青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「婦人~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~娘 娘~ ~娘さん ~婆 婆~ ~婆さん 婆さん~ 婚礼~ 婦~ ~婦人
婦人~
婿~ ~嫁 嫁~ 嫂~ ~嫉妬 嫉妬~ ~嫌 嫌~ ~嫌い 嫌い~

「婦人~」 14768, 142ppm, 747位

▼ 婦人~ (3448, 23.3%)

44 ために 30 ための 20 方が 16 ことを, 間に 15 ように, 姿が 14 夕べ, 生活の 13 姿を, 手に 12 顔を 11 前に, 声が, 方へ, 生活は 10 ような, 地位を, 方は 9 権利を, 生活を, 社会的な, 身で 8 中には, 心を, 手を, 生活と 7 大多数, 天職は, 姿は, 方で, 美しさ, 解放は, 顔が

6 [11件] ことで, やうな, やうに, 上に, 中に, 口から, 地位の, 天職を, 生活に, 社会的地位の, 身に

5 [12件] ことは, 一人が, 一人である, 力を, 参政権を, 名は, 声を, 方に, 方を, 為めに, 第二職業, 美徳と

4 [23件] なかには, 一人は, 像, 前で, 名が, 場合は, 多くは, 大部分, 天職と, 姿に, 屍体は, 幸福を, 手が, 服装は, 権利の, 為に, 男子への, 職業と, 肩に, 読者の, 運命に, 顔の, 顔は

3 [73件] うちに, ことだ, それに, ほうで, ほうは, ハンドバッグの, 中で, 享楽を, 仲間に, 作家が, 傍へ, 前では, 前へ, 労働が, 労働力は, 名を, 向上の, 問題が, 問題を, 国, 地位, 地位が, 声は, 夫が, 夫と, 姿も, 存在を, 家へ, 将来を, 屍体を, 差別的な, 幸福は, 心に, 手で, 手の, 指を, 数は, 文化の, 文学における, 方です, 月経の, 服装が, 机の, 死体が, 活動は, 生活が, 生涯の, 社会生活の, 社会的地位を, 立場から, 立場は, 籐椅子との, 精神の, 経済的独立の, 肖像を, 背を, 膝の, 自覺, 衛生, 衣服の, 言葉は, 言葉を, 訪問を, 話, 話が, 話に, 諸問題, 進出は, 金切声が, 間でも, 間には, 間にも, 顔に

2 [238件] あったこと, あまりに快, あること, いうこと, お話に, ことである, このよう, すべての, すること, それの, ところへ, ところへも, なかに, ほうが, もとへ, もとを, ようで, ようであった, ようです, ドラマティストは, 一つの, 一人です, 一人の, 一家は, 一方に, 一群が, 上を, 不幸を, 世界の, 中では, 中でも, 乳の, 事に, 事を, 人格を, 任務の, 位置の, 位置は, 体の, 作家に, 作家は, 個性と, 側からの, 傍に, 像あり, 像を, 公民権が, 共有は, 共有を, 出産性の, 制服を, 前でも, 前蝸牛が, 創造力が, 力が, 力の, 労働は, 労力によって, 医者は, 参加が, 参政権が, 口より, 向上を, 唯一の, 問題は, 善意の, 団体が, 地位という, 地位や, 場合に, 増大は, 声で, 声に, 声の, 外に, 外出を, 多くを, 多数を, 夜間外出は, 夫は, 夫も, 夫を, 失業者は, 姿, 嫉妬など, 実力が, 客が, 室に, 屍体が, 屍体の, 常として, 常識と, 常道を, 年少なる, 年数を, 年數を, 影響で, 後に, 後について, 後姿を, 心では, 心正しく, 心理という, 思想を, 性の, 性質は, 怪死事件から, 悪口を, 感情の, 感想を, 態度には, 手すさびらしい, 手による, 手は, 手当には, 才能を, 抱いて, 招くにつれて, 持って, 指の, 政治的な, 教育は, 教養が, 数が, 文化, 文化水準は, 文化的な, 文学を, 断髪は, 映像が, 暗示が, 服装, 服装を, 本性を, 様に, 様子を, 権力の, 歎き, 母と, 民主的な, 注意を, 洋装に, 活動が, 流行を, 涙の, 温気か, 無智, 無能力を, 熱心に, 独立が, 独立と, 独自な, 現在の, 現実の, 理想の, 生殖力よりも, 生活, 生活から, 生活も, 生涯を, 病人も, 癖に, 目が, 真の, 眼に, 眼には, 眼を, 着物を, 知って, 知性が, 礼服を, 社会に, 社会生活と, 私に, 立場が, 立場という, 精神と, 素性を, 経済上の, 経済的な, 経済的独立に, 絵を, 美の, 美点を, 群を, 職業も, 職業を, 肉体が, 肖像が, 肩にも, 肩を, 背中へ, 胸には, 胸を, 能力を, 脛を, 膚は, 膚を, 自然的出産性は, 自由な, 自由の, 自覚という, 自覚を, 若い燕, 華として, 観客が, 解放の, 解放を, 言葉とは, 言葉の, 誘惑に, 読者という, 貞操に, 貞操を, 跡を, 跣足にて, 身の, 身の上を, 身を, 身体で, 身長が, 軽蔑を, 運命は, 運命を, 道は, 重荷を, 間から, 間にまで, 隣で, 面前で, 靴の, 頭と, 頭に, 額に, 顏を, 首筋から, 髪の毛は, 髪の毛を

1 [2122件 抜粋] あいだに, あとへ, あるという, いない留守, いる工場, うごきを, うちにも, おかた, お供に, お嗜好, お客で, お心あたり, かたを, こういう一般, こころをも, ことな, こと恋愛の, こまること, ごとく長く, しかも年, すがた, すべてと, するまま, その足, そばで, そらなみ, それ以上に, たたかいとその, ためばかり, ちよつと, ところを, なかの, は内部, へた一つの, ほうを, まことは, まはり, めぐり会って, ものであった, ものを, ゆきつけの, わたくしを, アドレスと, キモノの, グループの, サジ式傾向の, ジェスチュアを, ソヴェト代議員の, ハンドバッグから, プロレタリア, ベッドには, ミセスロオズが, リザベッタに, 一マイル競走に, 一人だ, 一人として, 一人歩きを, 一団を, 一手に, 一生にとって, 一種の, 一般は, 一部として, 一部を, 三分の二までも, 上にのみしか, 上換言すれ, 不健康, 世界という, 両眼, 中にも, 乗りこんだ後, 乳房を, 事だ, 事も, 事戀愛の, 二千九十一万余票を, 亡くなったこと, 人々が, 人力車と, 人権が, 人間性も, 今日の, 仲裁を以て, 会話みたいに, 伸張された, 住んで, 体力の, 何人分かの, 作った水調子, 作品の, 作家たちは, 作家の, 使うシビン, 使用人を, 促す声, 信念だった, 俯けるを, 偏狭な, 側に, 傍から, 働きての, 像でありました, 優美なる, 先客が, 全身を, 公的生活私的生活という, 典型を, 内部生活に, 写真が, 冷笑と, 出て, 出現を, 分を, 利発らしき, 前などで, 前進性の, 創造力, 力です, 功績は, 努力で, 労働力の, 労働条件母性保護の, 動きの, 動員を, 勤労によって, 医者で, 半身像にて, 厄年と, 参加は, 参政権をも, 参詣が, 友と, 友達を, 口き, 口元や, 句に, 台所の, 同盟員や, 名前が, 名誉さえ, 周章てたの, 品性が, 問題そして, 問題なぞも, 問題ばかり, 喜びが, 四肢は, 国家的自覚の, 在ること, 地位如何に, 型にはは, 堂堂と, 堕落は, 場合だけ, 場合なども, 境遇が, 声, 声です, 声にて, 変装は, 多いの, 多くと, 多数と, 多産は, 大いに味わわなく, 大会が, 大袈裟な, 天性愛の, 天稟の, 天職なりとして, 失業は, 女の, 好みで, 如き其の, 妍き, 姪に, 姿さえ, 姿です, 威厳には, 婦人手工業組合婦人技術講習会等を, 嫉妬の, 存在が, 官能の, 実力は, 実母からは, 客でありました, 客の, 室には, 家に, 家事を, 家族的に, 寄宿舎の, 寝室へ, 寝相は, 専ら任ずる所, 専有なり, 尋常の, 小作りなる, 小説の, 少なくも一つ, 就職率にも, 居所に, 屍骸が, 山上の, 差別を, 布を, 常識が, 帽子が, 平産し, 幻を, 広汎な, 弁護士が, 強みに, 形を, 彫刻家ベチウスの, 役を, 後ろから, 御機嫌, 微笑から, 心にも, 心情が, 心掛けとしては, 心痛と, 念力袖の, 思ひがけ, 急性虫状突起炎の, 性情には, 性質が, 息子らしい, 悦ぶところ, 悪習たる, 悲鳴であった, 情緒の, 意志と, 意見の, 愛も, 愛情を, 感情と, 感情的妄動は, 慈善運動や, 態度なり, 慰みには, 懇篤な, 所有する, 手すさび, 手提袋が, 手紙が, 手袋を, 手記を, 技能の, 持たない活, 持つ総て, 指揮者は, 掛けて, 提出したい, 携帯品として, 政治指導者養成の, 政治的成長という, 政治的社会的啓蒙民主化活動も, 敗徳なりと, 教育程度の, 散歩靴です, 数も, 文化向上の, 文化能力の, 文句としては, 文学の, 文学活動に対する, 文学的活動にも, 文学的自発性を, 文章について, 文部省課長と, 新客, 方だって, 方なんか, 方へも, 旅かと, 旋舞を, 日として, 日常性の, 旦那の, 時間の, 晴着は, 智的貧弱さを, 書く人, 最も尊重, 最大の, 有つ, 有職者が, 服装から, 服装に, 服裝を, 朝夕は, 本當, 来訪を, 柔らかい絹ずれ, 案内者は, 様々な, 模範たる, 権利に関する, 権力を, 欠点である, 歌声に, 正直と, 歴史性について, 死体である, 死因は, 母性が, 毛としての, 民主団体を, 気品を, 気持と, 永年に, 法律を, 泣き声餓死の, 泣声不, 洋装と, 活力と, 活動に, 活動性という, 流儀であった, 涙も, 溺死体が, 濃紫の, 為めには, 然まで, 熱誠を, 片方の, 物語が, 特権では, 特色に, 犯罪は, 狂噪を, 独立を, 献身者の, 率直さを, 現われるという, 生きかた, 生まれた年月, 生命, 生活からは, 生活とは, 生活に対しては, 生活よ, 生活向上幸福増進の, 生活慾は, 生理的変化から, 生産的労働からの, 用意ばかりが, 申込を, 画像を, 病や, 病気は, 発展を, 発言を, 白い幽霊, 的は, 目ざめは, 相当の, 相談を, 真似としか, 眸は, 眼は, 着る贅沢, 着衣も, 知合いな, 社交団体に, 社会感知識慾芸術への, 社会生活全面が, 社会的価値を, 社会的地域に, 社会的成長の, 社会的生活家事の, 社会的覚醒への, 福祉施設母性保護設備災害予防施設は, 科学性が, 秘密は, 種類は, 立ち姿の, 立場においては, 笑い声が, 笑顏を, 答は, 節操については, 精神に, 純真な, 素描の, 組合の, 経営し, 経済的独立が, 経済的自主性を, 結合の, 給仕が, 綺麗な, 繊細な, 美しい伝習, 美しい本能, 美は, 美点, 群れに, 習慣をこそ, 聖き, 職場の, 職業への, 職業戦線の, 職業的進出は, 肉体は, 肖像の, 背が, 胸に, 胸像が, 能力に対する, 脈搏を, 腕を, 膝が, 自主性が, 自由は, 自覚の, 舟遊に, 色香に, 芸術家として, 若い方, 苦心が, 華美と, 蒼ざめて憔悴した, 虚栄心という, 行くえ, 行為は, 衣を, 衣類や, 衿あしに, 裕福な, 裸体が, 裸死体が, 裸體美は, 要する勝さん, 見るべからざる姿態, 覚醒, 観客の, 解放された, 解放史を, 言うが, 言葉として, 言論が, 訪客と, 評に, 詞すく, 話によって, 誠実に, 読者たちは, 諸分野, 豊満な, 貞操売買が, 貞淑さと, 負ぶつ, 責任は, 賑やかに, 赭ら顔が, 趣味のは, 足下の, 踊る物音, 身と, 身の上思い遣られ, 身を以て, 身体には, 身柄売買が, 身辺に, 辛苦を, 透明な, 通有性に, 連は, 連帯責任として, 進出を, 道徳の, 遠く及ぶ, 遺骸が, 部分は, 都雅な, 鏡とも, 間で, 閨へ, 階級は, 隣に, 集会で, 離職者寡婦戦災孤児などの, 面に, 面前に, 頭には, 頭髪の, 顏も, 顔について, 顔色は, 風俗, 風俗容貌品格習慣性質欲望等について, 首チョンボリと, 驚駭は, 髪が, 髻鷲掴みに, 黒き瞳

▼ 婦人~ (1674, 11.3%)

11 自分の 10 いった, 言った 9 彼の 8 それを 7 私の 5 答えた 4 僕の, 岸本に, 彼が, 急に, 自分たちの

3 [22件] いって, この人, これが, こんなこと, 一般に, 之を, 人の, 今の, 右手を, 子供の, 己が, 政治に, 男子の, 目を, 空二の, 笑って, 答へ, 膝を, 衝と, 言下に, 身を, 顔を

2 [83件] あなたの, あのマッチ, いずれも, いったが, お兄さん, こういう風, こういった, この部屋, これまで, これを, すぐに, そなた, ちらと, どうした, どこに, もう一息, ものに, ベッドの, 一人も, 世界の, 乳母車の, 二人, 他の, 低い声, 何かの, 何も, 何事も, 何事をも, 何気ない体, 先き, 内を, 別に主君, 匙を, 吾, 困じ果てたらしい傍, 多い, 天下に, 夫の, 嫉妬を, 子供を, 平気で, 彼に, 後方の, 恨を, 或いは学校, 手に, 早や, 概して費用, 様々の, 浴衣に, 涙を, 炉縁に, 熱心に, 生活の, 生涯結婚し, 男の, 男子が, 目早く, 眼を, 知らない, 私に, 素敵な, 結婚する, 肥った子供, 背後へ, 胸を, 脱がした法衣, 自分が, 英語で, 荷物を, 蘆毛の, 衣紋を, 解いたの, 赤ん坊に, 足を, 身嗜みとして, 通信技術者男の, 電車の, 顔の, 驚いた顔, 驚くべき強健, 髪の, 黙って

1 [1362件 抜粋] ああ行かなけれ, あの家の子, あらゆる職能, あるいは猫, あれは, あわれ玉の輿, いい気持ち, いかなる星, いくらかの, いたるところ, いつかもう, いつも下手, いつも軽い, いない, いまは, いわずもがな, うなずいた, おくれて, おもむろに茶, お娘, お通夜へ, かなり個性, がっかりし, きめつけるやう, くだんの, こういっ, ここに, このよう, この夏, この市, この時二囘目, この木, この特殊, この理由, この習慣, この驚くべき, これに従い, これらすべての, ごく単純, さう, さつき空二が, さもそういう, さもなつかし, しずかに, しばらく考え, すぐさま玄関, すしを, すつかり, すべて渠に, ずいぶん人生, せいぜい男子, そういう太, そういっ, そうは, そこで, そこを, そのおり, そのときチラ, そのよう, その人々, その名前, その奇徳, その弁護士, その手紙, その服装, その細君, その肩, その自由, その青年, それから, それぐらいの, それだけの, それらの, た, たいてい一度, たえかねて, ただならぬ予感, ただ臨時, たどたどしい足どり, だれでも, ちょいと, ちょっと立っ, ついさっき, つと走っ, ていねいに, とうとう嘘唏, ところでどの, とにかくマツクフアレエン, どういう意見, どういふ, どうして微細, どうだ, どこの, どんなにやさしい, どんな人, どんな者, ない, ないと, なかなか解らず, なにかね, なんでも, にこりとも, はっきり知らなけれ, ひととおりの, ひどく甘えた, ふとその, ほほえんだだけ, ほめられたとて, まさに声, またもう一度, また両手, また再び, また実に, また自分, まだ十分人間, まだ口, まだ年少, まるでその, みな気品豊かな, みんな実に, むかふへ, むろん昼, めがねを, もう一つ, もう娘, もう髪の毛, もっとよく見よう, ものをも, やがて烈しき, やっとドア, やをら起上りつ, よくよくあしらいかねた, よく自覚, よろしく婦人, わたしの, われわれ二人が, われわれ多くの, イライラと, キョトンと, ゴム人形の, ジリジリと, ソヴェト役員に, チベットでは, ニヤリと, ハンケチに, ビクンとして, ブカレストの, マドマゼエルが, リストの, レース工場の, 一九一九年において, 一人なれ, 一人前に, 一命を, 一寸立つ, 一寸鼻眼鏡, 一応突然の, 一日中休む, 一本杉の, 一種の, 丁度いま珍談, 三つの, 三十何年間日本に, 三宅坂で, 上框に, 下層民との, 世にいう, 世界史的に, 両手を, 丹波路の, 主人や, 久保猪之吉博士の, 二つの, 二人とは, 二人颯と, 二十格好の, 云つた, 互いに近づい, 五十格好の, 亡くなったが, 今にむかし, 今や相当大, 今更小鳥, 仕事の, 会釈し, 低級でも, 体重二十貫以下では, 何かしらギョッと, 何となくこの, 何処までも, 何気なく打ち消した, 何處か, 例の, 保護され, 傍に, 僕なんかの, 優しく呟いた, 先ず家庭, 先覚的な, 児女を, 全く社會, 全身に, 兩手を, 其名を, 其身の, 再びその, 再び談緒, 冷たそう, 出で, 出来る限り, 出産前後四ヵ月の, 初めてその, 別に珍しい, 前と, 前身は, 助けを, 労働条件の, 勤勉で, 勿論教会婦人, 北京の, 十分に, 南に, 原告でも, 又し, 双手を, 口では, 口中より, 只良い, 各々五・三分の一人以上の, 同僚でも, 呆れるよう, 命令した, 唯だ, 商売する, 喜多村緑郎が, 四十四で, 國内の, 基督教の, 声を, 外からばかり, 外務書記官菅原道時の, 多くは, 多産の, 大きに怒り, 大てい美人, 大変な, 大抵反物類, 大概毎日入浴し, 大都市としては, 天性つ, 夫を, 奥様です, 女の, 妙に, 始終一徹, 姪の浜なる, 娘妻母として, 婦人へ, 嫁いでからは, 嬉しげ, 子守唄を, 学校の, 宛も, 実に感心, 実に綺麗, 実力以上に, 家を, 家庭と, 家庭以外に, 寂しそう, 寝掛と, 封建的貞操を, 尊敬に, 小座敷の, 小栗様の, 小萩の, 少なくとも三人, 居るから, 屈する色, 屹として, 左の, 市政にだけでも, 幕組織という, 年が, 年を, 幸福さうな, 幽霊を, 店さきに, 座の, 建物の, 強ひ, 彫刻家で, 彼と, 彼女も, 待たして, 御座敷, 御番所, 微笑みながら, 心から可愛, 心もち頭を, 心配さう, 必ず両, 必ず所持, 必ず走っ, 怒ったよう, 急いで, 怪訝な, 恐らく祖母, 息子と, 悠長に, 悪よりも, 意外だった, 愕きたる, 愛嬌よく, 態度を, 慌てて, 憲法の, 我々の, 戦争に, 手を, 手紙を, 手足に, 投げるやう, 折角磨いた, 指先に, 振返りて, 改めてていねい, 政治を, 救いを, 斬れ, 既婚婦人の, 日本の, 日本人では, 明かに, 春羽根を, 時々赤シャツ, 暖冷ただならぬ, 更に人生, 書物を, 曾根だ, 最も激しい, 最初時々, 月に, 有れども, 朗かに, 本郷の, 杖で, 来ませんか, 東京の, 果して無罪, 柔順で, 案内されたらしかった, 極めて珍しい, 横蔵, 次の間へ, 欧羅巴スタイルの, 正式の, 正直に, 此言を, 死に物狂い, 殆ど皆, 殊更相手, 母たる, 母親の, 毎日誘い合わせ, 民也の, 気焔を, 汗の, 決して人, 決して十人, 決して私, 法律に関する, 法律上まったく, 泪さえ, 流るるよう, 流行の, 深切に, 渠を, 満足さう, 源家へ, 激情に, 灰面の, 無いかも, 無言で, 無遠慮に, 熟と, 燻ゆぶつ, 牧師の, 特に弱者扱い, 特別な, 狂気の, 独立自営の, 玄関の, 珍らしい, 現に非常, 環飾, 生れて, 生理休暇も, 産婦の, 男に対して, 男子に, 疲れた義勇団, 癆咳が, 百年も, 皆まで, 皆西洋人である, 盗みを, 目に, 直ぐに, 相當, 眞紅な, 眼に, 矢張り日本風の, 知情意全般に, 砂まみれの, 社会的に, 神位にまで, 私である, 稍わざとらしく, 空に, 突き出されて, 立ち去つた, 立って, 答えなかった, 米人であろう, 純日本式, 紛れも, 結婚を, 総べて, 美くし, 美しい声, 老人の, 耳を, 聞き澄し, 職業婦人と, 脚を, 自分で, 自分と, 自己の, 自然に, 自覚向上し, 自身の, 舟に, 花壇の, 苦と, 華麗な, 蒼くなり, 薄笑いを, 虎が, 蝮とか, 袂から, 裾を, 襖を, 見ざるが, 親切げにつけ, 親切に, 言いながら, 言ひました, 訴訟し, 誇らしげに, 誰あろう, 誰にか, 誰もが, 貞節の, 資本主義の, 足駄を, 跳ね起きて, 身震ひし, 軽くうなずい, 農村と, 途を, 運命の, 過去一年間に, 違って, 部屋を, 里も, 釣竿と, 銀座の, 門外に, 関手形が, 陳秀梅でありまし, 階級的前衛に対する, 雑誌を, 青い顔色, 青年の, 靜かに, 面白そう, 頌むべ, 頭を, 額を, 顔に, 顔をも, 食物は, 馬に, 高齢に, 鬼村博士の, 鷦鷯の, 黄色い叫び声, 黒っぼい, 鼠色の

