青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「帯~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

希望~ 帝~ 帝国~ ~師 師~ ~師匠 師匠~ ~席 席~ ~帯
帯~
~帯び 帯び~ ~帰 帰~ ~帰っ 帰っ~ ~帰った 帰った~ ~帰つて ~帰り

「帯~」 5405, 58ppm, 1971位

▼ 帯~ (1665, 30.8%)

74 締めて 70 しめて 68 解いて 23 結んで 21 して 14 といて, 締め直して, 胸高に 13 しめ直して 12 取って 10 かけて, 締め直した 9 ほどいて 8 掴んで, 買って 7 前で, 巻いて 6 お太鼓に, つかんで, 前に, 締めると 5 しめながら, しめ直した, 前結び, 締直し, 解いた, 解く, 解くと, 貝の口に 4 なして, 出して, 持って, 結んだり, 締めた, 締めてゐた, 解きて

3 [28件] ぐる, ぐるぐると, ぐるぐる巻き, しめ, しめた, しめるの, つかまえて, まいて, 猫じゃらしに, 着けて, 矢の, 立矢の, 結びながら, 締て, 締めたり, 締めなおして, 締めながら, 締め直したり, 縫って, 臍の, 解かずに, 解きながら, 解きに, 解きはじめた, 解き着物, 解く音, 買うて, 隠して

2 [96件] うしろに, お着け下さい, くるくると, ぐるぐるほどき, した女, しどけなく結び, しめさせた, しめたの, しめた女, しめた姿, しめた若い, しめてゐた, しめなおして, しめる, しめ手拭, しめ髪, すると, だらしなく, だらしなく巻き, だらりと, つかんだ, つないで, といた, とおして, ときかけて, とくと, とけ, とらえて, ひいて, ひっかけに, ひっぱって, ふりながら, むすびながら, むすんで, ゆるめては, キチンと, キュッと, キリリと, ダラリと, チョコンと, 一つ求めました, 作って, 作りまた, 千鳥に, 垂らして, 天下に, 小さく結ん, 尻下りに, 巻きつけて, 巻付けた, 引いたよう, 忘れて, 押えて, 挟んで, 捨てて, 昆布巻きの, 横に, 求めて, 目がけて, 立矢に, 結びなおして, 結び直して, 結び直しながら, 結んだ若い, 絞め直して, 緊めた, 締め, 締めかけて, 締めそして, 締めた夫人, 締めた武家, 締めまして, 締め直しました, 締め髪, 織って, 背に, 腰に, 腰の, 色気なく, 花の, 著け, 見た, 見て, 視て, 解いた時, 解いてよ, 解かんと, 解きかけた片端, 解きかけながら, 解きます, 解くお, 解くよう, 解けッ, 貸して, 離れて, 首に

1 [915件 抜粋] あてがいます, あらためて, あわてて, いいでしょう, いじるのみで, うしろで, おさふる処, おタイコ, お着け, お解き申しませう, お貸し, お送りした, かえ袿, かけた, かけた鴨居, かけながら, かけ方天戟, かぼそい指, かりて, きちんと, きちんと結ぶ, きっちり胸, きゅうっと, きゆうと, きりっと横締め, きりりと緊, ぎゅうと押え, ぎゆつと緊め鋤と, くいちがうよう, くるくる巻い, くわえるよう, ぐいと留めた, ぐっとさげる, ぐっと締めなおし, ぐるぐる巻きつけた, ぐるぐる廻したる, ぐるりと, こま結びに, ころがすよう, さがし始めたが, さぐりながら, さしだした, させないという, しかと締め, したる美貌, した人間, した彼, した男, した絵, した薄汚い, しっかり結ぶ, しっかり結ん, しどけなく締め, しばしば断たれる, しめかえて, しめかりた庭下駄, しめこげ茶色, しめさせること, しめずに, しめたお里, しめたやう, しめたらしく今, しめたる後, しめた一人, しめた初子, しめた十三四, しめた可也, しめた大島のり子, しめた娘, しめた小娘, しめた彼, しめた後, しめた村, しめた浴衣姿, しめた田舎娘, しめた色, しめた遊人, しめてやる, しめてゐる, しめて仕事, しめて出, しめて居る, しめて暑く, しめて蓑, しめなおさせて, しめなおしたり, しめなおしながら, しめなおす癖, しめぽ, しめようとして, しめるやう, しめる絹, しめろたいへん, しめワラ草履, しめ口, しめ大きな, しめ小さな, しめ帽子, しめ当時流行, しめ後ろ, しめ忍び来し, しめ梔子色, しめ白い, しめ白足袋, しめ直し, しめ直したらしく十分近く, しめ直しに, しめ直し合, しめ直し髪, しめ直す, しめ紺, しめ草履, しめ薄色, しめ袴, しめ金歯, しめ長屋の, しめ頭髪, しめ鹿の子, しめ黒塗, しゃんとした, し足, すこし高め, するよう, する間, ずっこけに, ずッ, そつと, その儘, それでもきちょうめん, それを, たぐめて, たぐろうと, たたいて, たたく手つき, たらし髪の毛, だらしなく締めた, ちょっきり結, ちょっと予, ちょっ切り結び, ちよこなんと, ちんまりお太鼓, つかまへ, つかまへられながら, つかみよせて, つかんだ者, つき合せて, つくる問題, つけたひとり, つけて, つける工合, つけ拳銃, つけ重い, とき, ときすてると, ときながら, とき命, とき始める, とき着衣, とらえたもの, とり上着, どうと, どっさり買っ, どんどん送っ, なであげて, なでまわして, のべる夜光虫, はずし生命, ひきさいて, ひきしめ乍ら, ひくくしめ, ひたして, ひつかけた, ふっくりと, ほどきはじめて, ほどきはじめる, ほどき畳んで, ほどくん, まきつけながら, まだ結び果てなかった, むすびな, むすび腰, もうそんなにぐたぐた, もって, やられたよ, ゆく, ゆすぶって, ゆすぶりゆすぶり玄関, ゆるめたり, ゆるめるやら, わざわざしめ, アラメ, ガサリノソリと, ギュッと, グルグルと, グルグル胃, サヤサヤと, ズルズルと, チョコナンと, ヒッカケに, ムザムザと, 一つ結びの, 一尺隔て, 一本買った, 一本買つてやる, 一筋巻いた, 三本締める, 上に, 下さいました, 下腹で, 不状, 丸めて, 二つ持っ, 人に, 伝わって, 何んとやら, 何回ほど, 作る, 借らせたと, 倹約し, 兵児帯の, 出せ, 出抜けたかと, 切りかえたり, 前にて, 前帯に, 半分捲き付けた, 双方から, 取っただけ, 取られた, 取られてから, 取り出した, 取り着物, 取る, 取ろうと, 叩いて, 咥え, 固くしめ, 圧え, 垂れた腰, 垂れて, 売って, 外し壁, 大きい枝, 大きく背中一杯, 太く巻いた, 奪はう, 妨害し, 富岡は, 小さな横矢, 少し低く, 尻の, 尾に, 巌に, 巻きしめ汚れた手拭, 巻きつけたまま日射, 巻きて, 巻きながら, 巻くひま, 幅広に, 平つたく, 年が, 幾重にもま, 幾重にも廻し, 広げたよう, 廻しまわし足, 廻し近く, 弄って, 引きずったまま, 引きずりながら, 引きちらりと, 引きて, 引き伸ばしたやう, 引くだけの, 引っぱずして, 引っぱって, 引っ裂い, 引出し明朝, 引張つちや, 引掴み, 引摺ってる, 引結びました, 引締めんと, 引裂いて, 弛めると, 強く締め, 後から, 後ろに, 急に, 懸けて, 手伝うやら, 手繰りよせて, 把って, 投げかけた, 投げかける何れ, 抜ぎす, 抱えたなりに, 拵へ, 持ち上げられたよう, 持ったが, 指先で, 捉えて, 捲きつけて, 捲き付けられて, 掛けて, 掛け左右, 掬い上げながら, 掴み下げたり, 握った手, 揺すった, 揺って, 揺り揺り千鶴子, 撫ではじめた, 放せば, 映す子, 曳いたよう, 曳いて, 木の根において, 柔く, 横へ, 欲しいと, 残して, 気に, 注文し, 添えて, 渡したよう, 漏れた水紅色, 煙と, 片よせ, 甘んず注, 用いは, 町家風に, 疑うよりも, 百五十円にを, 盗みに, 直して, 直し棚, 直し髪, 着物の, 確かり, 確と, 神田に, 空に, 窓から, 簡略に, 結うて, 結え直して, 結びな, 結び代, 結び添えて, 結び肩罩, 結び足元, 結ぶこと, 結ぶに, 結ぶ手付, 結んだあたり, 結んだもの, 結んだスラリ, 結んだ和歌子, 結んだ姿, 絞め直した, 緊むるも, 緊め直し, 緊直し, 締ました, 締めさせて, 締めそのうえ, 締めたん, 締めた子, 締めた後姿, 締めた色, 締めた西班牙種, 締めてゐました, 締めな, 締めなおすと, 締めに, 締めは, 締めました人物, 締めるにも, 締める時, 締め佩刀, 締め出したとき, 締め大きな, 締め彼, 締め木刀, 締め泥酔, 締め無地木綿の, 締め直したが, 締め直したまえ, 締め直しながら, 締め直し一歩, 締め直し行燈, 締め直すと, 締め直すと共に, 締め直すよう, 締め直す時, 締め直す隙, 締め秀頼公, 締め紺麻絣, 締め締めそこを, 締め芸子潰し, 締め藍, 締め象牙, 締め近い, 締め金造り, 締め頭髪, 締め黙って, 編んで, 縛って, 縛り附け脇差, 縦に, 縫ひ, 織った, 織ると, 考察すべき, 背後に, 背負ひ, 背高に, 胸から, 胸元に, 脱け, 腰で, 腰へ, 腹の, 自分の, 芝居にゃ, 茫然自失の, 蓮ッ葉むすび, 蚤の, 表に, 袴を, 裾に, 見せて, 見つけて, 見ますと, 見ると, 解いたか, 解いたの, 解いた様, 解いた瞬間, 解かしめず馬, 解かっしゃれ, 解かなかった, 解かぬ勿論, 解かれるよう, 解きかかる, 解きかけたお, 解きかけると, 解きこれから, 解きそれ, 解きちらして, 解きねえ, 解きはじめて, 解きはじめるの, 解きまして, 解き初めた, 解き始めたが, 解き子, 解き給はず, 解き繃帯, 解き襦袢一枚, 解き長襦袢, 解くこと, 解くとき, 解くの, 解くもの, 解く手, 解く間もなく, 解けば, 解こうと, 註文し, 読ませても, 谷底へ, 貰う, 買うと, 買ったよう, 買つてやらぬで, 貸さんほどに, 賜わってのう, 質に, 質屋へた, 越しむずがゆく, 路考結に, 蹴った, 軽く巻きつけた, 通し終って, 通過し, 通過する, 過ぎて, 重なったまま, 錯覚で, 長くし, 除って, 集めて, 離すな, 離れると, 頭に, 首へ, 高く締め, 高く背負った, 鳴らした

