青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「客~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~実現 実現~ ~実行 実行~ 実践~ ~実際 実際~ ~実験 実験~ ~客
客~
客観~ 客間~ 宣~ 宣伝~ ~室 室~ ~室内 室内~ ~宮 宮~

「客~」 15037, 149ppm, 709位

▼ 客~ (2778, 18.5%)

52 ために 43 前に 38 顔を 32 中に 30 前へ 25 一人が 22 中には, 方で, 方へ 18 ような, 前で 17 ように, 方を 15 間に 14 一人は 12 多くは 11 為に 10 ことを, ない時, 方から, 方に, 相手を 9 一人に, 中で, 声が, 姿を, 方が, 眼を, 間を, 顔が 8 なかで, ほうへ, 姿が, 姿は, 相手に, 話を, 頭の, 顔も 7 あること, ための, ところへ, ひとりが, 中から, 席を, 来るの, 様子を, 顏を

6 [13件] あるの, うちの, ことで, なかに, ほうが, 中の, 名を, 影も, 所へ, 数が, 数は, 数も, 方は

5 [11件] すがた, なかには, やうな, 中にも, 前を, 帰ったあと, 心を, 手を, 目を, 部屋の, 顔は

4 [21件] あるとき, ある時, うちで, ほうで, やうに, ようすを, 一人, 事を, 二人は, 大部分, 好みに, 姿に, 少女は, 帰ったの, 帰った後, 座敷へ, 方も, 来て, 相手で, 荷物を, 話に

3 [51件] ある夜, いるところ, うちでは, うちに, かげ絶えたる事, なぐさみ女郎, ほうから, ほうも, ほかに, 一人と, 一人として, 中を, 人数を, 他の, 側に, 出入りも, 前には, 口から, 名刺を, 名前を, 多いこと, 多い家, 多い時, 室へ, 小山も, 少い電車, 後から, 後ろに, 後姿に, 手前が, 接待に, 目に, 眼は, 筋が, 耳に, 背中を, 胸に, 膳に, 興を, 話の, 足が, 足とまるまじ, 足は, 足を, 足音が, 間へ, 頭を, 顏が, 風説仕着せ積み夜具茶屋への, 髪を, 鼻先に

2 [168件] あいだに, あいだを, あった時, あつた, あるだけ, いない部屋, いる前, うちから, うちには, うちにも, こと, ことが, ことは, ことも, ことらしく, すくない電車, すべてが, せいで, そばに, ぞろりとした, つもりで, なかから, なかの, ひとりは, ほうを, ほか坐る, もてなしも, やつて, ようでした, 一人で, 一人一人に, 一種の, 三人は, 世話が, 中へ, 主要な, 久我之, 乗降の, 事なんか, 人相を, 休憩に, 会話を, 來る, 入って, 入りは, 処へ, 処へは, 出て, 出入りが, 出入りは, 出這入り, 切れ間に, 前でも, 前において, 前の, 前へは, 前も, 半分は, 口に, 名は, 名刺には, 吸って, 喝采は, 嘘に, 声には, 多かった, 大井久我之, 大半は, 大原は, 如く南極, 姿も, 室を, 対手を, 小山は, 尠い, 席へ, 帰りを, 帰り去る, 帰るを, 座敷に, 往来が, 後に, 後姿を, 心持が, 応対から, 応接も, 惡口を, 意志に, 投げた銭, 投げる銭, 持ち物であった, 振りを, 掌に, 接待を, 接待掛りだ, 数に, 数より, 来たこと, 来たの, 来ない時, 来る日, 杯を, 様だ, 機嫌気褄を, 歸り, 残して, 気を, 気配を, 注意を, 注文を, 浴室へ, 深山大沢を, 混むもの日, 湯の, 無い怠屈さ, 無い日, 爲に, 物腰が, 獺に, 用事で, 目の, 眼が, 眼に, 礼儀を, 絶えまが, 羽織などを, 耳にも, 聲が, 背後へ, 膝へ, 膳が, 至情なり, 船に, 菊次郎猪之, 處へ, 衣裳や, 言が, 言を, 言葉は, 言葉を, 註文を, 誰彼と, 質問に, 足に, 足もとへ, 踏破の, 込んで, 迷惑も, 送り迎へに, 邪魔に, 部屋に, 部屋には, 部屋は, 部屋へ, 金や, 銀貨銅貨取り混ぜた, 間で, 頬を, 頭が, 頭に, 頭越しに, 顔さえ, 顔には, 顔色を, 風采を, 食べ残り, 首を, 騷ぎはげしくお力の

1 [1415件 抜粋] あいだから, あしもとも, あつまった大, あとが, あるけは, ある人, ある度, いいつけ, いたこと, いちばん後から, いないこと, いない日, いること, いる事, いる様子, うしろで, うちでも, うち一人は, うち数人が, えりご, おつき合い旁, おとずれや, お膳, がまじっ, くるよう, ここへ, ことなど, ことばが, ことばを, こと手紙の, こみあう狭い, ささやき, すいて, すくない季節, すぐ隣, すっかり出きっ, するやう, そのまた, それぞれについて, たてこむ夏, ためだ, ため身を, だれかの, つめて, では, ところへは, と同じ, どんなに雑沓, ないしかも, ないの, ない家内静か, ない店, ない朝食, ない酒場, ない隙, なかった, なさそう, のって, はあれ, はきもの, はなしは, は鯨肉, ひとりの, びっくり仰天した, ほかは, まえで, まったく去っ, まわりだけを, もてなしから, ようだった, わが身が, わらじで, ゐない夜, アドレスの, カエサルなる, シャンパンばかりを, テーブルの, ヒゲを, マッサージを, 一人だ, 一人であった, 一人まさか, 一人一体, 一人文筆を, 一件で, 一挙一動に, 一群それが, 一行が, 七分は, 三人此方に, 三四十人が, 上へ, 上座について, 下界の, 下足番号下の, 下駄を, 不安を, 不聊, 世話まで, 中, 中なり, 中川ここに, 中河良佐と, 乗ったあと, 乗りが, 乞いによって, 二三人, 二人が, 二重廻しなどを, 云ふ, 人態を, 人気の, 人達は, 今朝早く, 代りに, 仲間も, 休息所に, 住所姓名を, 体に, 何処より, 作法とか, 來た, 來り, 依頼は, 俺を, 健康診断を, 傍にも, 傍を, 僕等は, 先方に, 入りがい, 入り八分位, 入る様子, 入浴が, 全身は, 具合いは, 内輪の, 出入に, 出入りと, 出入りや, 出揃うころ, 出盛りにて, 分も, 到来を, 到着を, 刺を, 前であろう, 前なぞ, 前にも, 前をも, 前景気の, 加集泰助に, 北畠信雄も, 卓に, 卷添にでもな, 去りゆきて, 去るまで, 収容に, 取り持ちを, 取り次ぎ勝手元いっさいまでも, 取扱ひ, 受け方が, 口の, 口赤し, 吉さんと, 同情に, 名前も, 名通り我々の, 吐く息, 吸差しの, 呂布と, 呑でる, 呼ぶ声, 品評などを, 商人と, 喜びさうに話, 喜ぶの, 嗜好性を, 四つぶの, 団体か, 土木請負師らしい, 坐ってる前, 執持, 声と, 声は, 夕餐に, 外套を, 多いのに, 多い胴の間, 多く集まる, 夜具を, 大と, 大勢立て込ん, 大原も, 大鞄, 奇抜な, 奪い合いにも, 好みによって, 好みを, 如くある, 如何に, 姿態は, 婦人に, 嬌笑雑語の, 存在を, 官兵衛は, 室には, 容子にも, 容易ならぬ, 宿舎に, 寄るの, 寝道具を, 射出した, 小山, 小山一, 小山先ず, 少い日, 少ない半端, 少ない晩, 居ないとき, 居ない時, 居なかつたの, 居るの, 島五六郎でした, 巴里で, 希望によって, 席へも, 帰った迹, 帰らないうち, 帰りし後中川, 帰るちょっと, 帰る時刻, 帰参を, 帽子から, 年頃も, 座から, 座の, 座を, 座敷へは, 弄びもの, 張軍団長蒋門神などの, 影法師が, 往来に, 待ちど, 待合所に, 待遇方法といふ, 後ろの, 心がけの, 心も, 心得である, 心理を, 応対だけでも, 応対を, 応待を, 応接は, 性質によっては, 性質や, 恐れぬを, 悪口を, 意を, 意志を, 意見を, 愛誦語でも, 態度に, 懐中物を, 戯れという, 所望によって, 手から, 手と, 手まえ, 手前赤面させられた, 手紙で, 才を, 投げ銭の, 折助と, 担当であった, 持って, 挨拶は, 捨てたもの, 接待まで, 支度らしく, 教育が, 数だけでも, 數俄に, 新案に, 方で黙つ, 方の, 旅行に, 旦那衆とは, 昆虫が, 時には, 時間の, 書いたもの, 有るといふ, 有様など, 望みを, 未だ到らざる, 来たよう, 来た物音, 来ない夜, 来ない萎微, 来べきところ, 来るを, 来る毎, 来訪なし, 来訪を, 枕辺へは, 案内役を, 榊というは, 様子家居の, 権之, 機嫌を, 正体, 正體, 武蔵の, 歸つたのは, 殆ん, 残肴やら, 気に入らないの, 気心を, 気持を, 気配は, 氣色も, 求めで, 汗取りが, 泊りも, 注文する, 注文の, 活気が, 流風に, 浴衣姿が, 涙を, 混雑という, 減ったころ, 渦の, 源吾から, 澤山の, 為めに, 為め蓋が, 無い女, 無聊を, 物語る所, 狙ひ, 玄徳に, 生命さえ, 用で, 用向きを, 田屋甚左衛門と, 男は, 疲れで, 癖の, 登城は, 百姓男は, 皿に, 目當てを, 相手をも, 眞客の, 真意を, 眼の, 着衣が, 礼に対する, 私は, 種類は, 種類を, 空想を, 立てこむ酒場, 立て込んだ夏, 立場から, 竿を, 笑ひ, 笑声を, 粗暴な, 素性の, 細い頸, 給仕が, 給仕を, 絶えぬの, 絶え間は, 絶間の, 綸を, 縁者たちの, 置いたキユウ, 群が, 群れ集う, 羽織の, 老僧, 老婆に, 耳を, 肩に, 背中へ, 脱いで, 脱すてを, 腰掛場に, 膝を, 膳立などを, 自由で, 興にも, 舟へ, 若さ, 草鞋の, 荻原重秀は, 蓑を, 行つたと, 行為に対して, 表情を, 裕佐の, 襟元にでも, 要求を, 見分けが, 見物場所は, 見送り人が, 視野には, 觀賞に, 言うなり, 言葉に, 記を, 訪れ, 許に, 註文次第で, 評判も, 詞句を, 詰所の, 話し声が, 話です, 話声も, 誂えた食品, 読経の, 誰かに, 誰にも, 誰彼に, 談と, 謡いぶりを, 讚辭を, 貞盛は, 買ひ, 貼紙を, 資格は, 贔屓が, 起てば, 足の, 足踏みが, 跋渉によるが, 身が, 身の上をば, 身体に, 身元控帳を, 身近には, 車馬が, 込合ふ, 迷惑する, 迷惑や, 送り文を, 送迎は, 通した麦酒, 通ふ, 通る道, 連れ唐草銀五郎という, 過半な, 選手の, 部屋から, 酒の, 酒間に, 酔態を, 野趣を, 金之助は, 長い話, 間でも, 関心事である, 障子越なる, 雑沓する, 雜沓に, 雨傘や, 青年は, 面を, 靴あら, 預り竿を, 頬や, 頭へ, 頭数を, 頼みが, 額に, 顎に, 顔いろ, 顔など, 顔ぶれであった, 顔へ, 顔色が, 風俗から, 飛降, 食ひ, 食事が, 食料までが, 飲み残した徳利, 饒舌に, 駈引, 騒ぎと, 體面を, 高氏に, 高笑ひ, 鬮を

▼ 客~ (2234, 14.9%)

50 来て 35 あった 28 あって, あると 17 はいって 15 あつた, ある 14 帰って, 来た 13 来ると 12 乗って 10 来ても 9 ありました, 帰ると 8 いた, 訪ねて 7 あったので, あるの, 一人も, 入って, 来る, 立て込んで, 集まって 6 あったが, あっても, あるから, あれば, 出て, 多いから, 来たの, 来たので 5 あること, ない, ないと, 何か, 多いの, 多かった, 帰ったあと, 急に, 混んで

4 [16件] あつて, ある時, いるの, たて込んで, ないの, なかった, なくて, 來た, 入つて, 多い, 多いので, 来た時, 立てこんで, 笑ふ, 非常に, 黙って

3 [36件] あったの, あらわれた, あります, あるか, あるかも, あるぞ, あるので, あるよう, ある場合, いる, いるばかり, つくと, ないので, ふえて, 一度に, 主人に, 二組も, 來て, 出入りし, 坐って, 多くなった, 寄って, 席に, 席を, 帰つた後で, 待って, 揃って, 散歩に, 有ると, 来ない, 来なければ, 来ること, 来るので, 混み合って, 話して, 食ひつか

2 [136件] あつたり, ありまして, ありますから, あるきり, あるそう, あるとか, あるん, いたと, いたの, いっぱいだ, いて, いないだけに, いないの, いないので, いるが, いるだけ, いるだろう, いるのに, いるよう, きて, こんで, そこに, その便所, その奥座敷, その後から, それで, たてこむと, たてこんで, ついた, つかない, つめかけて, つめて, とまって, ないか, なければ, なにか云った, みんな引上げて, やって来て, ゐた, カフェーの, 一人で, 一人縁台に, 一斉に, 一時に, 一杯で, 二人僕等の, 五六人寄せかけ, 今日は, 付いたの, 何百か, 來る, 來れ, 元日だ, 入り込んで, 冗談を, 出た時, 出入し, 到着した, 前を, 喜んで, 多いといふ, 多いらしい, 多いん, 多くて, 多くても, 多く大きい革包, 多ければ, 寄り始めやがて, 尋ねて, 少いので, 少くて, 居た, 居たので, 居なくなると, 帰ったの, 帰ってから, 幾人も, 座敷に, 彼方へ, 心持好, 悪くて, 手を, 押しかけて, 映つた, 本郷森川町に, 来たと, 来たとの, 来ないの, 来るの, 来れば, 案内され, 歸つてから, 殺到した, 沢山来た, 河豚料理に, 減つた, 満ちて, 疎らに, 皆な, 皆左, 皆立つ, 目立って, 相当に, 眺めます気持ち, 眼を, 着いた, 立って, 立て混んだの, 立去ると, 端艇を, 絶えない, 絶えなかった, 群れて, 腰を, 自分の, 芝居を, 見えた, 言った, 訪れて, 詰まって, 詰め掛けて, 誰であった, 賑やかに, 足を, 身を, 込んでると, 逗留し, 這入つて來, 通りかかって, 連れて, 酔って, 長々と, 長い洗い髪, 降りて, 靴を, 騒いで

