青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「小娘~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

小さく~ 小さな~ 小倉~ ~小僧 小僧~ 小児~ 小判~ ~小声 小声~ 小姓~
小娘~
~小学校 小学校~ ~小屋 小屋~ 小山~ 小川~ 小林~ 小柄~ 小次郎~ 小生~

「小娘~」 1148, 12ppm, 9190位

▼ 小娘~ (333, 29.0%)

39 ように 12 ような 10 やうに 5 やうな, 顔を 4 様に 3 くせに, 下品な, 姿を, 存在を, 手を, 時に, 開けようと

2 [15件] お春, お松が, ことを, ために, 口から, 彼が, 方は, 時から, 時分から, 本能的な, 気まぐれだ, 癖に, 肉体の, 話の, 顔が

1 [207件] あとから, あどけなさ, あること, うちから, うるささそれを, おとめさんも, おふくろを, おまえに, おれに, お三輪, お使, お喋舌, お年が, お手伝いさん, お松を, お粂, お菊, お銀, お雪, お雪ちゃんに, お静, お静さん, からだで, からだを, けたたましいさけび, けんまくに, ことで, ことであった, ことな, ことは, ことよな, する様, すゑるお灸, そぶりを, それぞれ異, ただの, たべて, ときから, ときには, とき惡い, ふうを, ほうを, まごころ, まっかな, まろい, むかしの, やうです, やうにか, ゆかりに, ゆかりは, ようで, ような甘えた, ようにも, わたくしに, わたくしには, わたしを, ゐる飲み屋, アデェルを, アルマンが, ウメ子に, パンスケまで, パンパンを, ピアノに, ヤスと, ヤスの, ロマン性と, 一人だった, 一念あなどるべからずである, 一撃だけで, 上に, 不逞な寝, 中の, 丹青だ, 事を, 云う様, 云ひ, 仕事衣を, 伏眼がちな, 信頼を, 出来心だ, 力では, 十七八がらみの, 十四に, 口ずさむ浄瑠璃, 右手には, 哀願を, 声で, 声である, 声にて, 夢の, 大柄な, 大胆さに, 夭死した, 女中が, 好みらしく小, 姿が, 姿で, 姿は, 嬌態を, 容子を, 寄した, 寝姿, 幻想的恋愛論など, 弾く三味線, 当時では, 彼女は, 彼女を, 後から, 心が, 心づかいを, 心にかへ, 心臓である, 心臓といふ, 性質が, 息の, 感情に, 手から, 手くだに, 手では, 手並で, 手毬唄なんかに, 手玉に, 手答えが, 指一本で, 按摩は, 挙動が, 挙動だんだん, 擒人に, 方から, 方が, 明るい色, 時代から, 智謀一つで, 本能を, 朱実を, 桂にも, 様だ, 様な, 様子であった, 様子を, 死骸が, 死骸を, 気が, 気に, 氣まぐれだ, 浮かれの, 涙には, 淑やかさが, 深雪としては, 清い爽やか, 温情に, 激情に, 父親は, 物だ, 物憂い表情, 独立独歩の, 珍しそう, 目つきは, 相手から, 眼で, 私が, 私は, 移り気の, 笑声などを, 純情が, 群を, 肩から, 肩を, 胸に, 腕ひとつで, 若き姿, 茂野が, 藝當で, 藤江は, 行くほう, 衣裳を, 記憶は, 訴え嘆願し, 話, 読みさ, 読み書き沙汰は, 赤い兵児帯, 身で, 身に, 身もとと, 身辺に, 遊んで, 銀子な, 間に, 青いすいつ, 青い悪阻, 音楽, 頃ひらひら, 頃良人の, 頬を, 頭に, 頼りな, 顏から, 顏が, 顏を, 顔つきの, 顔に, 顔には, 顔の, 顫き, 馬鹿笑いであっ, 驚きを

▼ 小娘~ (162, 14.1%)

