青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「家~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~室内 室内~ ~宮 宮~ 宮廷~ ~害 害~ ~宵 宵~ ~家
家~
家々~ 家中~ 家人~ 家内~ 家屋~ ~家庭 家庭~ 家康~ ~家族 家族~

「家~」 129697, 1287ppm, 66位

▼ 家~ (36793, 28.4%)

729 中に 508 中へ 411 中の 395 中を 389 中は 369 方へ 314 中で 300 前に 279 前を 214 中には 188 者は 179 中から 160 前の 156 ことを 145 者が 140 中が 133 門を 129 前で 119 者に 108 ために 105 前まで 103 前へ 97 ように 89 内に, 方で 87 なかに 81 方に 79 庭に 77 ような 75 ものが 66 外に, 門の 65 中では 64 二階の 63 内は, 者の, 間に 61 主人は 60 まわりを, 前には, 様子を 59 ものは, 人たちは, 内へ 58 方を 56 人が, 人に, 内の, 内を 55 やうに, 主人が, 人は, 方が 54 ことは 53 ほうへ, ものに 52 方は 50 なかは, 二階に, 手に, 門に 48 二階で, 者を, 近くに 47 なかを 46 主人の, 人たちの, 戸を 45 人々は, 庭の 43 うちに, 屋根の 42 裏の 41 周囲を, 方から, 者も 40 なかで, 外へ, 窓から 39 なかの, 人々, 玄関に 38 まはり, 中でも, 者と 37 事を, 人達は, 名を, 戸口に 36 方の, 裏に 35 なかへ, ものの, 人たちが, 周囲に 34 中にも, 娘に 33 近くの 31 者で, 門口に 30 奥の 29 内外を, 娘が 28 ことが, 主人に, 入口の, 庭で 27 ことに, なかには, ものと, 中も 26 ものを, 内には, 奥に, 財産を 25 まわりに, 人と, 裏口から, 近くまで 24 前は, 娘を, 敷居を, 裏手に, 近所に, 門前に, 閾を, 養子に 23 やうな, 二階から, 人たちに, 人の, 仕事を, 入口に, 窓の, 者だ 22 なかから, 内から, 娘は

21 [12件] ことも, 中へは, 二階を, 人達に, 内で, 外の, 外を, 娘の, 屋根が, 格子を, 生活は, 秘密を

20 [11件] ことで, そばに, 二階へ, 人々の, 内が, 外には, 女主人, 娘で, 庭を, 窓に, 裏手の

19 上に, 内では, 子供が, 格子戸を, 歴史を, 者には, 軒下に

18 [12件] ことだ, どこかに, 前から, 厄介に, 塀の, 壁に, 手で, 爲に, 生活の, 近所の, 郎女の, 門口へ

17 主人と, 内部を, 女の, 女中が, 為に, 玄関の, 跡を

16 [11件] すぐ近く, 下に, 事は, 人々が, 周囲には, 娘と, 屋根に, 庭には, 縁の, 者や, 話を

15 [27件] あること, うちで, うちには, おかみさん, こと, ことや, 下の, 中からは, 中まで, 事に, 事情を, 人を, 人達の, 先祖が, 外で, 屋根を, 最後の, 格子の, 爲めに, 玄関を, 者たちは, 者にも, 血統を, 財産は, 近所へ, 郎女は, 金を

14 [20件] うしろの, うちの, うちは, ほうに, 中, 人達が, 内も, 土蔵の, 娘だ, 庭へ, 戸が, 横に, 物を, 細君の, 者から, 説に, 門口まで, 間を, 隣に, 養子と

13 [16件] うしろに, おため, 一人として, 仕事の, 如きは, 家族は, 息子で, 方へと, 様子が, 横の, 窓は, 裏口に, 裏口へ, 軒に, 門が, 間には

12 [25件] うちを, すぐ裏, なかが, ものも, 一室に, 人々に, 人々も, 人たちも, 人も, 内外の, 周囲の, 客と, 廻りを, 当主は, 横を, 横手に, 注意を, 裏から, 角を, 跡取, 門から, 門は, 門へ, 門前で, 間の

11 [32件] あたりを, さまよう人々, すぐ前, ほうで, ものだ, 世話に, 中での, 主は, 人から, 傍に, 内外に, 周りに, 女中に, 女部屋, 庭から, 後を, 或る, 手を, 棟に, 物干, 玄関へ, 生活を, 禄を, 立場から, 立派な, 紋は, 血統の, 裏口の, 軒の, 近くを, 門口を, 阿爺

10 [43件] うちでも, ことである, ためにも, ところへ, なかでは, ほうから, まわりには, まわりの, もので, 主人だ, 主人らしい, 主人を, 主婦が, 人たちを, 先祖の, 先祖は, 前, 台所の, 台所は, 台所へ, 名に, 周囲は, 外から, 多くは, 女を, 姫の, 嫁に, 子供は, 屋根は, 息子に, 戸の, 戸口の, 扉を, 数が, 方, 留守を, 祖先が, 空気は, 血統に, 裏へ, 軒下を, 近くで, 間では

9 [31件] あるところ, ためには, まえに, むすめ, もの, 一つの, 一人であった, 一人である, 仕事に, 内でも, 勢力は, 墓に, 如くに, 定紋の, 座敷に, 御主人, 格子戸の, 様子は, 様子も, 灯が, 為めに, 祖先は, 窓を, 紋を, 細君は, 表戸, 近所を, 都合で, 間から, 間にも, 顔を

8 [58件] ぐるりを, ことについて, そばを, まわりは, ようすを, 一間で, 一間を, 上を, 世話を, 中だ, 中にばかり, 主が, 主の, 主人である, 主婦の, 事で, 人達を, 作品を, 侍が, 内にも, 内部に, 前にも, 台所に, 名は, 外廻りを, 奥へ, 婆さんが, 家族の, 床下に, 形を, 後ろに, 御落胤, 思い出, 戸は, 戸口を, 方も, 横から, 炉端で, 物置に, 理想は, 生活が, 生活に, 筆に, 紋章が, 細君が, 血を, 裏には, 裏を, 裏庭に, 裏手から, 裏門から, 財産の, 跡に, 軒先に, 連中が, 郎女が, 門口で, 隣の

7 [80件] ある町, お内儀さん, お庭, くせに, ことです, ほうは, ほかに, ものとは, 一人に, 一間に, 下敷に, 下男が, 主に, 主人公が, 事だ, 事情で, 人々と, 人々を, 人だ, 人には, 他の, 代々の, 使者が, 側に, 傍の, 内と, 前あたり, 前が, 勝手口へ, 友人は, 名が, 唯一の, 垣の, 外は, 奥から, 女中の, 姿が, 娘も, 小供, 屋根と, 座敷の, 庭が, 庭は, 後に, 心は, 心を, 意見を, 態度に, 態度を, 戸口で, 扉の, 掃除を, 数は, 方からは, 旦那が, 棟の, 棟を, 構えは, 樣子を, 犬が, 玄関で, 留守番を, 者か, 者たちに, 背後に, 茶の間に, 表に, 裏庭の, 裏門の, 言に, 話が, 財産が, 身上を, 軒下へ, 部屋を, 門前へ, 門前まで, 隅に, 階段を, 離れの

6 [110件] あたりは, ありさま, お勝手口, お嫁さん, お孝, ことには, すぐ近所, そばの, ものである, ものには, ようで, 一つに, 一人の, 三人の, 下男の, 中と, 中や, 主人という, 主婦は, 二人の, 二階が, 井戸は, 人にも, 人びとは, 仕事は, 仕事も, 先代の, 光, 入口を, 内部の, 出入りを, 別荘に, 前では, 南に, 名と, 名も, 名誉に, 名譽, 周圍を, 土蔵に, 土間に, 土間には, 塀を, 壁には, 外では, 大部分, 奥で, 女が, 女中は, 女中を, 始末を, 始祖, 姿を, 娘, 娘お, 娘であった, 定紋を, 客に, 客間で, 家に, 家を, 家中の, 家督を, 家臣で, 屋敷の, 屋根も, 庭前に, 影が, 応接間, 意見が, 批評を, 方には, 日々, 書斎に, 有様を, 札が, 構造は, 横へ, 横手へ, 父母の, 猫が, 猫は, 祖先の, 私の, 窓には, 系図を, 縁側で, 縁側に, 者なら, 菩提寺の, 蔭から, 虫の, 表の, 表門の, 裏で, 裏は, 裏手へ, 記録, 記録に, 跡目を, 路地の, 軒から, 近所で, 長火鉢の, 長男の, 門前の, 間で, 隣りに, 離れ座敷, 鶏が

5 [187件] あいだには, あるじに, あるの, ある所, ある方, ある村, うちから, うちにも, うちへ, お勝手から, お嬢さんが, こととて, ことな, ことなど, ことなんか, すぐそば, そとの, ためだ, なかまで, なかも, は表向き壻, ものから, ものにも, 一と, 一人が, 一人だ, 一族や, 一部を, 中よりは, 中庭に, 中庭の, 中心に, 事が, 事など, 事も, 二階は, 亡びた時分, 亭主は, 人たちと, 人達から, 仏壇に, 令嬢が, 先祖代々の, 入口が, 入口で, 全財産, 内情は, 内部は, 出で, 刀自たちが, 別荘へ, 別莊, 利害と, 友人が, 周囲にも, 四方を, 囲炉裏ばた, 垣根の, 基礎を, 場合は, 墓が, 壁が, 壁の, 壁や, 壁を, 外にも, 外まで, 大事である, 大屋根, 夫人が, 奧に, 奧の, 女で, 女に, 女中である, 女中と, 女忍び衆, 妻と, 妻として, 妾が, 姫は, 子どもを, 子供も, 子供を, 存在を, 安否を, 家臣と, 家臣の, 容子を, 将士は, 屋の, 屋根から, 屋根には, 庭先に, 庭園で, 庭苑にも, 廣い, 建たぬ前, 建て方, 役人は, 後には, 後は, 御先祖, 御息女, 応接間に, 恩顧を, 息子が, 息子の, 惨劇, 戸口から, 戸口へ, 戸締りを, 所有である, 手によって, 手伝いを, 方へも, 方角を, 旦那は, 昔を, 暗さ, 本家の, 業を, 横佩右大臣は, 横手の, 次男で, 歴史だの, 歴史の, 母さんが, 没落を, 父は, 用達で, 社稷を, 神, 窓が, 第一, 紋章を, 経済は, 縁に, 縁側から, 群に, 者たちの, 者でない, 者達は, 聟に, 職を, 背後の, 臣で, 若い者, 茶の間で, 行事を, 表へ, 裏口を, 裏庭には, 裏手には, 角に, 言葉を, 話に, 諸臣, 資格を, 軒には, 軒を, 軒下には, 近くへ, 連中は, 運命を, 邸内へ, 郎女にも, 都合が, 金の, 金は, 鑑定を, 長老, 門には, 門まで, 門口には, 閨戸から, 阿母さん, 隅々を, 隅の, 隣りの, 隣家の, 離れを, 雨戸は, 雨戸を, 風呂を, 風呂場で, 飯を

4 [303件] あいだに, あたり, あたりで, あたりに, あたり見ず, あったこと, あとを, ありさ, あるもの, うしろには, うしろは, うしろを, お下屋敷, お婆さんが, お嬢さま, お母さんは, お父, お邸, ご家臣, そとで, それとは, ための, では今, ところまで, と同じ, ないもの, なかにも, ひとも, ほうが, ほとりに, まわりで, ようだ, 一人, 一人娘の, 一室で, 一室を, 一軒も, 上の, 上段の, 下まで, 下を, 下風に, 不幸を, 不思議な, 世に, 中にまで, 主人, 主人で, 主婦に, 久須麻呂が, 事情が, 事情は, 二階と, 二階には, 人, 人々にも, 人で, 人であった, 人よ, 人達には, 今の, 代表する, 令嬢で, 仲間に, 位置が, 位置は, 作品に, 使者と, 使者とは, 側の, 側を, 先祖と, 先祖に, 児に, 入口には, 八畳の, 典庫の, 内情を, 内輪の, 再興を, 列に, 前通り, 勝手口を, 南側の, 参右衛門の, 友人と, 双生児は, 口から, 古物語り, 名前が, 名前を, 名誉の, 名跡を, 向いに, 向うに, 向ひ, 周りを, 商売を, 問題として, 回りを, 土間へ, 地下室に, 垣根に, 場合に, 場合には, 塀に, 墓の, 墓は, 墓地の, 外構への, 多くが, 多くの, 夜会に, 大事な, 大多数, 大掃除, 天井に, 太刀を, 夫人として, 奥さんが, 奥座敷で, 奥座敷に, 女は, 姉さんに, 娘では, 婆さんは, 婦人が, 婿に, 子供には, 子供の, 子弟は, 宇合卿まで, 宝を, 宝物の, 客間には, 客間の, 家の, 家中が, 家中に, 家名を, 家来の, 家臣に, 小さな庭, 少し手前, 屋敷は, 屋根へ, 広い庭, 庇の, 床の, 床の間に, 庭, 庭でも, 庭にも, 庭先から, 建って, 建築の, 弟子と, 当主と, 当主の, 形が, 形の, 形も, 彼に, 心が, 心の, 恥だ, 恥辱に, 息女と, 息子だ, 息子は, 意に, 意識を, 意趣は, 態度が, 戸や, 戸口には, 戸口まで, 所有に, 手から, 手助けに, 手助けを, 批評と, 整理が, 方い, 方にも, 方へは, 方向へ, 時計が, 普請に, 普請を, 暮しの, 書斎で, 書斎の, 書生がと, 有様は, 柱に, 格式を, 棟が, 様な, 様に, 様子や, 武士達は, 殿の, 母屋の, 没落は, 浮沈に, 滅亡を, 灯も, 爲めの, 片隅に, 物や, 物置から, 猫の, 猫を, 玄関には, 理想の, 甘さ, 生活, 生活といふ, 用事を, 用人を, 目には, 眼から, 祖は, 神棚に, 神業, 窓からは, 立場を, 系図が, 系図に, 系図は, 系統で, 系統を, 紋が, 納屋の, 縁側の, 老主人, 老職, 者, 者じゃ, 者です, 者ども, 者にて, 者へ, 者らに, 者らは, 肩を, 臣が, 自動車が, 良人が, 芸と, 芸の, 茶の間の, 血統は, 行く末の, 表を, 表門へ, 裏手を, 裏木戸が, 見かけられた頃, 観念は, 話, 説を, 譜代の, 豪勢な, 貧しさ, 赤ん坊が, 跡は, 軒が, 軒にも, 軒下から, 近くには, 造りが, 運命は, 邸の, 邸は, 邸内を, 都合も, 重臣で, 長男であり, 長男として, 門で, 門や, 門内に, 門前には, 門地の, 間でも, 関係から, 附近に, 隣には, 電話室, 面倒を, 面目を, 頭が, 頭の, 食卓の, 食堂の, 飼犬が, 館に, 館の, 館は, 高さ, 鵞鳥が

3 [607件 抜粋] あいだでも, あたりの, あたりへ, あった所, あととりと, あとに, あなたには, あるじが, いやな, うしろへ, うちが, えんとつ, おかみは, おとつ, おばさんが, おやじが, お仕事, お内儀, お勝手, お客様に, お屋敷, お手伝い, お父さんが, お父様, お蝶さん, か, かげから, かげに, ぐるりの, ぐるりは, ことであり, ことなども, ことなどを, ことなり, ご主人, すぐ隣, そとへ, そばまで, それと, ためでも, ためを, ところで, ところに, ところを, どこにも, なかからは, なかでの, なかでも, なくな, ひとの, ほかには, ほかの, まえまで, まえを, まわりにも, ものたちは, やうだ, ようでした, よさ, 一人で, 一人であり, 一人息子に, 一切の, 一室, 一族は, 一粒種の, 一考を, 一部が, 丁稚が, 三男に, 上で, 上屋敷が, 上屋敷に, 下には, 下女が, 下女に, 下屋敷は, 世界に, 並んで, 中おも, 中だけ, 中だけで, 中でした, 中にのみ, 中へまで, 中までは, 中までも, 中一パイに, 中央の, 中屋敷に, 主人な, 主人も, 主人公に, 主婦です, 事の, 事や, 事情の, 二つの, 二階, 二階であった, 二階借り, 井戸の, 井戸も, 人々とも, 人たちには, 人だち, 人な, 人や, 人数が, 人数は, 人達も, 人間は, 仏壇の, 仕末, 代表者として, 令嬢の, 令嬢を, 仮面を, 伝来の, 位置を, 作に, 作品の, 使用した, 例の, 側にも, 側まで, 傍には, 元の, 兄さんと, 先祖を, 入り口に, 兵に, 内, 内での, 内なれ, 内にて, 内儀の, 内外は, 内森, 内状を, 内部が, 内部も, 出であった, 出現を, 列の, 別荘が, 利益の, 前であった, 前面に, 力で, 勝手を, 勝手口で, 勢が, 匂いが, 北側の, 南の, 南側は, 口舌の, 台所で, 台所を, 名, 名誉と, 商売の, 商売は, 問題である, 問題を, 団体が, 土間で, 土間の, 地下室へ, 地位を, 執事の, 墓へ, 墓地に, 墓地は, 壁にも, 売り立て, 売れないこと, 外側の, 外側を, 夢は, 大きさ, 大事と, 大事に, 大身上, 夫婦さし向, 奉公人に, 奥さんの, 奥を, 奥座敷から, 女, 女です, 女と, 女中も, 女房が, 女房の, 女房は, 如きも, 如し, 妻に, 姉さんが, 始末に, 姓は, 姫を, 娘であろう, 娘です, 娘でも, 娘として, 娘分で, 娘御, 嫁と, 嬢子が, 嬢子は, 子供である, 子供に, 子供達も, 存在が, 存在は, 安雄さんは, 宗旨は, 定紋が, 定紋も, 宝物が, 宝物に, 宝物を, 客間は, 客間を, 家中で, 家中には, 家主を, 家人で, 家人である, 家司に, 家名に, 家士の, 家庭の, 家憲を, 家族に, 家来と, 家督は, 家臣として, 小さい庭, 小作人の, 小僧が, 少女の, 居候に, 屋上に, 屋敷に, 屋敷へ, 屋根瓦は, 屋根裏の, 幸福を, 床下から, 店の, 店先に, 廂に, 廊下を, 弟と, 当主, 当主が, 後の, 後ろには, 後ろの, 後嗣に, 後室の, 御嬢さん, 御安泰, 御恩, 御紋, 御門の, 心に, 心理を, 応接間で, 忠実な, 怪事件, 恥に, 恥辱にも, 悪口を, 惨状を, 意識の, 態度と, 態度は, 態度も, 戸口が, 所へ, 所領であった, 扉へ, 手によ, 手腕を, 持って, 援助を, 支配を, 数を, 文章の, 方々が, 方々の, 方まで, 旧臣だ, 旧臣の, 春の, 暮しが, 暮しを, 書いた, 書生と, 書生の, 最初の, 有樣, 末の, 本当の, 机の, 東の, 株を, 格子に, 案内は, 業績を, 構造から, 様子と, 権勢で, 横で, 檐も, 次男に, 正面に, 正面の, 武士が, 武士の, 母様の, 母親が, 水口へ, 洋館の, 洗ひか, 消息を, 演説の, 火の, 灯を, 炉の, 為だ, 為には, 為を, 焼けない前, 焼跡の, 煙突の, 燈が, 爲を, 父が, 爺つ, 物である, 物と, 物淋しさ, 状態が, 狭さ, 狹い, 猫に, 玄関から, 玄関は, 玄関まで, 玄関先へ, 現在の, 理想を, 生命と, 生垣は, 生活から, 生活と, 生活も, 用人の, 用達を, 田地を, 由緒を, 畑に, 番を, 番号を, 番地を, 番頭の, 癖で, 白壁の, 目から, 目に, 目印に, 相続は, 相続人として, 相續, 真上に, 眼で, 眼にも, 眼は, 眼を, 研究に, 神経に, 秘蔵の, 空気が, 空気の, 窓, 立って, 第一嬢子, 精神が, 精神は, 系図の, 紋, 納戸の, 素質が, 細君と, 経済が, 総領で, 縁側には, 罪に, 群れの, 老夫婦, 老婆が, 者たちを, 者だけ, 者ばかり, 者らの, 者一人, 者共が, 者同様に, 耳に, 背後は, 背後へ, 背戸に, 背戸の, 腕に, 臣であった, 臣である, 臣に, 芸だ, 芸を, 若い主人, 若主人, 若奥様, 苦心は, 茶会に, 莫大な, 菊池半, 菩提寺, 蔭に, 蔵書も, 裏庭から, 裏木戸の, 裏門に, 裏門へ, 裡に, 見えるところ, 親の, 親類の, 言葉で, 言葉に, 許に, 説明を, 財宝を, 財政が, 財産に, 財産も, 資質として, 跡が, 身に, 軒下で, 軒先を, 軒端の, 軒端を, 近くだった, 近所から, 近所では, 造作の, 運命の, 道具は, 道具も, 道場を, 遠縁に, 遺族から, 還丹, 邸に, 邸宅ありし, 部屋に, 重役が, 重臣の, 長女の, 長谷川は, 門にも, 門前を, 門口の, 阿父さん, 附近にも, 附近を, 陰から, 階下の, 隠居, 隣は, 隣りは, 集に, 離れに, 雨戸の, 雰囲気が, 電話を, 静かな, 面目として, 領土を, 頭に, 頭を, 食卓で, 騒ぎは, 高い窓

2 [1826件 抜粋] あいだの, あたり秋雨の, あとも, ありました頃, あるじ鈴川源十郎, ある横丁, いつもの, うわさが, おかみや, おっ母, おみ, お主婦, お前さんに, お婆さんの, お心, お父さんの, お金を, かげで, ことだけを, ことだの, こわれる響, ご定紋, さ, さまを, すべてが, その後の, それの, ためまた, だよ, つづきの, となりに, どこに, ないという, ない私, ながれを, ばたばたに, ひとたちの, ふところに, ほうを, ほとり庭などの, まんなかに, ものからも, ものだけに, ものです, ものに対する, やうにも, よい名, ようであった, クヮルテットの, シニカルな, マダムの, 一つを, 一人だつた, 一件は, 一室である, 一族で, 一番奥の, 一話に, 一隅に, 三人は, 上から, 上空で, 下で, 下女の, 不幸な, 世帯を, 中いっぱいに, 中でばかり, 中へも, 中央な, 中心が, 丹之, 主も, 主人であった, 主人では, 主人よりも, 主婦と, 主婦を, 主観的な, 予期する, 事のみ, 事情に, 二女で, 二階だつた, 亡びたるは, 人々から, 人々や, 人なら, 人質を, 人間だ, 今年の, 仏事を, 仏壇を, 仕事な, 付近では, 令嬢に対して, 仲間を, 任務に, 伊達を, 住人の, 体面を, 作は, 作品が, 使う言葉, 使者は, 侍だ, 価格に, 修繕費用も, 倉庫を, 側面を, 僕を, 兄弟には, 先に, 先生は, 先祖で, 光景と, 入口は, 入札で, 八の, 六畳の, 内へと, 内何となく, 内容, 内薄暗き, 冷飯を, 処分を, 処女又は, 出入りには, 出発点とは, 分譲地の, 初代の, 別邸へ, 利益に, 制度は, 前と, 前後に, 前面には, 創作行動は, 勝手の, 勝手口の, 勢力地方は, 危急存亡の, 参加を, 友人に, 収入として, 古びた黒い, 召使の, 台所借つ, 各派の, 名である, 向うの, 呉児に, 周囲も, 味方では, 品物を, 問題では, 嗣子である, 噂は, 四方へ, 囲り, 図は, 園遊会で, 土地自慢の, 土手下の, 在る事, 地所も, 垣を, 執事と, 場合でも, 塀で, 墓を, 墓所が, 壁板に, 声であった, 夕, 外塀を, 多いこと, 多くも, 夜会へ, 夢想し得る, 大いに揺れる, 大切な, 大屋さんの, 大祖, 夫人と, 奉公人が, 奥さまに, 奥向きの, 奥田孫太夫が, 奧深い, 女中だ, 女中や, 女房に, 奴は, 奴らだろう, 好意で, 妻, 姻戚に, 娘たちが, 娘とは, 娘などは, 婆さんの, 婿養子と, 嫁です, 嫡子たる, 孃子は, 子供等は, 子孫が, 子息たちも, 守護神の, 定窯, 宝の, 宝物と, 客を, 室に, 家で, 家人として, 家司を, 家政を, 家族な, 家族や, 家来も, 家臣, 家臣も, 家運が, 家風を, 宿命だ, 富と, 対象は, 将来の, 小さな坊や, 小栗桂三郎が, 小者の, 小部屋, 居囲り, 居間に, 屋敷を, 屋根でも, 屋根より, 屋根裏に, 崩壊, 帷幕に, 幸福, 広い客間, 広告を, 店に, 店座敷に, 座敷で, 庭さきに, 庭であった, 庭先へ, 建つて, 建物は, 廻りが, 弘の, 当主である, 彼が, 後ろ横にも, 後見を, 御家中, 御家督, 御直系, 徳が, 心持を, 急は, 怪事, 恥と, 息が, 情熱が, 惣領に, 愛妾が, 懐を, 戸に, 戸口は, 所在を, 所領は, 手へ, 手入れを, 打ち出した廂, 抱えでない, 持主である, 持家の, 掌中に, 散在した, 数も, 文章という, 料理人である, 方々には, 方です, 方のす, 方角へ, 旦那という, 旧臣な, 時には, 晩餐へ, 景色が, 暮しは, 書に, 書生であった, 最上の, 有名な, 木として, 末娘の, 本道で, 杉村が, 東隣り, 板戸に, 根本は, 梅の, 棟も, 業は, 構造と, 様子に, 横手から, 機嫌を, 權勢で, 欲しくなり, 正面が, 武器は, 武士に, 歴史であり, 残党は, 母に, 氏神當麻彦の, 気分が, 水壺を, 汚名は, 没落などを, 活動は, 浴室の, 渋湯に, 滅亡と, 火鉢の, 為す所, 焼けた年, 焼跡へも, 父と, 物に, 物置で, 特色として, 犬は, 状態は, 玄関口にまで, 玄關へ, 瑕瑾とも, 生れである, 生活とは, 生涯に, 用などを, 用人は, 田の, 畑である, 畜と, 番頭さんが, 病人を, 目を, 相続を, 相続人に, 相續息子地廻り, 看板には, 真向ひ, 眼中に, 石塀の, 硝子戸の, 社会的優遇と, 祖母さんの, 神を, 神経を, 私徳を, 秘密も, 秘法に, 空に, 空氣は, 窓も, 窓際に, 立場からは, 第一位, 簷が, 米を, 糸車の, 紋など, 納屋から, 納屋を, 細君に, 経済状態を, 総領の, 縁先に, 罹災の, 美術室に, 羽目に, 習慣を, 老女が, 老婦人, 者からは, 者だった, 者として, 者どもは, 者二三人だけは, 者残らず, 背後から, 脳裏に, 臣だった, 自由に関する, 興亡の, 舟の, 芸たる, 若い女房, 若君は, 苦心の, 茶の間へ, 茶話に, 菩提寺を, 落武者は, 蔵には, 藩士で, 血に, 血筋を, 表と, 表情は, 表裏二つの, 被官として, 裏側に, 裏庭で, 裏手は, 裏門は, 西側の, 見解は, 親戚が, 親父が, 親類, 角などに, 言なり, 言葉だ, 記念として, 記録には, 評を, 話も, 説が, 誰が, 諜者じゃ, 豆畑でした, 負担を, 財政は, 貧富の, 費用は, 資格が, 賑やかな, 趣味, 跡取りと, 身上の, 車で, 軍門に, 軒端まで, 辺より, 近所ぐらゐまで行く, 通い婆の, 通用門の, 逸事さては, 運を, 運命と, 道具の, 遣方, 邸内は, 部類に, 重なる仕事, 重宝と, 金に, 鈴木鼓村氏は, 鑒定を, 長男だ, 長男は, 門さえ, 門前から, 門構えは, 間にまで, 間數は, 阿父, 隅々にまで, 階段に, 障子に, 隣, 雄のみ, 集団は, 離家に, 雨戸が, 青年が, 頃から, 領地を, 頭脳が, 顰に, 風だ, 風貌を, 食堂には, 食客を, 養女として, 首に, 首根つこ, 駕籠に, 魂の, 鶏小舎の

1 [13592件 抜粋] あいだも, あった場所, あの明るい, あるじな, ある峠, ある邸町, いちばんえらい, いわゆる鎖国意見, うち長男武智麻呂の, おくに, おもやを, お作, お奈良さま, お嬢様同道で, お役に立った, お母さんが, お祝いだ, お金で, かたで, きびしい関所, こうした光景, ことでござる, こと一寸, この交渉, こんな場所, ごどは, さびしくなった, しるしで, すこし手前, その一軒, たたずまいを, ためや, だれが, つぶれること, ともしびにえにしのなかったとは, どの分家, ない身, ならびたれば, はしから, は後れてる, ひとびとにもよく, ほうであった, まさにとるべき, まわり縁を, もう少し川上, ものとの, もの勘定しよう, やぶる, よく知っ, アカシアの, エヂソンも, ガブリエル・アノトーが, コウノトリのく, シャーロックも, ソーフィヤと, トタンや, ハナタレ坊主を, ブリキ屋根は, ポーチの, リセリウも, 一つでは, 一人一人に, 一件豫じ, 一女子を, 一戸二戸寒し, 一番すみの, 一粲を, 一軒置い, 一面は, 三兒, 三番娘を, 上司小剣氏は, 下働きの, 下屋敷に, 不信義, 不注意と, 世帯は, 両親に, 中ででも, 中よりか, 中小姓清水一学と, 中祖細川藤孝, 主へ, 主人らや, 主人善五郎樣は, 主人鮫島大学で, 主従も, 乱脈と, 事ども, 事情などは, 二令孃それに, 二番目の, 五井が, 亜鉛屋根を, 人々すら, 人たちとは, 人に対しては, 人数も, 人達へ, 仏壇が, 付けられる名前, 令夫人である, 仲間には, 会計の, 伝記を通して, 住人が, 何たる輝かし, 余技の, 作物は, 使用を, 侍などが, 供養換言すれ, 信念に, 倉橋さんね, 値段は, 偵察を, 傳へる, 元祖として, 充実し, 先祖代々が, 児供と, 全体が, 八郎右衛門は, 六人衆などでも, 具合庭の, 内までも, 内幕が, 内紛は, 内騷, 冷静さを, 出であります, 出城と, 分子を, 別家の, 制作を, 前までや, 剔抉であった, 力を, 動物共の, 勢威が, 区切りかたや, 千坂か, 協力者である, 厄日たい, 参考と, 収入などとは, 叡智を, 古い壁, 古参である, 召使い子供全部及び, 台所などで, 同じくら, 名では, 名前人は, 名誉とを以て, 君に, 味の, 哲学や, 喜びにござります, 四五丁先に, 団体へ, 園丁は, 土間を, 地位の, 坊ちゃんは, 埋骨式に, 執事とかいう, 場合にも, 塵埃の, 墳墓彫刻, 売主を, 外でも, 外聞にも, 多くなった, 大きくて, 大事ぞ, 大和障子を, 大敵で, 大納戸, 天下では, 太郎なら, 夫妻の, 奉公人で, 奥まった一棟, 奥方様附の, 奧座敷に, 女中ため, 女婿が, 女房三度まで, 奴隷で, 如き熱心, 妹君を, 姉と, 委員会を, 威光に, 娘ぢや, 娘二人これが, 婆奴等構あななんて, 婿になどとは, 嫡子信忠へ, 子ども槍薙刀を, 子女として, 子息では, 存続であり, 宅へ, 安榮を, 定紋, 宝庫を, 実母である, 客分だ, 宮居も, 家中から, 家人だ, 家士たちは, 家庭医師を, 家族たちが, 家来では, 家紋が, 家臣たちは, 家計は, 家風に, 寄合でも, 富栄である, 寶物とやらを, 将来が, 小さい費用, 小園には, 小県, 少なからざる, 居間で, 屋根からは, 屋根裏から, 山城へ, 岩瀬夫人は, 川魚料理を, 巨摩さへ, 帳面を, 平和な, 幸運は, 庇護を, 座席に, 庭全, 廂からは, 建ものとして, 建込んだ, 引き窓を, 強敵は, 当主駒守であった, 役, 往來からは, 後嗣として, 後致し, 御令孃, 御実子, 御新築, 御用もはや, 御買物方, 心, 心尽しだった, 忌わしい血統, 怒りが, 怨みでございます, 恨みを, 息子だけに, 悩みな, 悲哀でも, 想意に, 意見という, 愛撫が, 態度からも, 成員であり, 戸ざかひ, 戸袋へ, 所有を, 所領に, 手伝いばかり, 手足に, 技師も, 抱小みつといへる, 持ちもの, 持家であった, 掃除と, 描いた文豪, 擇んだ, 改易を, 故を以て, 散所随身, 敷地まで, 斉の, 新しい参陣者, 新領地, 方向に, 旗も, 日本画評は, 旧宅に, 昌作叔父さんと, 昼間の, 智者は, 暮し向きを, 書体と, 書生とが, 最上座, 有様と, 木戸は, 末娘を, 本城に, 本質とが, 村田蔵六, 東隣には, 林と, 柱を, 根太も, 格式の, 棚の, 森太兵衛などにも, 業に対する, 榮は, 構造近所との, 権利擁護, 横面全面を, 欠くべからざる家族, 歌の, 正当なる, 武功を, 武略には, 歴史的使命でさえ, 殺人, 母を, 氏神として, 気質を, 水軍の, 沈黙の, 治療室に, 注文の, 活動形態や, 浪人であった, 浮沈とか, 混乱は, 湯ぶねに, 演奏が, 激動一郎が, 灯火を, 為ること, 無料で, 焼跡, 燃火の, 父さんは, 片づけも, 物々しい樣子, 物見の, 特色だ, 狗に, 獅子身中の, 王四だ, 理想にも, 甚だ賤, 生活や, 生物が, 用人だ, 用水桶の, 田畠の, 男女の, 留守居に, 番頭という, 病気を, 発起で, 百枝が, 目付役か, 直臣格, 相続者として, 真中の, 眼にと, 知るべの, 石川数正殿とで, 破滅は, 社会的動向に, 祖先として, 祝の, 神経は, 禿頭を, 秘密に, 稜威を, 空地も, 空論である, 窓際の, 立場という, 端近くに, 第五世池田鑑三郎さん, 管領地の, 米一粒食った, 糠を, 紀行ほど, 紋章は, 細君でございます, 経済について, 絵だ, 総勘定, 縁故とか, 罪では, 羨ましく, 習慣や, 老学者, 考で, 者といふ, 者らと, 者泣かせ, 職方長屋の, 背戸がへ, 腐つた空気, 臣だ, 臣溝口伊予が, 自然に対する, 興亡を, 良人は, 花袋である, 苗字を, 若党儀作たった, 若殿万太郎が, 茅屋根から, 荒廃した, 菩提寺相模堤村の, 葛岡も, 蔵に, 薯畑へ, 藩地は, 虚堂墨蹟は, 血筋故, 行動じゃ, 表座敷から, 衰へて, 裏にも, 裏戸を, 裡には, 要撃を, 見事な, 覚醒の, 親父さんを, 観念, 言い伝えの, 言語たる線や, 許可なくし, 詩人に, 誇りと, 説得が, 請求する, 警備に, 負担だった, 貧しい少女, 貪欲を, 資格審査は, 質素を, 越後獅子であっ, 跡取りじゃ, 躄儒に, 軍人の, 軒別を, 輪廓であった, 近いもの, 近状を, 追究心と, 造作から, 運座には, 道具らしき, 遥な, 邊に, 都合なりと, 重なる者, 重臣として, 金庫だ, 鉄門の, 鑑定は, 長子に, 長者前副, 門先を, 門松は, 間は, 関心事すなわち, 附近らしい, 陰気さ, 階級で, 隠密組であろう, 隣家と, 集団が, 雛人形は, 雰囲気では, 露地である, 面倒は, 頑固ぢぢいを, 領地内の, 頼朝弁護は, 風で, 食べものなど, 食物衣服生計の, 養嗣子も, 餓鬼奴等が, 馬印を, 骨に, 高見順という, 鵞鳥どもが, 黄昏に

▼ 家~ (16113, 12.4%)

337 帰って 181 いて 180 住んで 111 帰ると 101 帰った 99 来て 91 して 80 なって 60 いるの 55 遊びに 54 居て, 置いて 52 戻って, 生れて 48 帰る, 行って 46 残って 45 ゐて, 奉公し 43 厄介に 40 いると 38 居るの, 泊って, 連れて 37 身を 36 いる時 33 於て 32 いること, 歸る, 残して 31 入って, 宿す, 帰りました 30 いた, 仕えて 29 いても, 同居し, 帰ってから 28 火を 27 持って, 泊めて 25 寄寓し, 居ると 24 帰つた 23 なるの, 居ても, 着いた 22 しても, 居る時, 帰りて, 隠れて 21 出入し, 出入りし, 對し, 歸つた 20 いるとき, いるん, 出入する, 帰ること, 帰れば, 歸り, 着くと 19 じっとし, なろうと, 引取られ 18 いたの, とつて, なつた, ゐるの, 入れて, 着いて 17 もどって, 妻子を 16 ありて, なると, ゐると, 下宿し, 休す, 何か, 向って, 寄食し, 来てから, 泊った 15 あって, 伝わって, 帰っても, 非ず, 預けられて

14 [13件] あるもの, あれば, いた頃, 仕へて, 住むこと, 寄って, 寝て, 居れば, 帰ったの, 帰るの, 生まれて, 訪ねて, 養子に

13 [13件] あっても, いては, やって来た, 來て, 入つて, 取って, 對する, 引き取られて, 戻つて, 戻ると, 至る, 行った, 逗留し

12 [18件] あつて, いなかった, いる, いるよう, いれば, しては, つれて, なった, なること, よると, ゐても, 入った, 入ると, 出入りした, 持つて, 近づいて, 集まって, 預けて

11 [16件] いた時, いました, なったの, なる, 一泊し, 世話に, 出入りする, 取っては, 姿を, 寄宿し, 居た, 居たの, 着いたの, 移った, 閉じこもって, 養われて

10 [20件] あるの, いたとき, いる間, かえった, とどまって, よくある, ゐた, 使われて, 入つた, 入る, 同居する, 就いて, 引越して, 於ては, 暮して, 来た, 滞在し, 生れたの, 着いた時, 行くと

9 [23件] あった, あったの, あつた, あると, かえると, なつて, なるつもり, はいった, ゐる時, 一人の, 入りて, 居たこと, 居る, 帰ろうと, 来たの, 歿した, 移って, 籠って, 行く, 足を, 這入って, 雇われて, 頼んで

8 [26件] あっては, いる時分, きて, ついた, 働いて, 入りました, 出かけて, 出入した, 勤めて, 奉公に, 奉公を, 居りました, 居る者, 帰ったが, 帰る時, 引込んで, 往って, 待って, 母と, 生れたこと, 眼を, 縁故の, 置くの, 行て, 電話を, 飼って

7 [38件] あり, いたころ, いって, いないの, いるか, おります, かえって, 伝は, 來た, 在つて, 坐って, 居た時, 属して, 帰ってからも, 引きこもって, 戻った, 暮らして, 来ると, 殘し, 泊まって, 生まれた人, 生まれながら, 生れた, 生れたが, 生れたので, 生れたもの, 生れながら, 留めて, 病人が, 着きました, 置くこと, 育って, 行くこと, 起居し, 越して, 近づくにつれて, 還って, 隠して

6 [68件] あずけて, ある, いたって, いたり, いた女中, いないと, いなければ, います, いるが, かくれて, すぎないの, するの, なったり, なりたいと, なるにも, なるより, まかせて, もどった, やつて, ゐること, ゐるやう, 仕へ, 住むよう, 入り込んで, 入る前, 取つて, 向かって, 奉公した, 奉公する, 妖あり, 嫁に, 宿を, 寝泊りし, 居ては, 居ながら, 居る事, 帰つて来た, 帰りつくと, 往った, 押しかけて, 於いては, 於ても, 昔から, 来た時, 来るよう, 歸れ, 比して, 泊りに, 火事が, 留守を, 至ると, 落ちついて, 落ち着いて, 落着い, 著いた, 行きました, 行くの, 行つた, 赴いて, 起臥し, 迎へ, 送って, 通って, 閉じ籠って, 非ざる, 非ずして, 顔を, 飛び込んで

5 [84件] いたか, いたこと, いた間, いながら, いるという, いるよりも, いる日, おって, おはいり, こもって, たどりついた, ちがいない, ぢつ, なりました, なるとか, なるには, のこして, はいろうと, ぶらぶらし, もらわれて, ゐたこと, ゐたの, ゐるとき, ゐる事, ゐれば, ゴロゴロし, 一人で, 不似合, 不幸が, 二人の, 仕えた, 住むと, 住む人, 何かの, 何の, 使って, 入るや, 出入りの, 古くから, 在りて, 嫁し, 子供が, 宿, 寄寓する, 寓し, 寝起きし, 就て, 帰つ, 帰りついて, 帰るまで, 帰る途中, 引き取って, 引取られる, 引取り, 忍び込んで, 手伝いに, 投宿す, 暮すよう, 来りて, 棲んで, 止って, 止まって, 泊ること, 泊るの, 潜んで, 潜伏し, 生れたからには, 生れた者, 留守番を, 立ち寄って, 聞いて, 行けば, 行ったり, 送られたこと, 逃げて, 這入った, 這入つた, 運ばれて, 還りて, 防ぐ筈, 限って, 集って, 飛んで, 飼われて

4 [132件] あらず, あらずして, ある時, いたが, いたくない, いた時分, いない, いらつし, いるので, いるもの, いるよ, いるより, いる方, おいで, おさまって, おちついて, お世話に, お生れ, ごろごろし, してからが, しようと, たずねて, たった一人, たづね, ついて, つきて, つたへ, とじこめられて, ならんと, なります, ひっこんで, やってきて, ゐないの, ゐなかつた, ブラブラし, 一匹の, 一夜を, 一泊した, 仕へた, 代替が, 休ませて, 伝えられて, 似て, 住まって, 住みこんで, 住むの, 何年奉公し, 來る, 保存され, 入ったとき, 入ったの, 入つて來, 入ること, 入るを, 出入りを, 出掛けて, 到着した, 同居した, 呼んで, 在って, 女が, 嫁いで, 客が, 客と, 寄食する, 尋ねて, 居た人, 居ること, 居るは, 居るもの, 居るん, 居る人, 居る間, 居据, 帰った時, 帰つてから, 帰つて来る, 帰つて行く, 帰らずに, 帰らなかった, 帰りその, 帰りたり, 帰りつ, 帰りついた, 帰るとき, 帰るに, 引取った, 引取られた, 待つて, 所属する, 手を, 招いて, 来るの, 残った, 泊つた, 泊りこんで, 濡れた着物, 火が, 特有な, 生まれたもの, 生れたから, 生れたという, 生れた人, 用が, 用の, 皈り, 相違ない, 私が, 移ったの, 立寄って, 立寄つて, 置くと, 置けば, 落着いた, 行ったの, 覲ね, 言わせると, 誰も, 辛抱し, 迎えて, 近しい者, 近づくに従って, 這入つて, 這入り込んで, 這入ると, 遊んで, 避難し, 避難した, 還つて, 金あり, 関係の, 預けられた

3 [285件] あずかって, あそびに, あったが, あったん, あつまって, あらず彼, あらば, ありては, あります, あるが, あるだけの, あるという, いつて, いつまでも, いないこと, いるから, いるそう, いるに, いるわけ, いる事, いる人, いる白雪姫, いる者, いれて, いろと, うつる, おいでに, おりますが, お嫁, かえってから, かえっても, かえりました, かくして, かくまわれて, かけつけました, きたの, きまって, ごろ, されて, した, しの, じっとしてる, それが, た, たどりつくと, ついた時, つきての, つくと, とじこもって, なければ, ならなければ, なりたい, なるか, なろうという, はいりました, ぼんやりし, むかって, やかましき沙汰, やって, やってきた, よばれて, ゐたと, ゐたとき, ゐた頃, ゐないと, ゐるか, ゐるから, ゐる気, ジッとして, 一つの, 一と, 一人残し, 一夜の, 一緒に, 不幸の, 不思議な, 世帯を, 人と, 仇を, 今は, 仕えたこと, 仕えてから, 付属する, 休んで, 伝って, 伝る, 伴って, 住って, 住みたいと, 住みついて, 住み自分, 住み込んで, 住む, 住む者, 住んだ, 何を, 使はれ, 保存し, 傳は, 入った時, 入りぬ, 入るより, 入る事, 入れないと, 入れなかった, 入れば, 入れること, 共通な, 出づ, 出て, 出会つたら, 出入の, 出入を, 出向いて, 別の, 別れを, 劣るもの, 勧誘に, 化けて, 化して, 匿まわれ, 十年も, 取っても, 召し抱, 向つて, 在ては, 在り, 在るとき, 坐つて, 坐り込んで, 声を, 変つてゐた, 大切な, 奴隷にな, 嫁入, 子供の, 寄り込んで, 寄ると, 寄留し, 寝泊まりし, 寝泊りを, 導いて, 就いての, 就いても, 居た処, 居た者, 居つて, 居ないこと, 居ない方, 居なかった, 居なかつた, 居なかつたの, 居ましたよ, 居る気, 居る筈, 居候を, 居残って, 属するもの, 帰える, 帰されて, 帰ったところ, 帰った後, 帰つてゐた, 帰らなければ, 帰らば, 帰り, 帰りたかったの, 帰りついた時, 帰り着いた, 帰るには, 帰るや, 帰るん, 帰る事, 幽霊の, 弓を, 引きとられて, 引き入れて, 引き留めて, 引き籠, 引き籠って, 引き返して, 引取って, 引籠っ, 引越した, 引返して, 彼女は, 往きぬ, 往くこと, 御厄介, 必要な, 忍んで, 急に, 怨みが, 成ろうと, 戻っても, 戻りましたが, 戻る, 抱えられて, 招かれて, 持ち帰って, 放火した, 書生を, 来たこと, 来たり, 来ては, 来るまでに, 植えて, 楯を, 次る, 止宿し, 歸つ, 歸つたら, 歸つてから, 歸つてからも, 歸つて見る, 残ること, 比べると, 泊ったが, 泊ったの, 泊まった, 泊り込むこと, 泊り込んで, 泥棒が, 滞在した, 火の, 独りで, 猫は, 生まれたの, 男の, 留まって, 疵が, 皈る, 監禁せられ, 着いたとき, 着く, 私の, 移つた, 稽古に, 立ち寄った, 立寄った, 立寄つた, 縁の, 育つて, 自分の, 至りたもう, 至りて, 草鞋を, 落着く, 蔵し, 行た, 行ったこと, 行っても, 行つて見る, 託した, 訪ねた, 訪れて, 財なく, 財産が, 走り込んで, 転が, 迎へる, 近づいた, 近づくと, 近づくに, 送った, 通有な, 運んで, 過ぎない, 過ぎないの, 金の, 閉じ籠, 間借りを, 関係が, 阿母さん, 附属し, 随身し, 隠されて, 集まること, 非る, 飛び込みました, 飛込んで, 養はれ, 養女に, 馬を, 駈けつけて

2 [876件 抜粋] あが, あったと, あったもの, あつて酒亂, あてて, あらざりき, あらず儘, あらず又, ありったけの, ありますから, あること, あるとき, あるよう, ある一枚, ある地中, ある物, いすわって, いたので, いたもの, いたよ, いたるまで, いたれば, いた人, いた女, いた方, いた王主人, いつまで, いてさえ, いないで, いないので, いないよう, いなかったの, いなくなって, いましょう, いも, いようと, いらして, いらっしゃるん, いられると, いられるもん, いるお, いるかね, いるだろうか, いるつもり, いるのよ, いるほう, いる夫人, いる女, いる姉, いる葵夫人, いろいろな, いわせると, おったころ, おは, おりますよ, おるか, おれば, お前と, お婆さんが, お婆さんひとりしか, お帰り, お蝶, かえってくる, かえる事, かけて, くすぶって, くらして, くらべれば, このこと, こもらむ, これだけの, ございます, したて, すぎない, すれば, その趣旨, それは, たとへた, たのんで, たよって, ついたの, つくの, つめかけて, とう, とどまった, とりては, なったよう, なったら私, なっては, なにが, ならないで, ならねば, なり畢, なるため, なるのに, なるべき特科, なるもの, なる事, なれそう, なれたかも, なれば, なれるの, なれる筈, なんの, のこって, ひきこもって, ひき移って, ひとりで, まい, まさるとも, みんなは, むかつて, もどろうと, やどりぬ, ゆく, よく似, ゐたが, ゐた事, ゐた間, ゐては, ゐながら, ゐるが, ゐる以上, ゐる筈, レコードを, 一刻も, 一枚の, 三十年も, 三年も, 上りこんだ, 下宿する, 不吉な, 与ふ, 乘込んで, 乱入する, 二人は, 二十年以上も, 云わせると, 人が, 人を, 人間が, 什襲珍蔵され, 今でも, 仕えたが, 仕えること, 仕官の, 仕立てて, 付きまとって, 代々伝わる, 任せて, 会した, 伝へて, 伝わった, 伝わる名刀, 伝わる系図, 伝来する, 伴ひ, 住つてゐる, 住まねば, 住みそして, 住み同じ, 住むたのし, 住むやう, 住む事, 住む気, 住んだの, 住んでも, 何事か, 何人が, 依て, 侵入した, 働きに, 働く者, 充分の, 入ってから, 入つて行, 入て, 入りや, 入るすゞめ, 入る所, 入る時, 入れられて, 入ろうと, 内意を, 冬まで, 出た水, 出来て, 到りて, 到着し, 十六七の, 半年も, 協議を, 参りました, 取りて, 吉慶あれ, 名代の, 向いました, 向った, 向て, 君と, 味方する, 啄木鳥飼ふと, 因るもの, 在しに, 在し時, 在て, 在るかの, 在る時, 在れど, 地震が, 執達吏が, 変つた, 変な, 夜ふけて, 大した定, 奇妙な, 奉公せる, 女の, 女中奉公を, 娘は, 婚礼が, 嫁た, 嫁を, 嫁入りし, 子が, 存し, 室借りを, 家庭教師として, 宿った, 宿る, 寄, 寄合って, 寄宿する, 寄寓した, 寝かして, 寝ること, 寝るの, 寝起きを, 寢て, 小休す, 小児が, 就いては, 居たころ, 居たといふ, 居た事, 居だ, 居ないから, 居ないし, 居ないと, 居ながらも, 居なさるかい, 居ります, 居るか, 居るとき, 居るよう, 居る子供, 居る限り, 居る頃, 居住し, 居候ものなら, 届けた日, 屋敷奉公を, 帰ったお, 帰ったとき, 帰った私, 帰ってからの, 帰っては, 帰つて寝, 帰つて行つた, 帰て, 帰らないが, 帰らぬを, 帰りかけて, 帰りしが, 帰りしは, 帰りそれ, 帰りたかった, 帰りたくな, 帰りぬ, 帰ります, 帰り大いに, 帰り妻, 帰り着くや, 帰るべくも, 帰る前, 帰る時分, 帰る途すがら, 帰れと, 常に見, 干して, 引き取つて, 引き返した, 引っこん, 引っ越して, 引取る, 引籠って, 引返すと, 弟子達の, 往ったら, 往来する, 忍び入って, 忍び込むその, 忘れて, 急いだ, 悪いこと, 想像以上の, 成長し, 戻ったの, 戻り肌着, 戻れば, 抱えて, 招かれました, 招待され, 持ち運んで, 挟まれて, 搾取される, 救われて, 敬意を, 旅宿せし, 明かすこと, 暇を, 書付を, 有勝, 村役場の, 来りしより, 来る, 来るん, 来る時, 来れば, 東京の, 案内し, 機を, 欺かれたる, 止まつて, 此の, 歸つたのは, 歸つて行つた, 歸らず, 歸りました, 歿し, 残つてゐた, 残つてゐる, 殘つた家族たち殊に, 殺しが, 気がねが, 気を, 求めたところ, 沢山の, 泊った事, 泊った時, 泊つてゐた, 泊りその, 泊りましたが, 泊り合, 泊れる, 深い関係, 湯殿は, 満足し, 滞在中の, 災難が, 焚きもの, 無視せらる, 物張の, 猫の, 現われてから, 生まれた, 生まれた子供, 生まれなかったこと, 生まれました, 生まれましたから, 生れその, 生れた人間, 生れた女, 生れた子供, 生れても, 生れ若い, 由って, 留まり著者, 留まる, 留守居し, 異常が, 病を, 病んで, 白痴の, 監禁され, 相当の, 相応わしいものに, 眠って, 着いたでしっかり, 着いた日, 着いてから, 祖先より, 祭って, 私たちの, 私ひとりきりであった, 秘蔵し, 移した, 移ったとき, 移ってから, 移つてからは, 移る積り, 積んで, 立ち寄つた, 籍を, 米を, 罪が, 置いた, 置かれて, 置くか, 置て, 美しい娘, 育ったお, 育つた者, 腰を, 臥か, 至っては, 至るまで, 茶代を, 落ちるもの, 落着か, 藏つてある, 行きたいと, 行きつくと, 行きては, 行くん, 行く事, 行こう, 行った時, 行つ, 見とれて, 見ゆるも, 親類の, 訪うた, 訪問し, 診せたわけ, 話しかけた, 誰が, 譲り末木, 讃美され, 貢獻する, 資力も, 賊が, 赤ん坊が, 起ったこの, 起伏し, 足が, 踏み込んで, 転地させ, 辿りついた, 辿り着いた, 迎えること, 近い, 近い堀端, 近しと, 近づいた時, 近づけば, 退却する, 送り行かん, 逃げ帰ると, 逗留の, 這入る, 通じたる貸家, 通ふ, 連れ戻された, 連れ込んだ, 遊女と, 運んだの, 過す積り, 違いない, 適して, 遮られて, 還さなければ, 還り直ちに, 酒が, 酒を, 金を, 錠を, 長く居る, 長女として, 閑居し, 附いて, 限っては, 限られて, 陣取って, 隠まって, 集まった人々, 集まる四五人, 雇はれ, 電話は, 非常な, 預かって, 預けられてから, 顏を, 食客に, 飼つてある, 養はれた, 馴れて, 駆けて, 鼓を, 鼠が

1 [7177件 抜粋] ああいう, あずけられぬほどの, あった桐, あつて月, あやまりに, あらゆる塀, ありし由, あり孝助, あるそこ, ある一日, ある女, ある気, ある雑誌, いくらか手引き, いたかて, いたでなければ, いたら私たち, いた人たち, いた所, いっしょについて, いてられなん, いない時, いなくとも, いましたので, いやお寺, いらっしゃる, いられるか, いるっきり, いるよりは, いる妻, いる泰軒先生, いる若君, うちよせて, おいたこと, おかれても, おたみ, おなりの, おりおり波風, おりも, お休めなさい, お北, お母さまが, お逢い出来た, かえったの, かえって家内, かえりますと, かかり人, かけただけの, かれこれ半歳以上, きな, ぐづぐづしてゐたが或, このよう, こもりきり, こんな可愛らしい, ご難題, したいと, しのびこみ二階, しろ家, すぎずこれ, すむ男, せよ商人, そなえて, その若い, たいしどこ, たつた一人, たまには, ちゃんと現在, ついた勢い, つきました, つたえられ仏間, つめよる必死, とじこめられたとき, とても辛抱, とまった朝, とりて, どんなひと, ないよう, なじめなかった, なったら, なつたであらう, ならない, なりおまけ, なりたかったの, なり切る程, なり易い, なるなんぞ, なる素質, なれるとは, なんなさい, のこり友人, はいらず隣, はいり込んだ, はねあたい, ひっこんでばかり, ひと夏居候, ふみとどまつて, ほんのたま, またも, みえます, むなしく一生, もしその, もどること, やってき御馳走, やね, ゆきては, ゆだねたい, よばれた, わかった, ゐたつて, ゐた者, ゐましたわ, ゐられなくなるん, ゐる佐太郎, アトリエが, ゴロ, テンカン患者が, ピットマッキントッシブロームロミリー等の, 一カ月ほども, 一人居る, 一宿と, 一斗五升なく, 一月位ずつ, 一緒には, 七年の, 三十講の, 三階から, 上ると, 下男を, 不破と, 与へて, 主税と, 乘り込ん, 争が, 二人し, 二夫婦が, 二週間ばかり, 五十ぐらいの, 人となりし, 人間として, 仏壇も, 仕えます者, 仕え馬廻り, 仕立てあげた, 他に, 以前よりは, 会しぬ, 伝ったもの, 伝わった由来, 伝わる一畝, 伝わる村正, 伝わる運命, 伴はむ, 似合はず兎角, 住へ, 住みこの, 住みて, 住み大佐, 住み込んだ, 住む人達, 住めるからとか, 住んでると, 住換え, 何人も, 作爲と, 使ふ, 依存する, 信用を, 倦きる, 傳えられたの, 僕が, 先祖より, 入つた時, 入らぬ定め, 入りびたりと, 入り寝室, 入り源蔵, 入るすゞめ珍らしみ家, 入る時間, 入れないもの, 入れんでも, 入込みて, 八日間フロイスを, 其男も, 冢子約, 凶事を, 出会いどこ, 出稽古に, 初めて来た, 到りぬ地, 制限なく, 劣らない程, 勤める決心, 十倍する, 半年ほど, 厳囚せしめ, 参集した, 反抗した, 取りのこされて, 受けた, 召し出されてから, 可哀, 同一事, 名文家なく, 向けて, 含まれなくは, 呼びつけた, 和明ち, 問に, 四五日ごろ, 囲まれてる田代さん, 在ったって, 在りての, 在る思い, 執り着いて, 壓迫され, 変つてゐる, 多い病, 大いなる幾多, 大学教授に, 天保銭の, 奉公したい, 女っ, 好意と, 姉妹と, 娘で, 嫁いだ明治十一年, 嫁した, 嫁入りに, 学んだの, 宝沢は, 家政婦として, 宿つた事が, 宿るを, 寄せると, 寄つてゆかねえ, 寄りつきゃしないん, 寄宿させ, 富江という, 寝た薫, 寝転んで, 対立した, 導かれた, 小町紅という, 少婦, 居ず活動, 居たん, 居ったらヤス, 居なかったからと, 居のこること, 居らずに, 居られなくなると, 居ります内, 居るだらうか, 居るよりも, 居る尤も, 居れるよう, 居夕刻, 居馴れて, 屏風の, 屬し, 帰された, 帰ったので, 帰った当座, 帰つてこれまで, 帰つて体を, 帰つて独言つた, 帰らさんと, 帰らなかったこと, 帰られたか, 帰りかけますと, 帰りたいの, 帰りて後, 帰り今, 帰り少し, 帰り片手, 帰り祖父, 帰り障子, 帰るので, 帰るを, 帰れりと, 帰参した, 年齢なし, 床を, 建て直して, 引きつけられるよう, 引き取られ以来, 引き移つた, 引っ越してから, 引張り込み光子, 引籠り, 引返しやがて, 当てはめてから, 往いた, 往つて作つた詩佐藤一斎の, 待つであろう者, 徙る, 御預り中, 必要と, 忍び込まうと, 忠誠を, 急を, 恐しいお, 悪い人, 感動を, 成り下がったの, 戦争の, 戻つた, 戻り明日, 手伝って, 托したり, 押かけ, 押掛女房に, 招き猫と, 持ち帰ったこと, 持伝えた, 挟み打ち, 掛けられて, 掲げましたが, 支倉の, 故障は, 斯うい, 於けるこの, 旅の, 旧縁の, 時々来, 暫く預, 書いたもの, 會見を, 朗読者としては, 未練あり, 来たけれども, 来なかつたならば, 来られ曰く, 来るまでの, 来給, 格別の, 棲って, 権勢の, 欺かるれど, 止宿せし, 歸せり, 歸つて, 歸つて來て, 歸らしめ給へと, 死んで, 残した病妻, 残ってるわずか, 残りの, 殘され, 母上の, 比肩する, 永らく奉公, 沿うて, 泊つたのか, 泊まらせは, 泊りしに, 泊り込んだ渡辺刑事, 泣暮し, 流連の, 混って, 満つる, 滿ちわたれり, 火の玉が, 無理無体に, 燻ぶつ, 片附い, 献上せられました, 現われ師匠, 生き残って, 生まれた孫, 生まれ意気沮喪, 生れたお, 生れた其許, 生れた章三, 生れ乞食同然, 生れ社会人情, 生長した, 由つて保護された, 男尊女卑の, 留まるべきだと, 畜う, 病むもの, 白木の, 盟を, 相不変, 眺め入った, 着きたいの, 着して, 知らせなければ, 祀られて, 祟を, 私は, 移したと, 移つてゐた, 移り住んで, 移転し, 突き留めねば, 立ち寄らば, 立寄しに, 立帰りて, 箪笥に, 籠絡され, 素子と, 結婚しない, 綾姫という, 置いたま, 置かれたが, 置く, 美しい風采, 老母と, 育ち小学, 育った息子, 背きて, 臨む可, 至りしに, 至り水を, 良妻ある, 若き男, 萱原といふ, 落ち着き渋皮, 落籍される事, 蔵され, 蔵匿せしめ, 虚子という, 行かれないので, 行き何, 行き用, 行くには, 行こうと, 行つたという, 行つて代る代る, 被居っしゃ, 要求する, 見せたら千金, 見立てても, 言うの, 訪ずれた, 診察を, 誘い帰りこれ, 課せられる重い, 譲らぬほど, 財産は, 貴賤上下, 賣込んだといふ, 贈ろうかしらと, 起き臥しした, 起って, 趣き悦び, 踏込み娘, 転傭, 轉がり込み, 辿り着くこと, 迎える日, 近いここ, 近かつ, 近づきます, 返りて, 送ったお, 送り届けた, 逃げ戻って, 這入っても, 通うたり, 通ずる細路地, 逢えば, 連れ戻ると, 遊ぶ, 運ぶこと, 過またれず, 遠かって, 遣わしに, 遺伝病質も, 還る, 配給を, 野呂という, 鉄亜鈴や, 長くいる, 閉じこめられすべて, 開かる, 関係した, 降り己, 限られたもの, 随身した, 隠退し, 集つていつも, 集まりその, 集会を, 雑誌社に, 靜枝は, 預けた私, 預置小石川指, 類して, 飛び込むなんて, 食客生と, 飼う牝鶏, 飼われた勇猛, 養って, 養女分で, 駆けつけたが, 駈け戻り此, 魔が

▼ 家~ (11245, 8.7%)

746 帰って 249 行って 216 帰ると 176 来て 164 遊びに 114 帰った 95 連れて 73 入って 70 持って 61 歸る 58 いって 56 戻って 51 行った 50 帰ってから 46 つれて, 帰っても, 帰るの, 往って 44 養子に 43 はいって, 行くと 41 寄って, 帰りました 39 たずねて, 行く 37 往った, 訪ねて 35 帰つた 34 やつて 32 歸つた, 電話を 31 帰ったの 30 入れて, 出かけて 28 飛んで 27 入ると 26 帰ってからも, 帰ること 25 出入りする 24 帰る, 来たの, 行きました, 行つた 23 帰れば, 戻つて, 来た 22 帰ろうと, 飛び込んで 21 はいると, 來た, 帰ったが, 戻ると, 持つて, 行くの 20 行くこと 19 入つて, 帰る途中, 引揚げ, 忍び込んで, 戻った, 移って, 足を 18 置いて 17 はいった, やって来て, 入った, 奉公に, 来てから, 泊めて, 着くと 16 帰して, 運んで, 飛込んで 15 かえると, もどって, 向って, 行ったの 14 やって来た, 伴れ, 來て, 帰つて来た, 這入って, 顔を 13 いった, 出入し, 出掛けて, 歸つて來る, 火を, 行こうと, 駈け込んで

12 [15件] 來る, 入り込んで, 出入する, 呼んで, 嫁に, 尋ねて, 帰つ, 帰らなければ, 帰るよう, 急いで, 押しかけて, 来ると, 着いたの, 知らせて, 行けば

11 やって, 入つた, 帰るまで, 来るの, 泊りに, 着いた, 行つ, 送って

10 かえった, 出かけた, 急いだ, 案内し, 預けて

9 [18件] かえりました, きて, ゆくと, 一緒に, 寄った, 帰ったとき, 帰った時, 引揚げました, 引越して, 戻りました, 来るよう, 歩いて, 歸り, 着いて, 行ったこと, 行った時, 行っても, 通って

8 [18件] いらっしゃいよ, かえってから, もって, 人を, 入つて來, 入りました, 出入りし, 出入りを, 取りに, 嫁入, 届けて, 帰つたら, 帰りましたが, 手伝いに, 歸つて行く, 歸りました, 泊って, 逃げて

7 [27件] おいでに, お帰り, はいる, やって来たの, 入るの, 向った, 呼ばれて, 帰つても, 帰らずに, 帰らねば, 帰りたいと, 帰りましょう, 帰ろう, 引取られ, 引返して, 手紙を, 来ても, 歸つ, 歸つて來た, 私が, 私は, 行くん, 行ったが, 行つて見よう, 行つて見る, 返して, 飛び込んだの

6 [25件] いきました, おいで, やってきた, やってきました, 上がって, 出かけました, 厄介に, 女中として, 寄る, 帰つて来, 帰りますと, 帰るが, 帰るという, 帰るには, 帰る前, 帰る気, 来ること, 歸つたのは, 歸つても, 歸つて見る, 泥棒が, 私を, 里子に, 集まって, 驅け

5 [55件] あずけて, お嫁, お金を, かえるの, かえるん, ついたの, はいるの, むかって, 仕事に, 入ろうと, 出入りの, 出入を, 出向いて, 到着した, 向つた, 嫁いで, 帰ったこと, 帰ったよう, 帰ったん, 帰つてから, 帰りついた, 帰るなり, 帰るん, 帰れ, 引き取って, 引っ張って, 引取って, 忍んで, 戻つた, 挨拶に, 来い, 来たもの, 来た時, 来る, 案内した, 歸つてから, 歸つて來ました, 歸らう, 残して, 泊った, 移った, 行くには, 行ったん, 行つたのは, 行つてお, 見舞に, 送られて, 逃げ込んで, 這入った, 連れ込んだ, 金を, 電話で, 飛込みました, 養女に, 養子と

4 [84件] あが, あがった, いくと, いこうと, いらして, お出, お帰りなさい, かえして, かえったの, かえる, それを, つくと, とどけて, はいりこんで, はいりました, はいろうと, ひっぱって, まわって, やって来ました, やること, よく遊び, 上って, 上り込んで, 使に, 入ったの, 入つたの, 入りこんで, 入る, 八五郎が, 出て, 出入した, 出入の, 到着する, 参りました, 嫁いて, 嫁入りする, 客に, 寄ると, 対して, 帰ったって, 帰った事, 帰つて来る, 帰つて見る, 帰らうと, 帰らなかったの, 帰りついたの, 帰ります, 帰るか, 帰るのに, 帰れるの, 引揚げる, 引越したの, 戻つて來, 手伝ひ, 押込みが, 持ち帰って, 来いと, 来たこと, 来る前, 案内しろ, 歸し, 歸つて來て, 火なんか, 相談に, 移ったの, 立寄つて, 自分の, 草鞋を, 行くため, 行く途中, 行く道, 行こう, 行つて見た, 貰われて, 走って, 越して, 身を, 運んだ, 降る迅雲, 隠れて, 雇われて, 飛び込むと, 飛込んだの, 駆けつけた

3 [169件] あそびに, いったらにわとり, いったらば, いつて, いら, いらっしゃい, いらつし, おいて, おくられて, おはいり, お入り, お出でよ, お帰んなさい, お連れ, かえってからも, かえっても, かえって来た, かえれば, かけて, かつぎ込まれて, きた, きたとき, ころげ込んで, そう言っ, ついた時, ついて, はいりこんだの, もどった, やった, ゆく, よばれて, タキシイを, 不意に, 乱入し, 何かの, 使いを, 入しつた, 入ってから, 入りましたが, 入ること, 入れた, 入れたの, 入れないと, 入れるという, 入れるわけ, 出入りした, 出這入りして, 参ること, 取つて, 報告に, 女中に, 始めて, 婿に, 嫁した, 子守に, 宿を, 寄ること, 帰された, 帰した, 帰ったか, 帰ったもの, 帰った後, 帰っては, 帰つて行く, 帰らずカムパネルラ, 帰らないの, 帰りかけた, 帰りたい, 帰りたくなった, 帰りまして, 帰り度い, 帰るとき, 帰るところ, 帰るな, 帰るより, 帰る事, 帰る決心, 帰れるん, 帰ろうか, 帰ろうかと, 帰ろうとして, 引き移って, 引き返して, 引摺り込ん, 引返すと, 忘れて, 急ぐの, 急に, 悔みに, 戻ったが, 戻ったの, 戻ってから, 戻らずに, 戻る, 押込んで, 担ぎ込んで, 曲る角, 来たという, 来てからの, 来てからも, 来なさい, 来るが, 来るには, 来る人, 来れば, 様子を, 歸つたら, 歸つてからの, 歸つて行つた, 歸りたい, 歸れ, 毎日の, 泊ったこと, 泊まりに, 泊り込んで, 泥棒に, 火でも, 独りで, 生まれて, 着いたとき, 知らせに, 礼に, 祝いに, 移ること, 立ち寄って, 紛れ込んで, 置くの, 舞い込んで, 落着い, 行かうよ, 行かなければ, 行きそこで, 行くつもり, 行く時, 行く道筋, 行ったとき, 行ってから, 行つてし, 行つても, 行つて待つ, 行つて茶棚の, 行つて見, 行李を, 裏から, 誘いに, 質子として, 足繁く, 踏込んで, 輿入れし, 辿りついた, 辿りついて, 迎へたは, 送つて, 逃げ帰って, 逗留し, 通ふ, 連れられて, 連れ込んで, 避難した, 隠して, 電話し, 飛び込んだ, 飲みに, 馳け, 駆けて, 駈けこんだ, 駈けこんで, 駈け込んだ, 駈込んで

2 [554件 抜粋] あがって, あがり込んで, あがると, あてて, あなたが, あの金, いったが, いったの, いったので, いったん帰っ, いっても, いらっしゃいまし, いれて, おいでよ, お上がり, お出でなさい, お出で下さい, お出なさい, お客に, お寄り, お寄りなさい, お泊り, お百度, かえって, かえって本, かえって来, かえりいそいで, かえること, かえる気, かけつけました, かけ込んで, かよって, きても, くると, くれば, こっそりと, ご案内, しげしげ出入り, しばしば出入り, すぐに, そいつは, そっと訪ね, たづね, たどり着いたの, ちよつと, ついた, ついたとき, ついてからの, つれ込んだ, でかけて, ですか, とりに, はいったの, はいり, はいりながら, はいり公明正大, はいり込んで, はいるん, はいれない, はじめての, ひきかえして, ふだん近しく, ふらりと, まいりましょうじゃ, むかった, もらわれて, やってきて, やってくるの, やって来たこと, やって来られて, ゆきました, ゆくこと, ゆくの, よく掃除, よった, よって, よめに, わけて, ケチでも, ピアノを, フラリと, ペンキを, ルンペンか, 一度帰っ, 一泊し, 一目散に, 上げて, 上った, 世話に, 久し振りで, 乗り込まない時分, 乗り込んで, 乗込んで, 二人で, 二年前に, 二度も, 人の, 今夜かえらぬ, 仕官する, 伝えられた, 伴れ去られた, 伴れ帰り, 伸子は, 住むよう, 何か, 何の, 使ひ, 來てからは, 保を, 俺が, 入ったが, 入ったという, 入ったろう, 入った時, 入った者, 入つた時, 入らうと, 入らつし, 入らないの, 入らなくちゃ, 入りましたと, 入り来れり, 入り込みました, 入り込み平次, 入り込むこと, 入り込んだは, 入るよう, 入る泥棒, 入れたん, 入れた為, 入れないぞ, 入れないよう, 入れませんよ, 入れようと, 入れること, 入込, 入込みましたが, 再縁し, 出かけようと, 出かける, 出入りが, 出向いた, 出向く気, 出張し, 初七日, 到着し, 勉強に, 単身乗り込ん, 参ります, 參り, 取って返して, 同居し, 同時に招かれ, 向かって, 向けて, 君を, 呶鳴り込みました, 呼び戻された, 呼んだ, 園遊会に, 坐りこむとか, 声を, 売られて, 夜中御輿を, 奉公し, 奉公した, 奉公する, 奉公を, 女中奉公に, 姿を, 娘を, 嫁ぐの, 嫁入りし, 子供を, 子守りに, 宗匠が, 寄つて, 寄りつかないで, 寄りつきも, 寄り付いても, 寄り付かない様, 寄宿し, 寄越して, 寝に, 小三郎が, 居候を, 届けに, 届けようと, 届けられたの, 屡々行く, 帰されたの, 帰されて, 帰されるん, 帰しますよ, 帰ったから, 帰ったきり, 帰ったと, 帰ったはず, 帰ったら又, 帰った方, 帰った頃, 帰つたと, 帰つたのは, 帰つてその, 帰つて来なかつた, 帰らうよ, 帰らして, 帰らせて, 帰らないつもり, 帰らない日, 帰らなかった, 帰らねえそう, 帰りかけました, 帰りさて, 帰りすぐ, 帰りたいの, 帰りたい帰りたいと, 帰りついて, 帰りつくまで, 帰りつつ, 帰りど, 帰りなさい, 帰りましたならすぐ, 帰りますよ, 帰り一枚, 帰り床, 帰り明日, 帰り着いて, 帰り着くまで, 帰り給え, 帰るため, 帰るつもり, 帰るやう, 帰る所, 帰る時, 帰る時分, 帰る途, 帰れない, 帰れないとき, 帰れないの, 帰れるか, 帰れるやう, 帰れるよう, 帰ろうかしら, 平次が, 平次と, 年始の, 年賀に, 廻った, 廻る道, 引あげました, 引きあげた, 引き取られて, 引き取ること, 引き移る, 引き返すと, 引っ張り込むの, 引っ越して, 引っ込むと, 引っ返した, 引っ返して, 引上げて, 引取った, 引取る, 引移った, 引込んで, 引返さうと, 引返した, 引返したこと, 引返してから, 引返しました, 引返せ, 弟子入りを, 強盗には, 彼が, 彼は, 彼を, 彼女を, 往かした, 往て, 往ッて, 御出, 忍びこんだの, 恩返しを, 戻したま, 戻ったこと, 戻つたの, 戻りましたが, 戻りまして, 戻るの, 戻る自分, 戻る途中, 投げ込んで, 投り込んだ, 投込まれました, 抛り込んで, 抱いて, 押しかけた, 押掛けて, 招いたり, 招いて, 招かれて, 招待れ, 持ち帰, 持ち帰り自由に, 持ち帰る必要, 持ち込んで, 擔ぎ込ん, 料理を, 断りなし, 新しく越し, 日参した, 明け渡せと, 時々出入り, 時々遊び, 曲者が, 本を, 来たが, 来たその, 来たとき, 来たらお前, 来たん, 来ての, 来ては, 来ないもの, 来なさいと, 来ました, 来られた, 来られた度数, 来るまで, 来るまでに, 来るもん, 来るやう, 来る客, 来る方, 来る様, 某事を, 案内され, 款を, 歸された, 歸す, 歸つたから, 歸つてからも, 歸つてその, 歸つて一と, 歸つて仕舞た, 歸つて御, 歸らず, 歸ります, 死骸を, 残さない方針, 泊ったが, 泊つた, 泊まって, 泊まること, 泊りました, 注文し, 源氏は, 潜り込んだの, 火が, 無心に, 無断で, 物を, 用たし, 申し込んだの, 男を, 留守に, 盗賊が, 着いたら婆さん, 着いた時, 着いた頃, 着くまで, 着くまでに, 着く時分, 知らせると, 碁を, 私と, 私はずつと, 移ったが, 移つた, 移る事, 移転した, 積んで, 立ち寄った, 立ち寄つた, 立寄って, 立寄つた, 立寄り線香, 結婚を, 絵を, 縁付いて, 縁談を, 置いては, 置くこと, 聞き合わせに, 自分で, 著いた, 薬を, 行きましたが, 行きましょう, 行きウイ, 行き着いた, 行き間もなく, 行くから, 行くくらい, 行くとき, 行く事, 行く度, 行く用, 行く約束, 行こうか, 行ったもの, 行ったり, 行った方, 行ってからの, 行ってからは, 行っては, 行つて, 行つてその, 行つて同じ, 行つて居りました, 行つて来た, 裏口から, 襲って, 見舞いに, 訪ねたこと, 訪ねた時, 訪れて, 誘って, 誰が, 警官が, 買物に, 走った, 走つた, 走つて, 走らせお, 走らせた, 赴いて, 転げこむと, 輿入れの, 辿り着いた時, 近づいて, 返しに, 送った, 送りとどけて, 送るもの, 逃げかえって, 逃げこんで, 逃げ帰った, 這入つた, 這入つて, 這入つて行, 這入て, 這入ると, 通うこと, 通うよう, 連て, 連れ戻ると, 連れ歸, 運ばれた, 運んだので, 遣って, 遣つた, 還る筋書, 闖入し, 随身を, 集って, 雇はれ, 電報を, 電話したら, 電話しました, 音の, 音も, 預けに, 預けるとか, 頻繁に, 頼みに, 顏を, 飛びこんで, 飛びます, 飛び込むより, 飛んだこと, 飛込んだり, 飛込んだ時, 飛込んだ者, 食べに, 食事し, 養子として, 馬を, 馬車を, 駆けつけて, 駆けつけました, 駆け付けて, 駆け込んだ, 駈けつけた, 駈けつけて, 駈け付けて, 駈け込むと, 駕籠で, 黙って

