青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「市民~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

己~ 巴~ 巴里~ 巻~ ~巻い 巻い~ ~市 市~ 市中~ 市場~
市民~
市街~ ~布 布~ 布団~ 帆~ 希~ ~希望 希望~ 帝~ 帝国~

「市民~」 2207, 24ppm, 4875位

▼ 市民~ (600, 27.2%)

8 間に 6 ために, 中に 5 大部分, 生活と, 生活に 4 ための, 上に, 家庭の, 生活の, 生活は, 生活を 3 中には, 健康を, 全生活, 心を, 手に, 数は, 科学, 胸に

2 [38件] うちに, なかに, まえに, 一人が, 一部に, 不足を, 中を, 代表者に, 信用を, 全部が, 公生涯とは, 口に, 大半は, 希望に, 心に, 必死の, 思想を, 我を, 数が, 日常に, 日常の, 日常生活の, 毫も疑, 生命を, 生活問題に, 生活感情の, 目には, 目を, 耳に, 耳を, 胸を, 自由を, 輿望は, 間から, 頭に, 頭の, 顔には, 顔は

1 [441件] あのよう, あらゆる者, いない市街, うち或, おかみさんとの, お腹が, ことば, ことを, ごちそうを, しるしであり, すべての, すべてを, そのこと, それとの, それに対する, それより, ためひいては, ためわれは, だれもが, どういう層, はや倒れ, ひとりの, むれを, もつ美, ものだけ, ものと, ようであっ, ような, より太い, よろこびと, アヌンチヤタの, オアシスと, テクニシャン達の, デュウゼに対する, フッド, ポケットを, モラルの, モーラルを, レイ細な, レジスタンスの, ロマン語は, 一人としての, 一人のこらず, 一人は, 一人を, 一人一人が, 一人一人であり, 一人娘で, 一日の, 一番お, 一群は, 一部の, 上流の, 不安さに, 不安を, 不安定な, 不幸の, 不徳として, 不朽なる, 不満を, 世わたり, 中から, 中堅層を, 中級に, 予想外の, 人気に, 人気は, 人気を, 人氣に, 人間性に, 代表者の, 会葬する, 住宅で, 何の, 何人とも, 便利と, 俗な, 信仰の, 信頼に, 信頼を, 俤が, 個々の, 側の, 傲然たる, 公安を, 典型的人物に, 出足が, 利益の, 制裁が, 前に, 前進的な, 創生記やや, 助力を, 勇気を, 動揺が, 医師の, 半を, 半分は, 反感が, 反感を, 反逆心は, 口にも, 叫喚の, 同情動く, 名が, 名誉の, 君の, 呪詛の, 呵責された, 命令な, 商工地として, 善良さかしこ, 善良さで, 喉を, 喜びの, 喜びは, 国境は, 地震に対する, 壯心と, 声である, 声としか, 声に, 声は, 声を, 外出に, 多いこと, 多い所, 多くが, 多くは, 夢を, 大会堂を, 大半を, 大多数, 大恩人, 大會堂, 女弟子, 好奇心を, 好意で, 好意と, 妻が, 姿であろう, 姿は, 娘が, 娘で, 娘として, 娘の, 娯楽であるべき, 娯楽を, 娯楽機関は, 婦人大衆に, 子供などは, 子供に, 子供を, 子弟を, 安全の, 安定と, 安寧維持を, 家として, 家屋という, 家庭から, 家庭婦人農村の, 家庭感情から, 家族から, 寄合いより, 小使である, 居宅を, 屋舎の, 崇拜を, 崇拝を, 崇敬を, 市街の, 常識と, 平和と, 平和も, 平均幾%が, 