青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「巻い~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

差~ ~差し 差し~ 差別~ ~己 己~ 巴~ 巴里~ 巻~ ~巻い
巻い~
~市 市~ 市中~ 市場~ 市民~ 市街~ ~布 布~ 布団~ 帆~

「巻い~」 1307, 14ppm, 7903位

▼ 巻い~ (1240, 94.9%)

57 いた 44 いる 35 いるの 13 いて 12 あった 10 ある 9 流れて 7 いたが, いるよう 6 しまった 5 いたの, しまいました, ゐた, ゐる, ゐるの 4 いるが, いるところ, それが, それを, 居る

3 [14件] あって, ありました, ある白い, いたと, いたという, いった, いました, いる所, それに, やたらに, 居ります, 私の, 自分の, 逃げて

2 [58件] あったの, あった布, いたロープ, います, いらっしゃるの, いるため, いるだけ, いると, いるという, いるなか, いるので, いるもの, いるん, いる処, いる子分, いる布, いる繃帯, いる髪の毛, ふうふうと, まだその, みて, やった, やったり, やりました, ゆく, ゆくと, ゐて, ゐると, ガーゼの, 上げ一本, 二人の, 元の, 入れて, 前掛, 十徳を, 唇を, 外出する, 大煽り, 居た, 居りました, 居るやう, 帰って, 引き下がって, 彼の, 手を, 木炭の, 桜の, 森を, 甲板に, 立てかけて, 罵つて, 背中で, 行つた, 見えるから, 進むと, 飛んで, 驚いた, 黄色の

