助けようと, 助け条約, 危くする, 去ったこと, 向こうに, 呑む, 圧迫し, 売り父, 失うの, 奉じて, 始め諸, 定めるころ, 庇護する, 廃め政を, 建てて, 怒らせて, 怒らせるよう, 怖れ, 怖れず, 怨ませること, 戴く孤立, 打つた人々, 打潰す, 投げすてた海舟, 指しあるいは, 挙げて, 捨てて, 掌中に, 撃ち砕く気, 撃つの, 擁護したる, 支持すべし, 攻めるの, 敵として, 敵視したるなり, 望む料簡, 樹立した, 目するに, 直接覆した, 破ったの, 立ておのれ, 立てて, 経由せずし, 統帥した, 繞る, 置いてからでも, 背負って, 脅威せしめる, 苦しめたり, 蔑視し, 覆えそう, 見かぎり出した兆し以外, 見ては, 見放して, 覘う, 解きたるは, 解散し, 討つ口実, 討伐する, 諫争し, 責むべし, 責むるは, 責めしかど, 軽蔑しきっ, 輔佐する, 辱か, 逆賊とは, 通さずして, 道具に, 都に, 重んずべき所以, 重んぜば, 開いたところ, 開いた方, 開きたりとの, 開き天下, 開き征夷大将軍, 開くまで, 隠然扶ける, 離れ葵, 顛覆さす, 首班と, 駆りわが, 驚かしてか

▼ 幕府から~ (95, 3.1%)

2 この地, 任命し, 怖れられた, 譴責された, 逼塞を

1 [85件] うけた, お小言, お触れ書き, きて, して, その禄, では, わが家へも, 一万石を, 上地を, 与えて, 与えられた囚徒, 与えられなければ, 九州の, 二万五千石を, 人夫を, 人心は, 任命され, 伊達家に, 信任を, 借りた三万両, 借りた軍艦, 借用し, 入用を, 公布された, 出さなければ, 出した色々, 出るの, 出陣の, 勘当を, 十五人扶持を, 厳しい奢侈禁止令, 去るだろう, 取潰されたとき, 受けいよいよ, 受けながら, 召上げられた, 向けられたと, 命ぜられ三月, 咎めを, 回された討手, 国目付が, 外出を, 天皇に, 嫌疑を, 少しばかり, 布令が, 幕臣一般に, 役人が, 意見を, 態, 手当の, 援軍も, 支給され, 支配役を, 敷地を, 斯う, 普請奉行を, 普請料が, 朱印を, 来た目附, 板倉重昌が, 欧羅巴へ, 此地を, 江戸横浜間の, 法繩を, 現場の, 白銀五枚を, 睨まれた公卿, 禄を, 第四次, 罪を, 袖に, 観て, 言って, 請取た, 諏訪藩に, 諸国へ, 譴責される, 賜わった屋敷ゆえ憚, 賜わり物, 賞典が, 軍監を, 預かって, 頼まるるもの

▼ 幕府~ (95, 3.1%)

2 にある, の勝利, の総, を狼狽

1 [87件] か, からも廉子, から目, その忠義心かく, でございましたか, ではない, では九月, では目, では頼朝, で和泉流, で外国御用, と宮方, と心得る, と朝廷方, と縁, なん, においてもいささか, におかれまし, にとってはきわめて, にとっては力強い, にはすでに, には尊王攘夷説, には当然, にもわかっ, によって待たれた, によろこばれ, に付いた, に信用, に加担, に多大, に捕えられ, に言わせましたら, に近藤, に降った, に降る, のあわただし, のお, のお方, の主, の人々, の人間, の侍共, の元兇, の兵, の反目, の名のり, の名高い, の地頭, の大, の奴, の川番所, の応援, の戦死, の手, の拠る, の探偵, の援助, の文献, の新, の旧, の暴挙, の最も, の武士, の武豪輩, の流儀, の犬, の田沼玄蕃頭, の目, の者, の荒尾兄弟, の諸, の閣老, は俗人史家, は国内, は引っ込み, は有勢, は海岸, は目, は進む, は鉄砲, は驚く, への欝, へ訴えた, もさんざん, もようやく, や会津桑名, よりも京師方

