青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「巻~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

巨大~ ~差 差~ ~差し 差し~ 差別~ ~己 己~ 巴~ 巴里~
巻~
~巻い 巻い~ ~市 市~ 市中~ 市場~ 市民~ 市街~ ~布 布~

「巻~」 3600, 39ppm, 2987位

▼ 巻~ (678, 18.8%)

24 書を 15 中に 9 書物を 8 木刀を 4 一, 中の, 原稿を, 名を, 末尾に, 煙草を, 終りに

3 [20件] うちに, はじめに, ような, 一に, 三に, 二百十六ページ, 付録, 全集が, 初めの, 図に, 女手の, 巻物が, 巻物を, 書, 書が, 書に, 書物が, 書物に, 終りの, 縁起文が

2 [48件] うちにも, うちの, ほかに, やうに, ように, セリーズの, フィルムを, 一の, 中から, 中には, 全集中, 冊子を, 初めに, 十に, 十三に, 十二を, 古目録, 四に, 大著を, 小説を, 山刀を, 巻物であった, 巻物の, 巻頭に, 後記に, 方へは, 書き出しに, 書も, 書物, 最後の, 木刀で, 本に, 物語を, 町に, 研究を, 福音書に, 第八号, 紙を, 経を, 経文を, 絵巻物を, 著作を, 著書を, 記録が, 詩文集と, 近くの, 選集, 錆刀を

1 [438件] あとがきにも, あの不埒, あの荒廃時代, あらゆる作品, あるが, いちばん初めの, いとの, うえに, うちから, うちたとえば, うちには, おのころ島の, お冬徳松, お経, かなりつき進んだ, けっこうや, たくは, たぐいで, ところ, どこかに, どの辺, なかには, なかほどに, はじまりは, ひかりも, まげの, まま寝かされ, むこうに, ものだ, ウェイヴァリ・ノヴルズと, エアポケツトが, シガレツトを, ドノ頁の, ニュース映画に, ハバナに, ハートメンに, フィルムだった, フィルムは, ブックを, プロ・アルテと, ユーモアは, ロオマンスと, 一には, 一は, 一人が, 一人で, 一人であった, 一人の, 一人勝田諸, 一人河竹新七であった, 一切の, 一切経で, 一北斎の, 一号である, 一本差しみな敏捷な, 一番しまいに, 一章を, 一綴りに, 一腰を, 一部と, 七に, 七十二に, 七色の, 三には, 三作品の, 三号に, 上の, 上へ, 上木に, 上木を, 上木頒布に, 上木頒布は, 下の, 下北秋田郡の, 不木全集, 中である, 中にさえも, 中にも, 中七巻は, 中此両部頻りに, 中目録一二十四十五十六十七十八十九計, 丸髷から, 丸髷が, 丸髷を, 九郎右衛門, 九郎右衛門と, 九郎右衛門という, 九郎右衛門は, 事を, 二に, 二の, 二を, 二一三に, 二二四に, 二人ぐらい, 二十六斉明天皇五年の, 二十六飛騨国猿神生贄を, 二微塵流の, 二朱判吉兵衛が, 二部の, 二部は, 五に, 五右京皇別佐伯直の, 井伏さんの, 人々に, 人々は, 付録に, 付録パン料理の, 付録米料理百種の, 代食, 仮面の, 伯楽伝書が, 何かの, 作品を, 価値によって, 俳書を, 傘を, 光りを, 全本中最善本, 全紙二つ折の, 全部だけは, 全集と, 全集として, 八に, 八は, 八二, 八十二の, 六に, 六には, 兵書何さまただの, 其中に, 内, 内ニハ, 内三四巻で, 内容が, 再校, 冒頭に, 写経を, 出づるを, 出はじめたころ, 出るの, 出版せられ, 出版は, 出版を, 刀を, 切れか, 刊行が, 刊行に, 初めにおいて, 初めにおける, 初号が, 初校, 前に, 前後の, 創作物語に, 包みを, 区別だけを, 十一を, 十上に, 十二に, 十五に, 厖大な, 原稿出来ました, 口が, 口に, 古い樺皮, 古い軸, 古書を, 可愛いの, 史書泣動し, 名と, 呆れ果てたという, 善本は, 嘉靖本で, 四, 図書咸陽一炬の, 多くの, 大きな刃, 大作だ, 大刀に, 大半が, 大悲呪を, 大波小波の, 大部の, 大部分, 奈良晒布を, 奥旨一巻の, 奥義書が, 女で, 女煙草, 妙趣は, 姿である, 姿を, 存在理由と, 存在理由とも, 学校本を, 小刀一本, 小説として, 尖つた屋根, 山刀ザラザラ, 巻末に, 巻物は, 巻物恭しく, 巻頭の, 布は, 帰省詩嚢一篇の, 広場には, 序に, 廬を, 弓から, 弓が, 弓へ, 強弓と, 強弓に, 形式は, 後記にも, 怒りに, 息のねの, 意味を, 感光膜でし, 感光膜を, 感銘, 或いは引きちぎれ, 或ひ, 房, 手より, 手下が, 披見雪之, 挿絵を, 握飯を, 数なり, 数も, 文を, 文書を, 文章は, 方は, 映画である, 映画によって, 映画は, 時計の, 書という, 書なる, 書にも, 書の, 書をも, 書冊が, 書冊は, 書巨大な, 書灰, 書物だ, 書物とともに, 書物とも, 書簡集は, 書籍として, 書籍と共に, 書籍に, 書籍の, 最初から, 最後に, 最終の, 月見を, 有難い読経, 末章あたりだ, 本が, 本とは, 本とを, 本文に, 本文を, 朱鞘を, 杉本氏の, 束髪には, 東歌の, 枠の, 柄の, 柄を, 校正が, 校正を, 校訂を, 極意書を, 模写に, 歌, 歌さえ, 歌と, 歌は, 歌も, 正月の, 民家の, 法書を, 洋傘ステッキの, 流れの, 海神の, 港で, 港むかしの, 濡色が, 点を, 煙草などを, 煙草の, 煙草をも, 熨斗付也, 物語から, 物語からは, 物語に, 物語には, 物語によって, 物語やっぱり, 状紙を, 猶太教基本教典, 玉子焼, 町人体な, 画軸を, 発端に, 白鞘を, 皮が, 皿を, 目の玉へ, 目はいように, 目録悉載せ, 盲人の, 真髄骨目である, 眸に, 着物を, 短い刀, 研究は, 福音書を, 種々の, 穉物語を, 立て方以来, 第一分冊, 第一篇, 第二九頁, 第八, 第六章, 筆を, 籐に, 粗布を, 紀行が, 紙から, 紙きれ, 終り, 終りと, 終りなどを, 終りを, 終わりに, 終わり信巻, 経典である, 経典を, 経文の, 経文や, 結末には, 絵や, 絵図を, 絵巻に, 絵巻を, 絵巻物で, 絵巻物であった, 絵巻物に, 絵手本を, 絵本の, 絵目録など, 絹を, 編纂意図が, 編集意図は, 練熟した, 繃帯を, 美しい立派, 美装史書だ, 聞誤りで, 腹心の, 色彩を, 芸妓徒の, 英語版が, 草稿を, 荒筋だった, 葉巻なら, 著書と, 著者として, 著述が, 著述を, 蔵書が, 蔵書は, 蔵書を, 蘆の, 蝋燭が, 表紙や, 袖から, 要項と, 見本を, 見返しの, 見返しは, 記を, 記事を, 記述を, 詞書という, 詩として, 詩書経書を, 詩集は, 詩集を, 話を, 詳しい紀行, 読書に, 読者には, 読誦を, 論文を, 論語という, 諸作品, 講ぜられる日, 講義の, 講釈が, 象徴の, 貴いこと, 軸が, 軸と, 軸を, 連名状を, 連歌集は, 選集は, 部分を, 配布も, 野太刀を, 金口を, 鈴木行三, 長い紙, 長さ, 長文に, 長篇小説として, 阿弥陀経六時の, 雑誌三四種とりまぜ送り, 雑誌数葉の, 雨夜の, 面々を, 頁の, 順序は, 頬冠に, 頭では, 頭を, 顔を, 首から, 髪

▼ 巻~ (397, 11.0%)