▼ 帯~ (1199, 22.2%)

165 間から 102 間に 55 ように 51 間へ 26 ような 20 端を 19 あいだに 18 間の 15 上に 14 やうに 13 間を 10 あいだへ, お加代 9 あいだから, 下に, 結び目を 8 中に 6 うしろを, やうな, 前に, 結目を, 色が 5 上から, 上へ, 中へ, 所に, 間には 4 はしを, ようだ, 上を, 代りに, 処へ, 前を, 形を, 模様の, 端に, 間にも

3 [14件] あいだの, あいだを, あたりに, あたりを, あひだ, ところに, なかに, 前の, 尻を, 端が, 結びも, 結び目の, 色は, 間より

2 [38件] あいだか, あたりへ, お太鼓の, かたさ, きちんとしてる, ことを, しめ方が, ところで, ところへ, ところを, ゆるみを, 上で, 上の, 下から, 下の, 下は, 中も, 事を, 代わりに, 前へ, 和平に, 字を, 完全な, 峰の, 工場に, 所を, 片側を, 結び目が, 結び目や, 結めを, 背に, 腰を, 色の, 輪の, 間や, 雲の, 類で, 黒色との

1 [433件] あいだには, あいだ道の, あい首に, あえぎが, あたりから, あたりが, あたりで, あたりにまで, あたりは, あたりまでも, あとについての, あとを, あるに, あるの, ある鳶, いくたりの, うえに, うしろで, うしろに, うしろには, うしろへ, うちから, うちに, おかみさん, おゆき, お下り, お古です, お太鼓と, お腹に, お陸尺, かごとばかりも, かなたに, かはり, かわりに, くせに, ことから, ことなど, ことなどを, こと云い出した, このみも, ごとき笛吹川, ごとく, ごとく人, さがりを, さきに, したに, しめっぷり, しめとう, しめようや, じみな, そばに, だらりも, ちょい結び, ついたスマート, ついた灰色, ついた短剣, つづきの, てえした別嬪, ところから, ところが, ところだけ, ところまで, ない女, ない腰, なかから, ぬし, はじを, はば, ひょろ長い男, ふらふらする, まはり, ままで, ままである, ままながら, ままの, まわりに, まわりの, まわりまで, むすびめをうしろに, むすび方, ゆるみの, ゆるんだしどけない, ゆるんだ裾前, ようで, わきに, わきを, わけを, エキスパートとして, モミや, 一方は, 一方を, 一番内側へ, 一部, 一部らしいです, 一部らしく, 一部を, 一高峰として, 丈の, 上あたりへ, 上が, 上なる, 上は, 上前が, 上前の, 上部に, 下, 下お腹の, 下すっかり, 下と, 下にね, 下へ, 下へまで, 下を, 世話まで, 丘の, 両側を, 両極を, 中から, 中で, 中の, 中を, 乱れた後ろ姿, 二品を, 人, 人また, 今ここが, 仕立ての, 何処かに, 依って, 停車場, 傍からうす色の, 先の, 光, 光も, 八橋を, 処までは, 刺繍が, 前から, 前半へ, 力で, 包みを, 十手を, 取って, 台所が, 合せ目から, 合鍵を, 同じ紙燭, 吹雪各, 品の, 唐草模様を, 地を, 地域に, 地色も, 外へも, 大小を, 大幹, 大火山線, 女の, 女を, 如き密林, 如く倒れ, 如く彼, 如く纏う, 如し, 姐さんたちが, 姿で, 姿を, 娘が, 密生である, 対照が, 小さい令嬢, 小さな墓場, 小柄な, 小脇差, 小道から, 尻に, 尻ッぺたに, 尽きるところ, 尾根に, 層の, 山々, 山脈は, 山間を, 崖へ, 崖を, 工合で, 巾は, 巾ほど, 布引けい, 帯上げの, 帯締の, 幅ったげ, 幅の, 幅狭, 幅程の, 幹線に, 弓箭を, 引っかけで, 弛い無造作, 弛み心地な, 形姿で, 影が, 影に, 影も, 彼方を, 後ろ姿を, 後姿が, 御寮人絽の, 御所車の, 御軍装, 恰好よほど, 悪いの, 感じには, 懐剣を, 懸かって, 房を, 所から, 所が, 所にも, 扇を, 折れて, 拳銃に, 持ち主たるべき, 持主は, 掛けを, 推移を, 摺れる音, 擦れる音, 散乱と, 断裂した, 方へ, 星では, 映りの, 時湯上りの, 景色と, 景観, 末端が, 果物は, 柳うす青い, 格好を, 桃色が, 棒切れを, 様な, 様に, 模様か, 模様が, 模様としては, 模様には, 模様によって, 模様は, 模様見, 横ちょへ, 横に, 横へ, 横を, 横笛を, 樹木の, 正体を, 残片に, 水あさ, 水は, 水国の, 水浅黄も, 波の, 活動の, 活動は, 流行は, 浅みどり, 浅葱に, 浮彫は, 海から, 渡り仲間に, 濃緑地の, 火山と, 火山線は, 灯が, 片側が, 片側くらい, 片側と, 片側に, 片側は, 牡丹の, 状肩の, 珠に, 環を, 男が, 略装で, 番かと, 白い粗い土質, 直ぐ下まで, 着用方を, 研究か, 研究によって, 祝いに, 祝い芽出度舒びし眉間に, 祝とやら, 稍人工的なる, 立派さを, 立矢の, 端しか, 端です, 端でも, 端にさえ, 端の, 端折目に, 端然と, 端衣服の, 端襟の, 笛を, 第八宮, 糸を, 糸錦が, 紋博多だけが, 紐か, 紐を, 結びばかり, 結びめに, 結びや, 結びよう, 結びようが, 結びを, 結び方頭髪思切ツて, 結び様で, 結び目にも, 結めさえ, 結めさへ, 結めの, 結目で, 結目袂の, 総活動, 締め工合で, 締め方にも, 締め方も, 縫い目を, 縮緬と, 織方, 織物としての, 繻子の, 繻子や, 缶も, 美々しさ, 聞から二つ, 背中の, 背後へ, 背部の, 胸元へ, 腰に, 腰には, 色おしろい眉ずみ口紅を, 色たしかに, 色まで, 色も, 色を, 色合いから, 色合ひと横顔の, 色身内の, 艶も, 芯に, 芯の, 若水の, 若衆は, 萌葱と, 落着く, 葉の, 薬玉模様とに, 蝶や, 行方を, 表と, 裏に, 裏にも, 裏表を, 裾だ, 裾野で, 襞が, 見えざりしは, 見えるうしろ向き, 見窄, 解かれる音, 解けたの, 解けたるを, 解けたる尻, 解けて, 解け掛りましたの, 設置に, 設置や, 説明は, 謂れを, 謂れ因縁から, 赤, 赤いい, 起源という, 身づく, 輝くの, 輪で, 農耕の, 辺まで, 辺までも, 辺りへ, 辺を, 近くに, 遊び人が, 運動で, 都市を通じて, 野暮な, 金具に, 金時計を, 金銀宝石が, 金鎖や, 銀の, 鋳型彫, 錦は, 錦を, 錦袖の, 鎖に, 長い裾, 間い押し込ん, 間からは, 間と, 間などを, 間なんぞは, 間へは, 陣へ, 陥没から, 隣に, 露西亜の, 鞘へ, 音を, 風光, 魔魅や, 鳴るの, 鳴る音, 黒木の, 黒繻子は

