青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「姿~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

始末~ ~始終 始終~ 姑~ 姓~ 委員~ 姪~ 姫~ 姫君~ ~姿
姿~
~姿勢 姿勢~ 威~ 威勢~ ~娘 娘~ ~娘さん ~婆 婆~ ~婆さん

「姿~」 41825, 402ppm, 241位

▼ 姿~ (16607, 39.7%)

611 見ると 559 見て 485 消して 443 現わし 375 して 257 隠して 217 見せて 186 消した 120 見ること 118 見せなかった 108 見た 102 現わす 96 かくして 88 眺めて 78 現は 77 変えて 70 あらわして 67 あらわした 62 見せた 59 現して 56 見せない, 隱し 51 現した 50 想像し 47 消す, 見たの 46 あらは, あらわしたの 45 現わ 43 見送って 41 見せないの 39 見たこと, 見つけると 37 みると, 見せません, 見るや, 隠した 36 かくした, 私は, 見た者, 見つけて, 見るの 35 目に 34 想像する, 見失って, 認めた 33 くらまして, 見た時, 認めると 32 見れば 31 消したの, 現したの, 隠したの 30 見せたの 29 見ながら, 隱した 28 見せなかつた 27 かえて, 晦まして, 眺めた, 見ては 26 見かけると, 見ても 25 ちらと, 現わさ, 眼に, 見かけて 24 没して, 発見した, 見せませんでした, 見たとき, 認めて 23 まざまざと, 心に, 見たもの 22 ながめて, みせなかった, 見せずに 21 もって, 想像した, 示して, 見せなかったの, 見せるの, 見るに, 見出した 20 あらわしました, 消しました, 発見する, 見せると, 見つけた, 見るなり 19 一目見る, 見つめて 18 人に, 映して, 眼の, 見せないで

17 [14件] かくしたの, さらして, そこに, やつして, 彼は, 探して, 眺めながら, 見せたこと, 見せないと, 見せないので, 見せなくなった, 見るよう, 見守って, 變へて

16 描いて, 見せないこと, 見たと, 見出すこと

15 思い浮べた, 見かけること, 見せる, 見せること, 見たり, 見ようと, 見出して, 見送った

14 みて, 消すこと, 見るたび, 認めたの, 隠す

13 あらわさなかった, うつして, 現す, 見せなかったが, 見ただけ, 隱す, 顕して

12 [15件] したもの, 取って, 呈して, 拝し, 求めて, 没した, 消したが, 現はさ, 見たという, 見ました, 見るが, 見詰めて, 見送りながら, 鏡に, 隱しました

11 [11件] いつまでも, かくしました, かくす, そのままに, みせて, 消すと, 消すの, 見せぬ, 見るより, 見る事, 隠したが

10 [16件] ありありと, けして, した男, した者, みせた, もつて, 思うと, 持つて, 残して, 知って, 見かけた, 見かけたこと, 見その, 認めること, 隠しました, 隠すの

9 [25件] あらわすの, お見せ, ここに, とつて, ひそめて, チラと, 一度も, 並べて, 借りて, 変じて, 消したこと, 現さない, 発見し, 見せた者, 見せては, 見せないよう, 見せなくなって, 見たいと, 見つけること, 見てから, 見ますと, 見られるの, 見上げて, 見失つて, 見守った

8 [28件] かりて, みた, みつけると, みとめると, チラリと, 一目見, 一目見た, 仰いで, 包んで, 待って, 思い出した, 持って, 掻き消して, 現はし, 眺めると, 私の, 考えると, 胸に, 見せなかったこと, 見せなかったので, 見せました, 見せませんが, 見せませんでしたが, 見たから, 見た人, 見つけたの, 見出すと, 認めたから

7 [37件] あらわすこと, あらわすと, なして, はっきりと, みせなくなった, 仮りて, 凝視し, 前に, 失って, 御覧に, 心の, 思い出す, 思い浮べて, 描いた, 晦ました, 現さなかった, 現したこと, 現じ, 眼前に, 見かけたもの, 見ずに, 見せ, 見せたもの, 見せないという, 見つめた, 見なかった, 見られずに, 見られて, 見る, 見付けた, 見付けて, 見失, 見送つて, 變へ, 遠くから, 隠したと, 隠すよう

6 [41件] あらわす, かくしたと, した女, そろえて, ちらりと見た, とって, ながめながら, みせない, みとめて, ジッと, 仰ぐと, 保って, 写して, 変えた, 変へて, 忘れること, 思い出して, 揃えて, 消したか, 消したかと, 消したという, 照らして, 現しました, 現すこと, 現すの, 空想し, 考へて, 自分の, 見, 見かけたの, 見せないから, 見せぬよう, 見たが, 見た瞬間, 見ないの, 見なければ, 見上げた, 見付けると, 誰にも, 追うて, 追った

5 [72件] あらわさないの, あらわしたとき, あらわしたもの, あらわすという, お現わし, お見かけ, かくしぬ, くらましたこと, くらましたの, さがした, じっと眺め, じっと見, じろじろと, ぢつと, とつた, とどめて, みつめて, みること, 不思議そうに, 人々は, 僕は, 出して, 存し, 彼女は, 思い出しました, 思い浮かべて, 拝むこと, 捜して, 描き出して, 映しながら, 暴すまい, 注意し, 浮べて, 消したと, 消したり, 消すに, 照し, 現したもの, 現すと, 現実に, 目撃した, 眦を, 眼で, 絵に, 見いだすこと, 見せたが, 見せたと, 見せないでは, 見せないところ, 見せなかつたが, 見せなかつたの, 見せなくなったの, 見せるよう, 見たとたん, 見たばかり, 見つけました, 見ない, 見ない日, 見まいと, 見まもった, 見まもって, 見るとき, 見るばかり, 見る時, 見下して, 見出したの, 見送ると, 認めた時, 認めるや, 隠すこと, 頭に, 顕した

4 [104件] かき消して, かくしたが, ご覧に, さえも, さがして, さがしました, した, じろじろ見, その中, その時, つ, とる事, ながめたの, みせないの, みせないので, もとめて, ハッキリと, 中心に, 今でも, 今更の, 仰ぐ程, 保つて, 先に, 写したもの, 写真に, 初めて見た, 匿し, 地上に, 夢に, 完全に, 家の, 思い浮べながら, 思い浮べると, 拝まして, 拝んだこと, 探した, 描いたのみ, 描くこと, 描くと, 描こうと, 明かに, 明らかに, 曝して, 望むこと, 横に, 気に, 永久に, 消したので, 消した時, 消すが, 玄関に, 現したと, 現すが, 留めて, 目で, 目の, 眺めました, 短い聯想, 示したもの, 示すこと, 窶して, 置いて, 美しくする, 見うしなって, 見おろして, 見かけたので, 見かけた時, 見かけた者, 見かけました, 見せただけ, 見せたとき, 見せた時, 見せないが, 見せないやう, 見せなくな, 見せまいと, 見せるに, 見たいという, 見たいもの, 見たならば, 見たよう, 見つけようと, 見て取ること, 見ないこと, 見ないよう, 見なかったかね, 見なかったの, 見まわした, 見ようとして, 見るまでは, 見下ろして, 見失わないよう, 見守りながら, 覗き込んだ, 覚えて, 追って, 透かして, 隠したので, 隠したもの, 隠すと, 隠そうと, 静かに, 顕わ, 顕わして

3 [227件] あなたに, あらわしたと, あらわしたので, あらわしません, あらわしませんでした, あらわすので, あわれと, いかばかり面, かいて, かくしたので, かくしたり, かくすこと, かくすと, けした, さがしもとめた, させて, したお, した乞食, した彼女, しても, しながら, じっと見つめ, じっと見送っ, すかして, そつと, そのま, そのまま肯定, つくづくと, どこか, ながめた, ならべて, はっきり見た, ひそかに, まざ, みせないと, みせませんでした, みたこと, みたとき, みたの, みつけた, みとめた, みるなり, みれば, よく見かけた, よく見かける, よく見る, われわれに, アリアリと, 一つ, 上から, 不思議に, 久し振, 人の, 人目に, 今も, 仰ぐこと, 伸子は, 偽ること, 備へて, 凝視めて, 出した, 匿す, 周平は, 哀れと, 喜んだ, 変えては, 変えなければ, 変えること, 女は, 宵闇の, 少しも, 巧みに, 帯びて, 平次の, 彼の, 待つて, 御想像, 忘れて, 思い浮かべた, 思い浮かべながら, 思はせて, 思ひ出して, 思ひ出すと, 思ひ浮べた, 思ふと, 惟ひ, 想ふと, 想像で, 感じて, 感謝の, 拝した, 拝んだの, 拝んで, 拝見し, 拝見したい, 指して, 描いたの, 改めて見直す, 映しました, 村の, 横たえて, 橋の, 止めて, 水鏡に, 浮き出させて, 浮べた, 消しその, 消したとき, 消したのに, 消してしも, 消しましたが, 消し去って, 消すまで, 消す事, 滑稽に, 潜めて, 煤煙と, 照らしながら, 狙って, 現したが, 現したとき, 現した時, 現実の, 盗む者, 目あてに, 目がけて, 目のあたりに, 目前に, 眺めたとき, 眺めたり, 眺めた時, 眺める, 眺めること, 睨みながら, 空しく格子門, 空に, 空想に, 自分で, 致して, 舞台に, 落して, 装うて, 見あげながら, 見えなくして, 見おくって, 見かけたが, 見かけたという, 見かけないこと, 見かけるたび, 見かけるよう, 見せても, 見せないじゃ, 見せないため, 見せないとの, 見せないん, 見せない彼, 見せながら, 見せなければ, 見せぬが, 見せぬと, 見せぬという, 見せぬの, 見せましたが, 見せませぬ, 見せませんので, 見せるが, 見せ出した, 見たか, 見たので, 見たもん, 見たやう, 見た事, 見た筈, 見た途端, 見つけたから, 見つけたので, 見つけた時, 見つけますと, 見ないと, 見ないので, 見なかつたの, 見に, 見ましたが, 見よ, 見られないよう, 見られること, 見るため, 見るだけでも, 見るにつけ, 見るもの, 見るやいなや, 見るやう, 見ろ, 見上げながら, 見上げ見下した, 見失うまいと, 見失った, 見失ったので, 見守つて, 見守りました, 見廻した, 見廻わ, 見比べた時, 見直した, 見直して, 見送ったが, 見送りました, 見馴れて, 覗いて, 認めたので, 語って, 誰も, 透して, 運んで, 遠くに, 闇の, 隠さなければ, 隠さねば, 隠したまま, 隠したん, 頭から, 頭の, 顕さない, 顕したの, 顕わす, 顧みて, 顯し

2 [631件 抜粋] あからさまに, あたりの, あの島, あの第, あらはに, あらわさないで, あらわさぬ空白, あらわしたが, あらわしたところ, あらわした時, あらわします, あらわすかも, あらわす事, あるが, うつした, うつす, うつす朝ぼらけ, おぼえて, お吉, お庄, お消し, お目, お見, お見せする, お銀, かえつつ, かえりみ合った, かき消す, かくさなければ, かくしてから, かくしてしまつて, かくしてどこ, かくしてゐた, かくします, くつきりと, くらました, くらましたという, くらませて, こ, この世紀, ごらんに, さながら持ち, さらすの, さらせようか, したオ, した一人, した二人, した二十面相, した人たち, した人物, した夫, した姉, した怪物, した猛獣, した芸者達, した部下たち, した鬼, しなければ, しなやかな, じろじろ眺め, するが, そこい, そこから, そなへ, そのままの, それに, たしかめる, ちらりと垣間見た, ちらりと見, ついそこ, つくづく眺め, とらえた, とらなければ, とらへ, とりもどすかの, どこにも, ながめました, ながめやった, なくして, ならべたの, ば慨歎し, ひそませて, ひとめ見た, ひねてると, ふりかえって, ぼくは, まじまじと, まねて, まひねかし, まぼろし, みかけると, みせません, みたもの, みた時, みつめながら, みとめたの, みるの, みるや, めでけるが, もう一度お, もち特異, もとめた, よくも見ない, よく見ました, よそながら見る, カメラに, キャッチした, シミジミと, ジロジロと, ジロジロ見, ソックリそのまま, チラチラと, 一人づゝ丁寧に, 一目でも, 一見した, 下から, 下手な, 世界に, 世間へ, 予期し, 人間に, 今に多く, 今は, 今日に, 仔細に, 伝えて, 何と, 何処に, 俺は, 偶像に, 傍から, 像りまし, 公衆に, 公衆の, 写した時, 写しながら, 写真の, 冷やかに, 凝視する, 凝視めた, 出したお, 出したの, 匿した, 反映し, 取った, 取戻すわけ, 可なり, 向こうに, 呈した, 回想する, 地に, 垣間見て, 堂の, 変えたもの, 変えても, 変えまして, 変える必要, 変へ, 外の, 天井に, 失うの, 失ったの, 失つてし, 子供に, 学校の, 守らねば, 容易に, 宿して, 寫したもの, 尊いもの, 山路愛山君に, 崩さずに, 崩すよう, 差覗く, 平次や, 平気で, 幾人も, 幾度も, 形づくって, 形容し, 形容した, 影の, 彼に, 往々余, 待ちわびて, 待った, 得たるも, 得て, 心で, 思いうかべて, 思いおこした, 思いだした, 思いだして, 思い出します, 思い出すと, 思い出すの, 思い描いて, 思った, 思って, 思つた, 思はせるもの, 思ひ出した, 思ひ出しながら, 思ひ出す, 思ひ浮べて, 恐れる, 恥じて, 想いやると, 想い描いて, 想って, 想ひ出した, 想ひ出す, 想像したら, 意識の, 愛する者, 慕って, 懸命に, 手に, 拜する, 拜んだ, 拝すこと, 拝みたいと, 拝もうと, 持つこと, 振り向いて, 振り返って, 振り返つて, 振り顧, 捕えようと, 捜し求めた, 捨てて, 探し求めた, 探し求めて, 掻消し, 描きながら, 描写し, 撓わに, 撮影した, 斜めに, 明瞭に, 映したいと, 映す, 映すもの, 晦ましたの, 晦ませて, 暗まして, 暗示し, 月影に, 朝に, 朦朧と, 机の, 東京市内から, 柱かけの, 柳の, 模した, 横から, 横たへ, 横へて, 此方に, 武蔵は, 殘し, 母親は, 水の上に, 求めたが, 没したが, 洞察する, 浮き出さ, 消さねば, 消されたの, 消し, 消しそれ, 消したから, 消したに, 消したもの, 消したよう, 消した自分, 消してから, 消しながら, 消します, 消し主, 消し去った, 消し正, 消すかと, 消すすると, 消すなんて, 消そうと, 深く心, 潜めましたが, 灯の, 照らした, 照らしました, 照らし出した, 物色し, 物色する, 猛然と思, 珍らし, 現さねば, 現したかと, 現したという, 現した女たち, 現しませんでした, 現すか, 現せば, 現わすであろう, 現わそう, 異にす, 白, 盗んで, 目ざとく認める, 眤と, 眺めたか, 眺めた上, 睨んだ, 瞼に, 確実に, 示す, 示すなどとは, 示すの, 示すもの, 私に, 穴の, 空中に, 空想した, 突然そこ, 窓から, 窓の, 窺って, 立って, 簾外に, 終生負, 絞って, 考えれば, 胸の, 自分に, 與へて, 花と, 葉子は, 虎の, 表面に, 装って, 見あげた, 見おろしふと, 見かけたから, 見かけたそう, 見かけたん, 見かけた事, 見かけないか, 見かけましたが, 見かける, 見かけるの, 見ざる趣, 見しによりて, 見すえて, 見せあった, 見せずホテル, 見せず何, 見せず美しい, 見せたかと, 見せたそう, 見せたり, 見せつ, 見せてから, 見せないけれども, 見せないぢ, 見せないとき, 見せないばかり, 見せないばかりか, 見せないもの, 見せなかったという, 見せなかったよう, 見せなくなったから, 見せなくなったし, 見せなくなったという, 見せなくなりました, 見せぬやつ, 見せぬ前, 見せねえの, 見せねえので, 見せはじめた, 見せませんか, 見せませんよ, 見せまた, 見せようとは, 見せられた, 見せるきり, 見せるだけ, 見せるという, 見せるとき, 見せる事, 見せる者, 見せんぢ, 見せ付けられて, 見そこ, 見たい, 見ただけで, 見ただけでも, 見た曲者, 見た最初, 見た最後, 見つけたとき, 見つけたよう, 見つけなかった, 見つけるなり, 見つけ出した, 見つづけた, 見て取ると, 見とどけるため, 見ない前, 見なかったかと, 見なかったので, 見ながめて, 見ぬうち, 見ぬの, 見ました時, 見ませんでした, 見やって, 見やつ, 見やりました, 見よやとて, 見られたの, 見られたわけ, 見られた事, 見られては, 見られないため, 見られなかった, 見られよ丈夫, 見るがい, 見るさ, 見るだろう, 見るとは, 見るほど, 見るよりも, 見る者, 見上げました, 見上げ見下しされたの, 見下し乍ら, 見乍ら, 見付けること, 見入って, 見出そうと, 見失いがち, 見失うまいとして, 見失おうと, 見失っては, 見失わなかった, 見据えて, 見掛けるよう, 見瞻つて, 見知って, 見給, 見自分, 見詰めながら, 見送ったの, 見送つた, 視守つて, 観察した, 訝し相, 認めたもの, 認めました, 認められて, 認める, 認めるがい, 認める前, 誰かに, 諸々の, 載せて, 追つた, 追つて, 遠望した, 遠望する, 重ねて, 長いあいだ, 門の, 閃かすお, 闇に, 隠したかと, 隠したそう, 隠したため, 隠したという, 隠したに, 隠した北海道, 隠した女, 隠した時, 隠しましたの, 隠しまた, 隠すん, 隠す事, 隠そうとも, 隱せる, 離れて, 雲の, 頭上に, 顕す, 顕は, 願ひ, 飽かず眺めたり, 飾り模様, 驚嘆すべき, 髣髴させ, 鮮かに

1 [5409件 抜粋] あおぐよう, あちこち求め, あまり明く, あらわさず私, あらわしこの, あらわしたせい, あらわした壮漢, あらわしなつかしい, あらわし一週間, あらわすこの, あらわせば, あれで, いずれの, いつか元へ, いとも惚, いやに, うかがうこと, うちながめ, うつしだして, うつ伏せに, えらんだ句, おけい, おび錯雑, おやつし, お増, お種さん, お見せ下さった, かえたうえ, かえると, かき消し突きあげた, かくしたから, かくしたよう, かくした後, かくしても, かくして拝見, かくし出て, かくし溝, かくすの, かくせしも, かれは, きらりと, くらましたお, くらました時, くらますの, げんなりと, こっちから, この清い, これほど, さいしょに, さがし廻った, さしまねいた, さびしく思い起す, さらしたが, しかと見た, したこういう, したユースタス・ブライトさん, した人達, した大波小波, した市九郎, した朝顔, した異様, した者共, した詩集, しつらえて, しのばせるかとも, しばらく隠し, じっと眺めました, じっと見送った, すこしづゝ露, する, そっくり今, そのままとどめ, そのまま読者, その堂内, その背後, それとなく見送り縁台, たしかめた, ただ茫然, だれにも, ちらつかせるぐらい, ついいまし, つくづく見上げ, つぶさに見直し, とある山路, ととのえて, とめて, とられた天武天皇, とる, どうと, どんな色合ひで, ながめたとき, なく, なだめた, なんにも認めなかった, のぞきまた, はっきり客観, はつきり知らせる, ひそめた反面, ひどくボンヤリ, ふと心内, ふりか, ほとんど見せない, まあ仮に冒険, まず発見, まっ白く, まぶしげ, みかけた者, みせず愛知川, みせた例, みせない使い, みせぬこと, みせるの, みつけたの, みとめたらただちに, みなさんの, みんな暗記し, もうしばらくおとうさん, もう見つけた, もつと, やつしここらあたり, やみの, よく止め, よく覚え, よりよし, わたくしの, ガラッ八, ジリジリと, ズルズルと, テルヨさんに, パクパクやっ, マジマジと, ワンカット出演し, 一ツ一ツに, 一層なまなましく, 一枚繪に, 一眼見た, 丁坊は, 上り框に, 不思議と, 両親に, 久慈は, 二三度見かけた, 二階に, 人が, 今ここで, 今日よりぞ, 仙二は, 仰ぎなど, 仰ぐ者, 伝へた謂, 何処か, 作るとも, 保たしめるの, 信長と, 偉がり, 傷けられます, 入れる, 全然平気, 具へて, 再三汽車, 写しとること, 写生する, 凝乎, 出した者, 出没させた, 判然と, 前へ, 動かしながら, 匿そう, 印象する, 取らなければ, 取るべきかを, 可憐と, 吐いた, 吹き上げました, 呈したる其最中, 呑んだ灌木帯, 咎めて, 嘲ること, 図像によって, 地平線に, 執つて貰ひたい, 変えきゃつらの様子, 変えたさき, 変えた石秀, 変えると, 変え得るテナルディエ, 変じ軽々しき, 外から, 夢の, 大写しに, 天半に, 失せおらぬか, 失わない中, 奴凧の, 妖精の, 存するであろうかと, 宵に, 寧ろ感心, 将門は, 少し恥じ, 山岸中尉も, 崩して, 巷に, 幻想の, 広くも, 庭先に, 引きくらべて, 彌太, 彷徨わせて, 往来を, 後から, 御眼, 必死に, 念頭に, 思いだし, 思い出してか, 思い合わせ私, 思い泛, 思い浮べたが, 思うこと, 思ひうかべて, 思ひ浮べたもの, 思わせます, 怪しまないよう, 恥か, 悲しく眺め, 想いやったとき, 想い浮べた, 想ひ出し, 想像し得ない, 意識し, 感じ保田氏, 憎惡, 憶出し, 我々に, 打まもり, 折りおりに, 抱き起こした, 拝し奉った, 拝み候, 拝見しまし, 持ち各々, 指さしたので, 振りかえって, 捉えそこ, 捕まへようと, 採つた, 探してでも, 探し求めたとき, 探り尋ね, 掻き起す, 描かしめられたの, 描きそれ, 描き出させる時, 描き当時, 描けるよう, 撮った写真, 改めさせ自分, 改めぬ木星, 整えた源氏, 新たに, 明るい光, 映したとき, 映画館で, 晒しながら, 晦ましたと, 晦ますよう, 暗ましそう, 曝したの, 書いたもの, 最当, 望見し, 朧気に, 村で, 棄てた天狗達, 標準と, 機械的に, 正しく認識, 歴然と見た, 残念そうに, 民衆の, 水平線上に, 求めること, 汽車の, 没します, 没するかと, 泛べて, 浮かび上がらせる, 浮せ, 海上に, 消しこうして, 消したこの, 消したふたり, 消した二人, 消した新九郎, 消した綿井氏, 消しつ, 消し一人, 消し強き, 消し荷, 消すのに, 消す頃, 深夜の, 漫画に, 火の, 焙らせながら, 照した, 燒い, 物語って, 珍しげ, 現さないところ, 現さぬところ, 現したよう, 現した痩せぎす, 現し得なかったこと, 現じなけれ, 現すやう, 現はし幕府, 現出し, 生ずる, 男とも, 留めたの, 発見された, 白く見せ, 盛ったもの, 目撃し, 県城の, 眩まされ互いに, 眺めその, 眺めた末, 眺めぬこと, 眺めるや, 眺め廻して, 眼を, 睨めあげていう, 知つてゐる, 知る時, 確実な, 示しぬ, 示現した, 私達の, 突き留める事, 立ちならべて, 笑顔で, 精緻ならしめ, 絵像を, 縁側から, 繰返し繰返し夢に, 美和子の, 翻して, 考へ出して, 肴に, 自ら見る, 自覺, 色々と, 英雄的に, 蔽う, 虚無僧に, 表さなかつた, 装うの, 見あげて, 見いだそうと, 見うしなったと, 見かけたあの, 見かけたよう, 見かけない, 見かけなければ, 見かけ右手, 見ここ, 見しならん, 見ずして, 見せすぐ, 見せず三日目, 見せず平次, 見せず老女, 見せたいのに, 見せただけで, 見せたらうわさ, 見せた三五兵衛, 見せた小女, 見せた目明し, 見せつけて, 見せないし, 見せない位, 見せない砂浜, 見せなかったし, 見せなかったグロリア号, 見せなかった桜会, 見せなかつたやう, 見せなくなったきり, 見せなくなること, 見せぬはず, 見せぬ男, 見せましたもの, 見せも, 見せられたい, 見せるだろうよ, 見せるまでに, 見せる怪異, 見せんという, 見せ声, 見せ陸奥, 見たかったの, 見たそれから, 見たには, 見たら大変涙, 見たるが, 見た初めて, 見た子どもたち, 見た男, 見つけあら, 見つけたらすぐ, 見つけだしたので, 見つけられては, 見つける機会, 見つづけて, 見て取った, 見ないで, 見なおして, 見なかった目明し, 見ぬさ, 見ひがめ, 見ますわ, 見やった, 見られたから, 見られた時, 見られる気, 見るであろう, 見るを, 見る様, 見んとて, 見上げ見下しながら, 見付けたの, 見入つたほかに, 見出したとき, 見出しました, 見出すには, 見別けること, 見咎められるお, 見失いついに, 見失うまいとのみ, 見失った後, 見失はうと, 見失ふ性質, 見守らねば, 見届けたもの, 見御, 見摘もうと, 見無, 見眺めて, 見詰めた時, 見送った僕, 見送り見送り, 見附けると, 覗いた事, 観音様に, 許さないの, 認むるや一つの, 認めその, 認めたらしく白い, 認めなかった, 認め二, 語りあうよりも, 調べるの, 變ゆる, 賞するのみ, 足もとから, 身辺に, 辿つて, 返して, 追っかけて, 追ひかけ, 透し, 造る過程, 逸して, 遠くし, 遥に, 野守等よ, 門内の, 陣頭に, 隠させて, 隠したあの, 隠したでしょう, 隠したりと, 隠した花世, 隠しましたそう, 隠し打ち沈んだまま江戸城, 隠すなど, 隠す特別, 隱さう, 離れては, 露し出した, 青黒い海, 頭越しに, 顧みる, 飛躍する, 駒の, 髣髴させる, 黒

