青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「小野~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

小林~ 小柄~ 小次郎~ 小生~ 小田原~ 小舟~ 小言~ ~小説 小説~ 小路~
小野~
~小鳥 小鳥~ ~少々 少々~ ~少い 少い~ ~少く 少く~ ~少し 少し~

「小野~」 1547, 16ppm, 7043位

▼ 小野さん~ (496, 32.1%)

10 はまた 6 はこの, は自分 5 の眼, は急, は詩人 4 は, はこれ, はちょっと, は机, は首 3 の手, はおとなしく, はこう, はこんな, はまだ, はもう少し, はようやく, は少し, は眼, は黙っ

2 [41件] がこの, が急逝, が聞く, だった, と云う, には, のお, のところ, の事, の価値, の手巾, の方, の眉間, の胴衣, の胸, の言葉, の足, の靴, はいよいよ, はすぐ, はたしかに, はひどく, はやはり, は何だか, は何気なく, は再び, は口, は夢, は帽子, は御, は心, は恭しく, は暗い, は未来, は突然, は糸子, は考えず, は詩, は返事, は鄭寧, は靴

1 [327件] か, からある, からメロン, から借りた, から拝借, から遠, から電話, がい, がいらし, がいらっしゃいました, がわが, がベントレイ夫人, が云う, が四五日, が好かろ, が孤堂先生, が戻りました, が手, が来, が来る, が残っ, が玄関, が画架, が聞き出した, が自分, が這入っ, が部屋, が青い, たいへんご, だけは比較的, であった, でした, です, でなくては, では, といふ著者, とどっち, とは背中合せ, とぱたり, と丁場, と大森, と彼, と私たち, と自分, と葛飾, と藤尾, と近づいた, なぜいらっしゃらなかった, ならきっと, なる人物, なんかいい, なんぞと違っ, にいっしょ, にそれ, にとは云わない, にはいかにも, には分からない, には追いつく, にもっとも, に上げ, に上げる, に伺っ, に喧嘩, に宜しく, に愛嬌, に死なれ, に聞いた, に至っ, のうしろ姿, のもの, の上, の下宿, の不心得, の世界, の世話, の体, の前, の取る, の句切り, の向側, の噂, の場合, の変りかた, の妻君, の姿, の宅, の寝室, の影, の心, の性格, の手腕, の本領, の机, の横顔, の没された, の煙草, の現在, の眸, の眼鏡, の神経, の笑い声, の細面, の背中, の脳髄, の腋の下, の視線, の詩, の話頭, の調子, の連中, の頭, の額, の顔, の鼻, はあ, はいい, はいつ, はいつの間に, はいつも, はいま, はうまい, はうまく, はここ, はさすが, はさっさと, はしきりに, はしじゅう, はすっきり, はそう, はその, はただ, はちょうど, はつくづく, はどうして, はどこ, はどんな, はなぜこう, はにやにや, ははたして, ははなはだ, はぱたり, はみごと, はむしろ, はもう, はもうじろじろ, はやがて, はやむを得ず, はやめた, はゆす振られ, はチャンバアス夫人, はホウム, はロンドン, は一つ, は一字, は一歩橋, は下女, は下宿, は両, は両手, は中休み, は事実, は二人, は云った, は京都以来, は今, は今日藤尾さん, は何, は何とも, は例, は俄然, は優しい, は先方, は光沢, は内心, は内玄関, は出直した, は切な, は切り抜けた, は勝手, は博士論文, は危い, は右, は同時に, は吝嗇, は塀, は変っ, は大変学問, は天気, は始め, は姿, は孤堂先生, は安から, は宗, は容易, は宿, は少しく, は左, は帰る, は常, は帽, は座, は後, は微笑, は心中, は心配, は思い切っ, は思い返す, は思った, は思わず, は恐る恐る, は悪, は憮然, は手, は手巾, は才人, は拭き取った, は捩じ上げた, は携えた, は文字, は新橋, は日本語, は日頃, は早速, は明日藤尾, は昔, は昨夜佐久間さん, は是非共, は是非共口, は月, は来ない, は東京, は橋, は欽吾, は歩き, は比較的, は気, は気掛, は水底, は洋袴, は浅井君, は渡り, は煙, は煙草, は片, は甲野さん, は申分, は畏まっ, は畏まった, は畳, は相手, は真向, は眼鏡, は破裂, は神聖, は私, は竹箆, は笑, は笑った, は笑わなかった, は節穴, は絶えず, は考え, は肩, は肩身, は胸, は脱いだ, は腰, は腹の中, は自動車, は自己, は色, は色相世界, は若々しい, は若い, は苦笑, は蒼白い, は薄暗い, は行李, は術, は街, は覗き, は談話, は赤く, は趣, は蹌, は躊躇, は軽く, は近づい, は進ん, は過去, は部屋, は重い, は門外, は間, は隔たる, は障らぬ, は隠, は隧道, は非常, は頭脳, は馳, は黙った, は黙然と, もお, もこの, も今, も同じ, も同年, も小, も手持無沙汰, も近日うち, も顔, も黙っ, よりも一, より一, をうごかす, をも気の毒, を入れ, を択んだ, を横, を殺した, を藤尾, を見, を見た, 呼んで, 掛けたまえ, 知って

