青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「差~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

左手~ 左様~ 左衛門~ ~巧 巧~ ~巧み 巧み~ ~巨大 巨大~ ~差
差~
~差し 差し~ 差別~ ~己 己~ 巴~ 巴里~ 巻~ ~巻い 巻い~

「差~」 4305, 47ppm, 2516位

▼ 差~ (1047, 24.3%)

139 へない 115 ない 38 ないと 36 ないの 33 はない 30 ないが 26 へはない 20 がない 18 のない, もない 14 はあるまい, へありません 13 へあるまい 11 がある, ないでしょう, は無い 10 あるまい, ないよう, なしと 9 なからう, なかろう 8 ないという, の無い 7 ないもの, ない程, へのない 6 ありません, ないこと, ないやう, へがない, 無い

5 [12件] が無い, ないで, ないといふ, ないん, ない位, なかったら, なくば, なければ, はありません, はなから, はなかろう, へはあるまい

4 あるまいと, ないかも, なし, はございません, へがある, へなから

3 [19件] ありますまい, ありませんか, があっ, がなけれ, が出来た, が無, が無かっ, ないかと, ないであろう, ない筈, ない譯, なかった, なかるべし, のある, へなき, へなく, へ無い, もなかつた, 無いの

2 [28件] がなかっ, がなかつたら, ないくらい, ないくらいの, ないけれども, ないだろう, ないね, ないので, ないはず, ない程度, なく検査, なけれど, なさ, はな, はないでしょう, へがなかつたら, へなかつた, へなけれ, へはありませぬ, へはなく, へもない, へるといふ, へるやう, へる程, もなく, を恐れ, を生ずる, 無い位

1 [188件] ありませんでしたから, あること, あるべからずただ, あるまいが, あるまいという, あるまいな, ある場合, ある際, があ, があった, があつ, があるです, があれ, ができまし, がなかろ, がなく, が出, が出来, が起っ, が起つ, ございますまい, ございませぬ, ございません, さえなけれ, たるべきもの, でもございます, でも有る, でも起きた, となり, ないか, ないかぎり, ないかにも, ないから, ないがね, ないじゃ, ないただ化, ないぢ, ないとして, ないとの, ないなどと, ないのに, ないのみ, ないほどの, ないよう許可, ない之, ない事, ない事情, ない人間, ない以上本, ない例, ない原, ない名称, ない場合, ない定義, ない折角, ない時代, ない有る, ない準備, ない状態, ない理由, ない用意, ない箇条, ない訳, ない買おう, ない贅疣, ない身分, ない金, ない限り, ない限りいつ, ない高度, なかったら話し, なかつた, なかつたが, なかつたで, なかつたと, なかつたとある, なかつたの, なかつたら一緒, なかつたら僕, なかつたら夕飯, なかるべくその他, なかるべく候, なかるべけれど, なかるべしと, ながらをかしい, なきなり, なきの, なきも, なきもの, なきや, なきよう, なき様, なき者, なき限り何, なくある, なくその, なくても, なくな, なくスキー, なく同じ, なく地面, なさそう, なしか, なしとて, なしとは, なしなど, ならば, にもなるまい, ぬよう, のな, のもっとも, の無かっ, の起る, は, はありやしない, はござらぬ, はなかつたらう, はなく, は有, は有りますまい, は有るまい, は無から, ふべきを, ふる身, へあ, へありますまい, へがあり, へがあるなら, へがあれ, へがございませんでしたら, へがなかつたなら, へがなく, へが無, へが無い, へございませ, へた, へで出られぬ, へなかつたら, へなくなる, へなし, へぬ, へのある, へはありません, へはある, へはなから, へはなき, へます, へます七日, へもあるまい, へもなかつた, へも無い, へるから, へるからと, へるほど, へるもの, へる事, へる位, へる所ぢ, へる時, へる訳, へる貧苦, へ候, へ自然, もあらん, もありませぬ, もありません, もある, もあるまじ, もな, もなかっ, も有るまい, も無, も無い, ゆる者, より乳母, るからって, るの, る云, をもっ, をも見ない, を掛ける, を生じ, 無いかと, 無いが, 無いと, 無いやう, 無い限り, 無きとて

▼ 差~ (414, 9.6%)

43 ある 19 あるの 15 あった 8 あって, あると 6 出て 5 あっても, あります, あること, あるという, あるよう 4 あつて, あるかも, あるから, あろう 3 あるか, あるが, あるし, あるので, あるのみ, あるばかり, はっきりと, 甚しく, 生じたの, 生じて

2 [16件] あったの, あっては, あつた, あまりにはなはだしい, ありそれ, あるけれども, あるだけ, あるに, あるのに, あれば, ひどい, ひどかつ, 大きすぎる, 小さくなっ, 有る, 質の

1 [212件] あったが, あったせい, あったため, あったと, あったら自分, あった筈, あの歴史上無比, あまりにひどい, あまりに大きい, あらわれて, ありある, ありすぎますね, ありすぎる, ありその, ありますか, ありますよ, ありまた, ありまた下, あり其, あり出て, あり同じ, あり多き, あり官賊, あり弦, あり得る訳, あり私, あり追われる心配, あり間, あるかが, あるかと, あるかという, あるだけの, あるだろうか, あるであろう, あるとは, あるどころか, あるならば, あるね, あるはず, あるまで, あるもの, あるやう, ある場合, ある夫婦, ある智識, ある筈, ある許, ある訳, ある食物, あろうが, いちじるしい, かなりあっ, きら, ここでは, ここに, この日, この知覚, この黒鏡, ころげ落ち, ございまして, ございます, じつによく分かる, すくなく, すこしずつ, それほど大きく, ちゃんと分る, つくらせる大面, できた, とうてい同日, どのよう, ない, ないと, ないという, ないので, なかった, なくとも, なくな, なくなって, なければ, はっきりわかった, はなはだしい, はなはだしいこと, ひどすぎる, ぼんやりし, また甚, まだ少なし, よくわかる, わからなかったの, わかる程, シットリと, ゼロと, ハッキリし, ハッキリしすぎ, 一千四百米突にも, 一時間の, 一般に, 二つの, 二人には, 互の, 人工的に, 今眼前, 付いて, 何から, 何という, 何に, 何物である, 余りつけられすぎ, 余りに多かっ, 僅かで, 僅かに, 具体的に, 出るという, 出るの, 出來, 出来た訳, 出来て, 出来るの, 切れ彼処此処, 初めの, 判然するだろう, 到底避け, 加わるの, 十馬身ぐらいに, 可なり, 同時に浄土, 問題でなく, 四倍に, 在る事, 地球周囲の, 墨の, 壁面を, 多く立体的, 大きいよう, 大きかった, 大きくおかしくて, 大きくなっ, 大きすぎました, 天地の, 存する, 容器の, 小さくて, 少くなっ, 少しく多く, 少なくとも五つ, 幻燈の, 彼と, 感ぜられる, 懐しかった, 扶持に, 既に著しい, 旧藩時代と, 時による, 有つて, 有ります, 有り結果, 有るが, 有る石田, 本当の, 東京の, 案外明瞭, 極めて小さく, 注がれその, 消えて, 激しいので, 激しくて, 為替と, 烈しく吹きまくる, 無数であり, 物を, 現われる, 甚だしくあっ, 甚だしくては, 甚だしくとても, 甚だしくなっ, 甚だしくなる, 甚だしく殊に, 生じたか, 生じるだけでも, 生じるばかり, 生じ自分, 生ずる, 生ずるの, 生まれて, 町の, 目立つと, 直ぐ生じ, 相当に, 約七百六十粍, 素人にも, 絶対的に, 翳って, 自分らの, 自然に, 自然科学と, 落ちるので, 著しくあらわれ, 藩士らの, 見えなかつた, 見られないという, 見られる, 見られること, 見られるという, 認められるの, 身に, 追い追い小さく, 通る, 過てば, 遠ざかって, 適度に, 雲を通して, 非常な, 齎す何