▼ 姿~ (6644, 15.9%)

179 見えた 95 眼に 89 目に 86 見えない 60 消えて 55 見えないの, 見える 52 見えないので 51 あった, 見えなくなると 49 見えなくなって 46 見えません 42 見えなくなった 41 ありありと 40 見えて 36 見えなかった 32 ある 31 現われた 30 まざまざと, 浮んで 29 見えました 28 見えると 26 見られた 25 見えないと 24 眼の, 私の 22 あらわれた, 現れた 21 彼の, 消えると 19 そこに, はっきりと, 現われて, 見えるよう 17 見えなくなりました, 見えるの 16 見えぬ 15 急に, 描かれて 14 見えたので, 見えませんでした 13 どこにも, ない, なかった, ぼんやりと, 映った, 浮かんで 12 現れて, 目の 11 あらわれました, 浮んだ, 見えたの, 見えなくなつ, 見えます 10 いつまでも, くっきりと, 消えた, 見えないという

9 [12件] ちらと, 今も, 出て, 手に, 映って, 現はれた, 立って, 見えないん, 見えなかったので, 見えなかつた, 見えなくな, 見えなくなるまで

8 あらわれて, チラリと, 変って, 思い出された, 消える, 現はれ, 現れました, 見えないこと, 見えなかったの, 頭に

7 [16件] あつた, ないの, なくなって, みえた, 山の, 現われました, 自分の, 見えないから, 見えないでは, 見えなくなったの, 見えなくなったので, 見えなくなってから, 見えぬと, 闇の, 非常に, 頭の

6 [24件] あったの, あって, あらわれたの, うつった, かすかに, そこへ, はっきり見えた, はつきりと, まぼろし, 何か, 影絵の, 彼を, 扉の, 浮き出て, 現れる, 眼前に, 私には, 見えたり, 見えないのに, 見えぬの, 見えは, 見られる, 近づいて, 闇に

5 [25件] あるの, あるばかり, うつって, おぼろげに, すぐに, ちらちらと, はっきり見え, わたしの, チラと, 不意に, 廊下の, 浮ぶ, 煙の, 現はれる, 目赫く, 窓の, 見あたらない, 見えたが, 見えたと, 見えないが, 見えないよう, 見えなくなったと, 見えなければ, 見えぬので, 見えるかと

4 [47件] あまりにも, あるかないかに, あれを, いまでも, うずくまって, ここに, ちらついて, ちらりと見えた, よく見えた, アリアリと, 人の, 今は, 入口に, 変わって, 妙に, 寺中に, 小さくて, 小さく見える, 影の, 彼らの, 想像され, 月の, 歴々と, 消えたと, 現れると, 終日その, 結局調和し, 羨しく思はれた, 花の, 見えたから, 見えなかったが, 見えなくなった時, 見えなくなる, 見えなくなるや, 見えること, 見えるという, 見える様, 見えれば, 見かけられた, 見へ, 見られるの, 見当らない, 部屋の, 隠れると, 雪の, 顕れた, 黒

3 [96件] あり, ありあり見える, あると, あわれ, いろいろな, うかんで, お目, かくれて, かれの, すぐ眼, そのままに, それを, ちらりと見える, ついて, どこへ, なつかしい, みえないの, みえる, みえるよう, もう見えない, よく見えます, 仰がれた, 何よりも, 偲ばれる, 先に, 入って, 其処に, 写って, 前に, 動いて, 夜の, 奥へ, 完全に, 小さく見えた, 庭の, 彼等の, 掻き消えて, 描いて, 日本の, 映つた, 映つて, 映る, 時々お, 木立の, 森の, 次第次第に, 残って, 気に, 水の, 池の, 浮かびました, 浮びました, 浮び上った, 消えたの, 消えました, 消えるの, 現れるの, 現われると, 発見された, 目について, 目には, 目を, 目前に, 眼先に, 瞼に, 私を, 稲妻の, 窓から, 立った, 美しかった, 肩を, 胸に, 自然に, 見えたこと, 見えたん, 見えないとは, 見えない事, 見えなかつたの, 見えなくなったか, 見えなくなったという, 見えなくなったん, 見えぬとて, 見えねえ, 見えるが, 見たいと, 見たくて, 見受けられた, 見当らないので, 道の, 遙か, 遠くに, 部屋から, 鏡に, 隠れて, 霧の, 鮮かに

2 [341件] あたりの, あだ, あらわれるの, あらわれるので, ありあり浮ぶ, ありません, ありませんでした, ありまた, あるかと, あること, あろうとは, いかにもみ, いかにも侘しい, いかにも目, いまだにどうもね, いろ, うっすらと, おかしかった, おぼろに, お文, かき消すよう, かなり遠く, ここにも, この上, この時, この樹木, これも, しみじみと, すこしも見えない, そこにも, そこの, そのままで, その中, その人, その視界, たまらなく恥, だんだん大きく, ちがって, ちらほら見え, つぎつぎと, つっ立って, ところどころに, どうかする, どうした, どうしても彼, どこかに, なくな, なくなってから, なければ, なしに, なんとし, はっきりし, はっきりする, はつきりし, はつきり見えた, ひとつ現, ふいと, ふさいで, ふと心, ふと忙しい, ふと眼, へんに, ぼんやり見え, ぼんやり頭, まあ美しく, また現われ, まだ自分, まつくろ, まばらに, まる見え, みえない, みえないという, みえないん, みえなかった, みえなくなった, みじめな, むくむくと, もとめられ開発, ゆっくりと, よくて, よくなる, よく似合う, よく見かけられた, よほど態様, よほど態樣, わたしに, オイチニイの, クッキリと, スラリと, スーッと, チラ, ツイ小癪に, ドアから, ドアの, ヌーッと, ハッキリと, ヒョロヒョロと, フッと, プラットホームに, 一と, 一ぱいに, 一匹ならず, 一瞬の, 一緒に, 三吉の, 不問に, 並んで, 主に, 二人の, 二匹の, 人間の, 今でも, 伸子の, 何と, 何ともいえず, 何んと, 何処と, 俤に, 俺の, 僕には, 僕の, 全く其時, 全く見えなくなる, 公園の, 再び現れた, 写った, 写るの, 写真入りで, 出現した, 判然と, 前の, 助けて, 勇ましい面影, 半蔵の, 印象づけられるに, 可愛らしかつ, 可愛ネ, 向うの, 吾兄ながら, 呑みこまれ消えて, 咄嗟に, 哀れに, 垣根の, 執念く, 夕陽に, 夢の, 奇麗に, 奥に, 女中風で, 如何にも威厳, 寒々と, 小さく見え, 小屋の, 少しも, 屋根にも, 山入の, 岸本の, 島田の, 差し向けられたカンテラ, 店の, 庭から, 影と, 彼に, 往来の, 御母君, 微に, 心あり, 心に, 思い出される, 恥かしくなっ, 或る, 戸口から, 戸口に, 扉口に, 指摘せられる, 掻き消すよう, 描かれた, 教室から, 文吉には, 日の, 明らかに, 明滅し, 星空の, 映じた, 映りました, 映画の, 時々彼方此方, 月を, 月光に, 月光の, 月夜の, 朦朧として, 朧気に, 林の, 横は, 次から, 次第に近づい, 此の, 歩いて, 母の, 水に, 水の上に, 江戸から, 江戸の, 決って, 沼の, 浮かび上がって, 浮かぶ, 浮かんだ, 浮び上って, 浮上って, 消えたという, 消えた時, 消えるとき, 消えるまで, 消え失せたでは, 消え失せて, 火の, 煙草の, 物の, 物語の, 獣である, 珍らしい, 現わ, 現われたが, 現われたり, 現われます, 現われる, 現われ出た, 現出し, 画かれて, 画因に, 畫因に, 白く光る, 目さきを, 目のあたりに, 直ぐに, 直ぐ目に, 省三の, 真正面に, 眺められた, 眺められる, 睡れない頭, 瞭然と, 硝子戸に, 示されて, 私達の, 空に, 窓に, 立つて, 立派である, 立現われ, 納戸の, 絵の, 絶えずあらわれ, 腰を, 自分に, 茫と, 荒れた庭園, 華奢だ, 葉子の, 藻の, 見いだされた, 見えず自分, 見えその, 見えたという, 見えだした, 見えないぞ, 見えないため, 見えないぢ, 見えないで, 見えないといふ, 見えないところ, 見えないなと, 見えないほど, 見えないやう, 見えない時, 見えなかったこと, 見えなくなったが, 見えなくなったそう, 見えなくなったその, 見えなくなったとき, 見えなくなっても, 見えなくなりまして, 見えなくなるの, 見えにくい, 見えぬが, 見えぬほど, 見えぬよう, 見えませぬ, 見えませんが, 見えませんので, 見えるか, 見えるでは, 見えるので, 見えるばかり, 見えるやう, 見えるわけ, 見えるん, 見える筈, 見えんじゃ, 見えモーターミシン, 見え出した, 見かけられること, 見たいの, 見たかったの, 見つかりませんでした, 見られるよう, 見出されたとき, 見当らなかった, 見当らぬので, 認められるの, 豆の, 質素な, 路次の, 車の, 近づくと, 迫って, 透いて, 連想され, 遊離し, 道を, 遠い有明, 遠くなる, 邸の, 鏡の, 鏡を, 門の, 閃いたの, 階段の, 雲の, 音も, 顯れた, 風の, 髣髴と, 髣髴として, 鮮やかに, 鳥の, 鶴飼橋の, 黒い点, 黒く見えた

1 [3144件 抜粋] あさましくて, あたかも呼吸, あったから, あの時, あまりにありありと, あらためて頭, あらわれた伯父さん, あらわれカニ, ありがたい, あり私, あるじゃ, あるま, ある心格, あろう, あんな風, いいとか, いかにも佗, いかにも懐かしく, いくらか追い散らした, いたましく浮ん, いつからとも, いつの間にかもう見えなくなっ, いつもと, いとも不気味, いまも, いや増し, うごめいて, うつつか, うるさいくらいに, おしよせた一陣, おまえに, お寺の, かえって本当, かき消えまさア, かくれ白拍子, かわって, きれぎれ, こうした闇, ここへ, ことに強く, この光芒, この狭い, この頃, ころがって, さすがに, さびしそう, しきりに消える, しつこく浮び出, しばしば見受けられました, しばらく雉子町辺, じくじくした, すうつと, すぐ彼, すこぶる眼, すつと, すーッ, そこから, そっくりそのままギリシア伝説, そのまま残っ, そのシンボル, その前, その女らしく, その明るみ, その煙, その顔, それと, それも, そんな時, たくさんいた, たちまち悲しみ, だんだんうすく, だんだん寝, だんだん見え, ちがうよう, ちょうど家, ちらちらする, ちらっと見える, ちらつくの, ちらりと動く, つい眼前, つまり今, とおくから, とらえられる, どうして世, どうの, どうやら誰, どっちを, どんなにあさましく, どんなに清らか, ないのに, なかなかうまく, なくなったという, なぜか, なつかしや, なんとなく窮屈さうに, なんら羞恥, のしかかって, はいった, はっきりひろ子, はっきり現れ, はっきり道夫, はるかに, ひとかたまりに, ひとりふたり三人五人十人たちまち, ひどく遠い, ひらめいて, ふっと消えた, ふと思いだされた, ふと見えなくなった, ほとんど腰, ぼくには, ぼんやり映ってる, ぼーっと霞む, ぽーッ, まじって, またし, また僕, また美しい, まだ光, まだ私達, まばらな, まるでどす黒く, まるで変っ, まるで煙, みえたとして, みえなくても, みえると, みすぼらしいもの, みられます, むこうで, もうろうと, もう画中, もしも見え, やがて小舟, やっぱり花, ゆらりと動いた, ようやく入口, よくわかる, よく眼, よく見えました, よく鋏, よろめき出たが, わからないの, わかるもの, わたしは, イルミネーションの, ガラス窓を通して, コンクリートの, スズキに, ズルズルと, チラチラ見える, チンドン屋みたいに, ハッキリ分る, パノラマの, ピチピチした, プロレタリアの, ボカされた, ポッカリ浮かんだ, ヨタヨタと, 一つある, 一つ二つある, 一人二人と, 一寸でも, 一層死なん, 一心に釣, 一様に, 一番早く, 丁度自分, 三度ほど, 不可解で, 不朽の, 世界じゅうの, 丸山の, 久しく見えなくなっ, 乾涸びたまま, 二三見える, 二階へは, 五本ごとに, 人と, 人足の, 今しもは, 今にも此処, 今夜ばかりは, 他の, 伝へられて, 佇立んで, 何となくなつかしい, 何となく間, 何と有難く, 何処に, 何等の, 例によって, 信長には, 傘の, 儒者ふうの, 充ち充ちて, 先刻消え, 全くの, 全然なくなった, 六人に, 再びノルウェー, 写されて, 写れる, 出るし, 分ったと, 初めて惨め, 利かぬ手足, 前と, 動くよう, 千早の, 卓一で, 却って人, 又あらわれた, 反つて仇, 可かろう, 可憐で, 可笑しく目, 吉田の, 君の, 味気ない, 哀れにも, 四人一組の, 地へ, 城下の, 墨の, 変に, 夕暮の, 夙くに, 多く見られた, 夢幻的に, 大きく又, 大股に, 天井の, 失われて, 女中衆や, 好きで, 如何にも切実, 如何にも美しい, 妻戸の, 婦人雑誌に, 宇野浩二一流の, 実によくえがき出され, 宮川筋の, 寂しく見えた, 寺中で, 小さくなっ, 小坂部の, 少くとも, 少ないやう, 山の下から, 岩本から, 崩れて, 左手に, 己の, 帷の, 幹事室の, 幾ら嬉しい, 床の間の, 庫裡の, 廊下に, 強いられた, 彷彿し, 彼は, 待たれるという, 御堂内に, 微笑んで, 必然に, 忙しそう, 忽然と村, 思いうかんだの, 思い浮べられた, 思ひ出されて, 思われます, 恐ろしいん, 息を, 悪魔に, 惨めにも, 想像出来る, 感じられて, 懈いお, 我々よりも, 戸の, 所も, 拜める, 振りか, 採り上げられて, 描かれた表紙, 描出される, 撓うばかりに, 散るの, 新しい変化, 早瀬の, 明るすぎる, 星の, 映つたかも, 映らぬとも, 映るのみ, 時々ぼやけ, 時節柄平三には, 暗い中, 暫く目, 曲目の, 最も優美, 月あかりには, 有明けの, 朝霧の, 木の間ご, 本当に煙, 松の, 林を, 栄太と共に, 梭の, 楊枝を, 模様として, 樹の, 次の間から, 次第に村, 正しくそれ, 此棧敷に, 歳晩の, 残つてゐる, 段々彼女, 毛氈の, 氣に, 水面に, 池では, 沢山あります, 波を, 津田の, 浅間しい, 浮かんだの, 浮き彫りの, 浮び出ないし, 海水帽ばかりに, 消えその, 消えたった, 消えてから, 消え一人, 消え失せた時, 涼しげに, 深くわ, 湿気を, 滑稽にすら, 激しく弾, 炎える, 無くなった, 無数の, 煙りを, 燒土に, 物すごく海, 物語って, 犬ころの, 猿引きの, 現れたから, 現れでこぼこ, 現われ, 現われたので, 現われるという, 現代に, 甘ったるい声, 生きて, 生活が, 異様な, 癪に, 白い屏風, 皺も, 目つかった, 目立つので, 真に幽か, 真実妹という, 眠りから, 眼については, 瞼の, 破れて, 神々しいもの, 祭壇の, 程近い, 空白の, 突然また, 突然見えなく, 窪地の, 立ちました, 立ったよう, 立派で, 第一, 簾を通して, 紅一点を, 素直に, 終いに, 絶えず眼, 綿の, 美しい, 美しくつゆけも, 美しく近代的, 羨しく, 考えられるよう, 肉眼では, 腰から, 艫の, 芒を, 芸術家としての, 茶を, 莫迦, 薄い, 藁草履の, 蝕つく, 行き會, 街道から, 袂に, 襖の, 覆ふところ, 見いだし得ようはず, 見えずしんと, 見えず人びと, 見えず胸甲騎兵, 見えたひるま見る時, 見えたら念仏, 見えだして, 見えないがと, 見えないですよ, 見えないもん, 見えない位置, 見えない程, 見えなかったけれど, 見えなかったらしいあの, 見えなかつたからかも, 見えなくなったでは, 見えなくなったり, 見えなくなりしいんと, 見えなくなり小川, 見えなくなること, 見えなく成つた, 見えぬ丈, 見えはじめた, 見えますから, 見えませんし, 見えませんでしたが, 見えません何, 見えるかっ, 見えるそして, 見えるなどとも, 見える前, 見えんで, 見え瀬戸, 見せたいな, 見つからずと, 見ゆるの, 見られて, 見られなかった, 見られません, 見られるところ, 見る見るレントゲン, 見出された, 見境へも, 見当らないほど, 見当りません, 見送られて, 覗かれた, 解らう筈, 訣つて来る, 認められる, 諸所, 貝十郎じゃ, 赤蜻蛉の, 蹲つて居た, 輝くよう, 近く現, 追憶された, 透明で, 連想される, 道夫の, 遠くかすむ, 遠く小さくなる, 遠眼鏡を, 部屋を, 醉つた心に, 重って, 鉄扇を, 門前へ, 間もなく見られた, 阮東の, 階下から, 際立つた寂しい, 隠れた, 隠れる時, 雨に, 霞みの, 青く田甫, 非常な, 頭を, 頻りに気, 顕れまして, 風であっ, 飛び込んだ, 馬車から, 高座振りが, 鮮に, 麻川氏の, 黒い集団, 黒く見える

▼ 姿~ (4989, 11.9%)

184 見えなかった 126 どこにも 67 なかった 63 見えない 53 消えて 41 見えませんでした 39 見えなかつた 35 見えなくなった 34 見えません 32 もう見えなかった 29 見えないが 24 ない 20 もうそこ, 見えなくなって 18 何処にも 16 私の 15 見えないの 13 そこに, 見えないで 12 消えた 11 煙の 10 なくて, もう見えない 9 一人も, 影も, 見えなかったが, 見えぬ, 見られなかった 8 して, ないの, 何處にも, 見えず, 見えなかったの, 誰の 7 ありません, そこには, そのあたり, どこへ, みえない, みえなかった, もうどこ, 見えなくて, 見えなくなりました, 闇に 6 その中, 今でも, 妙に, 少しも, 彼の, 消え失せて, 自分の, 見えないけれど, 見えなくなる, 見当らなかった

5 [19件] いつまでも, ここに, すぐに, そこから, ひとりも, もう見えなかつた, 今も, 仲, 又なく, 掻き消すよう, 美しい, 見あたらなかつた, 見えて, 見えないし, 見つからなかった, 見当らない, 見当りません, 誰も, 闇の

4 [32件] あまりにも, かき消すよう, その辺, どこか, どこへか, なかつた, なくなって, まだ見えない, もうなかっ, わたしの, 一つの, 備へて, 幻の, 微塵も, 忽然とし, 掻き消えて, 明確と, 消えたの, 男の, 目に, 眼に, 私を, 見えずただ, 見えずに, 見えないけれども, 見えないので, 見えませんが, 見ること, 見るに, 見付からなかった, 解らない, 隠れて

3 [68件] ありありと, いずれにも, いつか消え, いつでも, おさなびたれども母のち, この世の, さすがに, さながらに, すぐ見えなくなった, そこらに, その上, それが, た, だんだん小さく, どうした, どうしても, どこに, どこを, なくその, なくとも, まぎれも, もうその, もう見えなくなっ, よく見えた, 一度も, 一様に, 一段と美しく, 中, 他の, 何か, 何と, 余が, 依然として見えなかった, 夏の, 實に, 小さくなっ, 彼が, 彼女の, 想像する, 手に, 月の, 殆ん, 永遠に, 決して見よい, 消えたが, 消えました, 無くなって, 物凄かった, 現はれなかつた, 現れなかつた, 眼の, 私が, 私に, 群集の, 膝の, 見あたらない, 見あたらなかった, 見えないという, 見えぬが, 見えませんでしたが, 見えるが, 見て, 見られない, 見出せなかった, 解らなかった, 誰が, 誰にも, 霧の

