青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「小鳥~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

小次郎~ 小生~ 小田原~ 小舟~ 小言~ ~小説 小説~ 小路~ 小野~ ~小鳥
小鳥~
~少々 少々~ ~少い 少い~ ~少く 少く~ ~少し 少し~ ~少しく 少しく~

「小鳥~」 2525, 26ppm, 4459位

▼ 小鳥~ (955, 37.8%)

82 ように 52 やうに 42 声が 40 ような 17 やうな 16 影が 15 声を 14 声の 13 巣, 群が 11 声も 8 巣を 7 籠が 5 啼き声, 囀る声, 声は, 巣が, 群れが, 鳴声 4 さえずる声, 声, 巣の, 影を, 籠の, 羽には, 餌を, 鳴き声を

3 [14件] うたは, さえずりが, 卵を, 囀りが, 囀るよう, 声に, 好きな, 巣から, 様な, 様に, 歌に, 眼の, 聲も, 肉を

2 [50件] いうこと, いったこと, うたが, お母さん, きて, さびしさ, しらべよりも, ために, においが, むれは, ようで, 啼くの, 囀って, 囀つて, 囀りも, 囀り止む, 声々, 夢でも, 如くに, 姿は, 屍を, 幽かな, 心臓の, 方で, 日暮れて, 歌, 歌うの, 歌の, 歌や, 歌を, 歌虫の, 水浴び, 玩具を, 眠りを, 籠, 籠に, 籠を, 群は, 翔の, 翼を, 聲が, 胸毛の, 脚に, 脚の, 音の, 音を, 騒ぐ声, 骨を, 鳴き声が, 鳴く声

