青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「巴里~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~巨大 巨大~ ~差 差~ ~差し 差し~ 差別~ ~己 己~ 巴~
巴里~
巻~ ~巻い 巻い~ ~市 市~ 市中~ 市場~ 市民~ 市街~ ~布

「巴里~」 2096, 23ppm, 5098位

▼ 巴里~ (685, 32.7%)

11 下宿の 8 屋根の 7 街を 6 街の 5 北の, 客舎に, 町を, 空の 4 場末の, 女の, 客舎で, 市中に, 方で, 空を

3 [11件] ような, ペエル・ラセエズの, 夜の, 女が, 女に, 家の, 宿の, 方の, 甘い罪悪, 芝居の, 都に

2 [47件] いろいろ, キャンプで, サロンに, サロンの, レストラントの, 万国博覧会と, 三越と, 下宿に, 下町の, 何処かに, 保存の, 冬が, 冬を, 劇場で, 劇場の, 劇壇に, 北の方に, 哀れさ寂し, 園生, 圖書館に, 夜は, 天文台の, 女, 女でも, 女と, 女は, 女性, 寓居に, 屋根屋根を, 市民が, 床屋は, 憂鬱という, 文明に, 方へ, 明るさ, 有名な, 様に, 生活といふ, 町に, 美術家から, 良人と, 良人の, 芸人の, 街は, 裏街の, 話も, 都の

