青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「市~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

差し~ 差別~ ~己 己~ 巴~ 巴里~ 巻~ ~巻い 巻い~ ~市
市~
市中~ 市場~ 市民~ 市街~ ~布 布~ 布団~ 帆~ 希~ ~希望

「市~」 7203, 78ppm, 1450位

▼ 市~ (1938, 26.9%)

16 邊の 1413 黄金の 10 方へ 9 郊外に 8 中央に, 立つ日 7 顔を 6 中を, 中心に, 方に, 附近に 5 上に, 学校へ, 或る, 近くに

4 [13件] ことを, ような, 中央の, 中心を, 人は, 内外に, 内外を, 前に, 場末に, 婦人連は, 家を, 方で, 様子を

3 [36件] ある家, ように, 一隅に, 上空を, 中央を, 人々は, 人が, 他の, 全景が, 全貌が, 北に, 名が, 図書館の, 地図にも, 場末の, 大地図, 大路に, 姉の, 字の, 巻, 市政が, 慈父であり, 手を, 有名な, 東に, 東の, 東北に, 病院に, 監獄に, 端れ, 背後の, 話は, 郊外の, 鍵, 鍵を, 附近の

2 [111件] あっちの, すべての, それと, ために, たんびに, ちまたに, なかを, はずれに, まちはずれに, アンジェリカの, ピーボデー博物館長で, 一部と, 上, 上へ, 上空には, 両端を, 中に, 中央から, 中央には, 中央まで, 中学校の, 中心から, 人々の, 人で, 仮の, 光景が, 入日賣, 全動力, 共議, 内外で, 北端を, 南方に, 博物館に, 卯辰の, 友に, 口に, 名市長, 周辺を, 商人は, 地図が, 声が, 外廓に, 姉から, 姿が, 娘達を, 字に, 字を, 実況, 家は, 家へ, 小学校に, 恩人であり, 恩人である, 散歩者, 方, 方から, 方の, 日が, 日に, 日は, 有力な, 東端に, 歴史上最も, 河流は, 海岸に, 渡を, 瀬村は, 灯は, 片隅に, 生れで, 生活が, 町はずれに, 病院の, 病院へ, 白状は, 真ん中に, 真中に, 真中を, 眼の, 眼は, 空に, 立つの, 答へは, 経理の, 繁栄に, 耳に, 職業紹介所の, 能否を, 街路の, 街路は, 西に, 西の, 西北に, 見物は, 記録に, 話を, 貧弱なる, 貧民窟, 資力以上の, 跡を, 身体は, 身体を, 近くの, 近郊の, 遠くから, 郊外, 郊外一里程の, 銀行に, 鍵が, 雑沓の, 電燈が

1 [1427件 抜粋] あくまで夏, あたりの, あっちで, あらゆる舟, ある会合, ある煙草屋, ある病院, ある部分, いわゆる竿燈, お上人, お役人, お歴々がたを, かもめ旅館から, ことだ, ことにマカラム街, この服装, ころは, ごとく地下, さしもの, しかも小, すくッ, すつぽん, そのころ, そばを, たつて, ちょうど温泉町, とき仲見世で, ところまでは, どこかを, なかにも, につけて, はずれ工場区域に, ほうで, ほうも, ほとんど全部, まわりでも, まん中からは, ものにて, やうな, ゆふぐれ, エルギまたは, ガランドウという, コニー島という, スカラ座の, デパートサンサンと, バラックで, ブリルにでも, ペンシルバニアと, ポケットの, メーンストリートが, モナルディ, ヱムデエと, 一偉観である, 一廓に, 一書記が, 一流劇場新栄座において, 一課長は, 一部を, 三人の, 三十三間堂に, 上なる, 上流社会の, 下宿, 不知火旅館といふ, 不良少年団に, 丘の, 両手は, 中にて, 中へ, 中大路の, 中央からは, 中央チーア公園に, 中学から, 中学校や, 中小商工業者への, 中心として, 中心より, 中心部に, 中間元総社と, 主として織物業, 乗って, 事が, 云った進物, 人々が, 人たちに, 人である, 人の, 人口は, 人口百三十三万三千三百三十三人三分の一に, 人目の, 人達から, 今博多町中島川に, 他に, 代わりに, 仮校舎, 件に関する, 伝説を, 低空に, 住民に, 体裁を, 何だ, 何百年遠忌だ, 例でも, 便を, 偉觀, 偶語とは, 僭主, 元の, 光景に, 光輝ある, 全住民, 全滅を, 公会堂の, 公園で, 公園の, 公園課が, 公會堂を, 共同墓地で, 兵さて, 冬ごもりの, 処置を, 刑事が, 別々の, 到るところ, 前は, 劇場や, 労働者が, 勃興である, 勢力を, 北にて, 北アル, 北郊ハムステットの, 医者が, 半分温泉町では, 南に, 南方一里ばかりの, 南部に, 博物局に, 印象は, 反対側に, 取引は, 取沙汰などを, 古四王神社, 古老は, 右手に, 各消防隊, 名, 名医と, 名所旧蹟が, 名誉の, 名誉職達が, 吏員たちが, 吏員に, 呉服店は, 周囲に, 呻きであろう, 唯一の, 商売仲間は, 四角な, 国会図書館の, 土木局長まで, 土木工事は, 在った方, 在るジェネシイ郡検察官フランク, 地下二百メートルに, 地区委員会事務所の, 地圖に, 埋め立て工事の, 埠頭嘗て, 場所割の, 塔楼が, 境に, 壁森の, 士族屋敷の, 売声が, 売物は, 外に, 外れに, 外垣に, 外廓が, 外廓らしい, 夜に, 夜半に, 大きい酒屋, 大会に, 大学を, 大役人, 大賀一郎氏から, 天日に, 天王寺中学で, 天行居から, 奥田邸で, 女学校を, 如く富士山, 妻の, 姉は, 姐御, 姿, 娘たちと, 婦人がたは, 婦人連の, 字が, 学務委員とか, 学校に, 学者シュタインフォルトは, 守備兵を, 安宿で, 定期市に, 実状から, 宮崎町に, 家の, 宿屋で, 宿泊所の, 寢て, 対岸に, 将来の, 尊敬すべき, 小學校, 小機屋, 小酒屋, 尻を, 居住地に, 屠殺場に, 層疊し, 山手一帯を, 岩木山は, 川が, 州刑務所, 工事担当員に, 市会議員選挙の, 市場みたいな, 市政と, 市民である, 市民も, 市長が, 市長は, 平和の, 年中行事として, 幸福な, 店主からは, 廃墟を, 廓清も, 建造物の, 当局は, 形態及び, 影法師が, 役人は, 彼方此方では, 後へ, 御方にも, 復興全体から, 心胆を, 思想であるらしい, 怪事, 恥と, 意向で, 戦後経営なるべし, 戻りらし, 手が, 投票結果が, 持ちづえと, 指定と, 指定木に, 掛引沢山な, 推移とともに, 擾乱は, 支教会でした, 政権が, 政治を, 教会の, 教養婦人会が, 料理うまい, 新聞でも, 新聞社から, 方へと, 方を, 方言だ, 旅客に, 旅館の, 日には, 日諸, 旧知を, 映画館において, 時には, 時分に, 晩に, 景気で, 景観を, 暖簾を, 暴君アレクサンドロス, 書店も, 最大道路に, 最高学府は, 有志家が, 木下薬師で, 本屋で, 本町通りで, 本行寺, 材木の, 東区の, 東方に, 東西南北に, 東部を, 某大新聞社, 某店弘前市の, 某教会, 某饂飩屋, 案内書が, 植ゑ木の, 様子に, 樣子を, 機運に, 次は, 正門は, 歴史を, 死体は, 殆ん, 母が, 毒蛾, 民貧者の, 水平社の, 汚水処分場が, 決定的な, 活人形, 浅野町で, 海岸通りの, 消防夫の, 渡しに, 演芸場へ, 灯りから, 為に, 無頼漢や, 煙筒から, 煤煙の, 燈火は, 版元から, 物の, 特殊な, 状況を, 狹き, 獣の, 現実的な, 環状ブルワールを, 生命を, 町, 町人が, 町端れ, 病院を, 発達が, 盛り場一帯に, 盥や, 目ぬきの, 相場を, 眉間を, 県立中学校に, 真ん中をと, 眺望を, 眼科に, 石垣が, 砲兵の, 社会課の, 神と, 神輿渡御で, 私立中学では, 秋田犬保存会長平泉栄吉氏宛の, 秩序を, 稲爪神社の, 空中掃除に, 立ちまする処, 立って, 立つ川端, 立つ街, 端ずれに, 第五街, 管理に, 約全部, 細民カードとは, 組合の, 結婚し, 練に, 總本部に, 繁栄に関して, 繩は, 美術学校前の, 群衆が, 者は, 聖書会社に, 聾唖学校へ, 腐敗荒廃を, 膨脹し, 膨脹力は, 芝居で, 花御子である, 花火, 若き子ら, 菜園に, 菰田家に, 蓄犬税が, 藤井又兵衛に, 蛭子神社が, 行政に, 行政官十人あり, 街, 街燈を, 衛生から, 衣裳であった, 裁判所の, 裏町に, 裏通りを, 補助を, 西, 西公園の, 西北伊達堂山の下に, 西北隅に, 西南一里許の, 西宮神社の, 西方三十五キロの, 西職人町に, 要求する, 親戚に, 言つ, 言葉には, 計を, 記録の, 評議員達は, 話だけ, 誇りも, 説明は, 調査も, 諸氏及び, 警察の, 警察本署へ, 警察署長は, 負けて, 財源, 貧しい家, 責任者の, 貴婦人連が, 賑いに, 起原に, 足音を, 身体が, 軒なみを, 輿論には, 辻から, 近くを, 近在の, 近所まで, 近郊を, 通用語を, 遊廓, 過半と, 道路ほど, 遠ざかるにつれて, 郊外で, 郊外でも, 郊外には, 郊外二三里の, 郡山で, 郷土史家小井川潤次郎君などが, 酒場まで, 重なる人々, 野郎が, 金庫を, 鉄道工場に, 鋤や, 鍵です, 鍵は, 長が, 長尾郁子が, 長老に, 開ける日, 間を, 関寺町に, 関門などで, 防衛の, 附近では, 附近などで, 附近を, 隣接に, 雑民たちで, 電灯が, 電車通りに, 非道と, 領域内なる, 顏は, 顔は, 顕治の, 風とは, 風貌に, 食堂が, 首脳部の, 駐在部で, 驚き呆れる, 高位高官連を, 高等学校へ, 高等工業学校で, 高額納税の, 魚屋は, 鼻の

▼ 市~ (620, 8.6%)

10 住んで 8 出て 5 着す 4 出で, 来て, 着いて, 行って 3 あり, なって, 出して, 生れた

2 [29件] ある, すすめた, なった, 云った, 似て, 住むものたち, 冬は, 向かう, 向って, 売りに, 売り出して, 大なる, 大空襲, 客車は, 於いて, 於て, 来たこと, 權勢を, 泊ると, 渡した, 滞在せし, 生まれた, 疎開し, 着いたの, 至る, 見せた, 迎へ, 逗留し, 開業し

