青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「帰っ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

師匠~ ~席 席~ ~帯 帯~ ~帯び 帯び~ ~帰 帰~ ~帰っ
帰っ~
~帰った 帰った~ ~帰つて ~帰り 帰り~ ~帰る 帰る~ ~帰ろう 帰ろう~ 帳~

「帰っ~」 19870, 215ppm, 460位

▼ 帰っ~ (18658, 93.9%)

1349 来た 1175 来て 645 行った 526 来ると 431 来たの 394 きた 277 くると 276 来ました 269 きて 223 いった 176 みると 175 しまった 163 来る 148 来るの 146 来なかった 142 来た時 138 来たが 126 見ると 122 きたの 120 くる 109 きました 93 行きました 88 いた 84 来ない 80 行く, 行くの 74 往った 73 来てから 66 しまいました 64 来たので 63 来たこと, 来たん 62 くるの, 来ても 61 来ないの 60 来たとき, 来たところ 49 くれ, 行って 48 来れば 47 参りました, 来ること 45 いきました, 来たと 44 来たもの 43 行ったの 41 ゆきました, 行ったが 40 きたが, 行くと 38 来たという 37 来ます 35 来ないので 34 しまう, 来ますと, 来るまで 33 しまったの, 来ましたが 32 ゆく 31 しまって 30 くること, 来るよう 29 こない, 下さい 28 しまうと, 行こうと 27 ゆくの 26 おいで, 行くこと 25 来るから, 来るという 24 こなかった, 来る時 23 寝て 22 いったの, くれと, こないの, まいりました, 来そう, 来たよう, 来ません 21 いるの, きたとき, 来なければ, 来まして, 自分の 20 きませんでした, 来たばかり, 来たよ, 来ませんでした 19 いって, いなかった, きてから, 来る途中, 行った後 18 しまうの 17 おくれ, それを, 来ないと, 来るか, 来るん 16 いたの, いる, いると, 来い, 来いと, 来たから, 来た人, 来ましたよ

15 [13件] いて, おいでに, きたこと, きた時, 参ります, 待って, 来たお, 来たか, 来てからは, 来ては, 来ないん, 来るよ, 見れば

14 きません, くれば, みれば, ゆくと, 来たのに, 来ての, 来るかも, 来るはず

13 いたが, いらっしゃい, ください, すぐに, 来る頃, 行くという

12 [14件] きたか, きたところ, きたん, きます, くるから, くるという, くるまで, くれれば, しまえば, 来たり, 来た頃, 来ないよう, 来ようと, 行かれた

11 [20件] いること, きたので, くるよ, くる途中, しまいます, しまったと, まいります, よろしい, 了った, 参りましたが, 来たらしい, 来ないこと, 来ないという, 来ますよ, 来られた, 来るだろうと, 来るなり, 来る時分, 行く時, 行ったあと

10 いったが, いない, きても, くるつもり, くるん, 来ないし, 来や, 来るもの, 来る筈, 行くよう

9 [26件] いってから, きたと, きたもの, きては, くれ給え, こい, こないので, その話, ちょうだい, みて, 仕舞った, 参りますと, 来たかと, 来たその, 来たばかりの, 来てからの, 来ながら, 来は, 来ますから, 来よう, 来るだろう, 来るつもり, 来るに, 行きます, 行く人, 行ってから

8 [22件] きますと, くるよう, こないこと, こないと, このこと, しまうこと, しまったので, しまったん, 夜の, 来たいと, 来たらすぐ, 来た時分, 来た父, 来るが, 来るとき, 来るまでは, 来る人, 行かなければ, 行くところ, 行く気, 見ますと, 飯を

7 [26件] お母さんに, きたという, きたよう, くるとき, くるに, くる時, くれという, しまおうかと, しまったあと, しまったもの, そのこと, ゆくこと, 参りますから, 参りません, 家を, 床に, 机の, 来たけれど, 来たころ, 来た事, 来た彼, 来た者, 来てからも, 来る者, 行った時, 間も

6 [35件] いくと, いったあと, おくん, お休み, きたり, きた者, きてからも, くるだろう, くるだろうと, くんな, こなかったの, しまった後, どうする, まいりましたので, 何を, 参り, 女房に, 家の, 寝たが, 寝るの, 彼は, 来たぞ, 来たって, 来たな, 来たものの, 来たもん, 来たわけ, 来た笹村, 来ないかも, 来なかったの, 来ましたので, 来られて, 来る事, 行く途中, 行ったという

5 [65件] いくの, いった後, いても, いないと, いらしたの, いるという, いる時, おしまいに, おりました, おります, きたな, きたばかり, くるか, くるかも, くるからね, くるところ, くれた, こいと, こないもの, こなければ, これを, しまうん, しまったが, しまったこと, しまったという, その晩, みた, もらうこと, ゆくよう, 参りまして, 参りましょう, 夕食を, 夕飯を, 家で, 寝た, 往くの, 来たね, 来たのね, 来たら, 来たらば, 来ないうち, 来なかったん, 来ましたから, 来ますわ, 来られたの, 来るさ, 来るところ, 来るな, 来るので, 来るまでに, 来るまでには, 来るまでの, 来るわ, 来る前, 母に, 私は, 行きましたが, 行く源氏, 行く道, 行く頃, 行けば, 行ったそう, 行ったもの, 貰うこと, 静かに

