青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「帰り~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~帯び 帯び~ ~帰 帰~ ~帰っ 帰っ~ ~帰った 帰った~ ~帰つて ~帰り
帰り~
~帰る 帰る~ ~帰ろう 帰ろう~ 帳~ 帳場~ 帶~ ~常 常~ ~常に

「帰り~」 7327, 79ppm, 1416位

▼ 帰り~ (2081, 28.4%)

87 なって 50 なりました 49 なるの 39 なったの 38 なると 18 なること 17 なった 16 なつた, なりましたか 15 なります, なるよう 14 なってから 13 なっても 12 ならないの, なる 11 なりまして, なるか, 寄って 10 なつたら, なりましたよ 9 なった後, なれば 8 なったと, なるん 7 なったので, なったん, なりますか, なるが, なる時, なろうと, 私の 6 なりましたが, なりませんか, なるまで, 彼は, 持って 5 ここへ, なったとき, ならねば, なりましたの, なりましたので, なりません, 何か, 買って

4 [12件] お寺の, なったあと, なったよう, なった方, なつて, ならなければ, なりました時, なるはず, なる事, 一緒に, 私は, 雨に

3 [27件] お寄り, ここで, ちょっと寄っ, なったか, なったこと, なったという, なった時, なっては, ならないと, ならないので, なりましたね, なりましたらば, なりますと, なりますの, なりませんね, なるかも, なるから, なるとき, なるなんて, なるもの, なる前, なる御, なる日, なる途中, 何処かで, 友達の, 池の

2 [97件] あすこの, あの家, いつもの, お友だち, こ, ここを, しては, しよう, その前, どこかで, なったお父さん, なったそう, なったら, なったらよく, なったら直ぐ, なったわよ, なった御, なってね, ならない, ならないん, ならぬと, なられた, なられました, なりそう, なりたいん, なりは, なりましたという, なりましたのよ, なりましたん, なりましては, なりましょう, なりましょうか, なりますから, なりますが, なりますまい, なりませんの, なるあなた, なるお, なるそう, なるだろうと, なるつもり, なるという, なるところ, なるならば, なるに, なるので, なるまでに, なるんで, なる権利, なる筈, なる頃, はきつと, また御, やられて, カフェーで, ハンプトン, マルヤへ, 上野で, 上野の, 両国橋を, 人気の, 代助, 例の, 僕の, 又乗る, 坂を, 女に, 寄ると, 寄るよ, 師匠の, 待って, 御寄り, 手を, 新宅へ, 新宿の, 新聞を, 暗くなる, 毎朝用も, 温泉鉄道に, 源さんの, 登ると, 目撃した, 確か父に, 神田へ, 立ち寄って, 蕎麦でも, 西側の, 覗いて, 買つて来, 遊んで, 道を, 道草を, 銀座を, 電車の, 順天堂へ, 餡ころもちを, 馬に

1 [1141件 抜粋] ああ花, あそこの, あちらの, あなたの, あまり路が, いささかの, いっしょに, いよいよの, うちへ, おちよやんの, おみやげを, お困りです, お婆さんに, お寄ん, お待ち申します, お母さんが, お父様, お種, お茶の水に, お薬, きっと本署, きまって食べ, けんかを, このお, この家, この犬, この部屋, さっきの, しくしくと, しべ, じゃ六貫, ずっと笠屋町, ぜひ立ち寄るであろう, そこへ, そっちへ, そのお金, その一人, その埋立, その征夷将軍, その時, その花, その門前, そばでも, たくさん摘ん, だだを, ちょっと伺った, ちょっと髯, できるだけ身, どうせ私, どこかへ, どこぞでと, どこへか, なされこの, なったが, なったこれ, なったって, なったなどという, なったのち, なったばかりの, なったらいい, なったらいちど, なったらくれぐれも, なったらすぐ, なったらどうぞ, なったらよろしく, なったら何, なったら先生, なったら宜しゅう, なったら早々, なったら申, なったら立派, なったら若い, なったら阿父さん, なった事, なった例, なった六月朔日, なった坊ちゃん, なった当座, なった時分, なった江戸表, なった薔薇, なった院, なってからでも, なってるかも, なつたらしい, なつちやつたんです, ならずに, ならないから, ならないそう, ならないで, ならないという, ならない夫, ならなかったの, ならなかったん, ならぬまま, ならはりました, なられたと, なられたらしかった, なられましたな, なられまして, ならんかな, ならんですか, なりあんした, なりさ, なりたい時, なりましたかた, なりましたかね, なりましたそう, なりましたと, なりましたな, なりましたまだ, なりましたら, なりましたらあなた, なりましたらずい分身体, なりましたら新聞, なりましたら皆さん, なりましたら金太郎様部屋, なりました小坊主, なりました頃, なりましても, なりますかという, なりますでしょう, なりますまいね, なりまする前, なります時, なりませぬが, なりませんから, なりませんならそれで, なりませんよ, なりやすか, なり尼御台さま, なり度, なり残暑, なり誠に, なるかという, なるさ, なるぞ, なるでありませう, なるでしょうか, なるでせうね, なるとか, なるなら勝手, なるなら茶屋, なるほか, なるまでの, なるまでも, なるよ, なるわけ, なる宮, なる御車, なる方, なる様子, なる私, なる見込, なれなかったらそこ, なれますぞ, なれませぬ高野, なれようと, なれるよう, なろうも, ひとりずつ, ひどい吹雪, ふと, ふと制作慾, ふと彼奴, ふなを, ぶらぶら竹の台, またお, またそこ, また寄っ, また楽しい, また珈琲店, みや古で, むす子, もう一ぺん, もう遅く, やぶかんぞう, ゆくえ不明と, よく彼女, よく木上り競争, よって, よりましょう, りら子, わざわざここ, わざわざ安井, わたくしが, わたしが, アトリエの, ウチへ, カフエーへ, ガンサーの, サニイ・サイド・アツプも, ジプシーの, スマックなぞ, ダマスクスから, チップを, ドイツの, ノーケ博士の, ベーカリーに, ポケットの, ミヤツに, ヤキメシを, ヨシ子ちゃんと, リヨンから, 一ぱいひっかけてふらふらと帰っ, 一人が, 一太は, 一寸平河さんの, 一度は, 一本貰っ, 一杯十銭の, 丁度公園, 三人で, 三寸ばかりの, 上海で, 下女部屋を, 両国の, 並仙に, 久し振りで, 乗せる客, 乗つた駿河丸, 乗換場で, 九時すぎ好い, 乾物屋の, 二度も, 五六人の, 交うだけ, 京都へ, 人の, 仕事以外で, 仲町を, 伝蔵に, 伯耆の, 何でも, 何処へ, 何者かの, 俊三と, 信長は, 健の, 偶然出会った, 兄が, 先輩と, 八百屋に, 公然と, 冬坡を, 処女たちは, 出逢ったあの, 加賀田の, 北の, 十一時間それに, 十年も, 千束町を, 半分だけ, 南天堂によって, 厄介に, 原料の, 又スゞヤ, 友だちの, 友達が, 友達を, 取つてお出で, 古い洋もの, 只野, 吉原さんと, 吉原土手の, 同じ問い, 同行させ, 向いた群集, 向って, 君の, 吸とり紙を, 吾妻橋で, 周村で, 和泉橋の, 四馬路という, 国府津で, 地団駄ふんで, 垣根の, 城下の, 塔の, 塩山の, 変な, 夕飯を, 外套や, 多代子さんが, 大久保へ, 大声を, 大幹部, 大抵日に, 大毎支局へ, 夫婦者は, 女の, 妹君を, 姿が, 宇治の, 宇都宮か, 宇野浩二氏から, 安房屋の, 宮中に, 宿の, 寄ったよ, 寄つて明日引越す, 寄りたかったが, 寄りますけど, 寄るが, 寄るわい, 寄れたら寄つてみたい, 寄ろうねえ, 寄港し, 寒いかしら, 寒くは, 小日向, 小此木氏へ, 小銭が, 屋台のどて, 屡々ひな鳥, 山嵐は, 山谷堀について, 岩見先生の, 峰の, 巡査が, 市ヶ谷へ, 帰省致候由幸便を, 広小路から, 度たびこの, 廻る, 弟の, 彼の, 彼女と, 往来の, 後ろから, 徒歩会の, 御室, 御覧に, 御近所, 微行で, 必ず立ち寄る, 志丈の, 思いがけないこと, 意味も, 成ったらどう, 成つたか, 成ましたよ, 成りましたら何卒, 成りませんので, 成りやしょう, 成ると, 我々は, 戸山の, 手当てを, 揃って, 摺違う, 放ち飼, 教員室に, 文房堂に, 料理屋か, 新刊書を, 新富町の, 新橋の, 新潟に, 日が, 日本へ, 日比谷公園などを, 明智探偵事務所によって, 春代と, 昼往って, 晴代は, 暗い草原, 曾根少佐に, 本屋の, 本所相生町を, 村瀬に, 松喜へ, 松野さんが, 柳と, 柳橋の, 根岸の, 森永で, 楼門の, 榎本に, 権田原先生は, 横川へ, 橋袂で, 此の, 歯磨を, 母親と, 毎日験べたんだ, 気を, 水戸様前から, 水街道の, 汁粉屋へ, 池面の, 沈没し, 沓掛駅まで, 河堤の, 泰造は, 浜町の, 淡竹の, 渡されたあれ, 源公の, 火が, 煙の, 父さまが, 猪口だの, 球を, 田町の, 由の, 町田さんと, 番町の, 疾走し, 皆の, 盲滅法に, 直ぐ買っ, 省線電車の, 着いたの, 石を, 石見の, 磯野も, 神保町で, 神明町まで, 神田の, 秀吉は, 租界の, 立ち寄った, 立ち寄られた象山先生, 立寄った, 立寄る長男, 笹村が, 結納の, 織次, 美智子さんは, 耳うちした, 背負うた千草, 脳貧血気味に, 腰に, 自分から, 自動車で, 自動車を, 與市兵衞見, 舞妓など, 船が, 花でも, 茶でも, 荷物を, 荻生さんに, 荻窪の, 葦簾張りの, 蕎麦で, 藤蔵さんの, 行く, 袂に, 西の, 見て, 見番へ, 覚えてろと, 角兵衛の, 誘拐し, 調布の, 豆腐屋の, 豊川稲荷へ, 貰つて来, 賄室の, 質を, 路地の, 迎いに, 近所の, 追いかけられた場合, 送って, 通りかかっただけ, 通り路だ, 連句を, 運んで, 道寄りし, 道路で, 酌って, 重とう, 金を, 銀子は, 銀座へでも, 鎮江へ, 長谷川は, 闇打ちにでも, 阿部の, 階下の, 障子を, 雨戸を, 電話や, 電車に, 靖国神社へ, 非常線に, 鞍まで, 音楽の, 額縁屋に, 風呂場の, 飾り窓の, 馬上から, 駅前で, 高津の, 鯉を, 麦畑の

▼ 帰り~ (681, 9.3%)

17 遅いの 12 電車の 8 汽車の 6 自動車の, 道を 5 おそいの, 時に, 汽車に, 電車に 4 切符を, 客を, 時は, 汽車賃が, 船で, 船の, 途中を, 電車では 3 バスの, 人で, 子供が, 子供らが, 旅に, 旅は, 時には, 途中で, 遅くなった, 電車で

2 [51件] ことだった, ときに, ようだ, ような, バスを, 上は, 上品な, 事を, 人々の, 人が, 人や, 人達が, 切符は, 土産に, 夕方に, 夜道を, 女が, 女を, 女房について, 姿が, 子供達が, 山の, 挨拶を, 旅の, 旅を, 旅路に, 日が, 日まで, 時の, 時も, 晩くなる, 様に, 汽車が, 汽車は, 汽車も, 汽車を, 海路では, 混雑を, 航海で, 路に, 車が, 車の, 途を, 遅い晩, 遅かりし, 遅きを, 道, 道で, 道中は, 電車は, 馬車の