▼ 幕府~ (59, 1.9%)

3 密告した 2 報告する

1 [54件] おまかせな, お借上げ, お詫びを, きびしく注意, ご返上, なされて, もって, わしは, 云い訳, 仕える気, 伝達せられ, 伺ったらあれ, 佞し, 借金を, 傳達せられ, 公卿より, 出した, 出た, 出て, 出仕し, 向けて, 嘆願の, 報告した, 売って, 委細の, 媚付き候見識と, 家名の, 家名を, 密告などは, 届けられしが, 御忠節, 御機嫌伺いに, 提出され, 提出し, 援軍を, 放つ砲弾, 松茸を, 気がねし, 渡し候よう, 無断で, 献上した, 献上する, 獻納された, 申し入れた記事, 禄仕する, 策動し, 罷り出でた鈴木千七郎殿, 訴えたいと, 訴えて, 訴えられた, 讒訴しよう, 迫ったので, 送りその, 願ひ

▼ 幕府~ (50, 1.6%)

2 それを, 特に評議

1 [46件] いけないが, いまは, いろいろと, いろいろ手, おどろいて, お犬さま, こう騒ぎ出され, ここへは, この事件, これまで, こんな羽目, その頃, なくまた, なければ, またその, ようやくその, エライものだ, 両統迭立という, 二百年来の, 亡びた江戸, 人を, 他藩, 任命の, 其亡滅の, 力が, 困つた様, 國防の, 大いに意, 大事を, 天下を, 定命の, 容易に, 将軍家も, 情けない身上, 敵である, 末の, 犬目付も, 相当乗り気, 立てて, 自己の, 藩主も, 衰微につれて, 許可し, 諸侯も, 譜代の, 警戒を

▼ 幕府時代~ (39, 1.3%)

2 にオランダ, の百姓一揆

1 [35件] からの本堂, からの正, からの諸, から引, から私, から著書飜訳, と長崎, においては江戸, においてロイド・ジョージ, における町人圧迫, には, には与力, には動物園, には東海道十三驛, には江戸, には男, に使節, に免許, に在, に封ぜられた, に於, に私, のまま, の公文書, の別当, の卑, の文学史, の某, の横暴, の能, の遺, の遺物, の長崎, の高札, は家族

▼ 幕府では~ (30, 1.0%)

1 [30件] いい重宝, この時局担当, これらの, これを, その意味, それを, わかって, オランダ人から, オランダ人が, 三河尾張伊勢近江若狭飛騨伊賀越後に, 仮条約, 例の, 去年の, 各藩, 四月十七日を, 回天回陽と, 容易に, 寛政の, 当時の, 彼が, 彼らが, 所謂八朔の, 旗本や, 木租の, 段々これ, 沿岸警備の, 湊の, 皇国の, 腰物奉行から, 貧民を

▼ 幕府~ (21, 0.7%)

1 [21件] から見れ, がフランス, が一案, ではおそらく, では定房, にある, にもある, にも後醍醐, に割り込ん, のいろいろ, の両, の人々, の苦心, の諫告, の識者, の識者ら, の足利家, の重臣, は空, を怒らせよう, 全權林

▼ 幕府~ (20, 0.6%)

2 云うもの

1 [18件] おきかえること, こうしょうしました, その利害, ちがって, わかれて, イギリスに, ハとても, 一戦する, 元寇, 勤皇と, 封建諸侯とから, 択ぶなき, 昵懇な, 相いれない長州藩, 被支配領, 阿部家とから, 阿部家とに, 雖も

▼ 幕府への~ (19, 0.6%)

1 [19件] ご誓約, 不平は, 信頼感も, 嫌忌と, 届が, 建白の, 建言が, 御年貢米, 御憎悪, 御推挙, 御義理, 忠節, 献上物の, 見せしめの, 詫びや, 謀叛とも, 遠慮から, 遠慮が, 開國勸告使節和蘭の

