青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「巧み~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

左~ ~左右 左右~ ~左手 左手~ 左様~ 左衛門~ ~巧 巧~ ~巧み
巧み~
~巨大 巨大~ ~差 差~ ~差し 差し~ 差別~ ~己 己~ 巴~

「巧み~」 1945, 21ppm, 5477位

▼ 巧み~ (1266, 65.1%)

22 利用し 11 それを 9 これを, 利用した 6 糸を, 逃げて 5 して, 利用する, 私の, 自分の, 避けて 4 あしらって, とらえて, なって, なつて, 使って, 出来て, 利用され, 姿を, 話を, 隠して

3 [15件] なつた, 人の, 人を, 使用し, 取扱われて, 変装し, 大王の, 彼の, 敵の, 書いて, 相手の, 身を, 運用し, 鋭鋒を, 隱れたる

2 [66件] あやつったの, あやつりながら, あやなして, こしらえて, ごまかしたが, つかんで, なだめた, なった, またその, やってのけた, 両親の, 企んだ仕掛け, 企んで, 使いこなして, 偉功を, 健康に, 処理し, 処理する, 出して, 出來, 利用せられ, 吹き鳴らして, 国民の, 左の, 巧んだ仕事, 平均を, 応用し, 手を, 手順を, 捕えて, 描き出して, 操って, 操縦し, 日本語を, 暗示する, 書いても, 最後の, 模倣し, 欺いて, 歌ふ, 歩行く, 注射針を, 溝口屋に, 演じた, 演じて, 火を, 現はる, 現はれ, 現れんが, 用いて, 相手を, 筋を通して, 組み合わせて, 縫って, 融合し, 表現され, 裏を, 話題を, 誤魔化して, 調子を, 談判しなけれ, 踊るの, 配置され, 隠れたるのみ, 隱れ, 風雲を