4 立って 3 一人慌しく, 向う側から

2 [11件] 一人何か, 何を, 俺を, 声を, 大時計, 恰も卑俗, 持って, 私の, 花漬を, 言いました, 騒々しく稽古

1 [130件] あがって, あたかも卑俗, あつた, いた, おぢさん, おでんの, おどおどし, お下髪を, お茶と, かしこまって, きょうの, こうも, この眼, これは, こんな所, しかも夜, しきりに胸, するやう, そこへ, その恩恵, その痩せ細った, そんなふうに発した, そんな大, ただ一人, ちらと, どうしてもヅロース, どう間違っ, なんだって, はいって, ふろおけ, まただんな, また意外, やって, やはり昼間, ジュポンの, ムキになること, リボンや, 一人十冊ばかりの, 一人外には, 一番よく, 下りて, 世の中を, 世界中の, 両膝, 事件の, 二三人連立ツて, 二人と, 二人の, 二人床に, 二人連れで, 交って, 人を, 今更に, 何にかを, 使者と, 再び現われました, 別の, 口に, 唯一人, 四尺二寸の, 地下室の, 子ぬ, 子猫を, 客の, 小説を, 少しでも, 居て, 年に, 店番を, 彼が, 彼に, 彼を, 恐ろしいの, 悪度胸, 慎ましくその, 拾って, 方丈の, 日の, 日向ぼっこし, 易々と, 映画の, 朝の, 朝草刈りを, 未来に, 来たらしいぞ, 来て, 松琴尼と, 枯れ枝を, 柳原の, 死骸の, 残つて居る, 殺されて, 浅黄の, 片跛, 物に, 現われて, 疑ひを, 白いエプロン, 盆に, 睨んだだけ, 私たちを, 私に, 立ちかけると, 立つて, 箭を, 背中を, 腰掛けてるの, 花簪の, 茶を, 荷を, 蛇の, 行つ, 親でも, 親子丼を, 言ったの, 調子外れの, 赤い鼻緒, 這入って, 通り掛つたので, 運ぶ膳部, 部屋の, 階下から, 隠居が, 隱れん坊を, 集って, 雑巾よりも, 青くなっ, 頬を, 顔を, 馬車から

▼ 小娘~ (128, 11.1%)

3 わざわざしめ, 何時か, 恐らくはこれから奉公先, 私に 2 その懐, 君の, 年の, 油断が, 無邪気に

1 [106件] あたりま, あながち左門, いい気, おそろしく素迅, お角, かいがいしく玉蜀黍, こっちの, さかしくも, しばらくふたり, しめな, じっと耐え忍び, そうした銀次, そう云っ, その懷, その目, たとえ嗤, ちょっと眼, ついこの間日働き, どうした, どこにも, にわかに顔, べつだん済まな, まさに判然, また物, また魚, もうみんな, もろくも, やはり釣っ, よく呑, よく大物, ゐたたまらぬ感じ, クリストフが, サチ子を, ジタバタする, 一人の, 七宝寺の, 二三年たっ, 亡主の, 介抱なんぞ, 何も, 何を, 何事も, 信じて, 充分賢, 其方を, 勇ましい決心, 包を, 厭さ, 又ニコリ, 友吉の, 可愛らしい眼, 唄の, 声を, 大きな声, 大したもの, 好感の, 妙な, 姓を, 婆さんの, 嫌ひだね, 子供の, 実際医者, 小鳥の, 嵐の, 左までに, 平然たるもの, 強い愛情, 心配に, 必死の, 性懲りも, 悪魔の, 情け容赦も, 愚か牛だ, 斯細君の, 更に声, 案の定よくよく思いあまっ, 此時極, 母の, 気むずかしい伯母, 決して尋常, 油斷が, 涙を, 燗瓶を, 猩々を, 獅子を, 珈琲茶碗を, 生きて, 生意気な, 皆の, 知らない人, 笑いながら, 笹の, 縁側まで, 肩を, 若い娘, 藤江と, 衣を, 言いました, 読みすすんで, 身装は, 醫者の, 金髪の, 釣って, 釣を, 顔を, 髪の毛一つ動かさない済ました

▼ 小娘~ (88, 7.7%)

4 しては 3 化けて, 向って, 導かれて 2 ちげえねえ, 怨みが, 肩を, 過ぎなかった, 過ぎなかった私

1 [65件] あんな甘, おびえたりしてもしつくりはまると, かぎるの, ききました, くれて, しましては, じいやは, すっかり心, そっと訊いた, その負傷, つくって, どうしてそんな, どうまああの, なって, ぶつかつて, みえた, パッパ, 下駄を, 云は, 伴れ, 似ても, 似合わずあっぱれ, 似合わない怖い, 何故それ, 出会いました, 出來, 吩咐けた, 命じて, 回ったよう, 夢中に, 嬲られる甘, 對する, 帯を, 帶を, 後に, 情慾を, 感じたもの, 手を, 手紙を, 扱われて, 投げとばされたよう, 押しつけようなんて, 査列斯銀一つ, 歌を, 気が, 氣を, 油断する, 派手に, 物の, 眼顏で, 罠を, 聞いて, 袂引かれつ, 裏掻かれる, 要するいっさい, 見えるが, 見事背負投げを, 訊くと, 訊ねたが, 足を, 過ぎない, 過ぎないの, 邂逅つた, 醫者の, 顔を

▼ 小娘~ (76, 6.6%)