1 [511件 抜粋] ああいう, あずけて, あったジェネシイ郡刑務所, あって, あつて市, あらかじめ待機, あらゆる犠牲, あらわれて, ありて, ありとあらゆる肉欲, ある上田城, ある唯一, ある家庭, ある旧家, ある武蔵温泉, ある聖ジョヴァンニ, ある色々, いくつも, いたお, いたころ, いたころヴェリチャーニノフ, いたころ彼, いたころ靜, いた一年, いた時分, いた時私, いった, いつもきまって出現, いなかった, いるよう, いる一カペーカ, いる叔父, いる姉, いる猪古目, いる県知事, おけると, おちて, おる中学, おれたちが, お住, お辞儀を, かくは, かくれるなぞ, くりひろげられる腐臭, こんな馬鹿, さし付けた, さまようよう, しかれた戒厳令, したところ, しろ皆, するの, せがまれて, そぼ降る雨, それだけの, ただ一ヶ所豚飼う, たった一個, たどりつき裁判所, ついたとき, つくられた, つどい集る人, とつて, とどまって, なったわけ, なつて, なり市, なり弊害, のこされリヴォフ市, はじまる, ひき出して, ひとりの, ひらかれた女塾, まぎれなしだ疲れて, むらがるいななきは, やって来た, やって来たの, ゆき, ゆき圖書館, わが命, わが立ち, ゐし頃, ゐたとき, ゐた紫山武矩君方, ゐる人, コンミユン制を, シブレエ博士と, ストーブを, セリヌンティウスという, チェイマン学校という, ハインリッヒ・マルクスという, ヒポクラテスと, ヘンズレエといふ, ボートを, ラクダルといふ, ルッテルメランクトンの, 一大精神病院を, 一家が, 一望果ない, 一泊し, 一礼し, 一笑話が, 三虎をさえ, 上せた, 上つた, 上つたのは, 上らなかつたので, 上るの, 上るらむ, 上陸し, 上陸した, 下宿し, 不良少年団が, 与えた, 世を, 丸屋と, 乗り上げて, 事情の, 二つある, 二十人位の, 二十余人そのうち, 二日い, 五重の塔が, 亙って, 人手払底の, 代った, 会わせた, 伴れられ, 似てを, 住す, 住する, 住へば, 住みきれない勤め人, 住み死, 住むと, 住む友人, 住む必要, 住む我が, 住む木魂, 住む者, 住んだら思案, 何か, 何ひとつ無い, 何んの, 併合され, 來て, 供給し, 価も, 侵し入り, 修業に, 僕は, 入つた, 入つた次年, 入つて二十八日, 入つて以来私, 入て, 入り, 入りぬ, 入りホテル・マウレー, 入るを, 入れど, 入城した, 六つの, 冗な, 凄い眼付き, 出かけて, 出かけました, 出かける, 出かけ鍵屋, 出さんと, 出し笞, 出すは, 出ず, 出せし時, 出そこで, 出た, 出たい自分, 出たら値, 出づるをも, 出でるの, 出るころ, 出るやう, 出るより, 出る処, 出向いたので, 出大宮, 出張した, 出掛けた, 初めて都市計画, 別れて, 到着した, 到着する, 力強き女, 劣れりと, 北行する, 叔父さんに, 取っては, 合併された, 名劍, 向う途中, 君たり, 吹き渡る穏やか, 吹き渡る穩, 告げ知らせるでご, 善本なき, 喧囂せる, 四年ゐた, 在りますが, 在るだけの, 在る大学, 在る宮下太吉, 在る某, 地下鉄が, 坑夫と, 売って, 売られて, 売るという, 売る人々, 売れざるか, 売れ残って, 大変きれいな, 大字桑野として, 大学を, 大孫, 大火が, 大隠, 存在する, 孰與ぞ, 寺の, 将棋の, 導くなる許多, 小さい家, 小学校の, 小屋を, 少数残存する, 就いては, 居たこと, 居て, 居る人, 居る州知事フレッド, 居る間, 屬し, 市長が, 帰った, 帰ったの, 帰った時, 帰って, 帰つて来た, 帰るべし, 帰る目的, 幸あれ, 広濶, 建てられること, 建設せられ, 廻って, 引かるるわれ, 引きだされ, 引き出て, 引き籠って, 引出して, 引受けて, 当時在住した, 彼女が, 往き玩具, 往くの, 往つて講演を, 忠義を, 急行し, 惱まされ, 感謝の, 成ろうとして, 戻って, 手傳はせ, 持ちあがって, 持ち出した荷物, 持つて, 挟み互いに, 挨拶した, 接した大小, 接した山村, 攻め入るの, 放って, 放棄せられしか, 敵国の, 文化運動として, 於いてを, 於ける交際範囲, 於ける寵児, 於ける最大, 於ける競輪, 於ける第, 於ける諸, 於てさえ, 暇を, 曝された, 曝された時, 曝されて, 曝して, 木辻の, 本物の, 札を, 李和子という, 来たとき, 来たばかり, 来たばかりの, 来た旅役者, 来なくなったので, 来る曲馬師, 東京繊維という, 枉げて, 梟けられた, 棄つるを, 棲息し, 棲息する, 椅子を, 死ぬ人々, 殺さしたの, 殺人事件が, 比するに, 水産共進会が, 永久に, 泊つた, 波及, 注ぎ入り楽しい, 注文したら, 流れて, 浅草の, 満足し, 滞在し, 滞在する, 滯在し, 滯在した, 滯在中の, 演奏に, 潜んで, 災難が, 無鉄砲な, 煤煙が, 營まれた, 現はれた, 現れた事, 現れること, 現れ同市, 生れこの, 生れたが, 生れた明色, 用事を, 申しつけて, 疑紅社, 発行する, 相違ない, 相違なし, 眼くばせ, 眼くばせし, 着いた, 着きひるごろサンムトリ火山, 着きました, 着き損, 着き損ふから, 着く汽車, 着く荷, 着けば, 着しここ, 着し公園, 着船す, 磔せられた, 示すとも, 礼を, 神集ふ, 秩序なく, 移されたこと, 移されて, 移して, 移しました, 移って, 移りまして, 移り前田藩, 移住し, 移住した, 移住する, 移住せり, 移管され, 立ち寄ったこと, 立ったり, 立って, 立つぞ, 立寄り福島民報社長中目氏, 竿燈を, 第一回労働者, 紹介した, 編入され, 編入された, 續く, 置きますところ, 美人を, 群れを, 腰でも, 腰斬せられ, 至り同地, 至る間, 舞ひ, 舞ふ, 良驥の, 艶なる, 花やかな, 芽ばえたもの, 蒲団を, 蔵めんと, 薬風呂を, 虎あらん, 蛞蝓の, 蠢いて, 行かなければ, 行かんと, 行き, 行きました, 行きゃえらい者, 行くなり, 行くの, 行くべき虫, 行った, 行つた, 行て, 行啓なさる, 見たる者, 見なくなって, 見る職工, 見出して, 見哭くまいとしても, 見立てて, 討たれたか, 訪うたの, 設くる, 誰か, 變つてゐた, 負はせよう, 走りて, 走りました, 赴く人, 赴く者, 起った殺人事件, 起り痛ましい, 跟い, 躁いでいた, 転寓する, 転監, 辿りついた, 近いライン河畔ボン市, 近い三津浜, 近い佐野村, 近い山村, 近い海水浴場, 近く来かかる, 近づいた時, 近づきぬ, 近づきますと, 近づき還った, 近づくとき, 近づくに, 近づくに従って, 近付いて, 近付くと, 返した, 返しながら, 逃亡した, 逗留中日曜日の, 通うという, 通ずるあれば, 通ずる電話線, 逢つたら, 連想しました, 遊びに, 遊んだ時, 過ごしたこと, 達します, 達する鉄道, 遠慮し, 遣りて, 遷つて商業を, 還つたの, 金が, 鐘鳴り, 開かれた信濃山岳研究会, 開業した, 閲して, 關する, 限って, 限らず雪国, 限り野犬撲殺, 隠れた仙人, 隣接した, 集うもの, 集まった, 集まって, 集まる物資, 集る人々, 集中した, 非ざれ, 非常な, 飛び出した, 鬻いで, 鬻がれ渋江氏

▼ 市~ (484, 6.7%)

4 それを, 眼を 3 うなだれて, 僕の, 手を

2 [15件] そこに, その財力, ボンヤリと, 今の, 天の, 市の, 急に, 慌てて, 星野家を, 次第に暮色, 永久に, 石油の, 私の, 自分の, 顔を

1 [437件] あとを, あの上層, あんまりいい, いかが, いかがでし, いかにも口惜し, いかに彼ら, いきなりおりん, いくつも, いつの, いつ立つ, いま造船で, いよいよ浮かぬ, うしろから, うなずいて, うるさそう, おそろしい破滅, おろおろ, お十夜, お寺や, お尻, お祭気分が, お辞儀しいしい吸い付いた, かくの, きっとこの, この間の, これも, これを, さすがに, さぞたいへんな, さながら乾, しょげ返って, すぐ僞盲目, すこし体, すっかりこと切れ, すっかり酔っ, すっかり鬱ぎ込ん, すでに終り, そういう点, そう言い, そのまま嗚咽, そのまま留置所, その中央公園, その司教, その名, その場, その家, その市, その平野, その方角, その泥土, その煤煙, その真向い, その隙, その面積, それから, そんなこ, そんなこと, たしかに食べ物飲み物, ただ一帯, たつた四五日, たとへ, ちょいと, ちょうど数え年, ちょうど鰌屋, ちょっと青ざめた, でなくてさえ, とある淋しい, とりすました骨董商, どうだったい, どこだ, どこへ, どんなにお, なかつた, ひらかれ諸国, ふり放して, ふり返っ, ふるさとの, ほこりを, ぽつねんと雑草, まだ二十四五, まだ出ません, まだ十五, まだ殆ど其眼, まっしぐらに, まったく恐怖, まつたく恐怖, まるで生れかわっ, もう宵, もう後ろ, もう疾, もう街, もう駄目, もちろんカンデイ市, もちろん広く, もと冬に, やっと眼, よく似, わが遊びどころ, わけも, イデンの, ウクライナ共和国の, カッと, ガラツ八に, グイグイと, サックを, シンビールスク, ストーブに, ソヴェト第, チャンバーレンの, チラリと, ドイツの, ドン, ハッと, バタの, ビックリし, フィリピン群島三千七百州の, フラフラ眠り初めた, フロックコートに, ブルブルと, プッと, ホッと, ボンヤリ見とれ, ポッカリ眼, ポーランド人が, マナサルワ湖の, ムクムクと, メソメソ泣き, ワナワナきょろきょろした, ワナワナ顫え, 一と, 一九二七年に, 一切の, 一切酒類を, 一寸考へました, 一年に, 七八の, 三万と, 三十過ぎ至つて平凡な, 三味線を, 上の空で, 不平そうに, 不思議な, 不承不承に, 不満そうな, 世界一の, 世界中最, 両手を, 中央が, 中央アメリカニカラガ共和国の, 丸潰れと, 予期せざる, 事情を, 二人の, 二枚の, 五三五九〇〇〇の, 五彩旗に, 人口が, 人口七万人そのうち, 人殺しと, 人足側の, 今なお, 今も, 今や樹木, 他の, 似非修驗者の, 何かを, 何んと, 何処の, 何思った, 何方かと, 何萬といふ, 価を, 俯向きこん, 倒れるし, 僅かに, 元気よく, 先程父親が, 兎も, 凄い目, 出来て, 創立せられた, 力なく, 労働者に, 勿体ぶって, 北の方に, 十円の, 半ば廃墟と, 半五郎, 南河内石川の, 単身背広姿で, 原子爆弾二個か, 又うなだれた, 又この, 受け取って, 受損じ, 古い町, 可愛がっ, 吃驚し, 吉の, 吉林省の, 名刺を, 吾れ知らず握り締め, 呆然と見送っ, 周章てて, 啖呵を, 喜びの, 嗚咽しはじめた, 四十近く与次郎は, 図星を, 地方色的に, 坂の, 声の, 夕飯後の, 外の, 外へ, 外国人の, 外観も, 夢に, 夢の, 夢を, 夢中で居ました, 夢中に, 大地に, 大歳, 大蔵省とかに, 大通りを, 大鏡, 如何に之, 妙な, 妙に, 始て, 子供を, 學者の, 宍道湖と, 宗教戦争の, 宵の, 家の, 寝たよう, 小さくなっ, 小手を, 少しムツ, 少し溜め, 尚も言, 屋台ぐるみ象を, 屋根から, 屋根裏の, 山人が, 左ききだ, 巨大な, 市として, 師走の, 帽子を, 平次の, 年ごとに, 年は, 幸いに, 幾度も, 店の, 建つ一区一区, 引つくり, 弥生ばかり, 弾んだ声, 後姿を, 従来しばしば, 徳川三百年一貫し, 心張棒を, 忘られない, 応接間で, 応接間に, 忽ち我前, 忽ち煙草, 思わず白洲, 恐ろしい形相, 悉く自治制, 悧巧な, 愚かな, 憲作の, 懐から, 懐中の, 戦争で, 戦前の, 扉を, 手探り乍ら馴れた, 救われませんわ, 数時間の, 斯んな, 新しい装, 既に大半, 既に目睫, 日本全国を, 旧幕時代は, 昂然として, 昔からの, 星野家で, 昨夜何にか, 昼間の, 時の, 時子と, 智恵子を, 智恵子母子に, 最上川の, 未だ十三, 未練に, 本やが, 本街道, 東北飢饉地方に, 松平氏の, 栄えて, 栄介の, 榮ゆるなりけり, 横面を, 機能を, 歎願書を, 正円形, 此の, 此処に, 此処まで, 毛利氏の, 毛布の, 気が, 気の, 氣違ひ染みた, 沈んで, 泥海に, 深い湾, 渋々シャベル, 温泉町では, 港町の, 湖中の, 湯ざめをするのも忘れ, 溶けるよう, 漸く起き出し, 灯ともし, 灰燼に, 炎々たる, 点燈夫せ, 無分別にも, 無理やりに, 無用なる, 焼かれ連絡船, 片手上段に, 片眼, 物々しく始めます, 物をも, 特別会議が, 狼狽し, 用なし, 町内の, 疵口の, 盛んに, 盲目だ, 直接たっての, 相変らず, 眼が, 知つて居た, 社寺の, 神, 神妙に, 祭礼の, 私財を, 種々に, 立ち止って, 立ち止まって, 箪笥を, 約五十年以前, 約十一万, 約半歳, 終って, 終に永久, 絶望的に, 縮こまった, 老人の, 脚を, 脾腹を, 腹を, 膝を, 膽を, 自ら受働的と, 自分とは, 自然美の, 花御子祭にて, 苦笑し, 血振い, 裹める, 見えない眼, 見えぬ眼, 見ものである, 見向きも, 覚えの, 覺束なく, 言うにも, 言つて居る, 諸方に, 警察に, 譬へば葡萄, 變な, 豪州最古の, 貝六の, 赤字だ, 越中国へ, 足の, 路車や, 躊躇しいしい, 身體を, 近き将来, 追いつくよう, 送りだしながら, 部屋を, 酔った眼, 酔って, 金を, 鉄道の, 鉱業地に, 長いの, 開闢以来見た, 雛の, 雷にでも, 電車を, 非常に, 面を, 頭を, 頻に, 顏を, 顔に, 飛び上って, 飛んだ色男, 飲みさ, 馬鈴薯の, 駕の, 驚いて, 高らかに, 高速度鉄道も, 鳶の, 鷹揚に, 黒木綿の, 黙って

