青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「帆~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

巻い~ ~市 市~ 市中~ 市場~ 市民~ 市街~ ~布 布~ 布団~
帆~
希~ ~希望 希望~ 帝~ 帝国~ ~師 師~ ~師匠 師匠~ ~席

「帆~」 4765, 51ppm, 2261位

▼ 帆~ (2552, 53.6%)

42 の方 39 はその 37 はそれ 28 の顔 26 の手 17 のおじさん, はこの 14 と正太 13 の声, は, はそう, は首 12 の腕, の言葉, は私 10 のいう, はハッ 9 がいった, の姿, はそこ 8 の前, はまた, はもう, は彼 7 のため, の目, の頸, は急 6 と一彦, のところ, の頭, はちょっと, はピストル, はポケット, は思わず, は検事

5 [21件] が, が何, が叫んだ, だった, と私, に話しかけた, のことば, のそば, の体, の眼, の胸, の身体, はさっき, はそこで, はまだ, は何, は博士, は咄嗟, は手, は目, は蠅男

4 [36件] がこの, がそれ, が云った, が手, という探偵, と長吉, のいる, のこの, の力, の唇, の心, の推理, の肩, の話, の説, はいつ, はいよいよ, はしきりに, はすっかり, はようやく, は一彦, は唇, は土居, は山岸中尉, は心, は怪塔王, は愕, は早く, は春部, は正太, は肯い, は腰, は軽く, は首領, は黙っ, も一彦

3 [82件] がそう, がその, が口, が横合, が私, が突然, が立っ, です, と三根夫, と小浜, と課長, のいった, のうしろ, のほう, のやつ, の予言, の事務所, の横顔, の考え, の質問, の返事, の鼻, はあの, はいきなり, はいった, はこう, はこれ, はすかさず, はすぐ, はすぐさま, はそのまま, はそんな, はただ, はだんだん, はついに, はなぜ, はなに, はにやりと, ははじめて, ははっと, はびっくり, はぶっきら, はやっと, はソッ, はノート, はマスク, は一同, は三根夫, は二人, は云った, は元, は再び, は前, は勇敢, は受話器, は叫んだ, は向う, は呻, は壁, は大きく, は大きな, は大胆, は手帖, は横, は檻, は注意, は洋杖, は煙草, は眼, は確信, は突然, は竜造寺兵曹長, は糸子, は腕, は自分, は課長, は謎, は青い, は黙々, もまた, をうながし, を案内

2 [179件] がいう, がいえ, がふりかえっ, が今, が再び, が大, が彼女, が後, が意外, が感心, が来, が見る, が頭, だったが, だと, とトラ十, と怪塔王, と春部, にいった, にかわっ, にきいた, にそう, になぜ, にはすぐ, に向かっ, に感謝, に手渡した, に注意, に礼, に訊いた, に語っ, に質問, に迫っ, のあと, のこと, のすぐ, の両, の全身, の助手, の叫んだ, の右手, の命, の命令, の報告, の心配, の愕, の推測, の様子, の次, の注意, の発明, の知っ, の研究, の第六感, の耳, の背後, の腰, の興奮, の要請, の解読, の計略, の足許, の身の上, の頭脳, の顔色, はあと, はいつも, はいま, はいろいろ, はうしろ, はうなずいた, はお, はおもわず, はかね, はがっかり, はここ, はこれから, はさき, はしきり, はしばらく, はつと, はどう, はなかなか, ははっきり, はふたたび, はふと, はまず, はまっさきに, はもちろん, はやむなく, はジリジリ, はトランク, はド, はニヤリ, はホッ, はメモ, は一向, は丁重, は下, は中尉, は主任, は亀, は低く, は俄, は元気, は先, は光枝, は児玉, は別, は別に, は口, は右手, は大佐, は実は, は室内, は室戸博士, は尚も, は山岸少年, は岩, は帳場, は彼女, は意外, は懸命, は所員, は手さぐり, は承知, は挨拶, は早速, は望遠鏡, は机, は椅子, は次, は正直, は歯, は気, は気の毒そう, は気軽, は無念そう, は爬虫館, は猛然と, は甥, は眉, は真面目, は立, は笑い, は素早く, は肩, は胸, は脱兎, は自信, は船長, は苦笑, は苦笑い, は莨, は螺旋階段, は見た, は言った, は言葉, は跼んだ, は躍りあがっ, は身, は途中, は遂に, は長老, は階段, は青白い, は静か, は頤, は頭, は顔, は馴, もこの, もこれ, もその, もそれ, も田鍋課長, をそっちのけ, を見, を迎えた

