青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「帝~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

市場~ 市民~ 市街~ ~布 布~ 布団~ 帆~ 希~ ~希望 希望~
帝~
帝国~ ~師 師~ ~師匠 師匠~ ~席 席~ ~帯 帯~ ~帯び

「帝~」 4126, 45ppm, 2602位

▼ 帝~ (1039, 25.2%)

14 時に 9 お耳 8 おそば, 御心 6 御車は, 朝に 5 お顔, 世に, 字を, 御車を, 時代に, 為に 4 お胸, ために, 御気色, 顔を

3 [12件] お召し, お心, お目, まわりに, もとに, 側に, 御前に, 御時, 時の, 玄孫に, 脱島, 陵を

2 [60件] おあと, おたね, お使い, お味方, お唇, お姿, お心持ち, お手, お考え, お胤, お行方, ご宸襟, ときに, 中元五年, 位を, 信任を, 元興元年, 内詔, 前に, 叔父なり, 名を, 周囲は, 国を, 女御に, 如くせよ, 字の, 字は, 寵愛を, 崩御も, 幽室, 御代の, 御動座, 御婿, 御容貌, 御徳, 御意を, 御所を, 御車や, 御輦, 御駕, 徳を, 心を, 意を, 戦の, 故智に, 時から, 永元, 治世に, 玉体を, 眸は, 第七子, 膝へ, 至元, 行幸の, 許へ, 躯こ, 車駕を, 遷幸を, 頃に, 駕が

1 [786件 抜粋] あいだは, あとには, あとを, いつくしみを, いる船底, うしろに従って, おいでに, おうめき, おこころ支度, おことば, おちつきぶり, おっ母さん, おむね, おもどり, およろこび, おん前に, おん前へ, おん目の, おん眉は, お乗物, お伝えで, お側に, お側近くに, お傍, お口, お命, お居間, お座所以外なら, お志, お慰みにと, お手許, お暮らし, お机, お目通り, お眠り, お肌, お袖, お裁可, お言づて, お言葉, お身がら, お身一つ, お道すじ, お飼い, お髪上げ, ことで, ことに, ことばに, ご不予, ご印章, ご嫡流, ご座所, ご意志, ご本意, ご無事, ご聡明, ご還幸, さきを, すそに, ときであり, ときと, とき候官県の, とき經學が, ほうに, ほか典侍の, むずかしい政情, やさしい腕, よいご, ディゲスタ法典に, ディーゲスタ法典中に, 一ノ宮尊良親王, 一品の, 一族が, 三十三年, 上諭は, 上陸地は, 下に, 不意に, 世まで, 中元二年に, 主録僧, 之を, 事得る有る, 事蹟を, 二十八年, 二番目の, 五鳳二年の, 人となりを, 仁柔の, 代, 代々に, 代に, 仰せでありました, 仰せを, 何番目かの, 作つた, 使いは, 使の, 使者なる, 侍者として, 供人同, 供御に, 供御を, 側には, 側を, 側近くに, 僧たる, 優渥なる, 元光六年, 元慶, 入水非, 八年稱徳帝の, 内侍督に, 内親王が, 冠を, 凱旋門に, 出御を, 初年である, 初年にかけて, 前で, 前を, 剛毅は, 力衰へ, 勅を, 勅命で, 匈奴を, 北条氏を, 南京に, 即位とを, 原像は, 厳なる, 古え, 召しての, 右に, 同宗父兄弟子孫, 同寓, 后に, 后王氏即ち, 周囲の, 周囲を, 命によって, 命令は, 咨詢を, 喪の, 喪を, 嚴しき仰, 國倍榮, 圧迫の, 場合が, 塞外の, 壽陵で, 外戚として, 外戚の, 外祖母平原君も, 多遅摩毛理, 大同の, 大宮殿, 大通元年遷化した, 天下でござる, 天漢二年秋九月騎都尉, 太陽神たる, 太陽神なる, 女三の, 女壽陽麗姫庭園を, 女寿陽公主の, 女房を, 如きも, 如き一二豪傑, 如き豪傑, 如く淫溺, 如く神仙, 妹を, 妹君が, 始から, 威の, 婿として, 子に, 子和帝, 子明帝, 孫に, 孫女である, 宮中に, 宮中には, 宮人は, 宮人麗娟年はじめて, 宮殿近く太鼓の, 宸翰二種と, 密詔や, 寵から, 寵に, 寵妃だった, 寵妃である, 寵妃三位, 寵妃廉子が, 寵姫と, 寵幸を, 寵愛せられた, 寶龜年間に, 射給うたもの, 尊ぶべきこと, 尊信を, 尊号褫奪宮城明渡しと, 小乘的思想, 少子は, 居城が, 山幸を, 島送りも, 島隠れを, 崩後皇后, 崩御に, 左の, 帖木児東せんと, 帷幄開張せらる, 延元, 延喜年間西暦十世紀頃京の, 延暦二十三年であります, 建元, 建光元年, 建武九年, 建立の, 引き継ぎや, 弘治頃成りし, 弟の, 弟陳留王という, 強さ, 彫弓金, 影と共に, 影響を, 後を, 後嵯峨は, 後胤趙生て, 後裔に関する, 従兄あるいは, 従兄弟たる, 御いた, 御いつくしみ, 御不例, 御乳母, 御仁愛, 御代に, 御位, 御信任, 御出まし, 御古社, 御名が, 御名を, 御命, 御墓, 御契, 御女, 御子で, 御子を, 御字, 御宇は, 御宇一日宮戸川に, 御室, 御寵, 御寵愛, 御座を, 御待遇, 御後見以外, 御心中, 御性質, 御悩み, 御意でない, 御愛子, 御愛寵, 御感に, 御感化, 御所にばかり, 御所は, 御所より, 御様子, 御母, 御気配, 御父宣宗皇帝, 御理想, 御生涯, 御目, 御筆蹟, 御継嗣, 御脱出, 御船は, 御菩提, 御衣さえ, 御衣には, 御被官, 御覧に, 御親征, 御謹慎日, 御足, 御身には, 御車, 御陵が, 御陵に, 御陵は, 御霊廟, 御風采, 御馳走に, 心は, 心痛も, 忠誠の, 思召し, 思召しなる, 性の, 性格に, 恩寵を, 悲嘆に, 悲嘆源氏の, 情亦, 情熱的な, 意志の, 意敬を, 意醇正に, 愛子として, 感慨は, 憂慮察す, 懼れ, 成人を, 所在を, 擧行した, 教育に, 方は, 時からと, 時この, 時にか, 時には, 時までに, 時より, 時代だ, 時代には, 時代にも, 時代より, 時代を, 時四月八日魏州に, 時寛平四年すなわち, 時書籍を, 時衞展の, 時雍の, 晩年に, 晩年より, 智豈, 曲が, 曾孫, 有難い思し召, 朝における, 朝廷と, 朝廷を, 朧な, 末期から, 末裔たる, 東征にまで, 柩の, 権力に対して, 横顔から, 次には, 正光四年, 此勅論固, 武力と, 歴史, 死を, 殊寵される, 母公たる, 気に, 気色は, 永初, 永和十一年即ち, 永平, 求神好奇の, 沒落の, 治世の, 治世もう, 泊った時, 泰始六年, 流されて, 流離と, 浴場, 深い愛, 渇きを, 渾沌を, 漂泊は, 潜幸事情を, 為めに, 照殿玉獅子等なお, 爲め身を以て, 父, 牢愁の, 特旨に, 玄孫である, 玄孫な, 玄孫などという, 玉女十真が, 玉座の, 瑶輿, 甘露元年に, 生死も, 異な, 異常な, 病んで, 病悩吊治す, 病状でも, 病褥へ, 皇后に, 皇后穏子の, 皇后間人の, 皇太子だ, 皇女で, 皇女マリア・ルイザで, 皇妃リヴィア・アウグスタで, 皇子延元, 皇考興宗孝康皇帝の, 皮を, 目と, 目褄を, 眞意を, 眠ります西の京, 眼光にも, 知遇を, 碓に, 神機妙算なり, 神秘を, 神龜年間に, 祠が, 稜威は, 立座を, 章和元年, 第七子中山靖王, 第三, 簾下に, 終焉地とか, 綸旨を, 義, 耳に, 聰明勇決に, 肖像でありまし, 胞衣を, 胤を, 脱出径路も, 腕へ, 臣下な, 至平十年で, 至正, 花押あり, 落胤などとも, 蚩尤の, 血書の, 血詔と, 行宮趾を, 行幸が, 裔に, 裔孫だった, 裔孫などとは, 西海へ, 親子孫, 親船以下みな漂い, 言と, 訓令に, 訓令には, 詔を, 詔書に, 評価の, 詩を, 誓われた五つ, 諸悪いずれも, 護衛等, 賽児を, 赤子を, 身の, 車駕に, 軍備には, 輦を, 輦輿に, 迫害を, 追善の, 追福を, 逆鱗に, 造仏の, 過を, 遠島を, 遺品には, 遺骸を, 都還り, 配所と, 配所として, 配所地は, 金枝玉葉だけ, 開皇は, 関羽だけは, 闕下に, 陵上に, 陽朔三年で, 隆慶五年, 隠岐脱出と, 霊に, 頃の, 頃また, 顔色を, 養老年間に, 魃を, 鸞駕を