1 [448件] あいさつを, あとで, あとでは, あとは, あとを, あと片付けも, あまりおそい, あまりに遅い, ある日, おせんであった, おそいこと, おそい人たち, おそい日, おそい晩, おそい浅井, おそい養父, おそい駿河, おそかった, おそくお, おり差上げた花束, お人, お供を, お医者様, お夜食, お嬢さん, お客は, お店者や, お店者らしい, お途中, お鉄, きいちゃんみいちゃん道具箱を, ことに, ことにわか雨が, ことを, これも, ころだ, ころには, ごようすだ, その上, その洒落者, つもりで, ときも, ところであった, ところを, ないのに, ないわけ, ない中, ない時, なんという, にぎやかな, ねえこと, はやいこと, ほろ酔ひで, ままの, みやげの, もと軍医, ものか, ようで, ようでございます, ようでした, キップを, コロンブスが, シニャックと, ジイドに, セレブリャコーフエレーナソーニャテレーギンが, タイピストだ, タクシで, タクシの, タクシーの, ダンサーが, ダンサー川俣踏絵, トラックで, ドクトルは, ドン・ファン・テノリオ夜の, ハイカラ画家達を, バスと, バスも, ホンの, マスタアが, ミヤゲが, モダンな, ルミが, ルミという, ルミも, 一と, 一トロール船が, 一人として, 一人な, 一杯機嫌真暗な, 三等運賃も, 三里は, 上で, 上にと, 下手糞ばかり, 久木男爵から, 乗り物代に, 乙女達の, 九州書生なども, 九年ぶりの, 事は, 事も, 二つ井戸で, 二名の, 二少年が, 五十三次が, 人々が, 人々を, 人とか, 人の, 人も, 人気ない, 人達は, 仕度を, 会葬者に, 伯水先生が, 伴田という, 何といふ, 何物から, 便船を, 保守主義者は, 俥へ, 俥まで, 俥代払ってない, 先生に, 円タクが, 円タクの, 写真は, 出帆近い, 出来心だった, 切符も, 切符三枚買っちゃった, 列車が, 列車に, 利用すべき, 刻限だろう, 劇作家が, 勘次が, 医学博士に, 十四五ぐらいの, 十四挺と, 午後から, 半蔵である, 危険も, 友人が, 友人を, 友達と, 可愛いいお, 商人は, 商人二人, 商家の, 喜びも, 喪主が, 土方与志氏が, 土産には, 土産話とに, 坂道で, 坂道の, 場合などは, 場合葉子に, 外には, 外務次官の, 外套の, 夜どう, 夜道の, 夜道は, 夜風を, 大学生が, 大山行者でありましょう, 夫人の, 奥さん連で, 女の, 女実業家, 女政客, 女給や, 姑に, 姿でした, 姿です, 姿の, 娘が, 娘たちは, 娘です, 娘達は, 学生が, 学生らしい, 学生事務所を, 宗七と, 客が, 客たちが, 客で, 客や, 寅さんと, 富豪印度貿易商岩形圭吾氏が, 寡婦らしい, 寺町が, 尊敬される, 小娘が, 小川栄一の, 小舟の, 小芳, 山道などで, 岡崎藩の, 崖道で, 常磐線に, 幾人かの, 弁護士達の, 引っ越し騒ぎに, 彼である, 後お, 後から, 後には, 御案内, 悪戯だ, 情事で, 愉しみ, 慶応の, 所か, 才子として, 技師の, 捷径を, 支度し, 支度で, 支那人職工の, 放浪画家と, 教養の, 散歩の, 料理人は, 料理屋での, 新人や, 新知識, 旅について, 旅も, 旅人和田峠を, 旅僧に, 旅客が, 旅客で, 旅費すら, 旅費だけを, 旅費まで, 旅費も, 日に, 日までは, 日を, 日取, 日取な, 早いとき, 早いの, 早い時, 昼じたく, 時あ, 時お, 時この, 時で, 時分だ, 時分に, 時分には, 時刻には, 時刻を, 時十九の, 時老爺を, 時間が, 時間の, 時間は, 時間も, 時間を, 晩い, 書生さんの, 月かげ青く, 有った時, 朝の, 枡酒の, 某伯爵, 柚木与市も, 椅子で, 椋鳥は, 楽しみに, 榊原教授を, 様子を, 橇には, 橇の, 橇道の, 正装で, 武蔵屋の, 歯医者と, 母, 母上, 汽船は, 汽船コレヤ丸が, 汽車で, 汽車では, 汽車賃と, 汽車賃にも, 汽車賃も, 油絵師に, 法律書生は, 流暢英語へ, 浴衣に, 海路は, 混んだ電車, 温泉宿では, 漁師と, 漁船が, 潜水夫を, 濡れ手拭と, 特急券を, 生徒が, 生徒の, 由布嶽越え, 男が, 男で, 男に, 男や, 男女で, 男女とを, 男女に, 男女雑, 監督の, 祝宴とかに, 程さえ, 空荷の, 空車を, 第一回興行, 節に, 節子の, 素人俳優畑中蓼坡を, 紳士が, 紳士ちょう意をも, 紳士などが, 線路を, 織田信恒が, 美濃衆一同から, 老紳士, 老若達が, 者で, 者阿波へ, 聞きかじり西洋通, 職人の, 自動車が, 自動車へ, 自動車を, 自称ベン・ターピンといふ, 舞踊家, 舞踏家と, 航海に, 航海の, 航海中も, 航路を, 船から, 船が, 船でこそ, 船に, 船にも, 船は, 船を, 船中で, 船賃と, 芸妓達が, 苞にも, 若い売子女, 若い青年, 若い青年達, 若き歌舞伎俳優市川左団次, 若且那, 若夫婦, 茶代は, 荒野も, 華美な, 血腥い奴, 行列を, 親爺の, 話を, 語学者山田嘉吉君及び, 誰かから, 誰かが, 豆府屋が, 賃金が, 足は, 足も, 足を, 足代を, 路は, 車は, 車上の, 車中, 車中も, 車代も, 農婦等の, 農民が, 近々に, 退路を, 逃げ途も, 途, 途で, 途に, 途の, 途は, 途中がんりきは, 途中だ, 途中でも, 途中も, 途中近江の, 連中で, 連中を, 遅いこと, 遅いとき, 遅い時, 遅い祖母さん達, 遅かった, 遅きは, 遅きをば, 遅くな, 遅ければ, 遅さ, 遅れた馬力, 運搬係りが, 道と, 道に, 道は, 道中の, 道筋を, 道順でしょう, 酔いまぎれ, 酔っ払いが, 酔漢が, 金田の, 金魚の, 鍵を, 間際まで, 阪神電車は, 際に, 電気技師にでも, 電車も, 電車を, 電車賃しか, 青年紳士は, 非常線も, 頃には, 頃までに, 顔を, 馬車が, 馬車で, 馬車に, 馬車まで, 馬車や, 馬車を, 駄賃に, 駒を, 駒鳥絹枝に, 駕籠道に

▼ 帰り~ (532, 7.3%)

123 待って 16 待つて 11 待ちかねて 9 待ち受けて 7 まって, 待った, 待つこと, 急いで 6 急いだ 5 待ちわびて, 待つ間 4 願います 3 お待ちし, 今か, 促した, 待ちうけて, 待ちかまえて, 待ってるよう, 待伏せ, 待侘び

2 [31件] いそぎました, いそぐ娘, お待ちでございます, お待ち申し, きいて, しようと, 出迎, 利用し, 告げて, 延して, 当てこむの, 待たして, 待ちうけた, 待ちながら, 待ちます, 待ちもうけて, 待ち伏せて, 待ち兼ねて, 待ち受けた, 待ち受けるごとくに, 待ち焦れて, 待つ, 待つという, 待つ人々, 待とうと, 待受けて, 心待ちに, 急ぎぬ, 急ぐと, 案じて, 送って

1 [239件] あすこで, あの悪者, いそいだり, いそいで, いそぐ女給, いつもよろこん, うながして, うながす張飛, おくって, おどした, おのばし下さいませ, おびやかされて, お待ちする, お待ち申します, お待ち遊ばし, お案じ, きなから牛肉を, ここへ, この家, さいごまで, したこと, したの, しぶるよう, する, すると, せき立てるの, そそのかされて, そのまま立寄る, つけるよう, つたな, とうとう抑え, どんなにお待ち, どんなに待っ, どんな心, ねらって, ひた待ち, ひろって, まことに申しわけ, まつため, まとうと, まる二ヶ月, みて, よろこぶか, りしが, 一人さびしく, 予想する, 予感した, 佐々木道誉秀綱の, 何よりの, 便々として, 促した手紙, 促して, 促し気味, 促すそば, 促すらしい作り咳, 促す腹だたし, 共にし, 其処により, 出迎えて, 勘定に, 十五分二十分と, 厭な, 友人と, 口実に, 告げその, 呼びこまれた常盤町, 命じた, 喜んで, 店さきに, 延す工風, 当込んで, 待うけ, 待たずに, 待たせないよう, 待ちあぐねて, 待ちあぐんで, 待ちかね春枝, 待ちけるに, 待ちしは, 待ちなさいこれこれ, 待ちぬいて, 待ちますと, 待ちませう, 待ちわびても, 待ちわびてるところ, 待ちわびました, 待ちわび紅粧, 待ち伏せた, 待ち侘びた手紙, 待ち侘びて, 待ち侘びながら, 待ち初める, 待ち受けこ, 待ち受けました, 待ち受ける客, 待ち受ける時間, 待ち合わせて, 待ち捉え主人, 待ち援軍, 待ち構, 待ち潮時, 待ち詑びてゐた, 待ち詫, 待ち詫びて, 待ち顔, 待ったが, 待ったけれど, 待ったの, 待っては, 待ってるの, 待ってる寝台, 待つあいだ, 待つあいだ伸子, 待つこまやか, 待つた, 待つたあの, 待つたといふ, 待つため, 待つてと, 待つてるだらうと, 待つとて, 待つとも, 待つのに, 待つばかり, 待つほか, 待つほどの, 待つまでも, 待つよう, 待つん, 待つ事, 待つ如し, 待つ妻子眷族, 待つ子供, 待つ気, 待つ若き, 待つ覚悟, 待つ長, 待つ飼犬, 待てなかったに, 待とうという, 待伏し, 待伏せる, 待佗びて暑苦しく, 待兼た, 待受けると, 御待ちかね, 心配し, 忘れたよう, 忘れて, 急いだもの, 急いでるからね, 急がなければ, 急がねば, 急がれるの, 急ぎすぐ, 急ぎつつ, 急ぎながらも, 急ぎましたね, 急ぎ立てられる, 急ぐ, 急ぐかね, 急ぐこと, 急ぐの, 急ぐ人, 急ぐ混雑, 急ぐ私, 急ぐ馬大尽, 恋しがろう, 悲劇が, 手間取らして, 指折かぞえ, 日日新聞の, 旧武蔵野線, 早く切上げる, 早めた私達, 曲げて, 朝まで, 本屋に, 柳田さんに, 案じる子煩悩, 楽しんで, 楽み, 歓びぬいて, 正成は, 此処で, 気づかいながら, 気に, 独ぽつねんと, 玄関まで, 玄関迄, 皆は, 知った妻, 知って, 知つた妻が, 知らんで前後忘却, 私どもの, 私達は, 築地ホテル館へ, 粧ひ, 裏山へ, 見おくって, 見に, 見ると, 見失いました, 見計らって, 見送って, 誘って, 警察の, 豊田の, 路地の, 迎えそしてまた, 迎えた時, 迎えて, 迎えては, 迎える為, 迎え撃とうという, 迎へに, 迎へる, 送った地方, 送りながら, 途中まで, 都廻りし, 長野市に, 門に, 門まで, 闇の, 雨に, 雪子は, 非常に, 頭が, 頼まうと, 願いたいそうして, 願いたいですな, 願いたいでなければ, 願いとう, 願いとうございますの, 願ったが, 願って, 黄色く無

▼ 帰り~ (272, 3.7%)

4 夕方に 3 したが, 夜に, 遅くなる, 雪が 2 夜が, 夜更けの, 少し遅く, 怖い, 晩いね, 電車に

1 [244件] あっと思う, あの登り, ありますまいお母様, あるまいと, あるまいよ, あれに, いいとしても, いたしましたが, いつだ, いつであった, いつまで, いつもさびしい, いつも一緒, いつも十一時, いつも日暮時, いつも朝方, おうち, おそいし, おそくなるでしょう, お前一人だ, お吉, かごの, きまっておる, きまって大酔, こちらだ, ことに遠く, この掛金, こは, こはい, これは, これまで, こわい, こんなお化け, したものの, しないか, しないから, しないその, しないそんなに, しないもう少し, しなかったろう, しねえですから, すこし遅く, すまいかと, せぬぞ, せぬ併, せんよ, その翌日, それぐらいの, それより, ただでは, ただ人だけが, ぢめる, とつかはと, どうする, どこでも, ないか, ないので, ないよ, なかった, なるべく混雑, なア, ひどい風, またあんた, またそば, また平次, また聿駄天走り, まだかい, まちまちで, みぞれ, むだ道一つせず, もう一度少年, もう自由, もらったおだちん, もらつたお駄賃, やけになる, やはり七ツ過ぎ, わかりませんか, わたくしたちは, アヤの, ドウセ夜に, ハイヤで, バスで, マスカルチアグラヴィナなどの, マルセイユの, 一台の, 一歩も, 三人一緒だった, 三日目ぐらいと, 上野に, 下りだ, 下りな, 下り坂を, 下り阪, 不定であります, 並木道の, 久保田氏と, 九月の, 九月上旬という, 乞食という, 予定よりも, 二時に, 二月八日と, 仕まいが, 会社に, 佐用郡から, 佐藤氏の, 何とかなるだろう, 何刻ごろだ, 何時に, 何時も遅い, 例の, 信長に, 停車場まで, 僕一人で, 全く夜, 六時頃に, 円タクを, 分らないと, 分らんね, 分りませぬか, 前から, 前とは, 十二時ごろ向うを, 十二時過ぎる, 十息か, 十時ごろに, 千住か, 友達と, 反対の, 合乗車といふは, 同じ路, 図の, 土手の, 夕飯の, 多摩川へ, 夜で, 夜にな, 夜中に, 夜十一時四十分の復員列車であった, 大した降り, 大抵夜, 大雪に, 子供が, 実に楽, 富士川下りだ, 寺の, 少し雨, 希望に, 帰ったが, 帰ったものの, 帰りとして, 常に期待外れ, 幹を, 強羅公園を, 徒歩と, 必ずよそ, 怖いという, 怖い雷様, 恐いと, 懐手の, 技術院関係の, 斎藤豊吉等と, 新宿の, 日が, 日盛に, 早い, 早くて, 早朝に, 明日に, 明日の, 春日公園の, 時々時雨, 晩かった, 暗くなった, 月が, 期し難い, 槍の, 橇に, 櫓拍子に, 欧州の, 此処を, 武装し, 歩くつもり, 気強いという, 江戸を, 池袋が, 汽車で, 洲崎へでも, 流石に, 海岸を, 瀬越が, 田町の, 田舎道を, 白鬚から, 相変らず, 石原の, 神戸から, 神戸へも, 神有電車で, 米を, 紙鉄砲や, 絶望された, 自動車に, 致しませぬ, 船だ, 船に, 船問屋へ, 芳子と, 茉莉の, 行きよりも, 表通りに, 裸足で, 視線の, 誰か, 買えません, 迎えに, 近づいたらしく思われた, 近道を, 追分附近から, 途中から, 途中まで, 遅いかしら, 遅いこと, 遅いです, 遅いもの, 遅かった, 遅かったです, 遅かろう, 遅くいかに, 遅くなつたら, 遅くなり, 遅くなるでせう, 遅しお, 道を, 酒屋に, 銀座で, 長くて, 阪大との, 雉子が, 雨が, 霧の, 霧粒に, 静岡へ, 風雪に