1 [1236件 抜粋] いがい, からいわれた, からすこし, からの信号, から恵まれた, から頼まれた, がいたずらはんぶん, がいれ, がきいた, がこたえた, がしん, がじれる, がすべて, がついに, がなに, がぬっと, がひそん, がひょっくり, がまた, がやった, がウイスキー, がテッド隊長, がピストル, が一人, が一段と, が下, が不審, が低, が入っ, が反問, が叫びました, が向う, が呼ばれ, が壁ぎわ, が奥, が居, が岩礁, が帳簿, が応える, が怪しんだ, が愕然, が所, が拾った, が指先, が描いたらしく, が数間先, が早口, が機関室, が洋杖, が率直, が発見, が空気孔, が第, が続い, が聞く, が自分たち, が花, が落ちついた, が見えない, が言下, が訊きます, が読書室, が警部, が躍りあがっ, が追っ, が長谷戸検事, が隊長, が面白く, が顔色, じゃない, だけでなく, だったけれど, であったし, であろうが, でなくても, ではなく, という男, といっしょ, とくる, としてはめずらしい, とのほう, との約束, とはたいへん, とは何, とは恐る恐る, とふたり, とを伴っ, とを起した, とポオ助教授, と一緒, と上下, と仲よし, と兵曹長, と大川主任, と山岸少年, と抗争, と正太少年, と若月次長, と親しい, なるもの, なんぞにひねられ, にありとあらゆる, にいろいろ, にし, にすがりついた, にぜひ, にたずねた, につよく, にとってたいへん, にとってどんなに, にとびかかり, にはこの, にはもう, には何, にもこの, にも調べ, に主役, に云う, に会いたい, に伝えた, に別れ, に力, に協力, に呼びかけ, に喰っ, に如何なる整然たる, に対しては最大級, に対し信頼, に念, に挨拶, に獅, に知らせ, に紹介かたがた, に訊ねた, に語った, に酬いた, のうえ, のからだ, のすすめた, のだしぬけな, のなす, のひろった, のまわり, のやりたい, のピストル, の一挙一動, の下, の並々, の云った, の任務, の作戦, の側ら, の元気, の出現, の判断, の勇気, の危機, の友人, の名刺, の名誉, の唱える, の喉首, の困っ, の夢, の大事, の宇宙戦争, の家, の差上げ, の後姿, の快勝, の息, の意図, の愕きの声, の所有慾, の手廻し, の指さす, の指先, の探偵事務所, の推定, の推論, の望ん, の枕もと, の機智, の毒唇, の永い, の注意力, の活躍ぶり, の潔癖, の熱情, の猛烈, の留守中, の目あて, の眉, の知りたい, の示唆, の立っ, の縄張り, の考, の耐えられる, の職業, の肚, の胸元, の脳裏, の自由, の落ちた荒びる, の見識, の言い出した, の訊問, の記憶, の調査, の跫音, の身分, の部屋, の長広舌, の面, の頤, の首, の鬚, はあえぐ, はあっさり, はある, はいう, はいそい, はいっ, はいつの間に, はいまや, はうずく, はうっかり, はうなり, はおどろき, はかねて, はかれ, はぐっと, はこういう, はこの雑然たる, はさも, はさり気, はすい, はすこしも, はずいぶん, はせっせと, はそこでまた, はその後, はただよう, はたまりかねた, はつい, はとつぜん, はどんどん, はなぜとつぜん, はにこにこ, はにんまり, ははき出す, ははりつめた, はひ, はひと, はひとりごと, はふしぎ, はふしぎなかずかずの疑問, はふりしぼる, はふりむき, はぶるぶる, はべつ, はぽん, はますます, はもうこ, はもうちゃんと, はもと, はやさしく, はゆかしく, はよろけ, はわざとなんにも, はイライラ, はウフウフ, はカーテン, はキラリ, はケース, はジェスチュア交, はズバリ, はツカツカ, はニッコリ, はバット, はパントポン, はホープ, はミミ族狩り, は一, は一人, は一切, は一応どうしても, は一段と, は一番, は万事, は不, は丘田医師, は両手, は事件, は事実, は二枚, は云っ, は交番, は今, は他, は仰々しく, は何気なく, は係官, は側ら, は先登, は全, は兼ね, は冷然, は出鱈目, は列車, は前方, は力, は勢い, は十分の仕度, は卓上, は博士たち, は又, は古い, は吐きだす, は吸殻, は呑気, は味噌問屋, は命令, は唸る, は喘ぎ喘ぎ, は四角い, は地団駄, は変調眼鏡, は多分, は大いに, は大して, は大切, は大喝, は大川主任, は大阪, は奮然と, は妙, は宇宙戦争, は宙, は寝, は小型, は小山嬢, は少年, は屋根裏, は岩かげ, は巧み, は幽霊, は店員先生, は弁解, は強く, は彼等, は微笑, は心配, は応え, は急い, は恐ろしい, は息切れ, は悪臭, は意地, は感嘆, は慄然, は憂鬱, は懐中電灯, は手袋, は把手, は押入, は拇指, は持っ, は探偵, は放った, は数多い懐しい, は料亭, は新しい, は昂奮, は星, は昨夜, は時計, は暁, は服, は果して, は棚, は極力, は樽, は次第に, は歓喜, は正しい, は死, は死者, は水田検事, は決然, は注意深く, は浪, は消防手, は満足げ, は滅入ろう, は無理, は無造作, は物静か, は狙った, は田鍋捜査課長, は田鶴子, は病人, は癖, は皮肉, は相, は真実心, は知らず, は短く, は礼, は窮余, は竹田博士, は笑わない, は算術地獄, は紅茶, は素直, は続けた, は考え, は考えた, は聞き終っ, は肯き, は腕組, は自分自身, は興, は舌うち, は苦, は苦し, は莞爾, は薄笑い, は見附, は言い, は訊ねた, は語, は調餌室, は警官, は豊乃, は躍りだしたい, は身ぶるい, は辛うじて, は退屈さ, は逡, は遊戯室, は遠く, は重傷, は釣り, は銃, は長谷戸検事たち, は間違われ, は隅, は隣室, は雨, は電話器, は面, は頗る, は頷い, は風間三千子, は飾窓, は騒ぐ, は高らか, は鴨田, は黄金, へ報告, へ知らせ, もお茶, もぐらぐら, もころころ, もすこしく, もそのまま, もつい, もつづきました, もようやく, もメモ, も一緒, も二時間目, も奇遇, も強く, も泪, も苦笑, も駭, より先, をじろりと, をぜったい, をたずね, をどしん, をにらんだ, をよく, をよんだ, を使う, を先, を嘲笑, を帰そう, を愕, を抱き起し, を檻, を殺そう, を目の敵, を背負った, を覗いた, を躍りあがっ, を離す