▼ 婦人~ (1534, 10.4%)

17 出て 15 あった, ある 9 自分の 8 いた 7 私の, 立って 6 それを, 入って, 彼の, 来て 5 あって 4 ありました, あるの, 一人立っ, 乗って, 住んで, 私に, 自分を, 言った, 選挙権を, 顔を

3 [15件] おかれて, たった一人, やつて, 今日の, 参政権を, 居て, 彼に, 彼女の, 掛けて, 男子の, 相当の, 社会に, 腰を, 自分たちの, 進んで

2 [86件] あったと, あつた, あれば, いて, いま時分唯一人, いる, おくれて, お産を, この家, これを, そのまま信奉, やって, やって来ると, わたしの, ゐた, ゐて, 一人, 一人で, 下ぶくれな, 不便でならぬ, 事務を, 二人の, 人民の, 他の, 佇んで, 何か, 俯向いた, 僕に, 兄の, 公民権を, 口を, 合乗を, 同一人物, 坐つて, 声を, 多い, 多くなった, 多くの, 夜の, 奇怪な, 妻と, 子供を, 家の, 封建的な, 小説を, 居る, 幾人あるでしょう, 心の, 急に, 或る, 手に, 手を, 支那の, 有りましたろう, 欧米の, 此女な, 歩いて, 死んだ, 現れて, 生活の, 田舎の, 男と, 男子と, 男子に, 白人の, 皮を, 相変らず, 眼に, 社会の, 答えた, 経済的に, 綺麗な, 老人の, 自身の, 蟇に, 行き過ぎてから, 言葉を, 訪ねて, 話を, 身を, 通って, 鍋を, 階段を, 頗る高貴, 風呂敷包を, 髪を

1 [1170件 抜粋] あこがれて, あったが, あったので, あってこそ, あつたい, あの児, あの駕籠, あらゆる公職, あらわれて, ありましたです, あります此, あるぢ, あるとして, ある時, あれほど, いかなるふう, いきなり岩瀬氏, いくらか霊能, いたこと, いたので, いつも必ず一人, います三百万余人, いるという, うずくまって, うれしさ, おひろいでも, おもちゃに, お参りに, お留, かくの, かけて, かような, からだの, きょうは, こういう惨事, こう物語りました, ここで, こちらで, ことごとく一致, このヴェランダ, この事情, この千鶴子, この基礎, この時代, この犬, この社会生活, これまで, こんな場合, さしもこんぐらかった, さつき夫人を, さめざめと, さる悲酸, すっかり仲違い, するよう, せっかくウィーン, そこに, そこの, そのよう, その仕事, その余力, その傘, その友人達, その夫, その子供, その本, その特性, その生理上, その苦痛, その被害者, それぞれに, それと, それにつれて, たこに, たで決して, たとえ数日, たについて, たより上手な, ちちんぷいぷい御代, つきそ, つづけた, では自分たち, どういう身の上, どうした, どうして身, どしどし男子, どんなこと, どんな役目, なぜその, なったところ, なんとどっさりあるだろう, はじめて乳母車, はっきりと, ひきとって, ひとり起き, ひょいとうしろ, びっくりし, ふたたび嫁ぐ, ふと気づい, ほかならぬ, ほんとうに, ぼくの, また何, まだ娘, まっさきに勘定, みんなひざまずい, もって, もの静かに, やって来たと, やや斜め, よかろう, よその, よろこばしいと, わざわざ木曾, わたしを, ゐるの, イソイソし, エドヴィナ伯爵家の, クリストフさん人から, コーヒーを, シューマンと, ソロ, ツウルへ, ナカナカの, パリへ, ビールの, ピアノの, ブダペストから, プロレタリア革命の, マサチウセツツの, マンジ巴と, ロシアは, ロムブローゾに, ローマの, 一つでも, 一人あった, 一人これは, 一人それから, 一人の, 一人全く, 一人居る, 一人起つ, 一人黒い, 一個七銭三個二十銭で, 一夜の, 一尺五寸も, 一枚の, 一番輕い, 一緒に, 七面鳥の, 三四人は, 三四郎に, 三面鏡が, 不幸に, 世には, 世界を, 並んで, 中流階級の, 丸髷に, 久しく耳, 乗りました, 乘つてゐた, 乳母車を, 二つの, 二三人寄っ, 二人と, 二人も, 二人並ん, 二人訪れ, 二度とない, 云った, 五人いれ, 五階の, 交つてゐる, 人形に, 人待つふ, 人間として, 今しとやかに, 今まで, 今日ほどの, 仏文を, 仕切って, 代って, 以前から, 会話の, 何かを, 何で賤, 何となく意地, 何時までも, 使う厠, 來訪を, 保険会社の, 俯向きがちに, 側に, 働くの, 僕の, 先に, 入坑し, 全く人口, 全く片手, 全部子供を, 公判を, 共にめざめた, 其本分を, 内を, 処女を, 出向いて, 出版権を, 出産の, 初めから, 刺繍台の, 前屈みに, 加盟する, 助手で, 勝れて, 十八世紀式の, 千世子の, 千人針といふ, 卑屈に, 卓一を, 単に気持, 危急を, 参加し, 又炉, 反抗的に, 受取ったばかりの, 口外した, 可愛がること, 吉原へ, 同一の, 同様に, 向見ず, 呉服店行の, 問題を, 喋り出すと, 嚥み, 四十六万人少い, 団体的事業に, 国民として, 地方自治体の, 坐臥平常の, 増え利己的, 変に, 外の, 外港の, 多いから, 多いので, 多い場所, 多かつ, 多く出, 夥しく無力, 大きな書棚, 大勢集まっ, 大衆的抑圧を, 天成の, 夫に, 失業したら, 女, 好きだった, 如何に, 妙齢の, 妻に, 始終一人, 姿を, 婚姻の, 嫁いで, 嫉妬にも, 子を, 孫娘の, 安全に, 家を, 家計の, 寄つて, 寝て, 封建性を, 尋ねると, 小さな子供, 小児の, 小野小町花大江千里月という, 少しの, 少数しか, 居た, 居ようより, 居りますぜ, 居ること, 屏風の, 左様な, 市街を, 帰郷後の, 幅廣の, 平和と, 年に, 幾人か, 広岡浅子女史を, 建設の, 弟の, 強姦され, 当時の, 当然の, 彼を, 彼方にも, 待ち構えて, 後に, 御病気, 心から自分, 必ずしも生活欲望, 忌むべく恐るべき, 忍んで, 忘れられてる, 怒りの, 急速に, 性の, 恭しく手, 悲しみを, 情人未央生の, 愛玩する, 憲兵と, 我々の, 戦争の, 戸を, 戻って, 手中の, 手紙を, 抱いて, 持つよう, 指摘した, 控えて, 揚威せる, 支那人の, 政治に関する, 政治演説を, 政治的に, 教へて, 文学に, 文学を, 新聞界で, 日夜名状し, 日本の, 早速私, 明治の, 是非ともお前, 暗愚無, 暮れかかる, 書き残したもの, 望まないで, 望んでも, 東京に, 某青年, 柳腰蓮歩の, 極めて少数, 楽器入りで, 権利を, 樹蔭を, 正夫人, 死に, 死んだ良人, 残酷に, 母たる, 母親と, 毎日家庭の, 毛利元就の, 毛皮を, 気安くまた, 気難かしげ, 求められて, 沢山に, 治安警察法に, 洋服を, 活躍した, 派手な, 浜中屋の, 減って, 滝本の, 漱石氏と, 無体にも, 無教育, 熱心に, 片手に, 物質的から, 犬猫よりも, 独身世界の, 猫も, 玉菊追善水調子, 現れたので, 現われるの, 現実に, 生れた, 生れ出て, 生殖事業を, 生計の, 田んぼ道を, 男の, 男子に対して, 男子よりも, 病人の, 発生し, 登ったって, 登山された, 白帷子を, 皆それぞれの, 相槌を, 真の, 真面目に, 着るに, 短篇小説を, 碧いろ, 社会的に, 社会運動の, 祈願すれ, 私同様眠れぬ, 突嗟の, 突然通常以上, 立ち上った, 立ってたので, 立上らなけれ, 競って, 第一, 答えて, 紅い木の実, 紛失した, 経営し, 結婚し, 続いた, 総出で, 美しい声, 美しく見えなくなった, 耳かくし, 聾の, 肩で, 自から, 自分で, 自叙伝, 自己の, 自然の, 自由党に, 舞台に, 船眩い, 芸術を, 苦しむの, 英国婦人である, 菫の, 著書を, 薄鼠色, 藤蔓の, 衆人環視の, 行けるもの, 行儀作法の, 装ひ, 裸体に, 裾を, 見つかりましたね, 見ても, 見舞いの, 親切に, 解放され, 言う, 言つたのを, 訊いた, 訪れて, 誇り貌に, 警官に, 象牙の, 財産を, 貴婦人といわるべき, 費す労力, 足りないので, 身体が, 輿入れした, 近づいて, 近頃に, 送らなければ, 這入つて, 通りすぎた, 進歩的な, 遍く負う, 遙に, 都て, 醜業婦を, 銀の, 錦繍の, 長いこと岸本, 長い白絹, 長く煩っ, 門の, 附き添い絶えず, 隣り合って, 雪子と, 青年の, 青春への, 静かに, 鞠の, 頸動脈を, 顔に, 養鶏を, 馬場裏の, 驚くべき特殊能力, 高野山に, 髮でも, 黒い塊, 黒い目, 鼻の

▼ 婦人~ (688, 4.7%)

14 して 7 妻と 6 見て, 見ると, 連れて 4 尊敬する, 殺して, 紹介し

3 [11件] 争って, 云ふ, 妻に, 彼の, 描いて, 相手に, 細君に, 見た, 見たこと, 見出すと, 解放する

2 [36件] こめて, さがして, その中, つれて, みつけた, もって, 介抱し, 侮辱する, 働かせるため, 堕落させる, 家庭教師に, 必要と, 思い浮べた, 想像する, 手に, 放せ, 求めて, 浚って, 狙って, 男子と, 目し, 知って, 知ること, 私は, 裸体に, 見かけたこと, 見つけること, 見ても, 見るに, 観察する, 訪ねて, 誘って, 讃美礼讃し, 貪り候段, 迎へて, 送って

1 [532件 抜粋] あごで, あなた様には, あのよう, あわれみ子供, いたはる, いとしい女性, いよいよ変った, いんぎんな, おそろしい差別待遇, おとずれて, おれは, お救けなさっ, お泣かせなすった, お産の, お近づけ, お連れ, かかえて, かつて芝居, けたおしその, この社会, これへ, さがしだして, しけこませてから, しげしげと見送った, すくったが, すてた時, そうして隠し, そそのかして, そのまま放っ, その天与, その貞操倫理, たずねよとは, ちょいちょい見受ける, つけねらふ, とらえて, どういう名前, どうかと, どうとり扱っ, ながめた, なくしよう, なだめながら, なにか口汚く, なんと見る, のぞいた精鋭, はげしくつきのけました, はじめ東北の, ばいづく, ひきうけて, ひょいと見た, まざまざ読者, また元, また生産者, まねるありあるいは, みて, めがけて, めとりて, もう一度見たい, もらい受けて, やめた, やめるため, ゆくゆくは, よく宥め, パトロンヌとして, モデルと, 一人も, 一人歩かす, 一人輪の, 一人選ん, 一名加うれ, 一室の, 一時實母の, 不姙, 不安に, 中心に, 主と, 主人として, 乗せた輿, 乗せた馬車, 乗らせて, 乘せた, 予の, 争ったなどという, 二三人お供に, 交えて, 人工的の, 人間として, 今日は, 仏の, 代表される, 仮りに, 伴うて, 伴つて來た, 作るまい生涯, 使うより, 侮辱し, 促して, 促しました, 促すの, 俄かに, 保護する, 倨傲な, 健康な, 傍に, 傍へ, 先に, 先覚者として, 先頭に, 共通に, 其の生涯, 兼併する, 内に, 冷遇する, 凝視ながら, 出して, 切害し思ひ懸ぬ, 別室に, 制圧し, 前に, 助くるは, 助けその, 助けたところ, 助けること, 助けるという, 助けるもの, 助ける元気, 勦り, 包んだ, 包容し, 区別し, 厭ひ, 友人と, 取り扱う掛り, 取扱うこと下婢, 口説いたが, 古い記録, 召しかかえたその, 台所から, 各方面, 同伴し, 含む, 含めて, 含んで, 周囲に, 呼びすてに, 呼びに, 呼び出し友人, 呼ぶの, 呼附け, 喜ばせるもの, 嘲笑する, 囲みて, 囲んで, 土芥視し, 圧え, 堅固に, 外妾の, 多く引入れた, 大いにまごつかせる, 夫人に, 女房として, 好まない性質, 好んでも, 如何とも, 妻妾に, 妾に, 娶ったが, 娶って, 娶り北, 娶り千七百十六年同地, 娶り身, 娶るは, 婦人一般として, 宅へ, 完全に, 実力に, 実質的に, 家の, 家へ, 家庭の, 家庭へ, 家政から, 家族の, 容疑者と, 寄生者と, 寝ませおきたる室, 対手の, 対象と, 対象として, 封建的奴隷的文化に, 尊しと, 尊敬しない, 尋ねて, 尋ねにかと, 少しは, 崇拝した, 巧に, 帰しその, 帷として, 平和の, 店の, 座敷へ, 引きて, 引入れて, 引出して, 引出だせ, 引受けたらよい, 引張込んで, 強奸, 強迫的に, 当て込んだ某社, 彼に, 彼女らの, 待ちかねて, 待って, 待つと, 後に, 後目に, 得たこと, 得られたとしては, 御し諸侯, 御娯, 御存知で, 心配そうに, 応接室に, 思い出した, 思わず身ぶるい, 思わせる, 思出し, 怪しみ見るに, 悩ますこと, 惣次郎から, 惨殺し, 想い出して, 想い浮かべた, 想わせるよう, 想像し, 想像した, 愉しく又, 意味した, 意味する, 愚に, 愛したという, 愛しますかと, 愛するという, 愛せざるを, 感嘆せし, 憎む, 戒めて, 戒めるつもり, 戦争に, 手ごめに, 打擲し, 打見遣りつ, 扱って, 扶けて, 抱いたなり, 抱え上げる時, 抱きかかえて, 拉きつ, 拉し来っても, 拒んで, 招いて, 招きまして, 指さしながら, 指さす, 指したもの, 指して, 指しては, 指差し, 指揮し, 捜索し, 掠めたとき, 掴む真似, 揃へて, 描いた画, 描いた良い, 描くとき, 描く点, 搾取し, 撫でながら, 擁して, 擧げて, 救えり, 救ひ出す, 救ふこ, 教育する, 教育界宗教界評論界等の, 教訓する, 敢て, 敵に, 斬り殺して, 新たに, 日本で, 旦那, 晩餐の, 暗く不幸, 曳いて, 書いたとこ, 最も尊敬, 最も近く, 最後に, 最後の, 本当に解放, 束縛する, 案内し, 極力避け, 横取りしまし, 機械と, 歓迎する, 正式に, 死に到らしめた例, 残して, 殺ししかも, 殺すよう, 求む仕度不要再婚, 求む子供二人, 求める眼色, 沢山に, 洋行させる, 浅ましい肉的一方, 深いところ, 準備し, 無能に, 無闇に, 爭奪する, 物色し, 狎れ狎れしくかき, 狐と, 狭い暗い小路, 獲得すべしだ, 現わし, 理想として, 生む条件, 生命の, 生意気に, 生涯もしくは, 男と, 男への, 男子に, 発見せり, 発見調査の, 白い眼, 皀莢滝の, 盗み去ること, 目ざまして, 直ちに離婚, 直接間接に, 相手と, 真中に, 眺めた, 眺めました, 眺める眼, 睨めて, 睨殺し, 瞥見せる, 矢代の, 知つてゐた, 知つてゐる, 知らうと, 知らないで, 知りたくて, 示して, 示す, 神聖視する, 私の, 窺う曲者, 立てる習慣, 笑わせるの, 細君として, 紹介する, 組織し, 組織する, 絞殺し, 絞殺した, 維持し, 網羅し, 縛りつけんと, 置きました, 罵って, 罵る, 美人と, 美術学校の, 背後の, 膝行軌に, 自分の, 自動車に, 自室に, 自己の, 舞踏場で, 舟釣りに, 苦しめたか, 苦しめた国, 苦めた, 茨城県, 荷車に, 蔵匿って, 街頭サークルに, 表したの, 襲うたもの, 見かけたもの, 見かけて, 見かけると, 見ずに, 見せては, 見たかも, 見たと, 見たといふ, 見たもの, 見た瞬間, 見つけて, 見つめながら, 見ない, 見に, 見ぬと, 見よ彼, 見るもの, 見る度, 見上げたまま, 見付けて, 見付出した, 見出した, 見出したから, 見出したこと, 見出したの, 見咎められずやすやす, 見失った彼, 見失って, 見抜いた眼力, 見掛けた, 見舞って, 見馴れたから, 視た, 視つめた, 観たこと, 観察した, 解放し, 解放しなけれ, 解雇する, 託した, 訪れたこと, 訪れると, 訪問し, 訪問できる, 誘ひて, 説諭しよう, 読者と, 読者の, 諸君が, 識別する, 警しめ, 責むることはなはだしく, 責むること甚だしく, 責むるの, 貰った, 賞し衣服煙草, 贔屓する, 蹂躙つ, 軽蔑し, 軽蔑する, 載せたるが, 載せたる車夫, 迎えて, 迎え入れた, 返して, 迷路に, 追い廻しても, 追懐する, 追駈けた, 退化した, 送り出して, 透して, 通りすがりに, 連れたアンドレ, 連れた二人, 連れ出だし, 遇する新しい, 遠ざけて, 選んだ, 選んだという, 配したところ, 重んずるの, 重労働に, 長椅子に, 門の, 除くのほか, 除外する, 階下へ, 随えて, 集めて, 雇うよう, 非国民扱いに, 預かるには, 頭に, 頽廃せしめ, 顧た, 馬から, 馬車の, 馬鹿に, 駆りたてて, 鼓舞する

▼ 婦人~ (640, 4.3%)

15 して 8 比べて 6 向って 5 あっては 4 なって, 對し, 手を

3 [13件] なること, 主君なし, 参政権が, 参政権を, 向かって, 向つて, 声を, 對する, 就いて, 於て, 相違ない, 礼を, 近づいて

2 [43件] あるよう, いたずらした, いった, こんな美事, しても, なったという, なろうと, 与う, 会えば, 会った, 伝えて, 共通な, 出版権を, 出逢った, 取って, 同情し, 向っても, 向て, 固有の, 変ず西湖岸上婦身, 多くの, 宛てる手紙, 就て, 愛の, 愛着する, 懸想し, 扮する場合, 比して, 特有な, 眼を, 経済法律とは, 自分の, 興味を, 見えた, 見せるの, 逢ったの, 逢ひ, 違いない, 邪慳に, 限った事, 限つた事は, 限られて, 齎らした