▼ 帰り~ (253, 3.5%)

15 遅いので 10 遅いと, 遅くなる 8 おそくなる, 遅かった 5 ない, 遅いから, 遅くなっ 4 おそかった, 晩くなる, 遅かつ 3 おそいので, ないと, 夜に, 晩い, 遅すぎる

2 [19件] あって, おそいと, おそくなっ, お遅う, こわいぞ, ないから, ないという, ないの, ないので, 一時間早く, 早過ぎる, 遅い, 遅いで, 遅いもの, 遅いん, 遅かったり, 遅くなった, 遅ければ, 遅れて

1 [122件] あっても, あぶないと, あまり遅い, ありますまい, あると, あれば, あろう, あんまりお, いつもより, いまだに分らぬ, おくれて, おくれては, おくれましょう, おくれると, おくれるん, おそいから, おそいそう, おそいってね, おそいの, おそうご, おそうなると, おそくな, おそくなった, おそくなり, おそくなりました, おそすぎたでしょう, おそなった, お宜しかろ, お遅い, くたびれるぞ, こわくて, ござりませぬ, さきか, せめてふた, つぶやいた, てら明後日, どうした, ないお, ないだろう, ないもん, ないよう, なかった, なくっては, なんとか言, なんとか言った, ねえよう, またいっぱい, コワイと, 一しょに, 一緒に, 二週間も, 二里で, 余り後れると, 億劫であった, 先日からの, 六時頃でした, 十一時に, 夕方に, 夜おそく, 大分遅く, 大変だ, 大変でしょう, 大変に, 天気にでも, 好んで, 少しおくれ, 少しでも, 少し遅い, 少し遅く, 幾らかずつ, 延びたので, 待たれる, 待ちきれないと, 待ちくたびれて, 待ち切れないで, 待ち遠く, 待ち遠しいよう, 待遠しい, 後れたら町, 後れること, 後れるとの, 怖い, 怖いと, 思ひの, 思わしくないという, 急がれたが, 急がれては, 早いと, 早いよう, 早かったです, 早からう, 晩く, 有ったら私, 無いから, 無いでしょう, 無いので, 私を, 近づきましたねえ, 遅いおつもり, 遅いからと, 遅いため今日, 遅いです, 遅いところ, 遅いのに, 遅いのよ, 遅いゆえ, 遅いよう, 遅い晩, 遅うございます, 遅くなるし, 遅くなるだろう, 遅くなるやろ, 遅くもういくぶん, 遅く子供たち, 遅れたとの, 遅れる理由, 長引きすぎるよう, 長引きました, 雨に, 電車か, 願ひ, 首に

▼ 帰りには~ (247, 3.4%)

3 日が 2 ぶらぶらと, またきっと, 一緒に, 平河の, 彼は, 是非母様の, 暑さ, 膝小僧だの, 車を, 駅に

1 [224件] あいつの, あたしと, いったん下諏訪, いつも, いつも今日, いつも天満, いつも定, いつも遊び, うちへも, おれが, お内儀さん, お土産, お妙, お悦, かならず駅, きちんと敬礼, きっとお, きっとおふくろ, きっとお前, きっとここ, きっと乏しい, きっと僕, きっと寄る, きつと, きまって深川, きまって道草, ここで, ここを, この家, さして御, しみじみと, すばらしい滑降, ずい分珍らしい, そこらの, そちの, その代償, その子供, その無花果, その父, その魚, それで夜鷹そば, それも, それを, たった一人, ちょっとした洋食屋, できますこと, どうしても衣裳掛け, どうする, どうでした, なったが, ならないと, ならない何だ, なりますまい, なりますまいと, なりませぬ, なりませぬが, なりませんよ, なるまいか, なれないでしょうね, なれませぬか, なんとか話, ひとつ信州路の, ふんだんに飲め, またここ, またその, また一里半, また半日, また庄内川, また於通, また長い, また馬の背, みんな, やっぱり予定通夜半着, やっぱり御, よく寄り道, わたしの, アケビば, オーストリアスイスイタリアと, ガリヴァは, ガリヴアは, コーヒイを, サンパンに, シルヴァン・コーンへ, スキーを, ダンスホールを, チャイニイズ・グロオマン劇場で, フィリッピンから, フラフラに, フラフラにな, 一つの, 一杯飲ませ, 一番終ひ, 不思議に, 与助を, 世界の, 中仙道を, 中津川で, 予め白, 予定の, 二三間迂回て, 二見ヶ浦これは, 京極へまは, 仲の, 佐倉成田の, 何処かで, 何処かの, 依託された, 僕やつとの, 元来た, 函樽鉄道開通三日目と, 十分間に, 又どこ, 名物の, 喫茶店などに, 四人を, 土産に, 塩物と, 夜半の, 大事に, 大和の, 大抵並木町, 大阪の, 奈良から, 奥様の, 姥へ, 子供を, 宅へ, 宝石を, 実物大の, 寄って, 寒さ, 小遣を, 少しも, 山から, 山ほど, 屹度お, 屹度お茶屋で, 屹度空の, 左衛門橋の, 帳場によって, 彼女の, 彼女は, 待伏せする, 御一人, 必ず, 必ずその, 必ずの, 必ず出, 必ず廻り, 必ず獲物, 必ず神田, 必ず私, 必ず銀座, 忘れんこと炭, 敬二郎の, 数寄屋橋の, 日光の, 是非共電車の, 是非寄っ, 暗くなる, 月の, 松田の, 森に, 極楽寺坂の, 欣々として, 此二人の, 歩いて, 歩きやすい広い, 毎日の, 比較的濡れない, 気を, 江戸見物も, 洋子さんと, 海の, 海尻の, 無愛想な, 照彦様の, 牛王福杖などを, 田丸の, 男の子に, 町内の, 畳んで, 真赤な, 神社の, 福引に, 私が, 私達は, 立寄って, 立寄るやう, 米なり, 織物雑穀などを, 義太夫の, 肥料や, 腹が, 自動車で, 花火を, 若い細君, 茄子でも, 荒物屋へ, 菫の, 蓬瀛と, 薄田君を, 薬と, 街道の, 裏路の, 裏道を, 親しく玉環を, 誰か, 買って, 足駄を, 近道を, 近頃経川, 道に, 酒の, 重い石, 重い荷物, 金兵衛に, 長い坂, 長瀬時衡氏の, 間が, 食い物を, 高いもの, 高田馬場の, 黄瀬川の

▼ 帰り~ (195, 2.7%)

5 である 2 であった, で元, で彼, に, にその, にそれ, に就けり, のこと

1 [174件] あの斜面, いわば遊山, お銀様, から何ら, か神尾主膳, がどっち, が分らぬで, が危なから, が同じ, こう切り出し, この附近, じゃ, すら危なく, その峠, だけ閑暇, だった, だったが, だといふ, ちょうど庚申塚, つい何だかここ, で, でありました, でいっしょ, でござった浜御殿, です, でその, でふと, でやした, でジャネット, で二人, で低く, で何者, で囀り合った, で大, で大公家全部, で大津, で太平老人, で彼女, で御供, で最初, で格闘, で樽野, で次郎兵衛, で災難, で獲物, で白梅軒, で私, で藤夜叉, で近藤栄蔵, で長三郎, で陽貨, で食う, とかで, とは反対, などに彼女, なの, なので, なり斯, にかかった, にかかる, にかの大, にここ, にこの, にさえこんなに, にした, にその小さな, にたしか, についた, につきかける, につけ込ん, にでもまた, になつて日, にはきっと, にはきまって, にはそろそろもう, にはみんな悪口, には何事, には僕, には八人, には国, には沼, にひとつラグナグ島, にも佐兵衛, にも駐在所, によい, にフト, に一人, に三, に三時間, に下谷, に中風, に今, に件, に会社, に何, に使い, に先生, に光悦, に円タク, に外神田, に多勢, に子供心, に宇治, に川, に彼, に押しかけ, に散歩, に旧, に暗闇阪近く, に横浜, に母親, に浅草雷門前, に浜松, に溜池, に濠端, に無言, に父親, に田圃路, に白官舎, に目あて, に目白坂, に相模川, に相違, に破門, に私, に草餅, に裏通り, に迷っ, に連れだされた, に陸軍一等主計, に馬, のある, のさびしい, のウドン屋, の半分位, の想像, の批評, の方向, の暑, の汽車, の現場附近, の自動車, の見当, の陽, の難渋さ, の電車, の馬上, はあずま橋, はいつも仲よく, はどこ, は仲よく, は同じ, は朝, は薬師堂, は見つかるまい, ひときわ深く, へちらかる, へ歩きだし, まで持っ, まで気, もいつ, もない, らしい, を彼奴, を悟つ, を案じ, を歩い, を沼, を知っ, を聞く, を見, ガラッ八, 円い竹, 若い二三人

▼ 帰り~ (146, 2.0%)

5 見れば 2 これを, 之を, 就寝したる

1 [135件] ありしが, ある, いささか安堵, いざこれ, うたへる, おりこひめこ居たかと, お代嬢に, ことごとく銭財, この手紙, しばらく休み, しるす, すぐ眠る, そのはなし, その一片, その諸国いずれ, ただちに父兄, ともかくも, とらん新しき, のちは, のち人に, のち茫然として, まず唯物論的弁証法入門, また床, また拾い, まだ幾日, むかなぞ, もし我が, ゆあはれあはれはや, よめる, よりまた, より善平, より幾年, より言行, エリスに, 一泊す, 万事の, 二三の, 二日机上の, 五日の, 京を, 人々と, 人々に, 人の, 伯父様の, 何となくホッと, 余波もと, 便宜の, 俗界の, 保存せり, 俳諧ようやく, 俳諧漸く, 其中の, 再び之, 再び生命, 再選を, 剣血を, 力無し山方早く, 十余日他の, 午睡を, 卒これよりは, 又ミゼラブル, 友人と, 四辺を, 在りし昔, 夜の, 夢幻境中の, 夫に, 妻子に, 妾の, 委細不承候内は, 子細に, 学校の, 家人に, 寝て, 寝ぬ, 居たまいし, 屠り殺さるる次第, 帽子は, 幾重にもいたす, 床に, 座に, 庵を, 後仏が, 復命する, 必ず人, 怠りて, 慰めくれと, 憖ひ, 我をば, 掘りて, 旅衣を, 日本へ, 早や, 早寝の, 早速その, 早速離縁, 晩飯を, 晩餐の, 暫く談話, 更に娑婆, 更に黒部峡谷, 朋友隣人を, 机に, 板の間に, 柳かげ, 業を, 楯の, 次の, 此の, 母なだめた, 母君に, 汝が, 浅井に, 清画しおわった, 燈下に, 父の, 申上候, 直に横臥, 知己朋友に, 粥を, 老父を, 聞く母, 胸なる, 臥す, 衣服を, 表の, 裏門より, 見せて, 調度持出し, 近隣の, 雪中裸かで, 面目なかりし, 飜訳の, 鬼と, 黄金丸に

▼ 帰り~ (111, 1.5%)