▼ 帆~ (408, 8.6%)

20 張って 18 あげて 14 揚げて 12 はって, 上げて 9 かけて 7 おろして 6 いっぱいに 5 掛けて 4 あげた舟, 下して 3 巻いて, 揃えて, 染めて

2 [20件] あぐ, あぐる, あげた, あやつること, かけた舟, かけた船, かぶせて, まきあげて, ハリス, 一ぱいに, 上げると, 十分に, 大きく描い, 孕ませて, 張りあげて, 張りて, 張りました, 張れば, 挙げて, 揚げたよう

1 [248件] あげ, あげたいの, あげたお前, あげたが, あげたぬしの, あげた三十六隻, あげた伝馬船, あげた帆前船, あげてから, あげよ, あげよ山, あげよ山颪, あげるの, あげ勇ましく, あげ去った, あげ明方, あやつって, あやつるの, うつしたる初秋, おろした, おろした柱, おろしながら, おろし綱, おろし舵, おッ, お揚げなさるべき, かがやかした船, かけたまっ, かけたまま, かけたり, かけた筏, かけるという, かけ舵手席, かの殿, かんぬきがけに, こしらえいっしょうけんめい, こしらえました, しぼれ, そっくり切りとらなきゃ, たたんで, たて直し艪, ちぢめ航海者, つかったり, つけた船, なかば張った, はいで小型, はためかせながら, はった, はつた, はつて, はらむ, はろうや, ひたひたと, ひっぱりあげて, ひとつ息で, ひろげたもの, ふくらましたま, ふくらませた, まきおろすこと, まき上げました, まくや, みなあげ, めぐらし舵, もったこの, もった柱, やすめるいとまもなく, ゆすぶった, ゆるめました, ダラリと, 一杯に, 七分三分に, 三つずつ, 上げ, 上げかけたね, 上げた, 上げたまま, 上げながら, 上げられるよう, 上げる勢い, 上げる樣, 上げ下げする, 上げ去った, 上に, 下すと, 下ろした, 下ろしたので, 下ろして, 下ろし漕ぎゆくも, 下ろせヨー, 二つに, 伏せながら, 低く張つて, 作ったって, 使うところ, 使って, 使ふんだ, 傾けて, 光らせながら, 光らせる海, 切るから, 半ば張った, 南風に, 卸した, 卸しに, 卸し頭, 卸すと, 吹くの, 唸らせながら, 喰って, 垂らして, 垂れぬ, 多少横向き, 奪い取られては, 始末し, 孕ますべき順風, 孕ませつ, 孕んだ三本檣, 屋根に, 巻き下して, 広げて, 張った, 張ったの, 張った一艘, 張った二三十艘, 張った光景, 張った兵船, 張った南蛮, 張った小船, 張った帆前船, 張った影, 張った数艘, 張った漁船, 張った現地人, 張った舟, 張った風, 張っても, 張つた, 張つたが, 張つたまま風を, 張つたやうに, 張つたボオトが, 張つた舟が, 張つては, 張つて沖の, 張らせて, 張りあげろ, 張りきって, 張りたる軍艦, 張りつらね半日, 張りひろげたよう, 張り上げて, 張り今, 張り出した, 張り浪を, 張り直した, 張り艫櫂を, 張り蒸, 張る, 張るが, 張ること, 張るすべ, 張ると, 張れ, 形ばかりに, 慕ッて, 懸け流, 懸声, 打つ響き, 扶けて, 拡げかけた帆船, 挙げろ, 挙て, 捲いた船, 捲いて, 捲ひたり, 掛けた船, 掲げて, 揚ぐ, 揚ぐるに, 揚ぐるは, 揚げた, 揚げたが, 揚げたり, 揚げたる無, 揚げますと, 揚げようという, 揚げる, 揚げるよう, 揚げる滑稽, 揚げる風, 揚げんと, 揚げんとて, 揚げ二, 揚げ暴風, 揚げ風斜め, 操って, 操りながら, 操る, 操る小舟, 擧げ途中一夜, 整えながら, 春かぜ吹きぬ, 望み綱, 朝風に, 染めぬ, 染めると, 棄てて, 浮かせて, 海鳥の, 満面に, 焼き尽くし火縄, 燃え立たせた漁船, 環紐で, 用いたが, 用意せぬ, 監視した, 直して, 眺めしが, 立てた, 立てました, 立てるよう, 立て櫓, 立て直して, 立て艪, 縫うてつだい, 縫って, 織る磯, 繕ふ, 繰り舵, 聯ね, 膨脹せしめ, 膨脹せしめる, 自然と, 舟一杯に, 舳から, 裂かれ彼方此方, 見つけるの, 見廻したりなど, 解き放すと, 逆しまに, 醜くだらり, 鐘楼に, 開いて, 降す事, 静かに, 順風に, 風に, 鳴らして

▼ 帆村探偵~ (346, 7.3%)