1 [4065件 抜粋] あがらずに, あずけた木, あのまま, あらわれる迄は, いきましても, いけないの, いったよう, いつたら誰, いらっしゃるとき門, いれた, おおぜ, おせい様, おはいりなすった, おりおりもらいに, お使者, お出でに, お島, お生れ, お経, お角さん, お遊び, お願, かえします, かえったら当分履歴書, かえってすっかりおなか, かえって一休み, かえって寂しい, かえって細君, かえらないこと, かえりたくない, かえり五時頃, かえるが, かえる道, かえんなさいもう, かけつける, かどわかして, きたお, きたまえ, きまりが, くる客, こい云うてんか, こなかったわけ, この地方, ころがりこんだ, ご仕官, さつそく見舞, しのびこんだの, すぐ送る, せつせと, そして私, その日, たいして足利直義, たづねて行つて, たよ, ちょっとよっ, ちよいちよい遊びに, ついてしまつ, つづく柴折戸, づんづん這入つ, とってかえして, とびこみ洋服, どうして入, なじんだらはなし飼, なんか寄りつく, のみせめるべき問題, はいってから, はいりこんだとき, はいり三十分, はいれよ, はこんだ, はたらきに, ひき入れること, ひとり残された, へんな, まいりましたが, まかるであろう, また参ります, まわった, むけて, もう一度行っ, もつて, もどつて, もどるとき, もらはれて, やってきたの, やって来た女, やって来るうち, やはりご, やるの, ゆききした, ゆくところ, ゆけと, よく来た, よその, よりつかないらしいが, わざわざ原稿, ゐる間父, デンワかけ, ピストルを, 一ぷくさしてくれとか水を, 一味する, 一年ぶりで, 一旦帰っ, 一札誓紙を, 一郎が, 三四度寄っ, 上がるが, 上つたので, 上ると, 下りて, 与えた文書, 乗りこむその, 乗り込んだ, 乘込んだ, 二三日滞在した, 二十匹の, 五年生の, 京橋に, 今そこに, 仕えた後裔, 仕え安芸, 仕官なさる, 付いて, 休止し, 伺の, 住み込ませて, 住み込んでは, 佐野又, 何度と, 使する, 來なけれ, 供を, 借りに, 元からの, 児小姓に, 入ったら老婆, 入ってからの, 入らうぢ, 入られそのまま, 入りますと, 入り浸りに, 入り込んだこと, 入るところ, 入る前, 入れたが, 入れないって, 入れますと, 入れると, 入れる入れぬで苦労, 入れ親類方, 入籍は, 六時頃かえる, 再び歸つて, 出かけましょう, 出した, 出入りされた, 出向いた時, 出掛けること, 出這入りの, 初めて訪ね, 加担を, 化けて, 午後から, 去んであっちゃから, 参りました時西洋風, 参り妖怪, 叔母を, 取られたが, 召抱えられる事, 同居を, 向った時, 告げるに, 呼び入れたそう, 呼ぶ事, 問い合わせの, 回るかも, 坐りましたが, 売りこもうと, 夜に, 大きい画集, 大和の, 奉公しちゃう, 女として, 女房に, 始終来る, 婿にでも, 嫁いだお, 嫁いだ母, 嫁ぐについて, 嫁入っ, 安次を, 客でも, 宿替, 寄ったらちょうど, 寄つたと, 寄つて緩, 寄りつかず勝手, 寄り付かないんで, 寄るとか, 寄ろうかと, 寄食し, 将軍家の, 小包に, 少しばかり, 屆けず, 届けよ, 屡眠り, 差し上げる, 帰えろう, 帰した方, 帰せ, 帰ったという, 帰ったものの, 帰ったらどうか, 帰ったら新聞屋, 帰ったら裏, 帰った孫, 帰った者, 帰つたが, 帰つた時道子の, 帰つてさ, 帰つてゐる, 帰つて休む, 帰つて叱られた, 帰つて寝る, 帰つて月見を, 帰つて病気が, 帰つて調書を, 帰へ, 帰らせたが, 帰らないかわり, 帰らない時, 帰らなけりゃなるまい, 帰らば, 帰られなくなったから, 帰りおすえ, 帰りしな, 帰りたいとは, 帰りたかろう, 帰りたくなって, 帰りつくまでには, 帰りましたよ, 帰り一夜一睡, 帰り土蔵, 帰り捨蔵, 帰り片端, 帰り着くまでに, 帰り親父, 帰るころ, 帰るならさっさと, 帰るまでに, 帰るらしい, 帰る序, 帰る男, 帰れっ, 帰れないで, 帰れよと, 帰れる気持, 帰ッてから, 幸福を, 度々書状, 廻つて彼の, 弔問に, 引きかえした, 引き入れるハメ, 引き取られるという, 引き摺り込んでは, 引き返したり, 引っぱり込んで, 引っ返す事, 引上げ, 引取つて内儀の, 引張って, 引籠る, 引込むといふ, 弟子に, 彼の, 往き勇斎, 往こうじゃ, 往診と, 御柳の, 御逗留, 忍ばせて, 忍び込みお, 忍び込むの, 志した, 急いでを, 急行した, 惜別の, 戻そうとして, 戻つたか, 戻らうかと, 戻りそして, 戻り一日, 戻るという, 戻れるよう, 手傳旁, 投げこむ, 投りこまれた, 押かけ, 押し入って, 押し込むに, 担ぎ込まれましたよ, 招くべからず八, 拾われてから, 持ち帰った書類, 持ち運ぶよう, 持込むの, 掃除に, 推挙する, 放二, 斬り込んで, 方附かれた, 早速娘, 時々帰れる, 暫くやつ, 書きかけの, 有野といふ, 村の, 来いなんて, 来たある, 来たに, 来たらどう, 来た二人連れ, 来た時春琴, 来てる, 来なかった, 来なせえ, 来やせんぞ, 来られる人達, 来るたび, 来るひと, 来る乳母, 来る時, 来る者共, 来揃うと, 株内と, 植え込んで, 此お, 歩きながら, 歸つたのか, 歸つた時は, 歸つてそれつ, 歸つて一日ゆつくり考へよう, 歸つて何處までも, 歸つて夜が, 歸つて廊下を, 歸つて月代を, 歸つて着換へて, 歸つて見た, 歸らなく, 歸るなり, 残らず年始廻り, 毛糸の, 泊ったの, 泊つたことが, 泊つて今朝薄暗い, 泊めたり, 泊りましたが, 泊り込んだの, 泊るな, 泣きついて, 洋行帰りの, 清川虹子と, 湯に, 瀬踏に, 無造作に, 片付けしを, 猪へは, 現れるには, 生れたからは, 用金と, 男が, 當つて見ませう, 皆で, 直接かけに, 真直に, 着かれたろうと, 着くの, 知らして, 石が, 祟るの, 移すの, 移つたので, 移りすん, 移るとしても, 突然そんなふうに背広, 立ち寄った上, 立ち寄るなり, 立寄りました, 笑ひ込む, 米を, 紋附を, 細, 縁付いたと, 縁組みを, 置いたところ, 置きっぱなし, 置く事, 聟の, 臨時の, 自身で, 舞込んで, 茶の, 落ちついた, 落着く, 行かうかしら, 行かずに, 行かない日, 行かれるん, 行きたかったん, 行きますか, 行き帰り, 行き舅姑, 行くこ, 行くのぢ, 行く前, 行く訳, 行けなかつたと, 行こう行こうと, 行ったら楽, 行った者, 行つたと, 行つた時は, 行つてみました, 行つて二三時間寝, 行つて其の, 行つて妹さんの, 行つて暇を, 行つて用を, 行つて老, 行つて誰も, 行最早, 裸で, 見えられた時, 見舞った泥棒氏, 言つ, 試合を, 誘はれて, 談じ込もうと, 謝礼とは, 貯蔵庫へ, 貸金を, 走つて大急ぎ, 走り帰ると, 越した年, 足踏み出来ぬ, 身売りする, 転げ込んだの, 輿入れする, 辿りついたら先生オーバー, 迎えたよう, 近く差掛, 近付くにつれて, 近附いた, 返ると, 追いもどしたらいい, 退屈凌ぎに, 送らせた, 送りまだ, 送り込まれました, 送るの, 逃げこんだの, 逃げ込んだ, 這入ったこと, 這入つて行つて, 這入り田地, 這入れる, 通うと, 通は, 連れかえりました, 連れ戻さねば, 連れ込みその, 進達せられた, 運びこんだ, 運ぶが, 遣ってから, 避難中の, 還ると, 配達されました, 針仕事などを, 長ん, 降って, 隱れ, 集まるので, 雇い婆さん, 電報打った, 青い石, 預けた末, 預けられました, 頼むと, 飛び込まれては, 食客と, 養蚕の, 馳けて, 駆けこんで, 駆け帰りました, 駈けつける, 駈け込め, 高阪郡兵衛

▼ 家~ (11085, 8.5%)

752 出て 310 出た 129 借りて 115 訪ねて 91 出たの 79 建てて 76 出る時 73 出ると 64 飛び出して 60 出てから, 持って 52 出る 49 出で 48 出るとき 45 して 43 訪ねた, 離れて 42 もって 41 訪れた 40 訪問し 38 出ました 37 見に 36 外に 34 あけて, 持つて, 辞して 33 畳んで, 訪れて 32 訪問した 30 脱け, 見て 29 たずねて 26 出ようと, 知って 25 指して, 見つけて, 辞した 24 尋ねて, 訪問する 23 探して, 留守に 21 出でて, 覗いて 20 出たが, 飛び出した, 飛出して 19 出た時 18 作って, 出ること, 去って, 捨てて, 買って 17 たたんで, 訪ねたの 16 訪うて 15 あけること, たてて, 挙げて, 捜して 14 出るの, 守って, 建てるの, 明けて, 焼かれて, 継いだ, 訪うた, 逃げ出して 13 たずねると, 継いで 12 たずねた, 建て, 抜け出して, 空けて, 見ると, 訪れたの 11 でて, ぬけ出して, 出かけた, 出かけて, 構えて, 見た, 訪ねたこと

10 [11件] さがして, た, 一軒借り, 中心に, 出ては, 後に, 持った, 相続する, 立てて, 訪ねると, 閉めて

9 [11件] あげて, かりて, 出たとき, 売って, 建てた, 建てたの, 建てたり, 搜し, 訪ねました, 訪ふ, 追はれ

8 [15件] でた, とびだして, もつて, 出なければ, 出る前, 去った, 去ること, 廻って, 拔け, 新築し, 潰して, 相続し, 私は, 見る, 訪ねること

7 [20件] すてて, たずねたの, 一と, 出がけ, 出たきり, 出たまま, 出まして, 出れば, 建てようと, 建てると, 弟に, 持つこと, 持つと, 立て, 見つけた, 覗きに, 覗きました, 訪ねた時, 造って, 除いては

6 [30件] あけたこと, たずねました, つくって, でたの, のぞいて, 一軒, 人に, 出たん, 出た日, 出る事, 包んで, 宿に, 建てた時, 抵當に, 探すの, 教えて, 新築する, 求めて, 治めて, 眺めて, 空に, 見ても, 見るに, 見張つて, 訪ねたとき, 貸して, 軽蔑し, 辭し, 追ん, 飛びだして

5 [34件] あけるの, はなれて, 中心と, 代表し, 借りた, 出かけました, 出して, 出るに, 出るん, 助けて, 尊敬する, 建てる, 建てること, 建てるという, 引き出されて, 思い出して, 手に, 持ったの, 持った時, 捨て, 支えて, 新築した, 明けたこと, 明けること, 構へて, 立出で, 継いだの, 背負って, 見ること, 訊いて, 訪ねましたが, 訪ねるもの, 追ひ出され, 飛び出しました

4 [74件] あけた, あけると, あけるん, こしらえて, こわして, さがしに, さして, たづね, つきとめて, とびだした, めがけて, めぐりて, もつこと, グルリと, 一つに, 一軒持っ, 中心として, 借りまして, 出かける時, 出たあと, 出たもの, 出たり, 出ても, 出るよう, 切り廻して, 包んだ, 去ったの, 去ろうと, 壊して, 建てたとき, 建てたので, 建てる時, 忘れて, 手初めに, 持たせて, 持たない秋, 持ってから, 指すの, 捜しに, 探しに, 探すこと, 教へて, 歴訪し, 満足させる, 焼いて, 発見した, 目がけて, 相續, 知らない, 立ち出, 立ち去って, 継ぐ者, 繼いだ, 考へ, 自分の, 襲った, 見せて, 見つけたの, 見つけたので, 見付けて, 見張らせて, 覗くと, 解散する, 訪ねた事, 訪ねるの, 訪れること, 訪れると, 調べて, 買ひ, 辭した, 逃げて, 釘附け, 飛びだした, 飛び出してから

3 [176件] あけました, いでて, おとずれた, おとずれて, お前の, お持ちなさる, かこんで, さして出掛けた, さして帰っ, さらって, たずねた時, たよって, つくったの, つくること, でるとき, とび出した, とりまいて, もたせて, もった, もったとき, やめて, よく知っ, 亡ぼして, 代表した, 借りたの, 借りました, 借りること, 借りるの, 再興する, 出たいと, 出たこと, 出たという, 出たので, 出づれば, 出でたり, 出でては, 出でぬ, 出ながら, 出ましたが, 出ましょう, 出るたび, 出るつもり, 出るといふ, 出るなんて, 出るほど, 出る決心, 出奔し, 別に, 利用し, 前に, 勘当された, 去つて, 去るの, 取りまいて, 叩いて, 叩き起して, 呪って, 呼んで, 嗣いだ, 圍んで, 売った金, 売ること, 売ると, 外なる, 失って, 守り, 尋ねると, 平次は, 建つるに, 建てさせて, 建てたいと, 建てた人, 建てました, 建てるため, 建てるつもり, 建てるなんて, 建てるには, 建てるのに, 建てる事, 建てる為, 引き払って, 彼は, 想像し, 愛し国, 成して, 所有し, 承知で, 抜けて, 抵当に, 拵えて, 持たして, 持っても, 持つ, 持つかも, 持つという, 持つの, 持つよう, 持つ事, 持とうと, 指導する, 捨てた, 探した, 教へ, 数えて, 新たに, 明けた, 明けるは, 昔の, 棄て, 棄てて, 構へ, 横領しよう, 横領する, 残して, 気取つて, 治めること, 焼き人, 照らして, 燒き, 燒く, 物色し, 目ざして, 目的に, 相手に, 相続させる, 相続した, 知つて居る, 私の, 移した, 移して, 紹介し, 紹介した, 繋ぐ回想, 繼が, 聞いて, 脱出した, 自分で, 興して, 襲って, 見たこと, 見たの, 見た時, 見ました, 見るの, 見れば, 見出して, 見張って, 見舞った, 訪ねたが, 訪れたが, 訪れたところ, 訪れました, 訪れるの, 訪れるよう, 調べると, 起して, 転々し, 辞したとき, 辞したの, 辞去した, 追い出されて, 退身, 逃げだして, 逃げ出したこと, 造るため, 遠く離れ, 選んで, 開けて, 集めて, 離れてから, 離れると, 預かって, 飛び出したが, 飛び出した時, 飛び出すと, 飛出した

2 [566件 抜粋] あけねえで, あけようと, あけられない, あけるので, あんなにまで, うかがって, うさんらしき, おも, お出, お前に, お目, かえりみる暇, かけ出して, かたっぱしから, きれいに, ぐるりと, こ, こころざしてからは, こしらえた, さがした, さがす, さがすと, さして歩い, さへ, しらべて, しらべに, すてたの, そのま, それからそれ, たしかめたこと, たずねたこと, たずねるか, たずねること, たずねるの, たずねる必要, たたんだ時, たづねあてた, たてると, ちこち, つ, ついだ, つくつて, つくる計画, つぐもの, つないで, つぶし人, つぶそうと, つれて, で, でたが, でる時, とびだすよう, とび出して, とり巻いて, どうしても三尺, どうしよう, なして, のぞきに, のぞきました, はじめて訪問, はじめテエブルや, ひきあげて, ひきて, ほろぼし来世, まちがえて, みると, めざした, もった時, もつとき, もつ人, やかれ壕, やって, るす, 一けん, 一人で, 一周し, 一年借り, 一歩外に, 一軒ずつ, 一軒持ちたい, 三人誘拐し, 不思議だ, 主と, 乗っ取って, 乗っ取られたの, 乗り取ろうと, 乘取る, 乱そうと, 予期し, 予期すらも, 二三十軒も, 二軒も, 二間ばかり, 亡し, 亡す, 仆し, 仕舞って, 仮差押え, 何う, 何か, 作り地火, 作り親, 作るに, 修めて, 修復し, 俳優と, 倒して, 借りそこ, 借りたいと, 借りたが, 借り上げそれ, 借り受けて, 借り実家, 借り自炊, 兄の, 兼ねる, 兼業する, 再興し, 再興したい, 写生した, 出かけたの, 出かけようと, 出かねて, 出したこと, 出ずる時, 出たかも, 出たと, 出たなり, 出たりなど, 出た事, 出た人, 出た以上, 出た方, 出た足, 出づる, 出てからの, 出てからは, 出でず, 出ない, 出ます, 出ます時, 出るか, 出るから, 出るって, 出るという, 出るなり, 出るには, 出るので, 出る折, 出る気, 出る清, 出ろと, 出入する, 出入りする, 出奔した, 出本家, 出發, 分けて, 切廻す権勢, 前の, 動かして, 動かし媒介者, 動かし橋, 包囲する, 半分劃つて借り, 卜せし, 占領し, 危うくした, 去ってから, 去つたこと, 去て, 去らねば, 去りました, 去るより, 去る気, 取払って, 叩いても, 叩きました, 叩き起しに, 叩くと, 同じうし, 同時に焚きつけたら, 味方として, 嗣いだの, 嗣いで, 嗣がせて, 圍みた, 売らなければ, 売りそこ此処, 売れば, 売却したい, 外の, 外へ, 夢みて, 天皇の, 失った犬, 失ひ職, 子に, 守らない, 守りて, 守るため, 宵まで, 家と, 家搜しする, 尊重する, 尋ぬれ, 尋ねた, 尋ねた時, 尋ねること, 左右する, 差覗く, 庇護した, 建てたが, 建てたとか, 建てたら忽ち, 建てた大工, 建てながら, 建てようとも, 建てるつて, 建てるとか, 建てるので, 建てるよう, 建てるより, 建てる仕事, 建築した, 引上げられる, 引揚げ, 弟の, 形造る, 彼等は, 後ろに, 得たり, 御存じです, 御覧なさい, 心に, 必要と, 必要として, 志して, 志望する, 念と, 怖れる, 思い出した, 思い出しました, 思い出す, 思ひ出した, 恋しがっ, 恋しがる, 我家と, 戸毎に, 抜け出しては, 抜け出しました, 招待し, 招徠する, 持たうと, 持たずに, 持たないから, 持たない人, 持たない女, 持ったから, 持った当座, 持った為, 持ってるん, 持つた, 持つたの, 持つたので, 持つた許, 持つだけの, 持つまで, 持つ神, 指さして, 指した, 指す, 指定し, 振り仰ぎました, 捜すこと, 捜すため, 捜すの, 捨て妻子, 探が, 探しあてた, 探しあてて, 探しが, 探したが, 探すと, 掻き廻した揚句, 擬したる腕白書生, 支へて, 支配し, 改造し, 改造する, 救うため, 整えて, 日本橋の, 明けたの, 明けた事, 明けっ放しに, 明けるの, 明けるよう, 昔に, 書いた, 服する能はず, 望み見て, 望んで, 本当の, 東京に, 根城として, 案内し, 構へる, 歩いて, 殺すなり, 毀しますよう, 気どるの, 気どるもの, 永久に, 求めた, 派遣し, 浪人し, 滅茶滅茶に, 潰させ父, 潰したり, 潰すか, 火から, 焼たる, 燒かれ, 片付けて, 特別怖, 狙って, 産出した, 畑ごとお前に, 畳んだ, 盟主と, 監視し, 目前に, 目当に, 目指して, 目標に, 相手どっ, 相続させ, 眼の, 知つ, 知つてるだらう, 知らずに, 私が, 称して, 移した時, 移すに, 移そうと, 移って, 空けたあと, 空けたこと, 空けたり, 空けた者, 空けないよう, 空けること, 空けるので, 空けるよ, 空けるわけ, 空しゅうし, 空家に, 空虚に, 立ちの, 立ち出でた, 立ち去ったの, 立ち去らねば, 立ち去ること, 立ち退いた, 立って, 立てた, 立てたの, 立てようと, 立てるまで, 立てる事, 立てる足しに, 立てろよ, 立出でました, 立派に, 粗末に, 継がせて, 継ぐこと, 網羅した, 繞って, 考えて, 考えると, 脱出し, 自分が, 自慢し, 興したいと, 若い衆の, 荒して, 蔑に, 衒ふ, 襲うという, 襲が, 襲ひました, 見いだし得ないで, 見おろすところ, 見かけて, 見たかった, 見たり, 見た最初, 見つけそこ, 見つけたこと, 見つけました, 見てから, 見ては, 見ながら, 見るたび, 見付けた, 見出した, 見廻して, 見張る事, 見舞うこと, 見舞って, 視た, 覗いたの, 覗いた者, 覚えて, 訪いて, 訪うたとき, 訪うた時, 訪うと, 訪ねたり, 訪ねたん, 訪ねた折, 訪ねても, 訪ねようと, 訪ねるのに, 訪ねる約束, 訪ねれば, 訪れたとき, 訪れた扁理, 訪れた時, 訪れてから, 訪れても, 訪れる, 訪れるやう, 訪れる物音, 設計する, 誘拐し, 説いて, 譲って, 譲ること, 譲る時, 護った, 讃める, 谷の, 負つて, 買った, 買ったり, 賣つて, 賣るやう, 起す, 起すの, 踏まえて, 軽蔑する, 辞した小笠原, 辞してから, 迎えて, 近づけない, 追出された若い, 追放しよう, 逃げ出さなくちゃ, 逃れながら, 逐はれ, 逐電し, 通って, 遁げ出, 遠ざかるにつれ, 選びその, 選んだ, 選んだの, 釘づけ, 門庭は, 開けずこれ, 開放し, 除きダアウイン, 隔てて, 離れたこと, 離れないで, 離れること, 離れるよう, 離れれば, 頼って, 頼つて, 顧みて, 飛びだしたの, 飛び出さうと, 飛び出したこと, 飛び出したの, 飛び出しても, 飛び出しながら, 飛び出し近く, 飛び出て, 飛出したので, 飛出しては, 飛出し東京, 養成する, 駈出して, 驅け, 黙って

1 [4869件 抜粋] あいてに, あけた後, あけても, あけるなんて, あけ外, あつめて, あぶれ出, あれこれと, いざ去る, いふなり, うてど, おこされた先代, おたて, おとづれたる時には, おもへば, お建て, お玉が, かいて, かぞえるならば, かれら, きしませながら, くれたの, こしら, この村, ごぞんじありません, さがさなければ, さがし当てて, さしおいて, さすら, しっかりと, じっと見, すつかりま, すて道, そこの, そのまま保持, その朝, たおし岬, たずねた伸子, たずね歩むに, たづねきて, たてたい一心, たてるには, だますぐらい, ついで, つきとめろ, つくりにんどう, つくる糸杉, つつむ, つぶしては, つれたつ, でたとき, とうとう迷い出た, とびだし小さな, とび出し母, とりかこんで, どうしたら, どしどし取毀させ, なす翌日, ぬけだして, ねじろに, のぞいても, はさみ込んだの, はじめ大小諸侯の, はなれてから, ひきあげたの, ひとめで, ふらりと, ほかに, ぼつぼつ見かける, まとめ湯浅さん, まもるもの, みたした, みつけるよりも, めぐりてなづな咲く, もうけさせる公共投資, もたれ出目金, もち親, もった生徒, もつた, もてと迄, やかれた人, ゆすぶって, よくたすけ, よろこばせるだけの, わたしに, ガサって, シャトー, パッと, メムバーと, 一つ潰した, 一刻も, 一思いに, 一種の, 一軒たてと, 一軒借りる, 一軒持つ, 三年前新築する, 上首尾で, 与えなかったと, 並べて, 久しくあけ, 乱さるるから, 二つ見, 二心なき, 五十円に, 亡ぼす, 仆そう, 今日までに, 他人の, 仮り来つて主人公としても, 住み憂く, 作ったとき, 作りおわる前, 作り何処, 作るとき, 使はずには, 保ちがたい, 信ずるの, 俺達に, 借りそれから, 借りた赤坂, 借りるため, 借りる筈, 借り受け大工, 借り東京, 健全に, 儒家と, 入れ替ったらどんな, 六軒すつかり見, 内と, 凝然と, 出かけた時刻, 出かけ工事場, 出しては, 出たいちばん, 出たからには, 出たそれ, 出たばかり, 出たら嵐模様, 出た健三, 出た平三郎, 出た林之助, 出た老母, 出ちやつたの, 出てしも, 出でたからには, 出ないもの, 出ましたっきり, 出よ, 出られた時, 出るかを, 出るて, 出ると共に, 出るより, 出る年, 出る時心持, 出る法, 出入りし, 出旅, 出立し, 切って, 初め土地の, 利するよりも, 創始する, 動かしたと, 包む山, 十分に, 南横から, 去ったもの, 去つて千年, 去らぬ事, 去り貧窮, 去る半町餘, 収容し, 取りこわして, 取り巻かせたらどんな, 取卷く秘密, 取潰すよりは, 叩いた女, 叩こうとも, 同胞の, 含む一般, 吹飛ばしさ, 呪し, 呼び出し将軍, 喚起し, 営む者達, 嗣がせず更に, 嗣ぐ頃, 囑す, 困らせないで, 囲んだ秋草, 土地ぐるみそっくり, 埋めて, 増築する, 壊わした, 売りはらって, 売るつていふ話, 変えた, 夕食を, 大きな松, 大概知っ, 失うこと, 失ったとき, 失なひ, 奔つたのは, 奪ひぬ, 好むから, 始末する, 嫡子光貞に, 守らなければ, 守り煮焚きの, 守るも, 守ろうじゃ, 定めて, 家内と, 寄せ集めて, 寫生し, 尋ずね, 尋ねたり, 尋ねんと, 小氣味, 岩窟の, 差押えられて, 幸ひ, 延焼する, 建てかけた, 建てたいん, 建てたらどう, 建てた方, 建てた頃, 建てなければ, 建てまたは, 建てるありうべき敷地, 建てるならまず, 建てるよりか, 建てる時分, 建てる話, 建て始めて, 建て直したら旅人, 建直した, 廻られたその, 引き上げるの, 引き払った, 引ぱって行く, 引払おうとも, 引越したと, 強大に, 彼自身の, 御存じかしら, 復興させよう, 忍び出る用意, 忘れること, 思い出したの, 思い遠く, 思つてした, 思ひ出します, 急造し, 恐喝し, 悩まして, 惨酷しく滅, 愛するごとくに, 憐れんで, 成さず妻子, 成し業, 我ながら, 手つだって, 打ち建て, 抜ける, 抜け出し右衛門め, 抜出して, 押潰され, 拵へ, 持たせられました, 持たない私, 持ちますの, 持ち続けて, 持ったとき, 持った当時, 持ってると, 持つたもの, 持つても, 持つ早々, 持てなければ, 持上げる様, 指すもの, 振り出しに, 捕うべき時, 捜し出して, 捜すは, 捨てまして, 捨て肉親, 探させた, 探しあてると, 探し始めてから, 探すため, 探す者独特, 探検した, 掻き廻す様, 揺がし雨戸, 揺ると, 撫でて, 支えかねて, 改変した, 放っとくはず, 教えた, 数へる, 敵視す, 斥す, 旅館が, 明けさせ客, 明ける事なき, 明る事, 暇乞し, 有せらる, 朝から, 村の, 根柢から, 棄てなければ, 楽しくする, 構え部屋, 次いで映画説明者, 此処の, 残したま, 毀ち人, 比較する, 永田町の, 求めてから, 没収し, 治めそち, 泥棒に, 流し崖, 深く愛します, 湖上に, 滅ぼす奴, 潰した上, 潰せし事人, 無いよう, 無視した, 焼かないよう, 焼かれ或は, 焼きたくないのよ, 焼き払, 焼くとは, 照らすだけの, 片づけいつ, 物色した, 率いて, 生ずるは, 用向, 畳むとき, 疎には, 発達し, 目あてに, 相続させまし, 真に人民, 眺めます, 知ったろう, 知つてゐる, 知らないので, 知るまいが, 破る, 示して, 神主に, 移したかという, 移ること, 空けちゃ, 空しく抜ける, 突き留めるまでに, 立ちいでて, 立ち去ったこと, 立ち退いたの, 立つまで, 立てたら宜, 立てると, 立て始める時斧, 立去った後, 立退く趣, 糾合し, 組み建てること, 絶やさないため, 継いだもの, 継がずんば, 継ぎ多少, 継ぐべきなのに, 継せるより, 締めるなどは, 繞ぐり隣家を, 繼せ, 考へる事, 育てる温床, 脅すもの, 自ら隱居と, 興こし, 興すに, 興す認め, 花で, 荒し何人, 薫は, 行きすぎて, 装いデカダンス, 褒めて, 襲ったの, 襲つて物凄い, 要する非常時代, 見かへ, 見たきり, 見つけあがった, 見つけようとも, 見つけ出したかと, 見てるの, 見まわして, 見るまでは, 見付けた話, 見出すこの, 見廻し, 見捨て生れ故郷, 見給, 見送った, 覗いたり, 覗くやう, 解きたるは, 訊いたら女の子, 記念する, 訪うたこと, 訪ね, 訪ねたところ, 訪ねては, 訪ねるごと, 訪ねる氣, 訪ね見たところ以前, 訪れたもの, 訪れる前, 訪れ川上未亡人, 訪わねば, 訪問れた, 誤らんと, 調和させたい, 警戒し, 譲り自分, 護り通すため, 象徴する, 貰ふと, 買い戸塚, 買う話, 買つてその, 買ひませう, 貸したがらない, 賑わしては, 賣り飛ばして, 起しければ, 起せと, 足場代りに, 身代限に, 軽んずるなら食わずに, 輪取っ, 辞しました, 辞すと, 迎えること, 追い出されるし, 追ひ出される, 追出して, 逃げだしたと, 逃げ出し再び, 逃れ出る必要, 逐電の, 造つて呉れた, 造るといった, 連れた一巻, 運び出す前, 遠ざかるに, 選んだか, 配下に, 鋳造し, 閉伊に, 開け渡すこと, 間違わずに, 陰氣に, 集めたグループ, 離れた, 離れたやう, 離れなければ, 離れ内地, 離散さし, 非常の, 預つて差配, 顧みない半蔵, 飛び出さして, 飛び出したちまち, 飛び出した奴, 飛び出し再び, 飛び出し潜ぐって仕事, 飛び出すわけ, 飛んで, 飛出しやくざ, 食い留めさせたもの, 養成しよう, 駈け出して, 騒がせ客人, 驚ろかした

▼ 家~ (8195, 6.3%)

31 どこだ 29 私の 27 自分の 24 ない 19 一軒も 17 これを 15 なかった, 彼の 14 今も 12 それを, 一つの 11 いずれも, ないの, 今は, 或る 10 ないと 9 昔から, 立派な, 自己の 8 どこだい, 何でも, 何処だ, 僕の, 容易に, 無い 7 あつた, どこに, 何處だ, 彼が, 急に, 村の, 此の, 非常に

6 [15件] ありました, そこに, どこ, ないかと, ないでしょうか, 一人も, 丘の, 他の, 代々の, 何う, 何の, 何を, 前に, 殆ん, 町の

5 [28件] あなたの, ありませんか, いくらも, ここから, ここに, この辺, すぐに, そこから, それが, どの辺, わたしの, 主人の, 之を, 人に, 今の, 他に, 前の, 小石川の, 建つて, 建て詰まぬが, 昔の, 母の, 焼けた, 焼けて, 町から, 種々の, 空家に, 自分が

4 [47件] あった, あなたが, きつと, これまで, これらの, じきに, すぐそこ, そのころ, そのよう, その中, その土地, それは, た, どこな, もとの, りっぱな, 一般に, 今日の, 以前は, 何か, 侯を, 入口の, 別として, 取潰し, 吉原遊廓の, 外見に, 家の, 富んで, 御覧の, 改易と, 残って, 浅草の, 滅多に, 焼けずに, 焼けたの, 父の, 田舎の, 町はずれに, 盆と, 直ぐそこ, 稀なり, 絶えて, 芝の, 街道に, 貧乏に, 路地の, 駄目だ

3 [134件] あの通り, あるの, あれど, いまも, このあたり, この町, しもたや, すぐこの, すぐわかった, すぐ分った, そういうもの, その地方, その時, その頃, それに, それらの, ただの, どういふ, どうです, どこか, どこじゃ, どこにも, ないか, ないし, ないもの, なかつた, なんの, ひっそりと, ますます富んだ, もう起き, もちろんの, もと, 一人の, 一寸話を, 一般の, 上を, 上野の, 下女の, 二階が, 云いました, 云つてゐる, 今では, 他人の, 何よりも, 何処だい, 何時も意識的, 何軒も, 作品の, 作家の, 併し, 例の, 倒れて, 借家だ, 偉大な, 停車場から, 元より, 元来が, 先祖の, 前にも, 去年の, 口を, 古いが, 君の, 問題を, 四谷の, 固より, 地方の, 地震の, 坂の, 変な, 外から, 多い, 大きい通り, 大変な, 大屋さんで, 女に, 女の, 妙に, 学校から, 宅の, 小さいが, 小さい百姓家, 小説を, 崖の, 年に, 幸いに, 店の, 後から, 捨てて, 断絶した, 新たに, 日本に, 日本の, 昔は, 最終だ, 本郷の, 村でも, 村一番の, 東京に, 東京の, 柱と, 次の, 殆どない, 民衆の, 沈黙の, 潰れて, 無いや, 無事に, 町でも, 皆な, 皆戸を, 直ぐに, 相当に, 相当の, 眼を, 知らない, 私が, 私と, 稀である, 空に, 絵の, 自分で, 芸術を, 裕福で, 裕福な, 言つた, 詩人の, 誰も, 谷中の, 貧しかった, 遠いん, 風の, 鬼の, 麹町の

2 [557件 抜粋] ああいう, あすこよ, あっても, あつしが, あとかたも, あの, あの奥さん, あまり嬉しく, ありません, ある, あるか, あるかね, あるが, あるゆ, あるん, ある意味, あんた達の, い, いいが, いう, いったい誰, いって, いつの, いつも夜更し, いまだに孤高, いまにも, いるが, いろいろな, お互に, お前が, お前の, かれの, ぐらぐらっと, こ, こう考える, ここか, ここの, ここらでも, この, このたび, この地方, この時, この水, この点, この種, この芸術, この若い, この通, この通り, これでも, ご承知, さう, ささやかな, さすがに, さらなり, さら也此しばゐ, しーん, すぐ近く, そこらに, そのま, そのままに, その個人的能力, その国是, その夜, その奥, その女, その晩, その界隈, その表現, その言葉, その部落, それから, それだけ痩せ, それで, それほど大, ちょいと, とかく自分, どうかする, どうした, どうする, どうなったでしょう, どうなる, どうなるだろう, どこかな, どこだろう, どこで, どこです, どこまでも, どれも, ないから, ないが, ないで, ないよう, なかつたけれども, なかなか立派, なかなか金持, なくとも, なにか気, ひつそりし, ほろびて, ほんとに狭く, まだ揺れ, まったくの, まれである, みじめでした, みんなそれぞれ一種の, みんな株屋が, むかしの, もう妹, もう空家, もと京町二丁目で, ものを, やつと, よく見える, りつぱな酒場で, セミの, ソフィストでは, ツイ背中合せの, ヒマラヤ杉を, モツブの, ヤルートと, ロシアの, ワルポールの, 一寸有福, 一得一失で, 一斉に, 一方に, 一様に, 一軒の, 丁子屋の, 七人暮しである, 三代相恩の, 上の, 下谷の, 不幸に, 不忍池, 不規則に, 世を, 世間から, 主要な, 久住弥太郎という, 事の, 事実を, 二三十人の, 二人及び, 二階も, 二階家で, 云うまでも, 云って, 云つた, 云わば, 五条の, 五郎の, 亦彼, 人を, 人手に, 人通りの, 人間が, 人間の, 人間を, 仇敵で, 今こそ, 今でも, 今少し, 他へ, 仙人か, 代々そう, 代が, 以前から, 以前と, 以前の, 伯を, 佐佐木君を, 何かに, 何だ, 何という, 何となく落莫, 何ほど, 何人めかの, 何故に, 作家と, 信一郎にも, 停車場の, 僅かしか, 僕は, 元の, 先人の, 先祖代, 光線で, 入口が, 全くの, 全焼した, 公園から, 公式主義者であり, 内も, 凡俗の, 出て, 出られないから, 前から, 前面から, 割合に, 動も, 勿論その, 化物屋敷だ, 化物屋敷の, 北京で, 北側の, 南に, 却つて此の, 古いし, 古くて, 古びて, 古風な, 可なり, 右に, 向うに, 向島の, 四方の, 国民の, 國民の, 土地でも, 土地の, 地に, 地主だった, 地震でも, 型に, 堤の, 声を, 多くの, 多くは, 多忙な, 夜に, 大きくて, 大なる, 大丈夫だ, 大事な, 大和の, 大地の, 大川村の, 大手町の, 大抵政治, 大抵資財, 大金持, 大金持ちである, 大阪の, 夫婦の, 奈良東城右京三条第, 奈良東城右京三條第, 奥の, 女房の, 好きです, 如何, 妙な, 嫌いだ, 嫌ひ, 子供に, 子供の, 学校へ, 孫の, 完全に, 宗祖も, 宮廷政治の, 宵から, 家号を, 家族五人の, 實に, 小さい, 小さい割, 小さかった, 小学校の, 少くない, 少ない, 少なかった, 少なくない, 山の, 山の手の, 崩れても, 常に各, 常に小説, 平次も, 年々に, 年中焚火ばかり, 幻滅の, 幾つも, 床屋さんでした, 庭の, 弟の, 強制疎開で, 当地移住まで, 彼と, 彼に, 彼女が, 彼自身の, 往々大, 御先祖, 御承知, 徹頭徹尾現, 忌中だ, 念頭に, 思想家とは, 意見を, 慶安の, 我国には, 所の, 手に, 打潰れる, 指を, 掃除を, 改築する, 政府の, 政治の, 故木戸公, 断絶する, 新宿に, 新宿の, 新潟市の, 日当りの, 日本でも, 日本風の, 旧家だ, 明日とも, 明神下だ, 昨年この, 時々今, 晩年に, 普通の, 暗い家, 暴風雨の, 最初から, 有るまじ月, 有名な, 朝鮮の, 木立の, 未だ利害, 本性上多, 本所の, 村で, 東京から, 東湾汽船の, 果して如何なる, 格子戸の, 森の, 横丁を, 横浜税関の, 歴史の, 残り戸塚, 民間に, 水の, 水車小屋に, 汚いが, 江戸へ, 沢山ある, 浜まで, 浮ぶ瀬, 涙の, 湖水の, 滑稽な, 演劇の, 潰されたに, 潰れなかつたので, 濁川の, 灯影を, 灰と, 灰に, 無かった, 無事です, 無数の, 無言にて, 焼けないで, 焼け失せて, 煙に, 燒け, 爆弾で, 物の, 特に学識, 特別に, 狭いし, 狭いながら, 狭かった, 狭くて, 現代の, 現在の, 生きて, 申すに, 留守番が, 白三班で, 皆黒く, 直間近, 相手の, 相變ら, 真の, 眼で, 眼の, 矢代家の, 知って, 石井久太郎氏の, 石鹸の, 破産し, 確か花崗石を, 祖父の, 神経衰弱を, 私に, 私ひとりで, 私達の, 空つ, 空と, 空気の, 空理空論に, 立ち行くまいよ, 立って, 立つて, 立派に, 竹林の, 笑って, 笑ひ, 第一, 笹村が, 細工町の, 絵は, 綺麗に, 編集者に, 縁に, 美しい花, 聖徳太子であった, 聞きませんね, 自分たちの, 自由を, 芸術と, 芸術以外に, 茶店を, 荐橋の, 荒廃する, 落語家らしく, 蒸気河岸から, 蝦夷の, 西岸の, 見えない, 親戚の, 解散し, 言った, 言つてゐる, 言に, 言ふ, 許嫁との, 評して, 詩人たる, 誰かと, 誰だ, 誰でも, 誰の, 論理を, 豊かで, 貧しかつ, 貧しくて, 貧乏だ, 貧乏だった, 貧乏でありました, 赤瓦の, 起ち上り, 起つ, 農民を, 近かった, 近所です, 近所の, 近頃は, 遂にほろびた, 遂に彼, 運送屋か, 過去の, 道徳家に, 違ったもの, 違って, 遠い昔, 郷里の, 酒の, 重くて, 金が, 金は, 金持だ, 銀座の, 鏡花子の, 長屋の, 門の, 門地も, 間口が, 陰気で, 隣字の, 雑貨屋で, 雨戸も, 雨戸を, 零落し, 霧ふかく, 露地の, 領地を, 頤にて, 顔の, 馬籠の, 駅の, 驛の, 鼎の

1 [5861件 抜粋] あかない, あって, あのカラ松林, あの虫, あまり見当たらない, ありませんでした, あるまい, あれから, いいん, いかにも小さな, いくら縁側, いったいどこ, いつまでも, いつも苦しかっ, いない, いま北条へ, いろはにな, うまくは, おとうさんの, おみやさん, お使, お寺の, お蔭で, かくまでに, かなり手広, がらんと人気, きまって谷みたい, ぐらぐら揺れた, こうした無理, ここまで, ことごとく黒い, このソヴェト, この人生, この地勢, この屁, この時四十歳, この私有財産, この車屋, この間もっぱら, これだ, こんな事, ごたついて, さっさと暇, さも困つた, しばしば年齢, じっとし, すぐ其處, すぐ解りました, すっかり燃え落ち, すでに財産, すべて黒ずんだ, せまいので, そういう矛盾, そう広く, そして哲人, そのため上, その世の常, その作品以外, その取扱, その場, その寂しい, その後父兄の, その方向, その河ぷち, その策源地, その路, その附属物, それからは, それでも夏, そろそろさがし, そんな家, たいてい学問, ただこれ一, たちどころにその, たとい目, だれが, ちっともこっち, ちょっとわかり, つぎの, つぶれ私, とうに潰れ, とにかく演説, どういう家, どうしても筋, どうやら焔, どこでも, どないするの, どんなに狭く, ないかしら, ないでしょうがね, なお未だ, なかなか簡単, なくなるし, なし船中, なるほど古い, ねえでも, はなはだしく卑怯, ひとりの, ひどく貧しかった, ふいの, ほかの, ほれたり, まことにてんやわんやの, まずこの, また久し振り, また紀州家, まだ今日, まだ木香, まるでからっぽ, まるで方向違い, みなそういう, みるみる猛火, みんな最後まで, むしろ茶がかり, もうどこ, もう其処, もう消滅, もう豊か, もっぱら自己, もともと資産, もと南部, もと長崎の, やけなかったの, やはりオッペケ芝居, やめようかと, ゆゑに, よく建てこんだ, より一層客観, わざとらしい質問, アイスクリームよ, イヤでも, ガラスと, ゴヤに, セエラの, ツイ其処, ニガ手, パリーの, フランスにとっては, マルチャノフを, ラテラーノなる, ロンドンじゅうにも, 一に, 一体どこな, 一宗教あるいは一方, 一方では, 一時期あるいは, 一筋繩では, 一軒もござりませぬ, 丁度尾谷川, 三代で, 三年前の, 三間ほどの, 上方に, 下町に, 不断は, 丘陵の, 中家で, 主人と共に, 之に, 事実でも, 二三日不機嫌な, 二十坪ほどの, 二石五六斗も, 二階建てだ, 云ふまで, 五百石の, 京師の, 人で, 人生をまでも, 今にもくだけ飛び, 今何うしてる, 今後新しく, 今申した, 他国という, 代々レコ根性が, 代々子供の, 代々經學の, 代表的な, 仮面を, 伏見屋と, 佇んで, 佐伯と, 何うし, 何となく淋しく, 何個月経っ, 何地に, 何物に対しても, 余りと, 作曲家にも, 保険金だ, 個人の, 借家電話は, 健康色の, 僕が, 元来からの, 兄弟が, 先刻も, 光遍寺の, 全く言語道断, 全部日本式の, 八間間口で, 六畳と, 其の朝, 其舊館なれ, 内部から, 写真屋その他の, 出たそう, 出来るだけ, 初め下谷二長町後, 別に陶器屋, 前九年後, 創作家と, 動搖を, 勿論勤王家, 北国に, 医者だった, 十八と, 千何百年間特殊な, 半分も, 南欧風の, 即ち草葺, 厳密に, 反対の, 取引先には, 古い往時, 古墳よりも, 可成廣いが, 吉原の, 同志壺井繁治の, 名取屋の, 君相応に, 味噌屋だ, 品行端正信教篤実なり, 商店の, 嘲笑した, 四方八方に, 四面とも, 国木田独歩であった, 土嚢の, 在ったところ, 地団太を, 城下から, 堂上の, 墨股敗戦の, 変じて, 外国風で, 多かれ少かれ機械的, 多勢の, 大きいが, 大に, 大切かも, 大変暗く, 大抵あと, 大森の, 大筒をも, 大體, 天皇にたいして, 失望した, 奥方で, 女房などが, 妙義的なる, 娘たちは, 子供心にも, 学問を, 安泰だ, 宗教家らしい, 実に用意周到, 実際小さ, 宴会に, 家屋の, 宿屋では, 富み栄えて, 富貴自在なり, 寺島の, 尋で, 小さく穢く異様, 小一里, 小林秀雄氏である, 小諸から, 小高き丘, 少し古くはなつ, 就寝前に, 屡々云う, 山裾の, 崩れかけら, 左衞門河岸で, 師匠在生中蔵前に, 常常子弟, 平家建の, 幼い彼, 幾軒も, 広くっても, 店において, 庭に, 廣く, 建坪こそ, 引越さなければ, 当今意識的に, 当然たたまなけれ, 影法師が, 彼様な, 往々黨派, 得て, 御祖母様, 徹頭徹尾現実世界, 必ず剣, 忽ち屏息, 思はずほつと, 恐らくは熱帯地, 恰も脚本, 悪趣味, 想像以上に, 感じて, 戊辰の, 或は, 戸を, 手を, 承平, 揃いも, 擧て, 政宗の, 敗殘困憊の, 数え得ること, 敵同士で, 文章を, 断絶白柄組一統の, 新らしく建て直った, 新邸の, 既に世界, 日ましに, 日本政治の, 日蓮宗であっ, 旧家な, 早晩引き払ふよ, 明月谷に, 昔坊主の, 是等の, 晩飯が, 暖衣飽食し, 暮まで, 曾祖父の, 最初鎌倉から, 有りッ, 木の, 木賀の, 本ものなら, 本能的に, 杏庵が, 東中野に, 松林を, 柔らかに, 格子づくりという, 森を, 極めて貧しい, 横浜の, 機械に, 歌壇に, 此うなんだらう, 此家ばかりと, 武家中第, 歴史上の, 殊更に, 毀れる, 毎日鯛を, 気安し郭公, 氷屋であった, 江戸屋という, 決して我が家, 汽車で, 沢山いらつ, 治まらず家, 泰山の, 流行以外の, 浦和に, 海近い, 深い思索力, 渾名を, 滅亡なら, 潔白な, 潰れ多助, 火事に, 烏川の, 無事かと, 無論高田, 焼かれ畑, 焼ける, 焼失致し, 熱が, 父親の, 物持ちである, 特に親切, 独仏入り乱れ, 狼火がわりに, 王朝以来の, 現代に, 理想的です, 生家と, 用心堅固で, 甲州で, 町はずれで, 留守だった, 疑問に, 白味噌の, 皆それ程, 皆眼鏡を, 益々遣切れ, 直ぐ眼, 相手が, 真向う, 眼に, 知つてるだらう, 知合の, 石田という, 破損し, 祈る時, 神田の, 禅家の, 私にも, 科学者に, 穀屋で, 空俵屋の, 突然に, 立川で, 第三, 節子と, 粗末だ, 素一万二千四百石であった, 細い露路, 経費が, 絶えるかも, 綿の, 縁續きなんださうです, 罪過の, 羽前の, 職業的には, 脩の, 自分としての, 自然法則の, 至つて稀である, 良い方, 花巻から, 苗代を, 苦を, 茶座敷なども, 荒れ野の, 落着き払つた態度で, 薫さんに, 蜜柑の, 行きか, 表からは, 表通りでは, 裏糸を, 襲いでも, 見えなかったが, 見て, 見当りませんでした, 親代々の, 触れば, 訊かれた, 誠に手当, 誰だって, 謹んで, 谷町六丁目交叉点の, 財産家それに, 貧乏し, 貴族中の, 賛成し, 赤門と, 路の, 転々した, 辺鄙で, 近郷一の, 通則として, 運悪う, 違いますね, 遠州濱松天神町松島專庵, 郡書記の, 酋長の, 重要な, 金持ちに, 銀閣寺の, 鐘を, 門を, 閉口し, 間もなく引っ返し, 阿古村の, 隅から, 隠居と, 雄弁法で, 電力で, 青い化粧的, 非常な, 須く, 類焼し, 飯田の, 饒舌で, 駒形, 高い階級, 魯か, 黄色の

▼ 家~ (6181, 4.8%)

153 ある 104 あって 103 あった 53 あつた 45 並んで 38 あるの 35 あると 29 あります 28 ありました, 建って 25 あつて 22 出て 21 立って 20 自分の, 見える 17 あるん 16 あるから, 焼けて 15 あるので 14 あったが, あったの, 潰れて 13 あるが, 多い, 多かった, 急に, 見えて 11 私の 10 あれば 9 これを, そこに, ないの, 出来て, 彼の, 残って 8 なかった, なければ, 軒を 7 いて, ない, ないので, なくて, ならんで, 一軒ある, 目に

6 [13件] ありその, ありますから, それを, たくさんある, やつて, 建つ, 建てられて, 或る, 来て, 火事に, 立ち並んで, 立つて, 見えた

5 [26件] あいて, あったので, あったり, あっても, ありますね, あるかと, あること, あるという, あろうとは, ぐらぐらと, そうである, なくなって, 一軒も, 住んで, 出来た, 口を, 多かつ, 建ちか, 建つの, 無かつ, 現われて, 眼に, 続いて, 見つかって, 貧乏で, 非常に

4 [35件] ありそこ, ありましたが, あるそこ, あるだけ, いくつも, いた, ごたごたと, そうだ, ないという, ないん, まばらに, 一軒あった, 今の, 今は, 何軒か, 何軒も, 傾いて, 出にくい, 出ること, 多いが, 多くて, 崩壊した, 己れ, 建つて, 戯曲を, 気に, 没落し, 火事だ, 狭いので, 社会の, 自己の, 自由に, 貧しかつ, 貧しくて, 近くなった

3 [86件] ありましたので, ありまして, ありますが, あるか, あるそう, あるその, あるだろうか, あるとか, あるばかり, あるよう, ある由, いいわ, いずれも, いつまでも, いないの, これに, すぐ近く, その上, それらの, たくさんに, たてこんで, つぶれて, できて, ないこと, ひっそりと, よくやる, アフリカの, 一つの, 一軒, 一軒ありました, 一軒立つ, 両側に, 二軒ある, 今日の, 何よりも, 何処に, 作家の, 出來, 十軒ばかり, 厭に, 変に, 多いの, 多いので, 多いよう, 多くその, 多くの, 好きに, 如何に, 実際に, 富んで, 幾つも, 建ち並んで, 建った, 彼に, 恋しくなっ, 払底し, 揃って, 断絶する, 断絶に, 方々に, 日本の, 日本人の, 昔の, 普通の, 有ます, 村の, 気に入って, 没落した, 潰れるの, 生れて, 盛んに, 私に, 秋の, 空いて, 空に, 立ちならんで, 第一, 見えました, 見つかつ, 見て, 貧乏な, 起きて, 輩出した, 近いの, 近かった, 高座で

2 [358件] あったこと, あったもの, あったらと, あつたなら, ありそれ, ありは, ありましてね, ありますよ, ありません, あり他, あり家, あり家康, あり故郷, あるかも, あるからね, あるきり, あるくらい, あるくらいの, あるし, あるじゃ, あるそれ, あるぞ, あるだろう, あるでしょう, あるといふ, あるとも, あるなと, あるには, あるのに, あるまいかな, あるわけ, あれ程, あんまり, いいと, いくつか, いたるところ, いつた, いる, いるそう, いるの, いろいろの, かくも, ぎっしり建っ, こけよる, このよう, この世で, この世を, この丸沼, この問題, この土地, この点, この辺, この近く, これで, これらの, こわれるよう, こんに, そこにも, その先鋒, その頃, それだ, それであった, それである, それです, たくさんいる, たちならんで, たちました, たって, だんだんと, つ, ついて, つづいた, つぶれるか, できた, ところどころに, どうかする, どうなっ, どこに, どっさり建っちゃった, どんなに困る, どんな家, ないかと, ないから, ないと, ないといふ, ないんで, なかったら, なくな, なくなつた, なけなしの, はるかに, ばらばらに, ひっそりし, みつかったが, みつかるの, むやみに, やれないこと, ゆれる, わからないん, ゐた, ゐて, ウンと, エイとばかり, エタに, ギッシリと, グラ, ゴチャゴチャと, モラリストを, 一つ, 一人の, 一人も, 一文なし, 一枚の, 一番いい, 一般に, 一軒あっ, 一軒あつ, 一軒しか, 一軒だけ, 一軒建っ, 一軒建つ, 一軒建てられ, 一軒見える, 丁度怪物, 三万石の, 世界の, 事業を, 二三軒あった, 二軒あった, 云って, 亡びても, 亡びるという, 人間の, 人間性という, 今でも, 今度の, 今彼の, 今日わが国に, 以前お, 以前の, 何か, 何かの, 何となくかたむき始め, 何とはなし, 何故に, 何萬圓かで, 何處までも, 作品を, 作家に, 便宜上名づけた, 俄に, 僕の, 元日早々障子を, 入って, 写ってたそう, 出たり, 出来たの, 出来ると, 分れて, 初めから, 判らないので, 利用する, 前者を, 勝手に, 千年一日の, 卜筮者に, 危ない, 厭で, 古いと, 古いので, 古いのに, 各一度, 各地に, 吹飛ばされるかも, 問題に, 坂を, 壊れて, 多いと, 多くなっ, 多く輩出, 夜に, 大事と, 大地震, 大変有難い, 天下の, 女王の, 存在し, 客を, 容易に, 密書を, 富裕である, 寡人だ, 尊重する, 小説を, 少い, 少くない, 少なくない, 少なくなった, 居た, 山の, 崇拝せられる, 崩れただけで, 崩れる迄には, 巨万の, 幅を, 平気で, 幾軒か, 幾軒と, 広かった, 広すぎる, 建ちかかって, 建ちそれ, 建ちました, 建ち並び川, 建ってから, 建っては, 建つこと, 建てこんで, 建てられた, 建て込んで, 建ならび, 建込ん, 引っ越しする, 役者の, 後から, 思想統制に, 恋しくなった, 想像し, 懸け隔, 戀しく, 或は客, 手に, 手狭な, 手狭に, 批評の, 揺いた, 散らばつて, 散在し, 散点し, 数学の, 数軒かたまっ, 新たに, 新聞で, 明けられぬと, 映つた, 時の, 有するところ, 有りましたから, 有り得るけれども, 有るから, 来る, 来るだろうこの, 東京へ, 森と, 欲しい, 歐洲の, 殆ん, 水に, 汚物処理の, 沢山あります, 沢山ある, 泳いで, 流れて, 淋しくなる, 滅亡する, 潰れても, 潰れるか, 火事で, 火事を, 点々として, 無いこと, 無くな, 然でなかつたら, 焼けさして, 焼けた, 焼けたと, 焼けたので, 焼けたり, 焼けても, 焼ける, 焼けると, 焼ける家, 燃えて, 燒け, 独占する, 狭いため, 狭いの, 率先し, 現れた, 甚だ貧しい, 留守だ, 発狂し, 眼の, 眼を, 矢田家と, 知って, 破産し, 破産を, 社会制度のみを, 立ち, 立ちませぬ, 立ち行きません, 立派な, 競売に, 筆に, 筆を, 紙の, 繁昌し, 續い, 自分も, 自分を, 臭い, 舞台に, 芝居の, 表現の, 西洋の, 見いだされた, 見えだすと, 見えます, 見つかったの, 見つからなかった, 見付かりました, 見物に, 規則的に, 討たれた後, 説く, 貧しい為, 貧しかった, 貧乏に, 貰ったので, 賑かに, 起って, 起らぬ, 足を, 輩出する, 農民の, 近いから, 近くに, 近づくに, 近所の, 過去の, 過去を, 遽に, 那家那家と, 閾またぐ, 附いて, 隠れて, 集って, 集つてゐる, 集まって, 零落し, 零落した, 零落しました, 面白くない, 頭を, 養成される, 鬼の, 黒く見え出し

1 [3816件 抜粋] あ, あたしたちの, あったそう, あったらそこ, あったんで, あっては, あの家, あまり困らない, あらわれて, ありと, ありますぜひ, ありよくもこんなに, あり径, あり煙突, あり道路, あるかかりつけ, あるため, あるね, あるらしい, あるン, ある其処, ある構造, あれほど, あんまりひで, いうたに, いかにも美しい, いかに強大, いたこと, いつか来た, いては, いひましたが, いるかって, いわせなくても, うまく行っ, おそろしくて, おもしろくなく, お取りつぶし, かいて, かず多く, かなり多い, きいたん, きれいに, くちゃくちゃに, こういう当てずっぽう, ここまで, このお, この半蔵ら, この後成功, この通り, これこそ, こんなになった, ございましたかね, ござること, さういふ数学的関係, さまようて, して, しょんぼり建っ, すぐ親分, すつかり, すわった, せまい場合, そうやすやすと, そのうち, そのアバニシー, その先進性, その奥, その後どう, その持説, その気合, その筆頭, その芸術, その通り, それぞれの, それほどお気, そんな冷, たくさん来る, たちまち貧しく, たまらないから, ちがいますよ, ついここ, つくると, つぶれました, できあがった, できる, でき上がったら物, では, とにかく数日, どういう家, どうなった, どこまで, どの方面, どんなに大事, ないそう, ないはず, ない爲, なかなか手, なくなったと, なくなるまで, なすべきこと, にわかににぎやか, のがれたく人, はつとして, ひとつあっ, ひょっこりあらわれる, びんぼうで, ふとなつかしく, ほかに, ほろびたことはもつたいない無駄な, ほんとの, ぽつぽつ建てられた, まずしいもの, また新しく, まだ二条, まだ燃え, まるで小石, みつかった時, みんなやります, むきにな, もしもいい気, もつともつと村, もらえると, やけるか, やはり低い, やるといふ, ゆれるよう, よくある, よく見え, よもや眼ちがい, わかったらすぐ, わが国の, わたしたちの, ゐない, ゐるゐないに, エライという, ゴチャゴチャかたまった, ソプラノで, ト, バカバカしくて, ブルブルふるえます, マンベンなく, ルノルマンの, 一つある, 一つ所に, 一万の, 一人前に, 一切の, 一度びこ, 一時間に, 一番かたい, 一番適当だ, 一般的に, 一軒ぽつんと, 一軒欲しい, 一閨秀詩人と, 丁度惣菜, 丈の, 三四人門前寺の, 三百戸ほども, 上原と, 下水へ, 不意に, 世の中に, 両翼を, 並んでるので, 主人苦沙弥先生を, 九分迄, 予想外に, 二つありやす, 二三軒あつ, 二三軒黒, 二十面相の, 二軒あっ, 二軒立つ, 云ひ渋る, 五六人資本を, 五十法の, 亡びかけてからの, 交渉に, 人前で, 人質として, 今また, 今日は, 今社会, 他へ, 令旨を, 伊那だ, 住み心地, 何だか陰気, 何ものにも, 何名か, 何気なく野原, 余り喋舌, 余計に, 作家倶楽部と, 供給した, 保有し, 個人的に, 倒れ板, 偶, 傾き赤土, 僕らの, 元来甚だ立派, 先祖代々から, 全員を, 八九分方出来上つた, 共同で, 其の學問, 再興された, 出たが, 出ました, 出張店の, 出来たら次に, 出来るよりも, 出鱈目に, 分らんの, 初老を, 別らない, 制定せられた, 創作家でも, 助かつ, 募集した, 医者だ, 十餘戸ある, 半年に, 単に, 即ち其, 厭だつたら, 又何とか, 取り上げる婦人問題, 取潰されたの, 古いため, 古着屋である, 史跡擁護を, 各國家, 同一の, 名論卓説を, 君と, 味わうよう, 商売の, 四万三千石でした, 四谷の, 困るからね, 国外へ, 土方の, 在り若い, 地震で, 城内の, 塊まっ, 壊れかけて, 売れると, 夏目漱石氏の, 多いざま, 多かれ少かれ何らかの, 多く一方, 多く芭蕉, 多少無責任, 大きい事蹟, 大きらい, 大変に, 大方戸, 大覚寺統に, 天職でも, 奥州征伐に, 好きで, 妬んで, 委曲周旋また, 嫌ひでならなかつた, 存在しなく, 学校にばかり, 安泰で有ろう, 定まりましたで, 実子殺しを, 家だけに, 容易ならぬ, 寄って, 対象を, 尋ねました, 小さなわり, 小説家たり, 少しは, 少年の, 居住地の, 山城守に, 岸野に, 工業家である, 市街戦のき, 幕府より, 年中寒い, 幾人いた, 幾段にも, 広いと, 広く客観的, 廣い, 建ちかけて, 建ち信託会社, 建ったが, 建つだいぶ, 建つ時節, 建てたい建てなければ, 建て詰まりすっかり, 廻わらぬ, 当代稀れな, 彼自身の, 後々までも, 従者を, 御用を, 心や, 必要だ, 快く会っ, 怎うならう, 思い出されて, 性格を, 恋しくな, 恭順した, 悪いの, 愉快に, 慕わしくなる, 戀は, 戦争に, 戯曲的に, 手不足で, 承知する, 招待せられ, 持てれば, 振動し, 接近し, 揚屋といふ, 搾取で, 改易に, 政治に, 教育の, 数世紀に, 数軒立ち並ん, 文字なる, 断然として, 新しく成つたら, 新華族中, 日あたりが, 日本中の, 明いて, 明經道を, 是の, 時には僕, 暗くなかったら, 曲を, 最も愛着, 有ったの, 有る, 望まれる事, 本世尊院, 条約改正の, 来る頃, 果してその, 格子の, 極めて卑近, 横死を, 次の, 歌つた恋歌を, 此処に, 歩いたり, 死んだという, 殊に疎, 殴り倒され麻雀, 民族的自覚を, 氣に, 江州に, 沒落し, 沢山署名, 泥棒に, 派手に, 流離し, 涼しそう, 清原武衡と, 滅びてから, 漫に, 潰れないよう, 潰れるに, 潰倒し, 火の, 無い, 無くなる事, 無性にある, 無類の, 焼けかかって, 焼けた後, 焼けるまでは, 焼け妻子, 熊野出身の, 燃え尽くして, 牛込区の, 特にこれ, 狩衣姿で, 狭いん, 猛獣を, 珍重する, 現われたと, 現在僕が, 生きふるし, 生れるまで, 用い得る所, 町から, 病人を, 発育の, 白菊を, 皆ふっ飛ん, 益, 直ってからという, 相手に, 真に日本橋, 瞬く間, 知識人が, 破産する, 社会から, 神の, 福を, 移ってから, 空いたから, 空想し, 立ちつづい, 立ち腐れ, 立てられなければ, 立込み斯, 笠屋町に, 笹島先生の, 米之子, 紀傳道を, 紹介し, 経済に, 絶えず思想, 經濟的に, 繁昌するだらう, 群を, 考えても, 聴ず, 脚本の, 自ら任じ, 自分自身を, 自殺などを, 自身の, 良いさ, 芸人の, 苦しい声, 荒い路, 蒙昧人の, 虫食い歯の, 行儀よく, 被害の, 製作品の, 見えたが, 見えましょう, 見える飴, 見たくなったもん, 見つかったなんて, 見つからぬので, 見つかるであらうかと, 見付か, 見学や, 見附かつた, 触れて, 訪ねて, 詩を, 語って, 誰にも, 諸国の, 豊で, 負は, 貧しくな, 貧乏で困つ, 賀茂, 賣られた後, 起てば, 身分が, 軽く突き放す, 近いので, 近ごろペルーの, 迷惑すれ, 途絶えて, 造作も, 遊惰の, 遠いからばかり, 遠くなる, 選ばれ彼, 酒屋であった, 重ねていう, 野火に, 釘づけ, 鎮守府将軍に, 開いて, 間違ひ, 隆盛の, 隱れ, 雑然と続い, 雪の, 静かに, 頻りと, 飛ぶかも, 首, 騒ぎだ, 魔法博士の, 黒眼鏡に

▼ 家~ (4053, 3.1%)

163 あつた 19 あつて 16 待って 12 自分の, 酒を 11 食事を 9 私は, 遊んで 8 仕事を, 何か, 私の 7 それを, 寝て, 暮して, 泊めて 6 さへ, それは, 使って, 働いて, 夕飯を, 聞いて, 飯を

5 [11件] あらう, して, でも, 人が, 女の, 彼に, 彼の, 彼は, 待つて, 御馳走に, 飼って

4 [15件] あつたら, いらつし, ぶらぶらし, わたしは, 世話に, 人の, 何を, 例の, 子供が, 拵えて, 持つて, 暮すこと, 朝飯を, 留守を, 私が

3 [59件] あつたの, あらうと, あらねば, いっしょに, いながら, ござります, ごろ, さ, せう, その二階, その家, もって, やって, わたしが, 一と, 一人で, 一夏を, 一夜を, 下男を, 世話を, 二人の, 人を, 他人の, 出して, 厄介に, 夕食を, 多計代, 女中を, 宵から, 家を, 小説を, 庭の, 彼を, 御馳走を, 手造りに, 日を, 暮した, 此の, 死なして, 母と, 泊ること, 湯を, 父と, 神妙に, 私を, 美しい娘, 育って, 育てられて, 自分を, 草鞋を, 訊いて, 話して, 話を, 赤ん坊が, 部屋の, 酔って, 金を, 静かに, 非常に

2 [258件] ぁこったに忙が, あつたらしい, あつたり, あなたからの, あなたが, あなたは, あなたを, ありすぎる, いつと, いろいろな, おまけに, おれの, お客が, お客を, お茶を, お酒, かれの, これと, これも, こんなこと, ごろごろし, さへも, してね, すること, その住居, その方面, その男, その話, それが, ちらと, つかって, つまり田舎政治家, どうして暮し, どこに, どこまでも, なくして, ね, ねこの, ねて, はるん, ふさがって, ほかにも, もう丸二年, やる, やれる内職, わたしの, ゐながら, ブラブラし, 一つの, 一人の, 一人は, 一生を, 一緒に, 三十七年振, 三度も, 両方とも, 主人と, 主人は, 久子の, 事なかれ, 二三時間休む, 二人とも, 二人は, 二階に, 五六年前に, 人に, 今も, 仕事する, 休んで, 会ったとき, 会って, 会ふ, 何の, 作って, 偶然に, 僕の, 冠婚葬祭を, 刀の, 前に, 勉強し, 勉強を, 十六に, 去年の, 口を, 古今東西の, 君たちの, 呼ぶ名, 呼んで, 商いを, 商売の, 噂を, 垣の, 壁を, 変ったこと, 夏を, 夕餉も, 多くの, 夜に, 夜は, 夜まで, 夜を, 夜更けまで, 大勢の, 夫の, 奥の, 女たちの, 妻が, 始めたもの, 学資を, 宝の, 客を, 家も, 家財とても, 寝こんで, 寝ると, 小刀の, 小林の, 年を, 店の, 店番を, 庭に, 弁当を, 彼女の, 彼女は, 御飯たべ, 徳さんに, 徹夜し, 心配し, 心配する, 忘年会, 急に, 成年に, 戸じ, 探して, 支度を, 教は, 料理し, 新聞を, 昔は, 昼の, 昼寝でも, 昼風呂に, 時間を, 晩飯を, 晩餐を, 普請を, 暁方まで, 暇さえ, 暑中を, 暮らした, 暮らして, 曉方まで, 書斎に, 書物と, 書生を, 最近に, 月々の, 月見が, 有名な, 朝は, 本を, 本当の, 机の, 村の, 来客と, 東の, 柊や, 株を, 武士では, 死んだ, 死んで, 殺しが, 母が, 母親が, 水を, 泊った, 泊まって, 泊る, 洒落本を, 温和で, 激しい情熱, 無くな, 焼酎を, 煙草盆は, 父の, 物を, 特に地方, 独り暮しを, 狹い, 生まれた, 生れた日, 生れて, 生活し, 盃を, 真に誠実, 眠られるもの, 着たの, 着て, 知らない者, 石の, 碁が, 碁を, 私達は, 立派な, 精いっぱい威張り散らし, 紹介された, 維新の, 締りが, 而も, 職員室に, 育つて, 育つの, 自分が, 茶を, 茶店を, 落ち合って, 落合ふこ, 薬を, 蚊やり, 行われた, 行儀なんか, 裏には, 西森の, 西洋料理を, 見たこと, 訊きましたが, 誰か, 誰れ, 調べて, 辰井の, 迎えた, 近所が, 近江屋とは, 迷信は, 造作も, 逢った, 遅くまで, 過ごした, 過ごすこと, 過した, 金持で, 針仕事を, 長いこと下院, 長女が, 雇って, 面倒を, 顔の, 風呂を, 食事し, 飲んだかて, 飲んだり, 飼は, 餅を, 養生する, 驚く, 高木の, 髪を, 鳴らして

1 [2900件 抜粋] あいかたを, あたしの, あつて自分, あの関所, あらうが, ありすぎたこと, あるきを, いえば, いちど泊っ, いつの間にかかなり大きい, いとねん, いらせられること, いわゆる三文菓子, うれしかつ, おいでなさる, おこない近所, おつぎ, おなじやう, おもて, お前が, お嬢さんたちの, お引越し, お浜たち, お目, お蔵, お駒ちやん, かたく美味, かなりな, かの女, かんざし, きゃッ, くらしました, こき使われるか, ここを, こしらえる事, このひと, この勤行, この縁談, これからまだ明るい, これは, これ以上の, ごく小さい, ごちそうにな, さあね, さぞ彼奴, さんざん嗅ぎ慣れ, しかられたもん, しばしば日本学会, しんばり棒として, すやすやと, すらも時, すると, すんで, せむしで, そう心配, そこは, そして自由, そのころ祖父, その丑待, その女主人, その意味, その椽側, その狩, その茶屋, そりくりかえって, それで内, それら理屈的な, そんな自己的, たくさんくれます, ただ遊ん, たとい発句, たんねんに, だつて出來, ちがった話して, ついて, つくので, つづいて, とても我慢強い, どういう事情, どこか, どんなことば, どんな場合, なされた, ならいくら, な八つ, ね私たち, はじかれた, はたらいて, はね昨日, ひっそりと, ふと手, べた, まことにつらい, また同時に, また須磨寺, みた一番綺麗, めぐまれて, もさうするの, もらったデベラ, やったの, やるが, ゆうべ宿を, ゆるがぬ石, よかつ, よく働い, よその, わけて, われわれの, アルベニスを, オサキを, ガッチャンガッチャン裏の, クリームや, コンディションを, ゴロゴロし, スパゲッティの, チョビ安を, ハウスキーパーを, パン種から, フリードリヒ大王の, ペットを, メードを, ランプを, 一つ机で, 一人前四十スーの, 一夫婦が, 一度会った, 一日中本を, 一時間あと屋井の, 一晩泊りまし, 一杯やらかそう, 一献酌む, 一番の, 一番確り, 一番表立つた, 七人目の, 三人遺稿集の, 三宅軍兵衛と, 三本買っ, 上ると, 下平河の, 不愛想, 且社會改良に, 世間師の, 丸一日の, 主任を, 乳母の, 二三日悠っ, 二十一日は, 二室ばかり, 二絃琴を, 二階の, 五平と, 井師は, 京野等志が, 人相見の, 今は, 今日は, 仕事したい, 付けて, 以前彼は, 仲間と, 休むが, 会いましたが, 会える仲, 会った時, 会議を, 伸子たちが, 何かの, 何にも, 何故こんな, 余り好, 作らせたの, 使うん, 使つてゐる, 便衣隊の, 修業する, 候諷刺家で, 偶然君という, 催される小, 働かなければ, 兄に, 先年内藤文學博士が, 入口の, 八畳二間と, 其の記憶力, 凝っての, 出たもの, 出來, 出来たの, 出逢ったの, 初めて見た, 利己的で, 創業費は, 劍術ご, 勉学の, 勢ぞろいする, 化粧品を, 十二歳の, 半日遊び暮し, 単純に, 厳しい祖母, 又校勘, 双方の, 受けたあの, 受付けを, 古びた格子戸, 可成天才, 吉川氏は, 同時に巨万, 名物の, 君の, 味わって, 唯一の, 善いところ, 嗅いだ鉄漿, 四代目クラブ以下鎌倉組の, 四角な, 囲碁の, 土いじりの, 地獄かせぎ, 堀夫婦の, 墓参の, 売った飯櫃, 夕めしを, 外国人だ, 夜ふけまで, 夜更けに, 大きい鼠取り, 大切が, 大家と, 大變, 天理教の, 夫人の, 奥庭が, 女中代りに, 好き自由に, 妻君が, 始めの, 姿の, 子供に, 子分の, 孫の, 実業家が, 客は, 家じゅうで, 家人たちの, 家庭教師という, 家業を, 宿ぐらゐしますよ, 富裕な, 寝た, 寝るという, 寢起きし, 寿江子が, 小さな室, 小學時代, 小規模に, 少とや, 屋根裏病的陋巷凡そ, 山の, 屹度届けます, 左利きは, 帳場や, 干して, 年ごろの, 幼い娘ケーテ, 幾間も, 度々会っ, 庭は, 弁当なと, 弥之助の, 当時の, 待ちくらし, 待つこと, 従姉の, 御在, 徳さんの, 必ず晩酌, 応接とは, 思いがけなく会った, 怪しげな, 恵美は, 情交の, 愛書家であった, 慶大教授, 成長し, 我輩は, 戦争に, 戸の, 手入れの, 手洗鉢の, 払おう, 拒んだの, 拵えた五, 拵えるよう, 持って, 挽割を, 捨て置くまいと, 搗かせること, 故郷で, 数日間暮らす, 文豪である, 新らしく作った, 方々に, 日本に, 旧師の, 明日という, 昭和十九年十二月十三日から, 昼食でも, 時々同席, 晝寢でも, 晩餐の, 暮した道子, 暮らすの, 書物さえ, 最高の, 有り得たの, 有職故実の, 朝晩に, 木村は, 机を, 松島は, 某新聞, 校刻した, 案じると, 梟雄とも, 楽器などという, 欝ぎこんで湿っぽい, 歌うと, 止宿人に, 此宮中の, 武芸の, 死のうとは, 死事を, 殊にお母さん, 殺されたもの, 母の, 毎日なにを, 毎旦孝経, 毎火曜, 気むずかしい癖, 永井一郎という, 沢山の, 泊って, 泊るの, 洗いそれ, 浅井の, 消えて, 湖水の, 漬けたもの, 激し易かった, 無くなった品, 煙草を, 燃料に, 父は, 版籍を, 牧野や, 特に英語, 狎れ, 玩具問屋の, 甘藷くつて, 生まれた源氏, 生れたの, 生れた奴隷, 生活する, 産まれたの, 田山花袋氏選の, 男の, 畑に, 疎開する, 病父の, 登りきったところ, 百物語を, 皆んなに, 目を, 看板を, 眠って, 着物が, 瞞され, 知られて, 碾かせますと, 祀った産土神, 神経的な, 私たちの, 種子姉を, 穴の, 窃盗を, 竈を, 競馬石鹸一箱を, 第一流, 米友の, 純粋セッター種の, 終わる命, 結婚前の, 絹商売を, 縫えるよう, 美しい妻, 習慣づけられた, 老母の, 聞いた, 聞いたん, 聞かされたいろんな, 育ちましたの, 育ったの, 育つたのよ, 育てられた孤児, 脱線の, 自分たちの, 自尊家につき, 至極閑静, 船を, 芝居が, 花見を, 若い叔父, 英文法でも, 草餅を, 落ち合うと, 葬式を, 蒲生家に, 薪わりを, 藤田小四郎らの, 行なはれた, 行われた幼, 行燈の, 表現に, 製したパン, 見かけない婆, 見た三面鏡, 見た梁楷, 見つけて, 見るよう, 規則立った勉強, 親切な, 親爺や, 訊くより, 評判の, 詩の, 話したこと, 話合いました, 読み慣れて, 誰かを, 謙一の, 豊臣の, 貧しい暮し, 貯へて, 買ったという, 質素に, 赭ら顔の, 起った事件, 足を, 身持が, 辛抱した, 近所界隈は, 送り翌日, 通りから, 造ったもの, 造り祖母さん, 逢ったどこそこ, 逢ふと, 遂には, 遊ぶ方, 過ごしたが, 過去に, 遠くから, 邂逅し, 酒と, 酒巻ドクトルの, 釈くこと, 重要視されね, 金沢柵や, 鉄面皮で, 鐵砲で, 長年の, 長谷川といふ, 門下に, 開かれる舞踏会, 間か, 降る雨, 陶工と, 隠れんぼを, 雨が, 青い花電気, 面白い人物, 順繰りに, 顫へて, 飛んだ仕事, 食っては, 食べましょうわい, 食べる時, 食堂の, 飲むと, 飲んでるの, 飼つて置いた, 飽きっぽい, 香の物や, 駕籠なんかに, 骨折仕事を, 高坂と, 鳥井さんと, 鷄の