3 である, なん 2 にちょっと, になっ, に再び, に虎渓橋, のこと, はやはり

1 [93件] が暗い, この家, だけでも好い, だけで好い, だとか, で, であった, であったか, であるから, でお, ですなんて, ですよ, では二人, でもあろう, で一人, で二度, で出逢った, で半, で幽霊, で第, で自分, となり, と同じ, などには軍隊, なれば, に, にお, にここ, にそこ, にその, につい, についた, にとある, にところどころ, になりました, にはいつも, にはほとんど, には何, には寛斎ら, には牛, にもまた, にゆくえ不明, にエキステル, にシンガポール, に三河島, に二条, に半, に原, に向います, に四谷, に坂井, に夫婦, に宜, に寄れ, に山越え, に往来なか, に日本橋, に横道, に此, に洋食屋, に洲崎, に私, に縁側, に船宿, に若尾, に轢死, に近づい, に迷わなかった, に隆夫, に頭, に飯島, に香港, のところどころ, の小, の彼等, の心配, の真赤, はいよいよ, はきっと, はきまっ, はどう, はもう, は午後, は山越し, は暗かっ, は湯の沢, も誰, をたどっ, を下諏訪, を渚づたひに, を無事, を要撃, 美しいお

▼ 帰りです~ (83, 1.1%)

4672 かて, から, な, ね, の

1 [20件] かい, かお嬢さん, かでは又, かとにかく, かまだ, からこの, から一杯, から知らない, か日本橋, か業務主任さん, がお, って, っていけません, という返事, と叱られたら, のよ, わ, わね, ッてね, 何か

▼ 帰り~ (76, 1.0%)

3 したらば 2 しないで, しましょうが, 電車に

1 [67件] あぶないもの, あるのに, おそいの, おそいもの, お寺の, さること, した, せずその, せず返事, その船, たいていは, ないうち, なしお便り, ならずいつか夕, ならず暫くモジモジ, ならず止むを, ならず雑色, ならない雨音, なるべくは, なるまい, また自宅, めずらしくは, やはりおよその, やはり別々, バスだった, 一緒な, 仲よく一所, 何んの, 侍衆が, 円タク探し, 同じ陸路, 嘸ぞ, 大潮の, 好天気, 待たずこの, 待たず驚いて, 得ずなど, 心待ちに, 忘れるらしい兼好法師, 悩みの, 手ぶらで, 時間が, 暮れよう, 正規よりは, 歩いたもの, 気に, 汽車に, 深酔いし, 無し私, 無言がちだ, 犀川橋を, 目か, 立ちど, 線の, 自動車に, 致そう生身, 船という, 車の, 通るの, 遅いが, 遅いので, 遅くなり, 遅くなる, 遅くなろう, 雨の, 首うなだれ, 馬だった

▼ 帰り~ (74, 1.0%)

4 ね, よ 3 ということ, と言っ 2 といい, という, な

1 [54件] おい, お帰り, かい, から, からお, からすぐ, からという, からふだん着, から世界, から今日, から仕方, から思ひ過す, が己ア青, げなで, しローリイさん, ぜ, ぜという返事, そうしてこれから, そうです, そうですね, ぞ, ぞお, ぞウッ, ちという, つて若し, というよう, という事, という童顔白髪, という美佐子, といっ, とか, とて寄り, とて寄る, とて見舞, とのこと, と云います, と云う, と云っ, と云った, と云つて, と云つて寄つて, と云つて阪本さん, と思います, と申す, と知れましたら, と細君, と言, なと考え, よおや, よといったところ, わ, ア, 何か, 奥様方の

▼ 帰り~ (61, 0.8%)

6 見えて 2 あって, いうのに, 聞いて, 見える

1 [47件] いうが, いうに, いって, いわずして, かみさんが, きいて, こう言う, なさい, なったの, なって, なると, みえて, みえる, みえる紅色, ベスの, 云う, 云う声, 云ったが, 云ったん, 云つて帰し, 云ふ, 人々は, 伝え合って, 先刻承り, 叫ぶ車夫, 土産とを, 存じまして, 待ち合せ英太郎宅, 心強くいなせ, 思われて, 知った程, 知れる純, 突っぱねる, 突撥る, 納屋働きの, 絶え間なく, 聞いたもん, 聞て, 見えまして, 見えます, 見える人たち, 見える熊公, 覚しく裕衣, 言うだけ, 言へば, 言われて, 言われても

▼ 帰りしな~ (56, 0.8%)

42 にまた, に支那人

1 [48件] でもいいや, にお客, にそっと, にその, になっ, には差櫛, には礼拝, にふい, によって行こう, にわたくし, にわたし, にわたつみ, にコッソリ公会堂, にプラットフォーム, に三人, に三浦さん, に上, に上り口, に丸顔, に乗合, に乗合自動車, に何気なく, に光子さん, に勝手, に十銭玉, に固, に寿枝, に少し, に手塚, に振り返っ, に握手, に斯, に棚, に正成, に母, に泡鳴, に浩, に産婆, に皆さん, に立ち寄る, に笑っ, に細君, に腰, に自宅, に街, に触れ, に電話, の台辞

▼ 帰り~ (56, 0.8%)

2 ござります, ござりまする, 不時の, 今日は

1 [48件] あつた, あらう, いけなければ, いらっしゃいますか, お気の毒さま, かなり旅塵, げすが, これから堀田原, ござりました, ござりましょう, ごぜエました, さ, せうかつて, せうとか, でも, でもあつ, ね, まだ衣帯, まっすぐ根戸川, よかった, ウイスキーを, チョコ, 中野君も, 人通りも, 何よりでございました, 何卒今晩一晩, 例の, 其儘に, 十一人, 商売用の, 威勢が, 子どもたちも, 寄ったので, 尾張町の, 御安心, 既に半分, 昨夜から, 時間は, 没しかねてる夕日, 洗い晒しの, 生意気だ, 稻垣小三郎の, 背に, 誠に何, 貴郎, 遅くなつた, 酔って, 高いから

▼ 帰り仕度~ (52, 0.7%)

10 をし 5 をする 4 をはじめた 3 をした 2 して, をはじめ, をはじめて, を始めた

1 [22件] しながら, にかかつて, にかかりきっ, にとりか, に取りかかつた, に吃驚, の女, は出来た, へ懶い, もずんずん, をしかけました, をしかける, をしない, をしよう, をし始めた, をし始めました, をと, をととのえる, をはじめる, を初めた, を始めました, を急い

▼ 帰りそう~ (51, 0.7%)

15 なもの 8 もない 3 なもん, な様子, にし, にもない 2 にもしない, にもなかっ

1 [12件] すること, なけしき, なので, な気配, にした, にする, になかっ, になっ, にはしない, にもありませんです, にも見えなかった, に見えない

▼ 帰りながら~ (47, 0.6%)

2 のべつ幕, 伸子は, 端然たる様子, 考えた

1 [39件] あんたの, いった, うまいもの, お嬢様が, さびしそう, すでに一週間, その晩, そんな事, どうしてもまた, どうしても我慢, またすぐ, マリユスは, ラエーフスキイは, 二人の, 二人は, 何度も, 余五郎は, 僕は, 問うた, 嘉助が, 変に, 女に, 宇左衛門は, 彼は, 心は, 思うた, 櫛の, 気に, 私は, 美しく生きよう, 自分の, 自分は, 色々な, 葵は, 血を, 話しを, 誰も, 都会から, 静かに

▼ 帰りらしい~ (34, 0.5%)

3 二人の 2 小舟が, 村の

1 [27件] のが, ほろ酔い機嫌で, ステッキを, 上気した, 十人ほどの, 女が, 女二人の, 娘たちが, 学生の, 島田の, 幾人かの, 数人の, 気易い, 洋服の, 洋服を, 洋服男が, 濡れ手拭を, 空の, 籃を, 粋な, 紋付などが, 美しい夫人, 職工の, 背の, 薄汚れた, 野枝さんが, 馬車や

▼ 帰りにも~ (33, 0.5%)

2 待ち合わせて

1 [31件] いくらかの, お立ち寄りください, きつと, これを, そなた, たまにお寺, どうか立寄っ, なるべく寄り道, にんじんを, また二つ腕, また通っ, また青柳, やはりそれだけかかる, やはり同じ, 亦おなじ, 亦た, 会わなかったかな, 半開春雨捌きの, 大てい, 小歌が, 少し時間, 常に麦酒, 平気で, 提灯が, 映画館でも, 汽車の, 相談を, 老人の, 自宅の, 通ると, 電車の

▼ 帰りぎわ~ (31, 0.4%)

2 に彼, に見た

1 [27件] が大切, に, にちょっと, になにか, には手, にふりむい, にもう, に伸子たち, に何, に何だか, に医者, に圭介, に均平, に墓場, に大勢, に川上機関大尉, に懐紙, に敏子, に旦那, に淡路町, に玄関, に用人, に田島さん, に秋川, に言った, に豹一, に馬車

▼ 帰り~ (29, 0.4%)

3 え, 何かで, 何かは 2 遅いので

1 [18件] えと声, え大層, かつてゐた, しゃれて, そうでなけれ, だれかを, どやからライスカレー, または酒場, もうお, やく飯, わかりませんわ, ア, 今日は, 復の, 浮かれ歩く人, 買いもの帰りの, 逢はずの, 駕籠を

▼ 帰り~ (29, 0.4%)

4 んです 3 の, んで 2 んでしょう

1 [17件] のかも, のさ, のだ, のだった, のだろう, ので, のであった, のである, のでやんま, ので町内中, ので身軽, のにそれ, ば, ば人質, んだ, んでせう, ナニ些とばかり

▼ 帰りその~ (28, 0.4%)

1 [28件] あと宿を, うれしさ, ことだけは, のちずっと, ま, 一部を, 五人の, 以後は, 四十九日の, 夜は, 女と, 妹を, 妻知らずし, 子を, 布教の, 年から, 方が, 日の, 時から, 晩から, 次の, 歌を, 紺絣の, 翌日から, 翌日すぐ, 翌日は, 足で, 金の

▼ 帰り~ (23, 0.3%)

2 にけり, む

1 [19件] たって阿, たりし, たりて警察側, たり尼, たるの, たれば, たれり, たれるなり, てあはれあはれ, てつくづく, にける, ね, までに, む丈夫武男に, む御, 木の, 玉ひし, 給ひし, 給ふ

▼ 帰りでございます~ (21, 0.3%)

131 かこれ, かな, からお, か何, か左様, がもし, の, よ

▼ 帰りにな~ (19, 0.3%)

2 つた, つたの, つたのは, つて, つても 1 つただらう, つていい, つてから, つてと, つては, つてよ, つて不都合は, つて御飯を, つて金策なさつた

▼ 帰りみち~ (19, 0.3%)

1 [19件] がこわい, が遠い, これから真っ直ぐ, ちょうどそこ, でうしろ, でふと, でもいろいろ, で学生, で彼, で要塞, とうとう三島, など押上駅, に照彦様, に行きあい, に酒店, に鞄, のこと, また杉野君, 悪車夫

▼ 帰り~ (19, 0.3%)

1 [19件] い, いか帰った, いと思います, いと思ふ, いと言う, いの, いよい, いんです, い事, い気, い気持, うございます, かつた, くない, くなった, くなる, くなる時, く成って, とのこと

▼ 帰りなどに~ (17, 0.2%)

1 [17件] その, その辺, ちょいちょいやって来た, ちよいちよい瀬川の, ふと耳, よく寝ころがり, わざわざお寺, バクチに, 一緒に, 仲間たちの, 呼び込まれて, 宝沢が, 寄って, 彼女達を, 時々苗木栽培地, 棒立ちに, 極まつ

▼ 帰りでした~ (16, 0.2%)

731 からね, が, があと, の, のでつい, わ

▼ 帰りまで~ (16, 0.2%)

2 待って

1 [14件] お待ちなさる, お待ち申しましょう, ここで, ア慥に, 宿を, 待ちましても, 待つと, 待とうでは, 更に保管, 泊めて, 玄関脇の, 私を, 貴方御, 雨天で

▼ 帰りなすっ~ (15, 0.2%)

1 [15件] て, てあの, ていた, ていよいよ, てお, ておく, てください, てはどう, て下さい, て下さいまし, て下さる, て夕飯, て実に, て構いません, て目

▼ 帰り~ (15, 0.2%)

91 ひて, ひぬ, ふここ, ふ不幸, へな, へり

▼ 帰りそれ~ (14, 0.2%)

1 [14件] からの一年間, から三日, から少し, から数回, から美濃, が病, と結婚, よりは日々一枚, をとどけ, を己, を支那, を榻, を橘町, を蓮香

▼ 帰りなさいまし~ (14, 0.2%)

2 な, まあ大変, よ 1 お留守中, ここから, ちようど十一時でございます, といってる, と出迎える, と言, まだお, 風邪を

▼ 帰り~ (13, 0.2%)

2 帰り

1 [11件] とうさま, 帰りさあ, 帰りと, 帰り源太が, 後で, 絹は, 綱さん諦め, 芳と, 言いつけの, 鈴に, 雪を

▼ 帰りさえ~ (13, 0.2%)

11 すれば 1 すりゃあ, すればと

▼ 帰り~ (13, 0.2%)

1 [13件] あす, がったん, がれ今日から, がれ尻尾を, さんの, ぞ, なんかに, はったろうって, はる訳に, アが, 一切合切片, 撞球の, 母の

▼ 帰り掛け~ (13, 0.2%)

2 に寄る

1 [11件] でございます, ですか, で持合せ, にお, にち, にアノ野郎, に一人, に一口, に先程, に書物, に法蔵寺様

▼ 帰り~ (13, 0.2%)

