青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「小説~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

小山~ 小川~ 小林~ 小柄~ 小次郎~ 小生~ 小田原~ 小舟~ 小言~ ~小説
小説~
小路~ 小野~ ~小鳥 小鳥~ ~少々 少々~ ~少い 少い~ ~少く 少く~

「小説~」 16277, 169ppm, 620位

▼ 小説~ (3021, 18.6%)

258 書いて 116 読んで 61 かいて 45 書いた 37 書くの 34 書こうと 30 書くこと 24 よんで 23 読むと 19 讀んで 16 書いたこと 15 書く 14 書きたいと, 書くと, 書くという, 書くよう, 読んだ 13 書くため, 書くに, 読んだこと 12 お書き, もって, 書いたり, 書かうと, 発表した 11 愛読し, 書いたの, 書く時, 読んだり 10 書く人, 読むこと 9 書かねば, 発表し, 私は 8 書いた時 7 かきます, かくよう, 書いたと, 書いても, 書きはじめた, 書くか, 書く場合, 書けば, 読むの, 連載し 6 かいたの, 持って, 書かなければ, 書くには, 見て 5 かいた, かいたり, かくという, よむと, 作るの, 書いたばかり, 書きつづけて, 書きながら, 買って

4 [27件] お読み, かきました, かくもの, よみました, よんだ, よんでも, 出して, 愛好する, 手に, 書いたが, 書いたという, 書いては, 書きかけて, 書くとき, 書く上, 書く事, 書く女, 最上の, 熱心に, 発表する, 見れば, 読む, 読むとき, 読む場合, 読んだとき, 読んだ時, 非常に

3 [43件] かきたいと, かきはじめた, かくの, よみながら, よむ, 作って, 作ること, 作るという, 例に, 勉強し, 愛読した, 批評し, 書いたから, 書いたって, 書いた人, 書いてると, 書かうといふ, 書かうとして, 書きだした, 書きて, 書きはじめて, 書き出した, 書き出したの, 書くつもり, 書くので, 書くのに, 書くほどの, 書くやう, 書く前, 書く気, 書く男, 書く練習, 書けと, 書こうという, 材料に, 考えて, 耽読した, 読ませて, 読むに, 読むもの, 読むよりも, 謎ときゲームとして, 軽蔑し

2 [164件] あさって, いくつか, うむこと, お描き, かきその, かき出したという, かき出したの, かくこと, かくと, かくとき, かくよりも, かく佐々伸子, かく場合, かけと, かこうと, かして, つくる技師, つづけて, のせること, のせるよう, みても, よむこと, よむよう, 一つだけ, 一つ書い, 一冊贈る, 一言に, 主張し, 仕上げて, 企てたその, 伸子は, 作つてゐる, 作るを, 作る上, 作れと, 依頼し, 借りて, 全部燃した, 前に, 厭に, 取り出して, 右の, 同時に書い, 執筆し, 執筆する, 好む, 好んで, 如何に, 小説で, 思い出した, 意味する, 愛讀し, 愛讀する, 手法的に, 押し当てて, 持つて, 指して, 推賞し, 日本の, 普通の, 書いたからと, 書いたかを, 書いたつて, 書いたといふ, 書いたとき, 書いたところ, 書いた二人, 書かされそれ以来, 書かせたら駄目, 書かないで, 書かないの, 書かなくては, 書きあげたら変, 書きたいという, 書きたい気持, 書きたくなる, 書きつづけた, 書きつづける, 書きとおした, 書きはじめたの, 書きはじめる, 書きました, 書き上げて, 書き出した頃, 書き出して, 書き始めたの, 書き戯曲, 書き終ると, 書き詩, 書くだけ, 書くほど, 書くもの, 書く以外, 書く修業, 書く傍ら, 書く外, 書く気分, 書く為, 書く私, 書く者, 書けとか, 書ける筈, 書こう, 書こうとして, 書上げ, 朝昼晩朗読する, 模倣し, 殺して, 毎日一囘づゝ書い, 比較し, 特にきわだたせる, 猥セツ文学と, 生み出して, 生み又, 生むに, 生活の, 生涯の, 発表したら, 相変らず, 紹介する, 組み立てて, 美術品の, 翻訳し, 耽読し, 胸に, 能く, 芸術として, 著わし, 見ると, 見るに, 読まれて, 読み, 読みすぎる連中, 読みはじめた, 読み出した, 読み耽って, 読むかい, 読むたび, 読むという, 読むとか, 読むなら勉強, 読むよう, 読むより, 読む人, 読む位, 読む奴, 読む時, 読む機会, 読めば, 読んだから, 読んだだけ, 読んでから, 読んでは, 読んでも, 讀むやう, 讀む内容, 讀んだこと, 讀んでも, 貧困に, 買つて読む, 通俗小説と, 連載する, 閲読す, 題に

1 [1365件 抜粋] あくまで完成, あまり嚴格, あるいは好評, いかに書く, いつも読ん, いまわたしたちが, うけるよう, うまく説明, おくった, おもしろくし, お出し下さい, お手本に, お書きなさい, お考え直し, かいたが, かいたでしょう, かいたら送り玉, かいた元隆章閣, かえって一定, かかして, かかないこと, かかなくなった心的機微, かきたいこと, かきたいわ, かきつづけて, かきはじめたの, かきはじめた頃, かきはじめる真実, かきますたのしみ, かき今, かき出したよう, かき出すの, かき始めたの, かき終ったの, かき詩, かくからと, かくこつ, かくつもり, かくに, かくので, かく人へ, かく勉強, かく婦人, かく心, かく朝子, かく者, かけたこと, かって, きらいだ, くだらないとは, ここで, こつそり企てる, こねながら, さがして, しあげた, しみじみ読ん, そこまで, それこそ, たくさんかいた, たのまれたおかげ, つ, つくった事, つくるよりも, つくろうと, とざした後, とりいだして, どう思います, どんなにパッション, にっぽん一だ, のこした, のせなくなった, のせるの, のべつに, はさみその, はじめて読んだ, ひとに, ふとんの, ほめた事, まさにこの, まとめて, みっしりと, みるのに, めぐつて, もらいに, やめたという, ゆっくりかきたい, よく見れ, よそに, よみその, よみふけって, よみ始めました, よみ空想, よむという, よむほどの, よむ所以, よめば, よろこんで, よんだり, わざわざ嘘, アルバイトとして, ゲームと, チャンバラと, デフォルメだ, ドシドシ読ん, フィリッポ・サツキという, 一つと, 一つの, 一つ引き受け, 一つ書き文芸時評を, 一と, 一二冊訳し, 一册持ち出し, 一種の, 一篇書こう, 一行一行よんだ, 一読過せん, 一通り読ん, 七篇も, 三つ書いた, 上手に, 世に問, 中心と, 主に, 予想した, 二つ新聞社の, 二つ通読した, 二三冊彼に, 二三册買ひ求めた, 二人で, 五つ六つ書いた, 五十種ばかり, 今かき終った, 今更書い, 仕上げに, 他人の, 休載し, 低級な, 何も, 作ったこと, 作ったり, 作つたり, 作らしめん乎, 作らん時, 作り上げて, 作り得ること, 作ると, 作るには, 作る人, 作る度胸, 作る技術, 作る流行, 作る銀行家, 作者と, 例月載せ, 依頼した, 信頼した, 偽ること, 入れます, 全然読ん, 写すの, 出した, 出版し, 分担執筆させる, 初から, 制作した, 前の, 創って, 創作し, 劇化しない, 勃興させ, 勉強し始めた, 募集し, 勧めるやう, 十五篇ばかり, 卒業しない, 反芻し, 取つて表紙, 取上げ作者, 可なり, 吟味し, 味わった卑しい, 四月の, 執筆中だった, 売りながらも, 外にて, 多く引用, 多く読ん, 夢にまで, 大衆文学という, 大道に, 女を, 女学校に, 好みしなり, 始めから, 始めること, 始める人, 学ぶべく東京, 完成させる, 実際書く, 寄稿した, 小説の, 少しづつ, 少し翻訳, 山上が, 平淡無味な, 広義に, 引きぬく, 引っくら, 引受けなければ, 強要され, 当然の, 彼の, 律する尺度, 得るのみ, 御書き, 復刻する, 心に, 必ず出版, 志す人, 忠実に, 思いだしちまった, 思い出さずには, 思い出したの, 思い起こした, 恐しいもの, 悦んで, 想像し, 意圖し, 愛する, 愛好される, 愛読しない, 憧憬れ望ん, 懸賞募集した, 戯曲に, 手本に, 投げだした人, 投稿し, 拝見し, 拾い読みしてる, 持ち瀧田氏, 指した物, 捕物小説の, 探偵小説でない, 掲げて, 掲棄した, 描こうと, 提供する, 提唱する, 損わ, 收めた, 改革する, 数人の, 文芸推薦の, 方法論的に, 昔ながらの, 時々, 書いたけれど, 書いたであろうか, 書いたばかりに, 書いたらそれ, 書いたら次に, 書いたシーン, 書いたフロオベェル, 書いた十二時頃, 書いた小林, 書いた思ひ出, 書いた木村曙, 書いた自分, 書いた頃, 書いてるとか, 書いてるな, 書いてるもん, 書かう, 書かしめる魅力, 書かずゆ, 書かせて, 書かせる直接, 書かないかも, 書かないとき, 書かなかったという, 書かなかった為, 書かなきゃあ, 書かぬこと, 書かれたし, 書かれたの, 書かんと, 書きあげて, 書きかけで, 書きすぎる, 書きその, 書きたいといふ, 書きたい位, 書きたかつた, 書きたくて, 書きたくならない方, 書きだしたの, 書きとばして, 書きながらも, 書きなほ執筆, 書きに, 書きはじめたそう, 書きはじめた時, 書きはじめてから, 書きまさに, 書きますため, 書き一年, 書き上げたな, 書き上げるくらいの, 書き出さうかしら, 書き出したこと, 書き出してから, 書き初めるの, 書き始めた探偵作家, 書き始めた時, 書き始めて, 書き度, 書き或は, 書き損ねて, 書き終, 書き終つて後, 書き続けなければ, 書き綴って, 書くかな, 書くこと以外, 書くだらうだの, 書くとは, 書くならただ, 書くなら正々堂々, 書くについても, 書くばかり, 書くべきだろう, 書くよ, 書くん, 書く人達, 書く以上, 書く勇気, 書く場合事實, 書く小説家, 書く心持, 書く戯作戯作, 書く技術, 書く準備, 書く積り, 書く筈, 書けそして, 書けないだろうと, 書けなかつたと, 書けばいいん, 書けるよう, 書こうため, 書こうとしても, 書こうなどと, 書こうなんど, 書續けて, 最もゆたか, 月評家が, 朗読する, 未だし, 本気で, 杓子定規の, 棄てて, 構想し, 標準に, 機會に, 欲求する, 歎き, 歴史的に, 毎日少し, 求むるもの, 油汗に, 流行させた, 片っ端から, 物知り顔に, 特に好き, 特色づける, 理解し得る, 甘, 生む程, 生彩を, 発表され, 発表しよう, 発表せられた, 發表しました, 目ざして, 相当の, 真似た, 知つてゐる, 研究なされた, 破り捨てた, 破壞, 立案する, 等閑に, 紹介せられた, 組み立てさせれば, 結んで, 絵画的表現だ, 続載し, 綴りはじめて, 編むも, 續けて, 翻訳する, 考えたの, 考える, 考え考えそこ, 考へる, 耽讀, 職人芸だ, 育て得られるか, 脚色した, 自分が, 自分でも, 自然思い合わせ, 芸術の, 茶の間で, 著わさ, 見たり, 見つけました, 見のがすこと, 見るが, 見出す敏感, 訳したの, 註文し, 試みて, 語つてきかせる, 読まされたあと, 読まざるもの, 読ませるには, 読まない婦人, 読まない読者, 読まねば, 読まれますか, 読まれ終戦後, 読みかけたん, 読みさしてこくり, 読みそのまますやすや, 読みたい衝動, 読みながら, 読みは, 読みはじめるの, 読みましたか, 読みますか, 読み亭主, 読み初めた, 読み慣れた人, 読み江戸趣味, 読み終せること, 読み続けて, 読み耽るよう, 読むかしらん, 読むであろう, 読むなんて, 読むはず, 読むを, 読む人たち, 読む内容, 読む暇, 読む理由, 読め, 読もうでも, 読んだある, 読んだがね, 読んだと, 読んだところ, 読んだので, 読んだよ, 読んだらね, 読んだ事, 読んだ感想, 読んだ真面目, 読んだ者, 読んでさえ, 読破する, 論ずるが, 論文を, 讀ませても, 讀みはじめました, 讀み出した, 讀むか, 讀む内, 讀む氣, 讀終つた, 貶めるつもり, 超えて, 載せるという, 載せ硯友社, 追ひかけ, 連想し, 連載した, 運んで, 選ぶ前, 重吉は, 閉ぢる, 闇から, 集めた短篇集, 離れたこと, 静かに, 頻りに考え, 飜訳し, 高めたもの, 高級な

▼ 小説~ (2892, 17.8%)

83 中に 58 中で 57 中の 28 ように 26 ような 18 話を 17 ことを, 文章は 16 面白さ 15 中にも, 主人公は, 方が, 方は 12 なかに, 一つの, 中では, 主人公に, 女主人公, 材料に 11 文章の 10 中へ, 原稿を 9 中から, 筋を 8 なかの, やうな, 中でも, 中には, 形式を, 筆を 7 なかで, やうに, 上に, 主人公である, 主人公の, 形で, 方で, 読者は 6 ことに, 上で, 世界を, 主人公が, 作者が, 創作に, 大部分, 真使命, 種に, 筋の

5 [20件] うちに, ことが, ことは, ために, なかには, 世界は, 作家が, 作家として, 使命は, 型を, 場合に, 場合には, 好きな, 形を, 挿絵を, 材料には, 構想を, 構成の, 筋は, 類は

4 [14件] うちで, つもりで, 世界に, 作家としては, 作者は, 型に, 場合と, 最後の, 真似を, 終りの, 翻訳が, 興味の, 題は, 題材に

3 [62件] あるもの, おもしろさ, こと考え, ための, テーマは, トリックの, トリックを, 上では, 上の, 世界から, 世界では, 世界へ, 中にでも, 人物は, 仕事に, 作家の, 作者に, 依頼を, 価値が, 全體, 内容を, 冒頭に, 冒頭の, 名も, 名探偵, 問題が, 地の, 堕落が, 場合では, 場合は, 外に, 如しと, 完成を, 形式で, 形式に, 影響を, 描写の, 方も, 方を, 明るさ, 書けぬ小説家, 最後に, 本質, 本質に, 材料と, 校正者か, 様な, 流行は, 真価は, 第一回, 筋が, 製作に, 要求が, 話に, 話は, 読者という, 趣向を, 部類に, 題材と, 題材は, 類に, 類を

2 [189件] ある事件, うちにも, こと, ことだ, ことで, ことである, ことです, ことについて, ごときは, すべてが, それとは, たぐいは, たねに, ためだ, なかへ, ひとつの, ほとんど全部, むずかしさ, もつ独特, やうだ, ようです, ようには, エピロオグの, スタイルを, テーマが, テーマと, トリックとして, トリックとは, トリックに, トリックは, ヒントをまで, フィクション性を, 一つも, 一冊も, 一冊を, 一節が, 一節としては, 上にも, 下位に, 下手糞な, 世界で, 世界の, 中での, 中にさえも, 中にまで, 主人公と, 主人公も, 主人公を, 主体を, 主題が, 主題は, 事は, 人間は, 仕事こそ, 他に, 会話と, 会話の, 伝統の, 作家は, 作者だ, 作者にも, 作者や, 価値も, 価値を, 全体の, 出版と, 分野に, 初めの, 到底企及, 前に, 創作を, 効果を, 勉強を, 危機, 可能性を, 名に, 名は, 名を, 問題は, 在来の, 域を, 場合これを, 場合だ, 場景の, 場面が, 売れ行きに, 多くは, 如きは, 妙味が, 存在を, 定義が, 広告の, 底に, 形に, 形式は, 必然の, 悪口を, 意味が, 意欲, 愛好者に, 愛読者だった, 愛読者である, 愛読者は, 感傷的な, 手法に, 技巧, 技法に, 持って, 文体が, 文章が, 文章では, 文章という, 文章には, 文章ほど, 文章も, 文章を, 新人に, 方へ, 書き方が, 書けない男, 書けるわけ, 最後を, 末尾には, 本の, 本を, 本来の, 本質が, 材料として, 楽しさ, 構想は, 構成を, 構造の, 歴史に, 氾濫に, 準備も, 犯人の, 犯人は, 発達に, 真の, 真似なぞを, 真実, 神秘は, 種は, 第一, 第一課, 筆致は, 筋でも, 筋として, 筋書ばかり, 範囲に, 精神は, 素晴らしく巧, 結末に, 結果として, 結構を, 続きもの, 続きを, 綴じあわせを, 美しき伴奏, 背景と, 背景は, 脚色である, 脚色を, 腹案を, 芸術的価値を, 著者の, 表現は, 表現技術について, 衰頽と, 要素としての, 要領では, 話, 話も, 読後感を, 読者です, 読者に, 読者には, 趣向が, 道の, 選を, 部門に, 限界が, 面白味は, 領域に, 題なんて, 題材として, 類が, 類である, 鼻祖である

