青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「嫌~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

婦~ ~婦人 婦人~ 婿~ ~嫁 嫁~ 嫂~ ~嫉妬 嫉妬~ ~嫌
嫌~
~嫌い 嫌い~ ~嬉し 嬉し~ ~嬉しい 嬉しい~ 嬉しく~ 嬢~ 孃~ ~子

「嫌~」 5350, 51ppm, 2255位

▼ 嫌~ (949, 17.7%)

63 顔を 30 気が 20 ことを 17 ものは 14 んです, 事を, 気持に 1312 ものを, 顔も 11 思いを 10 ことだ, 奴だ 9 の, のだ, んだ 8 のです, 夢を 7 ことが, ものが, ものだ, 野郎だ, 顏を 6 ことは, のである, のは, 仕事を, 気持が 5 ものに, 嫌な

4 [14件] のか, ものの, んでしょう, 事が, 事だ, 事は, 奴に, 奴は, 子だ, 心持だ, 感じが, 感じを, 気色を, 臭いが

3 [16件] ことばかり, こッた, ところが, のかい, のよ, ものです, 人で, 匂いが, 噂が, 奴が, 役目だ, 心持が, 手紙を, 気も, 気持で, 男の

2 [60件] ことで, ことに, ところを, のかも, ので, ものか, やつ, わけで, んじゃ, んぢや, 事です, 人, 人だらう, 人です, 人でも, 人ね, 人生の, 人間が, 健三は, 可恐い, 声が, 声で, 声を, 夢, 夢ばかり, 女です, 奴さ, 奴めと, 奴も, 奴を, 心持で, 心持に, 思いも, 感じに, 時には, 気に, 気持ちが, 気持ちだ, 気持ちに, 気持ちも, 気持の, 氣持が, 男が, 男だ, 男な, 男を, 目に, 眼で, 私を, 笑いようだ, 者に, 表情に, 言葉だ, 言葉です, 話だ, 酒を, 野郎ぢや, 音響であります, 顔し, 顔色に

1 [367件] あだ名を, あの知らない, あんな事, お務め, お天気, お客の, お役目, がらい, くらいである, くらいでした, ぐらいなん, こつたこんな, こつたそれが, こと, こといけない, ことであった, ことであろう, ことでした, ことでしょう, ことです, こととは, ことどもが, ことには, ことばかりが, ことばっかり, ことむずかしい, こと悲しい, こッたって, こッて, こツた, せいばかり, その叔父, ときは, ところへ, においが, のかしら, のが, のだろう, のぢ, のであろう, のでこちら, のでございます, のでアラスカ, のでズーッ, のでセルギウス, ので羽犬塚, ので運, ので飲み過ぎ, のなら, のに此人, のより, ばかりぢ, ばかりな, ものから, ものだった, ものだったろう, ものだろう, もので, ものである, ものであるらしい, ものでも, ものならやめたら, ものねえ, ものも, やつが, やつだ, ような, らい, んだらう, んだろう, んでさあ, んでせう, ウスノロでは, ハガキが, バタバタと, 一夜それは, 三角關係の, 上に, 下宿屋まで, 不快な, 不愉快な, 予感が, 予感を, 事ずくめで, 事だった, 事と, 事なら, 事に, 事ね, 事も, 事件が, 事件で, 事厭な, 事物や, 交渉が, 人だ, 人だっ, 人だって, 人であろう, 人でした, 人に, 人には, 人も, 人を, 人物では, 人達, 人達だ, 人達に, 人間から, 人間である, 人間なる, 人間に, 人間は, 仕事だ, 仕事であった, 仕事な, 佐藤さん, 余は, 借金取りの, 催しが, 催促を, 冷淡な, 処で, 勉強さへ, 匂いとが, 匂いの, 匂ひ, 化物だ, 区別的名称は, 千三つ屋じゃ, 千三つ屋ぢや, 半面が, 卑猥な, 南日君は, 反省が, 叔父に, 口の, 名で, 名目を, 哲学は, 問題を, 噂の, 噂を, 堅い所, 報らせ, 声に, 声の, 夢から, 夢だ, 夢だつた, 夢だつたらう, 大晦日, 天氣だ, 夫や, 女では, 女どもだ, 女の, 奴だろう, 奴では, 奴と, 奴の, 奴サ先生の, 婆アだ, 子だらう, 子ねえ, 字と, 学校の, 学校へ, 学生だろう, 学科には, 客です, 客の, 家だった, 家庭だ, 家庭だった, 宿屋から, 宿引きさえ, 小さな音樂, 工夫です, 席だ, 年で, 影が, 役だ, 役目を, 彼に, 御新造だ, 微笑を, 心地が, 心地に, 心持は, 念ひ, 思いが, 思い出が, 思を, 思出と, 性格が, 性質を, 恐ろしい事, 恥ずかしさ, 患者の, 悪魔が, 惧れ, 意味です, 感じだった, 感じの, 感情でした, 感情を, 憐愍の, 所へ, 捕物さ, 捕物だ, 捕物だった, 数字だつた, 文句で, 方じゃ, 方だ, 方に, 方にと, 方も, 時の, 時刻が, 晩だろう, 晩でした, 暖味が, 月日を, 朝鮮人が, 木製の, 本です, 札が, 束髮を, 格好の, 構へ, 様子なく, 横著小僧共, 気さえ, 気だった, 気は, 気もちが, 気もちだった, 気を, 気分を, 気持から, 気持だ, 気持ちだった, 気持ちでした, 気持ちと, 気持ちは, 気持ちを, 気持とは, 気持にな, 気持や, 氣も, 氣分から, 氣持ちが, 氣持でも, 氣持に, 氣持を, 江戸ッ児肌, 河合さんだ, 油虫だ, 津田も, 渋い顔, 滑稽な, 演説僕も, 物が, 物でも, 物を, 犬が, 猫が, 男って, 男で, 男であった, 男なぞに, 男に, 男は, 画でも, 画を, 目つきよ, 目を, 相手だ, 相手だった, 眞赤な, 眼を, 眼付で, 瞬間が, 空気の, 空氣の, 笑ひ, 筈である, 筈も, 答えかたを, 箇所で, 細君は, 結婚の, 結婚を, 綽名では, 義務で, 者が, 者で, 者の, 聲の, 自らの, 臭が, 臭ひ, 臭みが, 臭気が, 船だった, 色ぢゃゆゑ阿呆の, 色を, 芝居に, 蜘蛛にも, 蜘蛛を, 行乞は, 表情を, 視線では, 触感たまらない, 言い草でしょう, 言ひ, 言葉, 言葉で, 言葉を, 誇張が, 誤解を, 謡の, 豪酒家と, 迷亭君が, 過去の, 郊外の, 部分ばかりが, 醜い不面目, 重荷に, 野郎が, 野郎で, 野郎に, 金魚だった, 陰気な, 陰鬱な, 階級の, 難しい話, 雲を, 音を, 響きであろう, 頓狂声で, 頼みを, 額なんぞも, 顏も, 顏附きが奎吉の, 顔, 顔しか, 顔した, 顔すべ, 顔で, 顔では, 顔など, 顔に, 顔は, 顔ひとつしない, 顔一つしなかった, 顔一つ見せた, 顔一つ見せられない, 顔付に, 風付きにさえ, 風采で, 食客である, 飯盛女や, 饒舌家に, 香ひ

▼ 嫌~ (479, 9.0%)

2921 嫌だ 13 と言 9 といっ 8 と云う, わ 7 と云, な 5 という, と申します, と言っ, ね 4 から, といふ, と思う, と思った, と言う, と言った, なあ

3 [14件] いやだ, ぞ, つたから, と, というの, とおっしゃっ, と云え, と云っ, と思, と思ふ, と思ふなら, なア, ねえ, ッ

2 [30件] おれは, からと念入り, から江戸橋, から鎌倉河岸, けれどその, し, し何, つたので, といったら, といつ, とお, となる, とは思わなかった, と云った, と云ったら, と仰, と仰し, と思っ, と思つた, と申しました, と申す, と道端, と駄々, なまあ, もんだ, よお前, 何うし, 何か, 嫌な, 私は