▼ 帯~ (310, 5.7%)

14 手を 10 はさんで, 挟んで 8 なって 5 して 4 つかまって, 差して

2 [13件] さげて, さして, さすがは, つけて, 下げて, 入ると, 於て, 眼を, 短かし襷, 短し襷, 結んで, 縁取られ, 頸を

1 [229件] あらい浴衣, ある大, いたるまで, お召の, かかったので, かかって, かくして, かくれたさき, からませて, からまつて, きら, きんぎん五しきの, く, くっつくくらい, くるくる巻い, くるんで, この一管, これだけは, こわばった真岡木綿, さがってる鍵束の, さげ異様, さし, さしこんだまま, さしこんで, さした, さした法螺, さしながら, さしはさみ足, さし草履, さし込み墨汁入, さし込んだ塗骨, しこの, したらどう, した山, した帽檐広, しても, しめよか, しろ以前, し地形, たばさんで, つかまつた, つかまり足, つけた畚, つらなって, とまりぬまた, とりました, なり果, はさみその, はさみて, はさみながら, はさみ私, はさめ, はさめ充血, はさんだ, はさんだだけ, ふさわしくお下げ, まといナポレオン凱旋門, むすんで, むらがり住む貧者, キチンと, ハタキを, 一条の, 一枝插し, 下げた鏡, 両手を, 両裾, 乳鑵二箇を, 仕立て, 仕立てて, 他人の, 代赭の, 仲間法被真鍮こじり, 似て, 佩いて, 入ってから, 入ってからは, 入り池畔, 入るので, 入るまで, 入れて, 入れる鎖, 出て, 出ても, 化けて, 区分する, 取付きて, 句を, 各一〇日, 吊して, 多くあらね, 大小を, 大島紬の, 大鍔, 守刀という, 小倉袴を, 就て, 左膳矢立を, 差し呆れて, 巻いて, 巻き付けられるの, 巻き込まれて, 巻き込んで, 巻付け, 帯じ, 幽な, 弓箭を, 引っ掛り次, 当てが, 後ろ手を, 必死でつかまっ, 応用したら, 愛刀を, 懐剣を, 手が, 手ぬぐいを, 手鏡を, 打込んで, 抑えて, 拘泥する, 指を, 挟み, 挟んだ, 挟んだ守り刀, 挟んだ茶汲女, 振袖姿の, 挾んだ蟇口, 挾んで, 挿したまま, 挿して, 挿むだと, 挿んで, 掛ろうと, 推込み, 掴って, 描かれた狐火, 換へる, 斧を, 最近の, 木刀を, 来て, 染め出して, 棲んで, 極った, 止まらなかつたら, 残つた, 汚れた芋俵, 派手な, 流伝し, 添えて, 珊瑚を, 生きぬく者, 用いられたる布片, 白いはんけち, 白い頭巾, 白足袋という, 百五十金を, 百金を, 着いて, 矢立てを, 短刀を, 秘し差, 空電は, 突かけ, 突き込んで, 突っこみ金五郎, 突つ込む, 突挿し, 立籠った, 納めて, 紐を, 素足, 素銅の, 紺絣の, 結びつけしずしず, 結びつけた, 結びつけた蝦蟇口, 絡ませ色, 絡んだ, 緋ぢり, 緋の, 縄かけられたれ, 縋って, 縋り身, 織出した都鳥, 罅が, 羽織などは, 背負揚の, 至るまでの, 草鞋がけ天秤棒を, 落した鉈, 落して, 落すと, 落ち這, 蝋塗細身の, 血詔を, 袂時計の, 褄を, 襷に, 見えるところ, 見るも, 記したる所, 赤味がかった, 足を, 身を, 軍刀を, 辷る帯, 近づくにつれて, 迷子札を, 逃げ込む, 過ぎない, 達して, 金屏風だけが, 金槌を, 金鎖子の, 金鏈子を, 鉄鎖を, 銀紙を, 銀鎖を, 銘仙絣の, 鎌を, 長い綱, 長さ二インチ, 門司行きの, 雪踏を, 革か, 飛びつく, 高々と, 黒紬を, 黒羽二重の

▼ 帯~ (277, 5.1%)

3 ある, ないから, 流れて, 見えて, 見える

2 [12件] あって, ずるずると, どうした, ほどけて, キと, 一時に, 上から, 断れて, 浮いて, 浮かんで, 海草の, 自分を

1 [238件] あらわれる, あり四つ, あるの, あるもの, いくつも, いつしか解け, いまにも, おすき, おなじよう, かわるがわるに, きし, きりりと動いた, これぢや, こんなに結ばつ, ござります, さがって, しならしなら, しめたいわ, じだらくに, すだれ, するすると, ずっこけて, ずるずるに, そなえつけて, そのすっきり, それよりも, たえずうごい, たえず動き, たくさんの, たるんだゆるやか, だらしなく解けほ, つまりヴォルガ河, とけかけたの, とけて, とけとるど, とけ着物, ところどころに, ともすればずり落ちる, どうしてもうまく, どんどん縮まっ, どんなに似合った, どんなに厄介, ないじゃ, なかなかです, なくては, なんの, はりに, ひとり角子頭に, ふくらんで, ふたり何が, ふとかかる, ふと紅, ぶら下って, ほどけそう, ほどけたなり, ほどけてると, ほどけました, またどんより, また箪笥, みんな星, みんな星だ, もう少し派手, もう弛ん, もう縫え, もつと, ゆるやかな, アリアリと, キューキューと, グルグルと, コンブである, バラリと, 一本, 一本胸高に, 一本買へる, 三本印半, 三本印半纏が, 三重ま, 二本いちどきに, 二筋それっきりでした, 人を, 仄かに, 似合いましょうか, 倒れるよう, 傍丘で, 先に, 光ったの, 光って, 入って, 入るの, 出て, 出るの, 出来ましたね, 出来上つて, 動いたり, 動いて, 十文字に, 半分解け, 半闇, 南に, 単なる女帯, 博多と, 又きれ, 友禅染の, 可憐に, 向うに, 唐花屋の, 四つ入, 堅くしめられなかった, 場合により, 塵を, 多く見える, 大きく目立っ, 大きな円, 大変ここいらには, 太股に, 奥様を, 妙に, 始まるの, 娘らしく, 嬉しかった, 宙を, 少し弛むで, 少し弛ん, 尚侍の, 屏風を, 山腹を, 巻きついて, 帯揚を, 幅を, 幅広く取り捲い, 干してあつ, 幾本も, 幾重にも, 広がりその, 建物の, 引っ絡まっ, 弛む, 弛んだの, 弛んで, 往き渡らなかったもの, 後へ, 後方に, 性に, 惹きつけたの, 或高, 截断され折り畳まれ積み上げられ, 扉ごと取巻い, 攪乱される, 散乱し, 整然として, 新しいよって, 映ずる場合, 春信えがく, 普通の, 暗がりに, 暢揚として, 有限な, 木の, 桃の, 極度に, 横たわって, 欄干に, 欲しいと, 気に, 気に入るかなと, 水平に, 水底に, 洋服の, 流れたという, 流れる時, 流れ出して, 滔々たる, 濃い墨色, 無いがと, 無くっちゃあと, 物へ, 現われた, 現われた時, 現われると, 生じおよそ, 目に, 目を, 真珠の, 知られて, 破れて, 空解けて, 空近く, 窓から, 紅青紫の, 細い糸一, 細い腰, 結ばつた, 結ばれた, 締めて, 緩んで, 翁格子と, 胸と, 腹へ, 自分の, 自由に, 船を, 花が, 苦しいという, 落ちて, 落ちてる, 蔀下の, 薄白く, 蛇の, 見えなかった, 見えはじめた, 解けかかって, 解けたんで, 解けて, 解けるとは, 解け襦袢一枚, 買いたいとか, 輝いて, 這入って, 過ぎてしまつて, 道の, 重いよう, 金吾を, 鉢を, 長いぞ, 長く尾, 長く横, 闊葉針闊混淆針葉という, 露れる, 青かった, 靡いて, 頸部に, 風の, 飛び廻って, 飾って, 高い天井, 高くなり, 黒い斑点, 黒い海水