1 [482件] あっちこっちの, ある裏通り, かの有名, ことしか, ことは, こと彼が, こと語出で, その客舍, それの, つもりで, とある屠, どんな有力, どん底の, なかの, ように, アパルトマンの, アンドレエ・アレエという, イボギンヌから, イボギンヌの, オペラ座などに, カッフェーに, カンカン踊り, ガルソンの, キャバレも, キャバレ女に, キャフェの, キャフェを, ギニョールも, クルニイの, グランド, グラン・ブルヴァルの, ゲエテ街に, ゴロツキの, サクレキュウルの, サン, サンゼルマンに, サン・ゼルマンの, サン・ミッシェルの, シモンヌの, シヤンゼリゼエを, シュバリエ商会から, セイヌ河の, セエヌが, ソルボンヌ大学の, テーストは, トウダルジャンあそこは, ナショナル, ノウトルダムか, ノウトル・ダムか, ノオトル・ダァムよりも, ノオトル・ダムや, ノオトル・ダムを, ノートルダムの, ハイカイといふ, パンは, パンも, パンテオンに, パンテオンや, フランソア・ザビエー寺などを, プルニエー倫敦の, ベルジュレヱ, ペエル・ラシエエズの, ボン・マルセに, ポール, ムーランルージュという, ムーランルージユあたりの, ムーラン・ルージュの, メトロの, モンパルナスの, ラセニール街二十九番に, リブレリイ・ド・フランスといふ, ルウヴル博物館は, ルウヴル及び, ルウヴル宮や, ル・タン本社へ, レ, レストラントは, レストラントを, レペル先生とな, レペル先生の, ロウモン街に, ロシア人たちは, ロダンさんの, ヴィユウ・コロンビエ座アトリエ座ピトエフ一座ブルュッセルの, ヴォラールで, 一人歩きを, 一夜, 一寓に, 一流の, 一番高い, 一研究劇団に, 一道路に, 一隅に, 一隅の, 三月の, 上に, 上を, 上下を, 上空で, 下宿で, 下宿へ, 下宿を, 下宿屋の, 下宿生活の, 下宿生活を, 下層社会の, 下町っ, 不景気を, 中心に, 中心を, 中心地も, 中流以下の, 乗合馬車の, 事に関して, 事情に, 二カ所で, 交際境裡で, 人々は, 人たちは, 人士今, 人形が, 人氣場所などを, 今日此頃を, 体臭各, 俗歌以外には, 俗衆に, 停車場の, 停車場アン, 優雅さを, 兄さんも, 公私の, 公認女郎屋の, 共和祭の, 其れ, 冬の, 冬は, 冬らしい, 冬空, 冬空と, 冷たい霧, 凱旋通を, 凱旋門その他の, 凱旋門の, 凱旋門よりも, 前衛画派を, 劇場は, 劇壇で, 劇壇を, 北に, 北停車場から, 千日前の, 午前二時は, 半が, 半景, 友人に, 古巣に, 可愛ひ, 名家に, 名料理店フォイヨ, 君へ, 味は, 哄笑と, 商業劇場が, 喫茶店で, 図書館へ, 国立劇場では, 国立劇場グランドオペラに, 国立図書館の, 地を, 地図で, 地圖を, 地理に, 地盤の, 坊さんは, 坊っちゃんの, 城門は, 城門を, 声, 売春婦で, 外へ, 夜, 夜景, 夜景を, 夢を, 大並木街, 大博覽會で, 大学で, 大学の, 大学を, 大寺院ノオトル・ダアム, 大寺院ノオトル・ダム, 大市街, 大気中で, 大美術商ジユラン・リユイル氏, 大腿が, 大路を, 大通よりも, 大通りを, 大道を, 天文台に, 天文台及び, 夫の, 女から, 女であった, 好事の, 好事家が, 好事家に, 好事家の, 好事家中に, 好事家中よく, 如くその, 如く品好き風俗は, 妖怪像な, 婦人を, 子供が, 安料理, 宝石商といふ, 宝石屋荒し, 客舎の, 客間で, 宵の, 家に, 家庭では, 宿にて, 宿は, 寺の, 小包は, 屋根裏で, 屋根裏の, 山の手に, 山手ペール・ラシューズの, 山河性, 川上, 巡査が, 巨頭等の, 巴里たる, 巷の, 巷を, 市中と, 市中又は, 市内に, 市内小包は, 市区改正や, 市場へ, 市外に, 市民は, 市章は, 市街は, 市街を, 市門イヴリイを, 平和会議において, 広場街並木, 弟に, 影, 心臓に, 忠実な, 恐怖と, 悪戯小僧の, 情景は, 感情は, 戦いでは, 批評家の, 技芸学校出身の, 敷石の, 文人たちの, 文芸雑誌, 料理は, 料理を, 料理屋で, 料理屋に, 料理屋には, 新しい画派, 新夫人, 新流行歌, 新聞に, 新聞へ, 新興の, 方から, 方が, 方に, 方を, 方角を, 旅先で, 旅窓より, 日あたりとは, 日本人クラブ宛か, 映画館で, 春さきを, 春の, 春三カ月の, 昼ま, 時花歌を, 晩春を, 景色を, 書肆に, 最も好い, 最も楽しい, 最新画派の, 最高級商店街, 月が, 有名なる, 有様を, 朝に, 本場でも, 本邸に, 村, 東隅に, 林商店を, 椅子の, 植物園の, 極く, 歌を, 正月は, 母親は, 水に, 汚い宿屋, 洗礼を, 流行, 流行に, 流行も, 流行を, 消息を, 消防署長が, 混乱から, 混雑の, 演劇革新派は, 灯伯林の, 無礼講の, 焼いも屋, 煙突, 片隅から, 物足りなく思っ, 犬の, 状況が, 独立祭, 狭い在留者仲間, 狭苦しい下宿, 王宮の, 珈琲店は, 珈琲店や, 珈琲店通に, 理髪師では, 生活で, 生活にも, 生活に関する, 生活の, 生活を, 生活紐育の, 町, 町かどに, 町で, 町なかを, 画に, 画室で, 病院に, 百貨店プランタンの, 真中で, 真中へ, 眼と, 社交界が, 社会の, 称に, 穢い宿屋, 空は, 空気の, 空目蒐けて, 籠城を, 籠城中に, 紅バラ, 細き呼吸作用, 絵なぞは, 絵に, 美人の, 美人へ, 美術商が, 美術学校へ, 美術家と, 美術家とは, 美術家や, 美術服装家マレイ夫人に, 群優を, 羨やましい処, 自動車隊に, 舞台に, 舞台の, 舞台は, 舞踏会へ, 舞踏会へも, 舞踏会も, 舞踏場に, 芝居が, 花嫁なる, 花形画家で, 芸術を, 芸術街を, 若い詩人, 荒涼と, 華やかな, 葡萄検査所の, 藝術家の, 蚤の市倫敦の, 蝸牛といった, 街に, 街へ, 街上で, 街上に, 街上風景が, 街中でも, 街中を, 街角で, 街路に, 街路月の, 街頭で, 街頭に, 街頭は, 表通へも, 袋小路の, 裏町から, 裏町を, 裏街で, 裏通を, 見物は, 見物を, 観衆は, 記事が, 評判女, 話題と, 講和会議で, 講和会議の, 謝肉祭を, 警察署へも, 警視総監である, 貴婦人達は, 賑いかと, 賑やかさという, 路傍に, 踊り場で, 軽薄を, 轟も, 辻, 近郊, 近郊から, 近郊に, 近郊丈に, 連中です, 遊里を, 道も, 遺物, 遺物である, 郊外か, 郊外で, 郊外に, 郊外にも, 郊外へ, 郊外地帯を, 都が, 都で, 里昂停車場を, 開城倫敦の, 附近危し, 陋巷で, 除夜, 隅々を, 雑沓へ, 雑誌記者が, 雨なんかと, 雪景色に, 霧の, 青年画家の, 青年詩人を, 靴屋面白し, 風俗を, 風光も, 飛行会社で, 髄に, 髑髏洞を, 髪の, 魅力に, 魔窟に, 魔窟の, 魚屋の, 鳥瞰図が

