青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「帰った~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

席~ ~帯 帯~ ~帯び 帯び~ ~帰 帰~ ~帰っ 帰っ~ ~帰った
帰った~
~帰つて ~帰り 帰り~ ~帰る 帰る~ ~帰ろう 帰ろう~ 帳~ 帳場~ 帶~

「帰った~」 3182, 34ppm, 3401位

▼ 帰った~ (567, 17.8%)

37 である 3326 です 2016 ですが 14 では 13 であった 10 はその 9 は夜 8 であります 7 であったが, であるが, はもう 6 かと思っ, だが, だった 5 でした, は, はそれ 4 かい, だったが, だな, だろう, でございます, を見る 3 かえ, かしら, かもしれない, かも知れない, だと, ですか, はこの, は七月, は何刻, は十二時過ぎ

2 [27件] かそれとも, かとお, かどう, かもう, がその, がもう, が遅かっ, さ, じゃない, だそう, であろう, でしたが, ですね, で御座います, はかれこれ, はずいぶん, は八時ごろ, は十一時, は午後, は四時, は大分, は彼, は戌刻, は昨日, を知る, を見, を覚え

1 [219件] かだいぶ, かといいます, かといえ, かとはいいませんでした, かとはじめ, かとも思われる, かと問いました, かと彼, かと思った, かと聞きましたら, かと追いかえした, かどこ, かな, かなるほど, かね一人, かもうい, かも知りません, かも知れません, か下駄箱, か俺, か入った, か別に, か家, か挨拶, か教え, か直義, か知ら, か知らなかった, か誰, か雇人, が, がおかしい, がさよう, がにせ, がはや, がもと, が一時半頃, が丁度九時頃, が七時半ごろ, が三時, が三時近く, が三月末, が九時近く, が二時半, が亥, が何より, が八つ時ごろ, が八月十日, が十一時, が十一時半, が十二時ごろ, が十二時一寸すぎ, が午後四時頃, が又, が夢中, が寛政十二年十二月末, が寛永十四年, が最後, が残念, が縁, が見えません, が親族, さね, じゃなく, じゃア, だから, だね, だまさか, だよ, だろうと, だろう甘く, でありました, でありましたが, であるまいか, であろうか, であろうが, であろうとばかり, であろうも, でございますか, でござるか, でしたけど, でしょう, でしょうか, でしょうかな, でしょうね, ですから, ですけど, ですって, です何, でも, とお, ならこんな, なら十時, なら帰ったでよい, に対しモリス, はあと口, はあれ, はかえすがえす, はこれ, はご存じ, はそれから, はたった, はだいぶ, はちょうど, はどういう, はなに, はまだ, はまちがい, はまったく, はもうかれこれ, はカンテラ, は一年前, は一昨日, は一本, は一番先, は丁度, は七時, は七時半頃, は七時近く, は三時半, は三時頃, は上京, は九ツ過ぎ, は九時, は九時すぎ, は二十五, は二時すぎ, は二時頃, は五時すぎ, は亥刻前, は今朝, は伊豆守, は伯父, は例, は例外, は八時すぎ, は冬, は出, は到る, は十一時半, は十九, は十二時, は十二時ごろ, は十二時半ごろ, は十六日, は十年前, は十時, は十時半頃, は十時頃, は午前二時, は午前六時, は午後一時, は午後一時ごろ, は午後三時頃, は午後四時前, は半, は即ち, は喜太郎, は四月中旬, は夕方, は夜あけ近く, は夜十時過ぎ, は好い, は寒い, は年二十, は思いの外, は慎吾, は戌刻半, は日, は旦那, は春, は最早, は村, は梅雨, は残念, は残念至極, は漸, は生前, は男, は知っ, は秋, は空, は笑止千萬, は翌, は翌日, は薄, は言うまでもない, は賢明, ほんとに助かった, もあった, もあながち, もある, もいる, もその, もつい, もなにか, も変, も珍, も皆, も知らない, も知らなかった, も知らぬ, も警固, やらも解らない, やら私たち, を, をきいた, をも知らなかった, をよろこぶ, を久慈, を今, を咎められる, を大変, を敬二郎くん, を機, を知っ, を聞きすます, を見た, を見とどけ

▼ 帰った~ (219, 6.9%)

7 それから 4 よかろう 3 いい, その翌日 2 その時, その頃, それからは, よい, 女の, 彼の, 私は, 自分の

1 [186件] ああそれ, あくる朝, ありゃ一体, あれは, あわてたため, あんなヒド, いいと, いい気持ち, いったい幾歳, いまいましくて, いや気, うちじゅう小吉が, うまいもの食, おさんの, おそろしい興奮, お浦, かれの, きのうの, きょうの, けい古が, この品, この時, これぞ再び妖怪, さいご, さすがに, さっきの, さて思う, さて警戒, さもなければ真っ先, じきにまた, すぐ糜竺, そういう秘密, そこでわが家, そこは, そのあくる日, そのかも, その二三日後, その夕べ今度, その平和, その後が, その後良人に, その晩, その犬, その賑かさ, それからこの, それからすっかり, それから台閣, それも, ために, ちょうど百姓たち, とても間に合う, どうした, どうしても寝られない, どうも不審, どう思う, なにか気, なんだか疳, またも老人, また洞庭, もうその, もう石山, もしそれ, もし日本, もっとたくさん, やがてふと思い出した, よいか, イギリスで, シャムの, 一人自分の, 一年の, 一晩宿りで, 丁度フランスオーストリア, 三井物産で, 三娘の, 上段の, 世間も, 事実これは, 五日ほど, 人に, 今回は, 今夜も, 何しろ塩鰹, 何の, 何も, 何分課業その他, 余りに馬鹿らしい, 先方では, 先生から, 其時は, 冬坡の, 別に, 加藤家時代とは, 勤番者で, 午近い, 又出, 同時に名状, 吻として, 善搏虎は, 四辺は, 塚全体を, 夏侯存は, 夕飯を, 外套を, 夜の, 夜更け, 大杉は, 大膳は, 好いと, 如何にもこの, 妙義の, 妻の, 婦女の, 孫堅は, 実家も, 家で, 家は, 家へ, 家までは, 家計が, 帰ったあと, 帰って, 帰るとき, 年のわ, 幽閉は, 彼が, 後で一覧, 御方の, 心の, 急な, 悪酔いから, 悲鳴ひとつ立てなかった, 扨能く, 撥雲の, 既にウクライナ, 明くる日からは, 時には雀, 時候あたりで, 時刻は, 曹操が, 最早全く秀子, 松が, 案じられて, 次に東京, 次郎は, 歎息し, 毎日こんな, 気が, 気に, 江戸の, 汽車中こわれる, 熊の, 父の, 片隅へ, 物足りないので, 生れてから, 用人は, 町端まで, 目的は, 矩之丞が, 神中は, 私共も, 翌々日は, 翌朝に, 考えて, 華山の神へ, 要するに野村さん, 見ると, 訃音を, 計らずも, 誠に妙, 誰も, 負傷に, 賀川市長も, 車夫が, 近藤弥之助の, 途, 途中から, 連れて, 長いあいだ, 門を, 間もなくポッツリ, 間もなく学校, 阿母, 陸軍大臣は, 陽子は, 魏法師の

