青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「小山~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

小児~ 小判~ ~小声 小声~ 小姓~ 小娘~ ~小学校 小学校~ ~小屋 小屋~
小山~
小川~ 小林~ 小柄~ 小次郎~ 小生~ 小田原~ 小舟~ 小言~ ~小説 小説~

「小山~」 1466, 15ppm, 7378位

▼ 小山~ (494, 33.7%)

31 ような 23 ように 22 妻君 20 上に 17 家の 13 やうに, 上の 11 妻君も, 裾を 9 やうな 8 麓に 7 妻君は 5 中腹に, 裾に 4 中腹を, 妻君が, 様に 3 上にも, 中に, 家に, 家を, 間に, 陰に, 顔を, 麓の

2 [17件] てっぺんから, 上は, 向うから, 妻君に, 妻君感心し, 妻君熱心に, 妻君頻, 様な, 蔭に, 裙左が, 裾の, 頂が, 頂きに, 頂に, 頂上で, 頂上に, 養子の

1 [229件] あたりへまでも, いただきが, いただきの, いったこと, うえを, かくまでに, かげ, かげに, かげの, かんかん声, ござ, ござをめりめりと, ごとき中将, ごとき人, ごとき体格, ごとき松明, ごとく戸口, ごとく積み重ねて, ごとく膝, ごとく追って, すること, ために, つづきを, てっぺんが, ひきいる兵六百余, ふところに, ふもとなどを, ふもとに, ふもとへ, ふもとを, ほうへ, ほうまで, ほか何にも, やう, やうである, よう, ようであり, ようにでも, コンモリした, 一諾に, 一連と, 上あたりは, 上から, 上だった, 上で, 上である, 上にでも, 上り口で, 下の, 下顎骨, 丘陵の, 両中堅, 両家へも, 中の, 中腹土地で, 乱暴者が, 事を, 二大将から, 二将だけ, 云つた事に, 停車塲にて, 傾斜に, 判官武田甲斐その, 前に, 動きの, 動くみたい, 動搖ぐが, 半腹, 原に, 原へ, 反対側から, 叔母さんという, 叔母さんとこへ, 叔母さんの, 叔母さんも, 叔父には, 古い屋敷, 号令は, 名何と, 向うが, 向うで, 向うに, 向こう側で, 噛みつける声, 土手腹に, 地位も, 城が, 城で, 城は, 墓の, 多いやさしい景色, 大議論, 奥さんこれで, 奥さんそれでは, 奥さんただ今, 奥さんや, 奥さん大原さんの, 奥さん松茸を, 奥さん梅干を, 如きうしろ姿, 如き名状, 如き巨岩, 如き數頭, 如き浪, 如く乘, 如く動いて, 如く厖大, 如く喬木, 如く積まれた時念佛, 如く積みあげられた, 如く莚, 妻君いよいよ, 妻君お, 妻君さも, 妻君と, 妻君フト耳を, 妻君一, 妻君不審がり, 妻君不審顔に, 妻君今買し, 妻君感服し, 妻君早く, 妻君梅干の, 妻君牛の, 妻君突然, 妻君蜜柑の, 妻君説明を, 姉さんは, 姿を, 字まで, 家は, 家へ, 宿に, 尾根な, 山の端に, 峠の, 峰通り立てる, 嶺に, 席へ, 形の, 後を, 心の, 心を, 愉快さが, 意, 意である, 意気込み方, 懐に, 手の者とも, 揺ぎ出た, 揺ぎ出でたよう, 揺るぎ出した, 敵をも, 斜面に, 方へ, 方へと, 旦那からも, 松林の, 林の, 枯草に, 桜は, 棍棒に, 森が, 森の, 横手に, 欅の, 求めるまま, 沈黙を, 深い割れ目, 物堅い評判, 畦道に, 病的な, 登りに, 相続人で, 真向ひ, 石段を, 磁石は, 突き出して, 素天ッぺんへ, 縁が, 背後に, 背面からは, 腹に, 腹を, 蔭から, 蔭の, 蔭を, 裸をも, 裾で, 褐色の, 視線に, 言葉を, 許から, 話を, 説明に, 談話を, 軍隊の, 連接を, 連続は, 部落まで, 野狐は, 間の, 間へと, 間を, 降り口へ, 陣中から, 陣中に, 雉の, 頂きが浮ぶ, 頂きで, 頂きである, 頂きで方角, 頂きへ, 頂ちかい, 頂で, 頂では, 頂へ, 頂を, 頂上には, 頂上へ, 頂近くから, 頂點を, 養子は, 養子も, 首の, 驛に, 骨ばかりの, 骨ばった手, 麓へ

