青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「小児~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~小 小~ ~小さい 小さい~ ~小さく 小さく~ 小さな~ 小倉~ ~小僧 小僧~
小児~
小判~ ~小声 小声~ 小姓~ 小娘~ ~小学校 小学校~ ~小屋 小屋~ 小山~

「小児~」 1427, 15ppm, 7564位

▼ 小児~ (447, 31.3%)

28 ように 22 ような 13 時から 7 時に 6 間に 5 顔を 4 やうに, 心を, 手を, 時は, 癖に 3 ために, ようにしか, 事で, 如くに, 衣服, 食物に

2 [23件] うちに, 世話を, 声が, 如く翻弄, 如く飜弄, 姿を, 形を, 心の, 時だった, 時には, 時分から, 様に, 玩具に, 疳の虫を, 積む石, 群れの, 肩を, 脳を, 腹中に, 静かな, 頭髪を, 食物, 食物は

1 [282件] あかい着物二枚, うちから, うち一度, うち歌留多を, うち覚えた, お河童頭と, ことと, ことの, ことを, ころから, ごとき泰軒, ごとき蒲生泰軒, ごとく, ごとくいかにも, ごとくなって, ごとく喜びたも, ごとく快活, ごとく空しき, ごとく純潔, たわむれでは, つかったおかわ, ときすでに, ときより, とき得たる, も出来, やうな, ようである, ような歩き, ゐる所, ウイットには, キリキリマイの, ポッテット競走大いに, 一言寸鉄腸を, 一身上に, 丈に, 上から, 上で, 上まで, 上を, 不幸, 中から, 乗っかった椅子, 乳母を, 事が, 事なれ, 事も, 事よりも, 事業に, 二の腕に, 二人ある, 二年姉が, 二本の, 人形飜弄の, 仕事の, 体に, 体躯に, 例を, 保健や, 保護等に対して, 健康の, 傑作が, 内から, 内からの, 内は, 内臓と, 出生と, 分を, 前へ, 労働にとって, 口から, 口を, 名, 周旋は, 呼ぶ声, 哺乳養育は, 喜ぶところ, 喜怒哀楽を, 噂などで, 四五歳より, 土産に, 地位の, 坐前, 墓な, 声, 声する, 声繰返し, 夏帽が, 多く死するあり, 大きさ, 天窓を, 奴が, 如きこれ, 如き心, 如き心根, 如き観, 如くタワイ, 如く取って, 如く吊り下げて, 如く堪え性, 如く常に, 如く感じ, 如く戯れ, 如く此, 如く純情, 如く純粋, 如く走せぬ伯母, 如く長目に, 姿が, 婿の, 守りや, 家内に, 寄合ふ, 対手に, 小さい手, 小包, 岩から, 年の, 弄ぶそれ, 役目, 心, 心です, 心理と, 思慮も, 恐るべき死亡率, 息が, 悪戯ぐらいに, 悪戯を, 想像力でなけれ, 想像力を, 感化とかいう, 感能の, 戯に, 戯れの, 戯言の, 手から, 手からは, 手で, 手前も, 打出す豆太鼓, 折私が, 持って, 捉えし亀, 捉た, 捌口へ, 授かりますよう, 掌面に, 握拳, 教育の, 数が, 数は, 新聞だ, 方へ, 時あの, 時うとうと, 時お寺へ, 時からの, 時のみ, 時代が, 時代の, 時余の, 時分稽古を, 時姉様に, 時学校が, 時度々, 時早く, 時見た, 時読んだ, 智識いまだ, 梅毒か, 業に, 概して正直, 様で, 様な, 歌を, 歓心を, 歯痛に, 歯痛を, 死か, 死んだの, 死亡年齢を, 死亡数と, 死亡数著るしく減ずる, 死体は, 気にも, 泣くの, 泣く声, 洋服という, 洗礼を, 溺殺を, 無事息災を, 無差別な, 熱中した, 父母に対して, 父母は, 状の, 玩ぶの, 玩弄にも, 玩弄物も, 生まるるとき, 生活それから, 産毛の, 番を, 疳病に, 病気ぐらいに, 病気とは, 発明した, 発育せん, 発育は, 百病を, 目だ, 目には, 盲目競走および, 着衣を, 神経衰弱も, 種痘なぞ, 穿つべきもの, 紅木綿の, 純一さが, 紙鳶は, 絵入, 罰が, 群食で, 翫具に対する, 聡明なる, 肩に, 胃に, 背に, 背中に, 背中を, 脚か, 臀肉を, 自治かれ, 船が, 船を, 苦しみあえぐ, 虫歯を, 蚊を, 蛇を, 裸の, 裸体像を, 襁褓やらが, 親に, 親の, 言によって, 言葉が, 言葉であり, 言葉には, 記憶に, 誓言に, 談話を, 諸声に, 譬喩を, 負傷, 足駄を, 趾に, 身体を, 遊びとして, 遊び言葉に, 遊ぶにも, 遊戯が, 遼来, 野辺送りに, 釣である, 附紐の, 頃から, 頭ぐらいの, 頭に, 頭は, 頭ほどの, 頭瘡白禿に, 頻々たる, 顔が, 食われる実例, 食品として, 食物には, 飯事同様の, 養育との, 養育に, 鬘と, 魂を, 鳥打帽であった, 黒髪を