1 [1363件 抜粋] あが, あちらこちらに, あっしが, あったな, あったらお, あったらと, あった後, あつたらしく珍, あてがわれた部屋, あの日, あまり沢山いませんでした, あらゆる敵, ありどうせ, ありましてな, ありますので, あり草深, あり酔客, あるかと, あるだ若い衆, あるという, あるとの, あるなら断わって, あるはず, あるもの, あるらしかった, あるイヤ急, ある筈, あわてふためいて, いう, いずおなか, いたから, いたずらした, いただろう, いた時, いっぱいに, いっぱい立て混ん, いつのまにか帰り, いないよう, いなくて, いふ, いますし, いるから, いるきり, いるっきり, いる筈, うかれる陽春, うやうやしく差し出す, おかみさん, おっしゃる, おると, お世辞, お茶屋の, かこんで, かなり多い, ききつけて, きまり悪, ぎつしり詰つてゐる, くる, くると, くるので, こういうこと, こなくなって, この別荘, この方面, この辺, こわがって, ござります, さう思つた, さかんに, した如く敷島, しゃれた肉桂色, すくなかつた, すくなくとも三人, すでに来はじめ, せいぜい四, そう読ん, そぞ, そのまま二階, その品物, その壺, その時父, その顔, それらを, そろそろたてこん, たえずその間, たくさん列車に, ただお一方で, たづねたら, だいぶあった, ちゃんと戦争, ちょうど今, ついたなと, つかないだろうよ, つぎつぎに, つまって, でて, とても多い, どういう服装, どうかした, どかどかと, どなるきこえねへ, どやどやと, どんな人, ないかと, ないという, ないらしい, なお繰り返し, なく, なく一つ, なだれ込むて, なにかひどく, なんとなく気, のっそりはいっ, はいつて, はいろうと, ひいき役者と, ひとりも, びっくりした, ふえたので, ふと便所, ふへる一方, へりはじめて, ぽつ, まぜっかえす, また出直し, また群集, まだ二三人殘つて, まばら, まるで舞台, みな帰り去った, みんな一度に, もう一足, もしかする, やって来たが, やって来る, やって来ると, やつて, よくたずね, よく知っ, よりつかなくなるという, わざわざ山吹村, ゐたが, ゐるだけ, アペリチーフを, ガラッと, ゲイシヤと, ザワ, チックで, ドッと, ドンチヤン騒い, ピンと, ホテルに, ボツクの, マツチ箱を, ワッと, 一ぱいになつてゐました, 一ト組じわじわ, 一人ある, 一人が, 一人きりかえ, 一人である, 一人ぬっと, 一人居る, 一人泊った, 一人茶を, 一向に少い, 一座の, 一日静かな, 一杯腰掛け, 一組あがっ, 七人奥の, 七八人も, 三人あつ, 三人までは, 三四人も, 三百人き, 上がったか, 上機嫌らしい, 上部の, 下車した, 不審に, 不足そうに, 主人面を, 乗らねえし, 乘つてゐた, 二三人あった, 二三人来た, 二人, 二人い, 二人ばかり, 二人三人ぽつぽつもう, 二人床の, 二人来た, 二人縁に, 二十人ばかり, 二組あっ, 云ふと, 五六人釣を, 亡くなつた其人, 亭主の, 今漸く, 付きすでに, 仰山居っ, 任意に, 低い笑ひも, 何と仁左衛門, 何彼に, 何者である, 來たらしく, 俄かに, 値を, 僕の, 入った, 入つた, 入り易く, 入替った, 全部二等車へ, 八方に, 共通してる, 其音を, 出掛けに, 出来ましたので, 別々の, 別荘の, 割って, 劇てて, 加賀国山代温泉の, 勧工場へ, 十人の, 千百三十人翌, 却つて泊らないらしい, 去ってから, 反対側に, 取れなかったもの, 口を, 可哀, 可愛がった, 右側の, 同じ品, 同情し, 名物でも, 吸い寄せられたよう, 呼べないもの, 呼んだの, 咳を, 唯二三の, 喜ばないの, 喜左衛門という, 四五人又, 四角い顎, 囲炉裡側で, 坂東一門将に, 坐る處, 増えた, 変な, 多いか, 多いに, 多いヂツ, 多かつ, 多くときどき, 多くは, 多く宿屋, 多すぎ, 多分こちら, 大分あった, 大分居るらしく, 大切な, 大声で, 大多数, 大理石の, 女である, 好かぬらしくだから, 好んで, 娘を, 存外執拗, 寄つて來たら, 寄りつかず年々, 寄り付くので, 寝衣, 尋ねる, 小座敷で, 少いの, 少かった, 少くなっ, 少く彼等, 少ないの, 少なくて, 少なくなっ, 居ずまいを, 居ないと, 居るから, 居るに, 居れば, 山から, 山口村からも, 已に散じた, 巻煙草でも, 帰た, 帰った後, 帰つ, 帰らないの, 帰るので, 幾人か, 床を, 店員より, 座敷へ, 引きも, 引っ越して, 引込む直ぐ後, 彼に, 待たうが, 御帰, 必ず訪問, 応接室に, 怒らないと, 恐縮いたしましょう, 悪いので, 情事めいた, 意外の, 戸口に, 手前は, 手水を, 承知する, 押しかける事, 持って, 掛け床屋, 揃つた, 揃わないので, 散在し, 敷きのこして, 方々の, 既に一人控, 早く出, 明智探偵と, 時たま通る, 暢気に, 有るに, 朝食に, 本座敷, 来えへんなと, 来たもん, 来たらこの, 来たら遠慮なく, 来た知らせ, 来てるの, 来ないもの, 来なかったもの, 来なくなるかといふ, 来ましたさかいに, 来ますが, 来りけん, 来るけ, 来るには, 来るもの, 来る折角, 来んよう, 来続けて, 某日校書を, 桃子という, 棚の, 楽に, 次の, 欲しい事, 正宗の, 此の, 歩き出した, 歸つて往つた, 歸つて親しい, 殆どいない, 残って, 殖えて, 殺されて, 毎日ぞろぞろ, 気分でも, 水神の, 求めれば, 沢山ある, 沢山行っ, 泊ったと, 泊つてゐた, 泊り合せて, 注文したら, 流れこむ投げ節, 海から, 清しい, 減って, 減り出してから, 港港の, 満員だ, 満員である, 溢れて, 滅多には, 火鉢に, 無いと, 無かった, 無く彩色灯, 無理心中を, 燐寸の, 玉突台の, 現われた, 田舎者が, 異常な, 発つと, 白い大理石, 百人あっ, 皆その, 皆帰った, 皆買ふ, 皮肉を, 盲目の, 相次いで, 眠って, 着くたび, 私たちを, 私を, 種々雑多, 窓外の, 立ち去つて, 立った, 立つところ, 立て混まないかぎり, 立止つてそれを, 立込んだ時ここ, 竿へ, 笑ひ, 算を, 箸を, 素人で, 絡繹として, 絶えず来, 絶えなかつた, 縋り付くので, 置きっぱなし, 聞いて, 膝へ, 自分に, 舞台へ, 船や, 芸者よりましや, 茶の間の, 茶を, 茶番を, 落したんで, 落ちは, 落ち合った, 蔀を, 行くはず, 西洋人に, 見えそう, 見えたよう, 見える, 見かけられます, 言って, 訪問する, 話し出してから, 説く, 誰である, 賞め立てでも, 起上りしな手を, 跡を, 身を以て, 車を, 辞し去る, 込み合つて, 込んで, 送られて, 途切れた, 途絶え勝ち, 這入って, 這奴言おう, 通されて, 通り掛りに, 造花屋の, 進んで, 道を, 遣って, 酌女に対して, 酒を, 野暮だ, 鋏で, 長火鉢に, 附いたの, 降りる, 降り道, 集つた, 集まつて, 集まらなかった, 集まり客, 集らなくなった, 雑談などに, 雨に, 雪の, 面白い本, 順じゅんに, 風呂には, 飛とび, 食ったり, 飲み食いし, 馬車から, 騒々しいうるさいけれど

▼ 客~ (2056, 13.7%)

20 一人も 15 なかった 7 いずれも, 帰って, 殆ん, 自分の 6 ない, 私の 5 それを, 私と 4 いなかった, よく笑, 一斉に, 他に, 少なかった, 誰だ, 顔を

3 [25件] ないの, まだ来, 三組ばかり, 中, 何れも, 口々に, 失望し, 妙な, 少かった, 帰った, 年の, 幾度も, 彼の, 明らかに, 来て, 柱に, 笑つた, 笑は, 結城朝之助とて, 聞すまして, 言った, 誰と, 誰も, 起か, 驚いて

2 [125件] あっても, あらゆる場合, あわてて, いう, いくらも, いつでも, いつもより, いよ, おもむろに次, お幸ちやん, お銀様, くたびれはてて, さして見えないらしい, さすがに, その言, それが, そんなこと, ぞろぞろと, たった一人, どんな人々, なかつた, なしと, ひとりも, また同じ, まだ起き, みな下の, みな友達である, みな驚くだろう, もう帰った, わたしの, ビール壜を, 一人か, 一人と, 一日に, 一間に, 三人, 三人居, 上機嫌で, 上着を, 下の, 二人とも, 二人の, 京水の, 今夜も, 何も, 余が, 余を, 作りものの, 元より, 入って, 入れ代り, 出て, 別れるの, 勉強し, 北村さんと, 厭がられた, 取らないと, 可なり, 四組十人ばかり, 土産物などに, 多く文士, 多しやむなく, 大満員, 奥の, 妙に, 寒がりである, 帰つた, 平常の, 幾ら幾らなんて, 彼らの, 彼一人である, 彼女の, 後から, 心を, 急に, 悪くない, 意外にも, 手に, 手を, 拾えないし, 早く引き上げた, 暗い中, 朝から, 木下と, 東京の, 此う, 此の, 死人を, 殆どが, 沖で, 湯冷めの, 無遠慮に, 玄関に, 甘納豆とか, 男女を, 町長はじめ二十余人みな旦那衆と, 皆この, 皆な, 皆ペピユブリツクで, 眼を, 知らない, 私であり, 笑って, 答へ, 肩を, 腑に, 腹の, 船頭と, 色ある, 落ちない, 葛西汽船の, 襖が, 言ったが, 言下に, 言葉が, 誰でも, 追い出して, 遊びに, 部屋の, 金の, 門を, 非常に, 頭を, 魚の, 黙って

1 [1618件 抜粋] あかあかと, あたかも一定, あっちから, あとから, あなたの, あふれ湖畔, あまり来ない, ありませんでしたが, あるが, ある画伯, あんまり凄味, いきなりはね起き, いくらか尻餅, いちいちこうして, いつた, いつまで, いつ乗り込ん, いと酔ひ, いないの, いなかったの, いまので, いま起きた, いよいよ熱情, いるかい, いわゆる上客, うなづいて, うるさいの, おいかえすに, おどろき, おもしろくって, おろおろした, お断りです, かう言つて, かなりにこん, かの怪しい, がらりと, きっと面白い, ぎょっとした, けげんな, こういうもの, ここでも, こっちにも, この丸ビル, この宿, この時小便, この船頭小屋, この近辺, これが, これを, こんで, こんな場合, ございませんでしたかな, さいぜん森前, さっと左右, さも満足げ, しきり, しめやかに, すくない, すぐ汽車, すっかり感心, すでに面色土, すなわちこれ, すべて海軍の, せっかく決心, そういっ, そこだけ, そこの, そのお, そのまま目, その光, その喧嘩, その年齢, その様子, その疳, その老, それぞれ別の, それぞれ新年の, それでも文句ひとつ, それは, そんな講釈, たいていインテリ層, たいてい後者, たすからぬ気持, たった三人, たて込む女中, だまったまま, ちっともその, ちょっとのぞい, ちらほら絶えない, つましく座席, とかくに, とっくに演芸場, とろんこの, どうかし, どうでも, どことも, どんなえらい, どんな気持, ないかと, ないだろうか, なおも憤慨, なかなか承知, なく土間, なげやりな, なにおれの, なほ不審を, にわかに腹, ひとりだって, ひとり残らず帰った, ぴしりと言った, ふしぎそうに, ふに, ほかの, ほとんどゐない, ほとんど満員, ぽつぽつ帰っ, ます, まずその, またかならず, またとなからう, また急, まだなにかいいた, まだ一人, まだ子供, まだ戲談半分, まだ立てこん, まづその店, まぶしいその, まれに, みなこちらへ, みな今に, みな眼を, みな西の京の, みんな三人組の, みんな帰っ, みんな蹴散らされた, むしろ真面目, めずらしくは, もうづか, もうベッド, もう一度部屋, もう小舟, もう歸つた, もう萬世, もじもじし, もとより身体, やがて屏風開き, やはり次郎左衛門, やや奇, ようやく散じたる, よけいに, わざわざこの, わたしたちの, わらわら帰っ, わりに若者, イエだった, ウイスキーと, サロンへ, ジガ蜂である, チョッキの, テレビに, ドツかと, ナースチャの, バカの, パイプを, ピンと, ホークを, ミチの, ワイワイいっ, 一と, 一人ずつ, 一体何者, 一勢に, 一向来ません, 一度は, 一気に黙読, 一統女中たち男衆まで, 丁字形に, 三人あった, 三組しか, 上り口の, 下女から, 不快な, 不思議な, 両手で, 中折帽を, 主の, 主人側の, 乗って, 九時過ぎにな, 事務長を, 二人しか, 二人と, 二十六七に, 二度と重ね, 二階から, 云った, 五人に, 五十五六だろう, 交番の, 人格も, 仄かな, 今日の, 仕事に, 他人の, 以下劇の, 仰向いて, 会社員や, 低くかがん, 何か, 何となく折, 何処ぞと, 何方から, 余り無い, 余儀ない親類, 依然として身, 俯向い, 僅かだった, 僕らだけ, 兄弟を, 先を, 先生の, 入ってるらしいが, 入れないでも, 全く新顔, 八分の入りとか, 公卿を, 其も, 凡そ三日おき位に, 出入する, 列車の, 別に騒ぎ, 前のめりに, 割合に, 十内夫婦の, 千種, 卑下なく, 博士の, 却て, 去りて, 又狂せり, 取って, 取り散らして, 古澤先生の, 各層の, 名札を, 向へ, 呆気に, 和洋まじり, 喜んだ, 嘲笑の, 四五人に, 四十二三の, 土曜客プラス祭日客だ, 坂の下あたりで, 堂内へ, 壮士と, 夕方から, 外国の, 多いかね, 多くないらしい, 多く人命, 多く隣接工業地帯からの, 大いに喜ぶ, 大きな茶碗, 大勢へ, 大悪党, 大抵外出, 大抵愛煙家, 大方別室で, 大概外国人ばかり, 大部分船乗, 女が, 女性でござる, 好き嫌ひ, 妻籠本陣の, 婆の, 學生が, 定紋の, 実に意外, 客である, 室内壁辰は, 宵の, 家庭の, 寄りつくまい, 寝ねたり, 察しに, 小出播磨守成島柳北を, 小銭を, 少くなる, 少し床几, 少ないし, 少なく雀, 尼と, 山程, 岸本一人に, 巫女から, 市木さんの, 帰ったあと, 帰つて下では, 帰ろうと, 常に諸方, 平気な, 幾らか顔, 幾組かに, 床へ, 座敷に, 庭にまで, 引つきりなし, 当日の, 彼女が, 待ちあぐみて, 後生氣は, 御自分, 微笑みて, 心機一転し, 念の, 怒った, 思いがけないひと, 思わず膝, 息を, 悪くなった, 悲痛な, 意外な, 感心し, 慙じた, 成駒屋, 我れ, 戸の, 手持無沙汰お, 振り切って, 支店長はじめ十人ばかり, 故小野塚鉄斎, 斑白の, 斬れるよう, 斯様な, 新徴組, 旅人だろう, 早くも, 昔宋朝医王山の, 昼も, 時々来る, 暗然として, 暫らく默つてゐ, 更に十歳以上, 最初より, 服部五郎兵衛と, 木曽の, 本郷の, 来ないから, 来も, 杯を, 松の, 柳糸子を, 格別男客は, 椅子の, 樹明だから, 次第に加はる, 歎息し, 正直で, 此方を, 歸り仕たく, 殆どなく, 殆ど西洋人ばかり, 気がついた, 気づかずに, 気持よ, 江戸の, 決まったよう, 沢山居, 波蘭土製の, 活気を, 海北友松という, 涙を, 淋しさうに笑つて, 渋沢栄一だった, 減った感じ, 湯の, 湯槽から, 満員の, 漱石氏と, 火の, 無いから, 無くなりました, 無論彼, 無頓着に, 煙を, 物う, 狐か, 珍しさうに, 甚だ少なく, 用談が, 男女の, 癇癪を, 百五十人も, 皆おろされた, 皆んな斷つてゐる, 皆大人ばかり, 皆帰りかけ, 皆必ず, 皆歩廊の, 皆知り合いである, 皆若い, 皆道具を, 皆階壇を, 盆暮の, 直ぐ打ちとけた, 相変らず, 相手に, 眠って, 矢はり鉱山に, 確に, 私が, 私だけ, 私ア縁が, 私一人ぎりであつた, 私達の, 程なく散じた, 突然こんな, 立ちかける, 立ち上つた, 立停つた, 立花カツミ先生であった, 竿だけ, 笑いながら, 笑つてこれは, 笠を, 答えました, 築城の, 紙幣を, 素通りする, 終戦と共に, 絶えないもん, 絶えるとの, 総体で, 繰返して, 羽織袴大小の, 耳を, 聞きも, 肯じなかつた, 胴震いを, 膝を, 臥中に, 自分も, 自分一人だ, 至って少なく, 船に, 船頭の, 芸妓を, 若い婦人, 若く逞しくそして, 茶店で, 菰田邸に, 落ちついて, 薄ら寒そう, 行商の, 袖の, 覆面を, 見られなかった, 言ひ, 註文の, 話しかけられも, 誂えた酒肴, 語り合ってたが, 誰だった, 誰彼を, 議院きっ, 賃銀を, 足を, 身を, 身體矯捷嶮路を, 軽く立ち去っ, 迎えられた, 途方に, 這入らなかった, 通り過ぎて, 道庵先生が, 遠方から, 部屋に, 酌人の, 酔って, 野本天風と, 鈍である, 長い時間, 長かった, 降りて, 随分ある, 隣の, 雲の, 露骨に, 韃靼人よりも, 顔の, 飲んだ葡萄酒, 首肯きつ, 馴染か, 騒飽き, 驢に, 鬼の, 黒い驢, 黒縮緬の

▼ 客~ (1798, 12.0%)

47 呼んで 32 相手に 25 待って 21 乗せて 16 見て 13 して, 送って 12 待つて 11 呼ぶ声, 案内し 9 見た, 迎へて, 送り出して, 集めて 8 前に, 取って, 呼ぶ, 連れて 7 待つ, 見ると, 謝し, 迎えて 6 つかまえて, 迎へ, 迎へる 5 伴れ, 呼ぶの, 導いて, 引くこと, 招いて, 案内する, 残して

4 [16件] もてなすため, 促して, 呼ぶに, 大事に, 座敷に, 引くに, 引見した, 当て込んで, 待ち受けて, 招んで, 接待する, 置いて, 迎えるの, 追い出す, 送り迎, 運んで

3 [20件] お取り, つれて, とらずに, もてなした, よんで, 二階へ, 受けて, 帰して, 引き止めて, 引く, 拾って, 相手の, 紹介した, 置ざり, 見かけて, 載せて, 迎えたり, 迎えに, 送りて, 送り出すと