▼ 小山~ (140, 9.5%)

5 耳無の 2 わたしの, 云った, 呶鳴った, 支配人が

1 [127件] あっけに, あれだけ, あわただしく問うた, あわてて, いいました, いそいで, お茶でも, お茶を, かえって悪き, かかる事情, かけだしました, かね子さんの, かね子さんを, きつと, こういっ, こういわれる, ここから, ここで, この風向, こまを, ござをかかえて, さすがに, しいてある, しくしくと, しょげて, すぐ密偵, その事, そばに, それだけは, だまって, ちょっと返事, つぶやきながら, とてもわたし, どこへ, なおいまだ, なおいまだ悉く, なお熱心, なお胴ぐるみ, ほどよき位置, また陳列, みな歓びにか, みのると, みのるの, もう一度気, もとより医者, わたしに, サシスセソが, ボーイまでが, 一々感心, 一つの, 一方が, 下顎骨, 二口三口歃り, 何うし, 何事も, 傷つけられたもの, 先生の, 公園であり, 再び異議, 冷笑し, 初期の, 初老の, 去勢術の, 口を, 口笛を, 呆れて, 呶鳴っ, 呶鳴りつけた, 唾を, 善吉を, 夜で, 夜店で, 大に, 好き折とて, 妹を, 実に一年, 容れるどころ, 工人の, 幹太郎が, 座を, 彼自身の, 徐ろに, 思わず立, 急に, 悦んで, 惜しげに, 慌て, 我が説, 我が郷里, 折を, 支那家屋の, 新智識, 日本橋の, 本気に, 水際から, 汗を, 泣きながら, 片手に, 物堅い人物, 独りお, 田舎へ, 画板を, 登山家の, 眼を, 睫毛の, 石切りという, 神田の, 突然呼んだ, 笑いながら, 繰りかえした, 胡坐を, 自分たちの, 自分の, 自分を, 落ちぶれた姿, 訊いた, 話しを, 近づいて, 通りへ, 長い二つ, 頻に, 頻りに感歎, 顔を, 馬禿山と, 馳け, 骨ばった手, 黙って

▼ 小山~ (76, 5.2%)

4 ある 2 あって, あり芝生, いいました, できる

1 [64件] あった, あったり, ありその, ありもと, あり小さな, あるばかり, ある処, ある獵師, いまだそれ, いろんなこと, おりて, ききました, きた, この言葉, こんな事, むきに, もり上, ゆらぐよう, 一つつい, 一段低く, 上で, 不審顔, 世話せし, 中川さんに, 二つ並ん, 于の, 会社から, 側より, 傍より, 先ず一匙, 出て, 厭に, 向きあって, 四方に, 土産物の, 堰けば, 好きに, 少しく遠慮, 届けて, 岬の, 左右に, 幾つか, 揺れ動いて, 教えました, 新しく晴れ渡った, 此方を, 残りました, 気に, 波の, 玄関より, 笑いながら, 答えた, 答えました, 絶句なぞ, 自慢顔, 裾野から, 見えた, 見えや, 途切れて, 連なって, 闇の, 陥没し, 隔てに, 顔を

▼ 小山~ (73, 5.0%)