▼ 小野~ (252, 16.3%)

16 小町 12 小町の 5 家へ, 小町に, 里の 4 家に 3 小町を, 館の, 館へ

2 [26件] あらき畑草くだものの, いう通り, お館, ために, わかれ, 二家に, 公判が, 口から, 夕霞桃いろふかし, 家で, 小町だ, 小町と, 山荘で, 手紙を, 方が, 於通と, 榛原, 白楊, 篁の, 臣, 話によって, 道場で, 道場へ, 里は, 里へ, 里を

1 [144件] うちは, かきつばた, ことや, ことを, しら花, ところから, ところには, どこに, ならび田, ほかに, やり方も, ゆふ, わきの下を, オジさん連れ, 一所に, 一族で, 一言が, 上京以来東京の, 下宿へ, 世話を, 両氏が, 人に, 伊東さまを, 伊東どのが, 伊東も, 伊東家を, 伊東氏は, 倉沢家に, 倉沢家にも, 倉沢義髄清内路の, 兄姫に, 内儀さんの, 刑期が, 古里, 名が, 城主である, 夕霞ねも, 嬶が, 宮が, 宮の, 家の, 家は, 家へは, 家従に, 小町が, 小町で, 小町です, 小町とでも, 小町などは, 小町も, 小町他の, 小町几帳の, 尼とは, 尼君を, 山荘に, 山荘の, 山荘へ, 山荘を, 山蔭には, 干渉は, 役だった, 得意であった, 御息所は, 性格の, 悪口を, 態度が, 拘引事件は, 挙動や, 文観ひとりは, 文観南都の, 方から, 方は, 方を, 旦那あんたお子さんある, 旦那いい, 旦那です, 月映うるむ, 朝じ, 朝臣が, 朝踐に, 木の, 木守は, 木立は, 杜若衣に, 榛の木, 榛原には, 榛原を, 母と, 瀧とう, 炭竈が, 片隅に, 生活向きの, 留守を, 知行から, 矮人ながら, 神主が, 神主の, 神樣へ, 笛煙の, 笹原忍ぶれ, 篠原いか, 篠原分け, 総領娘で, 義にも, 腕を, 臣柿本の, 苅生の, 草だに, 萩原吹く, 見積り書きを, 言葉が, 語気が, 調べは, 辺に, 返事が, 通が, 道場から, 道場は, 道場を, 邸は, 郎女, 郎女またの名は, 里で, 里でございます, 里とも, 里へは, 里まで, 里山科の, 里山科へ, 野づか, 鈴の, 関係を, 頼風が, 風評が, 館, 館から, 館で, 館に, 館には, 館は, 館主伊東新左衛門の, 館主伊東氏再興の, 香に, 馬鹿むら嘘字づくし

▼ 小野~ (74, 4.8%)

2 ことし十九で, 平作を

1 [70件] あいての, あきらめて, いかにも暢気, いきなりズカズカ, いっこう駄目, この春, これ迄の, こんどは, そこの, それでは目, ただちに海尊, どうした, どうしても詫ら, ひどく自暴酒, ふいに, むっくり起き上る, もとより人魚, コオドリし, ジロリと, ドシャ降りの, ニヤニヤ笑い, 一歩よけて, 三吉より, 上京する, 丹後国にて, 何かね, 先生の, 全然わが, 南方で, 危篤かも, 向う側から, 呆気に, 国老に, 官吏侮辱罪で, 小助, 工面が, 帰ったよ, 座敷の, 怒りも, 新吉と, 新橋まで, 新聞紙を, 昨日の, 書いて, 服罪し, 東京で, 東京へ, 柱に, 深くも, 画室に, 病状が, 皮肉を, 目を, 相変らず, 相変らず来る, 眼を, 立ち上ると, 笑顔を, 羅漢松の, 美代子を, 膝の, 自分で, 自分に, 自分の, 袴を, 近頃非常, 酔って, 酔っぱらって, 頑固な, 黙って

