青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「帶~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

帰った~ ~帰つて ~帰り 帰り~ ~帰る 帰る~ ~帰ろう 帰ろう~ 帳~ 帳場~
帶~
~常 常~ ~常に 常に~ ~常識 常識~ 帽~ ~帽子 帽子~ ~幅

「帶~」 1655, 18ppm, 6393位

▼ 帶~ (340, 20.5%)

30 間から 13 間に 6 地に 5 間へ 4 代りに 3 中を, 地は, 地を, 間の

2 [18件] ことを, やうな, ように, 上へ, 中に, 内に, 前に, 小さな結び目, 峰の, 樹木は, 端を, 結びかたが, 結び目が, 結び目の, 苦勞も, 苦勞を, 苦勞をば, 赤いの

1 [234件] あたりで, あの美觀, いかめしい殿上人, いつも雪白, お話を, かなり良い, くせに, ことが, ことも, しどけなき姿, しめかたを, すべての, ちよツと, ところへ, ところまで, へ進み, ほとりに, ほとり腹下に, ま, まま明日も, もの, やうに, やりくりより, ような, よに, カンテラの, サイレンと, ハギの, 上に, 上を, 上部が, 上部に, 上部は, 上部界は, 下に, 下へ, 下空しく, 下部界が, 下部界を, 丘上當年の, 丘陵を, 丘陵低く, 丘陵樹木欝蒼として, 中から, 中の, 中間の, 主人です, 主都, 事きこえはべれ, 人々が, 人に, 人口に, 人家霞ヶ浦に, 人民投票に, 他に, 代表的な, 位置が, 低地は, 低地を, 何か, 佛間と, 佛間に, 停車場, 價値標準が, 先が, 入江にかけて, 兩端は, 刄物の, 切り盛りに, 切盛りを, 勅使と, 半より, 半即ち, 商人で無けれ, 困惑が, 土の, 地で, 地にて, 地主で, 地勢より, 地域からは, 地方から, 地方で, 地方の, 地沼澤多く, 地面を, 境目で, 夜明けに, 大官は, 大綱は, 大被害, 太陽を, 奧から, 女性を, 女狐, 如くで, 如く平野, 如く引きたり, 字に, 字を, 富士の, 山々までが, 山脈直ちに, 岡を, 工合なども, 幅は, 平地を, 平地即ち, 平野と, 廣告燈の, 彼方には, 思ひ出ならざるは, 感じが, 手代の, 持ちはじめ, 方が, 方は, 旅に, 暑さ, 曠野即ち, 朝の, 村, 松林をしか, 松洲を, 植物の, 植物茂り, 椰子バナヽの, 模樣の, 樣子でも, 機會主義者, 機構は, 櫻雲なるべし, 水を, 水淺黄も, 水田なり, 水田に, 水陸は, 汚れが, 浦つ, 海も, 海面を, 濱漁人の, 濱邊より, 灣が, 特徴と, 特徴として, 特徴樹種はぶなです, 狹い, 生物を, 田圃に, 町を, 町家の, 町家を, 疲れで, 痕を, 白晝却つて妖氣あり, 白浪が, 目印と, 知れぬ遠, 神より, 秋潮を, 稽古に, 空氣を, 立矢の, 竪矢の, 端振, 端長く, 紅を, 結びかたと, 結びかたひとつで, 結びつ玉, 結びを, 結び方も, 結び目も, 結び目を, 結目に, 結目許り, 締めやうを, 締緒の, 締金であった, 縁に, 繪描き, 耕作地は, 脂を, 腕利きばかりを, 臺の, 色彩を, 色混沌たる, 花の, 芽立を, 若き姿, 苦しさ, 苦勞が, 苦勞に, 苦勞の, 苦勞まで, 草いきれが, 見えなく, 話, 誓約を, 貧乏浪人でも, 赤さ, 軸物が, 造りが, 連山の, 金具花を, 銀色したる, 銀色を, 銅像が, 長丘の, 長洲長, 開墾には, 間袂の, 間袖襟, 關係が, 陣へ, 隣には, 隱見し, 雜木山は, 雲あり, 雲が, 電燈の, 音を, 音頭を, 風光と, 風光の, 風光は, 風景を, 食事の, 食事を, 騷し, 高原を, 魔術にか, 魚族が