1 [421件] あとばかり, あること, いない木立ちのこと, いるの, うた, うたの, うた春が, うた百舌鳥の, うちで, おしゃべりが, おしや, おびただしく捕れた, おもひで, かげが, かげがへ, かげ山すそ, かげ山蔭, からだを, くしを, くちの, こころ, こころね, ことかなたに, ことかも, ことだの, ことであります, ことでした, ことも, ことを, こと神樣や, こゑを, ごとき溜息, ごとく, ごとくしゃべり出した, ごとく戯れ遊んで, ごとく面白く, さえずって, さえずりいかにも, さえずりににて, さえずりにも, さえずりの, さえずりも, さえずりや, さえずりウグイスの, さえずり歌ってる, さえずり風の音深山の, さえずるころ, さけぶキーッ, しば鳴きに, しば鳴きを, その微妙, それの, それらとは, たべもの, ため息と, つが, つき方, つめたくなった, とまつ, とまりゐて, ないこと, なかま, なき声が, なき声を, なく音, においは, にぎやかな, はなしを, ひかる羽, ほかに, ほがら, まえに, ものお, ものである, やうなる, やさしい憂わしげ, やさしい語らい, ようであった, よろめくの, ウソの, カゴに, コップ, ダンス, ダンスの, ヒラヒラが, ブローチや, ベーコン焼きが, ホオジロの, ロースか, ロースを, 一日も, 一隊が, 上に, 不運であっ, 世界だけ, 世界にも, 世話を, 世話犬の, 中で, 中では, 中でも, 中に, 中には, 串を, 串焼を, 事か, 事ぞ, 事愛らしき, 代りにも, 來る, 先達, 先達が, 先達は, 剥製が, 剥製を, 力を, 卵すする, 卵の, 去来という, 叩き肉, 可愛らしい姿, 合唱所の, 名さては, 名で, 名などを, 名を, 名所として, 周りに, 味澄んだ, 咽喉も, 唄, 唄が, 唄すが, 唄の, 唄よ, 唄谷川の, 啄んで, 啼きごえ, 啼きまね, 啼くよう, 啼く声, 啼く音, 啼声, 啼声でも, 啼声に, 啼声も, 啼声を, 啼聲, 啼音が, 喜びよ, 嘴の, 囀か, 囀よりも, 囀りさえ, 囀りだの, 囀りで足りないところ, 囀りに, 囀りや, 囀りを, 囀り等, 囀るの, 囈語が, 回向料を, 図案の, 国をも, 地方名には, 声あらゆる, 声さえ, 声さえも, 声だ, 声で, 声であった, 声であり, 声でありました, 声では, 声でも, 声と, 声とともに, 声などが, 声なら聞き, 声にも, 声までも, 声よりも, 声人間の, 声幽, 声是も, 声木の葉の, 声木立を, 声脳に, 声遠い, 声雨と, 多いところ, 多い渓流, 多い空想, 大群を, 天国の, 天然の, 奴めアゆつくり, 如き我, 如き溜息, 如く溶け, 如く臆病, 如く身動, 如く輝いて, 如し, 如しそを, 如も, 姿そして, 姿と, 嫌いな, 家に, 尾が, 居るの, 居る森, 屍に, 巣とは, 巣なら, 巣は, 巣みたいです, 巣や, 巣らしい, 巣一つ懸かれり, 巣日の, 巣箱でも, 巣箱の, 巣霜の, 市で, 弱さ, 形の, 形も, 形を, 影の, 影は, 影ひとつなかっ, 往来繁く, 心に, 心にもな, 心を, 心臓, 心配不満恐怖安心満足そんな, 性格の, 性格も, 息の根を, 悲しいさけび, 悲哀は, 意味に, 愛らしい, 愛情, 感傷が, 挨拶で, 捕れる頃, 摺餌を, 数は, 料理法は, 方でも, 方のよ, 普通の, 智惠に, 最後の, 村とも, 束が, 来ては, 来るころ, 来る日, 枝に, 棲家に, 極彩色の, 楽しく囀る, 様子を, 檻が, 歌う声, 歌が, 歌で, 歌と, 歌との, 歌などの, 歌などを, 歌にさえ, 歌にも, 歌はい, 歌声の, 歌声も, 歌星の, 歌花の, 止つたやうに落ち殘つた枯葉が, 正体を, 死によって, 死んで, 死骸が, 死骸などが, 死骸を, 毛を, 気魄を, 水を, 流れるよう, 清冽な, 焼き加減が, 獲物を, 王, 王と, 生きたの, 生活ぶりも, 生活性格を, 生肉を, 百, 目の, 眼が, 眼に, 矢の, 研究家だ, 種類と, 種類によって, 種類の, 空蝉鴛鴦の, 立つよう, 答えを, 箱は, 箱を, 籠と, 籠は, 籠ゼラニュームの, 糞に, 糞みたいな, 糞を, 素振, 絵を, 綿で, 総称で, 総称であったらしい, 美しい声, 群かの, 群がってる森, 群には, 群の, 群も, 群れの, 群れも, 群れを, 群を, 群冬の, 群女の, 羽と, 羽を, 羽或はまた, 羽掻き, 羽搏きで散り乱れた, 羽根が, 羽根を, 羽毛の, 翅が, 翅の, 習性も, 翔るよう, 翼に, 聲でも, 聲などが, 聲は, 肉だの, 肉など, 肌の, 胸に, 脚よりも, 落ちるよう, 血です, 行方を, 言葉が, 言葉を, 訪づれがないとしたならばどうであらうなどと, 訴えを, 詩歌, 話に, 話は, 話を, 調子と, 赤い翼, 起つよう, 趣味から, 足とても, 足にも, 足もとから, 足跡も, 躍る胸, 身に, 身の上を, 軽い対話, 逃げた空籠, 通り路だ, 遊び場, 遠音も, 部にも, 里あり, 間に, 陰口, 音と, 音に, 音は, 音楽四月の, 頭の, 顔を, 飛ぶを, 飛ぶ影, 飛立つごと, 食物など, 食物を, 飲み水, 飼い方, 餌に, 餌にでも, 餌ほど, 餌サぐらいしか, 首を, 香気は, 骨に, 骸を, 骸骨らしい, 高音, 鳴き声, 鳴き声で, 鳴くこゑをさびしみながら, 鳴く音, 鳴声みたい

▼ 小鳥~ (415, 16.4%)

9 飛んで, 鳴いて 8 来て 7 啼いて 6 さえずって 5 きて, 木の, 籠の 4 巣を 3 そばの, やつて, 下りて, 楽しそう, 羽の, 輪を

2 [22件] いる, うたふ, それを, チチと, 八方で, 出て, 啼く, 四方で, 夜明には, 山から, 林の, 枝の, 歌を, 毎朝泉で, 水を, 白い糞, 空に, 群がって, 降りて, 集まって, 飼って, 鳴く