2 [113件] あいてに, あさるとも, ここへ, さがしある, するという, つかまへて, とめる, とられて, とるの, なぐさめて, なめた芝居, のがさずに, のせて, みな部屋に, もてなさうといふ, もてなして, よろこばせた, 上げ下し, 主と, 乗せたもの, 乗せた車夫, 乘せ, 乘せた, 代表し, 先に, 入れる用心, 入れる部屋, 吸収する, 呼ぶため, 呼ぶ外, 呼ぼうと, 失って, 奥へ, 客とも, 家に, 対手に, 導いた, 尻目に, 左のみは, 帰してから, 延く, 引きに, 引き留める客, 引くところ, 引くの, 待たして, 待たせて, 待ちうけて, 待ちながら, 待ち顔, 待った, 待つ間, 待て浴さ, 待遇さう, 忘れて, 忘れる, 愛する豪家, 招きて, 招くと, 招じ入れた, 招じ入れました, 招ぶ, 招待し, 持つて, 捨てて, 朝飯に, 案内した, 棄てて, 款待した, 歓迎し, 歸した, 泊めるの, 注意し, 満載した, 物珍しそう, 物色し, 目がけて, 目当てに, 祝福し, 笑は, 船から, 苦しめ甚だ, 見たり, 見つけて, 見渡しつ, 見送りに, 訪ねて, 請じ, 謝すること, 警戒し, 護りて, 迎うる, 迎えた, 迎えたこと, 迎えつつ, 迎えました, 迎えるため, 迎え客, 迎へに, 送りだすと, 送り出した実, 送り出すため, 送り出すとき, 送る, 送迎する, 通すから, 通す部屋, 連れ込んで, 運び込んで, 避けて, 饗する, 饗応する, 鯊の

1 [1098件 抜粋] あさって居り, あしらふゆき子, あつめ楽隊, あまりに多く, あわせて, いたわり顔, いやな, うさんくさ, うまくさばく, うまく騙し, おくった帰りらしく, おくり出して, おぼえて, おろして, お呼びし, お捕まえ, お連れ, かきわけるよう, かき退けて, くわえこんだの, ぐるりっと, ことごとく謝絶, ことわるわけ, これへ, さそおうと, した, しっかりさせなく, しまする処, しり目に, すし詰に, するからと, するの, する夢, する時, そうして狂わせ, そこへ, その二階, その男, そらさぬ世慣れた調子, ちょっと驚いた, ちらと, つかまえたよう, つかまえるの, つかめないせい, つとめて, つる山師, つれ込んで, てれさ, とおすところ, とつた, とまらせて, ともかくも, とらえるため, とらねば, とられる, とりもつこと, とるうまい, とるん, とる身の上, どうする, どのよう, なめまわし身銭, ぬらせし時雨, のせた, のせる馬, はかって, はじめ奉公人の, ひいて, ひきつけるという, ひき寄せるには, ひくの, ひくよう, ひく以外, ひく工面, ひッぱりこまなければ, ふたり降ろし, ふるので, へやに, ほったらかして, ぽつんと待たせる, また案内, まねいたり, まれびとと訓ずる, みると, みんな向うへ, むかえようと, めいわくな, もてあましきって, もてなしたこと, もてなしの, もてなし祝ひ, もてなすこと, もてなすのに, もてなす仕度, もてなす花楸樹, もの珍しそう, やりたくも, ゆたぶる遊び人, よく記憶, よばせて, よぶ掛茶屋, よんだが, アッと, ピッタリ掴めず, 一人一人注意し, 一人載せ, 一喝した, 万福寺にまで, 上げると, 上陸させ, 下ろして, 世界各地から, 中で, 中央の, 主として迎える, 乗せたらすぐ, 乗せた屋形船, 乗せた車, 乗せられず大詰, 乗せる船, 乗り降りさせ, 乘亥刻過, 予知し, 争う馬方, 二人とも, 二人送り出し, 云々などと, 他の, 会する, 伴ひ還らん, 侮り辱めて, 俟つ, 假令それが, 先代の, 入れたと, 入れて, 入れるため, 入れるの, 入れるん, 入れ得る装置, 入口の, 兩國の, 再拝し, 凌ぎ切れないため, 出刃ぐるみ乗せ, 出迎えて, 割勘定で, 加えて, 勧誘する, 区別しない, 又逃し, 収容する, 取っても, 取ってるん, 取つた後, 取つて貰, 取らすな, 取らせて, 取らせるやつ, 取らなくっちゃ, 取りたいと, 取り損, 取り次いで, 取るが, 取るの, 取る取らないは, 取ろうと, 取次いだ, 取次ぐこと, 受けたが, 受け持った, 叱つて, 吐いて, 吐き出したり, 吸いよせたの, 吸収しよう, 吸引し, 呼びあつめ足駄, 呼びしかば, 呼びとめた, 呼びめきめき, 呼び妹, 呼び込む声, 呼び迎, 呼ぶあさはかな, 呼ぶなら何日, 呼ぶもの, 呼ぶスハヤ尤物, 呼ぶ女, 呼ぶ女供, 呼ぶ婆さん, 呼ぶ手段, 呼ぶ米友, 呼ぶ茶屋女, 呼ぶ黄色い, 呼むでゐるしやがれ声が, 呼んだから, 呼んだの, 呼んだ甲州屋, 呼集め, 品物どころか, 唸らすこと, 喚ぶこと, 喜ぶの, 嘲るもの, 囲んで, 圧して, 埠頭に, 外から, 大きな天井, 大切に, 大半として, 奧へ, 奪い合う様子, 奪う様, 奪って, 奪る, 奪われ波間, 好まない人, 好む, 好むと, 好めど, 始め我々三人も, 娯しませよう, 守るべき職, 客と, 家族の, 容れて, 宿泊させる, 寺町の, 尊ぶ禮, 導きました, 小突いて, 届け帳, 帰さなかった, 帰したらしいその, 帰した由, 延い, 引, 引いたり, 引かうと, 引きつけて, 引きつけること, 引きとめるため, 引き入れんと, 引き顧客, 引くので, 引く手合, 引ぱつてゐるのは餘り見受けなかつた, 引ツ張る, 引留めるよう, 当て込むの, 当込んで, 待ちこがれて, 待ちます, 待ってるの, 待つこころごころ, 待つところ, 待つめり, 待つ店, 待つ心太, 待つ準備, 待つ脊髓, 待てり, 待受け酒宴, 待設けたりと, 得て, 得ること, 忘れたよう, 応待する, 怖れ, 怪しいと, 恐れない品格, 恫喝し, 悦ばなかつた, 悩殺せしめた, 惹いてるので, 惹かなかつたラシイヌ, 惹くこと, 愛しまた, 愛し旅, 愛すお方, 愛すること一通り, 愛する孟甞君, 憚って, 憚る, 扱い慣れた, 扱うもの, 択っても, 招いた男, 招きよせる条件, 招き入れ彼ら, 招き山海, 招き色, 招くまね, 招く合間, 招く女, 招く準備, 招けり, 招ず, 招んだり, 招待する, 招聘し, 拝した, 拾うの, 拾おうと, 拾つて行かう, 持ちうけて, 指さしながら, 振りバット進呈, 振り飛ばしなど, 振舞いました, 捌き終って, 捨てか, 接する人, 掴みそこなって, 揚げて, 揺り起す, 撰択する, 救おうとして, 教化する, 敬うこと, 斜に, 断ること, 断るのに, 断わるわけ, 斷つてを, 時折泊らせる, 書き上げて, 會した, 柳橋まで, 極端に, 欣んで, 款待す, 款待す場処でも, 歓待する, 止めて, 此の, 此處へ, 残らず他, 殺す言句, 気易く, 水に, 沈默させ, 泊めたこと, 泊めない金花, 泊めること, 泊める舎, 泊らせない, 洗って, 渡すまでは, 湯殿に, 満足させる, 濟した, 無遠慮に, 片隅へ, 牽き付けようと, 犒う待酒, 狗と, 獅子に, 玄関に, 玄関脇から, 珍らし, 留めること, 留め好んで, 疲らすまいとして, 登楼させ, 盗み見ました, 盛んに, 目標に, 相手と, 眺めて, 眺めるも, 睨めまわして, 睨め廻すよう, 知って, 礼拝所の, 秀吉に, 空しく帰す, 突き飛ばすよう, 立たせずに, 笑わせ, 第一, 繰り返し殴りつけそんな, 罵りながら, 義雄が, 背に, 脅かし追剥, 自分は, 舟に, 艀へ, 装いながら, 見あげ, 見かけては, 見たが, 見たとき, 見た竹村, 見ては, 見なかったかと, 見ました, 見るたび, 見るより, 見上げた, 見付けて, 見受けないが, 見張らせるなんて, 見物に, 見送って, 見送つて, 見送る, 見送る人, 視て, 観察した, 診する義, 詰めこむため上と下, 詰め込んだ車, 誘った, 誘つては, 調べるの, 謝し得, 謝す役, 謝絶し, 謝絶る, 負って, 賄ない, 起こしに, 車に, 載せても, 辞して, 迎いに, 迎えたが, 迎えた次の間, 迎えなかったの, 迎えの, 迎えようとは, 迎えるお, 迎えると, 迎えるまでには, 迎えるよう, 迎える声, 迎える態勢, 迎える時, 迎える物珍し, 迎える用意, 迎え入れ, 迎え入れて, 迎ふる, 迎顔の, 迷は, 追いかえそうと, 追い出して, 追い立てるという, 追うの, 追っ払うため, 追ひ歩き, 送ったあと, 送つたり, 送つて海岸傳, 送りこむと, 送りだしたばかり, 送りながら, 送り出したの, 送り出した母, 送り出す時, 送り出でて, 送り深川, 送り迎える小女たち, 送れば, 送迎した, 通さしました, 通し度い, 通す座敷, 連れ込むほど, 進め居たり, 遇すこと, 遇する事, 運び一, 遠慮なく追い出す, 選ぶわけ, 選択する, 邸内に, 釣つてゐた, 釣る素人小説, 長椅子の, 阻みだしたの, 降ろすと, 隔てたの, 集めること, 非常に, 頼りとして, 顧み, 顧みましたが, 食堂へ, 養い客, 養うとの, 馬鹿に, 騒がしく呼ん, 驚かす恐れ, 魅すの, 麾いた

▼ 客~ (931, 6.2%)

15 なって 14 して 13 向って 7 茶を, 酒を 6 なった, 来て, 連れられて 5 なると, 向つて, 接して 4 なつた, 勧めた, 呼ばれて, 對し, 応対し, 椅子を, 煙草を, 見せて, 話しかけた

3 [16件] したの, まじって, むかって, 丁寧に, 云った, 何か, 出して, 向かって, 對する, 応対する, 挨拶し, 来ても, 相違ない, 行って, 言って, 驚いて

2 [60件] いって, おごらせる事, お酌, こんなこと, さへ, しても, すすめた, すすめて, なつて, ならう, なれたこと, ロク, 一日の, 一礼し, 会って, 会釈した, 会釈を, 來しことも, 來る, 出したの, 出すこと, 出す為, 出るの, 切符を, 向ひ, 姓名まで, 対って, 就いても, 平素に, 応接する, 押されて, 押しつけようと, 招かれた時, 持って, 挨拶した, 接したり, 接し人, 教えたり, 村上と, 気を, 注意を, 眼を, 示し, 自慢し, 行くこと, 親疎を, 言葉を, 語りて, 説明し, 起されました, 軽い憎悪, 酒をば, 酒食を, 鋭い眼, 限って, 面会する, 食事を, 飲ませるの, 馳走は, 馴れて

1 [638件 抜粋] あずけて, あつて, あてて, あの唄, あらざれば, あり, あるいは兜町, あんな事, いう, いきなり話しかけられ, いたるまで, いちいち相手, いつからとも, うけて, うなずかせて, おされて, おそわれて, おもむいたが, お愛想, かしずきその, かまわずまた, かまわず舟, からかわれたり, きかれて, くる, このはなし, この病, これを, こんな馳走, ござったとは, ご家中, さそはれて, した, したこと, したら大変, しないという, しばらく賑わいました, しません, しろ一所, すぎぬ, すすめながら, すすめられて, すすめるとか, すすめるとは, すすめるもの, する, するやう, するよう, すゝめられない, せよこうした, そうは, そがひせるいと, そそいで, そのほか城中, その盃, それとなく尋ね, それを, たいくつ, たかって, たかっては, たずねます, だしました, だまされた話, ちがいない, つけさして, つとめるので, つとめを, つり銭を, つれられ汚い, とっつかまる, とむらい菓子, どなられた車掌, なさる, なったり, なっては, なりそう, なりに, なりは, なり切って, なり済まして, なるから, なること, なるだろう, なる態度, なる為, なろうと, のぞかせて, はい, はいれと, ふいちやう, ぶつかっては, へばりつきひそひそ, まかせて, まみえた, みせるもの, みたされキモ, むだな, もみ拔かれたせゐ, やり手婆あ, ゆくの, よく似た, よく勧める, よばれて, よびかけ万歳三唱, わけへ, われわれの, アッテンドが, イギリスや, サアビスする, サービスし, ブッキラ棒の, マジマジと, ヤトナ三人で, 一刻も, 一夜妻として, 一杯の, 一番安く, 丁寧な, 三人の, 三人前の, 不安な, 与えようとして, 世辞を, 中の, 乱暴を, 二ど, 云うの, 云って, 交って, 今と, 今夜も, 今年の, 今日は, 付き合って, 付き添ったまま, 仲居や, 会うかには, 会うの, 会うべく奥, 会う前, 会う時, 会つてゐる, 会は, 会わないこと, 会わないという, 会わないの, 会わなかった, 伴れられ, 伴われて, 似合は, 何が, 何一つもの, 來た, 侍し, 供える蕎麦, 供し, 供する, 供する実に, 価値を, 侮辱を, 傘を, 傳へ, 入室を, 冗談を, 出させる, 出した二人前, 出した肴, 出しては, 出し回って, 出すなんて, 出すの, 出すまでに, 出すよう, 出す御馳走, 出す手紙, 出す料理, 出す食物, 出会って, 出喰わしたという, 分けへ, 別れを, 制せられて, 剣突喫わす, 加ふる, 加わりたる慣習, 劣らない振袖姿, 劣らぬ善き, 勘定の, 勝手に, 勧むれ, 勧める, 勧誘する, 化けて, 卓子料理を, 参った使い, 及び又, 友達の, 反感を, 取るの, 受けたの, 受ける, 叮重に, 同情し, 名前を, 向いて, 向っては, 向ふと, 吾姿を, 呈せしめ, 告げると, 呼ばれたが, 呼ばれました, 呼びかけて, 呼び何, 呼び止められて, 唄と, 問い掛けると, 問はれ, 問ひかけた, 喜ばれて, 喰って, 嘗らる, 器物を, 囲繞まれて, 坐り込まれると, 声かけ, 声を, 売つたり, 売らないの, 売りつけた男, 売りつけて, 売りに, 売り出して, 売るけれども, 変わる, 奉仕する, 契約を, 女性らしい, 妻の, 媚びるが, 媚を, 寄り添うて, 対したばかり, 対してでも, 対座し, 少なからぬ, 属し明日, 席を, 帰りの, 幾分か, 廻つて行つてやる, 廻りあったと, 引かされて, 引き合せた, 引付けられ, 強請んだから, 当るやう, 彼女は, 従いて, 御出, 応対せし, 応接した, 快く一夜, 思わぬ煙, 悪くて, 情死を, 惚れない事, 惡いから, 愛嬌を, 愛想の, 憎しみを, 應對し, 應接し, 成り能くも, 戲れ, 戻りました, 扇面とか, 手を, 打って, 投げ銭を, 投げ附け銜えて, 披露する, 抱かせも, 押しつけ客, 招いて, 招くやう, 招ばれた, 持つて, 挨拶かたがた, 振れ舞う土瓶ら, 振舞うだけの, 振舞う際, 接した, 接しては, 接しても, 接しなかった, 接しるには, 接し給, 接するの, 接する場合, 接する時, 接待を, 提供する, 揶揄はれ, 教を, 敬意を, 料理を, 断って, 断はらした, 日本橋石町の, 時々ぶつかる, 晩餐を, 智慧を, 来しこと, 来たと, 来たひと, 来たり, 来た人, 来られたひには, 来ること, 来ると, 杯を, 梅を, 横領される, 檄すと, 此の, 此憾をも, 比べると, 気がねするで, 気の毒そうな, 気分を, 気遣いせず公務, 泣かれもし, 泣きつくと, 注いだ一杯, 注意し, 注意力を, 注文に, 活気の, 混り, 済ず, 渡されすなわち, 渡しそして, 渡しぬ, 渡すと, 渡す時, 渡りを, 湯漬けなどが, 満足せしめた, 満足を, 無言の, 煙草盆を, 煩は, 物を, 現に飢え死, 田楽豆腐などを, 申譯が, 留守を, 番頭女中ドキドキ, 異ならず, 疎忽, 盗まれたよう, 盗難が, 目を, 目見えを, 相応した, 相手に, 相談を, 眉を, 眼かつらが, 眼の, 着せる夜着, 知れては, 石油を, 碌な, 私は, 移し返したらぢ, 立ち戻って, 立って, 答へて, 粗末の, 粗茶を, 紹介された, 網漁に, 置いて, 美しきは, 老爺は, 耳打する, 聞いて, 聞えるから, 臨んで, 自分が, 自慢する, 自由に, 致すほどに, 花代を, 茶など, 茶菓ばかり, 菓子を, 薦められると, 行き二三日家, 行くとか, 行ったさき, 行つ, 行つてゐた, 襲は, 襲われつけない夫婦, 見えたの, 見えるやう, 見するなど, 見せた, 見せたいと, 見せつけた, 見せなくても, 見せなければ, 見せること, 見せるたび, 見せるもの, 見せる愛想笑い, 見せる追随主義, 見せ双方, 見られて, 見られないもの, 見付けられると, 見入って, 見立てて, 親切でも, 解るもの, 言伝て, 言葉で, 許さざる疾, 許り当っ, 話すにも, 誘われ江戸川, 語った, 語った言葉, 語つた, 説明してやろう, 説明します, 謁す, 謝するの, 負けたくないという, 負わされる義務, 負擔, 買われて, 貸して, 貸せる漁夫, 賣るの, 起立させ, 足が, 跟い, 踏れけり, 身受されん, 身構えするよう, 転手古舞, 近いの, 返さるべきもの, 迷惑に, 追い縋り彼等, 逆ふべき, 通ずる事, 通ずる生活情調, 逢う身, 逢おうも, 逢ったため, 逢ふと, 連れ込まれたの, 連児は, 進めました, 進らすべし, 過ぎた見舞い, 過ぎないん, 過ぎなかった伯父, 達するに, 違いない, 選んで, 邪魔された, 重い毬, 金を, 関わずすぐ, 附き合, 隠れて, 電報が, 非ざら, 面会を, 面会謝絶を, 頒たれた, 頭の, 題を, 食うため, 食って, 食傷し, 飲み物を, 飲んで, 飽いたな, 馬鹿に, 馬鹿念を, 馴れないす, 騙されて, 魚を