▼ 幕府には~ (18, 0.6%)

1 [18件] あつた, さらに開港, すでに小栗上野介, どうしても武力, 一向に悔心, 二つの, 何等の, 小栗の, 市場に, 恩顧深き, 政策も, 新撰組という, 有名な, 灰座といふ, 継嗣論一大, 誠意が, 重用されず, 金子が

▼ 幕府より~ (16, 0.5%)

2 僧侶に

1 [14件] お救い, 一萬兩づつ兩度の, 与えられた松平姓, 人数さし立龍を, 何程逆, 受けた墨付百二十四万石, 撫恤を, 毎々修補, 目の, 義伝を, 見れば, 諸侯に, 遣わされたるこの, 長州家老又

▼ 幕府~ (15, 0.5%)

1 [15件] うけの, お鷹匠, はなし, 厳重に, 建造中であった, 懇請し, 新国守, 新小判, 明らかに, 独占する, 監察, 設けた海軍, 設けた蕃書調所, 諸大名, 軍艦を

▼ 幕府~ (15, 0.5%)

1 [15件] での第, では, でも最も, でも有数, でも高時, にいた, にはこういう, に妙, に少なく, に殿, のもの, の一部, の心, の有力, の有司

▼ 幕府でも~ (14, 0.5%)

1 [14件] そうなる, それが, もうとても駄目, もう捨て置かれなくなった, よくなしうる, 一応内偵, 優遇した, 取締りに, 折れて, 海防という, 無論それ, 私に, 紀州公が, 領主でも

▼ 幕府政治~ (11, 0.4%)

1 [11件] がよし, としての新味, とその, に移る, の建設, の悪い, の批判, の無力, の行われた, は滅んだ, を作り出した

▼ 幕府という~ (10, 0.3%)

2 ものが, ものを 1 たッ, ものから, ものがな, ものも, 古い制度, 新しい組織

▼ 幕府としては~ (10, 0.3%)

1 これを, こんどこそ, 今日は, 全く転倒, 堪えられなかったこと, 将軍の, 既定の, 聞きずてに, 血の, 諸藩

▼ 幕府との~ (9, 0.3%)

2 間の 1 あらそいが, たたかいも, 全土にわたる, 微妙な, 間が, 間に, 関係において

▼ 幕府瓦解~ (9, 0.3%)

2 とともに左近 1 して, のため, の兆, の後, の怖, の際, の頃

▼ 幕府直轄~ (9, 0.3%)

2 の, の天領 1 のお, の代官, の土地, の地, を離れ

▼ 幕府直参~ (8, 0.3%)

3 の武士 1 であるから, でない地方侍, となり, となれ, とはいえ

▼ 幕府~ (7, 0.2%)

1 が大砲, が敗走, の総, はその, は刀, は甲州流, を悩ました

▼ 幕府からは~ (6, 0.2%)

1 再々の, 向山隼人正が, 嘉永三年以後十五人扶持出る, 奏者番や, 好まれぬ公卿堂上, 表向きの

▼ 幕府にとっては~ (6, 0.2%)

1 いわばまア, たいへんむずかしい, ただまっとう, 一つの, 二人ながら, 重要なつとめであり

▼ 幕府にも~ (6, 0.2%)

1 分って, 感服せず, 手堅い組織, 武力は, 献策し, 過去の

▼ 幕府に対して~ (6, 0.2%)

1 不首尾に, 同情と, 好感を, 実子と, 御謀叛, 顔が

▼ 幕府に対する~ (6, 0.2%)

1 傾向は, 思想に, 敵愾心の, 新政府, 第一, 苛酷の

▼ 幕府~ (6, 0.2%)

1 他藩, 大名の, 室町幕府の, 旗本という, 藩, 諸藩

▼ 幕府~ (6, 0.2%)