1 [295件] あそびに, あちらの, あった, あつまって, ある, あわただしい羽音, あんなにいい, いい声, いっしょに, いっぱいいる, います, いますから, いる以上, いろ, いゼラニウム, うたいだす, うたってでも, うたつてゐた, うたひ, うたひつつうたれた, おどろいて, おもしろく啼く, おりますこと, かかるの, かたまつて, かれの, きては, くるよう, けたたましく囀っ, けたたましく鳴い, こずえの, こどもらしいよろこび, この出来事, さえずりだしました, さえずるよう, さえづる, さっぱり来なくなっ, しきりに啼きつづける, しきりに囀, しきりに囀っ, しきりに庭先, じっととまっ, すきで, すね危, その枝, その近く, そんな私達, たいへん多く, たくさん住ん, たくさん落葉の, たぶん恋, たべて, たべる, だんだん大きく, ちちと鳴い, ちょうどお, ちらつく, つっついてるの, とてもよく啼く, とても悲痛, とび, とび出して, とび出しました, とび立った, とまって, とまり木から, どこかで, どこからか, どこへとも, どこまでも, ないたり, ないて, にわかに啼き出した, ぬれながら, ぬれよもの, はいって, びっくりし, ほがらかに, まひたつ, みんな寄っ, みんな逃げ, やかましくさえずる, やって来て, ゐる胸, チェンチェンツーツーと, チクチク鳴きはじめました, チチチと, チュンチュンと, パンを, ピイチク啼い, ブチまけた, ホーホケキョと, 一つどこからとも, 一つまみの, 一尺ばかりの, 一束に, 一羽, 一羽しきりに, 一羽その, 一羽とん, 一羽ほしい, 一羽戸惑いし, 一羽点々と, 一羽静かに, 一羽鳴いゐる, 不安さうにあちこちと, 並木の, 中空に, 二羽よ, 二羽立木に, 二羽飛び交し, 人を, 人前も, 人懐そうに, 住んで, 何か, 何でで, 來て, 例の, 偃松や, 兩袖で, 八方から, 其の鋭い, 冷たくなっ, 刎ねる, 初夏の, 前生を, 力一杯に, 南天の, 参ります, 啼いた, 啼いたが, 啼かないで, 啼きぬく, 啼き交わし小, 啼き出した, 喉の, 嘴を, 囀ずって, 囀ったり, 囀って, 囀づる, 囀りつ, 囀り交わして, 囀り始める, 囀り日, 囀り柑子レモン, 囀り草むら, 囀るか, 囀るかと, 囀るよう, 囀ツ, 四方に, 堰の, 塒で, 声かけた, 外に, 多いの, 天人か, 天使の, 奇妙な, 好きで, 好きに, 妙な, 姉さんの, 娘の, 嬉々として, 寝処, 小さな足掻き, 小枝, 少し囀, 居ない, 居ないやう, 山を, 山毛欅の, 岡に, 岸に, 巣くって, 帰って, 幾羽かもが, 庭の, 廂をよ, 心配さう, 悪いそして, 悲しげ, 愉しげ, 戯れ夕, 揃うて, 明けを, 春を, 時々やってき, 時時囀, 朝の, 木から, 木の実たべ, 木の間で, 来ましたので, 来る時分, 東の, 松の, 枝から, 枯れた木立, 桜に, 楽しげ, 横切つて, 樹, 樺太の, 歌いだした, 歌い空, 歌い花, 歌ってたわ, 止って, 止まって, 此の, 歩いて, 死ぬか, 死ぬよう, 死んだり, 死んで, 母親の, 毎年當に, 水に, 水辺を, 池の, 決して木の葉一枚, 無心に, 爪を, 目に, 真紅の, 眼には, 眼を, 空中を, 突如鳴, 窓から, 窓の, 窓ガラスに, 籠を, 糞と共に, 群れて, 群れを, 羽ばたいても, 羽を, 耳を, 聞いて, 腹を, 自分に, 自分の, 船の, 花の, 苫を, 落ちた, 落ちて, 葉蔭で, 親鳥と, 言いました, 言つて澤山な, 訪れた, 諸所, 赤銅張りの, 農村と, 逃げたの, 遠い常世の国, 遠近で, 部屋の, 野に, 隠れて, 離亭の, 飛ばうぞと, 飛びかい, 飛びたつの, 飛び交, 飛び出した, 飛び回ってる籠, 飛び来たり, 飛び立つ, 飛び込んで, 飛ぶ, 飛んだの, 食いに, 食べる実, 餌に, 馬車の, 騒々しいほど, 騒ぎまわって, 驚いて, 鳴いた, 鳴いたね, 鳴いてるとか, 鳴いてるの, 鳴いてる花, 鳴き出す, 鳴くくらい, 鳴くの, 鳴くふくろ, 鳴くほか

▼ 小鳥~ (253, 10.0%)

