青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「小倉~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

尋常~ ~對 對~ ~小 小~ ~小さい 小さい~ ~小さく 小さく~ 小さな~
小倉~
~小僧 小僧~ 小児~ 小判~ ~小声 小声~ 小姓~ 小娘~ ~小学校 小学校~

「小倉~」 1003, 10ppm, 10341位

▼ 小倉~ (256, 25.5%)

44 袴を 11 帯を 9 袴の 5 袴に 3 制服を, 方から, 緒の

2 [19件] そばに, ほうを, ズボンに, 古袴, 城下に, 城主細川忠興の, 宿は, 小笠原家に, 山に, 帯の, 帯当節は, 校服の, 洋服の, 洋袴の, 袴が, 袴で, 角帯を, 雪の, 顔を

1 [140件] いった通り, おままごと, くたびれた帯, ところへと, ところを, はかまキリッ, はかま手ぬぐいを, は米一斗袋, ほうへ, ぼろ服を, まえの, ように, よれよれの, ズボンと, ズボンや, ハカマとを, 三人は, 三門に, 上着が, 上衣に, 両氏の, 二藩応接警衛の, 人間観であった, 代りに, 伊織系, 停車場に, 内の, 冬は, 制服から, 前へ, 土地を, 地方には, 城主として, 夏服を, 大淵和尚と, 太守に, 女流達の, 官舎で, 宮本伊織の, 家老の, 寝十方花庵, 寝床へ, 寺を, 小さい袴, 小幅, 小笠原右京大夫忠真に, 小笠原家の, 小笠原西は, 山で, 山も, 師団から, 師団に, 帯しかして, 帯へ, 帯右の, 帯紺足袋を, 帶の, 幅せまき, 延命寺燈台の, 御子で, 意見が, 方に, 服に, 服には, 本地に, 村に, 松ヶ丘には, 櫂の, 洋服に, 滝あたりへ, 滝から, 滝大泉の, 滝縞の, 生まれた村, 男じゃが, 男は, 町に, 町は, 町を, 白地の, 相手の, 短い袴, 碑に, 碑にも, 競馬場で, 筒袖を, 細川三斎公の, 細川家からは, 細川家に, 細川家の, 緒太い, 緒麗々しく, 背広を, 膝の, 舵を, 舵取りを, 色紙が, 色紙とか, 色紙に, 色紙の, 色紙や, 色紙を, 色紙河童の, 草庵へ, 薄汚ない, 行燈袴の, 行燈袴を, 袴いたっ, 袴と, 袴という, 袴といふ, 袴ときまつた, 袴一群を, 袴白柄朱鞘の, 袴紬の, 袴絣の, 袴羽織は, 襞を, 襠高か, 襠高袴を, 角帯几帳面な, 角帶へ, 言い草だった, 言葉の, 詰襟と, 詰襟の, 足立山八幡の, 遊女町の, 里の, 陸軍病院へ, 隠居に, 霜降りの, 領地から, 飛んで, 馬乗り袴朱鞘の, 馬乗袴小さな, 馬乗袴朱鞘の, 駅も, 黒いえり, 鼻緒を

▼ 小倉~ (134, 13.4%)

9 いった 4 しずかに, 答えた 3 それに, 眉を 2 それを, だまって, 口を, 女を

1 [103件] いっそ憫むように, いっそ真, うなずかなかった, うなずくよう, おかしかった, おとなしかった, かいつまんで, きわめてまじめ, こういい, ここでも, こたえて, この時フト, さすがに, しきりに穏便, そこへ, そのまま床, その体, その屋号, その性格, その楽天坊主, その汐先, その点, それが, それには, とっさの, どこを, びっくりした, ほんとに今, まだ考え, もう一つ合点, ようやく厄介, よく話, わざと冷, わらった, コーターマスターの, ハッキリこたえた, ヒステリーの, ブリッジを, 万寿丸へ, 三上が, 三上よりも, 三浦の, 三浦を, 人気が, 元気よく, 入って, 全く困る, 前方を, 勘定し, 口走った, 同じよう, 困ったよう, 墓の, 夢でも, 大声立て, 失心した, 女が, 女に, 女中の, 女郎買いには, 妙な, 当番かい, 彼の, 思うと, 感情が, 憫むようにわらった, 手で, 手焙り, 昨夜の, 暇に, 本質屋で, 水から, 水夫見習いが, 池に, 注文した, 涙を, 無意識に, 田代の, 眠くて, 立留った, 笑った, 纜綱を, 肉や, 自分に, 自分の, 船内において, 船尾へ, 船首を, 藤原から, 藤原と, 蟹で, 行く先を, 言った, 話を, 起きると共に, 途方に, 銚子の, 静かに, 非常に, 頤で, 頭の, 頭を, 黙って

