青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「己~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~巧み 巧み~ ~巨大 巨大~ ~差 差~ ~差し 差し~ 差別~ ~己
己~
巴~ 巴里~ 巻~ ~巻い 巻い~ ~市 市~ 市中~ 市場~ 市民~

「己~」 10391, 112ppm, 943位

▼ 己~ (2023, 19.5%)

33 ために 31 家へ 30 顔を 23 家の 14 心の 12 ような 11 命を 10 事を, 家に, 心を, 方が, 胸の 9 体を, 室へ, 目に 8 名を, 手に, 方で, 方へ 7 ものだ, 手を, 目を, 言うこと, 身を, 頭の 6 中の, 側へ, 内に, 前に, 心に, 目の, 目は, 胸には, 詞を, 身に 5 中に, 傍に, 処へ, 前へ, 口から, 方から, 為に, 物だ, 罪を, 財産を

4 [17件] やうに, 前を, 姿を, 娘が, 娘の, 室で, 家を, 手で, 方を, 欲するところ, 欲せざる, 考では, 耳に, 許に, 運命を, 頭は, 頭を

3 [50件] うちに, ことを, この胸, ため人の, 云う事, 代りに, 仲間の, 体が, 体に, 内なる, 分を, 利益を, 口に, 声を, 女房を, 如く汝, 娘を, 子を, 家で, 帰りを, 帰るの, 店の, 悪事を, 意志を, 意見を, 愚を, 慾を, 所へ, 方に, 樂を, 気持を, 爲に, 状態を, 盃を, 目で, 肩を, 背後に, 胸に, 胸は, 脚を, 苦しみを, 言うの, 詞が, 足の, 身の, 返事を, 運命に, 部屋へ, 頭に, 顔の

2 [146件] いうこと, いふ事, ことの, せいじゃ, ためとか, ためにとて, ためには, はたらきで, ものと, やうな, やくざな, 下宿の, 不面目と, 乏しい詩業, 事だ, 云うこと, 亡命の, 仕事に, 仕事を, 位置を, 体の, 傍には, 傍へ, 傷つき易い, 光の, 八犬伝は, 力に, 力を, 勝手に, 口へ, 名は, 周囲には, 周囲は, 周囲を, 善, 善を, 土地を, 圭角を, 垢を, 場合この, 墓の, 墓を, 外の, 外形を, 夢は, 夫と, 女房に, 好む所, 如く愛し, 妻と, 姿に, 子だ, 子の, 存在を, 宅へ, 室に, 家じゃ, 寝室へ, 寝床へ, 小供, 島の, 師と, 席へ, 影が, 往く頃, 後へ, 心は, 心もちが, 心持が, 性命の, 性命を, 恋は, 息子の, 意の, 意志で, 愚なる, 愛を, 手では, 持って, 方からも, 方は, 最初に, 有に, 来たの, 根を, 欲するまま, 欲する所, 欲望を, 歸依處を, 死を, 死際にも, 毛皮の, 気の, 気持が, 為めに, 煙草畑を, 物と, 犠牲に, 珠なるべき, 珠に, 理想を, 生を, 生命と, 生活を, 疎開に, 盃へ, 目には, 真の, 眼が, 眼の, 眼を, 睡つて, 知った事, 知って, 知らないで, 知識の, 私情を, 積で, 空費された, 立って, 肩に, 苦痛を, 血を, 行為に対する, 詩業に, 詩集が, 話すの, 識見に, 足で, 足を, 身が, 身体に, 身体の, 身体を, 身體に, 軽蔑し, 過去の, 道を, 部屋に, 金を, 長を, 霊の, 非を, 顔が, 顔も, 首が

1 [1098件 抜粋] あこがれ寄る, あとには, あの晩, いう通り, いったこと, いなくなった後, いること, うたいし, かう思つたの, が力, ここよりは, ことで, ことは, この体, この呪われた, この無邪気, この肉体, この面, ごとくに, ごとく愛すること, した事, して, すがた, その声, ためだ, ためのみの, だ, ところへ, なかに, は真理, ほかにも, また起ち, めざす世界以外, ものの, やさしかつ, やりたかったこと, ように, スクーナ一船を, ロシヤ語なんざあ怪しい, 一生の, 一番好い, 一番荷厄介に, 一部分だ, 上に, 上役でも, 上締を, 不名誉を, 不審は, 不幸の, 不為に, 世の中だ, 世界に, 世界観人間観を, 中で, 主義を, 乗って, 了簡次第だ, 予期した, 事なら, 事情とは, 云う通, 云ふ, 人と, 仂なき, 今夜の, 今言, 仕事だつ, 代理として, 休息する, 住んで, 住居する, 体は, 使つてゐる, 信じる兵道, 信ずるまま, 信念の, 健康を, 僞りならざる, 僻耳でないなら, 儲けた金, 先祖が, 児を, 入国を, 全てを, 全身を, 内では, 内は, 内より, 冠て, 冷, 処え, 処置の, 刀が, 分の, 判断力に, 利欲の, 利益の, 前で, 前方へ, 割に, 力で, 力にて, 力を以て, 助くべき狭山, 努力によって, 卯です, 危難に, 厭がる, 友人に, 友達だ, 取らうとして, 受ける筋合い, 口からは, 口の, 口一ぱいに, 召すの, 右の, 右左に, 同行に, 名前は, 周囲に, 味方に, 呼吸と, 命が, 命よりも, 問う事, 善き志, 喜び悲しみと, 嗜好は, 四方どこにでも, 国に, 地位だ, 地声さ己あ, 境涯を, 墓に, 声の, 外を, 大好, 天幕に, 天幕は, 夫に対しては, 失策だった, 契の, 女房が, 女房であった, 好い子, 如く晴和, 如何ばかり, 妖怪と, 妻でも, 姉な, 姪の, 姿で, 威信を, 娘だ, 娘達ドオリス族の, 子, 子として, 子ほど, 子供に, 学を, 守本尊が, 官能が, 宝物を, 室から, 室より, 家, 家にて, 家は, 家庭を, 家族の, 宿へ, 密夫の, 寝台の, 寺へ, 小功, 居間で, 工夫した, 己惚れが, 巾着を, 帚で, 帰るまで, 年は, 年齢で, 幻覚かも, 店に, 座敷から, 弟が, 弟は, 弟子じゃ, 弱きを, 当然嗣ぐべき, 影の, 役に立たぬ, 待って, 後生の, 御新造に, 心が, 心には, 心もちを, 心中にて, 心境を, 志が, 怒も, 思うには, 思う通り, 思って, 思想である, 思想己の, 性分に, 性根が, 性質として, 恋の, 恐怖は, 恩義には, 息に, 悪い事, 情に, 意に, 意図が, 意志, 意志より, 意識は, 愚かさを, 愛する者, 愛だ, 愛着の, 感情である, 感情は, 慈悲だ, 慣れぬ事, 憂苦を, 憎む相手, 憐憫を, 懐から, 懐の, 所が, 所天を, 所感を, 所有と, 所有とを, 所業のみ, 手から, 手にはをへねえ, 手の裏の, 手前たちに, 手柄を, 批評の, 持場に, 指は, 挙動を, 掌の, 推察した, 放火せる, 故郷の, 故郷以外の, 教えた事, 敬愛せる, 断食も, 方さ, 方にゃ, 方まで, 星より, 智慧を, 暗い影, 書かうと, 書くもの, 書のみを, 最も怖, 最上の, 最後の, 有する雄鳥, 有つて, 望む所, 期待に, 未来を, 本分を, 本能と, 本領を, 村へ, 枕の, 栄華の, 楽しむところ, 楽を, 様子を, 次は, 欲するもの, 欲する好餌, 欲望にとって, 此処に, 歩を, 死で, 死ぬの, 死ぬる時刻, 死後の, 残虐な, 殻の, 気に入って, 気に入らねえ兄, 気を, 気力を, 気質に, 水牛を, 求めて, 流儀が, 浮気に, 清淨の, 満足を, 為すところ, 無い芸術家, 無作法は, 無地の, 無知と, 煙管は, 爲にも, 爲る, 父様に, 物が, 物であった, 物を, 独断には, 玉の, 理智の, 生の, 生れ故郷と, 生存を, 生死の, 生活に, 生涯から, 生涯の, 生涯を以て, 用は, 田畑は, 留守に, 當然嗣ぐべき, 病いにも, 病所に, 監獄で, 目の下で, 目ろみ, 目的として, 真似を, 真相を, 眼で, 眼は, 着る衣類, 知つたのは, 知らないと, 短所を, 確かに, 祖父が, 神経が, 神経は, 祷は, 私欲を, 程度を, 稼ぎ溜た, 窮を, 立派な, 立論の, 筆跡で, 策に, 箱を, 精神を以て, 紋が, 素性も, 経営し, 経験に, 絶えず胸, 繁榮を, 罪滅しが, 美しさ, 義理を, 考えじゃあ, 考えた所, 考えといった, 考えるとこ, 考へて, 耳には, 耳の, 耻を, 聲を, 職業に, 肉体を, 肩の, 背たけよりも, 背中へ, 背後の, 胸へ, 胸を, 能を, 脈管には, 脳漿に, 腕を, 腹に, 腹の中で, 臂の, 臆病より, 自我の, 自由意志に, 至らん罪では, 舟の, 船仲間の, 芸名と, 芸術眼を, 若くって, 苦労する, 苦痛は, 茄子だ, 菓子を, 薄情を, 血で, 血は, 血筋の, 行く道, 行末の, 行為を, 表現である, 裸身を, 襟が, 見たの, 視線の, 覚悟を, 親戚と, 親署は, 親類に, 言ってること, 記憶に, 許へ, 詞も, 詫言し, 誇らるるなりけり, 課の, 調子は, 財布に, 責任を, 賦詩を, 足に, 跡へ, 路をわ, 身にとって, 身の上が, 身体で, 身体は, 身分から, 身體は, 追い込んだよう, 這入つて, 進むべき道, 過ちだ, 過去と, 過去に対する, 道徳品行を, 選挙区の, 邪魔を, 邸の, 邸内に, 郷土の, 都合ばかり, 都市の, 里に, 金が, 金入を, 鑑定では, 長短利病を, 門人で, 間抜けたりとも, 陰謀の, 雑誌が, 離染を, 霊で, 霊は, 非行を, 面倒を, 面目の, 項に, 領分の, 領地を, 頭と, 頭へ, 頭脳や, 額に, 額へ, 顔に, 顔や, 願いは, 風采を, 食ふ, 飲ませて, 養女に, 養父寿平次も, 館とは, 館の, 馬車には, 馴れた, 驚いて, 骨折りも, 髯を, 鬱を, 黙つて

▼ 己~ (1866, 18.0%)

26 の姿 2019 の心 18 を知る 14 のため 139 を捨て 8 に克つ, の身, は何 7 の利益, の家, の欲, の道, の顔 6 の愚, の部屋, の非

5 [12件] のうち, の人格, の声, の弱点, の感情, の本心, の生命, の頭, はお前, を忘れる, を空しゅう, 自身の

4 [30件] というもの, と己, の功, の名, の外, の存在, の影, の意志, の日録, の欲する, の爲, の理想, の理知, の眼, の立場, の罪, の義務, の言葉, は其樣, は馴れた, を利する, を守る, を忘れ, を知らざる, を空しく, を見出す, を語る, 一人に, 一人の, 自から