7 して 6 購ふ 5 出して 4 手に, 読んで 3 よんで, 作って, 見て, 見ると

2 [24件] おおい覚えず快哉, およみ, つくって, とって, なして, ひろげて, 成して, 持って, 探し出して, 掩うて, 携へて, 書くこと, 読みました, 読めば, 読んだ, 読んだ人, 買って, 追うて, 追ひ, 遺して, 重ねて, 閉じた, 開いて, 首に

1 [311件] あけて, おいて, おくこと, おさめたなら尊氏, おへ, お借りし, お贈りし, かかえて, かさねて, かなしけむ, きわめて概括的, くりひろげるよう, こしら, こしらえた, したり, しばりあげた, しらべて, しらみつぶし, すこし片寄せ, その笈, たずさえて, ついでに, とざしながら, とった, とりだして, とり直そうと, なるべく同じ, のぞき込む, ひもといて, ひらいた, ひらいて, ひらくが, ひッ, まゐ, みたすこと, もっと都合, もつて, もつ中野重治, よみあげる, よむと, よろこんで, ニューヨークの, フェロン師でなく, ポケットに, 一本くれない, 一本添え, 一読し, 一読すれ, 三度三度食べさせられた, 下へ, 与えられたの, 世に公, 世に留めし, 世人に, 了へたり, 二十法で, 二柱の, 五葉の, 付けて, 伏せて, 作ったが, 作つた, 作つて庁前に, 作り二十六日黄昏, 作る, 信じさせ沖, 借りて, 借りるため, 儲へて, 入れた重箱, 公に, 其隅から, 内懐に, 写しおえ巻末, 写すに, 出させよう, 出した, 出しました, 出す, 出版した, 刊行した, 刻し, 刻す, 割いて, 割かなければ, 半ば開い, 卓上に, 占めて, 印刷し, 印刻する, 即ち第, 取って, 取りて, 取りドア, 取り扱って, 取ると, 取上げた, 受くる, 受けるもの, 受け取って, 叩いて, 右手に, 合著せり, 吸いながら, 呉れた, 周囲に, 唱え囃し踊る神前, 地に, 塵溜の, 声ひくく, 奏上す, 奪った後前, 女は, 女中に, 完全に, 完成し, 官軍に, 将軍家に, 展ぶる, 左に, 左の, 左右に, 巻き終わるのに, 引きそばめて, 引き居るが, 形づくること, 待って, 御ところ, 御取寄せ, 思はせる図, 恭しく捧げ, 懐中に, 成しもはや, 手渡した, 投げて, 投じて, 折々繙い, 抛つて他, 抛つて読むこと, 択ぶ, 披く, 抱いて, 抵当に, 持ちだして, 持ち右, 持ち或いは, 持ち手負い, 指した, 振りかぶりあわや, 捲かれたり, 授けた話, 授けられたの, 掩ふ, 措かずに, 措くに, 措くを, 措く間, 掻い込んで, 描いたでは, 描いて, 握ろうとも, 揮って, 携へ, 撰し, 撰ばしめた, 撰び永観二年十一月二十八日, 撰述した, 擱く, 攤か, 放たずに, 放たれざら, 映写する, 曝す, 更え, 書いた時, 書き上げるには, 書き終えて, 書くの, 書く場合, 書写し, 書写せる, 朝昼夜に, 杖に, 検めて, 極めて手足, 構え玄武三郎, 模写し, 機に, 此の, 残して, 求むれば, 沽ろうと, 深く垂れた, 清作さんへ, 清書した, 灯の, 焼いて, 献上せられた, 献上なされ, 用意した, 略して, 発行する, 盗って, 盗んだの, 盗んで, 眼まで, 示すより, 穴ぐり調べた, 竊と, 立派な, 立派に, 立読に, 算する図書館, 箱入の, 終った, 終って, 終へ, 終る予定, 経机の, 編し, 編す, 編みあわせて, 編み次に, 編むため, 編纂し, 編纂せ, 編纂せしめき, 編輯した, 編輯刊行する, 繙かれるならば, 置いて, 翻訳いたしたい, 翻訳させ, 肩に, 脱稿した, 自分の, 致さむことも, 著したの, 著した時, 著しまた, 著す, 著せる, 著は, 著わ, 著わして, 蔵するに, 蔽うと, 蔽ふ能わ, 要すで, 要すであろう, 見よ, 見れば, 見本として, 観た, 解いて, 託されました, 記して, 誦し終った時, 読まなかつたと, 読まれた人々, 読みそこ, 読みそれ, 読みて, 読み了, 読み念仏三万五千遍, 読み批評家鴎外先生, 読み進めて, 読むと, 読むの, 読むは, 読む時, 読誦する, 調べて, 談故, 譲られたからは, 負わせ先, 貫きそして, 買いに, 買いました, 買つ, 購いそれからまた, 贈ったという, 贈らる, 贈来らる, 辛うじて朗読, 追って, 送りくれと, 造らしめられたという, 連れて, 道ながら, 遺した, 郵寄せらる, 都の, 釈く事, 釈てず, 重ねるにつれて, 閉ざし二百年, 閉じさせて, 閉じたとき, 閉じて, 閉じました, 閉じる傲岸不遜, 閉ぢさせ, 開きて, 開く, 開けたま, 開けば, 附けて, 離し得ず夜ふかし, 預け置いて, 頭から

▼ 巻~ (294, 8.2%)

24 して 4 収められて 3 おさめられて, なって, 出て, 載って

2 [12件] ある, されて, むすびついて, 出で, 収む, 巻いた五分苅, 巻いて, 来て, 格子縞の, 発表された, 縛って, 記して

1 [230件] あつた, あるの, いえること, いたすまでじゃ, いる義兄, いれて, いわく, いわく寛文二年印本, いわく岐蘇の, いわずや, いわゆる山幸海幸, うつろうと, おち髪, およばれ, かかる大, かきつばた衣に, くわしく出, くわしく物語られ, ございます, されその, された, されたの, されたまま, され再び, され甲板, した, したいと, したの, したまま, したる, した死骸, した私, した見物, した髪, した黄色い, し上, し左, し白粉, し縄, し茶筌, する, すると, する事, そういう分子, そういう話, その伝, その図, ちがいなかった, つけた沢山, なったので, なつて, なりました由, なる予定, なろうとは, のぼりその, はじめて発表, ふさわしいよう, ふん縛つてまるで, よりて, わけて, エー・ネヴィル・ホワイマント氏の, スタンレイ・アーサー・クック氏が, ソヴェト見学時代の, 中野重治が, 亘る日記, 仕立てたもの, 仕立て白木, 代えて, 伊勢の, 休んで, 伝あり, 何が, 何ぞ秘密, 余って, 依って, 依つて, 便宜の, 偲ばせて, 先鞭を, 入りて, 出したは, 出た, 出たの, 出た予, 出づ, 分けたり, 分ちその, 列記せられた, 加えるの, 勇名を, 包んで, 千人所引磐石と, 千住の, 半面を, 厠うる, 及び秋田県, 及んだもの, 収めたもの, 収めた二つ, 収めた極, 収められたいくつ, 収められた詩, 収められる筈, 収めること, 収め得たぞ, 収録する, 古畑博士が, 古綿畳, 右の, 后さ, 向って, 向ひ, 含まれて, 呉の, 在る, 大仏殿を, 大小を, 奔った, 姫がは, 就いて, 就くが, 巻きしめて, 巻き縛られては, 広西の, 当つべき, 当てんが, 惚れこんだればこそ, 拙者五年の, 括りつけられて, 捲きつけられて, 擬して, 攻め入, 於ける事件, 於ける家持, 明の, 書き現, 最も多く, 来ると, 次の, 欧州で, 歴史的事実が, 添えて, 渚へ, 火を, 焚木の, 特殊な, 珊瑚の, 現れるどの, 現れる種々, 現われた人, 現われた通り, 現われて, 現われるこれら, 現われる嵐, 用いた有名, 男は, 男一匹が, 留まって, 百姓の, 相当する, 着す, 移るに当たって, 移ろう, 竟って, 算すべからざる人, 籠め厳粛に, 終る者, 結って, 結つて幅広の, 縛ったまま, 縛られたまま, 縛り上げられた, 縛り上げられて, 縛るから, 縮まつて, 縮めたもの, 繃帯が, 繃帯した, 罨法を, 美母呂能伊都加斯賀母登加斯賀母登由由斯伎加母加志波良袁登売云々と, 羽衣肩掛の, 至っては, 至ると, 表装し, 見えたし, 見えた山城, 見えて, 見えるが, 見えるよう, 見える光源氏, 見て, 解分る, 記された有名, 記されて, 記録された, 詳しいから, 詳なり, 譲ること, 豐玉姫から, 貼ったもの, 貼られて, 贋貨問題の, 越前守孝忠の, 転載, 載せた, 載せて, 載せられた, 載せ蜈蚣鯨, 近い書物, 連れ込んだの, 進み綜合的, 進んだ年, 遊びに, 達する書籍, 遠州池田, 配したの, 重見し, 鍵が, 長き夜, 附記せる, 陳氏義興山中に, 集って, 集めて, 集められたソヴェト報告, 集められて, 顔色を, 飛ばせば, 駮駒を, 髪を, 黄帝明堂鍼灸経が