▼ 客~ (614, 4.1%)

14 ある 10 あった, なかった, 主人も 5 あつた, あれば, いなかった, すくない 4 あったが, あって, あるが, 船頭も 3 あること, あるの, ないらしい, 今の, 来る客, 芸妓も, 見えなかった, 黙って

2 [42件] あつまって, あまりない, あります, ありますが, あるという, あるまい, い, かなり付いた, すくなく, すぐには, それに, だん, だんだん少く, つき小女, ない, ないと, ないの, ないので, ないよう, なくって, ふえて, またそれにこと, よく笑, 三度の, 主も, 二三人来あわせた, 二階と, 仲, 何も, 口々に, 多かった, 多くは, 女も, 少くなかった, 少くは, 少ない, 手紙も, 捕方も, 散ずる季節, 来て, 無下に, 相応に

1 [426件] あったの, あったので, あったろうし, あつて, あとを, あまりいない, あらはれた, ありおい泊り, ありたるが, ありました, ありませず三四, ありませんでしたが, あり妙子, あり客, あり近所, あるじも, あるとの, あるなか, あるに, あるので, あるほど, あるわけ, ある茶店先, あッたゆ, いたから, いちように, いつの間にかいつ, いつの間にか無事, いて, いないし, いないのに, いまは, いるよう, いる席, うちくつろいで, うるさくは, おいおいに, おおかた散った, お前さん方の, お米さん, かえって来ぬ, くどくど悔み, ことばの, この室, この座敷, この黒野田, これで, これには, さう, さして稀, しお熱い, しばしは, しょんぼりと, しわが, すこしも, すべて玄関の, そいつを, そのままで, その内, その反響, その味, その声, その顔, それぞれ相手の, だいぶ入っ, てんでに勝手, であるから, でて, とらなければ, どうしても快活, どの客, ないか, ないから, ないがらん, ないし, ないで, ないなとは, ないひっそり, ないらし, ないらしかった, ないらしく, ない白い広さ, ない真暗, なか, なかつた, なかつたさ, なかつたし, なき知識, なくさし, なくしんと, なくただ, なくつ, なくて, なくとも, なくな, なくなり新聞, なくラウンジ, なく主, なく夏, なく家, なく広い旅館, なく店, なく火, なく線香, なく自分, なく退屈, なく高橋, なさそう, なしまして, なしまっすぐ, なし一日中, なし去年, なにも, へるだろうよ, ほとんど來, ほとんど大概芝居, ぼくへは, またあるいはそう, またその, またたいした, また一団, また朝, まだそんなに沢山, まだない, まだ残っ, まつたく気づかぬうち, まばらに, まるで乞食, みなことわっ, みな宗易と, みな帰っ, みな心を, みな断わっ, みんなシマの, むろん満足, めっきり減り, もうお断り, もうない, やっと帰った, やはり流行, ゆるし自ら, よかろう, よくそれ, よく歌, よく泣い, ゐない駅, オトトシ保久呂湯へ, ギヨツとして, ゴッタ返す, ダンサーも, ドッと, ノビて, ピン, メッキリ減っ, 一こう, 一人二人と, 一人船頭も, 一時に, 丁稚も, 三々五々と, 三人の, 三助の, 不愉快だ, 主人が, 之を, 二三人あった, 二三人しか, 二三組に, 五六人来, 交って, 亦何等, 亦箸, 亦蝟集, 付いて, 付き始めて, 來ず, 俄かに, 倍加し, 元気で, 入って, 入り口だ, 入る客, 入れて, 入れようと, 入れ代り, 入來り, 公園の, 其の音, 其処に, 出はいりして, 別に, 労れ, 勿論外米, 十人ほど, 協力し, 去り家庭教師, 去り終, 參りません, 又門徒七八分, 取らなかつたし, 取れやしない肝心, 口に, 各, 同じよう, 同感し, 同時にこの, 同様だった, 周囲の, 喜び店, 四, 在らざるに, 多い中, 多かつ, 多からう, 多からず, 多くなりました, 多く岸本, 多く木戸, 多く殊, 多く誰, 多く鱚, 夜風に, 大いに才弁, 大分ゐる, 大勢あり, 大勢らしい, 大勢乗合わせ, 大半降り, 大口叩い, 大当り店は, 大抵は, 大方帰っ, 大方歸つて濱町河岸までは, 大方退散した, 女づれが, 女給も, 妓も, 始めあり, 客だ, 客だった, 客なら, 家の, 少々は, 少い, 少いので, 少い建築物, 少かった, 少くて, 少くな, 少くない, 少くなり, 少くひっそり, 少く番台, 少く病室内, 少しは, 少し懐ろ, 少ないが, 少ないので, 少ない此, 少なかった, 少なかつた, 少なからずおそれ, 少なくない, 少なくなっ, 少なく兄妹, 少なく比律賓, 居なかつたが, 居合せた乘客, 屡々受答, 屡々見受けられる, 山崎の, 帰つてしまつ, 帰り急ぎ, 帰るわけ, 幸福だ, 幾分緩和, 座を, 座敷から, 引くといふ, 彼と, 必ずここ, 必要です, 忘れて, 怪しく思わない, 意気が, 愕然たら, 手を, 手伝って, 承知し, 拍手, 挽く男, 捨てて, 掴まらない恰度その頃彼女, 新聞社から, 日一日と, 日増しに多く, 日毎に, 旧円, 早く帰つて行, 時の, 暖簾の, 書生も, 最も喜ぶ, 有りません稀, 朝は, 未だ背けたる, 本波, 来ずまして, 来ず出懸ける訳, 来なかった, 来まい, 案外多く, 椅子を, 楽しく笑い, 楽屋も, 槻に, 欠けて, 歌妓も, 此度は, 歸り, 段々ふえ, 母も, 池袋の, 沖縄舞踊を, 泊めたり, 泊るから, 泣いて, 混雑せず, 満足みんなが, 漸く互に打解け, 炭鉱主土木建築業者請負師などが, 為方, 無いらしくまつたく, 無かつ, 無からう, 無し, 無し私, 無作法な, 無口に, 無言で, 然う, 煙草を, 珍しがっ, 画家も, 留めて, 皆歌女の, 皆見る, 盃を, 盛に, 直ぐそれ, 相方の, 眠りこんだらしく黒馬旅館, 眼を, 知らざりしと, 知らないらしい, 神田の, 禮儀正しく, 私の, 稀には, 稀れな, 稍困惑の, 空いて, 空中を, 突然の, 窓の, 立ち去り主婦, 立って, 笑ふ, 紳士であった, 紳士であり, 給仕も, 絶えがち, 絶えたので, 絶えて, 絶えるとき, 絶間なく, 老人が, 自分も, 自動車を, 至って少ない, 芸者も, 芽出度と, 苦笑しました, 茫々として, 落つ, 葡萄酒は, 藝人も, 裏も, 見えては, 見えないし, 見えように, 見える, 見つけるに, 覗く, 言いあわせたよう, 言って, 訪ねて, 評判に, 誰も, 誰一人銅鑼を, 買って, 迷惑だろう, 迷惑なるべく, 追, 逃げたらしい, 途絶えたので, 遊ばさぬ位, 避けて, 長座な, 門に, 間違わぬよう, 降りる客, 降るほど, 陸からの, 集まりフョードル・パーヴロヴィッチ, 集れば, 静かな, 面白そう, 順番を, 頭の, 頭巾を, 食ひつい, 食べ残り, 首を, 馴染みに, 驚けば

▼ 客~ (571, 3.8%)

40 なって 18 一緒に 15 なった 11 なつた 9 話を 8 なつて 6 話して 5 いっしょに, いっては, して, なること 4 なる, 云ふ, 客との 3 いっても, なったの, なりて, 主人とは, 二人で, 云えば, 何か, 見て, 踊って

2 [41件] あって, いえども, いつしよ, いつの間にか懇意, なし汽車, なったが, なりさる, なりぬ, なれば, みえて, 一しょに, 一つ寝, 両方への, 主の, 主人が, 主人とが, 主人との, 主人の, 主人は, 会って, 何事か, 別れて, 同じよう, 対座する, 応待する, 政談を, 用事が, 相対し, 碁を, 船頭との, 見えた, 見えて, 見たの, 見ると, 見れば, 言つても, 話しながら, 話すこと, 談話を, 雑談し, 顔を

1 [323件] あらゆる客, いうだけ, いうには, いたしました, いっしょで, いったら時折旅, いって, いふ, いる座敷, いれかわりに, お会いでしたろう, お米, きめられて, こんな言葉, した不審, した極めて, しなほ, しゃべって, し事, し事柄, し自分, ずっと離れた, せしが, そこへ, そしてなだらか, そっくりな, その傘, その友だちふたり, その家, その対手, それを, ちがって, どこか, どこへ, なったとき, なったまでの, なったマドロス君, なった一人, なった宋江, なった心地, なった最初, なった長者, なつたり, なにか笑い, ならなかった人, ならなければ, ならば, なられたかも, なられたといふ, なられたの, なられた場合, なられ一家, なり, なりこよひま, なりしかば, なりしとも云, なりなお, なりながら, なりに, なりました, なりました俊禅師貎下, なりゃあ, なりヨット, なり主, なり主人, なり川原, なり幸運, なり彼, なり得た, なり気永, なり澄まして, なり燕, なり笑, なり続けて, なり落葉, なり遂に, なり青春二十一, なるが, なると, なるとも, なるに, なるの, なるは, なるみんないつ, なる内外, なる家内中, なる歳神, なる気, なる病中, なれり, みえる, みえ婆, みると, みれば, むだ話し, もう一種類, ろくに話, わかったの, わかって, わかりは, わかれた後, コーヒー紅茶も, ジョルジュ・サンドの, マダ顔も, 一つ寝台に, 一所に, 一石やった, 三時間ばかり, 主は, 主人から, 主人とだけ, 主人側だけの, 主僧, 乗り込む客, 乗合って, 二三の, 云う程, 云ったって, 云つたら, 交り, 京都へ, 亭主だ, 会ったこと, 会ふ, 会食中な, 伴って, 作る百年, 來り, 倶に, 元氣, 先輩との, 先輩の, 入りこんで, 入れ替わり立ち替わりやっ, 入れ違いに, 出て, 刑事とは, 別に, 区別の, 印刷的の, 友とを, 収入額との, 合部屋か, 同じこと, 同じである, 同じ平行, 同じ食事, 同一人, 同様ちと, 同衾せし, 向いあって, 向い合って, 向島へ, 品物と, 四つ玉を, 圍んで, 土地ッ子であっ, 埃及人の, 夜の, 夜更けて, 大津へ, 大衆とを, 女中との, 女客との, 女給が, 女給たち, 女給の, 女達の, 子供だけ, 客とが, 客の, 家の, 寸分たがわぬ, 対したの, 対するに, 対する処, 対坐し, 対等に, 対談が, 対談し, 対談中の, 對坐せる, 對談中の, 小姓たちの, 小杉との, 少数の, 屡次喧嘩を, 巫山戯て, 差向いに, 庸三との, 役者なんぞを, 役者の, 役者や, 彼の, 彼女だつた, 彼女との, 従者の, 応対する, 応答する, 応酬し, 思いハツコウ, 思い益々, 思ったので, 思ったらしく, 思って, 思つてチヤホヤした, 思ひ込んで, 思わず視線, 思込んだ, 想像され, 感じて, 感ずるよりも, 應待し, 成つて心得顏を, 戯れて, 扱われるまでに, 押づめになりながらいそいではいった, 支那語で, 映畫, 春枝と, 書画の, 李とは, 来た日, 様子の, 此の, 汲みかわす酒, 泊り合わせるの, 流暢に, 深間に, 澄まして, 為って, 為り以, 煽風機, 爐に, 爲り, 父とが, 父との, 物貰ひとの, 犬と, 玉脇の, 用談などを, 町に, 異つて, 異なり店主, 直にわかつた, 相對, 相談し, 睨み合つてゐた, 瞞し, 知って, 私が, 稱した, 細君とに, 美しい女連, 聞いて, 聞き素より, 肩を, 肱かけの, 背中を, 自分との, 致しました, 船員とに, 船頭が, 船頭と, 芸人だ, 芸妓とを, 芸妓達は, 芸者と, 芸者の, 英語で, 荷物を, 落ち合った, 見えまする, 見える件, 見える頭, 見せかけるため, 見たか, 見たので, 見た面白味, 見る時, 見物人とが, 見立て, 親共とは, 親共の, 言うの, 言つた間柄か, 言ふ, 言を, 話し暮した, 話し込んで, 話すの, 話に, 語り能, 語を, 談笑する, 諸妓, 議論し, 貨物を, 貴公子を, 踏んで, 車夫との, 逢った, 連立って, 遊女とが, 運転手とは, 道で, 違い殊に, 違って, 酒のみ, 銑吉との, 長ばなしを, 長吉とは, 長話を, 関係する, 隣する, 雑談を, 顔が, 顔の, 食物を, 食糧と, 飲んで, 馨と, 鼎座し

▼ 客たち~ (218, 1.4%)

6 の間 4 の前

2 [16件] から, がある, がもっと, にこぼし, に向ける, のこと, のため, の中, の接待, の目, の顔, はもう, は一斉, も, より先, を相手

1 [176件] からいくらぶ, からはさ, からはみさ子さん, から少し, が, があんなに, がそれぞれ, がたずねた, がだんだん, がドッ, が中, が人, が入り込ん, が勢揃い, が名, が嬉しく, が寝所, が或, が来はじめた, が玄関, が説明, が退屈, が逃げだす, が這入り込ん, が銭, が集められるらしかった, が食事, が食卓, ことに, さうし, だから, だった, だったが, だって, だってそんな, だつて, で目まぐるし, で目まぐるしい, とに次, とふざけ, と一緒, と言い合っ, と話し, と酒, と食卓, と馬鹿ばなし, なの, にいろいろ, にその, にはこれ, にはこれら, にはひた隠し, にはみえた, にまじっ, にもまれもまれ, にも眠っ, に向っ, に失礼, に教え, に無益, に紹介, に見えた, に見せる, に見られない, に遊興, に顔, のうえ, のうち, のこの, のこんな, のそれぞれ, のそんな, のほう, のもの, の一応, の世間ばなし, の人気, の卑屈, の口々, の姿, の帰っ, の心, の揺れ, の方, の火華, の無, の瑠璃杯, の眼, の耳, の表情, の視線, の誰, の議論, の踊り, の邪魔, の配給, の長い, の関係, の集り, の食品, はあちらこちら, はおもしろい, はお互い談論, はきまつ, はこの, はしきりに, はそれぞれ, はそんな, はぞんぶん振舞い, はたいてい, はただ, はにやりと, はほとんど, はまた, はみな, はみな愛人, はみな遠方, はみんな, はみんな私, はよくそう, はフリーダ, は三の丸, は久しぶり, は何, は冗談, は夕飯, は大, は大げさ, は女, は庭, は彼女, は後, は怒っ, は怒り, は思う, は散々, は暇, は検察官一行, は正客, は気持, は海, は潮, は熱心, は眼, は箱, は胆, は誰, は調子はずれ, は谿, は辞し去り, は道安, は部屋, は部屋いっぱい, は隣室, は顔, は鼻, への遠慮, へもいった, へも悪びれない, もその, もぞろぞろ, もただ, も店員たち, も笑いました, も道安, をもそうだ, を大いに, を忘れ, を成る, を拒否, を照れさせ, を眺め, を見た, を踏み越え掻き分け, を追い払っ, を隣室

▼ 客~ (182, 1.2%)