▼ 帰ったあと~ (144, 4.5%)

5 でお 3 で, で彼, で私 2 だった, でその, でわたくし, で何, で家内, で播磨, で葉子

1 [116件] おさよ, おせい様, お八重, かに湯, から陸尺たち, しばらく腕組, そのこと, だったと, であった, であって, であなた, でいろいろ, でお初, でお前, でお松, でかの, でここ, でさ, でさて, でそれ, でどう, でなん, でぼく, でまた, でやや, でゆっくり, で二人, で代, で何事, で僕, で先師, で出発, で別, で半, で参右衛門, で又もや, で吉五郎, で咽喉, で大詰, で女, で女房, で女房ら, で妻, で子張, で宗助, で宮, で尚侍, で尺八, で彼女, で御, で忠通, で忠顕, で慨然, で掃除夫, で政吉, で書い, で書斎, で樫, で母親, で気, で気憊, で浅井さん, で湯, で熱, で父, で甲, で白い, で皆, で矢田部氏, で磯貝, で秀吉, で秋山, で空, で細君, で腕時計, で自分, で若, で若君, で誰, で賢二, で道子, で邸内, で長文, で顔淵, で馬琴, で麦酒, といった, ともに一堂, なので, ならば, には必ず, にドア, に出す, の二人, の僕, の入口, の座敷, の白けた, の静か, の高倉, はどう, はもう, は木枯し, は本堂, は私, へ木戸番, へ若年寄, もしばらく, もひとり, も心配, も楽, も自然, を二階, を見る, 永いこと默想, 遅く出た

▼ 帰った~ (127, 4.0%)

3 のこと, はもう 2 に, には今, に何故, もまだ

1 [113件] お貞さん, から風邪心地, が五分前, が恰度夜, この問題, この噂, すぐに, その人, その家, その途中, であった, であります, です, とこれ, と同じ, と同じく, と違い, どんなに私, などつい, なども変, なんかお, にさ, につと, にはあたり, にはこのごろ, にはすでに, にはその, にはなお, にはまだとても, にはもう, にはセエラ, には二十三貫, には仔牛, には八, には冬, には大学生, には庭一杯, には彼, には暗い, には流石, には激しい, には私, には笹村, にまず, にもあっちこっち, にもどうしても, にも之, にも再び, にファンティーヌ, にポーン, に判明, に御, に戸口, に曲亭先生, に此, に無理, に相談, に私, に蝶々さん, に誰, のうち, のそれ, のよう, の事, の俥, の小竹, の心もち, の戸外, の服装, の現状, の話, の話し, は, はちょうど, はどの, はまだ, はよく, はスッカリ別, は丁度十時, は二人きり, は僕, は十時, は多く, は夢にもこう, は手, は日, は明方, は最初, は洋燈, は私, は綾さん, は葛城, は親父, は関税, は鳥羽, まあ今日, もたらした分捕品, も五百, も彼, も戸, も村, も高知, や山, よりもなお, 万一三浦, 代助, 再び大いに喀血, 初めて眼醒むる彼等, 奉仏兼, 御米, 早速縁談, 聞いて, 見たもの

▼ 帰った~ (118, 3.7%)

2 で, である, で彼, で父

1 [110件] お菊, からの話, から元, から母, から直使, この事, しきりにこの, しばらくおとなしく, その一封, だった, つづいて, であった, でお, できっと, でごらん, です, ですね, でその, でたちまち, でだれ, でです, ではきっと, ではなお, では父, でもしばらく, でも両方共佐野, でアバ大人, で一, で一つ, で一条朝成, で不意, で伊太夫, で伯母, で何と, で何時, で健三, で僕, で別, で南, で夕飯, で夫婦, で女, で宗厳, で宵, で小判, で岸本, で師匠, で御, で斧, で木戸, で李, で正雄, で瑠璃子, で蔭, で退役陸軍大佐, で隆吉, で魚, どうした, なので, にうけた, においてはその, にお前さん, にと両親, に三たび使者, に僕, に各, に山木, に父親, に私, のこと, のもの, の市庁舎, の彼, の断布片, の毎夜毎夜, の蒲団, の道庵先生, はむしろ, は又, は娘, は火, は饗応, へ入れ, まで残る, も, もこの, もふたり, もわれわれ, も三キャラット, も以前, も例, も尚, も市五郎, も彼, も彼等, も文通, も新七, も梅原氏, も極めて, も頻, わずかまだ一ヵ月, 何かと用, 再び情人, 唯机辺, 小兵衛一族, 尚何時, 差出し人萩野半之丞, 惨たる, 極く, 間もなく老

▼ 帰った~ (112, 3.5%)

8 いう 4 いうので, いって 3 思うと, 聞いて, 聞くと, 見えて, 言って 2 ある, すれば, なると, みえて, 云う, 云うの, 云って, 思った, 答えた

1 [63件] あって, あらばな, あるから, あるは, いいたくなるよ, いいますが, いうかの, いうが, いうし, いうじゃ, いうだけで, いうに, いうほどにも, いうよりは, いう如き, いっても, いわれる, お浪, きいて, したら, したらすぐ, すると, それを, なぜ己, ゆい子, ア言えない, 一言女房にも, 云いましたが, 云うから, 云うが, 云うこと, 云うと, 云う横文字, 云っちゃ, 云っては, 人目に, 伝う, 元気よ, 同じ南蛮玉乗り, 女中なんかも, 思う, 思うて, 思うよう, 思う宗助, 思ったので, 思って, 来た, 用人は, 申しあげて, 知ったら, 知らぬ為, 知ると, 私に, 聞いた故, 聞いてから, 見えるやっぱり, 見え階下, 言いましたね, 言うの, 言った, 詐りも, 話すと, 返事を