▼ 小児~ (160, 11.2%)

2 お百度石, 呼びに, 娘の, 母の, 集って

1 [150件] あどけなく発音, あの手遊, ありすると, ありましょう, ある, いやいやを, うずくまって, お住, ぎゃっと悲鳴を, これを, その嫌いじゃった, その甕, その若芽, だだを, ちと毛, つけた名, とうとうと, どういう風, ないので, なくしたお, のって, ひとりあったらねい, ひどく叱られ, また四五人一団, むつかしくぐずり掛かる, ものを, よち, チョークで, ベロベロの, 一杯ふらふら, 一躍家庭, 万歳を, 三人ちょろちょろ, 三人や, 両手を, 中毒で, 乳母部屋に, 事など, 二人とも, 二人背中合せに, 云う時, 人を, 人形生物体もしくは, 他の, 他人の, 何とかする, 何を, 俄に, 僅かの, 全く無邪気, 六歳までの, 再び走り出した, 出来てからといふ, 動くよう, 収監され, 取りに, 可愛くない, 叱ると, 右胸を, 名画に対して, 呼ぶ, 土筆を, 夜分は, 夢中に, 大いにおどかされ, 大いに家計, 大人を, 大都督護軍将軍, 奥で, 家から, 尿を, 帰った喜び, 志願し, 忽ち下痢, 怖い, 急に, 感応院に, 懐中の, 戯れに, 手あたり次第に, 手に, 採って, 掻き抱いて, 書いたよう, 欲しい欲しいと, 死ぬ書記, 死んだの, 水遊びし, 水銭を, 泣いたので, 泣かうが, 泣く, 溺死した, 烏の, 父に, 父を, 爺婆に, 牛の, 物の, 狼に, 珍らしい, 現われて, 球を, 生まれると, 生れたから, 生れたが, 生れたの, 生れた事, 生れて, 生れると, 町中を, 疾く見分, 病いに, 病むと, 病気じゃあ, 病気に, 皆おもちゃを, 皆それを, 睨んだと, 社殿に, 積み上げその, 笑う, 紅い旗, 絶えた, 羊を, 腹痛すれ, 自分たちで, 薯蕷を, 袖を, 見えて, 親に, 訊くと, 謂れなく, 負われながら, 贈物を, 足搦の, 転んで, 通りかかって, 遊び居る, 遊んで, 長い尾, 随い, 非常の, 風を, 飛着く, 飼犬を, 餅菓子を, 駆出したろうと, 鮫に, 鯨波を

▼ 小児~ (134, 9.4%)