10 の世界 9 は主 6 の他者性 5 に對, の蔭 4 の存在, は他者 3 は觀念的存在者

2 [15件] が主, が客體, である, としての存在, として顯, となる, との合一, との完全, と主, のそれ, の分離, の遊離, は客體, は實, 及び客體的聯關

1 [106件] がいくばく, がその, がた, が全く, が同, が實, が實在, が從つて主體, が成立つた, が本, が自己實現, が自己表現, が表現, が飽くまでも, こそかかる, であり主, であり客體, であり更に, であること, であるに, であるの, でないやう, とが全く, としての, としての他者, としての他者以外, としての本, としての觀念的存在者, としての遊離状態, としては勿論, としてもと, としても主, として主, として又, として存在, として從つて思惟, として成立ち得る, として永遠, となり, とのこの, との對立, との聯關, との間, と完全, と客體, と根柢, なの, においての外, において一, において表現, にとつて, にはそこ, によつて, に働きかける, に働き掛ける, に屬, に過ぎぬ, に高められ, のうち, の世界客觀的實在世界, の二重性格, の任務, の固定, の固定ついで, の基體, の契機, の實在化, の形相, の性格, の意味聯關, の意識, の成立, の成立從つて文化的, の曇り, の有り, の本質的性格, の澄み切つた, の無, の獨立性從つて他者性, の示す, の間, の面, はあくまでも, はそれ自ら, はますます, はもと, はもはや, は内容, は又, は固定, は固有, は實質上, は徹頭徹尾, は成立つ, は暗黒, は自己性, は自然的實, は自然的實在者, は飽くまでも, ばかりでなく, へと働きかける, も存立, を實, を己, を認識, を近き

▼ 客~ (139, 0.9%)

7 あつた 2 あらうと, でも, にぎわって, 一ぱいと, 一パイ日が, 一杯ふりの, 笑ひ, 繁昌し, 賑って, 賑わって

1 [112件] あつたらしい, あつて, あんまり笑, いっぱいに, いつも賑, お留守, ござります, ごったかえし, ごったかえす, ごったがえして, さへ, しかもどこ, しかも密談, すら其, そばやの, それに, たいそうにぎやか, ちっとも笑, なにさ, はござりません, ふさが, まるで受けつけない, むろんた, もうボツボツ帰り支度, やむを得ず半蔵, よく笑, よく足, コロンボから, ゴッタ返し, ピリッと, ワッと, 一ぱいだ, 一ぱいだった, 一ぱいに, 一代に, 一向笑, 一年ばかり, 一杯だつた, 一杯であっ, 一杯であった, 一杯である, 一杯です, 一杯に, 一杯にな, 一杯らしかった, 上ったら, 下谷に, 世話好きな, 主人の, 二階も, 他は, 何時も取, 停車場から, 入って, 列を, 危険な, 取り込んだ, 受けるところ, 名を, 向ふ, 喜多村さんを, 埋ずまり, 埋って, 埋まって, 夏は, 夜半に, 大分賑った, 大変だ, 大変だった, 好い座敷, 嬉しい, 実の, 少しも, 店中が, 急に, 手の, 押すな, 故郷に, 日ならず, 早速村, 景気が, 景気はい, 来ること, 武州小金井の, 段々賑わっ, 毎年鼎の, 気が, 洋服を, 混み合って, 混み合つて, 混乱しだした, 混雑し, 満ちて, 溢れて, 牛乳屋の, 相当賑か, 窓から, 箱根か, 維持し, 茶を, 賑か, 賑は, 賑ふそ, 賑わい大きな, 賑わった, 賑わったので, 賑わった併, 込み合う頃, 遊びに, 過分の, 金びらを, 驚かれたであろう

▼ 客には~ (116, 0.8%)

2 ちがいありますまいが, 向かない, 失踪した

1 [110件] あらじと, いっこう気, お世辭, お供が, お金が, かえって気, この年, さう, さしあげない方, しないの, ぜひお目にかかりたい, ぜひともこうした, そっとべつ, それを, たびたびは, ちと不釣合, なるので, はじめて出, まるで気, もう出さなくなり, もう知れ, よくよく気, よく知られ, よけいなお, よろこばれて, わからない秘密屋内電話, サンドヰッチくらゐ, シックリ来ないらしく, タオルを, ハッキリと, ピンと, 一々丁寧, 不体裁でも, 人気が, 今まで, 今日の, 何うかと, 何かしら深い, 何かしら神聖な, 何でも, 何も, 充分間に, 出ずに, 出せない, 分らぬらしい, 分るまいが, 口も, 吉良は, 呆れた様子, 呆れた樣子, 喜ばれるか, 土地の, 坊主も, 坐れとも, 士太夫始め百乗千乗の, 売つて, 変りは, 大した怪我, 奇岩怪石の, 女乞食が, 好まない顔, 妙に, 姿を, 実にピッタリ来るらしい, 実の, 少し高し, 尾張宗春卿酒井日向守松平和泉守松平左衛門佐御, 居心地が, 常に酒肴, 必ず膳, 思ひも, 慣れたはず, 打って, 披露された, 斯う, 有難いこと, 来ないらしい, 構わずに, 湖上への, 源之助なんど分らないらしい, 無関心, 煙草盆も, 特別の, 男乞食が, 白い毛布, 目も, 知られて, 私どもも, 窓を, 第四江, 粒粒辛苦一年の, 紊れぬ, 肌を, 胆潰させる, 興味も, 芸し, 若者が, 行く先職業住所年齢を, 裸体若く, 見せられませんよ, 見ぬ見事, 見当の, 許さないサシコミ, 足が, 返すといふ, 違いない, 違わんでそれゃ, 靴カバーという, 頭を, 黒砂糖を

▼ 客觀的~ (102, 0.7%)

8 なもの 3 なるもの, に有る 2 であるに, な態度, にある, にで, に見, の句, の歌, 乃至自然的現象

1 [72件] そして人間, である, であると, であるといふ, である而, で面白い, と稱, なるが, なる公共性, なる前提, なる勞働, なる形態, なる生, なる生物學的, なる眞理, なる表現, なる表現形態, なる體系, なれども, な個別性, な大きい, な好奇心, な存在, な小説, な心, な條件, な機能, な社會, な社會法則, な趣, な遠, にいはざるべからざる, にこの, になつて内界, にのみ歌, にのみ觀, にのみ詠むべき, にはあらう, にはたしかに, には決定, には社會, にも, にもある, に人間, に冷靜, に到る, に含む, に情死者, に感ずる, に技術的, に把握, に敍, に景色, に有れ, に牡丹, に考へられる, に若く, に見よう, に見れ, に觀, に觀察認識, に言つて, に詠みし, に認め, に説明, に限定, の意味, の景色, 即ち景色, 或ひ, 現實性, 破壞

▼ 客~ (94, 0.6%)

4 の御 2 があった, が御, が笑い, でやすよ, にそんな, に何, の中

1 [76件] かい貴方御免, かね, がお前, が今, が入用, が己, が来, が此処, が集りました, さてはその, だ, だ土左衛門, であった, でございますよ, です, ですから, ですよ, でも, となっ, と奥様, なぞお, など言い, なんぞ命惜, にそう, になりました, にはえらい, にも本尊様, に一ツ, に毛だらけ, に申し訳, に見せる, に踊, のうち, のまわり, のよう, の仁情, の前, の御用, の蒲団, はつかつか, はもしか, は丸い, は出, は外, は奈何, は彼人, は御, は急き立て, は気, は炉辺, は町会議員, は目, は茶, は袂, は袖口, は金銭上, は銜煙管, は頭, ばかりあっ, へのサービス, もござりますほんに, もござりますまいに, もどうも, も不思議, や新聞記者, よ, をお, をお供, をつかまえ, を丁寧, を下座敷, を乗せた, を奥, を御馳走, 御さし宿, 御案内申上候

▼ 客~ (83, 0.6%)

6 の相 5 に働き掛ける 3 である, に重き 2 とする, とは自己, と主, を評したる, を評する

1 [56件] あるひ, が大事, して, し後者, でありそして, では何十年, といふ名, とが互に, とが判然, とす, となし, となし得る, となづけ, となる, とに分析, との絶對的, と折衝, と看做し, と纔, と考へられる, と考へられ得る, と關係, ならぬもの, なり, なりとする, にあらずし, に作用, に働きかける, に働き掛け, に對, に屬, に移さで止ま, に關係, のまたは, の三樣, の世界, の事實, の側, の或, の景色, の根柢, の歌, の沒理想, の理想, の關係, はどこ, は又, は赤裸々, または對象, もしくは對象, より與, をしなけれ, を怠, を揚げ, を物質的, を生産

▼ 客~ (78, 0.5%)

3 という 2 し, ということ, と思っ, と思った, ね, よ亭主

1 [63件] かといふこと, から, からこの, からその, からとて追い出す, からね, から名前, から聞かない, から見, か分らぬ, か売手, か訳, があれ, がな, が目, が馴染み, けれどもお金, けれどもこれから, しそれに, し先, そんな人, ぞ其の, つたと, つたわたしが, つてさうです, と, という気, といふ, とはおもう, とは思, とわかる, と告げた, と問い返した, と塩, と思いました, と思え, と思ひ, と思ひました, と思わね, と或, と教えし, と玄関, と知ります, と知れた, と自分, と見, と電話, な, なと常連達, なと直覚, なと私, ねがよく, のにやたら, よ, よ客, わしは, ッ客が, ッ客だ, ワッワと, 七十郎などは, 今帰, 御湯, 馬鹿

▼ 客~ (72, 0.5%)

2 に進呈

1 [70件] から受取った, から贈られた, があっ, があつ, がうたう, がおどろい, が一勢, が問題, が寒, が指さし, が私, が阪井, が麻川氏, というの, と顔, にああ, には一人, にまで嬲られ, にもそれぞれ衣裳, にもっと, にゆずっ, に執っ, に引合せ, に或いは, に目, に茶, に誰ひとり湯沸, に麻川氏, のおなか, のきれ, のこと, の中心, の嘲笑, の姿, の環中, の間, は, はあっち, はあの, はこの, はこれ, はこんなに, はずつぷり水浸し, はその, はもう, は一定, は値段, は出帆, は口, は口々, は大抵, は彼, は息, は暑く, は流石, は皆目, は親爺, は風呂, もこの, も一種特殊, も向う側, も彼, も甲斐甲斐しい, も皆めいめい, も至極, も驚い, を, をじ, をは, を送り出し

▼ 客として~ (70, 0.5%)

2 これに, 家へ

1 [66件] あがめられて, あわて気味, この孫権, これまでも, こんな居心地, そこに, その席上, それらを, ちよつと, つかわした儀, とらねば, どこまでも, まず彼, もてなし伸子とは, やった尾藤甚右, わが殿中, われわれを, ヘクト, ミュケーネーの, 上つ, 今まで, 伴ひたれ, 何かの, 何度も, 参ったもの, 参るからには, 取り扱うつもり, 取扱った, 奥に, 女の, 室に, 宴に, 小さな観光団, 感じよく, 招いた宮本武蔵, 斡旋した, 来て, 来られた人たち, 来る者, 来週の, 歓待された, 歓迎せられる, 歡待された, 泊って, 泊めて, 用ゐる, 礼を, 空席の, 蠅の, 行ったの, 行った多, 行って, 見るの, 見る場合, 親しくそれら, 言語を, 訪れて, 詩人シャルル・ゲランが, 誰が, 迎えたの, 迎えて, 迎えよう幟, 迎えられた, 迎へ, 馬に, 黒の

▼ 客にも~ (67, 0.4%)

3 すすめ自分 2 出されぬ悪, 勧めれば, 十二組まで, 同じよう, 行く

1 [54件] この鯛, すすめる, たれて, ひと目で, まる見え, めずらしく思っ, よけいな, よけいに, よりけりだ, クララは, 一二回答へ, 一度は, 一歩も, 丁寧だった, 世辞の, 主人にも, 予告し, 二つの, 会いたがらない気性, 会おうと, 会わず号, 侮られるばかり, 出せば, 分けに, 判る人, 勧め自分, 取巻かれること, 受けたが, 呼ばれ呼びも, 客を, 彼は, 思いきったところ, 愛嬌の, 愛想は, 愛想よく, 招かれて, 昔の, 構わず夢中, 決して会わない, 珍しかった, 目を, 羞恥うていた, 聞えること, 見かえられぬよう, 言うの, 誰の, 談ぜさせること, 逢はず二階の, 逢わず口, 酒は, 長逗留, 陸続たる, 面白くない, 顔を

▼ 客から~ (66, 0.4%)

1 [66件] あんな法外, うけた, おいどう, おほめ, お届けもの, お座敷の, かけられた旅館, このごろ何か, それぞれ, とった勘定, ひよつくり, みやげに, よくほんと, チヤホヤされる, 一銭ずつ, 与えられる話題, 二流の, 何らかの耳新, 何等かの, 切符を, 区会議員を, 取る金, 受取った切符, 受取って, 可愛がられて, 叱言, 吹きかけられた酒, 呼ばれても, 命を, 土産が, 売り買いの, 大福の, 客へ, 岸本の, 当然される, 押しかけて, 招待状を, 救って, 極めて取つた, 次第に下位, 欲しいもの, 注文され, 物の, 百両の, 目を, 移つたのだ, 競馬に, 聞いたの, 聞いて, 聴いたこと, 芸者に, 苦情が, 見えない垂れ幕, 見えるの, 見れば, 言いつけられたよう, 言葉を, 註文の, 貰つた, 貰つた纒頭の, 賞讃され, 質札を, 逃る, 金の, 金を, 集めた金

▼ 客という~ (63, 0.4%)

28 のは 6 のが 4 ものは 2 のも, ものが

1 [21件] こころなくし, ことだけ, のだってね, ものであった, ものには, ものの, ものも, ものを, やつは, わけか, わけだった, わけな, 人を, 人間に, 客は, 意外な, 男は, 男を, 職能さえ, 背広の, 資格で

▼ 客~ (61, 0.4%)

2 単純な, 妓が

1 [57件] お弟子たち, ボルイホルムの, 中禪寺, 主人の, 乗る人, 人を, 助言者たちの, 友人同志の, 土地の, 地廻り連も, 女が, 女に, 女は, 女中の, 妻の, 家中に, 家族らは, 帳場で, 年若, 彼女達が, 情人の, 情夫などを, 打揚る, 旅籠の, 旦那等が, 旦那筋の, 朋輩の, 流しや, 煙管を, 父親の, 町の, 病人の, 皮革くさい, 秋に, 秋の, 給仕は, 羽子の, 聘した芸妓, 舞台が, 船夫を, 船頭の, 芸者の, 若い遊蕩児, 茶人めいた, 荷物を, 荷運びの, 諸商人, 贈賄の, 軍務は, 近所に, 通行人の, 運搬人や, 遠藤の, 飲まない客, 駅員が, 駕籠屋が, 驛員が

▼ 客~ (51, 0.3%)

2 対して, 茶を, 見せて

1 [45件] あてが, いつた, おくる艶書, おすすぎ, お世辞, お愛相, お茶を, こう言い, して, たいしての, むかって, 伝染させ, 俄かに, 出したらしい料理, 出した後, 出すから, 出すの, 出す料理, 勧める宣伝文, 半分声を, 半分聲を, 向って, 向直った, 嬉しそう, 寄って, 微笑みを, 挨拶に, 早口に, 渡せ, 滑り歩い, 白湯など, 礼遇は, 肩代りさせ, 膳を, 茶一つの, 言ったの, 詫びやら, 話しかける, 謝りに, 貴人の, 運ぶ, 配りに, 頼んで, 餅を, 馳走は

▼ 客では~ (50, 0.3%)

6 ない 3 なかった, なくて 2 ないかと, ないから, ないという, ないらしい, ない無論, なかつたが

1 [26件] あった, あり啓之助, あるし, あろうが, いつこの, とても素人, ないがのう, ないその, ないだけに, ないと, ないの, ないらしく思われ, ないッ, ない今日, ない新撰組, ない船頭, なかつた, なくつねに, なくても, なく女, なく彼, なく東京駅, なく梅水, 八人が, 無い町内, 風呂の

▼ 客でも~ (50, 0.3%)

5 あると 2 あつて, あれば, ないかぎり

1 [39件] あったもの, あった際, あるごと, あるまいと, ある時, あろうか, いいの, いらっしゃるの, いるの, ここを, ないてめえ, ない何しろ, なく主, ねぎらうよう, やって来ないかと, やはり芸, よほど親しい, 一緒に, 主人は, 何うも, 何でも, 何んで, 出来たか, 應接間へ, 招待する, 有る時, 来るごと, 来ると, 来合せて, 東京や, 構わないという, 気が, 泊める時, 活きた鱒, 狙う方, 訪れるの, 連れ戻ったよう, 選んで, 鞄の

▼ 客觀的實在世界~ (48, 0.3%)

11 の認識 2 とそれ, における存在, に屬

1 [31件] がそれ, が全く, が實, が成立つ, である, としての自然, と結び附ける, においては實體, において高次的絶對的主體, に關, の一部, の事件, の任務, の基本的構造, の基本的秩序, の形相, の性格, の時間性, の時間的性格, の最も, の本質的性格, の構造, の空間性, の範疇, の觀念的聯關, はかくして, は客體, もこの, をさらに, を基體, 即ち

▼ 客さん~ (41, 0.3%)