▼ 小倉~ (41, 4.1%)

4 来てから 3 きいた

1 [34件] いた時, いて, いる親類, いわれて, おもむく途中, ききかえした, こうやっ, もたれかかりながら, 一つの, 一と, 一番早く, 代って, 任せて, 入つた, 名前を, 国替への, 居を, 帰国の, 来て, 流れて, 渡した, 渡り豊前, 着きました, 着任した, 知りあいの, 移ると, 立寄った, 落ち着いてからの, 赴任当時の, 足掛四年いた, 近い処, 近い山, 金を, 青年の

▼ 小倉~ (32, 3.2%)

1 [32件] おもむく際, 下って, 下るだろうと, 下るには, 下る宮本武蔵, 到着したら, 参っても, 参り慶長十七年十九歳, 向う途中, 向けて, 向って, 呼び寄せて, 帰藩の, 往って, 来た, 来た武蔵, 来てからの, 来るとともに, 着くまでの, 着任し, 移って, 立たれました, 立った, 聞えたので, 行った, 西洋から, 走り例, 赴くそう, 連れて, 連れ帰って, 門司へ, 預けられまた

▼ 小倉~ (29, 2.9%)

6 言った

1 [23件] いっても, うしろを, すぐその, そういっ, ひょうきんに, ファヤマン, 今夜の, 何か, 何も, 口を, 各, 帰って, 彼に, 後に名, 持って, 日本海隠岐で, 生まじめ, 皮肉な, 答えた, 自分を, 舵手室へ, 見つけたの, 近くなっ

▼ 小倉~ (24, 2.4%)

3 の絵 2 の作品

1 [19件] から表紙, がこ, がそれでは, が来られ, の, のよう, の写実家, の技術, の浴女, の現在, の絵画上, の自然科学史, の草花, の評価, は, は姓名, は草花画家, またそれ, を指し

▼ 小倉~ (22, 2.2%)

3 三上との 2 宇野と

1 [17件] いうので, いえば, であった, 三人急に, 三浦と, 三浦とが, 三浦とは, 三浦に, 二人がかりで, 云うもの, 改名し, 田代の, 田代は, 自分とで, 蔵前ゆきのその, 長崎の, 門司ヶ関の

▼ 小倉~ (18, 1.8%)

5 三浦も 3 いった 1 この例, その侮辱, とっさに, やって来た, 一人で, 乗ろうと, 彼女に, 無意識に, 立留った, 頭は

▼ 小倉嘉門~ (17, 1.7%)

3 の後家 2 の後家操

1 [12件] が吐血, と右隣, の二階, の内儀, の取, の書いた, の筆, の美しい, は大師流, は醜男, もお, を殺害

▼ 小倉~ (17, 1.7%)

3 を着た 2 の太

1 [12件] に下駄, の久慈, の子供, の肩, の青年, はたて, は土間, も外の, をつけた, を脱ぐ, を衣, 着て

▼ 小倉~ (16, 1.6%)

3 の長次

1 [13件] が承知, じゃない, にお前さん, の名物, の姿, の屋台, の帳場, の若者勇吉, はぴしっと, は念, は阿部閣老, は鼻, もそれ

▼ 小倉から~ (15, 1.5%)

2 連れて

1 [13件] この列車, やがて肥後, わざと身軽, パン屋の, 一里の, 下ノ関に, 出て, 印税について, 熊本へ, 立って, 舟に, 見た遠望, 長岡佐渡の

▼ 小倉~ (14, 1.4%)

1 [14件] そこに, そだった多, その日, 一泊しなけれ, 京町に, 伝便と, 名高いもの, 女に, 戦死者の, 暮して, 火あぶり, 発心し, 親の, 鉄道の

▼ 小倉~ (12, 1.2%)

1 [12件] で赤い, に紺足袋, のその, のぶん, の股立, の萎えたる, の覆面, は硬派, をはいた, を着け, を穿い, を穿いた

▼ 小倉さん~ (11, 1.1%)

1 [11件] が少し, が持っ, ですか, とそれ, に電話, ね小倉さん, の名前, は, は航海学, もしあんた, も少し

▼ 小倉百人一首~ (11, 1.1%)

2 のこと 1 で人, というの, というよう, にある, には, にも選ばれた, に萬葉歌人, に載っ, を一首宛

▼ 小倉~ (10, 1.0%)

1 わずかな, われは, オグラと, 励ましながら, 去った, 取っつかまえた, 盗み見し, 立つ時, 責問セし, 離れましたれば

▼ 小倉~ (10, 1.0%)

1 が三つ, であるが, と仮定, の名, の墓地, の峰, の松, の稲荷さま, の高原, を経

▼ 小倉~ (9, 0.9%)