1 [227件] あ, あなたが, うっとうしいマチス, うとましいといふ, かそれ, からお客さま, からそれ, からそんな, からたくさん, からだ, からつまり, からで, からである, からでございます, からとて, からと言っ, から丁度, から久しく, から二三遍佐治君, から仕様, から佐幕, から何とか, から写真, から従って, から必ず, から感謝, から拙者, から断然, から早速, から止したい, から申します, から言っ, から跳ね起きる, から身震, から金沢, か私, か自分, がことに, が下手, が実業家, が放つ, が此場合, が温泉, が若返つた, が藤尾さん, が飲む, けれど, けれどあなた, けれどここ, けれどもいつ, けれどもそれ, けれど仕方, けれど納得, けれど酔ふた, これは, しお前, しといっ, し不愉快, し世の中, し他人の, し年寄り, し押入, し死ぬ, し盗られた, し盜, し自分, ぜ, ぜおい, ぜ親方, それに, それほど嫌, それを, それ心配しねえ, そんなこと, そんなの, そんな奴, そんな男, ただ消え入りたい, だから命, ちっとも寒く, つたな, つたのです, つたらしく, つた若い, つて, つて云ふ, つて言ふ, というところ, というなら判っ, というよう, というん, という一点, という一言, という久子さん, という人達, という兄, という奴, という気ぶり, という点, という返事, といえ, といったふう, といったら怒る, といってる, といつて諾か, といふあの, といふなら, といふやう, といふ気持, といわれた, とおっしゃれ, とか何ん, とか毛むし, とか草履, ときまって, とこんど, とごまかし, とすれ, とだだ, とでもいう, とどうしても, とはいう, とはいわねえ, とはっきり, とは思っ, とは無論, とは言いません, ともわたし, とも云, とも思わなかった, とマグソダケ, とモメ, と云います, と云つた, と云つた理由, と仰っし, と何度, と十一月三日, と口入れ, と吐かしやがる, と思え, と投げやり, と断った, と断る, と斷, と最初, と気狂, と申し, と申したら, と申しまし, と聞く, と腰, と見向き, と言い, と言い張っ, と言え, と言ったら, と言っといた, と言つて, と言張った, と頭, どうしたなら, なあそんな, なあまた, なこれから, なと思い, なと思う, などと言え, なんていわれ, なんて見栄, なんて言い出される, なんて言っ, なんて言わない, なン, な停年, な嫌, ねえ万一, ねえ空耳, ねえ萬一, ね秋, ね親分, のう, のと, もつともつと甘く, ものだ, もの父様も, やだ, ようこんな, よおら, よこの, よちょい, よへん, よよう, よ嫌, よ断わる, よ芳さん, よ阿, わあたし, わあんまり, わ知ってた, ケチくさくっ, ッてば, ッ嫌だ, 一刻も, 今さら縄, 今更繩, 先生を, 口を, 商業学校なら入る, 嘘だ, 天罰てきめん酒毒おそ, 嫌だって, 嫌ひだと, 嫌ひだとも, 寧ろ情なく, 当りま, 恐いもの, 最少し, 此子は, 流浪も, 湯田には, 瀬川さん, 痛いや, 窮屈で, 自暴に, 顔を, 願わく

▼ 嫌~ (399, 7.5%)

74 なって 36 なつた 31 なつて 25 なった 14 なる 8 なったの, なるな 7 なりました 6 なったん, なると 4 なります, なるから, なるの, 思って 3 なったから, なっちまう, なっちまうわ, なる自己統制

2 [13件] お成りなされ, なったか, なったよ, なったわ, なった女, なりて, なるぜ, なるぢ, なるほど, なるん, なる位, なる原因, なれば

1 [130件] いじけッ, おなりか, おなりで, おなりなされ, しつこくて, しめっぽくなっちゃった, せよ全く, なったからよ, なったが, なったぜ, なったと, なったとか, なったとでも, なったとは, なったので, なったのよ, なったもの, なったよう, なったらいつ, なったらいや, なったらしくほか, なったらその, なったら離婚, なったる心, なったろうの, なった日, なった時, なった暁, なった父親, なった理由, なった私, なった飽き飽きしたという, なっちゃう, なっちゃうよ, なっちゃうわ, なっちゃうん, なっちゃった, なってな, なつたの, なつたり, なつちまう, ならせるほど, ならなかつたら阿呆, なられては, なり, なりたいため, なりたくは, なりひいては, なりましたから, なりましたし, なりましたの, なりますよ, なりタクシー, なりペン, なり世の中, なり出すと, なり別れて, なり到頭, なり家出, なり彼女, なり文字どおり天涯孤独, なり次に, なり次第, なり死んで, なり生きてるの, なり疳癪, なり自分独り孤独, なるかする, なるかも, なること, なるし, なるじゃ, なるそう, なるそこ, なるだらうと, なるだろう, なるなァ, なるね, なるはず, なるもつと, なるもの, なるもん, なるやう, なるよ, なるよう, なる子供, なる彼, なる彼女, なる話, なツ, 今夜は, 其所らの, 切りつめた約束, 取り済したの, 堅苦しいね, 女の, 思い努めて, 思う, 思うが, 思うて, 思う説, 思ひそれ, 意を, 慎重ぶった, 成つたん, 持って, 支倉さんの, 曲がりたがる酔どれ, 毎日ぼんやり, 気取って, 沈むで, 浮, 湿っぽいとても, 湿っぽいべと, 生ずと, 生温いといふ, 畳までが, 相違ない, 真面目に, 答えた, 精巧で, 脂下っ, 自ら恍惚として, 落ち着いて, 薄暗い, 被害妄念を, 見えるだらう, 長く見える, 顔が, 黒く光っ

▼ 嫌~ (398, 7.4%)

3022 ぢや 19 になつ 12 がある 10 はある 6 になる 4 があつ, になつて, になり, のある, の私, や云, をする 3 がなく, てお, にて苦き, の癖, 又は恐れる

2 [29件] があり, があります, が多, が多い, さあ, てなり, て避け, にし, にする, になつたの, になつた私, になり出す, にも似合, に依, のお, のたち, のやう, の人, の彼, の我, の政治家, の激しい, の男, はあります, は理窟ぢ, やらも解らず, を無視, 政治上に, 給は

1 [198件] あらゆる方法, かも知れません, から丁度, から言, がありました, があり過ぎる, があるなら, がない, がはげしい, が何だい, が出, が多く, が居ない, が段々, さことに, さへ, その時間, それに私自身, たまは, ぢやあない, ぢやつた, ぢやと, ぢやらう, て, てとある, て幼年, て憎まん, て既に, て更に, て歸納評, て着ざりし, て良縁, て見, て鄙, て風雨, で出来ない, で通し, で通した, どの縁談, ながら自分自身, などいふ, などと云, などは頓着, なんかぢ, にて学校, にて斎藤氏, にならない, になります, になれた, になれぬ, にはなれません, には深い, にもあらず, にも固着, に固執, に就い, に比べる, に決つて, に移り, に過ぎぬ, に関, に陥つ, のため, のところ, のはう, のはげしい, のもの, のわたし, のモリエエル, の一人, の一本気, の上, の仙藏はん, の俺, の偏屈, の僕, の北畠親房さ, の名文, の問題, の國學者達, の外, の大御, の太政官, の奴, の嫌, の學問好き, の工科大学生, の張, の彼女, の心臓さん, の性分, の恐ろしい, の意地惡, の所詮, の故に, の文學者, の方, の晴代, の横着, の武骨者, の洋服, の浮世繪, の父, の狸婆, の理由, の由, の神様, の絲瓜はん, の色彩, の芥川さん, の虚榮心, の表情, の親分, の錢形平次, の風流事, はあ, はおま, はかるた, はその, はだが, はまんざら, は云, は何, は別, は大人, は嫌, は言つて, ほとんどそこ, みたいな, もし彼女, や誰, をつける, をます, をハッキリ, を一席辯, を主張, を区別, を受ける, を増上, を意味, を持たう, を振ひ落し, を撤囘, を生じる, を見, を覚える, を言, を證明, リュリュは, 一向に構, 一度育つた, 乍らこれは, 也, 人間を, 今若し, 他領, 伊場さんは, 候為め吾家の, 其ために, 到頭一年經, 却ける, 厭味の, 又よし, 同時に父親, 向島か, 善は, 子供等を, 密を, 怖いん, 或は見栄, 或新聞, 拔いた, 拔いてる, 拔かれ, 日本飯嫌ひ, 此間御, 江蘇の, 物影の, 玉ふと, 現に無理, 異人が, 眠くなつちやつた, 社会主義に, 祈祷も, 篆刻を, 給ふと, 給金を, 舊唐書の, 色々儲かり, 芍薬光り, 螢澤に, 誠実の, 賤む村ある, 軽蔑する, 辨當を, 遊びは, 鎌倉の, 香峰の

▼ 嫌ひだ~ (155, 2.9%)

1918 つた 7 と云 3 つたので

2 [18件] から, が, つたが, つたし, つたらしく, つたん, とあれ, といつ, といふ, といふの, とか何とか, と云つて, と云つて此の間, と見え, と言, など, わ, んね