2 が来た, が来たら, の菓子

1 [35件] かな, がいやらしい, が三四人, が云う, が来, が玄関, が青磁, ださうだが, だよ, である, ですか, では, といっしょ, なああんな, には相違, には違, に相違, のが生, の呉, の御, の来る, の障り, はいかなる, はどう, はやはり, は三人, は体, は出る, は大, は快, は皆さん寢坊, は鼻子夫人, も今度, も少し, を連れ

▼ 客に対して~ (41, 0.3%)

2 えらぶった, 僕を, 釣りの

1 [35件] あらたまって, あんまり無法, いつも門戸, かくばかり, きわめて腰, さほど赤面, ちょっと一本, でなくとも, とるべき手段, どうも気, はた, 剣を, 商売以外に, 好悪の, 宿屋の, 常に準備, 思いも, 急に, 慇懃いやしくも, 抱いて, 挨拶を, 捧呈すべき, 掻餅を, 日本が, 権威が, 気の毒で, 気の毒に, 無礼を, 物を, 種々なる, 等分に, 自分の, 苦い顔, 親切という, 飽くまでいんぎん

▼ 客とは~ (40, 0.3%)

3 誰か 2 ひとしくこの, 一体誰

1 [33件] いえない, いえないの, いつの間に帰つた, いやだ, およそ遠い, この一個, そういうもの, どうしても思わない, どこがちが, なかなか出, なりけり嘉傳次, まるで違っ, めつたに, よほど気軽, 三吉に, 五分五分の, 交渉を, 何だっ, 別懇に, 単に対立, 夫婦共に, 彼ら自身の, 彼等自身の, 応対さえ, 煙草をのみのみ, 物が, 見えず何, 誰方でござる, 違い雑人門, 違うので, 違う自分, 違った返事, 違って

▼ 客との~ (33, 0.2%)

4 間に 2 対坐は, 関係は

1 [25件] あいだに, 交渉とか, 会話は, 傍を, 対立的の, 応対で, 応対などは, 応対によって, 応対も, 応待は, 応接などと, 応接心を, 数値は, 無遠慮な, 物語り昨日, 膝は, 興じ入るの, 話が, 話しご, 話中に, 間にも, 間は, 間も, 隔ては, 顔だけを

▼ 客待ち~ (31, 0.2%)

15 して 6 をし 2 の車夫 1 したり, のさし, のタクシー, のリクショウメン, の人力車夫, らしいうすぎたな, をしなく, をする

▼ 客である~ (30, 0.2%)

1 [30件] かない, かも彼, からいわゆる, からなんと, からには天下, からまず, から先づ所, から武蔵, から自分, か家, か弟子, がこれ, が前, ことに, ことは, ことを, ということ, という証拠, と云, と云う, ので無論, 中納言も, 事は, 事を, 二人が, 奥さんは, 彼の, 時は, 海辺の, 私にすら

▼ 客らしい~ (29, 0.2%)

2 のが, ものは, 男が, 男の

1 [21件] と子供心, ので清次, のは, ものが, ハデな, 二人の, 人の, 人を, 声が, 声も, 女が, 客の, 意識では, 扱いでは, 拵えの, 日本の, 武士も, 男と, 立派な, 老人が, 顔を

▼ 客~ (29, 0.2%)

2 がお

1 [27件] がお金, が小, が居た, が来, が百両, が迷惑, で全く, とは, に会い, に聞える, のあと, のなか, の事, の勤め, の跡, はどう, は並, は無し, は百両, も皆, よりは三倍, を刃物三昧, を刺殺し, を殺し, を殺す, を殺せ, を殺そう

▼ 客觀的時間~ (29, 0.2%)

2 である, においては現在, の無, は文化的時間

1 [21件] が文化的時間, が立場, との關係交渉, においてはそれ, において存在, にも當嵌, の, のみを眼中, の場合, の姿, の最も, の本質的性格, の構造, は, は時, は生きられる, は空間, は通常直線, より特に, を部分的要素, 即ち客觀的實在世界

▼ 客體面~ (28, 0.2%)

4 において自己性 2 における他者性, に現, の凹凸, の凹凸波動

1 [16件] が一方, が自己性, において又, において客體内容同志, における二つ, に内在, に各, に觀念的聯關, に顯, のいは, のみ殘, の凹凸高低, の擴, の波動凹凸, はいかばかり, は表裏兩層

▼ 客~ (27, 0.2%)

2 とモデル, をし

1 [23件] が客, が左右, が知らせ, が間断, という私, と飯盛女, なぞで, なりと断, にし, になつたん, に使った, に声, に雇われ, のよう, の女, の方, の男, の番頭, や番頭, をつとめる, を兼ねた, を出す, 女らしいの

▼ 客~ (25, 0.2%)

4 んだ 3 のだ 2 のだろう, のである, ので二人, んです 1 お属, ことは, のか, のでお, のでなか, ので三つ, ので主人, ので弱った, ので礼, んだろう

▼ 客~ (24, 0.2%)

1 [24件] から玄徳, が対馬, で私たち, など尊氏, にさがった, にでも就く, にもてなし, に休息, に旗飾, に着いた, に通っ, の食卓, へその, へ出向い, へ旨, へ案内, へ誘い, へ退がり, まで送っ, をあわせ, を出, を提供, を訪ね, を訪問

▼ 客あり~ (23, 0.2%)

2 その中, 彼れ

1 [19件] この楼, てうれしみ, て二階, て便所, て梅, て身請, て遠く, とも思はれぬ, と想, やいなや, よく, 一日余を, 今日は, 余に, 又一時, 横尾泥海男の, 矣, 若き娘, 陽春三月の

▼ 客ばかり~ (23, 0.2%)

7 では

1 [16件] かいがいしい登山者, たよりに, だ, である, ですからね, でそれ, でない, でなくいつか, でなく大阪, でなく町, で受け方, で現金, なの, なのに, 哀れ気の毒に, 待つて

▼ 客~ (23, 0.2%)

2 はこういう

1 [21件] がいくら, が張氏, が有体, が私, とひそか, と画論, には多少, の書, の賞讃, の身, はこう, はすぐ, はそう, はその, はまるで, はもう, は先生, は庁堂, は手, は潤州, は頭

▼ 客~ (22, 0.1%)

2 にした, のもの

1 [18件] と店用, に使, に使うらしく, のお, のバット, の丸テーブル, の二つ, の便所, の八帖, の器具, の夜具, の寝室, の手洗場, の枕, の羽根蒲団, の腰掛, の膳椀, の蒲団

▼ 客に対する~ (21, 0.1%)

2 絶大の

1 [19件] ふるまいは, やうな, ような, サービスである, 先生の, 刺客の, 商売気の, 妓の, 嫌悪の, 店じゅうの, 待遇すこぶる, 態度は, 新造の, 日本紹介といふ, 時の, 気なら, 礼としても, 近来流行の, 陽子の

▼ 客~ (21, 0.1%)

2 の卓, へあがっ

1 [17件] がある, が建つ, ではまず, で出会う, で小, で小憩, なども廊, には予て, に入れ, に泊り, の地, の方, の私達, の階下, は名, は近く修繕, をはじめ

▼ 客呼び~ (20, 0.1%)

4 の源七 2 の声, の男

1 [12件] がたけなわ, が片手, でおらたち, と彼, のお下, のメガホーン, の観光意欲, をし, をした, をしない, を年, 男らしいていう

▼ 客觀性~ (19, 0.1%)

1 [19件] があつ, がある, がますます, が大きく重く, が特徴, との認識, とを拒否, の中核, の要求, はかかる, はその, への要求, または主, をもつ, を得る, を有する, を獲得, を缺, 即ち普遍性

▼ 客觀的實~ (19, 0.1%)

19 在性

▼ 客~ (18, 0.1%)

1 [18件] え, それとも友達, どうかと, わからない人達, 上眼一つで, 下足を, 何か, 値切る客, 判定し終ったらしい, 只呑み, 家内の, 宿の, 来ても, 物貰いか, 訣らぬ, 誰かの, 誰だ, 買う客

▼ 客とも~ (18, 0.1%)

2 付かず三年前

1 [16件] いえない, いわれないが, おもは, その顔, つかぬ変, つかぬ者, つかぬ變, なり主人とも, やりとりし, 居候とも, 応接し, 思って, 思はばこそ, 思わなかったが, 道連に, 遠出を

▼ 客などが~ (18, 0.1%)

1 [18件] あがって, あって, あると, しきりに往来, その山奥, ぞろぞろと, ちょっと身じまい, まま山伏, ウヂャ, トンネルを, 入つて, 入り込んで, 参りました時, 多くて, 態, 来て, 来ると, 毎日の

▼ 客なる~ (18, 0.1%)

2 人は, 者は

1 [14件] ものあっ, をばまだ, アメリカの, 人が, 人京浪人と, 商売物何一つ, 少女の, 少女は, 少女少年の, 彼の, 彼へは, 梶井基次郎君より, 者の, 者多くは

▼ 客~ (18, 0.1%)

2 に來, に歸

1 [14件] で一日, で一氣, に, にあらはる, にある, に破れぬ, に蝋燭, に返り, の一室, の前, の夜半, の無聊, の軒, の門

▼ 客といふ~ (17, 0.1%)

11 のは 3 ものは 1 かういふ宿, ことは, のが

▼ 客なら~ (17, 0.1%)

2 仕方が

1 [15件] さほどいや, どうで, ばそれ, ばともかく, むといふ, んかし, んとは, 一つの, 主も, 八十銭に, 大いに歓迎, 年期を, 毎晩來たつ, 聖地を, 酒に

▼ 客より~ (17, 0.1%)

4 先に

1 [13件] たしかに京都, ほかに, ほかわたしは, わるいかっこう, 一足先に, 三割高く, 下へ, 何層倍猛烈だ, 夫, 年をと, 待たせて, 舞台の, 貰ひ溜めたる

▼ 客體内容~ (17, 0.1%)

5 の聯關

1 [12件] が他方, が實, として顯, において質料的, に主, のうち, の二つ, の意味聯關, は相互, を他者性, を聯關, 及びそれ

▼ 客~ (16, 0.1%)

3 に聞いた

1 [13件] でだいいち, にあ, にたずね, にもある, にわかに思い立ち, に旅行, に館柳湾, の一人, の作, の遭遇, より重出者, 早起成何事, 試みしこと

▼ 客への~ (15, 0.1%)

2 コンプリメントで

1 [13件] あいそとを, こぼれるよう, もてなしの, サービスだ, サービスの, 御馳走と, 愛想と, 接待を, 歓待ぶりに, 活気を, 礼儀から, 頭の, 饗應の

▼ 客一同~ (15, 0.1%)

2 は虎

1 [13件] が或いは, に会釈, に対して此の度松谷秀子, に新しい, のあいだ, は喝采, は総立ち, へそう, へ向い, へ蕎麦, も, も口々, も機

▼ 客さま~ (14, 0.1%)

3 だから 2 ですと 1 がい, だと, だよ, といっしょ, のよう, の云, の御, へ御, 御勘辨下

▼ 客~ (14, 0.1%)

1 [14件] である, で加, というよう, とかいう位地, につく, にどっしり, に並ぶ, に二人, に出, に名, に向, に運び出され, の外, へ臨ん

▼ 客~ (14, 0.1%)

6 をし 1 うけの, の人力車, の御者, の箱馬車, の自動車, の車, の馬車, もなかっ

▼ 客であった~ (13, 0.1%)

1 [13件] か, からのこと, から皆, がこの, が幸村, せいも, ともいい, と彼, に相違, に違い, のだろう, 場合を, 庇髪の

▼ 客としての~ (13, 0.1%)

1 [13件] 一面を, 仕事だ, 地位に, 女体では, 居心地は, 待遇を, 心得は, 次郎, 歓宴に, 満足は, 第一, 自分を, 見識だろう

▼ 客よりも~ (13, 0.1%)

1 [13件] おそくまで, はるかに, むしろ主人, 上座に, 二葉亭自身の, 余計に, 先に, 客引の, 宴會を, 座敷へ, 後ろの, 花を, 高い場所

▼ 客じゃ~ (12, 0.1%)

3 ない, ないん 1 での, ないの, ないほか, なかったかね, なかったの, アない

▼ 客と共に~ (12, 0.1%)

1 [12件] いること, この客, すること, 宿を, 岸に, 戸棚の, 晩餐に, 来た無学, 歓談した, 謔浪した, 踊って, 追分を

▼ 客などは~ (12, 0.1%)

2 誰も 1 乞食の, 声を, 打ち忘れたさまで, 朝夕親しんだ, 朝夕親んだ, 滅多に, 絶て見えず僅, 蒼い顔, 道の, 闇の

▼ 客ひき~ (12, 0.1%)

2 をする 1 してる一寸法師, だが, ですから, でもなん, の女給, の看板娘, までがおら, もどろん, をし, をやる

▼ 客~ (12, 0.1%)

1 [12件] に廻っ, のうわさ, のお, の注文, の番附, の茶屋, は上方, は横浜, へは若い, へ配る, へ配達, 在りて

▼ 客だった~ (11, 0.1%)

2 ように 1 かとお, が一人, そうです, と思った, のだ, んだ, 中にも, 沖老人が, 筈だ

▼ 客など~ (11, 0.1%)

1 [11件] いたし, であろうか, ひとりも, 一人も, 入って, 声々に, 客さまざまの, 居辛かっ, 怪しんで, 招いて, 殆どなく

▼ 客~ (11, 0.1%)

2 を見る 1 がスイ, の後姿, はニヤ, は黙, もギクリ, をちら, を先程, を見, を見較べ

▼ 客~ (11, 0.1%)

2 の御, もござりますほんに 1 があつ, が後藤先生, で御, の物品, の見分, は變, を大切

▼ 客~ (11, 0.1%)

1 [11件] であろう若葉, では主客, で御, に案内, に燭, に迎え, の客, へもどっ, へ入っ, へ導かれた, までず

▼ 客たる~ (10, 0.1%)

1 ことは, ものは, もの無心を, を知り得ん, 予に, 事を, 吾, 品位を, 時小野梅舎を, 私に

▼ 客~ (10, 0.1%)

3 となっ 1 ではあり, として身, ともいえる, にひとり, の板垣修理, はよけい, は明智光秀

▼ 客ある~ (9, 0.1%)

2 を見 1 ごとに, さまに, ときは, のみ, を告ぐ, 処にて, 家庭の

▼ 客先生~ (9, 0.1%)

1 から聞かせられた, が見られた, が驚倒, だけはたしかに, です, の心, は五十年前, もあの, や廉州先生

▼ 客書院~ (9, 0.1%)

1 からいま, でなく奥まった密室, では興, に坐す, に近い, のほう, へお通し, へ歩い, へ通っ

▼ 客かと~ (8, 0.1%)

1 云えば, 女中に, 思うと, 思ったら後で, 思ふと, 怪しんで, 耳を, 驚いたの

▼ 客さえ~ (8, 0.1%)

2 取れば 1 ある, ある始末, いつもほどは, ない日, なかった, 来て

▼ 客たり~ (8, 0.1%)

2 し時 1 しが, しとき, し朴泳孝氏ら, 四方の, 花は, 難し

▼ 客ども~ (8, 0.1%)

1 にもそう, に対して此上, の騒ぎ, はあちこち, はごく, はまた, よな, をジロリ

▼ 客なれ~ (8, 0.1%)

1 て自然, ば, ばとて白石, ばなるべし, ばにや, ばクノイチクノイチ, ばハツコウハツコウ, ば保養鬱散

▼ 客一人~ (8, 0.1%)

1 ありいまいましき, いずに, から聞かされた, ない広いそこ, は土岐様, もなし, 帰ったあと, 打込んだが

▼ 客~ (8, 0.1%)

2 の蔭 1 がどっしり, にいた, の塵, をここ, をはさんだ, を衝立

▼ 客好き~ (8, 0.1%)

1 であるところ, でよく, で播州, で未だ, で眉山, なセミョーン・セミョーノヴィチ閣下, な名主, な種族

▼ 客来る~ (8, 0.1%)

2 客に, 客を 1 と無造作, 客が, 客と, 客の

▼ 客あしら~ (7, 0.0%)

3 ひを 2 ひに, ひの

▼ 客であろう~ (7, 0.0%)

1 か, かと銭筥, がお, と思い, と思っ, と思った, と思われます

▼ 客です~ (7, 0.0%)

21 から, があなた, って, もの開い, よフィリーモンじいさん

▼ 客とが~ (7, 0.0%)

1 ある, こんな言葉, 庭に, 押し合うほどに, 相對, 話して, 顔を

▼ 客としては~ (7, 0.0%)

1 僕の, 僕ひとりが, 元より, 和田君藤井君村田君そして, 当代第, 私が, 迎えられない

▼ 客なく~ (7, 0.0%)

1 して, てはと憐れ也, のんびりし, 亭主なく, 客を, 通りも, 静間喜ふべし

▼ 客などの~ (7, 0.0%)

2 介入する 1 きたとき, ために, 応接に, 愕いた, 雑沓し

▼ 客などを~ (7, 0.0%)

1 うるさがっ, お花客, しょっぴいて, 引き受けて, 相手に, 迎えるだけの, 集めて

▼ 客へも~ (7, 0.0%)

1 お世辞, めったに出た, 一島の, 染, 歓待いたらざる, 見せるから, 話しかけた

▼ 客ほど~ (7, 0.0%)