▼ 市~ (353, 4.9%)

5 なした, なして 4 中心として 3 して, すぎて, なすばかり, 俯瞰した

2 [20件] うろついて, たずねて, たて海運, なす有様, 中心と, 中心に, 予告爆撃する, 出発し, 前に, 少し離れた, 愛するの, 成せり, 殺したの, 目あてに, 目標と, 破壞, 見下して, 距る, 過ぎて, 開いて

1 [287件] あての, あゆむ時聖金曜, あるいて, いつもの, いへりされど, おぶひ出した, かこむ並木道, かこむ環状並木道, くは, こつぴどく叩き, この煤煙, さまようよう, さること一里半, しょっぴいて, そっとし, その丈太郎, その南北, たちたいと, たて宣命, つれて, とり巻く町村, とり締り, どうしよう, どうする, なしてるかの, なしまず, なしまた, なし一々, なすかも, なすこと, なすだろうと, なすとは, なすに, なすの, なすもの, なすよう, なす有樣, なせるが, はじめ市と, はじめ神奈川, はなれて, ひきあわせた, ぶらつきあなた, ぶッ, まとめて, まるで軽々と担ぎあげ, みたした, みる, めぐつてゐる庭園が, めぐつて海, もたされない大名, もてなした上, ゆり起し, ゆるしたの, アングーレーム公爵に, シヤンと, リオに, 一寸見る, 一撃に, 一覧す, 一貫し, 三時間余も, 上等の, 下等の, 二區分し, 今朝発つ, 仏蘭西の, 代表す, 代表する, 伴って, 何等史的知識なく, 侵しおよそ, 促した慶応三, 偲んで, 六區に, 出た屋台, 出て, 出で, 出はず, 出はずれたか, 出ました, 出発できる, 出發, 出端れる, 出航し, 出離れて, 初めて建てし, 包みぬ, 南北に, 占むる族, 占領した, 去ったの, 去って, 去ってから, 去るため, 去るよう, 去れ, 取り去ったと, 取り巻いた, 取るとき, 取押えて, 君は, 含めて, 囲む小さな, 圧倒した, 坐らせて, 奥へ, 好いて, 妨害する, 始め井波町が, 始め津軽, 嫁がせる前, 安固, 完成する, 平安に, 引揚げ, 引立てるよう, 彷徨せり, 待つため, 待つ間, 後に, 復興する, 愛する, 愛するが, 憎みて, 成しその, 成せる處, 打ち殺して, 抜け出したもの, 抱きあげて, 抱き上げて, 押え止めた, 指した, 挙げて, 捕まえて, 掌握する, 探ねて, 控へて, 推戴しよう, 掩つてゐる, 搜す, 撃滅する, 撹乱し, 擔ひ行くなる, 擾亂の, 支配した, 攻落し, 斜めに, 暴君の, 有するから, 有する譯, 木端微塵に, 根拠として, 横切る陽光, 機会に, 歩いた, 歩いて, 歩きませう, 歩くには, 歩める, 殺してから, 流る, 流るる川, 流れる河岸, 流れる船場川, 深く信用, 渡って, 火に, 為すに, 為すにぞ, 照し, 爆撃せり, 爲すに, 特にきらつ, 生み落した以後, 生み落して, 発って, 發った, 監視し, 目がけて, 目ざして, 目掛け親しい, 相手と, 眺めながら, 眺め渡した, 眼がけて, 瞥見した, 破壊し, 突き飛ばした, 立しめ給ふ, 立ち去った, 立てしなるべしとぞ, 立てた, 立てて, 立てると, 立てる宣命, 立て物, 立退かなければ, 素見して, 紹介した, 縦に, 縦断した, 縦横に, 繰上げること, 脱け, 脱出し, 脱去つたのである, 自由に, 舞台に, 舞臺に, 行き盡, 行くを, 袈裟掛に, 襲ったもの, 襲ひ, 覆い始めたよう, 見おろしたり, 見かけて, 見かけても, 見せよう, 見せるパノラマ館, 見て, 見ながら, 見ねば, 見る, 見れば, 見下した, 見下ろした探偵小説家, 見出したいと, 見寄れたら今, 見渡して, 見物し, 観て, 観に, 観るであろう, 訊問した, 討つ時, 許されないし, 許可し, 説教し歩いた, 説明する, 貫いて, 貫流する, 責めて, 走りながら, 越えて, 迫って, 送って, 送り出して, 逃げ出した, 逃げ出す時, 通った, 通りて, 通り越して, 通る時, 通過する, 通過中の, 造らせた, 連れて, 過ぎた, 遮ぎる翠, 重と, 開き市, 開き御, 開く, 開くと, 開くはず, 開く云々, 防衛した, 降灰にて, 除いて, 除きそれから, 除く, 除くのほか, 除けば, 陥れた時, 階段の, 離る, 離れたところ, 離れて, 離れると, 離れ幌, 風靡する, 飛び出すと, 駆けずり, 駆らせて, 騒がせた不思議

▼ 市~ (353, 4.9%)

6 では 5 到る処 4 にある, を徘徊 3 に一寺, の到る, の取締り, の散歩

2 [19件] が一望, が物騒, にもこんな, にも無論, に電車, のすべて, の交番, の何処, の大, の女, の寺院, の第, の道路, へ出, を万遍, を歩き廻った, を縄張り, 及び近郊, 各処

1 [284件] あらゆる地下電車ステーション, からこれ程, からその, からは此山, から其の, から東海道, があれ, がこんな, がどことなく, がまた, が俄, が大, が水, が海, が満員, が滿員, が真, が繁華, が騒然と, そりゃモウ今, たいていの, だけで, でその, での出来事, でほか, でも最も, でも有力, で一足売, で二十余軒, で唯一, で巧み, で毎日十箇所, で流行っ, で社会主義者ども, で純粋, で詐欺脅喝, で食糧品, とは思われない, とは違う, と同数, などは物情騒然, にあっ, にあった, にありとあらゆる, にいくつ, にいくら, において二万八千人, において小林翁, における眺望, にかく, にかなり, にかの絵草紙屋, にだいぶ, にては小売, にても貧民, にはこの, にはたくさん, にはなち, にはもしそれほど, には化け物, には武芸, には殆ど高層建築, には残らず行き渡っ, には沢山, には鼠, にむやみ, にも広まった, にも極, にも町道場, にも知れわたった, にも空家, にダンス場, にバラ, にパッ, に三人, に五ヵ年計画, に入り込む, に出没, に哀愁脉, に喧伝, に在り, に堂々たる, に大人気, に婦人, に孵化, に左膳, に平和穏当, に戸口, に放った, に散らばっ, に散在, に数倍, に於, に棄児, に横溢, に殖え, に波立った, に流言, に浪人, に牡丹燈籠, に珍しく, に生産過剰, に目立っ, に移り住む, に立てる, に築いた, に置かれた, に聞こえ, に行進, に踏みとどまっ, に輸入, に轟き渡った, に遠ざかりし, に配った, に門戸, に開かれた, に飴, に鳴り響いた, の, のあちらこちら, のいたる, のお, のもの, のカフェー, のネブリ, の下肥, の下駄屋, の並木道, の些事, の人々, の何人, の僧侶, の光景, の剣術家, の古本屋, の各, の名物, の唐物屋, の唐物店, の図面, の地理, の壁, の大層, の妖怪, の学生仲間, の家, の富豪連, の寺, の小さな, の小学校, の崖, の幾ヵ所, の廃址, の建物, の所々, の手, の持余, の掘割, の日本橋, の暗い, の最大, の案内, の検察, の樹影, の檜葉, の混乱時代, の温度, の畳屋, の石切塲, の祭礼, の私, の私窩子, の秘密出版物, の秩序, の米価, の脅威, の芝居, の葬儀, の葬式, の行進, の街路, の西洋食品屋, の見物, の評判, の話, の諸, の警察, の賭博, の迷信, の通者, の邸, の閑地, の震災後, の騷ぎに, の高所, はこの, はこんなあらゆる, はまだ, は一般, は今彼, は何, は例年以上, は動揺, は日, は早鐘, は次第に, は欧人街, は隈, は非常警戒網, へは現われた, へ第, までさらに, までも鳴り響きました, もう何處, ももつ, も慶長, も活気づい, や市外, や諸国, や近在, より富士, をあるき廻る, をうろつい, をさがしまわっ, をさまよう, をさまよった, をただ訳, をひき, をひきずられた, をひっくりかえし, をぶらつき, をまわっ, をゆっくり, をウロウロ, をテク, を七色唐辛子, を三日さまよう内, を十里, を嚇しあるく, を少し, を彷徨, を往来, を所嫌はず乘廻, を押し歩く, を持ちまわっ, を捜し求めた, を東, を横行, を歩き廻っ, を毎日遍歴, を流し, を流れ, を町, を眺めました, を睥睨, を練りあるく, を練り歩いた, を縦横むじんにあるきまわった, を腕車, を自動車, を行進, を見れ, を見物, を訳, を賣り歩く, を走りまわり, を遊観, を遊觀, を鉦三味線, を離れ, を風靡, を馳, を騒がした, を騒がす, 一般にこれ, 到るところ, 到る処魔窟, 又は近郊, 広しと, 数え尽されぬほど, 最も繁榮, 至るところ, 行くとして, 見廻役

▼ 市~ (278, 3.9%)

15 立って 7 榮える 4 立つ 3 あつた, 栄えて, 栄えるの, 流して, 立つて, 立つので

2 [16件] ある, あるの, いるの, ここに, 世界に, 云つた, 來た, 延焼した, 栄えた, 栄えたという, 栄えた店, 栄えれば, 檢校に, 立った, 立つと, 自分に

1 [202件] あつて, ありこの, あり各, あり細民町, あるという, あわただしくかけこん, いつまで, いまなお, うるさくつけまわし, かけ込んで, かつて横たわっ, ぎつしりと並ん, このお針部屋, この世で, こんな所, さかえました, さだめし案じ, そこで, その産地, そりたての, それっきりに, たった, たって, たつ, たつたやう, たつて, どうなる, どなった, はじまる, ひらかれる, ひらかれ菩提樹, ぴよん, ふりむいた, へりの, また碌, まるで旋風, やりました, アカグマ国の, カラカラと, ネクタイを, ヒョッコリ応接間から, 一つの, 下屋敷へ, 不健康地である, 不承知な, 世界一の, 世界第, 二百年の, 今日の, 他の, 代り矢, 似た年頃, 何うし, 働き者で, 充分詳しい, 出来た, 出来た祝ひ, 刃物を, 創立された, 包まるる, 十字軍時代に, 南へ, 博物館を, 口ほどにも, 叫んだ, 吹いたの, 呼んだ, 喜兵衛の, 四里ばかり, 在ること, 地上に, 坐って, 夜中に, 大あわて, 始て, 子供らに, 宮廷に, 寺男に, 専制者メディチとの, 小鬢をは, 巡って, 平次の, 広くなった, 建設されてる, 建設する, 思いだしたよう, 思い切って, 憎いという, 戰つて國と, 手を, 持って, 持続するなら, 挟み筥, 振り向いて, 振冠, 掃いて, 日本最大の, 昔から, 昨夜何ごとも, 最も復興, 最期を, 有ろうとも, 有名だ, 杖で, 東京中いたる, 柄にも, 栄えたいう訳, 栄えたが, 栄えたつもり, 栄えたと, 栄えたの, 栄えたのよ, 栄えたよう, 栄えたわけ, 栄えた譚, 栄えぬ, 栄えると, 栄へて, 榮えさうです, 榮えました, 横取りされる, 此処の, 毎週何曜日に, 浅井長政の, 済んで, 焼跡の, 煙たくて, 物々交換を, 物を, 珍らしく, 現在は, 直き, 県の, 眠って, 石の, 示した脚, 社会の, 私が, 秋田犬の, 空襲を, 立たねえやう, 立ちました, 立ちましたの, 立ちますよ, 立ち南洋土人, 立ち店, 立ったという, 立つた, 立つたほどの, 立つたやう, 立つた處, 立つどころか, 立つなど, 立つらしいが, 立つわけ, 立つ或いは, 立つ日, 立とうと, 終った朝, 終って, 終りに, 経営し, 脊負いまし, 膝を, 自分の, 自慢らしく, 自白た, 血液の, 行われるもの, 見えだした, 見えて, 見えなかつた, 見えぬ眼, 見える, 見えるので, 見やぶって, 親分の, 誇りと, 調達し得た, 谷に, 谷富久町に, 谷工場の, 谷見附へ, 買取って, 赤軍に, 路上に, 身を, 迷わしたという, 造られた謎, 道を, 邪魔に, 鉄橋の, 鍵を, 鍼を, 鏡台に, 門を, 開かる, 開かれた, 開かれて, 開かれ保存, 飛行機の, 鼻ッ先で