1 [469件] あいさつを, あげること, あずけ決して, あなたは, あひ, あまねく行われる, あまり空望, あらず, あらねど, ありがち, あるまいからな, ある疑い, いたっては, いびり殺されて, おくる言葉一枚, おつかわし, おもいやりの, お会い, お目, お礼を, お許し下さい, お辞儀を, かかわるあらゆる, かぎるの, かわって, きかせるため, くらべて, くわれたと, こう言いました, このよう, この家, こんなこと, させること, さまざまの, さわるべきでは, しては, しばしば見る, しろ幸, しんから, すぎん, すっかり眼, そういう不料簡, そういう注文, その主張, その子女, その時代錯誤, それから, たすけられるよう, たずねた, たばこを, たまたま見かける, ちが, ちょっと会釈, つかまりましたの, つながる一行すべて, つれられて, できて, ではなぜ, とつて, どうか今夜一晩, どうしてそんなに立派, どんなもの, なってもという, なにかたづ, なにかふしぎ, ならねば, なりすまして, なりたがったり, なるであろうと, なると, なるの, なるべき素質, なるよう, なれると, なろうなどと, ばけて, ひらかれて, ふさわしい仕事, むかしの, むかって, むかつて, むけられて, やさしいが, やって, ゆづつてやつた, よくある, よく似た, よく見る, よく話, よびかけた, より実際的, わしは, わたした水色, クラウデは, ノートを, ビールを, ブツカリそうに, ベルナアルさんは, マイクが, 一つの, 一任されてる, 一年間芝居へ, 一条路出会わね, 一礼し, 丁寧で, 七去, 七去と, 三従の, 下す判断, 不作法で, 不利であった, 不利な, 不品行を, 不躾な, 与えられました権利, 与えられるだけ, 世話を, 事る, 二人の, 二言三言話しかけ, 云つてやつた, 人間らしいひろや, 仏蘭西人の, 仕ふる, 仕立てて, 仕込んで, 代つて發, 会いその, 会いに, 会いました, 会い一度, 会うこと, 会つた, 会ふ, 会わんため, 伴われて, 何か, 佛蘭西語を, 傍近く誰か, 傳はる, 働くこと, 先ず第, 入れられると, 全く欠け, 冷淡な, 出会いし時, 出会いその, 出会つた事が, 出版の, 出産前二ヵ月出産後二ヵ月の, 出産前後三ヵ月から, 出産前後四ヵ月の, 出逢, 出逢いました, 出逢ったから, 出遇ったそれ, 分娩させる, 分担せしめたる, 初めて逢った, 別れた私, 刺繍し, 加えたという, 劣らぬ優秀, 劣らん, 勧むるに, 包囲され, 化けたとしても, 十分の把握力が, 参政権の, 参政権は, 及ばないとか, 友情を, 取つて, 取りすてて, 取りて, 受の, 叮嚀に, 可能な, 叱られながら, 右の, 同情す, 向いあうと, 向いその, 向かってさえも, 向けた手紙, 向けて, 向けられる失業, 向っての, 向っては, 向つてあなた, 向つて何事, 向ひ, 呼びかけられた, 呼び止められた, 唾を, 問われて, 喜ばれる風, 困難な, 囲まれて, 在っては, 在りと, 塗りつけたるもの, 変な, 多い, 多い肥満型, 多い見栄, 多し第, 大丈夫だ, 奨励される, 好かれたいという, 好き者あれ, 好まれるよう, 妊娠分娩という, 妙な, 嫌疑が, 子を, 宛て送るつもり, 実効の, 家庭を, 宿を, 寄す, 寄語す, 寸分の, 尋ぬる, 尋ねました, 尋ねる理由, 就ては, 師事する, 幾何の, 座席を, 引き合わされて, 強い思慕, 影響し, 彼が, 彼の, 征服され, 従ひ, 得票を, 御不自由, 御座候, 御目, 徳市を, 心あたりも, 心を, 必要な, 思いを, 思ひ付かれしこ, 思想という, 性的知識が, 恋しました, 恋の, 恐怖を, 恥を, 悪いこと, 惚れます, 惚れられようなんと, 惹かれようと, 愛さるべき, 愛される, 感心し, 慕われるなんて, 戯れか, 戯れた状, 戯れる実例, 戯れ肉慾, 戯言を, 戻ったが, 手ひどい悪評, 手渡しした, 手綱を, 手蔓が, 手錠を, 扮装し, 投票が, 抱きかかえられつつ, 抱きついては, 抱き起されそのまま, 抱へ, 招かれても, 持たれた腕, 持長じられる, 挨拶し, 捜出だされん, 接しない, 接するは, 接吻したる, 接吻は, 接近し得る, 支配される, 教えしごとく彼, 教えられるの, 教えられる文字, 敬愛され, 敵対し, 文学が, 文学を, 斯る, 新しい意味, 於ける性, 於ても, 普通なる, 有害なり, 望みを, 期待した, 期待する, 東京の, 欺かれたらしいので, 比ぶれ, 比べたら實, 比べてずゐ分劣つて, 比べられる様, 比べれば, 比較し, 気づくと, 求めて, 求められて, 決して熔鉱炉, 決して適当, 注意した, 注目を, 洩らさず, 浮いた噂, 渡したとき, 渡った, 渡つた, 無限の, 物語つてきかせた, 特に有利, 特有の, 独立自営の, 現に意, 理解や, 瓜二つと, 甘いの, 甚だしい不利益, 生ませた子, 生まれられた事, 用いられて, 用を, 由て, 申しますと, 畏敬の, 盛んに, 監督され, 目が, 相当の, 祝品を, 禁じながら, 私は, 移るの, 空気と, 突然に, 窮地に, 立ち超えて, 粗野だった, 糾して, 紹介される, 経済的独立の, 絶縁の, 縋りついた, 縋りついて, 美人少く, 耳打ちされ, 聞えよがしである, 職業が, 聽き, 背中を, 自覚せられ, 至当なる, 至当の, 苦々しい思い, 菩薩相という, 葡萄酒を, 蔑まれまい為, 血の, 行きあった, 裏を, 褒められたの, 褒められたらもう, 褒められないと, 要求する, 見えそう, 見えて, 見える女性, 見える西洋画家, 見せると, 見つけられること, 見られたらびっくり, 見られるの, 見るよう, 見る範疇, 見出しがたい, 見出すの, 見紛, 親ま, 親友の, 言い寄るよう, 言葉を, 許された, 話しかけなければ, 話して, 語りて, 語り玉, 読ませるという, 読まれたいため, 読まれたいと, 読み考へて, 読書を, 課したる特殊負荷, 貞操を, 負うて, 財産を, 資力なき, 赤ん坊を, 足を, 軽佻とも, 辛い生存事情, 近づき得るなど, 近づくの, 迷いまして, 迷うなんて, 迷ったかを, 逢う, 逢うても, 逢った事, 逢って, 逢っては, 過ぎませんでした, 過ぎませんでしたし, 違なかっ, 違ひない, 適さぬこと, 適した職業, 適す, 適す宜しく, 選挙権などは, 邂逅せん, 邂逅った, 酒を, 重く苦しい現実, 金の, 鋭い観察, 閉目させる, 関した材料, 関係ある, 関係する, 關係は, 附随する, 限ったこと, 限ったわけ, 限って, 限らず男子, 限らず美しい, 限らず誰, 限りますな, 限るなど, 限るの, 離婚の, 青年の, 非らず, 靠れながら, 頼まれたん, 頼まれて, 類するもの, 飛びついて, 食べさせて, 養はれました, 高い教育, 黒衣を

▼ 婦人たち~ (610, 4.1%)

7 の間 5 がその, のため, の中 4 のうち, の生活, はそれぞれ 3 の心, の胸, はいずれ, はこの, は何, は自分たち

2 [32件] が, がこの, がそれ, が参加, であった, との関聯, のあと, のこと, の作品, の前, の大, の姿, の手, の手遊び, の数, の文学, の発言, の目, の眼, の集り, は, はあなた, はただ, はどう, はなに, はまだ, は今, は彼女たち, は果して, は特に, は着物, を前

1 [494件] からは衣類, から放れ, から種々, から自分, がああ, があるだろう, があるで, がい, がいくら, がいずれ, がいる, がきょうはいちよう, がこういう, がこしらえ, がこまごま, がこれ, がこれから, がすべて一様, がすわっ, がそう, がそういう, がその後, がそれぞれ, がそんなに, がたくさん, がだれ, がどっさり, がどの, がどんな, がどんなに, がはじめて, がひと, がひとり, がますます, がまたもや, がむら, がむらがっ, がよむ, がボンボン, がルッソー, が一夜, が一種軽蔑, が世界, が丹誠, が人体, が人気, が今更, が仕事着, が仲人夫婦, が何ん, が何万人, が何人, が全く, が出, が切実, が動坂, が参政権, が参政運動, が司令官, が各自懷, が唯, が四五人熱心, が四年, が団体的勢力, が国際婦人デー, が報復, が多い, が多少, が姙娠中養生, が姦しく, が婦人問題, が安穏, が実際, が小さい, が小屋, が少し, が少女, が居る, が工場, が平和, が幾人, が彼女ら, が心から, が悲鳴, が手, が手紙, が挙っ, が提唱, が文学, が文芸, が日々, が日本, が早, が早く, が次次, が欧州戦争, が毎日, が民主平和, が泣き叫ん, が洋画, が熱烈, が特に, が現れた, が現代, が現在, が甚だしく, が発起人, が相談, が窓外, が腹癒せ, が自分, が自分たち, が自由自在, が自身, が若い, が著しくよい, が虚礼廃止, が見た, が解放, が話し, が話してる, が近, が這入, が進ん, が遅れ, が選挙運動, が長い, が闇, が麻, さえも夜中会堂, さえ杖, さえ端近く, そのあでやか, だけで, だけでやりとおした, だけで城壁, だけの思い, だけを鼓舞, だつたが, だのに, だろうか, である, であるの, でなければ, ではない, で埋った, という一般性, とがともに, として性, とはちがっ, とはまるで, とは勿論, とは根底, とは自然別々, とよばるべき, と並ん, と共に実感, と同様, と善光寺, と団結, と盃, と芸者, と話, と話し, と農業, にこそ適評, にし, にしろ, にせがまれ, にたいへん, にだけ船, についてもそれ, について來, にとってかつて, にとってそういう, にとってどんな, にとってもおくり, にとって成果, にどの, になお, になぐさめられよう, にはその, には与えなかったろう, には影響, にも心から, にも招待, にも見せ, によって愛玩, によって関東婦人同盟, による統一戦線, によろこばれるだろう, にスピーチ, に何, に共通, に勧告, に参政権, に及ぼし, に向, に向っ, に対してもその, に対してケイ女史, に対して一般, に対して不満, に必要, に手, に抗議, に支持, に文学活動, に次, に比べ, に淡島様, に私, に英仏, に血道, に見張られ, に訊問, に音読, のあいだ, のある, のいわゆる, のうつ, のかいがいしい, のかがやかしい, のぐるり, のその, のだれ, のところ, のどんな, のなか, のはしゃいだ, のほう, のほか, のほとんど, のまんなか, のもっ, のもの, のやがて, のイギリス, のグループ, のレエス, の一, の一度, の一日, の一生, の一票, の一群, の一隊, の上, の会合, の会話, の体力, の先生, の内, の初夏, の努力, の勇気, の医療斑, の善意, の嘆き, の団体, の声明, の多数, の女性解放, の好奇心, の実行, の就職, の徒労, の怜悧, の性, の悲鳴, の慰み, の成長ぶり, の或, の投票, の提案, の教育見識そのもの, の文学志望, の文章, の方, の暮しぶり, の服装, の期待, の本能的, の様子, の横顔, の歓喜, の殘, の民主的, の生一本, の生涯, の目ざめ, の目色, の短, の石塔, の社会生活, の社会生活条件, の社会的地位, の神経, の精神, の給仕, の統率, の絵, の美しい, の群, の自由, の自発的, の苦しい, の視線, の言論, の話, の誰, の賛成, の贔屓目, の踊, の身, の遊び, の運動, の配る, の鏡台, の関心, の頸, の顔, の香料, はあくまでも, はあの, はあわれな, はいまにも, はいわばさっぱり, はここ, はこん, はさっと, はさらに, はしばしば, はすべて因習, はその, はそれぞれ適宜, はだれ, はちっとも, はちょっと, はどうして, はどの, はなお, はなまめかしく, はなんと, はひと, はひとかたならず, はひとごと, はひろ子, はふさわしい, はみんな, はめいめい, はわし, はわたし, はガラス扉, はキリスト教教育, はゲルタ・フォン・リンリンゲン, はシーン, はメグ, は一しお, は一斉, は三十二名, は世, は両手, は主, は主として, は人民, は何とか, は何十万, は保守的, は先, は先頭, は全く, は其, は初めて, は勿論, は医学, は十月革命, は参政権, は口, は呼鈴, は団体的, は国際民主婦人連盟, は壁煖炉, は夕闇, は外出, は天皇, は失念, は女, は子供たち, は学問, は工場婦人, は強烈, は彼, は彼ら, は従来, は忽ち, は戦争ちょう発, は接続, は政治的, は文化生活, は旅行, は時代, は時節柄, は暑, は最後, は期せ, は梁, は極貧, は歴史, は男子, は男性, は皆ハイヒール, は矢代, は知らず, は社交上, は私たち, は第, は等しく, は腰かけた, は腹, は自然, は衒気, は読者, は談話, は車座, は途方, は遙, は隈取り, ばかりで, への遠慮, へもっ, までが血, も, もある, もいます, もさわざ, もその, もそのまま, もそれぞれ元気そう, もどしどし, もほんとに, もまた, もみんなそれ, もめきめき, もスミス老人, も三分の一, も二十五年昔, も大分, も大抵, も少なから, も文化生活, も日本, も相当, も遂に, やわたし, や少女たち, よりともかく, よりも教育, より一層確り, よ十分水, をおそれさす, をお客, をかえって, をさし, をし, をひき入れた, をびっくり, をみこ, をめぐる, をもっと, をよん, を一つ, を一人一人, を一巡訪問, を中心, を中田, を再び, を刺戟, を包括, を卒倒, を在来, を安全, を忘れ, を恥, を招待, を様々, を生産面, を目標, を相手, を茶話会, を訊問, を訪ねまわった, を連れ, を面白

▼ 婦人作家~ (439, 3.0%)

11 の作品 7 の活動 6 の中, の歴史 5 の擡頭 4 というもの, の生活, の研究 3 が女, のこと, の上, の多く, の大, の文学, は一人

2 [32件] があなた, がある, がこういう, がどう, が出, が擡頭, が数人, が活動, が男, であること, です, という, というの, としてこの, と文化活動, によって書かれた, の, のあり, の一人, の女たち, の存在, の新しい, の書いた, の生き, の社会性, の誕生, の誰, は, はその, はどう, はどんな, は男

1 [307件] いろいろある, から入っ, が, があっ, があった, があっただろう, があつまり, があらわれはじめた, があるでしょう, があれ, がうたう, がくりかえす, がこの, がそういう, がその後, がどういう, がどんな, がまとまれ, がむしろ, がもう, がもし, がやがて, がアナーキスト仲間, が一人, が三十何枚, が世帯, が二人, が二階, が人間, が何故, が出現, が加わっ, が動物, が大変, が子供, が家庭, が将来, が少し, が少なから, が属し, が幾人, が彼等, が情痴, が持っ, が振, が日本, が書い, が最近, が概して, が様々, が片っ端, が現れなかった, が示さなかった, が社会性, が社会生活, が社会的感覚, が筆一本, が自ら打破, が自由, が色恋, だけがさながら, であった, である, ですね, でその, でなくては, ではその, では私, では野上彌生子氏, と, ということ, という分け, という職業, という言葉, といえ, といわれる, とがどう, としてあらわれ, としてあれ, としての出発, としての彼女, としての悲しみ, としての新た, としての特徴, としての生活, としての短く, としての稟質, としては懸命, としては珍しく, としては社会現象, としてプロレタリア文化, として一定, として出現, として地味, として彼女, として成長, として持っ, として文学, として日常, として最も当然, として活動, として片隅, として特徴的, として独自, として生き, として社会的条件, として立っ, として経, として自分, として自身, として誇るべき, として誕生, として誰々, として近頃, として重き, として重大, として野上彌生子, とその, とちがっ, と作家, と横, と男, と異, と窪川稲子, と答えた, と総括, どころか文学者全体, なら誰, にしか描けない, についての感想, についてみれ, についても現れた, について云われた, にとってそんな, にとっても前進, にとってより, にとって歴史, にとって記念, にとりあげられた, には全く, にもたらし, にも見られる, にも限られた, によって最も, によって芸術至上, に与えられた, に共通, に向っ, に対して不公平, に対するゆとり, に川上喜久子, に或, に未来, に珍しい, に社会性, に関する社会的, に限らず, のうち, のおくれた, のおちいり, のかたくるし, のことかい, のこと月報, のそういう, のその, のため, のところ, のなか, ののこし, のもの, のクォタリー, のグループ, のジョージ, のレベル, の世の中, の世界観, の今後, の今日, の仕事, の他, の会, の低, の出た, の出発, の前線報道, の創作態度, の助手, の努力, の名, の問題, の報告的文章, の境遇, の女, の女らし, の実にこまごま, の小説, の座談会, の性格, の性質, の悲しい, の成長, の或, の所謂女学生, の手紙, の数, の文学業績, の文学的前進, の昨今, の歩みぶり, の殆ど総て, の気質, の永い, の活躍, の片隅, の特長, の独特さ, の獲得, の生きぬかなけれ, の生れ, の生活態度, の社会, の立場, の紹介, の胸中, の行く手, の表情, の質, の通ヘイ, の運命, の階級作家, の随想, はいつか作家, はいつも, はいなかった, はおそらく, はおのずから, はこういう, はこの, はそれ, はちっとも, はみな少女時代, はもんぺ, はよい, はプロレタリア作家, は何, は何故, は作品, は作家的経験, は全く, は初め, は半ば封建, は女, は婦人, は嶮, は当時, は思いがけない, は樋口一葉, は次第にはっきり, は殆ど, は永年, は深く, は自身, は良人, は苦しみました, は諸, は輩出, は過去, への苦言, への課題, までもその, もその, も今日, も南, も外界, も書かなかった, も書く, も来た, も正しい, も社会性, や女, よりも進展的, らしい匂い, らしくない, をこめ, をそこ, をその, をふくむ, をもこめ, をもたね, をチャンピオン, を並べ, を主, を出した, を協議員, を報道活動, を強大, を生み, を生み得る, を生活的, を知らなかった, を育てあげ得る, を見つけ出そう, を誘い出し, を送り出し, を送り出すでしょう, を集め, 実にかい

▼ 婦人~ (422, 2.9%)

11 文学 8 一緒に 5 結婚し

3 [11件] いうよりも, いっしょに, いっても, 云えば, 同様に, 子供の, 文学との, 文学の, 結婚した, 結婚する, 農婦

2 [28件] いえば, その婦人, その良人, なって, なること, 一人の, 一所に, 云うの, 云ふ, 交際する, 今の, 何か, 余と, 同じやう, 同棲した, 小児の, 小児は, 水を, 現実の, 申しましても, 知り合いに, 職業との, 自在に, 見える, 話して, 話を, 赤の, 顔を

1 [309件] あっちで, あとに, あなたは, あわよくば初, いうに, いえども, いつしよ, いつて, いへども, いへば, いわねば, いわれる女, お二人づれ, かわす言葉, きちんとした, きて, こう並べる, この二人, この方, この男, さっき団長に, す, すること, その父親, その附添, それからわたし, それから岐阜提灯, それに, それは, ちがって, でした, です, とって, なす, なった, ならいくら, ならないよう, なりうるの, なりぬ, なり兼ねて, なるに, ぱったり視線, ひどい争い, ほとんど同じ, ぼんやり顔を, まんざら見知らぬ, やはり純白, よく話した, よばれる若い, よぶ, わかくて, わかつて, アンドレェという, ゴジッコンを, ロンドンの, 一晩を, 一緒であった, 一緒な, 一言も, 三人で, 三十過ぎの, 並んで, 中学生女学生も, 主人の, 久しぶりで, 乗り合わせた, 乞食と, 二人だけ, 二人で, 二人の, 二十六七の, 云い交したこと, 云うべきであった, 云うもの, 云う対象, 云っても, 云つた, 云ふも, 云へば, 云われる人々, 五つぐらいの, 五年間の, 交わる可能, 交渉を, 交遊, 今更結婚, 代々木初, 仲が, 会ったならますます, 会見し, 伸子とを, 何の, 何ら關係, 作家の, 信濃丸の, 傍きの人には, 僕との, 僕等との, 先刻銀行で, 児童の, 全く変った, 共々諸事, 共著に, 其の娘, 其處に, 動物学者, 十五名の, 協力し, 同じく不幸, 同じく何かしら生活, 同じよう, 同じ悩み, 同じ母, 同一の, 同棲し, 名づけて, 名附ける, 向きあ, 向ひあ, 君は, 呼ばれるに, 呼ばれる方, 喧嘩する, 四五人の, 四人で, 大学教育, 大柄で, 天才の, 夫婦に, 契ったり, 女の, 女の子とを, 妹が, 妻が, 始めて物売り, 娘との, 娘とは, 娘荷物運搬人が, 婚約が, 婦人との, 子どもの, 子供, 子供から, 子供が, 子供たちの, 子供である, 子供とだけが, 子供との, 子供を, 子供許り, 家内が, 家庭の, 家庭男子とばかり, 家族から, 対ひ, 対談だ, 小さい人, 小児とともに, 小児を, 少女なぞは, 工場の, 帰って, 幼な, 弁護士との, 弁護士の, 引き合わせると, 御楽, 微笑と, 心中された, 心中しよう, 心易く, 思つた, 思はれたが, 思はれる一人, 思へば, 思われて, 思われるワンピース, 思詰め, 恋に, 恋の, 恋を, 恋愛に, 情死を, 情死事件などを, 慎ましく住ん, 成りたい事, 我が故国, 所謂普通の, 手を, 技術を, 拙者とが, 接近など, 描く聰明, 握手する, 政治, 政治の, 政治的自覚について, 数年この, 文化の, 文化創造, 文学という, 文学とに関する, 新社会, 日本婦人とは, 早苗さんと, 明かに, 智力, 智識を, 木兎とは, 校服を, 検校とが, 歌い手の, 正式に, 死んで, 母との, 比べても, 比べれば, 気持よく, 混じて, 烈しくいい争っ, 無数の, 父親との, 狙いを, 瓜二つで, 甘ゆる心, 生れた事, 生後十ヵ月の, 生活, 産児, 甲板の, 男子の, 異い個人, 異つて, 異らない, 登山, 登山とについて, 直接に, 相対する, 相親, 眼鏡を, 睦びかたらふ義, 知る由, 知合いに, 社会, 私と, 私は, 科学, 竹刀を, 細君と, 結婚するだらう, 結婚でも, 縁の, 老人たった, 職業の, 職業結婚家庭生活の, 肩を, 胃カタル婦人と, 背の, 脣づけ, 腕を, 自分と, 自分は, 若い男, 茶卓を, 荒くれ男どもとは, 行き死んで, 被害者の, 西山さんとの, 西洋諸国の, 見えるね, 見ま, 見れば, 見受け申すして, 見当を, 親しくなっ, 親しく相並ん, 親しむ権力, 言へば, 許嫁の, 話したいと, 話す場合, 話す自分, 認めます, 語って, 読書, 読書の, 読物, 諜し合わせ, 踊り狂へる, 轢死婦人とが, 通弁が, 道徳, 違いラサ府, 違うこと, 選ぶ所, 選挙活動の, 関係が, 関係遊ばし, 隣り合せ, 雖もか, 雨, 青少年との, 青少年の, 青年たちの, 青年とが, 青年の, 非常に, 面てを, 面会する