4 [96件] あなたの, いい, いく, いたもの, いたん, いないの, いなかったの, いなければ, いらして, いらっしゃいね, いるうち, いるかも, いるが, いるところ, いるん, きたから, きたって, きたよ, きたわけ, きての, くるであろう, くるまでに, くるまでは, くるもの, くる姿, くる時分, くれないと, こないから, こないが, こないよう, こようと, しまうので, その由, その通り, ねる, まいりましたが, まいりますと, みようと, もとの, もらおう, ゆこうと, ゆっくりと, 下さいよ, 下さいよう, 下せえ, 主人に, 了う, 何か, 元の, 又麻雀, 子供に, 寝ました, 寝ようと, 往きました, 往って, 後の, 来さえ, 来たあと, 来たそうです, 来たのよ, 来た二人, 来た夜, 来た後, 来た様子, 来た素子, 来た自分, 来ないから, 来なかったし, 来なかったので, 来なさい, 来ぬの, 来ましたの, 来ましょう, 来ませんから, 来られるん, 来るかと, 来るからな, 来るころ, 来るそう, 来るとも, 来る姿, 来る様, 来る様子, 来る道, 来る間, 百姓する, 着物を, 考えて, 蒲団の, 行くその, 行くとき, 行くので, 行くもの, 行ったから, 行ったと, 遊んで

3 [199件] ありのままに, いいか, いきます, いくこと, いこうと, いたか, いたこと, いた時, いったと, いったという, いったところ, いないこと, いないん, いました, いましたので, いますよ, いら, いらした, いらしった, いらっしゃいました, いらっしゃれば, いるはず, うちの, おれ, お出, お呉んなさい, お寝み, きたお, きたかと, きたものの, きた使者, きた兄, きた日, きた私, きてからの, きなすったの, きましたが, きましたよ, きますから, きや, くるとは, くるな, くるので, くるのよ, くるはず, くるわ, くる日, くれたまえ, くれよ, くれると, こいよ, こないし, こないん, こなかったので, この旨, この由, これが, しまいは, しまいましたから, しまいましたが, しまいましたよ, しまうかも, しまおうか, しまったから, しまっても, その夜, それから, ちょうだいな, ほしい, ほしいと, まいりましたもの, まいりまして, まだ間, みますと, みんなに, やっと, やるが, やると, ゆきましたが, ゆくとき, ゆくのに, ゆく姿, ゆく時, よろしいと, 一休みし, 下さいな, 下さいね, 下されば, 両親に, 了いました, 了って, 人を, 今の, 仲間の, 住むよう, 入口の, 出直して, 台所の, 夕飯の, 夜食, 妻を, 子分の, 家内に, 家族と, 寝る時, 往くと, 後に, 御米, 急に, 手紙を, 明日の, 晩の, 暫くする, 来いという, 来いよ, 来たお前, 来たかも, 来たからと, 来たこの, 来たです, 来たなと, 来たならば, 来たは, 来た今, 来た八五郎, 来た半蔵, 来た妻, 来た帰って, 来た平次, 来た弟, 来た彼女, 来た母親, 来た由, 来た男, 来た私, 来た船, 来た良人, 来ないそう, 来ないだろう, 来ないつもり, 来ないで, 来ないのよ, 来ないもの, 来なかったが, 来ぬと, 来まい, 来ましたと, 来ました時, 来ましょうから, 来ますが, 来られたもの, 来られては, 来られない, 来られないよう, 来られる, 来られると, 来られるという, 来るたび, 来るとの, 来るとは, 来るよりも, 来る位, 来る時間, 来る男, 来る自分, 来ん, 母の, 気が, 湯に, 準備を, 熱を, 父に, 父の, 直ぐに, 聞くと, 荷物を, 行かなかった, 行かねば, 行くそう, 行くん, 行く姿, 行く後姿, 行く時分, 行ったお, 行ったころ, 行ったり, 行った頃, 表の, 見た, 見て, 読んで, 貰いたいと, 貰う, 貰おう, 頂戴, 頂戴よ, 顔を, 風呂には, 髪を