▼ 帯~ (210, 3.9%)

3 黒繻子と 2 お屋敷奉公, お辰, 少し猫じゃらし, 解けかかって

1 [199件] あせたし, あたしの, あたりま, いかに結ぶ, いつもグルグル巻, うしろから, おせんから, おなじ布地, おのづか, お上さんが, お前さんに, お太鼓に, お店, かすかな, きり, ぐずぐずに, こせこの, これで, ございませんで薄, しだいに奥, しめず伊達締, しめて, しめて居ります, すぐに, すぐ見つかるだろう, その裡, そも, そもそも此家, たしかにわたし, だらりと, ちゃんとからみつい, ともかく着物, とりてだに, どんなの, どんな帯, ない, ないし, なかなかいいでしょう, なかなか出来上り, なるたけ赤い, なんという, ねえか, はなやかな, はやりの, まだ, まだ新しい, まだ見つからねえ, むくむくと, もうあの, もうぼろぼろ, もしかする, やや汗ばみ, ゆったりと, ゆるんで, アスファルトの, アラメでない, ウインド, コイペルの, マアベルの, メリンスに, 一つ結びに, 一度ならず, 一本も, 一等長い, 一部分打ち込んだ, 三十五ミリ前後であった, 上衣の, 下の, 不健康である, 中将の, 丸帯はら合せ, 二つに, 二本か, 仕上げに, 仮な, 何だかよく分らない, 余りに広巾, 先年神田の, 光を, 八王子博多を, 出来るだけ, 別に不思議, 前で, 前後左右に, 前方に, 割けて, 動いて, 十八の, 十勝に, 半ば解け, 半径二十五里の, 占めず細紐, 可哀そうだ, 吾妻錦襦袢は, 園子が, 地上に, 夏だけ, 外囲に, 大へん, 大蛇の, 太夫が, 嫂が, 小倉の, 小蛇, 岫を, 巾の, 巾狭, 帯でも, 常に寸分, 幅一寸五分位丈は, 幅広し, 幣帛に, 平常の, 幼いわたし, 彼の, 彼女の, 待ち人, 後でゆっくり見せ, 御免蒙っ, 必ずしも水, 必引掛に, 忽ち颯と釈け, 愛吉である, 手前に, 持ってるかい, 撫廻し, 敵だ, 斯様と, 普通の, 暑さ, 東京には, 枝に, 模様の, 氷雪の, 池の, 決して自分, 決して黒っぽい, 海松色地に, 海面より, 漆の, 無くなったが, 無造作に, 煙を, 献上博多を, 白縮緬を, 白茶と, 白茶の, 皆売払つて米代に, 確に, 祖父が, 神社の, 私の, 空解け, 立て矢, 立矢の, 紅い尾, 紫なり, 紫地の, 紫根の, 紫繻子が, 結んで, 緋色を, 緞子の, 締められない, 縄を, 繩の, 翼かと, 脚下に, 腰の, 自分で, 自分のが, 色鳥の, 花色勝山に, 茶の, 蕗の, 薄いクリーム色, 蜀江か, 蜻蛉に, 西陣, 覚えて, 解かれて, 解かれ着物, 解けた上着, 解けて, 誰が, 買えるん, 赤か, 赤と, 赤の, 路考結に, 辻番所に, 重きに, 長く尾, 雨も, 雪が, 高く結ん, 黒地に, 黒格子を, 黒襦子に

▼ 帯~ (162, 3.0%)

4 扱帯も, 解かずに 3 紐も, 緑色の, 襟も 2 しめずに, 下駄も, 早や, 着物も, 締めないで, 裳も, 足袋も

1 [131件] あかん, あちらこちらに, あり, いつに, いらない, うつりませんあられも, お寺へ, お遣りなさい, かかって, きりりとし, ぐるぐる巻, ぐるぐる巻き, ざっとした, しっかりと, しどけなく片手, しなやか, しめず洗いざらし, しめたまま, しめない, しめない男の子たち, しめぬ寝衣姿, すつかり春めい, ずる, せず肌着, とかずに, とかず看護, とつて, ないのに, ない姿, ない履物, なくて, なくほっそり, なんだか蛇, ほどけて, もうここ五年, やっぱり綿繻子, やはりそれ, やはり嫁, やや似寄った, ゆるくおおよう, よくは, キュウキュウ云い出した, シャンと, 一本は, 一本買いました, 三円にしか, 上下二通りお長, 下締, 丸帯を, 之も, 乱れた胸, 二筋娘心には, 何か, 何だか左右, 何も, 余りいい, 例の, 判然と, 半襟も, 博多の, 占めず紅, 印象的です, 取り換えて, 妙に, 姿も, 巻帯の, 帯止も, 帯留も, 弛んで, 彼の, 心持さがり, 心持ち乱れた, 忠弘が, 惜しんで, 打解けたもの, 指環も, 新しいの, 昨夜見た, 極めて無, 櫛笄の, 氏の, 水色を, 流行の, 濃い筋, 献じましょう, 畳んで, 白鉢巻も, 眩く, 竜の, 紅縮緬に, 紫が, 細く皺だらけ, 細紐も, 結ばず真白, 結んだ通り, 締めかえた, 締めずに, 締めず垢, 締めず黒股引, 締めて, 締めない素跣足, 緩くなる, 腰巻も, 荒縄に, 葉子の, 蛇で, 袂も, 袴も, 裂けず袂, 裾も, 褄も, 要らない, 要らないと, 見えないくらい, 解いて, 解かず坐って, 解かず泥酔狼藉, 解かないほど, 解かない窶れを, 解け広がりぬ, 解け袖, 買つてやろ, 配色が, 長襦袢も, 附けて, 面白くなく, 髪の, 髪も, 鴾色を, 黒っぽい地味, 黒髪も

▼ 帯~ (102, 1.9%)

2 十文字に, 横に

1 [98件] あの家, きつく腹部, くくって, くくりつけて, げすが, ござります, さほど危険, しっかり括っ, しばったの, しばって, しめつけるよう, しめて, その辺, ためしに, つり上げ右手, てらされて, ひつ括る, ふくの, ふつくりした, もう春, わざわざ博多, ウメ子を, キリキリと, グッタリ死んだ, グルグル巻き, ヌーと, マアいい, 一つに, 上に, 上の空にも, 乗り出したの, 信号を, 公主の, 前ひろがり, 十字に, 厳重に, 固くしめつけられ, 坐つた形, 塩瀬紺無地の, 嬰児を, 宅には, 富士帯の, 巻いて, 巻立て, 幔幕を, 引張るか, 形を, 後ろへ, 忽ちぐるぐる巻, 我々郊外生活者の, 扇を, 折れた樹, 押立よく, 括り付けた, 数町の, 末座に, 椅子に, 死ぬこと, 浅葱の, 環を, 発見された, 白い足, 短銃其ものは, 石山御坊の, 第三, 結んだ浴衣, 結んで, 結んでも, 縊れて, 縛ったくらい, 縛つてびしよ濡れにな, 縛つて片手に, 縛りあげた, 縛り上げて, 縛り上げ猿轡, 繋がって, 纏うた真黒い, 肩に, 背中へ, 胴の, 苦労を, 草履の, 荷物を, 行儀よく, 街路を, 衣類を, 負ふ, 邪魔な, 野牛を, 隠したの, 隠した尻, 青と, 顎まで, 飾られて, 飾られ開き, 首から, 首を, 高くなった