平安の, 幾十パーセントかが, 当座の, 影ばかり, 心から, 心が, 心も, 心得, 心理であった, 心理に, 心理を, 心臓を, 忘れられない親しみ, 思って, 思想とは, 怠惰は, 性格が, 性格を, 恥じつつ, 恨みを, 悲劇などという, 意味も, 愛を, 感傷とは, 感情が, 感情で, 感情という, 感激は, 態度が, 憩い場所としても, 懷から, 戦争当夜の, 手から, 投票権拡張を, 投票權擴張を, 抵抗意志を, 拵えた普通, 挙つて参加する, 提灯行列が, 損傷は, 政治的進出の, 救援を, 敢闘ぶりは, 散歩者に, 数を, 文化文学の, 文化的意欲を, 文化的画一主義, 文学, 文学と, 文学としての, 文学を, 旅行籠なんぞ, 日常は, 日常家庭生活の, 日常性を, 日常生活を, 日常生活上雨に関して, 日常的限界が, 時代的な, 暇つぶしの, 有志も, 服装を, 期待に, 末期と, 末梢的な, 栄養を, 根底を, 権利です, 権利に, 権利の, 権利を, 歓呼の, 歓呼を, 歓迎に, 歴史における, 殊には, 毒によって, 比例に, 気持には, 気持を, 気質が, 注目を, 洪水騒ぎは, 活気は, 浅葱服が, 淫蕩気分は, 淳朴な, 混乱は, 渦の, 火災訓練の, 為に, 為にも, 為の, 為めには, 無体系, 無邪気な, 爭ひとなり, 爲に, 物議を, 狂する, 狂暴を, 狼狽した, 狼狽は, 狼狽を, 狼狽目に, 現状下の, 理想は, 環境と, 生命が, 生命と, 生活が, 生活さえ, 生活における, 生活感情と, 生活感情に, 生活感情や, 生活態度に, 生活難である, 生産的社会労働の, 男が, 男たちを, 發見した, 目の, 眠りが, 眠を, 眼には, 眼の, 眼を, 着て, 瞳に, 知らぬ間, 知的な, 石供養, 礼譲で, 社会生活権喪失に, 社会身分としての, 神経です, 神経とを, 祭日の, 福利を, 税金で, 穢いが, 立会いが, 立会いを, 立場の, 精神は, 累と, 経済力と, 罰か, 群, 群から, 群が, 群に, 群は, 群らしかった, 群れは, 群れ集り, 群自動車の, 群衆に, 義勇隊を, 義務で, 義務では, 義務に, 習慣と, 者が, 而も, 耳目を, 胃にも, 胸の, 臆病で, 自治が, 自治力で, 自由そのものに, 自由は, 自由へ, 自由も, 自由憲法議会の, 自由観覧に, 自発性を, 芸術家としての, 芸術的音痴ぶりを, 若い女, 英雄的な, 蛙の, 血全く, 行動を, 衞生を, 要求に, 見本であったらしい, 観念を, 観覧を, 言うところ, 言に, 言葉を, 訓練が, 記念塔が, 記憶から, 記録である, 話相手が, 誇りに, 誰でもの, 請いを, 諦観と, 諷言や, 讀書眼を, 負担で, 財力は, 財産の, 資格で, 資格の, 資格を, 足を, 迷信が, 迷惑という, 逆襲を, 連中が, 逸話からさえ, 遊園地として, 遊歩場として, 遊覧ルウソーの, 過失火と, 過重な, 道義と, 道義的結束そのものです, 選良と, 部落に, 醵出した, 里では, 重立つた者, 重要性を, 釣熱は, 間で, 間では, 間には, 間にも, 間を, 関心事と, 防毒設備に, 集会所であった, 雑居的性格である, 雰囲気である, 需要と, 面は, 革命に, 靴これらすべてが, 頭は, 頭を, 頭脳によって, 顔の, 顔や, 願をば, 風俗の, 風紀を, 風習としては, 食卓を, 食物の, 飲用に, 騒いで, 鬱屈し, 魂だった, 魂の, 魂を, 鮮血に, 黙止難き, 鼓動は