2 [492件] あたりを, あなたと, いいって, いいの, いくから, いくであろう, いくところ, いくらも, いくわけ, いく子供, いたので, いた間, いったそう, いないかも, います, いますか, いますね, いらしたん, いらしてから, いらしても, いらっしゃった, いらっしゃると, いらっしゃるの, いらっしゃるん, いるか, いるかい, いるかと, いるから, いるだろうし, いるだろうと, いるに, いるもの, いるよう, いる事, いる筈, いる間, おいでだ, おいでだった, おいでと, おいでよ, おくれな, おじいさんと, おとなしくし, おふくろに, おりましたが, おりません, お前の, お千絵様, お母さんの, お母さんを, お父さんに, お父様, お茶漬, お行き, きそう, きたかの, きたかも, きたでは, きたなんて, きたね, きたのに, きたまえ, きたまま, きたら, きたら有, きた三人, きた彼女, きた後, きた源三郎, きながら, きなさる, きは, きましたから, きましたの, きますが, くだされば, くるかと, くるが, くるでしょうか, くるまでの, くるようす, くる事, くる気, くる筈, くる足音, くる迄, くる頃, くれい, くれたの, くれて, くれないか, くれぬか, くれねえか, くれませんか, くれるよう, くれろと, くれ帰って, くろ, こないかなあ, こないかも, こないだろうから, こないという, こなかったこと, こなかったん, こなくとも, こねえうち, この後, この話, こられました, こられるの, しまいましょうよ, しまいますから, しまうだろう, しまうまで, しまうもの, しまおう, しまおうかとさえ, しまったとの, しまったに, しまったらしい, しまってからも, しまわれた, しまわれたの, すぐ又, そういたしましょう, そこの, その事, その日, その翌日, つかれて, どうしよう, どこかへ, どしりと, ねた, ぼんやりし, ぼんやりと, まいったの, まいりましたの, まいりましょう, まいりませんので, また出直し, また来る, みたが, みたくなるの, みたり, みようかと, みんなで, みんなの, めえりやした, もらいたい, もらいたかった, もらえば, もらったこと, もらったの, もらわないと, やすみ給, やって, やって来ましたが, やる, やるん, ゆかねば, ゆきお, ゆきます, ゆくあと, ゆくうしろ姿, ゆくが, ゆくその, ゆく気, ゆく途, よい, よく気, らっしゃい, ゐると, グーグー寝, ベッドの, ホッと, モースが, 一と, 一人で, 一晩中考え, 一緒に, 上げて, 下さいまし, 下さい私, 主人から, 久しぶりで, 二人きりに, 二人は, 云った, 五日目に, 人々の, 今夜は, 仕事に, 仕事を, 仕舞いました, 仕舞った後, 仕舞ってからも, 休息し, 休養する, 伯父に, 何と, 何喰わぬ, 何食わぬ, 例の, 修身立命の, 僕は, 兄に, 入浴, 入浴九時を, 別な, 勉強する, 勉強を, 医者の, 十一時には, 午前三時頃から, 半月ほど, 半月も, 厩の, 参ったの, 参りましたので, 参りましょうから, 参りますが, 参り此, 吉報を, 君の, 吸入, 吸入し, 呉れ, 呉れと, 呉れ給え, 報告した, 塩ばかり, 夜具を, 夜食し, 大蔵大臣の, 夫, 女房と, 女房の, 子供の, 家から, 家に, 家へ, 寝たいと, 寝たという, 寝に, 寝る, 寝ると, 寝るよう, 寝床に, 小さな店, 少しずつ, 居た, 居られた, 居りましょう, 居る, 居間へ, 師匠に, 床の間に, 彼が, 彼の, 往かれた, 往くには, 待ってようか, 後は, 戸を, 戸棚の, 手配を, 文学三昧に, 日記, 日記し, 早々彼, 早速その, 晩酌でも, 書斎に, 書斎へ, 曹操に, 朝飯の, 朝飯を, 木の, 机に, 来いっ, 来ず追い廻しの, 来それ, 来たある, 来たからには, 来たくらい, 来たじゃ, 来たそうだよ, 来たそうですが, 来ただ, 来ただけの, 来たでは, 来たとか, 来たとく子, 来たとこ, 来たに, 来たひと, 来たまえ, 来たらいい, 来たらこの, 来たらしい様子, 来たらそう, 来たらその, 来たらと, 来たらどう, 来たらよく, 来たら先ず, 来たら手紙, 来たら聞いて, 来たわ, 来たわよ, 来たんだい, 来たア, 来た上, 来た主, 来た主人, 来た以上, 来た伸子, 来た使番, 来た使者, 来た北山, 来た大月, 来た夫, 来た女中, 来た女房, 来た姿, 来た娘, 来た小枝, 来た彦兵衛, 来た彼自身, 来た所, 来た日, 来た旦那, 来た朝, 来た模様, 来た浅井, 来た滅法, 来た父親, 来た爺さん, 来た目的, 来た葉子, 来た訳, 来た途中, 来た際, 来た青年, 来た顔, 来ちまった, 来っと, 来てよ, 来ないか, 来ないかと, 来ないぞ, 来ないだろうと, 来ないでしょう, 来ないでも, 来ないに, 来ないほう, 来ないもん, 来ない事, 来ない内, 来ない方, 来ない間, 来なかったという, 来なかったり, 来なくちゃ, 来なくなった, 来ぬ, 来ねえん, 来べきはず, 来ましたか, 来ましたぜ, 来ましてね, 来ましても, 来ましてん, 来ますからね, 来ますよう, 来やしないん, 来ようから, 来ようという, 来ようとは, 来られたか, 来られたので, 来られたもん, 来られたん, 来られないし, 来られますと, 来られるか, 来られるの, 来られるはず, 来られるよう, 来られれば, 来るごと, 来るたんび, 来るだろうから, 来るだろうという, 来るであろう, 来るといった, 来るなんて, 来るのに, 来るよって, 来るらしいのに, 来る始末, 来る彼, 来る時刻, 来る気, 来る気遣い, 来る音, 来彼, 来私, 椅子に, 様子を, 欲しいと, 正月を, 死んで, 母にも, 母様に, 母親に, 水を, 河内村の, 源氏の, 火を, 無事に, 爪を, 独力で, 玄関で, 玄関の, 留守の, 療治を, 百姓に, 百姓を, 相当の, 着物に, 第一, 終って, 縁の, 考えると, 茶の間に, 茶を, 落着い, 行かれました, 行かれるの, 行き, 行きましたよ, 行き家, 行き金助, 行くから, 行くころ, 行くつもり, 行くのに, 行くより, 行くらしいの, 行く彼, 行く日, 行く景蔵, 行く様子, 行く汽車旅, 行く者, 行く青年, 行こう, 行ったに, 行ったのに, 行ったろう, 行ったん, 行った方, 行っても, 行燈を, 見えた, 見えない, 見たが, 見たら斯ん, 見ても, 見るが, 話すと, 話を, 読書障子の, 誰か, 調べて, 貰いますよ, 貰おうと, 貰って, 身を, 近所の, 金の, 鏡台の, 開業する, 間もなく死ん, 隊長に, 風呂へ, 食事, 養生する, 魏法師の, 鹽原の