1 [72件] あ, あゝいふ, かと言, からこそ忠實, からさ, からせめて, からで, からとか下手, からと言つて, からナマ身, から五年前捨兒, から今日, から早く, から自然癖, から親愛, から青, か解らない, があの, がお, がね小, が奥, が学校, が己, が旦那, が獨逸語, くだらないと, けども泥坊つて言, けど我慢, けれど身体, ことにヤツコ, しまた, そんなもの, そんな話, つたかと, つたさうだ, つたさうで多分, つたら妾, で済む, と, という, といふこと, といふところ, といふばかりでなく, といふもの, といふ深刻, といふ理由, とかかなり, とかそれくら, とか云, とか工場, とて受けなかつた, とでも云, とは言つて, とも釈ける, と先生, と口外, と廣言, と思つて, と書い, と称し, と言つた, と言つて相手, と頑張つ, などといふの, なんて云つておき, ね, またそんな, よお前, よムツツリ, わよ, 今更タンボ這, 大嫌

▼ 嫌~ (151, 2.8%)

17 嫌で 13 はない 6 あつた 5 たまらなかった 4 たまらない, はなかっ 3 はあるまい, 仕方が, 仕様が 2 あつたら, い, がすから, ござります, もなかっ, ツイ自棄な, 嫌でならなかった, 嫌でならぬ

1 [77件] あつて, いい, いいよ, いさ, ぐずぐずし, この丘, しかたなかった, せうけど, たまらないで, たまらないでしょう, たまらないの, たまらないよう, たまらないらしい, たまらないん, たまらない人, たまらない日, たまらない求婚者, たまらない私, たまらなく思えた, というの, なさけなくて, のう, はあつ, はありません, はあろう, はございますまい, はなかつた, はなくっ, は決して, は済まない, は無い, もっと落ち, もない, も入らなけれ, も加わらず, やり切れないくせ, ようござん, よく寢, よしその, よし其代り細君, フラフラと, 一々自分, 不愉快で, 今にも出よう, 仕方ない, 何とかこの, 何事も, 俺が, 兎に, 内ぢ, 博士の, 大はし, 嫌でたまらず, 嫌でたまらなかったろう, 嫌でならない, 嫌で堪らない, 市内の, 役者に, 御座ります, 恋愛を, 押通す三田, 振りぬいてる, 攘夷に, 月々届けられる, 有名な, 法律を, 片時も, 総ての, 美沢を, 虚榮心の, 退学, 遂には, 間違つた声などを, 随つて政治家などを, 高い葉卷, 鯨でも, 鴨川なんて

▼ 嫌ひで~ (143, 2.7%)

56 あつた 10 はない 4 せう, ね, もなかつた 3 あつたの, な 2 あつたら, はありません, はなかつた, もない

1 [51件] あつた如く, あつた訳, あまりお, いえ可, いつも皆, いふの, かりそめ, ござります, したが, たまらなかつたさ, どうかする, どうしても祝言, ならなかつた何とか, なア, はある, はこの, はなく, は救, は無い, は通らな, へツ, まだ若い, もあつ, もあり, もあります, もありません, もある, もあるまい, もこれ, も何, も小説, も日本人, も無い, も褒めず, も飯, 三度々々例, 仕樣, 余り彼, 出来なかつた, 努めて, 唯異, 大きくなる, 尤も身分柄乘ら, 御出やりました, 御近所, 恐く今, 恐ろしく風流氣, 時々から, 老つて, 食べて, 鳴り出すと

▼ 嫌~ (140, 2.6%)

12 だと 9 とは言 5 な事

3 [15件] かへ嫌, がらせを, がるは, だとも, だな, だよと, でござんすとて, とて居職, となる, なこと, なれども, な坊主, な奴め, な小僧, な気持

2 がらない, がるも, しもっと, と頭, なおもひ, なの, なら此家, な奴, な活き, 嫌や

1 [49件] かと背, がった, がらせでは, がられに, がりあやされ, がりて, がると, がる事うた, さに, そうに, ぞと泣き, だ, だつた, だつたつて, だよ, だわ, だ嫌, でたまらない, でないなら中, でならない, といふ, とはそれア無理, とはよもや, と心, ないねん, なにおい, なら嫌ぢ, なりしかと, なり是非此文, なること骨, なれど, なんどす, な人, な呻き, な嫌, な家庭, な心持, な時, な氣持, な用事, な男, な眼, な者共, な臭, な顔, よ気持ち, わうち, 母樣も, 誰れ

▼ 嫌つて~ (134, 2.5%)

14 ゐた 6 ゐるの 4 ゐる 3 居る

2 [19件] はならぬ, もゐない, も居ない, ゐたかも, ゐたが, ゐたこと, ゐたし, ゐたと, ゐたの, ゐたらしい, ゐるが, ゐるつもり, ゐる人, ゐる私, 居たさ, 居たの, 居りました, 居るの, 常に人生

1 [69件] あがた, あの荒, いつも日, いふこと, いらつし, おさ, お梅, か内, がむし, せめてカクテール, そのま, その防ぎ, たの, たので, どうしても祝言, にげたわけ, はいけない, はゐない, は濟むまいぜ, もどうしても, もゐませんでした, やらうとも, ろくろく顔, わざとあまり派手, わざとこんな, わるく燻つて, ゐたから, ゐたので, ゐたばかり, ゐます, ゐませんわ, ゐるか, ゐること, ゐると, ゐるらしい, ゐるらしくは, ゐるわけ, ゐるん, ゐる一人, ゐる婦人, ゐる彼等, ゐる文科, ゐる様, ゐる父親, ゐる美奈子, 其の婚儀, 別れたそう, 居た, 居たらしい彼, 居ました, 居るところ, 居るので, 居るやうぢ, 思はず手, 恐れて, 憎むようになつてしまつたんだ, 戻つて, 決して認め, 直觀的經驗的, 知らず識ら, 見るので, 見ろ, 見向きも, 逃げて, 逃げ出しあ, 逃げ出したと, 逃げ廻つたもの, 食べなかつたから, 飲まないの

▼ 嫌~ (114, 2.1%)

7 やうに 6 のである 3 のは, のも 2 の心, やうな, よりも甚, ルナアルの, 様に, 樣子が, 私は

1 [81件] が故に, が月光, が求める, が焉, ことが, ことを, その感情, といふ, な, なかれ積め, にあらね, にし, に相違, に非, のか, のが, のだ, のぢ, ので, のであつ, ので中央病院, ので何, のみならず, は豚牛, ほどそれ自体不純, ほどの不, もし忍び, よりは別に, をばこ, ゴツホあの, 一種の, 事には, 事は, 事狂人の, 事立小便の, 人が, 人の, 人間です, 他府県人の, 傾向が, 原因は, 古い住家, 可き, 可きもの, 地下の, 場処が, 小娘, 年に, 廃屋の, 必要は, 性なれ, 性癖は, 性癖を, 支那の, 支那浪人臭も, 様子が, 様子で, 気持を, 氣は, 爲に, 猛き, 現代の, 男の, 癩病と, 筈は, 習慣が, 者が, 者にて, 者多し, 耶蘇教信者も, 自由も, 若いから, 處で, 處であり, 裸身を, 譯であります, 軽佻を, 野良犬みたいに, 階下の, 風が, 風では

▼ 嫌~ (85, 1.6%)

15 の情 3 を感じ 2 する, するの, と敵意

1 [61件] からで, からの彼自身, がその, が面白い, さうし, されること模倣, しそして, した, したこと, した駿介, して, し狂はん, し空々寞, すべき疾病, すること, するは, するもの, する如き惡性, する強烈, する念, する性質, する意識, する論理主義者, せられ殺害, せるは, だ初期, とその, とに驅, とは弱小, とを感じね, と不安, と不親切, と云, と侮蔑, と怒り, と恐怖, と憎, につかまれ, にはやる, には未だ, にも似た, にをのの, に誘, に陷つて, に顫, の代り, の小説みたい, の心, の念, の感じ, の精神, の繩, の色, も示さなかつた, や謙讓, を以てあなた, を感じさせる, を持つた, を注がね, を理解, を覺

▼ 嫌~ (79, 1.5%)

10 の情 2 して, たるもの, である, の念, を味つた, を感じ

1 [57件] あろうとは, から進ん, がわい, がわく, ござるので, されるが, される容子, し學問, すべき近親相姦者, するよう, する遣る瀬, せしめ一層, せられるか, だった, であろうか, でいっぱい, でどうしても, として彼, とをそしてまた, と不満足, と名づけん, と孤独, と恐怖, と憎悪, と憐愍, と複雑, になった, にふっと, に似た, に堕ちる, に突, のない, の不安, の中, の感情, の或, の氣持さ, の甚, の目, の色, は何故, ばかりである, も憎しみ, や否定, や慚愧, をあらわした, をおぼえ, をさえ感じさせる, を催させた, を催し, を感じさせる, を感じない, を感じる, を憎悪, を招き, を明言, を無意味

▼ 嫌~ (78, 1.5%)