3 いいました, 答えました

2 [12件] いって, いひました, うたふ, うまいもの, さえずって, すぐに, それを, 丘や, 歌を, 胸をは, 語りました, 遊ぶ

1 [223件] あたたかな, いい声, いつか鳴, いつまでも, いまも, うたいそうして, おどろいて, おびえた花, おもしろそう, お姫さまが, かごの, かごを, くだものを, くびをかしげて, こういう風, こずえの, このあたり, この不思議, この時, こんな風, さまざまで, さらさらと, しばらく頭, じきにお姫さま, すでに飛, すばやく走, そういっ, そこから, その周囲, その啼き, その方, その案山子, その石, そんなこと, たえづる, ただそれぞれ, ただ飛ぶ, たのみました, たまには, ちつとも, つづけて, とこなつの, とちゅうでドノバンら, とべども, とまり, とまりました, どうかし, どうしてこんなにうつ, どうしてもうそつき, どうしても苦手, どこからとも, どこへ, ないて, なかよしの, なんの, はたして花, まず屋根, またじっと, まだ彼, まるで放心, みんなじ, みんな俺の, むなしく啼泣, めずらしい, もう囀らない, もう奇麗, もう子供, もう私以外, もう終わり, もはやお姫さま, もはや忘れ, やさしい音, やっと安心, ゆきぬつゆ, より多く私, より多く私そのもの, らく, わたしより, ゐずも, ゐない, チョコチョコと, ハタキ落された, ピコロでも, ランプの, 一朝に, 一生けんめいに, 一番いの, 上より, 不注意だった, 二三度呼吸する, 二羽しか, 二羽も, 人々から, 人間と, 今持前, 何処へ, 何物にも, 僕の, 初めて私, 化石した, 十羽の, 又花, 又静か, 口を, 古いが, 可なり, 台所を, 名所の, 啼きしきり, 啼き止んだ, 嘴辺および, 囀りの, 四方から, 四羽の, 四辺の, 多くは, 大變, 太陽の, 奇妙に, 好きで, 好きです, 娘の, 嫌いです, 嫌ひです, 嫩葉の, 安易な, 寒い寒い北, 小生の, 少くとも, 山から, 山の, 巣立った, 工場の, 庭に, 庭の, 当惑そうに, 思いきった直立, 思い思いの, 悲しい声, 既に満, 日中だけ, 春の, 曾て, 朝の, 朝起だ, 木から, 木の, 木の葉が, 村の, 東巖子へは, 林の, 枝から, 根っこに, 森に, 楽しい声, 楽しく啼き, 楽しげに, 楽しそう, 樹上で, 次から, 歌いさえずります, 歌い雪, 歌って, 武装しなけれ, 毎日の, 比羅, 温かだった, 焼芋, 物を, 生きて, 私だ, 秋の, 空へ, 笑ひ, 答えた, 答えて, 答へて, 箕の, 紙の, 絶えずこの, 縁側に, 美しくとびまわった, 美しゅうございます, 羽の, 羽ばたきを, 翼の, 肉を, 腐った太鼓, 臆面も, 自分の, 自然の, 花樹の, 見たこと, 見つからなかった, 見つからなかつた, 言葉を, 谷の, 貧しい漁師, 赤いふん, 起き出て, 身を, 逃げて, 遠く海, 野々宮の, 鉄の, 鋭いくちばし, 長い旅, 長い間, 陽の, 雲雀である, 頼んだ, 願いました, 飛び立って, 飛ぶ一線, 飛ぶ彼, 飛ぶ金色, 飛んで, 驚いて, 驚くべきもの, 鳴いて, 鳴を, 鶺鴒, 黒いくちばし

▼ 小鳥~ (224, 8.9%)