▼ 帝~ (537, 13.0%)

6 これを, それを 3 お言い, まだお, 思召した

2 [15件] いつに, お笑いに, お顔, すぐお, そのため, ひそかに, 仰せられた, 後ろの, 御伯父, 御落涙, 微笑を, 新皇子, 言った, 院の, 非常に

1 [486件] あなとばかり, あのやう, あまりの, あるとき, ある程度までは, あわただしう, いうそう, いそぎ朝臣, いたく憤られ, いっそうの, いっそう憐れ, いっそもうおちつかれた, いつもの, いやが, いわば配所, うたたお, うなずかれたのみ, おおの, おとどめに, おもう, おろか宮方臭い一人も, おん目を, おん眉を, お召か, お心, お心細く, お思い, お思い出し, お思い続け, お感じ, お慰め, お憎み, お独り, お立ち去り, お考え, お聞き, お胸, お覚え, お言葉, お許しに, お読み, お負け, お驚き, お髪, かいない, かう云つて胸, かのおぼつかなき, かれの, かろく面, かわいく思召, きっと思い上がりましょう, ぎょっとされた, けっして庸王, この人, この右大将, この杜, この間じゅうからの, この青年, この黄金, こんなふう, ご不予, ご微弱, ご無事, さう, さっそく劉曄, さっそく力, さっそく白女, しきりに仰せられた, しばし人形, しぶしぶ許しあそばされた, じつと, すぐべつ, すぐ横, すでに六十, すでに御寝, せまい島, そう宣い, そこで, その, そのほう, その上, その前, その地節四年, その場, その太子, その奏聞, その子, その小, その心事, その日, その生母, その翌年, その附点, それへ, それほどお, それも, ただうつ向い, ただお, ただの, ただ一人, ただ迷う, たちまち朱雋, たって, ちょうどお, つよい抱擁, どうかし, どこよりも, なお御, なお追っ, なお頑として, なつかしい御, なんども, はじめて嚇怒, ひとしお厳粛, ひとり御, ひどくお, ぶつぶつ呟き, まして御, またお, またかさねて, またかれ, また若宮, まだご, まだ十二, まだ幼く, もうお, もうこれ, もうすべて, もうよい, もう少し突, もとより勅許, やがて御, やがて董, やむなく鍾, ようやく洛陽, よくその, わざと彼女, わななく唇, オーストリヤの, ジョン・フッスの, ステパンが, ステパンの, ヒダの, 一の, 一切ここの, 一度姫, 一時の, 万物の, 万葉の, 三名の, 下を, 不幸な, 不思議に, 不愉快に, 不憫に, 不満足に, 両説, 之に, 之を, 乱後に, 人を, 人一倍この, 人知れず大人, 今では, 今は, 今囘, 今度は, 他人の, 仰せに, 仰せられたの, 伏皇后を, 位に, 住吉の, 何うし, 何か, 何の, 何も, 何よりも, 何月ごろと, 侍中の, 侍従の, 侍臣三人に, 俄に, 元軍, 兄君らしい, 六条院に, 六条院へ, 六歳に, 其の未だ, 其処に, 冷静に, 初めて口, 初めに, 勅し, 北条氏の, 十の, 午前六時に, 即ち, 即座に, 厚き礼, 厨子の, 去年丘福を, 又試驗, 古今独歩の, 古物語を, 司馬懿を, 各, 吉致を, 命婦に, 喪心せん, 嘆息し, 四十九日が, 四通の, 土徳に, 在位僅に, 壇ノ浦で, 壬申の, 外殿に, 多くの, 夢に, 大いに喜び, 大いに欣, 大に, 大君主, 大小の, 大廟, 大敗の, 大滿足, 天が下に, 天に, 天下無双の, 天祿琳琅書目を, 太后へ, 太祖の, 女を, 女二の, 女帝であった, 好きな, 如何に, 妙な, 妬ましくて, 妻が, 姫の, 姫君を, 子澄を, 孤独を, 孤立の, 宗教を, 宮へ, 宮中に, 宮廷所屬の, 容色を, 寛蓮に, 寧波の, 小机, 尚侍の, 尚侍へ, 山越えを, 崩ぜられて, 巍国公徐輝祖を, 常に終生の, 常の, 幼年学校で, 幼年学校に, 幽閉され, 度々幼年学校, 廉子の, 張済の, 張苞にも, 当さ, 当惑そうに, 彼に, 彼の, 彼女の, 彼女以上にも, 彼等の, 待ちわびて, 待ち遠しく思召, 御剣, 御叡感, 御容姿, 御年齢, 御座所を, 御心痛, 御心配, 御息所が, 御悦び斜, 御期待, 御案, 御母宮, 御涙, 御満足, 御病気, 御眉, 御自ら本陣, 御衣の, 御衣を, 御覧に, 微かに, 微笑し, 心を, 忌憚なく, 応とも, 怒つて, 思いの, 思う, 思つたのであります, 思わずお, 思召し, 急ぎの, 恐ろしく思召, 恨めしさうに, 悔いを, 悔やんで, 悲しみに, 悲しんで, 惜しく悲しく思召, 想像あそばし, 意味あり, 慇懃礼を, 憮然として, 戦慄され, 手の, 手を, 抱いて, 拒むお, 拜孔, 指を, 故人の, 敬すること神, 敬の, 新しい女御, 日夜御, 明け暮れ藤壺にばかり, 昨日も, 時々よろめいた, 時々思召, 晩年に, 更に翁, 曹操の, 曹洪を, 曹真が, 朝官たちの, 期して, 李陵に, 杯を, 柔軟である, 桐壺の, 楊彪の, 歌う, 歓びの, 此の, 此点に, 残念に, 殺害まいらせ, 母と, 毎夜黄金の, 永平, 求められて, 汝が, 決して呻, 決意する, 沖の, 泣いて, 泰一の, 洛陽へ, 洪武十年に, 海上から, 源氏の, 源氏を, 滂沱の, 炎帝に, 無言の, 然るべし, 物蔭の, 特に閹人, 独乙に, 猶ほ, 猶北方, 玉体につつがも, 玉座から, 王命婦に, 班超の, 現に今, 現人神天皇様御, 申すも, 畢竟生涯, 病の, 百官を, 皇位継承の, 皇后が, 皇后に, 皇太子の, 目を, 直ちに丞相府, 真青に, 眼ば, 眼病に, 矢張り支那人である, 碁を, 示して, 祖母元正帝は, 禁中の, 秀才を, 突然身, 第三説, 箸を, 簾の, 紀元一八〇年三月十七日に, 美女を, 羞恥を, 翁に, 膝を, 自らを, 自ら御, 自ら翁の, 自己妄想の, 自責し, 自身の, 舎人鳥山を, 舞台で, 船底の, 色を, 若く朝臣, 苦笑される, 英吉利と, 荒淫傑出だった, 董承, 蒼白い顔, 藤壺へ, 虎口を, 蚩尤と, 蜀の, 行幸を, 裸足の, 見すえて, 許されないどころか, 話題に, 誠に高邁闊達, 読むと, 諸臣, 諸重臣, 賀春の, 赤色の, 車を, 車駕を, 輿から, 近く御, 近臣に, 通史を, 過去も, 道を, 道士寇謙之を, 道真怨霊説を, 遠く広く, 重い病, 重ねて, 長年の, 間もなく福建方面, 関羽が, 闇と, 闇愚に, 院が, 階下遠く, 隠れた事実, 隠岐脱出の, 雍に, 電報を, 靖難の, 頷かれた, 顧みがち, 飽き足らなかったであろうこれ, 駒に, 騒ぎも, 驚きの, 驚き諸, 驚愕し, 高祖武帝の, 高麗人, 鬼門に, 魂を, 魏晉以來の, 黄河の, 黄金の, 黙然たる, 龍に