3 [46件] が膝, が見, が親類まき, なんぞ御, に帰る, に糸織, の, の中, の力, の容貌, の意見, の手, の才, の為, の王国, の生涯, の秘密, の身分, の過去, の魂, はどうしても, は乞食, は人, は厭, は常に, は木, は根, は親方, ばかり御馳走さま, もまた, も傘屋, を信じ, を偽っ, を失ふ, を愛し, を愛する, を欺く, を殺す, を益, を知っ, を知つて, を空し, を縛り, を苦しめる, 一身に, 自身を

2 [179件] から感, が三つ, が呼ん, が喧嘩, が困る, が心, が憎, が承知, が提げ, が映し, が本, が桜, が町, さへ, と姪, なんぞお前, にかち, に向っ, に如かざる, に愛着, に特有, のふところ, のほか, のアヤマチ, の一生, の下駄, の事, の事業, の五体, の仕事, の位置, の使命, の信ずる, の信ぜざる, の修, の個性, の全力, の内, の冷めた, の取る, の口, の命, の命令, の四半分, の国, の夢, の夢想, の好き嫌い, の妻, の子, の子供, の宗旨, の将来, の尊敬, の屋敷, の巣, の希望, の幸福, の弱, の弱小, の強力, の徳, の悪, の意, の愛, の態度, の所置, の所見, の手柄, の掌, の損得観念, の方, の日々, の有, の望む, の本当, の棲家, の極致, の欠点, の母, の母さん, の気持, の活動, の為すべき, の無, の無力, の物, の生存, の生活, の病気, の眞身, の真実, の短所, の考, の考え, の職業, の肢体, の胸, の至らぬ, の財産, の趣味, の通路, の運命, の醜く, の醜悪, の霊魂, は, はこう, はそんな, はどうも, はもう, は一途, は今日, は今朝, は口, は心から, は揃, は本, は此處, は気, は涙, は知り, は聞い, は角兵衞, は遊び, ばかりで, もやはり, も一廻り, も三五郎, も唯今うち, も日がけ, らの, を低く, を侮辱, を偽, を傾ける, を利せざる, を則らん, を助くる, を卑, を卑下, を厭, を己, を心棒, を忘れた, を愛撫, を持, を捧げ, を捨てた, を支うる, を模倣, を殺さぬ, を殺し, を没入, を焼き尽す, を父, を犠牲, を発見, を省み, を知らぬ, を知り, を罵る, を苦しめ, を英雄視, を虚, を見る, を見出したなら, を誇示, を語らなけれ, を責め, を難ぜん, を高く, 一家の, 以外の, 秋山其方の, 等よりも, 等を, 自身に, 達の

1 [994件 抜粋] あ車屋, からは聞かぬ, から暇, がある, がその, がため, がインテリゲンシヤ, が不利, が主人, が乗用, が住む, が何處, が光り, が出よう, が受けたる, が吐き出した, が奇, が威勢, が子, が実, が容子, が山陽, が幼き, が弄ばれる, が引, が怖, が思想, が惡るい, が抱き込まれたであるまい, が最う, が本当に, が櫻, が母, が活躍, が生き, が生来, が知つて, が絶對, が考えたなん, が處, が読者, が都合好悪, が離縁ら, が預つ, が馬鹿, さえ纏綿, さまの, そのうち伝家一刀, だってこんな, だって粗忽, とに充ちた, との罪悪, とわが, と一所, と云う, と同じ, と同様, と掛け離れた, と異なりたる, と直角, と等しき, と絶交, と見立て, などはアヌンチヤタ, なんざアいつも, なんぞは一日一日厭, に, にある, にかえりました, にさえ憫然, にたのむ, には不利, には無益, にもゆるされ, にゃ一晩中, にわれ, に中, に事, に依頼, に倦み, に優る, に克ち, に出, に剋, に勝つ, に即し過ぎ, に向, に吾, に堕ち, に如かない, に富岡, に対してこの, に対する気の毒, に帰せざる, に従える, に手, に打ち込みおわらし, に接する, に敵する, に最も, に歸, に求むる, に理想, に篤き, に納得, に自然, に落ちかかっ, に許す, に責め, に近づく, に返った, に逆, に関する彼女等, に随, のいる, のそれ, のとりとめ, のなし, のふとした, のみは身, のもの, のイノチ, のセンチメンタル, の一人, の一死, の上体, の不, の不快, の世間的経験, の主人, の仕, の任務, の住, の作った, の便宜, の信心, の値打, の側面, の傍ら, の像, の円光, の処女性, の判断, の前, の功績, の勝, の卑陋, の又, の反省, の右, の名誉, の呑気さ加減, の品性, の喜び, の国土, の城, の大人げ, の天地, の失態, の好, の好む, の妄想, の姓, の威厳, の嫌う, の存立, の学問, の宗門, の実感, の家名, の容姿, の宿, の専門, の小屋, の居室, の崇拜, の巾着銭, の廃齢たる, の当面, の心事, の心操, の快, の怠慢, の性格, の恋愛談, の悪い, の悪徳, の悲哀, の意中物, の愚鈍, の愛情, の愴美, の懐, の我儘, の所感, の所行, の手先, の才能, の打解けた, の技, の抱, の持前, の描き, の故に, の文章, の時, の書斎, の最も, の最期, の望まない, の札, の業一つでございます, の権威, の正しい, の歴史, の死所, の殻, の気分, の沽券, の浅, の滅びる, の為る, の無慙, の爲め, の特色, の狭い, の現身, の生き, の生家, の生死, の生血, の疚しい, の痴想, の痴態, の登場, の皮相, の目前, の真, の真正, の知れる, の硬, の祖国, の福分, の科白, の稀有, の立つ, の純真, の経験, の絵本, の美, の老齢, の職務, の肉体, の肉慾, の育った, の背後, の腕, の自家, の自由, の舎宅へ, の良心, の芸術的良心, の菲薄性, の薄命, の處, の虚栄心, の行為, の衣裳, の袖, の覆面, の言行, の詩人たる, の説, の貯蓄, の越度, の身辺, の述懐, の追憶, の遊興, の道しるべ, の醜, の野暮, の間, の阿, の面つき, の預っ, の領土, の顔立ち, の顧客, の風習, の黒紋付, はあえて, はこれ, はこんなに, はそつ, はそれぎり往生, はちやん, はな, は一人前, は下, は伝来, は來年, は夫, は寐, は工学, は彼, は我家, は打, は最う, は未だ, は来年, は此樣, は法学, は盗人, は碌, は綺麗, は草, は覚えたであろう, は詩人, は農学, は金儲け, は非力, ばかりが正しい, ばかり大義人道, への場合, への申し訳, もしつかり, もと轢ら, もなく, もやっと, もよ, も亡くした, も仕合, も先刻, も初めて, も好む, も平生, も心, も我等, も松方内閣, も殺される, も男, も知つて, も自害, も長兵衛, や云っ, よりは一歩, よりも, より強き, より高い, ら恋の, をあまた, をいと, をきざむ, をその, をのみだ, をば明らか, をむなしく, をもつ, をも知られ, を一世, を主人, を二流, を任せる, を信ずる, を傷, を凧, を利しあわせ, を利せ, を制した, を助け, を呪, を嘲笑, を圧, を士, を失う, を委せ, を委却, を嫌忌, を害し, を容, を尊く, を尊敬, を屈し, を弁護, を待たす, を忘, を忘れたい希い, を忘れよう, を忘れ尽し, を怖, を思ふ, を恃むの, を恥ぢる, を悦び, を愚弄, を愛したい, を感じ, を感じる, を憐れまず, を懐, を戀, を托, を批判, を抑える, を投げ棄て, を持す, を捨つる, を捨てる, を損, を支, を支配, を改むる, を救う, を敬する, を曝露, を棄つる能はず, を樹, を欺き, を正義, を浸し, を清く, を無, を物, を生かす, を目, を省, を知らう, を知れ, を知ろう, を空, を築く, を罵, を肥そう, を蓋, を表示, を裏切った, を見かけ, を見離し, を討つ, を詛, を誇る, を語っ, を語り過ぎる, を誹る, を護り, を責むる, を責める, を贖, を軽, を軽蔑, を造った, を遺れ, を郷人, を雲, を鞭, を顧み, を食わん, を馴れさせ, を高う, ッこれでもか, ッ待たぬ, ッ無礼な, ッ謀反人, ツ人間といふ, 一人, 一人で, 一人を, 一人高し, 一個の, 不埒の, 久吉, 以下の, 何にを, 卑怯であろう, 君子の, 大人を, 女史の, 寒村僻地より, 庄司神戸神楽坂署の, 恩知らずめッここで, 憎くき, 早く退り居らん, 未だ一子, 果たして忠, 横笛なら, 炊事を, 独りの, 独り素面の, 男を, 等の, 自らの, 自ら一預言者なる, 自ら名のり出, 自ら表現する, 自身である, 自身自分の, 衆の, 達に, 馬鹿を

▼ 己~ (1810, 17.4%)

13 姿を, 心を 12 心の 10 手に 9 家に 8 身に 7 妻の, 禍ひ, 身を 6 あの女, 子を, 心に, 悪かった, 手を, 船を, 血を, 身の, 願ひ 5 お前を, 名を, 罪, 胸を, 許に, 道を

4 [12件] 世が, 中に, 前に, 室に, 影を, 此の, 民族の, 罪を, 自由に, 路, 頭の, 飯惜し

3 [26件] あやまるから, ここに, すべての, するから, 光, 光を, 功徳に, 勝手に, 娘の, 子の, 家の, 幸を, 心が, 悦びの, 悪いから, 技の, 抱いて, 持って, 持つて, 昔の, 書いて, 益なる, 自分で, 身の上の, 身の上を, 身は

2 [129件] あの眇, お前の, これを, するの, その女, ために, 世に, 世の, 事を, 人間だ, 仕事に, 住む家, 何か, 信ずる所, 側へ, 先へ, 光の, 出れば, 力に, 包むもの, 北野家の, 十二の, 午睡を, 危しい, 口へ, 名, 名に, 名の, 問うた, 困る, 境遇を, 女を, 女傘, 女子の, 妻を, 姉さんを, 姿, 姿の, 媒妁を, 嫌いな, 嬢様に, 家も, 家を, 家号を, 宿が, 宿の, 寝て, 小三郎, 居城で, 川へ, 平和に, 店に, 引剥を, 強い意志, 微笑の, 徳に, 心事を, 思ひに, 思ひより, 息子を, 意と, 意に, 意を, 愛して, 愛を, 所有と, 手一つの, 手許に, 技を, 方で, 方の, 望みは, 業が, 權力の, 欲する所, 歌の, 死んだ後, 気に, 気を, 涙の, 渡を, 源の, 為に, 爲す事の, 爲に, 父母を, 生れたる家, 産に, 目を, 着物の, 知ってるし, 罪または, 翼を, 腕に, 膝を, 自分の, 自恣に, 行くから, 行こう, 衷なる, 補助し, 言って, 財布の, 越度に, 身分を, 身己が, 造主と, 造主に, 運命を, 過ちを, 道, 遣ったと, 部屋へ, 野心の, 金を, 長を, 靈の, 非常な, 面を, 頬を, 頭を, 願によるに, 願ふ, 食物を, 飯に, 飯は, 飲んで, 馬に, 魂を