12 ある 2 つた, つたことで, つてゐる, つて居た, つて居りました

1 [56件] あって, あつた, ありました, あります, ありますが, あるかも, あるから, あるが, あると, つたさうだ, つたさうです, つたつて力づくで, つたのは, つた者が, つては, つてゐた, つてゐました, つてを, つて宿下がりの, つて居ました, つて居るなら, つて改作させる, つて言葉を, つて逃げ, つて邪魔を, つて駄目若い, とても悪い, ないでも, よい, よくなりました, よくなる, よろしい裏, らしいうの, らしと, ろうが, 上にも, 五分であろう, 好かつた, 好かつたの, 宜え, 応でも, 快いに, 悪いでしょう, 悪いらしい, 悪いん, 悪いんぢ, 悪い様, 悪かった, 悪かつ, 悪くつ, 悪くつて, 悪くな, 悪くなる, 悪るい, 直ったらしいので, 直つた

▼ 嫌はれ~ (77, 1.4%)

13 てゐる 7 てゐた 3 て居る 2 はしない, 拔い, 者で, 者庄造は, 軽蔑され

1 [44件] その崖, たり, てしまひ, てすげなく, てそれ, てはどうも, てばかり, てもお前, てもどう, てもゐる, ても一寸, てやり, てやる, てよ, てフラフラ, て三年, て困つた, て居た, て居りました, て常陸屋, て文藝部, て死ぬ, て殺す, て氣, て沈ん, て深く, て相, て相不, て腐つ, て自ら, て見, ながらもあの, ながら共に, に出, に来, もするだらう, ものの一羽, 乍ら中屋から, 將門は, 息子とは, 損な, 敬遠される, 樣, 者に

▼ 嫌なら~ (68, 1.3%)

6 嫌で 3 嫌と 2 その手桶, わしが, 増屋へ, 娘を, 小便を

1 [49件] あの暗, いつでも, いやで, しかたが, そういう湖, どうしても萬難, どこか, ばお, ばここ, ばな, ば嫌, ひとつ売っ, またべつ, もう一つ方法, もっと他人他人, カキツバタを, 一つだけ, 一人で, 一緒に, 一緒につれ, 今の, 仕方は, 何だって, 俺の, 借金しなけれ, 可愛い奴, 右に, 周助に, 嫌だ, 嫌でも, 左に, 廃しなさあ, 東京さ行つて二人で, 汝より, 湯呑に, 無理たあいわね, 相棒と, 相棒の, 眞つ, 私が, 私一人でも, 竹町の, 芝居見物も, 親分の, 誰れ, 途中迄, 達ても, 遠慮なく嫌, 默つてゐ

▼ 嫌~ (67, 1.3%)

3 直して 2 とつて, とりに, とるため, 悪くし, 悪くする

1 [54件] うかがったり, おめ, お悪く, しないと, しなかったが, とつた, とり直した, とるが, とるだけの, とるわけ, とる目ろ, とろうという, よくした, 伺ふやう, 免れぬ, 免れぬが, 免れぬと, 取ったもの, 取って, 取らないと, 取らなくっても, 取りました, 取り戻し朗らか, 取ること, 取るほど, 回復した, 害したの, 害ふ, 弱らす虫, 悪くします, 感じて, 慮つて口, 招くやう, 損じた, 損じたこと, 損じて, 損じないよう, 損ねたので, 操らうとは, 改ため, 期待した, 標榜せぬ, 正面から, 直さすべきはず, 直した, 示すわけ, 窺は, 窺ふ, 被る, 見るのに, 言えば, 言わない, 買つた話さ, 買ふ

▼ 嫌です~ (65, 1.2%)

1263 わ, 嫌です 2 から, ね, もの, よつて, ッ

1 [31件] かははあ, からどうぞ, からね, からもう, からわざと, から双方理解, から夫, から水戸邸, から誰, がさりとて, がね, けれど命がけ, ことねえ, ぜ親分, って, とさ, と母, どなたの, ねえ江戸, ねお, ねそれで, よう引っ張っ, よお, よそんな, よ坊, よ立派, よ行っ, 事, 朝降っ, 私は, 軍人を

▼ 嫌でも~ (60, 1.1%)

10 応でも 2 なさそう, 神を, 道徳を

1 [44件] あるまい, ある私, あろうが, いいよ, いつまで, おしまいまで, おならを, お前の, お友だち, お客様に, お服, お越し遊ばさね, こう云う, この最後, その方, その言葉, その顎, それに, ガチャ, 一先ずお, 仕事に, 他から, 勤めるだけの, 取り戻すの, 口を, 名が, 味は, 学生代表に, 思い出させるもの, 恋愛を, 悪くし, 戀愛を, 敵に, 果さなくては, 気づかずには, 洋酒を, 目を, 眼に, 耳に, 船着が, 行つちまうだ, 認めざるを, 陸を, 青年に

▼ 嫌ひな~ (55, 1.0%)

3 の, んでせう 2 だけで, のでは, のよ, ものであつ, んでアレ, 赤い帽子

1 [37件] お光, お孃さん, がちや, さらずどんな, さるやう, すこし被害妄想狂, そして私, だけ夏, どころかこの, のかい, のかも, のだから, のだが, のであつ, のであらう, のでいつ, のでおも, ので何, ので出かける, ので弁解, ので成るべく, ので結局ひとり, ので葬礼, のにあの, のよあたし, のよ来なけれ, のサ, ま意氣, もの, ものですが, わざとらしい技巧, んさ, んださうです, んぢ, 小さな友達, 白い気持, 顰めた立皺

▼ 嫌がる~ (51, 1.0%)

9 のを 4 女を 3 娘を, 彼女を 2 のも, 幾松を, 手に, 樣子なり, 私を

1 [22件] お孃樣, お銀, かも知れない, ところの, のが, のは, やつを, 両親弟妹から, 亭主を, 人に, 伯円の, 助七, 勝に, 彼女に, 接吻を, 曲者を, 本能性が, 様子なり, 清太郎さんから, 由三を, 私や, 絹坊の

▼ 嫌~ (51, 1.0%)

9 いうほど 2 いうか, いえ, なると

1 [36件] いいうれしい, いいきる人, いうほどに, いうより, いえさあ, いえないよう, いえない人間, いえなかった, いえねえ, いおうが, いって, いふならいつて, いふ訳には, いわさないよう, いわば, おっしゃるの, ならそれ, 云うたら人, 云うならば, 云うなら私, 云えずに, 云ふ, 云へ, 云わねえという, 仰せあらば, 合せるかの, 否めば, 申さば, 申したところ, 申したら, 申し断って, 申すか, 申すなら夜陰, 言つても, 言は, 貴様が

▼ 嫌~ (42, 0.8%)

2 なんのと, 取り方

1 [38件] あろうはず, いい時, いい笑顔, いい顔, ま, ものには, よくない, わるいという, 人が, 人で, 変人でございまし, 多い女, 大旦那, 好いところ, 好いの, 好い声, 好い愉快, 好い酔, 好い顔つき, 好悪に, 床に, 度が, 御前様も, 応のと, 悪いお嬢さん, 悪い真似, 悪い顔, 悪い顔付き, 感情を, 日で, 模様, 父は, 筈でした, 翁は, 良い笑, 色を, 親父は, 顔を

▼ 嫌つた~ (41, 0.8%)

1 [41件] あの口調, あの氣持, からです, か知れない, がこの, がその, が実, が左孝, が極めて, が結局, こと, ことか, ためでも, といふで, ところで, と云, のでこれら, のでさ, のです, ので唐代, ものだ, ものだつた, もので, やうに, わけで, をり, んです, んでせう, ランプ掃除と, 一つの, 以上は, 半元服, 夫の, 後年の, 時は, 漢人は, 爲で, 爲である, 片月見, 眞珠色の, 金持らしいたしなみでせう

▼ 嫌ひなん~ (36, 0.7%)

138 だよ 5 です 3 だが 1 だから, だけど, だぞう, だと, だよう, だ君, ですもの

▼ 嫌だった~ (34, 0.6%)

2 のだ, のです, 事が

1 [28件] から, からである, から平生, から断る, から病弱, がけれども, がこの, がまずい, が断る, が蜥蜴, が食った, けれども山, ことは, し, と告白, のか, のかも, のが, ので, のである, のでいぜん, のでしょう, ので振向かず, のは, ろうに, わけで, んだ, んです

▼ 嫌ひなの~ (33, 0.6%)

113 である 2 です, は僕, を知つて

1 [13件] か, かそれ, かそれとも, か寸分, だらうと, でございますよ, ですもの, ですわ, とがある, は, はみんな知つて, は先生, も其處

▼ 嫌~ (32, 0.6%)

3 あるが, れもの 2 ありますが, あるけれども

1 [22件] あつて, あるかも, ございませんので, ざりし人, ざるは, しませんが, しむる, どう, ない禁厭, なかつた, なかつただらう, ぬならば, ぬなるべし, ぬやう, ぬ永劫輪, ぬ滅多打, ねば, るるじ, るる事, 別として, 少ない方, 有るが