1 がそう, が最初, が来, が登られ, という人, に一任, の方, や三浦君, 分ってるか

▼ 小倉遊亀氏~ (9, 0.9%)

1 が, が何故, の人気, の作風殊, の古く, の実際, の草花, は何, は幸

▼ 小倉金之助博士~ (9, 0.9%)

1 から座標, が二十余年間, が数学史, である, の如き, は実証的精神, は数十年来, もこの, や再び

▼ 小倉まで~ (8, 0.8%)

1 たどり付, よい道連れ, 下るの, 十五里半, 来て, 行くつもり, 辿り着いたところ, 駈けて

▼ 小倉には~ (7, 0.7%)

2 武蔵の 1 その後新城の, まだ乞巧奠, 三日めに, 如何行く, 御主人

▼ 小倉~ (7, 0.7%)

2 三浦の 1 三浦死んだ, 戦地から, 皆を, 福岡では, 門司を

▼ 小倉との~ (6, 0.6%)

1 力は, 差違が, 手紙の, 消息について, 経済速力を, 間を

▼ 小倉博士~ (6, 0.6%)

1 がこれ, が云う, の, のこの, の哲学嫌い, の系統

▼ 小倉啓助~ (6, 0.6%)

1 がその, が大いに, のよう, の仕事, の評判, は神坂村小学校

▼ 小倉~ (6, 0.6%)

2 の者 1 といふ, の方, の親方, の連中

▼ 小倉~ (6, 0.6%)

2 の家老 1 の士族, の志士何某, は随分, より御

▼ 小倉碑文~ (5, 0.5%)

1 などにもわずか, にもまったく, に書かれ, の有名, の記事

▼ 小倉という~ (4, 0.4%)

1 のは, 地名の, 小名が, 置屋さんに

▼ 小倉とは~ (4, 0.4%)

1 からだじゅうを, その凍, その生活, 各が

▼ 小倉城下~ (4, 0.4%)

1 に泊っ, の田向山, の百姓, はもちろん

▼ 小倉~ (4, 0.4%)

2 という酒屋 1 というそれ高田馬場, の半兵衛さん

▼ 小倉是阿弥~ (4, 0.4%)

2 の家 1 の事, の茶室

▼ 小倉~ (4, 0.4%)

2 の短 1 と云う織, のよう

▼ 小倉~ (4, 0.4%)

1 で武蔵殿, に碇泊, まで参りとう存じます, まで立たれる

▼ 小倉金之助~ (4, 0.4%)

1 におこられた, の, のディレッタント, は自然科学者

▼ 小倉中学~ (3, 0.3%)

2 の同級生 1 の姿

▼ 小倉女史~ (3, 0.3%)

1 が為し遂げた, に苦言, を賢

▼ 小倉監獄~ (3, 0.3%)

1 にかまうちょったけ, にかまうとる, に収容

▼ 小倉~ (2, 0.2%)

1 何かの, 其罪を

▼ 小倉では~ (2, 0.2%)

1 なお幾つ, 行乞しなかつた

▼ 小倉でも~ (2, 0.2%)

2 三浦でも

▼ 小倉などは~ (2, 0.2%)

1 まだ上陸, 一村の

▼ 小倉への~ (2, 0.2%)

1 中間ぐらいな, 手紙にも

▼ 小倉より~ (2, 0.2%)

1 お越しの, 申立し

▼ 小倉~ (2, 0.2%)

1 ら子, ら子さんの

▼ 小倉~ (2, 0.2%)

2 博士の

▼ 小倉君君~ (2, 0.2%)

1 の言う, はどっち

▼ 小倉~ (2, 0.2%)

1 へ向っ, も二代

▼ 小倉宇野西沢~ (2, 0.2%)

1 とこの, を連れ

▼ 小倉~ (2, 0.2%)

1 が淋しかろ, と云う

▼ 小倉市外~ (2, 0.2%)

1 に立っ, の山

▼ 小倉庵長次~ (2, 0.2%)

1 の近く, は割烹

▼ 小倉~ (2, 0.2%)

1 に乗り, は八昼夜

▼ 小倉西沢~ (2, 0.2%)

1 と腰, 各は

▼ 小倉~ (2, 0.2%)

1 では深緑, で示された

▼ 小倉遊亀~ (2, 0.2%)

2 といふ人

▼ 小倉遊亀論~ (2, 0.2%)

1 は成立, をやる

▼1* [151件]