1 [1256件 抜粋] あっての, あらけ, あるだけの, いう事, いたわりと, いつも云う, いなかったらどう, いる, いると, おそくし, おびき出して, お上屋敷, お前に, お暇, お目見, かうでは, かつて選ん, こうして夜, こうして毎年おまえ, こしらえるから, この二本指, この背, これまで, こんな所, さして来た, しっかり引き受ける, しゃっちこ, すぐやって来た, すつかり, そうさせ, その依頼, それに, それを, たつて, ちやあんと, といへ, どうかしてやる, どうにかし, どうもせず, どんな苦労, な立派, のだ, ぼんのくぼ, また先生, まま愍然至極の, もう少し巧, もし此, ものなりと, やったっけ, よい, わるかった, コッソリ取, テバイの, トロリと, ブリストルで, ボサッカの, ラファエロを, 一と, 一俵担い, 一夜の, 一廉の, 一旦口, 一生懸命に, 一番能く, 一身の, 一都始終を, 三藏に, 上位に, 不断から, 不束な, 与へ, 両手に, 主人と, 主人の, 主観は, 乳を, 事の, 云う所, 云わねえこッ, 五日か, 亡者に, 人に, 人種の, 人間だったなら, 今うっとり, 今どうして, 今人間, 今本当, 今通っ, 仕事を, 仕舞処を, 代人として, 仲人に, 企みで, 伎倆に, 会社へ, 伴れ, 住む地, 体の, 何を, 余り粗, 使ふ, 侮辱せられた, 信念なぞといふ, 修行の, 借りるとでも, 偉い支那文化, 傷より, 働きと, 優技をば, 兄弟という, 先刻から, 先祖なり, 光輝で, 全心, 其の行李, 其骨頭大, 内股の, 再び婚礼, 処え, 凧に, 出し抜けに, 出て, 出迎, 分るか, 初めてお前, 利口なる, 剃刀を, 前途の, 劒に, 力を, 功の, 助けて, 助太刀を, 勘当する, 勝った, 医長だ, 十五の, 半生の, 厩の, 反対し, 受けた運命, 受働する, 口, 口一つだ, 可愛相, 合羽を, 呑み込んだから, 味わった舞蹈会, 呼ぶまで, 命を, 咎を, 問うまま, 善に, 喜びに, 喜びを, 嘗て御身, 困るから, 囲まれるミステリー, 国を, 国土を, 在官中に, 地面に, 城へ, 執拗な, 塩梅が, 境涯に, 墓の, 壜子の, 売つて了つた田, 変心を, 外なる, 外国語に, 大きな声, 大ぶ, 大声で, 天職に, 夫と, 奢ったから, 女から, 好に, 好むがまゝに身, 好むに, 妙計を, 妻こそ, 妻ど, 妻妾と, 妾同様に, 始てこの, 娘に, 媒妁人役しなけれ, 嫁さんは, 嬬の, 子をのみ, 子軍令, 存在を, 孫だ, 宗族の, 宮人達, 家て, 家でねえ, 家へ, 宿所へと, 實體の, 寺へ, 将来の, 導いて, 尾に, 居べ, 屋敷内に, 山林事件に, 巖窟の, 差して, 帝國の, 師事せし, 席から, 帰って, 帰るまで, 幸, 座り惜しみ, 庭に, 廃める, 引き受けよう, 引き移って, 引受けたからは, 弟子の, 当分引き取っ, 形を, 形見で, 影の, 役目の, 彼処に, 往くと, 往って, 後より, 御案内, 徳の, 心事より, 心魂を, 忘れた牛込, 怒って, 怒りの, 思え掛けなく助けて, 思惟の, 思想感情を, 性のみによりて, 怨み深, 怪訝の, 恋を, 恋慕を, 悦び, 悪いの, 悪党でない, 情感に, 意より, 意見を, 愛人の, 感じて, 感謝せず, 憎いと, 戀人及び, 所帯の, 所業を, 手にかけて, 手伝って, 手引を, 手足と, 打返したので, 払ふ, 抒情の, 抜羽を, 拙劣に, 拝領と, 持場を, 按針手だった, 捕えたる森羅, 捨てし母, 掌に, 探すと, 攝理を, 政府の, 救って, 文化の, 斯くまで, 新婦を, 方を, 族の, 日義村の, 旨い事, 明言し, 是程, 時ぞと, 晩年に, 智慧でも, 書の, 最初の, 有と, 服裝の, 本分, 村での, 来ると, 東京で, 東京へ, 柔和し, 案内を, 棲居へ, 楽んだって, 樂しき聖顏の, 權惠譽及び, 欲するまま, 歌に, 正体なく, 此危険を, 歯を, 死ねば, 死んだって, 死んで, 段々掛合い, 殺したと, 殺した女, 殺すと, 母なる, 毎夜の, 気が, 気楽に, 水を, 求知の, 汝を, 洗濯を, 浜を, 清きを, 源に, 漁から, 為し塔気, 為めに, 無窮の, 煙草を, 爪で, 爲めの, 父を, 片棒担い, 物好きから, 特殊の, 独有に, 猩々の, 獣行を, 王の, 現世の, 理想の, 生の, 生れし邑, 生んだ子, 生命までも, 生活の, 生涯の, 畑へ, 留守に, 発狂し, 盤台に, 目下の, 目耳鼻を, 相手に, 眞中を, 眠らずに, 眺を, 着類を, 知ってるもの, 知己の, 社会の, 福ひよりも, 私欲の, 突然に, 立處に, 笑顔を, 笠の, 管轄地内にのみ, 精霊の, 絆に, 結婚前の, 縄に, 罪と, 罪の, 罪清まる, 美しさ, 群を, 義務に, 羽風によって, 考えじゃ, 聞いたん, 聴かねえと, 職務を, 肉, 肉欲を, 肩に, 背きし報, 胡服を, 脊中で, 脚を, 腕で, 腰を, 膝の, 膝叩きつ, 自由, 舟出の, 色々と, 芥子坊主の, 苦しみを, 苦心に, 草を, 荷物から, 落合へ, 葬式は, 處を, 血族と, 行くと, 行くべき路, 行って, 衣の, 袈裟に対する, 裏を, 要むる原理, 見もし, 見世の, 見舞に, 視たり, 親戚知友等に, 言, 言ったん, 言の, 言訳の, 詰らねえ馬子唄ア, 話を, 誤解であった, 読みたいの, 誰だ, 豆と, 負うから, 負ふ, 財産を, 貰った, 貴様に, 買おうが, 買つた, 起ち上がると, 足許で, 跡目相続に, 踏縛る, 身し, 身にも, 身はかへり見する, 身よりも, 身体の, 身体利かねえ, 身勝手な, 身辺に, 近傍を, 迷子に, 追出る, 逃げた後, 這入つて, 造れる新紙, 逢せます, 過を, 道場を, 邸内にて, 部屋に, 郷土, 郷土にて, 酌いで遣ろう, 酔った紛れ, 醜くさ, 里方に, 野心を, 金へ, 鍛冶店を, 鐵の, 間違いであった, 附いて, 陰謀を, 随意にぞ, 雷を, 非倫, 面に, 音信を, 預りの, 頭で, 頭髪を, 顔を, 飛立つ鷹, 食と, 飯炊だ, 養つて置く, 首を, 驚くか, 體より, 高輪田長三から, 髮の, 魂消た事, 黨派に, 鼠半切へ

▼ 己~ (1595, 15.3%)

13 それを 11 己の 10 自分の 9 お前を 8 あの女, お前に, お前の 7 何も 6 気が 5 さう, 云つた, 或る 4 あの男, ここに, それに, そんな事, とう, 思つた, 悲しくな, 生きて, 知らない

3 [20件] あいつの, お前が, この男, これまで, こんな事, それが, どうしよう, どうなる, なんと云う, もう駄目, イワンの, 今も, 他に, 友達の, 君に, 問うた, 喜んで, 昔から, 知って, 腹の

2 [106件] あの岩, あの時, いたずらに, お前方, かう云, こ, この不快, この国, この場, この女, この子供, この島, これから一寸他所, これでも, これを, こんなにまで, すぐに, すぐ羞明, そう云う, そのとき, その日, ちょいと, どうしたろう, どうして以前, どうだ, どんなに嬉しい, どんな事, もう, もうあの, もう何, スモレット船長に, チモフエイに, バルキスの, ペロンワルと, レオネルロが, ワシリといふ, ワシリの, 主人の, 人を, 伯爵や, 体が, 何の, 俗物の, 先刻から, 前の, 努めて, 向うの, 君の, 呪われて, 咀う, 哲学も, 堪らなくなる, 外に, 外の, 大声で, 女を, 妙な, 始て, 嫌だ, 子供の, 家族を, 少し午睡, 帰る, 年を, 幽霊に, 待って, 思うん, 急いで, 戸を, 挨拶を, 既に死んだ, 昨夕も, 暮らした, 次第に世, 此方へ, 死ななければ, 死ぬ事, 死ねるだらうと, 決然と, 漸くそれ, 爺いさん, 用が, 白状する, 目を, 目下の, 真面目に, 知つてゐる, 神を, 細君の, 縁が, 耳を, 胸を, 腹が, 自分が, 自分に, 葛城山の, 蛙かな, 話を, 貧乏だ, 貴様達に, 賊等が, 身に, 身を, 遣って, 門の, 飲むよ