▼ 嫌らしい~ (32, 0.6%)

2 ことは, 烏

1 [28件] ことと, ことばかり, ことを, そこで西洋室, とか憎らしい, と思う, なんの, ものを, 事ばかり, 出来だった, 呼吸や, 変な, 姿を, 情欲的な, 感じが, 感じです, 手に, 気持ちは, 汚ない話, 淋しい恐ろしいツマラナイ運命, 男が, 真似を, 程の, 笑い方が, 素振りなんか, 連想などが, 雨だらう, 黒ん坊の

▼ 嫌~ (28, 0.5%)

2 にどう

1 [26件] うした, から相当, というもの, に, にいつも, にどこ, にまず, にわざと, に今日, に信一, に夜, に帰り路, に我, に打つ, に暁方, に曉方歸つて來, に犬, に私, に置き手紙, に美沢, に自宅, に顔, に默止, を忍ん, を無理, を示す

▼ 嫌~ (24, 0.4%)

6 應も 5 応も 2 あるので

1 [11件] あり且つ, あるが, ある藝人附合, 好きも, 好もないん, 御前の, 悪い様, 應もねえ, 文句も, 無いと, 辞退も

▼ 嫌ひなもの~ (23, 0.4%)

3 はなかつた 2 だ, はどこ, もある, を食膳

1 [12件] かしら, でも, としては赤子, の一つ, の中, はある, はない, は滅び, は無い, を故, を故意, 無し

▼ 嫌ひです~ (22, 0.4%)

72 からナ, から滅多

1 [11件] から, から夜, が小鳥, が歌, つて, つてね, な, の, よ, わ, 私は

▼ 嫌ひと~ (20, 0.4%)

2 いふの

1 [18件] いつたやう, いつた人柄, いふこと, いふやう, いふわけ, かいふ, か云, か善い, か適當, の甚だしく, はある, は違, も, 思ふほども, 来て, 知れば, 聞えしお, 聞しが

▼ 嫌じゃ~ (18, 0.3%)

2 ありませんか, ない, ないが

1 [12件] ありませんが, からあらかじめ, たとえどの, と, ないけど, ないこと, ないん, 世話の, 勝手に, 嫌じゃ, 止めて, 覚明様その

▼ 嫌~ (18, 0.3%)

9 なしに 2 はない 1 なくまた, なく平家, なく連れ去った, なしの, はいえない, もなく, 言わさぬ催促

▼ 嫌~ (16, 0.3%)

3 だ, なる 1 だあ, だ人, だ気, なちやふよ, なっちま, なっちまうなあ, なっちゃうという, なっちゃうんで, なっちゃったと, なつちやつた

▼ 嫌だって~ (15, 0.3%)

1 [15件] いうの, いうもの, いうん, えに, おれの, お屋敷, どうしても出, 云うと, 手を, 言い張るの, 言うと, 言うに, 言ったじゃ, 言ったじゃあ, 逃げると

▼ 嫌はれた~ (15, 0.3%)

2 と云, ので

1 [11件] が次第に, が紳士風, といふ意, のだ, のである, のは, ものだ, ものでなけれ, 事は, 犬の, 腹癒せです

▼ 嫌はれる~ (15, 0.3%)

2 と猫

1 [13件] かも知れない, ことの, といふ不思議, と云, のは, のも, ほど長い, やうな, よ, んです, 原因の, 幼虫も, 筈だ

▼ 嫌ひし~ (15, 0.3%)

7 てゐる 2 にやあらん 1 たり新しい, てけむつた, てゐた, て居る, は戯れ事, 男なりけり

▼ 嫌ひである~ (15, 0.3%)

2 が学校, のだ

1 [11件] かといふこと, かのやう, がそれ, が配給物, しかし多く, し丁度, といふこと, とほり, にし, 心の, 私は

▼ 嫌~ (14, 0.3%)

3 ていた 2 たりし, たりする, ている 1 たりした, たりなんぞ致しません, てる声が, て何時も, て決して

▼ 嫌とは~ (14, 0.3%)

1 [14件] いうまいから, いうまい協力, いえずに, いわないよう, いわん, どうよく, 仰しゃれまい殊に, 断われますまい, 申されまい, 言えない, 言えません, 言へ, 言わず船, 言わねえで

▼ 嫌ある~ (13, 0.2%)

4 を免 2 が故に, と一 1 のみならず, ものから, より學者, 字は, 浦和武平が

▼ 嫌とも~ (13, 0.2%)

3 言へ 1 いい兼, いい切れない, いえずあわてて, いわれまい, はいとも, 気の, 親に対して, 言えずそれ, 言えません, 言ひ兼ね

▼ 嫌~ (13, 0.2%)

2 親分

1 [11件] あたしそんな, ごむ人形, さそうに, そんなこと, みつとも, 嫌よ, 御免なさい, 本當, 留針を, 私, 見っとも

▼ 嫌つたの~ (12, 0.2%)

2 かと思ふ, では 1 かまだ, である, と幼, は今更ら卓見, は別段, は当時, は札差, は知性

▼ 嫌でございます~ (12, 0.2%)

321 か, から, から只今, なア, わ, わ母さま, 菩提を

▼ 嫌やに~ (11, 0.2%)

3 成まする, 成りて 1 おなりに, なった, なつたんだ, なります, 成りましたとて

▼ 嫌あれ~ (10, 0.2%)

2 ども是, ばなり 1 ども特に, ども魏國, ども鮮明, ば, ばここ, 持って

▼ 嫌~ (10, 0.2%)

4 なんだ 1 だから, だからそん, だからひとつざっくばらん, だで, なの, なんで

▼ 嫌はず~ (10, 0.2%)

2 攻めて, 舐め廻した 1 と見え, なぐりつける男, に, 之を振廻さん, 気取ツ, 踏付けるので

▼ 嫌ふと~ (10, 0.2%)

2 所の 1 いふこと, いふよりも, いふ奇癖, いふ者も, 思ふか, 斷ぜ, 見ゆれば, 言つた

▼ 嫌~ (9, 0.2%)

2 や, やありません 1 やご, やと最初, ややら, や何處, や矮小

▼ 嫌なり~ (9, 0.2%)

2 他處, 來いといつ 1 という連中, と此度, 他処, 後に, 珠運様への

▼ 嫌ひな人~ (9, 0.2%)

2 である, の所 1 が君, で殊に, になつ, に話せる, は悪人帳

▼ 嫌悪し~ (9, 0.2%)

1 哀弔すべき, 哀弔すべきで, 当路者が, 恐怖し, 空々寞, 羞じ, 自分の, 農村の, 近頃では

▼ 嫌でしょう~ (8, 0.1%)

1 か, からお返し, からと直ぐ, から外, けれどそれ, けれど一時九州, だから後ろ, と聞いた

▼ 嫌という~ (8, 0.1%)

2 のか 1 ことが, のを, わけにも, 意味では, 気づかいは, 程招ばれた

▼ 嫌~ (8, 0.1%)

4 はれるからとて 1 って逃げる, ひして, われて, われるの

▼ 嫌~ (8, 0.1%)

2 がさした 1 がさして, がさしてる, がさす, が差し, が浸し, が生じ

▼ 嫌である~ (7, 0.1%)

1 いくら一生けんめい, が, しそれ, というの, と同様, 学校へ, 學校へ

▼ 嫌なき~ (7, 0.1%)

5 に非 1 かを恐れ, はこの

▼ 嫌ひだつた~ (7, 0.1%)

1 からこんな, からです, から何時, から露, が蝉丸, といふ岩下先生, らしい

▼ 嫌ひでない~ (7, 0.1%)

1 つていふ, といふ, といふ側, のだ, 和尚さんは, 点にかけては, 菊次さんは

▼ 嫌~ (7, 0.1%)

1 かッ, さ, ですよ, なもの, なら悉皆, な声, 私は

▼ 嫌~ (6, 0.1%)

1 え私, すこぶるはっきりと, それを, ウム嫌で, 好かを, 嫌なら止めとけ

▼ 嫌だつた~ (6, 0.1%)

1 がこれ, がしかしまた, が西方, が青田風, しまた, 程だ

▼ 嫌であった~ (6, 0.1%)

1 から家, がそれでも, が年長者, に違い, のにこの, 昔も

▼ 嫌ひな人間~ (6, 0.1%)

2 だが 1 がありました, である, に対して頗る, も滅多

▼ 嫌ふも~ (6, 0.1%)

2 のに 1 のとは, のも, のゆゑ除, 皆兵を

▼ 嫌らし~ (6, 0.1%)

2 さを 1 かつた, さ, さが, さに

▼ 嫌らしく~ (6, 0.1%)

1 これは, そして空漠, て見, 汚らわしく浅ましく映っ, 立廻っ, 頭を

▼ 嫌でした~ (5, 0.1%)