▼ 帯~ (89, 1.6%)

3 なって 2 いっしょに, せば, 着物の

1 [80件] いうか, いって, いっても, いて, え, おじさんが, おなじよう, おなじ紫系統, おなじ裂, これだけが, して, し下着, すぐれた太刀, その付属品一切, なったの, なるの, にらめっこを, みなり, めんこの, ゆかたが, テーブルの, ハタキとを, 一枚, 一線を, 一致しない, 上着を, 両方へ, 丸みぞとで, 主人の, 云う時, 云ふ, 何本かの, 入れ替えに, 同じく黒繻子, 同じ色, 同格の, 同様に, 名馬は, 呼ぶ方, 寝衣, 左手とへ, 帯ど, 従姉妹同士だ, 思ったの, 思われるもの, 手拭と, 扱帯ほど, 振袖の, 新しい白足袋, 映り合って, 曳く多摩川, 河原と, 湯道具を, 申しますの, 申しますもの, 着物だけが, 着物でございます, 着物と, 着物とを, 称して, 細君の, 結婚の, 肋骨の, 腰と, 腰との, 自分の, 血の, 袴との, 襟とが, 見えた一線, 解棄てた, 言われて, 認定し, 足袋を, 違い森林, 違って, 針葉樹帯が, 長襦袢に, 面白く飛び廻る, 駒下駄の

▼ 帯~ (74, 1.4%)

9 ている 3 ていた, てその, て居る

1 [56件] たるを, て, ていない, ていなかったら, てかく, てこれ, てなよなよ, てひ, てま, てみよう, てハルバル, て丹下左膳め, て主人, て久光, て傲岸世, て元日, て出た, て出ます, て出歩く, て夜, て家, て居た, て常に, て平伏し, て御霊会, て徳川, て心, て手拭, て改めて, て朝すれ, て本所, て来た, て栗毛, て歩く, て江戸表, て法然, て片手, て瘠せたる, て白綾, て真に, て禁闕, て立て, て索寞, て紫, て聚楽, て行け, て行った, て西, て長浜, て面, て風光, て髪, むるに金枷を以て, 圃中に, 手に, 螺を

▼ 帯~ (63, 1.2%)

3 衣類を 2 着物を

1 [58件] お下ば, からと言っ, なごや帯は, バンドや, 下じめを, 下駄や, 何か, 半衿, 半襟やの, 反物など, 大きな袖, 小帯, 小袖が, 巾着が, 布団や, 帯ど, 帯締を, 御召の, 手套を, 時計や, 様々な, 洋傘などを, 派手な, 滝では, 真紅な, 着物など, 着物の, 着物やらを, 簪へ, 紋付なら, 細紐で, 羽織や, 羽織を, 耕地荒地, 肌着などを, 臓器の, 草地を, 蛇の目傘や, 衣装の, 衣裳の, 衣裳は, 袂に, 袴に, 袴の, 裾が, 裾の, 裾を, 襟巻などに, 襦袢の, 足袋を, 道具を, 野蛮なかもじ, 長い袖, 長襦袢が, 長襦袢の, 長襦袢ばかり, 駒下駄をな, 髪の

▼ 帯~ (53, 1.0%)

4 手を 3 挟んで 2 突っこんで

1 [44件] かかった, さしこみ衿元, さしこみ身, さしこんだお, さしたん, さした蔦, さして, さしながら, しかと結ん, じゃれ付いて, とびこんで, はさんだ, はさんだまま, はさんで, 一心に噛, 下りて, 入って, 刀尖, 届くくらい, 差し, 差したまま柄, 差し入れたが, 思い思い駈けのぼっ, 急行し, 押込んだ, 括りつけて, 挟むため, 挟んだ番頭さん, 挿した棍棒, 挿んだ, 掴まると, 擦着くよう, 本船が, 来て, 移つてゐる, 突っこんだ土生仙, 突入する, 突出し, 背後から, 胸へと, 血しお, 行って, 逃げこんだ, 重みを

▼ 帯から~ (43, 0.8%)

2 上は, 下は

1 [39件] いうと, かけ出して, こぼれる, つめかえた, とった太刀, はじめて解き去らる, ブラ下げ, 三角形に, 上へ, 上胸を, 上衣まで, 下が, 下の, 下へ, 二寸ばかり, 今まで, 佩刀を, 供給される, 出そうと, 外れる, 平常の, 懐剣を, 抜いた懐剣, 星を, 書き付けて, 煙草入れを, 着物半襟下着までも, 羽織着物は, 胴着まで, 脚へ, 脱け, 脱出しなけれ, 莨入れを, 裾への, 解いて, 走った匕首, 足先までを, 足袋まで, 首を

▼ 帯ぶる~ (36, 0.7%)

2 ものを

1 [34件] あまた小形の, がため, こと, ことが, ことに, ことの, ことを, というの, との義, に合う, に至るべし, の余儀なき, は欧州, みかどの綸旨が, も, ものと, ものとては, ものも, や, や彼等, ように, ようにも, をもっていたって, をもってこれ, を禁じたる, を見る, 事なく, 事に, 処の, 早馬なり, 者などが, 説話は, 輩これを, 防人として

▼ 帯~ (34, 0.6%)

4 の中 3 をし

1 [27件] が胸, が見えた, して, そして蒔絵, だけがどうしても, だけもあの, という好, と帯留, などは畠, にはポケット, に入れた, に籠め, のうしろか, のうち, の工合, の心, の淡紅, の無い, はどう, もキチン, をまた, を取りあげ, を取る, を取出し, を結び, を覗かせ, を解い

▼ 帯~ (28, 0.5%)

4 に手 2 を取っ

1 [22件] から下, にやった, に掻きつかれ, の友達, へ噛ぶり, まで上, むずと掴み, をお, をしっかり, をつかん, をつかんだらしい, をとっ, を取った, を引, を引っ掴む, を捉, を捉えられ, を掴まれ, を掴んだ, を猿臂, を食い止め, 取って

▼ 帯止め~ (21, 0.4%)

2 だの, の大きい, の翡翠

1 [15件] だった, でも廻し, とあらゆる, として使わない, などの高価, にはさん, に光らせ, の金物, の銀, や何, や純, をよく, を解きすて, を買っ, カンザシなどが

▼ 帯でも~ (19, 0.4%)

1 [19件] おしめなすっ, お出ましに, お直し, するかと, または着物, 三尺でも, 世帯の, 帯留でも, 引くよう, 捨てたやう, 櫛でも, 着物でも, 締めて, 締め直したらしい気勢, 織り出す様, 衛星国でも, 買いましょう, 買って, 買つ

▼ 帯には~ (18, 0.3%)

2 帯止めの

1 [16件] お守り袋が, なるほど, 夜毎に, 大方兄の, 必ず短剣, 拳銃を, 煙草入れなぞ, 玉の, 短剣を, 破れた行燈, 繍取りの, 肥料問屋の, 見向きも, 身長より, 銀糸で, 黄金鎖を

▼ 帯上げ~ (18, 0.3%)

2 の結び目

1 [16件] が少し, だけをしょっ, としごき, ならば, にだけ覗かせ, のほか, のよう, の前, の房, の間, もおなじ, も幸い, をあれ, をし, を結び直し, を結ん

▼ 帯~ (18, 0.3%)

2 をとい

1 [16件] が下, で縛っ, とい, とけて, としてもっ, に取乱され, の端, の緩み加減, の需用, までがしいんと, も新しく, ゆるめて, をする, をもっ, を垂らし, を解きはじめた

▼ 帯まで~ (17, 0.3%)