3 巡って, 越えて 2 かけ下りて, 作って

1 [63件] お指し, けちらした, こしらえる, つくった, にらんで, へだてて, 一つ越え, 一つ越した, 一里ばかり, 三つ越え, 上がったり下りたり, 上ったり, 上つ, 上りはじめた, 二つ越え, 二つ踰え, 人跨ぐ, 仰ぎ見て, 作つた, 作り出した, 倒すが, 其ま, 出発奥穂高取付き非常に, 前に, 北から, 北に, 婆が, 山岳と, 幾つも, 形づくつた灰, 忘れ読む書, 忙しく例, 意味する, 抜け, 拵へて, 据えたよう, 攀じて, 曲がりくねって, 楯に, 止めて, 為り窪, 登れば, 眺めて, 築きながら, 築出し, 紹介致しました, 見張つて, 見給え, 負ひ, 超えて, 越えた, 越え流れ, 辿って, 辿る, 這い上り煙突, 通つてツクヅク思つた軍艦造る, 通りかかった時, 開墾した, 降つて蜜柑畑, 隔てて, 馳せ下った, 駆け降りて, 駈け下り宮家

▼ 小山~ (57, 3.9%)

3 逢つた

1 [54件] ある, おっしゃいました, この際, すぎない, そうて, その棒, その由, とびついて, なった穴, なで上げたの, なり所, のぼったこと, のぼって, まつわって, やりました, 上りけり, 上る籠, 住んで, 入って, 出ると, 出入し, 別れを, 取りて, 叱られた上, 営まれた木兎, 囲繞され, 子供の, 杉苗を, 沿うて, 沿ふて歩め, 注意を, 洞などが, 營まれた, 登った, 登って, 登つても, 登る四つ五つ, 相談する, 相談を, 眺めたるその, 立って, 立つ松琴亭, 笑った, 緑草を, 茅葺の, 著いた, 見えるきり, 見しと, 變つてゐ, 賜わり隠岐, 近づいたころ, 遊びに, 遮れて, 響き渡りました

▼ 小山さん~ (53, 3.6%)

3 御夫婦

1 [50件] いよいよ御, お氣, お部屋, からお, から何, が, がいらっしゃる, がお, がねそこで, が他人, が何とも, が知っ, が自分, しばらく, じゃ, そんな水いじり, です, ですか, とおっしゃる, なら何時, にお, にも先日, に差上げましょう, に話し, に違い, に頼ん, のありがたい, のお話, のよう, の仕方, の家, の所, の方, の真価, の言う, の身体, はお, はお家, はこの, は中里先生, は実に, は昨日, は生涯, もご, もそう, もみな, も覚え, をお, を見ろ, を頼ん

▼ 小山~ (48, 3.3%)

6 の処 4 の家

1 [38件] あの事, か, からいつぞや, この火鉢, さすがに, その事, その飯, という親友, とも同道, と同時に, にも別れ, に御馳走, の, の作, の作家, の妻君, の宅, の尽力, の戯曲家, の所, の時として, の着物, の評, はそんな, はどう, は与八, は何時頃, は俄然, は小諸出身, は正しく, は瀬戸内海, は鶏, もお, も在宅, よく見給え, 一寸き, 御夫婦, 暫くここ

▼ 小山~ (28, 1.9%)

1 [28件] あれば, かね子も, ともに台所, どれという, なお反対, なく青い田, イヤと, 主人の, 今は, 仔細を, 同感と, 応接に, 意外の, 感服し, 慙愧に, 打笑い, 浮んだ家, 深く感激, 漸く納得, 秋の, 窪地も, 笑いながら, 笑いを, 親しき仲, 賛成し, 退屈しけん, 頷き, 驚いたの

▼ 小山~ (24, 1.6%)

3 云ふ 2 呼ばれた外交官

1 [19件] いっしょに, かわして, なった, よび低, 一つ一つ踏み越え, 一つ薄団で, 一緒に, 云う外交官, 云う男, 云っても, 小山との, 武田は, 現われて, 生活を, 申すもの, 白い川, 称うべき, 積んで, 紛れあ

▼ 小山夏吉~ (23, 1.6%)

1 [23件] が話した, の手紙, の旅行癖, の目, の眉, の顔, は一息, は串戯, は半ば独言, は声, は寂, は工人, は帰らない, は快く, は日, は更め, は杯, は炬燵, は炬燵蒲団, は続け, は肩, は飾職, も舌

▼ 小山~ (23, 1.6%)

2 は靴

1 [21件] がくるり, がまだ, が綱, の指, の方, の顔, はそう, はその, はもう, はやっと, は博士, は実験台, は手, は綱, は美貌, は自分, は頬, は額, は飾椅子, もその, を離す