1 [1507件 抜粋] 〆切は, あとは, あれこれの, いちばん最初の, うえで, うえの, おしまいに, お宮を, お話を, かたわら詩を, けいこを, ことお, ことであっ, ことと, ことひろく, ことゆっくり, こと御, こと賛成し, この不自由さ, ごときもの, しまひ, すじが, せぬ由, それでひどく, たぐひのやうな生来浮浪性, ためには, つもりだったら, できた動機, どこにも, どれかを, なかだつた, に比べれ, はじめの, ひとがね, ほうに, ほか評論, みといつたのは, もつスリル, やうです, やみじあい, ようか, ようと, よきこと, よみかたに, カテゴリーを, コツだ, シリーズ物などを, ジャンルとしての, スタイルは, ソーンダイク博士では, タネにでも, ダイゴ味は, テーマなんか, テーマ心に, ドンドンの, ハメ手, ファンとしての, プランを, プロットを, ポイントが, ミステリー的部面の, モティーフが, モデルに, ヤマな, ヴァン・ダイン流の, 一つである, 一つを, 一タイプである, 一回分は, 一形式として, 一歩前進を, 一節だ, 一編あまばやの, 一部に, 一齣一齣の, 三分の一を, 上でも, 上乗の, 下手な, 不振とか, 世に, 世界だの, 世界として, 世界にとって, 中だつた, 中などには, 中を, 中心地である, 主人公でない, 主人公という, 主人公には, 主人公らしい洒落れ, 主人公下士官ブリシベエフ的な, 主人公長井代助の, 主張以來書い, 主題と, 亂讀によ, 事など, 事ひろく, 事実が, 二大, 人々の, 人物と, 人物をも, 人種に, 人間的な, 今後の, 仕舞の, 仲間入を, 会話は, 伝統なり, 体裁だけ, 何処に, 作りごとでございます, 作中人物は, 作家だ, 作家では, 作家には, 作家尾崎一雄を, 作者から, 作者たちは, 作者には, 作者仲間では, 作者物語の, 使命の, 価値については, 俄作りの, 俗語の, 個性をも, 偶然論は, 傑作は, 傳統を, 傾向として, 優れて, 元祖ポー以来百十余年の, 全く新しい, 全部に, 八割までが, 内容と, 再評価, 冒頭は, 処女作である, 処女地である, 出来る順序, 出現する, 出現によって, 刃は, 初期である, 到るところ, 刺戟的な, 前途について, 創作も, 創作水準に, 功徳という, 勉強だ, 動機について, 勢力, 匂を, 十一月一日の, 単行本が, 単行本を, 却つて歴史よりも, 原始的な, 原稿です, 原稿料の, 原著を, 取り扱, 叙景もしくは, 口絵を, 古典とも, 可能性の, 史跡を, 同人雑誌としては, 名手葛西善蔵氏は, 味を, 唯一の, 問題と, 善本を, 嘘で, 嚆矢とは, 回答篇を, 国民に, 在らしめて, 型である, 埒外である, 基本概念に, 場合あらかじめ, 場合であっ, 場合尠く, 場面に, 場面を, 変装という, 多くも, 大ファン, 大作に, 大半を, 大家と, 大本の, 大阪弁は, 好作, 如きも, 如き遊戯, 如くす, 如くである, 如く俗, 如何に, 妙趣向が, 姫君だって, 存在の, 安易さは, 定義を, 実在性という, 実践に, 宮本武蔵の, 宿命が, 寵児エドガー・ウォーレスの, 専売特許では, 小ぢんまりした, 小鬼共, 尺度で, 常夏草紙と, 常識では, 年です, 幾つかの, 底は, 弁明を, 弱さ, 形と, 形式として, 形式をも, 影響が, 役目は, 後半の, 御利益は, 心に, 必要という, 思想であり, 思想性を, 性格を, 恐るべき流行, 悪夢に, 悪評が, 情景を, 意表に, 愛好者が, 愛読者だ, 愛読者です, 愛読者に, 態度は, 懸賞募集を, 成功する, 所謂読後感を, 手法においても, 手腕を, 批判性や, 批評について, 批評を, 技法は, 技術という, 技術的方面の, 拘束が, 持つ怪奇, 挿画で, 挿画みた, 挿絵とか, 探偵小説らし, 描写に, 提唱を, 插画に, 支柱に, 数は, 数章とを, 文を以て, 文壇である, 文章と, 斜め読みが, 新しい型, 新しい発想, 新味を, 方だけについて, 方に, 方へも, 方程式を, 方面にも, 日常性に, 日課を, 映画化が, 映画化戯曲の, 時は, 時期の, 書いて, 書かれた時代, 書きかたに, 書き出しなどを, 書き掛け, 書く現実, 書けないこと, 書ける, 書ける見込み, 書物とが, 最も成功, 最初から, 最終の, 朗読に, 朝子の, 未来に, 本が, 本らしかった, 本当の, 本旨が, 本流とまで, 本舞台, 本質は, 本質的興味と, 本領だ, 枝葉に, 某大家, 根本的な, 根本興味は, 梗概を, 概念に, 構想にばかり, 構成とを, 構成についてのみ, 構成は, 構成原理は, 構造が, 様式も, 標準より, 模範と, 欄で, 欠点の, 正に, 正道を, 歴史などには, 殯殿に, 母胎は, 気品を, 永続的な, 沈滞に, 派を, 流儀に, 流行の, 深い芸術, 源流は, 濃厚な, 為に, 爲に, 片隅にさえ, 特色だ, 特質である, 犯罪事件は, 独自の, 独自性を, 王座に, 現れなかったという, 現状に, 生れる理由, 用件で, 男の, 異境に, 発端で, 発表を, 発達には, 目ざすもの, 目鼻の, 相違天分とか, 真価値, 真面目なれ, 眼で, 知識を, 研究から, 破壊者である, 社会性と, 祖は, 神聖を, 科学的利用について, 種, 種には, 種類が, 稿料に, 積極性と, 空想に, 立場が, 端の, 第一囘, 第一章, 第二作, 筆が, 筆者なら, 筋で, 筋などを, 筋や, 筋書や, 範とも, 範疇に, 精神個性の, 約束から, 約束は, 素材として, 紹介である, 終るところ, 結びには, 結末であった, 結末の, 絵で, 続稿, 綴り手である, 編輯者に対する, 繪物語で, 群像中でも, 翻案であった, 翻訳と, 翻訳は, 翻訳本だ, 耽読時代であった, 肌合いが, 胚胎せられた, 脚色だ, 腹案四五篇に, 自然は, 興味は, 舞台であり, 舞台の, 舞台面として, 芸術に, 芽を, 英訳を, 草案の, 著作権から, 蔭に, 行列を, 行詰り云々, 衰頽大衆文芸の, 要素は, 見本とも, 解体が, 言葉で, 計画の, 註文が, 評価は, 試みで, 話から, 話なぞは, 話や, 誕生についての, 誤字を, 読者から, 読者といふ, 読者側にも, 論, 謎も, 講釈は, 讀者, 貧困, 資料を, 趣味を, 跋扈する, 身体の, 輪郭と, 近親について, 通りだ, 進展の, 運命は, 道に, 違ひ, 部分, 部類には, 重要な, 鑑識にかけては, 長短に, 開山バルザツクは, 間にも, 限界の, 隆盛は, 雑種児文章で, 需要も, 非完結性, 面に, 面白い点, 面白味という, 頁から, 領域から, 題, 題と, 題の, 題名が, 題名は, 題材としての, 題目が, 類で, 類ひ, 類生れ出でたり, 飜訳くらい, 飜訳を, 食ひ, 高級化説岡田三郎氏の, 鬼江戸川乱歩先生から, 魅力が, 魅力を

▼ 小説~ (1306, 8.0%)

20 になる 13 というもの 9 だった, の方 8 である, といふもの, はその 7 だ, だと, になろう, の, の中 6 にし, は自分 5 がその, だから, であること, ではない, のよう, の長谷川, は詩人, や詩人

4 [13件] が己, たらんと, であると, のこと, のところ, の作品, の友人, の小説, の空想, の観念, は, はこの, は常に

3 [23件] がある, だが, だつた, で, であるが, ですよ, としての氏, としての私, と云, になっ, になった, になれ, の名前, の從兄, の戸浪三四郎, の手, の書く, の生活, は一寸話, は何, は小説, は誰, や戯曲家

2 [86件] あの詩人, が, があつ, がみんな, が人間, が千年一日, が小説, が戯曲, が自分, だけあっ, だとは, だね, つよい意志, であった, であって, であつ, であるといふ, である私, では誰, で戯曲, という者, としての人生, としては珍, として有名, として立っ, として許す, とならん, となり, となる, と同じ, と名, と自分, と言われる, などはテエブル, なの, なら, ならば, にした, にしよう, につき, にとっ, にとって女心, になり, になりたい, になりたかった, になれる, には何, にも詩人, に与ふ, の一行, の主人公, の人見良吉, の創作行動, の名, の小栗桂三郎, の心得, の書いた, の書斎, の本道, の正宗白鳥氏, の注意, の無力さ加減, の父親, の眼, の立場, の筆, の頭, の高山, はこれ, はそれ, はやっぱり, は人間, は如何なる, は小説家, は山師, は滑稽, は眼, は神経衰弱, は自己, もマルクス, や批評家, よ, らしく澄んだ眼, を兼業, 必ずしも名, 若くは

1 [851件 抜粋] ありけり, かさ, かでなければ, から人間, か探偵みたい, があります, がいくらか, がいるでしょう, がこの, がこの間, がこんな, がすわっ, がそこ, がそれら, がだんだん, がと小説家, がない, がはつ, がひよつくり訪ね, がふと, がみな, がシナリオ, がソヴェト, がバカバカしく, が並ん, が云っ, が人情, が仕事, が何, が來, が修業, が出たら, が出なかった, が刑事事件, が原稿, が吉原, が同一, が喋った, が大, が奇怪, が嫌ひだ, が小説的, が居る, が彼, が恐らく, が戀, が或, が晩年, が来, が架空, が毫厘, が生半可, が社会, が空想, が答えた, が紙, が絶えず, が自作, が記載, が詩人, が質問, が違います, が雪, が頓狂, こう並べる, それから英文学, たり且思想家, たり詩人, たると, たる一面, たる先生, たる宮崎, たる覚悟, たる貴下, たる過去, だけに影響, だけに文章, だそう, だったって, だったん, だつた独歩, だとか, だの詩人, だらう, だ甘く, って頭, であ, であったこと, であった場合, であっても, でありアルスナル図書館長, であるあなた方, であるから, であるという, であるなら今時駆出し, であるの, であるもの, である以上, である誰々, であろう, でおい, でここ, でしたか, です, ですからという, です真犯人, でで, でないから, でないこと, でない我々, でない私, でなければ, ではなかっ, では久保田万太郎氏, では無い, では里見, では頭, でもあるらしく, でもそいつ, でも好き, でも屑, でも詩人, で一人, で劇, で大家, で愛書家, で真実, で芸術批評家, で非常, というもん, という人たち, という商売, といえ, といふの, といふ者, とかいふ者, とかの翻訳, とか詩人, ときく, としてたたき込んだ, としてねばりとおさなかった, としてのキヤリーヤ, としてのポオ, としての一戸, としての円熟, としての博士, としての地位, としての売り出し, としての川田氏, としての才能, としての文壇生活, としての目下, としての立派, としての経歴, としての藤村, としてはそれ, としては当然, としては未成, としては縦令, としてまた, としても, としてやう, としてゴロゴロ, として一面, として何, として働きはじめる, として名声, として或は, として採用, として曾, として欠ける, として法律, として知られ, として私, として立つ, として立派, として美事, として自分, として非常, とちがっ, とではその, となった, となろう, とに挨拶, との別れる, との関係, とは吾, とは言, とは限らない, とも政治家, とや, とを区別, と世, と二人, と呼ばれる, と女装, と比較, と理論家, と異, と答えた, と自任, と違っ, なぞにならん, などがもつ, などという者, などと云う, などにかける, などのもの, などの推理, なども本質的, などを見たがる, など存在, ならねば, なり戯曲家, なるを, なんかには此の世, なんぞの道楽商売, なんぞは物, なんてそんな, なんてひどい, なんてへもの, なんて人々, なんて私, におなり, にきれい, にそれ, にでもがある, にとってはこの, になつ, になつて, になつて奈何, にならない, になりたる, になります, になり得る, になれれ, にはどうも, にはならぬ, にはよそよそしく, には其, には叶, には真, には都会, にほん, にもそれでは, にも実に, にも漠然と, にも非, によって採用, に云われ, に到底, に向い, に対する最大, に小城魚太郎, に惚れ, に書かせました, に求めた, に特に, に皮肉, に秀, に籍, に紹介, に考え, に語つた所, に説明, に逆戻り, に違い, に限られた, のいわゆる, のかく材料, のそば, のそれ, のつつましく, のねがいだ, のばか, のみに限った, のやう, のアダルベルト, のグループ, のコース, のヘンリー・ジエームス, のベルゴット, の一人, の上原さん, の上司小剣氏, の主張, の二人, の云った, の人々, の人見さん, の任, の余技, の使う, の俳句, の倅金時計, の倉橋君, の先生, の内部, の創作, の十種, の収入, の口, の同伴者, の哀れ, の問, の国, の坂部健作, の夜霧, の夢想, の大半, の奥田林四郎, の好む, の宇野氏, の実力, の小さい, の小林多喜二, の小田策, の川野, の巣, の幻想, の当然, の役割, の悪い, の想像力, の愛人, の戸浪三四郎さん, の描く, の数, の数多く, の新作小説, の曾祖父, の末路, の林生理学助教授, の林芙美子, の某氏, の梅野十伍, の楢原氏, の機嫌, の武器, の死, の気に入らない, の泰斗, の淵叢, の煩, の父, の玄竜, の生きる, の田村俊子, の甲賀三郎くん, の病気, の目的, の真, の眼識, の端くれ, の群, の群れ, の考え出した, の肩, の胸, の自殺, の荒尾角也, の著す, の見方, の覚悟, の詩, の説明, の責務, の輩出, の追従, の連中, の部屋, の雄, の顔, の驚くべき, はあくまで, はあの, はうなづいた, はしばし, はじろりと, はすっかり, はそこ, はそれ以来, はたちどころに, はだいぶ, はといふ, はどう, はどんなに, ははっと, はほれ, はまア, はもはや, はより一層, はゴヤ, はヤクザ, はロマン, は一寸立, は一種, は不平そう, は事実, は云い出しました, は低い, は何物, は何百年間, は其, は別に, は勢ひよく玄関, は吃驚, は命がけ, は咽喉, は女, は始めて, は存外, は学問, は実験, は小娘, は少かっ, は彼, は得意, は必ず, は悪魔, は感激, は手, は日本, は未知, は極端, は概して, は此, は決定論者, は泣かん, は特殊, は狡猾, は生物学, は生理学者, は科学者, は立, は第, は答えました, は素気, は自然法則, は血だらけ, は裕福, は言葉, は詩, は足下, は非, は顔, は髪の毛, ばかりで, ばかりでなく, もこの, もそれ, もやっぱり, もやつぱりさうだらうといふではないが, もよろしく, も世に, も亦, も多し, も戯曲, も書く, も来た, も見落し, も音楽家, やジャーナリスト, や彼, や新聞関係, や映画俳優, や画工, や評論家, よなどと言, よりとかく, よりも大学, より上, らしい, らしい処, らしい想像, らしい生彩, らしい里見, らしくなかった人, をうたがっ, をもっ, を以てベベル, を以て組織, を以て自任, を嗤, を宿命論者, を希望, を懸命, を捕え, を提調, を生ずる, を知っとる, を罵倒, を装つて, を覚え, を説い, 乃至詩人, 即ち今, 必ずしも適任, 或は画家, 新技巧派

▼ 小説~ (1250, 7.7%)

12 私の 6 他の, 作者の 5 書けない 4 十九世紀で 3 つまらないという, どれも, 人類の, 今年の, 出来ない, 小説として, 書けないわけ, 私に, 読んで, 読者の

2 [78件] あらゆる戯画, ある意味, あんなに私, いつも背のび, お好き, お嫌, この点, さう, さる田舎, そこで, その現代, それ自体が, たしかにある, もうこの, やはりわがまま, ロマネスクな, 一つも, 一応無限, 三面記事では, 世間の, 事体を, 京都の, 人間が, 人間の, 今までの, 今日の, 他に, 何うし, 何も, 何時が, 作者が, 俺は, 僕の, 元来, 全體, 劇薬です, 可能の, 嘘を, 固より, 型の, 多少にも, 大へん, 大抵この, 女が, 小説では, 小説と, 小説全体として, 島の, 常にその, 平然と書きのめし, 彼が, 彼の, 御読み, 徹底的に, 描かれた作品, 日本の, 明快適切でなけれ, 普通の, 書いて, 書きません, 本来オモチャに, 概して軽薄, 死んでは, 殆ん, 氏の, 泉先生逝去後机辺の, 活字として, 渠の, 特に婦人, 筋も, 続けら, 職業化する, 良心の, 読者に, 防犯の, 面白くない, 面白そう, 題が

1 [1031件 抜粋] あきらかに, あったが, あまくない, あまり読まない, あらゆる文芸, ありませんでした, ありゃみな嘘, あり得べからざる恋愛, あるか, ある地位, ある種, あれこれ濛々的文字の, あんまり繊, いかに事物, いくぶん啓蒙, いくらも, いつまで, いつもちゃんと落ち, いつ書く, いは, いまや呱々, いよいよ今後, いろいろあり, いわば一種, いわゆるモデル小説, おのずから解体, およそ面白い, かいて, かういふもの, かうなく, かかる事件, かきたくないという, かけない, かけなかった, かなり読んでる, きっと現在, きょうと, ぐんと張り切, こういうひどい, こうした要求, こうでなけれ, このさぞ, この三挺, この場面, この意味, この矛盾, この頃一つ, これからまだ百回, これが, これまで, これらの, こんどの, さうし, さらにうまい, しかし小さき, しばしばこういう, しまりが, すくなくともスタイル, すでに最初, すべて畫に, すべて若, ずるずるべったりに, せいぜい明治十七八年以前, そうとう特色, そう永生, そこん, そのころ, そのよう, その一例, その世界, その代わり, その作家, その冗漫, その後も, その構想, その肯定, その食える, それぎりですね, それだけ夢, それでお, それと, それは, それ式な, たいていは, たいてい私, たくさんある, たしかにイリヤード, たしかに俗衆的, ただあった, たとえ現在, たぶん五章, だいたいの, だいぶ取り入れられ, だめです, ついに成立, ついに書斎, つくづくすき, つまり現実, できても, ところどころ澄ん, とにかく読ん, どうしたい, どうだ, どうなつたい, どうも一度讀ん, どう云, どう考え, どこまでも, どのやう, どれだけの, どれを, どんなの, どんな構成, ないかと, ないの, なお文学, なんだいと, はじまつて, ひそかに, ひろくよまれる, ほとほと書く, ほとんど米英, ほんとの, まことに故障だらけ, まさにわが, まだそこ, まだ五章, まだ法則, まだ貧弱, まつたく獨得, まるで読者, みんな探偵が, むずかしいと, むつかしいとは, むろん皆そう, もうお, もうどうでも, もう三ヶ月ぐらゐで出来, もっと読みたい, もと, もとより多少纏った, もはや現代人, やがて父, やっと十八世紀, やはり小説, やや材料負け, よまないでの, よむし, よめるが, りつぱにその可能性を, わずかに, われながら, アカンと, イギリスや, インフレーション時代の, エンチヤンテッド・エプリル, カーの, グロテスクで, ジフテリヤの, ジャン・クリストフの, スバルで, センテイメンタルだ, ソーンダイク博士という, デーツキー・ドウムの, ナチスの, パズルの, ピンから, プロレタリア文学と, ボッカチオにまで, マーク・トウェーンの, レアリズムと, 一と, 一九三九年の, 一九二九年アメリカで, 一体何だい, 一個の, 一八四二年十一月に, 一冊千円で, 一寸も, 一度読んだら捨てられる, 一昨年花月の, 一片の, 一篇の, 一般にこれ, 一行の, 一見年寄り, 三一書房という, 三回に, 下品に, 不出来である, 中洲眞砂座に, 主人公が, 主要人物が, 久保田君にと, 事実を, 二三十回が, 二分の一ぐらいの, 二流也と, 云は, 五百が, 人生に, 人類が, 今なお, 今や立派, 今度も, 今日に, 今表題, 仲, 伸子が, 何が, 何の, 何んな, 何人も, 何時でも, 何等生活, 余程まえ, 作り話では, 作家が, 例の, 偽ること, 傑出した, 僅二十余年程, 先日月賦払ひで漸と, 全く一面, 全てであり, 公衆の, 凡て無駄である, 凡庸な, 出來, 出来ないという, 出発前に, 初期の, 割り切れる世界, 勉強で, 十九で, 十八世紀の, 千篇一律で, 単なる犯罪小説, 印刷全紙に, 原稿の, 又花, 古来わが国でも, 可能不可能の, 各々の, 同じく英雄崇拝的, 同志小林が, 唄いながら, 商品では, 嘗て流行, 国民的性情を, 地図と, 外の, 外地へ, 多かれ少なかれ神秘学的要素, 多く五ヵ年計画以前に, 夢と, 大したもの, 大人の, 大体半分で, 大変に, 大抵面白い, 大衆小説と, 大衆文芸の, 大體年代, 失敗した, 失敗である, 女の, 好まない, 如何なるもの, 娯楽雑誌だ, 嫌いである, 嫌ひです, 季の, 学者の, 完成する, 実にこの, 実は兄, 客観的であり, 家ごとに, 寛政頃まで, 寝室に, 専ら広い, 将来益々, 小樽で, 小説が, 小説すべてに, 小説に, 小説らしい, 小説作家によってしか, 小説生活は, 少かろう, 少しも, 少し色っぽい, 局外者の, 山師の, 己れ, 常に自分, 平語の, 幾つか, 建築家の, 強烈な, 当時階級運動に, 彼れ, 彼自身公言した如く, 後鏡といへ, 従来の, 徹頭徹尾観念的, 心理学と, 必ずしも史実, 必ずみんな, 必然的に, 思想の, 急所の, 悲しみの, 想像力を, 成り立たない, 成立しまい, 戦場の, 所謂意識の, 手前勝手すぎる, 持参しなかった, 探偵メーグレと, 探偵小説であろう, 探偵小説に, 探偵小説界の, 描けそう, 描写の, 支那文学の, 文字ど, 文学として, 文学の, 文学青年の, 文芸の, 新しくならね, 新聞小説としても, 日本で, 日本文壇にとっての, 日記の, 明治二十年代に, 昔の, 昭和二十年乃至, 昭和十九年三月から, 昭和十二年七月七日日華事変を, 書かず批評, 書かないだろうし, 書かなくとも, 書かれても, 書きたくないつもり, 書きはじめたものの, 書き得ないだろう, 書き直しと, 書けないたち, 書けないやう, 書けない自分, 書けぬ, 書けやしないよ, 書簡文とか, 最も現実, 最近数年来多数の, 有っても, 未完であっ, 本当の, 本物で, 本郷座式で, 来なくなって, 果してこの, 柳浪張りの, 格別普通は, 極く, 楽だ, 概して客観的, 構成する, 権力に, 歌舞伎劇の, 止めました, 歪められた探偵小説, 歴史小説宗教小説教訓小説及び, 殆どなかっ, 比較的に, 求めて, 決して乾上り, 決して今, 決して安易, 決して書かれ, 決して誰, 沢山読む, 泉鏡花氏の, 洗練された, 浮世に, 消えて, 涙香の, 混亂だらけだ, 無心に, 物理学の, 特徴の, 犯罪という, 犯罪事件を, 現代の, 現実の, 理性的で, 理解され, 甚しく, 生きた人間, 生れない, 生れ得ないと, 生活の, 病理的あるいは, 発表され得なかった, 発表直後はじめから, 百頁から, 皆自由詩である, 目新しいとか, 相当な, 真面目で, 知的に, 短篇に, 碁や, 碁盤のうへに, 神経が, 私が, 私は, 私小説は, 科学書では, 第一, 第二部, 紅毛人以外には, 素晴らしいもの, 細かく言, 終りまで, 結ばれて, 結局日本の, 絵画と, 綴方と, 美妙斎の, 翻案だ, 背後に, 自分に, 自分を, 自然に, 自然主義的リアリズム化する, 至って好き, 芸術, 芸術であっ, 芸術に, 芸術小説の, 英米では, 虚しく然し, 行詰まっ, 表現する, 裏表紙に, 西暦千九百有七年支那では, 要するに人間像, 見るも, 観察と, 観照が, 解決篇までは, 言葉が, 評判ほど, 詩的精神の, 読まないですよ, 読まなかつた, 読みそう, 読むなかれ, 読む小説, 読む気, 読んだよ, 読んでも, 誰かが, 誰にでも, 論理的分析が, 謎ときゲームであり, 謎を, 讀んだ, 貧乏や, 賞を, 起稿し, 近頃日本, 通って, 通俗小説でなくっ, 通俗的興味の, 運命が, 郡山に関する, 重吉が, 量的には, 長く続く, 長ったらしくて, 長篇でなけれ, 間に, 闇の, 際立った処, 雑誌, 非常な, 面白いから, 面白いこと, 面白くなく, 革命的伝統を, 題なし, 馬鹿者が, 駄目です, 高級な