1 [1192件 抜粋] あそこから, あっちの, あの上, あの唇, あの寺, あの忌々しい, あの焼け, あの美しい, あの鏡, あらゆる遊興, あれも, あんた十四の, いじけて, いつか昔一しよ, いつに, いつもの, いつも仲間, いらない, いろいろ考え事, うるさく頬, おしまひだ, おまえを, お主, お前と, お前には, お前達を, お梅, お碗, かう云つてドユパン, かう思つたの, きさま, ぐずぐずし, ぐつすり寐入つた, こうし, こうしてお前, こう云った, ここで, こなひだ, この土地, この室内, この己, この晩, この村, この長談義, この鸚鵡, これから新, これまでに, こんなに丈夫, こんなに遠く, こんな目, こんな風, しあわせに, しげしげ眺め, しばらくここ, じっとし, すっかり知っ, すること, ずいぶん永, ずんと一番, そういうこと, そう囁いた, そう極めた, そのほか, その事, その光栄, その嘘, その崩れた, その恩沢, その憎々しい, その手, その時死物, その社会, その話, その頃日本, その鳩, それに安, それ程思いつめ, そんなに勉強家, そんな意味, ぞっとし, ただ眠るであらう, だんだん気, ちびでも, ちょっと躓い, つかつかと, とうから変, とうとう己, とても見, どうして何時, どうせ前, どうなるだろう, どうもし, どうやらした, どこに, どれを, どんなざま, どんな人間, なぜこんな, なんだか物, なんとも言はず, なんにも欲し, はでな, ひどく面白く思, ふとあの, ふと思ひ, ほんとにお前, ぼんやりし, またこう, また親, まだこの, まだちつ, まだ一マルク二十ペンニヒここ, まだ一通り, まだ二十二, まだ寐, まだ悟つ, まだ遡る, まるでどんな, むしろ時には, もうすっかりお嬢様, もうイタリア, もう三百年, もう半分気違い, もう希望, もう御免, もう物, もう話した, もって, もっと見, やめちまったん, ゆうべまで, よいこと, ろうひようほ, アムステルダムに, アンドレアに, エルリングの, オオギユスト・ドユパンと, タムビノ僧院の, ドイツ人の, ドユパンに, ボウザワの, ラムで, レオネルロと, レオネルロの, ワシリと, ヲレダンに, 一人に, 一人野根の, 一大事とは, 一寸往って, 一日家に, 一杯やらなきゃならねえ, 一等運転士だった, 一身を, 丁度好い, 三号の, 三杯飲んだ, 三角に, 下駄箱の, 不孝で, 世が, 中央に, 中根の, 主君に, 主翁, 乗せて, 二はい, 二十歳頃迄を, 亡命者では, 人間と, 人非人だ, 今から, 今じゃ, 今でも, 今ひかれ, 今までに, 今夜己の, 今度の, 今晩どうか, 今朝著い, 今秀吉の, 今重大な, 今風下の, 仕事を, 仲間に, 仲間を, 伊皿子台町に, 何うも, 何と, 何もかも知つて, 何を, 何事にも, 何処へ, 何者でも, 余り人を, 俄に, 信州飯山の, 側で, 僅なお, 元来物覚えの, 兄分だ, 兄弟も, 先ず其女, 先づ他人が, 先ア娘兼帯の, 光の, 六十五に, 其おかげで, 其問題を, 其時に, 内を, 冠や, 出来るだけ, 初の, 別に, 別に止め, 利足の, 前に, 助かる再び, 勘弁も, 化学者に, 十五の, 十四の, 千島禮三と, 卑怯な, 博奕の, 却て, 去年の, 又その, 又之, 又村で, 友達を, 古金屋へ, 只涼しい, 名跡へ, 君が, 呆て, 告白しない, 呪うこの, 和歌子を, 唾を, 單身で, 嘘は, 四つの, 固くお前, 圏の, 執念深く何度, 墓に, 声を, 夢中で, 大いに飮むサ, 大きな大きな怪物, 大概は, 大船に, 夫人に, 奥へ, 奮発し, 女房も, 女王に, 好いて, 好くひとり, 妻君の, 婆に, 嬉しくな, 子孫の, 学校において, 実にぎよつとした, 実はどう, 家長と, 寐入つた, 寝なくても, 少々仔細, 少い時無頼漢, 少し駕籠, 尻尾が, 島から, 嶮しい, 巫女ヶ奈路の, 己で, 己自身にとって, 帰って, 帰る己, 年が, 幼穉だ, 幾歳だ, 度々あの, 庭に, 庭木を, 弱虫で, 当も, 彼を, 後見に, 御前とは, 御身の, 心の, 心服だ, 忘れは, 忽に, 忽然強烈な, 怖くて, 思うの, 急劇, 怪我人を, 恥しながら, 悲しいやう, 意外の, 愛想が, 感じた, 感ずる, 成るべく優しい, 我慢が, 手前を, 投票する, 指にて, 推測した, 撥条を, 敢て, 数坂越を, 敵だ, 新しい思想, 方々の, 日義村の, 旨い所, 早く親爺, 明朝御返事を, 昨夜松谷嬢の, 時々あんな, 智者を以て, 暗誦した, 曳かれて, 最う帰る, 最う松谷秀子, 最初それを, 服従する, 朝の, 未だかつて和歌子, 条件を, 東京の, 果して袈裟, 柏の, 柱列の, 桑名川村に, 梨子を, 構わず浅草, 檢非違使の, 次第に友達, 止すよ, 正成と, 此上も, 此二様の, 此国の, 此詞に, 此酒には, 歩いて, 死ぬの, 死ぬるまで, 死んだに, 死んででも, 死んでも, 殆ど自分を, 殉教と, 毎年ちょい, 毎晩この, 毎朝恐怖の, 気味悪く思っ, 汝が, 決してお前たち, 決して可哀そう, 決して睡るまい, 沼田の, 波に, 泥棒かしらん, 海岸に, 深い悲, 渠等の, 準備を, 濡れた枯蘆, 為方, 無事に, 無畏, 焦心らず, 熟睡した, 物案じを, 狐に, 玉座の, 現にあの, 生きたいの, 生の, 生れて, 生涯忘れる, 用人たる, 甲を, 留まらぬ, 異様に, 疑惑に, 疾うにお礼は, 病気に, 白状せず, 皆に, 益々秀子, 目覚める, 直ぐにも, 真と, 眼玉を, 知ってるん, 知らなかったさ, 礼を, 神の, 神原の, 秀子が, 種々の, 空に, 窮した, 立派な, 竜王なり, 第一, 箪笥長持の, 粗い格子, 終にその, 絶望的に, 罪を, 義理さえ, 職人の, 背戸の, 胸の, 脳溢血で, 腹を, 自己を, 自殺したく, 自由の, 航海業の, 色々な, 芸人なんぞには, 若かった, 苦しんで, 苦痛と, 茶でも, 荒倉の, 葛城山の手一つの, 薄暗がりに, 蛇に, 蛇を, 行き度いが兎, 行灯を, 袈裟が, 見たん, 見ない, 視たの, 覚えず微笑んだ, 覚えて, 親類の, 解けて, 言葉を, 詩によ, 話したつもり, 誓言を, 誰にも, 諸役人, 貴様と, 貴様らみんなた, 賛成だ, 起つて, 足で, 跡から, 車に, 迎いに, 迫り上がって, 逃げて, 這入らないぞ, 造做も, 遊びは, 違約は, 遣るん, 酒精中毒が, 重荷の, 金も, 長い間留守, 間違った靴, 附合が, 降参する, 随分人, 随分驚かされた, 隠居する, 雨の, 静かな, 靴を, 頭髪を, 顔が, 飛んだ奴, 餓ゑさらに, 首を, 馴れて, 駄目だ, 騎兵科で, 驚いて, 魂って, 魚の, 鶏三羽と, 黒ん坊に, 黙つて樵夫

▼ 己~ (745, 7.2%)

8 不快に 7 連れて 6 棄てて, 欺いて, 知って, 知る者 5 愛する者, 知るもの 4 持し, 殺すべ, 馬鹿に 3 何う, 待って, 忘れて, 愛して, 樂します, 知ること, 知るは, 空うし

2 [49件] せびるん, つけて, めぐる, もて己, 乗せて, 低くし, 信じさせること, 信じて, 倨傲だ, 利せん, 制して, 制し世, 取り巻きはじめる, 呼ぶ, 外へ, 夢の, 始一同が, 思って, 愛するが, 愛する如く隣人, 抑える様, 投出して, 挙げて, 支配し, 欺くこと, 殺そうと, 比況し, 洗はんとて, 現は, 神の, 空しうし, 置いた相手, 置いて, 置去りに, 自分より, 蔑んだ者, 虐げた者, 虚くして, 見た, 見て, 見ると, 見ろと, 見んが, 調ふ, 識る, 起して, 造れる者, 離れて, 駆って

1 [562件 抜粋] あいてに, あざむくか, あの女, あの獣, あやぶむこと, いとよく三人, うたがって, おじだ, おびくよう, お前たちの, お客に, お欺, かえりみると, からかうの, くるしめたな, こき使いやがったよ, ここで, ここへ, この塵, この臆病, こは, こわがらせるの, こんな処, こんな石頭, じっと見, すて, せき立てて, せつくの, そこへ, それに, だしに, ぢつと, つかまへに, はげまして, はじめ誰でも, はね飛ばした, ふうわりと, ほめて, ぼかして, まあ何, まさる生命, また強請り, めぐる妄想, もつて, もてあたかも, ギリシアの, ピニイの, ブオソ・ドナーティと, レト神に, 一の, 一目見, 一箇月以上楽ませ, 七曲の, 三味線の, 下に, 不具に, 不安に, 不思議な, 不慥か, 世界の, 主として然る, 主張する, 亡ぼす, 亡ぼすこれ怨敵, 亡ぼすを, 亭主と, 仇に, 似せんと, 何だ, 何故生ました, 侮辱し, 侮辱する, 侵蝕する, 信じ法, 信じ自己, 信ずるもの, 信ぜざる者, 修め人を, 傍に, 傷け, 優待し, 先ず一段, 先へ, 克し, 全うし, 全うする, 内に, 冷やかす気, 冷笑し, 切って, 切むれ, 切りや, 利するよう, 制するもの, 制すれば, 制せよ商侶, 助くるに, 助くるを, 助けた黒い, 助けて, 助けようと, 勝る, 匿さんと, 卑うし, 厭うて, 去つて人間, 友として, 取り巻いて, 取り戻した, 取囲む, 取扱かう, 取捕まえたら殴ちのめ, 口止し, 含んで, 呪えよ, 呼ばるの, 呼び入れたの, 呼び出しちゃ, 呼び掛けたアノ男, 呼び醒まして, 呼ぶの, 呼んだの, 呼んで, 咀うて居る, 咀ふも, 咎める理合, 喜ばすため, 嘲った, 嘲るなりき, 嘲弄する, 噬ま, 嚢に, 囲繞し, 固めた具合, 埋没させ, 堅固な, 売らないこと, 天上の, 夫人が, 失ったとき, 奪つたすゑ, 好いて, 委ねて, 嫌って, 孤独だ, 守った, 守るのみに, 守る人, 実父の, 室内へ, 害は, 害ふか殺しも, 容れて, 富まして, 寝かさねえ算段, 寝室に, 尊拝し, 尋ねて, 屈せざる, 左右より, 己の, 延い, 引き付ける力, 引き出すの, 引き寄せたな, 引き寄せて, 弥縫する, 彼は, 待ち, 待ってる様, 復讐の, 忘れたか, 忘れたかい, 忘れたそして, 忘れた時, 忘れなかったから, 忘れるの, 快楽で, 怒り, 怨み鎌, 怨む事, 怨め酒井俊蔵, 怪しいもの, 恃む能は, 恐れて, 恐れる事, 恐怖させる, 恣に, 恥じて, 悦ばす事, 悩ます, 悩ますよう, 悲む消極的營み, 意識した, 意識する, 愚ならしむ, 愛するごとく深し, 愛するとは, 愛する外, 愛すれば, 愛せしむ, 愛せしむる, 慕うて, 慰めて, 慰めようと, 慰める工面, 憎むと, 憎むに, 憫んだ, 憶は, 懐しい大切, 我に, 戒め男, 扱うの, 抑えとにも, 抑えること, 抑え天, 抑へ, 抑へる, 抑制する, 投げ出すこと, 抛り投げて, 押へて, 担いで, 拉して, 拒みたる者, 招いたの, 招いて, 拝む, 持するが, 捕えに, 捧げてるが, 捧げてるの, 捨て, 捨てた愛, 捨てて, 捨てなければ, 捨てるという, 排斥しよう, 掛けさせた, 探し出した, 援助し, 揶揄う, 損い, 損ひ, 撲るから, 攻むるを, 救い出したの, 救うと, 救って, 救へ, 教育する, 敬は, 斃す, 斥す語と, 斬る気, 斬れサア, 斬れ其の, 新しい色彩, 施すを, 早瀬だ, 映すこと鏡, 映せり, 曲げずして, 曲げて, 書記に, 本当の, 枉げて, 枉げるという, 枕許へ, 棄て, 構い付けなくさせたもの, 檢し, 欺いたな, 欺かうとして, 欺き空く輝ける, 欺くの愚, 欺く魔, 欺そうと, 此処へ, 残された三十男, 殺さんぞ, 殺さんと, 殺したの, 殺して, 殺しにでも, 殺す, 殺すとか, 殺すもの, 殺す了簡, 殺す何, 殺す考え, 殺そうとして, 母と, 気づいたろう, 汝に, 泊めて, 活かし切ろうと, 浪花節の, 海の, 淨むる諸, 淨めて, 深く思へ, 滅ぼされて, 滿たす, 灰し, 為合せだ, 無き者, 無理に, 煙に, 照覧し, 燈とな, 燒くものに, 率直に, 珍らしい, 甘い詞, 生むため, 生んだ母親, 産んで, 疎隔する, 疑ってや, 病人扱いに, 発見し, 發動する, 益すること, 益せざる, 監視する, 省みると, 省みるべしシヨウチユウ, 省み本心, 睨んで, 知, 知ってるだろ, 知つたかぶる, 知つた言葉だ, 知つてゐる, 知つて居りました, 知らざるを, 知らざれば, 知らず人, 知らず彼, 知らないのにもほどが, 知らない飛びあがり者, 知らぬにも, 知らんなどとは, 知り, 知りしかして, 知りつ, 知り他, 知り又, 知り己, 知り敵, 知ると, 知るに, 知るの, 知るべし, 知る事, 知る者也, 知れば, 矯むる魂よ, 矯めた痕迹, 破滅させる, 祀りて, 神, 神に, 私するに, 私する事, 空うせね, 空虚の, 突き出すべ, 突くか, 窮屈がらせ, 笑うこと, 管晏の, 粗に, 網に, 縛り上げて, 縛れ, 罪しつ, 罪す, 罪に, 罰し人, 羽含んだ, 耄碌扱いする, 脅かすの, 與ふ, 舎し, 苛ようと, 苦しめし兄神, 苦しめたる八十神, 苦しめて, 苦しめるの, 虐ぐる者の, 虐げし魂, 虐げて, 虐げる憎むべき男, 虐んで, 虐使した, 虚くし一切を, 虚しう, 衒はず他を, 衛り, 衛侯に, 裏切るてえの, 裏切る理智, 裹んで, 褒めざるもの, 襲うもの, 見いだした, 見せ物場の, 見たこと, 見ながら, 見るも, 見傚さ, 見出して, 見失はぬほど, 見返って, 親と, 託した姿, 託した日以来, 訪ふ, 証明しよう, 詐り終生, 詛ふ, 認めて, 語ると, 誣いたるにも, 誹るを, 調へ, 調むるは實に, 調めたる, 調めてのみ, 護らんため智, 護らんとて, 護りて, 護る比丘, 護れ智者, 護れ須臾, 讐と, 負ぶっ, 責めさいなんだ数々, 責めさいなんだ數, 責めた, 責めも, 責めろおのれ, 責め私, 起せと, 身より, 載せて, 迎いに, 迎えて, 迎える, 迎へて, 迫害の, 追いやって, 追い回し殺そうと, 這入らせん, 通そうと, 連れ込んで, 連れ近く, 遇し, 運んで, 過りしをば, 過信した, 遮るすべて, 避けようとして, 鄙むなるか余に, 酷い目, 量りて, 量る, 量る無窮, 鍛えること, 閉して, 間抜けに, 間接には, 除かうとして, 除こうと, 陰気な, 隱し, 離れその, 静かな, 顧みて, 顧れ, 飜弄する, 食つてその, 飾り編みたる頭髪, 飾るべき場合, 餌に, 馬に, 馬籠から, 馬鹿だ, 騙したね, 騙しや, 騙すよう, 驚かした, 驚かして, 高くした, 高く持, 高く見積る, 高むるごとく