▼ 小山いと子~ (15, 1.0%)

2 という作家

1 [13件] が中間小説, が困難, が屡々, が最近, の, のその, の前, の問題, の心, の貧寒, はこの, はその, は従来

▼ 小山男爵~ (14, 1.0%)

2 との二人, の顔, は, は信一郎, は横, は自分 1 はもう, はもうとっくに

▼ 小山すみれ~ (11, 0.8%)

1 [11件] かに行, が博士, が脚立, であること, と美貌, の方, の顔, は, を唆, を相手, を絞っ

▼ 小山という~ (11, 0.8%)

2 ところに 1 ところで, ところへ, 六十年輩の, 叔母のりを, 名だ, 所の, 父の, 青年で, 魚附林を

▼ 小山~ (11, 0.8%)

1 [11件] 公園や, 原へ, 城に, 守田に対するよりも, 小川や, 森の, 肥溜一ぱいに, 草むらは, 谷を, 農家などばかり, 進藤からも

▼ 小山から~ (10, 0.7%)

1 参加した, 小山の, 小金井下石橋あれから, 引っ返して, 御殿場を, 松原を, 水戸線に, 睨まれて, 縁談が, 谷間へ

▼ 小山~ (10, 0.7%)

1 いちも, かけて, 上がった彦四郎, 登りだした, 登ります, 立たせたら, 縁づいたの, 行きました, 近づいた灌木, 馳せ上り向こう側

▼ 小山には~ (9, 0.6%)

1 まだ令室, 多く松, 山崎が, 樹木が, 灌木が, 私は, 行けども, 逢わなかつた, 鬱々と

▼ 小山夫婦~ (9, 0.6%)

1 が遅く, と中川兄妹, にその, に大原中川, は中川, は来客, は熱心, も大原, 頻に

▼ 小山秀朝~ (8, 0.5%)

1 が山陽道, とその, と一族数百人, と千葉, の二将, の東国勢六, はこう, も一見

▼ 小山~ (7, 0.5%)

1 この山, そこの, 働いて, 当分寝泊りする, 死刑に, 遊んで, 遮られ小山

▼ 小山祐士~ (7, 0.5%)

21 の抒情, は今, は既に, へ菊池寛, もゐる

▼ 小山君君~ (6, 0.4%)

1 がそんなに, にもその, の奥さん, はこんなに色々, も一緒, も知っ

▼ 小山ミチミ~ (5, 0.3%)

1 が棺, だ, の入っ, の姿, は切れ長

▼ 小山先生~ (5, 0.3%)

1 こそいま, だったらうれしい, だったら飛びつきたいの, によく, の姿

▼ 小山書店~ (5, 0.3%)

2 の主人 1 から出さない, から出版, の若い

▼ 小山~ (5, 0.3%)

1 とを対質, の手品, は冗談, は司法大臣, も余り

▼ 小山すみれ嬢~ (4, 0.3%)

1 とがびっくり, とはおよそ, の方, を唆

▼ 小山ほど~ (4, 0.3%)

1 あらうと, あろうと, 積まつた荷, 積んだ小判

▼ 小山君僕~ (4, 0.3%)

2 は実に 1 は深く, もこれから

▼ 小山~ (4, 0.3%)

2 の隠宅 1 に左内, に江州

▼ 小山くん~ (3, 0.2%)

1 かしてね, が先生, のお父さんみたい

▼ 小山ぐらいの~ (3, 0.2%)

3 大きさ

▼ 小山なす~ (3, 0.2%)

3 屍の

▼ 小山より~ (3, 0.2%)

1 光が, 心を, 轉乘し

▼ 小山先ず~ (3, 0.2%)

1 この体, 一口味い, 椀の

▼ 小山君これ~ (3, 0.2%)

1 で菓子, は牡蠣, は米国ボストン府

▼ 小山君夫婦~ (3, 0.2%)

1 があれ, が僕, の尽力

▼ 小山~ (3, 0.2%)

1 の急変, へとお, を脱

▼ 小山弁護士~ (3, 0.2%)

1 とお, の方, もお

▼ 小山議長~ (3, 0.2%)