▼ 巻~ (138, 3.8%)

65 四号に 4 十号に 3 一号を, 一集が, 六号に 2 一号に, 一号の, 一号より, 一集を, 三号, 二十, 二十九章, 二号の

1 [98件] 一, 一号, 一号が, 一号には, 一号までを, 一号所載, 一回本が, 一図, 一図と, 一図に, 一章, 一章および, 一章の, 一頁に, 七, 七八号に, 七号であった, 七号に, 七図, 三, 三十章, 三号に, 三号の, 三号を, 三号所載斎藤美澄翁の, 三図, 三巻, 三篇第, 九, 九号による, 九号の, 九巻に, 九巻第, 九章, 二十三部民部下交易雑物伊勢国海松五十斤参河国海松一百斤紀伊国海松四十斤同, 二十三頁に, 二十九号で, 二十四章, 二号で, 二号を, 二号出づ, 二巻の, 二版跋参考, 五, 五であろう, 五に, 五十九頁, 五号, 五号に, 五号の, 五図, 八, 八図, 八巻の, 八巻第, 六, 六十六図, 六号, 六号で, 六号での, 六号の, 六図, 六章である, 十, 十一, 十一号に, 十一号において, 十七, 十七章, 十三, 十三号, 十三号で, 十九, 十二, 十二号, 十二号の, 十二号まで, 十五, 十五の, 十八, 十八章, 十六, 十六巻の, 十号の, 十号より, 十号東京俳句界の, 十号紙上に, 十四, 十巻の, 四, 四号, 四号の, 四号所載, 四号誌上に, 四図, 百七頁に, 百二十一段の, 百十二号に

▼ 巻~ (129, 3.6%)

2 二三十人の

1 [127件] あらあらと, ありますが, いまこそ, いま手下から, いろいろの, おもわず拳, お譲り, お譲り致した, かしこくも, かなりお, この人, この十三篇, この態, これまで, じぶん, すでに出版, すなわち前, そのまま煙, その悪魔的, その旅中, その製作順, それと, それを, それ故, たちまち一天, ちがうが, ではお送り, どうぞどうぞという, にわかに立った, ひるまない, ほとんど数え尽されぬ, また続け, まだでしょう, まだよん, まだ出ません, わたしも, トルストイの, ドミニック派の, ロマの, 一つの, 一七七五年の, 一七九二年秋から, 一七八〇年の, 一九四一年版で, 一八二〇年代に, 一向にめげず, 一巻へと, 上の, 上機嫌である, 世に, 主として夕顔, 久米島伝来の, 二三ど, 人の, 今までの, 他日入, 俗を, 全篇, 八年後の, 冬映, 出版され, 前の, 前期の, 北斎を, 唐音一巻は, 困る, 堺町奉行の, 多く写本で, 大勢居まし, 天明五年ごろの, 女院の, 季節が, 安房の, 実にかかる, 尾州の, 山に, 巻かれた, 年代がずつと, 当節ラヂオ文学の, 彼の, 御所望, 愛宕権現に, 我が国の, 描写も, 文字を, 文学作品では, 日本の, 日本画及浮世絵に関する, 明治三十二三年の, 昨今ようやく, 最早日本人, 某が, 歓迎された, 此の, 此年刊行せられた, 此紀の, 河原崎座の, 消えて, 深川の, 煙山の, 理性に, 甚だ誇張, 畢竟天, 百零三頁の, 秀吉の, 私が, 私たち日本の, 私達子等を, 秋の, 純然たる, 終, 終って, 経苑武英殿聚珍版書等に, 舌うちを, 苦痛も, 英文で, 葉子から, 補遺である, 訓でありました, 読んで, 誰が, 誰の, 買うこと, 近代社会としては, 近日脱稿いたす, 雲井へ, 青春の

▼ 巻~ (111, 3.1%)

11 ある 3 あって 2 あった, このお, どう言, 出た, 出て, 出版された, 欠本です, 納めて, 闕けて

1 [79件] あったので, あっても, あつて具, あつて刊行, あつて家, あまり面白い, あるとして, あるのみ, あるばかり, ある訳, あろう, いかに音楽的諧調, いよいよ出来上り, おのづか, こないうち, この, この殺人事件, この際, それぞれ経題と, つけ加えて, どう言う, ない, ない処, ふきあがったかと, まじって, まだ存在, バッテキし, ピカピカ光っ, 上梓された, 並べたので, 並んでる, 九月に, 伊達家と, 何処へ, 入って, 公に, 出たおり, 出たの, 出た後, 出てから, 出ました時, 出るとき, 出版局の, 切れて, 刊行された, 初めて刊行, 別に心中物語, 剏めて, 古典として, 同じ厳密さ, 同教授, 呉青秀と, 多勢随い, 存し, 完訳される, 将軍家に, 役に立った, 我が国の, 戻らない, 最初に, 来たので, 来て, 此である, 流れた, 流行し出し, 眼前に, 編纂せられた, 美しい本, 華奢な, 裁判物語である, 見つかったため, 記述せられた, 訳されて, 足を, 部長室へ, 銀杏加藤の, 鎌倉時代に, 開かれたまま, 髣髴と

▼ 巻~ (78, 2.2%)

4 なって 2 この巻, なして, なし出版, なる, 同年の, 太刀一振であった, 成る今日

1 [60件] あるの, あれば, あわせて, いうよりは, いえば, いま下に, くらべて, これから出る, ござい, した, したの, し序文, し題して, である, なく読破, なし, なしこの, なした, なし春陽堂, なし皇別, なし装幀, なつた, なつて, なりぬ, なり清, なると, なるほどの, はいっても, はなせしなり, また著しく, もう一つ, 一緒に, 久保田万太郎氏の, 云う風, 写真帖とを, 出で, 名づける針金, 名を, 呂宋兵衛久しぶりの, 呼んだ, 呼んだの, 太刀一振だった, 巻との, 帚木の, 狂女の, 白レイステーブル掛と, 称ば, 縦に, 脈経一巻とで, 自詠, 若紫の, 落ち合って, 言行録の, 読むであろうが, 読んで, 談合し, 遺書を, 酒とが, 鯛の, 黛夫人の

▼ 巻~ (73, 2.0%)

5 に火 3 の吸殻, の火, を吹かし 2 の灰, の灰皿, をふかし, を一本, を火鉢

1 [49件] から生ずる, から音, この時, だからね, で半被, で吸, と硝子盃, などを喫し, ならまだしも, に心, に点じ, の吸口, の吸殻沢山, の手, の消えし, の煙, の空缶, の袋, はおろか刻煙草, もやニキタ, をぐいと, をぐっ, をこすり着けた, をすい始めた, をつけ, をまた, を其処, を取っ, を取り出し, を取り出だし, を取出し, を取出しける, を口, を吸いさし, を吸う, を吹, を吹かした, を吹かしつづけた, を吹かします, を喫, を手, を棄て, を深く, を煙, を突込み, を腹立たし, を遠慮, 取り出して, 召し上がれな

▼ 巻~ (56, 1.6%)

43 一, 三 2 一に, 七に, 二, 五, 五には, 十七に, 四

1 [32件] にアフレコ, 一第, 七には, 七カハタデ一名ミヅタデ, 三世之, 三佐々良三八十王の, 三十五に, 三声容部, 上花柳語彙, 下, 下には, 九, 九十七, 二には, 二犬と, 五十九に, 五大酒金平, 八十六栗の, 六に, 十一, 十七, 十九蔓草類に, 十五, 十八蔓草類なる, 十栗の, 十芳草類の, 四に, 四には, 四の, 四十八に, 四烏勘左衛門獣の, 廿五栗の