8 と小浜兵曹長 6 はこの 5 と一彦少年, の姿 4 はどう, はどこ 3 です, と一彦, はそれ, もこの

2 [14件] が声, だった, と正太少年, のこと, の方, はその, はたのもし, はちょっと, はまた, はハタ, は彼, は手, は部屋, は階段

1 [274件] か, からうばいかえした, から教わった, から頼まれ, がいつ, がいなくなった, がいれ, がいろいろ, がおどろいた, がきいたら, がこの, がこれ, がさい, がそこ, がその, がつきそい, がとめる, がやりかえしました, がわざわざ, がピストル, が住吉区岸姫町, が出し, が出した, が到着, が勝ち, が叫んだ, が問題, が地上, が大利根博士, が姿, が席, が愕, が来られました, が此, が死にものぐるい, が深山理学士, が漢于仁, が突然, が船長室, が見, が言った, が頬, それから本庁, だけのこと, だったの, でありました, とあの, というの, という人, という名, とがイワノフ博士, とが肩, ときたら仕事, とだけが残った, とても顔色, との出会, とは首尾, ともあろう, とを睨んだ, とトラ十, と大江山捜査課長, と白丘ダリア, どうした, なんか間抜け, にあいさつ, にいわれ, におとらず, にこの, にすくわれ, について現場, にどんなにたいへん, になりきっ, にはあらた, に助け出され, に向っ, に巡りあった, に抱かれ, に襲いかかる, に通じるであろう, のあ, のいった, のお, のこえ, のことば, のこれ, のところ, のやった, の一命, の事務所, の仮称, の任務, の出した, の力, の卓子, の命令, の声, の専門, の幸運, の心, の心づかい, の必死, の意見, の手, の敵愾心, の案出, の様子, の熱心, の生命, の生死, の甥, の知らない, の素状, の結論, の考え方, の胸, の腕, の自信, の言伝, の説, の電文, の顔色, の鼻, は, はあくまで, はいいつけられた, はいかに, はおどろき, はお茶の水, はかえす, はくやしい, はこうした, はこえ, はここ, はこれ, はさっき, はしばらく, はすぐ, はそう, はそこ, はそこで, はそれから, はたちまち, はたばこ, はついに, はつかつか, はとうとう, はとびあがっ, はどんなに, はなぜ, はなに, はなにげない, はなにげなし, はなんと, はにやりと, はのちのち, はのど, ははじめて, はふだん, はやっと, はようやく, はりっぱ, はイワノフ博士, はソッ, はソロソロ自ら, はペーブメント, は一人, は一体どう, は一向, は一彦, は一時, は一生懸命, は不愉快, は並び, は今なに, は体, は何, は何事, は傍, は全身ずぶ, は兵曹長, は内部, は写真, は別, は口, は叫ん, は呀ッ, は呆気, は咄嗟, は夢, は大, は大きく, は大木老人, は大胆, は大阪, は奇蹟的, は少々, は少年, は岩かげ, は巧み, は後, は心, は心配そう, は怪塔王, は息, は操縦席, は改めて, は暗号, は服, は松ヶ谷団長, は松山たち, は椅子, は構わず, は正太, は残念そう, は気絶, は漫画, は烈々, は無言, は牌, は理屈, は直ぐ, は直接, は空っぽ, は興奮, は花活, は若い, は苦し, は言葉, は誰, は警戒線, は豊乃, は車, は進退, は遂に, は鉄, は雁金検事, は雷洋丸, は頭, は頸筋, は首, は麗しい, は黙々と, ばんざーい, もこっち, もさすが, もさらに, もその, もそば, もそれ, もまだ, もみな無事, も一彦, も一彦少年, も云っ, も兵曹長, も小浜兵曹長, も手, も早く, も昼夜, も横, も気がつかなかった, も火葬炉, やえらい, やそれからまた, や一彦, や一彦少年はぶ, や正木署長たち, よ, をふりかえり, をみつけました, を交ぜた, を呼出した, を激励, を自動車

▼ 帆村荘六~ (233, 4.9%)

15 だった 4 はこの 3 その人, の姿, は

2 [12件] か, という名, という探偵, と春部カズ子, のこと, の方, の発明, の考えだした, の顔, はさっき, もいる, もこの

1 [181件] から何, から折紙, がいった, がいま, がいや, がいる, がからかっ, がくわしく, がこの, がそう, がつい, がとびだし, がむりやり, がやけに, が事務所, が今, が例, が口, が口癖, が大きな, が奇蹟的, が好き, が居合わさなかった, が屍体, が山岸中尉, が指さき, が数日前, が最早, が立っ, が言った, が車内, が酔っ払っ, が食事, さえそう, さえまっさお, だけがにやりと, だけはたいへん, だったの, だろうと, であった, であること, です, ではなく, でもない, といいます, という, というもの, という奴, という年, という男, という青年探偵, といえ, とがいま, として完全, とて同じ, とともにとじこめられ, とはこの, とは焼跡, とチラリ, と三根夫, と名乗る, と甥, と知合い, なる男, にうったえた, にきく, にとって諦めよう, にどこ, になった, になりきっ, に会った, に似, に外, に対するよく, に感, に早く, に詫びる, に非常, の, のいう, のうしろ, のことば, のすぐれた, のそば, のミミ族研究, の乗った, の事務所, の努力, の勇気凜, の名づけた, の和やか, の声, の大胆, の宇宙戦争観, の必死, の怪鬼ミミ族, の意見, の手, の探偵商売, の服, の横っ腹, の活躍, の留守, の耳, の説, の説明, の身分, の身辺, の透視術, の酔い, の醒めきらぬ, の闘志, の面白い, の面目玉, の頭, はあの, はいっこう, はいったい, はいつも, はお, はこれ, はこんな, はすぐ, はそう, はそこで, はその, はただ, はちょっと, はときどき, はどこ, はもう, はベッド, は三根夫, は今, は助教授, は千早館, は叫ん, は天井板, は客, は寝, は左倉少佐, は彼, は心, は恐ろしい, は憩う, は房枝, は救援艇ロケット, は早く, は曾呂利本馬, は木村事務官, は本, は某, は気, は気密室, は滑稽, は築地, は脳底, は身, は通信社, は銀座, は非常, は顕微鏡, もいま一歩, もこれ, もしずか, もしばし, もそこ, もその, もやはり, もギンネコ号, も三根夫, も大いに, も山岸中尉, をえらん, をじろりと, をもの珍, をサ, を交え, を招いた, を援助, を朝っぱら