▼ 帶~ (272, 16.4%)

16 持つて 15 締めて 12 解いて 3 卷きて, 持つたの, 結んで, 締め直して

2 [11件] しめた若い, しめて, といた, 下に, 持たせて, 持つ氣, 添へて, 締めた, 締直し, 解いたり, 解くお

1 [195件] おたいこ, お髪さん結び, きちんとした, きちんと締めた, きりつと, きりりとお, くる, くるりと, さづけられしほど, したい, して, しめたあたらしい, しめたお, しめた儘, しめた十七八, しめた哀れ, しめて居る, しめな, しめながら, しめ帽子, しめ榮螺, しめ白い, そこへ, だらしなく結ん, つぎ, つんざきて, なして, なすつたの, はっきりと, まとひたり, まともに, もたうと, もつたこと, もつて, わが祖父彼, キチンと, キユツと, クワツと, グル, ダラシなく, 一名, 一時戰時色に, 仕舞つた時の, 借りたこと, 兩手で, 切盛りし, 別に, 前で, 卷いて, 取て, 叩いたり, 叩いて, 壓へ, 大根畠と, 太鼓に, 小さい體, 展べ, 延した樣, 引きて, 引き解きに, 引つ手繰つた, 引摺つて半面紅に, 張りました, 張り渡し, 後世大事と, 念入りに, 手に, 手渡して, 拾ひ取つ, 持たう, 持たせたい望み, 持たせるか, 持つから, 持つが, 持つたもの, 持つた氣もち, 持つた相, 持つた禮廻り, 持つつもり, 持つと, 持つほどの, 持つツ, 持つ積り, 持つ約束, 持つ給金, 持つ足しに, 捨て, 搜つて小さく, 撫でて, 散歩し, 暑い日, 曳き, 最う一度ぐい, 有つ, 桃色に, 極めて解け, 構成する, 横斷し, 止める爲, 歩かなければ, 水平的にも, 渡さないから, 無造作に, 狹く, 猫じ, 白い手, 白く見せ, 盜んで, 着換へ, 破壞, 示さぬ内, 結びつけその, 結びながら, 結べば, 結めて, 結んだり, 結んだ恰好, 維持する, 緊めて, 緊める, 締て, 締めお松, 締めさして, 締めずに, 締めたので, 締めた男, 締めた若旦那, 締めてゐた, 締めて出, 締められた, 締め代へたり, 締め共に, 締め直した, 締め直したが, 締め直してから, 締め直してさ, 締め直し一歩, 締め直すと, 締め直すん, 締め藍地, 編んで, 緩めて, 織つて, 織りました, 繩張に, 繩張りに, 纒はしめつ, 纒ひ, 纒ひたる, 美々しく纒, 腸の, 自分の, 蔭乍らお, 蔽うて, 薄暗がりだ, 見て, 見ながら, 見まもると, 見ると, 見付けるの, 見歌, 見渡して, 覗きました, 覗くの, 解いた, 解いたわ, 解いてる間, 解かずに, 解きかけて, 解きながら, 解きやせんでしたからねえ, 解き着物, 解き給はず, 解き衣, 解く音, 解け, 解て, 訊いて, 讓つて此方へ, 貫かず, 貫き跳, 買つて小判を, 買ふそ, 賄な, 賣つて, 蹈ん, 車上から, 輕く, 返すべきか, 通したらしく埃, 過ぎて, 銜へたり, 離れつ, 領し, 黒い箱

▼ 帶~ (113, 6.8%)