1 からそれ, から曖昧, から蒲団, ね, のね

▼ 嫌ひなり~ (5, 0.1%)

1 と申せ, 余は, 兎角に, 殊に, 然れ

▼ 嫌ひも~ (5, 0.1%)

2 ある 1 ありません, あれしまんが, おありだらう

▼ 嫌~ (5, 0.1%)

1 っ, な顔, ねえおじいさん, よ, ん

▼ 嫌~ (5, 0.1%)

1 お約束, だと, ですっ, という, といふより

▼ 嫌さうな~ (4, 0.1%)

1 口調で, 赤銅色の, 面持に, 顔を

▼ 嫌だろう~ (4, 0.1%)

1 けど外, と思っ, と思った, な

▼ 嫌でなかったら~ (4, 0.1%)

1 おれたちの, その友だち, ゆっくりと, 金座の

▼ 嫌なこった~ (4, 0.1%)

21 な, 千倍でも

▼ 嫌な思ひ~ (4, 0.1%)

1 をさせられる, をした, をしない, をする

▼ 嫌ひか~ (4, 0.1%)

1 お君, な, の問題, を問

▼ 嫌ひであり~ (4, 0.1%)

1 なべてか, 且つ白樺派, 世間的な, 異を

▼ 嫌ひな方~ (4, 0.1%)

1 だ, です, ではない, ではなかつた

▼ 嫌ひな物~ (4, 0.1%)

1 があまり, である, なの, は食はず

▼ 嫌ふか~ (4, 0.1%)

3 と一ト口 1 も知れぬ

▼ 嫌へる~ (4, 0.1%)

1 か, にはあらず, 所謂二足四足を, 蛇の

▼ 嫌よく~ (4, 0.1%)

1 僕を, 連れて, 飲まう飲めるかな, 飲んで

▼ 嫌好く~ (4, 0.1%)

1 お目ざめになつて, させた, して, そんなお

▼ 嫌えだ~ (3, 0.1%)

1 アいや, 畑でも, 矢張自分で

▼ 嫌える~ (3, 0.1%)

1 も唯, 死は, 鼻が

▼ 嫌~ (3, 0.1%)

1 あいわせません, あ言えません, アいいません

▼ 嫌だっ~ (3, 0.1%)

1 おれは, お師匠様, 嫌だっ

▼ 嫌だつ~ (3, 0.1%)

1 たらしかつ, たりお前, てどう

▼ 嫌だつたら~ (3, 0.1%)

1 その娘, 嫌さ, 最初から

▼ 嫌でなけれ~ (3, 0.1%)

1 ば, ば百年, やこれから

▼ 嫌でならない~ (3, 0.1%)

2 のだ 1 んだ

▼ 嫌でならなかった~ (3, 0.1%)

2 のです 1 が家

▼ 嫌といふ~ (3, 0.1%)

1 ことは, より恐怖い, 八五郎では

▼ 嫌はれます~ (3, 0.1%)

21 よそんなに

▼ 嫌ひある~ (3, 0.1%)

1 ものなり, もの果して全く, もの甚だ

▼ 嫌ひされ~ (3, 0.1%)

2 てゐる 1 て孫

▼ 嫌ひさわい~ (3, 0.1%)

2 でさわい 1 でさ

▼ 嫌ひだつたの~ (3, 0.1%)

1 か, は外, は若旦那

▼ 嫌ひだつて言~ (3, 0.1%)

1 つたらどう, つたんぢ, やがる

▼ 嫌ひでございます~ (3, 0.1%)

1 か, がやはり, わ

▼ 嫌ひでした~ (3, 0.1%)

1 から, がその, ことも

▼ 嫌ひと力~ (3, 0.1%)

3 を入れる

▼ 嫌ひなこと~ (3, 0.1%)

1 だのに, は親分, 時々は

▼ 嫌ひなやう~ (3, 0.1%)

1 で, ですね, にあなた

▼ 嫌ひな奴~ (3, 0.1%)

1 だ, でせう, もある

▼ 嫌ひな平次~ (3, 0.1%)

1 だつたの, に埒, はフト氣

▼ 嫌ひな性分~ (3, 0.1%)

1 でお, でその後, なん

▼ 嫌ひな男~ (3, 0.1%)

1 でした, とでも思, に言

▼ 嫌ひます~ (3, 0.1%)

1 から湯水, がね, ので

▼ 嫌ひよ~ (3, 0.1%)

1 と言つて, どこまでも, 色が

▼ 嫌ひらしい~ (3, 0.1%)

1 永井君は, 言葉を, 變人に

▼ 嫌ひ出し~ (3, 0.1%)

1 てゐる, て来させない, て頑として

▼ 嫌ひ抜い~ (3, 0.1%)

1 てゐ, て兄, て御

▼ 嫌ふべき~ (3, 0.1%)

1 ものを, を昔, 淫慾なし

▼ 嫌やとお~ (3, 0.1%)

3 言ひなさるを

▼ 嫌やにな~ (3, 0.1%)

2 つてお客を 1 つてそのまま

▼ 嫌やの~ (3, 0.1%)

3 やうな

▼ 嫌~ (3, 0.1%)

1 ていた事, ておいで, なにかあたし

▼ 嫌人的~ (3, 0.1%)

1 な酷評者, になり, になりました

▼ 嫌厭先生~ (3, 0.1%)

1 が花柳, という年, にかえる

▼ 嫌いたもう~ (2, 0.0%)

1 とて中の瀬一郷, と知り

▼ 嫌いなん~ (2, 0.0%)

2 じゃありません

▼ 嫌いや~ (2, 0.0%)

2 のん

▼ 嫌じゃあ~ (2, 0.0%)

1 ないけれど, ないわ

▼ 嫌する~ (2, 0.0%)

1 の情起り, やうな

▼ 嫌そう~ (2, 0.0%)

1 じゃなかった, に言い放った

▼ 嫌だったら~ (2, 0.0%)

1 その娘, わたくしこれから

▼ 嫌だの~ (2, 0.0%)

1 応だ, 是が

▼ 嫌つた人~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 嫌つて五分~ (2, 0.0%)

2 と辛抱

▼ 嫌でしたら~ (2, 0.0%)

1 それにも, 私が

▼ 嫌でなけりゃ~ (2, 0.0%)

1 これからお, 家の

▼ 嫌でならぬ~ (2, 0.0%)

1 のでどうか, ので如何

▼ 嫌で御座います~ (2, 0.0%)

1 よ, よ先生

▼ 嫌といった~ (2, 0.0%)

1 ひとの, 気持は

▼ 嫌なら止す~ (2, 0.0%)

1 がい, がいい

▼ 嫌なる~ (2, 0.0%)

1 ことは, 原因は

▼ 嫌なれ~ (2, 0.0%)

1 ばおれ一人, ばその

▼ 嫌なんて~ (2, 0.0%)

1 つたつて, 言ひ出される

▼ 嫌~ (2, 0.0%)

1 これは, ホホッ

▼ 嫌はれぬ~ (2, 0.0%)

1 やうに, 用心さつせえ

▼ 嫌はん~ (2, 0.0%)

1 かてよろし, で

▼ 嫌ひした~ (2, 0.0%)

1 ものだ, 私は

▼ 嫌ひする~ (2, 0.0%)

1 ことによ, マキノ氏像を

▼ 嫌ひだった~ (2, 0.0%)

1 のかと, のについ

▼ 嫌ひだつて~ (2, 0.0%)

1 いふぢ, なるやう

▼ 嫌ひだつて云~ (2, 0.0%)

1 つたぜ, つてるん

▼ 嫌ひだもの~ (2, 0.0%)

1 だから, で知らない

▼ 嫌ひつ~ (2, 0.0%)

1 てこと, てもの

▼ 嫌ひで先刻~ (2, 0.0%)

2 申し上げた蛇

▼ 嫌ひで學問~ (2, 0.0%)

1 が好き, にのみお

▼ 嫌ひで有名~ (2, 0.0%)

1 で堯舜禹湯文武周公, な平田篤胤

▼ 嫌ひで毎日昌作~ (2, 0.0%)

2 と共に川

▼ 嫌ひで滅多~ (2, 0.0%)

1 に客, に小

▼ 嫌ひで私~ (2, 0.0%)

1 が釣, と小僧

▼ 嫌ひで通つて~ (2, 0.0%)

1 ゐなかつた, 居る事

▼ 嫌ひといふ~ (2, 0.0%)

1 ではない, 程で

▼ 嫌ひと云~ (2, 0.0%)

1 ふよりも, ふ事

▼ 嫌ひなく~ (2, 0.0%)

1 何処までも, 平地の

▼ 嫌ひなる~ (2, 0.0%)

1 は主として, 臭みを

▼ 嫌ひなわけ~ (2, 0.0%)

1 では, はありません

▼ 嫌ひなリヽー~ (2, 0.0%)