▼ 婦人雑誌~ (250, 1.7%)

11 の口絵 4 の表紙, の記者 3 の頁, はどれ, や新聞

2 [11件] です, で名, で婦人, というもの, などの甚だ, なんか私, に連載, の, のこと, の編輯, を持っ

1 [200件] から遠く, か新聞, が, がそれ, がただただ, がとりあげる, がなくなる, がトルーマン当選, が一見実に, が七八冊, が主張, が何, が催した, が出るでしょう, が婦人, が専門学校, が届いた, が山, が彼, が恋愛, が扱った, が欲しい, が特別附録, くさいしめっぽさ, じゃある, でいう, でしょうか, でたった, ででも読んだ, ではあった, では女, では某, でも古く, でも扱う, でも社長, で典型, で学んだ, で思いがけない, で百貨店, で石油, で精力的, で職業婦人, としての思想上, として可愛く, とによっ, との存在, との相互的関係, とは同一, とプロレタリア婦人雑誌, と競争, どんどんとる, なぞをこっそり, などかな, などがつみ重ねられ, などでこれ, などによつて巧, などに出, などの云う, などはいずれ, などはその, なんかで, に, にかう, にそんな, について, にでもどう, にのせられた, にはない, には可, にも長編小説, に一任, に何だか, に写真, に出, に出さなけりゃならないでしょう, に出された, に出る, に子, に対する態度, に小説, に屡々, に彼, に掲載, に撮影, に書かれ, に書きたい, に最も, に法学博士三潴信三氏, に読みふけつ, に資本, のおわされ, のため, のやう, のやり方, のよみ切り小説, のリスト, の一つ, の一ツ, の上, の中, の低俗さ, の例, の保守的傾向, の傾向, の全, の内容, の写真, の包括, の化粧欄, の原稿, の口絵写真, の告白物, の問題, の地方, の売れる, の実話, の対談会, の封建的, の小説, の巻頭挿画, の広告, の座談会, の座談会記事, の恒常的読者, の数, の数十頁, の文化発展, の新, の新年号, の書き立てる, の氾濫, の流行, の浮立った, の特徴, の独占地域, の第, の経営上, の結婚専門雑誌, の編輯人, の編輯室, の編輯暦, の編輯者, の記事, の記者崩れ, の訪問記者, の誕生, の読み物, の資料, の資格, の質問, の趣味, の連載物, は, はいけない, はその, はそれ程, はただ, はわれわれ, は争っ, は取り, は同一, は殆, は殆ど, は決して実際, は特種, は結婚, は編輯暦, へつつましい, へ出ない, もある, やラジオ, やラヂオ, や三越タイムス, や地方講演, や活動写真, をひろげ読ん, をみ, をよむ, を並べた, を二冊, を二種類, を借り, を売る, を対象, を拡げ, を末起がなに気, を求め, を発行, を眺め出した, を経営, を見たら, を読む, を読め, を読ん, を貫い, を買おう, を買っ, を通じて煽動, を開い, を鞄

▼ 婦人~ (206, 1.4%)

7 ある 3 嫌ひであつ

2 [13件] あった, あったが, あつた, いる, この近所, またこの, また男子, 一斉に, 共に二三人, 婦人の, 案外初心, 男子と, 降りて

1 [170件] あって, あの劇労, ありました, ありましょうが, あります, ありますし, あり得まい, あり新, あること, あるといふ, あるので, あるもの, あるらしいが, いかに寄る, いずその, いつの間にか衣服, いま悲し, いるん, おどろきに, おりあるいは, おる, こっちで, この地, しとやかに, し艶, すべて私の, その和ら, その尾, その時, だんだん男子, どこかの, どっさりあります, ないで, ないとは, なかなかの, なかなか負け, なんとなく連れ, また, またその, また一個, また二月革命後, また代表, また子供, また払った, また親し, また選挙権, もっともっと出なけれ, やはりかれ, やはり社会, やはり複雑, よろこんで, ジョージヤ人の, ブルも, ママゴトに, メッタに, 一人ぐらい, 上半身を, 之を, 乗って, 今ま, 今少し, 今度田舎の, 代議士に, 何かの, 何となく婦人, 何時の間にか衣服, 働く, 兄も, 全く同じ, 公民権を, 共に瓦斯中毒, 共に相当, 出た, 初めて文学, 別れを, 加わって, 助かったの, 勇敢に, 化生の, 千夜も, 参政権を, 同じでした, 同じよう, 同様である, 同様に, 名が, 唯恁, 商売を, 多い, 多いの, 多かった, 夢では, 大使館関係の, 娘と共に, 婦人と, 字が, 安心し, 定めて, 実に進退谷, 家庭外に, 少しも, 少なからず, 少なくは, 居て, 居るの, 岸本に, 帽子と, 幾人か, 彼と, 彼処にこそ, 彼女たち一人一人が, 彼女と, 御一緒, 御同様, 必ず大, 思案に, 慎ましい家庭, 憲法上に, 数ある, 是非とも, 最近それに, 有つた, 来るので, 民法上一人前の, 決して一様, 泣いて, 淑女であり, 混って, 清洲御在, 滯在し, 無之, 特に男, 珍しいとは, 産後か, 男子も, 発音が, 登場した, 白い羽, 皇帝資本家地主に, 看板娘の, 眠って, 知る時機, 確かに, 笑い出し, 義雄に, 職場の, 自分が, 自分と, 自殺した, 自然その, 舟の, 色々の, 若干交じっ, 苦しみます, 行き小児, 行ったこと, 見えざりけり, 見えた, 見えて, 見える, 論ずる小説, 譫言の, 近年は, 近所に, 進んで, 過去の, 霊魂に, 靈魂に, 非常に, 高雅な

▼ 婦人~ (199, 1.3%)

4 の中 3 であった, の前

2 [11件] がどんなに, のおぼろげ, のこと, のよう, の姿, の居並ぶ, の為, の間, はリスト, は今日, を誘っ

1 [167件] から蔑まれる, から衣類, がうまく, がこの, がこの世, がさまざま, がしばしば, がその, がたつた, がなく, がやがて, が一人, が其処彼処, が出会っ, が出征兵士, が割当, が各各, が吹き捲る, が多, が婦人雑誌, が履い, が当時, が思想, が我国, が樺山参謀, が気狂い, が無, が燃料, が生涯気, が田圃, が立っ, が簑笠, が紙雛, が結束, が自分, が自分たち, が衣服, が説教, が集っ, が集まっ, が飛田遊廓, こそ日本, だけが名前, だった, であつ, でさえも, とそれぞれ同乗, と同じ, と自分, と舞台, と話, と話し, などに対しては寧ろ, なの, に, にいちばん必要, にお, にその, にとっての金科玉条, にとつて, には分りません, には鉄也, によつて, に事, に伝へ, に参政権, に向っ, に声, に就い, に愛讀, に混, に見守られ, のあいだ, のある, のかたまっ, のこの, のみさ, のセンティメンタリズム, の一人, の不幸, の世間, の人民解放運動, の動き, の反感, の受ける, の声, の大理石, の妙, の愛情, の或, の最も, の洋画展覧会, の流行, の満腔, の眼, の若作り, の談話, の貪る, の顔, はあの, はあまり, はあらまし, はあらゆる, はかなぐり捨てる, はこら, はすべて引上げ, はそれ, はどんな, はまた, はやがて, はやはり, はオスワルド・モーズレイ一族みたい, はラスプーチン, は之, は今度, は何, は先客, は勿論, は同じ, は喜び, は国, は外国人, は女子供, は家族制度, は強く, は必ず, は悲鳴, は愛すべき, は招待, は持前, は死ん, は浄瑠璃, は現在, は町, は相手, は身売, は都会, は長, は顔, ばかりスカート, へ挨拶なぞ, もあつ, もこれ, もすべて明治, もそう, もたえず, も勇敢, も皆, も附属地, や男達, や花簪, よ一人, よ人, よ政治運動, をし, をその, をどんなに, をもおなじ, を安価, を官女, を意, を招い, を招び, を相手, を見るなり, を部屋, を陸軍病院

▼ 婦人~ (171, 1.2%)

13 あつた 2 これも, 家で, 耳も, 赤い艶

1 [150件] あつたの, あつて男, あらう, あらうと, いつのまに彼, いつも黒, いらしたん, いらっしゃいます事ゆえ念, おまけに, お雪, こちらは, ことに漢詩, ことばに, この場所, これまでは, ござりまし, ござりまする, さして美しく, しかもすでに, しきりに娘, すんだ懼, そのそば, その人, その婦人, その聲音, その財産, それに, たえず眼もと, ちょうど希望, つやつやと, どうもおかみさん, どんな天気, なしに, ほっそりと, もうとうの, やや肥滿, クッションの, コーヒーの, ベレ帽を, メグを, ユダヤ語とは, 一と, 一寸見れ, 三十五六歳に, 三吉が, 世間体を, 並々の, 事務員に, 二人は, 二十五から, 二重頤に, 五台人力車を, 人妻で, 今のを, 今まで, 今日東京駅前で, 保たれて, 修道院中で, 倫子でなかった, 先生とは, 其様歳に, 其誕生当時すでに, 割合わがまま, 占められた, 取立て, 取立てて, 和やかな, 多くの, 大して背, 女芸一通り能く, 妻君お, 姉を, 子供たち, 学問が, 寒燈の, 尊敬すべき, 小さな家, 小学校の, 小説を, 引取人の, 彼女は, 後者は, 思わぬ不幸, 思想論などを, 急いで, 悲しみの, 意地の, 戸主である, 才気ある, 教育を, 教養が, 料理に, 斯くまで, 新入の, 日本人の, 日本髪に, 有りますから, 東京へ, 東京方面へ, 栗色の, 欲しいもの, 此女は, 殊に選挙権, 毛利氏の, 毛皮の, 気が, 淡い青磁色, 滅多に何, 熱心な, 父が, 猫たちにも, 理想家で, 理解しない, 琴も, 生に, 男の, 男子の, 画を, 白粉気の, 皷を, 相当の, 眉毛の, 着古した, 社会事業に, 私の, 科学の, 種々の, 第四, 綺麗な, 老けて, 股を, 胡瓜の, 自分が, 自分でも, 良人が, 色の, 艶の, 芸術上の, 若菜に, 葉子は, 誰が, 重工業の, 鉤鼻で, 非常に, 髪の毛は, 髪の毛を, 鬢の, 鮮しい, 黄ばんだ膚, 鼻筋の

▼ 婦人~ (140, 0.9%)

3 の顔 2 の中, の方, の衣裳, は, は忽ち

1 [127件] から大, があちこち, がお, がそこ, がちよこ, がペテルブルグ, が二等, が亦, が佇ん, が口, が嗅ぎ出した, が打算的, が昨日, が果たして, が次の間, が汗, が私, が笑い, が総, が若い, が蹲つて拜, が非常, そして向かい側, だのやれ, で薯掘り, とかなり, とでも連絡, とねお, との話, とズッ, とネンゴロ, と入, と夜会服, にすすめ, にすらひけ, にその, にはチチコフ, には大, にまもられ, にもその, に与えた, に会った, に問題, に大いに, に見せびらかし, に非常, のあいだ, のうち, のかんだかい, のつくった, のみを連れ, の会話, の側, の傍, の前, の動作, の反感, の口, の姿, の席, の心, の悲鳴, の憤懣, の最も, の歔欷, の泣き声, の為, の社交クラブ, の社交的性癖, の紋切型, の言葉, の集まり, の面あて, の馬車, はおあいそ, はことごとく, はこれ, はそうあっさり, はそのうち, はそんな, はどうしても, はなるべく, はひどく, はめいめい, はもう, はやや, は一せい, は一切, は一勢, は九官鳥, は五階, は仕方, は呆気, は大方, は大概, は急い, は恐怖, は息, は既に, は本, は男性派, は百貨店, は立ち去っ, は立派, は緊張, は途中, は遅い, へのオミヤゲ, まず新婦, までがノズドゥリョフ, もあった, もある, もまた, もまるで, も交った, も出席, も来, をおびやかし, をビックリ, を取り巻い, を押し分け, を招いた, を招待, を横目, を片脇, を見捨て, を遠目

▼ 婦人~ (118, 0.8%)

7 の方 4 の幹事 3 の幹部 2 の人, の仕事, の名簿, の新年会, の理事, の連中, の運動

1 [90件] から二三人女, から申込まれ, がある, がございました, がそつ歯, が主, が先, が地区別, が婦人, が少し, が往来, が身売り志願者, が集まっ, だから, だけを除く, てえん, でちょっとした, で会, で大阪府知事, というところ, といつた, とかいつた, などで若い, などと一緒, などと結果, なんぞじゃ後姿, における第, に入る, に私, に訪ね, に返上, のつき, のとき, の上, の上っ張り, の人たち, の会員達, の働く, の動員, の勤労奉仕, の名, の名誉理事, の奥様方, の女たち, の奴ら, の婦人道徳, の存続, の寄合, の幹事改選予選会報, の建設者奥村五百子, の役員, の必要, の救済事業, の新, の方たち, の時提案, の書記, の本部, の班長, の発会式, の白い, の白たすき, の組織, の裂地, の襷, の話, の講演, の講演会, の貸切り, の連絡, の隣保事業, の集金係, の面々, は事実新柄, は大阪市, は男女同権, へでも出掛け, へゆく, へ出掛ける, へ寄贈, もオジャン, やキリスト教婦人矯風会, や何, や矯風会, や街頭, や赤十字社, を再, を設立, を起こし, 或は女子青年団

▼ 婦人労働者~ (97, 0.7%)

5 の数 3 がいる, の中, の場合 2 だ, なの, の賃金, の賃銀, は手紙

1 [73件] があり, がいてよんだ, がこんなに, がその, がストライキ委員会, が何冊, が入っ, が加わっ, が去年末, が平等, が未, が示威, が第, が這入っ, だけは全体, だったの, だって農村婦人, であるの, であるばかり, で持ち切った, と年少労働者, と生れ, などはいろんな, に, にとって堪え, になる, によって生産, に産前産後四ヵ月, に話し, に電気安全燈, のもっと, のムーシャ, の低, の保健, の保護, の入坑, の問題, の奴隷的地位, の如き, の姙娠, の日常生活, の派手, の生活, の生理的異常, の総数, の肖像, の要求, の議長, の退職手当金, の間, はしっかり, はその, はどの, はどんな, は五万人, は同, は大衆的, は工場, は殆, は毎年一時間, は熱心, は男子労働者, は真, は自己, は馘首, もとりどり, も熱心, も踊りかた, をふくむ, を女主人公, を殆ど, を皆, 及び農村勤労婦人

▼ 婦人~ (83, 0.6%)

2 の前, は

1 [79件] から一斉, から手, がよく, がわが輩一人, が仆, が少く, が携わっ, が朝, が歌, が流行, が見えた, が誰, だけはお呼び, だと, であった, でもそう, というの, となる, とわかれ, にこの, にその, にとってお, には内, には受, には好かれません, には御, には教育, には極めて, には相, にも存外, にも残っ, によろこばれる, に五カ条, に人気, に伺っ, に相談, に紹介, に背中, のヴェール, の中どなた, の乱行ぶり, の事, の人気, の側, の再考, の席, の慈善心, の気に入られる, の気に入る, の気持, の純真, の荷物, の見るべき, の身辺, はお, はお供, はご, はどなた, は一家, は人工的, は他, は何, は大, は大抵, は立派, は自分, は面白い, へ伝え, へ恐慌, もお, も多数来聴, も少なから, も御, や少年達, や皆さん, よ, よたり計り, を恐怖がらせた, を笑わせ

▼ 婦人問題~ (82, 0.6%)

3 の解決 2 がどう, の中心, を論ずる

1 [73件] からし, が提供, が材料, が論ぜられ, その問題, ではない, でも社会問題, で活動, ということ, という建設的, という本, とか児童文化, とか遺伝説, としてだけで, としての端緒, として材料, として議する, とに対する理解, などをあまり, なるもの, については多く, についても系統, について漸く, について諸家, に一夫一婦制, に努力, に対するチェーホフ, に対する独自, に対する社会, に就い, に最も, に特輯号, に相違, に真実解釈, に識者, に関する執筆多数, に関する男子側, のみならず, の基礎知識, の如き, の未, の本, の核心, の行くべき, の解決者, の評論, の部面, の題目, はこれ, はすべて, は前述, は吃, は担ぎ上げられ, は自然, もしくは更に, もへったくれ, も実, や色々, をつき抜け, をとほし, を出され, を刺戟, を婦人問題, を小説, を材料, を等閑視, を粗, を考へる, を語る, を論じよう, を述べ, ノ凡テハ解決セラル, 或は更に

▼ 婦人には~ (79, 0.5%)

2 何の

1 [77件] いつも余計, お目にかかったこと, この上, この方, しっくり似合う, その欠点, それとしての, なんの, なんらの, また長襦袢, まだ容易, まるで似, めずらしく深く考え, チョコレートを, 一人の, 一人男の, 七種乃至, 与えられて, 人に, 会ったこと, 余りにも, 先例が, 動も, 勢, 名号の, 喉を, 夏の, 女学校令が, 婦人独特の, 子は, 子供が, 寄り付けそう, 寧ろ女好み, 尚お, 屡, 左右のうは, 常に少しずつ, 幾分ふさ, 心が, 必ずちょっと惚れる, 思うまま詩, 愛される方, 憂鬱な, 懐胎という, 手つけの, 手落だった, 政治的能力は, 時々洋装, 最も大, 最早わたしたち, 月々の, 有り勝ちな, 機才が, 欠乏し, 欧米婦人等の, 流行を, 淫を, 溌剌と, 滅多に, 特に注意, 独立の, 珍しい社会的, 珍しい純粋, 男が, 當り, 皆ない, 真似ても, 社会の, 私の, 自から, 芝居と, 親切を, 親和力の, 逢わずに, 閉口の, 非常に, 面白き嗜み

▼ 婦人~ (76, 0.5%)

532 からねえ, そうです, ということ, と思います

1 [60件] おいしいチリ, かそれ, から, からその, からだ, からである, からモラトリアム, から万一ひょっと, から並み以上, から再び, から却って, から指一本, から昼, か一目, か何故, か知らない, が, がよく, が短い, が闇屋, が面長, ぜ, そうでげし, それに, ちの香水撰択の, つたと, つて, つて事は, つて無, と, という, というの, というよう, という格言, という立派, といふ, とお, とかそういった, とわかる, と云った, と他, と会計, と信者, と分りました, と妙, と思, と思った, と思つて, と思ふ, と知れる, と聞かれまし, と見ない, な, などと自負, なんてほんとに, なんて言います, のといった, わ, ツて, 何を

▼ 婦人~ (68, 0.5%)

3 の方 2 の前, は皆ペピユブリツク

1 [61件] から可愛がられ, があった, があつ, がしゃれた, がそそくさ, がただお一方, がはいっ, が一座, が不作法, が意外, が甲板, が百貨店, が訪ね, が話し出し, だった, と別, と区別, と子供, と犬, と背中, などは闇, にいつ, にすすめた, にたいして物, に丁寧, に何一つ, に席, に追い縋り, のいない, のうち, のうち三百十六人, のお供, のところ, の上, の少ない, の有様, の望み, の汗取り, の細い, の背後, の裾, の足, の足もと, の頸, はその, はわざわざ, はピネ, は両手, は死ぬ, は殆, は白手套, は神様, への頭, へ挨拶, もまだ, を加え, を直ぐ, を見た, を見る, を診察, 踏み殺される子供