1 [961件 抜粋] あけたて, あしらったまことに, あしらつて組み伏せる, あやして, あやつる櫓, あやなす術, いい当てられたよう, いい現, いって, いッぱい, うたい出る彼, おびやかしたし, お借り申した, お蝶, かくされて, かまを, かわして, くぐり抜けるから, くらませて, こうすすめる, ここまで, こしらえ出して, こなして, こなたで, この一群, この定型, この新左衛門, この血角宝鹿, この過程, これほど, さえぎった黒い, さそい出しお菓子, さっと交わされ, さッ, しかも執拗, した, しゃべりたてた, しらを, すかされたよう, すすめられる儘, すること, するもの, そぎ取った, そこを, そのボロ, その中間, その切, その孫胤行, その捜索, その機会, その犯人, その薄氷, その運用, その鋭鋒, その青色ダイヤ, それが, それらの, ついついと, つかいその道誉, つかむ女, つかんだの, つくりあげられたる性格解剖, つけこみまして, つつんで, で, できたる分, とらえた, とらへ, とり入れたギリシア舞踊, とり行うよう, なすつたやう, なられたよう, なる, のがれて, はぎとり散らかつ, はっきりと, ひびいて, ふれる機会, ぼかして, またすばやく, まとめて, みんなの, もつれ合いつなぎ合って, もてはやされて, ものを, やってるつもり, やりすぎたので, やりましたな, やれる自信, ゆであげられホヤホヤ, わがため, アシライながら, オーケストラし, カムフラージュされ, カムフラージユし, カモフラージユし, クリストの, クリスト教の, チャンスを, ニホに, ビルの, フケて, ラジウムの, 一団を, 一方の, 万事を, 三谷の, 上長に, 世の中から, 両将, 両氏の, 両脚を, 中心を, 主君を, 乗りかえて, 了解し, 二つに, 二人の, 二匹の, 云った, 交ぜて, 亭主が, 人に, 人影に, 人情の, 人目に, 仏教を, 仕組まれて, 他に, 他人の, 伯父甥に, 位置を, 低音部を, 体を, 何程多弁に, 作った, 作ったもの, 作られた自分, 作られ得る, 作り變へしもの, 作品を, 使い不都合, 使い分けるところ, 使うとき, 使った, 使つてゐる, 使つて身を, 使ひ得る, 使ふ, 使われて, 使用した, 俺の, 倉庫を, 偽った手紙, 偽装し, 僕を, 元勳政治家, 入りこまぬ限り, 入れられるであろう, 六弥の, 其の關係, 其奴を, 其角を, 写すこと能, 凝られた書出し, 出すで, 出来たゴム印, 出羽守の, 分散する, 切り開いて, 刈られた庭内, 利用されたら, 剣を, 劇化した, 力強く云, 動いて, 動かして, 勘当した, 勝見という, 包まれた心, 化けたりな, 千往遊廓へ, 印象づけるの, 双方を, 取って, 取り上げひっかけて, 取り入れ而, 取り合わせられた料理, 取り繕って, 取入れること, 口に, 古態, 合せた, 合羽で, 同意する, 向きを, 呉の, 喋々し, 固定化し, 圓朝は, 塗りかえるから, 売りさばくの, 変えては, 変装した, 外すと, 外らすだけ, 大の, 夫人の, 女に, 女串を, 女給を, 如何に徹底的, 妥協し, 妨げましたが, 姿の, 子供を, 学びその, 宗三郎の, 実施せられる, 富を, 対応させ, 封鎖を, 導かれて, 導く工夫, 小六, 少年の, 屋敷の, 巣立させた, 巧みし計略, 差し出した, 廻す人, 弁解が, 弄んで, 引いて, 引き金を, 張飛を, 当時の, 役人の, 彼らが, 彼女を, 後足で, 得て, 御馳走らしく見せかける, 心中と, 応用し得る, 恋歌を, 慰めるなどといふ, 戟の, 戰鬪に, 手振り足ふみに, 打って, 把手を, 抜き取るじゃ, 抜け道から, 押し付ける, 拳で, 持ちかけました, 按配し, 捉えて, 排置され, 接触する, 掴み出したの, 描いた小説, 描いて, 描き出されて, 描く, 描く人, 描寫したなら, 插入され, 操りさ, 操縦し得る, 放り上げると, 政府の, 教へて, 敵に, 文句の, 文夫様を, 料理しよう, 新古精粗の, 明けられた数個, 時代を, 書かれあるも, 書きこなす手腕, 書けば, 未来記に, 本艦を, 来たつもり, 格闘を, 構成された, 様子を, 模写し, 樹上によ, 機嫌を, 欧洲近代劇の, 欺けり, 歌つて行つた, 止め置いて, 此の, 歪曲し, 死者の, 殿へ, 毒薬を, 気道を, 氷の, 法を, 泣き語り特に, 泳ぎ抜けた, 活用した, 浚って, 海津城の, 消防隊の, 渡った, 演出する, 潜り抜けながら, 火網を, 煙管を, 煽動した, 物語った, 犯人を, 狹き, 猿臂を, 珠緒さんを, 現は, 現わ, 現場を, 現場不在證明を, 理窟附け, 琵琶を, 生かして, 生かし最近, 生島屋の, 用いこれら不浄, 用い玄徳, 男爵夫人へ, 畜の, 病気を, 発病を, 登って, 盗みとろうという, 盗んで, 目ば, 省略した, 真似て, 真似る事, 睡りを, 社會黨鎭壓に, 私を, 積み重ねられて, 立体感や, 竿を, 笑つてお, 策を, 素早いもの, 素早く失神, 細君が, 組みあわせた後宮建築, 組める車臺, 経済に, 結びつけて, 結社の, 統一し, 經濟に, 継ぎ合せても, 総合発展させた, 縄を, 縫い棹, 織って, 織りこむこと, 織り成されて, 罎の, 置換せられ, 義眼を, 老人が, 聴手の, 胡魔化し, 脱し時として, 膝と, 臨機に, 自分を, 自家の, 自己を, 自殺の, 自然を, 臼の, 舵器を, 艫を, 芝居を, 花弁の, 苅谷夫人の, 英支事情を, 茶袋で, 葉子に, 薬局を, 虚妄を, 行ない得る男性, 行われて, 表わして, 表現し, 表現せられた, 袖の, 覆しすべて, 見せた, 見抜いて, 親父を, 親類方に, 解り憎く, 言い更, 言って, 言ひぬけた, 言葉を, 計算し, 託した, 訳された, 詐欺を, 詞を, 詠み出, 話頭を, 話題の, 誘い合わせて, 誘つた, 誘ひゆきむらむら, 誘惑する, 語って, 語る, 誤魔化しては, 説いて, 説きて, 説きまして, 説明し得る, 調べあげられたの, 調和した, 論法を, 論証し, 諷諫申しました, 貌容を, 財物を, 責め苛んで, 貼り付けて, 賞めて, 走って, 足場を, 跟ける, 踊りながら, 踊りの, 踊り回れる彼奴等, 踏んで, 車の, 軽いおかし味, 迎合させ, 近代風な, 返事を, 述べ立てる舌, 追い廻しながら, 追捕, 逃が, 逃げたため, 逃げながら, 逃げられるだろうか, 逃げ去ったらしく影, 逃げ延びて, 逃れましたが, 速かに, 造られて, 遁れ, 過たず, 選ばれたる言葉, 避けしヘクトール, 避けては, 避けるもの, 部下を, 配して, 酒席の, 金剛杖で, 釣り上げられた大, 鈎合わせを, 鋒鋩を, 門外に, 開いて, 防止された, 降りて, 隠された, 隠した頭, 隠す事, 隠れたる所以, 隠匿しとおせた, 隠蔽せられる, 離間しよう, 韓国問題の, 音象され, 領地を, 顔を, 飛び付いて, 飛交うて, 飲み続けた, 飾れども, 駈け込ませたの, 鬼の, 魚を, 鳴らしながら, 鼻を