▼ 小説~ (1099, 6.8%)

43 出て 21 書いて 20 於て 17 して 16 筆を 12 なって 9 あるよう, 於ては 7 なるの, 於いて 6 かいて, しても, 興味を 5 うき身, なる, 就いて, 書いた, 書かれて

4 [11件] とりかかります, なつて, ならない, なると, よると, 對する, 就て, 描かれたり, 描かれて, 書かうと, 比して

3 [15件] なりそう, よく出, よりて, 力を, 及んだ折, 就いての, 心を, 手を, 於いては, 於ける地, 書こうと, 没頭し, 近いもの, 通じて, 非ず

2 [67件] あつて, ある様, ある話, おけると, かかれて, かく, かなり多く, こういうの, さへ, したもの, した中, しようと, するため, そういう事, とりいれたらと, ならない小説, ならぬ, なりにくい, なります, なるかも, なるという, なるよう, なる気, ひかれて, ふれて, パントマイムに, 一つの, 似て, 出ること, 厭いた代, 向って, 戯曲に, 托して, 持って, 描いたこと, 描き出されて, 於けるアメリカ, 於ける自然主義, 於ても, 書いたって, 書いたわけ, 書いても, 書きたいと, 書く, 書くこと, 書くと, 書くの, 最も欠け, 望みたいこと, 比べて, 気を, 求むる所, 没頭する, 滅び行く最後, 独特な, 独自の, 発表した, 登場する, 秉らんと, 移って, 組立てて, 縁の, 自身の, 読みふけって, 近づいて, 違ない, 首尾一貫を

1 [672件 抜粋] あきたらず寧ろ, あきたり, あったはなし, あったピン, あって, あなたと, あらざるなり, あらざれば, あらはる, あらわれた探偵, あらわれる素人探偵, ありますね, あること, あるの, あるらしい, あるわけ, ある伊豆, ある冥宮, ある医者, ある女優, ある巨盗怪賊, ある滑稽人物, ある物語, ある真, ある継娘, ある花柳情緒, いかにしばしばもちいられ, いちいち歴史, いつも御, いろいろな, うちはまって, うつり菊池, おいてと, おさせに, おわるであろう, お書きなさらない, かいても, かかります, かかる記事, かかれた当時, かかろうと, かきたい, かきたくて, かぎらず童話, かく婦人作家, かけなければ, かけるなら小説, かこうという, かぶれて, かような, からまつて, くっささりたい, くらべて, くわしいこと, この書きだし, この話, この類, これが, これを, こんな言葉, されその, した, したいと, したから, したこと, したつて, したら, したらと, した場合, しては, しないため, しないで, しばしば使われ, しばしば毒ゼリ, しばしば繰り返された, しろある, しろそう, しろどういう, しろなにか, しろね, しろ悪人, しろ探偵小説, しろ決して, し後, するつもり, するとして, するの, する奴, する目的, すれば, せずに, せずには, そのこころもち, そのまま出, その憂, それほど親しみ, そろそろ取りかかる, そんな固着, たとえると, つかって, つき, つづりて, とつて, とどまって, とられ手紙, とりあつかわれたトリック, とりか, とりかかつた, とりかかるつもり, どうにかし, どんな挿絵, なかなか優秀, なった, なったかを, なったの, なってるね, なってるゆえん, なにかの, ならないぞ, ならないと, ならないところ, ならなかった, ならんか, ならんかね, なりかけた刹那, なりかけて, なりさうな, なりますでしょうか, なります却って, なりませんか, なるか, なるだろう, なるだろうよ, なるならん, なるね, なるほどの, なるん, なる可能性, なる気づかいは, ひかれた, ひかれなければ, ひとつの, ふけりすぎて, ぶちあたること, または新聞, まとめあげん日, まとめた, まとめるだけが, まとめるには, まとめんには, みる郷愁的, むすびつけてしまつたのかどうも, もし今, もとめられて, やつた, ゆずッて, よく描き出され, よく書かれ, よく汽車, よく退屈, よったもの, よみ耽つて, イノチを, エイルヰンという, カブレちゃ, パリの, パリイの, プロツトは, リユウ・マルグの, レエモン・ラディゲの, 一人の, 一定の, 一律な, 三月三十一日の, 三角形の, 不適当, 与へられた批評文, 主たる題名, 之を, 事寄せて, 人生に, 人生の, 今一層, 今必要, 仕上げて, 仕上るしくみ, 仕立てて, 仕組もうと, 代つて, 代へ, 仮りに, 企て及ばないもの, 伝奇譚に, 似たもの随筆, 低圧電気による, 何行も, 余も, 使つたのと, 使われる, 使用せられた, 依り私, 依ると, 係るか, 傾倒し, 先刻から, 入るべきもの, 入れられぬ事, 具体化する, 凡兆が, 出したこと, 出した同, 出る主人公, 出る女主人公, 出来るだけ, 分類し, 分類する, 利用された, 到るまでの, 到達する, 刺戟を, 劣ること確実, 勧懲摸写の, 北極まで, 厭きて, 及ばざりき, 及ぼせばとて, 取りいれたその, 取りかかった, 取りかかったの, 取りかかる前, 取りかかる決意, 取り入れられて, 取上げて, 取扱うの, 叙され, 向け教養, 含まれて, 因んだ大衆性, 固まろうと, 圧倒せられた, 境遇を, 変って, 多くの, 大成功, 失敗した, 妻が, 安住自足する, 実際的, 実験的方法を, 宮本武蔵を, 家系を, 寄す, 専念する, 對し, 導入する, 尽きて, 展開させる, 属して, 工夫を, 師匠は, 席を, 平安朝の, 幾度も, 幾百回と, 形を, 形式は, 影響し, 従事した, 得た湿ッ, 心理の, 必要で, 必要と, 応募する, 応用されたる, 応用した, 応用せん, 思想が, 感奮し, 慣れた人々, 慰安を, 或る, 手がけた最初, 打込んで, 扱つても, 投稿なさる, 掛りきり, 探偵小説に, 接すると, 接近し, 描いたわけ, 描いた現実, 描いて, 描かれた丈, 描かれるべきたくさん, 描きたいと, 描くこと, 摸写せし, 敬意を, 新旧二様の, 於ける, 於けるそれ, 於ける作者, 於ける佳話, 於ける偶然, 於ける場合, 於ける如くまだ, 於ける少年工, 於ける構成, 於ける横光利一, 於ける浪漫主義, 於ける男女, 於ける美, 於ける自然派, 於ける要求, 於ける詩, 於ける超, 於ける限り, 昂奮しちゃっ, 時計の, 書いたこと, 書いたといふ, 書いたとおり, 書いたよう, 書いたりなど, 書いたん, 書いた時代, 書いてるだけ, 書かないかという, 書かれたり, 書かれた事柄それ自身, 書かれるか, 書かれるため, 書かれる人, 書きしこと, 書きし如き身の上, 書きそれから, 書き上げたいと, 書き現, 書き直す気, 書くそう, 書くそれ, 書くだけは, 書く人, 書く前, 書く場合, 書く方, 書けさ, 書けたら面白かろ, 書けるか, 書けるなと, 書こうかと, 本当の, 染めたという, 染めまた, 梶田半, 業平朝臣を, 極めて繊巧, 次の, 止まらず随筆, 止まると, 殊なる, 残酷なる, 比べると, 求めて, 沈潜し, 没入する, 没頭しよう, 活動し, 海を, 海事を, 深夜の, 煩らわしいほど, 熱中する, 片えく, 犯人が, 狂氣の, 猫の, 現れて, 現れる所謂人間性, 現れ出したの, 現われた犯罪心理, 現われた自然主義, 現われた音楽上, 現われて, 現を, 理想あらはる, 甘んじて, 用いる語彙, 用ひられ, 異ひなかつた, 當選し, 発見される, 登場した, 目覚めて, 着手去年十一月頃始め, 示した人, 移つたのも, 移りはじめて, 種本は, 立ち戻つて, 簡単な, 精進し, 精進しよう, 終らざるを, 終わらないこと, 終始し, 綴る有名, 纏めたの, 纏めて, 罪過説を, 美文に, 耽れば, 耽溺する, 肝心な, 自分等に, 至っては, 至るありとあらゆる, 至るまで, 菊富士ホテルの, 薔薇の, 蘇らせようと, 蟹が, 行きづまり, 行詰つたところ, 表れるよう, 西鶴の, 要求すべき, 見うける如く, 見たと, 見るやう, 親しんで, 親の, 言うこと, 訳筆を, 詳細を, 説明を, 読み耽ったの, 読み耽った後, 読み耽り可憐, 読み耽り自分, 読み耽り長男, 読み耽るやう, 読み耽る一人, 読む人, 諷刺的に, 謂はば, 謂わば, 讀み耽つて二三年間, 買い手が, 賭けた自己, 走る, 赴いたこと, 趣味を, 踏み止まったもの, 身を, 転身し, 転身した, 載せられた, 近いだけ, 近いところ, 近い心持, 近くなっ, 近くなった, 近づける高級化論, 近代小説の, 逃げ込んで, 進むより, 道を, 違いない, 違ひ無い, 選ばれて, 避け難い, 還って, 重点を, 野心が, 野心を, 長ずる大, 関係した, 関係は, 関心持っ, 限ったこと, 限って, 限らず上手, 限らず小説, 限らない, 限られて, 限ります, 限定されず, 随筆に, 隠れるという, 集注いたします, 非ざる地理学上, 面して, 音楽の, 頭を, 題するの, 飛びつき時として, 飽いて, 馴されて, 馴れ自分

▼ 小説~ (865, 5.3%)

22 ある 11 好きで 8 のって, 書きたい 7 あるの 6 あつた, 出て 5 発表された 4 あった, あって, 上手に, 書いて, 書けない, 書けないという, 書けるか, 発表され 3 あるが, お好き, 書きたくて, 書けないで, 書けないの, 書ける, 書けると, 書けるもの, 載って

2 [45件] あります, あると, かかれた, かきたいこと, かきたいの, かけるよう, とても好き, なかった, ふと汗まみれ, ユーモア新聞に, 一部の, 人に, 人間性に, 何と, 出たり, 出版され, 多いの, 多かった, 大好きで, 好きだ, 好きです, 存在する, 巧い, 当時の, 従来の, 急に, 文学の, 文芸である, 新聞に, 日本の, 日本人の, 書き綴られたとき, 書けそう, 書けないと, 書けないといふ, 書けなくな, 書けなくなったと, 書けなくなつ, 書けるのに, 有りうるの, 東京を, 流行した, 流行する, 賑かに, 連載され

1 [643件 抜粋] あったとの, あったなら千年万年, あったろう, あっても, あなたがたの, あなたの, あまりに心細い, あまり面白く, あらわれたの, ありその, ありますお, ありますか, ありますが, ありますゴールスワージ, あり作者, あり私, あるかといふ, あること, あるこの, あるだろうか, あるもの, あるやう, ある感, あれば, あれほど, いいの, いかに幼稚, いつも失敗作, いやで, いよいよ書き出せ, いわゆる恋愛もの, うまいの, おいて, おすき, おめ, お書け, お説教, かういふもの, かかれた生活経験, かかれましたが, かきたい, かきはじめられたの, かけたらと, かけないという, かけるとだけは, かける心, かなり盛ん, きっと強い, このドライブ, この時代, こもって, これに, これまで, これらの, ころがって, さらして, しち諄, じつは飢饉, すくなくとも十ヶ所, すぐ林田, そういつ, そうであった, そこまで, そのとき, そのなまなましい, その七五調, その世相複写, その傍観的, その嗜好, その悪, その本, その本質, それからどう, それほどに, それを, そろって, たくさん在ります, ただ定跡, たのしみの, だいぶん出た, だめに, つつましくしかし, つまらない, つまらなくなっ, できあがったら読まして, できた, できます, できるこう, できると, できるの, できるん, です, とにかく通俗小説, どうしたら, どうしても禁止, どうである, どうも書けなかった, どう変化, どっさり現れる, どびます, どんなに私, どんな意企, どんな風, なかったなら, なぜ戯作, なんだろう, にわかに退屈, のせられた, のせられて, のぼって, のりました, はじめて現れ, はじめて雑誌, はじめの, はびこり得るの, はやりはじめた, はやり明治, はやるの, ひととおり書いたら, ほしいわねえ, ほしき由, ほとんど発達, ほどなく半月, ほんやくされ, ぼつぼつあらわれた, まだ下手くそ, まとまりかかって, まともな, めい, めぐり合わせて, もう少しで, もし絵, もっとずっと書き, やっと本, ややも, よく云, よって, よまれて, よみたいこと, よみたいわ, より劣等, わからない, アメリカの, ギリシャの, クレリーの, ゲーテの, ゴーリキイの, シンプル君以後の, ジャーナリスチックに, ヘタクソだ, ヘタクソな, ホンヤク小説なら, ホーマーの, メシより, ラジオで, リアリスティックな, 一つ長い, 一座の, 一方で, 一時に, 一段と栄え, 一番僕を, 一番好きよ, 一番面白い, 一編加へ, 一般に, 一貫し, 一躍文学, 三つばかり, 三月号の, 下手な, 下手に, 下手クソだ, 下手クソであり, 世の中から, 世の中に, 世界し, 中央公論へ, 中途まで, 主人公と, 久しぶりに, 事実らし, 二つある, 二三の, 二十年前と, 二種ばかり, 云わば, 交って, 人情悲劇の, 人生に, 人間に, 今は, 今年は, 今日も, 今日屆きました, 他の, 代を, 仮に一歩前進, 何かに, 何十遍摺とかの, 作られて, 作られるので, 作家の, 來た, 俄然として, 偉大な, 偶然に, 偶然父の, 僕を, 先へ, 先天的に, 全く書けなかったら, 全部な, 全集の, 其の必然性, 再版される, 出てから, 出ましたと, 出ると, 出るわけ, 出る流行, 出來, 出來損つた上, 出来て, 出来ないもの, 出来ますな, 出来るが, 出来るだろうと, 出来ると, 出来るという, 出来上がるん, 出来上りそう, 出来上る程, 出現し, 出発し, 前回から, 前者である, 創作されず, 劇場に, 勢力を, 単に暗号, 単行本を, 印刷される, 印象に, 口から, 古典に, 叫びの, 同君の, 名高くなりだした, 問題に, 嚴禁な, 圧倒的に, 増加し, 売れなくなって, 大したもの, 大好きに, 大層評判, 天才の, 失敗し, 好いなどと, 好きでした, 好きなら読ん, 好きに, 好きらしく, 如何に, 嫌いで, 字面で, 実は飢饉, 客観的でなかったら, 封建の, 小説たる, 小説の, 少しづつ趣, 少しも, 少し好き, 左翼運動への, 平常の, 幾つか, 廣く, 当選し, 当選る, 往々ある, 心理の, 心理的であれ, 必ずしも通俗小説, 情けなくなっ, 情痴小説だ, 意想外な売, 意識的な, 我慾を, 所謂プロザイックである, 所謂新, 打って出る日, 技術的に, 持たないところ, 捗取つたらう, 掲載された, 掲載されるであらう, 描いた男, 描かれ始めた, 描き出して, 描き得て, 提供し, 敗戦後も, 数冊あった, 数年前朝日新聞へ, 文学として, 文学に, 文学的感銘を, 文芸として, 断片に, 新たな, 既成の, 日本に, 早晩古く, 明治に, 昔ながら通俗小説, 時事新報の, 時代の, 普遍化された, 書かれたと, 書かれてから, 書かれては, 書かれなかったの, 書きあげられたの, 書きたいこと, 書きたいの, 書きたいわねえ, 書きたい心, 書きたかった, 書きたくなりますね, 書きにく, 書きにくく, 書き出されて, 書き得ないから, 書けさ, 書けた, 書けたらその後, 書けっこありませんよ, 書けて, 書けても, 書けないん, 書けない何, 書けない新, 書けない理由, 書けなくて, 書けなくなった, 書けなくなったとは, 書けなくなったら田舎, 書けなくなったわけ, 書けなくなる, 書けなくなるという, 書けぬと, 書けぬもの, 書けようぞ, 書けること, 書けるだが, 書けるはず, 書けるやう, 書けるわけ, 書け或は, 書物の, 最高文学として, 最高至上の, 有すべき力學的要素, 有ろうとも, 未だに一つ, 末期の, 本分で, 東洋という, 果して傑作, 果して国民性, 果せなかつた云, 案外面白い, 楽しさ, 楽に, 権力との, 次第に形, 次第に解体, 欲しいでしょう, 歓迎される, 正しい假名, 殘つたで, 母上の, 毛虫の, 民衆の, 気に入つたやう, 氾濫し, 氾濫する, 求められたの, 沢山並べてあつ, 活字に, 流行し, 流行しだし, 深沼氏, 湧くので, 漢文で, 爛熟期に, 独自の, 現はれ, 現れた, 現れて, 現れないよう, 現れなければ, 現われた, 現代人の, 現代文学の, 現在この, 甚だ不出来, 生じ得ない, 生まれるならん, 生れなければ, 生れる, 生れるがな, 生れるであろう, 生れるよう, 生れる事, 生れる実感, 発達した, 発達する, 益々狭隘, 盛んに, 相応する, 真実に, 知らず識ら, 短篇芸術映画の, 確かに, 示した最高レベル, 社会に, 私たち作家にとっての, 私の, 私を, 科学的に, 立って, 竹田敏彦であっ, 第一, 素敵に, 終ったら僕, 終った途端, 終戦後の, 継子扱いに, 続出し, 編輯者の, 翻訳され, 翻訳された, 考えすすみ, 肝心の, 自分の, 自分を, 自然と, 自然主義に, 興味だけで, 芥川賞候補に, 芸術の, 芸術化され, 芸術的作品として, 若々しい主人公たち, 荒唐無稽に, 行われた, 行詰ったと, 製造され, 要求する, 観念的だ, 観念的でな, 解れ, 解体の, 言文一致で, 詰まつて, 誉められて, 語って, 読まれるという, 読みたい, 読売新聞に, 読者に, 諸作家, 軍事的な, 載ってから, 載つて, 近年に, 近頃流行, 近頃評判, 通りはじめたこと, 連載された, 進まず苦心, 進展し, 重んぜられる當時, 重要な, 金に, 関心され, 関心の, 隨分ある, 雑誌に, 非常な, 面白いん, 面白かった, 面白くなくなった, 面白くなる, 頗る意, 飲食店の, 騒々しいのに