▼ 小野~ (56, 3.6%)

2 はこの間, は呆気

1 [52件] が不公平, が主, が伊豆, が口, が机, が来, が泊り, が遠慮, との黙契, と僕, と別れ, と相識, に今晩, に傑作, に出逢う, に速達便, のうち, のよう, の人物, の名前, の怒った, の新説, の激しい, の画布, の画面, の絵, の編輯, の説, はこの, はその, はもう, はやって来ました, は不二男君, は勇気勃々, は口, は大きな, は常に, は怒った, は悠揚, は描く, は断言, は自分, は至って, は銀行, もなんだかむっつり, もやはり, も私, をはじめ, を交え, を引っぱっ, を置い, を連れ

▼ 小野~ (40, 2.6%)

2 薄ぼんやり

1 [38件] いいました, いたね, いるとき, こっちを, このごろの, し残して, だしぬけに, どこからか, ふと気がついたらしい, ふり向いて, 一人で, 上京し, 上京した, 何か, 余所から, 危篤だ, 又来, 取って, 大音声, 女に, 好いの, 少し食べ酔っ, 帰って, 思ったこと, 拘引された, 教壇の, 来たそう, 来たと, 来て, 東京へ, 殺されたの, 求めるとおり, 満足する, 結婚し, 美代子の, 藤尾さんとか, 街へ, 訪ねて

▼ 小野蘭山~ (38, 2.5%)

192 などの学者

1 [17件] がそう, が年代, であった, であって, である, ですなわち, という本草学者, の出た, の口授, の本草綱目啓蒙, の著, の誤り, は, はこの漫然たる, は共に, は彼, を始め

▼ 小野~ (34, 2.2%)

3 燃ゆる 2 して

1 [29件] さえぎられた東京, しても, するさ, そう云っ, やって, 久求社を, 二千七百石で, 云いましょう, 代って, 代らしめた, 住ませて, 住んで, 佐久間さんの, 別れた, 咲き濡, 細雲, 絡みつかれて, 聞いて, 自分の, 親しさ, 話して, 話しましょう, 逢って, 連れられて, 限ったこと, 随従し, 頼まれた, 頼まれたん, 齎らする

▼ 小野~ (28, 1.8%)

8 に寄せた 3 では 2 といふもの, の

1 [13件] が平泉, が段々に, が漢名, だけが御, にもだんだん, に寄, に此船中, の支配, の財産, は元老院書記官, は渋江氏, は著しく, を殺す

▼ 小野~ (18, 1.2%)

2 一緒に

1 [16件] ばったり出会いました, 二人で, 会ったか, 呼んで, 妻とが, 山田が, 懇意に, 改め近江の, 新吉とが, 浅井は, 申すと, 笹子峠を, 美代子とに, 美代子は, 藤尾の, 音に

▼ 小野~ (18, 1.2%)

2 の方

1 [16件] から小次郎, から百五十石, だった, にし, の内, の滅亡以来, の系図, の若党, の跡目, の門人, はただ, は小野忠明, は阿諛, へ帰参, へ新九郎, へ行っ

▼ 小野派一刀流~ (17, 1.1%)

1 [17件] ご鍛錬, でその, では使い手, では免許, では天下, では無双, というれっきとした, の使手, の名誉, の宗家小野忠雄, の小野治郎右衛門様, の浅利又七郎, の衰退, の誇り, の鍛え, を本, を蹂躙

▼ 小野~ (14, 0.9%)

1 [14件] ゆき采女, 今朝早く, 使いに, 出された, 寄って, 寄ること, 帰ったと, 帰るには, 手紙を, 行きたく思って, 行くその, 行こうと, 辿り着いた頃, 駈けおりて

▼ 小野妹子~ (13, 0.8%)

2 を隋

1 [11件] いらい世襲, が二度め, という人, の取っ, の如き, の子, の帰朝, の風采閑雅威儀, や犬上御田鍬, をつかわし, を遣わし

▼ 小野~ (12, 0.8%)

1 [12件] あるが, それからだいぶ, やがてすべて, 三吉も, 困るでしょうから, 失業し, 山田も, 気の, 気の毒そうに, 津田も, 立腹した, 馭し

▼ 小野忠雄~ (12, 0.8%)