▼ 帝~ (314, 7.6%)

11 新聞 9 の学生 8 の文科 6 の教授 5 病院へ 4 の構内, 新聞に, 構内の 3 の入学試験, の医学部, の方, の高橋里美教授, を卒業, 病院に, 病院の, 総長の, 聖書研究会は

2 [18件] に怒っ, の医科, の医者, の図書館, の学帽, の有志, の法科, の英文科, の裏門, を出た, を出る, 俳句会, 出身の, 教授と, 教授の, 文学部の, 法科の, 経済学部の

1 [200件] かに来, から四千人, が一番サッパリ, が出来た, でチベット語, で哲学, で数学, で科, で講義, といわれた, とすすん, との間, とよばれた, と一高, などを出た, なの, において国史学科, にならした, には, にはひつ, には応援団, に仕事, に位置, に働い, に入学, に医学, に国体学講座, に学ん, に怒れ, に悦ぶ, に招かれ, に火災, に籍, に行った, に迎, に這入っ, に遊ぶ, の, のまん前, のブルジョア大学, の一學生, の不文律, の主旨, の九鬼周造氏, の人たち, の今中, の仏文科, の佐藤丑次郎教授, の先生, の制帽, の前身, の医学博士, の医学博物館見物, の卒業生, の博士, の参考室, の史学科, の哲学教授, の堤さん, の大井博士, の大学図書館, の学生課長, の学生諸君, の専科, の小泉源一博士, の山上御殿, の工科, の巻, の広浜, の建築, の御殿山, の心理学教室, の成績, の或, の採, の教育学, の文法学部教授会, の新入生歓迎会, の日本美術史, の時計台, の本位田祥男氏, の本多光太郎博士, の桑木, の権威, の横門, の法医学教室, の法文科, の法文経学部, の滝清一博士, の漢文學教授, の熊谷博士, の物理, の物理学者, の理科, の生徒, の白井成允教授, の矢部教授, の石川興二氏, の研究室, の碁, の社会学研究室, の精神病学主任教授今村博士, の経済出, の経済学教授, の経済学部教授, の経済科, の美学, の美術史研究室, の苦学生, の薬物学, の角帽姿, の課程, の講堂, の講師, の贏, の通り, の選手連中, の金属材料研究所所長, の鉄柵, の銀杏, の長岡半太郎博士, は云わ, は学問, は憲兵, へ寄付, へ置い, へ行く, へ送ります, へ通告, や其他, や官立大学, を中心, を中途, を含め, を私大, 主催の, 予科であった, 仏蘭西文学科の, 付設の, 入学後は, 出だし笑え, 出身, 劇講演会に, 医学部では, 医学部の, 医科の, 卒業の, 卒業生が, 卒業生などは, 及び其の, 及び帝大以外, 哲学者という, 図書館に, 図書館のは, 土木科出身の, 在学, 在学中に, 在職時代は, 外科の, 工学部の, 工学部長の, 心理学教室で, 教室其の, 教授その, 教授に, 教授は, 教授小野氏は, 教授日本文化連盟の, 教授法学博士某氏などが, 教授藤岡氏の, 文學部講師大谷大學の, 文科会発行文化の, 新人会の, 新人会員の, 水泳部に, 法学部では, 法学部を, 法科に, 法科出身者と, 法科新人会の, 独文科の, 理学部が, 理学部教授の, 理少, 病院こちらが, 病院で, 病院内の, 病院前まで, 病院泌尿科に, 社会学教室は, 社会学研究室を, 総長が, 総長に, 聖書研究会の, 航空試験場の, 裏と, 講堂の, 講師理学博士牧野富太郎氏は, 農学部教授が, 金属材料研究所長本多光太郎博士の

▼ 帝~ (192, 4.7%)

3 朝鮮を 2 あった, 御自身, 金の

1 [183件] いくたび, いった, いつも寝所, いま少し, いま都に, いら, いわれたが, うしろから, おいでに, おきき入れなく, おそば, おとりあそばすこと, おとりなし, おわす, お命じ, お大事, お手, お案じ, お知り, お聞き, お言い, お還り, かしこまって, こうした婿, ことにしばしばおいで, この土地, この日, しばしばそこ, しばしば宇治, しばらく後, その皇后, そも何, それに, それほど愛護, それを, そんな暴挙, たった今崩御, どれほど御, どんなにお, ほんとにそう仰っし, まだ東宮, みな法師を, もっとも嫌い, ようやく御, わが枕元, われわれ臣下に, ポーランド言葉で, 一年ほど, 一度言, 下問する, 中興に, 亡き李夫人, 亡くなつて, 京都に, 人臣の, 代るの, 仰せられたこと, 位に, 兩廣總督に, 公には, 六波羅に, 再拜, 切にお, 初めて宮中, 別れを, 北夷の, 南方經營に, 印度皇帝としての, 即位された, 即位し, 即位を, 反臣侯景, 古万葉集, 古今集を, 呉を, 周勃に, 和蘭に, 囘部の, 城に, 夏の, 外征に, 夢にも源氏, 天下の, 天下も, 天下を, 天子としての, 奢を, 如何に, 尊重し, 小蔀の, 小野篁に, 尚侍に, 屡, 山中に, 山村の, 崩じ, 崩御あそばした, 平中を, 建立した, 当座の, 彼を, 後に, 御夢, 御祈り, 御謹慎, 御車を, 必死の, 急きこん, 悪いの, 悲しみを, 悲嘆に, 成立つに, 或る, 敵寇至る, 斎宮の, 新時代, 方士を, 日々恋しく, 日本紀元二千五百余年来の, 明末の, 曹司に, 曹司へ, 最初の, 朝へ, 木曾路の, 朱綬の, 李陵に対し, 東大寺の, 東泰山に, 板蓋宮炎上の, 次の, 此女と, 武士に, 死ぬと, 殉死を, 水に, 洛陽へ, 温徳殿, 源氏を, 溺愛し, 特にお, 獣皮を, 玄孫に, 王昭君を, 現われる, 生前愛玩し, 白い高張提灯, 皇位に, 相ついで, 礼仏の, 神仙を, 禹に, 立つて, 筑摩の, 絵合わせに, 群臣を, 羲, 胡桃の, 脱位, 自由と, 董其昌の, 蒙塵するらしい, 行幸の, 行幸御幸の, 行方不明で, 襖子から, 西班牙の, 言うには, 起って, 身を, 近く譲位を, 近づいて, 退隱, 長くて, 長江の, 陣中に, 陳を, 隠岐の, 露人と, 青年に, 靖難の, 食うた卵, 齢尽き

▼ 帝~ (166, 4.0%)