▼ 差~ (250, 5.8%)

20 あるが 9 あっても 4 あるに 3 あったが, あるけれども, あれども, 僅かに 2 ありますが, ある, ない, ないよう, わずかに, エリボルスの, 匠が, 大なる, 甚しい

1 [187件] あったであろうが, あつた, あつて, あながち年齡, ありながら, ありながらも, ありました, ありませうが, ありません, あり色彩, あるけれど, あるだろうが, あるの, あれど, あれユートピストは, あれ愁, あれ真実孤児, あれ誰, いわゆる経済, うかつに, おのずから明らか, お話に, かくの, こういう風, ことに音波, この世の, これまた, さほど大きく, さまざまだ, ざらんと, ざりし父, しかしマルクス, そういうもの, その後ますます, そもどこ, それが, たしかにあった, ただ濃淡, だいぶあろう, どうかとか, どうする, どうな, どの位, どれほどか, ないと, ないとしても, ない筈, なかった, なかなかわかる, ぬ老女, ねえの, ひそんで, ほ, ほとんど七倍, ほとんど四倍, ほんの皮一重, まことに大きく, もっと大きく, もとより器物玩具, やがて正午, やはり一尺差, やはり大切, わずかこの世, ポオの, ユーゴーは, 一〇年である, 一つぢや, 一五年, 一円二十八銭という, 一定の, 一層明らか, 一応当然で, 一日の, 一生取返しが, 一見し, 七年と, 三倍四分の一強である, 三百メートル近くあり, 三百米突以上に, 主従の, 主観の, 争われない, 争われぬもの, 二千三百フィートしか, 二千餘年前の, 五六歳に, 今日, 今日の, 何人にも, 倍以上である, 僅, 全く平均, 全く相互, 到底認める, 前と, 勤労に対する, 十二時間なり, 十圓以上に, 単なる強度, 単に雪, 印度土着の, 原子核の, 原稿の, 埋められて, 堪忍し, 多少とも, 夢みるよう, 大きい, 大体紙一重といふ, 天と, 如何とも, 嬰児期独身期に, 子供にも, 存外大きな, 実に僅少, 実はそういう, 寒暖計で, 少い, 少しの, 少しも, 差であっ, 年には, 当然あり得る, 性質の, 恐らく只此, 数秒あるいは, 文学の, 斯う, 方言の, 日本の, 明るい空, 時には著しく, 時ふる, 普通一般には, 曇った, 有っても, 有ろうが, 本当に米, 案外簡単, 極めて僅か, 極めて大きい, 構わないよう, 正面から, 殆どなかっ, 殆ん, 殆三十年を, 比較的僅少, 比較的簡単, 気付かなかつた, 決して少く, 溯って, 濡れた月, 為世が, 無い, 無いで御座いませう, 無い筈, 無かるべけれど, 無論高尚, 物質元子の, 現金勘定の, 甚だ大, 百姓町人と, 百里の, 盖し, 知りぬいて, 石切場に, 私の, 程度の, 粒子の, 約二歳, 紙一重, 紙片だの, 細く耀き, 結局研究の, 肉眼でも, 自ら明瞭であろう, 認められなかった, 質的に, 辛抱できない, 迷心を, 遂に千里, 金庫中に, 鉄の, 隨分甚しい, 雀と, 非常な, 非常に

▼ 差~ (228, 5.3%)

4 つけて, もって 3 して, 振り廻して, 生ずる

2 [17件] あげて, つけなければ, 作って, 向けて, 差して, 引抜いて, 彼の, 感ぜざるを, 抜いて, 持って, 明かに, 満身に, 見せて, 見て, 見ると, 説明する, 論じて

1 [177件] あたしに, あやぶむ者, あらわし相良金吾, あれこれする, いかに除く, おいて, この事件, した, した白髪, しっかり見, しみじみと, じろりと眺めやり, すると, たがいに, つかわないで, つくりだして, つけずに, つけない方針, つけられターザン氏, つけ最後, つめ十間, どうお, なげること, なるべく大きく, はずませながら, はっきりと, はっきり自分, はっきり見た, ほとんど無限, むけること, もつて, ギッと, ロシアの, 一ぱいに, 一斉に, 一本さし, 一本付け, 三間ぐらいに, 不平等で, 両者の, 乗り越える時, 争い双方とも, 云い表わすもの, 亡ぼしたの, 人は, 介して, 伏せるばかり, 伴ったと, 作らず学校, 作る, 光らせて, 免れず政事, 六六年毎に, 出して, 出すこと, 出でぬと, 分明に, 利用し, 前に, 力まかせに, 勘定に, 千里万里も, 卓の, 原子の, 原子核の, 反芻し, 取らせると, 取り戻そうと, 取り直して, 受けてる縁側, 合せたものの, 向けるもの, 執って, 失はせる, 奪って, 差し笠, 床の間に, 当てた様, 当てなけりゃなりませんよ, 想像せしめる, 感じて, 感じる, 感ずること, 投げた, 投げて, 投げ捨てた, 抜きざまに, 持つ, 探し出して, 描き出すには, 是認する, 時々空, 時代の, 暗に見くらべ, 棄て針, 求めたと, 法水に, 注いで, 注ぎました, 漁夫の, 無視し, 無視した, 物質的操作による, 牽きつけて, 珍らしがっ, 現わし, 現わす, 生じて, 生じる, 生じるの, 生じ悩ましき, 生じ特殊具体的, 生ずるから, 生ずること, 生ずるの, 生ずるは, 生ずる場合, 生ぜずと, 生み出して, 生み出し働く人々, 相手の, 眺め, 眼に, 知って, 知らず, 知る例, 示して, 示し記録, 示す, 示すこと, 示すであろう, 示すのみに, 示すもの, 私は, 突然とめた, 立つること, 競うのに, 結果し, 結果した, 綯えば, 総監の, 考えねば, 自分に, 自分は, 自覚し, 良く示し, 落した, 落しながら, 表すこと, 裏に, 補正する, 見て取る, 見るに, 覗かせじっと, 計って, 証明する, 認めて, 認めないよう, 認めなくても, 認めるけれども, 認めること, 認めるに, 語るもの, 説明しよう, 説明すべき, 識別する, 超えて, 超越し, 越えての, 跨き違える人間, 逆に, 避けながら, 金の, 鋭くし, 除くこと, 額ご, 馳せた

▼ 差~ (119, 2.8%)