2 の道場 1 から急状, が家綱, すら一歩, と先輩梶新左衛門, と高弟梶新左衛門, には彼, の門, はいかにも, は息, をこの

▼ 小野~ (11, 0.7%)

2 の門 1 と抜刀, における万全, の一刀流, の払捨刀, の者, の道場, の錚, ばかりが剣術, 鍛えの

▼ 小野~ (10, 0.6%)

2 連れて 1 ですか, みると, よく知っ, 出て, 呪うて, 無理に, 自動車に, 通つて帰庵したら

▼ 小野医師~ (10, 0.6%)

1 の所, の来診, の許し, はやはり, は妻, は最早, は直ぐ, は腰, は首, を見上げた

▼ 小野という~ (9, 0.6%)

2 所に, 若い薬局生 1 のは, 例の, 叡山の, 名も, 男は

▼ 小野富穀~ (8, 0.5%)

1 である, とその, と口論, の二人, の如き, の子道悦, の輩, もまた

▼ 小野政秀~ (8, 0.5%)

1 が日ごろ, ともうす, と申し, などと同列, の在りし, の旧臣, の遺, はそれ

▼ 小野~ (8, 0.5%)

3 の倉沢義髄 1 の小野甫邦, の年中行事篇, の庄屋倉沢義髄, の瓜畠手伝, まで落ち

▼ 小野~ (8, 0.5%)

2 が瓦解 1 から相馬家, が為替御用, に鉱山事業, の引, はこの, は政府

▼ 小野小町~ (6, 0.4%)

1 こういう順序, だ, という美女, とこの, とてもおそらく彼女, に夢

▼ 小野治郎右衛門~ (6, 0.4%)

1 が失踪, が手塩, が高弟, という人, などには体, のごとき

▼ 小野神社~ (6, 0.4%)

4 といふもの 1 であつ, と稱

▼ 小野龍太郎~ (6, 0.4%)

1 が支配人, が昨夜, が昨夜佐久間氏宅, というの, の七時, を連れ

▼ 小野~ (5, 0.3%)

1 の大臣, の神主, の築地, の邸, 御偉績考

▼ 小野梓君~ (5, 0.3%)

1 が帰朝, が連れ, それから先刻市島君, というえらい, は我輩

▼ 小野湖山~ (5, 0.3%)

1 が撰んだ, のつくった, の他, の風流, は向島

▼ 小野牧師~ (5, 0.3%)

31 がきた, は信者達

▼ 小野三郎兵衛~ (4, 0.3%)

1 が名古屋表, が尾州藩, が百姓仲間, の前

▼ 小野~ (4, 0.3%)

1 からも人, というお茶, の仲居, はお

▼ 小野刑事~ (4, 0.3%)

1 がひきとっ, がヒサ, はフッ, は考えた

▼ 小野太左衛門~ (4, 0.3%)

1 が行, という柴田郡, におけるごとく, はその

▼ 小野~ (4, 0.3%)

2 と云う 1 の小松島園, を伴

▼ 小野治郎右衛門忠明~ (4, 0.3%)

1 とかえた, の姪, は日頃, は発狂

▼ 小野から~ (3, 0.2%)

1 勧修寺を, 引離しそして, 日ごとに

▼ 小野先生~ (3, 0.2%)

1 が敗れた, である, の髑髏

▼ 小野友五郎~ (3, 0.2%)

1 がその, この人, に頼み

▼ 小野和泉~ (3, 0.2%)

1 が出, は我, 入替って

▼ 小野忠明~ (3, 0.2%)

1 その人, と柳生但馬守, は時に

▼ 小野照さまお隣社~ (3, 0.2%)

3 づから負け

▼ 小野蘭山先生~ (3, 0.2%)

2 の髑髏 1 にたずねけれ

▼ 小野鉄太郎~ (3, 0.2%)

1 であった, と井上清虎, のこと

▼ 小野~ (3, 0.2%)

1 である, のあと, 生汐

▼ 小野さん僕~ (2, 0.1%)

1 の云う, は人

▼ 小野さん真面目~ (2, 0.1%)

1 だよ, になる

▼ 小野では~ (2, 0.1%)

1 あるが, 深く繁った

▼ 小野といふ~ (2, 0.1%)

1 ものが, ものは

▼ 小野とが~ (2, 0.1%)

1 可なり, 重禁錮六カ月

▼ 小野どの~ (2, 0.1%)

1 の, の剣

▼ 小野には~ (2, 0.1%)

1 分って, 国老に対して

▼ 小野まで~ (2, 0.1%)