1 が乗り組ん, では出色, と朝廷人, に横文字, の剣幕, の無法

▼ 幕府~ (6, 0.2%)

2 創設までの 1 創業この, 創設この, 勘定所の, 辞職なれ

▼ 幕府からの~ (5, 0.2%)

1 刀劍の, 命令で, 大政奉還は, 手当てが, 献金が

▼ 幕府にとって~ (5, 0.2%)

2 最も重大 1 大額の, 重要な, 頭痛の

▼ 幕府~ (5, 0.2%)

1 にあった, にこれ, に於ける, の権勢家, の武士

▼ 幕府以前~ (5, 0.2%)

1 からの事, には特に, にもあった, に於い, の戦国時代

▼ 幕府当局~ (5, 0.2%)

1 から江戸横浜間, が新た, でも海岸, の大官, をいましめ

▼ 幕府役人~ (5, 0.2%)

1 との間, のまぬけさ, の全部, の誰か, はもちろん

▼ 幕府~ (5, 0.2%)

1 參だ, 參と, 參なり, 參の, 屬の

▼ 幕府顛覆~ (5, 0.2%)

1 の大, の盟約書, の軍用金, の陰謀, を目

▼ 幕府これ~ (4, 0.1%)

1 がみな, を奉ぜず, を斥, を沮みし

▼ 幕府において~ (4, 0.1%)

1 天保の, 定め置いた条約, 断然と攘夷, 梶内蔵丞には

▼ 幕府以外~ (4, 0.1%)

2 の幕府 1 の方面, の諸侯

▼ 幕府内部~ (4, 0.1%)

1 のもの, の政情, の暗闘, の物論

▼ 幕府制度~ (4, 0.1%)

1 ではあるまい, の本質内, の欠点, を廃止

▼ 幕府及び~ (4, 0.1%)

3 諸藩 1 その背後

▼ 幕府天文方~ (4, 0.1%)

1 において一つ, に納本, の仕事, の吏

▼ 幕府奥詰~ (4, 0.1%)

2 の医師 1 の医師仲間, の医者

▼ 幕府施政~ (4, 0.1%)

3 の方針 1 の範囲

▼ 幕府有司~ (4, 0.1%)

2 のほとんど 1 のその, の中

▼ 幕府~ (4, 0.1%)

1 大名御料皇族並公卿社寺に, 藩を, 藩一人も, 藩心服仕らず

▼ 幕府そのもの~ (3, 0.1%)

1 が歓迎, には近頃, の力

▼ 幕府としても~ (3, 0.1%)

1 この稀有, ムリは, 今に

▼ 幕府なり~ (3, 0.1%)

1 上方なり, 幕府以外の, 藩なりの

▼ 幕府による~ (3, 0.1%)

1 参覲制改革の, 封建的支配が, 鎖国政策な

▼ 幕府に対し~ (3, 0.1%)

1 憚る, 異心, 臨時の

▼ 幕府に対しても~ (3, 0.1%)

1 このお, 又徳川家, 所謂有志者中には

▼ 幕府のみ~ (3, 0.1%)

1 だれが, ならずアジヤ諸国古来みな, 然るにあらず

▼ 幕府を以て~ (3, 0.1%)

1 中心点と, 実力的政府と, 来り郡

▼ 幕府以来~ (3, 0.1%)

1 の名家, の大名, の旧

▼ 幕府勘定方役人~ (3, 0.1%)

2 の生命 1 はそれ

▼ 幕府勢力~ (3, 0.1%)

1 の復活, まで悉く, まで駆逐

▼ 幕府医官~ (3, 0.1%)

1 の一人, の子, の風俗

▼ 幕府反対~ (3, 0.1%)

1 の側, の大名たち, の旗色

▼ 幕府大事~ (3, 0.1%)

1 であくせく, の心, の相州さま

▼ 幕府打倒~ (3, 0.1%)

2 の運動 1 といきり立つ

▼ 幕府方針~ (3, 0.1%)

1 としては一, の一案, は現地

▼ 幕府~ (3, 0.1%)