▼ 巻~ (40, 1.1%)

4 あつた

1 [36件] あつたの, かの女, きいたこと, これが, その主題, それを, ちゃんと螺旋, ちょうど自分, とって, は主として, は近藤忠義, もろもろの, パチパチやってる, 一勇斎国芳の, 仕舞うの, 何か, 刊行された, 十二円よ, 千八百六十三年ニユウヨオクの, 同時録音で, 山岳を, 晋の, 来ました男, 松前通いに, 消えて, 私の, 経験する, 緊めて, 芭蕉の, 蔵原惟人が, 薄お納戸地, 蘭軒が, 裁判の, 証拠物件を, 起る波瀾, 顔を

▼ 巻~ (34, 0.9%)

1 [34件] あの伊那丸, ある本, あれば, おしたやう, かかって, さすがに, して, その籠, それでいったん, そろそろ終り, どうやら手, どの巻, まことに面白く, まじって, バッテキの, 亦良子刀自, 出て, 前二巻と, 同じめぐり合わせ, 多く読み, 少しは, 心得て, 手持よく, 残らず, 畏くに, 畏くは, 畏く先生, 畏しそういう, 立とうと, 終った, 終つた, 老妓を, 軈て来た, 陳列され

▼ 巻~ (30, 0.8%)

3 の鬘 2 の大仮, を持っ

1 [23件] がその, がぶるぶる, がマント, が見える, と薔薇色, になっ, にまず, に月桂冠, に月桂樹, に被われ, のこぼれ, の一つ, の中, の尖き, の愛馬, の片側, の自動車用コウト, も同じ, をこしらえない, をたれ, をもつ, をも少し, を撫で

▼ 巻には~ (29, 0.8%)

2 井伏さんの

1 [27件] いろいろの, かいて, この国文八枚, どんな凄い, みづはとあつて, わたしとして, アフリカに, ドクタア・, 上の, 主としてソヴェト, 主としてソヴェト生活, 主として死後, 今までの, 他に, 以上の, 光秀の, 全く影, 四十二篇の, 天武天皇のみ, 幾らも, 源氏を, 神と, 秦の, 述べて, 道綽の, 野辺地の, 鞍馬の

▼ 巻~ (27, 0.8%)

2 にある, に充満

1 [23件] におい, には雲, に入れたる, に出没, に名, に数カ条, に榛軒, に没し去り, に用いられ, に詳, に隠見, の, の主人公苦沙弥先生, の医師マネット, の無礼講, の相撲, の秘計, の第, の策, の香以, まだまし, 収むる処の, 殊に余

▼ 巻~ (24, 0.7%)

2 にある, の歌

1 [20件] で形, に, につけられた, にのせた, に登, に記し, に詳しく, に謡曲, に識, に載っ, に録, の, の体型, の北海道紀行, の広告, の柴犬, の署名順, の詩, の起請文, を秀峰富士

▼ 巻~ (23, 0.6%)

5 の歌 4 の方 3

1 [11件] にも見え, に出, に左, に引用, に挿入, に真, に義経, の中, の雑, は践祚大嘗祭, を開いた

▼ 巻から~ (21, 0.6%)

1 [21件] あとの, そのお, その目次, なるその, なる講座, 一巻への, 三十巻ぐらいの, 取りか, 呼び寄せた船大工, 四巻まで, 姿を, 巧い, 成り立ち初めて, 成る, 成る第, 揃へて, 次巻へ, 第七巻, 第二巻, 除くこと, 順にどこ

▼ 巻ゲートル~ (21, 0.6%)

4 の男 2 をつけ

1 [15件] で働い, で入っ, で血相, といういで, に地下足袋, に地下足袋姿, に短靴, に裸足足袋, に靴, の三十がらみ, の始末, の警官, は狎れ狎れしい, をし, をした

▼ 巻~ (21, 0.6%)

1 [21件] かな, か知らね, があたかも, が伸び出し, が出だし, が解け, が開きかける, にかかっ, に蜘蛛, のほぐれる戦ぎ, のまま水面, のよう, の解かれる, の香, は二つ, むらがるやう, も美しい, も見えず, より浮葉, を添えた, を燻らし

▼ 巻~ (20, 0.6%)

2

1 [18件] で判る, と四, にある, に人麿, に人麿妻, に地獄, に天武天皇, に猴, に磐姫皇后, に近世リチュアニア, の, のこの, の一一三頁, の人麿, の巻頭, の挽歌, は女, 第九章附録

▼ 巻脚絆~ (20, 0.6%)

3 をつけ

1 [17件] にしめられる, に戦闘帽, に靴, のきりりと, も解かず, やいずれ, をたたい, をどこ, をはき, を受け取っ, を巻い, を巻き直し, を巻く, を持っ, を渡す, を解い, を解く

▼ 巻~ (19, 0.5%)

1 [19件] に, にある, には, にはまた, には早, には記し, にも二商人伴, にも転, に出, に出る, に北インド咀叉始羅国, に卜部兼倶説, に左, に曰く, の, の僧, の十一条, を見る, 第三話

▼ 巻という~ (17, 0.5%)

1 [17件] これまでの, のは, のも, のを, ものに, 二期の, 凄まじい旋風, 大物が, 工合に, 文字が, 本も, 本を, 漁港が, 種族の, 著には, 部分が, 金色燦爛たる

▼ 巻烟草~ (16, 0.4%)

3 に火

1 [13件] に一本火, のこぼれ, の吸殻, の端, は上らない, を出しかけ, を取ろう, を吸つて, を咬, を持っ, を持った, を持つた, を海

▼ 巻十四~ (15, 0.4%)

4 の東歌 3 の方 21 お銀様, に播磨, の二首, の歌, の歌語, はいわゆる

▼ 巻まで~ (14, 0.4%)

1 [14件] あるそう, であった, 作者は, 借出して, 入れて, 出して, 平安朝末期の, 綴り果し, 翻訳出版された, 行くこと, 行ったでしょうか, 進んだ, 進歩したら, 順次出る

▼ 巻付け~ (14, 0.4%)

1 [14件] しかの白金巾, て, てあった, ている, てやりました, てゐた, てシッカリ, て下婢, て両足, て仕, て出, て旧い旧い, て端切, 乱れた金髪

▼ 巻~ (14, 0.4%)

2

1 [12件] と, にある, にロ氏, に共に, に支那人, に趙州, の, の二冊, の人麿妻, の例, の四章, を引き

▼ 巻もの~ (13, 0.4%)

1 [13件] が本箱, などは即ち, の院本, の随筆, は本郷, や哲理, を一気に, を読み, エンチクロペディーや, 奥許しの, 書籍が, 程度の, 詩集なんか

▼ 巻~ (12, 0.3%)

2 の, の初め 1 から, に出, に女, に雄略天皇, の二, の歌, の草木解釈, 要醇

▼ 巻十一~ (12, 0.3%)

3 の歌 21 と巻十五, に, には次, に出, に蛇, に道士郭采真, の此歌

▼ 巻~ (11, 0.3%)

1 [11件] が来, が発行, にある, に出, に見え, の中, の由槻, の終り, はマンロー, は先生一個, 終ります

▼ 巻でも~ (10, 0.3%)

1 あんころ餅でも, こさえなすったらいい, 一万円以上であります, 二本差し奉公大事に, 同じよう, 忍ばせて, 聯想する, 芭蕉の, 読破し, 起ったよう

▼ 巻~ (10, 0.3%)

1 たつくり, オーバーを, 下っ端現に, 下巻は, 五巻などは, 大作を, 山居図巻などが, 手下どもは, 祝賀の, 額の

▼ 巻十六~ (10, 0.3%)

2 の歌 1 に, にあります, にいわく, にし, に歌, に見え, に見ゆる, に馬

▼ 巻~ (9, 0.3%)

1 いて, ものを, 内懐に, 手に, 流れ蛇籠, 行こうと, 行って, 貴方は, 霰も

▼ 巻にも~ (9, 0.3%)

1 あるそう, その神代, ちらばつ, 侍従大納言実隆卿の, 出るが, 犬や, 申す通り, 見えて, 言った

▼ 巻~ (9, 0.3%)

2 に出 1 に依れ, に太宰帥大伴旅人, に曰く, に書い, に見, に載, の

▼ 巻たばこ~ (8, 0.2%)