5 して 3 挾んで 2 屬する, 手拭を, 擴が, 網を, 緋ぢり, 飽きが

1 [93件] うす黒く見渡され, かすかな, さびしく櫻, した稻荷鮨, する布片, せる細谷川, ただ見渡され, つく, どんよりし, なつて, はさんで, はらいちょう, べつたり, ぼんやりと, よく生育, ゼネラル, 一日の, 一條の, 下女一人置かない, 乳鑵二箇を, 傳わ, 先生を, 入つて, 分てり即ち, 千島樺太は, 卷く金鎖, 卷着け, 取り付いたので, 只連續, 吊りさげて, 呑んだ匕首, 唯拭つた, 囚へ, 地を, 多い, 妙な, 尻を, 屬し, 屬す, 山々は, 平地を, 幾度と, 引つ掛り次, 成りませる神, 手がか, 挾んだ, 挾んだ木, 掻き廻したら何, 換へる, 新涼の, 時計を, 未感染兒童館, 栽培する, 梅多し, 植ゑ込まれた, 構はれる, 流れて, 渉つて海上に, 火災を, 煤びて居る, 班超の, 申わけに, 當るべき, 白茶けて, 白足袋といふ, 着眼した, 碎けんと, 移つて行きます, 移植された, 突かけ, 紫頭巾で, 結んで, 肌膚に, 自分の, 茱萸の, 葭芦しげる, 蜀黍が, 蝉の, 行はれた, 見える, 貧乏村が, 赭く, 輕石充滿し, 輪袈裟を, 遊び漢口, 避難し, 隱した, 霜を, 非常に, 飛込んで, 馴れて, 高山植物が, 黝み

▼ 帶~ (68, 4.1%)

2 暖帶林の, 黒繻子と

1 [64件] ありませんが, あれども, きちんと締めてを, これだ, そのま, はやらない丸帶, ほしい, ほの, まあ一丈つて, まことに平, ます, また垂直的, ゴタゴタし, 一重で, 一體に, 丈夫さうな, 中, 主人が, 何の, 何處かへ, 何處へ, 全部後添への, 八五郎の, 北海道でも, 占めず細紐, 又側, 多分お, 小高い丘, 山うる, 工業地區と, 幅は, 平常の, 意氣である, 持てめえ, 日本の, 月暈, 東京市民の, 氣候が, 水平的には, 海岸から, 海松地に, 淺黄の, 犯されぬ, 猫の, 白しゆちん, 空つ, 素晴しく, 紫陽花の, 結ぶに, 締めねえ, 繻珍か, 腰の, 臙脂に, 英佛艦隊の, 草本帶の, 落ち相, 虹に, 解いて, 赤道を, 赤道以北十二度六分の五より, 銀の, 錢形平次の, 開けて, 鯨の

▼ 帶びて~ (60, 3.6%)

8 居る 2 居た

1 [50件] その着物, とろ, の諫言, や, フックリ, 各原子核, 垂れわれ, 少々涼しく, 居たのに, 居た兩刀, 居た官職, 居ます, 居らぬもの, 居りましたが, 居るから, 居るの, 居るやう, 居る事實, 居る小屋, 居る甲板, 居る舜, 居れば, 怖, 恰も獅子, 感じられた, 殊に黒ずんだ, 消えか, 燃えあがる驚き, 現れた, 眠たい調子, 立ちのぼるの, 立てり, 聞えたから, 聳えて, 自から, 薄く粧つたの, 行きつつ, 行く, 見えて, 見える, 見えること, 見詰めて, 誇らふを, 起き上るの, 輝くこと, 重かつ, 響いて, 颯と目, 黄いろく美しかつ, 黒くさながら

▼ 帶~ (40, 2.4%)

2 氣に

1 [38件] あたりま, ありまして, あります, ある外, いつもに, かさな, かすかに, かつた, さうでは, その氣候, できれば, なくて, はりに, ひどく損, ゴウ, ツヤに, 一と, 一番はえた, 何時の間にか暗い, 凉し, 勘三郎のに, 吹雪で, 唐花屋の, 大きな自然, 山間に, 持つて, 決して樂, 浮んで, 混つ, 清楚に, 滅茶, 瀧の, 燃えるやう, 眞ツ赤な, 空近く, 窮屈だ, 辷ると, 青白くなり

▼ 帶~ (40, 2.4%)