2 彼を, 釣果にも 1 うるさいもの, 世に, 高級に

▼ 客同士~ (7, 0.0%)

2 の盃 1 がこ, が往来, が雑談, だが, の思いやり

▼ 客部屋~ (7, 0.0%)

2 のドア 1 からである, から女中部屋, のほう, の窓, を挨拶

▼ 客體性~ (7, 0.0%)

2 に本質的 1 に固有, に對, に留る, は他者性, 及び客體的他者性

▼ 客あつかい~ (6, 0.0%)

1 といっ, に馴れ, に馴れた, の礼儀, も親切, をされ

▼ 客であり~ (6, 0.0%)

1 ことに保護者, それに, ながら乗合馬車, 倉持とは, 先方の, 又神主

▼ 客でない~ (6, 0.0%)

1 から振向い, ことは, ことを, といふこと, とすれ, のを

▼ 客とともに~ (6, 0.0%)

1 四方山の, 揺れ撓む, 済ませた, 舟に, 舟中に, 語りかつ

▼ 客とを~ (6, 0.0%)

1 まてり玻璃製, 拘引した, 等分に, 紹介した, 見分け自分, 載せて

▼ 客にでも~ (6, 0.0%)

2 するよう 1 きたよう, 出したんぢ, 来たよう, 頼んで

▼ 客によって~ (6, 0.0%)

1 その繁栄, 価格を, 夜の, 手近かに, 栄えて, 自分の

▼ 客へは~ (6, 0.0%)

1 交さぬ枕, 何の, 出ないから, 普門品の, 皆いちいち, 空也和讃の

▼ 客よく~ (6, 0.0%)

1 よく笑, 入りよく, 八分弱か, 来たるなに, 泣くので, 笑ふ

▼ 客をも~ (6, 0.0%)

1 そこへ, 主人をも, 吸収し, 思い合わせて, 招待し, 駕籠舁をも

▼ 客二人~ (6, 0.0%)

1 とともに殿, に母娘二人, のうち, は, は上機嫌, を殺し

▼ 客~ (6, 0.0%)

4 依然半夜鐘 2 依然半夜

▼ 客~ (6, 0.0%)

1 ありません, で人, にストリントベリイ, に嘲, の, の窓

▼ 客相手~ (6, 0.0%)

2 に酌婦 1 に働い, の立ち話, の者, の贅沢品屋

▼ 客觀相~ (6, 0.0%)

1 にあれ, をあら, をし, を以てその, を寫す, を指し

▼ 客さき~ (5, 0.0%)

1 からの心, さえ良けりゃ, でも根, へ泣きつい, を縦横

▼ 客しか~ (5, 0.0%)

1 とらないところ, 居なかった, 殘つてゐなかつた, 見えなかった, 迎えられない狭い

▼ 客だけ~ (5, 0.0%)

2 です 1 では, 下して, 勝手口から

▼ 客とても~ (5, 0.0%)

1 なかつたので, なかりけり, よく, 三日に, 敏感で

▼ 客とでも~ (5, 0.0%)

1 云うよう, 云ふべき, 話が, 長火鉢の, 関係し

▼ 客なぞ~ (5, 0.0%)

1 ここ二年ほど, で一しきり, のある, 断るという, 登山の

▼ 客なども~ (5, 0.0%)

1 ある, あるであろうと, 時折ある, 来る, 注意し

▼ 客にたいして~ (5, 0.0%)

1 冷淡な, 感じが, 無礼きわまる, 物の, 見せられなかった

▼ 客のみ~ (5, 0.0%)

1 あとにおいて, では, でまだ, ならず世界, なるに

▼ 客ひき番頭~ (5, 0.0%)

1 ですが, ですし, でノラクラ, のよう, をさせ

▼ 客をば~ (5, 0.0%)

3 待たぬ店 1 ことわれと, 皆斷り

▼ 客~ (5, 0.0%)

1 呼ブ, 欲セズト思考スル者ナシ, 河中ニ遅, 送ル婆アモ, 邀フルヤ各

▼ 客~ (5, 0.0%)

1 にぶつ, のテーブル, の方, はしかし, 同鞭

▼ 客~ (5, 0.0%)

1 があつ, たる, ですかと, にやあらん, る客

▼ 客同志~ (5, 0.0%)

1 が互いに, が大, なのに, の酒席, の間

▼ 客~ (5, 0.0%)

2 を散ずる 1 を寄, を慰する, を慰むる

▼ 客~ (5, 0.0%)

2 ひは 1 ひが, ひを, もよく

▼ 客~ (5, 0.0%)

1 に写真, に幾十回, に茶, に話し, に頭

▼ 客~ (5, 0.0%)

3 に驅 1 といふもの, にまかせ

▼ 客~ (5, 0.0%)

1 が主人, と群衆巫女, に対して心, の新室, を持つ

▼ 客~ (5, 0.0%)

1 が生平氣, が立去, が立去っ, に触れ申す, の十二分

▼ 客觀化~ (5, 0.0%)

1 される, されること, され擴大, され最大限度, を極端化

▼ 客體的存在~ (5, 0.0%)

3 を保つ 1 と解し, に過ぎない

▼ 客からの~ (4, 0.0%)

1 ご馳走でなく, 名指しで, 苦情が, 貰ひも卷あげられ

▼ 客がは~ (4, 0.0%)

2 ひつて 1 いつて, はあ送り狼

▼ 客その~ (4, 0.0%)

1 五分の一の, 声を, 客は, 聲を

▼ 客でなけれ~ (4, 0.0%)

1 ばなりません, ば上げなかった, ば会う, ば會

▼ 客に対しては~ (4, 0.0%)

1 ごく事務的, 一ぺんこっ, 易者の, 親切と

▼ 客ばかりが~ (4, 0.0%)

1 ぼつぼつやつ, 二三人一しょに, 二三人一しよ, 対手の

▼ 客ぶる~ (4, 0.0%)

2 まひの 1 まひは, まひを

▼ 客よりは~ (4, 0.0%)

1 よく笑, ピンと, 三成の, 上手な

▼ 客~ (4, 0.0%)

1 に遇う, を見, を視, 次第

▼ 客多く~ (4, 0.0%)

2 毎日空を 1 やりよし, よく笑

▼ 客~ (4, 0.0%)

2 の奥 1 に入っ, を訪ねた

▼ 客~ (4, 0.0%)

1 に夕方, の字, は誰, を開い

▼ 客愁新た~ (4, 0.0%)

4 なり

▼ 客振舞~ (4, 0.0%)

1 にはこの, の取り込み, の続いた, の酒肴

▼ 客様方~ (4, 0.0%)

1 には恐らくどう, にわずか, の人格, は日の出三十分前

▼ 客觀的世界~ (4, 0.0%)

2 の認識 1 の出來事, 乃至それ

▼ 客觀的事實~ (4, 0.0%)

1 では, としての吟味, として哲學體系其もの, の説明

▼ 客觀的出來事~ (4, 0.0%)

1 としての死, として取扱, に出, はわが身

▼ 客觀的妥當性~ (4, 0.0%)

1 を否み, を得る, を與, を要する

▼ 客觀的認識~ (4, 0.0%)

2 の對象 1 は死, をさらに

▼ 客~ (4, 0.0%)

2 して 1 し逐客, の間

▼ 客遊び~ (4, 0.0%)

1 に該当, の方, をオクサンゴッケン, をオバゴト

▼ 客體的~ (4, 0.0%)

1 に顯, のもの單, 乃至觀念的他者性, 現實性

▼ 客體相互~ (4, 0.0%)

2 の聯關, の間

▼ 客かも~ (3, 0.0%)

1 知れない, 知れぬ, 知れません

▼ 客からは~ (3, 0.0%)

1 なるだけ, なれて, 見えないよう

▼ 客すじ~ (3, 0.0%)

1 から招かれ, とかのたえざる, にも心当り

▼ 客だけが~ (3, 0.0%)

1 前約あっ, 笑ったり, 集る

▼ 客だけは~ (3, 0.0%)

1 おおいに普通, 変ったと, 真っ直ぐに

▼ 客だろう~ (3, 0.0%)

1 が生憎, と呆れ, と推察

▼ 客でなく~ (3, 0.0%)

1 たっていま時, てもいい, 家の

▼ 客とては~ (3, 0.0%)

1 ひとりも, 悪処, 惡處の

▼ 客~ (3, 0.0%)

1 め, めだ, めの

▼ 客どの~ (3, 0.0%)

1 に恥, はお, へ

▼ 客などで~ (3, 0.0%)

1 何となくザワザワ, 彼に, 甚だ賑わう

▼ 客などに~ (3, 0.0%)

1 すすめました, 場所も, 話して

▼ 客について~ (3, 0.0%)

1 あわただしい会話, 一々注意, 又苦笑

▼ 客にな~ (3, 0.0%)

1 つてもらふ, つてゐた, つてフワ

▼ 客にまで~ (3, 0.0%)

2 聞える程 1 選ばれたくらい

▼ 客ふたり~ (3, 0.0%)

1 に船頭ひとり, はすでに, は高輪

▼ 客らしく~ (3, 0.0%)

1 宿の, 明日の, 玄関口で

▼ 客三人~ (3, 0.0%)

1 が訪ね, で大いに, のうち

▼ 客~ (3, 0.0%)

1 お騒がせ仕った, に取っ, を座敷

▼ 客以上~ (3, 0.0%)

1 のもの, の多く, の待遇

▼ 客以外~ (3, 0.0%)

1 にはだれ, にはもう, に誰

▼ 客~ (3, 0.0%)

1 がいただく, として日本人, は朱貴

▼ 客全体~ (3, 0.0%)

1 が挙げ, の所持物, の頭数

▼ 客~ (3, 0.0%)

1 問はず余を, 曰く君何ぞ, 遠隔の

▼ 客向き~ (3, 0.0%)

1 じゃない, の遺物, や展覧会

▼ 客~ (3, 0.0%)

1 賣に, 賣の, 賣を

▼ 客~ (3, 0.0%)

1 なにな, にし, 友情濃

▼ 客廻し~ (3, 0.0%)

3 とやら提燈

▼ 客待ち顔~ (3, 0.0%)

1 なの, な易者, に壁

▼ 客~ (3, 0.0%)

1 は坤河, みて, をこん

▼ 客~ (3, 0.0%)

1 の濡れ縁, を借りうけ, を幾つ

▼ 客~ (3, 0.0%)

1 です, にした, の盛況

▼ 客觀主義~ (3, 0.0%)

1 の立場, は死, は近代

▼ 客觀實~ (3, 0.0%)

2 なる字形 1 なるを以て

▼ 客觀的時間性~ (3, 0.0%)

1 においてすでに, について論じた, に等しい

▼ 客觀的歴史的~ (3, 0.0%)

2 に規定 1 に道教

▼ 客觀的空間~ (3, 0.0%)

1 である, より實, より根源的體驗

▼ 客觀視~ (3, 0.0%)

1 したが, して, する一つ

▼ 客誘致~ (3, 0.0%)

1 に大童, の方, の熱意

▼ 客馬車~ (3, 0.0%)

1 だ, は一つ, をその

▼ 客體内容同志~ (3, 0.0%)

3 の間

▼ 客體化~ (3, 0.0%)

1 されたる何もの, されたる意味内容, したもの

▼ 客あけび~ (2, 0.0%)

2 の前

▼ 客あし~ (2, 0.0%)

1 も減じよう, 繁き宿

▼ 客あれ~ (2, 0.0%)

1 ば宇野浩二, ば彼

▼ 客おこ~ (2, 0.0%)

2 とはり

▼ 客からも~ (2, 0.0%)

1 聞かされる紋切型, 花だの

▼ 客~ (2, 0.0%)

1 へある, へ来れ

▼ 客しきりに~ (2, 0.0%)

1 囈語を, 泣く

▼ 客すら~ (2, 0.0%)

1 あまり多く, 見受ける

▼ 客ずれ~ (2, 0.0%)

1 がし, もし

▼ 客たちこめたる~ (2, 0.0%)

2 中央の

▼ 客だけしか~ (2, 0.0%)

1 その食堂, 通さないん

▼ 客だけに~ (2, 0.0%)

1 よく聞こえる, モーターボートを

▼ 客だち~ (2, 0.0%)

1 はその, は昼

▼ 客だって~ (2, 0.0%)

1 いるだろう, もう松風園

▼ 客だつた~ (2, 0.0%)

1 さ, ので部屋代

▼ 客って~ (2, 0.0%)

1 みんなジユウね, やつを

▼ 客であっ~ (2, 0.0%)

1 ても訪ね, ても追い返す

▼ 客でござる~ (2, 0.0%)

1 お気づかい, がその

▼ 客というも~ (2, 0.0%)

1 けがらわしい, 有るが

▼ 客とか~ (2, 0.0%)

1 また柳沢家, 幾らかひねった

▼ 客とで~ (2, 0.0%)

1 一ぱいであつた, 渦巻いて

▼ 客なぞは~ (2, 0.0%)

1 窮屈だ, 金輪際ない

▼ 客などから~ (2, 0.0%)

1 うつかり, 貰ひ受けた

▼ 客などと~ (2, 0.0%)

1 一緒に, 話して

▼ 客ならぬ~ (2, 0.0%)

1 妾宅の, 客の

▼ 客なりと~ (2, 0.0%)

1 いいうると, 分った

▼ 客なんか~ (2, 0.0%)

1 ゐさ, 一人も

▼ 客にて~ (2, 0.0%)

1 是も, 是迄

▼ 客にとって~ (2, 0.0%)

1 生んだ子, 誠に悦ばしい

▼ 客に対しても~ (2, 0.0%)

1 何を, 彼は

▼ 客ばかりを~ (2, 0.0%)

1 千尋の, 注意し

▼ 客ほどに~ (2, 0.0%)

2 雨の

▼ 客まで~ (2, 0.0%)

1 サリー, 一切二階の

▼ 客みたい~ (2, 0.0%)

1 なの, に曖昧

▼ 客みなく~ (2, 0.0%)

2 の字

▼ 客らしくない~ (2, 0.0%)

1 ことを, のです

▼ 客わり~ (2, 0.0%)

1 にい, に入っ

▼ 客を通して~ (2, 0.0%)

1 出鱈目の, 見た世界

▼ 客~ (2, 0.0%)

1 仕候, 驚禽

▼ 客~ (2, 0.0%)

1 何ぞ嗤, 厳に江口君

▼ 客便所~ (2, 0.0%)

2 へゆく

▼ 客兩觀~ (2, 0.0%)

1 といひ, の相違

▼ 客~ (2, 0.0%)

1 が騒い, の遺品

▼ 客出入り~ (2, 0.0%)

1 に都合, のある

▼ 客~ (2, 0.0%)

1 てなお, 隣家

▼ 客名簿~ (2, 0.0%)

1 にのっ, をひろげ

▼ 客~ (2, 0.0%)

1 よろこび, 笑ひ

▼ 客大いに~ (2, 0.0%)

1 泣く, 泣くます

▼ 客~ (2, 0.0%)

1 が多い, を二階

▼ 客子供~ (2, 0.0%)

1 が芝居最中, ばかりで

▼ 客~ (2, 0.0%)

1 といっ, は広い

▼ 客~ (2, 0.0%)

1 である, の末路

▼ 客~ (2, 0.0%)

1 喜賦, 誰不

▼ 客崎詩稿~ (2, 0.0%)

1 に蘭軒, の次に

▼ 客已三週風雨~ (2, 0.0%)

2 凄凄気

▼ 客座布団~ (2, 0.0%)

1 の傍, へわたくし

▼ 客座蒲団~ (2, 0.0%)

1 がたった, を室

▼ 客待ち場~ (2, 0.0%)

1 へしょんぼり, へ行つて

▼ 客~ (2, 0.0%)

1 から観れ, を痛ましめ

▼ 客情人~ (2, 0.0%)

1 が嘗て, の若旦那

▼ 客~ (2, 0.0%)

1 でない, ならぬこと

▼ 客~ (2, 0.0%)

1 の光芒, は明らか

▼ 客~ (2, 0.0%)

2 の貴賓

▼ 客来り~ (2, 0.0%)

1 て夢, て茶

▼ 客~ (2, 0.0%)

2 にストリンドベリイ

▼ 客~ (2, 0.0%)

1 に移し, より蘇

▼ 客次第~ (2, 0.0%)

1 で三千円, で餅

▼ 客~ (2, 0.0%)

1 になっ, はごく

▼ 客火鉢~ (2, 0.0%)

1 に附いた, のまえ

▼ 客無く~ (2, 0.0%)

1 して, んば

▼ 客~ (2, 0.0%)

1 に葭簀繕, れ

▼ 客稼業~ (2, 0.0%)

1 である, にも似合わず

▼ 客~ (2, 0.0%)

1 の目, 余程の

▼ 客自慢~ (2, 0.0%)

2 の小川家

▼ 客自身~ (2, 0.0%)

1 の罎, 打つ人

▼ 客至れ~ (2, 0.0%)

1 ば直に, ば酒

▼ 客~ (2, 0.0%)

1 だな, を三人

▼ 客~ (2, 0.0%)

1 にせまる, を飜

▼ 客觀描寫~ (2, 0.0%)

1 では滿, の極致

▼ 客觀的測定~ (2, 0.0%)

1 との間, を用

▼ 客觀的研究~ (2, 0.0%)

1 が先, を主として

▼ 客觀的自然~ (2, 0.0%)