5 あること 3 なかに, 中に, 甚しい 2 あるもの, ような, 中で, 中には, 中を, 原因を, 小太刀を, 最大な, 柄に

1 [87件] あつた, あるいただき物, あるところ, あるのみ, あるべきはず, ある冷たい, ある水面, ある連中, うちに, そして背, ために, つかに, どこかに, ないこと, ないの, ないもの, ない二人, ない人たち, ない報酬, ない大山, ない時代, ない時間, ない焦心, はなはだしい中産階級, はなはだしい良人, ままに, まま誰も, やうに, ように, エロディヤッドの, 上で, 下げ緒を, 世界が, 九篇を, 人たちは, 位置に, 光は, 出来るもの, 刀尺二三寸の, 切ッ尖, 前方に, 取締が, 問題では, 四百円は, 在る事, 多い叔父姪, 大さ, 小刀へ, 小刀を, 小柄を, 少いもの, 少い事, 少ないこと, 少ない女児二人, 尺度は, 尺度を, 底に, 影が, 徒と, 感覚が, 方便を, 極限は, 横に, 流鏑矢引抜い, 浦も, 煙草入を, 異様を, 短い刀, 短刀を, 端を, 紅を, 綜合効果が, 綜合認識作用に, 致す所, 落ちて, 著る, 起こるゆえん, 起こる所以, 輩を, 違った出来事, 鋭い勇肌, 鍔を, 鏑矢一トすじ抜きとっ, 開きは, 除き方, 非常に, 鞘を

▼ 差~ (115, 2.7%)

3 あつて 2 それを, ぶらぶら歩いた, 仙太の, 相手を

1 [104件] あつた, あらう, あるいは死, いつもより, お酒, きまるという, こう心, ここへ, こちらを, さまざまの, しかも甚, じっとそれ, じっと赤ん坊, すばらしい名作, すべての, そう思っ, その視野, それらの, ただ日常, たった一打ち, たった一枚, どんな善行, なぐられちまいました, ね実に, はかったり, またたきも, みんなそれぞれに, むきに, むしろ愉しい, よほど工合, ウインチを, グスタフソン警視達と, グルリと, セカセカと, チラチラと, 一首の, 久美子を, 今は, 他人の, 伯母に, 何べ, 先生が, 其拝む, 凝視し, 刀の, 切って, 勝ったもの, 取りとめて, 可成り考え, 否決された, 味が, 場所を, 天を, 好みが, 島田三郎の, 帰って, 彼は, 彼を, 彼女は, 後ろには, 性質上の, 木賀を, 本来から, 根本の, 段々衰え, 母を, 沁, 測ったよう, 測り出すと, 測り適当, 測定を, 滝次斬られ, 潜航水雷の, 瀧次斬られ, 無言の, 犯人に, 王女の, 現代は, 現在十月という, 男の, 監房の, 福中の, 稍暫く, 突っかけた, 立派な, 竜太郎の, 笑った, 背中あわせ, 自然に, 舟の, 蓉子の, 衆議院を, 見送つた, 計ったとでも, 計らうと, 計るの, 計ろうと, 追いついて, 通過した, 連歌と, 違うべきもの, 鋭くたずねる, 駈け続いて, 鮮明にも

▼ 差~ (101, 2.3%)

17 して 7 をし 3 がましい, をした 2 でいま西, に任せ, をされた, をします, をする, を与え, を受け

1 [57件] いたし, か, がある, さるべきはず, された部屋, されては, されながらも, した, しに, しました, し周旋, し奉納, し市内二十幾箇所, する丈, する中, であるが, でてんてこ舞, で働かせ, で入った, で工夫, で葡萄酒, と自分, なさるお方, などはせない, などをこまごま, にかかっ, には従え, には私, によって米友, によつたので, により次第に, に別室, に従, に従い一々, に従えた, のよう, はできぬ, は受けない, は受けませぬ, も受けね, やお世話, や焚出し, をいたした, をうけろ, をきかない, をしました, をしよう, をするらしい, を以て館主多紀安良, を仰がるる, を仰ぐ, を受けよう, を受ける, を待て, を得, を致します, 致して

▼ 差~ (80, 1.9%)

3 して, 於て 2 なる, 帰する, 帰着し, 過ぎないと

1 [66件] あうなり, あった, あって, あつた, あつて, あるとか, したが, した柳, すぎない, すぎないが, すぎなくて, つれて, なって, なります, なると, なるの, もどるが, 下るもの, 不安の, 二十六年という, 人の, 依つて, 依るのみ, 僕は, 内容づけられない, 十分含まれ, 因つて人の, 在るので, 変って, 射すくめられたやう, 帯びて, 帰しても, 帰せら, 帰せられるの, 帰着する, 常に等しく, 平か, 当ります, 御見, 思つた, 應じ, 手を, 歩を, 沿うて, 由て, 相当する, 相等しい, 矢代は, 私は, 突込ん, 等しいだけ, 等しい間隔, 答えるため, 至つては, 行こうと, 見覺, 誘はれるやう, 身を, 連れ得意, 過ぎないだろう, 都合が, 重点を, 鍛え上げられいかなる, 長短は, 関はりなく, 隔りを

▼ 差~ (61, 1.4%)

19 ひに 2 でより, の時, ひだが, ひにな, ひの

1 [32件] お前に, さ, つてゐた, つて居る, つて見る, で, でしやべ, で十二時近く, で居た, で居った, で居る, で話, で語, で食べる, にて聞け, になったら, になりました, に坐つた, に膳, ひたり, ひですね, ひと見, ひなら, ひにでも, ひ横, へり, へる二人, へる人, むかうに, イデ食事スルコトガ出来ルノデアル, 何処と, 思付も

▼ 差当り~ (53, 1.2%)

2 或る

1 [51件] ああした中, いい智慧, お紺, この家, この病, しなくては, その外, その怒気, その気, その物理書, その角度, そんなに饒舌らん, たる天気, だけでもそう, だけでも如何にも, ての世, ての問題, て何, て当惑, と称え, どうする, のご用, の不足, の仕事, の作品, の入用, の急, の手数, の特別, の理由, の生計, の路用, の返事, は出来る, は高, まだなん, 使うだけ, 倒す人間, 入るだけ, 困ったの, 困る, 困るだらうと, 困るの, 困るよう, 少しばかり, 御協議, 放っては, 第一巻, 責められる様, 軽い歓喜, 頗る困る

▼ 差当っ~ (50, 1.2%)

3 てその, てそれ 2 てこの, ての問題

1 [40件] ていちばん, てそんな, てのこと, ての事務, ての大, ての当惑, ての必要, ての愛想, ての救急療法, ての用事, ての目途, ての苦痛, てはこれら, ては今, ては坊主, ては明日, ては本, ては長閑, てもっと, てチーズ, て一揆, て二人, て今, て今何, て今夜, て今私, て他, て先ず, て別にどうも, て困る, て大阪, て娘, て彼, て必ずしも, て必要, て書物, て理, て私, て私自身, て自分

▼ 差覗く~ (48, 1.1%)

7 ように 4 がごとく 2 人は

1 [35件] かとして拝まれたまいぬ, が如く, ことを, といずれ, と下, と伴藏, と女, と少々, と廻縁, と浅い, と目, と表階子, と驚きました, と鯛, のは, のを, までもありません, までもなく, ものも, やうに, やたちまち, ような, ガラツ八, 人目は, 小屋藁屋を, 島田を, 時も, 柳の, 熊谷三郎兵衛は, 状なる, 目に, 石津右門, 風情し, 鳥の, 鼻の

▼ 差こそ~ (47, 1.1%)