1 [40件] きちんと締め, しどけなく片手, しなかつた坊さん, そのままあれ, なかりき, よくは, 下, 二筋娘心には, 印象的です, 地味で, 坐するよりは, 多數, 差向, 投出した, 斑, 歌も, 此娘の, 浴衣も, 無い爲め, 猶熱帶, 獨りで締めた, 立派時計も, 素朴な, 紫が, 緋縮緬の, 緑色の, 締めず垢, 締めず黒股引, 締めて, 自分で, 芯が, 著物, 薄くて, 見えないくら, 解かなかつたさ, 解かぬ留守, 言ふ, 配色が, 髮も, 黒い髮

▼ 帶~ (31, 1.9%)

1 [31件] お召の, す, する頃, す小, せし家族, せる細紐, なすとも, なつて, なり, なる, なるの, なるべき糸, ゆかたが, 一致し, 上着を, 云つて私の, 信じて, 前垂とが, 友染の, 對照し, 歌とを, 病者達の, 相對, 稱し, 繩と, 胸の, 襷とに, 見えた一線, 赤いしごき, 違つて金持には, 高さ

▼ 帶~ (26, 1.6%)

2 あつて

1 [24件] あらわれた神, いひますと, きちんと坐, くるんだ着物, こんな綺麗, しめつけ腰帶, すらりと, メチヤ, 一朱は, 土間に, 外套の, 多神教を, 彼等は, 括つたの, 暫く新宿行き, 海戰でも, 淋しが, 溝口屋の, 素顏に, 縛つ, 腰の, 自分の, 非道工面を, 鰹節も

▼ 帶びて來~ (23, 1.4%)

732 るの

1 [11件] たので, たもの, たやう, つたもの, てゐる, て些々, て居る, て庭, て漸く, るから, ると

▼ 帶ぶる~ (21, 1.3%)

1 [21件] ことは, に便, に及ん, に至ら, に至り, に適せん, ものいたく, ものでありました, ものなる, ものなれ, もの老, や露, わが四肢皆, を以てこの, を以て薄暗く, 一團體が, 帝國の, 必要を, 核と, 聲を, 電子の

▼ 帶~ (15, 0.9%)

2 てゐない

1 [13件] てのりすれ, てはどう, てゐた, てゐる, て並び坐し, て來, て入らつ, て其寺, て彼, て此, て歩く, て罪, て見え

▼ 帶には~ (12, 0.7%)

1 [12件] ひり北海道, ひる土地, 主として白檜, 乾燥した, 二首の, 偃松のか, 僅かの, 其の時, 危なくて, 扁柏栂山毛欅などが, 杏葉といふ, 非常な

▼ 帶日子~ (12, 0.7%)

5 の天皇 3 の命, の王 1 の命二柱

▼ 帶~ (11, 0.7%)

1 [11件] かけて, 一と, 入つた, 後妻にでも, 手を, 手拭を, 挾んだ, 挾んだ丈, 紺の, 返つた, 頬を

▼ 帶地方~ (10, 0.6%)

1 でありますから, であるから, であるだけに, での火攻め, では出, で有名, のことゆえ檸檬, の海洋, の自然界, や寒帶地方

▼ 帶びた~ (9, 0.5%)

1 ほとんど怯氣, 大地震, 御番衆方, 暗青色, 温かい微笑, 荒々しさ, 重く凄い殆ど形容, 青い星, 青い顏

▼ 帶でも~ (8, 0.5%)

1 きちんとした, ないが, 下げて, 巧に, 持たせること, 持ち度, 掴みたさうでしたが, 袷でも

▼ 帶~ (8, 0.5%)

1 しや, た, になり, 古來, 居るが, 現實, 終に移り, 頗る豪奢

▼ 帶まで~ (7, 0.4%)

2 締めて 1 こせえたのに, むすんで, 引手奪, 早く避難, 自分で

▼ 帶~ (7, 0.4%)

2 つれの 1 いつも鶯, つれは, 水淺黄の, 衣物が, 足袋も

▼ 帶から~ (6, 0.4%)

1 不思議な, 拔く, 登つて來た, 腰の, 裾へ, 解いて

▼ 帶~ (6, 0.4%)