▼ 市民~ (256, 11.6%)

2 [12件] その頃, それを, 協定以外の, 卵を, 寝耳に, 市長として, 思へり, 恐らく過去, 次第に赤ん坊同様, 米露の, 芋虫以下に, 逃げたり

1 [232件] あらかた避難, いったいどうする, いつでも, いない, うまうま, けちで, ことごとく戦争, この, このこと, このなじみ, この後五十年, この森, この紙片, これ等の, すぐ戸, すっかり後悔, すべて気ちがいの, すべて浮足立ち, せめてその, そういい足し, そこで, そのお流れ, そのため, そのとき, その場, その意味, その方, その混種, その生れ育つた, その生活, その疲弊, その頓知, たいへんであろう, ただちに立っ, たちまちに, たとえ世界一, だんだんと, どの程度, はっきりその, はるかから, ほとんど熱狂, まざまざと, またいま, またマント, まだ二十, まだ彼ら, まったく無, まるで活劇, みな泣いた, みな逃げ去っ, みんな氏を, めっきり暖, もうなに, もう大, もう悲痛, よしあった, アッケラカンと, イバンスの, ツエツペリンといふ, ドイツから, ドッと, モスク, ルーベンスレンブラントの, レオナルドを, ロイド・ジョージの, 一九一七年以来文盲撲滅を, 一体どうする, 一切の, 一勢に, 一斉に, 一時ゴンドラから, 一般に, 不気味な, 乗るもの, 事態の, 二時間前に, 今やまったく熱狂的, 今やイサーキエフスキイ橋, 今度こそ, 今日に, 他の, 何, 何れも, 何人ある, 例えば教育委員一役, 依然として還元性, 僧侶に, 先祖伝来の, 全部肺を, 公園の, 再び戸, 初めて外国兵, 前の, 前夜から, 劣等な, 助けなければ, 労働を, 勿論関東州, 十分の覚悟を, 十哥ずつ, 南の, 危険だ, 危険に, 又学舎, 叫んだ, 各自の, 固よりの, 国民な, 地下へ, 堪らないから, 外にも, 外へ, 大会を, 大変おかし, 大評判, 安堵の, 安心し, 寝も, 少くも, 幾十年を, 当然に, 彼に, 彼らの, 彼を, 御酒頂戴という, 御重態, 心にも, 忙が, 忽ち小額紙幣饑饉, 忽ち彼ら, 思い出すたび, 恐ろしさ, 悉く俺, 愕き, 愕然と, 愚図愚図し, 我が軍, 我れ, 戦いについて, 戸外に, 政変の, 斯くの, 新来の, 日に, 日中さえ, 日本人に対し, 早寝を, 明らかに, 映画の, 最近十数年間に, 朝から, 東京を, 業を, 樹木の, 檻に, 殆ど武家の, 殺気立って, 毎日の, 比較的穏, 氏を, 民権主義であった, 気がついたの, 水と, 永久に, 決して近づかない, 沿道を, 注意を, 洪水の, 浦上切支丹を, 海岸より, 混乱に, 湧きかえった, 爭うて, 片山内閣そのものの, 狼狽, 猛火の, 甦えった, 由来政治の, 由比丸橋の, 白鳥に対して, 眠って, 眼の, 確かに, 空襲警報に, 競うて, 第三者が, 等しく不安, 続々と, 老いも, 耳かくし, 聞きなれたアナウンサー, 胸に, 自分たちの, 自己の, 自由な, 自身を, 花の, 茶袋茶袋と, 荒涼たる焦土, 菓子が, 血走った眼, 被害者である, 言って, 誰に, 誰れ, 警戒警報が, 財力の, 軍部の, 軒ごとに, 近きも, 近隣に, 遂に小, 避けがたく, 避難を, 都下各所の, 配給の, 酷薄な, 野獣の, 銘々自分の, 阿佐操縦士の, 集散する, 難渋した, 非常に, 飢餓に, 饑え, 驚いたの, 驚慌し, 驚異の, 骨を, 高層な, 麦酒樽漬の, 黙々として

▼ 市民~ (155, 7.0%)

2 ダービーに, 協力し, 将校に, 氏を, 白身に, 相手に, 饑饉に

1 [141件] あつまった, あの六月七日, あわてて, いて, おしよせて, かえって地方, かつての, この平和, この疫癘, これまでの, これを, さうだと, そうである, そのよう, その中, その地, その技能, その河口, その能力, その講義, それに, それを, たちまち日々, たべたいと, ちゃんと家賃, どれだけ, どれ位神経過敏に, どんな風, ひとかたまりの, ひなん, みだりに海外放送, みな家も, もう少し科学的, わるい, ウロウロ道, セーブする, ダンテの, パタリパタリと, ブウブウ怒っ, 一人残らず, 一体に, 一杯に, 一般に, 一齊に, 七日七夜も, 下から, 中毒する, 二ルーブリだす, 住みそして, 便宜を, 僧侶をさえ, 全部招待されました, 其等の, 加はるのだ, 努力し, 労役奴隷に対して, 勢力を, 勤め人として, 半封建的, 大いに困らなけれ, 定着する, 家を, 少しでも, 幾人と, 彼等の, 待遇改善に, 後から, 従来ストライキという, 心配し, 怒るよう, 意気込みの, 慌てて, 慰安を, 我が同盟國, 或る, 所謂鎮圧され, 投げ棄てる食物, 折々詰らぬ, 押掛けて, 揚々と, 明治以来の, 最も甚だしい, 有らん限り, 標準だ, 欲しがっ, 此の, 殺傷されました, 求めて, 沢山見物, 熱烈に, 爆弾を, 特別市制を, 狭苦しい都会, 王者の, 現に腐心, 申し合せを, 相往来, 真に挙国一致, 真先に, 祭りの, 私慾の, 突然武器, 立って, 第三階級, 紙銭を, 群を, 群集し, 羽目を, 自分たちで, 自由に, 自由の, 自身の, 蒸し風呂などという, 薔薇を, 蝟集し, 見て, 観音を, 誇りと, 読んだら怒るだろうほど, 誰一人知らぬ, 謀殺された, 負わねば, 貰うの, 足を, 身に, 迷惑する, 追いつめて, 通行人に, 逝去した, 遺産を, 醵金を, 金を, 陸続参詣した, 集まって, 電信によって, 面白く見物, 頻々として, 食うに, 食糧問題に, 麦酒に, 黙視できない

▼ 市民~ (118, 5.3%)