▼ 婦人~ (67, 0.5%)

7 子供の 2 子供と, 子供に, 子供や, 子供を, 学生や, 小児を, 少年の

1 [46件] おしゃれ息子や, お子供衆, そこに, その多く, スープや, 何, 処女は, 基督教婦人の, 外国人専門の, 女優の, 娘たちには, 娘達は, 子供たちが, 子供でも, 子供は, 子供衆たちでも, 将士の, 小児と, 小児に, 少女たちが, 少年達に, 工場働きの, 快活な, 文学青年や, 時には, 書物や, 未亡人たちの, 未成年者までが, 欧洲の, 殿方が, 無教育, 無自覚な, 燕尾服の, 独身婦人の, 科学者女医等の, 細君に, 細君や, 細君を, 紳士に, 紳士方が, 老人, 老人にも, 老人は, 脚気病人や, 若い婦人, 貧者に対して

▼ 婦人作家たち~ (67, 0.5%)

3 はその 2 がひたむき

1 [62件] が, がいくら, がこういう, がその, がはにかみ, がスタエル夫人, が一九一七年, が一通り, が今日, が今日男, が六十歳, が労働組合, が外的世界, が文壇, が文学, が日本女流作家, が来, が満州, が経なけれ, が自然発生的, が重大, だ, とお, とは全く, にとってはその, に海, のこういう, のもの, のよう, の上, の中, の共通性, の勉強, の多く, の大, の存在, の小説, の所謂政治的関心, の救い, の活動, の活躍, の生活, の短い, の経, の間, はたちまち, はみんな, はもとより, はジャーナリスティック, はプロレタリア文学運動, は何, は共同, は女, は文学, は文芸思潮, も技術的, をその, を前線慰問, を動員, を圧倒, を見た, 例えば川上喜久子

▼ 婦人代議士~ (65, 0.4%)

2 がどっさり, の中, の質, を選出

1 [57件] があれ, がいう, がとたんに, がどうして, が出た, が出席, が初めて, が加, が女, が当選, が新しい, が日本人, が現れ, が自由党, が議会, が選出, という気分, として立候補, となった, となり, なんか女, についてきけ, に対してこれら保守, に求め, のある, のいう, のどっさり, のクラブ, の位置, の出た, の大, の悲惨, の殆ど全部, はインフレーション, は一人, は三九名, は三十九名, は今日, は今日自身, は何, は公約, は再び, は善意, は婦人部, は実際, は私たち日本, は超党派, ばかりがかたまろう, ばかりが民主的, までをこめた, もある, も大体, をと演説, をも編み込む, を一人, を当選, を選び出した

▼ 婦人~ (65, 0.4%)

13 の医者 3 の先生 2 に妙, のドクトル, の医師, の病院

1 [41件] から発火, が専門, だつて, だの法医学, だもん, でし, ですよう, でな, ではそういう, で性科学, と看板, に居った, に属する, の, のお, の別, の前, の医学士, の坪井医学士, の女, の客, の室, の担任, の掛り, の方, の炎, の疾患, の病, の病人, の病院長, の看護婦, の若い, の診察, の話, の醫者, の院長さん, へ出かけた, へ行つて, へ診, もやる, を分担

▼ 婦人記者~ (63, 0.4%)

2 が一人, だと, となる, のひと, の人, の試験

1 [51件] かな, があった, がお迎え, がつめかけ, がやって来, がマルヴィ氏, が一々, が僕, が待っ, が書いた, が来, が汽車訪問, だし, だつた, だという, って随分, であったけれども, でこの, でその, とかで, としての職業, として探訪, として読売新聞, となった, との談話, と云う, と変転, と称し, と非常, なん, には一番, にケム, の上野光子, の何さん, の月給, の顔, は将軍家, は私, は美しい, は訊いた, は金糸雀, よ, よりも文壇通, をさしむけ, を少し, を差し向け, を探してる, 来り三十一日, 来り何, 来り又, 来り談話

▼ 婦人として~ (58, 0.4%)

1 [58件] こんなところ, どう搾取者, はじめてソヴェト生活, はっきり自分たち, よりよい, りっぱな, ホテルに, マネット嬢と, 一本立ちにな, 云うん, 人生の, 人間性と, 他の, 他人には, 代表的な, 何か, 例外であった, 働いて, 全体の, 典型されず, 受ける報酬, 受ける最大, 子供に, 官僚主義差別待遇等に対し, 小学校に, 小説を, 平和を, 当時新聞が, 心得るべき特別, 感じそれ, 我々に, 批難せね, 敬愛し, 曾て, 最大の, 本性に, 案外ふけ, 桓温からも, 母としての, 照り輝きながら, 現はれる, 生活し, 生活の, 生涯の, 當然で, 発達の, 磐長姫ほどに, 社会に, 社會に, 立つ以上, 経済的に, 翻訳文学に, 自分たちの, 自分の, 芸術そのものの, 蜂谷に, 身を, 進み出した時代

▼ 婦人である~ (56, 0.4%)

4 ことが 3 ことは 2 ことに, ことを, ということ, と云, と自分, ように

1 [37件] あなたには, かがまるで, かということ, かない, からと云っ, から自分, か太守, がこの, がすでに, がその, が吉左衛門, が無一文, が私, こと重, だけに寒々, というの, という事, という特別, という自重心, といっ, として, として招き, と思っ, と思われたです, のが, のに, のに男子, ばかりでなく, わたしたちの, 以上一度は, 以上返事を, 場合などには, 故か, 私は, 第二, 自分が, 身の上を

▼ 婦人団体~ (53, 0.4%)

2 というもの, の手, の活動

1 [47件] がいくつ, が中心, が組織, が結成, であって, であり愛国, でした, ではあくまで, で市役所, で最も, といえ, と市吏員, には奥様方, のよう, の代表, の内部, の執務, の幹事さんたち, の幹部連, の幹部連中, の役員仲間, の御, の機関誌, の活躍, の目標, の義勇隊, の行動, は, はせめて, はその, はそんな, はただちに, は戦争目的, は昭和九年以来, は最も, は積極的, は終戦後, へ入っ, やクラブ, や学生団, を後援, を現代的, を糾合, を組織, を道徳上, 各経済, 総連合

▼ 婦人大衆~ (53, 0.4%)

3 に向っ 2 だ, の日常的, の生活, の間, を目標

1 [40件] がどんなに, が独特, が社会, であったとおり, であること, にとってもどれ, に対する対策, に対する文学的働きかけ, に示し, のあらゆる, のいろいろ, の声, の大小様々, の層, の支持, の文化, の文化水準, の日々, の日常生活, の涙, の独特, の現実, の生存, の目, の眼前, の経験, の誠意, はよく, はブルジョア地主, は企業内, は自分たち, をとらえつづけ, をも目ざま, をブルジョア文化, を低く, を吸収, を導き出す, を引き, を抑圧, を精力的

▼ 婦人から~ (50, 0.3%)

2 恩を, 花束を

1 [46件] お聞き下さい, かう訊ねられた, くる匂い, こんな手厚い, その婦人, どちらかと, もらったん, よき感化, よろこび勇んで, ゲエテは, ホーランド男の, ロンドンに, 一つの, 二人きめられた, 云えば, 云つて見れ, 五銭白銅貨を, 厳しい抗議, 参考に, 同性中に, 奪われた大事, 学びとった, 弄ばれなくとも, 得た答, 御自分, 思いがけなく声, 意見でも, 手紙を, 時々剽窃, 来た, 母性を, 毛皮を, 淋しそう, 物を, 生れたと, 生殖能力を, 目当ての, 相手に, 私あてに, 聞いたの, 聞いた談, 聞いた験, 聞かされてから, 誰憚らぬ, 貰った最後, 起つて

▼ 婦人デー~ (42, 0.3%)

3 の記念, は世界 2 だ, の意義

1 [32件] があった, がどんな, が嬉しく, が行われ, が行われる, こそ世界, という, といえ, とする, とするべきである, と云った, について, にはもはや, に人民広場, のきっかけ, のため, の仕度, の催しもの, の模様, の足拍子, はごまかし, はその後多く, はソヴェト同盟, は三月八日, は共産主義, は労働組合, は迎えられよう, をする, を三月八日, を世界平和, を前, を機会

▼ 婦人~ (39, 0.3%)

4 の仕事 3 の活動 2 というもの

1 [30件] が出来る, が設けられ, だし, でという風, で働いた, で私, として一番有効, として私, と青年部, にも文壇, にをります, のかたその他適当, のドア, の事業, の人たち, の問題, の大会, の機関紙, の活動分子, の責任者, の連中, はもちろん, は伴, は労働組合, は文化部, へまわします, へ来, へ行った, を中心, を動員

▼ 婦人画家~ (38, 0.3%)

4 の作品 2 というもの

1 [32件] がどんなに, が出たら, が少ない, が殖え, が画家, さえ大家, だけ集まった, というの, としての彼女, としての物語, としてケーテ, には珍, にめぐり会いたい, のジェネレーション, の中, の傑作, の努力, の天質, の心, の描いた, の生活, の経済上, の芸術, の芸術的, の裸婦, は出なかった, は名, は模倣性, は目下展覧会, は良人, ばかりの展覧会, を宗教的画家

▼ 婦人という~ (37, 0.3%)

9 ものは 8 のは 4 ものが 2 ものに, ものを

1 [12件] ことである, ことは, のが, のなら, ものについても, ものに対して, ものの, 婦人が, 心持, 気が, 者は, 順序で

▼ 婦人でも~ (35, 0.2%)

1 [35件] あった, あるかな, あるの, おられたらその, この向上心, たつた十ヶ月, ちょっと蹲っ, ない, よくやる, タイプが, ダイヤモンドと, 一切出来ぬ, 不良マダムでも, 二十年前に, 今の, 其処は, 喜々と, 国家として, 大抵あれ位, 大抵臍繰, 後家を, 抱かうと, 旦那の, 残忍を, 決して為かねない, 用いそう, 男に, 男子でも, 罪を, 羨しがり, 肉體を, 見るやう, 足の, 釣が, 隠して

▼ 婦人に対して~ (35, 0.2%)

2 お兄さん

1 [33件] ある好奇心, いても, おこなう男, この通り, つくす男, どんな態度, ほとんど譲らない, トルストイの, ヒトラーの, 丁寧に, 争うこと, 仮初にも, 作者は, 別の, 劈頭から, 同様な, 弱みを, 御無礼, 悪戯を, 抱いて, 持って, 政治的自由を, 決して卑劣, 深い好意, 特殊な, 生きて, 異った, 礼儀と, 社会が, 船の, 薄情な, 辛辣な, 重荷の

▼ 婦人がた~ (34, 0.2%)

2 の居間

1 [32件] だけのお, にも滅多, に会い, に会われる, に手, に申し上げる, のお気, のところ, の内心, の助け, の名誉, の意向, の手, の断じて, の眼, の贈物, は, はこん, はずいぶんがっかり, は反対, は受刑者, は外方, は娘, は深い, は火, は皆, は考え, もあります, もみんな, もよっぽど, や子供衆, をつれ

▼ 婦人とは~ (33, 0.2%)

1 [33件] いつか別れ, いわれないそれ, たと, ひそ, まるで違った, めいめいの, ラヴェンナで, 兄弟, 共に社会, 別の, 受け取りかねる風情, 同姓の, 同法, 姉妹, 平生の, 幼少時代からの, 思って, 手に, 日本の, 母は, 清い交際, 父, 父母, 當時の, 胸に, 衣裳を, 見えずまだ, 見えないから, 親戚, 言いますけれど, 違って, 隅の, 食物を

▼ 婦人運動~ (33, 0.2%)

1 [33件] が単純, が婦人自身, が決して, が茲, が過去三十年前, などにはあまり, などやっ, にしたがっ, にたずさわっ, にはこの, に加わっ, に厚意, に憂身, に理想, の中, の先駆者たち, の初期, の各, の報道, の新, の方, の時代, の第, の雑誌, の面目, は婦選運動, は辛うじて, もまず, やなん, をする, をやりたがっ, を排する, 又は女性

▼ 婦人にとって~ (32, 0.2%)

1 [32件] この選挙, なおどういう, はじめて職業, また学校, また男, メーデーは, 一番親しみぶ, 上流人であっ, 二重の, 何よりの, 余りみじめ, 全く男, 初めての, 又日本, 可笑しくも, 唯一の, 因習的であった, 大きな意義, 大切な, 婦人の, 年毎の, 幸福な, 必要な, 忘れられない日, 文学は, 新聞だけの, 正に図星, 現在の, 理解された, 簡単に, 責任ある, 重大な

▼ 婦人に対する~ (32, 0.2%)

1 [32件] あなたの, ごとき有様, ロマンティシズムは, 一見知的で, 二人の, 侮蔑, 侮蔑を, 侮辱が, 君の, 実業思想の, 尊敬を, 引力上の, 彼の, 悪資本, 愛や, 感情は, 態度は, 態度も, 最後の, 権利を, 男の, 礼と, 礼儀を, 礼譲に, 社会的評価そのものから, 純真な, 素行の, 羞恥心を, 考へも, 訊問も, 謙譲と, 道徳的義務を

▼ 婦人参政権~ (32, 0.2%)

5 の問題 3 を要求 2 の要求

1 [22件] が行使, が認められた, ですつて, と口紅, などのよう, のため, の事, の回復, の活動家たち, の賛成論者, の運動, はいつ, はもたらされた, は政治それ自身, は文学, も認められた, を与えた, を主張, を実現, を求め, を認めた, を認めない

▼ 婦人では~ (30, 0.2%)

5 なかった 2 あったが, あるが, ない

1 [19件] あつた, ありました, ありましたけれども, ありません, あり得ない, あるけれども, あるし, これが, ないこと, ないたちまち, ない忽ち, ない情熱, なかつた, なく日ごろ, なく東京, なく清げ, 三津木貞子氏と, 喧嘩にも, 面白くありません

▼ 婦人としての~ (30, 0.2%)

2 教養も

1 [28件] ウィーンでの, 一番手近かな, 価値は, 女が, 実感が, 実際的, 少女の, 感情は, 成長を, 權利も, 母の, 母性愛に, 独立恋愛の, 生活は, 生活を, 生活条件を, 生活経験と, 社会的進退について, 立場から, 経験とを, 経験を, 習俗の, 見識も, 読書の, 身体を, 近代性の, 道を, 領野を

▼ 婦人との~ (30, 0.2%)

3 間に

1 [27件] あらぬ誤解, ある私通, いきさつの, お近づき, ロマンスだ, 交渉も, 優劣を, 共力に, 問答を, 問題でしたら, 国を, 姿や, 差は, 恋愛に, 模様だけ, 死によって, 死者が, 真面目積極な, 社会的な, 著しい相違, 触接に, 話の, 違いが, 間で, 間の子であった, 間を, 関係男子に

▼ 婦人委員会~ (30, 0.2%)

5 の活動 3 の報告 2 というもの

1 [20件] かえりに, ができ, がプロレタリア文学, が設けられ, とに分れた, と東京支部婦人委員会, の一般的任務, の問題, の社会的文学的意味, の責任者, はこの, は作家同盟, は作家同盟内, は婦人, は活動, をもった, を置き, を置く, を設けた, を開いた

▼ 婦人~ (30, 0.2%)

5 の生活 2 は皆彼

1 [23件] があっ, がそれぞれ, が多数, である, といつたら, として見, と恐らく, に其の, に劣らない, のため, の感情, の旧い, の様, の此処, はこれ, はややもすれば, は一様, は何所, は嚴, ばかりで, を卑下, を比較, を見る

▼ 婦人にも~ (29, 0.2%)

2 子供にも

1 [27件] あれ老人, いたせ男子, おとらないほど, この奇々怪々, ぜひ聞かせ, その自由, たくさんある, ないだろう, なかなか欠点, よくわかる, 一種の, 二夫を, 分りやすき, 分配されるべき, 唐津の, 少しは, 投げ付けたと, 接しましたが, 時々見かける, 次駅で, 求めた, 満足も, 私は, 見覚えが, 認められ民法, 近づかないでは, 飛行機の

▼ 婦人~ (29, 0.2%)

2 のもの, のシガレット, の長い

1 [23件] かと思われる, のさまざま, のもたれ, のコルセット, のスーツ, のレターペーパー, の南京虫, の器物, の帽子, の日傘, の机, の沓下留め, の洋服屋, の浴室, の海水小屋, の海水靴, の牡丹色, の絹手袋, の襟飾, の角封, の靴下, の頭, の飾り椅子

▼ 婦人民主クラブ~ (27, 0.2%)

1 [27件] がそういう, がともかく, が存在, が実務, が第, が組織, が誕生, というところ, と婦人民主新聞, のよう, の公共的, の初め, の小さい, の成立, の新聞編輯会議, の活動, の集, はあらゆる, はこれから, はそういう, はまだやっと, は大きい, は少く, は日本, は果, は特別, をこしらえ

▼ 婦人公論~ (26, 0.2%)

3 を読む 2 の新

1 [21件] かなに, であったか, とを持つ, なども取っ, にしろ, にのせた, に書いた, に発表, に記載, の, のやう, の二月号, の柳田国男氏, の波多野秋子夫人, の集り, も, もおい, を借り, を膝, を読み散らし, 来る

▼ 婦人であった~ (24, 0.2%)

3 ことを

1 [21件] から存命中, から源氏, か正史, がいくらか, がその, が何しろ, が数年前, が母, が英語, ということ, という点, という福音書, といわれ, としても白髪, と為す, にし, に相違, のかと, ように, フロレンス・ナイチンゲールが, 顔は

▼ 婦人です~ (24, 0.2%)

32 から, な, ね

1 [15件] か, からね, からねあんまり, から職業, から親, が, がその, がひとり, が初め一目, しまさか, ついこの, なア, ねエアタシ, わね而, 党は

▼ 婦人~ (24, 0.2%)

2 のこと

1 [22件] からきれい, がよく, が代わる代わる, が平気, が男, が養老院, のいずれ, のほほえみ, のまわり, のよう, の感謝, の手, の濃やか, の物質的, の贖罪, は口惜し, は彼, は文学上, は昵懇, は非常, をまだ, 黙々たるその修道院

▼ 婦人~ (24, 0.2%)

2 で多く, の方

1 [20件] が別, が目, だった, と書いた, なんか大, には千鶴子, にもあっ, に居, のわき, の中, の五六十人分, の傍, の桟敷, の第, の隅, は区割, もギッシリ, も満員, をのぞく, を一寸

▼ 婦人自身~ (24, 0.2%)

2 の不幸

1 [22件] が全く, が結婚, が言い出した, その要求, にし, にとってほんとに, にとって自信, によっても日常的, に最も, に理解, に目, の中, の情緒的, の手, の権利, の発奮, の義務, の要求, の間, は勿論, は文学作品, を改造

▼ 婦人~ (22, 0.1%)

5 のです 3 のである 2 のだ, んだ 1 のか, のだらう, のでした, のでそれ, ので妹, ので起き, のよ, んでございます, んでし, んです

▼ 婦人~ (22, 0.1%)

3 を著

1 [19件] かとも思われる, とを比較, と日本, などがぎつしり, なら私, にきやしや, のよく, の上, の注文, の裳, はこれ, は今日, は淡, やのあった, をひらひら, を出し, を取, を着なけれ, を身

▼ 婦人同盟~ (21, 0.1%)

3 の事業 2 の副

1 [16件] から遠ざかっ, ができ, が創立, が組織, という進歩的, に関して何ら, の主宰者, の人たち, の会員, の会長, の宣伝, の熱心, の理想, の運動, はこの, はアントワアプ

▼ 婦人らしい~ (20, 0.1%)

2 と思つて

1 [18件] しっかりと, ところが, んです, 人影が, 人影の, 大容, 客が, 微笑を, 戸を, 文章を, 気の, 気品を, 清しさ, 物ごしは, 率直さで, 社会の, 笑顔と, 雰囲気失せず

▼ 婦人~ (20, 0.1%)

1 [20件] が覗い, である, というもの, に灰色, のかざり, のはじ, の一種, の下, の動く, の動作, の生地, の白い, の蕊, の運動, の頂, をかぶっ, をよけて通る, を売る, を手, を見

▼ 婦人~ (20, 0.1%)

3 の記者 2 で幾度

1 [15件] でよく, と区別, などの狙っ, にこの, に載せた, の主幹, の外務記者, の扱いかた, は主として, は特別意義, は逆, へ移った, を早くから, を見, を設ける

▼ 婦人党員~ (19, 0.1%)

2 が説明

1 [17件] がドイツ語, が男, が舞台, が言葉, であり工場, と白い, のうち五七・四パーセント, の数, はつよく, はわき, は二人, は家政婦, は愉快そう, は日本女, は水さし, は訊いた, をさそっ

▼ 婦人解放~ (19, 0.1%)