▼ 己~ (407, 3.9%)

6 言つた 3 同情を, 悲しいコスモス, 気が, 物を, 見せて, 顔を

2 [21件] なんに, 何を, 克つこと, 反対する, 向いて, 向かって, 向って, 對し, 帰って, 序に, 悪意を, 打明けたのに, 敵すべき者, 映せど, 耻をか, 背いた清子, 見せやと, 見ゆるもの, 言って, 近づいて, 黙って

1 [341件] あの黒丸, あるか, ある種, あれを, えらい迷惑, お前と, お謝罪, お銭を, かちて, からんで, くれたの, くれるの, この儘おまえ, この樺太, こんな商売, さう思はれるの, させて, させるもの, さそわれたので, したって, して, しても, しろあの, すると, する饗応, せられた, そのパン, その別荘, その苦痛, そんな義務, たよって, だつて, どうかし, どうせよ, どう思ふ, どんな感動, どんな間違, なぐって, なり代って, ひどい苦労, まだ見なかつた, むかツ腹ア, むけしむるやは我汝, めあわせられるという, めんじて, もう一度見せろ, もう少し己, もう少し生, ゃあその隅に, ゃあちゃんとわかってるんだ, ゃあわからねえ, ゃそういうつもりはなかったんだ, ゃどうする事も, ゃわからねえ, わたした, カフェエや, ジエンツアノの, ジッと, ラムを, 一両も, 万巻の, 下らんこと, 不利なる, 不安を, 与するを, 二十倍する, 云ったって, 云つて泣い, 云わして, 云われた時, 今まで, 仕へて, 付いて, 代って, 代らしむるためなるべし, 代らしめた, 代りて, 代わって, 任せて, 任せねえ, 伝へる彼, 似たの, 似る物, 何の, 何も, 余裕の, 來いと, 供給しよう, 侮辱せられた, 係くる, 保護を, 倚らしめなく, 備うる, 克たなくては, 克ち氣, 克ち私利私欲, 克つ, 克つって, 克つと, 克つという, 克つを, 克つ人, 克つ力, 共うだろう, 其下心が, 出した, 出でて, 出来る, 刃向かって, 刄物突付け, 分かつたか, 分からなかったので, 分かろうかと, 別れて, 利する所, 利益ない, 削りたて, 加えようと, 助かる見込, 包み隠して, 危害を, 反き, 反對, 取り付く事, 叛いた, 口が, 名告, 向い弓, 向けて, 向つて云つたの, 呉れて, 呉れると, 告げて, 呪いと, 命じて, 咎なく, 咬付いた, 問うた, 問うの, 噛附う, 囁いだやう, 四代目団十郎の, 堪えないよう, 声を, 女房が, 如かざるものの, 妹が, 委して, 姿を, 威厳なぞが, 子の, 存し, 安心させ, 安心を, 宛てた大きい, 尊い訓誨, 小遣を, 属, 屬す, 己を, 引き合せて, 強いも, 当て嵌めること, 得心させ, 復り, 応接した, 忠を, 恨みが, 悲しい夏, 惚れ込んで, 愛想づかし, 愛想を, 感謝し, 憂慮を, 憤を, 懐旧の, 懲りて, 戻して, 手紙を, 打たれるか, 打ち明けて, 打って, 打つ付, 打勝た, 投げつけた小石, 押し附けたグレエトヘン, 拘禁せられ, 挑みかかる彼, 授けた, 掛かるかも, 掛けされて, 接した, 接近する, 提供し, 摺附けた, 教えて, 斯ういう, 新なる, 旅行を, 映すはなし, 映らしむる意, 最も忠実, 有利なる, 望みが, 来いと, 来は, 林檎を, 楽みの, 構って, 此哥をば, 歸する, 死の, 残って, 毒などを, 毒薬を, 気に, 気に入る, 気に入るやう, 気に入るよう, 気を, 気兼を, 泥坊の, 活動の, 海図を, 済むけ, 渡すが, 源氏の, 為事を, 為合を, 無沙汰で, 無用なる, 特殊の, 献ずれば, 猿の, 理窟を, 用の, 由て, 由るか, 申訳が, 略奪せられた, 發せる, 盛んに, 目のあたり逢っ, 眼鏡を, 知ら, 知らせねえという, 知らせるよう, 知られ己, 知るもの, 知識を, 禪らしめ然, 種々な, 笑ひ, 等しき人, 粧飾や, 約束の, 紹介を, 総ての, 縋って, 義理を, 耻を, 聞かせた, 聞かせるか, 背中を, 能く, 自分の, 若く莫, 若し呪う, 薄黒く, 見えは, 見える, 見せ, 見せたくて, 見せなかった, 見せなければ, 見せる, 見込まれたと, 親孝行な, 言えない用, 言へ, 訃音を, 証明を, 話しさ, 話しさえ, 話した其の, 話して, 誇ること, 誠で, 誠である, 説明し, 課せられた実務, 譲つて, 譲位すべし, 貰った物, 貴様が, 赤恥をか, 起させて, 起請を, 超越せよ, 身を, 近い, 近きもの, 近接せしめ, 返るさ, 逆えば, 逢いたいそう, 逢うなあ, 逢は, 逢われないの, 道連を, 遣ろうかって, 適当な, 適用せられよう, 遺恨ありと, 酌を, 酒を, 酬いたところ, 重大な, 金を, 関係の, 附き合, 随分手痛く, 隠さなかつた, 隣る世界, 離れられないよう, 静かに, 面と, 面白く無い, 頼みたい事, 頼るな, 頼んだが, 頼んだの, 願う人びと, 顧みて, 食は, 食わせやあ, 食わせんと, 食物だの, 鹿の, 黒丸を, 鼻薬を

▼ 己~ (296, 2.8%)

4 男だ 3 一緒に

2 [12件] お前を, ひとつその, 一所に, 多年の, 大分年を, 始めて, 少々厭, 思つた, 眼が, 知って, 若かった, 身を

1 [265件] あの時紋也, あの湾, あの猿, あの男, あの高い, あまり強く, あんな顔, いくらか吻, いっしょに, いつかは, いつだって, いつまで, いはなくつちや, お供を, お前の, お前も, お前より, お客だ, お浦, きのふまでは, こういう時, ここは, この別莊, この魔女ども, これで, さうしなければ, さう思つて, さつき程, すると, ずうずうしい方, そうしなけれ, そうだ, そうとは, そう思う, そう思ってる, そこへ, その刃, その室, その美し, それだけ友達, それまでは, そんなはめ, だんだん長く, ちょうど働き, ないな, なくっちゃ, なぜか, なそうという, なんだか目, なんと云ったら, へんだ, ほんた, まさか惚れる, またお前, またローマ, また異端, まだ余り智慧, まだ先方, まだ彼, まだ心, めっきり年, めっきり成長, もうお前, もう一度思う, もう十三, もう間もなく死, やって, やっぱり虚栄心, よろめきながら, ゐた, ヱネチアの, 一二度逢った, 一二度逢つた, 一度その, 一度は, 一度話に, 一廉の, 一日内に, 一番好い, 一諸に, 下ろうか, 不断あんまり, 乗り掛った船, 云おう, 亦あの, 亦お, 亦何時, 亦方丈様, 京都に, 人に, 人の, 人間だ, 今では, 今に, 今は, 今少し, 今日は, 今日ばかりは, 今晩は, 今直に, 仕合わせです, 仕方が, 他へは, 付いて, 付き合ひ, 以前の, 佐賀町河岸で, 体の, 何か, 何て, 何もかも一切, 余り腹, 余程草臥れた, 信じは, 偶に, 先刻から, 八歳であった, 共に若い, 其の場, 其処へ, 兼て, 出めいと, 出掛けて, 分かったが, 初めて, 別れたくは, 助太刀に, 半口載せねえ, 危え, 危ぶみ朝廷, 取る年, 可愛相だ, 可笑しくなつた, 咽喉が, 咽喉を, 嗅げや, 困ったが, 困るよ, 墓場の, 士族の, 大きくなりましたろう, 大ぶ, 娘ばかり, 嬉しいから, 嬉しゅう思う, 子供が, 安心し, 安田の, 実は面白く, 実行し, 客を, 少い時, 少しも, 己の, 帰ろう, 年が, 幾度か, 床の, 度度嚴, 強情者だ, 当分は, 往きにく, 往事を, 心にかけて, 心嬉しい, 忘れて, 怖かった, 急いで, 恥入つた, 悪かった, 惚れて, 愛さなければ, 慥かに, 手伝って, 打っ斬られると, 捜すが, 教育する, 新三郎の, 新役, 旦那には, 旦那の, 早く聞かせ, 明治時代の, 昔の, 是だけは, 時に行っ, 晴々する, 最近では, 有らず家, 本郷菊坂生れで, 来年かさ, 格別相談相手には, 横曾根に, 此の, 此の間お, 武士の, 死なねば, 死に身, 死ぬ, 死ぬその, 死んじまうだ, 死んだ者, 残念だ, 殴るから, 殺されるという, 殺せ, 気に, 永え, 池の, 泥足で, 満足し, 無くッ, 然う, 物珍らしく, 生きては, 番頭さんを, 直ぐに, 直に気, 知つてゐる, 知る癆咳, 石井山三郎だ, 祈り殺すぞよと, 種々な, 細君と, 續い, 耳を, 聞いて, 聞いては, 能く知らない, 腹一杯親, 腹掻切って, 若くて, 茫然し, 華族の, 行くさ, 行ける義理, 行こう, 衣を, 裸に, 覚悟を, 貰った, 貴様だらう, 貴樣, 買いてえ心持, 走り上り, 越したくも, 足を, 足腰の, 近頃は, 通り掛って, 遊んでは, 遺憾ながら, 闇黒の, 附いて, 陰気に, 随分いろ, 随分迷惑, 頭脳が, 頼まれ, 颶風と, 飛立つばかり, 養子に, 饒舌り厭きた, 馬鹿は, 鹽原角右衞門同じ