5 とりては 2 なる資格, 一剤清涼の, 拾ひ上げられ, 迷惑を

1 [105件] あたえた大きな, あたえて, あびせて, いかに困難, かなり深刻, ききただしたところ, こせこせ恩恵を, して, すぎないの, すぎなくて, すっかり本当, それらを, ぞくして, たよる過程, ちっとも知られ, なったの, なったほう, なって, ならなければ, なること, なるため, むかって, もっと協力, よき水運, わが海軍, わけて, 与えた教訓, 与えんとの, 与へたり, 会ったと, 共通し, 共通な, 労働を, 包囲された, 及ぼす害毒, 及ぼす精神的効果, 叫び曰, 向かいすみやか, 向かい丙午, 向って, 向つて反抗, 君臨する, 告げる, 告げるプラカード, 売り歩く場合, 好感を, 実際の, 害を, 属する中小商工業者, 市民は, 布告を, 常識上の, 戦況を, 拝まれたこと, 提供されます, 教えるより, 新年の, 日比谷公園の, 期待し, 本当の, 東交が, 檄す, 款待せられん, 正しい臥床, 正しく理解, 武器を, 殺されしとき, 比して, 渡すこと, 温和で, 準ずべきもの, 知らされて, 社会現象の, 移して, 立ち交, 美術教育を, 美術館を, 育てあげようと, 自分の, 良心のより, 英雄的志操を, 見立て叫ぶ, 親しまれて, 親しみが, 訴う, 訴えるただ一枚, 訴えるビラ, 警告を, 豪気を, 販ぐ, 販賣した, 賣るに, 賣渡す時, 較べて, 近頃追, 通信を, 逢はば, 避難の, 配られたの, 配ります, 限らない, 飛びかかったの, 養い育てるの, 養子に, 駆使される

▼ 市民~ (82, 3.7%)

3 して, 恐怖の 2 火葬場に, 脅迫し, 誘導し, 驚かした

1 [68件] いやがらせながらも, おどすとでも, つかまえて, つくるため, ながめて, ひきよせる, ふくむ一般勤労者, ほほえます時, もつて, やっつけること, わがロンドン, ニヒリストの, 一刻も, 下, 下瞰, 何だかこの, 併呑した, 侮辱しました, 凌駕し, 刺戟する, 動かして, 含んで, 嘲って, 国家の, 嬲りものに, 少しばかり, 年々ますます, 彼らは, 得ようと, 怒らせた, 怨みつつ, 悉く緊張, 惨殺し, 慰め惨め, 戦慄させた, 戦慄させる, 捧げるの, 据えて, 描きドイツ文学, 救った, 救ったため, 教訓指導し, 数しれず, 殺した大, 殺戮しつくそう, 決定的に, 深刻に, 焚殺する, 煙に, 熱狂せしめた, 狩り集め門, 獣心なりと, 真似て, 睨みまわして, 知らずただ, 背後に, 苦しめた, 苦しめるという, 虐ぐる恐れある, 護って, 蹴るもの, 迫害する, 連れて, 集合させる, 驚かし憤らしたけれど, 驚かせるよう, 高潔に, 魅惑した

▼ 市民~ (73, 3.3%)

2 であると, なもの, な自我, 大新聞

1 [65件] であって, でないと, で扶助料支払い, なお, なこ, なる安易さ, なインテリゲンツィア, なテーマ, なヒロイズムそのもの, なモラル, なロマンティシズム, な一般観念, な世俗的行動, な主観性, な人たち, な個人生活, な個的, な先入観, な先端, な冷笑的, な利己主義, な制約性, な動揺, な動揺性, な哀感, な婦人, な安らかさ, な家庭生活, な小, な弱点, な心持, な思想, な技術家, な排他的, な方向, な日常, な日暮し, な本能, な本質, な母, な気持, な気質, な理想, な生活感覚, な生活経験, な画材, な画題, な発生, な秩序, な精神の, な組織, な習慣, な芸術流派, な要素, な観念, な身辺小説, な金, な階層, な雑事, にし, に宏大, に尊大, に当然, 又は社会党派的, 弱さ

▼ 市民たち~ (69, 3.1%)

1 [69件] からいわゆる, からといわず, から莫大, がすべて自分, がどの, がひつよう, がもっとも, が地上, が弱々しい, が現に, が経過, が自身, が芝原氏, が騒ぎだす, だった, でさえも全力, には全く, には義勇兵, にふみにじられたくなかったら, に感銘, に警告, のため, のほう, のもと, の予想, の侮蔑, の元気, の善戦, の多く, の持っ, の鼻, は, はここ, はこの, はこれ, はすこし, はすでに, はずんずん, はその, はそれ, はたちまち, はたった, ははじめ, はやっと, はやはり, はメリー号, は一どきに, は勿論, は即刻地上, は天国, は女子供たち, は家, は平和都市計画, は彼, は暗い, は枕, は毎日, は深夜, は眼, は親, は辻, へニュース, もウルランド氏, も摂政宮殿下, よ, をニコ, を守る, を弔い, 毎木曜日

▼ 市民~ (43, 1.9%)