1 な旧態, にもあまり, に表

▼ 幕府老中~ (3, 0.1%)

1 に訴える, の裁決, をわずらわす

▼ 幕府自身~ (3, 0.1%)

1 からそれ, の力, の常住的

▼ 幕府要路~ (3, 0.1%)

1 の者, の関心, へ知れ

▼ 幕府閣老~ (3, 0.1%)

1 という枷, のなか, の一人

▼ 幕府および~ (2, 0.1%)

2 諸藩

▼ 幕府~ (2, 0.1%)

1 いずれに, どれかの

▼ 幕府からも~ (2, 0.1%)

1 妙な, 船大工十人の

▼ 幕府がた~ (2, 0.1%)

1 の勝海舟, の機微

▼ 幕府その他~ (2, 0.1%)

1 の不振, 諸藩当路者

▼ 幕府だけ~ (2, 0.1%)

1 でなく薩藩その他, では

▼ 幕府として~ (2, 0.1%)

1 何ら敵視, 堀田と

▼ 幕府とともに~ (2, 0.1%)

1 して, 廃滅したる

▼ 幕府とは~ (2, 0.1%)

1 人間苦人間悪を, 縁者に

▼ 幕府とを~ (2, 0.1%)

1 持つた, 結び付ける有力

▼ 幕府なき~ (2, 0.1%)

1 なり, 天皇一元の

▼ 幕府などは~ (2, 0.1%)

1 とうに見捨て, 父を

▼ 幕府にたいして~ (2, 0.1%)

1 とつた, へんじを

▼ 幕府にたいする~ (2, 0.1%)

1 不平で, 最後通牒が

▼ 幕府にて~ (2, 0.1%)

1 下ノ関償金の, 始めに

▼ 幕府にと~ (2, 0.1%)

1 つても, つて致命傷と

▼ 幕府にとっての~ (2, 0.1%)

1 一敵国だ, 危険なる

▼ 幕府に対しての~ (2, 0.1%)

1 不満が, 行動は

▼ 幕府へは~ (2, 0.1%)

1 その由, 憚りあつ

▼ 幕府へも~ (2, 0.1%)

1 いささか報恩, 秘密な

▼ 幕府をも~ (2, 0.1%)

1 くつがえして, 薩長をも

▼ 幕府下特恩~ (2, 0.1%)

2 之命

▼ 幕府主脳~ (2, 0.1%)

1 の人物並, の秘語

▼ 幕府倒れ~ (2, 0.1%)

1 て新た, て王政古

▼ 幕府再建~ (2, 0.1%)

1 だの, をみとめる

▼ 幕府外交~ (2, 0.1%)

1 に際し, の緊要さ

▼ 幕府大城~ (2, 0.1%)

1 の壮観, はその

▼ 幕府当局者~ (2, 0.1%)

1 と同じ, はこの

▼ 幕府旗下~ (2, 0.1%)

1 の士, の麒麟児

▼ 幕府末造~ (2, 0.1%)

1 の江戸, の編纂

▼ 幕府~ (2, 0.1%)

1 と称, の盟主

▼ 幕府滅亡~ (2, 0.1%)

1 の余波, の大

▼ 幕府祖法~ (2, 0.1%)

1 が真向, の怒り

▼ 幕府統一~ (2, 0.1%)

1 の政, を固め

▼ 幕府絶対中心主義~ (2, 0.1%)

1 とは根本的, の根本

▼ 幕府~ (2, 0.1%)

1 體としての, 體尠く

▼ 幕府自体~ (2, 0.1%)

1 が抱い, もさとっ

▼ 幕府衰亡~ (2, 0.1%)

1 の取沙汰, の顛末

▼ 幕府討伐~ (2, 0.1%)

1 のもくろみ, の策

▼ 幕府追討~ (2, 0.1%)

1 のはかり, の御

▼ 幕府~ (2, 0.1%)

1 ではある, などは大分前

▼1* [243件]