4 仕えて 3 すすめて, まみえて, 侍し, 奏した, 奏して, 拝謁した 2 代って, 始まると, 近づいて, 迫って

1 [136件] あらはれて, あるか, いさめた, いろいろな, いわせれば, いわれたあの, おかせられては, おわさず, お会わせした, お目にかかって, お言いしたい, お託, お附, かしずいて, こう訓, このこと, この由, ささげたのみ, ささやいて, さし上げる別, さし向かい, して, しても, すすめいれられて, すすめたの, すすめ参らせた, せよ後, そのこと, たいし奉りまみ, なんの, また楽しい, まみえるつもり, まみえ花園院, むかっては, むけて, よりて, イギリスの, 一身を, 上って, 上りて, 与えし桃, 事えたり, 事え食, 仕えた伏波将軍馬援, 仕えた折りの, 仕えた若者七人キリスト教, 仕える堀川大納言, 仕え奉る庶民, 仕え従三位左衛門督, 代えて, 代つて, 代つて位, 似たること, 供御の, 假り, 優しくいわれ, 兵隊を, 利あらざらん, 到る百五, 創り宋時, 勧むるに, 勧めて, 及び神君, 召されて, 同情を, 向って, 哀訴した, 在すの, 報いんと, 奉るの, 奉侍するさま, 奏され孝女, 奏したいと, 奏しなお, 奏しわざわざ, 奏し魏, 奏上し, 奏上した, 奪われた田, 寵せられた甄夫人, 寵愛を, 対わ, 就て, 差向けて, 当て箝, 従ってから, 従わず却って, 御対面, 御悩が, 復命した, 急使を, 情無く, 憎まれて, 打明け帝, 拜謁し, 拝謁する, 授けたので, 敵あり, 於けるが, 於けるは, 次で, 殺害された, 激賞せられた, 献じたと, 献ぜんと, 献る, 献上した, 理なく, 申せしは, 異なること, 直諫, 禍いし, 背きし賊, 背き奉つて, 臣事せん, 見えた時, 見せて, 親しく事えたる, 言し, 誓った, 語りこれ, 説き奉らせて, 謁見の, 譲られたとき, 賦ある, 近づかないこと, 進めし白団, 達すると, 遣わされたと, 配す, 酬いた, 降って, 院は, 随身し奉, 雲南に, 黒帝を

▼ 帝~ (165, 4.0%)

6 して 4 廃し 3 中心に 2 なぐさめて, はじめとして, 擁して, 祭つた, 祭る日, 見て

1 [140件] あざむきつづけて, あざむき合い朝綱, いう, おびやかし奉り玉座, お見舞い, お誘いした, お諫, かこんで, この決意, ご守護, さしはさんで, しばらくだけ, その以前, たすけて, とりかこんだ, どこへ, ないがしろに, はげまして, はじめ三人の, はじめ大臣等これを, はじめ奉り, はじめ後, はじめ茫然疑い怖, めぐる三人, めぐる女子たち, めぐる近年, われらの, 一個の, 一堂に, 亡ぼしてから, 作りて, 例に, 促して, 催眠術にかけ, 兼ねたりとて, 再びぎく, 助けよ, 助け國, 励まして, 勾し, 去り王, 取巻くもの, 史彬の, 唆し元老院, 嘉徳殿に, 堯の, 増したから, 奪い去るぐらいな, 奪い奉ること, 奪い返して, 始め日蓮上人, 威圧し, 守る衛星, 害し奉らん機会, 尊んだもの, 尊信し, 幽囚し, 廢し, 弑した如きも, 弑して, 弘農王と, 待った名和党, 怨んだ, 悩まし奉る, 愛され帝, 愛しがっ, 慕うの, 慰め奉った, 懸けつれば, 戴くの意無し, 手玉にとって, 扶け, 扶けて, 抱えまいらせ秘宮, 抱き奉った二位, 指さして, 捨てて, 擁し太后, 擁すること, 擁立し, 操縦し, 暗殺したる, 標榜し, 毒害した, 民間に, 気の毒に, 求め奉るよう, 流し奉った北条氏, 流し奉りし北条, 流す前, 渡すか, 渡せ, 物色せしむ, 玉座から, 白帝城に, 祀つた神社, 祀ると, 祖述する, 祠つた, 祭って, 祭りあるいは, 祭ること, 祭神として, 稱する, 稱せしむべく, 立てたの, 立てた偉功, 立てるため, 立てる例, 索むること密なれ, 索むること漸く, 索むるを, 索め終に, 總べ, 育てるといふ, 背負って, 船上山に, 葬った時, 蠱惑し, 袖に, 見ても, 見るの, 言ひ出した, 諫め杖殺さる, 警固し, 護る人々, 辞す彩雲, 迎えて, 迎えると, 迷は, 追えっ, 追ひ, 退位させ, 鉄梁もて, 降し宋, 除く他, 陸地へ, 離すまいと, 雲南貴, 餓死せしめた

▼ 帝~ (146, 3.5%)

31 大學 4 の萬歳 3 の干城, の軍艦旗, の領土, の領地 2 の代表者, の力, の旗, の旗章, の海軍, の爲, の首都, 大學地震學教室, 新領地朝日島

1 [81件] が他, が勃興, では第, といひ, と寺院, なり, に反抗, に君, に在, に對, の, のため, の何處, の偉業, の内閣, の制度, の前途, の創業者, の占領地, の國威, の國體, の園, の地位, の境遇, の外交, の大, の大いなる, の大敵, の天晴れ軍人, の存在, の守護, の建設, の彫刻, の徴號, の徽章, の憲法, の政府, の文化, の新, の權勢, の父, の王族, の發達, の社會, の統一, の衰頽, の議會, の象徴, の豫言者, の軍人, の軍備, の軍港, の陸軍, はこれ, は世界無二, は其負, は正に, もまた, をし, を形作つ, を意味, を置き, ノ一部タリ一行政區タル大本, ノ位置, ヲ契約ニヨリテ組織シタル者ト一考セシコトモナシ, ヲ改造スベキカノ大本, ヲ築, ヲ考フル者此, ヲ觀ルニ, 大學ニ, 大學内地震學教室, 大學到着, 大學所藏, 大學教授其他來賓及松, 大學教授文學博士宇野哲人君, 大學文科, 大學新聞, 大學派, 大學理學部, 大學經濟學批判會, 大學英文科

▼ 帝~ (116, 2.8%)

4 皇后も 2 お聞き, ついには, 御心, 東宮も

1 [104件] あたま, あで, うすうすには, おどろかれた, おわさず政事, おわさぬ都, お后, お惜しみ, お手, お歎, お知りあそばされ, かねて, ことの, この君, これが, これを, こんなふう, ご不審, ご存知ない, ご熟睡, すでに皇子女御出生, その御, それを, はじめて眉, びっくりされた, ほのかに, またお, またこれ, またそう, また一切, また何后, また姫, また白青黄赤, みなこれ畏き, もとよりその, 一時西域經營を, 一目おい, 亦, 以前から, 佛教を, 出産を, 同樣, 名君景帝も, 后の, 后も, 大事件, 妃も, 子を, 宰相も, 寂しく思召, 小宰相, 己の, 帝だ, 帝に, 常から, 幾度か, 張, 彼の, 彼女たちも, 後宮に, 御心配, 御満足, 御簾の, 御耳, 御覧ある, 御遊の, 徳を, 心細く思召, 悪魔の, 悪魔ほどの, 愛して, 戒め諸王, 拒むお力, 映しとって, 春の, 東宮の, 母宮の, 決してもってのほか, 浅ましく思われた, 源氏と, 源氏に, 源氏は, 然るべし, 玉体を, 班昭の, 疑う相, 皇弟も, 皇統の, 簾を, 致し方が, 色を, 藤壺の, 西太后も, 詩の, 輿に, 迷いに, 関羽の, 院へ, 陳留王も, 非常に, 音楽の, 頷くところ, 驚いて, 驚かれて

▼ 帝~ (113, 2.7%)

3 というもの, に出品, の審査員, の日本画, の絵, を見 2 とか院展, に入選, の大将, の要領, や院展

1 [85件] から取っ, が最初, でしたな, では日本画, では落選, でもそんな, でも何, で見た, で評判, で金牌, という場所, とかといったああ, とかと云つた, とその, とは何, とは違う, と同じ, などの, などの出品物, などは幾度, などを見, なら帝展, なんかみたい, に, において金牌, にでも出したい, になつ, にはあの, には大体興味, には少ない, に出, に出された, に出した, に変った, に屏風一杯, に御不, に持込ん, に描いた, に数回特選, に数度出品, に等しい, に絵, に落選, に行く, に行った, に限らず, の一派, の人気, の入選畫帳, の各室, の如く, の工芸, の彫刻, の心像, の批評, の新, の方, の洋画, の洋画部, の深沢省三氏, の特選, の画, の第, の遠山五郎君, の開会, はいつの間にか, はそう, はどう, は東京, へある, へは必ず, へ三度出品, へ二三枚, へ入りました, へ出された, へ出品, も一つ, や二科, をごらん, をやすん, をゆ, 初入選, 及びその他, 第八回, 第六回