1 [4471件 抜粋] あいつの, あげるのよ, あなたが, あんた眠る, いい頃, いきはじめるの, いく女, いく途中, いたじゃ, いただくよう, いたらいまごろ, いた中畑さん, いた村, いた馬岱, いったに, いった出会い, いっても, いないし, いないよう, いなかったら恥さらし, います年末, いま私が, いらしたか, いらっしたの, いらっしゃらないでしょうから, いらっしゃるでしょうから, いられる内, いるだけ, いるべきはず, いる女房, いる生活, いる阿賀妻そのもの, うんと考え込んだ, おいでるかも, おくれよね, おしまい可, おとっさん, おやすみに, おりませんぜ, おわびを, お前さんを, お子, お母さんや, お美夜ちゃん, お重, かねて用意, きさえ, きたからには, きたそう, きたねえ, きたらお母さん, きたらどういう, きたら喜びましょう, きたわかもの, きた主人, きた勇士, きた宿命的, きた我が, きた杜氏, きた浩, きた組合執行委員長, きた菊江夫人, きた道綱, きちまったん, きと, きなすったか, きますだがの, きませんでしたが, きよらしまへん, くださいとも, くださる親切, くるけは, くるぞ, くるなどとは, くるやいなや, くる商船隊, くる度, くる気づかいは, くる積り, くる野中又五郎, くれたでいい, くれって, くれぬと, くれりゃいい, くれッ, ぐっすり寝込ん, こうして落ちつい, こないだろうか, こないわけ, こなくちゃ, この一大事, この瓦町, こられたか, こられないと, こられるだろうと, こんだろうが, ごろんと, さっそく庭, したくに, しばらく書い, しまいなさいよ, しまいますと, しまい退屈, しまうじゃ, しまうには, しまう様, しまったけれど, しまったどういう, しまったらしいの, しまった夜, しまっては, しまわれたかも, すぐその, すぐ床, すっかり堅気, せいぜい主人, そう告げられよ, そのまね, その妻, その方, その組状, それからお寺, それから横浜, そんなもの, たのしく山川, って, とてもいられる, どたり, なぞきた, ねむったろうなぜ, はかない夕食, ひたすら籠っ, ふた刻, ほしいといった, まいったので, まいりましょうし, まいり夜分, まず女房, またぞろすぐと, また出なおす, また後, また煙草, また鎌倉, まも, みたいという, みたらほとんど, みなければ, みようかなどと, みろおふくろ, もうそんな, もと通りの, もらいたがってること, もらうアメリカ, もらって, やったわけ, やりたいが, やろう, ゆきこの, ゆくうち, ゆくそれら, ゆくまで, ゆく人, ゆく婦人, ゆく様子, ゆく訳, ゆけおっちょこちょい, ゆっくり続き物, よう, よく相談, らしても, わざととりすまし, アタフクと, グランパに, スタッフ連と, ニギリ飯を, ベスの, ラジオを, 一つ父に, 一合の, 一思案し直そう, 一晩寝たら, 一献酌もうで, 丁度傍, 三井寺の, 三途の川の, 下さいそこ, 下さい愚僧, 下されと, 不思議な, 両親や, 主君に, 九時夕食し, 予の, 二三番の, 二度目の, 二階の, 井戸端を, 人の, 今日かくかく, 仏に, 仕舞うと, 他日の, 以来この, 以来床に, 伊四郎は, 休めるの, 伝授を, 何に, 使いを, 倉皇として, 僕と, 先づ清宮, 公平な, 再び二人, 冷たい夜具, 出直す気, 初めての, 功名ばなしの, 勤めること, 十一月の, 十月の, 卓を, 参ったと, 参りそれ, 参りましたらそれ, 参りますゆえ, 参りません女房, 又夜分, 叔母に, 叩き毀し, 叱られるに, 君こういう, 呉れ給, 咸宜観に, 四半刻も, 