2 [256件] あの家, あらゆる草花, あり, ありませんでした, ある, いずこと, いずれも, いつか消え失せ, いつまで, いつもの, いつも黙祷, かくれも, かげも, きわめて艶, ここの, このよう, この家, この男, しだいに大きく, すでにそこ, すーっと, そこにも, そのへん, そのまわり, その間に, それきり父の, それを, ただそれ, だれにも, だんだん遠く, どうかしたら, どうだ, どうなすった, どこかに, どことも, どこへやら, どのよう, なく壁, なんだかそんな, なんの, はっきり見えた, ひとびとの目, ほとんど見なかった, まことに笑止千万, まさに目ざましい, またたくま, また消え, まだすこし頭, まだ充分, まだ彼, まだ私, まったく懐かしい, まつたく天国, みえません, みえませんでした, みな生き, みるみる赤茶けた, もうそこら, もう何処, もう其處, もう外, もう室内, もう燒, もう見えなくなった, もう見えぬ, もう見えません, もう見えませんでした, もはや見えない, やつれて, よい, よく見えなかった, よく見える, わからない, わからなかった, わかりません, わかるはず, わが家の, われを, ギョッと, スーッと, フッと, ホテルの, リヽーの, 一つも, 一団の, 一樣に, 亡霊の, 人波の, 人目を, 人間と, 人間の, 以前の, 伸子に, 何の, 何処の, 傲慢で, 先に, 全くの, 八五郎が, 再び階段, 到頭見えなかった, 到頭見えなかつた, 前と, 前の, 前よりも, 前方に, 反抗精神です, 可なり, 右手の, 吸い込まれた, 吾, 哀れである, 器には, 地上から, 坂の, 墨の, 変って, 多くの, 多くは, 夜に, 夜霧の, 大きな芭蕉, 大層よく似合つて浦山, 天より, 奇怪です, 嫌である, 存外静か, 完全に, 宙に, 定かで, 家に, 容易に, 寂しく, 山寨を, 岩の, 巖の, 常の, 廟の, 彼自身の, 復讐の, 微動も, 心を, 必ずや貴方がた, 忽ちうす, 忽ち暗中, 忽ち闇, 忽然と消え, 急に, 恰で, 悄然と, 悪くない, 悲しくも, 想像した, 意外だった, 憐れ深く, 或る, 折角人が, 掻消しでも, 掻消す, 文楽か, 日本の, 日本を, 明日の, 昼も, 普通の, 月明りの, 朦朧と, 村の, 東京で, 桃の, 様々な, 次の, 正三, 歴史の, 死んで, 水の, 氷の, 永久に, 決してさう, 海の, 消えたよう, 消えても, 消える, 消えるよう, 淋しかった, 瘠せて, 発見されない, 相変らず, 相撲が, 確かに, 確に, 神に, 突然消え失せた, 窓の, 笹村の, 絹物の, 綺麗だ, 翠に, 耕作も, 能く, 自分ながらも, 色の, 艶に, 苛斂誅求で, 草か, 見えざりき, 見えずして, 見えずその, 見えずとも, 見えずやがて, 見えず二人, 見えず今, 見えず声, 見えた, 見えたか, 見えたが, 見えたの, 見えないから, 見えないそう, 見えないと, 見えない彼, 見えなかったけれど, 見えなかつたが, 見えなくなったの, 見えなくなっても, 見えなくなつ, 見えませんね, 見せないと, 見せなかつた, 見たこと, 見たもの, 見つかりませんでした, 見るからに, 見るも, 見る由, 見る間, 見れば, 見当らなかつた, 詞に, 谷底に, 貧しくは, 蹴飛ばされた扉, 辰男の, 通過ぎた, 遙か, 遠ざかって, 遥に, 鋸よりも, 鏡の, 障子の, 雑草の, 雨の, 頸の, 風に, 魂の, 鮮やかでした

1 [2942件 抜粋] あかるいお, あたかも可, あたりにも, あの古塚, あまりに街, あらはれ, ありそれなり, あれど, いかにもいそいそと, いかにも小さい, いかにも粗製, いかに凜, いたいたしい, いったい一人, いつか寂しい, いつしか見えず, いつの間にか消え, いつもより, いつも夕暮れ, いつも見なれた, いと物凄き, いまや山, いやらしい感じ, いよいよ明, うすれ洋服, うれしい海, おそらく長い, おぼろだ, おろか声さえも, おろか骨さえ, お祖母さんの, お駒さん, かえって何, かき消えて, かっちりと, かれから, くねくねと, こうだ, こっきり, この人, この宿屋, この座敷, この海, この詠嘆, これだった, こんどは, さうし, さながらこの, さまざまに, さッ, しげった葉, しぼんだごとくに, じつに神々しい, すぐ彼女, すぐ闇, すっかり眠りほうけ, すでに室内, すでに青年, すらりと, ぜんぜん見えない, そこを, そのままスウッ, その儘次第, その夫婦, その後間もなく, その政党, その暗闇, その筋肉, その肩あたり, その邊, その顏, それだけ見, それなり上野, それ全体が, そんなに淋し, たしかに三度, ただこれ, ただ単調, たちまち留守, たった今人, だんだんに, ちっとも見当らぬ, ちょうどそこ, ちょと, つかねられた装束, づるや, とくの, とても美しく, どうしても思ひ浮ばない, どうな, どうも女らしかっ, どう見, どこ吹く, どんなにか, ない急, なお馬上, なかなか味, なくか, なくフトン, なく又, なく此方, なく荒巻, なせど, なにか神妙, なるほど父様, なんともバカげた, はっきりと, はなはだしく変っ, はや遠く, ぱったりと, ひとしお妖しく美しい, ひどく怖れ, ひよい, ふかくふかく私, ふだんの, ふと消え, ほとんど去りかけ, ほんとうに, まがいも, まことに天真らんまん, まこと舞台から, まさにこれ地上, まして寂しい, まずそんな, また似る, また好い, また長良川, まだ一町, まだ美し, まったく増長天王そのもの, まったく見えなくなっ, まもなくどこ, まるで変っ, まるで海上, まるで見当らなかった, まろびがちに少し, みえないん, みせずそつ, みるみる鳶, むろん見えず, もうここ, もうなくなった, もう二, もう何處, もう小さく, もう影, もう未亡人, もう玄關, もう見え, もう角, もう驢馬, もちろん川北先生, もとより一筋, もはやそこ, もはや見る, やがて内裏, やがて白い, やっぱりその, やつぱり私でなく, やはり板戸, やはり見えませんでした, ゆっくりと, よく分からなかった, よし御, わからないけど, わが師川端康成, わたしを, エスキモーの, キリギリスが, ケーテの, サトミや, ジョン, スルスルと, ドアが, ハッキリきまっ, ファンティーヌの, モウ前髪を, ラシイヌの, 一人として, 一切の, 一寸ぐらいの, 一層私, 一段と素晴らしい, 一直線に, 一箇の, 一部の, 万一にも, 三尺ばかり, 下半身に, 不思議にも, 世にもを, 中へ, 丸さ, 之を, 二た, 二度と見た, 井の, 亦彼等, 人の, 人間であり, 今に鈴木春信一筆斎文調ら, 今エーテル, 今眼, 仔細には, 件の, 似るとも, 何じゃ, 何となく怪しい, 何と憫然, 何ものかの, 何事かの, 何処へか, 何時か, 何處を, 例の, 俯向い, 傍で, 僕にとっては, 先刻風呂場で, 全くどこ, 全く其洞穴, 全く気味悪い, 全く見えなく, 全軍, 六臂如意という, 其所に, 円満慈悲の, 再び本堂, 再び見られない, 凄いもの, 処女にて, 分りませんが, 初めは, 制限した, 前門の, 動揺し, 十一日の, 十間ばかりの, 午後の, 単に懐古的, 去って, 又一段と, 古城の, 可愛いな, 右の, 同日の, 呼吸の, 哀しかった, 唯凄, 四季の, 土人とは, 地に, 地鉄こまやかに, 城の, 墨陀の, 変に, 変わっては, 夕闇の, 夙に僕, 大かっさい, 大変あなたに, 天が下の, 失せて, 奇観でない, 女ばかり, 好きませんでした, 如何にも気持, 妖嬌たる, 威力ある, 存外遠方, 完全なる, 実にかわいそう, 実に印象的, 実に美しい, 実際人間, 家並の, 寒々として, 対岸に, 小さく小さく人形, 少し呑気, 尼僧の, 山川正太郎の, 峰の, 川の, 巧緻な, 常と, 平和そのものだ, 年紀二十六七と, 幾旬日かの, 座敷の, 廊の, 弱い一個, 影画の, 彼ひとりを, 彼等と, 後ざま, 御免だ, 心得切った杣道, 忘れられない, 忽ち土煙, 忽然と見えなくなった, 思ひ出すも, 恰も半, 悪鬼羅刹というも, 惨めな, 愚かその, 憐れに, 我前に, 戦時と, 手の, 持って, 捻れ捩れ痛々しかっ, 描いて, 放浪をと, 敵ながら, 文字通り誰にも, 新聞に, 既に消え, 日の目の, 日本武士道の, 早既にあらず, 明治三十六年頃と, 昔とは, 春風に, 時すでに, 時既に, 暗くおぼろ, 暴徒に, 替へで, 最早どこ, 最近五十年間にも, 朝も, 木に, 木蔭に, 未開の, 朱色の, 松に, 柱に, 梟の, 極めてエロテイツク, 次第にうすく, 次第に影, 次第次第に, 正に此馬ぢ, 此方から, 死んだよう, 殆面を, 残像の, 殺人強盗的であろう, 毫も彫刻的, 水中に, 水際まで, 求めずに, 決して一杖破笠, 決して見せない, 沙魚よりも, 泌みる, 洗面所は, 流星の, 浮いたよう, 浮彫の, 消えうせたと, 消えも, 消え失せた, 涼みが, 深く心, 清洲の, 滑稽で, 潟も, 濃い蒼色, 火焔の, 無かりけり, 無性に気色, 無論彼, 燦然と, 牛乳色の, 犬と共に, 猫が, 珠の, 現れたり, 現われぬ, 甚だ貧弱, 生気が, 男であります, 町っ子の, 異なれど, 痛ましかった, 白い路, 百五十米も, 目付から, 盲人を, 直ちに目前, 眞に, 真逆さま, 眼界を, 知らず名, 神々しくさえ, 私たちの, 稍とも, 空気と, 窓にも, 立つて, 笠置に, 米友を, 純粋に, 索寞として, 細長い鉄火鉢, 絢爛であり, 絶えず素戔嗚, 綺麗だった, 縁側一杯に, 美しいほど, 美しくご, 美しく誇らか, 羽衣を, 考へないの, 背に, 脊の, 自ら分たれね, 自分も, 臭気もろ共かき消す如く消え失せ, 舟で, 艶かな, 花やかな, 苦力である, 荘厳に, 落花微塵隠し持っ, 蒼白くて, 藍色の, 蝋の, 行人の, 袖を, 西洋の, 見えずずっと, 見えずなれど, 見えず昼, 見えず準之助氏, 見えず自動車, 見えたり, 見えないなと, 見えないよう, 見えなかったという, 見えなかつたそして, 見えなくな, 見えなくなりキングス・ベイ, 見えぬかと, 見えぬ二階, 見えねえか, 見えます, 見えるけれども, 見すぼらしかった, 見せないが, 見せぬの, 見せられねえ, 見つからない, 見なかった, 見ようによっては, 見られなくなって, 見る眼, 見出されなかつた, 見当らなかったの, 覚悟し, 言ふ, 誰れ, 豆粒ほどに, 貫禄が, 路地の, 軽々しい形態, 辻の, 迫って, 逆光線を, 遂に見出しかねた, 道ばたの, 遙かな, 遠くなっ, 遠のいて, 遥かに, 部屋に, 鄙に, 重々しい大官, 針の, 長い間光耀, 防護団の, 隆夫を, 隠して, 隣家の, 離れて, 雪明りの, 雲林の, 霞んで, 青空の, 靜か, 頭を, 風の, 餌を, 駕籠の, 高大で, 魅するよう, 鳥居内の, 黒く写っ

▼ 姿~ (2470, 5.9%)

53 男が 47 ままで 29 ように 26 中に 2519 方が 15 女が, 美しさ 14 見えないの 13 やうに, 上に, 者が 8 うちに, ままに, ものが, 人が, 写真を, 見えないこと 7 写真が, 者は 6 ままの, ような, 一人の, 中には, 二人の, 女の, 男を, 若い女 5 さむらい, なかにも, 見えなくなるまで, 音楽家が

4 [18件] ないの, ほうが, イスラエルの, プリアモス老, 下に, 中で, 中の, 人は, 侍が, 儘で, 女は, 女を, 好い女, 娘に, 自分の, 見えるの, 醜さ, 駕籠の

3 [41件] あること, い, お妙, お染, ことを, ために, なかには, ままだった, ままな, まんまで, ようで, よさ, わたしをば, 三十前後の, 上へ, 中から, 前に, 四人の, 姉に, 婦人が, 寒げな, 少女が, 少年を, 怖ろ, 方に, 武士であった, 消えて, 美しいの, 老人が, 自分を, 良い年増, 若い娘, 若い男, 若者を, 見えないところ, 見えないよう, 見えない客, 見えない者, 見えるところ, 見えるもの, 記憶が

2 [148件] いい女, おきみ, お余乃, お春, お粂, お葉, お蝶, お静, きれいな, くせに, すらりと, その男, ちらりと眼前, どこかに, ないど, ないのに, ない大, ない曲者, なかった, ひとりの, ほか凡て空しき, まま, ままだ, ままである, まま出, まま時々, ものに, ものを, やうにも, よい岩石, スマートな, 一面を, 三木朝太郎は, 上で, 上には, 上品な, 下から, 中を, 中年の, 主水, 二つの, 二十面相が, 井上と, 交つたのは, 人であった, 人の, 人も, 人を, 佳さ, 例の, 供の, 俥上の, 側に, 兼吉は, 内に, 刑事が, 初々しさ, 勝則は, 半面を, 売子が, 変って, 大きい銅像, 大男が, 女で, 女である, 女も, 好い女給, 好ましさ, 如く卑小賤劣, 娘が, 娘これは, 婦人の, 子が, 子供を, 寂しくも, 富子が, 小さいもの, 小林平八郎は, 少女を, 山形警部は, 島原城之, 平次も, 平次忙しく, 年若い, 張りを, 影が, 影黒み蹙める, 彼を, 彼女は, 文代さんは, 方へ, 旅人が, 日も, 時よりも, 浮氣らしき, 消えた時, 父を, 現れるの, 田部が, 男, 男は, 男女が, 町娘が, 石ノ上, 私の, 私を, 竹内被告が, 紳士が, 絶えず出入, 美しい娘, 者も, 自分が, 若い士官, 若い美女, 若公卿, 萩野, 見えないのに, 見えないソンソン, 見えない人攫, 見えない人間, 見えない時, 見えない月, 見えない物, 見えない筈, 見えなかったの, 見えなく, 見えなくなったの, 見えなくなった自分, 見えなくなるの, 見えぬの, 見えぬ時, 見えぬ時鳥, 見える事, 見すぼらしい少年, 見るからに, 身を, 輪郭が, 錦太郎が, 間に, 隙間に, 雪を, 青年が, 面白さ, 音楽家の, 順一が, 頸筋の, 首から, 鮎が

1 [1567件 抜粋] あくまであどけなき, あとに, あまりの, あらわに, あるところ, ある天狗, いいひと, いい後影, いい紳士, いかに美しき, いじらしさ, いっそう強い, いろいろ, うえに, うそ寒いもの, うつくしい外国人, おかげで, おこよ, おせい, おどり子, おもしろき色, お久美, お勢, お嬢様玉虫色の, お店者らしい, お絹, お芙美さん, かげに, かたわらに, がさあ, けがらわしい模型, ことです, この世の, この田畝道, ごとく見て, さながら印せ, さわやかさ, しかし年, しどけない風, しなと, すこぶるだらし, すべてとを, せいである, その一つ, その女, その青年, たばこ売り, だらしの, つばくらさん, ときは, とるにも, どちらを, ないところ, ない人間, ない地蟲, ない怪人, ない桜, ない虚空, なかに, なくなった最初, なまめかしい娘, なんとなく朦朧, ひげ, ふたりに, ほか掃いた, ぼやけないの, また窈窕さ, ままかと, ままその, ままつつましい, ままでは, ままを, ままボンヤリと, まま会う, まま凝然と, まま夜の, まま家を, まま庭へ, まま心の, まま描い, まま椅子の, まま町の, まま背後に, まま表, まま走り寄った, まま酌を, まるみ, まんま昔殿樣の, みえなくなったわかい, みえるの, みすぼらしきをも, もの, ものじゃ, ものとが, やうで, やさしい低い山々, ゆうにやさしく, よいもの, よい植木鉢, ようでありました, ようです, よく似合う, りりしさを, アハヴよ, アンガス, エゾマツドリたちが, カニ怪人です, ザムザ氏が, スラリ高く, ナポレオンに, バルザックの, フラ, ボオイが, ポーデル博士が, マユミさんが, ミチミの, ヨタモノらしい, リンデン夫人を通して, ロボットを, 一つの, 一カットが, 一句で, 一瞥だけでも, 一部という, 丁坊は, 七八人だけが, 三人の, 三千子と, 上着を, 下級商人の, 不破夫人が, 世でなかった, 両手と, 中年女に, 中年者茶屋の, 中老人で, 主が, 主従容貌風采まことに, 乙姫さまが, 乱れるの, 二三人で, 二十一歳自, 二老人が, 京子で, 人だかりが, 人夫の, 人物, 仇なる, 今は, 仏様じゃ, 伯母の, 似た女, 位そな, 何処かの, 何處かに, 余情を, 侍たちの, 信長を, 健康な, 傍に, 僕を, 優かな, 優しいにも, 優婆塞は, 兄が, 光子さんは, 全く変っ, 八九歳の, 八重撫子これや, 共通の, 典型という, 円信という, 写真の, 冬次郎は, 出来るはず, 初代を, 前へ, 加納五兵衛が, 匿された, 千満子が, 半分見えない, 半身を, 単調さに, 印象が, 友田喜造が, 口頭伝承である, 可憐さと, 同じ血, 名残を, 君自身を, 呉羽が, 和一郎は, 哀れに, 唯一つで, 噂を, 地底機関車だった, 坐り癖も, 壮い, 変りようで, 夕かな, 外に, 多く彼の, 夢に, 大きい一つ, 大きな親爺, 大多分, 大次郎祖父江出羽守と, 大男と, 大野卯平と, 太った男, 太郎と, 奇妙さ滑稽さ, 奔放自在に, 奥医師日向陶庵が, 女だけしか, 女とは, 女ひとり, 女中に, 女学生達の, 女房が, 奴が, 好い人, 好さ, 如く立ち上り, 如何にも, 妙にも, 妻でした, 姉は, 娘の, 娘を, 婆と, 婦人を, 存在の, 学生達が, 安先生, 宗次郎を, 実体は, 宮, 家の, 寂しい二十, 寫眞が, 小さくなる, 小さな白足袋, 小幡氏が, 小林少年が, 小池と, 小西が, 少女, 少年が, 少年らしい, 居士と, 山形警部が, 岩に, 岩瀬氏は, 崇高さ, 巡査との, 巨漢吉田磯吉は, 常世人, 年よりの, 幻の, 幽鬼的の, 幾組かが, 店員が, 弱さ, 形容か, 役人が, 彼である, 彼女を, 忌むべきを, 怖しさ, 怪しくも, 怪物は, 恋娘を, 悪いの, 情無, 意気で, 感じに, 慎しや, 懸絶に, 戦争だつた, 戸川志摩を, 手弱女と, 抜き衣紋の, 持ち主と, 持主では, 描写などは, 描出は, 整ったこの, 文字どもが, 新しさ, 方は, 旅人さへも, 日増に, 旧い型, 明智と, 明智探偵でした, 映つて, 映る物, 時も, 最も美しい, 月に, 未亡人が, 札が, 村松金之助が, 東洋人, 松岡は, 松江の, 柔和しや, 桃割と, 極彩色, 様子で, 樫尾が, 櫛巻の, 正一が, 武士と, 武家体と, 武裝した, 殊に, 母が, 気息ゼイゼイ御, 気高い顔つき, 永久に, 汝が, 油断が, 浅ましく乱れ, 浮んで, 消えたあたり, 消えた扉, 消えた辺, 消えるまでが, 淋しさ, 深沢深が, 清君は, 溌刺と, 源氏が, 源氏は, 潜むの, 為造を, 爲にも, 父親と, 片山禎輔が, 片鱗を, 物々しさ, 特殊民が, 狂女に, 王は, 現われて, 現前によ, 生物は, 田川夫妻が, 田所様が, 男と, 男の子或は, 男女である, 町人こそは, 画が, 痩せた女, 発見された, 白人が, 白拍子や, 盛りと, 目鼻には, 相当な, 眞つ, 眷族の, 眼に, 着物を, 石月平馬と, 社員が, 神々しさ, 神田正彦, 私にな, 私隣席に, 秘部を, 窈窕たる, 立ち人形でした, 立派さ, 童女が, 竹とは, 米国の, 素子だった, 紫錦さんよ, 紳士だった, 結晶し来たる, 絵の, 絶えた折, 総一郎が, 線が, 纓を, 美くしい, 美しいシンメトリイ, 美しい女がい, 美しい者, 美しきにか, 美しく宿った, 美である, 美奈子が, 美少年の, 翁に, 老人と, 老女が, 者, 者どもの, 者や, 聖者の, 肩が, 背景を, 自分は, 自身の, 良いその, 良子嬢を, 艶なる, 芥川を, 花人太夫芸妓の, 花田警部は, 芸者が, 芸術家らしく, 若いの, 若い教師, 若い紳士, 若人へ, 若林敬順が, 若者であった, 若衆縞の, 華魁の, 葉ちゃんに, 薄らぎくもるぞ, 虎之, 蛾を, 行くえ, 表現を, 袖や, 裡に, 裸形な, 見えかくれる, 見えた人, 見えない, 見えないつや子, 見えないほう, 見えない中, 見えない代り, 見えない小鳥共, 見えない母, 見えない男, 見えない蟋蟀, 見えなかったこと, 見えなかつたの, 見えなくなった地点, 見えなくなった時, 見えなくなると, 見えなくなる人, 見えぬとき, 見えぬやう, 見えぬ彼, 見えぬ武夫少年, 見えぬ聞き手, 見えぬ魔手, 見えるか, 見えるまでは, 見える筈, 見せぬ物, 見ゆるのみ, 見られるところ, 見好かった, 覚一母子には, 誇りは, 諜者群に, 謎めい, 讃之, 貝十郎であった, 赤ん坊に, 身分の, 軒の, 輝くに, 輪廓を, 轢死体であろう, 農業を, 通りに, 運転手が, 遮られて, 野郎だ, 針目博士は, 鋭いところ, 門を, 関子は, 陀, 陰には, 隠れて, 雄大さには, 雲突く, 青年の, 静けさだった, 非常に, 音楽家では, 須美子の, 顔も, 飛び出ずる, 髯面だの, 鮫が, 麗しくみ

▼ 姿~ (2350, 5.6%)

190 なって 32 して 30 身を 29 なった, 眼を 27 於て 26 なつて 25 似て 24 化けて 18 なりました 16 なつた, 目を 13 向って, 変って, 見えた 12 なる, なるの 11 見えて 10 なったの, 見とれて 9 気がつくと, 気づいて, 私は, 見惚れて 7 かわって, 成って, 於いて 6 なっても, なりながら, なると, 接すること, 気が, 気を, 相違ない, 見える 5 かえって, されて, 変装し, 接して, 気づくと, 紛れも, 胸を, 見えるの

4 [12件] したの, なったもの, みえる, もどって, 変じて, 心が, 扮し, 気がついた, 返って, 過ぎないの, 還つて, 驚いて

3 [26件] あらは, こしら, しても, なったこと, なったり, なること, ばけて, やつして, 似げ, 似たもの, 似たり, 似気, 何か, 変った, 憧れて, 於ても, 横つてゐる, 気づかなかった, 自分の, 見入った, 見入って, 見入りながら, 豹一は, 違いない, 驚異の, 魅せられて