3 なるため 2 なるの

1 [38件] いいつい, いうごとき抽象的, いっても, し一個, その愚図, それを, なった, なって, なりゐたり, なり四本, なるべき精神的, なれるもの, より善良, よんで, 一緒に, 云ふも, 交易を, 住居との, 元日の, 勤労者農村と, 区別が, 協力し, 同じさわやか, 同じよう, 同じ意見, 同じ生活, 同じ食糧難, 善良な, 小農階級とは, 市吏と, 市民の, 彼女達の, 徳川家と, 新聞社の, 暴民とは, 江戸町人と, 没交渉の, 訳し或は

▼ 市民生活~ (43, 1.9%)

4 の中 2 のモラル

1 [37件] がある程度, が必然, です, としてはふだん, における文化一般, にとってあたりまえ, にとり入れ, に対しては極めて, に正常, に馴らし, のあらゆる, のさまざま, のひとつ, の二重性, の全面, の単位, の呑氣さ, の安定, の実際, の感覚, の歴史, の民主化, の気分, の泥沼, の状態, の理想, の臓腑, の自主性, の道義的最高精神, の驚くべき, は秋ごろ, への奉仕, もここ, をやりくっ, を修養, を混乱, を絶えず

▼ 市民~ (34, 1.5%)

2 の噂, を

1 [30件] が勘解由店, が声, が大衆的, が教え, には直ちに, によって今, に異様, のヒロイズム, の円か, の国防予算過大, の大, の悦び, の意志, の感情, の数百人, の炉辺夜話, の笑顔, の遊覧場, の顔, はそれ, はほとんど, は一斉, は単に, は同じ, は国境, は心, は突如, も, もその, を瞠目

▼ 市民としての~ (31, 1.4%)

1 [31件] これからの, インテリゲンツィアと, 中立の, 人間性の, 作家が, 作家を, 修養に, 健全な, 出生への, 判断に, 医学徒の, 品位を, 平均的な, 感情から, 政治力を, 日常生活の, 無力さが, 無力感とに, 環境から, 甚だしい恥辱, 生活に, 生活を, 生活事実に, 生活感情が, 生活擁護の, 疑問を, 義務だ, 義務を, 見解を, 親しみを以て, 訓練が

▼ 市民~ (31, 1.4%)

1 [31件] あの海, いつか忘れ, いる, この大, この時期, これと, それが, ちょん髷を, ともにこの, なくもし, ほかの, また過労, ままあった, みな移っ, やがて午近く, やはり沢山, サン市民も, 一晩の, 二三通りかかった, 余りに損, 兵役に, 坂も, 官吏も, 意外に, 新聞も, 日を, 気の毒に, 百姓も, 立派な, 避難し, 集って

▼ 市民~ (30, 1.4%)

1 [30件] かそれ, で主, という, というもの, とは或, と主人, にアッピール, に属する, に相応, に該当, の, のもの, のイデオロギー, の人々, の哲学趣味, の婦人大衆, の特色, の生活, の男女, の社会的立場, の経済状態, の若い, の関心, は労働者階級, らしい逼迫, を含める, を観客, 又はブルジョア階級, 又は中間層, 及び後れた

▼ 市民社会~ (25, 1.1%)

2 の現実, の経験, を経

1 [19件] がなかっ, ではそれ, として歴史的発展, になっ, に存在, の娯楽, の弊害, の擡頭期, の最も, の本質, の無かっ, の生活史, の生活経験, は狭隘, は詩歌, をつくり, を土台, を知らず, を経験

▼ 市民として~ (18, 0.8%)

2 チェーホフは

1 [16件] どういう風, オリンピック準備の, 一生の, 事実に, 作家として, 共通の, 国家に, 夫れ, 存在し, 愛した方, 生活的に, 礼儀と, 良人であり, 見つめつ, 見ても, 身に

▼ 市民~ (16, 0.7%)

1 [16件] なつべこべ, なもの, な保守, な実際, な小さい, な恋愛, な感情, な生活感情, な生活設計, な範囲, に何と, のこせ, の安定, の思想家, の考え癖, の観念的

▼ 市民である~ (15, 0.7%)

2 ことを

1 [13件] かも知れず, が今日, とか又, と共に軍人, よりもさき, よりもまず, ジルノルマン氏は, 人も, 点に, 父親の, 私の, 私を, 自分たちの

▼ 市民~ (15, 0.7%)

1 [15件] が余, が信仰, が大事, に多く, のうち, のまん中, の最も, の顔, はこの, はちょうど, は彼, は用心, は白痴, は軽蔑, をうち

▼ 市民階級~ (15, 0.7%)

1 [15件] が利害, が擡頭, のもの, の人びと, の反動的利益, の台頭, の夢想, の娘たち, の政治的意識, の生産的実践的本質, の立派, の経済的, の腐敗, の間, は悲劇

▼ 市民~ (14, 0.6%)

1 [14件] から銃剣, がその, が侵入, だった, で付き添われ, とが入り交じってる, とを交じ, におどりかかり, に向かっ, はロンバール街, は大, は第, も将校, や戦列兵

▼ 市民~ (14, 0.6%)