▼ 小説~ (388, 2.4%)

9 云うもの 8 なって 7 云ふ 6 いうと, 同じよう 5 いえば, 戯曲とは 4 いっても, いへば, なると, 云ふも, 戯曲とを, 見られる側, 通俗小説との 3 通俗小説の, 違って

2 [17件] いうものの, いわれて, いわれるもの, して, なり帰納的, 並んで, 云われて, 取り換, 同じ様, 呼ばれて, 戯曲の, 称ばれた, 称ばれる, 純文学との, 純文学の, 詩の, 論説との

1 [274件] あわせ読んだ場合, いい得るであろう, いい稗史, いうより, いうよりは, いうよりも, いえよう, いえるかも, いくらか違っ, いったら特に, いって, いつたら僕, いふこと, いふの, いふべきほどの, いへども, いわずすべて文字的創作文学, いわず少年少女, おなじで, およそ五つ, かえる方, きては, この頃, これらの, されて, したならば, した点, すると, するに, する斎藤茂吉氏, その当時, その領域, それに関する, ちがうという, ちがって, つながりが, どういう風, どう関係, どっちの, どの位, なすに, なった, なつて, なりうるか, なり一方, なり前後, なる, なるという, なんらえらぶ, はいったが, はっきり訣別, またその, まったく方法, まったく異なり, やくざ小説の, よばれた新しい, よばれて, よばれる読もの, イブセンの, オカルティズムとは, ソックリの, デミヤン, トルストイとは, ドイルの, モデルという, ロシアの, ワイワイ云っ, 一緒に, 三文詩歌とに, 三面記事とを, 中央公論へ, 事実との, 事実の, 二ツあっ, 二股かけ, 云い, 云い切らぬわけ, 云うの, 云うべき, 云うべきもの, 云う本, 云う渾名, 云えば, 云える, 云って, 云つて好い, 云わず彼, 亡くなった父母, 人々, 人に, 人生との, 仏蘭西の, 似たもの, 作者の, 個人生活が, 全く別箇, 全く同じ, 八つの, 共通した, 共通な, 別の, 区別される, 千枚の, 取り換えて, 叙事詩の, 史実との, 史實, 史實の, 史料の, 同じく, 同じく政治, 同じだ, 同じね, 同じもの, 同じやう, 同じ一時, 同一視する, 同様興味を以て, 同等に, 同紙面, 同義語だ, 名づくべき, 名づけられ小説家以外, 名の, 名は, 名乗って, 名乗る以上どこ, 名付くる, 名付けられる事, 名付けること, 呼ばるる事, 呼ばるる無数, 呼ばれたり, 呼ばれては, 呼ばれるもの, 呼び得るもの, 呼ぶが, 呼ぶの, 呼ぶ種類, 呼んで, 呼んでも, 呼稱する, 大いに違っ, 大衆小説との, 大衆小説に, 大衆文学と, 実際と, 実際とは, 家庭小説, 寸分違わぬ, 対峙する, 小品文との, 小品文の, 小説でない, 小説家の, 少しも, 彫刻と, 思いちがいし, 思えば, 思える, 恐ろしい罪悪, 想は, 成立から, 戯曲と, 戯曲といふ, 戯曲とが, 戯曲とで, 戯曲との, 戯曲を, 戯曲中の, 批評家の, 批評的な, 新聞紙を, 旅行案内と, 日記と, 日記に, 映画では, 映画との, 映画の, 時代小説, 時代小説との, 最近単行本に, 来ては, 歴史とを, 歴史小説と, 歴史小説に, 歴史物の, 比べて, 民衆, 求めつつ, 深い縁, 混同すべからず, 演劇の, 犯罪事件との, 獨歩の, 現代の, 現実, 生活とを, 申しますると, 申上げ得る, 異つて, 着物と, 社会との, 神の, 神秘学の, 私小説が, 私小説との, 科學精神, 称して, 称しても, 称するごときもの, 称するもの, 称するよみもの, 称せらるる, 称せられて, 称ば, 空想小説とは, 童話を, 紅毛人の, 純文学とを, 純文芸, 結びつく, 結びつけて, 結びつけるより, 絵との, 縁の, 考えては, 考え食わず嫌い, 背馳する, 脊中合せを, 芸術小説とを, 見るの, 見る者, 見立てて, 解するの, 言うもの, 言えるであろうか, 言っても, 言つても, 言ふ, 言ふも, 記録と, 記録との, 評論とは, 評論についての, 評論は, 詩と, 詩とは, 詩に, 詩文学とに, 誇称する, 認めら, 論説, 變つてゐる, 貼紙を, 近いもの, 違います, 違うて, 違うところ, 違つた自分を, 違ひ, 重なり合った自我, 重なり合つた自我, 銘うった, 銘を, 関聯し, 限らず日本, 随筆といふ, 随筆とが, 随筆とには, 雑報とは, 雑誌と, 頗る面目, 魯文の

▼ 小説~ (268, 1.6%)

4 戯曲も 3 書いて 2 また詩, 一婦人に, 同じこと, 思出された, 書きません, 書く, 書けば, 私は, 芸術でありません, 詩も

1 [241件] あの願望, あまり書かない, あまり書けず, あらうと, あり堅, あり落語, あり雑誌, ある, あるが, あると, あるの, あるべし, ある精神, あろうし, あろうと, あんまり読まない, いきれ可, いつかこの, いよいよ完成, いわばスピード小説, お前さんが, お得意, かいて, かかれる筈, かけないよう, かけなければ, かけるの, かけるよう, きょうの, ここの, こののち百年, この通り, これからは, これで, こんどこそ, しかくありたい, しょせん小説, すでに傑, そうである, そして己, そのよう, その例, その例外, その描写, その頃リットンの, それまでと, たくさんある, ただそれだけ, ただ風変わり, たった一つ, たまに, できないなど, ときには読者, どれだけ, ない, ないもん, ない新年号, なかった, なかなか宝石, なくそしてまた, なくなるの, なしで, のる, ますます細かく, また, またすこし, また人間, また本, また美しい, また若い, みんな一つとして, やうやく, やはり其通り, やはり歴史小説, やはり退屈, よく売れるなり, よみ外国雑誌の, よむ, よむという, ろくに目, アクドイ翻訳ものか, シナリオも, タンテイ小説と, 一気に書きなぐつた, 三つ四つ新聞に, 久しいもんぢ, 予定し, 二三あります, 亦この, 亦決して, 亦然, 人生の, 今回分は, 今度のも, 今日の, 何だか馬鹿らしく, 何も, 余りに純文学的, 作り詩, 作るさ, 作るの, 作るもの, 全く別, 共に好みませぬ, 内容は, 出した, 出ないじゃ, 出来ない, 出来ないところ, 劇も, 募集され, 及ばない一個, 友人以外に, 古事記を, 可能である, 史実の, 同じ事, 含む, 含めて, 困難な, 変わりが, 多い, 多かった, 多くは, 多種多, 大抵は, 好きなら, 娯楽小説である, 嫌悪を, 存在し得る, 実はあの, 実名小説も, 実際には, 少くない, 少しは, 少し売れはじめ, 少ないの, 少年少女小説も, 屆い, 巧みに, 市場価値においては, 徐々と, 御同様, 思うよう, 恋愛小説も, 悉く心霊学的, 悪くは, 愈々隆盛, 愛して, 愛読しない, 慌てながら, 成り立たないで, 或は必定, 戲曲も, 所詮オナニズム的, 手がけて, 批評も, 抒情派や, 拝見致したい, 探偵小説も, 文学史的に, 文章も, 文芸評論も, 斯う, 新しく書き出した, 新派の, 新聞に, 新躰詩, 映畫, 書いた, 書いたよう, 書いた方, 書いた画, 書かないのに, 書かねば, 書かれる, 書きたいと, 書き劇壇, 書くという, 書くので, 書くよう, 書くん, 書く気, 書く貴族, 書けて, 書けないの, 書けないばかり, 書けぬ新, 書けません, 書けやう, 書こう, 有りは, 朗讀された, 本質は, 次の, 歴史小説も, 段々かきたい, 永い間, 漸く盛ん, 無いという, 然りであった, 現在を, 甚だ有益, 生れるやう, 発表する, 発達する, 盛んに, 相当に, 神秘的超, 私が, 私よりは, 結びを, 結核と, 絵画も, 羽左衛門の, 自分にとって, 自分を, 芸術である, 菊池の, 見て, 評論も, 試みられても, 語学の, 読まず話, 読まなくなって, 読まれたの, 読みましたぜ, 読む, 読んで, 論文も, 贈り物を, 近頃は, 遂に脱稿, 野上臼川氏の, 長短篇合せる, 長編と, 間も, 雑誌も, 非人情で読む, 面白う御座います, 2

▼ 小説~ (230, 1.4%)

14 戯曲の 13 戯曲を 7 戯曲や 6 戯曲は 4 戯曲も, 詩や 3 戯曲に, 映画の, 芝居を, 院本も, 雑誌を 2 その意味, 芝居の, 芝居や, 評論を, 詩の, 詩は, 詩を, 雑誌の

1 [151件] いわゆる悲哀小説, えらいこつ, お伽噺の, お芝居, から収集, が外界, そして二通, その次, な, の表現, イプセンの, シナリオを, ジヤーナリズムの, トランプも, トルストイと, ドイルの, メーテルリンクの, ルポルタージュに, ロマンティックな, 世界の, 人情小説が, 会合の, 伝説に, 何かの, 何かよりも, 作り話にも, 冒険小説の, 冒険探検小説を, 劇と, 劇としては, 劇に, 劇の, 劇や, 劇を, 半熟未成の, 外地の, 多くの, 大衆文芸を, 婦人雑誌の, 家庭小説や, 小品の, 小評論, 平凡議論を, 悟道軒円玉の, 感想の, 感想文の, 戯曲, 戯曲で, 戯曲である, 戯曲では, 戯曲でも, 戯曲と, 戯曲などの, 戯曲に対する, 戯曲ばかり, 戯曲等の, 戲曲だ, 戲曲を, 批評や, 捕物を, 捕物帖を, 捕物帳も, 探偵小説を, 文学の, 文學の, 文芸倶楽部, 文芸評論などを, 新聞の, 新聞を, 新聞種の, 日本現代の, 映画には, 映画は, 映画的な, 更に進ん, 柳橋新誌などを, 歌や, 歌を, 歴史の, 泥棒芝居が, 活動以上に, 活動写真の, 活動寫眞に, 浄瑠璃歌舞伎などの, 淫靡なる, 演劇を, 無意味な, 物語が, 物語についても, 物語は, 物語を, 特に汽車, 犯罪小説の, 現代の, 稽古本が, 筆記の, 筋の, 紀行の, 紀行文や, 経国美談浮城物語を, 絵画は, 脚本でなけれ, 脚本などが, 脚本には, 脚本は, 自然主義小説の, 舞台の, 芝居が, 芝居とは, 芝居なら知らない, 芝居は, 草紙など, 西洋の, 評論から, 評論が, 評論に, 評論の, 評論は, 詩が, 詩で, 詩と, 詩という, 詩に, 詩について, 詩集の, 読み物を, 論文を, 講談で, 講談に, 講談の, 講談を, 講談本や, 賞が, 趣味や, 通俗小説の, 長篇小説などは, 長篇小説の, 院本は, 随筆などの, 随筆に, 随筆の, 随筆を, 隣の, 隨筆の, 雑誌などを, 雑誌も, 音楽や, 風俗小説の, 風聞録との, 風聞録の, 飛行小説を

▼ 小説~ (203, 1.2%)

5 あつた 4 あつて, げす 3 知って, 私は

2 [11件] あらしめるため, これが, どちらが, なにかの, ほめられたり, 云えば, 僕は, 書く, 蛾の, 読んだり, 読んだ若い

1 [162件] あの人, あり得ないこの, ある一, ある人妻, いうと, いう文学的, いっぱいだ, おなじみの, かいた一本, きのうは, けりに, こういう慈悲, こころに, このトリック, この作品, これまでより, ごく身近, さへ, すでに歩行, すらもなお, せう, そこを, その中, その公判記録, その小説, その手堅い, その構想, その翌月, たべて, どんな美人, なら知らず現実, ね山, はね想像力, ほんの端, まだ何人, みた男, めずらしくいろいろ, もさう書く, よんだわ, よんでも, オルゼシュコ, オーヘンリー賞を, カリングの, ナナという, ヘッセは, ポーは, マトレスは, ユーモアに, レーニンの, 一つの, 一役ふられ, 上表紙には, 世間で, 世間に, 主人公である, 主人公として, 之と, 乱作し, 事實で, 事足りるの, 二人とも, 二十歳の, 二百年前に, 云われて, 五十回目あたりが, 仏蘭西革命を, 仕事を, 以前, 会話に, 何か, 何故ユダヤ人, 作者の, 作者は, 作者自身が, 信じ難く, 候法律否のと, 傘屋の, 初めて自分, 初めは, 勝負を, 取扱うところ, 同じ刺激, 名を, 名高い名, 嘘八百を, 国文で, 売出し, 大童に, 大衆作家としての, 実は案外, 封建の, 封建的な, 御目, 徳永は, 徳永直は, 恋愛の, 成功した, 成功する, 成功すれ, 或情緒, 所謂技巧内容と, 扱ったの, 描いた坂田, 新進作家号を, 日本の, 明かに, 更に高く, 書いても, 最も生き生きと, 有りうるかも, 有名なる, 有名に, 本当にあった, 柳橋を, 死刑の, 殆ど埋まっ, 泣き明, 溜飲を, 父の, 牛殺しの, 現実を, 直吉という, 相当の, 知つてゐる, 短い三つ, 私が, 立とうなんて, 第一等, 第二, 筋ばかりを, 純日本式, 総枚数, 罪を, 習い覚えた地口, 職場の, 脱獄トリックの, 自己という, 良人を, 芸術としての, 芸術などと, 若い女優, 英訳の, 英雄的情熱も, 表現し, 見たこと, 言えば, 誤謬の, 読む様, 読めば, 読んだこと, 読んだの, 読んだん, 讀まされて, 農民を, 農民小説は, 通俗小説に, 長谷川辰之助君とは, 阿部知二氏の, 隨分讀み, 面白い読物, 飯が, 飯を

▼ 小説には~ (197, 1.2%)

3 ならない, 女の 2 フランスの, 何時が, 必ず探偵, 更に別, 絶対に

1 [181件] あてはまらない, あの日本橋時代, あまり歓迎, いかなるオフリミット, いつもどこ, いつもホテル, かういふもの, けっして出, こういうこと, この, この内面描写, この手, この消息, この種, この間の, こんなところ, こんなにビクビクとか, しばしば描かれ, じつにいろんな, そういう所, その若き, それから, それからもう, それが, そんなこと, そんなもの, そんな古風, たとい今後馬場氏, ちよつと, つねに庶民, とらへ, ないから, ない保元, ない訣, なかなか立派, ならないでしょうしかし, ならぬ, なりませんでした, なると, はつきりした, ほかの, ほとんどない, ほとんど悪人, また別種, まだ一度, もはやあの, やはりそんな, ゆるぎなき, よくある, よくかういふ, よくそんな, よくで, よく出, よく若い, カビが, ザラに, ピストルも, ボールを, ポーとの, ポーランドの, モデルは, 一つの, 一子相伝の, 一定の, 一年間の, 一種きまりきった, 中学生が, 主人公という, 主人公といふ, 事実を, 人生の, 人間の, 他の, 仮想が, 似ても, 何とたくさん, 何と月, 何の, 例の, 倫理などは, 優越慾の, 全体に, 全然興味, 出て, 初期の, 前例が, 原則として, 及ばない, 古い冗漫, 名が, 向かないと, 唐以前に, 嘘を, 困りますね, 坐すという, 型が, 多かれ少かれ作者, 夫人の, 女は, 好ましからぬ, 妥協が, 季感が, 実によく古代, 寔に, 小説にしか, 小説的約束の, 少しも, 届かない, 常に法律上, 常に美術以前, 当てはまるが, 必ずこうした, 必要でなく, 思出の, 悲劇の, 感心出来ない, 成って, 成功も, 我々の, 或る, 指紋だの, 放逸の, 政治が, 敵の, 文章とか, 新しいもの, 映画的な, 時代の, 時折いまだ, 時折同じ, 書かない, 書かれて, 書けないもの, 有るかも, 未し, 未だこの, 本筋に, 架空の, 極端なる, 殆ど経験が, 殆ど見る, 気が, 決して黒猫, 洟を, 満足しない, 滅多な, 火星人が, 無論ありますまい, 特別な, 犯人が, 犯罪者の, 独自の, 玄宗皇帝と, 現代人が, 生活描写が, 知的な, 硯友社の, 確かに, 禁物なりという, 美人が, 耳の, 興味が, 芸術至上主義ないしは, 華族の, 落ちなんかは, 表はれ, 表われ, 見事に, 見受けられるの, 詩の, 詩的精神の, 謎解き, 貧しい不幸, 通俗小説の, 通用できない, 道徳が, 違いない, 酒と, 限らないけれども, 面倒な, 風俗描写の

▼ 小説という~ (180, 1.1%)

42 ものは 20 ものが 18 ものを 14 ものの 11 のは 6 ような 5 ものも 3 一つの, 文学の 2 ので, ものに, ものには, 言葉も

1 [50件] ことについて, ことについては, ことは, のが, のとは, もので, ものと, ものについて, ものについての, ものにつき, ものに対する, やつな, やつは, ケースは, ジャンルに, メスで, 仕事の, 以上の, 作品の, 化け物は, 名前から, 名前に, 名前を, 変わったゲーム, 大河の, 大海に, 字に, 小説形式が, 形である, 形式に対し, 形式は, 微妙な, 意味で, 意味では, 意味を, 感じからは, 文字が, 文学は, 概念から, 概念に, 段に, 私などの, 私小説でなけれ, 観念は, 言葉が, 言葉は, 赤い表紙, 過去の, 長さ, 風に

▼ 小説では~ (172, 1.1%)

21 ない 4 あるが 3 ないから, ないの, なくて, ルール関門 2 ありませんが, あるまいし, ないが, ないけれども, なかった, ボオヴェー君, 偉い探偵, 探偵が, 限りも

1 [117件] あっても, ありません, ありませんでした, あるもの, ある瞬間, かきたいも, こういう犯人, こういう逆説, この方法, この気味, これが, これこれの, こんな風, ずいぶん恋, そういう非, そう手軽く, それも, ちょっとかき, ないかしらん, ないかと, ないけれど, ないこと, ないし, ないぞ, ないだろうか, ないと, ないわけ, ない記述, ない訳, なかつた, なくあったまま, なくても, なくなって, なく史材, なく回想記風, なく明治学院, もう今日, やはりヘミングウェイ, よくのみこめなかった, わざとそれ, グスターフ・フライタークの, サン・チュースターシュ, シャーロック, スタインバハといふ, スリルの, デュ・ガールの, トリックは, ドリュック夫人, バルビュスの, プラネタリウムの, ヘレン, マンネエ, ル・ブラン君, ワルテルは, 一人の, 一層よく使われ, 一面に, 事件や, 人情を, 人間の, 会話を, 何が, 作者が, 偶然の, 八犬伝水滸伝それから, 写生が, 切りすてるという, 前後の, 前歯の, 十七八の, 半七捕物帳, 古市加十だけが, 句とう, 和田の, 善人と, 地の, 城隍を, 場面場面の, 外面的な, 容易であっ, 工場農村からの, 平仮名に, 幽霊, 必ずしも重要, 忠犬を, 手がかりは, 明子の, 智恵に, 最も本格的, 有り得ない, 有名な, 根柢から, 棒の, 決してしない, 泣くとこ, 満足出来なくなっ, 漱石荷風など, 煙草は, 特に頑迷, 状況シチュエーションが, 真の, 短篇は, 社会の, 私の, 私は, 移ると, 筋は, 純粋小説は, 茶碗事と, 街道筋の, 複雑な, 西遊記などにも, 西遊記金瓶梅の, 読者を, 風が, 駿介の, 黒と

▼ 小説~ (121, 0.7%)