幕府あって以来, 幕府あるを知り, 幕府はゆる, 幕府お金蔵の絵図面, 幕府かと思ひまど, 幕府この衝突を, 幕府ごろの善政, 幕府ざん訴へ用いる, 幕府しかあるまい勤王, 幕府それ自身であつ, 幕府ぞ, 幕府だけを知って, 幕府だった永享から, 幕府だってもフランスの, 幕府である限り芸術の, 幕府でさえぐらついて, 幕府でない新政体下, 幕府でなく一藩の, 幕府での勢力と, 幕府とが相対立, 幕府とて目も, 幕府とへ嘆願書を, 幕府と共に末路を, 幕府ので田楽, 幕府などの手に, 幕府なる複雑怪奇な, 幕府においての主戦論者の, 幕府においても悔いる心, 幕府にたいしては今度は, 幕府にたいしてもまた藩内, 幕府にとっても重大な, 幕府によって取りこわされ発掘, 幕府に対しては総ての, 幕府に対してばかりでなく朝命, 幕府に対するの債権とは, 幕府ばかり肥え太って, 幕府ばかりが開国論の, 幕府びいきの御家中, 幕府または一般武士は, 幕府もしくは武士のみを, 幕府よりか一層悪い, 幕府よりはむしろ勤皇, 幕府をはばかッ, 幕府スローガンとして有効, 幕府ナル井戸石見守浦賀奉行戸田伊豆守等ガ衝ニ当ツテ応接セル所ナリ, 幕府もいまだ, 幕府ニ光榮ヲ加冠スル羅馬法王トシテ, 幕府ニ其長の書, 幕府末徴サレテ昌平黌學問所奉行トナル, 幕府ハ一決断を以て浪輩, 幕府京都ニ置ク, 幕府一日感悟すれば, 幕府一点張りの猪武者, 幕府一部の者, 幕府三代の将軍, 幕府三代武家の覇業, 幕府三家の一, 幕府三百年の鎖国政策, 幕府並相州御第警巡頗嚴密云々, 幕府中心主義と日本孤立主義, 幕府中心将軍絶対主義は勤皇思想, 幕府中枢の人々, 幕府中頃までの神道者, 幕府しからずと, 幕府御処置相願い候上, 幕府二百五十年の栄華, 幕府二百六十年の恩誼, 幕府二百年の太平, 幕府二百年来諸藩, 幕府二百数十年封建の諸, 幕府人数と一戦争仕候, 幕府人物勝安房守も又, 幕府仏蘭西式歩兵の制服, 幕府代々の後, 幕府代表の義詮, 幕府以上の, 幕府以後で平家, 幕府以来明治維新を経, 幕府任命となった, 幕府使番の荒木十左衛門, 幕府依存の根, 幕府倒壊のモメント, 幕府傳統の切支丹, 幕府先手与力の隠居, 幕府權主腦部とは, 幕府全体の気風, 幕府全盛の頃, 幕府公認の學校, 幕府は散々民家, 幕府処置にはずいぶん, 幕府初めは墨夷, 幕府は必然, 幕府創業の名, 幕府創業者の孫, 幕府創立以来の大, 幕府創設に成功, 幕府創設以来百年に足らずし, 幕府勘定役人はそれ, 幕府の寄手, 幕府勤めはま, 幕府医官中に見えぬ, 幕府医官岡某の宴, 幕府十三代を通じても同じ, 幕府千年の安泰, 幕府反って間部侯, 幕府反抗を説ける, 幕府取締りの標準, 幕府取締り上の便宜, 幕府叛逆の原因, 幕府藩の, 幕府否認に傾き, 幕府困らせをやる, 幕府執政の機関, 幕府執権高時すべて昨日の覇府, 幕府外国奉行山口駿河が老中松平伯耆, 幕府外国方翻訳御用出役を命ぜ, 幕府有恩賜云, 幕府大坂奉行所の所属, 幕府大奥や諸, 幕府大目付某が伏見奉行, 