▼ 巴里~ (294, 14.0%)

6 住んで 5 於て 4 いる日本人, 帰って, 来て, 滞在し 3 出た, 出て, 在留する, 居て, 残って, 着いた時, 着いて, 行って

2 [16件] ある勤め先, いないの, これという, 出で, 居た時, 居た頃, 居る間, 居る頃, 帰ること, 来ましたね, 比べて, 着いたばかりの, 行きましょうね, 赴きて, 連れて, 遊学し

1 [211件] あこがれてを, あった頃わたくし, あって, あり, ありし日本, ありて, あるとしても, あるの, あるわれわれ, ある一つ, ある劇場とい, ある岡, ある心, ある極, あ大変, いたとき, いた頃, いると, いる日本, この名, この話, さよならを, じっとし, すっかり馴染んだ, その名, ついてから, つきそれから, とどまつ, はじめて出かけ, はじめて足, ひとり暮らし, またいるらしい, また里昂, やつて, よりて, ゐた辰野隆氏, ゐては, ゐても, ゐるとき, ゐる中村星湖氏, ゐる間近所, アナトオル, ノオトル・ダアムが, 一年近く居る, 一箇所しか, 万国科学史委員会なる, 二人美人が, 二泊し, 住まつて, 住まぬゴツホ, 住むという, 住んでから, 住んでる米国, 何年ぐらいに, 來た, 入ったの, 入りて, 入りドーバー海峡越し, 入るや, 入る豫定, 再三来た, 出かける西園寺侯, 出た時, 初雪降る, 到着する, 十人程しか, 及んだ, 名を, 向って, 在った当時, 在りし日, 在留した, 多い, 多い物, 姑く, 学んで, 実が, 居た, 居たの, 居たら戦争, 居た人達, 居た彼, 居た折, 居ついた, 居ては, 居ましたので, 居りませんでして, 居るが, 居るの, 居るわけ, 居る娘, 居る家主, 居る独息子, 居住する, 岸本が, 帰つた様な, 帰つて親しく, 帰て, 幾つも, 幾日も, 幾軒か, 引き返すと, 往く, 往くこと, 御目見得した, 御逗留, 愛蔵せられ, 慣れて, 憑かれた者, 戻りしも, 戻りシェルシュ・ミディ街, 招致しよう, 持ちあぐむ自分, 持ち帰つた, 放送する, 於けるセーヌ河, 於けるヴィユウ・コロンビエ座, 於ける国立劇場コメディイ・フランセェズ, 於ける官立美術学校, 於ける第, 於ける話, 於ける講和会議, 於てすら, 於る, 日本人が, 時めく若干, 最後の, 本社の, 来た最初, 来ない, 来られたこと, 来れるを, 止まるやつ, 歸る, 死んだ, 残された, 残したの, 残した二つ, 残して, 残った, 比べると, 派して, 淡徳三郎氏, 滞在中この, 滞在中の, 滞在中も, 滞在中東京の, 滞留せられし, 滯在し, 滯在す, 漂着し, 潜伏し, 生れた, 生れ変りたいと, 留つて居た, 留まる時日, 留りたいと, 留学し, 留學の, 病む弟, 発生し, 着いた, 着いたの, 着いた二人, 着いてからも, 着きましたら私, 着くだろう, 着して, 着て, 知人は, 秋が, 移って, 置かれること, 置く危険, 美術家が, 落ち付いて, 落着い, 著いた, 行くも, 行った, 行った人, 行った時, 行つても, 襲って, 赴き前後二年滯在, 赴く, 起こった話, 越えたる処, 踏みと, 送った身, 送つた野菜物, 送られて, 送り還された, 送ろうとして, 這入り込んで, 遁れ帰りたる, 遊び例, 遊んだの, 遊んだ學者達, 遊んで, 遊學し, 長くいる, 開始せらるる, 開設せられし, 隠れて, 集って, 集る外国人, 音楽家は, 馴染むに, 馴染んで, 魅いられた

▼ 巴里~ (216, 10.3%)

13 来て 10 行って 5 帰って, 来てから 4 出て, 来た人 3 着いてから

2 [14件] 來た, 参る途中, 帰った, 帰ると, 書いて, 来たの, 来ましたね, 歸つた, 着かれると, 着くまで, 行かれる方, 行っちゃ, 行つたら, 齎した