▼ 帰ったこと~ (106, 3.3%)

10 があった, がある 3 のない, はない, を聞いた 2 がない, がわかった, にし, はなく, は事実

1 [67件] から以後, があったろう, があと, があまり, があろう, がございます, がしばしば, が多, が憤ろしかった, が正, が私, が頭, だった, だろうな, でありました, であります, である, でした, と思っ, などあった, などによって察せられる, などもあった, などもありました, について胸, によっていささか, のあいさつ, のある, の手紙, はありません, はさき, はだれ, はなかっ, はエセックス, はロンドン, は二人, は前, は宿, は知らなかった, は聞いた, は親しい, まで細大, もあった, もあり, もある, もなけれ, も幾度, を, をあの, をあんなに, をおはあ, をさえ知らず, をたしかめた, を一応, を云ったら, を今, を告げた, を告げる, を喜び迎えた, を心から, を思いだした, を感じた, を知った, を知らし, を知らせ, を知らせた, を知らなかった, を聞い

▼ 帰ったよう~ (87, 2.7%)

18 な気 4 なここち, なもの 3 である 2 だ, な始末, な心持, な気持, な気持ち

1 [48件] じゃア, すでそこ, だと, だな, だよ, であった, でうれしかっ, でございました, でございます, でしたが, ですよ, でもあった, な, なこと, なしおらし, なまだ, なわけ, な上野, な姿, な心, な心持ち, な有様, な気取り, な気配, な無遠慮, な落着き, な顔, にききます, にせん, にはっきり, にゆったり, にハッ, にブラジル, に二人, に嬉々, に心, に思った, に思われる, に感じました, に狼狽え, に立ち止った, に考え, に落ち, に見せかけ, に言った, に酒, に頭, に顔

▼ 帰ったという~ (81, 2.5%)

7 ことを 4 ことである 3 ことが, ことだ, のである, のは, 話を 2 ことであった, ことです, のが, のだろう, 事を, 噂を

1 [43件] あいさつも, お手紙, ことだった, ことで, ことでございます, ことでした, こッた, です, ところか, ところでした, のです, ふうで, やつかネ, ような, んだ, 一文銭を, 丑之助が, 加藤の, 加賀屋さんの, 医者も, 喜びに, 噂が, 報告は, 実験談を, 履歴附き, 弟に, 消息をも, 父を, 牒報が, 男について, 知らせで, 知らせも, 筋道だけは, 言葉に, 証人も, 証拠は, 話, 話が, 話だけ, 話で, 話である, 話も, 風に

▼ 帰った~ (64, 2.0%)

7 だ, です 6 だろう 5 ですか, ですが 4 じゃない, ですよ 3 だね 2 じゃ, だよ, でしょう, では

1 [15件] じゃありません, じゃございません, じゃねえ, だから, だからね, だがね, だそう, だなと, だろうが, だろうと, だろうどこ, だワ, でしょうね, ですもの, や

▼ 帰ったとき~ (59, 1.9%)

2 につくった, は十分, 御米

1 [53件] うわぎ, お銀, が二十四挺, すっかりしょ気, すでに良人, その話, ただパイーシイ主教, であった, にあちら, にこの, にそれ, にはあたかも, にはお, にはすべて, にはもう, にはアマーリア, には目, には私, にもう, に勝次郎, に博奕, に皆, のよう, のパリ, の先生, の彼, の彼女, の服装, は, はたとい, はもう, は二人, は何時, は和一郎, は妻, は彼, は手, は早く, は水の上, は父, は病後, は相当, また学校, もつくづくそう, も出迎えた, も武帝, やっぱりこんな, 予め自分, 早速呼び出し, 真に孤独, 短い冬, 言った, 開けて

▼ 帰ったもの~ (59, 1.9%)

4 である 2 だ, でしたから, ですから, と見える, もあった, らしい

1 [43件] かがね, かとちょっと, か集っ, があった, がいつ, がない, が殺した, だから, だが, だった, だと, だよ, だろうという, でありました, であります, であるが, であろうよ, です, でそのまま, では, で青年アドニス, とし, との間隔, とばかり思っ, と察し, と思い込ん, と思っ, と思われる, と想像, と考え, に起る, はそれ, はない, はみいどん, はわらじ, は一人, は十人, は殆ど, は無かっ, は金, は金七, もあり, もある

▼ 帰ったばかり~ (56, 1.8%)

54 だから, だと 2 であった, でございます, ですよ, なの, なのに

1 [33件] お秋, それで十日, だが, だった, だという, だのに, だもの, で, であるから, であるが, であるのに, である三田, でしたが, でしばらく, です, ですぐ, でやにわに, で三日, で今, で何もかも一人, で多少, で女王, で委しい, で家, で眼, で草臥, なので, なん, なんだ, サ, 団十郎は, 未だ寝, 玄関を

▼ 帰ったところ~ (52, 1.6%)

43 だと, であった 2 だった, で何

1 [38件] がヒマラヤ山, その友達, その翌日草, だよ, で, であって, でありました, である, でうっすら, でお, でお母さま, でございます, でした, です, ですが, です兄さん, です文学者, でそのまま早速, でどうせ, で仕方, で仕様, で其処, で大, で家内, で彼ら, で旅行中, で白い, で致し方, で誰, で貴様, で間に合うまい, で面白い, なの, のあの, までもう, をやられた, を捕えられるだろう, を見る

▼ 帰ったので~ (52, 1.6%)

2 お銀

1 [50件] いれ替り, おじさんは, お北, お妹さん, けさ改めて, しきりに支那宿, そばに, それを, つい御, とうとう出さず, はじめて死ん, もしか今晩あたり, ようやく前川, ホッと, 三時頃から, 中仕切の, 主人の, 九郎右衛門は, 二人の, 云わば, 今日しも, 係官一同は, 停車場を, 僕は, 初めから, 別れを, 十一時まで, 吉弥と, 大勢は, 家を, 家内は, 家族が, 居残りの, 幸い何事, 彼の, 彼女の, 待兼て, 早く帰り, 残って, 氷も, 涙を, 皆ホッ, 皆顔を, 私の, 私は, 芳郎は, 裏口へ, 退屈男は, 長い間, 馬道に

▼ 帰った~ (49, 1.5%)

