青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「巴~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

巧み~ ~巨大 巨大~ ~差 差~ ~差し 差し~ 差別~ ~己 己~
巴~
巴里~ 巻~ ~巻い 巻い~ ~市 市~ 市中~ 市場~ 市民~ 市街~

「巴~」 1356, 15ppm, 7627位

▼ 巴~ (278, 20.5%)

9 紋の 8 ように 4 産んだ小説 3 土を, 方へ, 方を

2 [23件] ほうばかり, やうな, やうに, 七つの, 上に, 中世に, 事情は, 事情を, 人々は, 如くに, 如く瞬時, 寒さ, 小さい小さい国, 戦地で, 提灯を, 文明という, 新大都の, 様に, 水を, 男女の, 紋を, 輪は, 都会生活殊に

1 [202件] いろんな国, お若, ことばこそ, それに, どこかに, どこかへ, なつかしい遊歴, むかしかたぎの, ような, アーケミーに, イギリスという, カフェーと, カロリナ刑法は, ゴブラン織という, ユーゴ, ルネッサンスが, 一国語に, 一番困難なる, 三つ紋の, 三時である, 上流と, 中で, 中世から, 中世にも, 中世的な, 主要部分の, 事情には, 事情の, 事情のみを, 事情殊に, 二つが, 人々も, 人と, 人形芝居は, 人間が, 人間を, 件丹下左膳鈴川源十郎一味の, 伊太利語佛蘭西語英吉利語獨逸語と, 何とかいう, 何処へ, 偉大なる, 兄今井兼平の, 光の, 公休を, 再婚説にたいする, 冒險船など, 制度文物を, 前世紀時代, 劇作家は, 劇壇は, 動物説話に, 化物は, 十七世紀文化に, 南で, 危機の, 古畫, 司という, 各部へ, 周囲を, 国情歴史風俗さ, 国王間にも, 土地から, 土地での, 地を, 地方に, 地方へ, 地理歴史文化風俗国情等一通りは, 地理的空名の, 地続きである, 基督教国の, 堕落は, 塔を, 墓という, 夏の, 外交家達は, 大乱治平せし, 大國の, 大戦争, 大波瀾, 大都市などといふ, 大陸語に, 天地は, 好色と, 如き宗教, 如き節操, 婦人は, 子供には, 字が, 字に, 学者の, 学者社会と, 学術の, 學者の, 安宿なみの, 寒い戦争, 小国の, 小説家には, 巴川に, 平和は, 年若き, 当り狂言にな, 心理に, 戦争が, 戦争は, 戦争も, 戦争独り見る, 戦場から, 戦線に, 戯曲は, 抄, 抄を, 提灯が, 提灯だけが, 提灯は, 政治の, 文化で, 文化殊に, 文学の, 文明は, 文明よりも, 文明を, 文藝批評家に, 新らしい, 方が, 方に, 方は, 方も, 方面は, 旅にて, 旅らしい, 旅行団は, 旗を, 書生に, 最北端に, 有様と, 本場仕込でなく, 東下説, 植物説話に, 模様を, 檜舞台で, 武勇の, 歴史の, 母性も, 母性的な, 民族説話は, 渦を, 片隅に, 生んだ最大, 生活に, 男の, 町なら, 画人を, 画家の, 白人が, 白鳥処女の, 目抜きを, 知性, 社会の, 社会生活も, 神話学界は, 秋の, 稀覯書肆の, 穉物語も, 紋が, 紋じゃ, 紋だ, 紋のだ, 紋も, 紋着の, 経済状態と, 結庵地としての, 線と, 羅典系文明が, 美術は, 羽織の, 自分の, 自然流の, 舞いを, 行く道, 街に, 西班牙とか, 西部戦線に, 詩壇に, 諸国に, 諸国王, 諸新聞, 豚の, 豚も, 貴族と, 貴族を, 近いの, 近世史上に, 近代文学を, 都で, 野菜料理て, 門前に, 間に, 間を, 隅々から, 隠語で, 青年達は, KOREA

▼ 巴~ (99, 7.3%)