1 がいじめられる, が不信任決議案, は昂然

▼ 小山さんこれ~ (2, 0.1%)

1 が私, はココア

▼ 小山すみれ女史~ (2, 0.1%)

1 であって, にも全部

▼ 小山~ (2, 0.1%)

1 ともいいました, と思っ

▼ 小山とも~ (2, 0.1%)

1 云ひ, 見えるニキビ

▼ 小山にも~ (2, 0.1%)

1 故国の, 朱武陳達楊春

▼ 小山~ (2, 0.1%)

1 しが悦ばしき, しの尽力

▼ 小山まで~ (2, 0.1%)

1 徒歩い, 無事に

▼ 小山~ (2, 0.1%)

1 では扱いかねた, の別隊

▼ 小山今度~ (2, 0.1%)

1 の妻, は逃すまじ

▼ 小山介藏少将~ (2, 0.1%)

1 の御, を訪うた

▼ 小山~ (2, 0.1%)

1 にはそう, の先祖

▼ 小山判事~ (2, 0.1%)

1 は埃, は苦笑

▼ 小山勝清君~ (2, 0.1%)

1 の外祖母, の話

▼ 小山夫妻~ (2, 0.1%)

1 は今, も招かれたれ

▼ 小山孝八郎~ (2, 0.1%)

1 の尽力, の邸

▼ 小山~ (2, 0.1%)

1 となり, に縁故

▼ 小山栄三氏~ (2, 0.1%)

1 の, は次

▼ 小山検事総長~ (2, 0.1%)

1 に違い, の兄弟

▼ 小山正太郎氏~ (2, 0.1%)

1 が畫, の方

▼ 小山正孝君~ (2, 0.1%)

1 がそれ, に調べ

▼ 小山法相~ (2, 0.1%)

1 の収賄問題, は次

▼ 小山洋品店~ (2, 0.1%)

1 の前, やあの

▼ 小山祐士君~ (2, 0.1%)

1 の, の力作

▼ 小山~ (2, 0.1%)

1 は昔風, へ同行

▼ 小山~ (2, 0.1%)

1 で乗換え, で水戸

▼1* [183件]