2 を投げすて 1 に火, のけむり, の吸い, をくゆらし, をふるえる, を一本

▼ 巻において~ (8, 0.2%)

1 ルクレチウスは, 完全に, 時代を, 最も興味, 穀物の, 第十九願, 親鸞は, 述べられたとおり

▼ 巻より~ (8, 0.2%)

1 六巻までとか, 十四巻にわたる, 成りこれ, 成る, 成るこの, 第二十四巻, 通じての, 高遠に

▼ 巻~ (8, 0.2%)

1 にある, に太政大臣藤原公相, に曰く, の四四頁, の天平二年正月, の沈痾, は誰, 第二十一語

▼ 巻十三~ (8, 0.2%)

1 から選んだ, には, にはアガルイ, には海尊高館, の組み歌, の藤原, の長歌, は長歌

▼ 巻線香~ (8, 0.2%)

1 だってイザ, と爆弾, にクッ, に火, のカケラ, を両手, を持ち, を持っ

▼ 巻~ (7, 0.2%)

21 に虎地, に高橋虫麿, の有名, の紀伊国, の高橋虫麿

▼ 巻二十~ (7, 0.2%)

1 にかう, にはなん, に記録, の半分, の巻頭, の東歌, の防人

▼ 巻付けた~ (7, 0.2%)

1 この娘, まま叔父の, ものに, 儘で, 姿で, 形で, 男大きな

▼ 巻~ (7, 0.2%)

1 などには, に, にある, にはまた, には皇后, に出, の

▼ 巻~ (7, 0.2%)

1 にも既に, にアサガオ, に曰う, に猴, の, の中, の歌

▼ 巻十二~ (7, 0.2%)

1 に, に見, の, の性質上, の文, の百頁已下, の選

▼ 巻~ (7, 0.2%)

1 がびゆうびゆう電線, ということ, の三枚半以上, の気, の障子骨, は骨, 即ち障子骨

▼ 巻といふ~ (6, 0.2%)

2 湊に 1 ものあり, 厖大な, 大部な, 髪で

▼ 巻として~ (6, 0.2%)

1 ありますが, あるもの, そうし, 出版した, 印行した, 幾年ぶりかで

▼ 巻ばかり~ (6, 0.2%)

1 のこって, まいて, 引掛けた, 持ち来って, 散在し, 杭に

▼ 巻~ (6, 0.2%)

1 てうろうろ, ては到底, てゐる, て大昔, て妹, て止惑

▼ 巻~ (6, 0.2%)

1 に掲げた, に掲げぬ, に記し, に馬琴, の一頁, の四

▼ 巻揚機~ (6, 0.2%)

1 ががら, で上甲板, にはずみ, の滑車, をあやつつ, を使ふさ

▼ 巻~ (6, 0.2%)

1 である, のドンキホーテ, の藤屋氏, の郷士, へ向う, へ行き着けるであろう

▼ 巻灯台~ (6, 0.2%)

2 の灯 1 の怪異, の意味, はとうとう, へ本省

▼ 巻莨入~ (6, 0.2%)

2 の蓋 1 から敷島, から煙草, を出しかけた, を取出せし

▼ 巻~ (6, 0.2%)

1 が一応, さ, でありました, のした, はいずれ, は鬨の声

▼ 巻~ (5, 0.1%)

1 て揮, て行った, て進む, 且つ丹い, 宛かも

▼ 巻~ (5, 0.1%)

1 一頁から, 帰したの, 引越したの, 引越して, 日本の

▼ 巻十九~ (5, 0.1%)

1 で云う, に出, に大伴家持, に孔雀, の歌

▼ 巻十五~ (5, 0.1%)

1 との歌, に, に昔波羅, の歌, は二部

▼ 巻~ (5, 0.1%)

1 にし, には破れた, のまま, をズルズル, を解く

▼ 巻~ (5, 0.1%)

1 がリズミカル, はクルクル, は折, を戻し, を掛け替え

▼ 巻~ (5, 0.1%)

1 の因みに, の経緯, は裁ち縫う, や俵米, や巻紙

▼ 巻ぐらいの~ (4, 0.1%)

1 ものだ, 短篇芸術映画という, 純粋な, 長さ

▼ 巻ごと~ (4, 0.1%)

1 にある, に書風, に構図, に違っ

▼ 巻では~ (4, 0.1%)

1 まださして活躍, まだ全然現れ, 出来るだけ, 正宗ツル子半平の

▼ 巻とが~ (4, 0.1%)

1 あつた, ある, 出たウイッテ伯, 混在する

▼ 巻とも~ (4, 0.1%)

1 いふべきもの, 付かずに, 称んで, 紙数は

▼ 巻とを~ (4, 0.1%)

1 つけ身体, 出した, 取らせた, 置いて

▼ 巻などは~ (4, 0.1%)

1 もっと古くから, 相当の, 読みは, 面白いもの

▼ 巻上人~ (4, 0.1%)

1 という高僧, に祈り伏せられた, のむかし, の神呪

▼ 巻五号~ (4, 0.1%)

1 に, において述べた如く, に乞食, の

▼ 巻以上~ (4, 0.1%)

1 お買求め, が生, は割引, 出て

▼ 巻先生~ (4, 0.1%)

31 は亀田先生

▼ 巻~ (4, 0.1%)

1 というの, の暗礁地帯, の突端, へ駈けつけた

▼ 巻~ (4, 0.1%)

2 で慌て 1 せられるもの, へにする

▼ 巻~ (4, 0.1%)

1 にお, をたく, を切離し, を撫で

▼ 巻あり~ (3, 0.1%)

1 て明志採録, という, 門人等録する

▼ 巻~ (3, 0.1%)

1 五巻今の, 何かの, 合わせるよう

▼ 巻かを~ (3, 0.1%)

1 山上の, 成す幼年物, 誦じ

▼ 巻きつく~ (3, 0.1%)

1 かのよう, ところから, 蛇を

▼ 巻だけを~ (3, 0.1%)

1 見て, 見ても, 請求した

▼ 巻だの~ (3, 0.1%)

1 何だ, 芋の, 芋茎和だの

▼ 巻つけ~ (3, 0.1%)

1 それから水, たりそれ, てチュウチュウ

▼ 巻つけた~ (3, 0.1%)

1 人間と, 労働者赤衛兵は, 血色の

▼ 巻である~ (3, 0.1%)

1 ことが, と思います, のに対して

▼ 巻です~ (3, 0.1%)

1 がもし, って蹴込, よ

▼ 巻~ (3, 0.1%)

1 のでいつ何処, のです, んです

▼ 巻などを~ (3, 0.1%)

1 書いた, 見せた, 見ると

▼ 巻なら~ (3, 0.1%)

1 ば, ば右巻, 左り

▼ 巻について~ (3, 0.1%)

1 いくら十巻以上は, 多少の, 点検する

▼ 巻にわたる~ (3, 0.1%)

1 作者不詳の, 労働者の, 部立と

▼ 巻ばかりの~ (3, 0.1%)

1 ものに, 仕事が, 本を

▼ 巻をも~ (3, 0.1%)

1 公刊する, 繙けば, 読まなかつたと

▼ 巻タバコ~ (3, 0.1%)

1 をくわえ, をふかし, を出し

▼ 巻パン~ (3, 0.1%)

1 が入ってる, と鼠, を入れといた

▼ 巻一つ~ (3, 0.1%)

1 で従っ, の時, の艶

▼ 巻~ (3, 0.1%)

1 にある, にも如上, に出

▼ 巻上る~ (3, 0.1%)

1 が如し, のみだつた, 黒煙

▼ 巻~ (3, 0.1%)

1 には, には全文, に室町家前後

▼ 巻九号~ (3, 0.1%)

1 で見る, の抜刷, また三宅島

▼ 巻九重天~ (3, 0.1%)

2 の左行篇 1 だけ日本

▼ 巻二十二~ (3, 0.1%)

1 てが, である, に書き出し

▼ 巻二十六~ (3, 0.1%)

1 に, に出, の九

▼ 巻以下~ (3, 0.1%)

1 が没落譚, まだ神代, を再興

▼ 巻~ (3, 0.1%)

1 だった四人, のひとり, を促し

▼ 巻~ (3, 0.1%)

1 などの揃い, を向け, を把

▼ 巻十七~ (3, 0.1%)

1 に, に云う, の歌

▼ 巻~ (3, 0.1%)