1 [13件] と坊さん, の友人共, はお祖父さん, はどうしても, はよく, は一晩霊場, は再び, は奈良, は忽ち, は散歩, は新, は沼田, は直接大阪

▼ 帰りついた~ (12, 0.2%)

1 [12件] ことは, に相違, のが, のでした, のは, ものと, 千鶴子の, 宿の, 時は, 時分には, 時刻に, 玄関の

▼ 帰り来り~ (12, 0.2%)

1 [12件] そこに, ておのれ, て久しく, て九時三十分, て国民, て衣服, て酔い臥したる, 今年は, 大神の, 或は御, 猶お, 直に以前

▼ 帰りつつ~ (11, 0.2%)

2 あった, あるよう 1 あつた, ありと, あるさびしい, あるに, ある二人, ある郷里, 口を

▼ 帰りでは~ (11, 0.2%)

1 [11件] ありませんので, この人, ございませんでしょうか, ござるまいがな, さだめてお, ないか, ない婚礼, なくて, ねえの, 廻り道に, 無いお出かけ

▼ 帰り遊ばす~ (11, 0.2%)

2 の, よう, 後姿を 1 とよう, ようにと, イヤお羨し, ンで, 途中御

▼ 帰りこの~ (10, 0.1%)

1 やうな, 不思議な, 中兄の, 事を, 先き, 地下室へ, 塚より, 川岸で, 石塔を, 雑誌の

▼ 帰りこれ~ (10, 0.1%)

1 では元, でほぼ, に文字, は狸, も二の丸, を主君, を写真, を意趣, を火星, を自分

▼ 帰り~ (10, 0.1%)

1 が, が女子, ていつか寝床, ていなくなっ, てやがて, て十二時頃, て宿, て相談, て跡, に茘枝復

▼ 帰りすぐ~ (10, 0.1%)

3 ねる 2 夜の 1 に寝た, 寝て, 寝る, 床に, 竹中半兵衛に

▼ 帰り~ (10, 0.1%)

2 入浴 1 先日出帆致し, 入浴し, 帰途に, 時としては, 松その, 清を, 麻雀を, 麻雀今度は

▼ 帰りじゃ~ (9, 0.1%)

1 この与兵衛さん, そうな, ないでしょうね, ないん, ない亡くなって, なかったか, なかったの, アない, 画因が

▼ 帰り~ (9, 0.1%)

1 お帰り, お起きなさい, さあこの, わたしは, 僕もう, 手を, 折角お, 新吉さんよう, 旨く云っ

▼ 帰り~ (8, 0.1%)

3 へすれ 1 うなる気色, うもないので, うもないわね, せい, アこれから

▼ 帰りであろう~ (8, 0.1%)

21 かチャラチャラ, と兵馬, と思っ, 翌日一色が, 面長の, 風呂敷包みを

▼ 帰りとも~ (8, 0.1%)

1 ない様子, ながる徳市, なき心地, わかりません, 云へる, 無し, 見える姿, 見える洋服

▼ 帰りなされた~ (8, 0.1%)

1 こと故, そうだ, そうで, のにそんな, ほうが, ゆえもはや, 事と, 御様子

▼ 帰りなすった~ (8, 0.1%)

1 その一日, と思う, と申します, と言う, のかなど, のじゃ, んです, 車夫ね

▼ 帰り~ (8, 0.1%)

5 の部 1 の明ける, も晩, 更けて

▼ 帰り~ (8, 0.1%)

1 かつた, である, に一寸, に上野辺, に寄っ, に寄る, に花車, に草

▼ 帰り着いた~ (8, 0.1%)

2 のは 1 ころは, その日, ところでございます, のが, 佐吉は, 篁守人

▼ 帰り遊ばし~ (8, 0.1%)

1 て, ても一口召上, ても直に, ても私, て下さい, て直ぐ, 健やかなる, 落葉散り敷く

▼ 帰りたて~ (7, 0.1%)

1 でさぞ, なので, の客, の明治座, の蛮骨稜々, の頃, は言葉

▼ 帰りたま~ (7, 0.1%)

21 はでは, はばま, ひぬ, へその, へ仕事

▼ 帰りとは~ (7, 0.1%)

1 あまり可愛がられ過ぎた, さてもさ, 余り可愛がられ過ぎた, 思いませんでした, 思えぬ野暮ったい, 私にも, 違った隠し紋

▼ 帰り~ (7, 0.1%)

1 がいかに, が路, て御前, とも妻, と申立候, はば欣快至極, よし

▼ 帰り帰り~ (7, 0.1%)

4 した 2 したもの 1 したですが

▼ 帰り新参~ (7, 0.1%)

1 で昌平黌, として殖えた, となっ, になった, のお目見得, の丑之助君, の源之助

▼ 帰り来りし~ (7, 0.1%)

1 が, よしこれ, を見, を見れ, 後遂に, 由に, 頃には

▼ 帰りあそばし~ (6, 0.1%)

1 てあわれ, てくださいまし, ては, てはいかが, てゆるゆる, て美しい

▼ 帰りあそばす~ (6, 0.1%)

1 かもしれない, ことに, とすぐ, と有, まで起き, 節に

▼ 帰りつい~ (6, 0.1%)

2 てみる, て昨日 1 このごろに, ている

▼ 帰りなされ~ (6, 0.1%)

2 て下さりませ 1 て, てくだ, てくださいまし, ては危険至極

▼ 帰りなら~ (6, 0.1%)

1 この車, ばどうぞ, わしも, 一筋に, 一緒に, 源森橋の

▼ 帰り二人帰り~ (6, 0.1%)

6 して

▼ 帰り~ (6, 0.1%)

2 へ入る 1 につく, に入, に置い, へ入った

▼ 帰り~ (6, 0.1%)

1 と二人, と安楽, にあい, に始め, は我, を奉じ

▼ 帰り遊ばしました~ (6, 0.1%)

1 か, がいい, が其の, ほんの四半刻, 毎日, 私は

▼ 帰り遊ばせ~ (6, 0.1%)

1 お帰り, とおっしゃい, と口々, と梅屋, よ, 江戸は

▼ 帰り~ (6, 0.1%)

1 だから, であるという, でごぜ, で安い, のこと, の安い

▼ 帰りある~ (5, 0.1%)

1 がいい, などとは, は途中, ほうが, 時刻

▼ 帰りから~ (5, 0.1%)

1 ずっと今日, ずっと気分, その娘, 山嵐を, 立ち寄った知人

▼ 帰りさうに~ (5, 0.1%)

1 すると, ない, もありませんです, もなかつた, も見えなかつた

▼ 帰りそして~ (5, 0.1%)

1 すぐ日本, その上, フラノの, 婚約も, 日本食を

▼ 帰りたり~ (5, 0.1%)

2 といえり 1 といへ, 我が先生, 此後も

▼ 帰りだった~ (5, 0.1%)

1 か忘れた, と申す, と見えます, のかも, のです

▼ 帰りでございました~ (5, 0.1%)

31 がその, がやはり

▼ 帰りでしょう~ (5, 0.1%)

21 かどこ, から若旦那, て

▼ 帰りでも~ (5, 0.1%)

1 あったであろうと, あるだらう, おそいと, しようもの, 晩いと

▼ 帰りという~ (5, 0.1%)

1 せいかも, ものが, 拵えの, 詐欺に, 話であった

▼ 帰りにでも~ (5, 0.1%)

1 いらっしゃい, この騒擾, なったら日, 気粉れ, 迎いに

▼ 帰りまでに~ (5, 0.1%)

1 きっとお気, きっと撲殺, めっかったら, 早く何もかも白状, 綺麗に

▼ 帰り~ (5, 0.1%)

1 うやら, か変, も食, ネお, 食わぬ顔

▼ 帰り去った~ (5, 0.1%)

1 ということ, に違い, 五時頃には, 後夜が, 後遊び荒した

▼ 帰り~ (5, 0.1%)

1 に着い, に至り, へ曲る, を建て, を立てる

▼ 帰り~ (5, 0.1%)

1 があわただしかっ, ができます, が以前, であつ, をしました

▼ 帰り翌日~ (5, 0.1%)

1 は眼, は血, また弁当, 再びここ, 来て

▼ 帰り~ (5, 0.1%)

2 を見る 1 なぞといふゆめ, を添, を見

▼ 帰り著い~ (5, 0.1%)

1 たが, たの, た日, てゐた, て見る

▼ 帰りとか~ (4, 0.1%)

1 で立ち寄つた, 寒いから, 或は又仮, 散歩の

▼ 帰りにくかっ~ (4, 0.1%)

21 たら僕, た古里

▼ 帰りにゃ~ (4, 0.1%)

1 あ箕輪, ア是非半ちゃんに, 兎の, 簪を

▼ 帰りまた~ (4, 0.1%)

1 わが妻, われわれの, 新聞を, 物語を

▼ 帰りもう~ (4, 0.1%)

1 こっちには, 宵の, 明るいので, 是までと

▼ 帰り二人~ (4, 0.1%)

1 の子, の男, 仲よく暮しました, 帰って

▼ 帰り去る~ (4, 0.1%)

1 のである, を, を御, 光景を

▼ 帰り女房~ (4, 0.1%)

1 にもこの, に一伍一什, や婢, をもらい

▼ 帰り~ (4, 0.1%)

1 だんす, 八郎を, 兼馬作は, 蒸汽で

▼ 帰り~ (4, 0.1%)

1 から同役, が資本, だけの事, より雨

▼ 帰り次第~ (4, 0.1%)

1 すぐ上げます, に帰ろう, もう国平, 御房さん

▼ 帰り~ (4, 0.1%)

1 に挨拶, の監督, はまた, を省

▼ 帰り食事~ (4, 0.1%)

1 すると, の支度, は三度, をした

▼ 帰りあそばせ~ (3, 0.0%)

1 あの人たち, などとどうして, 御機嫌さま誠に

▼ 帰りあと~ (3, 0.0%)

1 には亭主ひとり, の三人, は夜学

▼ 帰りかと~ (3, 0.0%)

2 思って 1 尋ねると

▼ 帰りさあ~ (3, 0.0%)

1 けさ冷し, タップリねよう, 今夜は

▼ 帰りさて~ (3, 0.0%)

1 これから仕事, 今夜徹夜の, 仕事にか

▼ 帰りそこで~ (3, 0.0%)

1 今迄の, 謹慎する, 道庵と

▼ 帰りだろう~ (3, 0.0%)

1 か, とは思う, どこへも

▼ 帰りちょうど~ (3, 0.0%)

1 いま立っ, 二十日の, 夕暮れの

▼ 帰りでございましょう~ (3, 0.0%)

1 か, かな, から

▼ 帰りなされました~ (3, 0.0%)

1 か, からかの, ところへ

▼ 帰りなす~ (3, 0.0%)

1 つたが, つた方が, ッて

▼ 帰りまでは~ (3, 0.0%)

1 お傍, 持ちましょうねえ, 面出し無用じゃ

▼ 帰りよう~ (3, 0.0%)

1 がありません, が遅い, もない

▼ 帰り~ (3, 0.0%)

1 なった, なったら直ぐ, なったわ

▼ 帰りウイ~ (3, 0.0%)

1 をのみ, を大分, 少々のみ

▼ 帰りガラッ~ (3, 0.0%)

3 八は

▼ 帰り~ (3, 0.0%)

1 にも聞い, に語る, の噂

▼ 帰り~ (3, 0.0%)

1 も生き, 又来, 在り

▼ 帰り~ (3, 0.0%)

1 に嫁, の眼, の道

▼ 帰り~ (3, 0.0%)

1 がわからねえ, がわからん, は

▼ 帰り入浴~ (3, 0.0%)

1 ごろりとなり, して, し食事

▼ 帰り再び~ (3, 0.0%)

1 ガペンを, ネルソン氏の, 妻子を

▼ 帰り去っ~ (3, 0.0%)

1 てしまっ, てもすぐ, て玄関

▼ 帰り去り~ (3, 0.0%)

1 僕は, 或は寝, 目科も

▼ 帰り~ (3, 0.0%)

1 の一伍一什, の次第, へ回っ

▼ 帰り吸入~ (3, 0.0%)

2 する 1 して

▼ 帰り大いに~ (3, 0.0%)

1 煩いたり, 誇っていう, 誇りていう

▼ 帰り~ (3, 0.0%)

1 に金, の機織台, を迎え

▼ 帰り家族~ (3, 0.0%)

2 を連れ 1 のもの

▼ 帰り~ (3, 0.0%)

1 に傷, を顧みる, 直ちに宿

▼ 帰り急ぎ~ (3, 0.0%)

1 お頭, をし, をした

▼ 帰り或は~ (3, 0.0%)

1 宮廷の, 搬し至らしめた, 散歩と

▼ 帰り日本橋一丁目~ (3, 0.0%)

3 の交叉点

▼ 帰り早々~ (3, 0.0%)

1 いろいろお, ねえ, 民子の

▼ 帰り明日~ (3, 0.0%)

1 はこの, は朝, 早いので

▼ 帰り~ (3, 0.0%)