2 締めて

1 [15件] しめ直すと, とって, スケッチした, 仕立下し渾成で, 借りて, 来ると, 浸すから, 添えて, 無く成って, 登る, 白いの, 結び肩, 結んで, 胸高に, 色彩を

▼ 帯した~ (15, 0.3%)

1 [15件] ために, なりで, のは, ままごろごろ, 三人づれの, 人来, 伴大次郎は, 円い臀, 喜加久揚といふ, 意気衝天の, 栄三郎と, 者も, 者此の, 進が, 高官が

▼ 帯という~ (15, 0.3%)

2 のは, ものが

1 [11件] たとて, のが, はしたない姿, ひどく小, ものは, 奴で, 手軽ない, 扮装で, 腹部を, 芝居の, 若い男

▼ 帯とを~ (15, 0.3%)

1 [15件] お貰, かけ殊に, さびしくうつし, つなぎ合はせ, 与えた, 出した, 切ったに, 彼の, 打ち眺めた, 持って, 揃えて, 繋いで, 見せながら, 買えば, 賜わり天恩

▼ 帯にも~ (15, 0.3%)

1 [15件] いずこ, これと, ただ報告, つけず袂, なった, よく見る, 下締, 並々でない, 中形の, 定紋と, 少しばかり, 突込まず, 袖にも, 襟にも, 連って

▼ 帯~ (15, 0.3%)

2 しむる, せる

1 [11件] されて, ざるものは, した, しめず何等, しめたり, しめたる者は, しめて居りました, しめる, せるだけの, ない人, 外して

▼ 帯~ (15, 0.3%)

2 だ表情, で来た

1 [11件] だ, だユーモア, だ光りは, だ妙見, だ湖, だ瓜実顔, だ矢代, だ繊細, だ美しい, だ黒っぽい, でる

▼ 帯などを~ (14, 0.3%)

2 締めて

1 [12件] して, しめても, しめるの, そっと抱え出し, ダラダラ巻きつけ, 惜しげも, 持たせて, 眺めて, 締めたもの, 締め直して, 締め香水, 買つて来

▼ 帯~ (14, 0.3%)

1 [14件] から裾, がしまっ, がすらり, が弱, が谿川, すっきりと, で下, にもの, に玉, のしなやかさ, の靡く, へ疾く, を彩った, を細く

▼ 帯~ (13, 0.2%)

1 [13件] たもとの, どこかを, なにかを, なんかぶらさげた, 三枚襲でも, 何か, 何かで, 何かを, 反物を, 小袖の, 疋田鹿の子かが, 袂か, 襟っ

▼ 帯しめ~ (13, 0.2%)

61 ていました, てのとだけ言つて口, てはる, て羽織, て苦しい, の金金具, れいの

▼ 帯~ (13, 0.2%)

3 でいたずら 1 だから, と帯留, のなまめかし, はアレハ時色縮緬, は赤, やら指輪, を派手, を畳ん, を結ん, を頂きました

▼ 帯取り~ (13, 0.2%)

11 の池 1 というの, の一件

▼ 帯だけ~ (12, 0.2%)

2 解いて 1 おとりなさい, だった, とけ, ほどくと, 一寸巻い, 何十本とか, 何十本も, 取ったが, 取りなさい其処, 黒に

▼ 帯~ (12, 0.2%)

2 めを 1 めから, めが, めです, めなんか, めに, めの, めは, めをは, め下の, め羽織ひも腰ひもいろんな

▼ 帯んで~ (12, 0.2%)

1 [12件] いた, いる, いるの, その声, 丁度日本刀, 出たがる言葉, 咽ぶ, 小さく見えた, 洋琴は, 熱して, 薄青く, 西の

▼ 帯一つ~ (11, 0.2%)

2 になった 1 が着物, でねんねこ半纏, で室, で寝そべっ, にすぎなかった, になっ, のシドケ, の姿, 締めて

▼ 帯あげ~ (10, 0.2%)

1 がほどけかかっ, の中, の腰, の解け, も人手, をしめなおし, をとき, をほどき, をゆるめ, をゆるめた

▼ 帯~ (10, 0.2%)

2 のを 1 から前, から危険, か反物, が, とする, のが, のに, よ

▼ 帯~ (10, 0.2%)

1 た娘, と絹, に小さな, の翡翠, の色, を一, を以て絞殺, を取っ, を私, 直すを

▼ 帯~ (9, 0.2%)

2 る夢, る銀 1 るが, るに, る卓子, る岩, る考え

▼ 帯~ (9, 0.2%)

1 だけにし, と半, の金具類, は沈香, までこちら, もひたすら, をこ, を二つ買, を解い

▼ 帯だの~ (7, 0.1%)

1 ニッケルの, 着物だ, 胸だの, 袱紗だの, 襟だ, 鞠だ, 髪の

▼ 帯~ (7, 0.1%)

1 いて, いる, いるよう, ゐる北川民治氏, 今御輿, 居るの, 来るので

▼ 帯ばかり~ (7, 0.1%)

1 くける家, でなく着物, 扱帯ばかり, 空色の, 締めて, 締めて居た, 跣足で

▼ 帯~ (7, 0.1%)

1 に, にむすびつけ, に結びたる, へ突っこん, まで朱, を叩き, を整え

▼ 帯~ (7, 0.1%)

5 の番頭 1 では余程, のほか

▼ 帯つき~ (6, 0.1%)

1 が妙, でミサ子, に定められ, の姿, や肩, を気

▼ 帯では~ (6, 0.1%)

1 この戦勝, ない, ない天, なく氷, 勿論なく, 降雨が

▼ 帯とが~ (6, 0.1%)

1 そこに, なかつたら僧侶, 並んで, 曲つて来た, 見えた, 見ゆるばかり

▼ 帯など~ (6, 0.1%)

1 こっそりしめ, つけて, ですが, 小学校から, 見ては, 買う時

▼ 帯なども~ (6, 0.1%)

1 ぐしゃぐしゃな, 其一つと, 取出して, 和蘭模様に, 持って, 教えられて

▼ 帯にて~ (6, 0.1%)

1 かの空, 吊し下げ, 幅九寸内外長, 手軽に, 縛って, 遂に二人共

▼ 帯~ (6, 0.1%)

1 といったそれから, に合いいる, 個は, 天下一朝動乱の, 川の, 恰も渭川淇水

▼ 帯~ (6, 0.1%)

1 が, がいった, が帰っ, など眷族, は直ちに, また孟優

▼ 帯だけが~ (5, 0.1%)

1 いつまでも, ちらと, ちらりと女神, 東から, 赤いので

▼ 帯だけは~ (5, 0.1%)

1 こうなる, すぐ彼, もうきめ, 罪が, 金を

▼ 帯である~ (5, 0.1%)

1 から高度, がこれ, ことです, と倶, のは

▼ 帯です~ (5, 0.1%)

21 がねだんな, ね, 帯を

▼ 帯とか~ (5, 0.1%)

1 上等の, 乏しい衣類, 傘とか, 春着の, 束髪用の

▼ 帯との~ (5, 0.1%)

2 間に 1 対照の, 色彩を, 赤い色

▼ 帯一本~ (5, 0.1%)

1 が出来る, だって大事, のしどけない, 欲しいと, 買う

▼ 帯植物~ (5, 0.1%)

1 とに調和, と同じく常に, の有らゆる, は幹, を観

▼ 帯素足~ (5, 0.1%)

1 に庭下駄, に手拭, に角雪駄, に雪駄, に革

▼ 帯ぎわ~ (4, 0.1%)

1 にキラキラ, は半, を後ろ, を掴ん

▼ 帯~ (4, 0.1%)

1 めの, めを, め腰下げ, め草履に

▼ 帯その~ (4, 0.1%)

1 上に, 肩から, 色この, 雪踏殊に

▼ 帯とは~ (4, 0.1%)

1 また打っ, 仕立ておろしと, 何だ, 談話室の

▼ 帯ほどの~ (4, 0.1%)

1 幅で, 径を, 水を, 澄んだ水

▼ 帯までが~ (4, 0.1%)

1 宿の, 白い, 行い済した, 解けて

▼ 帯やら~ (4, 0.1%)

1 女の, 縄襷を, 罎やら, 襦袢やらを

▼ 帯~ (4, 0.1%)