▼ 己~ (149, 1.4%)

3 の方, はその

2 [11件] ならば, のこの, のよう, の事, の仲間, はお, はこの, は又, は命, は永遠, は驚い

1 [121件] がいう, がこうして, がどこ, がやけ, がバルタザル・アルドラミン, がリイケ, が彌, が持っ, が攫まえ, が無くなる, が無条件, が睡る, が考える, が聞い, が自分, だって腹, であるこの, でもあるまい, とぐる, と一, と同じ, にあらがっ, にくれる, にとって生み, には, にはあんな, には何, には全, には許され, に何, に分る, に叛, に向けた, に対して, に穢い, に言っ, のいる, のため, のひま, のもの, のやう, のゐる, の上, の体, の入用, の前, の好意, の子孫, の工夫, の恋愛, の恩人, の意志, の所, の本質, の為め, の生命, の真似, の窺う, の足, の連れ, の銀貨, の隠, の隠し, の青春, の顔, の食卓, の首, はあいつ, はあの, はあまりに, はいつも, はかえって, はここ, はどう, はひどい, はまた, はもう, はもてない, はボツク, は一日, は上陸, は不滅, は二人切り, は勾引, は囲, は奥, は少し, は往生, は息, は慣れ, は昔, は死, は死ぬ, は渇, は獣, は真ん中, は知らない, は緑, は聞く, は興, は若い, は裸, は遂に, は面白, へ足, も喫, も安心, も早く, も枕, も此処, も若い, より早く, をなんとも, をも陸, を助け, を取り巻い, を喜ばせた, を歓迎, を連れ出さう, を闇, を驚かし

▼ 己~ (123, 1.2%)

11 一緒に 4 同じよう 3 二人で, 己が 2 である, 亡命の, 何か, 同じ身の上, 戰ふ

1 [92件] いっしょに, お前と, お母さんだけ, この男, ころんで, じゃ話, そっくりである, その侶, ひとを, イワンとの, テレウスの, レオネルロとの, レオネルロとは, ロシアの, 一しょに, 一しよ, 三男の, 並んで, 二人ッきりなら, 云う物, 云ふ, 交際は, 今の, 伯仲の, 余りにも, 侶との, 倶に, 備わる品位, 兄弟分に, 光るのみ, 共々に, 分たるれども, 友とを, 友達に, 口を, 合して, 合せ給ひ, 合棒の, 同じく罰, 同じだ, 同じ五十, 同じ名前, 同じ目, 同地位, 同等の, 向いあって, 向い合って, 向き合つて煖炉の, 呼ばれるよう, 四郎左衛門との, 妾の, 宇平とは, 密通し, 寸分変わらぬ, 己を, 彼女との, 怪しな, 戊とが, 我とを, 我等の, 手前ばかり, 机を, 根岸に, 此の, 死ぬもの, 段ちが, 比較し, 河野久との, 物と, 由縁の, 番頭さんと, 目を, 相対し, 相談し, 真に共鳴, 種々船の, 等しきを, 籠を, 約束した, 老婢との, 荷とを, 袈裟との, 話する, 話す時, 謹とで, 議論か, 踊りたくないの, 踊ろうか, 逢うため, 釣合いて, 雙兒宮の, 離れても

▼ 己には~ (113, 1.1%)

6 それが 3 わからない, 出来ない 2 ちゃんと分ってる, 不快な, 今これという, 最早人間

1 [93件] あの声, あの意味, あんな考, お前の, この一人, この男, さっぱり分からない, さっぱり分らん, その位, その永遠, その返事, それで相当, それ程の, そんな事, そんな暇, ちゃんとお前, どうしてもそうする, なんだか人, なんの, まだ不安, まだ分からない, もう君, わからねえじゃ, バルビさんは, 一番よく, 一目置い, 世間に, 争ふべからざる, 二重に, 些とも, 人が, 今は, 他に, 似て, 何度も, 元より, 出来ないが, 出来ない方法, 分かつた, 分からない, 分からないどうも, 分かる, 分らない, 切実の, 前から, 堪えられない, 大概お前の, 天井から, 好く分かる, 妙に, 妻子は, 嫌だ, 定めの, 嵌ま, 己の, 彼女の, 御新造が, 御身を, 心許ない, 忘られない, 忘れられないからね, 性に, 怨敵だ, 感じは, 死は, 殺せないよ, 母で, 気に, 気に入らなくなつ, 洋服と, 溜息の, 無いと, 無かつ, 無くては, 然うい, 目上も, 直ぐに, 窮屈でならない, 罪は, 能く, 腑に, 萌さなかつた, 薬だ, 見せて, 見出されない, 覚えが, 語を, 附き添いの, 隙間から, 静い, 面白い, 面白くない, 面白く思はれた

▼ 己~ (51, 0.5%)

4 だつて, の言 2 あ今度, あ大舟, は下駄, は何, は嫌, は痘痕, も

1 [29件] あその, あもう, あ其時千束樣, かて人, がいかに, が一般, が地方人民, が持合せ, が方, が用意, が預っ, この玄白, だよ, の品位, の寄り, の心, の方, の荘園, の馴染, の麁野, は, はあの, は山, は当局者, は行く, も魂消た, を呼んでる, を貫く, 如き魑魅魍魎

▼ 己~ (47, 0.5%)

3 の強い 2 があった

1 [42件] かは知らぬ, かは知りません, が出, が強い, たの, ちゃ駄目, て遠く, である, でどんな, でなくとも, で女, で手出, にち, になる, に生れ変っ, に訊い, の萌す, の通り, の醸造器, の面, の頭, の鼻, はとうてい, はもう, は存外, は強い, は胸, は起せない, は陰気, もあった, もある, も忽ち, らしい気, るな, るる縁, をあくまで, をまさる, をもっとも, を伴つて, を信じ終せた, を出した, を説明

▼ 己~ (46, 0.4%)

1 [46件] お作, お内儀さん, こうやっ, こんなむかっ腹, たつた今, でっくわし, どうあっ, どうでも, はア, はア七十, まア家内, まア心配, もう五十八, もう仕様, もう忘れた, もう此, もう腹一抔借, も仲人, 元侍, 出て, 取りゃア, 只追出す, 喋る訳, 嫌えだお前, 宜え, 帰るから, 帰るべ, 帰るよ, 往かねえ坊様, 待てねえ, 本当に是, 本当に魂消る, 死ぬと, 死んじまう己, 死んだ両親, 知らねえけんど, 知らんよ, 知んねえが, 知んねえけれども, 見たよ, 見て, 見ろ雪, 転がっちゃ, 逃さねえぞ, 飛んだ者, 食いたくないから

▼ 己たち~ (44, 0.4%)

2 のため, の方, はこの

1 [38件] がわざわざ, が一緒, が奴ら, が急ぐ, が手伝っ, が相談ずく, が自分, だってみんな, だってみんな海員, にはちゃんと, に今, に掴まってる, に降り, のやった, のゆきつく, の上陸, の乗っ, の他, の子, の最後, はうろうろ, はここ, はこれから, はな, はまだ, はホーキンズ君, は一つ, は一緒, は喧嘩, は大阪, は夫婦, は宝, は相談, は酒, も六人, をこんな, をつけ, を照

▼ 己~ (42, 0.4%)

16 男は 6 男の 5 男が 2 の武鑑

1 [13件] とに列次, の五月, の年夏六月, の正月, の歳八月二十二日, 九月廿一日夕男子出生名, 八月廿二日に, 和蘭の, 晴将軍家大臣拝賀の, 更賜禄百五十石班侍臣列, 男でさえ, 男との, 道昭和尚物化

▼ 己だって~ (33, 0.3%)

1 [33件] いつもお前, いつも金, さ遣りたく, すきな, そう莫迦, そんなにひで, まだ人, もう少ししたら, ハア魂消た, ポカリと, 借りるの, 内々気に, 凝り固まって, 出来ると, 勤める感心, 困るよ, 大した変り, 大将にでも, 実の, 家に, 専門に, 怖いや, 手伝って, 此の, 無論好い, 義理も, 腹が, 若返って, 見ず知らずの, 身寄頼りも, 遣りたくは, 遣り度, 黙っては

▼ 己~ (28, 0.3%)

42 が, と云う

1 [20件] から云う, から訪問, が其の, つて, つてこんな, つてゐ, つて出たら, つて生きた, と手前太平楽, と知れる, な, のという, よオイ, 一寸開け, 久しく逢わねえ, 四つの, 己は, 林の, 滝だ, 白翁堂は

▼ 己~ (25, 0.2%)

2 己を

1 [23件] この土地, さへ, もらうん, 上へ, 出て, 前に, 執って, 己に, 己の, 庭へ, 持って, 料理し, 注いで, 燗を, 爪立ちながら, 知って, 舗を, 菓子を, 起って, 酒を, 顔を, 飲んだ, 首を

▼ 己~ (23, 0.2%)

1 [23件] お前の, くたびれたから, これでも, ジャンボーなんか, フーッてっ, 何うかし, 其樣に, 又一寸見物, 始めて涙, 家で, 寝るよ, 彼処へ, 御免だ, 押魂消ただ, 樹の, 浪花節語りに, 真っ平御免, 知らんが, 蓄音機だ, 見て, 豚み, 軍艦見たい, 邪魔あ

▼ 己ア家~ (22, 0.2%)

2 へ来

1 [20件] が無くなれ, じゃア, に引, に置い, のお, の何, の分家, の客人, の息子どん, の相続人, へおい, へ婿, へ嫁, へ強談, へ来う, へ来うっ, へ縁付い, へ置い, へ駈込ん, も恥

▼ 己にも~ (21, 0.2%)

2 気に

1 [19件] あやふやな, お主, できないこと, やっぱり手, よくねえ, 倅が, 分からんのう, 判然せん, 声を, 支那は, 新蕎麦, 森夫にも, 目を, 知れざる秘密, 神にも, 策の, 解らんがね, 責任が, 随分出来

▼ 己一人~ (21, 0.2%)

1 [21件] が飲ん, だよ, だろう是, でも持っ, でやらなけれ, でやろう, で極めた, で起き直る力, と惟, なん, になっ, の力, の安心, の残刻, の満足, の酒色, は兵道, は所信, は朝夕安楽, をのみ責め, 従って

▼ 己より~ (20, 0.2%)