3 あれその 2 あれ, あれこの, あれ本質的

1 [38件] あるが, あれこれら, あれすべて, あれそれ, あれつとに, あれわが, あれ二者, あれ似通った性質, あれ其人, あれ凡, あれ同一, あれ吾人, あれ変りは, あれ多少, あれ大元が, あれ山村, あれ必, あれ必ず, あれ悉く, あれ我々, あれ支那, あれ政治, あれ概して, あれ無残な, あれ父, あれ理想, あれ皆ウ列音, あれ皆口, あれ私共, あれ私達, あれ第, あれ荘園, あれ認められる, あれ誰, あれ誰にでも, あれ金持ち, あれ雪, 持って

▼ 差込ん~ (43, 1.0%)

5 で来る 3 でいる 2 であった, で置い, で首

1 [29件] だりし, だり勝手, で, でい, でおい, できた, でくる, でぐいと, でそいつ, でまいる, でまだ, でみた, でやる, で三畳, で何, で圧, で夫, で廻す, で抉り廻す, で易々, で来, で来ました, で楔, で片手, で置く, で見る, で釘, で頭, で駒井

▼ 差~ (39, 0.9%)

2 ない, 世の, 無いの

1 [33件] ありとは, ある, あろうが, おおよそ知れた, お大名, ない年齢の, ない彼, なかった, なく人, なく漕ぎ連れ, なく矗, なく舞い廻る, ひどく先生, わかるの, ケタ違いの, 償えると, 出来るもん, 判るの, 加わって, 同じであった, 名人と, 存する, 少いので, 年齢の, 感じないに, 感ぜずまた, 相当鮮, 知名人という, 紙一重というくらい, 絶大に, 認めなかった, 道においては, 香箱も

▼ 差控え~ (38, 0.9%)

5 ていた 4 ておりました 2 て居ります, て置く

1 [25件] その代り名香, てい, ている, ております, てしまう, てしまふ, てその, てまいった, てもらいたい, てゐた, て居りました, て悠々, て置きたい, て草庵, て銚子, て頂きたい, ながら心, の五犯, の御, を命ぜられ, を食う, 娘の, 後に, 御帰り, 翌日の

▼ 差~ (38, 0.9%)

2 にご

1 [36件] がもう, が俄, が山つつじ, が挾ん, が潮, が濡れ, が燦々, である, でまもなく, でもよく, とか具足, と淡, と立てかわり, と見ゆる, などだった, には桐, に描かせ, のひらめく, のよう, の持主, の桿, の梅鉢, の竿, はすべて, もささず, も打ち捨て, やあるいは, をお, をさして, をひるがえし, を初夏, を失わ, を打ち振る, を旭, を立てならべる, を見

▼ 差~ (37, 0.9%)

1 [37件] りあの, りお, りこれ位, りそれ, りて, りの, りカント, り丸山町, り人身御供, り何樣, り使, り出來, り利益, り困るわけ, り困卻, り奧方, り家, り平, り平次, り御, り心配, り忘却, り思ひ出さぬが, り懷中都合, り我が, り拂, り新, り明日, り次, り此處, り泥棒, り研屋, り私共, り種類, り結構, り行く處, り賤民

▼ 差~ (34, 0.8%)

5 へるが 4 へる 3 へよう 2 ていた, へたい

1 [18件] ている, へざる, へず, へた, へたる, へて, へてゐた, へてをります, へて呉れた, へて居ました, へて居ります, へて置かう, へます, へませう, へるくせ, へるの, へるべきであるの, へ申候

▼ 差~ (33, 0.8%)

4 つての, つては 2 つて僕は

1 [23件] つてなにがし君の, つてチーズや, つて今私に, つて仕事が, つて他へ, つて何にも, つて其れ, つて少年の, つて帰趨を, つて引越しする, つて心配は, つて恋愛なる, つて手が, つて新劇団を, つて私自身が, つて自分の, つて芸術作品の, つて質に, のお, リソノ利息ダケ二萬圓ホド助, リソンナ金ハナイ, 好い方, 阿母さん

▼ 差ある~ (30, 0.7%)

9 のみ 3 のみで 2 ことは, のみならず

1 [14件] かどう, ことが, ことはなはだしく, こと知るべし, による, に過ぎざる, のみ其懸隔, は一, は免, は社会, もはびこるうえにおいては二者同一, 優秀の, 大人と, 親子は

▼ 差~ (30, 0.7%)

12 向く 4 向いたまま

1 [14件] 向いた, 向いた主税, 向いた文三, 向いた桔梗科, 向いた肩, 向いた黒繻子, 向くその, 向くと, 向くト, 向く娘, 向く時, 向く肩, 向く額, 向けしとやか

▼ 差~ (26, 0.6%)

2 ズミ, 弁当と

1 [22件] すみ, についての走り, にやった, に通っ, のお礼, のこと, のつもり, の御, の紙, の自由, はなき, もし, もなく, も出来る, を致度候, ズミ不, 島田の, 弁当だ, 本の, 状態, 申候, 願書とを

▼ 差~ (25, 0.6%)

1 [25件] いうに, いうほどの, いうよりも, いえども, なって, なつて, なる, みみかき, 下飼人, 云うよう, 云えよう, 全く同, 同じであります, 同じです, 同一の, 変る所, 撲犬師, 気品あり, 深い微笑, 田楽法師との, 申儀成り, 考える事, 考へて, 職業の, 膚と

▼ 差覗い~ (23, 0.5%)

32 ている, て千尋

1 [16件] ていそ, ていた, てすっと, てその, ては消える, てベソ, て一しきり, て人知れず, て坊主, て小首, て居りました, て慌しく, て渠等三人, て猶予, て立った, て笑

▼ 差俯向~ (21, 0.5%)

21 いて

▼ 差込む~ (19, 0.4%)

2 ものだ, やうな

1 [15件] ことを, とそれ, と仰し, と開いた, のです, 僅かの, 日脚を, 明りだけ, 時が, 暑い光, 月の, 朝日が, 朝陽で, 者も, 頃やうやく

▼ 差控える~ (18, 0.4%)

3 ことに 2 がさりとて, 事に, 気に 1 がこれ, がまだやっと, がよい, ことと, のを, ほどな, ような, ように, 方針を

▼ 差閊え~ (17, 0.4%)

6 はない 4 がない 2 のない 1 があろう, ている, なしと, はあるまい, もない

▼ 差では~ (16, 0.4%)

4 なくして 3 ない 1 ありますまい, あるまい, かつたり, ないでしょうか, なからう, なくて, なく多く, 争えなかった, 敵の

▼ 差措い~ (16, 0.4%)

1 [16件] て, てあんな, てどうして, ては外, ては生き, てもその, ても小山, ても結婚, て到底, て失礼, て御, て必直談, て急い, て眞跡, て自分, て鶴子

▼ 差~ (16, 0.4%)

4 はない 2 へない, もあるまい 1 ありません, がなけれ, が多く, ないで, ない當人自分, なく学校, なし, へがあつ

▼ 差廻し~ (15, 0.3%)

2 の勘定役, の手利き, の検地役人, の馬車 1 てみよ, でお, のお, の一船, の役人, の成層圏機, の検地

▼ 差から~ (14, 0.3%)

1 [14件] くること, クニッペルに対して, 免れ難い, 判断し, 心の, 推しはかるのに, 来たこと, 来るもの, 生ずる衝突, 登って, 細い一本, 考えて, 見れば, 起るもの