3 の悲劇

1 [16件] が完全, が革命, という問題, とその, に対する観念, に限界, のため, の先駆, の実現, の必要条件, の最大欠点, の機運, の演説, の表現, の課題, を叫び

▼ 婦人患者~ (18, 0.1%)

2 の一人

1 [16件] がいた, がやってきた, がキング, がメガネ, が少く, だけ二十七人, だった, といったふう, に思い, の人柄, の例, の口, の場合, は今, を手当次第妾, を手當次

▼ 婦人こそ~ (16, 0.1%)

1 [16件] この一坪, この第, そうです, ほかならぬ, もっとも積極的, トップに, 兄の, 平和について, 平和確保に対して, 幸福を, 彼を, 最も切実, 相当の, 籠を, 詩人ウオーキン・ミラーの, 釧路の

▼ 婦人だった~ (16, 0.1%)

3 ように 2 のである, のです 1 からであろう, から多く, かわかっ, が平気, ので, ものらしい, よ, よおれ, んです

▼ 婦人としては~ (16, 0.1%)

1 [16件] お気の毒, つれあいを, まあ大目, もちろん単なる, 一人も, 先ず大きい, 好い傾向, 小柄な, 幾分小型, 感覚的な, 男子の, 稀有の, 第一級, 粗末な, 自ら考え, 驚くべき美食家

▼ 婦人なら~ (16, 0.1%)

1 [16件] ともかくも, ばあらゆる, ばかよう, ばここ, ばそう, ば家政上, ば矢張り, ば誰, ば貧富, 今の, 列車を, 夫の, 母屋の, 申分ない, 花の, 鹿宝が

▼ 婦人~ (16, 0.1%)

91 友に, 友の, 友や, 友婦人公論婦人サロン婦人画報等, 友工芸研究所とかいう, 友誌上に, 美

▼ 婦人子供~ (16, 0.1%)

1 [16件] が働く, と見, などが団体, ならびにその, のごとき, のため, のみならず, のみに限らない, の加, の参加, の問題, の辛苦, の雑誌, はしやんしやん, ひいては全, をさえ

▼ 婦人~ (15, 0.1%)

1 [15件] がこの, が人類, ではたれ知らぬ, では顔, における指導者側, の全部, の大, の宝, の恥辱, の表面, の進歩的傾向, は人, も一人, を圧し, を顧み

▼ 婦人連盟~ (15, 0.1%)

2 を組織

1 [13件] がある, が各国, となり, などがそれ, について知っ, には四十九ヵ国八千万人以上, の第, の諸, は七千万, は八千万, へ寄附, 反ファシスト同盟, 第二回大会

▼ 婦人であり~ (14, 0.1%)

1 [14件] いずれも, さえすれ, それで, それらの, ようはずが, 一人は, 一方には, 創作の, 思想も, 母であり, 第二次大戦, 第五, 第六, 自殺の

▼ 婦人ばかり~ (14, 0.1%)

3 では 2 見慣れた君 1 だから, であつ, でそれ, でたより, でなく勤労者, でなく男, で作られて, で容貌, なので

▼ 婦人雜誌~ (14, 0.1%)

1 [14件] が榮, だけどもな, ではあか, に咬みつく, に發表, に足袋, に載せる, のやり方, の口繪, の賣, の頁, や投書家相手, を見る, を讀ん

▼ 婦人などは~ (13, 0.1%)

1 [13件] あまりそこ, お宿り, それを, わざわざ他, ダージリンで, 一日以来一人も, 之を, 仔羊の, 同じ仲間, 安心し, 日常の, 泣くね, 藁で

▼ 婦人~ (13, 0.1%)

1 [13件] からお, から大声, が出来た, というところ, には外國産, に運ばれた, の前, の廊下, は尤も, は誰, へ良人, もあつ, を思わせる

▼ 婦人関係~ (13, 0.1%)

1 [13件] かとにかく, でもある, で問題, で警察, といふ父, などなかっ, にかけても極めて, について過去, のこと, の仕事, の怨恨, の紛雑, の道徳観念

▼ 婦人とが~ (12, 0.1%)

2 かけこんで, 淑かに 1 ゐた, 僕の, 入口から, 同じ衣類所持品, 居ると, 立っては, 第一放送, 震災当初の

▼ 婦人ばかりの~ (12, 0.1%)

1 [12件] 会話の, 処へ, 名を, 御住居, 文学という, 病棟で, 病棟では, 示威運動を, 絵画あるいは, 舫は, 運命では, 隣家には

▼ 婦人よりも~ (12, 0.1%)

2 一層女々し 1 いっそう困難, その生命, その良人, 一日の, 優しい淑かな女, 天分に, 少年を, 我々の, 更に切迫, 進んで

▼ 婦人協会~ (12, 0.1%)

2 が治安警察法 1 が平塚さん, が成立, が瓦解, など同じ, の事業, の仕事, の内部, の創立, の費用, を初め

▼ 婦人同盟員~ (12, 0.1%)

1 [12件] がはじめて, が私, である一方, と彼女, の口, の数, の獲得, の示威運動, の耳, の自己教育, はルセアニア人, 及び婦人サークル員諸君

▼ 婦人大会~ (12, 0.1%)

1 [12件] がひらかれます, がもたれ, が開かれた, というもの, と菊子嬢, にお, に日本代表, の司会者, の呼びもの, の形式, への代表, を開く

▼ 婦人~ (12, 0.1%)

2 とはだいぶん 1 がここ, とに分ち得る, と進歩的婦人観, に伴, の比較論, はあり得る, も彼地, も郷, をかき, を動揺

▼ 婦人といふ~ (11, 0.1%)

2 のは, ものに, ものは, ものを 1 ならずや, のには, 婦人は

▼ 婦人とも~ (11, 0.1%)

1 [11件] いえると, いえる女, つかないふたり, つかない様子, なると, を為せ, 正香は, 申されませんが, 老嬢とも, 見えません, 道ならぬ

▼ 婦人小児~ (11, 0.1%)

1 [11件] が大いに, だとて, と一括, なり, の仕事, の歓心, の頻々, は正気, までがこれ, や老人, よりなづけ

▼ 婦人民主新聞~ (11, 0.1%)

2 のため 1 がはじめ, が発刊, が経営難, に, の編輯局, の論壇, はこれら, はクラブ, は四周年

▼ 婦人閲覧室~ (11, 0.1%)

2 はどこ 1 から生れた, があった, が別, が夜, というもの, のでき, の仲間, は現在, もずっと

▼ 婦人によって~ (10, 0.1%)

1 かかれた小説, つくられたという, トップを, 作られて, 届けられましたの, 性的に, 書かれた作品, 書かれた小説, 生まれたやや, 生れるの

▼ 婦人~ (10, 0.1%)

2 出したいと 1 あてた恋文, さわるな, 与えられる激励, 出す様子, 宛てた手紙, 振り顧, 結婚申込を, 話しかけやがて

▼ 婦人代議士たち~ (10, 0.1%)

1 が公約履行, にし, の存在, の抱負, の立場, はいま危険, はその, は二十五日, は代議士, は立候補

▼ 婦人~ (10, 0.1%)

2 を記せるあり 1 が一枚目, であったの, と同じ, のあ, のあはれ, は唇, よろしくの, を送っ

▼ 婦人車掌~ (10, 0.1%)

1 が乗組み, が停留場, が呼ん, が結婚, だけの寮雛菊寮, の体, の姿, の間, はこみ, は後

▼ 婦人に関する~ (9, 0.1%)

1 ことに, 一切の, 分野の, 彼女の, 或特殊, 用意の, 私行の, 諸問題, 項目として

▼ 婦人全体~ (9, 0.1%)

1 としての進み, にとってこれ, に向かっ, のため, の恥辱, の生活, の課題, の連帯責任, を新しい

▼ 婦人警官~ (9, 0.1%)

1 が左手, が慰める, が机, だの警察予備隊, に似, に渡し, に襟首, の小田春代, を連れ

▼ 婦人に対し~ (8, 0.1%)

1 あのよう, あるまじき無法, はなはだ丁寧, 何者とも, 即座に, 夫婦の, 無限の, 牛が

▼ 婦人に対しては~ (8, 0.1%)

1 それは, とかくに, まさしく彼, カケヒキなし, 慇懃で, 才子なりき, 特に時期, 醜業の

▼ 婦人代表~ (8, 0.1%)

1 が五十人, が話, だ, であると, として参加, に向っ, のよう, もふくむ

▼ 婦人労働者たち~ (8, 0.1%)

1 がおそろい, が一つ, が示した, の間, は, はほとんど, はみんな, はデモ

▼ 婦人協議会~ (8, 0.1%)

1 から勤労婦人, から編輯部, がそっくり, というの, などはそれぞれ, の婦人たち, の責任者, へ数人

▼ 婦人~ (8, 0.1%)

1 からパンフレット, がニューヨーク, のたすき, の仕事, の写真, の団長みたい, の見学, は講演四ヵ所

▼ 婦人矯風会~ (8, 0.1%)

1 が宜しい, と云, に臨み, の人たち, の会員, の外, へ交渉, 又はその

▼ 婦人科医~ (8, 0.1%)

2 で血 1 だが, とその, によつて, の診断, はみんな, を尋ね

▼ 婦人~ (8, 0.1%)

1 だの正しい, に於ける, の根本的誤謬, や教育論, や雑評, を唱説, を弁じなけれ, を爭つて

▼ 婦人~ (8, 0.1%)

2 を目 1 が見当らない, です, の売場, の形, の恰好, を買う

▼ 婦人あり~ (7, 0.0%)

1 その生殖事業, て年, て我, て我前, 五十歳の, 天性賤しからずし, 室に

▼ 婦人じゃ~ (7, 0.0%)

1 ありませんか, い, ないか, ないよ, ない愚人, アなし, 不可ない

▼ 婦人であっ~ (7, 0.0%)

1 て, てかの, てその, て一目, て園子, て多分, て愛し合い

▼ 婦人でない~ (7, 0.0%)

1 か, ことは, ことを, という, と云, のだ, 事だけは

▼ 婦人と共に~ (7, 0.0%)

1 享楽する, 來た, 大隅の, 散歩し, 漫歩する, 甲斐, 邸内は

▼ 婦人などが~ (7, 0.0%)

1 あった, ときによって, 何と美しい, 往っ, 手紙も, 沢山あります, 衣裳に

▼ 婦人なる~ (7, 0.0%)

1 かなだ, かなです, が故に, が次, にや扨, ものが, マダム藤田は

▼ 婦人にとっては~ (7, 0.0%)

1 その去就, 一見荒涼, 他の, 家庭生活の, 家政や, 忘られない, 男と

▼ 婦人への~ (7, 0.0%)

1 人々の, 失礼の, 好みが, 態度は, 戒厳令, 注文で, 考えかた感じかたは

▼ 婦人一般~ (7, 0.0%)

1 としてその, にとって政治的, のおかれ, の生活, の社会感情, の自然的出産性, は女子参政権運動

▼ 婦人有権者~ (7, 0.0%)

2 の数 1 の総数, は二〇, は二千九十一万七千五百九十三人, は生れ, も女

▼ 婦人画家たち~ (7, 0.0%)

1 からもたれ, がそういう, だけの集り, に安穏, のため, の名, は現在

▼ 婦人社員~ (7, 0.0%)

1 がい, が猛烈, が順番, であるから, にきい, は赤, も尻

▼ 婦人~ (7, 0.0%)

1 とともに大正期, の一つ, の追究, は玄人, を具えない, を賞讃, 又は曲線美

▼ 婦人通信員~ (7, 0.0%)

1 です, のねうち, はその, はめいめい一人, をこしらえよう, を婦人作家, を送り出さね

▼ 婦人でした~ (6, 0.0%)

1 がこれ, がごく, が三ヶ月, が気, その婦人, よ

▼ 婦人でなく~ (6, 0.0%)

1 てはできない, てはなかなか, ては親しめぬ, てもそうした, てもよく, 永久に

▼ 婦人らしく~ (6, 0.0%)

1 て不愉快, ほのかに, 上品に, 其ま, 皆の, 笑みを

▼ 婦人をも~ (6, 0.0%)

1 ついにふるい立たせ, 同様に, 犠牲に, 菩薩蠻と, 見なかった, 道づれに

▼ 婦人~ (6, 0.0%)

1 ノミ罰シテ男子ニ及バザルト等シキ片務的横暴ナリ, 口舌, 崇拜シ其眷顧ヲ, 工場ニ驅使シテ其, 炎天ニ晒ラシテ其, 近ヅケズ

▼ 婦人~ (6, 0.0%)

1 ただひとり, でも一二, でも最も, には大層, の博識家, の最も

▼ 婦人倶楽部~ (6, 0.0%)

1 あり新派俳優倶楽部, で懸賞, に招待, の口絵, の愛読者, を御覧

▼ 婦人客達~ (6, 0.0%)

1 から受取った, というの, には一人, のこと, は一定, は値段

▼ 婦人~ (6, 0.0%)

1 があったら, が設けられた, というよう, にとっても基本的, の活動第一歩, の設置

▼ 婦人探偵~ (6, 0.0%)

1 です, ですよ, なの, なん, の一致, の錚

▼ 婦人社会~ (6, 0.0%)

1 に影響, の教養, の朋友, の為, を感化, を騒がした

▼ 婦人科病院~ (6, 0.0%)

1 でこんな, に通つて, の事, の代診, へ通, を起て

▼ 婦人闘士~ (6, 0.0%)

1 だった女, として不撓, とモンゴリア, の姿, はある, はほんとう

▼ 婦人雑誌社~ (6, 0.0%)

1 から本, とか中学, の倉庫, の手芸品展覧会, の面会室, を訪問

▼ 婦人および~ (5, 0.0%)

1 公民の, 子供の, 愚民の, 母親たちに, 男子は

▼ 婦人~ (5, 0.0%)

1 おのれの, さては越, でなければ巧み, 或ひ, 異人館に

▼ 婦人この~ (5, 0.0%)

1 中にこそ, 二ツをば, 会場に, 婦人と, 家の

▼ 婦人たる~ (5, 0.0%)

1 の任務, ものは, 彼の, 性を, 私共は

▼ 婦人などを~ (5, 0.0%)

2 美しく思 1 加へれ, 眺めた, 魅した

▼ 婦人に対しても~ (5, 0.0%)

1 すこぶる潔癖, 両方の, 単なる機会, 専ら屋外, 生きた蛇

▼ 婦人まで~ (5, 0.0%)

1 共産党と, 正座の, 男子同様に, 良人の, 道づれに

▼ 婦人までが~ (5, 0.0%)

2 鸚鵡が 1 なまじっか亭主, 何人も, 読書と

▼ 婦人より~ (5, 0.0%)

1 すぐれてる点, ですって, もっと速く, 力の, 外の

▼ 婦人~ (5, 0.0%)

1 から言え, に同情, に対して充分, に見られる, の注意

▼ 婦人劇作家~ (5, 0.0%)

1 というもの, の成長, の誕生, は岡田禎子, も生み出す

▼ 婦人参政~ (5, 0.0%)

1 に関しても道義, の先輩諸国, の新しい, の本旨, もすべて

▼ 婦人参政権運動~ (5, 0.0%)

1 が大いに, について何, の一群, の市川房枝女史, 或は憲法撤廃

▼ 婦人向き~ (5, 0.0%)

1 で確か, とはおよそ, のもの, の情緒, の靴

▼ 婦人解放運動~ (5, 0.0%)

1 そも, と前後, の炬火, はその, は意義

▼ 婦人運動者~ (5, 0.0%)

1 であり得ない, と呼ばれ, にお, に遇いたい, のよく

▼ 婦人部隊~ (5, 0.0%)

1 がすぐ, がまた, に至る, の全員, は比較的

▼ 婦人これ~ (4, 0.0%)

3 を見 1 は生きた

▼ 婦人さえ~ (4, 0.0%)

1 ありました, いなければ, まじって, 若い男子

▼ 婦人だけ~ (4, 0.0%)

1 だから, でした, では, 来るの

▼ 婦人だけに~ (4, 0.0%)

1 その悔恨, どうする, 時にとって, 限定しない

▼ 婦人だって~ (4, 0.0%)

1 今は, 別段男, 妻は, 身を

▼ 婦人~ (4, 0.0%)

3 やない 1

▼ 婦人でなけれ~ (4, 0.0%)

1 ばこう, ばならない, ば出入り, ば持ち得ぬ

▼ 婦人とを~ (4, 0.0%)

2 して 1 かわるがわる見回し, 同一に

▼ 婦人ながらに~ (4, 0.0%)

1 勤王の, 国学者の, 漢籍にも, 遠く日本

▼ 婦人なぞは~ (4, 0.0%)

1 そこへ, 少からず, 後ろを, 最初三つに

▼ 婦人などには~ (4, 0.0%)

1 これを, もって, 迚も, 金輪際モテ

▼ 婦人などの~ (4, 0.0%)

1 場合では, 居るべき場処, 生活は, 遙

▼ 婦人なども~ (4, 0.0%)

1 たくさん集まっ, よく来, 知って, 羽織の

▼ 婦人についての~ (4, 0.0%)

1 そういうさまざま, 意見を, 見解においては, 評論や

▼ 婦人にでも~ (4, 0.0%)

1 するよう, なって, 取縋らうと, 適当な

▼ 婦人のみ~ (4, 0.0%)

1 であるさ, ならずなお, ならず全, 居残りたる様子

▼ 婦人のみが~ (4, 0.0%)

1 仏蘭西婦人の, 公民の, 坐って, 月々に

▼ 婦人ばかりが~ (4, 0.0%)

1 ぎっしりつまった, 問題だ, 独り退い, 結束し

▼ 婦人よりは~ (4, 0.0%)

1 一層厚顔, 何層倍か, 強壮で, 遙に

▼ 婦人サークル員~ (4, 0.0%)

1 がまだ, は何人, は百四十五人, を婦人通信員

▼ 婦人~ (4, 0.0%)

1 淫不, 淫不妬忌, 淫不妬等の, 淫妬

▼ 婦人二人~ (4, 0.0%)

1 の間, はまた, はもう, は何時

▼ 婦人会議~ (4, 0.0%)

1 が組織, に出席, は国際民主婦人連盟, へ出席

▼ 婦人作家オルゼシュコ~ (4, 0.0%)

1 によって書かれ, の, の小説, の書いた

▼ 婦人共有制~ (4, 0.0%)

1 に對, の代り, を創設, を設けよう

▼ 婦人同志~ (4, 0.0%)

1 で組ん, の奢侈, はボックス, を向

▼ 婦人~ (4, 0.0%)

1 ぢや, の極めて, の気, の表情

▼ 婦人待合室~ (4, 0.0%)

1 の色, へ運び込んだ, より出, を掃除

▼ 婦人~ (4, 0.0%)

2 の万年筆 1 の時計, らしい華奢

▼ 婦人~ (4, 0.0%)

1 でお話, で御, などを組織, の處女會

▼ 婦人洋服店~ (4, 0.0%)

2 だの 1 の小規模, を廻り

▼ 婦人科学者~ (4, 0.0%)

1 の伝記, の堅忍, の成長, は分りました

▼ 婦人解放論者~ (4, 0.0%)

1 でも男女平等, の最も, の男女対立, は経済的独立

▼ 婦人読者~ (4, 0.0%)

1 の層, は編集者, を獲得, を組織

▼ 婦人諸君君たち~ (4, 0.0%)

1 が安心, はただ, はアスパジア, はリンゴ菓子

▼ 婦人運転手~ (4, 0.0%)

1 が勢ひよく自動車, であつ, の笑顔, は愛相

▼ 婦人部会~ (4, 0.0%)

1 の議題, へ, への議案, へはこれら

▼ 婦人からの~ (3, 0.0%)

1 伝言をね, 感化に, 招待などが

▼ 婦人~ (3, 0.0%)

2 ういふ 1 へ見れ

▼ 婦人その~ (3, 0.0%)

1 耳に, 言葉, 齢七十七歳に

▼ 婦人たる者~ (3, 0.0%)

1 は万事, は芝居見物, は身

▼ 婦人だけは~ (3, 0.0%)

1 きっと見上げ, 不思議にも, 單衣ものを

▼ 婦人だち~ (3, 0.0%)

1 も納得, を背後, を見向い

▼ 婦人だつた~ (3, 0.0%)

1 ことだ, ので飛んだ, 筈だ

▼ 婦人づれ~ (3, 0.0%)

1 であるから, なので, を交えた

▼ 婦人でございます~ (3, 0.0%)

1 から, が, が日

▼ 婦人でござる~ (3, 0.0%)

1 か, か但し, な

▼ 婦人でさえ~ (3, 0.0%)

1 尚お, 現代社会における, 鼻頬その他顔面の

▼ 婦人とともに~ (3, 0.0%)

1 仲よく散歩, 広間を, 搾取され

▼ 婦人ども~ (3, 0.0%)

1 じゃ何と, であつ, のため

▼ 婦人など~ (3, 0.0%)

1 いうもの, お戲, どれも

▼ 婦人などと~ (3, 0.0%)

1 いっても, 違い子供, 違って

▼ 婦人にだけは~ (3, 0.0%)