土蔵の, 堂へ, 壺の, 多助と, 夜食を, 大変の, 夫人の, 奥に, 好い田地, 始めて, 娘も, 子供を, 宛が, 客間を, 家内中を, 家近く, 寐る, 寝たり, 寝また, 寝るか, 寝ッ, 専ら蚕業, 小言を, 居て, 居られなかった, 居れと, 山木テル子嬢に, 巳之, 帯を, 平吉には, 床の, 庭に, 弓子に, 弾きましょうか, 往かれたけれど, 往く後姿, 後そうした, 後伸子は, 得々として, 御息所の, 御飯を, 忘れぬうち, 思うさま足, 意地悪そうな, 戸棚を, 抽斎は, 据えつけたという, 数日し, 料理場の, 日向の, 旧の, 早速それ, 明日出直し, 昨日にも, 晩酌を, 暫く小さな, 書籍や, 朝鮮あたりで, 村童の, 来い来いて, 来すっかり, 来ず平次, 来たかったの, 来たがね, 来たさっき, 来たそうな, 来たつもり, 来たとは, 来たなら話, 来たばかりとか, 来たもと, 来たらきっと, 来たらしい憔悴, 来たらしたたか, 来たらわが国, 来たら借金, 来たら好かろ, 来たら急, 来たら生垣, 来たら警視庁特高, 来たんざます, 来たポチ, 来たヴィユウ・コロンビエ座, 来た三男, 来た主税, 来た京都, 来た伯父, 来た僕達夫妻, 来た兵士達, 来た十兵衛, 来た呂伯, 来た多く, 来た姉, 来た密偵, 来た山, 来た平兵衛, 来た形跡, 来た恵鎮, 来た探題北条英時, 来た日置正次, 来た晩, 来た権太夫, 来た気がかり, 来た漁村, 来た珪次, 来た白井屋, 来た社, 来た紋三郎, 来た老婆, 来た菊松, 来た記憶, 来た跫音, 来た逸作, 来た金五郎, 来た高橋, 来てからね, 来とるとか, 来ないでしょうなんて, 来ないなんて, 来ないらしく家, 来ない彼, 来ない晩, 来なかったと, 来なかったモーターボート, 来なさいと, 来ぬぞ, 来ねえの, 来ましたってね, 来ましたら御, 来ますだよ, 来ませんとさ, 来やしてね, 来ようかとも, 来られたそう, 来られた釈興, 来られなかったん, 来られますよ, 来られる位, 来るかしら, 来るし, 来るだよ, 来るって, 来るでしょうね, 来るほう, 来るヨ, 来る代, 来る呉一郎, 来る客, 来る愚, 来る旧師, 来る母, 来る理由, 来る自転車, 来る足音, 来る途上, 来れと, 来七時, 来日曜, 来蘆屋, 松吉の, 栄達の, 楽しい食卓, 歌笑に, 正身, 死にたいとの, 母国の, 気付いたの, 沢庵の, 泣菫氏と共に, 流行した, 清と, 湯呑の, 火鉢の, 焚火の, 燕児を, 父親に, 独りに, 率八を, 瓶を, 田村恰人と, 町年寄に, 療養し, 盃を, 直ちに戦う, 相談した, 真裸に, 眠ろう, 睡って, 石舟斎に, 礼服を, 神と, 私信や, 窃り探し, 竿へ, 箱根あたりを, 納って, 終ったとしても, 締切に, 美しい甘い軽微, 老父の, 聞いたって, 胃の, 腹を, 自動車を, 舅へ, 芝の, 荷作りを, 蒲団を, 行かずに, 行かれたが, 行かれるわけ, 行きましたから, 行きゃはりましてん, 行き永く, 行くさ, 行くとして, 行くほか, 行く一行, 行く勤人, 行く子, 行く岸本等, 行く旅, 行く波, 行く美濃, 行く金山寺屋, 行く頬冠, 行けるん, 行ったかな, 行ったところが, 行ったらしかった, 行った僕, 行った星尾, 行った葉子, 行者に, 裸体に, 見えられる予想, 見たらもう, 見ますると, 親しめる唯一, 親御に, 言うた, 詮議する, 読んだ, 論文を, 貞之助と, 貰い私, 貰え度, 貴下は, 足を, 辛え, 遂に俵一八郎, 部長に, 金博士に, 鍋の, 長くいる, 開くが, 間もなく夕食後, 陳皮に, 青山家の, 頂いて, 願望成就か, 食わせたと, 飲むからと, 馬や, 鳰鳥の