2 はあまり

▼ 嫌ひな事~ (2, 0.0%)

1 であるが, は初め

▼ 嫌ひな何~ (2, 0.0%)

1 とかいふ叔父さん, よりも恐しい

▼ 嫌ひな友達~ (2, 0.0%)

1 が来る, を他

▼ 嫌ひな坊主~ (2, 0.0%)

1 あたま, に鳥右ヱ門

▼ 嫌ひな子~ (2, 0.0%)

1 はうしろ, もゐる

▼ 嫌ひな彼~ (2, 0.0%)

1 がこんな, である

▼ 嫌ひな忠太~ (2, 0.0%)

1 と聞い, と訊い

▼ 嫌ひな性質~ (2, 0.0%)

1 で譬へば, の人

▼ 嫌ひな氣象~ (2, 0.0%)

2 との快

▼ 嫌ひな温泉~ (2, 0.0%)

1 の種類, ばかりで

▼ 嫌ひな者~ (2, 0.0%)

1 が蛇, はない

▼ 嫌ひな自分~ (2, 0.0%)

1 の傍, の發見

▼ 嫌ひまし~ (2, 0.0%)

1 て, てね

▼ 嫌ふから~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 嫌ふこ~ (2, 0.0%)

1 とはわたくし, とは知つて

▼ 嫌ふなら~ (2, 0.0%)

1 お三婆, 嫌つて見ろ

▼ 嫌~ (2, 0.0%)

1 ば是非が, り

▼ 嫌へば~ (2, 0.0%)

1 かかる望, 皆人に

▼ 嫌ほど~ (2, 0.0%)

1 知って, 経験の

▼ 嫌やでも~ (2, 0.0%)

1 人間は, 強調せね

▼ 嫌よと~ (2, 0.0%)

1 向うから, 眼を

▼ 嫌わるい~ (2, 0.0%)

2 のね

▼ 嫌~ (2, 0.0%)

2 思うよう

▼ 嫌伯母さん此處~ (2, 0.0%)

2 の家

▼ 嫌~ (2, 0.0%)

2 さるる

▼ 嫌~ (2, 0.0%)

1 ありません, なしに

▼1* [447件]