1 [144件] いっても, いついらっしゃったん, いついらつし, おのこし, かくし女, ついてから, つけば, はいりたがって, むす子, やってきた, やってきたの, やって来た, やりたい意向, よこした手紙, 乗つた夜汽車, 乗り込んだ, 乗込んだこと, 住みついて, 何を, 來る, 入つた, 入市, 出てからは, 出ました, 出掛ける筈, 出発ったの, 出発の, 到着し, 到着した, 参りました, 向けて, 向けロンドン, 向け出発, 呼びよせて, 宛かずかず, 寄らずに, 帰ったの, 帰ったので, 帰った時, 帰つた, 帰つたら, 帰つたシヤランソン嬢が, 帰つてから, 帰つて来る, 帰らう, 帰られるという, 帰りたくなって, 帰ります, 帰り度い, 帰り着いたとき例, 帰る事, 帰る途中, 引越したり, 引返したら先生, 弧の, 忘れて, 戻って, 持って, 早く足, 来たて, 来たと, 来たので, 来た序, 来た当座, 来た時, 来た最大, 来てからも, 来ては, 来てること, 来られた外国婦人, 来られロンドン, 来ると, 来る日本人, 来る画かきが, 来る遊び客, 残して, 渡つた米国青年士官の, 渡つて実際, 滑り込もうと, 潜り込んで, 生れ代るの, 留学させ, 留学させる, 直接出掛け, 直行し, 着いたその, 着いたの, 着いた初め, 着いた時, 着いて, 着くこと, 着くと, 着したラセニール街二十九番館, 知らせて, 移り住んでからは, 移入した, 立ったの, 置いて, 置いときませんって, 舞ひ戻つた, 著いて, 行かれたと, 行きたいと, 行きましたから, 行きますと, 行きレペル先生, 行き今, 行き度い, 行く, 行くけれど, 行くこと, 行くと, 行くなら早く, 行くの, 行くん, 行く一行, 行く五人, 行く前, 行く機会, 行く汽車, 行く道, 行けなど, 行けば, 行けるとか, 行ける番, 行った, 行ったの, 行ってからの, 行っと, 行つた時久々に, 行つてゐた, 訊いて, 誰に, 走ったの, 走って, 送って, 送る手紙, 逃亡し, 連れて, 進入する, 遊びに, 運搬した, 集って, 飛ぼうと

▼ 巴里~ (125, 6.0%)

2 おなじキャンプ, 一人の, 日本人は, 暮して, 最初に, 育つた仏蘭西人

1 [113件] いえば, うつしたらボツボツ, お母さんと, かこつた相手の, かつて衣裳, この巴里, この戯曲, この木, この現実, そのよう, それが, つくらせた洋服, どんな仕事, なら外国人, もとめたネクタイピン, エリセーフ氏に, 一九一四年まで, 一夜顔を, 一年に, 一年中使う, 一旗上げたい, 三年昼寝を, 上映され, 下宿したい, 二三の, 亡夫の, 人の, 仏蘭西人と, 会って, 何等かの, 倫敦で, 偶然手に, 公園は, 出会うなんて, 出版された, 十日間上場し, 受取った姪, 受取りしたかずかずの, 名うての, 名女優ララ夫人, 名高い古い街, 嗅げば, 大尽遊びを, 夫婦は, 封切された, 岡田君と, 岡田君を, 岸本が, 幾人かの, 影と, 彼女が, 懇意に, 斯う, 斯うし, 新曲, 新画壇, 旗挙げ, 日本の, 暫らく暮し, 暮すに, 暮らし八月, 機関誌, 此の, 死を, 死んだ, 歿く, 毛の, 決闘といふ, 為替を, 物を, 生物学を, 画生を, 発行される, 皇帝と, 秘方の, 第一, 結婚した, 絵を, 老舗の, 聞かされたピサロ, 育ちましたから, 腰弁生活を, 自活し, 舞台に, 芝居を, 若し本当に生活, 落ちつける様, 著したルボン, 行ったかい, 見た, 観たイプセン劇, 観たスペイン, 観た芝居, 観られなかつたミケランゼロ, 読んだ巴里画報, 読んで, 誰れ, 識り, 議員に, 買ったという, 買って, 迎へ, 迷児に, 逢いました, 逢った頃, 過ごした三年あまり, 過ごし国立演劇学校, 金持と, 開かれた万国数学会議, 類似した, 風邪を, 飲むなら一壜八フラン, 飲んだ同じ

▼ 巴里~ (84, 4.0%)

3 見て 2 中心に, 出発した, 引揚げよう, 引揚げる, 指して, 発って, 発つ前, 走りに

1 [65件] お発ちに, これが, こんなに広く, さして殺到, すぢ, たずねた, 出る, 出る少し, 切りあげて, 南へ, 占領し, 去ったこと, 去った後, 去つて, 去て, 去らうとして, 去らなければ, 去られる博士, 去ること, 去ると, 去る事, 去る前, 囲繞く, 基点として, 天国と, 小さくした, 引払ふべき, 彩る先駆劇団, 思ひ出, 思ひ出します, 意味し, 抜け通つて, 持つフランス, 指し出発, 揶揄し, 極度に, 横からも, 発ち未明, 発った後, 発つと, 発つ時, 発つ間際, 眺めけり, 立ってから, 立つて, 立つ時倫敦, 立退く, 立退こうとして, 経て, 脅かされやう, 見し時, 見せて, 見るの, 見張って, 訪れシャン・ゼリゼエ劇場, 越えて, 辞し五月, 遠く離れ, 離れず, 離れずかえって, 離れたいと, 離れること, 離れるの, 離れメエトル夫人, 離れ伊太利