1 カケテ首ヲククッテ死ンデオリマシタ, 掛ケ脚ニ鷹嘴抹緑, 締メオ河童ニ三ツノ紅キ, 見レバ

▼ 帯一筋~ (4, 0.1%)

1 あったを, ぐらいなんとも, と, につき一円二〇銭

▼ 帯~ (4, 0.1%)

1 に挟ん, の部分, や赤い, 締なし

▼ 帯右衛門~ (4, 0.1%)

1 が岩太夫, と名づけ, に岩太夫, も岩太夫

▼ 帯~ (4, 0.1%)

1 の島, の弊, の陋, も神路山

▼ 帯~ (3, 0.1%)

1 加代, 約束の, 高祖頭巾を

▼ 帯こそ~ (3, 0.1%)

1 吾らが, 大蛇なれ, 見えぬが

▼ 帯~ (3, 0.1%)

1 へ替へれ, へ締める, へ解かざる

▼ 帯さえ~ (3, 0.1%)

1 その時の, 夜目にも, 派手な

▼ 帯しどけなき~ (3, 0.1%)

1 寝衣姿, 細面の, 襦袢の

▼ 帯だけを~ (3, 0.1%)

1 締めて, 解き壁, 赤鉛筆で

▼ 帯だった~ (3, 0.1%)

1 かと思う, のか, のである

▼ 帯だって~ (3, 0.1%)

1 出来るわ, 形が, 袴の

▼ 帯といふ~ (3, 0.1%)

1 やうな, 坊様仕立思ふ, 種の

▼ 帯~ (3, 0.1%)

2 んだ 1 んです

▼ 帯なし~ (3, 0.1%)

1 の服, 掻取り, 袷せ

▼ 帯なぞ~ (3, 0.1%)

1 ちよんと, まだ単, 締め直して

▼ 帯より~ (3, 0.1%)

1 下らずして, 先に, 落かかる

▼ 帯らしい~ (3, 0.1%)

2 ものを 1 ものが

▼ 帯代り~ (3, 0.1%)

1 にちょっきり, に前, に細引

▼ 帯姿~ (3, 0.1%)

1 のすこぶる, は妖嬌, 繕わで

▼ 帯小袖~ (3, 0.1%)

1 の注文石鹸香水, の綾, をそのまま

▼ 帯~ (3, 0.1%)

1 の半襟, の色, 暗緑色

▼ 帯させる~ (2, 0.0%)

2 ものである

▼ 帯しめた~ (2, 0.0%)

1 ぞ, ままです

▼ 帯しめなおし~ (2, 0.0%)

1 て, て窮屈そう

▼ 帯せぬ~ (2, 0.0%)

1 寝巻の, 美人を

▼ 帯それ~ (2, 0.0%)

1 に雪駄, よりも煙草

▼ 帯~ (2, 0.0%)

1 声で, 声音で

▼ 帯って~ (2, 0.0%)

1 そんなに何本, 疲れ沈ん

▼ 帯とで~ (2, 0.0%)

1 すぐに, 脇腹を

▼ 帯とも~ (2, 0.0%)

1 また単に, 称えられて

▼ 帯なぞを~ (2, 0.0%)

1 しめた若い, しめて

▼ 帯などが~ (2, 0.0%)

1 ぞろぞろと, 見えて

▼ 帯ぶと~ (2, 0.0%)

1 思われる痴呆状, 申すが

▼ 帯ほど~ (2, 0.0%)

1 いたげたり, いて

▼ 帯やったら~ (2, 0.0%)

1 古うなっ, 帯締どれに

▼ 帯よりも~ (2, 0.0%)

1 ながい, 長襦袢よりも

▼ 帯~ (2, 0.0%)

1 ことを, 毎に

▼ 帯をと~ (2, 0.0%)

1 きはじめる, 拵えて

▼ 帯シャツ足袋下駄~ (2, 0.0%)

2 など身

▼ 帯ドラ~ (2, 0.0%)

1 と称する, もあと半年

▼ 帯一条~ (2, 0.0%)

1 と名馬一頭, の見ゆる

▼ 帯~ (2, 0.0%)

1 けで, 高い体

▼ 帯~ (2, 0.0%)

1 う見, か役

▼ 帯~ (2, 0.0%)

1 の上, の装

▼ 帯~ (2, 0.0%)

1 占めて, 締まった着こなし

▼ 帯当節~ (2, 0.0%)

2 は時計

▼ 帯~ (2, 0.0%)

1 を細目, を閉めきっ

▼ 帯~ (2, 0.0%)

1 へ下りよう, をしめつける

▼ 帯~ (2, 0.0%)

1 の在る, へ出た

▼ 帯~ (2, 0.0%)

1 あるいは微, の宗服

▼ 帯~ (2, 0.0%)

1 があれ, をかり

▼ 帯紐解い~ (2, 0.0%)

1 て休んだ, て泥酔

▼ 帯紫色~ (2, 0.0%)

1 の厚い, の鐘状花蛍袋

▼ 帯脇差~ (2, 0.0%)

1 と印籠, などしっかり

▼ 帯解く~ (2, 0.0%)

1 吾子の, 姿を

▼ 帯黄白色~ (2, 0.0%)

1 で直径, の花

▼ 帯黒八丈~ (2, 0.0%)

1 の前垂, の襟

▼1* [382件]