2 前に

1 [18件] ほかに, 一つ上だって, 一切の, 三歳弱い, 余程先, 出づる, 勝れたる人, 可憐く, 地位低き, 少く己, 強い奴, 強きもの, 智慧の, 沢山金を, 目下な, 美く, 貴きを, 長ずること五歳

▼ 己自身~ (19, 0.2%)

1 [19件] にとって, にとってどの, にも祕密, にも秘密, に問いかけよう, に対し, に対する暗い, に微笑み, の作品, の地獄, の有様, の死, の生涯, の肌寒い淋し, の道, は必竟, も己, を嘲りたい, を語る

▼ 己とは~ (18, 0.2%)

2 違う己

1 [16件] ありし日, その後部背面, それを, ちょいと, 一つの, 一つ馬車に, 丸で, 仇同志や, 友達同士に, 年が, 年も, 広徳寺前の, 格別広く, 社前に, 言わば互に持ちつ持たれつで, 離れずに

▼ 己~ (16, 0.2%)

2 の友達ア

1 [14件] が部屋, とある, などなほ, に分らん, のよう, の上, の付合, の樣, の用いられよう, の縄張り, を如何, ノ先祖ハ, 之身爾如斯有重荷負事者可, 亦曾

▼ 己にゃ~ (14, 0.1%)

2 あ運, わかってる 1 あまた己, あラム, どっちだって, まだ最後, まるで合点, ア分らねえ, 君が, 強過ぎ, 持って, 金が

▼ 己から~ (13, 0.1%)

1 [13件] その道に, 充分に, 出て, 失せ尽して, 奪って, 宜しくと, 往くぞ, 種々お, 聞く最後, 見ると, 逃げようと, 頼みが, 願うところ

▼ 己巳席順~ (13, 0.1%)

841 に養玄

▼ 己との~ (11, 0.1%)

2 間を 1 はもう行楽, 二人の, 二人切りで, 交際は, 共有物に, 合中を, 背後から, 関係を, 隔てが

▼ 己~ (11, 0.1%)

1 [11件] には, には元日, には閏四月, に京, に京都, に夏, に大蔵省, に歿, の詩註, は柏軒甫, よりは早

▼ 己~ (11, 0.1%)

2 なる者, の前, の妻, は直ぐ, は蕃刀 1 のよう

▼ 己~ (9, 0.1%)

1 に一たび岡待蔵, に二十八, の, の席順, の年, の年八月九日崩, は六年, は文化六年, は蘭軒

▼ 己~ (7, 0.1%)

2 言ったろう 1 初めて望み, 知ってたよ, 知らねえ, 荒え, 被奴

▼ 己がに~ (7, 0.1%)

1 くれる己, 五両呉れた, 亭主を, 分りやせんま, 喰えって, 教えて, 逢う心持

▼ 己なんぞは~ (7, 0.1%)

1 やっぱり老成者, ワグネルを, 七時間遊ん, 会社の, 是まで, 種々の, 見たって

▼ 己を以て~ (7, 0.1%)

3 人を 2 主と 1 他を, 歸と

▼ 己といふ~ (6, 0.1%)

4 ものは 1 ことは, ものの

▼ 己とが~ (6, 0.1%)

1 お互に, どうかしてる, 一緒に, 又博奕, 船を, 遊ぶ時

▼ 己りゃ~ (6, 0.1%)

1 こんな無学, ちゃんと知っとる, 二円だけ, 今時分まで, 何よりそれ, 飯を

▼ 己~ (6, 0.1%)

3 とこへ 2 処の 1 処へ

▼ 己ア方~ (6, 0.1%)

1 では口, でも打った, で異, で里, へ来る, へ行きてえ

▼ 己~ (6, 0.1%)

1 が今, だぞ, だ無学, の方, の計略, を誰

▼ 己~ (6, 0.1%)

2 少彦名 1 と同じく, と連族, を座王菩薩, 尊の

▼ 己貴命~ (6, 0.1%)

1 が少, にて此神, の四神, 又は倉稲魂命, 少彦名命, 相殿

▼ 己がの~ (5, 0.0%)

1 ん気に, 前で, 女房に, 孫だ, 方が

▼ 己という~ (5, 0.0%)

2 人間が 1 ものは, 名が, 字との

▼ 己に対して~ (5, 0.0%)

1 かの娘, こんな命令, 悪い考え, 無関心, 遺恨を

▼ 己よりも~ (5, 0.0%)

1 より破廉恥, 先ア内儀が, 熱心に, 遙かに, 遥かに

▼ 己れだ~ (5, 0.0%)

3 よと少し 1 つても, つて離縁つた女房に

▼ 己れで~ (5, 0.0%)

2 は無い 1 も着, よ太腐れ, 憚る

▼ 己をも~ (5, 0.0%)

1 倶に, 傷めること, 忘れんと, 欺かざる作品, 生かす

▼ 己~ (5, 0.0%)

1 ミル君, 保護スルノ具アリテ又, 利シツツアル現状ガ正義ニ非, 利セントスルニ至テ正義ヲ, 知ルトキハ百度戦ッテ百度勝ツ

▼ 己~ (4, 0.0%)

2 己は 1 お前に, どちらかが

▼ 己こそ~ (4, 0.0%)

1 いい面, 先づ侮らるべき, 千切れなけれ, 真向から

▼ 己たちみんな~ (4, 0.0%)

1 のな, をここ, をこんな, を無事

▼ 己だけ~ (4, 0.0%)

1 だ, ままっに, んど, 少し残る

▼ 己でも~ (4, 0.0%)

2 閉口する 1 お母さんでも, 危険に

▼ 己のみ~ (4, 0.0%)

2 己を 1 でなく主, 己が

▼ 己ア此処~ (4, 0.0%)

1 な宅, へおい, へ用, 迄に四度

▼ 己~ (4, 0.0%)

1 冠ヲ, 勝手ダ餘計ナ, 心ニ得タリト為シ独ダ一ニ書ヲ, 長ヲ説ク勿レ

▼ 己一個~ (4, 0.0%)

1 でひけらかし, で鼻, の措所, の私

▼ 己~ (4, 0.0%)

1 なり, にあたる, に歿, の誤り

▼ 己~ (4, 0.0%)

1 の四月, の歳, の禁令, より今

▼ 己じゃ~ (3, 0.0%)

1 ないん, ねえか, ねえが

▼ 己たちゃ~ (3, 0.0%)

1 もうすぐ絞首, やり口が, 船が

▼ 己だけの~ (3, 0.0%)

1 ことさ, 見込が, 話だ

▼ 己だけは~ (3, 0.0%)

1 ちゃんと知っ, ならないぞ, 亡くなつて

▼ 己でさえ~ (3, 0.0%)

1 手を, 芸者の, 頭が

▼ 己では~ (3, 0.0%)

1 ない, なかった, なかつたか

▼ 己とを~ (3, 0.0%)

1 合して, 律せん, 相対せしめる

▼ 己と共に~ (3, 0.0%)

1 センナールにて, 殘の, 自然が

▼ 己~ (3, 0.0%)

2 んだ 1 のだ

▼ 己に対する~ (3, 0.0%)

1 孝の, 態度の, 態度を

▼ 己ばかりは~ (3, 0.0%)

1 けっして眠く, 不逞な, 寂しく慚愧

▼ 己~ (3, 0.0%)

1 云って, 働きかけた, 面当に

▼ 己ほど~ (3, 0.0%)

2 強いもの 1 彼女を

▼ 己~ (3, 0.0%)

1 づこれに, ないの, ぬ

▼ 己まで~ (3, 0.0%)

1 一しよ, 嬉しいと, 御疑念

▼ 己もさ~ (3, 0.0%)

1 うして, うしよう, 狒々や

▼ 己れやれ~ (3, 0.0%)

1 もう堪忍, よくもこの, 是が

▼ 己アお前~ (3, 0.0%)

1 のお蔭, の角力, を其家

▼ 己ア旦那~ (3, 0.0%)

1 が通り掛り, はどうも, は高平村

▼ 己ア旦那様~ (3, 0.0%)

1 などは座蒲団, も往く, 泣いた事

▼ 己ア身体~ (3, 0.0%)

1 は大事, へ附着, を先方

▼ 己ハア~ (3, 0.0%)

1 ほんとうに, 先方へ, 気も

▼ 己~ (3, 0.0%)

1 に入, に帰, の秋郷

▼ 己主義~ (3, 0.0%)

1 という言葉, の意味, はそれ

▼ 己以外~ (3, 0.0%)

1 の事物, の人間, の物体

▼ 己~ (3, 0.0%)

2 喚ばふ 1 の縫

▼ 己此処~ (3, 0.0%)

1 になに, まで惣吉様, まで来

▼ 己~ (2, 0.0%)

2 らは

▼ 己~ (2, 0.0%)

1 いうが, 江戸へ

▼ 己お前~ (2, 0.0%)

1 の顔, は本当に

▼ 己さえ~ (2, 0.0%)

1 云わなければ, 腰より

▼ 己だに~ (2, 0.0%)

1 求めて, 聞くを

▼ 己~ (2, 0.0%)

1 ちのいう, 手向いを

▼ 己ながら~ (2, 0.0%)

1 はっきりした, 驚いた

▼ 己なんざ~ (2, 0.0%)

1 たといどんな, 何しろ十四

▼ 己にか~ (2, 0.0%)

1 はらせ彼, へるべき自責

▼ 己にさえ~ (2, 0.0%)

1 己を, 欺むかれる

▼ 己にだって~ (2, 0.0%)

1 出来ないこと, 言分が

▼ 己にとって~ (2, 0.0%)

1 うっとりする, 恋の

▼ 己にとっては~ (2, 0.0%)

1 大禁物, 赤の

▼ 己にのみ~ (2, 0.0%)

1 篤からざりしなる, 頼れるいやしき

▼ 己によりて~ (2, 0.0%)

1 もって, 存すゆえに

▼ 己はな~ (2, 0.0%)

1 いかんとも, 油断させる

▼ 己ばかり~ (2, 0.0%)

1 だが, では

▼ 己ひとり~ (2, 0.0%)

1 にとじこもっ, を世

▼ 己ほどの~ (2, 0.0%)

1 ものが, 者に

▼ 己までが~ (2, 0.0%)

1 ぞっとする, 投げ入れる一塊

▼ 己~ (2, 0.0%)

1 を得ず, を得ない

▼ 己よう~ (2, 0.0%)

1 な年, な身の上

▼ 己よりは~ (2, 0.0%)

1 お前の, 足が

▼ 己れっ~ (2, 0.0%)

1 ちの娘だ, ちらの

▼ 己れなし~ (2, 0.0%)

2 陶器師は

▼ 己れみた~ (2, 0.0%)

2 やうな

▼ 己れ参った~ (2, 0.0%)

2

▼ 己をば~ (2, 0.0%)

1 敢て, 諸

▼ 己ア伊皿子台町~ (2, 0.0%)

1 にいる, の者

▼ 己ア分家~ (2, 0.0%)

1 だから, だにはい

▼ 己ア娘~ (2, 0.0%)

1 の書いた, は未だ

▼ 己ア此~ (2, 0.0%)

1 の通り姿, の馬

▼ 己ア汝~ (2, 0.0%)

2 を悪

▼ 己~ (2, 0.0%)

1 今マデニアンナ妖艶, 実際気ガ狂ッタンジャナイカナ

▼ 己~ (2, 0.0%)

1 ヲ持ス, 自ラ兵卒ト

▼ 己一身~ (2, 0.0%)

1 に負い, の所信覚悟

▼ 己~ (2, 0.0%)

2

▼ 己~ (2, 0.0%)

2 を究明

▼ 己~ (2, 0.0%)