2 への追随

1 [12件] こそが困難, にはか, によるもの, に反撥, に最も, の完全, の残滓, の鎖, は危機, をさえ脱却, を社会的要因, 及びそれ

▼ 市民~ (14, 0.6%)

2 を与える

1 [12件] が強く, をもっ, をもつ, を与え, を与えられた, を与えられる, を完全, を得た, を持つ, を有っ, を漸く, を要求

▼ 市民諸君~ (12, 0.5%)

2 に語る 1 うるさしと, が水, に告ぐ, に対しては親類, のため, のヴェルサイユ宮殿乱入, の推薦, は大, よ, よなんてふざけた

▼ 市民~ (10, 0.5%)

2 さへ 1 あつた, この蓄音機, すらもその, ないちゅうと, 丁度この, 各自に, 活力の, 秩序の

▼ 市民~ (10, 0.5%)

2 文芸復興期の 1 インテリゲンツィアが, インテリゲンツィアは, カトリック教徒や, 兵士の, 役人の, 役人連の, 手足の, 日本人民や

▼ 市民たる~ (9, 0.4%)

2 位地には 1 ことを, と同時に, の義務, インテリゲンチャが, マドレーヌ氏は, 価値と, 小さい太つた爺いさん達

▼ 市民から~ (8, 0.4%)

1 いくら軽蔑され, 初まり, 姫君と, 寄附を, 悦ばれた, 生れた子供, 飲料水を, 馬鹿に

▼ 市民にも~ (8, 0.4%)

1 また互いに, 助力を, 大きな警鐘, 安心させ, 正月気分が, 知らせなかった, 菓子パンにも, 露宿する

▼ 市民一般~ (7, 0.3%)

1 から愛慕, にあらわし, に感染, に趣味人, に関するいろいろ, のおかれ, もこれ

▼ 市民という~ (6, 0.3%)

1 のは, ものについて, ものの, ものは, 概念は, 階級に

▼ 市民には~ (6, 0.3%)

1 なって, また家, まだ脈, 分からなかった, 彼程までに, 恐がられて

▼ 市民への~ (6, 0.3%)

3 奉仕の 1 告別の, 慰藉は, 関係を

▼ 市民~ (6, 0.3%)

1 がピタゴラス一派, が復讐, が目, の間, は右往左往, わが詩才

▼ 市民自身~ (6, 0.3%)

1 が伝播, が負わなけれ, で今, の油断, の解放, の間

▼ 市民との~ (5, 0.2%)

2 間に 1 混合だった, 混成隊とでも, 間にあっては

▼ 市民に対して~ (5, 0.2%)

1 八日間ぶっつづけ, 感謝状と, 莫大な, 虐政を, 賤業婦を

▼ 市民病院~ (5, 0.2%)

2 へ担ぎ込まれた 1 で診, の隔離病舎, へ連れ

▼ 市民的常識~ (5, 0.2%)

1 が匂う, にうけいれられた, に反抗, の中, への発達

▼ 市民的生活~ (5, 0.2%)

1 が氣, の些事, の幸福, の自己認識, の裡

▼ 市民的自由~ (5, 0.2%)

1 と基本的人権, と平等, は享受, も思想, や生活権

▼ 市民~ (5, 0.2%)

1 においては光栄, にはこの, に彼, に獲得, の氏

▼ 市民これ~ (4, 0.2%)

1 によりて活, を城, を見よ, を觀

▼ 市民~ (4, 0.2%)

1 という, ということ, な, 自分の

▼ 市民であり~ (4, 0.2%)

1 この生活条件, 侯爵らが, 思いやりの, 法律に

▼ 市民では~ (4, 0.2%)

1 あったが, ありませんよ, ない, ないよう

▼ 市民とは~ (4, 0.2%)

1 とうてい同じ, 價値を, 實に, 案外仲

▼ 市民にとって~ (4, 0.2%)

1 それは, 僧侶が, 娯楽物でも, 生活の

▼ 市民に対する~ (4, 0.2%)

1 と同程度, 同情を, 憎悪である, 要求も

▼ 市民らしい~ (4, 0.2%)

1 自己偸安に, 自然さに, 色どりの, 遊蕩を

▼ 市民インテリゲンツィア~ (4, 0.2%)

1 が確信, が連帯活動, などの革命的価値, の生活

▼ 市民~ (4, 0.2%)

1 たいてい夜, でこの, の一, の有識者達

▼ 市民以上~ (4, 0.2%)

3 の子弟 1 の階級

▼ 市民~ (4, 0.2%)

2 と云う, の公演会

▼ 市民文学~ (4, 0.2%)

1 でさえももし, との関係, について全くそう, の変化

▼ 市民精神~ (4, 0.2%)

1 に於, の強壮さ, の欠如, の確立

▼ 市民だけ~ (3, 0.1%)

2 では 1 やわ

▼ 市民であった~ (3, 0.1%)

1 からうってつけ, が併, ようである

▼ 市民としては~ (3, 0.1%)