▼ 家~ (2448, 1.9%)

53 ある 36 あった 21 あつた 17 人も 15 ない, 屋敷も 9 なければ, 財産も 8 ありました, あるが, ないので, なかった, 何も, 土地も 7 ないし 6 あります, どの家, 今は, 庭も, 焼けて, 畑も, 道具も 5 あらなくに, ないの, 同じよう, 戸を, 木も, 自分の, 邸も

4 [18件] あったが, あって, あり, あるし, あれば, この立派さ, その頃, それを, たつ家, ないで, ないよう, なし, 人手に, 多い, 捨てて, 樹も, 田畑も, 金満家も

3 [27件] あるの, あるもの, あるよう, いつまで, その一つ, また同じ, 世間ど, 人の, 人間も, 何の, 俳優も, 古びて, 国も, 土蔵も, 地所も, 垣根も, 墓も, 多かつ, 小さいが, 小説家も, 少なからず, 彼女の, 探して, 無ければ, 知って, 稼業も, 蔵も

2 [160件] あきあきして, あったから, あったので, あらたに, ありません, ありまた, あるくら, あるという, あツ, いた, この事件, この家, この辺, これからは, これで, これに, これを, ございます, ございませんで, すてて, そうであります, その道場, それに, たたんで, どこか, ないから, ないやう, ない父, なかつた, なくなり町, なくパン, なく人, なく人影, なく旅, なく荒地, なって, ねえよう, またその, また当時, また空家, まばらな, まるで見当, みんな同じ, やはり銀座, マルクスの, 一々霊鏡, 一つも, 一つ地所の, 一種の, 世も, 丘も, 中国辺の, 二間, 亦決して, 人が, 人民も, 今こそ, 今日の, 仕事も, 佐竹とばかり, 何にも, 何家も, 何軒か, 作家も, 倉も, 写真師の, 冬までには, 出て, 出來, 出来大, 取られ濁り, 古くから, 合百の, 同じこと, 同様な, 同様に, 同然の, 名も, 哲学家も, 園も, 地主も, 地位も, 地面も, 壊え, 外は, 多かった, 大きいし, 大きく蔀, 大阪の, 奥まで, 妙な, 妻も, 妻子も, 宗教家も, 容易に, 尋ねて, 小二十軒, 少なくない, 少なくなかった, 居るの, 工業家も, 幾万斤の, 広くは, 店も, 往き相場師, 忽ち不思議, 思えば, 患者を, 成さない, 或る, 手入は, 批評家も, 捨て, 教育家も, 昔に, 昔は, 最後が, 来た, 次第に衰え, 此の, 此子も, 死後の, 残らず流れて, 段, 猫好きだ, 生物と, 畠も, 皆, 相当に, 相応に, 着物も, 祖父の, 空つ, 継ぎて, 自分たちの, 自分自身も, 自國, 藏も, 表の, 表札が, 見えなかった, 見えなくなって, 見えなければ, 見えません, 見て, 見当たらなかった, 見当たらなかったの, 調度も, 貧しい家, 赤松の, 起きて, 身上も, 身寄りも, 軍人も, 迷惑だろう, 金も, 長閑な, 離れて, 食べ物も, 馬も

1 [1668件 抜粋] あけがち, あったくらい, あったもん, あつた様, あの女王, あらわれるに, ありかみさん, ありて, ありますけれども, ありませんでした, あり安倍家, あり粒, あり親, あるくらい, あるでしょうね, あるなり, あるまい, ある我國語, ある身, あわせて, いいが, いかにも貞任, いずれは, いました, いよ, いらない命, いるでしょう, いれば, おかげで, おひささん, おもしろい上品, おりました皮肉屋, お前さんに, お北姐さん, お売り, お父さんが, お魚, かかる運命, かわりは, きれいに, こうしてたま, ここ一けんです, このため, この内, この数年, この混迷, この際, これから夏, これくらい, これまでよりは, こんな書物, さういふ風, さうでしたが, さるすべりの, しまひ, しんとして, すぐ目, すこしは, すっかり焼け, すでに母, すゝんで, そういう心構え, そうです, そう遠く, そのため, その中, その体, その子, その当時, その後は, その日, その流, その生命, その通り, その開業當時友人, それこそ, それな, それらの, そんなに遠く, たくさんあった, ただ後ろ, たてましたが, ちかく朝, ちょうど焼け落ちた, つい先頃, つねに光輝, つん燃されて, とうてい長く, とうに畳ん, とびとびに, どうかしなきゃ, どこの, どのあたり, ないが, ないです, ないはず, ないゆえ鴨, ない人, ない場合, ない妻, ない小さな, ない波, ない行く先, ない風来坊, なかつたため, なき深山, なくあらゆる, なくただ, なくて, なくなつ, なくなるはず, なく一管, なく又は, なく四方, なく定まる商売, なく柳, なく猫, なく素性, なく金, なしため, なし席, はおりさ, ひっそりと, ひどくちっぽけ, ぶっこわ, ほかへ, ぼつぼつ旧, またか, またしかりです, また一つ, また勿論そう, また同断, また同様位置, また大阪落城, また学問, また己, また戸閉, また美術商, まだどこ, まだ多い, まだ指摘, まだ盛ん, まぬがれなかった, まばらにしか, まれで, みな仮, みな平屋の, みな深く, みんなお前が, みんなだんなさまの, みんなわ, みんな変りなく, みんな知っ, むかしは, もう今, もう目, もっと繁昌, やがて都, やっぱり文中, やつぱり十八九だ, やはり安倍川, ゆっくりゆっくり中, よく, よく存じない, よほどの, わかつて, わが子にも, わるくない, われんばかりの, ゐられるが, イギリス人の, サジを, ツワイ・キンダー・システム, ボロ家, ランプだった, 一先搜索を, 一族を, 一杯で, 一笑に, 一緒に, 一般民衆も, 一軒借り, 丁度空二さん, 三度目の, 不愉快で, 世に無き, 世話が, 中国では, 丸焼けに, 之には, 九州に, 二三ある, 二流です, 二階屋で, 亡び竹山城, 亦, 亦そこ, 亦家運, 亦彼等, 亦柏軒, 亦現在, 人様に, 人間である, 今しがた美和子が, 今夜一と, 今御, 他家も, 以前は, 伯爵夫人も, 住居は, 何もかもすっかり変っ, 何もかも悲しい, 余りひと, 侍分では, 俺たちの, 借地だ, 傾いて, 僧侶も, 儼乎たる, 先日引上げた, 入って, 全く油断, 全盛で, 六十万石も, 兵士を, 其事を, 内部に, 凍りついたよう, 出た, 出来た, 分かったの, 前に, 労働者も, 勝手の, 勿論の, 医者も, 半水, 卿の, 去年の, 又先考, 及ばぬ勢威, 双親, 取り潰した上, 古い郷士, 同じもの, 同じ境遇, 同様であった, 名僧と, 君の, 周囲に, 命も, 商売も, 営業を, 四方を, 国土も, 土地建ち, 地球の, 執念くうかがっ, 壊されなかつた中年女, 売つちま, 売る状態, 変則中学校の, 外国銀行へ, 多いよう, 多く輩出, 多少駒井, 大いに手, 大きな真言, 大に, 大久保が, 大分賑わっ, 大工も, 大政治家, 天才も, 失わなければ, 奥が, 好いじゃ, 如法の, 姉さんの, 子供たちに, 学者も, 安全で, 安泰である, 官僚も, 定まつ, 実際の, 家敷も, 家畜も, 寂しかろう, 富貴だった, 寺島と, 小気味よく灰, 少くない, 少しも, 少なくただ, 少年の, 居なかつたが, 屈伏する, 山も, 崩れ有限, 巷も, 帰りて, 平家で, 広い, 広くなりまし, 床も, 廃ったなあ, 建つて, 建てなくつちやなん, 建揃つた玉の井へ, 引払って, 引越しといふ, 彼の, 御座いません, 心も, 必要以上に, 忘れるばかり, 思いだしたこと, 恋しかった, 恐らく日本, 悉く閉口, 悪臭紛々たる, 慾が, 戦前に, 戰災でなく, 戸締りを, 手を, 手広ければ, 打ち込んで, 押転ばし, 持たずことごとく, 持たぬ娘, 持つて, 捜せば, 捨て妻, 撰まず, 改易に, 教えなかったこと, 断絶させた, 断絶と, 新築を, 既に売払っ, 日本で, 日本人なら, 旧に, 早く畳ん, 明るくなっ, 昼眠を, 時あり, 普通な, 暗く細長い土間, 最上義光と, 有り殊, 木の葉越しに, 未だあたり, 未だ経国, 本所である, 杉田という, 来て, 柳家, 栄る, 格納庫も, 森の, 検事も, 楽に, 横浜に, 次郎にとって, 此方が, 歩道から, 残して, 殘した, 母親も, 民衆も, 気に入っては, 気持がよ, 汚し度, 没, 河野もと, 治らず国, 法皇の, 洗禮を, 流れる大木, 淋しく成行中, 渾べて, 準じて, 漸く裕, 火の, 灯影も, 無いという, 無いもの, 無かつ, 無く従類眷属, 無し学者, 無事に, 無理矢理身重, 無闇に, 焼かれて, 焼けなかったの, 焼けなかつたン, 焼け会社, 燒け, 牧場の, 独立し, 狭く汚く屋根, 獣も, 現れて, 現代において, 用材の, 甲州出で, 畢竟一個, 疎な, 痴情関係で, 白蟻の, 皆同じ, 皆灰, 目に, 直ぐ様動く, 相続された, 眠って, 知らなく, 砂原も, 破産の, 確かに, 祖父までは, 私は, 秘めて, 空いて, 空襲で, 立てべ, 立退かなければ, 答へを, 粗末な, 紀州田辺まで, 細かく葺いた, 経済学者も, 継いで, 編年體で, 美術家も, 肉親の, 自分一代で, 臭い, 舌を, 船宿構えの, 芸術家も, 菊枝の, 虫が, 街路も, 表は, 襲って, 見うけられた, 見えず腰かけて, 見えます, 見つからない, 見ましたが, 見付からなくて, 見切り時だ, 見当らずまして, 見窄, 親類に, 言い合わせたよう, 訪ねる氣, 評論家も, 読み羽, 警視庁も, 豚小屋の, 貧しくみすぼらしい生活, 貴嬢, 買えば, 貸金が, 賢母良妻主義以上の, 起こすほう, 路も, 身寄も, 農家である, 近し似よった, 追分も, 逆旅の, 逝くなられる前, 遂に断絶, 道徳家も, 道長の, 遠く進退, 避難し, 野に, 長い期間, 開けつ放しで, 間違えよう, 随分あった, 随分ごたごたし, 随分食わせ, 隣の, 雨露を, 露次に, 靜かで, 音楽家と, 飛び出して, 飯を, 馬子は, 骨内も, 鶏とか

▼ 家から~ (2333, 1.8%)

104 出て 25 持って 15 家へ 14 帰って 11 して, 外へ, 飛び出して, 養子に 10 離れて 9 見れば, 金を 8 姿を, 家へと, 来て, 用意し, 電話が 7 学校へ, 彼の, 暇を 6 一と, 一歩も, 出たの, 出ると, 嫁いで, 持つて, 送って, 運んで, 頼まれて 5 では, 外に, 嫁を, 誰か, 逃げて, 遠くない, 飛出して

4 [13件] あまり遠く, 何か, 借りて, 出た, 家に, 帰る途中, 弟仲麻呂, 手紙が, 来たの, 程遠からぬ, 迎えが, 迎へ, 通って

3 [32件] ここへ, そんなに遠く, もらって, やつて, 一人の, 一町ばかり, 使いが, 出して, 出たと, 出たもの, 去って, 取って, 家を, 少しは, 火が, 町の, 眼を, 秋川家に, 紛失した, 縄付を, 荷物を, 葬式を, 見て, 見ると, 誰も, 走って, 迎ひ, 逃げ出した, 逃げ出して, 逃れ出, 離縁に, 駈け出して

2 [128件] あかりを, いえば, いちばん近い, こっそり運び出された, すぐ近く, その家, だいぶ離れ, ついて, つい五六軒向う, でて, ぬけ出して, もって, ヒマを, 一町あまりに, 一町ほど, 一町程, 一里の, 三丁ばかり, 三丁位行く, 三町ばかり, 不当な, 事務所へ, 五丁程, 五六町離れた, 今の, 他に, 使に, 使の, 來た, 出かけました, 出た宝物, 出た者, 出ないの, 出ようと, 出る, 出ること, 出火し, 刀を, 分れて, 分家し, 別の, 半町ほどしか, 叔父の, 取つて, 嘱托せられ, 外へは, 夜の, 大病人の, 大通りへ, 女の, 娶ったが, 嫁し, 嫁に, 嫁の, 嫁入っ, 子供の, 学費を, 学資を, 少し離れた, 山の, 平次の, 廊下傳ひ, 引取りに, 御養子, 徳島へ, 急使が, 懇望され, 抜け出して, 拝領した, 拵えて, 持参の, 放たれて, 数歩の, 書いて, 来た, 来たお, 来たので, 来た書翰, 来ました, 東京へ, 栗の, 槍を, 正式に, 歩いて, 死骸を, 火事が, 父親と, 生まれたの, 病院通いを, 発見された, 目と, 短刀を, 程遠くない, 立って, 立退いて, 繩付を, 老人が, 聞いた話, 脱出したい, 良吉を, 見ては, 言出した, 走り出て, 転じて, 迎えた, 迎へに, 近いの, 近いので, 追い出されたの, 追い出される時, 追ん, 送つて, 逆に, 通うの, 通った, 連れて, 遠くも, 遠く離れ, 遠く離れた, 選ばれて, 酒を, 金が, 離れるよう, 顔が, 飛び出しました, 飛出し平次, 食事を, 養子を

1 [1549件 抜粋] あった娘, あのまごう, あの品, あまり快い, あれを, いえばさね, いくら取り, いつの間にかその, いなくなった三つ, いまの, おっぽ, おひ, おやしき, お増, お店, お扶持, お絹, お通, お願, かえる時, かしこの, かなり離れた, きた, ぐれ出た小, こちらには, この一ぜんめし屋, この池, この関守, ごく近い, さし廻されて, さほど遠く, さらつて來たんだ, すぐって, すぐ上, すこし行く, すでに厚化粧, ずっと水際, そこの, そそくさと, そのままパリ, その他珍しい, その実, その日, そりゃア嘘, それ以上の, たくさんお礼を, たまに, ださうで, だれか, ちらちらと, つれ出して, ですこんな, で高い, とどけられた, とりつづけながら, なら裸, なんの, はこび出す時, はなれるよう, ひきぬいて, ぴか, ほぼカヌカ, まず町, また今年, みたら無知, みんな山ゆきすが, もたらした物, もれる子供, やや一町, よこしたモデル, わざわざ取調べ, わざわざ送り届け, アヤカシの, キャバレー歌舞伎へ, スタスタと, ヒュッヒュッと, フェンチャアチ停車場への, ポツンポツンと, ライオンの, 一キロほどの, 一ロッド, 一二町南に, 一人たり, 一味の, 一日じゅうラジオか, 一月の, 一生使うべき, 一町も, 一粒の, 一足先に, 一里ばかり, 一里半ほど, 丁度等しい, 七分ぐらい, 三代めの, 三味線の, 三四間離れた, 三百両の, 三軒目で, 下が, 下は, 下女が, 下谷黒門町の, 不用な, 与えられた千葉城址, 中学へ, 中野鍋屋横町の, 乗って, 二丁程も, 二三町さきの, 二三間手前の, 二十何町離れた, 二男と, 二百円持ち出し, 云い付けられて, 五丁と, 五十フィートの, 井上という, 交際を, 人に, 人力車に, 人間を, 今日の, 他国へ, 付けて, 令嬢との, 仰ぐつもり, 伝えられて, 低く脚, 何ぞいいつかっ, 何の, 何処へも, 使いに, 使ひ, 例えばランプレヒト, 俥の, 借りた鋸, 借り受けて, 傳授を, 僕の, 兄弟達の, 免許を, 全財産, 兵隊上りが, 其家へと, 凝りに, 出かけないで, 出かけようと, 出さないからね, 出されたらその, 出したの, 出した喜兵衛, 出すによって, 出ずに, 出たお方, 出たくなかった思いがけぬ奇禍, 出たひと, 出たん, 出た二挺, 出た時, 出た様子, 出た荷, 出で立った, 出ないでも, 出なくなった, 出ようとして, 出るか, 出る者, 出刃庖丁を, 分かれたもの, 分れたに, 分捕った, 別れたその小さな, 別居し, 加藤さんへ, 勝豊の, 十フィートばかり, 十万石の, 十二時を, 十町余りも, 千五百両の, 半道は, 南へ, 去つて, 去り又五郎, 去勢させた, 叔母の, 取り去られたの, 取るつもり, 受けても, 受け取って, 古い草双紙, 召使いの, 同じく妓女上がり, 名入りの, 名字を, 味噌が, 呼びかけられて, 呼び聲, 品川あたりへ, 四五丁は, 四五町へだたった, 四五百米離れた, 土井大炊頭利勝を以て, 圭一郎に, 坂を, 報せて, 外へも, 外套の, 多少の, 大した學問, 大学まで, 大黒舞, 失くし, 奥の, 奪おうと, 女を, 女房を, 姉の, 始まつて, 娘を, 婆やでも, 嫁さんが, 子供たちの, 孔子の, 学ぶべきもの, 学士院へ, 學校まで, 宮内省へ, 家康へ, 密使を, 射して, 尋ね出されたの, 小学や, 小川屋の, 少しばかり, 少し離れ, 届いたので, 届けるよう, 山羊を, 峠を, 川添いの, 差し廻されいちど, 師匠の, 帰った, 帰った後, 帰つて行かれ, 帰り掛かると, 帰るの, 年禄二百石が, 広い三叉路, 府庁電信局に, 引き上げなければ, 引き払う時, 引っ切り, 引繼いだ, 当時の, 彼が, 彼女を, 往診を, 後妻に, 微かな, 徴発し, 必ず貴人, 応援に, 急いで, 怪しまれたの, 息子の, 感謝を, 戸主を, 戻つた, 手打蕎麦を, 手紙を, 承諾を, 折々書物, 抜けださせないこと, 抜け出した, 抽出し, 招かれても, 招ばれた, 拾七円の, 持ち出した化粧クリーム, 持ち去られた陪審員, 持出したもの, 持出した旅行鞄, 持出して, 指呼の, 探ぐって, 提げた大きな, 提出された, 握り拳で, 攫って, 改めて師匠, 放れがたなく, 救ひ出し, 数軒隔たった, 斉眉い, 日本画に, 早川口, 明りが, 昼間だけ, 時時パッと, 晴れた日, 書を, 最初に, 最寄りの, 服を, 期待してる, 本郷動坂あたりの, 来たお前さん, 来たと, 来たり, 来た嫁, 来た謙助, 来るたより, 東は, 東京通ひ, 枕あ, 根分を, 棺を, 極秘に, 橘の, 正面に, 歸つて來た, 残らず塵, 母親と, 毎日御馳走を, 毎日通はせる, 水を, 永遠に, 沙汰が, 河東節の, 注文される, 洞くつの, 浄瑠璃の, 浜松中学校に, 浴衣を, 源家へ, 滝口の, 火の手の, 火急な, 為氏, 無理やりに, 爪弾きを, 父や, 片附け, 牛込の, 物を, 特に臨幸, 玄蕃の, 現在の, 琵琶と, 生きて, 生後一年の, 田圃の, 留守の, 當主の, 病院に, 発つこと, 発見され, 百メートルほどは, 百五十両の, 百碼も, 盗み出したの, 盗み出しました, 目黒の, 直徑, 看板を, 真直ぐに, 石山氏の, 社殿までの, 祖父の, 福井に, 私を, 移植えた, 稽古を, 突如と, 竈の, 立つこと, 競馬用のを, 等閑に, 糧米三千石を, 約一里程, 細い路地, 絲屋清三郎に, 締め出しを, 縄付きに, 繼母が, 老いたる, 耐火煉瓦や, 聞いた所, 聞え出すはたき, 肥後の, 脱走した, 自分の, 自動車に, 自転車で, 良人の, 芥川の, 芸者にな, 若い生命, 茶碗に, 莫大な, 薫育された, 蚊帳を, 街灯の, 補助を, 褒美の, 西北数丁の, 見えるあいだ, 見まもられて, 見張つて, 親御さまの, 解放されてる, 許されたといふ, 許嫁の, 話声が, 誘い出すこと, 警察を通じて, 谷中の, 貰う報酬, 貰った細君, 貰つた団子を, 買い取ったの, 賃借りを, 賜つた杉木小路の, 贈られた光琳筆, 贈られた衣裳, 赤坂の, 起こって, 足が, 足軽の, 身を, 軽蔑された, 迎いが, 迎えに, 近かった, 返済し, 迷って, 追い出されて, 追い出したら犬小屋, 追い出すという, 追うと, 追ひ出され, 追われる, 追放された, 送つて貰, 送られた隠岐文献, 逃げた, 逃げだすべきであろうか, 逃げられて, 逃げ出したあの, 逃げ出し始めた, 逃げ出す筈, 逃れある, 逆輸入, 逐われた牛, 通うこと, 通じて, 通へる, 通油町の, 連れ出そうと, 運び去る, 運動員が, 遠い, 遠い処, 遠く来, 遠ざかるに, 遠ざけるに, 遠藤清子の, 都電で, 金之助さんを, 釘と, 鍵なりに, 長崎に, 附き添って, 隣りの, 離れたい切, 離れたところ, 離れた場所, 離れようと, 離れるなんて, 離れ離れに, 雨を, 電話の, 面白くない, 預かったお, 頭ごなしに, 頼まれたと, 頼みこむ, 飛び出した, 飛び出した者, 飛んで, 食料品の, 養源寺の, 駆け出したとき, 駈けつけた丹下左膳, 駕籠を, 髪の毛の, 鯉を

▼ 家~ (2251, 1.7%)

57 家との 22 いえば 21 なって, 云ふ 18 家の 17 云ふも 15 いえども, いっても 13 云うの, 同じよう 12 なった 11 言ふ, 雖も 9 なつて 8 いうよりも, 云うもの, 私の 7 なる 6 いって, なつた, 自分の, 見えて

5 [11件] いふと, いわれて, して, なるには, なれば, 云へば, 僕の, 労働者との, 家とは, 思って, 称して

4 [23件] いうより, いふに, いへば, すれば, ちがって, ならんで, 一緒に, 並んで, 主人から, 云えば, 云って, 俳優との, 反対の, 名の, 名を, 呼び慣, 呼んで, 唐様で, 家とが, 庭との, 見える, 言っても, 隣家との

3 [38件] いう, いうだけ, いっては, するもの, そこに, なりて, なり得るの, なること, なるの, みえて, わたくしの, シナリオ, 万福寺との, 云う家, 云っても, 云は, 人と, 倶に, 労働者とは, 叔母の, 同じこと, 同じに, 同じやう, 名づく, 土蔵の, 土藏の, 彼の, 普通人との, 曇, 書いて, 異って, 称する人, 稱される, 見做, 言は, 認めて, 運命を, 違って

2 [142件] いい得ないであろうか, いうと, いうよりは, いえど, いえよう, いえる連中, いつて, いふよりは, おれの, きくと, されて, したの, してでも, する, するが, するな, するには, するの, するよう, する人, する浪人, その口入屋, それからお, ちがいます, どちらが, どっちが, なったの, なった人々, なってる者, なりその, なりつつ, なりました, なるが, なるでは, なると, なるに, なるを, なれり, 一般の, 世間との, 主人の, 争って, 云うより, 云う事, 云つても, 云はれ, 交替した, 交際し, 交際を, 京極家との, 人から, 人間との, 今は, 何の, 作家との, 俳優と, 僅かな, 共同で, 其の生涯, 同じく丸竹, 同じ造り, 同時代, 名乗って, 因襲を, 國家との, 土地とが, 土地を, 地面を, 大に, 大衆文芸を, 姻戚関係が, 学者との, 安芝居, 宗教家と, 定めて, 家と, 岩井家は, 帽子の, 店の, 当家とは, 往復し, 往来し, 御婚約, 心得て, 思われて, 日本の, 日雇取, 昔から, 最も関係, 本郷館の, 然ら, 理論家との, 田畑と, 異る, 目され, 直接の, 神様との, 称するの, 称するもの, 称せられて, 筆太に, 素人との, 縁を, 考えて, 背馳する, 自分とが, 自分との, 芋畑と, 若君との, 荒木家とは, 裏の, 親しい家, 親しくし, 親戚であり, 親類の, 言つた, 言はれ, 言ふも, 言へば, 言われて, 訊けば, 誤解した, 読書, 財とを, 財産を, 踊り子は, 近かつ, 連絡を, 違います, 違ひ, 違ふよつてに, 遠縁に, 金字し, 釣替なら, 間取りから, 関係の, 隣りの, 隣り合って, 隣家と, 離れて, 露路を, 頗る説

1 [1396件 抜粋] あの婆, あらば, ある技術家, いいその, いい上杉家, いうから, いうだけの, いうので, いうべきのみ, いうほどの, いたしましては, いったって, いつも, いはず攘夷家, いはれ從子, いひ調停者, いふ, いふよりも, いやらしく老獪, いわずありとあらゆる, いわねば, いわれるもの, いわれる実, いわんよりは, おのずから趣, お今, お前自身の, お思い, お聞き, かねて聞え及ん, きこえしは, きまったところ, きめて, こういうこと, この二つ, この犯罪, さかさ, さる, したなれば, した古人, し人類, し波, し草, す, すると, する富貴, する幸福人類, する水兵, する者, すれ, せり, そうし, そこへ, その仕事, その前, その周囲, その夫人, その影, その芸術, その車夫, その隆替, それからテクニック, それから高等四年, それを, ただ交際を, ちがい今, つぶやいたが, であるところ, どうちがう, どっちへ, なさ, なしこの, なし一衣一笠, なし身, なす, なすこと, なす事の, なったばかり, なった人たち, なった武器庫, なった風格, ならざるを, ならずには, ならなければ, ならんこと, ならんとも, なりしや, なりながら, なりまして, なりますと, なりディドロー, なり下野, なり再度, なり又は, なり実行家, なり得たかは, なり得る素質, なり昆侖奴, なり盛ん, なるあたわずかえって, なるという, なるべき, なるツモリ, なる時機, なる者, なろうと, はきはきした, ひとし並或は, ふしぎに, ほとんど区別, またかく, みて, むすぶ一方, よくつり合う, よばれる田舎医者, わかります, わが家とは, わたしの, エリゼイ家, コンディションが, チヂミ屋を, ブルジョアが, プロレタリアに, ペレールの, レコードへ, ロンドン労働少年の, 一つに, 一ツ橋家各, 一人の, 一時の, 一致し, 一連の, 丈夫で, 三百両の, 上杉これは, 下谷の, 不和を, 世間は, 両家に, 両親を, 中村の, 九太夫の, 争い戦った, 事務所を, 二人の, 云いたいと, 云うが, 云うは, 云うよりは, 云う評, 云う馬鹿者, 云った, 云った所, 云ても, 云ひます, 云われて, 云われる者, 五里も, 交らなかっ, 享受者の, 人々とを, 人で, 人夫とが, 人間とを, 今朝スチームの, 代々の, 仲の, 伊沢氏とに, 伊達家は, 会社と, 伝統という, 伺って, 住む鳥, 佐藤の, 何んにも, 作品の, 作者と, 俳優は, 偶然汽車の, 元の, 全く裏がえし, 公然の, 共同の, 其のマネージャア, 其背景の, 写実家を, 切り離して, 別れたの, 創造的な, 労働者, 労働者などの, 勞動者とが, 化する, 北条氏とは, 医者の, 十八の, 協同しよう, 厚母家の, 双方からの, 可味いもん, 号し, 合戦した, 吉良家の, 同じく勿論これ, 同じぐらい, 同じだけの, 同じ丈, 同じ医, 同じ家号, 同じ直覚力, 同じ通り條, 同化した, 同様だ, 同様の, 同樣, 名づくる, 名づけられるよう, 名とを, 名も, 名付る, 向うの, 吾家との, 呼ばれあまい, 呼ばれる者, 呼び作家, 呼ぶお家, 呼んだが, 呼応し, 和睦する, 哲學者と, 啓蒙家的啓蒙家と, 嗟嘆した, 國家とが, 土地と, 土屋の, 地下の, 地所とを, 地頭との, 場所が, 壁一つを, 変つた考へを, 夢みるならん, 大同小異でありました, 大抵は, 夫の, 好色家との, 姻戚の, 子供との, 存じます, 学者と, 宋家村の, 宗教家の, 定め給いつ, 実演者との, 実隆とは, 宣教師の, 家に, 家族の, 家族を, 密接な, 寺の, 対等な, 将軍家との, 将門との, 小寺家との, 少しばかりの, 少女との, 屋根と, 岡山の, 工匠との, 幕府の, 平田門人との, 広く, 庭だけが, 庭とで, 庭の, 康長は, 弓の, 彼女の, 往復問答する, 御えんぐみ, 徳川家は, 心理家との, 念ふ, 思え, 思ったはず, 思はる, 思われるの, 恵林寺とは, 悪意の, 懇意に, 成ろうと, 戦ったとき, 批評家とが, 持囃され, 接触し, 接近しはじめた, 擯斥され, 政治家と, 教育家との, 文学者とに, 斉彬の, 新免家とが, 新聞記者とが, 日常生活の, 旧交の, 旧熊本藩士, 時代に, 智者に, 書かれること, 最も親しい, 有名な, 木村の, 来てるん, 来往し, 松の木の, 林家の, 某官庁, 柳屋が, 桟橋との, 棟續き, 楊氏と, 極つて, 横光利一の, 正行とが, 武人との, 武蔵とは, 歴史の, 殿下渡領とで, 母家を, 比べると, 氏を, 気脈の, 水野の, 江戸の, 津軽家とは, 浅からぬ, 浪曲家が, 渋川刑部の, 港の, 演出家の, 漢書家とは, 瀬戸物町の, 為さん乎, 為すも, 為りたるもの, 為るの, 焼け跡の, 熱海に, 爭つて敗れ, 爲す, 爲り, 物語と, 特約を, 狂主人公に, 王党派の, 現時美術学校に, 瑞英の, 田地が, 田舎なまりでは, 申されて, 申しますと, 申しますれば, 申すか, 申せば, 町はずれの, 畑とを, 痛風, 発田の, 皮肉屋は, 目白坂の, 相なら, 相結ん, 相談し, 相距, 睦子の, 知合ひだつた國府津の, 神田の, 禄を, 私とを, 私宅とは, 秋川家とが, 科学者が, 称うる, 称される人々, 称すべき二階建, 称するは, 称する人々, 称する価値, 称する特権階級, 称せられる一群, 称せられる著名, 称ばれ, 稱する, 立派な, 答えた, 紋太夫との, 素人の, 細川家と, 経済学者とは, 結び付きし, 結んで, 結婚し, 結托した, 絶交し, 総の, 縁が, 縁つづきで, 縁組を, 縁談整い, 美しい妻, 翌る, 考へられて, 聞いた途端, 聞きました, 聞得大君御殿との, 肩を, 自ら称ふ, 自分とを, 自称し, 自覚せぬ, 致し居候もの, 舞踊家とは, 芸術家とも, 若干の, 葉の, 蔵書とを, 藤原家とには, 蜂須賀氏との, 血縁の, 被害民との, 裏口の, 西園寺家とは, 見えた, 見えますか, 見える手紙, 見え候, 見なしがち, 見られるほど, 見るの, 見奉る, 親しくな, 親の, 親交の, 親睦の, 親類だ, 観られて, 言いかけて, 言うべきか, 言う事, 言う家, 言った姿, 言つても, 言はる, 言ひ, 言ふべきである, 言われた時分, 言われるの, 訂正し, 記者とは, 評判の, 話しに, 読者と, 謂ふ, 警察と, 負けず劣らず粗末, 貴家両家に関しての, 資本家との, 足の, 路地とは, 車ばかりを, 軍人は, 軒つづき, 近いの, 近所の, 通じ畿内, 連立って, 道の, 道連に, 違いまっ, 違った所, 違わない小学校, 遠く離れ, 郵便脚夫は, 重んぜられて, 針金で, 鉄砲を, 長州の, 間違へ, 闘う労働者, 隣り合った左官屋, 雖豈, 離屋と, 青年学生との, 面して, 領民の, 顏好き女とを, 駒井能登守の, 鳥羽家との, 黙契を

▼ 家には~ (2040, 1.6%)

34 いって 17 何か 12 誰も 11 いると 9 子供が 7 何の, 昔から 6 二人の 5 何も, 惜しい子, 誰が, 財産が, 近所の

4 [13件] いなかった, その年, 不幸が, 不思議な, 妙な, 妻も, 書生が, 父が, 病人が, 相当の, 私の, 立派な, 非常に

3 [19件] その時, それが, そんな恐ろしい, なんの, もう一つ, ゐなかつた, 一銭の, 三人の, 僕の, 女房の, 女房も, 居りません, 急に, 母が, 母と, 母親が, 滅多に, 男の子が, 祖父の

2 [118件] いつて, いないこと, いないの, いまなお, いられないから, いること, いるつもり, いるの, いろいろな, おちついて, お民, お銭が, しかじかの, そのよう, それぞれの, それを, たった一つ, だれも, つばめが, どんなしかけ, なって, なれないもの, また一人, ゐないん, セルゲイ及び, 一つの, 一人の, 一日も, 一羽の, 七面鳥を, 下僕が, 不似合, 不用な, 二つの, 五人の, 井戸が, 人が, 今でも, 仏壇が, 似寄りの, 何かの, 何事も, 働手が, 元就の, 兄弟が, 入れぬぞ, 全くの, 凄いの, 別の, 前に, 十一二の, 千金に, 卑小の, 古来の, 古風な, 四五人の, 土地が, 変な, 外に, 多少の, 大切な, 大勢の, 妖が, 妻と, 媒介者が, 存し, 尋常二年生位な, 少しの, 居らぬ決心, 巨万の, 帰らない, 年よりの, 庭が, 必ずこの, 必ず水牢, 必ず縁, 戻らうとも, 時に十何年前, 普通に, 書生も, 有りません, 木之, 武蔵の, 歸られず, 母親と, 毎夜の, 気味の, 潜んで, 火が, 片時も, 猫が, 用は, 男の, 画描き, 相変らず, 祟りが, 私ひとりきり取り残され, 窓が, 簾が, 細君の, 結構なる, 置かないと, 置かぬ何處, 美しいお, 肉親的な, 興味が, 若い女, 茶代を, 藤野さんと, 親戚の, 貸家札が, 遠しと, 金の, 門が, 門外不出を, 電話が, 顧みられず人家, 鼠が

1 [1567件 抜粋] ああいっ, あつた, あの子供, あまりお金, あらざりき去月十六日彼, ありどこ, あれを, いうまでも, いくたび, いず宮中, いったって, いっては, いつたので, いつのまにか今日, いつも男児, いないかも, いないそれゆえ何事, いないらしいんで, いないッ, いま六つに, いられないお前, いるよう, いろ, いろいろ御, うちに, おくさん, おじょうさんは, おふくろが, おまん, おらなかったが, おられないからと, おれと, お会いした, お前も, お杉, お気の毒, お登和さん, お蔦にとって, お雪, かかわりの, きて, ぎっしり人, げんじゅうな, こうした認識, ことし十歳に, このごろ妙な, この上, この四室, この百足, こぼれて, これらの, こんなに不幸, さう多く, さっぱり福運, しばしば旅, すぐ目, すでに何十, ずいぶん不足, そういうタイプ, そうした風貌, そう貯え, そのとき男子, その名, その家根, その死骸, その片腕, その開場, それぞれ若, そんな人, そんな趣味, たしかに一つ, ただ自己, たった一俵, たれか, だいぶ老, ちがいない, ちやんと, つかぬと, つねに同居人, ともかく来年, どういふ人, どうしても魔物, どこからか, どの室, どれだけの, ないの, なお珍書, なくなった娘達, なぜ母親, ならぬ, なるほど特殊, なれつこ, なれないの, なれません, にわとりが, はや諸国, ひとりの, ひる, ほんの五, またそれぞれ, また年頃, まだ一向一揆時代, まだ子供, まだ疊, みごとな, みんな窓が, めずらしいと, もう, もうひとり, もう争わなけれ, もう名主職, もう明り, もう起き, もったいないくらい, もとより円山, もはや人, やつと, よく訳, わが世, わたしが, われわれに, ゐないぞ, ゐない親しい, ゐませんと, アンドルーズの, ウィルスンと, コンクリートの, ザクセン王以上の, ジョンさまの, トラ猫も, ヒルダと, フトンが, モヨ子の, ランプが, 一つしか, 一人や, 一刻の, 一向に親愛, 一年も, 一指も, 一枚も, 一番似つ, 一笑の, 一錢の, 一頭の, 七八人の, 万太郎と, 三事の, 三代に, 三十人ほどの, 三四人の, 三年五年食ひつなぐ, 三藐院の, 不肖ながら, 不釣合だ, 世の中とは, 世間で, 中国の, 中嶋俊雄が, 丸髷の, 主人が, 主従十五人しか, 乱暴すべからず, 事の, 二人も, 二十八日に, 二度の, 二組の, 二階の, 五六人集っ, 五十萬圓以上の, 五百保水木の, 亡妻の, 人で無い, 人生の, 人間界に, 今お取次, 今一人民さんといふ, 今年十七の, 今生き, 仏桑華が, 代々伝へられ, 代々女児しか, 代々豪傑が, 代診と, 伯父さん伯母さんの, 似合は, 住まず別居, 住まつて, 住む人, 住めない俺, 佐沼三平という, 何でも, 何んの, 何処にも, 何時頃着く, 余慶あり, 余計な, 信之と, 倅と, 元の, 兄さんと, 兄弟も, 先代の, 先祖から, 入らないそら, 全く微苦笑もの, 八五郎も, 六つか, 共通した, 其子を, 内緒で, 写真が, 出入りを, 出来るだけ, 出陣の, 切支丹を, 別にこれ, 別に本式, 剃刀と, 努めて, 北槻中尉を, 十七に, 十人ばかりの, 十数匹の, 千坂が, 卑しい身分, 単に芸術, 又影堂, 反って, 叔父上夫妻冨美子, 古い手文庫, 古来犬神の, 召使いの, 各戸に, 名代の, 君の, 味方も, 啓七郎ひとりちょうど, 四十年配の, 土地も, 土藏まで, 垣なけれ, 変わったこと, 多くの, 多少恨み, 大きな囲炉裡, 大した波瀾, 大変親しまれ, 大抵お祖父さん, 大理石の, 太一兵法一卷が, 夫の, 奉公しない, 女らしいもの, 女中二人だけで, 女學生の, 女房が, 好んで, 妖怪が, 妻君が, 姪が, 娘も, 婆やの, 嫡々たる, 子供も, 子育てが, 完全な, 実験所も, 客扱いに, 家としての, 家を, 家財道具は, 容易に, 寄りつかないよう, 寄り附きませんから, 将来に対しては, 小作人や, 小母さんと, 少ない, 居ずたま, 居づらい, 居られないと, 居られぬと, 居られまい, 居りませぬ, 山の, 帰って, 帰らないん, 帰れないん, 常に出入, 幅の, 平穏な, 年とった, 年頃の, 幸い空間, 幸福と, 幼少数年は, 広い研究室, 座るべき座敷, 庭番の, 廣い, 弟も, 当て嵌ま, 当時七十四歳の, 彼を, 彼奴の, 往来から, 後妻が, 御存じゆゑ斯樣に, 必ず二三本, 必ず婚礼, 必ず門札, 必要に, 思いがけなく岸本, 恐らく永久, 悪い病気, 悪漢共の, 愛らしい一子, 成は, 或はそれ, 戸と, 戻つて, 戻らなくつて, 手前が, 押され気味, 拾壱銭しか, 推定出来る, 数理の, 文庫が, 既に或, 日が, 日本酒は, 明智探偵と, 昔その, 昔菜穂子さんと, 映画的に, 暗き部屋幾つ, 書きつづけて, 替えられない親類縁者, 最近迎えた, 有りまするが, 有難がられて, 木らしい, 本の, 机竜之, 村の, 来客が, 板を, 柿の木が, 格子が, 楊さんと, 機械工として, 此の, 歸らず, 殆ど徹宵廓, 殺されたお, 母も, 母親も, 毎日留守番を, 毒だ, 氏神に, 永く住みつかなかつた, 沢庵が, 泊めて, 法院長の, 泰一雜子星二十八卷が, 浴室が, 海棠の, 深夜も, 湖処子の, 濃厚に, 灯の, 炭団を, 烈しい気性, 無くて, 無関心な, 煙草二軒目の, 父と, 父昌幸以来の, 牛乳さえ, 特別な, 犬が, 独立展に, 独身者です, 猫を, 玄機と, 玉石に対する, 珍しくは, 珍らしくない, 現代の, 理由ある, 甚だ物足りない, 生れ付い, 産者に, 用の, 由三郎という, 由緒ふかい, 男ばかりが, 男女の, 町役人と, 畳が, 疎開焼失移転などと, 病人も, 白い団扇, 皆りっぱな, 目も, 相応に, 眉の, 眠りに, 矢張り蔦が, 石山氏に, 砂ほこりが, 祖先の, 祖母の, 神の, 祟り氣, 私と, 私大の, 種々の, 窓ごとに, 立ち寄って, 等級あり, 管狐が, 精神病の, 細川家の, 経机に, 縁の, 縁端に, 置けないと, 群馬郡清里村大字青梨に, 老婆一人茫然と, 老母と, 職探し, 肴屋が, 腸チブスが, 自分を, 良い女房, 芝の, 若い女中, 若い琵琶, 若い軍人, 茶の, 荒木左衛門といふ, 落つか, 葡萄棚が, 薄暗い納戸, 藩の, 蛇より, 行かない方, 行灯と, 装飾品も, 要らない金, 見られないこと, 親分と, 親類の, 訪問客という, 試験ものです, 誰か, 誰にも, 請負師といった, 財産は, 跡を, 身寄も, 近いころ, 近年事ごとに, 這入り切れずに, 通俗小説に, 逢って, 過ぎ者, 達者と, 遠山に, 邪魔もので, 都ほど, 配給物を, 重昌が, 野原医師その他刑事が, 金や, 銀盃を, 鎚の, 長い間やっかい, 長女の, 門並方一尺許り, 限らずな, 陣羽織小袴裁付簑笠等を, 随分いろいろの, 雇人も, 離室でも, 震災の, 音が, 風呂場も, 食ひ, 飲まずに, 養わねば, 餘殃あり, 首の, 高齢の, 鳥目も, 麦の, 黒猫が

▼ 家では~ (2020, 1.6%)

83 ない 32 なかった 20 あるが 16 ないの 12 あったが 11 ないが, なかつた, なくて 10 ありません 8 ないと 7 それを, 主人が 6 ないかと, 主人の 5 ないか, 刀自等の, 子供が, 父が, 誰と 4 あつた, ありませんが, ございませんが, ないけれども, 亭主が, 何か, 子供の, 戸を, 私を

3 [22件] あっても, ありませんか, ありませんでした, ないから, ないので, 二人の, 今日は, 大騒ぎを, 妻の, 小作を, 彼の, 彼女は, 承知し, 朝から, 母が, 無い, 父の, 私が, 私に, 親が, 誰も, 非常に

2 [109件] あいつに, ありませんから, あるまい, いつでも, おかみさんが, お富, お母さんが, お清, お雪, こういう風, これまでも, これを, さう, さうも出来ない, して, その年の暮れ, その翌日, それが, それで, それは, つい近所, どこでも, どんなふう, どんな事, ないという, ないといふ, ないよう, なかったらしい, なかつたこと, まだどの, もういや, クワスを, 一家を, 一番美しく, 三男の, 下へも, 下宿屋を, 主婦が, 五日の, 今でも, 今も, 他の, 代替が, 何も, 例の, 俄かに, 信吾が, 十八九輪もの, 厳格な, 反対に, 吉野までも, 土間を, 壁を, 多助が, 夜に, 大森義太郎清沢冽馬場恒吾其の, 夫婦とも, 女が, 妙に, 子供に, 子供を, 客が, 家族が, 容易に, 市役所の, 年に, 彼から, 彼女の, 御米, 必ずこれ, 息子の, 折角下男, 明けても, 昔から, 暮らせないので, 最早あかり, 村で, 榛軒を, 正月の, 母親や, 毎日夕方に, 比較的豊か, 洋燈が, 無いか, 無いの, 無事に, 父親の, 特別に, 玄関脇の, 男手の, 祖母と, 竈の, 笹野新三郎の, 細君が, 自分の, 芥川の, 衆が, 親類の, 誰が, 警察に, 豚が, 質素な, 迷惑そうな, 造り酒屋の, 長男が, 青磁の, 飼い鶏, 驚いて, 鰻や

1 [1435件 抜粋] あたりの, あなたの, あの山の上, あまり歓迎, あやまるしか, ありあわせの, ありませぬから, ありませんもの, あり得ませんでした, あるいは心得違い, あるし, あるまいかと, あるまいかな, ある晩, あんまりお金, いくらでも老人優遇, いささかの, いつのまにか朝ご飯, いつもげんじゅう, いつも濁酒, いまだに相続, いろいろと, うんとも, おおびらで, おっ母, おぬ, おまえは, おまん, お上さんが, お北, お増, お島, お正月の, お礼に, お種, お茶を, お飯, かえって人目, かつて二匹, かわいい犬, きょうは, くみという, こうして途絶え, このごろ聞き覚え, この人, この年後妻照, この最も, この皿, これも, こんな旨い, ございませぬ, さうし, さすがに, さりげなく見せ, しないと, しらの, すぐれた美男, すっかり門戸開放主義, すべて前触れし, すゞが, そういう零落, そうやっ, そう奥行, そのうち, その井戸, その土間, その大きな声, その小, その手入れ, その枯草, その機会, その老母, その證文, それから, それでも信仰, それ以来皆乳首が, そんな事, たいへんたすかりました, ただ一人, たった十一歳, だれも, だん, ちょうちんや, ちょうど亭主, ちょっと声, つい一月, でもまだまだよく, どういうこと, どうかする, どうしても女中さん, どうしても解けなかった, どうやら食事, どこの, どっちかと, どんな評定, ないかしら, ないこの, ないただ, ないだろうか, ないとしても, ないはず, ないらしく, ない唯, ない実は, ない純然, なおばたばた, なかつたか, なかつたといふ, なかろうかという, なくい, なくそこら, なくてよ, なくアマチュア, なく今日, なく室内装飾, なく批評家, なく蝶々さん, なるだけ, なんとし, にわかに胴片, はじめての, ひっくり返りでも, ひどく疑っ, ふたり以上の, ますます阿, またナゼ, まだにぎやか, まだ思想家, まだ潜戸, まだ雨戸, まるっきり乾草, まるで利用, みんなそんな, みんな昨夜はいりました, むかしから, むろん奥, もう, もう先刻, もう娘, もう田, もし女, もと音楽, やっと飯, やはりその, やみ夜に, よき父, よくやる, よく繁った, よほど大きな, われわれから, キャプテンの, スチームを, ドリアンの, ブランコだの, リンカンの, 一たいどこから, 一二の, 一人残らず起き, 一冬に, 一同裏の, 一度も, 一日食っ, 一桶について, 一番年上の, 一種の, 一銭銅貨を, 丁度十四に, 万一を, 三十両か, 三時と, 三食の, 上屋敷を, 下男が, 不意に, 不用といふ, 不衛生的な, 中屋敷とか, 主人は, 久しく, 九女八が, 亀千代の, 二三の, 二十年分ぐらゐは持たせたさうである, 二号も, 二日置き, 二百五十五両損を, 二階を, 五種類の, 亭主に, 人々は, 人狐を, 今でこそ, 今度の, 今日までの, 今日牛肉の, 仏壇の, 代々すっぽん料理が, 代々の, 以前よく, 企て望み, 伊右衛門が, 伴の, 何かに, 何とかいう, 何もかものろのろと, 何時でも, 余儀なく作男, 例によって, 俗に, 倅の, 僕が, 充分な, 先ず第, 先代から, 先日祖母さんが, 先祖代々芸術家を, 全くよく辛棒, 六丁目の, 六十ばかりの, 其の様, 内々幕府の, 出かける前, 出入りする, 刑事と, 初春の, 別に仏堂, 到底描けない, 前にも, 前宗, 勿論なかっ, 十三日に, 十年程, 半分引っ越しの, 却ってそれ, 卵入りの, 又娘, 叔父さん一人だけ, 口数も, 古注, 叮重に, 台所に, 吉田茂と, 同僚たちが, 名倉の, 周囲を, 喜んで, 噂を, 四円十五銭に, 四郎父子の, 囲炉裏に, 国男が, 圓次郎が, 土蔵の, 坂の下の, 堅く門, 夏じう, 夏の, 夕食の, 多くは, 夜が, 夜番の, 大いに迷った, 大きな門, 大したもの, 大切な, 大奥に, 大工が, 大掃除, 大騒ぎし, 天窓が, 夫婦喧嘩の, 奥さんを, 奥方に, 女の, 女の子を, 女中らは, 女子供が, 女房は, 妾の, 始末に, 娘に, 婆さんが, 嫁が, 嫡子恒善が, 子供たちが, 子供は, 子供らの, 存外素直, 安心し, 官吏を, 客間に, 家じゅうの, 家を, 家什整理の, 家庭争議が, 家族は, 寛政年代の, 寝て, 寿女を, 小供たち, 小本家, 小蒲団, 少しばかり, 少額ならざる, 屋敷に, 屋根よりも, 山田申楽を, 岡邦雄戸坂潤鈴木安蔵堀真琴林要の, 差支えの, 年中毎晩防空演習, 幽霊と, 店が, 店を, 廓外との, 引越の, 彌之, 当主賢吾氏が, 役所との, 彼を, 往生院を, 後日が, 從來の, 御老母, 心休まらず, 必ず, 忌日供物の, 急に, 息子が, 意外な, 態, 或日語学, 所謂石取, 手の, 手当が, 折々この, 拾圓十五圓といふ, 掃除一つしよう, 数ある, 文化紀元八月十六日の, 新主伊予守正教, 新聞を, 旅人が, 日ごろ尊崇, 日曜日でも, 早駕, 明治の, 昨夜, 昨晩夫婦喧嘩を, 時を, 晩餐後毎夜の, 最もまし, 月末に, 朝食を, 未だ眠らなかった, 本心から, 来ないこと, 板女が, 案じて, 桜正宗青磁色の, 梯子を, 植林の, 樺太出征中の, 次郎が, 正月餅, 此年三男寛三郎正寧が, 此年春水が, 此頃麻雀が, 殆ど酒盃を, 母に, 母親の, 毎年川開の, 毎年酒を, 毎日笑っ, 気づく筈, 水兵共が, 決して青銅, 河上徹太郎亀井勝一郎この, 泊懸で, 注意し, 洋燈に, 洞庭で, 活動写真を, 湯殿も, 滅多に, 澤木梢氏を, 火の, 無い然し, 無くて, 無論ない, 熱心に, 父と, 父も, 父信階の, 父親だけが, 牛乳屋を, 犬の, 犬達が, 狭い茶室, 玄関は, 現在は, 琴師を, 生活が, 用いた, 用いも, 田舍から, 男が, 町方の, 番頭が, 畳の, 病人が, 病人揃いで, 白猫が, 皆あれを, 皆んな壯健かい, 盂蘭盆の, 相変らず, 相手の, 真鍮の, 破産宣告か, 祖母の, 祖父さんが, 神酒燈明供物を, 私は, 秘し隠しに, 空地を, 笑顔しか, 米の, 納まるまいよ, 紫姑神を, 結婚する, 美しい妻, 義兄以外に, 老いた夫婦, 老婆を, 老父と, 肉屋に, 肥前藩の, 自分と, 自殺説を, 花婿が, 若い女中, 若干は, 茶を, 荒彫, 菰冠り, 蕎麦ばかり, 薬屋の, 藤田嗣治日本画家では, 蚕に, 蝋燭も, 蠅取, 衣冠と, 表玄関と, 西洋料理に, 親分と, 親爺や, 言うこと, 許して, 誕生日なんか, 誰にも, 警察の, 買わせねえ商業, 賑かに, 赤い猫脚, 越して, 躍起と, 軒まで, 近隣とは, 通夜の, 過失で, 遠くから, 酒が, 酒宴を, 里右衛門の, 重ねもの, 金が, 金五郎を, 釣堀を, 長い差押, 長持が, 門や, 門外で, 阿母さん独りぎりになるわけだね, 障子も, 隨つて, 雨の, 電灯を, 頗る優待, 風呂でも, 食う物, 食事まで, 食堂に, 飯も, 飼い出した, 餌箱に, 馬を, 騎手が, 驚惶し, 魚と, 鵞鳥が

▼ 家でも~ (1058, 0.8%)

13 あった 12 ない 11 何でも 9 ある 8 なければ 7 なかった 6 ないし 5 ないので, なんでも 4 ないのに, 大概は, 心配し, 持って, 自分の

3 [15件] あったの, あつた, あるの, あれば, これを, しては, ない私, なくまた, 他の, 借りて, 出来る, 同じよう, 拵へる仕, 気を, 酒を

2 [59件] あったので, ありません, ありまた, お客さんが, かりて, すべての, そうする, そうだ, その事, その話, それが, それを, ないから, ないこと, なくなる, よく見る, 主人が, 主婦は, 井戸の, 今夜は, 前の, 取潰し, 哲学者でも, 外でも, 女は, 娘に, 家の, 少し何とか成つて, 床几を, 建てて, 彼女を, 待つて, 御縁由, 心配するずら, 忘られた, 息子は, 或る, 技師でも, 普通の, 梟の, 次の間つきの, 母の, 気味悪がっ, 水を, 父の, 特別室が, 眼に, 窃盗に, 花の, 苟も政治家, 話したが, 財産を, 起きて, 軍人でも, 遣って, 避難の, 門を, 雛を, 餅を

1 [799件 抜粋] あったからという, あったこと, あったし, あったよ, あったん, あったシュラウン將軍, あった孔子, あった野本氏, ありそれに, ありは, ありましたか, あります, ありますから, ありませんか, ありませんから, あり万太郎宗匠, あり商売上手, あり富子, あり正義派, あり策士, あるいは宗教家, あるから, あるくせ, あるという, あるまいが, あるやう, あるらしくこの, あるらしくグラン・コルニエ, ある場合, ある彼, ある樣子, あろうか, あッた, いいから, いいが, いいによ, いい親子二人, いかに婚約, いくらか広く, いくらか畠, いつか芸者が, いつの間にか昔, いやおうなく, いろいろな, いろいろむつかしい, うつかりする, おとなりの, おどろいて, おびとき, お前の, お園さん, お執, お照さん, お葉, かいもく無学, かかされないこと, かくして, かつて妹, きっと仏桑華, くつろいで, けらいでも, ここから, こころよく承知, このたび, このニギリタケ, この女, この家, この成長, この頃, この騷ぎ, これから大いに発展, これから発展, これまでに, こんな祝い, こんな魚, ごめんを, さすがに, さア, しばしばユタ, しょっちゅうこの, すぐに, すぐわかる, すること, そいつは, そういう場面, そうしましょう, そうだった, そうとは, そうは, そう遠方, そこの, そのままに, その人, その夜二羽, その年, その晩, その芸術的向上心, その風流, それに, それに対して, そろそろ冬, そんなこと, そんな真似事, たいていは, たいていもう整った, たとえばお寺, たびたび煙, だんだんに, つくるよ, とくべつに, どうかし, どうしよう, どうにか仕たい, ないかぎり, ないが, ないで, ないところ, ないらしい, ない一詩人, ない人, ない奴, ない房一, ない氏, ない藁, ない要するに, ない銀蔵, なかつたし, なくその, なくて, なくなつ, なく一種, なく主張家, なく古い議事堂, なく民衆, なく決然, なく軍人, なさそう, なしそれ, なし宗教家, なるたけ早く, はじまって, はじめに, へちまの, ほんとうに, まあ出来る, まさかこれ程は, またこの, また同じ, また村, また藤井紋太夫, まだ毎日西洋料理, まだ焼けない, まるで見違える, まア何, みな知っ, みるよう, みんなびっくりし, みんな愛読し, みんな町から, むづかしいかもしれない, もうすぐ借銭, もうとうに, もう諦め, もう起き, やはりその, よくレコード, よく本, よく知っ, よく造りました, よほどいい, わざわざ棚, わしが, システムを, ナカナカ外へ, モグリに, レーニン家でも, 一つぐらいは, 一人ぐらい, 一人の, 一坪や, 一年中で, 一度その, 一方に, 一族の, 一本や, 一緒に, 一軒の, 一軒借りる, 万事好都合に, 三年前ちょうど, 不如意に, 不審に, 世変の, 主人と, 主張し, 乗って, 九十一度と, 事業より, 二三十萬人以上を, 二家族若く, 井戸端に, 亭主が, 人気商売である, 人間に, 今では, 今の, 今日料理研究の, 他から, 他人も, 代々あそこを, 住み馴れた家, 何か, 何でもさう, 何とも苦情, 余りよくも用いられなかった, 俄かに, 俄に, 俳優は, 借りやう, 借り自炊生活, 備前家でも, 働いて, 充分な, 先ず一応は, 先祖代, 入って, 入るよう, 其者を, 再度生, 冬の, 冬籠りらしかった, 出させて, 出来ますから, 初めてそれ, 匂宮へ, 十二月には, 十分に, 南瓜と, 厄介者と, 又倫理学者, 台処に, 台湾へ, 同じくその, 同じこと, 同じやう, 同様であっ, 同様であります, 否応は, 吹出すと, 呆れて, 和武の, 唯南, 喜んで, 喧しいお爺さんお婆さん, 四五人は, 困って, 国際的識人でも, 坊さんを, 基経・時平の, 売って, 売つて, 壻の, 夏に, 夕飯が, 夕飯は, 夜明しで, 大に, 大分苦情が, 大騒ぎを, 女の, 女の子が, 女中が, 好いん, 好きで, 娘の, 嫁が, 子供には, 子供達は, 孤立的な, 安心し, 宗教家でも, 客が, 宦官は, 宵の, 家常茶飯事については, 家族し, 家族一同, 寝た, 寝るとき, 小麥, 少くも, 少し極り, 屋号を, 屑の, 工場でも, 師匠と, 幇間でも, 年中行事の, 幾らお金が, 幾晩か, 広い邸内, 床に, 床下には, 店を, 建てその, 建てたらいい, 建てようかという, 建て静か, 引き留められたが, 引越どころの, 張る氣, 強飯を, 彰義隊の, 役こそ, 彼は, 彼ら同, 彼等が, 待ちかねて, 得られると, 御迷惑, 御馳走を, 怒鳴る聲, 思想家でも, 愉快な, 戦争評論家でも, 戦死者の, 戸数割の, 手の, 手を, 手伝いを, 手当り次第に, 承知し, 抱え車, 押入の, 持たぬという, 持たら, 持つて, 捨てても, 救いだの, 料理の, 断られたと, 斯うな, 既に塞, 既に野郎, 早くから雨戸, 早く戸, 明るい餉台, 春待宿の, 昨年夏の, 時に容れられず, 時間を, 曲って, 書いた, 書物に対して, 最初の, 最初は, 最近に, 朝から, 朝食以外は, 来ると, 東の, 松平家でも, 板で, 案じて, 概して親馬鹿的, 構いませんか, 構わなかった, 正にこの, 正月だけは, 此の間お嬢様が, 此処から, 此頃は, 歩くよう, 殆ん, 母と, 母やあに, 毎年蠶を, 毎日を, 毎日稽古を, 決してない, 沢庵坊へ, 泊めて, 泣き寝入りの, 流行でも, 海岸に, 火じろにゃ, 焚いた, 無い, 無く殊に, 焼けずに, 熱心に, 爺さんを, 牛を, 牧師および, 犠牲を, 狂人でも, 甚だ心配, 生の, 用います, 田地を, 由々しき事, 畑つくりを, 疎略には, 癇の虫が, 百姓が, 百年以上の, 皆そうな, 皆で, 皆一家の, 皆呪詞の, 皆寝, 皺くちゃの, 目を, 相当の, 眼が, 矢張り間もなく, 知つてゐます, 知らなかった, 破壊す, 祖母さんは, 祖母も, 神棚に, 私が, 秋の, 窓の, 立派な, 等しく白い屏風, 素直に, 絹蒲団の, 績殻で, 職業として, 自働電話, 自分が, 自家製造の, 自然に, 興行者でも, 花村様に, 芸妓が, 芸術家でも, 草履の, 草餅を, 葬式などは, 葱の, 蔬菜を, 虫の, 虫干しが, 行きずりの, 行く, 見えないところ, 見つけた上, 見つけましたらそりゃ, 見て, 見られぬ睦まじ, 親たちは, 親族や, 言って, 訪問し, 評判が, 詩人でも, 話し合つて, 認めて, 誰か顔を, 誰れ, 財産家でも, 貯金も, 買って, 起用する, 越すそう, 身体でも, 近かつ, 迷惑する, 迷惑です, 逆境に, 造るさ, 遠慮なしに, 都合が, 釈迦家でも, 里子を, 銭が, 鏡の, 陽氣に, 随分と, 障子の, 隣でも, 隣家の, 雑色の, 頼みますから, 飛び出して, 食う物, 食つた, 食堂九〇度この, 食物などは, 食物問題に, 飲むし, 養子に, 駿遠, 骨の, 高島田の, 高輪に, 黒赤茶などが

▼ 家~ (834, 0.6%)

40291917 といふ 14 という 12 から 11 ということ 8 が, と思っ 7 そうだ, ぞ, と思った 5 そうである, といっ, と思う, なあ 4 からな, ぜ, つたなら, つたのです, つて, と云う, と思, と思ふ, ねえ 3 からさ, からその, からである, からね, から何, そうです, と云, と知っ, と聞いた, ナ

2 [50件] からこの, からという, からなんにも, からねえ, から云, から人, から官兵衛, から小説, から隣, がある, がしかし, がその, がね, がもう, が今, が失礼, つた, つたから, つた作松は, つた彼で, と, という評判, といつ, とか, とかその, とし, とする, とは思われない, とは私, とバッタバッタ近親功臣, と云っ, と思い, と思いました, と思います, と思つて, と思ひ, と聞かされ, と見, と言っ, と言った, なこんな, なと思っ, ねこれから, のが, のという, のへ, のを, もの, ア, ネと好意

1 [469件] いい家, いや妄想家, え, えらいところ, おそろしい家, お寺だ, か, かかいもく, かすっかり, からいい, からいや, からおい家賃, からおれ, からかえって, からこんな, からすぐ, からそう, からそんな, からだらう, からです, からとあの, からといつ, からとて自分, からとはいい, からと言っ, からなお, からなこれ, からなこんな, からなどという紹介状, からねだが, からね品川, からの, からはいらず, からもちろん, からスグ, からネ, からホクロ, から三尺, から下足番, から二本目, から京都, から他人, から住めない, から何なに密, から出, から出掛け, から別に, から別にどう, から労働者, から古く, から堪らない, から外, から大した, から大勢, から大雨, から女たち, から安心, から宜, から容易, から宿料, から小園, から小屋, から少し, から建前, から廿, から彼女, から後嗣, から御, から思想表現, から戦争, から手紙, から旁, から旨く, から時に, から来客, から洋酒, から片野さん, から疎略, から直ぐに, から直に, から組織, から縁組, から聞える, から花火, から話, から説明, から議論, から足, から道八, から面白い, から食客生, から駄目, かハッキリ, か分らない, か名前, か大名, か差別, か明かでない, か暗い, か知らない, か知れやしない, か穴, か聞き合わせ, か造庭家, がいつ, がいつのまに, がおれ, がお客さん, がこい, がさうかと, がそんな, がちかごろ, がちょい, がちよい, がどうも, がなこう, がやはり, がよく, がピカピカ, がボケブユラリ, が一つ武芸者, が一人, が一円定食, が丁度, が下, が中, が作物, が僕, が入口, が内, が土間, が垣, が売っ, が失明, が実, が実際, が家, が家具, が專三郎, が彼, が思想家, が手伝, が技巧家, が朝寢坊, が東京, が歸, が畫家, が相, が窓口, が芸者, が若い, が裏, が言語学, が録音, が静か, が黒斜子, けどそこ, けれど, けれどあの, けれどはいっ, けれどもなぜ, けれども中流以上, けれども家賃, けれどわたし, けれど夢, けれど東京, けれど欲, けれど決して, ここは, こと, この世を, しあの, しあんた, しおまけ, しこれ, しじゆん, しわたし, し一々, し一時, し不景気, し之, し台所口, し永田, し近, し遊ぶ, し鑑定家, ずいぶん達者, そういう印象, そうで, そうでございます, そして小説家, その家, それは, そんなこと, ぞよ, ぞオオオ, ぢゃい, っけ, つたからで, つたで, つたと, つたといふ, つたに, つたのだ, つたのださうである, つたのよ, つたほどよく, つたメリメエを, つた今夜の, つた勝山孫弥といふ, つた彼の, つた森先生は, つた正岡子規の, つた殊に, つた独歩の, つた竹田は, つた過去の, つてその, つて使つ, つて多い, つて夜にな, つて後で, つて方は, つて無理であらう, つて煙草を, つて用捨は, つて目の, つて綿の, でお前様たち, でのう, で食, といい, といいました, といううわさ, というかっぷく, というその, というところ, というの, というふう, というもの, というよう, という噂, という場合, という大尽客, という実感, という室, という点, という理由, という者, という言葉, といはれ, といふ一事, といふ風, といわれ, とお, とおもった, とおもわれる, とかいろいろ, とかが好い, とかで僕, とかと推論, とかウーラ・ボッソン, とか云う, とか云え, とか呼ばれ, とか川, とか役人, とか極, とか無産者, とか経済学者みたい, とか華族, とか言う, とか詩人, とか非, ときく, とこう云われる, とことわっ, とさえ考えられ, として併, として置い, とすれ, とそう, とその, とて遠慮, とでも思った, とはかね, とはこの, とはさき, とはだれ, とはっきり, とは思, とは思いがけなかっ, とは思ふ, とは思わない, とばかし考へ, とびつくり, ともいう, ともいえる, とも実業家, とも思つて, とも褒め, とも見えない, とも誰, とよく, とわかる, と云いきる, と云う触, と云った, と云つて, と云わぬ, と云われ, と云わん, と仰, と信じたがっ, と信じてる, と俥夫, と僕, と分かる, と名乗る, と士官, と宮坂, と思いこまれ, と思いこん, と思いたくない, と思え, と思ったら, と思つたの, と思ひません, と思へ, と思わないです, と思わぬ, と思われまし, と教え, と教えた, と教える, と書い, と母, と気がついた, と水先案内, と源氏, と熱, と申し上げた, と私, と笑う, と答えた, と納まり返っ, と考えられ, と考へれ, と聞い, と聞え, と自分, と自称, と自負, と見る, と見当, と言う, と言つて, と言われた, と証言, と誤解, と説明, と誰, と賞め, と賤しん, と贋物, と遠慮, と長蔵さん, と面倒, と鴎丸, どうも, どんなカラクリ, なあと想っ, なぞと考へ, なとかれ, なと思った, なと思ひ, などとはどうしても, などとは思っ, などと言った, なんかと, なんて死んだ, なんて笑, なんて言う, な何とか, な燈心, な神山さん, な神山様, ね親分, の, のって, のっていう, のと, のといった, のといふ, のに, のにどうして, のに差配, のに誰, のの, のは, ひどい嵐, ほかには, ものいくら狭くっ, ものこの, ものです, もの一銭だ, もの二階から, もの忽ち, もの煙草三服の, もの自由に, もんだ, もんです, もん家賃なんか, ゆうべは, よあがりたまえ, よあの, よう, よこのごろ金貸し, よそんな, よなるほど, よにくむ, よゥ, よホラ門札, よ僕, よ多分, よ家, よ座敷, よ滅多に, わ, アから, ア粂さんの, ッ, ッて, ッてね, ツて, ナと, ナア, ネ器用, ワーッと, 三階で, 両川も, 九段上の, 人間だ, 何といふ, 俺らの, 偉い作曲家, 偽の, 僕は, 夢想家だ, 子, 性慾の, 恋は, 書物を, 本当の, 歴史家くさい, 気付けを, 汝達の, 無茶先生の, 甘く見る, 画家だ, 眼を, 知つてゐる, 私も, 空想家だ, 至極面白い, 表から, 誰が, 金貨だ, 鋭いもの

▼ 家として~ (811, 0.6%)

20 知られて 10 有名な 8 世に 7 成功する 6 自分の 4 それを, 父の, 立とうと, 聞えて

3 [11件] 一家を, 世間に, 他の, 名を, 彼を, 必要な, 成功し, 成功した, 立って, 自分を, 身を

2 [46件] いくら己惚れ, ここに, その名, 中, 人気高し, 今尚, 兄の, 其人物を, 其智見, 出発する, 別に卓然自ら, 動も, 卓越なる, 友人の, 名の, 堂に, 夙に盛名, 大切な, 存在する, 尊敬すべき, 尊敬を, 居るので, 居る場所, 明治の, 有名である, 殊に未来, 残した業績, 永く歴史上, 活動しはじめた, 祀る神, 私の, 立たうと, 立つこと, 立派に, 聞えた一人, 聞えた男, 自分は, 自己を, 若い世, 記憶す, 許すこと, 議院の, 責任ある, 近代ドイツ文学の, 通って, 雪を

1 [619件 抜粋] あなたが, あまり大きい, あらわに, いかなる必然, いかに妻, いちばん穏やか, おかれて, お前自身の, お友だち, お貰, かかわりあって, かの交通, きこえたアレグザンダ・デ・マトーズ氏, きっちりソヴェト生産, ここへ, この上, この主義, この人生, この村, これを, これ以上公平な, こんな物, さへ, さまよ, じつはあっぱれ宝塚, すぐれた人物, すぐれた資質, すぐ間, すごすには, すでにこの, すでに一地歩, すでに自然科学的認識, そういうタイプ, そういう面, そうして貴族中, そこから, そのよう, その中, その区別, その受けるべき, その言説, その資格, それは, それ相当な, たいていは, ただの, たつ位の, だれも, だんだん多忙, できるかぎり, では, とび切り, ともに支那青年層, どうにも張合, どのよう, どれ程の, どんな技術, なによりも, なんらの, ねばりとおさなかった所以, のより, はるか上に, ひとのも, まじめに, またその道流, また下院, また人, また人間, また学界, また当主, また當主, むしろ恥ずべき, もういっぺん, やうやく, やって, やはりリリシズム, やむを得ない旅行, やれ写実主義, わが劇壇, わが家より, ゐる, ゐるだらう建てること, アメリカ中に, アメリカ最高の, ギリシアの, コミンターンの, コースが, ジイドゲオンロマンヴィルドラックマルタン, チェホフの, デビュウし, トルストイとは, ファラデーが, フィールド銀行に, プロレタリアに, プロレタリアを, マタ, メキメキと, モスクワ大学に, ラシイヌの, レンブラントを, 一つの, 一人は, 一人前に, 一方の, 一旦演劇, 一点の, 一王朝を, 一笑に, 一面写実主義的傾向を, 上り下りし, 不遇で, 不適任だ, 世話を, 世間から, 世間からも, 世間の, 二人の, 二間ある, 享受する, 人々は, 人物だった, 人間的理性の, 今後伊賀山君の, 今日の, 代うる, 伊上凡骨の, 休み休みで, 伸びるもの, 住むが, 佐藤紅緑氏が, 何う, 何か, 何と云つて, 何人も, 何年間か, 余り女を, 余を, 作家自身余りすらすら, 修行し, 個人の, 偉いという, 健全な, 傍ら詩作を, 働きはじめる頃, 働く, 僕が, 元より, 充分の, 先天的に, 先輩から, 全くの, 全く生々しい, 全国皆兵の, 全国遊説を, 全米に, 其の手腕, 其名を, 其國の, 再出發, 凡人主義を, 出た公判廷, 出来ぬ許さぬ, 出発し, 出発した, 出立した, 切ないの, 別当も, 到底晏如, 到達し, 到達しよう, 制作する, 力を, 加えられて, 助教授格で, 千人に, 印度が, 危げの, 又その道流, 又は弁護士, 又人, 又最も, 取扱つてゐる, 古今独歩を, 吉岡家と, 名前の, 名声ある, 名高い, 名高いルーサー・バーバンク, 名高い肖像画家, 名高かつた, 向こう一年間, 君は, 味って, 和一郎が, 唯一とは, 善く世, 国内に, 国営企業家として, 国民の, 國民の, 在るという, 地方民に, 堂々たる邸宅, 変転の, 多少認められ, 大家の, 大成すべき, 大新聞, 大舞台, 大規模, 失敗したる, 奇名隠れなかった, 奥さんを, 如何に, 威力を, 存在し, 存在しつづける, 存在を, 孤立し, 安ん, 完全な, 定まったもの, 定評の, 実に珍しい, 実務的な, 富んで, 富士に関する, 将軍様へ, 尊い経歴, 尊敬し, 尊敬せざる, 尊敬に, 小説家として, 少し知られ, 居残って, 屈指の, 川の, 常人よりも, 常識を, 幕府を, 年少ながら, 度々新聞, 弁護士として, 当今声望の, 当時さ, 当然もっと積極的, 得たこと, 御立派, 御簾に, 心ない, 必然と, 必要か, 恥ずかしからぬ, 恥ずかしくない, 恥知らずの, 成功せし, 成効し, 或いは西田哲学, 或は芸術, 戯曲を, 戯曲家として, 戰爭を, 打って, 招待を, 採用され得なかった, 採用する, 接待者の, 推奬した, 描いた, 描かれて, 描こうと, 支那有, 政治屋に, 教えられた名, 教育される, 敬宇先生は, 文学と, 文章家として, 斥け王, 斯く言, 新労農党, 新生し, 新聞雑誌の, 方方を, 日本における, 日本の, 日本現代の, 日本経済史その他の, 旧吉田, 早くから賤民, 早速に, 星亨ほどの, 映るだろうし, 是問題を, 更生する, 書いて, 書籍出版業としても, 最もよく人, 最も主観性, 最も偉大, 最も権威, 最も避けね, 有力なる, 有名だ, 有名であった, 朝夕経文を, 未来に, 本店を, 本当につかん, 柳営の, 栄えたこと, 栄えたの, 根本の, 検挙され, 樹立する, 欠くべからざる技術, 欠けて, 欠けるところ, 止まれば, 正しいこと, 正しい表, 正統的な, 歩んで, 歴史が, 死のうと, 残されるだらう, 毒物に対する, 比較すれ, 氏の, 民政に, 永年暮し, 永續したる, 法律の, 活かして, 活動し, 活躍した, 渡って, 渡つて行く, 測量等の, 満足する, 漢詩家として, 瀬川雅夫も, 無暗に, 無能であっ, 煉金術者の, 燃焼する, 牧師社会に, 特に名高く, 独自の, 獨立する, 獨立せね, 現われるはず, 現われ始めた, 現在の, 現実を, 生い立って, 生きて, 生きるという, 生きるには, 生きるよう, 生活し, 生活する, 生活を, 生活人としての, 用意せられた, 田舍に, 男として, 異様に, 癩を, 登場した, 盛名を, 目だつ存在, 相當, 看過された, 眞摯な, 真の, 着眼に, 知られた孫七峯, 知られた孫七峯とつ, 知られた日本畫家邨田丹陵, 知られた某, 社会から, 社会の, 社会学者として, 社会的に, 神学者として, 神経を, 福積が, 私に, 立たしめん, 立ちたいといふ, 立ち得なかった, 立ち得るか, 立ち現われた, 立ち現われる, 立っては, 立つたもの, 立つという, 立つ決心, 立つ準備, 立つ瀬が, 立てるも, 竹本義太夫初代団十郎数学者として, 第一, 第一歩的な, 第一義的の, 純一な, 細身で, 紹介され, 紹介された, 終始し, 終身働く, 経験ある, 続いて, 美事に, 群小私設実業家達を, 老いて, 老い込んだやう, 考えて, 聞えた故, 聞えた禿頭, 聞える清沢洌, 聞え沼津, 職工たちの, 自らの, 自ら恃むところはこれだけであとの, 自他ともに, 自分で, 自然な, 自由な, 自身の, 舟に, 芥川直木その他を, 芭蕉は, 芸術上の, 英語を, 荒海を, 華やかしい, 落第であった, 落第以上の, 著れんと, 著名な, 著名なりし, 著者自身に, 葬られた, 蒐集した, 蒙って, 蔵原惟人その, 行くわけ, 行動せね, 西鶴芭蕉近松画家として, 見たところ, 見られて, 見る時, 見れば, 見出されたよう, 親族への, 解決すべき, 解釋する, 記録と, 評価し, 評論や, 詩誌, 認めなければ, 認められこういう, 認められて, 認められる機会, 誰も, 論議する, 財界に, 資本主義社会での, 趣味の, 軽井沢に, 迎へた文学座の, 近年には, 近松門左衛門や, 送って, 通達する, 造り上げた情熱, 進む後進作家, 遇せられて, 道純の, 適当な, 選んだの, 郷里に, 重きを, 鉄道客車の, 鋭い史眼, 長年孤獨の, 闘えたの, 随所に, 青年子女に対する, 青青と, 静かな, 頼もしくない, 飜譯家として, 養成せられ, 骨組みばかりの, 高邁な, 魂が