3 注視した, 連れて, 頭ごなしに

1 [67件] ああした, あやつる名人, おとりとして, おとりに, かばったの, からかうという, さんざんに, つれて, どうこうする, どうする, どうやら物, ながめて, ひっかけ幾人, ひつくりか, もうひとりその, やっとの, 一人残し, 一人遊ばせ, 一人雇っ, 今後どう, 伴って, 動物園に, 呼び上げ席料, 呼んで, 埋めて, 失った悲, 奪った銀行家, 妊娠させ, 嫉妬する, 寵愛し, 小娘に, 引っ担いで, 心から好き, 怒らせっぱなし, 怒鳴りつけるよう, 愛して, 手かけに, 手で, 手なず, 指差し, 挨拶に, 殺さしては, 殺すところ, 殺す氣, 無理強ひ, 相手では, 相手に, 眺め乍ら, 睨み据えた, 背負って, 脅迫口説い, 葛籠の, 血祭りに, 見かけたと, 見ちや, 見付けたの, 見出したこと, 見殺しに, 誘惑する, 貰って, 連れた流し, 過ってでも, 道案内に, 醫者の, 釣る手段, 雇い入れて, 食わして

▼ 小娘~ (44, 3.8%)

3 追羽根し 2 さうし, 一緒に, 小袋は, 情慾を, 想像され

1 [31件] あっちこっち廻っ, いえる無邪気, いきさつが, そうして又, ちがって, であった, ふたりつれたつ, ほかに, まるでお話, 不良少年何という, 二人限りで, 二十三の, 仲を, 何とかは, 何んと, 其の町, 再び危機, 切髪と, 同じこと, 四人で, 女ばかりの, 家の, 小童頃を, 小袋とは, 思いながらも, 思わないでは, 片腹痛く思い出しました, 相合傘で, 私と, 老母とが, 言つて宜

▼ 小娘~ (30, 2.6%)

2 近所の

1 [28件] あつた, うっかりし, お咲, お国, これは, ともに十二, ふだんから, まさかに色恋, また貴婦人, まだ祖母, まだ色気, 何が, 全く其意味, 内儀の, 可愛らしいといふだけの, 可愛らしさ, 名は, 大して役に立たず, 彼は, 明日は, 有る事, 死ぬの, 殊に怖い, 無論木馬館, 父親の, 眉目美は, 腕も, 野生の

▼ 小娘~ (25, 2.2%)

2 ある

1 [23件] あった, あまり陽気, あり頭, いた, いつか魚に, いない, ことの, そぞろ歩きの, そのいき, そのとき首, たつた一枚きり, またあと, また此方の人影, 今では, 余念なく, 信心の, 皆ばらばら, 監獄へ, 眼を, 笑って, 老幼ことごとく, 芳年の, 面に

▼ 小娘~ (19, 1.7%)

1 [19件] からといっ, からと思っ, からなに, から小鳥, がね, が酒場, けれども女, けれども油断, しあと, ぜ, つたのです, つた私を, といったはず, とばかり思っ, とばかり思つて, と思っ, よ, 混血児は, 長え

▼ 小娘らしい~ (12, 1.0%)

1 [12件] が実は, たより無い, ふりを, 丸ぽちゃの, 声は, 感傷で, 所作で, 気もちが, 袴に, 調子が, 靴音までが, 顔が

▼ 小娘たち~ (11, 1.0%)

1 [11件] がそれ, が不平, が帰っ, だ, の中, の喜ぶ, の後ろ姿, は恋愛, は藏, までが集まっ, や百姓

▼ 小娘でも~ (10, 0.9%)

1 あるまいし, ある家, してやられる, するやう, たずねて, ない, ない年, 意地を, 變ぢや, 通ること

▼ 小娘から~ (9, 0.8%)

2 筋の 1 お聞きなすっ, これ以上に, 先手を, 勇敢な, 聞いて, 邪魔され, 首っ玉へ

▼ 小娘では~ (9, 0.8%)

3 ない 1 ありながら, これから先, ないの, なくな, なく左京, 色恋でも

▼ 小娘~ (6, 0.5%)

2 静の 1 たま嬢が, なつを, 静と, 静は

▼ 小娘~ (6, 0.5%)

5 何かの 1 みな

▼ 小娘です~ (6, 0.5%)

1 から惚れ, から手, が, がその, が可愛らしい, のよ

▼ 小娘~ (6, 0.5%)

1 の, のだろう, のである, ので心中, ので新見, んでした

▼ 小娘~ (6, 0.5%)

1 十七八の, 善い音楽, 犬やをも, 自動車の, 若い者, 藤夜叉との

▼ 小娘~ (6, 0.5%)

1 が帰つて後午, が町, に手, はそれ, は岸本, を悦ばせた

▼ 小娘だった~ (5, 0.4%)

1 が髪, ころに, ので唖然, 彼女は, 筈です

▼ 小娘時代~ (5, 0.4%)

1 から三十四歳, に比べる, のこと, の乱暴, の囘顧

▼ 小娘であった~ (4, 0.3%)

1 が今, のは, のを, 私の

▼ 小娘には~ (4, 0.3%)