▼ 市~ (246, 3.4%)

15 出て 9 出かけて 6 行って 5 行く 3 売りに, 着いた, 講演に, 買物に, 遊びに

2 [12件] やつて, 今自分, 出た, 出掛けて, 持って, 着いたの, 立つ前, 行くと, 行くの, 行った, 行つた, 護送せられ

1 [172件] あつまって, あの浪人, いって, おいでに, お島, お練出し, かえすの, きた出先, この点, さしかかる前, そこの, たたき出して, だすの, つき旅館, でかけては, でて, のびて, ひかれて, ひきだされて, ひきだし首, ぶらつと, まぎれこむと, やって来た, やって来たので, やって来たばかりの, やって来た人, やって来て, やって来る, 一直線の, 三日市にて, 下宿した, 世帯道具など, 乗込む以上, 二三度行つた, 仕入れに, 使いに, 來ても, 例の, 先へ, 入るのに, 出かけたんで, 出かけた令嬢方そこのけ, 出かけなきゃなりませんなあ, 出かけるとき, 出かける時, 出かける煙脂屋, 出したので, 出したりなど, 出して, 出すといふ, 出す数, 出す秋, 出たの, 出むいて, 出るが, 出るなんて, 出る農夫達, 出る逸駿, 出張し, 出掛けるか, 医を, 去らなければ, 参りまして, 向う街道, 吸い取られるよう, 呉服屋を, 品物を, 商品を, 変な, 奉公に, 寄附し, 帰りたいこの, 帰る積り, 帰る途中, 廿町, 引きだして, 引き移って, 引き返して, 引っ返す, 引返して, 往って, 忍んで, 急行し, 招待する, 持ち出されては, 持ち出して, 持ち運んだ荷物全部, 捌かれて, 提出する, 新しい地方長官, 旅を, 旅行した, 来たとき, 来たので, 来たん, 来た文人, 来て, 来ては, 来ても, 歸らう, 永住する, 泊った, 洞白の, 流れて, 漕ぎ帰らしめた, 無事帰還いたしました, 猪の, 用が, 疎開する, 着いた時, 着きます其処, 着くと, 着く汽車, 着けば, 着て, 研究に, 私の, 移すこと, 移そうと, 移った, 移るころ, 移管せられた, 積出した荷車, 突然入った, 立ち寄りて, 立つという, 練出す, 舞い戻ったら最後, 行きたいので, 行きましたか, 行き第, 行くこと, 行くごと, 行くなら私, 行くので, 行く事, 行く出際, 行く車中, 行く途中, 行く鴉, 行けば, 行こうかと, 行こうと, 行ったとき, 行ったん, 行ってたさ, 行つ, 行つた時川べりに, 行つて大名の, 行つて父と, 視察に, 買い物に, 走りけむ, 赴かれる人, 赴きも, 転任する, 迎へ, 近づいた頃, 近づくと, 送らせると, 送られるとき, 運輸する, 還付し, 金吾と共に, 雛人形を, 電報帰る, 飛ばされ大勢, 飛び出して, 飛んで, 馬大尽ともども猪之, 高岡から, 高橋の

▼ 市~ (173, 2.4%)

2 やって, 有名な, 玉突屋を, 生れた, 聞いて

1 [163件] あつた, ある夜盛大, あんなに大きな, いい鴨, おろしたり, お悦さん, か, かなりの, こしらえたチェック, この少女たち, この幽霊, この種, これ以上チッポケな, すっぽんの, そこに, そこの, その隣, なら大概, はかの, はたいた品物, ひとりの, りんどう黒を, アレキサンダー皇帝を, クエーカー宗では, 一か月の, 一ばん大きく, 一ばん幸福だったでしょう, 一八平方マイルの, 一定戸数に対する, 一度に, 一等の, 三倍は, 三吉も, 三市さんは, 主に, 二十五哥出し, 五両五粒で, 五年の, 交易する, 仕入れて, 仲なか顔の, 休息を, 会うだろう, 会った酒好き, 使う石炭, 保証せよ, 傘屋を, 催された青年文化講座, 凱旋門を, 出会ったの, 出征兵士見送, 初めて演ぜられ, 初めて演ぜられた, 別れて, 加工されない, 加工する, 口入れ屋を, 名代の, 命を, 商いし大いに, 城らしい, 売って, 売られる子, 外人の, 外科病院を, 多くの, 大金を, 奴婢奴僕も, 妻の, 婦人の, 実にすばらしく, 少しほっとしよう, 展覧会を, 山出し女どもの, 席貸, 広い寺, 廃止しかけたら, 彼を, 彼女の, 悪戯の, 手の, 手製の, 承知し, 捕まった四人, 撮ったもの, 是非訪わなけれ, 暫時逗留し, 最も発行部数, 有ったら何, 松平康國氏に, 枢密顧問官であった, 梅の, 植林した, 検事を, 榊屋の, 標準と, 正月の, 毎年肺病の, 毎年開かれる, 永遠の, 汽車を, 泊るしか, 清盛祭が, 漢籍を, 焼かれて, 熊手を, 熱病に, 物交し, 猛烈な, 珍重が, 生れたの, 生れて, 生れ定められた小学校, 発明家大会を, 発生した, 県城の, 着たの, 石工を, 福寿草の, 私が, 私たちと, 秋田犬に, 窒扶斯が, 笛を, 第二回, 米騒動が, 総額一千二百六十七万円の, 編輯した, 績麻の, 育った, 自分に, 自分は, 興行する, 花を, 花火を, 若杉裁判長と, 落合った頃, 行われた, 行われたの, 見たこと, 見学した, 親戚の, 訪問時間と, 講演会の, 貞之助が, 貞之助は, 買ったん, 買つたのだ, 買切るさ, 賣つてたつき, 進捗し, 配給する, 錢に, 開かれた, 開かれた県主催, 開かれチャーチ博士, 開業し, 雇うの, 電気器具商を, 電気応用諸, 騒ぐと, 骨董屋を, 鳴る

▼ 市九郎~ (147, 2.0%)

5 の心 4 の姿, はお 3 の努力, の槌, はその, はただ, は女 2 の事業, の存在, の店, の目, はこの, は主人, は二人, は自分

1 [103件] がしばし, がなおも, が少し, が有司, が義理, が藪原, が近づく, が返事, が防御, ではあった, とお, と呼ばれし, と群衆, に, にとって右, に休息, に命, に対して奇特, に対して被害者, に対する尊崇, に没交渉, に迫った, に食っ, のそれ, のため, の上, の仕事, の健康, の前, の勧説, の勧進, の危急, の命, の声音, の常套, の張り番, の強, の強い, の所在, の掘り穿った, の欲心, の熱心, の瘠腕, の短い, の空しい, の良心, の身体, の身辺, は, はしわがれた, はそこ, はちょっと, はなんとも, はまた, はもう, はもうこ, は一心不乱, は上人, は不意, は主, は二朱銀, は些細, は今, は十日, は半ば返事, は吐き出す, は孤独, は実, は少し, は屈しなかった, は山野, は岩壁, は己一人, は年, は彼ら, は恐る恐る, は悪い, は懸命, は我, は杖, は梳らざれ, は死骸, は洞窟, は深い, は無言, は獲物, は現, は相手, は美人局, は街道, は踏み込ん, は身, は過去, は雨露, は頑として, は黙々, もついに, も身, をただ, を嗤, を援, を討っ, を顧みた

▼ 市から~ (142, 2.0%)

4 帰って 3 バスに, 少し離れた, 来て 2 一里ばかり, 三里ほど, 出て, 救援の, 木の本へ, 汽車で, 遠くない, 陸上一里半海上一里半の

1 [113件] あまり遠く, おいでに, かなりおそく, ごろつきどもが, その新造, だいぶ後, ちよつと, どのくらい, ほうぼうの, バスで, パリーに, ブダペストへ, ホンモノの, モントリシヤへ, 一番近い, 一眸の, 一里くらい, 一里半も, 三十哩位へ, 三四里ほど, 三里電車もか, 上京した, 両津の, 乗合自動車で, 二た, 二人の, 二十里ばかりの, 二本木の間の, 二里あまりの, 二里ほど, 五六里隔った, 仏蘭西へ, 仕入れて, 出る週刊新聞, 出発し, 北の方へ, 北へ, 北西の, 区切る危, 十二露里隔った, 十何里は, 十里ばかりの, 半哩ほど, 去ったの, 同じよう, 和歌の, 四つの, 地方検事ロイド・アンドリウス捜査課長ジョン, 大町までは, 大館まで, 奈良へと, 姫路へ, 姿を, 宇奈月行の, 定期市へと, 少しへだたった, 少し東, 島々村までは, 市の, 市を, 帰っても, 帰るころ, 建てたバラック, 建てられたバラック, 引れ, 後妻を, 愛電に, 打つて, 技師を, 折々この, 持って, 掃出されたか, 数十哩東に, 数名の, 数里隔った, 日光までの, 時々道具屋, 時を, 村へ, 来た半, 東へ, 汽車に, 波際伝いに, 海越しに, 煙草を, 発行され, 発行せられ, 百哩ばかり, 監督に, 眺めると, 着手す, 程遠からぬ, 程遠くない, 立つて, 約十六キロ, 群馬県太田町へ, 至急に, 荒牛の, 見て, 見るシエラ山脈, 買って, 越後の, 越後街道を, 車で, 速達便で, 連れて, 野原迄と, 陳情が, 離れて, 電車で, 音楽学校出だ, 馬匹を, 高崎市にかけての

▼ 市~ (108, 1.5%)

2 その周囲, なるの, 世界とに, 云うの, 安蔵に, 高崎市の

1 [96件] あの男, あるが, いうと, いうので, いえば, いはれる処, いひました, お聴き下され, きめたの, この五ヶ所, すれ違うと, その他確かに, その子, その母親, なく水天茫々, なって, なつた, なりたり, なること, クレムリンの, ティーヴェレ河の, マウント・モウリス町の, 万平, 並び称された牛馬, 二人で, 云う, 云う人, 云う名前, 云う所, 云う按摩鍼, 云おうがな, 云って, 云っても, 云ふ, 五十五の, 伴れだ, 何か, 僕は, 入れ代り, 全く其趣, 共同で, 兵庫の, 冬祭りと, 別れて, 半夏至, 南米方面とは, 同じやう, 同じ市街, 同じ形, 同じ高, 名の, 呼ばれて, 呼ぶが, 呼んで, 報知新聞社と, 変りが, 婆やの, 安蔵, 家の, 対照し, 差し向いで, 市が, 市との, 市民の, 心得まして, 懇ろに, 押し問答の, 指摘された, 松助の, 申します, 申す所, 申す者, 申所わたくし家神のべと, 異なりて, 相叶, 神奈川県との, 神戸市より, 神港新聞社から, 秋田市は, 称する脱獄者, 称せられたので, 程遠からぬ, 稱す, 綽名を, 羅府との, 美しき海, 膝を, 西市と, 親しくな, 言う二十八歳, 言う年, 言つて六十近い, 認めると, 遊び場と, 鉢合せを, 馬市と

▼ 市さん~ (75, 1.0%)

3 の家 2

1 [70件] が, がまた, が一生懸命, が今, が住ん, が帰っ, が持っ, が盗んだ, が釣り竿, それから警察, だがね, だね, だろうと, でした, です, という村, という者, とお, とか言, とそんな, と下女, と云う, と呼んだ, と庭, と弟, どう, どうだい, どうだろう, にはおとなしくっ, に取っ, に問うた, に悪い, に説明, に間違, のところ, のほう, の傷, の子, の容体, の後, の御, の気に入る, の白状, の聞い, の肩, の首筋, はお, はその, はアッ, は一杯機嫌, は依怙地, は夢, は年, は現に, は留吉, は聞い, は苦し, は身体検査, は長らく, まるで火事場, もいらっしゃい, もう用意, もそう, ももうそろそろ, も堅氣, も書い, をよん, を呼び寄せ, を呼び戻し, を帰し

▼ 市~ (71, 1.0%)