▼ 巴里から~ (54, 2.6%)

4 帰って 2 ドライヴ, 一緒に, 持って, 来た三人, 汽車で

1 [40件] すっ飛ばして, はるばると, やって来たの, ブラッセルの, 一番おし, 三時間で, 二時間ばかりの, 今日何時に, 來た, 倫敦へ, 写真師を, 出したの, 出たもの, 十何時間ブルタアニュの, 同行した, 家主の, 少し離れた, 帰られたばかりの, 帰りは, 帰りました時, 引上げなく, 手懸けに, 手紙が, 打った電報, 放送する, 最終の, 来いと, 来た手紙, 此処へは, 求めて, 沢山の, 流れて, 着いたもの, 私に, 自動車で, 西南へ, 西南方に, 遠くも, 避難し, 離れた田舎

▼ 巴里~ (37, 1.8%)

1 [37件] あらゆる刺戟, ある意味, このセエヌ, この居留地, とても古めかしく, どこの, どちらに, はじめてです, まだまだ暖か, よく深い, ゲラン会社製の, 一そう生き甲斐を, 七月の, 京都を, 今日も, 以前に, 何んとも, 何処でも, 何処へ, 再度兵乱, 凡そ五十年に, 勿論全, 包囲され, 奈良漬の, 子供を, 欧羅巴の, 殻に, 泣いて, 私には, 私達親子三人の, 絵画の, 近い, 遂に新吉, 重く曇っ, 陽気だ, 騒々しいが, 魅精を

▼ 巴里では~ (25, 1.2%)

1 [25件] この大戦, どんなかみ, どんなにか, どんなに早く, ほんの紀念, もうそろそろ新しい, エキゾチスムは, ミモザの, 一人で, 一度も, 二つの, 凱旋門の, 却つて此霧が, 地下鉄の, 夕食後に, 多くの, 専ら労働者, 斯う, 朝, 栄養不良の, 概して家, 言い合わしたよう, 買物に, 近所の, 黒髪の

▼ 巴里~ (25, 1.2%)

3 の日 2 の準備

1 [20件] が来, だ, ですが, といえ, に見, のとき, のはなし, の人込み, の写真, の右翼, の夜, の期間中これ等, の混雑, の話, の過ぎた, の雑沓, はもう一層, までいなきゃ, までこれ, を夫人

▼ 巴里~ (19, 0.9%)

2 云ふ, 倫敦の, 紐育の

1 [13件] アントワアプの, セエヌを, ロダンと, 世間話でも, 云う所, 云へば, 倫敦と, 口唱する, 古い記臆, 同じもの, 東京とが, 此処と, 謂は

▼ 巴里には~ (19, 0.9%)

1 [19件] お元日, お元日なん, もとより知る, よろしく, バジン・テアトル, リリシズムという, 上手に, 何でも有る, 何年ぐらい, 冷たい雨, 大小凡そ六十の, 政治経済界に, 新劇団, 楽劇を, 現在六十余りの, 甘い料理, 生きながら, 町の, 誰も

▼ 巴里~ (17, 0.8%)

2 見える

1 [15件] ひどく嫌ひだつた, よく見える, 人々を, 今年は, 佛蘭西人の, 君を, 寂しくなってる, 忘れられない, 東京で, 次ぎ次ぎに呑ん, 水色に, 眼の, 終点である, 近くなっ, 陥り内閣

▼ 巴里まで~ (16, 0.8%)

2 やってきた十年前, 出かけて

1 [12件] なんかと, まいります, まい戻って, わたくしブレーメンまで, 帰らなければ, 引き返して, 来て, 著いた, 行こうと, 行ったらさあ, 行って, 辿りつき

▼ 巴里にも~ (14, 0.7%)

2 倫敦にも

1 [12件] そのよう, ちょっとぐらい, なれ切ったので, 三十年まあ, 叔父の, 居られなくなる時, 沢山に, 澤山に, 移住せず, 行って, 送つて好評, 随分田舎

▼ 巴里~ (13, 0.6%)

2 倫敦では, 倫敦の, 倫敦を 1 アミアンの, セエヌや, 伯林などで, 倫敦で, 北京の, 北京を, 居眠る

▼ 巴里でも~ (12, 0.6%)