6 どうか 42 どうかを, どうだ, 知らん

1 [33件] いまだに, えといい, こっちに, さっぱり覚え, そこまでは, それさえ, それその, それとも江戸, それらは, どうかって, どうかと, どうかも, まだ居る, よく分らぬ, ケープルトンへ, 五郎治は, 何う, 壁ぎわに, 姿が, 己アまア, 帰ったか, 帰らないか, 帰らないのに, 戸締りを, 殿, 知りませんでしたが, 自分でも, 草へ, 解って, 解るが, 調べて, 里へ, 陳大夫の

▼ 帰った~ (44, 1.4%)

15 がいい 3 がよい 2 がよかっ, がよかろ, が好い, が宜

1 [18件] がい, がええ, がお前, がかえって, がどんなに, がよ, がよかね, がよかん, がよろしい, が世話, が侍, が倖, が勝手, が好かろ, が得, が怜悧, が泰平無事, が無事

▼ 帰ったそう~ (36, 1.1%)

11 です 7 である 42 で, であるが, ですが, な 1 だが, だね, だよ, ですのよ, で一方, で安心

▼ 帰った~ (25, 0.8%)

6 がある 2 もあった

1 [17件] およそ前日来経歴, かとお, があった, がなかっ, が何度, が分った, だけを知らせ, だろうと, である, にし, はない, は知らぬ, をお知らせ, を案じ, を知っ, を知らざる, を知らず

▼ 帰ったばかりの~ (24, 0.8%)

1 [24件] こととて, その頃, とこどす, ところで, ところへ, ように, テオドラ嬢は, バリトン歌手千束守が, 主人が, 人生の, 作が, 勘弁勘次を, 園が, 外記が, 宗像博士が, 家なき, 曲輪へ, 有名な, 柳沢と, 男であった, 直江津の, 素子が, 若々しい松尾葉子嬢, 顔を

▼ 帰った~ (20, 0.6%)

3 のよう

1 [17件] から最後, が先生, が多い, ですか, とも見えず, には穂積朝臣老以下数人, にもらった, のみやげ, の絵, の話, はいろいろ, はなし, は丁度, は和服, は誰, もあった, を迎える

▼ 帰った~ (18, 0.6%)

2 を見計っ

1 [16件] からであろう, から又, から日, にはつい, には三月十二日, には其絵, には天候, には空, に廊下, に漸く, に牝鶏, は夕飯, は新しい, は歌舞妓芝居, は重, もう広間

▼ 帰ったかと~ (16, 0.5%)

6 思うと 2 声を 1 いいました, 問うて, 声が, 女房に, 思った, 見えたが, 訊いたが, 訊問する

▼ 帰ったから~ (16, 0.5%)

2 であった

1 [14件] あなたも, え, お君, その頃三ヶ国横行, である, であるかも, まア, ッて, 何にも, 何処へ, 思いがけない所, 恟りし, 明朝は, 聞いて

▼ 帰った~ (16, 0.5%)

3

1 [13件] でする, でなけりゃ草鞋, でまた, で其の, で御意, で早速, で長崎, に何, に掘出し物, に改めて, はもう, はよく, は主人丹後守

▼ 帰ったって~ (15, 0.5%)

2 仕方が

1 [13件] いうんで, しようがないだろう, はじまらないもう, 可い, 同一だ, 君の, 喧嘩も, 明日帰っ, 構わないじゃ, 甘干しの, 用は, 言うが, 誰も

▼ 帰った~ (14, 0.4%)

1 [14件] えいは, ぬいは, 久美は, 侍ね, 北の, 品に, 増とが, 常は, 延は, 徳の, 徳は, 角さんは, 重詰めは, 関は

▼ 帰ったその~ (14, 0.4%)

1 [14件] あとからの, とき直ちに, 夜どう, 年の暮れに, 年は, 悪女大姉の, 方は, 日の, 時に, 時の, 時奈良の, 晩の, 晩は, 瑞兆が

▼ 帰ったほう~ (13, 0.4%)

5 がいい 1 がい, がよ, がよかっ, がよく, がよろしい, が公辺, が利口, が歩

▼ 帰った~ (13, 0.4%)

1 [13件] でお代先生, でその, で家, で御新造様, で戸棚, で気, で若草, で見た, と見え, の取片付け, はなかっ, はなく, を見る

▼ 帰った~ (12, 0.4%)

1 [12件] であること, に対して却って, の自動車, はどうにかこう, は家, は怠け, は時々, は村, は組頭, は自分, は雨戸, を迎え

▼ 帰った~ (12, 0.4%)

2 のこと 1 からまつわりつい, から祖母, である, にそう, にとつぜん, には皆, に頼まれ, のその, の細君, は二日分

▼ 帰った~ (12, 0.4%)

1 [12件] がご, がない, と内地, の話, はない, は一人, は予め, は家中, は直ちに, もあっ, もだいぶ, も多かっ

▼ 帰った当座~ (11, 0.3%)

1 [11件] しばらくは, の世の中, の事, の二人, はなんとも, はまだ, は住み馴れた, は坊や, は池, は絹子, は食

▼ 帰った~ (11, 0.3%)

1 [11件] には何, の生活, はお蔭, はしかし, はすいた, はそこ, は事, は二度と, は破れ靴, も昔, をみる

▼ 帰ったかも~ (9, 0.3%)

1 しれません, わからないよう, 分らず翌朝, 判らない, 判らないよ, 知らず今朝佐久間町, 知れぬ, 知れぬ念, 知れません

▼ 帰ったものの~ (9, 0.3%)

1 なんとなく寝ぐるしく, よほど注意, 五六ヵ所の, 今日まで, 六波羅の, 慰藉の, 手持無沙汰に, 私たちは, 縁先に

▼ 帰ったとて~ (8, 0.3%)

1 お前の, よしや師, 何が, 大騒ぎを, 女という, 破綻の, 私の, 記事に

▼ 帰ったのに~ (8, 0.3%)

1 やっぱり好き, カヤノだけは, バラックで, 心配し, 急に, 気が, 秣山に, 足位洗わんち

▼ 帰ったはず~ (8, 0.3%)

1 だが, なのに, のお, の女王様, の娘, の石橋屋, の藤枝蔵人, はない

▼ 帰った様子~ (8, 0.3%)

2 です 1 がない, がなかっ, でもな, で再び, もなく, もなし

▼ 帰った~ (7, 0.2%)

2 したところ 1 しても, 水も, 相違ない, 違いない, 違えねえ

▼ 帰った~ (7, 0.2%)

1 が親, が農夫, が銭イ, じゃがの何, じゃな, でうしろ, で井戸

▼ 帰ったけれど~ (6, 0.2%)