8 なもの 5 な興味 3 である, な空想 2 ですね, では, で彼等, な一つ, な事件, な事情, な実在, にお, になる

1 [84件] かも知れん, じゃない, だ, だが, だったろうから, でありたいと, であり西湖佳話, であるが, でいけない, でこまるな, で冷たい, という小河, とか平面的, とは云, と云, と云おう, と思つて, ないきがかり, なこしらえられた言葉, なるべからず, なアナロジー, な事実, な二人, な偶然, な前, な匂, な句, な吸血鬼, な場面, な宿縁, な怠惰者, な情調, な想像, な戀物語, な捉えかた, な效果, な架空的, な構想, な物語, な策略, な表, な要素, な角度, な解釈, な詭計, な話, な誘惑, な運命, な随筆, な額縁, な顔, な風, な風景, な風格, にできてる, になっ, になつ, には狙い, にも考へられ, に不可解, に人生, に作りたる, に使用, に傳, に受動的, に叙述, に書く, に理想化, に眺めよう, に神出鬼没そのもの, に組み合せ, に考え過ぎた, に考へれ, に言いかえれ, に話す, の, の一種, の人間, の境涯, の言葉, の記事, の閲歴, 又は活動写真的, 面白さ

▼ 小説~ (119, 0.7%)

652 がこの, ということ, というの, と云う, と信じ, と思っ, と思ふ, 戯曲だ

1 [92件] からあれ, からせめて, からどうしても, から勝手, から善人, から現代, から逆, かハッキリ, かハツキリ, か一口, が, がことに, がこれ, がね, が今, が俺, が実は, が殺す, が生計的, けれども滑稽, けれども無理, けれども読者, けれど変, し二百回, つたかすつかり忘れ, つたと, つてずつと, つて多少, と, というであろう, というよう, という意味, という評判, といふ訣, といろいろ, とかを書い, とかシュウビン, とか小説, とさえ知らず, とさ一寸, とし, としか私, としか言えない, として真犯人, とすれ, とその, とてまだ, とて必ずしも, とどこ, とは思えない, とまだ, ともいえる, と三円五円, と云, と云っ, と云った, と任侠欣, と作者自身, と凄い, と勝手, と友人間, と地, と思い, と思う, と思え, と思った, と思つたの, と思つて, と思つて時折拾, と思つて馬鹿, と思はれる, と思へ, と思われる, と悟り, と昨日, と答え, と答えた, と自分, と言つて, と風采, な, なあ, なあと思っ, のと, のには, のに筆, もの鱶七が, わ, ッた, 人生は, 嘘は, 康成百パアの

▼ 小説でも~ (117, 0.7%)

5 読むよう 3 ない, 書いて, 読んで 2 ないし, 同様で, 帝大, 書かうと, 書こうと, 通俗小説に

1 [91件] あった, あり戯曲, ある, あるだろうし, いい, かくとき, かこうという, ずいぶんたくさん, その中, その部分, それからもっと, それが, それを, だね, ともかく私, ないと, ないという, なく僕等映画作家, なく多分, なく家庭小説, なく少し, なく志怪, なんでも, みな一様に, よくこれ, よけいな, わかるよう, スタンダールボルテールメリメプルウストヴァンヂャマン・コンスタン等々それに, ドラマでも, 一心に勉強, 一頁よめ, 今どうやら, 何でも, 作つて破, 作風は, 全然とんでも, 写生文でも, 出して, 医師が, 原書で, 取つて, 同じこと, 同じである, 外国の, 大仕事, 小説でさえ, 巻末を, 当時なお, 御承知, 心理を, 感想でも, 散文でも, 数えきれないほど, 時代小説でも, 書いた事, 書いた方, 書いてんの, 書かうかなあ, 書かなければ, 書かねば, 書きたい願, 書きたくなったと, 書きたくなる程長閑, 書くつもり, 書くの, 書くよう, 書く人, 書けないもの, 書こうかなあ, 書こうという, 本質的には, 正に判然, 歴史の, 歴史小説といへる, 比較的後期, 現代の, 現代小説でも, 篇中の, 絵でも, 自分の, 英米の, 規模が, 詩論や, 読みすぎて, 読み何, 読み過ぎて, 論文でも, 讀むやう, 限定といふ, 非常な, 題名を

▼ 小説として~ (109, 0.7%)

3 発表した 2 味い得る, 書いて, 書かれたもの, 書かれて, 発表され, 私は, 見ると

1 [92件] お書き, かかず, かきたい主題, かきはじめた, この現在, この種, これを, すますなら書かないでも, その露骨さ, ちゃんと出来上っ, つまらぬもの, であります, どうのこうのといふ, はじめて性格, はちよつと, ほとんどクラシック, まず最初, またその, また俳句, まっさきに思い出される, まとめられないとしても, まとめるため, ストーリー本位の, ニセモノであった, 一個の, 一向面白く, 一蹴せられる, 世界じゅうの, 世間に, 二進も, 人が, 人生を, 今度が, 何か, 何も, 余裕の, 価値の, 再現し, 再生させる, 出て, 出版された, 出版せられ, 効果を, 同じ, 喧噪され, 大失敗, 奇妙な, 存外面白く, 完成すべく, 後世に, 愚作だ, 或る, 採用された, 損でも, 文壇に, 文字で, 明治維新を, 春陽堂から, 書いたならば, 書いたもの, 書かれた, 書きすすめ文学, 書く, 書くに, 書けないもの, 最も高く, 有名な, 格好な, 構想の, 発表が, 確立され, 立体的に, 第一義的な, 経て, 自己を, 興味が, 英国文壇で, 表現しなけれ, 見て, 見ても, 見れば, 観察する, 評価される, 評價する, 読ませるよう, 読むべきもの, 読めば, 読んでは, 買いそれ, 通って, 長所とは, 非常な

▼ 小説~ (95, 0.6%)

23 の人物 3 の人間 2 に現, の人々, の女, の小説, の探偵, の白眉

1 [57件] この種, でも比類, で最も, に, にあらわれ, にある, における役割, にも, にもこの, にも書いた, にも見えぬ, に一種特異, に主要, に巧, に描いた, に料理法, に於, に於ける, に武蔵, に河上, に現れる, に現われ, に用いた, に登場, に質屋, に野立て, に髣髴, の, のあの, のいろ, のこと, のホームズ, のモデル, の一人物, の一句, の一役, の事柄, の五月, の小, の快, の最高位, の枝葉, の殺人動機, の畫家, の端役, の第, の筋, の言語, の詩, の重要, の雀, の風俗習慣, へ登場, 最も完成, 最も愛らしく, 最も詩, 飛び離れて

▼ 小説にも~ (79, 0.5%)

3 戯曲にも 2 ある言葉, 出て, 雪の

1 [70件] あらず隨筆, いいところ, いわゆるレスプリ・ゴオロア, くわしいから, こんな背景, しばしばあらわれ, そういう作例, そのよう, それが, それに, そんなの, たくましい情人, なつた, ならぬもの, ならぬ位, なりますまいほんとう, なり狂言, なる訳, ぼつ, めっきり艶, もちろん神秘的要素, やはりそれ自身, やはり鋒芒, よくある, スリルは, ランプを, 一様に, 三角関係は, 二三いけない, 人生が, 仕組まれて, 似たもの, 似たる經歴談, 似た強烈さ, 作者の, 例外なく, 僕は, 到底見いだされない, 勿論尊敬, 勿論桜井忠温, 同じやう, 商売的いきさつは, 失望されよう, 女の, 妖婆に, 宗教家を, 幾分この, 必ずその, 応用し, 意ある, 感覚されない, 暗号や, 書いた事, 楽譜の, 江戸川乱歩氏の, 現れて, 生々しく息づい, 用いられる必然的, 筆を, 納得出来る, 考える, 脚本にも, 至るところ子供, 與へ, 芝居にも, 表現し, 言葉の, 通ずべき意義, 通俗小説といふ, 飽き

▼ 小説である~ (77, 0.5%)

3 ことを 2 がこれ, がそこ, ことは, という, ということ, と同時に, のは, 第一

1 [58件] かが問題, かどう, かもしれない, からにはテーマ, からには小説, からテンポ, から写真, かを細かく, か下手, が, が先づ快感, が其の, が然し, けれどジェーン, ことか, ことが, ことに, ために, というよう, というわけ, という事, という人, という定評, という小説, という感じ, という議論, といつても, といふこと, といふ一事, とか芸術, ときも, とし, とともに仏蘭西革命, とも云, とわたし, とを問わず, と共に文学, と思っ, と知り, と見れ, と言えましょう, と言える, と言ひたい, に反し, のが, のと, ばかりで, やうな, よりも以上, 事である, 以上犯罪記録とは, 所以だ, 故この, 時にさうな, 為めには, 私も, 竹取, 身辺小説の

▼ 小説とは~ (77, 0.5%)

2 なり得ないと, 別の, 別種の, 単に事件, 報告に, 距り

1 [65件] いい難い, いえませんね, いかなるもの, いわないつもり, およそその, かくの, この点, こんなもの, さう, さうし, そのよう, だいぶ違っ, ちがうが, つまらないもの, どんな形, どんな意味, なりにくい, ほとんど縁, またべつ, まったく別, まるでちがう, 不純なるべき, 云えない, 云へ, 今日の, 何ぞや, 全く反対, 全く違った, 出来そう, 大人子供の, 如何なるもの, 小説中の, 少し趣, 当然異, 必しも, 怪奇小説と, 批評家や, 政治的論説を, 文学における, 文学の, 架空小説と, 為しにくい, 異り, 相異し, 空想の, 立場を, 純粋に, 自らその, 自ら異, 見えるの, 言いじょう, 言えないと, 言は, 言はば, 言ひでふ, 言ふべからず, 言わない, 詩とは, 詩的性格を, 謎が, 違ういや, 違うかな, 違ふ, 遠い近いの, 面白味の

▼ 小説から~ (75, 0.5%)

2 ヒントを, 名文の, 戯曲に, 技術を

1 [67件] あらゆる外面的, いくら歩み出し, ことごとく除去, このやう, すっかり取入れまし, そんなわけ, たびたび頼まれ, とった亜米利加渡来, のより, はじまる, まとまったもの, よりひろい, ジョイスによ, スリルを, 一歩も, 与えられた印象, 人間が, 何かしらまね, 侠客と, 出て, 出発し, 区別された, 取材する, 取除く, 受ける複雑, 和歌から, 始まつたの, 始めて行こう, 始められたといふ, 實業に, 小説にも, 小説を, 少くとも, 強烈に, 彼は, 彼自身を, 得る台詞, 心に, 志乃や, 思いついた暗号通信, 思ひついて, 想像し, 戯曲へ, 捕物小説への, 採集した, 文章だけを, 普通の, 本当に田舎出, 材を, 来たもの, 消えちまった, 特にきりはなし, 犯罪小説に, 現代小説に, 私が, 筋を, 自然主義に, 見た史実, 観察と, 読者に, 農村の, 連想し, 長篇小説に, 隔離され, 離れたい, 面白い一節, 駆逐し

▼ 小説~ (66, 0.4%)

5 來の 3 を取出し, を読む, を読ん 2 を沢山

1 [50件] から仕込ん, か何, か雑誌, が並ん, が次第に, だ, ですッ, でも読む, でも買つて, で滿壘, で見た, で覺, で読み, とやらいう, と来たら, なぞにも, などが積ん, などを見せ, などを読み耽っ, など余り, など形式, に夢中, に至る, に読み耽った, の出版, の口絵, の広告, の組方, の続き, の面白い, はよみ, ばかり覗いてる, ばかり読ん, もモンテクリスト, やらを得意そう, をお, をひっくり返し, をもっ, を出版, を取り出し, を大事さうに, を御覧, を持ちこまなくなった, を渉猟, を読み, を読みだし, を読みだした, を讀ん, を退屈, 等々と

▼ 小説~ (66, 0.4%)

5 の表紙 3 を読ん 2 が出, なの

1 [54件] いまだ出版, があった, がある, がこの, がはひつ, が一般, が五千部以下, が洪水, が英国, だつた, であつ, であること, というか短, というべきである, という感じ, と比べ, などは唯一, など借り, に, には島木健作, には間に合いませんでした, にまとめ, に入れる, に名前, の一篇, の中, の印税代り, の原稿, の名, の序, の後記, の第, の評判, は, はおなじ, はない, はよく, は彼, は誰, もよまず, も落, やらを持っ, やをパアカア夫人, をあら, をだす, をもらつ, を借り出し, を出します, を出版, を思い浮べる, を秘か, を見るべし, を讀ん, を讀んだ

▼ 小説よりも~ (65, 0.4%)

5 奇なり 4 奇なりという 2 こんな単純, 奇である, 奇なりと, 面白いと

1 [48件] いっそう切実, うんと短い, おもしろくいかなる, かえって昔ながらの, どの位芸術的, どれくらい, はるかに, もっとおもしろく, もっともっと種々, もつと, ズット正当な, 一層に, 下手かも, 人の, 人を, 低いから, 作者の, 傑れ, 傑出した, 先に, 効果を, 古典の, 大仏次郎の, 大体, 奇であり, 好きな, 寧ろもの凄い, 寧ろ戯曲, 寧ろ自信, 寧ろ鉄砲, 少くしか, 思考の, 愉しいの, 戯曲に, 戯曲の, 捕物帖の, 捕物帖的である, 新らしい, 書き易い, 気の, 無法則, 神秘的である, 美しく悲しい, 観念寄りと, 詩の, 詩歌の, 長い, 面白い

▼ 小説~ (62, 0.4%)

2 にその, に於ける, の一時期

1 [56件] から駆除, が啓発, が田山花袋, では働い, と映画界, においてあれ, における本格派, について思い出す, にて人間派, には最早, にまで著しき, にもめったに, に一人, に入り, に入りし, に対し一種, に小酒井, に尽くされた, に投ずる, に於い, に載せた, のため, のヴェテラン, の事, の動き, の双璧, の圓朝, の変遷, の外道, の大, の寵児, の怪物江戸川乱歩, の文章, の新人, の明治廿一年以前, の最も, の生態, の知性, の非常時, の鬼才江戸川兄, の鳥瞰寸評, はなんと, はまだ, は一時代, は何, は偉大, は外国礼讃, は或, は洋, は現在, は進ん, も龍渓鉄腸ら, をアッ, をイキイキ, を叱咤, を背負っ

▼ 小説といふ~ (59, 0.4%)

16 ものは 8 ものを 7 ものが 3 ので, のは, ものに 2 のが, やうな

1 [15件] ことも, ものの, ものも, よりむしろ柚, ジャンルが, 作品の, 概念の, 武器を, 獨自の, 臭気すらなかつた, 表現形式を, 言葉は, 言葉よりも, 詞が, 風に

▼ 小説作家~ (50, 0.3%)

1 [50件] が出ないだろう, が同性愛, が彼, が殺人方法, が毒蛇, が真剣, たるあなた方, たる資格, だったら之, であった, であること, であるといふ, である青木, ではない, ではなく, としての最高, としては大泉黒石, として一家, として技法的, として歌人, と云え, と等しく, と試合, なぞと呼ばれ, などは役人, になってる, にはこの, には批評眼, によってしか批評, に分類, に支援, のなり損いか, のやう, のよう, の中, の会話, の作品, の如く, の常に, の態度, の興味, はあまりに, は一時, は如何, は幼稚, は必ず, は木, もシッカリ, を自任, を通じて

▼ 小説~ (50, 0.3%)

2 だが, を持ち出した

1 [46件] がいま, がやかましい, が人々, が文学, が日本小説, であるが, であること, でさえある, ではない, とす, などが爼上, には不思議, にふくまれ, にもこれ, にもまた, に言っ, に言つて, に辿りついた, に連関, のやう, の一端, の小乗的解析, の後, の成立点, の結論, の脚注, の話, の起っ, の難儀さ, はなく, はポピユラア・ノヴエル, は勿論, は哲学, は限界, をしばしば, をとなえはじめ, をものし, を二册, を僕, を唱えた, を書い, を書かれる, を生む, を簡単, を紹介, 如きは

▼ 小説などを~ (48, 0.3%)

8 読んで 2 借りたこと, 読む可能性, 貸した

1 [34件] かつて書いた, それほど愛読, ゆっくりと, よくもと, 作る筆, 取り出して, 好みますが, 工夫する, 愛読し, 手に, 書いて, 書きちらして, 書きヤミ, 書くつもり, 書くの, 書くスキ, 書く人, 書く場合, 書く夫人, 流行させ, 細かく切つて, 終わりの, 見ては, 読まない男, 読みはじめて, 読みますと, 読み得る年頃, 読むと, 読むひま, 読む女, 読んだ, 読んだもの, 読んだ時, 選択も

▼ 小説としては~ (46, 0.3%)

2 それは, 少しも

1 [42件] あまりすぐれ, かえって平凡, ごく単純, それで, つまらないと, どうしてもその, どぎついところ, まだまだ物, ウェルズの, カーが, シェンキヰッチの, スチブンソンの, フリーマンの, マロックの, 一番おしまいに, 一種の, 上位に, 不滿足, 不適当, 実に申分, 実に退屈, 実に面白い, 巧みに, 恐らく空前, 扱いがいの, 方法論的に, 書かれて, 未熟の, 機智の, 殆ん, 淡いもの, 生命が, 相応しく何等, 私の, 結構足らずと, 老練な, 許されざること, 誠にお, 近来稀な, 非常に, 面白い作品, 面白くても

▼ 小説~ (44, 0.3%)

12 のである 8 んだ 7 のだ 3 のです, んです 2 の, んでね 1 のかな, のでそれ, のに, のは, のよいい, んだろう, んちういう

▼ 小説らしい~ (42, 0.3%)

5 ものを 4 小説を

1 [33件] ところの, には違い, のは, ものが, ものに, ものは, 事実を, 伏線は, 奴を, 小説, 小説が, 小説である, 小説とは, 小説は, 小説や, 巧さが, 形に, 形式を, 心もちが, 恰好を, 戯曲よりも, 探偵小説である, 探偵小説の, 本が, 架空な, 構図は, 構成を, 空想を, 筋であっ, 者も, 言葉を, 趣向の, 部分で

▼ 小説なら~ (38, 0.2%)

2 原稿が, 小説らしくちやん, 敗戦後も

1 [32件] いくらでも出したい, これが, その文体, それが, ともかく多少とも, ともかく実際は, どちらも, ば, ばという仮定, ばとにかく, ばやつぱり会話, ばよめる, ば何, ば兎, ば編, ば自分, ば読者, コンラッドのは, 三四万の, 佳作だ, 僕は, 元来が, 兎に, 古今の, 小説であれ, 小説を, 小説詩なら, 探偵小説は, 表題を, 造作なく, 金に, 随分佳作

▼ 小説~ (36, 0.2%)

3 何か, 何かの 2 なにかを, 何かに, 母もの映画の, 童話を

1 [22件] きたまえ, きはじめる, こうなんて, そのどちら, でなければ, なにかの, または新聞, エッセーを, ドラマかの, 伝説が, 何かを, 分らない作品集, 或は更に, 戯曲であったら, 戯曲中の, 映画にでも, 算術の, 脚本かを, 芝居かの, 詩かと, 論文でも, 食道楽じゃ

▼ 小説について~ (35, 0.2%)

3 何か 2 そう思った, 私は, 論じて

1 [26件] こね中, これまで, コネ中, 一九三二年の, 学ぶところ, 後に, 必ずメモ, 思うこと, 或る, 斯道に, 書いたもの, 書いて, 林田から, 桃水が, 歴史が, 考えること, 自身の, 苦々しさ, 見れば, 言って, 語られて, 語り合ったこと, 語る前, 読者が, 論じるの, 長文の

▼ 小説~ (35, 0.2%)

1 [35件] から変つて, がぎつしり, が引き散らされ, が殊に, が追, などおよそ, に全く, に多い, に目, に興味, に限られ, に飜案, の半分, の小売店, の愛好者, の挿画, の挿絵, の綜合, の質, はどんな, は何, は沢山, ほとんどみな支那小説, や哲学的, や浄瑠璃, をすべて主観的文学, をよむ, を一貫, を暇さ, を書かせた, を濫読, を点検, を讀みすぎる, を讀む, を集めた

▼ 小説など~ (34, 0.2%)

2 いうもの, もはや三文

1 [30件] いうべきもの, かきはじめて, かこうという, そういう点, なかなか出る, はじめは, わからぬから, 勿論書けなくなる, 御覧に, 意義は, 成り立たぬ, 書いたこと, 書いて, 書かないよ, 書くやう, 書くよりも, 書く気, 書けそう, 書けるもの, 書ける筈, 校正注意と, 発表する, 見向きも, 読みゐたれば, 読もうとも, 読んだこと, 読耽っては, 讀みながら, 讀み耽つて, 逆に