▼ 家~ (679, 0.5%)

5 学者や, 政治家や, 木や 4 実業家の, 川崎家の 3 その他の, 作家の, 学者の, 実業家達が, 政治家の, 教育家の, 軍人や

2 [47件] この辺, それに, で, な, クーデタ派は, ジャーナリストの, ピアノの, 一般の, 人の, 人相見や, 作家で, 名士達の, 土地を, 土蔵が, 塀の, 大実業家, 女房まで, 妻や, 学者が, 学者にも, 宗教家は, 実業家は, 少しも, 庭が, 庭の, 庭を, 彼の, 思想家や, 愛妻家の, 批評家は, 政治家が, 政治家は, 朧月, 村を, 森や, 田畑を, 知識人の, 社会批評家の, 社會の, 美術史家の, 聴衆という, 芸術家や, 角力や, 詩人が, 詩人に, 詩人の, 資本家の

1 [541件 抜粋] あさり集めた, あの湯壺, あの頃, いいますねんけど, いつか彼が, うちの人を, お医者さん, お城, お役人, がすべて夢幻的, このアルヴァレット, この種, これと, さう, さまざまな, しきお, しきは, しきばかり, ぜ, そのため, そのほか, その中, その友人, その家族, その居室, その屋根, その村, その祖神, その親類, その道の, それらの, そんな死骸, たけき武士, つまらぬ置物, ひとの, または他, または音楽家, また土佐, また自分, みじめな, めがねの, やくざ者国民に, よもぎ, ろ, わたしの, アパートだらけに, ガソリン, サークル員の, ジャーナリズムから, ジャーナリズムは, ジヤアナリストが, スキー家たちが, テーブルや, ドイツの, ハリウッド俳優も, パリへ, ビルディングの, ピアノ師匠の, ファッショ壮士と, フランス喜劇作家モリエールの, ブルジョアジーや, ブルジョア技術哲学者達は, プティー・シャポーの, メセナスの, ユンケル連に, ルーサン家などの, ロシア文学紹介者たちと, 一人位の, 一種の, 一般社会性の, 一部インテリゲンチャによって, 万歳師の, 不安家自身の, 不忠な, 不潔な, 世帯道具を, 世間や, 中国要人の, 中学生徒に, 中宮の, 乃至その, 九条師輔様などに, 予言者とも, 予言者の, 事業を, 事業家の, 二十歳程度の, 二弦琴の, 五反歩そこそこの, 人が, 人に, 人格者は, 人類学者又は, 今までだっても, 仏教かぶれの, 仏教家や, 仲買人や, 伯母の, 伯母や, 住友家や, 佐幕党に, 何かの, 作家が, 作家に, 作者の, 俗衆の, 信盛以外の, 俳優に, 俳優脚本家たちが, 倉を, 兄の, 先生の, 先覚者と, 八五郎の, 八幡樣裏の, 公共的の, 其の他, 其処ここの, 冒険家や, 冷泉家やの, 凝結した, 出入の, 別荘の, 劇作家の, 劇団人が, 加藤清正の, 労働者が, 労働者の, 化学品を, 医者と, 卓越した, 南瓜の, 博物館では, 原町の, 又一種, 又文芸評論家自身, 又新聞雑誌等, 友だちの, 反省家や, 叔父の, 古い庭, 名僧智識達にも, 君主や, 周囲の, 命が, 商い屋や, 商人までが, 商人古く, 商人見たい, 商工の, 商店の, 問屋や, 喫煙家が, 四家は, 四貫島や, 團體や, 土人の, 土地の, 土御門家などに, 地べたでも, 地主として, 地主の, 地元の, 地所が, 地理学者が, 地面も, 地頭名義人には, 垣根が, 垣根に, 埃の, 城を, 堂々と, 堤防や, 墓地には, 墓石に, 墓石にや, 墨屋敷の, 壁や, 売買本位の, 外交官が, 外国から, 大名ばかり, 大学教授たちは, 大学教授の, 大宰相, 大寺は, 大工の, 天家といふ, 天竜の, 太政官の, 女は, 女児の, 好事家の, 妻子は, 婦人達の, 子供の, 学究や, 学者に, 学者に対する, 学者は, 学者等を, 学者達には, 學校に, 學者は, 學者即ち, 宗教家が, 宗教家の, 宗教家を, 官僚は, 官僚以上に, 官吏に, 官吏や, 官吏諸君とは, 実業家などは, 実業家よりも, 実業家其の, 実業方面では, 宣傳部員の, 家具などを, 家庭の, 家庭や, 家族に, 家財が, 宿を, 富豪などの, 富豪は, 専門的文芸批評家も, 小使取りに, 小屋が, 小説は, 小説家は, 尾張家などにも, 屋敷などは, 屋敷も, 屋敷を, 山が, 山師にも, 山師破門された, 川の, 工匠は, 工芸家より, 市長が, 幇間と, 広い意味, 庭や, 庭可愛らしい, 当世人, 当局が, 当路者の, 役者も, 待合の, 従業の, 徳行家が, 心理学者の, 思想家に, 思想家にとっては, 思想家の, 思想家哲学者には, 思索家には, 悟りすました, 愛馬家が, 懇意に, 懐疑家が, 戦争に, 戯曲家は, 戯曲家ばかりを, 戯曲家やは, 才士は, 批評家, 批評家が, 批評家といふ, 批評家など, 批評家の, 批評家連が, 技師などと, 撞球場や, 操觚業者の, 改革家の, 政党が, 政党は, 政党や, 政府当局を, 政治家を, 政治演説家が, 政治社会評論家では, 政策に, 教会は, 教育家や, 教育者であっ, 教育者の, 教養人では, 敬虔家だけ, 数学者の, 文化人たちは, 文学の, 文学者さえが, 文学者でも, 文学者を, 文学青年も, 文芸批評家の, 文芸評論家によって, 斎宮などを, 斯波家などの, 新聞やの, 新聞記者を, 新聞関係や, 旅籠屋は, 旅行家や, 旅行者とは, 旅行者に, 旅館に, 日夜ただ, 日本の, 旧家には, 旺盛な, 映画俳優が, 映画製作者に, 時としては, 書家や, 朋輩たちの, 朝倉家などへも, 朝倉家の, 木が, 木は, 木立を, 本職の, 村が, 村などが, 村には, 村や, 松平家や, 枇杷の, 林佐渡らの, 染物屋は, 柵は, 格子の, 植木屋へ, 楽器や, 樹木に, 樹繪の, 橋が, 橋に, 橋の, 次郎さんの, 歴史家に, 歴史家や, 歴史家やに, 母の, 気だての, 気まぐれな, 気むずかしい連中, 氷の, 汚醜詩人, 汽車やらを, 河や, 涌谷の, 清水の, 演劇学者が, 為政者に対する, 無拘束, 牛や, 牛乳屋が, 牛馬も, 牛馬糞の, 牧師が, 牧師の, 特殊な, 王宮の, 産婆の, 田植迄は, 田畑も, 田畠を, 町辻や, 画家は, 画家仲間に, 画工は, 畑や, 畑を, 畢世の, 異食家が, 発見家も, 発見者も, 白いしき石道, 白堊の, 白壁の, 相撲取数名と, 相撲狂を, 着物が, 着物までは, 矢立水滴鍔竿など, 社会学者が, 社会的有力分子の, 社會方式を, 神社と, 私たちの, 私の, 科学者などは, 科学者又, 種族を, 穀物などを, 竈から, 立木や, 米屋や, 紙漉きの, 紳士を, 組合の, 絶対的素人は, 經學者などに, 編輯者等が, 美学者の, 美学者達からも, 美文家記者的ジャーナリストや, 美術家よりも, 美術館員たちでありました, 義経や, 老熟先生に, 老臣の, 耽美家や, 聖賢の, 聴衆を, 脚本作家から, 自分の, 自然科学者は, 自然科学者達は, 自称文学者にとっては, 舟なども, 船の, 船は, 良家のみに, 芝居の, 芸妓屋や, 芸術家たちの, 芸術愛好者たちの, 草や, 草原や, 荒物屋に, 葡萄や, 蒔絵師金工の, 蒸酒家や, 藁葺きの家や, 藏の, 街や, 西園寺家に, 見物の, 親王方などに, 評論家たちは, 評論家を, 詩人外交官も, 諸調度, 講釈師た, 識者から, 財宝よりも, 貧乏臭い, 資本主義的自由主義者達の, 資本家関係の, 越中守様たちいよいよ, 越前家を, 趣味人文筆家や, 足駄ほど, 軍人が, 軍人で, 軍人では, 軍人などの, 軍人なんぞは, 軍人の, 軍人ばかり, 軍人を, 軍政策論者としての, 軽薄才子らの, 農家の, 造園技師に, 過去の, 道学先生と, 道徳論者は, 道徳論者や, 道路で, 道路に, 遠くの, 選手なぞと, 部落が, 郷土も, 野などに, 金持ちは, 金満家には, 金融ブルジョアジーの, 釜や, 鐘楼めいた, 鑑賞家の, 鑑賞家達が, 隣りで朝晩おかゆ, 隣家の, 青年の, 青瓦, 革命家や, 音楽家や, 音楽批評家が, 飯島好造の, 魏家の, 鶏を, 鷲津さんの

▼ 家である~ (594, 0.5%)

32 ことを 14 ということ 12 ことに, ことは 9 ことが 8 と同時に 6 ために, ところの 5 といふこと 4 がこの, 彼は

3 [11件] か, かない, かのよう, かも知れない, からその, ことの, と信じ, のを, 事は, 以上は, 前に

2 [41件] からいろいろ, からこんな, からし, からで, から其の, から私, か否, がその, がそれ, がため, が実務家, が彼, けれども根, こと, だけデッサン, と, という, というの, というよう, といふの, ところから, とともに哀憐, との理由, と云, と共に大, と断定, にかかわらず, にも拘らず, のか, のだ, のでこの, のは, ばかりでなく, ような, ロリス・メーリコフの, 事が, 以前に, 場合が, 彼らは, 限りは, 限り人生の

1 [367件] あなたに, あなた方の, あの太陽, かがわかります, かさ, かということ, かという処, かという質問, かと思う, かどう, かにある, かのごとく見せ, かのやう, かは一, かまた, かも忘れ, から, からあなた, からお, からさ, からそう, からそれ, からには, からみんな三分の二, からわたし, からサタン, からリュウ, から万事お手前, から五百, から人々, から何, から何処, から余りに, から冬, から凡俗, から出入り, から別に, から固, から嫁, から家中一般, から彼ら, から往時, から後, から思ひ出す, から明るく, から是非, から普請, から案内, から科学者, から立退く, から自己, から言う, から誰, から金, から開闢以來此世界, から開闢以来此世界, から黙っ, かを決定, かを知る, かを確かめ, かを穿鑿, かを見せつけたかった, かを説明, か二三間, か多鶴子, か或, か批評家, か真, か素人, か血, か見せ, が, がこういう, がこうした, がしかし, がそういう, がたがい, がどう, がもし, がゆえに, がテーマ, が一人娘, が七郎丸, が不幸, が伊太利人, が住む, が先日, が同時に, が国枝史郎, が巴里大学, が年齢, が惜しい, が批評家たち, が持っ, が政治家, が故に, が数学, が数年前フランス, が時には, が石彫り, が終戦後, が舞台, が電気冷蔵庫, けだし彼, ことから, ことすらも, ことそれから, ことだろう, ことである, ことと, こととは, ことともに, ことなど, ことにも, ことや, ことよ, ことをも, こと又, こと母と, この孤家, しかし自己主張, し上役, し又, そこには, その秀驥, それでなく, ぞ俺, ためには, ため弱く, だけそれだけ, だけでなく, だけに穂積博士, だけに自然, だけに頼もしく, だけ従って, といい得るであろう, というあんばい, というそれだけ, という二重性, という平板, という意義, という男, という答, という自覚, という覚悟, という観念, という言葉, という資格, といっ, といひ得るであらう, といふところ, といふなら, といふ二重性, といふ全貌, とおもしろく, とかいうこと, とかいうナンセンス以上, とかいっ, とかその他各々, とかということ, とかない, とか云っ, とか成上がり者, とか政治家, とか省作, ときに, ときには, ところに, ところへ, とし, として音, とともに私行的, とともに非常, とのこと, との通知, ともあった, と云う, と云われ, と信じこん, と共にソナタ形式, と共に一種, と共に陶器, と同じ, と同様, と吹聴, と奉る, と女王, と実感, と庄太, と思い誤っ, と思っ, と暴君, と独り合点, と称し, と聞い, と覚悟, と言, と言う, と誰か, と風流心, なしに, などといふ風説, などと繰返し, にし, にすぎなく, にも関, に適し, に隣, の, のが, のでしょう, ので万一, ので自然, のと, のなら, のに, のに対して, のに對, のみだ, のみの社交家, ばかりで, ばかりでない, ひとと, ほかに, ほどその, もの作物は, やうな, ゆえに, ようだ, ようでございます, ようにも, よりは藝術品, よりもむしろ, よりも云っ, よりも野心的, より常識, わけである, わたしに, アリストテレスは, クールフェーラックは, ゴロ, ステファーノヴィチといふ, タレスによって, テオフィル・グージャールへ, トタンぶき, ドクトル・デキシュレに, ヘンリー・ジーキルからの, マキシミリヤンの, マリユスの, マルタンに, ラスキンが, レーニンをも, 一私人の, 一老, 三角塔と, 三谷氏の, 上に, 上野さんの, 中野好夫の, 事だけは, 事に, 事には, 事を, 事等を, 人々は, 人も, 人情としては, 人見廣介が, 以上, 以上よい, 以上何でも, 以上狐にでも, 以上自殺教唆を, 何処か, 何處か, 保田氏として, 保雄は, 僕の, 先づ古道具を, 処の, 功徳が, 医師で, 反対に, 古筆氏は, 古谷傅兵衛へは, 吉見の, 君に, 吾, 国文学者は, 場合に, 場合も, 墓の, 増田長盛や, 奥州四國九州から, 娘も, 孟子荀子には, 学者や, 学者らが, 学者達が, 宮原晃一郎さんが, 家康らしい, 小枝, 居住者の, 山上元が, 山田わか女史が, 岡は, 川路は, 工学士長野宇平治君は, 年の, 彼とは, 彼ら若, 彼女は, 後者で, 必要は, 所へ, 所以だ, 所以は, 探偵小説家を, 新太郎ちやんの, 日蓮が, 時は, 晩年の, 木原さんが, 村瀬君助が, 某氏が, 某氏に, 某氏若い, 校長先生は, 此の, 河野ウメ子が, 泰造は, 演出家, 点規矩に, 父が, 父である, 父は, 犬養健, 田辺博士は, 由あの, 相阿弥は, 私が, 私は, 私私と, 秋本は, 秋田雨雀さんが, 科学者から, 筈が, 筈です, 筈は, 経川が, 自分の, 自分自身に, 若い父, 若干の, 著者が, 著者は, 西晋一郎博士である, 誰々の, 諸君は, 軍部の, 連合は, 銀座通りの, 限り, 限りそれ自身として, 限り困る, 雑貨店の, 頭の

▼ 家にも~ (583, 0.4%)

5 常々此年よりと 4 ある, 代へ, 非ず 3 あらねば, 来て, 身にも

2 [20件] ありがち, あること, なること, ピアノの, 一日に, 一週に, 事実は, 何か, 入って, 入れて, 地火あり, 山刀も, 教育家にも, 敵状を, 相当の, 行かめ, 街筋にも, 訪ねて, 詣りて, 詩人にも

1 [517件 抜粋] あたたかな, あった, あったし, あっただろう, あったと, あったの, あったよう, あったハンボウ, あつた, あてはまり大層興味, あのよう, ありそう, あります, ありようはず, あるいは山吹, あるが, あるそう, あるべきにござります, あるもの, あるよ, あるよう, あるわ, ある掛軸, ある様, ある關係, あれほど, あろうとは, いくらかの, いぜん半年, いた, いたたまれなくなったろう, いたの, いない日, いにくく, いますまい, いませんでした, いやおう, いやな, いられないけど, いられなかった, いろいろな, いろいろの, いろんな心配ごと, おかいこ, おし入りてを, おとらない嫡系, おばあさんが, おりましたし, おりますまい, お世話に, お鳥, かえられぬ, かかる大, かかわらず暗かっ, かくの, かって, きみから, こうした武者, このあいだまで, この佚道, この大砲, この家, この町内, この間から, これと, これほどの, こんな匂い, こんな庭, こんな言い伝え, こんな面白い, ささやかながら, さすがは, さむらい, したがって客, せよ実は, そういう声, そのうち, その噂, その家, その幾個, その親戚, その間いろいろな, それぞれに, それでは済まなかつた, それと同, それに, それよりも, それらは, それ相当な, たくさんの, ただよって, たちまちに, たった一人源氏, だいぶ借り, だれかが, ちょうど良吉, ちょッと, つばめが, できます国威宣揚, できます難い, ともに現われ, どうにも, どうやら居, どの店, ないと, ない別途, なかつた, なし秋山, なにか怪しい, なりきれずほん, なりなん勢, なるし, なるべく行かない, なれず事業家, なれず学者, なれず金, なれそう, なれ軍人, はじめて春, ふさわしくない, ふたたび花, ぶつからない, ほぼ同じ, まさかりかぼちゃ, まさるたくましい, また妻, また存, また犬山, まだはっきり分っ, まだ火燵, まだ聞かない, みな香を, もちろん大きな, やはり人魚, やはり白い, やはり電報, やり易い, ゆかず長谷川氏, ゆく, よくある, よって, ろくに落着, ゐないと, ゐるわけぢ, オヒン, ガス灯が, ガラス障子を, コレラの, シェパードが, ストーブを, ドアという, ペンキが, ポインターが, ミイという, モリエルの, ラジオという, 一人前は, 一冊は, 一匹を, 一国と, 一挺や, 一枚あった, 一緒に, 一飯の, 三本ずつ, 三毛猫が, 下がっとるこの, 下駄の, 不在で, 不安な, 不足が, 両親にも, 中橋の, 予見できない, 事の, 二三の, 二三日泊つてお, 二人まで, 二人三人泊める, 二人居る, 二種や, 二階の, 五本や, 五箇所の, 五郎兵衛とか, 人の, 人格的イデオローグにも, 今年は, 仏壇だけは, 仕えて, 他に, 他の, 代えられないという, 代えられぬ大事, 代えられン, 代え難い, 伴野の, 似合しからぬ, 似合わず如是因, 似合わないこった, 似合わない臆病さ, 低い土塀, 住まないで, 住みたい, 住めん, 何かしら読みものは, 何の, 何べ, 何らかの喜び, 何人も, 何十人かの, 余所目には, 便りを, 俳優にも, 借金は, 假名遣, 偉大な, 健な, 偶には, 備えが, 備えて, 入れないうち, 其母者が, 其比少なかる, 再吟味, 冬が, 出入し, 出入りし, 出入りする, 出入りを, 分かりかねるところ, 別れるの, 別れ此女, 利用され, 前から, 前世紀, 前庭が, 劣らざる諷刺家, 助力を, 勝って, 匹敵する, 参考に, 及んで, 古くからの, 古法眼, 可也ゆ, 同じやう, 同じよう, 同様に, 名残が, 品位という, 困らず耕す土地, 困ること, 國旗が, 売りに, 変な, 多代子と, 大きなボンボン時計, 大きな酒樽, 大に, 大勢の, 大疑問, 大言壮語が, 大麦小麦を, 奇妙な, 奉公した, 奉公人が, 奉行越前病氣全快と, 奥さんが, 娘が, 娘さんが, 嬉しいこと, 子女の, 宝と, 実にこの, 実業家にも, 宵から, 家伝の, 家財一つなかっ, 家鴨が, 寄らず二十三日午前一時四分発, 寄附を, 寓した, 小さい庭, 小使い取り, 小犬が, 少くとも, 尾行を, 居かねて, 居つかず親不孝, 居らず近く, 居られず居どころ, 居られず急ぐ旅, 居られないやう, 居られないよう, 居られなくッ, 居れば, 属せず, 巣を, 帰って, 帰つて来ない, 帰らなくなった, 帰れないと, 幾羽か, 庄吉の, 座光寺の, 座敷ワラシ住めり, 庭が, 引張って, 当てはまる, 当てはまると, 当る普遍, 彼らには, 往来にも, 後見と, 御飯は, 必ず付い, 忌まれ一族, 忍澂和上の, 忘れられない, 応用しよう, 快くない, 思われまた, 慊らなかっ, 憂えられて, 戻らずに, 戻らなかった, 拘らず暗, 招待せられない, 持って, 指導されない, 推定だけで, 改築せられる, 敵の, 文学者型に, 新しい出来事, 新聞を, 明治初年の, 映画芸術家にも, 時を, 普及した, 暖い, 暫く泊っ, 書生は, 替へられぬ大事, 最も貧困, 最早正月, 會ふ, 有用な, 有識者にも, 望みが, 机の, 村にも, 来たがって, 来ない, 来らずその, 来る, 来るよう, 来声, 松飾という, 果樹が, 栽ゑて見たい, 案内され, 植ゑてゐるが並木としての, 楽屋にも, 欠本の, 歌女を, 正月の, 残りの, 水戸家にも, 水甕といふ, 決して乏しく, 沢山に, 法律の, 注ぎかけて, 活, 活動写真機が, 浸み, 滅多に, 漠然と表現, 灯は, 炬燵が, 炭焼き小屋にも, 無いもの, 無い物, 無数に, 燃えうつってる様, 版下が, 物品が, 物忘れせぬ, 犬は, 独身もしくは, 猛犬が, 瑕が, 生じて, 生れて, 生れなかった大工, 用事が, 申譯程位にしか, 男の子が, 異存は, 疵が, 疵は, 皆それぞれに, 盆燈籠が, 相当に, 相続の, 真山あさひという, 矢張十三四の, 祖先といふ, 祖師部の, 祝福あれや, 秀郷より, 私自身の, 秘伝の, 稀には, 立ちよって, 立ち寄って, 立ち寄るよう, 立てられた, 立寄らなかつたあの, 竜泉寺小学校へ, 笑が, 簡素な, 糸を, 納屋を, 純毛の, 素人にも, 織田家にも, 置かれないので, 置かれねえから, 置かれますので, 美事な, 聊か得意, 聞き込まれこの, 自分の, 色々からくり, 色々の, 芦船師が, 若い二人, 薫しい, 蟹が, 行かず, 行きましよう, 行き渡って, 行くまいと, 行って, 表現派の, 裏が, 見難き, 親子二人ぐらいは, 言ひよられ, 訪問し合う, 許されては, 評価され, 認めさせたもの, 誰か, 誰も, 負けないくらい, 負けないくるし, 負けないやう, 質子と, 足むけ, 足を, 辛抱し, 迎へ, 近い, 近ごろ覆面の, 逢った, 逢って, 道にも, 達夫児様という, 適用する, 避難者の, 部屋を, 都会の, 長三は, 長年養われ, 関係の, 随分家名, 障ると, 隨分世話に, 雪子と, 電灯が, 電話は, 電話を, 青い着物, 面白い時, 頼んだ例, 顔を, 風呂桶は, 食べ切れないほどの, 飯田の, 飼おうと, 飼って, 餅の, 香炉が, 馬が, 馴染が, 鵯は

▼ 家としての~ (546, 0.4%)

9 彼の 5 自分を 4 作者の, 俳優の, 存在を, 彼を, 本心, 機能を, 立場から, 自分の

3 [13件] 天分を, 彼が, 彼は, 彼女の, 態度の, 成長は, 氏を, 牧野の, 生活を, 私の, 私は, 自身の, 資格を

2 [32件] あなたの, ゴッホには, ルナアルの, 余の, 努力を, 博士の, 天分と, 実質的な, 彼と, 彼との, 彼女は, 性質が, 態度が, 成長の, 手腕は, 才能か, 教養の, 氏の, 活動を, 特色を, 理想の, 理想は, 理想を, 生きかた, 生活の, 私には, 立場を, 素質を, 経歴を, 考へ方, 読者しか, 魁偉なる

1 [397件] あこがれが, あなたを, あらゆる才能, ある種, お前の, かれの, ことで, この先生, この著者, ちがいの, ちがい女, ひとから, ひとつの, ひとり合点ひとりで, また或, アンシークロペディストである, イプセンは, ウンチクや, エドモン・ロスタンを, カント, キヤリーヤを, ゴーリキイが, ゴーリキイに, シェクスピアの, ジーンズは, ディレッタントの, ディーツゲンは, デビューを, トルストイは, トルストイ並に, トルーマンの, ニイチェには, ハムレット, ヒューマニチイが, ブラームスの, プライドを, ベリンスキーの, ペレウェルゼフと, ポオの, ミケルアンジェロは, リアリズムの, ルナアルを, ロダンを, ヴェラ・フィグネル数学者としての, 一戸を, 一狂言を, 一生には, 一生の, 一生は, 三木の, 三谷氏だけを, 不安動揺が, 不撓な, 世界を, 中村星湖, 中条百合子氏の, 中条百合子氏は, 主張は, 主観を, 事務の, 人生に, 人生の, 人間完成に, 人間性を, 仕事は, 仕事も, 任務を, 伎倆, 低さ, 体面を, 作者は, 信任の, 信長の, 修養は, 俳優が, 俳優について, 俳優を, 個人貴族なら, 偉大さについては, 偉大さを, 働きを, 僕に, 僕の, 僕は, 僕を, 優位生活をさえ, 先生については, 先生の, 先生自身を, 光彩である, 入道相国を, 全生命, 共通な, 内容を, 内部生活の, 内部的発展を, 円熟を, 冥加である, 冴えた手腕, 処世上の, 出発が, 出発に, 出發は, 切っさきが, 初孫だ, 前山翁は, 創作の, 創作技術, 創造欲を, 力量社会人としての, 功徳頌すべき, 功績を, 勇気とか, 勉強も, 勘も, 勘愛国の, 博士も, 原敬も, 又イデオローゲン, 反逆精神は, 可愛らしさ, 同志小林の, 名を, 名声を, 名建築家, 問題であり, 困難は, 地位に, 地位は, 地位を, 地歩を, 壮大な, 声望固, 売り出し盛り, 夏目漱石と, 大名は, 大河内氏は, 大衆の, 大観の, 大観を, 天分は, 天才です, 天稟を, 天職に対して, 失敗が, 子路の, 存在が, 存在以外に, 孤独の, 学堂は, 學堂は, 官僚の, 宙外は, 実力及び, 家名と, 實力及び, 寿命が, 寿命は, 専門的知識並びに, 將來は, 尊い心持, 尊敬を, 小さな勘, 小林秀雄は, 尾崎は, 山本有三氏は, 岡本綺堂を, 川北朝鄰の, 川田氏が, 川辺みさ子と, 常陸小栗氏, 幇間の, 幇間を, 幸福とは, 建前から, 弱味だつた, 強味は, 当然の, 役割である, 彼, 彼に, 彼をも, 彼等の, 徐氏は, 心の, 心境は, 心境を, 心構えの, 念願でありましょう, 性質に, 性質を, 悟道的な, 悩み, 惱み, 意向であった, 意気, 愛嬌と, 感じかたであったろう, 感受性で, 感受性に, 感覚を, 態度に, 態度について, 態度を, 成育の, 成長を, 所謂は, 所謂詩人も, 才か, 才能, 才能だけ, 才能に, 才能の, 才能は, 才能や, 才能を, 抱月に, 提案を, 教授は, 教育を, 教養によって, 教養は, 敬宇先生は, 文壇生活も, 方が, 方向転換を, 日本民族の, 映画監督の, 時代への, 時代的敏感さが, 晶子の, 最も純, 有島武郎を, 朝権に対する, 本分のみを, 本心に, 本心実感という, 本意で, 松陰, 栄養を, 業蹟に, 標式は, 権利である, 権威の, 武者小路氏は, 歴史における, 歴史的な, 死に, 母は, 氏が, 氏としては, 氏に, 氏にとって, 氏や, 気宇は, 気稟を, 江口は, 沽券に関するとでも, 津田君に, 津田君は, 活動に, 活用論者を, 流れが, 深い味覚, 無上の, 熱情が, 父の, 牧野さんは, 特に大衆作家, 特色および, 特質と, 特質の, 独立性は, 独自の, 獲物って, 獲物は, 現在会う, 現実を, 理想が, 生い立ちという, 生い立ちを, 生き方で, 生き方に, 生活に, 生活に対して, 生活は, 生活環境や, 生涯は, 生涯を, 田山氏を, 疑問や, 疳癪で, 痛苦は, 発展の, 発育は, 目下の, 目安も, 盲僧の, 直感が, 直観と, 直観を, 相手の, 真摯な, 真骨頂が, 矜持を, 研究から, 社会人の, 祝福を, 私が, 私について, 秋声は, 空想は, 立場として, 立場に, 立派な, 笑顔に, 第一義的の, 精神生活者としての, 精髄を, 素質が, 素質と, 素質に, 素質は, 素養に, 練習に, 繊細な, 美點は, 老いの, 聲望固, 職場の, 肌合に, 能力を, 腕は, 自分をも, 自身を, 興味で, 興味の, 良心と, 良心に, 良心は, 良心性を, 芥川龍之介に, 芸術的意慾を, 苦悶を, 華々しき成功, 著述家としての, 蔵原惟人は, 藤村は, 號, 行き詰りが, 行動や, 衿持から, 見地から, 見識について, 見識や, 記録保持者である, 試みの, 誇りは, 誇りも, 誇を, 諷刺なる, 諸芸術, 譬えようの, 貪婪が, 貫禄は, 責任, 責任である, 貴女の, 貴重な, 資格においては, 資格は, 辯論家としての, 近代的, 追究が, 運命を, 過去の, 道に, 醫者の, 野心を, 鋭い体験, 鋭利な, 長い生涯, 長所と, 長所は, 關孝和の, 階級性が, 階級的, 露伴が, 面影が, 面目を, 須磨子が, 須磨子に, 須磨子は, 飛躍の, 魂の, 鴎外が, 黒岩涙香は

▼ 家まで~ (501, 0.4%)

30 送って 17 行って 13 来て, 歩いて 7 ついて, 送つて 6 つれて, 一緒に, 訪ねて 5 持つて 4 きて, 帰って, 持って, 見て, 送り届けて, 連れて, 飛んで, 駈けて 3 やって来て, 出かけて, 届けて, 来た, 来ると, 行きました, 送る分

2 [27件] かえった, みんな引返し, やって, 乗せて, 五軒を, 出て, 売って, 彼女を, 念には, 押し掛けて, 来たが, 歩いた, 歩きました, 歸つた, 燒い, 特攻隊は, 行くと, 行く途中, 行けば, 行った, 行ったの, 送つて行, 送らして, 送らせること, 送りとどけて, 送ろうと, 骨董畠が

1 [284件] あずけて, あるは, いら, いらっしゃい, いらっしゃいませんか, おいでに, おいでを, おくって, おくられて, おくられてかへ, おしかけること, お会式, お伴を, お栄, お越しあらぬ, かえる途中, かなりの, きたもの, きてから, ご存じな, ご案内, ずっと歩い, その院長, ただちに持参, たどりついたが, たどりついた作衛, たどりつくと, たどりつこうと, たどるの, だいぶ時間, ちょっとお出で, ちょっと来, ついて行くこと, つきそって, つけて, つめたいもの, とどけて, とどけると, どうして彼女, どんなに長閑, なくして, ふたりの, ぶじに, まいるが, まだ五丁, みんな来, もって, もどって, もどるのに, やって来た, やとったまだ, やられるところ, よく聽, わたしが, グショ濡れの, サンザンお, タクシーを, テクテクと, ドライブし, 一匹づゝ配る, 一同やっと, 一散に, 一時間ほど, 一気に戻った, 一町半ばかり, 一緒について, 一走り行っ, 一里余りの, 丁度一時半か, 三町の, 並足で, 乗って, 二十丁余歩い, 五六丁ほどの, 五六町ほども, 伝わった, 使の, 來て, 來る, 供を, 傍目も, 僅か四五丁, 八丁の, 六本の, 六町しか, 六町の, 兵を, 再び馬車, 出向くよう, 到り此, 動員され, 十間ばかりの, 半里, 厳重に, 去んで, 参りましたが, 参ります, 参ろうぞ, 召連れ来りし, 可成り, 合図を, 吉祥寺を, 向けて, 呼んで, 商いを, 四半刻, 大急ぎで, 妻を, 威勢よく, 小僧を, 屆けて, 届くホース, 届けた, 山越え野越え, 帰ったの, 帰ったもの, 帰った時, 帰つた, 帰らなければ, 帰らねば, 帰りつかないうち, 帰りました, 帰り着かないうち, 帰ると, 帰るの, 帰るのに, 幽霊を, 庭園の, 建てた, 建てて, 引いて, 引っ返して, 引揚げました, 引摺って, 彼と, 往って, 往復し, 御尊来下, 御足労が, 忍んで, 怨まれちや災難ぢ, 恐れ入りますが, 戻って, 戻ること, 戻るの, 戻ろう, 手放さなくては, 担いで, 持たせた旦那, 持たせて, 捜して, 携えて, 撫斬りに, 政府から, 散歩し, 数万の, 昇って, 来いあの, 来いと, 来た時, 来なさい, 来ました, 来る, 来るあいだ, 来るの, 来る約束, 来る途中, 来三時頃, 案内しましょう, 案内しませう, 様子を, 正太は, 歩いたその, 歩いたの, 歩いてでも, 歩き通し, 歩く, 歩くなんて, 歩く間, 歩こうと, 求め即ち, 湯に, 漕いで, 潰れるかも, 火が, 火の手は, 無事に, 無事送り届け, 焼いたり, 煮に, 破産の, 私が, 私一人で, 突きとめた, 笑いつづけて, 米つぶが, 約一里, 約十五町, 続いて, 聞いて, 聞えるよ, 自分に, 自分のに, 自動車を, 自製の, 至り見しに, 舞込んで, 草履を, 薬を, 行かないか, 行かねば, 行きたいが, 行きましょうよ, 行く, 行く用, 行く積り, 行く間, 行く騒ぎ, 行こう, 行っちまうところ, 行つ, 行つた歸り, 行つてもらひ, 行つて明方まで, 行つて見る, 裾を, 見つけて, 見送りたいと, 訪問する, 誘い出して, 誘われること, 議論に, 貴方を, 買って, 買ふ, 走らせたもの, 走り続けて, 走ッ, 車を, 辛, 辿りついたか, 辿りついた時, 辿り着いた, 辿り着いて, 迎いに, 迎えに, 迎に, 送つて行つた, 送らせるの, 送らふと, 送られて, 送りて, 送りと, 送りとどけたん, 送り届けし後, 送り届けた, 送り届けること, 送り届けると, 送り届け医者, 送ると, 送るという, 送るよう, 送ろう, 送ツ, 逃げて, 逃げ帰ったが, 通ずる仕掛, 連れ戻して, 連れ込ませて, 連帰つて見る, 遊びに, 運ばれた, 運んだとき, 運んで, 運送する, 遣って, 配達し, 附いて, 附き添って, 飛んだり, 食事を, 駆けつけるには, 駆け戻りました, 駈け込んだ袂

▼ 家という~ (498, 0.4%)

76 ものは 59 のは 33 ものが 19 ものの, ものを 18 のが, ような 12 のも 7 ものに 6 のを 5 ことを, 一つの 4 ことに, ものも, 家は, 者は 3 ものには, 人たちは

2 [18件] ことが, ところだ, ので, のへ, ものだ, もので, ものと, ように, 人の, 仕事の, 奴は, 家が, 家で, 意味, 意味である, 感じが, 文字が, 肩書を

1 [163件] あんな陰気, いろいろな, えらい旧家, ことだった, ことで, ことである, ことなど, ことばに, こと道楽は, ご名門, さる日本, その家, その待合, たいせつな, ちゃんときまった住み, つもりで, ところに, ところの, ところは, のか, のかね, のであった, のでありまし, のであります, のに, ほかは, もの, ものから, ものさ, ものその他いろいろ, ものだろう, ものであった, ものである, ものな, ものにおける, ものについては, ものにも, ものに対して, ものに対する, ものはね, ものほど, もんだ, もんは, やつが, わけであった, バケモノは, パオロ・ダ・カンノービオが, 一種の, 一種奇妙な, 世界に, 事です, 事に, 事は, 人が, 人に関する, 人物を, 人種は, 人達が, 人間に, 仕事が, 個人の, 処に, 別業が, 厄介ものを, 叔父が, 叔父は, 古い看板, 名に, 名を, 名称が, 名門を, 商売だ, 商売は, 啓蒙を, 型だけは, 型に対する, 大きな屋根, 大名の, 大樹に, 姐さん芸者や, 字を, 存在は, 定説だ, 家, 家あり, 家いくばく, 家から, 家では, 家に, 家の, 家へ, 家柄は, 富豪の, 専門家によって, 小倅が, 巣箱を, 店へ, 建物の, 建物自体に, 待合が, 待合に, 待合の, 後ろ楯の, 後楯が, 御方だ, 心持が, 思想が, 意味を, 意識その, 感じで御座いました, 懇意な, 技術を, 振れこみで帝劇一杯, 政治家が, 方々の, 旅館に, 日本宿に, 智的職業階級も, 暖かさ, 格で, 梵語, 概念から, 歴史ある, 気分が, 気持が, 無形有形単純複雑の, 然り, 特別な, 現代の, 瑣末な, 白眼で, 看板の, 称号を, 種族の, 種類の, 立場から, 立場を, 範疇は, 範疇も, 精神世界の, 素人に, 者が, 背景が, 芸妓屋を, 芸者家からも, 覆いを, 見事な, 言葉が, 言葉の, 言葉を, 語は, 諸先生, 豪族に, 豪農であった, 資格と, 野望の, 陰惨な, 雨降, 雰囲気や, 響き何響く, 順に, 風に, 風格を

▼ 家とは~ (374, 0.3%)

9 反対の 4 違って 3 切っても, 姻戚の, 比較に, 遠縁に, 遠縁の

2 [23件] こんなもの, どこの, ケタの, 何ぞや, 何の, 全く様子, 労働の, 反對, 同姓で, 彼が, 懇意に, 束縛に, 栄えるので, 榮える, 浅からぬ, 疎遠に, 真善, 知らずに, 背中合せの, 自己の, 親戚の, 較べもの, 雲泥の

1 [300件] ああいう, あまりそう遠く, あまりに違, あれほど, いえぬ, いえやはり, いえ金貸, いかなる家, いくらか血, いくらも, いちおう連絡, いよいよ経緯, いろいろな, いわれぬ, おげん, かぎらないので, かけ離れた工場, かなり前, かなり親しい, かわれり, くっついて, こういうもの, この完成, これっきり縁を, これで, これ限り絶縁し, ごく親しい, ごく近い, ご婚姻, さし当り一つの, すぐ目, すっかり間, ずいぶん縁, そういうもの, そういう最も, そう遠く, その時分, その職業, それから, ちがうという, ちっとも関係, ちょっと趣, つねに自ら, てんでお, とても思えません, どういう心算, どうしても思へなかつた, どこか, どんなもの, ななめ向かひ, なれないと, なれるに, なんと, なんらゆかり, ばかの, ひと夏葉山, ふかい血縁, べつな, ほかならぬ, ますます近くなつ, また別, また非常, まったく無関係, むかしから, わたしも, 一つ世の中に, 一二度の, 一家であった, 一心同体の, 一族に, 一般的教養の, 一見正反対, 不和である, 不和に, 中に, 中橋の, 中睦じ, 主従である, 主賓として, 了解の, 事なかれ, 二代にわたって, 云いかねるもの, 云い難い, 云ひ, 云ふも, 云へ, 云わず宮前, 互に近く往來, 今日まで, 仕付けが, 他の, 他人結婚を, 仲が, 仲の, 休戦を, 似ても, 低い垣根, 何である, 何です, 何人も, 何彼に, 余り離れ, 依然交渉, 侯が, 僅かに, 僅か十間位, 元々浅から, 先代からの, 全く違った, 全でかけ放れた, 全然変わった, 全然没交渉, 全然異なった, 全然表向き, 全然違った, 共に紀傳體, 内容の, 円の, 別して近しく, 別な, 別の, 別人と, 前々から, 前以, 動く人間, 十町ほども, 十里ほど, 即ち僧侶, 反対に, 反対側に, 可なり, 同じグラスゴー市, 同じ家, 同じ麾下, 同一の, 同時にバカ, 同格の, 同盟し, 同等であっ, 向き合つた, 吾, 呉越の, 和議が, 唇歯の, 善隣の, 回縁の, 図抜けて, 國別に, 地代と, 堀ひとつへだてた, 多年兵火に, 多読家の, 夢にも思えない, 大へん, 大変親しく, 大屋と, 大差の, 姻戚に, 姻戚関係が, 姻戚関係の, 学校を, 家の, 対等の, 少しかけはなれ, 少しは, 少し仲違い, 少し別, 屋根と, 庭つづき, 当時自由党の, 当然親戚, 彼にも, 往来し, 従来親族の, 御別懇, 御親類, 必ずしも同, 思いませんでしたよ, 思えないほど, 思はれない家構, 思われない, 思われません, 手を, 打って, 扶け, 技術に対する, 数十年にわ, 数年以来矛盾に, 断っても, 方角違いの, 方角違ひ, 方面違ひだつた, 日頃何の, 昔から, 昔からの, 昵懇である, 昵懇な, 最も縁, 格段の, 極く近い, 歩いて, 比べものに, 氷炭相容れざる, 江戸時代を, 決していえる, 浅くない, 父の, 父子二代の, 珍しい言葉, 生垣を, 町の, 町内の, 町名が, 異う, 異うこと, 異なった性格, 異なって, 異り, 皆さ, 直接の, 直接間接に, 相当距離, 知らないで, 知らなかったし, 知らなん, 知る人, 祖先以来互いに, 称さなかった, 競争相手だった, 簡に, 約十町, 素通しに, 縁が, 縁の, 縁も, 美しきもの, 聟と, 自ずから領分, 芸術する, 血縁も, 裏つづき, 裏の, 見做, 見分けが, 親しい間柄, 親しい関係, 親しい關係, 親戚に, 親戚関係に, 親類, 親類ぢや, 親類である, 言いながら, 言えずたかだか, 言えない, 言ひ, 言われないの, 認め難い, 誰ぞ, 赤の, 赤松以来の, 趣が, 身でも, 身分が, 近いうち, 近いもの, 近い親族, 近ごろ改めた, 近所でも, 近接し, 遂に貧血症, 道で, 道一つへだてた, 違う, 違うて, 違うよ, 違った武士, 違ひ, 違ひまん, 違ふわ, 遠い縁者, 遠い親戚, 遠縁であった, 遠縁である, 遠縁には, 長いあいだ, 関係な, 附き合わないよう, 限らない, 限らないが, 隣り同士, 隣り路地, 隣路地の, 非常に, 面白くない, 面白くなく, 音通である, 飽く迄似, 黙し合

▼ 家たち~ (365, 0.3%)

115 が, のこと 4 の批評, はその 3 のうち, のため, の間, はこの

2 [17件] がこの, がどうして, が世界, だけが享受, だけのもの, である, のもの, の前, の心, の方, の物, の生活, の議論, はこれ, は彼等, を喧嘩, を私

1 [290件] から, からどう, からは全然, からは陰険, からわれわれ, から感謝, から批評, から攻撃, から見れ, があまり, があまりに, がいちど男, がいつ, がいます, がいよいよ, がいる, がいろいろ, がおります, がかえって, がきょう, がそれ, がほとんど, がみんな一種, がみんな彼, がよく, がより, がゲーテ, がゴーリキイ, がジャーナリスト, が一握り, が今, が他, が体, が使用, が其, が内務省, が冬山, が列する, が單, が四六時中, が大勢, が女, が娑婆ッ気, が宮城, が寡頭政治, が居並んだ, が抱い, が招婿婚, が教会, が文学愛好そのもの, が文章, が日, が来る, が無定見, が生命, が男女平等, が登つて來, が着実さ, が臆病, が自分, が自己放棄, が自明, が言っ, が讃美, が足下, が餓え, こそ気の毒, このいずれ, だけあっ, だけが撰集, だけに限られた, だろう, であった, であったろう, であらう, でありロシア, であり楽器, であるだけ, である日本, で占められ, とその, とともに広はん, との間, とほとんど, とよく, とフーヴァー大統領, と共に双葉, と同じ, と同様, と宴会, と転向, などが倉皇, に, にうとんぜられ, にささげ, にしろ, にその, にとっては何, にとって従来, にとって絶好, にはその, にはちょっと, にはとかく, には判斷, には大きな, には木米, にも共に, にも弱, によって, によってそんなに, によっても決して, によって怠業, によって探索, によつて, によつて教, にジャアナリスト, に不足, に与えてる, に共通, に字數, に対して残酷, に対する私, に對, に形式, に彼, に推薦, に方向, に最上級, に模倣呼はり, に皿, に要求, に見せました, に金, に高く, のあいだ, のあの, のなか, のほう, のサロン, の云うごとく, の作品, の侵害, の個々, の克明, の分類, の創世期時代, の労作, の動き, の反対, の名前づくし, の喧騒, の多く, の大釜, の奮起, の姿, の小説, の巣, の彼等, の心情, の思想, の意見, の慢心, の所有, の数人, の文学的堅忍, の新, の本, の次, の殆, の殺しあい, の気にいられぬ, の活動, の渇仰, の熱心, の発展, の眼目, の短歌, の研究, の社会性, の組織, の群れ, の考え, の自覚, の苦心, の表情, の話, の説いた如く, の論拠, の論議, の賞讃文, の集団, の非常, の順応, の頭脳, はかかる, はこれら, はさすが, はしばしば, はたいてい, はただ, はとかく, はどれ, はなぜ, はほとんど, はもとより, はやはり, はよく, はケチ, はトメド, はプロレタリア革命, はマルクシズム・レーニズム, はヤンコ・コステル, は一斉, は俗臭, は僕, は全力, は其, は判斷, は努力, は勿論, は北斎, は十何年, は十年一日, は嗤, は多面的, は大童, は婦人雑誌, は少し, は平和, は彼ら, は必ずしも, は或, は戦争中ファシズム, は手っとり早く, は掴み合い, は文化, は文学, は方向, は書く, は概ね, は現代文学者, は生産, は知っ, は知的, は社会主義社会, は精神総動員, は縦横, は自分たち, は自身, は舞, は苦い, は言っ, は質, は軍人, は通親, は風, へ出品, へ話した, もいつも, もそれぞれ, もちつとは, もときたま, もひとしく, もよく, も人間豹, も今, も即席, も演奏者たち, も革命思想, をし, をその, をつなぐ, をです, をまね, をも憎い, を上, を全部, を刺戟, を呼び寄せ, を度外, を教育, を理解, を生み出す, を研究, を見る, を訪ねました, を陰, を驚かせた, 即ち新しい, 特にケルビーニ

▼ 家へは~ (334, 0.3%)

5 帰って 4 帰らずに, 帰らなかった 3 いつて, 入れて, 帰らずジョバンニ, 戻つたれど, 歸らない, 遣らぬが

2 [16件] いるなり, いるには, いる時, もどらなかった, 上げぬ分別, 幽霊が, 戻らんつもり, 来ませんがね, 歸らなかつた, 歸れない, 泥の, 秘密に, 絶対に, 翌朝の, 自由に, 行きません

1 [271件] あの方, あの晩, あまり立寄らない, あまり見えない, あれきり足ぶみし, いったんだ, いつた時, いるし, いるなどといふ, いるに, いるまで, いるやいなや, いるよう, いる石金, いれて, おべっかを, およそ一週一度, お化けが, お客を, お帰り, かえらない決心, かごで, このとき天, この掛け物, これという, さりげなく云い, すべてお, そう云った, その事, その後で, その後に, その後一回も, それが, ただ飯, たまにしか, ちっとも出這入り, ちょっくら買物, ちょっと行っ, とても帰れない, どうでも, どうもしない, どうも白面, はいらないで, はいらなかった, はいれないで, はいれないよう, ひつた, ひつたで, ひとりで, ひりしばらく, ひりません, ひるまでか, ひるんだから, ひんぱんに, べつに大坂表, ほとんど年貢米, まいりません, まだ早朝, もう来, もう来ない, もう歸ら, もう誰, もどらずそのまま, よく仕事, よく出入, よく榊, よりつかずよそ, キニイネの, ソンナ書生が, マメに, 一人ずつ, 一寸帰り, 一度耳に, 一束づつやつた, 一言も, 一銭も, 上げないよう, 之も, 二三丁だ, 二十錢も, 五六丁も, 五月の, 亭主が, 今迄, 代官の, 何にも, 何を, 來る, 入って, 入れずに, 入れないから, 入れら, 八時頃歸つた, 其人は, 内務省から, 内緒, 再び這入らぬ, 出入しない, 刀自が, 医者が, 反対に, 売って, 大方は, 大胆不敵の, 天野家から, 奴隷の, 好いみせしめ, 始めてな, 始終立寄っ, 始終行っ, 姿も, 婿には, 子分, 実際の, 寂しいよ, 寄ったの, 寄って, 寄らなかつたやう, 寄りつかない, 寄りつかないの, 寄りつかなかった, 寄りつかなくなった, 寄り付かれずその後, 寄り附かなくなった, 寄れねえ旅, 寝られませんで形, 少しもか, 少年は, 川岸伝いに, 師匠勝三郎が, 帰して, 帰ったり, 帰つたが, 帰らじと, 帰らず妾, 帰らず役所, 帰らず暁臺先生, 帰らず濡れ手拭, 帰らないが, 帰らないぜ, 帰らないつもり, 帰らないで, 帰らないでしょう, 帰らないと, 帰らないので, 帰らないよ, 帰らない息子, 帰らない覚悟, 帰らなかったそう, 帰らなかったので, 帰らぬと, 帰らぬ事, 帰らねえの, 帰られないから, 帰られないわけ, 帰りにくかっ, 帰りませんでした, 帰りませんでどこ, 帰るまい泊る処, 帰るまじ, 帰れないの, 帰れなくなった, 帰れませんでしたの, 帰ろうとも, 庄兵衛の, 店から, 弟が, 当人の, 彼女は, 御譜代, 復た, 悔みや, 戻れぬピクニック, 手を, 手当てとして, 払わずに, 折々訪ね, 持って, 持つて, 新富座の, 新聞や, 旅の, 書生時分から, 末代まで, 来て, 来ないかも, 来られないの, 来る閑, 梅の, 次第に足, 此の, 歸らず, 歸り, 毎日毎夜おびただしい, 氣の, 求婚者が, 決してまいりません, 決して二度と足踏, 決して幸福, 泊れずつい, 消息さえ, 添書を, 温泉が, 激励の, 無分別な, 町の, 皆行つてし, 真直に, 知らせたかね, 私は, 私も, 私もう, 移らなかった, 立ち寄ったろう, 立ち寄らずに, 立ち寄らず直接猿ヶ京, 立ち寄らぬよう, 立ち寄り得ずに, 紅矢の, 細川別邸で, 絶えず出入, 綺麗な, 繁, 置かねえとって, 置かれないと, 置けないから, 置けねえからな, 自分の, 船中で, 行かずに, 行かない, 行かないで, 行かないでも, 行かないの, 行かないン, 行かない方, 行かなかったの, 行きませんか, 行きませんでした, 行き度, 行くまいと, 行ったこと, 行っても, 行ってるだろうが, 親類の, 訪ねて, 警部と, 足を, 足踏みを, 足踏を, 跣足では, 近うご, 近づけません, 近よらず, 近よらない, 近所の, 送つて貰, 送れないで, 這入らずに, 這入らないから, 這入れずに, 連れ込むこと, 遊びに, 遺留品を, 隊名姓名を, 隣づかり, 雑多な, 頓着なし, 顔も, 顔を, 顔出しできない

▼ 家~ (330, 0.3%)

47 んだ 46 のだ 33 のである, んです 24 のです 9 のか, のよ 7 のであった 6 の, んでしょう 4 のであろう 3 のさ, のでその

2 [14件] きもの家を, のかも, のだらう, のであつ, のであります, のでぶらぶら, のは, のを, ものです, わけだ, んだらう, んで叔母さん, ンか, ンだ

1 [72件] けれどいず, ここから, のかしら, のかなあ, のかね, のが, のここ, のださうである, のだった, のだろう, ので, のでいくらか, のでお, のでお婆さん, のでここ, のでこの, のでございます, のでしょう, のですつ, のでせう, のでどう, のでどんな, のでまあまあ, のでまだ, ので一, ので九年母, ので二万ポンド以上, ので何うに, ので何とも, ので何事, ので六畳, ので勘次, ので嬰児, ので子供心, ので居候, ので座敷牢, ので新聞, ので滔々, ので玄関, ので自由, ので誰, ので貞之助, ので酒棚, ので門口, ので階段, ので電灯屋, のにばか, のに二階, のに何時の間にか, のに家人, のに行燈, のねえ, のよ真っ暗, の彼方, ばかりか蓄財, もんだ, もんです, る言は, んある, んざわざと, んざアね, んざ実は, んざ小僧だけで, んざ裏の, んだい, んで, んでし, んでその, んで子供, ア阿, ンです, 富武五百之進の

▼ 家との~ (312, 0.2%)

25 間に 14 間の 11 間を 10 間には 7 関係を 6 交渉は 5 関係から 4 間から, 関係は 3 あいだに, 交際も, 縁故も, 縁談を, 連絡を

2 [17件] 交際は, 協力である, 境に, 差異は, 往復の, 縁談は, 間からは, 間が, 間では, 間でも, 間にも, 間は, 関係が, 関係で, 関係に, 関係も, 關係である

1 [177件] あいだにも, あいだの, あいだを, いきさつに, いろんな介在, お仲, それ迄の, た, ちがいそして, つながりは, まん中ほどに, み限定, ツリ合い, 一乗寺下り松の, 一致点は, 両方に, 両者にとって, 両面を, 争いは, 争いを, 事が, 事で, 二三町の, 二家の, 二旗手によって, 二軒より, 二通りが, 交渉が, 交渉の, 交渉やらを, 交渉を, 交渉決裂する, 交通が, 交通は, 交際上から, 今までの, 今度の, 仲が, 仲介者の, 会見の, 修交は, 共同に, 共同事業の, 分岐点だ, 分布を, 別れるところ, 区別に, 区別を, 協力を, 協同の, 合同協議によ, 合戦にも, 同じ造り, 同族の, 名を, 向背ひとつで, 命を, 和睦それに, 和睦に, 問題から, 因縁が, 因縁を, 国争いをも, 地位が, 地境に, 型が, 境の, 境へ, 境界の, 境界を, 壁の, 外に, 外見上の, 姻戚関係だの, 婚姻による, 婚約には, 婚約を, 婚談も, 完全に, 家臣が, 対抗は, 対照が, 対照は, 対立が, 対立を, 對立と, 幹事で, 庇合い, 庇間を, 座談会の, 往復が, 往来は, 御兄弟, 御対面, 御縁, 心持とは, 必然的な, 懶惰と, 戰爭や, 抗争で, 接触が, 接触による, 提携を, 旧い関係, 旧い馴染み, 旧き好み, 旧好, 普通見受けられる, 根柢的な, 歴と, 比較で, 永い確執, 活動は, 浅からぬ, 混血児で, 盟契を, 目の, 相異, 相違が, 競爭に, 素質や, 結び付き方は, 結合であります, 結納も, 縁は, 縁を, 縁故から, 縁故などは, 縁組みの, 縁組以外この, 縁談と, 縁談の, 縁談も, 縁談持ち上った, 聯携の, 聯絡に, 華々しい婚礼, 血族関係が, 衝突が, 親しみは, 評は, 評判を, 試合を, 話同様私には, 資質を, 距離は, 路地の, 農民と, 通路は, 連衡である, 遊戯に, 道徳問題乃至, 遠方, 遠縁続きに, 金石の, 長い関係, 間へ, 間も, 間らしい, 間絶え, 関係その他で, 関係という, 関係などを, 関係においての, 関係においては, 関係についても, 関係の, 関係作者と, 闘争は, 關係が, 關係で, 關係とは, 關係に, 關係を, 隔りは, 隙間に, 類と

▼ 家じゅう~ (282, 0.2%)

25 のもの 24 の者 8 の人 4 の畳 3 でいちばん, の戸, の部屋, の騒ぎ, を歩きまわっ 2 が寝静まった, が殆, で一番陽気, にひびきわたる, のドア, の小鉢, の空気, は殆

1 [190件] から買物, がいろいろ, ががっかり, がきしみわたる, がさまざま, がしずか, がしん, がすっかり, がそうぞうしい, がそれ, がひっそり, がみなあなた, がみんな, がゆうべ, がよん, がらん, が主人, が大, が大笑い, が大騒ぎ, が寝しずまる, が影響, が忙し, が急, が悩まされ, が持てない, が明るく, が汚れる, が目, が総, が芝居気ちがい, が蘇った, が重くるしい, が開け放され, が震え, が鳴りわたっ, こぞって晴着, ごく早, ごたごたし, さっぱりし, しめっぽかったり, すっかり明るく, そろって, そわついて, でいただこう, でいちばんお父さん, でいちばん静か, でたいへん, でたった, でぼくたち, でやりあっ, でクリストフ, でパリ, で一番, で一番好き, で今, で只一人, で可愛, で大笑い, で少し, で彼女, で忙しく, で泣き叫んだ, で深田君一人, で私, で芸妓遊び, で顔, どの部屋, にうずまい, にお金, にきまった, にただよっ, にはびこりはじめた, にひびい, にひびいた, にぶり, に人, に他, に喜び, に変, に女中ひとり, に寒い, に彼, に御, に息, に戸棚, に拡, に日本人, に有名, に油, に満ち, に漂っ, に火, に灯, に焚きしめ, に私一人, に罵声, に英男, に薬, に虱, に赤い, に近ごろ, に鏡, に響いた, に響きわたった, に響きわたる, に響き渡った, のあちこち, のあらゆる, のある, のし, のそう, のでんとう, のぼろ, のガラス, の人々, の人たち, の人影, の写真, の壁, の大, の天井, の女中たち, の怒り, の扉, の手, の暗, の混雑, の煖炉, の物音, の猫, の眼, の窓, の見分, の誰の, の邪魔もの, の重宝, の関心, の雨戸, の電気, の顔, はすっかり, は人, は寝静まっ, は引っ, は思った, は急, ひどくしん, まっ暗がり, ゆすぶれます, をあけ放し, をあらためて, をかけずりまわっ, をざっと, をすかし見, をひと回り, をぶらつい, をまわり, を全部, を四五十, を巻きこむ, を幸福, を捜し, を探しまわった, を探し始めた, を日本, を笑わせた, を荒れ, を調べ, を這いまわる, を隈, を飛びまわる, を駈けめぐり, 大乱脈, 大消毒, 実にしずか, 小さい娘, 引越して, 悦んで, 揺れて, 敷きつめて, 明るくなら, 歩きました, 歩きまわった, 残るくま, 薄暗くなっただろう, 行くん, 震え響くよう, 静まり返って, 驚いて

▼ 家へも~ (271, 0.2%)

7 遊びに 6 寄って 4 たずねて 3 出入りする, 出入りを, 初中終, 尋ねて, 行かずに, 親しく出入り, 訪ねて

2 [16件] もう遊び, わたくしの, 二三度は, 何の, 初中終來, 声を, 帰って, 帰らずに, 帰らないで, 往きたかったが, 時々話し, 来て, 歸らない, 聞こえて, 行く, 遊びにも

1 [201件] ああし, いくらも, いって, いままでの, うっかり行く, おくんなさいなという, お出入り, お寄, お頼みできる, かえらず町, ことの, しきりと, しじゅう刑事, すこし置い, そう行かない, その名刺, その報告, その怪しい, それぞれひきも, たびたび訪ね, ちょいちょい出這入り, ちょいちょい売り, ちょっと寄らなけれ, ちょっと立ち寄っ, とどけられて, どつた時, どつて, どつて來, はいつて來, まわされた伊緒, もどって, やっぱり帰っ, やつて, ようつたえる, よくやって来おった, よく云っ, よく出かけ, よく挨拶, よりたまえ, よりつかないこの, よりました, わけて, わけを, ウッカリ帰れませぬ, パッタリと, ホームスさんへも, 一寸別離, 一度お, 一度泥棒, 一度遊び, 上げて, 人を, 仕送りは, 休むか, 伝わって, 伺ったところ, 何にかに, 使者は, 來て, 來られませんでした, 侘しさ, 傳は, 先づ表から, 克彦の, 入ったよう, 入つたやう, 入らず大原, 兵を, 典膳を, 再三訪ね, 出入し, 出入りし, 出入りの, 出入を, 出這入りを, 刑事が, 前から, 十分に, 参る頃, 參ります, 友達の, 右大臣家へも, 呼ばれて, 和泉屋の, 商いに, 囘向に, 回って, 囮姿の, 売りに, 大方は, 始終遊び, 嫁入りさせられる, 家来たちが, 寄せつけずその, 寄つて, 寄らずに, 寄りついて, 寄りつかず主, 寄りつかねえので, 寄りませんか, 寄り付かず気儘, 寄り附きませんでした, 尋ねさせましたが, 少しは, 届く, 山田の, 帰えれない事, 帰らずそのまま, 帰らず其の, 帰らず陣十郎, 帰らせないと, 帰らないつもり, 帰られずいっそ, 帰ること, 帰るつもり, 帰れない, 帰れないと, 帰れなかった, 帰れねえん, 帰れませんから, 帰んねえよう, 平気で, 幽霊の, 幾度か, 廻って, 当然降っ, 往つた, 徳川殿へも, 態よく, 戻つて, 手紙を, 折々は, 挨拶に, 明らかに, 時々みな, 時々顔, 時たま御用, 暇が, 暇乞いに, 暇乞に, 書いたもの, 来たまえ, 来たり, 来ないかしらと, 来なさるだろう, 来られ泊り, 来る, 来るが, 来ること, 来ると, 果して僕, 梅干飴を, 森蔭の, 次第に呼ばれる, 武田家へも, 歸さず, 歸へ, 母の, 母娘は, 水瓜を, 汚辱の, 父が, 牛乳を, 盛裝し, 相変わらず遊び, 知らさないで, 知らせて, 知らせに, 程よく話し, 立ち寄った, 立寄つて, 自由に, 船で, 茶園へも, 行かず二条, 行かないって, 行かないで, 行かなかった, 行きたくってね, 行きづらく, 行くこと, 行けなくなるの, 行けば, 行って, 行つて見たい, 親類の, 言葉を, 記念に, 誘いまた, 誰かが, 足りない金, 這入らない新道, 這入りこんで, 這入れた, 連れて, 金を, 電話を, 面目なく, 頼みに, 顔出しが, 館の

▼ 家です~ (259, 0.2%)

40231912 から 64 からね, ぜ, な 3 からその

2 [13件] からお, からそれ, から細君, がお, がその, がね, が油, こと, ぜこの, って, ねえ, よ何, よ親分

1 [118件] あなたの, え, かえ, かそれ, かな, かね, かよく, からあなた, からおばけ, からここ, からこれから, からそういう, からそこ, からそんな, からたいして, からちょッ, からという気持, からどう, からな, からなあ, からねよく, からむやみ, からやっ, からやはり, かららく, からわざと, から亭主, から今, から何, から僕, から六人, から向う, から堅気, から大抵, から奥, から安心, から寝付かれ, から寢, から屋根裏, から彼ら, から手さぐり, から早速, から昨夜, から昼御膳, から時々, から湯, から漸, から考え出す, から至つて気, から致方, から蘭子さん, から誰, から頭, か思いがけない, か閑山, がきれい, がそれにしても, がちょっと, がてまえ, がなあれ, がなかなか, がねこれ, がね階下, がまア, がよく, がエ, が今, が今夜, が公子, が其の, が冬, が嚴重, が当主, が御, が政府, が昔, が此處, が相当, が蝸牛, が通俗作曲家, が邸, が長男, けれども浜, けれども見晴らし, けれどわりに, ことね, さかい娘さん, し学校, ぜ伏魔殿, ぞのい, ってね, つて, と注意, どんなにその, なアハハハハ, な誰方, ねあすこ, ね下女, ね平家時代, ね音, ね高梨家, の, のよ, の入っ, もの庭まで, もの疲れる, よあんな, よサア, よ一休, よ先月, よ此家, よ決して, よ繁代さん, わ, わね, ワほんま, 女の, 真犯人は

▼ 家らしい~ (246, 0.2%)

11 ものは 5 家に 4 ものが 3 ことを, ものも, 顔を

2 [15件] ところが, のです, のんきな, 一生懸命さが, 人が, 冷静と, 半白の, 女でした, 家が, 家も, 所は, 敏感な, 男は, 青年たちが, 青年武士が

1 [187件] おしや, かっぷくで, からヤクザ, が, がしかし, がその, がそれ, が無住, ことばかりを, し代り, すばやい目, するどさ, ぜ, ぜどの, という, とさ, と半, と思つた, な, なかば雪に, のが, ので早速, のに貸家, のは, のん, ひと構え, ものに, ものの一部分, ものを, もの多く, ゆとりが, よさ, んです, カンで, キリリと, ペンク教授の, 一種の, 中廊下, 二階に, 人, 人は, 人も, 人柄で, 人物だ, 休安の, 位置だった, 住家を, 体つきの, 体得を, 健一は, 光景が, 凝視を, 処が, 厭世観が, 口吻で, 口吻の, 口調で, 同時に生活, 唯だ, 土間へ, 堂々たる死に, 売卜先生は, 変態心理の, 大きい声, 夫婦づれが, 好奇心を, 妥協的で, 娑婆風流だろう, 字で, 家の, 家を, 寛容さと, 小さい建物, 年少の, 幾分荒んだ, 店構えを, 店構へを, 店間口が, 建物が, 建物である, 形の, 影の, 影は, 彼の, 心持ちを, 心持を, 怒りかたで, 恰好に, 恰幅の, 悩みを, 惱み, 想像を, 感じが, 感激が, 態度も, 態度を, 批評の, 批評家である, 技術家の, 挨拶を, 料簡の, 晴やかな, 暖み, 板に, 柴垣が, 様子が, 樣子の, 気もちを, 気分が, 気持に, 洋服姿で, 淡白さだった, 満足を, 灯の, 灯影も, 無感情, 無邪気な, 熱情を, 物が, 物は, 特殊な, 狡計も, 独自な, 現実であった, 現実的写実的傾向に, 生き生きと, 生彩ある, 生活の, 生活を, 生活経験を, 男が, 男でした, 発句しか, 皮肉な, 直観も, 眼が, 眼付が, 眼付を, 神経を, 穴も, 空々しさ, 空想を, 策動を, 精密な, 純情さが, 素朴を以て, 素質は, 紳士風で, 肩に, 臭味を, 色に, 若い作家, 若い男, 若さ, 若者で, 落ちつきや, 藤田伝五が, 血が, 行動とでも, 表現だ, 見方を, 見識で, 言い方だった, 詠嘆を, 説服的な, 調子で, 謙遜な, 識見に, 象牙色の, 趣が, 足どりで, 追求の, 途方も, 連中が, 道の, 里見, 鋭さ, 青年です, 青白い頬, 頭を, 顏の, 顔つきと, 顔付, 風格を, 風采の, 風采を, 黒目勝ちの

▼ 家であった~ (189, 0.1%)

9 ことは 5 ということ, のです 4 がその, ことを 3 とみえ, のを

2 [12件] かどう, から, からだ, がその後, がもう, が私, ことだけは, といっ, と思う, のだ, ように, 父が

1 [132件] か, かそうして, かそれ, かと云う, かと思う, かのよう, かの子さんへの, かの有名, かもしれない, かも知れない, からいろんな, からだろう, からである, からであろう, からです, から両親, から事情, から人目, から作曲, から勝ち気, から喪, から忍ぶ, から松影, から源氏, から私, から立派, から通行, か其処, か毛利侯, か精力家, か開国家, が, がこの, がしかし, がそれでも, がと思ってる, がなかなか, がまた, がドイツ人以外, が今, が何, が俳諧, が優れた, が同時に, が堅忍不抜, が崖造, が彼等, が忠右衛門, が恒産, が或, が斯道, が書斎, が李白, が池, が紅葉, が要, けれどもしかも, けれどもやっぱり, けれども我慢, ことも, そうだ, ために, というた, というの, という事, という点, といえよう, といってる, ときよりは, としたら, とはどうも, とも云い得る, と云う, と云われる, と聞かされた, と見る, と言うべきであります, などとは思い, にかかわらず, にし, にちがい, にもかかわらず, に違い, のじゃ, のだろう, のである, のでその, ので大変都合, ので話, のと, のなら, のに四十歳, のね, のは, ような亡くなった, わけだ, アルブレヒト・デューレルが, ウエーンライトの, オオドゥウでさえも, シャルル・ノディエが, フォックスは, ライプニツである, ローザの, 乎否かは, 事だけを, 僕などは, 先代に, 十六世紀の, 印象は, 叔母の, 場合には, 小体な, 島村俊明氏なども, 左右田喜一郎先生くらい, 彼の, 彼は, 彼や, 東京控訴院長長, 桑の, 洞窟を, 漱石は, 灰の, 点歌が, 為に, 父は, 百合子の, 福沢諭吉が, 竹内式部その, 良人の, 葵原君と, 近藤重蔵は, 雄吉が

▼ 家~ (187, 0.1%)

6 はその 2 がいずれ, が何時の間にか, などもいろいろ, の讃辞, の間, はこの, はそれ, は大, よ, をわざわざ

1 [161件] から何, から寧ろ, から往々, から長い, がある, がこの, がさ, がそれ, が一般的, が下車, が之, が二, が代々頭, が体験, が力説, が噂, が地図, が夥しく, が大きに, が大方, が強力, が心理学, が心理学的見地, が忘れ, が恐らく, が改めて, が数多い, が最後, が皆, が誤り, が説明, が賑やか, が逢着, さえ, であるといふ, でコラン, で歌会, で歌會, といふもの, とは自ら, と一緒, と違っ, に, にとってはこうした, にとっては必ずしもそう, には決して, には演奏台, にも気, によってブルジョア社会, によって一蹴, によって之, によって歓迎, に共通, に向かっ, に対する頂門, に浴せた, に由っ, に盲目的, に知れよう, に至っ, のやり方, のカント理解, のフラーゼ, の与える, の主, の主張, の代り, の信条, の個人的, の優しい, の努力, の可, の哲学的作文等々, の嗅覚, の大いに, の常, の情熱, の意見, の手, の批判, の持っ, の改革意見, の新しい, の書く, の業績, の極端, の権威, の理論, の生き生き, の登竜門, の眞面目, の石棺, の群, の考えた, の職業的, の著書, の術語, の転向イデオロギー, の集まる, の集団, の音楽, の頭, はこんな, はすぐ, はそんな, はちっとも, はつまり, はみずから日本活動写真連盟, はショパン, はプロレタリアート, は一応, は之, は二時間, は今, は何故, は先, は出世, は勿論, は史跡蹂躙, は同じ, は同一, は大抵書, は小才, は当惑, は彼等自身, は応援さ, は我文明, は技術, は挙つてヴォルテール, は政治, は松園氏, は概して, は歴史, は決して, は無念, は物語, は福沢, は組合制度, は群衆, は考へ, は自然科学, は軍需インフレ, は閉息, は頭取, もあっけ, もする, もぜひ, もついに, も之, も博士, も彼, も良心, も革命思想, や新しい, をセリ合, を分裂, を圧倒, を指し, を日本人, 例えばトルストイ, 及び彼等

▼ 家たる~ (184, 0.1%)

7 ことを 5 の資格, ものが, ものは 4 を失はず 3 を栄, 君の, 彼に

2 [19件] と同時に, に害あらむや, に過ぎざるべし, の一能力, の才智, の技倆, の準備, の識見, よりも寧ろ, を以てし, を免, を失はざる, を尊敬, を望む, 伊藤侯の, 是れなり, 資格が, 資格の, 面影あり

1 [111件] あなたの, ことは, ところ大学教授の, とに論, とはた, にあつ, にあらずし, には十分, に似, に変り, に止らしめず, に甘んぜず, のみ人丸, の人格, の地位, の天分, の実, の才, の批難, の栄誉, の權利, の眼識, もの, ものたれ, ものの, もの心配せざる, や一定, や法外, ゆえか, よりも一層, より一層, わたくしは, われわれの, を得べし, を恥, を感ずる, を求め, を許す能わず, アッシェンバッハにとって, イワン・フョードロヴィッチの, エミイル・ファゲエ氏同氏も, ダ・ヴィンチが, ネウチな, ビングの, フランソア・ド・ヌーシャトー氏は, ブルジョア個人の, ボリュームが, ロテイには, ロベスピエールは, ワグネルも, 一面を, 事を, 五郎作が, 以上それだけ, 以上また, 伊東男は, 便法は, 信念を以て, 僕に, 僕の, 先生に, 動機は, 単なる資本家, 名声を, 名聲, 君まず, 大加美神社, 妻の, 宮崎の, 家康には, 彼は, 悲慘を, 感受を, 所以に, 所以は, 所以を, 所以作品を, 探偵は, 新村出博士の, 晋の, 最上義光の, 木村巽斎の, 根底に, 標式は, 氏は, 民衆は, 父親の, 犯人は, 私に, 私は, 立法者にも, 第一, 紅葉は, 素質が, 職分上諸君の, 肉体を, 裏長屋に, 覚悟も, 言行を, 諸君の, 責任を, 貴下に, 資格なき, 資格に, 資格を, 身分に, 近藤進, 過去を, 遠識, 雅量あり, 青年に

▼ 家といふ~ (181, 0.1%)

33 ものは 24 のは 9 ものが 5 のが, のに, のを

2 [16件] ことは, のか, のへ, もの, ものと, ものとは, ものの, ものを, やうな, 家が, 家は, 宿へ, 成語の, 成語は, 柄では, 風に

1 [68件] うちいまは, ことなく, ことなし, ことに, でなく所謂登山家, では, のから, のがずつと, ものに, ものには, ものほど, ものも, もの肉親といふ, ゆゑんは, んだらう, 一面で, 一點で, 事も, 人たちよりも, 人の, 人間仕事の, 名で, 名を, 名稱, 女の, 奴は, 字は, 定説だ, 家で, 家には, 家の, 家へ, 家を, 家族政府の, 小さな殻, 履歴も, 廣い, 形骸は, 意味からで, 意識から, 感じが, 態度に, 折紙を, 料理屋の, 旅館に, 民間審査員として, 気が, 気楽さだけが, 男など, 看板かかげ, 程の, 立場を, 筆まめな, 結構な, 者が, 肩書を, 表現に, 言葉が, 言葉によ, 言葉は, 評判をも, 詞は, 語彙は, 豪家の, 輩には, 閑静な, 面相でも, 風貌女は

▼ 家であり~ (180, 0.1%)

3 彼の 2 又その, 夢遊歩行家の, 批評家であり, 批評家である, 時にはへぼ詩人, 鏡では

1 [165件] ある時, いつも錫, うるかと, かの水鏡先生司馬徽, こと宗教に関する, こんな処, しかもその, すべてを, そしてその, そして勝れた, そして家, そして小説家, そして悪, そして資本家, その作品中, その冷やかさ, その幻想, その晩年, その著書, それぐらいの, それで琵琶, それよりも, なかなか姦智, ながらあの, ながらかく, ながらもはや, ながら俳優, ながら全部, ながら六畳, ながら壁, ながら容易, ながら平然, ながら彫刻, ながら蔵書癖, ひとつは, またスポーツマン, また封建隷従者, また気立て, また舞台, まだおまけ, もちろん私, ようはずは, アルスナル図書館長であり, カミーユ・デムーランは, ダダイズムの, テレスコープなき, ネロ皇帝は, ピアニストであり, ホーキン氏にとっては, マラーも, レッシングであり, 一つは, 一般の, 且つ医師, 乳母の, 事業家であり, 人間を, 今は, 今日党であり, 企業家な, 伝統の, 作家であっ, 修行者である, 優秀な, 兵隊である, 内心は, 利己主義者であり, 助六, 十人扶持を, 又何かと, 又其の, 又大抵, 又時, 古い陶器, 司直の, 吉村冬彦といふ, 同時にそれ, 同時に実践家, 同時に日本文化, 哲学者であり, 哲学者である, 嘲罵家であり, 四十五年間の, 夢想家であった, 大家で, 大社会事業家, 天文学者らとともに, 好事家である, 学的労働量は, 学究である, 學者である, 宗教くさい, 実在的ニヒリストであり, 審美的な, 小さな物干場, 巣な, 常識家で, 常識家であっ, 平生から, 幾多の, 当主の, 彼が, 彼は, 彼女を, 後に, 志士であり, 戦術家であったろう, 戯曲の, 批評家であった, 技術家である, 拙劣な, 指揮者である, 政府である, 政治家であり, 教育家である, 数十万町歩の, 数百の, 文壇事情だけ, 文豪である, 新聞記者側に, 明日党であり, 有名な, 末の, 本家の, 森川信なども, 歴史的伝統を, 民衆劇場が, 民間の, 江戸生れで, 演出家である, 漢学者でも, 漢詩人であった, 漫談家作家である, 画家であっ, 目端の, 目覚ましい芸当, 研究著書註解など, 社会主義者で, 社会人としても, 社会学者である, 私の, 科学者は, 第二, 純粋な, 美の, 自然を, 自然科学者であり, 與謝野晶子氏も, 良正良兼などという, 苦行者であり, 蔵書家であっ, 表看板の, 豊臣秀吉に, 財産家である, 貧しい人間, 貴族主義者である, 軍人である, 辛辣な, 通俗作家通俗批評家に, 酒も, 鍛錬も, 門前には, 風流気など, 馬は, 鼓舞者で