▼ 帰ってから~ (497, 2.5%)

7 それを, 私は 4 彼は 3 お絹, でなくては, 母に, 私の

2 [15件] お母様に, そのこと, でしょうね, どうしてそんな, 一月も, 三十分ほど, 主人に, 伸子は, 僕は, 始めて, 後の, 急に, 暫くの, 聞いて, 話す

1 [437件] ○○に, あっしは, あなたに, あなたは, あるいは昨日, あるところ, あんまり愉快, いい加減な, いつも酒, いよいよ自分, おそらくみずから, お伺い, お増, お巡査さん, お母さんに, お母さんの, お菊, お菓子鉢に, お銀, かね, くわしくお話, ぐっすりねる, ここに, この, このこと, このヴァイオリン, この事, この家, この素晴らしい, この話, この顔, これを, こんなになる, さがして, さきは, さそいに, さっそくこの, しづやが, しばらくし, しばらくした, しばらくは, しようと, すぐに, すぐ僕, すぐ書きかけ, するべきさまざま, ずーっと叔父, そういった, そこそこに, そこへ, そのさかずき, その一伍一什, その主人, その形相, その文句, その晩, その話, その造花, それに, それらの, そろそろ店, たくさん泣い, だ, だいぶ論じ合った, だと, だんだんと, ちょうど一週間, ちょうど時刻, つくづく考えた, であった, では, とうとう喀血, とうとう腹膜炎, どういう仕事, どうしても眠れない, どうする, どうも胃, なにを, なんだか悲しく, はじめてその, はじめて聞かされた, はじめて鍵, ひととおり周囲に, ひとり薄いふと, ひどく気, ふと, ぼくの, ぼくは, ぼんやりし, まず次, またこっち, また逢わなくなった, まだ二, まだ二三日, まだ半年, まだ尋ねる, まだ幾分時, まだ新聞, もう二度目, もう二週間, もう半年以上, もう半月, やること, ゆっくりと, ゆっくり話そう, ゆる, よく仕事, よく伺いましょう, よこした第, よんで, わずか数日後, アイサツに, セメント山の, ツァ・ルンバ夫婦は, パパと, パリに, ポケットに, メグと, ロボに, 一, 一々皆, 一ト寐入りし, 一七八一年に, 一両日し, 一二日眼が, 一体何, 一家くずるる, 一寸変, 一寸宅, 一年たった, 一年の, 一度しか, 一度シュルツへ, 一度読み直す, 一廉の, 一時間ぐらい, 一杯酒, 一生懸命考えた, 一種の, 一足後れ, 一週間の, 一週間ばかり, 一週間ばかりの, 丁度父光雲, 万事を, 三吉は, 三四日も, 三年目に, 三日し, 三日目の, 三月が, 世間は, 中風に, 主人が, 主人思いの, 久木男爵と, 二三年の, 二三年ばかり, 二三年ばかりは, 二三年消息を, 二三日の, 二三日立った, 二三軒あちこちの, 二人の, 二人を, 二日目に, 二時間以内の, 二階で, 云う, 五ヵ月の, 人々に, 人々の, 人に, 今までの, 今日まで, 仕度いと, 仕舞う故, 以後の, 伴が, 伴さんや, 何とかし, 何を, 何んだ, 何処へも, 何度も, 何心なく, 余り話題に, 係り役人の, 俄に, 働いた方, 僕が, 僕の, 優遇せられ, 兄たちに, 先に, 先の, 先生の, 兎角落, 八丁堀の, 再発し, 写そう貸し, 出かけて, 出かけるとき, 出かけるなどという, 出直して, 出直しても, 切腹した, 刈らうかと, 初めての, 初めて人, 初めて聞いた, 別に三本, 勉強したくなる, 十日ばかりの, 半年目と, 半蔵らは, 原稿を, 又いろいろ, 又は旅行, 友人たちは, 友人らに, 叔母と, 古市へ, 叱られないかい, 叱られます, 叱られるの, 吃りの, 同じこと, 君が, 和服に, 四五日の, 四半刻, 土蔵の, 増築中の, 売って, 変るの, 外の, 外へ, 多勢に, 夜を, 大きな鮎, 大山へ, 大沢君と, 女中が, 女房に, 女房や, 妬かれるから, 姉妹たちは, 威張って, 嫁は, 嫂について, 守屋さんの, 安心し, 実桜, 室の, 家内へ, 寝ながら, 寿サービスの, 封筒を, 尋ねて, 小一時間, 小判の, 小森市之助という, 小次郎は, 小角に, 少しは, 山の, 師匠に, 帽飾店へ, 幾日にも, 幾日も, 幾日目か, 庸三は, 当日に, 彼が, 彼女の, 彼女は, 後いろいろ, 後こんな, 後でいいます, 後です, 後で痛み始めた, 後大正二年の, 後相当に, 従妹に, 得意に, 御前にも, 徳次郎の, 思い出して, 思い出しましたよ, 思ったが, 悪来の, 惚気話など, 感じの, 憲兵への, 戸棚の, 手を, 手当たり, 払うと, 授業の, 探したが, 数えて, 数えれば, 数回津軽海峡へ, 数日後の, 新地で, 日ごとに, 日本が, 早速巣箱, 早速探し, 早速私たち, 昨日の, 昼飯を, 晩御飯の, 更めて, 書きかけて, 曹操の, 本式に, 村人に, 東京を, 枕もとに, 栄さんは, 桜が, 歌子と, 正枝, 死んで, 殆ど毎日, 殺すつもり, 母が, 母の, 母は, 母様と, 母親に, 毎日毎日一月も, 気が, 気がついた, 気がついて, 気持ちよく提携, 法然に, 法然は, 泰造は, 海水浴に, 清三は, 清書を, 渡部君と, 湯へ, 漸と, 濡らしたハンカチ, 火なんぞ, 灯を, 無人に, 然ら, 煩った思い懸けず, 父と, 牧野は, 独りで, 用心に, 申し開き, 療る, 白状しました, 皆に, 直ぐ智恵子, 直ぐ書きかけ, 相談する, 眠らなくては, 矢代は, 知らせに, 短い手紙, 私たちは, 私には, 程なく床, 第一次欧州大戦, 粟餅を, 約一ヵ月後, 約一年, 約十日, 細君に, 絶命する, 緩くり, 縫いあげるからと, 考えこんだ, 考えた, 考え出した虫, 聞いた所, 聞きますと, 聞こう, 背中の, 腹が, 自分たちの, 自分の, 自分は, 自国語で, 自殺しよう, 船長と, 英領インド政府の, 落着い, 蓮の, 蜂谷が, 西部亜米利加を, 見たげるよってに, 見直したせい, 親分は, 訪ねて, 評判が, 話して, 話しては, 話すこと, 話そう, 読むつもり, 誰と, 警察に, 豪い元気, 貞之進は, 財布が, 貰うという, 貴方の, 赤ちゃんが, 足の, 身内をば, 違うの, 酒も, 酒井左衛門尉石川伯耆などの, 酔っぱらって, 重ねたん, 長は, 長篇を, 間も, 間もなく戌刻, 闇の, 隣から, 顔色が, 顔馴染の, 風呂に, 風呂よ, 食べて, 馳走に, 黙って

▼ 帰っても~ (316, 1.6%)

8 いい 6 いいん 5 いいと, 仕様が 4 いいの, よい 3 よいと, 仕方が, 彼は

2 [16件] いいぞ, いいです, いいよ, しようがない, そのこと, その女, 今の, 仕様の, 可い, 早いし, 東京へ, 父の, 私の, 私は, 自分の, 苦しゅうない