1 [837件 抜粋] あったこと, あったという, あった紐, あと足に, あります, ありますが, あり最後, あるから, あるが, あるという, あるの, あるので, あるらしく顔, あるガアゼ, あるベル, ある手拭い, ある日除け, ある濃い, ある煙草, ある真鍮, ある紙, ある金太郎, あれは, いいあった, いきます, いたさま, いたせい, いただけねえだらうか, いたところ, いたよう, いたらしい中, いたん, いた三人, いた不安, いた処, いた古, いた古ぼけたハンケチ, いた天堂, いた小豆色, いた尻尾, いた心, いた手, いた時代, いた衛生局, いっぱいいろいろ, いな, いないこと, いましたが, いましたの, いますぜ, いやあがる, いようとは, いられる蕃拉布, いるかも, いるこの, いるじゃ, いるせい, いるぜ, いるその, いるだろうよ, いるとの, いるに, いるのよ, いるばかり, いるよ, いる三人, いる三人侍, いる体, いる山葡萄, いる彼女, いる心持, いる方, いる最中, いる槍, いる渦, いる男, いる真っ黒, いる神尾喬, いる竜, いる筈, いる群衆, いる肚, いる胞, いる連中, いる霧, いる革紐つまり上腹帯, いる顔, いる髪, いる鯖, い長い, おいた水ごけ, おおきになる, おくが, おくれ, おく桐, おとなしくかしこまっ, おもりを, おりいい, おりました我慢, おりまする, おるところ, おる上, お濠, かかると, かくれて, かんしょうに爪を, がやがや酔声, きたの, きらきらと, ぎゅうッと, くる, くるにつれ, くるの, くれた, くれるの, ぐっすり眠りました, ぐるぐる廻つて, こしらえた手毬, こないだの, このひとたち, これは, ござったが, しかも精悍, しずかに, しばらくその, しまい, しまう, しまったの, しまったので, しまって, しまつ, しまつて, しまひました, しまわれました, しめつけるの, しめ繩を, そうして口, そこから, その一方, その掘, その日, その渦巻, その肩, その蔽, その高大, それで, それで森, たべる, たまるけ, だんだん下, ちらちらと, どっどと, どんな禍い, なく厄介, ねて, ねる, ひそんで, ぶつかって, ほとんど膝あたり, また一枚堅パン, まっしぐらに, みずから鍬を, みると, もう一度やっ, もらって, やって来た, やり便, やれ, やれ今晩, やんわり垂れてる, ゆき第, ゆく手数, よくない, りゅうりゅう斬っ, わが心, わしの, われらに, わんわん云う, ゐたが, ゐた先生, ゐた刺繍, ゐるが, ゐるといふ, ゐるのに, ゐるやう, ゐるん, ゐるタオル, ゐる人差指, ゐる巾, ゐる蝸牛, ゐる顔, ジウジウ吸っ, ジロジロと, スペイン風の, ネクタイに, ヒューヒュー吹き捲っ, ピンを, ベートーヴェンの, ホッキを, ヨリコを, 一寸出しました, 一条ゆったり, 三味線を, 上げましょう, 上げませう, 上包みを, 上目で, 下田圃, 並んで, 丹で, 了った, 二重, 五体を, 京都へ, 今日だけは, 仏像は, 以来宗匠の, 位牌を, 何か, 何の, 何もかもごっちゃ, 修繕した, 偉さうに, 側へ, 入ったの, 入り乱れその, 全動力, 六畳へ, 具足を, 冀城の, 冬の, 凄い光, 凝結し, 出した, 刺されたかの, 前には, 力を, 動こうとも, 包と, 包んで, 北風が, 千曲川に, 即座に, 口の, 召し上がる, 吠えかかる, 吹き下して, 吹き出しました, 呑んで, 唇は, 嘆じ, 器様に, 土を, 地の, 地上へ, 境内の, 外套を, 夜具の, 大きくし, 大急ぎで, 大懇親会, 大群を, 奥の, 姫小松の, 娘の, 家に, 家の, 宿に, 寝て, 寝るの, 封筒へ, 小供, 小包に, 小田原評定, 小谷に, 小鼻から, 少し呆気, 少時の間, 尾根の, 居たが, 居なくなつ, 居るので, 居る逞しい, 山木の, 屹と, 崩れ倒れる様, 巻き巻き巻, 帯に, 帰して, 帰らっしゃい, 帰りかけた, 平気で, 床下へ, 底知れず, 廻るの, 引きだしましたその, 引き寄せた, 引き寄せると, 引くと, 引入れようと, 引掛け, 引金に, 彼も, 彼を, 往来で, 後から, 後世の, 微風は, 心頭に, 忽ち海風, 思はず見物, 悠々と, 悠然と寝, 惟光が, 感心した, 感心する, 懐中する, 所持の, 手に, 手の, 手拭を, 手鞠に, 打ッ裂羽織, 抜くん, 抱きすがり唸りつつ, 持ちまわってるの, 指で, 挑む, 振り将棋みたいな, 捩れて, 捲きながら, 掻き廻わ, 支った, 改めて今度, 放り出す, 故郷の, 文学を, 斜めに, 新聞紙の, 日光を, 昇って, 暗いところ, 有る手拭, 朝湯へ, 来た, 来たので, 来たらニッケル, 来た茂太郎, 来の, 来ます, 来る風の音, 板敷を, 枕に, 根締めの, 桐の, 棒に, 横たわって, 次の, 次のを, 此の, 死人の, 毎日町に, 毛を, 水辺で, 江戸八百八町の, 泳ぐと, 洋机の, 流れました, 浄閑寺へ, 海には, 消えて, 淋しく思う, 混乱し, 渋染の, 湧きあがる地上, 滑り落ちるので, 滑走する, 潮を, 無数の, 無駄ッ話を, 煙草ばかり, 父の, 爺に, 牛乳の, 狂って, 狭い土間, 猟師の, 生れ子を, 町から, 番に, 白ペンキで, 相手へ, 眠つてゐた, 眼の, 着けて, 着物と, 移して, 積んだ上, 空しい努力, 突っ走る, 立ちのぼった, 立ちのぼって, 立昇っ, 端を, 箱の, 米良は, 納まって, 紐で, 紙は, 結いつけて, 結ぶという, 締めつけたもの, 縋って, 縛ったため, 置いたもの, 群を, 翔けるよう, 耳の, 肛門へ, 肩に, 背中に, 胴中から, 胴巻へ, 臍の, 船に, 若い二人, 草双紙を, 萌黄繻子と, 落します, 蓑虫の, 蔵って, 蕨の, 藁繩で, 蛍の, 行かれたよう, 行きます, 行くこと, 行くに, 行くの, 行く後ろ影, 行けよろしい, 行ったら楽, 行方を, 袂へ, 袖を, 裾模様が, 見たが, 見るま, 言った事, 谷を, 豚の, 貰った, 赤く染めた, 赤石岳と, 走り飛び出した, 足袋はだしに, 路上一杯に, 身体を, 近所へ, 迷眩酔倒せしめた, 退く敵, 送りました, 逃げこんで, 逃げだすだろう, 逃げるに, 逃げるほどの, 逃げ出したもの, 逃げ出す番, 逃げ帰った, 這入って, 進みぬ, 進軍の, 過ぎて, 重ねて, 野天の, 銘を, 閑々として, 隅の, 隣家の, 雪の下に, 霜の, 青つ, 鞍壺へ, 頭巾の, 額を, 風も, 飛び散り物凄い, 飛散るの, 飾ります, 香炉の, 馳け, 驚いたほどの, 驚嘆した, 驚嘆する, 髪を, 髪結の, 鬨の声を, 鳥打帽子を, 黄金の, 黒い手袋

▼ 巻いたり~ (43, 3.3%)

5 して 2 藁沓を, 解いたり

1 [34件] くねって, くり出したり, してるから, します, するの, するよう, するん, する人, ひろげたり, ほぐしたり, ほどけたり, ろくで, 声を, 室一ぱいに, 小さい蒲団, 小遣を, 広げたり, 店の, 指先で, 条を, 気焔を, 水引で, 波を, 淀んだり, 漆塗りの, 煙草を, 牛に, 白い泡, 腕へ, 針の, 鉄板の, 顕微鏡の, 首に, 鼻を

▼ 巻いても~ (10, 0.8%)

1 するすると, ついて, やったし, やはり微笑, よし好き自由, 巻いても, 巻ききれないくらい, 巻き尽きず手, 平気でございます, 音が

▼ 巻いては~ (8, 0.6%)

1 いけませんよ, いなかったの, しきりに勧める, ところどころの, 居りますが, 無く長さ一フィート半, 飛びます, 飛び巻いては

▼ 巻いてから~ (2, 0.2%)

1 サイは, 続いて

▼1*

巻いたりと崩れ立ち遂に, 巻いたりなどして, 巻いてでもいるだろうか, 巻いてと戴いたと