1 は過去, 即ち自然科學

▼ 客觀的視角~ (2, 0.0%)

2 を用

▼ 客觀的觀念論~ (2, 0.0%)

1 の課題, は宇宙

▼ 客迎え~ (2, 0.0%)

1 の和田喜兵衛, は吉良家

▼ 客~ (2, 0.0%)

1 の真中, は草餅

▼ 客~ (2, 0.0%)

1 に慣れたれ, 之猶

▼ 客~ (2, 0.0%)

1 には銅鈴, の辺り

▼ 客静か~ (2, 0.0%)

1 で甘し, に入り来たりぬ

▼ 客體そのもの~ (2, 0.0%)

2 の他者性

▼ 客體的他者~ (2, 0.0%)

1 としての存在, は本質上

▼ 客體的他者性~ (2, 0.0%)

1 においてそれ, の源

▼ 客體的形象~ (2, 0.0%)

1 を他者性, 即ち符徴記號そのもの

▼ 客體間~ (2, 0.0%)

1 の聯關, の聯關意味聯關

▼ 客麻上下~ (2, 0.0%)

2 の肩

▼1* [620件]

あしらひではある, 客あつかひの名人, 客あまた集へり, 客あらそいにのり出し, 客ありし時に, 客はずと, 客いかんともすべ, 客いっそご出立, 客いんぎん丁重客粗忽客不得要領客など客さまざま, 客えらく混雑又, 客おいらは奉公人, 客おまけに子供ビービー, 客かの盲人に, 客からまでも予約金を, 客かを訪問し, 客がぞろ, 客がたのお, 客がもそりと, 客がわりにいく, 客ぐうの音, 客ここに舟, 客こそ御退屈, 客こそは一体いかなる, 客この村の, 客これを過て見る, 客ござんなれと毛糸, 客ごとにお, 客さまざまの中, 客さ酒井侯だよ, 客じゃあないん, 客じゃから伜同様に, 客ぢにな, 客すなわち蝶々は, 客すらも未だやって来ない, 客ずきだし, 客ずくなで全館八十, 客ぜんたいのトランク, 客そこへそれぞれそ, 客その他商人等を乗せる, 客それに対して女中, 客それから往来の, 客それ自身が趣味, 客そッちへ, 客たいへんな弥次馬, 客ただ一泊だけ, 客たらしめた理由の, 客たらんとする, 客たるべき梅の, 客たる者は礼, 客たればいや, 客だけでも取戻すほう, 客だけの掛け小屋同様, 客だけを相手の, 客ださうですよ, 客だらうが生憎, 客だ知っとるだろうが, 客ちと笑ひ, 客ちらほらむつまじいアベツク, 客やねえ, 客つてそれは彼, 客つてどこに居る, 客つて奴が癪, 客つとめて声高, 客ものは, 客てえのは, 客てんで来ず, 客であるなら話して見たい, 客であるべきはずとの, 客であれば忽ち, 客できげんがい, 客でございまするか, 客でしたが友人, 客でなかったら座敷へ, 客でもが楽々と, 客というはお種, 客といつては三田一人, 客とさえいやあ馬の骨, 客としか見えない男, 客とちがつて, 客とに勧めました, 客とばかり酒も, 客とへ等分に, 客とまれびとと, 客とやらへ飲ませたいため, 客どうしで, 客どころじゃない, 客なき卓に, 客なぞがないでも, 客なぞもあった, 客などからもあいさつに, 客などというあざやかな, 客などには馬鹿丁寧な, 客などに対してはその客, 客なみに勤めました, 客ならず又我が, 客ならずやと白眼視, 客ならでは留まる, 客なり扨夕申刻頃より, 客なりしとぞ, 客なるべきをと心, 客なるべしと纔, 客なんて皆無であらう, 客にからかはれ通し, 客にだけ特に出し, 客については一寸疑問, 客にと底の, 客にとっては却って気楽, 客にのみ込めないらしいとこ, 客にゃ珍しい, 客にやとんび着, 客によつては, 客によっては酒手を, 客に対しての心尽しは, 客に対すると同様に, 客に対するという気取りも, 客に対するとはおのずから別様, 客茶は, 客のみにしか行かず弟子取り, 客はがつしり, 客はさまで感服, 客はぞつとした, 客はというと, 客はみなりも言葉, 客はめつきり減り, 客はめつたになかつた, 客は種が悪い, 客ばかりに進めて, 客ひとりいない, 客ひると違っ, 客へまで帳面を, 客べら棒はむら, 客ほどの重みが, 客ほんとの名, 客まちして, 客までが小屋前へ, 客までも吸いよせるという, 客みずからも注意, 客むつつり客いんぎん丁重客粗忽客不得要領客など客さまざま, 客は変化妖怪, 客めいた粋がりを, 客もう朝飯を, 客もうけ入れる派手な, 客もが黙つて引下つて, 客もてなしの能, 客もとまつて, 客やら分からぬ事, 客ゆえ誘われれば, 客ゆえ百人あまりもくる, 客ようやく中村楼の, 客よし終ってから, 客よせ文句の文字, 客よと認めて, 客よろしよく笑, 客よろしくといった調子, 客らしかつた, 客らしき者の, 客らしくしているで, 客らしく装って二階, 客らしく見せかけようとした, 客らしく通るには通った, 客わが舟に, 客アエネアスの妻, 客サインを求め, 客サービスを競つた, 客ジッと抱き合った, 客スペインやイタリー, 客ツワイグやケレルマン, 客テーブルが一列, 客トイエドモ軽ク, 客ニ一名ヲ付て送, 客ニ問テ曰ク何スレゾ其レ然ルヤ, 客ニ死スルノ拙ヲ免レザラントス, 客ニ洞簫ヲ吹ク者アリ, 客為メニ誤, 客ハ則嬬人侍女ヲ携, 客プラス祭日客だワッワ, 客ヘンにおとなしく, 客ポルト・サン・ジャックの本屋, 客亦泣キ, 客リッカルドの家僕, 客ロメオの力, 客ワッと喜ぶ, 客ワッワと言, 客ワンサ入ってる, 客一それに気, 客一人手紙一通来ない事, 客一人船頭一人助手一人といった数, 客一人野宿のお, 客一猴を携え, 客七八人声立てて, 客三人五人こぼれますの, 客三人半左衞門へ金四百兩預け候, 客三人連れの男, 客三十幾人は令嬢奈々子, 客三味線の音色, 客三国峠の権, 客下りる客の, 客不得要領客など客さまざま, 客君善, 客両人入り来りしかば, 客並みに何, 客中伝聞したる点, 客中作一首あり, 客中作詩歌あり, 客中所感の小, 客中所見一首を掲ぐ, 客丹下左膳がひそん, 客主人ひかえの, 客乗せて纜, 客乗船するもの百余人, 客争いをいどむ, 客二三人何とかお, 客二世全安さんは別に, 客二人小紋の羽織, 客二名が尊意, 客二天井を仰ぐ, 客二氏が雨, 客二返事をしない, 客五六人に楓, 客五十鈴川で嗽手水, 客五百馬を駆っ, 客五種六種の料理, 客交じりにわ, 客の窓, 客亭主わけ隔てないくつろぎだけに, 客人格の御家人, 客人見又四郎と会っ, 客今年は五十余名, 客今度は五六台, 客から見, 客代官婆だけに思い込ん, 客仲の町の桐屋, 客仲居さんなどと賑やか, 客伊勢守どのにはまだ, 客伊賀の暴れン坊, 客雲来後来更好, 客何百かゐる, 客の誰彼時, 客信濃路からくる, 客黄庭読, 客新晴, 客傍若無人に女中, 客に頷く, 客元来淡菜, 客先づ溪中に落ち, 客込騷が, 客入りてこれ, 客全くそう申すん, 客全然カンドコを, 客全部のもの, 客八人合計十五人で其外, 客兵倍ニシテ主兵半バナルモノハ, 客其の三人が, 客典座の役, 客分家の客, 客茅堂, 客へ運ぶ, 客劉玄徳が義弟ども, 客千客万来であったが, 客博多の神谷宗湛, 客去っては幽寂, 客去りて車轍, 客去りて後ようよう, 客及びダンチェンコ, 客各自に任され, 客酔, 客同士共通な話題, 客の縮緬紙, 客呉服物の大きな, 客周瑜を生捕り, 客呼びしている, 客呼びをやる間には右, 客にて居, 客唐人を招い, 客唯々として去りぬ, 客ふて曰く, 客る遊女, 客四方より雲集, 客となり, 客み坐せり, 客の小池, 客土居先生神山御夫妻, 客に在る, 客場処は孰, 客なし直下, 客は河原, 客かりしが, 客多いのにおとなしく, 客多き由, 客多しと雖, 客多数居残リヲレリ, 客は男客, 客夜男客というの, 客を驚かす, 客夢回時一鳥鳴, 客大して来ず昨日, 客大分殺到す, 客大分立てこんで, 客大勢之あり, 客大明神と崇め奉っ, 客大貫さんは市内, 客夫妻夫人を見廻し, 客夫婦の客, 客女客の姿態, 客對楸, 客妻君の顔, 客嫌いな老人, 客嫖客の行き, 客子供連れの客おこ, 客宇清蔚が辞し去つた, 客家事何のこと, 客容れものは, 客専用の仕切っ, 客専門の旅館, 客小米のキクイクジョ, 客少きを如何せん, 客少くして, 客少なく夜半の, 客居せし当時の, 客居中これを訪問, 客屏息して, 客崎詩稿中に就い, 客巽辰吉が一夜, 客帰るを喜ぶ, 客帳のは余, 客臨百福盈門貨如輪転其門如市五福臨門客似, 客常に少ければ, 客平常は威張屋, 客幸作さんである, 客里子の, 客幽霊を見し, 客幾組高帽の天窓, 客を設けあり, 客座客の無い, 客に満つ, 客を渡っ, 客引かなんかであろう, 客引ぢやありません, 客引根性はやめ, 客引案内にすぎぬ, 客引策に依っ, 客引風が抜けない, 客張秋琴があつ, 客彼女は掛取だ, 客彼慙じて, 客往来の慣わし, 客待ちせる夥間の, 客待ちタクシーのかげ, 客待つとならぶ, 客待室へ通された, 客待遇が乱暴, 客従僕の客, 客得意の處, 客客で, 客微風にうなずく, 客心何事ぞ転た, 客心間似鴎, 客恨めしげにその, 客悦ばずして去る, 客悲鳴をあげ, 客は無限, 客情夫にし, 客のよう, 客愛想も好い, 客感歎し, 客ひは, 客或いは六条の, 客の地, 客扱ひも親切で氣樂, 客招びをも御, 客揃いの中皿, 客擦れたる婢の, 客支配人の客, 客三更後, 客散ずる後に, 客数人まさに満, 客文士の至宝, 客文金の高髷, 客料理には禁物, 客新家の客, 客方ちょこッとその, 客が遥か, 客星たちは他, 客昨夜船員を拉し, 客昼夜宿泊所又は仲介業, 客曰くヤソ教者天帝の意, 客曰く盍ぞ水, 客曰ク少シク忍ベ伶魁, 客曰ク是レ鶴澤氏ノ絃歌, 客書記らの役僧たち, 客の前, 客有りて混雜, 客有難しと群がる, 客未だ帰り来ず, 客の男, 客の感, 客東京っ子芸者学生の団体, 客松原勇之助君, 客松崎慊堂の事, 客となり, 客果していまだ行かず帰り報ずると, 客楼欄外大湖開, 客様がたはだいぶ, 客様わたくしの難儀, 客様ア伴れて, 客様ガ御泊リニナルカラ, 客様ハ御帰リニナルソウダカラ, 客様扱いを受け, 客様本位ですね, 客樣只今おすまし, 客樣御虚談ばかりと笑, 客樣盜人が這入しよし, 客樣貴方の御, 客には中村孝也博士, 客欲しそうに, 客歓迎の宣伝塔, 客殺到して, 客がつかぬ, 客気質の幾部分, 客氣付きぬれど, 客は人, 客泊館といわれ, 客湖畔を徘徊, 客満員表に, 客滿ちて, 客れば, 客に教え, 客眠熟, 客用乗物に相違, 客用卓が立てられ, 客用机にかけ, 客用椅子二爾薩待正, 客用食卓を三つ, 客用食堂の光景, 客留めの姿, 客疑って食わなかった, 客病尉遅の, 客痩せた青年が, 客百三四十人みな内外の官吏紳士, 客百三四十圓邦人百圓内外の相場, 客立ち上つて窓外, 客皆杯を挙げ, 客真実と方便, 客瞠若たり, 客知っていらっし, 客ばかりほどこし, 客神社も朝座屋, 客を以てし, 客秀郷が右大臣家, 客夜半到, 客の徒然, 客窓独坐昼凄凄濠南秋色, 客笑談までのこと, 客等各位に陪, 客策士の往来, 客粋人が四畳半裡, 客粒米同餐羽士家, 客粗忽なきよう, 客粗忽客不得要領客など客さまざま, 客二十人みな白人なり, 客素町人の頭, 客終に杯を, 客絡繹たり, 客給仕人花売りなんかに, 客る間, 客絶間なく全盛, 客続々たえざるが, 客綿井氏が便所, 客泣きに, 客聞きて絶, 客を呑み, 客が少なく, 客臣付人の衆, 客至って饌を, 客至莫嫌茶味淡, 客を催し, 客舍劇しき嵐の中, 客舍匆卒の際, 客停那西七月夏, 客舳艫相連ナリテ殆ンド水ナキガ如シ蓋シ天下第一, 客から上陸, 客英人ならぬは, 客草間に出没, 客蒲團を出し, 客薄き夏の, 客蜂須賀家の森啓之助, 客衆ゆえ無心を云っ, 客衆多くのなか, 客補助椅子の出る, 客裴世清至りて, 客見付けて足, 客親父往来の者, 客觀そのものと一致, 客觀一般が存在, 客觀主觀感情理窟の語, 客觀後の二首, 客觀性從つて非人格性, 客觀性換言すれば, 客觀想なる詩, 客觀想立てばこそ抽象美, 客觀態の最も, 客觀描寫風に太くたくましく, 客觀條件から必要, 客觀的テストにたよる, 客觀的世界像は人間, 客觀的事態として眞理, 客觀的事物に就き, 客觀的作用とに就, 客觀的佳句多しと, 客觀的側面とを構成, 客觀的價格からみれ, 客觀的公共性の中, 客觀的叙法を用, 客觀的存在でない事, 客觀的存在者として理論的認識, 客觀的完全性あるひ, 客觀的實在性について含む, 客觀的實在者の事, 客觀的實體はいは, 客觀的小説を書きた, 客觀的形相乃至秩序, 客觀的形而上的宇宙的人類的内容でなければ, 客觀的思考の力, 客觀的意義と大, 客觀的技巧等々と言, 客觀的描冩とか小主, 客觀的描寫の手腕, 客觀的方面にも種々, 客觀的時間そのものを殆ど問題, 客觀的景色に重き, 客觀的有は本, 客觀的有機性の蔑視, 客觀的標凖を否定, 客觀的標準を設定, 客觀的歴史的存在を考察, 客觀的歴史的規定に於, 客觀的法則に從, 客觀的理論的認識に達し得る, 客觀的眞理の存在, 客觀的秩序としての時, 客觀的製作は或, 客觀的觀察特に又, 客觀的過程に對, 客觀的靜的測定はこれ等, 客觀自己と對象, 客觀詩をのみ取る, 客觀論に陷, 客觀趣味に缺如, 客設けの手伝い, 客許多あり, 客詩人ウイレムとその, 客詮方なく猴, 客調べでツイ脱線, 客諾えば彼ら, 客貨物列車で到着, 客貨物船だった, 客貨車五千の自動車, 客別荘の, 客も忙しい, 客賓樹明不二生, 客赤城の高楼, 客踏み殺される子供積み過ぎ, 客猶在, 客身単山河所過皆亡国, 客身已在天涯外遮莫家郷憶遠游, 客の客, 客軍服の上, 客輻輳致し候, 客辯士の有害無益, 客迎英俊是人日暦入春韶徒馬齢, 客近所の朝鮮人, 客近衛前嗣は, 客通りから横町, 客も別れ, 客連れが出, 客連中が蒸暑かっ, 客遊中の子, 客遊仙の二亭, 客遊既に一年半, 客遊蕩児といったよう, 客酔うて必かくし芸, 客金色な髪, 客で御酒, 客鍛冶富に気, 客鐘巻自斎, 客間然とさせ, 客附近の避暑地, 客院用の酒壺, 客陸続ここを引き揚げた, 客集まりばかりを案じ, 客電話の問い合せ, 客に憂色, 客を覗い, 客頗るい, 客して, 客館其総べてを包羅, 客多く牽き来っ, 客馴じみでない妓, 客馴れた調子で, 客馴れない事は, 客いて, 客體そのもの從つてそれの構成要素, 客體一つは自己性, 客體一般の消滅從つて主體, 客體世界は建設, 客體乃至客體群が各, 客體内容相互の聯關意味聯關, 客體常に良, 客體成立における必然的, 客體界が兩契機, 客體的存在者に意味, 客體的存在者相互の間, 客體的聯關における自己實現, 客體的聯關意味聯關を離れ, 客體的觀念的存在者がそのまま, 客體等のイデー, 客體群が各, 客體領域の聯關, 客珠履過, 客しく和