1 からぐいと, からつて念, が近頃, つてその, よ, よ丸グケ

▼ 帶では~ (6, 0.4%)

1 あるまいかと, あんなに元, お茶も, こんな事, 何彼と物騷, 心細いから

▼ 帶~ (6, 0.4%)

1 るアガメムノーン, る事具眼, る其青銅, る短刀引き拔, る美麗, る身分

▼ 帶あげ~ (5, 0.3%)

2 の解け, も人手 1 は繻絆

▼ 帶じみた~ (5, 0.3%)

1 ことが, 事をと, 結びかたであつた, 親しさ, 風ばかり

▼ 帶びた聲~ (5, 0.3%)

1 が平次, である, でつづけた, にした, のしかも

▼ 帶より~ (5, 0.3%)

2 落か 1 先に, 成り淨火, 直ぐに

▼ 帶一つ~ (5, 0.3%)

1 でゐなけれ, で二階, で曲者, の主人勘十郎, の姿

▼ 帶日子淤斯呂和氣~ (5, 0.3%)

3 の命 2 の天皇

▼ 帶ひろ~ (4, 0.2%)

1 どけた寢卷一枚, どけて, 解けて, 解けで

▼ 帶び來~ (4, 0.2%)

1 たるところ, りし錢, るといふ, れる此金殘ら

▼ 帶中津日子~ (4, 0.2%)

2 の命, の天皇

▼ 帶日子國押人~ (4, 0.2%)

2 の命 1 の, の命二柱

▼ 帶~ (4, 0.2%)

2 な美 1 な植物, な相貌

▼ 帶~ (3, 0.2%)

1 それともメリンス, 扱帶で, 紐で

▼ 帶しめ~ (3, 0.2%)

1 からころ, てのとだけ言つて口, て褄

▼ 帶じみ~ (3, 0.2%)

2 て來 1 てくすみ過ぎ

▼ 帶といふ~ (3, 0.2%)

1 ところで, やうな, 坊樣仕立思ふ

▼ 帶との~ (3, 0.2%)

1 お話を, 境で, 後姿が

▼ 帶とを~ (3, 0.2%)

1 買へば, 貸して, 風呂敷に

▼ 帶などを~ (3, 0.2%)

1 下げて, 心掛け淺黄, 締めてを

▼ 帶にかけて~ (3, 0.2%)

1 ゐる源吉, 私たちの, 穀價暴騰せし

▼ 帶にな~ (3, 0.2%)

1 つてしまつ, つてその, つて世の中に

▼ 帶にも~ (3, 0.2%)

1 かかはらず平, よく見る, 少しばかり

▼ 帶びる~ (3, 0.2%)

1 からいろ, に反し, に至る

▼ 帶までも~ (3, 0.2%)

1 それに, 出かけて, 割きましたが

▼ 帶持ち~ (3, 0.2%)

1 でない身, としてみんな, の苦勞

▼ 帶染みた~ (3, 0.2%)

1 世話女房, 事を, 商賣

▼ 帶した~ (2, 0.1%)

1 のちは, もんな

▼ 帶だけが~ (2, 0.1%)

1 唇の, 燃えるやう

▼ 帶だけは~ (2, 0.1%)

1 古かつ, 換は

▼ 帶~ (2, 0.1%)

1 かはの, 皮のと

▼ 帶とは~ (2, 0.1%)

1 何か, 廣い

▼ 帶とも~ (2, 0.1%)

1 いひます, に齎し

▼ 帶はよ~ (2, 0.1%)

1 かつた, つぽ

▼ 帶びず~ (2, 0.1%)

1 に虚僞, 眠る間

▼ 帶びたる獨尊不易~ (2, 0.1%)

1 などいふ, の教法

▼ 帶びたれば~ (2, 0.1%)

1 消えなむ, 物凄き感

▼ 帶びた皮膚~ (2, 0.1%)

2 に心もち細つて

▼ 帶びた色~ (2, 0.1%)

1 に照る, は幽

▼ 帶びてゐるのはそれ~ (2, 0.1%)

2 を見る

▼ 帶びて富士~ (2, 0.1%)