2 [112件] あつまりて, あらずや, あらわれて, ある, おなりに, かえして, かえったの, かえて, かわる, くらべると, これだけの, すぎないの, すっかり気, ちがいなかった, なったよう, なっては, ならねば, なり, なりはてても, なり果てたこと, なり髪, はなつて, ひきつけられて, ふと気, まぎれも, みとれてる, もって, もどるの, よりて, ハッと, ビックリし, 僕は, 出っくわしたせい, 包まれて, 化したる上, 向つて, 呆れないこと, 呼びかけた, 壊れて, 変えて, 変し, 変り果てたこと, 変るの, 変わって, 変わりは, 威が, 宿かれ, 對し, 就て, 平次を, 引き替えて, 心の, 心を, 恍惚と, 感服する, 成つて居る, 戻ります, 手を, 扮装し, 接した, 接しては, 接する時, 描いて, 描くの, 更つ, 更つて來ても, 根を, 比べては, 比べると, 気がついて, 気が付くと, 泥濘の, 注意を, 注目し, 流れて, 照し出し, 生まれて, 目も, 相違なかっ, 礼を, 私の, 立ち返って, 立戻る, 考えられて, 胆を, 脅へ, 菰を, 見えたの, 見えます, 見える時, 見せて, 見せるそれ, 見とれながら, 見入つた, 見入つてゐた, 見入る, 見立てある, 見覚えが, 變へて, 足を, 通ひ, 進化し, 過ぎないが, 違いは, 醜悪な, 重そう, 顔を, 驚いたの, 驚かされた, 驚きぬ, 驚きを, 高める

1 [1299件 抜粋] あぐらを, あざやかな, あつまった, あのよう, あらず, あらはるべしとい, あらわれると, あるの, ある妙, あわてて, いかにも自分, いでたたせた兄忠通, いろいろ私たち, うたれた, うっとりと, うつとり, おかれて, おちいり統治, おどろいたばかり, おなりあそばされた, おのずから統一, おも, お変えさせ, お目にかからなければ, お身なり, かえすこと, かえったので, かえって吉本, かえられたが, かえるも, かかれて, かぎりない, かさなるよう, かたどりて, かなりよく似, かりて, かわったでは, かわること, くらべて, こがれて, こめて, さして目, さびしいところ, された三人, されては, したん, しては, してやる, しろ其の, しろ肉体そのもの, じっと眼, じろじろ目, すぎなかつた, すっかりおどろい, すっかり身, すッきり, そうし, そぞろ昔, その濡れた, その美, そんなの, たとえたもの, ちかい, ちっとも心, ちょっと驚いたらしかった, つくづくと, つけ情, つよく印象づけられた, となりの, とまった, とらわれて, どう影響, どれ程, なじむ, なぞらえること, なったという, なったらいや, なった人, なった廃墟, なった私, なっちゃ, なってな, なつたんだ, ならぬよう, なられた大塔宮, なりあなた, なりお先, なりきらうとして, なりすました, なりその, なりつ, なりましたが, なりましたならば, なりますかと, なりますと, なりゆき不知庵, なり中頃以後, なり弁当, なり恋愛, なり果てたの, なり片方, なり町内, なり隣室, なるが, なるしろ, なるといふ, なるに従って, なるまでに, なるやう, なる事, なる様, なる端午, なれと, なろうなんて, なんの, ぬかずいて, のっかって, はじまり淡島寒月, ひきかえて, ひき直させると, びっくりさせられた, びっくりした, ふいと, ふさわしいもの, ふさわしく一抹清涼, ふとカトリック, ふと私, ほかならなかった, ほこらひつ, ほれる, まあと, まされりと, またし, まとまるの, まとめ素延べ, みえるだけ, みだし合った, むかって, めぐりあったの, めんじて, もちまた, もどれないの, もどろうと, やつした奇怪, やつしては, よく似, よく似合っ, より生々, われを, オーバアを, ジーッと, スリッパを, ダイヤの, ナゾらえた, ハデな, ヘルメット背負っ, ユーモアが, レンズを, 一とき手を, 一声高く, 一本歯の, 一種の, 一言の, 上手に, 不意を, 両手を, 乏しい荷物, 交わして, 人は, 人間ぜんたいの, 今は, 今一段光る, 仕立て上げてから, 他ならなかった, 仮装する, 会いたさ, 伸びて, 似ず, 似ずゆるく, 似ず悠然と, 似せたもの, 似せて, 似たる, 似た所, 似ないで, 似ぬ物がたき, 似る衣紋坂, 似合わずひどく, 似合わない小さな, 位そな, 何と云う, 作りかえて, 信を, 修復しよう, 偶然鎌倉から, 優しかつ, 元三爺, 全然眼, 具体化され, 出あった, 出て, 出会いました, 出会ったよう, 出来上, 初めて気がつい, 別れる私, 則る方法, 勘兵衛が, 包まれた瘠せ枯れて, 化けたは, 化けた青面獣, 化ける, 化して, 十万の, 南蛮頭巾を, 及ばず記憶はか, 反映し, 合って, 向けられたの, 向つてそれ, 吸いつけられて, 吸いよせられた様, 吾から, 呼びかけるの, 哀れな, 喘ぎ喘ぎ退屈男, 囚われて, 圧せられて, 圧せられ身動き, 執着する, 堰きとめられて, 変えられて, 変ってこそ, 変つてし, 変つて居た, 変つて笑ひ, 変つて見る, 変りかけて, 変りまして, 変る, 変る事, 変わるよう, 変装させた, 外ならなかつた, 多少の, 天国の, 女の, 妙に, 嫌悪を, 宇宙の, 実は惚れた, 宮も, 密と, 寝るから, 射した, 小さい, 少し取, 尚新た, 崇高を, 帰らなと, 帰り門跡, 帰依と, 年少ながら, 幻惑され, 広袖を, 建て直すこと, 引きつけられ忘れること, 引き易, 引返した, 彼は, 従いて, 復らなけれ, 復活する, 心は, 応じた研究, 怖れおののく, 思はれた, 思わずあと, 思われる, 怯えも, 恐れて, 恟ッと, 恵まれた幸運, 悩みつつ, 惚れたの, 惶てても, 意味も, 愛想を, 感じて, 感心さえ, 感謝せず, 憎しみの, 憑かれ寝ても, 憧がる, 憲房は, 成しを, 成つてまでも, 成らうと, 成る, 成果てるであろう, 成長し得る, 我とも, 戦後の, 戻して, 戻つたの, 戻られますと, 打たれたから, 打たれるであらう, 打つかる, 扮する山の神人たち, 扮つては, 抜出るらしく, 拡げて, 括め, 振向き, 授けられたもの, 接したの, 接し元来, 接し貴女, 接するとき, 接せず, 描いたならば, 描き上げて, 提げ刀, 擬したの, 擬しつつ, 改めて, 整うて, 新たな, 於ての, 早替りを, 映じ, 映つた, 暖い, 替へられる事, 松江は, 梵天帯お, 横って, 樽野は, 欺かれて, 此方の, 歸一せん, 残りたるもの尠, 毎夜毎夜どれほど, 気がついたらしく, 気がつかなかったもの, 気がつくもの, 気づいたが, 気づいたもの, 気づいたらしくちら, 気づかなかったと, 気の毒だ, 気付かなかったと, 氣が, 泣いたの, 泣き濡れたい気持, 注がれて, 注ぎ空中, 注目した, 流石の, 浮び出て, 涙が, 深い興味, 添って, 満悦らしい, 満足しない, 激した, 無くては, 煙って, 物思いに, 狭い一間, 猿が, 現したプリムノ, 現わ, 生ける必要, 生れて, 男は, 異ならず, 畳の, 発ししかも, 白くほおけた, 皮の, 目が, 直して, 相応しいか, 相違あるまい, 眸を, 眼が, 眼も, 知らず知らず腹, 石尊詣り, 私はなつ, 私自身が, 移つて來た, 種々な, 窶し念日様, 立ちかえる, 立ち代って, 立ち返へるの, 笑えるの, 築き上げられて, 紛れて, 細太刀も, 結びついて, 編笠を, 置かれて, 義雄は, 老いの, 背いて, 腹巻を, 自らを, 自己を, 至るまで, 色を, 若い心, 苦笑した, 落ちぶれました, 葉子の, 薄り, 薹も, 蘇へ, 血を, 行き当ったので, 衝突かつ, 表はれ, 装いかの, 見うけられました, 見えたこと, 見えたものぢ, 見えた生家, 見えても, 見えぬ景色, 見えやう, 見えるであろう, 見えるエッフェル塔, 見え楽し, 見たから, 見たと, 見とれましたが, 見とれる間, 見ゆ, 見ること, 見る気, 見入りこっち, 見入るの, 見入るもの, 見出すとき, 見惚, 見惚れはじめた, 見立て昔, 言う語, 記憶を, 話を, 誰れ, 變貌し, 足拍子も, 身も, 較べて, 近い所, 近づきかけた徳川方, 返った山の神, 返りて, 返るの, 迷ったり, 追つかけられ, 通路を, 連想され, 過ぎなかった, 違いありません, 遠くひざまずい, 遠慮し, 適せぬ, 還して, 還りましたが, 部屋を, 重なって, 金五郎は, 鈴を, 間違ひ, 限らない, 陥らざるを, 隈なく, 隠れて, 集注し, 霞が, 非常に, 顕れました, 顫えた, 飾り気の, 駈けつづきながら, 驚いたには, 驚いては, 驚かされた一人, 驚く, 驚嘆した, 驚異と, 高雄は, 魂を, 魅力が, 鴈の

▼ 姿~ (2041, 4.9%)

79 あつた 25 出て 22 立って 11 現われて 8 坐って, 歩いて 7 横たわって, 私の, 自分の 6 帰って 5 あらう, そこに, それを, 寝て, 残って, 現れて, 生きて 4 いた, いつまでも, やつて, 働いて, 入って, 現はれる, 私は, 舞台に

3 [27件] あつて, あらわされて, いること, いるの, お前は, ここへ, これは, せう, それが, 並んで, 彼女は, 手を, 来て, 歩くの, 泣いて, 現われた, 眼の, 突っ立っ, 立つて, 素足に, 縁側に, 背後に, 自転車を, 走って, 道行を, 降りて, 飛び込んで

2 [113件] あつたらう, あらわれて, いたの, いる, うしろに, お帰り, これも, ござります, さへ, すわって, そのほか, その男, それ, それと, そんなに悲しく, でも, とらえて, どこからか, どこへ, ぼんやりした, やって来た, やって来て, わたしの, ゐた, ウロウロと, ションボリ立っ, 七転八倒し, 三人の, 両手を, 乗せて, 乗り込んで, 二人の, 人の, 人間と, 他の, 以て, 佇んで, 住んで, 何の, 倒れて, 八五郎の, 出かけるん, 動いて, 塀の, 外へ, 夜を, 女の, 妹の, 娘の, 実在し, 家の, 家を, 寒さうに, 寝殿の, 小婢, 平次の, 平気で, 幼い丑松, 幽かに, 引上げられました, 彼に, 彼は, 往来を, 後から, 恋に, 悲歎に, 感ぜられて, 戻って, 手には, 故郷の, 救出され, 映って, 暮らしますから, 杉村は, 次第に亡び, 永代の, 永続し, 江戸の, 浮んで, 消えて, 湯島一丁目の, 牛の, 現れた現代, 現れる, 町を, 白木の, 綱渡りを, 縁側の, 美しいお萩, 聟の, 育ち自由自在, 膝を, 色の, 荷車の, 行きたい家, 西を, 踊りあがり, 通るの, 都落ちを, 酒まで, 鈴ヶ森へ, 電車の, 静かに, 頬っ, 頭が, 顎を, 顔が, 顔は, 飛んで, 飛込んで, 首を, 高くそびえ, 黙って

1 [1487件 抜粋] あぐらを, あちこちと, あなたの, あばれるん, あらうとは, あらねば, あらわそうと, あらわれ頭, ある者, いい男らしかった, いかにも温厚, いたいなら俗, いたもの, いっぱいだった, いつもながらの, いななき勇む伝六, いました, いられるだろうか, いる秀吉, うけいれ創り出して, うっとりと, うつらず漠然と, うぶ湯の, おうへ, おじいさんの, おちついて, おもしろく表現, おりましたところ, おりますだけでも, お働き, お女郎買, お情, お現われ, お目にかかったの, お種さん, お願いに, かけられて, かつ九州四国, からくも, きり, くるまに, けし飛ぶよう, こうしたふう, こっちを, ことによる, この上, この古い, この朧夜, この男, これへ, こんなところ, ござりまし, さう言, さも来馴れた, しかも両手, しかも湯上り, しつけられて, しばらく湯, しぶい色, じっと何, すこしも取り乱した, すまして, せいせい息を, そうして庫裡, そこでも, そして留守, そちらへ, そのうえ高下駄, そのふさふさ, その人, その奇怪, その日, その瞬間, その辺, そばに, それぞれの, それ以上に, たしかに蝋塗り, ただじっと, ただ忙しく, だらしも, ちょうど忌中, ついて, つまり後向き, とびだして, とんだ自惚れ, どうして呉れる, どこまでも, どれもが, ながめて, なんでも, にやりと笑い顔, のれんを, はたきを, ひと皮剥げ, びっしょり汗, ふらふらし, ぶらりと脱, ぼんやりあらわれ, ぽつねんと佇ん, まことに散々, またもやどしりと, また彼, まっさきにバケツ, まつさき, むなしくバトン, もらった十銭玉, やってくるか, やって来たん, ゆっくり練り歩き, よく生, よろめいて, わたくしが, わたし達は, ゐたん, ゐるゆき子, アルハラヤ月草や, ガラッ八, クララとは, グッタリと, サンダルを, ジリリジリリと, ソックリそのまま, ゾロリと, チョコ, ツルの, トビ口に, ニコニコと, ピョコ, ブライスガウの, ベッドの, ボンヤリ立っ, ムム分りし, ロボットは, 一つ一つうかん, 一ぷくの, 一勢に, 一方は, 一瞬の, 一緒に, 一般の, 一軒家の, 丈も, 三味線を, 上に, 上京する, 下って, 下界の, 与えて, 両袖, 中庭から, 久し振りに, 二度と廻る, 云われて, 人々の, 人を, 今しも, 今や追, 今日盛んに, 代表し, 休んで, 伝道者シャビエルは, 何かしら真面目な, 何となく気, 何んとか, 何処へ, 作る, 侍たちの, 俗人と, 俵天王を, 僕たちに, 充分可愛らしい, 光って, 入り込んでは, 入日を, 八王子から, 六条院へ, 兵部卿の, 写しとった, 凛と立っ, 出たり, 出会して, 出現し, 出迎えて, 刀を, 切株に, 前に, 創造された, 動かぬ, 化粧台に, 半蔵が, 却て, 友達が, 取り入れて, 受けつけるよう, 口を, 古藤の, 只違う, 台所に, 各所に, 吉原へも, 君の, 呉王廟の, 咲き始めて, 唯だ, 四人ひと組みが, 園の, 在所の, 地下足袋を, 地紙型の, 埋まって, 城介は, 城門の, 堤の, 壁に, 夏に, 外苑の, 夜ごと曙の, 夜遅く, 大いに気取っ, 大仰さは, 大津越え, 天王寺公園に, 奥庭の, 女中の, 妾を, 婦人記者だ, 子供を, 安らかに, 実に目, 客を, 宰相の, 家庭的な, 寛いで, 寝入って, 寝床を, 小さいケース, 小ざる, 小説などに, 小鳥を, 少し軽佻, 尻切れ草履を, 居ても, 屈託も, 山伏が, 屹と, 川縁へ, 左手は, 巻脚絆を, 市木さんは, 布団を, 帰ったらこの, 平吉と, 平素は, 床几に, 庸三の, 弁当など, 弟が, 形ばかりの, 彼の, 彼岸に, 往くこと, 征服しよう, 後輩を, 御ところ, 心を, 忙しそう, 思い浮かべること, 急いで, 恨めしさうにじいツ, 息を, 悋気らしい, 悲しゅうございます, 懐中の, 戸別訪問を, 手の, 投資され, 披露宴の, 押しこめられて, 押入に, 挨拶の, 控えの, 描いた, 描かれざるを, 描き出されて, 揺られて, 擡頭し, 教授連の, 敷居の, 文学の, 新しくなっ, 旅に, 旅立って, 日本の, 昇り段に, 昏, 昔乍らの, 映つて, 春よし, 暮して, 曠野を, 月を, 有ったが, 木に, 机に, 村の, 来たから, 来たルンペン, 来る彼, 東京へ, 東国を, 板に, 枕の, 果すとは, 根本は, 桜子夫人の, 森閑と, 楊子を, 横たわる, 横浜港内を, 歌ひあげられ, 正視する, 此所で, 歩いた, 歩き出したの, 歩くと, 歩み去って, 歸つたら, 死んだという, 死んでを, 残った片方, 殘つてゐた, 民族性と, 水際を, 汽車に, 沖の, 泣きも, 洋杖を, 流し元に, 浦山しい, 浮動し, 浴衣を, 深い陰, 湯呑を, 源氏の, 滝川が, 火の, 灯火に, 無表情な, 焦, 熱心に, 片手には, 独りで, 狼に, 玄関に, 現すと, 現はれました, 現れたもの, 現れるもの, 現われそれ, 現われるか, 現存し, 環境で, 生まれて, 用足しに, 男, 男子そこのけ当時一流の, 町人体に, 疲勞と, 痩せて, 白い蝋燭, 百姓兼カツギ屋に, 皈られ, 目撃した, 直立した, 相逢う, 真直を, 眺めて, 睡って, 矢代に, 石を, 石牢の, 礼に, 祭壇の, 私達に, 移りゆく世相, 空を, 窒息し, 立ちあがつて, 立ちアルコールランプ, 立ち去りました, 立派な, 端然と坐り, 笑ひかける, 笠の, 箸と, 粛々として, 約一ヵ月, 紅茶を, 紙の, 細々と, 結婚式を, 緑の, 縁から, 縁側へ, 縛られて, 繰出した, 罪を, 置きたいもの, 美術的の, 聞き歩くの, 肉切り庖丁を, 肱掛椅子に, 背も, 背中の, 胸に, 脛の, 腕車を, 自分に, 自身で, 舞いさわぐ様子, 良人に, 花道より, 若い学生, 茫然として, 荒木勢の, 蒼くたゆたう, 薄い髮, 藍丸王の, 蜘蛛の, 血に, 行うこと, 行く人, 行われて, 街路から, 表の, 表山門は, 表現される, 裏から, 見えて, 見て, 見る丈, 見物に, 見直したいから, 訪ねて, 誠に情ない, 誰にも, 象の, 質問とも, 赤ら顔の, 赤黒く焼け爛れた, 起立し, 跛を, 踊って, 踊りを, 身ぶるいした, 身動きも, 車の, 軍鶏の, 辛くも喜三郎, 迎える, 送った姫路城, 逃げて, 這上る, 通りあわせた, 逝ったと, 道中を, 邪魔にも, 酷く武張った, 重ね着の, 金五郎は, 鈴の, 鎌倉へ, 長い蝋色鞘, 長柄の, 門前までも, 間断なく, 阿武隈大膳正の, 階段を, 隠家, 雪崩れ込んだ, 雷鳴の, 青黒い四角, 面で, 頸首も, 顔を, 風に, 飄々乎と, 飛んだり, 食卓に, 飾って, 首低, 馬上だった, 駈けつづいて, 駈け転んで, 駕籠も, 高島田の, 髪を, 鰈と, 鷄小屋や

▼ 姿~ (1434, 3.4%)

41 見えなかった 26 見えた 22 見えない 21 見える 18 見えません 17 なかった 16 ない 12 形も 11 目に, 見えなければ 9 見えませんでした, 見られた 7 あった, 声も, 見えぬ, 顔も 6 ある, なければ, 見えて, 見えないので, 見えました, 見せない, 見せなかった, 見ないで 5 ありません, ないの, 影も, 心も, 消えて, 眼に, 見えなかつた, 見た 4 よい, 見えなくなって, 見えます, 見ずに

3 [13件] ありありと, それに, ほの, みえなかった, 今は, 色も, 見えなかったが, 見えなくなった, 見せぬ, 見せねえ, 見て, 見られなかった, 解らなかった

2 [72件] あらわに, ありませんでした, あれば, いつの間にか必ず朦朧, うつって, おちかた, くっきりと, すぐに, すぐ目, そこには, そのなか, その心根, どこに, ないまま, なかつた, なくなって, なく言葉, ほのぼのと, また無限, また美しい, まだ見えない, まるで遠藤, みえて, よくは, よくわからない, よく見えない, よく見かける, 伸子に, 似て, 僕の, 優しき姫神山, 全く消え, 味も, 定かで, 帰る姿, 彼は, 忘れて, 昔とは, 朧げに, 林の, 殆ん, 水際立って, 浮んで, 消えた, 混って, 無い, 無かった, 現われなかった, 男の, 私には, 窶れ容, 綺麗だ, 美しく見える, 見あたらない, 見えないし, 見えないん, 見えない上, 見えなかったし, 見えなくな, 見えましたが, 見えるよう, 見かけなかった, 見ず, 見せずや, 見せないで, 見せないので, 見せませんでした, 見たし, 見られない, 見ること, 赤黒く照らし出され, 黒煙の