4 飼って 3 つかむとき, 逃がして, 雀と, 飼うの

2 [11件] そそのかして, そっとつかみました, 愛すれば, 手放, 捕って, 放して, 籠に, 見たの, 飼うこと, 飼うよう, 飼ひ

1 [186件] あさるのに, あたえて, うちおとしたとき, うった, うって, うつな, うつ時手前, おびき集めること, おびやかさないで, おびやかしさらにいろいろ, かいし乍ら, かって, かわいそうな, きいたとき, くわええたに, ことごとく巣箱, このよう, さし示した, さへ, じっとごらん, すくふも, そっくり丸, その家庭, その最も, そばから, それが, たくさんに, つかまえようと, つけて, でも握つ, とって, とまらせて, とりにがし, とるの, ながめながら, ながめました, はなして, ばびっくりさせました, びつくりさせた, びつくりさせる, ぶら下げて, ぽつぽつと, みな放し, やどらせ雨風, トリと, ベーコンで, メという, 一羽ずつ, 一羽拾った, 一羽殺し, 一羽見つけれ, 九羽飼っ, 余計に, 使ひ, 傷つけたと, 入れた籠, 入れた象牙, 入れて, 刺して, 前に, 力まかせに, 助けて, 取って, 取り扱うよう, 取ること, 呼びよせるん, 呼び入れて, 呼び寄せる競争, 呼んで, 哀撫する, 売って, 売つたり, 外に, 家の, 射る, 少し飼っ, 少し飼つて, 少年の, 巻き殺して, 平和の, 引留めて, 得ると, 心から愛しました, 思い出そうと, 愛したこと, 愛して, 愛し過ぎるという, 愛する事, 手に, 才覺いたし, 打ちまする種, 抓むの, 持ったの, 持って, 持つて, 指さして, 指さす, 指すよう, 捉えるつもり, 捕つたり, 捕へたり, 捕りに, 捕るため, 捕るの, 捨てて, 掌の, 掴もうとして, 描くもの, 握る手, 撃たなかった, 撃って, 撃つたり, 放したら好から, 放しますから, 止まらせました, 殺し大鳥, 殺すとき, 殺すに, 沢山に, 沢山飼い, 活きるの, 熱心に, 物干場の, 狙い撃ちに, 狙う鳥刺し, 猫に, 獲つて, 獲得し, 生きるの, 生捕りに, 目ざめさせるとともに, 相手に, 眠らせるため, 眺めて, 眺めました, 眺められました, 眺めること, 知って, 私が, 空に, 籠から, 総括し, 聽い, 自分の, 萩の, 落して, 虐めるよう, 見せようといふ, 見たが, 見つけた, 見つけたこと, 見つめました, 見て, 見ない, 見るの, 見れば, 見んが, 見上げて, 見失ったよう, 見心, 覗ふ, 訳も, 誘うて, 買いました, 輝く瞳, 追って, 追ってそれ, 追ふたり, 逐ひ, 連想した, 遊ばせるに, 面白く見ました, 頂きました, 飼い度, 飼い舞踏, 飼い馴らすの, 飼う等, 飼ったこと, 飼ったの, 飼った経験, 飼つたら, 養ふ, 馬鹿者扱ひ, 鳥カゴへ, 黄に, 黐で

▼ 小鳥たち~ (72, 2.9%)

3 の声 2 なの, は晴れやか, よ

1 [63件] からどんな, が, がおもしろ, がさえずっ, がそれ, がたくさん, がとちの木, がまわり, がみすみずしい, がやって来, がチッ, が互いに, が低い, が喰, が囀り騒ぐ, が寄り, が抛物線, が緑, が走つ, が里, が集まっ, である, でもありませんでした, にとってこの, にとってもう, にもこの, にももう, のぴよぴよがオーケストラ, のやう, のよう, の事, の口眞, の口真似, の国, の影, の模様, の歌, の歌う, の目ざめ, の聲, の言葉, はお, は一斉, は人間, は別れ, は時間, は歌, は肩, は身, は鳴く, もこの, もこわがっ, もそれ, もとん, もまだ, も下, も前, や空, をおびきよせる, をベートーヴェン自身, を見出した, を見失っ, を養う

▼ 小鳥~ (72, 2.9%)

6 餌を 4 向かって 2 したいな, なりたいな, むかつて, 朝顔, 生れかは

1 [52件] おこされて, お湯なんか, かえたの, くわれるかしら, したしむこと, しても, たべられて, なった, なったこと, なったつもり, なったの, なった心がけ, なって, なつて, なりたいと, なりました, なります, べつに罪, まけず, また別, もてるの, やるべき摺餌, ゆる, 似て, 凝るやう, 唐草を, 変化しなけれ, 家持ちの, 對する, 彼は, 手を, 接唇し, 教えられ導かれて, 木の, 殊ならず, 水を, 目を, 眼を, 石を, 紙を, 聞かせられたの, 自分の, 見とれて, 説教が, 説教した, 踏み落されて, 身を, 迫るよう, 過ぎない, 頼んだの, 食べられて, 餌をば

▼ 小鳥~ (61, 2.4%)