小倉あたりの米, 小倉あるきの巻, 小倉も此国, 小倉からの長い手紙, 小倉からも度々書面, 小倉さんあなたはご, 小倉さんあんたは淫売, 小倉さん三上さんはねあなた, 小倉さん御免を, 小倉さん私は幻, 小倉じゃが袴を, 小倉たちのはるか上, 小倉なんて言われ, 小倉だって知らない, 小倉での巌流佐々木小次郎との, 小倉といふのも, 小倉とか小椋大蔵など, 小倉とき子が井戸端, 小倉とだけであった, 小倉とやらへ連れて, 小倉と共にその長門領一帯, 小倉ほし, 小倉にもそれは, 小倉はずけりと, 小倉へはいる城下口, 小倉ほどに心配しない, 小倉までは汽車で, 小倉らブリッジにある, 小倉ホテルへ帰る, 小倉三枝及び戸坂, 小倉三浦田代の三人, 小倉上人と称ん, 小倉下向に行, 小倉中学出身で黙々と, 小倉中学校長文学士伊東尾四郎君はわざわざ, 小倉中宿を捜した, 小倉主税ト云ウ仁ノ屋敷ヘ住ンデイタ, 小倉池に, 小倉かへの別府行き, 小倉亘妹縁談願之通, 小倉伊賀屋平兵衛の家, 小倉伝来の筆, 小倉伸吉君のお, 小倉作左衛門越後口の津川城, 小倉候ヨリ長州の讒申立, 小倉停車場に近い, 小倉先生にも, 小倉八幡門司等で公演, 小倉兵庫大坂京都それから江戸なぞ, 小倉内裏より長府, 小倉博多別府などの顔役方, 小倉博翁をはじめ, 小倉占地一本占地榎茸針茸舞茸毒ありとても, 小倉右一郎コレガ彫刻設計ヲ爲ス, 小倉右一郎氏に題字及撰文, 小倉右一郎氏齋藤東京帝國大學教授其他來賓及松, 小倉合戦終ニ落城と承り, 小倉在勤は明治三十二年六月, 小倉在勤中は田舎, 小倉の詰襟, 小倉地方を歩い, 小倉城主として自分, 小倉孫作伊南を蒲生左文, 小倉の御, 小倉が昔, 小倉対広島のクライマックス, 小倉山下に山荘, 小倉山保津川の風景, 小倉山峰の紅葉, 小倉へも鮎, 小倉左衛門という男, 小倉の一読者, 小倉市外延命寺山の碑, 小倉市手向山の武蔵, 小倉をしめ, 小倉帯素足に角雪駄, 小倉帯紺飛白の手縫足袋, 小倉の鐵, 小倉庵事件では青木弥太郎, 小倉延命寺山のうえ, 小倉之惣大将当時谷潜蔵, 小倉敬二君が書い, 小倉新田の城主小笠原備後守貞謙, 小倉方面に戦争, 小倉日記はオグラ日記, 小倉早落城も敵, 小倉時代に到達, 小倉時雨の小説, 小倉末子さんの子供時代, 小倉末子氏大橋三島久米倉知瀧田その他の人々, 小倉本異本二天記などという別, 小倉松寿の二小姓, 小倉歯科大学の附属病室, 小倉氏自身の実力的, 小倉汁粉をすすり, 小倉渡し以後長州ニ, 小倉波田のご, 小倉洋服を着, 小倉も歌, 小倉浩一郎が迎, 小倉清三郎の, 小倉清三郎氏が単独, 小倉滞在中の日記, 小倉猛夫はむッつり, 小倉男爵家の有名, 小倉発午後四時四十二分別府著別府には大正八年夏一たび, 小倉石油などを積ん, 小倉碑文二天記地誌類のうち, 小倉競馬場の初日, 小倉十四連隊の, 小倉はい, 小倉紀行に書い, 小倉らしいハッキリ, 小倉織で普通の, 小倉聯隊へも援軍, 小倉聯隊附中佐から黒田高級参謀, 小倉色紙に出る, 小倉著市中を見物, 小倉藩ニ仕ヘ, 小倉藩主の如く, 小倉行きの汽車時間, 小倉街道の, 小倉袖着流しのまま威儀, 小倉袴コール天の足袋, 小倉袴上も下, 小倉袴仲間の通人, 小倉袴細身の大小, 小倉袴紺足袋の仲間, 小倉西沢大工安井は皆肺結核患者, 小倉西沢藤原と四人, 小倉言葉なく幕府ニ其長, 小倉をやる, 小倉警察署の建物, 小倉前守, 小倉貴様らも同意, 小倉赴任前の古い, 小倉通いをする, 小倉遊亀ファンとしてはい, 小倉郷土会の主催, 小倉金之助さんの, 小倉金之助両氏の賛同, 小倉金之助博士執筆の, 小倉金之助岡邦雄伊豆公夫その他諸氏によって編まれ, 小倉長崎博多からいろいろ, 小倉閣下の奥さん, 小倉猿が, 小倉附近に遊んだ, 小倉の小島, 小倉と一市みたい, 小倉高等女学校のため, 小倉黒田の博多