1 [906件 抜粋] あざやかに, あつた, あはれなり, あまりに変り果てた, あまり気, ありひとり, ありません家中, あり出る膿, あり最, あるという, あるよう, あわれ, あんな風, い, いい, いいし, いうに, いささか宿酔気味, いつか混乱に, いつか見えなくなっ, いつしか見えなくなっ, いつの間にかその, いままでに, うすれて, おかしくマヤじゅん子さん, おしなべて一層立派, おぼろと, おまえの, お浦, お見かけ致しませんでした, かいくれ認める, かくの, かなり異様, きちんとし, きりりとした, きわめてまれ, ここでも, ここ迄, このよう, この程度, これは, さすがに, さやかなる, しどけなく恐怖, しばしば見えた, しょんぼりと, じっとし, すずやかに, すっかり見られ, すつかり, すでに付近, すべてが, すべて老人たちの, ずっと好く, そう珍しい, そこらの, そっくりそのまま昨日, そのすぐ, その呼名, その席, その男, その野面, その雑草, それより, それを, ただ, ただ皇室, だいぶちらりほらりと, だんだんうすく, ちがって, ちっとも見かけない, ちらほらさん橋, ちらほら笹村, ちらりと影, つい狼, つく, ところどころに, どうなった, どこか, どこにも, ないその, ないので, ない大通り, ない恐しい, ない木, ない野, なかなかあでやか, なかりしとぞ, なくあと, なくこちら, なくただ物, なくコンクリート, なく只, なく土手下, なく戸外, なく星, なく消えうせ, なく真, なく行手, なく記憶, なし, なにひとつ同じ, なまめかしく行燈, なんと維新, なんにも見, のどかには, はっきり眼, はやお, ひとりでに今夜, ひねこびれたおやじ, へりその, ほのめいて, ぼんやりと, ぽつ, まことに無気味, まじつて, またこの, またどうやら, また当年, また折りおり, また消え失せ, また異相, また自然, また趣味, また風景, また馬簾, まったく変った, まま何, まるで見えません, まんざらでなく, みえず, みえずまったく, みえたとき, みえませんでした, みすぼらしいもの, みせないの, みつばちのおとずれ, みんな消え失せ, むくむくと, むろんその, めっきり疎ら, もうそこ, もう彼方, もう間近い, やがて忍び, やさしく, やはりこの, やはりそこ, やはりなんだか汗ばん, よいいちめん, よくぞ, よくなっ, よく仰ぎ得ない, よく星鴉, よく見ます, よければ, りりしく手甲脚絆, りりしく甲板, わざとならず, イヤって, サエザエと, スマートであった, テオの, ノーベル賞授賞の, フレツシユで, ミドリちゃんの, 一つの, 一ぺんに, 一切隠れ, 一向見あたらない, 一度か, 一歩一歩と, 万吉の, 丈の, 並んだであろうそして, 交つてゐた, 亦面白い, 人間の, 今なほ私の, 今戸八幡辺りの, 今日は, 他の, 仰げなかった, 似合わしかった, 何う, 何から, 何となく淋しく, 何となく聯想, 何も, 何んと, 何時の間にか影, 余りみつとも, 作者の, 佳くよく, 俥の, 俺の, 偲ばる, 傷ましい彼, 優美に, 兆二郎の, 光の, 全く闇, 全然夢, 共に消え, 其処には, 其姿を, 其間を, 具に寫しとりました, 冬は, 出て, 出来なかったろうが, 分らない, 初々しくて, 別な, 利休七ケ条の, 前の, 剛健一点張である, 十分には, 千曲川の, 半年余り見えず, 却って喜び, 古藤の, 可憐であった, 同じやう, 同じ日, 含まれて, 周囲の, 咫尺の, 哀れだった, 国貞の, 土方の, 堅い拵え, 境遇も, 変えずそのまま, 変って, 変らないと, 変わった人心, 夕暗に, 夕闇の, 夜霧の, 大きかった, 大きく映, 大きな山脈, 大家達の, 大柄に, 女中にまで, 好かった, 好く知り, 好もしいもの, 姉の, 娘の, 婀娜に, 存在しない, 孤独に, 実に行儀, 家門の, 容貌の, 寂しさひと, 寺の, 寿老人の, 尋常一様の, 小さく見え, 少からずまじっ, 少し女らしい, 少なくただ, 崩れかけそこ, 席上から, 常識的に, 幽霊の, 幾枚か, 店も, 影の, 彼が, 後れ馳せ, 得意そうに, 御存じで, 心持も, 忘れられなかつた, 忽ち消え失せる, 思い出されるの, 思い出した, 思ひ出したかも, 怨霊では, 恥じず竹矢来, 恰好も, 悄然として, 惨憺たる, 想像する, 想像よりは, 感じが, 憎むべきでは, 憶い出せる, 戦いが, 打忘れ, 折から, 拝めない, 拝もう, 振も, 捨てたもん, 掻き消えて, 故郷の, 整って, 断じてお, 斯くあら, 新しい看, 明治時代には, 昔の, 映らなかった, 昨日一昨日の, 時に眼, 暮れかかった, 書いて, 朧げにしか, 木の間に, 本格的に, 村には, 来年まで, 林氏の, 栄えないので, 次第に車窓, 母の, 毎年見た, 水に, 水も, 決して見た目, 沈勇少年の, 沼津あたりとは, 波に, 派手で, 浮かんだ, 消えうせる恐ろし, 消える, 消え失せて, 消え果てた自分, 消え遊船宿, 消滅し, 源氏の, 滑らかな, 滑稽であったろう, 照空燈の, 牛や, 狂ひたつ, 猿の, 珍しくない, 珍しく新鮮, 現わし, 現われなかった時, 理解し得ず, 甲板には, 町人なら, 疲れはてて, 発見する, 皮膚の, 目について, 省られた, 眺められる, 眼前から, 知つてゐた, 知らぬよう, 知られて, 石みたいな, 私の, 移動する, 空の, 窓外に, 立ち去った時刻, 第一等, 粗野であった, 紅梅も, 紺飛白の, 終に見えず, 絶えず山の手, 罪が, 美しいお祭, 美しく狂女, 美醜に, 羨ましくその, 自分の, 自然の, 舞臺へ, 艶に, 艶めかしくて, 若々しく決して, 萎えたよう, 蒼白く顔, 薄暗く此方, 蚯蚓の, 蝶の, 袖に, 見あたらなくて, 見いだされなかった, 見うけなかったと, 見うけられなかった, 見うしなわれた程, 見えずただ, 見えずなりぬ, 見えずまた, 見えず一体, 見えず大, 見えず小鳥, 見えず話声, 見えず音, 見えそう, 見えたかの, 見えたの, 見えないから, 見えないけれど, 見えないで, 見えないほど, 見えない場所, 見えない小僧, 見えない程, 見えない通り, 見えなかったの, 見えなかったん, 見えなくて, 見えなくなったが, 見えなくなつ, 見えぬが, 見えぬ奥深い, 見えねえ, 見えませぬ, 見えるか, 見えるだろう, 見えるほど, 見え参らしませぬ, 見え奈都子, 見かけたとか, 見かけること, 見かけるの, 見しょうと, 見ず松, 見せずたまたま, 見せずどこ, 見せずに, 見せず偶, 見せず手先, 見せず歌, 見せて, 見せないし, 見せないと, 見せないん, 見せない私, 見せなかったお, 見せなかった屑鉄屋, 見せなかつた, 見せなくして, 見せぬと, 見せません, 見せること, 見その, 見たぞ, 見ちがえられたが, 見とうは, 見ない廣, 見なかった, 見ませなん, 見られなくなつ, 見られなくなるという, 見られる, 見るからに, 見る見る彼, 見上げず終始, 見出すこと, 見失いがち, 見失って, 見当たらない, 見当らず夫婦, 見当らなかつた, 見極めも, 解らなかったが, 言葉も, 變へるだらう, 象牙で, 赤子の, 踊らして, 車夫の, 遂に天井, 遠く消え失せ, 野趣に, 鈴江の, 長閑である, 闇に, 陣十郎の, 際立って, 隠されて, 雫だった, 雲の, 靄の, 面白く夜, 頗るよい, 風情を, 食物も, 馬も, 高砂の, 鬼に, 鮮かに, 麦の, 黄昏の, 黒く窓

▼ 姿~ (637, 1.5%)

70 なって 20 なつて 6 なった, なりて, 一緒に 5 自分の 4 なる, なるの, 一しょに, 像り, 少しも, 現じた, 見えた 3 いっても, いふよりは, それを, なったの, なったり, なつた, 打つけ, 言っても

2 [26件] いえば, いつて, いふべきである, おなじよう, なり得ないもの, なるが, 云ひ, 似て, 又自ら別様, 口尻の, 同じよう, 姥の, 形と, 来ては, 死そのもの衰弱そのものと, 泣きわめく泉屋一家, 申し又, 色とを, 見えたの, 見て, 見るの, 見れば, 見較べて, 言ふ, 頻に, 顏を

1 [420件] あなたが, あのかがやく, あのまつ白, あべこべに, あわれ, いいおっとり, いいお前, いいこの, いいその, いいまた, いい全く, いい大き, いい物腰, いい肌, いい見得, いい言葉遣い, いい語気, いい香気, いうが, いうと, いえましょう, いったらいやいや, いったらこの, いひ見逃しがたい, いま眼の, いわれる, おそらくは今, おなじに, おなじ心, おもうと, お前の, かけ離れて, かつきり, かわらざりき, かわりました, くらべ始める, こうした梅雨晴れ, ここへ, こしへに, この場, この魔力, こんなはかない, ごちゃごちゃに, さっぱりと, されて, しこれ, して, する, するもの, すれば, そしてその, そして最後, そっくりだった, そっくりの, そのうごめき, そのこわき, そのし, その周囲, その声, その手前, その眉, その脈々, その花, その若く, その言葉, その赤く, その面窶れ, それから俊彦, それから架け替, それから現在, それなりに, それに, たおれて, たばこ酒めしの, ちがって, である, なったから, なったに, なった収入, なった濃, なった船木頼春, ならぬとも, なられまして, なりありし昔, なりうろ, なりそれぞれ下駄, なりなおも, なりま, なりました, なりゆき天下, なり一人, なり一目瞭然, なり代っ, なり以, なり呂宋兵衛, なり夜, なり大獄後, なり女中, なり尊, なり得て, なり或, なり或は, なり旅商人, なり時には, なり果てたの, なり正, なり腰, なり色, なり逆, なること, なるであろう, なんの, ふくれた買い出し篭, まあるいなめらか, またその, まだ伸び, まったく同じ, まったく相違, みすぼらしい長兵衛, もう一人, よく似, りっぱな, わかったの, わび切った釣瓶, エジプトで, ダイヤの, チェーホフの, チョコナンと, デュエットで, ブタブタした, ムクとが, リズムによって, 一所に, 並んだ石燈籠, 並んでは, 二つは, 云い何とも, 云い彼女, 云い申分, 云い目前五, 云うの, 云えよう, 云つたら, 云ふ, 云ふも, 人間として, 今尾様どこを, 仙の, 仰いで, 会話が, 作者の, 俄に, 信孝の, 健康そうな, 入り亂, 入れかわった, 全然対蹠的, 共通の, 其色の, 其赤心に, 内容とを, 内容の, 凜たる, 判ったの, 判つたのです, 別に, 到底帰らぬ, 動作とが, 化して, 化し爽快, 区別する, 千浪の, 叔父の, 吃水面際の, 同じだった, 同じに, 同じもの, 同じ姿, 同じ男, 同じ肩, 同時にどこ, 名を, 名付けるの, 向い合ったまま, 向きあって, 向き合った, 君との, 君なり, 吾に, 味の, 味を, 唐傘に, 善良な, 地に, 坊主頭の, 壁に, 声ごえ, 声で, 声と, 声とを, 声を, 変った弦, 変らず身内, 変るのに, 変わった, 変わったの, 変わって, 変わる, 夜桜の, 大きなシャボン玉, 大同小異の, 大違, 大金庫, 天の橋立の, 女心とにより, 妙なる, 子供の, 存じまして, 実生活とを, 容を, 容貌とは, 対照的に, 対面し, 對面し, 小舟を, 尼僧の, 居室の, 川の, 平次の, 幻覚した, 床の間の, 座中に, 形こそ, 形それは, 形に, 形を, 役割とは, 彼女の, 後指さ, 御声, 心が, 心と, 心とで, 心とを, 心は, 心もちは, 心を, 心根とは, 思う, 思うばかり, 思え, 思えば, 思って, 思つた, 思はれる, 思ひ比べて, 思われる部分, 性質の, 意味を, 感じ芥川, 態度とを, 成つて其から, 成り終つたの, 戸隠の, 戸隱の, 房, 手の, 打ぞ, 抱えて, 拝み申す, 指の, 散った博徒, 数を, 文章の, 斉しかった, 斗大の, 新たなる, 方向で, 旅人の, 日本左衛門が, 昂奮の, 昌作の, 最う一つ, 木立の, 机の, 来たら実にもう, 欅の, 歌声です, 母の, 比べて, 比べては, 比較し, 気附か, 水夫帽の, 涙で, 清や, 溝の, 為り万事不如意, 為り脈, 無, 父の, 物食う, 生ずること, 由緒あり, 申しましたらとんと, 申せば, 申又, 異つた, 異る, 癖そのまま, 白刃の, 相俟つて, 相対し, 相對, 相接し, 眺めた, 知ったん, 知つた, 石に, 確かりした, 神の, 私の, 稽古が, 緑の, 美しい肌, 美事な, 美文新体詩を, 考えられても, 考へられて, 考へられても, 聞くばかりも, 自分を, 自然を, 色とは, 色を, 色彩と, 色彩とで, 艶なる, 芋の, 花子の, 英語は, 茅野雄を, 菊水の, 菊路の, 葉の, 蒼ざめた魂とが, 行動とを, 行動を, 袂を, 裝飾とを, 襯衣一枚で, 見えたが, 見えて, 見えるの, 見た神尾, 見た言い伝え, 見ても, 見るかは, 見ると, 見るより, 見定めること, 見違, 見違えさせ私, 角屋の, 解っただけ, 解つただけ, 言い誰, 言つても, 言ひ, 言ふか光り, 言葉, 計らず合致, 許婚の, 話すこと, 認めて, 誤認せられ, 謂ったの, 貌の, 質素な, 足どりとで, 足もとへ, 跛行を, 跫音ばかり, 踊りの, 身なりも, 軽いじ, 近づいて, 違って, 違つて思ひ, 醜い愛嬌, 重なりあふ, 重なり合って, 金や, 銀座裏の, 銭形平次の, 錢形平次の, 障子に, 雪子の, 霊とを, 青ざめた柔和, 面ざし, 面白い対照, 順助とが, 顏と, 顔とを, 顔形に, 颯爽と, 食慾を, 香を, 香気とを, 香水の, 髪を, 鬨の声に, 魂とを, 鮭の, 鳥の, 黄八丈の, 黙示録の, 鼓楼の, 鼾声の

▼ 姿~ (207, 0.5%)

4 顔を 3 動作を 2 声を, 容貌が, 東山, 洋服の, 生活を, 畦道の

1 [188件] あの夜, いやそれ, うしろ姿までを, おまえの, おゆう, お延, お鳥, かもめの, きっちり身, きらきら光る, されこうべなどが, しらべには, ずぶ濡の, そのほか, その他の, その住居, その傍ら, その声音, その心持, その相手, その石, その踊り, それが, ちぎれちぎれの, とか何とか, はるかの, ひそかに, ぴら, ぴらぴらと水銀色を, ほか家臣たちの, また何処, また自身, また越後, みじかいつつ, やっと竹, ネープルスで, ペットに, 一と, 乳母は, 人の, 仕事を, 伽藍の, 位置は, 光や, 別れた権, 前髪の, 動いて, 動きを, 厳めしい, 友千鳥野分汐風いずれも, 吹きつける風, 商売と, 声が, 声だけは, 声は, 声までが, 声も, 声音などが, 夕闇迫る, 外套掛けに, 奇妙な, 妖婉の, 孕んだまま置き去り, 学生姿の, 學問から, 寒流の, 寝ぼけ面が, 小意氣, 尾崎行雄氏一族の, 山裾の, 工匠らの, 巻脚絆や, 店屋, 弾みの, 形に, 形は, 影は, 徒歩駒の, 得體の, 心が, 心に, 心もちなど, 心持ちを, 性質に, 息苦しい肌, 情を, 意欲や, 戸の, 散歩へ, 數珠を, 斜に, 斯くあら, 昨夜薬を, 時と, 時には, 晩年の, 曳綱まで, 有難い本, 服装から, 服装が, 服装に, 木や, 東側の, 桐の, 櫛を, 気持に, 氣持に, 水狐族と, 泡を, 浄土を, 浅間の, 海の, 海老の, 焼け跡の, 父の, 牝羊と, 物腰で, 物腰や, 現在先に, 生一本な, 生活に, 生活は, 生活条件を, 田舎の, 眉目口唇などの, 真蒼, 眼の, 窓越しに, 笑声が, 範囲の, 粋な引っかけ, 精神を, 羽掻を, 習性が, 考えが, 肉体を, 臭いを, 良人に, 色々の, 花の, 茫漠と, 茶の間で, 茶を, 表情の, 表情や, 表裏の, 裾を, 言葉が, 記憶や, 話しぶりに, 話を, 調子から, 調子とは, 調子に, 調子は, 豆写真を, 豊かな, 貞任の, 賑やかさまたは, 赤いプラトーク, 路傍の, 踊る人々, 道ばたに, 遠景としての, 鈴の, 開襟シャツの, 陰鬱な, 陽気な, 青春の, 面ざし, 面は, 面影も, 顏から, 顏付きの, 顔から, 顔が, 顔という, 顔に, 顔の, 顔は, 顔容は, 顔形は, 顔色にも, 風貌を, 風采に, 飲んだくれの, 騎馬姿の, 黒くきたない小さい板屋

▼ 姿では~ (202, 0.5%)

27 ない 16 なかった 11 ないか 9 ありませんか 7 あるが 6 ないの 5 ありません, いって, なくて 4 ある, ないと 3 あるまいか, なかつた, なくして 2 あったが, あったけれど, あるけれども, ございません, ないが, ないだろうか, ないので, なかつたか, なかろうかと, 無い

1 [74件] ありうるだらうが, あり得ず從つて文化的生, あり得ないの, あるまいかと, いかにそれ, おざら, お逢い, こういう意味, だめです, とても下車, とても入っ, とても幾千里, どうしよう, どうにもできません, ないかしら, ないかと, ないかという, ないだらうか, ないだろう, ないほっそり, ないん, ない重々しい鼠ッ, なかったろうか, なかつたらうか, なくそれぞれ, なくただ, なくやはり, なく一, なく伴作, なく何, なく全く, なく四年前, なく将軍, なく恋愛心表出, なく瀟洒, なく烏帽子直衣姿, なく甲州, なく羽織, なく見よ, はいって, まさか来られまい, まだはっきりも, まだ本当に働い, もういたく, シナも, 一歩も, 人目に, 会えません, 内儀に, 勿体ないと, 可哀想だ, 外へも, 存在しなかったであろう, 寧ろ私, 居られなかつた, 工合が, 帰れませんですから, 必ずしもなかつた, 成立しない, 或いは之, 所詮村, 机に, 決してない, 決して永続, 浮きあ, 清純な, 無かった, 無くなって, 現れず経済的, 茉利夫人とやらの, 認められない, 誰も, 道中とかく, 頑丈な

▼ 姿には~ (165, 0.4%)

4 なって 3 一種の 2 それにも, また別, 不忠実, 何か, 何んの, 惚れ直したかな, 流石に, 老婆の, 見えなかった, 誠実な

1 [138件] あつた, いかにも好々爺, いたましいほどの, いまだ愛くるし, うんざりする, くんでも, これまで, しかし充分, すでにこの, そう云う, そこに, その内面, ぞっとする, たえずつつまし, たとえるもの, ちがいない, ついに出あわず, つきりと, どうしてもぷんと紺, どこかは, どことなく武人, どこにも, どこやら, ないの, なにか猿, なみなみならぬ, ならせられても, なんともいえない, にぎやかな, ひとしお荒涼たる, ひどく猛々しいもの, またも, まだいかにも娘, まだまだ遠く, まだ伊吹, むしろ常人, もう何らのくらい, もう島, もう疲れ, もはや死, ようやく孤立, よほど意外, わけて心, ミシシッピイの, 一塵も, 不満と, 世相の, 世間から, 云いよう, 今日は, 似ずとも, 似で, 似ないで, 似ぬ細く優しい, 似合うところ, 似合わぬ元気, 何うも, 何の, 何等かの, 何等の, 使徒トマスとか, 偉人の, 僕は, 六十一に, 処女の, 動かしがたい, 動し, 原則として, 同じ芸道, 味わいが, 和服に, 堂々たる趣き, 声を, 変わりが, 外の, 宏子の, 実に意志, 實に, 帰らぬ, 年若, 彼の, 往来の, 必勝を, 悔いの, 悲しみも, 悲痛の, 感動させる, 慨嘆に, 我ながら, 拝する, 描けなかつたらう, 敢て, 敬虔な, 昔の, 昭憲皇太后の, 死生を, 殆ど接し得ない, 気が, 気がつかずに, 気がつかなかった, 氣づい, 決死とか, 漠然とした満たされない, 濛々たる, 特徴が, 狂喜の, 異常な, 異状は, 皆こう, 相違なかっ, 真実の, 着した, 神も, 窺われた, 端麗さが, 絶えずあの, 絶えて, 美しい悲愴さ, 胸を, 菊千代と, 行く末は, 見えないで, 見えるその, 見て, 見るもの, 見渡したところ二群, 見覚えが, 覚えず心, 親の, 趣が, 身に, 迫力が, 迷信などの, 遂にこちら, 酒の, 金魚鉢から, 頓着なく, 鬼気迫る

▼ 姿~ (146, 0.3%)

20 つたのです 4 ということ 3 が見覚え, と思います, と思う, よ 2 からふざけた, がその, つたのである, というの, という事, とつくづく, と思っ, と思った

1 [94件] かどれ, かも知れない, からたすかりました, からである, からな, からなんと, から夜, から媚, から怒鳴, から私, か分りませぬ, がさすが, がしかし, がそこ, がそんな, がね, が不思議, が声, が山麓, が年, が楊志, が顔, けれどゆ, けれど久しく, こと, これも, しかしここ, つたで, つたと, つたのかも, つたらしい, つた事を, つて眺め, とあたし, といい, というよう, というイプセン, という嘲笑, という想定, といえましょう, といふ, といふ言, とかいうこと, とか申し, とか終戦直前, とこの, とさ, とした, とする, とするなら, とは思ひたくなかつた, とも言い, とも言います, とも言っ, と云わね, と信じ, と僕, と分る, と思いこん, と思いこんだ, と思いました, と思え, と思つて, と思はぬ, と思ひこん, と思ひだされ, と思ひました, と思へる, と思われ, と愚かしく, と感じ, と感心, と気づいた, と聞きまし, と見られない, と見る, と見分け, と解釈, と言, と言う, どことなく成金臭, な, なと思わず振り返っ, の, のう, のに海水帽, のを, よ謀判, アな, ハヽヽのう, 其他頸を, 着物は, 立派だろう, 頂上の

▼ 姿である~ (124, 0.3%)

8 ことを 5 ことが 4 ことに, のを 3 のか 2 が通常, という伝説, とすれ, とは考へたくない, と思う

1 [90件] おんみ, かと憤り, かのやう, かは心付かない, からその, からである, からばかりで, からわれ知らず刎, から一本足, から一種, から僅か, から確, から衣, から養子, か否, か或, か知らない, が, がこの, がこれ, がその, がそれ, がまま, がもし, が一人, が太い, が故に, が日本, が石塀, が老人, が薄く, けれども物そのもの, ことには, ことによって, ことは, こと紛れも, し引きだされた, だけに銀子, ということ, というところ, という主張, という理解, といっ, といひたい, といふやう, といわなけれ, ところの, としたら, として講道館, とする, とするなら, ともいひたい, とも艶, と僕, と判っ, と心魂, と思え, と思っ, と思った, と愉快, と申します, と私ども, と考えた, と説明, と述べ, にきまっ, にし, にすぎず, にも拘らず, に違, のだ, のにそうした, のも, ほかは, まじい所, ものが, ものを, ように, 人生である, 今どこからか, 兵士たちに, 分子や, 十一時近くな, 昔は, 暁子には, 気が, 焼野焼山と, 眞の, 葬式の, 限りその

▼ 姿~ (115, 0.3%)

32 のである 25 のだ 9 のです 8 んだ 5 のであつ 4 のであります, のであろう, んです 3 のであった 2 のか, のだった, のでしょう

1 [15件] せり, のかと, のかも, のだろう, のでした, のでせう, ので云, ので強い, ので最初, ので浮き浮き, ので間違ったら, のに少女, ものです, よびたりけり, んである

▼ 姿にも~ (113, 0.3%)

2 人生の, 似ぬ少し, 心を, 接して, 読むこと

1 [103件] あった, あらずさればとて, あらわれて, いわゆる羽振り, おどろかないよう, お見え, かかはらず何, かかわらず家族, して, せよ目, そんなあるき, そんな考え方, どこか, なかった, ならないの, なられるの, なる, なること, なれば, なんの, ひきつけられたボタ山, ふれたわけ, みえる, みな驚き合い, みられるもの, ものの, わずかに, クズネツキー橋の, 一種の, 下町の, 不似合, 不安と, 久しく接し, 事實を, 人を, 人目を, 今日初めて, 似げ, 似ず大層, 似たもの, 似たるなるべし, 似て, 似通える節, 何かしら精神病的な, 何にも, 全くの, 出会えなかった, 出逢わなかった, 劣らず白く, 動作にも, 勘次が, 匂ひぬべく, 増して, 声にも, 声の, 変だ, 変わりは, 容易に, 少しく眼, 彼女を, 心打たれる, 恥じずに, 恥ぢずに, 惚れたの, 意気人柄な, 感心した, 慌て, 手の, 振り向きも, 擬えられよう, 散々触れ, 日が, 朝夕の, 櫛を, 歴々と, 気がつかなかったの, 気の, 気を, 活気が, 深い必要, 火が, 牛を, 王政第, 現れて, 畠の, 痛いもの, 皆心を, 矛盾は, 知った, 薫, 蠅が, 複雑な, 見えて, 見当らなかった, 象徴され, 負け目が, 辱を, 鉢へ, 閑日の, 露を, 顔にも, 顔を, 驚かされたこと

▼ 姿から~ (111, 0.3%)