1 の空気, よしの, 深く雪どけ

▼ 帰り来らず~ (3, 0.0%)

1 もはや詮方, 今は, 又人

▼ 帰り~ (3, 0.0%)

2 る日 1 る朝

▼ 帰り自分~ (3, 0.0%)

1 にはいま, の甥, は国

▼ 帰り荷物~ (3, 0.0%)

1 を持っ, を纒め, 持って

▼ 帰り著く~ (3, 0.0%)

1 ことを, と商業学校長, と木立

▼ 帰り駕籠~ (3, 0.0%)

1 じゃ, でご, ですから

▼ 帰りあの~ (2, 0.0%)

1 怖るべき, 花魁は

▼ 帰りあれ~ (2, 0.0%)

1 お帰り, と

▼ 帰りかい~ (2, 0.0%)

1 何う, 帰つたばかり

▼ 帰りかとも~ (2, 0.0%)

1 思われる何分, 思われる娘

▼ 帰りかに~ (2, 0.0%)

1 きっと出逢う, 船の

▼ 帰りきたり~ (2, 0.0%)

1 てお仕置き, てこれ

▼ 帰りきたる~ (2, 0.0%)

1 みずからの, をその

▼ 帰りぎは~ (2, 0.0%)

1 にはいや, に彼女

▼ 帰りくだ~ (2, 0.0%)

1 さりましょうかと, さりませ

▼ 帰りごはん~ (2, 0.0%)

1 だよ, も食べず

▼ 帰りごろりと~ (2, 0.0%)

1 ソファに, 寝転がる

▼ 帰りしか~ (2, 0.0%)

1 大病を, 来ざりしか

▼ 帰りした~ (2, 0.0%)

1 ものである, ものです

▼ 帰りする~ (2, 0.0%)

1 わけである, 彦じゃ

▼ 帰りそこ~ (2, 0.0%)

1 なったの, に留まっ

▼ 帰りそのまま~ (2, 0.0%)

1 何食は, 寝て

▼ 帰りそれから~ (2, 0.0%)

1 又三十分, 親身も

▼ 帰りただ~ (2, 0.0%)

1 いまと, ひとり残された

▼ 帰りたる~ (2, 0.0%)

1 に早, 香水これは

▼ 帰りっきり~ (2, 0.0%)

1 に帰っ, に帰る

▼ 帰りついで~ (2, 0.0%)

1 に其の, 京都に

▼ 帰りては~ (2, 0.0%)

1 事むつかしく, 来たれども

▼ 帰りである~ (2, 0.0%)

1 から武士たる者, から皆

▼ 帰りであるらしく~ (2, 0.0%)

1 印半, 印半纏を

▼ 帰りでござん~ (2, 0.0%)

1 す, すか

▼ 帰りでしたら~ (2, 0.0%)

1 墓の, 奥さんに

▼ 帰りでない~ (2, 0.0%)

1 ことは, しおばあさん

▼ 帰りで御座います~ (2, 0.0%)

2

▼ 帰りといふ~ (2, 0.0%)

1 形だ, 程の

▼ 帰りとかに~ (2, 0.0%)

1 時々雲雀丘, 水見舞の

▼ 帰りとして~ (2, 0.0%)

1 さあもうこ, 自然それまでに

▼ 帰りとでは~ (2, 0.0%)

1 ずいぶん気持, 同じ一里

▼ 帰りとでも~ (2, 0.0%)

1 いうよう, 間違えたの

▼ 帰り~ (2, 0.0%)

1 ないしたん, ないして

▼ 帰りない~ (2, 0.0%)

1 のです, のは

▼ 帰りながらも~ (2, 0.0%)

1 不思議で, 考えた

▼ 帰りなさいました~ (2, 0.0%)

1 なあ, 癖に

▼ 帰りなさいます~ (2, 0.0%)

1 か, のです

▼ 帰りなすったら~ (2, 0.0%)

1 よくお話し, 可い

▼ 帰りなせ~ (2, 0.0%)

2

▼ 帰りなった~ (2, 0.0%)

1 ことは, のです

▼ 帰りなど~ (2, 0.0%)

1 なされたら坂東武者, 思わず外套

▼ 帰りなんて~ (2, 0.0%)

1 何であて, 余計な

▼ 帰りにね~ (2, 0.0%)

1 僕と, 武田へ

▼ 帰りにや~ (2, 0.0%)

1 あらん, 銭もつ

▼ 帰り~ (2, 0.0%)

1 と答, 昔なつかし

▼ 帰り~ (2, 0.0%)

2 づい夜食

▼ 帰りみたい~ (2, 0.0%)

1 なところ, な顔

▼ 帰りよる~ (2, 0.0%)

1 のか, 時分だ

▼ 帰りウイスキー~ (2, 0.0%)

1 の半分位, を一人

▼ 帰りカゴ町~ (2, 0.0%)

1 の広い, の若月紫蘭邸

▼ 帰りカバン~ (2, 0.0%)

2 を開け

▼ 帰り~ (2, 0.0%)

1 と言二, は海宮

▼ 帰り一同~ (2, 0.0%)

1 にこの, も始め

▼ 帰り一旦~ (2, 0.0%)

1 潰れたる鹽原, 絶えた親

▼ 帰り一枚~ (2, 0.0%)

2 は頭

▼ 帰り~ (2, 0.0%)

1 さりませ, すって

▼ 帰り~ (2, 0.0%)

1 に入っ, の舞

▼ 帰り中央亭~ (2, 0.0%)

2 の洋食

▼ 帰り二回目~ (2, 0.0%)

2 をやる

▼ 帰り二階~ (2, 0.0%)

1 で色, へ閉じ籠った

▼ 帰り互に~ (2, 0.0%)

1 無事を, 羽を

▼ 帰り今度~ (2, 0.0%)

1 は失敗, は案内

▼ 帰り今日~ (2, 0.0%)

1 は寅, も麻雀

▼ 帰り以前~ (2, 0.0%)

1 から木曽家, の戸山英二郎時代

▼ 帰り余命~ (2, 0.0%)

2 いくばくも

▼ 帰り~ (2, 0.0%)

1 に依っ, の如く車

▼ 帰り~ (2, 0.0%)

1 をし, を買物

▼ 帰り保養~ (2, 0.0%)

1 ときまった, ときまったら

▼ 帰り信書~ (2, 0.0%)

2 しばしば至る

▼ 帰り候事天晴~ (2, 0.0%)

2 なりただし

▼ 帰り~ (2, 0.0%)

1 は二階, は遠い

▼ 帰り~ (2, 0.0%)

1 のため, はまた

▼ 帰り先生~ (2, 0.0%)

1 にお, も帰り

▼ 帰り其の~ (2, 0.0%)

1 晩二人を, 者を

▼ 帰り~ (2, 0.0%)

2

▼ 帰り~ (2, 0.0%)

1 つた後猶, なむを

▼ 帰り~ (2, 0.0%)

1 に穴, を選ん

▼ 帰り多く~ (2, 0.0%)

1 の朋友, の財宝

▼ 帰り夜食~ (2, 0.0%)

1 を済まし, を終

▼ 帰り~ (2, 0.0%)

1 のきかない, の酔態

▼ 帰り寝床~ (2, 0.0%)

1 の中, をしいて

▼ 帰り少し~ (2, 0.0%)

1 気持も, 遅くなった

▼ 帰り工夫~ (2, 0.0%)

2 を離れ

▼ 帰り度い~ (2, 0.0%)

1 くらいでございました, というさっき

▼ 帰り~ (2, 0.0%)

2

▼ 帰り引汐~ (2, 0.0%)

1 につれ, につれて佃島

▼ 帰り後れた~ (2, 0.0%)

1 一人, 二三の

▼ 帰り御徒町~ (2, 0.0%)

1 へ掛る, まで帰っ

▼ 帰り徴兵検査~ (2, 0.0%)

2 を受けた

▼ 帰り~ (2, 0.0%)

1 ひは, る者

▼ 帰り損つて~ (2, 0.0%)

1 ゐた, ゐるの

▼ 帰り散髪屋~ (2, 0.0%)

2 へ立ち寄っ

▼ 帰り早く~ (2, 0.0%)

1 お帰り, 帰つて頂戴

▼ 帰り~ (2, 0.0%)

1 おくれましたが, ならぬ昼酒

▼ 帰り月曜日~ (2, 0.0%)

2 の朝

▼ 帰り~ (2, 0.0%)

1 まで眠った, よりもて

▼ 帰り来っ~ (2, 0.0%)

1 て改める, て死

▼ 帰り来りしか~ (2, 0.0%)

1 ばこうこう, ば伴

▼ 帰り~ (2, 0.0%)

1 の上, の下

▼ 帰り次第に~ (2, 0.0%)

1 奉行所に, 花世と

▼ 帰り次第真向~ (2, 0.0%)

2 から時計

▼ 帰り此処~ (2, 0.0%)

1 にはもう, まで一緒

▼ 帰り父母~ (2, 0.0%)

1 の諸仏, の顔

▼ 帰り父親~ (2, 0.0%)

1 にその, の姿

▼ 帰り~ (2, 0.0%)

1 がワンサ, はない

▼ 帰り着く~ (2, 0.0%)

1 までに何度, まで持て

▼ 帰り着物~ (2, 0.0%)

1 を着かえ, を着かえよう

▼ 帰り種々~ (2, 0.0%)

1 昨夜の, 雑多な

▼ 帰り~ (2, 0.0%)

1 がす, の色

▼ 帰り立派~ (2, 0.0%)

2 に鹽原

▼ 帰り自動車~ (2, 0.0%)

1 が溝, を銀座

▼ 帰り若旦那~ (2, 0.0%)

1 の金之助さん, を此処

▼ 帰り蒲団~ (2, 0.0%)

1 が取りのけられる, にうつぶし

▼ 帰り行く~ (2, 0.0%)

1 を見送っ, 影の

▼ 帰り~ (2, 0.0%)

1 に心配, の因果

▼ 帰り~ (2, 0.0%)

1 で亀八, をきく

▼ 帰り軽く~ (2, 0.0%)

1 パン食し, 食事

▼ 帰り途私~ (2, 0.0%)

1 はきっと, はその

▼ 帰り遊ばさない~ (2, 0.0%)

1 たってそれで, というん

▼ 帰り遊ばしまし~ (2, 0.0%)

1 さう, てございます

▼ 帰り銀座~ (2, 0.0%)

1 に立寄っ, へ出る

▼ 帰り間もなく~ (2, 0.0%)

1 アメリカへ, 帰郷し

▼ 帰り障子~ (2, 0.0%)

1 を閉めきっ, を開け

▼ 帰り青丸~ (2, 0.0%)

2 の新調

▼ 帰り靴下~ (2, 0.0%)

2 の修繕

▼1* [959件]