▼ 差伸し~ (14, 0.3%)

2 ていた

1 [12件] ている, てみた, ても流, て一枚, て上目がち, て中, て引寄せ, て結立, て自分, て野口昌作, 二本の, 身近に

▼ 差入屋~ (13, 0.3%)

2 へ嫁い

1 [11件] がある, が相当, が面会願い, とかへ嫁い, としては親切, の店, の手, の縦看板, まで迎え, を兼ね, を媒介者

▼ 差あり~ (12, 0.3%)

1 [12件] この差積り, しもこの, てよく, て大臣, といえ, といふ, ともその, と雖, 上述の, 勿論夏期, 既に一, 酒価の

▼ 差である~ (12, 0.3%)

1 [12件] がそれでも, がたとへば, が二寸一分半径, が紅白それ, が赤城, ことに, こと勿論, とも云い, と考えられる, ので, ように, 場合が

▼ 差~ (12, 0.3%)

1 [12件] が添え, ではない, には頑丈, の鍔, の鐺, も武蔵, を抜きはらい, を持っ, を振りかぶっ, を撫でる, を横たえ, を腰

▼ 差という~ (11, 0.3%)

4 ものが 1 ことであった, ことも, ものの, ものは, ものを, 感覚の, 者は

▼ 差入物~ (11, 0.3%)

1 [11件] でも牢番, というよう, などし, にでも行く, に行きたい, や内外連絡, をし, をする, を持っ, を置かせ, を送らない

▼ 差~ (10, 0.2%)

1 かといわん, が骨骼, と見える, のだ, ほど邪視, ようだ, ようで, を得ず, 場合が, 由を

▼ 差加え~ (10, 0.2%)

2 ていただき, ていただきてえ, てやる 1 てうやうやしく, てお雪ちゃん, て小金ヶ原, に相成り

▼ 差向ひで~ (10, 0.2%)

2 大きな大きな提燈 1 いつぱい, お辨当, はどう, は多く, は居られなかつた, 暮して, 食べて, 食べ始める

▼ 差によって~ (9, 0.2%)

1 おもいおもいに, かくの, その人, その性質, その芸術, それと, ちがいが, ウラミ骨髄に, トリックを

▼ 差~ (9, 0.2%)

1 したり, する, で擧げ, によつて, に任せ, はなすまじき, は受けぬ, をした, をと與

▼ 差~ (9, 0.2%)

21 というやつ, といふやつ, なんかになったら, により興行中止, の命令, の譯, を喰う

▼ 差~ (9, 0.2%)

1 といたしまし, のお, の役人, は別府, へかける, へられ, を前半, を抜いた, を抜きまし

▼ 差覗いた~ (9, 0.2%)

1 がもの, のは, ほどであった, 処は, 奥様連は, 女の, 平次, 百姓だ, 眉の

▼ 差込んだ~ (9, 0.2%)

1 が湯気, というの, ままこの, ままです, ままに, まま少し, ものでない, 一枚の, 爆薬を

▼ 差~ (8, 0.2%)

1 が五桁, しその, し二桁, と私, と笑い, どうも致し方, なこっち, 実力の

▼ 差~ (8, 0.2%)

3 かへは無けれ 2 かへない 1 かへなき, かへのない, かへ無けれ

▼ 差による~ (8, 0.2%)

1 こと勿論, のかも, ものである, ものと, 内分泌の, 名茶器, 対流の, 対流渦の

▼ 差覗き~ (8, 0.2%)

1 けるに, たる貫一, てをぢさん, て余念, ながら, ながら一度, ながら言った, 打悄

▼ 差まで~ (7, 0.2%)

1 おしつめて, やって, やれ, 三里は, 参りましての, 相当明白, 追いつめたマクレン

▼ 差当りこれ~ (7, 0.2%)

1 だけお預け, だけ取, だけ取っ, という職業, よりほか, をその, を事実

▼ 差控えた~ (7, 0.2%)

1 が酔う, ことも, のである, のでご, ほどであった, 方が, 草間六弥に

▼ 差支無~ (7, 0.2%)

5 之候 1 からう, 之旨

▼ 差覗け~ (7, 0.2%)

1 ばかの, ば宮, ば彼, ば悄, ば美人, ば膚, ば茅葛

▼ 差~ (7, 0.2%)

1 が来, が起った, だが, に苦悶, の留まった, の留まつ, の閂

▼ 差閊えない~ (7, 0.2%)

2 ものであろう 1 が空間表象自身, どころかもう, ものである, ように, わけである

▼ 差~ (6, 0.1%)

1 あるいは神奈川, て貧しき, のある, のっそり相手, 前髪なし, 容易に

▼ 差さっ~ (6, 0.1%)

3 ていた, ている

▼ 差しか~ (6, 0.1%)

2 なかった 1 かつては, かつてを, かつて彼等, 差して

▼ 差~ (6, 0.1%)

1 ず訪, 出て, 左の, 戻らねば, 越える大峠, 踰える

▼ 差~ (6, 0.1%)

1 ぐれば, て下さい, へ上, ましょうか, 候わんと, 来候間年増

▼ 差向き~ (6, 0.1%)

1 お困りなら, こまるから, の必要, 何かと不自由, 怪しいの, 真淵訓

▼ 差向っ~ (6, 0.1%)

1 ている, てばかりいた, て女, て石, て碁, て饌

▼ 差萬別~ (6, 0.1%)

1 あるが, でありましよう, である, でその, の事變, の景色

▼ 差~ (5, 0.1%)

1 そのほか氣候, 大小まで, 夫に, 微笑や, 階級的党派的宗教的その他の

▼ 差向かい~ (5, 0.1%)

1 で話さなけれ, で飮, になった, の位置, の談話

▼ 差寄せ~ (5, 0.1%)

21 ては見た, て差, ながら

▼ 差~ (5, 0.1%)

1 がこれ, で兵隊, に命じ, を復舊, を改めて

▼ 差懸る~ (5, 0.1%)

1 とうす暗い, とこの, と俄然, と海, 向うに

▼ 差控えなけれ~ (5, 0.1%)

1 ばならない, ばならなかった, ばならぬ, ばなりません, ばなるまい

▼ 差~ (5, 0.1%)

1 を破る, 之御, 段々神事致貪着候由相聞得候, 被下, 被下候樣

▼ 差~ (5, 0.1%)

1 候, 候においては, 候間御, 可申, 申候間私え

▼ 差しずめ~ (4, 0.1%)

1 の方法, 一刻も, 僕の, 千住か

▼ 差だけ~ (4, 0.1%)

1 でごく, でなくて, でなく秀吉, 重くなっ

▼ 差だけの~ (4, 0.1%)

2 ことで 1 利益または, 間隔を

▼ 差であっ~ (4, 0.1%)

1 て云わ, て呉服商, て知識, て雰囲気

▼ 差なく~ (4, 0.1%)

1 すべての, 凡ての, 国に, 食した

▼ 差などが~ (4, 0.1%)

1 あって, あるには, 測れるわけ, 這入って

▼ 差などは~ (4, 0.1%)

1 お考え, ないもの, 当に, 念頭にも

▼ 差には~ (4, 0.1%)

1 よらないので, 何ものをも, 冷徹とも, 比ぶべく

▼ 差によ~ (4, 0.1%)

1 つてお, つて即ち, つて幾つにも, つて朝顏の

▼ 差のみ~ (4, 0.1%)