8 眼を 7 目を 3 顔まで 2 なの, 今日に, 推察る, 理想の, 顏まで

1 [83件] あるなやまし, いえば, いただいた気, いふと, こんな名, して, しばらく眼, すっかりほか, その内奥, そらした眼, たとえそれ, ちっとも眼, では, なぜこんな, にじみでるこの, ふとこんな, わざと目, 一隊の, 云へば, 今その, 他の, 何んとも, 來た, 僕は, 光明赫燿と, 出た名, 出て, 劉備以上気高い, 受ける甘美, 叫ばれた, 周平は, 声から, 声なき声が, 外らして, 大量の, 安井の, 察する, 常に一つ, 弱い影, 彼は, 往年の, 忘れられて, 思い起す批評, 怪しい微笑, 想像される, 押して, 推して, 推し計れば, 放ちも, 放つた光, 暫しの, 更生され, 書かなければ, 来た町, 来る泥炭, 栄二へと, 次第に離れ, 無上の, 現実的に, 生れ出る美, 申し上げましょう, 眼が, 着想した, 神を, 編み出せる, 聯想され, 胸打つ, 自分が, 自分を, 見て, 見ると, 視線が, 観者が, 超自然的な, 遊離し, 遠ざかって, 遠ざけいろいろ, 遠距, 離さずうっとり, 離れなかった, 離れなかつた, 離れると, 黒い正体

▼ 姿として~ (87, 0.2%)

2 そしてこの, 或る, 描かれて, 描き出して, 知らぬ間

1 [77件] あなたに, あらわれる, いくらか薄ら, いつも讃えられる, うけいれ声援, うたの, そこに, そのまま受け取っ, その声, その点, それなりに, それを, とらえられること, ひとり妥当する, みて, みても, もしくはこれ, われわれの, アメリカの, 云い得るであろうか, 人目を, 今日男女の, 今日考えられ, 今日見れ, 俳優が, 個人主義者という, 冷たく傍観的, 印象づけられるよう, 周密に, 哀れな, 在るので, 堪え得た, 実力養成を, 彼等の, 御覧を, 思い出されるの, 所も, 捉えられて, 描いた, 描いて, 描こうと, 映っても, 書くこと, 最高の, 枕草子の, 母の, 浮びあがつて, 満谷さん, 現れること, 現われて, 現われるという, 理解したら, 益々光芒, 目に, 目を, 眺めるため, 眼の, 知覚される, 祖母から, 私が, 精神の, 結晶する, 絵に, 続くに, 自分の, 自然が, 自覚する, 自身を, 見その, 見るべきであらう, 観察する, 認めて, 読者に, 都人の, 非常に, 面白い, 響きとして

▼ 姿~ (83, 0.2%)

10 眼を 3 向って 2 目を

1 [68件] あつめたが, いきなり物, いちばいな, いった, うしろから, うち興じ, おいおいと, おどりかかって, かえされ服, きびしく注がれた, きらりと, くばられて, じっと目, じっと眼, じっと鋭い, そそがれた, そそがれて, そそがれました, つづいて, つながったあの, ながめ入った, ふり向いた, まばゆさ, もういちど, ヒタと, 両手を, 人間は, 会釈する, 住職は, 凝視を, 刻々と, 卯木は, 呆気に, 呼びかけた, 哄笑を, 団扇で, 墨繪の, 声を, 定義という, 幸福なかがやき, 彼は, 微笑を, 感嘆でも, 手招ぎし, 抛りつけた, 掛けたのち, 日頃顔見知りの, 棗の, 正造は, 母は, 注ぎながら, 流し眼, 物珍しそう, 目礼を, 移した, 胸中一ぱいな, 言って, 話しかけた, 警戒の, 跳びかかって, 身を, 鋭く投げられた, 頓首再拝した, 飛びかかって, 飛び出すよう, 馬上から, 魯達も, 鶴子は

▼ 姿でも~ (77, 0.2%)

5 あった 3 あつた, ある 2 あるの, なく時雨, 見るよう, 見窮めたの

1 [58件] あつて, あはれの, あります, ありません, ありまた, ありゃあ, あり多分, あり食卓, あるかの, あるが, あること, あるし, あれば, いいの, お夏, かくして, ことによる, ございません, ご覧に, そのままこちら, ない, ないらしい, ない父, なかった, なかつた, なく, なく古代, なく黒縮緬, なんとなくそう見える, まさか出発, チラつくよう, 一たび陣頭に, 一見し, 參られません, 地球人は, 夢みて, 実際に, 御想像, 想像した, 手や, 構は, 無かった, 現はれ, 現われれば, 発見した, 真似たつもり, 礼讃したくなる, 見たいと, 見たの, 見た人, 見つけたよう, 見つけると, 見ては, 見るやう, 見出したいもの, 見出すぞとばかりに, 認めれば, 連想した

▼ 姿だった~ (73, 0.2%)

31 のです 3 にちがい 2 に違い, のか, のかも, のでしょう

1 [31件] から, からである, か覚え, が, がいつも, がとつぜん, がわざとらしい, が今, が粗い, が胸, が顔, ことは, この低地, しその, し首, ぜ, といった方, とそういう, と云い触らした, と思う, と矢代, のかと, のだ, のでございましょう, のでちょっと, ので御座います, ので素顔, のも, 光の, 杉浦権之, 毛繻子の

▼ 姿さえ~ (66, 0.2%)

2 想像された, 見せない, 見ること

1 [60件] ありありと, あるの, うらやまれて, どこにも, ないの, はっきり見られた, ぼけて, まじって, めずらしかった, マザマザとして, 一人として, 二三日は, 二間と, 何となく美しい, 分らなかった, 判然と, 動揺の, 垣間見た事, 夜の, 大憂, 少しも, 心着か, 思い浮ぶ, 恐るる如く息, 拝まして, 指点された, 掻き消すよう, 朧ろである, 殆ど蘇っ, 眼に, 瞬くうち, 瞳に, 知れない美しい, 薄絹, 見えた, 見えな, 見えない, 見えないこと, 見えないほどに, 見えなかった, 見えぬ, 見えぬので, 見えるか, 見えると, 見かけること, 見せないの, 見せなかった, 見せなかったの, 見せぬ, 見せませんでした, 見つかりません, 見て, 見ないで, 見られなかった, 見られん, 見出せば, 解らなかった, 認め得たもの, 身に, 陰影の

▼ 姿とは~ (64, 0.2%)

2 どうしても思われない, 何ぞや

1 [60件] あまりにふさわしく, いえ長い, いかなるもの, この事, さすがに, すっかり同じ, そのままに, どういうこと, どう考え, なりける, なりつるが, はるかに, また違う, まったく別人, まるでちがった, まるで一つ性能, まるで違っ, まるで違った, やや不調和, ピッタリと, ピツタリと, 七年たっ, 主體, 人を, 似つかないもの, 似も, 何うし, 何と云, 何と云う, 何事です, 余りな, 倍も, 偽りない, 切っても, 即ち此, 変って, 妻の, 彼の, 心柄とは, 必ずしも悪徳, 思えない, 思へない, 思われなかった, 思われぬまるで, 愛驚及び, 打って, 比較すべきで, 考へたくないと, 著しく変っ, 見えないから, 見えないこと, 観ぜられずただ, 逆に, 違うて, 違つて居る, 違ふて, 長い間野, 閑散な, 関係なし, 非常に

▼ 姿であった~ (63, 0.2%)

5 のだ 3 がこの 2 かも知れない, から, ことは, ことを, のか, のである, ように

1 [41件] お松という, か, かも知れぬ, からただ, からであります, がかれ, がことに, がこれ, がその, がただ, が今, が信玄袋, が凡そ, が定めし, が彼, が最後, が短い, が阿修羅, が震災後向かい側, が首, が高徳, が髪, ことが, ことに, という, ということ, といっ, とございました, としても死, と云, と思う, に違い, のが, のです, のは, ワグナーは, 主人が, 今のは, 参覲交代を, 洋画の, 野の

▼ 姿という~ (61, 0.1%)

25 ものは 11 ものを 4 ものが 3 のは 2 のが, ような

1 [14件] ことに, ことは, だらしの, ものであろう, ものと, ものに, わけにも, 奴が, 広さ, 感じが, 手も, 穏やかでない, 関係に, 非常に

▼ 姿こそ~ (60, 0.1%)

2 して, 変って, 日本の

1 [54件] あの絵像, そのままで, その昔, どんなにお, ほんた, ほんとうの, まことに日本女性, まことに日本的, まったく変っ, むらさき色の, やがてくるべき, やがてそれ, よいが, 万物である, 与へ, 人間として, 今は, 変えて, 変り果てて, 変れひと月, 変れ子孫, 変生女性を, 女でございます, 実にこの, 実に我々, 嶋田の, 当時の, 思うだに, 我日本文学の, 旅装で, 昨日の, 最も望ましい, 服装こそ, 朽ちはてて, 枯れたれ石, 母性の, 清く尊いもの, 清純の, 現わさ, 目ざましいもの, 真実の, 私共に, 秘剣の, 繭子夫人であった, 美しけれ歌, 自分で, 自分の, 若きカリフォルニヤ, 見えね, 見て, 見る時, 詞こそ, 農民であっ, 雄々しけれ

▼ 姿です~ (54, 0.1%)

4 がその 3 が平次, ね 2 がよく, が不思議, が今, が右手, が多年, が昔, が目鼻立ち, わ

1 [28件] から, からくくりつけられ, からたとえ, から五八, から手数, から私, が, がこの, がそれだけ, がそれだけに, がそれでも, がガラッ, がガラツ八, が一, が一昨日一, が八五郎, が挨拶, が激しい, が皆, が眼, が脂, が血染め, が隣, が顏, が顏形, が顔, それである, な

▼ 姿とを~ (50, 0.1%)

3 比べて, 見くらべて 2 同時に眼前, 眺めて, 見て

1 [38件] あの位明, した犬, それと, つぶらな, はっきり見, みようと, もって, よくよくと, 一杯に, 偸み, 別々に, 合せ考えかげろう, 同じと, 嘲笑され, 失わなかった, 審美的に, 対照し, 屹と, 御二人, 思い浮べた, 思い較べて, 或は店先, 拜むのぢやと母に, 持った魚, 持って, 描き出しながら, 根気よく, 武器に, 洞見し, 等分に, 胸に, 見くらべながら, 見た時, 見ては, 見事に, 見比べた, 見比べた訣, 認めるきり

▼ 姿において~ (48, 0.1%)

2 では

1 [46件] あらわれて, その地方色, その美, であった, はなはだしい相違, ほむべ, もって, メキシコ艦隊の, 一切を, 人々を, 仏の, 他人の, 他者性の, 伝へる血, 再び私, 均衡を, 始められたの, 存在し, 彼の, 想像する, 感ぜしめるよう, 把握する, 抽き出し, 描くの, 描く事, 日本にまで, 日本的表現の, 正しくそれ, 深田久彌氏の, 現出した, 神と, 立って, 結晶し, 耽美したい, 自身を, 行進し, 表現する, 見出して, 観自在菩薩を, 認められなくては, 認識する, 読者に, 輝き出でるの, 食膳に, 高められた程度, 魅力を

▼ 姿~ (48, 0.1%)

2 を無心

1 [46件] から云, か斯, がほ, が亡くなった, が生, が見える, こそはいずれ, こそ生まれつき, じゃア心意気, だけを見, であります, で一方, というもの, など取立て, にし, に惚れた, に新しい, に現れる, に産みつけ, のうる, のすらり, の大きく, はどうしても, はねり, はまだ, は別, は少し, は己, は悉皆, は更, は解らない, まで描かれ, も普通, も森, も見よ, をし, をした, をとつ, をも猜, を化け変える, を消え, を眺め, を研究, を見, を頭, 作り気品

▼ 姿をも~ (44, 0.1%)

2 知らざりきわ

1 [42件] その塔, とらえること, とらへること, 一定の, 一致せしめ, 一般民衆に, 他に, 其処では, 兼ね示すよう, 兼ね示す様, 半蔵は, 取り容れて, 宿して, 引っくるん, 忘れること, 思い出させた, 意識しない, 拝み候やう, 日記に, 暗示し, 残して, 求めて, 汚なく, 点じて, 点描し, 現身の, 画に, 眺めて, 知らないの, 示して, 見かけなかった, 見かけませんでした, 見せぬ, 見た, 見ないで, 見ましたので, 見んと, 見出すこと, 見失って, 見失はしめまいと, 認めながら, 象徴し

▼ 姿など~ (43, 0.1%)

3 どこにも, 眼に 2 眼の, 見ると

1 [33件] いかにも下町, いかにも免状式, かき消えた世界, かつて俺, そことも, そんな晩, たとえば紅梅, どこまでも, なにも, わけも, ハッキリと, 一種の, 乞い受け, 今でも, 今も, 何とまざまざと, 作者の, 勿論ございません, 哀れだった, 少しも, 手に, 新緑など, 格別に, 毎日見, 目にも, 私には, 考えて, 藉り, 見えようとも, 見せたくなかったの, 見入りながら, 解らないと, 話に

▼ 姿にな~ (41, 0.1%)

4 つて居た 3 つてゐた 2 つて, つてし, つてに

1 [28件] つたのが, つた小, つてしまつ, つても, つてもう, つてゐます, つて井戸を, つて其の, つて其或物は, つて出, つて刀を, つて可, つて女どもの, つて居ます, つて峙つ, つて曲つた鼻で, つて来た, つて橋の, つて流轉と, つて瀕死の, つて生れ代つて来る, つて積荷の, つて紅に, つて苗賣り, つて荒仕事に, つて行く, つて転げ, つて髪なんかも

▼ 姿であり~ (39, 0.1%)

2 自分ほど

1 [37件] ここに, この姿, その外, その妹, その実体, その幼児, その高殿, ながらそうして, ながらもし, ながら一度, ながら商売, ながら如何にも, また生, やがてそれ, スワクエは, 両者が, 人の, 人間の, 仏教の, 何事についても, 俺の, 又表情, 善かれ悪しかれ自分, 女の, 威儀とか, 実際にも, 心意気であり, 或は陰毛, 敵の, 昨日の, 更に大学, 男女同権の, 神の, 笛こそ, 色であり, 身長五尺八寸あり, 靴なども

▼ 姿などは~ (37, 0.1%)

3 見えなかった 2 そんなもの, 一々目, 一層見る

1 [28件] ありありと, いかにもよく安定, すべて大きい, たしかに当世風, てんで眼中, とうにから, ぼんやりし, アマゾンの, ブルジョア的欺瞞を, 何処にも, 余りに影, 単に滑稽, 四六時中若い, 夢にも憶, 彼女も, 憐れみ深い, 決して見よい, 洒落たもの, 特に人々, 直視する, 硝子障子に, 見いだされなかった, 見たこと, 見られるわけ, 見分けが, 見当らぬの, 誰も, 輝くよう

▼ 姿~ (37, 0.1%)

1 [37件] から押花, が俄, が容易く, が様々, だったの, で, で夜目, で泳ぎたい, とロマンチック, と撞着, と熱烈, と顔貌, に張りきらした, に欠点, に現われ, に見惚れ, の最も, の機関車, の若い, の見, はしばらく, は明白, は様々, は調和, やなどから判断, をつつん, をハッキリ, を再現, を完全, を尾田, を持った, を示した, を致し, を見直し, を観察, ノ写真, ヲコノヨウナ菩薩像ニ刻マセテ密カニ観音カ勢至ニ擬シ

▼ 姿にて~ (36, 0.1%)

2 相双び

1 [34件] あらんも, お前に, かしこに, これに, ただその, たふとき, ましまし, われを, 不淨門, 中辺, 住吉踊の, 備前の, 出づ, 出で, 奥より, 妙念の, 始終虚喝, 寝台に, 寝室より, 小さい蝋燭, 御無礼, 忍び込んで, 惡鬼の, 故郷に, 汝に, 涙を, 烟草を, 猿を, 現る, 行かざらん, 見む, 逃げま, 這入ん事此家, 面白う狂う

▼ 姿などが~ (35, 0.1%)

2 アリアリと, 見えた, 見られた

1 [29件] ある, いまにも目, かすかに, この二, ごっちゃに, ちらほら目, つぎから, 一瞥の, 今にな, 働いて, 思ひ浮べられる度, 想像され, 指摘された, 撮られて, 物悲しげ, 目に, 眺められるとは, 眼に, 眼の, 胸の, 芝居の, 見えて, 見かえられて, 變な, 遠近を, 長々と, 非常な, 顕然と, 飾って

▼ 姿だけが~ (33, 0.1%)

2 この世に, 残った, 頭の

1 [27件] あった, そこに, たった一人, だんだん暗く悲しく苦し, はっきりした, はっきり見える, ぼうっと藤作, キラキラと, 大きく心, 妙に, 家々の, 少年の, 影絵の, 思い出されて, 所詮は, 明瞭に, 村の, 残って, 浮きあ, 現れないと, 生きて, 直吉には, 見えない, 見えなかった, 見られなかった, 見霞むデイライト・スクリーン, 闇の

▼ 姿~ (31, 0.1%)

52 て金縁

1 [24件] たるには, てあ, ていふ, てこの, てじゃ, てずらりと, てその, て一所, て倒れた, て剣, て右手, て呉ろう, て救い, て日に日に, て来, て樓前, て次第に, て此寺, て物, て私, て舞台, て薪, て駈け出す, のばる

▼ 姿その~ (29, 0.1%)

5

1 [24件] すべてが, ちがいに, 声その, 大男は, 思想趣味気分いづれ, 朗らかな, 本質を, 歩き方, 毒を, 神聖さ清浄さ威厳威力, 粧は, 精神と, 美しい貌, 者の, 肉体の, 良家の, 色すべてが, 色まことに, 蓑から, 行列その, 霜にも, 音が, 風情は, 髪は

▼ 姿かたち~ (27, 0.1%)

2 をお

1 [25件] いたくおとり, から言葉つき, がずばぬけ, が胸, が見えない, こそ非人, というもの, どう見, には安堵, に扮, に馴れ, の美し, はだれ, はちらりと, はよく, は以前, は美しく, は變つて, までお母様, もうるわしく, をする, をわすれ, をわたくし, を心, を見直した

▼ 姿まで~ (27, 0.1%)

1 [27件] あの書付, いかにも幽霊, きりりと締, ぼんやりあそこ, まじって, まっ白な, アリアリと, 俺には, 変えるはず, 変ったの, 思いだすこと, 思いやられるの, 怠けて, 消すこと, 涼しくて, 現れない, 生れ変った, 目に, 眼界広, 絢爛だった, 見えて, 見えます, 見せる, 見届けて, 見通せすっかり, 變へる, 非常に

▼ 姿だけは~ (26, 0.1%)

1 [26件] いいと, お見, たしかに艶冶, ときおりしか, のうのうと, はっきり心, クッキリと, 一団の, 依然として櫛名田姫, 出来上がるもの, 出来上るもの, 尼将軍と, 崩さず保って, 幾度拝んだ, 朦朧と, 浮んで, 消え失せないの, 渦まく火塵, 漫画でなく, 焚火の, 知って, 示しえて, 私が, 私の, 美しかった, 見たもの

▼ 姿よりも~ (26, 0.1%)

2 おまへたち

1 [24件] いくぶん背, いっそう強く, この位, この青年, さらに一層みるみる矮小化, その傀儡, もっときれい, もつと, クリティシズムという, 偶と, 匂いで, 原始人の, 哀れちいさな, 大部屋連中が, 奥方の, 山の, 心の, 更に可, 水上を, 活動の, 甥の, 秀郷には, 私は, 軍人の

▼ 姿だけ~ (25, 0.1%)

4 だった, である 2 であった, では

1 [13件] だ, だからね, でしか, でした, ならいくら, はっきり覚え, 影の, 映って, 見せて, 見せれば, 見るでも, 見ると, 黒く穴

▼ 姿~ (24, 0.1%)

2 へ暗闇

1 [22件] へ, へあらはれ, へその, へも見あたらなかつた, へも見洩さず, へをもはつきり, へ一人, へ写され, へ御, へ思ひ出す, へ満足, へ聯想, へ見えない, へ見えなかつた, へ見えれ, へ見なけれ, へ見られぬ, へ見る, へ見れ, へ観た, へ認められなかつた, へ隠れん

▼ 姿とが~ (23, 0.1%)

2 あるばかり, 見えた, 限りなく

1 [17件] いつでも, いつもぴったり一致, その美, どの点, どんな人生, ながめられた, 一ツに, 全軍, 彼の, 忽ち私, 煌々たる, 珠太郎を, 相並ん, 眺められた, 見て取られる, 逆光線を, 重なり合い混

▼ 姿ばかり~ (23, 0.1%)

5 では 2 である, 見て

1 [14件] お顔, だった, であった, であるのに, でなく他人, でなく顔, なんだ, 大きい人間, 桔梗は, 気に, 立派でも, 見えて, 追つかけ, 鮮明り

▼ 姿それ~ (21, 0.1%)

3 と見 2 は中村芝翫

1 [16件] がお, がまた, が三百ポンド, が手, が観, であった, に声, に對, の眞, の眞實, はお, はほんとう, は今, は現代人, は白い, を見ました

▼ 姿などを~ (21, 0.1%)

1 [21件] あらわに, なさるの, ふとみかける, まじまじと, 人目に, 思い出しながら, 思い出す, 思い浮かべて, 思ひ出す, 恋しく思い, 想像にも, 描いて, 描きその, 画いて, 背に, 胸に, 見かけると, 見かけるよう, 見せられたもの, 見ては, 見ると

▼ 姿とも~ (20, 0.0%)

1 [20件] あるひ, いえましょう, いえるの, うけとれる, に申分, 一寸受取れなかった, 云へる, 尋ねるもの, 思えなかった, 思われるの, 暗黙の, 眺められる, 考へられようこの, 見えずほぼ, 見えた, 見えたで, 見えないの, 見える, 見たので, 見るでしょう

▼ 姿~ (20, 0.0%)

1 [20件] が懐かしく, そのままの, という風情, と横, なども矢代, のよう, の覗き眼鏡, は出来上りました, をかく, をばここ, を受取っ, を小僧, を床, を手, を描い, を氏郷, を紅い, を見る, を頼まれました, 故少し

▼ 姿だけを~ (19, 0.0%)

2 ボンヤリ認め

1 [17件] のぞいて, まざまざと, 仰いで, 出来るかぎり如実, 切りとって, 切抜きその, 取去つた, 待って, 恋い求めて, 悠々と, 改めさせました, 書きつづけて, 眺めて, 見いだす, 見て, 見るやう, 記録し

▼ 姿なり~ (19, 0.0%)

2 五重の塔は

1 [17件] けれ, その類, それは, といへるに, 品の, 声を以て, 声音なり, 容貌なり, 幽かなれ, 待つ人, 心から地蔵様, 性格なりを, 感じなりから, 構正しく, 清く尊げ, 然れ, 見せて

▼ 姿までが~ (19, 0.0%)

1 [19件] そっくりだった, それに, どことなく似, にわかによく見え, まだありありと, 余にも, 反って, 妙な, 幻の, 想像された, 斑, 溶けこんで, 煙りの, 痩形で, 石の, 自分から, 見えるよう, 豆の, 走馬燈の

▼ 姿~ (18, 0.0%)

2 何かで

1 [16件] あるいは女, お伽噺の, さもなく, たちさ, ともかくそう呟い, へるすべ, わからない, ジャズに, 何かを, 又は所持品, 或はその, 普通の, 知らと, 知らんと, 確かには, 色に

▼ 姿そのもの~ (17, 0.0%)

1 [17件] からし, からプンプン, がここ当分三十年, が今, が何, が姿, が抗議, だった, であったという, であらう, に語らしめよう, のある, のいかなる, のよう, も俗, をほめ, を捲き込ん

▼ 姿~ (17, 0.0%)

2 写ス弥七郎作と, 認ム

1 [13件] ノミ見, 写ス, 思イ出シテイタ, 思イ出ス, 描イタ, 木村ニ見, 消シタ, 現ワサナイ, 現ワシタノデアル, 老婆, 見セナイガト, 見セナカッタ, 記憶シテイル