▼ 小説としての~ (33, 0.2%)

2 散文の, 最初の

1 [29件] ある約束, できば, フィクションが, フィクション母の, ヤマや, 価値は, 価値も, 価値更に, 價値を, 具象性を, 出来不出来を, 存在そのものによって, 密室トリックの, 思想の, 意味で, 散文は, 日本の, 最も必要, 本質を, 構成を, 真実と, 私小説への, 筋立てから, 統一が, 美が, 興味と, 芸術的概括の, 面白さ, 高度の

▼ 小説との~ (32, 0.2%)

3 関係は

1 [29件] けじめ扱い, ちがいとして, つながり, ような, バランスに, 両道を, 事ばかり, 二つであり, 価値比較を, 分岐点は, 勉強に, 区別に関して, 区別の, 区別を, 文学に, 文学的本質の, 本質に, 本質的な, 比較に, 相違については, 芸術化の, 観照的態度に, 通念としての, 違ひ, 間に, 間には, 関係と, 関係を, 限界が

▼ 小説です~ (31, 0.2%)

652 か, かそれなら

1 [16件] から, が, がけれども, がその, が幸, が活動, けれどこの, けれどもそれ, ぜ, と僅か, な, ねえ, ねこれ, ね何と, の, ゆえいつかお

▼ 小説とか~ (31, 0.2%)

2 詩とかいう

1 [29件] お伽噺とか, その他前に, その他多くの, で到底, スリル小説ユーモア探偵という, ドラマとかいふ, ロシヤの, 一つの, 三人称小説とかとは, 他國, 劇とかいふ, 劇とかに, 劇などの, 和歌とか, 客観的観念論と, 対話とか, 小説道では, 少年読物とかは, 戯曲とかいふ, 戯曲とかの, 純文学とか, 純正小説とかいう, 絵とかの, 芝居とかに, 農民文学とか, 近代劇とかいふ, 通俗小説と, 随筆の, 雜誌の

▼ 小説ばかり~ (31, 0.2%)

10 書いて 5 読んで 2 では

1 [14件] かく決心, ずらりと並ん, だからと, でなく事実問題, のせる月刊雑誌, よむよう, よんで, 作るつもり, 書く, 書けとも, 読ませられて, 読みふけるよう, 読んでる読者, 頭ん

▼ 小説なんか~ (29, 0.2%)

1 [29件] そうして読む, たか, たかが商品, つまらぬと, もうどうでも, もつて, やっぱり七八枚, やめて, よく読ん, アホらしくっ, 何にも, 出して, 初から, 好きで, 御免蒙りたい, 書かない人, 書きなさいますなよ, 書きません, 書くの, 書くよりは, 書く場合, 書く気, 書けるもの, 甘いつまらないもの, 読まない方, 読みません, 読み耽って, 読んだって, 読んでは

▼ 小説みたい~ (29, 0.2%)

7 なもの 3 なもん 2 なこと, なところ

1 [15件] じゃないです, じや, だが, である, ですね, な出来事, な想, な本, な物, にあんなにはっきり, にどうにも, になる, に自由自在, に陳腐, ね

▼ 小説全体~ (29, 0.2%)

4 に働く, の中 2 が小学生, としての完成, として完成, として見, として逆, に行きわたる, のため, の効果, の構成, の表現 1 の価値

▼ 小説などは~ (28, 0.2%)

1 [28件] こういう読み方, この心理, そんなに面白い, どうも感心, まだ甚だ至らない, まるでない, よかれあしかれそういう, コンリンザイ書く, 一年に, 二百部を, 十七八の, 却つてその, 同じ危険, 容易に, 弾劾すべき, 恐らくかう, 我流の, 敏感に, 書いて, 書かないの, 書く気, 書く要, 書けまい, 決して, 決して書く, 烏滸がましくも, 猶更, 赤本式に

▼ 小説への~ (28, 0.2%)

3 道に

1 [25件] 叫び声を, 情熱が, 情熱を, 意図を, 意欲を, 愛好が, 愛情が, 態度には, 手の, 欲望を, 欲求は, 発展性を, 筋の, 要望は, 要求が, 要求単行本, 解放が, 転落か, 転落を, 転身宣言の, 進出をも, 遍歴は, 過程を, 道を, 門としての

▼ 小説などに~ (27, 0.2%)

2 よく出, よく描かれ, 興味を

1 [21件] ありふれたよう, ありますでしょう, あり勝ち, ある甘い, よくある, 作るもの, 使はれる, 凝って, 出て, 在る曲者, 手を, 描かれた女書生, 描かれた恋愛, 描かれて, 於けるくだくだしい, 書かれて, 求めるまでも, 狹斜の, 現れて, 筆を, 送迎に

▼ 小説以外~ (27, 0.2%)

7 のもの 3 のこと

1 [17件] では余り, では餘, にはあまり, には頗る, に文芸, のところ, の一般, の他, の作品, の小説, の怪奇小説, の文章, の新旧一切, の本, の諸, の通俗文芸, は一日

▼ 小説めいた~ (26, 0.2%)

4 ものを 2 ものは

1 [20件] ことまでが, はなはだしく厖大, ものさえ, ものさへ, ものに, ものにな, クラブなんか, 事件が, 原因なんか, 名を, 心もちも, 心持に, 感じが, 架空の, 気持でしょう, 物怪奇を, 話が, 説教のみ, 譚が, 過去も

▼ 小説戯曲~ (24, 0.1%)

1 [24件] であると, でさえ京伝馬琴以前, でも恋愛, との関係連絡, とは全然, とを数多く, などが文明, などに対してどの, にはこういう, によっては現実, に仕組まれ, に敬意, に読みふけっ, の三部, の仏蘭西十九世紀後半, の作者, の力, の如き, の材料, の類, は倫理的, をどの, をよん, を讀ん

▼ 小説であり~ (23, 0.1%)

1 [23件] いわば二十年来, かのビクトル・ユーゴー, しかもアップ・トゥー・デート, その他立志の, それと, つつも能う, ながらいかなる, ながら普通, また彼, ホオソンの, 名判官, 囈語中の, 大衆文学である, 小説という, 当時格別の, 当時流行の, 彼の, 推理小説という, 有名な, 紫式部が, 評論であり, 詩と共に, 詩人の

▼ 小説書き~ (22, 0.1%)

1 [22件] か安, が眼, だ, だが, だけが勝手, というもの, というやつ, という奴, として小説, として精神, ながらもつくづく, なん, になつ, になるだろう, になろう, には御し, の度胸, の私, はとても, は露伴先生, は馬鹿げた, を標榜

▼ 小説なる~ (21, 0.1%)

7 ものを 4 ものの, ものは 2 ものが 1 ものに対する, もののふるひ, 二文字が, 名称を

▼ 小説にでも~ (21, 0.1%)

10 ありそう 3 出て 2 ありさ 1 ある様, ざらに, なりそう, 在りさ, 教科書にでも, 書けば

▼ 小説~ (20, 0.1%)

3 して 2 し始める, する予定

1 [13件] されたもの, したた, したと, したもの, しない武蔵, し又は, し得る人, するため, するにも, だけでもゆうに, とくに正成, と云った, の傾向

▼ 小説そのもの~ (19, 0.1%)

1 [19件] がいっ, が堕落, が戯曲, が曝露, が質, が身邊小説, だけを売, としての新しい, として誤つ, にかへつて小説, にしろ, について一たい探偵小説, に求められる, のプロット, の価値, の機構, は仕方, も事件それ自身, を捨て去り

▼ 小説であっ~ (19, 0.1%)

2 てはいけない

1 [17件] たりし, てくれ, てもあの, ても一向, ても依然として, て主人公, て事件, て僕, て多く, て実, て常識, て探偵, て探偵小説, て断じて, て決定論者シクスト, て現実, て署名

▼ 小説なども~ (19, 0.1%)

5 ふり向きも

1 [14件] あつて, かなり読ん, しばしばある, とりあげて, みんな, 主としてこの, 大いに読んだ, 書いて, 混って, 目を通して, 私の, 私や, 読んでるわたし, 雑誌に

▼ 小説なんて~ (19, 0.1%)

2 ありは, いうもの, いふもの, 面白くも

1 [11件] いふ手, かけませんから, たか, たかが商品, なって, ばからしい, ものが, ものは, 堂々と, 書く気持, 言葉が

▼ 小説における~ (18, 0.1%)

2 散文は

1 [16件] ように, フロイティズムを, 人間の, 作者自身の, 判官の, 史實といふ, 場合と, 大仏次郎氏とは, 志賀が, 志賀直哉氏の, 或る, 推理過程は, 時空的な, 江戸川乱歩氏と, 私の, 自身の

▼ 小説~ (18, 0.1%)

2 な興味, に潤色

1 [14件] で面白い, なおはなし, なもの, な情景, に, に書い, に書いた, に書きたい, に種々解釈, に話し, の世相, の読み物類, の読物, の雑書中

▼ 小説でない~ (17, 0.1%)

1 [17件] いろんなもの, から, ことで, ことは, この叙述, この古典, という違い, とか云つて, と断言, と斷, ものが, ものとを, やうな, 何かを, 場合でも, 所以が, 方が

▼ 小説作法~ (17, 0.1%)

2 なの, の約束

1 [13件] があっ, が命じ, だ, ではいろいろ, なるもの, にも引きうつし, の命じ, の番人, の秘伝, は黄金律, をまったく, を知らない, を踏襲

▼ 小説時代~ (17, 0.1%)

1 [17件] が来たらしい, が来ない, が約束, が開ける, というもの, と云う, に入っ, の件, の温床, の約束, の胎動, はいよいよ, はついに, は今や, は遂に, へ持っ, を迎える

▼ 小説かい~ (16, 0.1%)

3 ていた 2 ている, てん 1 たりし, てその, てまだ, てみない, て三十歳, て五十三歳, て何, て大変, て重吉

▼ 小説~ (16, 0.1%)

1 [16件] とりかかつた, はめこんだその, やつて, 作品を, 出て, 出るにも, 時々作品, 書いた, 構成する, 毎日の, 移る間, 表現を, 転向し, 転身する, 送つて掲戴, 還って

▼ 小説より~ (16, 0.1%)

1 [16件] すぐれた技術, ほかの, ネタで, 他に, 他の, 全き, 奇だ, 奇なりと, 奇なる, 少くとも, 文学としては, 書けぬの, 演劇への, 素材を, 翻案せし, 面白いわね

▼ 小説~ (15, 0.1%)

1 [15件] から離れ, である, で書い, というもの, と云う, になっ, に書い, に書かれた, に書きつづりし, に書き直し, に書き直した, に綴る, に記述, の如く, の形式

▼ 小説作者~ (15, 0.1%)

2 になった, の場合, は女 1 であって, である, としての芸術院会員, と狂言作者, に取, の稀, の頭脳, は常に, も活路

▼ 小説ばかりを~ (14, 0.1%)

3 書いて 2 書くよう, 読んで 1 あつめた短篇集, 愛読し, 掲載し, 書きたい, 読みつづけそれ, 讀んで, 集めて

▼ 小説じゃ~ (13, 0.1%)

3 あるまいし 1 ありませんね, ない, ないかって, ないでしょう, ないと, ないという, ないよう, ないん, 家庭料理じゃ, 読むこと

▼ 小説に対する~ (13, 0.1%)

1 [13件] そういう批評, そうした先入, 一代の, 一時おさえ, 世間の, 信念もしくは, 最も普遍的, 注文である, 注文を, 私見を, 考は, 自信も, 要求は

▼ 小説好き~ (13, 0.1%)

1 [13件] かね, だつた, で, であるならば, ですからね, で古く, で将来, で昔私, なの, なら必ず, の, の三田村, はノックス

▼ 小説じみた~ (12, 0.1%)

2 歴史を 1 お話だ, 下の, 事を, 事実談を, 僕の, 嘘を, 心持が, 物珍らしい, 興味が, 黒奴という

▼ 小説だの~ (12, 0.1%)

1 [12件] お手紙, それでなけれ, ワイルドの, 何だ, 共通な, 化学だの, 姦通脚本だ, 宗教関係の, 最初から, 講談だ, 週刊誌の, 高等講談だ

▼ 小説とを~ (12, 0.1%)

1 [12件] 不自然に, 並べたまま, 並べて, 併せた形, 分けて, 同日に, 書き上げた頃, 殆ど全く鑵詰事業, 比較し, 求めんと, 測るに, 頭と

▼ 小説などの~ (12, 0.1%)

2 書けない境遇 1 ように, 中でも, 中には, 事を, 作品によりも, 国には, 場合には, 盛り沢山な, 翻訳の, 話の

▼ 小説において~ (12, 0.1%)

1 [12件] こんに, そうで, と同樣, 取り扱われる世界, 取上げること, 本当にゲーテ, 歴史の, 犯罪の, 筋は, 読者は, 讀者に, 長篇小説より

▼ 小説をも~ (12, 0.1%)

1 [12件] かいて, かくこと, かこうという, その中, のされる人, のしたところ, のしては, のせんと, ものしない, 毎日欠かさず, 私は, 読むこと

▼ 小説新潮~ (12, 0.1%)

1 [12件] に, にでも洗いざらい, の写真, の太宰治, の女, の小林君, の文壇, の新年号, の案内, は連載, も文春別冊, を見ました

▼ 小説~ (12, 0.1%)

1 [12件] がさらに, ではといふ, にかかずらう, の一つ, の上, の全部, の大家, の常識, の極意, への精進, へ一層, を捨てさせ

▼ 小説部会~ (12, 0.1%)

6 の報告 1 からの訴え, が, が民主主義文学, としての報告, の評価, は第

▼ 小説だって~ (11, 0.1%)

1 [11件] いいん, そうだろう, ましな, みんな書き出しが, もっと贅沢, 何だって, 同じこと, 土台は, 大してちがい, 彼女は, 書いたし

▼ 小説によって~ (11, 0.1%)

2 私自身の 1 この事件, カンプなく, 感情の, 看取される, 私たちは, 私は, 衣食する, 賞をも, 頭の

▼ 小説以上~ (11, 0.1%)

2 のもの 1 です, ですの, なの, に仕組ん, に作品, に架空的, に通俗的, の深, の興味

▼ 小説~ (11, 0.1%)

2 の散文学, の文学 1 とともに痛い, と同じ, に對, のうち, の主人公, の発生, の種類

▼ 小説とも~ (10, 0.1%)

2 なれば 1 いえぬほど, いえる, つかず感想文, つかないもの, 小品とも, 称ばるべき, 称べ, 違ふ

▼ 小説などで~ (10, 0.1%)

1 さらに一般化, それが, よんだよう, 双生児の, 宣伝され, 表わす以上, 見るよう, 読みましたが, 読めば, 飯を

▼ 小説なんかに~ (10, 0.1%)

4 出て 2 碌な 1 よくある, 出没し, 書いて, 言って

▼ 小説~ (10, 0.1%)

1 がふるはぬ, にとられ, に使, に入れ, に入れず, に入れる, に山野, に組ん, に見出し, は廃止

▼ 小説たる~ (9, 0.1%)

2 ことを 1 ためには, の体裁, も随筆たる, を明示, 事を, 所以の, 所以は

▼ 小説であった~ (9, 0.1%)

2 ために 1 から表現, が, といっ, としたなら, と同時に, と見, ので

▼ 小説であろう~ (9, 0.1%)

1 かと思った, かどう, が何, とその, となん, と何, と捕物小説, と書かれ, と西洋

▼ 小説などと~ (9, 0.1%)

1 いつて, 一緒に, 云ふも, 呼んで, 比較し, 申さず何, 異って, 称して, 言ひ出した

▼ 小説雑誌~ (9, 0.1%)

2 を読ん 1 があった, には毎号, の気運, を出し, を出したい, を発行, を買っ

▼ 小説だけ~ (8, 0.0%)

1 であると, で十二月, で十種以上, で戯曲二篇, 書いて, 書きほか, 狂は, 読んだの

▼ 小説としても~ (8, 0.0%)

1 なか, ひどいと, 幾分の, 愚作に, 梁山泊の, 生々しい人間臭, 立体的に, 馬琴ほどの

▼ 小説などが~ (8, 0.0%)

1 ありますか, それに, のって, 並べて, 代表作と, 封建的な, 混って, 無いと

▼ 小説なんぞ~ (8, 0.0%)

1 でも, 書いたこと, 書かはる御方, 書きません, 書くの, 書こうという, 考えるの, 読んで

▼ 小説に対して~ (8, 0.0%)

1 ごく遠慮, どういう風, もって, 人々は, 単純な, 執つた自分, 敬虔な, 生活の

▼ 小説ほど~ (8, 0.0%)

2 浅薄な 1 おめでたいもの, ひどくは, 人目に, 渾然たる, 白日の, 都合よく

▼ 小説らしく~ (8, 0.0%)

1 もあり, もなんとも, 今日の, 局を, 心をも, 擱筆する, 昔の, 面白く思える

▼ 小説~ (8, 0.0%)

1 でこの, と紅葉山人, にも残っ, に歴史的, の上, の最高峰, はマーク・トウェーン, を顧

▼ 小説宮本武蔵~ (8, 0.0%)

1 がある, である, のうえ, のうち, の中, も書い, をかいた, を連載

▼ 小説家たち~ (8, 0.0%)

1 がみんな一種, が文章, であらう, のこと, の創世期時代, の数人, の物, はこの

▼ 小説的興味~ (8, 0.0%)

1 がある, が含まれ, などはちつ, の主役, へと漸時, もあっ, を与える, を刺激

▼ 小説さえ~ (7, 0.0%)

1 その現代性, たいしてかけまい, 出現し, 生れ動機, 発表させられない, 私小説に, 足下にも

▼ 小説その他~ (7, 0.0%)

1 に属する, に於ける, のいわゆる, のもの, の創作, の純粋美文, の閑文字

▼ 小説でなく~ (7, 0.0%)

1 てもそれ, て単なる, て厳粛, 創作でなくなる, 怪奇小説であった, 本当に小説, 雑文だ

▼ 小説においては~ (7, 0.0%)

1 しばしば行為, すべての, 一貫した, 人間の, 済勝の, 筋が, 行為を

▼ 小説についての~ (7, 0.0%)

1 お喋りは, 大書誌学者, 意見が, 抱負は, 疑問を, 議論では, 随筆が

▼ 小説よりは~ (7, 0.0%)

1 お伽噺に, たしかに芸術的, もっと現実的, よし, 脚本に, 詩に, 質において

▼ 小説らしき~ (7, 0.0%)

3 ものを 2 外見の 1 もの, 一場の

▼ 小説全集~ (7, 0.0%)

1 が出版, とやらもう, の仕事, の第, の芥川龍之介年譜, の計, 第一卷

▼ 小説又は~ (7, 0.0%)

1 怪奇小説であっ, 捕物作家も, 捕物小説は, 探偵小説でも, 新聞小説と, 義賊小説と, 詩の

▼ 小説~ (7, 0.0%)

1 というもの, によき, に於ける, に残した, の発達, の総, は既に

▼ 小説家志望~ (7, 0.0%)

1 だったらしいですな, だった礼子, だなんて, ですが, なんて一日, の大学生, の女

▼ 小説家等~ (7, 0.0%)

1 が妄, が解する如く, で大家, に比し, の作る, の文学者一般, は自己

▼ 小説本来~ (7, 0.0%)

2 の本格的, の面白 1 の価値, の敗北, の素材

▼ 小説流行~ (7, 0.0%)

1 が当時, に抗, のいと, のとき, の現象, の第, の風潮

▼ 小説自体~ (7, 0.0%)

1 が全て, が物語つて, にももし, の歴史的空気, は馬鹿, は馬鹿馬鹿しく, も渦潮

▼ 小説って~ (6, 0.0%)

2 ものは 1 そんなもの, むずかしいわねえ, 名の, 面白いわね

▼ 小説でなけれ~ (6, 0.0%)

2 ばならぬ 1 ばもう, ば価値, ば決して, ば駄目

▼ 小説などには~ (6, 0.0%)

1 あるが, こんなこと, どうしても親しめず, 怪しからぬ, 父祖に, 絵入りのまで

▼ 小説のみ~ (6, 0.0%)