帰りあくる朝すぐ, 帰りあくる日水分に兄, 帰りあすからはじまる生きる, 帰りあそばさないの, 帰りあそばしたことを, 帰りあそばしましてお, 帰りあそばしました方が, 帰りあそばしますか, 帰りあちらこちらの坊, 帰りあなたがた, 帰りあらゆる望みを, 帰りありのままを孫権, 帰りあるべく山城の, 帰りあるまいかと思う, 帰りあれこれ用をすまし, 帰りあんまとり乍らねる, 帰りいいから帰っ, 帰りいくらです, 帰りいつ迄たっ, 帰りいまだ数里ならずし, 帰りえらい遅かったな, 帰りおとうさんとベス, 帰りおばさんに会っ, 帰りおまわりさんもその, 帰りおみやげを待っ, 帰りお前のその, 帰りお前ひとりでお, 帰りお母様に御覧, 帰りお通夜には来ない, 帰りかけをわざ, 帰りかつ私共の, 帰りかつて午夜過, 帰りかどやの洋食それから, 帰りかなじゃまた明日, 帰りかなんかで通り合せ, 帰りかには大抵この, 帰りがたいことが, 帰りがたく思召される, 帰りきたれば, 帰りきりこのガラス, 帰りぎわにお光を門口, 帰りぎわにちょっと出口近い腰掛, 帰りぎわになってから写真機を手, 帰りぎわになってやっとその機会が来た, 帰りぎわの風のよう, 帰りぎわ混雑をきわめた, 帰りくさりの勘平, 帰りくさり乍ら勘平をやり, 帰りくださいませみんなも, 帰りくだされましたか, 帰りけりさても, 帰りけるならし按ずる, 帰りければ撫院, 帰りけれど夫妻とも, 帰りけん霞の, 帰りは我, 帰りこう叫ばれたの, 帰りここで入定, 帰りこしかな, 帰りこちらの二人, 帰りこっちだって腕ずく, 帰りごと有るめ, 帰りさっぱりした気持, 帰りさらにあらためて出なおす必要, 帰りさ通り懸ったの, 帰りしかと云へば, 帰りしたくをし, 帰りしたですが母, 帰りしだい出発しようと, 帰りしだい和田家へ入夫, 帰りしな仕立物の風呂敷, 帰りしな四時半ごろのこと, 帰りしな林檎はよくよく, 帰りしまにこれ, 帰りしも君未だ, 帰りしるこ屋へ寄っ, 帰りじっと開始時間を, 帰りじゃあなし何, 帰りじゃろうか, 帰りすしをつまみ, 帰りすっかり雨も, 帰りすでに父母と, 帰りそうして女房に, 帰りそこでまた行燈を, 帰りそっとお竹, 帰りそつと何処, 帰りそのうえこんな犬, 帰りその他の場合, 帰りその後また訪ねた, 帰りそれからまた上方へ, 帰りそれきり学業を廃, 帰りそれぞれ国民に微笑, 帰りそれぞれ褒美を与え, 帰りそれでやっと赤井, 帰りのどす, 帰りたいていいつもの通りじき, 帰りたくさんの愛すべき, 帰りたちまち其村一番の, 帰りたまえ乱暴も程, 帰りたまえ間違いがある, 帰りたりときくと, 帰りたりとの事なれ, 帰りたる者はまことに, 帰りだいたい打ち合わせを終えた, 帰りだけだったの, 帰りだけはいずれも, 帰りだったらさしずめ, 帰りだつて案外, 帰りちょっと仕事を, 帰りやない, 帰りってば, 帰りつきたりこの, 帰りつき円道為右衛門にこの, 帰りつき圓道爲右衞門に此, 帰りつぎの日, 帰りづらいものが, 帰りてから何んとか, 帰りてからが女の, 帰りての物語に, 帰りてほどなく武男, 帰りても機嫌よから, 帰りであってみれ, 帰りであったのだ, 帰りでありんす, 帰りでありますか, 帰りでございまして, 帰りでござったか, 帰りでござんしたか, 帰りででもあったろうか, 帰りでなくどこにも, 帰りでの出来事が, 帰りではまたあした学校で, 帰りで御座いましたか, 帰りとだけ伴を, 帰りとにかく封筒を, 帰りどうやら渡りを, 帰りどこかに今朝, 帰りなき時は, 帰りなさいましょうね, 帰りなさいませ道が, 帰りなさりまへん, 帰りなさりたいの, 帰りなされたらよう伝えてたもれよ, 帰りなされたろうか, 帰りなされるともう, 帰りなったらお宅, 帰りなっとん行たて見なはる, 帰りなどとはっきり口, 帰りなどにはけっして彼, 帰りなどの襟足を, 帰りなどをあそばされなかったの, 帰りなはるんだ, 帰りなむあづまの, 帰りなりき佐太郎は, 帰りなれば何, 帰りなんし金吾おじさん, 帰りなんぞ誰も, 帰りなんぞには私は, 帰りなんと思ふを, 帰りにくい所へ, 帰りにくくなって, 帰りにしかな仮の世は, 帰りにでもということに, 帰りになど休みに, 帰りにねえ貴女お, 帰りにはもうちやんと, 帰りによって様子を, 帰りにより道なんか, 帰りま着, 帰りねえお前が, 帰りねがいたいと, 帰りのせつ立寄られた疎石禅師, 帰りのみを待って, 帰りはからずも出あった教え子, 帰りはずつと楽だ, 帰りはてくりて, 帰りばかり待って, 帰りばかりを待って, 帰りばなを失って, 帰りひとりの天狗, 帰りひとり一室に閉じこもった, 帰りひとり出発の準備, 帰りひとッ風呂朝湯へ飛び込む, 帰りひどい事を, 帰りひょんなことから俊雄冬吉は, 帰りふつうのおとなしい, 帰りぶつぶつ何か, 帰りほんの一足ちがい, 帰りまことの一沙弥, 帰りまする事が, 帰りまするでござります, 帰りませいッ帰りませい, 帰りまたは修業に, 帰りまだおさまらぬ興奮, 帰りまでが今日は, 帰りまもなく東洋拓殖会社の, 帰りみすから, 帰りみちひでり雨, 帰りみちわたしは疲れた, 帰りみち冬村君を訪ね, 帰りみち方々の島, 帰りみち旅の一夜, 帰りみち母と子, 帰りみち私はある, 帰りみち途中で日, 帰りみち通りがかりに浅葱, 帰りみち駒形の四つ辻, 帰りみち高円寺の菊屋, 帰りみなこの議, 帰りみんな俺が悪, 帰りゃあしめえがまあ念, 帰りゃいゝのやれどほんとね, 帰りやがて百圓君たちも, 帰りやすらん天津日国に, 帰りやれと言う, 帰りようよう一息入れんと, 帰りよくそう思って, 帰りよりますのう, 帰りよりは師の, 帰りといい, 帰りらしい与多者, 帰りらしく真紅に, 帰りっかん山, 帰りわが兵と, 帰りわたしはこの, 帰りをも待たず飛出したよう, 帰りしないよ, 帰りイングランド南海岸の保養地ボーンマス, 帰りオースチンはいよいよ, 帰りオールドオークニーを飲み, 帰りカラアも着けず, 帰りコゼットに言った, 帰りコンムニュスト党資金局の一員, 帰りサアそこで又, 帰りサト子が離屋, 帰りザロメを呼び, 帰りシールのコート, 帰りスエヒロの洋食, 帰りストックホルム工科大学の講師, 帰りスミ子ちゃんにうたがわれた, 帰りズボンだけは余分の, 帰りセシルの申出, 帰りセリフを入れる, 帰りタクシーに乗せ, 帰りテープ買ったのよ, 帰りドノバンのたんか, 帰りナガサキヤで軽い, 帰りニコニコ然と微笑, 帰りハタト当惑してね, 帰りハラハラ涙を, 帰りパッシーに小さな, 帰りパン屋として最も, 帰りパン食して, 帰りビクトワール別に心配, 帰りフト畑の中, 帰りホットウイスキ一杯のん, 帰りヤクザ気分を一切清算, 帰りヨシ子に塩水, 帰りラサ府からシナ, 帰りローリイはおじいさん, 帰りワザと美倉橋, 帰りなつて, 帰りヴィユウ・コロンビエ座が解散し彼女, 帰り一人で夕食, 帰り一人すきやき致した, 帰り一休みしもや, 帰り一刻も早く, 帰り一夜一睡もしない, 帰り一夜忠右衛門を往来, 帰り一室に屈居, 帰り一家団欒して, 帰り一家揃ろつた楽しいお正月, 帰り一層身を, 帰り一座からの出征者, 帰り一所に掲げ, 帰り一族の中, 帰り一日も早く, 帰り一時前にねる, 帰り一時半にね, 帰り一時頃ねて, 帰り一月の末, 帰り一本道の横通り, 帰り一組は陸, 帰り一風呂あびて, 帰り七月除隊になった, 帰り三人で京都, 帰り三宅周太郎の, 帰り三日四日は落ちゐぬ, 帰り三日談らず弟子, 帰り三畳の間, 帰り上りけるに, 帰り上京したての宮城道雄, 帰り上様には決っ, 帰り上野の竹の台, 帰り下女の言葉, 帰り不吉の日, 帰り不生不滅の, 帰り世界に対し闇黒, 帰り世界的に祝われた, 帰り中津へ移住, 帰り丸の内の農業雑誌, 帰りの敵, 帰り主人側三人と女中三人, 帰り主人夫妻は連れ, 帰り主家は半地, 帰り主家再興の上私, 帰り久しぶりで両親, 帰り久し振りに昔, 帰りを義戦, 帰り乍ら小さい心, 帰り乍ら裸かになっ, 帰り九月八日迄弟, 帰り乞食が洋上, 帰り予て設け置きたるタマセ, 帰り予定通りに例, 帰り二つ鳴れば, 帰り二会目に馴染, 帰り二十一を九時半, 帰り二十九日には埋葬, 帰り二十八日に皇帝, 帰り二十八日皇帝の別居, 帰り二年置いた明和五年, 帰り二年後愛妻を有, 帰り二度寝を, 帰り二度目の時, 帰り云々と見, 帰り五日午後咲枝が腕, 帰り京阪地方で彫刻家, 帰り人々に言った, 帰り人権をのみ重んじ, 帰り今し方事務所へ来, 帰り今一度農学士達の深切, 帰り今一時近く之より仕事, 帰り今一狼は一羊, 帰り今夜はわたし, 帰り今年は先, 帰り今晩またやってきましょう, 帰り仔細に調べる, 帰り仕事するつもり, 帰り以後二度と魏, 帰り仲人は守, 帰りの金眸, 帰り伯母さんにそれ, 帰り伸子たちは今晩, 帰り佃煮と香の物, 帰り住む所, 帰りを拭き, 帰り何とかと云, 帰り何んでも, 帰り何方から誘う, 帰り何時でも取っ, 帰り何時の間にか土地の, 帰りにその, 帰り余生を安楽, 帰りを飛ばし, 帰り候わば専ら, 帰り候伽羅は早速, 帰り候時車に乗りし, 帰り候時車内にて老婆三人, 帰り候由番人喜助の女房梅, 帰り催眠薬を飲み, 帰り僅かに一夜, 帰り儀八と新, 帰りの棚, 帰り元旦の竈, 帰り先ず愛児の, 帰り先づ愛児の健か, 帰り入り門の戸, 帰り入る書斎の, 帰り入浴東宝の風呂, 帰り八五郎は執拗, 帰り八月松竹座用の脚本, 帰り六人はとどまる, 帰り六十二円のお, 帰り六時すぎから, 帰り六時半吸入して, 帰り其他種々の水瓜, 帰り其処を通り, 帰り其日の中, 帰りの奉公人, 帰り内心甚だ羞, 帰り再建にとりかかりなさい, 帰り写真を焼き増し, 帰り冤家を尋ね出し, 帰り初期に帰ろう, 帰り房に, 帰りに御飯, 帰り前年の秋, 帰り前後不覚に眠, 帰り剣山へ来る, 帰りがある, 帰りれて, 帰り勇気を出し, 帰り勉強ノートつける, 帰り勝手元にいる, 帰り匆々随分気, 帰り北越方面に出動, 帰り北風特に身, 帰り十一時迄か, 帰り十一時近く迄ねた, 帰り十一月末運賃材木を積ん, 帰り十万銭の金, 帰り十三人の美濃衆, 帰り十九日小蒸汽船にて旅順, 帰り十吉はそつ, 帰り十時十一時となります, 帰り千吉へ寄る, 帰り千蛾老人に仮面, 帰り午前一時の汽車, 帰り午後三時頃より再び, 帰り午飯を吃した, 帰り半月ほど経っ, 帰り博徒の頭, 帰り博文館より二十五円, 帰り即夜の汽車, 帰り即日その書物, 帰り即時に猛烈, 帰り厚く妹を, 帰り原始人の眼, 帰り原稿用紙にむかっ, 帰り去らんとした, 帰り去りし後に, 帰り参詣道で灸, 帰り又はそこから, 帰りに誘われ, 帰り友人の宇野逸夫, 帰りをあけ, 帰り雑誌の, 帰り召さずば屋敷, 帰り召さったのじゃ, 帰り召さるのじゃ, 帰り可笑しく噴き出して, 帰り右近とお, 帰り合羽橋へ抜け, 帰り八月甲州に, 帰り同じ油を, 帰り同じく二十三日には, 帰り同僚にも分け, 帰り同類の者, 帰りを変じ, 帰りはその, 帰り吾妻屋永左衛門はお, 帰り呉侯孫権にまみえ, 帰り呉羽の身体, 帰り周さんの下宿, 帰り周瑜の瘡, 帰り呼子にて同僚, 帰り和服を制服, 帰り咲きをし, 帰り哀れな自分, 帰り唯双方間違より船, 帰りに籠つて静, 帰り四五日経って, 帰り四方の空気, 帰り国事探偵と疑われ, 帰り国交断絶わたしはローリイ, 