8 なって 5 於て 2 傳は, 彼一人しか, 於ては, 行くと, 身を

1 [76件] あらためたの, いたとき, いること, いる人達, いる時, うようよし, こんがらかッ, した紋, すこし長く, またがっての, ゐた頃, ゐて, 一緒に, 乱れ卍, 五色で, 伝えし者, 伴れ, 住んで, 來た, 來る, 充満する, 入つて, 入乱, 兵法を, 勢力を, 參りました, 及ぶ, 名だたる第, 吹聽し, 在らしつた, 在るなり, 寝て, 對する, 廻ったかと, 引組んで, 憬れて, 数千部を, 於けるかの, 於けるそれ, 於ける印度学上, 於ける各, 於ける悲劇, 於ける文明国, 於ける最後, 於ける無, 於ける神話学, 於ける訳本等, 於ても, 有名に, 来て, 比べると, 求めば, 流れこみいろいろ, 流布し, 渦を, 漂浪のみ, 火と, 現はれた, 生れたけれど, 知らるるや, 筋違い打身に, 紹介した, 至つて耶蘇教文學と, 行き又, 行ったが, 趣い, 這入つたこと, 這入り耶蘇教的, 通ずる何もの, 通ずる電信, 遅れを, 遊び英吉利, 都會多し, 鉄炮を, 関連し, 附着い

▼ 巴~ (96, 7.1%)

5 の前, の旦那 4 の店 3 の重三郎 2 の七平, の主人, の二階, の五助, の暖簾, の若旦那

1 [67件] からとして書い, から急, から路地, が金, では娘, でも中二階, で休ん, で温かい, で緩く, というの, という漆屋, という芸者屋, という飛ん, といふの, といふ藝者屋, とは反対側, と外, について越智, には思ひ, にも別に, に並ん, に入っ, に腰, のお, のお茶汲, の一人娘, の三右衛門, の伜, の内儀, の友鶴, の地内, の塀, の女共, の女殺し, の娘達, の家, の寮, の披露目, の方, の施米日, の番頭, の番頭手代, の窓, の若旦那重三郎, の茶汲女, の裏, の豪勢, の送り, はお通夜, はこうスラスラ, はそんなに, は万両分限, は二度目, は名物, は繁昌, は表, へでも行かう, へ入る, へ帰る, へ押し, へ揚がった, へ来, へ行っ, へ行つて, を覗きます, を飛び出す, を飛出す

▼ 巴~ (91, 6.7%)

4 のむす 3 なの 2 かてんで, に来, よ, を発つ

1 [76件] うまれであったこと, かロンドン位, か倫敦, が君, が適確, が2・30PM, だって返す, だらうが, であった, である, であるが, であるだけ, でしたな, ならでは, ならパツシイ, に, にいた, においてしばしば, における七月, にだけは出, にて豊, には人皆, には學生達, には潜ん, にまもなく, にゐた, に一箇月寝泊り, に住み, に居る, に来られし, に留り, に置い, に自分, に身, に遊學時代, に馴染む, の唄う, の土地, の町中, はかつて, はロダンさん, は恐, は手, は迎えいれ, めかして, もおいおい, もよく, もわが, も中, も場末, も遂に, らしい人, らしい感じ, をうずめつくした, を出発, を出立, を占領, を味, を天国, を客舎, を尊敬, を知っ, を立つ, を終った, を美術家仲間, を自分達, を舞台, を見張っ, を見捨てた, を見棄てなけれ, を観, を訪れ, を訪れた, を走つ, を高い, 慣れた新吉

▼ 巴里人~ (45, 3.3%)

2 とが私, の夜明し遊び, の眼

1 [39件] から非道, が彼, が日曜日, が絵, が都会, であること, という一個, とに向, と江戸, なので, なんかでも一般, には此月, に挨拶, に見せました, のならわし, の事, の仏蘭西人, の好奇心, の性格, の殆ど全部, の注目, の祭, の積り, の視聴, の趣味, の車馬, の間, は一世, は倹素, は十五歳以下, は彼, は老若男女, は郊外, よりももっと早くから, らしい早口, らしく鷹揚, をも尋ね, を悦ばせた如き, を縮み上らせた

▼ 巴~ (39, 2.9%)