2 家まで, 托して, 抱いて, 抱えて, 攫って, 育てるの, 連れて

1 [120件] いだく手, ことごとく送り来さしめ, これらの, さえ睨むよう, して, だしに, つかまえて, はじめ指しを, わたしに, 一人少し, 一人胡坐の, 丈夫に, 二人抱い, 伴い詣るに, 作家の, 例に, 側に, 先に, 助けたこと, 勧めて, 取って, 可愛がって, 可愛がる国民, 台所へ, 叱るわ, 呼ぶ金魚商, 呼んだ, 坊やとも, 大切に, 大層撫育, 奪うこと, 奪られた, 奪返した, 威しながら, 対手で, 巴里の, 庇ったよう, 引背負っ, 弟に, 怨むと, 怯えさせて, 戒める親, 手離す, 打ち続けて, 抱いた, 抱いたり, 抱きて, 抱く様, 抱て, 担いだまま仁王立, 持たぬ, 捜し出して, 捨ちまった, 排除する, 提げて, 携えて, 携へて, 攫ったと, 故意に, 教訓し, 有つと, 棄てたの, 棄てた処, 棄ててまでも, 歩行かせる, 死にもの狂い, 殺いては, 殺したって, 殺した豚, 母と, 渡して, 物色しました, 犯姦致死し, 独りで, 理解する, 生みました, 生んだ, 産ませるべらぼう, 畳の, 百五十人まで, 盗む, 盗んで, 監督者なし, 看病し, 着飾らせて, 睡らせる唄, 突き除けるよう, 肌おんぶを, 育てるに, 育てる上, 背から, 背負って, 背負ひ, 腕の, 見て, 見るごとき心持, 見ると, 見るという, 見れば, 見舞いし, 視るごとき立場, 託し其場, 警戒する, 負ったり, 負った古, 賃銀奴隷の, 迎え入れたので, 連れた乳母, 連れ来り其家, 適任と, 邸へ, 郷里の, 野放, 附け遣わさず主人自ら牛, 集めるのみ, 離れて, 預って, 食わず児痴, 養育する, 馘り

▼ 小児~ (106, 7.4%)

3 これを

1 [103件] あり手, あんな乞食, いつでも, お前の, きょろきょろ見, きよろ, ぐっと気管, すべて大人より, その乳房, その小さな拳, その心, その盛ん, それが, それなり薄, そんな古い, ただ子宮, ただ竿, なお含んだ, なお土筆, ふるえて, また決して, まだその, まだ口, みな大抵, もちろん人, もとより年頃, わなわなと, タンポポの, 一同声を, 一方知識, 一時に, 一目顔を, 三通りも, 中毒した, 争って, 二人ある, 五人あつ, 五穀の, 今なお, 何うし, 健全に, 全体に, 切て, 十日も, 単純だ, 同じよう, 名の, 堪えかねて, 天保度以来少し, 天保時代の, 天賦的に, 好奇心が, 始終びくびくし, 子爵夫人の, 学校へ, 家へ, 小児の, 峠を, 幸福ですだ, 幸福に, 影法師も, 彼方へ, 必ずしもそうは, 恐れて, 成長し, 或る, 手が, 手を, 抱き合ったまま, 文法が, 春が, 是非とも, 晩方だ, 未だ汚されず, 本来の, 本気に, 棄てる, 正気を, 此の, 毛細気管支炎という, 泣き出す負けた方, 無い, 無心なり, 無心に, 牛乳を以て, 犬を, 秀太郎六歳, 粉米の, 糸も, 罪が, 脾疳という, 自分の, 蒲公英の, 行儀よく, 裾に, 言う, 言語を, 鈴見の, 随分乱暴, 雑煮の, 雪下駄竹草履それは, 頭を, 騒ぐなよ

▼ 小児~ (80, 5.6%)