▼ 姿であっ~ (16, 0.0%)

2 てそのうえ

1 [14件] たりする, て, てことに, てこの, てしかも, てもっとも, て以前, て各々, て同じ, て小, て後, て文学, て男, て眼眦

▼ 姿をば~ (16, 0.0%)

2 人情本の

1 [14件] どこにも, 一たび見つる, 三日前の, 些か写し出さ, 人々は, 寫し出さん, 忘るべく, 文弥君は, 望み見ること, 繪に, 自分は, 衣裳の, 見せしよな, 認め得たり

▼ 姿を以て~ (15, 0.0%)

1 [15件] しかもそれ, してさえも, するが, 世紀を, 儀礼の, 帰着し, 必ず現, 最も深き, 民族的雄図を, 現はれ来る, 現われて, 自然科学へ, 舞台に, 這入って, 遺されて

▼ 姿しか~ (14, 0.0%)

2 なかった, 示さないのに 1 うかんで, お見せなさるまい, 思ひ出せない, 映らないの, 浮ばなかった, 知らない工藤, 見あたらなかったのに, 見えなかった, 見えなかったので, 見られなくなる

▼ 姿といふ~ (14, 0.0%)

6 ものは 4 ものを 2 ものが 1 ことを, ものがか

▼ 姿とともに~ (14, 0.0%)

1 [14件] いちだ, この頃, ひょっくりと, また神, 一段の, 中に, 今なかなか, 天人が, 寺領の, 岬の, 描き出そうと, 目に, 郷党殊に, 隔りない善い

▼ 姿より~ (14, 0.0%)

2 ほかに

1 [12件] お躯ぜんたい, して, なき幹枝, よっぽど可愛く, 他に, 先に, 放つこと, 数多き女戦士, 羽織の, 考えないの, 隔てられて, 鷲の

▼ 姿かと~ (13, 0.0%)

1 [13件] 思いそれ, 思い膝, 思い諸, 思う静さ, 思って, 思つた, 思ひそれ, 思われるほど酷似, 懐かしく思った, 桂子は, 疑はる, 疑われ果て, 考えると

▼ 姿そのまま~ (13, 0.0%)

1 [13件] がすでに, がひょっくり, である, でございました, ですから, で笑いかけ, で赦され, で駕籠, なの, のもの, のよう, の智恵子, をそこ

▼ 姿でなく~ (13, 0.0%)

2 て誰, 魚の 1 その点, てどこ, てはならぬ, ては褒めない, てもの, ともよい, ばせめて, モクモクと, 特に護法

▼ 姿ながら~ (13, 0.0%)

1 [13件] あんまり風采, いつもよりは, ひしと抱かれ, 上から, 囲炉裏の, 埃だらけの, 室の, 恐れ気も, 時代の, 眼の, 美しい色彩, 身を, 鬼女その

▼ 姿なき~ (13, 0.0%)

1 [13件] ものの, 主人公は, 同伴者である, 君の, 女優, 客に, 怪盗と, 相手は, 眼と, 眼は, 知人, 者の, 者は

▼ 姿なんか~ (13, 0.0%)

2 見えやしません

1 [11件] では, とても想像, どうなっ, なくなって, めったに見られしません, やつすこと, 見せたくないでしょうけれどね, 見度, 見掛けないと, 隠すこと, 隱す

▼ 姿ばかりが~ (13, 0.0%)

2 時ならぬ

1 [11件] あはれにも, いろいろに, はいつて, まるで大空, よく似た, 彼の, 思われる, 残るの, 浮かぶの, 眼に, 迫るの

▼ 姿ばかりは~ (13, 0.0%)

1 [13件] ありました, お人, がっくり伸ばした, まったく素晴らしい美し, 似たれども, 墨染に, 年齢ほどに, 歴々として, 独り寝する, 現われないだろう, 見違えようと, 隠すとも, 隱す

▼ 姿によって~ (12, 0.0%)

1 [12件] この舞, その由来, それぞれの, 世界を, 占領し尽された, 奏されて, 日を, 暗示せられる, 現わ, 破られて, 見せつけられた我々自身, 象徴される

▼ 姿のみ~ (12, 0.0%)

2 ならず往来 1 だつた, ならず流れて, 不気味な, 人に, 今に目, 大方の, 神秘な, 美に, 艶美好色の, 頭に

▼ 姿ほど~ (12, 0.0%)

2 尊いもの 1 あわれむべき姿, いつまで, なつかしいもの, わたしを, 凄いもの, 暴徒の, 痛ましいもの, 私どもの, 美くし, 豹吉を

▼ 姿すら~ (11, 0.0%)

4 見せずに 1 それと, 小さな海鴫, 甲板には, 見えなくなって, 見かけず神田, 見せない, 見ること

▼ 姿からは~ (10, 0.0%)

1 さうし, 下賤, 今までに, 元の, 岩間の, 形容に, 想像も, 暑い感じ, 異なったもの, 遮られて

▼ 姿じゃ~ (10, 0.0%)

4 ない 2 ないか 1 ありませんか, 出られないのでねえ, 早く早く, 誰だって

▼ 姿との~ (10, 0.0%)

1 あいだに, あらゆる馴れあ, あらゆる馴れあい, けじめを, ために, 二つの, 対照を, 組合せは, 處に, 間に

▼ 姿なども~ (10, 0.0%)

1 あった, すべてが, つい昨日, チラホラ見かけました, 夕明りに, 影の, 暮らしく見られた, 見えた, 見えたり, 解らない

▼ 姿なる~ (10, 0.0%)

2 は何事, ものが 1 は何, ものは, や否や, らん, を奇, 豊子は

▼ 姿~ (10, 0.0%)

1 があっ, があった, がここ, である, にはあらざるべし, の似たれ, ははっきり, は宛然, をし, を以て武后

▼ 姿であろう~ (9, 0.0%)

41 かと, がかまいません, とは, とは夢, と見えた

▼ 姿らしい~ (9, 0.0%)

1 のです, のは, のを, ものが, ものさえ, ものは, ものを, 其の門, 者は

▼ 姿をと~ (9, 0.0%)

2 見こう 1 つたに, つてゐた, つて見えた, ばりの, ほして, 云うよりも, 言う

▼ 姿~ (9, 0.0%)

1 があつ, このむ者, ならゆくゆく, に魅惑, は少し, もない, よりも心, 忽然とし, 衰えず淫心

▼ 姿と共に~ (8, 0.0%)

1 外いちめんの, 如何にも賑, 掻き消されて, 日毎に, 映し入るよう, 橋の, 歴々と, 鏡の

▼ 姿なら~ (8, 0.0%)

1 これを, その男, ばそれで, ば何, 先生と, 即座に, 想像し, 技術なら

▼ 姿に対して~ (8, 0.0%)

1 そのよう, それに, 其の礼, 和し, 学生が, 彼は, 無意識の, 紛々たる

▼ 姿よりは~ (8, 0.0%)

2 女姿の 1 その健康, 京あたりの, 河原町の, 濃くみえた, 爽かに, 髪の

▼ 姿~ (7, 0.0%)

1 せいの, らくの, 一時的に, 地蔵そっくり, 数寄屋坊主とも, 笑顔が, 顔だち

▼ 姿した~ (7, 0.0%)

2 のが 1 もので, 女が, 旅の, 男が, 白人の

▼ 姿~ (7, 0.0%)

1 いたましき, おもしろき松, かし, したる, なつかしき, わかき, 目に

▼ 姿だつた~ (7, 0.0%)

3 ことは 1 から, ためその, ね, んです

▼ 姿でない~ (7, 0.0%)

1 か, かと思はれる, ている, ものは, 故に, 棒を, 袿であった

▼ 姿とか~ (7, 0.0%)

1 そういった古代趣味, ないしは草取り, 女の, 折々に, 月光の, 水の, 読ませる

▼ 姿などに~ (7, 0.0%)

1 なって, 彼女らしい, 悲惨を, 気づいたでも, 気を, 胸を, 見入った

▼ 姿にまで~ (7, 0.0%)

2 進化し 1 仕上げて, 代を, 復原し, 洗練され, 終始うしろめたい

▼ 姿また~ (7, 0.0%)

2 かくれ去りつ, 爰に 1 京都その他では, 刻一刻を, 撓む姿

▼ 姿~ (7, 0.0%)

3 も目 1 いづこ, までの孤独, 安くに, 尚ほ

▼ 姿全体~ (7, 0.0%)

1 がサクサク, が今, と言い, にも声音, に極度, に流れ, までがそのため

▼ 姿恰好~ (7, 0.0%)

1 からいっ, がどうしても, でありこの, にもあなた, は継子, やその, をいたしまし

▼ 姿~ (7, 0.0%)

2 あり, あるに, あるは 1 で長火鉢

▼ 姿見る~ (7, 0.0%)

1 がごとし, ともう, と前, のに候, もいや, 兄君の, 足とき駿馬無情にも

▼ 姿隠し~ (7, 0.0%)

4 の袋笠 21 ても一緒

▼ 姿あり~ (6, 0.0%)

1 さまの, て旗野, て立てる, といえ, ともなし, のま

▼ 姿こそは~ (6, 0.0%)

1 ありありと, やさしげ, 不義不正と, 凡夫の, 私の, 藝術である

▼ 姿さえも~ (6, 0.0%)

1 彼の, 浮き出る壁, 知らず国際裁判, 見えなかった, 見せない, 見洩らさずに

▼ 姿それから~ (6, 0.0%)

1 あの當時, その子, 例の, 押込んで, 洋館の, 漸く森

▼ 姿どこ~ (6, 0.0%)

3 へ行った, やら素人

▼ 姿なれ~ (6, 0.0%)

2 ども幽 1 どもこれ, ども幽霊, ば慥, ば手向い

▼ 姿について~ (6, 0.0%)

2 思ひを 1 であつ, 一種の, 知らず知らず考えこんだ, 著者は

▼ 姿のみが~ (6, 0.0%)

1 ポツンと, 在るやう, 彼の, 映る, 残った, 見入る觀想

▼ 姿ばかりを~ (6, 0.0%)

1 凝つと, 穴の, 美しくかきよせた, 見て, 見出せた, 追っかけて

▼ 姿ある~ (5, 0.0%)

1 うちに, が如く, こそ無き, は怪むべ, 道士六朝の

▼ 姿これ~ (5, 0.0%)

1 がギリシャ, が釣り, だけは隠す, は私, もわたし

▼ 姿したる~ (5, 0.0%)

2 三個人の 1 ものひたすら, 人を, 聖なる美神

▼ 姿だけでも~ (5, 0.0%)

1 二十や, 今と, 拜ませ, 拝ませてやら, 見たかったの

▼ 姿~ (5, 0.0%)

3 やない 1 や, やな

▼ 姿でした~ (5, 0.0%)

2 が平次 1 からお, がだ, がもと

▼ 姿でなけれ~ (5, 0.0%)

2 ばならない 1 ばそれ本物, ばならぬ, ばなりません

▼ 姿とでも~ (5, 0.0%)

1 いうよう, いえるその, 云うべきもの, 云おうか, 言つたら

▼ 姿とに~ (5, 0.0%)

1 ほとんど魂, 心が, 接すると, 既に一方, 興味を

▼ 姿なぞ~ (5, 0.0%)

1 でさしも, 求めようとも, 肌身に, 見て, 見れば

▼ 姿などには~ (5, 0.0%)

1 何んな, 気づかれも, 眼も, 第一霊気, 鬼女の

▼ 姿なりが~ (5, 0.0%)

5 其ま

▼ 姿にかへ~ (5, 0.0%)

1 して, つた, つたが, つて見えた, れるでは

▼ 姿にのみ~ (5, 0.0%)

1 ある, かぎらない, とらわれた凡庸, 向けられる, 接するの

▼ 姿のみを~ (5, 0.0%)

2 眺めて 1 描いた, 見たの, 見るの

▼ 姿への~ (5, 0.0%)

2 美的な 1 復歸として, 復活は, 角度を通して

▼ 姿までも~ (5, 0.0%)

1 ずっと遠く, 拝ませて, 見えなくしおった, 見ること, 調べて

▼ 姿~ (5, 0.0%)

1 にまじれ, の如くならず, の気づかない, の物腰, の聲

▼ 姿~ (5, 0.0%)

1 に反, のま, を執, を執つた, を活人画

▼ 姿~ (5, 0.0%)

1 にうつり, のよう, の前, をかつぎこませた, を写し

▼ 姿~ (5, 0.0%)

1 からあ, といい, と胴体, なら女子, を城

▼ 姿あの~ (4, 0.0%)

1 ささやかな, 時ばかりは, 時覗いた, 部屋あの

▼ 姿いかにも~ (4, 0.0%)

1 哀れに, 春らしい, 武士の, 長い間

▼ 姿いと~ (4, 0.0%)

1 清楚なり, 珍し古き像, 珍らし, 貴き者

▼ 姿かも~ (4, 0.0%)

1 しれない, しれぬと, 知れない, 知れないが

▼ 姿この~ (4, 0.0%)

1 激情的な, 生の, 辺に, 間道を

▼ 姿さながら~ (4, 0.0%)

1 である, 夢枕に, 河獺に, 能面の

▼ 姿だって~ (4, 0.0%)

1 お前いい, まったく前, 人間そっくり, 消えますわ

▼ 姿だらう~ (4, 0.0%)

1 か, か眞, としみじみ, どんなに悩ん

▼ 姿としての~ (4, 0.0%)

1 一点の, 人間性が, 性質を, 陰影の

▼ 姿とで~ (4, 0.0%)

1 わたしには, 女性への, 沈欝な, 物語られた

▼ 姿なぞは~ (4, 0.0%)

1 もはやどこ, チラリとも, 殆ど見られぬ, 頼まれても

▼ 姿なりと~ (4, 0.0%)

1 しその, 見て, 讚め稱へ, 頭に

▼ 姿においては~ (4, 0.0%)

1 むしろ塔の, 存在論的論證は, 存外邑落自身, 方向は

▼ 姿における~ (4, 0.0%)

1 上陸を, 人である, 時は, 超人的存在

▼ 姿によ~ (4, 0.0%)

1 だれを, つて克服止揚さるべきである, つて別々の, つて自分と

▼ 姿はと~ (4, 0.0%)

2 目を 1 いえば, 見ると

▼ 姿やさしき~ (4, 0.0%)

1 天の, 牝, 牝鶏の, 都風たれ

▼ 姿~ (4, 0.0%)

1 うつくしき朝京, 二撃三撃を, 感覚と, 行かざるを

▼ 姿よく~ (4, 0.0%)

1 情あり, 着こなした衣裳, 着たが, 見む

▼ 姿をさえ~ (4, 0.0%)

1 照らして, 笑って, 見ること, 認めたもの

▼ 姿をのみ~ (4, 0.0%)

2 描かれて 1 見て, 追つて

▼ 姿~ (4, 0.0%)

3 やらん大 1 といふデリカ

▼ 姿~ (4, 0.0%)

1 なり, なる武士等, なる武士等犇, に

▼ 姿即ち~ (4, 0.0%)

1 いかなる人物, 他者への, 粉体や, 自然的時間乃至

▼ 姿~ (4, 0.0%)

1 ある所, 制服, 撓む姿, 籠の

▼ 姿~ (4, 0.0%)

2 の形 1 の容, の趣

▼ 姿~ (4, 0.0%)

2 の軋る 1 でほった, に造り

▼ 姿~ (4, 0.0%)

1 一番に, 三句の, 二に, 二は

▼ 姿~ (3, 0.0%)

1 われに, 忘れねえもん, 見えねえや

▼ 姿あら~ (3, 0.0%)

1 はしいづる, はすこ, はに引

▼ 姿ありし~ (3, 0.0%)

2 がそれ 1 に変らで

▼ 姿からも~ (3, 0.0%)

1 かつて感激, 中の, 以前の

▼ 姿しかし~ (3, 0.0%)

1 そこを, 二人ながら, 後年の

▼ 姿すらも~ (3, 0.0%)

2 見えは 1 見せないの

▼ 姿そして~ (3, 0.0%)

1 そのとき, 今夜は, 何んとも

▼ 姿それら~ (3, 0.0%)

1 のもの, は宗達, も彼女

▼ 姿そんな~ (3, 0.0%)

1 ものが, 野性な, 野生の

▼ 姿って~ (3, 0.0%)

1 いいもの, やつが, やつは

▼ 姿であるなら~ (3, 0.0%)

2 ばたとい 1 むしろ夢

▼ 姿であれ~ (3, 0.0%)

1 ばある, 私は, 風情であれ

▼ 姿でだけ~ (3, 0.0%)

1 現れるとは, 素朴に, 見るの

▼ 姿としか~ (3, 0.0%)

1 思われず面, 思われない, 思われぬ木乃伊

▼ 姿としては~ (3, 0.0%)

1 いささか異様, なかなか身, 十分に

▼ 姿とだけ~ (3, 0.0%)

1 であった, では, みて

▼ 姿などという~ (3, 0.0%)

2 ものは 1 ものよりも

▼ 姿なりに~ (3, 0.0%)

1 堂々と, 時代の, 薄く切る

▼ 姿なんぞは~ (3, 0.0%)

2 ほんの気まぐれ 1 てんで見えやしますまい

▼ 姿にこそ~ (3, 0.0%)

1 かえって美, この言葉, 却つて美の

▼ 姿にしか~ (3, 0.0%)

1 映らないの, 見えないから, 見えなかった

▼ 姿にでも~ (3, 0.0%)

1 なって, 刻んだら面白から, 雨戸が

▼ 姿にばかり~ (3, 0.0%)

1 君は, 心を, 想像し

▼ 姿ばかりに~ (3, 0.0%)

1 なって, なるやう, 視線を

▼ 姿ひとつ~ (3, 0.0%)

1 も見えなくなり, を眸, 見せずに

▼ 姿やら~ (3, 0.0%)

1 何が, 周囲の, 童の

▼ 姿ゆえ~ (3, 0.0%)

1 てッきりそれ, でご, 悲しい災難

▼ 姿らしく~ (3, 0.0%)

1 も思われ, も眺められた, も見える

▼ 姿をしか~ (3, 0.0%)

2 見て 1 保たない

▼ 姿を通して~ (3, 0.0%)

1 涼しさ, 統一ある, 連想する

▼ 姿一つ~ (3, 0.0%)

1 だ, でもお, を睨まえ

▼ 姿~ (3, 0.0%)

2 圖見たる 1 図見たる

▼ 姿小さく~ (3, 0.0%)

1 ミーラヤ, 水脈を, 見えたり

▼ 姿弱く~ (3, 0.0%)

3 して

▼ 姿正太~ (3, 0.0%)

3 うれしげに

▼ 姿~ (3, 0.0%)

1 はし, はる, わる

▼ 姿~ (3, 0.0%)

1 あるもの, に浮ぶ, に見える

▼ 姿自分~ (3, 0.0%)

1 に深く, の妄想, の母親

▼ 姿見えざる~ (3, 0.0%)

3 は之

▼ 姿見た~ (3, 0.0%)

1 時に, 時には, 者なし

▼ 姿あなた~ (2, 0.0%)

1 にはおかしい, の容貌

▼ 姿あれ~ (2, 0.0%)

1 が榊原先生, どもこれ

▼ 姿いっぱい~ (2, 0.0%)

1 に大きく, に火

▼ 姿いとい~ (2, 0.0%)

2 と気高く

▼ 姿いにしへ~ (2, 0.0%)

2 もかく

▼ 姿いや~ (2, 0.0%)

1 男の, 面白い対照

▼ 姿うつそ~ (2, 0.0%)

2 身に

▼ 姿きめ~ (2, 0.0%)

2 の柔かい

▼ 姿こういう~ (2, 0.0%)

1 対比は, 形を

▼ 姿さまざま~ (2, 0.0%)

1 だった, である

▼ 姿さも~ (2, 0.0%)

1 怜悧げに, 怜悧気に

▼ 姿さやか~ (2, 0.0%)

2 に庭下駄

▼ 姿さん~ (2, 0.0%)

1 が死ぬ, ですよ

▼ 姿すでに~ (2, 0.0%)

1 どこへ, 木立ちに

▼ 姿すなわち~ (2, 0.0%)

1 優れた点, 色々の

▼ 姿そう~ (2, 0.0%)

1 それより, 云う顔立ち

▼ 姿そっくり~ (2, 0.0%)

1 であった, では

▼ 姿ぞいぢ~ (2, 0.0%)

2 らしき

▼ 姿~ (2, 0.0%)

1 とひ, ふとくも

▼ 姿だけしか~ (2, 0.0%)

1 書けなくて, 見えないので

▼ 姿だけで~ (2, 0.0%)

1 見物を, 顔が

▼ 姿だけの~ (2, 0.0%)

1 ちらと, ものが

▼ 姿だに~ (2, 0.0%)

2 見掛けること

▼ 姿だの~ (2, 0.0%)

1 大鍋, 小鷹を

▼ 姿だろう~ (2, 0.0%)

1 と思われる, に何

▼ 姿てえ~ (2, 0.0%)

2 ものは

▼ 姿であったなら~ (2, 0.0%)

1 ばあの, ばなんとか

▼ 姿であります~ (2, 0.0%)

1 から, 幅狭

▼ 姿でございました~ (2, 0.0%)

1 から見る, が驚いた

▼ 姿でございます~ (2, 0.0%)

1 か, ぞ

▼ 姿でさえ~ (2, 0.0%)

1 わたしが, 気味の

▼ 姿でしか~ (2, 0.0%)

1 ないと, 見かけなかった

▼ 姿とな~ (2, 0.0%)

1 つて道後左衛門の, ツて

▼ 姿どおり~ (2, 0.0%)

1 だった, に娘

▼ 姿ども~ (2, 0.0%)

1 が次, よ

▼ 姿ながらも~ (2, 0.0%)

1 その御, とりわけ動き

▼ 姿なき声~ (2, 0.0%)

1 がのべたてる, はべつに

▼ 姿なし~ (2, 0.0%)

1 と地, どこへ

▼ 姿なに~ (2, 0.0%)

1 から何, はのみそ

▼ 姿なよなよ~ (2, 0.0%)

2 しく簪

▼ 姿なりし~ (2, 0.0%)

1 が一朝, ことを

▼ 姿にか~ (2, 0.0%)

1 へりましたが, へる眼

▼ 姿にさえ~ (2, 0.0%)

1 もう一顧, 彼は

▼ 姿にすら~ (2, 0.0%)

1 どことなく品, 彼らは

▼ 姿にゃ~ (2, 0.0%)

2 親でも

▼ 姿に対する~ (2, 0.0%)

1 取捨の, 自己満足に

▼ 姿はを~ (2, 0.0%)

1 り, りを

▼ 姿ばかりの~ (2, 0.0%)

1 秋であった, 錦絵を

▼ 姿ひと日~ (2, 0.0%)

2 もおちず

▼ 姿へと~ (2, 0.0%)

1 もうたましい, 落ちたが

▼ 姿へは~ (2, 0.0%)

1 何度も, 眼も

▼ 姿までを~ (2, 0.0%)

1 氷の, 話の

▼ 姿~ (2, 0.0%)

1 てし, ゆ

▼ 姿やつし~ (2, 0.0%)

1 ていよう, てよ中仙道

▼ 姿わが~ (2, 0.0%)

1 目に, 目の

▼ 姿をこそ~ (2, 0.0%)

1 いえ心, 哀れむよう

▼ 姿をぞ~ (2, 0.0%)

1 おもふ, 愛でしるる

▼ 姿をど~ (2, 0.0%)

1 つしり, つちか

▼ 姿をまで~ (2, 0.0%)

1 一挙に, 変えたので

▼ 姿一人~ (2, 0.0%)

1 のこよなく美しい, の娘

▼ 姿~ (2, 0.0%)

1 が記憶, けのけもの

▼ 姿以上~ (2, 0.0%)

1 に振舞, に見せかけ

▼ 姿以外~ (2, 0.0%)