6 の方 3 との間, の所 2 の外, の近く

1 [55件] からき, からはいった, からオーベルヴィリエ, からプウル・ヌーヴ, から二里離, から出, から市内, か天文台, だ, で一人, で朝, で見た, とにはちょうど, とシャラントン市門, とシャロンヌ市門, におもむき, にはすばらしい, にはちょっとした, には大理石工, に近づい, に達する, のごとく戦った, のすぐ, のそば, のところ, のほとり, のロアイヨル, の一つ, の全部, の広場, の街路, はすぐ, はほとんど, はもう, はコリゼオム, は人, へ二十五スー, へ急い, へ着く, へ行くべき, へ行ける, へ行っ, へ通ずる, へ運ばれた, までき, まではいと, まで伸び, まで行った, をごく, を出た, を出る, を横, を越え, を通っ, を過ぎ

▼ 市には~ (69, 1.0%)

2 いって, 自分の, 至る所

1 [63件] あると, いよいよ東京, うんと借金, ごくありふれた, つきものの, ほかならぬ, まめに, もうかなり前, ゆかいな記憶, わずかに, アナクシメネスといふ, エコウが, 一体どれ, 七八人に, 三百人も, 三百歳以上の, 事なし, 亜米利加の, 今も, 何の, 入らず南, 初午だ, 動物を, 及ばぬ私, 叔父が, 城は, 夏に, 夜無惨な, 大師石という, 天人の, 夷三郎神の, 小雨が, 市警の, 年々肺病人が, 廉価に, 弊社に, 必ずでかけ, 数年前から, 時々見覚え, 書記といふ, 未だにほんもの, 未曾有の, 毎年一回詩花会という, 毎年大祭の, 活きた竜宮, 深夜に, 猶太教徒, 珍らしく, 町の, 秋田犬が, 約十日間滞在, 育たない, 自分が, 自転車が, 至るところ, 至る処, 色々の, 見られない, 近世まで, 追, 非常に, 頭の, 馬鹿が

▼ 市~ (69, 1.0%)

2 の眼, の面桶

1 [65件] から親しまれ, がいかに, がこれ, が住ん, が女, が弓削夙人, が路傍, が面桶, であつ, である, でも苗字帯刀, で飾られる, とすれ, と呼ん, と言う, にて強記, にもわかる, に化けた, に対しては幅, に就き, に悪, に頓才, の, のささやききこえ, の丈夫, の中, の住宅, の何人, の作, の哀愁, の墓, の姿, の店前, の恐怖, の感覚, の服装, の栄燿, の目, の石榻, の耳, の胸, の興味, の訓練, の趣向, の踏んだ, はみな眼, は中央気象台, は伝え聞い, は俳優, は噂, は夕方, は寄る, は感嘆, は東雲, は正宗院等, も, もいなかった, もすべて, も田舍人, も耕田, も餘程, らしくしかも, をも安心, を困らせた, 伝えて

▼ 市では~ (65, 0.9%)

2 どこでも, ない, なくて

1 [59件] あるが, いろんな噂, いろんな議論, お盆という, かなり信用, これだけの, すくなくとも百種, その太い, その肝, それは, ないか, ないかと, ないこと, なかった, なくつて, なく全く, なく横手市, エンパイヤビルディングクライスラービルディングウォーズウォースなど, ダメ, プレスビテリアン教会総会と, ミシガン湖から, ロクな, 一七〇〇年に, 一二を, 一五八三年ないし, 一六二〇年に, 一番大切な, 三分の一ヴォログダ大僧正管区では, 不良少年と, 中ノ島公園の, 中流以上の, 二人は, 今一度念を, 会場が, 何を, 別に目的, 到るところ, 労働者を, 博士を, 大震災で, 少年少女たちが, 市史編纂を, 思想取締りの, 急に, 悉くの, 早くも, 早速俄, 時ならぬ, 死を, 洗濯屋を, 珍らしい, 盛に, 社の, 端午の, 競馬場を, 羽子板の, 記載もれの, 門松の, 音声を

▼ 市~ (48, 0.7%)

2 我慢の

1 [46件] いまは, きのうで, ぐったりと, これと, こんなにまで, さうで大倭, そうかも, そう覚悟, その一九二八年, その一人, それを, たまには, ところによっては, なかなか賑やか, なければ, またほとんど, もうそろそろ引ける, もとは, 下手人でなけりゃ, 不敵な, 二旬の, 今よりは, 同じこと, 同意の, 夜半過, 大分惱ませられたらしく, 大當, 小さく立つ, 少しダレ気味, 帰ろうと, 幼い者たち, 従いて, 忠作も, 敵機に, 文部省には, 日の目みじかく, 町屋も, 直です, 繁昌を, 菊五郎も, 這入った, 進んで, 銀五郎も, 静かな, 顏を, 驚きまして

▼ 市~ (44, 0.6%)

8 の耳

1 [36件] から順順, が, がいつも, がいま, がひゅっ, が学校, が読ん, であると, では, にし, にせがまれ, にむかっ, に十七人, のこと, のそば, のまんま, のやう, のやり方, の二つ, の口, の態度, の通信, はあんな, はいつも, はいま, はきつ, はにこにこ, はふつう, は前, は当然, は文字通り天国, や兵太郎君, や源五兵衛君, より上級, をもお, を見れ

▼ 市女笠~ (40, 0.6%)

5 の女 3 を持っ 2 や揉烏帽子, を脱いだ

1 [28件] だの, などが流れ, に杖, に被衣, に陽, のうち, のよう, の下, の形, の様, の樣, の紅い, の紅紐, の越後娘, の麗人, はきのう, やらが数, をかぶ, をかぶった, をかむった, をぬい, を切った, を捧げ, を携え, を被っ, を被り, 折れたる台傘, 持って

▼ 市~ (36, 0.5%)

2 に来

1 [34件] がすん, が立ちまし, が立ちます, が賑, さえ立ちます, であつ, です, で味, で広い, で微か, で近在, で近郷, と宮廷, と祭日, などに在, などに山, にて手引き, になる, には呉服屋唐物屋, には市, にもまた, にも山姥, に山姥, に私, に買物, に里人, に限っ, に隣り, のよう, の一つ, の売店, の終った, や祭日, を熱心

▼ 市~ (35, 0.5%)

6 丞を 5 丞が 3 丞は 2 丞, 丞と, 丞様を

1 [15件] 丞こそは, 丞だ, 丞で, 丞であった, 丞という, 丞とかいう, 丞まで, 丞や, 丞やらが, 丞交野十郎の, 丞半四郎の, 丞殿てっきり, 丞殿は, 介溝尾五左衛門桜井新五逸見木工允堀口三之丞磯野弾正鳥山主殿助など, 助夫婦

▼ 市という~ (32, 0.4%)

1 [32件] ことの, そうな, ところで, のが, のは, ものが, ような, 一地域にしか, 一家の, 乾分で, 二十七八の, 人が, 今年六つに, 子は, 存在が, 小都会, 小頭である, 川向かいの, 市は, 座頭あり, 所へ, 按摩の, 按摩は, 按摩鍼が, 日本人だけの, 本屋で, 温泉都市に, 男が, 者の, 赤城山麓の, 運動家が, 風に

▼ 市兵衞~ (30, 0.4%)

2 である

1 [28件] から一萬圓内外, から始め, が堅い, が殘つて, が沒落, でせう, と一緒, と安生, と申す, と番頭, に對, に拂, に掛合, に訊く, に頼まれ, の一行, の女房, の奴隸, の言葉, の話, は一番番頭, は何, は娘, は筋目, もこ, も番頭, や父親, を顧みます

▼ 市四郎~ (28, 0.4%)

2 が仰向い, てえ, と云う

1 [22件] が上拵え, が今年十五歳, が少し, が岩角, が怒っ, が来た, が松五郎, でございます, という筏乗, という者, と云います, に会います, のお蔭, の手先, の胸倉, は予て, は侠客, は只今, は大力, は学問, は拳, をなだめまし

▼ 市まで~ (27, 0.4%)

2 行く積り

1 [25件] つづくとお, まる一年, もうどれ位, もう三チェーン, 三十六時間を, 九マイルあり, 二百九マイルあり, 五里の, 出かけ帰, 出るより, 出掛けて, 参ります, 往復せざりし, 御足労を, 或る, 料理材料の, 来たとき, 歩いた, 河野は, 深夜の, 滝を, 続く電柱, 行けば, 行って, 送って

▼ 市でも~ (23, 0.3%)

1 [23件] いまその, おそらくはこの, そうである, なければ, 一流どころだけ, 一流の, 一番は, 三カペイカか, 中型に, 六月の, 大きな秋田犬, 大騒ぎを, 女奴隷は, 屈指の, 有数の, 目下競輪場を, 石炭の, 立ったよう, 竹原と, 考えて, 評判な, 路上でも, 近ごろ見なくなった

▼ 市~ (23, 0.3%)

1 [23件] お勝手, がくたびれ, が主人, が先, が明神下, が殘つて, が空, といふ用人, と入れ, に案内, の二人, の眼, の答, の言葉, の額, はさ, はその, はもう一度, は斯, は早, は飛び出しました, までが同行, 若黨丑松

▼ 市左衛門~ (22, 0.3%)

2 が帰っ

1 [20件] から格, がそう, が左, が藩主, とて美男, と宇多熊太郎, など剛胆, に指さされ, の憤慨, の目, の笑い声, はこの, は中途, は勝ち誇った, は所化, は格, までが立ち上っ, も大阪方, も相手, を筆頭

▼ 市当局~ (21, 0.3%)

1 [21件] が如何, が最後会見, でヘンサン, で予め, で斯く, としてこれ, と世論, にある, に折衝, の弁解, の無茶, の片手落, の言明, の諒解, の責任, の配慮, はいう, への批難, も文相, も除雪, や有志達

▼ 市開成山~ (20, 0.3%)

20 より

▼ 市にも~ (19, 0.3%)

1 [19件] かつては, また櫻木海軍大佐等, モリス・クーラン, 住み河内, 出して, 分って, 四五百人来, 川が, 打ちよせた, 新設の, 昔から, 極楽寺が, 殆ん, 水曜日の, 満ち満ちて, 鑑識課を, 隔って, 顔を, 顔出しを

▼ 市より~ (19, 0.3%)

1 [19件] およそ六七里隔たり, この時節, ひどいの, 一つ手前の, 二三里を, 二里を, 余程手前, 寄附する, 引き移りし株式業深淵某氏宅, 手簡を, 来りて, 此地まで, 清潔で, 程近い, 舟にて, 芭蕉三百年祭, 風情は, 高橋希人君が, 鹽を

▼ 市~ (17, 0.2%)

2 という, わね

1 [13件] から汝, がお, がこいつ, がこの, が古, が昔, つてまさか, とか長州, と梶, な, なと知るでしょう, ね, のに私立

▼ 市~ (17, 0.2%)

2 丸子大屋田中村なぞの, 町が

1 [13件] サメ六の, シャトル市, センダードの, 亭主の, 坊門の, 娼家の, 安蔵たちの, 安蔵の, 富山市あたりから, 弘前市の, 明日は, 豊後の, 銀五郎の

▼ 市~ (17, 0.2%)

1 [17件] があらわれた, がやって来た, が一儲け企らん, が生れた, が足音, だけはけろりと, といつた, とこの, と三年前, にこのごろ虎列剌, には目, の方, の顔, は医者, は恐しく, も山下松次, をすこぶる

▼ 市附近~ (17, 0.2%)

1 [17件] からは蜜柑, で, に一つ, に地震, に地震續發, に於, に續發, の如き, の安養寺, の村, の海岸, の知識階級, はもう, は十七日, は相当, までわずか, より後

▼ 市吏員~ (16, 0.2%)

2 のストライキ, の罷工団

1 [12件] が総, であった, で役場, の古称, の執務行程, の尊敬, の生活, の言う, の長, はストライキ, は全部罷業, は市会議員

▼ 市じゅう~ (15, 0.2%)

2 にひろまっ

1 [13件] がまるで, が大騒ぎ, が悪党, とびとびだからね, にひろまった, にひろまり, の人間, の者, をきまま, を乗り廻し, を歩きまわり, を騒がせた, 探したって

▼ 市といふ~ (13, 0.2%)

3 のは 1 ことが, ところさ, のが, のです, のへ, 人で, 家へ, 按摩に, 村町では, 盲人で

▼ 市俄古~ (13, 0.2%)

1 [13件] でいい, での兇悪振り, での最も, で徒党, で見物, なぞよべる, にて見物, に招待, の富豪, の悪漢団長アル・カポーン, の親分コロジモ, の酒, へ行き

▼ 市太夫~ (13, 0.2%)

1 [13件] がため, が膝, という祈祷者, の復命, の槍, は和尚, は早くから, は権兵衛, は長, は頼もしく, も五太夫, も念, や五太夫

▼ 市治郎~ (13, 0.2%)

5 の妻 1 に先ず, に頭, の無口, はひどい, は妻, は権右衛門, は自分, は馬力

▼ 市にて~ (12, 0.2%)

2 高橋次郎吉 1 その話, ほしかりし, ネパールの, ネミといふ, 名物西瓜を, 新教の, 毎年慈善事業に, 火刑に, 発行せる, 闃然たる

▼ 市における~ (11, 0.2%)

1 [11件] ショウの, スパイの, 一小, 人口と, 共和党の, 友人の, 実験的研究の, 最初の, 燻った生活, 社交上の, 食事公給事業の

▼ 市~ (11, 0.2%)