5 乳を 2 与えません, 近いもの

1 [71件] ありて, いいと, いかなる玩具, いまだ智識, して, してはと, する魔術, その困難, なって, なりすます訳, なるの, 与えては, 与えるの, 世話が, 乳香を, 云うの, 云って, 伝染する, 似ず物事, 何か, 化けて, 向っては, 含ませても, 嘲弄され, 変りました, 多いが, 夜歩きを, 奨励される, 学問なんぞ, 害を, 寒暑の, 対って, 就いて, 就て, 強いられて, 復る, 感染する, 打たせたそう, 振向けた真白, 教える歴史, 斉しい, 曳かれて, 最も適当, 本を, 杖を, 極く悪い, 毒だ, 添乳の, 牛乳を, 物を, 瓦礫を, 生れてよ, 異ならなん, 縛り打たれた話, 聞いても, 苛められたお, 見えんや, 見せて, 触るる, 触るれば, 言う, 言わせるよう, 譬へる, 踏まれし, 近い不安, 近かった, 返事が, 限るの, 陸口を, 飲ましむる, 飴菓子を

▼ 小児~ (37, 2.6%)

4 一所に 2 似て, 小児の, 選ぶところ

1 [27件] あり夫, いい自分, いえども, それに, なったこの, なる, 一括し, 一般である, 云うの, 云わず武士, 免れ得たこれ, 其に, 均しく知らずし, 大差の, 思い相, 思ったの, 思わずに, 残さる, 玩具の, 申しても, 老人の, 老人は, 見くびりし武男, 親しみの, 遊び戯れ, 遊んだり, 魔除を

▼ 小児~ (37, 2.6%)

2 しばらく逡巡, の糸, の間, は唄, は絶えず, を

1 [25件] がゐた, が弄ぶ, が砂糖, と一緒, に与へられ, に手習算術, に智恵子, のため, の不完全, の唱う, の声, の多く, の泣声, はきょとん, はそれとなく, は一, は同じ, は気, は近所, は魅せられた, も不便, よわれら, わが知りたる, を招きまし, 唄いながら

▼ 小児~ (28, 2.0%)

2 同然だ, 病気に

1 [24件] いたの, そろった両親, びしょびしょと, また同じ, また満足, やきもきし, 亡くなりましたそれ, 今の, 喜び老人, 大きくなっ, 寝たので, 小さな両手, 小児だ, 居ない, 年が, 憚る, 打寄り, 有つた, 行けば, 見るからに, 賢者も, 通る, 野放しに, 飛んで

▼ 小児たち~ (25, 1.8%)

1 [25件] がまた, が一心不乱, が優しい, が年, が日, が無事, が群がっ, にまだ, に囃され, に笑われませぬ, に見せびらかした, のあり, のそんな, の新た, の背後, の逃, は嬉し, は常得意, は笑いませぬ, は続け, までも恐るべき, もいたずら, も手毬, をあつめ, 笑わぬか

▼ 小児~ (16, 1.1%)

2 だ, というもの

1 [12件] が発生, といっ, とも瘋癲, と強調, なの, による運動, に陥っ, の資格, は大衆, を幸い, を批判, を清算

▼ 小児~ (13, 0.9%)

1 [13件] にただ, には知れない, にもあまり, にもその, にも何だか, にも方角, にも朝, にも歯痒い, にも知っ, にも覚え, にも遠慮, に取って返した, に父

▼ 小児~ (13, 0.9%)

1 [13件] が大勢, が通せん坊, ですよ, のお客様, の世話, の頑是, はと尋ねる, は恐い, は木の実, も二人, も合点, も性急, を欲し

▼ 小児~ (12, 0.8%)

1 [12件] から一身, から訳, から辞儀, か侏儒, くさん, し, しと云う, と云う, なあ阿媽, ねえ, ねへい, 馬鹿を

▼ 小児でも~ (10, 0.7%)

1 あるよう, あれば, いればだに, さては僧侶, そこらに, もうお, 上下は, 女房は, 知らなければ, 言える

▼ 小児~ (10, 0.7%)

1 一般の, 未開人また, 爺婆なら, 犬が, 病人不具者など, 老人には, 老人の, 苦しめる者, 茱萸ぐらいの, 蛮民同様猴は

▼ 小児病的~ (9, 0.6%)

2 な誤り 1 で恥づかしい, なもの, なドイツ憎悪, な現実観, な癇癖, に資本家, 鋭舌

▼ 小児~ (8, 0.6%)