▼ 帝~ (84, 2.0%)

5 皇后の, 稱した 2 なつた, 中宮とが, 光明皇后, 将軍とは, 殿上人等と, 稱し, 稱する, 蚩尤との

1 [58件] あの一ト頃, いえども, お側の, お別れ, ここに, し, しめし, ちがって, なって, なりて, なり天下, なるに, なるべき, わかれたの, 一しょに, 一つに, 丞相孔明と, 中宮の, 二十九の, 伝えられて, 佐々木道誉との, 典侍らだけを, 史彬と, 合すべきやう, 同じくか, 同じもの, 后が, 后の, 問答した, 四諸侯と, 国民に, 国舅の, 太后の, 妃たちは, 小宰相, 左右の, 帝の, 廉子, 御母, 此の, 殷と, 深仇宿怨, 爲り, 申す, 略して, 皇后は, 皇后を, 皇弟の, 禹王が, 称すること百余年, 答問する, 自分との, 董承, 諡し, 門葉の, 陳留王の, 陳留王は, 鬼は

▼ 帝~ (65, 1.6%)

13 と本 4 の原形 3 の記事 2 と言, なる語, の意義, の部分, は歴代天皇

1 [35件] からの材料, から來, がここ, が早く, が種々, とおなじ, としては加筆, として行, と本紀, と言つた用語例, など稱, については他, によつて, に其名, のみに依つた, の典型的, の前半, の実は, の誤つ, の項, は主として, は帝皇, は独存, や本, を使用, を撰録, を書い, を材料, を記し定め, を読む, を讀み, を資料, 及び上古, 及び帝記, 御撰述

▼ 帝~ (44, 1.1%)

2 が見え出した, と夕暮富士, の風致, は日本ライン, は絶勝, は美しい, を私

1 [30件] であろう, ともじき, にい, にかくれ, には李厳, に入った, に入れ奉る, に擬せられた, に登った, に登つたの, に還っ, のある, のもと, のカンツリー, の李厳, の甍, の翠巒, の詩, の鎮守李厳, は老樹蓊欝, は老樹蓊鬱, は金壁, へ, へ一刻, へ近づき, もあふるる, をあらためて, を出, を大本営, を離れ

▼ 帝には~ (36, 0.9%)

1 [36件] あじろ輿, お人, お変りない, この際一人, ご存じも, すでに有栖川家, それを, なお怪訝, なお複雑, なって, むしろ怏々, よくご存じ, 二人とも, 五人の, 今日どこの, 仰せられて, 伯母さんに, 侍者の, 北, 国是の, 天来の, 妙な, 座右の, 当面の, 御祈願, 思いも, 朝覲の, 東山道の, 残り多く思召, 洛陽の, 疾くお気づき, 直ちにお, 祖母に, 蟇ほど, 還幸の, 還御と

▼ 帝~ (31, 0.8%)

1 [31件] 光三年, 光二年, 光五年, 光元年, 光六年, 光四年, 封三年, 封二年, 封五年, 封元年, 封六年, 封四年, 朔三年, 朔二年, 朔五年, 朔元年, 朔六年, 朔四年, 洲苑に, 狩三年, 狩二年, 狩五年, 狩元年, 狩六年, 狩四年, 鼎三年, 鼎二年, 鼎五年, 鼎元年, 鼎六年, 鼎四年

▼ 帝~ (26, 0.6%)

2 奏聞し

1 [24件] お別れ, お膳, お話しした, お辱め, お頼み, すすめた, とどけて, われから, 取り次いで, 向って, 奏した, 奏して, 奏上した, 奏聞した, 奏聞し奉っ, 忠諫した, 献上する, 申された, 申し上げた歌, 直奏し, 聞え上げい, 語った, 諮られた, 願い出た

▼ 帝國黨~ (25, 0.6%)

2 の成立

1 [23件] との關係, と中立派, と密接, の代表力, の候補者, の微弱, の政綱, の組織, の領袖, の首領たる, は復政治上, は政治的投機師, は最も, は清浦曾禰, は確か, は自ら内閣, は自ら既成政黨, は自己, を以て内閣, を以て頼む, を輕重, を頼み, 及び時代

▼ 帝~ (22, 0.5%)

2 の間

1 [20件] といっ, にすれ, にのぼった, に即, に召され, に在っ, に武士, のあたり, の下, の人々, の周囲, の廃立, の灯, の真中, の繞, の重き, は又, まぢかく奉, を犯す, を自

▼ 帝~ (22, 0.5%)

4 の御子 2 の家, の血

1 [14件] からもたくさん, から臣下, じゃない, たる家筋, であり国, に入れる, に出, のお, の流れ, もまさに, も見のがし, をひいた, を出, を汲ん

▼ 帝から~ (18, 0.4%)

1 [18件] お授け, お譲り, お賜わり, 下された柊, 与へた恩封, 今は, 何か, 召し出されいつも, 御内命, 御衣を, 拝領した, 数へ, 殿上役人と, 王爵を, 禁山の, 親魏倭王に, 賜わったもの, 降った

▼ 帝~ (16, 0.4%)

1 [16件] がおう, がこの, がこれ, がたしかに, が奈良田, と申し上げる, のお, のお宮, のお母様, の内裏, の時, の行幸, は, は天, は女, へ諸国

▼ 帝國主義~ (14, 0.3%)

2 の時代

1 [12件] とか云, とか聯盟主義, と云, ならば, にある, に却つて結合, に對, の爲, の立場, は宇内, は既に, を發揮

▼ 帝玄徳~ (14, 0.3%)

1 [14件] が敵, だった, のよう, の陣, は, はさらに, は二つ, は告げる, は怒, は断乎, は白帝城, は諸, もついに, も微酔

▼ 帝劉禅~ (13, 0.3%)

1 [13件] が彼, には何ら, のおどろき, の五男北地王, の奏聞, の怯えられた, の皇后, の質, の闇弱, はこの, は甚だ, へこう, も皇后

▼ 帝國議會~ (13, 0.3%)

2 に於

1 [11件] あつて, が開け, で御, で植, に入れり, に建議案提出, の下院, の中, の方, の演壇, の開設

▼ 帝~ (13, 0.3%)

2 自身の

1 [11件] みずからの, 事蹟なる, 十七の, 山陵ならびに, 束帯に, 羽衣の, 自ら遊ばした, 自身が, 自身で, 返却被, 返歌逢ことの

▼ 帝~ (13, 0.3%)

1 [13件] という妙, という本, などを古い, には穴太部間人王, に接する, に穴太部間人王, に等, の中, の無, の記事, は, は先, よりも更に

▼ 帝にも~ (12, 0.3%)

1 [12件] お忍びで, たいへんお, まして時, 奏し群臣, 妃にも, 宮仕えを, 廉子にも, 当日は, 心からご, 愕然と, 母女御にも, 誰にも

▼ 帝~ (12, 0.3%)

2 の基 1 に対して論議, をなし得た, を万代, を創てた, を地, を完, を成し, を成した, を成せる, を承くる

▼ 帝~ (11, 0.3%)

1 [11件] そのほか, トラヤヌス帝を, 乾隆帝の, 元の, 北魏の, 女院などが, 妃たちは, 妃たちを, 老子を, 随臣に, 雍正帝は

▼ 帝大生~ (10, 0.2%)

1 が佐野次郎左衛門さ, が佐野次郎左衞門, が壁, が居る, が突然, である, で碁, と一緒, の一人, の勤經

▼ 帝曹叡~ (10, 0.2%)