1 この間見惚れた, もう一度ぜひ逢いたい, 出来ないの

▼ 婦人について~ (3, 0.0%)

1 かく言い得る, こういう見解, 伺いたいわ

▼ 婦人については~ (3, 0.0%)

1 堅く否認, 父も, 長い間

▼ 婦人にて~ (3, 0.0%)

1 ありし, よく懇意, 字を

▼ 婦人にても~ (3, 0.0%)

1 これに, なほ密かに, 人の

▼ 婦人はと~ (3, 0.0%)

1 いうと, にもかく, 言へば

▼ 婦人みたい~ (3, 0.0%)

1 なこと, にどこ, にりっぱ

▼ 婦人めいた~ (3, 0.0%)

1 形で, 惘然さの, 毒々しい身なり

▼ 婦人らし~ (3, 0.0%)

1 かつた, さの, さ辛棒づよさが

▼ 婦人をば~ (3, 0.0%)

1 ことごとく迷, その天然, 権力富力ある

▼ 婦人~ (3, 0.0%)

1 姦通罪ヲ, 推定年齢ハ二十二歳目下姙娠四箇月ナリ死因ハ未, 生活ヲ

▼ 婦人一名~ (3, 0.0%)

1 こめて, という工合, を加

▼ 婦人代議員~ (3, 0.0%)

1 から伸子たち, がいくら, の質問

▼ 婦人会員~ (3, 0.0%)

1 に覆面制, の嗜なみ, 美しいとも

▼ 婦人会長~ (3, 0.0%)

1 の清藤秋子女史, もむかむか, らしい五十女

▼ 婦人候補者~ (3, 0.0%)

1 が五名, の四割八分, はどんなに

▼ 婦人全般~ (3, 0.0%)

1 に押し広げ, の戦時中, の教育水準

▼ 婦人勤労者~ (3, 0.0%)

1 のもっとも, の文化水準, はごく

▼ 婦人固有~ (3, 0.0%)

1 の元始的, の敗徳, の純潔

▼ 婦人外套~ (3, 0.0%)

1 が投げ出し, だの, もお

▼ 婦人女子~ (3, 0.0%)

1 あるのみ, の所業, をし

▼ 婦人慈善会~ (3, 0.0%)

1 に臨まん, は三日続き, は冬枯

▼ 婦人救済会~ (3, 0.0%)

1 から一つ, と云, の矢島楫子

▼ 婦人會長さん~ (3, 0.0%)

1 の家, の説明, は小僧氏

▼ 婦人殊に~ (3, 0.0%)

1 家庭を, 未亡人たちの, 炊事の

▼ 婦人~ (3, 0.0%)

1 に於い, の御, も見ました

▼ 婦人~ (3, 0.0%)

1 だ, なもの, な軽快さ

▼ 婦人立候補者~ (3, 0.0%)

1 が当選, の四割八分, の大

▼ 婦人評論家~ (3, 0.0%)

1 が取り上げる, が現れた, はその

▼ 婦人講座~ (3, 0.0%)

1 で話しました, のせゐなん, の廣告

▼ 婦人速記者~ (3, 0.0%)

1 のナターシャ・イワーノヴナ, を雇, を雇い

▼ 婦人連中~ (3, 0.0%)

1 が誰, に送っ, の心配

▼ 婦人部員~ (3, 0.0%)

1 に訊い, の再, 某夫人

▼ 婦人部屋~ (3, 0.0%)

1 があり, にゐる, の女たち

▼ 婦人釣り師~ (3, 0.0%)

1 である, にもよい, を一枚

▼ 婦人~ (3, 0.0%)

1 においてさえ類例, にも流行, に多く

▼ 婦人雑誌記者~ (3, 0.0%)

1 と自動車, のやう, の肩書

▼ 婦人靴下~ (3, 0.0%)

1 はひどく, は伸子, もなかっ

▼ 婦人ある~ (2, 0.0%)

1 が如く無き, べう

▼ 婦人あれ~ (2, 0.0%)

1 がもしや, が先刻

▼ 婦人からは~ (2, 0.0%)

1 あなたと, 結婚の

▼ 婦人からも~ (2, 0.0%)

1 好かれたもの, 来た

▼ 婦人ことに~ (2, 0.0%)

1 小さな女の子達, 現在の

▼ 婦人しか~ (2, 0.0%)

1 包括し得ない, 無い今

▼ 婦人しかも~ (2, 0.0%)

1 最初見た, 老婦人

▼ 婦人すら~ (2, 0.0%)

1 あつた, 案内なく

▼ 婦人そして~ (2, 0.0%)

1 一切の, 広間の

▼ 婦人そのもの~ (2, 0.0%)

1 にも日常的, の社会的自覚

▼ 婦人それ~ (2, 0.0%)

1 が青山夫人, と自分

▼ 婦人だけが~ (2, 0.0%)

1 あたかも黄泉, 問題だった

▼ 婦人だけで~ (2, 0.0%)

1 会堂が, 処理しなけれ

▼ 婦人だけの~ (2, 0.0%)

1 ために, 問題婦人だけで

▼ 婦人つまり~ (2, 0.0%)

1 いま馬車で, グランヴィルの

▼ 婦人であるなら~ (2, 0.0%)

1 ばその, ば恋愛

▼ 婦人であろう~ (2, 0.0%)

1 と私, と話し

▼ 婦人でなかった~ (2, 0.0%)

1 ことに, ことは

▼ 婦人としか~ (2, 0.0%)

1 思われないん, 見えなかった

▼ 婦人ながら~ (2, 0.0%)

1 医学士と, 殺気勃々天を

▼ 婦人なぞが~ (2, 0.0%)

1 何を, 往っ

▼ 婦人なんか~ (2, 0.0%)

1 住んで, 問題では

▼ 婦人なんて~ (2, 0.0%)

1 ものは, 印度や

▼ 婦人においても~ (2, 0.0%)

1 その範囲, 男子と

▼ 婦人にたいしては~ (2, 0.0%)

1 或る, 敬虔な

▼ 婦人にと~ (2, 0.0%)

2 つては

▼ 婦人にな~ (2, 0.0%)

1 つてゐた, つて行つた

▼ 婦人にのみ~ (2, 0.0%)

1 心を, 許す

▼ 婦人にばかり~ (2, 0.0%)

1 多いので, 姦通罪が

▼ 婦人による~ (2, 0.0%)

1 文学の, 草根採取が

▼ 婦人のみの~ (2, 0.0%)

1 やうで, 天職に

▼ 婦人のみを~ (2, 0.0%)

1 とがめる事, 責むれ

▼ 婦人はなんて~ (2, 0.0%)

1 いふお, 方だ

▼ 婦人ほど~ (2, 0.0%)

1 怖ろし, 縦ままでは

▼ 婦人までも~ (2, 0.0%)

1 手に, 独探

▼ 婦人めい~ (2, 0.0%)

2 て来る

▼ 婦人もう~ (2, 0.0%)

2 一方に

▼ 婦人~ (2, 0.0%)

1 君たちの, 近くに

▼ 婦人れん~ (2, 0.0%)

1 になる, の目

▼ 婦人をと~ (2, 0.0%)

1 望むの, 疑ぐっておるのじゃろうが

▼ 婦人を以て~ (2, 0.0%)

1 プロステチュウトと, 直ちに内政

▼ 婦人アナウンサー~ (2, 0.0%)

1 が哀調, に一人素敵

▼ 婦人ガ純潔~ (2, 0.0%)

1 ヲ破, ヲ維持スル如ク男子ガ其

▼ 婦人ジャーナリスト~ (2, 0.0%)

1 の中, をひやかす

▼ 婦人世界~ (2, 0.0%)

1 が参りました, などが積み重ね

▼ 婦人乃至~ (2, 0.0%)

2 それ以下の

▼ 婦人乳汁欠乏~ (2, 0.0%)

2 之儀

▼ 婦人事務員~ (2, 0.0%)

1 のもの柔らか, は相当

▼ 婦人二三人~ (2, 0.0%)

1 だけであった, と廊下

▼ 婦人代議員たち~ (2, 0.0%)

1 のため, も講堂

▼ 婦人以外~ (2, 0.0%)

1 にはせいぜい, に普通

▼ 婦人会青年団~ (2, 0.0%)

1 などの主, の連中

▼ 婦人作家ヴァージニア・ウルフ~ (2, 0.0%)

1 がイギリス, の書いた

▼ 婦人作家研究~ (2, 0.0%)

1 をもっと, を中央公論社

▼ 婦人作家詩人~ (2, 0.0%)

1 のうち, はある

▼ 婦人作家論~ (2, 0.0%)

1 の中, はちがう

▼ 婦人作家達~ (2, 0.0%)

1 はどんな, も歴史的

▼ 婦人俳句~ (2, 0.0%)

1 が伝統, は女らしい

▼ 婦人公民権~ (2, 0.0%)

1 に対してさえ不, は削除

▼ 婦人公民権案~ (2, 0.0%)

1 に反対, はついに

▼ 婦人兵士~ (2, 0.0%)

1 が直立不動, の最後

▼ 婦人労働問題~ (2, 0.0%)

1 のため, や教育問題

▼ 婦人労働者達~ (2, 0.0%)

1 に約束, は今日

▼ 婦人労務者~ (2, 0.0%)

1 との間, はひどい

▼ 婦人協力会~ (2, 0.0%)

1 というよう, には検事局

▼ 婦人即ち~ (2, 0.0%)

1 妻としての, 然り

▼ 婦人参政権大会~ (2, 0.0%)

1 からの招待, に出席

▼ 婦人参政権獲得~ (2, 0.0%)

1 に関する運動, のため

▼ 婦人参政権論者~ (2, 0.0%)

1 の新, をガッカリ

▼ 婦人及び~ (2, 0.0%)

1 婦人問題に対する, 芸術家としての

▼ 婦人同伴~ (2, 0.0%)

1 で必ず, の西洋人

▼ 婦人同情会~ (2, 0.0%)

1 は之, は女囚携帯乳児保育会

▼ 婦人同情會~ (2, 0.0%)

1 は之, は女囚携帶乳兒保育會

▼ 婦人~ (2, 0.0%)

1 になつ, に變

▼ 婦人堕落~ (2, 0.0%)

2 の原因

▼ 婦人~ (2, 0.0%)

1 でげす, 女の

▼ 婦人小間物商~ (2, 0.0%)

1 とかと名乗り, のつまらない

▼ 婦人少年局~ (2, 0.0%)

1 ができ, を廃止

▼ 婦人~ (2, 0.0%)

1 の広汎, の政治的

▼ 婦人帽子商~ (2, 0.0%)

1 とか婦人小間物商, の売子

▼ 婦人~ (2, 0.0%)

1 に謹しみ, ノ脚

▼ 婦人~ (2, 0.0%)

1 によって描かれる, は御

▼ 婦人従業員~ (2, 0.0%)

1 の有給生理休暇要求, をふくめた

▼ 婦人~ (2, 0.0%)

1 も不仁慾, も不仁欲

▼ 婦人慈善団体~ (2, 0.0%)

1 のため, も加わっ

▼ 婦人或は~ (2, 0.0%)

1 又全く何, 此道理を

▼ 婦人指導者~ (2, 0.0%)

1 であったひと, として知られ

▼ 婦人政客~ (2, 0.0%)

1 であった彼女, を例外的

▼ 婦人政治家~ (2, 0.0%)

1 として全国遊説, をその

▼ 婦人教育~ (2, 0.0%)

1 ということ, の推移

▼ 婦人数学者~ (2, 0.0%)

1 だったソーニャ・コ, になる

▼ 婦人數人~ (2, 0.0%)

1 と老いたる, はその

▼ 婦人文学者~ (2, 0.0%)

1 の団体, は少く

▼ 婦人文芸~ (2, 0.0%)

1 の講演会, 御発刊

▼ 婦人文芸雑誌~ (2, 0.0%)

1 の編輯, は多

▼ 婦人旋盤工~ (2, 0.0%)

2

▼ 婦人有志~ (2, 0.0%)

1 がはじめて, を動員

▼ 婦人~ (2, 0.0%)

1 に刀自たち, に有夫有子

▼ 婦人民主連盟~ (2, 0.0%)

1 に世界, の大会

▼ 婦人~ (2, 0.0%)

1 はやはり, ノ特選売場

▼ 婦人特に~ (2, 0.0%)

1 町人の, 農家の

▼ 婦人特有~ (2, 0.0%)

1 のあの, の気

▼ 婦人独特~ (2, 0.0%)

1 の利害, の条件

▼ 婦人~ (2, 0.0%)

1 にすこぶる, もゴミ運び

▼ 婦人理学士~ (2, 0.0%)

1 の第, を珍重

▼ 婦人生活~ (2, 0.0%)

1 の波, を調べる

▼ 婦人画報~ (2, 0.0%)

1 などに寄稿, の

▼ 婦人病院~ (2, 0.0%)

1 の院長, は自然

▼ 婦人相手~ (2, 0.0%)

1 のこと, のもの

▼ 婦人矯風會~ (2, 0.0%)

1 など訪れた, の有名

▼ 婦人研究~ (2, 0.0%)

1 か非, のため

▼ 婦人科専門~ (2, 0.0%)

1 でレントゲン設備, の医師

▼ 婦人科的~ (2, 0.0%)

1 な観察, に見

▼ 婦人~ (2, 0.0%)

2 には小児

▼ 婦人紳士~ (2, 0.0%)

2 の方々

▼ 婦人~ (2, 0.0%)

1 が通過, と共にまことに

▼ 婦人自ら~ (2, 0.0%)

1 で無く, の自覚

▼ 婦人自分~ (2, 0.0%)

2 は箸

▼ 婦人船客~ (2, 0.0%)

1 がギッシリ, との道

▼ 婦人芸術家~ (2, 0.0%)

1 のゆたか, をも包括

▼ 婦人若い~ (2, 0.0%)

1 男の, 男二人労働者風の

▼ 婦人解放問題~ (2, 0.0%)

1 はこうして, を扱った

▼ 婦人解放思想~ (2, 0.0%)

1 がうけ入れられた, とその

▼ 婦人記者氏~ (2, 0.0%)

1 は人生, も疲れ

▼ 婦人記者矢留瀬苗子~ (2, 0.0%)

1 の出現, はある

▼ 婦人論者~ (2, 0.0%)

1 とかいうもの, を戒め

▼ 婦人諸君~ (2, 0.0%)

1 しばらくわれわれ, はこんな

▼ 婦人諸君これ~ (2, 0.0%)

1 はスペイン式, は友人

▼ 婦人講習会員~ (2, 0.0%)

1 の間, の顔

▼ 婦人農村~ (2, 0.0%)

1 における婦人, の富中農婦人

▼ 婦人農民子供~ (2, 0.0%)

2 に至る

▼ 婦人連れ~ (2, 0.0%)

1 ですから, の事

▼ 婦人道徳~ (2, 0.0%)

1 では農村, の限界

▼ 婦人部長~ (2, 0.0%)

1 としてはがっちり, になつ

▼ 婦人開放~ (2, 0.0%)

1 の問題, も婦人参政

▼ 婦人附録~ (2, 0.0%)

1 にお, のある

▼ 婦人~ (2, 0.0%)

2 の方

▼1* [805件]