2 ベルリンでも 1 また私, 三ツか, 上海でも, 伊太利製や, 其意匠を, 敢て, 有名なある, 此間或, 沢山, 私は

▼ 巴里~ (12, 0.6%)

3 の酒場 21 でもなかっ, でもなかつた, と称する, のカッフェー, の小唄, の意気, の洒落た

▼ 巴里~ (11, 0.5%)

1 [11件] かけ廻って, であたし, にある, に仏蘭西じゅう, の人, の店, の最も, の癩患者, の美人, の視線, を駆け廻る

▼ 巴里より~ (9, 0.4%)

1 ほかに, 二時間半で, 仏里にて, 佛里法九十里に, 到着す, 来倫, 羅馬の, 葉書の, 轉じ

▼ 巴里~ (9, 0.4%)

1 から区切る, で興行, とのちょうど, にコンミユン制, に六つ, に来, の守本尊, を見せる, 第十一区三人姉妹街三番地

▼ 巴里という~ (8, 0.4%)

2 ところは, 言葉は 1 ところの, 所は, 都は, 題で

▼ 巴里市内~ (8, 0.4%)

2 の東 1 ではない, に散らばっ, の内訳, の娼婦, の子供, を行商

▼ 巴里での~ (6, 0.3%)

1 あの身, ように, 三年間が, 三年間に, 三年間の, 買ものも

▼ 巴里~ (6, 0.3%)

1 あと十日程で, いいところ, これを, すみなれて, 世智が, 高野の

▼ 巴里~ (6, 0.3%)

1 なんてそんな, に有頂天, の花模様, は一面耽美主義者, をしみ, をやつぱりそんな気分

▼ 巴里生活~ (6, 0.3%)

2 のあらゆる, の記録 1 の凡, は頗る

▼ 巴里郊外~ (6, 0.3%)

1 に新しい, の勝地, の或, の自然, の高等学校, を描い

▼ 巴里あたり~ (5, 0.2%)

1 にては職工, のそれ, の化粧品, の良い, を歩い

▼ 巴里における~ (5, 0.2%)

1 セーヌ河の, 日本美術愛好家の, 有名な, 生活上の, 癈兵の

▼ 巴里への~ (5, 0.2%)

1 出品が, 手紙は, 旅行者が, 汽車中, 面当に

▼ 巴里婦人~ (5, 0.2%)

1 が樹蔭, と異, の服装, の服裝, を観察

▼ 巴里~ (5, 0.2%)

2 の妓 1 にしげ, の広間, まで行く

▼ 巴里~ (5, 0.2%)

1 の余, の場合, の急行列車, の汽車, を申しでる

▼ 巴里って~ (4, 0.2%)

2 ずいぶんしみったれた 1 恋人に, 町にゃ

▼ 巴里コンミユン~ (4, 0.2%)

1 といふべき, の亂, の例, の話

▼ 巴里~ (4, 0.2%)

1 の涙, の生活, の通語, は髑髏

▼ 巴里じゃ~ (3, 0.1%)

2 窓の 1 日本人の

▼ 巴里~ (3, 0.1%)

1 からなあ, と云, のとは

▼ 巴里~ (3, 0.1%)

1 児である, 子では, 子は

▼ 巴里にて~ (3, 0.1%)

1 夜遊びし, 相見し, 色彩と

▼ 巴里へは~ (3, 0.1%)

1 おなじクロイドン飛行場, 何時御, 帰らないつもり

▼ 巴里までの~ (3, 0.1%)

2 一人旅は 1 途中で

▼ 巴里劇壇~ (3, 0.1%)

1 が生んだ, の一部, の注意

▼ 巴里唯一~ (3, 0.1%)

1 の芸術新聞コメデイア, の菜食料理屋, の遊楽街

▼ 巴里土産~ (3, 0.1%)

1 であったという, でもいかに, も出

▼ 巴里支店~ (3, 0.1%)

2 ではこの 1 では新型十万台廉売

▼ 巴里時代~ (3, 0.1%)

1 にはお, に百貨店, の皇帝

▼ 巴里暴動~ (3, 0.1%)

2 すポアンカレー 1

▼ 巴里~ (3, 0.1%)

1 なすべて, な朝飯, な街

▼ 巴里~ (3, 0.1%)

21 の化粧品

▼ 巴里馴染~ (3, 0.1%)

1 の千村, の小竹, の画家

▼ 巴里駐在~ (3, 0.1%)

1 の我が, の石井菊次郎大使, を終

▼ 巴里じゅう~ (2, 0.1%)

1 の口, の有名

▼ 巴里それ自身~ (2, 0.1%)

2 の性格

▼ 巴里~ (2, 0.1%)

1 やあんまり, ゆうを

▼ 巴里とか~ (2, 0.1%)