3 堕落させた 2 描いて, 描くところ, 見て

1 [30件] えがいて, すてて, 一つ照らし, 古今無双な, 同じくする, 堕落せしめた, 射たり, 巻くもの, 廻って, 弁信が, 捲いて, 描きそう, 放浪し始め, 旅した, 書いた, 染め出した麻, 模倣し, 歩きつくすため, 漆で, 漫遊し, 画くこの, 立たれたの, 美しい勇婦, 襲い来たり, 見た眼, 観て, 進歩せしめた, 選んだか, 除きては, 風靡し

▼ 巴~ (36, 2.7%)

2 に受, の門

1 [32件] が死んだ, が突然, が近代, だが, で他, で支那人, で跣足, とか云う, としてフランス, として最初, との前, とを打ち倒し, と同じ, によって黄金, に依, のそれ, の地, の子供, の愛讀, の混血兒, の経験, の考, の見地, の誰彼, の顔, の魂, は政治上, は麦酒樽, もこの, も矢張り, を凌い, を噬ん

▼ 巴~ (34, 2.5%)

4 来てから 2 入つた, 行くの, 行ったり, 駆落ち

1 [22件] 出掛ける旅費, 往っても, 往つた時牧草としては, 旅行し, 旅行に, 来て, 派遣させられた, 渡りそこで, 渡りましたの, 渡る航海中, 留学し, 発つとき, 行きつくまで, 行く人, 行けなくなって, 行って, 行つた気が, 行つた経験の, 輸出される, 輸出する, 逆輸入, 遊学し

▼ 巴~ (28, 2.1%)

1 [28件] すらが露西亜, ならああ, はつひ, はなん, は今日, は哲学者プラトー, は戦争前, は早く, は無い, は現在, は見物, まだ種痘術, もなし, も同じく, ベルリンとか, 一世の, 喧ましく, 埒が, 妙な, 島津は, 文化を, 最も敏感, 最も贅沢, 最も贅澤, 生きて, 発見せられた, 考へたの, 顔を

▼ 巴~ (24, 1.8%)

10 を巻い 4 の中 1 といふ事, のこと, の烈しき, の真只中, もまた, をつくり, を卷いた, を巻き出した, を巻き起こした, を巻く

▼ 巴~ (20, 1.5%)

2 一枚

1 [18件] いい見せしめ, いるし, ここの, たった一人落, ハムレットに, 一つに, 一つ片頬に, 今日この, 今日の, 嫌いです, 淵と, 私は, 稀代な, 義仲の, 落ちのびた地, 開けたの, 顰蹙するであらう, 風呂へ

▼ 巴~ (19, 1.4%)

3 なって 2 廻せ廻せお

1 [14件] からんで, した, 云ふ, 亜米利加では, 交際する, 右巴で, 同じ様, 名け, 志水冠者義高との, 日の丸の, 日本とは, 結び一七四四年八月一部をもって, 葵の, 衣類の

▼ 巴~ (16, 1.2%)

3 の地 2 に使

1 [11件] とひろく, に雄視, に非常, のほう, の奥地, の方面, へ通じ, へ通ずる, をとり, を取っ, を図る

▼ 巴から~ (15, 1.1%)

1 [15件] この東洋, アメリカに, 亜米利加へ, 使を, 凶報の, 出戻りの, 土方が, 帰って, 帰て, 帰りましたもの, 帰朝する, 持帰つた荷物の, 文明を, 渡り即ち, 私の

▼ 巴ヶ淵~ (14, 1.0%)

5 の岩 2 の水底 1 から冠者, じゃ, で花村甚五衛門, に沈ん, の不思議, の底, へ蹴込ん

▼ 巴丹杏~ (13, 1.0%)

3 のゼリー 2 の匂い 1 などが其邊, のグラスカスター, やまるめろ, や杏仁水, や林檎, や梅, より稍, 同

▼ 巴御前~ (13, 1.0%)

1 [13件] が現われ, じゃない, だけが古来, でも再来, で外, との仲, と葵, に福兄さん, の一説, の捕われ, の方, はわたし, を描いた

▼ 巴~ (12, 0.9%)

1 [12件] あれ程の, ただの, みんな一つの, イブセンの, ピラネエ山脈に, 一般に, 全滅した, 土地が, 後に, 戦争を, 日中に, 義仲の

▼ 巴~ (11, 0.8%)