▼ 巧み~ (356, 18.3%)

5 手つきで 4 ものであった, 方法で 3 ことは, ことを, もので, 変装を, 英語で

2 [22件] ので私, のに, のは, ものだ, ものは, オルガンの, 事である, 事は, 人だ, 人は, 問ひ, 工作を, 手段によって, 方法を, 約束を, 者が, 表現と, 言葉で, 言葉を, 話しぶりで, 話術で, 逆襲に

1 [284件] おもしろいもの, お墨付利用法, お座なりを, お芝居, かつ猛烈, きっかけを, くま取りとで, ことが, ことで, ことと, ことや, ごくよい, さうし, しぐさで, しなの, そして狡猾, その早変わり, その踊り, それら政治家の, たとえの, ためと, だけでなく, だけな, といふ評判, ところを, とりなし, のだ, のだつた, のだろう, のでついそのまま, のでキク科植物, ので清三, のと, のに対して, のに驚き, のを, ひとりの, ものだつた, ものである, ものです, ものも, やり口に, やり口を, やり方を, ようでござる, ように, らん事を, る言を, わなに, んだ, ギターの, ステップで, ゼスチュアと, テクニックの, ノルマを, ハーモニカの, パリー人らは, ペンダア君の, ポオカア・フェスが, ポオカア・フェスを, ポーズも, マーチは, 一人を, 一筆が, 上品な, 事と, 交際振, 人々は, 人と, 人も, 人物の, 人間は, 仕掛けが, 仕掛けで, 仮面は, 会話を, 作品が, 作家は, 作爲だ, 作者とは, 作者の, 使い方で, 使い方に, 假名で, 偽動進軍, 偽君子, 偽善者だ, 僧侶によって, 出刃の, 判事の, 別れ方で, 刺繍の, 前提予定を, 創造を, 加工のみが, 医者であった, 口に, 口ぶりで, 口前を, 口取りで, 口実を, 吉田が, 商人で, 嘘を, 図を, 地方語を, 域に, 報道によって, 場所に, 壯語男爵後藤遞相を, 声で, 変装で, 変装であった, 変装に, 変装姿だった, 外交辞令とともに, 天生の, 太刀ぶり彼の, 太鼓の, 奇略だ, 女だった, 女にとり, 女性らしい, 奴か, 奴ゆえその, 姿を, 嬌態で, 完成を, 家政との, 密猟者で, 対話これは, 小噺作者, 巣を, 工風である, 布置に, 幸子の, 座談に, 弁舌に, 弁舌を, 弁護であった, 彫刻を, 彫刻家が, 彼は, 彼らの, 微笑に, 心理描寫を以て, 忍び足で, 態度で, 態度を, 慣用手段である, 慧性を, 戯曲的展開をもって, 所が, 手並で, 手品師でも, 手段に, 手真似を, 手管にの, 手管を, 手練で, 才で, 才覚しすまし, 打明け, 扮装の, 扱いかたで, 技な, 技倆を, 技巧が, 技巧で, 指揮が, 推理を, 描写その, 操縦によって, 政客の, 数の, 方法である, 旅愁の, 日和見だ, 日本人だった, 日本語で, 昆虫達の, 曲線も, 曲線を, 書記官を, 有頂天の, 東野としては, 板場の, 案排の, 様子で, 機構そんな, 櫂の, 欺瞞と, 歌を, 正吉や, 歩行を, 歯科医が, 殺人方法を, 民友社が, 汚らわしい事柄, 治策と, 滑稽の, 演出を, 演奏者によ, 演技あまりに, 点に, 物が, 特別の, 狂言と, 独唱に, 甘言を, 男だろう, 男で, 男であります, 白々しい彼女, 皮肉も, 知的な, 砦塞すらも, 社交術と, 穀粒でなけれ, 笛吹きで, 筆で, 筆蹟を, 策略を, 築城法じゃ, 糸底である, 細工が, 結合を, 統一の, 絵を, 網の, 翻案が, 翻案と, 考案の, 者に, 者も, 興行物の, 芝居に, 芝居を, 芸能人の, 芸術家と, 芸術家なら, 英語を, 蔭の, 虚無僧と, 蝋製の, 術中に, 術策によって, 表出法は, 表現には, 装いに, 言い回しとか, 言葉媚びる, 計画では, 計画に, 計略で, 計略の, 話の, 話法との, 話術に, 話術を, 話題を, 誘いの, 誘い出しが, 誘計によって, 語り手と, 説教と, 調べを, 論破ぶりである, 譬喩では, 質問を, 蹄の, 身悶えを, 身振り腰つきで, 辞令を, 逃げ言葉を, 逆転に, 遊戯と, 道化役者にも, 配合で, 金鍍金を, 長歌などで, 青年が, 非常に, 騎手は