▼ 帆~ (205, 4.3%)

16 ように 7 やうに 5 下桁 4 ような, 影が, 船が 3 ヨットが, 船は, 赤さ, 風に

2 [16件] ない船, ヨット, 一部分を, 上端を, 力は, 力を, 帆縄を, 形だ, 影も, 方が, 破れ目から, 綱が, 色が, 赤の, 間をば, 鮮やかさが

1 [121件] あがり次第, あるボート, ある大きな, ある船, うなり伝馬, おりに, かからぬ柱, かげ, かげか, かたちした, こちらを, それが, たわむ刳舟, ないお, ない汽船トン数, はためきさ, はためきどうやら, はためきの, ふかきはためき, ふくらみに, ほか両, まへに, もなか滿, やう, やうな, やみに, スクゥナーが, マストを, ヨットについて, ヨットの, ヨット走れり, 上げ下げを, 上へ, 上を, 下から, 下で, 下に, 下の, 下端は, 中より, 修繕を, 側面が, 兵船陸を, 前に, 前縁, 力で, 力に, 力一つで, 半帆ば, 句は, 向きの, 向こうが, 報告を, 女王を, 如くに, 始末を, 姿, 密集した, 小船は, 帆前船が, 帆綱を, 幌の, 張りかたも, 張りようは, 張り方, 形たるや, 形も, 形面白し, 影さえ, 影だに, 影で, 影などが, 快走船, 快走船白い, 思いなげ, 怪しき漁船, 意味に, 据え附けまたは, 支度だ, 数が, 数を, 方へ, 春風を, 時に, 曳きかた, 檣碎け, 歸途一行の, 浮かぶなく満目, 濡れた額, 用船に, 疾走, 白きより, 端が, 端で, 終の, 翼を, 自由である, 舟が, 船から, 船と, 船尾に, 色に, 色は, 花片に, 蔭から, 装置と, 裏には, 裾中頃ぐらい, 親綱, 賊が, 跡難風に, 軋む音骨, 附いた帆掛け船, 雫, 雲が, 面を, 音に, 響, 頷いたの, 顔を, 鳴る音

▼ 帆~ (109, 2.3%)

4 風を 3 見えて 2 いくつも, すぐ眼, 弛んで, 見える, 辷る何処

1 [92件] あげられて, あっては, あれば, いつまで, いつまでも, おろされた, おろされる, かすむ, そのすぐ, その住居, たつた, たるみますゆえ, だんだん荒い, ついて, でき上がって, どうした, なきや, なくても, ぬうと, ひっくりかえって, また一つ, めらめら燃え上った, カプリと, キリキリと, コルシカからの, ダラリと, パッと, 一つ張られた, 一つ漂つてゐる, 一ツ横に, 三月二十三日で, 上がり切ると, 上げて, 上げられて, 二つ三つまで, 今は, 作れるん, 傾いて, 光る光る光る, 六月で, 六月十二日プーチヤチンの, 出来ると, 利かぬわけ, 夕日を, 夜の, 小指の, 山影を, 布幅を, 帆脚索で, 建物の, 廻る, 廻る廻るうち, 張って, 悠々と, 揺れて, 数限りなく, 早いお, 昼が, 望まれる, 浮び出ること, 浮んで, 深夜の, 滑車の, 無数に, 甚だおかしく, 白く時に, 白百合の, 真黒な, 破れたん, 薄光り, 蘆の, 見えそれから, 見えるあれ, 見えるだらう, 見えるでは, 見えるやう, 走る, 走る輪, 辷るその, 辷るだんだん, 辷る無窮, 辷る自然, 辷る遥か, 通る, 部屋の, 銀の, 隠れ最後, 雲とも, 頻繁に, 鳥の, 鳴りはためく, 黙々と千鳥

▼ 帆~ (108, 2.3%)

5 風を 4 海へ 2 風に

1 [97件] あげたれど, あちこちと, あらしの, あれど, いかなる幻, いささか覚悟, いっぱいな, いつまでも, うすれ出して, けっして風, この砂山, この風, しばらくし, すでにその, ずたずたに, そのまま煙, ちと慌しい, どの帆, ならんで, はち切れんばかりに, まきおろされて, またたくま, やはり風, オリーヴ色に, ダラリと, ボートの, 一枚一枚は, 七反, 上げられて, 上方の, 上述した, 今左舷, 例外なく汚い, 全く動かない, 切り裂かれても, 十分に, 吹きとばされた, 垂れて, 夏三伏の, 夕日で, 大きく横, 完全と, 少し動いた, 少時その, 巨大な, 巻き入れて, 布を, 幾分膨らみ, 張り切れんばかり, 張り裂けるよう, 張切って, 役立つかな, 彼に, 思わず坐り直した, 急に, 既に御堂, 既に挙げられ, 木綿帆でも, 柔らかい卵子色, 死んで, 母親達の, 決して畳ん, 海風を, 渋を, 滿つ, 照せども, 生きものの, 町名と, 瘧に, 破れ舵, 破れ船, 約束の, 紅に, 紫に, 細い布, 紺と, 繻子で, 肩を, 背後に, 胸を, 舷側を, 裂かれて, 見えても, 誰よりも, 遠ざかりおぼろ, 還り去った, 長い幅, 雲に, 霧を, 青空に, 非常に, 風で, 風の, 風まかせ, 高いから, 高くし, 鳥の