2 なりしを 1 で未だ, ならずすべて, 持囃さるる, 読みたい人

▼ 小説修業~ (6, 0.0%)

1 という彼女, には大切, に就い, の女, を危ぶむ, を実際

▼ 小説形式~ (6, 0.0%)

2 の可能性 1 が発明, の退歩, はつねに, は整備

▼ 小説~ (5, 0.0%)

2 かめ笹執筆 1 かめ笹梓成る, 役人さんと, 読みに

▼ 小説しか~ (5, 0.0%)

1 ないと, はいって, 書かないよう, 書けないという, 書けない頭

▼ 小説だけは~ (5, 0.0%)

2 例外で 1 すぐれたもの, どうもむずかしい, 電車の

▼ 小説であれ~ (5, 0.0%)

1 ばある, ばいい, 字の, 手紙であれ, 繪畫彫刻であれ

▼ 小説といつて~ (5, 0.0%)

3 もよい 1 もその, も時代

▼ 小説なぞを~ (5, 0.0%)

2 書くんださうだ 1 取出して, 書くもの, 読んで

▼ 小説なり~ (5, 0.0%)

1 予本書を, 戯曲なりを, 歴史なりの, 随う, 隨筆なりが

▼ 小説に関する~ (5, 0.0%)

1 ライブラリーから, 御議論, 真実の, 研究を, 覚書を

▼ 小説家型~ (5, 0.0%)

1 であると, でなかった初対面, ではなかっ, というもの, よりは国士型

▼ 小説或は~ (5, 0.0%)

1 冒険譚という, 叙事詩が, 小説に, 目的小説の, 色彩多い

▼ 小説文学~ (5, 0.0%)

1 が兎, が創り出され, には標準語, の巨匠, は物質文化

▼ 小説書い~ (5, 0.0%)

1 ている, てとくる, て居る, て心地よし, て独立

▼ 小説~ (5, 0.0%)

1 からは恐らく, でもある, は今日, も書く, や描写論

▼ 小説~ (5, 0.0%)

1 である, などの変遷, なら詩, のため, の分野

▼ 小説かも~ (4, 0.0%)

2 知れない, 知れませんが

▼ 小説こそ~ (4, 0.0%)

1 不滅の, 京伝の, 僕は, 読まして

▼ 小説その~ (4, 0.0%)

1 ほか生活から, 名は, 小説の, 物を

▼ 小説だけに~ (4, 0.0%)

1 かかって, したこの, 勝手に, 川口の

▼ 小説だった~ (4, 0.0%)

1 かと内容, ことだけは, のである, よ

▼ 小説でしょう~ (4, 0.0%)

1 あたいの, か, か誰, 尤もあと

▼ 小説といった~ (4, 0.0%)

3 ような 1 ものは

▼ 小説なぞ~ (4, 0.0%)

1 いうもの, 一向お, 書いて, 書かなければ

▼ 小説などという~ (4, 0.0%)

1 もので, ものとは, ものの, 名は

▼ 小説においても~ (4, 0.0%)

1 こんなリズム, アメリカの, 否定し, 文芸評論においても

▼ 小説については~ (4, 0.0%)

1 あなたに, 全く言う, 再参公言, 私は

▼ 小説にと~ (4, 0.0%)

2 つては 1 つての, 同じ危機

▼ 小説にまで~ (4, 0.0%)

1 低下し, 到達し, 手を, 目を通して

▼ 小説~ (4, 0.0%)

1 あれを, その中, 思ったより, 第二巻

▼ 小説または~ (4, 0.0%)

1 それらしい, 脚本あら, 読み物の, 過去に

▼ 小説まで~ (4, 0.0%)

2 書いて 1 あらゆる代作, つまり日本印刷術

▼ 小説もしくは~ (4, 0.0%)

1 グロ探偵小説とは, 少年物語は, 幻奇小説, 探偵小説の

▼ 小説らし~ (4, 0.0%)

1 さその, さなど, さに, さを

▼ 小説一つ~ (4, 0.0%)

1 にしろ, もかけない, 書いたお金, 書けないくせ

▼ 小説~ (4, 0.0%)

1 では, のこと, の事件, の約束

▼ 小説二篇~ (4, 0.0%)

1 がある, はそれぞれ新聞, は完璧, を草せられた

▼ 小説修業者~ (4, 0.0%)

1 としてはもつ, に取つ, は形式, は殊に

▼ 小説~ (4, 0.0%)

2 體の 1 篇が, 體に

▼ 小説勉強~ (4, 0.0%)

2 というもの 1 のため, は思いつき

▼ 小説及び~ (4, 0.0%)

1 凡て世界大, 戯曲から, 戯曲の, 文芸の

▼ 小説執筆~ (4, 0.0%)

1 が遂に, に取り, のかたわらひそか, の際叙景

▼ 小説家たる~ (4, 0.0%)

3 を栄 1 を恥

▼ 小説家志願~ (4, 0.0%)

1 だけに口, でいつ, と来, の新聞配達

▼ 小説家自身~ (4, 0.0%)

3 の中 1 の活きた

▼ 小説寄生木~ (4, 0.0%)

1 が世, である, の原著者篠原良平, は該書

▼ 小説戲曲~ (4, 0.0%)

1 の中, の類, を書い, を發表

▼ 小説~ (4, 0.0%)

2 潮と 1 趣味, 青年

▼ 小説~ (4, 0.0%)

1 かはる人, である, の類, を本屋

▼ 小説殊に~ (4, 0.0%)

1 このごろの, 短篇などと, 輸入小説には, 長篇探偵小説に

▼ 小説物語~ (4, 0.0%)

1 には作者自ら, の中, の戯作, をその

▼ 小説稗史~ (4, 0.0%)

2 などを読む 1 に比較, よりも面白い

▼ 小説見た~ (4, 0.0%)

3 ような 1 ように

▼ 小説評論~ (4, 0.0%)

1 に限らず, の専門家, を生んだ, を読む

▼ 小説あたり~ (3, 0.0%)

1 からヒント, から使用, から根

▼ 小説からの~ (3, 0.0%)

1 おもいつきとは, 収入までを, 発展の

▼ 小説すら~ (3, 0.0%)

1 原書では, 彼には, 恐らく彼自身

▼ 小説だけを~ (3, 0.0%)

3 書いて

▼ 小説だったら~ (3, 0.0%)

1 いくらでも濶達, 御近所, 私は

▼ 小説~ (3, 0.0%)

1 や, やありません, やあるまいし

▼ 小説でさえ~ (3, 0.0%)

2 あれば 1 読んだこと

▼ 小説とが~ (3, 0.0%)

1 併存する, 極めて接近, 源を

▼ 小説と共に~ (3, 0.0%)

1 寝床の, 永井先生の, 近代説話ものを

▼ 小説なぞは~ (3, 0.0%)

1 あまり読まなかつた, 書かなかつたかも, 誰も

▼ 小説などから~ (3, 0.0%)

1 一高の, 得たもの, 暗示を

▼ 小説なんぞを~ (3, 0.0%)

1 引いて, 書いてちゃ, 読んだって

▼ 小説にとって~ (3, 0.0%)

1 まことに危険, スリルは, 代わり得る資格

▼ 小説ばかりが~ (3, 0.0%)

2 生まれて 1 並んで

▼ 小説ばっかり~ (3, 0.0%)

2 書いて 1 読んでるよって

▼ 小説~ (3, 0.0%)

3 がひ

▼ 小説らしくない~ (3, 0.0%)

1 ものを, 文章の, 物を

▼ 小説ん中~ (3, 0.0%)

1 に富農, に本物, のこと

▼ 小説ファン~ (3, 0.0%)

1 で, はその, は思わず

▼ 小説一篇~ (3, 0.0%)

1 につき, の中, は隅田川

▼ 小説三派~ (3, 0.0%)

1 とは何, の外, の差別

▼ 小説中間小説~ (3, 0.0%)

1 の作者, の商品性, の題材

▼ 小説以前~ (3, 0.0%)

2 のもの 1 の現実状況

▼ 小説~ (3, 0.0%)

1 しかこの, の面白, は読む

▼ 小説偏重~ (3, 0.0%)

1 の傾向, の悪, の習慣

▼ 小説~ (3, 0.0%)

1 における偶然, に於ける, の出来事

▼ 小説創作~ (3, 0.0%)

1 の心境, の道, も彫刻製作

▼ 小説創作界~ (3, 0.0%)

1 に新しく, へ突如, を賑わせる

▼ 小説家中~ (3, 0.0%)

1 でもっとも, にて劇詩, 最も逞しい

▼ 小説家中野~ (3, 0.0%)

1 の重大, はさぞ, を支える

▼ 小説家以上~ (3, 0.0%)

1 には思わないだろう, の何者, の芸術家

▼ 小説家仲間~ (3, 0.0%)

1 に確証, に迎春館, の徳田秋声

▼ 小説家玄竜~ (3, 0.0%)

1 がごみごみ, にし, は肩

▼ 小説専門~ (3, 0.0%)

1 の巌谷小波氏, の月刊誌, の雑誌

▼ 小説屋さん~ (3, 0.0%)

1 とか云う, にし, になる

▼ 小説志願者~ (3, 0.0%)

1 の青年時代, はあらゆる, は図書館

▼ 小説戯作~ (3, 0.0%)

1 など読ん, は往々, を以て世

▼ 小説手法~ (3, 0.0%)

2 から見れ 1 もいっこう

▼ 小説書く~ (3, 0.0%)

1 ひとに, ものの, 事を

▼ 小説染みた~ (3, 0.0%)

1 ものを, 呑気な, 解釈は

▼ 小説構成~ (3, 0.0%)

1 の定石本, の都合, を企て

▼ 小説的世界~ (3, 0.0%)

3 である

▼ 小説的構成~ (3, 0.0%)

1 がなされ, と空想力, の精緻さ

▼ 小説的私小説~ (3, 0.0%)

1 の発達, の過不足, はあくまで

▼ 小説的空想~ (3, 0.0%)

1 さえもほしい, はいま実, を抱く

▼ 小説私小説~ (3, 0.0%)

1 からの蝉脱, に対する社会, の類

▼ 小説製造販売業者~ (3, 0.0%)

1 としての自己保存欲, とでもいわなけれ, になっ

▼ 小説~ (3, 0.0%)

1 がもと, が交わされた, よりもかえって

▼ 小説趣味~ (3, 0.0%)

1 から言う, の会, を逆

▼ 小説~ (3, 0.0%)

1 と自他とも, の読者, を以てひそか

▼ 小説あり~ (2, 0.0%)

1 て曾, 其小説の

▼ 小説あるいは~ (2, 0.0%)

1 筆記の, 諷刺小説の

▼ 小説および~ (2, 0.0%)

1 その姉妹小説, 物語の

▼ 小説かの~ (2, 0.0%)

1 なかに, 中である

▼ 小説くさい~ (2, 0.0%)

1 ところが, 随筆を

▼ 小説じみ~ (2, 0.0%)

1 ています, て来る

▼ 小説じゃあ~ (2, 0.0%)

1 ないか, ないの

▼ 小説する~ (2, 0.0%)

1 ことは, 戯作者と

▼ 小説ずき~ (2, 0.0%)

1 はこんな, は子供時代

▼ 小説それ~ (2, 0.0%)

1 はムリ, も創作方面

▼ 小説たらしめる~ (2, 0.0%)

1 努力を, 精髄だ

▼ 小説だけで~ (2, 0.0%)

1 こと足らず余剰勢力, たくさん

▼ 小説つて~ (2, 0.0%)

1 どんなの, どんな本

▼ 小説でありまし~ (2, 0.0%)

1 てこの, て殊に

▼ 小説でしか~ (2, 0.0%)

1 書けないわけ, 自身を

▼ 小説とかいう~ (2, 0.0%)

1 ものに, 話題を

▼ 小説とでも~ (2, 0.0%)

1 いうか, 云うべきもの

▼ 小説どころ~ (2, 0.0%)

1 でなかった, では

▼ 小説などでは~ (2, 0.0%)

1 人間の, 殺人事件が

▼ 小説などより~ (2, 0.0%)

1 どれほど, 数等深刻に

▼ 小説なんかで~ (2, 0.0%)

1 かきくどいたのに, 見ると

▼ 小説なんかという~ (2, 0.0%)

1 ものは, 高の

▼ 小説なんかには~ (2, 0.0%)

1 よくあります, 持って

▼ 小説なんかも~ (2, 0.0%)

1 同じじゃ, 解るん

▼ 小説なんかを~ (2, 0.0%)

1 書いて, 読むと

▼ 小説にさえ~ (2, 0.0%)

1 ならないのね, 書いて

▼ 小説にしか~ (2, 0.0%)

1 ないもの, 扱えないところ

▼ 小説にだって~ (2, 0.0%)

1 正餐の, 無いわ

▼ 小説についても~ (2, 0.0%)

1 いえると, 言えるよう

▼ 小説にては~ (2, 0.0%)

1 バリイが, 先づ人を

▼ 小説にとっては~ (2, 0.0%)

1 ただそれ, まことに不運

▼ 小説に関して~ (2, 0.0%)

1 では, なお細い

▼ 小説のみで~ (2, 0.0%)

2 埋められて

▼ 小説はね~ (2, 0.0%)

1 それは, 姉と

▼ 小説ばかし~ (2, 0.0%)

2 書いて

▼ 小説ほどの~ (2, 0.0%)

1 興味は, 評価を

▼ 小説までも~ (2, 0.0%)

1 生んで, 知覚的な

▼ 小説めい~ (2, 0.0%)

1 ている, てゐる

▼ 小説めいた事~ (2, 0.0%)

1 がだいぶ, を長々

▼ 小説めく~ (2, 0.0%)

1 で, のです

▼ 小説やらを~ (2, 0.0%)

1 読みすぎたと, 讀みすぎたと

▼ 小説よん~ (2, 0.0%)

1 でいたら, でもらっ

▼ 小説よんだ~ (2, 0.0%)

1 か, かしら

▼ 小説らしくちやん~ (2, 0.0%)

2 とした

▼ 小説をば~ (2, 0.0%)

1 あやに, 世に

▼ 小説エイルヰン~ (2, 0.0%)

2 の批評

▼ 小説コンクール~ (2, 0.0%)

1 に當選, ももたれ

▼ 小説チチ~ (2, 0.0%)

1 としてはかどらず, として進まず

▼ 小説~ (2, 0.0%)

1 てどんな, て何

▼ 小説乃至~ (2, 0.0%)

1 ラヂオ物語といふ, 戲曲など

▼ 小説二三巻~ (2, 0.0%)

2 を購

▼ 小説云々~ (2, 0.0%)

1 のこと, の話

▼ 小説~ (2, 0.0%)

1 か愛人, にし

▼ 小説作品~ (2, 0.0%)

1 から離れ, の謂わ

▼ 小説來訪者~ (2, 0.0%)

1 の事, 初板五千部印行

▼ 小説例へば~ (2, 0.0%)

1 スウイフトの, 改造社版

▼ 小説出版~ (2, 0.0%)

1 の年, の費用

▼ 小説原稿~ (2, 0.0%)

1 と挿絵, を破き

▼ 小説及戯曲~ (2, 0.0%)

1 の映画化, を集め

▼ 小説史上~ (2, 0.0%)

1 の逸話, 最も偉大

▼ 小説~ (2, 0.0%)

1 では世界, といわれる

▼ 小説大菩薩峠~ (2, 0.0%)

1 の内容, の著者

▼ 小説~ (2, 0.0%)

1 が低い, に映り

▼ 小説嫌い~ (2, 0.0%)

1 の俺, の実直

▼ 小説実践的~ (2, 0.0%)

2 にはギャング

▼ 小説家はだし~ (2, 0.0%)

2 のとても

▼ 小説家みたい~ (2, 0.0%)

1 に嘘, ね

▼ 小説家われ~ (2, 0.0%)

2 はそれ

▼ 小説家アダルベルト~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ 小説家セルゲーエンコ~ (2, 0.0%)

2 は中学

▼ 小説家ツルゲーネフ~ (2, 0.0%)

1 という人, の短篇

▼ 小説家国木田独歩~ (2, 0.0%)

2 を論じ

▼ 小説家戯曲家批評家画家音楽家彫刻家芸術上~ (2, 0.0%)

2 の素人等

▼ 小説家戸浪三四郎~ (2, 0.0%)

1 が乗り合わせ, のうわずった

▼ 小説家批評家インテリ~ (2, 0.0%)

2 の多く

▼ 小説家星田~ (2, 0.0%)

1 がなぜ, の順

▼ 小説家正宗白鳥氏~ (2, 0.0%)

1 に求め, の新しき

▼ 小説家清岡進~ (2, 0.0%)

1 の事, の老父熙

▼ 小説家的~ (2, 0.0%)

1 な神経, な要素

▼ 小説家魂~ (2, 0.0%)

1 だと, をもつ

▼ 小説~ (2, 0.0%)

1 な同時に, な架空

▼ 小説性格形成~ (2, 0.0%)

2 の過程

▼ 小説怪奇小説~ (2, 0.0%)

2 の類

▼ 小説愛好慾~ (2, 0.0%)

1 の芽生え, はそれ以来急激

▼ 小説愛好者~ (2, 0.0%)

1 にも理智以上, 殊に馬琴随喜者中

▼ 小説戯曲類~ (2, 0.0%)

1 は盛ん, も相当

▼ 小説新聞~ (2, 0.0%)

1 の特輯, をとった

▼ 小説映画~ (2, 0.0%)

1 とは著しく, にまで発展

▼ 小説月評~ (2, 0.0%)

1 があり, といったよう

▼ 小説構想~ (2, 0.0%)

1 とを恣, に似

▼ 小説演劇~ (2, 0.0%)

1 を取分け, を邦語

▼ 小説特輯~ (2, 0.0%)

1 だった, に作品

▼ 小説的作り話~ (2, 0.0%)

1 だったら私, と思われる

▼ 小説的価値~ (2, 0.0%)

1 と戯曲的価値, のない

▼ 小説的動物~ (2, 0.0%)

2 であると

▼ 小説的約束~ (2, 0.0%)

1 の主人公, を破っ

▼ 小説的要素~ (2, 0.0%)

1 が多い, を備えた

▼ 小説瞑想書翰紀行等~ (2, 0.0%)

2 を集む

▼ 小説~ (2, 0.0%)

1 です, へ行つて

▼ 小説社会小説~ (2, 0.0%)

1 が本質的, の波

▼ 小説~ (2, 0.0%)

1 私達にと, 馬鹿

▼ 小説筆記~ (2, 0.0%)

1 と申しまし, のたぐい

▼ 小説素材~ (2, 0.0%)

1 のウラ, は豐富

▼ 小説脚本~ (2, 0.0%)

1 になっ, の翻譯

▼ 小説自分~ (2, 0.0%)

1 だけが面白, には芥川氏

▼ 小説~ (2, 0.0%)

1 がその, に名前

▼ 小説詩歌~ (2, 0.0%)

1 のいずれ, の如き

▼ 小説読んだ~ (2, 0.0%)

1 ことが, わ

▼ 小説読者~ (2, 0.0%)

1 の精神, よりは広く

▼ 小説随筆~ (2, 0.0%)

1 とが彼女たち, はこれ

▼ 小説~ (2, 0.0%)

1 で書いた, に書いた

▼1* [695件]