1 あたしには, こうなっ, その時, やはりや, 毒が, 私が

▼ 帰っただけ~ (6, 0.2%)

1 だ, だよ, であった, であと, では, ならばい

▼ 帰ったとも~ (6, 0.2%)

1 なくお, なくまもなく, 云うこと, 何とも申上げ, 思われずどう, 東京へ

▼ 帰ったまま~ (6, 0.2%)

1 の恰好, の手裏剣, の着つけ, の私, の茶, もどって

▼ 帰った~ (6, 0.2%)

2 うっ 1 お兼, トン, 元の, 藤尾さん

▼ 帰ったわけ~ (6, 0.2%)

3 では 1 だが, でございまする, でしょう

▼ 帰った時刻~ (6, 0.2%)

21 だから, もちゃんと, を聞き出す, を調べる

▼ 帰った~ (6, 0.2%)

1 じゃ, だ, に弟夫婦, の夜宴, は私, また一つ大変

▼ 帰ったころ~ (5, 0.2%)

1 から嵐, だった, には枝, には細い, は一番鶏

▼ 帰ったため~ (5, 0.2%)

1 しがないというくらい, にやや, に帰り, に遂に再び, 反って

▼ 帰ったとしても~ (5, 0.2%)

1 この生物, 家へ, 少しは, 授業時間には, 誰が

▼ 帰ったとの~ (5, 0.2%)

2 事だ 1 こと, ことだった, ことであった

▼ 帰った~ (5, 0.2%)

21 だがね, ですあれ, ですが

▼ 帰った翌日~ (5, 0.2%)

1 からの記憶, から寝室, である, にこの, の朝

▼ 帰った~ (5, 0.2%)

2 をした 1 をし, をしました, を引きいる

▼ 帰ったあの~ (4, 0.1%)

1 女の子が, 少年な, 翌朝からの, 若い男

▼ 帰ったかの~ (4, 0.1%)

3 ような 1 ように

▼ 帰ったきり~ (4, 0.1%)

1 できのう, です, ですよ, 行かずに

▼ 帰ったけれども~ (4, 0.1%)

1 そういう事, どうしてよい, 帰って, 駄目であった

▼ 帰った~ (4, 0.1%)

1 おい旦那様の, たまには, どいつか, 留守中の

▼ 帰ったとか~ (4, 0.1%)

1 それほどでなく, で見かけなかった様, 何学校の, 因果物師の

▼ 帰ったとは~ (4, 0.1%)

1 反対の, 気がつかずに, 言いましたがね, 誠に残念

▼ 帰ったなり~ (4, 0.1%)

1 で机, の袂, まだ袴, 寝床へ

▼ 帰った子供~ (4, 0.1%)

1 が掛け, が見慣れぬ, はこの, は道具

▼ 帰った~ (4, 0.1%)

1 だけは突き, でも帰った, などは彼, には石山氏

▼ 帰った当時~ (4, 0.1%)

1 の利家, はひっそり, は同じ, 既にそれ

▼ 帰った~ (4, 0.1%)

1 だと, でしたが, でそれ, らしかった

▼ 帰った時分~ (4, 0.1%)

1 から南, にはそんな, に柳川一蝶斎, に駒井能登守

▼ 帰った~ (4, 0.1%)

1 がした, がする, が自分, でいられる

▼ 帰った~ (4, 0.1%)

1 が井戸端, と薄暗い, はすでに, を見た

▼ 帰ったからって~ (3, 0.1%)

1 何も, 好いもの, 食う物ひと

▼ 帰ったくらい~ (3, 0.1%)

1 だから, ですもの, 彼奴ア途方も

▼ 帰った~ (3, 0.1%)

1 七兵衛も, 彼とともに, 来るの

▼ 帰ったつもり~ (3, 0.1%)

1 でこれから, で根本, になれ

▼ 帰ったとかいう~ (3, 0.1%)

1 うわさじゃ, ことを, のが

▼ 帰ったなんて~ (3, 0.1%)

1 いやがるん, 嘘です, 誰からも

▼ 帰ったのち~ (3, 0.1%)

1 その責任, にさらに, もこの

▼ 帰った主人~ (3, 0.1%)

1 にどんな, の顔色, は早速

▼ 帰った人々~ (3, 0.1%)

1 の口, の顔, はいい

▼ 帰った以上~ (3, 0.1%)

1 これからいや, はねえさん, は東洋文明

▼ 帰った~ (3, 0.1%)

1 は大分, もおれ, も彼

▼ 帰った~ (3, 0.1%)

1 の, はない, は渋沢栄一

▼ 帰った後僕~ (3, 0.1%)

1 はベッド, は又, は妻子

▼ 帰った挨拶~ (3, 0.1%)

1 があっ, をし, を母

▼ 帰った時彼~ (3, 0.1%)

1 の室, は平気, は洋服

▼ 帰った時私~ (3, 0.1%)

1 はそもそも, は横浜, は皇后

▼ 帰った水木~ (3, 0.1%)

1 が同居, の三人, を伴わなく

▼ 帰った~ (3, 0.1%)

1 が化物, で弟, の話

▼ 帰ったあちこち~ (2, 0.1%)

2 の中等学校

▼ 帰ったかとか~ (2, 0.1%)

1 何か, 幾つに

▼ 帰ったかを~ (2, 0.1%)

1 知らないくらい, 説明したかった

▼ 帰ったがね~ (2, 0.1%)

1 何だって, 相手が

▼ 帰ったこの~ (2, 0.1%)

1 朝だ, 見本には

▼ 帰ったためし~ (2, 0.1%)

2 は一度

▼ 帰ったとたん~ (2, 0.1%)

1 に実は, に怒鳴られ

▼ 帰ったとでも~ (2, 0.1%)

1 判断せられた, 見えあたり

▼ 帰ったなどと~ (2, 0.1%)

1 お思われまし, 思うなよ

▼ 帰った~ (2, 0.1%)

1 偉え, 勇気貞操兼ね備わり

▼ 帰ったばかりと~ (2, 0.1%)

1 見えて, 見え河岸

▼ 帰ったばっかり~ (2, 0.1%)

1 だよ, やが

▼ 帰ったひと~ (2, 0.1%)

1 からの手紙, でしょう

▼ 帰った~ (2, 0.1%)

1 同じだ, 同じよう

▼ 帰ったよと~ (2, 0.1%)

1 言って, 飛び込んだらあら

▼ 帰った~ (2, 0.1%)

1 あれも, 今

▼ 帰ったルパン~ (2, 0.1%)