▼ 巧みなる~ (66, 3.4%)

4 ものは 32 に在り, に至, 人なりと, 人なりといふ, 星亨氏を

1 [49件] がためには, ことその, こと人の, その声, とその, にあらず, に至り, に舌, は正味, は西洋人, もの又, も文明, も自ら進取, を示す, アカイア種族運命の, アルカヂア人多く乘る, アートレ, ガヴローシュ, パイオニデース剥ぎ, ヘープァイストスいぶき出す, 三代目よ, 不誠実あり, 事ラフハエルに, 人形遣の, 兄弟二人かくの, 冒険に, 勇者こなた, 変装を, 婦女子の, 感傷と, 手段によって, 投手の, 文章を, 方法によって, 時機を, 潜航を, 画人は, 画師の, 発明者で, 神女怒り, 空間迷彩を, 者に, 者は, 者らは, 言葉に, 説明である, 謀略のべ, 運動によって, 遣り口で

▼ 巧み~ (46, 2.4%)

1 [46件] があり, がある, があるでせう, がこの, が主, だけしかない, だけの歌, であったから, である, で心理的, で描き出し, で空家, で軽く, というもの, とかを意識, とでも申す, とにすっかり, とを必要, と喰いついたら, と喰ひつ, と精励, と自分, なの, にはいくら, に打たれる, に自分, に邪魔, に魅せられ, は五雲独特, は作者, は前者, は古, は恐らく, もその, をすぐ, をとる, をもっ, を以て次, を以て誰, を少し, を心, を感じさせる, を求めるで, を見せ, を誇る, 神々しさ

▼ 巧み~ (35, 1.8%)

3 あつた

1 [32件] あつたサンタルチイヤ, あつた人, あつた古名家, あつた芝居, あらねば, いわゆる三河奉行, お世辞, ことの, さまざまの, すばやい身ごなし, その上これ, なかなか好感, はあり, はある, はなかっ, はなく, またオチ, もっともらしい, わざわざ銀座通り, わずか十六歳, 且つ堂々と, 体中を, 政治に, 朋子を, 桶屋の, 機智に, 無邪気で, 父の, 私の, 絵の, 踊りの, 長く残したい