1 いっしょに, ゆきたいの

▼ 小野マリ子~ (2, 0.1%)

1 との初対面, には羽生

▼ 小野三郎兵衛さん~ (2, 0.1%)

1 でも, も骨

▼ 小野両氏~ (2, 0.1%)

1 の説, へ送る

▼ 小野乃加吉都播多衣爾須里着~ (2, 0.1%)

2 将衣日不知毛

▼ 小野二郎右衛門~ (2, 0.1%)

1 の門下, も達人

▼ 小野令図~ (2, 0.1%)

2 の家

▼ 小野俊太郎~ (2, 0.1%)

1 と死ね, を偽名

▼ 小野元秀~ (2, 0.1%)

1 は弘前藩士対馬幾次郎, を獲た

▼ 小野典膳諸岡一羽その他多く~ (2, 0.1%)

1 の剣客たち, の劍客たち

▼ 小野~ (2, 0.1%)

1 遠が, 遠還

▼ 小野大佐~ (2, 0.1%)

1 の娘, は分家

▼ 小野宮吉さん~ (2, 0.1%)

1 の家庭, はお

▼ 小野~ (2, 0.1%)

1 といふ村町, の近在

▼ 小野東人~ (2, 0.1%)

1 だけだつた, に向

▼ 小野東洋~ (2, 0.1%)

2 早く歿

▼ 小野~ (2, 0.1%)

1 という者, と並ん

▼ 小野梓藤田茂吉等諸氏~ (2, 0.1%)

2 は既に

▼ 小野氏彦紀秋茂津時成~ (2, 0.1%)

1 などで, の四人

▼ 小野泉蔵~ (2, 0.1%)

1 に与ふる, 同寿太郎

▼ 小野派一刀流五点~ (2, 0.1%)

1 の二位, の序

▼ 小野潤平~ (2, 0.1%)

1 の死, を殺した

▼ 小野熊次郎~ (2, 0.1%)

1 と言, の三人

▼ 小野~ (2, 0.1%)

1 だ, だと

▼ 小野社会教育主事~ (2, 0.1%)

1 の紹介, はそれ

▼ 小野蘭山等~ (2, 0.1%)

1 を初め, を始め

▼ 小野親子~ (2, 0.1%)

1 は令図富穀, 多多羅

▼ 小野遺族~ (2, 0.1%)

1 の住宅, の強制

▼ 小野金次郎~ (2, 0.1%)

1 の妻君, を訪う

▼ 小野~ (2, 0.1%)

1 から姿, の大半

▼1* [184件]