2 に響く 1 での最も, に入, に派し, のギャング共, の都会, へ出馬, を逃げ廻った, を遍歴, 第二

▼ 巴~ (10, 0.7%)

3 を詰め 2 を喫 1 の火, の煙, をうま, を撮みだし, を詰める

▼ 巴~ (9, 0.7%)

1 ある宝相花文, みえぬ木曾路哉, バラ, 亦同じ, 今度の, 出る倶利伽羅, 必ず此位, 恭順を, 葵も

▼ 巴~ (9, 0.7%)

2 なる里昂停車場 1 で捕縛, で新, の, の料亭, の燦爛, へ行った, を出発

▼ 巴~ (8, 0.6%)

1 といふ看板, とか言, とか言いました, に八重次, に立寄り, のもの, へ出入, へ電話

▼ 巴~ (8, 0.6%)

2 はとほし 1 と号す, に対した, に猟, の夜雨秋池, は楼, は雨

▼ 巴山夜雨~ (8, 0.6%)

5 の時 1 の四字, を話, 漲秋池

▼ 巴~ (8, 0.6%)

2 のさけび 1 と呼びならわし, と呼ん, の地, の地方, の片, を連想

▼ 巴~ (8, 0.6%)

2 の函館, の進路 1 に坐る, に塞い, に眠っ, の行進

▼ 巴~ (7, 0.5%)

3 の周瑜 1 から帰っ, という所, へ出, を出

▼ 巴~ (6, 0.4%)

3 丞の 1 丞が, 丞は, 丞を

▼ 巴~ (6, 0.4%)

1 などは打ち捨て, に入っ, の土民, の搦手, の裏山, を瓦礫

▼ 巴絵さん~ (6, 0.4%)

1 である, のうち, の聡明さ, の胸中, は岩田君, もきつ

▼ 巴~ (6, 0.4%)

1 に反旗, の張脩, の臨江, の西, をとおり, を越え

▼ 巴~ (6, 0.4%)

1 な感じ, な港町, に数, に斷髮, の外套, の植物園

▼ 巴でも~ (5, 0.4%)

1 チロルあたりまで, 例へば仏蘭西, 北の方で, 南欧の, 最上等の

▼ 巴にも~ (5, 0.4%)

1 あります, なからずや, アメリカにも, 中国の, 見あたらないよう

▼ 巴剌帖木~ (5, 0.4%)

1 が続こう, が酌, の手, の捧げる, はびっくり

▼ 巴屋三右衛門~ (5, 0.4%)

1 が一代, が施米, はここ, は番頭, は黙っ

▼ 巴文明~ (5, 0.4%)

1 から離れなけれ, の本質, の糟粕, を否定, を堕落

▼ 巴~ (5, 0.4%)

1 にて遍く, に到る, の兵学, までは幾千幾百哩, 大いに乱

▼ 巴~ (5, 0.4%)

2 を探険 1 で籠城, に滯在, のルーヴル

▼ 巴~ (5, 0.4%)

2 の方 1 の小, の弓師, の邸

▼ 巴西~ (5, 0.4%)

1 から徳陽地方, から漢中, の産, へ向った, を発し

▼ 巴~ (4, 0.3%)

1 アメリカに, 北米ゾーンと, 南方諸島との, 支那の

▼ 巴~ (4, 0.3%)

1 州では, 體に, 體にまで, 體の

▼ 巴利語~ (4, 0.3%)

1 でいえ, の文献, の講座, はなる

▼ 巴各国~ (4, 0.3%)

1 に行く, のみならず, を巡回, を彼方此方

▼ 巴屋さん~ (4, 0.3%)

1 が金, と仲, と年中喧嘩, の方

▼ 巴投げ~ (4, 0.3%)

1 にでもされた, の妙技, をくった, を食い

▼ 巴~ (4, 0.3%)

1 で逢う, には鵜船, に来る, を渡っ

▼ 巴~ (4, 0.3%)

2 の旗 1 ある時, などを描きます

▼ 巴蜀地方~ (4, 0.3%)

1 に使, の総称, は一種, を併合

▼ 巴からの~ (3, 0.2%)

1 文学を, 移民波蘭土人露西亜人伊太利人ルウマニア人, 船を

▼ 巴には~ (3, 0.2%)

1 いたらしいが, こんなバカ, 悪魔学の

▼ 巴且杏~ (3, 0.2%)