▼ 家より~ (164, 0.1%)

4 他に, 出で 3 ほかに 2 使者の, 借りたる時余, 右の, 基礎が, 帰り来らず, 藩閥政治家に

1 [141件] いでし前記, お取引先, かいくらか, して, すくなく出す, するか, ずっと上等, ずっと手前, とかく気分, なるもの, みると, もっともっと熱心, もっと酷い, やや小さかっ, ゆかしき音, オベド・エドムの, カチカチの, 一人の, 一割五分も, 一週に, 上に, 上の, 争われ相, 二三軒西の, 二階が, 云へ, 五十兩取寄合せ, 他は, 以上に, 以下であった, 伊勢の, 伊達家に, 伊那丸君へ, 佐倉新町芝本久兵衛方に, 信書至る, 修飾の, 俸禄の, 児猫を, 入って, 入つて, 公儀へ, 出たの, 出たるデマ, 出づ, 出づとか明言, 出て, 出でたりなどと, 出でたるもの, 出でて, 到着致し, 半道ほどの, 参られた病気見舞い, 古本の, 嘱託せられ, 四月八日山入厳禁の, 塚原と, 外で, 外に, 外へ, 外何処に, 大きく底, 嫁いで, 学問は, 宝暦十年の, 家老を, 密命が, 小さいよう, 小さくても, 差出しの, 差送りに, 帰って, 帰り来れり, 店員の, 当家に, 当家へ, 御相續, 徴収すべき, 急な, 戸締が, 戸締りが, 戻り来りぬ, 手紙し, 持ちきたらせるという, 携へ, 放ちしこと, 日本画家中恐らくは, 日頃頂戴の, 明るい西洋建築, 明日の, 景樹の, 曳出せり, 来しなれば, 林町を, 格の, 機先を, 正誤申込みが, 此兩商の, 水練に, 浪子の, 浴せし不当, 海に, 湯島なる, 火が, 火起り熾に, 物持ちに, 狭しと, 甲冑を, 畑より, 知らせあり, 社領の, 社領一萬石御, 稍大きな, 稻葉丹後守方へ, 系図の, 結婚の, 給せられて, 考うる, 聞いたは, 聞えつ, 西丸へ, 西北に, 護衛の, 貧乏な, 貰ひ来, 贈られたる金, 贈られた毛氈十間, 辭し, 迎いの, 追い出だされ自ら, 通勤の, 遠からざる所, 遠ざけしかして, 都市の, 金子を, 鉦の, 離縁させた, 頭いい, 養子を, 駆け出したるお代嬢, 高くなる, 高けりゃその

▼ 家~ (151, 0.1%)

19 の上 5 の下

2 [13件] が大きく, が見えた, といえ, に巣, に立っ, のうえ, のくさ, の瓦, の草, へかけ, へ這わせ, も見えなかった, をこえ

1 [101件] からおびただしい, からつづい, から庭, から掻き落した, から空, から続い, があっ, がさも, がよく, がメキツ, が上, が下っ, が処々, が圧, が小さき, が深く, が白ろ, が階段, さえ見えない, だ, だの山, であって, で土手, とすれすれ, とを白く, などへ飛ん, になっ, にはそれ, には石ころ, に上げ, に上っ, に上り, に向け, に投げ, に添い, に点け, に登っ, に穴, に達する, に雨, に飛び上がる, に點, のうへで, のつくろい, のない, のイチハツ, の一面, の上あたり, の古い, の天辺, の客, の家, の方, の柴舟, の棟, の甍, の眞ん中, の空, の門, はばり, は惣体葺屋, は灰色, は見える, へかけ上っ, へでも逃げ出しましょう, へひよつこりとび出し, へ上っ, へ出, へ棲ま, へ追い上っ, へ運び出せ, へ飛び移った, へ飛ん, まで一ツ石, も舞台, も見えた, や, や塀, や火の見, や襁褓, よりも高い, より落ちぬ, を, をみつけ, をみんな, をめがけ, をも剥し, をよそ, を上, を作る, を吹きめくられる, を吹き飛ばされ, を打ち破る, を持ち, を繕っ, を繕つて貰, を越え, を越し, を這ひま, を雀, ノ

▼ 家からは~ (149, 0.1%)

4 嫡子久須麻呂の 2 いくす, 三味線が, 三味線の, 多分淘汰, 少し遠い, 手燭や, 決して, 茶や, 警察に, 警察へも

1 [125件] あまり顧みられなかった, あらゆる条件, いい音, いかなる誓紙, おそらく少しの, お宅, お父さんが, お礼を, お糸, お赤飯, お隣り, かなり遠かっ, くるまで, さかんな, ざつと筋向うといへる, その位, その勾配, その探険隊, それぞれ返信が, それつきり, そんなもの, だかに, なれて, なれ動坂, なれ湯島横町, なんの, のどかな, まず五百両, まだ誰, やや疎遠, よく見える, チャタム以来の, 一町も, 一番近い, 丁度背中合せ, 七八丁も, 三町ほど, 三百金ずつ, 下男も, 世々あつき, 中井の, 二十六年の, 五名の, 人声が, 伸子が, 例の, 先づ眞正面に, 八幡製鉄所が, 出なければ, 勘当され, 勝手が, 可なりの, 右大臣菅原道真だの, 同封の, 商売物を, 喧嘩の, 喬之, 四寸九分無銘白鞘の, 奉納の, 女教師の, 妻の, 妾腹の, 娘が, 存生堂という, 学校は, 完全に, 家内の, 家来筋に, 小學校, 少しく離れた, 少年の, 川一ツへだてた, 市郎左衛門が, 幾度と, 息子が, 数町を, 敵討の, 最近勘当された, 朝な夕なに, 朝に, 欠かさずに, 正月の, 歩いて, 母が, 比較的に, 水晶の, 注射器を, 烟草屋の, 焼肴の, 父の, 片道二時間も, 特に七五三縄, 特に藩, 特別に, 珍しく明り, 番頭も, 疎略に, 発見されなかつた, 目附下目附足軽小頭に, 真正面に, 確かに, 神田小川町まで, 純粋の, 繩を, 職人たちの, 自働車, 英語の, 葬式が, 蔵版書物の, 西に, 西北に, 見えないだろうな, 親子二人とも, 親爺が, 諸国へ, 警察は, 賑な, 身内の, 近所に, 追出されて, 逃げだしたが, 遠くなった, 銅製の, 音信する, 音沙汰が

▼ 家としては~ (142, 0.1%)

3 失敗した

2 [12件] その作家, どんなもの, 保守党の, 固より, 或は要領, 新味も, 最も傍系的人物, 朝野の, 決して高度, 珍らしい, 確かに, 落伍した

1 [115件] いかなる団体, いけないさ, いわゆる素人芸術家, おなじこった, かなりに, かなり革新的, こういう自分, このこと, これに対して, すでに柳生家, そういう問題, その目的, それが, それほど特異, それよりも, それ自身恥辱である, ちと出来すぎた, ちと迷惑, つまらぬ人, ともかく国民自体, どうしても一日, どうも合点, むろん当時, もうここ, もとよりその, やはりプラス, やはり俊成, グラドストンジスレリールーズベルトといった, 下の, 不向きに, 亡ばば, 以上の, 例年に, 偉大であった, 偉大である, 冒険では, 凝って, 出来得る限り, 初歩ね, 勿論先生以上, 匂ば, 古いほう, 古今絶無といふ, 右大臣の, 和解した, 唖の, 堂々たる議長, 夙に或, 多くの, 大きいぞ, 大き過ぎた, 大久保と, 存在できない, 実に性急, 実に恐ろしい, 実に超, 少し肥え過ぎ, 幾分表面的, 当今第一流の, 当時の, 当然し, 御領地, 忍び得ない恥, 成島柳北翁を, 技巧上の, 持合せ, 採るべきでない, 損すること, 日本一でしょう, 旧士族, 是で, 最も与み, 最小抵抗線を, 有っても, 有名だ, 有名な, 未成の, 来たる九月, 柴田家にとっては, 極めて簡単, 決して不幸, 決して顔, 無事でしょう, 牛込蓬莱連の, 珍しい働き手ぞろい, 生き恥を, 當今第, 直観を, 相当に, 知らず写実家, 私たちの, 私の, 立派で, 立派である, 立派に, 第一流, 米国で, 経験が, 經驗が, 縦令第, 職人的美術批評家の, 自分の, 若輩と, 誰にも, 軽蔑し, 辛棒強い, 辻久一菅原卓等の, 近ごろ異例の, 近来に, 遣ひ場, 関口次郎高田保金子洋文鈴木泉三郎藤井真澄水木京太能島武文等が, 陰翳が, 随分名, 非凡の, 頻りに製作

▼ 家~ (129, 0.1%)

4 のうち 2 は彼, をし, を非難

1 [119件] から賞賛, が, があった, がいう, がその, がそれ, がなす, がまた, がドイツ, がフランス文芸界, が一般, が不健全, が与えた, が主人公, が他, が信じたがってる, が否定, が少し, が暴力, が無私無欲, が自ら知らず, が自分, が蘇譎張権, が表現, が言い合ってる, が金銭, が風説, しかつた, であった, とて明日, とは異なっ, と同じ, と懇意, と本物, と知識階級, にし, によって汚名, に不快, に二重, に出会った, に激昂, に衣, に訴えた, に関する忌憚, のこと, のため, の一派, の下, の作品, の傾向, の利害, の力, の労作, の取り巻き, の唱える, の嘆賞, の多数, の寄り合い, の弁舌, の心, の意図, の意見, の或, の手, の技能, の有用さ, の末流, の滑稽, の無, の策略, の言明, の言説, の顔, は, はある, はいや, はこういう, はことに, はそういう, はだれ, ははなはだしく, は一般国民, は前, は右, は国王, は好機, は宇宙創造, は実は, は富む, は彼ら, は彼女, は快楽, は新式, は物体, は皆, は相, は知識階級, は純粋, は自然, は際限, もその, もマルセイエーズ, もワグナー, も和声, も従順, も競っ, も腐敗芸術, も贅沢品職工, よりも彼女, を呑噬, を呼び集める, を弁護, を彼, を感嘆, を招い, を排斥, を最も, を窒息, を軽蔑

▼ 家だった~ (128, 0.1%)

13 のです 8 のである 4 のだ 3 そうで 2 かも知れません, が, そうです, よ, ネ

1 [90件] お兄さん, か, かあるいは, からそう, からそんな, からである, から一週間, から困れ, から多分, から学資, から御殿奉公中, から或いは, から案外, か病院, か知らん, がいま, がこれ, がさらに, がその, がそれでも, がまだ, が仕事, が代々着物, が作品, が共に, が典膳, が家内, が此度, が水車, が片上伸先生, が砂馬, が若い, が飜, けれども木口, けれど中, けれど今, ことから, ことが, ことだけは, ことは, ことも, ことを, ころには, しことに, し其の, し山小屋, せいか, そうだ, その清ちゃん, ために, って, ということ, という意味, ところを, としてもそれ, とはふしぎ, と思う, に相違, に違い, のかと, のが, のだろう, ので, のであります, のでお, のでしょう, のでそれ, のでクリストフ, ので猫, ので男爵, ので直ぐ, のを, はずだ, ものである, もんです, ようだ, ような, わ, んです, エレーナの, 事を, 天職の, 廃鉱の, 弦三が, 故人波多野氏の, 楠正位氏が, 父の, 由, 男が, 頃しんから

▼ 家なる~ (125, 0.1%)

18 ものは 8 ものが 4 ものに, ものを 3 かな, もの, 妹を 2 が故に, ものの, を以て比較上政見相接近, を以て閣下, 彼が, 者が, 者は

1 [68件] かを怪しまし, がゆえ, がゆえに, が今, が故, こと人の, こと前篇で, にもかかわらず, に其家, のみ珍世界, は掛軸, ものあまり漠然と, ものありといへり, もので, ものと, ものとは, ものとを, ものも, もの一に, もの多くは, もの多少, もの頗る, を旭将軍以来, を知らなかつた, を耶, を記憶, アンジョーラは, ウイリアム・ペンが, ジョン, フペリデースに, ベッジパードンは, ベッヂパードンは, リストに, ルービンシュタインが, ロイド・ジョーヂ氏を, ロバート, 一国は, 下婢の, 事を, 二氏は, 人々の, 傍屋へ, 前回度々, 友と, 外に, 妹, 妹し, 存在も, 幸徳井氏が, 我が薄井, 折竹氏に, 料亭けしから, 新田氏を, 日本人も, 桂屋に, 滑なる, 点より, 父母を, 知人が, 祝女殿内一族の, 紅葉の, 者はう, 草野ふさ方の, 言葉は, 評者どもは, 遠藤は, 雜漁者の, 面作りは

▼ 家じゃ~ (120, 0.1%)

11 ないか 4 ありません, ない, ないの 3 ありませんか, ないよ 2 あなたの, ありませんからね, ありませんよ, あるまいし, お断りだ, ないかと, ないと, アない, ア案じ, 梅めが

1 [71件] あなたを, あらすかい, ありません私, あるまい, あるまいよ, いけないん, お前お母さん, お前さま去年の, ここへ, この人, すぐあいつ, そう成っ, とてもその, とても駄目, どうする, ないかね, ないがね, ないぜ, ないですか, ないん, ない大, ない山, ない知ってる家, なかったから, なかったけれど, なかろう, なかろうと, なくたしか, なし大野, ねえか, ねえや, ねえやなに寝ぼけた, ねえん, べつだ, ほんとに仕様, まず第, まるで女王さま, もったいない, アねえ, ア二三日前に, ア入らねえ, ア有り余る, ア随分, 一日負い, 仕事場で, 仙十郎の, 何だ女, 何も, 使って, 兄さんが, 十一時でなくっ, 問屋を, 困るな, 夕食には, 奥様も, 女中が, 姉さんが, 島が, 旦那の, 有りません, 機も, 沢山だ, 清九郎一人に, 無い, 田舎に, 畑仕事は, 知らんからね, 貧乏の, 貴下だって, 迷惑だろう, 鬼は

▼ 家~ (116, 0.1%)

32 て下さい, など, なるぞ, に, の者共, を召抱, を相手, を遣

1 [97件] から少し, か何, か幇間, が何人位, が入用, が槍, さては其, その顎, だ, だから, であつ, である, ですが, で儀式, で十七, で女中, で百五十石, で隨從, とは思はぬ, と並ん, と云ふん, と云且水田屋藤八, と何れ, と呼, と有, と申す, と申神田豐島町酒屋, と申越, と相, と言, なり一體公家方, なり是, にする, につけ狙, にて井戸源次郎, にて何, にて某, には家來, に九條殿, に付其許, に取, に取立てられ, に召抱, に同情, に味岡勇右衞門, に山内伊賀亮, に怪しい, に暇, に申付火急, に相違, に石川安五郎, のうち, の一部, の事, の任用, の儀, の其方, の山家斧三郎, の昔, の田, の男女, の石母田景頼, の私, の立花左仲持參, の腕利き, の道, の關係, の體, は二十人, は先づ此二三人, は先平助, は左右藤五郎兄弟, は早々, は殘, は立ち去つ, は評定所, へも夫, へ同, も決して, も濡れ, や家族, を付, を以て右, を以て紀州表, を供, を呼び出され, を呼ん, を始め與力同心打驚き是, を後先, を得る, を愛し, を我意, を持て, を殖, を洲本, を無, を糺明

▼ 家なら~ (114, 0.1%)

4 どこの 2 ば彼, ば誰, むや, んか, 我慢し, 自分の, 誰でも

1 [96件] ああいう, あれも, いいが, いいがね, いつまででも, おれに, お断り, ここです, ここは, これを, すぐに, そっくりこの, その翌日, たいてい何, たいてい知っ, でも丹峯和尚, ばいざ, ばきっと, ばそして, ばその, ばたり得るなら, ばちょっと, ばとにかく, ばはじめ, ばぼつ, ばまず, ばまたは, ばまだ, ばもう, ばキット, ば云わ, ば五六十円, ば五年三年, ば何日, ば大抵, ば妹, ば島原扇, ば後, ば必ず, ば散歩, ば格式, ば此裏, ば殆ど注文通り, ば無限, ば片, ば百円以上, ば知らず, ば親類, べつじゃがの, ぼくは, もう自身, もっと大きな, よい小説, んと, んや, アジトの, ツイ其處ぢや, 一度来た, 万間違い, 五百や, 仏教の, 伴れ, 傘も, 其だけは, 其一室を, 卸値で, 原稿も, 大丈夫だ, 大変だ, 大抵の, 好いだらう, 嫁に, 少しは, 屋号は, 当然そこ, 彼女の, 御勝手, 必ず土塀, 放浪から, 政治学者なら, 政治家としての, 敵にたいして, 晩飯が, 最初から, 朝飯前の, 気の毒だ, 氣が, 煙草三服の, 直ぐそこ, 知つてゐた, 私は, 自然豪族風や, 買ふだらう, 赤ん坊が, 逗子の, 馬道じゃ

▼ 家~ (114, 0.1%)

3 の間, は彼等

2 [13件] がその, が一生懸命, が僅, が無, が過去, にその, の作品, の新しい, はこの, は一般に, は殺されなけれ, を一瞥, を死刑

1 [82件] あり, いう各種, から道具外れ, がわれわれ, が世間, が人生, が妄, が支配, が欠いた, が漸く, が私達, が筆, が缺, が解する如く, が誰, が隨分強硬, そんな仕事, であ, で大家, と愈々, と親しく, に依っ, に俸禄, に分化, に来, に比し, に褒, のうち, の作る, の作品音樂等, の個性型, の労働者, の名士, の大, の大多, の嫡子, の意義, の手, の文学, の文学者一般, の橘七屋敷, の滞留, の珍しい, の真, の社会的特殊才能, の空想, の空想界, の空言空語, の筆蹟, の経営, の誤解, の貸, の雑多, はうやうやしく, はすなわち, はそれ, はどの, はゴンドラ, は人生, は何, は創作, は即ち, は古く, は恭, は昔, は毎年, は皆模様風, は相, は筆, は職務, は自己, は芸術, へ差出し, も昨今, や彼等, より我々, をし, を主, を作れる, を招い, を責むる, 大變

▼ 家でない~ (107, 0.1%)

6 ことを 5 私は 3 とする, ような 2 からつい, ことは, と分らない, 作家の

1 [82件] か, かぎりこれを, かと思った, からこの, からそれ, からと云っ, からのこと, から別に, から念, から書かない, から此三日, から罪, から調べ, けれど大声, ことが, ことも, し且つ, だけに或, でもいや, ということ, というの, といふだけの話, とか文人, ところで, ところの, としてもそこ, とそれ, とちょっと, とも云い切れない, とソレ, と云った, と云ひなさる, と寒鯛釣り, と御, と思い込ん, と手, にし, には相違, のが, ので, のは, のも, もので, やうで, やうな, ように, わけに, んです, アマチュアの, 一般の, 一般人少く, 人が, 人には, 人も, 作家が, 僕には, 六条には, 凡庸作者が, 加代子さんの, 医学博士は, 原始の, 宗蔵や, 家の, 愛好者が, 我々にも, 所へ, 方が, 私などの, 私にとって, 私には, 積りと, 者は, 自分の, 自分は, 萩原氏の, 葉子は, 限りいつでも, 限りそんな, 限りは, 限り学校の, 限り特に, 限り論文提出について

▼ 家ばかり~ (106, 0.1%)

19 では 76 である 3 であった 2 でない, でなくここら, でなく周囲, でなく近所, で中, 並んで, 覗いて

1 [57件] ある土地, だから, だったから, だったので, だつた, だつたら自分, だらうと, であったが, であり西, であるのに, でした, です, でなく, でなくきっと, でなくしも, でなくその, でなく丹羽, でなく吉良家, でなく地上, でなく往来, でなく手蔓, でなく田舎, でなく総じて, でなく美術, でなく親類, でなく詩歌, でなく遠く, でも, で三階, で三階以上, で折, で番頭, で盗られた金, で盜, で筋, で誰一人此時弊, で通りがかり, なので, なん, ねらって, ねらつて, はじめ, 並んだご, 並んだ日影, 利しやう, 十余名の, 多いの, 居るん, 建てたか, 戀し, 昔の, 歩いて, 狙うわけ, 続いて, 續いてる, 見慣れて, 見渡すか

▼ 家~ (104, 0.1%)

3 根本法ヲ 2 中デ, 子郎党, 權利ナリ, 權利ヲ

1 [93件] 三ガイノ一バン上ノ, 不仁不義ニ歸セラルル如キハ國家及ビ國民, 中ニヰルカライイヤウナモノノ, 中ヲ, 主人デ, 事業經營ニ於テハ其, 侵略ガ官憲ト相結ビテ彼等ノ, 保護ニヨリテノミ各人, 保護ニヨル, 保障スル所有權ノ, 元首が, 兒童タル權利ニ於テ一律ニ國家ノ, 兒童ニ對シテ大, 兒童ニ對スル父母トシテノ日常義務ヲ, 兒童ヲ, 入口マデ行ツテハ, 全生産ニ發言スベシ, 公共的動機ニ要, 内外ヲ, 冷遇ニ委スルハ不幸ナル者ニ虐待ヲ, 出現ニヨリテ維持サルル封建的平和ナラザルベカラズ, 制裁ヲ, 勝手ヲ, 名前モソレガ日本人ヲ, 唯一任務ナリトセバ國民ノ, 嗣子デ, 國際的權利ナリ, 大富力, 奮鬪心ヲ, 女飄トシテ来リ岸蘆ニ倚ル鳥ハ眉上ノ, 好古癖有ル者, 如キハ大, 子など, 子郎党たち, 子郎等, 干渉ヲ, 年俸ト等シク作業中ノ, 庭ニモ稀ニ蟋蟀ガ鳴, 庭ニ面シタ十畳, 徴税ニ對シテ其, 徴集シ得ベキ資本ノ, 所在地, 所有ニ納付セシムル所以, 手ヲ, 技術ヲ, 擁護スル所以, 改造トハ其, 政治的經濟的組織ヲ, 有スル開戰, 根本法トシテ法律化スルニ過, 根柱タル, 様子室内, 標本タル, 權利トシテ主張スルヲ非議スル者アラン, 權利ニシテ國有ナリ, 權利ニ説ク如ク日本ハ最, 權利參照, 次女徳子ヲ, 法律ヲ, 海軍力如何ニ在, 爲メニ盡クスベキ欲望ニ生活セシムベシ, 物價調節ニ反抗シテ買占メ賣, 物價調節ハ一絲紊レズ整然トシテ行ハルベシ, 物質的統制ヲ, 玉笛ゾ暗, 生存及ビ發達, 生活事情ニ應ジテ學ブヘキ幾多, 生産的利益, 生産的收入, 生産的活動, 生産的組織, 當然ナル權利ヲ, 當然ナル義務ナリ, 百年ハ一人ノ, 盛衰ハ人民, 窮乏セルト教育セラルベキ國民ニ餘裕ナカリシヲ以テナリ, 系図証文道具等与右衛門ニ渡シ其後九郎兵衛請取コノ人耕作勝手ニ付宮本ヨリ十町バカリ下ヘ, 経済ハ彼モ幾分カ負担シテイルヨウデアルガ依然, 統一ト國民大多, 統一的經營トナス, 經濟的統一ヲ, 經營スベキ土地ノ, 經營ニ移スコトヲ得, 經營ニ移スベシ, 至上權ニ於テ國家ノ, 興廢ハ悉ク男女, 薄弱ヲ, 配下ナリ, 醫學ニテハ是ハ當今コソ西洋醫學開ケタレバ齒牙ニ列スルニ足ラズト雖ドモカノ山脇東洋吉益周輔ナドノ古, 門前ヲ, 隆替ハ一ニ其, 集合的統一ヲ, 養育及ビ教育ヲ

▼ 家とか~ (101, 0.1%)

2 で室, 云うもの, 云ふ, 思想家などと, 政治家とか, 若くは

1 [89件] あるいは女, あるいは政府, いた芸者家, いわれる人種, そういうもの, その他の, その道の, もっときれい, ランプとか, 云う所, 云ったけれど, 云は, 云ふも, 位置とかいう, 何とかいう, 何とか言っ, 何んと, 佛刹などに, 先入主を, 共産党員とか, 内親王とかを, 冷泉家と, 列傳とかいふ, 加茂家とか, 又は其雷同者, 又は学者, 商買人に, 國王に, 國體とか, 土蔵とかを, 地面とかを, 夢想家とか, 大名の, 大学の, 大學者, 奇行家という, 学者とかいう, 官僚とかは, 小説家とかの, 市とか, 徳川家などの, 愛の, 慈善家とでも, 我々とかが, 或は官公吏, 或は政府, 技術家とかという, 指柳領家などという, 政治家と, 文学家とか, 文学者とかいう, 文芸批評家とかいふ, 木や, 村とかいふ, 果實とか, 某々の, 歐洲の, 気の, 煽動家とかいう, 申す狛家, 画とか, 画家とか, 畏敬される, 異った, 皮肉屋と, 社会教育家という, 紳商とか, 總長業者といふ, 聞く, 職業的に, 自然科学乃至, 舟とか, 蜂とかに, 言いましたが, 言ひました, 詩人とかいう, 謂は, 警戒し, 豆腐屋とか, 財産とかいう, 財産とかが, 貸家とかいふ, 軍人などよりも, 連隊付の, 道具とか, 闇屋とか, 靴を, 食通とか, 食通とかいう

▼ 家~ (98, 0.1%)

2 え, どうか, なぞの, 灯が

1 [90件] おんなじ芸術家, お寺かも, お寺の, この寺, さう, さもなければ人殺し, さもなければ先輩, して, ずが, ずも, そうでなけれ, その系統, それが, それとも世の中, それとも山師, たまには, たれが, でなければ坊主, どうかは, どっちかに, どの鶴市, なんかに, または個人, また前, むっつり屋, やぶき屋根, よく考え, わからない, わからぬが, われは, テ阿呆ばっか, 亂食家か, 亜米利加の, 他人の, 但しは, 何かに, 何かにな, 何ぞの, 何処か, 例の, 俺らの, 偽浪士, 儒者見たい, 分らない奴, 剣聖か, 博徒の, 去年の, 呆坐家で, 哲学者であっ, 大酒家, 天皇家以前の, 宗教家に, 宝塔山人とは, 実験家かと, 将軍家の, 尾張家かへ, 島津家か, 建築家に, 忠臣と, 愚鈍の, 慶応の, 或は其, 持た, 探偵みたいだ, 文人の, 新聞記者に, 旅館の, 木樵の, 村が, 村まで, 漁夫の, 狂へる, 生活人か, 白梅屋敷で, 知らない, 知らないかね, 知ら斯, 稀に, 義太夫の, 自分の, 芸人などと, 製造場に, 見て, 解らないが, 訊いて, 誰の, 間食家か, 集会所の, 雪五尺, 高麗橋へ

▼ 家であっ~ (91, 0.1%)

2 たり会社員, てしかも, てその, て彼

1 [83件] たりし, たりした, たりする, たり役者, たり芸者, てこの, てこれ, てすでに, てそうして, てそれ, てたいがい, てたより, てはいかん, てみれ, てもいくら思い通り, てもこと一度哲学, てもそれ, てもそんな, てもただ, てもまた, てもわずか, ても他, ても君, ても室, ても彼, ても母, ても空想, ても絶対, ても自然科学, てよく, てよほどの学者, て一さい, て一切, て一向, て且つ, て利害, て博士, て同時に, て商人, て善, て四隣, て国土, て垣根, て夏雄さん, て如斯, て始め, て学者, て安心立命, て専門, て小説, て就中谷氏, て度度, て当時, て必ずしも, て批評家, て故意, て明るい, て普通, て死人, て決して, て漱石氏, て父, て物理学者, て理窟屋, て畑, て破壊, て社会, て私, て老, て職人肌, て自分, て自分たち, て芸術, て芸術家, て行ない, て行灯, て衣服, て親しい, て賛助員諸君, て遂に, て陶工, て韻語, て領内

▼ 家などは~ (91, 0.1%)

4 よく, 一軒も 2 どうでも, ない, テエブルの, 大きい鬼羊歯, 床の, 現実に

1 [71件] いつ亡ん, いないかなどと, きっと学者, ここからの, この際利用, すっかり廃業, そうでない, その一つ, たいていやはり昔, だれの, どういふ, ないという, なかった, なかつた, ひどくこれ, ほとんどなく, まるで自分, もう疾うに灰, もっともいけない, よくよくの, わしが, 一向見えず, 人気恢復の, 何う, 何んで, 傳説時代の, 出入や, 勿論燒, 又之, 台所役人から, 問題では, 喜び勇んで, 回顧的記事を, 土地でも, 夜の, 存在せず, 宅地は, 実にその, 容易に, 宿屋など, 専門家の, 山が, 幾分か, 建った時, 建てられませんでしょう, 彼にとって, 戸を, 揚りの, 時代の, 最も危険, 木戸内の, 本来の, 殆ど情熱そのものである, 殘り, 毎日人の, 浪人者が, 深い睦, 玄関へ, 珍らしかった, 理科の, 町から, 皆提灯を, 皆真実を, 稀に, 自分の, 芸術家としては, 蠶を, 要らないこと, 見向きも, 賤業中の, 農民の

▼ 家からも~ (90, 0.1%)

2 こちらの, 三人の, 梨を, 此方の, 皆かけ出し, 細君や

1 [78件] あっさり振り捨てられ, おかみさん達, かくの, かなり離れた, この家, しばらく離れ, それが, それ相應に, つきたて, とうとうお, どの家, のべつ励まされ, まとまつた資金, もう夕餉, もらつたり, やがて夜具, われも, 一齊に, 上杉家からも, 不健康な, 中村の, 二階からも, 享けて, 人が, 人情の, 人間の, 仮借なく, 伊達家からも, 何の, 出入りし, 労働者からも, 勘当された, 勿論だ, 同じよう, 同じ長たらしい, 契約の, 女の, 妻子からも, 姿を, 家臣伊東半, 幾ら, 幾ら幾らを, 弟の, 復た, 意見された, 手紙が, 抱えに, 提灯持て, 数万の, 晴れ着に, 来た, 来て, 毎年二十俵を, 澤山出, 灯の, 物具の, 物音を, 男や, 町奉行からも, 百姓が, 祝いの, 老夫婦, 聞える, 職場からも, 荷を, 蚊遣の, 誰か一度お見舞に, 誰一人尋ね, 近くであった, 近く駈け, 追い出されました, 追い払われた, 遁れたい, 離れて, 風呂敷包の, 飛び出して, 飯米を, 餅を

▼ 家よりも~ (89, 0.1%)

5 ぐんと歴史 2 きんの, 文学者により, 未だ勝れ, 此の, 現実的な, 遙かに, 青楼で, 高ゆゑ, 高尚である

1 [66件] あの部落, いらざる事, いらぬ事, お小さい, かえって神, さらに多く, すぐれた者, ずっと広い, そなた, その職業, その隣家, どこよりも, なおずっと, まだずつと, もう少し上手, もっとりっぱ, もっと古く, もっと大きい, もっと高い, やはり創作家, わざわざ牡丹屋, ズット文化的だ, 一人の, 下宿に, 中学校の, 人民の, 余程重く, 個人を, 劣等なり, 参議に, 古いの, 同情を, 名津子さんの, 外が, 大きい百姓, 大学の, 大阪が, 実にこの, 寧ろ作家, 寧ろ池, 少し格式, 店開きが, 心得て, 政府の, 敬虔熱心なる, 数奇を, 文学家よりも, 文学者に, 有用で, 本質的に, 水蔭の, 深く降つ, 演技者演出家が, 狭い, 甚だしい, 翻訳家の, 自動車, 良う知っ, 芹橋の, 詩人にな, 読者の, 身代などの, 身體が, 遠く旅, 飛行時間が, 高いところ

▼ 家~ (86, 0.1%)

3 なもの 2 な, な傾向, な眼, な結論

1 [75件] うぬぼれによって, だったので, でありました, でありクリストフ, であり兼ねて, であるから, である点, で実戦, ないい, ないし政治屋的為政者, なところ, なの, なやり口, ならざる感覚, ならぬ私, なるもの, なアスピレエション, な一種, な世話好き, な人間, な仄めきで全然, な信念, な割引, な反逆一般, な哲学専門家, な外貌, な大掴み, な奧, な好み, な専門家, な強い, な心持ち, な意図, な手腕, な技能技術, な文筆労働, な文筆技術, な欠点, な特に, な直観, な知力, な神経, な肌合, な落着き, な虫, な要素, な面, な魂, になっ, にも國民的, に今, に味得, に弓絃, に漸く, に生き, に組織, に訓練, のアムビション, の偏見, の大, の思想, の愛, の旧, の氣分, の突き, の自足, の苦心惨憺, の見地, の觀念, の顔, または外交家的器度, 乃至伝記作者的才能, 幽暗の, 自覺, 自覺心

▼ 家~ (85, 0.1%)

3 にした, の由来, を 2 なる事, を名字, を呼, を筆太

1 [68件] がなくし, が増そう, が違っ, したの, すなわち苗字, だつた, でありました, であります, であるから, で為替, というもの, とし, としておった, としてこれ, としてはことごとく, となった, と通称, などをも一々, なるもの, になっ, に用い, に載る, のこと, のみを用い, の中, の人, の分化, の地, の増加, の家, の属する, の索引, の部分, はただ, はどう, は山形屋, は桝屋, もその, も広く, も文字, や代替り, や名前, をしるしたる, をつけられ, をもらっ, をマル三, を付けた, を伝え, を入れた, を名乗る, を唱うる, を唱え, を地名, を変え, を変えない, を忘却, を持っ, を持った, を携え, を新, を浮きあがらせた, を申し, を製造, を襲用, を角屋, を記憶, を負う, 多く例

▼ 家にとっては~ (83, 0.1%)

3 この上 2 大事な, 非常に

1 [76件] あらゆる事物人物, いいきれないが, いいモティフ, いかにも斬新, いかに生きる, かなりの, ここは, この事件, これが, すこぶる厄介, そういう区別, そのすぐ, そのほほえまし, その理想, それは, なにし, ふたたびドイツ, まだ食い足りない, めでたいもの, よけいな, マラーが, 一つの, 一本の, 一篇の, 事件を, 事実上地主も, 他の, 何の, 何よりも, 信仰の, 偶然とは, 内地留学は, 内輪の, 別個な, 功労の, 口伝よりも, 同じ角度, 善過ぎる, 嘗て心棒, 団十郎よりも, 国営企業を, 地震即, 夢と, 大問題, 大変な, 大黒柱に, 実は大, 少しも, 山野家は, 意外にも, 慌ただしい一日, 最も大切, 栄華の, 極めて複雑, 極度に, 楽で, 油断の, 湯水と, 無二の, 現実を, 甚だ有難迷惑, 生活は, 用心の, 由緒ある, 画期的な, 紐の, 織田勢三万を, 致命的である, 芸術という, 読書を, 讐敵の, 足腰の, 重大な, 重大問題である, 面白いという, 魂の

▼ 家~ (82, 0.1%)

11 やない 4 うを, や 3 ゆうが, ゆうを 2 うが, うの, やお, やから, や出せまい, や待つてる, ゆうで, ゆうへ

1 [41件] うは, う一緒, う皆, しらずも, やあね, やありません, やあんた, やあ仲, やいらつ, やが当分わし, やこみい, やと, やともかく, やなかつた, やなく, やねえか, やの, やまあだ, やア, やア銭, やチン餅屋さん, や三吉, や使つて, や元日, や土用干, や子供ら, や小, や御飯, や心配, や渡り者, や無い, や皆んな, や足, や長男, や随分, ゆうあ, ゆうでも, ゆうには, ゆうに煙, ゆう逃げ, ゆう這ひまはるの

▼ 家~ (82, 0.1%)

42 から御, にし, に掘, に油, に訪ね, に雪, に雪囲

1 [64件] から水, にある, には近隣, にユラユラ, に一本, に人つど, に兵, に分ける, に同じ, に呶鳴つて, に団子, に国旗, に大根, に夫, に孝經一本, に屋號, に差別, に干し, に強行, に強行診断, に必ず, に怒鳴, に戸, に掛けたる, に橙, に此流, に水車, に汲, に泊る, に炉, に燈, に物, に特色, に甲冑, に皆, に神, に神使, に祭, に立て, に等分, に簾, に粗朶, に苗代, に行渡つた, に表, に訊い, に貯ざる, に迎, に配布, に餅, に高, に鳥目, に鶯飼, のやう, の前, の団欒, の家根, の廂, の時計, の杏, の様, の燈, の窓, の花園

▼ 家にとって~ (80, 0.1%)

3 重大な 2 女心の

1 [75件] あまりに普通, ある重大, いかに仕合わせ, お客の, きょうは, きわめて多事, この大, これが, これ程まで, さほど有難い, そこから, たいへんな, たった一人, つねに懐しい, なくて, はたしてかけがえ, また特に, めぐまれた環境, もっとも大切, やはり本家, ウチの, 一つの, 一憂を, 一方ならぬ, 一番近しい, 世俗の, 事実である, 今は, 何者な, 全く祝福, 十分素材と, 千円位の, 単に当然な, 単に歴史的全体, 危険であり, 厄介な, 困難である, 地方は, 大きな永久, 天来の, 女は, 容易なら, 帰し着かえてから, 幾分寂しい, 必要な, 必要欠くべからざる, 必須の, 忠義無比の, 恨み多き, 愛されて, 数々の, 日常生活の, 日本は, 早速とりかからね, 最も安全, 最も必要, 最初の, 望ましいの, 槍よりも, 決して健全, 特にプロレタリア批評家, 独自の, 生命の, 痛事には, 益々重大, 真に自分, 第一番, 背すじの, 貴重な, 遠祖上杉謙信この, 避け得ない全体的経験, 都合も, 金科玉条に, 釣合わぬこと, 釣合わぬ格式

▼ 家~ (78, 0.1%)

2 は五百石, を失い, を奉還, 放還金

1 [70件] あれば, がある, が低く, が減ぜられる, ではない, では足りなかった, で暮し, で衣食, とで辛うじて, と定まりたる, にはもとより, によって領主, に換へた, に換へた金, に離れた, のため, のつい, のもの, の低い, の全部, の前借, の十分の八, の増高, の多少, の奉還, の恢復, はあり, はなくなる, はチャン, は二百三十石, は削減, は前, は旧, は没収, は百八十石三十五人扶持, は等差, も四百石, も百二十石, も百石, をある程度, をもさらっ, を以てこれ, を以て弁ぜね, を保つ, を分ち, を割い, を半減, を取上げ, を召, を売っ, を失いました, を失った, を奪われ, を奪われた, を得る, を復活, を持つ, を捨てた, を横領, を没入, を没収, を没取, を継ぐ, を賭けた, を返還, 之内御, 取ラレ, 召し上げの, 召し上げ領内, 召し上げ領内追放

▼ 家にて~ (76, 0.1%)

2 かの船, 五百石の, 五百石取, 井を, 玄文社合評会あり

1 [66件] おりおり筆記, お待合わせ, これを, さらすも, ただ一人, よく何事, コウモリ傘が, 万葉崇拝の, 上の, 下新田を, 世を, 中, 二代まで, 云はれ, 人の, 仕送り用人を, 他人の, 仮令少, 俳句会, 其遺墨を, 即興の, 司法次官の, 同門の, 喪を, 器物を, 夜中蚕児の, 夜夜中女の, 定規通り勤め上げは, 少女どもあまた, 年長けたる, 幼きころ, 快くこれ, 成るよし, 我は, 或る, 持てり, 晩飯を, 有ちし, 朝顏を, 樹の, 特に養いおかるる, 生れし女子, 生れぬ, 用ふる, 田毎美津江に, 白襟の, 百万遍の, 祿五百石を, 管狐を, 老婆一個膳に, 聞きし印度楽, 花開かざりしもの, 草鞋を, 萬葉崇拜の, 蚕児を, 観る, 評定仕り, 謌の, 貧しげ, 貴賤, 農業を, 逝去の, 酒食する, 雑誌, 飲食を, 馳走に

▼ 家によって~ (76, 0.1%)

2 彼の

1 [74件] こんな話, しばしばその, そして同時に, その存在理由, その話し方, それぞれの, それぞれ演劇の, それは, たくらまれたの, なされる生産用役, はなたれました, 一様でなく, 与えられるの, 之を, 予想され, 今日の, 仕事の, 代々世襲の, 代表され, 代表される, 作られた作品, 作られる作品, 允許を, 冷い, 動かされて, 哲学者の, 啓蒙され, 地獄煉獄天国の, 大いに唱えられ, 大人の, 奇想天外に, 始めて構成, 少しずつ, 少ずつ, 展開される, 幾度か, 弾奏される, 持たれる処, 採用され, 描かれたる絵画, 提供される, 搾取が, 支持された, 支配される, 文化, 新たに, 既に明らか, 明らかに, 極めて悪質, 活溌に, 生まれるかと, 用いられて, 細君の, 組織される, 色々変っ, 行われる仕組, 表わされる, 装飾され, 見れば, 記述された, 認められて, 誘導された, 論じられて, 論議された, 謀殺された, 財政緊縮が, 買い上げられたパテント, 買い上げられれば, 追究され, 造り上げられた教室用, 雇われる所謂記者, 需要せられ, 需要せられる, 額面より

▼ 家~ (76, 0.1%)

4 のうち 3 と下僕 2 としてだとすると, の一名, を虐待

1 [63件] がそれぞれ, が伴っ, が出, が医者, が御, が慌て, が来, が稀代, が給仕, が血相, が逆徒, しもべの女房, しもべの女房ども, であった, でなくみなたしか, ではござらぬ, でも遠路, で近頃, との縁ぐみ, と刃, と試合, にし, に云った, に対して今, に抱えられた, に至る, に茄子, のあいだ, のひとり, のふりあい, の中, の二人, の余り, の全員, の困惑, の岩間三太夫, の渡した, の研学隆武, の行李, の面々, はいそぎ足, はことごとく, はこれ, はみな, は主人, は彼, は村井勘兵衛, は笠, は自分, への論功行賞, もある, もすぐ, も前後, も加役, も日頃, やしもべの女房たち, や侍女, や孫たち, をし, を不愍, を通じて幾たび, を養う, 残らず諸

▼ 家自身~ (76, 0.1%)

3 がそれ, の中 2 と鑑賞家, の口, は自分, をなお

1 [62件] かいて, かさも, からさえ批評, からみる, がお粗末, がこの, がそういう, がそれぞれ, がどの, が与える, が何となくハッ, が先ず, が在来, が宗教, が死活問題, が無かっ, が無意識, が農村, すでにあんな, でもおそらく, でもない, としてはあまり, と連絡, につい, には自覚, によって随筆化, に向っ, に対して間接, に見られ, に解釈, のいかにも, の一身的自由, の主体的, の人格, の口吻, の当然, の性癖, の恥, の活きた, の社会的信任, の立場, の統一夥多, の芸術観, の賢明, の身辺, の輕ん, の迂, の運命, は作物, は己, は神秘, までが写さるる, もそう, もたった, も同じ, をし, を富ます, を批評, 及び評論家, 感ずべきはず, 既に十何代, 考へて

▼ 家~ (74, 0.1%)

14 のお 3 の屋敷 2 の前, の千蛾老人, の御

1 [51件] あの関久米, からもゆっくり, がいなや, がお, がお立ち寄り, がどんなに, が常に, が懲り, が苦しまれた, でご, でござるか, でさえ, というもの, とかで, としては月江様ひとり, とは何者, ともよぶ, とも鎌倉殿, とやらの命, と久米, と申す, なる千蛾老人, にお, にお礼, にこれ, になつ, にはそれ, にはまだ, に事情, に申し上げ, のゆるし, の信用, の千蛾老, の召使い, の思召, の憂うつ, の指図, の方, の殺害, の縁起棚, の罵り, はめッ, は目通り, へお, へはお, へは領地, もお断り, も彼, をお, を初め, を斬った

▼ 家へと~ (73, 0.1%)

3 急いだ 2 ついで来た, 往った, 移って, 行つた

1 [62件] いそいだ, いそいで, いそぐの, お預けに, それぞれ養子に, たどりついた, つてかへ, ふき移る, まつたり, やって来た, ゆくこと, ニシパが, フル, 一たん土台が, 世話に, 乗りつけた, 二つの, 二人三人ずつ, 云って, 伴れ, 傳へ, 入つて行, 取りかえしたい心持, 向いた, 向った, 回って, 報せに, 報らせ, 宙を, 導かれること, 帰って, 帰る電車, 帰途に, 引き返して, 引取られた, 彼の, 急ぎました, 急ぐの, 悪魔を, 戻った, 戻って, 持ちあるいた, 擔入たり, 昇って, 案内させた, 歩いて, 歩きま, 歩を, 波打つやう, 泳いで, 眼を, 絵葉書を, 続いたもの, 言ったの, 訪ね回った, 走らせた, 進んだが, 運ばれて, 鄭重に, 闇の, 雲を, 駒を

▼ 家への~ (72, 0.1%)

2 みやげにと, 仲介すべき, 連絡を, 道には, 道を

1 [62件] おみやげである, お気遣いで, ご托使, みやげ物は, みれんか, 上訴と, 信従を, 借金も, 入口は, 出入は, 出入りが, 分れ道へ, 同行を, 向いた, 土産物と, 執着が, 奇妙な, 奉公初めの, 嫁入りに, 帰りがけに, 帰参が, 帰参は, 帰途を, 御とがめ, 忠誠を, 恩寵篤き, 憎悪などが, 招待である, 挑戦である, 曲り角に, 最初の, 杉垣を, 正面からの, 歸り, 申し訳も, 目覚ましい挑戦, 礼金を, 第一, 義理だ, 義理立てのみ, 聞えも, 聞こえという, 自分たちの, 自分の, 補助は, 訪問者に, 課題だ, 謝儀として, 貸し分の, 贈答にも, 足いと, 路を, 途中一はりを, 通路らしい, 通路を, 道じゅんを, 遠慮から, 遠慮で, 関心を, 電話の, 面當に, 頼み状は

▼ 家らしく~ (71, 0.1%)

5 もない 2 なつた, もあります, もなく, 扇一本舌三寸で

1 [58件] おまけに, おもてなししよう, ぎらぎらと, こう要領, すらすらと, それを, ただ血色, ついに議会, てとんだ, て危な, て彼, て自分, て面白い, なかなか立派, なつて, はし, また宛然活動写真中, もあった, もう一人, もなかっ, も見えた, チャンの, テキパキと, 不誠実な, 世間から, 乙に, 云々する, 人間の, 何か, 半白の, 可成, 垣根が, 壁は, 変な, 客観で, 宮内省へも, 家人たちも, 彼は, 思案した, 手前勝手な, 掃除も, 楽しく愛, 樫の, 活溌に, 物を, 発達した, 肩でも, 脂の, 自分の, 葉子は, 装つて主義者の, 話を, 軽く眼, 造作した, 陰惨な, 雨傘を, 頭を, 額の

▼ 家ごと~ (67, 0.1%)

2 の軒

1 [65件] その子, で, にあゆ, にう, にささげ, にちがった, には備わっ, には門, にみんなコーヒー, にストーヴ, に並ん, に乞, に仏壇, に何, に入り, に出, に取り崩された, に呟き, に変わる, に定紋入り, に幾組, に廻り, に御用宿, に徹底的, に必ら, に戸外, に朝夕拝, に柳, に火, に焚く, に燈, に甚だしく, に申, に疫病, に礼, に稗, に穴, に花, に行渡った, に行燈, に触れ歩く, に読めり, に赤飯, に音信, に頼みけれ, に飼う, に香火, のちがい, の取手, の屋根, の洗場, の炊煙, の煙, の町調べ, の窓, の軒下, ふるえるほどの, をおとずれ, を回っ, 動いて, 向三軒両隣, 少くとも, 押しつけて, 揺るほどに, 殊に一町内ごと

▼ 家とも~ (67, 0.1%)

2 あろうもの, なれば

1 [63件] あらうもの, あるもの, ある者, あろうもん, あろう者, いうべき人々, いえる, いって, いふべき陳相, いわれる旧家, つかない家, つかぬ邪道, なく戸外, ならず又, なり得たわけ, なる, なれる素質, みえた長男, みえないが, よく交わっ, よそ土地の, 不和で, 云うべき職業人, 今度きりで, 付かず店屋, 分らない一軒, 同様であり, 君子とも, 呼ばれるべき傾向, 呼ばれる徳川親藩, 呼べようし, 国華としての, 定めぬ泰軒, 尊兄との, 御隠, 思えない, 思われない, 思われるだろう, 政治家とも, 生れつい, 申したいの, 申し上ぐべき御方, 私は, 経済的には, 縁故の, 聞えぬのに, 自称しない, 見えずまた, 見えず明るい, 見え現代的な, 言つべき, 誼み, 護の, 近く男三郎君とは, 通婚した, 道学先生とも, 違い聡明, 違って, 違ひ, 遠縁であった, 金持で, 音信さへ, 食とも

▼ 家協会~ (66, 0.1%)

3 の第, 第二集, 第五集 2 に入っ, に寄付, 再組織, 第四集

1 [49件] から, からオノレ・ド・バルザック像, がひきうける, が中心, が何, といふもの, とかその, としては私, としてまとまった, として組織, とを合同, と合併, などこれ, に寄附, のうち, のごとき, の七十歳, の主唱, の事務所, の会員カード, の会館, の催し, の全, の四集, の年鑑, の理事会, の納金低下, の規定, の計理士某氏, の議題, は, は一昨年, は会員, は作品, は依然として, は再, は大正年代, は改組, は文学報国会, は最低稿料, は言論報国会, へ交渉, へ行っ, も変っ, や日本ペンクラブ, よりコロンバン, を作る, 第三集, 第六集

▼ 家にばかり~ (63, 0.0%)

5 いて 3 引きこもって 2 ゐて, 引込んで, 置いては, 蟄居し, 閉じこもらされて, 閉ぢこもつ

1 [43件] いたの, いたので, いたん, いるそう, いるため, いると, いる夫, いる者, おられませんから, お出でにな, くすぶつて, ごろごろし, ごろごろしてる, ぼんやり暮らし, ゐる, ゐる為, 一緒に, 世話に, 住んで, 住んでるとさ, 依頼し, 入って, 出入りする, 占領され, 夫が, 居ないで, 居るさ, 居るの, 居るよう, 居るわけぢ, 居る子, 引きこもり, 引つ込んで, 引籠っ, 引込むで, 涼んで, 籠って, 籠つてゐた, 籠つて勉強し, 閉じ籠って, 閉じ籠り, 閉籠っ, 鬱々と

▼ 家全体~ (62, 0.0%)

2 がグラグラッ, の中, を震動

1 [56件] があたかも, がいかにも, がお, がおぼろ, がし, がそれ, がどろり, がはげしく, がひんまがっ, がミシミシ気味悪げ, が今にも, が古物, が吹っ飛び, が土台, が埋まる, が子供心, が小さい, が山椒, が崩壊, が常習, が慄, が月光, が棺, が焼い, が燃え上がっ, が茶室づくり, で小さな, で浴場, としては結局圧迫, についてことに, に向け直した, に大きな, に彼女, に言える, の, のうち, のつり合, の下, の使用人, の地盤, の寸, の広, の無気味, の生活, の空気, の間数, は指顧, は異様, を侮辱, を包ん, を占領, を揺り動かし, を管理, を襲いゆさぶっ, を護る, を買い入れた

▼ 家だけ~ (60, 0.0%)

14 あって 7 では 4 であった 2 だった, 無事で, 爆撃された

1 [29件] あがってないん, あつて, あつて職人, ありて, あるなと, であったろう, であつ, であるが, でお祖母さん, でしたが, です, ですが, でその, でなくその後, でなくオーケストラ, でなく抵当物, でなく衣服, ではね, で半月, で海外, で道, とり戻したの, なん, のこる場合, 夜の, 寄らないの, 早く持っ, 製糸を, 貯金できた

▼ 家での~ (59, 0.0%)

3 彼の, 生活は 2 彼は, 束縛から, 生活を, 自分の

1 [45件] あの修業, あの娘, お通夜の, ことで, ことであった, ことであり, ことを, このごろの, ひと月足らず, ように, オルガの, 一ヶ月の, 不幸な, 事や, 仕事は, 働きを, 北国だ, 印象が, 印象で, 取り沙汰は, 取扱いが, 安着祝の, 客座敷八畳の, 新婚生活を, 方が, 明暮と, 書斎は, 最初の, 末娘らしく, 次郎, 次郎の, 生活という, 生活の, 用事であった, 私の, 穏かな, 蟄居から, 蟄居の, 話しを, 話と, 調査の, 遠い昔, 面会時間をも, 食事は, 飯米は

▼ 家とを~ (59, 0.0%)

2 もって, 一身に, 訪問し

1 [53件] あてがった, さへ, はっきり区別, はなれて, ひつくるめ, ゆるがせて, よりわける彼女, 一掃する, 一番怖, 一緒くたに, 両手に, 人物的に, 兼ねたよう, 兼ねること, 内面的に, 出す階級, 区別し, 区別する, 取りちが, 同一視した, 同視し, 呑んでか, 喚うて, 喚うてとおる, 守護る, 彼に, 往復した, 後の, 思い浮べないの, 思って, 思ひがけ, 愛して, 招集し, 持たず太古, 持って, 法外に, 混同する, 直下に, 結び付けようと, 結合させた, 繋ぐ道路, 虐待し, 見に, 見出したこと, 見捨てたなら幸福, 訪れて, 連想する, 間違えて, 間違えないよう, 隈なく, 階級対立の, 離れいつか, 黙々として

▼ 家としても~ (58, 0.0%)

2 信長公なき, 外交家としても, 天才であり, 政治家としても

1 [50件] お道, この稀代, その人道的, どんな発展, ほとんど主人半兵衛, また多少, また相応, また統率者, もつと, 一つの, 一流の, 一隻眼を, 三成の, 令名ある, 俳優としても, 優れて, 君は, 大変立派な, 天才である, 市中に, 平凡な, 彼には, 成功しない, 支那人は, 日本での, 最も石数, 最も石數, 有名なる, 未完成であった, 権威に, 権威の, 正しい見識, 武芸に, 殆ど伸び育つ, 決して余計, 決して華やか, 男の, 発展し, 百萬圓は, 相当な, 相当の, 相応に, 私の, 第二流, 聞えて, 艶聞家で, 著名だった, 著名である, 豊富に, 重大な

▼ 家~ (56, 0.0%)

5 がし 2 へみつかれ, 今朝霜降った, 帰って, 降った, 降ったが

1 [41件] ういふ家, うして, うんと福, かえって来, かえりめいめい婆さま, がしし, がしする, と指さす, は役場, へある, へいつか, へとんと, へなき, へわかつたら, へゐる, へ下座, へ今に, へ出, へ出奔, へ大きな, へ建て, へ根太, へ絶せし, へ見たら, へ辟易, 今度の, 作って, 來た, 寄ってけねえかな, 戻ったらお母さんさ, 戻ったり, 戻って, 戻れ, 押しかけろ, 次が, 歸つとる, 泊めとき, 焼かれただ, 置けるもの, 送って, 飼って

▼ 家~ (56, 0.0%)

4 の屋根 2 の乾場, の向う, の戸, の時計, の窓

1 [42件] からも二階, から漂う, から金, が流れる, が白菊, で劃, との遠方, には小, には電燈, に戦争, に随, のある, の上層, の二階, の人, の入口, の北, の周囲, の女房子供, の屋根瓦, の庭, の柱, の檐, の灯, の白茶けた, の石壇, の簷, の軒かげ, の門, の高低, はすべて, は先祖, は石造, へ矢鱈, も, より火起り熾, をはなれ, をひたした, を包んだ, を見, を誨, を軋ませる

▼ 家だけは~ (55, 0.0%)

2 ひっそりと, 少し違

1 [51件] あるであらうが, いつもその, うんと大きく, お母さんの, ことごとく地名, そうも, それも, なるべくこういう, なるほど, ほどよく静か, まだ灯, まだ知らない, もう大丈夫, 一人も, 一様に, 一番雷の, 五階六階七階の, 交際せず, 今も, 会社から, 何とかし, 便宜主義の, 助けて, 十二首を, 地震に, 威勢よく, 子供の, 容易に, 小心者の, 建てたい, 我物に, 戦禍を, 手放さなかった, 持ちて, 早くこの, 木造りで, 死にも, 残った, 泰平の, 混雑し, 無いという, 無理に, 燒け, 玄関まで, 田地が, 突きとめました, 自分の, 衡門あり, 誰も, 震災前まで, 騷が

▼ 家など~ (55, 0.0%)

2 いうもの, いふ輩, である, 問題に

1 [47件] あつた, あるゆる身分階級, あろう筈, いう怪しげ, いう連中, いふそんな, いふの, いふ連中, おも, お出なさいまし, こまごまと, だった, であった, であったが, である必要, どうでも, どこにも, どんなに髭, ないで, なく純粋, はなしで, ひしげし内, 一刻を, 上がったこと, 云ふも, 人夫は, 全く縁遠い, 取り巻いて, 多く自然外人, 存在する, 幾十家やら, 建てて, 探すの, 数えきれないほど, 数十名に, 最も音楽, 村の, 潰滅し, 無ければ, 眸に, 称する輩, 稀れだらう, 芸術家の, 藝苑では, 見つからず, 見舞われたこと, 随分と

▼ 家からの~ (54, 0.0%)

2 使者として

1 [52件] お迎ひと, そりと, 一切を, 不満は, 仕出しです, 仕送りが, 仕送りも, 仮受取, 使の, 使者という, 依嘱, 便りは, 借物なれ, 出品である, 取次で, 天下りの, 差入れも, 帰り途でありました, 帰途彼は, 弁当で, 弁明は, 復讐は, 戦死者の, 戻りに, 所望を, 手紙も, 手紙を, 手紙をも, 扱ひ, 扶助によって, 早馬は, 明りが, 歸り, 沢山な, 注進を, 淋しい道, 献上の, 秘密なる, 行き帰りには, 補助で, 贈り物として, 迎えであった, 迎えを, 追手に, 送迎は, 通学生は, 随分はげしい, 電話で, 電話によって, 電話の, 預り金も, 鮭が

▼ 家までは~ (54, 0.0%)

2 ほんの二三町, ほんの五六丁, ほんの五六間, 二分か

1 [46件] あぜ道を, いくら足, かなりな, かなり遠, さして遠く, ざっと小, すぐだった, せいぜい一里, そこから, つい立ち寄る, ほんの二三分, まだ一時間半, まだ二人, まだ二里余り, もうじき, もう眼, スキーで, 七八町その, 七八町位の, 三十里以上飛ぶ, 中, 二十五マイルに, 五丁ほど, 五分で, 五分間で, 余程隔, 保ちさ, 保ちそう, 僅しか, 凡そ二里ばかり, 十分かかった, 可なり, 四五丁も, 多分俥, 大変だ, 少くとも, 届かないらしかった, 届かないらしかつ, 此處から, 聞えない, 自動車が, 行って, 裏を, 路遠く, 道程も, 遠くない

▼ 家なんか~ (53, 0.0%)

3 あるもの 2 ありませんや, ちっとも持ちたく, 出て

1 [44件] ありは, ありませんよ, ありゃしませんけれど, いやだ, いらないつて云, こんな稼業, たった一軒, では, で使, どうなった, どうにでも, ないよ, ないん, なかなか見つからないでしょう, ぶっ倒れる, もたぬに, もてるもん, やっぱりひと, 何もかもどうとでも, 俺に, 倒れて, 僕が, 全く大した, 勿論ない, 大阪に, 好きじゃ, 嫌いだ, 帰れるもの, 廃業した, 建たなくたって, 建たなくたつて, 斯んな, 欲しくも, 正に文字通り方丈記, 此の, 母と, 滅多に, 相続せず, 真実に, 草深い百姓家, 見顧, 覗いて, 路傍に, 違ったもん

▼ 家に対して~ (53, 0.0%)

2 われらの

1 [51件] ご不平, そういう頭, その権利, とる必要, まじめな, ヒントを, 一つの, 一歩も, 一種の, 三百両という, 不軌を, 二三人ずつ, 今は, 作家と, 個々別々の, 公儀から, 冷淡である, 反旗を, 叛逆を, 各その, 同性である, 坊主の, 多少の, 如何なる不平, 妻に対して, 彼が, 彼等の, 手配が, 抱いて, 押しが, 数え尽されぬほど, 敵意を, 朝鮮人を, 淡い勝利, 激烈な, 父兄の, 独特な, 申上る, 私は, 私も, 自己を, 菅原古人以来特に, 要求しない, 責任の, 重大なる, 重大抗議を, 金鉄の, 階級的に, 非難の, 顔の, 顕して

▼ 家をも~ (53, 0.0%)

2 名をも, 照らすであろう

1 [49件] おのれの, ここへ, こんな低い小さい, たたむこと, たづねた, ぬけに, ふり捨てて, われわれは, 一人の, 亡ぼし宇内, 何か, 傾くるは, 共通に, 兼て, 凌ぐ大将軍, 出ないと, 加えない教育会議, 包括する, 厭はず酒を, 国をも, 増大させ, 売却し, 変えた, 外に, 失わしめたかと, 失敗つて旅から, 奏するもの, 女性の, 妻子をも, 建て, 必訪ねた, 我等の, 択ぶこと, 持って, 振捨てて, 揺り動かし始めて, 救いはじめて, 早く去る, 絶えずつづけ, 絶されん, 見たこと, 親をも, 貰い先の, 通り越して, 開いて, 陶冶し出だす, 革命家の, 領土をも, 飛び上がらせた

▼ 家乃至~ (51, 0.0%)

3 之を 2 技術家候補者の, 技術家候補者は

1 [44件] はまた, は留学生, は芸術, アジテーターとも, インテリ出身の, ブルジョアジーが, ブルジョア思想家達の, 一般技術家達は, 伝記作者なり, 伝記作者なりと, 伝記作者よりも, 分析家と, 利殖家として, 哲学者と, 哲学者に, 哲学者は, 大建築家, 好事者の, 専門家が, 専門家に, 専門家の, 広く之, 役人の, 戯曲批評家の, 技術家候補者から, 技術家候補者に対する, 文芸家志望者のみを, 文芸研究家として, 演出家としては, 産業資本家の, 科学アカデミシャン達の, 科学者の, 篤志家の, 職業者の, 言論機関自身の, 評論家は, 評論家的文士の, 詩人が, 資本家団の, 購買者の, 農業金融資本家の, 金融ブルジョアジーさえ, 随筆家としての, 駄文家だ

▼ 家などの~ (50, 0.0%)

2 名が, 武将が, 間に

1 [44件] あるもの, いうこと, いうダイヤモンド, いう理論, うちに, ことも, ごとき懐手, しづも, ものより, 一群の, 久我家六条家組の, 亭主と, 人数に, 作り設く, 傲慢な, 内幕を, 写真を, 勃興勢力の, 危険は, 及ぶところ, 塁も, 夢にも, 奧向から, 寮園が, 形を, 必要が, 愛賞の, 手に, 推理空想憶測が, 旗が, 楽隊によって, 様子を, 権に, 比でない, 比では, 無造作に, 社交場みたいに, 立場から, 追いつくもの, 遠方にも, 重臣が, 集まりで, 領主よりも, 類は

▼ 家へでも~ (50, 0.0%)

6 来たよう 3 行って 2 やって来たかの, 潜り込んで

1 [37件] いってな, おいで, たよって, 來た, 來て, 來ない, 入って, 入るやう, 入込むので, 出掛けるよう, 寄って, 寄ろうかな, 尋ねて, 帰ったかの, 帰ったよう, 帰った人, 帰つた, 廻ったの, 往くならまだしも, 曳きずつて, 来たつもり, 来て, 歸る, 焼け跡へでも, 着いたよう, 行かう, 行くよう, 行こう, 行ったの, 行つ, 行つた風に, 行つて借金でも, 迷い込むよう, 這入つて, 運びこんでは, 預つて, 飛び込み美しい

▼ 家がら~ (49, 0.0%)

1 [49件] おうたがい申し, から見, があった, が二十戸, じゃありません, だ, だったそう, だな, であった, であったが, であります, である, である上杉弾正太弼, でこの, ですから, ですが, でもあった, で都会, というもの, とかお金, なものぢ, におのずから, にございまする, に生まれつい, に生れ, に過ぎた, の人, の出, の子弟, の当人, の彼, の次, の母堂, の特権, の豪族, の貴公子, はこの, はよい, は上, は地方, もよい, も名前, や娘, や身, や身分, をついで, をつぶし, をとうとぶ, を尊く

▼ 家にでも~ (49, 0.0%)

2 いるよう, なったよう, へちまの, 住んで, 押し込められて, 矢鱈に, 行くに

1 [35件] ありさ, ある針金, いて, いるの, お構ひな, するという, なかつたら紛, なつた, ならないと, なりきりうる時節, なるん, なんなさらん, やっかいに, パリサイ人の, 一日二日行つてる, 下宿にでも, 喋舌られたら, 囚はれ, 当分厄介に, 招かれて, 持って, 掛けなければ, 来たよう, 止まり得た, 武器が, 歸りたくなる, 泊めて, 生れた不器量, 行つてる, 訪ねて, 豆腐屋でも, 転が, 通俗な, 預けて, 飼って

▼ 家だって~ (48, 0.0%)

1 [48件] あのビルディング, あの男, ある, あるだろう, お前の, お茶屋だ, ことが, ことや, これくらい, これは, ごく狭い, そうおっしゃった, そう楽々じゃあ, どうなる, なんだかんだって, なんという, みんな亭主の, 事さえ, 云いますが, 何も, 先祖を, 出来るかぎり, 千歳さんが, 千石そこそこだ, 同じだ, 同じに, 幸雄が, 必ず戦禍, 悲鳴を, 末始終にゃ, 沢山です, 病人が, 私たち結婚し, 私のじゃ, 穢らわしいに, 空間が, 第一変, 綿の, 舞台の, 良い奥様, 許して, 貧亡ながら, 踏張っても, 造りは, 野良仕事を, 長くいれ, 雑誌社だって, 電話の

▼ 家なり~ (48, 0.0%)

3 女房は, 而し 2 掛引なき, 是れ

1 [38件] いな, いやしくも上等社会, いやしくも現今, しなり, しに, その尊王, その教, では, または或, わ僧, 一つの, 俳優なりに, 個人なりの, 哲學者なりが, 大工も, 彼等の, 戯曲家なりが, 批評なりが, 文学者なり, 斯る, 最後の, 村なりが, 村なりの, 松尾は, 汝を, 然ら, 然るに平助, 然れ, 若し言, 詩人なりが, 路次なりから, 道徳家なりの, 道徳家は, 酒なりの, 随て, 隨て, 震動する, 龍馬等其家に

▼ 家~ (48, 0.0%)

1 [48件] がおり, がそこ, がパッ, が主人, が力, が外, が多い, が言っ, だけをつれ, だと, だ願い, であるよりは, である高野兵右衛門, でございました, でございました物頭, でした, です, です直, でもなし, で住居, で保平, で本当, で鷺坂靱負, というもの, などが, に抱きとめられ, に渡された, に裏切られ, のため, のつもり, の一人, の人, の射た, の料理人, の者, の若, の躾, はみな, は七十郎, は大抵三十代, もおお, ももちろん, も近づく, や侍, や僕, や執事, をやっ, を二人

▼ 家~ (48, 0.0%)

11 しを 5 しは 3 しが, しで, しでも, しの 2 しすると, し位

1 [16件] しから, しされても, しされると, しされるの, しした平次, しして, ししました, しすること, しするん, しする氣, しだよ, しと, しには, しませうか, し隊, せしに

▼ 家代々~ (47, 0.0%)

6 の墓 3 の御 2 のもの, の墓所, の菩提所

1 [32件] からうけついだ, が恩誼, のご, のやしき, の主人, の人, の位牌, の偉, の友, の口傳, の名刀, の唇, の廟所, の掟, の方針, の本城, の水呑み百姓, の玄人, の稼業, の系譜, の者, の苔さびたおくつきに額ずい, の親しい, の言い伝え, の譜代, の遺物, の都, の重恩, の霊廟, の鰭, を通じて最も, 之墓

▼ 家に対する~ (46, 0.0%)

3 債権を 2 労働者の, 荘田の, 郷愁に

1 [37件] ような, エチケットを, 不思議さが, 不満を, 世論の, 人気の, 債権は, 先生の, 吉宗の, 執着が, 執着心が, 太守丹後守の, 嫌悪の, 尊敬の, 崇拝の, 幇助が, 御任侠, 御義心, 志操に, 感謝で, 態度は, 技術の, 最大の, 父と, 犯行が, 理解なんて, 生きた抗議, 疑いが, 私の, 科学研究法其の, 考え方の, 苦しい反撥, 責任という, 責任なり, 責任や, 趣味は, 遠慮も

▼ 家あり~ (43, 0.0%)

3 と聞き 2 て純然

1 [38件] さし覗き, その饂飩, そんな男, て, て人, て其内, て其至真, て彫り, て日曜, て檐, て火, て理, て貞任, という, といえ, とすれ, とも思ふべからず, と人, と思ひ, と申し, なかなか価, また広徳寺前, 三千年の, 今夜一宿しよう, 其他小説家中にて, 北に, 又た, 女子あまた, 妻あり, 平民へ, 新聞記者あり, 毎家自家, 畑あり, 石あり, 築地高く, 衣食亦, 議論家あり, 貴族あり

▼ 家その~ (43, 0.0%)

2 人の

1 [41件] お方の, ほかの, 一番奥の, 一番奧の, 上金銭に関して, 二階の, 人が, 人とを, 人に, 人は, 人も, 人よりも, 人達の, 人達や, 傾きを, 周囲に, 周圍に, 実際的, 家を, 家号を, 家庭が, 寺その, 庭の, 当主の, 征服者達を, 手法の, 旗幟を, 時その, 時分は, 来往を, 物だ, 物に対しても, 物まで, 窓, 総領娘である, 者の, 藩老長岡佐渡いろいろな, 襤褸の, 親類に, 門口まで, 隣が

▼ 家などが~ (42, 0.0%)

2 あった, 自分の

1 [38件] あり人通り, ある, いかにも分譲地, いくら語呂, いないため, いるから, いわれた方, この, この人たち, さいご, さうである, さしづめそんなあの, その講堂, たくさん集まっ, できる, むずかしい相談, もつと, 一夕集まっ, 何と云おう, 公務を, 化物屋敷の, 受け取って, 好んで, 寄り合って, 幻に, 幾軒か, 建って, 挙げられて, 散在し, 日々彼の, 期せずして, 歴々目に, 現れて, 現われ得るもの, 生垣などで, 生活の, 見えたり, 陥り易い

▼ 家でなく~ (41, 0.0%)

2 てなん

1 [39件] この家, その限り評論家, たってね, ちゃ言えやしない, て, てかえって, てはならぬ, てはなりませぬ, てはわからない, ては出来ぬ, ては判らない, ては到り得ない, ては彼, ては想像, ては辨識, ては都合, ては駄目, てむしろ, てもまだ, ても研究所員, ても美くし, ても身, て実行家, て實行家, ともよろしい, とも父親, とも精神病, とも言, ほんとに科学的, 人間で, 何等そんな, 作家である, 僅か一室, 冒險家でも, 同時に強大, 外で, 宗教家でない, 役者に, 神仙家は

▼ 家なく~ (41, 0.0%)

4 して 2 口に, 小どもを

1 [33件] さりとて働こう, た, とも事, また春浪氏, んば, 世に, 世にただ, 人なし, 働く力, 妻なく, 室の, 山水の, 案じ給ふ, 歌の, 武力も, 武田の, 無論また, 町なく, 着る物, 禄なく, 立ち退かざるを, 職なき, 街に, 衣なく, 親と, 警察の, 身なく, 身の, 身寄りも, 随つて首相独裁の, 隨つて首相獨裁の, 食うに, 食ふ

▼ 家だけに~ (40, 0.0%)

2 なった, ぷり

1 [36件] あって, ある宝, お許しの, さすがに, それが, それを, そんな事, どんなに人手, なって, みせて, 下の, 使用せられ, 其の人, 前田氏の, 家財器具の, 布哇や, 影響を, 恐ろしく古風, 放蕩は, 文章の, 旧臭く, 構へも, 止まる, 止まるもの, 玄徳の, 相当具体的, 眼の, 矮身で, 絶えず苦笑, 耳を, 自分の, 読まれずひろく, 転換の, 限られた特色, 静かな, 鼓の

▼ 家などに~ (39, 0.0%)

2 生れずに

1 [37件] あこがれては, いたと, いたの, いって, いるの, いわせると, お置きし, かけるもの, そういうタイプ, どうしてこの, どうして今, なったが, なれない人, よくあった, よくあつ, よくある, マニアが, 住む妖怪, 取つて, 問いても, 宛てて, 毎度出入し, 比して, 比べましては, 求めて, 求めること, 生れたの, 禄仕し, 至るまでも, 苦情を, 行くと, 行つた場合男を, 読まれる, 譲ると, 配合する, 集って, 雇われて

▼ 家を以て~ (39, 0.0%)

3 自ら任ぜ 2 せずして, 任じて, 任ずる, 有名なる, 自ら居ら

1 [26件] したところ, するを, すれば, す君何, ベベルの, 一生を, 任じは, 任じ居候人々, 任ずる人々乃至, 任ずる人でない, 任ずる人の, 任ずる個人的作家でも, 任ずる諸君は, 呼ばう, 未だ至らざる, 死骸等を, 目せられるの, 目せられるやう, 祖先の, 組織せられ, 自ら任じ, 自任してる, 自任する, 自称せん, 許す多く, 類想の

▼ 家なき~ (37, 0.0%)

2 児, 少女

1 [33件] か, は何者, ものと, ものなり, ものの, ものを, もの女は, もまた, 乞食に, 亡者の, 人とは, 人間が, 人間の, 信徒を, 児レミが, 勘当の, 十万人の, 女の, 孤児と, 態た, 敗将の, 旅人の, 流浪の, 流浪者の, 私に, 義兄弟にとっては, 者, 者として, 芸術愛好家は, 荒涼の, 處に, 身の, 魂は

▼ 家なんて~ (37, 0.0%)

4 ものは

1 [33件] ありませんぜ, いうものの, いふと, いふもの, いふ形, いふ徒輩, え商売, お花客すじ, そんなこと, つまらない, どこにも, なか, ひどいこと, ほかには, もうと, ものじゃ, ものに, 一軒も, 人々は, 人の, 代物は, 奴は, 奴ァ常, 妙な, 息苦しくつて, 日本じゃ, 有りませんよ, 本当に建つ, 皆な, 私にとっては, 言ふも, 謂わば, 面倒くさいもん

▼ 家にては~ (37, 0.0%)

2 なかりしかど

1 [35件] いかにも奇怪, これを以て, その頃, わが遠祖, ピエートロ・ペッカトルといへ, 一向知らざる, 下女の, 侍二人具足持一人鑓持一人挾箱持一人馬取, 其内の, 十万円要求しおれり, 多く金銭, 多く食物, 大原の, 大概各日位に, 妻君と, 家内を, 巫子山伏を, 平常にも, 忠義の, 或る, 拒めりと, 断じて養蚕, 此越前, 泰助が, 深夜に, 男は, 皆声を, 盗賊を, 神の, 精米一年に, 葬儀の, 藤五郎兄弟并に, 近きころ高等女学校, 酒肴を, 食前に

▼ 家~ (37, 0.0%)

1 [37件] からさき, からほか, から汽車, から移し, では梁山泊, で旧友, といっ, とやらはもう, にうろつい, におけるあなた, にはおりません, にはひる, に住ん, に到着, のお, のやつら, の入口, の大通り, の敵, の敵国, の旅籠, の民兵, の濠端, の祝朝, の苦戦, の領内, の魔, へ案内, へ行きます, まで, までおい, まで行き, まで行つて, をあと, を抜き, を立て, を襲っ

▼ 家だの~ (36, 0.0%)

2 健全なる

1 [34件] お隣家, そういう言葉, なんの, また剣法中興, また強盗, ッて, 何かで, 何のっ, 名士という, 女優に, 学者だの, 実業家だ, 小金だ, 庭だの, 従業員だ, 御子左だ, 才子だ, 批評家だの, 政治だ, 政治家だの, 方々へ, 榊原家だの, 民衆の, 湖だの, 焼残った, 白い障子, 知己の, 納屋だの, 芸術家は, 血だ, 評論家だ, 詩人だ, 跫音の, 魔の

▼ 家でした~ (36, 0.0%)