1 羅馬, 赤坂とか

▼ 巴里とは~ (2, 0.1%)

1 はや三時間, またそういう

▼ 巴里なぞ~ (2, 0.1%)

1 では不意, にはこの

▼ 巴里において~ (2, 0.1%)

1 最も有名, 林忠正は

▼ 巴里においては~ (2, 0.1%)

1 カモンド伯を, 一個人に

▼ 巴里にては~ (2, 0.1%)

1 夏の, 生計の

▼ 巴里にゃ~ (2, 0.1%)

1 あ凄, あ物凄

▼ 巴里ばかり~ (2, 0.1%)

1 でなく北, では

▼ 巴里へでも~ (2, 0.1%)

1 突撃し, 聞えさうな

▼ 巴里まねび~ (2, 0.1%)

2 の粧

▼ 巴里ッ子~ (2, 0.1%)

1 の, はダルタニアン

▼ 巴里フィガロ~ (2, 0.1%)

2 の小

▼ 巴里モンマルトル~ (2, 0.1%)

1 にて, のキャバレ

▼ 巴里ヴィユウ・コロンビエ座~ (2, 0.1%)

1 の学校, の首脳

▼ 巴里一流~ (2, 0.1%)

1 のホテル, の鞄店

▼ 巴里仕立~ (2, 0.1%)

1 の結構, の美術家

▼ 巴里仕込み~ (2, 0.1%)

1 と云う, の上等

▼ 巴里以来~ (2, 0.1%)

1 の事, の切っ

▼ 巴里停車場~ (2, 0.1%)

1 で紛失, に車

▼ 巴里全市~ (2, 0.1%)

1 に亘つて, は並木

▼ 巴里包囲~ (2, 0.1%)

1 の危険, は免れぬらしい

▼ 巴里博覧会~ (2, 0.1%)

1 において若井某, に陳列所

▼ 巴里在留~ (2, 0.1%)

1 の三人, の外国人

▼ 巴里大学~ (2, 0.1%)

1 で講義, の建物

▼ 巴里密航~ (2, 0.1%)

1 の旅費, の直前

▼ 巴里浅草~ (2, 0.1%)

2 のレストラン千客万来

▼ 巴里滯在中~ (2, 0.1%)

1 のかずかず, の詩人

▼ 巴里版ルイ・キャヴォ~ (2, 0.1%)

2 の絵

▼ 巴里生れ~ (2, 0.1%)

1 の探偵, の細君

▼ 巴里留学~ (2, 0.1%)

1 は画学生, を遂げられなかった

▼ 巴里社交生活~ (2, 0.1%)

2 を代表

▼ 巴里社交界~ (2, 0.1%)

1 の人気, の秘事

▼ 巴里絶頂~ (2, 0.1%)

2 の驕奢

▼ 巴里街道~ (2, 0.1%)

1 を五十碼, を数碼

▼ 巴里~ (2, 0.1%)

2 の社交界

▼ 巴里~ (2, 0.1%)

2 それで

▼ 巴里迄の~ (2, 0.1%)

2 二等車の

▼ 巴里迄は~ (2, 0.1%)

2 行けさうに

▼ 巴里~ (2, 0.1%)

1 がひどく, に行こう

▼1* [180件]