▼ 帆村君~ (78, 1.6%)

4 か, のいう 3 はその 2 かネ, はやく来い, は紅子

1 [61件] あのピストル, ありがとう, えらいこと, からの言づてはほかになかったかい, からの言伝, からの重大, から聞い, がその, がつっつく, が代っ, が大, が現われなけれ, が研究, こんなところ, しっかりし, しっかり頼む, そうだろう, そんなばか, ちょっとここ, ちょっと来, ですか, ですね, とポオ君, どうして台辞, どうです, にも調べさせた, に一言, に云わせる, に児玉君, に委せ, に訊い, に預けた, の反射鏡信号, の想像, の手腕, の最近, の気, の消息, の演出, の見せ, の連絡, は, はさっき四時前, はしばらく, はそれで, はどう, はどういう, はなかなか, はもう, はもどっ, は思う, は検察委員, もう来, もそれ, も博士, をわれわれ, を願います, 一体どうすれ, 助けて, 待て, 相変らず

▼ 帆~ (57, 1.2%)

9 風を 4 うけて 2 して, 似て

1 [40件] うける風, おさまる海, くらべると, する帆布, そこらに, なった, はらみつつ, はらんで, ふくむ風, ふくらませて, ぶつかる風の音, まつわり塩虫, まんまんたる, 乗せて, 享けて, 代ふ, 内海の, 姙ませ, 孕ませた舟, 孕まれし風, 孕んで, 帆を, 幌とでも, 張りあげて, 張り嘴, 張れる知恵船, 微風を, 懸けて, 掛けられる, 擦違って, 暴風が, 東, 浴びて, 燃えつきに, 肩を, 船頭の, 角が, 逃げ降った范疆, 隠れて, 風という

▼ 帆村さん~ (36, 0.8%)

3 の説 2 じゃありません

1 [31件] あの蟒, あの青い, あまりです, いつのまにここ, が帰っ, しっかりし, だ, だすか, ですか, といわれました, とうとう掴, どうしました, にあたし, にくわしく, にまかせ, に渡しとい, のお, の眼, はいらっしゃいます, はうまい, はどう, はもう, はやくマスク, はやっぱり, は政府側, まだ爆撃中, もあっち, もいい, を元, 殺して, 貴郎

▼ 帆~ (34, 0.7%)

2 撓わりに, 楫も

1 [30件] あげて, あろうはず, かんぬきがけに, さけんばかり, すっかり巻きこまれてた, そのお, それに, だらりと, ちぎれ波, つくろひぬ篝, つつんで, なく櫂, なしに, やはりヤーフ, 上げるが, 利きます訳, 同じくこちら, 同じく朧ろ, 小矢帆, 帆柱も, 懸けること, 捲けれぁ舵, 早く雨, 無く櫂, 矢帆も, 砲門の, 舵も, 船頭の, 船首ばかりが, 見ゆるおもむきの

▼ 帆かけ~ (32, 0.7%)

65 船が 3 舟の 2 て走る, 舟が, 船を

1 [12件] ずしという, て行く, て逃げやんした, て逃げ出した, て逃げ出す, て通る, 舟なり, 舟よ, 舟を, 船だ, 船の, 船は

▼ 帆~ (25, 0.5%)

1 [25件] いうか, いうよりも, いって, したり, するところ, なして, なりけん美女, なり吹雪, なり船, ダンスとに, フト顔を, 一二尋の, 二千五百馬力の, 帆布, 帆綱の, 櫂とによる, 櫂との, 櫂を, 舵を, 船首の, 袍とは, 追つか, 連なって, 青く平ら, 風流に対して

▼ 帆村おじさん~ (24, 0.5%)

1 [24件] からの言づて, が怒る, が檻, が鉄, この土, この鉄, だ, だわ, と僕, なぜこの, なぜ大利根博士, のお, の心配, の活動, はお, はお前, はくすくす, はこう, はそれほど, はポケット, は僕, も一しょ, を救う, を残し

▼ 帆~ (21, 0.4%)

1 [21件] が満潮, に, におり, にたわむれ, に吊った彫, に降る, ぬれて, のうえ, の上, の周囲, の塊, の旗, の森, の見える, の間, は林立, を倒し, を建てた, を折られ, を立て, 遠い國

▼ 帆~ (19, 0.4%)

8 しらの 2 しらが, しらを 1 しらでも, しらなり, しらに, しらは, しらや, しらゆッさゆッさ, しら帆桁

▼ 帆村たち~ (19, 0.4%)

1 [19件] が乗りこむ, が警察, と共に再び, にこえ, にこの, にはその, によく, のいる, の傍, の入っ, の姿, の待っ, の推測, の注意, は地上指揮所, は箱型トラック, もそれでも, も博士, を防弾天井越し

▼ 帆木綿~ (17, 0.4%)

2 のよう, の幕

1 [13件] に, にくるまっ, にてもよから, に黒い, のかばん, のごとき, の上, の天井, の幌, の幕屋, の袋, めいた破穴だらけ, や檣

▼ 帆~ (17, 0.4%)

2 に乗っ

1 [15件] がか, が一つ駛, が一つ駛つて, が一艘, が地平線, が行き, で連れられ, に会す, の影, は, ははしる, は走る, を眺め, を見る, を見送っ

▼ 帆~ (11, 0.2%)

10 へ船 1 へ船そのもの

▼ 帆~ (10, 0.2%)

2 やたかが 1 が綺麗, ぢや, の用意, の風力, の黒い, は, は力, 軍艦とは

▼ 帆村はん~ (10, 0.2%)