小野津田を, 小野からの手紙など, 小野からは内儀さんの, 小野この間に逃げっちまえ, 小野さまは国老, 小野さんあなたには分るでしょう, 小野さんさっき浅井が来, 小野さんそこに気がつい, 小野さんのですね, 小野さん三条に蔦屋, 小野さん夫婦に感謝, 小野さん小野さんと云う, 小野さん敵が来た, 小野さん昼間もイルミネーション, 小野さん自身とを積載, 小野さん西洋の詩人, 小野じゃなかったか, 小野たちとはべつ, 小野たち数名がいた, 小野と誰, 小野だの御前だ, 小野新左衛門の, 小野であってみれ, 小野との関係が, 小野とは何じゃ, 小野どっか休む所, 小野なら障子の, 小野なんざとても敵やしません, 小野なんざアヤフヤで駄目, 小野なんぞのすること, 小野にだけ七十郎を, 小野へも届けた筈, 小野また江戸の, 小野ゆ秋津に立ちわたる, 小野より母さんを, 小野アンナのヴァイオリン, 小野一刀流は自然, 小野両氏尋訪相頼並に菓子折進物, 小野主事や日野技手, 小野二千石あまりの館主, 小野五平翁であったの, 小野五平翁九十一歳にて身まかりぬ, 小野令図一家のため, 小野伝兵衛友次久野与右衛門宗直宝泉院勝延行者の四人, 小野佐世男よという大型, 小野佐世男その他にまじっ, 小野俊一君川村多実二君, 小野兼吉というあばれ, 小野医院の赤い, 小野友五郎伴鉄太郎松岡磐吉蒸気は肥田浜五郎, 小野友次郎が警視庁, 小野君中林君等によろしく, 小野君私アそういう主義, 小野君等が憲政, 小野吾滑は小野小町, 小野和泉馬を横, 小野圭庵の如き, 小野太左衛門氏の独自, 小野太左衛門自身の筆記, 小野妹子時代といふもの, 小野とお, 小野になった, 小野安成岡崎読売の女, 小野宗家を破門, 小野宮右大臣実資, 小野宮吉と結婚, 小野宮吉数年来の腎臓結核, 小野宮大臣を詛つた, 小野宮左大臣実頼, 小野家主人の好意, 小野家内浜田寅之助なり, 小野寅吉堀越清九郎落合貞次郎は附加随行, 小野富穀等と向島, 小野小町和泉式部という類, 小野小町和泉式部式子内親王それからわれわれ, 小野小町土佐の名筆, 小野小町大伴黒主はじめこの道, 小野小町清少納言和泉式部などの歌った, 小野へやって来た, 小野岡西の三人, 小野と佐藤千夜子, 小野とがあった, 小野庭田小林宛に廻状, 小野必大の著, 小野忠明殿と試合, 小野忠雄殿の道場, 小野忠雄高弟の梶新左衛門, 小野抱経は富穀, 小野政吉と久野村, 小野政吉土井亀吉関口三郎次相田貞吉北山清次郎野中源蔵の十七名, 小野政吉岡田孝吾谷元八栗原宰次郎その下流, 小野政秀さまのわすれがた, 小野救済カンパを起し, 小野文右衛門という人, 小野昆虫跳ぬるだに, 小野時兼なる美男, 小野暁台という篤学, 小野有香横田兵馬の諸君, 小野朝右衛門の倅鉄太郎, 小野朝右衛門高福の次男, 小野朴翁という老人, 小野村万年寺の祐堂, 小野東人らが皇太子, 小野松二君にはぢめ, 小野松二氏の功蹟, 小野校長も先生, 小野梅舎をし, 小野梅舎至自江戸, 小野梓先生高田早苗先生の大, 小野か肥田様, 小野横田お澄さん, 小野櫟翁の弟, 小野次郎右衛門をその, 小野次郎右衞門ですね, 小野次郎左衛門事神子上典膳が一, 小野正治という典型的, 小野正治先生は講堂, 小野武夫小田内通敏牧口常三郎などという人たち, 小野武夫氏田村栄太郎氏森嘉兵衛氏等には尊敬, 小野氏これに加わり, 小野氏彦も津時成, 小野氏彦たちとも滞京中, 小野氏彦津時成紀秋茂大伴曾良伊予道雅などといった顔ぶれ, 小野氏清というの, 小野治郎右衛門先生の高弟, 小野治郎右衛門様をしらぬ, 小野治郎左衛門忠常が小野派一刀流, 小野津田三吉の労働幹部, 小野津留小鶴などがそれ, 小野派一刀流伊藤典膳忠也が忠也派一刀流, 小野派一刀流切り紙以上なお甲源流, 小野派一刀流指南役左分利新十郎, 小野派一刀流熊野三斎の高弟, 小野派一刀流真の構え, 小野派一門の恥さらし, 小野派三代目忠雄の高弟, 小野派下段の型どおり, 小野派乱行の斬り, 小野派宗家の道場, 小野派忠也派憲法の吉岡流, 小野派流の気合, 小野派開闢以来のこと, 小野の流れ, 小野之丞といふ, 小野清三式になる, 小野清作は陸軍病院, 小野満テナーサックスの松本英彦, 小野看の, 小野潤平が死んで, 小野熊次郎横塚治三久小曽根信吉, 小野玄妙博士がこれ, 小野玄妙君会津八一君その他の人々, 小野甫邦に学んだ, 小野秀徳の養子, 小野秀雄氏は最近時潮社出版, 小野節さんの口, 小野節二家の説, 小野組ヨリ入社セリ一万株即チ一百万円ハ諸君ニ応ジ分割スベシ, 小野組渋沢三野村などの第, 小野維幹紀淑人などはいく, 小野朝臣が, 小野臣大樹が斬りおわる, 小野自身だったの, 小野良実の居城, 小野蘭山これを, 小野蘭山口授の, 小野蘭山時代頃よりし, 小野蘭山自筆の掛軸一個, 小野蘭岳のひらきました, 小野蠻國にし, 小野とかいわれ始めた, 小野である, 小野の声, 小野遅いじゃない, 小野道悦は蘭門, 小野道秀の末期養子, 小野郎女亦名, 小野金次郎君だった, 小野鉄次郎がいた, 小野頼風の妻化, 小野鵞堂の書風, 小野鵞堂さんの字, 小野鵞堂先生の人気, 小野鵞堂流というの