幕府大筒役として千石, 幕府天文方馬場佐十郎足立左内らを通じてロシヤ語, 幕府夷書を下し, 幕府始まつて以來の, 幕府始まって以来, 幕府委員及び立會, 幕府威嚇の手段, 幕府安泰とは背馳, 幕府官僚のみについての武鑑, 幕府封建制に代った, 幕府に奔命, 幕府将軍職などというもの, 幕府對外の大, 幕府崇拝の先入主, 幕府崩壊のあと, 幕府の威信, 幕府序列の面々, 幕府廃止以来世態の急激, 幕府廃止以来急激な世態, 幕府当路を責める, 幕府役人たちの舊, 幕府役人一同の罪, 幕府後宮の譖, 幕府御家人の醜, 幕府心証の変化, 幕府思想の萌芽, 幕府を知っ, 幕府恩賜の白木六千駄, 幕府悉く勅旨に, 幕府成立の日, 幕府成立以後に於ける, 幕府或は諸侯から, 幕府所在地の大きな, 幕府批判を説明, 幕府探偵の目, 幕府援助に乗り出し, 幕府支配の下, 幕府改組が三たび布告, 幕府改革の意見, 幕府政党にくみし, 幕府政権の一毫毛, 幕府政治総裁松平春岳は, 幕府政治総裁松平春嶽に奉った, 幕府政策に煩, 幕府方松平伊豆守が甲賀者, 幕府方秘密の刺客, 幕府旗本の士, 幕府昌平校儒官ニ擢任ス時ニ年七十海内仰イデ儒宗トナス, 幕府時代二百七十年を通じて百姓一揆, 幕府時代康正年間と伝へられ, 幕府時代所謂傳通院殿のお, 幕府暴政之節, 幕府曰く義理曰く人情みな争いである, 幕府最初の思い過ち, 幕府最後の始末, 幕府最高の密議, 幕府有召見之命, 幕府有司ニ含ム所アリ主トシテ大名旗本, 幕府有数の人材, 幕府権力にも屈しない, 幕府機関へも彼, 幕府議は, 幕府殿中においても諸, 幕府法律で禁じられ, 幕府津軽氏渋江氏の四欄, 幕府海軍は蘭, 幕府無き後の, 幕府独占貿易のほか, 幕府独特の密偵隊同様, 幕府瓦壊の運命, 幕府生え抜きの旗本, 幕府用達鏡師の子, 幕府番頭の高力伊予守, 幕府発行の紙幣, 幕府発表の攘夷期五月十日, 幕府的思想の影響, 幕府的自主的な匂, 幕府目下のうれい, 幕府直々の徴命, 幕府直属の吹所, 幕府直轄地同様の政治, 幕府直轄時代からの意志, 幕府直轄領に郡代, 幕府社會儒者權謀よけいなこと, 幕府積年の弊政, 幕府の間づめ甲賀組宗家, 幕府経営の城外薬園地, 幕府統制から藩, 幕府統制組織内の矛盾, 幕府統御官は, 幕府維持の最大綱目, 幕府総督田沼玄蕃頭に引き渡された, 幕府縁故の諸, 幕府自ら倒れるかも, 幕府自身攘夷を決行, 幕府被管の武士, 幕府要員はいずれ, 幕府解散の始末, 幕府諸侯を連串, 幕府諸侯三位一体の権化, 幕府諸侯何れの処, 幕府講武所の槍術教授, 幕府譜代の勇士, 幕府議定の発表, 幕府足利尊氏楠木正成とこう, 幕府追討総督として大兵, 幕府造成は前途, 幕府運動の結果, 幕府遵わず仮を, 幕府部内のあわて, 幕府重臣の家々, 幕府銅山の役所, 幕府との中, 幕府開始より慶安年間, 幕府開成所版に錺屋, 幕府開設の當初, 幕府閣僚の権威, 幕府陸海軍の実権, 幕府離反はまぎれない, 幕府非難の声, 幕府首脳と部門, 幕府麾下の遊撃隊, 幕府の四天王