1 のとぐろ, まいたうえ, も巻い

▼ 巻及び~ (3, 0.1%)

1 この類, その他, 十六羅漢像今の

▼ 巻~ (3, 0.1%)

3 を幾垂れ

▼ 巻広場~ (3, 0.1%)

3 の市参照

▼ 巻~ (3, 0.1%)

1 へが済ん, へた, への為

▼ 巻~ (3, 0.1%)

1 には固有名詞, に取る, 両類本考

▼ 巻校正~ (3, 0.1%)

1 に忙殺, の後, を終る

▼ 巻校正摺~ (3, 0.1%)

2 この日 1 を見る

▼ 巻直し~ (3, 0.1%)

1 という心, にならない, の古刀

▼ 巻立てた~ (3, 0.1%)

1 は寂しい, 胴巻を, 頗る無

▼ 巻~ (3, 0.1%)

2 に弁ず 1 に序する

▼ 巻~ (3, 0.1%)

1 のやう, の台, の小

▼ 巻~ (3, 0.1%)

1 であった, にし, の老

▼ 巻~ (3, 0.1%)

1 がはやり出した, で寒く, の笏

▼ 巻~ (3, 0.1%)

1 が正しい, とがある, と四巻説

▼ 巻附け~ (3, 0.1%)

1 ずぶ濡に, て海, 羽織は

▼ 巻~ (3, 0.1%)

1 が必ず, や粽, をこしらえる

▼ 巻あっ~ (2, 0.1%)

1 て初め, て短い

▼ 巻ある~ (2, 0.1%)

1 んだ, 予定です

▼ 巻かの~ (2, 0.1%)

1 詩の, 長尺物

▼ 巻くっ~ (2, 0.1%)

1 ている, てくるる

▼ 巻これ~ (2, 0.1%)

1 は何れ, を誦す

▼ 巻しか~ (2, 0.1%)

1 ないこと, ないわが

▼ 巻ずつ~ (2, 0.1%)

1 それを, 勅訳の

▼ 巻せる~ (2, 0.1%)

1 花蓋片は, 花蓋面に

▼ 巻それから~ (2, 0.1%)

1 第二巻, 自分の

▼ 巻~ (2, 0.1%)

2 えを

▼ 巻~ (2, 0.1%)

1 のという, 草枝は

▼ 巻だけ~ (2, 0.1%)

1 だ, 残りまして

▼ 巻だけが~ (2, 0.1%)

1 やっと来ました, ポツンと

▼ 巻でなく~ (2, 0.1%)

1 わざとつい通り, 故と

▼ 巻とか~ (2, 0.1%)

1 あちこちにも, 手写の

▼ 巻との~ (2, 0.1%)

1 連絡一巻における, 間には

▼ 巻とは~ (2, 0.1%)

1 必ずしも唄空事, 誰が

▼ 巻どの~ (2, 0.1%)

1 の鉄砲, も一流

▼ 巻など~ (2, 0.1%)

1 名刀の, 引っかかえ

▼ 巻などが~ (2, 0.1%)

1 あって, 遺されて

▼ 巻なり~ (2, 0.1%)

1 十巻なりの, 而し

▼ 巻なる~ (2, 0.1%)

1 を註せなかつた, 天門の

▼ 巻においては~ (2, 0.1%)

1 藤壺と, 観想的生活の

▼ 巻における~ (2, 0.1%)

1 三願転入の, 章と

▼ 巻にのみ~ (2, 0.1%)

2 読まれて

▼ 巻までの~ (2, 0.1%)

1 校正は, 終り

▼ 巻までを~ (2, 0.1%)

1 出した引続き, 英訳された

▼ 巻れた~ (2, 0.1%)

1 小池が, 時は

▼ 巻を以て~ (2, 0.1%)

1 有名である, 私は

▼ 巻~ (2, 0.1%)

1 倒ニシテ巻首ヨリ, 収メタル書函か

▼ 巻一号~ (2, 0.1%)

1 において駆使部, に出

▼ 巻一同~ (2, 0.1%)

1 には茶弘, に与えた

▼ 巻七章~ (2, 0.1%)

1 および註, にカフル人

▼ 巻三号四号~ (2, 0.1%)

1 に収めた, を見よ

▼ 巻上髪~ (2, 0.1%)

1 の自分, をし

▼ 巻九巻~ (2, 0.1%)

1 と縦, をみたす

▼ 巻九郎右衛門~ (2, 0.1%)

1 であった, はギラギラ

▼ 巻二十五章~ (2, 0.1%)

1 にいわく, にこんな

▼ 巻二十四~ (2, 0.1%)

1 に, を開きし

▼ 巻付い~ (2, 0.1%)

1 ていた, て来る

▼ 巻以来~ (2, 0.1%)

1 に増し, の読者諸氏

▼ 巻~ (2, 0.1%)

1 の順帝, 亀の

▼ 巻全備~ (2, 0.1%)

1 の書, の本

▼ 巻全部~ (2, 0.1%)

1 が滞り, 携えて

▼ 巻動物崇拝~ (2, 0.1%)

2 の条

▼ 巻十一号~ (2, 0.1%)

1 に, に出

▼ 巻十一恋三~ (2, 0.1%)

2 の部

▼ 巻十二冊~ (2, 0.1%)

1 は芹沢, を校刻

▼ 巻十章~ (2, 0.1%)

1 にアルメニア, よりなる

▼ 巻~ (2, 0.1%)

1 器が, 車で

▼ 巻取り段ボール機械~ (2, 0.1%)

1 の輸入, をドイツ

▼ 巻取る~ (2, 0.1%)

1 ように, 繩に

▼ 巻同第~ (2, 0.1%)

1 三巻, 五巻

▼ 巻~ (2, 0.1%)

1 は多少, はDIANA

▼ 巻向川~ (2, 0.1%)

1 と云っ, の川音

▼ 巻四人麿妻~ (2, 0.1%)

1 が皆, はその

▼ 巻宛四五人~ (2, 0.1%)

2 へ御託

▼ 巻寿司~ (2, 0.1%)

1 を売っ, を売り

▼ 巻~ (2, 0.1%)

1 に附, の

▼ 巻戻し~ (2, 0.1%)

1 ながら指, ながら顔

▼ 巻~ (2, 0.1%)

1 と云う, と申しまする

▼ 巻~ (2, 0.1%)

1 も一寸, も至極

▼ 巻~ (2, 0.1%)

1 して, の揺蕩

▼ 巻~ (2, 0.1%)

1 にいわく, の縄

▼ 巻~ (2, 0.1%)

1 に対するの, の光

▼ 巻殿~ (2, 0.1%)

1 かねて由良, とここ

▼ 巻烟草入~ (2, 0.1%)

1 をしまった, を袂

▼ 巻煎餅~ (2, 0.1%)

1 か何, をしつかり握りしめ

▼ 巻~ (2, 0.1%)

2 の巻

▼ 巻白い~ (2, 0.1%)

1 リボンの, リボンやや

▼ 巻着け~ (2, 0.1%)

1 ておいた, て手拭

▼ 巻立て~ (2, 0.1%)

1 ている, てやります

▼ 巻~ (2, 0.1%)

2 の巻

▼ 巻~ (2, 0.1%)

1 といふもの, などを貰った

▼ 巻納め~ (2, 0.1%)

1 て紙入, もう一盃

▼ 巻~ (2, 0.1%)

1 集一巻詩精妙と, 集十巻

▼ 巻~ (2, 0.1%)

1 が気に入らない, を製作

▼ 巻~ (2, 0.1%)

1 されること, 到底下界

▼ 巻莨入れ~ (2, 0.1%)

1 などを, のケース

▼ 巻蒲団~ (2, 0.1%)

2 に包んだ

▼ 巻~ (2, 0.1%)

1 が残つて, に似た

▼ 巻~ (2, 0.1%)

2 の巻

▼ 巻車らっぱ~ (2, 0.1%)

1 などという消防関係, のあいだ

▼ 巻~ (2, 0.1%)

1 とした, を与え

▼ 巻~ (2, 0.1%)

1 が隙間, が黄色

▼ 巻髭髭細~ (2, 0.1%)

2 の蓮華

▼ 巻麺麭~ (2, 0.1%)

1 だの, にきまっ

▼1* [556件]