3 では 1 ならん耶

▼ 差を以て~ (4, 0.1%)

2 作品並びに 1 この世を, 利己的行為たるを

▼ 差一本~ (4, 0.1%)

1 それでお, というよう, は愚か, を帯びた

▼ 差伸ばし~ (4, 0.1%)

1 お札を, て, て熱意, 顔を

▼ 差図通り~ (4, 0.1%)

1 すぐに, に乗物, に取, に横

▼ 差~ (4, 0.1%)

1 が見える, などのあいだ, へ行く, まで行っ

▼ 差当り何~ (4, 0.1%)

2 うする 1 の用, をやらかしゃ

▼ 差~ (4, 0.1%)

1 が, と絶望, に染んだ, んだ

▼ 差~ (4, 0.1%)

2 つたのだ 1 かつた, つたのは

▼ 差~ (4, 0.1%)

1 によって照, に礒千鳥君, をする, を差

▼ 差支い~ (4, 0.1%)

2 なかったら 1 あれしませな, あれしませんやろ

▼ 差留め~ (4, 0.1%)

1 いわゆる攘夷党, て, もしなかった, 中国に

▼ 差當つて~ (4, 0.1%)

1 お靜, の社會的經濟的獨立, は先づ屋敷中, 尋ねる必要

▼ 差~ (4, 0.1%)

1 大きな家, 神経を, 集まらなかったが, 驚かなかつたかも

▼ 差翳し~ (4, 0.1%)

1 て, てえい, てぐるり, 矗と

▼ 差あげられる~ (3, 0.1%)

3 に思ふ

▼ 差~ (3, 0.1%)

1 ある, わかるか, 肥料や

▼ 差かけ~ (3, 0.1%)

1 が露路口, 二階が, 渡を

▼ 差かも~ (3, 0.1%)

2 知れない 1 しれない

▼ 差すなわち~ (3, 0.1%)

1 人口増加は, 波の, 犬神人などの

▼ 差つけ~ (3, 0.1%)

1 くツきり, て見せ, 声を

▼ 差でも~ (3, 0.1%)

1 明治座の, 触覚で, 説明される

▼ 差とは~ (3, 0.1%)

2 ならないもの 1 違いましょう

▼ 差とを~ (3, 0.1%)

1 前に, 受け取ったが, 指さした

▼ 差など~ (3, 0.1%)

1 ほとんど尽くる, 調べること, 調べる事

▼ 差よりも~ (3, 0.1%)

1 はなはだしかった, 甚だしくは, 緩慢な

▼ 差万様~ (3, 0.1%)

1 でみんな特徴, なれども, の画

▼ 差以上~ (3, 0.1%)

2 のもの 1 の差

▼ 差入る~ (3, 0.1%)

1 かまたは, 日の, 鳥影の

▼ 差切新道~ (3, 0.1%)

1 と石, よりは広い, をゆく

▼ 差向け~ (3, 0.1%)

1 とは申せ, の役人, の薬師丸

▼ 差向った~ (3, 0.1%)

1 この平吉, より炉, 折から

▼ 差向ひで話~ (3, 0.1%)

2 をする 1 をし

▼ 差寄り~ (3, 0.1%)

1 たる態, つつ, て窺

▼ 差廻され~ (3, 0.1%)

1 お沙汰, ている, 彼の

▼ 差廻された~ (3, 0.1%)

1 本職の, 米友代りの, 自動車の

▼ 差引き~ (3, 0.1%)

1 に隠れ, をし, を免除

▼ 差当り必要~ (3, 0.1%)

1 だつたら, であらう, な食糧

▼ 差控え連~ (3, 0.1%)

1 だな, に相違, は事面倒

▼ 差措き~ (3, 0.1%)

1 砂地に, 近い親類, 難い

▼ 差留めた~ (3, 0.1%)

1 くらいな, のです, ほどでした

▼ 差~ (3, 0.1%)

1 と云, と云う, る事

▼ 差~ (3, 0.1%)

1 いでかついで, いで一方, いに漁夫

▼ 差~ (3, 0.1%)

1 かります, った時, る

▼ 差許す~ (3, 0.1%)

1 と言つた意味, チヤーターを, 旨を

▼ 差遣わされた~ (3, 0.1%)

1 唯一無上の, 検地の, 次第じゃ

▼ 差あげ~ (2, 0.0%)

1 てゐる, て楽隊

▼ 差あれ~ (2, 0.0%)

1 ば天地はるか, ば天地遥か

▼ 差えず~ (2, 0.0%)

1 ということ, 犬が

▼ 差くらいは~ (2, 0.0%)

1 どうにでも, 分るよう

▼ 差こそは~ (2, 0.0%)

1 あれ皆一種, あれ稲はか

▼ 差たる~ (2, 0.0%)

1 や實, 真鍮巻の

▼ 差だけが~ (2, 0.0%)

1 あるのみ, ちらちらし

▼ 差だけは~ (2, 0.0%)

1 今も, 取り返して

▼ 差だった~ (2, 0.0%)

1 か荘重, のである

▼ 差であり~ (2, 0.0%)

1 マキアヴェリの, 眩暈の

▼ 差でしか~ (2, 0.0%)

1 ない, なかった

▼ 差です~ (2, 0.0%)

1 からこれ, からね

▼ 差とでは~ (2, 0.0%)

2 余りにも

▼ 差~ (2, 0.0%)

1 のだ, のであろう

▼ 差なき~ (2, 0.0%)

1 を記臆, を説きもっ

▼ 差なし~ (2, 0.0%)

1 ヨシ彼らは, 民持ち帰り

▼ 差により~ (2, 0.0%)

1 また大き, 一は

▼ 差のぞく~ (2, 0.0%)

1 空善の, 音吉の

▼ 差ばかりに~ (2, 0.0%)

1 して, しても

▼ 差~ (2, 0.0%)

1 のつ, 歓薄らぎたる

▼ 差までも~ (2, 0.0%)

1 その行く, 消え失せるの

▼ 差むかい~ (2, 0.0%)

1 に小, に年寄り

▼ 差より~ (2, 0.0%)

1 まぎれて, もって

▼ 差~ (2, 0.0%)

1 けである, を御

▼ 差上候~ (2, 0.0%)

1 こそ相, へ共

▼ 差下され~ (2, 0.0%)

2 候伊達権中納言殿の

▼ 差交した~ (2, 0.0%)

1 あいだから, 木陰から

▼ 差伸してる~ (2, 0.0%)

1 ところは, 竜子の

▼ 差俯き~ (2, 0.0%)

1 はらはらと, 莨盆の

▼ 差俯向き~ (2, 0.0%)

1 てお, て床

▼ 差~ (2, 0.0%)

1 し, し候云々

▼ 差入り~ (2, 0.0%)

1 で枕, に蚊帷

▼ 差入口~ (2, 0.0%)

1 から一つ, を連想

▼ 差入物屋~ (2, 0.0%)

1 から取り, があっ

▼ 差~ (2, 0.0%)

1 へられ, へれば

▼ 差加えます~ (2, 0.0%)

2 それから四条

▼ 差加えよう~ (2, 0.0%)

2 てんで

▼ 差加えられ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ 差~ (2, 0.0%)

1 と称する, は兵勇差役

▼ 差向き主人~ (2, 0.0%)

1 が亡くな, の世話

▼ 差向き落首~ (2, 0.0%)