2 は群臣 1 にこれ, にまみえ, の栄華期, はここ, はゆるさない, は急使, は舌, は色

▼ 帝崩御~ (9, 0.2%)

1 のとき出家, の前, の年, の年唐, の後, の時, の時坂本, の由, の際

▼ 帝とか~ (8, 0.2%)

1 北周の, 孝宣帝とか, 孝武帝とか, 孝章帝とか, 曹魏の, 東漢の, 皆孝の, 養老の

▼ 帝との~ (8, 0.2%)

3 間には 1 あいだを, 流人暮らしを, 縁組の, 間に, 間帝は

▼ 帝~ (8, 0.2%)

2 といふの, といふ語 1 が驕慢, といふもの, といふ名, の稱

▼ 帝~ (7, 0.2%)

1 および王政, もま, をいただいた, を受, を戴かしめし, を戴き, を戴ける

▼ 帝國軍艦旗~ (7, 0.2%)

2 を飜 1 の下, の翩飜, を仰い, を抱い, を見ずや

▼ 帝より~ (6, 0.1%)

1 忠盛の, 政治を, 数えて, 武帝に, 約百年後, 隋の

▼ 帝~ (6, 0.1%)

1 が己, が自分, が舜, の時, の白馬, をし

▼ 帝大出~ (6, 0.1%)

1 が何百人, だとか, の人, の文学士, の法学士, の秀才松川

▼ 帝~ (6, 0.1%)

1 元三年, 元二年, 元五年, 元元年, 元六年, 元四年

▼ 帝時代~ (6, 0.1%)

1 に母, に海外, に領内, に高麗出身, に黄河, の世の中

▼ 帝本紀~ (6, 0.1%)

1 から夏殷周秦本紀あたり, といふもの, には九男二女, には黄帝, の注, 初元元年

▼ 帝~ (6, 0.1%)

1 が毘沙門, の温雅整肅, は掌, は通稱, まうでは, 如きも

▼ 帝また~ (5, 0.1%)

1 その志, 別に虞, 塞外に, 親征す, 龍の

▼ 帝みずから~ (5, 0.1%)

1 ご進発, 御手, 御輦, 来れと, 親しく異

▼ 帝以下~ (5, 0.1%)

1 お徒歩, その乾魚, の妃たち, の運命, をきびしく

▼ 帝國圖書館~ (5, 0.1%)

1 でみた, で見付かりまし, にある, の特別閲覽室, や九段下

▼ 帝~ (5, 0.1%)

2 の裏手, はカンツリー 1 のカンツリー

▼ 帝~ (5, 0.1%)

3 初元年 2 初二年正月

▼ 帝~ (5, 0.1%)

1 の還幸, はいま, は行宮, は難所, を命じ

▼ 帝これ~ (4, 0.1%)

1 を嘉賞, を神, を見, を遣りたまい

▼ 帝その~ (4, 0.1%)

1 上を, 人は, 由聞し召し, 胸の

▼ 帝たり~ (4, 0.1%)

1 し嵯峨上皇, とした, 宮人内侍を, 高煦父

▼ 帝~ (4, 0.1%)

1 あつた, あらせられた, おあり, さ

▼ 帝への~ (4, 0.1%)

2 中継ぎの 1 とどけ物, 手紙を

▼ 帝よりも~ (4, 0.1%)

1 年上の, 年下の, 恩賞の, 愛して

▼ 帝及び~ (4, 0.1%)

2 アントニヌス家の 1 その直系, 程済も

▼ 帝國劇場~ (4, 0.1%)

1 で, で上演, などにあ, の大

▼ 帝國女子大學~ (4, 0.1%)

1 とあり, の前途, の看板, をも創めむと多年苦心

▼ 帝國憲法~ (4, 0.1%)

2 第五十五條 1 に, の神聖

▼ 帝城下~ (4, 0.1%)

2 の名, まで二里半

▼ 帝~ (4, 0.1%)

1 に伏し, をお, をおかす, を冒す

▼ 帝~ (4, 0.1%)

1 伏見花園, 元三年, 元二年, 元元年

▼ 帝~ (4, 0.1%)

1 の欠如, をあらわし給う, を言, を讃

▼ 帝~ (4, 0.1%)

2 である 1 たる虜, の一人

▼ 帝曹丕~ (4, 0.1%)

1 が尋ね, が督戦, で, の首級

▼ 帝~ (4, 0.1%)

1 にめずらしい, に非, のお, をひい

▼ 帝釋天~ (4, 0.1%)

1 さして去り, に至る, の後方, を一拜

▼ 帝からは~ (3, 0.1%)

1 いたく頼もしく, お弔い, 普通の

▼ 帝~ (3, 0.1%)

1 在世中は, 自身も, 自身宣平門の

▼ 帝であった~ (3, 0.1%)

1 からまして, が今年, が杭州

▼ 帝といふ~ (3, 0.1%)

1 のが, 強い天子, 曲なり

▼ 帝と共に~ (3, 0.1%)

1 崖山で, 所謂数なりの, 西安より

▼ 帝なる~ (3, 0.1%)

1 ことを, や否や, 文武天皇は

▼ 帝にとって~ (3, 0.1%)

1 不比等, 姉か, 百余日の

▼ 帝~ (3, 0.1%)

1 は廃止, は終り, や共和制

▼ 帝大前~ (3, 0.1%)

1 に店, のフランス料理店, の中村屋

▼ 帝展出品~ (3, 0.1%)

1 が一代, して, の

▼ 帝展派~ (3, 0.1%)

2 の画家 1

▼ 帝~ (3, 0.1%)

2 であつ 1 となり

▼ 帝徳録~ (3, 0.1%)

3 と云

▼ 帝~ (3, 0.1%)

1 在り帝, 孝孺を, 殺すに

▼ 帝~ (3, 0.1%)

3 の日繼

▼ 帝皇日継~ (3, 0.1%)

1 だけに当てた, と言, に通用

▼ 帝神農~ (3, 0.1%)

1 など, は其名, を説く

▼ 帝~ (3, 0.1%)

1 と官員, に親近, のむす

▼ 帝~ (3, 0.1%)

1 が天子, と解せられ, のやう

▼ 帝~ (3, 0.1%)

1 の人, は後世, は漢文学

▼ 帝~ (2, 0.0%)

1 ひとりに, 腰掛の

▼ 帝~ (2, 0.0%)

1 その前, 妃な

▼ 帝たる~ (2, 0.0%)

1 の天質, 勢力に

▼ 帝だった~ (2, 0.0%)

1 かそこ, かニコライ・パーヴロヴィチ帝

▼ 帝だの~ (2, 0.0%)

1 この国, 蘇武だ

▼ 帝である~ (2, 0.0%)

1 のにお, 陛下である

▼ 帝でなく~ (2, 0.0%)

1 てむしろ, て外

▼ 帝という~ (2, 0.0%)

1 なり, 男を

▼ 帝としても~ (2, 0.0%)

1 京都の, 如何と

▼ 帝とは~ (2, 0.0%)

1 いえど, 異腹の

▼ 帝なり~ (2, 0.0%)

1 老君, 黄帝なり

▼ 帝に対し~ (2, 0.0%)

1 兵を, 奉りて

▼ 帝に対して~ (2, 0.0%)

1 如何の, 懐いて

▼ 帝へも~ (2, 0.0%)

1 お詫びを, 風の

▼ 帝までが~ (2, 0.0%)

1 憎かった, 関心を

▼ 帝をも~ (2, 0.0%)

1 囚え, 浸して

▼ 帝~ (2, 0.0%)

1 を然, 命

▼ 帝付き~ (2, 0.0%)

1 の女官たち, の女房

▼ 帝以前~ (2, 0.0%)

1 の人, の文献

▼ 帝以後~ (2, 0.0%)

1 も歴代, 絶えてなかつた盛事

▼ 帝使~ (2, 0.0%)

1 の下, を西班牙帝使

▼ 帝~ (2, 0.0%)

1 の来歴, を還した

▼ 帝六甲~ (2, 0.0%)

2 の法

▼ 帝内経~ (2, 0.0%)

1 であつ, は素問

▼ 帝力我~ (2, 0.0%)