□□□□□二巻チェックスロバキアの現代作家, 巻あげとテッパーチーカイ, 巻あてがってくれる, 巻あと奥書だにすれ, 巻あまりありこれ, 巻あれば三年, 巻えてる連中の, 巻蘭比丘尼の, 巻および其他の, 巻かっていた, 巻かって頭の, 巻からは平家全盛期と, 巻きするそうだ, 巻きりでは大した, 巻くださることは, 巻くらいには上って, 巻くらいの書を, 巻くり上げてある, 巻くると云い, 巻ぐらゐに分けて, 巻ここに尽く, 巻こそ私の, 巻ことごとく読み終えると, 巻ご馳走といっ, 巻さいごの, 巻じみた上品な, 巻じゃねえぞ, 巻すきばいすき蝶など, 巻すなわち創世記に, 巻ずしを作り, 巻ずつを供養させ, 巻せんべを添え, 巻その他がいれられ, 巻その他同様の構図, 巻それぞれ約二呎, 巻それでもなかなかの, 巻そろって私, 巻だあけてくれ, 巻だったのを, 巻だって貰ったん, 巻って松と, 巻つきましたがどうしても, 巻つけ帯で草履, 巻であったことを, 巻であり生前出版しよう, 巻でないことだけは, 巻といった風で, 巻とかの武器は, 巻とであつた, 巻とりいだし, 巻どうぞ下さい, 巻どもは気, 巻なぞと名が, 巻などから趣味の, 巻などについてその題名, 巻などの無名の, 巻などもある様, 巻なりかう発刊の, 巻なりの映写を, 巻なんかして, 巻においてさえもその主要, 巻にかけてのころ云われた, 巻にでも巻き込まれ甲板上, 巻にとっても遺恨の, 巻にとり巻かれながら, 巻になつて私の, 巻によつて修養つんだ, 巻によって誰かが, 巻にわたり掲載せし, 巻のぼり黒雲潮水一柱に, 巻のみ送りとどけて, 巻のみに限らないが, 巻はんぱものでもそれ位の金高, 巻ばっかり廻して, 巻げを, 巻ひょろりとした蕨, 巻ひらきみれば吉備, 巻ふらんす物語, 巻へと光彩を, 巻への進歩を, 巻へんの, 巻ほどの長さ, 巻まいてむくり, 巻まだそちらに, 巻までが訳された, 巻までとか第一編, 巻までも蘇枋染めに, 巻もしかおよみ, 巻もって来, 巻もとより屑, 巻よりも紙数は, 巻られた結果山の, 巻わななくわな, 巻をば功成る, 巻を通じて千五百頁ほど, 巻イタカラオレガ肌ヲヌイ, 巻カセ二尺一寸ノ打, 巻キャハンに顎紐, 巻ゲートル地下足袋姿に乏しい, 巻ゲートル姿で泛ん, 巻シチェードリンの, 巻ス白色ニシテ微紫花後実, 巻チェックスロバキアの現代作家, 巻ニューヨークで出版, 巻ハイ東西東西悠々と, 巻パンボロニア腸詰などでした, 巻ポンポ巻一夫さんのスウェーター, 巻ラカッサニュの説, 巻ロシアの監獄, 巻一・二号にわたって吉井太郎君, 巻一一九頁にはホトア・ポウ, 巻一一八頁に二尺長, 巻一三三八頁に対する図版参照, 巻一三章で老人, 巻一二二頁に拠れ, 巻一八二頁に対する彼, 巻一六六頁以下に詳論, 巻一冊でも以上, 巻一千十六種の説話, 巻一号四頁及び本号, 巻一号四頁七行目の欠字, 巻一夫さんのスウェーター, 巻一巻の終り, 巻一巻平均六万字で, 巻一序論一〇六頁にシャム, 巻一百四十三牛景先の伝, 巻一章に十七世紀, 巻一譚にミネカニエロ翁雄鶏, 巻一頁として完膚, 巻七・巻十の歌, 巻七三章にブリレツム辺等, 巻七三頁にアーマドナガール, 巻七十二の十, 巻七十六に見え, 巻七十章にはある, 巻七景行天皇十二年の条, 巻七東海道の巻, 巻七輯に載せ, 巻を読み終った, 巻三〇九頁にいう, 巻三リンドレイの, 巻三一〇頁にポルトガル王, 巻三七章にも豕脂, 巻三三に広, 巻三三六及び三四四頁, 巻三九六頁に見た, 巻三八〇頁に出した, 巻三六八頁にも門司, 巻三十に, 巻三十一冊で巻二十五, 巻三十三その他の所伝, 巻三十二冊の宋槧本, 巻三十五章に蛇, 巻三十八語の原, 巻三十六細川相模守清氏叛逆の事, 巻三十年如一日矣終大有所発揮, 巻三号の倉光君, 巻三号以下この雑誌, 巻三号柴田常恵君記事を見よ, 巻三壬生と島原, 巻三巻五巻八巻九巻と縦, 巻三巻棕櫚縄の十束二十束, 巻三挽歌のはじめ, 巻三百四鄭和伝には成祖, 巻三雑歌のうち, 巻上がる霧の, 巻上った傷口そこから, 巻上り目近, 巻上ッた釜底形, 巻上大時計未来派裸体巨人像の額縁, 巻上始末を書い, 巻上式に比べる, 巻上梓して, 巻のよう, 巻に之, 巻中奔波の図, 巻中新進作家として既出, 巻中風の図, 巻の名, 巻九七六頁に犬, 巻九九頁予の, 巻九十にアスナロウノヤドリギ, 巻九女子と小人, 巻九巻頭の, 巻九重篇だけでもどうしてどうして, 巻予告の小さな, 巻予未だ目, 巻二〇六頁に出た, 巻二〇禹門三級の巻, 巻二一頁に言えるごとく, 巻二七カッセル出版, 巻二七六頁への一つ, 巻二七章に曰く, 巻二三二二頁に仏国南部, 巻二九一頁にいわく, 巻二九五頁へ和漢, 巻二九六頁尾佐竹猛氏伊豆新島の話, 巻二二および二七六頁, 巻二二フォルツ博士の実験談, 巻二以下もちゃんと, 巻二八章にカリア等, 巻二六九頁ウッドの, 巻二六四を御覧, 巻二冊に分け, 巻二分冊として出版, 巻二十三章あるのみ, 巻二十二章にギリシア人トアス幼時竜, 巻二十五に上下, 巻二十五師子吼菩薩品の一, 巻二十八品ある大部, 巻二十南方先生已下は拙, 巻二十大炊王の歌, 巻二号及び四号, 巻二号三十八頁に書い, 巻二号九二頁に石田君, 巻二四四ページである, 巻二巻四巻などは読み, 巻二百九十九に見, 巻二百十三の一章, 巻二相聞歌から数首, 巻二章にある, 巻二鈴鹿山の巻, 巻二頁九七には兎, 巻五〇七頁一八二一年板コラン・ド・プランシーの, 巻五一五から五二四, 巻五三に人男女, 巻五三一に, 巻五三獣行菩薩道兎焼身語と云, 巻五九三頁に紀元三九八年カルタゴ, 巻五五に仏毘舎離, 巻五八章にこの, 巻五十一に書い, 巻五十両からちょっと, 巻五十二万六千五百字が完成, 巻五号七三頁を見よ, 巻五巻八巻九巻と縦, 巻五版の検印, 巻五秋歌の下, 巻五竜神の巻, 巻五賀の部所載源公忠, 巻の四百字原稿, 巻今日学校にて落手, 巻の教示, 巻他人の廡下, 巻付かれぬとかいうこと, 巻付けましたから太輪, 巻以下お送りしましょうか, 巻以前に現われる, 巻以来同様の宿泊ぶり, 巻伝授などと言う, 巻の巻数, 巻の巻, 巻余分にイス, 巻作者の筆, 巻侍達も口々, 巻を名所, 巻信ぜざるものは, 巻信助は火星人, 巻入れてしまった, 巻八〇頁に出た, 巻八・巻十にも既に, 巻八一章に兎の毛, 巻八八頁の貴重, 巻八十八に次, 巻八号に出し置いた, 巻八号斎藤真氏説に陸前, 