いいんだ, 帯いが栗天窓団栗目ころころと, 帯いっさいが女, 帯いづれ赤ならざる, 帯い解いて寝た, 帯うれしと締め, 帯かい紐かい, 帯かばふ女心, 帯からはづすために上へ, 帯がわりにし, 帯きちんとせし人, 帯きりりと締めて, 帯ぎわをずるずるとつかんで河岸の柳, 帯ぎわをつかんで引き戻された, 帯民の, 帯くつろげて汗, 帯ぐらいしめるの, 帯ぐるぐる巻きに, 帯こいつを後生大事, 帯こそが問題である, 帯この段何とも, 帯これらは私, 帯しかしてゐなかつた, 帯しかも女の, 帯しめて暑いなり, 帯しめ直し髪高, 帯じゃどう, 帯じゃろなあ, 帯じやろか, 帯がたで, 帯すべてそれは, 帯すらりと裾, 帯そうかと思う, 帯その他のきこなし, 帯だが髪だけは, 帯だけであらう, 帯だけに殊更に, 帯だけほどいて, 帯ちよつと見, 帯った目を, 帯かはの, 帯ついまだかえさないで, 帯つけ帯をつける, 帯つた清しい, 帯つて締め憎いもの, 帯であって今日中国, 帯であったことを, 帯であり位階に, 帯でございますが日暮方ゆえ, 帯でござんす, 帯でないようなあり, 帯でなかった事だけは, 帯でなかったらまさかお前さん, 帯というは黒漆の, 帯とき前のしだら, 帯とけひろげのよう, 帯としか見えぬその, 帯として認め得た者, 帯としての幅如何, 帯とでも形容し, 帯とともに私の, 帯とに照応する, 帯とねお金を, 帯ともども着崩れて痛々しい, 帯とわにぐち, 帯と共に一味の, 帯どもが欠かさず, 帯なぞが出来て, 帯なぞというものは, 帯なぞは未だ一度, 帯などと申して, 帯などという大袈裟な, 帯などにくけて, 帯などにもいくらか手, 帯などの堅いの, 帯などは外国の, 帯などへ眼を, 帯なにかでしごきに, 帯ならばその, 帯なりの隠し彫りを, 帯なればかく, 帯なんか男の, 帯なんかの間から, 帯なんかをしめて, 帯にくくしわれ, 帯について言うと, 帯にでもするの, 帯になつて, 帯にまですきま, 帯によって包みを, 帯によっては水に, 帯による絞殺も, 帯に関する論議は, 帯のみ暖と, 帯はこせここんな, 帯はちよつと奇妙, 帯はね蝦夷錦の, 帯ばかりに眼を, 帯ひきずり一路お, 帯ひとつで鉱夫, 帯ひとつひとつ私のからだ, 帯ひろ解けで, 帯ひろどいて若い, 帯びたほっかりしたその光は燈, 帯びたるよそほひの太液の芙蓉, 帯びたるよそほひの雨を帯びたるよそほひの, 帯びてむずかしくなるしだいだが手裏剣すなわち神妙剣, 帯ふさはずやみだれ, 帯ぶれば同じく, 帯ほどな輝く瀬, 帯まきつけて風, 帯また拝借させ, 帯まだ一遍も, 帯みたいなもの, 帯みるようでし, 帯むすび舞姫に, 帯切れる, 帯やがてすっかりの姿, 帯やつれたりとも美貌, 帯ゆるめてエ, 帯ゆるやかな袷, 帯よき女も, 帯よりや来し, 帯りゅうの単物血, 帯をかなぐり袖, 帯をなほして, 帯をば尻の, 帯インデン銀煙管の煙草入, 帯ガ切レテ大小懐中物モ残ラズ落シテ逃ゲタガソウスルト伝法院ノ辻番カラ, 帯グルグルと解く, 帯シ剣ヲ持チ船ニ乗リタル尊, 帯シ軍陣ヘ出, 帯ズルズル引キズリナガラ書店ヘ, 帯テ歩スル数十弓忽チ見ル一楼上人影紙障ニ, 帯ネキタイなんぞの結目, 帯如シ長, 帯ビテ見エルノハ神経衰弱ガヨホドヒドイ証拠ダナト, 帯ビ先端ニ短柱ヲ具, 帯ビ士官ト見ユル, 帯ブレドモ旧枝ニハ毛ナシ予先年此種, 帯ベッタリ食っ付けガックリ, 帯一刀を提げ, 帯一本差し尻端折り雪駄, 帯一片なりや否や, 帯一筋着物一枚作らざるべからず, 帯三本を竿, 帯三条四条の大橋, 帯三筋三位局と新, 帯上げお腹の上, 帯上げ借って, 帯上厠頻数, 帯上通水帯通水帯下水股通水股下通水膝上通水膝通水と分れ, 帯下じゅばんの模様, 帯下水股通水股下通水膝上通水膝通水と分れ, 帯下着履の類, 帯中津日子命とおっしゃる, 帯二本それだけしか, 帯二枚裏の雪駄穿, 帯二重まわして, 帯候, 帯仕立上って, 帯付きで働い, 帯が三十両, 帯住宅地帯を区劃, 帯佩げの蟇口, 帯にて花, 帯八口を溢れる, 帯八幡の社, 帯共晒布にて仕立, 帯凝脂豊かなくせ, 帯出雲石帯等があれ, 帯分数に直した, 帯切らしゃるな, 帯切りそんなたぐい, 帯剥げちょろの, 帯勲者舞踏会が最後, 帯升屋の老人, 帯股引わらじ, 帯博多のしん, 帯占め直す懐炉かな, 帯又は半襦袢一枚, 帯及び日本海を, 帯取り裸のまま電燈, 帯古い持物すべてが, 帯の小鬢, 帯右衛門殿であろう一匹, 帯一筋上, 帯と棚山, 帯向きのおかみさん, 帯唐織着流しで手, 帯喜水の渓谷, 帯地方との有らゆる, 帯塗りの駒下駄, 帯の祝い, 帯天蓋尺八という姿, 帯の物語, 帯姿審判のアメリカ人, 帯のおから, 帯安あたりの店仕事, 帯専門のその, 帯裾を, 帯小太夫鹿子の長襦袢, 帯小柄だが, 帯小物喪服と黒い, 帯小駅に近く, 帯も助, 帯を離し, 帯岩一帯の奇岩, 帯る, 帯は五, 帯帽子も被らず, 帯は十七, 帯年増はまだ, 帯座敷の中, 帯引きしめて兵馬, 帯後ろから見, 帯剣を, 帯手拭チリ紙それに現金一円, 帯手桶を提げ, 帯挟み帯などと, 帯捜して見, 帯揚なぞが, 帯揚ひとすじ残って, 帯揚帯の色, 帯摺箔縫箔後で着けます, 帯数条ヲ出, 帯日向守の描いた, 帯日和下駄に八幡黒, 帯日女などのタラシ, 帯日子命と小碓命, 帯日子天皇の皇子, 帯とする, 帯星座は彼ら, 帯白堊五階建の, 帯の剣, 帯のキャノン牧師, 帯朱履方裙した者, 帯に郭二, 帯来ほか一族などみな, 帯来其意一何厚也既帰欲遺一物以表謝意, 帯格子の銘仙, 帯梅華皮の一本差, 帯構えねえことにゃ, 帯構造のつぎ目, 帯模様の絵, 帯止等は入れてない, 帯毛布運動靴スルメ三把銀笛アルバム売却できそう, 帯の気息記号, 帯水蓮の花, 帯の岸, 帯泥棒であった, 帯洋銀の簪位, 帯深く差し込んだ手, 帯溝胸だごらん, 帯灌木帯苔蘇帯といふやう, 帯無しでは出る, 帯無し石帯無しでは出る, 帯無地黒琥珀織出截棄, 帯穴だらけの, 帯煙草入駒下駄, 帯煮染めたような, 帯燧寸の箱, 帯の若い, 帯牧師とその, 帯を載せた, 帯珊瑚もべっ甲, 帯生理現象がやがてぼつぼつ, 帯のごとく, 帯甲将士の数, 帯甲板椅子屍体など比較的, 帯甲猪と名, 帯甲百万も秋風, 帯甲百万路に満つれ, 帯甲百万鼓声地を撼, 帯町家風の木綿物, 帯白いたすきつば広の, 帯白粉が濃く, 帯白緑色である, 帯白葉形は広, 帯白足袋にフェルト, 帯目立たない派手好みに, 帯盲目縞の手甲, 帯真鍮巻きの木刀, 帯着流しにて突然, 帯着物などでは一向, 帯着物煙草入れまで十五日間, 帯着物長襦袢から帯, 帯着物鳥打帽草履などが方々, 帯短い小紋の, 帯祝いの日, 帯箔腰巻腰帯白水衣の装, 帯の長襦袢, 帯紅白花を開き, 帯紋付の羽織, 帯紐解いた玉の, 帯し皇后, 帯細々した紐, 帯の前垂, 帯紺キヤラコの夏足袋, 帯紺足袋を穿いた, 帯紺飛白の手縫足袋, 帯結び目が摺っ, 帯結ぶ肱に, 帯結目を小さく, 帯緊めながら女, 帯緋緑の衣, 帯緋縮緬の袖, 帯緋繻子の広い, 帯映日瞼粧紅, 帯緑黄色の汁, 帯締どれにしょう, 帯締めるまもなく半裸, 帯締メハ金ト銀トヲ縄ノヨウニ撚ッタモノ, 帯締川濫觴ハ奥仙丈ノ中, 帯縮緬の衣裳, 帯羽織だけは着, 帯背中まで泥濘, 帯におなじ, 帯腰の物までそれ, 帯腰向う屈みに, 帯腰柔に膝, 帯腰紐を締め直し, 帯っ小僧, 帯舞扇太鼓の皮, 帯花卉の鉢植, 帯苔蘇帯といふやう, 帯草本帯となる, 帯荒い格子縞の, 帯華麗に紅, 帯薄き腰弱, 帯ふらりと, 帯袖口からのぞかれる, 帯の符号, 帯裲襠眼も眩, 帯褐色の新, 帯襟もとも直し, 帯襟裏も水浅黄, 帯襟頸を引ッ, 帯見だごとある, 帯角刈にし, 帯解き交へて, 帯解け仏法, 帯買うて, 帯赤い草履で, 帯赤襷で出る, 帯身なりはひどい, 帯身長が高く, 帯軒蛇腹更にその, 帯から小さいほそい, 帯透矢の羽織, 帯透綾の羽織, 帯通水帯下水股通水股下通水膝上通水膝通水と分れ, 帯ながら大きに, 帯の相, 帯道中差をぶつ, 帯那道ヲ限リテ奥仙丈ト云, 帯て邸町, 帯金紋の箪笥, 帯鉛板着用鉛酸液の洗滌, 帯鏈帷子肌に纏い, 帯長い笄櫛巻きに, 帯長き振袖の, 帯長襦袢といった冬物, 帯長襦袢毛皮の襟, 帯長靴剣婦人用のコルセット, 帯をなし, 帯の如き, 帯青い襷で, 帯音楽会にはあかん, 帯のてっぺん, 帯ばかりで, 帯に吹かる, 帯駒下駄にて出, 帯高く勝色裏の, 帯もぞんざい結び, 帯鮫鞘の長脇差, 帯黄金ぶちの, 帯黄黯褐で眼, 帯黒く客を, 帯黒土地方とまるで, 帯黒絽ちりめんの羽織, 帯ぬけの