1 が云, が来, こそうち, だすな, だっか, と休戦条約, にそんな, のあつかましい, を苦しめる, 豪い妙

▼ 帆~ (10, 0.2%)

1 が, が云った, とは酔漢, に脇腹, の脇腹, の貝鍋, はフラリ, はプログラム片手, は押入, も飛鳥

▼ 帆~ (9, 0.2%)

1 さえずりながら, オールの, 太い索, 極く, 白く塗られた, 空の, 舵の, 船が, 船板や

▼ 帆~ (8, 0.2%)

1 かで頭山満翁, かどこ, の一夕, の前, の宴, の方, や月波楼, や風月

▼ 帆~ (7, 0.1%)

1 あつた, 屋根が, 屋根を, 自由自在に, 行かなければ, 走ったり, 駆け出した

▼ 帆村先生~ (7, 0.1%)

2 でいらっしゃいます 1 がもう, が帰っ, にも気, にフランス, の事務所

▼ 帆走っ~ (7, 0.1%)

4 ている 2 ていた 1 て行く

▼ 帆~ (7, 0.1%)

1 がきしる, がキリキリ, が鳴る, のきしむ, の横木, はせわしく, や帆綱

▼ 帆あげ~ (6, 0.1%)

1 て, てくだる, てパッ, て沖, て行方, て逃げ

▼ 帆でも~ (6, 0.1%)

2 掛けて 1 ながめて, オールでも, 皆丈, 筵帆でも

▼ 帆掛け~ (6, 0.1%)

1 て亂, て入るべけれ, て出, て浮く, て走る, て逃

▼ 帆村班員~ (6, 0.1%)

1 と山岸少年電信兵, なぜ, の説, はほんとう, はよくそんなに, は瓦斯溶接

▼ 帆鳴り~ (6, 0.1%)

5 の音 1 を立て出した

▼ 帆かけた~ (5, 0.1%)

1 小舟が, 米穀輸出船は, 船なら, 船も, 船よ

▼ 帆~ (5, 0.1%)

2 帆だ 1 から飜譯出來, な, よう

▼ 帆掛船~ (5, 0.1%)

1 が, が来る, が遣, の影, の景色

▼ 帆村自身~ (5, 0.1%)

1 にある, の外, はなんとか再び, は大, も群衆

▼ 帆村荘六氏~ (5, 0.1%)

1 じゃ私立探偵, です, にこれ, の探偵事務所, へ次

▼ 帆かげ~ (4, 0.1%)

1 は見えなくなった, も見えず, や白衣, を見る

▼ 帆した~ (4, 0.1%)

1 あと, が彼, のが, ニコライ

▼ 帆する~ (4, 0.1%)

1 とわづか, のは, のを, ように

▼ 帆にも~ (4, 0.1%)

1 たかつて, 日光の, 渋引きを, 見ず

▼ 帆前垂~ (4, 0.1%)

2 にくるんだ 1 から足袋, にザラメ

▼ 帆~ (4, 0.1%)

2 舟が 1 舟の, 舟を

▼ 帆村理学士~ (4, 0.1%)

1 という名, といえ, は奇妙, は濠端

▼ 帆~ (4, 0.1%)

1 には真珠貝, の紐輪, をゆるめ, をゆるめる

▼ 帆から~ (3, 0.1%)

1 だん, 洩る風, 燃え上がった炎

▼ 帆カケ舟~ (3, 0.1%)

1 にもその, の帆影, を点検

▼ 帆村君君~ (3, 0.1%)

1 が変, は例, は本官

▼ 帆村氏~ (3, 0.1%)

1 かという, だった, を電話口

▼ 帆村荘六君~ (3, 0.1%)

1 か, だネ, も丁度

▼ 帆~ (3, 0.1%)

1 につかまっ, を力, を力いっぱい

▼ 帆~ (3, 0.1%)

1 が帆, に乗っ, の帆

▼ 帆走り~ (3, 0.1%)

1 はよほど, 廻られるだけ, 廻るだけ

▼ 帆さき~ (2, 0.0%)

2 と艫

▼ 帆~ (2, 0.0%)

1 ても海防係たち, て以來

▼ 帆じる~ (2, 0.0%)

1 しは判, しをみ

▼ 帆つ立て~ (2, 0.0%)

2 尻にな

▼ 帆づな~ (2, 0.0%)

1 に錨づな, の金糸

▼ 帆には~ (2, 0.0%)

1 太平洋の, 風を

▼ 帆のみが~ (2, 0.0%)

1 真白く際立った, 真白く際立つた

▼ 帆よりも~ (2, 0.0%)

1 早く御前, 高々と

▼ 帆をと~ (2, 0.0%)

2 呼びたまふ

▼ 帆~ (2, 0.0%)

1 という茶席, の方

▼ 帆~ (2, 0.0%)

1 で翻る, をどんなに

▼ 帆前掛け~ (2, 0.0%)

1 でもみ消した, を外し

▼ 帆~ (2, 0.0%)

1 を借り, を応用

▼ 帆支度~ (2, 0.0%)

1 にかかれ, をいいつけ

▼ 帆村さんあなた~ (2, 0.0%)

1 が身分, にはこの

▼ 帆村君きみ~ (2, 0.0%)

1 がいく, もつい

▼ 帆村所長~ (2, 0.0%)

1 なんとか処置, の指揮

▼ 帆村探偵事務所~ (2, 0.0%)

1 へ芝浦沖, を訪問

▼ 帆村荘六探偵~ (2, 0.0%)

1 がはいっ, も第

▼ 帆~ (2, 0.0%)