小説ああいうもの, 小説あくせく書きすすめて, 小説あつて始め, 小説あらんに其の, 小説あるひは, 小説あれはもう, 小説うまい小説しゃれた, 小説うまく進まず自分, 小説かいたきりもう, 小説かいてるのッ, 小説かきたくなるわけね, 小説かきましょうねえ, 小説かく約束しました, 小説かつて學の, 小説かといへば, 小説かなんかの話です, 小説かなんかを乗っけて, 小説からは生まれないという, 小説からも判然と, 小説がにはかに退屈で, 小説くらいなんの, 小説くらいは見る色, 小説ぐらい合作に, 小説ぐらいにしかもう伝わっ, 小説ぐらいは読むさあ, 小説ぐらゐは読んで, 小説こういう文章こういう, 小説ことに長篇探偵小説, 小説ことにドストエヴスキの, 小説このこと以外に, 小説へ, 小説さては久良伎剣花坊が, 小説さまざまありしが, 小説さもなければルポルタージュ, 小説しゃれた小説, 小説やない, 小説すこしづつ書きすすめ, 小説すなわち芸術的作品である, 小説すべき典型の, 小説すべてに共有, 小説すみだ川の, 小説すらも知らないの, 小説そういうものを, 小説そっくりですわ, 小説そのままじゃない, 小説それから森林生活の, 小説それ等を検, 小説それ自身も現在, 小説それ自身僕の淪落, 小説そんなもんじゃ, 小説たっぷりかいて, 小説たらしむる特殊の, 小説だっしょうがこれ, 小説だつたらまた言ひたい, 小説だろうかと時々, 小説ゅうの, 小説っていうものは, 小説っぽいでしょうもう, 小説つまり過去の, 小説そんなにむずかしい, 小説であったならば随分, 小説でありませんので態とそのまま, 小説であるなら女の, 小説であるまいとする, 小説でかくしかない, 小説できたら生活への, 小説できたら持ってき, 小説でこそジャーナリストが, 小説でしたそれから篁村翁, 小説でなからうか, 小説でなくっちゃ読まれない, 小説でのこのトリック, 小説ではといふの, 小説でもかこうと, 小説で御座ると名乗つて, 小説で無い処が, 小説といへるもの, 小説とかいふ作品そのものの, 小説とかとは全く別物, 小説とかに出来ないと, 小説とかを書いて, 小説としか受け取れぬ諸, 小説とても好きや, 小説とともに百年のちまで, 小説とには作者の, 小説とに対して文学的創作の, 小説どうでもいい, 小説ないし犯罪文学に, 小説なお食品の, 小説なかんずく探偵小説は, 小説ながら当時しばしば, 小説なぞといふ不倶戴天の, 小説なぞにはよく狐, 小説なぞにもよく書い, 小説なぞのぎっしりつまった, 小説なぞもヘソレビュウと, 小説などからもいろいろと, 小説などといふものは, 小説などにおける彼の, 小説などにて読みたる剛, 小説などにもまず書かれる, 小説などよりも比較的古い, 小説なにもって, 小説ならいちまい書くも百枚, 小説ならびに志賀を, 小説なりが纏まると, 小説なりしも世は, 小説なればこその有難, 小説なんかでもどんな風, 小説なんかはいい加減, 小説なんかよりはこの方, 小説なんぞと吝な, 小説なんと云うもの, 小説にこそあらんと, 小説にたいする便覧程度で, 小説にだけ罪を, 小説にだけしか興味を, 小説についてしか論じなかつたが, 小説についてね私は, 小説についてばかり書いて, 小説にても共に人事, 小説にのつたものしか, 小説にのみ特有の, 小説にはと云ふ, 小説にゃ雪の, 小説によつて有望な, 小説に対し熱意を, 小説に対しても一度に, 小説のうへでなく眞實, 小説のてまとして, 小説のばあひで, 小説のみが繁栄し, 小説のみに用ひ, 小説のみを発表する, 小説はとに角, 小説はという人たちでも, 小説はみだりがましい, 小説はも一度見なおされるべきで, 小説ばかりじゃない一体, 小説ひでりを, 小説ひとつ読んで, 小説ふとよみはじめて, 小説へと移ったこの, 小説へは心ひかれなかった, 小説へも同じ發展, 小説ほどに何故群, 小説また過去を, 小説まったく実になさけない汚い魂, 小説までがなかば論説の, 小説みたような, 小説みな面白くないでしょう, 小説みんな読んだって, 小説めでたしめでたし妻君が, 小説もしもさきで, 小説ものだ, 小説もよほどでないと, 小説やで描き出そうと, 小説やの文学は, 小説ゆうべ床の中, 小説位の, 小説よかったわ, 小説よく読者に, 小説しからぬ小説, 小説らしく見えながら新しい, 小説わざとしくじって, 小説をさえ読まぬ無知, 小説をとうけも, 小説をめぐって日本なんか, 小説を以て国民性を, 小説を通じて第一人称の, 小説中へ, 小説アブノーマル・リテラチュアの中, 小説イストワル・コミツクを読む, 小説カラマゾフ兄弟を愛読, 小説キチガイでまだ, 小説クラブという会, 小説グロ小説ナンセンス小説と名乗っ, 小説シキスチンをよむ, 小説スウェーデンの探偵作家ヘルラー, 小説セオファーノの話し, 小説てもっと, 小説アル, 小説ナナの篇中, 小説ナルモ之ヲ我カ海國人士ニ紹介スルノ利アル, 小説ナルモ實ハ精神教科書ニシテ即チ軍學研究, 小説ナンセンス小説と名乗っ, 小説ネルヴァールの, 小説著アリ有爲, 小説つまらぬ事, 小説ハ予ノ愛読書, 小説バツタイユを読む, 小説パリユードを読む, 小説ブルジョア小説がいろいろ, 小説プラストリックの探偵小説, 小説ホトトギス派の小説, 小説マルグリツトを読む, 小説ミリオンをよみ終った, 小説ムラサキ古い女鑑, 小説メーテルリンクの戯曲, 小説ユーモア探偵というよう, 小説レトレートサンチマンタルを繙読, 小説レ・ミゼラブル中のミリエル僧正, 小説一つ位のもの, 小説一つ例のつづき, 小説一二巻を取り, 小説一冊を縮緬, 小説一切を斷, 小説一名探偵小説を出し, 小説一回分書きあげると, 小説一方と限った, 小説一枚五円その他のく, 小説一種に限らん, 小説七軒戯曲一軒の割合, 小説三十枚ひきうける, 小説三四巻を購, 小説三年ぶりに初めて, 小説三昧に耽る, 小説三派及梅花詞集評を讀みし, 小説三派及梓神子をみ, 小説三篇を書き下ろし, 小説上手は武田麟太郎, 小説下らないと思った, 小説不如帰である, 小説不振の声, 小説に地下鉄, 小説中代表的なもの, 小説中夢を道具, 小説中柔術の妙, 小説中紅雨という人物, 小説中興の祖, 小説中誨淫の譏, 小説中貴下の印象, 小説中間文学に対する彼, 小説中鬼狐を説い, 小説主観的な私小説, 小説乍ら其第十回魏玉卿が學生中, 小説事件が彼, 小説二つよんで, 小説二つ三つ書かせて, 小説二三冊を購, 小説二三枚ほど書き得, 小説二三篇とである, 小説二十二本を作り上げた, 小説二十二枚かき終る, 小説五十枚とても書けない, 小説人間として生き, 小説を作文, 小説代りにと一寸, 小説伝奇の類, 小説伝奇その他の文学, 小説伝奇類を蒐集, 小説伝統の限り, 小説伝記を読み, 小説伝記歴史紀行と理学, 小説作り方といふやう, 小説作家たちの現実, 小説作家以外の者, 小説作家山田美妙斎に文通, 小説作家心得なぞを読む, 小説作家流の本来, 小説作家評論家の一群, 小説作家諸君に問いたい, 小説作家達にいわれた, 小説作法入門ぐらいは心得, 小説佳品トシテノ体ヲ為シテイル様, 小説使命への情熱, 小説來訪者製本見本を示さる, 小説がない, 小説依頼とても書けない, 小説修行者はそれ, 小説俳句漢詩狂歌の戯, 小説俳句詩和歌等等とその, 小説優生學上讀者にはか, 小説が少く, 小説全盛の時代, 小説全盛時代が準備, 小説全般の欠点, 小説公園に書い, 小説六十種で当時, 小説六十種剪燈新話, 小説共に世相の, 小説其の他の, 小説其物の内容, 小説内職の翻訳, 小説冒険小説探偵小説怪談などの取り扱う, 小説てこい, 小説出版記念会の会費, 小説分野への展開, 小説創作上における一つ, 小説創作壇がだいぶ, 小説劇詩雄弁というよう, 小説勃興期でもありました, 小説化すことは, 小説十三枚書く, 小説十二枚終る, 小説十戒をでつちあげ, 小説十数冊を出版, 小説単なるリアリズムの, 小説謎々とは, 小説即ちロマンの, 小説及雑著について批評, 小説友人ヨリ雑誌借リテ読ミマシタガ, 小説叙法の装置, 小説叢書と題し, 小説口述の仕事, 小説古典を素材, 小説史上余り認められない作家, 小説史探偵小説論の脚注, 小説史料にはならない, 小説史稿といふ一册, 小説として三篇, 小説同様えらいの, 小説向きでない, 小説を有し, 小説唯一人であった, 小説問はずがたり草稿, 小説噫無情等である, 小説囈語中の囈語, 小説四五枚かきたり, 小説四五篇にも及ぶ, 小説執筆中で休ん, 小説執筆余事なし, 小説執筆十一時十二時に至り, 小説報告的旅行記として勝本清一郎, 小説壇全体の醜, 小説多く見えぬ, 小説夢物語の戯作, 小説行, 小説大小作家の業績, 小説大西博士ショウペンハウエルヴントを読んでる, 小説太陽などが何年分, 小説夫婦喧嘩の小説, 小説なの, 小説好きアボットは作家, 小説婦女の裸体, 小説存在の根本動機, 小説存外長いもの, 小説が式, 小説完成の由, 小説完成雑誌社へお送り, 小説宗教小説教訓小説及び凡て世界, 小説定休日とし, 小説宣伝小説と称, 小説宮本武蔵中に武蔵, 小説家あてに送り届けた, 小説家さへ出, 小説家さまが俺, 小説家そこのけではない, 小説家たる者は平素, 小説家ぢやア銭, 小説家つてのは皆, 小説家つてやつを好き, 小説家イエスツルゲネーフの作品, 小説家ウヰンストン・チヤーチルが甚, 小説家エミイル・ゾラは寺内伯, 小説家カーとクイーン, 小説家ゴルキイは貧しく, 小説家ジヤツク・ロンドンは肉食論者, 小説家ジュウル・ルナアルであつ, 小説家ジユウル・ルナアルに對, 小説家ジョルジュ・サンドとの交渉, 小説家スモレツトの曾姪, 小説家フロオベエルは往々, 小説家フロオベエルゾラモオパッサンゴンクウル等々は何れ, 小説家マアク・トヱンが新聞紙, 小説家モオパサンが, 小説家モオパッサンの, 小説家ロバァト・ルゥイス・スティヴンスン氏は何と, 小説家ヴァン・ダインが, 小説家ヴイクトオル・マルグリツトが, 小説家一人は畫, 小説家三宅青軒をたより, 小説家三島由紀夫は, 小説家三島由紀夫君のお祖父さん, 小説家上原二郎さんのところ, 小説家上司小剣は別, 小説家久保田万太郎君の俳人傘雨宗匠たる, 小説家二葉亭が学堂提調, 小説家井上笠園や達摩, 小説家井伏鱒二が文章, 小説家以外のもの, 小説家伊藤永之介の書いた, 小説家伴三の作家的日暮し, 小説家佐藤春夫氏の時, 小説家先生が腹, 小説家兼戯曲作家に遠く, 小説家兼批評家の場合, 小説家出身でないから, 小説家劇作家評論家歴史家新聞記者等を会員, 小説家劇作家詩人批評家美術家音楽家舞台及び映画, 小説家協会とを合同, 小説家同志ではない, 小説家商売になる, 小説家坂部健作の存在さ, 小説家堀川保吉はある, 小説家夏目漱石の門下, 小説家大岡昇平氏といっしょ, 小説家大磯虎之助は奇談クラブ, 小説家太宰さんのざんげ話, 小説家宇田川文海と同棲, 小説家宇野浩二氏が, 小説家安藤盛酋長から桔梗色, 小説家小栗桂三郎の死, 小説家小栗桂三郎自殺す, 小説家小田嶽夫氏である, 小説家岡田三郎氏も誰か, 小説家岩野泡鳴に求め, 小説家幾人ありとも, 小説家弁護士として金, 小説家後藤宙外氏が鎌倉, 小説家志願娘には心, 小説家志願者はつとめ, 小説家戯曲家の書いた, 小説家戯曲家うちでもこの, 小説家戯曲家等を作れる, 小説家所謂芸術小説家達から往々, 小説家批評家戯曲家を呼ぶ, 小説家持病は胃潰瘍, 小説家放蕩山人と申方, 小説家春の家おぼろの当世書生気質, 小説家時代までのことごとく, 小説家有島武郎氏が米国留学, 小説家東野南次はその, 小説家某と密通, 小説家楠田匡介君は画, 小説家楢島兼次も酒友, 小説家樋口一葉女史以外に無, 小説家水上瀧太郎の, 小説家江馬兆策氏を自宅, 小説家泉鏡花氏の話, 小説家海野十三氏によって書かれた, 小説家王たるべきもの, 小説家田島秋夢がやつ, 小説家田村氏の二十錢談判, 小説家田邊を昔, 小説家的才能は前, 小説家的日暮しの人工性, 小説家的民衆である, 小説家的空想を走らせ, 小説家的詠嘆だという, 小説家程度にしか現実, 小説家芥川龍之助氏, 小説家芥川龍之介氏で受信人, 小説家藤沢清造氏が住ん, 小説家評論家でまた, 小説家評論家詩人音楽家画家演芸人舞踊家編輯者など雑多, 小説家詩人戯曲家評論家をこめ, 小説家詩人批評家など数十名, 小説家諸氏に今, 小説家達から往々, 小説家顔するを, 小説寓話的な小説, 小説専門家よりも本質的, 小説専門雑誌なるもの, 小説小山いと子氏の, 小説少くとも作られたる, 小説少年少女小説探偵小説等総てを含め, 小説山内義雄訳を送っ, 小説山冷か時代, 小説崇拝性がその, 小説幾冊かの印税, 小説式色つぽ, 小説彼女が観念, 小説執筆の, 小説御覧になりました, 小説復刻の元祖, 小説復興の機運, 小説心境小説に転落, 小説心境小説私小説の類, 小説必ずしも芸術的価値あり, 小説怪談などの取り扱う, 小説恋愛小説そんなもん, 小説愛好家がウッカリ, 小説愛好者諸氏の御, 小説愛読者だけのこと, 小説懸賞応募者ばかりであろう, 小説戯文界に於, 小説戯曲中の人物, 小説戯曲其物を頭, 小説戯曲勃興の時代, 小説戯曲化して, 小説戯曲等を論ずる, 小説戯曲評論伝記その他いろいろなもの, 小説戯曲詩歌なんでも書きました, 小説戯曲随筆等長短錯落として五百余編, 小説戲曲すべて之れ, 小説戲曲小品隨筆を單行, 小説戲曲評論の類, 小説所謂怪奇小説と称, 小説手引きではない, 小説才能だ, 小説批評家への面當, 小説批評本陣殺人事件の批判, 小説技巧の肉, 小説技芸のはなし, 小説抒情詩は抒情詩, 小説担当の記者, 小説挿絵と原稿催促, 小説探偵小説を自分, 小説探偵小説怪談などの取り扱う, 小説探偵小説等総てを含め, 小説描寫論はさ, 小説支那の戯曲, 小説改良会設立案といふの, 小説教訓小説及び凡て世界, 小説数篇及雑録の類, 小説文体の基礎, 小説文壇に新しき, 小説文壇小説を説く, 小説文学サークル雑誌の質, 小説文學論に賛意, 小説文庫を買った, 小説文芸倶楽部などに発表, 小説文藝界文章世界それから舊早稻田文學, 小説断片がある, 小説新しい明治の, 小説方法の実践者, 小説方面はあまり, 小説日記字引五月八日にキエフ, 小説春暁八幡佳年の一節, 小説時代小説といつても時代, 小説時代物といひます, 小説更に其他の, 小説書いたとて始まらん, 小説書いてるのじゃ, 小説書きあげてしまいたい, 小説書類の出版, 小説最後が歴史小説, 小説を組織, 小説朗々音読すれば, 小説発達の, 小説本位の雑誌, 小説本子供の絵本, 小説本格論も生まれ, 小説本私は古, 小説本義を御, 小説校釈対論文戯作和歌紀行文随筆等生涯の執筆, 小説概念や歴史観念, 小説構成論を述べ, 小説構成過程や作家, 小説構造の最, 小説模様はわたくし, 小説機構の上, 小説歌文詩脚本など沢山, 小説歌曲にゆかり, 小説歓楽というもの, 小説歴史小説少年少女小説探偵小説等総てを含め, 小説汗牛充棟もただならぬ, 小説の作者たち, 小説浄瑠璃中の人物, 小説浪六奴之助曙山美禅竹の島人ら, 小説浮沈表紙の意匠, 小説演劇講談落語俗謡その他の言語文章, 小説熱盛んにし, 小説特に夕刊面の, 小説特輯号を買い, 小説犯罪実話に興味, 小説犯罪小説冒険小説探偵小説怪談などの取り扱う, 小説の老, 小説狩りに出発, 小説独特の空気, 小説獨自の興味, 小説玄斎の小説, 小説現在の科学, 小説生活は生活, 小説甲種当選山口海旋風氏の作, 小説界最初の年鑑, 小説界随一の美男子, 小説界隠退の意, 小説に生えた, 小説病患者なん, 小説発表の五六日, 小説發表の後, 小説的どころでは, 小説的トリックが生れ, 小説的事件が起る, 小説的人物であるかという, 小説的伝統には新しい, 小説的伝記の主人公, 小説的作品も書く, 小説的作品中の多数, 小説的分子を五分, 小説的効果も認められる, 小説的建造の方, 小説的思考形式つまり小説的建造, 小説的恋愛の画題, 小説的悲劇がこれから, 小説的意味を表出, 小説的戯曲を横行, 小説的戯曲的構成という形式的要求, 小説的才能を以て並べたてる, 小説的技法の骨子, 小説的技術もまた, 小説的構図を持つ, 小説的構想などを前人未発, 小説的歴史である, 小説的波乱を見出さないだろう, 小説的現実と云われ, 小説的現実感に徹, 小説的精神がそのまま, 小説的結末をつけよう, 小説的自由さを与へられ, 小説的色彩を添加, 小説的色盲となる, 小説的表現を多分, 小説的表現詩的表現に対して戯曲的, 小説的記事多き部分, 小説的限度がある, 小説的風貌を眞, 小説盛んになる, 小説盛装して, 小説目的小説歴史小説少年少女小説探偵小説等総てを含め, 小説研究の不, 小説社會欄の記事, 小説神髓は小生, 小説本当にきらい, 小説私小説歴史小説花柳小説俳句詩和歌等等とその, 小説科学のグループ, 小説一主義これが, 小説等々を包含, 小説等備へつけ, 小説等総てを含め, 小説絵画共に未だ談ずる, 小説經國美談三國志西遊記等の珍書, 小説綺談等からうけ, 小説目次, 小説縮写をつづけた, 小説翻訳作品があり, 小説腕くらべを訂正, 小説自体理論と離れ, 小説至上論者であって, 小説良く出来た小説, 小説芙美千代これらの人, 小説花柳小説俳句詩和歌等等とその, 小説花袋がまだ, 小説芸者節用などのはなし, 小説芸術論という一風潮, 小説芸術論これも探偵小説, 小説草双紙京伝本洒落本と云, 小説虐殺の場合, 小説西洋に果し, 小説見たいになる, 小説見たいなものである, 小説覚えていらっしゃるでしょう, 小説親鸞や錦之助君, 小説観念小説といわれる, 小説解剖をし, 小説解答と書い, 小説記録者の熱意, 小説りに, 小説註文の編集者, 小説評論家の白石潔氏, 小説評論集の類, 小説読まぬ者なし, 小説読み始むるほどに, 小説読むの, 小説読者以外の知識階級者, 小説論中間派小説論が日本小説, 小説講談文芸物その他普通世間に云い伝えられ, 小説特り, 小説資料でも蒐め, 小説軍事小説なるもの, 小説近頃のは机, 小説通り永久にまじめ, 小説過ぎし世の, 小説選抜の件, 小説部会報告のなか, 小説野乗の記, 小説金瓶梅二五回にも女兒, 小説間接にはこれら, 小説随筆類のうち, 小説の一篇, 小説集ピープドシードルを読む, 小説集一冊も市, 小説集三冊を刊行, 小説集二冊を母, 小説集出版して, 小説雑書のた, 小説雑著は児供, 小説雑話にし, 小説雜記であるといふ, 小説離れのした, 小説雨瀟瀟筆大に進む, 小説面白いでしょうね, 小説革新の時機, 小説頗る多けれど, 小説類レーニン論文集生理医学等の本, 小説類似のもの, 小説類全体の質的, 小説風俗小説の作者, 小説飜訳書を読む, 小説飜譯のた, 小説ぬすみもつれ糸, 小説黄昏の腹案, 小説黒田辰男訳が立て