2 の種

▼ 差含む~ (2, 0.0%)

1 涙に, 涙を

▼ 差図役~ (2, 0.0%)

1 が来た, に廻ります

▼ 差~ (2, 0.0%)

1 ならず, に起り

▼ 差寄せた~ (2, 0.0%)

1 我が眉, 瞬間の

▼ 差寄せる~ (2, 0.0%)

1 とじっと, 盆に

▼ 差寄っ~ (2, 0.0%)

1 て検, て言いました

▼ 差当り心配~ (2, 0.0%)

1 しないこと, はない

▼ 差当り無関係~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 差当り生活~ (2, 0.0%)

1 には困らない, の為め必要

▼ 差当り自分~ (2, 0.0%)

1 の処分, の疑問

▼ 差当り頼り~ (2, 0.0%)

2 のない

▼ 差心得た~ (2, 0.0%)

2 ものと

▼ 差挟む~ (2, 0.0%)

1 のが, 余地は

▼ 差挾ん~ (2, 0.0%)

1 でも差支, でゐる

▼ 差~ (2, 0.0%)

2 のところ

▼ 差~ (2, 0.0%)

1 の一, は

▼ 差有る~ (2, 0.0%)

1 の理無し, は尤も

▼ 差有田地耕田~ (2, 0.0%)

2 猶不足食

▼ 差果して~ (2, 0.0%)

2 奈何と

▼ 差~ (2, 0.0%)

1 で止め, や珊瑚珠

▼ 差~ (2, 0.0%)

1 之儀品川宿, 被仰

▼ 差留める~ (2, 0.0%)

1 ことは, 力を

▼ 差立て~ (2, 0.0%)

1 について尾張藩, を頼ん

▼ 差~ (2, 0.0%)

1 てこの, ても先ず

▼ 差翳した~ (2, 0.0%)

1 三十ばかりの, 高慢な

▼ 差込まれ~ (2, 0.0%)

1 ている, てはおった

▼ 差込まれた~ (2, 0.0%)

1 のが, 棒が

▼ 差送り~ (2, 0.0%)

1 糸荷を, 置侯故

▼ 差送る~ (2, 0.0%)

1 と号し, 廻米下役を

▼1* [477件]