巻八号矢野宗幹氏の説, 巻八巻織りかけたる布帛, 巻八巻九巻と縦, 巻八白根山の巻, 巻八章六六にいわく, 巻八雑上の部伊勢, 巻八頁に説明, 巻六〇九頁等に梵士, 巻六一章に出, 巻六二六頁ウェブストルの大, 巻六二頁に古, 巻六冊を参考書類, 巻六十八および七十五, 巻六号に, 巻六四頁には天主教徒白鶏, 巻六従鎮西上人依観音, 巻六船王の歌, 巻六間の山, 巻がしきりに, 巻其他を将, 巻其他文集詩鈔の類, 巻内容と共に変っ, 巻再版の検印, 巻写してみます, 巻に矢, 巻出版届を持, 巻分位の試写, 巻十あたりの四季, 巻十・十一・十二あたりと同様作者, 巻十一巻十二巻などの無名, 巻十一巻頭の旋頭歌, 巻十一章にもインド, 巻十一駒井能登守の巻, 巻十七黒業白業の巻, 巻十三如法闇夜の巻, 巻十三恋五の部, 巻十九のよりも制作年代, 巻十九小名路の巻, 巻十二伯耆安綱の巻, 巻十二号へ載せた, 巻十二巻などの無名, 巻十五スーの南京紙, 巻十五慢心和尚の巻, 巻十五章元日の条, 巻十八には山男, 巻十八安房の国, 巻十八雑の下, 巻十六章にヘロドテ等昔, 巻十六道庵と鰡八, 巻十冊の予定, 巻十四・三三六四或本歌, 巻十四全部と巻二十, 巻十四帙を千疋, 巻十四東歌の挽歌, 巻十四水松の条, 巻十市中騒動の巻, 巻千五百頁もある読み, 巻千六百呎切った長, 巻千部限定版とし, 巻半鱗甲風に揺き, 巻印刷摺の校正, 巻印税を送来る, 巻即ち十七世紀の, 巻のよう, 巻と変, 巻取り作業の人々, 巻えの, 巻右巻ならば, 巻同様にする, 巻同然で紺, 巻四三輪の神杉, 巻四九いわく仏前生鶏尸馬王たり, 巻四九頁同三巻四一頁, 巻四二九に虎骨, 巻四人の節操, 巻四八章に章魚居処, 巻四六に中古吉野初瀬詣で, 巻四十にも引かれ, 巻四十語に陸奥, 巻四号一八頁に一部, 巻四巻などは読み, 巻四湯原王の歌, 巻土重来の隠, 巻裡に, 巻塗油の条, 巻塩竈神社の例, 巻士也泉米津までの間平原, 巻壱岐守ぐらいにはしてやる, 巻売るという, 巻外幾つかの捕物小説, 巻大成し天下, 巻天照大神と素戔嗚尊, 巻奉書のそぎ竹, 巻妓王のあたり, 巻始め池田大助十巻外幾つかの捕物小説, 巻姿で布団, 巻婚姻の史論篇, 巻子中の記載, 巻完了になる, 巻完訳のお祝い, 巻宣伝部長が後頭部, 巻寄贈し来り候, 巻寛永年間記事に, 巻尾各相異つて, 巻尾肩の高, 巻をさえ, 巻の嶮, 巻島原勢は左, 巻島原勢者左の袖, 巻島田に結う, 巻工合で深, 巻左巻の大波小波, 巻巻纓の老, 巻帚木の初め, 巻から質, 巻帯党にて花, 巻帯姿繕わで, 巻帯年増はまだ, 巻延喜の帝, 巻廿三臨時十一与奪事の条, 巻後人作為の如くなれ, 巻御覧でしたか, 巻応神天皇御製歌に麻用賀岐許邇加岐多礼, 巻快晴の不二, 巻愛書狂の頁, 巻懐中時計を一つ, 巻戻す糸に, 巻所載侠女の如き, 巻手写した人, 巻手渡しして, 巻にし, 巻抛ち来りて空しく, 巻抽斎をし, 巻拙者の手, 巻拝見をさし許される, 巻持参したいところ, 巻捲かれても苦しゅう, 巻除けて, 巻揚げ鳩の, 巻揚げるのを, 巻揚げカーテンを下ろした, 巻政治の部, 巻政記十五巻通議二巻日本楽府一巻其他文集詩鈔の類, 巻数十尺の絵巻, 巻のある, 巻新聞は都新聞, 巻日和山のうへにわが, 巻日本楽府一巻其他文集詩鈔の類, 巻日本部彙考七に明朝, 巻晒し五反代幾何, 巻普門品と申す, 巻の中, 巻未全貧朝掃小斎迎早春, 巻本名を, 巻東晋の袁宏, 巻枇杷殿大饗応, 巻は少ない, 巻柏椶櫚竹などが少し, 巻とかいう珍, 巻校正半終る, 巻桐壺は主人公光源氏, 巻梅干は梅, 巻成る, 巻棕櫚縄の十束二十束, 巻の主人, 巻機権現ととなえ, 巻歌集である, 巻此わしには殆ど, 巻に拾う, 巻の歿後, 巻に命, 巻で坐礁大破, 巻法律篇は婚姻法概論, 巻流布本によれ, 巻浅野長政は家康, 巻海部郡の部, 巻添いを受ける, 巻清刊覆宋本, 巻を巻く, 巻烟草取りて火鉢, 巻烟草喫みて, 巻ときは, 巻献之幕府大有恩賜云, 巻甚句を歌い, 巻画帖など種々, 巻百三に菩薩菩提樹下, 巻百三十五にも見え, 巻百五十に伝, 巻目帚木の巻, 巻目終りの数頁, 巻目録一巻の中, 巻直したのだろう, 巻省三はいふ, 巻省三その他多くの作家, 巻着いた赤い雲, 巻神農廟の条, 巻秘して寧ろ, 巻丸ぐけで, 巻立ち狂う波, 巻紀州和歌山の或, 巻納めぬ二通も, 巻納めようとする, 巻なれば, 巻終りになり, 巻絞られたま, 巻絵鞘見て, 巻絹ともに取り用い, 巻絹一つ鎧一領頸結うたる俵一つ, 巻絹世に存, 巻絹十疋砂金一嚢酒一荷大鯛一台, 巻絹鍋俵庖刀鐘と心得童子, 巻絹鎧俵鐘五品を与えた, 巻続きの小説, 巻緊められると, 巻線香のにほひか, 巻締機漏気試験機, 巻締機空気検査機などがその, 巻練習事条に少, 巻織りかけたる布帛は, 巻纏って其処, 巻美濃紙摺六十頁草書体交りの, 巻美濃紙摺草体交り平仮名文, 巻義経公より拝領, 巻羽織やら磨十手, 巻老学庵筆記十巻詩に関する, 巻老父のエリ巻, 巻耳掩を細君, 巻職人など住ん, 巻脚袢のよう, 巻芳年梅年紫玉竺仙等を駆り集め, 巻が大きく, 巻荒き人の, 巻をブチ, 巻莨のからとともに先座, 巻莨一袋をやる, 巻莨入灰皿額縁などが洩れ, 巻莨入銀の吸殻落, 巻莨洋杖護謨靴という才子肌, 巻菱湖といふやはり, 巻落されたに違い, 巻落す帆の, 巻著述出板に付献上, 巻を輪, 巻製本見本を旅亭, 巻親子までが出版, 巻に関する, 巻詩精妙という, 巻詩集五巻を著, 巻詩韻含英一部と外史, 巻読み物の世界, 巻読んでいる, 巻読本でも私, 巻諷誦する, 巻買ってお送り, 巻買つて持つて, 巻起こしてカリフォルニア, 巻起したのは, 巻起すことと, 巻身だしなみもよろしからず, 巻農奴の巻九十回, 巻込みの太い, 巻込めてあった, 巻込めよう鼻の, 巻込めると見る, 巻えされ, 巻返しそれを読ん, 巻返すかのよう, 巻通議二巻日本楽府一巻其他文集詩鈔の類, 巻連中もまた, 巻連続ものなどが頗る, 巻連続物などになる, 巻金沢文庫の印, 巻門石の巻, 巻附く茨が, 巻附けたいと思う, 巻附けまして丸髷, 巻附けんが為, 巻附帯髪は櫛巻, 巻附録一巻はすなわち, 巻附録夢占字典にいわく, 巻雨山娟娟とかそんな, 巻零本ありと, 巻零本巻子なり, 巻青帙の間, 巻には二三, 巻の条, 巻高手小手片手上げ逆, 巻など取り出す, 巻黄金百枚それに加え, 巻鼈甲何斤皮短銃麝香さまざまな異国品