1 ござります, すらこの, すらもその, でも, はきもの, 可い, 土堤で, 邪気の

▼ 小児~ (8, 0.6%)

2 の声 1 が河, が集つて, に戯れ, はおどろき怪しん, は勢, 掘り捉え炙り食う四葉

▼ 小児~ (8, 0.6%)

2 の洋服 1 として製, のイチジク灌腸, の品物, の木製, の桃色, の食品

▼ 小児には~ (7, 0.5%)

1 あり勝ち, それが, 何十回と, 判る, 常に多い, 手が, 甚だしい影響

▼ 小児らしい~ (6, 0.4%)

2 ところの, 意味の 1 と言っ, まで胸

▼ 小児~ (5, 0.4%)

1 がいくらか, じみて, と呼ばれた, も生れつき, を心得

▼ 小児~ (5, 0.4%)

2 を三十人 1 の水遊び場, は母親, も乳母

▼ 小児でなく~ (4, 0.3%)

1 てはできません, イタコまたは, 侏儒で, 立派な

▼ 小児にも~ (4, 0.3%)

1 わかるよう, 劣って, 土地を, 素人にも

▼ 小児ばかり~ (4, 0.3%)

2 では 1 でない, 歩行い

▼ 小児より~ (4, 0.3%)

1 なづけ世に, 出ずるところ, 前に, 四倍も

▼ 小児らしき~ (4, 0.3%)

1 は罪, よ, 感情問題を, 所その

▼ 小児遺棄~ (4, 0.3%)

1 とそれ, の習慣, を禁止, を許した

▼ 小児麻痺~ (4, 0.3%)

2 をし 1 でも患ってた, をやっ

▼ 小児あり~ (3, 0.2%)

1 渓傍の, 草沢中に, 言語せぬ

▼ 小児である~ (3, 0.2%)

1 ということ, と思う, ものが

▼ 小児では~ (3, 0.2%)

1 ない, なかった, 無しただ

▼ 小児という~ (3, 0.2%)

2 ものは 1 小児が

▼ 小児などは~ (3, 0.2%)

1 いつの間にか影, 啼いて, 月中の

▼ 小児までが~ (3, 0.2%)

1 これに, その名, 夢に

▼ 小児みたい~ (3, 0.2%)

1 だ, に他愛, に密

▼ 小児イエス~ (3, 0.2%)

1 などが出, の方, の頭

▼ 小児蘆管~ (3, 0.2%)

3 を採る

▼ 小児~ (3, 0.2%)

1 がある, がもと, であった

▼ 小児かと~ (2, 0.1%)

1 思うと, 見れば

▼ 小児その~ (2, 0.1%)

1 中に, 父母もしくは

▼ 小児とも~ (2, 0.1%)

1 本日帰村いたし, 野猿とも

▼ 小児ども~ (2, 0.1%)

1 が誰, の癖

▼ 小児~ (2, 0.1%)

1 ものかね, んです

▼ 小児なら~ (2, 0.1%)

1 ば僅か, 楊徳祖

▼ 小児に対して~ (2, 0.1%)

1 無慈悲で, 説教する

▼ 小児に対する~ (2, 0.1%)

1 同情は, 深い義務

▼ 小児ほど~ (2, 0.1%)

1 な了簡, 不幸な

▼ 小児までを~ (2, 0.1%)

2 合すれ

▼ 小児よりも~ (2, 0.1%)

1 おびえて, 無邪気で

▼ 小児一人~ (2, 0.1%)

1 の飯米三斛五斗四升, 授けちゃ

▼ 小児同然~ (2, 0.1%)

1 それで時々, だったと

▼ 小児~ (2, 0.1%)

1 なきする, なきの

▼ 小児小児~ (2, 0.1%)

1 した柔和, して

▼ 小児時代~ (2, 0.1%)

1 に多い, を野放し

▼ 小児~ (2, 0.1%)

2 しでは

▼ 小児死亡~ (2, 0.1%)

1 は減少, を報告

▼ 小児爽やか~ (2, 0.1%)

2 に走りゆく

▼ 小児痲痺~ (2, 0.1%)