1 [243件] あたしの, あの年紀, い, いいが, いいくらいの, いいけれど, いいって, いいでしょ, いいといった, いいなんて, いいよう, いいわ, いいッ, いい頃, いけない, いそがしい日, いたし方あるまい, いる, おこらんで気, お嬢さんの, お役に立つまい, お母さんに, お温習, お湯には, お竹, かくべつ用, きゅうりの, きょうは, けっしていっ, ここで, この暑, この根岸, こわれないから, さして彫刻家, しかたが, しかられるの, しばらくは, しようが, しようがねえ, じきにぺろっと失くなる, すぐ再, すぐ寝床, その実見者, その家族, それが, た, だいじょうぶ, だめだ, だれとて, ちゃんと御, つまらないと, つまりませんから, つまんねえ, つらいこと, とても文学, どこへ, なお心, なにも, なまじっかアメリカ, なんにも返さない, また泣い, まだにこにこ, まだふらふらし, まだ時間, まだ暑い, まだ母さん, まだ興じ, まだ苛, めったに出来ない, めんどうです, もうお家, ものも, もはや良雄, やっぱりおとうさん, やっぱりつまり, やっぱり橋場, よいしかし, よいそう, よいという, よいの, ようござん, ようござんすわ, よかった, よろしいの, よろしゅうございましょう, わしは, シヅは, セエラが, 一ト晩と, 一切公務については, 一度ぼんやり, 一度今度, 一言の, 上, 上がりしなに, 不自由は, 両腕, 二三日しか, 二三日は, 人の, 今から, 今まで, 今夜は, 今小父さんの, 今日も, 仕事に, 仕事の, 仲, 伊豆守は, 何だか沈み, 何でも, 何とも云え, 何にも, 依然として旅, 俵の, 借金は, 元気で, 別に用事, 勿論真偽, 十四五丁入らねえ, 又あくる日, 友達が, 取りはずさなかった, 口惜しくて, 古いこと, 可いが, 可いんです, 吉村は, 同じでありません, 同じである, 同役の, 君が, 四方が, 変らないわ, 変らぬだろうと, 外出する, 大して仕事, 大丈夫, 大丈夫だ, 大丈夫でしょう, 大事お, 大事ない, 天子は, 夫の, 夫婦に, 好かろう, 好さそう, 妙に, 嫌な, 嬉しいやう, 宜しいと, 宜しゅうございましょう, 客を, 宣しいでしょう, 害が, 家が, 家に, 家には, 家へは, 寄席ぐらいへ, 寝ること, 寝るどころか, 寝る前, 寝床の, 専門の, 少しも, 差支えの, 差支ない, 帰らなくても, 強右衛門は, 忘れること, 怏々として, 思ったこと, 悪りん, 憤念, 手紙の, 暑いわ, 朋友が, 朝廷からは, 来ず手紙, 来ぬほど, 東京で, 枕を, 果して妻, 構いませんか, 構いませんよ, 此娘が, 母とは, 母の, 母親も, 毎日繰返す, 気分が, 水仙に, 永生の, 洗わずそのまま, 流し元で, 浜子に, 浮かぬ顔, 無言の, 無駄話ばかり, 煙草が, 片時も, 物堅い渡邊織江, 狭い家, 生み落した子, 盛に, 目の, 眠れなかったろう, 知らせずに, 終日不愉快でした, 縁者の, 美の, 翌日は, 耳も, 職務に, 胸が, 自分は, 自分を, 至急才覚, 良いの, 落ち付かない, 落ち着いて, 落付けず, 西の, 言うの, 許された, 訳は, 評判が, 誰も, 貞夫は, 賑やかだ, 近所づきあいは, 途中で, 道具を, 遠い江場土, 里に, 銀杏の, 長浜の, 雑兵は, 面白くない, 飯が, 黙って, LMNOPQも

▼ 帰ってからも~ (98, 0.5%)

2 何も, 徳さんと

1 [94件] あれや, いたずらに, おもい出すこと, お増, この絵, ささやんの, しきりに考えこん, しばらくの, そうした不正, そうした気もち, そっちこっち飛歩い, その家, その当座, その後は, その日学校, それから後, つぎの, ときどきなに, どんなにこの, なおその, なお二三日, なお鳴, ふたりは, やはり仕合せ, イプセン老人は, テワスは, ネバダ大学の, 一人黙っ, 一座は, 一日中彼の, 一種の, 丈夫で, 三吉は, 三日に, 不思議に, 不愉快な, 中, 二三日悲しい, 今日の, 伊代は, 会いたいと, 伸子は, 兄からは, 全くこの, 全体で, 其所に, 再び東京, 切々な, 危険な, 又あくる, 夏の, 外部からは, 大変御馳走に, 天花の, 女房は, 宇治の, 家に, 寝床の, 山内の, 岸本は, 平気で, 幾度と, 引きつづき絶えず, 彼が, 彼等の, 心配であった, 思い出して, 支倉は, 日夜その, 日常の, 時々学校以外, 暫くの, 栄蔵は, 梶は, 気に, 気楽に, 永いこと, 浅井は, 浩は, 源氏は, 父の, 田宮は, 相当でした, 眼を, 私は, 美奈子は, 胸騒ぎの, 葉子は, 蘇武の, 読んだ, 貝十郎は, 路, 都の, 銀子の