2 の生る 1 は李

▼ 巴~ (3, 0.2%)

1 という名称, の例会, 御連中

▼ 巴家寅子~ (3, 0.2%)

1 と云, のつまり, の場合

▼ 巴屋山三郎~ (3, 0.2%)

1 が何ん, は五十五六, は人手

▼ 巴山吹~ (3, 0.2%)

1 のそれ, の其, をからませ

▼ 巴戦争~ (3, 0.2%)

1 が起りまし, に依つ, は交戦国

▼ 巴文学~ (3, 0.2%)

1 とやらいう, に見え, の作品

▼ 巴板額~ (3, 0.2%)

1 ごときおちつき, だよ, もいねえ

▼ 巴~ (3, 0.2%)

1 であ, に轉, ノ意譯ニシテ

▼ 巴~ (3, 0.2%)

1 國の, 國を, 民族間の

▼ 巴~ (3, 0.2%)

2 の細 1 といひ

▼ 巴じゅう~ (2, 0.1%)

1 に七十人あまり, の客車

▼ 巴でしたい~ (2, 0.1%)

2 放題な

▼ 巴では~ (2, 0.1%)

1 その歴史, 八世紀の

▼ 巴という~ (2, 0.1%)

1 ところが世界, ものを

▼ 巴なら~ (2, 0.1%)

1 小学校の, 疾くに

▼ 巴まで~ (2, 0.1%)

1 荒き浮世, 通用した

▼ 巴までも~ (2, 0.1%)

1 乗切ること, 航海を

▼ 巴スタイル~ (2, 0.1%)

1 のグランド, の淫事

▼ 巴亜米利加~ (2, 0.1%)

1 の大陸, を廻つて

▼ 巴人の~ (2, 0.1%)

1 よりも更に, よりも短い

▼ 巴人種~ (2, 0.1%)

1 とか亜, の相

▼ 巴利國~ (2, 0.1%)

2 次有支惟國

▼ 巴動物説話~ (2, 0.1%)

1 と同一, の根源

▼ 巴哈台~ (2, 0.1%)

1 からは支那領, までの行程

▼ 巴~ (2, 0.1%)

1 である, は子初

▼ 巴屋七平~ (2, 0.1%)

1 はそれ, は血

▼ 巴山此去~ (2, 0.1%)

1 尚千里, 尚千重

▼ 巴~ (2, 0.1%)

1 のさけび, の絶壁

▼ 巴方面~ (2, 0.1%)

1 の密使, の海上

▼ 巴月等~ (2, 0.1%)

2 も皆彼

▼ 巴民族~ (2, 0.1%)

1 のみならず, の此種

▼ 巴~ (2, 0.1%)

1 だとかの, をやつ

▼ 巴~ (2, 0.1%)

1 なもの, の社會生活

▼ 巴~ (2, 0.1%)

1 ではない, の全身真っ黒

▼ 巴~ (2, 0.1%)

2 一の

▼ 巴~ (2, 0.1%)

1 が棲ん, を殺し

▼ 巴蛇象~ (2, 0.1%)

1 を呑む, を食い

▼ 巴行き~ (2, 0.1%)

1 の支度, を思い立った

▼ 巴~ (2, 0.1%)

1 が西方, を圧し

▼ 巴黎院~ (2, 0.1%)

1 といふ一頃通り, のマスタア

▼1* [168件]