ねえもん, 嫌あな思いが胸, 嫌あな顔をする, 嫌ありとおも, 嫌いってことに, 嫌いなされて事ごと, 嫌いなされたそこに, 嫌いやがったなお, 嫌うかして許さない, 嫌うたもんですな, 嫌えだついて来る, 嫌えなもなあ一つ, 嫌約束は, 嫌かいやっぱり, 嫌かなあお前さんほどの, 嫌かねどうだ, 嫌かは家付の, 嫌から出立する, 嫌がって, 嫌がりて日, 嫌がるひょろ松を, 嫌がるべしと定まった, 嫌がれ怖いと, 嫌づまを, 嫌くなってくる, 嫌さうに云つた, 嫌されると知れ, 嫌したものだった, 嫌じゃと申しは, 嫌すべきものである, 嫌するごとき市井閑人の, 嫌そんな話, 嫌たらざらんと, 嫌だけんどよ, 嫌だこつちにもゐた, 嫌だったらしいのです, 嫌だったら生まれてこね, 嫌だったろうなあ, 嫌だっても良人だ, 嫌だっ助けてくれっ, 嫌だゆれるし食, 嫌だ考えてもぞっと, 嫌だ見るとぞつと, 嫌だ退くのは, 嫌だ遣りつけるまでだ, 嫌って云うのに, 嫌つた事実が九官, 嫌つた反抗でこんなに, 嫌つた爲止むを, 嫌つていつでも暗い, 嫌つておいでだけれど, 嫌つてそれを二束三文, 嫌つてやくざの萬次, 嫌つて一切着なかつたの, 嫌つて一字一字を惜, 嫌つて一緒に逃げ, 嫌つて一週間も前, 嫌つて上野のしづけ, 嫌つて久太郎に焦れた, 嫌つて五百兩の金, 嫌つて京都に出, 嫌つて人の近寄る, 嫌つて六郎に心, 嫌つて写実的手段をより, 嫌つて口語体のみを用, 嫌つて向島あたりの凄い, 嫌つて君この絨氈, 嫌つて唇を噛んだ, 嫌つて商人になつた子, 嫌つて大廻りに店口, 嫌つて天の岩屋戸, 嫌つて家へ入れなかつた, 嫌つて就中その笑, 嫌つて平次は裏, 嫌つて弁ちやんを煽て, 嫌つて引越しをせがんだ, 嫌つて形ばかりの月見, 嫌つて後に改めた, 嫌つて後指を差す, 嫌つて意見をし, 嫌つて手代の與左吉, 嫌つて接近を忌みたる, 嫌つて敏捷の人, 嫌つて文学の書類, 嫌つて東京へ出, 嫌つて検事に家, 嫌つて此處で若, 嫌つて歳を二つサバ, 嫌つて死を生, 嫌つて民家に恋人, 嫌つて父は中学, 嫌つて父親を悲しませる, 嫌つて珍奇を求める, 嫌つて留守をし, 嫌つて祝言をする, 嫌つて紅だけ差した, 嫌つて自分は油無し, 嫌つて逃げ廻つてゐるやう, 嫌つて遁げて来た, 嫌つて運動にも出さず, 嫌つて野球用語のピッチャー, 嫌つて釣に行つた, 嫌つて闇中に蛞蝓, 嫌つて離屋に引つ越した, 嫌てな心境に, 嫌であるらしい仏頂顔で, 嫌であろうとこんなに, 嫌でございましたなのべつ, 嫌でござると刀, 嫌でたまらずしかも残す, 嫌でたまらずのたうちまわりながらその, 嫌でたまらぬ外国人の, 嫌でないのは, 嫌でないらしく嬉しそう, 嫌でなきや附き, 嫌で入ってくる, 嫌で堪らない気が, 嫌で堪らなかつたのです, 嫌で残しておいた, 嫌で残したわけで, 嫌といは, 嫌とでもおいいか, 嫌となツて, 嫌とりを見えすかせ, 嫌どうぞ是非今直に, 嫌なおもひを, 嫌なからずやは, 嫌なくチクチク刺す, 嫌なさいますな, 嫌なさらずに, 嫌なぞを些とも, 嫌ならのべ金を, 嫌なら出て行け, 嫌なら去れわしは, 嫌なら帰ってくん, 嫌なら止めとけ馬鹿絶交だ, 嫌なら狂うのが, 嫌なら訊ねまいしかし左官屋殿, 嫌なり来いといつ, 嫌なるべし我取, 嫌な作った姫様声は, 嫌な恐しい避けがたい脅迫, 嫌な脅えさえ感じられた, 嫌な軋りを立て, 嫌な酔い方を, 嫌にさえなって, 嫌にでもなつたのかな, 嫌にも思ひあ, 嫌ねえ人殺しの, 嫌はずして榛軒, 嫌はず乘廻し其處此處, 嫌はず処を択ばず, 嫌はず無遠慮に突立つて, 嫌はず西洋種の苜蓿, 嫌はず雨のやう, 嫌はず食料の高野豆腐, 嫌はず高鼾で昼寐, 嫌はせようとする, 嫌はば終に渡る, 嫌はる盜人亦, 嫌はるべきを知れり, 嫌はれし人の, 嫌はれしなるべけれどそれ, 嫌はれたらしいなし, 嫌はれた腹立ち紛れ與之, 嫌はれてたが毎日顔, 嫌はれてるンで, 嫌はれなきや, 嫌はれましては何, 嫌はれやがつた, 嫌はれようさ, 嫌はれ忌まれる癈れた, 嫌はれ抜いてゐる, 嫌はれ蔑まれたのも, 嫌はれ通して来た, 嫌ばかり取つて, 嫌ばかりとつてゐる, 嫌ひあれどこは, 嫌ひか見分けるわけね, 嫌ひがるので, 嫌ひされる理由と, 嫌ひする老いた牝犬の, 嫌ひたまふ, 嫌ひたり逍遙子戲曲の, 嫌ひたるがためなるべし, 嫌ひだし黒住の, 嫌ひだつたのさもうもうお金, 嫌ひだつた病気なん, 嫌ひだつて云つてゐたわよ, 嫌ひだつて云ふからな, 嫌ひだといつても隨分澤山, 嫌ひだどこまでも一人, 嫌ひだほんたうに嫌ひだ, 嫌ひだらうが近い, 嫌ひだんがな臭う, 嫌ひだツてほんと, 嫌ひだ耶蘇ばかり振り廻はし, 嫌ひだ自分も人間, 嫌ひだ角力の方, 嫌ひでおまけに犬, 嫌ひできりやう自慢で, 嫌ひでこれは田樂, 嫌ひでさほどの大金, 嫌ひでしてな, 嫌ひでそれつきり話, 嫌ひでなかつたら私が, 嫌ひでなく芝居へ, 嫌ひでなくなるのだ, 嫌ひでひとりで歩い, 嫌ひで三十近くにもなつて, 嫌ひで三日に一度, 嫌ひで世に謂, 嫌ひで亜米利加のもの, 嫌ひで他人の施され, 嫌ひで何でも氣早, 嫌ひで何んにもやつ, 嫌ひで何處にも女房, 嫌ひで偶に田舎出, 嫌ひで僅に一日, 嫌ひで先生を罵倒, 嫌ひで出來ないの, 嫌ひで勉強に退屈, 嫌ひで勘當された若旦那, 嫌ひで吾家に在, 嫌ひで唯一匹にも夜, 嫌ひで大抵の親類, 嫌ひで婦人が毛皮, 嫌ひで嫂さまと正式, 嫌ひで学校から帰る, 嫌ひで學校時代には學校, 嫌ひで宗因風の所謂檀林, 嫌ひで容易に読まなかつた, 嫌ひで幼稚園の時, 嫌ひで彼が好き, 嫌ひで御座いまして手紙, 嫌ひで念佛一つお題目一つ稱, 嫌ひで政治家にならう, 嫌ひで日本酒ばかり飲む, 嫌ひで朝から晩, 嫌ひで木はみんな, 嫌ひで東京市内でも山の手, 嫌ひで棚が落ち, 嫌ひで武藝などにも關係, 嫌ひで洋服と言つて, 嫌ひで相當意地つ張り, 嫌ひで美徳ではなく, 嫌ひで自分が動かう, 嫌ひで芝居にばかり凝, 嫌ひで茶の好き, 嫌ひで茶碗酒が好き, 嫌ひで落馬も生れ, 嫌ひで蔭では, 嫌ひで虫一つ殺た事, 嫌ひで親御さんに叱られ, 嫌ひで親父の重, 嫌ひで言葉少なのこの, 嫌ひで話の分らない, 嫌ひで調子が少し, 嫌ひで題などは文学自体, 嫌ひで顏を見た, 嫌ひで飛騨の秋, 嫌ひといふらんらんたるもの, 嫌ひといふ男で危ない, 嫌ひといふ訳でもない, 嫌ひとして知られ, 嫌ひと云つてしまへよ, 嫌ひと自覚して, 嫌ひと見え相手にせず, 嫌ひと言やはつて, 嫌ひと言つて通人の間, 嫌ひなうちにも一番, 嫌ひなお前があの, 嫌ひなくらゐならどうせ, 嫌ひなところがあります, 嫌ひならもう玉ちやん, 嫌ひなら仕方がない, 嫌ひなら妙な野郎, 嫌ひなら嫌ひで嫂さまと正式, 嫌ひなら嫌ひと云つてしまへよ, 嫌ひなりし大阪の, 嫌ひなりとて應, 嫌ひなメリメと同一, 嫌ひな一人からヤカレ, 嫌ひな三田はいきなり, 嫌ひな上西氏は馬, 嫌ひな下婢だつた, 嫌ひな二本差にもあんな, 嫌ひな二葉亭氏の第, 嫌ひな亜米利加でも一番嫌ひな男, 嫌ひな人々はすぐ, 嫌ひな人物であつ, 嫌ひな代数と幾何, 嫌ひな代數と幾何, 嫌ひな位ゐで, 嫌ひな佛性だよ, 嫌ひな僕は眞, 嫌ひな元帥は結婚, 嫌ひな兄の不, 嫌ひな唐辛子を舐めさせられた, 嫌ひな型に屬, 嫌ひな女ぢやない, 嫌ひな娘ではなかつた, 嫌ひな子さらひが, 嫌ひな子供ばかり出, 嫌ひな学校の試験, 嫌ひな学課は修身, 嫌ひな家庭的の芝居, 嫌ひな山吹色の太い, 嫌ひな形容詞を與へた君, 嫌ひな役者はいくらでも, 嫌ひな我儘者にはうつ, 嫌ひな才媛型の女, 嫌ひな批評家がある, 嫌ひな料理を無理矢理, 嫌ひな日本画壇ではこれ, 嫌ひな旧弊家の剰, 嫌ひな晶子さんをし, 嫌ひな条件を云, 嫌ひな欠点を云, 嫌ひな歌とかこの, 嫌ひな母にし, 嫌ひな毛虫によく, 嫌ひな民族をフランス人, 嫌ひな気性の激しい, 嫌ひな気象と妻, 嫌ひな煙草のけむりで, 嫌ひな照の意志, 嫌ひな爬虫類がゐなかつた, 嫌ひな物計りやらされ, 嫌ひな独身主義者にとつ, 嫌ひな理由の第, 嫌ひな男つて見た事, 嫌ひな男碁は強し, 嫌ひな知吉の子, 嫌ひな精悍な面魂, 嫌ひな糠味噌の臭, 嫌ひな細君や家庭, 嫌ひな老人である, 嫌ひな舊弊家の剩, 嫌ひな船に搖, 嫌ひな芝居を見, 嫌ひな花柳界に出入, 嫌ひな葛西氏であるが, 嫌ひな言葉かも知れん, 嫌ひな訳ではなかつた, 嫌ひな話が出た, 嫌ひな質でいつも, 嫌ひな部類に属する, 嫌ひな青年では無, 嫌ひな點もある, 嫌ひぬいて逃げ廻る, 嫌ひぬれどわが, 嫌ひはじめたことだ, 嫌ひも一には彼, 嫌ひも好きもない, 嫌ひも遊ばされず時には彼是小半日, 嫌ひらしかつた, 嫌ひらしいですね, 嫌ひわたしだすがな, 嫌ひ凝つと爺さん, 嫌ひ出したやうな, 嫌ひ始めたことも, 嫌ひ招かむもうるさしとて稀に, 嫌ひ歩くと唐臼, 嫌ひ遊ばして些, 嫌ひ遊ばすと云, 嫌ひ避けるやうで, 嫌ふいこぢさも, 嫌ふおつぎは, 嫌ふごとくに咢堂, 嫌ふたのは誰, 嫌ふて居るのである, 嫌ふところはかの, 嫌ふべく懼るべく, 嫌ふもまたさならむ, 嫌ふもんぢや, 嫌ふ飲みたくば勝手, 嫌へり然ら, 嫌まで取て, 嫌もうそんな気味, 嫌もつと, 嫌やがつて裏の, 嫌やせんよ, 嫌よろしゅうと言いました, 嫌らいだから, 嫌らいこれを排斥, 嫌らしきアゴひ, 嫌らしくまつわりつく一寸法師, 嫌らしく寝崩れた儘残り惜し, 嫌らつて殷の湯王, 嫌らひなのですが, 嫌らッサなあ, 嫌を以て終始し, 嫌んたよな, 嫌イダッタノデアルガコウシテ見ルト, 嫌イダト云ッタラフトイ奴ダトテ吸物膳ヲ打, 嫌イダナンテ誰ガ云ッタ嫌イドコロカ好キ, 嫌イデアッタガ寝間着ニハイツモ甘ッタルイ, 嫌イデアル主ナ理由ハ, 嫌イデ酒飲ミノ好クモノガ, 嫌イドコロカ好キ, 嫌イナノデ家ヘ来, 嫌ッテ長椅子デ寝, 嫌て由三, 嫌ナキニ非ザレバ予ハ寧ロ蛇柳, 嫌ナ顔ヲシテ自分ダケサッサト切リ上ゲテ出テ行ッテシマウ, 嫌ヒ途上ニ会フモ道ヲ避ケテ通レル事, 嫌フモノニ候オ角トイフ興行師ガ房総海ニテ難船シ浜ヘ打上ツタ所, 嫌フ事ハ日本モ西洋モカハリナキト存候尤モアイリッシュノ婦女ナドハ裸体ヲ見, 嫌なっちゃうぜ, 嫌世家の面影, 嫌人性になっ, 嫌人病的に急変, 嫌人症にとっつかまった, 嫌でなくては, 嫌伯母さん此処の家, 嫌伺ひさ, 嫌へ, 嫌千代之助様, 嫌厭以上のこと, 嫌厭恐怖を説明, 嫌厭自分の破滅, 嫌同じ好きでも, 嫌を辨ずる方法, 嫌吹くのも, 嫌嫌今でなくては, 嫌嫌嫌ですっ, 嫌嫌嫌今でなくては, 嫌宴會嫌藝妓嫌であるので, 嫌惡以外のもの, 嫌惡恐怖憎惡, 嫌惡感が胸, 嫌應言はせぬ, 嫌抜いてお, 嫌斜めな御, 嫌死んでは嫌, 嫌泣きにでも泣き, 嫌ぬからこの, 嫌をよせ, 嫌も行く, 嫌知って, 嫌の規定, 嫌のない, 嫌のこもった, 嫌見たいな笑, 嫌のお, 嫌なしで