1 は女工風, は血

▼ 帰った与八~ (2, 0.1%)

2 です

▼ 帰った~ (2, 0.1%)

1 でもまだ, もやはり

▼ 帰った~ (2, 0.1%)

1 は三脚几, は病

▼ 帰った使者~ (2, 0.1%)

1 がそれ, に特に

▼ 帰った~ (2, 0.1%)

1 のない, の電燈

▼ 帰った信長~ (2, 0.1%)

1 の心, の胸

▼ 帰った健三~ (2, 0.1%)

1 は机, は能

▼ 帰った光一~ (2, 0.1%)

1 はほっと, は床

▼ 帰った叔父~ (2, 0.1%)

1 が二階, に随

▼ 帰った吉士長丹~ (2, 0.1%)

1 の労, の船

▼ 帰った商人~ (2, 0.1%)

1 あるいはネパール, や羽黒

▼ 帰った喜び~ (2, 0.1%)

1 のため, を感じる

▼ 帰った~ (2, 0.1%)

2 を見た

▼ 帰った~ (2, 0.1%)

1 があります, なの

▼ 帰った~ (2, 0.1%)

1 とむしゃくしゃ, にする

▼ 帰った学生~ (2, 0.1%)

1 の話, はおびただしい

▼ 帰った~ (2, 0.1%)

1 の最後, 即ち大正十二年

▼ 帰った当夜~ (2, 0.1%)

1 である, にこれ

▼ 帰った当日~ (2, 0.1%)

1 からあるいは, はどうやら

▼ 帰った形跡~ (2, 0.1%)

1 がない, はない

▼ 帰った彼女~ (2, 0.1%)

1 に約束, の訃

▼ 帰った~ (2, 0.1%)

1 になりました, の谷

▼ 帰った心地~ (2, 0.1%)

1 がする, とみえる

▼ 帰った思い~ (2, 0.1%)

1 がしました, だ

▼ 帰った息子~ (2, 0.1%)

1 の顔, や娘

▼ 帰った故郷~ (2, 0.1%)

1 の有様, もやはり

▼ 帰った~ (2, 0.1%)

1 からもよく, を思い出した

▼ 帰った時前年~ (2, 0.1%)

2 までは見る

▼ 帰った時母~ (2, 0.1%)

1 から云われた, に俸給

▼ 帰った月桂樹~ (2, 0.1%)

1 と花束, の枝

▼ 帰った~ (2, 0.1%)

1 な次第, になっ

▼ 帰った次第~ (2, 0.1%)

1 であった, でご

▼ 帰った~ (2, 0.1%)

1 はまだ, は戸口

▼ 帰った秀吉~ (2, 0.1%)

1 がいる, のうえ

▼ 帰った米友~ (2, 0.1%)

1 はまたも, は火

▼ 帰った紅葉~ (2, 0.1%)

1 は庭の, をハンケチ

▼ 帰った翌年~ (2, 0.1%)

2 である

▼ 帰った若い~ (2, 0.1%)

1 日本人教授達が, 者が

▼ 帰った~ (2, 0.1%)

1 で翁, は急

▼ 帰った郷士~ (2, 0.1%)

1 のひとり, の客

▼ 帰った~ (2, 0.1%)

1 で相手, に落ちついた

▼1* [511件]