2 の大 1 が本, が電車市有, だけでも今度, ではいつの間に, と某, に現れた, の刷新派, は未, は百万円

▼ 市兵衛~ (11, 0.2%)

2 を逐 1 というの, という本屋, という者, と云, など入れ, の宅, は訴え, を逐い帰す, を逐い払った

▼ 市参事会員~ (11, 0.2%)

1 [11件] だけで, とかにはなっ, として汚, などの他, にもなる, に会い, のところ, の行動, は其の, は皆, を訪問

▼ 市~ (11, 0.2%)

4 を思う 1 がかねがね, ぞ鮪, といわれた, の名前, の牡丹餅, は木村荘八画伯, を聴いた

▼ 市~ (10, 0.1%)

1 そのほか, その附近, もう, 其他の, 忽然とし, 或いはその, 按摩は, 捻鉄, 祭礼かが, 若しくは其の

▼ 市~ (10, 0.1%)

1 がさき, が鉱車, だった, の肩, の脇, はさき, は刀, は大人, は枕木, より三ツ年上

▼ 市です~ (9, 0.1%)

2 から, よ 1 から三年, が照会, ぜ, ね, 素晴らしい市

▼ 市会議員~ (9, 0.1%)

2 の改選 1 とか代議士, とか半額, のよう, の一行十人, の選挙, は四回立候補, をやつ

▼ 市全体~ (9, 0.1%)

1 がやけに, が参る, に大入道, に降った, の工場, は北, を掩, を暗黒, を狂的

▼ 市~ (9, 0.1%)

1 というもの, など拝借, にも載せられ, による, に明るい, のうえ, のヘンサン, の編纂, を見る

▼ 市へは~ (8, 0.1%)

2 東京を 1 この道, ちょっと立ち寄る, ひると, 余程たびたび出, 初めてだ, 近いから

▼ 市十郎~ (8, 0.1%)

1 からあたかも, でもなけれ, なら, のいう, の二人妾, の迷う, へ帰った, 御使者也

▼ 市~ (8, 0.1%)

3 の中 1 に遠, の外, の流れ, の深い, を避け

▼ 市~ (8, 0.1%)

1 が, と同席, なるもの, のお, の許婚者, は土器町, 且元床几の, 迷惑の

▼ 市皇女~ (8, 0.1%)

2 を生み 1 が急, が薨ぜられた, といふ方, と関聯, は大友皇子, を生んだ

▼ 市~ (7, 0.1%)

2 のである 1 のです, ので帰る, ので或, のにと惜しまれる, んでございます

▼ 市ガ谷~ (7, 0.1%)

1 で今, で行われ, と言っ, のお, の七つ, の兵二郎, へ行っ

▼ 市~ (7, 0.1%)

1 というよう, にひさがれ, の中, の姫, は芸妓, または一, また姫

▼ 市~ (7, 0.1%)

1 であって, では, に淹留, の人, の名, の日本公使館, を併せた

▼ 市御料人~ (7, 0.1%)

1 の北, の胸, はかねてからもう, はそれ, はまだ, を先頃, を室

▼ 市~ (7, 0.1%)

1 がどう, が電車市有, によつて死刑, の形勢, は彼, を小國會, 及び市參事會

▼ 市~ (7, 0.1%)

2 の電車 1 のオペラ座, の倶楽部式会館, の興行館, の葬儀場, の長屋式バラック

▼ 市さま~ (6, 0.1%)

1 お手, の弟, の相方, の良人, はこの, を救い出したい

▼ 市じゃ~ (6, 0.1%)

1 アなかっ, ア明け, 何かと, 夫の, 理解も, 食えませんぜ

▼ 市での~ (6, 0.1%)

1 マンデン家は, 一年の, 一流の, 不良少年仲間では, 情事は, 芝居小屋で

▼ 市とは~ (6, 0.1%)

1 それから, 世過ぎの, 全く別, 全く別個, 反對側, 恐ろしく仲

▼ 市へも~ (6, 0.1%)

1 かなり感じた, 一通, 二度ほど, 出かけますよ, 出した, 拡がった

▼ 市~ (6, 0.1%)

2 の養蟲園 1 の, の天狗山, の寺院, の老人たち

▼ 市塵庵~ (6, 0.1%)

2 の茶室 1 に入り, に立ち寄りました, の当主, の茶の間

▼ 市学校~ (6, 0.1%)

1 と名, に入らざる, の設立, はあたかも, は旧, を設立

▼ 市指定~ (6, 0.1%)

2 となっ 1 になっ, になった, の三字, の汲取人

▼ 市猿樂町鈴木三重吉~ (6, 0.1%)

6

▼ 市舶司~ (6, 0.1%)

1 が茶税, と稱, の開かれた, を略し, を總, を置い

▼ 市~ (6, 0.1%)

1 が発達, ともあらう, の発達, はふたたび, よりジブラルタル, を生じ

▼ 市その~ (5, 0.1%)

1 平安を, 物に, 男の, 頃の, 領域を

▼ 市ちやん~ (5, 0.1%)

2 が行つて 1 は今夜, は今夜來, も仲

▼ 市として~ (5, 0.1%)

1 何とかせね, 独自の, 置く, 金が, 顔を

▼ 市との~ (5, 0.1%)

1 ちょうど境目, まん中どこで, 中間堀兼村の, 間に, 間工業組合と

▼ 市どの~ (5, 0.1%)

1 でご, をあざむかれ, をうばいそこね, を迎え, を迎えられた

▼ 市どん~ (5, 0.1%)

2 という男 1 こそ災難, といいまし, の彫った

▼ 市はずれ~ (5, 0.1%)

1 ではあり, の人通り, の屋根屋根, の白い, の競馬場

▼ 市までの~ (5, 0.1%)

2 道路を 1 こ, 途中も, 鉄道の

▼ 市~ (5, 0.1%)

1 古から桑港, 古チーム, 古トリビュウン, 古紐育, 古附近

▼ 市兵衞町~ (5, 0.1%)

1 に向, の叔母, の後家, の私, へあがるだら

▼ 市及び~ (5, 0.1%)

1 その近郊, その附近, ローマニアの, 其西北伊集院方面が, 北歐の

▼ 市右衛門~ (5, 0.1%)

1 お預かり, がした, という老人, とて当時有名, 尚政

▼ 市~ (5, 0.1%)

2 の庁 1 たりし, は後, より褒称

▼ 市~ (5, 0.1%)

1 にて択, に売る, の棚銭, の燈, を開き

▼ 市気匠気~ (5, 0.1%)

2 と云う, のある 1 まで行く

▼ 市~ (5, 0.1%)

3 一の 1 一等の, 十一区三人姉妹街三番地なる

▼ 市~ (5, 0.1%)

1 がドッサリ, である, で前髪立ち, は敏捷, 福禄の

▼ 市造さん~ (5, 0.1%)

1 が通りかかったで, すまなかったなあ, だとか, だな, どうもありがとう

▼ 市郊外~ (5, 0.1%)

1 にて, のぎらぎら, のみにて約, の家, の沼地

▼ 市~ (5, 0.1%)

2 荘は 1 たるの, の居処, 荘を

▼ 市だけでも~ (4, 0.1%)

1 一日に, 五百人から, 四千人ぐらいは, 数百軒の

▼ 市だった~ (4, 0.1%)

2 のである 1 かしかとは覚え, からなあ

▼ 市とか~ (4, 0.1%)

1 いやはりました, 何とかいひや, 呼ぶちっぽけ, 赤鬼とか

▼ 市について~ (4, 0.1%)

1 いうなら一体, フィオナ・マクラオドの, 云うと, 見よう

▼ 市ソヴェト~ (4, 0.1%)

1 とそれ, に赤旗, の例, の保健部

▼ 市人たち~ (4, 0.1%)

1 の俗称, の面前, もあった, よ重ねたる

▼ 市会議員夫人~ (4, 0.1%)

1 が年上, のよう, の部屋, はすぐ

▼ 市~ (4, 0.1%)

1 の抬頭等, の整理, を新しく, ヲ交付ス

▼ 市~ (4, 0.1%)

2 を有する 1 もない, を持つ

▼ 市党部~ (4, 0.1%)

4 の撤収

▼ 市参事会~ (4, 0.1%)

1 で取り敢えず, に自ら籍, の小, は街鉄私設

▼ 市史編纂~ (4, 0.1%)

1 にたずさわる, に参与, の川辺賢武氏, を閑事業

▼ 市商人~ (4, 0.1%)

2 のよう 1 は大かた境内, は碌々

▼ 市~ (4, 0.1%)

1 に眠る, の大, の組織, を小

▼ 市會議員~ (4, 0.1%)

1 か復興局, がかくし, なるもの, になつ

▼ 市~ (4, 0.1%)

2 の着物 1 か風通織, の羽織

▼ 市潟潮干~ (4, 0.1%)

2 にけら, にけらし

▼ 市~ (4, 0.1%)

1 との區別, とは貿易, に就い, のこと

▼ 市近郊~ (4, 0.1%)

1 に旅, の宗教学校, の農家, の遠江

▼ 市および~ (3, 0.0%)

1 その付近, 丘郡の, 家の

▼ 市からは~ (3, 0.0%)

1 そういう天候, そのため, 工場の

▼ 市それ~ (3, 0.0%)

1 がうっかり, と折, は大した

▼ 市だけ~ (3, 0.0%)

1 それも, で男, なん

▼ 市だけの~ (3, 0.0%)

1 ことで, 特例だ, 腕を

▼ 市ちゃん~ (3, 0.0%)

2 の大事 1 も仲

▼ 市としては~ (3, 0.0%)

1 衛生舎を, 賑ふ, 金持

▼ 市とも~ (3, 0.0%)

1 いうおそろしい, また市太郎, 呼ぶの

▼ 市などが~ (3, 0.0%)

1 あるだろうか, できたか, ひとかたならぬ

▼ 市において~ (3, 0.0%)

1 その同胞, 応接した, 貧民の

▼ 市においては~ (3, 0.0%)

1 なんらの, 史家ニーブル, 市会議員町村においては

▼ 市においても~ (3, 0.0%)

1 この条例, もしも市民, 司教の

▼ 市への~ (3, 0.0%)

1 唯一つの, 帰路を, 旅を

▼ 市よりも~ (3, 0.0%)

1 大事な, 良好の, 西に

▼ 市ガ谷八幡~ (3, 0.0%)

2 の境内 1 へ行った

▼ 市~ (3, 0.0%)

1 ロスを, 出テハモウケスルコトガヨカッタカラ, 行ッテ勤メダト思ッテ精ヲ

▼ 市中央~ (3, 0.0%)

1 に向っ, のピアッツァ, よりほぼ

▼ 市主催~ (3, 0.0%)

1 の, の綜合展, の蓄産共進会

▼ 市会議場~ (3, 0.0%)

1 に於, に非命, の入口

▼ 市作様~ (3, 0.0%)

1 か, のお, の処

▼ 市公会堂~ (3, 0.0%)

1 で梅, に於ける, へ第

▼ 市公園~ (3, 0.0%)

1 となりし, のどこ, の表通り

▼ 市兵衛町~ (3, 0.0%)

1 につづく, の火事, へ出

▼ 市區改正~ (3, 0.0%)

1 なので, に追, をやられず

▼ 市~ (3, 0.0%)

1 でも斎号, といっ, は偶然

▼ 市~ (3, 0.0%)

1 と警察吏, に具申, や門吏

▼ 市~ (3, 0.0%)

1 の旅館, は碁盤目, を区ぎって

▼ 市~ (3, 0.0%)

1 で賣れ, へ行く, へ賣り

▼ 市寸島比~ (3, 0.0%)

3 賣の

▼ 市~ (3, 0.0%)

3 の池

▼ 市座頭~ (3, 0.0%)

1 がいった, に罪, を呼びよせ

▼ 市当局者~ (3, 0.0%)

1 である, のあ, の親心

▼ 市正どの~ (3, 0.0%)

1 を世継ぎ, を伊達家, を立てろ

▼ 市~ (3, 0.0%)

1 とに両手, と肥後屋, は後に

▼ 市~ (3, 0.0%)

2 を帯び 1 があった

▼ 市江波村~ (3, 0.0%)

3 築島内鈴木三重吉

▼ 市直属~ (3, 0.0%)

2 の鉄甲 1 の精鋭

▼ 市科学会~ (3, 0.0%)

1 でやり, で講演, はもはや

▼ 市~ (3, 0.0%)

1 に散在, の警官, の警察官

▼ 市電気局~ (3, 0.0%)

1 がまだ, の争議, は市電営業

▼ 市~ (3, 0.0%)

1 という面長, は横, や鈴子

▼ 市あたり~ (2, 0.0%)

1 から日帰り, と思われる

▼ 市きっ~ (2, 0.0%)

1 てのしにせ, ての娯楽地帯

▼ 市こそ~ (2, 0.0%)

1 深夜の, 自分等の

▼ 市ことに~ (2, 0.0%)