2 か, がね, がまわり

1 [30件] から, からあまり, からほんとう, からまさか, から思いの外, から珍, がその, がそれ, がま, がよほど, が今日, が子供, が植木家, が極地, が神経質, が表通り, が近火, が音楽, が驚いた, けれどもこれ, けれど伯母, し一里, ね, のでおかず, のでした, のでもう, ので新聞, よ, 主人の, 時に

▼ 家とが~ (36, 0.0%)

2 皆他の

1 [34件] ありました, あるらしいので, きれいに, くっつき合って, この土地, ごった, その収入, つり合わなかった, できる, ジッコンなら, 一の, 三人寄り合っ, 不和を, 何か, 何だか物足りなく, 円いテーブル, 区別される, 區別される, 同じ水準, 向き合ふと, 喧嘩し, 如何に, 姻戚関係に, 宿命的な, 密接で, 對立する, 悪縁に, 時による, 特に小前, 相互に, 相会う, 親戚の, 間を, 関係が

▼ 家について~ (36, 0.0%)

2 考えて, 見ると

1 [32件] いて, その起原, どこが, みても, 三十分も, 不思議な, 云って, 先ずその, 内偵します, 取り調べて, 夏の, 学び得たところ, 学を, 宿り私, 幾曲も, 庭の, 新しい点, 曲ると, 検討を, 泊りました, 確めて, 習ったもの, 考えた, 聞合せ, 色々様子, 芸術的の, 藁屋文集の, 裏口へ, 言い伝えられた話, 話します, 語って, 語るの

▼ 家~ (36, 0.0%)

5 の臣賀 2 でもあった, になっ, に命じ

1 [25件] から取次がれ, がやがて, であつ, として源氏, として留守中, となり, などが突然, などにも気, になり, の中, の人々, の婿, の詰め所, の重臣二人, へ命じ, も別, も雑色, や侍たち, や老女, をし, をそれ, をつとめた, を呼ん, を通さず, を通じてお

▼ 家~ (36, 0.0%)

2 からで, のところ, の人間, の男, の純情屋さん

1 [26件] がこういう, であつ, である, であること, で一本気, で劇団, で忠義一徹, な人たち, のこの, のひと, のロマンチスト, の人物, の人達, の何方, の兄, の公卿, の医者, の同氏, の寿美子, の性質, の現実主義者, の男らしい, の美少女, の能静氏, の鋭い, の黒衣婦人

▼ 家でなけれ~ (35, 0.0%)

11 ばならない 7 ばならぬ 2 ば駄目

1 [15件] ばいちいち国, ばだめ, ばなし得ない, ばならず, ばならなかった, ばよい, ば再び, ば出, ば出来ぬ, ば夏, ば成功, ば政事, ば此, ば純, ば見られない

▼ 家にか~ (35, 0.0%)

6 へる 4 へるに 2 あらむを, へりしに, へりぬ, へり水, へり親, へれば

1 [13件] へらば, へりて, へりました, へりませんでした母親, へりまた, へりゆく身, へり事, へり床, へり炉, へると, へるも, へる時間, 一人足らぬ

▼ 家さん~ (34, 0.0%)

2 のお

1 [32件] から電話, がある, が近い, だけだ, だし, だそうな, で, でお目にかかった, でしょう, と娘, と自分, にいたん, にお世話, にとっては常識, にはまことに, にもだんだん, にやっつけられた, ね, の, のところ, のなさる, の手, の羽目板, の金, の鼻, は, は歌っ, は鈴木玉壽, へ, へ行く, みて, や大

▼ 家によ~ (34, 0.0%)

5 つては

1 [29件] つてあまり唱へ, つてその, つてな, つてのみ, つて事が, つて仕事の, つて代表される, つて変つて行く, つて好ん, つて妨げられる, つて幾度か, つて彫刻せられる, つて惹起こされる, つて意識的に, つて手厳しく, つて手嚴しく, つて書く, つて極度の, つて構成せられたる, つて此一事実から, つて殆ど黙殺された, つて激昂させられた, つて組織された, つて織り出される, つて美しく, つて試みられ, つて道徳が, つて違つてゐる, つて違ふ

▼ 家なれ~ (33, 0.0%)

3 ば路 2 ば, ばすぐさま

1 [26件] といへる, ども今, ど今年, ど清く, ばかく, ばこそこの, ばこそだ, ばこそ父, ばひと, ば一叢, ば一枚, ば五百文, ば使, ば吉兵衞, ば拙者, ば探偵, ば政治家, ば棟, ば止む, ば母子, ば混雑お話し, ば混雜お話し, ば滞貨, ば私, ば銀貨三枚位, バちよふ

▼ 家以外~ (33, 0.0%)

3 の人 2 にも承認, のもの, の出歯亀

1 [24件] ではなかなか, についぞ, にはそれほど, にはない, にはほとんど, にはわかっ, には味わわれない, には興味, に何一つ, に旗幟, に村, に物好, に職人, の何もの, の何者, の処, の医師, の女, の文化, の溜り場, の經書, の者, の食物, を訪問

▼ 家持ち~ (33, 0.0%)

2 になる, をする

1 [29件] がよい, で茶, となった, にさせ, にし, にしたい, にでもし, になっ, になった, にならなく, になれ, にはそれぞれ山裏, のこと, の下級船員, の仕度, の存在, の年数, の暮しぶり, の桂子, の気持, の洋妾, もいる, もそういう, をさせた, をし, を初め, 子持ちの, 所帶持ちでない, 番頭の

▼ 家重代~ (33, 0.0%)

5 の宝 3 の宝物 2 の刀, の品, の脇差, の長

1 [17件] だと, というよう, という痣丸, とは勿体つけ, に伝わる, のあの, のやつ, のよろい, の伝はり, の名刀, の大, の家臣, の痣丸, の石わり, の者, の鎧, の麻利耶観音

▼ 家なども~ (32, 0.0%)

2 あった

1 [30件] あったが, あって, あつた, ありほとんど, あれば, いくつか, いよいよ非常時, かつては, ここへ, この類, これから出, その学識, その時, たくさんに, どうして続々と, ないわれら, まじって, 一刀両断で, 中止し, 売つて, 多く男女共学, 大いに自信満々, 小麦の, 我々は, 文武両, 斯んな, 本質的には, 混つてゐた, 眼に, 随分と

▼ 家ほど~ (32, 0.0%)

1 [32件] あった, ある大きな, おいしい云う, そういうもの, その作品, その書く, つまらんもの, よいところ, ヴァイオリンを, 不取締, 世に, 作品と, 却って暮し, 反つて暮らし, 商人や, 好い処, 実行において, 庭は, 楽しいまた, 激しい浪費, 無益な, 物の, 狭いもの, 神の, 純潔で, 終始妙, 自己の, 自然の, 被害妄想的で, 貧しい家, 軽薄な, 難儀な

▼ 家~ (32, 0.0%)

2 にちがい, の心臓

1 [28件] が台上, に与える, に対して申訳, に就, に成功, に種々, のやう, の場合, の大, の実験, の意識, の檻, の目, の血液, は猟夫, は随分, も心, も心から, や山羊, よりも大きな, を仰向け, を幾疋, を極めて, を死なせました, を殺す, を犠牲, を苦しめる, を麻酔

▼ 家ども~ (31, 0.0%)

1 [31件] から祭り上げられてる, がわれわれ, が国家, が未熟, が肩, それだけが, であった, である, でさえこの, です, で企画部員, にすぐ, にやたら, に云わせる, のうち, のため, の判決文, の利益, の小さな, はいかに, は暖衣飽食, は死物狂い, は演出家ども, は皆異端, は許し, は退却, ばかりで, を一網, を全然, を千里, 何と評する

▼ 家みたい~ (31, 0.0%)

3 なこと 2

1 [26件] じゃない, だね, なお寺, なきたない, なの, なもの, な人, な可憐, な悲愴, な構え, な知, な顔, にいい加減, にこんなに, にし, にしのびこんだりなんかしたんだい, になりまし, に仰山, に会話入り, に何, に呑気, に嘘, に小さい, に窓, に風格愛玩, ね

▼ 家さがし~ (30, 0.0%)

8 をし 2 つつ, の広告, をする

1 [16件] がある, がはじまりました, が大変, が始まってる, が行われた, というの, にまったく, に一寸, に歩きまわっ, に毎日, のため, の様々, の話, をされ, をはじめました, 中です

▼ 家そのもの~ (30, 0.0%)

1 [30件] がぞつ, がない, が二十四代剣, が可哀相, が既に, さえ艶, すら既に, ではなく, について研究, につれ, に対して企らむところがあってのことらしいと, に愛着, のほう, のよ, の内部, の感じ, の手, の業, の気さ, はやはり, は町, も恨めしく, も遺子, よりも生きのび, をしか考へない, を反響箱, を取り潰さね, を失っ, を断絶, を益する

▼ 家にと~ (30, 0.0%)

13 つては 3 つての, つても 2 つて已むを 1 ついでからの, つて多読多, つて遠い, まつた時, やつて, 云ふ, 急ぎけり, 答う, 願って

▼ 家における~ (28, 0.0%)

2 人体の

1 [26件] お家騒動の, その夜, わが石田家, カテリーナ・リヴォーヴナの, クリストフの, 三河の, 上田城の, 位置あなたの, 元老的地位を, 同家の, 大切なる, 居馴れし, 山川健次郎先生の, 惨劇を, 新生活, 昔の, 昼飯と, 柳沢侯じゃという, 活劇の, 火災は, 生活の, 目下の, 石田三成と, 竹材の, 細かい事情, 関係を

▼ 家及び~ (28, 0.0%)

2 皇室に

1 [26件] これと, その近親, パリの, 企業者は, 作家を, 倫理學者との, 倫理學者は, 僧侶などは, 労働者の, 国家に, 國内外字新聞社に, 土地の, 地主に, 地主の, 文学者諸君に, 消費者が, 渋沢の, 渋沢栄一との, 純然たる, 蒐集に関する, 諸俳人, 讀者よ, 資本家の, 農業者たる, 遺伝学者間の, 関係業者の

▼ 家~ (28, 0.0%)

2 が高座, の女たち

1 [24件] がその, がひどく, がもつ, が信ずる如く, が外資輸入, が自分等, が誘い合っ, との交際, と盛ん, に通知, の報せ, の排斥, の横柄, の踊り, の間, はいづれ, はもちろん, は女中衆, は幸福, は武右衛門, は身自由平等, も一切沈黙, をし, を殆

▼ 家~ (28, 0.0%)

3 や豚 2 の群

1 [23件] が, が六, が鉄路, が飼っ, さえ見世物, という鳥, などが飼っ, にも豚, のよう, の一群, の一群れゆききし, の啼いた, の啼き, の抱き, の籠, の籠脇, の襟毛, の雛, は三月, は荷車, や七面鳥, を寄贈, を弄っ

▼ 家~ (27, 0.0%)

2 一門の

1 [25件] 一方こそ, 一族にのみよ, 一族の, 一族間の, 三卿の, 代参として, 代替り御, 先祖の, 出入の, 取潰し, 墨附紛失の, 壮年の, 安泰と, 家族と, 家督の, 尋ね置被下間敷哉但自炊, 幼稚之間如此云々, 挙兵以来の, 書閣の, 本人の, 清祥は, 直衣始なり, 自慢の, 落胤の, 陵墓の

▼ 家において~ (26, 0.0%)

1 [26件] あげて, あつた, いつも自分, くれてた久米正雄さ, その家礼, だった, または村, やるが, やること, 一個の, 全くその, 兵部が, 十分監督しよう, 名人の, 土屋と, 常にお, 浮世絵は, 真金の, 祿五百石を, 禄は, 立派に, 職工の, 自分以上の, 行って, 行われた有名, 貴下の

▼ 家階級~ (26, 0.0%)

3 と労働者階級

1 [23件] から今度, としてそれぞれ, と一体, と無産者階級, なればとて, に奉仕, に対抗, に属する, に帰属, のそれ, のため, の力, の又, の団流, の対立, の横暴, の間, はまだ, は資本家階級, も下層民, も絶対的, を代表, を撲滅

▼ 家地主~ (25, 0.0%)

2 の支配階級

1 [23件] がソビエト同盟, であり戦争, です, としての日本, と三重, と闘い, にとってその, にぶつかっ, に対して労働者, に屈服, のからくり, のもの, の専制的, の政党, の為, の狡, は自身, は遂に, やまし, や所謂中産階級, や新聞, を一身, を或

▼ 家~ (25, 0.0%)

2 の中

1 [23件] が構, だったらしく周囲, ということ, というの, という観念, とすこし, と云, と思っ, には互に, には何, には種々, に住む, の, の二方, の周囲, の地所, はどこ, まで晴れた, もある, も大抵, も広い, も空しく, を出

▼ 家だけが~ (24, 0.0%)

1 [24件] あるばかり, するもの, それを, たき火の, どんなに貧乏, ふみこむの, やつて, アカアカと, パレスと, ポツンと, 今でも, 何かの, 供出も, 冒涜的な, 唯一無二の, 年一回の, 持つ一種, 新佃島全体, 歯の, 残つてゐる, 物穏か, 穴窪の, 辛うじて残り, 過去の

▼ 家って~ (24, 0.0%)

3 のは

1 [21件] ああなるの, ありやしない, いい家, ちょっと中, どこだ, どこでしょう, どんな豪い, みな自惚れ, ものは, よく何, 一体いくらある, 云うん, 何て, 何に, 変な, 子供ね, 怪しい所, 料理屋へ, 言うん, 訊くん, 頭が

▼ 家つき~ (24, 0.0%)

5 の娘 3 のお

1 [16件] の, のお嬢様, のお客さん, のひとり娘, の一人娘, の仏, の前, の女房, の幽霊, の息女, の息子, の我儘娘, の田畑, の細君, の調度, を権

▼ 家などを~ (24, 0.0%)

1 [24件] こしらえて, さらって, インテリの, 加うべき, 含む一群, 唯一の, 営む必要, 尋ねまわって, 幾つも, 広い野, 持っては, 極く, 構えて, 構へて, 標準に, 次々に, 歩きまわりました, 毛虫の, 珍しそう, 目に, 立ち廻りろくな, 見たがるの, 見物し, 訪ねる心

▼ 家仲間~ (24, 0.0%)

1 [24件] から映画作家, がいる, がその, が日頃, での一般, では知られ, でも演説, で女神様, にたいしてはクリストフ, に大分, に於い, に珍重, に確証, に立った, に迎春館, に這入らなかつた, に遺った, のうち, のお, のすべて, のたたえ, の一人, の徳田秋声, の雰囲気

▼ 家気質~ (24, 0.0%)

1 [24件] から来る, から見れ, がいつ, が失せなかった, だと, でそういう, というもの, というやつ, とが混合, とでも考へ, とどろくよう, なるもの, にとってはひどく, になりすまし, の学生生活, の本体, の繊弱, の蘇峰, の言葉, は捨てなく, は鋭く, を慊ら, を持つた, を生じ

▼ 家造り~ (24, 0.0%)

5 をした

1 [19件] がちらばっ, が大抵, が物々しく, が石造, が茅葺, だけ借用, である, です, ですが, ではあった, で上っ, で初め, と一様, なの, に住み, の方角等, の考證, は変っ, をする

▼ 家ある~ (23, 0.0%)

5 者は 2 か, 処に

1 [14件] がため, ところでは, に如何なる, のみである, のみ然, ひは, もんだ, を知り, を聞かざる, を見, 故是, 由, 處を, 軒には

▼ 家~ (23, 0.0%)

2 の膝

1 [21件] から光, が夜, が将軍, が雜司ヶ谷, であること, で島原一揆, に夕食, に譲つた年, に面差, のいる, のおちつきはらった, のころ, のさわぎはどうやらぶじにすみました, の時代, の頃, はそれ, は切支丹禁制, は日光, も上洛, を調伏, を追って

▼ 家なし~ (22, 0.0%)

1 [22件] ここは, ここを, だから, です, では, という, といふ女子, といわれた, とか, とかいひし, とはここ, とは十指, と云われた, と申しまし, と言われる, と言張り, どこに, に, になっ, に済ませる, の人達, の娘

▼ 家~ (22, 0.0%)

4 へが整う, へが替, へにも屋敷 1 が何となく, が古い, が見当らない, です, の跡, へである, へで庭さき, への貧弱さ, へも大きく, も庭園

▼ 家~ (22, 0.0%)

13 の娘 4 の女 1 だが, の支配人, の細君, の親類小前, を見

▼ 家さえ~ (21, 0.0%)

2 ある

1 [19件] あったので, ありませんでした, あるの, あるよう, その策動, できて, ないん, なくて, まだ寝, まれには, 丸焼けに, 出なければ, 無いどうも, 町さえ, 繁昌し, 自由であるなら, 見えなかった, 跡形も, 近所には

▼ 家たらん~ (21, 0.0%)

7 とする 2 と熱

1 [12件] か, がため, ことを, とした, として時間, として都, との念, と努力, と思う, と欲, と願う, ものは

▼ 家であろう~ (21, 0.0%)

1 [21件] かは容易, から常々自分, がこうして, がその, が地主, が政治家, が資本家, ことと, とは夢にも, ともまた, とも人, とも御門, と他人, と仮借, と同じ, と姦雄, と容赦, と思い, と思う, と思った, と思われる

▼ 家へかへ~ (21, 0.0%)

3 つて見ます 2 つた

1 [16件] つたが, つたのは, つた後私は, つて, つてお湯を, つてそれから, つては, つてまた, つてゆく, つて來た, つて來る, つて夜釣りに, つて時男さんから, つて湯を, つて皆に, られる

▼ 家~ (21, 0.0%)

2 卿等の

1 [19件] きっと, この家, しちまって, しばらく親心, その幸, それは, もし器, ピアノの, 卿らは, 天上の, 山へ, 意を, 民友子大喝し, 汝が, 画け語る勿, 茶を, 読者よ, 鍵よ, 願わくは眼

▼ 家~ (21, 0.0%)

1 [21件] キイテトコロトバンチヲカイテモラヒマシタ, トビダシテアツチコツチヲアルキマシタケレドモツカレテダンダンネムクナリマシタノデ自転車ニノツテホテルヘユキマシタ, 一変シテ華族ト改称ス, 代表スル者ナリ, 保ツニ足ル, 出タノハモウ二十分以上モ, 去ラナケレバナラナクナッタアナタノ, 壓伏シテ餘アルニ至レリ此, 奔リ, 引イタガソノ時居所ニ困, 忘レザルハナシと, 新築シタト云ッタガタシカ明治年間政友会, 焼カレ, 空ケタママ敏子, 空ケルノハ大概夕食ノ, 統治スル最高國家, 訪ウ, 訪ウノハコレデ二回目デ, 防護スル國民ノ, 隠居所ニシテ土地ノ, 麻布狸穴ニ新築シテ移ッタ

▼ 家~ (21, 0.0%)

2 である

1 [19件] が則, であって, で幼年男女, なりという, にあり, においても大抵, には昔, に居りし, に帰っ, のほう, の賄方, はむろん, は本郷壱岐坂上, も疾く既に, を夢みる, を設けた, を譲る, を開いた, を開き

▼ 家かと~ (20, 0.0%)

4 思って 2 合點の

1 [14件] すぐに, 世間で, 合点の, 喚いたから, 大して気, 思うと, 思つたら, 思つて, 思つて居た, 恐々おふくろの, 想像し, 聞かれれば, 見まごう豪華, 訊きますから

▼ 家だつた~ (20, 0.0%)

1 [20件] かはつきり目, が一時, が人間, が以前近所, が何, が其処, が娘, が客間, が小綺麗, が議会, が養子, けど婦人代議士みたい, けれど朝顔, けれど隅々, し, ので出向い, ので西側, ので遊ん, やうに, んだ

▼ 家などと~ (20, 0.0%)

2 いうと, 云うもの, 言は

1 [14件] いえば, いふと, ちがって, ほぼ相似, ブールボン家との, 一緒に, 云う口, 云う専門家, 云ふも, 名を, 呼ばれて, 問題から, 言はれ, 言われる人

▼ 家にな~ (20, 0.0%)

2 つてし, つてゐた

1 [16件] つた, つたのね, つた彼が, つていつにも, つてござる, つてしまつて自分ながら, つても, つてを, つて以來盜人に, つて其處に, つて奈何する, つて書い, つて楽天家らしい, つて河に, つて見たい, つて貰ふ

▼ 家ダニ~ (20, 0.0%)

2 をわかし

1 [18件] がいます, が又, が持, が自分, その名, になつ, のこと, の卵, はあと一, はほどよく, は一名エロ虫, は不埒, は御免, は筑摩書房, は肉, は芥川家, を収容, を発射

▼ 家~ (20, 0.0%)

7 の娘 4 の家來 2 の女房 1 のお嬢さん, のもの, の作者, の先妻, の我儘娘, の無能, の者

▼ 家こそ~ (19, 0.0%)

1 [19件] いい迷惑, かえって非常, そのよう, ちよん, もう失くなっ, 一生の, 不届き千万, 不思議だ, 不潔い, 乗合わせ, 彼に, 惨めであった, 我々の, 揺るぎない西国, 日本にと, 死に場所と, 然るべし, 特別家探しを, 自分の

▼ 家たり~ (19, 0.0%)

2 しこと

1 [17件] えても, しに, し罪, ともいへ, 且思想家たる, 作家たる, 得ないで, 得べき才能, 得るの, 得るや, 得る最小限度, 得る資格, 探檢家, 斯の, 獄吏たり, 眈溺家たり, 詩人が

▼ 家にとっても~ (19, 0.0%)

1 [19件] いくらかの, いやに, きわめて重大, このうえ, この映画, それは, むしろ慈しむべきであろう, 八雲にも, 千々子さまにとっても, 哲学者思想家にとっても, 商人にとっても, 多少の, 幕府にとっても, 当り前の, 最大価値を, 最後の, 看過し得ない, 経済上この, 関係を

▼ 家にゃ~ (19, 0.0%)

2 あ専門家

1 [17件] あるに, あ大きい赤い, あ子供, いねえぜ, こんな九尺二間, それを, まだ子供, ア置けねえ, 何て, 四ツところか, 寝られん, 我慢にも, 目も, 素晴らしいの, 置けない早速, 肺病の, 赤ん

▼ 家または~ (19, 0.0%)

1 [19件] その作品, それと, トラストの, 劇作家の, 喧騒してる, 官吏に, 実業家として, 家の, 家族との, 家族に, 少しか, 居間については, 朝鮮人の, 畠に, 神社とか, 私から, 詩人の, 都会に, 鷹見家に

▼ 家一軒~ (19, 0.0%)

1 [19件] ありません, あるばかり, が十重二十重, その趾, ただこの, だけじゃない, であつ, でもい, で四杯, について窓, に夕方近く, に定, の寂しい, の犠牲, の祝い事, は愚か, ばち有る, を切り盛り, 買って

▼ 家~ (19, 0.0%)

4 の椎 2 のひと, の檜葉, の築, を一夜あらし, を愛で 1 ではあるまい, にせり, のすべて, の矢竹, の篠

▼ 家~ (19, 0.0%)

2 とし

1 [17件] が, が大急ぎ, が砂糖湯, だ, だった, でなら, としてはすごされない, に向, の仕事, の任, の好意, はなん, は予, は発狂, は稍, も子供, 又は女児

▼ 家~ (19, 0.0%)

1 [19件] があった, が久しく, に仕上げた, に係り, に対して野生, に適用, のこと, の一群, の事, の根原種, の群, の肥鮮, の高名, は蛇咬, をハム, を屠り, を持ち来った, を飼う, 多し形牛

▼ 家~ (19, 0.0%)

73 に拠る 2 の来歴 1 から一八六二年, である, に云, の俶, を写し, を編, を読み

▼ 家~ (19, 0.0%)

1 [19件] が万事斡旋, だったら随分, と定家, と組ん, などが漸く, なども家集, にも一首, の, のよう, の作品, の手もと, の時代, の歌, は俊成門, は温和, もいた, や如願法師, や源家長, をはじめ

▼ 家あるじ~ (18, 0.0%)

2 に語りけれ, の気分, の生命

1 [12件] となられた, と共におきつ, に対して舞, の側, の寿命, の気分のど, の生活力, の祝福, の身, の齡, は女房, は疾く

▼ 家でさえ~ (18, 0.0%)

1 [18件] あった, ありゃ何処, ある, あれば, こうだ, それを, 一人も, 先ず第, 単独行, 容易に, 已に用意, 心ある, 日本では, 日本の, 毎月晦日そうじ, 知らない様子, 空しく西蔵, 誤り易い

▼ 家~ (18, 0.0%)

2 れを, 人も, 墓と

1 [12件] に據, に相副, を知らん, レガ扶養, 一瑕也, 別, 品時好に, 左右執, 御伝授受, 易著於藝文者皆悉本於田何以上口耳之, 紋蔦替紋拍子木, 詩然

▼ 家~ (18, 0.0%)

2 に霊, の墓, の墳墓

1 [12件] が御, すなは, それから御, にはこの, にも奥州征伐, のお, の御, の御身, はその, はそれ, は英邁, もまた

▼ 家刀自~ (18, 0.0%)

2 の手

1 [16件] が, が実際, が家, すなわち今, の任務, の侍る, の座席, の必ず, の愛, の技倆, の権力, はそが, はもはや, もしくはやや, もっと進ん, を一夜づま

▼ 家~ (18, 0.0%)

2 の嫡男

1 [16件] が力, が意見, としては生ける, に迫った, の左右一顧, の意見, の手, は, はこれ, はもう, は一族, は大喝, は父, は落涙, は面々, を初め

▼ 家~ (18, 0.0%)

2 の成功主義者, を特徴

1 [14件] たるお, であると, でなかった初対面, ではなかっ, というもの, にぞくする, に嵌まった, の人, の人物, の姉娘, の猶, の辺幅, の青年, よりは国士型

▼ 家~ (18, 0.0%)

3 の軒 2 の高き, みが

1 [11件] あり樹林, が傾き, に, のうへに, の庇霜, の混んでる, の長, は低く, みことに, や形, よりは一段

▼ 家すじ~ (17, 0.0%)

3 である

1 [14件] だった, であった, であること, でもあった, との養子縁組, とはいえ, なの, には美人, の剣人, の蔵品整理, は断ちきられ, も中村, も平四郎, や侍ども

▼ 家のみ~ (17, 0.0%)

2 であつ

1 [15件] いと多かる, であったと, でその他, では, ならずこの, ならずデカダン, ならずモンテーニュ, ならず一般国民, ならず時には, 免れ僧都, 宿と, 徒に, 昔の, 能く, 難なく寿

▼ 家よりは~ (17, 0.0%)

1 [17件] いって, ずっと小柄, なるほど燃えつき, むしろ文学者, やや大型, よほど丁寧, サツパリし, 二三軒先へ, 人を, 堂々と, 暮しも, 曲芸師染み, 構も, 気軽な, 目下の, 空地の, 馬の

▼ 家伝来~ (17, 0.0%)

2 の書画

1 [15件] で貞宗作, なん, の一腰刀, の仏壇, の兵学書, の兵学書一切, の名刀般若丸尺七, の名剣, の名物, の和漢, の宝物, の幅, の憲法, の重宝, の長い

▼ 家~ (17, 0.0%)

3 亀は 2 亀と, 陰謀家は 1 せんの, 亀が, 亀だった, 亀を, 円吉原家, 君主トシテ交戰シ聯盟シタル者ナリ, 商人職人農夫等も, 圓太, 生産者労働者無産無職者等に対する, 若松千代伊セ家分

▼ 家~ (17, 0.0%)

1 [17件] かち更に, から奉天, から通遼, という所, と此地, に行, の我海軍砲, の満, は何れ, は遼源, は遼源県治, へ引っ返し, まで七十里, や楊家店, を作り, を足場, 落つる日

▼ 家滅亡~ (17, 0.0%)

2 の後ここ, の楔

1 [13件] いらい寸時, すべき基, せられ候, という意外, と共に一旦, の, のあと, ののち, の前兆, の後, の時, の雰囲気, はいう

▼ 家とかいう~ (16, 0.0%)

2 ような

1 [14件] のは, ものとも, ものに, ものは, 人々の, 人が, 人たちの, 先生たちの, 兵法家は, 家の, 無暗に, 者に, 観念の, 風な

▼ 家なみ~ (16, 0.0%)

1 [16件] から北, があった, が途切れ, が黒く, に灰, のうへに, の下, の仕事, の庇, の明るい, の研鑚, はうす黒く, はみんなよろい戸, や人, をなし, を越え

▼ 家にても~ (16, 0.0%)

2 雪は

1 [14件] いろいろの, ことさらに, これを, その生ける, 今日は, 催すが, 公事決斷を, 其通り何時まで, 参列者の, 同じ結果, 嘸お, 川童らしき, 道理は, 高須様にても

▼ 家にのみ~ (16, 0.0%)

2 籠り居しが

1 [14件] あつまつて, あり, あるも, 与えられる特典, 住へど, 引籠っ, 引籠り, 引籠れ, 引込み従って, 祟るとは, 褒められその, 見られる物静か, 閉じこもること, 閉ぢこめられ

▼ 家また~ (16, 0.0%)

1 [16件] いくそばくぞ, おかあさんを, この有馬家, この間は, すでに十歩, 商業主義的な, 墓と, 女より, 富みかつ, 彼の, 政治家である, 浮ぶ雨, 磐石の, 祖先以来東国に, 神田美土代町なる, 豕あり

▼ 家~ (16, 0.0%)

3 中で 2 中は, 中へ, 前を 1 なかから, なかに, なかにこんな, なかにを, なかは, 中ぢ, 中を

▼ 家以上~ (16, 0.0%)

2 のもの, の造詣

1 [12件] であります, でしょう, です, にはなれない, には思わないだろう, に今日, に敵方, に興奮, に芸術家, の何者, の敬意, の芸術家

▼ 家従たち~ (16, 0.0%)

1 [16件] がつくばっ, がばらばら, が中, が現に, が膳, が諫め, と簡単, のしらせ, の忙し, の忠志, の指揮, は皆夏, は耳, も皆, も起き, を早く

▼ 家~ (16, 0.0%)

1 [16件] で小女, と変わった, に響, のほう, の一木, の小高い, の日当り, の湿地, の物, の物干場, の苗代, の道, をまざまざ, をみせた, を窺, を領

▼ 家諸君~ (16, 0.0%)

1 [16件] がそれ, がそれだけ, が云, それから作者, と一緒, にとつて, に十二分, のお蔭, の努力, の為, はとうに, は論理, は近代, をおい, を妄, を悦ばせる

▼ 家連中~ (16, 0.0%)

1 [16件] から親玉, が常, が棄て, というの, とが風采, には登山, の一人, の女たち, の脳髄, の間, は情ない, は直ちに, は過去, も牛込, を芝, を覗

▼ 家~ (16, 0.0%)

4 の表現 2 の奴め 1 が何一つ, くらいおしゃれ, に対して畢生, はおしゃれ, は取戻そう, は言ってる, も可哀そう, をし, を実物証明, を表現

▼ 家あるいは~ (15, 0.0%)

1 [15件] そこに, その持ち主, 優れたる好者, 印版師に, 大官大寺九重の, 大工場主, 宗教家に, 実業家などには, 実業家を, 宣教師と, 彫刻家の, 投機的の, 政治家どうも, 文学あるいは, 軍人らの

▼ 家~ (15, 0.0%)

3 出入りの 2 米さんの 1 上屋敷です, 下屋敷との, 下屋敷目ざし, 取りつぶしとともに, 寿の, 屋敷の, 揃いは, 盛んの, 長屋へ, 預りします

▼ 家その他~ (15, 0.0%)

2 各方面

1 [13件] とし, になれ, の人気取り, の協力指導, の大きな, の屈伏, の方々, の演劇関係者, の著述家等, の豪族, は二・二六事件, へ送っ, をも含む

▼ 家であれ~ (15, 0.0%)

2 ばある

1 [13件] ば, ばその他, ばたとい, ばよし, ば九時, ば五万足らず, ば大, ほど美しい, 実業家であれ, 教育家であれ, 絶えず時代, 豪族の, 頭領であれ

▼ 家とでも~ (15, 0.0%)

2 いうもの, 称する人種

1 [11件] いいたいよう, いうよう, いったよう, いつたやう, 云う一面, 云つた顏立で, 云ふんで, 思って, 言って, 言ふべき, 言ふんだらう

▼ 家と共に~ (15, 0.0%)

1 [15件] いわば海賊衆, それらの, また家, もう抵當物, よろしく率先, 口を, 奥州へ, 幕吏の, 日本の, 東京に, 栄えよ, 永く東西蝦夷地, 滅ぶべき所, 計ろうて, 過去を

▼ 家ながら~ (15, 0.0%)

1 [15件] おつぎ, その物々し, なかでの, 人気無き, 今ゐる, 垣繕へ, 大びら, 妙に, 小人数, 後堂も, 恋しき人, 我が家は, 敵の, 栄三郎の, 茶がかった

▼ 家によっては~ (15, 0.0%)

1 [15件] ちがって, とても大事, とても結構, またシナイシナイ, 串には, 十一日の, 同じよう, 夏くらいに, 家風の, 店先にも, 消費的用役として, 煙草の, 米粒を, 紙や, 追究され

▼ 家にを~ (15, 0.0%)

2 りました, るの

1 [11件] さまつて, つた嘉助だらう, つて色々の, らない, られないので, らんでも, らんにや, らんの, らんやうに, りやせん, ること

▼ 家へか~ (15, 0.0%)

3 へると 2 へりました, へること 1 へりかけますと, へりそれ, へりたくないン, へりぬ, へりましたが, へり今, へるの, へるん

▼ 家~ (15, 0.0%)

2 富豪とも

1 [13件] なる天才, 吉祥, 哲學者大, 地主ヲ, 地主等ノ, 實業家大, 政事家に, 文学家乃至, 法律家に, 盗賊王眼に, 美術家いかなる, 読書家は, 軍人を

▼ 家民族~ (15, 0.0%)

3 が自己 2 が何處, が各自, を否定 1 が緊密, が自己自身, の世界的, の獨自性, もそれぞれ, も單

▼ 家近く~ (15, 0.0%)

2 まで来る, 帰って

1 [11件] だがなるべく, ならないうち, なると, の停留場, の露地, まで子供, まで送っ, 住む按摩, 来ると, 棲むを, 棲んで

▼ 家~ (15, 0.0%)

2 震動が, 震動の

1 [11件] が次に, に打ち, に紛れ, をする, を響かせ, 震動し, 震動する, 震動せん, 震動です, 震動は, 震動大

▼ 家~ (14, 0.0%)

2 ゆうの

1 [12件] うそろつてお茶を, や, やそんな, やだれ, やない, や絵かき, ゅうしゃんとしてやれてようございます, ゅうとどろとどろでおまけに, ゅうのものがげんかんにおくってでて手を, ゅうひっちらかしたまま自分の, ゅうまだしいんとしているからな, ゅうをぞよめきまわった

▼ 家すなわち~ (14, 0.0%)

1 [14件] 一郷を, 光線の, 卵子も, 国家細胞としての, 寺という, 後の, 文芸の, 本書の, 檀家から, 穆春兄弟のや, 自ら供給する, 自分の, 豊田の, 賃銀奴隷に

▼ 家すら~ (14, 0.0%)

2 ありたるを以て

1 [12件] あった, ある, ある位, さう, それを, 大人物型的, 幕府の, 建てら, 抵当に, 焼かれざるを, 草まくら旅ごこちし, 見当らないので

▼ 家それ~ (14, 0.0%)

1 [14件] から少し, にふさわしい, に其姿, に美しい, に英国, はいい, はグラチア, は何, は全く, は珍現象, は賛成, もことごとく, をドルメン, 故に伊太夫

▼ 家だけでも~ (14, 0.0%)

1 [14件] お勝手許の, この私, その刀流, 両親だけでも, 五軒そのうち, 判りゃア, 判りア, 十二三軒有る, 可なり, 幾十羽もを, 教えて, 直ぐ突き, 知らんという, 菲才には

▼ 家とて~ (14, 0.0%)

1 [14件] いつまで, お登和嬢, ふきんには, 中川の, 人力車の, 何所が, 北条幕府の, 去るにも, 始めは, 家族者の, 数代この, 普通の, 粗相な, 釈然たらざる

▼ 家などでは~ (14, 0.0%)

2 駅を

1 [12件] おかゆだ, この頃, そういう武家, その手入れ, よくやる, わざわざ山, ガスの, 主人の, 四人あった, 百姓仕事は, 表へ, 随分恥

▼ 家などという~ (14, 0.0%)

6 ものは 1 のが, ものに対する, ものを, 区別の, 多くの, 者は, 言葉が, 連中には

▼ 家~ (14, 0.0%)

4 に対する義務 2 に許し 1 に易, の光栄, の守護霊, の安危, の老雄, の霊, を失いたる, を失いつる

▼ 家志望~ (14, 0.0%)

2 の青年

1 [12件] だったらしいですな, だった礼子, だなんて, ですが, で某, なんて一日, の人達, の大学生, の女, の者, の若杉浩三, の連中

▼ 家根瓦~ (14, 0.0%)

2 がばらばら, をふるい落された 1 にも一枚, にも再び, に物音, のあいだ, の上, の下, の落ち, はほとんど, をすこし, を打ち落され

▼ 家~ (14, 0.0%)

1 [14件] が藤松, に承ける, のもの, の与三郎, の前, の子, の愛顧者, の死んだ, の演じた, の芸目, は市村姓, は浮島新三郎, は芸域, も丑之助後

▼ 家だけの~ (13, 0.0%)

1 [13件] ことでない, こと一般には, もちもので, 宴が, 小さな橋, 後宴が, 束の間の, 私の, 符牒だ, 習慣では, 者に, 自由にまで, 財政として

▼ 家だろう~ (13, 0.0%)

42 と思っ 1 とか煽て, と思われた, と最初, と考えられる, と自分, ね, 多分ペイトン在

▼ 家でございます~ (13, 0.0%)

1 [13件] からお, から侘し, から嘘, から奉公人, から家内万事整頓, から私, があなた様, がどうぞ, がはるばる, が私, けれども何, しその, ね

▼ 家に関する~ (13, 0.0%)

1 [13件] いろいろの, ことなども, ものである, テーゼの, 一切の, 事柄を, 古い記録, 批判は, 新しい珍聞, 有る事, 私の, 資料は, 限り現在半分ずつの

▼ 家までが~ (13, 0.0%)

1 [13件] あまねく漁りつくし, なかなか遠い, バツキンガム宮, フランスの, 下々では, 争うて, 夜ごとやけくそな, 尽く参加, 彼の, 正否の, 緑の, 肯定し, 部落内だけで

▼ 家までも~ (13, 0.0%)

1 [13件] あつた, ひびく, 作ったと, 出掛けた, 吹き上げて, 失つ, 奪い取られた, 手ば, 手を, 考えて, 聞え渡らうかと, 花の, 震動する

▼ 家もしくは~ (13, 0.0%)

1 [13件] その弟子, オルレアン家を, 同じ氏, 墓場の, 墓穴の, 思索家は, 文学家が, 氏族の, 芸術を, 芸術愛好者たちが, 芸術愛好者の, 英雄好みの, 資本家それも

▼ 家~ (13, 0.0%)

1 [13件] その才智, など皆世, には不明, の事, の本, はどう, は今, は伝説, は諸, より言, を略叙, を知る, を語つて

▼ 家~ (13, 0.0%)

1 [13件] と共に焚尽, の屋根, の立ち並んだ, はおろか女房児, は人手, も, も飮ん, をなくなし, を人手, を建て, を新築, を焼かれ, を貰う

▼ 家~ (13, 0.0%)

1 [13件] から利, から求める, から言, ではそれ, では博士, としてはまだまだ, にげ出し, に武器, の業, の準備不足, の運動, や学者間, を招い

▼ 家先生~ (13, 0.0%)

2 が辞典, などは最も, は駄文 1 が腹, だちにとっては, だちの, だちの本当, として一生, になる, のよう

▼ 家~ (13, 0.0%)

1 [13件] がいくら, が木虱, が案外, に話した, の声, の常食, の方, の毎日, の瘡蓋だらけ, の目的, はさ, も代, を戦かせ

▼ 家再興~ (13, 0.0%)

3 のため 1 という問題, の味方, の夢, の大, の大願, の第, の見込み, の運動, の重任, は望まなかった

▼ 家あたり~ (12, 0.0%)

2 が人間修業 1 から二十円, ではお, ではそんな, ではない, との関係, に屋根, の位置, の暮向き, へのす, へ押し

▼ 家および~ (12, 0.0%)

1 [12件] そのエージェント, その説, ホーヘンツォルレン家は, 僧侶の, 同情家として, 土地は, 宗教家は, 後の, 文化人は, 為政家でも, 皇室との, 親戚の

▼ 家かも~ (12, 0.0%)

3 しれない, 知れない 1 しれないの, 分らなくなつ, 知らない君等, 知れないな, 知れないわ, 知れぬ

▼ 家この~ (12, 0.0%)

1 [12件] かた密接な, 二人の, 外に, 室この小さな, 家に, 家も, 家族が, 寝巻き, 年寄の, 店土蔵だけの, 環境は, 街では

▼ 家といった~ (12, 0.0%)

3 ところで, ような 1 ところが, のが, 人々を, 感じの, 方が, 風に

▼ 家とに~ (12, 0.0%)

1 [12件] 交, 別々な, 劃然と, 半々ぐらいの, 取り圍まれ, 囲まれて, 意を, 挨拶し, 泊った数夜, 献ずるもの, 結んで, 警察規則違反が

▼ 家に対しては~ (12, 0.0%)

1 [12件] より一層奸悪, ポンメルシーは, 今申した, 前々から, 前に, 感謝を, 数へ, 極力或, 歴史的に, 特別の, 疎略を, 非常に

▼ 家ばかりが~ (12, 0.0%)

1 [12件] あります所, ある, その一画, ぽつ, 一軒だけ, 今日まで, 幾つも, 当てじゃああるめえし, 恋しくて, 櫛比し, 知つてゐる, 論理を

▼ 家一般~ (12, 0.0%)

1 [12件] とか労働者一般, にまで推し及ぼす, に当てはまる, に通ずる, のまぬがれ, の主体的技能水準, の弱点, の生活, の者, は技術家, は生産技術家, を指し

▼ 家~ (12, 0.0%)

1 [12件] が誤り伝へ, には, には元禄十三年, には蘭軒, に其年月, に拠れ, に森川宿, に詳密, の一端, の云, を抄出, を閲する

▼ 家圓太郎~ (12, 0.0%)

2 を襲名 1 がこの, がこの間, がヒョッコリ旅, と師匠, の代々, の忰, の忰小圓太, の高座姿, は文明開化, を私たち

▼ 家~ (12, 0.0%)

2 の吹雪, の寒 1 お長屋, にある, に出た, に立詰め, の小, の難件, は静か, へ出た

▼ 家~ (12, 0.0%)

7 を切っ 1 にても切, を五つ, を切, を切った, を切りました

▼ 家或は~ (12, 0.0%)

1 [12件] フールマノフの, 人道の, 同好家の, 大鏡, 富豪或は, 探檢家, 教師或は, 數軒の, 画家建築家音楽の, 舞台監督, 記者なり, 識者に

▼ 家~ (12, 0.0%)

5 のかみさん 2 の亭主 1 と向い, に問え, の女房, の親爺, もぐっすり

▼ 家~ (12, 0.0%)

7 一の 1 一人, 一代の, 一流の, 五の, 四世の

▼ 家~ (12, 0.0%)

5 の見える 1 が自身, なごむ畑, に立ちよられた, に都市, の煙, の間, はなかなか

▼ 家~ (12, 0.0%)

1 [12件] がする, です, にも余り, に外, に有, に羽織, の伊和員経, は帰っ, は皆, を, をもあなた, を疑い

▼ 家あれ~ (11, 0.0%)

2 ば主義政見 1 かし, ど, ば又, ば家, ば必ず, ば旗日, ば水, ば見, ば養子

▼ 家~ (11, 0.0%)

3 のへ 2 ふうち, 居に 1 う征服階級, ふ座敷天ぷら, ふ銘, ものは

▼ 家であります~ (11, 0.0%)

1 [11件] から亡命, から山高さん, から私, から貴方, があの, がそれで, が実は, が此頼業, が現実, けれども真, わ

▼ 家にまで~ (11, 0.0%)

2 泊り歩いた 1 のこのこ出掛け, 仕返しに, 他動的で, 分ったろうか, 帰り番地, 浸水し, 訪れて, 送り届けて, 遊びに

▼ 家ん中~ (11, 0.0%)

2 ばかりに引つ込ん 1 がいや, がどう, がムチャクチャ, が静か, にゐた, に此那こと, に置いとい, はよう冷える, もうなん

▼ 家ン中~ (11, 0.0%)

1 [11件] か木蔭, だつて斯, で踊り, にも落ちつけず, に押し込められ, へ入ったろう, へ入れる, や庭さ, や私達, をじろじろ, をのぞきこん

▼ 家主義~ (11, 0.0%)

2 を奬勵 1 とか民族主義, と合致, と單, に於ける, に私淑, の流行, はか, を標榜, を齎

▼ 家候補者~ (11, 0.0%)

2 のパーセンテージ 1 から社会的安定, に対する労働者出身, の失業, の数, の生産制限, の約, の過剰生産, は之, は元来

▼ 家又は~ (11, 0.0%)

1 [11件] ヴェルデュラン家に, 僧侶などに, 夫の, 好棋家, 愛好者を以て, 所謂政商なぞにも, 技術家で, 政治的支配者と, 暴力団などを, 田畠の, 身心を

▼ 家同士~ (11, 0.0%)

2 の間 1 がつき, の交際, の個性, の競争, の連絡, はとき, よ, よく知っ, らしく語ったであろうか

▼ 家士たち~ (11, 0.0%)

1 [11件] がつめかけ, と共に直輝, に限っ, のため, の家族, の溜り, の眸, は思わず, は紫色, は膝, を見る

▼ 家~ (11, 0.0%)

1 [11件] お万, が心配顔, が食事, である婦人, ともつかず, と喧嘩, に戯, のかわり, のリア, も帳場, を相手

▼ 家屋敷~ (11, 0.0%)

2 は借金 1 が売れる, に関する反別, のあつ, は只今, まで人手, もことごとく, を持つ, を毀たれる, を錢

▼ 家~ (11, 0.0%)

2 先生の 1 個人という, 士に, 士控所, 士溜場, 大夫田中氏の, 太夫なる, 太夫の, 職工等を, 葛氏の

▼ 家~ (11, 0.0%)

8 にし 1 うして, なれば, 猶愛新増帙

▼ 家~ (11, 0.0%)

1 [11件] 二円とられる, 歩いて, 歩く, 続いて, 行かなければ, 行き父母, 行く, 行く壻, 迎へに, 附いて, 食ひ

▼ 家~ (11, 0.0%)

1 [11件] の傾いた, の衰, は日, は段々, は益, もさう, を興, 不取締, 振はず, 漸く衰, 衰え両親此世

▼ 家~ (10, 0.0%)

2 電話かけ 1 さ, で来, 來て, 子供生れる, 引っ籠っ, 行なれへん, 行んでから, 電話かける

▼ 家うち~ (10, 0.0%)

2 のこと, は外見 1 でもこの, に感じられた, のどこ, の器具調度, の者, の話

▼ 家なぞ~ (10, 0.0%)

2 では 1 いう者, から深井, へなに一つ買, へ来, へ行つて, より引出し来る, 借りたがるよりも, 焼払っちまう

▼ 家などでも~ (10, 0.0%)

1 あの映画, あら煮, まだ, よくこの, 嘉例の, 煎茶という, 落ちあつ, 輿論の, 郡長とか, 門傍に

▼ 家などには~ (10, 0.0%)

2 よくある 1 この種, そういう嘘, そういう気質, その習慣, 一人位は, 味わうこと, 手の, 気に入る筈

▼ 家などへ~ (10, 0.0%)

2 出入りし 1 お上げ, わざわざ成り下っ, 宗祇を, 往って, 招かれて, 行き何, 行ったところ, 身を

▼ 家なりと~ (10, 0.0%)

2 いひ一般, 冷嘲 1 いえども, いふ, 信ずるの, 吉兵衞は, 打眺めたい, 評する如きは

▼ 家めいた~ (10, 0.0%)

1 レヴェズ, レヴェズの, 人物が, 人物だ, 口吻で, 口調に, 家と, 笑ひ, 装飾が, 言ひ

▼ 家即ち~ (10, 0.0%)

2 日本十八世紀の 1 イタリーの, ブルジョアの, 今の, 哲學者といふ, 大枝氏の, 文学者の, 芸術を, 非情の

▼ 家同志~ (10, 0.0%)

1 がお互い, で, ではない, として教授, のお, のこと, の恋愛, の話, の論爭, を語らっ

▼ 家~ (10, 0.0%)

2 の置文 1 からの鑁阿寺, が自殺, どのみたい, などはつい, の, の話, は弘安十年, を高氏

▼ 家生活~ (10, 0.0%)

1 が終に, などと云う, に落, のいかに, の体験, の半面, の小さい, の経済的保証, までを具さ, をつづけ

▼ 家組織~ (10, 0.0%)

1 が完成, の上, の改造, の確立, の要素, の説明, を破, ヲ以テシテ, ヲ失フ所以ハ外部的壓迫ト内部的廢頽トニヨリテ自決スル力, ヲ根本的ニ改造スル時獨リ宮中

▼ 家若く~ (10, 0.0%)

2 は大 1 は世界, は傳記, は党, は真理, は脱走家, は道学先生, は道學先生, は黨與

▼ 家~ (10, 0.0%)

2 の事 1 から地面, であったかと, は持っ, は持つ, も何, を取る, を買つた, を辭

▼ 家いつ~ (9, 0.0%)

4 ぱいの 2 ぱいに, ぱいのしづけさ 1 て来るだ

▼ 家かの~ (9, 0.0%)

1 下郎が, 個人的利害を, 勝手口の, 女將, 客間で, 折助が, 未亡人さんが, 美しい装飾, 若い夫人

▼ 家しか~ (9, 0.0%)

2 ない, ないの 1 ないという, なかった, なく一軒, ねえが, 払いのけること

▼ 家ぜんたい~ (9, 0.0%)

1 がまるで, が明るい, が花, が震動, のため, よりもずっと, をたえまなく, をグラグラ, を包み

▼ 家ぢゆう~ (9, 0.0%)

4 のもの 1 のがらくた物, の朝夕, の空気, の誰彼, の陽

▼ 家なぞは~ (9, 0.0%)

2 どうでも 1 かげも, ことにも, どぶつ, 少し広, 祭りと, 遥かの, 隣屋敷に

▼ 家なんぞ~ (9, 0.0%)

2 ぢや 1 あけやしませんよ, ただ見れ, はいらんが, 一けん, 一軒だ, 幾つ自殺が, 此の

▼ 家においては~ (9, 0.0%)

1 そうしたお, ために, 國家權力による, 國民の, 実に大切, 斯る, 竹若君と, 藩士自らが, 飛躍する

▼ 家にしか~ (9, 0.0%)

2 興味の 1 ざるは, その映画音楽, 人が, 住むこと, 分らなければ, 泊らないこと, 近み

▼ 家に対し~ (9, 0.0%)

1 また接伴役, 一族の, 下し賜わった, 二心を, 何か, 何等かの, 各々その, 女と, 釈然たらざる

▼ 家よりの~ (9, 0.0%)

1 お取引先, 屆を, 帰途郵便局の, 懇ろな, 手紙を, 歸途郵便局の, 贈品, 迎えよりも, 銅銭の

▼ 家をば~ (9, 0.0%)

1 この意味, それが, なでう禽獣, 御出あそば, 継がず舅姑, 続ず, 見するなり, 身を, 追われつ

▼ 家~ (9, 0.0%)

2 カエリナサイ 1 やって, 一シヨニ住ンデ, 参リ合力ヲ, 戻ッタラ, 来テカラ勉強シテフランス語ヤ英語モ片言グライハシャベレルヨウニナッタ, 遊ビニオイデナサイ, 遺物トシテ贈

▼ 家~ (9, 0.0%)

1 この家賃, では旅川周馬, に残れる, の倉庫, はアメリカ, は人, は日本画, は潰え, もむした

▼ 家~ (9, 0.0%)

2 體が, 體を 1 慶, 藩の, 財産妻そして, 邸を, 體の

▼ 家夫妻~ (9, 0.0%)

2 に向っ, に注意, はおろか, を狙っ 1 とツーン湖畔

▼ 家殊に~ (9, 0.0%)

1 あの鷹雄, オペラシンガーは, フランスの, 天才と, 文学者などの, 新俳優, 源氏が, 詩人で, 非常な

▼ 家気取り~ (9, 0.0%)

1 がない, でまた, になつて, の独りよがり, の男, の術語, の酒場, の重苦し, をした

▼ 家~ (9, 0.0%)

1 が欧米, であ, である, にも貴ぶべき, にも賤, に拘泥, の名, の舞蹈, の観念

▼ 家~ (9, 0.0%)

1 がその, がつと, が残る, ぐらいな, の名, の憂い, の方, はふと, ほど日頃

▼ 家祿~ (9, 0.0%)

1 が惜しい, のため, は沒收, も何, を失ひました, を沒取, を沒收, を没収, を繼ぐ事

▼ 家~ (9, 0.0%)

1 からムラムラ, から一人, から現, に隠れ, に隠れた, の霜柱, へ消え, を伝い, を出た

▼ 家郎女~ (9, 0.0%)

5 の御 4 の目

▼ 家附き~ (9, 0.0%)

6 の娘 1 の令夫人, の女房, の油虫

▼ 家あの~ (8, 0.0%)

2 家が, 詩人は 1 人, 人お父さんや, 家にも, 恐ろしい奇面城

▼ 家これ~ (8, 0.0%)

1 か, が久野信次郎, が杉山君, くらいな, はわかり, へお, よりおこるべし, 有る事

▼ 家~ (8, 0.0%)

2 もり番 1 ぞんじ, ぞんじですね, もり我, 一人だけ, 定紋の, 挨拶などには

▼ 家じゃあ~ (8, 0.0%)

1 あるまい, ないんで, ねえな, みんなを, 奥様は, 無いん, 相変わらず稽古, 置いて

▼ 家そして~ (8, 0.0%)

2 彼女の 1 きらびやかな, その一人, リヴィングストーンが, 最後の, 種田家, 詩人

▼ 家づと~ (8, 0.0%)

5 を家 1 に昔誰, に胡琴, は義

▼ 家であるなら~ (8, 0.0%)

1 あらゆる専門家, こんなケチ, ばこの, ば一円相, ば円相, ば狂, 今時駆出しの, 私生児を

▼ 家でし~ (8, 0.0%)

1 ている, てうしろ, てそのまま夜通し, てそれだけに, てね, てチョット, てネそれに, て三浦

▼ 家でなかった~ (8, 0.0%)

2 ことは 1 かも知れない, から夕飯後, から霊魂, ことも, と断言, 例し

▼ 家とては~ (8, 0.0%)

2 二疊一間の 1 ございませぬし, なく区長さん, ほんの油町, 二畳一間の, 容易に, 更になく

▼ 家とても~ (8, 0.0%)

1 なくまっ, なく娘, また貧しい, 完全に, 數える, 樣, 皆無で, 馬車は

▼ 家にさえ~ (8, 0.0%)

1 なかなかの, 一人, 余り知られ, 化けるん, 寄らなかった程, 帰れば, 越して, 踏込んで

▼ 家により~ (8, 0.0%)

2 生産さる 1 もより多く, 人類の, 地方により, 成るべく悪しざま, 突如と, 苦心し

▼ 家に対しても~ (8, 0.0%)

1 また個人作家, 何等恩怨, 分家の, 工藝史家に対しても, 扶持方を, 気の毒自分達も, 田舎まわりの, 自己の

▼ 家のみが~ (8, 0.0%)

1 並ぶ町, 創造を, 憂ふること, 持ち得る, 為し得るの, 見うるそして, 許すこと, 駈けつけて

▼ 家はと~ (8, 0.0%)

1 いえば, いふこと, いふと, きくと, 云って, 聞けど, 見れば, 訊くと

▼ 家はね~ (8, 0.0%)

1 きのうの, こんな田舎, なんでも, 実際なんか, 役所の, 東京市の, 百姓な, 震災に

▼ 家ばかりの~ (8, 0.0%)

1 ことでない, 世の中だ, 場末の, 村一つ, 状態に, 私する, 立ち並んで, 裏町の

▼ 家へまで~ (8, 0.0%)

1 やって, 出かけるの, 出張って, 手紙を, 泊まつた, 走らせて, 近頃は, 連れて

▼ 家ぽん~ (8, 0.0%)

2 たん, たんの 1 たんが, たんに, たんは, たんも

▼ 家までの~ (8, 0.0%)

1 横丁を, 汽車賃が, 賃金は, 路の, 道案内を, 道路は, 間に, 電車と

▼ 家~ (8, 0.0%)

1 も見, 入リ込ムニ至ッタコトヲ, 到ル, 取リテハ斷然禁止スベキ者ナリ, 在リ, 在レバ, 還テ飽食シ歳, 非ズシテ經濟的戰國時代タリ經濟的封建制タラントス

▼ 家上屋敷~ (8, 0.0%)

3 の門 1 から台所町, に忍び込み, に起った, へも轎, へ到着

▼ 家光公~ (8, 0.0%)

1 お自ら, がご, が京都, に至っ, のご時世, の側近く, の御, の肩先

▼ 家大会~ (8, 0.0%)

2 の第 1 の事務, の前日, の記事, は準備, を開く, を開催

▼ 家~ (8, 0.0%)

2 を伴うた 1 というもの, などがゐた, の為事, の眼, は心おき, は敢

▼ 家~ (8, 0.0%)

1 であ, である, とする, に出精熱心, の學殖, の相違, の繼續, を受け

▼ 家~ (8, 0.0%)

2 ともいふべき 1 が一, だなどと, ですから, といたし, になつ, の郷義弘

▼ 家所蔵~ (8, 0.0%)

21 の太田家由緒書, の幾点, の王羲之, の舞楽, の面, 古写本

▼ 家政治家~ (8, 0.0%)

1 が健全財政, が多数, にとつ, に利用, に會見, に適した, の中, をその

▼ 家~ (8, 0.0%)

2 は多く 1 からすぐ, が震動, にすぐ, の上, の震動, は隠れ

▼ 家正吉~ (8, 0.0%)

1 が元助夫婦, という中, という男, と元助, の家, は恐る恐る, は縛られる, もホッ

▼ 家~ (8, 0.0%)

2 とお金, とをさ 1 としてゐられる, と気取っ, と話, と赤革

▼ 家~ (8, 0.0%)

2 へ行っ 1 であらう, であろう, になっ, の伊丹屋, の凹地, を立ち退い

▼ 家的人間~ (8, 0.0%)

1 であるといふ, とさ, と非, の内, の情熱, の要素, は惡徳, は概念

▼ 家~ (8, 0.0%)

1 が稲荷, といい伝え, の, のそんな, の遺, の領, を秀郷, 新羅三郎義光

▼ 家累代~ (8, 0.0%)

1 の家人, の木像, の父祖, の菩提所, の重臣, の霊, 之墓, 御信心

▼ 家~ (8, 0.0%)

1 として出品, のみか數代續きし暖簾, の書物, の書目, の蘭書, はおろか, も云, も皆んな私

▼ 家~ (8, 0.0%)

1 には法典, にもまた, に実証主義, に衝突, に軋轢, の差別, の無駄, の論議

▼ 家~ (7, 0.0%)

3 鳥鶏も 1 ていうもん, ていうん, 神或は, 鳥鷄の

▼ 家つづき~ (7, 0.0%)

1 その間には, にある, の横町, の狭い, の見える, まで来た, や八坂

▼ 家でございまし~ (7, 0.0%)

1 てお, てこのごろ, てしかし, てな, て和田左衛門尉義盛さま, て天子様, て少し

▼ 家とかいふ~ (7, 0.0%)

1 のへ, ものもさういふ, 兵法家は, 無暗に, 種類の, 者の, 類の

▼ 家とともに~ (7, 0.0%)

1 みちのくの, 全部恨みっこなし, 受信機を, 焼け死ぬに, 狩野家の, 青霞む, 風伝流という

▼ 家なぞに~ (7, 0.0%)

1 ならんと, なるもの, はいり込むこと, 在り勝ち, 居ないで, 市会の, 悦びも

▼ 家なんぞは~ (7, 0.0%)

1 今こそ, 何んで, 元の, 君に, 建ててから, 泥棒に, 物を

▼ 家においても~ (7, 0.0%)

1 ある窃盗, ネジを, 今日まで, 何も, 健吉くんは, 安閑としては, 恩に

▼ 家にだって~ (7, 0.0%)

1 ありやしない, あるだろう, まだ借金, よっぽどいる, 片輪, 眼病に, 門も

▼ 家による~ (7, 0.0%)

1 事業の, 啓蒙, 小委員会, 文芸批評である, 維新史の, 軍需景気の, 陰謀という

▼ 家ばかりを~ (7, 0.0%)

1 幾度描い, 持った町家町, 指すの, 最も暖かく, 相手に, 相手の, 見慣れた房一

▼ 家ぶっ~ (7, 0.0%)

1 たり不良少女みたい, ている, て寄附, て小癪, て居, て彼女, て見

▼ 家らしき~ (7, 0.0%)

1 ものも, ものを, 仕業なりと, 團體を, 戯曲家の, 野の, 顏を

▼ 家をと~ (7, 0.0%)

1 せめて後, びだしてしまふのだつた, ろへ, 彼等は, 思って, 思つて見掛けも, 捜して

▼ 家~ (7, 0.0%)

1 ほろびあと, 全生産, 別途其, 助ケタイモノダト云ッテ涙グンダカラ, 又國家自身, 只彼等, 大父母

▼ 家一つ~ (7, 0.0%)

1 ある由, たてても, ない真一文字, は何とか, は和泉屋, を建て, 戴いて

▼ 家下屋敷~ (7, 0.0%)

2 の横手, の門前, の隣 1 の一つ

▼ 家二軒~ (7, 0.0%)

2 あり 1 ありむたヶ原, とび越させる力, の廂合, もって, 程の先

▼ 家断絶~ (7, 0.0%)

1 ぐらいの御, すと, だ, だから, というよう, にはなりますまい, より六十余年後

▼ 家~ (7, 0.0%)

31 と云え, にあらず, の一, は子孫

▼ 家的才能~ (7, 0.0%)

1 があれ, がどれほど, で把握, は前, を多分, を示した, を秘め

▼ 家芸術家~ (7, 0.0%)

2 とは真 1 に対して一つ, に由っ, の中, は不在, を網羅

▼ 家諸氏~ (7, 0.0%)

1 といへ, に今, に注意, の中, の幾分, も一ばい, よ

▼ 家~ (7, 0.0%)

3 を饗 1 がいつ, ではなかつた, にも海, を馴らし

▼ 家あっ~ (6, 0.0%)

1 てそれら, ての内蔵助利三, ての徳川, て人, て初めて, て酒店

▼ 家あん~ (6, 0.0%)

1 ぽん, ぽんである, ぽんと, ぽんに, ぽんは, ぽん亀家

▼ 家いえ~ (6, 0.0%)

2 の屋根, の簷 1 の石段, の窓

▼ 家いっぱい~ (6, 0.0%)

1 にひろがっ, にふくれ出しぬ, に充ち, に場所, に悪臭, に群がっ

▼ 家ぐらい~ (6, 0.0%)

1 あるのに, ある白い, 何とかしてやりたい, 建つだろうよ, 暖かであった, 非芸術的

▼ 家~ (6, 0.0%)

1 その商工, てお正月, てよみます, て農, 母に, 爪弾きぞ

▼ 家そこ~ (6, 0.0%)

1 となく, にこそかの女, の草, までゆき, まで行く, を出

▼ 家~ (6, 0.0%)

2 うべも 1 ろひ, ろひだつた, 今夜扁舟の, 恋しき

▼ 家たるべき~ (6, 0.0%)

1 にも非, に非, 修業の, 性格であっ, 態度に, 態度心の

▼ 家だったら~ (6, 0.0%)

1 あまり役に立たない, そこい, やはり感じ, アパートと, 別箇に, 朝目を

▼ 家でしょう~ (6, 0.0%)

21 か, から坊ちゃん, なごく, 後にまた

▼ 家などで~ (6, 0.0%)

1 お通夜や, 加けに, 善良な, 大損害, 懇意に, 運座を

▼ 家なりが~ (6, 0.0%)

1 ある女性, 其哲學的なり, 彼らに対して, 率先し, 眞に, 過去に

▼ 家については~ (6, 0.0%)

1 今に, 別に狐腹, 火曜日に, 私は, 筆者は, 紋三が

▼ 家についても~ (6, 0.0%)

1 かれは, 僧侶についても, 同様であった, 同様である, 少年自身の, 桂子に対して

▼ 家になど~ (6, 0.0%)

1 いるわけ, なって, なつて, 住むこと, 入るより, 戻れる筈

▼ 家にや~ (6, 0.0%)

1 ゐねえん, ア父でも, 人品の, 女ばかし, 来て, 親兄弟

▼ 家はじまっ~ (6, 0.0%)

6 て以来

▼ 家ばかりに~ (6, 0.0%)

1 いたの, なった, なるでしょうから, ぶつかってね, 威張ったの, 違ひない

▼ 家ばかりは~ (6, 0.0%)

1 その例外, カセギドリの, 二階も, 尾張家と, 屋根を, 廣い

▼ 家へとては~ (6, 0.0%)

3 寄りつかぬやう 2 歸られませぬ 1 帰られませぬ五日六日

▼ 家ほども~ (6, 0.0%)

2 ある 1 ある大盤石, ある岩塊, なかった, 大きい岩

▼ 家~ (6, 0.0%)

1 あつて, です, ならまだ, の大き, は踏, ひは

▼ 家住い~ (6, 0.0%)

1 だそう, に馴れ, はし, をいたしまし, をし, を致し

▼ 家作家~ (6, 0.0%)

1 である石黒敬七, として成功, によって一つ, の生活, をよん, 第一次大戦

▼ 家來共~ (6, 0.0%)

1 が皆, が雨, の事故藤五郎, の智慧, の議論, を從

▼ 家司たち~ (6, 0.0%)

1 が出, だけが暢気, の間, は大がかり, は源氏, もそれ

▼ 家同様~ (6, 0.0%)

1 しなくては, だ, にこの, に心得, に永く, に羽目板

▼ 家土産~ (6, 0.0%)

1 として百人, とす, にしたるなるべし, にとて携, に戴い, に螢とら

▼ 家~ (6, 0.0%)

2 と結婚 1 に, に生ませた, 之母, 若くない

▼ 家~ (6, 0.0%)

4 にも執心 1 に執心, の唄

▼ 家学者~ (6, 0.0%)

1 たるもの, でも政治家, などのインテリゲンツィア, は勿論, を網羅, 或は一般

▼ 家宗教家~ (6, 0.0%)

1 あるいは政治家, と何等, なるウイリアム・ペン, の人々, の間, は大抵

▼ 家志願~ (6, 0.0%)

1 だけに口, だった娘, でいつ, と来, の新聞配達, はお

▼ 家~ (6, 0.0%)

1 がお, と通謀, に鞏固, の射手加賀爪伝内, は官位, へ歸つたの

▼ 家時代~ (6, 0.0%)

1 のこと, のカウツキー, の兵法, の同じ, の消息, までのことごとく

▼ 家~ (6, 0.0%)

1 あり, というもの, といふ, と密通, の家, は傲然

▼ 家次第~ (6, 0.0%)

1 で急, などの記述, には物吉, の平野祭, の追儺, の類

▼ 家特に~ (6, 0.0%)

1 オペラシンガーは, 成金の, 成金を, 映画演劇絵画の, 歴史小説を, 聖徳太子にとって

▼ 家独特~ (6, 0.0%)

1 のぼろ, のもの, のロシア, の匂い, の秘法, の負けん気

▼ 家~ (6, 0.0%)

3 の虎 1 がぞろ, の交合, の逃げ

▼ 家~ (6, 0.0%)

1 とする, と領海, なるもの, の単位, の測定法, は六十四ランス・ショット

▼ 家~ (6, 0.0%)

1 で或いは, とも云った, と云っ, の賤民, を連寂衆, 将有

▼ 家自ら~ (6, 0.0%)

21 が叙述以前, が進ん, の創意, 深く肝

▼ 家~ (6, 0.0%)

2 で他 1 ではなく, の死骸, は色々, は馬肥

▼ 家譜代~ (6, 0.0%)

3 の臣 1 の名だたる, の者, の連中

▼ 家~ (6, 0.0%)

2 の広場 1 か白昼, か白晝, がある, といふ氣

▼ 家~ (6, 0.0%)

1 ことごとく譲りあた, になった, の淀, の淀の, はどっちみち, や社寺

▼ 家ありし~ (5, 0.0%)

1 が震災後これ, を, を貸与, 由, 辺りは

▼ 家からでも~ (5, 0.0%)

1 なまめいた女, ものによっては, 來る, 持ち出したもの, 訊いたん

▼ 家それから~ (5, 0.0%)

1 人家と, 吉原への, 地主の, 石川桜所と, 英文学の

▼ 家たら~ (5, 0.0%)

2 ざるを 1 むとしているとする, むとは決意した, むと志した

▼ 家だけを~ (5, 0.0%)

1 取り上げて, 家敷と, 拾って, 新に, 留めて

▼ 家であったなら~ (5, 0.0%)

1 いずれでも, きっとおもしろく, そこの, ばいつの間にか, ば漸進的戦術

▼ 家であったら~ (5, 0.0%)

1 かわいそうだ, さぞな, どうしてあの, 見知らぬ人, 飛行機に

▼ 家でありまし~ (5, 0.0%)

1 てその, てそれ, て今, て国中, て郷土文芸

▼ 家でいらっしゃる~ (5, 0.0%)

1 あなたには, からほんとう, じゃア, と思っ, ねもし

▼ 家でしか~ (5, 0.0%)

2 ないこと 1 ない, ないが, なかった

▼ 家でと~ (5, 0.0%)

1 云うの, 云へば, 伺じ, 来て, 申しても

▼ 家とかの~ (5, 0.0%)

1 商家の, 大名の, 歳祝いの, 翻訳には, 観念は

▼ 家とで~ (5, 0.0%)

1 その勢力, 使い分けを, 半月交替に, 違つた, 阿米利加

▼ 家ならず~ (5, 0.0%)

1 との結論, とも何処, とも余技, ばとくに, 身辺多彩の

▼ 家にたいして~ (5, 0.0%)

1 あたしの, しぜん, なにかおそろしい, 恐れ多い雑言, 直接毛利輝元へ

▼ 家につき~ (5, 0.0%)

1 ものだ, ものの, 当る角, 後東常縁, 纏うて

▼ 家のみに~ (5, 0.0%)

1 あらざること, さ, 伝わる秘法中, 解せら, 限ったこと

▼ 家のみの~ (5, 0.0%)

1 ことで, 知る喜び, 結社である, 行うところ, 養成を

▼ 家へなんか~ (5, 0.0%)

1 入って, 帰ったら余計, 帰って, 死んでも, 集まって

▼ 家までを~ (5, 0.0%)

1 ふくむ共同, 包括し, 含めた人民, 私は, 魅した

▼ 家らし~ (5, 0.0%)

2 おまつ, さで 1 かつた

▼ 家一家~ (5, 0.0%)

1 に対して忠, の出世, の大事, の御, を十間

▼ 家不相応~ (5, 0.0%)

1 な大, な大きな, にしゃれた, に植え込んだ, に立派

▼ 家~ (5, 0.0%)

1 がもう, が皆, には特に, には言葉, 夏日域の

▼ 家人民~ (5, 0.0%)

1 に代, に對, の爲, をし, を利したる

▼ 家以後~ (5, 0.0%)

1 の二条伝統, の歌, の詠み, は士族屋敷, を高く

▼ 家~ (5, 0.0%)

1 とはちがう, にて正面, は宙, は細工場, を飾っ

▼ 家~ (5, 0.0%)

1 というもの, には其辺, は直ちに, もこれ, も悲壮

▼ 家~ (5, 0.0%)

1 ハ他, ハ民族, 世界古今を通じての, 吾に, 見に

▼ 家~ (5, 0.0%)

1 のうち, の噂, の見物, をおろし, を見

▼ 家大人~ (5, 0.0%)

1 にあたる, の血統, の談話, はネ行, 直取

▼ 家太政大臣~ (5, 0.0%)

4 には叔母君 1 には叔母様

▼ 家尻切~ (5, 0.0%)

1 から人殺し, が市井, はどう, まで働いた, 悪いに

▼ 家~ (5, 0.0%)

1 のいっさい, の一切, の茶飯, の談話, ほどくだらない

▼ 家~ (5, 0.0%)

1 に心, はこの, よりもお, を焔, を金銭

▼ 家~ (5, 0.0%)

2 に及ぶ, ふかき月 1 のかげ

▼ 家~ (5, 0.0%)

1 で天子, の祭, へは日, も破, を設け

▼ 家~ (5, 0.0%)

1 のことづて, の家, の無礼, の諸, をつれ

▼ 家必ずしも~ (5, 0.0%)

2 名戯曲家 1 優れた批評家, 創作家では, 適任で

▼ 家思想家~ (5, 0.0%)

1 たるもの, でもニェクラーソフ, としてのグルモン, のあらゆる, の中

▼ 家恩顧~ (5, 0.0%)

2 の大名 1 のともがら, の武士, の血

▼ 家意識~ (5, 0.0%)

1 がこの, がその, が出, の明らか, の発達

▼ 家或いは~ (5, 0.0%)

1 夢想家とが, 寧ろ文明紹介者, 師範教育乃至, 政治家おのれの, 策士としての

▼ 家改易~ (5, 0.0%)

1 に処すべき, に成, に成功, の前, の折

▼ 家~ (5, 0.0%)

1 たること, に大小, の大小, は六七軒, も多く

▼ 家新聞~ (5, 0.0%)

1 では, には毎日, の方, はあらゆる, を読ん

▼ 家~ (5, 0.0%)

2 蔵の 1 別邸, 蔵北宋槧本明堂鍼灸経, 蔵本真

▼ 家~ (5, 0.0%)

1 でも大名, には兵学, は以下, 到る, 新有

▼ 家某氏~ (5, 0.0%)

1 の耳朶, は手, は言下, をし, を単身訪問

▼ 家的素質~ (5, 0.0%)

1 からで, が悪く, しか持たなかった, のある, のうち

▼ 家程度~ (5, 0.0%)

1 であった, では図案, で挫折, にしか現実, の裕福

▼ 家組合~ (5, 0.0%)

1 が出来た, が考えられ, の必要性, はある, をつくり

▼ 家続き~ (5, 0.0%)

2 でちょうど 1 だけれども, で蓮根, の土蔵

▼ 家美術家~ (5, 0.0%)

2 も必要 1 に誰, の見事, をひ

▼ 家者流~ (5, 0.0%)

1 の撰述, の祕奧, の鑛山師等, は蓋し, も忽然と

▼ 家~ (5, 0.0%)

1 から道場, ラガ招ク者, ラノ義務ト權能トヲ無視スルコトヲ畏, ラ其經營ニ當ルベシ, 體から

▼ 家~ (5, 0.0%)

1 にいらっしゃいません, にくれた, に出かける, ゆ, 跡宅毛見金手里見跡里毛跡金手恠常所許爾念久従家出而三歳之間爾墻毛無

▼ 家~ (5, 0.0%)

1 といふの, による, に信濃桜数樹, の如き, を始め

▼ 家長老等~ (5, 0.0%)

5 にも寺方

▼ 家長老額田部子~ (5, 0.0%)

5 古の

▼ 家隆卿~ (5, 0.0%)

21 のもの, の植ゑたりと稱, の歌

▼ 家随一~ (5, 0.0%)

1 の出世, の剛将, の名将, の器量者, の能書家

▼ 家~ (5, 0.0%)

1 にて上, にて床の間, にて正面, の上, は細工場

▼ 家~ (5, 0.0%)

1 がなまってる, だと, で支える, というもの, をもつ

▼ 家いずれ~ (4, 0.0%)

1 もよろしく, も作者, も穢, も警戒

▼ 家がま~ (4, 0.0%)

31 へといふ

▼ 家こそは~ (4, 0.0%)

1 お味方, 家の, 愛と, 肥後守清正の

▼ 家さま~ (4, 0.0%)

1 が俺, だから, に解ったら, の郎党

▼ 家じゅうどこ~ (4, 0.0%)

1 にも生きもの, へいっ, へ行っ, を捜した

▼ 家すらも~ (4, 0.0%)

1 ないといふ, 猶以, 知らないの, 顧みないほどの

▼ 家~ (4, 0.0%)

1 あどの, あ限らねえ, づねつつ鴎飛ぶ, ア随分

▼ 家たらむこ~ (4, 0.0%)

4 とを望む

▼ 家たる者~ (4, 0.0%)

1 の外, は一二冊, は他人, は平素

▼ 家だらう~ (4, 0.0%)

2 ほとんどわが家同然 1 あの男, と思

▼ 家ちかく~ (4, 0.0%)

1 かつこう, 下りて, 来ては, 身ぢかく

▼ 家であるべき~ (4, 0.0%)

1 作家は, 時においての, 筈である, 自分の

▼ 家でさえも~ (4, 0.0%)

1 あった, この一家, この問題, 自分の

▼ 家でなくっ~ (4, 0.0%)

1 ちゃいけない, ちゃア, ちゃ駄目, ても至極満足

▼ 家とでは~ (4, 0.0%)