帰りを掘っ, 帰り土佐で出版, 帰り土蔵へはいっ, 帰り地上調査の方, 帰り地方の同志, 帰り城下より一里, 帰り場所じゃ, 帰りだけ残った, 帰り墓地の裏門, 帰り士分に取り立てられた, 帰り士卒を多く, 帰り夏嚊に死なれ, 帰り夕方にその, 帰り夕立に遇っ, 帰り夕食を済ませる, 帰り夕餉を済す, 帰り夜中に出発, 帰り夜更の料理屋, 帰り夜食風邪だ, 帰り夢中になっ, 帰り急行で, 帰り大宮氏の寓所, 帰り大義論を発し, 帰り大西が見つけた, 帰り大阪でもまた, 帰り天主堂の坂下, 帰り天鬼様のご, 帰り太倉からあがっ, 帰り太田君の素志, 帰り太陽は名代, 帰り夫婦も直ぐ, 帰り女の子は柳吉, 帰り女中部屋を一寸, 帰り女房買ひ物, 帰り女部屋の壁, 帰りと雨, 帰り始めて聞きたる浅木, 帰り委細の下書, 帰り姿を見, 帰りとつい, 帰りをもらっ, 帰り子供を育てる, 帰り子分のガラッ, 帰り子爵の為, 帰り孤燈の下, 帰りの家, 帰り孫権は秣陵, 帰り孫策は父, 帰りに入る, 帰り家中にくばりました, 帰り家主から返事, 帰り家事を手伝い, 帰り家人を驚かす, 帰り家人たちには寝た, 帰り家禄を奉還, 帰り宿ですぐ, 帰り富岡は比嘉医師, 帰り寒かったろう, 帰り寒くなったし, 帰り寝台に横, 帰り寝静まった頃家の, 帰り寺町の無量寺, 帰り頼に, 帰り小さくなって, 帰り小家の内, 帰り小田秀人と議論, 帰り尚更打返見分不, 帰り尽し鳥さえ, 帰り居間に通った, 帰り山田藤六は蟠, 帰り山陰にまわっ, 帰りはしばらく, 帰り島田と話し, 帰り川端康成の, 帰り巧みに親類方, 帰り巨財を貯えた, 帰り市電に乗らう, 帰りにまみえ, 帰り師匠あんまりだ, 帰りの間, 帰り帰ったらいいだろう, 帰り帰つたと一言女房, 帰り常陸介藤原維幾の手, 帰り平山行蔵は自, 帰り平間は寝る, 帰り幸町の持地面, 帰り庖厨の土間, 帰り庚申塚まで来る, 帰り度いがその時同棲, 帰り廻してくれ, 帰りな世界観, 帰り引被いても, 帰り弟子の萩原国吉, 帰り当分休養の由, 帰り当時は洒脱, 帰り役者漸く揃, 帰り往くころ, 帰り径千両坂のてっぺん, 帰り待ってるにきまってる, 帰り後にこの社, 帰り得々として言った, 帰り得る様な, 帰り得右衛門の耳, 帰り法事御, 帰り御前に於い, 帰り御苦労だったね, 帰り御館の首尾如何此方, 帰り復命したもの, 帰りの為, 帰り思へらく錦の, 帰り恋人の家, 帰り恭ちゃんのところ, 帰り愛妾のお, 帰り慌しく拳を, 帰り成るには余り, 帰り我々を鼓舞, 帰り戦時下の芸能界, 帰り戸山ヶ原で私, 帰り所欲撃つに, 帰り手早く旅行鞄を, 帰りひを, 帰り扨五日になります, 帰り折詰を開け, 帰り拡大鏡によって綿密, 帰り挨拶に来る, 帰り捜索隊にくわわりました, 帰り捨蔵と名, 帰り揚子江と銭塘口, 帰りふこと, 帰り損つた時は此処, 帰り損つた理由は後で, 帰り改めて手段を, 帰り教育をうけ, 帰り文机の上, 帰り斯く斯くと語った, 帰り五年以上の, 帰り新しい生活を, 帰り新年会の打ち合せ, 帰りの者, 帰りくれて, 帰り日曜日に車, 帰り日本の人, 帰り早々大変ね, 帰り早寝である, 帰り早朝まだ一人, 帰り早速絵具を, 帰り昂奮を新た, 帰り明りもつけず, 帰り明智先生に報告, 帰り明朝の行李, 帰り明治三十九年四月十日病んで, 帰りのプロ, 帰りの上海, 帰り昼食を早々, 帰り時々振り回りて, 帰り時分を待っ, 帰り時計が鳴っ, 帰り暫らくアグネスの家, 帰り更に送つて尾道, 帰り最後に工場主, 帰り淡き震災後二年, 帰り月夜の時, 帰り有ってもとんと, 帰り望遠鏡を手, 帰り朝食をすます, 帰り木屋町を流れる, 帰り木村と一緒, 帰りに向った, 帰りを追, 帰り村上に居る, 帰り村中の老弱海浜, 帰り来しと知ら, 帰り来た神に, 帰り来った時には, 帰り来つてここ, 帰り来つるや, 帰り来ぬかも, 帰り来らざるなるか帰り得ざるなる, 帰り来らしめたものである, 帰り来りたる庄太郎お, 帰り来れば番卒右, 帰り来玉はずば我命, 帰り東中野からテク, 帰り東照宮の覇業, 帰り松林の中, 帰り松栄館でやる, 帰り松蔭も別間, 帰り林学博士松下真孝氏と結婚, 帰り果物食ったのみ, 帰り染五郎は小網町二丁目, 帰り校長に語る, 帰り案外なる無法, 帰り案頭の寒暑, 帰り桜木に飲む, 帰りの上, 帰り森氏宛チャールス・チャップリン宛の手紙, 帰り森永で食事, 帰りがなかっ, 帰り様子を話し, 帰り横浜で降り, 帰り横須賀へ移り, 帰り樵夫以前より一層, 帰り次いでまた玄徳が, 帰り次第お手伝いに参ります, 帰り次第こっちから届ける, 帰り次第それがし, 帰り次第佐々木の宿ニ御成, 帰り次第何人でも差支えなき, 帰り次第家へ来る, 帰りをやり, 帰り正しき武士道の, 帰り正直な前, 帰りの話, 帰り武蔵野館に寄っ, 帰り死亡診断書をお, 帰り殉死問題には触れず, 帰り母上やら寧子, 帰り母方の親戚, 帰り母親と由三, 帰り毎夜のよう, 帰りを付け, 帰りに洗い日, 帰り水道尻のとば口, 帰り江戸へお, 帰り池島信平がウーム, 帰り汽車がこん, 帰りにある, 帰り浄土宗を隆ん, 帰り浅吉をその, 帰り浩瀚な書物, 帰り浴湯しまさに, 帰りとローマ風呂, 帰り減少した人員, 帰りに入っ, 帰り湯殿へ行った, 帰り源太が大抵, 帰り準備をし, 帰り漱石氏は熊本, 帰り火辺にて煙, 帰りのあ, 帰り三に, 帰り無事にお, 帰り焦慮に駆られる, 帰り熊野先生をお, 帰りを点け, 帰り父祖の産, 帰り爺婆とともに煮, 帰り爾来公の, 帰り片手ではちょっと, 帰り片端から読破, 帰り牛乳をつめ, 帰り牛肉すきやきで, 帰り物語りすと見し, 帰り独窓のもと, 帰りを打つ, 帰り生死の, 帰り獅子文六の, 帰り獲物を手製, 帰り玄関から暗い, 帰りひぬと, 帰りより五百金銭, 帰り珍しく二泊し, 帰り瑞西独乙に各, 帰り甚吾左衛門は十郎兵衛, 帰り生活をこちら, 帰り田夫野人と伍, 帰り甲子郎でおでん, 帰り申し候, 帰り申候につき左様, 帰りは東京, 帰り男の子たちだけ列, 帰り男子一人は孤, 帰りは昔ながら, 帰り留守番の母, 帰り番地を尋ね, 帰り番木鼈でも喰わし, 帰り病気の母親, 帰りさと, 帰り白翁堂に其の, 帰り百姓になる, 帰りに見せる, 帰り皇国数百年の国体, 帰り盆踊の季節, 帰り盗人に追, 帰り目出度く婚礼を, 帰り目黒キネマに寄っ, 帰り盲縞の学校着, 帰りに眠る, 帰り直ちに仔細を, 帰り直に浅井氏に, 帰り相談仕候, 帰り省作とおと, 帰り着いてみる, 帰り着きしが家人, 帰り知らぬ顔して, 帰り知らん顔をし, 帰り知事に与え, 帰り短くて不安定, 帰り破約するの, 帰り祖父はそれ, 帰り祭器を作つて呪咀, 帰り秀子に向かっ, 帰り私一人で職員室, 帰り私一人ホテル泊りの積り, 帰り秋草を眺め, 帰り秦氏の墓, 帰り程なく死したり, 帰りしく又, 帰り立ての青年浪曲師, 帰り築地の桜木, 帰り築地小劇場の舞台, 帰りに入れ, 帰り納骨をすませ, 帰り素知らぬ顔を, 帰り終日賑やかな往来, 帰り縄尻をたくり, 帰りの画, 帰り美人が一人, 帰りをなし, 帰り翌朝になっ, 帰り老父に喰わせ, 帰りも朝, 帰り脇屋氏に, 帰り臨時に雇った, 帰り自らの釣り姿, 帰り自らこれを鞠, 帰り自国政府に要請, 帰り自宅の近く, 帰りを待った, 帰り舟それらが皆, 帰り舶来の書, 帰りが沖, 帰り船長を護る, 帰り良い頃を, 帰り良人の承諾, 帰りの上, 帰り芝日蔭町の主家江島屋治右衛門方, 帰り若しやと気遣っ, 帰り茅屋に住, 帰りのいっぱい, 帰り茶漬けでも食つて, 帰りの上, 帰りだで, 帰り荷物等にて雇い, 帰りを植え, 帰りいた, 帰り葬式を出す, 帰り蒐むるところの山水百余景を五巻, 帰り薄暗い中で, 帰り藍子は今, 帰り虫除けの粉, 帰り蜀兵と睦み合う, 帰り行きし跡に, 帰り行灯を点け, 帰り行燈を点し, 帰りや野, 帰り街路風景や食物屋, 帰りを脱ぎ, 帰り西村は帰京, 帰り親子橋の李克用, 帰り親方に怒られる, 帰り親族に托し, 帰り親父に知れぬ, 帰り親爺を口説い, 帰り角屋の安否, 帰り討伐は全然, 帰りを話し, 帰り証人として浅野社長, 帰りり行く后, 帰りをし, 帰り詳細に亙り, 帰り誓状をつく, 帰り誘拐団が逮捕, 帰り読書をなす, 帰りにも言はず, 帰り講説は縦, 帰り謡曲の本, 帰り謹んで女王の, 帰り謹慎するなどとは, 帰り谷間に咲ける, 帰り谿谷は睡眠, 帰りはもうすっかり, 帰り賑やかな通り, 帰り赤尾美作守中島日向守に就, 帰り越前屋のお, 帰り跡部は城, 帰り路中泣いて, 帰り路僕をそば, 帰り路地の中, 帰り路池袋停車場へ廻つて其処, 帰り路竹藪のそば, 帰り路蜜豆をおごり, 帰りお預け置き下さい, 帰り迄の手すさび, 帰り迎火を焚いた, 帰り近所の人, 帰り近藤に話す, 帰り途あなたの故郷, 帰り途ひつそりと黄, 帰り途一緒にまいっ, 帰り途三本松の駅, 帰り途不思議な駕籠, 帰り途丹羽殿にも会う, 帰り途二つ井戸下大和橋東詰で三色, 帰り途五六人でその, 帰り途佐渡屋の前, 帰り途信長は訊いた, 帰り途友達のお仙, 帰り途君子の過ち, 帰り途夕方折鞄を抱え, 帰り途女化原を通つて, 帰り途左手に折詰, 帰り途市場へまわっ, 帰り途平野町の夜店, 帰り途式部小路を入ろう, 帰り途往来を歩き, 帰り途朝子は人間, 帰り途桂川で現れた, 帰り途父は自分, 帰り途玄徳が城中, 帰り途町屋の廂, 帰り途自分に向っ, 帰り途街道で見かけた, 帰り途護国寺の前, 帰り途金沢町へ廻っ, 帰り途鉄道のレエル, 帰り途長野の常行寺の前, 帰り途阪急の梅田, 帰り途阪西村を過ぎた, 帰り途飯だけの突合, 帰り途駅で電車, 帰り通りか, 帰り逢坂山の大谷風呂, 帰り遂に禍を, 帰り遂に嘗て己を, 帰りなっても, 帰り遅しと門, 帰り遅れたわずかな, 帰り遊ばさねえうちに, 帰り遊ばしたようでございまする, 帰り遊ばしませ御機嫌様よろしゅう, 帰り遊ばしません内に, 帰り遊ばしませんでございますか, 帰り遊ばすなれば私, 帰り遊ばそうとする, 帰り道づれになる, 帰り道具装束を整え, 帰り道子も共に, 帰り道頓堀を歩い, 帰り部屋を閉め切っ, 帰り郷里の生活, 帰り都府を守る, 帰りを賜, 帰り釆女橋まで往, 帰りにあかし, 帰り金剛峰寺の西門, 帰り金子の用意, 帰りにかけてかわかす, 帰り針子橋の李克用, 帰り鈴木が不愉快げ, 帰りをかくしもっ, 帰り銭形平次はこう, 帰り鎌倉の上森, 帰りをつくる, 帰りを閉じ, 帰り門北お御所, 帰り門口より何ぞ, 帰り門司でひょっくり, 帰り門跡の位置, 帰り間宮本田自分迎に行く, 帰り間際に山本君, 帰り関口山田等が被害地, 帰り阿佐ヶ谷で降り, 帰り阿部さんもお, 帰りの人, 帰りを又, 帰り離婚の請求, 帰り難いから連れ, 帰り雷門へ出る, 帰り霊魂は天, 帰り露地の入口, 帰り青年団の奴, 帰り非常な決心, 帰り面白おかしく呑気, 帰り面目ない事, 帰り革命のメネ・テケル・ウパルシン, 帰り須山から聞いた, 帰りを横, 帰り飽きもせずし, 帰り養家へ恩返し, 帰りを投げ, 帰り首尾よく敵, 帰り馬上ふウ, 帰り馬良はふたたび, 帰りへ行つて新聞, 帰りの提灯, 帰り騒ぎを聞い, 帰りをおろし, 帰り魯粛をみちびい, 帰り鹽原の家, 帰り麻雀をやる, 帰り麻雀これが夜あかし, 帰りそのまま縁付いた