1 女中や, 市政を, 彼ひとり

▼ 市民としても~ (3, 0.1%)

1 忙が, 文学者としても, 複雑で

▼ 市民なり~ (3, 0.1%)

2 日本人民の 1 羅馬帝国なりを

▼ 市民~ (3, 0.1%)

1 呼びかけて, 早盤木を, 濫発する

▼ 市民~ (3, 0.1%)

1 武器執れ, 注意せよ, 紳士よ

▼ 市民らしく~ (3, 0.1%)

1 少し前かがみ, 昼飯を, 闘志つよき

▼ 市民ルイバコフ~ (3, 0.1%)

1 のバルコン, の台所, の所有

▼ 市民常識~ (3, 0.1%)

1 としての精神主義, に基かず, への拡大

▼ 市民感情~ (3, 0.1%)

1 に戦争挑発, の一部, は敢

▼ 市民根性~ (3, 0.1%)

1 だの陰謀, を多分, を暖め

▼ 市民気質~ (3, 0.1%)

1 だそう, とを理解, に対する歯

▼ 市民的インテリゲンツィア~ (3, 0.1%)

1 からボルシェビキ, という, としての観照的態度

▼ 市民的中間層~ (3, 0.1%)

1 に於ける, に特有, の意識

▼ 市民~ (3, 0.1%)

2 を納める 1 は払わない

▼ 市民諸君私~ (3, 0.1%)

1 が市長, はこの, は断言

▼ 市民道徳~ (3, 0.1%)

1 との大, に抗議, の基礎

▼ 市民あるいは~ (2, 0.1%)

1 スパイとして, 国民が

▼ 市民からの~ (2, 0.1%)

1 スキャッブだ, 志願者乃至

▼ 市民からは~ (2, 0.1%)

1 なれて, 三ツ山と

▼ 市民たらず~ (2, 0.1%)

1 は, ば禍

▼ 市民だった~ (2, 0.1%)

1 ときの, んだ

▼ 市民です~ (2, 0.1%)

1 が両親, などといふアコギ

▼ 市民と共に~ (2, 0.1%)

1 抱く作家, 死んだよう

▼ 市民ども~ (2, 0.1%)

1 がかがん, の荒くれ

▼ 市民~ (2, 0.1%)

1 のだ, わけだ

▼ 市民なら~ (2, 0.1%)

1 誰でも, 錠前屋が

▼ 市民ならず~ (2, 0.1%)

2 ともシーザア

▼ 市民にとっては~ (2, 0.1%)

1 ぴったりする, カイゼルの

▼ 市民にとっても~ (2, 0.1%)

1 その昔, 恐ろしく思われた

▼ 市民より~ (2, 0.1%)

1 もっと能力, 受けたる懇迎

▼ 市民をば~ (2, 0.1%)

1 今墓中より, 国会には

▼ 市民アテナイ~ (2, 0.1%)

2 の選手

▼ 市民主義~ (2, 0.1%)

1 が封建制, の時代

▼ 市民二百万~ (2, 0.1%)

2 としてその

▼ 市民作家~ (2, 0.1%)

1 として完成, をもと

▼ 市民全体~ (2, 0.1%)

1 が虐殺, の気分

▼ 市民全般~ (2, 0.1%)

1 の生活態度, の福利

▼ 市民及び~ (2, 0.1%)

1 僧侶を, 警吏長等棍棒を

▼ 市民大会~ (2, 0.1%)

1 が開かれ, を開いた

▼ 市民的インテリゲンチア~ (2, 0.1%)

1 の日常, の気分

▼ 市民的権利~ (2, 0.1%)

1 かであり, である

▼ 市民的要素~ (2, 0.1%)

1 のある, のきつい若い

▼ 市民的雰囲気~ (2, 0.1%)

1 につつまれ, に限られ

▼1* [203件]