2 を背後

▼ 帶びて私~ (2, 0.1%)

1 に向, の顏

▼ 帶びて行~ (2, 0.1%)

1 はれそれ, はれました

▼ 帶びな~ (2, 0.1%)

1 い位, がらい

▼ 帶~ (2, 0.1%)

1 の間, や棕梠

▼ 帶ほどの~ (2, 0.1%)

1 幅で, 路地を

▼ 帶まきつけ~ (2, 0.1%)

2 て風

▼ 帶よりも~ (2, 0.1%)

1 きり, 直ぐ眼

▼ 帶らしく~ (2, 0.1%)

1 小綺麗で, 小綺麗に

▼ 帶少し~ (2, 0.1%)

1 幅の, 延びた不精髯

▼ 帶崩れ~ (2, 0.1%)

1 がし, のした

▼ 帶染み~ (2, 0.1%)

1 てます, て三年前

▼ 帶止め~ (2, 0.1%)

1 です, は細い

▼ 帶~ (2, 0.1%)

2 が晴れ

▼ 帶飾り~ (2, 0.1%)

1 がやはり, などは同じ

▼1* [350件]

あり底を, 帶いみじき女性らを, 帶うつかり歩けませんよ, 帶春は, 帶かとぞ見る黒雲, 帶かなんかをしめた下町娘, 帶からは朝晝夕と, 帶きちんとせし人, 帶づしの, 帶くらゐは, 帶へ解かず, 帶さしてやらんならん, 帶されて往來, 帶じみるに從つて, 帶する證據である, 帶ずれもあつ, 帶せぬ寢卷の, 帶せんがため, 帶たちが缺, 帶たはねが飛ん, 帶だけにひどく荒れ, 帶ださうで, 帶だらしなく島田襟白粉襷がけなる, 帶やねえか, 帶居る, 帶でありながら温帶, 帶であれば彼等, 帶ですが小僧, 帶でなくとも多神教國, 帶でなければならぬ, 帶といふほどかししひ等, 帶とか本州の, 帶とかいうところであろう, 帶とき着物をぬぐ, 帶として今日の, 帶とでも間違げえ, 帶となせる節, 帶ともいつてゐます, 帶どころかろくな前掛, 帶なき胸衣身に, 帶なくか中洲, 帶なしに新, 帶なぞ締めて, 帶などは全く銀之助, 帶についてお話しませう, 帶しむ, 帶ひろどいて若い, 帶びあたかも惡性の痼疾, 帶びぐつたりと疲れて, 帶びさせたつもりで勇に云, 帶びさせたのも今は老, 帶びさせてしまふ樣などちら, 帶びさせて來る, 帶びさせなかつた人物が自分勝手, 帶びたその青い實, 帶びたのが生暖, 帶びたのはこちらの寂しく, 帶びたのは蒲ださうである, 帶びたまま自作の詩, 帶びたものが宇宙に充滿, 帶びたものを無選擇, 帶びたやうに見えると, 帶びたり終夜眠らでありしにや, 帶びたる如くなりき, 帶びたるかを記臆せよ曰く板垣, 帶びたるが馬に騎, 帶びたるはたしかに睡眠, 帶びたるものと取るべきである, 帶びたるものと多角状のもの, 帶びたるをとめ子に喩, 帶びたるロートスと番紅花, 帶びたる上に類似, 帶びたる容貌の背後, 帶びたる情緒の起る, 帶びたる會合以外に出席, 帶びたる樹木には, 帶びたる灰は熔融體, 帶びたる灰色を呈し, 帶びたる瓢箪のかかれる, 帶びたる白色の外, 帶びたる詞鞘を拂, 帶びたる限はその, 帶びたる青銅の, 帶びたる黨人を指導, 帶びたれば夜までは人家, 帶びたカテリーナ・フェドセーヴナの顏, 帶びたリアリズムがその, 帶びた上青錆まで浮いた, 