2 場末の

▼ 市ごと~ (2, 0.0%)

1 に百反以上町, に知事

▼ 市さえ~ (2, 0.0%)

1 生まれて, 立ったもの

▼ 市それから~ (2, 0.0%)

1 急行で, 薬研堀の

▼ 市だけで~ (2, 0.0%)

1 十万人も, 言っても

▼ 市だけは~ (2, 0.0%)

1 からくりの, にこにこし

▼ 市だの~ (2, 0.0%)

1 場末の, 若狭屋だ

▼ 市ちや~ (2, 0.0%)

2 ん此方

▼ 市であり~ (2, 0.0%)

1 各国民, 理想の

▼ 市である~ (2, 0.0%)

1 ことには, その市設

▼ 市でなく~ (2, 0.0%)

1 てならない, 青森市に

▼ 市といった~ (2, 0.0%)

1 十三に, 浪人生活が

▼ 市とを~ (2, 0.0%)

1 往復し, 見んと

▼ 市なか~ (2, 0.0%)

1 でくしやみ, のごろた石

▼ 市なぞは~ (2, 0.0%)

1 全然存在, 好評であった

▼ 市などで~ (2, 0.0%)

1 売って, 盛んに

▼ 市などの~ (2, 0.0%)

1 名ある, 景況も

▼ 市などを~ (2, 0.0%)

1 余さず引っ捕えようと, 巡遊し

▼ 市なら~ (2, 0.0%)

1 五日置き, 藤波が

▼ 市なる~ (2, 0.0%)

1 ものを, 大劇場

▼ 市により~ (2, 0.0%)

1 ホカケズシボー, 建設せられたる

▼ 市に対する~ (2, 0.0%)

1 価値や, 告別の

▼ 市ばかり~ (2, 0.0%)

1 ぢや, で数万

▼ 市へと~ (2, 0.0%)

1 乗りまわして, 到着しました

▼ 市までが~ (2, 0.0%)

1 そばから, 杖を

▼ 市みたい~ (2, 0.0%)

1 な有, な街

▼ 市ゆき~ (2, 0.0%)

2 なのに

▼ 市よりの~ (2, 0.0%)

2 報知に

▼ 市~ (2, 0.0%)

1 の漆器メーカー, の美人

▼ 市一毛町~ (2, 0.0%)

2 の毛皮商坂本屋

▼ 市~ (2, 0.0%)

1 に空中, の八四二区

▼ 市中大騒ぎ~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 市京橋區入船町~ (2, 0.0%)

2 に生まる

▼ 市人等~ (2, 0.0%)

1 は, 出る

▼ 市付近~ (2, 0.0%)

1 の人々, の平野

▼ 市以来~ (2, 0.0%)

1 の繁栄, わずかに

▼ 市会議員選挙~ (2, 0.0%)

1 に出, に立候補

▼ 市伽古~ (2, 0.0%)

1 の上級法廷, まで追随

▼ 市~ (2, 0.0%)

1 という標札, もあい

▼ 市俄古あたり~ (2, 0.0%)

1 の玉, の腰抜け警察

▼ 市入江町~ (2, 0.0%)

2 元追分

▼ 市全部~ (2, 0.0%)

1 の人心, の地図

▼ 市公署~ (2, 0.0%)

1 の一隅, の方

▼ 市~ (2, 0.0%)

1 でも, でもこつ

▼ 市參事會員~ (2, 0.0%)

1 の行動, は其の

▼ 市四郎さん~ (2, 0.0%)

1 が御, だよ

▼ 市塵庵四季雄~ (2, 0.0%)

1 という老人, の門人

▼ 市塵庵春雄~ (2, 0.0%)

1 と号, はわたくし

▼ 市太君~ (2, 0.0%)

1 はその他, は阿波

▼ 市太夫五太夫~ (2, 0.0%)

1 の槍, は相手

▼ 市太夫五太夫七~ (2, 0.0%)

2 之丞

▼ 市婆さん~ (2, 0.0%)

1 の末, は六十近く

▼ 市川口~ (2, 0.0%)

1 へ, へ繋

▼ 市左衛門氏~ (2, 0.0%)

1 が聖書, は

▼ 市左衞門~ (2, 0.0%)

1 にも亦, の子

▼ 市建造物~ (2, 0.0%)

1 に糞尿堆積, を列記

▼ 市~ (2, 0.0%)

1 などが天領役所, の三名

▼ 市~ (2, 0.0%)

1 であった, に齎される

▼ 市方面~ (2, 0.0%)

1 と思われる, へも手配

▼ 市時代~ (2, 0.0%)

1 からかかり始めた, の私

▼ 市~ (2, 0.0%)

1 の一旅館, の産所

▼ 市~ (2, 0.0%)

1 に心, の他

▼ 市~ (2, 0.0%)

1 見に, 見は

▼ 市橋梁課~ (2, 0.0%)

1 のお, の渡船

▼ 市~ (2, 0.0%)

1 が立っ, は組合

▼ 市正に~ (2, 0.0%)

1 宗家を, 小姓衣を

▼ 市正宗興~ (2, 0.0%)

1 となのった, の表面上

▼ 市~ (2, 0.0%)

1 賣, 賣に

▼ 市気満々~ (2, 0.0%)

2 たる出品

▼ 市治郎伝三郎三亀雄~ (2, 0.0%)

1 などははじめ, にとっては問題

▼ 市演得迦~ (2, 0.0%)

2 と云

▼ 市発電所~ (2, 0.0%)

1 にもあっ, の虹

▼ 市~ (2, 0.0%)

1 であつ, として祀る

▼ 市~ (2, 0.0%)

1 の二十八葉橄欖冠, はこの

▼ 市~ (2, 0.0%)

1 の如く, の講演旅行

▼ 市~ (2, 0.0%)

1 又南渡一海千餘里, 又渡一海千餘里

▼ 市統計課~ (2, 0.0%)

1 の統計, の調査

▼ 市~ (2, 0.0%)

1 に大署, の賤類

▼ 市財政~ (2, 0.0%)

1 から三百十万円, は既に

▼ 市財政全般~ (2, 0.0%)

1 に亘る, の窮状

▼ 市~ (2, 0.0%)

1 続々電柱, 行かなければ

▼ 市近き~ (2, 0.0%)

1 岩橋村に, 野に

▼ 市~ (2, 0.0%)

1 で連中, までそこ

▼1* [639件]