2 私たちが

1 [59件] あった, あなたの, あはてまし, あまりさえずらなくなりました, いず一茎, いつかは, いない心理風景, いる, おりますが, お菓子を, このついで, この海岸, すくみ落ちるほど, すべてが, その笛, たいていは, また押馴, まったく声, みんな空の, ゐない, チッチッと, チツチツと, 一緒に, 人も, 人間も, 同じやう, 啼かず緑, 啼き出さず東, 啼き過ぎぬ赤き, 囀らないし, 売る, 多いから, 寒くて, 居た, 捕れ茸, 放し飼いに, 木の, 果実も, 栗鼠も, 水の, 沈黙し, 沈黙家の, 犬も, 羽色の, 翔けまする, 脅やかされる, 自身の, 草も, 虫も, 随喜の, 雪の, 霞の, 飛んで, 食い蛇, 飼はう, 高い樹木, 鰐も, 鳴かず一茎, 鳴りを

▼ 小鳥~ (35, 1.4%)

1 [35件] おまえも, きの用を, きれいな, そうした動物, りすも, アブや, モルモツトや, 仲の, 兎達の, 動物を, 天と, 太陽や, 孔雀の, 小さな動物, 小川などの, 小猿, 星や, 書物などを, 果実飲料と, 牛肉でも, 獣が, 獣などを, 獸が, 眞珠の, 花の, 草花が, 虫が, 虻までが, 野うさぎの, 野菜類は, 金魚などをも, 陽の, 風に, 鶏や, 鹿を

▼ 小鳥~ (31, 1.2%)

2 風の

1 [29件] いっしょに, その所有物, ちがって, なって, なりあるいは, なりました, まつて, われなりぬ, 住んで, 区別する, 同じく容易, 同じく朝, 同じやう, 同じ性質, 同様ちょっと, 妻の, 差別する, 樹木との, 波間の, 牝牛は, 空飛ぶ, 約束を, 草花と, 話して, 話を, 遊びはじめて, 遊んだ方, 鬱蒼たる, 魚フォイボスと

▼ 小鳥~ (15, 0.6%)

8 の上 2 の十字路 1 だけれども, というところ, にし, の時, を下り

▼ 小鳥でも~ (14, 0.6%)

1 [14件] 啼くよう, 捕らえたら持って, 握つて, 止まつた樣, 焼こうと, 私に, 見つけたかの, 見るやう, 触れて, 詳しく見究めたら, 買って, 飛び込んだかしらと, 鳴いて, 鶏でも

▼ 小鳥~ (13, 0.5%)

2

1 [11件] かも如ら, からヨシワラスズメ, こと, ことあの, つたかも, つて, と思え, のが, のの, 家は, 小さな小鳥

▼ 小鳥ども~ (12, 0.5%)

1 [12件] が, がいばり出す, が啼き, が巣, が眼, が自分, が路傍, はその, は俄, は気味悪, は茂み, 申して

▼ 小鳥~ (12, 0.5%)

2 樫の 1 いましものう, そなた, とんで, 啼くなよ, 捕らえた, 擔荷の, 来れ, 猟銃の, 眠りながら, 眼を

▼ 小鳥~ (12, 0.5%)

1 [12件] が籔, に, の, のいかに, のやさしい, のゆるき, の囀り, の囀りで, は, はそれ, をなで, を夢

▼ 小鳥~ (12, 0.5%)

1 [12件] が思い出した, が賑, の囀る, の声, の糧食, の鳴, はそれ, は囀っ, は早く, も悄気返り, も次第, を今日

▼ 小鳥~ (11, 0.4%)

2 さへも 1 あつた, あらう梢, いっぱいだ, 一ぱいに, 両肩, 儲かるの, 儲けたら小作料, 内地の, 名高い

▼ 小鳥~ (8, 0.3%)

2 ぎりなしなだれ落ちゆく, なんどの 1 なぞの, なぞを, 何かの, 朝はやく

▼ 小鳥と共に~ (8, 0.3%)

2 うたは 1 はやかすか, 或は喜び, 歌い暮して, 烏円が, 載せあるは, 門人も

▼ 小鳥らしい~ (7, 0.3%)

2 自由を 1 と思われる, のの, 可愛い悪戯, 美しさ, 黒じみない

▼ 小鳥~ (7, 0.3%)

1 だか, だの西洋洗濯屋, についてカナリヤ, に売っ, の子, の店, の隠居所

▼ 小鳥~ (7, 0.3%)

1 が今, にたいする独特, はもうと, はやはり, は崩れる, は日の出, は玩具

▼ 小鳥~ (6, 0.2%)