帶びた下草は皆, 帶びた人形の手足, 帶びた企とも言, 帶びた使のやう, 帶びた光線が暗く, 帶びた口調で, 帶びた可厭な蒸暑, 帶びた噴煙を認めた, 帶びた夕暮れの消えん, 帶びた山の枯草原, 帶びた山畑が其處, 帶びた廣い海原, 帶びた微粒子若干が集まり, 帶びた怨の數, 帶びた所があつ, 帶びた政治が不, 帶びた斷わりの返事, 帶びた星上山からまだ, 帶びた時のやう, 帶びた歌を見せ, 帶びた毛も恐しく, 帶びた民主黨もしくは共和黨, 帶びた氣をいふ, 帶びた水と草, 帶びた烈々たる凄, 帶びた球内に電子, 帶びた町はづれ, 帶びた眞珠色の皮膚, 帶びた眼を光らし, 帶びた石を拾つて, 帶びた筆を通してで, 帶びた經驗ではない, 帶びた緑色で明代, 帶びた美人の白い, 帶びた者も皆無, 帶びた肌へ房, 帶びた自己實現の姿, 帶びた臺詞も古い, 帶びた色彩が何とも, 帶びた處は氷, 帶びた裏畑を頭, 帶びた語氣がいかにも, 帶びた軍人といふ職工, 帶びた輪廓の整つた, 帶びた農作物の青い, 帶びた都會生活洗練せられざる趣味, 帶びた金唐革柘榴を彫つた, 帶びた雪白の玉菜, 帶びた頬が薄, 帶びた顏中に擴, 帶びた風が一行, 帶びた驚異の目と, 帶びた黄粉をつけ, 帶びた鼻面はセンシユアル, 帶びていた武器を解い, 帶びているので陽球の一部, 帶びておれば廻轉運動もなけれ, 帶びてきたそれと共に芒, 帶びてきた私の思想, 帶びてきて一概に云, 帶びてくつきりと冴え眼下, 帶びてくるところを書いた一節, 帶びてそは即興詩, 帶びてその質量は電子, 帶びてぞ予が耳, 帶びてなせる者ならば, 帶びてゐたけれどそれでも私, 帶びてゐたのだらうわたしには誰, 帶びてゐてなかなか情緒, 帶びてゐても云はば活力, 帶びてゐないのでも少し文章, 帶びてゐる若い月, 帶びてゐるかのやうに思はれる, 帶びてゐるから注意を要する, 帶びてゐることは確かであ, 帶びてゐることをも物語つてゐる, 帶びてゐるこの世ならぬ光りは, 帶びてゐるだらうと思ふ, 帶びてゐると思ふ, 帶びてゐるといふ説明を加, 帶びてゐるにもせよそこに底, 帶びてゐるのが感ぜられて, 帶びてゐるのが彼には快, 帶びてゐるので農作物を害し, 帶びてゐるのはかういふわけ, 帶びてゐるのは單に一時代, 帶びてゐるのは昨日に異ならず, 帶びてゐるのを青六村長を始め西方, 帶びてゐるらしい若い男女, 帶びてゐる何も新しい, 帶びてゐる樣な氣, 帶びてフィレンツェに來, 帶びてフランスへ派遣, 帶びてヴェリチャーニノフのうえ, 帶びて三田の一身, 帶びて下田に來, 帶びて他人の靈魂, 帶びて何等誤りのない, 帶びて何處か底, 帶びて先頭に立つた, 帶びて兩側の車窓, 帶びて再生して, 帶びて勢ひよくすら, 帶びて南面して, 帶びて威のある, 帶びて家に歸, 帶びて屋敷中何處までも聽, 帶びて岸の蘆荻, 帶びて嶮しくなり, 帶びて巖を帶びず, 帶びて平次もツイ膝, 帶びて幽かに夕づつのかげを, 帶びて我顏を打, 帶びて日の光, 帶びて明かに見えた, 帶びて木像の背, 帶びて札幌に來, 帶びて此空中を飛行, 帶びて此處に來, 帶びて清波を渉, 帶びて生長して, 