▼ 巧み~ (29, 1.5%)

4 トロイアの 2 ある悪人, 底にも, 豪勇の

1 [19件] あったわけ, あとが, カストールポリヂュウケース拳鬪者, チューヂュウス彼た, トロイア人, プォイニクス老, ペーリュウス, 一伍一什を, 切り合いには, 勇士かく, 勇士言句もて, 女性その, 尻が, 工匠の, 手附き, 技に, 智計身を, 裏を, 黒き鳥

▼ 巧みである~ (17, 0.9%)

1 [17件] かということ, かといふ前, かも知れない, があそこ, がかかる, がカリング, が人間, が免許皆伝, が文士, が自分, ことが, ことは, ことも, とされ, とは外国, 為めに, 無学な

▼ 巧み~ (13, 0.7%)

1 [13件] けどられなど, して, 加えずとも, 小坂部は, 尽して, 尽し蝋, 極めたる神秘, 極めてゐます, 求めたるに, 知らなかったの, 究めた, 見破るなどとは, 離れて

▼ 巧みであった~ (12, 0.6%)

1 [12件] かはいう, からと云っ, から種々, が人, ことや, し人気, ため少し, という, と聞い, のかも, ので他, のとで

▼ 巧み~ (12, 0.6%)

1 [12件] ありませんでした, ない男, なかった, なく, なくいとも, なくぬくぬく, なくスラスラ, なく大きい鐵, なく言, なく言つて, 無いん, 見得

▼ 巧み~ (9, 0.5%)

2 あらうとも 1 あったか, あったに, あるとは, その底, ないと, 見える, 露顕した

▼ 巧み~ (9, 0.5%)

1 からヘタ, そうだ, とかいうよう, とか平易, と云, と自ら, と評せられ, と認め, ね

▼ 巧みにも~ (9, 0.5%)

1 すべての, それとなく気取らせる, 不承不承そうに, 仕組まれた死体発覚, 女性を, 彼を, 把え, 柿丘の, 真の

▼ 巧みだった~ (4, 0.2%)

1 からわけなく, と見え, 彼は, 為に

▼ 巧みであり~ (4, 0.2%)

1 あるいは弁舌, 力強くあろう, 絵画的の, 酒も

▼ 巧みでない~ (4, 0.2%)

1 といったそう, のかも, 寧ろ拙, 遊牧民は

▼ 巧みであっ~ (3, 0.2%)

1 ても後代, ても鋼鉄, て多数

▼ 巧みであれ~ (3, 0.2%)

2 ばある 1 ば優れた

▼ 巧みです~ (3, 0.2%)

2 から王様 1 が色糸

▼ 巧み~ (3, 0.2%)

1 おもえる知恵, お聞及び, 言わねば

▼ 巧み~ (3, 0.2%)

1 人間にも, 則ち, 実に偉い

▼ 巧みだつた~ (2, 0.1%)

1 ので喧嘩別れ, 為に

▼ 巧みであろう~ (2, 0.1%)

2

▼ 巧みでも~ (2, 0.1%)

1 一度相手, 筆の

▼ 巧みなら~ (2, 0.1%)

1 ばそれ, もちろんフィリップ殿下

▼ 巧みなり~ (2, 0.1%)

2

▼ 巧みなれ~ (2, 0.1%)

1 ども自身独立, 千軍萬馬の

▼1* [27件]

巧みさ感覚の新鮮さ, 巧み得らるる, 巧みであったればこそ私, 巧みであるらしかつた, 巧みでいらっしゃいましたから学校内, 巧みでございまして彼地, 巧みでどもりの青野, 巧みでなかったと見え, 巧みとおもへる, 巧みとまでは気附か, 巧みなせるもの父神の, 巧みなやりかたで, 巧みなりければ, 巧みな動かし方に, 巧みな歩き方を, 巧みな言い廻しで, 巧みにかはします, 巧みにて先年吉原萬華楼に, 巧みにと申しますが, 巧みにはなかなか歌えなかった, 巧みによけて通るの, 巧みより眞の, 巧みらしい彼は, 巧み時勢一新の妨げ, 巧み珠玉の字, 巧みの野邊, 巧み