1 も亦, を尚

▼ 己巳雨~ (2, 0.0%)

2 降る将軍家

▼ 己~ (2, 0.0%)

1 也, 汝の

▼ 己独り~ (2, 0.0%)

1 しかねえ, で邪魔

▼ 己紫抜他~ (2, 0.0%)

2 もしくは加岐都波奈

▼ 己自ら~ (2, 0.0%)

1 更に甚, 見んと

▼ 己~ (2, 0.0%)

1 の中, の部

▼ 己達二人~ (2, 0.0%)

1 の与らぬ, は殆ど

▼ 己~ (2, 0.0%)

2 の光輝

▼ 己~ (2, 0.0%)

2 の光輝

▼1* [369件]

ぁあの船室, 己ぁあっさりした男でな, 己ぁあれからってものはあの唄を聞く, 己ぁいい事をし, 己ぁいつもお前が好き, 己ぁお前を見る, 己ぁこの子, 己ぁこんな不運な目, 己ぁすぐに癒ったろうがな, 己ぁそんな名前は知らねえ, 己ぁまだ知らねえ, 己ぁもうスモレット船長にゃうんざり, 己ぁもう墓場へ行く, 己ぁやり損ったよう, 己ぁ一度も知らねえ, 己ぁ万事相談づくで, 己ぁ五十だぜ, 己ぁ厭だよ, 己ぁ好きだ, 己ぁ学問がねえ, 己ぁ気が進まねえ, 己ぁ瀝青みて, 己ぁ規則は知ってる, 己あしきため善人と, 己あまた猫の, 己あるがため, 己あウンと云っ, 己いけッ太, 己おっぺそう, 己かってな処へ, 己かっての理窟じゃ, 己ががついて, 己がへの義理で, 己がも共に悲しく, 己がもののごとく嬉し, 己がナこの藤田重右衛門, 己ぐらいな年紀で, 己へ思ひ, 己さっぱり行って, 己と好い, 己その仲を, 己そのものが無い, 己それから鴻の, 己たちぁお前の腹, 己たちぁどうも料簡がいけねえ, 己たちぁみんなぶらんこになって天日に曝されるだろう, 己たちぁダブルーン金貨を手, 己たちぁ一人だってお前, 己たちぁ明日といわず, 己たちゃ間違ったこたぁしねえよ己たちはな, 己たち両親が承知, 己たち夫婦も世間, 己だけが契約一つで, 己だけしか感じなかったの, 己だけに密接の, 己だったのさ, 己だっても心配は, 己だつてどこ, 己だつたらどうだらう, 己だの松永貞徳の, 己だ分ったかああ, 己だ開けてくれ, 己ちゃんの流儀, 己っちが抵当, 己である位は, 己でしたことでありません, 己としては中学に, 己とで河童に, 己とも早くから, 己なき空疎な, 己などの家に, 己なりと思はん, 己なりたけ小遣, 己なる者の, 己なんぞが飛込んじゃ, 己なんぞに惚れたはれたの, 己なんぞの目ぢやあ, 己なんぞも西洋の, 己にかはかしむるときは悦び多き, 己にけふの, 己について知るほう, 己にでも猩々にでも, 己にとっても従妹己の, 己にばかり心配を, 己にもの一言いわない, 己に対してだけ時間を, 己に対しては更に甚, 己に対してよりは新聞に対して, 己に従って死戦した, 己のみが助かろうとは, 己はぞつとした, 己はだしにつかわれてる, 己ばかりか坊ちゃんだって, 己ばかりかも知れない, 己ばかりの咎では, 己への良い意見, 己ほどは卑しくなかった, 己ましめんか, 己またやったな, 己または人の, 己まだ晝飯を, 己までも殺される事, 己てえ, 己みづからが, 己むをえないことではなくてむしろ気休めである時, 己もう宜いて, 己もねあれから, 己見た好い, 己ゃ巡査じゃねえ, 己君や, 己そちでも, 己らそれを思う, 己らたちには何だか, 己らア知んねえもの, 己ら事ぶつ死ぬまで, 己ら子供が不憫, 己ら家の餓鬼奴等, 己ら尤められる積, 己ら御免だ, 己ら手合いは人間様, 己ら達が逃げる, 己や今朝, 己りゃ酔うて居る, 己れある身と, 己れおいぼれ親爺め思ひ知れ, 己れごときに, 己れっちよりゃ些度計り, 己れっち見てえな虫, 己れっち見たいな不器用者, 己れであって己, 己れでないそのかげ, 己れならで知る人も, 己れのすがたと, 己れみづからこれを, 己れより小さな犬, 己れ取つて代らん, 己れ引連れてかく, 己れ挙げずにお, 己れ歌わんがため, 己れ死なばや, 己れ笑わんがため, 己れ舞わんがため, 己れ見たやうな, 己れ見ろと云う如き, 己れ逃げようとて逃がす, 己れ飛んでもない, 己れ飽かんがため, 己をのッけて, 己をはづかしむ, 己ん所へよこした, 己アいやだハテナ昔, 己アふじみだから, 己アような者, 己ア一つ鎌をもうけた, 己ア一足先き帰るよ, 己ア一途に宜いと, 己ア九才の時, 己ア二度見たぜ, 己ア今金はある, 己ア体は粗末, 己ア何だと, 己ア元村まで往, 己ア全体酒さえのめ, 己ア冷てえ, 己ア別に悪い, 己ア医者は出来ねえ, 己ア友達が羽生村, 己ア口へ入ろう, 己ア可哀想でならねえ, 己ア合点しねえだ粂どん, 己ア名か己ア市四郎, 己ア命を取られ, 己ア嚊アだ, 己ア四十二歳になる, 己ア土手の甚藏, 己ア子じゃねえと云っ, 己ア宅へ何, 己ア実の子, 己ア小平という胡摩, 己ア屹度取つて, 己ア市四郎と云います, 己ア平気さお前なんか女, 己ア弟子に成っ, 己ア愍然でなんねえ, 己ア手前に禁厭, 己ア斯うやっ, 己ア村の丈助, 己ア此家の旦那, 己ア此様な顔, 己ア死病と定, 己ア母親は我儘もの, 己ア気の毒に思うだ, 己ア江戸の者, 己ア泥坊だと, 己ア為には真実, 己ア然ういふ事, 己ア真直の事, 己ア矢切村でハア小, 己ア稼ぎじゃア夫婦倶稼ぎでなければなんねえに, 己ア精神を見抜い, 己ア職人の事, 己ア肩叩えてな, 己ア親父に会っ, 己ア言葉を背かねえ, 己ア酔が醒めた, 己ア醜男で誠に, 己ア金を貯め, 己ア金運が向い, 己ア青が此処, 己ア馬鹿が好, 己見タッテ, 己ガ隠居所ヲ取, 己ッちの身の上では百両, 己見セタイッテ云ウンダヨ, 己ニソレヲ見セルノガ目的, 己ニハソンナコトヲ云ウケレド面ト向ッテ颯子ニソンナ命令, 己ハドウショウカナ折角鍼, 己ハ文句ヲ云ワナイカラ, 己レガ任トナスといひ, 己レガ閑ヲ以テ人, 己レ獨リ美酒佳肴ヲ列ベシハ一, 己レ逸楽ヲ好, 己ロレンツオ・ヰラミは諸君, 己とこの, 己ンとこにも荷物, 己ンとこアそんなこと, 己ン所の沢庵樽ぢ, 己一人工夫を凝らし, 己一人断食もすれ, 己一人死ぬるなら好い, 己一代中には失意, 己一緒に行つて, 己一郎氏が以前福岡県知事, 己丑七月遠州舞坂人, 己丑三月英倫の務め, 己丑三月英倫役満東帰由法国之馬賽口登舟遇日本井上甫水兄, 己丑六皇子共に天皇, 己丑十一月七日生幼名浅岡益寿贈ところ, 己丑天晴京極侍従三位相伝の私, 己丑誕生義淵僧正の弟子, 己主義者は自己保存, 己乎之母安夜爾多, 己云ったで事, 己亥今日御書, 己亥十月化生の故, 己亥十月朔日桜島火を発し, 己亥将軍家寿福寺に御, 己亥晴京都の使者参, 己亥晴将軍家聊か御, 己亥晴広元朝臣御所に参じ, 己聞いて, 己以上の偉大, 己出れば此, 己助太刀するから, 己十風のうち, 己卯五月二十七日に歿, 己卯今日仰下されて, 己卯六月二十日に書かれた, 己卯十一月の儒者, 己卯四十歳にし, 己卯戊子天保丁酉弘化丙午となる, 己即ち至上の, 己だぜ, 己叱られるだ行って遣っ, 己吐きしかば天, 己に同, 己天下に深き, 己太史となり, 己が手出し, 己嫌厭の不安, 己く知ってる汝母親, 己を下りる, 己巳七月の条, 己巳三十八歳で生年, 己巳三月二十五日後の棠軒従軍日記, 己巳九月の条, 己巳二月六日に至つて, 己巳五月十三日後の文, 己巳來航和蘭人ヤンコツクブロムホフ其國語に通ずる, 己巳六十二歳であつ, 己巳六十四歳であつ, 己巳六月の記, 己巳六月十一日に還つた, 己巳六月十四日に棠軒, 己巳席順一本に, 己巳年の二月, 己巳晴未剋地震, 己巳歳江大来稼圃者至, 己帰るエヽじゃ, 己究明, 己庚辛壬癸の事, 己引いて呉れ, 己引き得し胴ふぐり, 己御別懇, 己後斯う云う, 己心配はねえ, 己惚了簡で学問好き, 己惚半分の苦辛談, 己惚病というやつ, 己惚鏡で顔, 己惚面をした, 己に出た, 己憎いは紋十郎, 己においねえ, 己で蕎麦, 己旅宿夷川通堀川東へ入る, 己曰屠維の二つ, 己曾波春日消良米, 己服者無欲者沐浴者覺悟者を我, 己未故和田左衛門尉義盛の, 己末男はほんとに, 己来たからよう, 己楽しみ美女を, 己正面に立ち向かい, 己死んでも葬式, 己を入れ, 己決して言葉返しを, 己洗いざらしに自伝, 己淋しくねえよう, 己りを, 己百支國次有伊邪國, 己的本能が若し, 己知及曾子の有若, 己等みたいなもの, 己等一代はもう, 己等一味の勢力, 己等三人は今, 己等兄妹を傷つけた憎むべき, 己等加斯支移比彌乃彌己等, 己等夫婦で遣, 己等目で見た, 己置いて来た, 己胸倉捉ってどう, 己自ら先きに, 己を一ぷく, 己他衆, 己てくれ, 己見た事は, 己観照が出来る, 己許呂安可志能宇良爾, 己と結びつい, 己貧乏だなんと, 己貴命及少彦名命で宝亀六年, 己逃さねえぞ, 己逢って汝, 己連れて来た, 己達ゃア林の間, 己達夫婦が飯, 己達皆を一つ, 己達親子はペスト, 己達霊どもと同じ, 己酉七月二十五日同十九年壬子十月神祖, 己酉七月五日神祖より御朱印, 己酉五月に令, 己酉四月の作, 己酉天晴夜に入, 己酉天晴広元朝臣奉行として御教書, 己酉天陰ル時々小雨, 己酉天霽鎌倉中に兵, 己酉諸人の愁訴相積, 己酉霽地震鷺の怪, 己酉霽将軍家烟霞の興, 己の酔, 己限りかなあ, 己から人間並み, 己頼るなきもの, 己食うべえ, 己を引い, 己を五分刈り