1 その作品, 変って, 格段に, 比べものに

▼ 家どころか~ (4, 0.0%)

1 そこが, フトンも, 家族や, 真の

▼ 家どの~ (4, 0.0%)

1 が旅, は兄頼朝, を討て, を討てと

▼ 家などにも~ (4, 0.0%)

1 やはり依然として昔ながらの, 奉公を, 文台や, 行われて

▼ 家などへも~ (4, 0.0%)

1 ノベツに, 何かの, 徒党を, 機を

▼ 家ならね~ (4, 0.0%)

2 ど見し 1 ば嫁, ば談話

▼ 家なりに~ (4, 0.0%)

2 着くと 1 官僚は, 転廻し

▼ 家なりの~ (4, 0.0%)

1 差別的待遇を, 改善救済の, 明るさ, 若いもの

▼ 家なんかに~ (4, 0.0%)

1 いて, したん, 何人が, 飛び込んだり

▼ 家にかへ~ (4, 0.0%)

1 つたが, つてきます, つても, れり

▼ 家にこそ~ (4, 0.0%)

1 おらねど, まこと, 本当の, 生い立ちたれ

▼ 家~ (4, 0.0%)

1 あすこの, あそこには, あの二階, この家

▼ 家はも~ (4, 0.0%)

2 よう変え 1 しさうなら如何, ぬけの

▼ 家~ (4, 0.0%)

2 めの 1 めから, めが

▼ 家らしかった~ (4, 0.0%)

2 のでこわごわもっと 1 がホルマリン, のでこ

▼ 家ジャンナン~ (4, 0.0%)

1 の人, はそういう, は気, を訪問

▼ 家タイプ~ (4, 0.0%)

2 の人 1 の時に, の立派

▼ 家~ (4, 0.0%)

1 カルトよりも, ソノ人ハ同志社大学ノ, 倒レタ, 女房ト一緒ニ朝寝坊ヲシタイダロウヨ

▼ 家フユ子~ (4, 0.0%)

1 が赤い, のデコルテ, は英介氏, を呼びだした

▼ 家一ぱい~ (4, 0.0%)

1 にひろがる, に流しこん, に這入っ, に這入つ

▼ 家一人~ (4, 0.0%)

1 がプロジューサー, の切腹, は琢磨小次郎, は畫

▼ 家一杯~ (4, 0.0%)

1 に, にこもつ, に充満, に村

▼ 家三代~ (4, 0.0%)

1 にわたってこの, に仕えた, の在, の霊廟

▼ 家久しく~ (4, 0.0%)

2 人の, 彼を

▼ 家以前~ (4, 0.0%)

1 に日本, のま, の旧家, の誰か

▼ 家住み~ (4, 0.0%)

1 でも二人, にしろ, の果敢ない, 古したれ

▼ 家來ども~ (4, 0.0%)

1 が駈けつけ, の口, は今度, を集め

▼ 家來安間平左衞門~ (4, 0.0%)

1 とは其方, と呼, の兩人, 罷出其有樣最

▼ 家全部~ (4, 0.0%)

1 が一致団結, の方々, の者, を廻っ

▼ 家出入り~ (4, 0.0%)

2 の貧しき 1 の工人, の度毎

▼ 家出身~ (4, 0.0%)

1 でないから, で浪花節, の中宮, の甲州武者

▼ 家~ (4, 0.0%)

1 から戻, に行き, のおごった, を経

▼ 家~ (4, 0.0%)

1 孫六郎康長安藤彦十郎酒井与, 樣なる, 癖童, 顯信も

▼ 家~ (4, 0.0%)

1 であって, に安心, の或いは, の要望如何

▼ 家~ (4, 0.0%)

1 に勝る, は郊外, も将門, を辭

▼ 家~ (4, 0.0%)

1 には時に, の角, 引くこと, 隣りの

▼ 家~ (4, 0.0%)

2 を墜 1 を挙げた, を興すべき

▼ 家多き~ (4, 0.0%)

2 がゆゑ 1 ごとく日夜板一枚, ものあり

▼ 家夫人~ (4, 0.0%)

1 がラジオ, となり, とに洗礼, のやらない

▼ 家実業家~ (4, 0.0%)

21 などは皆提灯, にし

▼ 家家中~ (4, 0.0%)

1 にはおりませぬ, のもの, の一行, の面々

▼ 家富み~ (4, 0.0%)

1 さか, その国盛ん, 子女栄え, 後には

▼ 家対労働者~ (4, 0.0%)

2 の関係 1 小さくは, 或は主従関係

▼ 家尊霊~ (4, 0.0%)

2 と刻み, も今夜

▼ 家嶋さん~ (4, 0.0%)

1 からは竹, がにこ, がパチ, は最初

▼ 家常に~ (4, 0.0%)

2 草鞋を 1 ウシマレス大王に, 用ゆ甚だ

▼ 家~ (4, 0.0%)

1 が構えられ, に似た, の石棺, やそれ

▼ 家所領~ (4, 0.0%)

2 の飛び地 1 の分布, の山々

▼ 家~ (4, 0.0%)

2 ひを 1 にする, ひに

▼ 家~ (4, 0.0%)

3 別に遠慮 1 竹中庄右衛門翁の

▼ 家~ (4, 0.0%)

1 じみた文章, などと書いた, などにはそういう, の難解

▼ 家文書~ (4, 0.0%)

1 に依っ, のなか, の中, の島原

▼ 家旅館~ (4, 0.0%)

1 に着く, の第, へ帰り, 狭い部屋

▼ 家時公~ (4, 0.0%)

2 の置文 1 の, の御

▼ 家暮らし~ (4, 0.0%)

3 をする 1 で十五

▼ 家~ (4, 0.0%)

1 はかなり, はやや, は右, を写し

▼ 家根船~ (4, 0.0%)

1 にまでおなじ, に乗る, に乘込, へ漸

▼ 家權力~ (4, 0.0%)

1 がある, によつて禁止, による經濟統制, の命令

▼ 家殿~ (4, 0.0%)

1 に伝え, のお, も木曾殿, を匿っ

▼ 家無二~ (4, 0.0%)

2 の忠臣 1 のさむ, の什宝

▼ 家特有~ (4, 0.0%)

1 の創作, の嘉肴珍味, の湿気, の表情

▼ 家~ (4, 0.0%)

2 たるべきもの 1 たるべきが, の老

▼ 家~ (4, 0.0%)

1 で僕等, の畳み, の麻, を帯び

▼ 家~ (4, 0.0%)

1 が当時東国, の弟子, の歿後, の門下

▼ 家祖先~ (4, 0.0%)

1 の冥福, の手柄, の甲冑, より伝わる

▼ 家禄没収~ (4, 0.0%)

2 その身 1 のうえ城下, のうえ追放

▼ 家~ (4, 0.0%)

1 いいもの, 卓絶した, 印度人を, 無用な

▼ 家稼業~ (4, 0.0%)

1 が立ちゆかなくなる, じゃない, というもの, なの

▼ 家自体~ (4, 0.0%)

1 にとっては芸術, のため, の矛盾, の罪悪

▼ 家自慢~ (4, 0.0%)

1 のお, の家臣, の料理, の薄茶

▼ 家菩提所~ (4, 0.0%)

1 にあった, の寄進金, の泰勝寺, の瑞鳳寺前

▼ 家藤原郎女~ (4, 0.0%)

4 の幾度

▼ 家軍人等~ (4, 0.0%)

1 との接触, と対等, によって占められ, の社会活動

▼ 家~ (4, 0.0%)

1 で心得, のとおり, は日本的, を何

▼ 家~ (4, 0.0%)

1 には軾, には鏡, に備え, に拠ります

▼ 家~ (4, 0.0%)

1 から馬, となる, の種, の蹄

▼ 家~ (4, 0.0%)

1 という鳥, といふ鳥, になる, を拳

▼ 家ありけり~ (3, 0.0%)

2 今は 1 いまその

▼ 家いう~ (3, 0.0%)

2 のん 1 よりは学校商売上手

▼ 家かとも~ (3, 0.0%)

1 思いましたが, 疑はれる, 見えた

▼ 家かに~ (3, 0.0%)

1 住んで, 必ず起こっ, 急病人

▼ 家からか~ (3, 0.0%)

1 かつて, 今日も, 出た大層

▼ 家がち~ (3, 0.0%)

1 になっ, のこの, のそれ

▼ 家がと~ (3, 0.0%)

1 いつ言った, 小説家を, 部下ひとしく

▼ 家がね~ (3, 0.0%)

1 おくさま, つい近く, なんだか岩の上

▼ 家ことに~ (3, 0.0%)

1 劇作家は, 英米アングロサクソン系の, 警察ないし

▼ 家ごみ~ (3, 0.0%)

1 に這入った, の中, の方

▼ 家さ歸つて來~ (3, 0.0%)

1 たつてさ, てお前, て百姓

▼ 家した~ (3, 0.0%)

1 もののそこ, 家の, 後長男の

▼ 家じゃが~ (3, 0.0%)

1 こんな家, 上がって, 名代で

▼ 家すぎる~ (3, 0.0%)

1 と私, のよ私, 点を

▼ 家すぐ~ (3, 0.0%)

1 そこの, に御家人, 見付けました

▼ 家すでに~ (3, 0.0%)

1 成れり, 檜舞台をも, 自由政体を

▼ 家すべて~ (3, 0.0%)

1 が好まし, が廂, が精力

▼ 家する~ (3, 0.0%)

1 ことに, もの少から, 身には

▼ 家ぞと~ (3, 0.0%)

1 見るも, 言いたくなる, 途すがら一言も

▼ 家たらう~ (3, 0.0%)

2 とする 1 とした

▼ 家たらしめ~ (3, 0.0%)

2 ば伯 1 一方彼

▼ 家だったらしい~ (3, 0.0%)

1 がいま, がこの, 洞窟が

▼ 家だつたら~ (3, 0.0%)

1 先生の, 座蒲團を, 煙草を

▼ 家つぶれ~ (3, 0.0%)

2 彦右ヱ門并に 1 人死に

▼ 家づき~ (3, 0.0%)

2 の虫 1 の宿命

▼ 家づくり~ (3, 0.0%)

1 いとふるび, であること, の有様

▼ 家であったらしい~ (3, 0.0%)

1 が竹女, ことをも, 家で

▼ 家でありました~ (3, 0.0%)

1 からその, がかなり, がその

▼ 家でござる~ (3, 0.0%)

1 ぞ, ぞなア, な

▼ 家でしたら~ (3, 0.0%)

1 三十円です, 庭の, 盛んに

▼ 家といつて~ (3, 0.0%)

1 は健氣, もよい, も全部

▼ 家といふは~ (3, 0.0%)

1 お霜婆, この道, 農家ながらも

▼ 家とかを~ (3, 0.0%)

1 月十五円の, 月十五圓の, 説いて

▼ 家とな~ (3, 0.0%)

1 せる思索家, つたのは, ツて

▼ 家とには~ (3, 0.0%)

1 内証の, 無かつ, 聊か家格

▼ 家~ (3, 0.0%)

1 うだつた, 山ど, 言うもの

▼ 家なぞの~ (3, 0.0%)

1 家族を, 屏風を, 鼻の

▼ 家なぞを~ (3, 0.0%)

2 顧みて 1 訪ねて

▼ 家などから~ (3, 0.0%)

1 もらって, 色々な, 見ると

▼ 家ならざる~ (3, 0.0%)

2 は猶 1 ものまで

▼ 家ならしめ~ (3, 0.0%)

2 ば或は 1 ば当時

▼ 家ならびに~ (3, 0.0%)

1 学者の, 工藝史家に対し, 舞踊研究家にとっても

▼ 家なりし~ (3, 0.0%)

1 なり, 事に, 處夜五ツ時頃御用提灯を

▼ 家なんかが~ (3, 0.0%)

1 あるの, 仲間に, 共同で

▼ 家なんかは~ (3, 0.0%)

1 人手に, 余程の, 出船料理屋なんかは

▼ 家にかと~ (3, 0.0%)

1 云いさま, 云ひ, 聲を

▼ 家にじっ~ (3, 0.0%)

2 としてはいられない 1 としてはいない

▼ 家にたいしては~ (3, 0.0%)

1 不足し, 活気を, 貞盛が

▼ 家にたいする~ (3, 0.0%)

1 印象は, 態度が, 頭ごなしの

▼ 家にだけ~ (3, 0.0%)

1 あれば, 取らせて, 必要な

▼ 家にとり~ (3, 0.0%)

1 呪う可, 最も収入, 良人や

▼ 家になんか~ (3, 0.0%)

1 帰りたくねえや, 本当にサディスト, 来やしないん

▼ 家にまつわる~ (3, 0.0%)

1 一種の, 怪しい呪詛, 怪談で

▼ 家によっても~ (3, 0.0%)

1 大いに論議, 立派に, 認められるよう

▼ 家によりて~ (3, 0.0%)

1 その研究批判, 愛読せらるる, 新に

▼ 家のみを~ (3, 0.0%)

1 埋葬せる, 繁昌させ, 襲い箱

▼ 家のや~ (3, 0.0%)

1 しきから, しきに, しきは

▼ 家のよ~ (3, 0.0%)

1 こてに, このせまい, こ手の

▼ 家はさ~ (3, 0.0%)

1 のみ広く, ほどに困, ほどに困っ

▼ 家はん~ (3, 0.0%)

1 どす, へ呼ばれる, へ行

▼ 家ひょうたん~ (3, 0.0%)

1 というの, などという奇妙, は早く

▼ 家ぶつ~ (3, 0.0%)

1 たこと, た事, た演奏者

▼ 家ぶり~ (3, 0.0%)

1 なるもの, に堪へられなく, や商人ぶり

▼ 家ぶる~ (3, 0.0%)

1 なといつ, 奴は, 者の

▼ 家へだけ~ (3, 0.0%)

2 火を 1 ほんのぽっちり

▼ 家へなんぞ~ (3, 0.0%)

1 帰りたくないし, 来るの, 預けられるもん

▼ 家へばかり~ (3, 0.0%)

1 因縁を, 行って, 足繁く

▼ 家ほどの~ (3, 0.0%)

1 大藩に, 金持なら, 高さ

▼ 家もろ~ (3, 0.0%)

1 とも他, とも洪水, とも焼き払

▼ 家やら~ (3, 0.0%)

1 久我家の, 分らないほど, 木々も

▼ 家らしくない~ (3, 0.0%)

1 こと偶の, 怪しげな, 批評を

▼ 家われ~ (3, 0.0%)

2 はそれ 1 と焼く

▼ 家をめぐって~ (3, 0.0%)

1 深い事情, 玄関の, 緑一色に

▼ 家をもって~ (3, 0.0%)

2 自任する 1 組織する

▼ 家インテリ~ (3, 0.0%)

2 の多く 1 にとって可

▼ 家ガ國家~ (3, 0.0%)

1 ノ兒童ニ對シテ, ノ兒童ニ對スル父母トシテノ日常義務, 自ラノ義務ト權能トヲ無視スルコトヲ

▼ 家~ (3, 0.0%)

1 は江北, ノ井家, 同列席

▼ 家一族~ (3, 0.0%)

1 のこと, の墓石, をせんとう

▼ 家一統~ (3, 0.0%)

1 の一族評定, の世, の寄合茶屋

▼ 家一門~ (3, 0.0%)

1 の人々, の喜び, の落ちぶれる

▼ 家~ (3, 0.0%)

1 けでも, けは親父, ではない

▼ 家三人~ (3, 0.0%)

1 の作品, の女子, まで殺す

▼ 家三勇士~ (3, 0.0%)

1 の一人, の講釈, の随一人

▼ 家並び~ (3, 0.0%)

1 が見え, に現存作曲家, を見

▼ 家並びに~ (3, 0.0%)

1 両部神道家の, 図案家としての, 芸術愛好者にと

▼ 家中野~ (3, 0.0%)

1 の重大, はさぞ, を支える

▼ 家乗取り~ (3, 0.0%)

2 の方策 1 策の

▼ 家二三軒~ (3, 0.0%)

2 あり 1 でもう

▼ 家付娘~ (3, 0.0%)

1 としてこの, として祖先, の特権

▼ 家~ (3, 0.0%)

1 という可笑し, の面目, ノ民族ガ豐臣徳川タリ神聖皇帝タルカノ一事アルノミ

▼ 家俳優~ (3, 0.0%)

1 あるひ, そして詩人, などである

▼ 家~ (3, 0.0%)

1 の煉り, を作つた體裁, を成す

▼ 家~ (3, 0.0%)

1 から借り, には家じゅう, に香炉

▼ 家~ (3, 0.0%)

1 に降服, の輩, の頭目

▼ 家六十万石~ (3, 0.0%)

1 と全, の藩主, をめぐって雅楽頭

▼ 家共に~ (3, 0.0%)

1 一致し, 他の, 全焼し去れるなら

▼ 家其の~ (3, 0.0%)

1 ものの, 他の, 他政府

▼ 家兼任~ (3, 0.0%)

2 の作家 1 の者

▼ 家利益~ (3, 0.0%)

1 との対立, に対する封建利益, の擁護者

▼ 家創作家~ (3, 0.0%)

2 ではない 1 などである

▼ 家~ (3, 0.0%)

3 もすれ

▼ 家~ (3, 0.0%)

1 がうたわれました, については舞, を陸奧守

▼ 家~ (3, 0.0%)

3 潰しの

▼ 家台店~ (3, 0.0%)

2 のおでん 1 などは何

▼ 家台骨~ (3, 0.0%)

1 から突き出され, をしょっ, を張っ

▼ 家同盟~ (3, 0.0%)

1 の結成等, を組織, を結成

▼ 家団福郎~ (3, 0.0%)

1 やって来た年, を一寸, 来りハリキ

▼ 家國民~ (3, 0.0%)

1 の利たる, の福利, ノ責任ニ嫁セラルヽコトハ日本

▼ 家売りとばし~ (3, 0.0%)

3 てこれからすぐ

▼ 家多く~ (3, 0.0%)

1 の美学者達, 路上には, 軒を

▼ 家~ (3, 0.0%)

1 いわば陪臣, としての師直, の阿賀妻

▼ 家寅子~ (3, 0.0%)

1 と云, のつまり, の場合

▼ 家少なく~ (3, 0.0%)

1 数屋の, 開業医師に, 開業醫師に

▼ 家居る~ (3, 0.0%)

1 人は, 民の, 際は

▼ 家幕府~ (3, 0.0%)

2 御創設 1 御創業

▼ 家~ (3, 0.0%)

1 の工合, の見晴, も大

▼ 家建ち~ (3, 0.0%)

1 が見られた, て廚あら, も普請

▼ 家従ども~ (3, 0.0%)

1 の上席位, はこんな, は大抵

▼ 家~ (3, 0.0%)

1 がそつ, の何, は少し

▼ 家恋し~ (3, 0.0%)

1 さと, さに, さの

▼ 家所有~ (3, 0.0%)

1 のある, のこれ等, の地所

▼ 家指導者~ (3, 0.0%)

1 ではありません, としての成長, としての最近

▼ 家揃い~ (3, 0.0%)

1 だから, であって, である

▼ 家政党~ (3, 0.0%)

1 だけがこの, の, のみでなく

▼ 家教育~ (3, 0.0%)

1 と普通教育, の問題, の風

▼ 家教育者~ (3, 0.0%)

1 などの執務ぶり, の生活, 並びに子女

▼ 家斷絶~ (3, 0.0%)

1 に及びけり, に及びし, を嘆く

▼ 家~ (3, 0.0%)

1 で同勢, へたどり着い, を立退いた

▼ 家栄え~ (3, 0.0%)

1 その身安泰, 家訓行われ, 身の

▼ 家根裏~ (3, 0.0%)

1 の棟木, の部屋, はまつ

▼ 家歌六~ (3, 0.0%)

1 なる人, の高座, もそういう

▼ 家正宗白鳥氏~ (3, 0.0%)

1 に求め, の態度, の新しき

▼ 家津上昌平氏~ (3, 0.0%)

1 がこの, の感激, の献身的努力

▼ 家~ (3, 0.0%)

1 など, は手勢数百, 尚襲箕裘

▼ 家~ (3, 0.0%)

1 と云, に横川, の東南

▼ 家~ (3, 0.0%)

1 の子, をつけ, を発せざる

▼ 家無き~ (3, 0.0%)

1 も山間, 子の, 病人の

▼ 家無用論~ (3, 0.0%)

1 という通俗常識, に帰, を聞く

▼ 家玄竜~ (3, 0.0%)

1 がごみごみ, にし, は肩

▼ 家白蟻~ (3, 0.0%)

2 の巣 1 が吹雪

▼ 家的手腕~ (3, 0.0%)

1 に敬服, は初めて, を振う

▼ 家的気質~ (3, 0.0%)

1 は彼, や芸術的洞察力, をもっ

▼ 家的立場~ (3, 0.0%)

1 からどうして, からもこの, から云つて

▼ 家的精神~ (3, 0.0%)

2 である 1 であ

▼ 家相手~ (3, 0.0%)

2 の雜誌 1 の洋酒屋

▼ 家社会~ (3, 0.0%)

1 でも三遊社, でも何, においてかりに

▼ 家~ (3, 0.0%)

1 とし, として日々牛乳, のべと申

▼ 家科学者~ (3, 0.0%)

1 といふもの, などの業績, はその

▼ 家秘蔵~ (3, 0.0%)

1 の拝領仮面, の槍, の赤穂義士

▼ 家空ける~ (3, 0.0%)

2 ことおま 1 のん

▼ 家~ (3, 0.0%)

1 が出来, が加えられ, の人

▼ 家~ (3, 0.0%)

1 がない, は他, も危き

▼ 家經綸~ (3, 0.0%)

1 の才, の抱負, の施設

▼ 家~ (3, 0.0%)

1 だからあっち, 合にて, 養子に

▼ 家縁故~ (3, 0.0%)

2 の同志 1 の人々

▼ 家繁昌~ (3, 0.0%)

1 する世の中, どういたし, の後

▼ 家至上主義~ (3, 0.0%)

1 などの技術主義, を唱, を執り

▼ 家~ (3, 0.0%)

1 だと, などの水上生活者, などを見

▼ 家芝居~ (3, 0.0%)

1 などと共通, をはじめ, を催す

▼ 家花橘~ (3, 0.0%)

1 がある, だけだろう, などがその

▼ 家芸術上~ (3, 0.0%)

2 の素人等 1 の山師

▼ 家若しくは~ (3, 0.0%)

2 作家の 1 詩人哲学者が

▼ 家薨去~ (3, 0.0%)

2 の建治元年 1 の翌

▼ 家藏本~ (3, 0.0%)

1 に學んだらしい, に親しむ, を掲げ

▼ 家裏手~ (3, 0.0%)

1 の厩, の塀外, の日本屋自室

▼ 家~ (3, 0.0%)

2 りだ 1 りでなく國民

▼ 家評論家~ (3, 0.0%)

1 が存在, でまた, をこめ

▼ 家~ (3, 0.0%)

1 には寛文, を以て考, を窃

▼ 家~ (3, 0.0%)

1 があり, などの兵, や貞能等

▼ 家貧し~ (3, 0.0%)

2 友尠し 1 という

▼ 家連盟~ (3, 0.0%)

1 の結成, は同年十一月, を組織

▼ 家長久~ (3, 0.0%)

1 の基, の大, の為め

▼ 家関係~ (3, 0.0%)

1 のバルトロメオ, の人々, の諸

▼ 家~ (3, 0.0%)

1 から数人, になつて, の韮

▼ 家隷共~ (3, 0.0%)

1 が心得, に命じた, に明かり

▼ 家~ (3, 0.0%)

1 が洩る, のもらぬ, はふれ

▼ 家~ (3, 0.0%)

2 の原種 1 と差

▼ 家~ (2, 0.0%)

1 ひての, 商売してるだ

▼ 家あけ~ (2, 0.0%)

2 てという声

▼ 家あなた~ (2, 0.0%)

1 の民あなた, もお

▼ 家あらん~ (2, 0.0%)

2

▼ 家いい~ (2, 0.0%)

1 でしょう, ですか

▼ 家いくつ洋燈~ (2, 0.0%)

2 つけたり

▼ 家いや~ (2, 0.0%)

1 その長屋, 札幌ばかりが

▼ 家い来~ (2, 0.0%)

1 てもええ, て苦し

▼ 家~ (2, 0.0%)

2 づまりてくらきなり

▼ 家~ (2, 0.0%)

1 台問有て, 嫁付い

▼ 家おみ~ (2, 0.0%)

2 くじ

▼ 家お抱え~ (2, 0.0%)

1 の田楽師, の軍学家

▼ 家かたぎ~ (2, 0.0%)

1 にも美, の上

▼ 家かたく~ (2, 0.0%)

2 これを

▼ 家かたづけ~ (2, 0.0%)

1 のため, の第

▼ 家かて~ (2, 0.0%)

1 それ分ったら, 狭いこと

▼ 家かで~ (2, 0.0%)

1 ごちそうを, 家尻を

▼ 家かは~ (2, 0.0%)

1 おわかりでしょう, つきり

▼ 家かへ~ (2, 0.0%)

1 振舞酒にでも, 納めた品々

▼ 家からが~ (2, 0.0%)

2 寂た

▼ 家からし~ (2, 0.0%)

2 油を

▼ 家きどり~ (2, 0.0%)

1 の, の彼等

▼ 家くらいの~ (2, 0.0%)

1 ものだろう, 小ささ

▼ 家くらいは~ (2, 0.0%)

1 ある, 建てさせようと

▼ 家ぐらいの~ (2, 0.0%)

1 事を, 大名三家や

▼ 家ぐらゐ~ (2, 0.0%)

1 燃え上, 飛びだして

▼ 家ぐるみ~ (2, 0.0%)

1 差押えられて, 焼かれて

▼ 家こういう~ (2, 0.0%)

1 人々は, 人間情熱が

▼ 家さえも~ (2, 0.0%)

1 学者では, 粛と

▼ 家さもなければ~ (2, 0.0%)

1 信者によって, 同じ村

▼ 家しかも~ (2, 0.0%)

1 作者の, 近づいて

▼ 家じみた~ (2, 0.0%)

1 声で, 頭脳には

▼ 家じゅう三人~ (2, 0.0%)

1 でたべる, の女

▼ 家じゅう大騒ぎ~ (2, 0.0%)

1 した, して

▼ 家じゅう御飯~ (2, 0.0%)

1 たべるところ, も何

▼ 家じゅう総がかり~ (2, 0.0%)

1 ですっかり, で内外

▼ 家~ (2, 0.0%)

1 だれに, や月夜蟋蟀

▼ 家すっかり~ (2, 0.0%)

1 寝しずまって, 玄関の

▼ 家そういう~ (2, 0.0%)

1 芸術の, 連中から

▼ 家そこで~ (2, 0.0%)

1 ウイのみ, 浪人を

▼ 家それぞれ~ (2, 0.0%)

1 の丁度なかばあたり, の紋幕

▼ 家そんな~ (2, 0.0%)

1 でもない, 同情家が

▼ 家ぞろい~ (2, 0.0%)

1 です, で頭

▼ 家ただ~ (2, 0.0%)

1 それだけの, の田舎家

▼ 家たとえば~ (2, 0.0%)

1 トルストイなどは, 江木千之の

▼ 家たらし~ (2, 0.0%)

1 むるのに明日は, むるも

▼ 家たらしめた~ (2, 0.0%)

1 かと質せ, のである

▼ 家たりと~ (2, 0.0%)

2 雖も

▼ 家たるでなけれ~ (2, 0.0%)

2 ば優れたる

▼ 家だけしか~ (2, 0.0%)

1 なかった, 残つて居なかつた

▼ 家だけで~ (2, 0.0%)

1 あつた, そつち

▼ 家だつ~ (2, 0.0%)

1 て彼, て皆窮境

▼ 家だらけ~ (2, 0.0%)

1 のきはめて, の田島町

▼ 家~ (2, 0.0%)

1 ゅうもんを定めん, ゅう者は

▼ 家ちがい~ (2, 0.0%)

2 じゃありません

▼ 家ぢゆうの者~ (2, 0.0%)

1 に, は夜

▼ 家つて~ (2, 0.0%)

1 いふと, いふの

▼ 家つてやつ~ (2, 0.0%)

1 は恋愛, を好き

▼ 家つまり~ (2, 0.0%)

1 生産する, 自ら生くる

▼ 家つよい~ (2, 0.0%)

2 意志で

▼ 家であったろう~ (2, 0.0%)

1 と好奇心, と思う

▼ 家でありませぬ~ (2, 0.0%)

1 から材料, から迚

▼ 家でございました~ (2, 0.0%)

1 からお, のに御

▼ 家でなくつ~ (2, 0.0%)

1 ちや駄目だ, てよい

▼ 家でなくなる~ (2, 0.0%)

1 ことである, 人が

▼ 家でなど~ (2, 0.0%)

2 云ったの

▼ 家でねえ~ (2, 0.0%)

1 あんなところ, からと話し

▼ 家でや~ (2, 0.0%)

1 唯四十円で, 唯四十圓で

▼ 家で無い~ (2, 0.0%)

1 と前, トルストイは

▼ 家というは~ (2, 0.0%)

1 小屋に, 満天星の

▼ 家といふも~ (2, 0.0%)

2 其の批判

▼ 家とかが~ (2, 0.0%)

1 あるの, まじって

▼ 家とかに~ (2, 0.0%)

1 下宿し, 強盗が

▼ 家としか~ (2, 0.0%)

1 思えないの, 思われないこと

▼ 家としてよりも~ (2, 0.0%)

1 世界的な, 書肆の

▼ 家ととのうたる~ (2, 0.0%)

2 のちは

▼ 家とのみ~ (2, 0.0%)

1 思い込んで, 見るもの

▼ 家とばかり~ (2, 0.0%)

1 也とぞ, 思いこんで

▼ 家とやらへ~ (2, 0.0%)

1 必ずお返し, 自分を

▼ 家とり壊され~ (2, 0.0%)

1 てしまいます, てしまひます

▼ 家どう~ (2, 0.0%)

1 するの, する気

▼ 家どこ~ (2, 0.0%)

1 の店, もかしこ

▼ 家ないし~ (2, 0.0%)

1 博読家でなかった, 芸人でも

▼ 家なぞが~ (2, 0.0%)

1 口に, 真剣に

▼ 家なぞという~ (2, 0.0%)

1 ものは, 格式ある

▼ 家などへは~ (2, 0.0%)

1 一走りに, 戻らなかった

▼ 家ならずし~ (2, 0.0%)

1 てまことに, て思遣

▼ 家ならぬ~ (2, 0.0%)

1 単純真実なる, 者にも

▼ 家ならぬ遣繰~ (2, 0.0%)

2 屋が

▼ 家ならび~ (2, 0.0%)

1 て, 三町ばかり

▼ 家なら泊め~ (2, 0.0%)

1 てくれましょう, てもくれるであろう

▼ 家なりとも~ (2, 0.0%)

1 そこらの, 親から

▼ 家なる奥まりたる~ (2, 0.0%)

2 一室に

▼ 家なんぞには~ (2, 0.0%)

1 こっちで, 怪我なんぞは

▼ 家なんぞへ~ (2, 0.0%)

1 帰らなくても, 来るもん

▼ 家なんと~ (2, 0.0%)

1 いふ動物, 言ふも

▼ 家なんど~ (2, 0.0%)

1 と何, にも亦

▼ 家においてさえ~ (2, 0.0%)

1 すべてを, 四方から

▼ 家にだけでも~ (2, 0.0%)

1 お柳, 尠なく

▼ 家にだけは~ (2, 0.0%)

1 住んで, 帰つても

▼ 家についての~ (2, 0.0%)

1 知識から, 空想が

▼ 家につれ~ (2, 0.0%)

1 来りしなり, 歸る

▼ 家にとっての~ (2, 0.0%)

1 唯一の, 最初の

▼ 家にとては~ (2, 0.0%)

1 居りませんで馬, 居る事

▼ 家になんぞ~ (2, 0.0%)

1 なれるもの, 落ちついて

▼ 家にね~ (2, 0.0%)

1 大きな石榴, 鹿の

▼ 家にはを~ (2, 0.0%)

1 らなかつた, られない訳

▼ 家にもと~ (2, 0.0%)

1 使って, 居た水原

▼ 家にもな~ (2, 0.0%)

1 つてゐた, つて歴史小説を

▼ 家によってのみ~ (2, 0.0%)

1 供給せられ, 生きて

▼ 家によつ~ (2, 0.0%)

1 てそれ, て下さい

▼ 家に対しての~ (2, 0.0%)

1 ことであり, 申し訳に

▼ 家~ (2, 0.0%)

1 し同道, ちの闇に

▼ 家のせゐ~ (2, 0.0%)

1 にし, に帰し

▼ 家ので~ (2, 0.0%)

1 せい, 世帯を

▼ 家のむ~ (2, 0.0%)

1 こうに, つましさ

▼ 家はか~ (2, 0.0%)

1 ほどの事, やぶきでお

▼ 家はじめて~ (2, 0.0%)

1 だつたん, 乱れだしたの

▼ 家はだし~ (2, 0.0%)

2 のとても

▼ 家はなんて~ (2, 0.0%)

1 気持の, 氣持の

▼ 家ひとつ~ (2, 0.0%)

1 ない昔, 見えて

▼ 家びさしにこごりて~ (2, 0.0%)

2 白き寒靄

▼ 家へけ~ (2, 0.0%)

1 えって, えんな

▼ 家へなど~ (2, 0.0%)

1 行かずに, 行ったら金

▼ 家へなどは~ (2, 0.0%)

1 よりつきも, 決して行かない

▼ 家へね~ (2, 0.0%)

1 クリスマスの, 今にクリスマス

▼ 家ほどに~ (2, 0.0%)

1 人の, 沢山資料

▼ 家ほめ~ (2, 0.0%)

1 が行, に来る

▼ 家みずから~ (2, 0.0%)

1 が, が先ず

▼ 家みた~ (2, 0.0%)

1 やうな, ような

▼ 家みんな~ (2, 0.0%)

1 入れ山川菊栄, 変って

▼ 家もか~ (2, 0.0%)

1 やぶきだつた, ッと

▼ 家もが~ (2, 0.0%)

1 そのよって, 皆黒い

▼ 家もたぬ~ (2, 0.0%)

1 身は, 身も

▼ 家もと~ (2, 0.0%)

1 つくに, は近在

▼ 家やも~ (2, 0.0%)

2 いづく白雲

▼ 家ゆする~ (2, 0.0%)

2 は日

▼ 家ゆゑ~ (2, 0.0%)

2 の特技

▼ 家よと~ (2, 0.0%)

1 云われて, 思へば

▼ 家らしくなかった~ (2, 0.0%)

1 人実業家を, 人政治家を

▼ 家らしくなく~ (2, 0.0%)

1 和漢の, 尋常人と

▼ 家らしくなった~ (2, 0.0%)

1 とよろこぶ, 中に

▼ 家らしく澄んだ~ (2, 0.0%)

2 眼で

▼ 家らしく脅えた~ (2, 0.0%)

2 眼を

▼ 家わが~ (2, 0.0%)

1 城砦この, 学校の

▼ 家わけても~ (2, 0.0%)

1 沢庵と, 節度と

▼ 家わたし~ (2, 0.0%)

1 の家, も尋ねる

▼ 家をのみ~ (2, 0.0%)

1 であるという, 択んで

▼ 家を通じて~ (2, 0.0%)

1 その御, 恐らく僕一人

▼ 家~ (2, 0.0%)

1 何処だ, 留守で

▼ 家アガメデス~ (2, 0.0%)

2 とトロポニオス

▼ 家アダルベルト~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ 家エルマー・ライス~ (2, 0.0%)

1 は今日, を山本有三氏邸

▼ 家~ (2, 0.0%)

1 一々, 或ル特異ナル一人タル制度

▼ 家クラブ~ (2, 0.0%)

2

▼ 家シェクスピア~ (2, 0.0%)

1 が生きた, は大胆

▼ 家シャリアピン~ (2, 0.0%)

1 が金, は

▼ 家セルゲーエンコ~ (2, 0.0%)

2 は中学

▼ 家~ (2, 0.0%)

1 て, て提灯

▼ 家ツルゲーネフ~ (2, 0.0%)

1 という人, の短篇

▼ 家ニレ~ (2, 0.0%)

1 だ, の意

▼ 家ノオ婆サンハ~ (2, 0.0%)

2 恐シイ魔法使デス

▼ 家ブウエリエ~ (2, 0.0%)

1 の面目, はやはり

▼ 家プッチーニ~ (2, 0.0%)

1 が日本, の新作発表

▼ 家プリヤサブアラン~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ 家ベスパーロフ~ (2, 0.0%)

1 と共同戦線, のところ

▼ 家ベッシェール夫人~ (2, 0.0%)

1 の家, の小

▼ 家マルタン~ (2, 0.0%)

1 とツルガ博士親子, に負う

▼ 家マルタン氏~ (2, 0.0%)

1 が島, が舵手

▼ 家リュイス~ (2, 0.0%)

2 に與へた書簡

▼ 家ロダン~ (2, 0.0%)

1 がロオマ, などに至つて

▼ 家~ (2, 0.0%)

1 なか, 中でもいろいろ意見

▼ 家ンなか~ (2, 0.0%)

1 にお金, へ慌しく

▼ 家一パイ~ (2, 0.0%)

2 を明るく

▼ 家一体~ (2, 0.0%)

1 で独龍岡, としての自分たち

▼ 家一切~ (2, 0.0%)

1 の事, を引渡し

▼ 家一同~ (2, 0.0%)

1 が参考人, の撮した

▼ 家一宇~ (2, 0.0%)

1 もなし, も残さず焼きはらえ

▼ 家一戸~ (2, 0.0%)

2 を支え

▼ 家一流~ (2, 0.0%)

1 といふ事, の即興舞踊

▼ 家七代~ (2, 0.0%)

1 の君, の現

▼ 家七千石~ (2, 0.0%)

1 はそのまま, は忽ち

▼ 家上り~ (2, 0.0%)

1 の富豪, の腕っこき

▼ 家~ (2, 0.0%)

1 に二人, を通ります

▼ 家世界~ (2, 0.0%)

1 からいつか道具, のブルジョア

▼ 家並み~ (2, 0.0%)

1 に小店, に頭

▼ 家丹波高一~ (2, 0.0%)

1 が心魂, という落ち

▼ 家主義的~ (2, 0.0%)

1 たらねば, な精神

▼ 家~ (2, 0.0%)

1 る, るる物

▼ 家事業家タイプ~ (2, 0.0%)

2 の人

▼ 家二人~ (2, 0.0%)

1 は苦り切, を獲つ

▼ 家五六軒~ (2, 0.0%)

1 ありて, だけしか対岸

▼ 家五行家医家房中家~ (2, 0.0%)

1 などが入り乱れ, などというもの

▼ 家交際~ (2, 0.0%)

1 の範囲, をする

▼ 家~ (2, 0.0%)

1 はいまだ, ばかり

▼ 家今日~ (2, 0.0%)

1 までの舞台監督, までの音楽家

▼ 家今松~ (2, 0.0%)

1 だの山遊亭金太郎, とお

▼ 家以後歌~ (2, 0.0%)

2 の門閥

▼ 家以来~ (2, 0.0%)

1 の御, の旧い

▼ 家佐川春泥~ (2, 0.0%)

1 として小説執筆, のご

▼ 家來たち~ (2, 0.0%)

1 は主人, をお

▼ 家來兩人~ (2, 0.0%)

1 の在所, も逃亡

▼ 家來石川安五郎~ (2, 0.0%)

1 と申者樣子有, なるぞ

▼ 家來筋~ (2, 0.0%)

1 といふこと, と言

▼ 家例えば~ (2, 0.0%)

1 動坂から, 宇和島藩五島藩佐賀藩水戸藩などの

▼ 家倉地面~ (2, 0.0%)

2 から女房子供

▼ 家倶楽部~ (2, 0.0%)

1 における閣下, の昼餐

▼ 家~ (2, 0.0%)

1 はよく, は固

▼ 家~ (2, 0.0%)

1 に三位, は日本一

▼ 家先代~ (2, 0.0%)

1 の柳家, の鑑識

▼ 家先祖~ (2, 0.0%)

1 の仮, の功業

▼ 家先祖代々~ (2, 0.0%)

1 の墓, 之墓

▼ 家入口~ (2, 0.0%)

2 の戸

▼ 家入部~ (2, 0.0%)

2 の後

▼ 家八万石~ (2, 0.0%)

1 のお, の城下

▼ 家内外~ (2, 0.0%)

1 に暴威, の種々

▼ 家写実家~ (2, 0.0%)

2 でないこと

▼ 家~ (2, 0.0%)

1 も見知り, をあかさない

▼ 家処世~ (2, 0.0%)

1 の実際, より立国

▼ 家分立~ (2, 0.0%)

1 の形, の概略

▼ 家~ (2, 0.0%)

1 の家, 七日あけた

▼ 家初代~ (2, 0.0%)

1 の手, の殿様

▼ 家初夏~ (2, 0.0%)

2 の風

▼ 家別邸~ (2, 0.0%)

1 に著き, へ引

▼ 家制度~ (2, 0.0%)

1 の残忍暴戻, は戦争

▼ 家加担~ (2, 0.0%)

1 を企む, を絶縁

▼ 家努力家~ (2, 0.0%)

1 がなかなか, で聞えた

▼ 家~ (2, 0.0%)

1 したので, して

▼ 家北沢栄二~ (2, 0.0%)

1 の自殺, は郊外

▼ 家医家房中家~ (2, 0.0%)

1 などが入り乱れ, などというもの

▼ 家~ (2, 0.0%)

2 ばかりなる

▼ 家協会員~ (2, 0.0%)

1 であり評論家協会員, であるという

▼ 家協會~ (2, 0.0%)

1 の, の文學祭

▼ 家~ (2, 0.0%)

1 大殿へ, 聞得大君御殿

▼ 家去れ~ (2, 0.0%)

1 といふ, とて

▼ 家及芸術批評家~ (2, 0.0%)

1 である, に谷文晁

▼ 家叢書~ (2, 0.0%)

1 とかいうなか, のうち

▼ 家古法~ (2, 0.0%)

1 と甲州流, の野沢家

▼ 家古風~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ 家号す~ (2, 0.0%)

2 その滑稽此一

▼ 家号披露目~ (2, 0.0%)

1 と自前びろめと一緒, をし

▼ 家~ (2, 0.0%)

1 四五軒づつはありけり, 民族が

▼ 家各位~ (2, 0.0%)

1 の好意, も商売敵

▼ 家名家~ (2, 0.0%)

2 の令嬢

▼ 家~ (2, 0.0%)

1 の余資, の友人

▼ 家吾が~ (2, 0.0%)

1 為めに, 背子が

▼ 家商業家~ (2, 0.0%)

1 が利用, などができる

▼ 家~ (2, 0.0%)

2 ひを

▼ 家囲い~ (2, 0.0%)

1 のよう, をあらかた

▼ 家国木田独歩~ (2, 0.0%)

2 を論じ

▼ 家~ (2, 0.0%)

1 につくられ, に栽

▼ 家~ (2, 0.0%)

2 ひを

▼ 家圓朝~ (2, 0.0%)

1 にし, の半面

▼ 家~ (2, 0.0%)

1 極煉獄天國, 見

▼ 家士召使たち~ (2, 0.0%)

1 は減らさなけれ, も訊問

▼ 家夢想児~ (2, 0.0%)

1 にとって力ずく, にとつ

▼ 家夢想家~ (2, 0.0%)

1 の区別, の常識

▼ 家大きな~ (2, 0.0%)

1 実業家の, 恐ろしい窖

▼ 家大国貞蔵氏~ (2, 0.0%)

2 の父

▼ 家大正以後~ (2, 0.0%)

2 は趣味家

▼ 家大衆~ (2, 0.0%)

1 に求める, の必然的

▼ 家天下~ (2, 0.0%)

1 の大事, を治むる

▼ 家~ (2, 0.0%)

2 を尽し

▼ 家夫婦~ (2, 0.0%)

2 にすぐ

▼ 家奉公人~ (2, 0.0%)

1 には地獄, の三四人

▼ 家奥向~ (2, 0.0%)

1 に或, の事

▼ 家~ (2, 0.0%)

2 子孫

▼ 家始祖~ (2, 0.0%)

1 の遺訓, の関白

▼ 家婦人農民子供~ (2, 0.0%)

2 に至る

▼ 家~ (2, 0.0%)

1 を煩わさん, を窘

▼ 家嫌い~ (2, 0.0%)

1 だった, の私

▼ 家嫡子~ (2, 0.0%)

1 の貴殿, の身分

▼ 家嫡流~ (2, 0.0%)

1 の名家, の御

▼ 家子供~ (2, 0.0%)

1 がいない, の家

▼ 家存亡~ (2, 0.0%)

1 の大, の重大時期

▼ 家学者官吏~ (2, 0.0%)

2 などがやはり

▼ 家守りし~ (2, 0.0%)

2 妻の

▼ 家安泰~ (2, 0.0%)

2 のため

▼ 家実業家あたり~ (2, 0.0%)

2 が人間修業

▼ 家客分~ (2, 0.0%)

1 の剣客, の待遇

▼ 家家族~ (2, 0.0%)

1 の住居, の団欒

▼ 家家臣~ (2, 0.0%)

1 が主人長政殿, に取りまかれた

▼ 家富みたる~ (2, 0.0%)

2 も好き衣着たる

▼ 家専売~ (2, 0.0%)

1 の大人, の貴重訳

▼ 家専門家~ (2, 0.0%)

1 としてきっちり, の内

▼ 家尊王論~ (2, 0.0%)

1 によって幕策, を運用

▼ 家小林秀雄~ (2, 0.0%)

1 の誕生そのもの, はプロレタリア文学理論

▼ 家小歌~ (2, 0.0%)

1 が黒, と一人名前

▼ 家居るならず~ (2, 0.0%)

2 おなじくも

▼ 家~ (2, 0.0%)

1 で絵, の出品

▼ 家~ (2, 0.0%)

1 のもの, 及び平民

▼ 家峠宗壽軒~ (2, 0.0%)

1 の娘, の煎じた

▼ 家峠宗寿軒~ (2, 0.0%)

1 の娘, の煎じた

▼ 家差有田地耕田~ (2, 0.0%)

2 猶不足食

▼ 家廃業~ (2, 0.0%)

1 かと思っ, かと言われた

▼ 家建て~ (2, 0.0%)

1 てもいい, ても繁昌

▼ 家建てる~ (2, 0.0%)

1 といっ, とて石

▼ 家建立~ (2, 0.0%)

1 のお寺, の寺

▼ 家~ (2, 0.0%)

1 を引い, を黒

▼ 家~ (2, 0.0%)

1 のお玉, の家

▼ 家御用~ (2, 0.0%)

1 お染め物師, の人足帳

▼ 家必ず~ (2, 0.0%)

1 衰うる, 課税の

▼ 家志望者油絵制作希望者~ (2, 0.0%)

2 は素晴らしい

▼ 家~ (2, 0.0%)

1 が出た, に依りける

▼ 家快楽亭ブラック~ (2, 0.0%)

1 があった, の口演速記

▼ 家思い~ (2, 0.0%)

1 きようだい思い, の気立て

▼ 家~ (2, 0.0%)

1 に限る, は横溢

▼ 家惚太郎~ (2, 0.0%)

1 ということ, という漫才屋

▼ 家~ (2, 0.0%)

1 の犧牲, を悔い改めざる

▼ 家戯曲家~ (2, 0.0%)

1 の書いた, を呼ぶ

▼ 家戯曲家批評家画家音楽家彫刻家芸術上~ (2, 0.0%)

2 の素人等

▼ 家戸浪三四郎~ (2, 0.0%)

1 が乗り合わせ, のうわずった

▼ 家打倒~ (2, 0.0%)

1 でも政党撲滅, とも政党撲滅

▼ 家扱い~ (2, 0.0%)

1 して, にし

▼ 家批評家インテリ~ (2, 0.0%)

2 の多く

▼ 家批評家画家音楽家彫刻家芸術上~ (2, 0.0%)

2 の素人等

▼ 家持たぬ~ (2, 0.0%)

1 児に, 憂き人人

▼ 家振つ~ (2, 0.0%)

1 て六ヶ, て小笠原

▼ 家振り~ (2, 0.0%)

1 し始めたという, を推測

▼ 家~ (2, 0.0%)

1 までし, をさせ

▼ 家支配~ (2, 0.0%)

1 と標, の思想

▼ 家改造~ (2, 0.0%)

1 ノ急迫ハ維新革命ニモ優レリ, ヲ終ルト共ニ

▼ 家教育家~ (2, 0.0%)

1 においても今日, の言っ

▼ 家文学者詩人美術家史家哲学者事業家~ (2, 0.0%)

1 などと云, などの一群

▼ 家文庫~ (2, 0.0%)

2 が仁平

▼ 家文書中~ (2, 0.0%)

1 の一資料, の能面覚エ

▼ 家~ (2, 0.0%)

1 技巧派の, 浪人が

▼ 家新しい~ (2, 0.0%)

1 指導者として, 道を

▼ 家~ (2, 0.0%)

1 の庭, は広い

▼ 家星田~ (2, 0.0%)

1 がなぜ, の順

▼ 家普請~ (2, 0.0%)

1 の歌, を春の

▼ 家最貧~ (2, 0.0%)

2

▼ 家月旦~ (2, 0.0%)

1 が出た, になり

▼ 家朝倉文夫氏~ (2, 0.0%)

2 のアトリヱ

▼ 家朝臣~ (2, 0.0%)

1 の歌, もおられた

▼ 家~ (2, 0.0%)

2 はみだす

▼ 家木戸~ (2, 0.0%)

1 から入, から入っ

▼ 家~ (2, 0.0%)

1 が張っ, のよう

▼ 家李明植~ (2, 0.0%)

2 の鋭い

▼ 家東洋的~ (2, 0.0%)

1 の実業家, の家庭

▼ 家某君~ (2, 0.0%)

1 に発見, を連日

▼ 家柴進~ (2, 0.0%)

2 の門

▼ 家根から~ (2, 0.0%)

1 飛び下りて, 飛び下りると

▼ 家根性~ (2, 0.0%)

1 がさせる, にちよ

▼ 家~ (2, 0.0%)

1 とも呼ばれる, とも呼ぶ

▼ 家横暴~ (2, 0.0%)

1 といふ声, の声

▼ 家~ (2, 0.0%)

1 の一族, は豆腐屋

▼ 家正面~ (2, 0.0%)

1 のバルコニー, の入口

▼ 家武将~ (2, 0.0%)

1 とし, の城

▼ 家歴代~ (2, 0.0%)

1 の家老, の祖宗

▼ 家母親~ (2, 0.0%)

1 と妹, のお

▼ 家~ (2, 0.0%)

1 が一枚, の好意

▼ 家民衆~ (2, 0.0%)

1 に貢献, の爲め

▼ 家気取~ (2, 0.0%)

1 でいる, のノッペリ

▼ 家氣取り~ (2, 0.0%)

1 の青年, をした

▼ 家池長孟氏~ (2, 0.0%)

2 であった

▼ 家没落~ (2, 0.0%)

1 と共に二度, の後

▼ 家治国~ (2, 0.0%)

2 平天下

▼ 家清岡進~ (2, 0.0%)

1 の事, の老父熙

▼ 家~ (2, 0.0%)

1 信, 長物

▼ 家無く~ (2, 0.0%)

1 最愛の, 着るに

▼ 家無し~ (2, 0.0%)

1 とみなし, のジャック

▼ 家無し猫~ (2, 0.0%)

1 だった, は開け放った

▼ 家~ (2, 0.0%)

1 と云, は元

▼ 家父母~ (2, 0.0%)

1 のこと, の性格等

▼ 家片づけ~ (2, 0.0%)

1 に行く, や月番

▼ 家独得~ (2, 0.0%)

1 の世界観, の長

▼ 家猪野猪~ (2, 0.0%)

1 を並称, を別

▼ 家猫児妻~ (2, 0.0%)

1 を呼び, を呼妻

▼ 家瓦解~ (2, 0.0%)

1 の後, の時

▼ 家生垣~ (2, 0.0%)

2 の前

▼ 家生産~ (2, 0.0%)

1 の制限, 又ハ私人生産ニヨル一切

▼ 家用達~ (2, 0.0%)

1 たる舂屋, として世

▼ 家~ (2, 0.0%)

1 と総称, の新

▼ 家画家~ (2, 0.0%)

1 などであった, はすべて名

▼ 家画家音楽家彫刻家芸術上~ (2, 0.0%)

2 の素人等

▼ 家番付~ (2, 0.0%)

2 で勧進元

▼ 家病院~ (2, 0.0%)

1 の医員, は建築中

▼ 家的エネルギー~ (2, 0.0%)

1 が小さ, を捻出

▼ 家的保障~ (2, 0.0%)

1 ノタメ戰場ニ於テモ平和, ヲ得

▼ 家的信用~ (2, 0.0%)

1 とあり, をもつた

▼ 家的偏見~ (2, 0.0%)

1 を失, を離脱

▼ 家的性格~ (2, 0.0%)

1 がいつの, の強い

▼ 家的本能~ (2, 0.0%)

1 に導かれ, を許す

▼ 家的本質~ (2, 0.0%)

1 から云っ, に左袒

▼ 家的美意識~ (2, 0.0%)

2 が私

▼ 家的資質~ (2, 0.0%)

1 が災, の本当

▼ 家直参~ (2, 0.0%)

1 のもの, の旗本

▼ 家相伝~ (2, 0.0%)

2 の家僕

▼ 家相当~ (2, 0.0%)

1 に耻, の偶然

▼ 家~ (2, 0.0%)

1 の人, 乃至友人

▼ 家眷親属~ (2, 0.0%)

1 の余所, を恨む

▼ 家着るべき~ (2, 0.0%)

1 衣服の, 衣服食ふべき

▼ 家石川理紀之助翁~ (2, 0.0%)

2 などの事歴

▼ 家破れ~ (2, 0.0%)

1 て一族四散, て英児

▼ 家~ (2, 0.0%)

1 すなわち執事, などの如く

▼ 家社会学者~ (2, 0.0%)

1 などが集まつ, の動く

▼ 家社會~ (2, 0.0%)

1 の共, の爲め

▼ 家祖家時~ (2, 0.0%)

1 からの鑁阿寺, の

▼ 家祖家時公~ (2, 0.0%)

1 の, の置文

▼ 家神社仏閣墓畔柳陰~ (2, 0.0%)

2 のごとき

▼ 家神秘家~ (2, 0.0%)

1 いいです, になりました

▼ 家~ (2, 0.0%)

1 の仮装衣裳, の女王たち

▼ 家禄平均~ (2, 0.0%)

1 の災, の際

▼ 家禄知行蔵米~ (2, 0.0%)

2 合わせて

▼ 家禄返上~ (2, 0.0%)

1 に依っ, を命ぜられた

▼ 家~ (2, 0.0%)

1 の家, の家族

▼ 家科学者哲学者~ (2, 0.0%)

1 のそれ, はみなそう

▼ 家移る~ (2, 0.0%)

2 と今

▼ 家程の~ (2, 0.0%)

1 家の, 高さ

▼ 家穏坐~ (2, 0.0%)

1 とでもいひたい, とはい

▼ 家穏座~ (2, 0.0%)

1 のこ, の心

▼ 家節度~ (2, 0.0%)

2 のある

▼ 家~ (2, 0.0%)

1 を書い, 等の

▼ 家紫式部~ (2, 0.0%)

1 の心境, をあげ

▼ 家組み~ (2, 0.0%)

2 明ししきり

▼ 家經濟~ (2, 0.0%)

1 とか云つて, の爲め

▼ 家經營~ (2, 0.0%)

1 の基本, ヲ合理ナリト認ムル時ハ

▼ 家総体~ (2, 0.0%)

1 が一つ, が何ん

▼ 家~ (2, 0.0%)

1 教育家達に, 荘楊墨孟子その

▼ 家自己~ (2, 0.0%)

1 および自己, 及び自己

▼ 家舊藏~ (2, 0.0%)

2 の山越圖

▼ 家~ (2, 0.0%)

1 の主人, 之主人也

▼ 家芥川氏~ (2, 0.0%)

1 の武器, を背後

▼ 家花園~ (2, 0.0%)

1 に落ち着いた, のバルコン

▼ 家~ (2, 0.0%)

1 公の, 喜家高徳家辰桜家蔦家浜の家杉和泉徳の

▼ 家茶荘~ (2, 0.0%)

1 で鏡花氏, 第二回

▼ 家菩提寺~ (2, 0.0%)

2 の泰勝寺

▼ 家藏の~ (2, 0.0%)

2 も相好

▼ 家藏屋敷~ (2, 0.0%)

1 の役人, の役人等

▼ 家~ (2, 0.0%)

1 がおじ, という荒えびす

▼ 家衡ら~ (2, 0.0%)

1 がこの, が最期

▼ 家衰え~ (2, 0.0%)

1 て孝子, て畑成文

▼ 家裏門~ (2, 0.0%)

1 としるした, の前

▼ 家裏門外~ (2, 0.0%)

1 の三日月, の三月月

▼ 家~ (2, 0.0%)

2 なりとて煉羊羹

▼ 家~ (2, 0.0%)

1 指に, 指の

▼ 家見たいな~ (2, 0.0%)

1 ものだ, もので

▼ 家~ (2, 0.0%)

1 が楯岡甲斐, へ山婆

▼ 家角田浩々歌客~ (2, 0.0%)

2 すら象徴

▼ 家討伐~ (2, 0.0%)

1 のため, の宮方

▼ 家訪問~ (2, 0.0%)

1 の事實, は公然

▼ 家~ (2, 0.0%)

1 と一致, は傳つて

▼ 家詩人~ (2, 0.0%)

1 の仕事, の多数

▼ 家~ (2, 0.0%)

1 か能, が来よう

▼ 家譜等~ (2, 0.0%)

1 では甚五郎, に残る誇るべき

▼ 家財閥~ (2, 0.0%)

1 の打倒, の行

▼ 家貧しき~ (2, 0.0%)

1 に, 故に月々

▼ 家貧しく~ (2, 0.0%)

1 山子で, 殿へ

▼ 家貴族~ (2, 0.0%)

1 に転身, の生活

▼ 家~ (2, 0.0%)

1 を傾け, を失う

▼ 家資本家~ (2, 0.0%)

1 などは又, の

▼ 家贔屓~ (2, 0.0%)

1 であるから, の喬朝

▼ 家越し~ (2, 0.0%)

1 て行く, 橋越し

▼ 家跡方~ (2, 0.0%)

2 もなく

▼ 家軍人~ (2, 0.0%)

1 が政治上, といつた

▼ 家~ (2, 0.0%)

1 が所謂悪書, は元

▼ 家~ (2, 0.0%)

1 かにこれを, 旗亭酒易

▼ 家近き~ (2, 0.0%)

1 を以て歩み, 頃までは

▼ 家逃げ~ (2, 0.0%)

1 も隠れ, も隱

▼ 家~ (2, 0.0%)

1 へ向っ, をさして

▼ 家造作~ (2, 0.0%)

1 と同じ, は窩人

▼ 家遂に~ (2, 0.0%)

1 我邦に, 良婢を

▼ 家道具~ (2, 0.0%)

1 などめい, などを質入れ

▼ 家~ (2, 0.0%)

1 法人知否, 法在毎

▼ 家~ (2, 0.0%)

1 の家, の家す

▼ 家附娘~ (2, 0.0%)

1 だとも, のマス子夫人

▼ 家隆朝臣唐櫃二合~ (2, 0.0%)

2 を取寄らる

▼ 家障子~ (2, 0.0%)

1 の隙間, も襖

▼ 家~ (2, 0.0%)

1 于的屋, 趣大

▼ 家~ (2, 0.0%)

1 の群, は兼好

▼ 家雑魚寝~ (2, 0.0%)

1 をおこす, を起す

▼ 家離れ~ (2, 0.0%)

1 をした, をする

▼ 家~ (2, 0.0%)

2 にう

▼ 家青山~ (2, 0.0%)

2 の村越家

▼ 家~ (2, 0.0%)

1 なんてし, をし

▼ 家音問~ (2, 0.0%)

2 れ不慮

▼ 家音楽~ (2, 0.0%)

1 の作曲家, の演奏家

▼ 家頻りに~ (2, 0.0%)

2 輩出する

▼ 家~ (2, 0.0%)

1 の色, をする

▼ 家~ (2, 0.0%)

1 するを, をする

▼ 家鹿子木孟郎氏~ (2, 0.0%)

1 の歓迎会, は牛

▼ 家黄昏戸~ (2, 0.0%)

2 に倚

▼ 家~ (2, 0.0%)

1 であるが, の命

▼1* [3130件]