帰ったあくる夜千里を, 帰ったあげく本国の島民, 帰ったあときょうもバチバチ遠く, 帰ったあとぎんはひとり, 帰ったあと三人で三直, 帰ったあと中っ腹で木原, 帰ったあと仙太は永い, 帰ったあと伸子はよく, 帰ったあと佐々木どのの御, 帰ったあと勝手元であきれた, 帰ったあと北原賢次は黍, 帰ったあと北陸陣に何, 帰ったあと十分ぐらいからポツポツ, 帰ったあと家にじっと, 帰ったあと栄介は母親, 帰ったあと正三君は学監室, 帰ったあと正造はもと, 帰ったあと母の眼尻, 帰ったあと私は母, 帰ったあと私一人だけジッ, 帰ったあと稽古場にし, 帰ったあと花束やテエプ, 帰ったあと陽貨がどんな, 帰ったあと雪明りが赤, 帰ったあと食堂に来る, 帰ったあんぽんたんの妹, 帰ったうえでどこ, 帰ったうちでも一馬さん, 帰ったうれしさで, 帰ったお前たちが飲め, 帰ったお母さんが良ちゃん, 帰ったかしらん神経を, 帰ったかということが, 帰ったかはそれは, 帰ったからといって, 帰ったからはお前は, 帰ったがも一人の, 帰ったきりどこにいる, 帰ったきり年も越えた, 帰ったきり幾度訪ねても, 帰ったきり手紙と金, 帰ったきり音沙汰の無い, 帰ったぎりでもう二度, 帰ったこと先程の焼, 帰ったさきはいいたがらなかった, 帰ったしかし彼は, 帰ったじいさんの息子, 帰ったじゃないか, 帰ったすると彼は, 帰ったその後の私, 帰ったそれは吉, 帰ったそれから昨日は, 帰っただが嵐は, 帰っただけじゃアどうにも, 帰っただけのことです, 帰ったついでに昨夜, 帰ったといふことを, 帰ったときここで胸うち, 帰ったときそこにある, 帰ったときとげとなっ, 帰ったときエミイは知らん顔, 帰ったときフランスの放送, 帰ったとき一番先に蓄音機, 帰ったとき二つの人形, 帰ったとき伊藤は久し振り, 帰ったとき卑弥呼はひとり捕虜, 帰ったとき彼らはそこ, 帰ったとき新聞記者の問い, 帰ったとき朝貌はまだ, 帰ったとき母はまだ, 帰ったとき母親はまだ, 帰ったとき洞の外, 帰ったとき父は世, 帰ったとき特殊飲食店を開い, 帰ったとき私は疲れはて, 帰ったとき老人は炉, 帰ったとき身ぶるいしながら, 帰ったとき頭にある, 帰ったところ宿の人たち, 帰ったところ邸内に忍びこん, 帰ったところ霧の為, 帰ったとたん上空に小さな, 帰ったとても一旦罪囚であった, 帰ったとにお前が, 帰ったとやら聞いて, 帰った芳輔, 帰ったなどは初めての, 帰ったなんかとも云った, 帰ったには帰ったが, 帰ったによってそなた, 帰ったのよまあお, 帰ったばかしなん, 帰ったばかりですぐ用, 帰ったばかりに一大事突発です, 帰ったばかりをまた先, 帰ったばっかりに彼女の, 帰ったふうにも見える, 帰ったぼくと姉, 帰ったまでのこと, 帰ったまま学資の出途, 帰ったまま服を着換える, 帰ったまんまもう半月, 帰ったまんま普通以上に用いられなく, 帰ったむつかしい顔を, 帰ったもうひとりは, 帰ったもとより御身の, 帰ったものたちが自分たち, 帰ったもの千二百五十七人という様, 帰ったもの四千ばかりに過ぎなかった, 帰ったもんなら御, 帰ったやら其後音沙汰なし, 帰ったよう案内する老母, 帰ったよってはいって, 帰ったよほど以前から, 帰ったよもなにも, 帰ったんでさっきから, 帰ったオールバックの若い, 帰ったキイヴァンももと, 帰ったクルウの連中, 帰ったクルミさんのところ, 帰ったゲーム取りはしばらく, 帰ったセリグマン氏の話, 帰ったけ翌日, 帰ったデカやピン, 帰ったドヴォルシャークはプラハ音楽院, 帰ったナロードニキとヴォルガ下流, 帰ったフグは浜, 帰ったブルジョアはちがった, 帰ったヘンデルは歌劇, 帰ったベルベットのソファ, 帰ったホテルの屋根裏部屋, 帰ったポーッとあったかい, 帰ったマラソンのフィルム, 帰ったマ氏出直して, 帰ったモスリンと絣, 帰ったランプをお, 帰っただよ, 帰った一夜庄吉夫人の訪問, 帰った一益の口, 帰った一郎をあやし, 帰った万三郎がわざわざ, 帰ったのこと, 帰った三沢に, 帰った三番目の叔父, 帰った上先手を打っ, 帰った上月々文太郎の養育料, 帰った上等の香水, 帰った与平に対して千穂子, 帰った与惣次何が何やら, 帰った主人公の理平, 帰った久助はぼんやり, 帰った事実が容易, 帰った二人連れの客, 帰った二十九になる, 帰った二十六人が親方たち, 帰った二成は臧, 帰った五百の外, 帰った亡者こそいい, 帰った人夫が大きな, 帰った人形になにか, 帰った人達が立っ, 帰った人間と兇猛, 帰った今日の朝刊, 帰った仏具屋の若い, 帰った以上弟はその, 帰った以上貴女のお, 帰った以後の景色, 帰った以来再び見る, 帰った会社の人, 帰った伝吉が怪しい, 帰ったにし, 帰った余吾之介様, 帰った作家は, 帰った作衛私はお, 帰った使いは贈られた, 帰った使者どもの報告, 帰った侍従は右近, 帰った係官は総て, 帰った信清さんが殺す, 帰った信雄は城中, 帰った偵察兵は一人, 帰ったを巌君, 帰った兄貴に, 帰った光君は気抜け, 帰った八五郎は威勢, 帰った六尺棒を持っ, 帰った兵隊が, 帰った其の晩より, 帰った刀一本は無銘, 帰ったのこと, 帰った勝則はみんな, 帰った勝則さんも猫好き, 帰った勝頼の側衆小原丹後, 帰った包みを云われた, 帰った包紙の新聞, 帰った千六は船頭, 帰った単純な休暇行路, 帰った印刷機から吐き出された, 帰った原始的な疑問, 帰ったが徹夜, 帰った友造は御, 帰った友達に貰った, 帰った反動としてその, 帰った靴だ, 帰った命婦はまだ, 帰った和尚は本堂, 帰った品物を必ず, 帰った哲学者と云う, 帰った善法寺さんは帰る, 帰った喜兵衛はそれから, 帰った因縁つきの邸, 帰ったの友達, 帰った堀井が来, 帰った報告などあった, 帰った場合の彼, 帰った塩田良三との間, 帰った夕方阿房陀羅経や仮, 帰った多分は叔父, 帰った夜ここへこうして, 帰った夜マンと時次郎, 帰った夜以来パナマ丸の荷役, 帰った夜兄と一つコップ, 帰った判事章房ぐらい, 帰った大将は, 帰った大海亀の甲羅, 帰った天満の万吉, 帰った夫人は良人, 帰った奥さんは高知, 帰った女夫巾著番頭は早く, 帰った女御に大臣, 帰った女持ちの青い, 帰った女曲芸師の演技, 帰った女王ザチが美袍, 帰ったの写真, 帰ったの手紙, 帰ったの亭主, 帰った姉さん夫婦が反対, 帰った娘たちを慰め, 帰った娘達の話, 帰った子守と話し, 帰ったはすぐ, 帰った宇多熊太郎十日に帰った, 帰った安宅先生から何, 帰った宗助はまた, 帰った宝物を売っ, 帰った家内に相談, 帰った家康だって土民, 帰った家附の女, 帰った寛永九年七月から十一年五月, 