栄えよう, 市あって以来, 市ある里の, 市あれど目立つ, 市いたるところで, 市い帰る人あっ, 市お前が何ん, 市からの収入は, 市からも他の, 市さ, 市こう書くン, 市ここに一人, 市こそはこの事件, 市こっちはとられ, 市このあたりに, 市これは圧手, 市ころし此又伯円の, 市出るたび, 市さんあなた本当に悪, 市さんあなた時計持って, 市さんご苦労だね, 市さんだつて私, 市さんヨットに乗っ, 市さん久しぶりに一局, 市さん信次郎といっしょ, 市さん弟の孝吉, 市さん自身は留吉, 市さん蛸が見え, 市ざらし, 市ていた, 市したまえ, 市じうの人間, 市じゃあそんなに手厳しい, 市すなわち十二月最終の, 市せるものに, 市ぜんたいの玩具屋, 市そう案じること, 市そこの杉並木, 市そちは貝, 市そのものが記念塔, 市その他ではナポレオン侵略, 市それ自身は巨大, 市本城寺前に, 市たちまちにネオン, 市ために数年間空虚, 市ださうだから私, 市だってぇことが, 市だつたので全く, 市だろうが一生懸命, 市ちゃんと三人で, 市ちゃんとこへ行きましょう, 市ちゃんどこでそんな, 市ちゃん試験どうしやした, 市ちょっと参れ, 市ぢゆうの者が帽子, 市ってのは, 市つて何処にとり極めた, 市つまり東寺の, 市てえのは, 市でありましたならばそして, 市できないぞ, 市でさえロウソクの, 市でだけのことらしかった, 市でないのが, 市ではどいつもこいつ, 市といつても今, 市とかいう女房の, 市とからなるいわゆる, 市とが使あるき, 市としても町村としても, 市とても同じこと, 市とでもいうわけ, 市とへ数日出かけた, 市と共に腹痛下痢を, 市どころかどんな驚く, 市どんと朋輩から指される, 市なぞへおみ足, 市などから較べれば, 市などでも見られますが, 市などという盲目の, 市などとともにそちに, 市などに暮の, 市などはもう四, 市などもあったよう, 市なれば也, 市なんか敵国の, 市な成すにいたれり, 市にかけて心あたりの, 市にかけての町, 市にしもしかもなほ, 市にたいして彼が, 市にたいする軽蔑を, 市にだけ限つた町名では, 市にだってほんもの, 市にてもこれらの, 市にでも出ると, 市にとってはまことに感謝, 市になつた天王寺の, 市にまで交渉し, 市に対して焼夷弾攻撃が, 市に関するところある, 市のにぎわいをうしろに, 市のぼぉっとにごった灯照りの, 市のみ存せり, 市のみの風土病では, 市のや両三右衛門時, 市はえぬきの悲しい, 市はてて気どほきごとし, 市はにはかに, 市の河岸, 市ぶりの關, 市ほか六村から八人, 市ほど小売相場の, 市まではよほど遠い, 市よとあわただしく雑沓, 市らしく何だか街, 市の鄙心, 市をとほりながら, 市負けた笹, 市アンチウム市と呼ぶ, 市カウンティ・トラスト会社の社長, 市カヴァルカンティ家の一人, 市カ谷刑務所に収容, 市ガ谷八幡境内に隣, 市ガ谷八幡様から茶, 市ガ谷刑務所に訪問, 市ガ谷尾張屋敷の自分, 市ガ谷本村町のかど, 市ガ谷監獄が初犯再犯, 市ギベルリニ黨の首領, 市クラパム區トレマドク街二十八館主美津田瀧次郎氏を訪, 市グエルフ黨の首領, 市グッド・サマリタン病院で看護婦, 市ケオニッヒ街万国地学協会もしく, 市ゴリアスが日の出, 市サン・ドミンゴ教会内に安置, 市スクロヴェーニ家の紋, 市ソヴェト委員会がある, 市ダンジール産のもの, 市チカブミ川村ムイサシマツ婆さんから更科源蔵氏採集, 市多羅尾七郎三郎ト男谷忠次郎トソノ外五六人デ, 市デハ商人ガハイハイ云ウドウイウ訳ダト云ウカラ右ノ次第, 市トイウ物ヲ百文ニツイテ四文ズツノケテミタガ, 市トイブナー社から出版, 市トゥウェルフスカヤ街に店舗, 市ドナーティ家の者, 市近ウシテ, 市ニテハモウケノ半分ハ諸道具屋, 市ニハ切者ノモノニオレガカサヲアケサセタカラ見損ジテ, 市ニ出タカラ随分トクガ附イタ, 市ハドソン河畔の公園, 市ハリコフオデッサペテルブルグ市その他ではナポレオン侵略, 市ハ五年目毎ニ借地料ノ評價, 市ハ其賠償トシテ三分利付市債ヲ交付ス, 市パレイ・ド・クーベッヘメイゾン・カファリ居住目下ロンドンウールウィッチ・ウェリントン街二十八番地在住はわが, 市パレスチナなるキリスト教徒最後, 市ビュイック自動車会社から呼び返され, 市ピューロスに, 市ファリアスそれから光りかがやく, 市ポンポンと手, 市マカラム街の珈琲店キャフェ・バンダラウェラ, 市マンハッタン街世界連盟本部科学局より, 市マールカーポはポー, 市メルボルン市に比する, 市ラレテ矮奴トナッテ年々ニ進奉セラル, 市ヴァンドオム町のいぶせき, 市ヶ台の未決監, 市一国の文化, 市一年の予算額, 市一村に至る, 市一番地という概念, 市一目のうち, 市一郡といふやう, 市七町村奈良県九町村石川県六町村三重県十二町村となつ, 市三分の二は全滅, 市三月二十四日下の関阿弥陀寺, 市三河喜博士に托し, 市上島田より, 市上市の千代田橋上手, 市上市小学校教場の天井, 市上空に進入, 市上荒田にあり, 市下市の汽船発着場, 市下水事業の見学, 市下級吏員の減員, 市不意にギクリ, 市中どこへ行っ, 市中の川即ち堀割, 市中の橋際には大概柳, 市中まま宿場に等しき, 市中一円に向かっ, 市中一見デンマーク街の常盤本店, 市中七夕の飾り, 市中不景気と云, 市中世渡ぐさに俤, 市中京区間町竹屋町上ルの私, 市中何処へでも運ん, 市中全体にその, 市中区御器所町字北丸屋八二ノ四, 市中十万の商店中毎年代がわり, 市中及四近根室國野付村標津西別間, 市中古来名勝の地, 市中大畑の私宅, 市中大騒動の最中, 市中央部の上空, 市中小商人の娘, 市中庄只圓翁旧宅庭前に於, 市中引廻しのうへ, 市中散歩の記事, 市中数ヶ所の芸者, 市中流行感冒猖獗を極め, 市中溝川の所在, 市中無料配達を致しまし, 市中狂乱の巻, 市中町法を改正, 市中米の配給, 市中繁華の屋根, 市中美人ならざるなし, 市中警衛の爲當村百姓共千人許手分入口入口, 市中野区の某, 市中電車雑沓の中, 市中音楽隊なき事, 市中高層の家屋, 市丸潰れとなる, 市之進その人, 市予算経常部の中, 市にはうとい, 市二三杯飲むうち, 市二時間飯米煙そしてそれ, 市二萬六千の人口中, 市五〇聯隊留守隊第二中隊召集兵, 市五十年の名誉, 市五郎からくわしく, 市人ばさら大尽ばさら尼さてはばさら商売, 市人らは大抵, 市人僧人茶人文人自らその選ぶ, 市人村川市兵衞江戸に出, 市人見物の群, 市人達は皆欣び, 市人酔中火災に遇, 市人鳶頭の金助, 市からてめえ, 市などの旗本, 市令内田雄之介, 市仲橋広小路の市, 市会疑獄事件の, 市会議長の大岡育造氏, 市位空中襲撃をし, 市住吉に住ん, 市住吉区平野郷町の杭全神社, 市住吉区阿倍野筋一丁目に山本照美, 市住所姓名録の緒言的, 市を申す, 市何市とある, 市何町何番地というの, 市作んとこは, 市俄高大學の聘, 市や民家, 市停車場の時計台, 市傳染病研究所勤務醫學博士近藤奎三氏を伴來, 市價トノ差額ヲ輸出税トシテ課税スベシ, 市價的にまた, 市駆逐艦シャッガァ号士官室, 市元浜町三丁目の酢屋定七君, 市先妻のお, 市全体私の家族全体, 市全滅に際しその, 市八丁堀新見吉治氏旧蔵, 市八月十五日豊後浜の市, 市の日傭賃, 市公立学校の老, 市公納堂町にその, 市共同墓地でのエヴアリン・ダンカン嬢暴行絞殺事件, 市兵衛その他七名の者, 市兵衛小畑山城守など続々, 市兵衛様弥左衛門としるし, 市兵衛殿と記し, 市兵衛町崖上の地所, 市兵衛町表通宮内省御用邸塀外に老, 市兵衛須原屋茂兵衛共同出版の袖珍十九丁もの, 市兵衞小河縫殿助小河織部久野四兵衞小河專太夫畝町には井上監物, 市兵衞岡田善右衞門の二人, 市兵衞氏と地方一部, 市兵衞江戸に出, 市其方の師, 市出発に臨み, 市出發に臨み, 市出足を呼び返され, 市出雲大社の東北, 市刑務所へこれ, 市劇場へ以前, 市を傾け, 市加十として拘留, 市加古豚肉王の夫人, 市助役の関一氏, 市助部屋の隅, 市包囲について軍, 市北二丁目の小さな, 市北二丁目二九二九番地と封筒, 市北区中之島付近の往来, 市北安曇では千国, 市北浜の市, 市北郊外の浦上付近, 市北部及び西部, 市であつ, 市區改正其他の事業, 市十七八の両日, 市十郎殿は大, 市千日町雨宝院といへる金比羅神社, 市にアペンニノ山脈北, 市南区内安堂寺町二丁目であるが, 市南区木津元の西成郡木津村, 市南滋賀町あたりだろうという, 市南縁の高台, 市危機を脱す, 市参事会員橋本氏の紹介, 市参事会組合員などを引っ, 市参事員衆議院議員に選ばれ, 市参事官に尋ねた, 市参議会を召集, 市參事會の小, 市前に, 市古寺町に両隣, 市史中の一巻, 市史稿のため, 市史編纂上の依頼, 市史談会の木村省三氏, 市右京區にある, 市右衛門神田清右衛門外池孫左衛門河井公左衛門五番には七手, 市右衞門明石四郎兵衞黒田總兵衞齋藤甚右衞門野村初右衞門, 市合体すること, 市合體すれば, 市吉塚三角在中島徳松氏の別荘, 市吉野省一横田宗次郎杓子甚助有村忠恕等總計廿五六名, 市同じ武士の, 市吏どもが久しく, 市君のだと, 市君一人である, 市君兵太郎君久助君の四人, 市君兵太郎君徳一君というなき, 市周囲の漁村, 市商甚盛なり, 市四郎さん二百円だけで, 市固有のきわめて, 市土木局嘱託浅見厚太郎博士の邸, 市土木課のため, 市在住中からチヨ, 市在民間の日用, 市在留駐米日本大使, 市地図が展開, 市地方は二, 市塵繁華の間, 市境線を離れる, 市壇王の市, 市多年日本見物を志し, 市大会社の腰高椅子, 市大名町に在る, 市大徳寺内につくられた, 市大浜竪町金佐商店という商標, 市大町から上京, 市大阪山口市等の講演旅行, 市天神の市, 市天神町水鏡天満宮二百五十年御神祭, 市太夫先祖代代安喜香我美南郡はかせ頭役仕来, 市太夫四男五太夫の二人, 市女たちの足許, 市女笠持ちの人足, 市女順々に後, 市奴隷港でも黒人奴隷売買, 市妙心寺の南蛮寺鐘, 市始まつて以来, 市委員控室の方, 市婦人会主催の舞踏会, 市字箕曲の神事, 市孤島の大, 市学務当局を始め警視庁, 市学務課に陳情書, 市へ駆けつけ, 市安蔵そのほかみんな, 市宗山と云う, 市宗甫分昔の勢多郡上川向村大字宗甫分, 市実際の利害, 市富田町に籐細工, 市に倦み, 市小さな糶売場である, 市小学校の講堂, 市小料理屋の店, 市小石川区原町で生れた, 市屈指の老舗, 市岡新田耕地の闇, 市岩淵町に住ん, 市川代治氏とともにベルリン市外, 市川又太郎という人, 市川在までの埃ッ, 市川邊も遠から, 市左京区の某, 市左京区一乗寺のあたり, 市左衞門等は駒込, 市といったもの, 市巴里の蚤の市, 市常盤町に紙商小駒支店松井某方, 市平が何か悪ご, 市幼い者たちの, 市広井吉之助らの諸氏, 市府縣國と逆, 市の元, 市廳坂を下りる, 市弁天町に起こり, 市弁天通の丸善薬局, 市弥小野川宇源次藤田小平次仙台弥五七服部二郎右衛門金子吉左衛門などが居, 市当局案としては指定人, 市彼等の手, 市従から水の, 市近所の, 市御免よ, 市御料をいけどり, 市微塵棒達磨に玉兎, 市微塵棒達磨狸の糞, 市愛宕の市, 市懇話会之れに, 市懇話會之れに, 市が見える, 市房連山の中, 市手向山の武蔵, 市折角ですから, 市掃き米はき込め, 市支社の重役, 市攻略の大, 市政府をわが, 市政府省庁へ儀礼的, 市政府社会局主催の義務戯, 市政界の裡面, 市教育部ではすでに, 市敢行の決議, 市世界, 市新大学の教授, 市新町九軒粉川様内おすみどの, 市に覆われ, 市日本人三十余名を船中, 市早川口というところ, 市旭町十九番地からとった, 市といふもの, 市星城子居, 市昭和通松月町六ノ一九, 市曠原社のため, 市更にヂオスの, 市會みたいに山形市長, 市會議場に於, 市會議長の大岡育造氏, 市有志の招待, 市朋輩をあやめ, 市に鞭, 市木さんのこと, 市未だ一つの, 市末廣町にある, 市本妙寺清正公の地内, 市本町田から鶴間ヶ原, 市本郷区駒本尋常高等小学校, 市来たか, 市東側地区の上空, 市東山区山科町の同, 市東山区山科町深野百二十番地であります, 市東川端の卑猥, 市東淀川区江口町と地図, 市町某, 市某区某町, 市柳川座に乗り込み, 市の何時しか, 市栄えるだろうと思われた, 市桜枝町の位置, 市楢山に住む, 市楽三枚重ね黒魚子五つ紋, 市楽柄の着つけ, 市楽薩摩御召大島結城位の区別, 市榎町政淳寺にある, 市の部屋, 市横浜尋常高等石川小学校では例年, 市檜物町に起こった, 市正志水甲斐守歴々年功の家来, 市のすゑ, 市歳出経常部第十二款汚物掃除費, 市か勢, 市残らずという, 市殿には未だ, 市母子を殘, 市氏両人ともそれ以来ここ, 市氏牧田氏藤五郎氏たちが先, 市氏鹿児島県立図書館長として出発, 市気がついたか, 市気仙沼女川渡波などという漁港, 市に乏しけれ, 市水茶屋の書き入れどきである, 市水道の大, 市水道拡張課の土木監督, 市水門町の妻, 市水鳥社のため, 市河原で自転車, 市治郎まつ枝伝三郎千恵造三亀雄たみ子の七人きょうだい, 市治郎伝三郎三亀雄たちも兄, 市治郎夫婦伝三郎夫婦三亀雄もと雇人, 市法廷で開かれた, 市津幡へと能登, 市流岸頭茶店幾層楼夜深猶, 市浦山船見泊など沿岸, 市浪速區鴎町一丁目に生れた, 市海拉爾あたりよき気流, 市海神町なる其別宅, 市消防署長以下の敏速, 市淡島の市, 市深川区から市会議員, 市深川区西森下町に生粋, 市港北区新治町中山となっ, 市湊町の下宿, 市を満, 市滞在中同市の人伊勢崎君, 市滞在中止宿したの, 市演得迦王宋の求那跋摩, 市潟一帯が潮干, 市火事で, 市父並に遠, 市父娘の苦惱, 市片手で人, 市が真新しい白, 市現時の形勢, 市瑞穂区に住ん, 市の人, 市町村に民選, 市町村地区のソヴェト役員, 市町村等自治体の運営, 市町番地と大, 市町行乞行乞相申分なしと, 市界隈は愚か, 市病院長で東京大学, 市発列車番号第三号, 市この中, 市盆踊りそれから歌合ひと, 市が急激, 市県ソヴェト債が四月一日, 市神田の市, 市神祭りの夷講, 市または町税, 市税関所の前, 市税関税はすべて, 市立川町の敷島屋, 市競り市や魚市場, 市競技だから, 市算所町もとはやはり, 市管内に集中, 市米子市大阪山口市等の講演旅行, 市精華尋常小学校は鉄筋宏壮, 市紋章が樫, 市かも知れねえ, 市經營の廣, 市からのもの, 市羽子板ねだらせたを, 市翁麦飯学者之説, 市はぶっきらぼう, 市聖マルチーノの禮拜堂, 市の山, 市背後の屏風, 市の久兵衛, 市膳所町の義仲寺, 市用車疾走区域に, 市自体の発展, 市自分たちの暮し, 市自身はどう, 市舶又は互市舶, 市舶同樣の取扱, 市舶大秦の賈船, 市芝区下高輪第一書房, 市が営まれた, 市蓑直しの安蔵, 市衆議院議員補缺選擧の候補, 市行きを待っ, 市行乞行乞相と所得, 市行客船コロラド丸は一, 市街路をさっさと, 市衛生課として実情, 市衛生課吏員は小気味よ, 市衛門氏は出入り, 市表章旗の一部, 市裁判所で夫, 市西第七十街, 市西北の広野, 市西区児玉町二百二十三番地二階建ての二軒長屋, 市西南へ二十七哩, 市西坂町の旧, 市西山俵山荘へ着く, 市西郊の畷道, 市見忘れはすまい, 市視学およそ一, 市観光案内も書い, 市設浴場テルメーに通, 市設職業紹介所には降る, 市読本というもの, 市警察署長その他各地の警察署長, 市捻薄荷糖, 市として招待, 市賛成に署名, 市走水に走水神社, 市のゆ, 市処に, 市近在バルレー村に転寓, 市近江のやす川, 市還有, 市造君かよ, 市連合会の, 市連黒人と注せられ, 市過ぎて冬至, 市遠く赤き旗見ゆ, 市邑村落を掠略し, 市郎兵衛の方, 市郎兵衛勝嘉殿に頼みおき候, 市郎弁護人速記録による, 市郡全体の戦争, 市へと熱病, 市酒屋町松楽にて斎藤先生送別小宴, 市銀座四丁目帝都百貨店洋酒部ノ, 市鋳金家ガリカリニの六女, 市は禁断, 市鎌田の療養所, 市長いよいよ驚いたらしく, 市長吉のほか, 市門イヴリイをよろめき出し, 市門近くで言われてる, 市に一度, 市附近有本という処, 市随一の曠, 市隣りに当たる, 市須崎お台場, 市須磨屋安四郎の家, 市の境, 市風景の絵はがき, 市ノ菌ニ, 市駅前菊屋食堂ノ, 市駕町といふところ, 市鳥市ちょっと参れ, 市麻布區六本木の少女, 市麻布飯倉町赤羽心光院にまつる