1 ちょっと出来ない, スパイは, 相違ありません, 私の

▼ 小娘にも~ (4, 0.3%)

1 せよわざわざ, やれば, わかるかい, 似合わぬ恐ろしい

▼ 小娘じゃ~ (3, 0.3%)

1 ござんせんか, アありません, アあるまい

▼ 小娘でした~ (3, 0.3%)

1 からほん, から思い, があっし

▼ 小娘ながら~ (3, 0.3%)

1 やっぱりジロリ, 時に目, 水際立って

▼ 小娘に対する~ (3, 0.3%)

1 代償として, 恋心に, 恐怖が

▼ 小娘ひとり~ (3, 0.3%)

1 あやめたと, のこと, もてあまして

▼ 小娘まで~ (3, 0.3%)

1 揃ひも揃つ, 殿下の, 遊びに

▼ 小娘みたい~ (3, 0.3%)

1 だった, な夢, に紅く

▼ 小娘一人~ (3, 0.3%)

1 で私, を水上, 住みの

▼ 小娘~ (3, 0.3%)

1 が持っ, に誘われ, は嬉し

▼ 小娘~ (3, 0.3%)

2 の手 1 にお

▼ 小娘じゃあ~ (2, 0.2%)

1 ないもし本当に, ないよ

▼ 小娘ずれ~ (2, 0.2%)

1 に横, のそ

▼ 小娘だって~ (2, 0.2%)

1 女の, 色男に

▼ 小娘であっ~ (2, 0.2%)

1 てこう, て襤褸

▼ 小娘でございます~ (2, 0.2%)

1 から何もかも, よコゼット

▼ 小娘という~ (2, 0.2%)

2 ものは

▼ 小娘とが~ (2, 0.2%)

1 向いあって, 引き受けて

▼ 小娘として~ (2, 0.2%)

2 つまらない油断

▼ 小娘とに~ (2, 0.2%)

1 マリユスは, 傅かれ

▼ 小娘との~ (2, 0.2%)

1 情事めい, 芸術を

▼ 小娘とは~ (2, 0.2%)

1 いえ尋常, 見えぬキリ

▼ 小娘ながらも~ (2, 0.2%)

1 右門の, 臆した

▼ 小娘などの~ (2, 0.2%)

1 声では, 面ざし

▼ 小娘なら~ (2, 0.2%)

1 いざ知らず, 皆列に

▼ 小娘~ (2, 0.2%)

1 ある日彼女, 木村が

▼ 小娘までが~ (2, 0.2%)

1 そんなに心安, 年に

▼ 小娘~ (2, 0.2%)

1 てえな, てエ

▼ 小娘らしく~ (2, 0.2%)

1 競馬馬を, 袂に

▼ 小娘二人~ (2, 0.2%)

1 その傍, との寂しい

▼ 小娘~ (2, 0.2%)

1 の肩, は言い合せた

▼1* [64件]

小娘いやもう見, 小娘おぼこ娘を, 小娘お金坊は蝶々髷, 小娘がと思ったら可哀そう, 小娘ここがその, 小娘こそこまっちゃ, 小娘これへ連れい, 小娘ころのたとえば, 小娘さんなのに, 小娘じゃろうと存じ, 小娘すら自分の, 小娘その白い美しい足, 小娘たちふたりを発見, 小娘だけだ, 小娘だけに右門も, 小娘だつた筈です, 小娘やあるまい, 小娘であるので富貴, 小娘でしかないのに, 小娘でないから少し, 小娘でなけれやつていう, 小娘としか見えないし, 小娘としては出来すぎたほど, 小娘とばかり思った, 小娘どこへゆく, 小娘どもを踊らせる, 小娘などが二三人で, 小娘などには目も, 小娘などは却ってコロリ, 小娘なんか眼中に, 小娘なんかを相手に, 小娘にしか見えなかつた, 小娘にぞありける, 小娘にまで踏みつけられるかと, 小娘ばかりが残ったの, 小娘ばかりを笑ったもの, 小娘ばっかり集めなすって, 小娘への応戦は, 小娘めいた懶惰さを, 小娘もとびらの, 小娘喃, 小娘らしく取り澄しては, 小娘スンダーリが親たち, 小娘ッようも汝, 小娘ホパラタして, 小娘マチルドが白い, 小娘一家が貧, 小娘一疋ぐらいいざ, 小娘乍ら流石に不良少女, 小娘侮りがたしと, 小娘共びっくりするだろう, 小娘劉備の家, 小娘十四と九つ, 小娘只一撃と思いました, 小娘来りて洗足, 小娘殺しを調べ, 小娘毎日仕事に来る, 小娘の失せない, 小娘生かしておけぬ, 小娘相手に立腹, 小娘覚悟をしろ, 小娘貴様寝ぼけたの, 小娘連れ立ちてその, 小娘の気もち