1 で片方, をやっ

▼ 小児相手~ (2, 0.1%)

1 の話, の駄菓子店

▼ 小児等彼~ (2, 0.1%)

2 の様子

▼ 小児紫髯~ (2, 0.1%)

1 の鼠賊, の鼠輩

▼ 小児~ (2, 0.1%)

2 と開い

▼ 小児遊戯~ (2, 0.1%)

1 にもなお, の年齢

▼1* [135件]

小児あるいは自由を, 小児い産んでぎゃあぎゃあ, 小児からあべこべに, 小児がと見くびって, 小児ごころに内, 小児て柔和, 小児した柔和な, 小児じゃないから, 小児ぜんそくと云う, 小児それらを囲, 小児たちまち歯痛を, 小児たち幼稚いの, 小児たりし時, 小児だけを宿に, 小児だちが悪戯, 小児だって本場の, 小児っぽい示威が, 小児づれの客, 小児でさえ考えなかった者, 小児とが集まって, 小児としては登少年たった, 小児とともにその心ヤソ教海, 小児との間に, 小児とはよほど食物, 小児どころかお互に, 小児ども花折りに, 小児なかりせば日々, 小児ながらその顔, 小児なぞは眼中に, 小児などが夢にも知ろう, 小児などでは他の, 小児ならぬに師, 小児なればとて何とて, 小児についても精密な, 小児にとつては, 小児にばかり気を, 小児にまで苦労を, 小児にまでも頭脳が, 小児に対しては暗夜の, 小児に対しても梓は, 小児のみか大人まで, 小児はと見ると, 小児ばかりか貴殿も, 小児ばかりがこれに, 小児ばかりの戯れであったならあるいは, 小児ばっかり使わないで, 小児贈物の, 小児ほどなちがいが, 小児ほどの者が, 小児まじりに餅, 小児まであとへ, 小児までも知って, 小児の不調法, 小児めいた物たるべく, 小児めきて児女, 小児よりは厄介に, 小児らしさは, 小児らしくなっておいで, 小児ら居分れて, 小児をば同郡長泉村, 小児マヒからのビッコ, 小児モシクハ無智, 小児一つは社会, 小児一人犠牲にし, 小児両脚を張り, 小児五十二人を七条河原, 小児保護会の手許, 小児動物的生存状態に続い, 小児されて, 小児はただただ, 小児十字軍は善い, 小児半額等と掲示, 小児博覧会へ行った, 小児同士顔さえ見れ, 小児同志の客, 小児同様の人間, 小児同様自分で以, 小児向きの軽い, 小児喘息でつや子, 小児の足, 小児に頼る, 小児多くはこの, 小児安全の祈祷, 小児寄宿舎にやられ, 小児渠含至獅子口中謂容易, 小児なぞで, 小児後来只当, 小児病気如何, 小児思いの長者, 小児性体質が感じられる, 小児性夫人だの, 小児扱いをする, 小児教会あり, 小児を盛り込む, 小児時代勉強時代と心得なけれ, 小児小さな頭巾, 小児死亡数は母乳, 小児演技の忠臣義士, 小児烽火台の備え, 小児たる摸倣時代, 小児特有のもの, 小児だの姪, 小児用適当の食品, 小児病そのものに対する反対, 小児病小児病と強調, 小児病気は日, 小児病的情熱の無産派文学, 小児病者の横行, 小児な右翼小児病, 小児的射の遊戯, 小児的感傷の形容詞, 小児しの, 小児に対して老人科, 小児程度の体重, 小児童子の言の葉, 小児を吹く, 小児等唄ひながら, 小児が持てる, 小児自ら信仰のなんたる, 小児菅三狂出候而どこへもゆかれぬ, 小児虐待防止会は常に, 小児を見れ, 小児衆小児衆私が許, 小児衆私が許, 小児衣上に遣, 小児を押し, 小児は当分, 小児遊園地の設計, 小児門外に棄てあり, 小児霍乱は全く, 小児くらいまで青白い, 小児養育は婦人, 小児養育料と称え, 小児欺の, 小児麻痺的錯倒から終戦