▼ 帰っては~ (98, 0.5%)

7 来たが 4 来なかった 3 いけない, いなかった 2 いけません, どうか, ならん, 来たけれど, 来たものの, 来ないか

1 [69件] あまりいくじ, いけないから, いけないし, いけないと, いけないよ, いけませんと, いけませんよ, いたが, いない, いないかしら, いないだろう, いなかったの, いまいとは, お叱り, くれまい, くれまいと, こないの, こねえの, すぐに, どうかと, どうじゃ, どうだ, どうでしょう, ならないこと, ほかの, また出かけました, また駈け, もうとても帰し, やたらに, チチコフが, 三度も, 主人高氏どのへの, 了ません, 人間との, 他の, 初めに, 北国の, 困る, 国々の, 失礼です, 嫌です, 子を, 工事を, 弓師左衛門や, 悪いの, 村の, 来いすまい, 来てよ, 来ないうち, 来なかったので, 来まい, 来まいと, 来ましたが, 来ましょうよ, 来ますまい, 来めい, 来れない, 此処へ, 武芸の, 母親を, 田に, 病める良人, 相成らんと, 碌, 空しく百日紅, 自分の, 親父が, 間男でも, 面白そう

▼ 帰ったり~ (43, 0.2%)

4 した, して, しないこと

1 [31件] いたしますの, お天気, したの, したん, しちゃおれないじゃ, しました, しましたが, しまして, する, するお客, すること, するとき, するの, するので, するよう, する事, する夕べ, する時, すれば, そうかと, なぞし, なんかしないでしょう, またそれ, 多勢の, 帰ったり, 帰らなかったり, 帰らなかったりだ, 泊って, 泊まって, 泣き出すよう, 読書し

▼ 帰ってからの~ (38, 0.2%)

2 事だ, 二度目の

1 [34件] あなたの, ある夏, お島, お柳, ことじゃ, こんな二人, はしゃぎよう, ふさぎ方, ドビュッシーの, 僕の, 叱言, 女の, 実家の, 家の, 寺田屋の, 怖れ, 想像が, 打ちつづく悲し, 方が, 日程という, 机竜之, 東野や, 気分を, 申し訳が, 私の, 自分について, 自慢話に, 良人が, 行動については, 袁紹は, 詩である, 遊蕩不, 青年の, 鶴さんに

▼ 帰っちゃ~ (29, 0.1%)

1 [29件] いけないかな, いけないって, いけない夜明け, いけません先ず, いやだ, いやです, お秋, こまい, だめよ, とても出来ない, ならねえよ, イヤ, 不可ない, 今晩は, 先生が, 厭, 厭です, 厭なんぞ, 厭よ, 困りますよ, 困る, 外聞が, 少し可笑しい, 居らんらしいで, 工合が, 来ないよ, 来ますまいよ, 親爺も, 駄目だ

▼ 帰ってからは~ (21, 0.1%)

1 [21件] いけませんよ, いつも洋服, いまの, いわゆる画壇, この座敷, これは, たいへん淋しく, ただ煩悶, ふっつり訪ね, めったにドレスコート, アメリカ風の, 一寸発作, 以前にも, 何処へも, 余り事件, 廷臣たちの, 数ヶ月の, 日曜に, 朝鮮語で, 覚一は, 鬱々として

▼ 帰ったって~ (13, 0.1%)

1 [13件] いいこと, いいん, こんな物, また蛾次郎足, もうあんな, 仕様が, 何ともない, 威張れたもん, 威張れやしないよ, 居つけるもの, 帰って, 帰る味, 金次は

▼ 帰っての~ (7, 0.0%)

1 あとは, はなしに, 今朝自暴に, 口上あの, 夕ぐれの, 話に, 話題に

▼ 帰ってからに~ (6, 0.0%)

1 した, して, しましょう, しましょうまし, しよう, するよ

▼ 帰っちゃあ~ (5, 0.0%)

1 その足, どうだ, 先祖の, 来ねえだろうよ, 済まない

▼ 帰ってしも~ (5, 0.0%)

2 うた 1 うたがな, うたのか, うて余ら

▼ 帰っ~ (3, 0.0%)

2 くれやす 1 くれ

▼ 帰ったりは~ (2, 0.0%)

1 しないこと, しないという

▼ 帰ってからが~ (2, 0.0%)

1 我が世, 案じられます

▼ 帰ってからでも~ (2, 0.0%)

1 構わないとは, 焦土の

▼ 帰ってからと~ (2, 0.0%)

1 二度ずつ, 毎日時間を

▼ 帰ってからという~ (2, 0.0%)

1 ことで, もの彼の

▼ 帰ってけ~ (2, 0.0%)

1 えしません, えへん

▼ 帰ってさえ~ (2, 0.0%)

2 来れば

▼ 帰ってでも~ (2, 0.0%)

1 しまおうもの, 来れば

▼ 帰ってと~ (2, 0.0%)

1 くれやす, 言いたいの

▼ 帰ってよ~ (2, 0.0%)

1 それからこっち, 用が

▼1* [13件]

帰ってかの写真を, 帰ってからなどは非常に, 帰ってとはとてもいえない, 帰ってなまの, 帰ってなぞこなければ, 帰ってなどとはいえないたち, 帰ってなんかやりませんよ, 帰ってねそうお, 帰ってほどないころ, 帰ってまでも彼女に, 帰ってやッと, 帰ってやらア, 帰ってよねお願いする