1 がピーチクピーチク朝, の仇敵, はチン, は山, は廿年, もそれ

▼ 小鳥~ (6, 0.2%)

1 が三つ, が幾個, のよう, の前, をスズメカゴ, を前

▼ 小鳥とは~ (5, 0.2%)

1 おかしいに, くらべられないほど, そう異う, たいへんなかよし, わけが

▼ 小鳥には~ (5, 0.2%)

1 ありのままな, およびませんでした, 嗅覚が, 大斎日, 血が

▼ 小鳥みたい~ (5, 0.2%)

1 なエトランゼ, にちょんちょん, に啼き, に奥, に素

▼ 小鳥一羽~ (5, 0.2%)

2 囀りに 1 ありて, も居なかった, も飼っ

▼ 小鳥~ (4, 0.2%)

1 へ, へかく, へづり, へもがそつ

▼ 小鳥では~ (4, 0.2%)

2 ないほんとう 1 ない, 無いまでも

▼ 小鳥などが~ (4, 0.2%)

1 山の, 彼女の, 棲んで, 私を

▼ 小鳥にも~ (4, 0.2%)

1 それぞれべつに, 吹き去る, 巣に, 木の葉にも

▼ 小鳥好き~ (4, 0.2%)

1 がい, な小僧氏, の人, は先天的

▼ 小鳥~ (4, 0.2%)

1 て啼く, て少女, 鳴かず君, 鳴けり

▼ 小鳥来る~ (4, 0.2%)

2 音うれし, 音嬉し

▼ 小鳥から~ (3, 0.1%)

1 こちょうの, そのわけ, 十万フランの

▼ 小鳥だけ~ (3, 0.1%)

1 だ, である, ならよい

▼ 小鳥など~ (3, 0.1%)

1 よく啼い, 捉りきては, 酔つた気もちで

▼ 小鳥ばかり~ (3, 0.1%)

1 であった, であった中, では

▼ 小鳥までが~ (3, 0.1%)

1 生噛りの, 臆病に, 自分を

▼ 小鳥~ (3, 0.1%)

1 したるその, に登っ, を見る

▼ 小鳥道楽~ (3, 0.1%)

1 などに耽っ, にあった, は下火

▼ 小鳥あり~ (2, 0.1%)

1 てその, 相語り

▼ 小鳥さえ~ (2, 0.1%)

1 いないし, 各

▼ 小鳥その~ (2, 0.1%)

1 一切の, 清々しさ

▼ 小鳥だけが~ (2, 0.1%)

1 まれに, 知って

▼ 小鳥だけは~ (2, 0.1%)

2 毎日異

▼ 小鳥だった~ (2, 0.1%)

1 かも知れない, のである

▼ 小鳥だらう~ (2, 0.1%)

1 か, が花

▼ 小鳥だろう~ (2, 0.1%)

2 と見よう

▼ 小鳥ちろちろ~ (2, 0.1%)

2 と鳴く

▼ 小鳥であり~ (2, 0.1%)

1 おまけに, 家畜であり

▼ 小鳥である~ (2, 0.1%)

1 のを, ように

▼ 小鳥という~ (2, 0.1%)

1 ものは, ものを

▼ 小鳥とともに~ (2, 0.1%)

1 図案の, 薔薇とともに

▼ 小鳥とる~ (2, 0.1%)

1 男に, 男は

▼ 小鳥とを~ (2, 0.1%)

1 追っかけるもん, 開放し

▼ 小鳥なき~ (2, 0.1%)

1 すぎ, つれて

▼ 小鳥などに~ (2, 0.1%)

1 つきての, みること

▼ 小鳥に対して~ (2, 0.1%)

1 人間は, 十分の

▼ 小鳥に対する~ (2, 0.1%)

1 先生の, 餌の

▼ 小鳥ほど~ (2, 0.1%)

1 でも, 巧みには

▼ 小鳥まで~ (2, 0.1%)

1 自分の, 荷物に

▼ 小鳥よりも~ (2, 0.1%)

1 上値で, 早く起き

▼ 小鳥~ (2, 0.1%)

1 から叉手網投網, へかかった

▼ 小鳥鳴き~ (2, 0.1%)

2 やんだ小鳥

▼1* [140件]