市民へて, 市民あてに訓令, 市民あらゆる働く男女, 市民いつも俺に, 市民いや日本国民の, 市民およびインテリゲンツィア, 市民こぞって邪心なく, 市民さえあること, 市民しか居らないで, 市民じゃありません, 市民その人民の, 市民それ自身今は, 市民たらしむべき何かの, 市民たらしめている, 市民たらしめるに寄与, 市民だけの数だ, 市民だってそんなに馬車, 市民であって政府, 市民でありますから, 市民であればたくさん, 市民であろうとの意見, 市民でなくてはいけず, 市民でもやはりこんな, 市民とだけがそのあと, 市民とのみ記すが, 市民とを分つに, 市民などの階級の, 市民などを描くの, 市民なりが石を, 市民なる範疇が, 市民にたいして申訳に, 市民にとつては, 市民にとっての幸いです, 市民による革命では, 市民に関することだけに, 市民のみが相手であり, 市民はなかりそう, 市民ひとしく疑念を以て, 市民ふうをなお, 市民ほど戦禍を, 市民までもそれを, 市民もしくは村民の, 市民よりもずっとずっと早く, 市民わけても吾が敬愛, 市民をまで感激させた, 市民をも吸収する, 市民を通じてのみ利得し, 市民イタリア語の建設者, 市民インテリゲンツィア出身の作家連, 市民インテリ層自身の足場, 市民全部ニ居常且終生劃一ナル兵隊服ヲ, 市民ホワイトという人, 市民一人あての失火, 市民一人一人の精神, 市民一号から三号, 市民一同が信じ, 市民一同口を開け, 市民一日も心, 市民一般財産生命の危険, 市民三万の活動, 市民三萬の活動, 市民不安の念, 市民に隣接, 市民中小商工業者民族資本家までを含めた, 市民中農の経済事情, 市民乗客といったよう, 市民交通を支配, 市民代表者の切, 市民からは町奴, 市民傍観者のある, 市民より威張っ, 市民の七十九人, 市民公衆浴場の内部, 市民公費を以てその, 市民公金を以てその, 市民に一度, 市民出身であり自身率直, 市民労働者は必ずしも, 市民動揺の徴, 市民勤労者としての権利, 市民勤労者農民革命的インテリゲンツィアとしての学生, 市民協賛の下, 市民博物館へ寄附, 市民その欲, 市民同盟は補助警官, 市民同盟人権擁護同盟その他の平和的組織, 市民哀悼のうち, 市民善いクリスチャンだ, 市民四十歳の者, 市民国民にあった, 市民である, 市民大会当日に拘引, 市民大学を開い, 市民委員会の民間掲示, 市民学生知識人にとってその, 市民射撃隊がコック大尉, 市民小商人を主体, 市民層以上のパパ, 市民層出身の出来ない, 市民層学生などがうけ入れた, 市民層民族資本家までをふくむ, 市民層知識層の活動, 市民市民の芸術家, 市民征服の精神, 市民性インテリゲンツィア性のある, 市民性的要素を包括, 市民意識のほか, 市民憧憬渇仰の王座, 市民或は一国民といふ, 市民挙つてこれに参加, 市民教室を出, 市民教育部で夜, 市民教育部購買組合無料医療部等もあっ, 市民文化の側, 市民文学インテリゲンツィア文学ということ, 市民の上, 市民根性そのものである勤め人階級, 市民民族資本家をあらわす, 市民消費者がすべて, 市民無料招待の慰問ショウ, 市民環視の間, 市民用防毒面ぐらいはもっ, 市民男女をよく, 市民百姓等は競う, 市民的インテリゲンチャの世界観, 市民的サラリーマンのポケット, 市民的スケールであるに, 市民的ロマン語的な文芸活動, 市民的云々のこと, 市民的人生観にたいして反抗, 市民的分裂はこの, 市民的制約性に見解, 市民的卑俗さ愚劣な伝習, 市民的反抗を自然発生的, 市民的古式の行列, 市民的哀愁や彼, 市民的土壌を自身, 市民的学校教育はブルジョア, 市民的対応の同, 市民的層の内輪, 市民的平民的な日常, 市民的性質のマイナス, 市民的意思表示との間, 市民的感情などの最も, 市民的感覚から発生, 市民的態度ではいちよう, 市民的技術上の問題, 市民的抵抗がどんなに, 市民的政党そのものが元来擬装的政党, 市民的敏感性なるもの, 市民的日和見的見解としなけれ, 市民的日常性への無条件降服, 市民的栄位についてそこ, 市民的標準の意志, 市民的正月の恒例, 市民的法理学や国家理論, 市民的父親の, 市民的狭隘さを脱し, 市民的町人的モラルにたいする反抗, 市民的知識人作家たちは主として, 市民的社会層として見れ, 市民的秩序を貴ぶ, 市民的素直に止っ, 市民的経済状態の悪, 市民的職業や地位, 市民的自分はそこ, 市民的自我によってしか問題, 市民的自由主義へ向っ, 市民的自由学問と言論, 市民的自覚の当然, 市民的英雄主義に毒, 市民的規模の典型, 市民的親切心が全く, 市民的観念と感覚, 市民的譫言を助ける, 市民的通用性とから云っ, 市民的都市となっ, 市民知識人の大, 市民社会そのものによる教育統制, 市民社会ブルジョアジーの階級, 市民社会的ジャーナリズムに就, 市民社會の曉鐘, 市民とは反対, 市民胡椒と塩, 市民衛生の為め市中, 市民て声, 市民で哲学, 市民諸君これは偽, 市民諸君原田は情ない, 市民識者の輿論, 市民警察の私服, 市民議会に属し, 市民讃仰のまと, 市民を惜しまずし, 市民趣味と盲目的, 市民を支持, 市民農園というの, 市民上したる, 市民のこせついた, 市民防空壕は五百ヤード, 市民革命にはブルジョア, 市民顔子狗の死体, 市民馬車逍遙馬車幌小馬車二輪馬車などが警察