帶びて直ぐにも泣き出し, 帶びて眞言密教となり, 帶びて緑なる亞爾鮮, 帶びて翁の理想, 帶びて聲高になりぬ, 帶びて自分の前, 帶びて自己の不安, 帶びて表面は牢人, 帶びて言つた, 帶びて變に彈, 帶びて路何となく陰氣也, 帶びて輝き競つて舞踏し, 帶びて連り渡つて, 帶びて霞にくれゆく, 帶びて韓國に赴き, 帶びて頬は恐ろしい, 帶びながら一塊りにな, 帶びながら今一度思ひ切つて, 帶びながら何時大陸へ着く, 帶びながら石の上, 帶びながら而も極めて, 帶びぬものは無い程, 帶びましたが若ものはそれ, 帶びましたのでこれまで苦心, 帶びよわれ軍勢を集むべ, 帶びることを自然とすべきである, 帶びると推定せられたが, 帶びるのがガラツ八にはよく, 帶びるやうになり戸まど, 帶びるようになったことは認められて, 帶びわれを, 帶びんがため, 帶び人情の機微, 帶び伊豆の七島, 帶び何か問, 帶び來つた現在はその, 帶び俥で見, 帶び出しそれが次, 帶び千六百五十一年の初, 帶び可型性を有する, 帶び娘の蒼白い, 帶び意欲的能力の共存, 帶び手套を絞る, 帶び支配階級の一, 帶び歡を竭, 帶び答へて彼, 帶び給へり, 帶び耳敏く氣, 帶び艪の水, 帶び鎌髭撥鬢の風俗, 帶び頬に死灰, 帶び顏をゆがめ, 帶び髮は縮れ, 帶へまで又は谿, 帶べつこうの, 帶までが黒いの, 帶やら襦袢やらが, 帶ゆゑ冷害に堪へる, 帶消えて, 帶よりずつと多量です, 帶らしい色彩が, 帶を以てこれを, 帶んで來て, 帶セル社會革命説ヲ奉, 帶ビードロ細工に人さら, 帶一切た, 帶一筋あつた, 帶一筋俺の財布, 帶一軒は裕福, 帶高い體, 帶三十近い身柄, 帶上げらしい赤い, 帶にフランネル, 帶不毛の地, 帶其の前の, 帶凝脂豊かなくせ, 帶半襟着物のガラ, 帶銀鋲を, 帶取りて, 帶取り調べにはこれら, 帶大宮人すらバタバタ, 帶妻せし上に, 帶引締めて十手, 帶彈心衞帶等に至る, 帶手古奈は周章てた, 帶手拭と掛, 帶へは地味, 帶持ちあつかひにした, 帶握りぎんたまで, 帶文明的な去勢, 帶新造と娘, 帶旗本御家人の屋敷, 帶日子國押入の, 帶更に上方に, 帶木綿物の地味, 帶に櫻, 帶植物の繁茂, 帶櫛髮風の姿, 帶殊に山東地方の, 帶水色のえ, 帶水茶屋とは名ばかり, 帶ましくも, 帶生物を養, 帶町家風の木綿物, 帶疲れのした, 帶白くたな, 帶白縮緬鉢卷太刀拵熊毛尻鞘かけ短刀, 帶益々物情騷然たる, 帶直立三四百尺もあらう, 帶窶れたりとも美貌, 帶紅嫌ひと言つて通人の間, 帶素足に庭下駄, 帶細く腰弱く, 帶紺キャラコの夏足袋, 帶結んだおかみさん, 帶締めて競技, 帶締めてをとめなりけるつ, 帶締め直して上, 帶美濃の一部, 帶聖堂の前, 帶脚絆で見, 帶腰の物までそれ, 帶の上, 帶芝居に出, 帶草本帶と高, 帶荒い格子縞の, 帶襦袢は紅白, 帶見える方に, 帶解いたらえ, 帶解きやり帷子なりける, 帶解くと, 帶赤土にて樹木, 帶越後上布の單衣, 帶身扮は至つて平凡, 帶道具まで路地, 帶銀座界隈の景況, 帶さ二間あまり, 帶が涙, 帶は埃だらけ, 帶黄八丈脚半紺足袋白羽二重下帶白縮緬鉢卷太刀拵熊毛尻鞘かけ短刀, 帶黄金の劔