1 と船尾, に飜

▼ 帆立介次~ (2, 0.0%)

1 と肩, の掌

▼ 帆~ (2, 0.0%)

1 のつく, をそっくり

▼ 帆走る~ (2, 0.0%)

1 一個の, 光景を

▼1* [182件]

ぐる蜜柑ぶ, 帆あげた舟は, 帆あげゆく鳥船の, 帆あらはる, 帆いたすであろうか, 帆いっぱいにはらませ, 帆なりをあげ, 帆かげ一つ見えないとき, 帆かげ船もいつ, 帆かと見ゆるばかり, 帆ぐるまの, 帆こそやがて山陽, 帆さえが降りしきる雪, 帆させたばかりのロシヤ, 帆しぶきを浴びつづけ, 帆せしめて同日長崎, 帆その間に隠見, 帆照りわたる, 帆たて貝の小, 帆だけ風を, 帆だけが矢よりも, 帆だけを額縁の, 帆つぎてのぼる, 帆づなやそれにいろいろ, 帆づなをびゅうびゅううならせて吹いて, 帆であるが変わった, 帆ですな, 帆というものの, 帆として働いて, 帆とともに行方を, 帆ともおも, 帆とやらお門出, 帆なく舵なく, 帆なんてえ船, 帆にて何故に, 帆になつては, 帆によって行く事, 帆のは, 帆はり裂けんばかりに, 帆ふくかぜは樗, 帆まかせに走っ, 帆また一帆船の, 帆まで張って, 帆みずからがいず, 帆みな坐するが, 帆やら小蒸気, 帆よりまだ大きい, 帆をすら降さば, 帆をはつて漁舟を, 帆ををさめその, 帆オリーヴ色の帆, 帆一つに死, 帆一ぱいに風, 帆一枚で太平洋, 帆万里をこえ, 帆三帆と追, 帆上げて逃げだした, 帆上げたあとと, 帆二十四挺櫓朱の欄干, 帆から何, 帆何百艘飛報は早く, 帆係下一番猪三八同上一番清蔵楫取弥之助, 帆傘船の三種, 帆八島を発し, 帆を爲, 帆前垂れは空樽, 帆動揺する波, 帆をたたんだ, 帆へ下る, 帆呉服船の行方, 帆坂船坂の二つ峠, 帆の気, 帆実際に彼, 帆小帆列を爲, 帆屋根の下, 帆の方, 帆巻く姿, 帆の漁船, 帆張りて酒船, 帆は微笑ましい, 帆や荷方, 帆往来して, 帆にて便, 帆後七月十一日琉球那覇着同十九日, 帆手うちてこそうれしかりけれ, 帆手痛い批判の, 帆掛棹の傍, 帆掛独木舟は今, 帆掛獨木舟は今, 帆揚げて潮, 帆揚げる四藩の, 帆をあげた見馴れない, 帆数里忽飛然, 帆の者, 帆方アとどなっ, 帆木綿のとばりあり, 帆村がけしからず荒々しい, 帆村さまにお, 帆村さんうちどないし, 帆村さんここは危いところ, 帆村さん莫迦に嗅ぎつけよう, 帆村さん貴方も是非, 帆村さん身体の方, 帆村たち十名が本艇, 帆村たち地球人類を殺す, 帆村はんなにごとが起りました, 帆村はん手を放し, 帆村一人が平然と, 帆村一生の不覚, 帆村伯父だけであった, 帆村口を開く, 帆村名探偵の海外出張中, 帆村名探偵かぶれなん, 帆村君それは違うだろう, 帆村君なにがわかった, 帆村君今の飛行機, 帆村君何を考え, 帆村君敵か味方, 帆村君正木署長の電話, 帆村君燐寸が見えない, 帆村君空気抜けの, 帆村壮六とが事件, 帆村委員ですがね, 帆村張りにこれ, 帆村探偵ただ一人となりました, 帆村探偵一しょについて来た, 帆村探偵三根夫君です, 帆村探偵君なにか遺言, 帆村探偵局の須永助手, 帆村探偵現る, 帆村機の外, 帆村氏あたりを煩わし, 帆村深山理学士白丘ダリアとを調べ, 帆村独特の略記号, 帆村珠偵は何, 帆村荘六おじさんを弥次, 帆村荘六さまはどうして, 帆村荘六はだらしなく目, 帆村荘六はんに大, 帆村荘六何をいう, 帆村荘六俵巌シャアロック・ホルムズアルセーヌ・ルパンルコックソーンダイクエラリー・クイーン等々の名前, 帆村荘六自身がもう, 帆村記者がえらばれた, 帆檣なかば折れ碎け, 帆檣安房上総の山, 帆檣林立風景も此頃, 帆汽船合計船舶総トン数にたいする帆船トン数, 帆遠天, 帆濡れた鼠の, 帆無き普通の, 帆欲到, 帆へ縛り付け, 帆立て尻にならなけれ, 帆立尻をし, 帆は判, 帆縫糸撚糸金剛砂布黒鉛氣發油白絞油, 帆織る戸へ, 帆や照, 帆脚索で十分, 帆自動車がすべりこんだ, 帆致すべしと承る, 帆舟小や, 帆だったの, 帆苫数八十四枚水夫十六人飲み水十五石積, 帆になっ, 帆裂くるばかり風, 帆装船の副, 帆した, 帆き色, 帆車海図などの船具, 帆車風をはらみきった, 帆遠く江を, 帆をちぢめた, 帆金色の帆, 帆を思い出す, 帆類すべての材料, 帆に散る, 帆駄馬の便, 帆って行った, 帆高く張る, 帆のごとく, 帆黒風のはためき