1 のもの, は殆ど

▼ 姿優しい~ (2, 0.0%)

2 姫神山が

▼ 姿全く~ (2, 0.0%)

1 見えざることユスティニアヌス, 見えず太陽天火星天

▼ 姿八五郎~ (2, 0.0%)

2 はさすが

▼ 姿又は~ (2, 0.0%)

1 その物品, 之と

▼ 姿及び~ (2, 0.0%)

1 その詞, 驚きの

▼ 姿取り~ (2, 0.0%)

1 沈默せよ, 諸將

▼ 姿堪へ堪へ~ (2, 0.0%)

2 て常

▼ 姿~ (2, 0.0%)

2 態なる

▼ 姿~ (2, 0.0%)

2 重く寂寞

▼ 姿~ (2, 0.0%)

1 そう江戸前, 独楽を

▼ 姿~ (2, 0.0%)

1 にし, にのぼりきらん

▼ 姿~ (2, 0.0%)

1 の指輪, も若々しい

▼ 姿威儀時~ (2, 0.0%)

2 に比

▼ 姿子供~ (2, 0.0%)

1 の様, の遊びぶり

▼ 姿実に~ (2, 0.0%)

1 異様に, 眼も

▼ 姿~ (2, 0.0%)

1 の頃, の頃十七

▼ 姿~ (2, 0.0%)

1 の妻, の罵声

▼ 姿~ (2, 0.0%)

1 存商売物客人女郎不, 成道の

▼ 姿忽ち~ (2, 0.0%)

1 両端に, 重る梢

▼ 姿思ひ~ (2, 0.0%)

1 て, 食ふ

▼ 姿~ (2, 0.0%)

1 ながら見られた, は見る

▼ 姿我が~ (2, 0.0%)

1 目に, 相好必ず

▼ 姿或は~ (2, 0.0%)

1 猫の, 馬の

▼ 姿昨夜~ (2, 0.0%)

2 も扮

▼ 姿~ (2, 0.0%)

2 の木立

▼ 姿柳腰~ (2, 0.0%)

2 の美人等わらじ

▼ 姿殊に~ (2, 0.0%)

1 この手帳, 此の

▼ 姿~ (2, 0.0%)

1 と子, の慈愛

▼ 姿~ (2, 0.0%)

1 に映つし, の流れ

▼ 姿滅多~ (2, 0.0%)

1 にはおがめない, には拝めない

▼ 姿~ (2, 0.0%)

2 も何

▼ 姿特に~ (2, 0.0%)

1 美しく尊, 金堂の

▼ 姿甚だ~ (2, 0.0%)

1 と, ととのわず

▼ 姿目のあたり~ (2, 0.0%)

2 近いの

▼ 姿~ (2, 0.0%)

1 と性格, 等しくこの

▼ 姿~ (2, 0.0%)

1 はこんなに, はどう

▼ 姿~ (2, 0.0%)

1 勇しくも, 醜くも

▼ 姿立顕~ (2, 0.0%)

2

▼ 姿緋縮緬~ (2, 0.0%)

2 が血

▼ 姿~ (2, 0.0%)

1 しからず才, しかりし者

▼ 姿美しい~ (2, 0.0%)

1 圖書館を, 顔では

▼ 姿美妙~ (2, 0.0%)

1 と言, と言おう

▼ 姿背中~ (2, 0.0%)

1 にある, に糸経

▼ 姿~ (2, 0.0%)

1 が窪ん, には白く

▼ 姿~ (2, 0.0%)

1 には畚, に大刀

▼ 姿若々しい~ (2, 0.0%)

1 その歌声, 青年の

▼ 姿見え~ (2, 0.0%)

1 しません, て立

▼ 姿見えず~ (2, 0.0%)

1 とみれ, 三日目の

▼ 姿見えぬ~ (2, 0.0%)

1 人うなだれ, 人に

▼ 姿見え来~ (2, 0.0%)

2 たりぬ

▼ 姿見ゆる~ (2, 0.0%)

2 限りは

▼ 姿~ (2, 0.0%)

1 に, により

▼ 姿誠に~ (2, 0.0%)

1 心地よく候, 物痛しく

▼ 姿軋る~ (2, 0.0%)

2 音今にも

▼ 姿通り~ (2, 0.0%)

1 の影, の空虚

▼ 姿醜く~ (2, 0.0%)

1 品卑しく, 素情悪く

▼ 姿~ (2, 0.0%)

1 を負, を負うてる

▼ 姿顕し~ (2, 0.0%)

1 たまえ, たまへ

▼ 姿~ (2, 0.0%)

2 したま

▼ 姿骸骨~ (2, 0.0%)

2 の絵

▼ 姿黒頭巾~ (2, 0.0%)

1 で深く, で顔

▼1* [713件]

姿あえかにて, 姿あざやかにも見ゆる, 姿あたかも雲に, 姿あはれに情深き, 姿あらざりにけり, 姿あらずてふ, 姿あらたまるにいたれる, 姿あらねどさばかり, 姿あらゆる幻怪美を, 姿ありがたい叡慮の, 姿いかめしいおまわりさんたち, 姿いさましく富士ヶ根さして, 姿いずれも武士, 姿いたいたしい市九郎に, 姿いたく今見る, 姿いつか機会があったら, 姿いつもまのあたりに見参らす, 姿いづれも純白, 姿いともあやしき, 姿いまは見え, 姿いろある袖袂, 姿うつしみて, 姿うつくしくあれなとぞ, 姿うつし口には, 姿うら寂しく姉夫人も, 姿うるわしく才いみ, 姿おした肉体を, 姿おそろしいです, 姿おぼつかない足どりしかも, 姿おぼろかになまめき, 姿おもへば扨, 姿おろおろした姿, 姿お話にならない, 姿かくしの霧, 姿かくすな, 姿かすかな漣, 姿かたち気にとめん, 姿かたち痩み萎, 姿かてそうや, 姿かなと富岡は, 姿かに見える, 姿かの女は, 姿からでもこんな不思議, 姿からもうかがはれた, 姿かれらは, 姿かわった司馬先生は, 姿がかへり見ら, 姿がけふは, 姿がすらッと, 姿がにゆつと, 姿がはッと, 姿がへつてヒッソリする, 姿がよこたは, 姿きのうも今日, 姿きりりとなりて, 姿くだけた物腰だった, 姿くらゐは, 姿ぐらいであった, 姿ぐらいではありません, 姿けだかしされど一, 姿ここに黒, 姿こころには観よ, 姿こそをかしから, 姿ことばにかかわらぬ, 姿これから見れば, 姿そりご, 姿さしてその, 姿さしまして, 姿さすがに縣主, 姿させて見た, 姿さそはまほし, 姿さぞ山の神, 姿さても水, 姿さびしき日の, 姿しとるばってんその, 姿しよんぼりと細り, 姿しらべを賦, 姿じゃあ座敷へ, 姿じゃと申す事, 姿じゃわ羅宇屋の, 姿すつきりした, 姿すなわちただ何事も, 姿すべて鮮らかである, 姿するりと出づ, 姿すゞしく移香, 姿を包む, 姿そういうのが, 姿そうしたさまざまの, 姿そこで生き死, 姿そつくりではない, 姿そのまま言わばその写し, 姿その他の写真, 姿そりや綺麗, 姿それでなかなか寛げ, 姿それでいて細そりと, 姿それでもどことなく根, 姿それ自体も今一本腕, 姿それ自身を永遠, 姿ぞいとまさりける, 姿ぞとまことに夜, 姿ぞやいまなほ彼に, 姿たすきがけの年ごろ, 姿たそや行燈, 姿ただこれ雪の, 姿ただしき小美人, 姿ただ一枚でも秦宗吉, 姿たちまち霧の, 姿たとえ翁と, 姿たるに止まる, 姿たるやだ旅行服を, 姿たれかあはれ, 姿だおどろく事は, 姿だけと言ふ, 姿だけということでした, 姿だけも見るが, 姿だけを以て見れば, 姿だったらしいから深, 姿だろう項垂れてじっと, 姿ちらりと動きて, 姿つきで高峯一端, 姿つくづくと, 姿つねよりも艶, 姿つめたく薄紅, 姿つんとすませば, 姿づくった梢にも, 姿であったろうがそれ, 姿でありたいと思う, 姿でありまして新しい, 姿であり見る目憚らぬ, 姿であるまいと思う, 姿であるらしかつた, 姿でいらっしゃるので御座います, 姿でうな垂れ, 姿でがぼ, 姿でございまして一たん, 姿でござったからお, 姿でござるかの, 姿でしかも黙って, 姿でした飛び付きたいような, 姿でしょうお品, 姿ですまし返って坐っ, 姿でですな, 姿でなくじぶんの, 姿でなけりゃア成らぬ, 姿でにこついて, 姿での太刀山は, 姿でべッたり, 姿で無いと昼間歩き, 姿というは或いは裸形, 姿といった方が, 姿ときたら似ている, 姿とこしなへに變, 姿としてさえもそれは, 姿としてだけとりあげられて, 姿としても又は調和, 姿とぞなりに, 姿とて首垂るる, 姿とても見えは, 姿とには何か, 姿とによって幾分の, 姿とのみは淡く寒し, 姿ともによい者, 姿とりどりなるもの, 姿とり乍ら水師のそば, 姿とり來り, 姿とり祕密に常に, 姿どころか煙草畑が, 姿どちらも中年者, 姿なかった, 姿なかなか見えず, 姿なくして, 姿なぞがズンズン眼の, 姿なぞになったの, 姿なぞのその辺, 姿なぞもそぞろに, 姿なぞを構った事, 姿なぞ取り取り様々の形, 姿なだらかにことごとしく, 姿などで目に, 姿などと比べる性質, 姿などといふものは, 姿などにも見えるもの, 姿などのやうに, 姿なまなましい生命の, 姿ならず木々の, 姿なら歌いつ弾きつ舞うさまなら, 姿なりいでたちなり婦人という, 姿なりとも自分が, 姿なんぞと誰が, 姿なんて素晴らしい特種, 姿なんぼう口惜しい, 姿においてしかなされねば, 姿においての科学を, 姿においてのみそれを, 姿にかはつた, 姿にくづれて劇痛の, 姿にぞありける, 姿にたいするときでさえも, 姿についての私の, 姿については少しも, 姿にてはたといその, 姿にとむるに, 姿にともすれば, 姿にともなひ間, 姿にわッと, 姿に対してはわたくしは, 姿に対しましては何も, 姿に対するまでは明らかに, 姿たまも, 姿のうへではなかつたの, 姿のくづれたのが気にな, 姿のほどのよさ, 姿のみといわず日影, 姿のみはくつきりと, 姿のみようどと, 姿はいずくとも, 姿はくりかへされる, 姿はさほど美しい, 姿はたへなれ, 姿はつひに, 姿ははだか, 姿はも少しで, 姿はもの哀れと, 姿ばかりか声までが, 姿ひとりでもあったなら, 姿へだたりて殘, 姿ほどの大きいもの, 姿ほども積んで, 姿ほんとうのあり, 姿まことに有りがたく, 姿まことにこんなに人を, 姿まさしう見, 姿まさしくあの奇術, 姿まさに文字どおりであったろう, 姿まず関東における, 姿まずはそれに, 姿またもや消えて, 姿まったく錦絵が, 姿までに成つたのである, 姿までは殆ん, 姿みえず老人も, 姿みじめで愚劣, 姿みずみずしい大葉柳や, 姿みたいな向う鉢巻, 姿みるに余り, 姿むくつけく器量世に, 姿もうすみどりいろに, 姿もう一度は肌, 姿もが共にあい, 姿もさほど珍しく, 姿もしくは憫むべ, 姿もしやと敏, 姿もちろん京伝時代の, 姿ももやに, 姿もをかしく紺青色に, 姿やがてほんとは, 姿やせ衰へて, 姿やつしまして今日, 姿やつれる身を, 姿やと見返れば, 姿やに両肩, 姿やはある, 姿やはりじっと動かない, 姿やや見すぼらしきが, 姿やれまてと手, 姿ゆかしく心ある, 姿ようこそあれござんなれとばかり, 姿よく細い篠竹から, 姿よしと思ひぬ, 姿よと思いました, 姿よりもかへつて生き生き, 姿らしかつた, 姿らしかったがきちっと, 姿らしくなったのは, 姿りりしく新宿駅に, 姿わしは縮布屋, 姿をかはし的, 姿をかへて住まへる隣りの, 姿をからかつた, 姿をすら顔を, 姿をでも見返して, 姿をなほさうとも, 姿をにほはせて, 姿をばかり求めて, 姿をよまさに時, 姿を通してさえ流れて, 姿を通じて神恩彼の, 姿アリ塗抹ヲ善クスト雖モ, 姿イタリアの諺, 姿カッスルの出征, 姿カラがおどろ, 姿シャムベリイから眺め, 姿ショボショボと路地, 姿シヨボシヨボと路地, 姿スカイラインよりは僅, 姿チラと向, 姿たらない, 姿デアラウカと御, 姿同ジ, 姿ドロドロによごれた, 姿ニオイテ見タノデアル, 姿ニ変ゼシメラレキソレト共ニ一ツノ神通力ヲ下, 姿ヌルヌルした歯ぐき, 姿綺麗サニハ感心スルワ, 姿ノトコロヲ彼女ニ見ラレテハ, 姿ノミ燦然日マワリノ花石坂君キミハ鶴見祐輔ヲ笑エナイ, 姿フェレラの昏倒, 姿ミーダの鞭, 姿ヨハナーンの眼, 姿ワッハアレ二十万円ないという, 姿一々に違う, 姿一たび宙に流れ, 姿一個は威風, 姿一切を喪失, 姿一寸情なかった, 姿一度は思ひ, 姿一枚は寒い, 姿一眼なりとこの世, 姿一足二足そっちへ近づく, 姿丁度ゴム鞠の, 姿丈けが眼鏡の真中, 姿にも自分, 姿乃至どつ, 姿乍らたった今老臣堺藤兵衛, 姿乍ら埃だらけの顏, 姿九十郎の姿, 姿乞食の王, 姿乱れたる女一人立てり, 姿二十六聖徒殉教図などに描かれ, 姿二葉の写真, 姿二郎の在り, 姿と立, 姿鑄らる, 姿人々はそれ, 姿人それぞれの生き, 姿人間の情, 姿今一度見ま, 姿今幾日見ら, 姿のお, 姿伺ふことを, 姿似せ彼に, 姿飛び上がった感じ, 姿低い欄干を, 姿体それだけが幻, 姿体美を画きつくす, 姿何といつの, 姿作り笑いさえ浮べた, 姿信長の声, 姿修行に窶れ老いたる, 姿借り來り, 姿健康さうでは, 姿ましきまで, 姿のうち, 姿うるわしく性, 姿優しく蝦茶の, 姿優に氣高し, 姿の声, 姿光さし続く幾, 姿が飛ぶ, 姿遠楼, 姿體に, 姿六尺近い体躯, 姿れ自身, 姿其のま, 姿しての, 姿再び迎へ, 姿写してたいうだけやのん, 姿冷徹にみえる, 姿凄い者の, 姿凄くすさまじく鬼気陰々悪鬼さながら, 姿凝らして水面, 姿前景に群, 姿前髪もおとり遊ばし, 姿労働と生活, 姿動かし難い威嚴, 姿動きそのま, 姿古い仏像などに, 姿可憐し, 姿同様何か国民, 姿は実, 姿見ずや, 姿ながら男甲斐, 姿吾等の前, 姿呆れて眺めてる, 姿も立派, 姿これ雪の, 姿国風として何人, 姿圧すべき人類も, 姿坐っている, 姿堅く手を, 姿すべき人類, 姿壽司土佐かまぼこ魚の照燒, 姿変えまして諸方, 姿多くはない, 姿多少お話に, 姿も今, 姿夜な夜な出ては, 姿夜目にも褄, 姿大分窶れては, 姿大小を横, 姿大方散りぼひたり, 姿大津絵の按摩さん, 姿天上の, 姿天人の, 姿天晴富豪の後家, 姿天空を落下, 姿太くわが心, 姿太夫お目通り相, 姿と妻, 姿失せたりし, 姿奇秀なり, 姿奥州に早変り, 姿女松は女, 姿好く心信か, 姿如何にもグロで, 姿妙義山の山上, 姿の窶れ, 姿の裳裾, 姿威儀竝びなき一人, 姿きて, 姿子供たちは青い, 姿客席を横目, 姿容儀世に比, 姿容子化粧の奢り, 姿寂しさそのものである, 姿寂しく哀れさ床し, 姿ながらにし, 姿審判のアメリカ人, 姿対照はわるく, 姿小説にかける, 姿少し肩の, 姿尼遍路の顔, 姿のごとく横たわれる, 姿山の手の電車, 姿山牢のある, 姿と稱, 姿岩葛籠岩を最も, 姿の俤, 姿左様私は, 姿ではない, 姿常盤木の枝, 姿平常にまさり, 姿あらずや, 姿の上, 姿を持つ, 姿当世流の庇髪, 姿形さへ優しく, 姿形のしをらし, 姿往来に立ち止まっ, 姿ジテの, 姿後醍醐もまだ, 姿従弟はその, 姿て捕捉, 姿御用を勤める, 姿に浮ぶ, 姿忍び車を引く, 姿忍辱の衣, 姿忘れかねていろいろ, 姿忽然として, 姿ろし, 姿思いがけなく今日わたしの, 姿思い出されぬのも, 姿急いで行く, 姿急流に無二無三, 姿にし, 姿恥かしく起きかへ, 姿息子の眼, 姿恰も雲に, 姿悲壮でもあり, 姿懐手をした, 姿にし, 姿の彼方, 姿打ち見たところ優しい, 姿などが眼, 姿投げかけし体を, 姿拝もうと思う, 姿に無, 姿振りにかまわない, 姿振り袖をひらめかす, 姿振舞いと尊けれ, 姿振袖の額, 姿捕捉すべからざる王者, 姿に乗せ, 姿推移の相, 姿掻き消すように, 姿提灯を持っ, 姿文金の高髷, 姿斜めな夫人, 姿新しき聲その, 姿斷食のため, 姿日に日につつましい, 姿や小さく, 姿明かならざるを如何, 姿明るめて雄々しく, 姿明荷を脇, 姿らしいな, 姿には種々話, 姿時々変ぜしなれ痛く, 姿時によると, 姿普段見慣れて, 姿暗く繁りあひたる木立, 姿最も韻律的な, 姿有つて媚無きは, 姿有り壮に, 姿服装態度歩き振り顔付き, 姿なる折柄, 姿朧月夜に真, 姿木賃宿で煎餅蒲団, 姿東方明けなんとする, 姿東院堂の聖観音, 姿に乘, 姿枝ぶり葉の色, 姿格好が良い, 姿楼曰ク三木楼等維們最モ群, 姿に露, 姿樹立の態, 姿歌妓がさす, 姿れが, 姿此上もなく, 姿此後機會が來, 姿武士であること, 姿歩くにもこの, 姿気分動きはヨーロッパ風, 姿気高い立居, 姿水態心に飽き, 姿法衣のかけら, 姿波止場近くの小さい, 姿の端, 姿活溌といおう, 姿流れの姿, 姿流石に世, 姿浮藻の処女, 姿の色, 姿海底に漂う, 姿ゆるとともに, 姿消えたとたん雪洞の, 姿どころか微笑, 姿淋しき雑木の, 姿清らに見る, 姿を巻い, 姿温き玉の, 姿湯上りの輝いた, 姿潔素自高標, 姿無言でジリジリ, 姿無限に高く, 姿尖まで, 姿片手に文箱, 姿きこと, 姿現象を一旦, 姿甲冑姿の参考, 姿甲斐甲斐しくはあった, 姿申すとな, 姿男がわりに田, 姿になし, 姿疋田鹿の子の長襦袢, 姿痛ましげに, 姿発育地上的な美し, 姿白いコフトチカ, 姿白く袖も, 姿百態を通じてまつたく, 姿皇族赤服の皇帝, 姿の鮮, 姿眉付媚かしく生々として睛, 姿眠らんとする, 姿眺むべし, 姿眺めて恩愛, 姿眺めてるうちに, 姿も眩く, 姿眼エの前, 姿着類と云, 姿下ろして, 姿研屋の店, 姿破れ財布をインフレ札, 姿示したまへ, 姿神女に髣髴, 姿めかして, 姿私たちの様子, 姿の野風, 姿突然とし, 姿から飛ん, 姿立兵庫にお, 姿立出で来れる, 姿立派なると, 姿端然として動かない, 姿笑ッタ怒ッタ, 姿と杖, 姿な国民服, 姿紅色勝った大, 姿紛れのない, 姿絵三枚つづきの, 姿絵俗に葱売, 姿綺羅めく戰裝, 姿編笠を深々, 姿の糸, 姿縦横なるもの, 姿縮れた赤い毛, 姿繕わで端居, 姿罵る者橋外へ, 姿羊牧はゆきずり, 姿美しかった二輪, 姿美しく心柔しく, 姿美人の子, 姿美麗かりき, 姿群集の表情, 姿羨ましくも自由, 姿肉体関係それが先行, 姿背景にて現, 姿胡蝶の可憐, 姿脆く命短く, 姿と腕, 姿脚絆甲掛旅装い軽羅, 姿を運ぶ, 姿自分たちにはかり知れない, 姿色合いだった, 姿に生ける, 姿の場所, 姿草木の彩水, 姿の小, 姿萩原仁右衛門が立っ, 姿萬態のフヰルム, 姿蒼く影を, 姿薄紫の色, 姿薔薇の谷, 姿行く人の, 姿の眺め, 姿衣文の強調, 姿は, 姿襯衣一枚のまま顫, 姿てかく, 姿見えざりしを罪人, 姿見えないので涙, 姿見えなくなって寂然, 姿見かけなば, 姿見せませんでご, 姿見せるも, 姿見よところからこそ, 姿見られしか見られし, 姿見る如き麗人悲み泣き, 姿見物に見, 姿にけり, 姿観世音の華麗, 姿言葉のはしはし, 姿記評林購ひたしと, 姿語る人の, 姿へんやう, 姿より小さく, 姿貌端正にし, 姿貌端麗なり, 姿貧乏町の埃, 姿はしき拍手, 姿赤い疲れた痩せこけた顔, 姿赤帽の赤い, 姿跣足のまま, 姿軽快至極の扮装, 姿そっくりの, 姿近くの牧場, 姿かけられて, 姿逃避しよう, 姿逆風剣の切ッ, 姿連添う身に, 姿遂に遊女の, 姿遠く佃沖の, 姿適怨清和曲に隨つて一絲, 姿醜きにより, 姿金屏まばゆい大広間, 姿金魚だとか, 姿の日, 姿なりの嘴, 姿鏡花の, 姿長い垂れ髪の, 姿長久に荘厳, 姿に混, 姿無く嬌, 姿院長の悪意, 姿陸続です, 姿はさんさん, 姿れて, 姿雄々しくすぐれて, 姿を出でたる, 姿雷聲白雲を起し, 姿霊妙の魂, 姿れて, 姿の中, 姿青い葉の, 姿青白い顔強度の, 姿面影にし, 姿から首, 姿頭つきなどが月, 姿頼春の眼, 姿は嵐, 姿顎鬚白い好々爺, 姿顔かたちによつて, 姿顔形なりにしっくり, 姿顔表情身振手真似, 姿風俗といふもの, 姿風秀麗面は美玉, 姿風致もよい, 姿館内を右往左往, 姿さし出して, 姿首筋から胸, 姿驚くべきまでし, 姿に我々, 姿體痩み萎, 姿高いものであり, 姿高峻優に秩父連山, 姿は島田, 姿が少し, 姿鶴骨見るからに, 姿麻布宮村町のあの, 姿黄ばみし面は, 姿黒い影絵の, 姿黙視し兼ねてか, 姿の緒