小山あたりから三, 小山あり毎冬氷合, 小山いと子さんがこのごろ, 小山いと子佐藤俊子宇野千代子矢田津世子の諸, 小山いと子岡本かの子などがその, 小山いと子氏の, 小山いと子氏川上喜久子氏いずれもそれぞれ生活, 小山かのように, 小山からの連絡は, 小山くんひきょうだね, 小山さえ妻の, 小山さっきからおまえ, 小山さんお気をつけなすっ, 小山さん一つ火加減を御覧, 小山さん三十銭になります, 小山さん今朝からお, 小山さん医者稼業というやつ, 小山さん大層大きく膨れまし, 小山さん弟さんですよ, 小山さん御覧なさい, 小山さん誤解せられちゃ, 小山さん鈴木君の箏, 小山じゃないか, 小山それから二里, 小山そんな顔も, 小山だったがねたしかに, 小山ついに団結し, 小山であってアイヌ語, 小山であったが山, 小山でありまた瘤, 小山であるが見晴, 小山でございますはいあなた, 小山でしたらば私, 小山ですが山, 小山でも方々に, 小山とかいう乱暴の, 小山とかがあつて, 小山とがあるばかり, 小山とでも云いたいほどに, 小山との間に, 小山とびこむ小石かな, 小山とを見比べて, 小山と共に帰って, 小山どすよって一里, 小山のである, 小山ながら海寄りの, 小山などを眺めて, 小山にて乗りかへて, 小山にてもよし, 小山のきげんを, 小山のみにあらじ, 小山はさも軽々と, 小山はなお客に誇りたき, 小山ばかりで村, 小山ほどといふの, 小山ほどに積まれて, 小山ほどもある崖, 小山また小山と, 小山みたいなもの, 小山やらをへだてて, 小山よりもこれを, 小山アパートまで乗り着けず, 小山一重を隔てた, 小山に稽古, 小山不思議そうに, 小山中川の二人, 小山丹後と碁, 小山二郎君が新た, 小山五郎左の陣所, 小山五郎左衛門秀朝などはおも, 小山は馬車, 小山健三さんに聴い, 小山健三氏かつて日本人, 小山または愛州党, 小山再び難ん, 小山写真館主の極めて, 小山冨士夫君から揶揄, 小山凡てが若々しく, 小山判官秀朝や佐々木入道貞氏, 小山は伊勢, 小山勝助氏より報道, 小山古き皿を, 小山吉人は初出, 小山君それは全く, 小山君パンの食べ, 小山君モー行こう, 小山君モー一つの原因, 小山君モー一つ僕の言う, 小山君僕らの私情, 小山君先刻は大きに, 小山君味の善い, 小山君支那人の五味調和説, 小山君日本風の食事, 小山周次君を迎, 小山四郎朝政の斃, 小山大原の三人, 小山大津守田会計の岩井, 小山夫人はその後, 小山女史はその, 小山好き口実を得, 小山孝八郎佐山文随大出喜平青木金次郎西谷田村からは荒井嘉平, 小山孝八郎川島元次郎持斎茂吉原田英三郎等が主として, 小山孝八郎持斎茂吉は煽動, 小山孝八郎方に滞在, 小山学士の家, 小山小四郎が田原藤太相伝の, 小山小山も秋, 小山少しく不賛成の, 小山少将の御, 小山山裾の竹林, 小山岡たかみの意, 小山崩れて人家, 小山左京大夫政長は大, 小山市川あたり日日聚話可有, 小山弥作氏直槙, 小山忠三郎は周旋方, 小山に振返り, 小山戸越銀座など見た, 小山携え来れる大荷物, 小山敬三氏一人が勉強, 小山文学士の処, 小山より何, 小山書店主にすすめられ, 小山書店主人のなみなみ, 小山朝郷をとりこ, 小山の, 小山松吉氏をも罷めさせ, 小山松寿が議長, 小山といふ畫かき, 小山栄一に松茸狩, 小山栄三が書い, 小山栄徳氏の署名頁, 小山様従弟の進藤様, 小山檢事正及び大賀, 小山次いではどつ, 小山正太郎先生の不同舎, 小山氏日本通信の吉田氏ら, 小山というの, 小山源五右衛門とが相談ずく, 小山源五右衛門従弟進藤源四郎など義理, 小山源五左衛門などは原惣右衛門, 小山田中いづれも, 小山田中森本の五人, 小山由之助だ大審院, 小山に弟, 小山画伯もおり, 小山白河の結城, 小山直槙は時に, 小山の面目, 小山真夫氏の, 小山研究嬢も共に, 小山研究生と川北, 小山祐士三宅悠紀子田中千禾夫伊賀山精三等の諸君, 小山祐士田中千禾夫伊賀山精三等の諸君, 小山祐士田中千禾夫等はそろそろ, 小山秀朝らにはかり, 小山秀朝江馬越前守三浦ノ介, 小山程の大きな巌, 小山突然尋ね来れり, 小山筧中江正義粟生弘沢木重武斎田惟成中尾庸吉石橋勇三郎上村又次郎斉村霞栖大賀小次郎吉本董三白木半次郎大野仁平同徳太郎, 小山続きになっ, 小山が喰っ, 小山でありまた, 小山が重畳, 小山自分をあわせ, 小山良哉がある, 小山茶碗の蓋, 小山藤八黒田茂吉大朏善平, 小山藤八黒田茂吉野村千代蔵中田善次郎小泉忠三郎福地彦蔵田名網忠助堀口源吉庭田駒吉永沼政吉麦倉亀太郎原福太郎井汲幸蔵原弥太郎川島民八漆原慶治小野熊次郎横塚治三久小曽根信吉, 小山西遊はいかが, 小山諸君へ御, 小山足利の両雄, 小山進藤の徒, 小山遂に来らず, 小山は会せた, 小山門下の人, 小山から帰された, 小山青年が云った, 小山青木永島野口亀井小林谷津などの諸君, 小山鞆絵宮本和吉伊藤吉之助宇井伯寿高橋穣市河三喜亀井高孝, 小山驛附近からで, 小山高麗などの思わぬ, 小山黒田中田小泉福地田名網堀口関口は官吏抗拒罪