あかりまで点々, 家あしらひの, 家あったという, 家あてに送り届けた, 家あらば吾人, 家あらしも, 家あらむとおもひてこれに文壇, 家ありければ眼, 家あり寄りて聞け, 家あるいはまた国家に, 家あるじ病者の心地, 家いおそう帰りまし, 家いかでか一鞭, 家いかなる合理的政府が, 家いくばくありや, 家いけえりな, 家いたるところに, 家いづくにか, 家いづれに聞, 家いでて来, 家いも送って, 家いよいよかりること, 家いろいろちが, 家いろは寿司の二階, 家いわゆる宇井, 家い出かけることも, 家い帰ってみたら, 家い帰られへんよってどうぞどうぞ, 家い帰るまで夫, 家い帰れといつ, 家い引き戻すいうこと約束し, 家い来てんねん, 家い来なさるやろけど私, 家い焼けてから跡, 家い知れた時にも, 家い知れたらえらいこと, 家い置いといたら危険や, 家い行く時は, 家い行こ思て, 家い行こいう気イない, 家い逃げて物干し, 家い這入ると洋服, 家い連れて来, 家い飛んで逃げ, 家おいしい肉や, 家おっさんと男の子, 家おのれの心, 家おぼろの当世書生気質, 家おもふ廬悲しみ, 家およそ十四五軒それに, 家お前が私, 家かい家な, 家かおやしき, 家かが実権を, 家かげに残つて, 家かさなれる谷町, 家かしくあの蟹, 家かたがた都合がよい, 家かつ文学者として, 家かということだ, 家かとはなんだい, 家かなしも, 家かなり金錢慾も, 家かなんぞであろうと, 家かね君軽蔑し, 家からかへされるかも, 家からかよつたし, 家からくらい地上に, 家からさえ去り難い, 家からと云つて電話が, 家からといふ風に, 家からともなく美しい主, 家からなど貰ふと, 家からなんか出ないわ, 家からなんぞ見た日, 家からばかりまこと, 家からへい越し, 家からむかへに來, 家からものの千メートルと, 家かり町へ, 家かれのごとき, 家か村でも見つけ, 家がくづれかゝつたやうに僕を壓, 家がずつと郊外に, 家がって異う済まし, 家がはだかに, 家がも少し広けれ, 家がよくさうする, 家がらみの方, 家がるうちに, 家がをりました, 家かな, 家きたなくて驚いたでしょう, 家きどりだったりしたら, 家きどりでゐるんだ, 家きのう正門の前, 家きりだから, 家くさい顔つきは, 家くずれ女は, 家くらか, 家くらいならどこ, 家ぐねの杜, 家ぐらいですむかも, 家ぐらいは踏み潰せそう, 家ぐらしを致し, 家ぐらゐのものだといふ事実を日本, 家ぐらゐの大名には成べし, 家ぐるみひたむきに没落, 家ぐるみもち上げて, 家ぐるみ七百十五円で登記, 家ぐるみ東京へ出, 家ぐるみ破壊された, 家けさ来がけに菓子箱, 家こう並べると, 家ここまで来る, 家ここかしこに現われたれ, 家こそが唯一の, 家こぞって神輿を, 家こぞり待つらむものぞはや, 家ことに役人, 家こぼたれて, 家こぼつ埃上がる, 家これから生まれる猫, 家ころんでもタダ, 家こんな西日伸子は, 家ごと一隅に蛇, 家ごと人ごとに死ん, 家ごと家ごと少くとも, 家ごと搖るほどに, 家ごと沈みこみさ, 家ごと空へ放りあげられる, 家ごと霞川の底, 家さおれがいく, 家さかえて行く, 家さきに投げこんだ, 家さしゑ画家として鳴らした, 家さっそくだが, 家さてはよしみある, 家さと言訳を, 家さながら日よりも, 家さらに夜は, 家さんこんど銀行ってもの, 家さんぼろ着物の分限者さん, 家さん舌を舐めずりまわし, 家さ一走りして, 家さ歸つたつて仕樣, 家さ瞽女がとまった, 家さ行ぐだぐなったのが何した, 家さ行ぐつたつて遠足みたえ, 家さ行つて待つとるから, 家さ連れで来, 家さ金のなる, 家ざくら散り過ぎぬれば, 家ざつとこんな顔ぶれである, 家しあれば乏しく, 家したるところを, 家しもたやで, 家しん生の弟子, 家し偲ばゆ, 家じう玄関の, 家じたいがこの, 家じつにもはん, 家じみてみ, 家じゃとてかような, 家じゃに奥座敷の, 家じゃァないか, 家じゅういっぱいでした, 家じゅうすっからかんになっ, 家じゅうそこここに盥, 家じゅうそばばかり食う, 家じゅうただ一脚の籐椅子, 家じゅうただ目のまわる, 家じゅうたらいだのバケツ, 家じゅうみんなよろこんで, 家じゅう一たらしもございません, 家じゅう一ところも常態, 家じゅう一生懸命にとりもっ, 家じゅう屋鳴り震動という有様, 家じゅう年女までいそい, 家じゅう急に空気, 家じゅう愉快に働いた, 家じゅう手ぞろいで仕事, 家じゅう捜索しても, 家じゅう枕を並べ, 家じゅう気をそろえ, 家じゅう泣きの涙, 家じゅう清潔になった, 家じゅう異存はなし, 家じゅう病気して, 家じゅう皆立って, 家じゅう皆丈夫の由, 家じゅう真っ暗になっ, 家じゅう私の行く, 家じゅう空っぽにし, 家じゅう網戸にし, 家じゅう荒涼とはしない, 家じゅう誰もみな, 家じゅう隣近所寝鎮まったけ, 家じゅう電気時計で停電, 家じゅう顔合せて, 家じゅう風をとおし, 家じるしも同じ, 家すじ細川兵部大輔藤孝というお方, 家すべて一流の人物, 家すべて傑出して, 家すべて分あり, 家すべて自分の製作物, 家すらが経済的困難に, 家すれば治す, 家ずれして, 家せざるをもっ, 家せしを喜び, 家そこのけではない, 家そしてまた通りを, 家その他所縁の大名, 家その他演劇関係者を悉く, 家その小さなドーアを, 家その間に寿司, 家そらいろの, 家それぞれ自家の先登, 家それらの店, 家たたき起して, 家たたんぢまう, 家ただ一軒しか無い, 家たちパリへ行っ, 家たちミケランゼロダンテなどが切り開いた, 家たち上層の腐敗, 家たち凡そ二千名ばかりを網羅, 家たち実業家たちの意見, 家たち滝夜叉であれほど, 家たち講釈師たち野村さん鈴本亭主人伊藤晴雨画伯それに小咄, 家たち軍需企業家たちが寡頭政治, 家たまたまあれども, 家たらしめるに何, 家たらずさうかと思ふ, 家たりとも文句は, 家たるあたわざるの命運, 家たるあたわずむしろその, 家たるべくして負傷, 家たれと要求, 家だけかも知れない, 家だけとは限らないから, 家だけによる反省的所産でばかり, 家だけや慎作に, 家ださうですね, 家だったで自然独裁の, 家だったらしく荒れてはいる, 家だっても聖書会社より, 家だつたさうだが商売, 家だつたら知りあひにならね, 家だつで書きやうが, 家だろう背負って立てよ, 家だ従ってあなた, 家ちふ者が, 家ちょッと中座, 家ぢうに漂つてゐる, 家っていうのは, 家つきならずは施すべき, 家つき娘の末起, 家つくとうれしき, 家つくると青埴, 家つづきでお麻さん, 家つづきなのです, 家つてことを忘れ, 家つてのは皆, 家つてものに愛想, 家つてやつぱりデリケートだわ, 家つて何んだね, 家つとには色, 家つとめて手晩く洗う, 家つらかつたべ, 家づくり美は極めね, 家づらアし, 家てえのは, 家でありかけ代えの, 家でありさればこそ権力, 家でありたいと思ったら, 家でありわすれ去られた古砦, 家であるかれは今にも, 家であるききてとしてはかえって, 家であるらしかつた, 家である歪んだものを, 家であれたら作家は, 家できいたらあつた, 家でございまするが母親, 家でしたろうと存じます, 家でしなければならない, 家でじぶんの, 家ですだよ, 家でだけでももうあいつ, 家でだって同じご, 家でですか, 家ででもありそう, 家でないならばきつ, 家でなかったなら一も, 家でなかったら駄目だ, 家でなかつた爲めに, 家でなかろうが軍人, 家でなし何といふ, 家でのみさせた, 家ではずつと前から, 家ではと丁寧に, 家ではとも角古び, 家ではにはとりが, 家ではにへといへば, 家でばっかそんなにいる, 家でへんな呻き, 家でますがいる, 家でまで云々される, 家でもさうだつた, 家でもネ乳母が, 家でよりもエマニュエルの, 家でノ最愛の, 家で無かったことである, 家といへるが, 家というもあながち学問, 家といったてあいが, 家とかから区別される, 家とかと往來し, 家とかという細かく分れた, 家とかへお帰りなされ, 家とから金を, 家ときつとおんなじ, 家ときたら一間しか, 家ときたら覗いて見る, 家とけた違ひ, 家ところを訊きただし, 家としてこそさしたる手腕, 家としてだけでなく人間, 家としてと共に言論家として, 家としてのみならず一般, 家としてはというところから, 家としてまでリルケは, 家としてやむにやまれぬことだった, 家としてよりはむしろ演奏技術家, 家としまして私は, 家とぞ聞えしその, 家とちがつて, 家とってもいい家, 家とてもそう冒険的の, 家とについて述べそして, 家とによって組立てられて, 家とに関する限りにおいては, 家とはなんぞや, 家とへの渡りは, 家とやらの君が, 家とやらは武蔵の, 家とやらも相当な, 家どうして士族じゃ, 家どうも見渡すと, 家どころも索むるによしなく, 家どすさかいそこ, 家どなり春先といふに寒き, 家ども大なるもち, 家なあ先生こないだ頼母子講を, 家ないしは教科書著訳者が, 家なおよろしい, 家なかなか広く庭, 家なかに又三角, 家なかんずくスピタルフィールズの, 家ながらも春が, 家なぞにとっては困ると, 家なぞにも全然あれ, 家なぞに対してはよくあれ, 家などからは武蔵の, 家などこそわれわれにとっては, 家などでの経験であった, 家などといふものの, 家などとはその苗字, 家などと共に毎年一回湯島の, 家などにおいて貰って, 家などにおいてもよう笑いばなしに, 家などばかりだった, 家などもさうだつた, 家などよりか身上も, 家ならしめるという医学上, 家ならたとへ蔦, 家なら替り合って精, 家なら知つてるわい, 家なら知らずそうでない, 家なら笑っても教育, 家なら蒸しても構いません, 家なら行ったっていい, 家なら踏込んで親類會議, 家なりからこれが, 家なりとの事也, 家なりへ送って, 家なりを比較する, 家なり社會なりの基礎, 家なるかれは二十歳, 家なるべきもここ, 家なんだけれ, 家なんかじゃ二ツに, 家なんかには此の世の, 家なんかの方が, 家なんかも有った, 家なんかより僕は, 家なんぞとはすっかり暮向き, 家なんぞの道楽商売で, 家なんぞもアイスクリームの, 家なんてへものは, 家なんど十人百人寄せたとて, 家にあたり幕府を, 家においてさ一人一人の, 家においてのみその, 家にかの宝盆あり, 家にすら及ばない, 家にずつと住んで, 家にたいしても面よごしでござる, 家にだっても最早二百円, 家にてがみを, 家にてと云へば, 家にでもがあるの, 家にでもはいるよう, 家にとってとッさの, 家にとってばかりでなくあらゆる, 家にともなって, 家にともなひけり, 家にとりましては大切な, 家になぞいた試し, 家になんて凝つとしては, 家にはと見ると, 家にばかしひっこんで, 家にばっかり居て, 家にへえって, 家にべえ居りやした, 家にまでも知れたる御, 家にもというふうに, 家によってしか理解されない, 家にわたりをつけて, 家に対してずつと前から, 家に対してだって今更, 家に対してのみ承認すべきで, 家に対してよりも派閥から, 家に対するかのようである, 家に関して読む, 家に関しては同等の, 家ぬち明るすぎる, 家ねじれてふす, 家ねずみ野ねずみも四方, 家のうへでつづけさま, 家のかッ加藤ッ九郎次ッ一番槍ッ, 家のけはひ, 家のちつとも, 家のどいうところ, 家のねだからふやけ, 家のべるの釦, 家のみによって供給せられ, 家のみは自らは, 家のみやびも, 家のもンが, 家のらばい行きて, 家のわづかな改造, 家はくすぐつたさうな表情を, 家はずつと以前は, 家はちよつと立ちどま, 家はな村長さんおや, 家はなんぞ多幸至福なる, 家はのつそり後方, 家出て, 家ばかしに燻つてゐる, 家ばかりかどこの, 家ばかりしか見えませんね, 家ばかりじゃない何処, 家ばかりで往来し, 家ばっかり集って, 家ひっそりと静まりかえっ, 家ひとつ人つ子, 家ひとりその間に立ち, 家ひとり天才であるという, 家ひと夜に寺, 家ひょうたんこと末弘春吉の兄貴分, 家びっこリンプの独自性, 家びとの望み, 家ぶっつかるような, 家へかへってだまっとって, 家へさ俺は, 家へだけは一芸の, 家へだっていつ間違え, 家へつつぬけでは, 家へでもということは, 家へでもはいるよう, 家へというふうに, 家へとも言いたくなし尤も, 家へにこ, 家へのたり込其上名主殿を, 家へばツかり, 家へもかへりは, 家へやはらかな, 家へより見舞いの, 家ぺエタア・ガストなしにも, 家ほどには語らない, 家ぽんたんと組んで, 家まけん気, 家まず数段の, 家まなびの窓, 家まばらに建てられたれ, 家みしりをする, 家みずから先に立っ, 家みな新たになら, 家みな瓦屋にし, 家みな茅屋にし, 家みられて, 家むしろオペラね, 家む夜虎門に当っ, 家にたいして医者たち, 家めがけて降り, 家めきて一列, 家めくので極, 家め左へぶっ, 家もさうして, 家もしかいえり, 家もちも何と, 家もとより歴史の, 家もよかんべ, 家もろともに焼き払いました, 家ゃあき家ですか, 家ゃ火事だ, 家やかましくて仕事, 家やっと見つかった由, 家やっぱり駄目であった, 家やて云うとる, 家やに常識の, 家やによって与えられて, 家やの分立を, 家やはその最も, 家やや富有に, 家やらが車の, 家出でて, 家ゆえに町奉行, 家ゆえわしを立て, 家ゆえ余の刺された, 家ゆかりの大名たち, 家ゆとりのない, 家ゆ出で, 家よくこれで, 家よなどと言ふ, 家よりずつと実際家, 家よろこべるやうにて, 家らしいですね, 家らしい乱れた髪で, 家らしい肥った百姓とが, 家らしくしたところだ, 家らしくなっていた, 家らしくふとってい, 家らしく住んでいた, 家らしく思はれても底, 家らしく思われるのだった, 家らしく感じられて興味, 家らしく映ずるかも知れません, 家らしく聞いていた, 家らしく装うことは, 家らしく見えたが今, 家らしく響いて来る, 家らしく飾らせてあった, 家ら何物をもひそか, 家と云い, 家れざるつれなさ, 家わが家に住む, 家わけ第三, 家ゐひそけし, 家をか遶りき, 家をからにして, 家をこそ私達は, 家をすら捨てた, 家をぞ建てそめし, 家をでも荒らすよう, 家をのツ取れ, 家を通して生徒を, 家を通じての武家からの, 家アいやに上品, 家アスピリンになんとか, 家アダリンなんとか家カルモチン, 家アブラハム・メンデルスゾーンの長子, 家アマチュアもしくは特殊, 家アメリカで活動, 家アルセニエフの烏蘇里紀行, 家アルファがあらわれ, 家アレッサンドロ・カポビアンコあたりまで用いられ, 家アントニン・レイモンド氏が設計, 家アンリー・ルッソーが徹底的写実, 家ア奈何なるだべ, 家ア女ばかりで, 家ア陰気だから, 家イェーゲル氏は更に, 家イエスツルゲネーフの作品, 家イクティノスとカリクラテス, 家イサドラ・ダンカンの回想録, 家イタリヤが徳川家, 家イデイズ家の出, 家イデイヅ家の出, 家イブン・バツタもインド, 家インテリゲンチアが百年前, 家インテリゲンチャ・などの問題, 家インテリ青年にある, 家ウェッセル家等々今日なお迷宮, 家ウォロニヒンをし, 家ウォーナック氏はこの, 家ウリヤーノフである, 家ウヰンストン・チヤーチルが甚, 家ウーゼネルは言語学者, 家エミイル・ゾラは寺内伯, 家エミイル・マス君との間, 家エラがり屋で百姓, 家エリアスは心, 家エワルド曾て其の, 家オラーチオオヴィディオ第三, 家オーストリア生まれでまだ, 家オーストリア神聖羅馬皇帝の娘, 家カエデというの, 家カブールの手腕, 家カブールら二三の人, 家カベンディッシュ家セシル家等々が最高, 家カリマコスの逸話, 家カルモチンなんていう, 家カントにとっては之, 家カンペの修養書, 家カーとクイーン, 家ガら童貰て藁, 家ガスコ氏に変装, 家ガリカリニの六女, 家ガ仲ノ町デ引手茶屋ヲシテイマシタカラ, 家ガ其ノ主, 家ガ國有トモ民有トモ決定シ得ベシト云フコト是レノミ, 家ガ國際間ニ生活スル限リ國家ノ至上權ニ於テ國家, 家ガ徃日ニ異ナルハ, 家ガ收得ヲ計, 家ガ本所割下水ニアッタ時代デ両国廣小路, 家ガ自己ノ蓄積セル者, 家ガ衰エテ来テ今ハソノ株ガホカニモ出来テ, 家ギュスタアヴ・モロオはまさしく, 家クララ・ウェストホフに對, 家クレマンソオと同じ, 家グリノウ氏は私, 家グロッスの仕事, 家グロートは当時, 家グージャールは一言, 家ケエセエの名, 家ゲオルグ・ブランデスはその, 家ゲルショニといふ巨大, 家コジあけた雨戸, 家コスタアのだい, 家コロンブスやマルコ, 家ゴオルキイの創造, 家ゴルキイは貧しく, 家ゴルボー屋敷へである, 家ゴーホは自ら生命, 家サボタージュと双生児, 家サミユル博士のこと, 家サムエルと同じ, 家サークル諸輸出入会社, 家サ歸つて, 家サ行つて見て, 家シャックルトンがベルリン, 家シュッパンツィッヒが, 家シュナイダア方の前, 家シュレエゲルをいたく, 家シューマンと聡明, 家シユザンヌ・ベルナァル嬢が飛行機, 家シヱーキスピーアが, 家ジェッフルワは最初口, 家ジオヂ・レイノルヅ氏で今, 家ジスレリーを私淑, 家ジャズの手法, 家ジャーナリストなどはほとんど, 家ジャーナリスト歌人俳人で検挙, 家ジヤツク・ロンドンは肉食論者, 家ジュウル・ルナアルであつ, 家ジユウル・ルナアルに對, 家ジョルジュ・サンドとの交渉, 家ストロンジリオンの作った, 家スモレツトの曾姪, 家セシル家等々が最高, 家セラッキの妹, 家セルデンは女, 家セルヴイヤの映画俳優, 家ソクラテスやブルノー, 家ソニヤコワレフスカイヤ夭死せる詩人風, 家ソローキンあるいはノースロップ, 家ソーニャとの恋, 家ゾパルであった, 家タイピストの知能的職業方面, 家タシツスの, 家タリシ旧福知山侯, 家タルカ大發明家, 家タルカハ彼等ノ立案スル如ク社會ガ認メテ勞働, 家ダト言ッチャテネエマイッチャテネエオレノ妾宅ハ丸ビルダト言ッタラ, 家ダニ十匹筒入十銭, 家ダニ容器の先端, 家ダーウィンの古屋, 家チウ事はわかっとる, 家チェスタトンの, 家チェスタートンであるの, 家チェホフもいっ, 家チェロと室内楽, 家チャイコフスキーを題材, 家チャタム侯ピットのごとき, 家チャールス・ヂルク氏は誠に, 家チュダコフとその, 家ッ子にほかならぬ, 家てもの, 家ツァルスコエセロの宮殿大変, 家ツ子だと, 家ヅラほど浅はか, 家ティベリウスガイウスの兄弟, 家テーリンなどというの, 家デアレバアルホド断乎トシテ刎ネツケハシナイデアロウカ, 家ディオパントスの出た, 家デュヴィラール氏と結婚, 家デロレンなどが教導職, 家トシテハ井上哲次郎氏以上三氏ノ他, 家トシテハ内村鑑三氏芸術家トシテハ岡倉天心氏教育家トシテハ井上哲次郎氏以上三氏ノ他, 家トシテハ岡倉天心氏教育家トシテハ井上哲次郎氏以上三氏ノ他, 家トシテ不合理ナル所有ニ對シテ賠償ヲナス能ハズ實ニ其資, 家トシ薪ニ枕シ艱難漸ク都ニ帰リ着クコトヲ得タリ, 家トタン屋根青く土, 家トッカピンというの, 家トナリテ霧點ヲ究メ, 家トビイ・モンクスとその, 家トルヴァゼンに扮, 家ト人生ノ理解, 家ト國民ヲ害セザル程度, 家ドルセット侯爵夫人が上海土産, 家ドンな学者, 家ドヴォルシャークは新作, 家ド・セヴィニエ夫人の同, 家ナキニ同ジ, 家ナッソー家ロマノフ家ホーヘンツォルレルン家ハプスブールグ家などとブールボン家, 家ナノカ普通ノ品ノヨイ旅館カ, 家ナブ・シャリム・シュヌ誌す所のサルゴン王ハルディア征討行, 家ナポレオンであります, 家ニイレバ大体イツモコノ時刻ニシャワーヲ浴ビルコトヲ予ハ知ッテイル, 家ニテ紅雪ヤ酵草ヲ極, 家ニハきずハ付, 家ニハ暗室ヲ作ルニ適当, 家ニモ有レド今ハ空蝉ト, 家ニ報效セント欲シテ孜々懈ラサル所以, 家ニ對シ又ハ世界ニ對シテ勳功アル者ハ, 家ニ帰ッテ見マシタラ, 家ニ徴集スルト共ニ朝鮮ニ在ル内鮮人ハ平等, 家ニ於テ確乎タル地歩ヲ占メルニ至リ, 家ニ来テカラ既ニ十年近クナルノニ, 家ニ生レテハ十歳ニモ成ヌレバ甲冑ヲ帯シ, 家ニ移レル事業ヲ其人ニ經營セシムル手腕發揮, 家ニ納付シテ賠償ノ交付, 家ニ納付スルヲ欲セザル目的ヲ以テ, 家ニ託セド君家未ダ兵馬, 家ニ集中シ國家ノ統一的經營トナス, 家ヌシあり初めて, 家ネクタネブスは毎年ニイル, 家ノーシンなんとか家テーリン, 家ハアマリニ狭イ, 家ハイレア・ベロックは小説, 家ハプスブールグ家などとブールボン家, 家ハンノーやフェニキア人たち, 家ハ一般國民ノ購買能力ト世界市價トノ差額, 家ハ企業的能力ヲ提供シ勞働者ハ智能的力役的能力, 家ハ俸給ヲ給付ス, 家ハ兩者共ニ法律ヲ以テ臨マザル方針, 家ハ其賠償トシテ三分利付公債ヲ交付ス, 家ハ各々其國民精神ト建國歴史ヲ異, 家ハ同時ニ國民ノ自由, 家ハ嘗テ家ノ子, 家ハ國民ニ徴兵制ノ如ク勞働強制, 家ハ國際間ニ於ケル國家ノ生存及ビ發達, 家ハ家賃廉低ノ地, 家ハ有機的不可分ナル一大家族ナリト云フ近代, 家ハ當然ニ土地兼併者ノ自由, 家ハ終ニ婦人ニ勞働ヲ負荷セシメザル國是, 家ハ統一國家ニ非ズシテ經濟的戰國時代タリ經濟的封建制タラントス, 家ハ賠償公債ヲ交付シ且ツ繼承シタル該事業, 家バアリイに一通, 家バカンボ誕生やはり女, 家バナアド・ショウアメリカの詩人, 家バラックその中, 家バルカム君が彼, 家バルザックがその, 家バルチック停車場に近い, 家パタアソン氏の郵便飛行用飛行機, 家パーラーのセット, 家ヒドイな, 家ヒンデミートはその, 家ビゴーの筆, 家ビショップ氏の推薦, 家ビーチアルは曾, 家ピアニスト批評家すべて自分の製作物, 家ピアノを演奏, 家ピンスボルグの建てた, 家ピーボディーはいかに, 家ファシストマルキシストテロリストいずれもこんな, 家ファリアやグラナドス, 家フィリップ・ムスクが千二百四十二年, 家フェミニストあるいは, 家フェルナンドはまた, 家フォアはナポレオン旗下, 家フランシス・ベエコンの時代, 家フリードリッヒ・マルテンスのこと, 家フリードリヒ・マルテンスがスピッツベルゲン, 家フロオベエルは往々, 家フロオベエルゾラモオパッサンゴンクウル等々は何れ, 家フンメルに逢い, 家ブライアン氏が先日米国南部, 家ブラックの探偵小説, 家ブラマンテの建築手腕, 家ブリツソンに宛てた, 家ブリュンチェエルは特に, 家ブルジョア文化人ファシストのもてない, 家ブルックハルトが書いた, 家プランシノアに陣取りまし, 家ヘアガッタ時ハヒドイ御病気, 家ヘシオドスは, 家ヘンダスン少佐との出会い, 家ヘーゲルにとつて, 家ベアド氏が公開実験, 家ベザント嬢の演説, 家ベチウスの河岸, 家ベルリオーズは大手, 家ペンキのぬりかえ, 家ペンキ塗にて一見事務所, 家ホテリングに対して有っ, 家ホテル住ひ, 家ホーヘンツォルレルン家ハプスブールグ家などとブールボン家, 家ボアロオを中心, 家ボイコくらないうちゃ, 家ボイロフ飴屋それからこの, 家ボッジュが緬羊児, 家ボヘミア風の帽子, 家ボルゲーゼと結婚, 家ボルボラの助手, 家マアク・トヱンが新聞紙, 家マジニイは云った, 家マスカーニが, 家マズレールの二つ, 家マチニヨン町とシャートーブリヤン町, 家マッカレーと云い, 家マリイバシユカアトセフの如き, 家マルタンひとりが上, 家マレイ夫人に招聘, 家マンハイムの知力, 家ミイシャ・エルマン氏が初めて, 家ミイシヤ・エルマン氏が初めて, 家ミハイルセリホフ氏がその, 家ミハイロフスキイの書く, 家ムニエの芸術, 家ムーネ・シュリーサマンドビュッシーなどにたいする愛, 家遠イ, 家モオパサンが, 家モオパッサンの, 家モムゼンは専門以外, 家モリエエルの理智, 家モンテーニュを始め, 家モード氏夫妻がホテル, 家ヤング氏と共に日本, 家ユダヤ横丁黒塀クレーンと吊り, 家ユンゲ博士の話, 家ヨウさんの幻滅振り, 家ヨリ御差止メ有, 家ヨリ本社ニ至ルノ間既ニ五臓モ凍断セントシタリ, 家ラゴンと云う, 家ランケのこの, 家リイドの女房, 家リズムに新, 家リセリウが死際, 家リンピイの利得, 家リンピイ・リンプの非凡, 家ルイ・ブランも最初, 家ルイ十三十四世に仕え, 家ルースは左翼, 家レオナドダヴィンチの高潔, 家レニンも常に, 家ロイターの監督, 家ロゴス氏が乗っ, 家ロタール・マンハイムの真, 家ロバァト・ルゥイス・スティヴンスン氏は何と, 家ロマノフ家ホーヘンツォルレルン家ハプスブールグ家などとブールボン家, 家ローンツリーなる人, 家ワグネルの使用, 家ワトソンの計算, 家ヲツブサントシタカライロイロ揉メテ片附カズ, 家ヲ売ッテ外ヘ越ソウト思ッテ, 家ヲ立テタガ今ハ三十俵三人扶持ダカラ, 家ヴァイオリン曲に新しい面白い, 家ヴァン・ダインが, 家ヴィルドラックはその, 家ヴィレル氏が頭, 家ヴイクトオル・マルグリツトが, 家ヴェルルッキオはリミニ, 家ヴェーゼンドンクの若く美しい, 家ヴォロンスキーは最近妙, 家一さい一人手で切り盛り, 家一ぱいになつてそれ見たこと, 家一万石の城下, 家一九にこの, 家一九〇九年九月一日教権に反抗せり, 家一件きりしかなかっ, 家一件大岡殿追, 家一件種々評議是ある所土岐丹後守殿, 家一党の陣, 家一切罪悪は犯し, 家一匹のうごめく, 家一同それを望ん, 家一夜に寺, 家一寸寄つて, 家一年生の小, 家一方に勞働者, 家一昨日引越著に付, 家一晩で踏み潰し, 家一本はすえ子, 家一杯ひろがつて我儘, 家一條は大岡殿, 家一派の主唱, 家一流易道と真赤, 家一流格の墨蹟, 家一番の智者, 家一番町に移りし, 家一緒に出, 家一致シテ違反ナカルベキ旨御上意也, 家一葉にとって非常, 家一藩の者, 家一軒きりで隣り, 家一軒一軒がそれぞれ, 家一軒世帯の世話, 家一軒六十円という値, 家一門一家のあいだ, 家一騎だった, 家丁寧な人々, 家丁度明治三年の, 家丁髷連を籠絡, 家七八人といっしょ, 家七十七万石を切っ, 家七室霧にみな, 家七男坊として互いに, 家七間霧にみな, 家万事偐紫江戸紫古代紫紫紫むらさきのこと, 家万歳である自, 家万町の柏木亭等, 家万能演出至上主義の演劇, 家丈八の緑沈槍, 家好爺さん, 家三たび荒く揺れぬ, 家三とせばかり前, 家三亀松はこの, 家三人天文学者三人パイロット三人で一五二四年, 家三卿のほか, 家三吉が寝た, 家三宅青軒をたより, 家三島由紀夫は, 家三島由紀夫君のお祖父さん, 家三年前にも娘, 家三斎を前, 家三木竹二の主宰, 家三村圭造の次女, 家三河の水野家, 家三浦環と今, 家三浦環女史が倫敦, 家三男の生れた, 家三益と二人, 家三語楼昇龍斎貞丈尺八の加藤渓水, 家三遊亭円朝死す六十二歳, 家三遊亭圓朝子の人情話, 家三遊亭圓朝氏が人情話, 家上京の事, 家上原二郎さんのところ, 家上司小剣は別, 家上君藤君一洵君辻田君そして山頭火, 家上杉家のお, 家上杉家等の貸, 家上流階級テナルディエの飲食店, 家上郎清助氏の世話, 家上野伊三郎がいた, 家下屋まで火の手, 家平家どもの, 家不安などを學問, 家不幸早世次子亦先, 家不浄の家, 家不良事業家不良学者不良老年不良少年少女の根, 家不良学者不良老年不良少年少女の根, 家大外交家, 家世子の慶事, 家世而天之所興人力不與, 家の上, 家中の間も, 家中井敬所と箕作秋坪, 家中川奥平柳沢大聖寺の前田等, 家中心でふたたび, 家中村不折氏の玄関, 家中空になっ, 家中野好夫は林, 家丹波家もあつ, 家丹羽長秀の言葉, 家主人の好意, 家主人夫婦妻の妹, 家主従すすみ入れば, 家主義世界統一主義ニ宜明スル彼等ハ, 家主義者愛國者國自慢者などがコスモポリタン人, 家主義鼓吹の運動, 家久保田万太郎君の俳人傘雨宗匠たる, 家久保田君を見くびり, 家久留米藩などの大きな, 家乍ら妙に迎, 家乗っ取りの陰謀, 家乗編纂に従事, 家乘取策の片棒, 家九代の嫡, 家九官鳥を飼つて, 家九州の箱根, 家乾飯を洗った, 家予算を通さない, 家いよいよに, 家事件にて貧困, 家二つはどう, 家二三ある山蔭, 家二人あとから土屋伍一, 家二代にわたって四十年一日, 家二代目三代目の怪談, 家二名を加え, 家二度目と三度目, 家二条為子の腹, 家二男の生れた, 家二百数十名の住所番地, 家二葉亭が学堂提調, 家二軒有之候由周旋屋の手, 家二階遂には, 家于学宮対岸扁曰緇林命余詩之, 家云々と騷ぎ, 家五万石で浜松, 家五世であること, 家五十五万石が救われ, 家五軒とはねえずら, 家五郎十郎劇を見, 家を揚ぐる, 家井上笠園や達摩, 家井上要氏は色々, 家井伏鱒二が文章, 家し, 家亡き以上さしずめ, 家亡くなった父また, 家亡びて後世, 家亡ぶの因と, 家亡んでも越前, 家肩を, 家京葉の名, 家の姿, 家人形師の住居, 家人格円満な大成会党主, 家人生の廃嫡児, 家人生論はそこ, 家人生論的神道の新, 家人相集まりて, 家人知乎既去, 家人道の戦士, 家人道家勞働階級の状態改善者, 家人間の成長, 家人類改善の使命, 家什整理のため, 家仁木四郎義長武田孫五郎時風長井大膳河越高重など手負い, 家れ國, 家今年はかひこの, 家仍隔疎籬語, 家仏壇の位牌, 家仏舎を作り, 家仕えのご, 家仕込みらしく竜, 家他方では各種, 家付人目付役清水一角がぬっと, 家付近へ迄帰っ, 家代々此処の長, 家代表が労働時間, 家代議士からなる, 家代金を入れ, 家代金十五両を持っ, 家令嬢ライナの寝室, 家以下の岡山衆, 家以下出迎えに来, 家以下郷党のすべて, 家以外皆家も人, 家以後二条家に生れた, 家以後頓阿までを立てる, 家以来名誉の士, 家以来東国土豪の棟梁, 家以求五求之公, 家満ちて, 家任命ノ改造執行機關ヲシテ土地資本財産, 家企業の次, 家企業家は生産制限, 家伊予の松平家, 家伊藤整氏によって書かれた, 家伊藤永之介の書いた, 家伊藤証信氏はどういう, 家伊達家そのほか, 家伊達家牧野家小笠原家黒田家本多家へも次第に, 家伊那家御嶽冠者以上三つの敵, 家伏家に灯, 家会員を失う, 家会心の点, 家会議に対する準備的, 家伝いゑもち別製煉, 家伝来長船の名刀一口, 家伝統の者, 家伴三の作家的日暮し, 家ひ, 家住い搗て加え, 家住吉村の三次, 家住居の所, 家佐良井金三の夫人, 家佐藤春夫氏の時, 家佐藤氏の邸, 家佐藤長右衛門氏を訪ねた, 家佐藤長右衞門氏の女婿, 家佐藤雨山君から聞いた, 家体制である, 家何代前の殿様, 家何処なの, 家何在雪擁藍關馬不前, 家何家といふ風, 家何等の恃, 家何軒かで分け合っ, 家佛教家の眼中, 家作りの一軒建て, 家作曲家がどんどん, 家作曲家等はどの, 家作者それぞれ自分の受持ち, 家作者歌人までを逮捕投獄, 家作者装置家その他の演劇関係者, 家作陶家等そんな仕事, 家來一統いろ, 家來之に耶蘇教徒, 家來也とて正, 家來五助方へ夫婦引取り, 家來井戸源次郎にてあり, 家來仙石財津も南部家, 家來伊東半右衞門, 家來伊藤半右衞門, 家來伴佐十郎建部郷右衞門も去, 家來伴建部の兩人共逐電, 家來先頃殺された用人進藤市太郎, 家來共只今承ま, 家來共種々不調法も之あり, 家來共評定所迄爲請取, 家來分となり, 家來前田五郎八と云, 家來半右衞門同じく吟味役小野寺源兵衞川崎金右衞門留守居清水十郎左衞門, 家來參り合せて, 家來又家來と云ふん, 家來吉住求馬と申す, 家來安間平左衞門切首多兵衞僧願山嘉川家, 家來寺田志齋がその, 家來小野田幸之進と申者盜賊, 家來山口惣右衞門伴佐十郎建部郷右衞門の三人, 家來左の如し, 家來平左衞門儀只今吟味仕つり候通り是, 家來忠八なり越前守殿一通申立, 家來有竹の息子, 家來有竹某と云, 家來松本理左衞門, 家來柴田文内と吉住求馬, 家來栗山父子は若年, 家來牧野小左衞門, 家來盡く武人, 家來等驚いて, 家來藤田は, 家來親方徒弟農奴がある, 家來逐電の始末, 家來進藤勝之助を本所相生町, 家の小, 家例へば狩谷, 家侍帳の方, 家侮蔑の念, 家かに富み, 家俗浪華の小, 家保存会長がザラ, 家保田与重郎の文学的出生, 家信仰家となる, 家信吉名儀, 家信心者があれ, 家信武信成信春信満信重信守信昌信綱信虎を経, 家信西入道が袞竜, 家修業をさせ, 家修築前の状, 家は好かん, 家倉ともに押領, 家倉田博文先生この手腕, 家倉田百三氏の場合, 家個々の庸人, 家個人ではない, 家倒せの輿論, 家倒れ家ありし, 家候補を厳選, 家候補者そのものの生産制限, 家候補者自身の潜在的, 家借りて静養, 家借りた方が, 家借りるならおよし, 家借銭が山, 家偉い人の, 家偉大な政治家, 家健全家の通り, 家側御用暴力団という, 家ま火, 家傍観者ではなかっ, 家傳祕法の不十分, 家傳藥なども賣り, 家傷んでいる, 家傾き甚だしきは, 家僞君子を刺, 家僧侶大歌劇, 家僧侶新聞記者種々な顔, 家に食わせ, 家僮朝掃時或不能如意, 家儒者の徒, 家優遇もあて, 家より一家, 家元大橋家の最後, 家元祖となつ, 家元老の一人, 家兄妹も一時, 家兄弟の恩, 家充満となり, 家先世称雄武遺訓守淳猶混農, 家先清休君得知於公深身庶人而俸賜三百石, 家先生学者の家, 家先生有詩次韻賦呈, 家先生達の代り, 家光将軍からむざんの死, 家兎固定器に仰向け, 家兎自身に取っ, 家児童用品の売込人, 家入門中桑を切る, 家全体のより一層, 家全員がすき間, 家全員出席の会, 家全局ノ生産成績ヲ達觀シ得ベキ衆議院ニ於テセザルベカラザル所以トナル, 家全焼少し神経質, 家全般がもとより, 家八万騎をはじめ, 家八五郎の宿, 家八幡太郎の子孫, 家八時半就寝で私, 家八畳の間, 家八重次藝者をやめ, 家公衆いずれにおいても同情心, 家六さんが子供, 家六世の男, 家六十二万石を寸断, 家六条の人たち, 家六条家組の人, 家共々父の, 家兵力の強弱, 家兵法家神秘家錬金術家および後, 家兵道の秘法, 家其の物は假令, 家其人よりも立派, 家其政治的監督牧師伝道師等に無き, 家其者ヲ一大地主トナシ以テ國民ハ國家所有, 家兼アカデミイ会員, 家兼バリトン歌手の, 家兼哲學者紀元四八〇年頃ローマに生れ, 家兼地主たりかつ, 家兼戯曲作家に遠く, 家兼批評家の場合, 家兼政治家式の家元中心制度, 家兼花柳界消息通になつ, 家内の人も同じ, 家内実の権力, 家内村直也君は三田文学誌上, 家内省家ではない, 家内部でもごく, 家円喬が断然, 家円太郎の墓, 家造を, 家再度の御, 家再建そのものに外, 家再興後のフランス, 家冒険家革命家宗教家哲学者等に見る, 家寒い, 家冷泉家がやる, 家処世家なの, 家処世立国の本旨, 家出せられるほどの事情, 家出せる同女, 家出るにも帰る, 家出版関係者作家詩人という面々, 家出資者としての財団, 家伊セ家竹二国家山桜家松新丁字松恵比寿増田福の, 家切っての出頭人, 家列びもよく, 家列伝に編入, 家列伝中でも巨星, 家列傳の中, 家初めの苦しい, 家初め他の藩, 家初期の英国議会, 家が娘, 家利己主義者空疎な遊蕩児, 家利己論者と口, 家なり軒下, 家前後諸士涅歯, 家前田家伊達家そのほか, 家剣術が三家, 家剣道指南番宮川武右衛門という老人, 家劇作家評論家歴史家新聞記者等を会員, 家劇作家詩人批評家美術家音楽家舞台及び映画, 家劇団築地座の舞台, 家劇壇の耆宿, 家劉予州を, 家うるに, 家加藤直士氏であつ, 家加賀爪伝内どのが的, 家劫盜の屍, 家劫舎に変じ, 家労働宮のイルミネーション, 家労働者の階級, 家の儀毎事期, 家勞働階級の状態改善者, 家勤労婦人の種々, 家北条安房の密命, 家北条家前田家伊達家そのほか, 家北欧的な地方色, 家北渓は狩野家, 家北畠と号す, 家匯附近の庶民, 家医師実業家種々の階級, 家医師芸術家あるいは文学, 家医師軍人など数十人, 家医文法理工の学士, 家医者たちの軍事的御用根性, 家十一名の名, 家十万石の所領, 家十三代稙宗が天文五年, 家十人ほどにそういう, 家十代前の宗, 家十八番の, 家十六燒けたり, 家十四五軒にも及び, 家十数名からなる, 家十数年前友人中村善吉氏が英国, 家十軒ばかり人家, 家十軒ごとに兵隊一人, 家千代丸という老練, 家千余年来の守護神, 家千田梅家軒氏の談, 家半分商人のよう, 家協会レコードに採られ, 家協会云々のこと, 家協会代表の青野季吉, 家協会会員の中, 家協会劇作家部の力, 家協会員評論家協会に入っ, 家協会日本著作家組合日本出版協会新日本医師連盟, 家協会案を提げ, 家協会編纂の創作集, 家協会設立等について各国代表, 家南太田清水町一番地へ移転, 家南家と主人, 家南隣は島原藩松平, 家単位のよう, 家単純なる心, 家卜部家丹波家もあつ, 家危難の時, 家即村君の家, 家却って駄目な, 家卿忠孝の道極り, 家原市之進に替るべき, 家原本虎一郎翁であつ, 家原田雲井は梅干, 家の飲食倉庫, 家厨川白村は, 家厩河岸の夜鷹小屋, 家厳以下多くの家臣, 家厳君玉叔父家大兄の膝下, 家去るや濡れたる, 家参内の様子, 家参府の駕, 家及一般社会の人々, 家及其傀儡が行, 家及学者のこれ, 家叔杏坪先生のこと, 家叔母達四人と清月, 家受難の問題, 家口伝なかには弟子, 家口述の紫繩, 家口錦州を通っ, 家古めかしい梁には, 家古り堀は, 家古今の興廃, 家古文書いじり紙魚の化物, 家古来の故実, 家古筆氏も時々, 家古蝶の作品, 家古谷綱武君の宅, 家只今聞せら, 家只圓翁が茶道, 家召使奴隷の主人, 家母多, 家台囃子の音, 家号みたいなもの, 家号今日の語, 家号文化がほ, 家号製造の由来, 家司七八人だけを供, 家司侍雑色たちまであふれ, 家司四五人だけを伴っ, 家司宰のもと, 家司巨賀はよく, 家司法官興行者その他多数の人々, 家司級の人, 家司風の者, 家司馬遷に資する, 家各個の素質, 家各室へつける, 家各自同好の士, 家合点小路から海老床, 家吉原の幇間, 家吉宗公の御, 家吉致といっ, 家吉野町なん, 家同じく楢林と, 家同士知合いというん, 家同姓のともがら, 家同居人一同の恐怖, 家同族の老人, 家同様壁の中, 家同様秀吉もまた, 家同然で若しも, 家名人家元などという連中, 家名倉弥次兵衛の流行, 家名古屋の徳川家, 家名士学者が起っ, 家呉八段この独創的, 家呑気者労働者知識階級貧乏人物持ちそれら, 家味噌汁の味, 家和三郎が引きうけ, 家哀汝故鄭重賜汝好物也, 家品川区北品川に引, 家品物の目録書, 家員らも助力, 家哲人としての名誉, 家哲学者よりも遥, 家哲学者宗教家たちが日, 家哲学者等に見る, 家哲學者畫家彫刻家建築家文學者音樂者等の名, 家唐人竹本翁と子孫, 家唐崎荘之介, 家唐紙一重に主人組, 家唯我独尊的愛国自認者であるに, 家唯物論者などへの, 家唱門師と呼ぶ, 家商君の遺, 家商売になる, 家商業家農業家工業家医師芸術家あるいは文学, 家問題として取り上げ, 家善き人に, 家喜久家秀栄家梅福の家, 家喜多村氏も来, 家嗜み啖う, 家ではない, 家を石川兵助, 家嘉石川郡松任の城主徳山五兵衛則秀, 家嘉長九郎左衛門連龍安井左近太夫家清など, 家嚴肅な義務, 家四人を取囲ん, 家四代にわたる友情, 家四十九代の祖虹汀氏, 家四名の書蔵票, 家四軒に貼り紙, 家四辻石垣山そういう物, 家四階に貸間, 家回向料の文字, 家回禄す, 家団体との一致, 家団十郎門下の団福郎, 家国元の地方, 家国学者にとかく, 家国家のかく, 家国家宗教その他に一つ一つ, 家国民生ヲ以テ念ト為サザルニ, 家を懷, 家國天下の富強, 家國木田獨歩田山花袋松岡國男太田玉茗宮崎湖處子等諸家の小, 家團體や學, 家土塀の崩れ等, 家土蔵をなく, 家土蔵づくりの雑貨店, 家人者将, 家在銘で山水, 家地主たちの夢, 家地主政府を倒し, 家地主独裁の野蛮, 家地主的な土台, 家地主諸君に夫, 家地方自治體その他職業又は階級等, 家地牢の鉄門, 家地獄煉獄天国の三界, 家地田畑以外に必ず, 家だと, 家坂口家山上家など幾十家, 家坂本は元来, 家坂部健作の存在さ, 家坪井晋氏の世話, 家城址の濠, 家執事の談, 家堀川保吉はある, 家といふ小村, 家場合によつて照明, 家塾育英舍を開かれた, 家壁書とか細川幽斎, 家壁隣の火, 家壇横の事跡, 家士らがこぞって, 家士一同が粛然, 家士一統には破, 家士一統潔斎して, 家士七百余人は高張, 家士二人を添え, 家士二十人を抜擢, 家士十二人を選ん, 家士十人ほども連れ, 家士十数名がいちどに, 家士召使にはみな暇, 家士同士の喧嘩, 家士弓削田宮内は若松城, 家士得能万兵衛から明四日千住骨ヶ原, 家士族じゃありません, 家士春日源之丞, 家士梅津羽左衛門の娘, 家士武藤清左衛門の一行, 家士溜りの剣士, 家士玄蕃の門人, 家士百八人も個々討死, 家士石母田外記の後, 家士竹村小平太だ, 家士西尾仁右衛門が鎗, 家士達は途端, 家士長屋の方, 家売りて妻伴, 家売り病みて死にし, 家売る店のみに, 家変れへんよってに, 家夏目漱石の門下, 家外交官なるジェームス, 家外交家財政家實業家と云, 家外猫は家内, 家外科医の此弊, 家ク採, 家多からしめば, 家多ければ日頃, 家多少韓彭將不, 家多年の熱心家, 家多数であるが, 家夜半ニ清洲ヲ出, 家大いに動き歩行, 家大事でがん, 家大井氏の長女瑠美子, 家大人ここに来, 家大人所撮写千金方中, 家大体終る, 家大体それは女, 家大兄の膝下, 家大名でなければ大, 家大和節斎と申す, 家大国法家または大, 家大坂筑前屋と申, 家大奥の催し, 家大将家のため, 家大小ともみな, 家大岡昇平氏といっしょ, 家大川竜太郎はしかし, 家大川竜太郎氏方に押入り, 家大江蘭堂は人形師, 家大河内子爵は機械製造工程, 家大石良雄の酔狂振り, 家大磯虎之助は奇談クラブ, 家大老を召す, 家大臣政党首領などを罵倒, 家大衆的な良い, 家大鳥文学博士がこの, 家天国的な社会, 家天文家が数学, 家天知子の威筆, 家天蓬元帥猪悟能とともに新しい, 家太宰さんのざんげ話, 家太郎左衛門とこの, 家失せめやも, 家失われずとか聞き及びます, 家奇人変人中のニセ, 家奇面城なんて長い, 家奉公に身分, 家奥住龍子女史の略伝, 家奥州の伊達, 家奥州攻めの帰る, 家女優大選手, 家女商来る, 家女天下という, 家女技師等は男子, 家女病気に而末, 家にあらず, 家好きになれませんでした, 家如何に暗愚, 家妥協せざる社会改良家, 家の家, 家妻子以下の名簿一軸, 家妻母として生活, 家の幾勢たる, 家姉之所贈, 家始めその他の朝敵, 家始め三奉行黒田長政等も各々, 家始め男女三十九人一堂に自害, 家と婦, 家に書い, 家を出し, 家姫路の本多家, 家姻戚として二国同盟, 家娘婢卑劣の極, 家という役目, 家婢下男共は周章て, 家婦ニ姦淫スルコト他邦ニモアリトイエドモ, 家婦人運動実行家等の社会的特殊才能, 家婦日を期し, 家ヲ献ジ気ニ, 家の子供, 家嫡々のお, 家子供妻と他人, 家子規にも敬服, 家子飼いの女中, 家を読む, 家学校などを建設, 家学校劇場映画製作所ソヴェトの運営, 家学生の事件, 家学者ジャーナリスト興業品製作者および興業者, 家学者政治家の墓, 家学者権威者の偽善, 家学者社会批評家ジャーナリストなどはほとんど, 家學會に痛論, 家學者の間, 家學者たるとに論, 家學者識者を罵倒, 家學説に對, 家宇合を式家, 家宇田川文海と同棲, 家宇野浩二氏が, 家守りのやう, 家守る妻子の, 家安心致しまする, 家安泰無事長久の有様, 家安田新太郎氏の画塾, 家安藤盛酋長から桔梗色, 家安部君は心配, 家宗と申すの, 家宗匠鳶頭細工物の職人, 家宗教家哲学者等に見る, 家宗教家達は我文明, 家宗教的狂信者としてわれわれ, 家官僚によって用いられ, 家官吏など和服, 家官吏玄人筋らしい老婆, 家官吏軍人新聞記者何れも落第者, 家官禄を与え, 家定めありその中, 家宜しいの時, 家宜しく音楽の, 家朝が, 家実業家医師軍人など数十人, 家実業家学者を網羅, 家実業家教育者並びに子女, 家実業家文士著名の俳優, 家実業家連はもちろん, 家宰阿賀妻の下知, 家家ボヘミア風の帽子, 家家主様はどこ, 家家人東国ヘ下, 家家付の娘, 家家來伊藤半右衞門, 家家家ボヘミア風の帽子, 家家庭の風儀, 家家庭夫と妻, 家家督相続の届, 家家訓の一節, 家家譜を写し, 家家賃いくらなのよ, 家寅子丸一小仙, 家富める者多し, 家富力の充實, 家富多国家初若松, 家富岡鉄斎老人の幼友達, 家富田氏が高価, 家富豪の類, 家富豪等は皆, 家寒国には土中, 家實朝を初め, 家實業家と云, 家實業家役人軍人教育家いろいろち, 家實業家法律家教育者の生活, 家でも見付かる, 家寺神社それ等に通ずる, 家対作曲家の関係, 家対俳優というもの, 家対労務者ではない, 家対地方というよう, 家対戯曲作者及び国立劇場役員, 家対秋川家の問題, 家寿太夫の名, 家専ら子供五人と, 家専制の反動, 家専有の言語, 家専用の一つ, 家将校紳商芸術家高級官吏たちとその, 家将軍とも互角, 家尊氏であった, 家尊重の気風, 家小作組合運動者などが合理的, 家小倉藩ニ仕ヘ, 家小光の神聖, 家小勝も三度廃業, 家小奴が登場, 家小山正太郎氏の方, 家小川治平は雑誌, 家小幡景憲の軍配ぶりとそッくり, 家小幡景憲どののご, 家小杉卓二の夫人由紀子, 家小村侯爵はタシカ私立法律学校, 家小林の盲人蛇, 家小林氏らとともに奈良田部落, 家小林秀雄氏などが彼, 家小林秀雄自身である, 家小栗桂三郎の死, 家小栗桂三郎自殺す, 家小牧実繁博士の一閲, 家小田夫妻殺し遂に自白, 家小田夫婦殺しの犯人大寺一郎, 家小田嶽夫氏である, 家小石川に在りし, 家小笠原家またこの, 家小笠原家榊原家有馬家池田家その他所縁の大名, 家小笠原家黒田家本多家へも次第に, 家小糸源太郎氏がどう, 家小説家である私, 家小説家等で大家, 家小郷虎吉氏は京極, 家小野俊太郎を偽名, 家小野宮吉と結婚, 家小野宮吉数年来の腎臓結核, 家小野潤平が死んで, 家少なからず, 家少年その土地, 家能らん畳さえ, 家尻切人殺しまでやる, 家尾崎紅葉が不治の病, 家尾州の若殿, 家尾州徳川家榊原家小笠原家またこの, 家尾花と改号, 家居間から這, 家屋並に橋梁, 家屋代大郎, 家屋敷反別帳その他青山の家, 家屋敷家財迄奪取ん, 家屋敷田畑家財等迄押領, 家の遠, 家屯事件も無事, 家屯夕かげ暗し地, 家屯楊家寨柳家店などと呼ぶ, 家屯附近にある, 家屯駅で安, 家屯鳳凰城得利寺海竜城黒山屯長春遼陽鉄嶺湯崗子等に農場試験地, 家山上家など幾十家, 家山下には長, 家山城の国四明ヶ岳, 家山崎の家, 家山崎家へもこと, 家山本松谷は流石, 家山東の二百州, 家山林家植物家らにし, 家山県蔦之助, 家山縣有朋が當時, 家山野大五郎氏, 家山野氏を慰める, 家岡本一平との結婚生活, 家岡浪之進の浪宅, 家岡田三郎氏も誰か, 家岩野泡鳴に求め, 家の谷, 家島田筑波氏が旧記, 家島袋君が大いに, 家島見むはいつの日にあらむ, 家崩れの耳欠け鼻欠け, 家崩れる荒壁太い, 家崩壊の時, 家だ, 家川上冬崖氏の孫, 家又商, 家工事竣成の暁, 家工人の苦心, 家工業家医師芸術家あるいは文学, 家工芸家飛行家タイピストの知能的職業方面, 家工芸美術家詩人であると共に, 家左官の伊八, 家左甚五郎作の眠り猫, 家巨刹の藪, 家巨富となった, 家市民のそれ, 家希望の事, 家帰国参勤相やめ江戸, 家帰而父母爾事毛告良比如明日吾者来南登言家礼婆妹之宮答久, 家幇間のやう, 家平家の弓取, 家平岡家鵜殿家の出役, 家平松誠一が諸, 家平林たい子中本たか子戸田豊子大田洋子円地文子大谷藤子真杉静枝大石千代子林芙美子詩人として永瀬清子等, 家平林初之輔氏は, 家平田氏の交友録, 家幸いにこれ, 家幸田露伴の蝸牛庵, 家幾人ありとも, 家幾代目かの寵姫, 家幾多の蛾眉, 家幾棟か有っ, 家広告を想い出した, 家広範囲にひとしく, 家で食, 家座談家として人々, 家にはまだ, 家廃れて我が, 家廃業みたいな自分, 家廟中に封じ, 家建てケンズイなどといっ, 家建久九年に生れ, 家建文皇帝をかしずく, 家建築家文學者音樂家等の個性型, 家建築家文學者音樂者等の名, 家建築師達は小さな, 家建築技師土木技師造園家などが日々彼, 家建築航海の理論家, 家建續けたる, 家弁護士として金, 家弁護士弁論家演壇論争進歩光明人権出版の自由, 家の家元中心制度, 家式喜劇と断然, 家式滑稽として終った, 家弟信重は此両三年行, 家弟柏軒同訪高滝大夫旅館, 家弟潤三郎に三村氏, 家弟素亮画家浜田如洗氏に師事, 家弟経盛は参議, 家弾正久秀のあ, 家当主の跡目, 家当事者からケチ, 家当人自身さえそう, 家当年の冒険家, 家当時見番の取締, 家彫刻家戯曲家舞踏家評論家流行歌手作曲家漫画家すべて一流の人物, 家彰子への指, 家役人学校経営者などによって結成, 家役人軍人教育家いろいろち, 家役所勤めの人, 家役者だ, 家彼女は小父小母, 家征伐がもくろまれた, 家征夷の職, 家待合みたいな造り, 家待合料理屋の亭主連, 家後藤宙外氏が鎌倉, 家従から甲斐の, 家従ぜんぶと別れ, 家従たち二人が七十郎, 家従たち老臣から小姓頭, 家従らは黙々, 家従七人にも銀三百五十匁, 家従三富の事, 家従田原栄作とあり, 家従等に比べる, 家従詰所に往き, 家従達の仲間, 家従郎党たちのかなしみ, 家従部屋付き女中料理人せんたく女, 家従長屋の一軒, 家得意の禅, 家御墨付紛失の届, 家御子左家組が加えられ, 家御存じですか, 家御嶽冠者以上三つの敵, 家御感の餘, 家御指南役ともあろう, 家御朱印入の長持, 家御用労農大衆党と同じ, 家御用工人土塀囲いだが, 家御用達の大, 家御許も有, 家復帰の記念謝恩日, 家徳行家哲学者宗教家たちが日, 家徹底家の心, 家心理とする, 家心理学者及び物理学者, 家必先跨火, 家志士が井伊, 家志望のかの女, 家志望者のみを相手, 家志願娘には心, 家志願者はつとめ, 家忘れ身も, 家忠以後八十人の大臣, 家忠日記による, 家忠日記天正十八年二月二十二日の条, 家にし, 家思はざらむ, 家思ふ時川下へ, 家怪しの人々, 家恋人を卑しく, 家恢復後も内務大臣, 家息女をふりまわし, 家息女一件から五十幾年, 家悦ちゃんといふ子, 家作家という, 家も出, 家惚団治のところ, 家氏の, 家愛國家を見ますれ, 家愛州又見, 家愛陶家をし, 家態度の定義, 家き美術家, 家慷慨家等の名士, 家憎しとおもひ, 家懇親會の催し, 家懇談会日本橋の若松屋, 家しさ, 家成りていらなくなりし, 家成りし事を, 家成り金とでもいう, 家成巧せる政治家, 家成立は殆ど, 家も見ざりき, 家ひは, 家戦捷の御礼, 家戯曲家うちでもこの, 家戯曲家等を作れる, 家戯曲家舞踏家評論家流行歌手作曲家漫画家すべて一流の人物, 家を閉ぢ, 家戸坂潤岡邦雄の如き, 家戸室口の別, 家房前を北家, 家所有物等をけなしつける, 家所謂芸術小説家達から往々, 家所領中に所々, 家所領目録の中, 家扇屋とは扇, 家手合いは描写, 家手習机の上, 家手製のビール, 家手飼の郷士たち, 家批評家戯曲家を呼ぶ, 家批評家装置家その他演劇関係者を悉く, 家技師の如き, 家技師新聞記者国際的仲介人アルジェリアの黒奴売買人的, 家技術者芸術家学者社会批評家ジャーナリストなどはほとんど, 家へは來, 家投句数の激増, 家抜けて出, 家招く人の, 家持ち場の宿坊, 家持つ方々よりは, 家持病は胃潰瘍, 家指導に重大, 家挑菜女載雪, 家振って小笠原, 家振りたがるのは, 家振るい童子部屋の, 家掃除米や薯, 家探検家教育家飛行機家看護婦などのよう, 家接吻の場所, 家控えどころの帳, 家揃ひだから多く, 家提供のキャンティ, 家搜索致さんが, 家撃ち出で, 家播磨殿家士梅津羽左衛門の娘, 家擁護の現行法, 家擁護論を説きはじめ, 家支配階級の悩み, 家改造ガ國民精神ノ復活的躍動タル根本義ニ於テ特ニ急務ナリトス, 家改造後ノ將來, 家放蕩山人と申方, 家政府の役人, 家政治との間, 家政治家地主諸君に夫, 家政治家宗教家達は我文明, 家政治家富豪等は皆, 家政治家教育家及一般社会の人々, 家政治家的人間と非, 家政治家社會評論家と云, 家政治家等をし, 家政界のこと, 家救癩事業家のおのおの, 家教師牧師巧弁家ピアニスト批評家すべて自分の製作物, 家教師評論家新聞雑誌記者飛行家運転手車掌官公吏事務員等があっ, 家教育家及一般社会の人々, 家教育家宗教家と何等, 家教育家看護婦等に従事, 家教育家社会改良家新聞雑誌記者などの生活, 家教育家芸術家政治家富豪等は皆, 家教育家飛行機家看護婦などのよう, 家教育者慈善家と共にそれら, 家教育者諸種の労働者, 家宅した, 家敬虔家の情熱, 家数世にわたる重職, 家数十万の人, 家数多あり, 家数学者の本当, 家整うて国則, 家敷町でこの, 家敷跡ですよ, 家數世の印譜, 家數僅二十二軒にて困窮, 家文士著名の俳優, 家文学家宗教家あるいは政治家, 家文学者を招待, 家文学者政治家の類, 家文学者詩人美術家史家哲学者事業家等あり, 家文學者詩人科學者哲學者の山岳文學, 家文學者音樂家等の個性型, 家文學者音樂者等の名, 家文書巻之一, 家文書石卷の齋藤氏文書, 家文筆の人, 家文藝批評家等紛然雑然としてゐる, 家文雅の輩, 家断絶なんざましゃく, 家断絶後内藤家に伝う, 家断絶菊地半九郎, 家う云う, 家斯く数えて, 家斯んな家, 家新しく建てる家, 家新原家の墓, 家新奇の才覚, 家新田成田康長の五人, 家新築披露扇の句, 家新聞記者なんてそりゃ, 家新聞記者灯台守り音楽家, 家新聞記者等を会員, 家新聞雑誌記者などの生活, 家新聞雑誌記者批評家芸術上の山師, 家新聞雑誌記者飛行家運転手車掌官公吏事務員等があっ, 家新道の曲角, 家方面ではロダン, 家旅もろとも逃げ出し, 家旅行家金の採掘者, 家既に言へ, 家日本で最も, 家日清生命の, 家日用の事, 家明るい気分, 家明智十兵衛光秀であった, 家映画の会, 家映画俳優女学生中学生あらゆる何, 家春の家おぼろの当世書生気質, 家春日野ゆかりは自宅応接間, 家昨夜は夜半, 家より此細工, 家昼頃に友田純一郎, 家時には国税庁, 家時には作家の, 家時代一と夏, 家時村行念資時眞照云々楚忽之儀人怪之, 家時清和の嫡流, 家晩餐何だか気, 家を奥州留守職, 家智謀のたけた, 家書中無復専本, 家書及飯田書状来る, 家書家統を継い, 家書庫の蔵する, 家書記の引田妙源, 家最も繁殖し, 家最高の事業, 家月三円でその, 家月三圓でその, 家月謝取り本位の学校, 家有るつちもんだ, 家有名な官吏, 家有妖と書い, 家有島武郎氏が米国留学, 家有所へ出, 家有機體的信仰ヲ彼等ニ訓ユルコトナカリシカ, 家有機體的信仰ヨリ結果セル國民皆兵主義トヲ混同シテ臨ミシ無智, 家有縞衣待吾返孤衾如水已三年, 家有馬家などにも奉公, 家有馬家池田家その他所縁の大名, 家有馬稲葉立花家中川奥平柳沢大聖寺の前田等, 家朝倉星雲氏のお, 家朝寝房むらくもか, 家朝鮮の爲め, 家木下逸雲は支那人, 家木村義男と牒, 家木綿の窓掛, 家木谷蓬吟氏の手, 家ダ兵馬, 家未亡人幸子が十一月二十四日, 家未醒でも, 家末流という由緒, 家本国の中核, 家本堺本などが生まれた, 家本多三四郎の屋敷, 家本多家へも次第に, 家本多家有馬家などにも奉公, 家本来の才能, 家本郷の岩本, 家本郷千駄木町の妹カエ, 家朽ちそうに, 家杉和泉徳の家, 家杉山其日庵氏の秘蔵, 家杉日の家, 家杉村刑事を伴, 家杉田恭介君川又英君及び水戸中学出身, 家の実, 家材道具が運び出され, 家村上賛之丞, 家村山に靠, 家村役場にゐる, 家来島太夫は眼, 家東久邇宮殿下が鐘紡工場見学, 家東京がえり, 家東北河堤竹林下築村塾, 家東野南次はその, 家松の木柱に竹, 家松井圭子一九二七年に, 家松園の内面, 家松平越中守を以て彼, 家松新丁字松恵比寿増田福の家, 家松方氏の力, 家松波博士が令息殺し, 家松浦屋を奸計, 家松浦氏の一族, 家松浦竹四郎を訪問, 家松田に照會, 家板垣退介氏曰く, 家に音づるゝ風, 家林きん子になった, 家林房雄氏が藤森成吉, 家林美作などという常に, 家柏原宿の森田屋方, 家某氏夫妻がやって来, 家染肆を張る, 家柳家某とは今日爆笑諧謔, 家柳川の立花家, 家柳生一刀流の大御所対馬守, 家柳生家の三男, 家柴村盛之もあり, 家柿江とはもつれあっ, 家が畠山義就, 家栄えますると云う, 家栄えるときは, 家栄屋を再興, 家株主会社の社長, 家根からまるで家が, 家根並の彼方, 家根付の橋, 家根伝いに浮かれあるく, 家根右の方, 家根向うに煙筒, 家根屋の持っ, 家根最上階には銃眼, 家根棟の上, 家根石などが転, 家根草にまじっ, 家根越しにカッ, 家桃太郎と千橘, 家桃水和尚はモーズレー, 家桃源亭花輔君などにとにかく, 家桃青は意気地, 家が立ち直った, 家案外よさそう, 家桐畑の小さい, 家と言, 家桜田堀通の上杉侍従家, 家桜田霞が関の松平少将家, 家桶御用の株, 家梅津只圓翁の真骨頂, 家梅福の家, 家棚橋讃之助, 家棟ともども淋れきつた悲しさ, 家森三左衛門の手兵, 家森田やの家名, 家森田屋銀五郎の方, 家の菊, 家植品は総体, 家植木が好き, 家植木屋が商売, 家植物の豊富, 家植物家らにし, 家楠田匡介君は画, 家楢島兼次も酒友, 家業突張りの水茶屋養母, 家榊原家小笠原家またこの, 家榊原家有馬家池田家その他所縁の大名, 家榮屋を再興, 家槍術が三家, 家様私がひとつ, 家様自身がかく, 家様鶏血草などと申す, 家樋口一葉女史以外に無, 家横領のため, 家橋船家畜の類, 家橘家圓太郎がこの, 家橘栄三郎の, 家橘栄三郎これに隣, 家橘栄三郎松助の, 家機關を握つ, 家欄干家毎にある, 家權力者に對, 家欠席鶴亀出現の会, 家次に出て, 家次男との縁談, 家次第に豐に, 家歌人の中, 家歌合せなどを中, 家歌吉といへるもの中橋, 家歌子の尿, 家歐陽修は新, 家正月近い淋しい空, 家此家の差別, 家此麼家と考え, 家武田工学士なり, 家武田氏がひと頃, 家歩いて金沢山, 家歳首兎の御, 家歴世の遺志, 家歴史家さもなければ信者, 家歴史家新聞記者等を会員, 家歸路の災難, 家して, 家死馬を食い, 家んど, 家殆ど真暗な, 家の外, 家段々御座候何れも, 家毎まわりにチャシ, 家毎人毎に就, 家毎軒竹簾を垂, 家比比珠江散, 家毛利元康以下二万の勢, 家毛利重能を明, 家毫も活動する, 家民人の康福, 家気に入りましたか, 家気分というやつ, 家氣質が遺, 家水上瀧太郎の, 家水論家が剣, 家水道普請中の工事なぞ, 家求道者主義者哲学者等に見る, 家汚くるしい書生を, 家江口渙氏である, 家江戸家老田丸主水正, 家江戸詰めの藩士, 家江馬兆策氏を自宅, 家池内信嘉氏が或, 家池田家その他所縁の大名, 家池田浅野井伊藤堂阿波の蜂須賀, 家決してその素人専門家, 家沁みた気の毒な, 家没落後水の尾村有, 家の家, 家沢山あらアね, 家沢庵と細川家, 家沢潟家若喜家, 家沢田撫松松崎天民それから芸界, 家より海, 家河子の沙, 家河子駅に下り, 家河野広中と四国, 家河野氏邸にあっ, 家治国平天下という東洋政治哲学, 家泉鏡花氏の話, 家法家名家墨家縱横家雜家農家小説家の十種, 家法律家などに至る, 家法律家兵法家神秘家錬金術家および後, 家法律家教育者の生活, 家法曹界の名士, 家を啜つ, 家泥酔漢が泣き出だす, 家注陶子即皐陶子伯益也, 家津留といふ婦人科医, 家流れ田流れ, 家流れ人死するもの, 家流行歌手作曲家漫画家すべて一流の人物, 家浄観さんが節附, 家浄観翁の手, 家浅井忠氏の追善, 家浜の家杉和泉徳の家, 家浜田氏に托し, 家浪人いたし當時, 家浪人どもはどう, 家浪人権藤四郎五郎左衛門はなるほど, 家浮沈の問題, 家海老名彈正氏も翁, 家海野十三氏によって書かれた, 家海野寿作の娘分, 家海防の事, 家淡島寒月の梵雲庵, 家淡海くらいのもの, 家深見家の夫人多代子, 家清六の意気地, 家清原家もあり, 家清岡進先生の御, 家渠ら二人は罪悪, 家温室内の食卓, 家温泉というの, 家湯浅一郎氏の阿, 家谷国四郎氏が, 家満喜岩村等ト曰フモノ大ニ優ル, 家溌溂たる近代人, 家源左衛門に先, 家ぶるに, 家滅び族夷げられた, 家滅後細川家へ仕えた, 家滅目八跡此筥乎開而見手歯如本来家者将有, 家漁業家も日本, 家漆工指物師など幾多, 家演出家といふやう, 家演壇論争進歩光明人権出版の自由, 家演奏家管絃楽長歌手それから汝親愛, 家漫画家すべて一流の人物, 家漸く空きたる, 家漸次に変じ, 家潰れても公儀, 家濡れた家財が, 家瀬戸口備前守精妙の剣, 家為伝と戸令, 家為政者は行手, 家為義義朝という, 家烏山侯霞崖の書, 家無し女だ, 家無用有害論が一つ, 家無用論はとに角一隅, 家無益な饒舌家, 家無視となり, 家然し留守アンピール, 家焼きてえちゅうに, 家焼等いう名, 家熟練工を一九三三年, 家熟練工養成のため, 家父子が殺害, 家父子前後十二年の苦闘, 家毛不来, 家片上伸もこの, 家なるもの, 家かも, 家牡丹屋はもと, 家牧師を動員, 家牧野家小笠原家黒田家本多家へも次第に, 家を言, 家物語のかたち, 家だ, 家特待の家老, 家狂言作者に向, 家狩屋愛子はその, 家独創的思想を抱く, 家独立不覊, 家独逸人のフリッツ・ル, 家狭くって, 家と異名, 家猪野猪野獸を甚だ, 家珠子さんは女流自動車競走, 家現われ鉄腕を, 家現実家だから, 家理宮に七年間おとどまり, 家理想的の代議士, 家理論としてのマルサス説, 家琢磨小次郎と茣座右門, 家瑠璃すむ秋, 家瓢六といふ幇間, 家瓦町長屋の一名物, 家生活自体のうたがわしい, 家生物学者数学者等将来日本の科学, 家生理學家等が支配, 家生産ト私人生産トノ併立スル原則ニヨリテ私人生産業限度以下ノ生産, 家生産及ヒ個人生産ニ雇傭サルル一切勞働者ノ權利, 家生田長江馬場孤蝶阿部次郎高村光太郎中沢臨川内田魯庵などによって支持, 家の二三週前, 家産院は何, 家用人へ持込んだ, 家用人味噌を摺る, 家用人岩上典蔵が主家, 家用人白木重兵衛がその, 家用人笠原常右衞門惣取締として江戸表, 家用心なさいね, 家田中みの子にあてた, 家田中祥雲氏は頭, 家田中親美氏なども観, 家田島秋夢がやつ, 家田村氏の二十錢談判, 家田沼山城守意知の屋敷, 家田邊を昔, 家由緒書と川目直, 家の多い, 家男谷との間柄, 家町人大年寄勤, 家町人一統がどんな, 家町板橋練馬三河嶋を逃げまわっ, 家画家彫刻家医文法理工の学士, 家画家彫刻家漆工指物師など幾多, 家画家新聞記者などの協会, 家画家詩人ならびに出版業者, 家界内の安寧, 家界測定の基準, 家畑山林悉く他, 家畑橋などが三千年, 家留守居庄野慈父右衛門から酒井家目附, 家は破れ, 家に幅広き, 家疎らで多少, 家疎開する由, 家疾馳して, 家に罹っ, 家病める伯母を, 家痢疾に付招客, 家発狂して, 家發展し其の, 家白くかつ照りつ, 家白井小助, 家百万石の御用商人, 家百年のため, 家百済河成や巨勢金岡, 家百貨店経営者等直接利害を感ずる, 家的テムペラメントが純一, 家的ヒューマニズムとして, 家的ルートによって暖衣飽食, 家的人物ではなかっ, 家的人相が観る, 家的俗才があったなら, 家的儒者中井竹山が山崎派, 家的公見に, 家的冷静を保っ, 家的処世術としての非, 家的出発点とその, 家的判決は清盛ひとり, 家的利益を齎す, 家的制作的な想像力, 家的功勞の多い, 家的労働組合は不合理, 家的勢力の専横, 家的卓見であるが, 家的哲学者のこと, 家的商品である, 家的問題を含める, 家的啓蒙家とであった, 家的器度ではない, 家的地盤を引き, 家的天分とをもっ, 家的姿態をこらした, 家的存在である以上, 家的客観性によって男性, 家的専門家の立場, 家的度量がない, 家的心事は容易, 家的必至から来る, 家的思想を有, 家的意欲がある, 家的感傷をもつ, 家的感能がない, 家的憤慨を漏, 家的搾取社會主義的裏切を摘發, 家的支配の形態, 家的政党であるが, 家的政治家のこの, 家的敏感を巴里, 家的文人の典型, 家的文士の編集者, 家的料理人である, 家的日暮しの人工性, 家的明識と翻訳者, 家的時代は心, 家的機局に用, 家的欲望の対象, 家的民族的野心の鬪爭, 家的民衆である, 家的気魄に満ちた, 家的氣質を有する, 家的特権等々の上, 家的生活に酔う, 家的産業は既に, 家的矛盾にかの女, 家的知識に傾聴, 家的矮小化に陥る, 家的社会の必要, 家的社会改造家とでも云う, 家的社會主義者もあり, 家的社會的の重, 家的稟質の成長, 家的空想を走らせ, 家的統一ニヨル國家經營ハ米國ノ, 家的自尊心文化文学の独善的, 家的自由は資本家, 家的臭味を持っ, 家的血液はどこ, 家的見地からも世間, 家的覺醒アル鮮人ハ之ヲ現在, 家的觀念を超脱, 家的詠嘆だという, 家的認識ト國家ニ移レル事業ヲ其人ニ經營セシムル手腕發揮, 家的諷刺作家だつたの, 家的趣味であって, 家的野心などはなく, 家的限界とし, 家的面目が仄, 家的馬鹿者やアカデミー, 家術語を, 家皆私の友達, 家に頼朝, 家盛衰の大, 家きて, 家監獄が死, 家じるしの画, 家目的の事業家, 家目附へ酒井家, 家盲従者口上手これが損友, 家直入道長威斎が開いた, 家直入道長威斎剣法中興の祖, 家相伝三略のことば, 家相馬家の軍忠状, 家看護婦などのよう, 家看護婦等に従事, 家眷宗族のため, 家眷息絶ゆるとは, 家眷親属己が身勝手, 家を以て編成, 家着きの娘, 家知っている, 家石井馨之助, 家石切の理論家, 家石垣等が殆, 家石川五右衛門成金女郎屋の亭主, 家石毛唯人の屋敷, 家破れんとする, 家を召し放され, 家磯辺セメント店の奥座敷, 家礼婆妹之宮答久, 家社会主義者を問はず一様, 家社会改良家の大, 家社会改良家哲人としての名誉, 家社会改良家教師評論家新聞雑誌記者飛行家運転手車掌官公吏事務員等があっ, 家社会改良家新聞雑誌記者などの生活, 家社會評論家と云, 家社會黨からも共和黨, 家社長夫人娘重役病院長婦人会関係の知名婦人等, 家を全うせしめた, 家祈祷にすら本陣, 家祕法を以て藥, 家祖たちの餘徳, 家祖みな漢朝の鴻恩, 家祖八幡殿からのわが, 家祖孫堅の君, 家祖忠教忠政様このかた, 家祖早雲以来の野望, 家祖東呉を興したまい, 家祖正信などの作品, 家祖法の鎖国, 家祝融氏の怒り, 家神官僧侶を合し, 家神田正彦の個人事業, 家神秘家錬金術家および後, 家祭りが村中, 家祭壇に安置, 家禄一門の官位重畳せり, 家禄世襲制度の恩沢, 家禄召上げ放国, 家禄召上げのうえ追放, 家禄城地を召しあげられた, 家禄奉還金の書類, 家禄格式を附与, 家禄没収族籍剥奪などという手段, 家禄没収追放ということ, 家禄没取家名断絶というきびしい, 家禄等も最前, 家福井トキ同桝徳, 家福岡本町の呉服屋, 家福本新柳町に新柳亭, 家福松の名, 家福田君が一方, 家福田恆存は, 家福田英助君に社, 家福田英助氏に買わせた, 家秀栄家梅福の家, 家私是非見る好き, 家に入, 家科学者政治家を輩出, 家科学者等の自発的参加, 家科學社會科學政治科學また箇人的利己主義, 家秘宝の一つ, 家秘曲集にゲルハルト, 家かとにかく, 家移住して, 家程なくソオルが, 家程に小さく霞ん, 家の滞り, 家種々の階級, 家稲毛某の家, 家に対し公儀, 家空しく大川の, 家空色の, 家穿鑿家古文書いじり紙魚の化物, 家としてぴあ, 家のカーテン, 家窺わざるはなかっ, 家の間, 家立場へは休まず, 家之助, 家竝みの間をいいかげん, 家らしい十四五, 家端倪すべからざるもの, 家競爭ニ眼ヲ蔽ヒテ何ノ所謂科學的ゾ, 家竹中半左衛門翁, 家竹二国家山桜家松新丁字松恵比寿増田福の家, 家竹内式部が罪案, 家等々が最高, 家等々今日なお迷宮, 家等紛然雑然としてゐる, 家の水, 家管絃楽長歌手それから汝親愛, 家の家元露八, 家があり, 家篠原蔵人や詩人, 家籠沢家細谷家坂口家山上家など幾十家, 家精神ではない, 家精緻に過ぎ, 家糸洲安通翁は唐手, 家系図というもの, 家系統の人, 家の国家, 家紅ヶ谷なのよ, 家紅平といふ小町紅, 家紋章入りの皿, 家紋章録に載っ, 家納屋物置等一切をこの, 家納屋衆の中, 家が文明元年, 家紛乱の後, 家を生じ, 家累世之墓, 家細君来りて, 家細谷家坂口家山上家など幾十家, 家終吉さんは図案, 家組合日本出版協会新日本医師連盟, 家組織トシテハ少シモ不可ナシ, 家組織社會組織に對, 家組織美をなし, 家経営の精練所, 家経済人に一任, 家経済学者統計学者達の書いた, 家結婚の余興, 家結縁し給, 家絢爛な武具, 家絶えて神, 家經世の基根, 家經營ハ米國ノ, 家続きであるから四角, 家が豫定, 家支配人を, 家総評のやう, 家総論といふやう, 家緑雨を弔う, 家編輯者など雑多, 家縁者一統の総代, 家縱横家雜家農家小説家の十種, 家織田家豊臣家と代々, 家繼公とぞ申したてまつる, 家羅門塔十郎が今, 家美術家たちが物ゆたか, 家美術家音楽家舞台及び映画, 家の守っ, 家義広等の窮鳥, 家義経などが描い, 家義經の如き, 家羽仁五郎とシントーイスト, 家羽林家と下る, 家羽柴壮太郎氏のむすこさん, 家のお, 家翁乃ち河神の舅さま, 家老妓の好意, 家老臣はこちら, 家者流著述は皆墨子, 家して, 家而初謁其弟杏坪旧相識于東都, 家耕地を失っ, 家耗散して, 家耽溺家或は探, 家聚リテ邑ヲ爲シ邑ハ, 家聚訟の資, 家聞かな名のら, 家聞し食させ, 家聴衆のない, 家職業紹介所の役人達, 家職能を伸べない, 家脇沢金次郎老に励まされ, 家く, 家脚都門一様字渾肥といふもの, 家膝行寄って, 家自らそれを折り取っ, 家自ら七千騎を率い, 家自ら天下に我一人, 家自ら己の家, 家自ら源を涸らす, 家自ら繁昌するもの, 家自任者の希望, 家自分の屋根裏部屋, 家自動車事故で若くして, 家自家の祖神社, 家自家用の自動車, 家自然現象の中, 家自由職業に従事, 家自身全体の失業率, 家自身社会的問題と文学的問題, 家自身私かに知っ, 家臭いところが, 家臭くて困る, 家至上權と頑愚, 家至要の機關, 家致富家名士学者が起っ, 家をゆする, 家興って以来, 家興廃のせ, 家興行家兼政治家式の家元中心制度, 家舎朽廃に及ぶ, 家舞台監督舞台美術家などがそれぞれ困難, 家舞台監督装置家道具方といふやう, 家舞踏家評論家流行歌手作曲家漫画家すべて一流の人物, 家を漕ぐ, 家航海家のそれ, 家が途中, 家良き妻, 家良兼の家, 家良正の家, 家芝子であらう, 家芥川が私, 家芥川龍之助氏, 家芥川龍之介氏で受信人, 家花本吉村家小若松, 家芸人などの内幕, 家芸州藩の総督, 家芸能家とよばれ, 家芸術家政治家富豪等は皆, 家芸術家等を主, 家芸術至上主義者ではない, 家の小禽, 家若葉の梢, 家茂木氏の女, 家ながし松, 家草創よりの家柄, 家草笛道夫君がいる, 家荒事を始め浄瑠璃時代物, 家荒二郎合同の歌舞伎劇, 家荘あたりか, 家荘一円が彼, 家荘三つの部族, 家荘三家は一族同体, 家菅沼の姓, 家菊池武時は逆臣北条探題, 家菊池氏の家, 家菩提所華岳寺の住職恵光, 家華族家の中, 家華柳丸君と連夜楽屋, 家華美な薄倖児, 家萩原部落の名主, 家萬一の場合, 家萬能主義を迎合, 家葛飾龍造の画室, 家の隠居所, 家葺きのよう, 家蒔絵師などこそ且つ, 家蒜ニ二種アリ根茎倶ニ小ニシテ弁少ナク辣甚ダシキ者ハ蒜ナリ小蒜ナリ, 家の疾病, 家蓼ヨリハ大ニシテ半開白色, 家蔦家浜の家杉和泉徳の家, 家蔵之助は常に, 家薩摩屋敷自分の住家, 家を揃, 家藏持參の業平男, 家藤代義雄氏岩崎航介氏などの作者, 家藤原家に祖先以来, 家藤堂杢三郎が早くから, 家藤川勇造君の製作, 家藤村の経験, 家藤沢清造氏が住ん, 家藤生佐吉郎方を訪れた, 家藤田氏のやう, 家の島, 家蘇定という武術, 家蘭軒の詩たる, 家虚名定ンデ益, 家虚栄者などにたいしてある, 家蛍雪館のある, 家蝶五郎が来た, 家融和運動家等は職務, 家赤し, 家蟻田博士のこと, 家と血, 家血髑髏を貫き得, 家になられた, 家行き以来とんだ, 家行吟林典街頭月看酔智, 家行灯を一つ点, 家行燈を一つ點, 家術理取嫦娥病裏顔, 家といわれ, 家街上芸術家となる, 家街道を西南, 家生學家, 家衡等を討, 家衣冠束帯を身, 家へ田畑, 家衰亡の源, 家衰微せざらん, 家衰頽時代建仁三年の出来事, 家装置家その他演劇関係者を悉く, 家に通し, 家裸壁の大きな, 家西へ突っ切る, 家西山と空想家柿江, 家西戸部蓮池の小, 家見えて春, 家見たことが, 家見るもの尽く唯, 家見ればなに, 家見当り申さぬ由あまり長延候ては, 家見舞に行ず, 家親類の新年会, 家親類一統へ説き聞かせた, 家親類会議の結果, 家にも美, 家観化流皆伝の達剣, 家觀ハ國家ハ有機的不可分ナル一大家族ナリト云フ近代, 家までくる, 家解剖學家生理學家等が支配, 家解散の記念写真, 家あり本紀言, 家言わば名家の, 家討入りは, 家記毛利家記黒田記略清正記等各部将, 家記者的ジャーナリストやエッセイスト, 家記黒田記略清正記等各部将, 家訪はずやと, 家訪問国と二人, 家評伝家がどうして, 家評論家流行歌手作曲家漫画家すべて一流の人物, 家評論家詩人音楽家画家演芸人舞踊家編輯者など雑多, 家詩人作家などがまた, 家詩人戯曲家評論家をこめ, 家詩人批評家など数十名, 家詩人音楽家画家演芸人舞踊家編輯者など雑多, 家詩以後に其の, 家詩選のこと, 家詩鈔の初, 家が出, 家による, 家説云元祿七年十一月廿三日, 家説林のよう, 家読者のない, 家調伏の修法, 家請けまでも兄, 家論客滑稽作家皆それぞれ快活なあるいは, 家諷刺家論客滑稽作家皆それぞれ快活なあるいは, 家諸公のよう, 家諸子よ, 家諸賢の御, 家謂わば初めてゆっくり, 家講談師の一人一人, 家講談師新内語りの名人達, 家講釈師といつた, 家譜中に補記, 家譜中所々に散見, 家譜善直の条, 家譜桓三郎の下, 家警固の者共大, 家譲受の事, 家護りの犬, 家變死の事件以外, 家谷口金五郎の浪宅, 家谷川徹三氏は現代, 家豆ランプです, 家に暮し, 家豊穣の神, 家豊臣家と代々, 家の闘戦, 家豚脂肪に富める, 家豪傑策師の果し得なかった, 家の汚い臭い, 家に住ん, 家貝原益軒中江藤樹熊沢蕃山等はみな塾, 家財政を單純化, 家財政家實業家と云, 家財産家って一体いくら, 家貧しゅうして, 家貧賤成共夫を怨むべからず, 家貧身初健, 家貧飯味甘, 家貪る狼の, 家貲刻悪詩, 家貲頗乏数人為結義社, 家買いなはったら良, 家資分散の話, 家資分産の訴え, 家資本主義的社会組織だと, 家資産ノ大, 家贔負の尊公, 家赤星鉄馬に話した, 家赤茶色の羽目, 家路傍に在り, 家身代の仕送, 家軍人実業家ファシストマルキシストテロリストいずれもこんな, 家軍人実業家芸人などの内幕, 家暗く小さき月, 家軒ごとにおなじ, 家軒氏の談, 家のこと, 家輿水善重氏の宅, 家辯論家の最上, 家辰桜家蔦家浜の家杉和泉徳の家, 家辰馬増之助氏, 家農家商家其の外, 家農業家工業家医師芸術家あるいは文学, 家辻堂祠何でも構はん, 家迄は十五町位隔って, 家近く來ると, 家近く帰つてゐた, 家近く砲丸が落ち, 家近辺は住宅地域, 家迷信者に対する科学者等, 家追い立てられまた引っ越す, 家追善素人芝居を歌舞伎座, 家追討の御諚, 家退治の熱弁, 家通有の一徹, 家逝く曩に, 家造り近ごろ別家をした, 家造船所のドック, 家連中位癪に障る, 家連判をなし, 家連名の起請文, 家進んで行き, 家運動家なぞの鼻, 家運転手車掌官公吏事務員等があっ, 家過ぎるので書物, 家過去の文学, 家道俄に衰え, 家道具方といふやう, 家道具衣服等々の細か, 家道庭木草川人間犬電信柱なん, 家道徳先生皆多くは読書, 家道徳家に對, 家道徳家学者権威者の偽善, 家道徳家政治家教育家及一般社会の人々, 家道窮廢するを, 家道紊れて, 家道衰微の原因, 家道裕ならずされば, 家達乱暴なる有志, 家達公と霊廟, 家違いでもした, 家州の, 家遠いあります, 家遠く萱ぶき, 家遠しとて先, 家遠縁の者, 家遠藤博士と小林少年, 家遠藤家平岡家鵜殿家の出役, 家選抜の勇, 家遺族から本郷, 家遺臣中の大, 家邸五百兩諸道具が三百兩餘, 家郎黨の名前, 家部屋ずみの万太郎, 家部落をなし, 家郷土的な味, 家都会離れた国々, 家配置の必要, 家酒屋はその, 家醍醐大納言中院中将などとも浅から, 家が恋しい, 家里見義胤江田行義篠塚伊賀守瓜生保綿打ノ入道義昭, 家重らせたまえば猴, 家重代取って置きの怪談, 家野島某の家, 家野望家不平家ども, 家野沢屋の旦那, 家の採掘者, 家金丹家臭いところ, 家金持などがこの, 家金満家の恩顧, 家金融界の逸材, 家鉄道屋海運業者も皆伯, 家銀之丞の姿, 家銀行家その他は二・二六事件, 家錦小路三位頼理卿三十三同従三位, 家錬金術家および後, 家鐵格子の箝つた窓, 家鐵道屋海運業者も皆伯, 家長いものには, 家長く栄えましたが, 家長女と四男, 家長州の毛利家, 家長老学者哲人詩人などを呼び集め, 家長門の毛利家, 家に錠, 家門外不出の逸品, 家門車樹木等も皆前, 家閉めないでよく, 家開放なのよ, 家開放主義者そう思われる, 家開運の元, 家間取りわるくなし, 家間抜な奴, 家関鑑子は演出家小野宮吉, 家阪井久良岐の句, 家阪田氏が二百本, 家阿部伊勢守の死, 家附きで俺は, 家附女房のお姫様, 家附安藤帶刀直次並に瀧口豐後守, 家附家老安藤帯刀は自慢, 家附成瀬隼人正正虎, 家院室等の名称, 家陣営の址, 家陰謀家読者のない, 家陳大人が押えた, 家隆ゆえ最高にし, 家隆らの九条家御子左家組, 家隆塚へ行く, 家階段の女, 家階級そのものの中, 家階級擁護者としてますます, 家階級殊に成金階級, 家階級理論とする, 家階級的であったマルサス, 家階級等から候補者, 家随一人の名剣客, 家隠居附たるを以て, 家の, 家隷フランソアが, 家隷林左兵衛が介錯, 家隷田原勘兵衛が介錯, 家雑木端山の後空, 家雜家農家小説家の十種, 家雪ノ下の豪華版, 家電話ないン, 家需要の飽和点, 家露八句其他の題詞, 家青年哲学者としての青木, 家青木邸の主人, 家青野季吉さんをおもう, 家静かですから, 家専門家が, 家非常ノ際ニ處シ婦人ガ男子, 家面白いの家, 家をひさぐ, 家革命好きであること, 家革命家だと, 家革命家宗教家哲学者等に見る, 家革命的大帝國ガ國際的正義ヲ叫ブトキ, 家せぬは, 家音曲教師役者などという, 家音楽家俳人が力, 家音楽家哲学者俳優詩人の肖像, 家音楽鑑賞者も充分, 家響きに眼ざめて, 家順吉がゆっくり, 家頓智さへよかつ, 家領内の名主, 家領内の人君は所謂天領, 家領分の庄内限り, 家領地に起った, 家頭領をもっ, 家頼み歩くの, 家顔出しをしない, 家顔政治家顔貴族顔彼はさ, 家顔貴族顔彼はさ, 家風呂敷みたいなロシヤ, 家風情の例, 家飛行家タイピストの知能的職業方面, 家飛行機家看護婦などのよう, 家飜訳家として働く, 家食客全員はここ, 家食客時代にも数種, 家を食べ, 家飯粒々辛苦実であるそれ, 家飯自然が人, 家飼いならしのよく, 家と申す, 家の習慣, 家香華を商う, 家馬これと交われ, 家馬ガ諸所歩イタトコロヲ書キ記シテイルウチ, 家馬ガ不快デ六七日逗留ヲシタイトイウカラ, 家馬琴は些々, 家馬肉のごとし, 家馬術が一家, 家馬角一枚を蔵す, 家馬越恭平氏は旧臘大連, 家の支度, 家駒手の御井, 家駒込追分のささやか, 家騒擾を好む, 家高い縁側重い, 家高山彦九郎が単身, 家高徳家辰桜家蔦家浜の家杉和泉徳の家, 家高某という者, 家高級官吏たちとその, 家高麗橋から出た, 家鬼ト敬イ四時牛馬ヲ屠, 家をならべる, 家鮎沢氏の世話, 家鮮翠紅紙鋪と, 家の白き, 家鳩スーと下がっ, 家鴎外先生の当時, 家鴻の巣で寝, 家鴿の, 家鵜殿家の出役, 家鶏家鴨豚飼いウサギ, 家鶏野鵠モオノズカラ時ヲ知リ風雨, 家は多く, 家鹽瀬の新, 家鹿と謂う, 家麻呂を京家, 家麻布南日窪町町医伊沢信崇方へ寄留, 家黒田家本多家へも次第に, 家黴毒並びに犯罪, 家鼎立から成る, 家鼬尾たるる相, 家鼻垂れ先生と天狗先生, 家齊退職の直後