帰った寮生の連中, 帰った将士が京都, 帰った将星も多かっ, 帰った小一郎が傷, 帰った小学生の私, 帰った小林少年が明智探偵, 帰った小泉氏はもう, 帰った小野田がいなくなっ, 帰った尚子の仮縫い, 帰った尼巫女の居どころ, 帰った尾崎さんからは勉強, 帰った山屋敷常詰の同心河合伝八, 帰った山本正雄こと岡田良造はその, 帰った山田先生と辻田君, 帰った岩瀬氏と明智小五郎, 帰った巡礼のよう, 帰った工芸品の類, 帰った帽子を何遍, 帰った平重衡に手紙, 帰った年上の女中, 帰った張飛はすでに, 帰った当夜自宅へ戻る, 帰った当座雪はまだ, 帰った当時先生の消息, 帰った役人たちは奈良奉行大久保長安, 帰った彼らの誰, 帰った後オリヴィエに言った, 帰った後ワグナーは相, 帰った後一度も表, 帰った後一時近くになっ, 帰った後二三年ぶりに日本, 帰った後二三日というもの, 帰った後京伝は大袈裟, 帰った後兄弟の背丈, 帰った後圭介は一人, 帰った後女流の文学者, 帰った後岸本は独り, 帰った後平次と八五郎, 帰った後彼等が馬車, 帰った後慎太郎は父, 帰った後故郷の根津村, 帰った後旧に依っ, 帰った後景の友人達, 帰った後松島が和尚, 帰った後母はどこ, 帰った後毎日の仕事, 帰った後甲府あたりの寺, 帰った後私はさんざん, 帰った後立派に始末, 帰った後絹子は自分, 帰った後綾吉の家, 帰った後縁側に身, 帰った後貞之助はもう一度, 帰った後賀川市長も私宅, 帰った後輸入商の矢田, 帰った後風邪を引き, 帰った後香取秀真氏にひやかされた, 帰った復員者から聞いた, 帰った徳川家康の道中, 帰った徳願寺の一夜, 帰った心祝いじゃ, 帰った忠相は何, 帰った怪物は見物達, 帰った懐中電燈を返す, 帰った我々はその, 帰った戸籍係の手伝, 帰ったの信長, 帰った拳法に大和島根, 帰った振りで実は, 帰った斥候部隊である, 帰った新人たちであったろう, 帰った新宿でのりか, 帰った日がさを思い出さない, 帰った日今の工科大学教授加茂正雄君, 帰った日本人が外国風, 帰った明る日に, 帰った昭和二十三年に再び, 帰った時しるこか何, 帰った時グラッドロンの代理, 帰った時サミセンガイを求め, 帰った時一人の少年, 帰った時三方硝子戸の室, 帰った時両親の死, 帰った時人に伴, 帰った時伸子は, 帰った時何と云った, 帰った時信徒一千と註, 帰った時健三は御, 帰った時先生が用, 帰った時勤めに行く, 帰った時右の兄, 帰った時呼びずてにして用を云いつける, 帰った時家がなかっ, 帰った時小平太は勘平, 帰った時就寝の時, 帰った時山形の家, 帰った時彼女は更に, 帰った時文鳥の足, 帰った時新聞記者に話した, 帰った時日野屋では困難, 帰った時晩には藷, 帰った時東京ではもう, 帰った時梅子は待ち構えた, 帰った時母親の姿, 帰った時波江さんと母, 帰った時浴場の中, 帰った時無理に床, 帰った時玄関のあたり, 帰った時窯をつくる, 帰った時笹村に話した, 帰った時自分はこの, 帰った時袂の埃, 帰った時講堂に学生, 帰った時貞世を大事, 帰った時邸の長, 帰った時金刀を閃かし, 帰った時長八は病ん, 帰った時門野が, 帰った時露国の芸人団, 帰った晩年の山楽, 帰った晩彼の学資, 帰った景季は即日, 帰った暫くすると, 帰った更衣の家, 帰った書籍なぞの置い, 帰った曹操はその, 帰ったは父, 帰った木村毅君に何, 帰った未醒氏余程残念, 帰った本多はちょうど, 帰った札束を見る, 帰った李典といい, 帰った村長から陳情団員, 帰った来客の品評, 帰った聯隊の, 帰った梶原景季は頼朝, 帰った森新之助と君香, 帰った様子ゆえ何とも云わず黙っ, 帰ったの日, 帰った次郎の気持ち, 帰った歓迎をし, 帰った武田麟太郎は帰来数ヶ月, 帰った母親が金, 帰った気分に火, 帰った汽車賃は大杉, 帰った沢庵は一日, 帰った波田は西沢, 帰った泰軒がズルズルベッタリ, 帰った浩平にその, 帰った浮丹は尼君, 帰った海人たちが貝, 帰った湯治の客, 帰った源三郎は, 帰った源右衛門はかちかち, 帰った源氏はすぐ, 帰った潤ちゃんがもう一度, 帰ったに無事, 帰った父母はうま, 帰った状箱を差出した, 帰ったの獲物, 帰った猿田さんが撃たれた, 帰った王給諌は上疏, 帰った産業戦士たちがその, 帰った田名網警部は人々, 帰った田道間守の但馬, 帰ったさぞやせがれ, 帰った番附や鸚鵡石, 帰った白い兵児帯の, 帰った白井が百方苦慮, 帰った百合子が遠慮なく, 帰ったに狭い, 帰った直ぐ自分の, 帰った直後のこと, 帰った直後三重県上野市の久保文雄氏, 帰ったです, 帰った真意を解する, 帰っただと, 帰った禅師の君, 帰った私たちが平生, 帰った竹屋三位卿の屋敷, 帰った麻市左衛門を, 帰った精巧なこの, 帰った糸子は何, 帰った細作の報ら, 帰った紺屋町の家, 帰った経典の中, 帰った経験はしばしば, 帰った絵島丸もまじっ, 帰った管所の, 帰った置時計はチクタク, 帰った翌年二十四歳で今, 帰った翌日宗蔵は一夏, 帰った翌日猿は皆, 帰った翌日葡萄糖を注射, 帰った翌月すなわち六月十四日, 帰った翌朝隊長の近藤勇, 帰った老人は原士仲間, 帰った聊か思う仔細, 帰った聖母子の油絵, 帰ったく出, 帰った自分を慰め, 帰ったを踏み傾け, 帰った良人として妻, 帰った芳郎はその, 帰った若者は失望, 帰った荷造りの箱板, 帰った葉子はほとんど, 帰ったやしゃく, 帰った藤十郎は人間, 帰った衣類をどこ, 帰った親仁めが今時分何, 帰った親類のおじさん, 帰った親鳥はまちがい, 帰った記念が何, 帰った記念品で上面, 帰ったりの, 帰ったである, 帰っただ清さん, 帰った官の, 帰った彌は, 帰った赤ン坊はスヤスヤ, 帰ったですぐ, 帰った路地の入口, 帰った身の上でございます, 帰った軍艦商船が碇, 帰った途端にこの, 帰った通りじゃ, 帰った連中を開明人, 帰った運転手に聞い, 帰った道元はまず, 帰った邦人に聞い, 帰った部屋へ入っ, 帰った酸漿を隣家, 帰った金さんがおせい, 帰った金五郎がいつか, 帰った銀子が寝, 帰った銘仙の縞柄, 帰った錦子はものごと, 帰った錦絵や番附, 帰った鎌倉諸大将, 帰った閑枝はもの憂い, 帰った間もなくで東京, 帰った関係上千鶴子は自分, 帰ったがまた, 帰ったの途中, 帰ったの賀川市長, 帰った靴箆に残っ, 帰ったに目, 帰った頃八森山や八ヶ岳, 帰った頃岸本は旅, 帰ったを見れ, 帰った顛末を話した, 帰った養吉が, 帰ったは, 帰った駒井甚三郎は何, 帰ったを何, 帰った高輪田長三は死骸, 帰った剃が, 帰った鬼灯ならぬ緋塩瀬, 帰った鳩野宗巴がいる, 帰ったはありふれた, 帰った鼻紙は丁寧