あたりの商船, 巴あらゆる國, 巴がくや, 巴桐佐かで, 巴かぶれも爰, 巴からも若い研究者, 巴きっての名将, 巴くんだりまでやって来, 巴こそかなしけれ, 巴するようにと, 巴だけが自邸に, 巴だけのことで, 巴だったが西園寺家, 巴だったら小説家としても, 巴ゆうに鐡道, 巴でなくても穀物, 巴での旅の, 巴といふような, 巴との二大陸には, 巴とをほとんど皆, 巴などの虚飾に, 巴などへ出て, 巴なり汝が, 巴なりといはれて, 巴なりのカーヴを, 巴なるに反し, 巴において考ふる, 巴における拷問器具, 巴にては善き夜, 巴になつて斬り結ぶ, 巴ふうなん, 巴んじ, 巴または宝貝の, 巴までの化物を, 巴もぐさを, 巴もずつと近くなつた, 巴ト為ス巴モ亦蕉, 巴ナイズされん, 巴古器物特ニ利器, 巴ハンガリーの都ブタペスト, 巴亦蕉, 巴ヨリ移住シタル鐵器使用人民ハ亞米利加舊來ノ石器使用人民, 巴中心説を排する, 巴事情の究明, 巴二三ノ地方ニ三時代變遷, 巴五百五十万個という大きな, 巴亜米利加辺りの新, 巴交際社会の一つ, 巴人同士血で血, 巴人太白廟前の大松, 巴全体が敵, 巴出来の享受主義, 巴刊行の書籍中漢字, 巴利文である, 巴剌帖木その他参謀等多勢厳しき武装, 巴剌帖木朱の袱紗, 巴して, 巴に打ち乱れる, 巴南峡行吟墨士州米山雲裏隠布島浪間浮, 巴南運河をみ, 巴の紋章, 巴及び北部欧羅巴の, 巴とは申しませぬ, 巴國を, 巴在来の種類, 巴地図の上, 巴數の, 巴夫人でこれ, 巴奈馬桑港博覧会に出陳せり, 巴のこと, 巴巴生姉妹が, 巴学界は決して, 巴家八重次藝者をやめ, 巴家寅子丸一小仙, 巴家老妓の好意, 巴小学校に移り, 巴屋七平江崎屋清五郎などは滅茶滅茶, 巴屋三右衛門相好を崩し, 巴屋五助が采配, 巴屋六右衛門というの, 巴山人は早稲田出身, 巴山人奮然意を決して, 巴山人赤木君の経営, 巴山夜雨時と詠じた, 巴山山脈にさえぎられ, 巴山此を去る, 巴山湖山両子の美育社, 巴巡回中の胸算, 巴の脚絆, 巴御前ぢやない, 巴御前兄が留守, 巴御前山吹御前ああいう, 巴御前楠木正成新田義貞源義經那須與一等で綺麗, 巴によって破壊, 巴志の王朝が亡ぶ, 巴志王に亡ぼされた, 巴に亡ぼされた, 巴戟天舍二先生の筆蹟なほ新, 巴戦争後経済界に非常, 巴で相手, 巴拉乖等の史, 巴提使は虎, 巴文化の唯中, 巴文學とやらいふ, 巴文明観が間違っ, 巴時刻を指し, 巴最初の犯罪取扱業者, 巴最前線の, 巴といえ, 巴東三峡猿鳴く悲し, 巴東寺僧青磁碗を得, 巴款冬とて二人, 巴比崙よ花, 巴の東京版画, 巴求古本神山宗教見新開, 巴法師の歌, 巴の新, 巴流長刀目録御伝授, 巴浜巴の上, 巴渦すててこの円遊, 巴演劇を窒息, 巴という彼, 巴焼きなどをこれ, 巴爾幹半島にゲルマン民族, 巴理博覧会シカゴ博覧会にも皆, 巴生姉妹が躍りあがる, 巴町附近辺まで遣られまし, 巴留学の途, 巴的伝統の醸し出す, 巴的女子職業に自営, 巴的教養を感じさせ, 巴応じ対動, 巴の諸, 巴米利堅の風教, 巴系統の訛言葉, 巴を描く, 巴繪づくしの華やかさ, 巴置く岬松原温泉が, 巴若くは濮, 巴葵山吹があり, 巴を波世乎波, 巴虎列拉といい, 巴蜀以南に奉, 巴蜀文化の殷賑, 巴を命ぜられた, 巴西下弁地方はいまや, 巴西地方からすべて, 巴西宕渠の人, 巴西方面から, 巴西間近へつめ, 巴諸国に使節派遣, 巴の大国, 巴辺のは非常, 巴迄も通用する, 巴の沿岸, 巴といふところ, 巴里人そつくりの君, 巴里人ジヨオ蒐集板画目録中岩井半四郎が座頭, 巴里人気質である, 巴里全体が定, 巴という作家, 巴銭屋宗納が使い, 巴顔喀喇山脈中にチベット人, 巴風呂へ參, 巴剳の, 巴黎条約までが七年間, 巴黎郊外の林, 巴の句