小鳥あそべるを, 小鳥あるいは一群れの, 小鳥いじりをし, 小鳥いそがしく水浴びる, 小鳥いつもなかよしあらそわぬ, 小鳥うたふに, 小鳥うたうたひ, 小鳥うまく籠に, 小鳥かが空を, 小鳥かなしきまなざしは, 小鳥がかはい歌うたふ, 小鳥がさへづりはじめ, 小鳥がちちちちと, 小鳥がりをつづけた, 小鳥てなく, 小鳥きてなくか, 小鳥くらゐ啼いたらうが, 小鳥くらいの大きさ, 小鳥ぐらいあるかしらん, 小鳥さえも居ない木, 小鳥さんしかし霜, 小鳥さんそれは無理, 小鳥さん今日は, 小鳥さん私はかわいがっ, 小鳥しきりにきて, 小鳥すくみごゑして, 小鳥ずきも一向, 小鳥それらはみな彼, 小鳥胸は, 小鳥ぞといふに, 小鳥たち天井裏に巣くう, 小鳥だちもゐず, 小鳥だのリスだの, 小鳥であったことは, 小鳥でさえ私を, 小鳥でもはあ狙われた, 小鳥とべども花, 小鳥とも獣とも, 小鳥とりなどなさらなかっ, 小鳥どころじゃない, 小鳥ども一斉に翔けり集まり来る, 小鳥のだ, 小鳥ないてくれ, 小鳥ながらに恐ろしくその小さな, 小鳥なくやひとりごといふ, 小鳥などと一緒に, 小鳥などと共にその姿, 小鳥などは捕つて, 小鳥などを狙ふ, 小鳥ならめ下枝一たび世に, 小鳥なら吹く朝風に, 小鳥なんかかわない, 小鳥なんかは一度に, 小鳥なんぞどうでも, 小鳥なんぞの飛び立ったよう, 小鳥なんぞを遣るの, 小鳥における囀の, 小鳥にさえも見えないほどの, 小鳥にたいするように, 小鳥についてその飛ん, 小鳥にておなじ梢, 小鳥にとってトマトの, 小鳥にばかり氣を, 小鳥にまでも別れを, 小鳥によって日ごとに, 小鳥あれが, 小鳥のみならん, 小鳥のみがいつも一羽, 小鳥はいちんち, 小鳥はくびをかしげてかえって花, 小鳥ぴよぴよと空に鳴きつれ, 小鳥かかるよう, 小鳥までもならした, 小鳥もけものも, 小鳥もめつきり減つた, 小鳥やきチーズゼリー水を, 小鳥やけだもの, 小鳥やけものと遊ん, 小鳥よいかな, 小鳥より生ぜし小生, 小鳥らしかつた, 小鳥をば可愛がっ, 小鳥ブローカーとなり, 小鳥一羽飼つたこと, 小鳥一羽鼠一ぴきも見あたりませんでした, 小鳥三十羽ばかり飼う, 小鳥中鳥の姿, 小鳥二三羽をさげ, 小鳥二三羽嘴に咬, 小鳥の一方, 小鳥の生活, 小鳥位愛さる, 小鳥全体をクラ, 小鳥八五郎は五六歩, 小鳥の山, 小鳥同様の身, 小鳥同様ロハで貰える, 小鳥のため, 小鳥咲く花の, 小鳥だったそう, 小鳥啼いて鳥, 小鳥地方にては例, 小鳥売買組合出張所の商人, 小鳥小屋飛騨街道も一目, 小鳥小生の枕辺, 小鳥少なく二十歳以下の, 小鳥尺八書画のこと, 小鳥山鳥を捕まえ, 小鳥をいま, 小鳥料理を欲し, 小鳥の光, 小鳥来りて何, 小鳥椰子の葉, 小鳥殊に眼白が, 小鳥何もかもありがたかっ, 小鳥泳ぐ金魚を, 小鳥焼く火も, 小鳥焼けたり山, 小鳥狩りの季節, 小鳥獣類人間の小児, 小鳥田中未知草萬代恒志の諸氏, 小鳥研究とまでは行かなく, 小鳥にあがっ, 小鳥縁先には金魚, 小鳥をなし, 小鳥を揃え, 小鳥若くは蛙, 小鳥若しくは鳥の, 小鳥草木雲蝶蟻そして私, 小鳥ひしこと, 小鳥豆猿とおおよそ, 小鳥逃げつつ鳴く, 小鳥が来, 小鳥遠くで鳴る, 小鳥金魚も場合, 小鳥雲樹木自然自由生命すべてそれらはもう, 小鳥青葉遠く家並, 小鳥飼う事は, 小鳥飼おうと思う, 小鳥鳴き秋静に今日