2 に何

▼ 帝即位~ (2, 0.0%)

1 される, の詔

▼ 帝后像~ (2, 0.0%)

1 の寫眞, を見

▼ 帝國女子專門學校~ (2, 0.0%)

1 とせざる, の看板

▼ 帝國座~ (2, 0.0%)

2 がどう

▼ 帝國政府~ (2, 0.0%)

1 の不, の威信

▼ 帝國文學~ (2, 0.0%)

1 なぞいづれ, の創刊

▼ 帝國海軍~ (2, 0.0%)

1 のため, の爲め

▼ 帝國發明協會~ (2, 0.0%)

1 から蓄電池製作, に百萬圓

▼ 帝國軍艦~ (2, 0.0%)

1 の視線, の超弩級戰艦

▼ 帝國高等女學校~ (2, 0.0%)

1 は其の, を創め

▼ 帝大内~ (2, 0.0%)

1 で集会, に此

▼ 帝大学生~ (2, 0.0%)

1 が中心, は既に

▼ 帝太子~ (2, 0.0%)

2 たりし

▼ 帝展あたり~ (2, 0.0%)

1 に出品, の出品

▼ 帝展等~ (2, 0.0%)

2 の出品搬入数

▼ 帝後嵯峨~ (2, 0.0%)

1 の偏愛, の未亡人

▼ 帝政党~ (2, 0.0%)

1 が成っ, を作り

▼ 帝~ (2, 0.0%)

1 として竜口, をさらに

▼ 帝既に~ (2, 0.0%)

1 崩じ, 布衲なり

▼ 帝曰く~ (2, 0.0%)

1 もし阿, 爾前日諸王

▼ 帝~ (2, 0.0%)

1 を引い, を得

▼ 帝未だ~ (2, 0.0%)

1 生れざるほどの, 生れず

▼ 帝~ (2, 0.0%)

2 の最も

▼ 帝~ (2, 0.0%)

1 初二年, 初二年十月

▼ 帝白龍庵~ (2, 0.0%)

1 に病みた, を舎

▼ 帝~ (2, 0.0%)

1 の議, や王室

▼ 帝終る~ (2, 0.0%)

2 所を

▼ 帝~ (2, 0.0%)

2 の神

▼ 帝自ら~ (2, 0.0%)

1 かく国々, もいかにも

▼ 帝自身~ (2, 0.0%)

1 は懦弱, へいっ

▼ 帝~ (2, 0.0%)

1 を取る, を襲ぐを潔

▼ 帝行幸~ (2, 0.0%)

1 して, のお

▼ 帝袁術~ (2, 0.0%)

1 をたすけ, を誅伐

▼ 帝親征~ (2, 0.0%)

1 して, の事

▼ 帝~ (2, 0.0%)

1 とも三通り, も普通名詞

▼ 帝~ (2, 0.0%)

1 に遊ぶなり, 遠し影

▼ 帝~ (2, 0.0%)

2 の間

▼ 帝~ (2, 0.0%)

1 も仙洞, を犯し奉りし

▼1* [432件]