たへた, 差あたえたとき君の, 差あたり火に襲はる, 差ありしのみ, 差あれ達する末は, 差いた覚えの, 差いつ押へ, 差いれが出来ませんでした, 差いろいろあらわれて, 差えつ押えつ話, 差えられて居る, 差取りなすって, 差おいて, 差おりから降り出した, 差かざして居る, 差くくり袴に, 差くらいで終始, 差けっして三分に, 差ごろに定めし, 差さえできて, 差さしはせん, 差さった日本からの手紙, 差さっちゃことのねえとっさん捕め, 差しこむとあわて, 差しこんでゐる, 差した箙を, 差したがってまた出来た年代, 差しとめ秘密警戒の, 差しむかいの, 差じゃなかろうかと, 差そしてその底, 差それとなんだか, 差だすあたりから, 差だって実質的には, 差っているの, 差つけたのでこの, 差つけるなぞ, 差つてゐること, 差づめ困るの, 差ふとん, 差であったかも知らぬ, 差でありますけれども自分, 差であろう鋏は, 差でなくて著しい, 差とか一グラムの, 差として床の, 差とに人形は, 差との僅かな, 差とも書し元, 差ながら二人の, 差などではなくて, 差などというものは, 差ならば遅刻早引, 差ならぬ泥沼へ, 差なりしとは云, 差についても伸子は, 差にて政府黨の, 差にもあんなカラリ, 差にもよつて居たらう, 差によるというような, 差によるもの以外社会の, 差に対して特別な, 差のぞかんとする, 差のばしたまう白く細き手, 差のべることなく, 差のみにも感じなかつたが, 差のみを取るならば, 差はさんで言, 差はずば拿破里, 差はなはだしきを知る, 差はんぢやない, 差ばかりでなく頭, 差ひとこしを, 差可からず, 差ふて紅の, 差ふといふ事, 差へり先づ我が, 差まあ詳しいこと, 差ます何う, 差みたいな小さな, 差やら縄梯子やら, 差ゆびでボロきれ, 差つてほつれ毛を, 差よせたれば, 差よりははるかに, 差れず罪も, 差をもゆるがせに, 差アドリア海やロンバルディア平原, 差アルヲ知ルベシ, 差少イノガ, 差入レラレル時, 差シタト見エテハンドバッグカラレースノ手袋, 差タルヤ極メテ僅少ニ, 差引かれますんで, 差一つで益々, 差一寸面白し, 差一寸七分これが勝負, 差一本それで買う, 差一本余分につける, 差万態の変化, 差上ぐる御用脚で支弁, 差上ゲマス今ニ三輪田君, 差上候事と存居候, 差上候事故漢科之者御供不仕, 差上候処文政七申年はしか流行, 差上候間御使可, 差上候間添書の通り, 差上置候證文御返, 差上金が滞うる, 差下さるるように, 差下しのお, 差下すさい伊吹の, 差下候字は痛, 差下如此之案紙, 差下駄の跡, 差会なれ, 差両名立ちあいにて, 差で分量, 差交している, 差人足差の人たち, 差代えらあな金に不足, 差伸したかと思う, 差伸そうとした, 差伸ばしたかと思う, 差伸ばしまして口, 差伸ばすと駒下駄, 差使とも称し, 差俯いて独言, 差俯いた処へ, 差俯けるのみ, 差俯向き暫らく涙に沈み居たる, 差俯向き面影やややつれたれ, 差免候事に付, 差入るるにあらず, 差入代書人や弁護士, 差入室の一室, 差入物万端世話して, 差の, 差刀いずれもりゅう, 差刀料などは作れなくなっ, 差廻し定規コンパスその他の, 差についた, 差加えたような, 差加えないわけには, 差加えまして, 差加えましたから四辺, 差加わったのは, 差加金を得, 差勝つて居る, 差勝敗に影響, 差募りわずか三四十銭, 差単複の差, 差にて戦い, 差その混同, 差つて番ひ, 差を回した, 差口抜き酒つぐわか, 差合羽提灯笠袋下駄袋の類, 差吉祥房の杖, 差同じような, 差同日の論, 差向う市の, 差向きおれが考へたい, 差向きお前だ, 差向きここに要求, 差向き今の身, 差向き僕らは体, 差向き八五郎をやつ, 差向き国を開, 差向き天下第一, 差向き金時の火事, 差向き食物の事, 差向くる筒の, 差向つた中空は厚, 差向ひで一合を半分づつ, 差向ひで一席聴かされたこと, 差向ひで初孫を寝かせ, 差向ひで湯豆府で飮, 差向ひで自分達の幼馴染, 差向ひで談話をする, 差向ひで静に食事, 差向ひで靜かにそんな, 差向ひで食事を執り, 差向わして女, 差向下の段へそ, 差るる涙, 差にわさび, 差啻に五十歩百歩のみ, 差図せんとする, 差図ぶりで飛ん, 差図めいた事を云う, 差図シテ取締方万事口入レシテ, 差図手配する海人, 差圖役に廻つて, 差圖被成可被下候, 差境遇の差, 差天神の山あい, 差の力, 差如何という如き, 差寄せ大口開く, 差寄つて踏み荒した櫻, 差いじゃ, 差対いで祝杯, 差なれば, 差尺筆で, 差山その他には毛利, 差の頭, 差年齡の差, 差延して一本, 差廻されることに, 差廻した十手の, 差廻し勤王の義, 差当った仕事は, 差当りあれをたんのう, 差当りお前に用, 差当りお前様はどの, 差当りこっちの動き, 差当りそこいら雲, 差当りそれが一番, 差当りぢつとして, 差当りゆく先に, 差当りわたくしのせね, 差当りエート何んだッ, 差当りクラシカルなモデル, 差当りチェーホフのこと, 差当り一つ御話し, 差当り一番不思議に思える, 差当り三百両ばかりの金, 差当り二人の死骸, 差当り五人蛮カラ画伯小杉未醒子髯の早大応援将軍吉岡信敬子, 差当り五円持ち寄りの三十円, 差当り五百石の相場, 差当り今目の前, 差当り他に捜すべき, 差当り依頼すると, 差当り便利上英仏語にする, 差当り保と同居, 差当り僕の見た, 差当り先日七蔵に渡され, 差当り先生のアパアト, 差当り入用の金子, 差当り其家へは行かず, 差当り内廷を, 差当り出家の物語, 差当り刃物を所持, 差当り北海道の遊説, 差当り十数台のベット, 差当り問題になっ, 差当り四軒の家, 差当り媒妁人を頼まなけれ, 差当り実行的仮定としてそれ, 差当り将門を責むべくも, 差当り小野田の手, 差当り己が弁士, 差当り平次が当っ, 差当り延期になった, 差当り彼の玉, 差当り後の方, 差当り心当はなけれ, 差当り心当りが無い, 差当り恩になつ, 差当り我我が皆ロマンテイケル, 差当り手当なんぞしない, 差当り政府当局に希望, 差当り斯んなこと, 差当り方法は無い, 差当り明日の暮し, 差当り本人同士を引離す, 差当り此処に考へたい, 差当り気の休まる, 差当り火の用心, 差当り燭台に立て, 差当り牛込と浅草, 差当り現在の日本, 差当り現金を集める, 差当り用無く思ひ候不覚, 差当り発見出来ない, 差当り白米の代価百文, 差当り百両の金, 差当り私がここ, 差当り自分たち二人の身の上, 差当り芝居を書く, 差当り西洋劇の伝統, 差当り言うことは, 差当り誤解されて, 差当り誰の目, 差当り輿論の推薦, 差当り野原と云え, 差当り雨露を凌ぐ, 差当り非常に困難, 差当り音楽学校を拡張, 差微妙ねえ, 差微笑して, 差性格の差, 差恥心の多い, 差懸つた頃蓮太郎と, 差懸り候処一葬儀の, 差懸りたるに船体, 差方之, 差えという, 差へるの, 差とはへん, 差指揮役の老人, 差挟まる余地も, 差挟んで露領, 差挟んだ幾つかの, 差挿んだ二葉, 差捨て候とも, 差掛かると同時に, 差控えがちの他, 差控えさせて戴きます, 差控えさせられて新, 差控えその間道徳的生活を送る, 差控えたいといふ, 差控えたくなり却って土地, 差控えてたのよ, 差控えよとて厳しく, 差控え下さるよう, 差控え候補の侍, 差控え候補者の中, 差たまま, 差措くであらう是れで, 差揚げて見せた, 差揚げ風に立て, 差支あんめえ, 差支いないではあれ, 差支アルニ非ズ, 差支エアルマイ颯子ノ好, 差支エナイト思ッタケレドモソレデモ妻ノコウイウ醜態ヲ見, 差支可申哉に付, 差支有之候, 差支無しという涼しい, 差が明確, 差を背, 差日本は三艇身, 差はす, 差と西, 差極めて大なる, 差構いなく覗いた, 差樽一荷を祝っ, 差櫛梳櫛洗櫛中櫛, 差止メ有之候, 差止命令を受, 差の外, 差気質の異なり, 差添い同道書面を, 差添いましてございます, 差添うたか, 差添通詞として參觀, 差渡って芳子, 差のし, 差近, 差無いんだ, 差無きを思はず, 差として, 差物幕の裁縫, 差物竿にする, 差物馬印を陽, 差が廻っ, 差は変化, 差理無理争ひ, 差甚しきを以て有名, 差甚だ大に, 差甚大では, 差生活向上をねがう, 差生活様式の独自さ, 差や錦絵, 差留められてその, 差留めるであろうところの, 差留るとともに自分, 差留同日丸山学問所へ罷出, 差など唯々, 差當つてお金だし, 差當つて健康は保ち得る, 差當つて必要な品物, 差當つて急ぎの御用, 差着けると腕, 差前型, 差示しながら, 差示し顔にその, 差積りて百餘年, 差突けたのは, 差ふ母屋, 差窺うと赤ちゃけた, 差立云云被仰, 差立候方もよた, 差立候旨被仰, 差立候様御前様より被, 差続けたが差せ, 差縄五十日直鞍五十日, 差繩行繩引繩の, 差翳す唐傘を, 差舞うてごらん, 差萬別裝飾からみ, 差萬差の尺度, 差表差裏鋩尖何や彼, 差裏鋩尖何や彼, 差要用なしと, 差覗かせたまうお姿, 差覗かれる障子は, 差覗き伴藏はキャッ, 差覗き白翁堂はわな, 差覗き頭を揺っ, 差くと, 差触りなくおでん屋, 差許される程の, 差許さんぞ, 差許してつかわす, 差許すべきもので, 差許候上者劇道の秘事楽屋一切, 差評価の差等, 差詰ったので実は, 差詰めまあ悪漢, 差詰めお前だぜ, 差詰め世話をやく, 差詰め勘定日の金高, 差詰め地球癲癇だったの, 差詰め夢枕か何, 差詰め肥後で肥後, 差詰め西木の娘さん, 差詰り代々持来り, 差詰礼にも来べき, 差詰神祇官の下, 差詰私し代々持来候捨場所比木村, 差詰聟殿と大切, 差がある, 差誤あるべしとは思はれぬ, 差象牙の根附, 差貫ようのもの, 差赦し難き者, 差赦しますか何, 差起り去秋長崎表へ, 差起り候はば困窮, 差起り難渋に之, 差起候者必然之儀, 差越三郎殿ヘ加勢也, 差越候樣長崎奉行え被仰, 差越候處是も豪傑, 差越申候と清水, 差越訴へは相成らぬ, 差越願だとて, 差込ませて然し, 差込まれましたために, 差込まれるような, 差返上則左之通, 差迫つた暗い道, 差迫つた一つの問題, 差迫つた不安といふほどのもの, 差迫つた御用もない, 差迫つた用事の心當, 差迫つた饗宴の用, 差迫つては二百兩, 差送った後東儀与力は, 差送られた御用金一萬兩, 差送りましたがそれ, 差通されたように, 差進げるが, 差進之旨被下院宣已訖, 差った情, 差逼つた用事が起きた, 差逼つてゐるん, 差との外, 差被遊候, 差閊えあるまいと彼, 差閊えぬだけの裁, 差開いたその舞扇, 差附けて, 差附けられました時は, 差附けるに貞之進, 差がある, 差順々にゴミ, 差顏のちがふ, 差がある, 差食物の差等, 差高度山脈湖水河川火山等の判断, 差の所為, 差長く後