婦人ありしことは, 婦人あり病める者あり, 婦人いかなるべき, 婦人いかにも露西亞は, 婦人いや老婦人の, 婦人一人の, 婦人かが粧いを, 婦人かく嬌瞋を, 婦人がな裾を, 婦人がのつかかつて, 婦人がはづかしさ, 婦人ぐらい欧米の, 婦人こそは浅間火口に, 婦人しなびた老人等が, 婦人じゃあなかった, 婦人じゃから直接に, 婦人すなわち尼法師にも, 婦人ぜんたいの迷信, 婦人そう考えて, 婦人その他の雑誌購読者, 婦人その他あれやこれ, 婦人たちがわりに気丈, 婦人たちのと同じく, 婦人たちのちからがたいへん, 婦人たちクラブ書記局の人たち, 婦人たち一人一人の欲求, 婦人たち以外の仕事, 婦人たち全員の勢ぞろい, 婦人たち彼女らの不可解, 婦人たち自身の恋愛, 婦人たとえばプルスカヤ伯爵夫人か, 婦人たらしめねば置かない, 婦人たらしめようと力, 婦人だい若くて, 婦人だけも随分の, 婦人だけを待ち女郎, 婦人だったらそれくらいの, 婦人だったらしくこんな話, 婦人だつたらい, 婦人だつたらそんなの, 婦人だの又は上流, 婦人だらうけれど何鳥, 婦人つかぬことを, 婦人つてどんなもの, 婦人づれでも來合はせて, 婦人ものは, 婦人であったならあるいは二人, 婦人であったらばこそ女, 婦人であったろうと思う, 婦人でありました為に, 婦人であり馬鹿げきった者であり, 婦人であるだろうということ, 婦人であるまいと云う, 婦人であれば縮み萎える, 婦人でござれば, 婦人でさえもあまり, 婦人でしょうとその, 婦人でとしの, 婦人というは旧な, 婦人といふだけで人相, 婦人といふは旧な, 婦人とか子供とか, 婦人とだけあのこと, 婦人とだけがのこった, 婦人とて禽獣で, 婦人とても天賦的に, 婦人とてもごく不潔です, 婦人とてもよほど抜けて, 婦人とで埋まり屡, 婦人とでも結婚しよう, 婦人とに方福山の, 婦人とのみ思いこんで, 婦人とばかり仲好く, 婦人とやらでお, 婦人どうしの交際, 婦人なく又一, 婦人なければ即興詩人, 婦人なぞいつでも, 婦人などとは全然異, 婦人などとも巧く, 婦人などによく見る, 婦人などへの饗応の, 婦人ならびに一部の, 婦人なら知らないふりを, 婦人なりと云ひ, 婦人なりとも逐一申立己, 婦人なればこの, 婦人なんぞわたくしに, 婦人なんぞは気味が悪いと, 婦人にかけては恐らく世, 婦人にこそよく解し, 婦人にたいして不正な, 婦人にたいする空想的な馬鹿げた, 婦人にだけきびしかった, 婦人にては木戸に, 婦人にとっての家族問題, 婦人にまでその想像, 婦人により社会的な, 婦人に対してだけはむかしから, 婦人に対してのみで無いの, 婦人に対してばかり貞操という, 婦人に対すると同じやう, 婦人に関しちや私を, 婦人のみで行う場合, 婦人のみに限らず男子, 婦人のみはどうして知っ, 婦人はきゃっと叫ん, 婦人はね僕に, 婦人ばかりといつて, 婦人ばかりを博愛し, 婦人ひとえに目を, 婦人ひとりが静か, 婦人びったりしめて行った水口, 婦人へということも, 婦人ほどは美しくなかった, 婦人また社会批評家婦人運動実行家等の, 婦人または加冠前の, 婦人みずから教育しようと, 婦人みなさんの手, 婦人みんな本当に腹, 婦人むきとして出現, 婦人とさすが, 婦人もちハンカチがまず, 婦人もっさりした洋髪, 婦人もんだいなどについて論文, 婦人やに共通する, 婦人やら二三の, 婦人ゆえ泣いてばかり, 婦人よく労働す, 婦人よし五六人の, 婦人らしい話し聲が, 婦人らしくないという意見, 婦人らしく見えるように, 婦人りっぱな人妻, 婦人をかへそうと, 婦人をしか彼女の, 婦人をというような, 婦人をよけようとして, 婦人を通じて世界へ, 婦人イタリーやドイツ, 婦人インテリゲンツィア婦人を読者, 婦人ウィルフレッドではないだろう, 婦人ウルサンの斡旋, 婦人エジス・カヴェル女史が去年独逸軍, 婦人オルグをあつかっ, 婦人ガ妻タリ母タル勞働ノミトナラバ夫タル勞働者ノ品性, 婦人ガ男子ト平等ノ國民教育, 婦人クラブに寄つてコーヒー, 婦人クラブ附録のかけ軸, 婦人コートの裏, 婦人サークル員増大の階級的価値, 婦人ザチの正体, 婦人ソックリの感じ, 婦人タイピスト速記者の求職, 婦人ヂャーナリストをひやかす, 婦人デーデモを決行, 婦人デー特輯なの, 婦人トシテハ均整ノ取, 婦人ト姦シタル者ハ婦ノ訴ニヨリテ婦人, 婦人ドイツの酒, 婦人ナノカモ知レナイガモシ本当ニ悪人デアリ, 婦人ニ勞働ヲ負荷セシメザル國是, 婦人ニ老親ヲ負, 婦人之レ, 婦人ハ男子タル父ト同一ナル勞働ヲ爲ス能ハザル原則ニ基ク, 婦人ハ自己一人以上ヲ生活セシムル勞働力ナキ原則ニ, 婦人パーティはまるで, 婦人ピアニストはウィーン, 婦人ファシズムにしいたげられつくした, 婦人ブーク侯爵夫人であるクールタン夫人, 婦人プロレタリア作家が出る, 婦人ベルの音, 婦人ホウムになっ, 婦人ホームへ身, 婦人ボスのあらそい, 婦人ポルカやワルツ, 婦人マダムシュールの手紙, 婦人マダム・タウェルニエと結婚, 婦人マッケイのお母さん, 婦人マルヴィーダ・フォン・マイゼンブークと精神的, 婦人メンバーはさき, 婦人モータークラブの会長, 婦人ワンダ・ワシレーフスカヤといっ, 婦人ヲシテ夫ノ前, 婦人一九七八円であり婦人勤労者, 婦人一人のところ, 婦人一人前粧飾品なり衣服, 婦人一人半子供十人半が平常, 婦人一人同所鳥博士の新, 婦人一人我を去る, 婦人一個の幸福, 婦人一手は首, 婦人一般文化文学婦人作家という分け, 婦人去の, 婦人七名少女二名ノ全部三十四名ニテ成立ス, 婦人丈けがそっと私, 婦人三十一人は男子, 婦人上品で金持, 婦人上衣ガウン下着や化粧, 婦人下枝子を主人公, 婦人世帯の傍, 婦人名とが, 婦人中動もすれ, 婦人中食物上の原理, 婦人主義を標榜, 婦人乗客が四五人, 婦人乗馬講習所が出来, 婦人争議員の写真, 婦人争議団の一人伴君, 婦人事件のあった, 婦人事務家としてフィールド銀行, 婦人事業や貧民救済事業, 婦人二ツ木兼子という名前, 婦人二人出で来れり, 婦人同一ナルハ論ナシ, 婦人に向い, 婦人人形を抱き, 婦人人民的な作家, 婦人今にも手を, 婦人他所にて男, 婦人代表たちが堂々, 婦人代表員がクラブ, 婦人代議士はじめ各界の婦人, 婦人代議士みたいな人達, 婦人代議士クラブというの, 婦人代議士三十九名の活動, 婦人代議士特殊な芸術家, 婦人代議士立候補者たちも婦人, 婦人令嬢の言葉, 婦人以上の寂し, 婦人仲介業いろいろ, 婦人休憩室へ入っ, 婦人会いたいと云っ, 婦人会その他婦人を家庭, 婦人会主催の舞踏会, 婦人会側の多少, 婦人会其他一切の公的性質, 婦人会其他七八軒の会社員, 婦人会員達私の家内, 婦人会実業団体等様々の会, 婦人会愛国婦人会てえん, 婦人会愛国婦人会その他婦人を家庭, 婦人会慈善会京都青年会大バザー, 婦人会翼賛壮年団等はいづれ, 婦人会連合班長の忙しい, 婦人会関係の知名婦人等, 婦人会青少年団産業報国会などはいづれ, 婦人についてもこの, 婦人位いのもの, 婦人佐々伸子について一定, 婦人作家アリス・ホバードに, 婦人作家ウェブスターの, 婦人作家エリイザ・オルゼシュコの, 婦人作家カースン・マックカラーズが描き出し, 婦人作家シャギニャーンが三年, 婦人作家ネイオミ・ミチスンが一般, 婦人作家マルグリット・オオドゥウの生活, 婦人作家ワシリェフスカヤの作品, 婦人作家中最もインテレクチュアル, 婦人作家伝の連載, 婦人作家佐多稲子は, 婦人作家俳優音楽家たちはこの, 婦人作家列伝ていうの, 婦人作家同門の出身, 婦人作家大塚楠緒子の詩, 婦人作家擡頭も決して, 婦人作家擡頭云々と云っ, 婦人作家水野仙子がその, 婦人作家獲得のため, 婦人作家群のうち, 婦人作家自身どの国, 婦人作家自身女ながらもと飛行機, 婦人作家評を執筆, 婦人作者たちの間, 婦人使節スワーボダに率いられ, 婦人り面會, 婦人便所へ他, 婦人の方, 婦人保すべからずと, 婦人俯伏になり, 婦人俳優は舞台, 婦人俳句会の連中, 婦人候補者達に多く, 婦人倶楽部主婦之友, 婦人傍聴人は一人一人, 婦人傍聴席を見る, 婦人傍聴者が現れた, 婦人像風景等を描い, 婦人優先席にどっか, 婦人先生にはお, 婦人児童もしくは愚鈍者, 婦人児童農民植民地の人々等, 婦人八千百万人が結集, 婦人公民権承認に立ち, 婦人公民権政府案を貴族院, 婦人公民権案反対を決議, 婦人公論十一月号所載の三浦環女史, 婦人公論十月号を持つ, 婦人公論所載林歌子刀自の自叙伝, 婦人公論所載河崎なつ女史の自叙伝, 婦人公論新年号新聞の切りぬき, 婦人公論正月号に提出, 婦人六〇九円である, 婦人共有制すなは, 婦人共産党員の黒靴下, 婦人共通の福祉, 婦人れに, 婦人其者ヲ殘賊スルノミナラズ, 婦人内国布教会と称する, 婦人冥途の土産, 婦人をなし, 婦人助手のいきさつ, 婦人努力を惜しまず, 婦人労働の最低, 婦人労働大臣にミス, 婦人労働大衆が存在, 婦人労働奨励の演説会, 婦人労働婦人が発生, 婦人労働母性保護の問題, 婦人労働組合のほう, 婦人労働組合会議が行われた, 婦人労働者おれたちの友, 婦人労働者たち食事をし, 婦人労働者アサに似た, 婦人労働者会議の席上, 婦人労働者党の婦人部, 婦人労働者及妻が集会, 婦人労働者婦人の組合活動家たち, 婦人労働者搾取に対して世界, 婦人労働者生後十ヵ月以内の赤坊, 婦人労働者群に集, 婦人労働者連がガヤガヤ, 婦人労働顧問の人選, 婦人動員は大した, 婦人勞働者ハ漸次的ニ勞働界ヲ去, 婦人募集と出, 婦人勤労状態や日常生活, 婦人十七人が洗礼, 婦人千差万別いずれを見, 婦人協議会会議中全員検挙一ヵ月検束された, 婦人協議員沢村貞子同じく演劇同盟員北原幸子, 婦人博覧会を色々, 婦人性慾を, 婦人参堂などのとき, 婦人参政尚早論を唱え, 婦人参政建議案が衆議院, 婦人参政権あれとソヴェト, 婦人参政権問題がビート, 婦人参政権建議案が初めて, 婦人参政権法律的独立人格の承認, 婦人参政権獲得同盟というの, 婦人参政権獲得期成同盟会が成立, 婦人参政権獲得運動がどう, 婦人参政権要求運動の下, 婦人参政権通過離婚の自由, 婦人参政権運動史があからさま, 婦人参政権運動者たちは報国貯金, 婦人参政運動者をよろこばせた, 婦人參政權を得る, 婦人參政權問題ニ見ル, 婦人又は極めて順良, 婦人及乳児のため, 婦人及人類の幸福, 婦人及彼女の彼氏たち, 婦人及赤ネクタイをつけた, 婦人叢書の依頼, 婦人合唱隊のタンバリン, 婦人合唱隊タンバリン急打男達之に和す, 婦人同伴席にそっと, 婦人同伴鹿島槍に登っ, 婦人同情会規則を持参, 婦人同情會規則を持參す可, 婦人曰持衰, 婦人向きスポーツ好みの短靴, 婦人向式のところ, 婦人呉服部の御用, 婦人呻吟せる子供, 婦人問題キソ知識には青鞜時代, 婦人問題医学の問題, 婦人問題変遷の歴史, 婦人問題女の問題, 婦人問題学生問題等の諸, 婦人問題熱に対するチェーホフ, 婦人四〇名が参加, 婦人団体女学生団などが二, 婦人団体産業団体農業団体産報等の団体, 婦人団長ゲルトルート・ショルックリング女史とナチス婦人団, 婦人固くこれを, 婦人在家の男子, 婦人地下室はわき, 婦人坐して餓死, 婦人に上り, 婦人外交員女製図師図書館その他の整理係, 婦人多かるに独り彼女, 婦人多勢を繰出し, 婦人多忙なりと, 婦人大人よりは少年, 婦人大衆作家がい, 婦人天下の米国, 婦人太く蜘蛛を, 婦人夫妻が踊り出した, 婦人夫婦の手, 婦人女房として完全, 婦人女教師などに大体, 婦人好みな洋酒, 婦人如喪人名之爲持衰, 婦人妊娠中心得の事, 婦人委員たちがいかなる, 婦人姿のロボット, 婦人を産, 婦人子供たちにもわかる, 婦人子供出征兵士のお, 婦人子供博覧会の国防館, 婦人子供国有論が生れる, 婦人子供学校教師学生のため, 婦人子供服のきれ, 婦人子供洋服の店, 婦人子供老人にまで射撃, 婦人子供青年の人生, 婦人学校の先生, 婦人学生は三割引き, 婦人学生農家商家それぞれの献立, 婦人学者も生れた, 婦人宗教團の團員達, 婦人客たちは久しぶり, 婦人宣教師が行っ, 婦人室そこには屹度, 婦人専用のもの, 婦人専用室の中, 婦人専用船室のベツド, 婦人専門のサルーン, 婦人尊敬の癖, 婦人尊重の習慣, 婦人小児連は当分, 婦人小兒を略し, 婦人小間物は白牡丹, 婦人艾者, 婦人少しケンある, 婦人少年の各組, 婦人少年不学のもの, 婦人少年等の諸, 婦人局長たちに予算, 婦人巡査キャザリン・オコナアと昼夜, 婦人工場労働者の平均賃銀, 婦人工場監督官谷野せつ氏が公表, 婦人工場管理者だけは恋愛, 婦人が娘, 婦人市民らしく闘志, 婦人帽子商マダム・クェルネルと称する, 婦人平和会議の決議, 婦人年表には母子保護法実施, 婦人年鑑にあっ, 婦人店員たちが仕舞, 婦人座席の上, 婦人廏内にあり, 婦人いては, 婦人弁護士とより, 婦人が元, 婦人弟子らしいの, 婦人弟子仲間に見せびらかし, 婦人彼女等は割切っ, 婦人彼等の兄, 婦人後者は伝説中, 婦人従うて罪, 婦人従者と旅, 婦人快気に至り, 婦人忽ち演説を, 婦人思想家の続出, 婦人く嬌瞋, 婦人惟うに誂えの, 婦人愛人母等の深き, 婦人愛読者が作家, 婦人懐妊ありて, 婦人我同胞は醫師, 婦人の絵, 婦人の婦人, 婦人手工業組合婦人技術講習会等を組織, 婦人手眼鏡を持ち, 婦人技術家もズラリ, 婦人技術者を養成, 婦人技術講習会等を組織, 婦人投標者の意見, 婦人持ちの洒落た, 婦人持手提一枚の写真, 婦人指導者たちの堕落, 婦人指揮者というもの, 婦人挺身隊にゆだねられる, 婦人探偵たちの一致, 婦人携帯品が並べ, 婦人支那人宣教師按摩軍人ヤンキーアイヌ似ても, 婦人改良論者であるあなた, 婦人政治家たちが男女平等, 婦人政治運動促進会というもの, 婦人教育会に招, 婦人教育委員会の経過, 婦人教育家をも加えない, 婦人教育者はよろしく, 婦人教訓をもっ, 婦人数名が出入り, 婦人文化はえらい, 婦人文化講座で講演, 婦人文学者たちの教養, 婦人文学雑誌に連載もの, 婦人文芸主催の文芸講演会, 婦人文芸家をそこ, 婦人文芸雑誌記者の, 婦人文藝雜誌であつ, 婦人新聞記者好事家美術批評家という風, 婦人方二人に下, 婦人方全部のヴェール, 婦人方所持品改めときては, 婦人施療院委員会はラジウム不足, 婦人旅行家のダイアナ, 婦人旅行者であるわたし, 婦人で牝馬, 婦人昔話の上手, 婦人は夫, 婦人時評その他の評論, 婦人更衣場へ連れ込んだ, 婦人會さへ催された, 婦人會聚して, 婦人會設立者奧村五百子をそのものたち, 婦人有業者の第, 婦人有権者たちだけの質, 婦人服し了つて乳長く, 婦人服ノアクセサリーヲ売ル店デレースヤナイロン製, 婦人服売買婦はじっと, 婦人服屋が並ん, 婦人服店で仮縫い, 婦人服独特の優雅, 婦人服見本を用意, 婦人服部職長で五十歳, 婦人未亡人でもない, 婦人束髪会婦人編物会矯風会をはじめ, 婦人束髮於後亦衣裙襦裳, 婦人来り牧夫来り, 婦人校正部員が久しき, 婦人とあんまり, 婦人樋口一葉君の人物, 婦人の下, 婦人機関銃隊の間, 婦人文化文学婦人作家と, 婦人正に刑柱に, 婦人正装の場合, 婦人正風会の椅子, 婦人正風会長になっ, 婦人歴史家の仕事, 婦人死体がある, 婦人殺しの裏面, 婦人母親のよう, 婦人民主クラブ員なの, 婦人民主クラブ役員改選のこと, 婦人民主クラブ自由懇話会新協友の会日本文芸家協会日本著作家組合日本出版協会新日本医師連盟, 婦人民権運動家の活動, 婦人はどんな, 婦人水着の新型, 婦人水紅色なるが, 婦人洋服部の顧問, 婦人洋画家として今日著名, 婦人活動家の一人, 婦人流儀のやり方, 婦人浴場だったけれど, 婦人溜り所には父親, 婦人溜所の前, 婦人演奏家だった, 婦人濡れてくぐる, 婦人点燈夫が街燈, 婦人無電手をもたらした, 婦人独自の力, 婦人珈琲店の一隅, 婦人を頭, 婦人甘んじてこの, 婦人生活向上の欲求, 婦人生涯の全力, 婦人産後の病, 婦人用たるを示す, 婦人用カバンがおい, 婦人用ハンカチを軍服, 婦人用パイプでタバコ, 婦人用ルバーシカをテーブル, 婦人用下着をみせ, 婦人用便所と札, 婦人用厠へ飛び込ん, 婦人用家具が女, 婦人用手袋と香水, 婦人用鋏磁器の鉢, 婦人用靴下専門店に立入る, 婦人申し後れたが拙者, 婦人男子の心, 婦人画学生としてケーテ, 婦人画家その他の能力, 婦人画家中の才人, 婦人界改造の奨励者擁護者, 婦人界的会合へ多く, 婦人畢生の恥辱, 婦人疾く覚めよ, 婦人療養所もある, 婦人発生の黎明期, 婦人白衣の看護婦, 婦人的事情を感じます, 婦人的慎しみというもの, 婦人罷出つ, 婦人監督と云う, 婦人を赤う, 婦人目病ましき, 婦人相談がある, 婦人あるを, 婦人矯風の議論, 婦人矯風会その他の宗教関係, 婦人矯風会仏教女子青年会などの会員, 婦人社会主義の卒先者, 婦人社会主義者が与, 婦人社会成員なの, 婦人社員連本当の目当, 婦人社會に影響, 婦人神経病にかかった, 婦人科レントゲンの小笹技手, 婦人科何でもない, 婦人科医河合老医師, 婦人科医者が嫌い, 婦人科医郷といふ騎兵大尉, 婦人科小児科歯科もある, 婦人科用寝台その他がそなえつけられ, 婦人科病院曼陀羅先生の病室, 婦人科的手術をうけた, 婦人科的観察を試みた, 婦人科耳鼻科のあと, 婦人科醫的な世話, 婦人秘密倶楽部がある, 婦人秘書をこッ, 婦人立候補者たちはあれ, 婦人立出でたり, 婦人笑いを知らず, 婦人笑い声人声また遠く, 婦人一, 婦人等々の購入連絡網, 婦人等及ぴ仏蘭西の田舎, 婦人と衝突, 婦人紡績労働者たちが, 婦人細き竹杖で, 婦人紳士方が社会道徳, 婦人紳士諸君御随意, 婦人の召上りつ, 婦人経行中などに火, 婦人結婚したばかりの, 婦人続いてつる, 婦人編物会矯風会をはじめ, 婦人編輯局員同志今野は去る, 婦人にいたる, 婦人老人よりは少年, 婦人老媼をつれ, 婦人老若四五十名は用意, 婦人考える婦人頭脳の, 婦人聴講生を許可, 婦人を求む, 婦人職員従業員の価値, 婦人職業問題に反対, 婦人職業紹介の団体, 婦人肌着部のよう, 婦人肖像一枚が水際立つ, 婦人肖像画家とか伸子, 婦人腕車の傍, 婦人自ら内にある, 婦人自身何かそこ, 婦人へ遊び, 婦人色町の女, 婦人花子とが囲炉裏, 婦人クハ小児, 婦人若々しい花の, 婦人若し智無して, 婦人英学者若松賤子である, 婦人薬剤師だと, 婦人藤色の衣裳, 婦人蘇易なる者, 婦人に騎, 婦人行う婦人手の, 婦人衛生会の仕事, 婦人と出で, 婦人髮屈, 婦人袴繻子のうち, 婦人裁判官ポーシャばかりでなく, 婦人裸像が描かれ, 婦人西川文子君の談話, 婦人視学がいた, 婦人覚醒のムーヴメント, 婦人観結婚観でしょう, 婦人やら何, 婦人解放史として見のがせない, 婦人解放論者たちがまず, 婦人解放運動中にも発見, 婦人解放運動家に対して同性, 婦人解放運動家たちは努力, 婦人解放運動者となり, 婦人記者婦人速記者女会計婦人外交員女製図師図書館その他の整理係, 婦人記者松本英子を加え, 婦人記者波多野秋子さては新, 婦人記者磯村女史だった, 婦人記者筆の立つ, 婦人訪問客の逸話, 婦人訪問者のため, 婦人訪問記に英雄伝, 婦人に必ず, 婦人評論家作家として成功, 婦人詩人のところ, 婦人詩人ギッピウスの詩, 婦人詩人ギッピウスデカダンス文学の作者, 婦人詩人中河幹子さんが婦人作家評, 婦人誘ひあはせて一家, 婦人誘惑の芝居, 婦人読者サークル員通信員のみなさん, 婦人論その他の雑評九篇, 婦人論者世のいわゆる, 婦人諸君ここに第, 婦人諸君ギリシャにもエジプト, 婦人諸君僕は諸君, 婦人講師さんとくとお, 婦人講演と社会主義研究会, 婦人講習会員たちの質問, 婦人講話を開く, 婦人議会で可決, 婦人議長を舞台, 婦人貧農婦人そして一切, 婦人貴族が王位, 婦人賃金労働者の大軍中, 婦人賃金労働者男子と同等, 婦人赤十字社の大, 婦人の廻り, 婦人身売りの汚辱, 婦人身装は至って, 婦人にお召, 婦人車掌たちの様子, 婦人車掌月収四十八円のところ, 婦人は病院, 婦人軍属になっ, 婦人通信員養成婦人作家獲得のため, 婦人通訳として自立生活, 婦人速記者十二人の人間, 婦人速記者女会計婦人外交員女製図師図書館その他の整理係, 婦人速記製図手外交員会計助手歯科医なども近々, 婦人連なり彼女らの, 婦人連合大会を大阪, 婦人連四人で東京, 婦人連巷の母親達, 婦人連盟らがね, 婦人週間にしろ, 婦人運動史がよく, 婦人運動実行家等の社会的特殊才能, 婦人運動家との話同様, 婦人運動教育などの分野, 婦人運動者たちまでを動員, 婦人運転手のかひ, 婦人達みんなにとってまったく, 婦人達ニ見物セラルルノ光栄ヲ得, 婦人達ハ実際ニハ善良, 婦人選挙権と兵役強制法, 婦人選挙権獲得同盟の会長さん, 婦人邪魔物的観念封建時代の人間, 婦人部オルグのメーラ, 婦人部十人ばかり集った, 婦人部座談会というの, 婦人部案を発表, 婦人部維持費五銭積立の件, 婦人郵便配達がベンチ, 婦人酒肴花果飯餌を以て老, 婦人鉄砲に限る, 婦人に声楽家奥住龍子女史, 婦人開業医ブラックウェルの話, 婦人関係それらの歪み, 婦人関係等に就い, 婦人閣下これ以上の事, 婦人閲覧人たちは殆ど, 婦人閲覧者のかり出し, 婦人陪審官制度の問題, 婦人雑誌あたりの切り抜き, 婦人雑誌つきものの猫, 婦人雑誌なみのところ, 婦人雑誌ふうの常識, 婦人雑誌主催の文芸講演会, 婦人雑誌向の小説, 婦人雑誌向きにちゃんと, 婦人雑誌廃刊の事実, 婦人雑誌業者間の競争, 婦人雑誌級の小説, 婦人雑誌類が無秩序, 婦人雑誌鳥の羽, 婦人のごとき, 婦人青少年の生活, 婦人青年です, 婦人青年同盟員たちだ, 婦人青年少年の団体, 婦人青年隊士はソヴィエト, 婦人非常友如燈焔不停, 婦人靴下一足千何百円という暮し, 婦人靴下売場にはモスク, 婦人靴専門店のピネ, 婦人靴屋のショウ, 婦人靴店の内, 婦人頭脳の婦人, 婦人にし, 婦人風俗が描い, 婦人風俗画を描い, 婦人飛行協会員にはなれなかった, 婦人飛行士にパラシュート, 婦人飛行家としての出発, 婦人高山に参られ