あたりまで大抵, 帝ありとある, 帝いま皇城に還り給う, 帝おもう至誠の, 帝おんみずから孔明の門, 帝おん自らこれへ龍駕, 帝からのはなやかな, 帝からも御衣を, 帝くだしたまへる, 帝ぐらゐであつたらうと想はれるのみ, 帝こそは神武の, 帝このかた四海わかれ, 帝へ悪魔, 帝さえご息災, 帝さまもひとしく, 帝じきじきのお, 帝すなわち天下に, 帝すら昨夏既に, 帝すらも御娘, 帝その他の人々, 帝その後かくや姫, 帝たらんと云う, 帝けれどもその, 帝だけでは, 帝やと承つた, 帝でさえも此れ, 帝ですのに九五, 帝でなかつたら十人位此男の, 帝ではなくその, 帝でもない, 帝とかの疑を, 帝ときさいの宮, 帝として後主の, 帝としては地方を, 帝とてもなほざり, 帝とともに信仰の, 帝とに遺書を, 帝とも事々うまく, 帝なぞの事を, 帝なにがしの後園, 帝ならば道鏡, 帝にすら他に, 帝にたいして寺が, 帝にとってはこの寒い, 帝にとっても今は, 帝にまでも不満な, 帝に従って蚩尤の, 帝のみ心は, 帝はかの三国志中, 帝はきゃっと床, 帝はじぶんのもの, 帝はじめ列藩の諸侯, 帝はじめ禪定寺を建立, 帝はと見れば, 帝ほど武勇に, 帝みずから大内を焚きた, 帝みずから安邑に遊び, 帝みずから榻を降り, 帝みな京都より往復二十日, 帝もと雄傑剛猛なり, 帝やきさいの, 帝やなんぞであつ, 帝が平定後, 帝らしい帝には, 帝わがその律法に, 帝わが国の師直, 帝をめぐって不眠の, 帝アレキサンダー一世は大体承諾, 帝ウィリアムだ, 帝カリグラは愛馬インシタツス, 帝キネの沢村四郎五郎市川莚十郎主演, 帝デキウス盛んにキリスト教徒, 帝ナポレオンはプロイセン, 帝御庫ヨリ, 帝ヘンリー第五世, 帝ボールドウィン二世四方より敵, 帝ヨリ此処ヲ封戸ニ加, 帝ヴェスパシャヌスは公事, 帝は漢, 帝一代の大, 帝一代其帝國主義の光輝, 帝三十五・六年の間, 帝三王の外, 帝世々その制, 帝丘福を尤め, 帝中獣形を成し, 帝乃ち他事を以て溥洽, 帝乙歸妹の語, 帝乙歸妹箕子明夷高宗伐鬼方, 帝にかぎらず, 帝二皇子を弑し, 帝五代の孫, 帝多ければ, 帝の君主, 帝今後はた, 帝以上であり周, 帝以下三人の妃, 帝以下明日は美保, 帝以下淳仁帝の四年, 帝以下百官城を出, 帝以下随身みな山上に二泊, 帝以來この新しい, 帝以外の男, 帝以来の高位高官, 帝以来不断西欧の文化, 帝以来人間が選り, 帝以降となっ, 帝仰せられけるは他国, 帝使進貢を求む, 帝個人の意, 帝像厨子什器皆現に徳さん, 帝となり, 帝優游自適居然として一頭陀, 帝元嘉の年中, 帝先づ日をなげかけ, 帝光厳天皇はこの, 帝八十三回に及べり, 帝を挙げ, 帝其の舅に, 帝其中に在り, 帝内思上法とか霊飛六甲内思通霊上法, 帝出でて玉座, 帝出亡諸臣庇護, 帝出奔して, 帝分立の正因, 帝制ロシアはソヴェト同盟, 帝制廃止と前後, 帝制時代のロシヤ, 帝制治下に於ける, 帝前後の時代, 帝劉家のわかれ, 帝劉禅以下文武百官喪服して, 帝何ぞ我, 帝力われに何, 帝力牧捷子曹羽郎中嬰齊臣君子鄭長者楚子道家言等九百九十三篇が擧げ, 帝勃然として声, 帝勇武を負い, 帝十三世の孫, 帝十三年仏僧入朝の時, 帝十二年十月碩田国に幸, 帝十四子ヲ生, 帝升遐したもう, 帝に問いたまわず, 帝占うて百, 帝厳に動物食を, 帝叡聞におよび, 帝と伝国, 帝同盟の闘士, 帝の像, 帝をもっ, 帝命じて各々, 帝の玄宗等, 帝善慶里に至り, 帝四十七年七月の上諭, 帝因って一弟子, 帝因みに僧, 帝国民中でも最も, 帝國ガ國民ト共ニ亡ビザル限リ銀行省ノ預金ニ不安ナシ, 帝國ハイステル騎兵聯隊ピロヴァノ男爵部隊の旗手, 帝國ハ内憂外患並ビ到ラントスル有史未曾有, 帝國主義專制から解放, 帝國主義時代のフランス, 帝國主義的思想と共に過去, 帝國主義的見解にあらず, 帝國主義者でした, 帝國主義者國家主義者愛國者國自慢者などがコスモポリタン人, 帝國兩黨間の嫉妬軋轢, 帝國公使として令名, 帝國其者ヲ組合視シ會社視シテ悉ク社會契約説ニ基ク立法ナラザルナシ, 帝國劇場開場式の夜, 帝國博物舘藏其下は理科, 帝國博物館にある, 帝國及中立の大, 帝國史にも支那語言文字, 帝國國防ノ如何, 帝國圖書館ニ建ツ小倉右一郎コレガ彫刻設計ヲ爲ス, 帝國圖書館前庭に建てられ, 帝國外交を支配, 帝國外務省さへ既に, 帝國大使館と伊太利大使館, 帝國女優學校の假教場, 帝國女子大學建築地と記せる, 帝國學士院の會員, 帝國建設の犧牲者, 帝國憲政の將來, 帝國憲法其他附屬法の議事所, 帝國憲法史上の第, 帝國文科大學, 帝國時代帝國衰亡時代それから羅馬帝國滅後, 帝國民カ古來尚武, 帝國海軍士官の服裝, 帝國海軍大佐櫻木重雄本島を發見, 帝國海軍萬歳を連呼, 帝國海軍部内の某, 帝國滅後のいかさま語さ, 帝國衰亡時代それから羅馬帝國滅後, 帝國裁判所に於, 帝國議會開會せられ彼, 帝國軍人の鮮血, 帝國軍人松島海軍大佐の妹君, 帝國軍艦旗翩飜たるを仰ぎ見, 帝國軍艦旗舞ひ, 帝國軍艦水雷砲火ならぬ陸上, 帝國軍艦高雄の艦長, 帝國領土中先住國民ノ大, 帝國館の裏, 帝に, 帝地道より出, 帝城雨と朱, 帝堯帝舜と解せられ, 帝堯篇にはあゝ, 帝堯舜の五帝, 帝大その他の学校, 帝大のは偶然館外, 帝大以外の各, 帝大内山上集会所で開いた, 帝大内科の医局, 帝大出手許のが早大出, 帝大分院に入院, 帝大前あたりから奥様, 帝大名誉教授大沼博士には偶然, 帝大官公立大学及び二三, 帝大官立大学の法文経, 帝大工科在學中, 帝大日の会, 帝大早稲田慶応目白女子大学東京女子医専など, 帝大正門前に開業, 帝大生ここにいる, 帝大生たちが流行, 帝大的習慣を別, 帝大立大を卒業, 帝天宮に開冥賢劫, 帝女人の産, 帝女帝二つながら親愛, 帝女読二十一篇も始読, 帝の屯, 帝子孫盡隆準と云, 帝孝孺の一族, 帝孝明天皇の御, 帝孫権真の蠅, 帝安徳天皇を抱い, 帝宣帝に賦, 帝宣武場上にて虎, 帝宮中新話, 帝の旧記, 帝寛和元年二月十三日に行われた, 帝を一身, 帝居徽音殿と相, 帝展どころでなかった, 帝展以外の方面, 帝展作を日本画, 帝展出品製作も盛夏, 帝展制作等において大勢, 帝展前になります, 帝展向きとは何ん, 帝展審査員としての不首尾, 帝展審査員任命をもつ, 帝展物はある程度, 帝展特選になった, 帝展系の色, 帝展落選の話, 帝展見物のついで, 帝展風だった, 帝展風二科御用静物セット裸女兼用といったもの, 帝岐伯按摩といふもの, 帝じて, 帝崩御前に畢, 帝崩御後十数年にし, 帝左右に命じ, 帝に向い, 帝御悩ありて, 帝御旅館某が家, 帝御願の大仏, 帝御駐輦, 帝徳頌讃の文辞, 帝怒っておよそ, 帝怒りて之, 帝を奈何せん, 帝或は黄帝の, 帝擬自取不空笑曰, 帝政治下のロウマ市民, 帝に対, 帝の川田敏郎, 帝方孝孺に語り, 帝方明を御, 帝旧き事を, 帝昇明二年遣使上表曰, 帝明堂鍼灸経が収め, 帝星光をひそめ, 帝星座がかかっ, 帝星明らかならず星座星環みな乱, 帝の如く, 帝又遣, 帝晩年の情勢, 帝景初三年六月倭女王遣大夫難斗米等, 帝曰くこれ朕が家事, 帝曰く国は長君, 帝曰く渠みずから焚死すと, 帝曰く至親問う勿, 帝曹髦の甘露三年, 帝に坐する, 帝末年には復鬼神, 帝李式開の五人, 帝東君雲中君巫社巫祠族人炊の屬, 帝東帝と稱, 帝東行したまい冬十月史彬, 帝果して火に, 帝たむく帝, 帝桓帝が逝い, 帝の武帝, 帝楊葉程の三人, 帝楡木川に至る, 帝欲起取空曰三郎勿起, 帝武帝を祀つた, 帝をいつくしみ, 帝永慶寺に宿し, 帝江上の海舟, 帝泰始二年を以て最後, 帝の宮, 帝洛水に遊べる, 帝があった, 帝浪穹鶴慶山に至り, 帝深く潜みて, 帝渡天の志, 帝を缸上, 帝炳文の敗, 帝熊襲親征の時, 帝熊野詣りの, 帝父祖の帝, 帝特に威を, 帝甚だ悩むこと, 帝生れて十年, 帝用明天皇に恋い慕われ, 帝と記し, 帝留心玄牝未重空門, 帝に上らん, 帝あり皇弟皇子等豊国法師, 帝病むに及び, 帝皇以下ことごとくその, 帝皇后ご同列, 帝皇奉幣の古社六つ, 帝皇将相が熊野, 帝益怒りて之, 帝りて, 帝ありて, 帝神名は白招拒, 帝神爵と改元, 帝に奉る, 帝祭器の漂著, 帝済に, 帝空く返玉う, 帝立ち羨之竟, 帝立ちたもうに, 帝立圖書館の古文書中, 帝三の, 帝の像, 帝範臣軌の話, 帝系桓武の末流, 帝系的な都, 帝紀及本辞既に正実, 帝紀日本帝紀など稱, 帝紀氏族地理和歌は日本固有, 帝莊等から, 帝耕し給ふこ, 帝聖武が蘭奢待, 帝聴かずして曰く, 帝胡人の殺す, 帝なり得法, 帝に入れ, 帝自ら各国公使に対面, 帝自ら政権を執りた, 帝自ら文淵閣の記, 帝自ら玉簾の内, 帝自ら虎狩せしを, 帝自殺せんと, 帝舜申之作, 帝な東宮時代, 帝菅公加藤肥州の三神位, 帝菅公加藤肥州等を祀, 帝菟田野の薬猟, 帝衡山に至りた, 帝袁柳荘の子, 帝西帝と稱, 帝覚めて清, 帝親ら其の仕事, 帝観音大士を潮音洞, 帝覽之不悦, 帝言わんと欲する, 帝を善く, 帝将士を, 帝を画い, 帝赫怒して, 帝の両翼, 帝と記し, 帝近くは宗桂, 帝近江宮にて崩玉, 帝近衛の御, 帝返礼として銀一万両, 帝追善のため, 帝退位と蒋介石監禁, 帝遂に用いたまわず, 帝道衍の言, 帝達磨に問, 帝達磨大師に問, 帝醍醐天皇様は三善清行, 帝醍醐帝の皇后穏子, 帝釋天網百千明珠相照し, 帝釋山脈と相, 帝釋杵と云, 帝釋聲論を用, 帝金川門の守, 帝金陵の諸, 帝銭十万貫を以て蛇処, 帝長子を立て, 帝魯台を, 帝降誕のみぎり, 帝陛下がバグナア海岸, 帝の官僚的, 帝の丘, 帝隠岐島へ御, 帝隷居士百味の食, 帝に死, 帝雲南の永嘉寺, 帝に再び, 帝を賜い, 帝食うただけの卵, 帝馬皇后の二人, 帝の事, 帝鮑泉を遣り, 帝鶏卵を好き, 帝黄子澄の言, 帝黙然たること