巴里おんなにきまってる, 巴里からの消息を, 巴里くらゐ人, 巴里このかたそんなに, 巴里行って, 巴里そのものを書く, 巴里たべある記, 巴里たる体裁は, 巴里児, 巴里っ子魂ではなかっ, 巴里でさえもうこんな, 巴里ですよ, 巴里でね此処へ, 巴里とが結びついた序, 巴里とより月桂冠を, 巴里の, 巴里などでなさる半分, 巴里などでこの種, 巴里などではシャンゼリゼエの, 巴里などにある, 巴里などもこの表情, 巴里などよりも小味が, 巴里ならでは見られぬなり, 巴里なる世界的旧友ゴンチャロヴァ女史に, 巴里においても芸術は, 巴里におけるにひとし, 巴里についていろいろの, 巴里によって自分の, 巴里に対して抱いて, 巴里に対する憎みを, 巴里へと向った時, 巴里へなんか出かけて, 巴里までも追って来た, 巴里アパッシュの唄, 巴里グラン・ギニョール座に傚, 巴里コンミューンの記念祭, 巴里サミシェルの, 巴里シャンゼリゼエ大通りの並樹, 巴里シャン・ゼリゼェの林, 巴里ジャアナリズムの全, 巴里ソンムラアル街の屋根裏, 巴里ッ児の真似, 巴里ツ子である, 巴里ツ子同士流行ツ児同士であり其, 巴里トロンシェ街の衣裳屋ポウラン夫人, 巴里ドーフィン街四十番地の古ぼけた, 巴里ニ居テコーランノ処ヘ通ッテ居ルソウジャナイカ, 巴里労働者ニシテ, 巴里ブウルジェへ, 巴里ラヂオ界の消息, 巴里ラプレ商店製の印, 巴里リッツ・ホテルの支配人レイ氏, 巴里ルウヴル美術館に陳列, 巴里ルクセンブルグ博物館のロダン, 巴里ルーヴル美術館の東洋部, 巴里ロウモン街のオテル・ダムステルダム, 巴里ヴァレンヌ街の舊居, 巴里一流ホテルのパン, 巴里一流服装家ベッシェール夫人の小, 巴里万国博覧会は共に, 巴里三春日満城来往譁, 巴里下りのマドモアゼル, 巴里仕立ての洋服, 巴里仕込みぢやありません, 巴里以上に雜沓, 巴里伊太利の歌, 巴里伯林ブラッセルアムステルダム何れも電信, 巴里伯林紐育東京は狐兎, 巴里ひの, 巴里體が, 巴里全体を通じて一晩, 巴里共産党の戦旗, 巴里其のもの, 巴里其他の都会, 巴里出発の日, 巴里初冬の劇壇, 巴里前衛画派中今は世界的大家, 巴里劇界の消息, 巴里しつつ, 巴里化粧品会社の製造, 巴里北停車場では直ぐ, 巴里十六区のアパルトマン代, 巴里叫喊地獄の詩人, 巴里名題の探偵, 巴里図書館の日本絵本類, 巴里国家主義の残骸, 巴里国立図書館がこれ, 巴里坤城内在住の漢民, 巴里夕刊を引つ, 巴里大学教授ブラウンセカールと講師シオ, 巴里大学講師として更に, 巴里天文台の傍, 巴里女優ラ・カバネルが四人, 巴里女共通の幽か, 巴里が此, 巴里好事家の間, 巴里の踊, 巴里に, 巴里尖端人に喜ばれ, 巴里屈指の飛行家, 巴里屋根裏の学者, 巴里展覧会に出品, 巴里巷間の追憶, 巴里市中の, 巴里市井の生活, 巴里市場に於, 巴里市外サント・ドミニック修道院に於, 巴里市庁からの免状, 巴里市民中の一, 巴里市民諸君のヴェルサイユ宮殿乱入, 巴里をこしらえる, 巴里幾年もの滞在外国人, 巴里府プリンス街に下宿, 巴里府ルーモルグに在る如き, 巴里庭園の美, 巴里の麥藁帽子, 巴里文壇の弥次馬, 巴里料理を通じ, 巴里流行とか, 巴里新聞の学芸欄, 巴里方面からは何等, 巴里旅館の豪奢, 巴里昼間新聞を買う, 巴里本邸の外アンジアン, 巴里東部の場末, 巴里りだなど, 巴里浅井氏ヨリ上ノ如キ手紙来ル, 巴里滞在について質問, 巴里滞在中の夫妻, 巴里滞在中二三の画家諸君, 巴里滞在中国際聯盟の仕事, 巴里滞在中岸本がこの, 巴里滞在中油絵の手ほどき, 巴里滞在期を清算, 巴里漫遊のむかし, 巴里無宿のアンリ・アラキ老, 巴里版タヴエルニエーの波斯紀行一卷六一六頁, 巴里特派員松尾邦之助氏の日本, 巴里特置員でバニスタア, 巴里珈琲店の屋根, 巴里生え抜きの巴里, 巴里生まれの気, 巴里画報の記事, 巴里画壇の大家, 巴里発電報では石井大使, 巴里盆地にさしかかる, 巴里眼抜きの大通り, 巴里着即後の私, 巴里祭前にも彼, 巴里立退きの幕, 巴里竜動を闊歩, 巴里の噂, 巴里一の, 巴里に在留中, 巴里籠城の圖, 巴里繁昌記を語った, 巴里芸術巴里の, 巴里若しくは日本高円寺の, 巴里英字新聞だいり, 巴里蚤の市の比, 巴里行きの急行, 巴里街上の風, 巴里街頭の家具店, 巴里街頭夜色清樹陰深処電灯明, 巴里裁判所へ移し, 巴里見物に続続, 巴里は, 巴里諸相の代表的, 巴里警察本部から移牒, 巴里警視庁のムッシュウ・ドュフラス, 巴里警視庁鑑識課長に就任, 巴里警視総監ムシュウ・モーランはこれ, 巴里能加牛津街上三春月海土園中四季花, 巴里輸入の絵葉書, 巴里退去を命ぜられた, 巴里にならう, 巴里遊学の費用, 巴里遊学中には姪, 巴里の金矢列車, 巴里雑誌ラ・ヴィ・パリジャンヌとが隣り合わせ